したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

【金剛大番長】キル夫は卑怯な番長のようです【第二部】 その3

1 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2015/10/18(日) 20:05:32 ID:34yp/00g0





                 -‐   ̄ ̄  ‐-
                 /           \
           /  ∥     ∥     ヽ
             /   ∥     ∥      ',
.            / ""           ""     ',
.            l__, 〜∨∨∨∨∨∨∨∨〜、__  l
.   /\_/ ̄ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ  ̄ヽ_/\
    >  __l    l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l    l_  <
   \/ /   ゝ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ  ノ  \/
.      |   /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l   l
       \__/                    _/
           /                   |





過去スレ(金剛大番長 第一部)
1  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1299501011
2  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1300888278
3  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1301146120
4  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1301580980
5  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1302701263
6  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1303906506
7  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1305806737
8  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1307453946
9  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313676584
10 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1317731294
11 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1321026170
12 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1327335371

過去スレ(金剛大番長 第二部)

1  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15257/1338551960
2  ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1365423933



【注意!】

このスレッドは【大番長】【金剛番長】【遊戯王5D's】その他諸々に影響を受けた安価スレです。
チーム・サティスファクションを受け継いだ番長として、東京二十三区を制覇して下さい。
ゲームシステムの変更により、地域制圧型ではなくなりました。

2560 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 21:52:28 ID:MIDGjA3s0

                     ,;;----―――――--,,,
                    /              \
 , ;                /                 \
        c==ー^      /        .:; イ.:.:.:.:.::.:\ : :    \:.:.:.::;;;;>'"
    z        ,ィ≦    ム}          /.::::::.:.:::.:.:.:.:ヽ    .::.:.:;;ィ'"  /
           __ -一   .:fr'/{ミ ,,,;/ ,/.:.:.::::/.:.::::ノ_,,,:::-一宀 ´    {
    c== ¨¨       /^{ノ ilil// /⌒´ ̄ ̄ ̄`7´ /     /         ',
       c に≠==ー 厶-  il,/   〃    ー/, {  {     i          ヽ
               `ー「エェ,,_ 〃   {i         ヘ. :丶ヽ: : :ヽ: : : : : : : : : : { :\
   C °。 : .      ヘ にヘ,{i   ヽ.i{   . . . . . : : : : ヽ、:\: : : :\: : : : : : : : ヽ. : :
                 : ', ,〉ィヘ  ヾミ{!. : : : : : : : : : : : : : :\. :\: : : 丶: : : : : : : : \
          . ィー- くェェェ,人   ヘ≧ー‐rー宀7⌒ヽ. : : ヽ、__. : : : : :\. : : : : : : :
         / :` 、: :トこ´  ヾ     ¨>く__ノ _,人___/, ¨¨¨"¬r一=,,___ : :
       / ,        ヘ、__       彡彡 ´ _ ー
      /           . : : : ´¨¨¬     , /
     ./                  ヽ、   /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 ぼぎゃふっ!?





: : : : : : : :/: : : : / ヽ: : : : :|   ||   \:、: : :ヽ V::::::ヾ: /三三三三三三ミ/
: : : : : : ://: : :/   ヽ: : :|   リ    \ヽ:、:\ハ;;;/ミ/三三三三三ミ/
: : : : : :/ , : :./,     \! ー/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ''T: : /ミ/  ` ヾ三三三ソ\
: : : : /_,./:ィ´                    |: : !三,      ` ヽ/|  \
: ,.イ´ /'´             / 二`ヽ    |: :,.三,        /リ  ,. :-:、}
:/    _            ' ,トィ,cヽヾ、   .|:,,|三!         ,iメr:': : : : : : ヽ、
    / ,-、`ヽ           | !!!!ハ  ヾ、  レ:|三!        ,'メ!: : : : : : : : : : :
   /i/ トィハヽ            ! iiJ .|  ii} /: :|ミi|        /メ!: : : : : : : : : : :
  /iil | {!!!,. !            ヽハ|  /: : :|ミi|       !il,.!: : : : : : : : : : :
  |iil  ! ヾ! |             ゝ'  /: : :,:-:.|ミ|       |i/,': : : : : : : : :_:_:
   ヾ、 ヽ__ソ               /:/!: : :.|ミ|       |i/: : : :_:_:_:_:_:_:_:_:_
:ヽ             l          '´ ./: : : :|ミ|       ノ: : : : :`:ヽ、/
ミ: ヽ                      |: : : : ノil|    ,ィ:´: ̄:`:ヽ:、: : : : : ヽ、
三、: :`:ヽ、                   |: : :/: : : :':´:ヽ: : ヽ、: :_:_:_:_:_: ー:- :、:ヾ'
ヾミ、:、:_:_: :ヽ、__     r ― 、       |: /: : : : : : :!、:ヽ`ヽヽ./
  ヾi}: : :\ ̄ ̄´    ー‐ '      /|:!:||: : :/: }\:!   /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【響】
 え゛……っ!? き、キル夫くんっ!? ど、どうしてここにっ……!

2561 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 21:56:33 ID:MIDGjA3s0

   |!  /::::::::::_,,.. -‐- .、.._.::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:! /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::``'‐.、:::::::::::::::/ /!
   |:∨::::::://::::::::::::::::::::::\:::::::::::::``'‐.、///
   |:!:::::|!:::/ / ,.‐''" `ヽ::::::::ヽ::::::::``::‐--:∠ _
   ヽヽ! |.! //,.‐''"´``ヾ::::::::::| /\::::::::::::::::::::::::::ヘ
  |! 、 \      ̄ ̄``'‐.、::::::::ヽγ |:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
  ヽ.二       ゞ .//'‐.、`‐.、:::| !:/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
   _,. ' /   |! ヽヽ//ェ少 |`‐ ゝ|/:::::::::::::::::::::::::::::\`'‐ ゝ
   ̄"/ |  | ヽ ヾ`ム‐''"   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ヽ .ヽ  |十`i、',     , /.|:::::::::::::::::::::\ ̄ ̄ヽ!
     ! /.ヽ |`'丿 '‐ゝ_,. '´ ./ .|:::::/ ̄ ̄` .ゝ
     |.!  |! . ̄ `'‐、 ー' ノ==|:::|=
             // ̄//  .|::| /
             ヾ  | |   |:! 〉___,,.. -─、
              ヽ〈〈    !.  //   /,."``'‐┐
                //  ,. ‐''"//   //     ヽ
              .//,.‐´,. ‐''"// ○ //       |
              ./ ,.‐´   ヽヽ  //ヘ      /
             //       \ /  ヘ     ゝ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Ⅳ】
 どうした……何があった、立花! まさか、また敵襲か!?





      ヽ   \_r==/:,.-:, -、:_:,:-:-、: _:ヽ、ヽ r<´    /
       ヽ   ハ,//: :/: : : /: : : : :ヽ: :ヽ: :>ミ、:、   /
        ヽ  「、三i、: : : : : : : : : : : : : : : : :V三三}/
         V|三>: : : : : :/: : :/:,人: ヽ:!:ヾ三ミイ
          }:i: /:/: : /: :,|: :/:./  ヽ: :ヾ: :i: :|ii}
         ノ: : |:.!: : :|/_|:,/´  、 __ \:}: :,!: |ii|
         フミVィ:!:,r:ナ'´ `       `ーiv、Yミ'、_
        {三三}!:/ `'ィ,,=ヽ     ,/,,=ヽ、 |:,:/三三}
        }i三=-}:、 /.{イii}     .{イii} i} ,/:ミ三ミ/L_
       ,/!i}   l}:ヽ 弋ソ     弋ソ ,ノ: !l|  `Y ,入
    |\/: :ヽリ   |i、:_ヽ、    '    _ノ/: :|i!   /:´: : :ヽ
    >':/ : : : :ヽ、_リ: : :ヽ`   ___   /: ,: :}i _,..ィ: : 、: : : :i:ヽ|
    |:/: : :/-</:ハ:iヽ:ヽ:ト、  '-- '   ,!:/: ノ:iVヾ! >ゝ: ://、
      V{   \_,.- レ'Vリヾ;-、 __,. ,イ:ハ!V´ \/   レ/
       ヽ    ,`ヽ、   VL_   _| / _,. ―‐`   ./
        ヽ ,/ヾミ、__>,、ヽミ、_/ミソ イ、__/ミ>、_,/
         |   ヽツ-ミミ、ヽ 三/,.イ/三=ミ/  |
         レ'´ ̄  ヽ:.:ヾ ヽ/  'ィ:.:.:/   ̄`ヾ、
        /       _>:.:.:ヽ-+-<:.:.:.く        ヽ
        ,|   ヽ   /:./  ̄,}ii{ ̄\:.:.:\   ,   |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【響】
 い、いえ、違うんです、Ⅳさん。敵襲ではなくて、実はその……。

2562 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 22:00:00 ID:MIDGjA3s0



                     ●


                     ●


                     ●



            ____
           /   u, \
         /  u.      \
        / (○)ililili(○).u  \
        | (トェェェェェェェェイ)    |           【事情説明――】
        \ \ェェェェ /    /
        :i     U     ):
        :|   !    /____/i:
       :,-| . |ー-、/ ゞノヽ .|:
      :{_ i、___,l   |    、 |:
       :)ソ(___i)---|    |.ノ:
              ゝ-i--i´ ;
                `-゙

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 ……それでまあ、かくかくしかじかと言う訳でな。
 新即出やる夫の居るっていうメディカルルームに来たって訳だ。

 いでで……まだブン殴られたアゴが痛い……。

2563 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 22:05:06 ID:MIDGjA3s0

       ノ{: : : : : : : : !: i: : : : :/   `ヽ: : : \: : : :ヘ:ヽミミミL: : : : :|
       {ミミ、: : : : |: :ハ!: :i:/         ̄` ヾVハ}>ミミミミミ、: : :>―-、
       ヽミミ、: : : ,!:/ ヽ: |            ヾ: :/ミミミミミハミ{    /: :
        Y: : : :i:| レ   `             !: !ミミミミミ// ヾ} /: :/.
        /: :ヽi}:ハ!        ー― ―---   .!: |ミミミミミ|il  il}/:./. . .
       /:_: ノヽ:.:、    ノ             /: :| ̄ ̄ ̄`r{,  |/. . . .
           ミ:ヽ- '´           ,. /: : .:|      i{__/. . . . .
           |ミミヽ        r=≠''´/: : : : : :|.      /. . . . . .
            K |:.ハ-r≠''        /:ィ:,. - ――--、/. . . . . . ../
            ,ノ: : : !    {      ,. -'´  ____,/  ,.-==-、. . . /
           /: : : : : :..       _<  /      ` ヾミミミミミ≧、,イ
          /: : : : : : : ゝ、   ´   >'            ヾ--'´    !._
          |: :i: : : : : :/: :/≧ 、   /              ヽ、    /
          レ !: : : :/ レ' /   `,ニ/               ヽ:.:.\ ハ
           ヽ: : :|   /_,/  ̄ ,.ノ                 ヽ:.:.:.:`:.:.:!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【響】
 ご、ごめんなさい……。





            i 、
            | \   /!
            _ _ }   \/ |
          \    _ _ _|
           \/     _!_
            \.:: ´     `ー 、_
              . ´           ヽ. ` ー- ='
           /    | ∧   ト.  |_  ノ
            | 、   | /  、  1_\ |ヾ 、
            |  ヽ  !/|二≦\! .ィ_入 } \
            |   、 1.从T T  TT { |' ⌒ `
            〈     V |! `´   .`´ fi
           ≧ミ__.入. 乂   __   .ィ |
           {!´ ソ }_入 {≧-=_..´ ! |
             /K_/ / ̄ヾ  /ヽ ヽ.レ
.            / /   {    ',イ | !\./
           / /   ',     / | !  |
.          / /      ! ̄ /  | !  |
         / /     |   |   | !  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 ううん、謝る事はないよ、別に。
 部屋の中にいる人たちに呼びかけの声もなく、いきなり入ろうとしたキル夫が悪いもん。

 まったく、この緊急時に何やってるんだか……。

2564 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 22:13:36 ID:MIDGjA3s0

                   , -
                 ,ィ≦zzzzzzz- 、
            ,-=テミ州川州仭lliマムliマム、
               ,イ//州州l.|liハ州l州マlリi.li liム、
          ,州リ州|l|iハマリ ̄州州l,マ州l.ll.liマニ=‐
          l州リ州.|州' __ 、 マリ li|lハ|il||li,マム、
         l州州州l|li|!〃'ハミトl. ` _, 州|liliハ
         ,!州イ州|l|i|i!' ミ!. Vリ    .イミ、州li|トト!
         イイ!イ>|リ.マl|!        } リリ州|l|
         ' .ト、ヽ-、 ヾ    ,_  /  イlil リ|!
           州ll¬ 、   |::::::`!  ./lヾ リ
           ' '.リ  .ヽ.、 ヾ- '  /
            r―┴―‐- 、≧ 、__,イ
         ,ノ7777777=zz,、_``ヽ_
      ,.イ'//////////////] l ,、,!
     ,イ/////////////////,| !.ハ|
    /////////////////////(⌒)ミミ,、_
   //////,ハマ//////////////77////,≧z、_
   ////////,ハマ////////////////////////,≧z、
  //////////ハマ///////////////,r‐、///////イハ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【球磨川】
『そうそう、別に謝らなくたっていいよ。
 美少女に殴られるとか、どう考えてもご褒美だしね』





           ト 、
       _ ---.{   \
     、_爻: : : : :乂    、  ,,x*=====彡
    ,,f: :\ ̄ ̄ ̄ ̄`   Y        ̄ ̄ ` 、
    j : : :<”'' ―‐弋ッく^ーV       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ≧=-彡
 ト、 ./: : : ∠     /  `ーヘ  /   /}         ≪/}
 { \Y: : : : :}    .{  /⌒} } /{    / .!          //\
 .\  }: : : : :|   /} { ノ} }/ { j厶イ./ .|    /}  .//   ≧=-ミ
   V: : : : : :! ./  .! {´}: } , |、/   ./  |   / !//≧==‐―    ` 、
    }: : : : : :}/    V {: :}/ { \   /   .| /   //-‐‐‐‐ァ     ___、
   , : : : : : :.!        {: : : :{: : : ` く    /   ./__  -‐‐   ̄  __,,x*''” \
  ./: :/: :|: : :|      |: : : :|: : : 廴: :≧く             ,, x*''”        \
  厶ィ : : |: : :|      |: : |: !: : : 爻: : : ミ\__ _  --- <                \
  | : : : : |: : :|       }: :ハ!: : ノ: : : : :Y: : : /: : : : : : : : : : : : : V≧=-ミ、    八     \
  { : : : : |: : :|       |:/: : |「: : : : : : :ミ: : : :{: : : : : : : : : : : : : : :≧=--ミ\  {  .\     )
  .V : : : !: : :!       イ : : |: : : : : : : :ミ: : : : Y: : : : : : : : : : : : : : :ミ   ) ∨八    )  /
   V : : !: : :!       .|: : : !: : : : : : : ミ:/ ̄V}: : : : : : : : : : : : :ミ    } ∧  ) ./ /
    .V : !: : :!       .}: : : !: : : : : : : Y: : : : : 八: : : : : : : : : :/}     }/  )// /
      \!: : :!      ノ}: : : !: : : : : : :「: : : : : /  \: : : : : //}         ./ /
       V: :|V∧ ∧/ .|: : :,^V\}^^」>=彡}    .`<く /: : : :\    / /
       V !: : : :V|  ..|: :/廴≧=‐': \―'”:}       }: : : : : : : :}   { /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【エンテイ】
 そう思うのはお前だけだ。

 ……しかし、驚いたな。一度別れた後で、こんなにも早く合流する事になるとは。
 しかも、別れた時には居なかった者たちを加えて。

2565 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 22:22:22 ID:MIDGjA3s0

          > =-   -=ニ ヽ    \ニ.}  ∨二ニ./ i
 <   > ニ∠___      ヽ.    Y.   }ニ./.  /
. <二二二二二二二二 >             .´  _./
    <二二二二./                    <
     <二二ニ/                     ヽ,  \
. 二二二二二., ’    ./             .∧    ヽ.x  ヽ
二二二二二./.  ィ.  /     ヘ     {.   / ∧    ∧ ヽ ‘.,
二二二二ニ/ /. ,  /   // ∨    i.\.  / ∧ x    ,  ヾ ,
\二二二./,二ニ.,.  /.  ,ミニニニ彡,∨  i 乂 .∨. /.∧ニヽ   ,  ヾ
  <二二二二 {  i  / ト ┬,,,彳、i  ix i ミニ.ヘ   i二.\. i
 <二二二二二i  i ./i  >ゞ イ-' }   ,ヾ { 芯 ヘ  {二ニi.ヽ.i
   フ二二二{ i  i./. , i,「` ヽ  , ./ ヽ∨ヽ≧ 彳., i二ニ.i
. /二二二ニ∧ i   .i i:i __   //  }. ヾ  ヾ:,:::.∧i二ニ.i
 二二二二二二.{   } リ. ヽ-----       、::Ⅴ二二ニi
     <二二ニ,   i ヘ    <  ̄   フ´. ,::./二二二 i
       >二ニ,   {二\      ̄     ィ .i二二二,
         <ム  i二ニi \        <  .}二二ニ,
           ∧ i ,二.}   ヽ  _ .<. j    i二二ニ,
            ∧i .ヽ , <      { ィ   }二.二,
.               }  > ヽ   ./.ィ.   ,二二,
               i    \ \/ ./ i    ,二ニ,
              /      ヽ { {   ,   ,二.,
            (二.  <    i .i. i   〉. 〉.,ニ.,

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Ⅳ】
 そりゃ俺の事か。
 ま、俺も同感だな。なにせほんのついさっきまで、俺はユーゼスの部下やってたんだからな。
 その時の自分に言っても鼻で笑い飛ばしてただろうぜ。満足同盟の連中と突き合わせる事になるなんてよ。





                         / ̄ ̄`ヽ
                     | ノ   ヽ、 i
                     l (●) (●) |
                __        | (__人__) !、       _  __
        x≦  ̄´ /  `ヽ、     人 `⌒´ ,イ厶.._  .。<_  ̄  `ヽ.
      Y    {  {   >=≦ ̄ ` ヽーォ´     ≧ミ、  `      ハ
     /⌒´ ̄ヽ<.. 〃    . -‐  ミ、 Y  ´ ̄ ミ x..   ヽ   _彡 ¨¨ミ:o。.
    /  ..。‐=ミr'   八  r'´       ミ{        `ヽ }:x ´   .。-‐ 、  ハ
.   /‘. {      \   ハ´{         i!          /   /     Y }
  /  丶      `< 人     ,.==ミ _ .ンゝミ.__ ...._   ノ{  /       ,リ/ハ
  マ   ヽr‐、     ヽリ{`:ァ‐'、___/  `Y´ `ヽ. ___)爪__小 /   _ ..... 彡'   /
   `ヽ   ヘ  `ヽミ   マY ,..._  {    :}     } _メ.ミ 刈, '´ 彡'´   /   .ィ"
     ‘.   ゝ.    `ヽ ‘.{ 人 ヽミ乂_ノ 、 _ ノ´ノノY / , ′´    . イ   /
      \    ミト、‐- \マ\入`Y   `Y´  Y´ノ.ノ, ' /  ,..-‐ ´     ./
       `ト..          \ 入_j    l     {__ノイ/  . イ   ..<
             ̄ >ミ   /\__ゝ..ノゝ==イ_.ノ∧/ ´  ..<
               `<´ 彡' ノト、 -==‐   _X^  \,.<
                    ヽr彳    Y   γ´   ゝミ/
                      /\   i {´ ̄:} {     /Y
                   xト、  `トキ ヘ_j リ斗 彡 メ、
                , ': { { `トミ  `ー'  `='  . ィ^! }ヘ
                   / { ゝ、_j } `ト、   , ィ´| :l }J lヽ.
                /  |     `个^ 乂__ノ ゝ トイ`´  {. ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やらない夫】
 Ⅳ……ユーゼス・ゴッツォの元部下、か……。

2566 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 22:26:53 ID:MIDGjA3s0

:::::::::::::_. -‐┐                    /  __
::::::::::::::::::::/       /                 __ 二/
::::::::::::::/        /    /\     ∨ ∨ \
:::::::::::,'   |    /   //___ヽ    ∨ ∨ヘ ヽ
::::::::/   /.|   ./ ∠ニニ气ミヽ》   , ∨ ∨:::!ヘヽ
:::::/ // .|   { ./ \_ゞU 几 / /| .ト__ \ V::!   `\
::/./| l ┌|   |/―‐メ―‐ ̄/ /V! |Uフ≫、\:|
/::::::\  l    {  /    /'´   | |¨~!ヽ¨T:!
:::::::::::::::::\_l    |. / 、____ ‘j/   !::::ハ |:|
>::::::::::::::::::::!   | /   ヽー―- ~≫   ノ::::::ハ|:!
::::::::::::::::::::::::::l  .ト     \    ´/  /:::::::::::::|
  ̄ フ::::::::::::l  | \   `ー―‐´ /!:::::::::::::::::|
   ^⌒「ニニヘ .ト、  >. _ `ー /  |:::::::::::::::::l
      〉   ヘ .|\\    7'‐ ^   |:::::::::::::::::l
     ノ     ハ|  \\  レ)     |:::::::::::::::::l
 r‐<_         \∨/|      |:::::::::::::::::l
/⌒≧  ̄二ニ=‐-     〉Y .|__     |:::::::::::::::::l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Ⅳ】
 そう殺気立つなって。今は契約が切れて、ヤツからの仕事は請けてねえからよ。
 この非常時だ。生き残るためなら、あんたらに手ぇ貸す事もやぶさかじゃあない。





         _,./: : : :`:´:ヽr==-==_,======-
        /: //: : : : : : : : ム三ミ|三ミ|i|     ,. - ''´
       ノ: : :./: :/: ノi: :ヽ: : : :ヾ=ミヾミ|:、,. - '' ´
      /:/: : !: /'´   ヽ: :ヽ: : : :}ミiミ|ミ|: :|
      、: !: /V  _,ィ_´ `-t、: ノ三ミ>、:リ
       i: V>    iィc\ ノ:Y三三/ ̄ヽ:、_
      ' ヘ,|!.i!}    |!リ /: :| ̄ ̄il|   l| ヽ_
       |ノ`U,    `/:,: : : |   li|  ,リ /: : :ヽ
      /: : |  __   レ' |: : :ヽ   ヾ==ソ/: 、: :i`
      レ!: :ヽ V__) __!:_:_:/_ヽ___,/:iー` ̄`
       !.: ィ:.\   >、       } `/`'' ー- 、
        `__'´_`ニ'ヽ ヽ   /,\// ,, _      `>
        `ー- 、__. | |  //三>-―-ゝ>、, - ' ´
              \Y  ,//:ノ       ヾ
           ,イ了Tij.、 ー、: : :`ヽ       ヽ
          / V ソv、:ヽ、 ヽ: : : :.         ヽ
          /  ノ/: : : :, : :/   ヽ: :. ヽ、      、
         ./ /: : : : :./: :,ィ    ヽ: :、, .!     !
        / //ミ、: : : !/ミミ|     |: : | ,λ     |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【響】
 その……Ⅳさんの事は信じていいと思います。
 円盤生物たちに襲われた時も、一緒に戦ってくれましたから。

2567 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 22:35:30 ID:MIDGjA3s0

         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\
    ヽ   L \ェェェェェ/  |
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 ……わかってるさ。
 Ⅳだったか、アンタが言うように今は非常時の緊急事態だ。
 互いに手ぇ取りあって助け合わなきゃ、この場を無事に切り抜ける事もできねえ。
 俺たちに力を貸してくれるってんなら、アンタは味方だ。味方の事は信じるさ。

 だいたい、今は無用なゴタゴタを起こしている時間もねえしな。そうだろ、ルカさん?





         /. : : : : : :i|\{\: : : : }: : : : : :Ⅵ《}: : : :!
        ./. :i{: : : : : i|/ ̄ ヽ : |: : : : : : :Ⅵ|: : : :|
        ′:八: : : : :i|/,x===| : |: : : : : : : 以: : : :|
       |i :/ { :\ : 八〃 {r炒| :/: : : /: : : i!nヽ: : |
       |: : : 乂:x㍉、: \'^´ j/: : /: : : :/|L} } : :|
       | : : : : { Vツ ` ー一 __彡イ : :/ /L! .ノ: : :|
       |:i : : : iト ヽ`     /: : /.: :/: : : : : : : :|
        圦 : : 八   '⌒   厶イ | : :/: : i : : : : : :|
       { ヽ/: :个           }/| :/ !: : ! : : : : : |
       乂 |i : i|:{ : :〕ト   イ  j/ |: : i : : : : : :|
          |i : i圦: 〃: : : : .:|   ′ |: : l : : : : : :|
          .八:.:i|: :j/ : : : : : rtt=====}: : l : : : : : :|
          /ヽ{ : : : : : : : r㍉ニニニア. : l: : : :〃⌒ヽ
          ./. : :, -―-ミ: :rしリニ=/. : : : : : : i{     \
         ./ : : /∠ニ>ミ辷ァ‐ァ´ : : : : ∧: ::八     \
      . : : : : : :λ廴∠∠__//. : : : : : /} Ⅵ : :\     丶
    ./. : : : :_:_:厶ゝ‐ァ==ァ‐ァ'. : : : : : : :/ノ ノ 圦: : : ` ー――‐‐-ミ
    厶-=ニニニニニニアニニア´. : : : : : : : :/≦ | | ` ー―---ヽ、: : : :
  〃  -=ニニニニニ7⌒)7. : : : : : : : : : /ニニニ{ { ⌒ヽ     \: : :
   -ニニニニニニニ'ニニニ' :/ : : : : : : : :/ニニニニ\ X´/: :\     \
. {-ニニニニニニニニ{ニニニ{:/ : : : : : : : :/ニニニア二\_): : : :.\
  マニニニニニニニニ〔マニニ/ : : : : : : : :/ニニニ7ニニニニ7: : : : : : : :\
  夊ニニニニニニニ}i夊7 : : : : : : : :/ニニニ7ニニニニ7: : : : : : : : : : :\
    i: .ー=ニ=‐ニ777{i : : : : : : : :'ニニ=イニニニニア : : : : } : : : : :/
    |: :i:(こ=‐ニ| | |八 : : : : :{: :iニニニニニニア´ : : : : :/: : : : :/
    |: :i :|ニニニニ| | |ニニヽ: : : :}i |ニニニニニア´: :/ : : : ,イ : : : 〃
    |: :i :|ニニニニ| | |ニニニ} : : 八{ニニニニア : : / : : : / | : : : :{{

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ルカ】
 ……そうですね。ここで無用な諍いを起こして、作戦を行う事ができなくなりでもしたら状況は絶望的です。

2568 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 22:38:58 ID:MIDGjA3s0

            - 、 ...._
    - 、――- 、_  `丶: :`: : . 、|\
     \: : : : : : : :  ̄ ̄ `: : : : : \:.:/!、
   ー=ニ二´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/!\
  ..: ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ ヽ\\  ト、
/.: : : : : : : : : : : : : : : : :∧: : : : : : : :/   \\ヽノ: |
: : : : : : : : : : : : : ト 、: : | ヽ : : : : : |     ヽヽ: : :| ∧
: : : : : : : : : : : : : :V//\:l   `  ー-=、     ', ': :j/ |フ
: : : : : : : : : : : : : : :V///ハ        ヽ    l |'´   |
: : : : : : : : : : : : : : : :V//八_                |   /
: : : : : : : : : : : : :_;  ┘//////丁jミメ、       |  〃
: : : : r __¨´  ////////////{i:;;;;リ  \    |/〈
: /: : : 丶    ̄¨¨   ―--   `ニ¬=‐- >、  〃ノ/ \
/: : : : : : : 丶  //////////////////厂  \.ノ丁////
: : : : : : : : : : : :丶 //////////////        \/
: : : : : : : : : : : : : : :\//////////     /く   ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : ://////////    /ヽ::\ヽ.  |
: : : : : : : : : : : : : : ://////////    /V   V| |   |
: : : : : : : : : : : : : :.:|/////////!    ∧ハ  ハ | l   /
: : : : : : : : : : : : : :.:|/////////!    /  ` ̄´/ | | ∧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【エンテイ】
 作戦……。
 新即出やる夫の精神を経由して超神ゼストの内部に入り込み、力の核となっているユーゼスを叩く、か。

 言葉にする事は容易いが、それが本当に可能なのか?





             ___
            /     \
            /(● )  (● )\
           /  (トェェェェェェェェイ) \
         |    \ェェェェェ/    |
.          \               /
     と⌒ヽ  `>        〈´
      ヽ  V´          ヽ
        ヽ   /              、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 精神世界に入り込む事については問題ねえ。以前にも似たような事をした経験がある。

2569 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 22:46:03 ID:MIDGjA3s0

                           }:\_ト、 /‘,
                          _V: : : }^V: : ‘,
                     <: :∧\_j  ∨_/}∧
                      <:∧ Vー 、 Yr― /: : }
           ∧` 、 ∧\f ̄ /: : : 〉 弋ット、,,}ィ芍 ≧=-
           ∧   \‘,\ '´}<    / ノL__ ̄ }   / ./}
         r-、 く”''*x,, `ヽ  \「: : :`  {  {   }  .| ,.イ/ /
      r―‐-*x” \  ”''*x   }: : :}:∧ 、 ト、__/} / / / ./ /}
       r”''*x,,  ”'' .\    ”''*}ハ/: ∧ }Vー‐‐.| /}/: :{ 厶イ  }_/⌒Y⌒\
   /⌒U     ≧       __./: : : :.V:/   .}: : : : :{     /         、
  ./     <     ,,x* : : : : : /: : : : : : /     }: : : : :V ̄ ̄           Y
  (         > /: : : : : :<: : : : : : : : /     , : : : : : ‘,       /}     }__
   ー┐         j: : : : : : :≦ : : : : : : : : {     /: : : : : : : ‘,       /  ー‐ 、  }
     {       /{: : : : : : : : /7: : : : : : : 人/} ./: : : : : : : ト 、}   ( ̄       )  }
    乂    r.{//廴: : :>イ: :乂: :__: : : :{    }/: :}:ノ :/V: :∧   }       / /
       ̄ ./: :`<Zツ´ ,x777≧、: : : V}: | ∧ }/ }/}: : : : : :__}___/        }  }
        {__: : : : :{ー.{>‐‐<//}「⌒.Ⅵ′\/\∧r≦////∧         \_ノ
        `ー-`゙t‐ァ/: : : : : : :∨     /―― ^ーV>''´ ̄`‘,
           ,,x* : : : : : : : : :ハ _{`Y´        \: : : : : : : :ー-ァ
         ≦== ァ― 、,人: : :{                  }: : : : : : : : :_(
         「  「   「  V八              {: :/\/ ̄/
           ̄ ー‐‐ ー‐┘^^              `く/⌒`ー′

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【エンテイ】
 いや、そちらではない。
 我が気にしているのは、新即出やる夫を経由して超神ゼストの中に移動すると言う事に関してだ。

 今の超神ゼストは、木原マサキが異空間に封じ込めている状態ではなかったのか?
 あれは外部からは一切の干渉ができない、空間的な隔たりが出来ているものと思われる。

 新即出やる夫を経由したところで、超神ゼストの内部に入り込めるとは思えんのだが……。





.     //X/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : V∧
.     / /X/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V∧
....   //¨¨7: : : : l: : : : : l: : : : : : : : : リ: : : : : :Vヽ
    / ll^ヽ.l: : : : :lヽト、: : {: : : : : /: : /}: : : : : : :l〃ヽ
  / : ll  l: : : : :l   \{ヽ: : :/l イ l:/l : : : : l  ll
./ : /:ll  l: : : : :l斗=z   V/   z==レ: : : : l  ll
: : /: : :ヽ__リ: : : : :ゝ じハ)      (じハ爪 : : /:ヽ__リ
/: : : : :/: : l: ヽ: : :\`¨´      `¨/ : :/ // : : : l
: : : : : :/: : : l: : : T⌒「      ,    ムイ:.:// : : : : l
: : : : :/: : : 八: : :.ト、 : :\       爪 : :// : : : : : l
: : : :/: : : : : :丶: :ヽ:\.: :ト.  ´`  .イム:イ./:. :. :. : : :l
: : :/.: : : : : : :.}:\: :\{ヽl ` - ´ .l: :/ : /: : : : : : : :l
: :/ : : : : : : ノ: : : :\{: ノ二二 Yニニムイ: : /: : : : :ノ
:/ : : : : : :, ´ ̄ }.`Y二ニ二γヽ二ニニ} イ-<爪
: : : : : : /      ,z==ミ、ニ弋_ノニz==ミ 、 `ヽ
: : : : : :,     { {/ リ 二〉ヽ斗孑七〈ニニニ} }    V
: : : : /:l      ヽニニニ孑爪l l.l l l lヽニニニニイ      V
: : : /: :l      } }ニニニl l U.∪∪ l lニニニ、      ,

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ルカ】
 ……鋭いですね。確かに、その通りです。
 今の超神ゼストは、我が主が次元連結システムの力によって異空間に封じている状態です。
 それにより東京への被害は抑えられていますが、その代わりに空間内部に侵入する事は出来ません。

2570 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 22:49:44 ID:MIDGjA3s0

                   ,               、 乂 __ __.,
                     /       |       、 \-―― -ノ
                .′     |          \ \  /´
                |        |        ト. ヽ  乂_
                  . ' 、       |   /|    'ヽ.  }ー― ´
                /    \     !  / !  .ムニヽ ト.{
.               〈     . \  Y -=彡! ,yjy/! 乂 ヽ
               \   .: .:\ \ { 迯沙.| /-=彡' !/ /
                 `ヌ.: : : : :\ ` "¨´ /    ..ィ ノ'´
               _{ :`辷.二ニ\ {≧=-´ 个 =ミ.
              / スノ/   \ヾ ∧ /{i!   ヽ
                  /  /       \.'∨∨ ヽ   '
.            / /    |     -=ニ} 八   |  /
         / /       ゞ    /¨¨ヽ  ヾ;,  ノ  { . ―… ,
          ' /       _才ー=\   \ }!:. { /        ヽ
       ,'          .::イ: : : : : /: :. -= 、i{. : :'            ス
         } /     /.:.: : : : :.:/乂≧:\  ヽ. :{         '\\
        |      /: : : : : :. /     }: : :.   ヽ::: . =t彡〈    ∧ \
        )'   /: : : : : : : :/      |: : : :.   乂: : : }   \:o:入 |  \
             /: : : : : : :/         !: : : : ゝ= '  `ー !     }='  }!     }

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 ! だったら……。





     // / :.    |、  ヽ   ヽ ヽ|.\ ヽ
    / / / i   :..   l i',   l':,   l  iヽ.lヽ ':,
   / /.::/ ::::li   ::..  .:| | ', | i_  .|  l , - .!. i
  / ,' :::ヽ.:::|ヽ  ::: ::::!. -r'''l"´!  l/  | r .、' , |
.  i  l :::::| ,' !-\:..::::..::| _',z==-.l、 ./ / .l l.  | l. l
  ! | :::::l  _,,,_ ヽ:::::/  !:::!!::;| / ./ /! |  l .|. |
  ヽ:l\::::ヽ< !::!!:i  \  `"" ´/./ / |. l  l .l l
    ! :::::iヽ ':, "´ 、       ´ /// .l .Lノ / |
    |ヽ::::!:::::::l    __     /;:':::/ i ー:::'i  l
   /! ::i\::::::ヽ    ゙ー`'   '/ :/ ./ .|:::l :|.  |
  / l ::|::::::ヽ::::/`::...、     ,. /./ :/ .:l:::::|::l  ',
 / /.ヽ !::::/:: /:::::::/r=====-/、:/ ::/:::::l::: |  ヽ
/ / :::;: ---'-,L::::_:::|i'´`i;;;;;;;;;;;;;;/_:/;;;;;;:! -- 、  ヽ
 /:! ::/ , -<;;:: =ヽ ノ;;;;;;;;;;;;;:´/       ヽ  \
:/::::!:/ /i'´;;;>' -==――;;;、ヽ;;/           |   ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ルカ】
 ……ええ。ですから、これはタイミングが命となります。
 あらかじめ決めていた時間に、我が主は一瞬だけ空間の封鎖を解除する手筈となっています。

 その瞬間、超神ゼストの精神内部に移動するのです。機会は一回、後はありません。

2571 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 22:54:43 ID:MIDGjA3s0

       ___
     /      \
    /(● ) (● ) \
  / (トェェェェェェェェイ)   \
  |  l^l^lnェェェェ/     |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 ……なるほど。そういう事か。





         , -,= Z>二<ニ'.z-,.、
       ,z.-'''  ̄   ヽ   `ヾ\
      /    /     ';     ::::':,
     / ,  / / .i .l   ::;  l :| :i ::i::..:::i
    / ./  i i .::|. | ;:. ::|,.....L:L_:l ::|::::l::|
   ,'. ,'|  :| l,レ- 、l::::::l | .l ';:|ヾ' :::|::::|::l
   i .l l  :::Z゙:l:::| ':,':, ';:::! _Lzl==s、;'::::l::|
    |. | ', ::::ヽ l:;:! ヽヽ' Z'゙i;-イ|i;;/.l::/=l
   ヽ! \ ::::',ゞ、__,,.    !:::":;:' /:':/l||
      | !ヽ':; ゙'ー '゙      ̄ / '::/=┤
      l. ヽ ::::i 、   _   ,. イノ/::  l
        ,' i `>-ヽ`゙r -  ',l l.イi::/ヽ: |
       / | i   i ,.Z `rj ´ノ:! l l::i   | l
     /  ,' _l:|__,.イ.ニヽ=Zz'!  l:|':,03l__|
     /  / |r‐-!:::l '-_Zィi.j:::::',  'l::::l'' ┐l
   /  /  --r|:::::`´::::; !,!`.,"l  |ノニ.┘',
  /  /  /::_L丶--::':::l|l:::::::::| l:::! ´l::',  :ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ルカ】
 ……穴の多い作戦である事は確かです。危険もあります。

 ですが、この作戦が成功すれば――勝てます。確実に。

2572 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 22:57:33 ID:MIDGjA3s0

       ____
     /     \
   /         \
  /     (ー) (ー)\
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /
  /           |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 ……ちなみに、その空間封鎖が解かれるタイミングってのは?





          .. -――-、 、 、
       ., ´' ´ ̄ ` ヽ、<.\ \
     /     ,   ヽ   \lヽ ヽ
    ,.'     /  i  ',   ',',/.i.  ',
   ./ .i   / .,'   .| i l   .l.lV|   l
.   ,' .| | / | l    l | |   |.L'i.   |
   i  |l l ,' l |i | ,.l -r‐l i  l.| !'´| .l
   |  l.|.| l―- ! l l ./.z=l==、! /./ |ll |
   l | l.l l ,l==l、 ! |// | イ::l::::〉,,' ,' l l!| l
.   ! lヽヽ'゙ .!イ:!:ノ ヽl゙  ' -- ' | !.!、| !l. |
   ', | \' .!` ´ 、      / 丶-'  l
    ヽ | ` !、    __    , '/ /  |  | l
     ' ! |  l > 、    ,. イ=,' /  /l  l .|
      | l  |iヽ'<.>` .'r- ',. / '/ / .|  | .l
      ! |、 'l \!`'i 〉< / / /  ヽ ', |
      ヽ' ヽ.!  ` | l!、ノi  ,' ,' ,......〈  i .l
        ゙'  ` ,..-‐.rj=| .i  i'´   `ヽ | .|
          / /´//./ l |  |      l l .l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ルカ】
 およそ、三十分後です。

2573 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 23:00:22 ID:MIDGjA3s0

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /             \
  /               \
  l        ( ー );;:::    ヽ
 l ;::(● )    "''"´       l
 |  ´"',                |
 l    ヽ      , イ       i
  \   -=ニ三三ニノ      丿
   \             /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 三十分か。なるほど、目前に差し迫ってるって訳じゃあねえが、それほど余裕があるわけでもないらしい。
 それじゃあさっさと、まずは準備を始めた方が良さそうだな。

 ――モモメノ!





                   ∧__
                ____/  V斗-┐
        _,,.. -‐: : : : : : : : :∧___,  |-┐_,
     「: : : : : : : : : : : : : : : \ ̄ ̄||   ̄/
     ,|: : : : : : : : : : : : : : : : : :` ..,,_ヾ_/
      /:|: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.     /: :|: : : : : : /: : : : : : : /7: : : : : : : : :.、
    /: : :l: : : : : /|: : : ー-≠- /: : : : :/ : : | \
   ' : : 八: : : :/: レ<     / : : :/| : : : : ! : : \
  {: : : : : :\/.: :.|{ {Ji }ト / : :/丶|: : ,: : ; : : : : :.\
   : : : : : : : : : : :|ゞ=='_ノ厶イ 芯 : :/: :/^^^^~ ̄´
  丶: : : : : ¦: : |       〈ツノ/:/|: /
.    Y⌒ヽ人:.:个: .   , ,   ノイ |/
    |   「`ーX{` ー-≧‐-‐≦__ノ
    L,_」/\\:.〃。ⅥI\__〕
    「 ̄/ .:.:.:.:.:.\/ハ・ⅵ:.:.:.ヽ}
    |: :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ:.,以''‘¨~ ̄``ヽ
    |: :\::::::::::::::::::/
    |: : :| 〉:::::::::::〃    . : : : : : : : .人
    |: : :| ヽ-=::::{ト .,_ . : : : : : : _,. イく ヽ
    |: : :| {:::::::::::ゞ.,____<⌒`'<}}::::}  }

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 うん!

2574 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 23:04:47 ID:MIDGjA3s0

                  ____
   _,rーく´\  , --、   /      \
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /         \
 { -! l _」_ノ‐′/   /  (●) (●)   \
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |  (トェェェェェェェェイ)    |
  ゝ、  ノ_ イ    \ \ェェェェェ/    /
    ヽ     |     /             ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 ホープの力を使うには、俺とお前が必要だ。俺たち二人で、まずは新即出やる夫の精神に入り込む。
 何が起こるかわからない以上、時間には余裕を持つべきだ。今すぐ行くぞ、心の準備はできてるな?





                 {\/\/}
                 _,. X/\X/.,_
           , : ´ : ト、/\/{: : ` : 、
           /: : : : : `¨¨¨¨¨´ : : : : : \
        , : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          /: /:/: : :∧: { : : : : 、 : : ヾヽ: : : : : \
        /.: :i/l: : : i-=弌: : : : |\i、: | : :\ : : : : :\
     ー‐――┤: : 什示泝: : :拆示寸 : : :ハvw‐―一
           /| : | 圦 Vツ ヽ{ Vツノ|i : /:八
          〃:| : |∧ '''        ''' リ:/ : : : :.
        八∧ :| : ゝ  マ フ  イ /: : : :ノリ
         /\V:_彡/:≧=≦:::Ⅵ/: :__彡イ
      /\/ /⌒7::::/}o{ヽ::::: 〉::7⌒ヽ」
      : :/  / :::::::/ヾ//|::|V∧/:::/:::::::::::::..
     /: :/    〈::::::::::':::::::〈」|::|L〉::::::::{:::::::::::::::::〉
    { : {     ヽ::::{ニニニ{{:o:{{ニニニヘ:::::::::/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 もちろんだよ、キル夫。

2575 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 23:08:58 ID:MIDGjA3s0

         / ̄ ̄ ̄\
       /         \
      /   (●)  (●) \
      |   (トェェェェェェェェイ)  |
      \  \ェェェェェ/ /
.   グッ /⌒/^ヽ、    ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ      ,  \
     l /  /       ト   >
       ヾ_,/          |/ /
       |          |/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 ――と、言う訳だ。
 融合の力で他者の精神世界に潜り込めるのは俺と、俺と融合できるモモメノの二人。
 みんなはここで待機して、俺たちが入り込む新即出やる夫の身体を守っていてくれ。





                       / ̄ ̄\
                      / _ノ  ヽ、_ \
        __              | ( ●)(● ) |
       /`:、   ̄`i          |  (__人__)  │
     ,/ヽ.   ,マ |         |   `⌒ ´   |
     /    r一^ー‐'        |           |、
.   . '      |               .ヽ       / 〉ー 、
.   ,′    j , -‐ 、        ノ ヽ      //   \
  /    ,z<    ヽ,,ィ¬ー―'´  ` ー--一'' ´      \
  j    /  ー-、   ノ   / ` ー-、 l ノ -一 ´ ̄ `ヽ \
 { ヽ  '´      `'    `ソ      /¨´   ,ィ´      ' , ヽ.
  `ー― 、           {      /     {            i   ヘ
      `''<     ミヽ 人     /     ヘ          人  ∧
          ̄ ̄ ̄´`ヽ'  ヽ   ,イ     ,,ノlヽ     フ´  `i´ ',
                ヽ    ̄ `ー一 '   勿`ー一イ     i  ',
                 \ソ j   ` ー'´ ̄ ヘ    {.._   i  .i
                    ヽ ト、 ヽ     _,,...z-一'"  `ヽ  l  .|
                    Yヘ  >;-一'"´       >一' ソ   |
                      l } ∧二、  ヽ       ` ̄ ̄   」
                    | キ ヘ三ヘ __}ァー……┬-、  __ノ
                       |人  `¨''´         |   ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やらない夫】
 そうか、もう行くのか。

 わかった。お前たちの安全は、俺たちが無事守り切って見せるだろ。

2576 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 23:17:14 ID:MIDGjA3s0

     ,  -―ー- 、
   /        ヽ
  '       ⌒    ーヽ
  l     (●)  (●) 、
  {     トェェェェェェィ   }
  、.     ヽェェェェェノ ノ
   >        <、
  / ー―- .、    r、 ヽ
  `ー―- 、_ノ   l/  /
  ,'          l ,/
  l          |´
  弋          ノ
  | /ー ―一、 |
  し       、_,!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 おう、任せるぜ、親友!

 ……と言う訳だ。急で悪いが、俺たちはもう行ってくる。こっちの事は頼んだぜ、みんな!





               ,ヘ
             /'ノ
           / ,}{
           /ゝ,',.⊃
          / , '/´
       /' ,. ' /
      / :′,.. /
    i´ 、},....,/
    { 'ヽ-' (     ,-‐ノ 、_
   .ハ. ,. ゙ヽ. /  (●) ヽ         i.| // ,、
    |   ` ',   } |    (_人)        / ' 〈ノノ,、
   .!    ヽ,ヘ.〉 ヽ      }     r‐- '′ヽ '/
    ',  ,.、 }  \' ヽr ‐/       ̄ヽ、 ,. 、 ノ
    ∨´,.)イ     ヽ ノ }           }  {
    /´   |       ゙v,.ノ--- 、     |   |
     |   /!       }       >‐‐、.ノ',   ハ
     ∨  i、_` ヽ     リ 、    ノ-、   }、 .   }
     }  ノー-'、_,`ー-‐'、    ,イ、   ー-'八 ヽ ,!
    .| ,' ヾヽ 、 `ヽ..ィ `¨''、'ノ 人   ヽ__,,.゙-‐'
    {,ハ   ヘ.   /`゙r<ノ),/   ̄ ̄
     /    ヽ `¨ メ-、_,.ィ /′
   ,ノ゙ヽー''' } ー、6  r"/
  /   ',  {  ノ ` ィ' ,/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やらない夫】
 おう! 任せるだろ!



                                                       【合流】 を終了します

2577 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/02(金) 23:17:59 ID:MIDGjA3s0
今回は以上で終了です。お付き合い、どうもありがとうございました。

2578 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/03(土) 23:49:55 ID:29S1tdpg0
こんばんは、作者です。次回は一週間くらい空きそうなので、報告しておきます。

2579 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 20:25:16 ID:BY2z3s.Q0
やります。

2580 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 20:26:47 ID:BY2z3s.Q0



【精神の世界】



                          ____
                        _/      \
                   /./          \
                  /./             \
                _,イ __|   ( ●)  (●)   |
                   {__  イ´ \ (トェェェェェェェイ)  /ヽ
                    ゙´    ` t──‐ ,イ´ ⌒ /  .i
                    / iー -  {    ./   {
                       /   .、.   .}   ィ'    ヽ
                    __ノ     ,ヘ.  i   .i    ∧
                   /    >'´   ̄}   .{、    ∧
                   /    ./´      .i   } ヽ     .i
               /  .,/         i   i   {ヽ..__/
               /   ∠              i   i   ヽ._}
           {_____ノ         __,ノ   i
                            '‐‐{_エ_}_)つ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 よし――ダイブ成功っと。
 どうやら無事、新即出やる夫の精神世界に入り込む事が出来たようだな。
 おい、モモメノ、はぐれたりはしてねえだろうな?

2581 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 20:29:19 ID:BY2z3s.Q0

                 ,、
           ト、,メ込.,.イ
          ,.. 挂圭圭卦、- 、
         /i:i:::/.:::::i:;::::::::::::;:.\i:\
.        ∧i:::/.::/|i:i::::::::∧:::::.ヽi:i:\
      /.:i:Ⅳ/二|:i::::/二Vi:::厂 ̄
.     〈:::i:i:|::代.フ |/ 弋.フ{iⅣ
.      `亡レ゙、  ̄     ̄ノiり
      /:i/   `フT7゚マ爪├く
.     /.:/   ,ノ'/i非iマ'く \i:\
     '.:/   (/:レ'^ヽ}ヽ_,}、\:.ヽ
    .:/  /.:i:. .:i:. .:i:. .:iー' \ ヽ:.
    {/  ふぅc.(゚Д゚) cr crぅふ }ノ
         `^'于个=个于 '^´
.          マ77 マ77
             V/  V/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 うん、大丈夫。ここにいるよ。





    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /             \
  /               \
  l        ( ー );;:::    ヽ
 l ;::(● )    "''"´       l
 |  ´"',                |
 l    ヽ      , イ       i
  \   -=ニ三三ニノ      丿
   \             /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 よしよし、オッケーだ。作戦開始の時間まで、さほど余裕がある訳じゃあない。
 ここでトラブル起こしたりとかは、あまり考えたくないからな。

2582 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 20:30:44 ID:BY2z3s.Q0

             ___
             / _ `ヽ
            / /  `      r―┐
         ′  トv^vイ__    コ |
          / ゞ== ': : `ヽ └‐┘
          γ⌒ : : : : : : : : \',   , へ
        /: : : : : : : : : : : : : : :ヽ   ゝク }
.       /: : : ノ: /{: : : :ト、 : : : : : :.   ヽノ
      厶=イ:-ァ匕、: :,二弐: : : :| } }  (0)
        ル: {b_」::∨:b_」リ 〉ーr┘ノ
        .{:レ'_≧=t-r=≦k' : : }
        E} /´ ̄`く:::::::厂E}
        /// {   i iリ:「、  }:}
          {:{(__」>--| L::}ニ\|:|
          レ./ニ7>└i┘|ニニニヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 そうだね、それには同意かな。

 ……でもね、キル夫。トラブルを起こしたくないっていうんなら、一個だけ聞かせてほしいんだけどさ。





     ____
   /     \
  /         \
/     (●) (●)\
|    (トェェェェェェェェイ) |
.〉     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 ん、なんだ?

2583 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 20:33:39 ID:BY2z3s.Q0

             }ト /\ ,.イ{
          込=‐- ^ -‐=jノ‐-ミ
        . : ´/: : :`¨¨¨¨¨¨{ : : : : : : ヾ、
   _. : ´: : /: : : :ハ: : : : : ト、:ヘ: : : : : : : ハ
   `¨¨¨ア: : : : ;\、: : :、_!___メ、 : : : : /: : :.
     ∠ イ!: :/___.、: :_:j____ ', : : :/ : : : :.
.        八: } 弋フ::::\代__フ }廴ノ: : : : : }
       (: : :圦   _____     |: /: : : : : :ノ
    Y⌒¨¨¨´ ̄      `ヽィj/`ヾ T¨´
      ゝ‐ァ‐ ス´   / }    }::::::::::::',」
      /:/ }:ゝ___,'  |__ノ::ヽ::::::::j:!
      .:/   j/ 広{   |::::ハ'::::/Τ: :|
    /厶 -=ニし'二L.___」ァ{ ∨\ |: : |
  ∠ニア´ /〈{:{____..∠:::廴ノ::::::::ヽ: :|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 キル夫……その手に持ってる、ナイフ。一体、何に使うつもりなのかな……?





      ____
     /       \
   / (● )  (● )、
 /   (トェェェェェェェェイ).`ー 、
 |     \ェェェェェ /  y气    |
 \         /   /\`ヽ, - + -
 /    ̄ ̄ ̄ ̄´    入  ヽイ   |
 |   _____/  \
 \            ヽ \
   \            ヽ \
    \               j(ミノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 はっはっは、何を聞いてくるかと思えばそんな事か。

 うおっほん、いいかね、モモメノ君?
 ここは新即出やる夫の精神世界だ。たとえば俺たちが立っている地面も、物質的な存在じゃあない。
 この精神世界の主である、新即出やる夫の精神が形を変えたものだ。

2584 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 20:37:17 ID:BY2z3s.Q0

                   ∧__
                ____/  V斗-┐
        _,,.. -‐: : : : : : : : :∧___,  |-┐_,
     「: : : : : : : : : : : : : : : \ ̄ ̄||   ̄/
     ,|: : : : : : : : : : : : : : : : : :` ..,,_ヾ_/
      /:|: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.     /: :|: : : : : : /: : : : : : : /7: : : : : : : : :.、
    /: : :l: : : : : /|: : : ー-≠- /: : : : :/ : : | \
   ' : : 八: : : :/: レ<     / : : :/| : : : : ! : : \
  {: : : : : :\/.: :.|{ {Ji }ト / : :/丶|: : ,: : ; : : : : :.\
   : : : : : : : : : : :|ゞ=='_ノ厶イ 芯 : :/: :/^^^^~ ̄´
  丶: : : : : ¦: : |       〈ツノ/:/|: /
.    Y⌒ヽ人:.:个: .   , ,   ノイ |/
    |   「`ーX{` ー-≧‐-‐≦__ノ
    L,_」/\\:.〃。ⅥI\__〕
    「 ̄/ .:.:.:.:.:.\/ハ・ⅵ:.:.:.ヽ}
    |: :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ:.,以''‘¨~ ̄``ヽ
    |: :\::::::::::::::::::/
    |: : :| 〉:::::::::::〃    . : : : : : : : .人
    |: : :| ヽ-=::::{ト .,_ . : : : : : : _,. イく ヽ
    |: : :| {:::::::::::ゞ.,____<⌒`'<}}::::}  }

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 うん、それはわかってるよ。





           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | :::::(トェェェェェェェェェイ)::    |  `Y´
 | ___)  ::| .!   \      /   /
 | ___)  ::|+ヽ    \ェェェ/    /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 そこに、だ。
 たとえばそうだな――“ぼくは谷津崎キル夫様に五万円の借金があります”と文字を刻んだらどうなるかね?

2585 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 20:42:45 ID:BY2z3s.Q0

           ト、/ヽイ
          ゝ‐…┴‐「 ̄`ヽ
        ,:⌒ く: : : : : : : : : ', : : : : :.
     /: : : : :}: : : : : : : : : :\ : : : :、
.    /: : : : :,ノ: i : i ; : :ト、_:_:_', 丶、__≫
    厶 ィ: : : :{匕〔、: : |,:_:_:_:jヘ: : : }i
      八: : : :|代ツ\代ツ }!ハ : :ハ
       \: 圦      ノ|: :∨:ノ
        L、ヽ{≧r冠=≦,イ 涖{__     ___
          jZ:ヽ{::::〉::介く:〈:::j/::://r=亥´⌒ヾヽ
     /¨寸=ャ===#=#==#=#≠=≠と   }   }} ',
     {廴 うく⌒::、:{::::ii::::::ii:::::ト、〃:::ハ仁ス   |i| |i
     {ヾ=亥ハ::/`}=ii:::::::ii==:、 `ヽ廴}}_:::ノ  ノリ |i|
     γ´ ̄`ヽ|  /:::}}:::::::{{::::::::\ |: :{乂____彡' .ノリ
     「}  「 } }|x∧〃:::::ハ:::\::::/」ヽ:|ゞ===≠彡
     Lトァ-し ク /ム:::::/」ム:::::У」  \\、__
       >x >/ニ|ム/」  ム/」ニ\  \  ̄`
       >∠   /ニj      マニニニ\  \
.     〔__(只__)/ニニj!  (ヽ /ノ  マ.ニニニ\  ヾ
     /  L」/ニニニ|  (,,・x・,,)  マニニニニ\  }}

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 それ、洗脳じゃん……。

 キル夫……まさかとは思うけど、そんな他人様の人生を悪戯半分の気持ちで弄ぶような真似……。
 ほんとに、するの……?

 ……そのつもりなら、本気で止めるよ……。あと、みんなにも言い付ける……。





                       ___
                       ,. -'"´      `ー 、
                    /                ヽ、
                    ,.'                     ヽ、
                / , - ‐、      , - -、       .ヽ、
                  / { {  i i        i i  i }        ヽ
              /   ` ー '         ` ー '         i
                 /                  U      l
               i.    fェェェェェェェェェy         /
               i.    iェェェェェェェェェ i        /
                 ヽ、                    /
                   ヽ、_                  /
                      `i                  ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 ジョ……ジョークだ! 冗談だってば! もちろん今のは本気じゃないから!
 ンなガチで外道な真似はしねえっての! 卑怯だなんだとは言われるが、そこまで悪党じゃねーから、俺!

 もしかしたらユーゼスの野郎が何か妙な細工でもしてたらと思って、一応武装してただけだって!
 いや、マジで!

2586 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 20:46:32 ID:BY2z3s.Q0

        -‐-ミ       . -‐}`^7
     /     ヽ   ,. .: ; ´: : : : :ゝ-':`ヽ
    /′      }≪: 〃: _∠ィi : 、/{: : : `ヽ
   { iy 、      ハ:v^|: :/トミ从: /\、: { : : :.
   | ,′ト,`__-ノ/::{: :|/} らソ ∨トミ、.〉廴:_:_:、
   L_|  k==ミ∠ニ}、ゝ;込      らソ/: :/:^}^~`
.    |  レ::し<<´ 八::::::::{i>^ .. __,.厶イ:_ノ
      L__|//ク }う/: : 厂/::::介::彳:::ヽ{L]
      〃 し' し' /: : /_ノ::::/。゚__:/::xく \\
    ″      /:∠ク廴::冗:::::::〉>く::\ ヽ.',
    {{     ∠/ /ニ7 `个く`マ〉:::::)  !:i
         込《 /ニニ′   !ニ', マ〉.う |:|
      ヾ、__  |込《ニニニ{(ヽ/)|ニニハ 》,)  |:|
       `¨¨¨¨|:圦亢亢,|.(・x・)|ニニ少ン===非=ミ
         |:|  ゝ夲卆―卆夲 '´    |:|  }}
         レ   マヽ〃:}マヽ〃:}       レ  ノ′
              V/{{/| V}レ/|
              V{レ{  }}i/リ
                 辷ソ 辷ン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 うん、冗談だよね。まさか本当に、この状況でそんなふざけた真似とかするわけないよね?

 え? 冗談じゃなかったらどうするかって? 処刑かな……。





         ____
       ,. -'"´      `¨ー 、
      /             \
    /                ',
   ./    U                ',
   l  ___ノ   、          .l
    l  ( 乂ソ  ノ    ヾ==ツ     l
   .',               lilil u   /
     \  トェェェェェェェイ   /`ヽ
   /  `  ゝェェェェェェノ  ‐'    ',.
  ./                     l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 お、おう、もちろん冗談だぜ。はは、ははははは……。

(……今度からは時と場合を弁えて冗談を言おう)

2587 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 20:51:02 ID:BY2z3s.Q0

         /\^ノ|_,,... ...,,_
       マ '’,.^ 、_/|: : : : : : : `ヽ
        人` __ ノ:{: : : : : : : : : ',
    . : ´/:`¨¨¨´: : } : : : : : ノ : : ′
 r :´: : , ': :{ : : : : :ト、:,′: : /: : : : : ',
  \:_/: : : ', : : : : L厶孑く : : : : : : : }
    7イ; : : iメ、: : |.:.:,.斗、:ぃ: : :}: : : ;
     八: :、{:ハ:.\{´L..d:.:刈 : ,′ : {
      \: 从   〃.:.:.: }i :/ : :_:_ノ
.      . -‐ク` ー`/⌒)厶イ⌒マ:ヘ
    / /   , ' //::::::::::::::V:ヘ
   /  〃  / :/ (:::::::::::::::::::::}: : \
    {__ノ{ O .′  b   〉:::::::::::::イ: : : : : ',
     /`r‐ァL__ノ_.:.ノ′:::::::/::::ハ: : : : : i
     `ア´/T:ア /= 7::::::::::/::::.′',: : : : :!
    ,(_,ノ |::{__ノ::::::::`ヽ::/::::::;   , : : :|
     廴`Tア> .,:::::::::::::::/::::::::{_   ,: : : :|
      /  x<::ニ=-イ:::::::::::::::`ヽ }: : :|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 ふぅ、まったく……。





       ____
     /     \
   /         \
  /. u   (ー)ili(ー)\
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 そ、それはそうと、どうやら罠や伏兵の類はなかったようだな。
 俺の取り越し苦労だったか。

2588 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 20:55:03 ID:BY2z3s.Q0

          ./\_/|
       ー‐'     |__
      \― '^ ̄ノ: : :` : .
     /: :` ー=ニ´: { : : : : :ヽ
    . ' : : : : : : : : : : : ',: : : : : :ハ
   /: :ィ: : :、 : : : : : :ト、:ヘ : : : /: : ',
  ./イ: |: : : |\: : : 、L.メ:ヽ_ノ: : : : :.
   |: :|: : :├‐-、: : 代_ フ刈: : }: : : : .
   |: ハ : : 代フ::\{::::ー ' |: 厶: : : : 〉
   |厶ヘ: : |`¨´   `     j/:::::::`マス
   ´   ヽ{>ァ ´ ̄` く:/:::::::::::::::::マス
      /::::::/      }:::::::::::::::::::::}: :ヽ
       〈::/ク/ /  厂 } リ:::::::::::::::::::::} : : :.
. ___     〈/:,' λ__/  |く:::::::::::::::::::::::} : : |
〃⌒ヽ  〈:::{ {::::::{  |:::‐-:::::_.. -‐´|: : : |
{:{      }`| |::::::|  |::::::::; ┘:::::,' |: : : |
ヾ:.、    、::L_」>L___」::/:::::::::::::{ ノ: : : |
  \:.、        ヘ:`¨´:::::::::::::::::::>' : : : ノ
   \ : .       ノ::ハ:::::::_.. . : ´: : : :/
      ` ‐-  二¨¨:_: ̄:_:_:_:____.. ´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 ……いや、まだ取り越し苦労とは限らないよ。ひょっとしたら、気配を隠して潜んでいるのかも。
 気を抜いてたら背中からグサッと、なんて事も……。





             ___
            /     \
            /(● )  (● )\
           /  (トェェェェェェェェイ) \
         |    \ェェェェェ/    |
.          \               /
     と⌒ヽ  `>        〈´
      ヽ  V´          ヽ
        ヽ   /              、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 ふむ……まあ、ありえなくはねえな。警戒はしておくに越した事はねえか。
 どれ、ちょいと気配探ってみるとしますかね、っと……。

2589 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 20:57:44 ID:BY2z3s.Q0

               、
            |\/  \,.イ /
              才       /
           . イ  !― = ―/_
       /   ´ ゝ …―… ’  ` .
      /                 \
      '                    ヽ \
   /      ,      ,/    /1    、 ヽ
     /     /  ,  /}     / }     1   .
   ー | |   ! /}/ー1'   ./⌒ !    !  !   \
   .:' | |   !./ィ六卞 '   .ィ=z-x!.|  「⌒ヽ__ 乂_
.   /   |/'|  从弋fzノ/ / fzf.タ }.!  |   .
   .  |    {!.  ¨ /   ¨´ .从   ト     .
    \      ト           /  !_| |   ヽ_
     \  \ | \  -    .イィ ´  | 1    | `  、   /
      ヽ..ィく ヽ    T ´ У       !  !     |    \/  /
     ´    !\   / !   .:        | |    |     '  /
  /        !  \ {  !_/|   - ¨    |    |     /  入
            |     /}i!{ ヽ | ´          |    |        '  :.
           |   / |! | ハ         1     !          |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 ……なにか、あった?





          ____
        /      \
       /          \
     /    (●)  (●) \
     |     (トェェェェェェェェイ) |
     /    .\.nnm..ェ/./
      (  \≦フ _ノ]二二フ
     |\ “ ム∠,__|  |
     |  \(三___/
     |    | i    /
     |    r| i  /
      ヽ.   /レ'  |
      >__ノ   ゞ ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 微かにだが、気配を感じる。モモメノ、ちと下がってろ。

2590 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 21:01:00 ID:BY2z3s.Q0

            トミ  /\  ,. イ
            |__ ` ^ ´ __|
            { . : ´⌒ヽv -‐┴- .
              . : ´ : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
           . : ´ : : : : j : : : : : : :、: : : : : : : : : : :.
        /: : : : : : :/{: {.: : : : : :!\: : : i : : : : : :.
       〃: : : : : :_;厶-+弌 : : : : :|`ー-、,,」_\ : : : ',
     .″ : : : :´ / __  、: \: : :|  __寸: `:\ : : :、
    ./ И: : : i :/ ´ .斗‐ 、: : : : | ァトミ\: : : \: :丶
    /: : : |: : : 芹て:r㍉:}::::::\: : |::{::r㍉:::}勹、ー一 : :\
   ./: : : : |: : i 圦ゝ-一''^:::::::::::::ヽ{:::ゝ―- '..ノ::|\:_:_:_:_:_:..\
  厶、:_:_:_| :/レ|   . : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .   |: : `卞ヘへレvヽ
   ``ムv、jイ: : i{                  i| : :}:小
     |: : |i : 八  /⌒ヽ           ノリ : ' : }ハ
     | : 八: : トミ/   { i   ⌒    /⌒ヽ: :/: :厶:ノ
     人:_:_: \{: :,′  | L -―- 、 /   ∨: /⌒ヾ: 、
     /:ア⌒:::ヽ{   | {´     У      ∨::::::::::::', :\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 う、うん。





  iヽ
  i)::ヽ
  i)::ヽ
   r⌒ヽ、    / ̄ ̄ ̄ ̄\
   \  \ /         \
    ヽ   /   ( ● )三( ●)ヽ
     ヽ |   (トェェェェェェェェェェェイ)
      ヽ,\   \ェェェェェェ/ /
        )           ,-'
       /          i、 \
      ヽ   ⌒ヽ   / ヽ  ヽ
      /      ) ノ   \_ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 さて、気配は…………そこかっ!

2591 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 21:06:02 ID:BY2z3s.Q0

         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;#;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.   #;;;;;# |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       ,;   \ ,rー、
        ゝ。((:::::::)  ;;;;;;;;;;;)##i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'# ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 ……………………。





          ___
       _,. '´      ̄`、
      /          \

     |  (●)   (●)   |
     、   トェェェェェェェイ    /
      ,"ヽ、 ヽェェェェェ/  '´ `、
     /               ゙ヽ、
     |   `-、、            ヽ
     \    ヽ        ハ
       ヽ    l       l
        ゝ_ノ        |
       ,i            l、
      /              ヽ
     /       ,r´ヽ      `,

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 ……って、こいつは新即出やる夫!?

2592 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 21:09:25 ID:BY2z3s.Q0

          ト、ノヽ イ
        -‐}ヽ△/{
    /: : : : ゞ====": \
    〃: : : : : : : : : : : : : : : \
.   /: /: :ト ノ: ^¨T弋:`T : : ‐-\
  /: / : イ::丶:.:斗rヒ寸 : |: : : :〉
. /: 厶イ斗匕ハ\{::Vンル : }: : :/
厶-‐zオ: 廴Vソ '⌒´  |: 厶xく
    { : :込 ___( ヽ..イj/  ` <\
    `¨}几} //⌒ヽ.    \ヽ
      |:| >: 〉::::::::::::}      ヽ :.
    と[]二ン/:::圧::T       }: i
    と[]二´/}iF::::\       |: |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 えっ、新即出やる夫!?





       ____
     /      \
   /         \
  /  (●) (●)   \
  |     r───-、     |
  \               /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 何故、ここに……い、いや、そうか。
 この世界は、新即出やる夫の精神世界だ。ならば考えてみれば、こいつが居るのは至極当然……。

 お、おい、大丈夫か? ぐったりしているが、意識はあるか?
 ……って、心の中で意識の有無を聞くってのも変な話だな。ある意味、ここは夢の中みてえなもんだし。

2593 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 21:13:56 ID:BY2z3s.Q0

       ____
     /;:#;:;:;:;:  \
   /  _ノ   ヽ_  \
  /  (―) (―);#;:;:\
. |;#;:;:;:  (__人__)   #  |
  \ //  `⌒´ ;:;:;:;: ,/
  /     ー‐    \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 だ……大丈夫…………だ、お…………。





                   ∧__
                ____/  V斗-┐
        _,,.. -‐: : : : : : : : :∧___,  |-┐_,
     「: : : : : : : : : : : : : : : \ ̄ ̄||   ̄/
     ,|: : : : : : : : : : : : : : : : : :` ..,,_ヾ_/
      /:|: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.     /: :|: : : : : : /: : : : : : : /7: : : : : : : : :.、
    /: : :l: : : : : /|: : : ー-≠- /: : : : :/ : : | \
   ' : : 八: : : :/: レ<     / : : :/| : : : : ! : : \
  {: : : : : :\/.: :.|{ {Ji }ト / : :/丶|: : ,: : ; : : : : :.\
   : : : : : : : : : : :|ゞ=='_ノ厶イ 芯 : :/: :/^^^^~ ̄´
  丶: : : : : ¦: : |       〈ツノ/:/|: /
.    Y⌒ヽ人:.:个: .   , ,   ノイ |/
    |   「`ーX{` ー-≧‐-‐≦__ノ
    L,_」/\\:.〃。ⅥI\__〕
    「 ̄/ .:.:.:.:.:.\/ハ・ⅵ:.:.:.ヽ}
    |: :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ:.,以''‘¨~ ̄``ヽ
    |: :\::::::::::::::::::/
    |: : :| 〉:::::::::::〃    . : : : : : : : .人
    |: : :| ヽ-=::::{ト .,_ . : : : : : : _,. イく ヽ
    |: : :| {:::::::::::ゞ.,____<⌒`'<}}::::}  }

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 喋った……! キル夫……この人、意識がある……!

2594 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 21:17:01 ID:BY2z3s.Q0

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     _       /     l
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \    トェェェェェェェェイ /\
  ./    `ー、 \ェェェェェェェノ      \
  /                        ハ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
(えっ、マジで!? い、いつからだ? いつから俺たちの事に気付いてた?
 まさかとは思うけど、ナイフで文字を刻もうとした事には気付かれてないよな……?)

 お、おい……あんた、本当に無事なのか……?





      _______
.     / /  #  ;,;  ヽ
  : /ノ  ;;#  ,;.;::     \  :
   /  -==、   '==-   ..:::::|
.  | ::::::  (__人__)    :::::.::::| :
 : ! #;;:..  l  |     .::::::/
   ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ   ..;;#:::/
    >;;;;::..     ..;,.;-\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 死には……しないと、思うお……。
 でも……立つのは……ちょっと、無理そうだ、お…………。

2595 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 21:20:30 ID:BY2z3s.Q0

       , --―‐- 、
     , ''´       `ヽ
   /           \
   ,'  _  _ノ   ヽ、_    ',
   }  { i::::::::i t、  ィi i::::::::i } {
   i    ̄ ̄      ̄ ̄   i
   i     ____     i
    ',   ,<ヘ∧∧∧∧7>、 /
    \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
     >        <
    /            \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 しんどそうだな……。無理して立とうとしなくてもいいよ。楽にしてな、楽に。





          ___   ( ̄つ
        /     \__/ /__   ( ̄つ
      / ―三 ―   \`'´  `<  )
    / (○)三(○)   \    Y
     |  i!(__人__) i!     |   ノ
    \_ `⌒´ i!     ∠-‐'"
    (__ノー――/ /
              (__ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 そ……そう、させてもらう……お……。

2596 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 21:26:08 ID:BY2z3s.Q0

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u.|
.   /,'才.ミ)トェェェェェェェイ)/
.   | ≧シ'ヽェェェェェ/ \
 /\ ヽ          ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 しかし、新即出やる夫か……。
 よく考えてみればアンタに会う可能性はあったはずなんだが、言われてみるまで想定外だったな……。

 アンタには色々と話さなくちゃいけない事はあるんだが、正直今は時間の余裕がねえ。
 こっちの詳しい事情を教えてやる事はできねえんだ、すまん。





         _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、 ',
       `┬;;;:::┬′   ィ===yl
        ⌒゙''''''´"        }
     l!            u   ./
   i! |l     /´   |   ゝ /
\  l| l      ゝ、____人_____ソ
  ` .、  ι     、::::::::::ノ/
   :ミ:ー.、._        ̄  ``'''ー-、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 ……い、いいお……気に、しなくて……。
 それに……外の様子と……状況は……分かって、いるお……。

2597 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 21:30:47 ID:BY2z3s.Q0

                 {\/\/}
                 _,. X/\X/.,_
           , : ´ : ト、/\/{: : ` : 、
           /: : : : : `¨¨¨¨¨´ : : : : : \
        , : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          /: /:/ : : ∧: : : : : :、 : : : ヾヽ: : : : : \
        /.: :i/l: : : i⌒\: : : : |\i、: | : :\ : : : : :\
     ー‐――┤: : 什示泝: : :拆示寸 : : :ハvw‐―一
           /| : | 圦 Vツ ヽ{ Vツノ|i : /:八
          〃:| : |∧ '''  _    ''''u リ:/ : : : :.
        八∧ :| : ゝ.,  V )  イ /: : : :ノリ
         /\V:_彡/:≧=≦:::Ⅵ/: :__彡イ
      /\/ /⌒7::::/}o{ヽ::::: 〉::7⌒ヽ」
      : :/  / :::::::/ヾ//|::|V∧/:::/:::::::::::::..
     /: :/    〈::::::::::':::::::〈」|::|L〉::::::::{:::::::::::::::::〉
    { : {     ヽ::::{ニニニ{{:o:{{ニニニヘ:::::::::/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 えっ! わかってるって……本当に?





       ____
     /;:#;:;:;:;:  \
   /  _ノ   ヽ_  \
  /  (―) (―);#;:;:\
. |;#;:;:;:  (__人__)   #  |
  \ //  `⌒´ ;:;:;:;: ,/
  /     ー‐    \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 本当……だお……。
 ユーゼスが……やる夫の中から……取り出した、力で……何を作ってしまったのかも……。
 それを……止めるために……みんなが、何を……しようとしているのかも……。

 ……やる夫の……力が、必要……なんだおね……?
 超神……ゼストの、精神世界に……行くため……。

2598 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 21:35:44 ID:BY2z3s.Q0

..      ____
     /     \
.  . /  (●)  (●)
  /  (トェェェェェェェェイ)\
  |    \ェェェェェ/  |
.  \           /
.   ノ          \
 /´             ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 驚いたな……マジで、状況を把握してやがるのか。





      _______
.     / /  #  ;,;  ヽ
  : /ノ  ;;#  ,;.;::     \  :
   /  -==、   '==-   ..:::::|
.  | ::::::  (__人__)    :::::.::::| :
 : ! #;;:..  l  |     .::::::/
   ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ   ..;;#:::/
    >;;;;::..     ..;,.;-\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 ふ、ふふ……。
 ユーゼスに……捕らえられた、とはいえ……やる夫も、やられっぱなしじゃあ……ないお……。

 力は奪われた……けど……その代わりに……やる夫と、ユーゼスとの間には……つながりが、できたお……。
 その、つながりを通じて……向こうの情報を……覗き見する、くらいは……。

2599 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 21:41:10 ID:BY2z3s.Q0

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /             \
  /               \
  l        ( ー );;:::    ヽ
 l ;::(● )    "''"´       l
 |  ´"',                |
 l    ヽ      , イ       i
  \   -=ニ三三ニノ      丿
   \             /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 ! 繋がり……それだ、俺たちが求めていたのは!
 あんた、今でもユーゼスとの間に繋がりがあるんだな!?





         _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、 ',
       `┬;;;:::┬′   ィ===yl
        ⌒゙''''''´"        }
     l!            u   ./
   i! |l     /´   |   ゝ /
\  l| l      ゝ、____人_____ソ
  ` .、  ι     、::::::::::ノ/
   :ミ:ー.、._        ̄  ``'''ー-、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 さっきまでは……あった、お。
 だけど、今は……ぷっつりと、途切れてしまっているお……。

2600 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 21:45:50 ID:BY2z3s.Q0

               、
            |\/  \,.イ /
              才       /
           . イ  !― = ―/_
       /   ´ ゝ …―… ’  ` .
      /                 \
      '                    ヽ \
   /      ,      ,/    /1    、 ヽ
     /     /  ,  /}     / }     1   .
   ー | |   ! /}/ー1'   ./⌒ !    !  !   \
   .:' | |   !./ィ六卞 '   .ィ=z-x!.|  「⌒ヽ__ 乂_
.   /   |/'|  从弋fzノ/ / fzf.タ }.!  |   .
   .  |    {!.  ¨ /   ¨´ .从   ト     .
    \      ト           /  !_| |   ヽ_
     \  \ | \  -    .イィ ´  | 1    | `  、   /
      ヽ..ィく ヽ    T ´ У       !  !     |    \/  /
     ´    !\   / !   .:        | |    |     '  /
  /        !  \ {  !_/|   - ¨    |    |     /  入
            |     /}i!{ ヽ | ´          |    |        '  :.
           |   / |! | ハ         1     !          |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 ……ルカさんが言っていた、次元連結システムによる空間遮断の効果だね。
 今、超神ゼストはボクたちが居る世界とは異なる次元に隔離されている。

 繋がりが途切れたって言うのは、それの事に間違いはないはず。





         / ̄ ̄ ̄\
       /         \
      /   (●)  (●) \
      |   (トェェェェェェェェイ)  |
      \  \ェェェェェ/ /
.   グッ /⌒/^ヽ、    ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ      ,  \
     l /  /       ト   >
       ヾ_,/          |/ /
       |          |/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 恐らくはな。

 なあ、やる夫。その繋がり、もう一度作る事は可能だと思うか?
 その繋がりを通じて、超神ゼストの精神世界に飛び込む事はできると思うか?

2601 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 21:54:21 ID:BY2z3s.Q0

                       :/ ̄ ̄ ̄\:
                      :/ヽ  、/    \:
               :/(◎) (=)  U \:
                 :|  (__人__)(;;;;;#   |:
               :\  `⌒´  て;;;;;;  /:
            ((    : i         ⌒\:
                   :|   i'       ゝ、_  \:
                  : |   |       _/  /:
                 :/|   |ー‐-、/  く  (´ヽ:
                  :{_ !、_,l    |   `¨  |:
               :)ソ(___j)──┤       |:
                         ゝ-i──i-´:
                             \_/:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 ……可能、だお。
 そのために……やる夫は、二人の前に……自分の意識を、飛ばしたんだお……。

 ……さっきも、言ったように……外の状況は、把握しているお……。
 力を……奪われ……立てなくなっても……まだ、やる夫の意志は……くじけちゃいなかったお……。

 だから……見てたお……。
 Ⅳに……命を救われたことも……。超神ゼストが……人類を、攻撃したことも……。
 そして……超神ゼストを倒すために……やる夫にも、まだ……やらなくちゃいけないことがあるのも……。

 全部……知って、いるお……。





       ____
     /      \
   /         \
  /.  (●) (●)  \
  |   ハェェェェェハ   |
.  \  |_ェェェェェェェェ_|  /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 お、おい、無理して立とうとすんなって。

2602 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 22:07:42 ID:BY2z3s.Q0

        ___
     _,. '´      ̄`、 ;;
   :; /          \
    ,   \, #;;; ,/   ヽ
    |  (○)   (<)   |
    、    (__人__)    / ;
    ,"ヽ、   ´ー'´   '´ `、
   /               ゙ヽ、
 : |   `-、、            ヽ
  \    ヽ        ハ    ヽ
    ヽ    l        l ヽ_ ノ
   :;  ゝ_ノ       |
    ,i            .l、 :;
   /              ヽ
  /       ,r´ヽ      `,

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 い、いや……ここは、無理をする……ところだお……!

 い、今のやる夫には、戦う力が……残っていないお……。
 だけど、そんなやる夫にも……まだ、やれることが……いや、やらなくちゃいけないことが……あるんだお……!

 二人を……戦いの場に、送り出すことと……。
 そして、戦いを勝って終わらせる、二人のため……超神ゼストの精神からの、帰還経路の……確保だお……!





     ,  -―ー- 、
   /        ヽ
  '       ⌒    ーヽ
  l     (●)  (●) 、
  {     トェェェェェェィ   }
  、.     ヽェェェェェノ ノ
   >        <、
  / ー―- .、    r、 ヽ
  `ー―- 、_ノ   l/  /
  ,'          l ,/
  l          |´
  弋          ノ
  | /ー ―一、 |
  し       、_,!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 っ……全身傷だらけで、喋っているのも辛いだろうに……なんて野郎だ、気迫で俺を圧しやがるかよ……!

 アンタは折れなかったんだな……。
 敵に捕らわれ、仲間と離され、助けが来るかも分からない状況だったってのによぉ……!
 それでもいつか反攻の機会が訪れると信じて、今までずっと牙を研ぎ続けてきたってのか!
 ははっ、大した男じゃねえか、新即出やる夫!

2603 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 22:16:09 ID:BY2z3s.Q0

           ______
         /         \
        /ι        i   \
      /   ill      u     \
     /              ___     \
    |       `―-、 、、 '´.. ...`      |
    |      k=弌ミ、 ノヽ..::゙::.:."ノ      |
    \ U   """      ゙゙""   il||l/
      \    (_ _人_ _)   /
   /´⌒゙      l r‐┬、 l    イ
  /            `二二´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 やる夫は、ただ……自分にできることを……やるだけだお……。





       ____
     /      \
   /         \
  /   (●) (●)  \
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 へへっ、そうかよ。

 ……ここは意地を張るところ、か。そうだな、そういう場面って男にはあるもんな。

2604 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 22:27:58 ID:BY2z3s.Q0

             ____
          ,. -'"´      `¨ー 、
          /  ;;;;#;;;;     "   \
       /           #     ',
.      /                 ;;;   ',
      l     \          /    .l
      l      \_i ,, i_/      l
.      ',    `ー―'    `ー―'   ./
        \      l   人   l    /
         `ー、   `ー´_`ー'   く_
          /       ┃       ヽ
       /                  }
        |            _.. <\      i
       !     くィ: ̄     ∨   }
       ヽ              ノ    /
          ヽ        _ ≦´     /
            ヽ   _.z≦_       /
           ゝ イ    >=ー- イ
          |            |
          |            |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 そういう、ことだお……。





           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | :::::(トェェェェェェェェェイ)::    |  `Y´
 | ___)  ::| .!   \      /   /
 | ___)  ::|+ヽ    \ェェェ/    /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 ……わかったよ。野暮は言わねえ。道の方は、お前に任せた。

 ま、戦いの方は俺たちに任せろ。ゼストだろうが、ユーゼスだろうが、軽く蹴散らしてきてやっからよ。
 全部終わったら祝勝会だ。ハデに騒いで飲み食いしようぜ。アンタも誘ってやるからよ。

2605 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 22:34:14 ID:BY2z3s.Q0

             }ト /\ ,.イ{
          込=‐- ^ -‐=jノ‐-ミ
        . : ´/: : :`¨¨¨¨¨¨{ : : : : : : ヾ、
   _. : ´: : /: : : :ハ: : : : : ト、:ヘ: : : : : : : ハ
   `¨¨¨ア: : : : ;\、: : :、_!___メ、 : : : : /: : :.
     ∠ イ!: :/___.、: :_:j____ ', : : :/ : : : :.
.        八: } 弋フ::::\代__フ }廴ノ: : : : : }
       (: : :圦   _____     |: /: : : : : :ノ
    Y⌒¨¨¨´ ̄      `ヽィj/`ヾ T¨´
      ゝ‐ァ‐ ス´   / }    }::::::::::::',」
      /:/ }:ゝ___,'  |__ノ::ヽ::::::::j:!
      .:/   j/ 広{   |::::ハ'::::/Τ: :|
    /厶 -=ニし'二L.___」ァ{ ∨\ |: : |
  ∠ニア´ /〈{:{____..∠:::廴ノ::::::::ヽ: :|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモメノ】
 ! キル夫……そろそろ予定の時間……!





       ___
     /      \
    /(● ) (● ) \
  / (トェェェェェェェェイ)   \
  |  l^l^lnェェェェ/     |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【キル夫】
 おう、わかってるぜ。

 ――それじゃあ、やる夫。タイミングはお前に任せた。
 お前と超神ゼストとの間に繋がりが再びできたら、即座に俺たちを送り込んでくれ。

 いざ――最終決戦ってやつだ!!



                                                   【精神の世界】 を終了します

2606 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/02/10(土) 22:36:50 ID:BY2z3s.Q0
今回は以上で終了です。お付き合い、どうもありがとうございました。

2607 安価のやる夫だお :2018/02/11(日) 09:52:44 ID:20Ez1dxs0
乙ー

2608 コーヒー ◆ZbL7QonnV. :2018/03/08(木) 23:32:16 ID:rnO/3Vkk0
こんばんは、作者です。
PCが不調を起こして、買い替える事になってしまいました。
前に使ってたPCからデータを拾ったりする作業でちょっと忙しいので、続きはもうちょい先になりそうです。

2609 安価のやる夫だお :2018/03/10(土) 11:02:37 ID:JlwtmmO20
把握

>

新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス) - コトヤマ

駄菓子屋へGO!!((((((((((((((((((((*っ・ω・)っ ブ-ン

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa