したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

◆オーガスト総合エロパロ◆ 避難所

1 管理人 ◆v8PTqD98L6 :2012/10/22(月) 22:21:12 ID:T/joXUHo0
月は東に日は西に、夜明け前より瑠璃色な、フォーチュンアテリアルなどなど、
ゲームメーカー「オーガスト」原作の一般作品のエロパロスレです。
職人様は随時募集中。
純愛、乱交、ハーレム、陵辱、グロ、スカトロ、猟奇、ぱにーになどシチュは何でも構いません。
ただし人を選びそうなSSの投稿の際には事前の注意書きをお願いします。
投稿してくれたSSにはなるべく感想を書きましょう。嫌なら黙ってスルーが鉄則。
荒らし煽りはスルーしてくださいね。

【注意事項】
Q:板のローカルルールでエロゲ原作のエロパロ禁止になってるけどどうするの?
A:アニメ・CSの二次展開があればそちらを原作とみなしておk。
→バイナリィ・ポット、穢翼のユースティア、大図書館の羊飼いはNGの可能性あり。

Q:あのシチュエーションが嫌いなので出て行って欲しい
A:注意書きで判断して見ないようにして下さい。
シチュを制限するとスレが廃墟化して落ちるので現状できません(実績あり)

2 管理人 ◆v8PTqD98L6 :2012/10/22(月) 22:29:14 ID:T/joXUHo0
過去スレ一覧省略してたらまとめまでカットしてしまった……。
あ、念のためですが臨時ログ置き場管理人さん=流れSS書きさんと私は別人ですので。

「オーガスト総合エロパロスレ」臨時ログ置き場
http://angel-factory.sakura.ne.jp/august/

3 名無しさん :2012/10/23(火) 09:38:28 ID:jWmFoYFU0
乙です
なにか書いてくる

4 名無しさん :2012/10/23(火) 18:19:15 ID:CSSZF5RM0
乙です

>>3
期待して待ってます

5 名無しさん :2012/10/24(水) 05:55:33 ID:1nEtjH3I0
>>1

したらばなら安心

またeraのバージョンUPできるといいな
意外と時間かかるのですよ

7 FA「瑛里華の成長」 ◆lTS/R0Q5NM :2012/10/24(水) 20:28:26 ID:2zyN4H2w0
 「すごいな〜、瑛里華。また成長してる」
 「も、もう、言わないで」
 孝平が露骨な視線を浴びせる。瑛里華が羞じらいで真っ赤になる。
 男の視線が向かっているのは金髪美少女の胸もと。まるで小玉スイカでも隠して
いるかのようにふたつの丸みが制服をぱんぱんに押しあげている。ブラウスのボタ
ンがいつ弾け飛んでもおかしくない。
 母に蒼い珠を消してもらい吸血鬼から人間に戻ることができて、肉体に変化が起
こることは瑛里華も予期していた。ひょっとしたら美麗な金髪も碧眼も変色してし
まうかもしれないと、覚悟していた。
 心配していた色の変化はなかった。その代わり、肉体の一部が急激に育ちはじめ
た。
 よほど押しこめていたのだろう。人間に戻って一ヶ月もしないうちに双乳がぐん
ぐん大きくなり、今や爆乳、Hカップ。副会長の新たなトレードマークになってい
る。男子生徒にじろじろと見られ、女子生徒の羨望と嫉妬の視線も受けとめる。
 まだ吸血鬼だったときはCカップバストを小さいと瑛里華は嘆いていて、大きく
なりはじめたときには心から喜んでいた。しかしここまでふくれてさすがに新たな
コンプレックスになりつつある。
 そんな彼女の成長を、孝平は単純に喜んでいる。瑛里華の胸はまだまだ成長して
いく、行く末はIカップ? Jカップ? と日々能天気にアルファベットを唱えて
いる。
 「言葉で言うより、こうしたほうがいいんだっけ」
 顔を赤くした彼女へ卑しくほほえみかけ、視線を浴びせるよりも露骨な行為に出
た。五本の指を開いて服の上から鷲掴み。
 「きゃ、はあっ、あっ、ああぁん。そ、そういうことじゃ……はうぅん」
 にぎにぎされて、甘い吐息混じりの声を放ってしまう。握る指に力がさらにこも
って、瑛里華は声をあげるだけでなく、くねくねもじもじと身じろぎ。

8 FA「瑛里華の成長」 :2012/10/24(水) 20:30:36 ID:2zyN4H2w0
 瑛里華のバストは、ボリュームが増すにつれて感度も高まっている。元から敏感
だったふくらみは孝平がそっと触れただけでもおびただしい快美が湧き起こり、瑛
里華はなにも言えなくなってしまう。愛撫されるまま、とろけてしまう。
 「こうすればすぐにIカップかな」
 「だ、だから、ああっ、そんなに大きくなったら、合う下着がなくて」
 「いやいや、ネットで調べたら、デカパイに合う可愛いブラジャーもけっこうあ
ったよ。俺がプレゼントするから、もっと大きくなっちゃえ」
 からかい半分、本気半分に言ってから孝平はブラウスのボタンをはずしはじめた。
 元からぱつんぱつん。はずせば勝手に開いて、シンプルなデザインのHカップブ
ラジャーが露わになる。
 「これだって可愛いじゃん」
 ぴんとカップを爪弾く。衝撃が下着から肉房に伝わり、甘美な痺れとなって瑛里
華の身を麻痺させる。
 孝平は遠慮なく、手を突っこんで背中にまわし、ホックをパチリとはずした。
 ぷるるんと、誇らしげに生乳がまろびでる。
 「……すげっ」
 制服を着ていても、ブラジャーに覆われていても、Hカップの存在感は半端ない。
だがこうして曝け出されたときの迫力は桁違いで、男を圧倒する。
 胸だけが驚異的に成長したのに不思議とプロポーションに狂いはなく、孝平は魅
入られる。
 白い肉丘はふくれあがっていても、ピンク色の乳輪はさほど大きくなっていない。
爆乳女によくある、だらしない乳輪とは雲泥の差だ。
 たわわに実っていながら、垂れとは無縁。丸みの曲線美は神の造形としか云いよ
うがない。日本一、いや、世界一の美爆乳だ。
 「最高だよ、瑛里華」
 誉めそやし、直に掴んで揉みしだいていく。乳房は巨大すぎて、男の手がやっと
しがみついているようにも見えるのは御愛嬌。
 優しく揉んで、瑛里華を喘がせる。時折り、房をもぎ取るほどの力をこめて息を
呑ませる。
 「も、もう、ダメだってば……ひゃあん」
 孝平は強く揉むたてるだけでなく、顔を寄せて乳首を頬張った。
 乳首は可憐でも乳丘は巨大で、いくらでも吸えそう。さくらんぼのような突起を
口内で転がし、唇で甘噛みして吸引する。さらには指をまわして搾るように揉みな
がらちゅうちゅうと強く吸うのだから、もし妊娠していたら母乳を噴き出すこと間
違いなし。
 孕んでない今ですら、なにかが出ていくように錯覚して瑛里華は激しく身悶える。
爆乳をこってりと愛されて、官能がぐんぐん高まっていく。
 「だ、だから、あ、あ、アアァ……だめ、だめ、ダメェ!」
 声をあげても責めは弱まらず、留まることができずにあっさりとアクメに達した。
口を半開きにして涎をこぼし、双眸から焦点が失われていた。

9 FA「瑛里華の成長」 :2012/10/24(水) 20:32:54 ID:2zyN4H2w0
 「今度は俺も気持ちよく、な」
 瑛里華がアクメから戻ってきたときには孝平のズボンもパンツもなく、股間が剥
き出し。元気よくペニスが屹立している。
 「う、うん」
 瑛里華はこくりとうなずくと、はだけたまま身に残っているブラウスとブラジャ
ーを脱ぎ捨てる。しゃがみこみ、重々しい肉房を支え持った。
 彼女の胸が成長しはじめてすぐに孝平はパイズリを求めた。瑛里華も、大きい胸
ならば彼にしてあげたいと前々から思っていただけに喜んでオーケーし、それから
なんども胸奉仕に励んだ。今ではHカップの爆乳を巧みに操って、彼を夢中にさせ
る。
 孝平は喜色満面、勃起の根元を握って水平に向けると、そのまま谷間に突き刺し
ていく。
 「ああぁん」「ううぅ」
 爆乳だからこそできる「縦パイズリ」に瑛里華が歓喜の声をあげ、孝平の肉欲の
呻きが重なる。ふくらみの一番張っている部分にカリがこすれ、女も男も快楽の炎
に包まれる。肌が汗ばんで牝臭と牡臭さが綯い交ぜになって匂いたつ。
 「くっ」
 快美が蓄積したペニスは強靭に屹立し、水平に向けるのが困難になってきた。
 無理しても快感が削がれるだけ。孝平は手を離し、反りかえるペニスを素直に肉
塊に沈みこませた。
 「うふっ」
 ノーマルパイズリになって、瑛里華が嬉々として身体ごと爆乳をはずませる。唾
液を艶かしく垂らして潤滑油にし、スムーズに肉球を動かして剛直をしっかりしご
く。
 「うん、うん、これ、これだ……うはぁ」
 孝平は仁王立ち。なにもしなくても彼女が絶妙なパイズリで気持ちよくしてくれ
るのだから、顔がだらしなくゆるんでしまう。勃起の先からカウパー腺液がお漏ら
しのように吹き出して、潤滑油にプラスされる。

10 FA「瑛里華の成長」 :2012/10/24(水) 20:34:59 ID:2zyN4H2w0
 やがてふたりは場所をベッドに移した。瑛里華があお向けになって孝平がまたが
り、腰を振って谷間で往復させている。
 彼女に奉仕してもらうのも最高だが、自分で好きなように腰を振るのもまた最高
だ。張りに満ちた肉丘が押しつけられ、つるんと滑るたびに肉竿が痺れるような愉
楽が発生し、孝平の全身にひろがっていく。
 「はふっ、はあっ、んふぅ……んろろ」
 肉棒を易々と呑みこむ谷間だけに、彼が思いっきり腰を前に出したときにようや
く亀頭の先だけが出る。瑛里華は舌の裏を重ねるようにして、亀頭の先をもてなす。
 孝平の腰が加速し、爆乳を犯される瑛里華は嬌声を張りあげ、空気が熱を帯びて
くる。男の劣情も女の官能もいつ爆発してもおかしくないほど昂りきっていた。
 「……うっ!」
 孝平はととどめとばかりに腰を引き、大きくせり出して放出しようとしたのに、
腰が前に出るより早く放出がはじまってしまった。亀頭が乳肌にくるまれたまま、
爆乳のなかに射精してしまう。
 どろどろになった谷間をずるりと滑らせ、亀頭を突き出してさらに迸らせる。飛
び出す樹液は瑛里華の顔に届き、美顔をパックするようにびしゃびしゃと精が降り
かかる。
 「ああん、いっぱい、いっぱい出てる。私、かけられちゃってるぅ」
 熱い精を顔に受けて瑛里華も絶頂に飛んだ。身震いで巨大な乳房がたゆんたゆん
と揺れる。
 「あうっ、あっ、ああっ、あふぅ……」
 いつまでも続く絶頂感とゆるやかなリズムが睡魔と化し、すうっと引きこまれて
瑛里華の意識が消えていく……。


 瑛里華はゆっくりとまぶたを持ちあげた。まぶしい光に、ぱちぱちまたたく。
 ぼんやりと、寝そべったまま手を伸ばす。彼はいない。白濁液の汚れもいない。
胸のふくらみもない。
 夢を見ていた。爆乳に育った胸を彼に愛され、その胸で彼に奉仕する夢を。
 人間に戻って、変化におどおどする毎日が続いている。孝平からは、なるべく気
にするな、と言われているが、ひとりでいるとなかなか落ち着けない。
 瑛里華は淫夢を思いかえして身をほてらせ、考える。
 胸が本当に成長するだろうか? 成長してくれれば嬉しい。Cカップは、小さい
部類に入るから。
 Hカップにまで成長したら嬉しいか? きっととまどう。でも孝平が気に入って
くれれば、愛し愛される胸になるのなら嬉しいに決まってる。
 予知夢であってほしいと思いつつ、身支度をしなければとベッドから降りた。ま
だ小さな胸がじんじんと疼き、先端の突起がピンと勃っていた。

(終)

11 名無しさん :2012/10/25(木) 00:01:24 ID:JD1BxPyo0
>>10
乙! てか夢落ちかよw

本スレでは聞きにくいけど流れSS書き氏は引退したかな・・・

13 外伝 ◆9QlRx9nooI :2012/10/26(金) 21:28:03 ID:pxkUf5Ug0
 淫妹娼婦麻衣

「あ、お帰りなさい。お兄ちゃん」
 私が部屋に入ると、可愛らしい少女が笑顔で出迎えてくれる。潤んだ瞳に小さな体。カタログで見たとおりだ。
でもなぜスカートだけで上半身裸なのだろう。だがそこがいい。白い裸身に小振りの乳房が目に眩しい。
「もうお兄ちゃん。そんなとこに立ってないで。早く」
「あ、ああ」
 促されるまま歩み寄る私の手を、少女はそっと握ってきた。小さく暖かい手。
「えへへ。お兄ちゃんだぁ」
 無邪気な屈託のない笑顔。潤んだ瞳で見上げる少女に私は年甲斐もなく胸が高鳴った。
 カタログで見た名前は朝霧麻衣。調教の結果、男なら誰でもお兄ちゃんと思い込むようになったらしい。

 ここは裏の高級娼館。お姫様から金髪幼女までよりどりみどりの美女美少女を揃えている。
 かねてより予約していたこの少女は一ヶ月待ちでようやく私の番になった。

「ほら、お兄ちゃん」
 ベッドに腰掛け、麻衣は期待するような何か欲しがるような瞳で私を見上げる。
ドキドキと高鳴る鼓動が聞こえてくるのは気のせいだろうか。それとも私の高鳴りだろうか。
なんだか居たたまれない気持ちになった。本当の妹のような気がして。
「あ、あの……。今日は、しないの?」
 露になった薄い胸を抑えながら麻衣の口が開く。切なく寂しそうに。
 私は彼女の横に腰掛け、その頭を撫でてやった。柔らかい髪の感触が心地良い。
「ああ。もちろんするとも」
「あはっ。お兄ちゃんたら」
 言葉と裏腹に麻衣の表情がぱっと輝く。まるで花咲くように。
 私は両手を彼女の背に回し、優しく接吻した。唇を軽く重ねるだけのキス。
それでも柔らかい少女の唇は甘酸っぱく、十分に堪能させてくれた。
「あはっ」
 口を離すと麻衣はさらに潤んだ瞳になり私の腕にしがみつく。華奢な乳房が腕に触れ、むにっと弾んだ。
「お兄ちゃんとキスしちゃった。お兄ちゃんとキス……。えへへっ」
 無邪気に、どこか壊れた声でキスしちゃったと繰り返す。それから私を見上げ、
「ね、ねえ。わたしははじめてだよ。キスするのお兄ちゃんが最初。お兄ちゃんは?」
「ああ。麻衣がはじめてだよ」
 そんな潤んだ瞳で見つめられ、否と言えるはずがない。
「きゃっ。嬉しい……。よかった。どっちもはじめてで……」
 切ない声に罪悪感が募る。今まで何度もここで抱かれてきたはずなのに。
この壊れた妹を私は今から抱くのだ。今までの多くのお兄ちゃんと同じように。
「お兄ちゃん……」
 そっと麻衣の手がスカートを捲し上げる。白い太もも、その奥まではっきりと見えた。
どうやらスカートの下も何も身に着けていなかったらしい。裸スカート妹というわけだ。
 そして、何度も貫かれながらも可憐に咲く桃色の性器を晒しながら、罪深い妹が悪魔の誘惑を兄に囁く。

14 淫妹娼婦麻衣 :2012/10/26(金) 21:29:06 ID:pxkUf5Ug0
「お兄ちゃんがはじめてをわたしにくれるなら……わたしのはじめてもお兄ちゃんにあげる」

 まったく……甘く潤んだ瞳でこんなことを言われるのだから堪らない。本当の妹だとしても耐えられなかっただろう。
「ああ。もちろんだよ」
 そっとスカートの中に手を伸ばす。可憐な割れ目はもう熱く湿っていた。
「あんっ……。お兄ちゃんが、お兄ちゃんがわたしの、あそこ、触ってるよぉ」
 指先の割れ目がさらに熱く潤うのを感じる。兄に触れられて感じる妹らしい。
「いいよ……。お兄ちゃんなら、いいの……」
 切なく吐息を漏らす麻衣を優しくベッドに寝かせ、私も服を脱いだ。すでに私のちんこも熱くたぎり、天を向いている。
「あはっ。お兄ちゃんのだっ」
 横になりながらも麻衣は熱い眼差しで私のちんこを見つめる。そしてそっと触れてきた。
少女のしなやかな指が触れただけで、私のものはびくんと大きく跳ねる。
「うわぁ。お兄ちゃんのすっごい……」
 うふふと笑いながら亀頭を指先で撫でてくる。先端がむずむずしてそれだけで出てしまいそうだ。
「じゃあ。今度は麻衣のを可愛がるよ」
 私は身を屈め、スカートの中に顔を埋め、舌を伸ばした。
「あんっ」
 切ない声。熱く香ばしい肉汁が舌いっぱいに広がり、ぴちゃぴちゃと淫らな音が響く。
 すでに熱く潤っていたまんこはなめるたびにひくつき、腰が小刻みに震えた。
「あんんっ。ああんっ。あんっ。あうんっ」
 甘酸っぱい声が上がり、その度に腰が揺れる。じゅっ、じゅっと漏れる肉汁が喉まで流れ込んできた。
「お、お兄ちゃん……お兄ちゃん、ごめんねお兄ちゃん、ごめんなさい……」
 甘く切ない喘ぎ声に不意に謝罪の言葉が混じる。同時に肉汁が溢れ出す。
「ごめんなさい……お兄ちゃんごめんね、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん」
 彼女は何に対して謝ってるか不明だが、私はスカートの中から顔を上げ、こぼれる肉汁をすすり、震える頭をなでてやる。
「いいよ。許す」
「うん……」
 ほっとしたように麻衣の表情が緩み、涙が一筋頬を流れた。
「お兄ちゃん……。好きな人とかいる?」
 私はふっと苦笑し、麻衣の青い乳房に手を置いた。ぷくっと尖った乳首が手の平に当たり、そのままころころと転がす。
「お兄ちゃんが好きなのは麻衣だけだよ」
「やんっ……。嬉しい」
 はぁと深く息を吸い、胸からの甘い刺激に身を委ね、官能的な眼差しで見上げてくる。
 私はそんな麻衣の頭を撫で、もう片方の手で乳首を転がし、指で摘んで弄る。
「はぅ……。はあ、ね、ねえお兄ちゃん」
 熱い吐息を漏らしながら、麻衣が脚を開く。奥の花弁は桃色に染まり、蠢き、兄を求めていた。
「いいよ……。きて。麻衣のはじめて、お兄ちゃんにあげる」
「ああ」
 もう何度も貫かれているはずなのに、本当に麻衣ははじめてだと思い込んでいる。だが体は正直に反応していた。
 ちんこの先端を熱い割れ目にあてがうと、それだけでにゅるっと肉壁に埋没し、奥へ奥へといざなう。
「あがぁあ……。あうっ……お兄ちゃん……お兄ちゃんの……」

15 淫妹娼婦麻衣 :2012/10/26(金) 21:29:43 ID:pxkUf5Ug0
 ゆらゆらと揺れる麻衣の手を握り、しっかりと握り締める。離さないように、離れないように、麻衣の手も必死に組み付いてきた。
「ああぁ……。はいってる、入ってるよぉ……。お兄ちゃんが、わたしに、なかに、入ってるのぉ」
「ああ。ひとつになったよ」
「ひとつに?」
「そう。ひとつだ」
「嬉しい……お兄ちゃん」
 何度も挿入されてるはずの麻衣の膣はそれでもなお狭く、ぎゅっと私のちんこを締め付ける。そして蕩けそうなほどに熱い。
「はああぁ……。お兄ちゃんのおちんちん……これがお兄ちゃん……」
 一気に奥まで押し込むと、麻衣の腰がぎゅっと跳ね上がる。そしてちんこを挟んだまま、リズミカルに動き出した。
「くっ」
 いきなりの腰の動きに、私のほうが付いて行くのに必死だった。もう私も若くはない。
 じゅっ、じゅっ、と肉と肉がこすれあう音が響き、握り合う手に力がこもる。
「お兄ちゃん……お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん……」
 兄を求める声が切なく漏れ、小振りの乳房がそれでもぷるぷると揺れる。結合部から漏れる肉汁が太ももまで漏れ、流れていった。
「いい、いいよぉ。お兄ちゃん、だめぇ、お兄ちゃん」
「だめじゃないだろ」
 だがそろそろ私が限界だ。
「出すよ麻衣。お兄ちゃんのを」
「うんっ」
 ぐんっと麻衣の腰が跳ね上がり、下がり、また上がる。そして一気にちんこを締め付けた。
「くっ」
 痛いほどの快感に身を任せ、溜まっていたものを一気に放出する。ふっ、と意識が遠くなり、必死に押しとどめた。
「あああぅーっ!」
 麻衣の絶頂の声を聞きながら、私もまた達していた。

 ドクン ドクン

 深く、深く。奥の奥まで精液が流れ込むのを感じながら、私はしっかりと麻衣の手を握り締め、それから背中に手を回し、華奢な全身を抱きしめ、ほとばしる精を出し尽くす。

「はぁ……。あ、ああぁ……。お兄ちゃん」
「ふう」
 射精の余韻に浸りながら息を整えると、私は抱きしめた麻衣の唇にキスする。
「んっ」
 腕の中の裸身が小刻みに震える。私はそのまま舌を入れ、ねっとりと唾液を絡ませながら、固まった。
 潤んだ瞳をそっと伏せ、麻衣の裸身が腕の中でゆっくりと脱力するのを感じる。
「んっ」
 長い長いディープキスを終え、口を離すと、どちらからともなくふっと微笑が浮かぶ。
お互いに口から粘液が落ち、下半身は繋がったまま。
「お、お兄ちゃん?」
「なんだい」
「え、エッチしちゃったんだよね。お兄ちゃんと。麻衣」
「ああ」

16 淫妹娼婦麻衣 :2012/10/26(金) 21:30:12 ID:pxkUf5Ug0
 もう何度も抱かれているのに、毎日が兄との初体験と思い込む。これはこれで新鮮でいい。
「赤ちゃん……できるかな」
 麻衣の視線が繋がったままの下半身に落ちる。
「そうかもな」
 赤ちゃんか。それもいいかもしれないと、ふと思う。この可愛い妹となら。
「ね、ねえお兄ちゃん」
「ん?」
「わ、わたしね。男の子と女の子がほしいな。お兄ちゃんと妹。
 それでね、それでね。そのお兄ちゃんと妹がお互いを好きになるの。わたしとお兄ちゃんみたいに。
 そしてね、そのお兄ちゃんと妹が、またお兄ちゃんと妹を産むの。そのお兄ちゃんと妹がまた結ばれて、お兄ちゃんと妹を生んで。
 それをね、ずっと繰り返していくの。ずっと。ねえ、お兄ちゃん。素敵だと思わない?
 妹とお兄ちゃんがずっとずっと愛し合って、結ばれるのを、繰り返すんだよ」
「ああ。それは素晴らしい」
 なぜか。そのときの私には本当に素晴らしいことのように思えた。
「えへへ。嬉しい」
 麻衣の頭を撫でながら、挿入したままのちんこがまたむくむくと大きくなるのを感じた。
話を聞いてるうちに興奮したらしい。私も年の割りには回復が早いものだ。
「あはっ。お兄ちゃんの、また大きくなってる」
 麻衣も感じたのだろう。腰を振って、私のちんこを刺激する。
「いいよ、お兄ちゃん。麻衣のなか、いっぱいいっぱい出して。妊娠させて。
 お兄ちゃんの赤ちゃんちょうだい」
「ああ。がんばるよ」
 麻衣の屈託のない笑顔を間近に、私は今日この場で腹上死しても悔いはないと思っていた。
 甘酸っぱい汗が全身を包み、目の前の髪からの甘い香りが理性を奪う。私は
少女の青い体を包み込むように抱くと、今度は自分から腰を動かしピストン運動を開始した。

「お、お兄ちゃん。離さないでね。絶対だよ」
「ああ。絶対だ」

 ぱんぱんと肉と肉がぶつかる音が耳を打ち、小さな体が飛び跳ねる。私の腕の中で。

「あっ……ああぁ……あああぁ……」

 徐々に高まる喘ぎ声。じゅっじゅっとちんこが膣を抉り、蹂躙する。
「はあっ。熱い、熱いよ、お兄ちゃん」
 ああ。私もだよ。
「もっと……お兄ちゃん、もっとだよ」
 麻衣の脚がぴんと上を向き、腰に絡みつく。私も離さないように、麻衣をぎゅっとより強く抱きしめた。
「お兄ちゃん……お兄ちゃん……。好き、大好き。好き。好き。好き」
「ああ。愛してるよ」
 無我夢中で抱きしめる麻衣の顔に口付ける。何度も。何度も。髪に、額に、頬に、キスの雨を降らす。
「ああんっ……お兄ちゃん、大好き」
 そして熱く息を漏らす唇にキスしたとき、麻衣の脚が私を強く締め付けた。
膣も同時に。
「んんーっ!」
 固く結ばれたまま、再び精を放っていた。奥の奥まで。

17 淫妹娼婦麻衣 :2012/10/26(金) 21:30:44 ID:pxkUf5Ug0
「ふうー」
 年は取りたくないものだ。抜かずの二連発でもう体が重い。快楽がそのまま疲弊に繋がる。
 ゆっくりとちんこを引き抜くと、ごぼっと白汁がこぼれる。細い太ももを精液が流れ、濡らしていった。
「うんぅ」
 麻衣もさすがに疲れたか、ベッドに深く沈み、ぐったりとうな垂れている。
ただ潤んだ瞳だけはそのまま。その瞳がまだまだと訴えていた。
「麻衣」
 私はぐったりと横たわる少女の胸元に口を寄せ、ぷるんと揺れる乳にキス。
「んっ……お兄ちゃん、また……」
 麻衣の手が私の頭をよしよしと撫でる。私はそのまま目の前のピンクの乳首にしゃぶりつき、甘く吸う。
「や、んっ」
 口から嬌声が漏れ、それでも麻衣は頭を撫で続ける。まるで乳児と母親のように。
 私はそのまま乳首を吸い続け、麻衣はうっとりと頭を撫で続けた。
「うふふ。お兄ちゃん赤ちゃんみたい」
 ちゅっ、ちゅっと乳首を吸う私を麻衣はそう評する。胸から口を離し、私は言った。
「お兄ちゃん、だろ」
「うん。お兄ちゃん」
「もう一回」
「お兄ちゃん」
 甘い声でそう呼ばれる度に、背筋がぞくぞくとなる。これで実妹だったら背徳感も味わえるのだが。
「麻衣。背中を向けて」
「うん」
 麻衣に背中を向けさせうつ伏せにすると、背後から抱きしめ、胸に手を回す。
「あ、んっ」
 下を向けさせても麻衣の胸は小さく形を保ったまま。そんな可愛らしい乳房を手で包み、揉みしだく。ゆっくりと。
「うんっ。あんっ」
 揉みながら、時々は手の平に感じる乳首を感じる。麻衣の白い背中が仰け反るのを感じながら、私はじっくりと薄い胸への愛撫に集中した。
「んっ……んんっ。いい、いいよ、お兄ちゃん。いいの」
 すでに絶頂に達した麻衣の体は敏感に反応してくれる。私は胸を揉みながら
眼前の白い背中を舐めた。甘酸っぱい汗の味。
「ひゃっ……うん、うんぅ……」
 胸を揉まれ、背中を舐められ、今度は麻衣の背筋がぞくぞくと震えていた。
「麻衣。お尻を上げて」
「うん……」
 麻衣の白い尻が高々と上がる。まるで果実のように。
 胸に回していた手を尻に向け、両側からしっかりと押さえた。ちんこはもう回復している。
その先端を、まだだらりと精液がこぼれる秘肉にあてがった。
「いれるよ」
「うん……。きて!」
 期待するように声が弾む。その期待通りに、私は腰を強く打ち据えた。
「ああーっ!」
 パン、と肉がぶつかる鈍い音がして、ちんこがしっかりと奥まで挟まる。
「ああっ。あー。はああーっ!」
 高く上げられた麻衣の腰が自らゆらゆらと揺れ、私をリードする。これは楽でいいが、年を取ったとも実感させられる。
 白い背中と尻がゆらゆら揺れるのを眼下に堪能しながら、私は麻衣の熱い膣内に意識を集中した。

18 淫妹娼婦麻衣 :2012/10/26(金) 21:31:12 ID:pxkUf5Ug0
「ああっ! アアアァッ! いーっ! イィー!」
 自分から激しく腰を揺らしながら、麻衣はベッドを強く握り、今までよりも感じているようだった。
もしかしたら、この犬のような格好が感じる性質なのだろうか。そんな思考もすぐに白い快楽に流される。
「んっ! ぐっ、はああっ! はううぅっ!」
 白い背中を仰け反らせながら麻衣は達し、私もなすすべなく射精していた。

「はぁ。はぁ。はぁ」
 激しく汗をかき、ベッドに沈む麻衣。私はちんこを引き抜くと、その頬にキスし、お尻を撫でながら、頬にキスする。
「可愛いよ。麻衣」
「……もう。お兄ちゃんたら」
 麻衣は体をこちらに向け、抱きついてくる。私は赤くなった耳を甘噛みし、彼女のお尻を撫で続けた。
「ふふ……お兄ちゃんのえっち」
 どっちがだ、この淫妹め。とは口に出して言わなかった。

 結局この日はそれから二回、計五回膣内射精して、抱き合いながら麻衣は眠りに就いた。
「お兄ちゃん」
 寝言までお兄ちゃんの安らかな寝顔で。

「こんやはおたのしみでしたね」
 服を着てフロントまで出ると、マネージャーがお約束のセリフで出迎える。
「あの娘、気に入った。また予約したい」
 私の申し出に、しかしマネージャーは残念そうな顔をする。
「えー、申し訳ありません。あの娘は明日殺されますので」
「は?」
「実はお得意様が、あの娘を殺しながら楽しみたいと。もう大金を入金して予約してまして。
そんなわけで、あの娘は明日殺されるんです。まことに申し訳ありません」
 あんな可愛い娘を殺すなんて。もったいないことをするもんんだ。
「ああ、ですが当店にはまだまだ可愛い娘が揃っております。月のお姫様は半年先まで予約待ちですが、そのメイドなら明日にでも。多少壊れていますが」
「ああ。じゃあ明日はそのメイドさんに予約しとこう」
「へい、では明日の予定はメイドのミアで。いつもご贔屓に」
 マネージャーの声を背に私は外に出る。
 そうか。明日、麻衣は殺されるのか。惨たらしく、無残に。可哀想に。

(おしまい)

19 外伝 ◆9QlRx9nooI :2012/10/26(金) 21:32:35 ID:pxkUf5Ug0
以上で終わりです

21 名無しさん :2012/10/27(土) 05:49:31 ID:X6pSYxsQ0
外伝氏ではありませんか
お久しぶりですな!
おらも何か書きたくなってきたわ

なんか牧場スレのように酷い系路線来た
死んだ麻衣は剥製にして飾りたいな

25 外伝 ◆9QlRx9nooI :2012/11/01(木) 21:52:11 ID:ZxaNwPhw0
     フィーナ・ミア娼婦生活3P

「はぁ、はぁ。姫さま。姫さまぁ」
「や、やめなさいミア。はしたない」
 俺の目の前で、二人の少女がベッドの上で身体を重ねている。
下に押し倒されているのが月のお姫さまのフィーナ。姫にふさわしいドレス姿。
上になってるのが小さなメイドのミア。こちらもよく似合っているメイド服。
どちらのドレスとメイド服も胸元が大きく開かれて乳房は剥き出しで。姫の豊かな胸が、
上から乗るミアの小さな胸をぽよよんと弾いていた。
「う、ううん。姫さま。姫さま。もっと、もっとです」
「ああっ、ミア。もう、もう。いけないわ、こんな」
 フィーナにキスの雨を降らし、唇を涎まみれにするミア。恍惚とした表情で、
小さな尻をふるふると振っている。
と同時に俺は気付いていた。フィーナの手もぎゅっとベッドのシーツをつかみ、
スカートのは小刻みに震えている。やはり感じているのだ。

「ふふっ。姫さまったら。こんなになっちゃって」

 ミアの手がスカートの中に伸びる。どちらも下着は身に着けていない。
直接大事な部分に触れたのだろう。フィーナの腰がびくっと跳ね上がり、小さなミアも揺らす。
「あはっ。感じてるんですね。嬉しい」
 ミアの唇がはぁと熱い吐息を漏らし、フィーナの唇をふさぐ。
「んっ」
 ちゅ、ちゅっと唇を吸い、舐めまわし、やっと口を離したときには、唾液が二人を結んでいた。
「ミ、ミア」
「大丈夫ですよ姫さま。わたしが、ずっとお世話しますから。ここもあそこも」
 スカートの中のミアの手の動きが早くなる。そして口は乳房に吸い付き、
ぷっと尖った乳首を含む。
「やっ、ああっ。ミア、ああ、ミア」
 メイドの精一杯の愛撫に敏感に反応する姫。今までの娼婦生活で開発は進んでるらしい。
 それにしてもミアがここまで積極的にフィーナを責めるとは。嬉しい誤算てやつだ。

 ここは裏の高級娼館。月のお姫様から美少女司祭様まで豊富な娼婦が揃っている。
 俺はここの調教師。といっても調教だけでなく、娼婦の健康管理も行っている。
それも人気商品だったら実際に客を取り、合間を見ながら調教しなければならない。
女が壊れたり使い物になったら俺の損失にされるから大変だ。

 俺の調教は相手に合わせてやる。例えばブラコンの妹なら、客が誰でも兄と思うように仕込む。
そうやって無理のないように調教するのが長続きするコツ。
 ミアの場合は簡単だ。彼女は姫さまに忠誠を尽くすメイド。
 『姫さまに会いたい』『姫さまに会わせてください』『なんでもしますから、
姫さまには酷いことはしないでください』
 涙ながらに懇願するミアに俺は「そんなに姫さまに会いたいなら、客を喜ばせる方法を身に付けろ。
そうすれば姫さまの負担も減る」と言ってやった。
 それだけでミアは従順になり、必死に小さな身体で客を満足させとうとし、
要望にはなんでも応える。

26 フィーナ・ミア娼婦生活3P :2012/11/01(木) 21:53:07 ID:ZxaNwPhw0
 もっとも姫さまの負担を減らすことにはなっていない。フィーナは大人気で半年先までぎっしりと予約が詰まっているからだ。
 今日はたまたまフィーナの客がキャンセルし(なんでも急な政務が入ったらしい。
お偉いさんも大変だ)、俺はかねてよりの約束通りミアを姫さまに会わせてやることにした。
 俺から見てもミアは必死に頑張ってるしね。ただ頑張りすぎていろいろと壊れてきてるが。
 ちなみにフィーナに関しては俺は何も調教していない。常に予約がいっぱいで、
俺が見る暇がないのだ。
 そんな素人同然の状態の商品を客に出すことには、俺の調教師としてのプライドが納得しないのだが、
素の状態のままのお姫さまのほうが客の受けは良いらしい。
 今のフィーナは姫としてのプライドを保ったまま、肉体だけが開発されている。
心は嫌がりながらも、何度も抱かれた体は正直に反応し、感じてしまう。
そんな反応は男にとっては理想的で、被虐心を大いに満足させていた。
 だからフィーナの客にはリピーターが多く、今も予約が止まらない。
 ちなみにフィーナの客は月王国の貴族がかなり多い。ここは地球にあるから
以前は月王国の住人が来ることすら希だったのに。
わざわざ地球に来るのだから、よっぽどフィーナを抱きたかったと見える。あの美貌なら無理もない。

 そして今、完全に娼婦として仕上がったミアは、フィーナに覆い被さり。教え込まれた技術を存分にぶつけていた。
 最初は『姫さま。姫さま』と単純に再会を喜び、お互いに涙を流しながら抱き合っていたのだが。
俺がただ「ほら、お姫さまが寂しがってるぞ。メイドのお前が慰めてやれ」
と言ったら、すぐに姫さまを押し倒し、愛撫しはじめた。
「うふふ。姫さま、あーん」
 ミアが口を開き、ぱっくりと大きな乳房にしゃぶりつく。ちゃぺちゃぺと舐める音がここまで聞こえてきた。
「あっ、んっ。やめ、やめなさいミア」
 官能的に首を振り、長い銀髪を振り乱しながらフィーナが訴える。だがミアは止まらない。
「無駄無駄。もうミアは姫さまのメイドじゃなくて、淫らな娼婦だからね」
「そんな……」
 俺の言葉に、フィーナの瞳から大粒の涙がこぼれる。信じていたメイドに裏切られたと感じたのだろうか。
「あー。ミアちゃんを責めるなよ。この子すっごく頑張ったんだぜ。姫さまに会いたくてな。
それに『姫さまに酷いことしないでください。わたしがなんでもします』と言ったりな。
本当になんでもしたらこうなったけど」
「ああっ。ミア」
 フィーナの手が自分の胸をしゃぶるミアの頭を包む。
「もういいの。もういいのよミア。私なら……平気ですから」
 毎日陵辱されているのだ。平気なはずはない。だがフィーナは泣きながらミアの頭を抱き、
もういいのですと繰り返した。
「姫さま……?」
 そんなフィーナを、ミアは顔を上げ、きゅとんと見つめる。虚ろな瞳でしばらく見つめた後うふふと笑い、
「そうですね。もっと、もっとですよね」
 うーん、そうきたか。

27 フィーナ・ミア娼婦生活3P :2012/11/01(木) 21:53:56 ID:ZxaNwPhw0
「こっちはどうなってます」
「きゃっ」
 ミアの手がドレスのスカートを捲し上げる。下着は無く、白い太ももからピンクのまんこまで丸見え。
「あはっ。もう濡れ濡れじゃないですかぁ」
 ぺろっと指を舐め、ミアはくすくすと笑っている。さっき姫さまのまんこを触っていた指。
そこにさらに唾液をまぶして濡らしていく。
「ミ、ミア!? な、なにを……」
 羞恥で顔を真っ赤にしながらフィーナが唖然と呟く。ふむ。まだ羞恥心は残っているか。
「はい、姫さま。力を抜いてください。あそこをぐちゅぐちゅしますよ」
「きゃあっ……あぐぅ」
 ミアの濡れそぼった指が、フィーナの捲くれ上げたスカートの中、その中心に咲く
花弁へと突き刺さる。
「だめ、だめ、おやめなさい。そのような……」
 哀願を聞かず、指はすぽっと抵抗なく肉の穴へと入っていく。まず人差し指が一本。
次いで中指も続いてすぽっと入った。
「いやぁっ!」
 金切り声とともにフィーナの腰ががくんっと跳ね上がり、落ちる。
「ふふっ、姫さま。入れただけなのに、そんな気持ち良いですかぁ?」
 腰の動きに合わせ、ミアの指がくちょくちょとまんこの内をかきまわし、
その度に肉壁が蠢動した。
「あっ、ああっ。はぁ、はう、ミ、ミア、お願い、お願いだからやめて」
「だめですよぉ、姫さま。たくさんたくさんイッちゃってください」
 虚ろな瞳のミアは指を止めず、ぐちゅぐちゅと淫らな音を立てて花弁を掻き回す。
ちなみにこの指責めを教えたのは俺ではなく、浣腸を責められるのが好きな客がミアに教え込んだらしい。
「はっ、はあっ、ミア、ミア」
 フィーナの腰の動きが激しくなる。開発された肉体はしっかり感じているらしい。
それにミアの愛撫も巧みなようだ。尖ったクリストリスを指で挟み、クリクリとつねる。

「イヤーッ! ミア! ミア!!」
「はい、姫さま。イッちゃって、イッちゃってください。うふふ」

 フィーナを責めながらミアのもう片手は自分のスカートの中へと伸びている。
自慰しながらミア自身も腰を揺らし、頬を紅潮させていた。

「姫さま。ミア、もうイッちゃいそうです。だから、ご一緒に」
「アアーッ! ミア、だめ、ミア! ミア!!」

 ぎゅっ、とフィーナの腰が高々と上がり、限界まで硬直した。同時にミアもぷるんと小さな体を震わせた。
「んっ。姫さまぁ」
 はぁと熱い吐息とともに指を引き抜くと、フィーナもがくっとベッドに沈み込んだ。
「うふふ。いっぱいぐちゅぐちゅしましたね」
 指を染める肉汁を舐め、ミアはうっとりと頬を染める。
そして息を整えるフィーナに抱きつき、豊かな胸に顔を埋めた。
「あはっ。姫様のここ、まだすごいドキドキしてます」

28 フィーナ・ミア娼婦生活3P :2012/11/01(木) 21:54:42 ID:ZxaNwPhw0
「ミ、ミア」
 胸に埋もれるミアに潤んだ視線を向け、フィーナはただ呆然としていた。
これがあの健気に尽くしていたミアかと信じられない様子で。

 さてと。そろそろ俺も混ぜてもらうか。さっきからちんこが勃起して痛い。ぬぎぬぎ。
 服を脱ぐと、俺も大きなベッドに上がり、フィーナに重なるミアのメイド服のスカートを捲り上げた。
やはり下着を穿いていないそこは、もうびっしょりと濡れそぼり、熱い空気が感じられる。
「さあミア。尻を上げて」
「はい」
 小さな尻を高く掲げ、期待するようにくねくねと動く。
俺は細い腰をつかむと、しっかりと狙いを定めて、腰を叩き付けた。
「はんっ」
 ぱんと小気味よく肉がぶつかり、ミアのまんこにずぶっと突き刺さる。
幼さを残しながらもちんこを抵抗なく受け入れ、膣内はきつくしめつける。
我ながらなかなか理想のまんこに仕上がったものだ。
「あ、あんっ。あんっ。あんっ」
 早くも鼻にかかった甘い喘ぎを漏らし、フィーナの胸をぎゅっと掴むミア。
「ミ、ミア? あ、あなた、おやめなさい。ミアにこのような」
 抱きつかれてるフィーナも気付いたのだろう。さっきまでの呆然とした様子が嘘のように、
毅然とした声で叱責してくる、
「別にミアは嫌がってるわけじゃないさ。なあミア」
「は、はい。どうぞ。ミアのなかで、いっぱいいっぱい抜いてください」
 ミア自身が腰をゆらゆらと回し、膣内のちんこを快楽へといざなう。
俺はただ身を任せるだけでよかった。
「ああっ、ミア。やめて、おやめなさい。このようなはしたない……」
「姫さま……」
 顔を寄せ、ミアがちゅっとキスする。それでフィーナの声は止まった。
「わたし……とっても気持ち良いんです。ほら、姫さまも」
 きゅっとミアが下のフィーナに抱きつく。薄い胸と豊かな胸が重なり、鼓動も重なった。
ミアの感じている快感を少しでも伝えるようにと。
「ほら、姫さま、分かります? わたし、すごいドキドキして、すごい熱くなってるんです」
「ミア……」
 熱い鼓動が確かに伝わるのだろう。落ち着きを取り戻したフィーナの頬が再び紅潮している。
「う、ううぅん。姫さま、姫さま、姫さま。わたし……気持ち良いんです。だから、
心配しないでください。姫さまも」
 ミアの唇が再び重なる。今度は吸い付いて離れなかった。同時、膣内がきゅっと締まる。
「くっ」
 見ているだけで溜まっていた俺はあっさりと達してしまう。
「んっ。んんっ」
「はあ、あっ」
 キスしたままのミアが蠢動し、重なる胸から絶頂がフィーナにも伝わったのだろうか、
その口からも熱い吐息が漏れる。
「ふう」
 ミアからちんこを引き抜くと、ごぼっと精液が漏れる。早く出したわりには量はなかなか。
「あはっ。いっぱい……出ましたぁ」

29 フィーナ・ミア娼婦生活3P :2012/11/01(木) 21:55:27 ID:ZxaNwPhw0
 フィーナの上で腰をふるふると振り、ミアは絶頂の余韻に浸る。
「ミア。そこ代わってくれ」
「えー、でも」
「ご主人様の命令」
「はい」
 不承不承ながらミアは了承し、フィーナから離れた。名残惜しそうに手だけは掴みながら。
「さてと」
 代わって俺がフィーナの上に覆い被さり、ベッドに広がる長い銀髪を撫でる。
「どうも姫さま。今日はよろしく」
 なんだかんだで俺もお姫さまを犯して陵辱して抱きたかったのだ。
「あ、あなた……よくもミアを……」
 涙で潤んではいるがフィーナの瞳はまだ理性と光を失っていない。結構。
「言ったろ。ミア自身が頑張った結果だよ。姫さまに会えるように。なあミア」
「はい。姫さまにお会いしたくて、ご主人様にお願いしてたんです。だから、
今日はとっても嬉しいです。ご主人様、ありがとうございました」
「そんな……ミ、ミア。あなた、ご主人様と……」唖然とするフィーナ。
「ああ、そうか。ミア教えてやりな。誰が今のミアの主人か」
「はい。わたしの主人はご主人様とお客様全てです」
 虚ろな瞳で淡々とミアは語る。
「姫さまはいいのか?」
「姫さまはミアの、とってもとっても大事な方です」
「だそうだよ」
 主人を変えてもフィーナを慕う気持ちに変わりはない。大した忠誠心じゃないか。
「そんな……そんな……」
 だがフィーナは頭を振り、長い銀髪がベッドを流れる。ミアが自分を裏切ったような気がしてショックなのだろうか。
「大丈夫ですよ姫さま。ミアがずっとずっとお世話いたしますから」
 姫の白い手袋に包まれた手に頬擦りし、ミアがにこっと笑う。虚ろな瞳で。
「そういうことだ。愉しもう」
 俺は両手で姫の乳房をつまんだ。うわぁ、柔らかい。フィーナはもう横を向いて
押し黙ったまま、身を任せている。それなら。
「ミア。姫さまのおっぱいを可愛がってやって」
「はいっ!」
 待ってましたとばかり、ミアが俺に代わって勢いよく胸にしゃぶりつき、舌で乳首を転がし、舐めつくす。
「あっ、んっ」
 堪らず嬌声が漏れる。俺は捲し上げたスカートの中、フィーナの両足を開かせ、そこに下半身を割り込ませた。
「くっ」
 フィーナの屈辱の声。だが俺はすぐには突っ込まず、まずは顔を寄せる。
すでにミアが絶頂させたそこは、濡れそぼり割れ目は赤く染まっている。
舌を伸ばすと、ぴくっと太ももに力が入るのが分かる。まだ余力はあるらしい。
俺はそのまま舌で割れ目をなぞり、分け入っていく。ミアの指で開かれたそこは
なんなく侵入を許し、熱く湿った肉汁の味が口に広がった。
「あああっ、ああうっ、ああぐっ、ぐうはっ、あはっ」
 上をミア、下半身を俺に責められ、フィーナの身体がぴくんぴくんっと跳ね、
全身で快感を示した。
「うふふ、姫さま。ここがいいんですか? いいんですよ、またイッちゃって」
「あっ……はぁ。はあ。ミア。ミア」
 ミアの虚ろに悦ぶ声にフィーナの切ない声が重なる。
 一度射精した俺のちんこもすぐにまたむくむくと回復。
もう姫さまも濡れ濡れだし、そろそろいいかな。

30 フィーナ・ミア娼婦生活3P :2012/11/01(木) 21:56:05 ID:ZxaNwPhw0
 股間から顔を上げ、回復したちんこをあてがう。熱く潤った肉の割れ目に触れただけで、
もう出しそうなほどに興奮してしまった。
「やっ……いや」
 今からお姫さまを犯す。初体験のときのように胸が高鳴った。
 ずぶっと熱い茂みに押し入る。抵抗なくどころか、姫さまの肉壁が蠢動するように
俺のちんこを奥へ奥へと導いていくようだった。
「あ……はあっ、いやっ」
「姫さま……とっても気持ちよさそう」
 いやいやと首を振り、切なげな表情で悶えるフィーナを、ミアは乳首を手で弄りながら、
うっとりと虚ろな瞳で見下ろす。
「いやっ。いやああっ。だめ、こんな、だめなの。イヤアッ」
 俺の腰が勝手に動き、熱い膣内を掻き回す。ぎゅっ、ぎゅっと固く締め付けながら、
フィーナは必死に拒絶の声を出す。その声さえも切なく潤んでいた。
 心は嫌がりながらも、フィーナの肉体はしっかりと感じている。なるほど。
確かに理想的な反応だ。貴族たちが通いつめ夢中になる理由も分かる。
「くっ、ううっ」
 ぎっと歯を食い縛ってフィーナが快感に耐える。
「体を楽にしてください。お世話しますから」
「あはっ、ふうっ」
 だがそれもミアが胸を揉み。首筋を舐めるとあっさりと崩壊する。
「あふうっ。あうっ。あうっ」
 体の下でフィーナの白い裸身が揺れ、長い銀髪が流れる。メイドのミアがその
快感をサポートし、絶頂へと誘っていた。締め付けられる俺の下半身もぎゅっと熱くなり、
もう我慢できない。

 ドクン
「はああうっ! アアッ!!」
 フィーナの背筋が仰け反り、硬直。俺もしっかりと腰を抱え、精を放った。

「アアアアッ! いや、いやー、イヤアアッ!」
「姫さま……お世話します、姫さま、姫さま」

 泣き叫ぶフィーナの見下ろしながら俺は心ゆくまで射精し、抱きつくミアもまた絶頂に達しているようだった。
 短くしかし濃い射精を終え、ぐったりとフィーナの腰を降ろす。
 俺もフィーナもはぁはぁと荒い息を吐く。ミアはフィーナの乱れた長い銀髪を撫でていた。
整えようとしているのだろうか。
「ミア」
 ずぶっと引き抜いたちんこを俺はミアに差し出す。いろんな体液で濡れている。
「きれいにして」
「あの……姫さまのお世話が」
「あとでいい」
「でも……」
「ミア!」
 少し強い口調で言うと、ミアはようやく口を開けて、あーんとちんこを咥えた。
 しかしどうしたんだろう。いつもだったらすぐに口できれいにしてくれるのに。

31 フィーナ・ミア娼婦生活3P :2012/11/01(木) 21:56:58 ID:ZxaNwPhw0
「ミア……」
 俺の股間に顔を埋めておしゃぶりするミアを、フィーナは横目で見やる。
頬を大粒の涙が伝い、こぼれていった。
 ミアの髪を撫でながら、俺は優越感に浸る。お姫さまからメイドを寝取った勝利感に。

 がきっ

 そのとき、下半身を襲う熱さ。熱い熱い熱い。
 なにが……?
「えへへ。千切れちゃった」
 下を向くと、ミアもこちらを見上げる。口の周りが血で真っ赤。そしてぷっと何かを吐き出す。
血にまみれたそれは……俺のちんこ?
 ミアが、俺のちんこを、噛み切った……。

「あ、アアアアアアッ!」

 意識した瞬間、腰にすさまじい痛みが走り、下半身の感覚が無くなる。
 なんだこれ、なんだこれ、なんだこれ、なんだこれ、なんだこれ。
「きゃああーっ!!」
 フィーナの悲鳴もどこか遠くから聞こえる。視界が暗くなる。
「さあ姫さま。お世話します」
 最後に見たのは口を血で濡らしながら、フィーナに詰め寄るミアだった。


 この日、ミアに性器を噛み切られ、調教師が一名死亡。
 その後、ミアは罰として三日連続で輪姦され、再び娼婦として客に出される。
 ほとんど人形のようになったミアだが、それはそれで愉しむ客もいたらしい。

(おしまい)

32 フィーナ・ミア娼婦生活3P :2012/11/01(木) 22:02:05 ID:ZxaNwPhw0
以上で終わりです
>>20
お久しぶりです
もうそんなになるのかー

>>21
お久しぶりです
剥製いいですね。フェラさせたり手コキ足コキさせたり。

次はエステルの予定

『羊飼い』は大図書館で少女たちを羊のように飼育するのかと思ってました。

34 「あけるり」エステル「昂る下着」 ◆QqHNOMumDw :2012/11/02(金) 23:09:06 ID:2zyN4H2w0
 (今日はよかったなぁ。エステルさんが、あんなことを)
 達哉は自分の部屋であお向けに寝転がり、彼女との出来事を思いかえしてはニ
ヤニヤしている。礼拝堂から帰ってきてリビングで食事を取っていたときも頬が
ゆるみっぱなしで麻衣から呆れられていたが、妹の顔などまったく見えていなか
った。
 礼拝堂に出向いてエステルの仕事を手伝い、後片づけを終えてすぐに達哉のほ
うからキスを仕掛けた。柔らかな唇の感触を得たとたん、エステルから情熱的に
吸ってきたのに達哉はびっくりする。
 負けじと吸いかえす。唇が濃密に絡みあい、舌が淫靡にくねりあったディープ
キスにのぼせてしまった。
 『達哉……アアァ、見て、見てください』
 唾液を飛び散らせながら唇をほどいたエステルが顔を真っ赤にして正面に立ち、
法衣のスカートをたくしあげていった。黒のオーバーニーストッキングの縁が見
え、まばゆい絶対領域が露わになり、大事な場所を包んでいたのは……なんとワ
インレッド色のショーツ。達哉はびっくりにびっくりし、湧いた唾をごくりと呑
みこんだ。
 まじまじと見つめていると、大胆に見せてくれた月人少女は急に羞じらって、
激しく身悶えして裾から手を放してしまった。今さら隠されてはたまらない。達
哉は身をかがめ、己の手で再度めくりあげた。
 司祭少女の股間を覆うのは、男を獣にしてしまう煽情的な色。色だけでなくデ
ザインも、ふわふわフリルで縁取りされてデルタには花柄の刺繍があしらわれて
いて、間近で凝視する目が血走ってしまう。
 達哉は下着を誉め、見せてくれたエステルを誉め、誉めながらじっくり見つめ
て、さらには手を伸ばして弄びはじめた。下着ごとエステルを愛し、ねちっこく
指を使っているうちに我慢できなくなったのは彼女のほう。

35 「あけるり」エステル「昂る下着」 :2012/11/02(金) 23:10:57 ID:2zyN4H2w0
 エステルは艶かしく喘ぎながら、下着を脱ぐことなく演台にもたれ、尻を突き
出してきた。達哉は股布をずらして媚唇を露出させ、ズボンの前開きから突き出
した肉根を深々と挿入し、腰を振っていった。舞いあがった心に任せて荒々しく
動き、それにも増して昂揚しているエステルはワインレッドに飾られる肉尻を悩
ましげに揺すりかえし、甲高い声を天井にまで響かせて激しい絶頂を迎えた。
 小刻みに震える双臀を包むワインレッドに煽られ、胸を覆う下着も見たくなっ
た達哉は法衣の前をさっさとくつろげた。
 覗けたブラジャーはさすがに色が透けないよう純白だったが、上下揃いで持っ
ていることをエステルは絶頂から戻ってきたときに告白した。今度はブラとショ
ーツを同じワインレッドに揃えてくださいと達哉はすぐさまリクエスト。艶と媚
びに染まった司祭少女はこくりとうなずき、キスしてきた。唇でつながりながら
達哉は下着を再びいじりだす。エステルは鼻から甘い息を漏らし、唇の端から涎
をだらしなくこぼす。
 ふたりともめらめらと欲を滾らせ、結局もう一度淫行に耽った。達哉は長椅子
に座ってエステルが乗っかり、向かい合う座位で互いに腰を卑猥に振りあって、
強烈な快感を貪りつくした。

36 「あけるり」エステル「昂る下着」 :2012/11/02(金) 23:13:05 ID:2zyN4H2w0
 エッチな記憶をなんどもよみがえらせては悦に入る達哉が、不意に気づく。
 (そっか。エステルさんに見せてもらうのを待つより、俺がエステルさんに好
みの下着をプレゼントすればいいじゃん)
 以前にも通販サイトを調べたことがある。それほど値が張らない、それでいて
欲をそそられる魅力的な下着がいくつも目に留まった。彼女が今日穿いていたの
よりも遥かに煽情的な色とデザインのショーツが、ショーツとブラのセットだっ
てある。
 通販でなくても、ランジェリーショップに行って……。
 (さすがにひとりは恥ずかしいな。エステルさんといっしょに、ってそこまで
は、どうだろう)
 今日の昂りがあれば、積極的に下着を見せてくれるほどの思いがあれば、問題
ない。とはいえ礼拝堂の外に出れば顔が違う。休日のショッピングでランジェリ
ーショップに入るというのに、果たして乗ってくれるかどうか……。
 (そこを乗せるのが俺の腕だ、うん)
 プレゼントしたいものがあるといって連れていけば、その前に匂わせておいて
彼女をやんわり昂らせておけば、拒まれずに行けるはず。ショップにある下着を
見定めることが、その日の夜に向けての早々とした前戯になるだろう。
 ショップへ向かうシチュエーションを脳内でシミュレートする。淫らな夜の風
景も見える。
 達哉の吐き出す息が荒い。礼拝堂の本番でたっぷりと精を吐き出してからさほ
ど時間が経ってないというのに、股間はズボンを突き破る勢いで勃起していた。

(終)

39 名無しさん :2012/11/07(水) 05:28:12 ID:sN7MiJZY0
その段階から前戯とはなかなかレベルの高い達也だ

エリスは身請けして性奴隷嫁にしたくなるよね
俺は調教によって心も征服したい

40 外伝 ◆9QlRx9nooI :2012/11/08(木) 20:22:36 ID:axvOcnE.0
     司祭の過ち・エステル処女強姦

 −おお、神よ。罪深き私にどうか罰を。

 モーリッツは何度も懺悔する。決して赦されぬと知りながら、そうせざるを得なかった。
その老いた司祭の前には、ひとりの美しき少女司祭がベッドに寝かされている。
 エステル・フリージア。
 地球に赴任してきたばかりの司祭。そして本人は知らないがモーリッツの実の孫娘……。
 その形のよい眉がきゅっと曲がり、モーリッツに罪の時間のはじまりを告げる。

「うぅん……。ここは?」
 見上げれば知らない天井だった。礼拝堂ではないらしい。
 確か、モーリッツ様にお茶に誘われ、私室でお茶を頂いていたはずなのに……。
そこから先の記憶がない。とりあえず起きよう。
「きゃっ」
 身を起こそうとしてエステルは気付いた。両手を後ろ手に回され、手錠がかけられている。
司祭服に乱れはない。そんな格好でベッドに寝かされていたらしい。なんだか肩が痛い。
「気付いたかね」
 柔らかい声に振り向く。聞き慣れた優しい声。
「モーリッツ様……ここは一体?」
 年老いた司祭に尋ねるが、悲しげに目を伏せるだけだった。
「モーリッツ様?」
「エステル、おめでとう。おまえの外務局への配属が決まった」
「えっ?」
 いきなり切り出されるのは意外な話。それもエステルにとっては夢のような話。
 月教団外務局。政府との交渉を担当する重要な部署。そこでの勤務をエステルは切望し、
冷たく拒絶された。
「それは……本当なのですか?」
 拘束された身で上半身だけでも起こす。真摯な芳情のエステルにモーリッツは重々しくうなずいた。悲しげに。
「だが……おまえに与えられる役割は過酷なものになる。耐えられるのか?」
「も、もちろんです。どのようなお役目でも」
 自由にならない身でエステルは自信を持って言い切る。そのために今まで必死に勉強に励んできた。
「では、まずは教えておこう。これからの役目を」
 その声は震えていた。哀れなほどに。そして同じように震える老いた手が、
エステルに伸びる。
「きゃっ」
 しわがれた手が肩を押し、ベッドに押し倒す。その手が胸元へと伸びてきた。
神聖な司祭服を優しく包む老いた手。その奥の柔らかさとぬくもりがしっかりと伝わってくる。
「ふむ。よく育っている」
 感慨をこめてモーリッツは呟く。成長を直に確かめられて歓喜する老いた手に力がこめられた。
「おやめください……。このようなこと……」
 しばし呆然としていたが、ようやく何をされているか悟ったエステルが、
青ざめた表情でなんとかそれだけを言う。
 全身が凍えるように冷めていたが、触れられる胸だけは熱かった。

41 司祭の過ち・エステル処女強姦 :2012/11/08(木) 20:23:24 ID:axvOcnE.0
「エステル。おまえは交渉の場でも、そのように相手を拒絶するのかね」
 柔らかい二つの膨らみをこねながら、モーリッツが語る。いつもの説教をするように。
「くっ……。ですが……このような……」
「これがこれからのおまえの役目になる」
「そんな……」
 ようやくエステルは気付いた。外務局で任される仕事。肉体をもって相手をもてなす。
すなわち……性交渉。
「そんな……そんな……」
 信じられないといった表情で頭を振る。長い髪が宙に舞い、ほのかな香りがモーリッツの鼻腔をくすぐった。
「信じられないか。だがこれがおまえの目指していた外務局がずっと果たしてきた務めだ」
「うぅ」
 エステルの大きな瞳に涙が滲む。屈辱だろうか。それとも信じていたモーリッツに裏切られたと感じたからか。
 その涙に強く心を痛めながら、モーリッツは最後までやり抜く決心を固めていた。
どの道ここまできたら引き返せない。自分がやらずとも、誰かが彼女を辱めるだろう。
 それならいっそ自分の手で……。
「エステル」
 胸から手を離し、乱れた髪を撫でる。
「モーリッツ様……」
 見上げるエステルの潤んだ瞳は、まだ自分への信頼と情が滲んでいた。

(愚かな私を赦しておくれ)

 だがやはり赦されないのだろう。贖罪を求めながら、さらに罪を重ねるこの罪深き身には。
 ゆっくりとしわがれた手がエステルの髪から頬、胸元、お腹をなぞり、スカートへと伸びる。
 神聖な、本来なら触れることすら許されぬ司祭服のスカート。思い切って
たくし上げると、白い太ももが眩しく視線に飛び込んでくる。そして華奢な脚の付け根を隠す白い布地。
「見ないで……ください……」
 青ざめていた表情を羞恥で赤く染め、エステルが唇を噛む。
「おお。おお」
 年甲斐もなく興奮し、モーリッツは白い太ももから触れていった。
しわがれた手が大事な部分の近くに触れる。それだけでエステルは極限まで身を固くし、
太ももにも力が入る。
そんな緊張を手に感じ、モーリッツはさらに昂ぶっていた。手が素肌を這い上がり、
布越しに股間へと触れる。
「あっ」
 反射的に声が漏れる。エステルの大きな瞳からぽろぽろと大粒の涙がこぼれてきた。
「お許しを……もう許してください……」

(ああ。それは私の言葉だよ。赦しを請わねばならぬのは)

 だがモーリッツはその想いを言葉にはしない。決して赦されぬと覚悟しているから。
 指が布地の奥の割れ目にくいっと食い込む。

42 司祭の過ち・エステル処女強姦 :2012/11/08(木) 20:24:20 ID:axvOcnE.0
「ひっ……。やめてください」
 しわがれた手に潤いをもたらすような布越しのぬくもり。
「お願いです……。もう。もう、やめてください……」
 そうだな、とモーリッツも同意する。手早く済まそう。貫通式を。
 枯れた手がエステルの大事な部分を守る下着にかかる。一気に擦り下ろした。
「きゃっ……。やあっ!」
 股間に空気が入り込み。絹を切り裂くような悲鳴が上がる。可憐な脚をパンツが流れ、
すぐに脱がされた。
「やっ、やあっ! 見ないで、見ないでください!」
 秘所を隠すように、エステルの太ももがぎゅっと閉じる。
 モーリッツは脱がしたパンツを大事にしまいこむと、自らの下半身のずり下ろした。
 高齢にも関わらず老ちんこが宙に飛び出し、にょっきりと天を向く。
「見なさいエステル。これがおまえのなかに入るのだよ」
「いやっ、いやです」
 目を閉じてエステルは見ようともしない。モーリッツはその美貌へと自らの股間を導いた。
「きゃああっ!」
 頬をぷるんと生暖かい老ちんこが突き、エステルがびくっと身を震わせる。
「見なさい。私のものがおまえを触っているのを」
「いやっ! いやです! もうやめて、やめてください!」
「今はそうやって泣いてるだけでいいがな。慣れてきたら、これを口で慰めるようになりなさい」
「こんなの、こんなの、いつものモーリッツ様ではありません」

(ああ。いつもの私ではいられないさ)

 こんなに美しい孫娘の処女を奪えるのだから。
 エステル本人も知らぬ秘密を胸に、モーリッツは顔を股間へと向けた。
 スカートの中、ぴっちりと閉じた太ももの中心の割れ目に舌を伸ばす。
「やぁっ! いやっ!!」
 縦スジにぺろっと舌の感触が走り、エステルの太ももの力が緩む。
モーリッツは両手で脚を押し開き、さらに顔を割り込ませ、間近に咲き誇るピンクの花弁をまぢまぢと見つめた。

「おお、神よ。慈悲深き恵みに感謝します」

 祈りの言葉とともに、舌が伸びる。うっすらと薄い茂みが隠す割れ目はまだ濡れてもいない。
そこをモーリッツの舌が這い上がり、濡らしていった。
「ひっ……いや、イヤアッ! いやです! そんな、そこは、だめ、ダメでsっ!」
 エステルの腰が小刻みに跳ね、逃れようとする。だがモーリッツは離れない。離さない。
「ああぁ……。いやぁ……」
 ぺちょ、ぺちょ、としゃぶる音が耳まで聞こえ、エステルはさらに羞恥に染まっていった。
そして恥ずかしさ以外の、芯からジンとくる濡れるような熱さ。
 その熱さをかき消すようにエステルは首を振るが、かえって燃え上がるようだった。
「アッ……アゥ……」
 エステルの嗚咽に鼻にかかった甘いものが混じり、同時に花弁が蜜を出し、
モーリッツの唾液に混じって割れ目を濡らしていく。
「いやぁ……こんなのイヤ……。うそ、嘘よ、こんなの……」
 どんなに拒絶しても現実は変わらない。

43 司祭の過ち・エステル処女強姦 :2012/11/08(木) 20:25:26 ID:axvOcnE.0
「美しいよ、エステル」
 ようやく顔を上げたモーリッツの顔は実に晴れ晴れとしていた。老体が若返ったかのように活き活きとしているのが感じられる。
 あの信頼していたモーリッツ司祭が自分を辱めている。残酷な現実にエステルはただ泣く事しかできなかった。
「どうして……ですかモーリッツ様」
 モーリッツが脚を押し広げ、股間をあてがってくる。熱い先端が触れるのが分かった。
「どうしてなのですか」
 涙で歪む視界にモーリッツの顔がいっぱいに拡がる。いつもと同じ慈悲深き老司祭の表情。
だが下半身は今まさに、貞操を奪わんと押し込められていた。

「どうしてえええぇぇぇぇぇっ!!!」

 絶叫とともに、ぐいっと老ちんこが青い蕾を突き刺し、一筋血が流れた。
「あっ、あがああっ! 抜いて、抜いてください!」
 痛みはそれほどでもないが、モーリッツに犯されたという衝撃に、エステルは半狂乱になって叫ぶ。
「ああ」
 入れたばかりの老ちんこが引き抜かれる。それでまた肉壁が抉られ、鋭い痛みと微かな甘みが広がった。
 そしてまたすぐに挿入。抉られた肉が引き戻され、また軽い痛みが突き刺さる。
「ひいっ! いや、いやっ、イヤアアッ! イヤアアアアアッ!」
 髪を振り乱し、エステルはひたすら叫ぶ。両手を拘束する手錠がカチャカチャと鳴った。
「いれないで……抜いてください。抜いてーっ!」
「ああ」
 またずぶっと音を立てて抜く。血と肉液が一緒にぽとりとこぼれた。
 そして一息入れる間もなく、また貫く。
「やあっ! いれないで! いれないでくださいっ! 抜いてーっ!」
「ああ」
 抜いて、また挿入。
「あっ。アアッ……アッ……」
 処女を散らされ。何度も挿入を繰り返され。エステルの涙に溢れる瞳から徐々に光が消え、虚ろになろうとしていた。
「ふー」
 一方のモーリッツも、エステルの熱い膣内に老ちんこを挿入したまま、疲労と腰の痛みを感じていた。
さすがに老いた身で初めての固い秘所肉への連続挿入は無理があった。
ちんこも腰もひりひりと痛みが走る。
「エステル……」
 じっと腰を動かず、エステルに覆い被さり、司祭服を重ねる。神聖な司祭服も
お互いにすっかりいろんな体液で汚してしまった。
 髪に鼻を寄せると、汗に混じって甘い香りが胸いっぱいに広がる。
「赦しておくれ……。エステル」

 赦す? なにを?

 ショックと痛みで呆然とするエステルの頭にただ贖罪の言葉が流れ込んでくる。
だからエステルは言った。ただ反射的に。
「赦し……ます」
「おお。おお、エステル。エステル」

44 司祭の過ち・エステル処女強姦 :2012/11/08(木) 20:26:21 ID:axvOcnE.0
 ただその一言で、モーリッツは心底から感激し、奥底から熱が沸き起こる。
「エステル! エステル!」
 若いときの精力が戻ったかのように、ぱんぱんと強く腰を打ち、老いた身と細く青い肉がぶつかった。

「あぁ……」

 全身を抱かれ、その腕の中でエステルはただ揺さぶられる。虚ろな瞳は泣きながら
自らを汚すモーリッツの姿をただ映していた。

「あっ……アアッッ……ゆるし……ます」

 ぽかんと開いた口かたただ許しの言葉が漏れ−同時にモーリッツも何十年ぶりかの射精を放っていた。
「あっ、アアッ……ア……」
 腕の中のエステルが小刻みに震え、やがて動かなくなる。

 はぁ。はぁ。

 しっかりと抱きしめたまま精を放ったモーリッツは、しばしそのままぬくもりに浸り、
ぽかんと開いた口に唇を重ねた。
「んっ」
 処女を奪われたあとのファーストキス。虚ろな瞳から涙がこぼれ落ち、微かな光が刺した。
「もう……どいてください」
 何もかも諦めきった退廃的な声。
「あ、ああ」
 その声に胸を痛めつつ、モーリッツはようやく身を離す。老ちんこが引き抜かれると、
一筋の血と精液が流れ落ち、太ももを汚した。
「エステル」
 呆然とベッドに横たわるエステル。司祭服を着たままの胸はゆっくりと上下し、
まくられたスカートの中は無残にも汚された痕が残っている。
「すまないエステル。私に出来ることはこれだけだ」
 乱れた髪を撫で、モーリッツはベッドから離れた。老ちんこをしまい、記念に
持ち帰るエステルパンツを大事に握り締める。
「これからも……神のご加護があらんことを」
 背を向けて歩き出す老司祭の背を、エステルはぼんやりと眺めていた。
これでようやく終わった……と思いながら。
 だが。
「では、あとはお願いします」
 モーリッツが扉を開けると、代わって、黒服の男が3人入ってくる。
「えっ?」
 そのうちの2人が無雑作にエステルに寄り、その司祭服に手をかけた。
「な、なにを……」
 ビリッ。司祭服が躊躇なく引き裂かれ、白い裸身が晒される。

「いや……もうイヤアアアアアッーァー!!!

 再びの絶叫。その悲鳴を出来るだけ聞こえないようにし、モーリッツは黒服の
上官らしき男に深々と礼をする。

45 司祭の過ち・エステル処女強姦 :2012/11/08(木) 20:27:10 ID:axvOcnE.0
「くれぐれも、エステルをお願いします」
「ええ。みっちりと調教して、教団のお役に立てますよ」
 モーリッツに会釈し、その男もエステル輪姦に加わる。

「イヤアッ! やめて! やめてエエッーっ!」

 部屋を出る前に一度だけ振り返る。ベッドの上のエステルが前後から貫かれていた。
そこに3人目が加わり、穴という穴がふさがれる。
 悲痛な叫びを背に、モーリッツは部屋をあとにした。

「こんやはおたのしみでしたね」
 フロントに出ると、マネージャーがいつものセリフで出迎える。
 ここは裏の高級娼館。月教団外務局はここにエステルを預け、性交渉の役割を与えたのだった。
「ああ。これからお世話になります」
「それはそれは。当店には様々な商品が揃っております。どうですか司祭様も」
 そう言ってマネージャーがカタログを差し出す。なるほど。確かに美女美少女が揃っていた。
「こちら月王国の姫君は半年先まで予約待ちですが。それ以外ならそうお待たせしませんよ」
「そうだな」
 物色するモーリッツの目がひとりの少女で止まる。金髪の学生服の少女に。
「このエリカという娘は」
「はい。三日待ちになります」
「では、この娘で。ああ、髪をピンクにして、司祭服を着せるように」
「はっ、仰せのままに」
 この店では様々なコスプレにも対応している。
「では、三日後にこちらの千堂瑛里華をご予約で。まことにありがとうございます」
「ああ」
 娼館を出て、モーリッツは懐にしまったエステルパンツを握り締めた。まだぬくもりが残っている。

 −やはり、私は罪深き身だ。

(おしまい)

46 外伝 ◆9QlRx9nooI :2012/11/08(木) 20:28:12 ID:axvOcnE.0
以上で終わりです

47 名無しさん :2012/11/09(金) 02:45:41 ID:d6eZWccY0
モーリッツマジ外道wwwGJ!

48 名無しさん :2012/11/11(日) 04:41:24 ID:GEHoa7hE0
モーリッツ司祭様マジ鬼畜www
実の孫なのに・・・

しかしなんだな
ここができてからエロパロスレが過疎ってるよ
まあここなら荒しもこなくて安心だけどね

49 「あけるり」フィーナ「離れている彼と」 ◆Qgh72ACq8w :2012/11/15(木) 21:18:19 ID:/LIcAMzU0
 月にある王宮の私室に、フィーナはようやく戻ってきた。本日の政務をすべて
終え、ナイトドレスに着替えた今、あとは眠るだけ。
 明日も早くから仕事に取りかからなければならない。フィーナはベッドに入ろ
うとして、ふと窓を見上げる。
 ひときわ大きく、くっきり輝く星が浮かんでいる。
 「……達哉」
 あの星にいる、愛しい婚約者の名を小さくつぶやいた。緑色の双眸が切なさに
うるむ。
 カテリナ学院の卒業式を最後に、逢えずにいる。地球に上がる所用は生まれず、
フィーナは月にいて、スフィア王国のために身を粉にして働いている。
 こなす仕事は大変だが、やり甲斐がある。日々充実し、姫として民と共に生き
ているという実感に満ちている。
 月の民と共にある反面、大切な彼と共にあるという実感が乏しくなる。寂しく
て、たまらなくなるときがある。手紙で連絡を取り合っていても逢いたい気持ち
が、甘えたい気持ちが、湧き起こるときがある。
 地球を見上げた今、フィーナは達哉への思いが抑えられなくなった。
 ぎゅっと胸を抱き、熱い吐息をこぼすと、そそくさとナイトドレスを脱いでい
く。下着も脱ぎ捨てる。地球からの光を浴びて裸身がまぶしく輝いた。
 鍵をかけていた引き出しから小箱を取り出し、蓋を開いた。
 なかにある物に見入る。吐く息がいっそう熱くなる。
 入っているのは、男性器を模したオモチャ。高貴なる姫が使うなど、持ってい
るだけでも、実にけしからん淫具。
 だがこれこそは、フィーナが望んだ特注品だ。地球にいる達哉に協力してもら
い、その時点での彼の勃起ペニスをそっくりそのまま再現している。

50 「あけるり」フィーナ「離れている彼と」 :2012/11/15(木) 21:20:05 ID:/LIcAMzU0
 息をはずませ、箱から彼の分身を取り出してしっかりと両手で握る。
 たとえ無機質であっても達哉そのもの。じんわりと温まる。
 顔近くまで持ち上げて、じっと見つめ、ポウッと蕩ける。
 「あん、達哉ぁ……」
 こみあげてきた愛しさに任せて、頬擦り。なんども擦って、愛しさがますます
高まる。
 自然と唾が湧いてくる。ごくりと呑みこんでから、唇を開いて先端から頬張っ
ていく。
 口内粘膜で包みこんだとき、懐しさに胸がキュンと疼いた。これこそ達哉のモ
ノだと、口がばっちり覚えている。
 (すごい……こんなに大きい)
 確かに彼のモノでありながら、記憶よりも大きく逞しく感じられる。離れてい
るあいだにも日々成長している事実がそのまま形になっている。
 粘膜をぴったり張りつかせて彼を感じ取ってから、
 「はふっ、ふちゅっ、ちゅ、ちゅるるっ」
 口を動かし、イヤらしい水音を奏ではじめた。
 閨にいるのはフィーナひとり。どんなにイヤらしく音をたてても、咎められな
い。燃えさかる欲のままにしゃぶれる。
 音をたてて耳から高まっていくと同時に寂しく思う。もしこれが本物のペニス
だったら、達哉がここにいたら、イヤらしいフェラチオをからかってくるだろう。
羞恥を煽られ、恥ずかしさを飛ばすようにいっそう激しく、イヤらしくしゃぶる
だろう。
 口からモノを出すと、舌を伸ばして絡めていく。カリ首をくすぐり、尿道口を
ほじり、裏筋をなんども舐めあげる。
 口淫に耽るフィーナの心の奥底が揺れる。
 本物だったら、ピクピクと嬉しそうに震えるだろう。悦びの声も呻き声も達哉
は返してくれるだろう。
 でもこれは、彼そっくりであっても作り物。一方的にフィーナが愛することし
かできない。
 だから熱心に、淫蕩に、口を使う。舐めまわしては含み、スロートしてまた舌
技に戻る。

51 「あけるり」フィーナ「離れている彼と」 :2012/11/15(木) 21:21:42 ID:/LIcAMzU0
 口でねっとり愛しているうちに、体がほてってくる。下腹が疼く。
 逞しいモノは口を犯すだけに留まらない。男根が入るべきは女穴。
 フィーナはベッドに寝転んで膝を立て、だらしなく両脚を開く。肉唇はとっく
にゆるみきって、シーツが垂れて染みを作るほどに淫蜜を漏らしている。
 モノの先端を割れ目にあてがい、滑らせる。卑猥にヒクつく陰唇をなだめるよ
うに、からかうように、往復させる。
 早く貫いてもらいたい、と激しく昂揚していながらすぐには入れない。彼だっ
て、そうするから。フィーナが願えば願うほど、達哉は焦らす。
 彼に焦らされて、懇願する。猥語を叫んで、おねだりする。
 「ああっ、もう、もう駄目。い、入れて、お願い、ああっ、そこ、そこに……
オ、オマ×コにぃ!」
 ひとりでいる今もフィーナは自分で自分を焦らし、理性の糸がぷつんと切れて
性器の俗称を口走った。
 狂わんばかりに昂り、二本の指をV字にして媚唇を押し開く。硬いオモチャを
ズブリと突き入れる。
 「ハアアアッ!」
 一撃でエクスタシーに飛んだ。ふわりと腰が浮き、絶頂のあいだ小さなブリ
ッジ状態を保つ。

52 「あけるり」フィーナ「離れている彼と」 :2012/11/15(木) 21:23:57 ID:/LIcAMzU0
 裸体の痙攣が徐々に収まり、くたっと腰がシーツに落ちた。
 荒れた息も落ち着いてくるとフィーナはオモチャを持ち直し、ゆるやかに出入
りさせる。
 「んっ、ふっ、あふっ、そ、そこ、そこにもっと……あ、あ、ああぁ」
 頬を艶やかに染め、悩ましげな声をあげ、せっせと動かす。
 亀頭のふくらみで膣襞をこすりたて、奥にぶつけ、あられもなくよがる。
 手首のスナップを効かせて、小刻みに抽送させると、感極まった声が出ていく。
 官能の昂りに応えて襞がオモチャにウネウネと巻きつき、抜き差しするたびに
ヌチャヌチャとねばっこい音が立った。
 「ハウッ、ハアッ……アッアッ、アアアッ」
 生々しい喘ぎを吹きこぼすと、くるっと身を回転させ、うつ伏せにチェンジし
た。膝で尻を掲げ、右手を下からまわしてオモチャを握りなおす。
 「あ、あ、あ、こっちが、こっちもイイッ!」
 バックからの交合に変わり、オモチャの往復が加速していく。
 フィーナの手遣いは達哉の突き上げを、ペニスの軌道をそのまま再現し、彼の
分身が深く突き刺さる。
 「ま、また、イ、イキそうよ。だから達哉も、そう、そうよ……イク、イク、
イッてしまうううっ!」
 現実の自分と想像の彼のイキたい欲を重ね合わせ、高速で抜き差ししたあげく
に強く突き入れた。
 二度目の絶頂に打ちあげられたとき、出せる限りの声を張りあげ、ぶるっと震
え、がくりと突っ伏す。
 汗ばんだヒップは高々と、秘口にオモチャを咥えこんだまま掲げられ、くねく
ねと妖しく揺らめいている。

 フィーナはオルガスムスに痺れる頭でぼんやりと考える。
 達哉の協力で人造ペニスが作られたように、フィーナが協力して人造ヴァギナ
が作られて、それは達哉の元にある。
 きっと彼も、自分を思って使っているはず。自分が彼とのセックスをイメージ
しているように。
 私だと思って、オナホールを舐めたりする? それとも男は穴に突っこむだけ
なの?
 ……自分と同じく作られたヴァギナに本物のペニスが突っこまれている。想像
しただけで肉欲がむらむらと湧き起こる。本物を味わっているオモチャに嫉妬の
念まで生まれてきた。
 本物のヴァギナがキュッと締まり、人造ペニスがぶるっと震えた。
 身を起こし、がに股しゃがみポーズを取った。両手でオモチャを固定し、割れ
目にあてがって腰を落とす。下がったら、引き上げる。己の腰を激しく上下動し
て膣に出入りさせる。
 「イ、イイっ、もっと、もっとよ達哉。私を、私を味わって」
 フィーナの脳裏に、達哉にまたがって貪欲につながる淫猥なイメージがくっき
りと浮かぶ。恥肉がオモチャにねっとりと絡みつき、腰を振りあげたときに秘粘
膜がめくりかえされてしまうほどだった。

(終)

53 名無しさん :2012/11/16(金) 00:34:59 ID:1TPv/qy60
おお、また新作が投下されてる。えろい。
お疲れ様ですー。

54 名無しさん :2012/11/18(日) 22:06:16 ID:RaOY1Ups0
新作乙です。GJ!

55 名無しさん :2012/11/30(金) 22:40:50 ID:Aqxzw3YE0
一週間以上音沙汰ないので妄想ネタ。
八月作品の各世界からウェイトレス攫ってきてレストラン「オーガスト」開くわ。

バイナリ:全員、プリホリ:レティ&レイチェル、はにはに:茉莉、
あけるり:菜月&フィーナ&麻衣(後ろ2人はウェイトレス姿のイラストがあるのでゲスト)
穢翼:メルト、羊飼い:佳奈&嬉野

エロパロスレなのでもちろん商品は彼女達自身。
貧乏人はキスしたり奉仕フェラまでしかできないけど、
金持ちはテーブルに押し倒して制服破りながらハードな本番するのもオッケー。
お互い卑猥なことをしているのが丸見えなのでウェイトレス達は羞恥心を煽られ、
お客様の肉棒をキュッと締めつけるのでした……。
どっちかというと牧場スレ向きかねw

56 名無しさん :2012/12/01(土) 04:36:54 ID:st48VYhw0
麻衣のウェイトレス姿良かったよな
Gsマガジンだったけか
ひたすら犯す妄想したわ

57 外伝 ◆9QlRx9nooI :2012/12/01(土) 20:32:10 ID:RTrEzHCw0
こちらに「達哉とエステルの犬の散歩」をアップしました。獣姦注意
獣姦もあるのでこちらに
http://denngai.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

もふもふ〜状態のエステルを見てたらついこんなものが

58 名無しさん :2012/12/02(日) 22:00:23 ID:ZMDxc6KU0
あらブログ始めたんですね。
乙……と言いたい所ですが流石に達哉×カルボはマニアックすぎます……

59 名無しさん :2012/12/03(月) 04:09:09 ID:uHq8y1PI0
確かに獣姦だった
達哉が・・・w

60 名無しさん :2012/12/10(月) 11:15:01 ID:kjLLPVfI0
佳奈ちゃんのストッキングビリビリにしたい。
てか作中にあると信じる。

61 「あけるり」フィーナ「貴方が教えた、禁断の快楽」 ◆guPufZ9nbA :2012/12/18(火) 21:47:29 ID:5LcYCfrI0
 スフィア王国の姫である私は、地球人である達哉との婚約をようやく月社会の
皆に認めてもらえた。しかしそれは、結婚するまでうかつなことはできないとい
う約束も内包していた。
 地球に降りる機会を得て、達哉と会う時間を捻出し、いくら肌を重ねても受胎
することは許されない。達哉は口に飲ませたり、出る寸前に抜いて振りかけたり、
ときには避妊具を使ってくれて、そのどれもが素敵な快感を生み出しながらいま
ひとつ満足しきれなかった。
 私も達哉も、熱い精を膣いっぱいに満たす快感を知っている。男と女の交合の
一番自然な、本能のままにある形。危険と知りつつも、ホームステイのときは燃
える思いのままなんども交わって、めくるめく快感に溺れてしまった。
 だからだ、達哉が言い出したのは。「お尻でしたい」と、私の耳に吹きこんで
きたのは。
 お尻に男性器を入れて交わる、アナルセックス。その存在を聞かされて、びっ
くりしたものの嫌悪感はそれほどなかった。お尻ならいくら射精しても、なかに
たっぷり出されても、妊娠することがないというのに大いにそそられたから。そ
れに、以前から達哉はちょくちょく指でお尻の穴をいじっていた。私の羞恥心を
煽って官能を高める愛撫。いじる指先が勢いをつけて腸のなかへ侵入することだ
ってあった。私のアナルは、その言葉を教えられる前からすでに開発されていた
ようなものだった。
 恥ずかしさを欲望が上まわり、達哉の求めを受諾した。彼の喜びように恥ずか
しさが倍増したが嬉しい気持ちも湧き起こった。

62 「あけるり」フィーナ「貴方が教えた、禁断の快楽」 :2012/12/18(火) 21:49:09 ID:5LcYCfrI0
 本番の日、太い肉棒を受け入れるため入念にアナルがほぐされた。
 羞恥にほてる私の排泄孔に、達哉は遠慮なく指を入れて、ゆるやかに動かす。
「お尻の穴の締まり、すごいよ」「ここにチ×ポを入れると思っただけで、漏ら
しそう」などと卑猥なささやきを繰りかえしながら、探るようにいじられて、あ
あ、そのときにもう私は違和感だけでなく快感も得ていた。新しいセックスへの
期待感に酔っていた。
 ベッドの上で四つん這い。今までなんどもまぐわった交尾体位。でも、これが
初めて。達哉の性器が突き刺さるのは膣でなくアナルなのだから……。
 「息を吐くんだ」
 「え、ええ」
 指でほぐされても、元からペニスを受け入れる穴ではないから、なかなか結合
できなかった。心でいくら求めても、体がおびえていた。
 達哉は根気良く、ペニスの切先をあてがって、ぐいぐい押しつけてくる。
 いくらやっても入らず、焦れていたはず。でも、そうとは感じさせず、優しく
挿入を試みていて……。
 「い、いいの。お願い、もっと強く」
 私のほうが焦れた。つながると決めたのだから、入れてほしい。はじまらない
ほうがつらい。
 私の訴えに達哉は強くうなずいて、お尻をきつく握った。
 緊張して身がこわばったから、また深呼吸。
 「いくよ」
 声に厳しさがある。今度は来る、と予感する。
 先端が穴に触れて、予感通り、ぐぐっと潜りこんでくる。
 入らなかったのは優しくやっていたから、と思えたのは一瞬。膣に初めて受け
入れたときとは比較にならない激痛が走って、息がとまりそうになった。肛門が
大きくこじ開けられている。腸洞もどんどん拡張されていく。
 なんどもつながって知っているはずなのに、お尻で感じるのはまったく違う彼。
ああっ、達哉のペニスがこんなに大きいなんて。お尻がばらばらに裂けて壊れて
しまいそう。
 呻きを必死で呑みこむ。私が苦悶の声を放ったら、達哉はやめてしまう。どん
なに痛くても、続けてほしい。最後まで、してほしい。
 必死で耐えているうちに、じりじりと巨大なモノが進み、めりめりと割り開か
れる。
 息を呑み、とめて、ゆっくりと吐き出して、いったいどれくらい時間が経った
のか……太いペニスの根元まで来たのがわかった。
 「全部入ったよ、フィーナ」
 「え、ええ……」
 額に汗が幾筋も流れて、落ちる。
 「ありがとう」
 達哉がお礼の言葉を言う。彼の願いを私が叶えたから。
 「私こそ、ありがとう」
 私も感謝の言葉を返す。私のすべてをもらってくれたのだから。

63 「あけるり」フィーナ「貴方が教えた、禁断の快楽」 :2012/12/18(火) 21:50:57 ID:5LcYCfrI0
 しばらく、私が馴染むのを待ってから、達哉が動きはじめた。
 お尻の穴から出ていき、また入ってくる。繰りかえされているうちに恐れも違
和感も小さくなり、なんともいえない快美がひろがってくる。
 膣穴では、埋めこまれたペニスを引き抜かれるときには寂しさを覚える。せっ
かく来てくれた確かな男根がいなくなってしまうから。もちろんすぐにまた押し
入ってくるのだけど、なくなったときに感じる寂しさは消えることがない。
 アナルでは、寂しくならない。なぜなら、引き抜かれるときに壮絶な快感が生
まれるから。ああ、この快感はずっと前から、達哉とホームステイで出会う前か
ら知っていた気持ちよさ……そう、排便するときの、すっきりする快感がアナル
セックスではなんども呼び起こされる。
 お尻にあるのは、元から性器を受け入れるための穴じゃない。排泄行為のため
の穴。物質代謝によって生じる老廃物を外に出すための器官。内から外に通って
いくのが自然なの。
 固くて太いペニスが気持ちよく抜けていき、再びねじこまれる。息が詰まりそ
うなほどの圧迫感が、引き抜かれるときに消えて、アナルの壁面がこすられると
きになんとも甘美な愉悦がお尻いっぱいに満ちてくる。
 「ん、ふっ、あっ、ああっ、ああぁん」
 吐き出す息に、浅ましい声が混じる。お尻で感じていることを隠しようがない。
 とたんに達哉がぐっと強くお尻を抱えて、大胆に、激しく腰を振りまくる。ペ
ニスが限界を越えてアナルの奥に突き刺さった。
 ああっ、そんなに激しくしては壊れてしまう……とはもう思わない。激しい動
きで私はもっと気持ちよくなる。穴だけでなくお尻全部がジンジンと熱くほてっ
て、たまらなくなる。
 「ああっ、達哉、達哉、もっと、もっとして。私のお尻を、お尻で、ああっ、
アアッ」
 なにを言っているのかわからなくなる。言葉が消え、叫ぶだけになって、達哉
は望み通りにどんどん早く、きつく、動いて、動いて、あ、あ、ああぁ……。
 目の前が真っ白になり、お尻の奥が熱く焼かれた。ぷつっと意識が切れた。
 気づいたときには完全に突っ伏して、達哉が後ろに優しくかぶさってくれてい
た。
 「フィーナのお尻、思ってたよりも何倍も気持ちよかった。やみつきになりそ
うだよ」
 身をまわして抱きつけば、初めてのアナル射精を終えた達哉は晴れ晴れとした
顔で露骨な言葉をささやいて、私を赤面させた。「ばか」と彼の胸にほてった顔
を押しつけた私は、そのときにもう達哉よりもやみつきになっていた。

64 「あけるり」フィーナ「貴方が教えた、禁断の快楽」 :2012/12/18(火) 21:53:21 ID:5LcYCfrI0

 あれから、幾度となくお尻で交わった。私のアナルは達哉の精に熱く濡らされ、
じんじんと甘く疼いてやまない。めくるめく快感に痺れ、あられもない声を張り
あげる。
 アナルセックスを知ったせいで、月にひとりいるとき、孤独を埋めるためのオ
ナニーでもアヌスもいじるようになった。入口をくすぐるだけでなく、指を突き
刺して往復させる。精を放つことのない指の動きで、失神しそうなほど感じてし
まう淫らな私……ああ、スフィア王国の姫である私は、アナルオナニーで感じて
しまう変態なの。
 こちょこちょくすぐるくらいなら良かった。指を入れてこするのだって、許し
ていい。でも、でも昨晩にしてしまったことは……。
 ずっとなかったお通じが来て、張っていた下腹だけでなくお尻が疼きだした。
 トイレに籠もって、出そうになっているものを出す前に私は、ああ、剥き出し
になった下半身を、秘裂をまさぐりはじめた。
 排泄を我慢しながらのオナニーで激しく興奮した。
 クリトリスをちょんちょん揺さぶる。目の前が真っ白になるほどの快感。普段
なら頂点を極めるほどの快感が次の段階へのエネルギーとなって蓄積される。
 ためらうことなくアナルをいじりだした。腸がぱんぱんに詰まっているのに、
さらに指を進める。排泄物が指に当たる感触があって、押しこんでいくのに腸が
抗して逆に汚物がどんどん入口に押し出されてきた。指は栓になって、とっくに
出てもおかしくないものを腸に押しとどめて、ああ、でももう、もう、終わりに、
ああっ、ああっ。
 今しかないというタイミングで指を引き抜き、下腹の緊張をほどいただけで排
出がはじまる。覚えたアナルの悦びが爆発し、体が大きく痙攣する。痙攣しなが
ら、破廉恥すぎる音を鳴らして、溜まっていた汚物を放出する。
 排便しながら、前からもだらしなく漏らす。漏れたのは小便だけでなく、愛液
もまた噴き出る。淫猥な「潮噴き」までしてしまった。
 出しているあいだ溺れつづけ、すべてを出し尽くしても倦怠感と妖しい快楽の
残り火にとろけきったままだった……。

 ああ、ここまで私がおかしくなったのは達哉のせい。達哉が教えたアナルセッ
クスのせいよ。達哉のペニスがないときに、排泄物を代理にして気持ちよくなっ
てしまう……。
 なんて淫らな、罪な女。もし達哉がこのことを知ったら、ああ、離別されてし
まうだろうか。
 ……そんなことはない。きっと達哉は、私の告白に卑しい笑みを浮かべて、楽
しそうになじってくるだろう。排出物なんかに負けないと、逞しい勃起を猛然と
アナルに突き立て、私を狂わせてくれるだろう。
 今日も私はオナニーに耽る。彼がいないからひとりで耽り、狂う。指でも排泄
物でも、なんでも使う。
 ここまで浅ましくなるのは、ひとりで寂しいから。ああっ、達哉。早く結婚を
果たしたい。貴方と結婚すれば、お尻でなく膣に、いくらでも出してもらえる。
変態みたいにアナルにペニスをもらったりしない。
 ……いいえ、もう戻れない。膣に出してもらって、お尻にも出してもらう。夫
婦になってアナルセックスにも溺れる。貴方といっしょに、貴方とともに、貴方
が教えた禁断の快楽に心の底から浸りたいの……。

(終)

65 名無しさん :2012/12/19(水) 10:56:56 ID:yY5yhdt60
おお、新作ktkr
GJ

66 名無しさん :2012/12/22(土) 04:16:58 ID:IRfEFDEI0
おーつー。
フィーナは相変わらずの人気だね。やっぱ背徳感というスパイスがあるからか。

67 名無しさん :2012/12/22(土) 15:22:00 ID:s3Z7O.jE0
いいねいいね

68 名無しさん :2012/12/29(土) 01:36:06 ID:GLS0ZuP20
きりきりと姫初めしたい保守

69 名無しさん :2013/01/01(火) 14:03:56 ID:U6a3T3yc0
ほなみんのオマンコに熱々のもち米流し込んで極厚コンドームで熱さ対策したチンチンで餅つきしたい

70 名無しさん :2013/01/03(木) 06:14:17 ID:nqaO/8eE0
極薄ならたぶん熱が伝わって熱いんじゃなかろうか

麻衣を姫初めレイプしてきました
べっかんイラストで着物麻衣見てみたいな

71 名無しさん :2013/01/09(水) 22:57:26 ID:iQNOFjmM0
図書館発売前なのでクジを作ってみた。
避難所は投稿時間がコンマ単位で出ないみたいなので秒数一桁目あたりでどうぞ。
……せっかく作ったので出てきた娘を拉致監禁調教してやる。

1:白崎つぐみ
2:望月真帆
3:桜庭玉藻
4:芹沢水結
5:御園千莉
6:嬉野紗弓実
7:鈴木佳奈
9:小太刀凪
8:多岐川葵(会長と一緒に出てくる青髪ショートの子)
0:筧京太郎(女装)

72 名無しさん :2013/02/14(木) 07:04:52 ID:oG5ydyL.0
保守

73 名無しさん :2013/02/25(月) 00:11:24 ID:crk2pVJE0
相変わらず荒らしが居座ってるな……。
凪の四つん這いCGがエロすぎるのでバックから突きまくりたい。

74 名無しさん :2013/03/07(木) 13:40:41 ID:e1Gb/obQ0
久々にフィーナに制服着せてヤりたい気分

75 「あけるり」さやか×達哉 ◆Q9LpPTp6z2 :2013/03/08(金) 23:05:39 ID:s7xMyc7s0
 「ふふ、バックからだと、いっそう吸いついてくるね。お尻もクネクネさせて、
イヤらしいよ、さやかは」
 彼が背後から、勢いをのせて腰を打ちつけてくるだけでなく、揶揄の言葉も飛
ばしてくる。ああ、恥ずかしくてたまらない。黙っていても恥ずかしいのに、浅
ましい声が出ちゃってもっと恥ずかしくなる。どうしようもなく昂って、お尻が
卑猥にくねってしまう。
 達哉く……達哉の言う通り、後背位で結合するとそれだけでおかしくなりそう
なくらい感じてしまって。ぐいぐい入りこんでくるペニスを膣がきつく締めつけ
る。アア、私の意志と関係なく、アソコが勝手に悦んで、締めあげる。キュッと
締まると、達哉の気持ちよさそうな声が響く。

76 「あけるり」さやか×達哉 :2013/03/08(金) 23:08:06 ID:s7xMyc7s0
 二度目の月留学から帰ってきて、しばらくは“家族”として振る舞っていたけ
ど、麻衣ちゃんが留守にした休みの日にふたりで大いに愛しあってからというも
の毎晩毎晩ハードなセックスに没頭している。私はもう達哉のもの。達哉の“男”
に貫かれ、満たされなければ生きていけない。
 達哉の精力は、驚くほどに強い。夜に最低三度は放って、朝にもフェラチオで
飲まされる。昼間は私以上に仕事をこなしているのにいっこうに疲れを見せない。
夜になればまた愛される。なんどもイカされる。狂わされる。
 とても逞しく、頼り甲斐があって、博物館で仕事をしているときでも側に立た
れてぽうっとなってしまうようになった。人の目がなければ達哉はキスしてきた
り、お尻をまさぐったりして……ああん、仕事中なのに。でも、仕事中にも愛さ
れたく思ってしまう。彼の唇も手も拒めない。館長代理なのに、いけない私。

77 「あけるり」さやか×達哉 :2013/03/08(金) 23:10:09 ID:s7xMyc7s0
 今夜も正常位でたっぷりと注いでから、ほとんど休みなしに私の体を裏返しに
して、ヒップを引き起こして挿入してきた。突っ伏していた私は硬いペニスにえ
ぐられるうちに両手に力を入れ、四つに這う。牝犬のポーズで牡突起を受け入れ、
めくるめく快感にギャンギャン吠えてしまう。くねくねと破廉恥に悶えてしまう。
 突貫する太い肉柱が奥まで届く。奥を叩く。奥の奥へ食いこみ、子宮を揺さぶ
られる。
 それだけでなく乳房をがっちり握られ、揉みしだかれる。硬くしこった乳首を
よじられ、上半身に満ちた愉悦に真っ白になりかける。強く揉まれながら肉棒で
ずんずん突かれて、昇っていく。
 ああ、いつもいつも濃いザーメンを子宮に注がれて、いつか私は妊娠してしま
う。いいえ、もう妊娠しててもおかしくない。安全日も危険日もなく常に生のペ
ニスを突っこまれ、たっぷりとなか出しされているのだから。
「できちゃった婚をするよ」と達哉が常々言うのも、私がぐずぐずしているから。
結婚は早いほうがいいのに、つい仕事を言いわけにしてしまうのは、気恥ずかし
いから。
 ああ、ああ、本心は早く結婚したいの。達哉の妻になって、「奥さん」と呼ば
れて、そのときにはもうお腹も大きく、ふたりの愛の結晶が宿っていて、すぐに
家族が増えて、幸せな家庭を築く……。
 実の両親のようにはなりたくない。絶対にならない。だって、私の夫は達哉だ
もの。私を愛してくれる、私が心から愛している男と結婚して、幸せになる。

78 「あけるり」さやか×達哉 :2013/03/08(金) 23:12:06 ID:s7xMyc7s0
 愛する彼に私は深々と貫かれ、所有されて、法悦に狂っている。
「アッ、アアッ。来て、達哉、あふゥン。あん、また注いで。熱い精液をいっぱ
い、いっぱい注いで孕ませてぇ!」
 背を反らせて甲高い声をあげると、達哉の動きが加速した。衝撃が下腹に爆発
し、私は尻を振れなくなる。ただただ貫かれるだけになる。
 膣穴を出入りする太い肉柱がますますみなぎり、もうすぐ私の願いを叶えてく
れる。
 「うあっ、うっ、受け取れさやか。俺の、俺のザーメンで孕め!」
 吠えるような叫び。ズンと押し入ってくる重みに続いて、ドバッと熱い粘液が
ひろがる感触が来た。
 「ンアッ、アアッ、アアアアーン!」
 膣奥が焼けるだけでなくお腹のなかも熱くなる感触で私は真っ白になる。全身
が麻痺するほどのエクスタシー。彼のエキスで満たされ、ああ、もうなにもいら
ない。
 突っ張っていた手ががくりとくずれ、前にのめる。ぼんやりする頭に、今日の
射精はたったの二回という思いが浮かんだ。自分の浅ましさと貪欲さを痛感した
とたん、意識がすうっと消えていった。

(終)

79 名無しさん :2013/03/09(土) 10:14:41 ID:IahmJP0U0
久々にktkr!
GJ!!

80 名無しさん :2013/04/17(水) 09:01:59 ID:MIuDf5bM0
昨日サンプル画が公開された凪のアプリオ制服姿でムラムラしてしまった。
ご奉仕してもらいたい。

81 「あけるり」達哉×フィーナ ◆YcqmKyZ8Ak :2013/07/16(火) 21:07:02 ID:Iw.3r.zM0
 「ああッ、いっぱいカスが、こびりついてるわ」
 「あ、うん。洗ってないか、ら、あ、あおおおっ」
 散歩から帰ってきたフィーナと達哉がシャワーも浴びず、彼の部屋に籠もっ
て淫行をおっぱじめた。カジュアルな服のまま身をかがめたフィーナの真ん前
にある牡根は、汗にまみれているだけでなく、くびれに恥垢をくっつかせてい
る。達哉自身にも汚れとしか感じられない付着物にフィーナが歓声をあげ、舌
先をくねらせて、そぎ落としていく。
 カスを舌腹に載せ、唾液に混ぜて溶かし、こくんと呑みこむ。達哉の身から
分泌されて濃縮された味を得て、体内に取りこみ、彼とひとつになる。
 「ああっ、フィーナ、それ、それ来るっ。びんびん来るぞ」
 達哉は顔を振りあげ、声を荒げる。フェラチオと呼ぶにはマニアックな舌遣
いにすっかりと翻弄させられている。
 舐められるのではなく、刮げられる。牡の垢が落とされていく感触は単なる
舌舐めとは異なる快美感につながって、腰が勝手に震えあがる。

82 「あけるり」達哉×フィーナ :2013/07/16(火) 21:08:43 ID:Iw.3r.zM0
 「はあっ、今度はこっちね」
 恥垢が完全に清められたときには、鈴口から先走りの粘液があふれていた。
フィーナは目尻を下げると、新たな味を求めて舌をくびれに重ねる。
 舌腹でねっとりと、なんどもなめあげてから、尖った先端で攻め入る。
 「くううぅ」
 尿道口をほじられ、射精に直結する刺激が差しこまれて達哉はたまらず呻い
た。声を出さなければ代わりに精を漏らしたところだ。
 「ふふ、これならどう?」
 艶笑するフィーナは舌先で裏筋をなぞり、再度尿道口へめりこませた。達哉
の呻き声が大きくなる。
 達哉がこらえれば、フィーナの責めが厳しくなる。厳しい責めに耐えようと
しても、舌のくねりにくずされる。フェラチオに対して彼は守ることしかでき
ないのだから勝ち目はない。
 「ああっ、ちょうだい、ちょうだい。濃い精液、いっぱい飲ませて」
 男の限界を見通したフィーナは、淫情まみれの顔でささやくと、口を大きく
開いて亀頭を吸いこんだ。
 「おおおっ!」
 吸われる勢いに腰が動く。荒ぶる達哉は腰をせりだし、引く。フィーナの口
を女穴と同じく扱い、ピストン運動に没入する。どうせ出すならと開き直って、
自爆覚悟で大いに動く。
 「んっ、はむっ、んちゅ、ちゅ、むちゅっ」
 達哉の動きに任せるだけでなくフィーナも顔を前後に動かし、頬をすぼめて
剛根をきつくしごきあげている。切先が喉元にまで迫って嘔吐感がこみあげて
も、眉をわずかにたわめただけで口唇奉仕の質を落とすことはなかった。
 「くおおおおっ!」
 怒涛の抽送は三十秒と続かない。劣情が沸騰して臨界点を突破し、熱い樹液
がしぶく。
 達哉は咆哮しながらぐいぐいとペニスを突き立て、美姫の口を念入りに犯す。
 「ん、く、んふっ、んっく」
 濃厚なスペルマを奥に放たれ、フィーナは懸命に嚥下している。次々と飛ば
される粘液を次々と胃に落として、お腹に受け入れつづけた。
 放精が終わると達哉はいさぎよく腰を引く。ちゅぽんという音が鳴り、肉柱
が姫の口から抜けた。
 したたかに飲まされたフィーナは酩酊したように、心ここにあらずといった
顔をしている。

83 「あけるり」達哉×フィーナ :2013/07/16(火) 21:10:40 ID:Iw.3r.zM0
 「今度は俺がフィーナにする番だ」達哉は太い声で言い出し、
 「脱ぐんだ」
 王国の姫より上の立場から命じる。
 フィーナはこくりとうなずき、そそくさと服を脱いでいく。下着もためらい
なく脱ぎ捨てて、美麗なヌードを披露した。
 「横になって」
 達哉はまばゆいヌードを目にして満足気にほほえみ、さらなる命令を与える。
 フィーナがあお向けになると、下半身に上半身をかぶせていき、すらりとし
た美脚を大きく左右に開かせ、顔を股間に近寄せた。
 「ああん」
 熱い息を陰阜に感じ、身悶えするフィーナ。口唇奉仕はお手の物だが、奉仕
される羞恥には未だ慣れずにいる。
 達哉の狙いは割れ目の上で膨張しているクリトリスだ。すでに包皮は完全に
剥けて、パールピンクの肉真珠となって愛されるのを待っている。
 「綺麗だよ、フィーナ」
 「いやあ。ど、どこを見て、言ってるの」
 「クリトリス」
 小さな悲鳴をあげたお姫様へストレートに答えると、舌を伸ばしてまさぐり
はじめた。
 「はっ、あ、ああっ、ああん」
 敏感すぎる器官を舌で愛撫され、フィーナは高い嬌声をあげる。腰をくねく
ねと、ひろがる快美のままによじらせた。
 雁首ほどではないが、陰核も恥垢をくっつけていた。達哉は嬉々として舌を
振るい、カスをそぎ落として唾液に溶かしこんで、フィーナの汚れを心行くま
で味わう。
 雁首と淫核では面積が違う。女の恥垢はすぐになくなってしまう。そのとき
にはもう、達哉が漏らした先走りの液よりも遥かに大量の愛液が淫裂からあふ
れだしている。
 「こんなにたくさん、飲ませてくれるんだ」
 達哉は大いににやけ、がばっと伏せてジュルジュルと卑猥な音を鳴らしてす
すり飲む。
 「ひゃああっ、あっ、ああっ! だめ、だめよそんな、あ、あ、ああぁん!」
 イヤらしく吸い飲まれる事実を音で知らされ、フィーナは激しく悶える。
 膣口から直接飲んで、量が減ったらまたクリトリスを玩弄する。秘豆だけで
なく媚唇もねちっこく口唇で弄び、愛液を湧き出させると音を立てておいしく
いただく。触覚と聴覚を淫猥に責められてフィーナは狂わんばかりに高まる。

84 「あけるり」達哉×フィーナ :2013/07/16(火) 21:12:13 ID:Iw.3r.zM0
 男は「射精」という終わりがあるが、女はいくらでもエクスタシーに達し、
愛液を湧出させる。ノンストップで責められ、理性の箍がすっかりはずれてし
まう。
 「ああっ、もう、もう……お願い。舐めるだけじゃ、ああっ、口でするのは
もう、いいの。欲しい。達哉が、達哉の硬い、太くて、なかをいっぱいにする、
あ、あ、ああっ、チ×ポを、チ×ポを入れてぇ!」
 一方的に官能を押し上げられるより、いっしょに高まってイキたい。肉欲と
愛欲の入り混じった願いを、猥語とともに彼へぶつけた。
 「チ×ポ、欲しい?」
 「欲しい、欲しいわ。ああっ、意地悪しないで、チ×ポを私に」
 確認した達哉へ恨みがましく、緑色の瞳には淫情をきらめかせて唱える。
 達哉は身をずらし、顔と顔、性器と性器が向かい合う体勢を取る。
 視線がつながり、顔が重なる。互いに性器を味わった口がぴったりと合わさ
ると舌が濃密に絡まって互いに唾液を送りこむ。
 遅れて肉棒が膣に突き刺さる。根元まで埋まると引き抜かれ、また進入する。
 上でも下でも深く結びついたふたりは、粘膜をこすりあわせて官能をぐんぐ
ん高めていった。

(終)

85 名無しさん :2013/07/23(火) 02:01:33 ID:WrdFlMjY0
油断してたら来てるしww 乙乙乙。

86 名無しさん :2013/09/28(土) 03:43:46 ID:vDM2jBiw0
荒らしまだいるのか……。ホントいい加減にしてほしい。

87 FA「うわさの真実」 ◆Xfh4e1onoQ :2013/10/03(木) 20:26:10 ID:CwtJG6rU0
 その少年にうわさを吹きこんだ友人も「馬鹿馬鹿しいよな」という言葉で締めた。
聞かされた少年だって、馬鹿馬鹿しいと思う。それなのに、行動に及ぶ。修智館学
院の敷地をぶらぶらと歩き、目つきは鋭く辺りを探る。
 5年生に在籍する少年が聞きこんだうわさとは、生徒会長と副会長が生徒会室は
おろか学院のあちこちでいかがわしい行為に及んでいるというもの。思春期真っ盛
りの男子からすれば、うらやましいを遥かに越えて呪い殺したくなるくらい。
 といっても、うわさはあくまでうわさ。金髪碧眼の美少女である会長と、それに
釣り合うイケメン彼氏の副会長。揃ってスポーツ万能、成績優秀、品行方正。生徒
会役員の鏡。あまりに完璧すぎるからこそ、たわいもないうわさが生まれたのだろ
う。だいたい、そんなうわさにちょっとでも真実が混じっていたら教師たちが放っ
ておかないはずだ。
 そうわかっているにもかかわらず、この少年は歩きまわる。なんの根拠もなく、
ひょっとしたらという思いだけで、最終的に辿り着いたのは丘だった。
 (まあ、根も葉もないうわさってことさ)
 気持ちいい風を頬に受け、あきらめもつき、そろそろ引きかえそうと思って、顔
を振った。
 (あれ?)
 草木の向こうにちらっと見えた色に、もしやと思い、姿が隠れるようにして音も
たてず慎重に進んでいく。
 「えっ!」
 色の正体がわかって思わず声が出て、あわてて口を両手でふさぐ。とっさに身を
縮こまらせた。

88 FA「うわさの真実」 :2013/10/03(木) 20:28:15 ID:CwtJG6rU0
 木と草に囲まれて人の目を避ける、ちょうどいいスペースがあって、そこに女子
生徒と男子生徒がいた。女子生徒は大木に抱きつく形で尻を浅ましく突き出してい
る。制服のスカートが大きくまくりあげられ、下着は片方の足首に丸まっていた。
まばゆく輝く双臀に、少年は思わずごくりと生唾を呑む。
 男子生徒はスラックスから一物を飛び出させ、女の細い腰をしっかり抱えて秘穴
をひたすら穿っている。学院で知らない者のいない有名人同士が、野外で大胆に交
わっていた。
 まさかうわさが本当だったなんて、と驚愕する少年の見ている先で淫行はますま
すヒートアップ。
 「ふふっ、瑛里華、すごく締まってる」
 「アン、アアアン……だって、だってだって、すごく、気持ちいいからァ」
 露骨な言葉のやりとりだけとっても、ヤリ慣れてるとわかる。副会長の腰遣いも
実にスムーズ。突っこまれる会長のよがりっぷりもまたしかり。
 孝平の右手が前にまわった。すでにはだけられているブラウスの内に差しこんで、
バストをこってりと揉みしだく。
 「はあぁン」
 「胸の感度、また上がったみたいだな」
 「やン、ああン、アンアアン」
 敏感な反応に気をよくすると、たぷたぷ揉みしだくだけでなく、指で乳首を挟ん
で玩弄する。瑛里華は鼻にかかった声をあげ、艶かしく身じろぎする。
 孝平はバストを責めるあいだもせっせと腰を揺すって、結合部から淫らな液を飛
び散らせる。覗く少年の目は、接合部の下の土が黒々と濡れているのを捉えた。

89 FA「うわさの真実」 :2013/10/03(木) 20:29:44 ID:CwtJG6rU0
 「あっ!」
 気を張って抑えこんでいたのに、叫んでしまう。
 副会長の男が、金髪少女のブラウスを肩からずらし、上半身を露わにしてしまっ
た。パステルピンクのブラジャーはずりあげられていて、麗しい乳房が日の光を浴
びている。
 学院の男子生徒の憧れの的、美少女生徒会長の生のバストを目にしている。少年
の頭にカアッと血が昇り、がんがんと疼く。見開いた目から血が迸ってもおかしく
ない。
 綺麗な丸みが男の武骨な手に包みこまれ、ぐらぐらと揺さぶられる。指のあいだ
からピンと尖った乳頭がはみ出して、劣情を煽りまくる。
 「ああン、オッパイ、そんなに、そんなにしたら、アン、イッちゃいそうよ」
 いやいやと顔を振り、輝く金髪をなびかせる。前にのめり、のけ反り、プルンプ
ルンと美乳を震わせて悦に入る。
 「イケよ。いつでもいいぞ」
 孝平は卑しさ丸出しでささやくと、ラストスパートとばかりに肉杭を猛然と打ち
こんでいく。双乳も両手で鷲掴みにして、遠慮なしにぐいぐい揉みたてた。
 「もう、ああッ、ああッアン。お願い、孝平もイッて。出して。私のなかに精液、
たくさん、なかに出してぇ!」
 彼の抽送のテンポに合わせて肉尻をはずませて、あられもない声をあげる。美貌
が肉欲に蕩けきっているのが凄まじいばかりにエロティック。
 「瑛里華っ!」
 だしぬけに吠えて、ぐっと腰をぶつけ、小刻みに震わせた。女のなかにたっぷり
と放出しているのが少年の目にも見える。
 注がれる女はエクスタシーを高い声にして迸らせ、ただただ痙攣するだけでいる。
 ネットでひろった動画とは天と地の差がある、本気本物のフィニッシュシーンに
見入る少年の口のなかはカラカラに乾いていた。

90 FA「うわさの真実」 :2013/10/03(木) 20:31:15 ID:CwtJG6rU0
 「さてと」
 出し尽くし、満足しきりという体で孝平が腰を引いた。固化が解けた肉根をスラ
ックスのなかに仕舞う。
 瑛里華も幸せそうな顔で、スカートをなおし、ブラウスも整える。ショーツは足
首からはずし、穿くことなくポケットへ。
 「……え?」
 少年のあごががくりと落ちた。生徒会長と副会長が、まっすぐにやってくる。
 真っ白になりそうな頭で、逃げなければと思うのに、生徒会長と目が合うと逆に
ふらふらとふたりの前に出ていってしまう。
 「今日は私の勝ちね」
 「参ったな。ここに人が来るなんて」
 ふしだら極まりない行為を見られたふたりは恥じる様子も、責める様子もない。
笑顔を見合わせ、実に楽しそう。
 少年はぺたりと腰をつき、がくがくと震えだした。
 「あ、あ、あの……」
 「どうだった? 私たちのセックスは」瑛里華は、学院の誰もを虜にするほほえ
みを浮かべ、
 「見られて、すごく感じちゃった。ありがとう」
 あっけらかんと言う。
 「ど、ど、どう……」
 きょどりっぱなしの少年は、どういたしましてと言うつもりなのか、どういうこ
とかと訊ねたいのか。
 しかし瑛里華は言葉がはっきりするのを待つことなく、
 「でも残念。また機会があったら会いましょう」
 すっと手を伸ばす。少年の頭にかぶさるとパチッと火花が散る。
 目撃者はがくりと前にのめって、倒れた。

91 FA「うわさの真実」 :2013/10/03(木) 20:32:49 ID:CwtJG6rU0
 千堂瑛里華と支倉孝平が出会ってから、百年以上の月日が経過した。もちろん、
吸血鬼である瑛里華もその眷属たる孝平も姿はそのときからまったく変わらない。
 長く生きているうちに、瑛里華は吸血鬼らしく、孝平もまた彼女に付き従う眷属
らしく、変化していった。感覚も感性もすっかり変わってしまった。
 伊織がそうしていたように、ふたりはときどき修智館学院に入学し、学生生活を
エンジョイする。遥か昔と違うのは、いかに愉快に過ごすか、己の欲を満たすかを
第一にしていることだ。
 学院のあちこちでセックスするのもその一環。そのたびに、誰かに見られるか見
られないかで賭ける。
 吸血鬼として成長した瑛里華は今、人間の記憶をピンポイントで消去することが
できる。人間の頭のなかから、目撃した事実だけを消すことができる。見られたと
ころでなんら困らなかった。
 「次は瑛里華が場所を決める番だぞ」
 「そうね。素朴に校舎裏か、あ、図書館のなかがいいかも」
 思いつきをそのまま口にした瑛里華に、
 「図書館でしゃぶってもらいたいな」
 孝平が堂々とリクエスト。
 「じゃあ、そうしましょうか」
 優しくほほえんでうなずく。机の下に入ったら見られなくなっちゃう、と考えつ
つ。
 「こいつは、放っておいていいか」
 まだ意識を取り戻さない少年に孝平は冷やかな目線を向ける。
 「きっと、うまい具合にうわさを流してくれるでしょう」
 瑛里華のほほえみは妖艶に。
 セックスを目撃した記憶は消している。だが、うわさは本当という印象は残して
ある。自分の内のもどかしさをこめて、あいまいなうわさとして流すはずだ。
 「別ルートでももうちょっと流したほうがいいかもしれない。うわさを信じて探
してくれないと見られるもなにもないのに、あんまりひろまらないからなあ」
 孝平がわずかに肩をすくめた。うわさを信じる生徒がいなければ、楽しめない。
ふたりの賭けが盛り上がるためにも“参加者”が必要だ。
 「ひろまるわけないでしょ。だって私たち、真面目だから」
 美しき生徒会長は澄まして言い、くくっと怪しさたっぷりに笑う。その笑みは、
近くの館に住まう母親が浮かべるものとそっくりだった。

(終)

92 名無しさん :2013/10/09(水) 19:21:22 ID:qH3luwho0
おお新作だ。まさかの孝平眷属化w 乙ですー。

93 あけるり「寝取られる姫」 ◆/0Sr6F6wBw :2014/03/05(水) 22:36:20 ID:DnzDxmJ60
 朝霧達哉がノートパソコンを開き、極秘の動画ファイルを再生する。
 立ち上がったウインドウに映ったのは、美の極致である女のあられもない姿。全
裸の体に縄が卑猥に巻きつき、自由を奪うと同時に乳房を破廉恥にくくりだしてい
る。両手は腰の後ろで縛られ、その縄が天井のフックに引っかかって爪先立ちを強
いられている。上体が前に傾き肉尻が自然と突き出される、牡の劣情を煽る拘束が
完成していた。
 達哉がごくりと生唾を呑む。あろうことかそれは、彼の婚約者であり月のお姫様
でもあるフィーナ・ファム・アーシュライトの屈辱的な姿だった。
『な、なにを……ああっ、こんなこと、許されない。早く、早くほどきなさい』
 スフィア王国に君臨するフィーナは気丈。裸になったところで屈することなく、
堂々と振る舞うはずだ。
 それなのに今は、まるで巻きつく縄に精神力を吸い取られたかのように弱々しい。
言葉だけが勇ましく、空しく響く。

94 あけるり「寝取られる姫」 :2014/03/05(水) 22:38:06 ID:FvvZAMEE0
 声に呼ばれたのか、男がひとり、出現した。男も全裸で、股間には立派なモノを
怒張させている。頭にはすっぽりとゴリラのマスクをつけていて、不審者であるこ
としかわからない。
 見入る達哉の胸がどきりと高鳴る。怪しさ爆発の男は拘束された姫に対し、どん
な行為に及ぶのか。映っているシーンからして自ずと予想がつき、狂おしいまでに
心が震える。
 男の右手がバストを鷲掴みにして、荒々しく揉みたてた。
『んあっ!』
 フィーナがおとがいを反らして呻く。
 左手も伸び、ふたつの乳丘をぐらぐらと揺さぶる。歪んだ丸みが抜群の弾力で戻
り、また歪められる。
 縄にくくり出され、ボリュームを増した美乳が胡乱な男の手に蹂躙されている。
見つめる達哉はひっきりなしに湧く唾を嚥下し、舌で唇を舐めまわした。
 武骨な手はふくらみを無茶に揉みしだくだけではなく、尖った乳首を案外繊細に
弄んだ。
『はっ、あっ、ああーっ』
 抜群の性感帯をこりこりと愛撫され、フィーナの口から快美の声が放たれる。吊
りあがっていた目尻も下がってきた。拘束されていたぶられるという異様なシチュ
エーションを受け入れつつあるのが明らかだ。

95 あけるり「寝取られる姫」 :2014/03/05(水) 22:40:15 ID:FvvZAMEE0
『……ひいぃ』
 胸から恥部へ、男の手が移動していた。襞を這った指先がワレメに侵入し、内を
ぶしつけにまさぐる。美姫はぐっと唇を噛み締め、それ以上の声を封じた。
 男は無言のまま、女穴と戯れた指をフィーナの眼前にかざす。
 映像を見ている達哉にも、女の蜜がねばっこくからんでいるのがわかる。
『な、なにが言いたいの。ああ、私、私は』
 男の指がフィーナの頬を撫でた。淫らな液のラインが描かれる。あまりの屈辱に
フィーナは表情を強張らせる。
 指は恥裂に戻り、新たな愛液をたっぷりとまとう。
 今度は唇を撫でた。
「くっ」
 顔をそむけるが、逃げられない。恥ずべき液が特製リップグロスとなって、王女
の唇をイヤらしく光らせる。
『ああ、ああぁ……あぷぅ』
 恥辱に悶えて半開きになった唇に指が突きこまれた。眉目が歪み、涙がにじむ。
 男の指は舌をまさぐっている。彼女自身の淫らな味を強制的に感じさせ、昂って
いる事実を高貴な姫に知らしめる。直に見えなくても達哉には、はっきりわかる。
 指が引かれる。抜き取らず、また押しこむ。
『む、ふ、ふっふぐっ、ぬふぅん』
 ごつごつした指の反復にフィーナの呻き声がリンクする。
 苦悶の呻きを燃料にして男は勝手気ままに指を抜き差しする。誰が見たってそれ
は、指を使ったイラマチオに他ならない。単純な往復だけでなく不規則に蠢き、ぐ
にゅぐにゅと口腔をかき混ぜたりもする。
(……フィーナ)
 画面に食い入る達哉の目は、フィーナが嫌悪を浮かべながらもしっかりと口を使
っているのを捉えている。唇をすぼめて指を締めつけ、口のなかで舌をねっとり絡
める。獣のマスクをかぶった男の指をペニスとして扱い、奉仕している。
 達哉はいつしか、勃起をズボンから取り出してせっせとしごいていた。姫が汚さ
れる画面を注視しながら、あんなシチュエーションで指をしゃぶらせたらどんな愉
楽を得られるのか、指でなくこのペニスをしゃぶらせたらどうなるのかと、卑しい
欲の炎をめらめらと燃やす。

96 あけるり「寝取られる姫」 :2014/03/05(水) 22:42:55 ID:FvvZAMEE0
 画面の外の達哉にサービスしてみせるようにしばらく姫の口を犯してから、画面
のなかの男は指を引き抜いた。
 背後に立ち、雪白のヒップを抱えこむ。カチカチに反りかえり、先走りの液を漏
らしなくっている一物の切先を、秘裂のあわいにぐっと押しつけた。
『……や、だ。許し、て』
 フィーナは擬似イラマチオで惚け、拒絶の言葉は弱々しい。それでもなんとかし
て避けようと身じろぐが、爪先立ちでは足の位置をろくに変えることもできず、頼
りなくふらつくだけ。
 パシーン!
 澄んだ、肉の音が大きく響く。男が尻房に見事な平手打ちを食らわせた。
『っ!』
 わずかな息音だけで悲鳴をあげなかったのをさすがと誉めるべきか。しかしフィ
ーナはがっくりうなだれ、抵抗の意志が完全に消えた。
 男は悠然と双丘を掴んで、今度は先が触れただけでなく膣のなかへ肉棒が押しこ
まれた。
『ア、ア、アアァ……ダメぇ』
 いたぶられるだけでなく遂に肉と肉のつながりを持ってしまった悲哀を振りまく。
それでいて甘い響きも混じっている。
 男は余裕綽々、腰をせり出しヒップを引きつけ、根元まで結合し、ぐりぐりとよ
じって秘奥を刺激する。フィーナが生々しく喘ぐ。
 だしぬけにピストン運動がはじまった。マスクをかぶった無頼漢が月の姫を相手
に堂々と腰を振るい、責めまくる。
『ン、ア、ア、アフッ、ン、アアァン、アフゥン』
 快美を送りこまれるフィーナは頬を赤く染め、鼻から甘い息を漏らしている。最
初は逃げようと動かしていた尻が次第に男の腰振りに呼応して動いている。
 ピシャッ!
 男は力強い抽送を続けながら尻の丸みを打擲した。
『……はあッ。やっ、あっ、ああぁ……ダメ、ダメよっ。ああっ、感じて、感じて
しまうっ』
 痛みで美姫が愉悦から覚め、理性を取り戻す。現状を認識し、絶望に喉を震わせ
る。
『達哉、助けて……許して。私、王女の身でありながら、アア、こんなのに、感じ
てる、感じるのっ』
 絶望しながら、いっそうよがっていた。初めて縛られ、初めて吊るされる状況下、
屈してはいけないという強い理性が逆にスパイスとなって働き、初めての肉悦を生
み出し、享受している。
『アアッ、アッ、アハァ』
 感じている自分を認めたことで狂乱し、臆面もなくヒップを揺すりはじめた。
 男の抽送も激しさを増す。高貴な姫が堕ち、よがっているのに煽られて、勢いに
乗り速度もあがっていって……。
『くうっ!』
 ずっと無言だった男が短い叫びを放った。抽送がとまり、押しつけるだけになっ
た腰が小刻みに震えている。ペニスがヴァギナに包まれて震え、白濁液を膣内に迸
らせている。
『ンアッ、アッ、アアアアアアアーン!』
 オルガスムスに身震いするフィーナのすすり泣き混じりの媚声は、牡の精に奥を
汚される喜悦をそのまま音に変換していた。

97 あけるり「寝取られる姫」 :2014/03/05(水) 22:45:50 ID:FvvZAMEE0
 画面のなかでふたりが昇り詰めたとき、達哉も精をしたたかにしぶかせていた。
 動画を最後まで観賞した達哉は知っている。画面のなかでフィーナを存分にいた
ぶっていたのが自分自身であると。マスクの下に己の顔があることを。
 先日フィーナが公務で地球に降り立ち、肉交に更ける時間が取れたとき、彼から
言い出した。“寝取られ”というシチュエーションを擬似的に作ってみよう、と。
フィーナはかなりしぶったが、どうにか説得した。そういうプレイができる部屋を
レンタルし、カメラを持ちこみ、撮影した。それがこの動画だ。
 だから当然、フィーナが指をどうしゃぶったのか、絶頂したときの膣の感覚も、
注いだときの男の快感も実際に味わっている。
 映る男が終始無言だったのは、自分の声が響いては雰囲気をぶちこわすから。マ
スクをかぶった不審者という体を作りあげ、緊縛された姫を猛る欲望のままに犯し
た。犯されるフィーナも予想以上にシチュエーションにのめりこみ、素晴らしい絵
を作っていた。
 動画をネタにして大量に射精し、いつもなら襲ってくるなずの倦怠感も空しさも
まったくない。それどころか、ぞくぞくする快感が今なお全身にほてっている。
 あの場では“寝取って”いた。不審者として、婚約者の男から。
 映像を見る今は“寝取られて”いる。愛しの姫を不審な男に。
 危ない趣味に目覚める自分を意識し、それでも絶対の安心がある。
 あくまでも擬似だからこそ、楽しめる。本当に、どこの誰ともわからぬ馬の骨に
寝取られたら狂い死にするだろう。その前にフィーナが舌を噛んで自害するに違い
ない。
 ほてりを身に残し、パソコンを閉じる。倒錯めいたプレイを楽しめる平穏な日々
に感謝し、これからも己を磨くことを達哉は誓う。愛するフィーナと結婚するまで
の道はまだまだ遠く、楽なものではないのだから。

(終)

98 名無しさん :2014/03/07(金) 02:45:16 ID:7GBdfcqk0
新作お疲れ様ですー。
本スレの方なんかまた変なのいるしいつになったら帰れるのやら……。

99 ◆KDmNGcEeNs :2014/09/08(月) 21:08:30 ID:8Yd6h15I0
「あん、孝平……ん、ふ、んんっ」
 瑛里華と男が唇を重ね、甘いキスを楽しんでいる。ちゅっちゅっとはじかせ
るバードキスと、ねっとり絡むフレンチキスの巧みなコンビネーションで、湧
き起こる快感は極上。もっと欲しいと瑛里華が貪り、男は彼女以上に貪りかえ
す。
 その場にいるのはふたりだけじゃない。別の男がしゃがみこみ、太ももに舌
を遠慮なく這わせている。肉感的でぴちぴちした太ももは、劣情を煽ると同時
に優れた性感帯なだけに、舐められる瑛里華はキスに負けないほど感じ入って、
ぷるぷると脚を可憐に痙攣させる。
 背後にも男が立っている。前にまわした手でバストを揉みしだき、うなじに
キスを浴びせ、ふたりの男に負けじと瑛里華に快感を送りこんでいる。
 素っ裸の四人が淫らに身を絡ませている。

100 FA瑛里華「愛しの“孝平”と」 :2014/09/08(月) 21:10:36 ID:8Yd6h15I0
 三人とも瑛里華にとって、かけがえのない“孝平”だ。
 千堂瑛里華が初めて修智館学院に通い、支倉孝平に出会ったのは、遥か遥か
の昔。とっくに彼は世を去っている。
 卒業と共に館に閉じこもった瑛里華が眷属を持つようになったのは、比較的
最近。唯一愛した男がこの世界に存在しなくなった事実を受け入れると同時に
吸血鬼である己を認め、眷属を持とうという気も生まれた。
 なにかしら彼を感じさせる男を選んで眷属とし、“孝平”と認めるのは、楽
しかった思い出のよすが。もしかしたらこんな学生生活を送れるかもしれなか
った夢を、ありえないくらいイヤらしいものとして現実化している。

101 FA瑛里華「愛しの“孝平”と」 :2014/09/08(月) 21:13:07 ID:8Yd6h15I0
 太ももにあった男の顔がせり上がり、秘苑に到達した。肉唇を舌のざらつき
で摩擦し、襞にネバネバと吸いつき、瑛里華を喘がせる。秘穴をくぐらせた舌
を膣内粘膜に張り合わせてビブラートをかけ、上の口でのキスや胸揉みを圧倒
する快美をもたらした。
 他の男が対抗心を燃やす。瑛里華を果てしなく気持ちよくするのが“孝平”
の使命。
 バストを揉む手に力がこもった。やわらかな肉丘に指を沈みこませ、美しい
丸みを歪ませる。きつく揉みたて、力を抜くと丸みはすぐに戻る。永遠を生き
る少女は、卓越した張りと弾力に満ちたバストの持ち主。
 ピンと尖った乳首を手のひらでこすりたててから、指でつまんでクリクリひ
ねった。クンニに劣らない強烈な快美が発生して、瑛里華は情欲まみれの吐息
を漏らしながら悩ましい身じろぎを繰りかえす。
 上の口にも舌が深く差しこまれ、かき混ぜられている。舌と舌がもつれ、唾
液が外に飛び散っている。キスというシンプルな求愛行為で瑛里華の官能をこ
のうえなく刺激し、溺れさせる。
 三人から同時にこってり責められ、瑛里華はアクメの遥かなる高みへ導かれ
た。

102 FA瑛里華「愛しの“孝平”と」 :2014/09/08(月) 21:15:26 ID:8Yd6h15I0
「今度は、孝平が気持ちよくなって」
 エクスタシーのほてりを顔に残す瑛里華が艶笑し、膝を折ってしゃがんだ。
 三人が仁王立ちで取り囲む。
「あん、孝平ったらこんなに大きくしちゃって」
 長さも太さもそれぞれのペニス。どれもが“孝平”のペニス。期待感に頬を
ほころばせる。
 正面にそそり立つ肉棒を咥えこむと同時に、左右のモノに指を絡めてリズミ
カルに動かす。顔も器用に前後して、立派な一物を唇で巧みにしごきたてる。
 男たちは阿吽の呼吸でくるくる位置を変わり、瑛里華の口も右手も左手もま
んべんなく味わう。変わることで持久力が高まるし、それぞれの良さを心から
堪能できる。
 口へ手へ来る“孝平”のペニスに、ひたすら奉仕して瑛里華も異様な昂りに
襲われている。
 奉仕するだけで嬉しい。けど、奉仕しただけの対価が欲しい。ご褒美が欲し
い。熱いエキスをもらいたい。
「飲ませて。いっぱい飲みたいの」
 淫情を青い瞳にきらめかせ、目の前の一物をぱっくり頬張り、強く吸引して
射精に導く。
「ん、んっく、こく、こくん」
 大量にしぶくスペルマをおいしく飲んでいく。目もとが艶やかに染まる。
 長い射精が終わると、すぐさま次のペニスにむしゃぶりついた。濃厚なミル
クのお代わりをいただく。
 残りの一本もフィニッシュはもちろん口のなか。瑛里華は望んだ通り、三発
ぶんの精液を喉に流して胃の腑に落とし、恍惚顔。

103 FA瑛里華「愛しの“孝平”と」 :2014/09/08(月) 21:17:22 ID:8Yd6h15I0
 上の口でたっぷり飲んだら、下の口が寂しくてたまらなくなった。
「ほら、こんなになってる」
 ぺたりとお尻を床につけ、あお向けに寝転び、大股開きになるだけでなく媚
唇に指を引っかけて左右に引いた。ぐっしょり濡れる秘粘膜が処女と変わらぬ
ピンク色なのも、年を取らない吸血鬼ならでは。
 三人の“孝平”がペニスをぐぐんとみなぎらせる。元より一発放ったところ
でなんのことはないが、こうして瑛里華が淫乱な振る舞いを見せれば精力が数
倍にもふくれあがる。
 ひとりがすぐさま覆いかぶさり、粘液でべったりの亀頭を押しつけた。ぬる
っと吸いこまれるように入って、奥まで届くとすぐさま退く。抜ける前に押し
こみ、金髪美少女をよがらせるピストン運動に励む。
 もうひとりの“孝平”は胸にまたがった。美乳の横に手をあてがってペニス
に押しつけ、腰をせっせと動かしてパイズリに興じる。
「ああん、もう、孝平ったらオッパイ、好きなんだから、あ、あっアアン」
 バストにひろがる快感に声をはずませると、膣道を満たす勃起も高速で動い
て存在感をアピールする。
 胸の谷間と股間の穴を同時に犯され、瑛里華はすすり泣くような声をあげて
乙女にはありえない濃密な色香を撒き散らす。
 パイズリを楽しむ男の顔が徐々に切迫してきた。
「うっ!」
 ぶるるっと腰を震わせ、鈴口から大量の精をしぶかせた。瑛里華の顔にまと
もにぶつかり、どろどろに汚していく。
「……アアーッ!」
 派手に顔射され、数秒のタイムラグののちに瑛里華も絶頂に飛んだ。開いた
太ももが小刻みに震え、足の指が内側に丸まっている。
 アクメに反応して秘洞がぎっちり締まったから、せっせとピストンしていた
“孝平”もたまらない。深々と貫いて猛然と射精を開始する。力強い噴射はそ
のまま子宮口を通り抜け、奥の器官へ届く。
「ハアッ……ハッ、ハアアァ」
 精を顔にも膣にも受けているあいだ、瑛里華はずっとエクスタシーの波に揺
さぶられている。

104 FA瑛里華「愛しの“孝平”と」 :2014/09/08(月) 21:19:25 ID:8Yd6h15I0
 ふたりが退くと、まだほてりの抜けていない瑛里華が、おずおずと四つに這
う。ヒップを高く掲げ、くねらせる。まだまだ淫欲は満たされていない。
 ひとり待つだけでいた“孝平”が背後にくっついて、肉尻を抱えこむ。濁液
をまだこぼしている恥裂を肉胡桃でふさぐと、ずぶりと一気に貫いた。
「ひゃっ、ああん!」
 背中を弓なりに反らせ、一撃でオルガスムスを極めてしまう瑛里華。
 男はリズミカルに腰を打ちつけ、瑛里華もリズムを合わせてヒップを振る。
愛しあうふたりの息はぴったり。
 バックの肉交が安定すると、さっき膣に放ったばかりの“孝平”が瑛里華の
正面に膝で立つ。顔と腰の位置を合わせ、唇にペニスを突き立てていく。
「ぬふっ!? ふ、ふむっ、んふううぅ……」
 口から尻まで、まるで一本の長い棒に串刺しにされているよう。金髪美少女
がふたりの男にレイプされているかのよう。
 だが瑛里華の表情を見れば、レイプのまったく反対側にいるとわかる。愛し
い男に激烈に愛される悦びにとろけている。口を犯す“孝平”も膣奥まで貫く
“孝平”も愉悦顔。
 異様な熱気に炙られて男たちのピストンがどんどん加速していく。
 ダブルで突かれる瑛里華は、意識して唇をギュッと締めこみ、舌端を尿道口
にめりこませて強引にほじった。
 膣穴も、上の口に負けじと締まり、襞が肉竿に吸いついて艶かしく摩擦する。
「うおっ!」「おおっ!」
 前後の“孝平”が揃ってピンで刺されたように動きをとめ、ペニスが脈動す
るだけになる。大量の飲精に、二度目の膣内射精を食らって、瑛里華は法悦の
極致に飛んでいた。

105 FA瑛里華「愛しの“孝平”と」 :2014/09/08(月) 21:21:32 ID:8Yd6h15I0
 たっぷりと注ぎこんで、男たちはペニスを引き抜く。
 待っていた“孝平”が瑛里華を立たせ、ふらつくのにも構わず片足を抱えあ
げて正面から挿入した。もう片方の足も抱えあげ、駅弁スタイルで瑛里華を深々
と貫く。
「ひっ……アアァ」
 瑛里華は落ちないよう首に腕をまわして引きつけ、それだけでなく乳房を胸
板にこすりつけてしっかりと快感を貪っている。
 もうひとりが背後から迫り、ヒップを左右に開いた。露出した菊座を亀頭で
つんつんつついてから、挿入していった。
「んひッ、ア、ア、アウゥッ」
 前の穴を充填され、ただでさえ下腹が圧迫されているのに後ろの穴まで剛直
で満たされる。内からはじけそうな脈動を浴びて瑛里華は息が詰まり、叫び声
も掠れる。
 アナルにも根元まで入ると、前後同時に抽送が開始される。瑛里華の肢体は
たちまち嵐に巻きこまれたように跳ね飛ばされ、弄ばれた。
「ヒ、ヒイッ、ヒアッ、アウッ、アアアァ」
 苦悶とも喜悦ともつかない、おかしな声をあげ、軽いアクメになんども達す
る。
 苛烈なサンドイッチ責めにたまらず、前にいる“孝平”にかじりつくように
し、後ろの“孝平”の一物をアナルで締めつけて、すがる。
 見た目も中身も派手な淫行は、さして長く続かなかった。
「う」
 短く喘いだのは後ろの“孝平”。きちきちに締まるアナルのしごきに、射精
感を解放してドクドクと注ぎこんでしまう。
 精をもらって淫靡に蠕動する腸洞が膣を刺激する。襞々がペニスにぴたりと
吸いつき淫らに波打った。
 前の“孝平”は息を呑み、ぶるるっと腰を震わせて射精を開始した。すでに
二度も精を飲んでなお求める貪欲な牝器官にドバドバと流しこむ。
 それまでのアクメを遥かに超える超絶なエクスタシーに瑛里華は絶叫し、が
っくりとうなだれ、膣洞と腸洞はなおも淫猥な収縮と蠢動を繰りかえしていた。

106 FA瑛里華「愛しの“孝平”と」 :2014/09/08(月) 21:23:46 ID:8Yd6h15I0
 瑛里華の前に“孝平”が並ぶ。
 次こそ全員でフィニッシュ。瑛里華と三人の男は目くばせだけで意思を通じ
合わせた。
 あお向けになった“孝平”に瑛里華がまたがり、騎乗位でつながっていく。
「あ、あ、ああぁ……い、いいっ」
 妖しく腰をくねらせ、呑みこみながらあられもない声をあげた瑛里華の上体
を、もうひとりの“孝平”が後ろから押して斜めに倒しアナルに入れていく。
「んひぃ、ま、またお尻、ああ、お尻、お尻も孝平でいっぱぁい」
 アナルセックス独特の快美にとろかされ、美貌がだらしなくくずれ、それで
いて美しく輝く瑛里華。
 残る“孝平”も瑛里華とつながる。口を開かせ、遠慮会釈なく突き立てる。
「むふ、ふ、ふ、ふぐっ、ふぬぬぅ」
 口を振って奉仕する瑛里華の髪をひっ掴み、イラマチオをはじめる。息が詰
まろうがどうなろうか構わない、乱暴な抽送を繰りだす。
 ヴァギナに入れた“孝平”だって、下からずんずん突き上げる。切先を子宮
口にめりこませ、割り開く。いつでも奥の奥へ流しこめる。
 アナル抽送も腸洞を壊しかねない激しい動きで、なぶっている。
 責められれば責められるほど、愉悦が濃くなる。瑛里華は蕩け顔で、淫らす
ぎる4Pに没入していく。
 唇を締めこむ。ヴァギナもキュウッと緊縮し、元からきついアナルは陰茎を
千切らんばかりに圧搾する。
「ぐっ」
 真っ先に、唇を犯していた“孝平”が絶頂する。精を噴きはじめたペニスを
ぐいぐいと、すでに根元まで押しこんでいるのになお突き入れようとする。無
理矢理な挿入に瑛里華は白目を剥いて悶え、それでも肉茎にきっちり吸いつい
て放出される精液を一滴も逃がさない。
「おっ!」「ううっ」
 続いてふたりの“孝平”の声が重なる。膣にも腸にも熱いスペルマがはじけ、
奥へ流れていく。瑛里華の下腹がふくらんでいく。
 やがて、口内射精を終えた男がふらりふらりと数歩退き、すとんと腰を落と
した。
 アナルに入っていたペニスも萎え、押し出されると男も後ろへ尻もちをつい
た。
 膣のペニスも抜け、瑛里華から離れた三人は揃って強制睡眠に落ちていく。
 瑛里華もオルガスムスにうち震えながら意識がすうっと落ちていた。幸せい
っぱいのほほえみを浮かべている。
 起きればまた、肉欲まみれの交合がはじまる。瑛里華の永遠のときは“孝平”
と愛しあって過ぎていく。

(終)

107 名無しさん :2014/09/17(水) 22:32:11 ID:51qXcCfs0
こっちに書き込みがあったとは……流石にもう大丈夫な気がするけどw
乙です!

108 真帆とオッパイらぶ ◆wfz3lBT82M :2014/10/25(土) 19:23:37 ID:ES1o.jxY0
 「ううっ、す、すごい、すごく気持ちいい。真帆のオッパイが、ああっ、たま
らないよ」
 悦びの言葉を放つ京太郎は一糸まとわぬ姿であぐらをかいている。股間に熱り
立つ逸物は豊かな肉丘に挟みつけられ、しごかれている。
 (ああっ、こんなに……私のオッパイがイヤらしく、筧君のオチン×ンとくっ
ついてる)
 ふくよかなバストをペニスごと抱えこんで一心不乱に奉仕する真帆は、ショー
ツ一枚をかろうじて残す煽情的な姿。肉の丸みを上下に動かすたび、露わになっ
た肌がうっすら染まって、浮いてきた汗が気化して牝の匂いをふんだんに撒き散
らす。
 今を去ることしばらく前、まだ彼女から一方的にラブコールを送っていたとき
真帆は自分の胸を“嘆くことのない十分な大きさ”と認識していた。巨乳とは露
ほどに思っていなかった。
 なにせ、ライバル視していた図書部の部長が大きかった。図書館でたまに見か
ける女子生徒はもっと大きく、生徒会長として注意すべきかと迷ったくらい、制
服をゆっさゆっさと揺らしていた。生徒数の多い汐美学園には他にも巨乳爆乳の
女の子がいるから、自分は標準よりちょっと大きいだけと自覚していたのも不思
議じゃなかった。
 ところが筧京太郎と恋人同士になり、肌を合わせる関係にまで進展し、パイズ
リという行為を知るに至って認識ががらりと変わった。
 自分の持つ丸みが形成する谷間は、彼のペニスをすっぽり収めることができる。
彼の長大な持ち物にふさわしいサイズ、れっきとした巨乳であると太鼓判を押さ
れてしまった。
 大きな胸を使うパイズリ奉仕を京太郎は素直に喜ぶが、真帆はパイズリできて
しまう大きさを恥ずかしく思う。
 恥ずかしくても、彼に乞われれば応じる。乞われること自体はイヤじゃなく、
嬉しくあるのだけれどやっぱり恥ずかしかった。
 (はしたない胸で、はしたないことを……でも、でも筧君とっても喜んで、あ
はン、わ、私だって)
 まだそれほどパイズリした回数は多くない。なのに、彼を気持ちよくすると自
分の胸までも感じてしまうようになった。エッチになっていく自分がまた恥ずか
しく、恥ずかしく思うことが妖しい快感を呼んでしまう。
 熱くて逞しいモノに接触し、こすられて、双乳に血液が集まってボリュームが
ぐんと増す。感度もぐんぐん上がって、愉悦がはじける。理性の糸は細くなって、
いつ切れてもおかしくない。
 エッチのたびに揉まれ、パイズリもして、バストは着実に成長している。以前
着けていたDカップブラはすべて箪笥の肥やし。Eカップを新しく買い揃えたの
にそれすらきつくなりつつある。

109 真帆とオッパイらぶ ◆wfz3lBT82M :2014/10/25(土) 19:25:57 ID:ES1o.jxY0
 「……きゃっ!」
 いきなりバストに強烈な電気が走り、真帆はぴくっと跳ねて身動きをとめた。
 硬く尖った乳首を京太郎の指が弄んでいる。
 「オッパイのなかでも、ここが一番可愛い」
 「も、もう、いたずらしちゃ、だめ……アアン」
 盛りあがる乳輪も突き出る乳頭も、綺麗なピンク色。京太郎は口もとをほころ
ばせ、愛しさをこめた目で見つめる。伸びた指がくるくるなぞり、こりこりよじ
る。
 「アハァ、アッ、アアァ……」
 愛撫に敏感に反応し、悶える真帆。勃起しきっていたのに乳首はなおも限界を
越えてピンピンに伸びる。なにかが噴き出しそうな感覚に真帆は溺れ、切なげな
喘ぎだけでなく涎までこぼしてしまう。秘部から愛液がしとどにあふれ、ショー
ツに染みをひろげていく。
 京太郎の指いじりは留まるところを知らない。とびきり快美な痺れに真帆は押
されそうになるが、負けん気がむらむら湧いてくる。可愛がられる以上に気持ち
よくしてあげると双乳を持ちなおし、強く圧迫してにゅるにゅるしごく。
 「うああっ!」
 彼女の奉仕がおとなしくなり、パイズリを余裕綽々味わえる、そんな京太郎の
目論見は呆気なく吹っ飛んだ。
 弾力ある肉丘にしごかれる鮮烈な快感にのけ反り、そのまま後ろに倒れこむ。
 真帆は膝のあいだに乗っかり、嵩にかかって巨乳を押しつける。搾るように揺
すりたてた。
 (あんッ、筧君のオチン×ン、アア、これって)
 谷間に閉じこめれば、どくんどくんと激しすぎる脈動に真帆のほうが揺さぶら
れる。顔を起こして彼を見れば、苦悶に近い表情を浮かべている。出す寸前で、
懸命にこらえていると丸わかり。
 大事な場所に胸で触れているからこそ、彼の思いも欲望も、心にまっすぐ伝わ
ってくる。
 「ああっ、筧君、筧君っ! いいのよ、いつでも、アア、たくさん、好きなよ
うに、出してっ!」
 感情の昂揚に母性も織り込んで叫ぶと、谷間からはみだしてくる亀頭へ舌を伸
ばし、れろりとなぶった。カウパー液を舐め取ると、尖らせた舌先で尿道口をほ
じくる。
 「おああっ、おおっ!」
 切迫した悲鳴をあげ、コンマ数秒遅れて熱い精汁を噴き上げる京太郎。
 わずかな時差の間に真帆は唇をかぶせて吸いついている。ドバドバ噴出する粘
液をコクンコクンとおいしそうに飲んでいく。射精の脈動に合わせて胸乳をロー
リングさせて、溜まっているものをすべて出させる。
 亀頭にかぶりついて夢中になって飲んでいるうちにお腹いっぱい、頭がぽうっ
とぼやけてくる。牝の本能だけで口を使い、じゅるっと卑猥な水音をたてて尿管
にあった精液をすっかりいただくと、すうっと意識を失ってしまった。

(終)

110 「あけるり」達哉×エステル ◆jk7cNLlm7g :2015/10/13(火) 23:02:21 ID:/PvRHww20
 (アアァ……な、なんでこんなに。私、す、すごく感じてる)
 ベッドに寝転がった司祭少女は地球人の少年に覆いかぶさられ、逞しいシャフトを
秘筒に受け入れている。肉棒が膣奥を突くたびにズーンという衝撃が快感を伴って、
成熟途上にある女体を駆け抜ける。朝霧達哉と恋仲になった月人、エステル・フリー
ジアは、そのたびにおとがいを反らせ、喉を震わせ、ふしだらな声を放ってしまう。
 処女を失ったとはいえエステルは、セックスがそれほど好きではない。達哉に熱心
に求められ、拒むに拒めず、気乗りしないながらもはじめることとなる。
 はじまりがそうでも、濃厚なペッティングを経由したのちこうして男根を挿入され、
ピストンされているときにはがらりと変化している。美しい顔が恍惚と輝いて、だら
しなくとろけ、眉根を悩ましげに寄せて甘い声をあげまくる。
 なぜこんなにも乱れてしまうのか……、理性を振り絞るようにして抱いたそんな思
いも、すぐに霧散する。ハアハアと熱い息を、よだれ混じりに垂れ流す。
 今エステルが感じ取れるのは達哉の固いペニスに貫かれる事実だけ。膣壁を猛烈に
摩擦されて生まれる、女体が爆発するほどの淫楽に陶酔するだけになる。
 「イ、イクぅ」
 思わず叫んだときに、すっとペニスが抜けていた。言葉だけが先に行ってしまい、
肉体はほてりにほてっているだけで昇りそこねていた。
 「え? な、なに?」
 「ふふふ。どうしたの、エステルさん」
 信じられないと、睫毛を揺らすエステル。とまどっている司祭少女を、にやにや笑
いながら達哉は見下ろしている。
 「ああ、お願い。もっと、もっとして」
 「エステルさん、そんなにセックスが好きなの?」
 ここぞとばかりに達哉が問えば、
 「好き。好きよぉ……達哉とセックスしたい。ねえ、ねえ、してしてぇ」
 痴女と化した聖少女は恥も外聞もなく求め、身を揺する。両脚を大きく開き、ぐし
ょ濡れの秘部をあからさまに晒す。
 満足のゆく答えに達哉はにんまり笑うと、エステルの体をひっくり返した。少女が
積極的に双臀を掲げ、ふわふわと妖しく揺すって挿入を待つ。
 力強い両手が二枚の肉房を開く。ペニスを突っこまれていた膣穴はだらしなく開い
たままで、白く濁った濃厚な牝汁を垂れ流している。その上にはセピア色のアヌスの
窄まりがヒクつき、卑猥丸出しといった様。
 「すごいね、エステルさん。お尻の穴まで見えてる」
 「や、やだっ。あ、ああっ、早く、入れて」
 「お尻に入れてほしいの?」
 人差し指の先が、ほじるように菊蕾をいじる。
 「ヒッ。ち、違う……早くぅ」
 「どこに入れればいいの?」
 「……お、オ、オマ×コぉ。オマ×コに入れてぇ」
 今までの性交で教えこまれた猥語を口にし、カッと恥辱に燃えながら双臀を振り乱
す。
 「よし」
 亀頭が膣口に合わさり、再び挿入されていく。
 「はうううぅ。奥、奥までぇ、達哉のオチン×ンがぁ、入ってくるのぉ」
 女性器を表す隠語を放ったことで今度は臆面もなく男性器の名前を叫びまくるエス
テル。すすり泣きの声をあげ性に狂うあられもない嬌態を晒し、バックから鋭い突き
を浴びせられて一直線にアクメへ駆け上がっていく。
 「いいよ。いつでもイッて」
 すでに絶頂寸前で一度お預けしているだけに、達哉ももう焦らさない。Gスポット
を巧みにこすり、深く突き刺して子宮口を王冠部で小突くように刺激してエステルを
愉悦の頂点へ押し上げた。
 「はあああぁん。い、いいッ、イ。イイッ、イクううううぅぅぅぅぅ!」
 ひときわ甲高い声を放ってエステルは悶絶した。
 ばったりと突っ伏しながらヒップだけは高く掲げたままで彼に捧げる。肉筒は強烈
な収縮を繰りかえし、逞しい剛直にまとわりついていた。

(終)

111 名無しさん :2015/11/06(金) 08:39:54 ID:JEy4WDAY0
新作来てて吹いたw 乙。

112 「あけるり」姫の手で ◆7agw89RLM6 :2016/10/01(土) 00:08:50 ID:Dxu9TT3E0
「ああっ、私、ここでこんな、イヤらしいことを」
 フィーナが美貌を上気させて艶かしく喘ぐ。月大使館の執務室、政務を片づけ
なければいけない場所で、サインをするペンを握る代わりに男性器を握って、し
こしこと卑猥に往復させている。
「うほぉ、ここで、俺、フィーナにしごかれてる。フィーナの手コキで、気持ち
よくなってるよっ!」
 スラックスの前開きから勃起を突き出すだけでなく腰も突き出すようにして、
達哉がだらしなくよがる。もしさやかやカレンに見られたら、ふたりの仲を引き
裂かれても文句の言えない状況にある。
 月の姫がどのような仕事をしているか、達哉は許可をもらって真剣に見学して
いた。ところが休憩時間となって一転。堂々とキスを仕掛けていき、フィーナが
頬を赤らめて唇を合わせたから、あとは完全に彼のペース。耳もとでささやき、
ペニスを握らせ、奉仕をはじめさせた。
 手コキが生み出す快感は、フェラチオやセックスに比べれば、ささやかなもの。
だが、フォーマルなドレスをまとう姫の手が牡の肉根をしごくという事実だけで
激しく興奮し、快感が勝手にふくれあがる。嵌めているグローブの白さがフェチ
ズムをそそり、妖しい快美となって男の全身に駆け巡る。
「そろそろ、出そうだ」
 早々と限界を訴えれば、
「あん、部屋を汚したら、ダメよ」
 フィーナは艶然とほほえむと、引き出しからゴムを取り出して限界寸前の勃起
にかぶせる。そんなものが常備されているのだから、この場で淫戯に耽ることを
了承している。
「ほら、これでいいわ。好きなだけ、出して」
「ううっ!」
 放っても汚れない状態になって美姫の指は淫棒を苛烈にしごきたてる。間近で
見入りながら漏らす息は、まるでフェロモンの固まりのよう。
 訴えたとはいえすぐ出してはもったいないと達哉は丹田に力をこめてこらえる
が、出しても大丈夫という思いが我慢の弁を簡単に吹っ飛ばしてしまう。
「お、ううっ!」
 びゅるっ、びゅびゅびゅっ! びゅくっ、びゅくくんっ!
 ゴムで覆われていなかったら派手にぶちまけられただろう。高貴な姫をドロド
ロに汚したろう。次々に出てくる樹液が先端の溜まりをふくらませ、牡の激しい
昂りを形として見せつける。
「ああっ、こんなに、こんなに出すなんて、エッチすぎるわ、達哉ぁ」
 ふくれるゴムに淫情を刺激され、フィーナは熱にうかされたように唱えては指
しごきを続ける。しごかれて噴射はとどまるところを知らず、姫の淫情を満足さ
せるべく、液溜まりをぐんぐんふくらませた。
「……うはあ」
 膨大なストックもやがてすべてが吐き出され、肉茎の硬直が解けていく。
「これが達哉の精液なのね」
「知ってるだろ」
 手コキ放出は初めてじゃない。フィーナはなんども目にしている。
「いつ見ても、すごいの」
 これだけ大量の精液が胎内にひろがったら、危ない日だったら、孕んでしまう
に違いない。感嘆の思いに胸が震え、キュンと疼く。
 コンドームを丁寧にはずして口をしばる。臭いの漏れない密封袋に仕舞うと、
あらためて股間に顔を寄せる。出すべきものを出し切って萎えていく肉根を、た
めらいなく口に含んだ。
「う……う、うん。いいぞ」
 お姫様が、くちゅくちゅと音を鳴らしてお掃除フェラに励んでくれる。ぬめる
舌の感触もたまらず、ペニスは当然またそそり立っていくが、
「はい」
 フィーナがあっさり顔を離し、にっこりほほえむ。
 あくまでもお掃除フェラ。二回戦には至らない。そこまでの時間はない。浮か
べる表情は理知的で、澄んでいる。
 達哉も、不満げな顔を見せたのは一瞬で、いそいそと一物を仕舞いこんだ。身
支度を整えて、あるべき自分を取り戻した。

(終)


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

無邪気の楽園 1 - 雨蘭

学園七不思議のプールから小学校時代にタイムスリップ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa