したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

本スレ転載用スレ

998 ◆c.g94qO9.A :2016/04/04(月) 21:37:16 ID:LDnjk14k
「俺たちの目的は遺体の総取りだ。誰が死のうが何人くたばろうと知ったことじゃない。
 たとえ遺体を総取りにすることがヴァレンタインの計画の一端であったとしても、今はこれが最善手だ」
「一人一人に頭を下げてお伺い立てて来いとでも言うのか。俺たちは対等なはずだぜ、ディエゴ」
「対等―――ほう、対等ねェ」

ディエゴは地図を眺め、遺体を持ったコマの数を数えた。七つのコマ越しにムーロロと目を合わせる。ムーロロは突然帽子の裏地に興味を持ったようで、視線が合うことはなかった。しばらくそうした時間が流れたが、ディエゴは鼻を鳴らし、話を進めた。

「俺はそんなお利口さんじゃないぜ、ムーロロ。奪い取る……カスどもたちには犬のエサでもくれてやれ、だ」

そう言いながらディエゴは緑色の紙とハサミを取りあげ、何物かを作り始めた。ムーロロの目の前で緑のコマが次々と積み上がっていく。
その緑のコマは地図のあちこちに一見無造作に配置されていった。十はあるようだった。ディエゴはそれらを自由自在に動かしながら、言う。

「お伺いはしなくていい。ただ狩りには参加してもらうぜ。いや、猟か。追い込み猟だ」
「銃の腕前には自信がない」
「司令官としての技量を見込んでの採用だぞ、カンノーロ・ムーロロ君」
「前線に立たなくていいと聞いてほっとしたよ」

ムーロロはディエゴが動かしたコマをじっと眺めた。しばらくしていくつかのコマを持ち直し、ほんの少しだけ手直しを加えた。

「現状一番の問題はカーズだ。ジョースター一族をはじめとしたお利口さん方は厄介は厄介だが対処の仕様はある。
 恐竜たちの物量作戦で押しつぶすことも不可能じゃあない。混乱を引き起こし、各個撃破を狙ってもいい。
 流石に全員大集合となったら手がつけられないが情報網では俺たちが上だ。進路を見張って妨害工作を繰り返せばいい。
 だがカーズ、やつにはこれが効かない。俺のスタンドもお前のスタンドも、柱の男には敵わない。だから―――」

柱の男を意味する黒のコマは盤上に一つ。だがその存在は大きい。
ムーロロは東にいた参加者をまとめ―――トリッシュ、玉美、ナランチャ、プロシュート、双葉千帆の文字をディエゴは読み取った―――中央にいたいくつかの参加者もそこに加えた。七つのコマの周りに恐竜たちを配置して足止めをする。
そこに南南西からまたも恐竜を使い、黒いコマを誘導、一団とぶつける。黒いコマが集団に飛び込みいくつかのコマをなぎ倒した。ムーロロは顔を上げ、ディエゴの様子を伺った。

「漁夫の利狙いだ」
「消耗を狙って横からかっさらう―――いいじゃないか。最終直線まで集団を利用して足を休め……刺して、奪い取る。俺好みだ」

ディエゴはムーロロからカーズのコマを受け取ると、そのまま群がっていた周りのコマ全てを横倒しにした。そこには柱の男一人だけが立っていた。




■ したらば のおすすめアイテム ■

坂本ですが? 1 (ビームコミックス) - 佐野 菜見


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板