したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

やる夫で学ぶ柳生一族(やる夫スレヒロイン板版2)

1 1 :2016/10/12(水) 22:04:35 ID:9SDtES2s0

                      _,........_            _ ........、_
                    _..彡゙'ゞ7‐">、       ..r彡゙'マ冖 コ 、
                   ノ l |’ |^'、 `{゙lヽ、     _/ f |  ./│ `l Yゝ
              ___,,......-''´ ゙′ "'′ "ニ.. ゝ、......../  ゙゙   ‐′ `’ ゙ー......,,___
         __....一''""`        __..-tニ亠''"´                   `"''ー-..__
      _..-‐"´           __..rfフ''"`                             "''ゝ、、
   _..r'"     ___,,..........----;jメ‐"     ___............---:ェュ―-rっ--r┬―-----........__     "'- 、
 ..ィ二....--‐冖 ̄ ̄ 〈"l   ,,..二....--‐‐'''''' アナ ''< '、   't '、  L1  ヘ '、      _r''ン ̄"`^'''''っ--....ニゝ、
 ̄⌒          ヽヽ  ` ̄      / ノ′ \>、  ヘ_ヘ_ 'l ヘ  ヘ_ヽ    _..<ン′    _/ ノ    ̄′
             ヘ ゝ       ,ノ /     `ヽニゝ、_ 'l ゙ 、 l、1  ゝヘ_..-''ニr''´     _r' /
              `くヽ、    ,,ノ ノ′        `ー ニ心 ゙'くニ┬‐' エ辷"′    _ノ'ン′
               `‐こコレ‐ン'´              ´ ゙ヽこ'<二 \ っ  __..-‐彡''´
               _..-‐彡‐"亠こー 、               `゙コtニ ここニ 二‐''"
            __-‐ニ一'"´     ゙ヽ ゙' 、               ヘニゝ   ゙゙'匸゙‐-__
           ''く..r''´          ヘ-′                ゙'-フ     `ー..r┘


 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレの
やる夫スレヒロイン板(新)での2スレ目でアリマス。

 【前スレ:やる夫で学ぶ柳生一族(やる夫スレヒロイン板版1)】
  ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1452788628/

614 1 :2017/03/04(土) 20:50:29 ID:2x4xRHgc0
 どもどもです。
仕事は相変わらずな有様ですが、とりあえず今週の土日は休みなので、
何とか更新できればいいなあと思うところ。
目標は毎度の如く、明日の日曜(3/5)21時からで、なるたけ間に合わせたいで砂。
今度こそ尾張柳生編のラストまでいければなーと。

 ではでは。

615 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:06:15 ID:UdiyUtx20

                , ; ー 、-、
              ∠ /i/i/iハハヽ__
               //◯ ◯,'∧ゝトっ
            ⊂ムトーー=彡乂iづ´、                      「(尾張柳生編は)流石に次で終わり」
           /    /  /    ヽ 、 ヽ\ ヽ: 、               「投下回数的には、あと2回で済む筈」
.          ,.:'/   / / /  / /! /  l ハ!  lヽ`ヽ
        .//f,'i  / /  /l / l  ハ / / /  |ヽ ゙ヽ',ト、            …そう信じていた時期が、>>1にもあった。
.      _∠‐ 7 /ヽ/ /‐/- .l / l / l  / /|i.トヽヽl./', l l `i、        でも、今回は解説オンリー。
         /;ィl;{ '/l/ l/  l/  l /   ! /  |."|//ハ   l | l、 `l__
         ////!,r  ̄`ヽ     ァ^¬ヘ.ヽ| | /|∧j!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、   どうしてこうなった。
.         /,' ,i i| l     l   l′    l. V::ヘ./ !、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イrl/ヽヘ',/ ヽ、  ノ     、    ノ /ノiイ.'/l::l 」ヽ´ |   l-一 
    (...__| 'ァ:_ ヘ ' '   ̄      ` ー ´ ////::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘN` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィリ/ツ、::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´     `ヽ、:ト、|

616 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:06:38 ID:UdiyUtx20
             ,. '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`...、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
.           , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.ヽ、
         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ、
.         j:./:,:.:.:.:i:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:ハ
       / ':/:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.i:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:ハ
        /l i:.i:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.,' |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.∧        
.       / l:.: l!:.:.:.:. !:!:.:.:!:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:/―ト:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.ト:.l         さて、再開早々だが、
      / |:.:.:lト、:.:.:!:!7丁:!:.ハ:.:.:.:.:.:.: /i:., '  ,iリ.:.:.:.:.:.i:.!.:.i:.i:.:l        本編の話についての解説だ。
.     /  .|:.:.:l:!∨:.从 ,ィァ==ミ∧:.:.:.:.//ィ云示 ル!.:.:.:.:.,':.:!:.:i:.:!リ
    l   ∨:l:i.:∨:.:.l rし.::::ハ ヽ/  .rし.:::ハ l:.:.:.:/:.:/.:.:i:.l          まず、
    |   ∨リ.:.:∨ハ V.:::::゚ノ     ヽ:::゚ソ イ.:.:,/:.:,':.::.:.l:入
     ヽ  ./ Ⅵ:.:.:.リヘ、       ゝ   .ハ,/:. /:.:.:.:.:!ゝ:.ヽ、        「何故、厳包は嫁取りを拒んだのか」
.      / へ 从:.:/   Yヽ、   、_ ァ  . イ:.:/Vl/:.:/'l:.:| ヽ `\
     /    / \!    |  ≧ー  -≦\ !/ 丶/,〝 |/           からにしようか。
      〈   ノ    ヽ  |  У    /、   \  _ヽ  ′
.      Y         〉 |   ゝ、,   |/\ \   !
      |        | / /ο|'  .| 冫 \__> |

                                  .            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
                                            _  '´             `ヽ
 『昔咄』の記述だと、厳包は、                .      , '´                    \
                                  .   _, イ´                      ヽ
 『若年の時、女を二三度淫しける。               ´ ̄/   / ./                      ',
  後若衆は少々愛しけるが、これも淫する事は稀なりし』    / ′/.l  ′ .|      ヽ          |
                                  .   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |
 とあるから、性欲自体は普通にあり、              .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |
また性的能力も特に問題はなかったと思われる。       l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !
                                  .  |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'
 彼が嫁取りをせず、女性との接触を極力拒んだのは、..     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /
                                  .     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /  
 『昔は修行の為に不淫せしが、中頃より後は慎の為』 .          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/
                                  .         ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′
 と同じく『昔咄』の記述にはある。            ......        Vl  \       _,..′ ./,.イ/
                                            ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
                                               / ̄´    // ̄   ノー‐

617 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:07:35 ID:UdiyUtx20
           ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
          .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
       .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i       そうだね。
       !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l      その「慎み」の理由というのが、
      .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l      「自分と互角の兵法者と仕合することになった時、
      .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!      .負ける要因を減らすため」と言ってる訳だけど…。
     ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!      正直、変な話だよね。
    /:.':,ィ:i:.:.:.ハ   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l
.    {:ハ:l .lハ:.、:、 ヽ  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!       立場的に考えて、厳包は尾張徳川家の指南役だし、
    ヽ `  `ー`ー>. _ <ムイハ从 ノ'      主君である光友自身、兄弟弟子でもあるんだ。
              ‐、/|     ノ' }          仕合をするにしても、彼の都合はある程度斟酌されるだろうし、
.        /: : : //´l    /: : :ゝ. __        一時的な体調不良にそこまでこだわる必要があるとは考えづらい。
.        /: : : : ://_ `  /: : : _ --、ヽ
        / /: : : 〃- 、ヽ:´: : :, ´    ヾ!
.      / /: : : 〃 /: : : : :/.i      }:i
     / /: : : :/ /: : : : : : :'j '      .':.ヽ

                            ...         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                  ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
                                     / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
                             .       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
                                   / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
 ましてや、先代である兵庫助自身が、      .      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
尾張に来て以降、彼という子を得ている時点で、 .     ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
厳包の主張は無理があると言える。               j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ
                            ...         ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
 そもそも、厳包が他流仕合をしたという話は             ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
主だった史料にはほぼ出てこない。                    `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ
若い頃、義直の前で、家中の一刀流剣士達を ....           ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/
倒した話くらいだけど、きちんとした仕合ではないし…。...       ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
                                         \! V厶|>ー <レ_'/ //
                                           , '´/ノ      L、 /
                                            ,.-'   | ___._   | `ー、

618 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:09:10 ID:UdiyUtx20
   ̄:.:.:.:.:.:.:.......
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
  :./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
  :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:j:.:.:.:.ヽ
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!:.:.:.:.:.:.
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.
  :.:.:.′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:.
  :./:.:.:.:.:.:.:.′:.:./y \:.:.:.:.!:|:.ハ       だが、実のところ、この話の問題点はそこじゃない。
  :V:.:|:.:.:.:.:.:l:.:./ ′ l}:.:.:.:ノ!:|:.:∧     この件で真に問題なのは、
  Y:.l:.:.:.:.:.:l{:.! ゙ミミry:.イ:./イ:.:イ} ヽ
  ′:.:.:.:.:.:ハ{   ゙ ′´ ′:.l        「厳包は、自分の家を己一代で終わらせようとした」
  :.:.|!:.:.:.:.:.| ゙゙    (:.:.:.:.:リ
  :.:.|:.:.:.:.:.:|         ゝ:.:.i|        という点にこそある。
  :.:.|:.:.:.:.:.:|  ,   /:.:.:.:.|       極論、妻を得ずとも、養子を取れば済む話だからね。
  :.:.|:.:.:.:.:.:|  `」⌒┤:.:.:.:.:.|       女淫をせずとも、家が残れば武士としては問題ないんだから。
  :.:.|:.:.:.:.:.:|  l ′ ハ_:.:.:.:八
  :.:.|:.:.:.:.:.:|ー i |  j /  ノー、 `
  :.:.|:.:.:.:.:リ  | ー / /  / ー,
  :.リ:.:.:.:./   |  ー/  / ,イ!
            |    lー/_ /j
         、   !    /

                             .            ,、 -─‐- 、,
                                      , ' ´: : : . : . : . :.` .、
                                   /: : : : . : . : . : . : . : . ヽ
 ましてや、尾張柳生家は                   /: : : : . :/: .,': . : . : . ',: ',: . :',
兵法指南役として知行を得た家。               /:  /: : /: :ハ: :{ l: . : . : . :l: .i: . :.',
代々の本領を継いでいる江戸柳生家と違い、 .    /: : /l: ./|∠_';ト:l: . : . :;: ハ: |: .l: .',
芸道の家としての面がより強い。            ,': : :ハj:ハ:ト___、`ヽ: . :.,-─i:|. l . :;l
その尾張柳生の更に分家なら尚更に。      .   ィ: : |〈|: . | .;:j `    ヒセ;'ァ::|: . ハ !
                             .    ト/|:.|:.:|: .:|  ` ´     'ー' ム:l.:./ '
 その意味では、腕の立つ者を養子にするのは     ヽト;:.l .:人     '   /:.::|/
手としては普通にありと言える。       ..         /',:.:ト、`    ¨ , .イ:.:.,'l
                                 /   ',| \,_.スー ' `7ヽ/
                                /    , '  /:i::::::ヽ  l/ l

619 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:10:06 ID:UdiyUtx20
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',      でも、厳包はそれをしなかった。
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |     更に、己の知行六百石を返上したことも、この推測の裏付けになる。
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ f示}イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ f示      乂t リ }/::::iヽ::::      この後、知行返上の後に、
        |::::: \::::|乂t リ         |::::: |イ:::::.     .二百石の扶持を与えられてるけど、これは
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{     厳包の「家」に対する物ではなく、厳包「個人」への手当だろう。
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧    実のところ、実収入としては然程差は無さそうなんだよね、これ。
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´        (年貢率が石高の3割程度とした場合)
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ


                                 .. /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
                                  .//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
                                  i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
                                  . ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
 しかし、武士としての格式を考えれば、まるで違う。  . !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
跡継ぎを立てず、知行も返上したことで、           i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
厳包は自分で自分の家を潰したも同然と言える。   ... ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
                                 ..    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
 …何故、彼はそんなことをしたの?          .....      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
                                         ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
                                        イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
                                        /      \__{ヽ、

620 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:10:55 ID:UdiyUtx20
                  __
              _ - ´: : : : :` ー 、
            /: : : : : :.:.ヽ: : : : : ::.:.:.:\\
           /: : : : : : : : :.:.ヘ: :. : : : : : .:.:.ヽ.:\
          '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ハ.: !: : : :}    これについて、厳包本人の言は残ってないけど、
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:....:.:.:..:./.:.;.': /l: : : l : ;′ ひとつ、気になる記録がある。
          |: : |: :.|: : : |::|: : ::.:___イ.:/;/Vく : :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : :∠rテテミ  tり:.:/ l/     妙心寺にある厳包の位牌に刻まれた文なんだが、
           \|ヽ: :|.:|: : :弋弋zソ ヽ jⅣ     そこにはこんな記述があるんだ。
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
                   |     ユ、l../
                  |     l ハ'′


           ___ 
         |...:.::.....|   ... 【厳包(連也斎)位牌の一文】
         |  ::: |   ... 「一生妻妾を設けず、女奴を使はず、衣帯も亦、女子鍼を執るの物を用いず。
         |   :.:|   ...  家慈(母)と雖も敢て吾が居に入れず。
         |   :.:|   ...  日々、黽勉、別処に省観して萱堂(母)の夕膳晨(あした)に差(えら)ぶ。孝順劇(はなはだ)酵し。
         |   :.:|   ...  知命の歳に及び固く謝して僅かに日棒若干を受く。便ち家業を以って兄子某厳延に伝う。
         |   .::|   ...  且世々冑子は所謂俗名、又曰く、柳生兵庫先ず家室を貯えずして自ら氏名を改むるは、
         |...::::.:::.| 、   .  吾家の元子を立てんと欲するなり。孝有り義有りと謂うべし。諒に季世の異人也」
       .i二二二二!
       .`i二二二!´
       .i二二二二!
       ( ┌─┐ )
           ̄      ̄

621 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:11:28 ID:UdiyUtx20

          ,..-ー '' ´  ̄ ~ ゙¨''ー 、
        ,r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙ヽ,
       , ':.:::/::/:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`i
      ,':.::./:.,':/::.:.ィ:.:/:.:::.,! ヽ:.:.:.:.:.:.:...:.:.゙i       「吾家の元子を立てんと欲する」
       ,'/:::,':.,':/:::.:/:.:/:.:ノ:,'__゙i:.i:!:.::.!:.:.:.:.:i.
      ,':.i::.:il:.:l:!.:..:イ_/!:.:,':/´ _, `!:i:.:.:.::i:.:.:.:.:ト、      厳包の一連の行動に対する答えとして
     i:,i:.l:.ハ:,':i:.i´!i/,';/''´´ ,rtTハi!:.:l:l:.:.:.:.:゙,:',     この一文が、回答として挙げられるんじゃないかな。
     i!l:.l:.i:.i,':.l:.:/ィiテォ,    辷ノi:.l:i:;:.:.:.:.:.l:l:.i
     ' .iハ:、:.l:.:ヽ! 弋,ソ  ,     ノ,i:.:,':.:.:.i:,'i:.l、!      まあ、この位牌はその「吾家の元子」である厳延によって
      ' ヾ,:`:.:.: ゙、   _.. '  , 'i:.l:.:ノ:i:.,'.i,'     作られたものだから、若干割り引いて考える必要もあるとは思うけど。
        l:.i;、:.、_`. 、 __ , ' i从ノ,'// '
         ヾ ,ヾ、_,,_,,,.l    _,}ー-'¨゙`ヽ,
        , ':::::::::;;;;/ー-  ' ´ }:/::::::::::::::::i
          !:::;;:::::/'゙_     ,','::::::::::::::::::;;}
          };;r':/;; ;; ;; ;;  ̄;; ー-'_:::::::::;;:::::;;:;i

                            ....              , -‐-'´ ー- 、._
                                      ,、' :   ,:-'´: : : : : :  :\_
                                     /: : :/: : : : : : : :   : : : : \
                                   ノ /:/ : /: : :, : : : : : :/: : :| : : : ヽ.
 「兄の家を立てる」ために「己は一代で閉じた」   .   . ̄ノ': : :/: :/;.、=7;、イ;i: : |: |:: : 、:::ヽ
                            ....       ! !: : /|': :'´ ;/'iァz;、,'ト: :/;イ: : : }: i l
  ということね。                           Ⅵ :( .!: : : :{  `''゛' '|:/ハ /イ;ィ:/イリ
                            ....         ] : :>,| : : |      ィ)y'/;ィ:/
 …どうして、厳包はそこまでして本家を立てたの?      ノヘ:|'; :|: : |    _  r./!' !'
                                     __ .|ヽヘ` | 、  ´, ィ':i/|
                                    /: :`丶、 `  {_´´l/リ
                                   /: : : : : : : \. ト ヽ、

622 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:13:23 ID:UdiyUtx20

        . -‐====‐- .
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.`丶
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.`丶:.:.:.丶
   /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.ヽ              それについては、最早推測しかない。
   /:./:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:.} \:.:.:.:.:.:.ヽ}:.:.:.:.:.'.             .実際、厳延が生まれたのは厳包40歳の時で、
  ,:.:,′:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.Ⅳ   ヾ、_:.:.:.:トr-、:.:.'.            知行返上は44歳の時。
  }: !:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.l   ,  ´二!:.}:.:l:.V }:.:.:'.            厳延の才能を見込んで、という訳でもないだろう。
  !:.:!:.:.:.:.:.:.:.Vl:.:.:.:.:l  ´,xィだ示゙V:.:.:.Vリ:.:.:. '.
  !:. '.:.:.:.:.:.:.:_Lへ__l    ゝ‐ ゚´!:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.'.           そうすると残るのは、
  .l:.:.:.:\:.:.:.:.:.レイみ>.、   ""!:.:.:.:.:.:.ト、__:.:ト\
  ,!:.:.:.:.:.:f⌒「丶 `¨´     ,  l:.i:.:.:.r┘::::::: ̄`丶        「役目と道統を継ぐのは、あくまで己一代であり、
 /イ:.:i:f¨¨ヽ-ル\    ‐ ´  lハ:ハ」:::::::::::::::::::::::::ヽ        次代からは元通り、本家が継ぐべきだ」
 .//[二ヱ´   `¨¨、ー-r‐ ´! ,/ ).l::::::::::::::::::::::::::::::'.
 ´ ヽ 'へ.__  r'´^\く     〉l:::::::::::::::::::::::::::::::::',       .という「べき論」的なこだわりか、
    `ー- 、  ハ!::::::::::::: ̄\  (_」::::::-‐:::::::::::::::::::::::'.      あるいは…。
        「´  ヽ/::::::::::::::::::::ヽーイ:::::::::::::::::::::::::::/:::::::',
       ハ____トヘ;:::::::::::::::::::::::::\;_ -:::::::::::/::::::::::::::'.
      ハ_::::/\::::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::/:::::::::::::::::::::l


     .....              _. -一-冖ー ._
                  _.  ´     ヽ \   \
                 /           ヘ  ヽ.   ヽ
                // /        ヘ.| ヘ    ヘ
       .        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
              /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
               / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
 …あるいは?    |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
              |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
                 ルl ヘ         /.//T/_
                  | l.\   -  .イ ル'レー;;;;;;;l、
                  ∨レ´ _>--ヶ´ム';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;ー;;;;.._
                     _|;;;;;;;;;r'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;___/;;`!
                    l´;;;;;;;/ー─一;;;;´ ̄;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;/

623 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:14:01 ID:UdiyUtx20
                 __
           _ - ´: : : : : : : : : : :` ー 、
        _ - ´: : : : : : : : : :\: : : : : : : \\
      / : : : : : : : : : : : : : : :.:.ヽ: : : : : ::.:.:.:\\
     / : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.ヘ: :. : : : : : .:.:.ヽ.:\
   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:ト: : : . : : : : .:.:.ヽ:..ヽ
  / : : ,: : : : : : : : :.i: : : : : : : : : : :.:.:.:!\: : ヽ: : . :.:.:.:.ヘ:.:ヽ
  /. : :/ : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : :.:.,':|  \.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.ヽ
  !. :./: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : ,'.:.!    \:ヽ : :.、:.:.:!:.:.:.ヽ
 l: . .!. : : . : : . : : : :.!: : : : : : : : : : :,':./   _ゝ‐-: :|、:.!:.:.:.:.ヽ
 !. ..l. : . : : : : : : : : :|: : : : : : : : :l: イ;.!, -'"´    ト:.:.:!:l:..|:.:.:.:.:.:!
. !. . |: : : : : : : : : : : :ト; : : : : : : :.! l !イ       !ヽ |.!/:.:.:.:.:.:.:l
| : !: : : : : : :',: : : :, x-─ :.:...:.:l!.| レ    彡≠、k_ヾ:..r-、.:.:.:.:.!
. !: . .! : : : ヘ: : ,x '´: : ト、ヽ . :.:.:!レ    ー斗匕て',ラ゙:.:.:.:!., ヽ.:.:.:}         「江戸柳生への対抗心」
. l. . :.',: : : : :.X: :.ヘ-、:.::fヽ \_,'     "ヘっ_..::.ノ.! :.:.:.:k' /:.:.:.i
 !. : : ',: ヽ:.´.:ヽ、:.ヘ xz≠ミk           ゝ- ´ ! :.:.:.:.Y.:.:.:...ヘ
 l. : : : ヽ: ヽ、:.\X〈!ら::..:;.ぅ           |:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.|.:ヽ
  ',. : : : :.` -`_t xz、 ヘヒr- ´    、        |. :.:.:.:.:.!.:.:.:.:ト、.:ヽ
  l : : : : : : :.:..iヘしヽ           ,     ,.l :./:l./:.ィ:ハ.}  ー`
   ', : : : ヽ :.:.:.ヽ ニ >       ー "´     イi:.////ソ リ
   i; : : : :.ヽ: .:.:.::.:.:.:..:.:.ヽ、 _           / リ/iイ'
    }: : :ト: :、ヽ:.:\.:.:.:.:..:.:.:.:.、ニ ― t - '   │
    | : :.ヽヽ:.ー 、_ヽ_Zー‐ ̄ー` i        ' ,
    l: ハ:トヘ  ̄          ;;A;;;;'  〆'" ̄ '''''`ヽ
   // ゙ー            /{:{ //:::::::::::::::::::::::::::::::、
                 /::{'l :レ'"/::::::::::::::::::::::::::::::__li
               ,/j::::::{'l レ '"::::::::::::::::::::::::/::::;;;''''::::::`ヽ、
              ,/:::::/::::::;;ル''"::::::::::::::::::::::::/'':::::::::::ァ ‐ヽ::::::::::::`ヽ
        ァ''":::::::::/::://::::::::::::::::::::/rー-、::::::::{ ∂ )::::::::::::::::::::::::::::::')、

624 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:15:29 ID:UdiyUtx20
                            ......            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
                                       _  '´             `ヽ
                                    , '´                    \
                                 _, イ´                      ヽ
                                ´ ̄/   / ./                      ',
 …わからない。                        / ′/.l  ′ .|      ヽ          |
                            ......   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |
 伝奇でならともかく、当時の常識で言えば、   .  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |
尾張柳生家という家は紛れもなく分家。         l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !
流派の上でも、「御流儀」である江戸柳生とは    |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'
格式でも規模でも格段の差がある。        .     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /
                            ......     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ / 
 そもそもの差があり過ぎて、          ......          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/
対抗する意味があると思えない。.         .         ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′
説明を求める。                          .   Vl  \       _,..′ ./,.イ/
                                       ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
                                          / ̄´    // ̄   ノー


   ̄:.:.:.:.:.:.:.......
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
  :./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
  :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:j:.:.:.:.ヽ
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!:.:.:.:.:.:.
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.
  :.:.:.′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:.         敢えて言えば、本編の話の通り、「意地」だね。
  :./:.:.:.:.:.:.:.′:.:./y \:.:.:.:.!:|:.ハ        これはね、もう意味や理屈の問題じゃない。
  :V:.:|:.:.:.:.:.:l:.:./ ′ l}:.:.:.:ノ!:|:.:∧
  Y:.l:.:.:.:.:.:l{:.! ゙ミミry:.イ:./イ:.:イ} ヽ       「本来なら、我が家こそが本家・本流だった筈」
  ′:.:.:.:.:.:ハ{   ゙ ′´ ′:.l
  :.:.|!:.:.:.:.:.| ゙゙    (:.:.:.:.:リ          という厳勝以降の無念故、という>>1の推測だよ。
  :.:.|:.:.:.:.:.:|         ゝ:.:.i|
  :.:.|:.:.:.:.:.:|  ,   /:.:.:.:.|          だからこそ、僅かでも江戸柳生家に対し、
  :.:.|:.:.:.:.:.:|  `」⌒┤:.:.:.:.:.|         「尾張の方が江戸より上だ」と主張し得る根拠になる
  :.:.|:.:.:.:.:.:|  l ′ ハ_:.:.:.:八         「長男の血筋」「伊勢守以来の流派の正統」を分散させる訳にはいかない、
  :.:.|:.:.:.:.:.:|ー i |  j /  ノー、 `        と厳包が考えた結果、という話だね。
  :.:.|:.:.:.:.:リ  | ー / /  / ー,
  :.リ:.:.:.:./   |  ー/  / ,イ!
            |    lー/_ /j
         、   !    /

625 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:16:39 ID:UdiyUtx20
                __
                ,. <: : : : : : : >. . .、
              ,ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : \
         //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.         /: /: : :/ : : : : : : : : : / : : : : ハ: : ハ
        /: /: : :/ : : : : : : : : : ∧: : : : : : ハ: :ハ
.        ′ : : /: : : : :/: : : : :/   ',: l: : : : :i: : :ハ       実際、厳包の後継となった厳延以降から、
         ,: l: : : ′: : :ノ: : : : ノ -‐十ト : : : i: : ! l
.       /: j: : : l' :_/イ : ィ/      l:ハ: : : リ: :j: i       「本来なら我が家こそが柳生本家だ」
      /: : 乂: :l{kぅ示くr、′  ,ィf示trlァ: : l: ,イ: l!       「新陰流の正統は尾張にこそある」
     ,イ: : l: : ト,: ハ乂:zり       乂zり八: ソ/: : ハ
    /,ィ{: : ! : !、 从  ̄     .:l    ̄/: : : /l: :/ 八      という記述が史料に出始める。
    ´  }: : :i: : : `ヽ`            /:ノ: :/´ / : : ∧    「正傳新陰流」に掲載されている厳延が書いたという
       リゝ: : : : : : :ゝ   v‐  ァ , ィ: : :ノ{l: : /: : : ,リ `
          ヽ:r 、: : : > 、   ‐ イr : : : : !: /ィ_,ノノ′     『源ノ頼朝公以来の柳生惣領附の本領を
           ` `ヽv/ハ! ` ー ´ !ハイ' ´ ´           .叔父(宗矩)押して譲り申さず』
             ,.ィ:::/ ゝ_  _/ヽl::ヽ、
        _,. ィ:/:::::i{   /Yヽ    l:::::ハ:::>...、        という一文や、『昔咄』にある
      ,.<::::::::::;':::::::lヽ _,/、,、_ 〉、 /!:::::::i::::::::::::::ヽ
     i:\::::::::::;:::::::::i 、ーr=ー-` ´<l::::::::',:::::::::::::::j:l      『上泉より但馬守宗厳へ相伝の巻物・印可共に
.      !:::::::i:::::::i:::::::::l r'r彡ニ´    `ヽ:::::,::::::::::/:::i       .皆々如雲相伝し家に伝ふ。
.     l:::::::∨::l::::::::::ト ー r⌒r 、_ / ハ:::i::::{:://::′      (略)これら江戸の柳生家になき由』
      i:::::::::}:::l::::::::::ハヽ  ` ´ / {    L:l::::f::::::::l
        、:::::::l:::\::/::::, \ ,/ r゚ <:::::ハl::::i::::::::i       という話などが典型だね。
       v:::::!:::/::::::::',   `′ f::::::::::::::::::j:マ:j:::::::j

                            .              _  --- .
                                 二ニ=---=ニ二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶
                                  > 二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー:.、:.:.:.:、:.:.:.ヽ
                                 ム:'´:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:、:.:.:.:.\:.:ヽ:.:.;'⌒ヽ
 現在、史料で見つかっているうちでは、   .     //:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.ト、_:\:.:.:.、:.:.:.V:.:,:.:八_
兵庫助本人が自家こそ柳生本家だと     .    ./イ:./:.:.:.:.:.:.:. /|:.ム<ーミ:.ハ:.:.:.:.V:.:ヽ:.:.:.\
主張するような文章は無かった筈。  .   ..   / ./:/:.:/:.:i:.:.:./ .|/  x示らミヽ!:.:.:.:.:ト、:.:.\:.r一
                            .     |∧/:.:.:.|:.:ム    'ヘしリ_,  !:.:.:.:.:.V:.二ニ=-一
 時代が流れて、当事者が皆死んだのに、        ./:.,|:.:.Ⅵx芋   ‘¨´   |:.:.:.:.:.: Y:.:.:.:.:ハ!
対抗心だけが残されてしまったということ?   ..    .i:.:.|\:.Y'伐!,       ノィ:.:.:.:.,、!:.:.:.ト{
                            .       ヽ|  マ:.ハ   _,、  -'´ :|:.:.:./:.|:ハ/
 …それは「呪い」と言うのでは。                _∠ィ:八   `´    . : |:.:/|: 从、  , -―- ._
                                        V:.:.:> .  _, 、: : |/ ヽノ   ̄ .=ニ芯 \
                                     /:,イ:.:.:,{ `¨´}人ヽ/  /    ./ニニニニム.  \
                                       |/ .|:.:/ )   / _ノ  /    /ニニニニニ ム  ⌒

626 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:17:48 ID:UdiyUtx20
                      ........-―-.........._
                   .....::´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:::..
               .....:´.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
             〃:/.:.:.:.:.:.:.:i.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
           /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:!.:.:.:.:.:.:i.:.|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
             /:/ i:.: :.:.:.:.:.:/`ヽ!.:.:.:.:.:.:|.:.|.:.:i.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      かもね。
           八:i/}|:.:.:.:.:.:.; 、,,__\i.:.:.|.:.|.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
          // 从.:.:.:.:./ ´ 斤刈.:. i.:リ.:リ.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!      でも、「だからこそ」尾張柳生家は、
         ,∠∠/.:.:.:ヽ/    以リ'j.:.:.:/.:/-、.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{     この平成の現代に到るまで、兵法の家としての姿を
        / -- , }:./::/込    ,,, /.:.:./.:/  }:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.    .保ち続けていられたのでは、とも思うんだよ。
      /  `ヽ i_j/i.:.i.:.:.ハ`ー __,厶イ.:./__彡'.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.从
      /  /入j 八:i.:.:{.:∧_、_厶.:.彡'/.:.:/:.:.:./.:.:.:.:/.:/.:./  ヽ    呪いであれなんであれ、
     .i  ノイ     ヾ '´  ヾi  _}   厶ィ⌒7イ.:.:./厶仏イ      「長男の血筋」「新陰流正統」を
    .ノi//!        . - . /「 ̄ ̄ ̄入  i/          家のアイデンティティとして掲げたが故に、ね。
   / ´ /: :.:|         /: : //{   /:/:.
  ...ヽ/: : : :.:|      /: : //__}_彡: :/ : : : :.
    {: : /: : : :i       /:./ ノ「 /: :/ : : : : : : :.
.    ∨ : : : ∧   厂:./ /__ノ': : : /: : : : : : : : : :.}


                                 : : : : : : : : : : :. :. :. :. :.i: : : :.\
                                 : :. :.i: : : i:|: : : : : : : : :ト : : : ト \
                              i  :  : :. :.|: : : !: i: : : : : : : :小:.:.i:.|  ` ヽ
                              |  :.  : :i: :ハ: : :. :.!: : : : : :./: :| | :|:.|
 その方向性を決定付けたのが、         |  :. :.: :.:レ′: : : : : : : : :x.:.: :.:|:.! l! |
庶子の三男である厳包というのは、       !  : : イ : : : : : /: : : :γ 〈:i: i/ : ハ|
皮肉が過ぎるように思える。          i   : :/ |/: : : : /: : :./ |i  八 l: :/  }
                        ∧ ∨  ヽ./ : !: : : : : : : イヘ代_从:.:ル′
 いや、むしろ、「だからこそ」     ...  ヽト、:i  }' : : : : : : : /    小: :ハ
正統性にこだわったの…?      ...   } ハヽ   : : : : :i〃      イ: |:Ⅳ
                           八   ハ:.:.从{  .:   ´ }从|
                        .   x‐}∧{ }'___{二     }
                          /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. 乂
                        /: : : : :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :>

627 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:18:40 ID:UdiyUtx20
                  __
              _.. .:.:.¨:.:.:.:.:.:.:.`:..  、
           , .:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 丶
.       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ                   …まあ、ここまで書いておいてなんだけど、
      , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.`ー- _              単純に、
       /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.ト、:.:.:.、:.、`ー  ̄
.       ′:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:.:/:.:,':.:.:.:.:.:.:|:. , ヽ:.:.:.!:.:.ト、:ヽ               「厳包は兄・利方を慕っていたので、
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:./!:.:.l!:.:.:.:.:.:.:|:.,'  __V:.:!:. ハ \: 、             .兄を差し置いて自分が継いだ道統を、兄の家に返した」
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.':.tヤフ「ミ .:!:.:.:.:.:.:.// ´   V:.:.:.:.ト、 ヽ!
     |:.:.:.:.:r从:.:.:.!:.l!:./ |:.:/ | :.:.:/ ′   /:.:.:.:. | \              という話にした方が通りはいいんだけどね。
.       !:.:.:.: | { ,v:.:i!/,,,ィf伃テトミ/  ,,rf示7 ,' :.:.:.:.:.:|   ヽ            「江戸柳生への対抗心」を挙げるのは、
       :.:.:.:人 こヾ!:! 弋z辷ノ     ヒ..::ノ i:.:.:l!:.:.:.:!   ,}_           .半ば伝奇に足を突っ込んだ説だというのは、
.      v:.:.:.:.≧‐ヘ  ,,,,       ,  ,,,, ,':.:.:l|:.:. ′ /:::::::\         重ねて書いておこう。
.        ∨, ‐‐-ミヽ     、__,    , イ:.:.:.,'|:.:/ゝ .....:::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::i:.|> _        イ :.|:.:./ |:/〈 :::::::::::::::::::::::::::::: \      ミもフタもなく言うと、ここまで書いたのも、
.       /::::::::::::::::::::::| |!}  ≧=‐-‐<-‐‐ y'!/ ,′ .ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::: \    「だってその方が面白いから」が最大の理由だしね。
      /:::::::::::::::::::::: 从リ{  ` /   ,}、乂 `ー-‐‐=‐ \::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
.     /::::::::::::::::::::::::::| У   ー 、 / 〉 }!::`:::::::::::::::::::::::::`丶:::::::::::::::::::::::::::::::::\
    {::::::::::::::::::::::::::::|:::::〉 Yxxxxxxxxxxxxxx :(::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |::::::::::::::::::::::::::::| :/,::└============!:::丶::::::::::::::::::::::::::::::マ::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
    |::::::::::::::::::::::::::::|//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/


                      ....../.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
                        :.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
                        ::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.
  最後にブン投げるのはよくない。  : :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、
 謝罪を要求する。             : ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/
                      ......::::::.!:.:.: |    |   l.:.:.|
   「ごめん」              ....Ⅵヘ.:.:.:l   ‐‐   /.:.ノ 
                           \ヽ、 _ , イ!::/
                          / ヽ{  ト、ヽ l:′
                         ∧\  マ三ソ| \
                        ./: : \\ ヾ-〃 /∧

628 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:19:22 ID:UdiyUtx20
               ____
            ,.ィ ´: : : : : : : : : : : >、
.          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
       /: : : : : : : : : : :,、 : : : : : : : : : : : : : : ハ
       ,′: : : :{: : : : : : ! ヽ: : : : : : : : : l: : : : : '         …ともあれ、こうして厳包は、
       i: : : : :,イ: :! : : : ′ ヾヽ: : : : : : !: : : : : i        武士としての家(厳包家)を己一代のみとし、兵法者としては
        l: : : : :ハ: l: : l: ' "´ ̄ヽハ: : : : : ト、 : : : ',        兄の子である厳延を後継とすることに決めた。
       ': : : 斗‐l: l!: !i,′ rィf示ぅr: : :i: lィハ : : l:ハ
       乂: : :l_ィrエ!:jノ    乂しリト,: :j!:l '7: : :!i: ヘ       主君や門弟たちも
        l:ヽ:、:vヘしハ      " ´'l: : :lイ! /: : :リ:l ハ`      厳包の血筋が絶えるのは惜しい、と翻意を促したけど、
         i: : : ヾ, ゚ー' 、      j′: : f: j: : , :j!: :l      彼の意志は強かった。
       ,': : :i!: ハ       _ , 'l: : : :ノ:/: :/vリ: ノ
      ,:/l: :j!: : :ト、    v´   ノ  lイ: ルイ: :///く'        次はいよいよ、利方と厳包、
        ′ゝ;、!:j、: : :r 、  `   ィ≦/!'//:////∧       尾張柳生の兄弟二人の物語の最期だ。
           ` '{ r、: {ヾl≧ -イ///////{' //////l
             ` 冫´}///// / ///////////ヽ
               {Y/j//// /////////ィ< ̄ヽ,〉
                ハy/ヽr//////////´:::::::::::::::::::ハ
            ///ノ////////////::::::::::::::::::::::::::::l


                    ..             . -―――- .._
                                 ´     .. -―≧、-- ..
                                   _..z‐ ´ ‐ .ニ=  ー 、.\
                               _ .. -‐ラ' / ´ / / ! ! \:.ヽ. ヽ.
                                /://   / /ィ | |    V  .ハ
 そして、厳包が、ようやく               _,._. -ァ' /  :/ /,.イ  リ | :|:  i!:  l: i
一般に世に知られる名を名乗ることになる。  ̄  /  :!  :i.|.イ :/|  ,イ:/! .イ: l l !:. |:|
                    ..             /./ ,l|:l_|_ム_j/| l/j/ j_i_|j__|:ト| } リ!: l
 …ここまで来るのに随分掛かったけど、 ...  /イl! /.|小从「}イ`Y′ ´j'-_「jハリ./イiハ: ト、
後は最期まで物語るだけ。    .        ー'/ lハ小.ハ:V笊示ミ   '7筰:カラ.´} / .ハ:{ \
                    ..               /:l!|ハ トヽVュリ       辷ソ //}': /  ヽ
 では、本編に戻る。       ...           /イ lハ :ヽト\   丶  イ/ムイ:/
                                ノ'/ / ハ小:iト.、   ‐.‐ /イ :/イハ{
                                   / |lハハ|リ`iァi -- 彳ィ/7|′
                                        リ/´j!_}ムフ   /トl、
                                ,、-、弋¨´:. :. :{__ __ __}:. :` ーァ-、_

629 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:19:46 ID:UdiyUtx20


                         -‐……‐-ミ
                  /: : : : : : : : : : : : : \
                  ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,        今回はここまでだ。
               /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,     流石に次で終わるとは思うんだが、
                 {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i     世の中、絶対はないからねぇ…。
               \{ ─     ─ `ト: /:ノ: : |
          ε -   从   、_,、_,   ムイ´: : 从      まあ、気長に見守ってくれ給え。
               /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ     くっくっ。
              ⊂⌒V´::/:|V V|ヽ:::::::ヽ /⌒つ
               マ7::::ヘ、|ヽ /|/::::、::::::V ̄::7                 .__ __¨ /
                ヽ::::ノi:::! ' !::::::::\:::::::/                   ._)  ._) \

630 やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:32:03 ID:UdiyUtx20
 てなとこで、今回はここまで。
相変わらずこんな時間ではありますが、お付き合い頂いてる方がおられれば、
ありがとうございます&お疲れ様でした>ALL

 今回は解説だけになってしまいましたが、
厳包が「嫁取りをしなかった理由」というか、
「己一代で自分の家を閉じた理由」について、
当方の見立てだとこんなもんかしらんと。

 実際、「昔咄」の記述だと、主君含む周り全員から
「変に女性断ちするのは却って体に良くない」とか
「お前程の奴が跡継ぎ作らないのは勿体無いから嫁を取れ」とか言われてるのに
断固として断ってる訳で、まあ頑固な人で砂。
「諒に季世の異人」と言われるだけはあるなと。

 この解説書くに際して、史料が出てこず、
探すのに時間が掛かってこの有様ですが、
流石に次こそは最後まで書けるはずなので、なんとか頑張りたいところ。
尤も、本業が結構えらいことになってきてるので、
ちと見通しが微妙になってるのがアレですが、まあなんとか。

 それではではー。

631 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/06(月) 07:58:14 ID:BC7pOvFM0
おつでした!
片方は故あって家を潰して血筋を残し、片方は家が残って血筋が絶えるのか・・・

632 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/06(月) 09:27:46 ID:9jiRUX7A0
乙です

これ、どういう理由であれ、楽観的というか剣術バカ的判断だなあと
病気かなんかで尾張柳生本家が絶える可能性全く考えてないんじゃなかろうか
結果として続いたから潔い判断みたいな美談になってるだけで

633 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/06(月) 13:24:49 ID:.w9MVZL20
乙ー

634 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/06(月) 21:24:48 ID:ppr2LkZ20
実は御前試合で、宗冬に玉を潰されていたのを隠しているんだよ!

635 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/06(月) 22:23:13 ID:C61KahBg0
乙乙。
黄門様も似たようなことしてるし、当時の価値観では
(奇特ではあるが)さほど奇異なことではなかったのかもね。
まあ黄門様も結構観念的な世界の人だけど。

636 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/06(月) 22:24:00 ID:C61KahBg0
>>634
柳生非情剣乙w

637 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/07(火) 02:40:24 ID:YgPK.oNo0

まぁ、実子が出来てもその子が剣に優れるかどうかという問題もあるし

638 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/07(火) 02:51:42 ID:a0whJGJg0


尾張柳生は意地と言うか残りのもう一方を取らざるをえなかった印象を受けた
名実のうち将軍家指南役という剣術家最高の実りを先に江戸柳生に占められてしまった以上
名すなわち誇りでもって対抗する以外術はない、みたいな

639 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/07(火) 10:50:12 ID:SKr0pNnM0
乙ー
こうして見ると厳包さんも結構伝奇のネタになりそうなのに十兵衛程知名度ないなぁ

640 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/07(火) 20:39:30 ID:O8oSd5hc0
>>639
やはりギミックは必要なんだよな>知名度
「眼帯」「謎の死」
蓋を開けてみれば眼帯は作り話、謎の死は別に珍しいことじゃないけど

そういうものがドラマチックにキャラを演出する。剣の腕以上に。
これに匹敵できるレベルの要素持ちの剣士って武蔵ぐらいだろ

641 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/07(火) 20:45:27 ID:/qjqnBTE0
十兵衛の場合経歴に空白期間があるから伝奇作家にそこを思いっきりいじられる余地もあるからなw

642 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/08(水) 21:14:45 ID:QWjhgK1U0
それ以外にも、十兵衛は政権の中枢近くにいるから大きな事件に巻き込まれる話を作りやすい
周りにもビッグネーム多いし
尾張柳生の分家じゃなあ

643 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/09(木) 02:29:30 ID:gjO2Yk2Y0
>>642
そのへんは親の功績だよな

644 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/09(木) 04:43:35 ID:UarV/.260
ムネリンの生涯とか、大河でやったら面白そうだと思ったら
かなり昔にやってたんだね(春の坂道)
でもマスターテープもなくて、ソフトもない状態か

645 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/09(木) 05:43:33 ID:S2kevAHo0
フィルムと違って再利用可能、が磁気テープ映像装置の売りだったからねえ
番組はドラマであっても基本生なのが前提だったわけだし

646 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/09(木) 12:40:36 ID:NlV2zhZo0
メインで取り上げても初期幕府官僚掘り下げるつもりでないと今一な出来になりそう
徳川家光とかやって存在感のある脇役の方が光るエピソードだけピックアップできて輝くと思う

647 1 :2017/03/11(土) 21:55:19 ID:i4cp/rHY0
 どもどもです。
「あと2回で終わり」を3回くらい書いてるような気がしますが、
多分今度こそだと思うのですが、それはともかく、
次も目標としては、何時も通り、明日(3/12)の21時にしたいところ。
ただ、最近割とバタバタしてるので、投下できたらやりたいなあという程度で
見て頂ければ。すみませぬ。

 ではではー。

648 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/12(日) 11:27:21 ID:ZKNu0A9E0
厳包の一生独身を貫いた理由に、江戸柳生への対抗心というのは目から鱗でした。
尾張系で新陰流を学んだ方のエッセイや剣の本でほとんど江戸のことに触れてないのに
なぜか宗冬との御前試合のことだけはきっちりと書かれる方が多いのがわかった気がしました。

次の更新もゆっくりと待ってます〜。

.>644
宗矩のNHK大河『春の坂道』は、先月か今月に最終回だけのDVDが
発売されましたよ〜。
Amazon他で、いくつか中の画像が見れるようになってます。

649 1 :2017/03/13(月) 04:05:32 ID:MySSJWj20
 どもどもです。
結局この時間でもどうにもならずであり、申し訳ない。
来週は三連休なので、どうにかなったらいいなあと思うものの、なかなかなんとも。
とはいえ、なるたけ頑張る所存。

 ではー。

650 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/16(木) 08:44:29 ID:M9UdsJPo0
水戸「うちのようにうまーくやらないと」

651 1 :2017/03/18(土) 21:46:11 ID:Pwqbbn/c0
 どもどもです。
今回は三連休なのでどうにかなりそうな気もするのですが、
別件で仕事が入ったので、ちとどうなるか不明。
とりあえず月曜(3/20)夜21時を目標に致したくー。

 ではでは。

652 1 :2017/03/21(火) 02:15:24 ID:d0RJ0iFQ0
 どもどもです。
気が付けば3連休が終了してしまい、おお、もう…。
仕事で予想外に時間を食ってしまい、ちと更新まで手が廻らず。
申し訳なし…。

653 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/21(火) 02:18:47 ID:JaAlCaKU0
>>650
朱舜水「アンタのとこの殿様もモヒカンなんですがそれは」

654 1 :2017/03/25(土) 21:52:31 ID:msFMYepo0
 どもどもです。
ちと仕事が詰まってきてるので、今週も無理そうです。
せめて年度内でラスト1回を残すのみに持ち込みたかったのですが…。
すみませぬ。

 あと少しなので、どうにか更新したいのですけど、うーんこの。
ではでは。

655 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/03/27(月) 01:24:58 ID:W8j4KhRs0
まあこの季節だししゃーないね。
ぐだぐだ本能寺でもやって気長に待ってる。

656 1 :2017/04/01(土) 21:28:40 ID:LFTdhzWI0
 どもどもです。
前回休みでしたけど、今回もすみませぬ。
というか、下手すりゃこれ10末までこの状況が続きそうで、どうしたものかと思案中。
まあ、あと2回なので、どこかで投下は出来るとは思うのですが、なかなかなんとも。
申し訳なし。

 尤も、この期に及んでエラらせる気は毛頭ないので、
一応、週一の報告だけは続けまする。
ではー。

657 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/04/03(月) 03:07:05 ID:vfdD.9QQ0
ほーい。長々待ってま。

658 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/04/04(火) 00:08:13 ID:nVMCMGrs0
気にしないでゆっくりでええんやで

659 1 :2017/04/09(日) 06:13:55 ID:PHysIx6Y0
 どもどもです。
こんな時間ですが、兎にも角にも現状をば。
今のところ、少なくとも今週と来週は無理そうで、
GWに1回チャンスがあったらいいなあという有様であり、なんとも滅入りま砂。
どうにもこうにも。

 なんかもうホントに状況報告だけであり、すみませぬ。
ではー。

660 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/04/14(金) 02:11:43 ID:sYPQl/Lw0
うーむ。まあしゃーあんめ。

661 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/04/14(金) 03:11:15 ID:IDGWthB60
仕方ありませぬな。リアルは第一に優先でオナシャス!

662 1 :2017/04/22(土) 22:59:54 ID:mVOdKRj60
 どもどもです。
現状、こんな塩梅な毎日でアリマス。

                ガガガガッ!
    ______
   / もぐらたたき ヽ       "⌒ヾ、
   | ______|  i!ヘ
   | |HIT HIT HIT l |  /,,i/  lヽ,,lヽ i! r―、
   l  ̄ ノ( ̄ 从  ̄  ,ノ ヾi!`O (    )O=|il! l!
   |\ ̄∩ ̄∩ ノ( ヽ∩ (   G_ソ ヽ、 (⌒) i|!
   |  \~~   lll~ ∩~~ ノノ i!    / ,__づ `´
   |   \~~  ~i!  ~~ ヽ     'ー'′
   |     \ ~~  ~~   ヽ     ;;
   |        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     ;
   |____|       Θ   |    ,
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 連発する問題を16連打ばりに叩けッ叩けッ叩けッとするものの、
全然収まらないので、おお、もう…と。
まあ、一応土日は休めてるだけマシなのですが、
その分、平日の帰宅が終電と始発の二択しかない有様であり、
しかも、来月くらいから更に仕事が増えるかもしれないので、
遠からず大炎上不可避な気がしますが、とりあえず今だけは寝かせてくれと。

 そんな有様なので、まだしばらく無理そうです。
連休も全部はないにせよ、何日かは出ざるを得ないかもしれんので、
どうにもこうにも。

 またちまちま報告しつつ、状況が好転したら
どーにか更新したいところ。

 ではではー。

663 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/04/24(月) 12:04:41 ID:ZtcIY/iY0
乙です
終電と始発って大丈夫ですか?


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

刑務所なう。 - 堀江 貴文

     ミミ ヽヽヽヽヽヽリリノノノノノノノ
    ミ               彡
    ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、,、,,、,、,、,、、 彡
     l  i''"            i彡
    .| 」  /          |
    ,r-/     ● (__人_) ●  |  オリンパス事件どうなの?
    l                  | 
    丶_              ノ
   /~~    ´~ ̄(⌒)(⌒) ヽ
  /          ヽ`ニニ'ノ  ノ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa