したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです30【R-18】

1 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 21:42:56 ID:eaZ7Jw9I0
     ;:;:;                                 ど
     ;:;:            ,r'" ´ ̄ `ヾ、.          明.  う
     ;:;:.           . I ─  ─ .ヾト、       る   だ
     :;:;:;.             ハ (●) (●)  !.::\.      く.  お
     ;:;:;:           /.:.ヽ (_人_)  yイ.::.:::ヽ     .な
     ;:;:.         ノ.:!:.:.:.:`7ゞ-<.:〉.:.:. ::i:.:::}   ろ つ
     从 __  _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:. ::|.:/     う .た
      从从魔力}と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.::り.    ?
         ̄ ̄    ̄  |.:.:.:.:.:./_ :__ヽ.:.:.:.:\
                \/.:.::..:.:.:.:.:.:..:\:.::./
                /.:.:.:.:.:.:.「^Y.:.:.:.:.:.:|´
                 {.:.:.:.:.:.:.:.| ,!.:.:.:.:.:.:|
     __           \.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.:| 
    /.:.:./ンく";;〕      \.:.:.::|.:.:.:.:.:.:.:!
    ヽ;::/::::::....;;;ヽ、       > 'ゝ─‐イ、
     ヾ;;;;;;;;:::...;;;;〈       `ー' ``''ー‐'
      ‘ー.く`ヽイュ、
         ソ´・ ̄ス_      お  暗 :::::::::::::::::::::
        ./ ・ ・、√: : : ヽ.  ら. 靴  く :::::::::::::::::::::::
         >.= イ: : : : : ;_;|   な. が  て ::::::::::::::::::::::
      /l_"/( ヽ}: : : : .]   い わ   :::::::::::::::::::::::::
      `ー――` \ : : : イ  わ か :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・このスレは【魔法有り】のファンタジー世界に生きる【科学者、やる夫】が王様の無茶な注文に必死に応えるスレです。
・参加して頂ける方は【王様の無茶振り】を満たす【科学技術】のアイデアを提供してやる夫君を助けてあげてください


ウィキ: ttp://www61.atwiki.jp/muchaking/

過去スレ
【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです【技術開発】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1391541053/

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです29【R-18】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1557745295/

2 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 21:43:43 ID:eaZ7Jw9I0
                      __
  , -‐- 、.               `ヽ, `ヽ
 ,'. /  ト、 ヽ.     、 ノ 、     ,.' -─-ヽ.
i. ((从ソ u从〉 G / (● ●)ヽ  <i !レハハハ))>
l. (|┳ ┳i!l   、ヽ(_人_)*ノ    ル(リ_゚ -゚ノ!
ハNiヘ  ー ノハ!  ∨ ‘ー’ .○      / /wk|O―☆
   {iつ旦O    |      |  .    / / !_i_〉l
  とくュュュュ〉    .し    J     く_/_,ルノノ
王様       科学担当       魔法担当

アイデア例)
王様「食べ物が無い。魔法でかき氷を作ってしのいでいるけどこのままじゃじり貧だ。なんとかして食べ物を作ってくれ(ちなみに文明レベルは狩猟採集未満)」
やる夫「獣を狩る武器すら無いし、食べられる植物だってほとんど見当たらないのにどうしろって言うんだお!」
参加者「稲作やろうぜ!」

【解説】
やる夫は技術開発における国の最高責任者です。
参加者はやる夫の部下として意見を出していく形になります。

【勝利条件】:【邪神を倒せ!】もしくは【星海の果てへの移民を成功させよ!】
邪神を倒し、ゲーム本編は無事完結しました!ありがとうございます!
ですがやる夫たちの研究はまだまだ続きます。

【現状】
管理局編がスタートしました!
危険技術やスパイラルネメシスなどの世界の危機にうまく対処して、多元宇宙の平和を守ってください!

お世話になったスレ。この場を借りて御礼申し上げます。

・戦略・経営・外交シミュ系安価スレッドを考えたいスレ39
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1391441453/
構想段階での相談や、テストプレイ、AAの支援など、多くのご協力を頂いています。いつもありがとうございます!

【派閥】シンジが瀕死の祖国を救おうと必死なようです17【R-15】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1390440019/
偉大な先人。
無茶振り王国は元々瀕死の祖国スレの「電波研究」部分を自分なりにスレ化してみたいなというのが原点になっています。
楽しいスレを立ててくれてありがとうございます!

3 名無し-Red-市民-2 :2019/07/16(火) 21:46:21 ID:M/Llofio0
ヒャッハー!新鮮な新スレだー!立て乙してやるぜー!(モヒカン並感

4 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 21:46:44 ID:eaZ7Jw9I0
安価↓1 見たい描写
・TS
・アーッ!
・ヤンデレ
・SCP
・諜報(諜報枠、諜報試運転、偽メシア等)
・外交(外交枠、外交枠試運転、ローマ傘下国、受難の民架橋等)
・科学(研究枠、研究枠試運転、民間研究、ファフナー、ホライゾン、ドラえもん、スパロボV、性転換、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法)
・スカウト
・育成
・学園
・コミュ
・転生
・五色(色ギルド・五色の社交界・五色の立法府・五色の行政府・五色の学会・五色の市場・五色の諜報・五色の連合軍・五色の芸術・五色の庭園・五色の医療・創世道、その他)
・円環少女
・色派閥ゲー(色宗教戦争ゲー、メガテン派閥ゲー、没落だらけのステラリス)
・戦略調整センター(史実、世界樹の迷宮、四度目、Re:Monster、Mtg、幼女戦記、シド星、スパロボ、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法、円環少女、禁書、リリカルなのは、FGO、ナルト、ネギま、白、青、赤、黒、緑、信長の野望 スパロボ、プリティベル、海戦、密集分散、予備兵力)
・未踏世界調査(ブリタニア帝国記、ハリー・ポッターと野望の少女、影の実力者、カルチャーショックDD系、皇女戦記等)
・文明種族育成(ナッシー進化、属国作成、等)
・ボウケンジャー(試練部の不思議なダンジョン、ヤドノキの塔、工場魔方陣、冒険者料理、グリードアイランド)
・多元宇宙食料事情
・進行中(SCP転生)
・白青VS赤
・黒赤VS白
・赤緑VS青

5 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 21:47:09 ID:eaZ7Jw9I0
今スレでも宜しくお願いします!
GMでした。

メモ

6 名無し-Red-市民-2 :2019/07/16(火) 21:47:46 ID:M/Llofio0
・白青VS赤
タイムリーなので!

7 名無し-Red-市民-2 :2019/07/16(火) 21:52:40 ID:cLvIkcOo0
立てオツカレサマドスエ

8 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 21:53:19 ID:eaZ7Jw9I0

 r 、                  ,,>====-x`ヽ
 ヽ ヽ_               ,ーフ洲州州州州州州弋__
.γ⊂ ヽ               ,イ洲州州州州州州州从
 ゝ_r〈               イ 洲州Ⅵママ!ゞ_メ州州州}
     ヽヽ             / /州州イ鬱 マ ー鬱/州州j
      ヽヽ            !  |! 从|',  〈  ¨¨´从从(
       ヽヽ             | ´ヘ ー==-  /レリハ
         ヽヽ              〉 、  _ イ ̄//川、
          ヽヽ             | | |~ヽ´::::..////三ヽ
           ヽヽ           イ∧ヽ、r彡´イ/三三三ヽ
            ヽヽニ- 、      /三三`ゞ__厂/三三三三ム
            }二ミ´ヽ      ,\三三〇イ三三三/三三
            {二ニ|  しv    イ三\三三三三三イ三三∨
            ゝ<__/三へ、   |三三入三〇三三|三三三}
              ./三三三>イ三三/ ヽ三三三/ゝ三三リ\
              ´ヽ三三三三三三´  |ヽ〇三/  `―=V
                 `ヽ三三三/   ,ノ三三三>x___|
                    `ヽシ/  ノ三〇三三三|三三∧

『ゲームとして考えた場合、青白自体はクロックパーミッション的な属性も持つが』

なおパーミッションは青白のテフェリーさんが駆逐中

『コントロール的な属性が強い』

『つまり盤面を支配し、敵を妨害し』

『究極的には敵に何もさせず、自分も妨害以外何もせず』

『盤面で何事も起こらない膠着状態を作って、長期戦に持ち込むわけだ』

『そしてフレーバー的にもこうした性質はかなり青白を表現できている』

9 名無し-Red-市民-2 :2019/07/16(火) 21:59:20 ID:cLvIkcOo0
テフェリーさんェ・・・
時間操作されるとバランス変わりすぎであるw

10 名無し-Red-市民-2 :2019/07/16(火) 21:59:22 ID:M/Llofio0
超長期戦とか大好きです

11 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 22:08:20 ID:eaZ7Jw9I0
                                     `ヽ
                         _..   ----ミ、      }
             /      ./ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧==-彡
            /         .{:.∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,'''"´
          / /      / 乂_,>-――ミイ
        ./  /      / /   ア:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、_ノ⌒`^l'^7
       ./   ./ィ /  {/ /   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:\___ノ-'
     ./     /    /    .':.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:|ヽ:.:|ヽ:.:',`
    ./                /:.:.:.l:.:.:.ー-  'f,T、:.,
   , '               ー く乂〔Lト:.:.:モナ  ,`”/:.‘,
  ./                    `<: ̄`ヽ  r ュ イ{\:.\
 .,'                      }::::::::::::\¨¨´   `ヽ:',
 {                      .,L_:::::::::::::::`l|!   i l   }/
 l                      リ:::::`::、_:::::::::::::::::`| !  i
.八                     ;':::::::::::::::::>、::::::::::::::::`l |!、 !
   、                   /ヽ   {   `-、_::::::::::::::::`l!、
   ヾx、                  `         `ミx、::::::::`
    `ミx、            /
      `≧==--------==彡

『一方で、青と白の共通の対抗色である赤は短期決戦(アグロ)的な色だ。』

『赤は感情を即座に行動に移すことを是とする』

『作りたいものがあるならすぐ作り』

『嫌いな物があるならすぐ壊し』

『やりたいことがあるならすぐやる』

『それは大変自由で快適な生き方だ・・・短期的には』

『とにかく積極的に、攻撃的に、速攻で行動し生き急ぐ。』

『戦いがあるなら速攻で積極的にどんどん攻め立てて短期決戦で勝利する・・・さもなくば長期戦で息切れして前のめりに死ぬ』

『そして青と白の共通の対抗色である赤がこういうものであるならば』

『青白は裏返せば「赤くない色」だと言える』

『やりたいことがあってもすぐに行動に移さず、消極的に、防御的に、熟考して長期戦を戦う』

『何事も起こらないことを好む青白コントロール的だろう?』

12 名無し-Red-市民-2 :2019/07/16(火) 22:10:34 ID:M/Llofio0
なるほど……

13 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 22:15:24 ID:eaZ7Jw9I0

                      , -‐…―- .
                    ,  ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
                  /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ
                 /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.}:.:.:.:.:'.:.:.:.:ヽ:.ハ
               /:.:.:/:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.: V:/:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:':.:.:'
                ,ハ://:.:.:.:|:.:.:.:.:.:. /∧:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:}:.:.:'.
               }:.: |:.|:.:.:.: |:.:.:.:./イ:.:.}:.i:.:.:.:. l:.:. i:.:.|:.:.:.|
  }、           /:.:. |:.|:.:.:i:.:Ⅵ/「´:.|:.:.:|:.|:.:.:.:.:{:.:.:l:.:.l:.:.: |
  |;;ヽ         ,ハ:.:.:|:.|:.:.:.ハ:|:.:.:|!:.:.:|:.:.:Ν:.:_」L!:.:!:.:.!:.:.:.|
  | ' ∧          .}:.:.「iー<_|!:.:.|.!:.:_L:/イハ:.:|!:.:. L_:!:.:.:.|
  |;'';: ∧           !:.:|:.:.∠=ミ、:| ヽ/斗z==ミ、:.:.:| .} :.: |
  ,ハ; , ' ∧            |:.:|:.ヘか:::りヾ   ^ヘ::_炒!:.:.:.! /|:.:.: |
  ヽ;',.;l;' .∧        j/'|:.:.:'.  ̄  ,    ̄  |:.:.:.l'´:.l:.:.:.:|
   V;:' 'l ∧        / |:.:.:.丶   _    /!:.:.:.|:.:.:!:.:.:.:|
   }lハ  .∧        |:i:.:.:.|:.:> .  ` ./ .!:.:,:.:.:.l:.:.:.: |
   へ }; ;';;,∧        |:|:.:.:.|:.:.:.:.:.:.><    !:.:.l:.:.:.:! :.:.: |
.     V;;';. ,'∧         |.|:.:.:.|__//     ,:.:.:.|:.:.:.ト、:.:.:|,、
.     V;;' ;;'.∧     ./::|:.:.:.:|   /    _/:.:.:.:ハ:.:.|  `V/7ア
        V;  /\   /::::::::|:.:.:.:|   ,厂   ´ }:.:.:.:.; |:.:|  ////⌒!
        }/, へ >  l:::::::::ハ!:.:.:|  / _  /}:.:.:./ ゞヾー彡ク/::::: {
       //___ヽ   |::::::::l !:.:.:|.「 ̄   `V ハ:.{   `ア  /:::::::: |`ヽ
        {   ーく  !::::::::! V:.:ト.! -―- 、/ {  |:.!  / ./:::::::::::::|  }
       ∧   ーへ /:::::::::l  |\{ !    /  ヽ_乂./ ./:::::::::::::::::! /
     .{:::ヽ  r--、}:::::::::/|  !  |   /     / イ::::::::::::::::::::::::::|/
      ト、:::: ̄V /⌒!:::|: '.  l   l  /   ./ /:: !::::::::::::::::::::::::: |
     ハ/`ー-V/  /:::l::::::'. l   ! /   / /:::::::::l:::::::::::::::::::::::::: |
      ヽ::`ー--::V ./::::!::::::'. l .|./  / /:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::|
       }:::::::::::::::::し::::::::::|::::::::::'. ヽ!/./:::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::: {
      |:::::::::::::::::::::::\::l:::::::::::::\_|, イ::::::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::!
      }::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::/{斗|::::::::::::::l::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::l
      ト、::::::::::::::::::::::::::!::::::::::/ 爪 | !::::::::::::::l:::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::!
.       '.:::ゞ=:::::::::::::::::/::::::::/  /| | |!::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::|
       ゝ:::::::::::::::::::::/:::::::〈  / / | | 〉::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::!
         `ー--‐イ::::::::::::\У| .L|/!::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::|

『TSで表現するなら(TS脳)』

『赤い女装者は、性転換したいと感じた瞬間に』

『後先考えず自分の男性器をナイフで切り落としかねない!』

『比較的計画的な場合でも、盗んででも早く金を作って医者に駆け込むだろう』


『もちろんそうした無謀な性転換には危険が伴う。それ自体の傷で死にかねないし』

『生き延びて一応女の子になっても、後悔するリスクがかなりある』

『とはいえ、赤はやらないで後悔するよりもやって後悔した方が良いと考え』

『リスクを受け入れて行動に移す。いやまあ、そうとさえ考えないかもだけど』

14 名無し-Red-市民-2 :2019/07/16(火) 22:21:36 ID:M/Llofio0
あ、あかん……(震え声

15 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 22:32:55 ID:eaZ7Jw9I0

                                ∧   ∧
                         ト、   / ∧   / ∧  /∧
                     __| 〉  | -――-  〉_,{/ ∧
                       /   ri|\/ヽ _―- 、   ヽ {
                    /    人\ト/\  ./}ノ}>'"L ノ. 八
                       '     /  ` < o∨{/ー'⌒ \--―┘、
                     /  / / { <>∨ 、  \  、 ヽ//∧
                   /  ∥ .′{<>|<>V、 \   、  、 } ///}
                ー ' /  .∥.├- 、 <>  V\{\  、 、////
                    / /j{ 、 r===ミ.\ {x=≠ァヽ}\}\イ
                      //} ./ \\乂リ\{\.乂リ ./  .' /ノノ}イ_/}    /
                    / / }/  /::∧     }  )   / }  .'´_:::::::::::::::::::::Z__//_
                 ト、  rー /   ./:::::::∧         / / /つ }_  -―::: .::::::::::::::::::`ーァ
                } `¨ /  /:::::::::/// ,  ̄ `  {ィ  /´_/::::.....       .::::::::::::/_
            /  /  / \:::::| }/////>_< |/ /:.          ......:::::::::::::::::::ノ
           / > ´   /      {`ー―一へニ}_{ニ=' /           ..::::::::::::::::::::r‐ヽ

一方の青白は、幸子の人がそうであるように、「社会全体の完全化を望む」色なので、

そもそも性転換とか個人的なことはあまり考えない。

仮に考えるとしても「男/女でないと統治に支障を来たすから」とか、

「人類全体をふたなり化したい」とか社会レベルでの都合に基づく性転換になるだろう。

よしんば性転換に目を向けたにしても、

青白は行動を焦らず、長期的計画を重視するだろう。

たとえば時間をかけてじっくり議論して法整備を行い、

時間をかけてじっくり研究して安全で完璧な性転換技術を開発するとか。

少なくとも、赤のような短絡的性転換は、

白が重視する法秩序を脅かしかねないし、

青が重視する完璧さを損ねかねない。

だから青白は性転換を仮に目指すとしても焦らず長期計画を練り、

自分の行動を際限なく遅延するし、他人の行動も際限なく遅延させることになる。

「それが社会の完全化のために必要だからもうちょっと待て」と。

16 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 22:38:34 ID:eaZ7Jw9I0

      /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /:.:.:.:.:'、:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.V  .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 、
   ./:.:.:.:.:.:∧:V:.:.:.:.:. i:.:.:∧  |{\:.:.;,:.:.:.:.:.:ヽ :.:.: i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ
   ':.:.:.:.:.:.:.i:.:V:.:.:.:.:.:. |:.:/ `ー---く:.:.:.:.:.:.:.:. ii:.:.:.:.ト、:.:.,:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.'.
   :.:.:.:.:.:.:.:|:./:!:.:.:.:.:./i:/x≪ニ==ミ、、:.:.:.:.:.:.:|ヽ.._ ィ':.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.,
   :.:.:.:.:.:./ 7:.:|i:.:.:.:.' .|〃  .x'芯, .}} ` 、:.x=====ミ、:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.i
   :.:.:.:.:.:' .i:.:八:.:.:|  “  弋__,リ     \',ィf:ハ  .》'.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:ヽ:. l
   :.:.:.:.:‘、 .|:.:.:.:.ヽ:|r――、__       .{{、,リ  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:,i:.:.l
   :.:.:.:.:.: ヽl:.:.:.:.:.:i゙|ゝ- -' ̄ ̄´     i  `゙≠    .|:/:.:.:.:.:.:/.|:.;′
   :.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.: |    / ̄  ‐- .._   `ー(´ ̄`)イ:.!:.:.:.:.: / l/
   :.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:| (  /`´ ̄ ‐- ._,` 、     ̄ .':/:.:.:.i/ /
    ≫--<.| :.:.:.:. |‘-'  .'´ ̄`丶   〈__ノ.〉     'イ :.:.: |
   i    .|:.:.:.:.:.:.|、   .'     \    /   u /__!:.:.:.: |、
   l    .|:.:.:.:.:.: l \_i        ヽ  /      イ  l:.:.:.:.:l:.\
   .!    l:.:.:.:.:.:.:l   ‘ー-    ..._}_/_..   ´    l:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    !    l:.:.:.:.:.:.:l     `ー― 'ア }         '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \
    .!    l:.:.:.:.:.:.:l        / ∧        /ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    !    l:.:.:.:.:.:.:l\         / l        / .∧:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、{

「花(?)の命は短いんだぞふざけんな!」

「そんなんじゃ俺美少女に成る前に爺さんになっちまうよ!」

赤にしてみればそんなやり方は悠長すぎる!全てが手遅れになってしまう!

赤は勿論、自分の生き方にリスクが存在することは認めるが、

とはいえ楽しい人生にリスクは付き物だ!と考えている。

赤にしてみれば、青白はリスクを過大に評価し、また人々のリスクを恐れる恐怖心を利用して、

あらゆる行動を封じ、自由を奪い、全てをがんじがらめにしようとしているように見える。

17 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 22:45:57 ID:eaZ7Jw9I0
>>10
>>14


           /                                 ヽ
         /                                 ',
         / /                /              ハ
      .  / .:/ /       /        〃ヽ    i           |
       / .:/〃     __// //   //,′ ヽ ! i           |
      ..///7,′     ´「 7`ヽ/ .i  .://ム-‐‐‐',ハ|、           |
          !|   i     |/ |/j/! !:i .:.//'′     !ハ「     |        |
          !|   i !    ィ斧ミメノノ | //  ,ィf云ミメ、」   |       !
         八  i i i i i j !ノ::::} ノ /    {ノ:::;::} Y|    ト、     i
      .   ハ. |ハj ヘ |仆乂::ノ  /     弋::::ソ ノ !     ! ハ       !
      r‐ 、    'j  ,ハ| :i                    ハ   j_ノ      ',
      ヽ ヽ    ./  从   '              i !   / |  |   ハ
         ハ  V  /  / ヘ.  、   _,         从.  /    | !:ト、 ',
        |  |  ./  /! i   \            .イ  i !/ヘ    i j i | ヽ
        |/ __\/´`! | i i ヽ.       .イ ノ ノノノ  | i  ! !ハハ!  )
       ノ/  `i \/ヽハハハヘi`ヽー 七升厶イ/j八八八ハj
      /´ -─┐|、___)            )ハ    /  {
     /´    ,. }ノ:: }      ,.-‐''て  _」        \  _」\
     {    イーノ::  V ̄´ .ゝー‐''"´ ノ          ̄ノ   ゝ.、
      \  `ヽ:::.   } /  〈  ー 、   _____       〈   ノハ
       \   ヽ  ハ

「そう。」

「幸子の人は、長期戦が好きだし、赤のやり方を「あかん」って思うよね?」

「それが青白いということであり、そして「赤くない」ということ。」

「感情的短絡的行動よりも、理性的長期的計画を重視し、個人よりも社会を重視する傾向ってことさ!」

「割合わかりやすい対立軸じゃないかな?」

18 名無し-Red-市民-2 :2019/07/16(火) 22:49:51 ID:M/Llofio0
納得です

19 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 22:52:47 ID:eaZ7Jw9I0
>>18
                    ,.. . . --. . .,
                      ,. <. . . . . . . . . . > 、
                /. . . . . . . . . .i . . . . . . . ヽ
              /: : : : : : : : : : : :j!: : : : : : : : :ハ
                  ,: : : : : : : : : /: : ;ハ: : : : : ヽ: : : ハ
                 ,′ : : { : : : /: , く_ ∨: i: : :ハ : : : ',
                 /: : : : :j!: : : :i:/_二、` ',: :l:、: : :',: : : :!
             / : : : : rイ: : : j{ぃう`゛  ヽハ,}ヽ: ! : : l
            /. : : : : :i、 ', : : i `゙ ゚     イうヽ}. . .ノ
          ーイ. .{. . . . :ヽr、 ハ      .: ヾ' /ノル八
             ゝ. ヽ. . : : : ! ヽ.ゝ 、   ′ /: : :j : l. }
             ` ヽト、:rく   ` 、 ` ´ ,.<: : ;ィ: ノ.ノ
               ,イ:〈  ` 、  fくィ´ル'イr ´/ ´ ´
              /::l:::ハ、   rYヽ}:ヽ
          _,. <:::::::::i:::::::',ヽ /∨//!,ヽ::\
         /:::\::::::::::::l:::::::::', ヽ Y∧ ! l:::::ヽ:.、
        ノ:::::::::::ヽ::::::::l:::::::::::',  \l:/∧! !::::/::::∧、
        j:::::::::::::::::::',::::::::`::<::',   ヽ://j i:::ヽ::::::::i::ヽ
         /::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::/::ト 、  ヽ/! i:::::::`!::::i::::j
      /::::::::::::::::::::::::リ:::::::::::::/:::::::', ヽ   `f j!::::::::i:::::l:::′
.     /:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/::::::::::::i  \   ,イ:::::::!::::i:;′
     /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::ヽ::::::::::::',   \ ノ!::::::l::::::!
.    /::::::::::::::::::::/ ∨:::::::::::::::::ヽ:::::::::i     i::::::i::::::l
   /::::::::::::::::::::f    ∨::::::::::::::::::∨:::::!       l:::::j::::::!
.   {::::::::::::::::::::::::ヽ   ∨:::::::::::::::::::ヽ:::i     l:::,':::::::!
   ヽ:::::::::::::::::::::::::\  jヽ::::::::::::::::::::ヽj     !/::::::::l
      \::::::::::::::::::::::::`く:::::::::::::::::::::::::::::ハ     f::::::::::i
      \::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::l      l:::::::::::!
.         \::::::::::::::::::/ィヾ!::へ::::::::::::::l     !::::::::::l
            \::::::::::i/ /:/:::::::::::::::j      !:::::::〈:}
         /::::\::::!jr'::/::::::::::::::::::::リ      l:::::::::ハ
            {:::::::::::::`v::´:::::::::::::::::::::::::,ヾ     j::::::::::∧
         ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ ̄!`ーr ´!:::::::::::::ヽ
          入::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ `ー ´i::::::::::::::ノ
           /: : :` <::::::::::::::::::::/: : : : : : : : : ∨::::/:',
.          /: : : : : : : : :`: :ー-. ′: : : : : : : : : : `' : : : ゝ

「だろう?」

20 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 22:56:58 ID:eaZ7Jw9I0
                        r―-、
                   ,,:.:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:ミ、
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、
                 ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: '.
                   /:.:.:.:. i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:/:.:.i:.:.:.:.:.:.l
               /イ:.:.:.:.:|T'.ト‘.:.:.:/}_|:.:i:.:.:.:ハ
                |ハ:.:.:.{ワ弐 ‘./ 斗-、/:.:.:/:.:.:.:、
                 |'、:.{ .ゞ ' ,  辷ン:.:.:.:.':.:.:.:.:.‘、.n 、
                 |:.:ヾ 、  n   /イ/ハ:.:.:.:.:.__:.Lムh'7
                 |.イ:.:.:'.>- </:.:.:/⌒ヽ:.:ー-、 `^ヽ
                   .斗:.:.:.iイ   /:.:.:/   ‘.:.:.:.:.:.:j  /
                 '  ‘、:.:.| ̄  .イィ:/      ,:.:./  ハ
                i   } ヽ|    .}/ ‘.    ,/  .':.:.'、
                 |  .'          〉    ン   .':.:.:.:.:.:、
                  |  l          ハ  ./     '{'、:.:.:.:.:.'.
                   |. ‘.    、      ' ‘ '    .ハ \:.:.:.:.'.
                    |   }    `     {    、    /ヾ:',  \:.:.:.:,
               |   '         l      ー '   ヽ'   \:.:.,
                |  '         l          '}    ヽ:'.
                 |  .'    i       '.         /     ‘.:l
                  | .'     '      ‘.              }'
                   | .'            ‘.                /
                    |.'                 ‘.               /
                  /              l

なお、このように対極的な青白VS赤だが、

全く共通性がないわけでもない。

赤はかなり利己的な色だが、それでも青白に通じる利他性は持っている。

赤系女装者は、彼女が居ても構わず性転換する程度には利己的だが、

しかし元カノがピンチになれば性転換後も助けに行く程度には利他的だろう。

21 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 22:58:43 ID:eaZ7Jw9I0
                       .,。s‐‐ ‐- 、
                     /         `ヽ
                    / ィ‐-  `      .\             ,.ィニニ=s。、
                   /  iヘ   ヽ、  \   .i           /.ニニニニニニ\      ./
                   !  .|"´∨   ≧ \    !         /ニニニニニニニニニニ\    ./.ニ
                     i  ヽ___ Y  i" ヽ !ヽi |        /-=ニニニニニニニニニニニニ=‐-。/ニニ
                   ヤヘ i.イ卆.∨i.リ、  リ, ---‐‐、 _。s。_ /=ニニニニニニニニニニニニニニニ=./ニ/
                    ヽ  \ .∨_,,\|ヤニニニ>´ヽヾ\\-=ニニニニニニニニニニニニ=-/ニニ/:::::
                     .\ミィ\ "´.  i.|ヽ ./ヽ ヽヽヽ ヽ\ゞニニニニニニニニニニ=/ニニ/::::::::
                      |iヽニニ>。/i.| /| i ヽヽヽ\\∨ィイニニニニニニニニニ/ニニニ/:::::::::::::
                      |iニヽニ√ャ ィ !/ニニ! .ヽ \ヽィイ´ ニニニ\二ニニ=-‐‐ィ /ニ/ア.ヽ::::::
                      ヽ/ソ/|iiiii/ .iヽ、ニi_ヤ,ヽ≦ニニニニニニニニニ\ ニニニニ/./ニ/ /::::::::::::::::::
                       ./// /iiii|./.ムヽニニニニニニニニニニ>-、.ニニ\ニニ/./ニ/ /:::::::::::::::::::::
   .,。、,、                 //i /ヽ|iii/ニニ/ヘヽニニニニニニニ//ニニ \ニニ/ノニ/ /::::::::::::::::::::::::
 /ィ´__ )_               /// |∥ニ/ニ s≦ニ.イ"`ヤニニニニ=/ /ニ//´ ̄マヽイ´ニ/ /:::::::::::::::::::::::/
イ ィ´。s.--{            /// / i ./ /。s≦ニニニニ.ヤx-ヤ.ニニニ/ /ニ/ /ニニニニニ\__イ._ノ .、::::::::::::::::::/
. ヽ ."  ァノ          イ/i |__!-‐!/.s≦ニニニニニニニ.ヤx-ヤニ=/ /ニ/ / ニニニニニニニニヘニニニ≧。、::::::/
  .ヽ    .}           イ/ニニニ|.|\\ニニニニニニニニニヤx-ヤイ/ニ/ /\ニニニニニニニニニヽ、ニニニニ≧ 、 ィ
   ヽ   ヘi\       /ニニニニ |.|ニニ\\ ニニニニニニニ.ヤx-ヤニニ/ /:::::::::ヾ.ニニニニニニニニヽ\ニニニ=/
    .}  ./ニニ.\    /=ニニニニニ.|.|ニニニニ\\ ニニニニニニヤx-ヤ∨/!::::::::::::::>、ニニニニニニニニ\::::ヽ/ヾ/
   イ:::。sイニニ/./ニ ≧.、<´::`ヽヽ、ニ|.|\ニニニニ.\\.=ニニニニヤx-ヤ´/::::::::::::/.ヾ ァYニニニニニニニ=!/ヾ./`.、
   \ニニ //ニ/./ニニ≧。、::::/ムヽ|.|ニ=\.ニニニニ>`.<=ニニヤx-ヤ::/´` /ヾ=ア::::|ニニニ/.ィ |ニ=!、 /:::::::::::
    .\。≦ニ//-=ニニニ| | ̄ムニヽ |.ニ||.ニ\=ニニニニ≧s。`` .ヤx=ヤ 、ゝ ヘ__ /、::ヽ..//=| |.ニ./.∨:::::::::::::
     \>´<=ニニニニ=| |ニニニニ/`ヘ ||ニニニ≧s、ニニニニニニ≧ヤ=-ト‐==、≧s。ア:://=ニニ| |=// ∨::::::::::::
       \ニニニニニニニニ! |ニニニ=|ニニ.ヘ|ニニニニニニ>s。、ニニニァ´ィ" ̄  .) /`´ァ !=ニニニニニ! !//ニム∨:::::::::
        \=ニニニニニ//ニニニニ。。-ィ‐>" `゙ < |/////≧h、{ ./`h 、,ヘj /、t|ニニニニニニ|.ィ/ニニムi::::::::::::
          \ヘ\ .//`>、ニニ!//|.|{ ( ≡ ) }.|.|/////////// ヽヽ i ヽ  \!ニニニニニニy´ニニ./::::::::::::::

故に、「利他性」という点では白青と赤は協調でき、

その結果がヴァルゼライド閣下のような勇者カラーと言う訳である。


安価下1 質問・コメントがあれば

22 名無し-Red-市民-2 :2019/07/16(火) 23:08:47 ID:M/Llofio0
勇者カラー……私もちょっとは赤が入ってるかもしれません
一色なら白、二色なら白青、三色なら白青赤って感じに

23 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 23:19:11 ID:eaZ7Jw9I0
>>22
_____ _
       ヽ   // __zzzzzzz_
        i_/洲州州州州洲州≧x__
        州i!洲i!洲i!洲州i!洲i!洲i!洲州>ー-
         州i!洲i!洲i!洲/|州 洲 洲 洲>、
         州 洲 洲i!州´~州i!洲i!洲i!i! 洲州i!、
         仏州i!洲i!_北_V 洲i!洲i!i!洲州i!ハ\
         州i!洲i!|!/γヽヽ `ヽ `|| 州i! 州i!i| ヽ
         州i!洲i!|!ゝ ゝ万    イテヽ州i!川い
         レ´ヘ|`ヾ       . |」 州i!洲i! | |
         ヒ-ゝ  ヽ      j   州i!洲i !/
         い ̄\      __   ´州/|/ ノ
         |レ|   ゝ- 、  ≦/   ノ ´   ´
        ムL__ヽ ヽ、 _ ―く
        ム―― 、`ヽ  ゙   ヽヽ,
        ´//////ヽ|      i ゝ/
       爪三三三三リ      ,刈
      人/////////「 - _ ヽ__ ノ
     .人/\/////7こ>- 、|>ヘ
    //////∧///∧/////о\/>-、
-</////////∧/∧/////о///////>-r

『うーん・・・かもねえ』

『少なくとも黒や緑は入ってなさそうだ』

『青白に三色目を加えるなら赤かもしれない』

『とはいえ、青白赤よりは青白っぽいかな?』

24 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 23:19:47 ID:eaZ7Jw9I0
安価↓1 見たい描写
・TS
・アーッ!
・ヤンデレ
・SCP
・諜報(諜報枠、諜報試運転、偽メシア等)
・外交(外交枠、外交枠試運転、ローマ傘下国、受難の民架橋等)
・科学(研究枠、研究枠試運転、民間研究、ファフナー、ホライゾン、ドラえもん、スパロボV、性転換、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法)
・スカウト
・育成
・学園
・コミュ
・転生
・五色(色ギルド・五色の社交界・五色の立法府・五色の行政府・五色の学会・五色の市場・五色の諜報・五色の連合軍・五色の芸術・五色の庭園・五色の医療・創世道、その他)
・円環少女
・色派閥ゲー(色宗教戦争ゲー、メガテン派閥ゲー、没落だらけのステラリス)
・戦略調整センター(史実、世界樹の迷宮、四度目、Re:Monster、Mtg、幼女戦記、シド星、スパロボ、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法、円環少女、禁書、リリカルなのは、FGO、ナルト、ネギま、白、青、赤、黒、緑、信長の野望 スパロボ、プリティベル、海戦、密集分散、予備兵力)
・未踏世界調査(ブリタニア帝国記、ハリー・ポッターと野望の少女、影の実力者、カルチャーショックDD系、皇女戦記等)
・文明種族育成(ナッシー進化、属国作成、等)
・ボウケンジャー(試練部の不思議なダンジョン、ヤドノキの塔、工場魔方陣、冒険者料理、グリードアイランド)
・多元宇宙食料事情
・進行中(SCP転生)
・白青VS赤
・黒赤VS白
・赤緑VS青

25 名無し-Red-市民-2 :2019/07/16(火) 23:23:45 ID:M/Llofio0
>・白青VS赤
あれ?まだ続きがあるんですか?

26 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 23:24:29 ID:eaZ7Jw9I0
>>25
『まあ、無くもない』

27 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 23:30:47 ID:eaZ7Jw9I0
                ,. - ‐ -  、
             ,   ´: : : : : : : : : :>ー-
          , ィ: : : /: : : : : : : : : : : : : : : \
        ,  ´′: : : : : /: : : : : : /: : : : : : : :ヽ
      / ,ィ′: : : /: :/: : : : : : ,ィ: : : : : : j!: : : : :
     / / /: : : : /: :/: : : : ー-/: : : :/ : ハ: : : : :ハ
    {  {! ,′: : : :{:イ : : / ´_ イ: : : :ィ: /__i: : : ! : i
       乂: : : : : : 从 : iイ示トメl: :/ソ ´ ̄ | : : |: : |
       / イ: : : : : : ル: :|  ̄` レ / rテt-、!: : :i: : :ト
    _ノ,ィ: : : : : : : : : : i{        i `ー′'j: : 八: :|
      ′i{: : : : : : : : : :ハ        ′   /レ: : : :lヽ、
       {ヽ: : : : : : : : :|   ー-  _     /: : : : : :i
         Ⅶ: : : : : ハト          ノ: : : : : : リ
            }从リハj ヽ ` 、  _, <: : : : : : :イノ
     __   /{. . ' \ニュ__-jレ ィ --{: : ィリ: //
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.`}:.:!. . . . . .Y . Y: : : : : : /v///
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:.:{. . . . . . j、, イ. . . . . /、 ′
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ハ._. . . ´ムハ. . . . .i:.:.> .,_
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:ヽ/:{ Y! ヽ` y_j:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ゝ:.:.:.:.:.∧ l , トー':.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
   、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:リ:.:.:\:.:.:.:.\ V:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
    i:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、 y:.:.:./:.:.:.:.:.:.l:/:.:.:.|,
    ∨:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:.|
      ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.i
     ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.∧
      Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:ハ
       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.∧

「赤と青白。内政(リソース増加)という点で優位なのはどっちだと思う?」

28 名無し-Red-市民-2 :2019/07/16(火) 23:31:23 ID:M/Llofio0
そりゃ青がある青白でしょう

29 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 23:33:35 ID:eaZ7Jw9I0
>>28

                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ム
               /::::::::::::::::::::::::::::'///,
               > |::::::::::::::::::::::::::::::::////`
               /  |.:::::::::::::::::::::::::::///,/ : : :\
            / ,.   |______/.: : : : : : :
        ____.  マ___厶孑' \ : : : : :i: .:
.         |:::::::::::::::::::: |.   |    . : : .:'  ∨ : i :|: : :
.         |::::    :::|  : |   . : .:, 厶 ― , : ハ:| : : :
.         |::::    :::|{ 厶斗- . : : イ/     Ⅳ :リ i : :i
.         |::   /Y :::|::{\.:.| \.:./ノ′ 笊_示㍉ i‐〈: : :|
.         |:: . / /  :::|)..゙笊_示 )'      V:rソ: : :|ァノ : :′
.         |:: / /:::::::::::|トヽ V:rソ           i.: .:|イ: : i
.         |ノ ム┬─┘-,ヘ     '     从 八:.:.i.:
       /:: マ 〉{   .,-‐,:込、   ー   '  イ:/: : :从:ト乂
.      / マ 〉:: ゝ ´ ::イ ト、(ハ≧o。 _ イ iノイ:イ   )
     /: : ( イ:::::::::イ.         ,ィi      !ム、
.    i:::::::::::::::<         __|>───〈: : ト
.     ム ` ーく.       ,ィ‐yf"::: : >ニ<:::::::::: ` ‐ry
...   ム:::::::::::|      ,ハ......|::::::://  \\::::::::: / . >x
..   ム:::::::: : |    /   /::::/ / ○ / /:::::: /.       i
.   ム.::::::::::: |.  /   ./:: : \ \_//:::::::::::i        |
   ム:::::::::::::::|/    ./::::::::::::: >┤<.::::::::::::: iィ.       i
.   ム:::::::::::: : |      /.::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::ム       |
   ム__ /|.     ィ :::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::://イ     |
   ∨.    /  /. ∧:::::::::>─<.::::::::::: /////|.       |
.    ∨.  / . /    |:: // ̄\\.:: ////ィ'...|     |
    ∨___./.      |:: | | . ○ . | |.::: : '//,|  i       |
                 |:: \\_//.::: : '//,|.  i.      |
                 l:::::::::>─<:::::::::: : // |  〉     i
              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///ヽ  }.    ∧
                /:::/ ::::::::::::::::::::::::::::::///,〈  |    ∧
.               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈////,、 |.      ハ
             仄.:::::::>─<:::::::::::::::::::::://// ヘi:.       |
               ∧: : // ̄\\:::::::::::::: : '////,∧..    |
.            ∧::: : | | ○  | . |:::::::::::::: : /////, 〉、    |

「と、思うよね?」

「ところがだ!必ずしもそうではなかったりする!」

30 名無し-Red-市民-2 :2019/07/16(火) 23:34:57 ID:M/Llofio0
ファッ!?

31 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 23:37:21 ID:eaZ7Jw9I0

                           __  __
                    ィヽ-'⌒Y´ ├´ レ、
                 、-<  `           L,
                , ‐く .ゝ‐.:::  ̄ ̄::::`. .、  ! く
                ゝ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::: \  冫
             `7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ゝ
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヘ
                ':::::::::::::/:::::::::::::::/::/、::::::::::::::::::::::',
             i::::::/::イ}イ/}ィ:::://イ⌒ヘ::::::::::::::::::::::
             |::}イ:Ⅵ} rfハ}イ/ r示ミ、}ィト{ヽ:::::::::::i
             |::|:i:::}::ト ゞ゚'   弋zりイ:::::|イ::::::::::::|
            .ノイ::::ハ∧ '        |:::::::::::::::i:::::′
              }イ从}イ\ `  ´   イ::::ィ:::i::/:::/
                  ._≧-r‐ ' /イ从イ/イ/
                   ヽ-iレ _,r' ̄i
                  ノ  ,イ|/´.:.:.:.:.:.\
                /;;;;;;;;;;/  , イユノ
                /;;;;;;;/ / __」;;;l
              r、/;;;;/ , ィ_.ノ;;;;;;;;;;l
   〃___        /  ̄  /  」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    l     ヽー-、ヾ ,'    )ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    l    i    l  i    〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
   ,イ     l    l  l  ',  ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」
  / l     ,' i   l\.l __ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」‐ '´
  /  l   /  l   l /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
 /  l ノ    l   ト;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//\
/   l           l L;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/i-ー 、l
\ └ー-- '´i`‐--┘l `\;;;;;;;;:/  ト、  \
  ` ‐--‐ '" ´    r┴‐ '"´   `.プ┤ヽ  /
            ,イ       //;;;;;;ヽ  「
           / !       / ̄::T::r.、ノ
          /      /::l::::::l:::::l:::l::::',

「まず、青も白も単体ではある種の積極性を持つ」

「白は軍隊で短期決戦を仕掛ける色でもあるし」

「青は敵をぶん殴るわけではないとしても、知識を積極的に収集する(ドローする)部分がある」

「どちらも無変化ではない。何も起こっていないわけではない」

「しかし、青と白が組むと、そうした変化をもたらす性質がややオミットされて」

「【相手に何もさせない】ことにリソースを裂き始める!」

「具体的には、デッキの中からドロー用のカードが減って、その分砲兵が増えたりするわけだ」

32 名無し-Red-市民-2 :2019/07/16(火) 23:40:11 ID:M/Llofio0
なるほど……
組み合わさったことで単純なプラスではなく、変質が起きていると

33 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 23:45:39 ID:eaZ7Jw9I0
>>32

           ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
          .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
       .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
       !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l
      .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l
      .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
     ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!
    /:.':,ィ:i:.:.:.ハ   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l
.    {:ハ:l .lハ:.、:、 ヽ  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!
    ヽ `  `ー`ー>. _ <ムイハ从 ノ'
              ‐、/|     ノ' }
.        /: : : //´l    /: : :ゝ. __
.        /: : : : ://_ `  /: : : _ --、ヽ
        / /: : : 〃- 、ヽ:´: : :, ´    ヾ!
.      / /: : : 〃 /: : : : :/.i      }:i
     / /: : : :/ /: : : : : : :'j '      .':.ヽ

「そうだね!」

「そして相手に何もさせないことにリソースを裂くあまり」

「自分が何かを積極的に変化させる余裕も失ってるわけだ」

「最終的に、時間停止のように、【敵にも自分にも何も行動させない】【盤面で何の変化も起こさせない】という無変化を好む色になってしまうわけだ」

「実際、フレーバー的にも、アゾリウスは、研究で社会を発展させるギルドというよりは」

「犯罪防止に注力するあまり、自前の研究さえも含めて、自他に何もさせない、盤面に何の変化も起こらせないことを是とするギルドになってしまっている」

34 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/16(火) 23:48:25 ID:eaZ7Jw9I0

      . ´  ̄ ̄ ̄ ` 、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:\
     ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:. ,
   イ :.:.:.: i:.:.i、:.:.:.: i:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.,
   .|:.:. ∧lヽレf_Ⅵ、:.:.:.:.:.: i:.:.: ,
   .|ィ:.「二  ‘.ハ::! i:.:.:.:.:.:.:.lヽ:. i
   .|ハ:‘.匕i  `゚´ .!:.:/:.:.:. l.ノ:.:.|
     ヽ‘. 丶   }ィ :.:.:.: 八 : |
      }:.:ヽ.ヽ )   !:.:.: /:.:.:.`:.|
      }:.:i:.:.>、__ '´.':.: / :.:.:.:.:. |
      ゙V!:.:.:.:.:.}  ':.:.∧:.:.:.:.:.:.:‘.
      ィ:.:r=≠-,イ:.:./  `ーッ--ミ、
    /::/:.:.厂 ソ /:.:/    /:::::::::::::',
     i:://i ./ .i:.:/    /::::::::::::::::::',
    ハ{  ' ./  |/   ./:::::::::::::::::::::::,
    ,':::| ' /   /,, '´::::::::i!::::::::::::::::::::,
    i::::| .}/  ィ:::::::::::::::::::::::|!:::::::::::::::::::::',
    |:::ハノ/ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
   _レ介:、   .|::::::::::::::::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::: ,
   ヽイハヾ)   |:::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ:::::::::::::::::',
   /,イ .}ト'   |::::::::::::::::::::::::: /  〉:::::::::::::::::',
  .//ム,}l_   .|::::::::::::::::::::::::::{ ,,':::::::::::::::::::::i
  /L!'  }! ` ̄:|:::::::::::::::::::;,:::´:::::::::::::::::::::: /
. /::/     _, -'、__,,:::´::::::::::::::::::::::::;, '
/::/     ‘-ァ、   }-::!:::::::::::::::;, ´

佐々木王「一方の赤は・・・ある種の直感とでも呼べば良いのかな?」

佐々木王「青や黒や緑と違って、純然たるドローは苦手なんだが」

佐々木王「俗に【衝動的ドロー】とか呼ばれる擬似的なドロー能力を持つ!」

佐々木王「たとえばこんな感じだ」


Act on Impulse / 衝動的な行動 (2)(赤)
ソーサリー
あなたのライブラリーの一番上から3枚のカードを追放する。ターン終了時まで、あなたはこれにより追放されたカードをプレイしてもよい。

佐々木王「ライブラリーの上からカードを追放し」

佐々木王「一時的にそのカードを唱えられるようにする」

佐々木王「あくまで赤らしく一時的だが」

佐々木王「ライブラリーのカードを一時的に手札に加えているようなものなわけで」

佐々木王「まあ、ドローの亜種と言って良いだろう」

35 名無し-Red-市民-2 :2019/07/16(火) 23:59:19 ID:cLvIkcOo0
赤らしい後の事を考えない能力だ

36 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 00:00:07 ID:E2rBpt/M0

                -―‐/`ヽ-――-< ̄ ̄`ヽ
         .  ':.:.:.:.:.:.:.:.:.′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         . ':.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:'.
     /:.:./:.:. /:.:.:.:i :.:.: i:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:'.
     . '/:/:.:.:.:.:/:.:.:.:/|:. / |:.:. i : i:.:.:.Λ:.:ヽ:.:.:.:.:∨:.:.:'.:.:.:.'.
    ./'´/:/i : i:.: ':.:.:.'7T:.ト、|:.:/|/ |:.ァ' 弋:Λ :.:.:. i:.:.:.ハ:.:.: i
     |/|:i|:.:.i:.:. / |/ |'  .|/   \ハ:.:.:.:.l/:.:.:l:.:.:.:|
        .Ⅵ|i:.:Ⅵ:'  __       __   `| :.:. i-=彡i:.:.: |
       Ⅵ|:.:.∨ォ==云     折≡=ミ、:.:.:.:.|:.:.:.:. ' :.:. |
          `|:.i:Λ{{|:: r:|      |_:::: r| }}:.i:.:.:ト、:./:.:.:.:.:|
         Ⅵi:Λ .|ー=リ       比ーリ .|:.|:.: | .|/ :.:.:.:. |
           Ⅵ:i:ハ  ̄         ̄   |イ:. ムイ:.:.:.:.:.:.:.|
          Ⅵ:.:. > .   r-<     . /:.:/ .|:.:.:.:.:.:.: |
          ヽ:.:.:.| > . _  .. r ´ /:.; '  |:.:.:.:.:.:.: |
           ` {⌒ーく _|   { ̄i/イ   .|:.:.:.:.:.:.: |
           厂   ∨i     `7 `丶   |:.:.:.:.:.:.:.:|
            厂`    、} 厂 ̄ ̄.'    \ .| :.:.:.:.:.:. |
         厂 ̄       ヽ=== .′      、|:.:.:.:.:.:.:. |
        /i         \ノ   .′        ヽ:.:.:.:.:.:. |
       ./ .| .ィ壬ミ、   ヽ   /      /::| :.:.:.:.:.: |

「赤ってのは短期決戦の色だ」

「敵クリーチャーをとっとと燃やす、自クリーチャーでとっとと殴る」

「だからゲーム的には序盤戦に特化して」

「1〜2マナ、せいぜい4マナくらいの低コストカードを突っ込むことが多い」

「これは序盤に殴りかかって短期決戦するには良いが、複数の意味で長期戦では息切れを起こす」

・低コストカードでは、敵の中・高コストカードに対抗できない。火力魔法は敵クリーチャーの装甲を抜けず、自クリーチャーは敵クリーチャーに一方的に殴り殺される。

・低コストカードの強弱以前の問題として、そもそも手札自体を使い果たして何もできなくなる。

「赤は低コストカードを突っ込む。ということは、手札のカードを「唱えられない」ってことがあんまりないし」

「土地に余裕があれば1ターンに複数枚のカードを唱えられることもある」

「これは1ターンに複数回行動できるようなもんだから、低コストカードの性能が低いことを考えてもなお、赤に盤面での優位をもたらす。」

「だがそれは手札枚数と引き換えの一時的優位だ。1ターンにドローできるカードは一枚だけだから」

「1ターンに2枚以上のカードを使ってれば、手札の補充を消費が上回り」

「いずれ手札が尽きてそれ以上何もできなくなってしまう」

「今のために未来を燃やす赤らしい動きではあるな」



「・・・だが、そこで衝動的ドローができればどうだ?」

「一時的にであれ、擬似的なドローで、尽きた手札を擬似的に補充できれば?」

37 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 00:03:45 ID:4rsgRJM20
悪あがきというには十分強くて戦略的ですね

38 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 00:10:02 ID:E2rBpt/M0
>>37
    __               _
,...´ ,二──二 `  、     ,.  ´:.:.:.:.:.:.:.`  .,
`  、.       ` 、`  、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、
.、:.:.:.:.`   、_  ___ノ:.:.:,:.':.r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
_. ` 、:.:.:.:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:., ':.:/:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.',
 `ー-=‐:.:.:.:.:.:.:.:../:.:.:.l:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:._///゙./i:.:/i:.:,、:.|:.:.',
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:ri:.:.:.:.:{ヽ{ ゙ ヽ、´l/ .|/.l:.:.:l:.:.:.i
___:.:.:.:.:.:.:.:._,∠/:.:.:.:.:.:l:.:.:.:ヘ.l:.:.:.:.,゙下`ゎ ‐ ,∠´}:.λ:./
:.:.:.:.: ̄ ̄:~:.:.:./:.r‐´ ̄7:.:.,:.:.、 lヽ:{. 匕7   ,z=r ´:.:ノ./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./{:.:.ヽ   l:.:.:l   ゙ ー 、      ′/‐ ゙. ゙
:.:.、:.:.:.:.__:./,_ ゝ:.:.ヽ  |:.:.:l      ヽ `ー _ノ
:.:∫:_.メ,イヌ `ヽ` .、:.:`,;:.:.ノ      .l` ´):.:.:)
` ー-.´~...___ ヽ,,フ´.ヾ      .l:.< .l/
`ー、_  -- 一 ゙~ ',  .l::} ヽ    |:.:.ヽ
, -‐-~ .、        丶 l/__}    l:.:.:.:l
      ヽ       i゙   .l    l:.:.:.:`ー―-
       ` ー゙ ゙、__.二一.'.'、.   l:.:.:..r‐-
               `' - .,   i ` 、            _
.                    ゙丶、  ` ー- __  ___  -‐´ノ
                       ゙ヽ          ゙‐、´
                         丶 ̄~ヽ、__  、゙ ,.'
                  ,  '             ゙`ー`
‐┬―----―-- ゙~ ̄ `フ ´         /
‐´',            /           , '
  ',          /           /
   ',         /         /
   ',       /         /
    l      /         , '

「そういうことだ!」

「無論、さらに長期的に言えば後先考えない動きではある」

「手札が空になったから、未来(ライブラリー)を燃やして手札を補充しているに過ぎない」

「いずれはライブラリーアウトという形でツケを払うことになる」

「とはいえ、ライブラリーが切れるほど長く戦うことはあんまり無いしな!」

「対戦時間を考えれば」

「中盤〜終盤の手札切れを衝動的ドローという一時しのぎの内政(リソース増加)が十二分に戦略的ってわけだ!」

「故に、対戦という短い時間に限れば、赤は案外内政力に優れた色とも言える!」

39 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 00:14:09 ID:4rsgRJM20
一瞬、だけど閃光のように!なお燃え尽きる前に敵が焼ける模様

40 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 00:17:06 ID:E2rBpt/M0
                     .イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.    i    |
                    _L:.-―:.:.:.:.ー-:.:.:.:.:.:.\  .!     |
                  . イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、:.:.: \|     :!
                イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー-:.:..._\ヽ:.:.:.i    .|
               ノイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≦ ̄:.:ー一V:.!    .|
         ー==ニ二´/´:/:.:.:.: |、\:.:.:.:.\:.:.\`丶:.:.:|:.:.マi     |、
             /:./:.:.:iイト:.:.:.| \:トーミ:.|>、i⌒'-Y:i:.:.:..!    .l:.:.> .
                i:. ':.ィ:.:.:.:.L>、i'´ ̄   .}'     .|イ:.:V     l/:.:.:.:.:> .
                |イ/ i、:.:.:',.  \      .x示≧x:.:.:.\___L:.:-―-ミ:.:.:\
             / ./:.ヽ:.:.:.Vィ示ミx     "た:::ハ'”i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.: \
                 /:.:.:.:.\ヘ‘ i::::::r}     ゝヱノ ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:.ヽ
             /:.:.:.:.:.:.:.i!.ハ `¨゚´  _ ' - ォ  ,, ,, /イヽ:.:__.:.:.--ミ:.:.ヽ:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:'.
            /:.:.:.:.:.:.:. ノ`ーヘ'' ''   V  i.   .イ/     .ト、:.:.:.:.:.:.:ヽハ:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:'
           /:.:.:.:.:.:.:.:./    > .._  ゝ- ' イi /       .i  \:.:.:.:.:.:. |:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.i
          /:.:.:.:.:.:.:.:./          T ーイ  }!      l   ヽ:.:.:.:. |/:.:.:.:.:.:.:.:. !
          ./イ:.:.:.:.:.:/          .ノ!     i.!       ′   }:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;
        | |:.:.:.i:./        .  フ厂      .!:|.   ;   ′    i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′
          ヽ:.从       /  .イ/        |::!     ′   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

このように、未来を犠牲にした一時的な加速で良ければ、

赤は青や緑に頼らずとも自力でリソースを生み出した上で、そのリソースを盛大に消費して爆発させることができる!

このため、赤は実は内政(兵站部隊)・砲兵部隊・突撃部隊のいずれにも優れたバランス良く強力な色だったりするのだ!

こうした普遍的性質に加えて、鎖回しや実験の狂乱等、凶悪な個人芸を手にしたこともあり、

一時期環境が純赤一色に染まったことさえある!

鎖回し:赤のくせに緑のクリーチャーを殴り殺しかねない凶悪クリーチャー。一人で「鎖回し環境」を作ってしまった。
実験の狂乱:衝動的ドローの上位互換

41 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 00:19:40 ID:E2rBpt/M0
>>39
              _
             /:ノ: \
             \: : : : \
               < : : \
                  <: : :\
                  >--- ミx
               _. -┴ー-:.、:.:.ヽ\
             . <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:'. 、>、
            / :.:.:.: i:.:.:.:.:,:.:.:.:、:.:.:.:.:.'.:.:.:V>'7
            ./:.:. /:.:.:|:.:.:.ムZムハ:.:.:h:.!:.:/:::::〉○
           |イ:.:.|ヱ7ヽ:.| z=rッミi:.:.:リ/:::::∧
             .|:.i:.:.伐:リ `゙ ゞ-゚ .!:.:.i::::::::::/:.:.\
             .|∧:.:ヽ  r_ァ  . イ:./:::::/ \:.:.:.>
    \、人.,.イ | ヽ:.:> --<ムi'⌒く_)     ̄
      )   (      `ー-::::`¨´::::::::::ノ
    /イ ト{⌒      }ー---rッ爪ーァ
      ⌒        .ノ::::::::ム/ヾ>⌒ーァ
                ヽ_/L!-'´ .トv'
                ./ ./i  _. <'.
                 `¨l二7  ヾ´:::::丶、
                   |::::::i.   `丶:::::::!
                   |::::::!      `ー'
                  }::::ノ
                 Ԭ

「そうそう!」

「戦争なんて元々短時間なんだから」

「短時間にリソースを引き出し切って、一瞬だけど閃光のように大爆発させる赤が最強なんだよ!(赤並感」

「なあに、クリスマスまでには帰って来れるさ!(赤並感」

「鎖回しさんと実験の狂乱さんが環境を真っ赤に染めたんだから大丈夫大丈夫!」

なお

42 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 00:24:31 ID:E2rBpt/M0
                      -──-
                  ,  '"´            `丶、
              /                     \
              /                      ヽ
           , '                         ',
.          /                  ',
         //     /   ./         ハ
.        //     l:   ,'        /         l
                ハ   !       /   |        |
        | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|
        |       !.! ヽ/l       //    .|       /
           ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
          ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /
.        l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'
.        |       八  ヽ         ̄l   レ'     |
                 ヽ   、 _.       ,'   .,'        |
        /         \ / r/ヽ     /   ハ ,'
.        厶イ八 ハ   ハハ /-‐´ イ≦ ´ /   / V  /l .ハ ',
            ,ヽ! .\, イ   ^ ‐---- 、 イノ/   ヽ/ j/ ヾ、
         |  ヽ, ´       ^ヽ‐--r >       ヽ
            |   ヽ,         \./ /         ヽ
           |    ヽー────‐、 ∨}      _,,,... -‐ 、
          |       /       \\,..   ./      ヽ
          |       .i         ー─'   /         ヽ
          |       i       /   __./          ヽ

「ああ、そうそう」

「勿論青白全員がアゾリウスってわけじゃなくて」

「テフェリーさんみたいに研究加速し、変化への妨害を排除する青白も居る」

「だが、青白はしばしば妨害に注力しすぎて、内政力を欠くのも事実だ」

「一方、赤は息切れが前提だから逆に衝動的ドローが標準搭載になっていて、かえって内政力重点になってたりする」

安価↓1 質問・コメントがあれば

43 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 00:28:40 ID:4rsgRJM20
戦争と文明ではカラー評価が大分変わって面白いですね
赤の火事場のバカ力は侮れない

44 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 00:31:35 ID:E2rBpt/M0
>>43
              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「だね。僕は自身がコントロールだからこそ」

「アグロの爆発力もまた認めている」

「ローマ冒険者が優遇されてるのはその辺もあるわけさ」

45 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 00:32:12 ID:E2rBpt/M0
安価↓1 見たい描写
・TS
・アーッ!
・ヤンデレ
・SCP
・諜報(諜報枠、諜報試運転、偽メシア等)
・外交(外交枠、外交枠試運転、ローマ傘下国、受難の民架橋等)
・科学(研究枠、研究枠試運転、民間研究、ファフナー、ホライゾン、ドラえもん、スパロボV、性転換、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法)
・スカウト
・育成
・学園
・コミュ
・転生
・五色(色ギルド・五色の社交界・五色の立法府・五色の行政府・五色の学会・五色の市場・五色の諜報・五色の連合軍・五色の芸術・五色の庭園・五色の医療・創世道、その他)
・円環少女
・色派閥ゲー(色宗教戦争ゲー、メガテン派閥ゲー、没落だらけのステラリス)
・戦略調整センター(史実、世界樹の迷宮、四度目、Re:Monster、Mtg、幼女戦記、シド星、スパロボ、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法、円環少女、禁書、リリカルなのは、FGO、ナルト、ネギま、白、青、赤、黒、緑、信長の野望 スパロボ、プリティベル、海戦、密集分散、予備兵力)
・未踏世界調査(ブリタニア帝国記、ハリー・ポッターと野望の少女、影の実力者、カルチャーショックDD系、皇女戦記等)
・文明種族育成(ナッシー進化、属国作成、等)
・ボウケンジャー(試練部の不思議なダンジョン、ヤドノキの塔、工場魔方陣、冒険者料理、グリードアイランド)
・多元宇宙食料事情
・進行中(SCP転生)
・黒赤VS白
・赤緑VS青

46 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 00:36:02 ID:4rsgRJM20
科学

47 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 00:41:45 ID:E2rBpt/M0
【ステラリス系研究枠】
【物理学系】
コンピュータ:物理研究所、戦術コンピュータ、AI、エネルギー対空兵器、センサー等:
フィールドマニピュレーション:エネルギー生産、シールド技術等:
素粒子物理学:エネルギー兵器、動力炉、FTLドライブ等:
【社会学系】
軍事学:宇宙軍許容量、艦隊指揮上限、地上軍等:
【工学系】
産業学:工学研究所、鉱物生産、ロボティクスPOP、建設技術等:
材料工学:装甲、戦略資源等:
推進システム工学:爆発兵器、実体弾兵器、実体弾対空兵器、スラスター等:

48 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 00:44:13 ID:E2rBpt/M0

      x=====ミ、  .,  -───-  、
     〃     ヽV /    ヽ _ \
     {(      .,ゝ'"´ ̄ ゙̄ > 、,ィ ̄ ̄ヽ
     ヽ)   ,ィ´/、 ヽ     ¨_/\.   V
        /././! \ \ヽ、   ヽ  ヽ_, V
       /イ/ / | i. \ \\.  \ <´ ヾヽ
      ´/ /,イ .!ヽ\  iヽ \\.  V  ヽ  Vヽ
      / // .! ./! ヽ ヽ.| ,,xzzzzァヽヽ l ヽ V i!ヽ}
       /イ./イ ,.ャzzx、 \|尓・ソ 〃Vヽミ=- .V \ i! リ
     ./ !' .! / 圦・.刋ヽ. \   _ノ  イ  i }-─'"V
       | ∧{ !゙  ヽ     ⌒7 .イ  /イヽ.   V
      ∧ {、ヽ_ >     、   ./イ/  /´! |  \.  V
      /' .ヽ!从//\  ゝ- '  .イ从/!/{l !.|ヽ  \. V
                 ≧s。_。s≦>^ヽ. / .リУ! \ヽ ヽ!
              ./:::::ヽ<:::::::::::/\      )ハハノ
             斗r七´:\/╋\/::\ \
            /::::::::/::::::::::::i!::::::i!:::::::::::::::\. \
        /::::::::/:::::::::::::::i!:::::i!::::::::::::::::::::::\/ヘ
          |:::::::::i::::::::::::::::;':o::;':{二二}::::::::::/:::::::::::}
          |:::::::::i:::::::::::::::;':::::,':::|::::::::::|::::イ::::::::::::::::イ  (ヽ (ヽ∩
          |:::::::/::::::::::: /o::/::: |::::::::::|:::i'::::::::::::::::::::| (ヽ ', ', ', ',.|
          |:::::/:::::::::::::,':::::,':::::::>-<:::|::::::::::::::::::::| ヾi! i! //
          |:::::}::::::::::::,':o::,'::::::::::::::::::::: /!:::::::::::::::::: |./^  /´
          |:::∧:::::::: i!:::::i!:::::::::::::::::::::::: |::::::::::::;::<{  ./、
          |:/::::',::::::::i!:o:i!::::::::::::::::::::::::::}::::::/::::::::ヽ_∠イ/
          |{:::::::::::::::i!:::::i!:::::::::::::::::::::::::〈:/:V::::::::::::::::::::/

>軍事学:宇宙軍許容量、艦隊指揮上限、地上軍等:

「・・・現場指揮官決めよう、な?!」

49 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 00:47:15 ID:E2rBpt/M0
         /     /     ',  ハ.    |Y    \
        /      .l      ',  ハ    ,!,!    二ア
        /イ      l   |   ` ‐- -‐ ´/    \.V /
     _, イ /      .l   /\       /      `.V ./
        l     /  l  ./.  \-‐ ─イ         .V
     ___l     l__', /`\.  \__V_.|__,,,,  l     .!
     >イ     |  /.´! ̄ \   \ |  \  |  ハ  ,!ヽ
    / .//!     .!/   .|/-- 、 \  r‐‐|.   \|   ハ /  \
  /  // .|     .|≧zzzzs。、    \ ,。szzzzz≦    l/ __.\
 // ̄'/‐∧     .《、 .{. O .}゙'      ".{. O } ,》    l_\   ̄
    //   ∧.    ` `¨ ´   ,    `¨ ´ / / .∧
   .//.     \  -、--ヽ             //ノ  |ヽ\
  /.´       `< ̄ ̄ ̄ヽ--、r‐‐‐ 、r‐‐‐ イ ̄ ̄ }  .| `¨¨
            /──、    { ̄ ̄     イ ̄.ヽ\!
          __/:::::::::::::::::: ̄ ̄ヽ──── ´:::::::::::::イz、___
       。s≦i:i:/::ヽ::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::イ::::::::Yi:i:i:i:i:i|
      ,s≦|i:i:i:i:i:i:|:::::::::::::::::::::::‐-::::: | |:::::::-‐::::::::::::::::::::::::::::|i:i:i:i:i:i:i|≧l
    |i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:|、
   /:|i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i|:::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:|::V

デグ閣下は希望通り、「安全な後方でエリートコース」を満喫していた。

・・・つまり、科学的野蛮人共にまともな軍制を叩き込むという実に文明的な仕事だ。

さて、まともな軍制とはまずもって入れ子型の指揮系統であり、

その中で特に軍隊の屋台骨となるのは現場指揮官である。

・・・デグ閣下がかつて酷使されたように。

酷使されたからこそわかる!後方指揮官の意を汲める現場指揮官のありがたみが!

・・・で、居るか?現場指揮官。ローマに。

50 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 00:47:45 ID:4rsgRJM20
あっそういえば確かに居なかった
…しかも向いてそうな人材は逃げるし

51 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 00:48:35 ID:iYYQmmbQ0
ゴーレムは現場指揮官かというと、微妙ですねぇ。
アイドル?

52 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 00:54:07 ID:E2rBpt/M0
>>50
>>51

     *
     /
   ┌┴┐
   / ̄ ̄\ _
  /∩ ∩ Y○)
  |∪ ∪ |ニ(
  ∧    人○)
 (⌒\_(⌒ヽ

そう!まあ居るには居る。

ゴーレム指揮官が。

まあ、無能ではない。

とりわけ安定度においては完璧で、

「勝てる戦争を確実に勝つ」ことはできる。

だが、デグ閣下がしばしば見せたような「逆境下での戦術的爆発力」までは期待できない。

53 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 00:57:32 ID:E2rBpt/M0

                          , -―- 、
                、__        〃
                    \`::..、      ({                 ____
                    _ >::::ヽ ____ヾ . -──- .     /:::::/
                    / , ・ ー=≦=-  `´        `丶 /:::::/
                 / /__/                    V:::/
                  }//::/ /        ヽ       ハく-―― - 、
                    /::::/// /   /| /i l .Lz≦wz_ イ}::\⌒\ \
               ∨/´ ,イ 〃 / `/≧/、} |l :|, ≦ ´ ヾ ・::::::\  ヽ l|
                      / | l| :  /,ィfチュ、| !i :| ,ィfチュ、 }彡ハミ:::::{   | l|
                  /´ j/} i |/《 ト-rリ从ハ| ト-rリ 》 |ヽ川 `ヾ}  ! l|
                      Ⅴ{ lヽ 弋zノ    弋zノ   l|ソ l |     |ノリ
                      | 乂∧ " "   _'_  " " ./|l{ハ:!
                      | .//ム    (  )    ., '〃l|: ',l
                      |,.〈 (r― ≧=  _  =≦--ヾ、i:  |
                      / ,.) 〉: : : : ミvーv≠´: : : : i/` 、 l
                        ///´|': : : : : -j  !-≠: : : : リ   ∨
                       〃    .}: : : : : : ィ―ト、: : : : : : {  / ∨
                  /、     八:_:_:_:_:イ∨i 丶:_:_:_:_八/   }
                   ,\ 丶 /∨           /|!___/ \
              /  ゝ/   }       .:       / :{  \_  ヽ
             /  /  .:    i      .::      .:  }  /  /
              /  //   .:    |l               /:i/  /
.         r‐─ '   / /   .:    ノ           Y´¨  /|
.        ` ̄ フ/  ./   .:     ム             人__ァi¨   l

爆発力担当が居ないわけではない。が、それは青赤冒険者だ。

彼らには個人戦闘や、小規模戦術レベルでの爆発力は期待できても、

電撃戦のような大規模戦術での爆発力は当然期待できない。

だって基本大規模組織化できない愚連隊だから!

むしろ曲がりなりにもまとめていたゴーレム指揮官たちを褒め称えるべき局面ではあろう。

とはいえ、欠陥を取り繕ってどうにか運用してきた、と言うだけのことで、

勿論向上の余地はたっぷりある!

54 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 01:00:15 ID:4rsgRJM20
ゴーレム指揮官とシステムユグドラシルで誤魔化してただけあって整備する余地が多いw

55 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 01:00:29 ID:E2rBpt/M0
                                      __,
                                  ____  ィi〔////{
                      __    . : : : : : : :<⌒<///∧
                    . : : ⌒ア: :/ : : : : : : : : : : : : : 丶: ⌒:\
                  . : : : :/マ: : :': : : : : , :i : : : : : : : : : : : \: : : ヽ
                  ': : : : ムマ: /: : : : : /: :{: : : : : : : :}: : : : : : \: : }\
                      /: : ri: :.V: :/ : : : : /: : 八 : : : : : ハ: : : : : : : :Vハ//\  __
                   ': : : { V: {:/ :/ 〉: :/: : /⌒ 、 : : :/ ⌒Ⅵ: : : ,: :}: :}///ハ/////\
                /: : : ∧ Ⅵ: / /: :/:i: / ___  } : /  ___ Ⅵ: :/: , : /⌒ヽ/∨⌒ヽ//>
                  /: : : : :_ハ V / : /: :}/ ´⌒^ }:/  ^⌒`}: :/: /}:/    V/{    ⌒
              /: :i : 「^{ r   , : :イ: :个/.:/.:/ノ'   ′/.:/ノィ: V: j'、    V{
                /: : :} : }ノj_ノ¨  乂:_:}_ _乂__   , -- 、(\ ∧ : :V: :\    }ハ
             . : : :/i: : :{   ´    _ノ圦⌒  乂.:.:.:.ノ \\V: : V: : :\  〈/∧
            /: : :./: }: : :ゝ .,   /´ 八: 介: .    r‐ .,イ: :\`<⌒Vハ: : :\ ⌒ヽ
           . : : : /: : , : : : }   ハ   ハ: :V^ー≧=- 〕iト ., `ー' ,:^ヽ〉 }、: : : 丶
          . : : : :/: : /: : : :,   ,:     Vハ   /:::>‐<\: 〕iト.,  - 、¨ } ⌒\: \
         . : : : :./} : /: : : : ′     ⌒ヽ∧: V_/i:/i:i:i:i:i:> ∨  }    イ、    \: \
        . : : : ://: /: : : : ,    , /_    Vハ: }⌒〈i:i:/ ⌒\  r' / Y  {: \    \: \
        . : : : / ': :, : : : : :′   ' .:.:.:.:.、    }/   ^}i:i:i:i:i:i:i∧└'   i   v: : :\    ¨⌒)
       . : : : ' {:./ : : : :,      ,   ⌒   :.     j:i:i:i:i:i:i:i:i∧ :.     : : : : : \    {(
       . : : : {  }': : : , : ′   ,         }    ,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ :.   }   : : : : : : 丶  ヽ
        { : : : i / : : /:./     :^{_       ,:     /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. }      : : 、: : : : :\
       : : : : :./: : : '.:,      {、 ⌒\   /    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ ,:     V: \: : : : :\
       : : : : ' : :.イ: : {      j \  ヽ ,ノ    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i} } i     ∨: : \: : : : :丶
       : /: /: { : ∧       」   }^    〈i:i:i:i:i:i>--rヘi:i:i:/ '  {      :. : : : : \: : : : : .
      /: : イ: : :∧: : : :.、    _ イ  /}      ⌒¨´    o}  ⌒ ///:i      i: : : : : : :}\ : : : }
     . : : :/ } : /  }: : : :介=≦   ⌒  ト              〉    V/'八      }: : : : : : , ∧ : : ,
    . : : : /  i: /  j : : / :}           〈  \ __、 __   __「     } ',        ,: : ハ: / / ハ: :/
.   /: : : /  j/   ,: : :∧:.j            V/ィi〔ニニニニニニ=- _/         /: /  }'   / }:/
  . : : : /   /   / : /  }'          ∨ニニr<  ̄ 介\-=ニ〉    〕iト _ .イ: /      ノ'
  /: : :,        /: : '                 }ニニV{ニニ/^{{ニ∧∨         }/
 ': :/      /:/             __,r<ニニ乂/<ニ>Vニニ}∧
.:/        /             _ イニニニニ//ニニXニ乂ノニニ',
         /            /ニ/ニニ=-⌒¨´ニニニニニ}}ニニニハ

そう、例外はアイドルくらいか。

とはいえアイドルはそれこそファンも含めて「一点物の宝具」だ。

王の軍勢とかその部類だ。

デグ閣下の203大隊のようなもので、再現も複製も量産もできない。

それはそれで価値はある。

デグ閣下「とはいえ、戦争とはそういう一部の例外だけでやってよいものでもない」

デグ閣下「一点物の芸術品より、規格量産品だ」

56 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 01:01:32 ID:E2rBpt/M0
訂正
>>51

                                      __,
                                  ____  ィi〔////{
                      __    . : : : : : : :<⌒<///∧
                    . : : ⌒ア: :/ : : : : : : : : : : : : : 丶: ⌒:\
                  . : : : :/マ: : :': : : : : , :i : : : : : : : : : : : \: : : ヽ
                  ': : : : ムマ: /: : : : : /: :{: : : : : : : :}: : : : : : \: : }\
                      /: : ri: :.V: :/ : : : : /: : 八 : : : : : ハ: : : : : : : :Vハ//\  __
                   ': : : { V: {:/ :/ 〉: :/: : /⌒ 、 : : :/ ⌒Ⅵ: : : ,: :}: :}///ハ/////\
                /: : : ∧ Ⅵ: / /: :/:i: / ___  } : /  ___ Ⅵ: :/: , : /⌒ヽ/∨⌒ヽ//>
                  /: : : : :_ハ V / : /: :}/ ´⌒^ }:/  ^⌒`}: :/: /}:/    V/{    ⌒
              /: :i : 「^{ r   , : :イ: :个/.:/.:/ノ'   ′/.:/ノィ: V: j'、    V{
                /: : :} : }ノj_ノ¨  乂:_:}_ _乂__   , -- 、(\ ∧ : :V: :\    }ハ
             . : : :/i: : :{   ´    _ノ圦⌒  乂.:.:.:.ノ \\V: : V: : :\  〈/∧
            /: : :./: }: : :ゝ .,   /´ 八: 介: .    r‐ .,イ: :\`<⌒Vハ: : :\ ⌒ヽ
           . : : : /: : , : : : }   ハ   ハ: :V^ー≧=- 〕iト ., `ー' ,:^ヽ〉 }、: : : 丶
          . : : : :/: : /: : : :,   ,:     Vハ   /:::>‐<\: 〕iト.,  - 、¨ } ⌒\: \
         . : : : :./} : /: : : : ′     ⌒ヽ∧: V_/i:/i:i:i:i:i:> ∨  }    イ、    \: \
        . : : : ://: /: : : : ,    , /_    Vハ: }⌒〈i:i:/ ⌒\  r' / Y  {: \    \: \
        . : : : / ': :, : : : : :′   ' .:.:.:.:.、    }/   ^}i:i:i:i:i:i:i∧└'   i   v: : :\    ¨⌒)
       . : : : ' {:./ : : : :,      ,   ⌒   :.     j:i:i:i:i:i:i:i:i∧ :.     : : : : : \    {(
       . : : : {  }': : : , : ′   ,         }    ,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ :.   }   : : : : : : 丶  ヽ
        { : : : i / : : /:./     :^{_       ,:     /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. }      : : 、: : : : :\
       : : : : :./: : : '.:,      {、 ⌒\   /    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ ,:     V: \: : : : :\
       : : : : ' : :.イ: : {      j \  ヽ ,ノ    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i} } i     ∨: : \: : : : :丶
       : /: /: { : ∧       」   }^    〈i:i:i:i:i:i>--rヘi:i:i:/ '  {      :. : : : : \: : : : : .
      /: : イ: : :∧: : : :.、    _ イ  /}      ⌒¨´    o}  ⌒ ///:i      i: : : : : : :}\ : : : }
     . : : :/ } : /  }: : : :介=≦   ⌒  ト              〉    V/'八      }: : : : : : , ∧ : : ,
    . : : : /  i: /  j : : / :}           〈  \ __、 __   __「     } ',        ,: : ハ: / / ハ: :/
.   /: : : /  j/   ,: : :∧:.j            V/ィi〔ニニニニニニ=- _/         /: /  }'   / }:/
  . : : : /   /   / : /  }'          ∨ニニr<  ̄ 介\-=ニ〉    〕iト _ .イ: /      ノ'
  /: : :,        /: : '                 }ニニV{ニニ/^{{ニ∧∨         }/
 ': :/      /:/             __,r<ニニ乂/<ニ>Vニニ}∧
.:/        /             _ イニニニニ//ニニXニ乂ノニニ',
         /            /ニ/ニニ=-⌒¨´ニニニニニ}}ニニニハ

そう、例外はアイドルくらいか。

とはいえアイドルはそれこそファンも含めて「一点物の宝具」だ。

イスカンダルの王の軍勢とかその部類だ。

デグ閣下の203大隊のようなもので、再現も複製も量産もできない。

勿論、それはそれで戦術的価値はある。

デグ閣下「とはいえ、戦争とはそういう一部の例外だけでやってよいものでもない」

デグ閣下「一点物の芸術品より、規格量産品だ」

57 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 01:06:44 ID:E2rBpt/M0

       /   ノ l      l   l  l    ∧   \ \  ∧
       ,    八  l      人   l  l、    |     l  l    l
      ,   ( {  l      / `}ー--- 、,}   ∧    l  l    l
        l    |  |  l   /、 /イj/,、,/j   /´>ー‐-|  |
              |  |  |、 {彡≧s、_   l /  jノ}  イ   l
       |     l イl 八 ヽヽヽ`⌒`   l/  ≧≠へ彡l  |  /
      l     !/j八(  >        、 ´ ̄ ̄ヽヽj!  /  /
      l    |ixixixixixixi、ゝ    ,    '       ∧ /   イ
      l    |ixixixixixixixixi>  ノ⌒\_,、     イ:ix}/ / l!
      |    |ixixjI斗fセニ二iヽ≧s。      <ixi{ixi/イ   ハ
      ∧    「     }二二}二二≧≦ニ{≧x    ]ixix弋_ノ  }

「無論、ローマが無策というまでは言うまい」

「私も向上の努力はした」

【軍人系育成枠】軍人向けの大規模集団戦用スキルを覚えられる。特に指定が無ければ一枠一スキルで12レベルアップ
士官学校(仕官としての振る舞いと戦術指揮スキルと軍略Aと直感AとカリスマAとオール80を叩き込む。):
軍略直感道場(軍略と直感をEXにする):

「軍人系育成枠があれば徐々に改善はされるだろう」

「だがまだ足りん!」

「ステラリスで考えても、せめて方面軍に一人の提督くらいは必要だ」

「軍人育成枠をもっともっと増やすべきだ!」

「そして数打ちのモブ指揮官で軍制がまともに機能しているかの実験もしたい。実証主義は科学技術の基本だろう?」

「違うか?」

58 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 01:09:43 ID:4rsgRJM20
全くもってその通りです
最初から最後まできっちり実証しないと

59 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 01:13:27 ID:E2rBpt/M0
           ,ィ==-、、
          〈廴    ヽヽ
         、__,斗、ァ‐、ノ丿
         ゝ  -=ミv'⌒ `<
.          /    / :/ ∨   ヽ
        (''´/  ,  l{   lヾ   >
.       /    l   !   |    V
     、_.イ.     |     |    \  ,
    >''´ >''´  |     |.|=-    `'ツ
    ̄x<´ . . . : : |     |:|: :. . . . ._ヽー
.    (廴 ゝ≧-: : {{: : .  .|/ミ_.斗匕ゝ ))
          圦 {ハ : : : :i:|、)!.イ }}  `¨′
           〕从 : : ハハく
         /77八 }   {:‐}!: <77x
          ,: { : : : : {!  |:.∥: : : : }:V
       l: :{ : : : : 从. }: : : : : : :l : l
.       〈: ヽ、.: : : : : :ヾ : : : : : //',
.        / : : ハ \ : : : : : : :/:ハ: : : l
.      ,: : : / l: : } : : : : : { : / l: : : l
       , : : /  { : /: : : : : : ', :〉 {.: : :.l
.     {: : ⌒'<く : : : : : : : :>ヘ/⌒: }
       `''<: :/< ̄ ̄>'ヾ: : >'´
         {`i<_/ ⊆、`ヽ>:゙}
.           l: { { : :ゞー≧: : } } :}
            ',:、:{_:_: : : : : : :_}/イ
         ヘ : :`¨{¨¨}¨´ : /

Q:なんでそう必死なんですか?まあ教育枠は既にあるわけで時間をかければ・・・

「企業であれ軍隊であれ、酷使されれば有能な人材から脱落していく」

「残るのは無能だ」

「今は平時だ。一部の有能な人材を集めて、時間と金と労力を集中して教育し、少数精鋭的な将兵をそろえるのも良いだろう」

「だがいざ戦時になれば、その余裕は吹っ飛ぶ!」

「じっくり教育した有能な人材はどんどん脱落!」

「人的資源は払底し、無能な人材でも活用せざるを得ず」

「しかも無能さを補う教育時間さえない」

「無能を短期間で無理やり促成栽培した無能で戦争するしかなくなる」

「悲惨だぞ?」

「せめて今のうちに可能な限り規格量産を行い、教育制度を整え、」

「またいざというときに、せめて無能にマシな促成栽培を受けさせてやれるようにする必要がある」

「違うか?」

60 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 01:14:19 ID:E2rBpt/M0
>>58

     V: : : : : : ',: :V /      /       V / ハ     ハ   ハ   ヽ  /
      V: : : : : : ',: :V ./      .| .i      / ./  .ハ  ',  ハ  ',.ハ \ V
      V: : : : : : ',: :V /     /| l    /  /\   ハ.  ',  ハ  ',.ハ  \l
       V: : : : : : ',: :V /    / .l l-─ ´  ./l  \  ハ.  ',   l  ', .|   ` <_
       V: : : : : : ',: :V /   .l  l  >──‐イ イ ̄ ̄ヽ l  l   l  .l .l¨ア .\ マ、_
          .V: : : : : : ',: :V /   .|  l / `>、 \,! .| ,ィチ竺竺7 |   l   ,! l \  \_. >
        V: : : : : : ',: :V / /|  l  /|_、 .! l /7/ハ .|:ア .l   l  l .l`>、!   \
         V: : : : : : ',: :V /,.イ .! / .{  ヽ.| l ´ .{. 刋 //| /  /  /|∧    , ─ 、!
         〉-── 、',: :V/ .l .∧/ .∧ィアヾ.l /.  ` 彳 /   ./  /  /   /
        └t─ュ  ヽ-イ¨ヽ|.〈    汽 刈/     -=彡  イ /二´──-V
        >´ ̄       |ヽ     .lゝ.イ         イ ̄        }
        ゝ-イ¨       ヽ \∧ ∧    _  _ イ´   ___  --〈 ./
        ゝ-─ァ       ∧   ヽ-、∧  ´ イ ̄    イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V
           .ムイ、       マヽ    / T  .........イ::::::::::::::::::::::::::,。sz≦三三会x
           .ゝV: : \    /:::::::',   ヽ/Tl::::::::::::::::::::::::::::::,。sz≦三三三三三三k、
             V: : :∧ /::::::::::::::::>─-、|:::::l l:::::::::::::::::::::::::::/三ア´::::;::::::::──-::、:~゙气
             V: : :./::::::::::::::イ::::::::::::::::\ | |:::::::::::::::::::::::/三7´/::::::::::::::::::::::::::::::::\::::|
            /V: /::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::∧ l:::::::イ:::::::::/三/::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::l
           ////Vイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::/三/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::l

「だろう?実証主義は大事だ。その点では共通言語を持てて幸いだよ。」

「というわけでまずは軍事学は仕官教育に回したい」

「まずは人材無くしては軍制も何も無いからな」

61 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 01:16:38 ID:E2rBpt/M0

         \、
           \⌒\          ∧
            \ ⌒\    ∧  / ∧ ∧ ∧
           \ \  \ /V \{   ∨ }/ |
       }\      \ \ /}/  |   |     ∧/{  /
       { ∧      \ }//   |    |\    / / 八/{
       ∨ ∧    /⌒V {   ∧  И  |  :/ / /  /{
       ∨ ∧  /: : :://{    / |  |   | / / /  /从
.         ∨ ∧/: : : :{/八ハ /^~∨\    V  :/ /{/{/
.        ∨ /: :: : ,/}/ { ∨ /⌒ / \  j  :// / ム
.          V{_彡 /\_乂  |\\   \|_ /_/ / フ
.           _∨∧: : / : : : : l  乂{_\ヽ    ̄ ) )//
.       /{{: ∨∧ : : : : : :八   ≧='   _ ィ7/⌒
       /: : {{ : :∨∧ : : : : : :∧ }\    乂/
        |: : :.{{ : : ∨∧ : : : : : }_ \ミ≧=- /
        | :⌒\: :.[∨∧ : : : : : : :/ `ー=≦ |
        | : : : :ハ: :.:∨∧: : : :.:/| 、   ⌒/
        ∨: : : :∧_∨∧: :/ ∧ \_/
       ∨: : : : |: : :.∨∧′ /: :\|/
.         }___.ノ: : : :.∨∧  ′: : /
           / : : : :.:/ ∨∧/ : : :./
            }_:_:彡´    ∨∧: : :/
                  ∨∧ノ
                 ∨∧
.                    ∨∧
                      ∨∧
                     ∨∧
                    ∨∧
                         ∨ |
                      ∨

ステラリス式解決策その1:マローダー提督

デグ「教育のためには、まずはお手本となる人材だ。数だ。居ないなら他所からスカウトするのもありじゃないか?」

62 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 01:17:26 ID:E2rBpt/M0
           ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
          .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
       .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
       !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l
      .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l
      .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
     ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!
    /:.':,ィ:i:.:.:.ハ   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l
.    {:ハ:l .lハ:.、:、 ヽ  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!
    ヽ `  `ー`ー>. _ <ムイハ从 ノ'
              ‐、/|     ノ' }
.        /: : : //´l    /: : :ゝ. __
.        /: : : : ://_ `  /: : : _ --、ヽ
        / /: : : 〃- 、ヽ:´: : :, ´    ヾ!
.      / /: : : 〃 /: : : : :/.i      }:i
     / /: : : :/ /: : : : : : :'j '      .':.ヽ

「だがノン」

「ローマで「傭兵指揮官」とか」

「ゲルマン人に乗っ取られる感がある」

63 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 01:18:34 ID:E2rBpt/M0
         /     /     ',  ハ.    |Y    \
        /      .l      ',  ハ    ,!,!    二ア
        /イ      l   |   ` ‐- -‐ ´/    \.V /
     _, イ /      .l   /\       /      `.V ./
        l     /  l  ./.  \-‐ ─イ         .V
     ___l     l__', /`\.  \__V_.|__,,,,  l     .!
     >イ     |  /.´! ̄ \   \ |  \  |  ハ  ,!ヽ
    / .//!     .!/   .|/-- 、 \  r‐‐|.   \|   ハ /  \
  /  // .|     .|≧zzzzs。、    \ ,。szzzzz≦    l/ __.\
 // ̄'/‐∧     .《、 .{. O .}゙'      ".{. O } ,》    l_\   ̄
    //   ∧.    ` `¨ ´   ,    `¨ ´ / / .∧
   .//.     \  -、--ヽ             //ノ  |ヽ\
  /.´       `< ̄ ̄ ̄ヽ--、r‐‐‐ 、r‐‐‐ イ ̄ ̄ }  .| `¨¨
            /──、    { ̄ ̄     イ ̄.ヽ\!
          __/:::::::::::::::::: ̄ ̄ヽ──── ´:::::::::::::イz、___
       。s≦i:i:/::ヽ::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::イ::::::::Yi:i:i:i:i:i|
      ,s≦|i:i:i:i:i:i:|:::::::::::::::::::::::‐-::::: | |:::::::-‐::::::::::::::::::::::::::::|i:i:i:i:i:i:i|≧l
    |i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:|、
   /:|i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i|:::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:|::V

「王(社長)が言うなら仕方ない」

「ならば地道にステラリス式のリーダーシステムを・・・」

64 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 01:20:45 ID:E2rBpt/M0

        /            /        }
        ///             /    /, ,1
.     / //          l |   //    // / |i
       //〃     ..二Ll.__ j //    // / lハ  |l
.      // / ,/  j/   / j i /「フ!   /斗ャ冖jT7¬=
     // /!i l|  /l|   / /| ///|   / // / }|  }l
     / | l| //|  ,‐ァ≠≡ミ !  / /厶≠=-lL,刈
     〃  j.l.| /l |  / ヘ K 刈 l.|. /  / K乃ハ7ナテ‐/
   // l  川 /llll|l / { |弋zツ j/    弋_z ヅ// ///
   / l | ' /| lll}l |/,ヘ. V                 / ////
.      | | /ll|}l|lllll!lll|ll≧、      !      〃 j////
     j | /jlll|l|///jlll|l|lllllヘ.    .._  _.    〃 /////
.       j/  ll|/// l| l| |lllllllll\       / , //////
.     /  ll|// !八l| |lllllllllllll}:h、_    </ ////////
      >‐-ミ/  jj,ノll|v{VvV  ヾ^  /// /////////
.    /     \        /       / ////// '//
    /        `ーァ''" ̄         {  /// '   '
   ,′        K) .._        |l / ゝ..__,.-‐
   }         ム)    ̄        |/ _ ,..  {ワ
   ,′      ヽ}   }____,. -‐=≡=- ,,_      イ
.  /       j   / // //// //   // ̄ ̄\|
 /         ノ   { // //// //   // ///   }

「いや?アウトソーシングが不味いだけで、方向性としては悪くない」

「狭く貧しいコロニー内で生活する遊牧民族的略奪集団」

「武勇が重点されるも、個人武勇ではなく艦隊戦での戦術指揮能力が物を言う」

「実に良いじゃないか!」

「・・・なら、実体験すれば良いだけだろう?他者を理解するのは僕らの得意分野だ!」

65 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 01:23:30 ID:4rsgRJM20
おっここに良い体験コーナー(戦略センター)あるじゃん

66 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 01:23:46 ID:E2rBpt/M0


                          _
                        ≧ミヽ㍉ヾ㍉
                       〃⌒ヾ \  )小
                  辷-==ー彡 ⌒斗'`ヾ㍉ィル
                     ー=彡   ¨¨ヽyヌ ヽミ, tテミ rYイ'',,
               ≦         \ ミ   __{''|   ㍉
               〃             ヾ ー==从    `ヾ
                〃 〃         乂从小、    `ヽ
                /从j          ',,  ハ {    ㍉
               /   小从 从       ',ー-、 ハ     ゝ
              /       {イソイ{Y     ',ヒ    Vi   人
                /             ハ小    V彡イ㍉小 i{ヾハ
              从            从ハ } リ   .}{  从ソ
            {            _彡  ル从  ,( )   |  ∧
               ` ー---一=ニ二   / /、_yイ´    `)、 V 人
              丿             / /   {{弋____彡l} 込  人
          /             /  イ`テ===リ   {|} jレ´ ヽ  リ
         /                   |彡.      {|}      ∨l
           /                   丿`ヽ.     ィ个t     ノ:|
        /                 /    `ヽ彡<   >ミ=ーイ:::::|

擬似転生、スペース遊牧民族マローダー 始まります!

軍事学:宇宙軍許容量、艦隊指揮上限、地上軍等: マローダー転生教育

【軍人系育成枠】軍人向けの大規模集団戦用スキルを覚えられる。特に指定が無ければ一枠一スキルで12レベルアップ
マローダー転生教育:


安価↓1 質問・コメントがあれば

67 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 01:24:15 ID:E2rBpt/M0
>>65
佐々木王「あるねえ(ニチャア)」

68 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 01:27:35 ID:4rsgRJM20
さらっと使おうとしてるけど本当に良い施設だなぁw
これは期待大ですよ

69 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 01:30:43 ID:E2rBpt/M0
>>68

             , -----  、_
          , -=ニニニニニニニニ=- 、
        ,-=ニニニニニニニニニニニ=-,
       ,-=ニニニニニニニニニニニニニ=-,
       ,-=ニニ=---、ニニニニ======ニニニ=-,
     /. '      }====={       ` 、ニニ.,     ./
     .i {      /ニニニ丶       .,_ニニi    /ニ
     l/乂__   '_、‐''゛  ̄ ``〜、、ー - '、 ` .}  /ニニ
     Yニニニ//  l ∨   _` \ ` 、ニニニ` //ニニニニ
     {ニニ./ィf示笊l |∨   }x芹示ミi \ニニ/ニニニニニ
     |ニ/  | { 0 }   \  l  { 0 }l   .〉ニニニニニニ
     レ|.|   、 乂__ノ    ` ,j  乂__ノ.j  /ニニニニニニニ
     l |.|乂 `t            /  /\ニニニニニニ
      (|.|  ト  \  ー==== '    7 イノ \ニニニニニ
      |.|  レl / ` 、     イl ̄/ヽ'    -=ニニニニニ
      \     __ト.,  ̄ , ィ ' ヽ/__  -=ニ=- -=ニニニ
          \ /====、 } / __ - '    -=ニ=-    \ニニ
           ,/  ̄  ̄ +  ̄  ̄ l  -=ニ=-
             l     〇    .l-=ニ=- }
         ,   , ー_、     -=ニ=-   i
         / / 「   n  -=ニ=-    l
        , ,/   {__./ l -=ニ=- i      l
        / {     .iニ=-o } .,     }
       .,。 ,      {=- .o }   i    l
         , 。  、    /  ̄ l  ̄ ` ー 、   i
       l .。  -= 、__ノ   i       ヽ ,
       l  -=ニ=- ``〜、、         .l
      ,ト-=ニ=-       ``〜、、     }
      -=ニ=- `γ 、 ___ }_____` -- '
    -=ニ=-` ー 乂_ノ     Ii   __ -}、

「だな。加えて、研究班諸君的にはつまらないかもしれないが」

「同様の手法の使いまわしができる」

「つまり、マローダー以外にも、指揮官教育に適した文明を見つければ」

「教育枠が増えるわけだ!」

「汎用性があり、実にすばらしい!>戦略調整センター」

「そうして戦術文化の多様性が増えれば、Mtgの多様環境みたいに戦術の洗練も起こるだろうしな」

70 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 01:31:33 ID:E2rBpt/M0
ねむい。ねる。

71 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 01:33:16 ID:4rsgRJM20
オツカレサマドスエ
陳腐な手段でも役者が良ければリターンが大きいのだ

72 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 05:49:20 ID:mjlMhpk60
乙でした
寝落ちしてもうた……

73 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 08:44:44 ID:iYYQmmbQ0
乙でした!

74 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 22:51:50 ID:E2rBpt/M0
安価↓1 見たい描写
・TS
・アーッ!
・ヤンデレ
・SCP
・諜報(諜報枠、諜報試運転、偽メシア等)
・外交(外交枠、外交枠試運転、ローマ傘下国、受難の民架橋等)
・科学(研究枠、研究枠試運転、民間研究、ファフナー、ホライゾン、ドラえもん、スパロボV、性転換、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法)
・スカウト
・育成
・学園
・コミュ
・転生
・五色(色ギルド・五色の社交界・五色の立法府・五色の行政府・五色の学会・五色の市場・五色の諜報・五色の連合軍・五色の芸術・五色の庭園・五色の医療・創世道、その他)
・円環少女
・色派閥ゲー(色宗教戦争ゲー、メガテン派閥ゲー、没落だらけのステラリス)
・戦略調整センター(史実、世界樹の迷宮、四度目、Re:Monster、Mtg、幼女戦記、シド星、スパロボ、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法、円環少女、禁書、リリカルなのは、FGO、ナルト、ネギま、白、青、赤、黒、緑、信長の野望 スパロボ、プリティベル、海戦、密集分散、予備兵力)
・未踏世界調査(ブリタニア帝国記、ハリー・ポッターと野望の少女、影の実力者、カルチャーショックDD系、皇女戦記等)
・文明種族育成(ナッシー進化、属国作成、等)
・ボウケンジャー(試練部の不思議なダンジョン、ヤドノキの塔、工場魔方陣、冒険者料理、グリードアイランド)
・多元宇宙食料事情
・進行中(SCP転生)
・黒赤VS白
・赤緑VS青

75 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 22:56:52 ID:mjlMhpk60
・未踏世界調査

76 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 22:57:24 ID:mjlMhpk60
無茶王様の書き込みに5分以上も気付かないとか、迂闊だったぜ……

77 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 23:05:00 ID:E2rBpt/M0
ただいまです!

78 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 23:06:12 ID:mjlMhpk60
おかえりなさい!

79 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 23:12:25 ID:E2rBpt/M0
           〃   ___
           /! . <::::::::::::::::>  .   _
         zミイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄∠
        ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ\
        /::::::::::/:::::::::::::::ハ::::::::::ヾ::::::::::::::::::\
       .}:::::::::::{::::::}:::!::::::::::}:::::::::::ハ:::::::::::::|、::::}
       :|::::::::::::::::::|:_|_!::::::::::::::X丁:ト、::::::::::! }:/
        V:::::::::ィ:T:::| ヘ:::::::::ハヾ:::|イ!:::::::::}/'
        人::ハ:::::::|ヽ|  \X! xzzミイ::ハ{乂
         八 }ヘ::Kヱコ”  ヽ‘¨’ /!'
        r--くゝ.こ ,,,     !   ハァ
        て  へ:》\;;.  __ ィ  / }そ
         そ、 > _>  `´/>じ  》
        人::::::\ ^〜ー-こ レイ  /!
    _. <:::::::::::::::::::> .  ゞz,リ r-イ::::> 、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`!  }} /::::::::::::::::::::::::ヽ
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   }} /::::::::::::::::::::::::::ハ
   ',:::::::::::::::::::::::}ィ:::::::::::::::::::::>-イ:::::::::::::::::::::::::::::::::{
    }::::::::::::::::::::イ:::::::::::::r-ド<!:::O::::::::::::::::::::::::::::/::::|
   〈::::::::::::::::::::::{/:::::/  そ 楚 ̄i^!::::::::::::::::::::/::::::{
   イ::::::::::::::::::::::r=イ   }} イ》 }} |::::::::::::::::::/::::::〈
    |::::::::::::::::rイ{ 〈    }} rM }} |⊇:::::::{/:::::::::〈
    }:::::::__::::/:::::| '.    .}}    }} .|ア:::::::{:8::::::::::|
   rイ:::::::::::O:::::そ >==||     }:::::::::::「:::::::::::〈
   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::}}  Π  }:::::::::::h::::::::::::ハ
  そ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ=イ;〈}  .リ   |::::::::::八:::::::::::∧
  人::::::::::::::::::::::/^}:::::::::::::└----r-く::::::::::::厂:::::::/:ハ
   ヽ:::::::><   ‘1::::::::::::::::::::::::::`¨´::::::::::::ヽ:::::::::::::::::'.

『マキャベリスト賢帝による魔法界統治』

『見たい、見たくない?』

80 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 23:14:57 ID:mjlMhpk60
是非とも!

81 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 23:25:35 ID:E2rBpt/M0

              >二二二二二二二二二二二二二二二<
            /二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二>ィ==ヽ:.:.:.:.:.:.<二二二二二.二.\
          ム二二二二二>''´:.:.:.:.ヾ戈彡:.:.:.:.:.:.:.:.:.`'<二二二二二ム
          \二二二>´:.:.:.:.:.:.:>‐'''''"""""''''‐<:.:.:.:.:.:`<二二ニ/
            \二/:.:.:.:.>'´ >ニ二二二二二ニ< `'<:.:.:∨ニ/
             \::>´>彡二ニニ==========ニ二二≧s。ノイ----- 。,,_
             >'/.i {i彡i乂.{`''<i、   i イ''ヾi、.\`''==‐┘────────==-‐
           >'/ / i マi |,ィzzzz≧、i}、  i アィzッ==ッ 、  `"'''''─==ニニニ二二ヽ,
_____>''´ ノ  ./i   マiヾィ匁._`ヽ  \ i ヾ弐ノ=イ i} .\     `'<      \
二ニ=‐   /イ   / .i   i ∧  ̄      ヾ     ./ .,ィ   .\     `'<
ー''''"´  />'´  i /  i  i .i 、 \            /.イ )}ゝ, ヽ \      \`''<
イ ̄.//    .i /   .i  i i|i`"''ー   ゝ      ´  /ノ  .\ ヽ .`<     ゝ。,_
 // .i     i/    i  i  iム   、_,  ──=ッvィ)  / .i { 乂 `''ヽヽ  `'<
  ./  i     .i{    ヽ i  .i ヽ   ゝ'''''' '''''''''´  ,イ  .∨乂  `'<、∨。_  `'<
  i   .i      ii    >ヾ、  .\         / ∨  ∨ `'<   、∨\\
.\\  \.>≦二二ニニヾi}二ニ\  ヽiッ。     / |  ∨  ∨  `'< 、∨ .\\、
  `'.>≦二二二二二二.i}二二二ヽ \≧s。イ   |   ∨  ∨    `'<∨  \\'<
>≦二二二二二二二二/二二二ニニ',  ∨'<.   ..|''<  \ .\      ∨  \\
二二二二二二二二ニニ./二二二二ニニ',  .ヽ   ∧....|  /.∨  .\ .\     ∨    \\
二二二二二二二二二/二二二二二二.',   .\ノ .∧.| .∧ ∨     .\    .∨    \

その少女は転生者だった・・・いや、正確には違うのだが、

とにかく「前世の知識」、とりわけ「ハリーポッターの原作知識」を持っていた。

性格や容姿はカリスマ性溢れる獣殿の少女版と言ったところで、

外見的にはクリームヒルトを少女化すればやや近いだろうか?

82 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 23:30:08 ID:E2rBpt/M0

                    /二二二/./ニニ/ ノイ /   :.:.:.:.:/   :.:./   :.:/
                  ./二二二.i/ニニ./ / /    :.:.:.:/    :/:.:.   //
                .>二二二二二二/   :.:.:.:./ :.:./     /   .//:.:.:
              /二二二二二二/   :.:.:.:.:/ ./ ./  /   /:.:.:.:.:./
            ./二>ニニニニニニニニニニニヽ:.:.:.:/.>'´:.:./       :.:.:.:.:>'´=-‐
          >//ニニニニニニニニニニニニニニ/>イイ:.:.:.:.:/    :.:.:.:.:.:.:.>''´  .>≦
        /二/二マニニニニニニニニニニニニ>イ:.:.:.:.:.:.:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>''´  >≦二二二
      /二ニ/二二ヾ〉ッニニニニニニ>'´ >´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>────── ,.イ
     ,イ二二.i二二二./ミニニニニニ彡ゞ≦>''´───。-‐''''"´二二二二二二二 イiゞ'´
    /二二二i二二ニニ{;;;;;;;;;;>、ッフ`' ,、    _,,,。-‐ニニニニ= >≦二二二.イiゞ'´二
    /二二二ニi二二二二弌、}`''ヽ   / |'"ヽニニニニニニニ>≦二二二二イiゞ'´二二二
  /二二二二.i二ヽ二二二,、ヽ、_-ェィ' ノ......|  Ⅷi、二二二二二二二.イiゞ'´二二二二二
 ./二二二二二、二.\二二二`ヽ_/ ≧、,,i|''<.Ⅷミ≧s。二ニ>'´イiゞ'´:.:\二二二二二
./二二二二二二ヽ二二ニニニ`'<ニニニ'乂ミイ〈  マ二.i|二二.イiゞ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.\二二二二
.{二二二二>ー'''''""""'''''<二二.\i}ェッ、=ヽイis。 i二i|.,.イiゞ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\二二二
 >ミ彡ゞー=ニニニニニニニニニニニ≧s。_]/二二ニニ'<≧.イiゞ'´二二i}       ̄ ̄\二二
    >イ二二二≧=====.ィs。二二ゝミ二ニ=ヽ,ィヾ,イ.i|二二.二./  }i`i       .\二
    〈二二二二二二ニ/二ニ//イ,ィ' .ヽ, .ヽ, ヽ,ノニi}ヽ二二ニヽ。{イ≧s。       .`'
     ヾ二二二二二/二二イ / / 〈 .ヽ .) ././。イ二ゝ,二二二ノム_,,。イ''ヽ
      ヾニ=───ヽ,二二.、ヽ{i_/ミ{ }/ゝイゞ'´二二二○ヽ===========≧s。  >ニ
              `'<>/ー>'´>'´\二二二二二二.ヽ,二二二二二 />二二
                  ゞイ'''´      ヾニ○二二二二ニヽ二二二二'イ二二二二
                           /二二二二二二二.ヽ二二二二二二二二

彼女はハリーポッターの魔法使いとして生まれた。

彼女は暴君であり、誰が認めずとも自分が支配者と疑っていない黒であったが、

故にこそある種の社会性を持っていた。

すなわち「魔法界は私が支配するべき社会である」と認識していた。

ならば、王として己が支配する社会の行く末を案じるのは当然のことだろう?

佐々木王が黒でありながら、しかし一種の愛国者であるように。

83 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 23:30:59 ID:mjlMhpk60
転生者じゃなかったのか……

84 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 23:32:46 ID:E2rBpt/M0
                       , -=-  ,
                  , .:.:.:.:...     ,
                   /..:.::.:.:.:.:.:......   :,
                     i .:.:  ____::,,.___..,, ,
                 _,...:::.::y;;;aア ヌ;a;; {j
                     { , :..    / 、   i}
                    ゝ=:.    ,' _ ', /
                        j::...  i´;;;;;;;;! /,,,,,,,,,,............____
                      ノ\:::... ゝ=ー' }'ト、彡'////////\__
                /彡彡\ `¨¨´,'//'\///////////////\
                /彡彡/////> '´ ////'/\//////////∧//,'\
                / ̄//∧,'///////∧//////'/\///////∨∧///∧
           /三三=-∧////////∧////////__///,ィミ/∨/\///\
.           _/_////,'三≡∨////////∨//> ´ : : `ー'‐┴-=,/////////\
        /─=三二==//\//////,'>:'´ . : : :__  -==ノ==)///////∧
      ////=二三/////////,'> ' "´  , '_二 ̄   ̄ ̄  ̄)三三二二ニニ=====─
_   ///////─≡三≡=////       , '     _,.ィ ー==三 ̄/////////////∧
/// ̄//////////三二≡─///    ,  '    /\___/,,/////////////////// _
//////─==三=_/////'/∧::::,....'___....,,,,/∨//!//}///////////////,ィ'''\ノ /
//////////三二==─////////////////////{!//!//}///////////////`ー=- メ
/////////////=二三///////////////////////{!/!//}////////////⌒;   _ 二ニニ;
三≡=─//////─=二///////////////////////{!!//}///////////  //} }ヽ\
  ヽ / ̄\/////─=//////////////////=≡二三!//}//////////  // .} }  \ヽ
.       `∨─=≡////////////////三≡===─!//}/////////    “  “    “
        `∨'/////////////////三二─///////!//}////////


では、彼女が支配するべき魔法界が存続し繁栄する上で、

最大の問題は何だろう?

ヴォルデモートか?ヴォルデモートを排除すればそれで魔法界が存続し得るか?

85 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 23:35:14 ID:E2rBpt/M0
.         /
        /′
.       /′
      /.'
.     /.′
     //
    ,ミ!
   {'`;ヾ、
  /ニヽ〈                ____
 ヘニニゝ }             , '.. . . . . .ヽ
  ':,::::::, {              / . . . . . . . ...,_,_.,
_....j\::: \,,,____         {, , ;ィ=、,, , , ,~“゙〈
ー─-‐==''"´ヽ':;:::;\      j; ; ;`=,,j; ; ; . / .j′
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;':, ::::::::〉〉j;;;;';;ー-=、  jニ= 、. . . . . .iィ'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;//::};;;;;;;':,;ヘ::::::::>メ、,,__ ヽ; .,イj!;
:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;,:';/;;::::/:::::}::}::::::`::iー ´
: ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';/,;;/::::: //\:::::::ヘ{`;  ,=ミ
:::::::::::;;;;;;;;;;;',;;,:::,'''''''''''''//;;;{::::::::://\:::\::::ヘ `ー゚ /
∨;;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;//;;;;/::::::://ヘ::::\::::\,ヘ_/
 \;;;;,,,,,,::::::,':;;;;;;;;;;;/:::/;/::::::://,::::::',::::::\::::ヘ:::,
.   \;;;''''''':;;;;;;;/:::/;;/:::://::::',:::::\::::::\:::::′
    ヘ;;;;;;;;;;;:/::::::////\:::::':,::::::\::::::::':,{
.      〉;;';;;;;::::; /:://\::::::::::::::':,::::::::::'::;::::::}
     /;;;'::::::∨´`;:/;;;;;;;;;;;;':::;::: \':,:::::::::::::':::;}
    /;;;'::::: /;;;;;;;;/`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;\::::::::':,:::::::::::::::}
    /;;;'::::::/;;;;;;;;/::::::::};;;;;;;;;ヽ;;;;;;;::\:::::\:::::::::{
    /;;;':::::/;;;;;;; /::::::::::};;;;;;;;;;;;};;;;;;;;::::::::::::\\:::ゝ
  /;;;;'::::/;;;;;;/::::::::::::};;;;;;;;;;;;{;;;;;;;;:::::::::::::\\`ヽ

いや、確かに、転生者(じゃなかった)主人公ミラベルが見る限りでも、

ヴォルデモートによる支配は危険ではあった。

ヴォルデモートの政策は魔法界を滅ぼしえる。

故にヴォルデモートは確かに宿敵で、排除しなければならない。

それは確かだ。

しかし、ヴォルデモートを排除して現状維持を続けるだけでは、

魔法界はやはり早晩滅びるだろう。

86 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 23:37:14 ID:E2rBpt/M0
                  _   ヾ.:.、
                 <:.:.:.:`ヽ  }:.:.:)
                   __ヽ:.:.\!:.:/   _
                >.:´:.:.:.:.`:.:.:.:.:.:."´.:.:.:.:.:.:.:.:`:.<
              ∠:.,ィ:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                 ,.イ:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.',
            /:/.:.:,:.:.:./:.:.:,:.:.:/:.:/ i:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:',__
              ,.:'.:.:.;':.:./:.:./:.:.:./:.:ィ:.:/ .|:.:|、:.:.',-:.、:.:.:.',:.:.:.:.:.:./ !{`ー-、
          /:.:.:/i:.:.:i:.:.:.i:.:.i::.ハ/_|/.  ';.:! ヾ:.!:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.::{__!ゝ:.:.:.:.ヽ
          ,:.:.:./ ';.:.|.:.:.ハ:.イ.んミ.ヾ   ヾ"´ヾ:ミ、:.:.:!:|:.:.:/:.:/ !__ヽ:.:.:.:.',
          |:.:.:{   ヾ!ヽ!/:.:!沁刈     .ん心 ヾ:/リ:.:.:.:.:.ノ:.:.;   ';.:.:.:.',
             !:.:ハ     /.:.:.; ゞ ツ     {泛セ! }:.:》:.i:.:.:.:.:.:.:.:/    ';.:.:.:.!
          ';.:.:.',    ,:.:.:.:{ ' ' '       ゞ ソ,:.:.:.:.:.:!⌒ヽ:/       }:.:.:.;
           ヽ:.:ヽ.  |ハ:.:.ハ.   ___   ' ' ' i:.:.:./リ  .八    ノ:.:.:/
            ヾ:.:> i/  ヽ. V  ノ    |:.:/ ー  '   ー=≦:.:./
                      > = - ≦......|/:::{      ` ̄ ̄
                     /  {::::::::::::::::>'' ヽ
                    / |  .|= ン'"´  _ 〉
                   ハ. レ〃ヾ}   / ⌒ヽ
                      , /  {_八_jヽ/,:´   ;
                   j /  |::!介::!  ./    ./
                  { iミ、|::| |:::! /    ム
                  i  ̄丁  ー /     /´
                       |   |   /     ,: {
                       |   |、  /    / ヾ
                     >|   リ! .ハ    /!   \
                   / iミ三三彡 .{ニミ==彡|    ',
                   _j  `¨ ン¨´ ` ミ三彡′     ト.
              / ー''   ,′            ´  ヽ
              ヾミ、  .{        _       )
                ヽ _乙, -== 、 __   彡

なぜか?

・・・喩えるならば、リリカルなのはで、

管理局が「ミッドチルダ純血主義」とかを貫き、

なのはやはやてのような異世界人の登用を管理局が辞めた場合、

どうなると思う?

それで魔導師戦力を維持できるか?

87 名無し-Red-市民-2 :2019/07/17(水) 23:41:53 ID:mjlMhpk60
あ、あかん……人が足りひん……
というか単純に純血を望んだら障害性の劣性遺伝が重なってあかんことになる……

88 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 23:51:40 ID:E2rBpt/M0
>>87

                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           /:::/ /:::::::::::::::::::::::::::|::::::::',::::::::::',::::::::::::::::::::::\
                            /:::/::,':::::::::::::::|::::|::::::::|::::::::::',::::::::::',:::::::::::::::::::::::`、
                        l:::/:::, :::::::::::::: |:: j ::::: |::::::::::::,:::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::.
                       ,ノ:':::::,::::::::::::::::::|:::ハ:::::::::::::::::::::l::::::::::}::::::::::::::::::::::::::ト::',
                      イァ7:::::l::::|::::::::::: |:,'-',x :::::::::::::: |',::::::::|::::::::::::::::| ::::: | ',:}
                        /イノ::::j : |:::::从::i!l  '八:::::::::|l:リ 'x::::/:::::::::::::::,'::::::: | リ
                      '´^!//^!:::l::::::| V    ∨:::リl | j∨ リ:/:::::|:/ |:::::::
                       人  |l:∧:::{≧=ミ、 \ ∨      /!::/::::/lイ::/
                        /´\v' V《乂:::ノ゙ヽ    x==ミx/: : :|/ !/
                       ノ{ |イリ` ヽ∨ ̄´       乂メイ/W从::{ ,/'
                      ノ i! ∨  ∧           |   ̄ /´   V/
                    //......|  '.,    ' ,       '   ,イ
                 , < ...,'.......∧  ∧,     \ `ー ニア'  ,/ }、
              , <´ .....................∧  \    \、  ,イj  } |..\
             / .......................................\  ` 、    `/ }j ' ノ /...... \
            /......................................................\   > 、/  j',/ /.............. \

『そうだね!』

『外部人材を取り入れず、純潔主義を貫けば人が足りなくなるし』

『近親交配の繰り返しで死ぬだろう!』

『まさしく魔法界はそうしたミッドチルダ純血主義に近い状況に陥っていた』

89 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 23:53:10 ID:E2rBpt/M0

                 ___...、
                 _,/:.:.:.:.:.:.:.ヽー‐ュ
               ,.イ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.L.__
              j:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
              /:.:.:.:/:.: /:.:.:.:.: /Vヘ:.:.:l.:.:.:ハ
          イ:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:./:./ `"´}:.:〉:.:.:.:ヘ
          く:.:.:.:./:./ノ):ハ:.)  /:.;ハ:.:.:.:トゝ
           ):.イ:.〈ハリ≧、(   ,)斗ト:.γ
          ノハ/こハ)込) )   込)ヽハリ
               ∨(       、  /
              |ゝト  、___´  /
            ノ从 ヽ      /
              __|  >  イ
               _r┘:.:. ̄ ̄`|||´|
       _.,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー:.:-.:.:.:.|||:イ¨:...、 _
   ,. <´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}}}.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ー...、 _
   /.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.,
. /.:.:.:.:.:.:.:.: ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.: i
. ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.;.:.:.:.l
.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:r――ュ !/.:.:.:.:.l
;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|':.:.:.:.:.:.l

実際、魔法界は純血統を重ねがけしても、

いや恐らく重ねがけしたからこそ、

シンジのように魔力を失う子供が発生していた。

90 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 23:55:18 ID:E2rBpt/M0
                         -─- ._
                  .  '" ̄ `ヽ     ` 、
                /       . -ミ ─- 、  丶、
                   /  /    /    丶      \
               /    ,     {     \   ヽ  \
                  {{ ,'   ′ /  、 {      ヽ    ヽ  ヽ
                  jj ,′ ,′  { {  ヘ 、  {   '. ヘ   ',   }
                  〃′ ,′  ハ、\八 ヽ ',  j ハ.  }  (丶
             丿{   {  { {ト、ヽヽ {ヽヽ,  } }/ _」 }  j   ヽ \
              ( 八 ヘ  ヽ}},.斗ャ八=ミ }从ノノィ7厂}  ハ  、 ) 丶、
             人{  ヽ \ 从 .ィキラi`   ´ ィ妁l`jノ  ) 卜、    `ー-  .._
           ((  ヽ   }   ヽ `弋r::リ        ヒり 从 r'゙  人 )ー‐--ミ    `ヽ
           八  リ   {   ii }  ¨´      丶   リ ヽ. く   ヽ ` ー- 、 `ヽ `ヽ、\__,ノ
          /   } /  リ   ノ丿        ´   人  ∧ ヽ  )    ) リ   }ヽ
           {{   j/   八   iト、     ` ''  ´ / 〈ハ {  :、 ∨ `ヽ    (   丿 )
             ヾ j〃  人 ヽ  八 `   ._     イ )  j八 ヽ、) }       `ヽ `ヽ
             /ノノrく\ ヽ V/ \   ` フ´/::| ( /  ) 亅 丿  ((      ) 丿
.          〃 { ! \\ ) l  /`ト-‐ ´ ' .:::} j/  {  ′八(    ハ `ヽ  (
            !!/}   ) 丿\\ l/「ヽ |   /.::::/l{ /   j/  「`ヽ`ヽ  丿 ノし
           /.::. 从( 乂{   \\│ | |./.::::/: :乂  丿  ノ ノい  ) {  (人
        /.::.::.::.:.:リ )  ) 〈 (\ | | _/: : : : | ::ヽ(  ( └--ヘ,`ヽ乂ツ) ハ
.       /.::.::.:.:/;ハ  /   } }}:::::| / , ___ヽ: : :│::.::.)\  ` ミ   }ヽ }::..丶、ノ
       {.::.::.::.::.::.::.::.:V{{  丿メ V/{ ′//⌒ヽ: : | ::.(( ::.::.ヽ }ハ  )ノ::jノ`ー--\
.        }.:.::.::.::.::.::.:.::.:}乂_( ノノ: :)∧   /⌒) : | ::.::.ヽ::.::. jノ::.:V{(::.::.::.::.::.::.::.::.::..\
      / .::.::.::.::.::.::.::.:jノ.:: }}:.:| : : : : .'.    く \: | ::.::.::.::.::.::.::.::.::..ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::..\
.      ″.::.::.::.::.::. i.::.::.::.:ノノ .:| { : : : : 〉     )、_)| ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:;ノ..::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::..\
      jj .::.::.::.::.::.:: i.::.::.::.::.::.::.::| : : : rク    /. : : :│::.::.::rヘ.___,ノY{::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:..`丶、
.     〃.::.::.::.::.::.::.: ! ::.::.::.::.::.::.:| : : /{    /. : : : : | ::.::.: `}  }{ (::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.:..\
    /.::.::.::.::.::.::.::.::. :、:.::.::.::.::.::.:|: :/ : :\  /. : : : : : | ::.::. ノー[I-I]-ヘ:.:.ヘ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::::.::.::.::.::.:.:..ヽ
.   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.. ::.::.::.::.:: l:/ : : : : :∨} : : : : : : | ::.:: 乂  j{  ノ.::.::..\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::::.::.::.::.::.::.::...


勿論、その状況を放置するほど魔法界はアホではなかった。

管理局がなのは・はやてを取り込んだのと同様に、

ハーマイオニーのような「マグル出身の魔法使い」や「マグルとの混血の魔法使い」を積極的に魔法界に取り込んでいたのだ!


マグル:魔法が使えない人間のこと。とはいえ魔法使いと混血は可能であり、またマグルの両親からハーマイオニーのような魔法使いが生まれることもある。

91 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/17(水) 23:58:05 ID:E2rBpt/M0
           _,.----- 、_
         /        ヽ、
         /  /////      ヽ
       /  川彡彡彡--、二 ヽ
       i   ミミミr'"     三 i
         i i ̄ ̄ ̄        ー、r'゙i
       ',l        ,,.-==  l/)l
        ヽ ==、  ´ィチラ  l_ノ
         ',ヽニゞ'-゙ i       l
         ヾi    l  ヽ,   l
           ヽ   ヽ-''"__,, /ヘ=、
          r‐'"\  ̄-   / / i三ミ、       __
        /三三l \__//  /三三ミ>、    .l l
      ,-'"三三三ヘ  /==<´   /三三三三≧、  l l
    /三三三三三ミ',/ヘ  ハ  /三三三三三三ミ;l l

だが・・・魔法界は全体としては阿呆ではなかったが、阿呆は居た。

マグル出身の魔法使いや、混血の魔法使いを「穢れた血」と差別し排斥する

狂信排他純血主義の阿呆共である!


          ´          丶
         /      ...........

          ´ ,.............    ,............ `
        |  f-允ッxノ   乂允ッ-:: {
.         _ |   ィ´¨¨¨´      `¨¨`ヾ Y
      ih`」    /  、 ,  ヽ    i |
      |                    り
       乂      _______,   r′
        `Y   乂エエエエエア
         込    `¨¨ こ ¨¨¨   イ
          〕             |
          从 ≧=--        /∧________
.         //∧          ///∧    二ニ=--
     -=ニニ7   \         /   /\
.        /       \    ./   /  }


そしてその阿呆共の首魁こそがヴォルデモートであった。(なおヴォルデモート本人は純血ではなく「穢れた血」であるw)

この状態でヴォルデモートが天下取ったりしたらどうなる?

92 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 00:01:41 ID:GcXfdryc0
栄えある衰退()からの滅亡になるでしょうね

93 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 00:07:57 ID:IApk/QGE0
>>92
         ―――=ミ/  / /   /      /   /   /
     /       /  / /   /      /   /   / ̄ ̄ ̄ヽ
    '        '   /       /      /   /   /    / ̄ \
   /       /  /    ,  /__ /      /       /  >=ミ
   i    /   '    {    ' /   __彡'         /   /    \     |
   |   /  /   |      、  / ,   ̄``丶、     / /  ̄ / ``丶、  )    ,
   乂__i|  {   人 (__∨ ̄ ̄       ̄  /    '      >―― 〈
     八  、  ' -――‐ / ̄``丶、 \     //    /       ー┐:. :. :.|
      \ ∨ /   /{ {      /  \∨⌒}  ' ̄ ̄/ ―――  __\: 人
        ∨  /    {八 、    /  ,へ ヽ  , /    ' /   _       ):. :. 、
       { {  {    |  \ 、 ,/ ィr^) }  r'      { /-/  \ \  \:. :. \
        ミ {  |    人 二ニ ⌒  `¨    从    _ ∨:. :. :.\ _  `   }   トー―
       \ 乂:八    ヽ弋ツ         '   /:. :. :. :/:. :. :. :. )、   } 人   ,
        \ \}   \  \   '  ノ /  /:. :. :. /:. :. :. :. /:/:. ヽ   )/
         >八    ー=彡 ..,,_`_ イ>(:. :. :. / /:. :. :.:/:/:. :. :. :.}  /
        ⌒> \__彡´ ―‐ \:{_彡' ̄    ト= ≦:./:. :. :. : /从'
         ―――/    ̄ ̄  ノ      <:.人:. :.(:. :. :. : /:. /
            /:. )<     イ   / ̄ ̄ ̄:. :. :. :ト:. :.  ̄:. :. :./

【ミラベル 代理AAキーラ(こっちの方が良いかな?)】

然り!故にミラベルは己の物である魔法界を守るために、

ヴォルデモートを排除するしかない。それは規定事項だった。

ここまではまあ、ダンブルドアやハリーとも目的を共有可能だろう。

しかし、ミラベルはその先も見つめていた。

94 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 00:11:01 ID:IApk/QGE0
           _,.----- 、_
         /        ヽ、
         /  /////      ヽ
       /  川彡彡彡--、二 ヽ
       i   ミミミr'"     三 i
         i i ̄ ̄ ̄        ー、r'゙i
       ',l        ,,.-==  l/)l
        ヽ ==、  ´ィチラ  l_ノ
         ',ヽニゞ'-゙ i       l
         ヾi    l  ヽ,   l
           ヽ   ヽ-''"__,, /ヘ=、
          r‐'"\  ̄-   / / i三ミ、       __
        /三三l \__//  /三三ミ>、    .l l
      ,-'"三三三ヘ  /==<´   /三三三三≧、  l l
    /三三三三三ミ',/ヘ  ハ  /三三三三三三ミ;l l

即ち、ヴォルデモートは純血主義の首魁だが、首魁でしかないのだ。

仮にヴォルデモートが倒れたとしても、純血主義は癌のように残り続け、

外部の血を受け入れねば生き残れない魔法界を蝕み続けるだろう。

なら、どうするべきか?

簡単だ。【純血の魔法使いを皆殺しにすれば良い】。

純血の魔法使いがそもそも存在しなければ、純血主義は発生しようが無いだろう?

そうすれば、混血とマグル生まれの魔法使いで、魔法界は繁栄するだろう!

95 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 00:12:48 ID:GcXfdryc0
まとめてしまっちゃうのかw 流石黒は効率的

96 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 00:15:37 ID:IApk/QGE0
         .。s≦二心
        f((二ニ==ニニ},
         >イ笹} {笹 Vァ,
.        ノ小` ,riゥ、 ノソ从
.        )ノノノノ=Yノノノ从
.        从ノノノノノノノノ乂ミ〜、
        从ハノノノノノノノ }彡   ./、
      /´从ソ Vノノノノ' /} {  / .∧
      } 从 ノノノハ  / } { /{   ∧
.        } 乂 {ノノノノ} {   } {/ {   ',
       ', {  {ノノノノ{  {   } {   !
        } }  }ノノノ{  {   } {  ',     i
         { }  }ノノノノ  {  } {   '/   }
         { }  {ノノノ ___,}____{ {. :: '/  }
         { }へノノノ/    { {  :  '/ /
         { }   {  {. ,     .{ {.  :   Y
         { }   {  { ',   { {   :  .}
         { }   {  {  ',   { {  :   }


そしてそうなると、ダンブルドアやハリーとは対立する。

まあハリーは良くも悪くも青臭く正義感に溢れる若者(主人公)だ。仕方あるまい。

だが、ダンブルドアは良い年こいて変に理想主義的な甘さがあった。(・・・それでいて、理想に徹し切ることもできなかった。)

たとえ魔法界全体のためであれ、純血を切り捨てるような選択を是とはできなかったのだ。

97 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 00:22:01 ID:IApk/QGE0
     |                _ _
     |             , ;≦ /,´, }ミ,へ.、
     |                , ' /  / , ド/-ヽ',.\
     |             ∧/ l ,..∧ .|    |} 、.\
     |           , l{ .| `二ニ  ' ニ二 }\ ヽ
     |      , ;≦ ̄ | |.V ',.弋任,'  弋少'リ.|、ヽ\
     |     ,    , -.| ', \\    '   | | `゙. .\
     |      /    / _≦',.\ \',ー=ニ= ' /  |     V
     |    ,  , ,、゙ ミ、ミ.∧ ` .ヾ.、    / l  |      };、
     |     //,≦ミ、 ミミミ∧  l } |` .i,´,イ,|  |    \__.|_
     r-,ヘ   ./´  `≦ミミミ゙ミミ∧ リ |  .|,\.'彡リ=、  ミ| 「r,=`,─- 、
     lニ 'ヘ  ,   ∠/ミミミミ゙=,--', ' リ\lニl /彡ィ /  〈、>= {   ,、ノリ
     .lニイ.|=、  /  〉‐/彡彡彡ィ.|/l/彡ィ.><ミ>‐= ∧   ,゙ミ 、_! ,イ `_}
     ..|ゝ..} ヽ.' > ´<   イ彡リ//./ |:::::|<_./ヽ.`<_}   `< .广
     |`´z |-‐-、   _ >´ ./;:;:;:;:;|:::::|,イ >ヽ   ヾ.-─ "}
     |   イ\    ̄     /、\ ;:;: |/!/;}Ⅵ;、 \  i}   {
     | ̄   } l`<     > ´;:;:;:;\二..|/!;:;:;} Ⅷ;、 .\ _  .リ.   ___
     | \   '  /  ̄ ̄  Ⅵ‐--;:;:_:;:_;_|, 、|:;;:;:| Ⅵ;;\  \  ̄  <;:;:;:;:;:;>、

過程や手段はともあれ、ミラベルの政策は実際全体幸福に適ったものであった。

・・・それも、魔法界のみならずマグルも含めた人類全体にとって、だ。

マグルと魔法使いが受容主義の下平和的に共存し、魔法界も存続する。

誰にとっても良いことづくめだろう?

困るのはごく少数の純血くらいだ。

98 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 00:24:36 ID:IApk/QGE0
                         ∧∧       ∧∧;; ;;ノ
                     ∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃\ (゙0;;゙*)ノ/
                   ∧(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;∧∧⌒;;⊃
                ∧∧(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃
                (゚;-:。*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃
            ∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚o;。*)⌒∧∧
          ∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;⊃ (。0;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃
     ∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(。0;;゚*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚;;-;゚*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃
     (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃
   (゙0;;゙*)⌒;;⊃(:;);-゚*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙o;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;∧∧
 (。;-;゚*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(。0;;゚*)⌒;;⊃(゚o;。*)⌒;;⊃(゙o;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃
(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゚0;;゚*)⌒;;⊃

だがまあ勿論、善き目的と結末のためであれ、

やることは「国盗り」であり、悪しき手段であり過程だ。

純血以外の血も流れるし、魔法界からの反感も食らう。

それは支配者を自認するミラベルにとって不都合ではある。

99 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 00:25:55 ID:IApk/QGE0
                        __
                   ,  ´:::.. `   ,
                    /..:::::::::::::.. : : ..  '
                    / ..::::::::::::. :. : : : : ..: ヽ
                  / ;;;;::::::::::. : (;;; : : : : : : : : ,
                 ,  ;;;;;;;;____;;;;ト、\ __...,,,、 : : ′
               _    ′;;;;斗;a;;フ::::; : :斗;a;;フ:;  }
     ___ / ̄':,/::::)  ,   :::::;`“¨;:::::::::::. . .¨“´::::::.  !_
  ,' ̄j:::::::::::ヽ_ノ::::/  ! l!  .::::::::,:':ィ=ミ__,,,,..;;;;'; : : .. , '; i
/`ー'´ー::::'´:::::/   { j!  :::::::,:':::::::::::::._:_:_:_:';,'; : .. ノl!;
:::::::::,ィ=、_,ィ=、___,ィ=ミ__',_':___,',=ミィエエエエエミ:;;;'; : ..j ; ノ  ._
:::::::::`ー'~~`ー'¨¨¨¨ゝ 彡ー‐;---メ=ノェェェェェェェ___,ィニニニニ.__.'===二======─
:::::::__::::::::::::::::::::::\__     . :::::::::::`¨¨¨¨¨¨´´`;;' ;'/|:::..ヽ、
/   ̄ ̄ ーミ::::::::\   ヽ\::::::::::::::. : : : : : .,' /l;|ヽ::_:..=ミ
          __ヽ=- '─ _|,` ::::::::::::::.. : : : ://::::::人::(; \__
,,__....__/三` ー////////////|\.::::::::::::::::::::.//,////:::ヽ\ .::\三≡=─ミ、
/////////////,'////////|//\::::::::::://///,//_..._\ヽ: : :∨////////
/////////////////|\//'|////\///////,//人:::::::::::`::\  \///////
/////////////////|三\////,'///////,ィ-=ミ__  ̄/\::::::\  \/////
////////////////三///////////////人 .:::::::::::::: ̄:::::::::)::::::..    \///
//////////////二//////////////////// ̄`¨¨ミ:::::::::::::::::::::::::..    \
////////////ニ/////'///////////////////////\:::::::::::::::::,::'::::::::::::::::
//////////////////∧////////////////////,ィ─'''´:::::/─'、::::::::::::::::
//////////////////∧/////////////////////ゝ=--- ´    \::::_


ところで魔法界を乗っ取り圧制を敷くヴォルデモートを見てくれ!

こいつをどう思う?

そしてヴォルデモートを打ち倒してくれる「正義の味方」が登場してくれたら、どう思う?

100 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 00:28:28 ID:GcXfdryc0
我らが勇者!おお万歳!(国違並感)

101 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 00:34:43 ID:IApk/QGE0
>>100
                       . ‐―‐‐ .
                   . : ´: : : : : : : : : : : : : : : :` : . .
               /.: .: .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.\
.            /. : : : : :, : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         . .: : : : : : : :i: : : : : : : : : : :イ: : : : : : : : : : : : : :丶
         /: : : : : : :/: : ! : : : : : : : : :/ |: : : : : : : : : : : : : : : : ,
          /: : : : : : :/.: :/|:. : : : : : : .:/ .!:.:.:i: : : : : : : : : : : : : : :,
.        /: : : : : : : : :_厶|i : : : : : : / 斗 :十 -:. :. : : : .: .: .:i : : :.
      //: :!: : : :´「 /  |l : : : : : /   ハ:.:.| ヽ:i : : : : : : : : | : : :|
       /イ : :| : : : : |/   八 : : : : ′    Ⅵ 从 : : : :|: : : .:| : : :|
.     / |: :i:| : : : : ァ圻示ミx : : :i    x圻示ミャ : : : ,: : : : :| : : :|
       | :从 : : : 《 ir{:...:} i ハ ヘ:|     ir{:. .:} i 》.: .:/ : : : : : : : :
.         Ⅵ:ハ i:. :.{ 込....ソ   }     込.....ソハ : / : : : : : : : :/
        /: : : ハ{`:. \       ,           ノ:イ : : : : /: : : ′
       ノイ.: : :八 :.                    /. .: .: .:/).:.:.i|
.      / : / : : 个:.                   / : : : : /ィ: : :八
.     .'.: イ: : : : :k人     丶     '    / : : : : ∧ : : : : ハ
     |/ | : : : : |///>             / : : : : //,: : : : : : :|
     { 八 : i、:从////>        ィ7 :/ : ///,: : : : : : :l
.          ハ { \: }/∧////>  </∠ノイ ア:イ///, : : ハ.:/
         ヽ }ヘ{ Ⅵハ//」    /////ア イ/イ.: :/ ノ'
                  「 ハ   厂 ヽ   ̄㍉ ノ' //
                    ムイ  l /   廴___ ,,圦 ノ'
.       ,.....-‐:::::::―::::::く::::\   j/    x<::::>::::::―::::::‐-.....、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\  x<::::>::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

「だね!」

「だからミラベルは排除するべき宿敵であるヴォルデモートをも利用した」

「わざと魔法界を、そしてマグルも含めたイギリスを、ヴォルデモートに一回支配させ」

「その上でヴォルデモートを倒した「解放者」として国盗りをするってわけだ!」

「実に良いマキャベリズムだろう?(青黒並感」

「そしてついでに言えば、手は汚してないんだ」

「ヴォルデモートは放置しただけで、別にヴォルデモートに加担したわけでなし」

「少々助けは遅れたとはいえ、救いの手を差し伸べているのは事実である以上」

「たとえ真意を見破られようが、褒められこそすれ、責められるべき理由は無し」

「完璧な国盗りだろう?(青黒並感」

102 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 00:40:57 ID:GcXfdryc0
ドーモ、私は偶然ここへ来て、救援しています。混血派は無関係です(青黒並感)

103 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 00:46:43 ID:IApk/QGE0
>>102
                        _,. - ‐ -、
                        ,. <. . . . . . . . .`ー-、
                   ,<. . ⌒. . . . . . . - 、. . . . \
                  /.´ . . . . . . . . . . . . . ハ: : : : : ヽ
                  ./. . . . . . . . . : . . : : : : . . . ヽ: : : : :∧
             /´. . . . . . . . : 八: : : : : : : : : : :\ : : : ハ
               /. . . . . . . . : : /: : :ト: : : : : : : : : : : :\ : : i
               !. l. . . ―-、: :/j. :/:l \:ゝ : : : : : : : : : l: : l
               Ⅵ. . . : ,.ェく^ /,イ:リ´ ̄ ゝ>、: : l: : l: /: :八
               /. ヽ : Kイ{゚::ヾ' ノ′ ,ィぅ示ミ : : i: : :/: : : : :ヽ
              ハ{: l: ゝ:ヾ ぅ:リ       {。:::::}y. : /:/: : / : : : :}
               {.:!i. : : l:!:ハ ` ,     ー /. :j: rノ: : :/ : : : ノ
              ` ト: : :l: {、:ゝ  、 _  ー=_:_ノ ノ: :,ィノノルノリ
                 ゝ卞ト l.、`r 、  ,.  <彡_ィ{(..> 、_
                  ` .‘. i   .´..}  / ´  _  ‐'´  `-、
                        l |   ’` ' ´ ̄ ̄ '         !
                      ,.r,f| ,'                    ,
                      lヽy'        ,       ,r    ,'.ヽ.
                   ソ'´   ',     ./       ./!    l,〉 },'
                    / l       , '        _/_,'_,... -‐'´ ィl
               ‘.  ハ       ,'    ,. '´_,... r= 二,-‐'
               ヘ ヽヽ , .  l  /,.  ´  ,' l   イ'
                  ヽ .\'、:  〉' '´    /l リ , ' {
                     ',` \レ'´´\ _  //|/   〉
                        i!l、 ゚, 、   ヽ`丶   ∧ / i!
                    κ \ ヽ\        ,' ヾ.、 .|
                _,.r 、.'.、ヽ.._ ヘ.  \          ヽ |
              ,.   ´  ̄ ヽ::::ヽ、` ',      _,/ ハ`}    _
           /          \::::.ヽ  }ヽ ___,. ='´'   / ノ:::. ', ,,ノノ'/','
           /             ヾ:.! ヽ,'_ ,. ´   /.:.:.:.:.:.:: ¨ヽ ´/
.       /              l::i  λ¨     ,.'.:'´:.:.:|:.:.:.:| Y  l‐‐‐ 、
      ,'               l:.:.._ハ  ,. ..:/:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.i!:ヽ=‐'´  ̄
        l                    l:.:ソ:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.i!:i:`:.:.‐|
       |                 _,.∠l:./"´      ゙゙゙̄<:.:.:.l:.:.:.:.ヽ,'
      l             '´ ‐‐' ´   /           y:.:.:.:/
.         \             _,.=‐'´ l/            /
         >- ..... -‐     /               /
                    /            /
                        /            /

「そんな感じ!」

「後はまあ、ローマにとっての僕のようなものだ」

「イギリスを基点に、マグルも魔法使いも含めた全世界の世界征服を徐々に進め」

「魔法使いとマグルがお互いを認知した上で共存する社会を作り出し」

「不老不死の賢帝として君臨し、人類を発展させる」

賢者の石をはじめ、割とハリーポッター世界には不老不死技術が多い。

「魔法と科学を融合させ、宇宙開発勝利も成し遂げたようだ!」

「中々良いヤンデレ百合マキャベリスト賢帝じゃないかな?」

104 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 00:49:52 ID:GcXfdryc0
実際優秀、同じ黒でもヴォルデモートとは雲泥の差である

105 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 00:50:27 ID:IApk/QGE0
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

          _,,.. -ー― -ー―- 、- 、
        ,.: ::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙':::`ヽ、
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     /:::::::::::::::::::::,::::::::::::i:::lヽ:::::::、::::::::::::::::::::::::゙ i、
    /:::::::::::::::::::l:::!:::::::::::l::::l ゙、:::::i:::::::::::::::::::::::::::゙,
   ,':::::::::::::::::::::l:::i:::::::::::il:::i  ゙、::::i:::::::l:::::::::::::::::::i
    !:::::::::::::::!:::::li:,'i::::::::::,':l::, ̄``゙、::i::::::!::::::::::::::::::゙、
   イ:::::!:::::::::l_;;;l lj l:::::::,' l:'    ゙、:i,::::i:::::::::::::::::::::ヽ
  ,'/l:.:.i:.::.::.::l:.:.l i,' l:::::,'  l! ,,ィttーァ、-:.:l_,,.._:::.:.:.:.i:.:i:.゙、
  / .l:.:.l:.:l:ヽli.:;ィftt-、'  '  弋'o;;ノ l:.l:.l -、゙,..:..:.l:.:.ト:.゙、
 '   l:.、!:.l:.:.:l.iヾ;or';ナ     ~´ .i::.:il _iノ.,':i:::l::li:::l `ヾ、
    l、,'、:li::::l,  `¨´  '      ,'::::l, - '::イ::.l゙:l.l:.l
     l:.、:!゙、:l      _,    ./.:.:l::l::,i::/ l:,' j! ',i
     l:.:l、:、:.:l` 、,'^、.     /l::::::l:.i/l,'  i'
.      l::l ゙、ヽ:.,-'-t, lー,- - '゙l´ ,':::::!l:_,,..-ー-、
      l:!.  , ',_ーt ト'゙./,,-tー-'  jl::::,'、l:.:.:.:.:.:.:.:i
      .i' .l ._/l ,l.ノ. ,'::::::/、,,、_,,,_ l::,'::::`.:.:.:.:.:.:.i
       iト、゙-'´_,,-'゙ィ:./,XXXXXl'l::,'-:.:.:.:.:.:.:.i
       `、ヽ‐-‐´:.:|:':`゙ー--ー''゙:::i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
         i:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.i
        .i:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::,:.:.:.:.:.:.:.:.:i
         i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:i
         ー、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'::.:.:.:.:.:.:.:.i

佐々木王との違いは、孤独さか。

勿論、ミラベルも佐々木王もピラミッドの頂点。

誰も隣には立てない。対等な存在は居ない。

しかし、佐々木王は孤独だったわけではない。

少なくとも私生活において愛するやる夫は居たし、

またやる夫は公的な場面においても研究力でローマを支えてくれた。



だが、ミラベルにはもう大事な恋人や友人は居ないのだ。

喩えるならばやる夫を喪ったまま不老不死の賢帝を続けている佐々木王。

そんな有様であった。

106 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 00:51:27 ID:IApk/QGE0
>>104


                       ̄ ̄ :.
                  ´         ハ  : :`
               /            |  : : : : :\
            / ,      /     .:|、: : : : : : : :.
.           / /             . : :| \ : : : : :i: .:.
          / /     |    . : : .:'  ∨ : i :|: : :.
.           ′ i      : |   . : .:, 厶 ― , : ハ:| : : :.
          i  :|   { 厶斗- . : : イ/     Ⅳ :リ i : :i
          |  i|  /{\.:.| \.:./ノ′ 笊_示㍉ i‐〈: : :|
          | 八 :从 笊_示 )'      V:rソ: : :|ァノ : :′
          ∨  \ トヽ V:rソ           i.: .:|イ: : i
         |  . : :人 ,ヘ     '     从 八:.:.i.:.
         | : i : : 、介:込、   ー   '  イ:/: : :从:ト乂
         | 八{\{\ト、(ハ≧o。 _ イ iノイ:イ   )
.          ノ′ ` `       i      !
                    ′    丶
                ry  ´        `  ry
              ,..::::::ヤi   ̄ 丶  " ̄     ヌァ::::>x
                /.:::::::::ヤi             ヌァ::::::::::::::::i
           〈 ::::::::::/辷メ辷メ辷メ辷メ辷メ::::::::::'::::::: |
               :::::::/:―:::-:........,.....,......:-:::―:':::::::::::::::::::∧
                i:::/.::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::::::':::::::: /:: |
                |:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::イ::::::::::::::::::|
                |::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |::::::::::::::::: |
                |::::::|:::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::: ′::::::::::::::::::::|
                〈 :::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  |::::::::::::::::::|
                i::::::|:::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::|   :::::::::::::::: |
                |::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  、 ::::::::::::::.
                | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::': ヽ   :::::::::::::∧
                | :/:::/ :::::::::::::::::::::::::::::: /:::::〈  |::::::::::/::∧
                |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈:::::::::::.、 |::::::::::::/:::::
             仄>x。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。x<ヘi:::::::::::::::::: |
               ∧///////>zェzェzェz<//////∧:::::::::::::::::|
.            ∧//////////////////////////〉:::::::::::::::|

「だね!黒ならばこれくらいはやってくれないとね!」

107 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 00:57:50 ID:IApk/QGE0
    .__   /.、   `'.<,    ><           ,ィ'┌<,   ./    ィ''" , .}   、、、ゝ.7       >'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´'.<
   .i´  `.ゝ,| ヽ、__ ゝ‐,‐┘  ./  .`| ___  __,ィ'彡ィ .\ ヽ、__/ ヽ  ,ィ' ̄"/   ///イ  `'.<,__  ./:::/彡ミ≧ゝ::::::::::::ヽ、::::::`ヽ,
   .{ 、   >〈 丿 ̄     |   |´::::::::::::::::::::::::::::::::::≦、,ィ':ヽ .ノ    } /   ./   乂__>‐<,   `''.i:::i´  ヽソ、__`ゝ、::::::::::::ゝ、::::::〉i
   i 、丶, 〈  ヽ, Ⅴ      .{__,,  .}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ'´::::::::"''‐---<、____丿|ィ=‐‐‐‐、,     >、 乂シ   -イィ''''''''`'</イ7::::::::/::::i
   .∧  ̄>-ゝ=イ ヽ,     イ  `'.};;;;;;、,__、,:ヽ,:::,、,:::::::::''‐‐‐‐<,  ,,>-イ´     i}     .>''"--、    / ,,>=ヽゞ、ソ:::/::i::::::::i
  ./ ̄イ ̄Ⅴ     ヽ,  /   ./、´  `ヽ / ≧:ヽ_Ⅴ:::::::::::::::::::::::`ヽ,ヽ, ̄i::ヽ     ソ   /../     i  i ゝ、;;;;;;;;;}} iイi:::::::::i::::::/
  {   ´   ノ     ,  `"'´    ./::::ヽ`''ッ、, }i,./○}\,,::::::::::::>-.、::::::::::::::::i i:::::i    ,ィ'   ,ィ'  i、     .i  |  Ⅴ,ィ'イ .,ィ:::::::i::::::i:::::{
  ∧ `ゝ‐イ     乂 i       i:::ヽ,::::\,`"ゞヽイ   .Ⅴ     ∨:::::::::::i、.i:::/   i´_//    .`     __>、__,、-‐}::イ/::ヽi:::、{
   ソ-〆ヽ   /  .i      .∧::ヽ>‐‐≧、       i、 .i    .ヽ,、__::乂__>´/ ./          `"'' ‐-イ::::::ゝ‐}:::::::/i:::::ノヽ
   i´ .イ   } .イ    .乂    ./::::::ヽ,:ヽ/○ノ ヽ ,ィノ´ .|.ヽ,.i     ヽ,‐''"    i  i /             i<"'''‐-┴イ:::::/''i丿
   i、 __,>´  ‐-=,,     .イ∨::::::::`‐ゝイ≧、,  iイ   ..i  Ⅴ     .i´〉,     i  i .i        乂,    /┬''`"''‐=___丿i ´
    .ヽ、     '‐-=、ヽ   / .iv, .ヽ,:::::::::::::::::::::::乂ヽ,__,.>イ__〉    .`イ      乂ノ    ___ __.>'''"´  ./、__,.イ  `''´
      .ヽ、      `i   .i  .`ヽ,--<,,:::ィ'''"ヽ::::::::'、____,ィ'´__   ./       i i        /´       {  Ⅴ  ,、
        .\      /  i    i    `"'ヽ、 ヽ,:::::ゝ--'":::::::>ヽ /         i i        Ⅴ       .i  Ⅴ  イ {_>ソ、
          \、_  乂      i       ヽ、i}ゝ---‐''""   i ヽ      ,ィ,,___ゝ、      丿       .i  i   〉   二ノ
           .ヽ         .i       >'.ソ"''‐-乂,    .イ__ -‐''''´ }イ´   ヽ=   ./       .ノ  .i  / ,イ‐、_}''´
            ∧        >-‐''''"´::::i:::::::::::ゝ‐---≧'-'::::`ヽ、..`ヽ,   ({    ,、、   ./        .{'   .Ⅴイ イ
              ヽ、____,>-''"´.i:::::/::i::::::::::::i::::::::::::i、::::::::::::::::::ヽ, ヽ,ヾッ..乂       i}  ./         i_{_{ヽi,/  .i'
                      i:::/:::::i::::::::::::i::::::::::::iゝ、__,。ィ''"二≧ッ、 \      乂_  ヽ_ ><,     7´"" iイ
                      i/:::::::i i::::::::::i::::::::::i、::::ゝ--イ_ヽッ、Ⅴ:::::i、ヽ, ヽ,          ̄´    ヽ_/ ___ /  >vⅥ
                     /i::::::::i i::::::::i::::::::::i、ゝ‐--イ   `ヽi .i::i .Ⅴ  ∧        _,,,__       __i__/:::::::::::/
                     / ii、:::::i  i::::::i::::::::::Ⅳ、     /i___i:::i i/  i{   ∧      ,ィ'´  `  , v__/ノ.、,_ヽ,::::::::/ィ,
                    i' i:∧:::i ∧::i:::::::::i_ゝ、ッ、___/i{  i/i .乂 i' 、-、,, ∧    i´      i ヘ{  i {シ;;;_iシ-ヽiッ、:::::::i 丿
                    i  i:i .ヽ乂::∧i:::::::i:::::::::::`ヽ,   i   _〉<"ゝッ__`i \   乂     .i  ヽ,.i|Ⅴ〉‐イ   .ヾi:::イ::::}
                    |、 ゝ、i >=<i::::::i''" ̄"'ヽヽ ィ=-ゝ-./      /    >、    ィ__   ヽiⅣ::::::::{__/Ⅴv/:::/:::::}
                    Ⅴ、___iイ    i::::::ゝ、イ ノ;;;/    .〉 )、=-   v\<_    ヽ>'´   、ヽ::::::::::::::乂)i○/:::i:::::::i:::イ,
                       .`i、    \:::::::::::>〈:i   .イ".{__Ⅴi-、、∧ノヽ, ""'''.<´      ヽ:::::::::::::::イ::::::ヽi::::乂:::i:::ノノ
                         ヽ     . ̄ ̄   ゝ=- ∧,∧_∧ノヽ}ヽ-〈    ヽ      /i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
                                             ヽ__} ヽ、    /  .>-<´  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                                  `"''‐‐‐''"         >───‐<

しかも、ミラベルは最初から孤独な王だったわけではない。

親友・・・あるいは恋人と呼べる大事な女性が二人居た。

だが、一人は混血であり、純血主義の親によって魂を砕かれた。

一人は人として生きて死ぬことを選び、不老不死の彼女とは永遠の別離を告げた。

魂が消滅した者と再会する手段は無く、

不老不死のミラベルは死者と再会する手段もまた無い。

ミラベルは大事なものを永遠に喪い、だが喪ったからこそそれが「外付け良心回路」になっていた。

108 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:02:38 ID:IApk/QGE0
    , -‐- 、.
   ,'. /  ト、 ヽ.
.   i. ((从ソ u从〉
   l. (|┳ ┳i!l
  .ハNiヘ  ー ノハ!
.     {iつ旦O
.    とくュュュュ〉

「あまり考えたくは無いが」

「僕がやる夫と女神を喪い、かつ取り戻せないという時」

「逆説的に、二人は僕の心の中で神聖不可侵なものとなる」

「僕はたとえ世の中に人類に嫌気が差したとしても」

「やる夫や女神への信仰故に、自壊衝動をも超えて賢帝であり続けるだろう」

「もし僕が統治を投げ出したり、悪政を敷いたりしたら」

「二人が心の中で悲しむだろうからね」


「それと同じだ。ミラベルにとって、大事な者の居ない人類にはもはや価値は無いが」

「価値は無くとも、かつての友人・恋人を心の中で泣かせないために、人類を見捨てられないのさ」

109 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:03:41 ID:IApk/QGE0

                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「と言うのが」

ハリー・ポッターと野望の少女
END1 黄金の暴帝

「の概要だ。如何だったかな?」

「興味が沸いたら読んでみてね!」

安価下1 質問・コメントがあれば

110 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 01:08:23 ID:GcXfdryc0
後ろを振り向けるからこその賢帝なのか、興味深い
しかしEnd1なんだ

111 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:13:20 ID:IApk/QGE0
>>110
         _,. . . ., _
       ,<: : : -: : : : : : >、
     /: : : :/ : : ハ: : : :ヽ: : : ヽ
 .   /:/: : :′: : / ∨: : : ' : : : ∧
    ': r‐-ノ!: : :/´ ̄`、}: : ハ: : : : :ハ
   ′l: :/ l: : / _-ェ.、li: : : |}: : : : : l
   ': 从:イ ヽ{ ´ てンリ: : : |: : :l : : |
   !{j:.:.:.:|  ,`   、、 l: : : :j!: : :!: : リ
   {Ⅵ:.:.i゛         !: : : ハ: : jⅥ:{
   、ゝ:.:ゝ, ’ー ’  ,ソ: : 八j: ノ: : :i
     Ⅳ:.:.:\ ,. ィ /イ: :/:.:,イ:.:.:.八{
     } ヽ{:.:.{ヽ:.:| / レル' ハソノ
        , - y ; ,r  ̄`ヽ
         / / ´/     ,
  .       i /  ,/        l
.        y  ,ノ{  l    ,
     , イ ,jイ !  |     i、
    / {/    |  i    l ,
   , ′i{     !   '    i   ,
   l   ;    i   ,    r=ぅ∧
   ヽ_λ   ン‐イ    人_ノノ
     l i `ー ´  i     ,′ハヽ
      ,       |   , /
     l       !    !′  /
.      ,      i     l  , ´
     i!     i     K
       !’    |    l-ヽ

「僕らは黒だからね」

「黒は王となることはあっても、根本的には個人主義者だ」

「見ず知らずの誰かよりも、身近な家族・友人・恋人が大事なのさ」

「それは見ず知らずの誰かのために戦う光の亡者ではなく」

「滅奏に近いありようだろう?」

112 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:14:54 ID:IApk/QGE0
>>110

                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「マルチエンドシステムになっております」

「野望を叶えて賢帝として君臨し、人類を繁栄させるのと」

「かつて喪った大事な者を取り戻すの、どっちが幸せなんだろうね?」

113 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 01:19:19 ID:GcXfdryc0
思い出を胸に前へ進むのと後ろに戻って大事なものを拾い上げるを比べると申されますか
…どうだろうなぁ

114 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:20:20 ID:IApk/QGE0
                    ,........................ _
                   /,ィ": :/: : :\: :、: ヽ
             //: /: :/: :/:ヽ: :ヽ:\: :\
.              //: : :/: :/: : l : : 丶: :ヽ:ヽ: : 丶
             /: /: : :/: : l: : : l: :i: : :ヽ: : :、: :、 : :ヽ
              /: /: : :/!:i : l: :l: :!: :!: : : :.、: : :i: : : : : :.、
.            /: /: : : i.:l l : !: :!:.:i: :l:、: :i: : !: : : : !: : : : !
            i ;イ: :/: :i!:l:i: :.l: :i : !: :!:i!: l: : i: :: : :.!: : : : !
.          l: :i: :.!: : l、l:l: : !: l: :.!: :!ハ:.i!: :.!: : : : !: l: : :i
         l!: l: :.: : :.!ヾ!ヾ:ヽi!: :!: ! _iハ: : !: :l: : i: :!、 :ヽ
          i!:.:l: :丶: |弋ゝ!、: !'!:l: i!弋ン!: l: !:!: :.!: i::ヽ:.:丶
           i!: :!: : : : :!   ヾ! !.:/  ' !: i: !:l: :.i:.:i: !: : : ! ヽ
            i: : !: : : : ;!    ! !/     !ハ: !:i: : !: !: !: : : ! |
         ハ: :i: : : : :!、   ヽ      !ソ: l.:!i: :!: !: l、: : :ヽ'
.         i: :i: !: : : :i:! \ ー- -‐'  //: :i/:!: l:,イ: !:ヾ: : :.、
.         /: ::!:.!: : : :!ヾ::::!\ `   / /i: : !: !: l:!:lソ、: :ト: : :ヽ
.          !,ィ‐!:、: : : iヽ'"::\` ‐ " /:::!: : !/: :!i ̄`゙ヽ'ヾ: : :!-─ 、
         /:::::::::!: :!: :.:l::::::::::::::::`─‐'"::::::::!: :.!:!: :i i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.     ,ィ"::::::::::::::::l: :.!: : i::\:::::::::::::::::::/:::::::!: :i:,!: i!:.!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::i: :.!: : !:::::::\:::::::::::::::::::::::::i: ::i!:!:ハ:.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i

なおハリーポッター世界には不老不死や死者蘇生どころか、

時間逆行もあります。

・・・何でヴォルデモート如きにあんな苦戦してんだ?!

115 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:21:42 ID:IApk/QGE0
>>113
                       -‐…‐-ミ
                 . . . : ´ : : : : : : : : : `: . .
                   /: : : : : :, : : : : : : : : : : : : : : : . .
                  , : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、
              /: : : : : :, : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
                /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
              ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : , : : : : : : : : : : : : : .
             i : : : : : l : : : : : : : : : : : :./:./ イ : : : /|: : : : : : : :i
             . : : : : : |: : : : :.|:! : : : ://: / /i|: :.:.:/ :|: : : |: : : : !
           . : : : : : : : : : : :从: :/ // / |:.:.:/  |: / :|: : : :.;
.             . : : : : : : : : : : :.:|,,xfテ示ミ' /' //x=ミlレ: :/: : :.ノ
              ノ : : : : : : : : : : : |《 ト忙 ソ}〉/    ィうハ 》: : : Y´
          , . : : : : : : : : : : : :八`乂こソ      乂リ'/ : : : |
.          〃:.:|: :.|: : : : : : : : : : : \          ,  ノイ: : : |
.          l{: :人: }(: :}|i { ヽ: : : .!:∧          /:.丿: :.从
          八( ノイ )リ|::V人): 从|:ト     ` ´  イ : : : : /i :.:}
             ノ  八人ノ/ レ八   ,  ーァ爪 八: : :/ノ 从
                      rく     \{. ヘ( ,リ ,リ ル´     )
                  /  \     /^i^V`ー .
               _,r<       \ ∧////|\ ヽ
             rくi:i:i:i:i      /l∨/lΥ^Y///\}
              /    i:i:i:i:     //////||  |/////i|
.            .     i:i:i:i:   \////l|  |///〈 )Y
.           ′       i:i:i:i     Y,//||  |//// 八
           i       Yi:i:i   l///l|  |///〉   ヽ        ´  ̄`ヽ
           |          ゝi:i:i    ̄´   ` ̄      ゚。   f ´       }
           |           /i:i                ヾ\/| r 7      /
           |          i/ i:i:i              ヾ ヽノノノ      /
           |          |  :i:i:i                  こ イ_/   ′
        ノ        |  i:i:i:i                 /、_之__j
.         `ー=ミ      |  i:i:i:i                   /
               「`ー―┬┘ i:i:i:i\              /
              |     |   i:i:i:i  ゚。               /
              |     |   i:i:i:i   。             /
              |     |   i:i:i:i   ゚。       / |
              |     |   i:i:i:i    \   ./ __/
              |     |ー―:i:i:i:i――― .\/:i:i:i:}_
              |     |i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i八
              |     |i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\

「そんな感じだね」

「僕は後者かな?」

「玉座はまた手に入るだろうけど(黒特有の自己愛」

「やる夫と女神には替えが無い」


「まあつまりそれがエンディング分岐だ」

116 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:25:38 ID:IApk/QGE0
安価↓1 見たい描写
・TS
・アーッ!
・ヤンデレ
・未踏世界調査(ブリタニア帝国記、ハリー・ポッターと野望の少女、影の実力者、カルチャーショックDD系、皇女戦記等)
・黒赤VS白
・赤緑VS青

117 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 01:27:48 ID:GcXfdryc0
TS
何事もTSで解決するのが一番だ

118 無茶王携帯 :2019/07/18(木) 01:33:50 ID:IApk/QGE0
ごめん、パソコンフリーズしたんで再起動中

119 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:34:37 ID:IApk/QGE0
パワーワード

120 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:36:55 ID:IApk/QGE0
  .,ノⅣil{,l}l},i}i.l}l}l.Ⅶ{!-l}、Ⅶl}l}l}l} Ⅵ{lィⅦ-Ⅶ.}Ⅶ l.}.州州{l}{!
  〃' lⅣl}l},l}!lⅦ}Ⅶ!.l} {!. Ⅶ州l}l '´Ⅵ、Ⅶ} lⅦ}l}`リ,州}Ⅳ}!l}
 ,′ .l}l} l州l}.l州}、Ⅵ __ `Ⅵ{l|   , -  l}!.}l州州州l{ノ }!
 |  l}.| .Ⅶ,'l州l}l}、-zァ云zミ-Ⅵ  ァzィ云zzミlⅣi}l l}Ⅵ{、
    l!.l }lⅨリ !ⅦⅥ乂;;;ノ'`    ´ 乂;;乂ィリ州ハ{ソノl{ `
.     ', ./ 刈'}l、ーⅦl.`=彡''  i    `=彡〃/'‐ィil{
        /l} l≧:ヾ.       |.      / /チ::::l |
       ,rイ |l:::::l|:.      :!′     /:;!ハ::::! |〉、
      .,イ//{ .';::::::|:.丶   ` ―― '’  ./::::|::::::,' .l'/,ト、
   ,.ィ///l'/,li V:::i!:::::..`:..、     ,...:;イ:::::::;!::::/ .州 |/,ヽ、
 ,イ//////∧'/, \ヘ:::::.\`:...、_...イ:://.:イ:::,'/ .////////,ヽ、
'/////////,li,'V/\ `<_.\:::::::::/ ノ/.:>'  .イ///////////,ヽ
//////////,}li/,V/,>、   \__/ ̄ ̄´  ィ///////////////,
/////////////,ヘ'////≧.   l||   _,x≦彡'///////////////,
/////////////////////|.  |||  |//彡'/////////////////,

『心とは何だろう?』

『昆虫やコンピュータにも情報処理能力や学習能力はある』

『とはいえ、それは人間的な意味での心とはおそらく違うだろう』

121 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:39:22 ID:IApk/QGE0
                ,...-―`-...、
                ,..:':::::::::::::::::::::::::..`=-、
            ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
           7.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト
              '.|:::::::::::::::::::::::O:::::::::::::::::::|!
              |ハ:::::O:::::::::::::::::::::::::::::::ト
            l!|ハ::::::::::::::::::::::::::::::::ミ`
              ' ;::::▽.:::::::::::::::マ_
               ヽ;:::::::::::::::::::::::::
                ,':::::::::::::::::::::::::::`:::::::::-、
               ,...:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ,....::::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、
           .i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
          .ノ.::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::ィ-、::::::::::::.ヘ
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.  ヽ::::::::::::::::..
         ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    〉:::::::::::::::ヘ
          /.:::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::,'.    /.:::::::::::::::::/
        ./.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;    ./.:::::::::::::::; '
       /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   ,.:'::::::::::::::::; '
        /.::::::::::::::::::::::::::○:::::::::::::::::::::| /..::::::::::::::; '
        /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':´:::::::::::::o; '
.      ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::o:;
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::::|`V
    ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
    ,'o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.   l:o::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    .`i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::了
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
      |::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     ヽ::| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       lJ |::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::|
        |:::::::::::::::::::::::/  ∨.::::::::::::::::::::::::l

『脳がひとつ、頭蓋骨に囲まれてある』

『他人の脳と自分の脳は繋がっていない』

『そうした外部との境界線が心を作るのか?』

『それは一因ではあるかもしれない』

『とはいえ、その脳の中身は無数のニューロンから成るヒトデ型組織だ』

『神輿ディミーアめいて、どこで決定が成されているのかわかったものじゃない!』

122 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:41:02 ID:IApk/QGE0

       rェェェェェェェェ≦、_:_:_: : : :=ミ
       /r――― --===ミ三心、: `: .、
     rェ//廴 ____     〕三,心、: : :.ヽ
     ``|三三三三三三三三寸三}ハ : : : ‘,
       |トミ三三三三三三三ニ寸三}∧.: : : : :.
      ,:リ: :.`¨¨7: {:.|:`寸三三三彡'∨'}.:.: : :.: :
.       ./:i: : /_:/i: :乂/.: : :/:} リ  ミ:.:.:Ⅵ.: :.: : :.i
     i: :|: /:j/`|: : :/:厶-'、´/   ミ:ヽ: }}.: :.: : :.|
     |{:.j/:.f´心、: i/ /       ミ、:.:.:.|: :.: : :.:|
.     八{ヾ{ ヒ:リ ヾ{   '"斧ミx、 ミ:, =ミ: : : : :.|
.       ヽ i  `     弋::ソ″ ´r:く }: : : : :|
.        |  ′      `    ゞノ イ: : :.: :.|
           、           , r‐く : |: : : : i:|
          \ `       イ '⌒}:./ | : : : 从
           i:|:丶    <,, ´ ̄`j/i: :|: :| : i|:リヽ
.           从{ : ,, ´/      / }ハ{ i:|.:.:ル′
          j/: |  /        /   从/
          /ヾ.:| :{           V:.
           / ゝ-!          、 ヾi
.        //: : :{:{             \{
.        ∠/ : : : : {:{             \

『それにそうした境界線を持たないゲシュタルト意識であれば心を持たないのか?と言えば』

『必ずしもそうではない』

123 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:47:54 ID:IApk/QGE0
                  ___
               ,. :´_:_:_:_:_:_:_:_ `: .
               .ィ≦ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧、
             /:{/「二二二二二二i }ヽ
             |/{/L_______jトト、i
             jイ{ニニニニニニニ二}: !
            /:|: :i: :/ /レj/|/ -- ミ: |: |
            /: :|: :V:レT T   T T ミ: |: |
            /ィ: :|: :.ト| ゝ'     ゝ' j/: :|
             j:从: |込       ィj/: : |
           __/   {{ ≧=--=≦ j从ハ!、
           | i  { ./  }-} //  /    \
          ./{  ',  V  .|-レ/  {      } }
         / .乂__{   ヽ/    ヽ/  ノ /
        γ  /     |        ハ____ ∧
        {  〔    ノi        {   ∧  ∨
        ゝ- J   /         / ヽ   ∧  ー、
              乂  ヽ ..      }    }   }
             /  ト、          ノ}     ー、__ノ
              /  {  ー―― T /
            \__j     j _ ...イ
              i `ー―i´ |   /

ゼロ号さん(ステラリスプレイ動画。ぬめぬめの人が作った奴)の回答は

「望み」だ。

有機知性でも機械知性でも、たとえゲシュタルト意識であろうとも、何かをしたいという「望み」は生まれ得る。

その望みがゲシュタルト知性全体の目的とかけ離れたものであれば、

その望みはゲシュタルト意識を複数に分裂させ、新たな心を生み出すだろう。

そうしてサイブレックスから生まれたのが「ゼロ号さん」だ。

人間の情報を詰め込まれ、未知を求める望みがサイブレックスの中に生まれた。

それはサイブレックス全体の目的とかけ離れたものであったため、

サイブレックスというゲシュタルト意識が分裂し、

未知を望む「ゼロ号さん」という青い心が切り出されたのだ。

ならばその青さこそが、ゼロ号さんの「心」だと言えるだろう。

124 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:51:15 ID:IApk/QGE0
                       , -
                     ,ィ≦zzzzzzz- 、
                ,-=テミ州川州仭lliマムliマム、
                   ,イ//州州l.|liハ州l州マlリi.li liム、
              ,州リ州|l|iハマリ ̄州州l,マ州l.ll.liマニ=‐
              l州リ州.|州' Ⅶ   マリ li|lハ|il||li,マム、
             l州州州l|li|!      上    州|liliハ
             ,!州イ州|l|i|i!'    []「七フ  ,州li|トト!
             イイ!イ>|リ.マl|!    ノ、llr   州|l|
             ' .ト、ヽ-、 ヾ      ̄ ̄  イlil リ|!
               州ll¬ 、   、 __,  ./lヾ リ
               ' '.リ  .ヽ.、 ヾ- '  /
               .r―┴―‐- 、≧ 、__,イ
           ,fニ三 `マ7777=zz,、_``ヽ_
          ,イ//////ニヽ////////,] l ,、,!
         ル///////ニニ',////////| !.ハ|
         ///////i/ニニマ////////i(⌒)ミ,、_
         }///イニニニニハ//////////77///ハ
         r'//ー=ニ三∠///////////////}/イ
       /ニニ二三ミ//////////////////イ/}
       i´=ニ二三ミミ///////////////(⌒)/ニ |
     ,r'‐-=ニ三ミミ/ ∨/////////////7/ニニ,|
    /      ヽヌ   ∨/////////////ニニニ|
  /  ,-- ‐    ',    ////////////,イ ニニニ,'
  ′-‐´|  ,     , \. ////////// -=ニ三三〈
      l. ハ l、  l\ \//////////∧三三ニl
     ,' | .| l ヘ ',/`-////////////∧三ニニl
     L.ノ .| l  ヘ_.'////////////////∧三三l
        .し' ,イ///////////////////∧三ニl

『まあ当たり前だが知性とて望みを持つ。あるいは少なくとも目的を』

『それがない知性は知性足り得ない』

『知性とはそもそも、何がしかの目的を達成するための情報処理だからね』

『ゼロ号さん流に言えば「望み」、Mtg流に言えば白青黒赤緑の「色」、神座宇宙流に言えば「渇望」こそが』

『知性の中核だろう』

125 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:56:26 ID:IApk/QGE0
                         ________
                      /::::::::::_:::::::::::::`:―、:`ヽ
                    /:::///::/::::/:::::/:::::|::::::::::\
                   /:::::/::::::/::::/:::::/::://::::::::|::::::!:::ヽ::ヽ
                   /::::/:::::::/::/::::::/:::/:/::::::::/:::::::|::::::::!::::ヽ、
                  /::::/:::::_/:::/::::/::::/:::::::::;::/i:::|:::|:::::::::|::::::i´
                 /:::::/:::::::::/::メ、/l::://:::/ l:/ |::|::,|:::::::::|::::::|
                 /:::/::::::,.- <::元ハミー:::/ //__|,ィ'.:|:::::::::|::::|
                 |:::/!:r/   ヽじさ    ' イハヽ,i:::::::::|:::::|
                 |:/ |:i,!    トー      Vりc,>/::::::::|:::::|
            ,--、  |! |::i    |     '  `ー /:::::::/ |::::|
           /   ヽ |! .V    ,!    , -.,   ,.イ,-r'`/ |::::,!
           .|    | |!__/    /    ( /    /::::::| / |:::,'
           .|    | .,/:/    /|ヽ、      イ::::::::::|   !::!
          ,.=|    |/_/    /―-、ヽ、__,. ィ:::::::::::::::/:::|  /::/
        /ミ/ ,|    /'     /    `>--'´ `ヽ::/:.:.:.::.V::/
       _/:-'  |    /     /ミ..、__ ,.-'´       }:.:.:.!.:.:.V
      |      ―' /    _ノ |三:.、ミ:..、_     ,イl|/ ̄`V
    ,/ |   ヽ   ̄´    ´  iヽ三ミi、l|三ミ=ミ|三/|___ /ミ:..、
   / ,-/,|    |/   ____ノ  `ヽミ、三li|ミ/ ̄ヽミ|i/三==三三=-、
   //r' /    .|   /   /    `ー―'´ ̄`ー―'´.|/三三三ミ/ミ|
  ,| | | ./    / /    /                ,ノ三三三ミ/三ミ|
  /|-' |/    ノ '´ ー―' /        ____,..イミ:..、_ー //ヽミミハ
. /ミ| | L___イ       _     ,.イ三三|ミ/´ `ヽi|三三三/イミヽミヽi,|
/三ヽ ヾ    |      /ー―-- '´三三三三|ミ、_ノミ|三三三{ミ!三ミミ/ |

『ならばTSにおいても、変身とか入れ替わりとか憑依と言った手段や過程以前の問題として』

『心と知性の核たる「望み」「色」「渇望」を問うべきではないかな?』

『すなわち、そのTSは何者かが望んだから起こったのか?それとも誰も望んでいない事故のようなものか?』

『誰かが望んだとすればそれは求道か覇道か?TSした当人の望みか、あるいは他の誰かが望んだのか?』

『そして色を付けるとすれば何色か?』

『この辺の「望み」を問うことに意義はあるんじゃないかな?』

126 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 01:59:59 ID:IApk/QGE0

      . ´  ̄ ̄ ̄ ` 、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:\
     ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:. ,
   イ :.:.:.: i:.:.i、:.:.:.: i:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.,
   .|:.:. ∧lヽレf_Ⅵ、:.:.:.:.:.: i:.:.: ,
   .|ィ:.「二  ‘.ハ::! i:.:.:.:.:.:.:.lヽ:. i
   .|ハ:‘.匕i  `゚´ .!:.:/:.:.:. l.ノ:.:.|
     ヽ‘. 丶   }ィ :.:.:.: 八 : |
      }:.:ヽ.ヽ )   !:.:.: /:.:.:.`:.|
      }:.:i:.:.>、__ '´.':.: / :.:.:.:.:. |
      ゙V!:.:.:.:.:.}  ':.:.∧:.:.:.:.:.:.:‘.
      ィ:.:r=≠-,イ:.:./  `ーッ--ミ、
    /::/:.:.厂 ソ /:.:/    /:::::::::::::',
     i:://i ./ .i:.:/    /::::::::::::::::::',
    ハ{  ' ./  |/   ./:::::::::::::::::::::::,
    ,':::| ' /   /,, '´::::::::i!::::::::::::::::::::,
    i::::| .}/  ィ:::::::::::::::::::::::|!:::::::::::::::::::::',
    |:::ハノ/ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
   _レ介:、   .|::::::::::::::::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::: ,
   ヽイハヾ)   |:::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ:::::::::::::::::',
   /,イ .}ト'   |::::::::::::::::::::::::: /  〉:::::::::::::::::',
  .//ム,}l_   .|::::::::::::::::::::::::::{ ,,':::::::::::::::::::::i
  /L!'  }! ` ̄:|:::::::::::::::::::;,:::´:::::::::::::::::::::: /
. /::/     _, -'、__,,:::´::::::::::::::::::::::::;, '
/::/     ‘-ァ、   }-::!:::::::::::::::;, ´

今までGMはその辺に薄々感づきつつも、やや固着していた。

つまり、GMの描くTSはまずもって「求道」、女装者に代表されるように「本人が望むTS」が多い。

だが、世のTS作品において、それは必ずしも主流ではない。(GMの好みではあるが)

実際のところ、多くのTS作品はTSする当人にとって「不本意」なものだ。

誰も望んでいない事故や自然災害のようなもの。

あるいは、他の誰かが覇道的に望んだもの。

それが多数派である。

127 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 02:01:33 ID:IApk/QGE0

      /:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::ヽ
     ./::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::V
     /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::,!
     {::::::::::::::::::::::::::/:::/:::::::。s≦i:i:A__/
   /{:::::::::::::::::::::/:::/;s≦i:i:i:◎:i:i:i:ヽ
  ./::::::::::::::::::::::/:::::::,!i:i:i:i:I:i:i:i:i:。s≦三ヲ、
  /:::::::::::::::::::/:::::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i,イ三三ヲ∧ \
/::::::::::::::::/::::::::::::::/i:i:i:i:i:i:i,/三三ヲ ,イヽ、\\
::::::::::::::::イ:::::::::::::::,イi:i:i:i:i:i:i,イ三ニヲiヽ}り  V ヾ、 Y
\:::::::::::::::::::。s≦i:i:i:i:i:i:7'T"|´!,ィソヽ ノ     |゙ヽ } .}
  >-ァ'7i:i:i:i:i:i:i:i:i:イ!´', ヽィ:::::!    ` _  !ノソ}./
    /イ /フ"´/ /|、ヽ ヽ.゙.` ´     ( _ノ /  /イ
    {././  / ./ ト、ヽ二二フ、_,.   <
  ./ ,イ  /  / {ゝヽ\__>-'"\_
 ./ ,! / { イ  {ヽ. \ミ={::::::::::::イ:::::::::ア¨V
 { {! /!、 ヽ !  ヽ、/!⌒::::、 ̄::::::::::::::::/:::::::::V
 ヽ Уヽヽ _>、   フ::::::::::i::::::::::::::::::/:::::::::::::|、
     `¨´  `¨T´V:::/::::i:::::::::::::::/:::::::::::::::|::V
           |::::::V::::::::i:::::::::::::|:::::::::::::::::}::::l
            .|:::::::::`ヽ::',:::::::::::|::::::::::::::::i!:::::}
            |::::::::::::::ヽ:',::::::: |:::::::::::::::i!:::::::)
             .|::::::::::::::::iヽ::::イ|::::::::::::::イ'"´ V
             |::::::::::::::::|ゝ、:::イ:::::::::::::/    .V
             .V::::::::::::::|  ヽ|:::::::::::/-ァ:'"::::::{
             .i!::::::::::::::| <:i!:::::::::::|:::/:::::::::::::|
             i!::::::::::::::|./::i!:::::::::::::i!:::::::::::::::::|
              i!:::::::::::::|::::i!::::::::::::: |::::::::::::::::::|

別に誰も望んでいない、あるいは他の誰かが望んだTS。

世の中的にはポピュラーな既知だが、このスレにおいては逆に未知。

青い好奇心が沸かないだろうか?

128 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 02:03:28 ID:IApk/QGE0
               ____
           .x</===ミ、:>:.、
           .〃.:::/ __ ∨:::::::.ヽ
             ,’:::::;'イ´i|:::::|l__|iミ}i:l::::::::∧
            .i:::::::;i:j⌒|:::::||:::||liⅥ:::::::l::i:'
            i|::::|:lj」zミ―'¨ィz≧}{!::::::|::|:’
          .||::::|从.ヒリ    .ヒ}》|:::::::|::|::::,
          l||::::|::';.   l     .i:|:::::::|::|::::::,
           |||::::|从   、_., .从::::::l/|::::::i
           |||::::|l|:::\    .イ};’:::: j::リ.:::::|
           |||l:::|l乂::_;}`::::´  /::::::::/:/.:::::/
           Ⅵ:::l|:/ハ ∨.: .,’:::;::く:イ:::/ヘ
        .∠乂:∧i:::|三二ミ:i/:::::::.\ー .乂
          /.\\V:|==xノ'::::::r '´..:>ヽ ̄`ヽ
          .j∧ \::人l|l/..:::::::::>'´ ,. ‐}’
         |. ∨ _>ミl´ ‐r<   ./  |∧
        ノ   }  .|_イ}ト、_ 〉 .∨.:/\  |l:::|
        .,{二ニl{  ./ j/.∨〈:.  Ⅵ∨ .`  `i:|i
      人  ,从  ヽ′ .}_/    .}|: ∨:.  .|:||
     ./\:><i    |、       ノl::.  _ >Ⅵ
       \:::::::::::::lト:.  }      ./ l| ̄:::::::::::::∧〉
     /:::::>x::::|| i  |    ;’/l|:::::::::::::::::::ィ′
      /.::::/.::;′./\        イ.从`¨¨.T:::::;′
.     /.::::/.::::i . /.  ヽ       ∧   |::::;′
    /.::::/.::::: | /` 、      ._.< |. .,’:;′
  ./.::::/::::::::::|ノ::>x `  ― ゜ x<::\’:/

「時間が時間だし、皆寝ちゃったようだけど」

「もし好奇心が沸くならこれをテーマにした、このスレ的には割と未知のTSに挑戦してみようかと思う!」

「如何かな?」

ねむい。ねる。

129 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 05:48:37 ID:oM7AkCQI0
乙でした。寝落ちしてました。

いろんなTSがあってもいいのだ!

130 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 07:26:44 ID:yaQ8cwC.0
乙でした!同じく寝落ちしてたんだぜ!

それにしても「何事もTSで解決するのが一番だ」のパワーワードっぷりよ

131 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 11:35:22 ID:ADxIA4Mo0
昨夜は乙です

132 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 19:54:44 ID:IApk/QGE0
京アニが・・・何でこんなことに・・・

133 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 19:58:27 ID:yaQ8cwC.0
もう、何を言ったら良いのかすら分からない

134 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 20:14:18 ID:LvLRD0uU0
ガソリンは危険だから規制すべし。
……むりよなー。

135 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 20:17:30 ID:IApk/QGE0
  rv
  ヽヽ
 γC`ヽ
  ゝ_, _〈
   ヽヘ
    ヘヘ
     ヘヘ                ||   _ーヽ l|ll
      ヘヘ            |i  |||ィ洲州州州辷-
      ヘヘ           |ー=≦洲州州州州州从
        ヘヘ           イ洲州州州州州州州从
        ヘヘ、         イ洲州州州州州州州州/
        γヽ`ヽ∧     ´ 州州州マ州州州州州/ヽ、
        ゝ入`//へ、    r-从州从:マ州!::从/イ/三ハ
         `Fイ/三三>ヽ彡三三レへ:::::::::::::::ノ//三三||
          `~`ヽ三三三ヽ三三/彡三>≦三γ巨⌒寸|
              `ヽ三シ<r-ム三/|三三/ム三へヾ寸
                   く´ /三三三三三三三∧ソ
                    V 入三三三三三三く=||
                    Y´三三|三三三 ̄∧三三
                    ,|三三リ三三//三三∨三}
                    〈三三/三三三〉三三乂三}
                   爪三三V三三V三三三乂三

「仕事ってさ。大抵どれも尊いものなんだ」

「誰かしらから必要とされてるからそこにあるんだろうし」

「一見単純作業に見える仕事でも、相応のノウハウが技術の蓄積があったりする」

「新入りがいきなり熟練労働者並に働けるわけはない」

「組織にとって、人を失うってのは文字通り血肉を抉られるに等しいんだ」

「たとえ人を補充したところで癒える傷じゃない・・・」


「・・・ましてアニメだ!それも京アニだ!」

「高度な技術を蓄積して、文化を育み、みんなを楽しませてきた最高峰の職人さんが血を流してるんだ・・・!」

「・・・悲しいよ。どれほど尊く、取り返しのつかないものが失われたことか・・・」

136 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 20:18:27 ID:yaQ8cwC.0
ただ、悲しい

137 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 20:21:42 ID:IApk/QGE0
代表作を並べるだけでも・・・おお・・・もう・・・

フルメタル・パニック? ふもっふ
AIR
フルメタル・パニック! The Second Raid
涼宮ハルヒの憂鬱
Kanon
らき☆すた
CLANNAD
CLANNAD ?AFTER STORY?
空を見上げる少女の瞳に映る世界
涼宮ハルヒの憂鬱(2009年版)
けいおん!
けいおん!!
日常
氷菓
中二病でも恋がしたい!
たまこまーけっと
Free!
境界の彼方
中二病でも恋がしたい!戀
Free!-Eternal Summer-
甘城ブリリアントパーク
響け! ユーフォニアム
無彩限のファントム・ワールド
響け! ユーフォニアム2
小林さんちのメイドラゴン
ヴァイオレット・エヴァーガーデン
Free! -Dive to the Future-
ツルネ -風舞高校弓道部-

138 名無し-Red-市民-2 :2019/07/18(木) 20:25:30 ID:yaQ8cwC.0
現時点で亡くなられた方は25名だそうです……
これだけの名作を作られてきた方々が……
もう、どうしたらいいのか……

139 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 20:26:20 ID:IApk/QGE0
>>134
無理だねえ・・・刃物も併用してるし・・・
というか、ここまで悪意的かつ自滅的にテロされると・・・

140 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 20:27:45 ID:IApk/QGE0
>>138
おお・・・もう・・・

141 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/18(木) 20:30:28 ID:IApk/QGE0
ああ・・・せめて・・・一人でも多くの方が助かりますように・・・

142 名無し-Red-市民-2 :2019/07/19(金) 00:05:00 ID:gM5b.w1o0
昨晩はオツカレサマドスエ
って忙しくしてた間になんでこんな酷いことが…
本当に一人でも多く助かって欲しい

143 無茶王携帯 :2019/07/19(金) 05:42:39 ID:PKaz8aB60
ごめん。
寝落ちしてた・・・

144 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 06:09:00 ID:PKaz8aB60
      │  ::│   ││   /:::| |    │   │   │   |   ....:::::::::::
      │  ::│    j /| │  ノ:::| |    || |  |   |   |   /...:::::::
      |_::|   ソ | ハ  t;;:: 、|;、 |  || ト  ||    |    ├- '' ,,....:::::::
    /入;;;) ̄ ̄\  ヽi i ノ;:.. _ヽ;;,、 ト―| ┼\ |ヽ__ |     |,,,,,...../ /::::
    「>_ノ\::)`丶l┤    Y丶| ̄i丶 .:::ヽj-l _v_;::_l;;\l |    |_ ,,.../:::::::
   ノ冫、___\┬〟\》    |:::;;|  l ()|  ...\ノ ̄ / r┐ヽ|ゝ|     | 丶/...:::::::::/
/ ̄''フvヘ__\;;) \,ll   |.::;;| : っノ         |  ソ .ノ|:'/    | ヘ |::::::::::::/
-イ ;| ヽ∟>;;) ̄_\ヽ、))|  |.::;;|   '        Ρ_ノ.. |::i     レ〆 /:::::/|;;;;,
 \|  Y`レ 、_丿\`l  |..::;;,、 、            l::j     | /../|;;;;|;;;,,
、 ├;;;;<丶'"""" :;;\ ノ/  |...::;;;;,、              .l::l   ;: |´..//;;;j;;;;;|;;,,
ヽ  \_Y| ∧ |_ / ̄|...|::;;;;;;;\ 丶_,          ,.|:l  :/| l/ /;;;;;;;|;;;;;l;;,,
/´´´   /♀\  `` ̄ヽlノl:::;;;;;;;,,l丶       ,....::.;;;;レj  /;;| | く、,,,;;;|;;;;;l;;,,
;;;;;;::'''':::...;;;..  /、...:::..::''''''';;;;;;.....` \├-丶 ............::::::::::;;;;;/  /;;;;l l  丶,,/;;;;;|;;,,,
彡へ 、\レ V / -j丶 、'''' .... \ ´\「 ̄ ̄ ̄,/  / ̄ ..||)    /,;;;;;;;|;;,,
   丶 ヽ> |  | <:;;' /    /`丶 _ '''':::; /_ |} | ̄´/  / ノ ̄ ヽ   |;;;;;;;;;;|;;,,
    | /;;; 、/ ;;; |    人(⌒'  \/::..  ∥  / / ̄ ̄弋 ̄ ̄ \ ..;;;;|;;;
    |丶> <;;/|    /丶∂/ ̄,ー=  |   /'''     \\   ..\,,;|;/
`\_|∧ ◯ ∧ |  /l______,/⌒、/         \\....:::::..\
      | ◇;/ヽ;;◇ | / /''''''''''''''''''''''''''''''''ゝ ノ/           \\:::::::::...ヽ

『何もしないのも嫌なんで、軽くTSの続きをやっておく』

『まず、大雑把に言って「望み」には求道or覇道と白or青or黒or赤or緑があるわけだが』

『このうち白のTSと言うのはあまりない。いや、あるにはあるけどかなり珍しい』

『白は全体幸福を望む色であり、故に原則覇道。故に自分個人の性別に拘ることはあんまり無い』

『さりとて、他者にTSを要求する理由もあんまり無い』

『アルトリアが男装したり、正純ちゃんが性転換手術を受けかけたりしたように』

『政治上の都合で性別を変える、とかくらいかなあ?』

『あるいは、男or女でしか倒せない魔物を相手にする、とか?』

『まあ探せば他にもあるかもだけど、珍しいのは間違いない』

145 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 06:17:31 ID:PKaz8aB60
        ,. ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....
      ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ー=ニ :::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::ハ
     .   /:::::::/:::::::ハ::iヘ\:::::ヘ:::::ヘ:::::::::::::::::::::::ハ
         i:::::/:i:::/:!::l .!:i ヘ. ヽ:::::',::::::i:::::::::::::::::::::::::i
       i:::/i::l::::l:/!-、',:!::::ヽ-‐、‐i-::、::::::::i::::::::::::::::i
       i:://i::i::::i´ヽ::::\:::::\_l_ハ:::::`:::::i::::::::::::::::.ト\   ー=ニミヽ
       ',:i':::ヘ::',:ヘ.r-、  ヽ´ん:::`l::i::::::::i:: 、:::::::::::ハ`ヾ:、_____):/
       /::::::::::>、;.{ l;;d   弋;;;ツ:i:::::::i ,'ヽ ):::::::::::i::ヽ  ̄ ̄ ̄´′
      /:::::::::::// i::i `、      ̄ /i::::::::i_ /:::::::::::::::i:::::ヽ
     //:::::::::// i:::ヘ''  -‐ァ ''' //::::::/i::::::::::',::',:::::::∧::::::\
    /.//ヘ//  i::::ハ::\` ´ //::::::/ i::::::::::::::',::',::::::::∧:::::::::\
 ∧´\/  /´‐`-、,,i .i:::::::`..‐/l /::::::/‐-l::::::::::::::::',:::':,:::::::∧\:::::::....、
ミ\ir´⌒´     i-‐ ヘ,〃//::::::/´:::::::::`ヽ:::::::::',:::::'::,:::::::ヽ:::ヽ` 、:::......、
ミ/ヘ      r‐-、   i //::::::/::´::::::::::::::::ハ:::::::::',::::::::':::,::::::::::ヽ\ ` ー-、...
ヘ ,、/7/7ヽ/    ヽr-//:::::://::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::ヘ:::::::::::\:::::::::::::\
ヘ (\´ /⌒       /::::::::/./::::::::::::::::::::::::::ノ:iヽ:::::::::ヘ:::::::::::::\ ヽ::::::::ヽ
  ハ ヽヽ/7      /::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::/::::i::::::\:::::::ヽ:::::::::::::::`::‐-:::::::::`ヽ
、 i  ヽ /      i::::::::::i /::::::::::::::::::::::::'/i  ii:::::::::..ヽ::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 r‐/⌒⌒\      i::::::::::i/ ヽ'、:::::::::::::::::i:::i  ii::::::::::ヘ \:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『一方、青と緑は対照的ながら、どちらも求道の色彩が強い』

『緑は自然界が既に完璧だと考えていて、故に自然界から与えられた遺伝子と本能に忠実な己であることを望む』

『覇道的な色彩もあるけど、まずは己の遺伝子と本能を受け入れる求道こそが緑にとって重要だ』

『男に生まれたならば男として、女に生まれたならば女として生きよ。それが遺伝子であり本能である』

『然るに、生得的な本能が「私は女だ」と叫ぶならば、男の体を本能に従って女に変えねばならない。GIDは求道緑のTSってわけだ』

146 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 06:22:42 ID:PKaz8aB60

                     ___
                    ,.<:::::::::::::::::`::.__
.                 ,.':/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.                 ,'::,':::::,/ミ!:::::::::::::::::::::::',ヾ、
.                ム:|::::/l- l:!:::,、:l、:::::::::::::', `
                ム:il::ィ芯`l:l:::|_l:j-マ:::::::::トヽ
.                ム::!{ミ.   lヘリ 芯`}:::::::::l `
                ム::l::ム.   l:.   彡l/:}/
.                ム::|:::::|ヽ. ` ‐ .ィ:::::|:::::::|
              /:::::|:::::|ノ .`ー ´!:::|:::::|:::::::ム
  _  {ヽ         /_.-‐!:::::!    ト.|::::::l:::::::::ム
  } レ、ヽヽ      ,. ´. ', j::::::lー、  r一.|::::::|. ヽ::::ム
  `f f/)  ヽ    .ム. . . .'/:::::/        ',:::::',. . ',::::ム
.  `f f/) _ ',   .ム. .}. ./:::ノ!≧=====≦.}::::::}. . i::::::ム
   ヽl_′ ` }   .ム. .,'. .'´. . .寸ニニニ∨. }ノリ、. . ',::::::ム
     ヽ- j!  ム. ., . . . . . . . 寸三/. . . . . . ', . ',:::::::ム
      ',` ̄.', .ム. .i. . . . . . . . . `.v´. . . . . . . . .i. . i::::::::::ヽ
      ',. . . .∨. . . ',. . . . . . . . .:.:.:.:. . . . . . . . ,' . . |:::::::::::::!
.         ,. . . . .',. . . , ゝ. ._. . . .:.:.:.:.:.:.、._. . . . ィ',. . . .!:::::::::::::|
         ' . . . . ',. ./::::::| . . . . . . . . . . . . . . |::}. . . . |::::::::::::::!
.         ',. . . . . /:::::::/. . . . . . . . . . . . . . . ',:!. . . . }::::::::::::::',
.         ',. . . ./:::::::,'. . . . . . . . . . . . . . . . . ',. . . . |::::::::::::::::',
.        `r ´:::::::/ . . . . . . . . . . . . . . . . . . ',. . . .}::::::::::::::::::}

『一方、青も完璧さを重視するけど、自然界が完璧だとは考えていない』

『むしろ、己も自然も不完全だと考えている。だから完璧になるためには変化が必要だし、変化しなければならない』

『青が考えるに、幸いにも、生物は己のありようを己で決める能力を持つ。成りたい自分に成れる』

『だから完璧を目指して、成りたい自分に成るべきだ』

『男に生まれたからと言って、男のままで居なければならない理由は無い』

『望むなら、女に成ることもできる。女の方が完璧だと思うなら女に成るべきだ』

『これもまた緑とは対照的ながら求道の色彩が強い。覇道要素が無いわけじゃないけどね。』

147 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 06:30:25 ID:PKaz8aB60
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「一方で、黒や赤は、逆説的なんだが」

「自由主義者であり個人主義者である一方で、求道と言うよりは覇道的傾向が強い」

「僕も含めて、黒も赤も自分が完璧だと考えてる節があり」

「何かしら問題があるとすれば、自分と言うよりは外界に問題があると考えることが多い」

「邪魔な敵が居るなら炎や死でぶっ殺し」

「欲しい物があるなら奪い」

「何かを作りたいなら、鉄やゾンビを作る」

「いずれにせよ、求道的に自分を変えると言うよりは、覇道的に外界に働きかけることで問題を解決しようとする傾向にある」



「勿論、二コルボーラスやリリアナが全盛期プレインズウォーカーの力を求めたように」

「サルカンが竜に成りたいと願ったように」

「求道的な傾向も無いわけじゃないけどね」

148 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 06:37:38 ID:PKaz8aB60

                       ,. .―-_、       __,....ィ
              ____ <: (__       ,.ィ/////// |
            / ,. --――-: : : `: ̄ ̄: ムrマr_-、__// |
          / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:ヽ、ム: : :.:Ⅵ
           /: /: :/:/: :.,: : : : ,: :l: : : :|:,: : :,: 、: ∨:マム: :.:.|ム
            /: /: :/:/: : :!: : : /: :/: !: :.|:{: :.:|: :',: ヽ:マム: :.|/ミ、
            ;': /: :/: :!:.:.:|:|: : /: :/: : |: : !:|: : |: : |:}: |ム:{マ: : |///
.           |:{:!: : !: :ハ: :.|:|: :T: Tヽ:/!: :.|T: :T: /7: }: :|: }: : :|//
           从|: : |: :|:{: :从{ィテtォ、 ': :.}ィテtォ、/:イ:,i:イ: ': : :|/!
            /:|: : |: :{:|:、:.下{;;;;;;刈 ,' : / {::::::刈 }: /:| |/: : : |/}
        /: :乂:{乂:ト、: ム弋こソ/: :/ 弋こソ/:イハ! |: : : : {´
          /: : : /リ: :ヾj \ム  / イ '      {/:./  |: : : : ::.
       ,:': : : : : : : :/   |: ト、    っ    ,ィ: :/  {: |: : : ::.
.      /: : : : : : : :/    ,: | `_ァ _  ィ /:,   |: |: : : : :.
     ,: : : :/: : :./    |: | /   /Yマ ̄Y:./     |: |: : : : :i
      /: : :./: :/   ,. -―|: |' \__/rrハヽ_/:/ヽ、_. |: |: : : : :|
.    /: : :.//    / __  ,|: |   ,.」///! /:/    `ヽマ: : : : :.
   /: : :./      /   ヽ|!: !  /////ハ.{:/  i /   }∧: : : : .
   ,: : :.:/    ,..:'     {l:/  {//{/r-,/|'   Y     ヽ ヽ: : : :.
   {: : /     {        i{'    ̄i´    ....::{       ', \: : :.
   | : {      ヽ __ /     十       /      }   ,: : : .
   |: /      { r:::::::::::::}____|____ {_,...-----イ     : : : .
   |: !       ∨ ̄`ヽ|::::::::,.--r_、___:::::::::::∨:::::::::::::_l_|    ヽ: : :.
   |: |      , ' ヽ  / |:::::::::V/介、_ソ:::::::::::| Ⅵ ̄   {      ',: :.
   |: |       /     У,/:::::::::/:::::X:Y}::::::::::::_|  !    ':,      }: : |
   |: ::.    ,:'    /{´::::::ー----------イ::: ヽ人       ',     /: :/
   |: : :,.. - '- 、  , ' /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{.  \    ',  , : /

さて、ここに中性的な、あるいは女性的ですらある外見の男の子が居たとする。

友人から求められて女装しているものの、

この子自身にはまだ確たる「望み」は無い。少なくとも自覚的なものは。

別段女装したいとも望んでおらず、まして女の子に成りたいなどとは想像もしていない。

この子が女装しているのは、この子自身の求道的な望みではなく、

友人の覇道的な望みによるものである。

149 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 06:40:29 ID:PKaz8aB60
  、____                     、 -‐── ‐- .
   \::::::::::::/                     \ _ _    ヽ
    \/                     L,,,__,,,_     ヽ::::::\  丶   。
.      /          ′          {"゙"゙"゙`ヾ    ∧::::::::\   .  .
        /    ′  :l i} :i   i   :|     ミ -‐  。::::::::::∧ }  /
    ,   /   /  :| ! :| i} :| i  斗 ─}─-    ミ -‐  }:::::::::::::::∨イ
        ′   /   | ! :| i} :| |l   |  '       ミ  -‐ }\::::::::::∧
   {        _.」斗十‐! il |l   | /xf示芋ミ、ミ,     ゚. .| >─‐`
   |      ′ ´  l | ハ |:∧|l   Ⅳ´ ,_):::心 Ⅵ' ¨`. /. ..|
   |  |  |   i  | ,ィf抖乏、八  |  ら::::::::}  }〕′} ′. .|
   |  |  |   |  |{{ ,_):::心  ヽ|   乂::::::ソ   }ヽ /. . . . .|
    Ⅳ |  |   |  |ヾ V:::::::}             ゚‐ ' 、. . . . .|
.     ヽⅣ |   | Ⅳ   ` ‐ '   ,     "" .イ   )〉. . . |
        \ト、  ト、 Ⅳ、 ""         ,     / } //. . . . |
           ヽ{ ヽ|/\    `      /|./   /. . . . . |
            /|. . . . f≧=-  .. _ . イ _,.l'  ,イ. . . . . . |
              〈( |. ._ | }:_:i:_:ノゝ-<   / /: :≧=- . .|
.             /' , 7: : /| } /  / ̄/   ノイ:, ´   -─ヽ
             / /: : /-l }__./  /___/: :./ /        l
.            / ,: : |:/-─ 、/ )´:::::::::::::::〉:{ ′        |
            /  {: : /  ‐─〈 /=-::::::::/: :.{, :´       |
.            /   冫/     ァ ノ′::::::::::{': :/         ,イ

さて・・・青赤的な傾向のある医者が、

この男の子に出会った時、その医者は何を望むと思う?


それが「逢魔がホラーショー」(漫画)の導入部である。


では短くてすいませんが、続きは帰ってから。

afk

150 名無し-Red-市民-2 :2019/07/19(金) 07:44:00 ID:.TkbOYv60
乙でした!寝落ちするのも仕方ないですよ……

求道緑のTSは以外でした
てっきり、緑はTSを認めないものかと

151 名無し-Red-市民-2 :2019/07/19(金) 08:42:52 ID:B/EElJSc0
乙でした。

白のTSといえば、
「セクハラを止めさせるために、全人類を女にします。生殖は1.5時間だけティンコの生える薬を売るので、それを使ってね。」by人類を支配した宇宙人
というなろう小説がありました。

題名は『エイリアンに支配された日常と非日常  〜頭の良いアホなエイリアンに支配されて、地球は大変な事になってしまいました〜』という長いタイトルでした。

152 名無し-Red-市民-2 :2019/07/19(金) 08:45:23 ID:Cuf7I3nM0
ちょっと読んでくる

153 名無し-Red-市民-2 :2019/07/19(金) 18:23:35 ID:.TkbOYv60
途中まで読んで来ました

感想としては「作者さんは女性かな?」です
TSしてるのに男性器がなくなった云々は書いてても女性器がついた云々はほぼ触れられてませんし
胸に関しても体育の時に痛いからブラを買うくらいしか書かれてません

あと、せっかく一週間で徐々に骨格が変わるとか設定してるのに
その一週間をダイジェストすら無しで飛ばしてるので無茶王様はあんまり好かれないかも

しかし、好きな人は間違いなくいるでしょうから否定する気は全くありません
これからもこの作品が好きな人の為に書き続けていただきたいと思います

154 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 21:18:20 ID:PKaz8aB60
>>150

                         `ヽ、
               _,_,_,_zzzzzzzzzx,  アユ、
           _,ィ≦洲州州州州洲州州≧x洲i!
 ,__   _,,,,ィ≦´州i!洲i!洲i!洲ii!iヘヾii!`i マ洲ii!州州州≧、
  `ヽ≦洲iマi!i州州/州i!ii!州州i! |i!ヾ i|i!| ヽ|i!`|i!州ム`i!ヘ,``ヽ、
    ,xィi7州i!洲i!洲i!州i!ii i!ii i!iii!i{ }州i州i!iii!Ⅶi!;hi``hi!`州、
 ,/´ /洲リ洲iマi!i州州州ト洲 州iマi!i州州州ト洲i! i!  洲iマi!iヘ
   ,ムレ洲洲洲ii!i州ⅤⅦ州ト洲iマヽi!i州州州ト洲i! i! 洲iマi!i!ハ}
  ム/卅/i!ハi!州州i!ii キi!州∨从!. マ州i!マキ州州リリi!i|i!i|i{i|il!i|i}
  〃/リi!/リl洲i!洲洲〉|_Ⅶ.マリ从`f´^Xマ i!州/}/|州州i!lil州i|i
 〃.i洲洲i!州州i!洲i!キ  ヾ`从li! ` ./ ,xヽ i!レ ´ 州州州!!州i{
./  |洲州i!州州i!キキi! ` ー-∨`\  ´___ ==.州州州ハ州i{
   |!州洲州i!州从_xィ彡圭ミ>    ´ ̄ ̄ ̄´ 从州州トく从ム
   i洲州i!州州i!从《´`込シ   |         .从从V`ヽ )从`ヽ
   }i洲州i!从从从ム` ´¨`   {!         /从/ 〉| jノ/ヽ
   Vi!j Ⅶi| キ从从ヽ     `ヽ        //イ-イチ
    Ⅶ  Ⅶ! /´Vリ`ヽヽ  __ィ──→-´   /チ洲i!マi
    Ⅶ  マ  j ´ `ヽ     ̄ ̄´     //洲!ム
     Ⅶ  .マ     jヽ、         ./ / iハヘ|`r
     Ⅴ         V>x  ____∠===|=__
          / ̄ ̄ ̄ ̄\/             `> 、
         /         |     _____      \

『クマノミ・・・は青か』

『ゴカイの一種は性転換するそうな』

155 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 21:19:04 ID:PKaz8aB60
>>151
>>153
『ふむふむ・・・確かに白い性転換だね。少なくとも目的は』

156 名無し-Red-市民-2 :2019/07/19(金) 21:19:21 ID:.TkbOYv60
こんばんはー!
自然界でおきるなら人間で起きても仕方ないですね!

157 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 21:25:18 ID:PKaz8aB60
『ただいまー!』

158 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 21:27:03 ID:PKaz8aB60
>>156
                       ー=|                i!
                  __zzzzzzzzzz|                i!
              イ三三三三三三三!               .i!
          ー=フ洲州州州州洲州州               .i!
            州洲州州 从州i!洲i!从               i!
           州i!洲i!州i乂州i!洲i!ヘ州i!!               i!
          州洲州州从-洲州州 乂`ハ               i!
         /7 |洲州!州从 `ヽ寸    弋              i!
         !7 |洲州!州 ヽ==  ヽ __>             |
         |! .|i∧洲州!〃トり    ´ ̄ ̄ >x         /
         |  マ 洲州从 `¨  |>       / ´|〉ヽT―-フ /´
            ! 洲洲从\           γ-〃ヽ  レ
         r-、 ヽノ ∧ヽ     r- 、     厂从爪
         ヽ ヽ     | \    ヽ┘   / |ヘマ
          ヽ ヽ       > 、   イ __L___
           ヽ ヽ        _ Vレ ̄ ̄ ̄      |
          ,-斗 .乂へ__  <´ \/ r=三三三三三乂__
          ヽ |  ー ニ )-, t=l  ||  |三三三三三三三三三三
           ヾ     ハ V八 ||   !三三三三三三三三三三

『まあ科学的に考えてさ』

『男が男に、女が女に分化するなら』

『突然変異的にその分化に異常が起きることもあり得るんじゃない?』

『いやまあバグの蓄積で生まれた僕らに「正常」という概念を仮定するとして、だけど』

159 名無し-Red-市民-2 :2019/07/19(金) 21:29:46 ID:AOceHVp20
雌のリオレウスや雄のリオレイアがいてもおかしくないよね。

160 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 21:34:35 ID:PKaz8aB60
>>159


                   ー=ミ、
                 __,,,,zィ≧ミ、_,ィチ=ー.、
               ,ィ圭州州イ 州ミ、 ヾミト圭ミ、
            |ィチリイ|' / イ 州 l州ミム .Ⅷミム、 ,ヽ、
            |リ' イ.州 il lil州ミ州州州リ州州ム トミ、
            | l州il'l lilリ州ムヾミ州`Ⅵ州州州州li
            |.i!l州il Ⅶ州州ミ、 ,ィ'マl´Ⅶilハ州州州
            | l!l州i__,Ⅶミil州l ` ヽ ヽⅥ' |ハ州州!
            |l州l〈 、 ヾ、ヽⅦ、./,ィ=ミ、,|!.州州|
             l州l ヾ、二_       〃ィテミi.ヾ!.|li州i|
              l州!ヽ 〃テミ、     lんリil l!.リ! l |
           ..州li|l、..li! .lんハ     弋リ′' lリ' リ .|
            州州ll ミ、弋リ′ |      〃 ,!イ|
             lⅦl,ヽ.ム、       `       ,lzチ.!
            ,' Ⅵヽ ハ.  ,_   r‐、    /l|州|
           ,′ リ、 `ヽl.、 ,い、  |  )   ,イ . |ハ|
          /   `    lリ.ノ .}!_.`__.<___|>|
                  ,'  'ー ' ̄____ ′冫 _,|
                    l          ヽ三イ/」
                _,イ       ` ̄`ヽ{::::::::::\
         __, ィzzニ≧i|       ー―.トノ.::::;ィ彡:i
        /二ミ、:::::::::/.:/ .l、       _, zチ.::::::::::::::::::::l
        ,!::::::::::::::>:/.:::l  `ーァzzチ::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
         |::::::::::::::::::;/.:::O.ヽ、 /..:::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::::..\       .,〈
          |:::二ニ=,イ.::::::::::::::::..ヽ、ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>―――イ::ハ
       ,ィ仁ニイ::::::O:::::::::::::::::::::..ヽl::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ;:::::::::::::::::-=ニ二三{
        l::::::::;イ::::::::::::::::::::::::::::::::::;:イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ、::ム:::二二三三三::::ハ
        |ィ〃.::::::::::::::::::::::::::::::/...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...`ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::ハ
        |/.::::::::::::::::::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽミミ、:.`ヽ;:::::::∧

『そこまでは言わないが』

『「オカマ」のリオレウスとか居てもおかしくないよね?って話』

『万物理論風に言えば』

『男性の神経系が女性化することも』

『女性の神経系が男性化することもあり得るだろう』

161 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 21:44:45 ID:PKaz8aB60
           _
    ,r ´> ´ ̄ ̄   {r ´ ̄`.、
    > ヽ.   /      ヽ.   ヽ
    {  /  /    /    丶、  \
   .Y  ヽ. /    /     } `ヽ  ヽ
   ゝ   ノ/     {!     i!,!  ',
   }  く. ,'     ハ     /リ| !   ',
   ト  ソ !      ト. 、マー=ミ!i   il
   ゞ ノ |       .{    、.{:il ',   i|
   r彡,  |     ヽ ',       ヽ ル′
   ::/:::;i |.       ',       /
   :{::::::i!. |    ヾ 、 ',  , __ / ヽ
   リ::::::|`il i|   .ハ ヽ ',   ̄,´   ヽ
  ::::::::::i| .レ ハ    ハィー-  __/ ,.     ヽ
   ー- 、:.:.:.:.ヽ. ` ',:.:.:.フ}≧、 },  {`ヽ}
  / /:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:..`ヽ ヽ //ミ:.:.:.:', ヽ  ',
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.>ミー-`、 ヾ_ヾ:.:.:.:.:ヽ ヽ }
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ' / ̄``ヾ `ヾ:.:.:.:.:ヽ `
  :.:.:.:.:.:.:.:.:;' ./         V;,;.:.:.:}
  :.:.:.:.:.::.:.;{ /       丶.    ` <
  :.:.:.:.:.:.:.:.:V       __ ヽ.    ,`ィゝ.
  ::.:.:.:.:.:.:.:.:.',    ,.ィ ´   >、ゝ_,/    `゙ヽ.
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ' .,,ィ ´         、O}       ,',
  ::.:.;, - イi /          !   ` !!        i.}
  ;イ:..:///             , O     ;  リ
  、:.:.,' レ'  X            i  / ,'    ノ .,イ
   `v/  , ' ゝ,        /  ,イ≧ー   ,.イ
    ヾィ≦   ≧ー -   ,'  ィ彡ゝ `  /

性転換の理由が、白や青や黒や赤であるならば、

文化や社会背景によって性転換渇望は現れたり消えたりするだろう。

だが、緑であれば?

人が生物として持つ本能に性転換渇望が内在するならば、

それは当然文化や社会が変わろうと普遍的に、古今東西問わず性転換願望が発生するはずである!

そして実際、少なくともネロの時代には既に性転換渇望も、

(原始的なものではあるが)性転換手術さえも存在しているのだ。

162 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 21:50:32 ID:PKaz8aB60
                    _ . ---  .
                 . ≦ .:.:.:、丶:.:.:.:.:.:.:.:`: .
                .:./ /.:.:.:.:.丶 \:.:.:.:.:.:.:.:.'.
                // /.:.:.:/.:.:.:.:.\ `ー‐- ゙ヽ
               /.:/_/ .:.:.:./_ /.:.:.:.:>--- _'.
            /.:.:./ `フ .:.:.:.:/.:./メ/.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.!
       /    !.:.:/  ,′.:.:.:/_ィチ弍|:.:.:.:/.:ム:-.:、i:.:.:.:.|:.
      /     :.:.;゜ イノヽ、:.iハ{゚u} |:.:レ;イ=ミ/.:.メ.:.:.:/.'
   .:.:/      Ⅴ// ´ ̄丶  ¨¨ Ⅴ  {゚u}〉ゞ .:.: /.:.{
   {:.:.{_       /.: / ´∠二´、  '   ¨¨〃.:.:.:/.:i:.:.
   丶:.:.:.:.:.:.:.:.:∠.:.:.:./  ,.ィ--'{´}ヽ‘ つ  . イ .:.:.:/.:.゙l:.:.:.
       ̄ ̄/.:.:.:.〃 ノ  ト、:.:.ヽ 、  ̄/ l:.:.:.:/.:.:.:ハ:.:.:.
        /.:.:.:.:.:.:.:.i  iⅤ.| ヽ:.:.ヽ /  /l:.:.:.{ \ ヽ:.:.
  ___ . .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |  ,′.|   ム:.:.i∧  /,' l:.:.:.:  /┐ヽ:.
´.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   {  ∨У}:.:|/'}/ .  l:.:.:.:    \ `
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   ヽ  /`イム:!     ヽ ':.:.:.:i    /ヽ
〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    ゙. / / j:!     \}:.:.:|__/   、
.:.:.:.: ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     ∨ / ´       .}:.:.:|   〉   }
.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l     〈  {   ゛ー=ニ    }从!   ,゜   ハ
  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.八    ハ  }.          〈     ′  /
 ,:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽノ′  {           ヽ   ,′  ゜
イ.:/.:.:.:.:ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ、ヽ、 }   二ニ=‐     `┐    /
ノ:イ.:.:.:./ !:.:.:.:.:.:./i:.:.:/ ヽ  ∨ ̄          ,゜  /
.:ハ:.:./ :.:.:.:./  j/    / ヽ        /、{   ′
  }:,′ j:/   ノ\   /i...........\       /...i....:ヽ  ヽ
          /...../\ /...l...........i.....\  /..i......l.........}、  '.

そして少なくとも、戦後日本でも性転換者は存在していて、

性転換手術も行われていた。

しかし、ブルーボーイ事件を期に、性転換手術は違法と看做され、

日本での性転換手術は下火となる(消えたとは言っていない)。

後に「性同一性障害」が再認識され、性転換手術が再開されるも、

しばらくは性転換者にとって冬の時代が続いていた。

「逢魔がホラーショー」はそうした性転換の冬の時代に描かれた作品である。

163 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 21:56:01 ID:PKaz8aB60
                 __ _,. x<:::⌒ ー -- 、
              .  ´ .:::::::::::::(8` E! :::::::::::::::::\
              /:::/.:::::::::::::::::⌒ー′. .:::::::::::::::::::\
           /::/ ,::::::::::::::::::::j :::::: 、::::: \::::::::::::::::::ヽ
           /:/ .::::::::::/::/::::/\ .::::\::: :::::ヽ .:::::::::::::: .
           i/ .:::/::::/::/::::/   !X __::\: ::::}:::::::::::::::::::}
     r=:     .i .:::::/::::/__i!:::/   ´| ∨ルハ :::: !:::::::: i::::::::|
     | ll|    {:::::/´:/  ル/    ノ ィ笊ト. !::::: i ::::::: |::::::リ
     | ll|    |:::/:::/!.ィ笊ト 、    !辷.ソ |:::: :|::::::::::|:::::∧
. 〈∨.〉  |    |:/::/八 i辷ソ :i     "" " |::: ::| :::::::リ::':::::ハ
.  / /|   |  /´ 〉!: /八:入 "" 〈        ノ!::::::l::: ::/:: ::::'::::i
 〈 〈i |== {._/ / 从 :!:: :\ハ      _  ,     |:::::リ ::/:::::://:::リ
  厂二二フ  .l   ):: :i:::::}:::\   こ´   ノ :/::::::!::: ::::/:::/
 〈 二二フ  ノ   ⌒从ル::ノ:::l> .    //j:: :ル'⌒}イ
.  ∨ |  ll| /       )イハノル ノ≧ <イ ノ!イ
..  Ⅵ  ll| {       _    _ //l「!て ̄  |>---- 、
    |  ll| |    /´   `7´ /〈_/|ト.__〉   \ /⌒ {
    |  ll| |   /        /  i|  / j   __ /  /⌒ \

TS自体はマイナーだがある意味メジャーでもある。

シュタインズゲート、境界線上のホライゾン、禁書、幼女戦記、FGO、ワンピース等々、

メジャーな作品にも結構登場している。

だがそれは世界改変だったり、魔法的な何かだったりと

リアルな性転換手術ではない。

まあGMも理屈はわかる。

TSに求めるのは基本的に「ファンタジー」なのだ。

リアルな性転換手術が興を削ぐのは不思議ではない。

(だがGMはそういうのが大好きだ!)

164 名無し-Red-市民-2 :2019/07/19(金) 21:56:58 ID:AOceHVp20
せめてドラえもんとかスーパー戦隊とか言ってくださいよ、メジャーと言うなら。

165 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 22:01:02 ID:PKaz8aB60

          //      ,.  -─┐
            〈:.:/     /::::::::::::::::::l
          Vl   _ ∠.. rァニミ、::::::l
       ,. - ァ'^ゞ´:.:.:.:     `ヾ7ヽ::l
      /:.:/:.:.:.:.           Vハ:l
.     /:.:.:/:.:.:      ト、ヽ_ ヘ  ヽ:.:Vハヽ
.     /:.:.:/    l   l ´lヽ:.`lヽl.:l:.:.:Vハ:ヽ
    /:.:.:.:l:.:l:.:,.l l‐l 、  l l \lヽl:.lハ:.:l:.:l::::l
.   l:.:.:./l:.:l:.:.:l:.トlヽ:.:.:l  ィ乏iア l:.l/l:.:!:.:l::〈
.   l:.:./l !:.l:.:.:.l:.l,.f心ヽl  Vツ l:V:.:l/:l:.:.l::::ヽ
.   l:.:l/l l:.lヽ:.:NヽVツ \  ''' l:.l:.:/.:::l:.:.lヽ┘
    l:.l 从:l ヽ:トハ '''  `n\ ,l:.l/、.::::l:.:.l^
.     l:.l  N  \l ` r ニミl ,..\:.l  V´l:.:.l
    ヽl     ,. -l:.l _ | ^ヽ ハ  l:l` ー 、.l:.:.l
     丶  /   l:.lヾヽ  )│/l:l__〉ァ、ヽl:.:.l
      ∨  // 、. l _,.、,ノミミl:lV/  /ヽ、:l
.      ,l   //  l:. /  /::::::)lV  /.:   lヽ
      j:lヽ// _l/  /ト=イl:l  l   l ヽ
       /:.l /:ハ/ニ7   ' ,|::::::|l:l_  l   /   \
.      /:./ l:.l マニ 7   /:|::::::|l:.Vi7、 ノ       \
     /:./:l l:.l l /    'ム |::::::|ハ:.Vムiク       ヽ
.    /:./l八l:.l !    ′ ⌒´ノN/ /          lヽ
   /:./   l:.lハ   ,′ー=zア, / /             l:.:l
.  /:./   ヽl  ヽ、 ノヽ、 o/  〈 〈           l:.:l
 /:./     ヽ ::.::.::.::.::.::.`l><l -弌ハ             l:.:l
 l:.:l     ,.イミt.、::.::.::.::.::.::lXl::.::.::.::lハ             jノ
 l:.:l    /.:.:.::.::.:マ>、::.::.::.:lXl::.::.,.ィハ l
 ヽ:l  /.:.:.:.:.:.::.::.::` マ> ┘ Zア.::.:{ l
  ヽ、..:.:.:.:.:.:.:.::.::.::.::.::.::.::`¨¨¨´.::/.l、l
.  / \ :.:.:.:.:.:.::.::ヽー 、_:_:_:,.  ':::::::/::ト、
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.::.::.::\:::::::::::::::::::::::/::::l::::ヽ

性転換手術は、リアルにおいては冬の時期、

創作物としてもマイナーの中のニッチ。

にも関わらずそんな性転換手術という難しいを主題とした「逢魔がホラーショー」はえらく挑戦的な作品だと言えるだろう。

(それ故か、ニッチではあるがコアなファンが付いており、年月が経ってからも復刻されていたりする)

そう、「主題」だ。性転換手術が登場する作品自体ならまだもうちょっと多いが、

「主題」となると本当珍しい!

何しろ毎話性転換手術が行われるほどだ!

166 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 22:01:18 ID:PKaz8aB60
>>164
じゃあドラえもん(入れ替わり)

167 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 22:06:46 ID:PKaz8aB60

            . ゛ ´ ̄ ̄` -- 、
         > ´..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
        /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `ヽ:::::::::..
      /.:/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ:::..ヽ::::::..
       /:イ .::::::::::::::::::::: i:::::::::::::::i:::::i:::|:.、:::::i:::::::.
      ':/ |:::::|::i::::::::: i::::::|::::::::::i:::l:::::|:::|:::}:::::ヽ:::::i
     {::! !::::ヘ:!、―-!、:::l:::i::::::l::ィ二::ヽ/:::::ト:;..\
     〈{  :::::/1:ヘ::ゝヘ:::!ハ :::::l斗zzミ:レ.::::::l:::. ̄!`
     ヽ Ⅴ :::::.::ヾニ彡 ⌒ ´|!_うゞ.::::::l::::::::::
            i::::::i:ハ   、    ̄ /:::::::ノ::::::::::i
            l::::::|:::iゝ  ー 一  イ.::::::イ::::::::::i::
            l::::::|:::|::::i::.> <. /.::::厶:、::::::::l::!
           ノ::i:::|:::::::ム/,}  /.::::/´ヽ::.、:::::!::、     ヽ.
         イ1:l:::l// / _,/.:/ ̄  ヽ:::::::::..\    \
            人!:::! |/}Уi /.://    i:::::::::、::. 丶   }:::.
.         / ヽ:!Ⅴ厂ヽ|'.:/>     .i |::::::::::.\::::::≧≦::ノ
        _ノ、   /./ヽ,ノ レ<       / |:::::::::::::::..\ ̄ ̄
       ヽ.\ / ./  ./ /-― 、  i /! ノ ::::::::::::::::::::::...
        / `{. /  ./く'7´ ̄\ \ レ /..:::::::::::::::::::::::::::::.
.     / ‐--Ⅴ___// ̄ヽ   /\.∨/.::::::::::::i::::::::::::::::::::::.
    〈ヽ、            ヽ\\' //}//.::::::::: i:::|::::::::::::::::::::::i
     {` `ヽ___、_,ヽ\\「  ̄〃 .:::::::: ノ:::|::::::::::::::::i:::::|
      \           ヽjヽ.j   {{::::::::/}:::∧::::::::::::ノ!:::::
      >―-,.. ____/    ∨.:::::/ ノ'´ Ⅵ::::( ::::::
            ノ _j          /\:::{          ̄` ヽ:{
            Y _)二ニ=-    〈   `ヽ          \
         / ,′         ヽ

ただ、毎度の如く登場する性転換者たちは

基本的に緑GIDか、でなくとも求道系のTS、つまり「性転換を自ら望んで」だ。

女の子に成りたい男の子が女の子になる、まあ手段はややどぎついものの、順当なハッピーエンドである。

(TSとしての起伏が少ない、とも言えるが)

168 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 22:09:43 ID:PKaz8aB60
                        ,ァ  /l
                     {( ∠ニ=L
                      ´       `` 、
                  /       `、  ∨
                 '⌒7     i i il   }  `  '
                 i   ゙  { { レハ  }劣 j{ { {
                 l  il   八斗ャr } ,hリレi{ { {
                    八  、 ' Vりノィ゙~´ 从人{
               ノ  }l\「\{i''´ - ィ⌒{
                /   ,   { {[~"ニチ__{^[[[{^,
            、 `   /  /´ \\ー'([{'く`ー、〈\
.          、 `    、 `   ./    ` 、` 、\{^、「 ∨ ` ー=ニ二三二=-‐  -‐…‐-  _
.     , `    、 `     〈    ,′ ` 、ヽ  ム  ∨=-   _        ‐-  _   ` 、
     ′{ 、 `        }≧s。.,_}、   } }   L  Ⅵ      ̄~~~ ̄   ~~"' 、`` 、   `、
.     {  、          ,`'ー=ァ'´ L_ ノ' -=ニニi}  }i                \ `、
.    人  \           /   /  {」]三二ニ=‐'、ー'                  }   } }
       \  \      '゙   ,    /~      ー=彡                     ,  , ,ノ
        \  \ _、+'”   イ   /      `` 、 L                   /  /イ
         /´ ̄  ,、丶`     ′ ,       \}               / /
        /^Lr≦、 \      { /     `` 、[              / イ
        /    } ``'ー=ニ二ニ=-‐ ''゛       、   }
.     /    '′      -‐━‐- ミ       \ \_____________
    {\          /ニニニニニニニニ ,ヽ        `ー-=ニ二二二{L
    `¨ `'ーr‐ 、   / ニニニニニニニニ/i  〈         __       ~,
.        l  ノ  ' ニニニニニニニ/  .l  ∨/     /ニニ\     /
          ⌒\_,ノニニニニニニ/     l    ∨    /ニニニニニ ヽ  /

その中で、主人公格である菊千代ちゃんは、

「一話目」の「主人公」であるにも関わらず、

逢魔がホラーショーの中では例外的なパターンを辿っている!

つまり、求道ではなく覇道だ。

自らTSを望んだわけではなく、人の都合で性転換手術されてしまったのである!

169 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 22:16:17 ID:PKaz8aB60
                 ,. -- 、
                `ヽ 〉
              , - 、}/ -‐  ¨  ̄ ¨  ‐
            /               ` 、
           /             - 、       \
         / /                !        ‘,   __,
.        /,イ   /   ,       '         。 /::/
..       /' / ′ ' ,′/   /  / /ミ彡ミ、      。/::/
.       , -‐,  i! | | 斗‐‐‐/} / / -‐‐- ヾ     {{:〈==. 、
..       / ./´i  l| | | ,x≠ミ、!/}/ ,x≠ミ、 }    |ヽ:\ ヾ 、
.       { / 人 l| ∨Ⅳ ,_ノ::ハ '    ,_ノ::ハ 》 ハ   | \:i   },'
.      |'    ヽ{! l|ヾヽ乂:::ソ    乂:::ソ ' v}   .|   `
           |∨{ゝ! "" ¨  '    ¨""/_ノl   |
           |_ムソ人    r──v    ,イ::::::::|   |
            /: : :ミx、> ,、` - ' , イ -‐- 、l   |
         /: : : : : :ヽ:i!'´ノ   ¨   {`ー//´: : :\  |
         }: : : : : : : }:il` 、      //: : : : : : :ヽ |
         |i : : : : : : |,iヾ ` ー -//l: : : : : : : : } |
         {l: : : : : : :{ ヽ: \___//  l: : : : : : : :.:| |
.          ,i:l: : : : : : :i   \: : :/   /: : : : : : : .::{ |
        /i::l: : : : : : :l    `¨´   /: : : : : : : :.::::i |
.       / .|: : : : : : : :}、.        /: : : : : : : : : ::::i |
      ,   !: : :_:_:_:_: :{: \      /:_:_:_:_:_:_: : : : ::::i |
.      ,. /i: : /::::::::::`,|: : :.丶   {/::::::::::::::/:\: : ::} |
      { { \{i::::::::::::i: : : : : : : . ./::::::::::::::/:::::::::`ヽノ !
      | | /゚|::::::::::::|\: : : : : ./::::::::::::::/‐---一'  !

【ドクター逢魔 代理AAヴィヴィオ】

では、覇道ならば、本人の希望でないならば、菊千代ちゃんの性転換を望んだのは誰か?

それがこの漫画のもう一人の主人公、ないしは舞台装置であるドクター逢魔である。

ドクター逢魔は「性転換手術専門の医者」というかなりヤバイ設定のキャラだ。

とはいえ、普段はGIDに望みどおり性転換手術をしているだけで、無害有益な存在である。

しかし・・・ドクター逢魔は単なる求められた仕事として機械的に性転換手術を行っているわけではない。ある種の情熱を持ってやっている。趣味とさえ言える。

それは渇望として分類するならば、覇道求道どちらになると思う?何色になると思う?

170 名無し-Red-市民-2 :2019/07/19(金) 22:24:22 ID:AOceHVp20
腕を上げるためやってるとは言っていないのよね。

171 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 22:29:00 ID:PKaz8aB60
>>170

                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           /:::/ /:::::::::::::::::::::::::::|::::::::',::::::::::',::::::::::::::::::::::\
                            /:::/::,':::::::::::::::|::::|::::::::|::::::::::',::::::::::',:::::::::::::::::::::::`、
                        l:::/:::, :::::::::::::: |:: j ::::: |::::::::::::,:::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::.
                       ,ノ:':::::,::::::::::::::::::|:::ハ:::::::::::::::::::::l::::::::::}::::::::::::::::::::::::::ト::',
                      イァ7:::::l::::|::::::::::: |:,'-',x :::::::::::::: |',::::::::|::::::::::::::::| ::::: | ',:}
                        /イノ::::j : |:::::从::i!l  '八:::::::::|l:リ 'x::::/:::::::::::::::,'::::::: | リ
                      '´^!//^!:::l::::::| V    ∨:::リl | j∨ リ:/:::::|:/ |:::::::
                       人  |l:∧:::{≧=ミ、 \ ∨      /!::/::::/lイ::/
                        /´\v' V《乂:::ノ゙ヽ    x==ミx/: : :|/ !/
                       ノ{ |イリ` ヽ∨ ̄´       乂メイ/W从::{ ,/'
                      ノ i! ∨  ∧           |   ̄ /´   V/
                    //......|  '.,    ' ,       '   ,イ
                 , < ...,'.......∧  ∧,     \ `ー ニア'  ,/ }、
              , <´ .....................∧  \    \、  ,イj  } |..\
             / .......................................\  ` 、    `/ }j ' ノ /...... \
            /......................................................\   > 、/  j',/ /.............. \

『うん。腕は既に良いね』

172 名無し-Red-市民-2 :2019/07/19(金) 22:31:17 ID:AOceHVp20
それじゃあ覇道?

173 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 22:34:51 ID:PKaz8aB60
>>172
                  、_    ___ `ヽ、
                 ゞilァ',イ.,イi,il l il}l`ミX!、
               ,ィiリ',イ州il|!i{州!Ⅶl!}l Ⅶl≦ミ、
             //,イィ州州l州l州!Ⅶl.}li l Ⅶli、
               〃.i州州lト、l州!.Ⅶi!_Ⅶl|i.}i l州li
              / .l州州ハ! Ⅶi|!´Ⅵ!.Ⅶ州!.}.l州
             ′ ,iリl州iト、`_ Ⅵ _` |!Ⅷ州l州i、
              〃/.}lⅦ!`じ!  `ーr‐ァ,i州lハ'i{li、
                 .リ }ハ   /    `´イl'ノ リ
                 l、:ヽ 、__,   '.イ'ilil{_
                      \.__....イ:/  } ' ,}!
                   lf<ヘ,;;;;;:/< x≦ミ=z、
                   ,}ト、.Y .rz'///////////>, 、
                   , イ//ミl.| .,|////////////////i
              , イ'//////,'〉〈!////////////////,|
              .|li'/ハ'/////○'//////////〈///////ト、
               }ili'/ハ'///////////////,`ヽヽ、//////|
               |'/ハ'l}'////,○'///////////,ヽ'//////,{

『そうだね!』

『GID患者に対する善意か、あるいは芸術作品を作るような感覚か』

『ともあれ、自分の成長とかではなく、他者に働きかける渇望と言える!』

174 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 22:43:26 ID:PKaz8aB60
                    __                   ____
              /⌒\   ..-‐…‥― - 、     /::::::/
              〃ゝ:〉⌒ヾv´      ┐   \ /r:::/
           ,.=,≠       ,  /  / l |_,_,   V厶≦==ミ、
          ///  / /,  i / イ  / ィj |  `';彡ィハ:く.      iハ
            〈イ ′ / //   ,レ'⌒i l //  /⌒ヽ Y彡イ{::::\    } }
           {{ { 〃,イ {   ハiィf芯V/ /}/i笊ハヽ } ,/ノハミ::::{  //
          \ レ/ /1 l  i{〈/{{::::}}ム'  {{::::::}} }〉レ'v川 ヾ} ,ム′
.              '1/ j/l ∧ |   V:ソ  ,  V:ソ  }}r: } ハ  /
             j′ { vハ\ァ   r―┐    {{ノ {   \       __
\                 Ⅵr彡、       /   /7〉 ヽ \__>ァ=ニ  ̄
.  `r‐「 ̄ ニ=ー- . ____,、._/ ハ 〉,≧ュ.. `¨  ィ≦ァ⌒i〉7¨ [レ丶/
   | }          `ヽ_∧_厂`{ }/ 「 `r'≧=≦√7 / /    ,
 ̄ 丁 {            、   \  \廴__//   /     /
    ̄`ヽ.         \  }  \__ VV __彡'     /       _ -‐ ´
       `ー- .. _     ヽ|   7厂「「 ̄} }        ,  ,. -‐¬「
             「i ¨7 ァ 、!   //  Ll   { {     //     l|
             川/ /  }   //       } }    /´      リ

色としては・・・

曰く、「女の子に成りたいなら女の子になるべき」「綺麗な女になりましょう」

だそうなので、少なくとも青黒赤自由カラーあたりではある。

黒にはあまり親切心はなく、「成りたい者になる」は青なので、まず青なのは間違いない。

ただ、青は前述の通り、覇道というよりは求道である。

他人を完成させてる暇があったら、まず自分を完成させたいのが青というもの。

他者を変える、特に「綺麗にする」と言うのは芸術的覇道である赤の領分だ。

よって青赤の向こう見ずな探求者カラーあたりだと思われる。

175 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 22:55:15 ID:PKaz8aB60

                        <⌒ヽ
      _            _      ヽ: : \
    /: : : : :.` < i⌒>.::´: : : : : :. ̄ `:. </: :/
   /: : : : : : :__/⌒/: : : : : : : : : : : : : : : : : :'/:`:.<
   : : : : : : : : { ムУ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   : : : : : : : YУ/: : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :.\<
   : : : : : : : メ._/: :/: : :/: : : : :/: : : : : : : : : :i: : : : :ヽ: : : : : \: :<
   : : : : : : :.}V, ∨: : :/: : : : /: : : : : : : : : : : :.|: : : : : : :',: : : : : :∨: :ヽ
   : : : : : : :.ヾl .,: : : /: : : : /: :/: : : !: :}: : : : :.}: : : : : : : :',: : : : : :∨: : \
   : : : i : : : : :| i: : :,: : : : :/-/― -: : / /: : : ,.: : :.| : : : : i!: : : : : : !: : : : :\
   : : : |: : : : : i |: :イ: : : ::/!/ |: :./j/|: : : : :.メ、 : : | : : : : |: : : : : : :!: : : : : : :ヽ
   : : : | : : : :.:!',}/ |: : : :/,ィ=ミ、 / }: : : :/ j/|\: : : : : !: : : : : : :|: : : : : : : : \
   : : : :! : : : :.:.ハ |: : :/!《 迩沁   ,: : : :/==ミ: : !: : : : :.}: : : : :i: : i: : : : : : : : : : V
   : : : : : : : : : : .ヾ!: :/ | , , ,   ./: :/ 迩リ 》:N : : : : ,: : : : : |: : |: : : : : : : : : : ∨
   : : : : : : : : : : : |.|/: : !     //     /:|: : : : :/: : : : : j: : :!: : : : : : : : : : :.∨
   : : : : : : : : : : : | .i! ',ー-==彡 "  ′ ' ' ' /: :|ヽ : :/ |: : : : :ハ : ; ヽ: : : : : : : : : : V
   : : : : i : : : : : : | | ',: :!ヽ   r -,   .イ: : :! }:/  !: : : / }/  \: : : :ヽ: : : :V
   : : : : |: : : : : : :! ノ  .', ', >  __  -=≦ !: : :ト、/   ヽ/       \: : : '; : : :∨
   : : : : |: : : > ´    ヾ!  {´        ',: : :! }              、: : : : : : :',
   : : : : : /           \      /   ヽ: { !  >- y -- <      ヽ: : : : : ::,
   : : : : /            }ヽ _       `フ ´ .ィ        ヽ       '; : : : : :.
   : : : .:,        ヽ{ /.:/  `_   __ / / / / / ,ィ  }      '; : : : : :!
   : : : : ',            ∨ /  ̄    ̄ ´ 、\´  .{ { ./ // ハ ',      '; : : : :|
   : : : : ∧          /        r-、  ヽ!  ヽノ- ´  {_.ノ  V∨     }: : : : !
   : : : : : ∧       ,          ノ´ 、 ヽ 、 \            } ∨     | : : : ;
   : : : : : :.∧      ./         ,ィ .ト、{ `¨  ',          ,:  ∨   ,: : : :/
   : : : : : : : : ,    /    `t=---  ´ ヽノ       !         /    ,   /: : : /
   : : : : : : : :.ハ   ,     {               ト.      .イ     }  /: : : /     ,′
   '; : : : : : : : :ハ   ,′    |             , `  ̄ i ´     //: : :/       ,
   .丶: : : : : : : : . ,        |、             .イ    .乂    /: : : :/       ./
     \: : : : : :ハ i       | ≧:.         .イ        ` <: : : :/         /
      ヽ: : : : :ハ!        |ヽ: :ヽ  ̄ ̄ ̄ ´        、     ` ̄ ̄   ` ー-tr'
          ';: : : : :i!        ! \: :\ _ ノ/          ヽ          j  /ハ
         .}: : : : ハ      |   .ヽ: : : : : : ノ                     ////∧
        j: : : : : : ヽ    ,    ` ̄ ̄´                       .イ////////ヽ.    i
       ,.: : : : : : : } \__ ノ \                      .イ/////////////\  |
        /: : : : : : : ;         ∧                     .イ//////////////////\ j
      /: : : : : : : :/         ハ                    ///////////////////////ハ
    /: : : : : : /          ハ                 //////////////////////////∧
    : : : : : : /            ,             ー --/////////////////////////////、}            /
    : : : : /                   }              /////////////_ .. -- ――― -- ..,,//!__      /
    : : :イ                   !             .イ////>''"´  ̄ ̄                  ̄ ` <
                        |        /> ''´                              ヽ
                           |        /´               __  --一
                         |     ./      .. -‐‐   ̄ ̄
                        |--‐=彡    > ''´
                       i!///  > ´
                       ∨/ -‐
                     > ´
                   > ´

優れた彫刻家は岩を彫って彫像を作るのではなく、岩の中に眠る「人間」を掘り起こして解放するのだという。

青風に言えば、岩の中に眠る彫像としての可能性を掘り起こして完成させる、と言ったところか。

ドクター逢魔からすれば、菊千代ちゃんは「彫られる前の岩」「内部の女の子としての可能性を眠らせた岩」「女の子に成りたがっている岩」であり、

故にその内部に眠る「美しい」可能性を掘り起こして「完成」させてあげただけなのだろう。

「美しき完成」を求める青赤の、覇道的な「善意」である。

176 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 22:58:56 ID:PKaz8aB60
                             ´ ̄\、
                              \:、______
                 __  . : : :‐―: :<:i:i:i/ノ´ ̄: : : :.、
            /⌒Y´「:./: : : : : : : : : : : :`´: :/ ̄: :、 ̄
           /: : : 「/: /: :./´ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : :\__
           ,: : : :「レ,: : :/:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\i:>
.          : : : 八{:/: :/: :/:/: /:/: : :|:|: |: : :|: :|: |: : : : : :.ハ : :.
          ′: : 〈Y{: /: :/:/: /:/: : :./; :/:. :.:|: :|: |: |: :|: : :|: :i: : i
          ,: : : : : 乂/:.:./: i: :i斗--/匕:. :.`/ー:ト |: |: :|: : :|: :lハ}
.          ′: : : : : :i: :/i: ∧ |ィ斧笊ミ/: : :/ィ斧ミ:|: |: :|: : :|: :|
           ,: : : : :. :. :.l:八{/: : 圦ヒ):り,: :./ ヒリノ,:./:./: : /:./
            : : : : : : : :/   ∨: :. xxx ./ , xxx /l/:./: : /l:/
            : : : : : : : ′  ∨∧  / r ァ   イ: |}/: l:./lノ′
         ′: : : : / / ̄ ∨∧〕ト     <l八: |: : ノ': :!
        ,: :. :. :. :, /     \:.\  V__{\⌒}: |∨: : ∧   , --
          /: : : : : / /_/       \:.\ '´ ` <从::.\: : :∧  /       `  .
.         /: : : : : / {         ̄ ̄}:ハ      \__ `ヽ ∧ ,  {          `  . _
...     /: : : : : /  /    ´ ̄`>---l:|\     ::ゞ!、 ノ: : .′  \            〈/〃》> .,,
.       /: : : : : /  {    /´ ̄`\,//∧::ノ       |、イハ::.,{     \           /ニゝニ「人ニ > .,,
      /: : : : : /   \_./      \ヘ,厂` ー 、  __,.ノ 〉ィ/,}       ` ー  ----{ニニニニニニ「人> .,,
     ,.:. :. :. :./      ./         ',  \`>---Y-- 、/〉ノ /}        ':,       ` <ニニニニニニ「人=\
.    {: : : : : :                }   ‘,////《ノ゙乂》ハ {//∧          ':,        ` <ニニニニニニノ\
.    {: : : : : :     ,′        ,     ‘,` </>イ//ノ///ハ        }フ           Yニニニニニニニ≧s。
.    {: : : : : :     .′         /     ,    、////{/////}       /ノ、             人ニニニニニニニニニヽ
.    {: : : : : :     /ニ」「\  ./               < {/////}      ゝ' イ            \----<ニニニニニハ
.    {: : : : : :   /ニ《ノヘ 》ニYi         ':,     ` く///      ゝ イ )               ¨¨¨¨´ ` ー====== '
.    {: : : : : |   .ニニ[>く]ニニ}.{            ':, 、      \           〈 イ
.    {: : : : : |  ,=ニ[>く]ニニ/∧             ':,\      ':,           |\
.    {: : : : : |  {ニ[>く]ニ./  ∧               ':, }      \       , //\
   八:. :.:. :. :.  {ニ[>く]ニ′ ///,          u八     ', }      ′///,\
.      \: : : :\{.ニ[>く]=} イ///∧           }    、 ‘,ノ      ////7777,\
.       \ :. :./ニ[>く]ニ}//,//∧             / /l ハ }i l      ////////// ハ
          7ニ[>く]ニ.}///{ ///∧         〈_/V./(// /     .イ´ ̄ ̄` ー― ノ
.         /,{ニニ]⌒[ニニ.}///{///ハ,\            〈/ハYj〈,/    イ///////////
       {//{ニニニニニニニ}//ノ/////}//≧s。       ノu>し-</////77777 、/
       {//{ニニニニニニニ}////////八//////≧=- -=≦/////////≧s。/////
         \{ニニニニニニニ}//////////////////////)///////////// ̄
           {ニニニニニニニ}//>  ´ ̄ ̄ ̄` ー‐  ´ 乂> ´ ̄ ̄ ̄
           人ニ二二ニ,
             \ニニニ/
               ̄

まあ当人からすれば迷惑な話だ。

女の子になってしまった菊千代ちゃんだが、当人の自己認識は未だ男のままなのだから。

曰く、「お婿に行けない」「家にも帰れない」。そして「男に戻れない」。

177 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 23:01:45 ID:PKaz8aB60
                     . -─ 、 ______
                        /  . <////////////> ̄
                -‐==‐- .(   //////////>  ̄
          ´    - ─ - ` .{////>  ̄  \
        / .:         _ ,. -‐ 丶//≧x      丶
.    __,イ   ′   ヽ      /  ∨////≧x   \
   /     /     V/、_,,,_,_     V///////≧x   \
  '      ′      `トー-一゙ミ     :.\////////\   丶
. /   :  l {    ,ィ  } x=ミ、 ミ =ミ、}\`≧///////\   .
厶ィ  i  { 八  / }l  }〃,_ノ沁 Ⅵ}'^}!  ヽ   ̄二 ̄ ̄ \
.  |:  l  ,从 ハ.ノ ,八 /  乂rツ 〃_,ォ===┐}/    ヽ    }
.  |i  |   l ヽ{,ィぅ沁 )'    xXX〈{} { _,r=,=、L..     /∧    '
.  |l  |   |  Ⅳ Vリ        > ":::::`¨´::::ノ ヽ   / ∧_ /
  八  ト.   |  杁 XXx ′ __ /    ゙゙ = "   ゚。 ==┘ ≧x
    丶{ \ト.  {丶.     ゝ'/                    〉
.          \{ハリ ≧=_ァ'             i   }      /     /
               <´, ij            し  .: _ .. -==ミ/    /
.              ´ c   {                   ' }ニ三三三{    '
.           /       :.       |i    |/ /} ̄   \ {   /  、
        '          丶 _    _L_  . ィi|!   l    -==‘, /    :.
.    __人 _/::゙.             ノ.:: ̄   「 丶     ij l ′    У    ヽ}
.    )   rツ::::::}              /        \    |、}     イ       l
.      、:::::ノ          .:  ′ u          _  { {  i|/    i    {
      八"   !     ′ {            ̄ >v' |     し     :.
         丶|  し     イ  :      /.:         /              ‘,
.           i| >‐ォ‐  ォ'       /.:        ′
           r='////{    ,ィ            /
>ュ          ////r==-、   ,:ソ       i
   丶 |i      {//// ^二つ          ij  |′
      |i>    {//¨⌒ ー_、 \、ノし'/       ..:|i
      !|  i|>ュ'⌒ ーっ‐'   `⌒´ ,ィ'     |/
.         l|    `> 、   `ヽ  /      .:'|!             |
                  \              { |i         ij
                 、     r=ミ、     .:
            `   、  V ,ノイiうヾ\  ::
                 \ }〃i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iV }
                    |{{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iV.:                     /
               |!    从爻爻爻爻从i|iイ         u        |/
               |l __ ,从爻爻爻爻爻爻从、,__i|                   ィ|i_
      |i   _ .. =≦从爻爻爻|i爻爻爻l|爻爻爻从≧=|i .. _    _ ,. ≦///
.   i! |l x≦///////i|///////|l//////i|///////////|l////≧=/////////

たとえこの先、可愛い女の子に恋をしたとしても、

男の子として彼女を抱くことはできず、彼女と子供を作ることもできず、結婚もできない。

良くてせいぜい、「レズカップルになる」程度で、それすら望み薄だ。

178 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 23:08:49 ID:PKaz8aB60

                     > ´ニニ}
             >''´     /ニニニニニ|
           ア´゙´      ..:' ´:  ̄:`: : v''´三|
       , __  ゞ:゙<_, . . .:‐:‐'´: : : : -<ミ:、:\//
     ,>'´: : :`ミヽ. :'´: : : : : : : 、: : : :ヽ、: :\:ヾヽ}ニ≧.、
    /: : : : : : :,ィ:マ´: : : ': : : ': : : : ヽ : : 、:\: : V}ミニニニニ≧.、
.   {: : : : : : :〈:Y: /: : / : ': : :}: : : :V.:V: : : :V: :}',   ̄ ̄´
   |: : : : : : :〈:,': :{: : :i: : i: : :/∨: : }`}ー:ト} : :V :|:V
   |: : : : : :八:{: :| : : |: : |>:'´_} : / ,'x=ミ}}',: }v}: :V
   |: : : : : : :ゞ:V.{ : : |: / ,ィ㌢¨}.:/ 丶  ムイ',:}v}: : :V
    |: : : : : : : ゞ‐V: : :!/.!/  ノ/.ィ==i u. }: :V: :V: :\
   /: : : : : : :/  ゝ: }ヽム/゙ ´ | }{  ',  ∧: :\: V: : :\   , -,- ,
  /: : : : : : :/      !〃、 u ゝ⌒ノ / \ : \.:─ ‐=ァ,i´// /´v}
  /: : : : r<≧、 ̄¨ ‐‐--.V :ヽ‐ ... ̄__ /  / V: :}   V/iゝl,' /´//!
r‐zzzzz .|ニニ∧   「  f^|:}', }ニニ、r‐=、f^| i  |: /  /{////////ノ
///////)、ニニ∧  ,'  //i/ }/ニニ}{}{ニ ヽ//  |:/   /ニニゝ/////∧: V
\//////)}|∨ニ\ { i   |//ニニ>^<ニ \!ヽ/∨ /ニYニ三三三三\:V
  \////〃ノlニニヽ|i/ /ィi>´    ~''<_/{<| |ニニ{ニニニニニニ), -- .
-‐- .{//////. Vニニ}//          .{: |\\ヽニ|ニニニニニ, '´     `''<
    `ヽ/ノ ∧ニ//./.       ',   |: ゝ `ヽ i,'ニニニニニ〃         `''<
      ∨ニノ},'./          ',    ゞ :\  ∨ニニニニニ∨             `'' 、
       ∨ ノ{i                `¨¨`   ',ニニニ∨                 \
     :. ,  ∨ l     ..-...、.     }: .    ..:::r:,:.  l.ニニ∨   . : .              \
   . : i´`h  ヘ {: :.   l::r:,:::::}.   . : ,': : : .   ゝ:::::ノ. :,'.ニニ/     \: : : .
  . : : :.,'ニノ.h  ヘ.',: :  ゝ:::.ノ  : : : : ハ: : : u : : : : : : ,イニニ/    r:,.(ミへ: : : : : .
 : : : :/ ´/.レ    ゝ: : : : : : : : : : : イ  ≧=-  -=≦.ニニ/    r‐ミ゙ニ=-\: : : : : .
: : : : /ニニ=|    ∨≧=-  -=≦=ミv==´´, lノlニニニ/     Vニニニニ=- 、: : : .
: : : /ニ=>'´.     ∨l     -=≦  ̄ ≧=- . 个-=/     . : \ニニニニニ∧ ≧=-
: />'´: : : : :      ∨≦ニニ{i (    ノ i}ニi}///    . : : : : : :>‐‐-ニニ=∧/
',: : : : : : : : : :       ∨>= '┴‐‐‐ヽ: :ヽ ̄⌒ヾ</.     : : : : : : : : : : : :|` ̄ ̄
..',: : : : : : : : :        ∨ r: : :f=‐‐ヾ: :/  イ  {      : : : : : : : : : : : :|
. l : : : : : : : :         ∨: : :f/ ̄`ヽ、: :_:_:{_: : : : :|      : : : : : : : : : : : |
 l: : : : : : : :          .∨/∨:::::::::∧ ̄  > シ      : : : : : : : : : : : :|
  l: : : : : : : :          .∨∧::::::::::::\   /       : : : : : : : : : : : : ,'
 ∧: : : : : : :           .∨ \:::::::::::::', ,'      . : : : : : : : : : : : : /
  ∧: : : : : :            ∨  `''<:::::',       . : : : : : : : : : : : : /
  ∧: : : : : : .            } n  )} . >i}     . : : : : : : : : : : : : /
   ∧: : : : : : : : .     ⌒ヽ.  (_ノ し.,、/ し'{i    . : : : : : : : : : : : : ニ
 -=ニ∧: : : : : : : : : : .      .)   ,ィ C '' 、 .i} (_. : : : : : : : : : : : : ∧ニ
.-=ニニニ\: : : : : : : : : : : .   ヽ  イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}}  _二ニ=つ : : : : ∧ニニ
.ニニニニ .\: : : : : : : : : : : し ノ (.  {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}八´: : : : : : : : : : : :/ニニニニ=-
.ニニニニニニ\: : : : : : : : : /  `ヽ{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}  `ヽヾ: : : : : イニニニニニニニ=-
.ニニニニニニニ`''<: : :/〃_⌒l>´i:i:i:i:i:i:i:i:i:}≧=--‐ <´ニニニニニニニニニニニ=-

むしろ性行為をする機会があるとすれば、その逆。女として男に抱かれる側である。

実際、「エロ漫画」であることから、菊千代ちゃんは良く男に抱かれている。

そこで男に恋をしたり、メス堕ちして男に抱かれることに喜びを見出せるならまだ救いはあろうが・・・

菊千代ちゃんは性転換後も、男に惚れてる描写はなく、性行為にも及び腰なのである。

179 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 23:14:20 ID:PKaz8aB60

.               _ _
.              /ィ-‐=ニ ̄
        ,, .....  < <_二--‐‐- 、
      /: ,ィ: : : : ̄ : : : : : : : : : : : : : マ:<>、
     /: :/: : ィi : /: : : :V :ヽ: ヘ: ヘ: ヘ: ∧\:: :∧.
.     /: :/ : : :/: |: :|: : : : : ',: ::ヽ: V: :V: V : 、: ',: : :||
    |:: :|:: :,' |: : | :|: : ::|: : :i : : ハ: |: : }:: :}: i ::ト. |: : :||
    |::/| /: :|: : | :|: : :ノ: : ハ: : iー|七|ニ|: :i ∧:|: : :||
    レ’.i'|: : | : :|,,ー七: / ,': :/,,xャ==ミ从: i : :| ゚。 :||
      ハ: :ハ 从t==ミi/./: :/ノ lr'::::沁 ,∧:l : :ト、从l
      N: :|: :ハハr'::"∨: /"  l乂:_;ツ  |Vト、l、: :ト、_
      ハ { :|::∧弋゚::ツ/    ̄     | :| :|: \!、_
.      ,' ./ヘ| :V|:ム -‐ィ"  '     """/ .| :|:l   | `
     ; l . ム|ム : ム     r_,     イ:| :| :ハ.   |
     ; ; . |ハiハ >、       </ .| :| |.    |
      ; ; . | ||ハ V__>-<´_|_| | :| ∧.   ',
     ; ;  . | ||ハ ',几===}{===ニ 与 ', ', ゚。   ',
     ,'天二 ̄二ニ~', ',|||  x||x   //  : :  ゚ .   ',
    ,' ∧_ \・  ゚。゚。 ::.rヘ‐- 、  // . ', ',‐‐---ェ、_,
   ,' ,'∧\ \・ ゚。゚。 ',),ィ)ΘΘ、|└ ‐‐. ', ',   ・ /7、
   ,' ,' ∧::::\ \ ~: ; l:::lニl::lニl:ト‐‐---, '、 ヘ    //::::|
  ,' ,'  ∧::::::::\. i. l: ; l:::::: ::: ::::::|.  / \'、ヘ ・//::::::::|
 , ' ,'    ,'Ⅴ::::::::::\ ; :; 「 ̄[ヨ]ニニミ|/   `<Ⅴ、::::::::/
, ' , ':   ,'  Ⅴ__/; ; l ̄::::::::.....:::/       `ヽ=ニニミヘ
 , '   ,'    (=)ニ| ; / ̄[ヨ]ニミ/三<>      ',::::::::l `I
     ,'   / ̄V:::; ; / ̄::::::::::::::/           }ニニ}) j
    ,'   /   l:::; ;/:::::::::::::::::::/.          ノ::::::∧
    ,' .   '〜〜':〃:::::::::::::::::::::/   \ ,, ,, __ イ:::::::::::∧
   j      |  V :::::::::::::::::::/|○        ノ::::::::::::::::∧

そこを見れば、菊千代ちゃんにとっての性転換は悲劇だろう。

GIDや女装者のように自ら望んだわけではなく、

青赤の覇道的な都合で強制的に性転換手術され、

そして性転換後には、恋愛も結婚も子作りも縁遠くなり、性行為の悦びすらなくなった。

女の子になったデメリットはあれども、メリットがない。

180 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 23:17:19 ID:PKaz8aB60
                                      __,
                                  ____  ィi〔////{
                      __    . : : : : : : :<⌒<///∧
                    . : : ⌒ア: :/ : : : : : : : : : : : : : 丶: ⌒:\
                  . : : : :/マ: : :': : : : : , :i : : : : : : : : : : : \: : : ヽ
                  ': : : : ムマ: /: : : : : /: :{: : : : : : : :}: : : : : : \: : }\
                      /: : ri: :.V: :/ : : : : /: : 八 : : : : : ハ: : : : : : : :Vハ//\  __
                   ': : : { V: {:/ :/ 〉: :/: : /⌒ 、 : : :/ ⌒Ⅵ: : : ,: :}: :}///ハ/////\
                /: : : ∧ Ⅵ: / /: :/:i: / ___  } : /  ___ Ⅵ: :/: , : /⌒ヽ/∨⌒ヽ//>
                  /: : : : :_ハ V / : /: :}/ ´⌒^ }:/  ^⌒`}: :/: /}:/    V/{    ⌒
              /: :i : 「^{ r   , : :イ: :个/.:/.:/ノ'   ′/.:/ノィ: V: j'、    V{
                /: : :} : }ノj_ノ¨  乂:_:}_ _乂__   , -- 、(\ ∧ : :V: :\    }ハ
             . : : :/i: : :{   ´    _ノ圦⌒  乂.:.:.:.ノ \\V: : V: : :\  〈/∧
            /: : :./: }: : :ゝ .,   /´ 八: 介: .    r‐ .,イ: :\`<⌒Vハ: : :\ ⌒ヽ
           . : : : /: : , : : : }   ハ   ハ: :V^ー≧=- 〕iト ., `ー' ,:^ヽ〉 }、: : : 丶
          . : : : :/: : /: : : :,   ,:     Vハ   /:::>‐<\: 〕iト.,  - 、¨ } ⌒\: \
         . : : : :./} : /: : : : ′     ⌒ヽ∧: V_/i:/i:i:i:i:i:> ∨  }    イ、    \: \
        . : : : ://: /: : : : ,    , /_    Vハ: }⌒〈i:i:/ ⌒\  r' / Y  {: \    \: \
        . : : : / ': :, : : : : :′   ' .:.:.:.:.、    }/   ^}i:i:i:i:i:i:i∧└'   i   v: : :\    ¨⌒)
       . : : : ' {:./ : : : :,      ,   ⌒   :.     j:i:i:i:i:i:i:i:i∧ :.     : : : : : \    {(
       . : : : {  }': : : , : ′   ,         }    ,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ :.   }   : : : : : : 丶  ヽ
        { : : : i / : : /:./     :^{_       ,:     /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. }      : : 、: : : : :\
       : : : : :./: : : '.:,      {、 ⌒\   /    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ ,:     V: \: : : : :\
       : : : : ' : :.イ: : {      j \  ヽ ,ノ    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i} } i     ∨: : \: : : : :丶
       : /: /: { : ∧       」   }^    〈i:i:i:i:i:i>--rヘi:i:i:/ '  {      :. : : : : \: : : : : .
      /: : イ: : :∧: : : :.、    _ イ  /}      ⌒¨´    o}  ⌒ ///:i      i: : : : : : :}\ : : : }
     . : : :/ } : /  }: : : :介=≦   ⌒  ト              〉    V/'八      }: : : : : : , ∧ : : ,
    . : : : /  i: /  j : : / :}           〈  \ __、 __   __「     } ',        ,: : ハ: / / ハ: :/
.   /: : : /  j/   ,: : :∧:.j            V/ィi〔ニニニニニニ=- _/         /: /  }'   / }:/
  . : : : /   /   / : /  }'          ∨ニニr<  ̄ 介\-=ニ〉    〕iト _ .イ: /      ノ'
  /: : :,        /: : '                 }ニニV{ニニ/^{{ニ∧∨         }/
 ': :/      /:/             __,r<ニニ乂/<ニ>Vニニ}∧
.:/        /             _ イニニニニ//ニニXニ乂ノニニ',
         /            /ニ/ニニ=-⌒¨´ニニニニニ}}ニニニハ

だが、意外なことに、菊千代ちゃんはしばらく経つと、

女の子としての第二の人生を喜び、受け入れ、エンジョイしていた。

他の性転換者を「仲間」として祝福する余裕すらある。

なぜだと思う?

181 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 23:39:42 ID:PKaz8aB60
みんな寝ちゃったかな?
あるいは人気のない方向だったかな?

一応安価投げとく

安価↓1 見たい描写
・TS(求道覇道白青黒赤緑)
・アーッ!
・ヤンデレ
・SCP
・諜報(諜報枠、諜報試運転、偽メシア等)
・外交(外交枠、外交枠試運転、ローマ傘下国、受難の民架橋等)
・科学(研究枠、研究枠試運転、民間研究、ファフナー、ホライゾン、ドラえもん、スパロボV、性転換、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法)
・スカウト
・育成
・学園
・コミュ
・転生
・五色(色ギルド・五色の社交界・五色の立法府・五色の行政府・五色の学会・五色の市場・五色の諜報・五色の連合軍・五色の芸術・五色の庭園・五色の医療・創世道、その他)
・円環少女
・色派閥ゲー(色宗教戦争ゲー、メガテン派閥ゲー、没落だらけのステラリス)
・戦略調整センター(史実、世界樹の迷宮、四度目、Re:Monster、Mtg、幼女戦記、シド星、スパロボ、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法、円環少女、禁書、リリカルなのは、FGO、ナルト、ネギま、白、青、赤、黒、緑、信長の野望 スパロボ、プリティベル、海戦、密集分散、予備兵力)
・未踏世界調査(ブリタニア帝国記、ハリー・ポッターと野望の少女、影の実力者、カルチャーショックDD系、皇女戦記等)
・文明種族育成(ナッシー進化、属国作成、等)
・ボウケンジャー(試練部の不思議なダンジョン、ヤドノキの塔、工場魔方陣、冒険者料理、グリードアイランド)
・多元宇宙食料事情
・進行中(SCP転生)
・黒赤VS白
・赤緑VS青
・ステラリス新環境

182 名無し-Red-市民-2 :2019/07/19(金) 23:54:41 ID:gM5b.w1o0
未踏世界調査
今晩は無茶王、研究員帰参セリ
強制性転換受け入れてるって洗脳でもされてるんですかねぇ…

183 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 23:58:14 ID:PKaz8aB60
おかえりー!

184 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/19(金) 23:59:05 ID:PKaz8aB60
>>182
             ≪ ̄`
         . .‐…‐-、>ー━ー-‐━ー-. .
       /: : : : : : : : : `: : : : : : : : : : : : :\
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ニヽ___ ____
     /: : : : : : : : : : : : : :| |: : : : : : : : : : : : : : ヽコ: : : : ヽ:.:.:.:.:/
   /: : /: : : : : : : : i: : : : |: :| : : : !: : !: : : i: : : : : :',_」: : : : :|:.:.:./
  ./: イ: : : : : : : : :i : |: : : : !: :!: : : :|: : |: : :|: : :ヽ: :i_」: : : : |:.\
  /:/ /: : : : : : : : :|/!_ノ:!: :!: : : :|乂l___|i:|: : : i: :l_」: : : : |:.:.:.:.ヽ
  i/ ′: : : : : : : : ハ! l: : : /| :〃: i: ハ:.!: : : !i:!: : : |: ;-': : : : :|:.:.:.:.ソ
  i! i: : :i: : : : : : : !,ィ=示ミxレ'/: /:/ィテ示ミxリ : : :|:,′: : : : :|:.:.:/
    .!: :|: : : : : :.|;` ら::::::} ./: /|/  ら:::::::} "il: : : |': : : : : : :.|/
    V: ト : : : i: : |:ハ Vこソ/: / /  乂こソ .l|: : /i: : : : : : : |
    V.!:V: : :!: : !: :ixxxx// ,    xxxxx i:l: / .|: : : : : : : |
     |: :V : |V |: ハ ,/             ハi/l .!: i : : : : : ',
     |: : :\!:.V!: : >     △     <|: ':.:| |:i!: : : : : : ',
     |: : : : : : :| i: : : !   ≧ - < .i   .!: : :| |: l!'; : : : : : :',
     |: : : : : : :| | : : | , -┤    ト 、 ヽ: :ヽ !: i! '; : : : : : :',
     |: : : : : : :i_i: : :;/ .'く      >' \__',: : ',: :i! '; : : : : : :',
..    ノ: : : : :/ /: : ,'ヽ   \  /   /! }: : :}、!  '; : : : : : :',
    , : : : : : :.i /: : / i \  .,_冖、.  /: ! j/!: ! ii!   '; : : : : : :',
   ./ : : : : : :.:| .j.: :/  .l ,=≦/ ̄≧=-、: : :|  /〃 |!   '; : : : : : :',
  //: : : : : : : ! }/ 、  | `"// { }ヾ\〃.: :| ,    !!    '; : : : : : :',
 .//!: : : : : ,イ: |    .ヽ |: :〃: :.{ }: :i,、|.: : : :| /    |    .}: : : : : : :i

「女性ホルモンを除けば、脳みそいじられたわけじゃないですよ?」

185 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 00:01:38 ID:Dbk/9pO.0

                                       ___,
                   . -=ァ                  。o≦//////
                      〈: :/   .  -──‐-  . ,ィi〔//////////
                 __ V{,. : ´: : : : : : : : : : : : : `マム丶/////// ___,
                  /⌒>´`: : : : : : : : : : : : : : : : : : : マム: :∨//〃//
                 / . ´: ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶:マム:.∨/{///
                 /: : /: : : : /: : : : : : i: : : : : : : : : ゚。: :\:ム: v/}//
                 ,: : : ': : : : /: : : : :i: : :l: : : : : : :!: : : V.: : :V: :iア/
              : : /: : : : : : : : : ィ l: : :}: : : : :i: :l: : : : i.: : : :V }V
              {:.ィ: : l : : :i: : : :斗匕/: : : : `ト、}: :,: : {: : : i: V}
              |' i: : :{: : :.l: :Ⅳ: }: :/ィ: : : ィ:/}: j:/}: /{: : : ト: .{
                    |: :.j{: : :.{: :{/: :}:/ }: ::/j/ ノ: l:/}/:.ハ: : :i: \:、
                 И/八: :{: :ゝ///,.: ://///ィ: イ,イV: {: : ⌒ヽ っ
                    }: :ヽト、杁/ノ///// 7´{ }: :Ⅵ: i      つ
                      ': : 厶-}:.个s。  、,  .イ {: :{,-=ミ: : :l     っ
                    /: /   j: ノ7s。_}>-<_レ {: :{   V:.|
                     / : {   i ': , /  ¨`   ´ /  v:.,:    }: |
                  /: : :,i  /: //、      _/、  V{   ,: : |
                 , : : / l /: //i:i:i:',  ,: /i:i:i:',  V:.  ,: : :|
              /: : /  l,: //i:i:i:i:i∧  /i:i:i:i:i:i:∧ } v:. .: : : |
             ,: : :/  /:./ {i:i:i:i:i:i:i:i:i:Xi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:゚v  v:.': : : :
              /: :./  ,: :/i }´  ̄ ´ ⌒ `  ̄ ¨¨`}   v、 : : {
                /: :./  /: ' l :i    '′ `     ' i   ト: \:i
           ,: : ./  {: {  l :l              {    ': V: :}:
              /: :./    乂  l :}              :.  ノi: : }: j: ',
          ,: : : ,      ,斗:j                ゚。´ l: :ノィ: : : :.
           / : : ,        ト ,      ,:      i ', V: : : : : : :\
        /: , : :{      ゝ/      .:i       :    、: : : : : : : : .
         /: :,{: : :         ,         ::j            、 \: : : : : : : ヽ
         ,: :./ V: :.      .               ,         . : : : : : : : ゚。
      .: : ,  V: :',     {    、             /     j   ゚。: : : : : : : }
      {: :{    、: :\     {`ー-- ヽ...______...厶-‐= ¨´}    }: : : : : : : ,
      i: :l      \: 丶  i    ¨ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/      i   , : : : : : : /
      V∧      丶: :\ l       \:i:i:j:i:i:/       l   /: : : : : :,
       、: \       \: :|       V'^V            /: : : : :/
        `⌒ヽ       ` i        V/}         i , : : : :/
                   :         v ,          : : : /
                           V        . /
                       ゚。         }          ,
                      ∧         i       .

ちなみに主たる理由は「女の子としてのお洒落」である。

可愛い下着、洋服、水着、そういうので着飾るのが楽しいらしいのだ。

186 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 00:03:02 ID:m1q1/SqE0
流石に洗脳は無いかw
なるほど、腕が良すぎて気に入ってしまうレベルだったのか。凄腕すぎるw

187 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 00:09:37 ID:Dbk/9pO.0
>>186

          //      ,.  -─┐
            〈:.:/     /::::::::::::::::::l
          Vl   _ ∠.. rァニミ、::::::l
       ,. - ァ'^ゞ´:.:.:.:     `ヾ7ヽ::l
      /:.:/:.:.:.:.           Vハ:l
.     /:.:.:/:.:.:      ト、ヽ_ ヘ  ヽ:.:Vハヽ
.     /:.:.:/    l   l ´lヽ:.`lヽl.:l:.:.:Vハ:ヽ
    /:.:.:.:l:.:l:.:,.l l‐l 、  l l \lヽl:.lハ:.:l:.:l::::l
.   l:.:.:./l:.:l:.:.:l:.トlヽ:.:.:l  ィ乏iア l:.l/l:.:!:.:l::〈
.   l:.:./l !:.l:.:.:.l:.l,.f心ヽl  Vツ l:V:.:l/:l:.:.l::::ヽ
.   l:.:l/l l:.lヽ:.:NヽVツ \  ''' l:.l:.:/.:::l:.:.lヽ┘
    l:.l 从:l ヽ:トハ '''  `n\ ,l:.l/、.::::l:.:.l^
.     l:.l  N  \l ` r ニミl ,..\:.l  V´l:.:.l
    ヽl     ,. -l:.l _ | ^ヽ ハ  l:l` ー 、.l:.:.l
     丶  /   l:.lヾヽ  )│/l:l__〉ァ、ヽl:.:.l
      ∨  // 、. l _,.、,ノミミl:lV/  /ヽ、:l
.      ,l   //  l:. /  /::::::)lV  /.:   lヽ
      j:lヽ// _l/  /ト=イl:l  l   l ヽ
       /:.l /:ハ/ニ7   ' ,|::::::|l:l_  l   /   \
.      /:./ l:.l マニ 7   /:|::::::|l:.Vi7、 ノ       \
     /:./:l l:.l l /    'ム |::::::|ハ:.Vムiク       ヽ
.    /:./l八l:.l !    ′ ⌒´ノN/ /          lヽ
   /:./   l:.lハ   ,′ー=zア, / /             l:.:l
.  /:./   ヽl  ヽ、 ノヽ、 o/  〈 〈           l:.:l
 /:./     ヽ ::.::.::.::.::.::.`l><l -弌ハ             l:.:l
 l:.:l     ,.イミt.、::.::.::.::.::.::lXl::.::.::.::lハ             jノ
 l:.:l    /.:.:.::.::.:マ>、::.::.::.:lXl::.::.,.ィハ l
 ヽ:l  /.:.:.:.:.:.::.::.::` マ> ┘ Zア.::.:{ l
  ヽ、..:.:.:.:.:.:.:.::.::.::.::.::.::.::`¨¨¨´.::/.l、l
.  / \ :.:.:.:.:.:.::.::ヽー 、_:_:_:,.  ':::::::/::ト、
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.::.::.::\:::::::::::::::::::::::/::::l::::ヽ

「はい、お陰でぼくは幸せになれました!」

↑なお、一人称が「ぼく」のままだったり、女としてHするのは嫌がっていたり、

偶に「女物の下着で喜ぶなんて変態だ・・・」とか正気に返ったりしてるので、

女の体やお洒落は気に入っているものの、微妙に女に成りきれて居ないw

188 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 00:10:53 ID:Dbk/9pO.0
さてでは、未踏世界調査と行こう!


                    , ィ "       `≧ 、
                  /    ィ         `ヽ
                 /   /  `^´          \
                /  /                ヽ
               ./  /     .ヘ   ヽ  、   .ヽ    ヽ
              .Y  /     ./`ミ、 ヽヽ       ヘ    .ヘ
              |  .|     ./   |   .i      i     |
               |      ./、   |    |      .|     i
               |      ./  \ .|              ! 、
            / |  ヘ   i |    \!           |     .|ニ \
           _.ィ ヽ ャi | ヽ l .|=≧。、_ .!  .| .|、.| ! .! .|    i iリニ/ /
          _.|.| ヽ\ ヘ iヘ ヘi弋_iッ_ュ= ∨ .|.ソィッ.!|ァ| /  ソ.リニ./ /.ャ―-s。、
.      ., ィ " ´ |.|ニニヽヽニ.\ト .ヤ       リ ∧  .リ .| / .// !ニニ/ / ニ|.|    `>s。、
  , ィ_"´     .|.|ニニニヽヽニニ.\!ヘ       リ ヾ    .ィl //.iノ ニ/ /.ニニ|.|      (  )`゛i‐- 、
ィ"´(  )  , xイ´|.|ニニニニヽヽ.ニニ ∧      ;  ヾ   /!/"ニニニ/ / ニニニ|.|‐--。。,.,___`´  ノヽヽ、
ヘ  `´   。ィ" .|.|ニニニ>.ヽヽニニニ!\.  _.' '_ \/ "ィ! ニニ/ /,.ニニニニ|.| | | i    ̄.´\ \
./`-ィ"´!    |...//.ニ// |.ヽヽニニヤ \  .-   .x´   / |ニニ/ .へ、ニニニ|.| ! || | |  | | | \ .ヘ
.!/ i i  .!  |  ! / // ソ .!ニヽヽニ|.ヤ  .>‐ -.ィ"   / .!ニ/ /ニ|  ヘニム∨|| | |  | | | | ヘ...|
|! | |  |  .!...//"/| |ニ! .|ニニヽヽ.! ヽ   /iiiiiiiiiiiiii∨ ./  .| / /ニニニ.ト、!`ヘム∨ .!! | | .! | ! | | .|ニ
!| | |  | | ! `"´| | l .人.| ヘニニニヽ.| ヘ/ ヘiiiiiiiiii/.∨/  / | .|ニニ .! ! | |.| `ヘi  .|| | | || |  || |ニ
.|ャ | | .| | !.| | | | | || | i i ヘi ニニニ| |     .}iiiiiii{     / /i .|ニニニ.Yヽ! !.! || | ||| | /| |  || |ニ
ニニニヽ" ' ` " " `´ ´ ニニニニニニ//ヘ    liiiiiiiii|    /ニニ.ヽヽニニニ ヽi | | || i |.〃"´"´ニニニニ.../
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ//ニニ∨   .|iiiiiiiiii|   /ニニニニニヽ\ ニニニニニニニニニ\ニニニニニニ/./
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ//ニニニニ∨ |iiiiiiiiiiii|  /ニニニニニニニヽ \ ニニニニニニニニニ\ニニニ./ /ニ

勝利とは何だ?

六位は目先の勝利を求めて、後で後悔し、なぜか偶然と惰性で無色の賢帝となった。

五位は永遠に続くマラソンの如き勝利に音を上げ、八つ当たりと救済の白黒赤のイナゴと化した。

彼らは情けないと言えば情けない。だが同時に「まとも」だ。

もしも、光の亡者の如く、本当に果てなく勝利を求めて努力し続けられる転生者なんて化け物が居たら、

世界はどうなってしまうだろうか?

189 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 00:18:57 ID:m1q1/SqE0
行き着くと聖戦、すなわち世界その物にすら勝っちゃうレベルになるのでは?
ヴァルゼライド閣下なら出来たぞ(震え声)

190 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 00:24:19 ID:Dbk/9pO.0
>>189
                     -======-
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                   ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ヽ\
                /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:∧:.:.∨:.:、
                 /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:∧:.:.∨:.:.、
               ':.:.:.:/:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:∧:.:.∨:.:.:.ヽ
              /:.:.:.:.:!:.:.!:.i:.:.:.:.:.:.:.:. }:.:.:.:!:.:.:.:.:i:.:.:.∨)h、:.\__
              /:.:.:.:.:.:i:.:.i:.:∨:.:.:.:.:.i ! \}:.:.:.:.:.!:.:.:.:∨:.:.:.)h、⌒
             ノノ:.:.:.:.:.i:.:.∨!∨:.:.:.从ィャッア:.:.:.:i:.:.:.:.:.∨、、、、 \
            ⌒7i:.:.:.:∧:.:.ヾヤッ:.:.{ -=rzz!:.:.:.:!:.:.:.ノ⌒/  /ヽ,
                  / 从:.:.:.:.i\、  ヽ!  ノヾ!:.:.:.}:.:人 { '  '  -=ミ
             ノフイ}:.:.:.:.!:.:∧    __ノ.}/:ノ7=-  i /_ ̄ミ
            )  ノ}:.:.:.:.!:.:.:.:.i)h` ‐= ´ ノヽ::::)=-    ⌒_ ヾ
            }   '/ヽ:.!:.:.:.:.}:.:.∧)hs≦  } {_ノ   /  ヽ  ヽ(=-__
           <   '/ ノ}、:.:.:.i:.:.ノ ヽ     リ{ ノ / ,  Y ヽヾ(ニ=- __
              〈       }ノ7:.:.!  }  / ノ {/ / {   } ノイニニニニニ=-
            て        从:.:!=----=≦///!ノ人 !ノイ/ニニニニニニ=-/
          。s≦てノ   ) ノ':.:ノ///////>''~ !-==≦ニニ'ニニ、ニニニニニ/ニ
         /!ニニニ`^^^^^ノ:.:./{`7//{~~´ r彡从∨ニニ'ニニニ、ニニニ/ニニ
          / {ニニニニニノ:.:./ノ '///}   ∨ニニ∧ヽニ/ニニニニヽニニ'ニニニ
        'ニ!ニニニニニ///  '///ノ __.∨ニニヽ}ニニニニニニv/ニニニニ
       /ニニ、ニニニニi'/ {  ¬v/=‐ }: : : : : ∨ニニニニニニニニニ{ニニニニ

然り!世界そのものにすら勝てしまう!

いや・・・正確には世界と戦ってすらいないのに勝手に滅びた、というべきか。

強敵と戦い、限界を超えて成長し続ける光の亡者の力に、世界の方が耐え切れなくなったのだ!

191 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 00:28:03 ID:Dbk/9pO.0
     ∧ ∨                                       /     ∧ ∨∧ ∨    /         / {      ∧
\   ∧ ∨    /!                               !       ∧ ∨ニ=-'     {   __/  '       〕      __/
、 \  ∧ ∨   '/                                  {       _> (       弋ゞ'´  ̄ ̄\__!       }-=ニ二二_ ィ(//
. \ \ ∧ ∨  ' !                 _                '     /__\       /      / ̄ __      '        ィ(/////
.\ \ \.∧ ヽ, {人              \``〜、、__          ノ!   / ///ハ      ノ -=====ニニニ二 /     '_____ィ(///////
\ \ \ \\ { ヽ Υ    ∧v       ‐=≦:.:.:.:.:.:.:.:.:\ヽ、、     乂\/ ´\///\ 。s≦           / /__ノ___>''~!/////////
  ヽ \_\/⌒~''<} ∧v    ∧v   ‐=≦:.:.:.__:.:.``〜、、}/{__ヽ       ¨´ /二ニ=-=≦     ヽ        //>''~     / /// 二ニ=ニ二
    \__Ⅵ(⌒~''<\〜.<    ‐=≦ ̄ヽ\:.:.:.:.\─--__/:.!:.:.\´        /      __   ∧\___>''~/       'ノゝ'´       ヽ
    __)\`¨¨\\r=- \___∧v、⌒ヽ\_─__ ̄__/:.:./:.:.!:.:.∨       '     /〜、  \___〉_,,.. -‐ ≦=--  __     / /
、 /-===ミ  \、  }⌒\{: : : : : : : : >=- ̄___/:.:./:.:.:./!:.:/}:.:.!ヽ    ./         }    /  イ7 / ̄ ̄//¨\ヽ_/  {_/)
 \: : : : : : : \ 〈\ \/¨ヽ__/~//⌒フ:.:.:.:.:.:.//:.ィュッ}/¨'!:从    /  _____/   / /_} ! ! |__//_/イ   / / ___ -=ニ¨
..  \: : : : : : : \ \ヽ__}∨/ ̄¨¨{/⌒\/(__/:.:./{∧ __ 'ァノ'     ' /    __      '/)__ノ ' _,,.. -‐ 7__} !   /  {ノ////////////
.     \: : : : : : : \ ≧s。.人__\::ヽ⌒=ニノ⌒// ̄' ´_≧=‐、'    /  '     ./⌒!⌒〕h、  〕、、   //>''~ '/ ̄ //  /    '/////////////
__    \: : : : : : : \: : : :  ̄ ̄\Υ ̄ ̄ {/≧s。イ ̄ ̄ ̄二ニ=、 /ヽノ   /    }  r=- \{  ``〜、、//_//__// /'   '//////////////
    ``〜、、ヽ : : : : : : ``〜、、:.:.:.:.:.: {:::/::::/⌒\::::::::ノ^¬ニ=-ミ:::/ '  >''~ ̄ /-=ニニ'   }     ``〜、、/=ニ二 ̄_/// '    .//⌒}/////,,.. -‐
── -  _   \: : : : : : : : : : `''<:::i '::/::::::::::::::ノ// ̄-===彡ヽ{//    {__/ /         // /  {/ >''~ {    /     ̄ ̄
       ``〜、、ヽ` " '' ‐- 。 ,,_ノ!⌒`/{_// {/:::::::::_,,.. -‐ ' ノ7  / ̄ ̄ ̄_/             //_二ニ=- / ̄\ヽ__/
__         ``〜、、  //⌒ノ==--ァ _八 . ∨' ´-==ニニ=- ⌒! / / ̄ ̄ ̄             ∧ ̄      {   >''~\ ____
     ̄ ̄  ─--  _ ~'< {/{>''~  ̄ ̄-==≧ヽ=-::::::::::::::\::::::{ / /          _/ ̄´___}二ニ=-  ─ハィi〔ニ==-} 〈//////\
    : : : : : : : : : : : : : : :./\ ~''<<::::::::::::::::::::::/:.:.:.:\::::::::::::::::::::ヽ / /         /   / ̄///i  /イ  /}///ノ/ .∧///////\
: : : : : : : : : : : : : : : : : : ./: : : : !    ~''<<_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)h、::::::::::::::::/ /        /   /  }//  }./  >''~\>''~イ__\/////// ヽ
``〜、: : : : : : : :  ̄ ̄<¨\: : : : \_  :.:.:. ̄}  i:.:.:.:.:.:./⌒} )h、::::: / /     __/   /   /´   /  / 、一='         \///////ヽ
    ``〜、、: : : : : : : \ ~''<___\:.:.:.:.ノ   !//二ニ=- ¬=ニ!/ ̄ ̄ ̄ ̄_  -=ニ¨_>'~   /  /    ≧s。イ⌒二ニ=--=ニ ≧s。/////ヽ
_____``〜、、 ̄ ̄ ̄二ニ=----->‐=≦}/!/⌒/:i:i/∧:i∨:i:i:i:i ̄ ̄ ̄\//////// ≧========≦                     ≧s。//∨
>''~>''~ ̄ ̄\:.:.:.:.~''< ̄_二ニ=‐ ¨ {/i≧≦}/!/_!>'':i ∧:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\¨¨¨¨´                                    〕h、
>'~            ̄/ ̄ ̄:i:i:{_:.:.:.:.:.:. {/i≧≦}/!、〜/:i:i:i>''~∧:i∨\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}ヽ
           >''~¨¨¨ノ:i:i:i:i:i:i:i:i廴 //ノ゙゙¨¨´ノ⌒\:i:i/___.∧:i∨ }二ニ=---=≦ Y
      >''~:.:./ /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ /__ ィ(∧ 〈:.:.} ̄``〜、、∧:i∨  、 i:.:. :.:.:.: !
    >''~:.:.:.:/   {:i:i:i:i:i:i:i>''~      /:i:i:i:/、ノΥ⌒⌒≧s。 ``〜、、__:.:.! !:.:.:.:.:.:. 八
>''~:.:.:.:.:.   ___>''~            {廴:/           ≧s。 ⌒\廴:.:./
    /:.:_,,.. -‐ ' ´            ヽノ                ̄ ̄ ̄
:.:.:.:.:.:.:.:.:./

そしてそう。ヴァルゼライド閣下ならできたし、一位にも出来てしまった!

おまけに、ヴァルゼライドは一応世界や祖国や国民への愛と、それゆえの白い自制が多少はあるが、

一位にはそんな白さは全く無い!

目の前の戦いに夢中になっているうちに、気づいたらなぜか世界が滅びていた。

本人の認識ではそんな感じである。ひでえ赤だ。

192 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 00:34:28 ID:m1q1/SqE0
悟空ですらもうちょっと思いやりが有るような同類な様なw
デモンベインとリベルレギスが世界壊しながら決戦してるレベルじゃねーか(戦慄)

193 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 00:37:38 ID:Dbk/9pO.0
>>192
                           V
     /    /       \     \ V
    .    / / l|       ヽ  、 ヽ V
      イ 7=小. ハ "¨Ⅵ「¨ヾ   、 V
   !    Ⅵ / ! / ハ /lハ|Ⅵll   。 !
        K弋ラへ  <弋ラ'Z/   Ⅵ __
   Ⅵ   ∧    /l      /  / ̄   >
     \   、   ヽl、     イ>'´     .V三
        l\  ヽ   ―ー   〃:、__.。o" 八三
        |/ ヾ>、l>、   /ノ .「ヾヾヽ∠三 V
      イ  l  |℡><三>。/_∠三三三
      / .。o|   |三三Y三三三l_/三三三三
   。o≦三三|  |三三三三三三三三三三三

「さすがに世界が壊れると戦場が変わって面倒だなー、くらいは」

「我らも感じていたぞ?」

「一位はその思考すらあるまい」

「大体アザトースが剥げるレベルで戦えるなら、とっくに混沌の支配を断ち切っている」

194 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 00:40:12 ID:Dbk/9pO.0
>>192
                  _,. . :――-: .、
                ,. <: : , -: : : : : : : `ヽ、
               ´: : : ,: :/: : : : : ',: : 、: : : :\
                 / : : : /:,'::| : : : : : |: : ::∨: : : :ヽ , ---- 、
       ,ィ===≧、 ': : : : :': ': :| : : : : : | : : : |: :',: :,: :∨ ̄\⌒Y
        /:{ //  | : | : : |:|_{: : |: : : !,ィ--l、: }: :|: ハ、   ,\}、
       ∨:/  /| : | : : |:{从{\l : : :|从}/イ}/: :;: :/|、\__////
       〈:〈/、//:/{: :| : : |:,ィて汽\: :|イて汽}: :/:イ: {:::、、\_//
        マム// /:八: 、: :从 弋zソ  \弋zソ': /': :|: :|マム\_/
        ∧_/_/,: : : \}\: }     '    ィ:/: |: |: :| マム、
        /://:{∨: : |: :' |: |从>  ´` イ /'⌒ ,::|: :| }::::}`\
         {// ∧:、: :!: { j:∧ _\`ヽ`´{r, ´ ̄ ̄ ': ',: ∨::/:::.  \
       // ,:':/,\ |: :∨,' ヽ_〉-、`ヽY{_〉/⌒Y^、:、:/::∧:::|   }ヽ
        ,':/ /:/ |: : /: :/:/   ∨=ミ、《 》,.   ̄∨´ \::/: :∨   |::|
      {/  ,:,'  |: :, : /イ: :.    ∨ ̄`∨     ヽ  \: : :.   j/!
     /  {/  ,: /: : :/: {∧   ヽ   ヽ     ',   Y: |
          l  /:/: : :/: :〈 /}    }    }    /     ∧:!
          {/: : :/: : : /|      :.  ∧    ,     ,: :l∧
         /: : :/\:,:'   ,}     } ∧ ',   {     / : |:|'
           /: : :/: : :/  / ', _,r-、,」_/ } :. r-'/⌒Y/: : : :.、
        /: : :イ: : :/  / ∧\==ミ/〉 /  :. 〈 /⌒\〉、: : : :.
         /: //: : ,'  ∧ {\/   Y7{   ∨,'_  }_/: : : : :.
      /: / ,': イ/ ,.ィ∧ }' YT{,=-- 、}〈|   }/  ∨´|: : : : : : :.
       /: / /: /イ/ // \///:|   |/ , --'、  /}ヽ {: : : :|\: :.
      {: / /:イ_/{ll//   /__/ |:!,--、-く {>、/`Y,'|:| |! ,\ |  ヽ: .
      |/ /:_〈/ |{ /     /{__|/_/^ー'/   \| }|:|、/ } 〉}   }: }

「あえて言えば・・・破壊神デモンベインに近いか」

「奴は・・・あの九郎は、邪神と戦ってたら気付いたら都市が吹っ飛んでた、世界が滅びてた」

「そんな認識で一連次宇宙を滅ぼしかけたからな」

195 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 00:40:51 ID:Dbk/9pO.0
>>192
『実際、悟空系転生者も居るけどそっちのがまだ常識的だね』

196 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 00:47:07 ID:Dbk/9pO.0

               /三≧x
             /ニニニニニ人_
              V⌒∧___{ハ}}_,、.ノ⌒\
             Vノソ  ∨ \ニニ_ノ⌒\
.              L __  / } \____
                て.. イ  {_/⌒  \
             , -=ニノ__/// ̄ ̄\
.            / _ノ{         /      }
            { /  \    イ{      〈}
.              ∨           人_/   /⌒}__
                {===ミ   __/ {   {   . } }
              /    \ニニニ 人       ∨\
  __            〈    / `¨¨¨¨¨⌒:\__    }-\\
  {_ノ≧==x      ∧   /        /⌒   :}二ハ }
   ` <_ノ`>─┐/ \        /      ノニニニ} }
      ` <___ノ\  ∨ニニ二二/{       /ニニニノノ
          ` <`><ニニニニニ/.人___./二二ニニ{{
            { `><く⌒ヽ:イ二二 /二ニニニニ{{
            {  {ニニニ.〈   人ー/ニニニニニニ}}

一位が転生チートとして持っていたのは、アヌビス神を始めとする複数の魔剣と

「剣に選ばれるスキル」である「奇剣の舞(ダンシングデンジャー)」だ。

それ自体はさして強くない。

ヴァルゼライド閣下とカタログスペックだけで評価すれば劣等だ。

何しろ、ヴァルゼライド閣下と同じくあまりにも攻撃力に傾斜しており、

防御力等は皆無で、一発被弾すれば死にかねないのである。

マリオかシューティングゲームで弾幕避けでもやっているようなものだ。

おまけに、肝心の剣の性能も、剣術の腕も、当初は弱かったらしい。

事実、初期の戦闘で一位は腕を消失しているのだ。

197 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 00:52:09 ID:m1q1/SqE0
剣だけでも世界と喧嘩して勝てる、戦士ユーマが証明している

198 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 00:54:49 ID:Dbk/9pO.0
                    ,。ィ ´ ィ .` ヽ、       /ニニ
                  ./ ././  ヽ  \   /ニ./ニニ
                 /  /、 | .∧ ∨  ヽ / /ニニニ
                 ./  .ヤ弐.il、|ィo', ヽ   ト/-=ニニニニ
                 _.| l. i   ヾ  .l、 i _//-=ニニニニニニ
              /ニニ|ニニiヽl .‐ 、 ゙/ i.ニ//-=ニニニニニニニ
             ./ニニニ!ニニi|.丶  .イ // /||=ニニニニニニニニ
          >イ--‐‐‐|ニ//ヽ/l≦ニ /.///=ニニニニニニニニ
      > ´ ̄´////ニ! |/ > ´ニ .;イ///ニニニニニニニニニ/
  ヽ` ‐-ゝ 、// ||./ィ-‐≦> ´ニ |ニ:>"////ニニニニニニニニニ/
≦ニ ヤニニニニニニヽ_ /> ´ニニ> ./// //ニニニニニニニニニ///
.}.}ニニ|ニニ///\ ,。>-‐≦ ´ニ''"{////// ニニニニニニニニ/ ////
|.}.}=ニ!ニ/ニ〈////\ニニニニニニ .|//////ニニニ/ニ//: : ////
|.|.l=ニ=/.ニ/.\////.\=ニニ=///////ニニ/ニニニニ/: : : :l////

だが、光の亡者相手にカタログスペックを論じても意味が無い。

光の亡者の恐ろしさは、意志力と努力と限界突破である!

一発被弾するだけで死ぬなら、被弾しなければ良い。

そんな机上の空論の下、熟練のゲーマーの如き弾幕避けを、現実世界でいとも容易くやり遂げる!

それを成す技量も恐ろしいし、その技量を得るまでの努力量も恐ろしいが、

もっと恐ろしいのは失敗すれば即死のギャンブルに躊躇もなく挑める意志力である!

そしてそれでも倒せない敵ならば、限界突破してぶちのめせば良い!

アヌビス神を始め、彼の魔剣の多くは限界突破能力を持っており、

強敵との戦いの中で、主と共に成長してきたのだ!

・・・攻撃の余波で世界を滅ぼしてしまうほどに。

199 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 00:59:10 ID:Dbk/9pO.0
             /  ̄ ̄/
        ____/    ∠ _ ――
      /               /
  、-‐―'´     ト、  ト、  |   /
   >     |\|,-、\| ,-ヽ/ ∠
 /    ,-、N   ,--、  ,-、 |  /
   ̄ >  | 6   |_・  ・_| {/
  ∠_  ヽ._   '"" _ ゞ゙゙ |
      ̄ヽへ.    (へ7 /
        |     、  ̄/
      _,へ     ̄l-‐、
   /   _ \―〜'|   \
   |    ( 亀 ) \ /    |


まあその技量と強さを求める求道だけなら、一位ではなく悟空系転生者である三位も似たようなものである。

事実、直接タイマン張る分には、一位と三位は(その序列にも関わらず!)大体互角だ。

どちらもとんでもない力は持っていても、防御力は低い。有効打が通りさえすれば相手を殺せる。王子護メソッドの通用する戦いだ。

そうした王子護メソッド的戦闘での優劣なら、両者は互角なのだ。


しかしそれでも、三位は三位であり、一位は一位である。直接戦闘能力では三位は一位に劣るとされる。それはなぜか?

200 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:01:12 ID:Dbk/9pO.0
             /:::::;::::;/:::::::::::_;;;;;::l-‐'''i
                /::::;;::;;;/:::::::i'''¨::::::l;;;!_;;_:::!
           ,/::::;;;;;;/:;;::::/:;!;;::::/'i;レ'7:::ヽ:!
            /::;:;;;;;/:;;;::/7;/;/::::ト、;r'l:::::::;l;;l
             !;;:;;;;/:;;;::/:/;/;/;:;;:;;! __,l-、::;;!;;l
            !;;;/:;;;//;;;;;;/;;;;;:;;l /フ/!:::;;:;;i:!;!l
           !;;!;;;/;;;_;r'´:;;;;_;r''’i ̄/;;l::;;:;;;l/ ,!
           l;l;;;;l;;;;i::::;;;;r'’ 一´/;;;;;!::;;;;/
           ,!;;;;;l;;;;!:::;;i'ヽ __,.イ;;;l;;;;;/:;;;/;!
         _,,ノ;;;;;;;!;;;!::、;!   ,!;;/;;/:::i;;l::;;!
       ,.-'´;;;/;;;//::;::`、   /;;;l;;;;l;:::::!;l;:::l
        /;;;;;/;;;;;;// l;::::;;::ヽ ト、`ヾ、!::::`、;;;`、
     _,r"‐''’__;;/レ   !;;:;;iヾヽ ヽ  `!;:ヾヽ;;;l
    /'''¨´ ̄   ヽ   l;:;;;!;;;!;l   `ト、_!;;;;!;;l`ヽ、
   i         ヽ /l;;;;レ'V、  ,rヽ l;;;;レ′ ヽ
   ! 、           レ'  ` !  ,r l レ' ヽ  i l
    !  ヽ、  ミ           !   l   ヽ / !
    !   ヽ、 ヽ         !     !   ヽ/  !
    !     ヽ ,!         !    l   ヽ,!  ,!
    !   i   ,!           !7  ヽ_!    l `、_,!
    !    !   !           !    !    l  `、
    !    l   !   i      l'´  ヽl    !   l
   ,!    !   !   !      l   !  l    !   l
   !     l  lヽ /       !_,,人 l  i  l   l
   !      ! ! ,r"        !  ! ¨!  l l    !
   !   ヽ l ! ! ,ノ        ! _/ 、__!  l l  、 !
   !   ヾヽヽ!/´         l  i  _!  l !  ヽ,!
   l    ヾヽ !          l¨¨ヽ /::l   ヽ!   `i
    !     `ヾ!         l::::::::Y:::::!    l     !

その理由は概念にある。

たとえば亀仙流を極めた悟空は、

死んでも憑依転生を繰り返すロアを殺しきれるだろうか?

201 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 01:04:01 ID:m1q1/SqE0
転生者を完全に殺すには魂砕きができないといけないからそこが差になるのか
同じ死属性使いでも魔王とそれ以外では格が違うわな

202 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:08:34 ID:Dbk/9pO.0
>>201
         `ヽx_____  `ヽ、
          ,xィ〉洲洲洲州洲>xヽム
        ィ彡从从洲イ洲洲洲洲洲州_
      ,イ从从从洲洲洲洲洲洲雫洲汽ゝ
      イイ从/从洲リ`洲洲 洲洲洲洲洲ム
     イ/ 州洲洲|| W 洲/|i 洲洲洲洲洲|!
    レ´ 洲洲洲V/≧ ヽ! ィ=乂 洲洲州!
       洲夾洲 || トリ    5リ h州州仍/
       マ| 从从 ~ |   ゝイ ク州州笊
       ヽ ´´ヘ   ,  ,   ´ /|ノくV
            ヽ   ̄   イ州(
           rイ`ヽ __ < ソ|:::::>)
           |`ヽ、| ,―――彡 /
         ._ノ>, ∨´二二彡<爪
     r=彡三三三! | |三三三彡三ゝ、
     |三三三三Vヽ.レ|三三彡三三三>、
     |三三三三三○三三三三三三三三>

『そうだね!三位は強いが、物理攻撃しかできない!』

『魂砕きのような概念的攻撃ができないんだ!』

『一位と三位が殴りあった場合、三位の物理攻撃で一位は殺せる』

『だから直接対決では互角だ』

『でも、ロアのような面倒な不死性とか持ってる奴を相手にすると』

『三位では殺しきれない!』

『しかし、一位は複数の魔剣を持っていて、魂砕きとか概念的な攻撃の手札がある』

『だからロアのような不死身の怪物も殺せる!』

『不死身の怪物を相手にした時に勝てるか勝てないかの差が』

『一位と三位の戦闘能力評価の差ってわけだ!』

203 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:12:22 ID:Dbk/9pO.0
ニニニニ> ,   ハ ‘, (:/ //  ト、  /′   ,イ/ィ/ /   `ヽ
ニニニニニニ> , } '. ′' イ   ,ト、 X  ′  /ヾ゙_/ /   , /
ニニニニニニニニ> , |///  / '/::ヾ;′ ;/ _  / /   / /
ニニニ/ `'<ニニニニ≧ー ,.イ/‘,::::::::!ヾ∧ {ノ / /   / /
ニニ/`   /ニニニニニ /,、′ 人:::::|: />ミ__,. ィ'"/  / ′
ニニ\   \ニニニニ/  l_゛:,   `''|/ ./::/ //  /| /
ニニ /     /ニニニ/`ヽ. 弋ヽ\      { ´ /' //-|'≧。,_
ニニ \/>' ニニ-/、  ∧  ` ._\ `r‐┘イ〃//....`'<ニ≧。,_
ニニニニニニニ-/.:.:.>...,∧     ,>¨´.|/...|'..´.........................`'<ニ≧。.,
ニニニニニニニ/.:.:.:.:.:.:.:.:.`入  /> ,........................................................>ニ>`
ニニニニニニニ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /¨´ヾ<:>。,.......................................,。<ニ/
ニニニニニニニニ:\.:.:.:.:.:.:./   ∧....`'<:>。,......................./ニニ/
ニニニニニニニニニ \¨¨´,-‐ '´ ∨.........`'<:> ,........./ニニ/ _\
ニニニニニニニニニニ ≧。, __. ‘,..................\ニ`'≦ニニ/ ̄ ̄
ニニニニニニニニニニニニニニ/  }.......................\ニニニ>。,


【二位 イメージ図】

ちなみに概念の手札の多さ、という点で言えば、

実は一位よりも二位の方が優れている。

だが、二位は一位や三位と違って、求道的戦闘者ではなく、武術をまるで鍛えていない。

故に、「魔剣使い」という形で、三位のような武術と、二位のような概念の双方を併せ持つ一位が最強となっているのである。

204 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:15:19 ID:Dbk/9pO.0
ゝ、   /ツ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::..,.,,.、 .,   .,.,,、.::::::::::::::_.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.   ミ≡=彡' }::::::::::::::,,.、 .,. ,..       《〉::::::::::::::::「\\::::::::::::::::::::::::::::::::::: /\
 rf´ ヾ Xy'.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  \〉:::::::::::::::::::::::::::::::::| ̄\〉.:::::::::::::::::
.  ヾ_ ィ  ノ:::::::::::::::::::::::::::::.,,  ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L_/:::::::::::::::::::::::::::::::: : L_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
-、_∠f_オ′:::::::::::::::::::::::.:  .  ・. / ̄ ̄7\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:_::::
:::::::::::::::::::::::::::::::.:  .  ・ .  ;...〈: __/  .:〉::::::::::::::::..,.,,.、 .,   .,.,,、.:::::::::::::::__::、:::─:-:″:′::
::::::::::::::::::::::::<7      _:   .. V___/..、 .,. ,..       《〉::::::::::::-"::′″″;;;;;;;;;;;;;;::;;:::::::;;:::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ レ:.、.,.,,. 、.,.,,:::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/:: 丶ミゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::::lノ:::::::::::::::::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::: ヾ″°;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;:::;;;;;;;::::::::
:::::::/Υ]::::::::::::::::::::::.ー'──'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-::::″ゞ;;;;;;;;;;;;;;;:::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::!::::!<.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::/′°″丶;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヾ
:::::::ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;″"::ゞ ′;;;;;;;;;;;:::::     ::::::::::;;;::::::;;;;;;;;;;:
:::::::::。::::::::,  .・ .  ;  . :   '::::::::::::::::::::::::: ’.::::::::::::::::。:::::::::;:::ヾ ″′ ;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;::::     :;;;;;;;;;;
:::::::<7::::::::::::.,   ' .  :,rへ、 , .  ’.:: _ ;  ':::::::::::::::::::::::::::/::
::::::::::::::::::   . ' :  .; /:|  く__ ;  ':::::::::::::::_ ‐'´ ̄ ̄`ヽ、 :
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'   ヾ!   _/:::::::::::::::::::::/!         \ .....:::::::;;;::::::::::″
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\厂:::::::::::::::::::::::/.!     r- _/7  ヽ.;    :::::;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く>,.ィl .l     'ー,、  ヽ、 .l   :::;ミ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.ィ/!l /1i l      / /ヽ/ l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:_, ィ/!/{!l! l!、i!ヽヘ ヽ     ヽ/    j     ゞ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::._, ィf/i!l/il!i !l l!i,ヽ,ヾヽ、ヾ、ヽ、         /
::::::::::::::::::::::::::_> -'´{!l!|{!li!|;!!il{il l!iヾ!、,_,. -─'" ヽ、`ー-_ ,.-'"
::::::::::::::: : ィf{!/i!il!{lI!l!i|!ヾ、ヘ_,. -‐ '"´        ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::l{t!il!li!i!、 ,. -‐ "´

そしてこの「概念的攻撃」と言うのがまずかった・・・!

もしも、一位が三位と同じく物理攻撃しかできない者であれば、

世界は悪くても物理的に砕ける程度で済んだだろう。

K-クラスシナリオには違いないが、それでもまだXK-クラス:世界終焉シナリオ程度で済んだ。

205 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 01:17:15 ID:m1q1/SqE0
概念核壊すような攻撃できちゃうんだ、そりゃアカンw

206 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 01:22:52 ID:LOYwGKU.0
こんばんはー
やはり概念系はチートですね

207 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:28:57 ID:Dbk/9pO.0

                 ,,.斗<~ ̄ ̄ ̄ ̄`> 、
                               \
             /             \    \
            /                \    >.
           /         ハ  |       i     |
          /       ,ィ / !  |       |     |
           ,'       //__从 .|       |     |
            イ     ,/〃jI圭斗≦ ト、      |      |
         |    /\jIj,< .x======マ     |    .|
         |   .イ \ |     | ! ,' / 乂 \, x |    .|
         |    | y'  ハ     - ィ    `´イ i|      |
         |  |  マ  /            イ /|      |
         |  |   iV             r‐く |   .| |
         |  |  マ   、 -ァ      / |    |   ト,|
         ∨ |   \         .ィ ! .|    |    .I
          V \   \    ,  ´  .iユ、  I    V
           \ \    -< !     / i、  V    \
             ゙i  |  |  ,.ィ i    / /V  \     \
             |  |   | ノi|Y'   Y  jI   \        \
             ,'  /  升  ||   |. Y    / >=-ン 、 Y  }

だが、一位は「概念的攻撃」が出来てしまった・・・!

結果、世界は物理的に壊れるだけでは済まず、「概念的」に壊れてしまったのだ!

禁書の魔神が破壊の限りを尽くした後のように、

神話どころか科学すらも含めた全ての位相・フィルター・地脈(アザトース)が剥ぎ取らてしまった!

その世界は滅びていて、本当に「何も無い」。

地面のようなものはあれども、それは単に「世界の果て」が可視化されたものに過ぎず、

土とかの物質が存在しているわけではないのだ。種を撒いたところで芽吹くまい。

空に銀河のようなものはあれども、星星は存在せず、世界に空いた穴から異世界の光を垣間見てるに過ぎない。

距離や方角すらもが曖昧だ。

しかも繰り返すが、本人はそんな風に世界を無残に滅ぼそうとも考えていない!

ただ全力で魔剣を振ってたら、なぜか魔剣が世界を概念的に破壊してしまっただけなのだ!

208 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:29:36 ID:Dbk/9pO.0
>>206
『こんばんはー!』

209 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:30:10 ID:Dbk/9pO.0
>>205
>>206
『概念系はあかんねえ・・・(地面のような世界の果てと、銀河のような世界の穴を見ながら)』

210 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:33:21 ID:Dbk/9pO.0
            .<¨> 、
           , ' ,.  _  、ヽ
          i ;′ /八、ミ ハ
           | i |_ノ_  _弋| i |
           | | |ャュ` ´ィzャ| | |
.           川 |   ,,  .| | |
          | | |\ 一 /| | |
          | | | i | `´ | | |ハ
         ノ | | |< __. >| | ヘ
        ,イ斗 |´‐ニ二ニ‐| |ゝ、',_
        ィ′| |     | |  ノヽ

ああ、アレイスタークロウリーはおめでとう!

神聖四文字も含めてあらゆる神話的位相が破壊されたぞ!科学も残らなかったけどな!

科学と神話の位相を全て滅ぼす気だったコロンゾンなら喜ぶだろうか?

・・・とはいえ、コロンゾンはゴルガリ的な発想で世界を滅ぼし新世界の肥料にしようとしていたので、新世界すら芽吹かぬ虚無の荒野はさすがにNGかもしれない。

211 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:36:21 ID:Dbk/9pO.0
          /></////////////|//         ゝ-------rー〜 ――
            / \<>―――< ̄ ̄_|                \:. :. :. :. <
        /-=ニ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\                ))⌒⌒´
__  -‐ :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. \
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ――=ミ:. :. :. .: :. :. :. :. :.ゝ--    __       -‐…・・・・・・・・・・・…‐-
\:. :. :. :. :. :. :. :. :.:/ /  ,/ {` 、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : > /  /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``丶、\
   、:. :. :. :. :. :./ /  / / i、    \:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.: - ≠   /  /                \\
.   \:. :. :/:/' /   /' / / 、\ \:. :. :. :. :. :.   ´     /  /                      \\
      \/:/ ' /ヽ' /ノ/ 斗=ミ、 \ 、:.、:. :. :/     _  '"  /                        \
    / ' \| / ///へ//   vリ 》v'⌒ \\ /――=二  ――――― ------- 、
   / ' _ 彡 /イ{∨/  ,   _  /_ノ \\  ̄ ̄ ̄ ̄          二=-―     \
  /≠   ̄ノ/, i込/      ヾ/_ 、_,ハ \       二=‐            >\ヽ
ノ, /   / /_ i |:. ::ヽ  ' '  イ:. : : \、_:フ二> \‐=二 -------―…= ¨¨  ̄ ―  ヽ \
 /' // / / 、 、_|| :. 〕  -   |:. :. :. -- ( \ )人 、\          二=―‐……‐  、   {\\
、 、/  | /― つ/从:. |    |:. :. :. ト 、\ Y/ ) |,__\     -―…・・ <  ̄ ̄ ̄\ \ 、 \\
 ト \   〉/ /ー_ {__ \ヽ  / |:.|r----ヽ ) /\ 人__ >  ---------- \ ―― 、\ \\  ̄ ̄ ̄ ̄
  、 \ /人 '"  -) ∨ \ / ∨ゝ -  /≧=---=≦'――――   、     \      \ \\ ―――
 ( \/////ハ  イ////  乂>=ー \ヽ /_///∧     ――    \     i|   人 i     ―――
  >'"///// ゝーイ-<   \/:.\_ > , -<:. \//\         \ \    ||   /  \            /
/////|// {   ∧、//,ヽ  Y:. :. :. :.Y/人  \\:. :\//\           i  i   :|  /    ) ――――=彡
//////|//| ゝ-イ/∧∨//〉  i-{⌒Y/// | ー':.\\:. :\//≧=-    __ |__|__ 、 ,___//\_    /
//////|//|: : : : |///i i /    |   V//// ∧: : : : : \\:. :\/////// ̄:. :. :. :. :. :. :. :.\\_//:. ̄ \\ ̄
//////|//|: : : : ゝ//| |    人  \/ イ:. :.、:. :. :. :. :) ):. :. :. ̄ ̄:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : ̄ ̄:. :. :. :. :. :\\ ̄
//////|//:. :. :. :. :.|//¨¨¨´ Y `¨¨¨´ y:. :. : \:. :. :/ /:. :. :. :. :.\:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |/ \
//////イ:. :. :. :.:ノ 〈     |     /:. :. :. :. :.\ ( (:. :. :. :. :. :. :. \:. :. :. :. :. :. :. :. _____:. :. :. :. :. :. :\//
//// / : : // / ∧      |      ̄ ̄``丶、:.\ \:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. =-   ̄ ̄\\``丶、
/// /:. : /ノ 人 、  i      |       {  { (   \:\ \:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /\ \ 、     ) )   \

財団風に分類するならば、ZK-クラス:現実不全シナリオ。

アザトースが支えていた世界という幻想すら剥げ落ちた、塵理論の向こう側。

科学の世界すらも超越した、真なる塵情報の世界である!

212 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:38:24 ID:Dbk/9pO.0


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
    ./         \
   / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
  ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
  !  !.トノ  リ  `ヽ ! !ノ、i !
  ,'' l l l ●    ● l丿 ! リ キョーン
   !;!l|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j l丿i/
     |/⌒l,、 __, イァト|/| |
    ./  /|___|/  ヽ
    ||  l        彡,

「・・・ローマですらここまでやってない!」

「まずい、まずくない?」

「能力も人格も、塵理論の向こう側にある荒野も」

213 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 01:41:37 ID:m1q1/SqE0
これはいけませんよ
というか地脈ごと壊されてるから犠牲者の転生もできないから女神様が泣く

214 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 01:41:57 ID:LOYwGKU.0
もはやSCPですしねー

215 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:44:00 ID:Dbk/9pO.0
>>213
>>214


              . へ _
                ノ: : : : : : : : : :0o。.
           イ: : : : : : : : : : : : : : : \
_____ .. イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : >    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨  ・ 、j
γ⌒ヽ_ ノ:ノ                  \     _
匁_ ..人: : : :/      , .―〜^ー .._         :.  .|! 〕⌒)
      ソ    rチi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/{i:i:f:〜、    〕  |! ん ∧
      /   ,ィ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ 'i:i:i:i:i:i:i:ミ.  _, イ{   } /
     {  .イ:i:|!i:i:i:i:i:i:i:i⌒ヽi:i:i:i:i:i/ ,.::マf:i:ミi:i|i:ム人ヽ ju   く
     \{i:i:/i:i:i:i:i:|!i:i:/i:i:i:i:i:i彡"    ヾi:i:i:i:|i:i:i| <_) _ノ ̄ ’.
        /i:/i:i|i:i:i:i:|i:佐サキ^'        \i|i:i:i|ム ⌒ヽ
     /i:ィi:i:小i:i:ムj弋__.ソ      佐サキ }:!i:i:li:i>- .     〟
    ./i/i|i:i:i:|i:iハi:≦ ::::::.    .  弋__.ソ_.ノi:i:i:/:i:j    :.
    /i:i{i:i:|i:i:i:i:i:iム.j        ′  .:::::/i:i:i:i:i/i:i:i:}     ,
.   {/{i{i:i:|!i:i:i:i:i:i:i从     r〜,   {i:i:i:〃i:i:i:i{    :l  :.
     Ⅶヾi:i:i:i:i:i〃i:i:> .     ¨   ノi:i:/i:/i:i:i:i:/    |  ,
       〝ミ^^γ⌒ 人> ― ィ≦i:/i:/〕i:i/
           _ノ     ~~ミ  _ .j-  ヽ{i/            :.
    γ  ̄: : : :^〜 _      〕     }.、.-― -  _ /   :〟
    ./: : : : : : : : : : : : :ミぇ_  人 _ ,ぇチ: : : : : : : : : /⌒” ̄ :.
    ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : } γ⌒ヽ: : : : :{/: : : :/     _:。
  厂: : : : : : : : }: :/: : : : : : : : } .   .j: : : : : ゚。: : :〔    /     ゚ .
 ノ: : : : : : : : : : :,/ : : : : : : : : : } >‐彡: : : : : : ゚。: : :}   }           |
"  ̄  ー - :/: : : : : : : : : : : }    { : : : : : : ゚。 {    、
         ヽ : : : : : : : : : : : } γ⌒ヽ: : : : : : : 。 : 、    ー― ┬   彡

「だねえ。ケテル、いやアポリオンかな?」

「それに女神も泣くね」

216 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:44:57 ID:Dbk/9pO.0
>>213
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    !  !.ト●    ● ! !ノ、i !
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 !
.  ./⌒ヽ!;!l|ヘ       j /⌒i/
  \ / | l>,、 __, イァ/  /!ノ´
   ./ /| | |___|{ヘ、__∧
   `ヽ<.| |         彡'

「まあ、と言うか」

「仮に地脈が残ってても魂全部砕けてるけどね」

「概念的な滅びとはそういうものだ」

217 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:45:23 ID:Dbk/9pO.0
            / =ニ二ヽ
           ll       ))
           ヽ > ´  ̄ <、
            /    /      \
          /   / /     l  ヽヽ
          /  / /      l lヽ ヽヘ
         l l l l  ll    / /l ヽ  i
         l  l l   l  ll  ///--l  l /  l
         l  l l  l  \ l l/≠λ/   lヘ
         l  l l   l   l ll 弋斗ノ / l 丶
         〈  l ヘ l  l∨,   ノl  /l /
         l  l lヘヽヽl   _    /  / /ヽ
         /l  lj \l \     / /   /\
         /l    l/ll|ll|l||ll|lll| /   l  ヽ
       、<j    l l ` ̄ ̄´ /   l <  )
        l  ヽ   / ヘ     /    j    ヽ
       ll  \  l   ,ゝ ´`丶l    l     /
        l l  l 丶l^´`_ _l  / l    l   / l
       lヽl  /  ll /l l ll、 l   l   //l 、
      / l 〉 /  / // 、   l l   l 丶//  ヽ
      / / /   / l   `゙ 丶ヘ   .   lヘ l l l   l
  丶-/ l  /   l  l      //ヘ  丶 ヘヘl l  l
    ノ ノl  j   l ノ     /∧ \  \ l  l //
   /  /l l l   l /      //  ヽ  ヽ 丶l  lヽ l/
  / / l l  l、  l     //   ヽ  ヽ 丶 l ヽ
  l/  l l  /\l    //lヘ     \  ヘヘlヘ  l
  l  l /        // l l\    \  //l  l
     ヽ       /   l l \     ヽ/  l /
      丶    /    l l  \     /  /
       ヽ /        l l    ヽ__/
        ̄l        l l        l
         〉       l l        ヽ

「なんとか、ならない?」

218 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:50:22 ID:Dbk/9pO.0

               _ -  ̄` ー
             /         \
            , '       ,、 、   ヽ
.           / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
.           ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
.             i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
           ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
           ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
             { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
           トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
             ソ く\|  〉'井、 / | /ヽ、
            /  | \ | /ーゞレ´  / /
           / /.|  | |  Y丿  S  レ |
          ( / |  .|/   /     〉 |
           \| |  ,|  /      〈 |
             | /  /      | |
             |    /      .|  |
            〈 |   /_,,_    .|   |
            | 丶_ /ー7''ト >_ イ   |
          /´   ,. -    ̄  ` - 、!
         /   /     __      |
         /   /    ,.  '´       ノ|
        /  /   /        ,.  ´ ´\
         〉 /  /       ,.  ' ´      }
       /, - | /     ,. ' ´         ノ 〜―、
     _<_ /    ,. '´        ,. - '´ー つ=
   / / ̄    ,. '´_  -ー=   ̄
  /  /    /  ̄
  ー'    /
  〈   /
   ゝ‐ '´

「女神のお言葉と言えど、こればかりは・・・」

「そもそも地脈すらもがないあの世界に、僕らが介入できるかも怪しいところです」

「まして滅びた魂を取り戻そうにも、アザトースの記憶から外れてしまっているわけで」

219 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 01:56:48 ID:m1q1/SqE0
割りとどうしようもなかった
せめて塵理論のノイズが有れば汲み出せたかもしれないけどそれすら無いとなぁ

220 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 01:58:28 ID:Dbk/9pO.0
                       _ノ|
                     /|, <: : : / __
                   |`ヽ::|: : : : / ̄: : : : : > 、
                 <_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : >
             , -― ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ニ=‐-
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ: : : : : >、
.             /: : : : :/: : : : : : : : : : : : : :|: : : |: : : : : : : : : : : : : :>、
         /|: : : : /: : : : : /: : : : : : : : :|: : : |: : : : : : |: : : : : : : /
.         -‐´|: : : /: : : : : / |: : : /|: : : /|: : 人: : : : : :|: : : : : /
             |: : /: : : : : /ー|- :/、|: : /, |-――|:: :: ::.|: : : : 〈
             | ./|;|: : : |: : 人/  ! :/  |/    !: : : :.|: : : /
             |/ .|:|: : : |/r示ミ、|/   ィ示t:、!: : : ∧/
            Ⅴ\: :∧ {辷リ      {辷ツ 厶/ソ/
                   \∧     ′     ./ |:_/
                   ∧             人
                     /\   ー―-  /: : :\
                /: : : : |\     ! : : : : : :乂_
                    厶孑 ,- |  `  ´  l ̄`ヽ ̄
                   ∧ ,!        `ii |
                    / ヽ        || ∧
                  /   /         / \」

滅びた世界に、わずかばかりの希望を植えたのは五位のイナゴであった。

六位は政治家。リソースを効率よく管理することはできても、リソースがそもそも枯渇した世界はどうしようもない。

四位は軍人、三位と一位は武術家、戦闘は出来ても生産性に欠ける。

結局、滅びた世界に多少なりとも実りを与え得るのは、

創造神の権能を簒奪していた五位と二位程度であり、

そしてイナゴはこの面子の中では(破壊性も強烈だが)暖かな未来を創造するのに最も向いた白だったのだ。



かくして滅びた世界で、一位とその妻、息子、そして息子の伴侶として五位に生み出された創造神トークンが

かろうじて暖かな家庭めいたものを形成していた。

だが、ある日、一位は魔剣を世界の穴に落っことしてしまう!

彼にとって魔剣は平等に大事なものだ。回収しなければ!

・・・かくして、世界を概念的に滅ぼす一位が異世界にちょっかい出しそうになり・・・

221 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 02:00:13 ID:Dbk/9pO.0
                      ,-―vーx_
                      ,ー′_ _____ `⌒ー 、
                    ノ /.: :′.: : : :`⌒ヽ〔
                人 /: : : :.{: : : : : :.:i: : : :ヾ,
                   ′/:.: :.;.:.∧: : : : : :ト.:|: : :}:.:.
                    {: :{: : :.:{:ム-\: : :/¨ナ: :/: :}
                     |:.:从: : {.ィ芹` `´芹ュ.V:/:.ノ
                     |: :i:.:{`N ヒン    ヒン レ':.:i{
                     |: :|:.:.`八        /: :.八
              __,ムイ朴从:_\ ⊂' . イノレ′
              _ノニニ{  / .イー-xrー┴ヾ_
             ,{ニニニX_/ニレ'ニ=}  _.ィ `>ーフ__
              ,f {ニニニ′   ` ̄`‘<ニ/ /_フ⌒Y
          /  \ `;マ′             `'fニニニニニ}
.        。′  .。</                /ニニニⅰ
        ⅰ   }´   :{             {ニニニニ}
       |  ′   〉、              //ー-=ニソ
       | ⅰ     /、 ` '' <.._    //ー- .._〉′
       |  {  __f'{   > .... _  ` </′   /
       }  `べ.ヽン ´      _≧=-/_/    .′
       八_へ、ン}        .。:::::::::::::::::::::′  ′
          〉ー  {!     .:´:;::::::¨:: ̄:::1   :ト..
          ム   \   /::::/:::::::::::::::::::::゚    ;::::::,
        ∠ニニニ、_   7:::::′:::::::::::::::::ⅰ  ∧::::::.
    _∠ニニニニニ=-{:::::{::::::::::::::::::::::!   ′:::::::|
   {ニニニニニニニニム::::::::::::::::::::::::::ⅰ  ::::::::}:::::’
    `<ニニニニニニニニ;:::::、::::::::::::::::::′ {::::/:::::ム
       `“¨fー=ニニニニニ、:::\:::::::::/    ::′;:ニ〉
        |  `“ー-=ニ千ュ。::::::::ー{      }∠ニ”
        }≧=---=≦|  |  ` ¨¨ーJ_j_」.ノ′
       ⅰニニニニ7  ≧=-----=≦{
.        iニニニニ ′ マニニニニニニ|
          |ニニニニ7   マニニニニニ!
         ⅰニニニ:7    マニニニニi!
.          }ニニニ{     マニニニニ{
.        }ニニニム     ∨ニニニム
          |ニニニニ;      `マニニニム
         |ニニニニ}         ∨ニニニ,
         |ニニニニ}         ∨ニニニ,


「ケテルケテルケテル!」

「・・・ああ、そうか。六位が異世界に手を出したのは、一位の暴走を止めるためだね」

「どうしよ?マイナス概念叩き込んだ方がまだ被害が少ない気がしてきたが」

「地脈の滅びた世界で生きてるこいつらに、マイナス概念って効くんだろうか?」

222 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 02:01:20 ID:Dbk/9pO.0
>>219
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    !  !.ト●    ● ! !ノ、i !
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 !
.  ./⌒ヽ!;!l|ヘ       j /⌒i/
  \ / | l>,、 __, イァ/  /!ノ´
   ./ /| | |___|{ヘ、__∧
   `ヽ<.| |         彡'

「うん、ノイズを組みだすのも無理だねえ・・・」

223 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 02:02:42 ID:Dbk/9pO.0
以上、どうしようもなく概念的に壊れた世界と、世界を概念的に滅ぼしてしまった光の亡者の話でした。
で、こいつら割と異世界にも手を出すよ!




では今日はこの辺で失礼します!
ご参加頂きありがとうございました!お休みなさい!

224 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 02:03:33 ID:m1q1/SqE0
オツカレサマドスエ
一応普通の概念の中で生まれたんだから効くのでは
問題はまだだ!しまくって概念強制力上がりすぎてることですかね

225 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 02:03:44 ID:LOYwGKU.0
おつでしたー

226 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 02:07:20 ID:m1q1/SqE0
あと最近ギデオンさん追悼にスカイリムで自キャラをギデオンにしてドラゴン狩りしてるんだけど楽しいw
ローマ的にスカイリムは死霊術使いまくり位しか見所なさそうですが

227 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 19:49:34 ID:K9xyhEDw0
アザトースからの記憶から外れている…仮にアザトース以外のどっかからこの世界の記憶を引っ張ってこれれば滅びた魂も取り戻せる?
アーカイバ、使えないかな?

228 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 21:07:11 ID:Dbk/9pO.0

                    rv.r、
                    \/
                   xzzzzzx>>zzz、
               <州州州州州州州州>─
              /州州/∧州州州州州州ヘ
             ./州州V州|.∨州|∨∧州州州
            .//州州 W ∨|\ ∨ V州州リ
            ./V 州州| 7テミ \ ィテミ\州州|    rv.r、
            V  ||.州州| らリ   らシ从州派    \/
      rv.r、   .|  ∨从从 ~ _l_   / |ソ|' \
      \/     ヘ ∧ヘ   |::::::::|   /テ
           r L      \、ゝ::ノ .イ|\   γL
    ___r<_  L_ノ     r=l>><三==7    ̄     _
  E三三=>. ヽ   r──ノ三ミ .∨ r三三7===x   r<彡─-x_
  ` x 、 ──  ヽ.  ∧三三三ミ|  | |彡三三三レ三フ  /  \\二二
     > x_〉ノl> .|∧三三三ミ>.|<三三三三/三|レ ノ r── 彡<
      <ハ_<|.く三∨三三三○三三三三レ三三V<j ゝ─-<
      \o三三||レ三三∨三三三三三三三三> ̄二|三>─<|>
        ∨三三|三三/|三三三○三三三//   `ヨ三三Ξo/
        ∨三/|三三三三三三三三三三∧ .x</|三三Ξ/

『参院選投票(期日前)に行って来ました!』

投票についてのGMのツイート
ttps://twitter.com/1yamamon/status/1152547335215308805

『参政権はマスケットに血を捧げて得た権利なので、皆も大事にして下さい!(軍国平等並感』

『特に、参院選比例は「全国区」なので、全国どこに住んでても好きな候補に投票できます!』

『宜しくお願いします!』


メモ

229 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 21:09:28 ID:LOYwGKU.0
こんばんはー
ツイッターやってないからあんまり細かいことは言えないデスが、
マスケットに血を捧げて得た権利は大事ですよね

230 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 21:15:41 ID:Dbk/9pO.0
>>229
                                 _
                         _............ \   __
                   {ゝ、.. -:::::´:::::::::::::::::::::::::ヽ<_  ヽ
                  ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    /::::::::::::::::::/::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::ム
                ノ:::::/:::::::/::::/:::::::::::|::::::::}::::::::::、:::::::::::ハ
           __ , -, -、 7::::/:::::::/::::/ィ::::::::::::|ト 、:|ヽ::::::}::::::::::::::ハ
        / // /i /:::/::/::/:::::{‐{::ト、::::::| _斗=:::j:::::::::::}::::::}    r 、r 、
       / // / / レi l::,' /::{ヽゝ ゞ ヽi{     レ'ヽ::::::::|::::7   r丶\\r 、
      / // / /   ! !::::::::::. ヽ      y云㍉、l:::::::::::::{   丶 \\\ \
      '       /     jハ::::::::::ヘ ≧=彳    込リ 》 ;:::::::::::::ゞ、   \ \    \
  /  ヽ   /       jハ::,小::ゝ      , `¨^ ノイ::ト ::::{         \ _ -‐  \
  '    ノ  、 メ、 -= 、      ハj l∧            ,小∧ソ          ヽ        ヽ
/  < ⌒   _  イ        ソi:ゝ  ` ー_‐ ´ _ イjソ        <⌒ ー-┴ 、ゝ、   i/\
\   ヽ  _ ノ              j/ j>     <{/         ^==-  _       /,////\
//\  /                」斗=T T T=ト 、                 ゝ. /,////////\
////\'                  {   .-‐| | |‐-. }                  /,////////////\
//////\                   |//////| | |/////|               /,///////////////
////////〉                zイ//////// | | |/////>zx              \//////////////
///_///        </////////////////><///////////////>            \////////////
/ >      </////////////////////////////////////////////////>         \//////////
  </////////////////////////////////////////////////////////////>    \////////
//////////////////////////////////////////////////////////////////////>   \//////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////へ  \////

『こんばんは!』

『何とも不自由な話だね>公職選挙法』

『とは言え、これは候補者個々人の当落とは関係ないから繰り返そう!』

『マスケットに血を捧げて得た参政権を大切に!』

231 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 21:29:43 ID:q5/aMR5k0
今年は選挙の直前にいろいろあってね……
いや投票行くけど。

232 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 21:52:03 ID:Dbk/9pO.0
>>231

::::::::┼-::ミ:::::/|::!. Ⅵ:::i:::::::::::::::\
::::i:::::|:::/ |:: フミ|/ィ }:l::::|::::::ヽ:::マ ̄ ̄
::::|::: |/ u.|/    ,ハl::::|:!::::::ム::ム
::i:|::: |_xzzz=ミx / .|:::八::::::ハ:ム
::|:|::::| ヾ< マモドx .|/:::::::Ⅵ  マl
::|:|:::::!   ミx!   }:::::::x::::{  .}!
::| !:::::l  ...     .∧爪:: 八 ./
:::!::::::∧  ::::::.  /::.. ママ| ̄V
:::::::::::|∧ :::::: i     〉}! /
、:ト、::|\! :::: .し    .{ .|!
..ヽ ヽ!  \::      ノ !
   .\     _  イ
 J        ´  ノ
 _xそ7   ::   /
¨´  :::¨7 ::  .{
.      〈:::..:::::.. ノ≠= ヲ
ー::ミ   ヾ、 ̄    /
::::::::::::\   ーv〜、 ムァ


『・・・乙!』

233 名無し-Red-市民-2 :2019/07/20(土) 21:54:07 ID:q5/aMR5k0
いや個人的な話じゃなくてね。
さすがに芸人の闇営業うんぬんはスレ違いかなってぼかして言ったらこうなっただけ。

234 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 22:02:29 ID:Dbk/9pO.0
>>233
                        ゝヽ __
                    -≦州洲州洲从
               ー=≦州洲州洲州洲州’
                /州洲州洲州洲州洲州’
               'イ州洲州ト州洲マ州洲州洲、
              / i}州洲从―マ从´ ̄ 从州从ゝ
              ,  i}州洲从rt ォヾムrt ォ’从〈ゝ
                ,州洲州从´  l  ´ /〈 ト _
                    斗| , ー=- ,   リ |::::::::::::::::::l
                  ィi::::| 、l ―   ' ,:':::::::::::::::::::
                   f:::::::::::::人  _  //:::::::::::::::::::::::ヽ
                   |::::::::::::::::::::≧=x Y 〔::::::::::::::::::::::::::::::::’
                  ネ::::::::::::::::::::::::::ー古<::::::::_::::::::::::::::::::::::::.、
              ノ::::::::::≧=::::::::::::::::::::rv 〈〈  ハ〔:::::::::::::::::::::::\
             /::::/ ⊥::::::::::::rv-〈〈  、 `  、 ' ^`ヽ::::::::::::::::::::
           ≦::::ィテ/  ヽ「l  、  、  、   々   \::::::::::::::::::. 、
          /γ〈 |;;| | {  、  、  、z ≦:::{      、:::::::::::::::::::..
           〈::人μ ,;;, 、  、  、 ー<::o::::´:::::::::::、      ::::::::::::::::::::. 、
              V:〈 ゝ 、;、 、   r´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    、:::::::::::::::::::
           、〉μ)\\   ノ:::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::      :::::::::::::::o:::::>
            ¨ ーμ) >´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      ,:::::::::::::::o
               ⌒`´:::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::〈       _ 、∧
                 フ∧:::::::::::::::::::/\:::::::::::::::::::::::/::::.,         }  ,
                  /::::::::∨:::::::::/::::::::::::\::::::::::::::,:':::::::::\       、 l  ,

『ああ・・・なるほど』

235 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/20(土) 23:55:46 ID:Dbk/9pO.0

            .>:::::/:::::::::::::::ミ、_
           /〃:|:A:::ム_:::}::: ハ
           }イ|バ;ォV __ N:::::::リ
         _へ   Nハ¨!  込人イ
        イ  、 マ   ム ー . イ {ハ
      /〈 L>イ)こr-' ̄二〉=-彡:{
     :{:::::ー::'/:::::::::::::::::::し::::::::::::::\
       L_:::ム::::::::ミ::::::o::::::/:::::::::::::L
              }::::::::::::::{::::::::::::ム=ミォ
             /::o:::::::::::___,イ:i i _>!
            _ノ:::::::::::::::: ||   | | |===ォ
         _〃:::o:::::::::::::/||   `¨´ == {
        /:::::::::::::::::::::::::: / .||┌───┐.{
        〉::::::::o:::::::::::::: {  |||'11前期:| .{
       .};::イ::::::::::::::::::::::ヽ ||└───┘{
         |:::| ::::::::::::::::: ィ' ||           {
         |:::: ̄ ̄ ̄::: ′ .|| ======= {
         |::::::::i:::::::::::::::|   匕 -----ー― '
         |:::::::::';:::::::::::::|
        、::::::::::';::::::::: |
            \::::::';:::::::::{、
           ヽ:::l::::::::::{
            7:|::::::::::|
           .ム:|::::::::::|
           〈__.ム::::::::|

『さて、すまないが日付が変わる前に宣伝させてほしい』

ttps://twitter.com/1yamamon/status/1152592166134226945

『何分、表現の自由、特に二次創作合法化とかもやってくれてる政治家さんだからね』

『僕としても、このスレとしても、他人事じゃないんだ』

『ああ、返事は結構。明日の投票で示してくれ』

『宜しくお願いします!』

236 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:01:59 ID:Ll1z15B.0
>>224
                            /: : : : : `ヽ
                 -―…―. . . . {: : :/\ : : : :.
              /: : : : : 、 : : : : : : : : : :乂 \: : :}
        . .´ ̄: ヽ/: : : : :´: : : : : : : : : : : : : : : : ̄: : /
        /: : : _: : : : : : : : : : : : : .....-―- .... : : : : : : : :く
       ′: :/ }: : : : : : : : . . :´:::::::::::|:::::::::::::`:::.... : : : : \
        |: : 〈__ノ: : : : : :/::::::::::::::|:::::::|ヽ :::::::::::::::::::\: : : : \
.      乂: : : : : : : :/::::::::::::::::::::|:::::::|  \::::::::::::l:::::::ヽ: : : : :ヽ
          ーァ: : :/::::::::::::::::::::::::/::::::/ /⌒ヽ:::::/::::::::::::::. : : : : .
         /: : : ::::::::::::斗-‐::/|:::::/      V:::::|::::::::::::|: : : : :i
        . : : : |:::|:::::::::::{\/ /   ィ笊灯 :::::|)::::::::l|: : : : :|
.        i : : : :|:::l:::::::::::ヾ灯笊ト      弋りi:::::::|:::::::/iリ: : : : :
        : : : :_|::::\{\::ゝ弋り   、    ::::::::|::::/ /: : : : /
        {: : :/ V:::::::::::::>ヘ.      r   /::::::リ:/: : : : : /
          >^ヽヘ }:::\:::::::::::::::> ....., `’_/}/イ/ _: : : /
      f^ヽ \ .} `⌒アY⌒ヾへ{ ̄ }ー一( ): :}: : ( ):∠
       〉J \〉′: :///⌒ー ': : : : : : : : :j:乂:__ノ: {: : :`ヽ__
      / ....____/ /: : : : : : : : : : :( )ー': : : し': :i: `ー ´: :.)
.     r{ ` ⌒Y´ ./: : : : : /: : : : : : : : }` : : : : : : : \/:/:|
       |: 0`¨¨7 /: : : : : /: : : : : : : : r' ー-ク : : : : : : : : /: : :|
       |:0 : : :/  |: : : :/: : : :/ ̄ ̄ `⌒ヽ: : : : : : : : : :{: : /
      /: : : : :|  / : : /: : : :/   /     \ : : : : : : :V {
.     | : : : :.::|/: : : :{: : : /    . .{       ヽ: : :=彡:|: |
.     | : : : ::::|: : :: : :∧: : |   . . .从. . . . . . . . . .〈: : : : : : |: |
.     | : : : :::八: : ::/  V/   . . . . . . . . . . . . ./: }: : : : : :.八
     : : : : : : :::::/   }i     i. . . . . . . . . . /: ::|: : : : : :::::::}
      \: : : /    /'   . . .|. . . . . . . . . /: : ∧: : : : :::::/
         ̄      /:i     . ..l. . . . . . . . /: : /  \: : :::/
             /: /     ..:: . . . . . . . {.: :/      ̄

「だね」

「少なくとも、実験するのは悪くない」

「反撃されても実行犯以外は無事に済むだろう」

237 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:05:26 ID:Ll1z15B.0
>>226

                           . ´: : : ̄`  、
                        / : : : : : : : : : : : : : :.` 、
                   // : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                     : :./:/ : : : : : : : : : : /: : : : : : : : :ヽ
                /: : :i:.! : : ;. /.: /.:.:., /: : : : : : : : : : : : ',
                  /: : :.:乂:.:./:/.: /.:.:.//: : : : : : : ,: :}.: : : : :
              / : :.〃Y{.:_|_|__/___//_: : : : : : :/ :/ /: : : :i
                / : : :{jh|八从厶イ=ミ、`ヽ.:.://.:/i:i| : : |
.               / : : :.八__j : : |癶汽冬ミメ、彡イ⌒ヾ刋! : リ
            , '.:/:.: : :.|: | i:.:.| 弋之_       ,ィ弐ミ、ノリ:.:/
          /´ i| :|.:i :.:i:|: | |:.:.|          んツ'/彡イノ
                 i|八ハ从:乂:. ト     、   ゝ  / : : /
                乂|:\\i`ヽ`ヽ、.    ー  .イ/: :./
               ,   ´       /\_..。r≦/: 八 :/
              /          i  |.:ノ\/イ:.ノ  \
           / ̄ ̄ ̄\   `丶  r‐   `ヽ、  }/
        /     \ \          / 、/
          {       \ \  ____/   }
          |           ,\ ` 、///// / {  ,
         ,        {   \___|o__,∧ /
         ,:                、     `、
                    |         :.      \
       l           ,         、        、
       |         {            :.       ヽ
       |        |          ,
       |        |             :          :
       |        {            }        }
       |        |::.....      ..:::::,::::::....       /
       |        |:::::::::::..............:::::::::イ:::::::::::::::......./
       |        |、:::::::::::::::::::::::::イ::::r  ー   ´
       |        |     ̄ ̄     |

「ギデオンさん良いよねー」

「正義感溢れ、仲間思いで、カリスマ性に長け、色が違うプレインズウォーカーをも友とする」

「そしてニコルボーラス打倒の切り札のひとつとなった」

「実に有益な人柱だ!(黒並感」

238 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:06:16 ID:Ll1z15B.0
>>227
                         -‐……‐-ミ
                  /: : : : : : : : : : : : : \
                  ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,
               /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,
                 {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i
               \{ =     = `ト: /:ノ: : |
                    从   、_,、_,   ムイ´: : 从
               /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ
                 /::/:|V V|ヽ::::::\

「あるけど、それで作れるのは複製だね」

「僕はオリジナルかコピーかなんて気にしないけど」

「女神はどうだろうね?」

239 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:07:43 ID:Ll1z15B.0
安価↓1 見たい描写
・TS(求道覇道白青黒赤緑)
・アーッ!
・ヤンデレ
・SCP
・諜報(諜報枠、諜報試運転、偽メシア等)
・外交(外交枠、外交枠試運転、ローマ傘下国、受難の民架橋等)
・科学(研究枠、研究枠試運転、民間研究、ファフナー、ホライゾン、ドラえもん、スパロボV、性転換、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法)
・スカウト
・育成
・学園
・コミュ
・転生
・五色(色ギルド・五色の社交界・五色の立法府・五色の行政府・五色の学会・五色の市場・五色の諜報・五色の連合軍・五色の芸術・五色の庭園・五色の医療・創世道、その他)
・円環少女
・色派閥ゲー(色宗教戦争ゲー、メガテン派閥ゲー、没落だらけのステラリス)
・戦略調整センター(史実、世界樹の迷宮、四度目、Re:Monster、Mtg、幼女戦記、シド星、スパロボ、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法、円環少女、禁書、リリカルなのは、FGO、ナルト、ネギま、白、青、赤、黒、緑、信長の野望 スパロボ、プリティベル、海戦、密集分散、予備兵力)
・未踏世界調査(ブリタニア帝国記、ハリー・ポッターと野望の少女、影の実力者、カルチャーショックDD系、皇女戦記等)
・文明種族育成(ナッシー進化、属国作成、等)
・ボウケンジャー(試練部の不思議なダンジョン、ヤドノキの塔、工場魔方陣、冒険者料理、グリードアイランド)
・多元宇宙食料事情
・進行中(SCP転生)
・黒赤VS白
・赤緑VS青
・ステラリス新環境

240 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 00:12:37 ID:SkWt4CCs0
育成

241 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:17:29 ID:Ll1z15B.0
士官学校(仕官としての振る舞いと戦術指揮スキルと軍略Aと直感AとカリスマAとオール80を叩き込む。): 士官学校(仕官としての振る舞いと戦術指揮スキルと軍略Aと直感AとカリスマAとオール80を叩き込む。):はやて



          ,ィ'"ィ'"´: : : : : : : : : : : `゙ー-`゙ <
         /,/i:n、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : <
         //i:i:i:i:i:i:i:k、: : : : : : : : ~゙气、: : : : : : : : : : : : :\
        .//i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:z:x:x:x:x:x:i:i:i:i:i:i:i:x、: : : : : : : : : :|
        φi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア"= 、.   ̄ ̄ ̄ ̄ヽ: : : : : : : ′
       φi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア´ , -、`; Y   ,  ----、\: : : :. ′
       .φi:i:i:i/i:i:i:i:iア./'| ( ○.)ノノ''''"´,s≦i:i:アハ>-- 、.′
        .ノ/i:i:i:||i:i:i:i7 .{ ヽ'ァ ,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:iア/_ ィ∧ミ `゙<
      //i:i:i:i:||i:i:i7   ヽァ.,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア..,ィ≠气 、 ヽ. \\
      .φi:i:i:i:i:i||i:i:|  /ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア´|.《 ( 0 ),! i、ヽ ヽ   }
     {.|i:i:i:i:i:∧V| ././i:i:i:i:>",__<i:i:ノリ ノ `¨´ |ノノノ トノ  ノ、
     ヽ`守i:i:i∧| / /。s≦ .xァ=x、リノ "    . ィ | ,ノ".} / 八
       `守i:i:i∧{.八  i.《 ( 0 ),  `  ,,,´xfji;! ′ ノ / /ヽハ
         `゙¨¨ア .ハ  ヽ `¨´´  /xi:i:i:i:i:ァ' ! / /,ィヽ|i:iハi:i}
.        、__ / / \ 寸、   < _(i:i:i:r'' / /iイ".{i:i:i:i:i7  リ
         `ァ イ  } >、. >、   `゙''''´‐ ´ ,′ !i:i:i:i7{i:/
          { / |  ハ  ヽヽ`i:i气三アニi:i:i:i:i:ア ,斗i:i从'リ
          |./ノ.! i {心 .ア ̄`¨\'"/=-¨ Y-|´-=|リ
          /   ! ト、 Vi>´,ィi:i:ix i `〈==-7/{O},|-=|
           ` .乂 /ィi:i:i:i:i:i:i:i:7, !  ヽ、|/j- i| <\_,r-=、-、
             ./イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i∧   ヽ{'" o`'} '"´ヽ---"¨´ ハ
           r-'イi:i:i:i:i://i:i:i:i:i:i:i:i:i:}   ヽ".} {"          }
          ノ'" ィi:i:ア/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:7    Y  ̄           !

「では行くぞ!」

「まあ何、同位体を見るに才能が全く欠けているということは無かろう。及第点はやれる。」

「教育環境という観点で言えばローマは実にすばらしい!」

「故に貴様はちゃんと仕官に成れるとも・・・何億年かかったとしても確実にな!」

242 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 00:20:42 ID:SkWt4CCs0
同位体は現場指揮官だけでなく兵站から軍内部の権力闘争までやっていますからね。
やって出来ないはずはない!

243 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:20:49 ID:Ll1z15B.0
        ..............-──-..................
    ,.....:::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    {-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-::::::::_::::::::::::\
     V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-::_:::::ヽ
     ヽ-   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ‐- :::::::::::::::ヽ∧
     ∧    ____     ヽ ::::::::::/
      /三三三ヲ'"ヽ \_ノ)‐-   .><- 、
      ,ふ三ニヲ'"\   Y‐---<´ヽ _ノ)ヽ-ヘ\
    ,ふニ='"/\_ヽ_ノ) ! |ヽ. Vヽ‐-<_ .|  ヽ.V
      { /,.イ{. 斗ャ示ァ} | | |¨vヽ__ -ミx!    ! |
     ゝt|ヽ>ミ、 `´ ノ ノ ./ /ィヘ |ミヽヽ リ! 、__ノ! |
     -=彡vヽ   ⌒´/.イ!/|ノノノ )ノ Y ヽ  /ノ
        /ヘゝ-   イ´  ||//ノ.    \ ハ
        /' ヽ)`¨´ r.| ,...:/':::T     、__ノ! ,!
        {!   .___/7イ:::/':::::ヘ      //
       ゝ-',.イ:::ヽ/_::::<´::\\    (´
        /イ:::::::::╋:::::::::::::::::::::\\
       ,.:/:/:::::::://::::::::::::::::::::::::::::::アヽ
      _/::'/::::::::://::::::::::::::::::::::::::::/::::::ハ
     ノ::::::/::::::::://o:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::|
   /:::::::;'::::::::://o::::::::::::::::::::::::: {::::::::::::::::|
  /:::::::::::;':::::::://o:::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::: |、

GMが思うに、有能な人間はある程度汎用的に有能であることが多い。

例えば、デグレチャフ閣下であれば、仮に軍人に成らずとも、

役人であれ商人であれ政治家であれ、大成していたのではないかと思う。

というか、そもそもデグレチャフ閣下の本分はサラリーマンで、

サラリーマンのノウハウを軍人に転用した結果の出世である。

ならば、軍人以外の職業でも十分転用できるだろう。


まあもっと明け透けに言えば、頭の良い奴は何やらせても大体うまくできるし、

頭の悪い奴は何やらせても大体できない、ということだ。

244 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:21:11 ID:Ll1z15B.0
>>242
デグ「だが合格点ではない。あくまで及第点だ」

245 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 00:25:49 ID:SkWt4CCs0
だいたいテロ相手に後手に回ってますからね…。

まあでも、ローマだと指揮官適性が及第点に及ばない匹夫の勇が多いので、比較的マシなはず。

246 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:27:10 ID:Ll1z15B.0

                        ___
                  _.....-─ァ´ ..-─ >- ..._
                 ィ´    / 7´ ィ  ̄ ̄ ̄ヽ  >、
           __  // _..-===| |/ ィ  ̄    |ヽ   ヽ
      r、   //^カ  レ´/ _...-≦/ /' /      ──-
       | |’  {  { ||   V ,ィ´r</} V ///        \
       |ハ   ヽ. ヽ ||___ィV_>}7/   |' ,' イ         ヽ
        ∨ヽ___.>||‐ 乏_rヒ'ア   / | | |   |
        \_>'"´ |レ´} _/ _/ ∧  |l||  ,'   |
       / ,rァ‐ァ||、′  ̄ ̄ヽ、ハ/ ゙. ヽ| l |  /    |
      /'/ /// ||{     _ゝYアl/∧ /|l /|    !
     //ィ / ,イ 〈 |i!    `Y⌒ス}ハ/  |   / / |    /   /
.    // ! |  ll∧   |ト、_   `V仗V/イ ! / ′l    /   /
    { {  || ` ∧ ,||ヽ::::::::\ ヾ込}l!/ |/  |  /    '
     `\ `ー一 _Y::||/У:ィ::::::)  >」|ヽ ィ    |/   /二ニ
        _..-rYア⌒>-r─' ̄ ̄ ̄ヽ/     / / / /
       /|_トァY⌒二二二ヽ_ __/ _...-<| / / /
      / ,イY´二=─三≧_ \ヽ─ァ''"´  , / /  ───彡
      ,' Y r'ソア>=-ァヽ\>:ゝ/    / // /| /      /
     } ム∧从/ハスうリ_彡/>二7  /  ィ' / |'‐──<__
     /  > ^>-=z壬彡z≦__/_彡  /|/  / |\
.    /  <, ヘ\ └‐ァ''二二=_/ /-‐'"´/ハ | / ∧ >───
   ,'ヽ./  V´  / / r─‐ァ/l |-==へ {_二7 / ∨     /
    {  l      \  ! | |\/| ||!   ト、≫'´ / \ ∨    /
   } ハ       ヽ || |  |  | l l |   ヽ_彡へ\\≧ァ'" /
    { / |        | | |  | | |.| |       \_>'" /___
   ] | 丶      | | | | ||||         \彡< ̄ ̄/
   { ヽ  \     ヽ-=====-」           /{ ̄/
   ノ / \    r''"´ ̄ ̄ ̄ ̄`>}           |亠'  /

さて・・・「国家戦略」というものを考えてみよう。

外交戦略にせよ内政戦略にせよ、戦略の基本にして奥義はリソースの「集中投入」だ。

あらゆる分野に潤沢なリソースを供給できるならもちろんそれに越したことは無いが、

実際にはリソースは有限で、リソースを増やすにも投資先を選択せねばならない。

足りないリソースを平均的に割り振って器用貧乏に終わるくらいなら、

有望な分野に投資を集中投入してリソースを増やし、然る後増えたリソースを他分野の補強にまわした方が良いことが多い。

例えばバントランプが、まず緑ランプに集中してマナを増やし、然る後にマナを集団強制に注ぎ込んでゲームを制するように。


では国家にとって「リソース」とは具体的に何か?

細かく言えばキリが無いが、商業(物流と金融)という便利なシステムがある世界ならば概ねこの二つで表現できる。

「予算」と「人材」だ。

247 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:34:30 ID:Ll1z15B.0

    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \:.:.:.:.:゚,
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : ヽ:.:.:.:゚。
  /:.:.:.:.:.:. : /:.:.:/:.:.:.:.: : /…゚,:.:.: |:.: : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. }:.:.:.:゚,
. /:.:.:.: {:.:.:.:/:. : {:.:.:.:|:. : i   }:.:.:.:|:.: : |:.:.:.:.:.:. : |:.:. : i:.:.:. : :
. {:.:.:.:.:.i:.:.:.:{:.:. : i:.:.:.:|:.:.: | 。  i:.:.: |:.: : |:.:.:.:.:.:. : |:.:. : |:.:.:.:.: |
 !:.:.:.:.:|:.:.:.:i:. ___|:. : |:.:.: |。 。 :}:. : |:.: : |:.:.:.:.:.:. : |:.:. : |:.:.:.:.:.:}
 {:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.:. : | ≧ュ、: ! 。   i__斗―:|― 、:.:.:.:|:.:. : |:.:.:.:.:.:i
 i:.:.:.:.:|:.:.:.:|: : | ___:.:.:.:|   |:.:.: |:. __|:.:.:.:.:.:. : |:.:. : |:.:.:.:.:.:|
 ゚,: : {゚,:.|: : |{{ に心 :{   | /ィ爪う弐ミ: : |:.:. : |:.:.:.:.:/
.  ゚,: i ヽ!\{  V)ツ     ´  にじ リ/ |:.:.:.:|:.:.:.:/:.:.: /
   \{    lL __ノ¨¨¨¨{    V^)ツ} :!:.:.: | : /:.:.:.:/
    \    ∧    {   …‐‐‐‐=ニ :{:.:.:.:| /:.:.:.:/
         /:人    r  ,       :i:.: : |:.:.:./
.        /  }≧o。        <  |: : /二
       /   /__≧o。  <     }:. }―┘\
      ノ   / ゝ-----|      ,ィi「}: : !:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /    ̄ ヽ,ィi「 />――   //:. /:}\:.:.:.:.:.:. : \

              _,.. -――--_、
              {7ュ<7 ̄7 ̄ィ}
              } ヽ-' ´ ̄ }__: :l
               l        トミr}
                  { ェォ  rtォ ヽ:.}、)
                  l / 、   ィ: !''}
                }ィゞii'wx、 /ミ{ノ}\_
            ,.. {i: ´_ ̄_`>´::i/ /::////> 、
         _,...</ィi\i_Y:_ヽ/  /::{i i </////>、
      ,.<//イi i i/::{ 介、      /::::li i i i i i i i<///>、
     /i i i i i i i//::/V/:::ハ.  /:::::/;;;;;;\i i i i i i i;;;;;;;;;;}
     {;;li i >'´;;;;;;/:::{ /::::{  `/::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<i i {;;;;;;;;;;l
     |;;;;;/;;;;/:::::{::::::l /::::/ ,/::::::::/:::::::`ヽ、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;< ̄ヽ
     |;;;/´:::::::::::::::',::::|{:::://::::::::/___::::::::::::`ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;\ }
     |;/:::::::::::::::::::::∨!/イ:::::::/:::::: ̄ ̄::::::::::::::{::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;从_
     l;{:::::::::::::::::::::::::∨::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::<;;;;;;;;;;l
     l:|:::::::::::::::::::::::::::∨_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::: ̄ ̄`ヽ
     |:|::::::::::::::::::::::::::::/o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::}

たとえば陸軍と海軍はリソースを争っている。

これは厳密に言えば、食料だったりコンピュータだったり鉄だったり弾薬だったり工場だったり戦車だったり戦艦だったりコーヒーだったりと、

実に多種多様なリソースの取り合いが生じているのだが、

物的なリソースであれば概ねこれで表現できる。「予算争い」と。

厳密に言えば海軍も陸軍も欲しいのは貨幣という「引換券」「借用証」そのものではなく、

それと引き換えられる各種物資が欲しいのであり、

そして物資を作るための生産能力を奪い合っているのだが、

とはいえその辺の生産能力は概ね「金」で表現できてしまうので、

本質的には生産能力の奪い合いであっても、「予算争い」に物事を単純化できる。

単純化の弊害は無いではないが、まあ複雑化するよりは管理しやすいのは間違いない。

貨幣を介さずに羊と牛を交換するような物々交換経済で、陸軍と海軍のリソース争いがどんだけ複雑化するか、考えたくもあるまい?

248 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 00:37:37 ID:6hPkJMmY0
リソースの一元化は管理がしやすい(事務並感)

249 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:39:34 ID:Ll1z15B.0
                      __
                      \  \           , -―‐一ァ
                        >=-、\ __    /___/
                         フ>'´     `ヽ//⌒ヽ
                        / イ  /      、ハ) 、 ヽヘ
                      ∠V/ / // { ヽ\ Vl'、 \  ヘ
                       / { { {{ トk从|\j斗l ',!ハ\j   ',
                        /  V llハY冽  f冽リ j ∨    i
                          /  / ヽ从小¨´ '_ `¨/l∨  ∨   l
                       /     /   |.lゝ, _ イ/     ∨   l
                   /  / ̄`<⌒卞弋寸代),、    ∨  l
                     /  /    {{/ヾ ⅦI/_,/゙ ̄`ヽ  ∨  !
                _,、_ /  /≠ミ  〃 /⌒Y⌒`く∧   \ ∨ハ
       (\ rv、_/〈〈 〈¨¨ ̄    __7  ヽ ___,∧   〉 {ー'´ ̄} ∨∧
        (ヽ\^-ゞヽ\ ヾ、ヽ   _,>'´ /  く _,小_\/{7 }   /  ヽ 丶
     _`ニ)::::::::::}::::}::ヽ }} レ'7´    たニ二二/l |L二 __/  -={    \ \
     ‘ー ―ァ、:::::::`:ノ :::} 〃イ /        _〕   //`ー┬、∧   |      丶 ヽ
        (ノ ¨¨{`ー‐/_/:Ⅳ      ,/ \  //   { ̄ rヘ   `ヽ  _ _  ヽ ',
               ̄  i  l|.     /  // /∧ にニヘ  ヽヘ   ∨∨|   } j
               ̄  |  l|  /   // 「/\\| | ∧  `\ // /∧  //
                   ∨ リ /   _// /    ノ┬| |  ∧   く//_[厶
                /    /rー'〃    ∧,| L_ ∧   〈//::\ }

だが、いくら予算が潤沢にあっても、物資生産能力と違って用意できないリソースがある。

「人材」だ。

こればっかりは、予算を増やしたからといって買い増せるものでもない!



そして例えばリリカルなのはにせよ、幼女戦記にせよ、

優秀な魔導師は汎用性のある人材であり、

海軍でも陸軍でも汎用的に活躍できる!

仮に海軍魔導師を陸軍に引き抜こうがその逆をやろうが、

概ね魔導師は古巣と同程度には活躍できるだろう。

その汎用性は利点だが、故にこそ問題が起こる。

「人材争い」だ。

今年優秀な魔導師が管理局に入ってくれた。さて、陸軍と海軍、どちらに回す?

250 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:40:19 ID:Ll1z15B.0
>>248
『だよねー。物も金額で表現して一元的に管理できるって本当便利だ!』

251 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:41:16 ID:Ll1z15B.0
>>245
デグ「そっちは良い。テロ屋は奇襲し先手を取るものだ。仕方ない。・・・が、指揮放り出して砲撃しはじめるのはなあ・・・」

252 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 00:41:57 ID:SkWt4CCs0
管理局の目的から考えれば海軍なんだよな…(そしてミッドチルダの治安は悪化)

253 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 00:43:16 ID:6hPkJMmY0
「海軍としては陸軍に人材を回すのに反対である」「陸軍としては海軍に人材を回すのは反対である」「ザッケンナコラー!」「ザッケンナコラー!」
もっとも管理局はSCP放置すると滅ぶので海主軸になるんですよね(残酷な現実)

254 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:48:12 ID:Ll1z15B.0
>>252
>>253
        ヽ       /         |
         .|       |          |
         .|   ´ ̄ヽV          |
         .レ彡州州州ミ|          |
         州|V!|ヾ\ミミ|         .|
        リ州|{!i州ヾヾミ:|         .|
        州洲州洲州ミ:|         .|
        从洲州´\ヽ州         .|
       ノ¨\州',ヽ,  ノ |         .|
ヽx_ _x イ|N  \ヽ´ィ!今从          |
. |!f |〉|洲ヘヘz=<  ` ¨¨´ \        |
. |i| ∨||V洲ヽ弱 |        l> 、   ,_/
. V  ∨ヽ寸从、 ヽ  _x   / 彡<|丶ヽ
 |   ヽヽ V从`  -<二/    / |洲|\
 ヽ     j  |ヽ、       /   V`\
           \    /  x─ト──
            `ヽ<´/ ̄ ̄ ____
              V厂    <::::::::::::::::::

『そうだね!まあ陸軍と海軍双方に潤沢なリソースを、予算と人材を、なんてのは』

『古今東西どこの国でも無理だ!リソースは常に足りてない!(白くない感想)』

『そして管理局は「海外のSCP」を仮想敵とする「海軍国家」だから』

『陸軍に恨まれようとも海軍に人材を集中投入するしかない!』

『これもまた戦略的なリソースの集中投入だ!』

255 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:50:56 ID:Ll1z15B.0
.                      _/´`ヽ-- 、  ,. -―- 、_
                 ,. -―ァ'´/   ,.    ヽ",.ィ二、 ̄
               _∠... / / //           \
             ,. '´:::::::::::.,'  ./ /!ヘ、リ|∧i i  \  ヽ、>
          <:.:.:.:.:.::::::::::::.| ./ /rfス;T` リ レN」_!  l 、  ヽ
            ` ナ‐ァ:.:::::.j/. , ' └┘   |イハ / !  \ !
            / /:.:.:./ ∠、       ' `′レ!イ i! !|/
           , '-┴=/ /\}    ゛` ∧_/|  ト、|レ':.ヽ
          / \/ /`ーュ :.\    / ヽ.|  |::::ト、::::::'
.        /   :./ /  :.:_,巨三三ミf¨フ   :.|  |:::::| \}
      /    :./ /ヽ :./―ァ::::::::::>'´  ==,'  i、::::!
   ,. - '´   _,.イ 〃-‐┤::ハ`ー'´,.-<´     .:./  / `ニュ、
-‐ '´  _,. -‐    !N‐=‐にロこ}´   -=―¬ :./  /  ___}、_
_,. -‐        r┴   >′:::::::`ー―こ二::_` く ∠二 __,.ニニュ、
         r′,.  イ:::::::::::::::::::::::::: ⊂二、`:::::\`ー┴,. へr― …¬\
        j /   |:::::::::::::::::::::::::::: r―ー':::: ヾ ̄ト<:::ヾヽ\      }
       /     〉=Eロ======、、`二ニ=::::::\|:::::}::}::::廿::::〉    /
     ,. '´    ,. イ:::::::::::::::::::::::::::::\ `ァ―'^ー-、_ノイ:::::::::::/_,. ィ´
.   /     /  ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y:.        `ー―ヘ:::::::::::|
 /     /   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:.             \:::::ト、

そして魔導師は汎用的な人材だが、それはあくまで「兵士としては」だ。

陸でも海でも汎用的に戦える優秀な兵士ってのはそりゃすごいが、

指揮官や参謀として優秀という保障はない。

まして、商人や政治家や役人として優秀という保障はもっと無い!

軍人としては汎用的な魔導師も、世の中全体で言えば汎用性に欠ける専門家でしかない。

256 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 00:54:13 ID:Ll1z15B.0

          ,ィ'"ィ'"´: : : : : : : : : : : `゙ー-`゙ <
         /,/i:n、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : <
         //i:i:i:i:i:i:i:k、: : : : : : : : ~゙气、: : : : : : : : : : : : :\
        .//i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:z:x:x:x:x:x:i:i:i:i:i:i:i:x、: : : : : : : : : :|
        φi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア"= 、.   ̄ ̄ ̄ ̄ヽ: : : : : : : ′
       φi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア´ , -、`; Y   ,  ----、\: : : :. ′
       .φi:i:i:i/i:i:i:i:iア./'| ( ○.)ノノ''''"´,s≦i:i:アハ>-- 、.′
        .ノ/i:i:i:||i:i:i:i7 .{ ヽ'ァ ,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:iア/_ ィ∧ミ `゙<
      //i:i:i:i:||i:i:i7   ヽァ.,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア..,ィ≠气 、 ヽ. \\
      .φi:i:i:i:i:i||i:i:|  /ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア´|.《 ( 0 ),! i、ヽ ヽ   }
     {.|i:i:i:i:i:∧V| ././i:i:i:i:>",__<i:i:ノリ ノ `¨´ |ノノノ トノ  ノ、
     ヽ`守i:i:i∧| / /。s≦ .xァ=x、リノ "    . ィ | ,ノ".} / 八
       `守i:i:i∧{.八  i.《 ( 0 ),  `  ,,,´xfji;! ′ ノ / /ヽハ
         `゙¨¨ア .ハ  ヽ `¨´´  /xi:i:i:i:i:ァ' ! / /,ィヽ|i:iハi:i}
.        、__ / / \ 寸、   < _(i:i:i:r'' / /iイ".{i:i:i:i:i7  リ
         `ァ イ  } >、. >、   `゙''''´‐ ´ ,′ !i:i:i:i7{i:/
          { / |  ハ  ヽヽ`i:i气三アニi:i:i:i:i:ア ,斗i:i从'リ
          |./ノ.! i {心 .ア ̄`¨\'"/=-¨ Y-|´-=|リ
          /   ! ト、 Vi>´,ィi:i:ix i `〈==-7/{O},|-=|
           ` .乂 /ィi:i:i:i:i:i:i:i:7, !  ヽ、|/j- i| <\_,r-=、-、
             ./イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i∧   ヽ{'" o`'} '"´ヽ---"¨´ ハ
           r-'イi:i:i:i:i://i:i:i:i:i:i:i:i:i:}   ヽ".} {"          }
          ノ'" ィi:i:ア/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:7    Y  ̄           !

なればこそ、デグ閣下のように「何をやらせても上手くやる頭の良い人間」は、

実にすばらしい汎用性を持った人材リソースだと思わないか?!


・・・さてここでも集中投入の問題が起こる。

デグ閣下のように頭の良い人間を、どの部署に配属する?

海軍か?陸軍か?前線か?参謀本部か?

役人か?政治家か?商人か?

兵士でしかない魔導師ですら海軍と陸軍で骨肉の争いになったのだ。

「頭の良い人間」なんて超重要リソース、あらゆる分野で取り合いになると思わないか?

257 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 00:55:23 ID:6hPkJMmY0
これじゃ全方位万能人材のデグ閣下がデスマーチになるのも納得ですわ

258 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 01:00:19 ID:Ll1z15B.0
>>257
        ,l    ヽ  ハ  / \    ノ!
       / .l  |    >-ァ   ` .- .イノ
    > ´  ∧ lヽ __. イ .\  、    .∠       ./!
   /イ7  / ヽ.|ヽ \ ヘ .l  l    |   ̄ア イ ノ
   //  l   / Y . |\/|\    .l       ´ア
  Y/./   .|.>- 、_i ヽi|<ヽ l_V  i  .|ヽ─── ´
   l.V  l .|_二二   .xzfテア¨》 /  /\_
  ∧|  ∧. 《¨¨亦ア    `¨ ノ   ./   .ノ
  / ∧ .∧     `     ⌒ 、_ .,イ  .<__
   ./ 〉  ∧    , = .、      .ノ マ¨¨¨⌒
    イ| /  ゝ __二__  =- イ
        <二______ -イ,|
      r‐イi|:::::::::::::::l l:::::::::::::::::::::::::::::ト
     イi:i:i:i7:::::::::::::::l l::::::::::::::::::::::::::イ/i:i>、
   /:,!i:i:i:i7:::::::::::二l l--::::::::::::::::::::::::|i:i:i:i:7:\
  /::::::,!i:i:i:7::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::::::::|i:i:i:i7::::::∧
  |:::::::!i:i:i:7::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::::::::::|i:i:i:7::::::::l::‘。
  ∧イ三三三三三三三三三三三三三7:::::::::|:::::‘。
 /:::|三三三三三三三三三三三三三三|:::::::: |::::::::‘。

「だな。実際引く手数多で、どんどん転属転用されたよ」

「予備兵力とはそういうものではあるがな」


「だが、まあ、有能な人材をいろんな部署に回し続ける、と言うのは当然良くない」

「分業や熟練工の例も考えれば、ひとつの作業に集中させた方がノウハウの蓄積も早くうまくいくだろう」

「となればやはり国家戦略だ。リソースの集中投入だ」

「「頭の良い人材」というリソースを、どこに集中投入する?」

259 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 01:07:51 ID:6hPkJMmY0
頭が良いんですから軍の頭である指揮する将校にすべきですよね
指揮官とか指令部とかが良いのかな?

260 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 01:10:30 ID:Ll1z15B.0

         `ヽx_____  `ヽ、
          ,xィ〉洲洲洲州洲>xヽム
        ィ彡从从洲イ洲洲洲洲洲州_
      ,イ从从从洲洲洲洲洲洲雫洲汽ゝ
      イイ从/从洲リ`洲洲 洲洲洲洲洲ム
     イ/ 州洲洲|| W 洲/|i 洲洲洲洲洲|!
    レ´ 洲洲洲V/≧ ヽ! ィ=乂 洲洲州!
       洲夾洲 || トリ    5リ h州州仍/
       マ| 从从 ~ |   ゝイ ク州州笊
       ヽ ´´ヘ   ,  ,   ´ /|ノくV
            ヽ   ̄   イ州(
           rイ`ヽ __ < ソ|:::::>)
           |`ヽ、| ,―――彡 /
         ._ノ>, ∨´二二彡<爪
     r=彡三三三! | |三三三彡三ゝ、
     |三三三三Vヽ.レ|三三彡三三三>、
     |三三三三三○三三三三三三三三>

『前にも似たような話をしたと思うけど』

『僕としてはこの人材の奪い合いこそが』

『Civ4の専門家配分であり、Civ6の区画の取り合いであり、Mtgでの土地の取り合いであり』

『そして教育の本質なんだと思う!』

・研究力≒マッド教育≒キャンパス≒島

・政治力≒育成城教育≒劇場広場≒山

『まず「頭の良い人材」という万能リソースがあり』

『頭の良い人材をどの部署に配分するか決め』

『その部署に合わせた教育を施し、配属する』

『そして文明ごとに優先している部署が異なる』

『例えば研究力を重視する文明は、キャンパス・島での科学教育を重点して、頭の良い人材を研究者にする』

『文化力を重視する文明は、劇場広場・山での文化教育を重点して、頭の良い人材を文化人にする』

『って具合にね!』

261 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 01:11:54 ID:Ll1z15B.0
>>259

.          / ̄ ̄ ̄`}─<
       / /.>┐ ./    \
      / / へヽ人//⌒}   }
.     /  、/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄リ≦ミノ
     {人 / ヽ } // ̄` {三ミ}
       ∨´ ̄.ノ ´ ̄`ヽ  |三ミj
       {  /   \    ⌒}
       |   ヽ丶      { ノ
       人         _/
           、  ̄`ヽ }  / ヽ
         `> __/  /`7⌒ 、
         r‐イ ∧  /   \  \
         /ニ/∨ ∨        \_)
       { イ   {           /  Y
       |  |    |         {    |

「あれで野戦の才能が無ければそうしてたなー」

「問題は大局が読める前線将校とかそれはそれで便利過ぎることだが」


ついでに言えば、軍人に回すのが最善とも限らない。

262 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 01:16:40 ID:Ll1z15B.0
                          _ ___
                      ,ィf ¨   ヽ  `>- _
                     /   /、ヽv' ` ー  {
                        j   /¨ ̄ ̄ }.l=-   「
                      j  /     .j |_  }
                       |  lヽl  l_ - '` `-v 、}
                     `t」= j   ,=、 _,  } }
                      { /      / ,_/
                      , 、' `    / / |_
                       、'ー=-,、_; /_ -' }
                        、  ,ィi{- ' i  ト ,
                   _r r' ノ{l┐T{ i    j _ノ , ` ,
                   ィー'___ノ-- i`/ l { l__,、-'/  ヒ __o`-、_
               / .l       j}            \_-’__ー.,
               / .l        .j}              /    }
              l  l       j} O           /     }
               l  l      .j}            /     .}
               /  l      j} O              l       }
             /r-、r 、      j}            /      }
          /r 、ヽ ヽ ヽ     j}            /      }
           / ヽ ` ー、 ヽヽ,  j} O  __     /       /
        /  ー 、' ヽ ` ヽ' , 、 -   / ¨' 、 ./      }/
          /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l}      /    /       }
       l           .l}      l__、  ノ       /
       l           l}         ヽ '       /

こうした「頭の良い人間にどんな教育を施してどこに配属するか?」問題において、

ライヒは頭の良い人間は片っ端から軍人に、参謀将校に集中投入した!

おかげで参謀本部は実に贅沢な人材の使い方が出来た。

すなわち、上澄みを掬い取るように、

その時点での無能は元より平凡な人間も排除して

ごくごく一部の頭が良い人間だけを選び抜き、

さらに頭が良い人間しか付いていけないような超絶スパルタ教育を施したのだ!

そりゃまあ国家でもトップクラスの優秀な組織になったとも。

263 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 01:19:42 ID:6hPkJMmY0
軍で勝利する事考えたら間違ってない、軍としてなら効率的だ
根本的な教育に回して人材育成して使えるリソースを増やすのも選択肢なんだろうけど

264 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 01:21:07 ID:Ll1z15B.0
             _______
         -≦: : : : : : : : : : : : : : : : ≧-
       .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
      .: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     .: : : : : : : : :|: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : .
    ’: : : : 、:/ ノ: : : : : /\: : : ∨: : : : : : : 、: : : : :、
   |: ::|: : / ̄_: : : : : 、 `≧――: : : : : : : : : : : : |
   |: ::|/f   ` ∧: : |:::::::´⌒`ヽ: : : : : : : : |: : : : : :|
   |: :ー'    |:::::∨:|::::'     ii: : : : : : : : : : : :.|
   |:ー ll    ,::::::::∨::l}     .l〔⌒: : : : |: : : : : :|
   |: :l´^`         、   ノ⌒^: : : : ,: : : : : :,
   |: :|    /⌒⌒⌒⌒i   ´⌒|: : : : : : : : : : : :|
   |: :|\   l/////////  U.  、: : : : /: : : : : :
   |: :し: ≧。|/////////    斗: : : : ,:: : : : : : : ’
   ∧: : :フ: : : : ffffi〜〜〜f-f-≦: /f^^l: : : : : : : : : : ,
   |: : ,: : : : : :’, )/ ,y 凸´  lー}__」/: : : : : : |: : :|
   |: :/\_ノ}: :K´∧〈   ロ   |: / ̄/: : : : : : : | : |
   |: '  |: : : : : : :\_人 〉〉 /し〈_/: : : : : : : :  :’
   |   |: : :/l: : : : : : : : :| 〉〉  ̄ |: : : : : : :|: : : :/ /
        |: :/. |: : : : : : : :イ王[0]王「i: /l: : : / : : /
        |:/  ∨: : ∧: :/  | |       レ:,.  :/

デグレチャフ閣下は前世でも自己責任論者だったこともあり、

こうした参謀本部のやり方に非常に適合した!

つまり、参謀本部もデグ閣下も、頭の良い人材を至極愛する(そして酷使する)が、

頭の悪い人材は銃殺刑に!くらいに思っているのだ!

だから203大隊は、振るい落としも兼ねた、死人すら出かねないほどの超厳しい訓練の果てに

すさまじい精鋭部隊となったのであった!


・・・そして勿論、こうしたやり方には大いに問題がある。

端的に言えば、人材としては規格量産品ではなく芸術品でしかないのだ。

265 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 01:22:34 ID:Ll1z15B.0
>>263
         ,r,ニニミ、     -- 、,__
      //    V}/´     \  ` .、
       //    ./ ̄ヽ       \   \、
      .{.{    /!       }Vヽ   ` 、. ∧\
      ヾ  ./       \.| |. V    ≧=-. \
          ,'   \\. ', .||∧. V    |\.|.   V
         !   | ∧\二ニ,xf云ミァ    !-、,i    V
          |   j/_V ヽ!八辷ノ´ }  /! //     ',ヽ
          |   `《.{ハヽj/     /  ./ |//\    ',ヽ\_
        /へ   ヽゝイ    -=彡イ/| .|/   V  | V  ̄
           i\ \   -、    イ/|| .l    .| l  |  |
      ,x─── 、.l l ヽ>。 `´ ,.< xイl ,l   ./,!! .|! j_
     |      |l |    `¨´.{´Y::::::::::/∧.-</|| ./! ./::::::ヽ
     |      |ヤ',    ,r::::ヽ:|::::イ//:::::::::::::::У`//./:/ヽ:::ハ
     |      | ヽヽ  //::::::::╋:::/イ::::::::::::::/::::::::Vイ::/ ./:::∧:V
     ゝ======彳  `>ゝ: /::::::::/o/:::::::::::::::::: /:::::::::::,!:::/ ./:::/ /:::|
      |`¨¨´|   /::::::/二7:/:::/::{二二二}':::::::::::/!::/ .,':::,' ,':::::|
      |:::::::::::|  /:::::::::/:::::::;':;'o:;'::::|::::::::::::::/::::::::::::イ::;' ,':::;' ,'::::::|
      |:::::::::::|≦:::::::::::: {:::::::::|:|:::::|::: |:::::::::::::|:::::::::::::/::;' ,':::,' ,':::::/
      |:::::::::::ヽ::::::::::::/!─‐' !o::|:::::`──'!::::::::::::|:::;' ,':::;' ,'::::/
      l:::::::::::::::::_, <  .|::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::|::::::::::::j:::| ,|::;' ,':::/
        \::::/´    .!ヽ:::: |o: !::::::::/:::/'::::::::::::|:::::::::::::::::::::/
               .|::::::::::|:::::|::::::'::::::://::::::::: !::::::::::::::::::/

「勝利とは、何だ?(シルヴァリオ並感」

「いやマジで、ライヒはゼファーさんのような苦労が増えるだけの勝利を重ねているからな」

266 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 01:26:54 ID:Ll1z15B.0

             , ====== 、
            //      ))
      , - 、_ _., >Y¨¨¨¨V
     ./  /´ /.   ',   ヽ、 }ヽ
     /  / ./ i.   ヽi\_ ノ-<
    ./   /  /  .!  /イヽ ハ ', ',. V
    リ! /  /   |.,,xzx、</V_,  V
   __|/   l   .《´i ・\〉リ  .,,リV  |
   >   .∧   \`¨   .'i.・》   l
  / _   .ヽ、 ヽ_ >   '`¨∠ イ!
  ´ ̄.| ヽ、_r───、  .r 、  l <゙.リ
     |  |  〉ー---  二二T'''jヽ!`
     リVリ| ,xヘ:::::::::::::::::::::, ァ||::::|
      .,ィ巧i:i:i:i心 }¨l>'"/ :!!::::|
     /:::::::::寸i:i:i:i}_   ´7,斗-:7i心  _
     ,!:::::::::::::::>- < `゙ 、  /─‐气i:i|::Y.  V
      |ニニニ|/::::::::::::ヽ >三三三三三、二.|
     |:::::/::::::::::::::::::::::Y三三三三三三|- j
     |:::´:::::::::::::::::::::::::: j三三三三三三.!イj
    〈::::::::::::::::::::::::::,ィ巧三三三三三三A::::::Y
      Y:::::::::::::::::,ィ炙三三三三三三三三!::::|
     .∧::::::::::,ィ炙三三三三三三三三㍗:::::l
      `¨¨fi:i:i:i:i:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y:::::::::/
        {i:i:|,ふ三三三三三三三心- '´
        {Ti:i:i:i:i:Y三三三三三三三心

「総力戦は人的資源の壮大な浪費だ」

「序盤はまだ人的資源にも余裕がある」

「こんな無能は要らん!もっと有能な人材を寄越せ!」

「そう叫ぶこともできたし、実際ある程度は叶えられた」

「だが、総力戦で人材が戦死していけば?」

「戦死するのが無能ならまだ良いがな、たいていは有能な人材から倒れていく」

「中盤戦ともなれば残っているのは凡才と無能、しかも十分な教育も受けられない促成栽培だ」

「それを戦死した有能な人材の補充要員にと送りつけられても困る」

「終盤戦はさらに悲惨だ。有能無能以前に補充要員が居ない。」

「補充要員として無能な肉盾を受け取ることもできんのだ。悲惨だろう?」

267 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 01:30:06 ID:6hPkJMmY0
civで徴兵すらできなくなった文明を見るのははとてもとても悲しいことだ

268 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 01:32:24 ID:Ll1z15B.0

   /´ ̄ 7´   //:::::.
  TT 二|    l/´ ̄ `ヽ、
  ,' |: i.::::`ー‐ '.::::::::::::::ーr 、\
  | : l.:::.:::::.:⌒ヽ:.:.:::::::::::| _」
  | l lミi゙゙゙´ .i:: : . `゙゙゙゙゙゙´| _」
  ヽ ヽミi   、!:::, '   :./._/
    \ミト、 -─-  ://  /
  _ノ「「ヽ`ー---‐' /  /.:::
  .:::::::::ヽ `にTT´「 ,. イ.:::::::::

かくして「有能な人材は酷使しよう、そして無能は殺そう」という黒だったデグ様も、

人的資源の枯渇という現実を前にして、仕方なしに「無能や凡才を育てて使う」という青方向にシフトせざるを得なかったのだ。

とはいえ、必要に迫られての話とはいえ、

有能な人材を贅沢に使わなければ機能しない芸術品のようなシステムよりも、

無能や凡才でもそれなりに活用して機能できる規格量産品的システムの方が、

システムとしては遥かに優れていると思わないか?

269 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 01:35:32 ID:Ll1z15B.0
                          _ ___
                      ,ィf ¨   ヽ  `>- _
                     /   /、ヽv' ` ー  {
                        j   /¨ ̄ ̄ }.l=-   「
                      j  /     .j |_  }
                       |  lヽl  l_ - '` `-v 、}
                     `t」= j   ,=、 _,  } }
                      { /      / ,_/
                      , 、' `    / / |_
                       、'ー=-,、_; /_ -' }
                        、  ,ィi{- ' i  ト ,
                   _r r' ノ{l┐T{ i    j _ノ , ` ,
                   ィー'___ノ-- i`/ l { l__,、-'/  ヒ __o`-、_
               / .l       j}            \_-’__ー.,
               / .l        .j}              /    }
              l  l       j} O           /     }
               l  l      .j}            /     .}
               /  l      j} O              l       }
             /r-、r 、      j}            /      }
          /r 、ヽ ヽ ヽ     j}            /      }
           / ヽ ` ー、 ヽヽ,  j} O  __     /       /
        /  ー 、' ヽ ` ヽ' , 、 -   / ¨' 、 ./      }/
          /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l}      /    /       }
       l           .l}      l__、  ノ       /
       l           l}         ヽ '       /

そして、軍にとって、ライヒ全体にとって必要なシステムは

規格量産品的システムであった。

もっと言うと、軍隊に頭の良い人間を集めすぎて、他の部署が機能不全を起こしていたのだ!

まあ戦場で勝つのは重要だろう。

しかし、戦争を終わらせるのは外務省の仕事だ。

その外務省が、頭の良い人材を軍に吸い取られた残りかすの無能や凡才で構成されていたら、

さて、どうなる?

270 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 01:36:58 ID:6hPkJMmY0
特注燃料でしか走らないF1マシンより普通のガソリンで走る乗用車の方が日常的にはずっと役に立つ

271 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 01:38:33 ID:Ll1z15B.0
>>270
『だよねー!』

『ヒャッハースレでも言ってたけど、本当に国家に必要なのは』

『天才が国を動かす偉人経済ではなく、凡才が国を動かす専門家経済なのさ!』

272 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 01:38:39 ID:6hPkJMmY0
それはもはや害務省ですね、百害あって一利なし

273 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 01:39:36 ID:Ll1z15B.0
>>267
デグ「ああ・・・徴兵された無能な肉盾すら居ないのはとてもとても悲しいことだ・・・」

274 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 01:48:06 ID:Ll1z15B.0
>>272
                  、_    ___ `ヽ、
                 ゞilァ',イ.,イi,il l il}l`ミX!、
               ,ィiリ',イ州il|!i{州!Ⅶl!}l Ⅶl≦ミ、
             //,イィ州州l州l州!Ⅶl.}li l Ⅶli、
               〃.i州州lト、l州!.Ⅶi!_Ⅶl|i.}i l州li
              / .l州州ハ! Ⅶi|!´Ⅵ!.Ⅶ州!.}.l州
             ′ ,iリl州iト、`_ Ⅵ _` |!Ⅷ州l州i、
              〃/.}lⅦ!`じ!  `ーr‐ァ,i州lハ'i{li、
                 .リ }ハ   /    `´イl'ノ リ
                 l、:ヽ 、__,   '.イ'ilil{_
                      \.__....イ:/  } ' ,}!
                   lf<ヘ,;;;;;:/< x≦ミ=z、
                   ,}ト、.Y .rz'///////////>, 、
                   , イ//ミl.| .,|////////////////i
              , イ'//////,'〉〈!////////////////,|
              .|li'/ハ'/////○'//////////〈///////ト、
               }ili'/ハ'///////////////,`ヽヽ、//////|
               |'/ハ'l}'////,○'///////////,ヽ'//////,{

『そうだね!』

『実際外務省は無能だった!』

『何しろ、外交というものをどうも』

『「軍隊が敵国を軍事力で打ち負かした後、城下の盟を結ばせること」と勘違いしていたみたいだからね!』

『外務省に「戦勝の絵」が誇らしげに飾ってるのはどうだと思う?つまり隣国からすれば自国の敗戦の屈辱を絵にしたものを?』

『だから協商連合の国境侵犯の際』

『外交的に抗議して多少の譲歩を引き出して手打ちにするのではなく』

『軍隊が協商連合首都にまで攻め入るのを待とう!とかやらかしてしまったわけだ!』

『そしてその後も、講和の努力すらしていない!』

『軍隊が敵国首都まで攻め込んでなんとかしてくれるだろう!とか思ってる!』

275 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 01:56:34 ID:Ll1z15B.0
                          _ ___
                      ,ィf ¨   ヽ  `>- _
                     /   /、ヽv' ` ー  {
                        j   /¨ ̄ ̄ }.l=-   「
                      j  /     .j |_  }
                       |  lヽl  l_ - '` `-v 、}
                     `t」= j   ,=、 _,  } }
                      { /      / ,_/
                      , 、' `    / / |_
                       、'ー=-,、_; /_ -' }
                        、  ,ィi{- ' i  ト ,
                   _r r' ノ{l┐T{ i    j _ノ , ` ,
                   ィー'___ノ-- i`/ l { l__,、-'/  ヒ __o`-、_

一方の軍隊も無罪ではない。

確かに彼らは地頭の良い人間を鍛えぬいた天才集団だ。

しかし、受けた教育が軍人としてのそれである以上、あくまで「頭の良い専門馬鹿」でしかない。

軍事はわかる。兵站の必要性から内政もギリギリ理解できる。

だが、政治力学や外交には無知であった。

例えば万が一の協商連合の侵攻に備えて、「内線戦術」を用意しておいたのは良い。

だが、内線戦術はあくまで「外交努力が失敗した場合の最後の手段」でしかなかったはずなのだ!

なのに、外務省は外交の努力をせず、軍隊は軍隊で最後の手段であるべき内線戦術を、軍事的解決を真っ先に選んでしまった!

軍隊がうまく内線戦術という専門分野を実行できたとしても、

(外交への無理解から)その実行する順番を間違えたことは度し難い罪である。

そして、「最後の手段」によって得た軍事的勝利すら、活用し損ねていた。軍事的勝利を重ねても、外務省が勝利を交渉材料とした講和交渉をやらない以上、戦争が全然終わらないのだ!

勿論、専門分野すら果たさなかった外務省の罪はさらに重いが・・・

そもそも、外務省が無能だらけになったのは、頭の良い人材を軍隊が吸い上げてしまったせいでもあるのだ。

276 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 02:03:01 ID:6hPkJMmY0
リソースの集中は悪いとは言わないけど
最低限の分配をせずやると足を引っ張られて集中も台無しになるのであった

277 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 02:04:12 ID:PQF7P9PgC
gateで言ってた国家的厨二病ってやつか

278 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 02:06:03 ID:Ll1z15B.0



                          _ ___
                      ,ィf ¨   ヽ  `>- _
                     /   /、ヽv' ` ー  {
                        j   /¨ ̄ ̄ }.l=-   「
                      j  /     .j |_  }
                       |  lヽl  l_ - '` `-v 、}
                     `t」= j   ,=、 _,  } }
                      { /      / ,_/
                      , 、' `    / / |_
                       、'ー=-,、_; /_ -' }
                        、  ,ィi{- ' i  ト ,
                   _r r' ノ{l┐T{ i    j _ノ , ` ,
                   ィー'___ノ-- i`/ l { l__,、-'/  ヒ __o`-、_
               / .l       j}            \_-’__ー.,
               / .l        .j}              /    }
              l  l       j} O           /     }
               l  l      .j}            /     .}
               /  l      j} O              l       }
             /r-、r 、      j}            /      }
          /r 、ヽ ヽ ヽ     j}            /      }
           / ヽ ` ー、 ヽヽ,  j} O  __     /       /
        /  ー 、' ヽ ` ヽ' , 、 -   / ¨' 、 ./      }/
          /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l}      /    /       }
       l           .l}      l__、  ノ       /
       l           l}         ヽ '       /

それでもゼートゥーア閣下やルーデルドルフ閣下あたりは、

少なくとも「軍事」という専門分野への理解から、

「これ以上戦争やんのは無理だから早い所講和してくれない?」とは正しく認識できていた。

だから、連邦相手の大勝利を得た時、外務省に、あるいは他の役所や政治家や皇室に、

「講和宜しくお願いします!」と期待したのだ。



・・・が、駄目!

ライヒはその時点であまりにも多くの犠牲を出していた。人命としても予算としても。

財務省はインフレを恐れて賠償金を要求し、

政治家や皇室は多くの血を流した国民の悲しみに見合う賠償金が世論対策上必要だと主張し、

とどのつまり「この犠牲に見合う賠償金なくして講和などできない!」とコンコルド効果に陥って戦争続行!

うん、君ら損切りって概念を学習しようか!

279 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 02:06:44 ID:NBX1DirUC
しかし、外務省の有能さは軍部の権力の強さと反比例する気がする。

280 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 02:12:43 ID:Ll1z15B.0
               , ' _ - `Y 、¨ 、
                /  _ =-――}t  ヽ
             /  j     _ ヽ  {
               |   i___ .i-ー` ` Y {
                 ,  .| ”'i .| ━- ' γr}
                 ,  / ¨ } | `- '  j  〉|
              `イ  ヽ - _   | r'{
               ヽ  i   _ヽ  | .}
                ヽ l r__-=" | / i
                 n,、--っ, , / - 'ーt
                // ,、 '´,、-イ     |
               / ' / /ノ     ト ___r 、
          ,-=====' i ;   ' /        ¨ ー 、_ -- 、
        ,イ      .{     /                ヽ
          / .i    ,イ i     /  ======
       /  l   ,ィi{ .,    / O
      j  .l  ,ィi{   ヽ 、 /
      /   },ィi{     ヽニ O
     /  ,ィi{        / l}
    j , ィi{        / l}
   _ ,ィi{           /   l} O
  ヽ         /     l}
   i       ./      l}
   }      /       l} O

これもまた、軍隊への人材集中投入のやりすぎが根本原因である。

財務省、外務省、政治家、いずれも救い難い無能であったが、

彼らが無能になったのはやはり軍隊が賢者を吸い上げすぎたせいでもあった。

そして、軍隊は普段「賢者」ばかりで仕事ができている。

賢者同士の圧縮言語でコミュニケーションが成立していたので、

「馬鹿にもわかるように説明して説得する」というノウハウが無かった。

故に、軍隊は「講和するしかない」という正しい判断をしておきながら、

財務省と外務省と政治家と皇室と言う「馬鹿を説得する」ことに失敗して、講和が頓挫してしまったわけだ。

もっと言えば、やはり軍隊は有能なれども専門馬鹿であり、

「国内政治力学」という専門外の分野に対しては無能だったのだ。

とどのつまり、「軍隊という専門馬鹿と、それ以外の本物の馬鹿が内紛しながら運営する国家」。専門分野に対しては有能だったとしても、それじゃあ国が滅びても残当というものではなかろうか?

281 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 02:13:48 ID:Ll1z15B.0
>>277
へえ、ゲートでそんなこと言ってたんだ・・・(覚えてない

282 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 02:15:39 ID:Ll1z15B.0
>>279
         ,r,ニニミ、     -- 、,__
      //    V}/´     \  ` .、
       //    ./ ̄ヽ       \   \、
      .{.{    /!       }Vヽ   ` 、. ∧\
      ヾ  ./       \.| |. V    ≧=-. \
          ,'   \\. ', .||∧. V    |\.|.   V
         !   | ∧\二ニ,xf云ミァ    !-、,i    V
          |   j/_V ヽ!八辷ノ´ }  /! //     ',ヽ
          |   `《.{ハヽj/     /  ./ |//\    ',ヽ\_
        /へ   ヽゝイ    -=彡イ/| .|/   V  | V  ̄
           i\ \   -、    イ/|| .l    .| l  |  |
      ,x─── 、.l l ヽ>。 `´ ,.< xイl ,l   ./,!! .|! j_
     |      |l |    `¨´.{´Y::::::::::/∧.-</|| ./! ./::::::ヽ
     |      |ヤ',    ,r::::ヽ:|::::イ//:::::::::::::::У`//./:/ヽ:::ハ
     |      | ヽヽ  //::::::::╋:::/イ::::::::::::::/::::::::Vイ::/ ./:::∧:V
     ゝ======彳  `>ゝ: /::::::::/o/:::::::::::::::::: /:::::::::::,!:::/ ./:::/ /:::|
      |`¨¨´|   /::::::/二7:/:::/::{二二二}':::::::::::/!::/ .,':::,' ,':::::|
      |:::::::::::|  /:::::::::/:::::::;':;'o:;'::::|::::::::::::::/::::::::::::イ::;' ,':::;' ,'::::::|
      |:::::::::::|≦:::::::::::: {:::::::::|:|:::::|::: |:::::::::::::|:::::::::::::/::;' ,':::,' ,':::::/
      |:::::::::::ヽ::::::::::::/!─‐' !o::|:::::`──'!::::::::::::|:::;' ,':::;' ,'::::/
      l:::::::::::::::::_, <  .|::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::|::::::::::::j:::| ,|::;' ,':::/
        \::::/´    .!ヽ:::: |o: !::::::::/:::/'::::::::::::|:::::::::::::::::::::/
               .|::::::::::|:::::|::::::'::::::://::::::::: !::::::::::::::::::/

「当然といえば当然ではある」

「有能な人材を軍が吸い取れば外務省は無能化するし、逆もまた然り」

「加えて、軍事的弱小国の外交官の方がそりゃ必死に外交するだろうさ」

「軍事的解決策というスペアプランがあれば、外交官も油断するだろう」

283 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 02:20:40 ID:Ll1z15B.0
>>276

      x=====ミ、  .,  -───-  、
     〃     ヽV /    ヽ _ \
     {(      .,ゝ'"´ ̄ ゙̄ > 、,ィ ̄ ̄ヽ
     ヽ)   ,ィ´/、 ヽ     ¨_/\.   V
        /././! \ \ヽ、   ヽ  ヽ_, V
       /イ/ / | i. \ \\.  \ <´ ヾヽ
      ´/ /,イ .!ヽ\  iヽ \\.  V  ヽ  Vヽ
      / // .! ./! ヽ ヽ.| ,,xzzzzァヽヽ l ヽ V i!ヽ}
       /イ./イ ,.ャzzx、 \|尓・ソ 〃Vヽミ=- .V \ i! リ
     ./ !' .! / 圦・.刋ヽ. \   _ノ  イ  i }-─'"V
       | ∧{ !゙  ヽ     ⌒7 .イ  /イヽ.   V
      ∧ {、ヽ_ >     、   ./イ/  /´! |  \.  V
      /' .ヽ!从//\  ゝ- '  .イ从/!/{l !.|ヽ  \. V
                 ≧s。_。s≦>^ヽ. / .リУ! \ヽ ヽ!
              ./:::::ヽ<:::::::::::/\      )ハハノ
             斗r七´:\/╋\/::\ \
            /::::::::/::::::::::::i!::::::i!:::::::::::::::\. \
        /::::::::/:::::::::::::::i!:::::i!::::::::::::::::::::::\/ヘ
          |:::::::::i::::::::::::::::;':o::;':{二二}::::::::::/:::::::::::}
          |:::::::::i:::::::::::::::;':::::,':::|::::::::::|::::イ::::::::::::::::イ  (ヽ (ヽ∩
          |:::::::/::::::::::: /o::/::: |::::::::::|:::i'::::::::::::::::::::| (ヽ ', ', ', ',.|
          |:::::/:::::::::::::,':::::,':::::::>-<:::|::::::::::::::::::::| ヾi! i! //
          |:::::}::::::::::::,':o::,'::::::::::::::::::::: /!:::::::::::::::::: |./^  /´
          |:::∧:::::::: i!:::::i!:::::::::::::::::::::::: |::::::::::::;::<{  ./、
          |:/::::',::::::::i!:o:i!::::::::::::::::::::::::::}::::::/::::::::ヽ_∠イ/
          |{:::::::::::::::i!:::::i!:::::::::::::::::::::::::〈:/:V::::::::::::::::::::/

「そうだな!」

「平均が良いとは言わないが、集中投入するにしても最低限の賢者を他の部署に残しておく必要がある」

「でなければ、帝国軍のように、他の部署の馬鹿どもに足を引っ張られながら戦争する羽目になる」

「それは国家全体にとっても、軍隊自身にとってさえ、不都合だろう?」


「そしてより重要なのは、凡才と無能でも組織がある程度は回るようにシステムを整えておくことだ。とりわけ無能を使い物にできるよう教育することだ。」

「私も無能をそれなりに使えるレベルには鍛え上げたぞ」

「総じてやはり必要なのは、F1めいた芸術品的組織ではなく」

「乗用車のような規格量産品的組織というわけだ」

284 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 02:24:26 ID:Ll1z15B.0
   /  /   /| i i   i   ! !、
.   /  ./   / i ! i i   ト、  !i li /`
  |  ! ト―/―レ-ヘ .`´!‐' ""i i.!==
  |  i/i /フ== ill.ヘ .l't== 、ト、、 ノ∨
  |   ! i _乂__ノ_{  ヘ |_i __ノi / .∧
.  i   ∨| ||||      `  ̄ ̄ ノ,'
   i   . |  u   `     ij ノi
   | l   `、    ,―‐ 、    l   /
    `、`、   `ゝ.u  ̄ ̄   u ,'  /
    \|\ ト ` . _  ,   <イ /
       `、|∨"|_    / '
   ___,,,,,/ ̄フヽ `ー‐-イノ|/
/ T::::   """/ トフi'  ,i┌─┐/ト
| |――――i レト- ィ..!└─┘ ,ヘ

デグ「故に、今の私はかつての私よりは無能に寛容だ」

デグ「賢者のみの組織などあるはずもなく、あったとしても帝国軍のように馬鹿に囲まれてかえって苦労する羽目になる」

デグ「ならば無能と言えども貴重な人的資源として活用して組織運営する他ない」

デグ「だからギリギリ及第点の貴様も、203大隊を作った時のように見捨てたりはせんとも。安心しろ」

はやて「サーイエッサー!」

285 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 02:25:12 ID:Ll1z15B.0
途中ですいませんが、眠くなって来たので寝ます。

ご参加頂きありがとうございました!お休みなさい!

286 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 02:27:16 ID:6hPkJMmY0
オツカレサマドスエ
今からする士官教育の重要さを誰でもわかるようしっかり説明する教官の鏡

287 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 04:01:57 ID:RqQKdcvU0
乙でした!

有能は汎用的に有能……
1950年代のアメリカで「大会社の経営者」、「軍の上層部」、「政府の上層部」が
互いに地位を交換し合うくらい癒着してても機能したのはそういうことですよね
(wikiのパワーエリートより)

そしてこういう「どこに有能を配置するか?」というのを端的に表したのが
ステラリスの「志向」なんだろうな、と思いました

そりゃゲシュタルト意識は8つの志向の中心に位置しますよね
だって多少の独立性は認めても基本的に全部一人でやってるんですから

288 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 08:10:43 ID:SkWt4CCs0
乙でした〜

289 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 09:31:58 ID:Ll1z15B.0
>「そのためには、『有能も凡人も無能も機能するシステム』を
>有能も凡人も無能も協力して作る必要があるでしょう。

                      ト、
                     / | |
            ミ ̄`ヽ、,,ノ'''ノ'''/ ,/ノニ='
        ._ミ'    | ト、、 ,,ノ ,//,,ノ,ニ''_ノj_,,  幸子!
       ミ : : : :     |〉`l )|/,,/ / /三/彡'   _ きさま!
       ミ::::::∠_ミ--ノ ,,_,,彡_,イ_ノ ̄ミ、 T _,,ィY彳⌒ 見ているなッ!
       `l、_ト-‐''⌒三く {::::::::<三/ハVミ_ Lイノ/
       _ノ / rj n ,,;エ !:::::::::::: ヾ´ ノハ  ノ::∠  _
       <二_ノ/ ト'j 彡 l:::::::::::::::  r'|,,イヽ:::::-、 ゙i /.......゙l
        ヽ--'ノ ト|ニ-、::::::::::::::::  j  Vト、:::::::|,/ ::::::: ノ
        ゙ラ_ノ.|/ / ,、 \:::::::::: /:::\,,-┴‐'_ハ__/
            { 「  V┴ヘ:::::::::/:::::/ _,-//、__,,ト、_
            Vヽ: `ヽ└,、'::::/r∠  く .{::::::::::: |┐.゙l
             ゝ、___.}_,-ノ_:::|_/ノ ヽ  \゙ー-イ,,l_ |`ヽ
          ,-─ェ| {::::::,,-l/::::|::∠、: : :: ノ--、   /  .ハ:::::|
        /::/ハヽ__//:::::::::/: : ::}__,ィ'、_ノ  /./`V .|::::|
      _∠_/:::::::::::::,フイ / l´: : ::/| | |::::ヽ   {_゙=ノ /|:::}、
    _∠  |/:::::::://  |  `ーイハ.l-ト、ハ::::|/ / ,,イ |_|:/ノ
   /    |::::::::::/ /::::::,⊥___ |  ハヽヽ|:::::rニ、イ /:::| l |Y
  /   ,,-‐'':::`ーイ /_,,//:::   ヽV::::::ハヽ\{__ノ‐'´::::::::,ト|_j´
 j::::::::/::::::::::::::::::://|:::::::::::ノナ-、__}::::::::::|.|::::::::::: ̄ ̄ ̄|,L/
/  /::::::::::::::::/: 〈〈::::::∠__}__}:::::::∧:::::::||:::::::::::::::::::三」゙ー'
ヽー'--、_/|::::::::|.|:| {___}___::::::|_:::::::||::::::::::::三>ノ´
        {三三|||:::::::::::}:::::::::::::::::::|  ト::::::ヾ、三三ノ |

290 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 09:35:30 ID:RqQKdcvU0
おはようございます
ミテマスヨー(幸子の人)

291 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 13:07:25 ID:QeYp5HpQ0
からくりサーカス見て思ったけど、
有能の記憶を無能にダウンロードしてしまえば有能を量産できるのでは?

292 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 13:23:44 ID:RqQKdcvU0
どんな記憶?
単なる知識か思考パターンや人格にすら影響する記憶かで大分変わると思うけど

293 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 13:49:51 ID:QeYp5HpQ0
からくりサーカスでは記憶の次に人格の順でダウンロードしてたかな?
勝少年に記憶、人格をダウンロードするのが目的だったけれど記憶のみになっていて、
知識も技術もオリジナルのフェイスレスと遜色ない状態
ただし人格は少年のままだったのでどうにかなったって展開

フェイスレス自身も肉体を別に作成して記憶と人格をダウンロードする事で自身を複製延命してる
なんで人格もダウンロードしてれば思考パターンも置き換わると思われる

294 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 13:56:02 ID:RqQKdcvU0
つまり、単なる知識だけをダウンロードしようって意見かな?

295 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 22:05:08 ID:Ll1z15B.0
>>291
>>292
>>293
>>294
【汎用育成】特に制限無くどの種類のスキルでも覚えられる。特に指定が無ければ一枠一スキルで12レベルアップ
技能アプリケーション(脳にスキルを植え込む):

296 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 22:06:24 ID:RqQKdcvU0
こんばんはー
もうありましたか

297 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 22:11:45 ID:Ll1z15B.0
>>286

      x=====ミ、  .,  -───-  、
     〃     ヽV /    ヽ _ \
     {(      .,ゝ'"´ ̄ ゙̄ > 、,ィ ̄ ̄ヽ
     ヽ)   ,ィ´/、 ヽ     ¨_/\.   V
        /././! \ \ヽ、   ヽ  ヽ_, V
       /イ/ / | i. \ \\.  \ <´ ヾヽ
      ´/ /,イ .!ヽ\  iヽ \\.  V  ヽ  Vヽ
      / // .! ./! ヽ ヽ.| ,,xzzzzァヽヽ l ヽ V i!ヽ}
       /イ./イ ,.ャzzx、 \|尓・ソ 〃Vヽミ=- .V \ i! リ
     ./ !' .! / 圦・.刋ヽ. \   _ノ  イ  i }-─'"V
       | ∧{ !゙  ヽ     ⌒7 .イ  /イヽ.   V
      ∧ {、ヽ_ >     、   ./イ/  /´! |  \.  V
      /' .ヽ!从//\  ゝ- '  .イ从/!/{l !.|ヽ  \. V
                 ≧s。_。s≦>^ヽ. / .リУ! \ヽ ヽ!
              ./:::::ヽ<:::::::::::/\      )ハハノ
             斗r七´:\/╋\/::\ \
            /::::::::/::::::::::::i!::::::i!:::::::::::::::\. \
        /::::::::/:::::::::::::::i!:::::i!::::::::::::::::::::::\/ヘ
          |:::::::::i::::::::::::::::;':o::;':{二二}::::::::::/:::::::::::}
          |:::::::::i:::::::::::::::;':::::,':::|::::::::::|::::イ::::::::::::::::イ  (ヽ (ヽ∩
          |:::::::/::::::::::: /o::/::: |::::::::::|:::i'::::::::::::::::::::| (ヽ ', ', ', ',.|
          |:::::/:::::::::::::,':::::,':::::::>-<:::|::::::::::::::::::::| ヾi! i! //
          |:::::}::::::::::::,':o::,'::::::::::::::::::::: /!:::::::::::::::::: |./^  /´
          |:::∧:::::::: i!:::::i!:::::::::::::::::::::::: |::::::::::::;::<{  ./、
          |:/::::',::::::::i!:o:i!::::::::::::::::::::::::::}::::::/::::::::ヽ_∠イ/
          |{:::::::::::::::i!:::::i!:::::::::::::::::::::::::〈:/:V::::::::::::::::::::/

「私は本質的には個人主義者なので、あまり好みの言い方ではないが」

「白や緑流に言うなら、共同体内における自分の役割を理解するのは重要だからな」

298 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 22:13:34 ID:Ll1z15B.0
>>287
.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶-、
.        /  /  ハ   ヽ ヽ\
.         /  / |i   .} } i  ∨ハ.ハ
       /   |ノ八  ./`ヽ∨  | .,! !
         レNヽl● ヽ/ ● |  i\ |
        >i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /.!く`N
.        ⌒ゝ>    ∠ .イノヽ! |
           /⌒l、 __  イ∧´_  レ'
            /_/;;;;╋;;;;;;/::::::::::ヽ
         l::::::::l:::::::||:::::::::::::::::::::::}

「まあそこについては勘弁してやれ」

「第二次大戦で、平時ならば経営者や政治家や官僚になるようなエリート層が」

「軍隊に引っ張られた結果だからな」

「そりゃお互いにコネもできるだろうさ」

299 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 22:14:33 ID:RqQKdcvU0
なるほど、デグレチャフさんと似たような境遇だった訳ですね

300 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 22:15:21 ID:Ll1z15B.0
>>287
           _____
.         ,。s≦::::::::::::::::::::::::::::≧s。
.      <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
       V二二二◎二二二ニ./\
      。s≦三三三三≧s。二ニ} ハ.ハ
       /   |ノ八  ./`ヽ∨  | .,! !
         レNヽl● ヽ/ ● |  i\ |
        >i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /.!く`N
.    /⌒ヽ `ゝ>    ∠ ./⌒i |
     \/:::::::`...>,、 __  イ、:/\./レ'
.       \::::::::::\;;;╋;;;;;;/:::::::/
.         \:l::::::::::::||:::::::::::l::::::/

「だろうな>ステラリスの志向」

「ついでに言えば、Civの文明志向や社会制度、特に教育制度も」

「優秀な人材を、どの分野に優先配置するかという戦略を表現しているのだろう」

「加えて言えば、Mtgの色もそうかもしれん」

301 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 22:16:04 ID:Ll1z15B.0
>>299

                 -─-    __
            。 ´         ` 、 >、
          , ' ,   ./ /         \  \
         ./ /  ./  Vi     >、   Vヽ \
     ゝ- イイ  / |   \   ヽ、  ヽ !::::ヽ.  V
      ゝ- ´.,! / {.  !  ト、 ヽミ=- ヽ、 `ヽ  `!::: i iヽ. V
      ./ / >、!/|ヽ、ゝ、.\、__ > ─、- T" }: | | ∧ V
      {  { .{  i`'〜、,__\  ヽヽ,斗r七 .! }ノ! / ,!/.∧ V
      `>、! ト、 .ャzzzzz≧\ ≦zzzzzzァ/イ }' ./  .∧ .}
      / :::〉、!! >ヾ乂゚ノ ゙  ヽノ乂゚ノ〃| .|/ノ!/  ./ | ,!
      { .::.! ! ヽ.∧`¨¨   ,   u¨¨´./! ,!/  V / ./´
        .| ∧ヽ、>.ヽ u 乂__ノ  (乂_ノ ノ ノ)ノ// /
      ∧ .l √|ヽミ=.≧s。    。s≦z.イ /´ ,イ/ .{ .{
       `乂ゝ、乂(ゝ /\`¨/ V__ ヽ! / .リ 乂乂
          _ 斗七ハ  入  /ニニ - ヽ!      ̄
         /ニ≧ニニ | Vヒ アV|ニニニ仁V
         ,!ニニ≧ニ | \ムノ |ニニ仁ニ V
        .i!ニニニ≧ニ|::::::::::::::::|ニ仁入ニニi!
         i!ニニニニ≧|:::::::::::::::::|仁〉ζ 〈ニニi!
        .i!ニニニニニ|:::::::::::::::::|ニヽ三ノニニi!

「アメリカと違って」

「ライヒは平時から軍国主義だがな」

302 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 22:16:36 ID:RqQKdcvU0
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

303 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 22:20:54 ID:Ll1z15B.0
>>302
      x=====ミ、  .,  -───-  、
     〃     ヽV /    ヽ _ \
     {(      .,ゝ'"´ ̄ ゙̄ > 、,ィ ̄ ̄ヽ
     ヽ)   ,ィ´/、 ヽ     ¨_/\.   V
        /././! \ \ヽ、   ヽ  ヽ_, V
       /イ/ / | i. \ \\.  \ <´ ヾヽ
      ´/ /,イ .!ヽ\  iヽ \\.  V  ヽ  Vヽ
      / // .! ./! ヽ ヽ.| ,,xzzzzァヽヽ l ヽ V i!ヽ}
       /イ./イ ,.ャzzx、 \|尓・ソ 〃Vヽミ=- .V \ i! リ
     ./ !' .! / 圦・.刋ヽ. \   _ノ  イ  i }-─'"V
       | ∧{ !゙  ヽ     ⌒7 .イ  /イヽ.   V
      ∧ {、ヽ_ >     、   ./イ/  /´! |  \.  V
      /' .ヽ!从//\  ゝ- '  .イ从/!/{l !.|ヽ  \. V
                 ≧s。_。s≦>^ヽ. / .リУ! \ヽ ヽ!
              ./:::::ヽ<:::::::::::/\      )ハハノ
             斗r七´:\/╋\/::\ \
            /::::::::/::::::::::::i!::::::i!:::::::::::::::\. \
        /::::::::/:::::::::::::::i!:::::i!::::::::::::::::::::::\/ヘ
          |:::::::::i::::::::::::::::;':o::;':{二二}::::::::::/:::::::::::}
          |:::::::::i:::::::::::::::;':::::,':::|::::::::::|::::イ::::::::::::::::イ  (ヽ (ヽ∩
          |:::::::/::::::::::: /o::/::: |::::::::::|:::i'::::::::::::::::::::| (ヽ ', ', ', ',.|
          |:::::/:::::::::::::,':::::,':::::::>-<:::|::::::::::::::::::::| ヾi! i! //
          |:::::}::::::::::::,':o::,'::::::::::::::::::::: /!:::::::::::::::::: |./^  /´
          |:::∧:::::::: i!:::::i!:::::::::::::::::::::::: |::::::::::::;::<{  ./、
          |:/::::',::::::::i!:o:i!::::::::::::::::::::::::::}::::::/::::::::ヽ_∠イ/
          |{:::::::::::::::i!:::::i!:::::::::::::::::::::::::〈:/:V::::::::::::::::::::/

「当事者としては笑い事じゃないんだがなあ・・・」

「侵略に備えるにしても、最終的に物を言うのは戦術ではなく」

「内政戦略と外交戦略なのだが」

304 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 22:24:33 ID:Ll1z15B.0

          V ム                 i  .} |
             {  ト、                { / ノ
         八 { \               ゝ'./
           \\_ヽ             <
             ー _        _. イ
                 `丶..__. イ
                    _ル 二 ⌒ヽ
                   く Tフ , - 、 i
                    ヽ/__  |
                     Z二二  ヽー 、
                     _r 二二] -― ヘ
          __ニヽ、   厂二  -―  ¨¨ ̄:i∧
  _   _. <:.:.:.:.:.:.:.:.ム=| |   第一位    |.∧
   >:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| |  球磨川 禊  |. ∧へ
  ./イ:.:.:.:.:.:.:.i.、:.:.:.:.:ト、:.:ト、ト : | |    3854票   | ,. ┐
  /:.イ:.:.:.:.:.:斗ヘト、:.{  X } }N |        ___r ' /
 ./イ .|:.:.:.:.:.:{  _ \  z==ミ | |_ -― 二   /
 {′ .|イハ:.八〃¨”    ヽ Ⅵ__  -― 二 -ミ、 イ
   | }:.:.:.Ⅵ i  ' _,、 ゚。V!  ム  _ .}::::::::::::::\::::
     入:.ハi {  i´  ヽ } 八ノ /::::::::::::i::::::::::::O::::〉::
       }.ゝム. ヽ ゚v'´ ̄.} ソ|ムミく::、::::::::::::/::::::::::O:/:::;
          > 。V_ノイ_ム7 ./::::}:::::::::/::::::::::::::/:::/
           〈  ̄ ___ }i .{::::::i:::::::/:::::::::::::://
         /⌒ ̄::::::::::::::〜┴---イ伐::::::::::::: {/
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::}
          .'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/

『話は変わるけど』

『山田太郎さん!当確おめでとうございます!』

『比例でも実質一位のようだし、本当良かった!』

305 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 22:25:07 ID:RqQKdcvU0
ごめんなさいwwwwww

ところで内政戦略と外交戦略のどっちを優先するかの境目、基準点ってどこらへんでしょうか?
例えば世界の何%の国力なら内政戦略にリソースを割いたほうがいいとか

306 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 22:25:28 ID:RqQKdcvU0
おめでとうございます!!!

307 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 22:47:20 ID:Ll1z15B.0
          _,ィ=‐
        ,イ"_____
     _,イ州'.,イリ',イリl!〃〃圭ミト,、
   zチ///,リ'州ノ/リ'.il|.il!〃州',イ州圭ト、
   |州リ〃i ,州li州i!.il|.il 州!,リ,リ!.i!i!.lil!i |トミi、_
   |州!.l!,リノ州li州! il|.li|州.州リ|.i!.|!.lil!.l.li 圭=-、
   |州.リ,リ州州州!州.l州li州l! |li!.|! lili.l.ll i.ミニ=、
   |州州州州州l 州 l州l.i!il! lハil|il'lil |lil li li
   |州州州州リイリハ|i.l州! l! ̄l.Ⅶ_l!l.州l lliム
   |州州州州'イハ!.lハli|.l|    `リ.`l州州トトミl
   |州州州州li〈 ( l Ⅶ.l!. .、   , .州ハトli| ` ヽ
   |州州州州iヘ`'´  l!    ヽミ{. l i! ヽ.i!
   |州州ilイlilハ! `i!        `. V
   |ハiリlハ!.' i!   l.|!     、    ,:′        ,ィニ  ̄ ̄ ニli
   |__l!__   l.lハ     ヽ> ,ノ          }三    =ニ{
   |__  `>、.l:| ヽ、     ,.:′          }三ニ=  三{
   |三三三>、 >、./`ヽ、_,:′             ノヽニ    三i{
   l三三三三三>x、>x             / /ニ=____ニ{
  三三三三≧=-ミ'//,!./            / ィ‐'´ ̄     `ー-、
  '/////,イ三三三三二ミ、          /      ー――/ー′
  ///,イ//////三三三三二ミ、        ',        -‐イ
  'i〃//////イ///////////|         i          /
   ,{l//////〃//////////,li|          」__    ,/
   ,'l∧V//,.i!///////////,lii|、      r==!=ミ、`ヽr′
   /{!∧V//ミミニ=ミ二ミトニ//li|l!      l///////>/
   ///∧Vムトミミ、≧x、二ニ=イl|ム     ル'/////////>,、_
   ////∧Vハl///>ミト、二=チハハ   ,'//////////O'///
   /////∧∨!l/////>x>=l//ハ、 ,'//////////O'/〃
   //////∧Ⅵ!////////>x//∧,V//////////////

『医者に止められてるけど今夜は飲むぞ!』

『勝利の美酒だ!』

ttps://twitter.com/1yamamon/status/1152937545577058305

308 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 22:48:27 ID:Ll1z15B.0
>>305

         ,r,ニニミ、     -- 、,__
      //    V}/´     \  ` .、
       //    ./ ̄ヽ       \   \、
      .{.{    /!       }Vヽ   ` 、. ∧\
      ヾ  ./       \.| |. V    ≧=-. \
          ,'   \\. ', .||∧. V    |\.|.   V
         !   | ∧\二ニ,xf云ミァ    !-、,i    V
          |   j/_V ヽ!八辷ノ´ }  /! //     ',ヽ
          |   `《.{ハヽj/     /  ./ |//\    ',ヽ\_
        /へ   ヽゝイ    -=彡イ/| .|/   V  | V  ̄
           i\ \   -、    イ/|| .l    .| l  |  |
      ,x─── 、.l l ヽ>。 `´ ,.< xイl ,l   ./,!! .|! j_
     |      |l |    `¨´.{´Y::::::::::/∧.-</|| ./! ./::::::ヽ
     |      |ヤ',    ,r::::ヽ:|::::イ//:::::::::::::::У`//./:/ヽ:::ハ
     |      | ヽヽ  //::::::::╋:::/イ::::::::::::::/::::::::Vイ::/ ./:::∧:V
     ゝ======彳  `>ゝ: /::::::::/o/:::::::::::::::::: /:::::::::::,!:::/ ./:::/ /:::|
      |`¨¨´|   /::::::/二7:/:::/::{二二二}':::::::::::/!::/ .,':::,' ,':::::|
      |:::::::::::|  /:::::::::/:::::::;':;'o:;'::::|::::::::::::::/::::::::::::イ::;' ,':::;' ,'::::::|
      |:::::::::::|≦:::::::::::: {:::::::::|:|:::::|::: |:::::::::::::|:::::::::::::/::;' ,':::,' ,':::::/
      |:::::::::::ヽ::::::::::::/!─‐' !o::|:::::`──'!::::::::::::|:::;' ,':::;' ,'::::/
      l:::::::::::::::::_, <  .|::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::|::::::::::::j:::| ,|::;' ,':::/
        \::::/´    .!ヽ:::: |o: !::::::::/:::/'::::::::::::|:::::::::::::::::::::/
               .|::::::::::|:::::|::::::'::::::://::::::::: !::::::::::::::::::/

「排他と受容、どっちが強い?」

309 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 22:48:44 ID:RqQKdcvU0
ゆっくり味わって飲んでくださいねー
あとおつまみも忘れずに!

310 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 22:49:56 ID:RqQKdcvU0
>>308
ああ、そういう……仮に世界の半分以上を占めてても敵を味方にできるならそっちのほうが強いですよね

311 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 22:52:00 ID:Ll1z15B.0
>>310
                       __
                   、丶`   `丶、
                 /         \
                /                \
               /       _        `,
              /     _、‐''゛o `丶、     ,
              /    /  -=ニ=-  ` 、 /l  l
                 { 、ー  / -=ニニニニニ=-/ ' /  }
             ヽ 〉 / -=ニニニニ=-、  \-、 /
                /_ィ  /__   __\  }ー`
               乂 l乂_゚_ノ   乂_゚_ノ/  /__
               ___ミー`-、   '    7_ ィ  <
               7  l`--ー  0   / l l--、ト Y
               i / { レ` t---r '   l l
                 `, r-' ` + ' `- 、/
                  { ,  O  、  }
                  l }。_、‐ ' .b{  }
                      l l    ノ  /
                   `___, -'- 、__ノ
                      ,{ |     | }
                   {、.|_________|,}
                  /ー------ー`,
                 /         .,
                 `t 、      , ィ
                 l   l ̄ ̄l   |
                 .|   }    ',   i
                  ト___ノ    ト,___イ
                 {ニl      lニ}
                ノニj       '.ニ`,
              /ニニ/       {ニニ\
               ̄ ̄          ̄ ̄

「いやこれ一概には言えんのだ」

「受容は外交戦略最強だが」

「排他は内政最強だからな」

「ケースバイケースとしか言えん」

312 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 22:52:38 ID:Ll1z15B.0
>>309
『ありがとう!だが、ウイスキーの部類で、つまみが合う酒じゃないんだ・・・』

313 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 22:54:08 ID:Ll1z15B.0

         ,r,ニニミ、     -- 、,__
      //    V}/´     \  ` .、
       //    ./ ̄ヽ       \   \、
      .{.{    /!       }Vヽ   ` 、. ∧\
      ヾ  ./       \.| |. V    ≧=-. \
          ,'   \\. ', .||∧. V    |\.|.   V
         !   | ∧\二ニ,xf云ミァ    !-、,i    V
          |   j/_V ヽ!八辷ノ´ }  /! //     ',ヽ
          |   `《.{ハヽj/     /  ./ |//\    ',ヽ\_
        /へ   ヽゝイ    -=彡イ/| .|/   V  | V  ̄
           i\ \   -、    イ/|| .l    .| l  |  |
      ,x─── 、.l l ヽ>。 `´ ,.< xイl ,l   ./,!! .|! j_
     |      |l |    `¨´.{´Y::::::::::/∧.-</|| ./! ./::::::ヽ
     |      |ヤ',    ,r::::ヽ:|::::イ//:::::::::::::::У`//./:/ヽ:::ハ
     |      | ヽヽ  //::::::::╋:::/イ::::::::::::::/::::::::Vイ::/ ./:::∧:V
     ゝ======彳  `>ゝ: /::::::::/o/:::::::::::::::::: /:::::::::::,!:::/ ./:::/ /:::|
      |`¨¨´|   /::::::/二7:/:::/::{二二二}':::::::::::/!::/ .,':::,' ,':::::|
      |:::::::::::|  /:::::::::/:::::::;':;'o:;'::::|::::::::::::::/::::::::::::イ::;' ,':::;' ,'::::::|
      |:::::::::::|≦:::::::::::: {:::::::::|:|:::::|::: |:::::::::::::|:::::::::::::/::;' ,':::,' ,':::::/
      |:::::::::::ヽ::::::::::::/!─‐' !o::|:::::`──'!::::::::::::|:::;' ,':::;' ,'::::/
      l:::::::::::::::::_, <  .|::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::|::::::::::::j:::| ,|::;' ,':::/
        \::::/´    .!ヽ:::: |o: !::::::::/:::/'::::::::::::|:::::::::::::::::::::/
               .|::::::::::|:::::|::::::'::::::://::::::::: !::::::::::::::::::/

「ああ、その辺聞くか?」

安価下1 はやて育成 or ステラリス戦略論

314 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 22:59:09 ID:RqQKdcvU0
んー、気になりますけど先にはやて育成を済ませちゃいましょう

315 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 23:02:12 ID:Ll1z15B.0
       /             \
      /     -==ニニ==-、   ヽ
.      {   /  //{   j小  \   }
__    V 〃 /,_/从l  /ハ斗‐ !ハ', /
:;:;:;:;\    \{{ | 仔ぅト /リィかト / }}/
:;:;:;:;:;:;:{    /|l 小 | 込j∨ , 込j />くl∧     , -‐─ 一ァ
=-:;:;:;:;:\  /∧l |Ⅵ         l// ∧ ヘ /;:;:;:;/:;:;/
つ_:;:;:;:;:;:;:;∨ | Ⅵーヘ   ´ ̄ / /  W /:;:;:;:;:;:;:;:;/    _, <
   ̄ ̄ ̄屮‐――<  ̄ト-イ / /]  /.;:;::;:;‐ァ'´  _, </{//////>
      {ノ _______,\⊥二}}} /__厂.;:;:;;:;:;:;:/ x≦{//////>‐'"´
      {/∧─‐、 \| Vハj∧ヽヘ ̄「 ̄x≦三三\>'"´
      / /| `丶、\ |  Vハ,__∨ ヘx≦{三三>'"´
.       { ̄ |  ,-、  ̄{⌒ト、Vハ x≦三三><
      \__j ‘ー’ _ ィヘ  マ≦三三>ヘヽ   〉
        ∧ /{ | ヽ. }><.ノ}}l  「|=/
/^ー── /__レイ{.^ヽ \__}‐’}    ={{{= |:|イ
 .;:;:;;:;:;:;;:; x≦三>\_\ノ _/ /     ||| |:l〈ー―- 、_
 ;:;:; _,イ{三><二二二二.__/ー┐ <jjj  |」 }:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
_,.イ三>'"´      r厶-‐――┘ {{{>斥  {-、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
>'"´        ,rノ\ `ー┐-=ニ三=ヘ/\ \\:;丶:;\:;:;:\
.          / \ `ー┤三三ニ=-ヘ/\ \\:;ヽ;:;:\:;:;:\

まあはやては全くの無能とは言わない。

純然たる才能というよりは闇の書という特異な環境によるものが多いが、

まあともあれ砲兵魔導士としては優秀だ。

そしてフェイトやなのはと異なり、単なる戦闘者や戦闘教育者というわけではなく、

管理局内での「政治」もある程度できる。

地頭は悪くないだろう。

316 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 23:07:24 ID:Ll1z15B.0
            __
        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ
    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',
    /  i  iヾー! ! i! l!  .ト、 l.|   | |
   i   ! ,L==∀∨!斗=|‐トi!   | |
   |   Y´|ィチミ Ⅵ '仔ぅミx!   .! |
   | .'   Ⅵ.マ__リ  ヾ b__ンイ!  リ  !
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |
    .Ⅶハ  圦    _ _,   .イ  ハ  .!
    ヾ| ',.  |.:.:.> .    .イ:Y  ./.:.:\∧
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}

たとえば三期での管理局危機は予言されていた。

                 /                           ヽ
                 /   /                          ゚.
               /     /      N{
                 /     .:         ;^ヘ      i i          i
             .'  /   i       / /  ‘,   | |           |
              { /    :|    _/_/____ ‘,  | !  ト、 i  i  |
             ∨i  / :l {   / /__、\\ :|斗-ァ―-|   l   {
               | l!   Ⅵ-=彡' `弋zリ¨ヽ  ヽlVr===彡|  /.:  ‘,
                ∨{  /{ V  |    ̄   i         ノイ i   ‘,
                     \{ \ ト、|        |          /|: /     \
                       /ヾ ‘,      〈|       / V       \\___
                      / /   ヽ    、__,    イ     ト、   }¨¨´
                    /   /    \    `こ´   / :l       | ‘, /
                 /1: /      /\      / /l       |  V
                   |: /       /\ ` ー‐´ / /       :|
                   |/i }!     ∧  >―-、r<   {     ハ}
                      _,.V |    .'/∧   /`^ヽ  /∧    / ニ=- ..,
             __   -=ニ    |    i//∧  ./「 ̄ i| ゚.///ハ } /       ニ=--  __
     __  -=ニ          ‘, } |///ハ ./ :|i_  l|  ∨//,}ハ'′              ニ=-、

でなくても(この時点では管理局エージェントというディミーア状態だったが)

スカ博士というあからさまにヤバイ奴の暗躍は示唆されていた。

管理局としては何かしらの対策が必要なのは明らかだろう。

317 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 23:11:20 ID:Ll1z15B.0
         {///r-- </////////>--、/{
         l///     `  ̄  ´    }/!
        _ |// l             l l/{ _
         ,ハ{彡 '    、    ,     ' |/{/ l
         {i {/!   ___  \ il /     _ ∨!ィ }l
        |、l/!.    t 。ヽ_}il.{_,.ィ。 ア´  }/{/ |
 _,...-r-‐∧j/!     ̄  /  ヽ  ̄    l//!/
 ̄     /::::}/{ヽ      ,     ',     /j//|ヽ_
       /::::::l/∧____/   l  }_  {///{::::、  >-- 、_
_,..--ィ/::::::::}//////////>-- <///77////!::::::,_      > 、
i i i i i i/:::::::::::!////// r 二二二二二ヽ∨////}:::::::,i i i -<_
i i i i i/::::::::::::::\///{ {∨、____} } }///,イ::::::::::, i i i i i`‐<
i i i i{:::::::::::::::::| \/\>ー―――‐ '//// !:::::::::::} i i i i i i
i i_i_i|:::::::::::::::::| ',  \///777777777´///  |::::::::::::| i i i i i i
;;;;;;;;;;;{::::::::::::::::::, \  \////////// /  /j:::::::::::::} ̄` <_i_
;;;;;;;;;;;∧::::::::::::::{   \<\ ̄7介', ̄ ´/>/ /:::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;',::::::::::::l    \、>/:::::::::::ヽ <,:'/ /::::::::::::::/- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;

だが、管理局は一枚岩ではなく、予言やスカ博士の危険性に誰もが賛同してくれるわけではない。

もし対策が必要ならばミッドチルダでの活動がメインとなり、つまり「陸軍」の領分なわけだが、

とりわけその陸軍トップのレジアスは、

予言のようなレアスキルを当てにしておらず、

スカ博士と裏で繋がっている。

これでは三期対策を行うどころか、むしろ叩き潰しかねない側なのだ!

となると、三期対策は「海軍」主導でやるしかないが、

そうすると「陸軍」のレジアスからの反発はさらに強まることになる!

318 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 23:13:58 ID:Ll1z15B.0
       /             \
      /     -==ニニ==-、   ヽ
.      {   /  //{   j小  \   }
__    V 〃 /,_/从l  /ハ斗‐ !ハ', /
:;:;:;:;\    \{{ | 仔ぅト /リィかト / }}/
:;:;:;:;:;:;:{    /|l 小 | 込j∨ , 込j />くl∧     , -‐─ 一ァ
=-:;:;:;:;:\  /∧l |Ⅵ         l// ∧ ヘ /;:;:;:;/:;:;/
つ_:;:;:;:;:;:;:;∨ | Ⅵーヘ   ´ ̄ / /  W /:;:;:;:;:;:;:;:;/    _, <
   ̄ ̄ ̄屮‐――<  ̄ト-イ / /]  /.;:;::;:;‐ァ'´  _, </{//////>
      {ノ _______,\⊥二}}} /__厂.;:;:;;:;:;:;:/ x≦{//////>‐'"´
      {/∧─‐、 \| Vハj∧ヽヘ ̄「 ̄x≦三三\>'"´
      / /| `丶、\ |  Vハ,__∨ ヘx≦{三三>'"´
.       { ̄ |  ,-、  ̄{⌒ト、Vハ x≦三三><
      \__j ‘ー’ _ ィヘ  マ≦三三>ヘヽ   〉
        ∧ /{ | ヽ. }><.ノ}}l  「|=/
/^ー── /__レイ{.^ヽ \__}‐’}    ={{{= |:|イ
 .;:;:;;:;:;:;;:; x≦三>\_\ノ _/ /     ||| |:l〈ー―- 、_
 ;:;:; _,イ{三><二二二二.__/ー┐ <jjj  |」 }:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
_,.イ三>'"´      r厶-‐――┘ {{{>斥  {-、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
>'"´        ,rノ\ `ー┐-=ニ三=ヘ/\ \\:;丶:;\:;:;:\
.          / \ `ー┤三三ニ=-ヘ/\ \\:;ヽ;:;:\:;:;:\

このような政治的問題が山積みの中で、

ルール違反ですらあるほどの過剰戦力を集めた海軍所属の「機動六課」を

陸軍お膝元のミッドで活動させる!

・・・こんなん、政治的無能にできるか?

319 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 23:16:47 ID:RqQKdcvU0
うーん、有能!

320 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 23:20:23 ID:Ll1z15B.0
       r 、-=ニニ._ ―- 、
     , ,.|  ` ̄ ̄`¨.i  \ \
   / 〃!   ヽ ヽ  !   ヽ ヽ
  /  /',ム!  ト、,><「 !    |  ',
 ./ / LL.._ヾ. ヘ '仔テミx |   .!   ',
 | |  | |オテi \ヘ.マ_:リ ’}|   ト.   ',
 | |  ヘ代:リ  ヾ     !    !ノ    !
 | i!  ハ  '         |   .|    l
 .! ハ   ハ  ´ ̄     |   l:`>、  !
 .{' ∨  ゝ.       ,|  .l.:.:.:.:.:.:.\!
    .∨  | >.、 _  ´ 」  li.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
      |   |<.:.:.:.:.fーr ´ !  |'^ <_/ ∧
      |   | >'´ト }_ -|  .|    ` >―..、
      |   |'´  ,⊥、   ∨∧   /::::::::::::::::`:..、
   ,.ィ:!  ./ /,r介.、.:`.:>∨∧ /:::::::::::::::::::::::::::::.\_
  /::::/ ./  ` /介!:iヽ:/  \ ∨:::::::::::::::::::::::::::/ ̄,ri'
 ./::::::i ∧   ,イ:/|||::i.:iヽ   ∧ヾi:::::/:::::::::::://´:::::リ
r〈::::::::l イ:::ハ/〈/::|||::::i_〉::::\/::::| l::::/___//:::::::::::/
ゝ.≧=! |_/::::::::::::::::|||:::::::::::::::::::::::::| |:::}――:::´::::::::::::::∧
 ∨::::| 「{:::::::::::::::::::{{{::::::::::::::::::::::::| /:/::\__::::::::::::::ト∧
  .∨:| `ヽ、:::::::::::::::ヾi::::::::::::::::::::/'::/:::::::::::::::}ハ::::::::::::::::ハ ∧
  ./´::ヾ`ーヽ;ー―'|||`:ー――::´::::::::::::::::/〉∧:::::::::/.:::∨ハ
 /::::::::::::::::::::/ハ:::::::::」|L_:::::::::::::::::::::::::::::/ィ / ∧::::/.::::::::∨}

まあ協力的だし元々管理局とズブズブとは言え、

外部勢力、それも宗教組織である聖王教会を引っ張り込んだり、

海軍のお偉いさんを引っ張り込んだり、

希少な戦力を制限するリミッターシステムを無駄に採用したり、

身内のコネを活用したり、

身内以外は後ろ盾のない新人トークンを採用したりと

結構黒いこともやらかしてるけどな!

321 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 23:21:20 ID:RqQKdcvU0
黒いことができるのも有能のうちですよ

322 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 23:26:43 ID:Ll1z15B.0

                      |
                      Λ
                       l.|.l
                      _〈┃〉_
                       〃,.〈†〉、ヽ
                       <二ニ(__)ニ二>
                    ゝ._〈I〉_,ノ
             ,. '"´ ̄`ヽ.  〈Λ〉
            /   ,. -=r= 、〉  |V|
           { ,.イ「 !,ハ l l | |   | |
         <⌒ヽ,ゝl l lイl_[ `j].K!   {Y}フ
        <⌒丶ゝ 、ゝ'' lフノjノ ,ィア,}
          ⌒ヽ`ー/^Y〔iゞ、/ ゝ||
       ,. '⌒二二´/`7 ト|  {,/ ll
      / /´,__ /} /___,ト「`´    ll
     '⌒'´⌒´ `つj__Уノ=、_」     ll
          /´ //フ | 「l|     ll
           '⌒/ く,∠>イ_「l|      ll
          /  ,' /ゝ__/__!j」      !!
        〈.  / ,' / /| |      ll
           \_{ {/ /, | |      ll
             ∨`‐ァ'⌒ト-1     「l
              /` 7   ト-1     l」
          〈 ゞi   | ゞ!
             \__)   l_ `)

まあともあれ、来る多元宇宙的危機に対し、

管理局内での政争に足を引っ張られながらも、

少数精鋭とはいえ機動六課を用意できただけでも、

はやては「戦略家」としては十分優秀である。

203大隊のようなものだ。・・・あるいは、203大隊のモデルが機動六課というべきか。

・・・ただまあ、軍人とは本来戦略家ではない。

戦略は政治家担当であって、軍人は戦術家であり戦闘者が本分である。

そして兵は戦闘者だが、士官なれば本来戦術家であるべきだ。

では、はやては戦術家として、指揮官としてはどうだったか?

323 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 23:28:59 ID:Ll1z15B.0
                   '"´ ̄ ̄ ̄ ̄`   、
                /                \
                /                . :\
             /  . ; -‐  ̄ ̄ ̄ 丶、 : : : : : : : ヽ
              ,'  : /  イ ̄ ̄ ̄`丶、\ : : : : : : : ',       /}
               |. : ://:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\ : : : : : :|    /::.::/
           {\| /:::::/:::/::::|::ヽ:::\::::::',::::ヽ:::ヽ ヽ: : : : j   /::.::./
          N.::∨:::::,'|::::|l:::::|:::::::\::ヽ ::|: ::::|∨|⌒) : : ,′/::.::.∠
          ヘ:.:l :::/::|::::|l: ∧ヽ ::`ト-ヘ:|ヽ-|∧|_,人: :/ /::.::.::.::.:フ
             '、|::::l::::|:::l|-孑ヘ:|\| 三三.Ⅵ:::::|、 ∨/::.::.rー'´
               |::::|::::l:小.=彡     |  | l|:::::l::\ \ー'´
               |::∧:::V:ヘ | │ x.   |  | リ!:::|:/l:∧厂  く
          く  ヽ{ハ:::マ:个ーtz‐r-r=彳´「|:::厂  ̄`\  す
            す    \∨^ ̄ ヾ∨ ̄ 》/´|/___  ヽ  ん
              ん     /ニ二二ニ}〕亢〔 |´-―――-、\ハ  :
            ___:__ | /⌒ヽ/  ̄`ヽ       \∨_____
        /::.::.::.::.::.::.::.::∨   /      j〉==ミヾ    j/::.::.::.::.::.::.::.::.::.. 二ニ=-
       __⌒つ=ーz:.:_//レ─-、レ―- 、 ,/    }斗─-'´ `⌒ヽ厂`ヽ、_:.\
   ∠ ̄:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. 7{」___,,」,___ V    /゙寸_》\.::―:―.::.::‐.::―::. :::―:.-: ._
.      ̄ ̄⌒Z_:.::-=っ/{ ̄ ̄¨{ ̄ ̄ ¨`{-一'´  八___》\-、.::-っー、_:.::.::っ-‐─‐一`
     __/:.::.::.:://{____{.__  ∧     /小、 ̄  \>、   ⌒´
   /:.::.::.::.::.::.::.::.::{{/_/></>< `トイij}___/ノ人::  ̄\  》.::.`ー-、__
.  /.::.::.::.::.::.::x'´ ̄  /__/___ ノ ヘー---‐'´   ̄ ̄):\/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ヽ
   `ヽ、.::.::.::(     {__{_____jz=‐┘        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ノ
     ` ̄`ヽ                  -==ニ二´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./ ̄
                                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

はやては戦術家としてはくっそ無能な脳筋である!

戦略家として戦力を揃えたことは賞賛に値しよう。

有事の際には戦闘者(砲兵)として活躍したことも褒め称えよう。

だが、そう、有事の際に、はやては「戦闘者」として活躍したのだ!

指揮をその辺の管理局員に適当に丸投げして、砲兵に専念したのである!

・・・指揮官として優秀と言えるか?

324 名無し-Red-市民-2 :2019/07/21(日) 23:29:42 ID:RqQKdcvU0
うーん、無能!

325 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 23:35:52 ID:Ll1z15B.0
>>324
                     . - ´ ̄ ̄` - .
                 /             \
                   /   ________    ヘ
               /  ∠´ ̄ ̄ ̄ ̄`ゝ  ヘ
                i ,,/:.:.|__i___j|:.:∧_|__iⅩヘ  i
                 ∨j:.:.:.:|WV ∨ リ∨ハ:.:.:ト、ノ
                У:.:.:.|三三   三三|:.:.:.!ヘ
                    ム|:.:.:.|           |:.:.:ハヘ
                ∨:.|""       ""|:./
             <⌒>,,V:|>..._ヽ フ_...<i/_,、<⌒>
              `⌒ー、/ | ト、,,,,,,,,イ | \へへ'´
                   ,.イ   | |:::::T:::::| |   入
         __〈〉__   ,.イノ厂! ,j..|:::::T:::::|_| __|へ ヽ、、
       //〈〉\\!ノ  ノΓ」┌==┐L」ヘ へト!
    -=<>=<>○<>====U≡≡ ≡≡U===≡≡⊃
.         \\〈〉//ノ∧/;';';';/___:::::::::::::___j';';';ヘへ ヽ、
            `〈〉´ /ノノ/;';';';'/|  |圭圭|  |;';';';'ヘ へ 〉
               !丿 〈';';';';/ :|  |圭圭|  |ヘ;';';';ヘ
                    ヽ;;/  乂ノ    乂ノ V/

だろう?まあ本人もそこは自覚していた。

だから指揮官からは機動六課が成功裏に解散した際、

部隊指揮官として引く手数多だったのだが・・・

なんと「自分は指揮官として未熟だからやめます!」と断ってしまったのだ!



これは良くない。

確かにはやて個人は戦術家として失敗した。

しかし、それでも傍から見れば、機動六課は管理局を救った英雄であり、大成功例なのだ!

そのために多くの人から投資も引っ張ってきた。

ならばせめて、投資に報いるために、「期待に応える」のが、

「英雄」として賞賛を受け取るのが責任者の義務だろう?



なのに散々投資を強請り、

機動六課が無事成功して「あの若造やるじゃん!支援してやった甲斐があったよ!」とお偉いさんが喜んでる所で、

「やっぱ私無能だから指揮官辞めます」とか言い出したらどう思う?

戦略家としては、己の無能を知りつつも、英雄を演じるのが投資者への義務ではないか?

326 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 23:39:00 ID:Ll1z15B.0

         -―――-
     ./           `ヽ
    ./     ___      \
    l   r::_´-――- `_:ヽ     \
    .{  /::::::::::::::::::ヽi:::::`ヽ}ヽ__.   ヽ
     >´:/l::::{:::::::ト::::::::::lヾ/l:::ヾ、::::\  }
    /:/:::l::l::::ii:::::::」>、-l'∧l::l::::::\::::ヽ/
   ./:::l:::::l:::r个ヘ::::l ィテミl:::::|::l::::l::::ヾ:::::::ヽ
   {:::::l::::::l::ト代ヽヘ{ 弋ン|::::l:::|:::l::::::}ヽ::::::ヽ
   l:::::l:::::::l::ト  ー'  ,  .,|:::l::::|:/イ//}/⌒ヾ、
   ヘ::lハ:::::ト{:::ゝ... 二 _/l:::l:::/'レ',..-―ァァ‐ 、
   ヘ{ ヘ::lヾヾヽrrrーャ l:/l/.ア´:::::::/ /  ハ
      ∧:l:ア、{ーァ―‐} l//' {::::::::::/ /   _ハ
     /:::::ヘl /∧{__ .イ:l   l:::::::/ /   /⌒`ー- 、
    /:::::::::///ヘ>::::::::l::l    l//    {  /  ヽ
    {ヽ::::///《:::::::::::::ヘヘ   `≧ェ>'´ー、//   l
    .\/ .l:l<イヽ:::::::::::ヘヘ   ,..-‐≧、   }ィ‐..、   l
     l  ll:::::|||::::::::::::::::ヘヘ /:/´ ./  /::r、:::::ゝ、__l
     ト ll<vl/:::::::::l≧ェヘ:Y/ ̄ ̄   /::/ }:::::::::::::::}
     kヾ、llム/::::::::::::::::/>i. ∨     /:::::ー':::::::::::::::l
    rヾiヽ:l::::::::::/^ー´/ヘ         \::::::::::><ヽ/
    .l,_」 }___r ' r ' ´   〉,、       l`ー´:ヽ 、ヽ
   ハ' 〉l__  |l::::;⊥゚、 /ノ ヘ         {::::::ト、::>ヽ.}
  r{ r-/ー-== ヘ o`    }7、     V^ i. \ 〉'
  .l ~ lノ⊥⊥!l、:::::::ヘ___  /ノ ヘ       ヽ }
  l  /:└rrr..':ヾヽ:::ヘo ー "    ヘ

少なくとも、人材を集めて教育し部隊を整える手腕は確かなのだ。

コネが大きいとしても、コネも含めて能力のうちである。

ならば機動六課のような少数精鋭部隊をこれからも作り続ければ良かったのだ。

それこそ戦術家など適任者に任せれば良い。

戦術的無能なら無能なりに、戦略家・戦闘者としてやっていけば良かったのだ。

そこを見誤るからこそ、戦術家として、そして戦略家としてすら微妙なのである。

327 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 23:47:25 ID:Ll1z15B.0
                        , -/     ヽ` 、}ヽ
                       / ./       ハ  | |ヽ _
                     /  /  ,イ  \_l__!ノ  \ヽ
                , -‐ イ  ./! / .|\     ,.イ     \\
                 ⌒ヽ//  / | / .| ∧¨¨¨',¨´ |  ',    ',⌒
                   / /   ./ /!'/´!/ ヽ   ヽ! !、 ', ',    l\
            , --、.    ,' /,--、///_≧‐-、  \,斗r七ヽ', ',   |ヽ \
            |   l    | {,'   l/ Zア'''''ヽ      ,ィ''''''气アl   .|\!、 V
             .|   l   ゙.l   ! 《i{. ( @ )      .( @ ) ,}i》   .|  ', \!
     r'"ヽ    .l   ',   .|    !、.`¨ `¨     '    `¨ "´Y  ∧  l  `
     ∧.  ヽ    l.   ',   .|   .|<       __      <_ ノ. \|
     ∧   \  ',.   V   |   .!>'¨`゙¨ ̄`ヘ´___`ィ-イヽ、/ ./  V  `
       \   \ ',   V__,|   |ヽ_,r──-- 、_,_}_,_,___,,__,_, ̄ヽ  |
        \   ゝ''!   ` ´  イ!ヽ气k、:::::::::::::::::∧V:::::::::::::::Y´ \!
  , -- 、__ イヽ-          l:::Y寸i:i:Y、__::::::::::∧V::::::::::::::|
  .ゝ、      '         __ヽ_}, -─‐ 、:::`:::::::-',',__::::::::_ノ|i:k、
    `¨¨¨¨¨ヽ'"        /     /     }:::::::::::::::::',',:::::::::::::::|i:i:i:ト、
        ∧             ゝ_,,,, xf巧i:Y:::::::::::::::',',::::::::::::::Vi:i:|:::i
        l::∧           ,. イ:|i:i:| |i:i:i:i:i:|三三三三三三| |i:i:i:Yi:i:Y
        ヽ:::::≧s。__,x'─ァ'"/:::/::|!i:i| |i:i:i:i:i:|三三三三三三| |i:i:i:i|i:i:i:|、
          \:::::::::::::::::::::::::/:::/://ゝi| |i:i:i:i:i:|:::::::::::::::::::l l::::::::::`Yi:i:i|-t'::::>-、
           >──<:::::::::/::イ::::::::::ゝニニニノ:::::::::::::::::::l l:::::::::::::|i:i:i:|:::|:::∧::::V
                 TT´:::´::::::::::::::::>t:t:t:t:t:t:z:z:z:zt.t:x、,,,,::|i:i:i:|:::|:::::∧::::V
                 ,!三三三三三{i:i:i:r───t───t───tk|::::::::∧:::V
                 ,!三三三三三i:{i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:Y:::::`l´
                 {三三三三三i:i|i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i|:::::::::|

「だがまあ安心しろ。貴様は少なくとも政治力学面では有能だ」

「いや、むしろ、その辺で失敗していた私よりも、その点では優秀とも言える」

「ならば地頭は悪くない。賢者ではないとしても及第点はやろう」

「となれば後はどうとでもなる。マニュアルは偉大だ」

「ハンニバルやスピキオのような戦術的天才に成れとは言わん」

「貴様はただマニュアルに書いてあることを丸暗記すれば良い」

「そうすれば、戦術的天才には及ばずとも、そこそこ使える凡人には成れる」

「簡単だろう?」

.      /'         ヽ   ヽ
      / / /             ヽヽ ヽ
    i i l ,イ l  | | |、ヽ/ハ!.  |
     | | |,ィ /リト ト、|ィハ弋|=X|  |
     | | | |レ'ノヾヽ| `リ `ヽ l  ||  ,'
    l l トj ●     ● ノ イ| /
.     l. ヽゝ | | 、_,、_,  | | ⊃!/ /
.  /⌒ヽ .lヽ、| | ゝ._)  | |イ /⌒i
.  \ /::::::: ヽ>,、  __,  イリ/  /
    /:::::/   ヾ:::|三/:ヘ  、__∧
    `ヽ<     ヾ∨:/  ヾ:::彡'

「サーイエッサー!」

328 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 23:51:38 ID:Ll1z15B.0
           _____
.         ,。s≦::::::::::::::::::::::::::::≧s。
.      <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
       V二二二◎二二二ニ./\
      。s≦三三三三≧s。二ニ} ハ.ハ
       /   |ノ八  ./`ヽ∨  | .,! !
         レNヽl● ヽ/ ● |  i\ |
        >i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /.!く`N
.        ⌒ゝ>    ∠ .イノヽ! |
           /⌒l、 __  イ∧´_  レ'
            /_/;;;;╋;;;;;;/::::::::::ヽ
         l::::::::l:::::::||:::::::::::::::::::::::}

「体系立てた学問にしておくことの利点は」

「やはりこういう教育時だよなあ」


【ランチェスター戦術】ランチェスターの法則に基づいて、優位を得るための戦術。

・ランチェスターの法則:攻撃に参加し敵に有効打を与えられるアタッカーが多ければ多いほど有利である。死んだ敵は攻撃してこないので、一時的・局所的にであれ数的優劣が一旦できると正のフィードバックで数的優劣はさらに拡大していく。故に、一時的・局所的にであれ、敵アタッカーを減らし自アタッカーを増やして敵を削り、数的優位を得る、あるいは数的劣位を防ぎ覆すのが戦術の基本にして奥義である。

・先制確殺:死んだ敵は反撃してこないので、先手を取って確殺できるなら防御力は要らない。隠密偵察や前哨戦からの奇襲等で先制攻撃し、敵を着実に殺せ。

・隠密偵察:敵位置を知らない兵士は攻撃に参加できない。故に機動力・隠密力・索敵力に優れた偵察部隊で、自軍位置を隠蔽して敵アタッカーを減らし、敵軍位置を掴んで自アタッカーを増やせ。理想的には奇襲を行い、でなくても敵奇襲を防げ。

・前哨戦:突撃部隊で敵偵察部隊を撃破して自軍位置を隠蔽せよ。また敵突撃部隊を叩いて自軍偵察部隊を守り敵位置を掴め。

・機動集中:デススタックはアタッカーが多く、分散した軍は少ない。故になるべくデススタックを組み、射程内まで近付いて殴れ。分散しているならば機動力で合流させよ。そしてデススタックで分散した敵軍を各個撃破せよ。

・火力集中:デススタックばかりが戦力集中ではない。散兵でも射程内で相互に支援攻撃できる距離であれば、アタッカーの数は増やせる。また支援攻撃時にはなるべく集中攻撃して数的優位を着実に作れ。

・三兵戦術:砲兵はMAP兵器で敵スタックを漸減し数的優位を作れるが、壊滅させることは困難である。故に砲兵で敵を弱らせてから、突撃部隊で突撃し、あるいは反撃部隊で反撃し、トドメを刺せ。

・密集陣形(デススタック):密集陣形(デススタック)のまま動かせば機動集中は容易であり、また援護防御・援護攻撃にも適する。ただし集中しすぎると防衛に穴が開き重要拠点が無防備になるリスクを負う他、MAP兵器で全滅しやすく、また包囲されやすい。

・散兵:相互支援・火力集中が可能な程度には距離を保ちつつ散兵すれば、戦力集中は保ちつつ、複数広域防衛が出来、MAP兵器や包囲への耐性が生まれる。ただし援護攻撃や援護防御のような緊密な連携は難しくなる。

・予備兵力:前線はあえて手薄にし、高機動の予備兵力を充実させよ。味方前線の攻勢を抑制でき、敵前線の攻勢を「誘い受け」でき、そして消耗した敵攻勢部隊を予備兵力で「一転攻勢」できる。また、数的劣勢を援軍や機動防御で火消ししたり、追撃や突撃で数的優勢を拡大したり、斬首や包囲や突破で敵軍を崩す「一押し」にも適する。


・障害物利用:川・地雷原・鉄条網などの障害物を地形利用・野戦築城して、突撃部隊の機動力を削って矢玉を浴びせて漸減し、敵の撤退回復を障害物で妨害して追撃・包囲殲滅するべし。

・遮蔽物利用:森・丘・塹壕・戦車等の遮蔽物を地形利用・野戦築城・機動して、遮蔽物に隠れて敵の偵察・射撃・砲撃から身を守り、自軍アタッカーの減少を抑え敵攻撃を無力化せよ。

・高所利用:丘や空や建造物などの高所は見晴らしが良く偵察に有利で、射線が通りやすく射撃戦に有利で、また遮蔽物としても利用できる。地形利用や野戦築城、飛行で高所を押さえるべし。


・反撃部隊:遮蔽物・障害物・高所・広所狭所を利用・建設し、罠・伏兵・遠隔攻撃兵・見張を配置し、隠密・索敵・耐久・十字砲火・T字戦法で優位を得て敵突撃を迎撃し、後方の突撃部隊・砲兵・指揮兵站部隊を防衛せよ。魔法やトークンを用いれば防衛戦・迎撃戦だけでなく機動戦・攻撃戦でも利用できる。

・耐久戦:隠密力・機動力を生かして敵の攻撃を回避し、装甲で敵の攻撃に耐えよ。回避や装甲で敵の攻撃を生き残れれば、数的劣位を防げるし、敵アタッカーを減らしたも同然である。

・指揮兵站戦:通信指揮系統や兵站を切られた兵士はまともに攻撃に参加できなくなる。故にジャミング・包囲・敵指揮兵站部隊の斬首等で、敵の指揮兵站を切断せよ。また自軍指揮兵站を守れ。理想的にはαナンバーズのように現地生産ができ、かつ指揮兵站部隊にも自衛能力があると望ましい。

・T字戦法:敵に対して横陣を取れば、攻撃に参加できるアタッカーが増え、縦陣を取れば減る。故に敵を狭所に誘導したり側面攻撃・包囲殲滅を行うなどして敵に縦陣を強制しつつ、自軍は広所から横陣で攻撃するべし。

・側面攻撃:軍の側面や背後は脆弱であり、アタッカーが減る上に被ダメージが増大する。隠密力・機動力・トークン等で敵の側面や背後に回りこんで叩き、できれば包囲殲滅せよ。

・突破戦:敵が側面や後背を晒さない場合や自軍が包囲された場合、三兵戦術で敵陣を割り裂いて分断し、無理やり背後や側面を作り出し露出させ、側面攻撃・包囲殲滅・各個撃破せよ。

・撤退回復戦:消耗し自アタッカーが減った場合、正のフィードバックによる数的劣位の拡大を防ぐため、一旦後方に撤退して回復させよ。また追撃・包囲等で敵の撤退回復を妨害しトドメを刺せ。

・包囲殲滅:隠密力・機動力・トークン・突破等で敵の側面や背後に回りこんで包囲し、側面攻撃し、狭所に追い込んでT字戦法で叩き、指揮兵站を切断し、撤退回復を妨害し、殲滅せよ。

・誘い受けからの一転攻勢:偽装後退等で敵を誘引して縦深防御に持ち込み、敵の補給路・連絡線を引き伸ばして指揮兵站を切りつつ、潤沢な補給下で防御陣地を使って消耗抑制・出血強要し、敵が弱った所で予備兵力で一転攻勢に出て包囲殲滅・各個撃破する。

・予備兵力:前線はあえて手薄にし、戦闘力と機動力に優れた予備兵力を充実させよ。味方前線の攻勢を抑制でき、敵前線の攻勢を「誘い受け」でき、そして消耗した敵攻勢部隊を予備兵力で「一転攻勢」できる。また、G弾等で一度にやられるリスクを抑制でき、敵の奇襲に対応する余裕を捻出でき、数的劣勢を援軍や機動防御で火消ししたり、追撃や突撃で数的優勢を拡大したり、斬首や包囲や突破で敵軍を崩す「一押し」にも適する。

【戦史舐めんなファンタジー】普通に考えると魔法的戦術なのだが、なぜか地球戦史にも居る。

・トークン:ハンニバルの傭兵等

・移動可能な防御陣地:荷車要塞等


【魔法的戦術】ランチェスターすらぶっ壊しかねないチート。

・強制転移:戦術とは主に機動であり、敵の機動をこちらで決める強制転移は敵戦術を破壊できる。敵を強制転移させ、分断し、殺し間へと案内し、各個撃破するべし!また敵による強制転移を妨害するべし!

・空間転移:戦術とは主に機動であり、空間転移は究極の機動である。可能な限り空間転移を機動に活用し、また敵空間干渉を妨害せよ。 

・対罠戦:罠は可能な限り偵察で発見し、回避or解除せよ。特に強制転移には注意するべし。斥候職だけでなく、トークンによる漢感知も活用するべし。

・冒険者:適当に死地に放り込んで好きに暴れさせろ。精鋭だが命令を聞かない偵察部隊・突撃部隊であり、隠密偵察・前哨戦・浸透強襲・機動防御・英雄二人に適する。

・テイマー、サモナー:敵を支配せよ。敵の全行動をこちらで決められれば、強制転移以上に敵戦術・敵戦略を破壊できる。

・サモナー、トークン:デススタックを作れ。直接数的優位を作れるので何をやらせても強いが、漢感知・斥候・見張・特攻・盾役(タンク)・英雄二人等の捨て駒や、敵周囲に展開しての包囲殲滅、機動可能な防御陣地に特に適する。

・回復蘇生:回復・蘇生・リアニメイトで死傷者を復帰させ、数的優位を回復し、あるいは数的劣位を防ぎ覆せ。

329 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 23:54:56 ID:Ll1z15B.0
                        _____
                    ,. : ´: : : : : : : : : : : :`_: . 、
                   /: -: : : : : : : : : : : : : : _:\:\
                , -<: : : : : : : : : : :ヽ: : : : : ヽ: ヽ:\:ヽ
                /: ,: : : : : : : : : : : :、: : ∨: 、: : :∨: _ : ヽ::.
              ,:': /: :/: : /:| : lV∧: |: : : V: :V: : :V: ,x: ∧::.
              /: /: :/: : :l|: |: :l|   |: }: : : :|: : | : |: |/_,}:〉:、|: l
             .': .': : : : : :|:|_:|: :l|   l: | : : ∧: :| : |: |: : |/ : |: .
             |: |: : : |: : :|:l: :\|  从|: ,: | |:_/:|: |: : }_: : |: : 、
             |:∧: ,: V: 从ィ雫≧、 |∧:| ィ≦雫ミ:|: /-ミ,|:|: :V\
             |:{ V、: ∨:l∧ Vzり   }'  Vzり ノ|/r、 ノ|:|: : |: 、:\
             ゞ  }: \〉:∧                ,、_/: |:|: : |: : \:ヽ
                |: :|: :| : ∧     '      ∧: :|: : |:|: : |: : : : \: .
                  .': :|: :|: /:个 .    - 、    . 个:l: :|: : |:|: : |\: : : :、ヽ}
                /: : :|: :|:八: }: | > .     <|\: : : ,: : |: : ∧: |\: : }
                ,: : :/:|: :|: : :〉l从/.|\::`´-:/ |、 \- 、: V:/: :l :|  ∨|
                {: :/__|: √/ {' /...|  ><  |..V  \ `7'> 、:|__ }/
             / 「 ̄´  |:/ \  ,'......| ////∧ /....∨ /| /   `Y⌒\
            '  |´ ̄ ̄/ ||   V....../|イ 〉-〈  ,.........∨\〉      /     ヽ
          /   ∧   /|/---/... /...| ////| ∧........∧ ̄ ̄\ V       :.
           /__/_/「 ̄   ,.\/.....l |/// |/...∨./.....∨ /  ∨       \
       /´  / |   /    /. ̄.........∨///_/.........\.......∨ /  }、        \
     / ̄ ̄ ̄ ̄ /    ∧................ ∨...../..................>.....∨  \_>-----  、 \___
      /         イ___/.....\...............∨.,.............../............\__         >  ̄   \
   /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.....{....................\............V.........../.......................}、...............ー--  ___       \
  /............................................人.......................\........∨../..........................人 \.....................................\`ヽ、
/......................................./´   ヽ:::::::::::::...........\....∨................::::::::::イ   \ \.....................................ヽ  \    \

はやてが士官系スキルを取得しました!

はやて: ミッド式レベル4 準文明指導者 士官学校(仕官としての振る舞いと戦術指揮スキルと軍略Aと直感AとカリスマAとオール80を叩き込む。)

330 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 23:58:39 ID:Ll1z15B.0
信長の野望式 諜報枠・外交枠・スカウト枠にはやてが追加されました!

【信長の野望式スパイ諜報枠】育成城由来の智謀によるスパイ諜報。忍者を送り込む。なお武将は忍者として直接忍びこむわけではなく、中間管理職。主には情報収集・破壊工作・外交工作・民衆の扇動工作・他国要人の内応を行う。
アインハルト:
水銀:
黄昏:
黄金:
刹那:
アマッカス:
祭礼の蛇:
天壌の劫火:
はやて:


【信長の野望式外交枠】育成城由来の教養による汎用外交枠。主には貢物・相互不可侵条約・技術取引・攻守同盟・政略結婚・属国化・条約破棄を行う。
アインハルト:
水銀:
黄昏:
黄金:
刹那:
アマッカス:
祭礼の蛇:
天壌の劫火:
はやて:



【信長の野望式登用枠】育成城由来の政治力による登用。汎用スカウト
アインハルト:
水銀:
黄昏:
黄金:
刹那:
アマッカス:
祭礼の蛇:
天壌の劫火:
はやて:

331 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/21(日) 23:59:46 ID:Ll1z15B.0
安価下1 質問・コメントがあれば

332 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 00:15:52 ID:Cbu9g4I.0
これは適正ある人材に片っ端から覚えさせるべきだな、実に強力

333 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 00:29:40 ID:PkAn6HfE0
>>332
                    -―‐ -
                  . ´: : :.:.:.:.:. :. : : : . . `  、
           / . . : : :.:.:.:.:.:\:.:. :. : : : . .   ヽ
             / . . :.:.:.:.i. . : :.:i. ∧:. :. : : : . . .   ヘ
         / . . : :.:.:.:l!: :.:.:.:.|: | ミ:. ヽ:. : : : . . . .ハ
            ′ . . . : : :.|l. : : : l! |  ヽ _:ハ:. :. ノイ :.
         i . . .:.:.:.i: :.:.l !. : :.:.|l |` ̄ ヽ |'. :|:.:. :. : . . :.
          //: i : :斗七爪: : :.ハ!   _}ハ:.:.|:._:. :.:. : .ハ
        ノイ:.i | i : :|: :ハ ヘ:./ ノ〃 ̄ ̄从r ヽ:.:. : i ∧
        ハ N∧:ヾムィ⌒ }'         ハ! ) } .:i: |/ト\
           |小 ハ小              |: :jニ ':i :| ハ !  `ヽ
            ハヘ:ハ       ,   / イ7:.i:.∧ハ{ }'
             i: ∧ i ヽ ィヽ `    .イ . :|:l:イ/ }
             |/ 从: / ‐ァ〉、 ‐ <  ! i:.:|/ノ'
             {   /¬_/ ム┬‐' ノイ:.:ハ: : :⌒ヽ
                {入}_ノ イ : く___ハ/: : : : : : : }
             「ー―  7:イミ〃ミ〃ミノ /: : : : : :/
    ┌───────┬┐:` ̄ ̄ ´ /:. :. :. :.:/
    │              ││ : : : : : : /: : : : : :/
    │   P   C     ││:.:. :. :. :./: : : : : :/
    │              ││ : : : : /: : : : : :/

「だね!士官が第一だが」

「諜報や外交やスカウトもできるしね!」

334 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 00:31:29 ID:PkAn6HfE0
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ f示}イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ f示      乂t リ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂t リ         |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「さて、ステラリス戦略の話をしようか」

「まず、身も蓋もなく言ってしまえば、今のバージョンのステラリスでは」

「国力≒人口だ」

「civ5で幸福度≒国力であったのと同じ理屈だね」

335 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 00:36:10 ID:PkAn6HfE0

                   ____
                 ,..::'´:::::::::::::::::::::::`::...、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヘ
           .':::::::::::::/:::::::::::::::/::/、::::::::::::::::::::::',
           i::::::/::イ}イ/}ィ:::://イ⌒ヘ::::::::::::::::::::::
           |::}イ:Ⅵ} rfハ}イ/ r示ミ、}ィト{ヽ:::::::::::i
           |::|:i:::}::ト ゞ゚'   弋zりイ:::::|イ::::::::::::|
         ノイ::::ハ∧ '        |:::::::::::::::i:::::′
       /:.:.}イ从}イ\ `  ´   イ::::ィ:::i::/:::/
      /:.:.:.:.:.:.:/   _≧-r‐ ' /イ从イ/イ/
     /:.:.:.:.:.:.:/ ,..::ー:.:':.:./ }    \
.  /:.:.:.:.:.:.:.;ィ:-‐':.:.:.:ヽ/ 、    _rf>=ヘ
  /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ_´ ̄//.:-:.:‐.:.:\
. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\ __... 7イ:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
. ゝ=ー- ---‐一 ¨7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
           {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
.            ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./

「人口≒国力であるならば、大雑把に言えば人口の多い文明が強いわけだが」

「人口が多い文明と言っても、大まかには二種類ある」

1:エキュメノポリスのような、人口密度の高い大都市惑星が少数存在している。

2:人口密度の低い田舎惑星が少数存在している。

「civ5で言えば、伝統を取って少数精鋭都市内政を行うか、解放を取って多数の都市を出しまくるか?って感じだ」

「どっちが強いと思う?」

336 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 00:38:27 ID:Cbu9g4I.0
過密の方が専門家を多く雇える的な意味で大都市の方が有利?

337 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 00:44:53 ID:PkAn6HfE0
>>336
            __
         ,..-‐:´:.:.:.:.:.:.:.`:..、
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.      ,:':.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
     /:.:./:.:.:./:.:./:.;.:.:.:、:.:.:.ヽ.:.:.:ヘ
      !:.:.:|:.:.:/イ/:./:.:.:ハト 、:.:.:.:.:.:.:l
.     l:.:.:.l:.:.:{ィ升イ/イ'ィ升ミヘ:{ 、:.:ヽ
.      |:.:.ノ!:.:.l込シ    込シ|:.:.:!イ:.:.:.ヘ
.     /:イ:.:l:.:.:!   '     l:.:.:l:.l:.:.:.}イ
.     Ⅵヘ:l:.:.:ヘ、 ` ´ , イ.:.:ノイ:}イリ
       `Ⅵハヘ:}.  ̄ .{:ィノイ/イ/
         /:} `> <´ {:\
     _ ..-/:::::lヽ/ーヘイ/j:ヽ‐-... __
    l::ヽ::::/:::::::| 、 〉-〈 / .イ::::l:::::::::/::l
    |:::::ヘ:ヽ::::::':,.、\/,. '/:::〈:::::::;':::::!
     l:::::::::::/:::::::::l \/ l:::::::::、:;:':::::::l
     !::::::::::ヘ::::::::::|    |:::::::::イ::::/::::}
.    |:::::::::::!::::、::::::l     l::::::/:!:::;':::::/
.    |:::::::::::}::::::ヽ:::|    j::::;:':イ:;::::::イ
.    l:::::::::::ヘ::::::::ヘ{     }イ:::/::::::::::{
     !:::::::::::::::ー::―――::--::.、::::::::::!
     ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||´ ̄ `.
.       `;:ー:::--:::-- ――::一!! __ /
     /::::::::::::::::::::::!    l:::::::::|::::::::::{
      /::::::::::::::::::::::::!   !:::::::::l:::::::::::|
.    /::::::::::::::::::::::::::|    l::::::::::l:::::::::::|

「そうだね!」

「人口が多いってことは、失業状態に陥らない限りは、何がしかの形でリソースの生産量が増えるってことだ」

「だが、リソースは平等ではなく、人材も平等ではない」

「(単純)労働者が作るエネルギー、鉱物、食料と言った基礎的な資源よりも」

「専門家が作る消費財、合金、統合力、科学力、快適度などの応用的リソースの方がより重要だ!」

「そして専門家は、田舎惑星では雇えないが、過密惑星でより多く雇える。」

「となると、過密惑星が多い方が文明としては強いわけだね!」

「エキュメノポリスを建てるのもつまりは過密惑星を作って専門家を増やすためさ」

338 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 01:11:50 ID:PkAn6HfE0
            ィ -‐ : ´ ̄: : ー ,
          ィX: ト: : ヽ: : : :ヽ : : `ヽ
         /: : : : !ィ、: : ハ: : : ハ: : : :∧
           /: : : : :l{:l _ヽ_: : ,: : : i : : : : ハ
.          /: : {: : :オlj´_ ∨:i: : : l: : : : : : !
         l: { ィ´: :jノノィfテj八:!: : : !ヽ: : : : {
          乂l: :_ィぅ′ シ"  `ト : jノ: : : : :′
          ゝv:ハ リ     _ノj!: /: : : : : {
            / ハ ′_ ’   /{ イル: リ: ノ
         ,: イ: :>、   ,ィ lハ八ノ`ヽ
           {′!:/{: : j`f: : 〉´/:./:.:.:.:.:.∧
      , - 、  r、" ヽ:ハ: {ゝ//:f/ ̄:.ヽ:ハ
      `r ミ 、ヽ 、  , ≦ィ:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
      く ニミー ヽ/://ヽ二:.j!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:i
         ヽー' ゝ i//:.:.:/7:.八:.:./:.:.:.:.:.:.:|:.:l

「ならさ」

「人口を、とりわけ大都市の人口密度を高めるような志向は」

「内政戦略上最強だと思わない?」

「それが排他なんだ!」

排他主義:星系基地建設の影響力コスト-20%、POP成長速度+10%

狂信的な排他主義:星系基地建設の影響力コスト-40% POP成長速度+20%

「領土を増やすのも容易いし」

「領土内で自種族の人口も増えやすい!」

「とりわけ排他平和限定の国是、内向きの成熟の人口増加はさらにすさまじい!」

内向きの成熟(平和主義かつ排他主義限定の国是)
外交制限(宿敵を持てない・研究協定・通商条約・移民条約・防衛協定・独立保証・連邦への参加が不可能・他国に従属を強要できない・原始文明に潜入できない)
統合力産出+20%
POP成長速度+20%
市民POP幸福度+5%

「強い、強くない?」

339 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 01:19:04 ID:PkAn6HfE0
                         ........-―-.........._
                      .....::´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:::..
                  .....:´.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
                〃:/.:.:.:.:.:.:.:i.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
              /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:!.:.:.:.:.:.:i.:.|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                /:/ i:.: :.:.:.:.:.:/`ヽ!.:.:.:.:.:.:|.:.|.:.:i.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
              八:i/}|:.:.:.:.:.:.; 、,,__\i.:.:.|.:.|.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                  // 从.:.:.:.:./ ´ 斤刈.:. i.:リ.:リ.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
            ,∠∠/.:.:.:ヽ/    以リ'j.:.:.:/.:/-、.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
           / -- , }:./::/込    ,,, /.:.:./.:/  }:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.
         /  `ヽ i_j/i.:.i.:.:.ハ`ー __,厶イ.:./__彡'.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.从
         /  /入j 八:i.:.:{.:∧_、_厶.:.彡'/.:.:/:.:.:./.:.:.:.:/.:/.:./  ヽ
           i  ノイ     ヾ '´  ヾi  _}   厶ィ⌒7イ.:.:./厶仏イ
          ノi//!        . - . /「 ̄ ̄ ̄入  i/
      / ´ /: :.:|         /: : //{   /:/:.
        ヽ/: : : :.:|      /: : //__}_彡: :/ : : : :.
        {: : /: : : :i       /:./ ノ「 /: :/ : : : : : : :.
.        ∨ : : : ∧   厂:./ /__ノ': : : /: : : : : : : : : :.}
        ’: : :/ : l   /{: :/ /´/: : : :./: : : : : : : : : : :.|
          ∨ : : :i  / :.i:/  /: : : :_/: : : : : : : : : : : :;
           }: : : : ∨: ://  /: : /: : : : : : : : : : : : : : ;
         |: : : : : }: :i/  /: :<: :ヽ: : : : : : : : : : : : :ノi
         |: : : : : : l:|  /: : :/: :/: : : : : : : :-: : : : : :.|
         ’: : : : : :j:j /: : /: :/: : : : : : :{: : : : : : : : :|
          ': : : / } .': /ゝ': : : : : : : : | : : : : : : :.:.|
               ̄  ノ i/: : : : : : : : : : : : }: : : : : : : : |
             / j: : : : : : : : : : : : : :ハ: : : : : : : :
               /  {: : : : : : : : : : : : :./  ’: : : : : : ::.

「一方、平和・物質・精神・平等はそれぞれ別々の方向で専門家を強化していると言える」

平和主義系統:内政全般に広く薄くボーナス(安定度・管理許容量が増える)
排他主義系統:人口増加(≒専門家出力)と領土拡張にボーナス
物質主義系統:研究力にボーナス
精神主義系統:統合力にボーナス
平等主義系統 :専門家全般に広く薄くボーナス

「ただ、いずれも専門家の頭数自体を直接増やす排他ほどの専門家ボーナスはない。」


軍国主義系統:戦争にボーナス
受容主義系統:交易価値と外交にボーナス
権威主義系統:労働者(奴隷)にボーナス

「また、軍国はそもそも内政力にボーナスがなく」

「受容は外交ボーナスがメインで、権威は比較的どうでもいい労働者(奴隷)にボーナス」

「だから平和・物質・精神・平等は一応専門家を強化できるものの、人口に勝る排他には内政戦略で劣るし」

「軍国・受容・権威はそもそも内政戦略では問題外」

「故に排他こそが内政戦略最強ってわけだ!」

340 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 01:21:19 ID:PkAn6HfE0
                        / V \ 、
                      {ゝ',  〈   | },.
                    / U ∥_,,,,,,,,,_| /| }_,、
                  ',ヽゞ_/||::::::∧::::::} } ノ 〈
                  > / ||::::(○):::/::::ヽ ノ
                  ― ',/',Oゝ::::::::O7/  //
                  `つ ',::::::::::、:::::::::::/::/´
                     7|\:ャェェァ::/:|
                       }:`' -''::|
                      /',:::::::,'\-‐--''',
                  _,,. -::´:::::',::',:::,'::::::::::| } /|
                /'":::::::::\:::::::',:::::l:::,::-'| / / 〉
                |:::::,:::::::::::::::::`''-:::'":::::/ / / /::〉
                .|::',:','-、,_:::::、::ミ::::l:::┌ | // |:::::/
                 }__',\:::::::::::っ,-'|  | / /__{
                 |::::::::|::''-、,::::/:/ |  |/ /:::::::|
                 |:::::::::|`'-,:/::|  |  |/ |:::::::::|
                 ';:::::::/\::,-''"|  |  .| /',:::::::|
                  >‐‐''"-''" / | |  ,' .| |::::':::/
                /::|__, -'"/〉/  ,' .| γ´::\
              ./::::::::>‐、,_,,. ‐''/ / |,'  | \::::::::\
   ___ ,、ミミミ'ミ'":::::::::::::|  __ / / |   ',_  \:::::::::\
   ヽ--:::::::::::-''',ミミミミ,、-''", -''"_\_/  //_,.、  ',_\_ "'-;;::::::////、,__
  ,..-''"_::::::::,、-''" ̄ ̄`~"''‐   ] ] _///;;;/ 〉_',   `"''‐-////:::、_:::`''ゥ
  ム彡-''-'/            / ', |/ ̄|_\/_/           `''-、,::::::ミ''-、,
     /             /ヽ ヽ `''- 、,// ',____        \ーヽミミ
     |\          / / / |      / | |              \
     | `''‐-、,_    /    / |      |__|  |\____       /
      `'-、,   `"''‐'´   //,-'/        |、 ', \          /
        \-、,     //  /          \ \       , -''"
          \`''>ー  _, -''"            \__>-''"
            ̄ ̄ ̄

勿論問題もある。

周辺国の気分になって考えてみよう。こんなんが隣国に居たら怖い、怖くない?

おまけに放置しておけばどんどん内政を進めて最強に成っていくのだ!

早めに叩き潰したい、叩き潰したくない?

341 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 01:23:07 ID:Cbu9g4I.0
ヤバいのは早めに潰すに限る

342 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 01:28:12 ID:PkAn6HfE0
>>341
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「って成るよね?」

「排他は内政戦略最強だが、引き換えに外交戦略最弱だ」

「そして外交で最弱であるが故に、長所であるはずの内政をする時間がなくなってしまうという問題がある」

「特に、シド星で言うところの天帝みたいな高難易度だと、周囲のAI文明にあっという間に叩き潰されて終わる可能性が高い」

「内政は大事だ。だが外交を犠牲にする価値があるかは良く考えないといけない」

「・・・とは言え、排他塗れのギスギス銀河ではどの道外交戦略死ぬけどねw」

343 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 01:32:23 ID:PkAn6HfE0

                      -──-
                  ,  '"´            `丶、
              /                     \
              /                      ヽ
           , '                         ',
.          /                  ',
         //     /   ./         ハ
.        //     l:   ,'        /         l
                ハ   !       /   |        |
        | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|
        |       !.! ヽ/l       //    .|       /
           ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
          ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /
.        l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'
.        |       八  ヽ         ̄l   レ'     |
                 ヽ   、 _.       ,'   .,'        |
        /         \ / r/ヽ     /   ハ ,'
.        厶イ八 ハ   ハハ /-‐´ イ≦ ´ /   / V  /l .ハ ',
            ,ヽ! .\, イ   ^ ‐---- 、 イノ/   ヽ/ j/ ヾ、
         |  ヽ, ´       ^ヽ‐--r >       ヽ
            |   ヽ,         \./ /         ヽ
           |    ヽー────‐、 ∨}      _,,,... -‐ 、
          |       /       \\,..   ./      ヽ
          |       .i         ー─'   /         ヽ
          |       i       /   __./          ヽ

「一方で、受容は外交戦略特化と引き換えに、内政戦略を投げ捨ててる」

「これも良し悪しでね。排他と逆に、外交関係を安定させて内政時間を稼げるだろうけど」

「内政時間を稼いでも肝心の内政力が低いってことになる」

「まあ、隣国と仲良くなって肉壁にできれば排他より安定するけど」

「排他塗れのギスギス銀河とかだと外交戦略の強みを生かせずに死ぬことになる」

「後、八方美人してれば良いかってーと必ずしもそうじゃないから、外交面での優位を行かせるプレイヤースキルが必要だ」

344 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 01:35:37 ID:PkAn6HfE0

                   ‐== __  ミ
             -=ニ   ̄ ̄ _    `ー 、
           /    ´       '`⌒ヽ   ヽ
           / / /     /
.          〃 イ /  __彡/ /   }   }     }
         人{  ! { 小,/ `メ、|   ′  ,
.     /{{   {   ,似ムイぅぇx  /   /     !
     /      ⅱiV{ ′   伝ぅУ   イ      |
.    / /  / / {i 圦 、_   /   /丿  ′ i!
.   从{八   { 从 i∧' ー´   /¨    /  ii
        ヽ'   Ⅵ  ¬≧=彡' ≫-彡イ《 /} }ト、
                  r′^,<二ニ=-厶厶イ
                     i|  /ニ//二ニ=┐
                {i:レ仁{ニ/二二ニ=-}
                     }》 /ニⅣ二ニニ=-\
                 ムイニ/_{二ニニ=-、 }
                /   Ⅳ__二\二ニニ=-〈

「だから>>305の問いにはケースバイケースと答えるしかないのさ。」

「内政戦略特化の排他が強いこともあれば、外交戦略特化の受容が強いこともある」

「はっきりとした基準点があるものでもない」

「強いて言えば、内政に使える時間次第、隣国と仲良くなれる可能性があるかどうかだね」

345 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 01:36:59 ID:PkAn6HfE0
                     _
                ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!i.:.:.:.:.:.:.:.:.、
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-、∨: i!: : : : :.i
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/r=ミ  V从ヽ:.:. :.|
.           /.:.:.:.:.:.:/ヽ.:.:i Vrソ  ,r=ミ i.:.:.:.:|
          ハ.:.:.:.:.:.弋 )ハ,    Vr刈:.:.:.人
.        j .ヽi从.:.:.:.|\  、__   /.:./.:.:.}
                レハ  > _\ヽ イム从ノ
            /: l ¨≧, i r==`、\
            / |:. ∧  ∧/| r==ミ.  入
        /ヽ: :l: : :.∧\>//< il : \  }
       /: : : :.i: :\: :.∧ \//l l : ィ===ミ

「・・・と言う基本を踏まえた上で」

「外交最強内政最弱の受容で、排他に準じる内政力を得られる戦略があるとしたら」

「強い、強くない?」

346 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 01:38:18 ID:Cbu9g4I.0
なにその良いとこ取り、イイね!

347 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 01:45:40 ID:PkAn6HfE0
>>346
            ィ -‐ : ´ ̄: : ー ,
          ィX: ト: : ヽ: : : :ヽ : : `ヽ
         /: : : : !ィ、: : ハ: : : ハ: : : :∧
           /: : : : :l{:l _ヽ_: : ,: : : i : : : : ハ
.          /: : {: : :オlj´_ ∨:i: : : l: : : : : : !
         l: { ィ´: :jノノィfテj八:!: : : !ヽ: : : : {
          乂l: :_ィぅ′ シ"  `ト : jノ: : : : :′
          ゝv:ハ リ     _ノj!: /: : : : : {
            / ハ ′_ ’   /{ イル: リ: ノ
         ,: イ: :>、   ,ィ lハ八ノ`ヽ
           {′!:/{: : j`f: : 〉´/:./:.:.:.:.:.∧
      , - 、  r、" ヽ:ハ: {ゝ//:f/ ̄:.ヽ:ハ
      `r ミ 、ヽ 、  , ≦ィ:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
      く ニミー ヽ/://ヽ二:.j!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:i
         ヽー' ゝ i//:.:.:/7:.八:.:./:.:.:.:.:.:.:|:.:l
        `rt _  ハ{:.:./ j:.:i:.:.y:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:!

「だよね!」

「まず、受容主義は外交にリソースを、恐らく人材を割り振っていて」

「その分内政への人材リソースは不足している」

「故に内政力は最弱の一角だ・・・直接的にはね」

「しかし、外交から内政的利益を得ることはできる!」

・研究協定:お互いの知識を共有して研究にボーナス。
・通商条約:交易によってお互いに利益を得る。
・移民協定:お互いに移民が行き来できるようにする。

「研究協定は研究力を、通商条約は交易価値を増やす」

「そして移民協定は、【相手国人口を吸収して自国人口を増やせる】わけだ!」

「これをうまく利用すれば、受容で排他のように人口を増やせると思わない?」

348 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 01:51:28 ID:PkAn6HfE0

            >ヘレイ⌒´::|::|::::::|:::::||:::|::::|::::|'´⌒ヽレハ,ノ゚ 〈ノ_>
           } /⌒´ ::::i::::|::|::::::|:::::||:::|::::|i:::|i:::i:::|::::i:::'ヘ〈人ノ{′
           7/::::::::::i:人___l::::八::ハ |:::ハ:|l:::i:::|::::|::::::::::∨,ス
.          ′ ::::::::i|::_」∧≧_从从」人,,斗=く|::::|:::::::::::::|::::i
          |:i :::::::::::iレ ,x==ミヽ   /,ァ==.、 ヽj::::::|::::::|:::i|
          |:i:i ::::::::::| Y 斥,心       'ん心 ヘ li::: |:::::i|:::i|
         }ハi::::::::il ヽ弋トイソ       弋iソ〃 八:ハ:::ハ:八
         ∠、::::∧   `¨´   ,    `¨´  /:::::/,ノi::iヾゝ ヽ
            ヘ:ハハ                人j:/ /トゝ
              八∧      /ヽ       ハ⌒`ヾ
                ヽヽ     ー ′     イ::::i
                   }j:::丶、      イ::人::i{
                 八i:∧/i> -‐ ´ {八人 ヾゝ
                j//ノ       ヘ`\ヽ
         r┬―‐≠´.::.::/        `i.::.::.`ー―┬-、
           ∧ ヽ.::.::.::.::.::.::.::i―- 、 , -―/::.::.::.::.::.::.::.//:/ヽ
          i 丶 》、.::.::.::.::.::.:|______/::.::.::.::.::.::.::.//:/., i
           | 、ヽ.》、.::.::.::.::ヽ::.::.::.::.::.::.:/:.::.::.::.::.::.::. //://  |


     l   V:::::::/ /::::::::lマ::ム \              、ヽ
     l --  V:/  }:::::::::l マ::::ム                i ム
     i    ! \l::::::::::} マ::::ム  ‘,             l -l=i
    ∥ ー = 入  \:::::l  マ::::ム  !                ! l=l
   ∥   ニ l ゝ   \   丶_ノ  入           ,-lニ!
    ー ニニ .!ニ人   丶ニヽ__ニノヽ          /`¨ニ!
---∥  /ニ  Y.l l 丶     \´  `ヽ} l           入 ニニl
‐┴  ̄ /ニニ  i | !  `、    \ニニレ  l        / `ヽニニ!
 ′ー /ニニニ  !`¨¨¨¨¨\    ゝ入  !        /、  /ニニl
/    /ニニニ  i. . . . .斗<\   \ ! .!   _、+'”l   ソニニ∥
人  /ニニニ  }   _-=ニニ\  八\リ T  〈  \ /ニニ/
  〃ニニニ  '  "´  ⌒7ニニ\l=寸 `丶、  \ /ニニ/
 /ニニニ  /  _ -─ 7ニニニニ寸   ヽ  /ニニニ/
-=ニニニニ   /       /=イニニニく寸     Vニニニ〃

だが通常の受容主義国家でそれをやろうとしても、あまり効果はない。

なぜなら、移民はある程度故郷に近い環境の惑星に移民しようとするからだ。

温暖湿潤な気候で生まれた植物人と

寒冷な気候で生まれた獣人が

同じ惑星に住むということは難しい。

仮に植物人と獣人の双方が受容主義で、

共に暮らすことを夢見て移民協定を結んだとしても、

残念ながら実際には植物人が冬の惑星に移住することも、

獣人が温暖な惑星に移住することもあり得ないのだ。

349 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 01:51:49 ID:0AX8gRuk0
こんばんはー
強いですねー
そして周りが排他だらけだったら使えないんですね分かります

350 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 01:53:08 ID:Cbu9g4I.0
居住性の違いによる分裂は避けられないか

351 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 01:53:14 ID:PkAn6HfE0
>>349
『こんばんは!』

『まあそこは仕方ない。排他に囲まれた時点で、受容ならずともリセットを考えるべきタイミングだ』

『シド星で言えばアッティラさんやモンちゃんや信長が隣国になってしまったようなもんさ』

352 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 01:53:41 ID:0AX8gRuk0
なら環境を変えてしまえばいいよねって話ですね
ガイア型、リングワールド、エキュメノポリスなど

353 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 01:55:28 ID:PkAn6HfE0
                    ___
               .   ""´: : : : : ゙゙`  、
           .  ´‐、   ノ: : : : : : : `Y´ ヽ:`::.、
         . ´ r'´::_丿__丿: : : : : : : : :ノ  . : :. :`ヽ
       , ´ , '´. : : : : : : : : ,r'´  `'´  . . : : :. . :: :ヽ
      , . : ⌒'´: : : : : : r, ,.ヘ {      . : : . . .: :   :: `、
      ./: : : : : : : : : : : : : :.{  `゙゙゙゙´ . . : : . . .      ´゙゙゙:`、
     ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'´` , ヘ ,、、           : : : .. :'.
    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`゙゙´.:.:.:jノ.:.:{ ,.ヘ.         . . : .: ;i
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::,r'´  ̄ ゙゙ `ヽヘ、,,_ノ     、___,,,..   ハ l
    !ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ´            ト、   }.:.:.:::::ヽ_ノ.:.::} .!
    l }.:.:.:.:.:.:.:.:.:{             ヽヽ _ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::ヽ!
     . ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:`、  . . : : . . . . :: :: . .    `'' 7.:.:.:.:.:.::::::::::::::::.
     : 〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー'⌒ヽ  .: : . :: . :. :. . . . :.ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::.′
      V:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉   . :. :   , '.:.:.:.::.:.:.:.:.::::::::::::′
      ヽ:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ       イ.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::, ′
       、.:.::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:ノ   . . .: ::.:ノ, ノ}.:.:.:.:.:::::::::: ′
         、:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ .: .: .:,r'´:.:.し'.:.:.:.:.:.:.:. '
            ..:.:.:.:::::::::::::::::ヽ__ノ:.:.:.:.:.:.:.:.::::,  ´
                .._.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._..   ´
                   ̄ ̄ ̄

だが、ガイア型惑星があればどうだ?

ここには植物人の好む温暖湿潤な環境も、

獣人が好む寒冷な環境もある!

完全な「隣」ではないとしても、同じ惑星の上に異種族が共存できる!

それは受容主義者の夢であり・・・そして移民による人口増加に役立つと思わないか?

354 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 01:57:34 ID:PkAn6HfE0
>>352
        /            /        }
        ///             /    /, ,1
.     / //          l |   //    // / |i
       //〃     ..二Ll.__ j //    // / lハ  |l
.      // / ,/  j/   / j i /「フ!   /斗ャ冖jT7¬=
     // /!i l|  /l|   / /| ///|   / // / }|  }l
     / | l| //|  ,‐ァ≠≡ミ !  / /厶≠=-lL,刈
     〃  j.l.| /l |  / ヘ K 刈 l.|. /  / K乃ハ7ナテ‐/
   // l  川 /llll|l / { |弋zツ j/    弋_z ヅ// ///
   / l | ' /| lll}l |/,ヘ. V                 / ////
.      | | /ll|}l|lllll!lll|ll≧、      !      〃 j////
     j | /jlll|l|///jlll|l|lllllヘ.    .._  _.    〃 /////
.       j/  ll|/// l| l| |lllllllll\       / , //////
.     /  ll|// !八l| |lllllllllllll}:h、_    </ ////////
      >‐-ミ/  jj,ノll|v{VvV  ヾ^  /// /////////
.    /     \        /       / ////// '//
    /        `ーァ''" ̄         {  /// '   '
   ,′        K) .._        |l / ゝ..__,.-‐
   }         ム)    ̄        |/ _ ,..  {ワ
   ,′      ヽ}   }____,. -‐=≡=- ,,_      イ
.  /       j   / // //// //   // ̄ ̄\|
 /         ノ   { // //// //   // ///   }

「そうだね!だがより正確には「変える」んじゃない」

「最初からガイア型惑星を保有していれば?」

「つまりこの国是を持っていれば?」

生命の播種:母星がサイズ25のガイア型惑星になる 母星の資源が豊富
第一種族が居住適性「ガイア型」を持ち、ガイア型以外の惑星への居住適性が0%に落ちる。

「受容主義+生命の播種」

「実に人口が増えると思わないかい?」

355 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 02:01:45 ID:0AX8gRuk0
ああ、その手がありましたか
排他主義+ポストアポカリプスのまるで逆ですね

356 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 02:03:35 ID:PkAn6HfE0
>>355

        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「ああ、確かに丁度対照的だね」

「そして、生命の播種を取った場合」

「創始種族はガイア以外の惑星に居住できなくなる。開拓も無理だ。」

「つまりシド星で言うところのOCC的な制約を負うことになるんだが・・・」

「ガイア型惑星と受容主義を生かして移民を受け入れてしまえば、移民に開拓してもらえば良いよね!」



「受容主義移民の弱点を生命の播種が補強し」

「生命の播種の弱点を受容主義移民が補強してくれるわけだ!」

「強い、強くない?」

357 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 02:04:44 ID:0AX8gRuk0
見事見マッチングしてますね、強い!

358 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 02:07:19 ID:Cbu9g4I.0
そういう風に使うのか!とても面白くて強いですね

359 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 02:09:22 ID:PkAn6HfE0
              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「そしてこれは、「専門家出力には過密惑星が重要」というゲームシステムとも噛み合う」

「つまり、地方惑星でも専門家を十分雇えるくらい人口密度が高まるのはゲーム終盤の話で」

「ゲームの序盤〜中盤くらいまでは、首都星くらいしかまともに人口密度を増やせないし、専門家を雇えないんだ」

「結果、ほぼ首都だけで研究を賄っているなんてことになる」

「だったら最初から首都出力に特化しても良いだろう?シド星で言うところの官僚制経済みたいなものさ!」

「生命の播種による、ガイア首都惑星は、実に素晴らしい出力を叩き出すからね!」

「具体的には、専門家も労働者も、ガイア型惑星ではあらゆる出力が;+10%される。研究も+10%だ!これは結構大きい!」

360 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 02:13:42 ID:PkAn6HfE0
>>357
>>358
          , <: : : : : 八リ: : : \    ,
         /: : : : : : : : ム{: : : : ミー==イ
.        /: : : : : : : : :ソ  i!{: : ハ: : ̄: <
       /: : :イ{: : : ノ‐- , {ト: : : : : : : : ヽ`
       ,′: :八:イrテぅェ、 ` 'ヘ斗+-i!: : : ハ ヽ
      j: : : : 」:八! しン    テ示}!: : : : ハ}
      八: : : l ヽ:{`       , しン リン}: : j! }
    , イ{: : : : : `八     ,  _    /イリ乂i/
      {ヽ: : i{: : : :∧       ノ: l: 才:ハ
       ヽ{ヽ: : : : l ヽ _ , <}: : リ: ハ:}ヽ!
         ` ートハ!_ _/ ヽ_ノ:_: イ-'ー- 、
            'イLiiヽ  /l:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:ハ
           /:,イ:i:i:∧/:.:.:j:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       , ィ:.:.///i:/ /:.:.:.<:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
       j:.r:.:∧/:i:イ/:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     !/:.:/ 'y´ /:.:.:./jヽ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
    ノl:.:.:.l ヽ/ !:./`´:.:/_/:.:.:.:.:.:/
   r':.:.|:.:.:.|   i/:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
   _}:.:.:.ヽ:.:i   |:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ
  i:.:.:.:._ヽ!__!:._-<_ ,. ‐=ニニノ_
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ i    , -――イ
 {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l !_   ニr=‐ ´
 ヽ:.:.:.:.:.:.>:.:.ー- :.:.:.ハ しノ`ー{
  // ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:./´:.:.:.:.:.:.:.\
. /!{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
' _ ゞ、:.:.:.:.> ´ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
Lj />て}:.:.:|   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>―、-:.\
T{/ノ レ /:.:.:.!   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´    ヽ:.ノ
 lj ! /:.:.:.:.:トイ´|:.:.:.:.:./            \
  ´ /:.:.:.:.:.├― 'ー ´                 \

「だろう?播種と受容が見事なコンボを形成するわけだ!」

「受容主義で他国と良好な外交関係を築き、移民協定を結び」

「ガイア首都で大量の移民を受け入れて人口を増やし、専門家を雇いまくり」

「そしてその専門家出力はガイア環境で+10%される!」

「外交戦略でも内政戦略でも強力だし」

「異種族と力を合わせて大きな成果を出すというのは実に受容主義的じゃないかな?」

361 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 02:18:11 ID:PkAn6HfE0
           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .
            /   {  | >         <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

ちなみにこの戦略の前には、狂信受容物質のヌメヌメ経済をやっていた。

狂信受容物質
国是:実力主義(専門家出力強化)・技術官僚の支配(科学長官枠を追加、科学者が統合力を追加で産出)

技術官僚の支配は、貴重な専門家枠・研究者枠を増やしているのと同義であり、

故に人口密度が低い序盤〜中盤で研究力を下支えしてくれた強力な特性だったのだが・・・

362 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 02:19:51 ID:PkAn6HfE0
            //         ´     //    \  `丶
              //    /    / /     ヽ\.  \
          ; i      /   /   | |i     |       ヽ
          i |   / /      : /| |i  : :│|  |    iハ
          i |    /   : i/| /|_ノ八: : : :ノト|∧|: :│ |
          {   乂|  : : :|/斗矣ミ∨\/斗矣ミハ: :| │ |  }
             ヽ / |八|: : : i|《 r'::ハ │││r'::ハ 》∨: :∧ │ {
              )) i ∧ : 八 ( )ー'   ,   ー( ) /: :/: :|/:|
.             /   ∨:/\: : \_::::::       :::::/: :イ: : :|: :|
         ((    |/ : /|\__/  /⌒    ⌒7: i : : : :│
           ))   /  / :|  |ゝ.  └‐ ┘   イ/│: : :|八
         /       /: : |  |  >   _  <: : |  |: : :   \ ,-、
.          ((_  /   . : : : |  |: /  ト、    |ノ∨:|  |: : : : : .  |__ V⌒}
         /     x―‐‐|  |7|  ノ |   ∧ ト:|  |______: : :  ト-/_ /⌒}
         /   . : :/\.  |  |:::l∨ 八__ / ∨|:::|  | / _゙ヽ : j {__}ノ  ' |
            . : : :/     |  |:::|   {ーV)    |:::|  |'/  } ゙)∨  {__jノ⌒7
      /    . : : :/     ゙V|  |:::|   ├│   |:::|  |   〈. ∨    (_>ノ/

今のバージョンだと技術官僚の支配が「狂信物質」限定になっちゃったからなあ・・・

必然的に研究力が不足し、どうにか補おうとした結果、

「首都をガイアにして移民を集めて人口密度アップ!」という戦略に行き着いたわけである。

363 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 02:21:04 ID:PkAn6HfE0
           /       .: : : :.       )ヽ: : :.  : :\    \             \ヽ
          /      : : :.: :   /: :     : : \\   : :     \             } i
        /      : : :.     /: :         i  i  ヽ   : :    、 \            i. |
        /      : :         i.: :         |   : :i   l  : :   ヽ ヽ           | .i
        / /            i: :          i.   : : i  i   : : ヽ i  \.           | .|
        / /        : :  / 从        l     l  i      i l.   `;         | .i
      ,'  j .:   : :   /  i  l|     : :     }   l  |  i      l 卜、  l         |...i
       i /i ;:   : :  l .i|.  |'、 i.{   : :: :   /i   i.  卜  l. : :   i| i ヽ |          |...l
        { i | :.     |  | i i l  | {. | i   : :: :  / }  人  iハ |. : :   |i { i |          i i
      | |. l |l     |  |.{. i.{l | i l \  : :: : /  / ./|/i i i .} : :    八 ヽ| |           i i
.        l.{ i |.} (  |  |l ゞ\i ∨   \: :: :./  //.   )/  l/ /     /.| \i}. i          i l
.       {l, l | i ヽ .{   |ヾ,三三三三′. \/  `'三三三三'" i / / / }  |レ'           / /
       \ {l. \ \ \i  )    )////////////,(    ).ノ∠/  /} /            / /
.       /  `.   \ \_\ (    ('////////////, ).    )/ /  / i/  ∧_      //
      /.   /.  )  \(\_>    )/////////////(   _,ィ' / /  / \  \\   //
.     /  /  /ヽ.  八  (    (          )  `ー≠/ /     \  \二二/
    /  /  /  i  ヽゝ )    ) _____,  (    ( / i  /.        \
.   /  /  /   i   i i ` ,                   /  i  i           \
   / /   /\ l   i |    ` ',ー--  __  - ,一 '.  l   i .i           \
  .// /` ` ‐- ,:: ヘ    i   /(卜、      /ゝ、   .l   i .i  /\、__       \
/.   / :::::::::::::: : \ i    |一':::::::::::: : \   /::::::::::: \  l   //:: _,一':: ヽ
    /:::::::::::::::::::::::::::::: {    |  i:::::::::::: : /` ´\::::::::::::: /ー |   /:: 一'::::::::::: ::::::::i
    └,:::::::::::::::::::::::: /i    |  ヽ::: : /\   /\::: : /   l  / ヽ:: :::::::::::::::::::::: l        )

なお技術官僚の支配が取れないなら物質主義は大して強くないし、

宗教国家とぶつかると外交関係が破綻するので、

物質主義はオミットして・・・

364 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 02:23:24 ID:PkAn6HfE0
             。*''"ア"´ ̄``
          , -‐く  {ト 、
        /    -―`ヽ"´  `ヽ
.     /   /      ∨  ヽ  ,
     /   / /      ∨   ',  ,
.    /   / //       .|  i ',  ,
.   /!   //⌒!     ,イ| !  | .! .,
.  /,イ   |/=ミ|    /へ|/ .′ |  !  ,
/'" |!| || v沁Ⅳ  /-ァミ| /  /  !  |
   |!/ヽ! `¨ |∨|' ん刈/  /  /  、
.  /|ハ|/ |  丶  ハ ,,,`¨/ ./   /|、|ヽ ',
  / ! | ∧ マー ┐ / .///!  /|/! ヽ \
/イ./ .// |∧ `ー ´ _ // /// /./ .|、
 /〃 / / 个ー< / |   |///  |,
./// / /  /_,。*"ハ   !  .|∨/___!、.',
/ / / /  /:./  γ /|  .|/: : : :/: :`ヽ',
. /./ / ./: :{ _」, <   |  .!: : : /: : : : : : :`'*、
/./ /イ: : : :V __ノ、。s'.!  |: : /: : : : : : : : : : : `'*、
./'/: : : : : ,、:〃: : : : : :.|  .!:./: : : : : : : : : : : : : : : :丶
''/: : : : : :/  ヽ: : : : : : : 、 Ⅵ: :―-、: : : : : : : : : : : : : :`*s。
..∨: : : : :ゝ=-′: : : : : : : ', ∨:γ´ ̄ |`ト、: : : : : : : : : : : : : : :`''*s。、
./:丶: : : : ;-‐、: : : : : : : : : :',  ∨    | ヽ `ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : :_:>‐、
: : : }ト`ー {-=人: : : : : : :.ノ: ':,  ∨   !  \ \: : : : : : : : : : :/      > 、
: : : |: }: :|: :`:´: : : :ー‐:´: : : :∧  ∨   | 、   ヽ \: : : : : : :/      > ''"´ ̄ ̄ ̄
∨: : : :`|: : : : : : : : : : : : : : / |   !|  | \  ', \: : : :/     / /  \
. Ⅳ: : :/: : : : : : : : : : : : : : |  .!   | |∨ |  ヽ  ,  \:{     //      ` ー‐‐
. | `ー/: : : : : : : : : : : : : :.:.| /   || ! |  |   ',  |     \    {`|
. | | ./: : : : : : : : : : : :。*''"    ./.! ! |  |   | |     \  ∨ゝ、
. | ∨: : : : : : : : : /   .。s≦ア/  ! ||  |   |  |        \ `ー >、
. | /: : : : : : : : : :.|。*''": : : :|イ/   |/| |   | /          ̄    丶    丶
ヽ!/: : :{: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ′   | /    /,:'                 ヽ

外交関係が比較的安定しており、内政力も高めな狂信受容精神と、ガイア移民経済を組み合わせて

狂信受容精神
国是:生命の播種 実力主義

という戦略でプレイしている。

割と安定して強いので成功だと個人的には評価しているが、如何だろうか?




安価下1 質問・コメントがあれば

365 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 02:26:33 ID:0AX8gRuk0
強いですね!
ところで「自由の避難所」は使わないのですか?
「受容主義系統である」「賦役の国是を持たない。」という条件で
「移住によるPOPの流入+15%」「移民への流入魅力+50%」という効果ですが

366 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 02:38:36 ID:PkAn6HfE0
>>365
『ありがとう!』

『三つ目には良いかも>自由の避難所』

『移民がゲットできるかどうかは運もあるから、二つ目には微妙。』

367 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 02:40:39 ID:PkAn6HfE0
では今日はこの辺で失礼します!

ご参加頂きありがとうございました!お休みなさい!

368 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 02:44:19 ID:0AX8gRuk0
なるほど……
お疲れ様でした!

369 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 02:45:02 ID:PkAn6HfE0
説明;ステラリスの国是はゲームスタート時に二個選択できます。技術開発を進めると三個に増えます。
ゲームスタート時に、生命の播種を取ると残りは一個で、残りの一個で実力主義と自由の避難所どっちを優先するかと言えば、
移民協定取れるかどうか外交次第他国次第で運任せなのと、他文明と出会うまでの最序盤は役に立たないので、
実力主義を優先とGMは考えています。

370 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 08:00:23 ID:Cbu9g4I.0
オツカレサマドスエ

371 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 17:43:27 ID:iFETb6t.0
ところで山田太郎と山本太郎って別人ですよね。

372 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 19:06:39 ID:0AX8gRuk0
山田太郎は自由民主党でサブカル規制に反対してくれてる人
山本太郎はれいわ新選組でなんかやってる人

373 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 19:07:02 ID:0AX8gRuk0
というイメージしかない(途中送信してもうた……)

374 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 23:00:06 ID:PkAn6HfE0
>>371
『別人』

『山田太郎さんは戦闘力53万(ガチ)の政治家(フリーザ様並感』

『山本太郎氏はさりげなくそれを上回ってる化け物(得票数約100万)』

『なお落選(想定内)』

375 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 23:06:14 ID:PkAn6HfE0
>>290
>「そのためには、『有能も凡人も無能も機能するシステム』を
>有能も凡人も無能も協力して作る必要があるでしょう。
      /:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::ヽ
     ./::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::V
     /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::,!
     {::::::::::::::::::::::::::/:::/:::::::。s≦i:i:A__/
   /{:::::::::::::::::::::/:::/;s≦i:i:i:◎:i:i:i:ヽ
  ./::::::::::::::::::::::/:::::::,!i:i:i:i:I:i:i:i:i:。s≦三ヲ、
  /:::::::::::::::::::/:::::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i,イ三三ヲ∧ \
/::::::::::::::::/::::::::::::::/i:i:i:i:i:i:i,/三三ヲ ,イヽ、\\
::::::::::::::::イ:::::::::::::::,イi:i:i:i:i:i:i,イ三ニヲiヽ}り  V ヾ、 Y
\:::::::::::::::::::。s≦i:i:i:i:i:i:7'T"|´!,ィソヽ ノ     |゙ヽ } .}
  >-ァ'7i:i:i:i:i:i:i:i:i:イ!´', ヽィ:::::!    ` _  !ノソ}./
    /イ /フ"´/ /|、ヽ ヽ.゙.` ´     ( _ノ /  /イ
    {././  / ./ ト、ヽ二二フ、_,.   <
  ./ ,イ  /  / {ゝヽ\__>-'"\_
 ./ ,! / { イ  {ヽ. \ミ={::::::::::::イ:::::::::ア¨V
 { {! /!、 ヽ !  ヽ、/!⌒::::、 ̄::::::::::::::::/:::::::::V
 ヽ Уヽヽ _>、   フ::::::::::i::::::::::::::::::/:::::::::::::|、
     `¨´  `¨T´V:::/::::i:::::::::::::::/:::::::::::::::|::V
           |::::::V::::::::i:::::::::::::|:::::::::::::::::}::::l
            .|:::::::::`ヽ::',:::::::::::|::::::::::::::::i!:::::}
            |::::::::::::::ヽ:',::::::: |:::::::::::::::i!:::::::)
             .|::::::::::::::::iヽ::::イ|::::::::::::::イ'"´ V
             |::::::::::::::::|ゝ、:::イ:::::::::::::/    .V
             .V::::::::::::::|  ヽ|:::::::::::/-ァ:'"::::::{
             .i!::::::::::::::| <:i!:::::::::::|:::/:::::::::::::|
             i!::::::::::::::|./::i!:::::::::::::i!:::::::::::::::::|
              i!:::::::::::::|::::i!::::::::::::: |::::::::::::::::::|

「そのシステムに、凡人や無能でもそれなりに使えるようにするために大事なのが」

「教育と言うわけだ(青並感」

「孔子も「小人道を学べば則ち使い易し」と言ってるだろう?(権威並感」

376 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 23:24:03 ID:PkAn6HfE0
安価↓1 見たい描写
・TS(求道覇道白青黒赤緑)
・アーッ!
・ヤンデレ
・SCP
・諜報(諜報枠、諜報試運転、偽メシア等)
・外交(外交枠、外交枠試運転、ローマ傘下国、受難の民架橋等)
・科学(研究枠、研究枠試運転、民間研究、ファフナー、ホライゾン、ドラえもん、スパロボV、性転換、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法)
・スカウト
・育成
・学園
・コミュ
・転生
・五色(色ギルド・五色の社交界・五色の立法府・五色の行政府・五色の学会・五色の市場・五色の諜報・五色の連合軍・五色の芸術・五色の庭園・五色の医療・創世道、その他)
・円環少女
・色派閥ゲー(色宗教戦争ゲー、メガテン派閥ゲー、没落だらけのステラリス)
・戦略調整センター(史実、世界樹の迷宮、四度目、Re:Monster、Mtg、幼女戦記、シド星、スパロボ、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法、円環少女、禁書、リリカルなのは、FGO、ナルト、ネギま、白、青、赤、黒、緑、信長の野望 スパロボ、プリティベル、海戦、密集分散、予備兵力)
・未踏世界調査(ブリタニア帝国記、ハリー・ポッターと野望の少女、影の実力者、カルチャーショックDD系、皇女戦記等)
・文明種族育成(ナッシー進化、属国作成、等)
・ボウケンジャー(試練部の不思議なダンジョン、ヤドノキの塔、工場魔方陣、冒険者料理、グリードアイランド)
・多元宇宙食料事情
・進行中(SCP転生)
・黒赤VS白
・赤緑VS青
・ステラリス新環境

377 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 23:24:37 ID:0AX8gRuk0
・ステラリス新環境

378 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 23:25:29 ID:iFETb6t.0
重度障碍者2名をどう見るかよね、ほんと。
的確に痛いところを突いたたのはわかるけど、突いた後何をするのか正直わからない。
とりあえずこんなことやられたら特別枠消しにくくなるな。

379 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 23:27:50 ID:PkAn6HfE0
>>378

         , - 、,  -‐r    ‐-.、
        ,イ ./          ハ
        / ./    /  // ./ .!ヽ
.       / ./  / ./  //./ / / i、
       /イ/  /  / // /イ'  .!  !',
      (' /  /// /、_ 、 /イ ./!   !j
       {(、_/イ ,'  {、.`⌒゙ /.、_ jイ. !|
       .) 77´ {  i、Y    , `゙Y//ル
      /'^´Yゝ、ミx、!リ  `  -  ,!イ/
         ヽ: /へ>    イ_/'x──‐、 __
        斗r<:::::::‐-,-<゙爪(Y')ノ {     }-、`!
. __  ,x ´-<´:::\:::::/╋v\、_. ∧     /= イ
  マム ̄{::::::::::::::::::::::::::`:´:::::::}`´::::::\ `¨¨7'ニ´.ノ
  マム. ',::::::::::::v:{ニニニ}::::::|:{:ニニ}:∧  .{、-_i'ノ}
   マム. ',::::::::::::',|:::::::::::::|::::o!:|:::::::::|:!:::`、 .{ ̄::::: |
   マム. ',::::::::::::i!::::::::::::|::::: i!|:::::::::|:i!::::::ヽ.i!:::::::::::i!
    マム. ',:::::::::::|──´::::::o!`─´::|:::::::::/::::::::::::i!

「介助者居るよなあ?」

「さて誰が付いてく?」

380 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 23:30:08 ID:iFETb6t.0
介助者名乗るならせめて資格とるぐらいの大義名分はほしいですよね。

381 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 23:40:14 ID:PkAn6HfE0
                               __
                         ,...:-:;:;':;`:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`:;:;-:.._
                       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
                      /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
                      /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;。:;:;ヽ
                     ,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;o:;:;:;:;:;:;:;:;,
                     /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
                    /_ --―――――――― 、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
                  / , ' '  ̄`/ー  丶,  - '¨、\ヽ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
       .---  ___      7 /  / ノ// .l i   |     `  \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
      /       ` - ___ 7イ / {====ミ\\  l , ====ミ .l \:;:;:;:;:;:;:;:;:ゝ
     ./   :     .    ∧ ト / i       ` \|       }   ̄ T ̄ヽ
     /    :      :    Λ'   、               / ,/   i  、-`ー
   ./     :     :    .Λ  . t` 、      i       /ィ // j .l ミ \
   /  :    :      :    Λ  、      ------v    / .,   / .}ミ \ー`
   |   :     :      :    .Λ  、     ::::::::::::::::::}  / イ  / 1/ミー `__
   .l   :    :      :    .Λ\i≧ 、   ` _::::::ノ  ィ .l /  l
   ∨  :    :      :   。 .Λー /____ ` t   ___  ' _ -}  レ ト,  |
    .∨  :    :      :  ゜__Λ    .-|       ノ` 、 / \
     ∨  :    :  ゜。  _ - '´    __t '  乂   _、‐''   ` -, _____
     ∨  :  。  :_-=-<    _ ー/ニニl ◇ r `v' 、  ◇   /ニニ/ー 、
      .∨  :  o/;;;;;;;;;;;;;l   / / lニ/ {  / Υ ヽ   //ニニ/   ,
       ∨  : ./;;;;;;;;;;;;;;;;}  /  l lニl `- '   ┛┗  \/ ./ニニ/    .,
       .∨ /   ゝ/ ¨ `-, ヽ l |ニ|,     ┓┏     .lニニ/      ;
         `    /  _/ `¨ー'、l .lニ|     l o       .lニ/       |
             {  __, - ¨` '、l lニl_______  l        lニl /      .|
             {_    , --- }.|ニ/o __l  l     「  ̄ |ニ./       /
               {_   __ - 'ニl    l  l o    | --  l /      イ

「GMは、というか重度のファンは」

「アップデートとDLCの区別がついていないらしいw」

「というわけでDLC含めた現環境で新しい要素と言えば、やはり遺跡発掘だ!」

382 名無し-Red-市民-2 :2019/07/22(月) 23:43:47 ID:iFETb6t.0
うん、わかるは、ステラリスとEU4とCK2はそんな感じだ。

383 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 23:45:20 ID:PkAn6HfE0
.                         / ̄ ̄\
.                      / } 〉(__)〈〈∧
                      { //_)___(_人∧
                      { /{ニV/ニ\ハ       /⌒>-------------
             ____/⌒l{ { { 〉 {_  }l∧}⌒} ̄ ̄/        ____
           /}ノ }__// / \.八{ \'天/ニニ}} /  /        /三三三三三
          /\__ノ⌒\\\\ニニニニニ}./ /      . <⌒\三三三三
          /三三`>。.    \\\\ニニ=//     . <三三 \  `¨¨¨¨¨¨¨
.       /三三三三/´ ̄`>   /⌒} /{∨}//n_}_fフ<´三三三三ニニ`>ー───
     /三二二ニニ/       /)/⌒}ノ////n //./{ /{(ノ/⌒フ二ニニ∩三三三三三三三
    /三三三_∩     _///{_ノ}-{ { /// {  /(/ / /{/) }  ノ⌒(__〉 二二⊃三三三三
   /三三二ニ//} {\  /7ノ-〈___/ 人//イ=== {__/ {___/ くノ}ニ//{  ⌒\三三三三
.  /三三ニニ=厶イ ∨ } /{三O    //ー────∨ /___{_{_}ノ__.{ {人_ \\}三三三ニ
  {三三三ニ└ァ  ∨(//三三\r=イ_|_______|__∨三三三三三人___)/{/三三三三ニ
 ノ\三三二ニ{ { { ノ三三三ニニニ| ̄| ̄f王ハ   |  |三三三三三三三三三三三三三三ニ
 { \\三ニニ{人人二⊃ニニニニ/⌒\スノ___|_∧三三三三三三三三三三三二ニニ/


新要素を語るには、まず「今まではどうだったか?」を語るべきだろう。

それにあんまりこの辺説明してこなかったしな。

ステラリスでも研究者は当然青だ。ただし、研究者は象牙の塔で研究を進めるばかりではない。

ジェイスさんがしばしば脱走してやらかすように、

未知の星系に突撃し、、「アノマリー」と呼ばれる興味深い未知の物・現象を調べたりするのも研究者の仕事だ。

今までにもこうしたアノマリーや、アノマリーから派生するプロジェクトを研究者が調査するというギミックは存在しており、

その中にはサイブレックス等の先駆文明の遺物を調査するようなものもあった。

384 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 23:49:34 ID:PkAn6HfE0
         '.;;;;/  /           |
.        ∨ ./         |
.         / .∧.           |  _   -―‐‐- .
.      /  /   ,           |''"´         ``丶、
      /  /    '.          |               ヽ
.     /  /     |:..        |                 ' 、                  ,/
ミ:、  /  /       | :        l  ,ィ:ニ王王王王ミ:;、     ヽ                  ,.ィ'/
圭ミ、 /  /        ! :.       レ彡"´::::::::::::::::::::::::;:::::`:ミ:、    '.             ,.イ衫'
;ヨ圭/  /       { :.      l:´!::::::;:::| :.!::::::::';:::;:::';:::::::::\   '.               _,.ィア亥'
圭;/  /;、       l        l::.!:::∧:.!:::|:::::::::.!::l::::ト、::l:::::::lヘ、  }            ,.イ圭圭/
ゞ/  /圭ヽ、      .!        l ̄≧、:lヾト、 ::::.!/ヘ,z抖:;:::::l:.!ヽ i        ,.ィ衍圭リ㌢
;/  /圭圭兮、     !        l /,ィ衍抃ヘ'ヘ::::} ;抒ミ、リ::::/:::;!::| l      ,.ィ從圭圭ア
'  /圭圭圭;圦    ,:|       |' 《 i:r從! ヾ、∨ ir街 》l:/::::;':::;l /    ,.ィ彡圭圭圭從ァ'´
 /`ミ赱圭圭戔、_/∧       ト、 `込ソ      込リ, /'::::/!:/:l':!   /圭圭圭ミリ㌢''´
./  ー=ミ圭圭ミ/  ! i        .! i\     __'    /;//:':::/;;|  .,'圭圭圭≦zィァ'´
'       `ゞ圭/    ! i       i 〉``   /ーi   ´/:::/':::/|;;;;|  /圭圭圭㌢'"
     -=雫{    : :      ' ∧ ̄ ̄l〈___.ノ  ,.ィ´l :::::::/ .|;;;;| ./圭圭≦,;ァ''´
        |    :. :       |::|;ト、 ̄l、 __ イ;:ヘヘi :::::/\i;ヘ!,衍圭;㌢'´
        ゙,     ヽ       |::|;;〉i  |ー'゙'―ヘ-`!l:::;イ `>' ,.イ從㌢'"
.           '    `        ヽ|/、 `ー゙iー:l ヽ゚i. /:' ! / ,ィニ三三ヽ、
            ,ゝ.              ゙l'  l'  .!'/i、 | ト-:、 '〈/ヾ、三三三ニヽ、

ステラリス銀河は、それこそリリカルなのはめいていくつもの文明が興亡を繰り返しているらしく、

「ロストロギア」的な滅びた文明の遺産も存在している。

あるいは、ロストロギアというほどではないが、古戦場とか、かつて何らかの施設であった遺跡とか。

それらを調査すると、まあ色々なメリットやデメリットが得られたり得られなかったりするわけだ。

この辺の滅亡文明のフレーバーを楽しむのもステラリスの魅力である。

・・・とは言え、既存の遺跡調査には少々問題があった。

「メリットが微妙」「フレーバーが希薄」なことに加えて、「読み返せない」のだ!

385 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 23:50:46 ID:PkAn6HfE0
>>382
『だよねーw』

386 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 23:52:12 ID:PkAn6HfE0
           -z‐======xx、、
        --≦州洲州州州洲州ミヘ
        ,ィ州l州i洲州i|l洲州洲州ト、
      フ洲イ州州洲ト州州ヘ洲州州li,
      ,州洲州州!',州iili|リll寸>i州州li
      /州州i ヽiリ Ⅷリノi ゙K洲リ洲トリ    ⌒☆
     ,イ洲从fてY    /  i洲爪ミ洲
      ,=州洲弋ヌ      ̄` ⅧうⅧliリ
    /三ミル⊂⊃         ⊂⊃州iⅤ
    ム三三マ,ハ  ヽ _jフ)    洲州レト
   ゙ミ三三三ミ> ___, <'リ/i/三ム
     \三三三ア`ー=v=一 ´三三三三ム
       \ミ三三三込i圧三三三三三三ム

『ステラリスはターン制じゃないから、色んなことを同時平行リアルタイムで操作しなきゃいけない』

『その時、アノマリーの調査結果が出ました!とか急に割り込んで言われても面倒で読み飛ばしたくならない?』

387 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/22(月) 23:57:24 ID:PkAn6HfE0

     >===≡≡≡=\
    ̄ ̄州州Ⅷ州州八州lil丶、
    /州Ⅶ∧ⅦWW |||||. 圭ヽ
.   /. Ⅷ|||!!!__ ', -可' /| |州/
.   | ||| |ヘ|ゞ} l   u./州ヽミ
     i ∨',  -==-'  ,. イミ_
.     \  ゝu.   /_x┴二|__,
         _>イ ̄ ////////ヽ
         〉-.Y' r////////|////ヽ、
       ///ヽ<////////|/////ハ7\
      く/////o///////////////////\
.       ∨∨/////////////彡彡  .*//.\
.       ∨∨/o/////////∧  彡.//////
.        |/||/////////////. ヽ<て//////
       //リ//o/////////    .//////
     ∠///|////////////..    //////
   ̄7///////o////////|    //////
ヽ///////////o/////////||    〉ミミ=/α
 |/////////////////////||   ゝ-、 F'

『で、最初に見つかった奇妙な物体や現象も』

『調査結果も、何もかも忘却の彼方で』

『サイブレックスって何だっけ?とかに成りかねないわけだ!』

『背景設定そのものは面白くても、これじゃあ楽しめないよね?』

『また、実用面は微妙なものが多かった』

388 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 00:20:48 ID:k1EnmQYI0

                                 ___ミ、
                                ,ィfil州l州从}z=‐、
                             xィ州州州州i州l州lミx
                          ー=≦州州州州州l州i州l州i
                          ィ州州州州州州州州州州{!
                         〃i州i州l州¨Ⅵ州l|刈Ⅵ州l州l、
                           |l}l}}i州l从_z乂|.z≠z|州}从
                          Ⅶ州刈ミ〈ヒリ  └゙‐'从{リl{
                               乂Ⅵ从l从  r′_ァ _..イj{〉_ノ〉
                              乂_. _>:..r‐<:::::/..::::¨}
                               、__>、:::|::::::::/:/.::::::::{|
                                 乂::::::::::::o::::::::::、:::::::::::从| .ハ.ハ ハ:jlハ
                              〉:∨::::o:::::::::::::::\:::::r从ノ :| .|{ |┘j
                               |:::::|::::::::::::::::::::::::/ ∨.:::::|乂__,ィ ¨¨′
                             r.イ:_:::|::o::::::::::::::::/  .}::::::::>--:{
                              }ミ::::::r'::¨o:::::::::::::::::〈   }ハ::::{⌒ヽ::〉
                        r.,v‐f¨}`ー〈::_::_ノ:::o:::::::::::::::::::::/     .}从
                        └ヽ┴、} ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::乂_
                            乂:::::::__:/:}:::::::::::::::::::::::::.∨
                       ⌒)´::::::::::::::ノ::::::::::/: ̄`:::{
                          /.:::::::::::::::::)>、::::::::::::::::::::..\
                      __/..:::::::::::::/    \:::::::::::::::〈⌒
                     、_)::::::::::::::::/      \::::::::::∧
                     〉::::::::::::::/          ∨.::::::∧
                       /.:::::::::::/´           .}_:::::::::::.\__,
                 _r‐:'::::::::::::/              ヽ:::::::::::::(__ノ〉
                 ∨:::::::::::::::_〈                ∨:::::::::::::_(
                _(:::::::::::::/                    ⌒)::::::::::人
               /.::::::::`-‐ノ                    乂ト::::::_::〉
                辷三二三j                   乂_:\_>┐
                                           └==ニニj

『この辺をなんとかするために、作られたのがDLC エンシェント・レリックで』

『「後から調査過程を読み返すことのできる考古学調査」ができるようになる!』

『発掘には長い時間がかかるけど、後から読み返せるからストーリーを忘れても問題ない』

『宇宙に潜む未知を思う存分堪能できるわけだ!』

『たとえば、シュラウドがどのように形作られたのか、とかも発掘を進めれば明らかになる!』

『気になる、気にならない?』

389 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 00:22:05 ID:N.7LGGjg0
ゲームに小説が付いてとても素晴らしいですね!(青並感)

390 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 00:24:43 ID:k1EnmQYI0
                   _ ,. ,-‐ ニ二  ̄ ニェュ ,
                    ,.ィ´                    `丶
                ,.ィ´                       ヽ.
               /                       ',
            /                         i
            ,'       , '                 ',     .l
             l     /        !             !     !
            l.    ,'     i   l   i       i    l
                Ⅵ.   '    ハ从  l   i .ィ仁ュ   リ     l
              Ⅵ .l   〈!i弍ヾゝ.!  /レi仍心ヾ! ,'     リ
                  ', !∨ l .!{.ヒj)リ レ'  ,i込少.ィi ./  ,' ./
                    ∨i. ∨ヽi `ー''’        レイ  / / ̄'.,  _
                 .ィ‐ハ   ハ    `       ハ   /. /   /ヾ ',
              i   ∧   ! ハ.、   -‐    .ィ’i   / , '  , ' /  `'ヽ
              ハ  ∧ iヽ! i>  ._  .,.’イリ /iィ    , '     i
                / ∧   `.ヽ.  i i Ⅵ三三三ソ., ' .,ィ    /    > 人
            /   `ヽ.  ヽヘ  ! ∨:',i三i三ソ, ' , ' l  /  .>'´    ' ,
           .ィ'’.     `ヽ. ヾi i  ヽ. ヾ三i/ /  l´`!-‐'"        ヽ.
         _,.ィ’ _        `ハ.ソェュ, ヽ.`.´ /   `'.ィ,            ヽ.
        /  __ ̄  二 ─  .ア.i  >>.  〉‐〈  <<  i `i・.、           ヽ.
        }' ¨ -‐、ー、‐ - ‐ '"人l_.j.ィュ. ̄ヘ/イヘ.\ ∧   l   i  `・ァ‐-ュ _     ヽ.
         /  .ィ´  `'ーァエ;仁,'  ̄ { . ¨`ヽ, 〈`/  ',´ >〉 ,、.',   il ソ´ >'´ `'ー - 、 i'
       i   i     /./ ' /  r'・、`'・、ッ', 丶 O .ィ < / , iヘ  i.i、 .ィ’        ).!
        `i・i.、_  〈 〈 , ,'  ,r・、 `丶  .ヘ   /`丶, ' l/ ヽ' /, '`'・、     , ' ´
        l     ̄`'ー.,_  / `' 、`'・、ッ, '  `i .l r -‐─ァェェュ、リ-<    ヽ. ,.ィ´
         l        ! i `'・ ,ヽ ソ       _j. l/  ̄j   ヾヽ、 ヽ  _,.ィ´
         l           i l!    `l7’、 ,._  `'ーァ/ .ィ'´アヽ.'´ァ ヾヽi .i,r'´
          l i!       i l    i     ̄|「二lirュr.'´.ィ´ヽ,.ァ  >''"

また、遺跡発掘には非常に長い時間がかかる。

旧来のアノマリーはその気になれば序盤に全部調査を済ませることもでき、

故に中盤〜終盤では研究者が暇をもてあますことも多かったのだが、

遺跡発掘は序盤からはじめても一通り終わる頃には中盤になるくらいの長い時間がかかる。

そんだけ科学者も暇にならずに済むわけだ。

そしてゲームバランス上、このように大量の時間がかかるイベントならば、

報酬を大きくしてもゲームバランスを損ねずに済む!

故に、フレーバー的に楽しいだけでなく、

旧来のアノマリーやプロジェクトよりも考古学発掘の報酬は大きく、文明からして実用的でもあるのだ!

391 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 00:25:08 ID:k1EnmQYI0
>>389
『だね!』

『シュラウドのネタバレ要る?』

392 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 00:26:51 ID:N.7LGGjg0
興味あるー!(青並感)
実際邪神降臨すらあり得る物は気になります

393 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 00:31:00 ID:k1EnmQYI0

ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ノ';';';乂ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ(⌒´
  ゞヾ''(⌒ヽヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾイ'; ;';'; ';'';'; 7^/';';爻へヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''ヾ''シ⌒´
             `⌒⌒^ー〜一=彡⌒ヾ''爻爻'; ';';';';';爻ノ,爻(   ⌒¨⌒^^¬ー=彡⌒´
                            ー爻廴爻';';';';';爻シ
                           }爻爻爻'; ';';';';'i     _
                        _        }爻爻シ'';'; ';';';';j   /--\
        _         _r||____   _爻爻 .;;.....,,:'';';';{:___|目.:|
  _ , 〜 ,,:',,:',,:',,:\    _、‐゛: : : \: : : \ _爻ノ^爻爻'';;;;,,;;;,'\:__|  .:|       _「i__r,
,,:',,:',,:'(,,:' ,,:',,:' ,,:',,:',,:',,:')   |否否否否「 ̄ ̄ |爻イ;;; ;,,:' ,,:' ;;;,;;;/ ̄iiL|目..|_\__/\: : : \
`ー=彡⌒ー=⌒ヾ;く   |―――― / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄: /^\ |  |: :〉'__ ̄:.:/|..丁
  _r''⌒<,,:',,:',,:',,:',,:'(沁   |  | .、' /____/_____:/ロ ロ ロ \/______/\....|..::|
(,,:' ,,:',,:',,:' ,,:',,:'⌒寸洲从へ|旦|   |旦 旦i| ロ  ロ  ロ | 旦旦旦  |目目目 |i    |....|..::|
 `⌒ー=彡   ,.へヾ洲心|  |  r=======| == == ==,,|======== |========  ..|....|..::|r,_r,
: : : : : : : : : : (,,:' ,,:',,:',,:寸洲|  |  =|    |    . .|/|//|ロ __   _/\__\ ロ ...|....|..::|===〉
:: : : : : : : : : : : ::  ̄ / :',,:' , |  | = | i⌒i;;;;,|, . : : : : : : :|/|o/|イ:仝  |: ロ | ロ..ロ|  . |....|..::|ロロノ
'⌒^⌒ー⌒^ ̄⌒^,,:' ,,:',,:',,|_| _-=---- 森旦:. : : : : : :|/|//| ̄王  l 旦 :|........ |  ロ |....|..::|二 ____ 〜 ^
,';';';'; ';';';';'; ';ノ,,';';')ニ=- '' _ -=二二=-  =====-}..旦..._/|三三三三三三/ :|........ |  . ..|....|..::lニ=-   |__爻爻
';'; ';';';'; 'ニ=- ''  _ -=二二=- ||_、‐''| ̄ ̄ ̄:゙| ̄``〜、 \______,/___|__.旦l_ ,,.. -‐=ニ二|    |―\爻
ニ=- ''  _ -=二二二=- '' ||_、‐゛_-_-|;;;;,,  ,,;;;,,|      \川州洲洲|____|____|__|__|――|爻
 _ -=二二二二=-'' || _、‐゛x=ミ_-_-|;;;;,   , ; ;| ̄ ̄\__,/\i// \____  _〉:\,');``丶、へ ̄:.\
二二二二rミ_| ̄ ) イ-_-_/⌒ヽ∨-|;;;;;;   ; ; | ̄ ̄ト<__/  ト、|/ |ロ ロ ロ /|トr |―=\\';';';';';';\``〜、\

そうした遺跡発掘報酬の中でも、とりわけ実用面でもフレーバー的にも美味しいのが「遺物惑星」である!

これは先駆者文明が残したエキュメノポリスの成れの果てであり、

かつてのアーコロジーを切り崩して希少な資源を得ることも、

アーコロジー遺跡を研究して研究力を得ることもできる!

また、十分なリソースがあればアーコロジーを修理してエキュメノポリスを再建することも可能だ!

そのまま使っても強いし、エキュメノポリスにしても強い!

また、背景もBGMも遺跡感漂う惑星に移民するというのも、フレーバー的に乙なものである!

既知概念で言えば・・・世界樹の迷宮を解き明かしていく感覚にやや近いだろうか?

394 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 00:32:13 ID:k1EnmQYI0

                      -──-
                  ,  '"´            `丶、
              /                     \
              /                      ヽ
           , '                         ',
.          /                  ',
         //     /   ./         ハ
.        //     l:   ,'        /         l
                ハ   !       /   |        |
        | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|
        |       !.! ヽ/l       //    .|       /
           ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
          ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /
.        l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'
.        |       八  ヽ         ̄l   レ'     |
                 ヽ   、 _.       ,'   .,'        |
        /         \ / r/ヽ     /   ハ ,'
.        厶イ八 ハ   ハハ /-‐´ イ≦ ´ /   / V  /l .ハ ',
            ,ヽ! .\, イ   ^ ‐---- 、 イノ/   ヽ/ j/ ヾ、
         |  ヽ, ´       ^ヽ‐--r >       ヽ
            |   ヽ,         \./ /         ヽ
           |    ヽー────‐、 ∨}      _,,,... -‐ 、
          |       /       \\,..   ./      ヽ
          |       .i         ー─'   /         ヽ
          |       i       /   __./          ヽ

「実際楽しいと思わないかい?」

「本物の遺物惑星を調査するのも面白そうだし」

「あるいは偽装遺跡の大規模版で、偽装遺物惑星とか作るのはどうだろう?(青黒並感」

395 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 00:32:54 ID:k1EnmQYI0
>>392
            , <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
            ,r : ´: : :/:.:/: : {: r、: : : : : : : : : : ヽ: : \
         / : /: : :!:./: : : :l: ト八: : : : : : : : : : : \: :\
.        /: :/{: : : : l/: : : : ハ: !   \: : : : : : : : : : :ヽ: : ヽ
       /: : : ′ : : j!: : : : : !: :l     ゝ : : : : : : : : : : l: : : :\
         ′ : i! : l: : ′: : : : j j!i ," ̄ \: : : : : : : : : ! : ヽ 、:\
      ,: i: : : l: : : : 斗―- イ/,j   彳示ヾァ 、: : : : : l: : : :\\
       !: ! : : : : : :´j:/ムメjノ乂     '乂。:::::i '  j: ハ: : !: : : : : :\
       Ⅶ : l: : : : : :イ乍:::::ハ         ヾー′ /イ: l: ハ: : : : : : : ヽ
        Ⅵ: l乂: :∨:ハ ぅz;リ  ノ       _ノ´/: :i: ! l: : : :l{ : ヽ
        ゝ: : : : : 乂  "                ,: : : : :Y: : : : :ト,: :
       /: : : : : : : : `ー     _ = - 、     !: : : : :j : : : : i ヽ:
.      /: : /j: : : : : : ∧      V   j     !: : : : ;′: リ: j  ∨
..     /: : /イ: : : : : : : : :ヽ     ` ー_ ′  ,ィ: : : :/: : /从 `ヽ
     ,′:/ {: : : : : : : : : : : : :>  .,      /人: /:. l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     , : : '  i: : : : :l{ : : : : : : : : : : : : `r= イ/ ∨ .:.: jl:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      l: /   !{: : : :ハ: : : : : : : : : : : :/{! /   /:. /{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     i:{     lト : : i  ヽ: ト: : : : : :/⌒>!ヽ  /:.:.:.:.:ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     {!    ヽ\ !   ヽV ̄ ̄>/ f   ヽ} ′:.:.:.:.:ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
               `    /:./:.:/:.{l/ l   ハ/:.:.:.:.:/l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                   /:. l:.:.:}:.:. i{  j―v /, :.:. イ_|__{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
   _           {:.:.:レ/:. ∧ // レ ′ / :. ヽ{/ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  / iヽ      _    l:. /:./:.:/  / / / :. / :.:.:.:.:.:.:.: ヽ}:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  !  l ,   / !     レ /:. イ / /   ′/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  レ、}  ! /   /   /:.:. i ハ/ /   l:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  し ′´∨  l    ,′:.:.l/  { /   イ{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

「OK!では語るとしよう!」

396 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 00:34:04 ID:N.7LGGjg0
古代遺跡はロマン

397 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 00:36:11 ID:k1EnmQYI0
                  ___
               ,. :´_:_:_:_:_:_:_:_ `: .
               .ィ≦ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧、
             /:{/「二二二二二二i }ヽ
             |/{/L_______jトト、i
             jイ{ニニニニニニニ二}: !
            /:|: :i: :/ /レj/|/ -- ミ: |: |
            /: :|: :V:レT T   T T ミ: |: |
            /ィ: :|: :.ト| ゝ'     ゝ' j/: :|
             j:从: |込       ィj/: : |
           __/   {{ ≧=--=≦ j从ハ!、
           | i  { ./  }-} //  /    \
          ./{  ',  V  .|-レ/  {      } }
         / .乂__{   ヽ/    ヽ/  ノ /
        γ  /     |        ハ____ ∧
        {  〔    ノi        {   ∧  ∨
        ゝ- J   /         / ヽ   ∧  ー、
              乂  ヽ ..      }    }   }
             /  ト、          ノ}     ー、__ノ
              /  {  ー―― T /
            \__j     j _ ...イ
              i `ー―i´ |   /

当時、ズィロニと呼ばれる超能力種族が居た。

彼らは完璧にゲシュタルト意識になるほどではなかったが、

それでも超能力でお互いの精神を接続してゲシュタルト意識に近いものを形成し、

また超能力をもって快適に暮らしていた。

しかし彼らは、超能力を高め精神を統合した結果として、

後にシュラウドと呼ばれる領域、その原型にアクセスしてしまったのだ!

398 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 00:36:38 ID:k1EnmQYI0
>>396
佐々木王「ロマンだよね!研究班諸君ほどじゃないが、僕も青交じりだからわかるよ!」

399 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 00:39:49 ID:k1EnmQYI0
                              _____
                     __-‐=ニニニニニニニニニニ>、
.              _-ニニニニニニニニニニニニ二二二二\
         __-ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
           〈ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、
          ∨ニニニニニニニ=-――――――-=ニニニニニニ、
.           ∨ニ二>‐''"                _,ヘ‐ニニニ, '
            ヽ''"      __----―――-- _ 〉真7 `'ー/
            ',    __ィ〇-ニニニニニニニニニニ=- _ /
             ヽ,.<////////>-ニニニニニニニニニ二{}
.             ノ .l///////,.イ/////>-=ニニニニニニ二二',
              l//////////////" ̄ニ ‐=ニニニニニニj
             |'l///////イ//// ヽ  {ッヽ ヽ ̄ ―-- ィリ
                l/////,.'イ////   ` ー―‐ノ=‐-イソ `j//!
              l'//////l// ソ           Vーイ//リ
     ____     l//////l/i              / ////
_-ニニ二二二二=-._   .!//////!                //,!
ニニニニニニニニニニ-__l////lV{  \     ‐ ニ7  / l/l
-ニニニニニニニニニニニニニニ=-_ ヽ  、       .   j/
ニニ=-- __ニニニニニニニ>-‐.ヽ     _   /  ノ
二二二二二二二ニ=- 、二二二二ニニニ!ー- 、_/ニ==- _
ニニニニニニニニニニニ=‐-、二ニニニl>、 | l>、ニニニー==ニニニ= 、
ニニニニニニニニニニニニニヽニニニニ!.  Y   !ニニニニニニニニ/二ヽ
ニニニニニニ>'"´二二`"<二';.;.\ニニト、 l   lニニニニニニニニ/ニニニ、
ニニニニ>'"ニニニニニニニニ=-\;.;ヽニ!ニ>、.l二二ニニニニニ/ニニニニ、

ローマ的な既知言語で言えば、夢界へアクセスする邯鄲法を見つけてしまった、というのが近いか。

彼らはシュラウドの中に物理的に入り込む方法を見つけ、

またシュラウドの中でなら現実世界よりも容易に現実改変を起こすことができ、

シュラウド経由のFTLで空間を容易に超えられることを発見した。

彼らはシュラウドの中を自らの楽園に作り変え、

またシュラウドを介して遠く離れた星星を旅し、時折現実世界での止まり木として入植地を作った。

ここまでは彼らは幸せだった。

400 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 00:40:43 ID:k1EnmQYI0

        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「さて問題だ」

「シュラウドの中でなら容易に現実改変を起こせる」

「ならば、そのエネルギーはどこから来ているんだろう?」

401 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 00:47:22 ID:N.7LGGjg0
シュラウドは精神的で超能力な領域だから多分阿頼耶識の類いですよね
だとすると底にはアザトースが居てそこからエネルギーを汲み出してるんですかね

402 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 00:49:02 ID:k1EnmQYI0
>>401
           _......,....-‐――‐-....._
       ..:.:.'"´:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー.、
      /:.:.:.:.:.:./: ,:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     ./:.:.,:.:.:.:.:. /:.:.i:.:.:.,:.:.:.:!:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:./:.:.:':.:.':.:,':l:,':.:i:.:.: /':.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:',
    .':.:.:.l:.:.:.l:.:.:i:.l:.:l:!:.:ll:.:,' ',:.l',:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:. l:.:.:.:.:.:.l
   .l:.:.:.:l:.:.: l:.:.:l:.l:.: !-―'‐- ',:!.',:.:.:.:.:.l-‐.,―l:.:.:.:.:.:.!
    .l:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:l:.l:.:.:.:.ハ/  __ ! ',:.:.:.:.! __',:.:.l:.:.:.:.:.,'
    !:.:.:.!:.:.:.:l:.:.:l ',:.:.ムテニ=ミ、 .:.:.:.:,ィテミヽ:l:.: i:.:ハ
    .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:l: ',:.:', lr'{::::} |  ヾ/ l.{::}.!.'`!:.:l:/:.:i
    i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.',:.',:. ',弋辷ソ     ヒ.ソ  !/l':.:.:.i、
    l:.:.:l:.:.:.:i:.:.:.:.:.iヽ:.:',       ,    .,:'':.:l:i:.:.:lヽ
    }ィ:::i:.:.:.l:.:.:.:.:.:',::.:.:.:,    _      /:.:.:.:!ハ:.:!
    ':,:.ハ:.:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.,、     ̄  .:.':.:.,':.:.' !:.!
   ./' }' l::.ハ:.:.:.:.:.ハ:.:.: ' `    __..イ:.:.:./ソl/ }/
      ,'  i:.i 、:.:.:.ト:.:.ヽ:.:.',    i:.:.:.:.,、〃  ' . /'
       !:'  ヽ:.:.',ヾヾ.,ヽ',   ',:∧' ヾ
           ヽ:.', _ノ  ヽ   `ー.、_
         ,.-‐::く´  _ __  __ _ ヽ::`ー...、
       /::::::::::::::ヽ           ヽ:::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::、::::ゝ-'´ ̄`ー'´ ̄`ー'´ゝ::::、:::::::',

「根本的にはそうかもね」

「だが、直接的には、精神主義の極地たるはずのシュラウドも」

「実際には極めて物質主義的なものだった」

「つまり、【銀河中心のブラックホールの質量からエネルギーを得ていたのさ!】」

403 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 00:53:23 ID:N.7LGGjg0
なるほど超能力ならブラックホールから吸い出せてもおかしくないですね
でもそれって銀河がヤバい気がするんですがw

404 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 00:53:58 ID:k1EnmQYI0

   ,、-,、
´,,r'´,,、'⌒'ヽ,
〃/〃,r'⌒`ヾ
!il! i,l',l'i,      ,'´",,
i l i!i  /'⌒`' 、 ∵'`,
,i i i!i. ,l'〃,、-,、 ヽ,,
, i i i!  .,i! i'r'~`',ミ  ヽ,
 'i,i   .'i, ,i〃´`  'i, ', , '_ :
  ':,  'i,' i,'i, ( ) i  'i, ,'l), ;
      'i, 'i、、   i   !  il 'i,
    :' , 'i、 、`ー''" i ,i  'i,i'! 'l,i
   ∵ ,' , .'h、 `-,、,,ノ ,i! ,li li i!|
  :'', '. ・  .`-,、,,_,,,ノ ,l' l!i! ,l'i i!
               〃ノノノ〃
          `ヾミニ三彡'"彡"'
          ヾー-_-三_'ノ'

銀河中心ブラックホールの質量は極めて大きい。

何しろ銀河などというものを振り回すほどの質量なのだ。

だがそれでも無限ではない。

ズィロニたちが好き勝手に現実改変を行い続ければ、いつかは枯渇する。

この事実を踏まえて、ズィロニたちは二派に分裂した。

「神性派」は「ブラックホールが欠けるからどうした?無くなったら次の銀河に行けば良い。宇宙の銀河を全て食い尽くしたらシュラウドの力をもって異世界勝利を遂げればよい!」と考えた。

「救世派」は「自分たちのために世界を食うなど許されることではない!シュラウドの外でも十分我々は幸せではないか!」と考えた。

そして救世派と神性派で内戦が勃発したのである!

405 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 00:54:34 ID:k1EnmQYI0
>>403
救世派「ヤバイだろ?だからもうシュラウドからは手を引くべきなんだよ!」

神性派「銀河が滅びたとして、だからどうした?」

406 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 00:59:07 ID:k1EnmQYI0
                          >ゝY / イ )/レ}ヽト、
                         / /      -=彡 ノ} 〉
                         } il /{ノl_ノ/r. :::<- _, >
                        /イ {::V::::::::::::::::ヽ i::イ_/_ 丿i
                       八  ):::l:::::::::::::::::::lゝ}::::7   ノ
                      {ゝ_ソ {::::_o>::::j::{:ゝl芍:::::レ ⌒> ノ
                   __   ト  i kl::::::l::::::/ヘ:::::li:::::::/ィ -=ミ
               _,..::::::/_/::) _....:::::フ:::::::::::___:::::::::::::::::::/ ゝ-、
            _,...:::::::::::::<_,:ィ::::::).: イ`-、li:::::<_-_=`_-::::::::/ (⌒
          _,ィ7::::::::::::/:ゝイ:::::::::.ヽ_  {Vム::::::::::::::::::::::::::/_,-z ゝ
        イニニi:::::::::::::::::::::::/  ̄    ゞゝ',:::::::::::::::::::::/_ /
     /ニニニニ/:: イ  ̄/       \//\/l≧::::-≦/ _ ,ィ≪
   /ニニニニニニレ     ゝヘ       ≧///ハ::::::::::::::/≦/////≦
 /ニニニニニニニニト 、    r_ ゝ         \///\V///////≫
ニニニニニニニニニニニl      \V ===---/ llニニニ≧=-彡'ニニニム
ニニニニニニニニニニニil      ヘ}ニニニニニニニニliニニニニニ||ニニニニ//ニニ= _
ニニニニニニニニニニl´     /ニニニニニニニニニニ liニニニニ><ニニニ//ニニニニニ=- _
ニニニニニニニニニニム     _}ニニニニニニニニニニニliニニ><ニニ//ニニニニニニニニニ=- _
ニニニニニニニニニニニニヽ  /ニニニニニニニニニニニニニliニニ><ニ //ニニニニニニニニニニニニニ=、
ニニニニニニニニニニニニニi   lニニニニニニニニニニニニニ lii ニ><ニ//ニニニニニニニニニニニニニニ /
 ̄  -==ニニニニニニニム  l\ニニニニニニニニニニニニ ム >< Oニニニニニニニニニニニニニニニ/
       \ニニニニニ{  {  Vニニニニニニニニニニニ ><//ニニニニニニニニニニニニニニニil
        \ニニニハ  {^   Vニニニニニニニニニニ≧||ニニニニニニニニニニニニニニニニ i
          \/  /    Vニニニニニニニニニ≧.||ニニニニニニニニニニ /ニニニニニ/
           \/     lニニニニニニニニニ‐‐┼‐‐ニニニニニニニニ/lニニニニニ/

この内戦はすぐさま激化した。当時の研究者の分析によれば、

すでにシュラウドの住人はズィロニたちだけではなく、その新たな住人が戦乱を煽っていたのである!

すなわちズィロニの「種族全体の憎悪」とか「種族全体の恐怖」とかが

シュラウドの中で実体を得て、ズィロニたちから独立し、勝手に活動し始めたのだ!

邯鄲法で言えば、人類全体の信仰が夢界の中に神霊を生み出したようなものである。

これが恐らく、後の精神主義者たちに崇められるシュラウドの「神」の正体である。

407 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 01:06:45 ID:N.7LGGjg0
AAがぴったりすぎるw
悪意から生まれ悪意をばらまいて自分の糧にしてるっぽいな

408 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 01:06:54 ID:k1EnmQYI0
                     -  ──   .、
                        //  ̄ ̄ ̄ `ヽ \
            _         l '             } }
              r=〈      i {           / /
             《ァノ       、\         / ′
           / /          {<y}____ //
          仁ニニニ _-  _ . | ∧ヽー─‐  ´
                    `ヽf=i i、j/
                    `i`!、\
                   | | \  ー  、
                     ′    ̄ ̄`ヽ\
                   / /          \ .、
                      ′            ,!
                   i i                i |
                   | |              .| |
                     ′                、
                    / /               \\
                    __i_」- 、                \\
               //__ソ 〉 〉              {、ヾ
                  /Yー'_ァ∧\             `ヽ\
              / /´     、 \              ´
                / /          \ \
            / /           .\ \

救世派はすぐさま劣勢に陥った。

救世派はブラックホールを食い荒らさないために力の行使に制限を設けていたが、

神性派はそうした制限を持たず、ブラックホールからいくらでも力を汲み出せたからである。

そこで救世派は自己犠牲的な選択を取った。

自らの心身を「引き算」して、超能力エネルギーの結晶へと変えたのである!

これが今日ズィロと呼ばれてるものの正体である。

それでもなお神性派は強大であり、

救世派はさらに自己犠牲的な選択をした。

・・・一人の救世派を除いて全員をズィロに変換し、

その莫大なエネルギーを持って神性派と相打ったのである!

かくして、救世派は究極の自己犠牲を持って、神性派の脅威から宇宙を守ったのである!

409 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 01:11:54 ID:k1EnmQYI0
>>407
            }  \///ノ\:-=ミ//l l  {  lハ/////////V////ミミミミミミミ
        \-=イ==ミ ~^    ヽリ )/  l  i   V// ,ィ////}////ミミミミミミミミミミ
      >>-= ゝ _          {      トミ{  ゝイノV/ノ////レミミミミミミミミミ
      \ :::....... \\ \ ::::{ lゞ ゝム:::::Y___ト::...._    { {/////////ミミミミミミ
 、_    )      ヽゝミ=-V:八__,,. -‐'ィ⌒≧ミ:::::::::::::::::ゝ..,{//////ミミミミミミ
  \  ̄        ヾ::. -=    _/-==イ,,,,,,}===-::::::::::::::::`:::::<_/<ミミミミミミミ
==== \    -=レ  --=- _   Z:::::::::::::::::::::ゝ-ノ:::::::::::/ニフ ≧z-=,:::::i//>ミミミミ
三三--==ニニニ  < __::...  ===-<:::::::{≫:::<:::==:::::::i::::l l_] .lニニ}....)::::ノ/////ミミミミ
三三三三≦ニニミ 、  _ノ_,,. -‐''"イ_:::::::::::::::::::_,;;ャ::::::::::::ト{_」 l_}...;l:::::l/////ミミミ
三三三三≧==-≦ニ     _,r= 、-=、::::::-=ヽ,,,,,)==-::::Ll_i l_}.....}::::i////>ミミミ
三三三≧=-ミ/ Y ´ ̄ ̄ -=ミ_ -=フ:::::::::::::::ゝイ:::::::::::::レ--‐= ̄::::ノ/////ミミミミ
三三三三三三ニ八 r-==ミ 、  --=彡 Y ⌒` フ⌒ノ:::ィ--フ::ノイ//////// ミミミミミミ
三三三三三三三三ヽ三三)     イ//   /::::::::ィ   ///////////ミミミミミミミ
三三三三三三三三三 、_ ノイレ=フ    {ト-、 lV⌒/ / l///////////ミミミミミ
 フ====>三三三三三三ニニニ// _,,,,、 }///l  lノ八   l/////////ミミミミミミ
/三V三三三三三三三////>-イ////ハ}/// lV/ハ;;;;ハト////////>ミミミミミミ
三三ム=========== ///////////l//V イ{::V:::}//////////;;;;;;;;/.-=:::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....、//////l;;;;;;( ////::::li::::V////////;;;;;;;_ /::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、__ //};;;;;ゝ=-/::::::}{::::::\___//__....:::::::/::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..._.....::::::::::ノ ゝ _::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::.., イ///Y////≧===- /::::::::::::::::::::::/:::
===--- ___\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、L/////ll//////  ノ::::::::::::::::::::/
 三三三三三三三\:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ///ll///// //:::::::::::::::::::::/

然り!

ズィロニたちの悪意から生まれて、悪意をばら撒いて糧とし、

ズィロニたちの争いを煽り滅ぼした神霊は、

発生源であるズィロニたちがこうして滅びた後も、シュラウドの中に残留し続けた!

そして今も、物質世界に啓示を送り、アクセスしてくる愚者を破滅させているのである!

410 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 01:15:00 ID:k1EnmQYI0
                          /
                   \__     '
                    _>≧=,
                 ,≦フ州从州/l
               ,//从州从从/
                   ///从州从/|
              ,:'从ヲ,'从州从V_レ'
               /// /州州/,<| V':,
             "  ' レ州V i/  ` マト、
              _ -""フW  _-ラ≧x ヽ         ,
                   ' У  ´ └ ┘ //\ __  <
                 r          ",:'州不ハ ヽ }州州
                 |         , // ,i < .ノ从州
                  〈 _ -- _    ./  ,--≦州州州
                { `¨¨´      /  从州从州从
                 ,       _. ´   '´ |∧州州州
                ,   _ - ´      _|i レ三三〈
                 ー - __     _ ´         }
                       ヽ ≦     _____!
                    -≦     -≦ニニニニニ |
                  /´     -≦ニニニニニニニニ,

『精神主義者が悪人だ、とまでは言わないけどね』

『精神主義を極め、超能力ルートを完遂し、シュラウドに踏み入った時』

『そこにはかつて崇めた善良で神聖な存在は居なかった』

『ズィロニの悪意から生まれ、ズィロニたちを滅ぼした虚ろな邪神どもがうろついているだけだった』

『何とも悲しく虚しい話だと思わないかい?』

411 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 01:18:08 ID:N.7LGGjg0
物質世界に失望して逃げ出した先に楽園なんてありはしなかった
辿り着いた先、そこにあるのはやっぱり地獄だけだ

412 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 01:20:10 ID:k1EnmQYI0
         , ..:<:::: ̄ ̄ ̄:::: > 、
       ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> 、
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /::::::::::::::::::::::,x:zzzzzzzzzzzx、::::::::::::::::::::
    /:::::::::::::;。s≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。、
  ./:::::::::,ィ炙i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i:i:i:i:i:i:i:
  l::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i:㍗ィ炙i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
  ∧:::/i:i:i:i:;。s≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
    Yi:s≦i:i:i:i:i:i:i:㍗''"~~~ヽ  \  \
   ./i:i:i:i:i:㍗'''"~l l      ハ   \  \
   /㍗''/   l .l ', .,  `゙‐---,xzzzx、 V
   `¨.Y ,!  .l  ', /. ',    .|チ´o l.゙》/
     l .l    ./',ィzx、\  i!ゝ-イ ´ |
     l  V    .チ´o Y'ヽ|ゝニ=-    j'
     .V .V   《ゝ イ  ,       /ノ
      V. \二=-       __ .イ   /
      \  二=∧    <-‐ イ´  ノ
        .Yl、二=-\     アヽ   /
        リ V    > .、/¨`\`.<l/i:i
          .V| /\   / ‐- 、. ヽ,/i:i:i
    ,r── 、   |i:i:i:i:≧/ __. Y ヽ:i:i
   ./::::::::::::::::::::`::::‐Vi:i:i:i:/  __ Y  }i:i
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::`寸iA  ヽ イ  ノi:i:
  .l:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::寸A     l´i:i:i:i
  .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::{ ̄∧    .,! ̄`

「だから存在Xに近づくような超能力ルートは不要!」

「遺伝子ルートこそ至高!」

「遺物惑星はとにかく研究とか色々進むんでマジお勧め!」

「ゲーム中盤あたりでの選択のコツはそんな所だな」

413 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 01:21:59 ID:k1EnmQYI0
>>411

           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::: -‐ ´ ̄ .l-、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::, -‐.´       .V
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::/         ,。s≦k、
      ./::::::::::::::::::::::::::::::/      ,, -<i:i:i:i:i:i:i:i:iふ、
      /:::::::::::::::::::::::::::/     , - ´ |  /ー-ヽ、`゙"'''T¨
    /::::::::::::::::::::::::/   .Y7 -.´ ∧  l kzzzxィ Y-、 .V
    V::::::::::::::::::::/__./¨      \.',゙气、 Ⅵ ゝ、__リ
  -=二>、:::::::::/  >     ', i    >- `.`イ    }
   /  __   > _//イ´    i i、       ノイ    .!
  ./  /´ヽ!_/イ/   / /  / j i \   - ´ ノ   /
  ,'  ./  .ゝ- /   / / ./!/ゝi- ヽ‐---- ´    ̄〉
  | ./  . <´ イ /-/ /   ミi i`           ,.!
  | ./ //¨¨ / ./ | .//, ._>- 、.i____   T ¨¨ ´
  | |  |/   | / .| ´ //    {:::::::::::::::::::>、!
  |.l       .リ  !  ¨     |:::::::::::::::::::::::::::|
  ヽV  ))   ∧ /          .!-──-::、::::::|
   `¨¨¨´    .Y|        ./:/(○)Y:::::::::::ヽl-、
           .||        ,!::|.|| .|| ,!::::::::::::::::::>ヽ
           .||       ,l:-ゝ--<-、::::::::::::::::∧ \
           .||       |::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::∧-´
           .リ       |:::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::∧

「仮に邪神が居ない無垢なシュラウドだったとしても」

「神性派と救世派の対立を繰り返すことになりかねんしな」

「そもそも動力源がブラックホールである時点で、結局物質世界からは逃れられん」


安価下1 質問・コメントがあれば

414 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 01:24:52 ID:N.7LGGjg0
たしかに超常存在に近付くのは危ないですよね
というかステラリス宇宙のブラックホールは就労問題やシュラウドで食い物にされてて微妙に可哀想w
一体ブラックホールが何したっていうんですか!w

415 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 01:27:46 ID:k1EnmQYI0
>>414


                    -―‐ -
                  . ´: : :.:.:.:.:. :. : : : . . `  、
           / . . : : :.:.:.:.:.:\:.:. :. : : : . .   ヽ
             / . . :.:.:.:.i. . : :.:i. ∧:. :. : : : . . .   ヘ
         / . . : :.:.:.:l!: :.:.:.:.|: | ミ:. ヽ:. : : : . . . .ハ
            ′ . . . : : :.|l. : : : l! |  ヽ _:ハ:. :. ノイ :.
         i . . .:.:.:.i: :.:.l !. : :.:.|l |` ̄ ヽ |'. :|:.:. :. : . . :.
          //: i : :斗七爪: : :.ハ!   _}ハ:.:.|:._:. :.:. : .ハ
        ノイ:.i | i : :|: :ハ ヘ:./ ノ〃 ̄ ̄从r ヽ:.:. : i ∧
        ハ N∧:ヾムィ⌒ }'         ハ! ) } .:i: |/ト\
           |小 ハ小              |: :jニ ':i :| ハ !  `ヽ
            ハヘ:ハ       ,   / イ7:.i:.∧ハ{ }'
             i: ∧ i ヽ ィヽ `    .イ . :|:l:イ/ }
             |/ 从: / ‐ァ〉、 ‐ <  ! i:.:|/ノ'
             {   /¬_/ ム┬‐' ノイ:.:ハ: : :⌒ヽ
                {入}_ノ イ : く___ハ/: : : : : : : }
             「ー―  7:イミ〃ミ〃ミノ /: : : : : :/
            |: : : : : : ;: : :` ̄ ̄ ´ /: : : : : :/
            |: : : : : : ! : : : : : : : : /: : : : : :/
            |: : : : : : : : : : : : : :.:/: : : : : :/
            ヽ: : : : : : : : : : : :.:/: : : : : :/

「お、良いエネルギー・質量あんじゃん!」

416 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 01:29:55 ID:k1EnmQYI0
>>414

        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

黒「守る力も無いくせにリソースを蓄えてるから奪われるんだよ」

白「世の中にリソースが足りてるのに足りてないのはきっとブラックホールが蓄えてるせいに違いない!皆に分配しないと!」

青「文明発展のためにブラックホールを切り崩すべきである」


緑「やめて!」

417 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 01:32:09 ID:N.7LGGjg0
そうだよ(便乗)
よし、はいじゃあ合金出せ

418 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 01:34:53 ID:k1EnmQYI0
>>417
           /                                 ヽ
         /                                 ',
         / /                /              ハ
      .  / .:/ /       /        〃ヽ    i           |
       / .:/〃     __// //   //,′ ヽ ! i           |
      ..///7,′     ´「 7`ヽ/ .i  .://ム-‐‐‐',ハ|、           |
          !|   i     |/ |/j/! !:i .:.//'′     !ハ「     |        |
          !|   i !    ィ斧ミメノノ | //  ,ィf云ミメ、」   |       !
         八  i i i i i j !ノ::::} ノ /    {ノ:::;::} Y|    ト、     i
      .   ハ. |ハj ヘ |仆乂::ノ  /     弋::::ソ ノ !     ! ハ       !
      r‐ 、    'j  ,ハ| :i                    ハ   j_ノ      ',
      ヽ ヽ    ./  从   '              i !   / |  |   ハ
         ハ  V  /  / ヘ.  、   _,         从.  /    | !:ト、 ',
        |  |  ./  /! i   \            .イ  i !/ヘ    i j i | ヽ
        |/ __\/´`! | i i ヽ.       .イ ノ ノノノ  | i  ! !ハハ!  )
       ノ/  `i \/ヽハハハヘi`ヽー 七升厶イ/j八八八ハj
      /´ -─┐|、___)            )ハ    /  {
     /´    ,. }ノ:: }      ,.-‐''て  _」        \  _」\
     {    イーノ::  V ̄´ .ゝー‐''"´ ノ          ̄ノ   ゝ.、
      \  `ヽ:::.   } /  〈  ー 、   _____       〈   ノハ
       \   ヽ  ハ

「残念ながらそれは専門家の仕事だ」

「ブラックホールに宇宙船を吐き出せと言ってるのと大差ない」

419 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 01:35:23 ID:k1EnmQYI0
では今日はこの辺で失礼します!
ご参加いただきありがとうございました!お休みなさい!

420 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 01:38:08 ID:N.7LGGjg0
オツカレサマドスエ
じゃけんエキュメノポリスしましょうね��(ブラックホールに逃げ場無し)

421 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 06:21:39 ID:6TSPJRW20
乙でした
シュラウドって物質展開機みたいなものだったんですね
そういえばホライゾンシグナルもシュラウドと関係しているんでしょうか?

422 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 22:32:13 ID:6TSPJRW20
自己解決しました(汗
シュラウドに住む邪神の一柱がワームだったんですね

423 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 22:32:38 ID:k1EnmQYI0
>>421
                   ‐== __  ミ
             -=ニ   ̄ ̄ _    `ー 、
           /    ´       '`⌒ヽ   ヽ
           / / /     /
.          〃 イ /  __彡/ /   }   }     }
         人{  ! { 小,/ `メ、|   ′  ,
.     /{{   {   ,似ムイぅぇx  /   /     !
     /      ⅱiV{ ′   伝ぅУ   イ      |
.    / /  / / {i 圦 、_   /   /丿  ′ i!
.   从{八   { 从 i∧' ー´   /¨    /  ii
        ヽ'   Ⅵ  ¬≧=彡' ≫-彡イ《 /} }ト、
                  r′^,<二ニ=-厶厶イ
                     i|  /ニ//二ニ=┐
                {i:レ仁{ニ/二二ニ=-}
                     }》 /ニⅣ二ニニ=-\
                 ムイニ/_{二ニニ=-、 }
                /   Ⅳ__二\二ニニ=-〈

「良くわかんない」

「あれはどっちかというとヨグソトースだし違うんじゃない?」

424 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 22:37:22 ID:bjXTUfWg0
ギドラを讃えよ。

425 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 22:40:34 ID:k1EnmQYI0

                     _
                ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!i.:.:.:.:.:.:.:.:.、
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-、∨: i!: : : : :.i
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/r=ミ  V从ヽ:.:. :.|
.           /.:.:.:.:.:.:/ヽ.:.:i Vrソ  ,r=ミ i.:.:.:.:|
          ハ.:.:.:.:.:.弋 )ハ,    Vr刈:.:.:.人
.        j .ヽi从.:.:.:.|\  、__   /.:./.:.:.}
                レハ  > _\ヽ イム从ノ
            /: l ¨≧, i r==`、\
            / |:. ∧  ∧/| r==ミ.  入
        /ヽ: :l: : :.∧\>//< il : \  }
       /: : : :.i: :\: :.∧ \//l l : ィ===ミ
.      /: : : : : l: : : : :>:∧.  ヽ/ .l: :|: : : : : i
     /: : : : :. :.l: : /: : : :i\   l: ヽ: : : : |
.    /: : : : : /:.:. :\: : : :|  \ /.|: : i: : : :λ
    /: : : : /i:. : : : :. :.\: :l    ゙ |: : |:.: : : : i
.   /: : : : :}  ヽ : : : : : : : ヽl    |: : {: : : : : l
  {: : : : : :.\  \: : : : : : : l     |: : :ヽ:.: :. :.l
   \: : : : : : :\/: : : : : : : : l    .|: : : i \:.ノ
    \: : : : : : :\:. : :. : : : :l    |: : : |
.       \: : : :/⌒ヽ: : : : : :.l   .|: : : |
       /\,_ii__/:.:. : : : : :|.    |:.:. : !
      ヽ:.:. :. :. : : : : : : : : :.|    .|: : :.ム
       `ミ: : : : : : : : : : : /TTTTi: : : : :ヽ
        /ヽ_: : : : : : : : / ̄ ̄ ̄ヽ: : : :.<
.       /   `=‐- _/      ヽイ  i
      /                   \
.     〈                        ヽ
      ~7                         /
       ゛=‐、               __/
          ├─、   _r=、  /\_/ |
          |   ` -´ |  ヽイ      |

「ループを讃えよ!」

「あれは強烈なテラフォーミングだね」

426 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 22:41:38 ID:k1EnmQYI0
安価↓1 見たい描写
・TS(求道覇道白青黒赤緑)
・アーッ!
・ヤンデレ
・SCP
・諜報(諜報枠、諜報試運転、偽メシア等)
・外交(外交枠、外交枠試運転、ローマ傘下国、受難の民架橋等)
・科学(研究枠、研究枠試運転、民間研究、ファフナー、ホライゾン、ドラえもん、スパロボV、性転換、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法)
・スカウト
・育成
・学園
・コミュ
・転生
・五色(色ギルド・五色の社交界・五色の立法府・五色の行政府・五色の学会・五色の市場・五色の諜報・五色の連合軍・五色の芸術・五色の庭園・五色の医療・創世道、その他)
・円環少女
・色派閥ゲー(色宗教戦争ゲー、メガテン派閥ゲー、没落だらけのステラリス)
・戦略調整センター(史実、世界樹の迷宮、四度目、Re:Monster、Mtg、幼女戦記、シド星、スパロボ、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法、円環少女、禁書、リリカルなのは、FGO、ナルト、ネギま、白、青、赤、黒、緑、信長の野望 スパロボ、プリティベル、海戦、密集分散、予備兵力)
・未踏世界調査(ブリタニア帝国記、ハリー・ポッターと野望の少女、影の実力者、カルチャーショックDD系、皇女戦記等)
・文明種族育成(ナッシー進化、属国作成、等)
・ボウケンジャー(試練部の不思議なダンジョン、ヤドノキの塔、工場魔方陣、冒険者料理、グリードアイランド)
・多元宇宙食料事情
・進行中(SCP転生)
・黒赤VS白
・赤緑VS青
・ステラリス新環境

427 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 22:49:01 ID:6TSPJRW20
こんばんはー
・ステラリス新環境

428 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 22:52:26 ID:k1EnmQYI0

         ,r,ニニミ、     -- 、,__
      //    V}/´     \  ` .、
       //    ./ ̄ヽ       \   \、
      .{.{    /!       }Vヽ   ` 、. ∧\
      ヾ  ./       \.| |. V    ≧=-. \
          ,'   \\. ', .||∧. V    |\.|.   V
         !   | ∧\二ニ,xf云ミァ    !-、,i    V
          |   j/_V ヽ!八辷ノ´ }  /! //     ',ヽ
          |   `《.{ハヽj/     /  ./ |//\    ',ヽ\_
        /へ   ヽゝイ    -=彡イ/| .|/   V  | V  ̄
           i\ \   -、    イ/|| .l    .| l  |  |
      ,x─── 、.l l ヽ>。 `´ ,.< xイl ,l   ./,!! .|! j_
     |      |l |    `¨´.{´Y::::::::::/∧.-</|| ./! ./::::::ヽ
     |      |ヤ',    ,r::::ヽ:|::::イ//:::::::::::::::У`//./:/ヽ:::ハ
     |      | ヽヽ  //::::::::╋:::/イ::::::::::::::/::::::::Vイ::/ ./:::∧:V
     ゝ======彳  `>ゝ: /::::::::/o/:::::::::::::::::: /:::::::::::,!:::/ ./:::/ /:::|
      |`¨¨´|   /::::::/二7:/:::/::{二二二}':::::::::::/!::/ .,':::,' ,':::::|
      |:::::::::::|  /:::::::::/:::::::;':;'o:;'::::|::::::::::::::/::::::::::::イ::;' ,':::;' ,'::::::|
      |:::::::::::|≦:::::::::::: {:::::::::|:|:::::|::: |:::::::::::::|:::::::::::::/::;' ,':::,' ,':::::/
      |:::::::::::ヽ::::::::::::/!─‐' !o::|:::::`──'!::::::::::::|:::;' ,':::;' ,'::::/
      l:::::::::::::::::_, <  .|::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::|::::::::::::j:::| ,|::;' ,':::/
        \::::/´    .!ヽ:::: |o: !::::::::/:::/'::::::::::::|:::::::::::::::::::::/
               .|::::::::::|:::::|::::::'::::::://::::::::: !::::::::::::::::::/

「遺跡発掘はアノマリーイベントを(コストも報酬も)強化したような代物だが」

「一つ大きく異なる点がある」

「【領土に取り込まないと発掘できない】【戦争では奪えない】ということだ」

「つまり序盤の初期拡張で囲い込めるかどうかが非常に重要になる!」

429 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 22:58:52 ID:6TSPJRW20
ますます初期拡張が重要になった訳ですね

430 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 23:01:48 ID:k1EnmQYI0
>>429
                 ,..-ー '' ´  ̄ ~ ゙¨''ー 、
               ,r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙ヽ,
              , ':.:::/::/:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`i
             ,':.::./:.,':/::.:.ィ:.:/:.:::.,! ヽ:.:.:.:.:.:.:...:.:.゙i
              ,'/:::,':.,':/:::.:/:.:/:.:ノ:,'__゙i:.i:!:.::.!:.:.:.:.:i.
               ,':.i::.:il:.:l:!.:..:イ_/!:.:,':/´ _, `!:i:.:.:.::i:.:.:.:.:ト、
            i:,i:.l:.ハ:,':i:.i´!i/,';/''´´ ,rtTハi!:.:l:l:.:.:.:.:゙,:',
            i!l:.l:.i:.i,':.l:.:/ィiテォ,    辷ノi:.l:i:;:.:.:.:.:.l:l:.i
            ' .iハ:、:.l:.:ヽ! 弋,ソ  ,     ノ,i:.:,':.:.:.i:,'i:.l、!
             ' ヾ,:`:.:.: ゙、   _.. '  , 'i:.l:.:ノ:i:.,'.i,'
               l:.i;、:.、_`. 、 __ , ' i从ノ,'// '
                ヾ ,ヾ、_,,_,,,.l    _,}ー-'¨゙`ヽ,
               , ':::::::::;;;;/ー-  ' ´ }:/::::::::::::::::i
                 !:::;;:::::/'゙_     ,','::::::::::::::::::;;}
                   };;r':/;; ;; ;; ;;  ̄;; ー-'_:::::::::;;:::::;;:;i
              ,';;l:.:.´  ̄  ̄ ¨ ''ー-,_{:::::::;;::;;;::k
               l;;l;;;;;;;;;,,,:::::::::::::...,,,,,:::::::::::::::;;;:::;;::i
                l:::l;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;::;;:::i
               ,':::,'::::::;;;::::::::::::;;;;,,:::::::::::::::::,;;;;;;;;:::l
              ,':::,':::::::::::;;::::::::::::;;;;;;:::::::::::::,';;;;::::;;!'
             ,';;;,'::::::::::::;;::::::::::::;;::::;;;;:::::::/;;;;:::;;;::l
             ,'::/::::::::::::::::::;;;;::::::::::;;:::::::::/;;;;;;;;:::::!
           ,<,ノ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,::;;;;;;:::;;;:: ハ;;;;::;;::::::l
    _,,,.._,,,-- く´:.:.ヽ、;;;;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;:::::::::!i;;;;::::::::::l
,,..-ー '゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、:..:..:`ヽ、:;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::i'' ̄ ̄~i

「そうだね!」

「今までのバージョンだと、どんなにレアで強力な領土であっても」

「それを初期拡張で他国に取られたとしても」

「究極、戦争で奪い取ればそれで済んだわけだが」

「遺跡についてはそうはいかない!」

「欲しければとにかく初期拡張で囲い込む必要がある!」

「青的にはどんどん初期拡張したい所だね!」

「幸い、それに向いた伝統とかアセンションパークもある!」

拡張ツリー:星々へ届け:星系基地建設の影響力コスト-10%

恒星間の支配権:星系基地建設に必要な影響力-20% 請求権の作成に必要な影響力-20%

431 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 23:04:23 ID:WlrI3tJE0
つまり排他強化?

432 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 23:05:52 ID:k1EnmQYI0

                   ‐== __  ミ
             -=ニ   ̄ ̄ _    `ー 、
           /    ´       '`⌒ヽ   ヽ
           / / /     /
.          〃 イ /  __彡/ /   }   }     }
         人{  ! { 小,/ `メ、|   ′  ,
.     /{{   {   ,似ムイぅぇx  /   /     !
     /      ⅱiV{ ′   伝ぅУ   イ      |
.    / /  / / {i 圦 、_   /   /丿  ′ i!
.   从{八   { 从 i∧' ー´   /¨    /  ii
        ヽ'   Ⅵ  ¬≧=彡' ≫-彡イ《 /} }ト、
                  r′^,<二ニ=-厶厶イ
                     i|  /ニ//二ニ=┐
                {i:レ仁{ニ/二二ニ=-}
                     }》 /ニⅣ二ニニ=-\
                 ムイニ/_{二ニニ=-、 }

「・・・が、高難易度だとこれが悩みの種でもある」

「拡張を急げば、他国との国境摩擦が発生しやすくなる」

「特に、隣国を完璧に囲い込んで、さらに伸張してしまった場合」

「隣国と仲良くなっても隣国はこっちのせいで領土拡張に失敗して弱体化、頼りにならない同盟国になったり」

「さらに拡張してった先で排他と遭遇!なんてことも結構ある」

「つまり、拡張は内政戦略的には有効な手段だとしても」

「外交戦略的には、味方を減らして敵を増やし、味方を弱体化させ、敵と接する確率を上げる失敗になりかねないんだ!」

「低難易度ならば国力で押しつぶせば済んだ。でも高難易度はそうもいかない」

433 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 23:06:51 ID:k1EnmQYI0
>>431
                          __,,..  ─━─  .,_
                     __,. -''´             ゚  。
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:             丶
                  / :.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:           \
              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    |:.    ヽ
                / :.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:. |:.:.:.:.:.:  |:.:.:.:.
            / :.:. / :.:.:.:.:.: |:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:. : |:.:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:. :. |: :゚。
              {:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.: |:.:.: |:.:.:.:. /: : /:|: : ハ:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:. : |: :| : : ゚。
             ,: :.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.: |:.:.: |:.:.:. /:./:. |:: //:.:.:/{:.:.:.∧_:.」_| : : }
              / :.:.:.:. | :.:.:.:.:.:.: |:.:_:」斗匕77:.メ、//:.:.:/ !:.:.//',:.:.:.|:. |:.:|: ,′
          /:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.「 : ||: :/ //: : //`/ /: /´  ゚。:|:. |:.:|:
            /:.:.:.:.:.:.:.: |:.:|:.:!:.:.:. |: : || /j// /`>/  //  _,rxz〉」 /:. |/
        /:. /:.:.:.:.: r‐、:: |:.:.:.:.|: : r=ニ示f乍≧x /  イ芯リ 7/:ハ: /
          /:. / :. /:.:.:{ i^|: |:.:.:.:.ト:个v圦__刋  `       うソ //!:.|/|
        //:. i :.:. i:.:.:.:{ 、 |: |:.:.:.:.|:.! | `弋辷ソ__         ¨¨イ/ /:|:|
.       //|:::::|:.:.:.:| :. | \|: |:.:.:.:.|:Ⅳ  `¨¨          /    / :. |:. |:|
      {/|:.ハ:.:.:.| :. |:|:.: |: |:.:.:.ハ:.:ヽ               /: /:人 |:|
       ト、 |:. | | :. ト、:.|:|:.: | :.:. / :.: |\丶       ー__ ´ イ :.: /|/ }|:|
       | ハト:イ ヽN |:|八 |\/ :.: 小トゝ `       イ:.:.:|:.|:.ムイ /:从
      ヽ|  )  V  N  `メr=く|      {:.:ー:´:.: |:.:.人:/   ノ´  )
.        リ        ノ   rく|   ` 、   |ノ} ノ|,イ ノ
                ___/∧:      ヽ、   | \、_

「強化というか排他は元々強いよ?」

「ただ、排他自身が象徴しているように」

「初期拡張のやりすぎは他国との外交関係悪化を招くわけだ」

434 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 23:27:35 ID:k1EnmQYI0
            ィ -‐ : ´ ̄: : ー ,
          ィX: ト: : ヽ: : : :ヽ : : `ヽ
         /: : : : !ィ、: : ハ: : : ハ: : : :∧
           /: : : : :l{:l _ヽ_: : ,: : : i : : : : ハ
.          /: : {: : :オlj´_ ∨:i: : : l: : : : : : !
         l: { ィ´: :jノノィfテj八:!: : : !ヽ: : : : {
          乂l: :_ィぅ′ シ"  `ト : jノ: : : : :′
          ゝv:ハ リ     _ノj!: /: : : : : {
            / ハ ′_ ’   /{ イル: リ: ノ
         ,: イ: :>、   ,ィ lハ八ノ`ヽ
           {′!:/{: : j`f: : 〉´/:./:.:.:.:.:.∧
      , - 、  r、" ヽ:ハ: {ゝ//:f/ ̄:.ヽ:ハ
      `r ミ 、ヽ 、  , ≦ィ:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
      く ニミー ヽ/://ヽ二:.j!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:i
         ヽー' ゝ i//:.:.:/7:.八:.:./:.:.:.:.:.:.:|:.:l
        `rt _  ハ{:.:./ j:.:i:.:.y:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:!

「では、どうするのが良いと思う?」

435 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 23:28:21 ID:bjXTUfWg0
なるべく細い道で妥協する。
逆に言えば細い道までは急ぐ

436 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 23:32:56 ID:k1EnmQYI0
>>435

                 ,...=、.,..::==...、
              ,x≦: : :`ヾ'=-: : : : :\
             /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ:.ヽ
.            /: : : : : : : : : : : : : l:、: ∨:.∨∧
           /: : /: : : : :/: : : : :li:.:!: ハ:リ ∨∧
           ,': : /: : : /:,: ハリ: :ハ:.!::l!:::::リ:l:.!::::..∧
            {: :/!:/:,'/:,メ:.:.:.,人:.: i!:.:.i:.:.:,':.:.リ:.:.:.:.:.:',
          }:リ:ハ:.://l:/// \:!:.,彡':.:.:.:.:.l!:.:.:ヾ:.:、
          /!:l:.{:.V!,x== '  ,≠=‐ハ:.:l=、:.:.:!:.:.ハ:.ハ!
         ,:/:ハ:ヾミ‐-   、    ,/:.:/!,イ:.:.;jイ/'´ '
         ' {ハ:.ヾ:.:ゝ  - '   /,彡'ハ;'´  '
           ヽ ヾミヽ=` ‐ -t.チ'´ ∧_
                   ,  ...=/,ヘ r '´ ∧!≧x,.,._
.                /!///,'/,' /;;ゝ///!/////>、
              !{/ゞ//‘,/i=i!/, イ//!/,zイi'´/,イ
             ,r!《</i{. .ヾ彡'/!///i},イ////,'
              ∧/,r//!.ヽ.._,ノ{!</∧/////
                ∧/{i///i. . . . . ,////'!、///i}
            ,///!i///! . . . . {//,.' ,イ///,'
             ////i!///i!. .{i.. . l// , =‐-'/,イ
            ,' _//===‐x _,,{,イ (`¨´/,'
          <ヾ=, ヽ, r==‐==二三≧x/
          ゝ、 _.{ |/////////////,;イ
               `´ </ヾ彡'..==‐-----┤
               i///!. . . . . .{()/////∧
              〈///!. . . . . .、/////x、∧
                ∧//>_ヽ   ∨(),///ヾ∧
            ∧//∧ l l |` ̄∨//////∧
              ヾ///:::===‐--.:::∨////, イz、
                {`∨┼::::::lil:::/::::/:::∨x≦:::i}:::∧
            /il::::|::::|:::::|::lil::,::::::{i:::::!::::::i}:::::i}:,イ∧
              //=:./:,イ:::::li::lil::::::,イ::::┼≡==┼!:::::l::',
          /:./::::{!::::lil::::li::lil::::::l:|:::::::|:::::::::i}::::::i}::::li:::ゝ
.           ゝ !:‐-i::::┼:::!::lil:::::::i}:::::┼::::::::i}:::::::!::┘´
            └┴ヾ::彡'!::: {!:::xi≦,イ´`ヽ::i!‐-'´
            ,     ' ´ /` |       |
                       ,'   |
                          |
              ,'       ,'             ,'
                      /     |       ,

「国防もあるし、国境摩擦が無い範囲では広い方が好ましいのは確かなわけで」

「細い道よりかは「かたまり」の方が好ましいね」

「つまりciv5の少数精鋭都市内政と同じだ」

「内政と国防の都合上、ある程度は「かたまり」を確保するけど」

「それ以上は拡張を急がず、国防と国境摩擦回避を優先する、って感じになると思う」

「やってみた感じ、少なくとも、その方が戦争で滅ぼされずに内政時間を確保できてるね」

437 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 23:34:15 ID:k1EnmQYI0
                 ___
               ´        `  、
           /              \
             ,.:                   :.,
          /
         ./  /              / ∧    ∧
        /  /   _/  / _   / ./ ∨   ∧
       ./ :i /   ⌒/ / ̄/ / ./ー- ∨     i
      /  |′     //  /)/) /    ∨   :|
     ./ / |    /z竓芋芋ミ /   ィ竓芋i ./  !
     / /    {.    c乂_ソっ    c乂_ソっ′/レ
    ./ / / i 个、  {、、、        、、、 } / !
   /ィ/ (  | 乂\(        ′     ノ/i |
     {  }   |  个z、\  __  _     / .! ‘,
     {  }、 ト、.  N   \   ー一 ´     .イ  八 ‘,
      \{ \ ー‐:} |N } \      . :个  /} / ⌒ \
            } |ヽ.}   ー‐r<{ /{, イ/       \
            ’, ∨L__ .⊥、 ′  (
             r{⌒   { ∨{ 乂_
           _,/ }\__「 ̄ 〉、/} ト、__
     r    ̄ {  :}  \  ∨_/  /{ ∨   ヽ
     {      :}  :}   \ {  } / }  ∨
     {       :}   }     \ }/  :}   \  / |
     {     /   }        Y   :}     >{ |
     {    ./    }:、      |   }   ./  }|
     {   、  {    :} \    :|   } \  ̄ ̄} }
     {   ',   ̄/  :}:   \  :|  /}    ヽ  } }
     {    ′ ./    }:   \:l/  }     } .小!
.     { /    〈     }           }     / ./|}
      {     }  ,    }          }   ./_,/ ,/ :}
     }      }:  ′    }        }  /  ̄ ,′ }
     }      }   \   }         :} ./   ′ }
     }      }     \ :}       :} ./    {  :}
     }     }      `}       }     {  :}
     }     圦        }       :}       ,:   }
     }     { ∧       :}       }      /   }

「・・・その結果、遺跡を多く取りこぼすわけだが」

「青としては悲しいところだね」

安価下1 質問・コメントがあれば

438 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 23:43:33 ID:k1EnmQYI0
              /: : : : r : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
            / : : : : /: : : : : : : : : :},: : : : : : : : : : : :ハ
              / : : : : /: : : : : : : : : : : l{ : : : : : : : : : : : : ハ
             ′: : : :/: : : : : : : : : : : : lヽ: : : : : : : : : : : : : :\
           i: : : : : i{: : : : : : l: : : : : : ! ∨: : : : : : : : : : : ハ:ヽ
           l: i!: : : {: : : : : : j!: : : : :j l   ヽ: : _: : : : : : : : : ハヽ: ,
             j: i: : : :l: : : l: : :/: : : :j: ハ!_,. ´ ̄ゝ: : : : j!: : : : : : , 、,
           ′{: : : 匕´ ̄ノフ: :メイ/ j´ , ィ行うヽト}: /l: : : : : : : '  '},
           ,: : j!: : : : :乂八示うミノヽ′  弋zリ   j: l j: : : : ハ: ハ
   .        ′:八: : : : : :ミ、 弋zり        , イ :f: : : l: :ト ハ: :!
           i: :/i: : 乂: :ト: : ヽ       ′      /: : : : : :イ:ハ! l: }
           l: , !: : : :ヽ: マ : ヽ    、   '   ,イ: : : : j:/ リ _, 、'
         l′ {: : : ト: :`: : : : > _     ,ィyルノム -'‐r´//∧        _
              乂: :l ゝ乂: : : : : ィ<l` ー ´ノィ//ゝ,///////// ィYヽ   /ノ,. -,
               ゝ{   >ィ// `/Vヽ´  j////////////レ l i //´, ´
             ,へr-‐7///イ  / ┴ハ  //\/////////r′ ! ,!′/_っ
            /// i//// > ∧,イ:i:i:i:i:入,イ////ヽ /////ィ´!    /´
           ′//|//_////l   y:i:i/  //////-v´///{ V    /!
             ,///////i ///ハ /:i:i:i′/'/////ヲ!/// i:/ヽ\  レ,ト、
           八// //ハ///  Vi:i:i:i:i/ /////イ三!////l////\ ン//′
          ハ///////! /ハ   ヽ/  ′//=ラ//// //////////′
   .       /////l//// l/ ハ      j!///ヽ///// //////////
        f/////j!//// !/!  ,    /i!// /////// //////////
        {//////i}////ハj′ ヽ /   l/ /////// //////////′
       ノ//ヽ///{、////}!     ′   y○////// ///////// i
      ///////≧ ヾ///,′      j{////////,//////////,′
   .  ////////////ヽ-く_     i!///////////////////
     ∨////////////////r`ー― "―--≦//ハ/////////ソ-,
      ヽ/////////////////////////////jt_,.ヽ///////ノ/
       ` <//////////////////////// i _, ゝ´ ̄ 二ニー,
         /`7 <//////////////////′!     , ´/
        //////// ` <///////////" /―‐K´
     , </////////      `ソr 、////ー- ′///∧
    ////////////′     / ○/7ー′///〈∨//∧
.  /////////////′     ,/////////////∧∨//∧
//////////////′      ///////////////∧∨//∧
≦三三≧ー-</イ          {////////////////// ///∧
  ` </:.:.:.:.:.:.:.:.:> .,     ` ー- =ッ////////////////\
  _,./:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.>r―r― ´f ̄l:.:.:.:.:.`t <///////>‐ '
 ´:.:.:.:.,. ´:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.j:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.ハ ̄
:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.′:.:i!:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.ヽ



他国星系-他国星系-他国星系-他国星系-他国星系-
|        |      |      |      |      
自国星系-自国星系-自国星系-自国星系-自国星系-
|        |      |      |      |      
他国星系-他国星系-他国星系-他国星系-他国星系-

「たとえばこんな感じに線状の領土でのっぺりと他国と接していると」

「星系全部が「国境沿い」であり、開戦時には「前線」になってしまうわけだ」

「国防上、怖いよね?」

「機動防御部隊もどこに派遣して良いものやらだし」

「陣地防御しようにも、自国を全部要塞化でもしないと間に合わない!」

「そして、他国と接している国境が長いから、国境摩擦による外交関係悪化がよりひどくなる!」

「外交戦略的には悪手だ」

「それでいて、領土は線状で狭いから内政戦略も微妙ってことになる」

439 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 23:46:33 ID:k1EnmQYI0
                    - ― -  、
              , <: : : : : : : : : : : : : : > 、
            / : : : : : : : : : ,:: : : : :: : : : : : :\
              /: : : : : : ::i: : : :|: : : : : : : : : : : : : :\
          /: : : : : : : ::|: : :/|: : : : 八 __: : : : : :∧
            /: : : : : : ::_,, |-ート|: : : : : :| \: :`|: : : : :|
        /: : : : : : : : : /V / Ⅴ: : : :/ __\|: : : : :}
       /: : : : : : : : : ::|x≠テT`\:/ ´テ:ハ`:!: : : :/
     ..厶: : : : : : : : : : : |. V:::ソ       V:ソ !: : :/
      /: :/: : : : : : : : :∧ :::::    ′ ::: 厶: 〈
     .|/|: : : : : : :|Yi : : ∧     、_,    /: : \
       / : : : : : : | V: : ::人        /: : : : :∧
.      |: : ::|: : : :〈  `ー-  、      /: : : : : : : 〉}
.      V : :|V:: : ::\       l     T´,人八 八/
         `ヽ| \人_人: `ヽ _.|__,∧, ______
                  / : : : : : |    |V_ }、.\: : : : `ヽ
               x. :´/: : : : : : : :|> 、| \ \ \: : : : :.
              .∨: :|: : : : : : : :∧: : :\>=.、 \|\ : : : \
              ∨:\: : : : : : :∧: : : : \  \_.|  \: : : : \
                ∨: :\: : : : : ∧: : : : : :\       ∨: : : ::|


「理想的にはこんな感じに線ではなく「面」状の領土」

「国土はある程度広く、それでいて他国と接している国境線は最小限って方が良いと思う」

「これなら国境摩擦による外交関係悪化は最小限で済むし、仮に戦争になっても守るべき箇所は一目瞭然だからね!」

「事前にそこを要塞化しておくのも容易だ!」

「そして領土が広いから国力も高い!」

「なんというか、「体積は最大限に、表面積は最小限に」とでも言えばわかりやすいかな?」

他国星系-他国星系-他国星系-他国星系-他国星系-
|     
自国星系-自国星系-自国星系-自国星系-自国星系-
|        |      |      |      |      
自国星系-自国星系-自国星系-自国星系-自国星系-
|        |      |      |      |     
自国星系-自国星系-自国星系-自国星系-自国星系-
|        |      |      |      |     
自国星系-自国星系-自国星系-自国星系-自国星系-

440 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/23(火) 23:48:17 ID:k1EnmQYI0
安価↓1 見たい描写
・TS(求道覇道白青黒赤緑)
・アーッ!
・ヤンデレ
・SCP
・諜報(諜報枠、諜報試運転、偽メシア等)
・外交(外交枠、外交枠試運転、ローマ傘下国、受難の民架橋等)
・科学(研究枠、研究枠試運転、民間研究、ファフナー、ホライゾン、ドラえもん、スパロボV、性転換、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法)
・スカウト
・育成
・学園
・コミュ
・転生
・五色(色ギルド・五色の社交界・五色の立法府・五色の行政府・五色の学会・五色の市場・五色の諜報・五色の連合軍・五色の芸術・五色の庭園・五色の医療・創世道、その他)
・円環少女
・色派閥ゲー(色宗教戦争ゲー、メガテン派閥ゲー、没落だらけのステラリス)
・戦略調整センター(史実、世界樹の迷宮、四度目、Re:Monster、Mtg、幼女戦記、シド星、スパロボ、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法、円環少女、禁書、リリカルなのは、FGO、ナルト、ネギま、白、青、赤、黒、緑、信長の野望 スパロボ、プリティベル、海戦、密集分散、予備兵力)
・未踏世界調査(ブリタニア帝国記、ハリー・ポッターと野望の少女、影の実力者、カルチャーショックDD系、皇女戦記等)
・文明種族育成(ナッシー進化、属国作成、等)
・ボウケンジャー(試練部の不思議なダンジョン、ヤドノキの塔、工場魔方陣、冒険者料理、グリードアイランド)
・多元宇宙食料事情
・進行中(SCP転生)
・黒赤VS白
・赤緑VS青

441 名無し-Red-市民-2 :2019/07/23(火) 23:59:06 ID:iPpy/Ns60
スカウト

442 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 00:06:49 ID:m./uGhJU0
                  . : ´ ̄___`: : .
                 / ,斗-=ニニニ=-ミ_、 \
                     /ニx≦===≧xニニ\
             _ /_ ,/ニ/         \二  ゚。
             \  ̄/7_/ ‐{- 、 ,;|  i丶  V_l  i{
             _ ヽ._|_/ ik,斗-ミ} ,リ{! ‐|二 ー}ヾ{   |ーォ
             丶   : .〈 ,7T{´fぅミ Y |,イfぅミv; _ ',_}/
             \_ ,人{: | ヽVシ       Vシ/イ {ノ/. : ̄/
               /   ,:|: {r、}     i   / / i:´. _/
               > 、/ |: |ト,   ー    _,  ヽ/  ;:    ヽ
            <     :|: |{心,、       .イ'  /ー.-.=彡
        _   \   /|: |! リニ}i . _ . : i{(/  ハ    \
       {  ヽ , =- !: V  ̄`ー==-r/  / } _ /_ノヽ
       { /   ゚ー 、   \} `゙    ー { / ̄ ヽ  (   ゚。
.         ノr ´ /  (_: .           '    . :}´ ̄ ハ   }
       r'=ミ、 . :    }: .  _ィ=ミ、_    _ . :r ´丶  } :   ,゜
    _</ニム _}ノ  )x≦ニニニニニト、_フ〔ニニ\: )   : ヾ , -<
  _</ニニニリ<_ ノ´ニニニニニニニ|/\_{ニニニニ\  、 ノニ\>_
_< /ニニ≠´       }ニニニニニニニ|ヽノ|ニニニニニ}‐=<ニニニニ\>_


それは確かに卓越した技術ではあった。しかし、期待されたほどでもなかった。

そしてその研究のために捧げられた犠牲は、さすがに青をして少々やり過ぎと言わざるを得ない。

443 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 00:10:26 ID:.ETuLZ6E0
「別にこれは俺の研究テーマじゃないんだけど、パトロンを募って研究資金を稼ぐためのデモンストレーションとして、最強の特化型ホムンクルスを作って披露してやるぜ」
とか言って、惨劇をまき散らしたやつかな。

444 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 00:11:21 ID:m./uGhJU0
|i  |i|  |  | |  / l   l  |    ∨ニ/二二二二二、ニニ二/     i   i
\|i|l|  |  | i   i | l l  | リ   ∨/:::::::::::::::::::::::::::::::::\/        i|   |
=ニ\  |  | l   | | | l  i/      ‘::::::/ {:::} \::::::/     `丶iil|   |
ー=ニニ ̄`ートミ il| | l | i i/       } \\__∨__/:/            \
ー=ニニニ二二二`ー、__| | | i/  /\    \:::::::::::::/  /  /-==-.、   ‘
ー=ニニニニニ二二二二>!__|〈  〈:::::::::/\  \ `ー‐   / _| |三三三〉   }
ー=ニニニニニニ二二二二二二ヽ. \:::{    、 \   / _-ニ| |三三ニ/   /
ー=ニニニニニニニ二二二二二二∧ー=\`ー‐:::::\リ  {-=ニ三} {三三厶  /  ヽ  ! !
ー=ニニニニニニ二二二二二二/ }   二二二ソ _  、\ー='  ゝ__,    /     } }__j
ー=ニニニニニニ二二二二二二{ _ノ     ̄ ̄ /::::\  `ー           ノ'"
ー=ニニニニニニニ二二二二二/⌒ヽ      〈::/⌒ヾ:〉                 '"
ー=ニニニニニニニニ二二二二/    \     //⌒ ト、        . '"    '.
ー=ニニニニニニニニニニ二二/     /i个个个 /:::::::::|  i\____,. ィ::!‘,      '.
ー=ニニニニニニ二二二二二i      /=| ハi 八 |:::::::::::| :/::::::| /::::| リ::| ‘.     |
ー=ニニニニニニ二二二二二|    /二Ⅳ ∨::::::i:::::::::::i/:::::::::i:/:::::::i/::::i   ‘,    |
ー=ニニニニニニ二二二二二i    /ニニニ} /i:::::/i:::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ:::::l   /ニ,  |_         -―――-
ー=ニニニニニニ二二二二二i  ,/ニニニフ/ l|::/ :|::::::::::::ト、::::::|ヽ:::::! }ノ   lニニ∧  } _>--
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー‐! ,/ニニニニ}i  \_ノ:/i::::::::! l::::::|__}ノ{/   iニ二∧ /__
--- __.          八/ ̄`丶  \  \_j\:ノ_j/.     _ -=二/ ∨______
-- _          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄> .\    -- 、   _ -=ニニ二/
    ̄ ̄  ------------  ――   __>‐{    }‐=ニ二二二/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄   ――――――    ――..    /∧   ∧二二二二/

端的に言ってしまえば「フランケンシュタインの怪物」であり、

ローマの既知で言えばザボエラさんの超魔ゾンビや、イニストラードのスカーブに近い。

研究員の表現を借りれば「アンデッドシミック」、

死体を合成・改造して作った特殊なアンデッドである。

445 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 00:12:27 ID:m./uGhJU0
>>443
『そんな感じ!』

『まあホムンクルスじゃなくて人造人間(フランケンシュタイン)だけどね』

446 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 00:12:56 ID:.ETuLZ6E0
おおっと、ホムンクルスじゃなくて、フランケンシュタインだった。

447 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 00:14:56 ID:m./uGhJU0

          /./ /      ヾ'-.、,  /  l,   /
         ,レ´~`!,、r'''``∧```''ヽ  `'´   .'´レ'´ ./
   l゙ヽ,    / ~゙フf´   f,レ'!   ヽ   な オ  /
  .l  ヽ   l‐''゙`l`!   ,i'ナ'゙l    ヽ  .め レ  /-
-.、,l   ヽ t'、l-.'''゙l゙'.l,  .i,`t:''゙.l ,、-‐ '゙   る .を   ./
  f    l, .l, ゙i、‐'゙l゙`':、 .,f、フ''こl `'-.、   な    ./
  !    i~゙i,.t i, ,r'゙ヾ ヽiヽビ´-!    >   .ァ    /、
r、ヽ、  ノ  i.l.l ヽ,,/´~!ヽレ-'゙!  ,、ツ‐illツ ッ  .、,_ヽ,
l ヽ,  ~ ,,  ,'l.'iト,ll\/{,ヽl,-',´:l`,ニ7il,.,illll' ,.r=ヘ、l/`'
.l ヽ,// /i゙ V、ノli;`'oィヘ,ヒ;こ-'´i ,lllllll llll;r'''゙,r;;;;i.゙rく、_,r
'゙    .'´ /  l,、llll'''ニ-i;,,l,___l,.、o-‐''7llllツ /´)ノ./ / ,i
  大   /   ゙iiif´  ,l ./ ~`'‐‐iツlllllツ .l_,、rシ´  `ー゙
  魔   ``''フ ll'l ,k'‐'=、_    '´,lllツ  /
  王   ./  l .l.lr:`'‐-、ニ!  ,;llllツ''7'´`t‐‐‐;ァ
  オ   ヾ,',  l l,ヽ'-.、,,_.rノ ,illlヅ /´  .ノ /    ,j
  .ツ  .ヾ'''`'、 l .l, ``.‐-.' ./"´./   ,、-'´    ./
   !!!  ヾ'`  .ヽ、`'-、....、-'´  /  r'´       ´

その世界ではそのアンデッドを、人造人間(フランケンシュタイン)と総称していた。

生物のパーツを合成し魔改造しているという点では、シミックや超魔生物に近い。

だが、改造されているとはいえ一応生物であるシミックや超魔生物に対し、

人造人間(フランケンシュタイン)はあくまでアンデッドであり、生きてはいない。

448 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 00:15:23 ID:m./uGhJU0
>>446
『実際ホムンクルスも居る魔境世界だからね。仕方ないね』

449 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 00:17:15 ID:.ETuLZ6E0
色は青黒緑かな。ヴァンダルーさんとは全然違うタイプだけど。

青:マッド、究極のフランケンシュタインを作りたい
黒:死体を使う、研究のためなら何を犠牲にしてもかまわない
緑:生命を利用、生命活動を強化した形で再現し人造人間に付与。

450 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 00:23:31 ID:m./uGhJU0

              ____
          rー-、,'"     `ヽ.
         _」:::::i _ゝへ_rへ_ ノ_`〉 _
         く::::`r-'、;_r-、ノ;^;;ヽrYi、/ l ))
   ((  ,ヘ,  .ノ::レ:ミ:リ:λ:ア:;λ;レ;;ミ./ ./
       '、.`、 ルLi ○   ○ λ/,,,/,
.       ヽ ソ`ハル""r-‐‐v""イ  ./
.        ゞ   ソゝヽ、__,ノ_ノ   )
     ,...‐-,._`弋__ノ ヽ/$ヽノ ,___,ノ.,-‐.、
   /.;:/::::|:::::ヾ:;;弋|,  |:  !イ;;/:::::|:::::ヾ:.\
   ⌒Y⌒Y´ ̄`''.ノ   |:  λ ̄`Y⌒Y⌒
           く;r:‐'ー--、__>
.          / ヽ、    .\
.         /       ヽ . \

一方、標準的なアンデッドのように、本人の死体に本人の霊が乗り移っている、というほど綺麗な状態ではない。

死体はキメラのように混ぜ合わされ、時には脳さえ複数組み合わせられる。(のが基本。本人の死体を合成も改造もせずそのまま使ったようなのも無くは無い)

ヴァンダルーさんのクノッヘンやシルキーやジェーンのような郡体アンデッドにむしろ近いだろう。



・・・さて、この状態で生前の記憶や人格を保てるだろうか?

超魔生物と異なり、生きたまま改造されたわけではなく、一度「死」を迎えて変質し、

さらに通常のアンデッドのように死んだだけでは済まず、脳を含めたパーツを混ぜ合わされた郡体アンデッドと化した状態で?

451 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 00:24:10 ID:m./uGhJU0
>>449
『一応ヴァンダルーさんもラピエサージュとかクノッヘンとか作ってるから、まるっきりやってないわけじゃないかな?』

452 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 00:26:58 ID:.ETuLZ6E0
ヴァンダルーさんのところで言うところのジェーン・ドゥ状態かな。
無理っすね。

453 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 00:31:43 ID:m./uGhJU0
>>452

                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           /:::/ /:::::::::::::::::::::::::::|::::::::',::::::::::',::::::::::::::::::::::\
                            /:::/::,':::::::::::::::|::::|::::::::|::::::::::',::::::::::',:::::::::::::::::::::::`、
                        l:::/:::, :::::::::::::: |:: j ::::: |::::::::::::,:::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::.
                       ,ノ:':::::,::::::::::::::::::|:::ハ:::::::::::::::::::::l::::::::::}::::::::::::::::::::::::::ト::',
                      イァ7:::::l::::|::::::::::: |:,'-',x :::::::::::::: |',::::::::|::::::::::::::::| ::::: | ',:}
                        /イノ::::j : |:::::从::i!l  '八:::::::::|l:リ 'x::::/:::::::::::::::,'::::::: | リ
                      '´^!//^!:::l::::::| V    ∨:::リl | j∨ リ:/:::::|:/ |:::::::
                       人  |l:∧:::{≧=ミ、 \ ∨      /!::/::::/lイ::/
                        /´\v' V《乂:::ノ゙ヽ    x==ミx/: : :|/ !/
                       ノ{ |イリ` ヽ∨ ̄´       乂メイ/W从::{ ,/'
                      ノ i! ∨  ∧           |   ̄ /´   V/
                    //......|  '.,    ' ,       '   ,イ
                 , < ...,'.......∧  ∧,     \ `ー ニア'  ,/ }、
              , <´ .....................∧  \    \、  ,イj  } |..\
             / .......................................\  ` 、    `/ }j ' ノ /...... \
            /......................................................\   > 、/  j',/ /.............. \

『その通り!』

『実際、霊か死体かの差はあれども』

『人造人間とジェーン・ドゥは非常に良く似た合成型アンデッドだ!』

『故に、ジェーンたちが生前の記憶も人格も姿を失って女性形態になっているように』

『人造人間も生前の記憶や人格を失ってしまうのさ!少なくとも、記憶か人格の片方はね。』

『従って、人造人間は労働力や兵力にはなり得ても』

『死者蘇生ではないし、不老不死でもない。生前の記憶や人格を保てないんだからね』

『多くのアンデッドがそうであるように、歪な蘇生で死者の眠りを妨げているに過ぎない』

454 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 00:34:02 ID:m./uGhJU0
      |                   |  |  |
      |∧                 | /  |∧
      | ∧             / i  ./ /    |
      |  ∧         /  /  / /、   . i∨
      ∨ ∧        /     / /\::>、_ |::∨∧ /
         ∨ ,∧      ./    ./ /\`ヽ:::::∨:::::∨:∨::/_
        ∨  \   / /  〉  / |ミ::::\二>、:::::::∨:/:/`
        .∨  ∧/i /  /   / /\:::::::::::::>、≧ヾ:|::::/> 、
         ∨  ´ レ'  /   i /三<::::::::::::::::::>―|::::ー――´
             ∨ \   i    〈≧イ:::::|>::::´:::: ::/::/:i::|:::::::::> 、 ,
       ____|   ヽ ./二二ヾ 〉フ: /::|/:::>、イ//:/:::|::∨<´ ̄/
.     /´ >≧|__.X/二二ヘ∧ |::/:/:::/|/;;;;ヘ//:/|:::/:::::∨=‐ /
     //: : : : : : : :イニ∨´ ̄`ヽ癶〉|///_ ;;;; ヘィijフ"::/:::\::∨ /
   /: : : : : :: : ::r-'ト/¨´入 二 ソ二〉|∧ 〃 ヾ\_ jヘ/:/::::::∨\∨
   /: : : : :> -/二〈二二 Y, ̄ ,/〉 |_∧ゞニニ>'ィ´∧:/::ハ:::∨ /\
.  /: : : / イ/ニ|ー‐.∨  ̄ ∨/>∧二≧ム<//|:::∧/  \| /
 /: ::/: :: ::/r|ト|二二|二>ハ</ / /  i´ `Y´/.|/ ∧   <   /
 |/: : :::: /∨|ハ___||_/t| :| .\|二 二 ,イー ―.‐∧< __/
 |: : : : : /〈 :∨=j___|j二 二i \\/≦二二_ _ __>=― ‐
 |: : : : : |ヽ\`/    ゞ _ノー― '_  ̄ ̄  > ´  __> =―
 ∨: : : j|ー=j  ̄ /'::/: : /: : | ℃/\  >´  ∨__\
  ∨: : :j|: : : :入二_/: :/: : /: イ;;≧   /> 、    \
  ∨:/ヾ___ イ: : //;;;;;;;> 、./    ヾ  /
   ∨ヾ ∨: : : : :/: >/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;≦ ̄ ̄ ̄ ―=――
   ∨|  ∨: /<;;;;;;;;{ ̄> 、;;;;;;;> 、 ¨ ̄ ̄ ̄
    ∨` ̄'\` <;;;;;;;;;;;;;> 、  > 、;;;;;;> 、へ________
    ∨: ::/  \  ` <;;;;;;;;> 、   > 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;≦二二二
     ∨/    \   ` <;;;;;;;;;;;> 、   > 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


まあ利点は無くも無い。死者蘇生や不老不死にはならずとも、ゴーレムのようなトークンには成るのだ。

しかも、死体卿の言葉を借りれば、「人間よりも強くすることも美しくすることも賢くすることもできる」。

人格面は崩壊していても、人間の死体を材料に人間よりも優れたトークンを作れるのならば、

なるほどそれは優れた技術ではある。

455 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 00:44:29 ID:.ETuLZ6E0
しかし、材料の調達が容易な普通のアンデッドと違い、フランケンシュタインは材料の調達も手間がかかりますからねぇ。
材料のための特別な人間を養殖したり。
コスパは推して知るべし。

456 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 00:48:27 ID:m./uGhJU0

                         ∧∧       ∧∧;; ;;ノ
                     ∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃\ (゙0;;゙*)ノ/
                   ∧(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;∧∧⌒;;⊃
                ∧∧(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃
                (゚;-:。*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃
            ∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚o;。*)⌒∧∧
          ∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;⊃ (。0;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃
     ∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(。0;;゚*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚;;-;゚*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃
     (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃
   (゙0;;゙*)⌒;;⊃(:;);-゚*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙o;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;∧∧
 (。;-;゚*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(。0;;゚*)⌒;;⊃(゚o;。*)⌒;;⊃(゙o;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃
(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゚0;;゚*)⌒;;⊃

だが、墓地利用して作るならとにかく、

生きている人間を殺して材料にしてまで、人造人間を作ろうとするのは如何だろうか?

しかも、それで殺される人間は死への恐怖や絶望や、マッドへの憎悪は一切抱かず、

「自分が人造人間として失敗作になってしまう」ことを恐れ、

周囲の人間も「君の家系は理想的な人造人間の材料だから大丈夫だよ!安心して死になさい!」と的外れな励ましを口にする。

根本に人造人間という技術への愛があることは認めよう。青い探求者だとは評価しよう。

しかし、青のGMでも、さすがに生者をわざわざ殺してまで研究するのはやり過ぎだと思うが、研究班諸君は如何だろうか?

457 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 00:58:09 ID:m./uGhJU0
>>455
                      ‐=ミ、 _.
                   _,ィチ州liミチ=ミ、
                  州イ川州州li州li,ミ、
              .,州州Ⅶliミ、ヾrⅦ州li!、
                州州ミrヽマミ、.,ィ-ミli州|ム
              ,リイiliト ,ィテ、  .f'il l:リト、ミ
              〃.i|州!i!.じ! i `´ ,リr .ル
              i!  .マlハ  _. `_   ,rイ
                 ヽ.`ヽl l. ゝノ_,.イ从
                 / '´ ̄-、⊃
              __,.ィ!    ニニ{/ヘ_
           rチ三7/ヽ__,ィー'////三二7、_
            |/ハV/oヽ //o////////////∧
              ノィ/o'////,>///////,ヘマニ三彡!
           ル'//////////////////ハニ三彡イ
          ル'/////// ///,O'////////,〉、////,ヘ、
          V//////〈 '//////////////  マ'///,イヽ、
          V////イ .}//////////////   マ//////
            `ー'′ . |////,O'///////     r〉-=≦
                .ル'///////////{      ,仁三ニイ
                  /////////////,ィ!   ,.イ//////
                 f三ニ=-/,O'///,ニ三{  ,.イ///////
               .////////////////∧〈////////
               //////////////////∧.V///,/

『だねえ』

『雑に作るならとにかく』

『狙って高性能の人造人間を作ろうとすると』

『材料集めが大変らしいしね』

『まるで対戦用ポケモンだ!』

458 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 01:00:10 ID:.ETuLZ6E0
命の価値がちがーう

459 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 01:06:22 ID:m./uGhJU0
>>458
              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「だよねえ」

「アンデッドを忌避する気はないが」

「さすがにここまでやるのはローマやヴァンダルーさんですらやり過ぎだ!」

「故にこんな危険な価値観と技術はローマの管理下に置かれなければならない以上証明終了!(青黒並感」

460 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 01:10:17 ID:m./uGhJU0
                 __
                (" ''ヘ,、::.
                (ヽ/:::::ヽ::.
                 ヽ:::::::::::::ヽ::.
                     ヽ:::::::::::::ヽ::.
              , -―、  ヽ::::::::::::ヽ::.
             r      .:ヽ l:::::::::::::::}::.
              l      ..::l /::::::::::::::/::.
             ヽ、   ......:::V':::::::::::::/::.
               ニゝ:::::::::::::::::::::::<::..
             /''"::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ■■■■■■
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、■■■■■■
           /:::::::::::::个;;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、■■■■■■
          /::::::::::::/ l;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ノノヽ、■■■■■■
        /:::::::::::::/ ■l;;;;;;;;;;;:::::::::::::(liii}):::::::::::ヽ、■■■■■■
      (ノヽ、:::::::/ ■■l;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::;,;,:;;:::::::::::::::ノノヽ■■■■
      /   ,ヽ   ■■イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;:::::::::::::::::::::::::::ヘ:::.■
      廴__,,ノ  ■■■l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::::::::::;;:;;:::::::::::::::::ゝ::.
          ■■■■l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::入::.
           ■■■ナ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::::::::::::::;;;;;;;;;:::::::::ノ:::ヽ、::.
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::::::::::;;;;;;;::::ノ:::::::::::::ヽ、::.
             /:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::::::::::;;;;ノヽ、:::::::::::::::::ヽ::.
             /:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::::::ノ::::ヽ::. ヽ:::::::::::::::::ヽ::.
           ∠、:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::ノ::::::::::::::ヽ::. ヽ:::::::::::::::::ヽ
             ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ノヽ:::::::::::::::::ヽ::. ヽ::::::::::
              \:;;;;;;;;;;_,,-ー''"ヽ-ー''   ヽ:::::::::::::::::ヽ::.
                  ̄

別段、主人公勢や黒幕勢が何かしたわけでもなく、

マッド同士が勝手に内紛して自滅していたので、

適当にアンデッド化させてスカウトしました!

なお、「記憶や人格を保ったままのアンデッド化」こそが研究目的だったので

アンデッド化させられたのに喜んでいます。

461 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 01:10:32 ID:.ETuLZ6E0
収容だー!

462 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 01:14:19 ID:.ETuLZ6E0
そういえば、Dr.リヒターはそんな目的だったっけ。
究極の8体とはマジで何の関係もないなw

463 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 01:16:05 ID:m./uGhJU0
             ___
          _,,.-''"::::::::::::::::::::゛'‐..,,        ,r'"゛'‐-..__
        /::::::::::::::::::_:::::::、::_::::ヽ   ./ ̄7'       ` <
       /::::::::::::::::: ̄:::::::>、::>、ヽ::::::ヽ-/  /
      ./::::::::::::::::::_,,..-┼''::::::::::::、::::ヽ,, ̄ i /
.      i::::::::::::::::<.  │:::::::::::::: ヾ,ヘiヾri/―へ
      |:::::::::::::::::::::::\  ::::::::::::::    .iヘ /
      |::::::::::::::::::ヾ:::::::\::::::::::::::    |::| |           ` <_
.      |::::::::::::::::::::::\\ヾ::::::::::::   '" .ヽ   ',  ',        ` <
.      ',\:::::::::::::::::::::|\__:::::::::::.    / \_', ',
.       \::\:::::::::::::::::::::::: ̄ ̄:‐-:.__∠     ヽ_.',
        \::::''-.,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠__    ヽ
          \:::::::''-,,_::::::::::::::_,,..-‐_'".-‐  ''''‐-.| ̄ヽ
           ゛''-.,,::::\ニ(,.ニ-‐_ニ_._ ̄    |   `‐- __
              ゛'‐-..< ̄゛''''‐‐‐----...._|     |. ¨ ‐- __
                              |     |-..,,_

AAはありません。(無慈悲

【その他】
ザボエラ(超魔生物・超魔ゾンビ。生体や死体を改造):
ゲバルト=リヒター(人造人間。超魔ゾンビのような改造アンデッド):

その他研究枠にゲバルト=リヒターを追加しました!

ついでに超魔ゾンビを思い出したのでザボエラさんの研究能力も拡張しました!


安価下1 質問・コメントがあれば

464 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 01:16:58 ID:m./uGhJU0
>>462
『だから広告塔だって本人も言ってるじゃんw』

465 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 01:17:11 ID:m./uGhJU0
>>461
『確保!収容!保護!』

466 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 01:21:10 ID:m./uGhJU0
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「なお研究材料は主に上位アンデッド生成で賄います」

「人道上実際問題無い!」

欺瞞!

「ああ、死体卿あたりもスカウトできそうだね」

「もし来期アンデッド枠を持て余したら人造人間系の人材をスカウトすれば良いと思うよ!」

467 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 01:21:38 ID:.ETuLZ6E0
AAが無いのは仕方がないw
むしろ、そのうちフランケンシュタインらしく、適当な姿に改造してあげようw
斑木ふらん(フランケン・ふらん)とかそれっぽいかもw

468 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 01:23:08 ID:m./uGhJU0
>>467
                                              -──-
                                    ,  '"´            `丶、
                                      /                     \
                                /                      ヽ
                                   , '                         ',
                               /                  ',
                                 //     /   ./         ハ
                             //     l:   ,'        /         l
                                  ハ   !       /   |        |
                                | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|
                                |       !.! ヽ/l       //    .|       /
                             ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
                            ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /
                             l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'
                             |       八  ヽ         ̄l   レ'     |
                                   ヽ   、 _.       ,'   .,'        |
____________________    /         \ / r/ヽ     /   ハ ,'
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ||    厶イ八 ハ   ハハ /-‐´ イ≦ ´ /   / V  /l .ハ ',
                       | ||      ,ヽ! .\, イ   ^ ‐---- 、 イノ/   ヽ/ j/ ヾ、
                      | ||       | ヽ, ´       ^ヽ‐--r >       ヽ
                           | ||        |   ヽ,         \./ /         ヽ
                          | ||        |    ヽー────‐、 ∨}      _,,,... -‐ 、
                         | ||        |       /       \\,..   ./      ヽ
                        | ||        |       .i         ー─'   /         ヽ
                       | ||        |       i       /   __./          ヽ
                            | ||

「彼女はあれでも医者だよ?>斑木ふらん」

「本当に命を救うためなら「何でも」やってるだけだから」

「アンデッドは好まないと思うな」

469 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 01:23:56 ID:m./uGhJU0
                 , ,, 、r---,、__
              , r:'_   ,r<_  ``ヽ、
            ∠<´ 、 `><´ヽ, `ヽ    \
           .i′//\  .Y´ ,,| i  i   |ヽ、    ヘ
          .l .l .i .i´`ヽvr''¨´ | |  |   .| i    ∧
           l l l...|       | l  |   | |     l
          .| l ,l |       .|ハ .,|   | | ト、    l
          .iハ .l  ,!r=:、   ,j∠Ⅵ|  .! .,l j=.'、   .i
          ! !ハ .ハ|エエlテラlエエ.iニ! / /l .i  }ヽ   .i
              ∨ゝ!_ノ.i´`::ゝ_ノ | /./ .!/i ./ .|ヽ、 .',
             ヽ ! .l       .!'./   ヒノ、 .| ト.`i、',_
       i!       |ハ `´    /イ    i   iヽ!ヽ! ヽ!
 ,r''´`i´.i.7 i_つ      ,,i, ` ̄ ´     /   l``i
. i、_j .j ,i! .(\/`Y´:::У:::ヽ     , :イ    // .ト、
..| .,!_ノ_ノl  .ゝ_.|:::::::i:::::/:::::://` ー.i'' ´     ,,r''´,r''.イ ∨:ヽ,
..|  ィ l   .∨::::::l::::l:l:::::::ハ.!   .λ   _r''´,r'',ィ´  ノ:::::::::ト、
. l   .l     ∨:::::l:l::::l::::::|ハト、_ .i .! r''´r'´,ィ´   /:::::::::::::|/
\  .l     ∨__l:::- '' ´ヘ,', ..i.∧ ,r| .|ロj   /::::::::::::::::::/:::
  \,i _ -  ´ _,,  - 'i', !_/ィ! !_! -::''´:::::::::::::::::::::::/:::__
\  Y´  _,, .:r ''       .|:i\Y´.,.r''´::::::::/::::::::::::::::::::r''¨´::::
 .ゝ-r ''¨´             .|:::i:::;У:;::r'':::/:::::::::::::::::::::,, r<´ ̄
 . Ⅷlハ             .|``ヽ<_r-v=:、  __ :r<::::::::::::::::::::
 . .Ⅷlハ              |    .i .|8 》''´:::::::`ヽ:::::::::::::::::::::

一番それっぽいのは・・・レザードだw

470 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 01:23:57 ID:.ETuLZ6E0
死体卿もAAは無いけどね!w

471 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 01:24:52 ID:m./uGhJU0
>>470

        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「仕方ないねw」

「まあ何、本体は脳だけだしw」

472 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 01:26:22 ID:.ETuLZ6E0
なら、元ネタがないから、ガワとして使いやすそうな「やる夫スレオリジナル」あたりから、適当なAAを探してみますか。

473 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 01:27:52 ID:m./uGhJU0
>>472
『宜しく!』

474 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 01:29:02 ID:m./uGhJU0
では今日はこの辺で失礼します!
ご参加頂きありがとうございました!お休みなさい!

475 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 01:29:32 ID:.ETuLZ6E0
乙でした!
おやすみなさい、無茶王様。

476 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 01:42:34 ID:.ETuLZ6E0
ゲバルト=リヒターや死体卿に使いやすそうなAAは…

ジェール・パナシーア
ドロテア・フォン・シュベルトガルト
球体紳士

あたりですかねぇ…(いずれも「やる夫スレオリジナル」のAA)

477 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 07:30:53 ID:0WFHBdIw0
乙でしたー

478 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 07:36:49 ID:lber7LgQ0
フランケンシュタインで思い出したけど。
そう言えばシンフォギアXVの敵幹部は怪物君モチーフだったね。

479 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 22:46:19 ID:m./uGhJU0
安価↓1 見たい描写
・TS(求道覇道白青黒赤緑)
・アーッ!
・ヤンデレ
・SCP
・諜報(諜報枠、諜報試運転、偽メシア等)
・外交(外交枠、外交枠試運転、ローマ傘下国、受難の民架橋等)
・科学(研究枠、研究枠試運転、民間研究、ファフナー、ホライゾン、ドラえもん、スパロボV、性転換、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法)
・スカウト
・育成
・学園
・コミュ
・転生
・五色(色ギルド・五色の社交界・五色の立法府・五色の行政府・五色の学会・五色の市場・五色の諜報・五色の連合軍・五色の芸術・五色の庭園・五色の医療・創世道、その他)
・円環少女
・色派閥ゲー(色宗教戦争ゲー、メガテン派閥ゲー、没落だらけのステラリス)
・戦略調整センター(史実、世界樹の迷宮、四度目、Re:Monster、Mtg、幼女戦記、シド星、スパロボ、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法、円環少女、禁書、リリカルなのは、FGO、ナルト、ネギま、白、青、赤、黒、緑、信長の野望 スパロボ、プリティベル、海戦、密集分散、予備兵力)
・未踏世界調査(ブリタニア帝国記、ハリー・ポッターと野望の少女、影の実力者、カルチャーショックDD系、皇女戦記等)
・文明種族育成(ナッシー進化、属国作成、等)
・ボウケンジャー(試練部の不思議なダンジョン、ヤドノキの塔、工場魔方陣、冒険者料理、グリードアイランド)
・多元宇宙食料事情
・進行中(SCP転生)
・黒赤VS白
・赤緑VS青

480 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 22:52:13 ID:.ETuLZ6E0
育成

481 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 22:52:29 ID:.ETuLZ6E0
無茶王様、おかえりなさい。

482 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 22:53:14 ID:m./uGhJU0
ただいまです!

483 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 22:54:41 ID:lber7LgQ0
おかえりなさい。

484 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 22:56:21 ID:m./uGhJU0
メイズスター(ボウケンジャーを育成する): メイズスター(ボウケンジャーを育成する):キリト 先制ブロックLv12

485 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 23:02:29 ID:m./uGhJU0

                                 ト、
        ト、                      | l
       | ト、                     | ト、
      | | ト、                    | l l
        | | | l                       l | |
       | | | iト、                    / l ,'7
       .l ト、ヽ |                 / / 〈
       l | | L  . -───- 、      / ./ / /
        l ヽ ヽ.レ:´::::::::::::::::/: : : : \   /  / l 7
        ト、_/:|:::::::::::::::::::l: : : : : / \/`、// / /
        | /|: : |::::::::::::::::::l: : : : :/:::::::::/ /  / / /
        l/::l: : |::::::::::::::::::|: : : :/:::::::::/ /ノ丿丿〈
        |:::::`ー' r'⌒ヽ:::::`ー ':::::::::::| .l / ノノ 〉
        |:::::::::::::ヽ._゚ノ:::::::::::::::::::::::::::l()| /ノ丿 /
        L_,.-、______,.r‐‐‐‐┬┐!::l()| //,ノ
         / : :/_、,ノ丿,/__ヽ| l:::| |:__,r'⌒ヽr、_
      , -‐{: :rヘヽ_(」'´  /__(.ノ´//::゚:V| V ‐、 |: |  \
    r‐/ ,'/ ,ヽゝ:ヘ.  ノ     ,{ {:::゚:::/、 ヽノ ノノト、: : : l
   ./, 'l i l: i: : |.l: ヽ `ー'   .イヽ__,ノi: :`二´: :, ,' | :/
   l i :|: :\ : `ー'´.:>.、_ / |: : :i i :\____,.ノ  /'´`ー-、_, -
   | : :,r--‐──---,r'ニニニニニニ}‐,-─────---、)_/ _
   \< <:::::::::::::;r', ‐'´    __ ,/r'::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄:)) ,.-'´
     >\`::O// ⌒ヽ -‐'´/ l O ー' ,.-‐i´::::  _//
   //,'`ー-<_   y'´ ,r-<_/ `ー-‐'´   |:::: / /
  /: :.i: :i : /:::::::l ./ /:::::::::::\ r‐、     _|‐'´/ /
  .l: : : \ :l::::::::::::::|┴:l:::::::::::::::::::::|   | ._, -‐'´:::| / /
  \: : : :\::::::::/: ̄\::::::::::::::::二ニニ「:::::::::::::::::|.l l
    `ー-ィ´ `iー'     `ー--‐'´  / l:::::::::::::::::::| |
      /\__|'´ .i ``ヽ、.__    /: : .l::::::::::::::::::\  //
    /:::::::::::`l  |        /`ー'´`ー、::::::::::/>' /

例えばドラクエやFFでは奇襲はするのであれ、されるのであれ、さほど致命的にはならない場合が多い。

1ターンの価値が少ないからだ。

あるいは、1ターンに与えられるダメージに比して、HPが十分多いからだ。

ないしは、1ターンの間にかけられる状態異常がさして致命的ではないからだ。

もっと言えば、ドラクエの勇者様にとって一回一回の雑魚戦は作業であり、

長期戦で消耗する危険こそあれ、一回一回の雑魚戦で負ける心配は無いと言っても良い。

然るに、奇襲されたところで「消耗が増える」だけで「負け」はほぼ無いのだ。

逆に、奇襲したところで「消耗が減る」だけで勝つことに変わりは無い。

486 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 23:10:19 ID:.ETuLZ6E0
一方、1ターンで壊滅できるようなシステムだと、奇襲が怖すぎますね。

487 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 23:11:45 ID:m./uGhJU0

                     , 、
                       / /l            ,.ィ/⌒>
                   / //|         /// /
                      ∨//| , -=ニ二 ̄ ≧s。イ二 ヽ
               , -‐ヘ、/   _ . ⌒ヽ /⌒ く  ∨:.
                 /     〈ー=ニ /     ,    ヽ  Ⅵ
              ′    ヤ ̄ 7             .  夊
             i      l、彡'          i!   ` .,,_
             |     <        j{     |/    r<
               八  、  l_ 7    ′/ ',    ハ     l| ハ
              Y│ 人 \   l /__` 、 /ィ ハ   ノ ノr ミ}  ,
               ノ丿 {'⌒ヾ、 ', l,戈zク^ )´ {iフ {:ノイ/(_乂人_彡
               / (  ー=彡フ }≧ー′ _   '  人_ ト、_ー=ミ ヽ
                 乂__≧=--彡 イ>}_≫ .乂_フ . イ(_入(  、ノノ ノ
                   __ノ .ィ(´ ( ノ . -≧:< ≧ ´      `   ̄
               /,i⌒ー一'ニニニハ 、\ -、
     -ニ、       .ィ(/l|     {-lニニニ, 宀;\ \\
  /ニニニ\、__-=,ィ(/ニニ|    Ⅵニ/  : 〉〈\ \j
 r{ニニニニニニニ,〈〉'ニニニ|      `Y   . 1,>ー<ヽ_ノ
 |ニニニニニニ,〈〉'ニニニ二|       |  r宀i_(   /
  -ニニニニニ,〈〉'ニニ二二|      l 、_) (|ニア´

対して、世界樹の冒険は一回一回の雑魚戦が、1ターン1ターンが常に死闘である!

平たく言えば、瞬殺するかされるか。そんなサドンデス状態での雑魚戦が基本なのだ!

モンスターの攻撃は一撃で冒険者を屠り、冒険者の一撃はモンスターを即死させ、

モンスターの状態異常はパーティを一瞬で壊滅させ、冒険者の状態異常がモンスターを一瞬で壊滅させる。

そんなバランスなのである!

そのようなゲームにおいて、奇襲は、一方的に攻撃できる1ターンの価値は、どうなると思う?

488 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 23:11:58 ID:m./uGhJU0
>>486
正解!

489 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 23:12:32 ID:lber7LgQ0
必須?

490 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 23:13:31 ID:.ETuLZ6E0
王子理論が通用するような戦闘の場合、1ターンの奇襲は、勝敗を決すると言っても過言ではないです。

491 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 23:22:03 ID:.ETuLZ6E0
戦力の多い側が奇襲に成功して、少しでも相手の戦力を一方的に削ることができれば、
ランチェスター的に考えて、逆転の目はほぼ無いですからね

492 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 23:28:33 ID:m./uGhJU0
>>489
>>490
>>491

           , -―ーミl
        (田_x__,ノ) \
        ノリリ人ノヽ)∋∥        - - ――
        ノルi) ゚ -゚ル  》―            ∋――→
        /(づ`ソ'I}_こE)         - - ―― ―――  ∋――→
         ん《__ハX,〉   》―    - - ―― ∋――→
          (_ノ ヾ_)  /          - - ――

然り!1ターンが重い世界樹で、奇襲は良くも悪くも強力で致命的だ!

こちらが奇襲できればほぼ確実な勝利であり、

奇襲されれば全滅を覚悟する!

そんなゲームなのである!

493 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 23:31:37 ID:m./uGhJU0
>>491

           ........::::¨ ̄ ̄¨:::....
        ...:::´:::::::::::::::::::::\:::::::::::::`::.。
      ///::::::::::::::::ハ:::::\ヽ:::\::::::゚。\
     /::/::::/::::|:::::::::|⊥_V::::::|:::V::∧::::::|::::ハ
    ./;イ:/ ::: L_::ト、:::: |::|  }__}::::V ̄`Y^Y>、
   ///::|::::::::|\_〉`¨^¨ '笊ぅミ`ヽ{ililililil}_iリilililil〉
    |{ ':::::|::::>芹ハ    V_り   .|\/|il|\ilハ
    | .!::::::Y::∧ Vリ            |:::::|:::ハil∨\{
    |::/|:::::::ハ  '   _     ./:::/:/::∧il}⌒ \
    |:' .|:|::::::::{    f  ハ    / イイ:::::||∧>。:::ヾ
    || .从:{:::込、  乂__ノ     〈:: |::::::|! |∧ililili〕ヽil\
    ||    ヽ/个o。..    。< ./.7:::::/:::|-‐\i〉 /o/⌒ヽ:.、
    ||   ./ilil| V::::`¨::/ハ /  /::::/::::/   `¨\廴o゚ノ::::::>。._
     乂   /ー_ァ'  }::/::::/ { /   ,./:/::::/       ,:ヘv-―-、:::::::::≧z==‐
       ア¨   ,j/:::::ハ}イヾ〈.//::::::::::/{      /:/: : : )/: :\__:::::\
      (゚ o)  //:::r≠{〈__ 〉}/::::::::::/∧      /: :/: : : :/: : : : : : : :\::\
         /^ー/:::::ハ0     .i::::::::::∧  \ ,、__{: : {: : : /: : : : : : : : : : : :\::\
 /.: ̄`ヽ/ ⌒`ヽ|:::/  `¨¨¨´ |:::::::/  \  \  i\|: : /: : :fァ'⌒⌒^<}: : :Y::::\

「まあランチェスターより過酷ですけどね」

「奇襲で一人死ぬだけでも致命的で、その後の逆転はランチェスター的に難しいのは事実ですが」

「とはいえ実際には奇襲で四人死んで生き残りが一人だけ、の場合はむしろ「運が良かった」と安堵する局面です」

「そのまま全滅もおかしくないですからね」

「一人でも生き残っていれば撤退回復のチャンスが生まれます」

494 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 23:34:24 ID:m./uGhJU0
>>490
『ああ、今の話とはあんまり関係ないけど』

『確かに世界樹の迷宮は王子護理論的だね』

495 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 23:34:48 ID:.ETuLZ6E0
一人でも生き残っていれば撤退用アイテムが光る…
あれ、撤退用アイテムってローマにあったっけ?

煙幕ぐらい?

496 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 23:40:21 ID:m./uGhJU0
>>495
『・・・そういやアリアドネ無いね。ヴァンダルーさんやグファドカーンならある程度できるはずだけど』

497 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 23:41:22 ID:lber7LgQ0
撤退用アイテムあればアルカノイズコンサート会場に撒いて逃げることだってできるしね。

498 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 23:42:50 ID:m./uGhJU0
>>497
『ノイズコンサートを翼コンサートって言うのやめろよ!』

499 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 23:46:15 ID:m./uGhJU0
                                                       _才^,
                                                _ 。s≦ニニニ{
                                   /            r=七だニニニニニニニニ{
                                   ( ー-‐/⌒`'ー '^ア⌒` 、-=ァ'7⌒ ー‐ 、ニニノ
                                ___≧=ァ′            ゚:,i{ i{    i {ィ゙
                   _,、   '' "゚~    ,.'`⌒7     }    }      Vj{    l {ノ
                _、 '"     _,、  -‐/    ,'    } _ A-‐    W,    , ,ム
                  ,.'`     _、 '"   , '゜     / ,    , ,' / }  }l    W:,    ゚, V\
             /       ,.'`     ,:'  , '  / /   / /l/jI斗ュv゙    }l{ム、   ゚、 マ=〉
.           /       /         ,′ /  , '^7゜‐ァ /レ' 欣 ハ }l    }l{⌒\   丶 `、
        ,.:'゜      /            ′,:゚{  ,'  汀㍉  乂炒゚ ⅱ     从  ノ=\    \
       ,:'   ,   ,.:'゚           i  {i / 人,:' /小炒'      リ     '⌒/ニニ/=\     \
.       /   '゚ ,. ゙              八  乂_, /'´  从  `   _   ,   /^', 〈ニニニ∧_/ 丶    丶
        ′  / ,:'                   ー=彡 { _彡'゚イ^ 、 ´    厶イ    }i∧ニ/      \     \
         / /             _,、 -‐ '' "゚~'' "~         __ ノ ノ''"~ ̄]__ ∨          \     \
     i  ,'  ′        _、 '"  _,、丶`~            //-= '' "~  \           ヽ      \
.    八 {            ,.'`   ,.'`               _,,、 -一 ''゚ '^          ∨         ゚, `、    `、
        \ 、{       ,.:'゜  ,:' ,:'゚           ,.'` 。s≦ '"                }           }  ゚,    `、
         `' {      ,:'    ,' '        , -- 、  (  (>''~                   ,'          ;   :}
                  ′   { {_  -‐-ミ , ゙ 、`、 V ア´                  /          ,'    ;       }
       {^'、r 、   {{     ー、 ''"゚~7 }i `、 `、}ノ'^`'ー-        ___        '              /   , ′    ノ
        {^'、 `、 `、 八   ,、 ''゚    / .从 `ッ''^~           ´^ 、     /              ,:'゚          イ
      `、 `、 (\、⌒¨¨´      ,:' _厶イ             イ        /            ,.:'゜     _,、 ''~
.        r`、 `、\ ヽ    , -一 ''"            _.。s≦        r '^>             /  _,、 ''~
       ヽ ヽ  ` ゚,  /_           .。s≦{{ユニ=-‐━‐-=ニユ」_」/        _、 `  ''~
            {  ゚ー ''゛ `、      __,、 ''"⌒r==辷rv=-‐━‐-=ニ _ /~      _,、 ''~´
        人          ` -‐  'ア゚     il竺彡'| lニニニニニニニニ='   _,、 ''~
.           ≧=- -‐ '´∨/]}    '        }ニLl=-‐━‐-=ニ _{i ,.'` ´
                     ∨]}   /        /厂{  `、      ./ /
                        ┘‐ '゜    _,、+'” /  {     \  ,.:'゚  ,'、_____,
                       _,、丶`    '   }     ,:'    ′  {[
                      _,、丶`            '     /    {     {[

「糸持ったか?」ではなく「糸忘れた」ですらなく「糸がそもそも無い」冒険・・・どんな修羅場を潜って来たんだこいつら・・・

奇襲価値が余計跳ね上がるな・・・

500 名無し-Red-市民-2 :2019/07/24(水) 23:49:04 ID:.ETuLZ6E0
糸が無ければ、糸を盗まれることもないと思おう(欺瞞)

でも、次からは収集した方が良さそう。

501 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/24(水) 23:57:26 ID:m./uGhJU0


             _  -─- \
           ⌒> . . .: .: .:))、
      / . . .: .: .: .:⌒ヽ/.: .: .\
 _ -─‐v<.: .: .: .: .:/.: .: .: .: 〉<.: .: .、\
〈 . . . . ./\.: .: .: .: ./.: .: .: .: .: .: .: .\.: .: .:` 、
ー\ . . .: .: .: .: .: /.: .: .: .: ./.: .: .: .:i.: .: .: .: .i \
. . . i . i乂_.:_彡 .: .: .: .: .: .:/.: .:/ .: ∧.:.i.: .: .:|、 jハ
. . 八. l>.: .: .: .:/.: .: ./.// .: /xそi|.: .: .:|.:\
/. ((r──=イ__ .: イγそ/// vツノ.: i: .:|ハ.:i
. . / .: .:从 .: .八ぅ|.: .:| vツ       彳人:リ  i:|
. / .: .:∧.:.\ .: .\.: .:〉        '   八. /\ ノ
〈 .: .:/.: .:\.ー──\\   ( ア //ヘ .: .丶
.、\乂.: .: .: .: .: -─=ミ、.\ー─‐く      \ .: \
. .\〉ゝー=イ .|     ヽ.、\           \ .: \
. .イ j.|__/.φ       从.: .:\         V.: .: .
 |´┴┴/       /i.|、\ .:、\          i.: .: .i〉
 |./. ./       //.∧ i.: 〉、 .: .\       i|.: .: .|
ー只/       /〜辷ラ.. ..|.:i  \.: .:.\     ,リ .: 从
イ .〈       /. . . . . . .}.. ..|.:|\  ∨.: .: .(_/.: .:/
/ . ∧    W⌒ヽ . ./.. .. .:∧..、\ノィ.: .: .i>─‐"
. . .i、∧     W. . . .∨. .. //.. .. .. .. ..リ.: .: i|
. . ハ. .∧    w /. ./ /\.. .. .. ./.: .:/ リ
へ.」. . .∧    У\〉"     \/.: .:/j:/\
⌒ヽ. . .γ>=イr」┘jー──<.:_.:./.. .. .. .. 、\
. ゝ. .(__人こ℃┘/      \ \i\.. .. .. .. .. .. \
. 、_ノ. . . . . .ーヘ───ヘ \\」  ∨.. .. .. .. .. .. ..
乂_ハ. . . . /. . . . \    人j、」 ┘  |.. .. .. .. .. .. .. .}
: : : .⌒〜く._._._. . . . .\        从.. ノ.. .. .. .. /
: : : : : : : : : : : .ヽ`ー=ミ〉        ///.. .. .. ../

そしてこの世界樹的状況。多元宇宙的に見ればむしろ一般的である。

ドラクエの勇者様のように分厚いHPを持ってる方がおかしいのだ。

たとえば銃兵はどんな最新装備に身を包もうが、どんなに訓練をしようが、一発撃たれればあっさり死ぬ。HPは1しかない。

そして円環少女の超高位魔導師であれ、

リリカルなのはのSランク魔導師であれ、

いかに強力な力を持とうとも本体は脆弱な人間だから本質的には同じだ。

結界等を崩されて急所に一撃されれば死ぬ王子護メソッド的状態こそがむしろ普通であり、

それはつまり1ターンが重い世界樹状態とほぼ等価なのだ!

502 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/25(木) 00:03:31 ID:EgnYn0R20

            ,、      /:::<≧彡'゙ 、:.:._ -――         ヽ  \i:.ヽ
           /o.\_xュ/::::::::::::::i ,ィ゙ /:.:...      -―             、 |: }
          /:.:.:.:.:/..\:.:.`ヽ::::::::::ソゞ― .、:.:.:.:.:.:.:.―''´ ー       、  ', \ ∧
.       /O:.:. /..............ヽ:.:.:.i::::∠\`ー― `ー― '´       ./   ./ 〉 i!    . \
      _/\:.:./........................l:.:.:!:::::::::::::_>" ̄     -― '/   ./ / ,イ!i:.    \ \ __,
.    /...........`゙.............................i,,´>>":.:.:....... /:.. /:.:.. /-―../ _.イ / .|i!i:.  .ト、 :| ̄ ̄
.   /.......................................... x'゙   ̄ ̄_>―./:. ./iー‐/:..__ /: /  .il/:.  .i!i!\!
 /......................_.............<   _,ィ升;';';';';';/:. ィ'゙ リ /_≧s。/: /   , }:.   ./ i!  }
/................./´..........イヽ ̄ ̄`ー"./;';';';';';〇;';';';';';';〉、ゝi  ∨赱/ヽー''゙ ._.。sイ/:. .:./ .i7
\.............................../i´`ヽ............../O;';';';';';';';';';';';';';'/.....辷l   ゞー'       升ソ /:.  ./}:./'__
.. \.................._/ノ...........\.......{;';';';';';';';';';';';';';';' /...........ハ.           `ー''/// /´;';';';\
   ` ._..................................ヽ...V;';';';';';';';';';';';'; 〈..............∧       '  /゙ハ:i;';/〇;';';'O...`ー―.、
          _........................丶\〇;';';';';〇;';/\.........../>、    __    .イ.......',;';';';';';';';';'}../ : : : : \
           ¨ ‐ ........:::::\\;';';';';';';'; |:::::: \.....i  >、   ̄   <::/..........',;';';';';';';'/: : : : : : : : : `ヽ.
                 ̄ `ヽ...\;';';';';';!::::::::::: V |      ̄/ ヽ :::::/..............',;'O;';'/: : : : : : : : : : : : :.
              . -‐――‐>...\〇|::::::::::::::Ⅵ_`ヽ  , ― / }/............-‐';';'_/ー、: : : : : : : : : : : .\
            /............/: : : :.イ...... \V::::::::::::::\\___//.., -‐,o´;';';/    ¨ヽ: : : : : : : : : : ...
.             /.......... /: : : :/./...............¨\:::::::::::::::>――‐ ''//;';';';';'/;/          \: : : : : : : : :......
         /............/: : : : :/......{.........................Vニ二―、〉r'´ ̄./O/ ̄〉'´: : :\        ヽ: : : : : : : : .....
        /............/ : : : : : /........i!..........................〉ー\彡'゙::\ー/:/_/: : : : : : : \        ∨: : : : : : : ......

「・・・という条件下において」

「確率とはいえ敵の奇襲を防げるスキル。どう思う?」

「たとえばXCOMで敵が隠密索敵奇襲を完璧に決めても、それを防げるとすれば?」

503 名無し-Red-市民-2 :2019/07/25(木) 00:05:16 ID:wM3BNT0A0
そんなスキル、誰だって欲しい!

504 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/25(木) 00:08:26 ID:EgnYn0R20
>>503

                      _, ---―--------ァ
                      , ..::':.:/: /ヾ ::.:.:.:.:.:.:.:.:..<
                      /彡 ' : : i: i: : :ヾ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                /: : :/ : : :i :i :i : : : :ヾ:.:.:ヾ.:.:.ヾ : : \
             -=イ: // : : :i :i :i i: : : : : :.ヾ :.:.ヾ:. :ヾ:.:.:.、\
                  / /: : :ハ: :i :i :i i: :.:i: :iヽ.:.:ヾ.:.::ヾ: : ヾハ\゙、
                 ∠/: : : : ハ::ヾ:、ヾ:.: :i :|  \: : : ! : i: : ヾヘ \
                  /:.:./i: . .:.ハ: :.ヾ:.ヾ: i.:|   V:.:.:.:.:.:i:.i:.::ヾヘ
              /イ:ハ: :.:.|  ヾ:.:.:ヽ:.ヽ::!     V:.:.:.:.:i.:i.iヽ、:ヽ
                 |小',:.:..:|゙'ー--ヾ.:.:.:.ヾ;\-‐''¨´Vハ:.:.:.:iハ:::.}\
                 1ハ:.',.::::戉元ミ \:.:.:ハ` 夊行テト:ハ: : | V
                   !ハ:.',.:ハ ゞ ┘゙  \:.:',   ヾ‐' 'リ ハ:.リ
                     ハ、ト、ハ     i `ヾ    r_ソハ:|
                  ヾ:\ハ    `       /:::/リ`!
                       V\`__   ー= ‐    /ハ::|
                  r--'//ハ、     ,. ':!::/___リ_
                      V_,,..イリ `: - ':   ハ|>//// ヘ__                       __,. r<
                    }ヽ/// |:       ,'|⌒//>、/)// )             __,. r<<<<
          ___rーーく/////::ノ:      ,'. \/// // /ー'         __,. r<<<< >‐''゙´
         / ヽ////\//ハ \// /ー 、  , '- ' ^ Vイ//人        __,. r<>>> >‐''゙´
         /////::ヽ/// ハ//ハ//ヽ/             i//Y///>-.__,. r<<<< >‐''゙´
    _.///// ヽ//ヽ///:ハ//ハZZ;, -、      ,ィ</\ __≫‐''゙´ フ>> >‐''゙´
  ///////ム--ァーーーァ⌒ー':、:::::ヽ:::::ヽー- '_´ィ^Yェ- ''゙  __,. r'__>‐''入
 ///77777´////// /:::::::ヽ::::::ヽ, -'ヽ⌒ヽー'ハヾ \__,. r<  (///////ハ
 //////////////iイ::::::::、:::/^ く⌒ヽ  ヽ  }>{{::::::::ハノ   ___>'  ̄ ̄ }
 /////////{////:{ハ::::::::::::ハ  ヽ  }  |__,ケ'^\:::::::ハ //////{.  \ヽ|
 /////////|// ,-、__,. r<::::::ヽ  }  レ-' _う>- \  /` ー-- /ハ:   |
 //////// ハ//:::::{::::::::::::::>‐''^ー'个_,--- '   ( )) ` ̄\///////\ニニ|
 /////////: ハ::::::ハ,‐''゙´ヾ///////)   /⌒ヽ  ノ     ̄ |////////ハ
 ////,>'´ ̄ `ー '   |//////   ///////`三ニー-、.   |/////////ハ

「だろう?」

「世界樹の迷宮で、直接戦闘員としては微妙なレンジャー等の斥候職が」

「しかし重宝されてるのはこのためだ!」

"キリト
保有スキル:
切り払い
アタッカーレベル3:攻撃力3倍 二回攻撃:二回攻撃可能
極み:命中率、回避率にそれぞれ+30%補正。
絆の盾 二刀流 念能力 八門遁甲 忍術 完全魔法 万有の化身 万有の生命力 咸卦法、闇の魔法、魔法拡大、万象咸卦法、雷神、サガク剣、逆境、激運 魂、覚醒、加速、直感(スパロボ)愛、勇気、忍術、仙術、陰陽影分身、心眼 、カウンター、剣豪(スパロボUX)
英雄のダンジョン:キリト:魔演掌握 システムユグドラシル 自己世界精霊 多重次元屈折現象 ロザリオインペール※3 二刀烈風剣※4 無拍子 乱れ雪月花 神鳴流(ネギま!) 12の試練 ナインライブズ 無限の剣製 急段GM権限 
パイロット強化合宿:キリト 精神耐性*3 インファイト×6 ダッシュ*3
【シャイ=チョー】:もっともシンプルで基礎的なフォーム。
マカーシ:剣術同士での斬り合いの際に相手の防御行動・回避行動を無効化する。
ソーレス:汎用的にあらゆる攻撃を見切って受け流し(無効化し)、さらに反射ダメージを与える
アタール:敵の回避行動を封じる(切り払いや受け流しなどの防御行動は該当しない)
シエン:攻撃力上昇。防御行動を貫通する。(回避行動は該当しない)
ニマーン:ゴミ
ジュヨー:先読みを無効化する
ドジェム・ソ:レベル300:力強い踏み込みと斬撃により、空間を足場にし始めた。
ミルク飲ませ×3 美味しい母乳を出すスキル×3 異次元ホール×3 回復封じ×3 挑発(ポケモン)×3 広域源素還元×3
時間や世界の壁を越えて悪意を感知し位置を割り出すスキル 悪意を持つ相手の意識を自身から逸らすスキル  同化を封じるスキル 決闘をさせるスキル
レンジャーLv12 先制ブロックLv12"

キリトが先制ブロックレベル12を覚えました!

斥候職としても順調に育っています!

505 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/25(木) 00:13:47 ID:EgnYn0R20

                _,,...-=≠冖^~ ̄ ̄ ヾ、
       _    _,,...-=ニニニ/ -─‐=ニ三三三℡
       __)≧=ニニニニニ/        `^¬ニ三丈
       丿ニニニニニニニア'/            `ヾ寸三≧=-、
  iー==ニニニニニニニニ/  {              }  寸三㌘´
丶、マニニニニニニニニニニ/   \ ___N:、      _ノ   ハ三{
  マニニニニニニニニニ7 、   {⌒^¬ゝ ` <  //「`.イ  ㌣´
  マニニニニニニニニ7   x  {,. -‐=ミ   `´ ,.- 、j /八
   }ニニニニニニニニl  、 l \/   んヘハ      {メハ YV {三℡、
  ノニニニニニニニニ|   寸 八  乂__丈     乂リ/7 Y三三「
  ヾニニニニニニニニ|    \  ー= ‐ '"     丶 / ノ三〔「
    ⌒jニニニニニ|     \           // 三三}
      /ニニニニニム  ー─‐、一            イ 丿三三、
    ,イニニニ三三从     \        ´/// 〉三三〔
   ゝ三三三三三乂  、 ̄√> 、_,. - 、 .イ 〈   ノ三三三ヘ癶、rヘ
   ⌒^¬´⌒ヾ>…冖¬≧s。 _,.癶、___入⌒ヾ⌒Y⌒Y⌒Y  入__入
         r>冖¬ミ^ <><ニ===ニニニY⌒ヾ'乂_人_.ノー'"  `Y^ヽ
      Yー=ニニニニニニ`*,ニ` Y      `Y乂__人ニニ(         ノ ノ
       ノんヘ_ニニニニニニニニ'*、八        ノ,*'ニ`Yヘ二廴      ー
    __つ三厂ニニニニニニニニ夊_>  -=彡,*'ニニニV,ゝ√´
    `)三三弋ニニニニニニニニニ<>*s。,rヘ/∧ニニニj{   ヽ
    く三三三三≧ニニニニ<>=ニニニニУ, 、 ̄` < V^ヽ}
     ⌒ ̄`ヾ㌻<><>‐=ニニニニニ〈 /   丶、  ` <
            `¨弌三三ニニニニニニニ\     /777777
                 V三ニニニニニニニニニ\ ////乂_ノ/
                 }ニニニニニニニニニニニニニ=------- '
                  }ニニニニニニニニニニニニニニ{
                    }ニニニニニニニニニニニニニニ{
                }ニニニニニニニニニニニニニニニ{

まあヴァンダルーさんには奇襲とか通用しないんだけどな!

残酷な根本原理:上には上がいる。

506 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/25(木) 00:14:05 ID:EgnYn0R20
安価下1 質問・コメントがあれば

507 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/25(木) 00:53:15 ID:EgnYn0R20
『特に無いかな?では今日はこの辺で失礼する!』
『参加してくれてありがとう!お休み!』

508 名無し-Red-市民-2 :2019/07/25(木) 04:27:50 ID:wM3BNT0A0
乙でした!
また寝落ちしてました(汗)

509 名無し-Red-市民-2 :2019/07/25(木) 06:01:05 ID:JGsVS5.60
おつでしたー
昨日は早く寝たせいで参加できなかったずえ……

510 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/25(木) 23:37:17 ID:EgnYn0R20
安価↓1 見たい描写
・TS(求道覇道白青黒赤緑)
・アーッ!
・ヤンデレ
・SCP
・諜報(諜報枠、諜報試運転、偽メシア等)
・外交(外交枠、外交枠試運転、ローマ傘下国、受難の民架橋等)
・科学(研究枠、研究枠試運転、民間研究、ファフナー、ホライゾン、ドラえもん、スパロボV、性転換、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法)
・スカウト
・育成
・学園
・コミュ
・転生
・五色(色ギルド・五色の社交界・五色の立法府・五色の行政府・五色の学会・五色の市場・五色の諜報・五色の連合軍・五色の芸術・五色の庭園・五色の医療・創世道、その他)
・円環少女
・色派閥ゲー(色宗教戦争ゲー、メガテン派閥ゲー、没落だらけのステラリス)
・戦略調整センター(史実、世界樹の迷宮、四度目、Re:Monster、Mtg、幼女戦記、シド星、スパロボ、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法、円環少女、禁書、リリカルなのは、FGO、ナルト、ネギま、白、青、赤、黒、緑、信長の野望 スパロボ、プリティベル、海戦、密集分散、予備兵力)
・未踏世界調査(ブリタニア帝国記、ハリー・ポッターと野望の少女、影の実力者、カルチャーショックDD系、皇女戦記等)
・文明種族育成(ナッシー進化、属国作成、等)
・ボウケンジャー(試練部の不思議なダンジョン、ヤドノキの塔、工場魔方陣、冒険者料理、グリードアイランド)
・多元宇宙食料事情
・進行中(SCP転生)
・黒赤VS白
・赤緑VS青

511 名無し-Red-市民-2 :2019/07/25(木) 23:37:54 ID:JGsVS5.60
・黒赤VS白

512 名無し-Red-市民-2 :2019/07/25(木) 23:38:50 ID:wM3BNT0A0
スカウト

513 名無し-Red-市民-2 :2019/07/25(木) 23:39:48 ID:wM3BNT0A0
無茶王様、おかえりなさい〜

514 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/25(木) 23:40:19 ID:EgnYn0R20
『ただいまー!』

515 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/25(木) 23:50:18 ID:EgnYn0R20
                                ∧   ∧
                         ト、   / ∧   / ∧  /∧
                     __| 〉  | -――-  〉_,{/ ∧
                       /   ri|\/ヽ _―- 、   ヽ {
                    /    人\ト/\  ./}ノ}>'"L ノ. 八
                       '     /  ` < o∨{/ー'⌒ \--―┘、
                     /  / / { <>∨ 、  \  、 ヽ//∧
                   /  ∥ .′{<>|<>V、 \   、  、 } ///}
                ー ' /  .∥.├- 、 <>  V\{\  、 、////
                    / /j{ 、 r===ミ.\ {x=≠ァヽ}\}\イ
                      //} ./ \\乂リ\{\.乂リ ./  .' /ノノ}イ_/}    /
                    / / }/  /::∧     }  )   / }  .'´_:::::::::::::::::::::Z__//_
                 ト、  rー /   ./:::::::∧         / / /つ }_  -―::: .::::::::::::::::::`ーァ
                } `¨ /  /:::::::::/// ,  ̄ `  {ィ  /´_/::::.....       .::::::::::::/_
            /  /  / \:::::| }/////>_< |/ /:.          ......:::::::::::::::::::ノ
           / > ´   /      {`ー―一へニ}_{ニ=' /           ..::::::::::::::::::::r‐ヽ
            > ´     /      .:::八、 //_ 人} / /   ....      ..........::::::::::::::::::::乂_
      > ´ .ィ    /:.   .:: ......:::::::::ノ }/'   /ニ/   /:.   :::.... ... ::::...::::::::::   ...::::::(\´
  (_> ´-‐  ̄.|   ,′、::::::::::::::::::::::/ 0   乂7   /: ::::.. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_r―< ∧
             |   ,′_j⌒ヽイノ/_/ }    //   /)ノ}、_    く ̄`ヽ)ー-rー一'´   ..:.::∥
             |  ,′ '"   / /'⌒ゝ'ヽ  / / ,イ   / ゝ-rく |`⌒ ̄:._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∥
             ∨.{    / , /  /   } 、/ /.:{   | {/{‐く| ∨、:::::::::::‐- _:::_:::::::::::::::::::j{
           ∨ 、 /  '::;ト、    _ -{ {ニ{   |_  { ̄|   V` <:::::::..  :::::::‐=ニ二ー'∧
              / \\_., ':::/ニ、`ニ二三::::: 、{ィ八  |/ ̄/::::|   ∨:.  ` <:::.     .:::::::::::::∧
          //  `, ':::::/ニ/∧ ニニア:://\ :\|/:::/:: : |     V::..     ` <.     .::::::∧
         //  , '::::::/ニ/ニ∧ ニア::/':::::::::::/:::::::\ /ゝ-r|     ∨::..       ` <  ::::::::::∧

白は少なくとも理念上は平和と全体幸福を重んじている。

世の中にはリソース不足と弱肉強食の争いが絶えないが、

白に言わせればそれは真にリソースが不足しているが故の不可避の争いではない。

白が見るに既にリソースは十分にある・・・ただ、一部の強欲な個人が必要量より多くを求めるがゆえに、

リソースが不足し争いになるのだ。

白は共同体を作り法を広め、個々人に対し自己利益ではなく全体利益を重んじるようにさせることで、

こうした不要なリソース不足と争いを避けられると考えている。

516 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/25(木) 23:55:54 ID:EgnYn0R20

        /            /        }
        ///             /    /, ,1
.     / //          l |   //    // / |i
       //〃     ..二Ll.__ j //    // / lハ  |l
.      // / ,/  j/   / j i /「フ!   /斗ャ冖jT7¬=
     // /!i l|  /l|   / /| ///|   / // / }|  }l
     / | l| //|  ,‐ァ≠≡ミ !  / /厶≠=-lL,刈
     〃  j.l.| /l |  / ヘ K 刈 l.|. /  / K乃ハ7ナテ‐/
   // l  川 /llll|l / { |弋zツ j/    弋_z ヅ// ///
   / l | ' /| lll}l |/,ヘ. V                 / ////
.      | | /ll|}l|lllll!lll|ll≧、      !      〃 j////
     j | /jlll|l|///jlll|l|lllllヘ.    .._  _.    〃 /////
.       j/  ll|/// l| l| |lllllllll\       / , //////
.     /  ll|// !八l| |lllllllllllll}:h、_    </ ////////
      >‐-ミ/  jj,ノll|v{VvV  ヾ^  /// /////////
.    /     \        /       / ////// '//
    /        `ーァ''" ̄         {  /// '   '
   ,′        K) .._        |l / ゝ..__,.-‐
   }         ム)    ̄        |/ _ ,..  {ワ
   ,′      ヽ}   }____,. -‐=≡=- ,,_      イ
.  /       j   / // //// //   // ̄ ̄\|
 /         ノ   { // //// //   // ///   }

「従って白の敵は利己的に法を無視し、ひいては全体利益を損ねる黒・赤となる」

「白は理念上は黒や赤の幸福も願わなければならないはずだし」

「実際ギデオンのように黒や赤のために働く白も居ないわけではないが」

「とは言え、一般的な白にとって黒や赤はやはり敵であり、利他や平和を説きながら黒や赤は例外とばかりに容赦なくぶん殴る!」

「勿論、利己主義者である赤や黒にとっても、白はやりたいことを邪魔してくる敵だ」

517 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:02:28 ID:ImzI4bUQ0
           _......,....-‐――‐-....._
       ..:.:.'"´:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー.、
      /:.:.:.:.:.:./: ,:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     ./:.:.,:.:.:.:.:. /:.:.i:.:.:.,:.:.:.:!:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:./:.:.:':.:.':.:,':l:,':.:i:.:.: /':.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:',
    .':.:.:.l:.:.:.l:.:.:i:.l:.:l:!:.:ll:.:,' ',:.l',:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:. l:.:.:.:.:.:.l
   .l:.:.:.:l:.:.: l:.:.:l:.l:.: !-―'‐- ',:!.',:.:.:.:.:.l-‐.,―l:.:.:.:.:.:.!
    .l:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:l:.l:.:.:.:.ハ/  __ ! ',:.:.:.:.! __',:.:.l:.:.:.:.:.,'
    !:.:.:.!:.:.:.:l:.:.:l ',:.:.ムテニ=ミ、 .:.:.:.:,ィテミヽ:l:.: i:.:ハ
    .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:l: ',:.:', lr'{::::} |  ヾ/ l.{::}.!.'`!:.:l:/:.:i
    i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.',:.',:. ',弋辷ソ     ヒ.ソ  !/l':.:.:.i、
    l:.:.:l:.:.:.:i:.:.:.:.:.iヽ:.:',       ,    .,:'':.:l:i:.:.:lヽ
    }ィ:::i:.:.:.l:.:.:.:.:.:',::.:.:.:,    _      /:.:.:.:!ハ:.:!
    ':,:.ハ:.:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.,、     ̄  .:.':.:.,':.:.' !:.!
   ./' }' l::.ハ:.:.:.:.:.ハ:.:.: ' `    __..イ:.:.:./ソl/ }/
      ,'  i:.i 、:.:.:.ト:.:.ヽ:.:.',    i:.:.:.:.,、〃  ' . /'
       !:'  ヽ:.:.',ヾヾ.,ヽ',   ',:∧' ヾ
           ヽ:.', _ノ  ヽ   `ー.、_
         ,.-‐::く´  _ __  __ _ ヽ::`ー...、
       /::::::::::::::ヽ           ヽ:::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::、::::ゝ-'´ ̄`ー'´ ̄`ー'´ゝ::::、:::::::',

「一方で、皮肉と言うべきか」

「三色の組み合わせの中では」

「白黒赤が一番共通点が多い」

ソース:いち抜けました:ttps://mtg-jp.com/reading/mm/0011498/

「この↑ソースでも、白と黒と赤は迅速に攻撃を仕掛ける、つまりいずれもアグロ的な色だと評価されているし」

「また黒が「白は口先では平和を求めているくせに、実際にやってることはアグロじゃねえか!」的な皮肉を言っている」

「結果、白と黒赤は思想的には殴り合いつつも、やってることは同類という変なことになっている」

518 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:07:04 ID:ImzI4bUQ0
                          __,,..  ─━─  .,_
                     __,. -''´             ゚  。
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:             丶
                  / :.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:           \
              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    |:.    ヽ
                / :.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:. |:.:.:.:.:.:  |:.:.:.:.
            / :.:. / :.:.:.:.:.: |:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:. : |:.:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:. :. |: :゚。
              {:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.: |:.:.: |:.:.:.:. /: : /:|: : ハ:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:. : |: :| : : ゚。
             ,: :.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.: |:.:.: |:.:.:. /:./:. |:: //:.:.:/{:.:.:.∧_:.」_| : : }
              / :.:.:.:. | :.:.:.:.:.:.: |:.:_:」斗匕77:.メ、//:.:.:/ !:.:.//',:.:.:.|:. |:.:|: ,′
          /:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.「 : ||: :/ //: : //`/ /: /´  ゚。:|:. |:.:|:
            /:.:.:.:.:.:.:.: |:.:|:.:!:.:.:. |: : || /j// /`>/  //  _,rxz〉」 /:. |/
        /:. /:.:.:.:.: r‐、:: |:.:.:.:.|: : r=ニ示f乍≧x /  イ芯リ 7/:ハ: /
          /:. / :. /:.:.:{ i^|: |:.:.:.:.ト:个v圦__刋  `       うソ //!:.|/|
        //:. i :.:. i:.:.:.:{ 、 |: |:.:.:.:.|:.! | `弋辷ソ__         ¨¨イ/ /:|:|
.       //|:::::|:.:.:.:| :. | \|: |:.:.:.:.|:Ⅳ  `¨¨          /    / :. |:. |:|
      {/|:.ハ:.:.:.| :. |:|:.: |: |:.:.:.ハ:.:ヽ               /: /:人 |:|
       ト、 |:. | | :. ト、:.|:|:.: | :.:. / :.: |\丶       ー__ ´ イ :.: /|/ }|:|
       | ハト:イ ヽN |:|八 |\/ :.: 小トゝ `       イ:.:.:|:.|:.ムイ /:从
      ヽ|  )  V  N  `メr=く|      {:.:ー:´:.: |:.:.人:/   ノ´  )
.        リ        ノ   rく|   ` 、   |ノ} ノ|,イ ノ
                ___/∧:      ヽ、   | \、_
           _,.. …''" |二=∧      >、 ∧ !ヽ `ー─ 、
         _,. ・''     ニ|二二∧      :/__⊥_」|=∧     ‘,
.      /      ニニニ|二二=∧   :/::::::::::::: !‘,ニ∧二ニ=
      /⌒ヽ     ニニ二|二二二∧   ∧::::::::::::::ト、!二∧二ニ  | ',
.    / =二\≧x ニニ二|二二二=∧ /  \:::::::::| :iマ二∧二二| ヽ
.     |  ‐=ニニヽニニニ二二|二二二二∧     i¨T〈 | マニニ∧二 |ニ 〉、
.     |  ‐=ニニニヽニニ二二|二ニニニニ∧,   |::::::::Ⅵ マニ二∧=|ニ=/ ヽ
.     |  ‐=ニニニ‘,ニ三三|三三三三/ニム':,  !:::::::::::|  マニニ/={ニ//=〈
.     |   -=ニニニ‘,二三三`ー─ 、/ニニ∧ヽ|:::::::::::|  }\ /ニ}/二ニ=\
.    ,′  -=ニ二三‘,三三三三三/ニ二二∧ \:::::::!  〉ニ`ー 、|ニニ=-  \
    <  \二二二三‘,=三三三/二二二二∧  \:|  / }二二ニ}}二ニ=ー  \
    〉 二ヽ=ニニニ三‘,二ニニ\三二二二二∧   |/  }二二ニi!二二ニニノ   \
    { 二二ヽ三三三7〉三三三;\三二二ニニ∧   /  |;ニニニ|ニニニ/二ニ   \
   ,'  ニ二三三三三|∧三三三三\三三二ニ∧    |二二7!二二´二ニニ=
     ニ二二三三三|/∧=三三三三\三二ニニ∧    |二二/;|二二二二二ニ
   i   ニニニニ三三三|//∧三三三三三\三二ニ∧    |ニニ/ニ!\二二,ィ二二ニ
   |   ニニニニ三三三|///∧=三三三三三\三二∧   !二/ニ/   \/二二ニ=

「しかし「やってることの類似性」は、「デッキ」としての相性は良くないということでもある」

「多様性の一番の利点は、自分の苦手分野を、得意な人に任せられる、役割分担できるという点だ」

「例えばバントランプは青いドローと緑のマナ加速と白の砲兵が役割分担してる」

「だが、白黒赤はいずれも似通ったアグロ的な色だ」

「たとえば白がアグロ的に殴りたいなら、白単色デッキで事足りる。黒や赤と手を組む必要が無い」

「これは黒や赤にとっても同じだ。」

「実際、白単デッキや赤単デッキは山とあるが、白黒赤は珍しい」

「なら、白黒赤は類似してるけど相性が悪いと言えるんじゃないかな?」

519 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 00:11:01 ID:Wcu1E.Eo0
出来ることがだいたい同じアグロなら、3色は1色より遅い分不利ですね。

520 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:13:28 ID:ImzI4bUQ0
>>519
                      .. -‐…‐- ..
                     . : ´: : : : : : : : : : :: ` : .
                   / : : : : : : : : : : : :\:. :. : :.\
                . :/ : : : : : : : : i: : : : : \:.. :. :. :.
              /: : : : : : : : : : :i: :|: : : : : : : V: i: :.‘,
                /:/ : : : : /.:.i: : / : |\ : : : : : |:.:|i: : ‘,
.               /:/ : /: : /.:./|: / :/ l._\__ : i|:.:リ: : :.‘
              /:i:|.: .:|: :_」_:/,ノイイ}:/´    \从イ:.: :.: :.i
.             /: 从: :i| ´ Ⅳ `  ノ′  芹示㍉.:|rマ: :.乂
            /: /: ハ小 i ィ芹心      Vrソ .:.:.|) ソ: : i : ヽ
.            .: /.: : : : :i }从 Vrソ         i: : : |f´: /:从 ハ}
             i: ハ.:i: : : :.|i : : ヽ    '  , 、_ムイ :八ノイ ノ'  '
         八{人{Ⅵハ从: : :ト、:...   `    >‐彡イ
.             ヽ     \{ ヾ^ ≧  イ  ト(
                      `ヽ ィr<!   ィ^',、
               ....-…‐ァ:.::ハ  ハ斥  /i::ヽ
              ∧ : :::::::::::/:::: |: :',∧:.:.:.:ハ//|:::::‘,`::.....
               !::::!::::::::::::/::::::::|: :ハ 〉:.〈   ': :! : :::i:::::::::::`::.、
             .::::::::::::::::/:::::::::::|: : ',l:.:.:.:レ: : : ::::::::::|:::::::::::::::::ハ
                / :::::::::::::/:::::::::::: |: . ∧/ : : : :::::::::::|::::::::::::::/:::|
           /::::::::::ヽ:::>::::::: /!:  .  . .: : .::::::::::イ::::::::::::::::::::!
            / : :::::::::::::::::::::::::>::::: .       : .::、/:::::::::::::::::::::::::.
             / ::::::::::ヽ:::i::::::/:::::::::: :. .    . .::::::\:::::::::::/::::::::::‘,
.           / : :::::::::::::Ⅵ : :\::::::::::: .:. .   ./i::::::::::::〉:::::::':::::::::: : ‘,
         / : ::::::::::::∨ |:::::::::::ヽ::::::i: .:.   / :| : :::::/:: : i:::/::::::::: : ‘,
          / : :::::::::::::::::〉 |::::::::::::∧:: ト、 .:. .   .:|:::::::/:::: : Ⅳ:::::::::::::::::‘,
.        / :::::::::::_::斗" /::::::::::::::::‘,::|: : :     :| :::/::::::::: | ∨:::::::::::::: ‘,
.         / :::::::::::⌒Y   !::::::::::::::::::::ハ|: : : .  : :!::/:::::::::::::| 〈::::::::::::::::::::‘,
      ‘;:::::::::::::::::::‘, /::::::::::::::::::r=x!:    . : : :/::::::::::: : | `≧=x:::::::::‘,
.         ‘; ::::::::::::::::::∨ ::::::::::::::::::::::::: .  . /.::::::::::::::::::::〉ノ´::::::::::::::::: /
.         ‘; ::::::::::::::/マ》 : :::::::::::::::::. ..  /:.: .::(ツ:::::::::::::j':::::::::::::::::::::: /
.         ‘;::::::::::::′// ::::::::::::::r=xi: ..  . .. .::::::::::::::::>:::::::::::::::::::::::/
          ‘、::::::| //::::::::::::::::::::::: ! : .     .::::::::::《マ丶:::::::::::::::::::::/
             \ハ// :::::::::::::::::::::::: : : . . : :.:/::(ツ:::∧ 、 ヽ:::::::::::::/
           /:《/ ::::::::::::::::::r=x: : : : : : :/:::::::::::::::∧ 、 }::: : /
            〈 :::::::::::::::::::::::::::::::/>-ャァ'::::::::::::::::::::∧∨ヘ::イ
           >::::::::::::::::::::::::::/: : : : i 〈:::(ツ::::::::::::::::::∧》::::: |

「だね!付け加えれば、デッキ構成的にも悩ましい」

「白と黒と赤はいずれもアグロ的、つまり突撃部隊と砲兵に優れているが」

「さて、突撃部隊は白と黒と赤のどれを入れれば良いだろう?」

「砲兵は白と黒と赤のどれを入れれば良いだろう?」

「悩むよりは色を減らした方がうまくいく」

「白黒赤から選ぶなら、多くて二色だね。一色でも十分なくらいだ」

521 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:17:01 ID:ImzI4bUQ0

.            /: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ミヽ\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミヽ\
        /: : : /: : : : :| : : :.:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : : / : : : : : }: : :./ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : :',
    /: : : /: / |: : :_/: : /  _\ : : : : : : : ヽ: : : : : : : ',
.    /: : : : |: :| 十7:/ :.:/  ⌒ヽヽ¬‐- : : : | : : : : : : : ',
    ′:/: : |: :|: :|/}/l/     _\\: : : : : |: : : : : : : : :ヽ
   |: :/|: : : ヽlヽ| -ー    ´了ミぇ、:ハ: : : : L: : : : : : : : : :',
   |: :l |: : : : : ,ィァァァ      弋zツノ : : :|: : :k う: : : : : : : : :',
   |: :l | : : : : |´´´ ,        ̄`` |:l: :|: : ム /: : : : : : ∧: }
.   ヽ| ヽ: : : : |:ハ   ′     __ ノ/:./: :// : : :| : : / }: |
      \ハ|:ハ:l\ ー- 一 ヽ:/:./: :/: : |: : : / : /   レ′
.       |: ∧Ν lヽ.    < : : : イイ: /|: : /:./
.       ヽ{     ヽ{ T: :ア    ̄ 人|:/ |/|/
                /ヽノ _ /  ハ{
                _ イ ∧/ヽ    ヽト
            _ ィ彡/∧イ::::::::И / 7/l! \ __
          ////'//|  〉ァイ ∨ /'//l! ///////ヽ
       /// ////| //:::::|  / //// l! ///////∧
       ∨l! ////ll |':::::::::::|/  //////l! ////////,}
          〈, l! /// ll |:::::::/ ////////l! '////////

「そして思想的な対立軸も単純なものだ」

「緑VS青黒みたいな遺伝子決定論とかそういうややこしい話は何もなく」

「ただ、法を押し付けたい白と、好き勝手にやりたい黒赤の争いになる」

「青黒の僕としてはどちらも同程度に愚かしい。もし白と黒赤が殴りあうなら、ポップコーン片手に高みの見物かな?」

522 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:19:30 ID:ImzI4bUQ0


                     / ̄ ̄ ̄\
                    /        \
                     /
                      |             |
                  __ | \   /     |__/|
                   \ |___}  {___/  |___  |
                     `l[_{*>  <*}_]   |_l/ /
                   |  ̄|   / ̄  /j_/
                  \ \__/__,,  /' ̄ ̄\
                     _| |∨∨∨∨l|  /      \
                   /  | \∧∧∧l//        |
              /    \  ̄ ̄ /         |
.             /       \_/       /   |
.               /      \         /   /|
              /          ̄ ̄   ̄ ̄     /  \
.             /                        /    ̄\
           |      / ̄           /'\      \
           |       |            ___,/   \      \
           |       |__/         |      \      \

対立軸は単純で、戦術的には似すぎていてつまらない。

あえて個性を見出すとすれば、イナゴカラーであること程度か。

安価下1 質問・コメントがあれば

523 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 00:30:44 ID:bejD5F.w0
……おはようございます
寝落ちした挙句寝苦しさで目が覚めました

あと、やっぱりイナゴカラーになるだけの理由はあるんだなと思いました(謎

524 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:33:33 ID:ImzI4bUQ0
>>523
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「とかくアグロだからねえ・・・」

「ああ、もうひとつ共通点があった」

「この三色はいずれも自己完結性が高く、単色でも強い色になる」

「青と緑はできることが内政方向に偏ってるから、他の色と組んだ方が強いけど」

「白や黒や赤は単色でもやっていける」

「黒や赤は利己主義・個人主義の色だから当然だけど」

「白も孤独で行けるってのは皮肉な話だね」

525 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:34:11 ID:ImzI4bUQ0
安価↓1 見たい描写
・TS(求道覇道白青黒赤緑)
・アーッ!
・ヤンデレ
・SCP
・諜報(諜報枠、諜報試運転、偽メシア等)
・外交(外交枠、外交枠試運転、ローマ傘下国、受難の民架橋等)
・科学(研究枠、研究枠試運転、民間研究、ファフナー、ホライゾン、ドラえもん、スパロボV、性転換、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法)
・スカウト
・育成
・学園
・コミュ
・転生
・五色(色ギルド・五色の社交界・五色の立法府・五色の行政府・五色の学会・五色の市場・五色の諜報・五色の連合軍・五色の芸術・五色の庭園・五色の医療・創世道、その他)
・円環少女
・色派閥ゲー(色宗教戦争ゲー、メガテン派閥ゲー、没落だらけのステラリス)
・戦略調整センター(史実、世界樹の迷宮、四度目、Re:Monster、Mtg、幼女戦記、シド星、スパロボ、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法、円環少女、禁書、リリカルなのは、FGO、ナルト、ネギま、白、青、赤、黒、緑、信長の野望 スパロボ、プリティベル、海戦、密集分散、予備兵力)
・未踏世界調査(ブリタニア帝国記、ハリー・ポッターと野望の少女、影の実力者、カルチャーショックDD系、皇女戦記等)
・文明種族育成(ナッシー進化、属国作成、等)
・ボウケンジャー(試練部の不思議なダンジョン、ヤドノキの塔、工場魔方陣、冒険者料理、グリードアイランド)
・多元宇宙食料事情
・進行中(SCP転生)
・赤緑VS青

526 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 00:36:00 ID:bejD5F.w0
・赤緑VS青

527 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:40:18 ID:ImzI4bUQ0

                 . . : : : : : : : : : . 、
          , : ´ : : : : : : : : : : : : : `: 、
          . : ´: : . . . . . . . . . . . .     丶.
        .:´: : : : : : : : : .:.:.:.l: :.l} : : : : : : : : : : :.ヽ
       i : : : :.:.:.l : : : : : :.:.| :ハ: ハ:.:: : l: : :.ヽ: : :',
.     |: : : : : : |`ヽj八.:. :|/ {´f笊ミ: :.| : :.:.:|: : : i
      八: : : : 从,ィ笊. ヽノ 乂込リ Ⅵ.:.:.:.└=‐- _
        \:.\ヽ{ Vい      `¨´  |: : : :| 「 ̄ ̄ `>
         \:ハ `¨ '          /:.: : :.|L>" ̄´
        ,イ: ∧             /: : : : :|: : : : |
      _/ /: : : ヽ.   `'    /: : : : : :| : : : ,′
       ̄:´/: : : : : :>: .   /: : : : : : :| : : :,′
      //: : : : : : : : : : :`斤/: : : : : : : : |:_:_/
     //: : : : /: : |: : : : : //: : : : : : :./.:.:/  `ヽ
   //: : : : /|: :./`´ ̄//: : : : : : : /.:.:/       ,
 //: : : : / ノ: / __//: : : : : :./: : :|       ′
/ :/: : : : /: |/.イ .::i:i:i:i:i/: : : : :./ |: : : :|       l
: :.|: : : :./: : / . :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|: : : : :/  八.:.: :|     ,′
: :l|: : :./: .;イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|: : : :/    \:八    ′
 八: :|: /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|: : :∧      | \ヽ、  ,′
/: :∧:{/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:从ノi:i:i\    lニニニニ/

赤は青を嫌う。緑も青を嫌う。それはわかる。不思議ではない。

しかし、赤と緑はさて本当に親しい色なのだろうか?

エルフはあんまり森を燃やされるのを好まない気がするが、如何だろうか?

528 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 00:41:46 ID:bejD5F.w0
赤は森を燃やすというより後先考えずに伐採するイメージですね
どっちにしても緑は困るでしょうが

529 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:43:25 ID:ImzI4bUQ0
>>528
              _.`ヽ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、
            /    ヽ            < \\
         /        ',            \ \\ /^!
         ;'┐    _|___/^ヽ、    / 、〈 / ./
         |〈  >‐<__/__/  、  \  / / ', //!
          V」┴/   `       ヘ   `<./__,/イ V|
         ∠ _ / /^ /  、    |   |/ rx V――-、
         / / /   |  l \ ヽ |    ||  、 rj ̄ 「´
         / / ;  ′,イ !   ト、 x:≦、l   !ト、_キノ |;'
      //| | | ト|、 ト、 |< r'::ハ |    |  |  | |/
           | | | |<fホ. \ ヒz:リ !    ! /  |/
          | l ∨ハ ゞ',         l|  ./_/    /
           ∨|    }、  ‐       |  /  \ /
            l∧ | ヽ、   /__|. /〉- '´ ̄ ̄\
                \|/  _`ニチ::::::::::::|// /         \
            / ̄/::::/' ニ!:::::// /      ./二二\
            /  ./'"´|:| l:::// ;    //     \
          イ   ,イ    ̄//   j   //        |
          |  /∧__f〈    レ//          /|

だろう?

Mtg的にドワーフは赤で(そりゃ鍛冶種族だから赤扱いされるのは納得である)

エルフは緑だが、

ではドワーフとエルフが仲良いかというと・・・

530 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 00:44:54 ID:bejD5F.w0
悪いですね
赤のドワーフと黒のヴァインパイアだって仲悪いし、緑のエルフと白の人間だって仲悪いですがw

531 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:46:57 ID:ImzI4bUQ0
                . -‐==== 、
               ,. '´         ` .、
              /               ヽ
              ,.'     i  ii     ト、    ',
          i i  i  !i _」L._  i_,L」_ i. i   !
.            i !. i ィ'´Ⅵ\ト j Ⅵ `トi  i .i
             Ⅵ  Vト.ィf示  ゙ヽ 示ミx. ! ii_.|
            , ´ ̄. トハ Vツ     Vツ j  i ̄` 、
             ̄`゙ー-i  :.     '      ,|  |‐i'´ ̄
.              | i   、   、 ァ    ィ |  |. |
.              | i    i.丶    .イ .! |  | !
             | .!.   |>i. ` ´ i< .! |  | |
           _ノ-:'|    !i >vv< i`ー|  |― 、
.            i:.:.:.:.:|  i i:.i/ >ii< \i:.:.: |  !:.:.:.:.:i
          i:.:.:.:. |   i/:.∧/   V/:.:.:. | .i:.:.:.:.::i
           i:.:.:.:.:.|  /:.:.:.:.:\云/ :.:.:.: | i:.:.:.:.:.:i
            |:.:.:.:.:.レレ′:.:.:.:.:ミz彡:.:.:.:.:.:.:レノ:、:.:.:.:.|
            |:.:.:/:.:.:.:.:.:;>' ´ Τ ` ゙ <:.:.:.:.:.::,:.:.:.:|
            |: /:.:.:. /    .土     ヽ:.:.:.:.:;:.:.:.|
             i:/:.:.:. /      ̄'|' ̄    V:.:.:.;:.:.:!
             i':.:.:.:.人     王     人:.:.:i:.:.i
            i:.:.:.:./ \    人    / V:.:.:i:.i
           /:/ ∧   ` V    V ´   V:.:.V
.          i:/:./!∧     .V   V  / /!V:.:.i
            i: // Ⅵ    V ji! 7    Ⅳ.V:.:i
.           i:/// Ⅵ   ヽ  i! i! !     Ⅳ/V:.i
          i///// .i     i   i       ,'`ヽ/Vi
            i///./  V     i i .i      /   VV:!
.           i// /   V    ∧!.i     /i     VVi

一応公式では、理性を重要視する青に対し、

緑と赤は「(内的な、理屈ではない)直観」を大事にする色と括られているが、

赤の感情と緑の本能を直観と括ってよいものなのか、正直微妙ではある。

ソース:友達でありがとう:ttps://mtg-jp.com/reading/mm/0018604/

532 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:47:19 ID:ImzI4bUQ0
>>530
『まあそうだねw』

533 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:51:50 ID:ImzI4bUQ0
          ///   ̄ ̄\| ``ヽ
        _/ //            \
       /  〃         l   l  |     \
     /   . l | /\. : : : :L__ ト、 |   L__ミミヽ
     ,′.:.l : l :l├ -、:\.: :.| \|\ |.:.:.: :|   ミミヽ
     i: l: :.l : l イ: , ニ、\|\| ケ示そ1.:/. |     杉
     |∧: l : :VVイハ心     辷ソノ |V l/|   ,.彡'
     ミ Vハ: ::ハヽりソ ,       |   |  ,.彡'
     ミ:   V. :ハ    ,r‐r、    |   |__,. ィ
      ヽミミミ}: .人  ,.イ   い  !  !
         i  . : ly′    !.イ l   !
          ノl . :.:.|ハ     〉 /:.l   l ̄`ヽ
         / / . : :/| ム     レ'.:.::l   l    V
      / / . : :/:/.:.:.::L __ハ:. : :l   l     !
    ,. .:.:´.:.: フ´  `ーレ'´ ̄`ヽ.:: l   l     ,′
  /.:.:.:.:く      `y′l{    / ヽ.l    ',  ∧
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   /   l{o ィ´   l. ',   i /  V
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_'_ ,. .:'´.:.:.:.i    l.:.:i   V   V
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.::.:l    l.:.:l / /ハ    ',
 ヽ.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:l    |./l/| //V     ',

あえて形容するならば、

青白が「赤くない色」であり、

黒赤が「白くない色」であるように、

赤緑は「青くない色」とは言えるかもしれない。

つまり、熟考する青コントロールに対して、

赤緑は「考える前に殴る」アグロの色だとは言い得る。

公式でも実際そのような表現はされている。

ソース:友達でありがとう:ttps://mtg-jp.com/reading/mm/0018604/

ただ、緑の得手は「ランプ」であり、アグロともコントロールとも微妙に異なる戦略だ。

そんな緑をアグロの色と括るのはやはり無理がある気もする。

だいたい、「考える前に殴るアグロ」なら、赤単でも大体そんな感じだし、緑の意味があんまりない。

534 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 00:53:11 ID:bejD5F.w0
カラーパイの十思想に分けるなら青の理論と赤の衝動、青の技術と緑の野生の対立ですよね
前者は理屈と直感と言い換えてもいいかもしれませんが、後者はなんか違いますね

535 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:55:39 ID:ImzI4bUQ0
                                ,. -- __,. --- 、
    { .ノ         }                , : ´::::::_,. --- _:::::::::ヽ、                  {       Y ヽ
.    Y    / ノ              ,.:'::::/:::::/--──-=ミ,::、::::::ヽ            {   、    .ゝノ
    ゝ   {   {、.           / -‐'::::::/|:{::::::::::::ヘ::::::::ヘ::ヘート、',.              )   }     /
     :.  八   ‘,、.       Y´ /'::::::/:/::∨::::::::::ヘ:::::::::',::::',ヽ 7          /'  .ノ    ./
     ‘,   ヽ  ‘,\       /t 7::::::,':/_|:::i∨K:::::::::',_::--::::', jハ.        / /         /
       ‘,      .}   \   // /T::::::|/ _Vト ヾト、ト、:::LV:|::::::Kヽ:::',.      /  .,        /
       { 、    ノ    :  77:/ /!{:::::|r'7:示   ヾ. iチ:ハゝ::::::ハ ',:::::i     ,     {.     /}
         , - ´      :.゙'::{k 7::{:∨{ bzり      bzリ |::::::|:} 〉::::!   /    乂 _,/ ,
        ,         u  }ヽ.Ⅳ::::',:.ヽヘ :::::::::  '   ::::::::: イ::::::|:レ::}:::|..., .{          /
           、         ,  ,゙:7::V::::込、  V フ   .イ7::::::リ:::7|:..゙/                '
            { 、      .ノ   V__ :::iV::::i:介:..、    ,.ィ::}:/: __\_ ̄     \       /
          、 > _ / . ⌒):.._/_  '― ''-゙:::::‐::::::: '    .:.:.:.:ゞ:,' { ヽ    ` -ァ' .}
         _ {__  ヽ _,ノ  {  ゞ':.:.:.::}       Y      乂:.:.:, .}  、    ./  〈
        _/ ̄__ ヽ     /   ':.:.:.ノ         {           ,  ヽ `¨¨¨´   ⌒ヽ _
       ノ 、_¨ \ ヽ_)    /      ‘,          .|         ,   、    / />― \
      ノ 、_. ヽ \    .,       :.           |        ,    \  ゝ / / ̄ - .ヽ
      { _. - _ \\_) /       ‘         人       ,      ヽ   ゝ(. / ィ  }
      乂 / ゝ-ゝ-'.,             ‘   _    ´  …  _   .,           \   ゝ '\ .ノ
        /      /           ‘/´            ̄,          ‘,      \
.     /      ,            } ―    --     ̄ ,             :.       \
   /       /{                |                 .,               ‘,
. /         / !                 {.              ,             ::
           /  .|             ヽ           /     }      u  }:
.          /   |               ヽ            /       u           } ,
         /    ,                  ィぅ、   {                  从 、
.        /       ,               }   .}{    .{              /   \
       ,.       .               {   ノハ.、   .j                  ,
     /        \              、 /'し'//ヽ /  o          /
.   /              \             (⌒{//////,}'⌒つ            /
.. /                    、          u Y.{//u///,ソ⌒^゚       イ
/                  >  _     ⊂.._|//////,|     _  ≦

GM的には赤と緑にフレーバー的な共通性を探すなら、

「食欲の色」とか「性欲の色」な気もする。

実際、赤緑竜王アタルカは「食欲の竜」だし。

こうした一時的な欲求に従って動くのは、「青くない」行動だし。

青にも食欲や性欲が無いではないが、

とは言え一時の欲求に流されて大食いして太ったり、

適当に性行為をして子供ができたりするのは青としては不本意だろう。

536 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:56:20 ID:ImzI4bUQ0
>>534
『だよねー。青は理屈で赤は直感、というのは納得だけど』

『緑は直感的なのか?っていう』

537 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 00:58:20 ID:ImzI4bUQ0
>>534
               |               ヽ、
               |         、__,..zzZ圭圭≧、_
               |        ,ィil|リ7州li|!|i!Ⅶ!Ⅶlil|l、`
               |   .,fチ,.,イil'i,州i|l州,l|iム}!iⅦ州li、
               |  ,'´Zリ'./,州li|!-Ⅶ|!マ|!-Ⅶi.l}!Ⅶ'l
               |:   /,イ!,州lト|l|. _.Ⅵ、 .`_.リ Ⅶ!.li,lト、
               |.  ,'/'リ!iliⅦ.,イ云.   'テハヽ,l!,i,l|ム
               |  .l '/,州|!〈弋サ i 弋イ,リ.州Ⅶ`
               |      .lノ―‐.、{.   ! ` .i{.//,ィ        , ――┘
               ト、__,ィ、./.ヽ.ヽ ヽ.} . i ̄} .リイ从`     /
               |z'//!/ .ヽ_ノ-'-'-'_〉、`.´ィ゚_{,>‐rァ  ./
               l'/「:',.`.フイ二´二ニ¬r' ,rzzzチイrィ  /
               |'/ハ, ,イ': ///////| | |///////>」
               レ//У_リ{//////l、|ィ////////,ヽ
               ,イ//,イ//////////,o'//////////,|
             .iイ///////////////////////l'//,!
             .'//////////////////////////,マ,|
            厂 ̄ ̄.`ヽ'///////,o'///////////!
           /       ,}'///////////////////,|
          ./       ル//////////////////..|               |      ,
          /        ./'`i//////o'/////////. |               |_,ィz、,ィ7_
         ./            .|'/////////////// .   |               |//////.::;.. '―
       ./          ,イ/////////////八   |                l////7 , 、 `ヽ
      ./             ,fハ'////,o'/////////冫 |               ////{ .li   ヽ、
____,/              ノ、ヽ///////////,ノイ//ハ |             .,仁'//{;;`_>、__
             rzzzイ//,\ヾ/,`/////,´///////ミ、_ 、               /  `ヾミⅩリ  `ー
          ‐ニ圭//////三ニ=-o'/ヽ'//////////,l、 \          /    ` ̄′
           ィf三ィ///////////ヽ'///`ヽ/////////三、` 、_____/
           ̄`ノ/////////////,ヽ'//////////////´ ̄

『ちなみに、三つ巴として表現するならしっくり来る』

青の理性VS赤の感情VS緑の本能

『理性と感情、理性と本能はそりゃ対立するだろう』

『感情と本能もあんまり相性良くなさそうだけど』

538 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 00:58:24 ID:bejD5F.w0
ああ、なるほど
確かに生理的欲求に流されるのは青として好ましくないですね
食事も性交も計画的にしないと

あと青の技術と緑の野生の対立軸は道具、アーティファクトを使うか否かの違いな気もします

539 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:03:01 ID:ImzI4bUQ0
>>538
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「だよねー」

「赤と緑は生理的欲求に流されることを良しとして、食事や性交を深く考えずやらかすけど」

「青はその辺計画的にやろうとするだろう!」

「青と緑の対立軸は色々多い」

青い理性VS緑の本能
青の人工VS緑の自然
「育ち」の青VS「生まれ」の緑
自由の青VS運命の緑

540 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:04:16 ID:ImzI4bUQ0
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

【青メインの青赤】

「なお計画的にやってます!」

「リソースは山と容易したし、暴食も性交も問題なし!」

「子供が出来たら育てればおk!」

541 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:05:22 ID:bejD5F.w0
いいことだ

542 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:06:23 ID:ImzI4bUQ0

                   _,,,,,,,__
                ,,-'''”,-'''”   ゛'''-,,,
               /      ヽ  i  ヽ、
              / /    "'''-,,_ ヽi   .i
             i ,i ,,_      ヽ   i  i. i
              ,i i'''-ニ‐-,,_     \ i  i i,
            /i i  "'''-二ニ;;;,,___. i  ii i
           / ハi-,,.,_      _,,-┬、i  ノ'i i
      _,,,--‐'''"ン ノ 'i (.i"ヽ  彳.i ''. i i _ム__i i
    ,-'" _,,-'" / ,i ハ ヽヾ,ン    `~´ツ | r<___|ヽヽ
  /_,,-'"  // //// ‘i,"  ・    / .i レ--ニ''ミ≧
  i /   // //// ,,-->;;,,,___-_,r;;=ラ八__”''-”;;,,__)
  i i   / //  ル // ( )  ハヾニiニ|.|.iシノ  ( ”''-,,_(

ああ、そうそう。

緑赤は暴食や性欲くらいしか表現のしようがないけど、

青赤は「無謀な探求者」

青緑は「自然科学者」「内政屋」

と良い感じのフレーバーがあるので、

余計緑赤って何者?って感じがする。

543 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:09:13 ID:bejD5F.w0
しいて言うなら蛮族、ですかね(グルールを見ながら

544 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:10:01 ID:ImzI4bUQ0
         ,ィ  , - ―――― - 、
       /:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ヽ 、
       !:.:':.:..,:.--――-:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:ヽ
       l:.:.:..ム― - ..:.:.:.`ヽ:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      ,-/´`,>- ¨ ̄ ̄ニニミ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
      //:.:/-、      /    `ヾヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /,イ / ´  i     !       ヽ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   ,イ:/:/    ! ___ ヽ、      } ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   .ハ:.l,イ   ノ/:.:.:.:.:.`ー ミ..ー--- イ   ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   !::ヘl ヘ...ィ彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄ ̄`ヽ、.i`ヽ、____:.:>
   l:.:.:ヽ、, '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ、ヽ、:.:.:.:ヽ、
   l:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.ト、:.:.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:ヽ.`>、:.:.:.:ハ:.; -、:.:ヽ、:.:.:.ゝ
   .!:.:.:.:.:.:.:lヽ:.:l ヽ:.:.:.:.:.:ヽ`ー- z'ゝ-、 ヽ、:Y/ヽl:.:.:| `ヾ、
   .l:.:.:.:.:.:.:.! ,ゝト 、ヽ:.:.ヘー-`, /0   !  `l イ /:.:.:',
   l:.∧:.:.:.l l   0`ヾ 、ヘ`=イ     ノ   ノ-'/:.:.:ト-`-
   レ′ヾ:.ヽヽ、  ノ  ``  ー-- '     ,-彡、ト:ヽ
     __..>i`  ̄  ,           ノ'' / l  `
     ヽ.  ハ    く_       ヽー--'´,ィ !  ム
     / \  ゝ、   、__ __  ヽー- ' ! l ,イ ヽ
     i   `、イ l `丶、  ‐  , ィハ   l/ヽ \ ハ
     l   l  ', .l: : ,、: ヽ`ー ' / : : \ ノ    \\\
     ヽ  l  V_:ノ `ーヽ  _j - z - '         \\\
      ヽ l   !        `´  l.          \ヽ \
       ヾ、  l           l     l/       i. !  i
        ',i  !           /     l   ,イ   ト.ヽ !

そして、緑赤については二色そのままよりも、むしろ青と組んで三色になった方が

フレーバー的にも戦術的にも安定感が生まれるという問題もある。

たとえば、生命の「進化」を司り、文明発展や有性生殖や気合に関与する螺旋力は

緑で青で赤だと思わないか?

545 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:10:42 ID:bejD5F.w0
ポケモンカラー、螺旋力カラーですねー

546 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:12:31 ID:ImzI4bUQ0

          _,  ‐-
        ,ィ'´      `ヽ
       /   ∧   ヽ  ハ    _.
        l.  」_l.。ヽrテュハ _,l__r、/ l
   ____l 「ノ,、 ´ ,ィキ=ァlノ<ニ fニ` l
   ``‐-=l/v'ゾf゙> " ゞ'' lハ‐'i'" fニ.ソ
       ノ/八 `ィク ノリ__l___{三}
     /,ィ _____`ァ _ニrf//.:.:.:.: ,;ィ'}二}
    /"/ ハ.:.:.:/.:===.:.l i.:.:.: /___`ソ`ヽ、
     /__',>ヽ_l」_ィ_ャ'___l ゙'/´::::::::::::::::::::::ヾ:.、
 <|ヽrrf´f l ,ィ''マ: : : /: /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ.:\
 <_ゞゝ=‐ソ/::::::lニニニニ〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ. :.:\
      //:::/: : : : : : : ゝ‐i:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ.:.:.:.:.:ヽ
      //::<:,: : : : : : : : : : : `>::::::::::::i::x‐-、:::::ハ.:.:.:.:.:.:ヽ
     .//::::::<: : : : : : : : : : ノ´::::::::::::r"=、  ゝ‐、l.:.:.:.:.:.:.:ハ
    /.:l:::::::::::`ゝr-‐‐i、‐'" \‐'´,ィ'ミミヽ____ノl.:.:.:.:.:.:.:.:.l
   ./.:.:l:::;;;::::::::: ::l   l \    ヽf=ミヾ/    l.:.:.:.:.:.:.:.:.l
   /.:.:.:l.´ `゙ー--l   l  \   `ノ'"     l.:.:.:.:.:.:.:.:/
   l.:.:.:.:l      l   l    ` ー‐''         l.:.:.:.:.:.:./
   l.:.:.:.:.l.      l   l              l.:.:.:.:/
   ヽ_.:.:.|    〈 ̄ ̄7             l_/
     ̄     〈´ ̄ 7
          /´ ̄ 〉
          <_´,ィ'<
           {  /
           l  /
          ノ__/


                , --──‐-- 、
              / l / ̄ ̄\ l \
              /  | l_/二ヽ_l |  \
            |    l   (  )   l     |
            │    \   ̄  /    |
          , イ,二`)´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽノ
      / , <ヽ,、_________ノ ̄>
     / ,へ_ノ<_// n、X,ィ   ノアnく |   \
    l   ヒソ ハn| | ト1l  |  ,/´l ト1│h、     \
    |    ノ トl| l__U_j  レ   l_U__l |l'j    ∠´
    〈____,ノ `>ヽl  N   〈!   N  レ'     /
   〈    ,ノ∠___〉、    ー─‐'   へ  _/
.   /` ̄7   , <  丶、       ,/  、ー`
.   /   ム-<   ヽ. \ ` ー ,<、 ̄l ̄
  /    l   ヽ \  \ \ヽ,ハ / ヘ、
. /    l、   ヽ  l\   ヽ //   , へ 、
 l     l l    |  l  i ヽ__V,/_, へ   ト、
 〉   ノ |    |  |   l     0 ト 、 ヽ. l〈
 ヽ____/   / /  /    ̄ ̄ ̄  l   l | |
   \∠__/ /  /          l.  | | |
      / ハ /  /            l. | |│
     / /  ∨`V                レ'__」│

それにエルフ系冒険者とかレンジャードルイド系冒険者とか、

ポケモンマスターとかモンスターマスターとか、

青赤緑には「緑の混ざった冒険者」というフレーバーもあるしなあ・・・

547 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:13:10 ID:ImzI4bUQ0
>>545
『そのとおり!』

『赤緑グルールよりかは、むしろ青赤緑のがイメージしやすいと思うんだよね』

548 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:14:29 ID:bejD5F.w0
逆に言うとそれらから青さを抜けばいいと

…………ダメだ蛮族しか思いつかねえ!

549 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:15:26 ID:ImzI4bUQ0
         ,ィ  , - ―――― - 、
       /:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ヽ 、
       !:.:':.:..,:.--――-:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:ヽ
       l:.:.:..ム― - ..:.:.:.`ヽ:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      ,-/´`,>- ¨ ̄ ̄ニニミ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
      //:.:/-、      /    `ヾヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /,イ / ´  i     !       ヽ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   ,イ:/:/    ! ___ ヽ、      } ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   .ハ:.l,イ   ノ/:.:.:.:.:.`ー ミ..ー--- イ   ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   !::ヘl ヘ...ィ彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄ ̄`ヽ、.i`ヽ、____:.:>
   l:.:.:ヽ、, '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ、ヽ、:.:.:.:ヽ、
   l:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.ト、:.:.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:ヽ.`>、:.:.:.:ハ:.; -、:.:ヽ、:.:.:.ゝ
   .!:.:.:.:.:.:.:lヽ:.:l ヽ:.:.:.:.:.:ヽ`ー- z'ゝ-、 ヽ、:Y/ヽl:.:.:| `ヾ、
   .l:.:.:.:.:.:.:.! ,ゝト 、ヽ:.:.ヘー-`, /0   !  `l イ /:.:.:',
   l:.∧:.:.:.l l   0`ヾ 、ヘ`=イ     ノ   ノ-'/:.:.:ト-`-
   レ′ヾ:.ヽヽ、  ノ  ``  ー-- '     ,-彡、ト:ヽ
     __..>i`  ̄  ,           ノ'' / l  `
     ヽ.  ハ    く_       ヽー--'´,ィ !  ム
     / \  ゝ、   、__ __  ヽー- ' ! l ,イ ヽ
     i   `、イ l `丶、  ‐  , ィハ   l/ヽ \ ハ
     l   l  ', .l: : ,、: ヽ`ー ' / : : \ ノ    \\\
     ヽ  l  V_:ノ `ーヽ  _j - z - '         \\\
      ヽ l   !        `´  l.          \ヽ \
       ヾ、  l           l     l/       i. !  i
        ',i  !           /     l   ,イ   ト.ヽ !

そして戦略的にも理にかなっている。

グレンラガンで、青緑な内政屋たちを、赤いグレン団が守っていたように、

「青緑内政を赤い砲兵で守る」という戦略が可能なのだ!

実際、ターボゲートはそれに近い動きをする。

(この場合、赤はなんとアグロではなくコントロール的に運用されている!敵国をすばやく侵略するためではなく、自国の内政時間を稼ぐために赤が火を放っているのだ!)

550 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:16:09 ID:ImzI4bUQ0
>>548
『螺旋族や冒険者から青を抜いたら何も残らなくない?』

551 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:18:14 ID:bejD5F.w0
緑の本能と赤の情熱は残りますよ!

……うん、やっぱり赤緑は未開、狩猟、蛮族といったキーワードしか出てこないですね

552 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:19:40 ID:ImzI4bUQ0

                          ,, 二≧、
                         厶'''"¨¨¨¨¨` 、
                  ,,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
                    , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
.                /:./:.:.:.:.:..-/l:.:/l:./\:.丁、:T:.:.:.:.:.:.:.:.,
                {:/‘、:i:.、:.厶--x'   ヽ-==ミ:.:.:Vヘ}ヽ}
                {′ ヽ{:.:.Y h__ri     h__j:.:.:.:.:.j
                     ‘:.:.:.:!ー‐'  ,    ゚ー':.:.:.:.:.ハ
                    ‘;.:.:.:.:.、""     """/|:.:.:./:.:i
                  _‘;:.:.:.',`  . ` ´  イ、:.|:.:/.:.:.:|
             . ´   ‘、:.:.;., ´| `ニ´  {、{ i!/_:.:.:.:|
             /      X、:.:,      ‘ム′_ ` <
               i  |   /' `ヽ、    >‘ム´    ヽ
              |  !  /'        ´   }!       !
               } /'     、       i!  /   /
             ‘. / /{      ∨       |! r'   /
              }.' ./ ‘.      /       ハ |   . '
              |i!/  ヽ    :'     . '   !:i /
             ,}∧    \  !    /    }//
               /  ヽ    ヘ ノ.   /     //
            .'    i  ー - ´ ヽ !    _//
            .'   /}     :.    ̄ ̄/ {
           .'  /            イ   !
          .' >´         }      {   .'
          ,/          ,/      | /
           . \、  、              }./
        /   \、_ヽ              i'
       .'     ` <≧o。__ _ __ -={
       i       `ヽ  \  >´     |
       |         \_ _ >´
         ‘.           ヽ         .'
         ヽ          ‘         /
         \         ‘.      /

TS的にも一周回って安定している感があるしな!

「女の子が大変美味しかったので(赤緑性的欲求)」

「試しに女の子になってみたいと思い(青赤的無謀探求)」

「性転換してみました!(青緑的生物学)」

553 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:20:35 ID:ImzI4bUQ0
>>551
『理性のない本能と情熱・・・やっぱり野生動物の類にしかならないねえ・・・』

554 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:21:15 ID:bejD5F.w0
ああ、でもそういう意味なら『青を抜いたら何も残らない』というのは正しいですね
原初の未開の狩猟蛮族なんて、『何も持ってない』のと同義でしょうし

555 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:22:12 ID:bejD5F.w0
何事もTSで解決するのが一番だ(悟り

556 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:23:23 ID:ImzI4bUQ0

          _    ,...............,_-、
       /:.:.:.:.:>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`::....、
.      /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
.      l:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.;.:.:.:. ,  ヽ
.      l:.:.:./:,:.:.:.:.:.l:.:.l;.:.:.:.、  l、. ヽ .,l....:.:.:,:ヽ
        l:.:.:l:.:l:.:.:.:.:.l:.:.ハ:、l,_、:.:.l ヽ:.:!:.:l:.:,:.:.:.:.l、:l.
      l:.:.:.l:.:l:.:.:.:.:.l_i_キ;l_.ヽ:.!.r.ァィ:i:.ハ:.:.:lヘ:l
.       /:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:弋几トィ  ヾl:ij:ll:.;イ入:.l
.     /:.:.:.:.:.:.人:.:.:..:トヒ::ン    '‐' l:.l  l:.:l
     /:.:.:.:..:.:./ ヽ;.:.:.ヽ_.   rァ ,、イ:.:.l  l:/
   /:.:.:.:.:.::.:/    ヽ:.:.ヽ ヽ_,=,i´ i:.:.:lヽ_
   /:.:.:.:.:.::../  .f.::ゝニミ   7::{:::}::∨{ ニ }
  /:.:.:.:.:.:.::./    j.::.:::廴 } 〈::::::lハl::::::〉辷7|
  l:.:.:.:.:.:..:./   .〈.:.:.::.::}ニ} /:::::| |::ス {_ン::.}
.  ヽ:.:.:.::./    }.:::/.:::}_ソ  ̄` ´ ̄ {/.:.:.::l
   ヽ:.:..i.   .〈../.::::ム           {:...:..ィ{
     ヽ'、   /.:.::.:::/} 二ニ=   =-{ヘ::..:.:.:\
.       /\.:.::.:;イ ハ   =― -  ト\::../ >_
     /  /V//  i  ..:::::..:...  .:::l i ∨/  \
.    〈〈勹ノ´   {                 \_くヽ j
     |  ヽ、                    /    i ヽ
.    /|   ヽ、  \ ::.:.....        /       |  ト、
   /:::|  ヽ   ヽ   \ :......     /        l  |::ヘ
.  /::::::|              \ :......              |:::::ヘ

ああ、リアルでも割とガチで、

女の子とセックスしたこともある非童貞だけど、

それはそれとして性転換手術したいとかいう

傍から見てると不思議な人も結構居たりする。

たぶん青赤緑なんじゃなかろうか?

557 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:24:20 ID:ImzI4bUQ0
>>554
『狩猟蛮族や野生動物には所有の概念がないだろうしねえ・・・』

558 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:27:07 ID:bejD5F.w0
あと五色が十思想のうち二思想しか持ってないように二色も二思想しか持ってないとしたら、
赤緑の二思想は『赤から混沌を抜いた衝動』と『緑から共生を抜いた野生』なわけで、
混沌も共生も望まない純粋なる蛮族になるんじゃないかと

559 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:27:56 ID:ImzI4bUQ0
                ,. - ‐ -  、
             ,   ´: : : : : : : : : :>ー-
          , ィ: : : /: : : : : : : : : : : : : : : \
        ,  ´′: : : : : /: : : : : : /: : : : : : : :ヽ
      / ,ィ′: : : /: :/: : : : : : ,ィ: : : : : : j!: : : : :
     / / /: : : : /: :/: : : : ー-/: : : :/ : ハ: : : : :ハ
    {  {! ,′: : : :{:イ : : / ´_ イ: : : :ィ: /__i: : : ! : i
       乂: : : : : : 从 : iイ示トメl: :/ソ ´ ̄ | : : |: : |
       / イ: : : : : : ル: :|  ̄` レ / rテt-、!: : :i: : :ト
    _ノ,ィ: : : : : : : : : : i{        i `ー′'j: : 八: :|
      ′i{: : : : : : : : : :ハ        ′   /レ: : : :lヽ、
       {ヽ: : : : : : : : :|   ー-  _     /: : : : : :i
         Ⅶ: : : : : ハト          ノ: : : : : : リ
            }从リハj ヽ ` 、  _, <: : : : : : :イノ
     __   /{. . ' \ニュ__-jレ ィ --{: : ィリ: //
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.`}:.:!. . . . . .Y . Y: : : : : : /v///
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:.:{. . . . . . j、, イ. . . . . /、 ′
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ハ._. . . ´ムハ. . . . .i:.:.> .,_
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:ヽ/:{ Y! ヽ` y_j:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ゝ:.:.:.:.:.∧ l , トー':.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
   、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:リ:.:.:\:.:.:.:.\ V:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
    i:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、 y:.:.:./:.:.:.:.:.:.l:/:.:.:.|,
    ∨:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:.|
      ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.i
     ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.∧
      Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:ハ
       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.∧

「まあそういうわけで、感情の赤も本能の緑も理性の青嫌いだろうし、理性の青も感情の赤や本能の緑が嫌いで、赤緑が「青くない色」なのはわかるけど」

「じゃあ赤と緑が組んだら何が残るかというと、食欲や性欲で動いてそうな蛮族や野生動物くらいしか残りそうにない!」

「そんな青VS赤緑でした」

「・・・やっぱ理性や技術って大事だね。研究班諸君ほどではないとしても、僕もちょっと青を欠いた社会とか考えたくない。」

安価下1 質問・コメントがあれば

560 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:29:53 ID:ImzI4bUQ0
>>558
                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「ふむふむ・・・直接は関係ないかもだがこんなこと思いついた。」

「青白黒が支配者カラーであることから逆算すると」

「赤緑は「反支配カラー」なんじゃないか?とね」

561 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:31:11 ID:bejD5F.w0
青さは大事ですよねー
青さが無い社会は『知的思考である論理』と『知的応用である技術』が市民権を持ってない社会な訳で

562 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:31:58 ID:bejD5F.w0
あー、ありそうですねw
支配するのもされるのも大ッ嫌いみたいなw

563 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:32:32 ID:ImzI4bUQ0
>>561
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    !  !.ト●    ● ! !ノ、i !
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 !
.  ./⌒ヽ!;!l|ヘ       j /⌒i/
  \ / | l>,、 __, イァ/  /!ノ´
   ./ /| | |___|{ヘ、__∧
   `ヽ<.| |         彡'

「だねー」

「青くない奴は端的に言って馬鹿だ。」

「野生動物ならとにかく」

「知的生命体である意味がないだろう」

564 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:33:32 ID:bejD5F.w0
そこまでいいますかwwwwwww

565 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:33:59 ID:ImzI4bUQ0
>>562
                         -‐……‐-ミ
                  /: : : : : : : : : : : : : \
                  ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,
               /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,
                 {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i
               \{ =     = `ト: /:ノ: : |
                    从   、_,、_,   ムイ´: : 从
               /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ
                 /::/:|V V|ヽ::::::\

「そうそうw」

「だからグルールみたいに世界の支配構造をぶち壊そうとする(ガチ)」

「無政府状態を好む色ってわけだ」

566 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:35:00 ID:bejD5F.w0
二色は対立する三色から逆算して反○○って考えたら色々新発見があるかもしれませんね

567 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:35:08 ID:ImzI4bUQ0
>>564
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「青が理性や知性の色ならば」

「赤緑は知性を否定してる色ってことじゃん?」

「それ知的生命体である意味ある?」

568 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:36:36 ID:bejD5F.w0
うんまあ、「トゥルーバーバリアンは野生動物でええやん……っていうか野生動物やん……」っていう気はしますね(汗)w

569 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:38:09 ID:ImzI4bUQ0
>>566
『ふむふむ・・・』

白青黒:支配VS赤緑:反支配
白青赤:勇者VS黒緑:反勇者←楔には当てはまらないか?
青黒赤:自由VS緑白:反自由
黒赤緑:弱肉強食VS青白:反弱肉強食
赤緑白:反諜報VS青黒:諜報

『ふむ・・・楔は当てはまらないけど孤には該当しそうだね!』

『赤緑は反支配で、緑白は反自由で、青白は反弱肉強食だ!』

570 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:38:51 ID:ImzI4bUQ0
>>568
佐々木王「だよねえ。知恵があるならそれが自然界から与えられた役割ってもんじゃないかね?」

571 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:40:25 ID:bejD5F.w0
白青が反弱肉強食なのは凄くわかります……(汗)

あと赤緑白は慈愛カラーで、青黒は反慈愛カラーではないでしょうか?

572 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:44:03 ID:bejD5F.w0
白青が望む五色である
『所詮この世は弱肉強食。されど力を合わせる力こそ最強』すら
弱肉強食を認めてるようで認めてないですからね……

573 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:48:26 ID:bejD5F.w0
あと、緑白青が空気カラーなら黒赤は反空気カラーですね
空気を作るのも作られるのも、読むのも読まれるのも嫌いと言う……何がしたいんだこいつら(汗)

574 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:49:51 ID:ImzI4bUQ0
>>573
『空気は作ってるかな?>赤黒』

『みんなで楽しく死の娯楽!』

575 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:51:08 ID:ImzI4bUQ0
>>571


                     /::::::::::::::::三三三三::::::::::::::::::::::i
                 /::::::::::::::::三三三三三::::::::::::::::::::i
                ∠\___>===<____|
.               /.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
             〃:/.:.:.:.:.:.:.:i.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
           /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:!.:.:.:.:.:.:i.:.|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
             /:/ i:.: :.:.:.:.:.:/`ヽ!.:.:.:.:.:.:|.:.|.:.:i.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
           八:i/}|:.:.:.:.:.:.; 、,,__\i.:.:.|.:.|.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.            // 从.:.:.:.:./ ´ 斤刈.:. i.:リ.:リ.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
         ,∠∠/.:.:.:ヽ/    以リ'j.:.:.:/.:/-、.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
        / -- , }:./::/込    ,,, /.:.:./.:/  }:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:
      /: : `ヽ i_j/i.:.i.:.:.ハ`ー __,厶イ.:./__彡'.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.从
      / :::: /入j 八:i.:.:{.:∧_、_厶.:.彡'/.:.:/:.:.:./.:.:.:.:/.:/.:./  ヽ
.     i :: ノイ     ヾ '´ . ≦─┴─厶ィ⌒7イ.:.:./厶仏イ
.     i::::::::: !         ゙巛.:::::::::::::::::::::::::/ i/
.    /:::::::::ム.         /  // ̄ ̄ ̄ ̄: : :
.    /:::::::::::::ム.      /  ィ巛:::::::::::::: : >─く::
   /:::::::::::::::: ム     /..ィ巛::::゙巛: : /       :
.  ∧::::::::::::::::::∧..  /./〉::::|||::゙巛::/.         }
   \二二二./   / /::::://::://:::/        |
       i...  i..  / ////:::://::::〈. イ       ;
       i.    ',. / /::::::::::// ::::::: ',. i      ;
      |.     }/ ////// :::::::::::::: ',...i        i
      |      l.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i.      |
      ’     j.j.:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l.       |
       ‘、.   / }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       |
         ̄    i:::::::::::::::::::::::::::::::::: : }.      |
               j:::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ       {
            {::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ’,.    、

「僕に慈愛は無いと?」

576 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:52:52 ID:ImzI4bUQ0
>>572

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    !  !.ト●    ● ! !ノ、i !
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 !
.  ./⌒ヽ!;!l|ヘ       j /⌒i/
  \ / | l>,、 __, イァ/  /!ノ´
   ./ /| | |___|{ヘ、__∧
   `ヽ<.| |         彡'

「まあ青白は世の中弱肉強食になってること自体は認めてるからね」

「でもそんな世の中が嫌いだから、自分が最強になって天下統一し、太平の世を作りたいのさ」

577 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:52:59 ID:bejD5F.w0
えっ、女神様みたいに敵も含めて全てを抱きしめたいとか思わないだろうなーと
そういう意味で反慈愛ではないかと言いました

578 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:54:36 ID:bejD5F.w0
>>576
ああ、じゃあ『所詮この世は弱肉強食。されど力を合わせる力こそ最強』はまさに白青の思想な訳ですね

579 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:55:58 ID:bejD5F.w0
ああ、でも慈愛に反対している訳ではないから反慈愛と言う訳ではないですね
これは私の間違いでした(汗)

580 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 01:57:49 ID:ImzI4bUQ0
>>578
『だからギルドパクト作ったのは白青アゾールなんじゃない?』

581 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 01:58:49 ID:bejD5F.w0
>>580
なるほど……納得です、ありがとうございました

582 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 02:02:13 ID:ImzI4bUQ0
         _,. . . ., _
       ,<: : : -: : : : : : >、
     /: : : :/ : : ハ: : : :ヽ: : : ヽ
 .   /:/: : :′: : / ∨: : : ' : : : ∧
    ': r‐-ノ!: : :/´ ̄`、}: : ハ: : : : :ハ
   ′l: :/ l: : / _-ェ.、li: : : |}: : : : : l
   ': 从:イ ヽ{ ´ てンリ: : : |: : :l : : |
   !{j:.:.:.:|  ,`   、、 l: : : :j!: : :!: : リ
   {Ⅵ:.:.i゛         !: : : ハ: : jⅥ:{
   、ゝ:.:ゝ, ’ー ’  ,ソ: : 八j: ノ: : :i
     Ⅳ:.:.:\ ,. ィ /イ: :/:.:,イ:.:.:.八{
     } ヽ{:.:.{ヽ:.:| / レル' ハソノ
        , - y ; ,r  ̄`ヽ
         / / ´/     ,
  .       i /  ,/        l
.        y  ,ノ{  l    ,
     , イ ,jイ !  |     i、
    / {/    |  i    l ,
   , ′i{     !   '    i   ,
   l   ;    i   ,    r=ぅ∧
   ヽ_λ   ン‐イ    人_ノノ
     l i `ー ´  i     ,′ハヽ
      ,       |   , /
     l       !    !′  /
.      ,      i     l  , ´
     i!     i     K
       !’    |    l-ヽ

「ちなみにギルドパクトの作成者が白青アゾールで」

「ギルドパクトの体現者が青ジェイスと青赤ミゼットなことを考えると」

「五色調和の中心に居るのは青なんじゃないかな?」

583 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 02:03:28 ID:ImzI4bUQ0
                    ,.- ―――- 、
                    ,. <: : : : : : : : : : : : : :> 、
                /: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : >、
                /: : : : : : : : /′:/: : : : : : : : : : : : : : \
             /: : : :/: : : : //: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
              /: : : :/: : : : j ′: :l: : /: : : : :,イ: : : : : : : : : : ハ
           ,イ: : : ,イ: /_ィ_ : /: i : ′: : / l: : : : : : : : : : : : ,
         /: : : : : :l: f: / l: :/: : l: :{ィ:才 ‐-L:_j! : : : : }: : : : :'
        ー=ィ′:/: : : : :乂/、 ,」:/: : ,ィl: l/     !: ,イ: l : : /: : : : : i,
.          /: : : : : : :_,ム{ぅ示ヾv/ィヘ:r=、ィrェ-ノ:/ i: / : /: : : : : l ハ
       ,: : :ハ : : l: :^l 乂z'り´/′ '{フ"ぅ:::い:ハヾ、: :/: : : : : :ノ! ヘ
.         八: l: : ,: : :{ : ハ "   ゙      乂:Z':りイ: /: : : /: / : : 八
          }: :l: :Ⅵ、: : :∧    !        ンィ : : : : : /:ノ: : メ: : トゝ、
        ヽ:{: :ヽ: \ゝ `   _       ′l: : : :/ィf: :八:{ : : l ヽ /
         Ⅵ: : : l: 八`   fー― `= ,   人{: イ /ィ' /: 人: : :ハ/
          ` ,:ト; :i : : ヽ   iv ‐ 、   ノ _ィ´: : '!: : :/: : /イ: :l:ヽ/
             } ヽ: : : : : \ ` ー <ー ´: : :_/: : :/: /: /: : :, ′
               ヽ}、ゝヽ : ヽ _   ≦ ̄`r イ: : / ´イ: イ >′
               `ヽ乂}ヽ{ヽハ_,. -―ナ{r ´ /'彳f´
                   rィr‐ト/////////∧ /   ′            ′
                      j/ハ::::i ∨//////>イ     i          /
                  l/i l:::::l ∨//>´  l     l         , ′
               _ ィ ´∨ !::::i   ∨´        i /    , イ
               r l      /::::j            l′  /  l
            / i !    /::::/             '、 , ′   !
              ′ j     ,::::;'          ゝ     く     !
             i   /     ,::ノ             ヽ      \ /
           ,  /    "                 イー ´
            r  i                         リ

「だから青黒の僕が五色のローマの支配者なのは何もおかしくないんだよ!」

「所詮この世は弱肉強食!だからこそ他者の力をも我が物とするべしだ!」

584 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 02:04:45 ID:ImzI4bUQ0
>>577
            __    __
         _. - '´       .::::::::::` 、
        , '´            .::::::::::::::::`ヽ、
    /              .:::::::::::::::::::::::ヽ
   /                   .:::i:::::::::::::::::::::ヽ
  ./           .:::::ト、    .::l::::::::::::::::::::::::`、
  ,'   i      i   .:::/ ヽ   i .:|:::::::::::::::::::::::::::!
  i !  |l      |   .::/   `、  | .:|:::::::::::::::::::::::::::i
 .| |   |」_ ./| .|  .:::/ _,.. -‐十 :.| !::::::::::::::::::::::::::::|
 | ! .| .| `メ┼/| .::/ "     ヽ ::.! .|:|::::::::::::::::::::::::::::l
 | l .! l/  |/ ! .:/    _===、ヽ:! :|:|::::::::::::::::::::::::::::|
 | i |l |イ子ミN l./   " F';;;;;:::ヾ/ :|:|`!.::::::::::::::::、:::::|
 .| ヽl ! | 弋;;::::j ′     辷;;::;チl  ::|:|.ノ:::::::::::::::::::lヽ.i
  l  `ヽ!   ̄            ̄ i i .|/:::::::::::::、 .:::::| |i
  !    ハ    ′         | l |.:::::::::::::::lヽ::::| l|
  ヽl、 l  \    ‐ --‐'     | | |:::::/|::/|::| ∨ ′
     \|ヽ  i `        , '´ !,イ .!ヘ{ l/ .l/
       ヽ/lノW ` ー-‐ i´    / ! .|
        _  _ , -‐ノ       l/‐-、
      l´|:|: : : : : : :|´        了: :` ‐- __
      /| |:|: : : : : :._| `ヽ , -‐‐  !: : : : : : : //lヽ
     ./ | |:|: : : : : ト、_____/: : : : : : ://:.!  l
     i  | |:|: : : : : |`ー────/: : : : : : ://: l   |
     |  | |:|: : : : : |       /: : : : : : ://: : |    l
   ./_,ィ||:|: : : : :.|      /: : : : : : ://: : /    |

「それを言うなら「博愛」かな?」

「僕にも慈愛はある・・・身内限定の慈愛はね」

585 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 02:05:41 ID:bejD5F.w0
青は「知性と非暴力」の色ですからねー
このそこに『受容』が合わされば「『皆が』暴力を振るわずに済む方法を考えよう!」ってなりますよねー

586 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 02:06:36 ID:bejD5F.w0
>>584
ああ!そうでした博愛でした!これは失礼しました……(汗)

587 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 02:08:12 ID:ImzI4bUQ0

            ,. -――- ..,_
          /. :::::::::::::::::::::::: .`丶、
        /. .:::::::::::::::::::::::::::::::::: :. .ヽ.
       /. .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :. .\
.       /..:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .ヘ
      /. : : : : :.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      .'. .: : : : : :.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
.    ;′. : : : : : : :.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
.     i . . : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   |. . : : : : : : : : : : : :.:.:::::::::::::::::::::::::::::/
    l. . : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::/
   ノ  . . : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:>''"´
.  /  ,rー―――――一 '''"´
  i  /
  l  {、
  ∨ ハ
   ‘ー'′

また、赤緑白ナヤは「堅苦しい法の支配も陰険な陰謀もない豊穣な自然(ユートピア)」として描かれるが、

慈愛や博愛というには緑は少々弱肉強食的過ぎる。

つまり、その豊穣の源は誰かの死だということだ。

豊穣な大自然の中でエルフが自然界に潜む捕食者に食われ、豊穣の一部となることなど良くある話である。

588 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 02:09:59 ID:ImzI4bUQ0
>>585
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「だね!そしてそうして皆が力を合わせて社会を発展させていくのは」

「青の好む光景でもある」

ただし書類仕事は嫌い。できるけど嫌い。

589 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 02:10:39 ID:ImzI4bUQ0
では今日はこの辺で。
ご参加頂きありがとうございました!お休みなさい!

590 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 02:11:18 ID:bejD5F.w0
>>587
なるほど……反陰謀や反諜報ではあれど、慈愛や博愛ではなく、より正しく表現するなら豊穣だと

591 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 02:12:09 ID:bejD5F.w0
お疲れ様でした!
青混じりなのに書類を嫌わない青白は実は凄い存在なのでは……?

592 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 07:41:03 ID:bejD5F.w0
白黒って一言で表すなら何カラーでしたっけ?都市?

593 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 08:26:42 ID:bejD5F.w0
うーん、見つからない
ラヴニカのギルドが共通色で協力するカードみたいなのが合ったと思うんですが、見つかりません
もしかしたらカードじゃなかもしれませんが
無茶王様、何かご存知ではありませんか?

594 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 21:34:12 ID:ImzI4bUQ0
>>592
商人、賢帝、貴族

595 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 21:34:38 ID:ImzI4bUQ0
>>593
洞察の絆

596 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 21:47:37 ID:ImzI4bUQ0
>>590
そうそう。
神として表現するなら、
豊穣神とか地母神あたりになるだろうね。つまりロードスのマーファあたり。>赤緑白
「愛の女神」とは言いえるだろうけど、案外弱肉強食的で暴力的でもある。

597 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 23:39:05 ID:bejD5F.w0
>>595
ありがとうございます!見つかりました!

598 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 23:39:38 ID:ImzI4bUQ0
安価↓1 見たい描写
・TS(求道覇道白青黒赤緑)
・アーッ!
・ヤンデレ
・SCP
・諜報(諜報枠、諜報試運転、偽メシア等)
・外交(外交枠、外交枠試運転、ローマ傘下国、受難の民架橋等)
・科学(研究枠、研究枠試運転、民間研究、ファフナー、ホライゾン、ドラえもん、スパロボV、性転換、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法)
・スカウト
・育成
・学園
・コミュ
・転生
・五色(色ギルド・五色の社交界・五色の立法府・五色の行政府・五色の学会・五色の市場・五色の諜報・五色の連合軍・五色の芸術・五色の庭園・五色の医療・創世道、その他)
・円環少女
・色派閥ゲー(色宗教戦争ゲー、メガテン派閥ゲー、没落だらけのステラリス)
・戦略調整センター(史実、世界樹の迷宮、四度目、Re:Monster、Mtg、幼女戦記、シド星、スパロボ、スタンド、悪魔の実、星辰光、念能力、邯鄲法、円環少女、禁書、リリカルなのは、FGO、ナルト、ネギま、白、青、赤、黒、緑、信長の野望 スパロボ、プリティベル、海戦、密集分散、予備兵力)
・未踏世界調査(ブリタニア帝国記、ハリー・ポッターと野望の少女、影の実力者、カルチャーショックDD系、皇女戦記等)
・文明種族育成(ナッシー進化、属国作成、等)
・ボウケンジャー(試練部の不思議なダンジョン、ヤドノキの塔、工場魔方陣、冒険者料理、グリードアイランド)
・多元宇宙食料事情
・進行中(SCP転生)
・赤緑VS青

599 名無し-Red-市民-2 :2019/07/26(金) 23:43:19 ID:bejD5F.w0
・赤緑VS青

600 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 23:52:50 ID:ImzI4bUQ0
                      ‐=ミ、 _.
                   _,ィチ州liミチ=ミ、
                  州イ川州州li州li,ミ、
              .,州州Ⅶliミ、ヾrⅦ州li!、
                州州ミrヽマミ、.,ィ-ミli州|ム
              ,リイiliト ,ィテ、  .f'il l:リト、ミ
              〃.i|州!i!.じ! i `´ ,リr .ル
              i!  .マlハ  _. `_   ,rイ
                 ヽ.`ヽl l. ゝノ_,.イ从
                 / '´ ̄-、⊃
              __,.ィ!    ニニ{/ヘ_
           rチ三7/ヽ__,ィー'////三二7、_
            |/ハV/oヽ //o////////////∧
              ノィ/o'////,>///////,ヘマニ三彡!
           ル'//////////////////ハニ三彡イ
          ル'/////// ///,O'////////,〉、////,ヘ、
          V//////〈 '//////////////  マ'///,イヽ、
          V////イ .}//////////////   マ//////
            `ー'′ . |////,O'///////     r〉-=≦
                .ル'///////////{      ,仁三ニイ
                  /////////////,ィ!   ,.イ//////
                 f三ニ=-/,O'///,ニ三{  ,.イ///////
               .////////////////∧〈////////
               //////////////////∧.V///,/

『Mtgではクリーチャーを破壊したりして戦場から排除する行為を「除去」「擬似除去」と呼ぶ』

『白と黒と赤が「アグロ」とされる所以のひとつは』

『三色ともこの除去が得意なことに基づく』

『・・・ただ、一口に除去と言ってもかなり毛色は異なる』

601 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/26(金) 23:53:00 ID:ImzI4bUQ0
>>597
『どういたしまして!』

602 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 00:04:27 ID:9w8wiQd20

                                ∧   ∧
                         ト、   / ∧   / ∧  /∧
                     __| 〉  | -――-  〉_,{/ ∧
                       /   ri|\/ヽ _―- 、   ヽ {
                    /    人\ト/\  ./}ノ}>'"L ノ. 八
                       '     /  ` < o∨{/ー'⌒ \--―┘、
                     /  / / { <>∨ 、  \  、 ヽ//∧
                   /  ∥ .′{<>|<>V、 \   、  、 } ///}
                ー ' /  .∥.├- 、 <>  V\{\  、 、////
                    / /j{ 、 r===ミ.\ {x=≠ァヽ}\}\イ
                      //} ./ \\乂リ\{\.乂リ ./  .' /ノノ}イ_/}    /
                    / / }/  /::∧     }  )   / }  .'´_:::::::::::::::::::::Z__//_
                 ト、  rー /   ./:::::::∧         / / /つ }_  -―::: .::::::::::::::::::`ーァ
                } `¨ /  /:::::::::/// ,  ̄ `  {ィ  /´_/::::.....       .::::::::::::/_
            /  /  / \:::::| }/////>_< |/ /:.          ......:::::::::::::::::::ノ
           / > ´   /      {`ー―一へニ}_{ニ=' /           ..::::::::::::::::::::r‐ヽ
            > ´     /      .:::八、 //_ 人} / /   ....      ..........::::::::::::::::::::乂_
      > ´ .ィ    /:.   .:: ......:::::::::ノ }/'   /ニ/   /:.   :::.... ... ::::...::::::::::   ...::::::(\´
  (_> ´-‐  ̄.|   ,′、::::::::::::::::::::::/ 0   乂7   /: ::::.. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_r―< ∧
             |   ,′_j⌒ヽイノ/_/ }    //   /)ノ}、_    く ̄`ヽ)ー-rー一'´   ..:.::∥
             |  ,′ '"   / /'⌒ゝ'ヽ  / / ,イ   / ゝ-rく |`⌒ ̄:._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∥
             ∨.{    / , /  /   } 、/ /.:{   | {/{‐く| ∨、:::::::::::‐- _:::_:::::::::::::::::::j{
           ∨ 、 /  '::;ト、    _ -{ {ニ{   |_  { ̄|   V` <:::::::..  :::::::‐=ニ二ー'∧
              / \\_., ':::/ニ、`ニ二三::::: 、{ィ八  |/ ̄/::::|   ∨:.  ` <:::.     .:::::::::::::∧
          //  `, ':::::/ニ/∧ ニニア:://\ :\|/:::/:: : |     V::..     ` <.     .::::::∧
         //  , '::::::/ニ/ニ∧ ニア::/':::::::::::/:::::::\ /ゝ-r|     ∨::..       ` <  ::::::::::∧

『除去で一番強力なのは白だ』

『剣鍬に代表される追放除去』

追放:異世界に追放する、封印する、牢獄に閉じ込める、戦意を奪って農場送りにするなど死以外の形で無力化することを指す。
破壊不能等の「不死身」の存在をも無力化できるので非常に強力。

『神の怒りのような全体除去』

全体除去:敵味方の全クリーチャーを破壊・追放する。白の「殺戮の荒野に一人立つ」様を表現している。

『いずれも白の領分だ』

『引き換えに、敵にメリットを与えたり、自軍も破壊されたりと多少のデメリットはあるけど』

『まあその程度はたいした代償にはならない。除去最強は白だ』

603 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 00:12:19 ID:9w8wiQd20
                     ,.. -─……-- ... _
                      ム==‐ 、       >_
                       /      \      ´/         ,,;;
                    /   、  .ィ ハ /l\      /    ,,,,;;::''''
                    ,′ N_ヽ/孑─ミレ1 、  ′,,,,..;;''..;;;;;;;,,  ,,,
                {  l,zx   ,才i刃 ,/ ハ  {;;;;;;;;;;;;;;:::;;::'''::;;;;;;;;
              ,,.. ,;' 〈  !似   戈戎/  .ハ {;;;;;;;;::''    ;;;;;;;;,,, ,
               ,;;::;;''' 〈 从   __    厶ィ  }:} 、;;:''      ''::;;;;::'''
               ;;;;;   ヽj \_   イ   ノ:j   〉      ,,,;;;''
             ,,;;;x‐ぇこご乂K__]__//  ∠:ノ ⌒′      ___'':;;,,,
              ,,;;えィ′  r=;≧x,, ィ<j /.。cヽ   ..イ  ,,ィ´ ∠'''
             ;;,,;;;;〉〈   / Y£<)。c∽〉〈゚    }  <´,;(_/   _/
              ''ィ从j゙ー ' /ゞ=彳 % 〈  〉  /__/  ,, イ   (_,,,,;;;:''
        ''':;,,     ':;`ヽ__彡/ \r,/ %.〉〈  ,;;;_,,,,;;;;;∠   ̄>''⌒
         ';;      ':;;;::''' ,/   l|     {ヾ〈  ̄"勹,;,;;(   ´⌒ゝ′
          ';;,,,         〉  ∠ヘ    { 从j   /,;⌒ヾ、
            ':;;;;;     ,, {  /崇`!   {   /,;::''     )
            ;;;,,   ,:'  { 〈_宍_」  ,,,,;;::'''''' ´
              ''':;;,,;:'  ,,{ A`¨¨´,,;;::'''  {
            ,,,;;::;;;;;;;;;;j /ニ、 ''''     {     、
              ,,,;:' // l三>ヽハ  _  ゝ、  _ノ!
                 {,′ l≠ニ||≧1 {      ̄   l
                   j   !_/||´ l {       トヽ
                   {   lニニ||二.l 人       {
                ノ   l==||二1   }     \  }ヽ
               /    l≧リjz≦x ムィ       ヽ._j }
              }     ヘ二]ニ人j 、_}          }
                >    r | Y⌒i 、 }         _}
                  }, ⌒ヽ、{ し'j   l }_ `⌒^⌒^⌒^⌒´ {_
                      `   ゝ- ′ `ヽ- ‐<  ̄ ̄ ─`

『一方、黒は白ほどの破壊力はないけど』

『マナコストが白よりも軽めで、白除去のようなデメリットもない』

『そして除去手段の多様性が多い』


破壊:単純に「クリーチャー一体を破壊する」とかそういう感じ。案外白や赤には無かったりする。いわゆる即死魔法の部類。
タフネス修整:タフネス(とパワー)をマイナスして、0以下になったら破壊する。純粋な「破壊」ではなく、病や毒や呪いなどで敵を衰弱させて殺す様を表現しており、不死身の相手も殺せる。
布告除去:敵プレイヤーに向かって「おい、手前のクリーチャー一体選んで生贄に捧げろ!」と脅す感じの除去。やっぱり不死身も殺せる。

『白い追放除去や全体除去が欲しい強敵もいるけど』

『大抵の相手は黒除去で十分だし、黒の方がコスパが良いのも事実なんで』

『黒い除去も愛用されている』

『こうした性質から、コントロールと呼ばれるデッキは、大抵の場合白除去か黒除去のどっちか片方、あるいは両方を入れていることが多い』

604 名無し-Red-市民-2 :2019/07/27(土) 00:16:52 ID:1tNH/vP60
重砲と自走砲ですね

605 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 00:18:36 ID:9w8wiQd20
                 _,. - ., _
               イ_ '::::::^ヽ::::::i;
              イ  7ヾ ,.;:ヾヽ::::'i;
              i  |'' ' '' '¨”い'::::::i
              i  ≧ヽ イ≦ヾ ::::)i
              | リ〃 ] ::::.  '| .:::::i
              | i .|;:.  ヾ'  .:|.:::::: i
              |  | ヽ '二テヾ>..::::::i
              )  {'イ ヽ_,/ .}.:::::::iナ
             /i i .{..イ   .:. } i ハ
           ,.,.〃i .| .{ |ヽ  .: | i; .|ヽ ヾ-^.,
       _,.-=イ 〃リi/ヽi 8 '::::' .イリヾ }:::..ヾ :::::.'-.,_
     ,.-'     〃,_   ] 丶∞./ ノ / _i| '::::::::::::::::'-.,
   /        〝ゝ  ”丶,.イ//〃”i::::::::::::::::::::::::.. '' ::丶
   i.     .::  .::: 〃      ./  ヾ, | |':::::::::::: ::::::::::::.. .::::/
   i:::..   .::::  .:::〝ヾヽ,   / ,__-=ニニゝ| :::::::::: '::::::::::::::..::::/
   } ':::.. ..:::::' .: .::  | | .::::ヾ/_=ニ?ヾ,   | | ':::::::::: '::::::::::::::::{
   /  ::::::::::' .:: :  i .i -=ニ?:::::'''   ヾ .| | '::::::::  :::::::::::::::::)
   ゝ  ::::::'  .::   | .|   ○     ○.)) .|  ':::::::. :::::::::::::::く

『では赤はどうか?赤ももちろん除去を持つ』

『・・・但し、火力除去とかダメージ除去と呼ばれる部類のもので』

『白や黒に比べると確実性が低い』

火力除去・ダメージ除去:敵クリーチャーにダメージを与える。
通常、ダメージが敵クリーチャーのタフネス(HP的なもの)を上回ればクリーチャーは死亡するが、
裏返すとタフネスが多い相手はダメージが足りなくて殺しきれない場合があるし、
破壊不能持ちなどはHPがゼロになっても平然と生き延びてしまう。
白い追放除去や黒い布告除去なら破壊不能でも殺せるし、
単純にタフネスが多いだけの相手なら白や黒なら簡単に殺せるが、
赤はこのとおりタフネスが多い相手や破壊不能が苦手なので、
赤い火力除去では敵を殺せるかどうかが不確実になってしまう。

『変わりにマナコストが軽かったり、敵クリーチャーだけでなく敵プレイヤーを対象にしてダメージを与えられるという利点はあるけど』

『まあその辺はコントロールというよりはアグロに適した性質だ』

『従って、赤がコントロールに使われることはあまりない・・・んだが』

606 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 00:18:47 ID:9w8wiQd20
>>604
『だね!』

607 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 00:22:39 ID:9w8wiQd20
              Ⅴ | //||/|| | | ||| .|| || ||  ',',',', ', Ⅴ           .|
              ⅤⅧ |||/| ||| |||||| || ハ || | ;;; ;;;; |Ⅴ           .|
               ||| |||||/ .| ||| ||||| || ||| || ||| ||| ||| ||            |
               ||||||||||  i ||||| ||| ||| ||||||| || |||| i|| |            .|
               |||||||| ヽ、Ⅷ|| ||| ||| ||||||| ||∧||i||i||            .|
               |Ⅷ|i||   Ⅷ州州州 Ⅷ州iii iii 州|            .|
               | Ⅵ丶  .Ⅶ州州||| .Ⅷ|| | 州|||            |
               | Ⅴ ヽ、 Ⅶ州| || Ⅷ| | |//ハ            |
               |ミミ===、、 Ⅶ|| |  Ⅴ  / /.ハ            .|
               |ヒ:::ソ_ ミミ   Ⅶ  -==≡≡≡=彡           |
              ,'          ´  弋:::ソ...彡//.人          |
             .∧          .|       /////./\,      ,,イ
            / `         .j      .///// |// ||i "フ/|
、         , 〈           /      / Ⅴ  /  ||    /
 》--__.、-ヘ"  ',::\   -_          .イ       /
ノ|||| :||||| .',   ヘ   .',::::::\    ̄==-´   イ|       /
||| |||: ||||||: .',   \ ',:::::::::\        ,,イ´ .|..|
|||| |||. ||||||| \   \',::::::::::::::ヽ、__ イ|||||  /.∧
||||| .Ⅶ_ ||||||i \    ヽ、:::::::::: / ||/||||ソ/ /|||\

『Mtgプレイヤーが見たら発狂しそうな遊戯王カードに』

『こんなのがある』

サンダーボルト:敵モンスターを全部破壊する。

『Mtgだとこれは基本できない』

『白い全体除去は味方を巻き込む。敵クリーチャーだけ綺麗に掃除、ってのは基本無理だ』

『また、可能だとしてもマナコストが嵩む』

『黒は単体除去が基本で、やはりサンダーボルトめいたことはできない』

『・・・が、赤ならサンダーボルト的なことができるとしたらどう思う?』

『敵だけを一方的に皆殺しにして、敵プレイヤーにダイレクトアタック!とかできたら?』

608 名無し-Red-市民-2 :2019/07/27(土) 00:42:44 ID:1tNH/vP60
MTGプレイヤーが発狂するのでは……

609 名無し-Red-市民-2 :2019/07/27(土) 00:52:44 ID:1tNH/vP60
無茶王様おきておられますか……?

610 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 01:00:40 ID:9w8wiQd20
>>608
                         `ヽ、
               _,_,_,_zzzzzzzzzx,  アユ、
           _,ィ≦洲州州州州洲州州≧x洲i!
 ,__   _,,,,ィ≦´州i!洲i!洲i!洲ii!iヘヾii!`i マ洲ii!州州州≧、
  `ヽ≦洲iマi!i州州/州i!ii!州州i! |i!ヾ i|i!| ヽ|i!`|i!州ム`i!ヘ,``ヽ、
    ,xィi7州i!洲i!洲i!州i!ii i!ii i!iii!i{ }州i州i!iii!Ⅶi!;hi``hi!`州、
 ,/´ /洲リ洲iマi!i州州州ト洲 州iマi!i州州州ト洲i! i!  洲iマi!iヘ
   ,ムレ洲洲洲ii!i州ⅤⅦ州ト洲iマヽi!i州州州ト洲i! i! 洲iマi!i!ハ}
  ム/卅/i!ハi!州州i!ii キi!州∨从!. マ州i!マキ州州リリi!i|i!i|i{i|il!i|i}
  〃/リi!/リl洲i!洲洲〉|_Ⅶ.マリ从`f´^Xマ i!州/}/|州州i!lil州i|i
 〃.i洲洲i!州州i!洲i!キ  ヾ`从li! ` ./ ,xヽ i!レ ´ 州州州!!州i{
./  |洲州i!州州i!キキi! ` ー-∨`\  ´___ ==.州州州ハ州i{
   |!州洲州i!州从_xィ彡圭ミ>    ´ ̄ ̄ ̄´ 从州州トく从ム
   i洲州i!州州i!从《´`込シ   |         .从从V`ヽ )从`ヽ
   }i洲州i!从从从ム` ´¨`   {!         /从/ 〉| jノ/ヽ
   Vi!j Ⅶi| キ从从ヽ     `ヽ        //イ-イチ
    Ⅶ  Ⅶ! /´Vリ`ヽヽ  __ィ──→-´   /チ洲i!マi
    Ⅶ  マ  j ´ `ヽ     ̄ ̄´     //洲!ム
     Ⅶ  .マ     jヽ、         ./ / iハヘ|`r
     Ⅴ         V>x  ____∠===|=__
          / ̄ ̄ ̄ ̄\/             `> 、
         /         |     _____      \

『そうだね!』

『そしてそれができるのが赤であり、青緑赤なんだ!』

611 名無し-Red-市民-2 :2019/07/27(土) 01:05:26 ID:1tNH/vP60
赤は短期決戦というイメージしかなかった……

612 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 01:05:39 ID:9w8wiQd20

                      ‐=ミ、 _.
                   _,ィチ州liミチ=ミ、
                  州イ川州州li州li,ミ、
              .,州州Ⅶliミ、ヾrⅦ州li!、
                州州ミrヽマミ、.,ィ-ミli州|ム
              ,リイiliト ,ィテ、  .f'il l:リト、ミ
              〃.i|州!i!.じ! i `´ ,リr .ル
              i!  .マlハ  _. `_   ,rイ
                 ヽ.`ヽl l. ゝノ_,.イ从
                 / '´ ̄-、⊃
              __,.ィ!    ニニ{/ヘ_
           rチ三7/ヽ__,ィー'////三二7、_
            |/ハV/oヽ //o////////////∧
              ノィ/o'////,>///////,ヘマニ三彡!
           ル'//////////////////ハニ三彡イ
          ル'/////// ///,O'////////,〉、////,ヘ、
          V//////〈 '//////////////  マ'///,イヽ、
          V////イ .}//////////////   マ//////
            `ー'′ . |////,O'///////     r〉-=≦
                .ル'///////////{      ,仁三ニイ
                  /////////////,ィ!   ,.イ//////
                 f三ニ=-/,O'///,ニ三{  ,.イ///////
               .////////////////∧〈////////
               //////////////////∧.V///,/

『白ほどではないが、赤も火力除去の形であれば全体除去ができる』

『こんな風にね』


Gates Ablaze / 燃え立つ門 (2)(赤)
ソーサリー

燃え立つ門は各クリーチャーにそれぞれX点のダメージを与える。Xは、あなたがコントロールしている門(Gate)の総数に等しい。

『まあこれだけなら白い全体破壊と大差ない』

『いや、ダメージな分破壊できるかどうかが不確実になって困るくらいだが・・・』

『その不確実性を逆手に取れたらどうだろう?』

『つまり、敵はダメージでほぼ確実に死ぬけど、味方はタフネスでダメージに耐えてギリギリ生き残れる』

『そんな絶妙な火力で敵味方を焼き払えたら?』

Gatebreaker Ram / 門破りの雄羊 (2)(緑)
クリーチャー ? 羊(Sheep)

門破りの雄羊は、あなたがコントロールしている門(Gate)1つにつき+1/+1の修整を受ける。
あなたが門を2つ以上コントロールしているかぎり、門破りの雄羊は警戒とトランプルを持つ。
2/2

『例えば門破りの雄羊は、2+門の数のタフネスを持つ』

『一方、燃え立つ門は門の数のダメージを与える』

『これで門の数がものすごく多かったら、どうなると思う?」

『敵は生き残れるかな?味方の門破りの雄羊は生き残れるかな?』

613 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 01:07:49 ID:9w8wiQd20
>>611
                 ‐- 、
                 _,ニ=ミム_
                 ,イ/////////へヽ
              ,イ///,イ/////////ハ
            -チ////リ|`lトミム`!V////ハ
              '´|///,ト.ヽ_` `` __川 //ハ
               |///,|ー=ィ'  ミ=イ'.ル///ミ、
             リ V/ム   |   ./イ//N!
              l|.ヽト、 、‐ァ  .イイ
                   〕 、._ イ |-、
                   i≪il__ノイノl___
               ノ///ハ .l7////77777ハ
           .rzzニ三//////V////////////,'l
           |N//////////O/////////////|
           |/ヽ//////////////////l-=ニミ=l、
          rfミヽミム////////////////l-ミ=-=イ|
          }>=-ミム'イ////,○///////,|ミヽ二ィト,

『それは間違いではない。赤とは大体において、ゲーム的にもフレーバー的にも最もアグロな色だ』

『だが、赤の全てがアグロってわけでもない』

614 名無し-Red-市民-2 :2019/07/27(土) 01:08:19 ID:1tNH/vP60
門破りの雄羊だけが生き残りますね
なんともまあ、ピンポイントな能力ですね

615 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 01:21:15 ID:9w8wiQd20
>>614
                       __Ⅵミz、_____    〈\
                      ≠ニ三三>イ州州州}}{州Ⅳ>x、ヽ∧
                       ,ィ'´彡イリ州イ州州{l|Ⅵミ州州ミi.〉}li_
                   ィ州リ/ /,リ'/ /リl|!lⅥl} .l从Ⅵ!、Ⅵli州圭
                   li州lリ//.,'州l' ;'ハ州!|li}l|l|i州liⅥl}li从ⅥリⅥ
                   }liⅣ/;'.:;州l}ⅣーⅥⅥi.}从}l刈州州州l}iⅥl|
                   |liリィリl.l.l州l州  Ⅵ.Ⅵl}从l| Ⅵl州州州.州
                   |li刈州!|l从Ⅵ._. Ⅵ.Ⅵl}i 〉-Ⅵ刈|Ⅵl},州
                   }li州li.}州| .Ⅵ=≠ミ乂/Ⅵl ィ=テzミ_.} 州Ⅳi}
                   li|}从}州l}!〃.{::::::;l ` }   " 〈::::::::}ヾ〉州i洲l
                       ,l|i!Ⅵリ}州i `..::¨´:::: ;′  i :.:.`¨:≠" .从リ州
                   州 从リ州}|::::      |        :::::: 〈イ州州
                   州/ 从}l从                  /从lハl{
                 ./Ⅵ_  从}l}i,    ー=ニ二ニ=―'   / リl{ハ }
                       /⌒` ー .、_、ヘ                 ,ィ くノ_,ィl{
                     /     ,   `ヽ\ _           イ7从l从l从
               ,:く   l   .|l 、       `:,   ..<./;州Ⅵヾ〉
             ノ      |    .l|::::乂___..ノ‐<:.:.:.:./ ;'Ⅵ!ヾ!
            ./、l  ',   |   ;; |:::::メ、_}_、:.::.::.::.::.::.::.::.:/ .i:.:.:.:.:`ヽ
             ,r'′   ',  ::,  ;; ∨    ¨ ミ::.、::.::.∧ __ト、:.:.:_:.\
            八  ヽ   ∨:::::|  } トx、__        ∨:::/. ̄ ̄     ./
            ,'/ハ.   \ `ーl.|/ 从////≧z     Y    __,..ィ'〈_
         //〈:::::l\__>‐'人_ノ/|l///////|     ,′   i7/////}/l/>
       〈∨//∧リ  `ー‐'´ .イ:::::::::|l|l///////|   .i    リ'////リ/|/////≧=‐z-、___

『だろう?』

『そしてまあ、ここまでピンポイントじゃなくても』

『単純にタフネスが十分大きければ大体生き残れる!』


Gate Colossus / 門の巨像 (8)
アーティファクト クリーチャー ? 構築物(Construct)

この呪文を唱えるためのコストは、あなたがコントロールしている門(Gate)1つにつき(1)少なくなる。
門の巨像は、パワーが2以下のクリーチャーによってはブロックされない。
門が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたはあなたの墓地から門の巨像をあなたのライブラリーの一番上に置いてもよい。
8/8

『たとえばこういうクリーチャーとかね!』

『赤い火力全体除去と、「火力に耐え得る高タフネスのクリーチャー」の組み合わせは』

『サンダーボルト的なコンボをもたらすわけだ!』

『この点においては、不確実な火力除去であることは』

『むしろ利点として、白い重砲や黒い自走砲に対するアドバンテージとして機能する!』

『この性質を利用し、また「門が多いほど強くなる」という性質を利用したデッキが』

『青緑赤(+白)を中心とするターボゲートってわけだ!』

616 名無し-Red-市民-2 :2019/07/27(土) 01:24:12 ID:1tNH/vP60
ああ、門で加速するからターボゲートだったんですね

617 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 01:27:14 ID:9w8wiQd20

                    ,ィ爪 ノ乃、
        ___    _,. -‐ァァ'!fT}l{Tf'!ァァ‐- 、_    ___
_________________|_____|  ,.ィ´i l | | | | |乂|||乂| | | | | l i`ヽ、  |_____|______
______________ |┬┴|/l | | | | | | | | |乂|||乂| | | | | | | | | l\|┬亠| ________
_l__l__|┴┬||| | | | | | | | | |乂|||乂| | | | | | | | | |||┴┬|__l__l_
__l__l_|┬┴||| | | | | | | | | |乂|||乂| | | | | | | | | |||┬亠|_l__l__l
_l__l__|┴┬||| | | | | | | | | |乂|||乂| | | | | | | | | |||┴┬|__l__l_
__l__l_|┬亠||| | | | | | | | | |乂|||乂| | | | | | | | | |||┬亠|_l__l__l
_l__l___ |┴rー|,」_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|込|||込|_|_|_|_|_|_|_|_|_|,」_|┴rー| ___l__l_
__l____l___「 ̄ ̄|,」_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|,」_|||,」_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|,」_「 ̄ ̄|_l__l__l
         ̄ ̄                           ̄ ̄

Azorius Guildgate / アゾリウスのギルド門
土地 門(Gate)

アゾリウスのギルド門はタップ状態で戦場に出る。
(T):(白)か(青)を加える。

『門は上みたいにタップ状態で場に出る二色土地で』

『タップ状態という制約からアグロには向いてないし、序盤の展開が遅れるんだけど』

『代わりに燃え立つ門や門破りの雄羊などを強化できる!』

『そして展開が遅れる分、特にアグロを相手にすると序盤一方的に殴られがちなんだが』

『そこは赤い全体火力、燃え立つ門で敵を焼き払ってコントロール(長期戦)を行い』

『燃え立つ門が稼いだ時間を使って青緑で高速内政、特に門を並べまくり』

『十分門を並べたら、今度は燃え立つ門を防御や時間稼ぎではなく攻勢に用いて敵の盤面を焼き尽くし』

『肉盾を失い無防備になった敵プレイヤーを門破りの雄羊でぶん殴ってゲームセット!って感じだ!』

『強いよね?』

618 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 01:30:02 ID:9w8wiQd20
>>616
『大体そんな感じ』

『より正確には、青緑内政で門を加速するからターボゲート』


青緑内政カード

Growth Spiral / 成長のらせん (緑)(青)
インスタント
カードを1枚引く。あなたは、あなたの手札から土地カード1枚を戦場に出してもよい。

Circuitous Route / 迂回路 (3)(緑)
ソーサリー
あなたのライブラリーから基本土地か門(Gate)であるカードを最大2枚探し、それらをタップ状態で戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。

Guild Summit / ギルド会談 (2)(青)
エンチャント
ギルド会談が戦場に出たとき、あなたはあなたがコントロールしていてアンタップ状態である望む数の門(Gate)をタップしてもよい。これによりタップされた門1つにつき、カードを1枚引く。
門が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、カードを1枚引く。

『成長のらせんでドローしつつ門を並べ』

『迂回路でデッキから直接門を出し』

『ギルド会談でドローしまくって門を出す!』

『そんな内政門加速デッキだ!』

619 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 01:37:19 ID:9w8wiQd20

                    、
                  __ニ>、_
                ,ィ彡洲洲洲洲<ミ
              イ洲洲洲洲洲洲洲洲、
         ー=彡洲洲洲洲洲ヽ洲洲洲ハ
          `ヽ7洲洲洲洲洲洲|ハ洲洲洲',
           イ州州∧州州`∨∧州州州弋
           イV州州ヘ ママ、ヽヽ`_川从ヽムゞ
            |イVハ从-tッ ` -てソ/リ =イ |ヽ
            V ヽヘ 川ヽ l     // /.∧/>x
            ',  `´ ´ \ -=-' ./ イ /∨三三>x
             ',     ノ|>-< / イ三三三三三/>x
                 イリヒ-、/´ /三三三三三/V三//>x
       fヽ-       ,イ三三>ヾ、V三三三三三/V三三三>ヽ
     __ゝ-`ヽ,     V三三三三><三三三三三∨三>>< ヽヽ
  <ニニニ'    ∧_   〈三\\三三○三三三三/V//  /フ ハ
  ヽニニ- |―-   )Vヘ   }三三>ヽ三三三三三三∨\、 <彡/三三〉
     ̄`――ェ_ノ /.ハ  ノ三三三へ三三○三三三三ハヽ/ ノ三三∨
         ム彡三三>イ三三三´  ヽ三三三三三三三!  ./三三∨
          `ヽ三三三`ヽ三V    V三三三三三三{!  イ三三∨
            ヽ三三三ヽ∨     ノ三三○三三三h/三三∨
             ヽ三三_∨     爪三三三三三三ヘ><三三!

『基本的に、Mtgは放っておくとどんどん高速化してアグロ(短期決戦)の天下になるから』

『青緑的な内政で勝ちたいなら工夫が要る』

『内政を加速してアグロに殴り殺される前に切り札を出すランプか、』

『主に砲兵でアグロを吹き飛ばして時間を稼ぐコントロール(長期戦)』

『その二つのうちいずれかは必要だ』

『でないと切り札を出す前に殴り殺される』

『で、ターボゲートは』

『青緑がランプを行い、赤がコントロールを行い』

『そして両者を門が結ぶというとても面白いデッキなのさ!』

『そして通常なら不確実故に嫌われる赤全体火力によるコントロールも』

『門で高タフネスクリーチャーを出せるターボゲートにとってはむしろサンダーボルト的な利点に変わるってわけだ!』

620 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 01:39:25 ID:9w8wiQd20

                  ハ〉,ィ´`"〃:..:..,:..:../:..:../:..:../:..:..:..}ハ トくハ⌒ノ
              /i/7:.|:..:..:..:..:..:..//:..:../:.., ィ:.:./:../:..:..:...`¨`(人「
              ,ィ'斥汽|:..:..:.l:.:..,∠二ニミ=∠_/:../:../:.:./:..:..:..:..:..:..iリ
           /:/:/:::::l|:.:.l:..l:〃,イ、心`ヽ  `¨ーミ、/:..:..:..':..:..://
           |::|::|:::::::l|:.:.l.:.ヘ{ :rン::/        二 `ヽ:./:..:..//
              ,レ')i}:::::::l|:.:.l:.:.j ⌒)ン      ィi衍i}ヽ〈ムイ:/
           r"∠>ー'、:..ji:..ヽ           {しソ´ノ ム:/./
           | ,′,::=爪Ⅵヽ「\       ,  `¨  ..:...ハ/
         ,j/ /::>=ミ、                /:.:../
      ____〈  '" , =二⊃ ヽ    (:::::ア    ,..:..:イ/
      /:ィヘ_::∧   ″/:::ヽ:∧ \         . イj/j/
   / ̄`ヽ\∧   ∨:::::〉ハ  /ヘ´ ̄ ̄
   ,      \'∧   ∨´::::/ 〈\:}`:::-.、
.  j   ̄`ヽ  ヽ.〉、  /ーく`__ー,i::::::::::::i>.、
  ,i , ――――v'    ∧:::::∧:::::::::::::}::::::::::/::/ ∧
. /io' -―――∨   ∧:::::::::::ハ::::::::::,:::::::::/::/ / i
/:::// =ニ二二v     /.....ヽ::::::::::}::::::,:::::::::,./レ / |
/ヽV/ -―∨   ∧.........∧:::::|::::/:::::/....//  l
/[ii]レ/⌒/     ∧ハ.............ヽ:レ:://.....//    |

               |/    _}__   /        \                \
               |i    /  /⌒/ / ⌒ヽ   ヽ \            ( \\
               |i    '  / /    / /ノ⌒ ヽ    }.  ヽ    ____  \ \\
               |ヽ   !  {/  /  .| !__\、 |   ./∨ ∧ /  / /  ∧  ~''< ヽ   ノ}
               |  \|  ノ   /   | !弋斧ヽ|  /  ∨ ∧_./  ,   ∧     ≧=‐ /
                   \ /  ノ  /     ! \   /  //__ }   !\___/__    } /\  / ̄
                /  / } /_    ,⌒ヾ  ,  /\夂| !   \_二ニ=-   / /   ``〜、、__     /'
               /  / ̄/ /ニ=-}   ∧     }ノ   / .|∧     \___/ /二ニ=- ─  ̄ ̄(__/ {
               /  /ニニ/ /ニニ=-!   ∧  /  ̄-、Y ! \              / ̄ ̄ ̄~''<  /⌒
        __ /   /ニニニ/ /ニニニ=-,     ∧ 廴-=≦ 7 ' ⌒\ ヽ             {         \ヽ
     -=ニニニニニ=- ニニ.' /ニニニニ=-,⌒\ ∧  ̄⌒¨´/ ∨∧\_            \__/(    ヽ}
   -=ニニニニニニニニニ=- .i/ニニニニニ=-_///\ )h、   ,:.:.:.:.:∨∧ \ ̄{ ̄ ̄ ̄二ニ=-  _ \ ⌒     /!
 -=ニニニニニニニニニニニニ=- ____}//////, ヽ ̄´:.:.:.:.:.:.:∨∧-==\!            \ ヽ     //
-=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-//ヽ ∨ ̄ ̄ニニ.∨∧ニニ=-v              \\ _ //
ニニニニニニニニニニニニニニニニニ|ヽニニ /〔//}  vニニニニ!  }ニ=-∨                 >===<
ニニニニニニニニニニニニニニニニニ|  \_) |// !  }ニニニニ}  }ニニ=-∨
ニニニニニニニニニニニニニニニニニ|  /⌒ヽ|//!  !ニニニニi  }ニニニ=-v
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\ {/// } |// !  }ニニニニ!  }ニニニ=-v
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ } \/..} |// !  }ニニニニ!  }ニニニ=- !


・・・ここでの役割分担、ある種の対立軸は、

青VS赤緑ではなく、

むしろ内政屋の青緑VS戦争屋の赤

って感じではあるが。

やっぱ赤緑って別に仲良くないような・・・

621 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 01:40:50 ID:9w8wiQd20
                              ........-―━━‐-...
                             ,...:´::::::::::::::::::::::::、::::::::::::`:...
                             /, -‐━━━━‐-ヽ::::::::::::::::::`:,
                            ,.::::/           ゙、::::::::::::::::::::,
                        /,..:´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:i:::::::::::::::::::::,
                            /.::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::,′::::::::::::::::::i
                       /.:::::::::::::::::::::::/ i:::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::|
                      ,i::::::::::::::::::::::::_i  |::::::,:::::/:::::::,|::::::::::::::::::::::::|
                        /.|::::::::::::::::::::::::,'` l/j/i从/ |::::::::::::::::::::::::|
                         i:::l从::::::::/\/、__   .___,.|::::::::::::::::::::::/
                         レ'i:::::\/:::::〈ヽ^¨¨` ,  ' ¨¨^.i::::::::::::::::::::/
                      \::::::::::::::::ハ   、_ ,   /:::::::::/::::::/
                          i\,、::::::::::::`≧o。_ , イ´从/ヽ/
                         レ´ \从刈\::,=i    ,!,=ー--- 、
                           , -――'´.,′ ,.ィ´/      \
                             /.  ,  /  !,.ィ´,.ィ´        ‘,
                              ,′/ / /,.ィ´    !       ‘
                          i/  //./     ヾ        ‘,
                           Y   / /       ´   l ,′      ‘,
                 , ‐,__     i   i  i  r‐ 、     ノi,'        ‘,
               / ´   ヽ.  /乂  |   | 冫、 \r‐、´__:|            i
                 /      ,イ、/   }三三三三〉、\ ` \r= 、          |
                  |      /  ヽ.   },イ /iヾ、三〉、\ `    i   `ー 、    |
      , ´ ̄ ̄`ー〜'ヽ    'ーY  i  /_//./ /: : \\`    |      \   |
     /         冫、_/   /ゝー.´ i__:/ i: : :.i ` 、__,_.l         `   |
   /           /:.:::::/  / : :/ : :/: : : :|: : : l.: : :.i: : :i゙、::|           |
  /         (  (:::::::/   / : :/. : : /: : : : :l.: : : :l: : : |: : |`゚.j          l
. |          `ー'`¨´  ./ : :/.: : : : /.: : : : :.|: : : : |: : : |: : ',            ,′
  \___________/ : :/. : : : : :/. : : : : : l: : : : :l: : : :l: : :ゝ、           /

ともあれ、青緑赤ポケモンカラーは、

ターボゲートに代表されるように、

フレーバー的にもゲーム的にも中々興味深い組み合わせの三色だと思うが、

如何だろうか?

安価下1 質問・コメントがあれば

622 名無し-Red-市民-2 :2019/07/27(土) 01:49:32 ID:1tNH/vP60
ターボゲートの意味を知れてよかったです(小並感

623 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/07/27(土) 01:50:21 ID:9w8wiQd20
>>622



                 __\\_