したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が1スレッドの最大レス数(5000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです20【R-18】

1 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2017/11/05(日) 03:14:50 ID:LI/S5yNY0
     ;:;:;                                 ど
     ;:;:            ,r'" ´ ̄ `ヾ、.          明.  う
     ;:;:.           . I ─  ─ .ヾト、       る   だ
     :;:;:;.             ハ (●) (●)  !.::\.      く.  お
     ;:;:;:           /.:.ヽ (_人_)  yイ.::.:::ヽ     .な
     ;:;:.         ノ.:!:.:.:.:`7ゞ-<.:〉.:.:. ::i:.:::}   ろ つ
     从 __  _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:. ::|.:/     う .た
      从从魔力}と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.::り.    ?
         ̄ ̄    ̄  |.:.:.:.:.:./_ :__ヽ.:.:.:.:\
                \/.:.::..:.:.:.:.:.:..:\:.::./
                /.:.:.:.:.:.:.「^Y.:.:.:.:.:.:|´
                 {.:.:.:.:.:.:.:.| ,!.:.:.:.:.:.:|
     __           \.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.:| 
    /.:.:./ンく";;〕      \.:.:.::|.:.:.:.:.:.:.:!
    ヽ;::/::::::....;;;ヽ、       > 'ゝ─‐イ、
     ヾ;;;;;;;;:::...;;;;〈       `ー' ``''ー‐'
      ‘ー.く`ヽイュ、
         ソ´・ ̄ス_      お  暗 :::::::::::::::::::::
        ./ ・ ・、√: : : ヽ.  ら. 靴  く :::::::::::::::::::::::
         >.= イ: : : : : ;_;|   な. が  て ::::::::::::::::::::::
      /l_"/( ヽ}: : : : .]   い わ   :::::::::::::::::::::::::
      `ー――` \ : : : イ  わ か :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・このスレは【魔法有り】のファンタジー世界に生きる【科学者、やる夫】が王様の無茶な注文に必死に応えるスレです。
・参加して頂ける方は【王様の無茶振り】を満たす【科学技術】のアイデアを提供してやる夫君を助けてあげてください


ウィキ: ttp://www61.atwiki.jp/muchaking/

過去スレ
【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです【技術開発】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1391541053/

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです19【R-18】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1503850284/

4951 名無し-Red-市民-2 :2018/01/21(日) 04:43:28 ID:z/r0TCT20
思いますね、現実でも脳を完全にエミュレートする全脳エミュレーションが真面目に研究されているくらいですし

4952 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 04:46:54 ID:jSWpXR8s0
>>4951

               /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                   // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
               // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
             ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
               ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                 l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
             ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                 ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                 l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                 ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                  l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: iヽ : : l      / . . . .\
             jノ  `ー-` \{  `_ ィ´_j    / . . . . . ,.<ヽ
                         , < . 」 .   _/ . . . . . /:/. . .>、
                      ィ´.r ´   ̄ /. . . . . ./:/_,. <:.:.:ヽl
                  jイi. . |´ ̄ ̄ ̄/. . . ..../:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                   ,イ.i::i. . .i ̄ ̄ ̄/. . . ./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
                i:.:i. i:i. . .j!     /. . ./::イ:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.i
                  j:.:.! i:i. . i   ./. . ./:::// :.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
                ./j:/i. i:i . l .   /. .../:::// .:.:.:.:.:.:l:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
                    /:i´:.:.〉i:i. .i  /. . /::://:.:.:.:.:.:.:.: !:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
               /:/:.:.:/ ,i:i. .l ./. ../::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

「だろう?」

「死者の人格データを元に唯我論者を作れば」

「それはほら、死者の魂がコンピュータの中で生きているのと同じだよね?」

「あとはコンピュータの中身オをそれらしく飾れば」

「不老不死の、あるいは死後の楽園の出来上がりってわけだ!」

4953 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 04:53:31 ID:jSWpXR8s0
         ____
       /ヽl__l l l l lヽ
     / ニ/´_` ┴ _-ヘ.l
      / ニ/ ___ 二ニu __{
.    l ニ_L` ニニヽ u ∠7
    | {lニll ぇ゚zz'  く゚zzl
   ノ|ノハt-リ u三 r_  |ニ、!l
 __ノ_/`l/ {二二二7/lト
 :::::::::|llllll   \  = /-⊥
 :::::::::|lllll|     \ __/::::::::::::::‐- ._
 :::::::::|lllll|      /llll/::::::::::::::::::::::::;ハ
 :::::::::|llllll      /llll/::::::::::::::::::::::::/:::::|

・・・無論、コンピュータ上の「死後の楽園」は、

わずかながらも現世のリソースを必要とする。

それは生きている人間に裕福な生活をさせるよりもはるかに安いコストだが、

それでも無償ではない。

余裕の無い文明や金にがめつい文明であれば、

死者のためにわずかばかりのデータ容量や電力を裂くことも惜しむかもしれない。

(順列都市ではそのように追い詰められ、順列都市へと脱出する唯我論者が描かれている)

4954 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 05:01:00 ID:jSWpXR8s0

                         〃         〃
                            〃        〃
               ___      〃  r「「「`ヽ〃
            ,. ´、__ ,  `ヽ   {ニニニヽヽ〉〉ニ{@)
            .ヘ ー /`ヽ.ィ i   〃   `ヽ. ) 〃「
             lr‐ミ〃r‐く. |  l   〃    .r┴‐〃」
             | ー゚r'' ゚ー |,「)! 〃     |:::::::〃:::|
             トェェレェェヽ|  l 〃___,. -'.:::::〃:::::|
            トェェェェュノ' j  l〃:::::::::::::/::::::::::〃:::::::|
          /::ヽ 二   ..イ  {ニニニニニニ{@)::::ノ
         /::::::/ル'ノトrイル'::::〃:::::::::::::::r-― 〃"´
.        /.::`ヽ:L「爪|」77/.::〃」:::::::::::::::|  〃
       |.::::::::::|::「:::|イ川/.::〃フ.::::::::::::::::j 〃
       |:::::::::::|::ヽ:j介7:::〃イ.:::::::::::::::::/ 〃
       |:::::::ヽL:::::ヽ7::〃ノ^ヽヘヘ::::/ 〃
       |::::::::::::::: ̄ ̄{ニニニ)ノノノニニ{@)
    ,..-―‐^ヽ:::::::::::::::::::〃..ゝ--=ィ´:::::〃
 ,...::::::::::::::::::::::::>‐―-〃辷辷フ'':::::::〃

とはいえ、裏返せば。

文明に十分な余裕があり、死者との別れを惜しむ程度のわずかな慈悲があれば、

「死後の楽園」は問題なく機能するだろう!

技術的にはVRMMOと大差ないが(例えばSAOのアリシゼーションはほぼこの死後世界そのものだ!)

しかし単なる娯楽やゲームではなく、

社会制度や人生設計に組み込まれるくらいには、

進学や就職や結婚と同程度には、

社会や個々人にとって現実的に重要なものとなっているのである!


なろうの「ヘヴンズ・コンストラクター」はそうした世界での物語だ。

4955 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 05:05:02 ID:jSWpXR8s0
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「唯我論者技術と仮想現実技術を」

「アイングラッドのように夢見た異世界を具現するためでなく」

「VRMMOのように単なるゲームや娯楽のためではなく」

「僕らのように社会実験・人体実験に使うのでもなく」

「死後救済のために使う!」

「僕らには縁の無い話とはいえ、実に賢明な使い方じゃないかな?」

4956 名無し-Red-市民-2 :2018/01/21(日) 05:08:51 ID:z/r0TCT20
賢明ですね
神座による宇宙進出と違って技術のリスクと目的のリターンの釣り合いが取れています

4957 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 05:09:40 ID:jSWpXR8s0

                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「・・・ま、いくつか謎と疑問点と説明不足を残したままエターになってしまったっぽいから>ヘヴンズ・コンストラクター」

「GMとしては必ずしも全肯定ではないんだが」

「それでも唯我論者技術と仮想現実技術を死後世界に使うという大枠のアイデア自体は」

「本当に本当に素晴らしい!」

「そしてこの点についても評価している」

「死後世界において【文明育成を行う】ところが、だ」

4958 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 05:11:39 ID:jSWpXR8s0
>>4956

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    !  !.ト●    ● ! !ノ、i !
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 !
.  ./⌒ヽ!;!l|ヘ       j /⌒i/
  \ / | l>,、 __, イァ/  /!ノ´
   ./ /| | |___|{ヘ、__∧
   `ヽ<.| |         彡'

「だよね!」

4959 名無し-Red-市民-2 :2018/01/21(日) 05:16:30 ID:z/r0TCT20
死後世界で文明育成って、人が死ぬたびに研究枠が増えるみたいなものでしょうか?
優秀な科学者を永遠に使えるとか文明として凄い強みですね……

4960 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 05:16:45 ID:jSWpXR8s0
                                     jl|
                                  (ェ)
                                  ()H()
                                  ,r:lll`,
                                 _ _ ,r'∩lll:.`,
                         〃´ .:.:.::::.:r'′.:.:;;;;;;;;;;`,
                        〃  }.::;′   .:.:.:;;;;;;;;;;;`,
                          ,'    ∩    .:.:.:;;;;;∩.;;`,                __ _
                   。    ,'    .: ..Ll:l_ __ _ ノ ノ.:;;;;;`、          , 戔戒.:.::::::::::::.`ヽ
                  (j)   j       l:|"´ ̄ ̄.:.::;:;;;;;;;;;;;;;;ヽ         く.:.:.:::::::::::::::<>::::::::::::`,
             r{}   .,rr{H}ュ:{;{;{;{; .:∩:; .:;;;; l;|   . :.:.:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;j        `1.:.:::::::::::::::::.:.:.:::::::::::}
         ェ‐‐─r王ュ"´.:.:.:.::::.:.:::.:.:::.:.::.:.:,ゞ-''"´¨く´``゙゙''´ヽ;;r'"´ 戉戔;:;、      `1'''¨````´゙゙`'.:.::::!
           ̄`了{:::.::::.:戔戔戉::::.::く´       ``ヾ.:.:.:::::::::::.:.rュ.:戔戔戔      `1     .:::::,r′
             ゙, ```'''ヾ:.:.:..:::.:'`',:'':'`:.:::.:.:. .:. :::::::.:.:::::::::::::::::::::::.::.:.:.:::::戔戉       `1    .::::r'′
            。    `1    ヾ::::.:.:,r'", -─‐--..、、`゙゙""´,r'.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:::::.:レ          `1  .::r'′
       (ェ) {}      `1    `"´1'"´``ヾ.:.::::.:.::::.:`ヽ `1.:.:.::::::::.:.:.:.: r'"´r'′         ヽ,r'′
       ,r王H{}、、      `1   .:l:|     ``ヾ.:::.:::.:,r' 1レ''゙゙゙.:;;``゙゙´.:::;r'′
 , -‐{;{;{;{;;:::.::::.:::::.`ヽ      `1  ..:::l:|        `""゙´ :|:|  .;;  .::,r'′          __
〈::';::,;'.:::;;'.;.;'';.;;;.;'''.;;.;.;''.;〉     1 . : ::|:|::::.:.             :|:|  .:;′.:;r'′         r'´rュ.:.::.ヽ
. `1 ``゙゙''''''ー'---'‐'゙.::j !       レ'" |:|⌒ヽ        .::::|:|r'´``´゙´          _ノ.:.:.:::::::::::::::}
  `1        .:::j !           |:|   `1、     .::::::;r'|:|             ノ.:.:.::::::::::::::::r'′
   `1    .   .:::r'′        |:|      `1、.:::::::,;r'′|:|         ,.. -rュ .:.:.:::::.::戔戔戒
    `1     .:,r'′         |:|        `V'´   |:|      ,  .:´.::::::::.:.:.:.:::ojjjH::戔戒
     `ヾ   .:r'′           |:|             |:|     {.:.:.:.:.:.:.::::::::.:.:.:.::..:.:::::::::::::::ノ
       `''''゙′             |:|             |:|      ',¨```'''"´``ヽ.:.::::,r'",r'′

この死後世界において、死者たちは全能に近い。

絢爛たる都市も、雄大な大自然も、

現実にはあり得ないような幻想的な風景も、

いかなる美酒も美食も、

思うまま堪能することができる。

富裕層が少々サービスと眺めの良い高級老人ホームにどれだけの金をかけるかを考えれば、

この死後世界がいかに魅力的で価値のあるものかわかるだろう?

4961 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 05:20:54 ID:jSWpXR8s0
                       /   /        〃  ヽ\:::::.`丶   .:::::::i|
                      ,′ '      //    ',:::::ヽ,:.      :::::::i|
                      ,ノ イ. i     ././ ,斗―   ',|:::ハ      ::::: .|
                       ノ ハ    , ' :/  .       ',| :|,ィ'l::::::. :::::. l
                       | ヽ /.:テ  ,、-≠ミ    ,r.:|ゥエl:::::::. ::::: l
                       |!:. |:::/          / |:ト'´:::::::.: :::::!|
                       |l::: |::ヽ         / .:::!i ::.    :::::::i|
                       |.'!  |:::: )  , ィ    j!:  :::i|:::::.   ::::::::;l!
               ./二〕    / :!  |:::::: \`     ヘ l :::::l!:::::::|  ,'::::::::::|
 .____       .//´     ノ  |::j:::: ハ;::::::,  ̄ .T  丶.<;;;::ハ |  :::::::::::::|
 |::::::::::_ :::::::|     /::;/      Vリ ^ハ   ,' ヽ:::|    i __. _ ,,. -亠lハ/、N八
 |:::/.丿__:」`ゝ、 /::/                  ,´ヽ、 __ _ ,,.. -‐ ´ ` 、
 V ./ .r‐亠、 ‐'´:;'く              ,,. -‐ ' ´   / /  /        ` 、
  ! 〈  <| イ´ v`i''.  ヽ             /      ,' .,'  ,'            `>、
  ヽ ヽ i  i  !ゝ'⌒` ',            /      ./  !  |               ',
  . ヽヽ丶〈       ヽ         ./      ,'  ,':i  i               i
    `ー-ー‐ー、 --'  i>      /       /  /:::|  |               ',
          i ー--‐' .i     .く     ,    .,'  ,'::::::i  .i               .i
          .|      ,|   / \   ,'    |  |::::::::|  |               .',

「とはいえ断言しよう!」

「どんなに素晴らしい風景も美食も」

「いつかは絶対飽きる!」

「たとえ毎日手を変え品を変え、万の風景と美食を味わったとしてもね」

「そもそもだ。自分一人で味わってそんなに楽しいかな?」

「大勢でわいわいガヤガヤ・・・とは言わないが」

「気の合う家族や友人や恋人、同好の士と喜びを共有してこそ」

「こういうのって真に楽しめると思わない?」

4962 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 05:21:32 ID:jSWpXR8s0
>>4959
『あー・・・多分違う』

『とはいえ、そっちはそっちで面白いアイデアだね!』

4963 名無し-Red-市民-2 :2018/01/21(日) 05:22:46 ID:z/r0TCT20
ありゃ、違いましたか
とは言え面白いアイディアだといってもらえて嬉しいです

4964 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 05:25:36 ID:jSWpXR8s0
                 __\\_
              -≦洲州洲州洲州ミx、
         ー=≦洲州洲州洲州洲州ハ¨`
           /洲州洲州洲州洲州洲州’
           从洲州マ从’ヽム_⊥ヽ洲州ト、
          ,洲州洲 -`ヽト" |:::) リ洲州洲>
          |洲州从l::::) `  ¨ ´ 从斗从
           、洲州ヘ¨  |   ,  ' r-´斗ゝ
            、Ν州',  < ノ  / |洲、
            \  レ > 、 , ' -二二八
                    〉彡≦ニニ/ニニニニニ= 、
                 /`| |ニニニィニニニニニニニニニl
                    И | |ニ/ニニニニニニニニニニ 、
                  人乂!_//ニニニニニニニニニニニニニネ
                 /ニニニ ○ニニニニニニ、ニニニニニニニヒニミ
              くニVニニニニニニニニニニニ\ニニニ≦ <ニ0ニ|
                Vニ,ニニニニニニニニ/  ュ 副会長
                  |ニ|ニニ ○ニニニニニニニニV <  >ニニマ"
                、'ニニニニニニニニニニニニニV ∠〈ニニニニニ’
                V|ニニニニニニニニニニニニ/ ー ヘニニニニニ’
                  |’ニ○ニニニニニニニニ /    /ニニニニニ/

『人間ってのは社会的生物だからね』

『人間が人生を楽しむために一番大事なのは』

『絢爛たる都市でも雄大な大自然でも幻想的な風景でも美酒でも美食でも無く』

『他の人間なのさ!』

『僕のようなコミュ障でさえ例外ではない』

『例えばどんなに素晴らしい天国だろうと』

『好きな漫画を読めない世界を僕は楽園だとは思えないね』

『そして好きな漫画が読めるのは、当然漫画家さんが居るからだ』

『なら僕は間接的にではあるけど、漫画家さんを求めていることになるだろう?』

4965 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 05:34:54 ID:jSWpXR8s0
                  , -――‐―‐-:.:...
                ,.:.:.:.:.:.:.:.:r………t.:.:.:.:.:.:ヽ、
               ,イ.:.:.:.:r‐┘.:.:.:.:.:.:.:.└‐┐.:.:入
              厶斗r‐┘.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:└弋んヘ
              j  Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘJ ハ
              i  /.:.:.:.:./i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.、:.:.:.:.:.:.:.:.:‘, i
                i /.:.:.:.:/ |.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.  i
             / ./.:.:.:.:.:{  |.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ト、 ヽ
              / ,イ.:.:.:.:.:.:{ー-i.:.:.:.:.:.∨.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:i.:.:.:.i.:.ヽ ',
            ./ /i.:.:.:.:.:.:斗キ心、_λ___,rチォ、‐┬┘.:.:.:',  ',
            j/ |.:.〈^1  Vク      Vク/ メ }:i.:.:.:.:.i
           /  ,|.:.:.ト、      i       /_/.:.i.:.:.:.:i   `:、
          /   i.:.:.:|.:.:.:ヘ           /.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:i    \
         /   i.:.:.:.:!.:.:.:.:.:\   ――   イ.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:i      \
        /    i.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:>  _ . イ:::::{.:.:.:.:.:.:.:.:`_.:.:.:、      \
       ./       j.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.丿:::::}{::::::::::::::::::レ"´ ̄ ̄‘,.:.:∨       >
       /メ     ,'.:.:.:/,ァ―一'´::::__,ハ:::::::::::/    // ‘,.:.:∨    /
      《  ヽ、   /.:.:.//:::::::::::::::,,/  __≫:::/   _/ /   ヾ.:.:.:.:∨ _ノ
       ⌒ヽУ/.:.:.//:::::::::::::::ヾ  /O::::::,〈   | 。 >    ∧.:.:.:.∨
         / /.:./ {{:::::::::::O 》三乂,,/ \   ¨´       ∧.:.:.:.‘:、
          /ノ.:/^´`ー―一' ‐''゛       \          ヘ.:.:.:.:..
       ,イ''.:/         /___    __ ∨          \.:.:\
      / /⌒ヽ/⌒ヽ_   /,ィ'´ ⌒ヽ,r'´ ̄   ∨           \.:.:.:、
     /  /         }:}  { {:{          . .::|             \.:.:.、
   /    {: : : ..     j:j ハ {:i      .. : : : :,イ |               \.::、
 /     乂: : : :   ::ノ'_ノ _ヾh、   . : : : :,イ /V          >―‐一へi
ノ¨ヽ      ≧=--‐彳三三j:/≧=‐ =<    /.:.:V      ,,>"´  . ´   i
    \     /  o i:| ̄ ̄7:i o i       /.:.:.:.:|__,,>"´   .:'゙       |
     >―‐‐' |   i:|   |:l   i      /i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     / ̄ ̄`丶、  |

然るに、「死者」たちが死後世界に求める一番大事なものも、

風景や美食等ではなく、

「他の人間」であり「共同体」ということになる。

例えば神聖四文字教徒にとって・・・

神聖四文字に祈りを捧げる敬虔な信徒たちと共に生きる「天国」と、

風景や美食はあれども信徒たちの居ない「天国」。

どちらが魅力的だろう?

4966 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 05:44:48 ID:jSWpXR8s0
            _                    、
          〈::::::::`:.、              |:.\
           、:::::::::::}   _____     |::::::.ヽ
        _\;-<  ̄ , -マニ≧s。.  l:::::::::|
        /´   ノ   `/     Y´ ̄ 寸:.、l:::::/  ̄`丶
        .′ /              \ ∨
      { / .    /       i:       Ⅵj ヽ    :
   __ 、丶`  '    イ       j{      'l:|  i      |
  '⌒≧ァ  /   .'^v.       / ヽ      ':|  l      |
     j7   !  /   ヾ、  . /'"´  `、     ヽ、l      |
   /从   |   '、_   \ i/      `.      \__  八
  /7⌒ヾvヘ  l `Tぅ:、  `  -┬七T│   |≧=- '´ /⌒丶
 .イ {(___ノリ l\!l 弋jク     弋zク | /  ノ从  ヽ (    ト.
( ー≧==彡' |  i| ' ' ' ,       ' ' ' ムイ '⌒ヽ `ヽ ト.\  ! |
  ─fて   ノ 込、        ,     ノ-/ ⌒) ノ  | |l |  ) |l |
   |  _彡ィT /〕h。. _  ̄  _  イ´ { ー=彡' _ノ ノリ !   ノ丿
    乂(   乂(  ⌒´   ̄「.....::;:┴爻:、ー─┬=彡' ノ_ .ィ/
     `            ..‐ァ=!::/.ィ7´.::::.`ヽ) 人 ( ̄ (  (
                 .'::/-=彡'  |{:::::::::::::::::マ  `     ̄`
                 |/       |{::::::::::::::::::::、
               /      ヾ`:、::::::::::::::`、
                j{_o_ .  -‐ ´ \\::::::::::::`、
            / ̄j        l| Y∧::::::::::::`.
              ├‐f 入     :ir┬ 、 j:、::::::::::ノ
              | ノ'⌒≫ .   l|[,_!__ /::::::::::::/
            ¨|    '⌒≧s。. l| l/::::::::::::/


故に、「死後世界」は、単に天国のように美しい世界がそこにありさえすれば良いというわけではない。

そこに住まう住人、ゲーム流に言えば「NPC」こそが重要なのだ!

そして、トップダウン的に、人格を一から十まで設定した歯車仕掛けの人工知能よりも、

ボトムアップ的に、自ら経験を学び成長してきた人工知能の方が人間に近く魅力的だろう!

だからそうした魅力的なNPCを大量に育てるために、

NPCの文化的背景である文明ごと育てるのだ!

例えば「千年王国」と名づけられた死後世界では、

敬虔な信徒で満ちた神聖四文字教徒の楽園を建設するために、

「ロン毛」の統治する神権政治文明を作り上げてしまったのである!

4967 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 05:49:11 ID:jSWpXR8s0

              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「そして、この文明育成においては」

「多様性こそが重要だ」

「神聖四文字教徒の天国は」

「無神論的な科学者には居心地の悪いものだろう」

「だから僕らが六道輪廻を運営しているのと同じように」

「ヘヴンズ・コンストラクター世界でもまた」

「多くの「神々」が、各々の性格や価値観に基づいて多種多様な世界を創り」

「人々を導き、多種多様な文明を用意して」

「なるべく多くの人々が望んだ楽園へとたどり着けるように、死後インフラを整えているわけさ!」

4968 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 05:51:57 ID:jSWpXR8s0
                              ____
                           . : : ´: : : \: : `: : 、
                             //. . . . . . . . .ヽ: : : : `: 、
                           . : /: : :/ : : : : : : : :.}: : : \: : \
                          /: :/: : :/ : : i : : : : : j:i: : ヽ.: : : : : : .
                      /. : {.: : :.|.: : :!|: : : : ://|:.: : :i: : : : : : : .
                        /.: : :.|:ー┼- 、|: i : : :/八 : : |: : : : : : : !
                         ,小 : : |:{: :iハ八∨: : : :ハ_|_l__: : :} : : :!
                       / |/: : :|ヘ: トぞ㍉八 : : /´ Ⅵ八: : :/: : : |
                      |ヘ: : :{ハ| `¨´  \{-=彡リ : : ′: : :|
                          八:.:∨|i     ノ     /:./|: : : : :|
                    /:/∧:.Иヘ.  、 _  /イ|: : |:i : : : |
                     /イ/:.:/∧l |:::|\ ` ー ´   /|:| : :|:|.:i: : :|
                    八:///∧|:::| / ヽ __  イ::::: |:|: : |:|:.|:.i:.:|
                      . -―\-ヘ{彡イ      /:::::::::|:|∧|ハ:|∧:!
                    /      §__       \:| !:|/ 八八 \
                      /    ヽ  §   ̄`ヽ    , -乂
                . ′     i   §   _ .. 〜ヘ....§ ̄`Y
               //      |   i´ ̄          `Y:::i
               /       :. ノ   | \......       /{::::|
.            /        .;/     ヽ--- ――─── --{::::|
         /         /"ヘ                      ‘::|

「唯我論者技術と仮想空間技術で死後世界を建設し」

「死者たちと共に過ごすNPCを育てるために文明育成も行う」

「やってることは覇道神以上に神様めいているけど」

「同時に地に足着いてもいる」

「技術の実に賢明な使い方だと思うけど、どうかな?」

4969 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/01/21(日) 05:52:27 ID:jSWpXR8s0
では今日はこの辺で失礼します。
ご参加頂きありがとうございました!おやすみなさい!

4970 名無し-Red-市民-2 :2018/01/21(日) 07:05:55 ID:z/r0TCT20
おやすみなさいませ!
まさかNPCを一から育てるために文明ごと育成するとは……
負けた……発想のスケールで……ッ!

4971 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/05(月) 23:53:45 ID:LGCJwEHY0
【外交&戦争】各種外交を行う。戦争も外交の一種
外交: 外交:アーカイア(幻奏戦記RuLiLuRa世界)滅ぶべし慈悲はない

・勇者(機奏英雄)召喚を行っている。勇者をちゃんと元の世界に帰還させる手段はない。魔法で、どことも知れぬ異世界に飛ばし、一般には「還った」と説明している。

・『奇声蟲(ノイズ)』と呼ばれる怪物と戦わせるために機奏英雄を召喚しているが、男の機奏英雄が幻糸(後述)を体内に取り込んでしまうと、奇声蟲(ノイズ)に変貌してしまう。
・幻糸はアーカイアありふれたエネルギー源であり、機奏英雄の乗るロボット、絶対奏甲にも幻糸が利用されている。歌姫の体内にも幻糸があるので、Hすると奇声蟲(ノイズ)化する。

どう考えても、奇声蟲(ノイズ)が現れたのは、昔たまたま異世界召喚した男性が奇声蟲(ノイズ)化したからだろう…。
数え役満で酷いので、素直にローラーして来世に送ってあげよう。
勇者たちは奇声蟲(ノイズ)化を治療して故郷に帰してあげよう。
済み
外交(正純): 外交(正純):ギャラクシーエンジェル宇宙群で、ラスボスである母体想観ウィル、および宇宙のリセット装置である『光の月』を滅ぼす。
その後、平行世界にあるEDEN(ギャラクシーエンジェルの舞台)、NOIE(ギャラクシーエンジェル2の舞台)に接触し、技術や情報をゲット。

ウィルとは、はるか昔にあったウィルという名の文明の人間たちが、個としての限界を感じ、
意識と英知の全てを繁げ「ひとつがい」の男と女に集約させた『神』と『女神』という存在になった成れの果て(つまり母体想観)

母体想観になっても、一次多元宇宙を支配しても、エントロピー拡大の法則からくる宇宙の熱的死を回避できなかったので、実体を失った幽霊的な存在になって無限回廊という一次多元宇宙の外側(ローマ的に近いのはハイパーレーン)に隠れながら、宇宙をリセットすることで滅亡を免れた。

宇宙を膨張させるダークエネルギーをマイナスにすることでビッグクランチを起こす、『光の月』という宇宙のリセット装置を作って、
自分たちの文明を受け継げる人類が生まれるまで、宇宙をリセットするガチャを何度も行っていた。

なお、文明を受け継ぐというのは、現人類の脳を母体想観に接続してウィル文明に染める事なので、文明と意識の皆殺しに近い。
また、幽霊的な母体想観が現実に干渉できるようにするために、何十億、何百億もの人類を昏倒させて、精神をリンクさせ、巨大な生体ネットワークを作って、母体想観のデータをインストールするための器にしようとしていた。 済み
外交(礼服): 外交(礼服): 終わりのクロニクル系世界郡を概念管理局に勧誘 済み
刹那・F・セイエイ: 刹那・F・セイエイ:スパロボUXを概念管理局に勧誘 済み
アゾールの雄弁家 前原圭一(固有結界演説): アゾールの雄弁家 前原圭一(固有結界演説):カオスフレア宇宙で、「太陽」や冥府の住人を鎮める。
フレアローマの黄昏の女神教団主催で儀式を行い
黄昏の女神の分身である幻獣の力で、「太陽」の神々や冥府の住人を転生させる。
「太陽」が無くなるようなら、代わりの太陽を用意して、天照の幻獣に治めてもらう。
カオスフレア宇宙でも女神信仰を広めよう。 済み
黒桐幹也: 黒桐幹也:境界線上のホライゾン:移住者を募って人材と技術を回収
済み
強制伝達(こちらの言い分を強制的に理解させる): 強制伝達(こちらの言い分を強制的に理解させる):ファフナー宇宙を救出し、概念管理局に勧誘。技術や人材をゲット。
人類軍や竜宮島に、調停に来た異世界人であることを強制的に理解させる。
まずアルタイルを確保し、人間に迷惑をかけないような所で同化しあって大人しくなってもらうよう強制伝達(必要なら油を使用)
残りのフェストゥム達にも、アルタイルと融合して大人しくなるよう強制伝達。
戦いを辞めないアザゼルたちは、油やフェストゥムに対抗できる無限力兵器などで撃破。
フェストゥムを撃退した後は、人類たちを調停しつつ概念管理局に勧誘。
人類軍との調停は難しいため、竜宮島はスカウト。 済み
ゲートウォッチ(正義のプレインズウォーカーチーム。邪悪なことをやらせると戦争フラグ): ゲートウォッチ(正義のプレインズウォーカーチーム。邪悪なことをやらせると戦争フラグ):ラヴニカ内ギルド調停 進行中
カルデア(人類史を救った英雄たち。邪悪なことをやらせると戦争フラグ): カルデア(人類史を救った英雄たち。邪悪なことをやらせると戦争フラグ):シルヴァリオ:自然死を待ってアシュレイホライゾン&ナギサ&ヘリオスをスカウト 済み

4972 名無し-Red-市民-2 :2018/02/06(火) 20:15:18 ID:QwVOFMosC
ノイズ化って治療できるのな

4973 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/10(土) 01:07:33 ID:AbKw2nNU0
>>4972
『できますよ』

4974 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/15(木) 00:01:45 ID:dzYgLIkU0
                       -――ミ、   . ―- 、
                ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`'く:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
              '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:,
.           ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:マΛ:.:.:.:.:.:.:.:,
          ./イ:.:.:/:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.i:.:.:.:.:Vハ:.:.:.:.:.:.:.:l
            ..′/i:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.i:.: /i:.:.:. |、ト、:.:.Vl:.:.:.:.:.:.:.:l
          i:.:/ .|:.:.-―:.:.:.: |ーr|-:./|:.:.:.:\l.′:.:.:.:.:.:i
          |/  '.:.:/ィ云ォ 、|  '示刈:.:.:.:iヽ.′:.:.:.: /i|
                }/ハ` マリ    .ゞ-゚ ;:.:.:.:'ノ:.:.:.:.:.:.:.:' .|!
                 }ヘ:.:, ′    ./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.′.|
             /イ:.;:.> . ゝつ ィ.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.′
.              __|:.:/_ `ァ ´ i|:.:/{:.:.:.:.:.:.:/i/
            /^ |/ /^ 、     |イ ̄`!r-、′
           /     \    `  ´ ̄ ,|レ ⌒ヽ
         .ィ(   ∨   ` ー‐o――一 ´      V
       く  \  j'     〈  〉       }    ′
      / \  ア     _∨-‐ ∧.___ 〈/   〉
         >=:{      二ニ=- く   /  V _/ 〉
   ,     ./ .八         ⌒ レ 」  厂_/
  ./  __/     is。._   ´  \     ,:'´  |
  `、   `、      「           `   イi}     !
    、   `、   }             / }    :!
     \   `、   〈              /  }    !
      \  Ⅹア 、             〈  :}   :|
         _f^{ 〈   \___  -‐    \ :}    !
       ハ , ‘_j              rク ヽ
       〉 、)┘ .,_     _ -‐ /   ⅥV
       〈^⌒> .,_  ̄ ̄ ` ー< ̄ ̄ ̄}Ⅵ〉   i
       // ̄ /∧≧=------=≦\ ̄ Ⅵ   :|
        〈/ー=彡:/:i:i:Ⅵ:i:i:i:}:i:i:i}/⌒j!:i:i>s。Ⅵ}   |
        }:i/:i:i:i:i:\:i:i:\:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:/:Ⅳ∧Ⅵ:i〈   :!
        /:i:i:i:i:i:i:_∧:i:i:i:i\:i:i:i:i:_/⌒Ⅳ:i:i\:i:i:\|
.     /:i:/:i:i:i:i:i:i「 ̄:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:く/:i:i:i〈:i:i:i:i:i: \:i:i:\
     〈:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:ij!:i:i:i:i:i:i:i|!:i:i:i:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:iⅥ:i:i:i:i:i\_/
      `〈:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:|!:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:iⅥ:i:i:i:/ }
        `「 ̄ 〈:i:i:i:i:i:i:i:i:」!:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i〉¨´,' .} .′
.       ∧    ̄ ̄ ̄ ーr―r―┘ ̄ ̄   , ー',/
        ∧        |  |           ,`¨´
.          ∧        i  !          ,′

「ではテーロス神の埋めネタを開始する!」

「テーロスの神々は型月世界や邯鄲法と同じく「神霊」だ」

「覇道神みたいに人間社会とは無関係に神が存在するわけではなく」

「人間が架空のものに捧げた信仰が実体化したのがテーロスの神々なんだ」

「そしてMtg世界だからか、そうした実体化した虚構のキャラクターであるテーロス神も」

「「色」を持っている」

「今のところ存在する神は一色か二色で」

信仰によって新しい神が生まれたり、信仰を失った神が滅びたりはしているので、ここから先三色四色の神が生まれる可能性はある。

「白・青・黒・赤・緑の五柱が大神」

「ラヴニカギルドと同様の白青・白黒・白赤・白緑・青黒・青赤・青緑・黒赤・黒緑・赤緑の10柱が小神と呼ばれている」

「うち、純緑の神は狩猟の神として、白緑の神は収穫の神として崇められている」

4975 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/15(木) 00:08:11 ID:dzYgLIkU0
                      _ ....... _
                 '"´   -  `  、
             /          `ヽ  \
               '              \ ヽ
.             ,.'   /     、 丶       >- ーノ
            /  i !    -\  ̄、 \ __ー-イ
.           / , ', 、',  .ト、.ィf云、ー- ゝ  , 、  ',
         / ,.l  V.!,.-、  、 ∨-ソ/    {     ,
       / イ .l   ゝ.Vij\トゝ  ̄./    .人、 ) 、. ,
            ノ ノ  ヽ´〈      ./ _/   ,.'  V
         /´  j`‐ ゝ 、   ノ  ´  l  /    } ',
                / , ヽ、      ..::: !./_    /
.              / / l /> _ イ.//   ヽ /   ,
            /  '  .{'  }  l / ./        '     、
           ノ{  {  ゝ、 j_,. /  ./       ',       、
.            乂 、 ゝ、  )、_,'   {         l       丶
              ハ   :. (○'   ',          l     、 \
           i .}   ハ .) l  / ヽ.、         , :!       \ `  .._
            l ノ    ソ/ l ,   | ヽ.      ! :|         `  、  ` 、
.      ト、     lノ 、_.ノ/   !.(   |       l '  !      、  \- 、 ヽ
      ゝ` ー '"  ,. イ、,. '´ ',!ヽ. |        ! ハ   l       ',     ヽ.ヽ ',
           ̄ >'"  ./      、 ヽ.|        , .ハ   !     l   、  Vi .}
       >'"    /          |.       ,./    ',       l.   ヽ ソ .ノ
   ,、 ./      ,        ;! ̄`‐-、!      /     、     :!     、.イ
    l ∨       ::.      .ノ ヽ ', !      l     ', ヽ    |      ∨
    ! .{:.       :!::.     /{   !  .l      l      }  :.    !      '
    l ';::..      .';::::::... r '′`  }  .}      .l     /   }  .!     i
.    ', ヽ:::::::::::::::::::、:::::::::!          ;       l     /    .!  l       |
    ヽ. \:::::::::::::::\::::::'.,         ,    :.  :!.    ,イ    .リ '      .リ
     >  > .__:::>:::ヽ. __ .,    :.  ',  ./ {    .ノ ./       ./

「純緑の狩猟神ナイレアはようはアルテミスのテーロス版だな」

「純緑らしく、拡大する人類文明から手付かずの自然を守っている守護者でもある」

「手付かずの自然を荒らす人間はナイレアの手で神罰を食らうが」

「捕食のための狩猟については野生動物の狩りと一緒の扱いらしく、大目に見てもらえる」

「・・・当然そうした性質も、大自然の意思とか自然発生的な神様の意思とかではなく」

「人類側の信仰によるものだけどね。基本的には自然の恵みを受けて生きる狩人の信仰から生まれた神で」

「今でも狩人たちから信仰されている。」

4976 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/15(木) 00:19:48 ID:dzYgLIkU0
:::::::::\:::::::::::::::::::;;-‐‐'''''"゙''ー-、
:::::::::::::::\;;ィ''""゙         `ヽ、          ,r‐'" ̄`ヽ、
:::::::::::::::::/               ヽ        /    |゙ヽ ヽ
;::::::::::::::/                ゙i        i     | ゝ ゙i
キ;::::::::/   /  /      /   i  i l       ゙i   r'7    l
:::キ;::/ 、   i  /  -‐‐-、   /_i l ,i      ∠   レ'    /
::::::>\ i  l  レ、  r'::::=、i  /,r7 ノ ,'        `ー---‐‐''"
/irYヾ、i ハ イ ヽ/゙L゚::::ノレ" /シレ' イ,'
-゙'' レ'レヽ/i ハi、 ヽ⊂⊃   ⊂彡゙ノ
     >ヾ、ム 〉ヾ 〉、__ー ‐'ィ'"/レ'
   /"ヾ#f~^'''u-Y____」゙レ' i/
   /  キ) 彡) l#i  ヽ_
   l  r、`ヽ‐'ゞ、| `、r-,゙ー - _ _ r‐-、 , ---、
  /l / ヽ+"_」ヽ`ヽ-ミ i、 l /゙"ェミ<゙i /ヽ、___ヽ,
  /#i   /"~####`ゝ二 八゙ー┴、三//     /
  l##ヽイ##i########i###ヽ、   ゙ー/     /___
  l######/########l####-ゞ    ヽ、______r----゙コニ'、ヌヾx∴∵∴、
  ヽ####/########イ==-‐'"                `ー" ∴∵、
   `ー'ヽ五三===-ii-三ミl                      ヽ- 、 , ィ_.,‐-‐‐ 、
     i゙"ーy 〉‐- 、」 L__」》                      ヾ、 ゙_((〜〜〜<《
     ゙iェェ、__`ー‐" ノェェェ/                        」 l〈((( )ソ从〉<《
      ̄ `ー‐--'゙                           ´~~`_i、゚x ゚i.i(.ii__
                                        : : ̄  ̄  ̄

【収穫の神ケイラメトラ】

「一方の白緑神ケイラメトラはテーロス版のデメテールだね。ようは豊穣神・農耕神だ」

「農耕は明らかに緑的な要素を含むよね?」

「しかしながら、純緑的な、狩猟神ナイレアが守るような「手付かずの自然」でもない」

「では何色かと言えば、やっぱり一番しっくり来るのは白∪緑じゃないかな?」

「人間社会(白)のために、自然(緑)を利用しているわけでね!」

4977 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/15(木) 00:24:01 ID:dzYgLIkU0
                            __
                          , ´__ ` .、
                        /´ 彡‐― ´    ヘ
                       / //     ヽ、-、.ヘ
         ./             | | .| |、_,......__‐亠-__ノ  \
        ,./             //ヽ、|/r=ミー―‐´|)ー‐ヽ、ヘ
     /  //             / ./(|.乂.ノ  ⌒ | .l⌒  | | .|〉、
    /  /'              l / u"||.l   _, /l_ヘ二=〃 .|〈コT、
   ,/  /ノ ./ /            ./ヽ!....-‐ ‐`ゝーィヽ__    .| `|广
  ,,ノ ,'ー-/_ / / /     .., -‐、__/  `ー,-/ //\// /  `ーヽ/  |
  ./    / 'ヘ+ 、    ,..-'´ | |´  |   ン./ 〈._|___| | )   〈\__|
  |  /    ゛'' /l ./    l ヘ.7´\  .L/        | 、   | lー_lヾ、、-‐¬、
  ヘ     --.....|l!l!l''i'i--――‐ー   `´〈/        |/^‐-‐ ヘヘ  //´  ヽ
    ̄ ̄ー―ニ/ .ソ―!!/       _..-‐l〜ヽ-、_,-‐-〜|、)    ヘ.ヘ//     .|
              "    ___.-‐´   l`‐_. .[二]二=´ ` ヽ、   >/\    ./
                 _.-'| /     |    ̄   /    ヽ// ヽ _`ー/
              /  〈〈                     ー――´
            /    .ヽヘ                    / .| \
          /       |_ ヘ                  ./  ヘ  .\
        <ー 、        | ヽ、               ‐‐ |´    \
        .〈_  ヘ        ー-、`   -―――---´ ,―――     ィ ̄ン
          `l ヽ           ー ̄ヽ---、_ノ―‐‐          / /
           | ヽ__.                     _____/ /
            `―- 、  \                ./    .-.―一'
                \   \    __..-ー-- __. .'´ /| ̄ ̄
                  ̄ ゙̄ヽーー´___/,|`ヽー/ /
                     . ̄ ̄   ヽ .ヘ×|   ヽ_ノ
                            ヽ.ヘ×|__
                             | `/   ヽ
                             |_/___|

【農民】

「勿論、こうした性格もやっぱり人々の信仰から生まれたものだ」

「ナイレアが狩人の信仰から生まれたのに対し」

「ケイラメトラは農民の信仰から生まれた。だから豊穣を司る。わかりやすいご利益だよね?」

4978 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/15(木) 00:30:12 ID:dzYgLIkU0
.    ___ . -‐-  .
.. /:.:.:,:.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> 、
. /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
:.:. ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}!:.:.:}:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.ハ
:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:/1:.:|!:.:.:.L A:.:.:.:.:.:.:.|∧
:.:.:|:.:.:.:.:.:}:.:.|、| .|:.:.|.|イ|xzミ、:.:.:.:.}:.:|、:ハ
:.:. !:.:.:.:.:.L:.L.斗.}:./.|/ヘ:/ハハ:.:.:|、:| ヽ|
:.:.:.':.:.:.:.:.1:.z=たF’ ′ ‘¨´ }:.:..|/' ./
:.:.:.:.ヽ:.:,i:.:.:.弋沙'   '     ハ:.:.} ./
:.:.:.:.:.:.V^ヽ:.:.:、    ー ´  イ |:./
.:.:.:.:.:./  }、:.:.:>x.___ イ i! |/ __
:.:.:.:./   .|. ヽ:.:.ゝ }      }/'´      > 、
:.:. /  >''´ ̄ヽ:.:',      /     ァ'  ̄\ ∨
.:./ /       ヽ!        \ V/     !_∨
:/ /   \            ∧ ヾ    } `"'' .s。,
  {      マ           ヽ ',   .|      :.:≧ッ
.   i      {   .:.:.:.:.:.:.:.     ∧'   |      :.:.:.}
.  人         :.:.辷:.:.:.:       .}   }
    ヽ     i     :.:.:.:.:.:      i!  ,        ノ
     ヽ    、             /   /         ,.'
        ヽ    .、        ./  /      ,,。イ
       丶    ≧s。,_,,。イ    / =--=≦

「同じ緑系列の神でありながら」

「純緑の狩猟神ナイレアと」

「白緑の農耕神ケイラメトラはかなり仲が悪い」

「純緑のナイレアからすれば、ケイラメトラの司る農耕は自然のサイクルに背くものであり」

「白緑のケイラメトラからすれば、気まぐれで野生的な純緑の自然は、農民の生活を脅かす身近な敵だ」

「まあ、創造主が狩人と農民じゃ性格は違って然りってわけさ」


「ちなみにおっぴいはケイラメトラの方が豊満だった」

「女装と同じく、豊穣神のおっぱいはやっぱり豊満な方が良いらしい」

4979 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/15(木) 00:33:56 ID:dzYgLIkU0
                  __    _
             _.  ´:.:.:.:.:.:.:.:.:`''<:.:.:.:.:、
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:ヽ
          .':.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.',
        .':.:.:.:.:.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:.:.:.:.:.,:.:',
          i:.:.:.:.:.:.: /| :.:.: i、:.:.ト:.:.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.,
          |:.:.:.:.:._:.|-‐ :.: | ィT弋:.: |:.:.i:.:.:.:. ':.:.:.:.:.,
          |:.i:.:.:i:.、ィr=ミ 、l  汽云ミ|:.:.|ヽ:.Λ:.:.:.:.:.:,
          |Λ:‘.ハ 辷l   └‐' .|:.:.|.ノ/:.:.l:.:.:.:.:.:.:,
           }\'ム    '      イ:.:.:|イ:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:. ,
           }:./`i:.:〉 .  ー‐'  /|:.:/ |:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.,
           }/ .|:.:.i > -r '´  |:.{、 |:.:.:.:. !:.:.:.:.:.:.:.,
          r-`、{zァーr‐'    ノイ):Y´ ̄`\.:.:.:.:.:.,
        _/  /:./  `ーo一´ /:.:!     ヽ.:.:.:.:!
          に7  }'-/   、:    /ヘ_j    l二()フ:.l
.         _/ /`イ、   /´_. ィ⌒ヽrl !     ゚,.:.:!
       に7 /:.:.:.:.:{ >r'</:.:.:.:.:.:.:.゚, |   l二()フ!
       ′{:.:.:.:.:.ヽ^ヽ/^7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,|   /    `、
      /   ゚、:.:.:.:.:.:ヽo /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  ;゚      `、
       /  ‘, ヽ:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/| ;゚         `、
    /    ゚, ゚,:.:.:.:o==o:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ l{ |         \
   / -=ー-、 ‘, }:.:.:.:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{: ハ j         }  \
 /    __  ヽ∨:.:.:.o==o:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙{ 从{         _ノ     ヽ
 {   / ≧s、}:′:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ゚,            丿
 丶   { f´   \:.:.:.:.:o==o:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ゚、             /
   \人_{s._    \:.:.:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:_..< ̄ ̄\ー、二ニ=―r‐´
    ヽ-->=ミ、   ヽ==o:.:.:.:.//   ヽ    ヽ ヽ.___}
      /    ゚,   ‘,从__/ '    |j     `、 ’,  ‘,
     ;゚    ゚,    ‘,    /     |/     `、 ’,  ゚,
     ;゚      }ll l l、゚、  /    |      `、 ’,  ‘,
    ;゚       {八 | | ヽ)/       |        、 `、 ’,  ゚、
    ;゚          ヾj /       |       } `、 ゚,  \

「白緑セレズニアの庭園、白緑ケイラメトラの農耕」

「まあ大雑把に言えばどちらも同種だろう?」

「ありのままの野生的な自然ではなく」

「人間社会(白)のために飼いならされ利用される人工的な自然ってわけだ」

「緑青シミックカラーってほど大々的な改造はされていないとしてもな」

「だから、白緑は農耕や庭園、あとは家畜みたいな「飼いならされた自然」「人工的な自然」の色だと定義するのが妥当だとGMは考えているけど」

「研究班諸君はどう思う?」

4980 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/15(木) 00:47:34 ID:dzYgLIkU0
              .  ´      ̄ `  .
              /   .  .         ヽ
              .   // /     ヽ     .
          /  . i l l!        i  i l i
           〃 l l i┼十   i┼-l.リ  l l }
          { l li l Vム八 ヽ.iリムイli  .' li |
          从N从 {以リ `ヽノ似ツノ /} リ !
          ノ l il i ""  .   "" ノ /.ノ / ∧
          / //リ.∧  r‐‐v   / /イ ∧ / iト.
        / ///// / i\ _ .  イ .イ j li l ! l リ
          レハ从j∧j .人r‐ァ┤ ∧ リ // ハノノレ'
            /`r‐‐レ1ノ=r''  〉->‐<
             / ノ-∠人_.ノ|_イ-/ij  /`ヽ
          /´-/く / ノ {l-/-/-i /    .i
.          /-/-/-.∧__.〉'-/-/| /    |
         {- l- l -.|} {| - l- l-i -l-|/     |

【大地母神マーファ】


ちなみに、フォーセリアの大地母神マーファも、白∪緑的な性格を持つ神である。

司るものは「豊穣と自然」。教義は「人間として自然に生きよ」。

緑系列の神ではあるが、純緑的な自然崇拝ではなく、

あくまで「人間として自然な生き方」であり、豊穣を司ることから主に農民から信仰されている。

(なお、純緑的な自然崇拝はマーファではなくエルフやドルイドの領分になる。)

・・・ケイラメトラと大体同じだろう?農民に支持される豊穣神であることから言っても、白緑ではなかろうか?


なお神罰として「凶作」をもたらしてくることがあり、神々の中でも神罰が最も苛烈と評判。

4981 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/15(木) 00:57:44 ID:dzYgLIkU0
                                                へ,
                                       ..,,;;;;,,...   / へ,
                         _          ,,;´,,,;;;::::::;;;;ヽ ´/   ヽ
                      .,,;;''´´;;;;;;;`;,;,.    ..,,;;;;;;;:::ヽ,;;;  o :.丶,
                    ..::´;;;;;;:::::::;;;;;;;;;;;;:i,  ,,,/;;ヽ,,,,,..´i ノ`丶;,_,,,;;)^
   ____           i;;;;;;;;;  ..;;;;;;;;;;;;;ノvヾ,,,;;;;;;;"´,>;/
 ,/____ \        ,  i;;;;;:: ..;;;;;;;;;;;;;;;ノl|i!ヽ,゙゙゙i;/  i____,
 ./       \ヽ,,,,;;;;;;,,.,,  i\ ゙゙゙/゙゙゙゙゙´    l´  ` ,へ,        \
/         .,,;\´``;;;;ヽ,i--;;,/,   /l   l   /   ヽ         \,
´         (i;;:::.........●;;i.l;;::::......;;ヽ,, ./,,,l,  l ,;;´^゙゙゙`゙゙゙丶, \          ̄ ̄`
          ´ゞ;;;;;;.../_l,;;;;;;;;´,/;;;:  ヽ,  ,;´;;;;;;:::... ゙゙゙゙゙゙゙`;;,, \
           ´´      i;;;;i´ `丶;;;;;;;;;丶v/l;;;;;;;;::::............゙゙゙゙`ヽ,\
              /゙゙゙丶ヾ;;;l   ヾl|゙゙゙゙´/ヽ,l|;;;;;;;;;;..へ..;;;;;;;;;;:..;;;,;i  ̄`
             /     `    i!/´゙゙゙゙´l|;;;;;/;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;i
            /           ゙     l|´゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙`\゙゙゙゙゙
           /                 l|        \
          /                  l|          \
         /                   \          \
      ´ ̄                      \          \__
                                \_           `
                                   `

【クロイセ】

余談だが、白緑の別な側面を挙げるならマーファの従属神であるクロイセが良いかもしれない。

クロイセはいかに過酷な自然環境であろうとも機能する、

アリの巣のような「完全な社会」の完成をライフワークとしている神である。

クロイセの「完全な社会」は自由が無く個々の役割が完全に決まった全体主義国家であり、

全体利益のためにしばしば子供の間引きのような個の犠牲も正当化される。

・・・どうやらクロイセ信者は間引きに対してはかなりの抵抗感を持っているようで、

この社会は本能だけで維持されているわけではなく、宗教法によるところも大きいが、

一方でその宗教法のモデルになっているのはアリの巣、アリの真社会性という自然物である。

「アリの真社会性(緑)を模倣した宗教法(白)を持つ完全社会」と言うのは、

これはこれで緑白ではなかろうか?


安価↓1 質問・コメントがあれば

4982 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/15(木) 01:23:01 ID:dzYgLIkU0
            ,,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:}
           ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.
           .':.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.,
             ':.:.:./:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:i
          i:.:./:.:.:.:._/ |:./|:.:ハ:.:.:.i,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:l
          |:ハ:.:.:.:.:.:.:/`ヽ |/ ‘.:.:.|‘ ,.:l:.:.:.:.l:.:.;
          |' ‘.:.:.:.:.:”rf¨:ri   '斗=x`.l:.:.:.ム:.:'
                ‘:.:.:. l 辷ン    之_リ リ:.:.':.:./l
            ‘:.:.:.l ,, ,, '    ,, ,, /:.:/)イ:.!
             ',:.:|ヽ   、 _,    /:./´:.:.:.:.|
              ',:|  ` ., _ . ィ.':./:.:.:.:.:.:.:|
              '|   ノ      l'イ:.:__:.:.:.:.:|
             _r‐‐r‐_´_    __   >'ニ>、|
            rくニ>、ニ>、  ` ´  ィi〔ニ/ニ=-\
            }-=ニニ\ニ>-<ニニィi〔ニニニニ=-',
          ノ-V-=ニニ〕iト-=-ィi〔ニニニ=-Vニニ=-
          ,-=ニ/-=ニニニニニニニニニ=-/ニニ=-V
           {-= ' -=ニニニ=-V /-=ニニニ=-,-=ニニ=-}
           V-{-=ニニニニ=-V-=ニニニ=-{ニニニ=-/
.          L ト -=ニニニニ=-V-=ニニ=-乂ニニ=-/
.            「 V-=ニニニ=-人-=ニニニ=-}ニ> {
              |  〕iト-===-イニ> -==-<{「   |
                }-=ニiニニニニニニニ=-イ |   |
          ,   }-=ニ|ニニニ=-\ニニ=-/ハ i
             j-=ニ,-=ニニニニ=-\ニ/ニ} }    V
              '-= /-=ニニニニニ=--=ニN
.           i   /-= /-=ニニニ=-i -=ニニニ=-|     i
.           |   ' -=/-=ニニニ=- | -=ニニニ=-|     }
.           | /-=/-=iニニニニ=- il-=ニニニ=-|
.          ! ' -=/ -=|ニニニニ=-V -=ニニ=-|    ,

「特に無いか?」

「では埋めネタはここまでとする!」

4983 名無し-Red-市民-2 :2018/02/15(木) 01:59:33 ID:V.k4N95E0
ぎゃあ!寝落ちしてました!
とても分かりやすかったです!ありがとうございました!

4984 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/18(日) 15:19:03 ID:cBjrsmew0
.               >‐=ミ   > .、
        |〕ト .,     l|: :/ニ=:\//   |
        | \: :〕ト''“”l|:.:{: : : : :/ : :|  :|
        |   〕:. : : : :八 {: : : :/ : : :|ノl トミ
        ゝァ゚:. : /: : : : : : : : : : : : : :. :.>|: : 〕
.       /:.:7:. :.:./.:.:.:.:.:. :.ト:. : {:.:.:.:.:.|:.:.:ゝ:∨:〕_
      /:.:.:.|:.:.:./:|:. :|:.:.:.:.:| |l__{:.:.:.:.:.|:.|:.:.:.:.:∨:.:.}
      ,:.:.:../|ー/‐ \|.:.:.:.:.|.八:{\:. :|.:|.:.:.:.:.: |l:.〈
     .′::::::::j/笊ミx`¨⌒ ^笊=㍉|/ ::::::::: |l⌒\
     |::::::::::∧ Vrハ^      Vrク ノ::::イ:::::: |l: :.
     |:::|l::::::::ハ ""       ""⌒ア::::/:::八: :.
     |::八:: ::|圦          イj/::/j/:∨:. :.
      j/  \|:.:.个ト _`__´,. ≪ /:::/:/: : : :.∨ : :.
         \ {:.|: :≫''゚〉Y⌒〈丶/j/: : : : : :∨:/ ヽ
          / ≫i:i:// .{   ∨〉: : : \: : : : У: /: .
         ./: :ハ/i:i/ .{     ∨〉__/>: :./: :.∧: :.
        /: :/: /i:i:i:/  ∧     ∨::::::::::`ヽ : :/  \.
        ,: : /|:〈__/___〉    ∨:::::::::::::}/:. :|    \
         |: / .|/二|ニニ|ニ≧    〉:::::::::/:ハ: : :|
          j/ ./ニニ.|ニニ|ニ=≧__j___〉  ̄|: / |: /
           八: : :.:.| ヽ>ニ{二{: : ノ .j/  .j/
            \: :|  Ⅵ=∧ニ≧x.,
              丶   Ⅵ=∧ニニ 〉
                   Ⅵ=∧ ヽ´
                    〉ニ ノ

【埋めネタ】

英霊のMTGカラーについて

GMの中でのMTGカラーが固まってきたので(公式の解釈とは多分違うが)

改めて英霊のMTGカラーについて触れようかと思う


まず、ある意味ローマ的に最重要の英霊となっているアタランテさんだ。

GMは最初、それほど考えることなく直感的に緑と判断した。

弱肉強食的な野生児であり、狩人であり、【何より全体的に配色が緑だった】し。

勿論、緑という結論は動かないが、今はもうちょっと別の思考過程を持っているので、そこを語りたいと思う。

4985 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/18(日) 15:30:33 ID:cBjrsmew0
           〃   ___
           /! . <::::::::::::::::>  .   _
         zミイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄∠
        ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ\
        /::::::::::/:::::::::::::::ハ::::::::::ヾ::::::::::::::::::\
       .}:::::::::::{::::::}:::!::::::::::}:::::::::::ハ:::::::::::::|、::::}
       :|::::::::::::::::::|:_|_!::::::::::::::X丁:ト、::::::::::! }:/
        V:::::::::ィ:T:::| ヘ:::::::::ハヾ:::|イ!:::::::::}/'
        人::ハ:::::::|ヽ|  \X! xzzミイ::ハ{乂
         八 }ヘ::Kヱコ”  ヽ‘¨’ /!'
        r--くゝ.こ ,,,     !   ハァ
        て  へ:》\;;.  __ ィ  / }そ
         そ、 > _>  `´/>じ  》
        人::::::\ ^〜ー-こ レイ  /!
    _. <:::::::::::::::::::> .  ゞz,リ r-イ::::> 、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`!  }} /::::::::::::::::::::::::ヽ
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   }} /::::::::::::::::::::::::::ハ
   ',:::::::::::::::::::::::}ィ:::::::::::::::::::::>-イ:::::::::::::::::::::::::::::::::{
    }::::::::::::::::::::イ:::::::::::::r-ド<!:::O::::::::::::::::::::::::::::/::::|
   〈::::::::::::::::::::::{/:::::/  そ 楚 ̄i^!::::::::::::::::::::/::::::{
   イ::::::::::::::::::::::r=イ   }} イ》 }} |::::::::::::::::::/::::::〈
    |::::::::::::::::rイ{ 〈    }} rM }} |⊇:::::::{/:::::::::〈
    }:::::::__::::/:::::| '.    .}}    }} .|ア:::::::{:8::::::::::|
   rイ:::::::::::O:::::そ >==||     }:::::::::::「:::::::::::〈
   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::}}  Π  }:::::::::::h::::::::::::ハ
  そ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ=イ;〈}  .リ   |::::::::::八:::::::::::∧
  人::::::::::::::::::::::/^}:::::::::::::└----r-く::::::::::::厂:::::::/:ハ
   ヽ:::::::><   ‘1::::::::::::::::::::::::::`¨´::::::::::::ヽ:::::::::::::::::'.

『まず、公式の緑記事には書かれていないけど』

『MTGの緑はかなり弱肉強食的な色だ』

『ファイレクシアの緑派閥は弱肉強食そのものだし』

『テーロスの緑神は狩猟の神』

『アラーラのナヤやジャンドもかなり弱肉強食的な緑の要素が混ざっている』

『赤記事によると、緑は「力が正義」という概念が大好きらしいしね』


『勿論僕もそう思う。自然界ってのは弱肉強食の生存競争そのものだろう?』

『少なくとも、野生動物にとっては』

4986 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/18(日) 15:41:03 ID:cBjrsmew0
                           ∥                `` 、ニニニニ\
                         /∥                 \ニニニニ\
                _,,.. ∠ ∥}                     \ニニニニ\
     __          ´     ∥ ` 、                   iニニニニニ\
    {~~"  ‐-=ニ=- '゙    ,    ∥    寸                    └ 、ニニ-/
    ∧  `` 、 ,       / , j{ ∥、   `、  ∨                  \__/
          /    / ,゙ / i{l ∥ {ヽ, ハ  }                     \ /,,
       \  .′ ,' ,'  l{/  从,, {\{ }/ } ,人                     ,,x*''”
.         Yll{  { {  厶イ-f∥-    欣^Y `,                ,,x*''” _/´ ̄
         l从  ', '、  {l斗f七I㍉,   ゞ' 〔l  i            ,,x*''”  /7ニニ
         |⌒\{ 、 \{{ 乂炒      '  W l    , -- ミ ,,x*''”   _>{ニ{ニニニ
         l_,rく廴jl{\「 ゙:,∥       __  从 l  ./: : : ,,x*''”\  ,、丶`「ll ゚,ニ 、ニニ
.       rく廴彡'゙ l{  l   ∥     ´   仏{l l/ ,,x*''”: /ア^'' ~     V , \ニ≧=
       廴彡'^  :l{  l  ∥`,      /  },,x*''”: : : : :/ニ7        \、 イ`¨¨¨
       / {~    l{  l ∥ `,二ニ=‐‐ ,,x*''”  ノ:,': : : : : {ニ{       ,、丶`
      '⌒^゙  jI斗-ミj ∥ jI斗 、,,x*''”{lLユ{イ: : {: : : : : : \ \  ,、丶`
       /   , ´: : : :,  ´ニ''"   ノ"ニア゚   ゚,: : : :'、: : : : : : : `¨¨´: リ
.      /   /: : : : : /ニ ー‐=ミ≦LLlア゚     ^,: : : : ≧=- . . . .__彡'
...   /   /_____, -/-ニニー ''"} ̄~"ニ=‐-   .,,_ 、: : : : : : : : /´
   /  j{Lユ7-/ニニニー ''"},   ,.。s≦~/ l/ l/ l\~"ニ=‐-   .,,_
  jI斗<  ィ{ニ{ニニニー ''"}ム/^/l/Ll/_l/ l/ l/ li≧=- 」      ~"ニ=‐-   .,,_
.  ~≧ァ七I~ニム-'、ニ=孑ァ'~=-、 l{/l//    ``ヽ 寸二il二li               ~"
  ニl{ニニニニ->ー‐ ''"    V}/    ′     ゚, -二il二li
  ニニ'、ニニニ/}   }   i  Y     {     i{ [-ニil二li
  ニニ\/  ,     }   l ∧     '、     ィl{ [-ニil二li
    ̄ ̄   /    ,     :    、   ,ィ ∧     l{ [-ニil二li
.         /    /    ;.    `Tl{ {! ∨    l{ [-ニil二li

そしてアタランテさんは野生動物的な英霊であり、

「生きる糧は奪って手に入れるのが当たり前」と考えている。

英霊の誇りとか騎士道的の類も持ち合わせておらず、

卑怯な手段や裏切りにもさほどの抵抗は覚えていない。

・・・やっぱり黒と緑は友好色じゃないかなあ?

この辺の性格は狩猟の女神アルテミスや、熊に育てられ、

狩人として、言い換えれば肉食動物として自然界を生きてきた影響だろう。

現在の性格を見ても、そこに至った経緯を見ても、やっぱりアタランテさんは弱肉強食的な緑であろう。

4987 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/18(日) 15:50:20 ID:cBjrsmew0
       __     /´ ̄ ̄ ̄`\    /  イ
        \⌒>^'〜 〈  {/´ ̄ ̄` \ >'゙/{  〉
        \乂    \ ∨/⌒\ // ノ  {
          \>へ >-   '"~´ ̄ \   ノ  /
            \ /       \   \乂 / 、
               / : : : : . . . . . . . : : \ : : : :\/V乂〉
           / : : : : : : : : : : : :|: : : : :\ : : : :\ノ  \                _//
            |八 : : |`:トΛ : : :| / : : : : : : :\⌒    \_____   / ̄ /
.           /  /∨:勹云k\ :|x勹云^ : : ト : :\     \      /  /
         /   イ: : :|: : : Vり     Vソ|:.: : :| | ⌒ ̄   \_____/ ̄ ̄
        /  /  |: : Λ : |        八|\| |   \    \
.         /  |:/: : : 込    _   /: |: : : 八 \{ ̄    \
.   /     /    .|Λ: : : :|   >   イニ{ /: : /  \ \         \
. /    /      ∨ : |_  }ニニニニ/: : :/                \ .,___   _ノ
´ __/      / ∨ | /ニニニニニ|//>ーく  \             \___<´ ̄
 ̄ ̄/        /     /⌒\/⌒ |       \  ` ー--\        \    ̄⌒
. /           〈   /          |          ∨___       \      \     \
/       / Λ //ニニニニ''〜、、 ∨  |     }  \       \      ` ー--
       / ./  /二ニニニニニニニ\ }  |            \     ` ー―――
     /  /  {ニ/´ ̄ ̄`\ニニニ∨ {     __ノ   }
    /    ⌒\∨/´ニニ`\ \ニニ∨Λ        / \    \
  /         }/Λニ/Λ二 ∨ニニ/  ∨     _/二}  \    \___

とはいえ、弱肉強食だけが緑ではない。

生物同士の関係性は捕食関係だけでなく、共生関係もある。

真核生物とミトコンドリアの細胞内共生のように。

アタランテさんがその中で特に重要視しているのは親子愛である。

そして親子愛は、白青的な法秩序とか宗教とかで維持されているわけではない。

法秩序や宗教を理解する知能のない野生動物であろうとも、親子の愛は確かにある!

親子愛は本能に支えられたものだからだ!そして本能とは実に緑的なものだろう?



このように、アタランテさんは、

弱肉強食という緑の破壊的で利己的な面においても、

親子愛という緑の創造的で他者愛的な面においても、

実に典型的な緑と言えるわけだ!

4988 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/18(日) 16:01:10 ID:cBjrsmew0
             _) \      _         / /
            V   \  // \\   / / }
              {   )\  {__{   )  } '゙ / (  }
              {  >   >―  / / ー< < /
              { ⌒ア/: . . . ./  . .\  \ア/
.             /  / /: : : : : : : : : : : : : : \: . .ヽ
.           /Y^Y . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
.           Vしノ / : : : : : : : /: : :./:/ : : : | : : : : : .
             /  /: : : : : : |:_/: :| :/:/  |: : |: : : : : : \
               / : : : : : : :|/  ̄l:ヽ   |:.斗―: : : :厂 \
.             |  { : : | :|: : |冖テトx   xャ冖 /|/ : |
.            /  八: : |八 八 乂ソ     しソ |/: : : : :|
           / /   \|: : : :.           .: : : | :八|
.          / /    |: |: : : ト    __    ノ: : : |/'|
         / {  /  |: |: : : | > .,´ ` <l: : : : | |
.        /  { /,,.._ |八.: .:.| ノ ∨ニ{   / : :Λ| |
        {  /  / ⌒ -ニ\:.|ニ\ ∨Λ__/: : /--ヘ |
.       { /  /    マニニニニニΛ マニニΛ: /l    ,|
         /  /      マ厂⌒‐ニΛ マ/ ̄∨ノ   ′
          /       `、    ̄     \    \
        {/ /(__/    ∨ `、 _  -―==―- ,_     \
       ノ /        〉  /ニニニニニニニニニ∨    〉
.      / 乂            } /ニニニニニニニニニニ.|    /
     /   \      / {ニニニニニ=-‐ ‐-ニニ} ___/{
.    /      {ニ=-___/ ∨.{ニニニ/ __---- ___ ∨ニニ} !
   /       | ̄___-┐  ヽ{ニニニ{/ニニニニニ| || ̄| 八Λ
.  /     〈ニニ=-┬    \ニニ{ {ニニニニニ| ||  |

そして緑は全体主義的な色でもある。

生物という歯車は、共生や捕食などの形で他の歯車と噛み合い、連動し、

無数の歯車から構成される自然という巨大な機械を動かしている。

弱肉強食的に他の生物を食らうのも、

共生的に他の生物と助け合うのも、

全体として見れば自然という巨大機械に欠かせない営みの一部なのだ。

故に生物は自然から己に与えられた役割に、本能に殉じるべきである。エルフなどの知的緑はそう考えている。

(ガチ野生動物は本能に殉じるべきとすら考えずに本能だけで動いている)

まあ、アタランテさん一個の野生動物であり、エルフのように必ずしも自然全体の動きを理解しているわけではないが・・・

それでも全体論的な視野を一部は持ち合わせている。

アタランテさんは目の前の子供が愛されて育てばそれで良いというわけではなく、

「全ての子供が愛されて育つ」世界を望んでいる。

そして、愛されて育った子供たちがやがて大人になり親になり、

また新しく生まれた子供たちを愛する世界の循環を求めている。

これは実に緑的な全体主義だろう?

4989 名無し-Red-市民-2 :2018/02/18(日) 16:05:21 ID:fCySmlis0
全体主義と言えば白を連想しがちですが、緑もまた全体主義的な色ですね
違いは人為的か非人為的か、人間社会全体か自然界全体かでしょうか

4990 名無し-Red-市民-2 :2018/02/18(日) 16:07:25 ID:dnML//Rs0
ある意味ティアマトさんの同類かな

4991 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/18(日) 16:08:50 ID:cBjrsmew0
>>4989
『そうだね!>人工物か否か、人間社会だけか自然全体か』

『まあ、アリの巣や鳥の巣は人工的な否かとか考え始めると、実は自然と人工の線引き微妙だけどね』

4992 名無し-Red-市民-2 :2018/02/18(日) 16:09:53 ID:fCySmlis0
>>4991
そこで「全部自然やろ!」って言っちゃったのがカラデシュ緑というわけですねw

4993 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/18(日) 16:11:15 ID:cBjrsmew0
                   __,.. '⌒'", ̄`>- 、
                 / ./  .:'/ / .i:, 〉、
                ,./  /   ,:'::/ ./  -‐|:',  \
             / / ,.:::: ̄ ̄:::::/`<\,.ィl:::'、 ノ、    
               〈 l/::::/,.-  ̄ ,   `〈〉 `<\ .ノ
                  〈::::::/イ   ./ /.! !    ',   ヽヽ〉    
                   >' / ,.イ'/!/、l l    .ハ}  ', .ゝ            _____
              /_-ニニ/l/弋ァヽ!V l.ィ/_ハ_.! j、!            > '"           ̄  ―-- ._
              /_-ニニ二/、'   ̄  ヽ;/ゞ' イ/l, / '        >'"
.          __-ニニニニ{.ゝ      :   .ハ/\____,..'
        _-ニニニニニ二二ト- ._  、  '_  /-__          __
     /ニニニニニニ二二l    `ヽ  , イニニニー==ニニニ二/
      /ニニニニニニニニ二l.      `.く.lニニニニニニニニ二/ _ .--――――‐-- ._
      `‐=ニニニ-―‐マニニニ,   \   \-=ニニ二二二二/‐''"                > .
        / ハ   \ニニ\   `     \__..`ヽニニニ/                       > 、
.       /  .l  ヽ     \ニニ>._       \ ヽ\ニ/、                          \
        ,   |_ ノ,    ,.: V //ハ ヽ 、     \ ', V、 ',
        l ゝ、. ヘ.   ',-―、, ヘ.!〈///l ', \      \ ヽ! i
        :.',  ', _、/l:::::::/  .!\、/ハ }   \      `"ー- ._
        ハ./l /  j:::::ハ,../.  ',V/ j     \             ̄ ̄""''''' ‐-   _
        ,' l  ノ / _.ノ-/  /ノ\,.!l/ /::..    ...:\                        `  、
        l ,へ ハr' /、./l .ノ/、  j/ /:::::__::::::::::::ノ \                          `  、
        ',/   {  / 八 `'",j!. ヽイ /:::::::::::::::::: ̄    .i.` 、
       |    ',´" ̄´`ー,.ゝr‐' /:::::::::::::::i:::::::     :i:..  ト 、
.        ',   `ー--‐'" ./__/:::::/::::::::::';:::::.       ;:::.. {!  > .
        ヽ        />.、 ::::::::::::::::::::、::::...    ノ{:`::. jl     > 、
        > __ イ    ヽ :::::::::::::::::::::::ー-   ' ;:.   ハ         \

これはおそらく、どの色でも認める理想だろう。

いや、黒は嘲笑いはするだろう。全ての子供が救われることなどあり得ない夢想だと。

だがその一方で、自分の子供は全力で命がけで必死に愛するのが黒というものだ。

「全て」という部分はとにかく、親子愛自体の尊さは、黒は緑と負けないくらい全力で支持してしまっているのである!



>>4990
『ティアマトは・・・どっちかというと黒メインの黒緑かな?親子愛はあるけど、全体論としてどうなるかはまるっきり考えてないし。新しく産んだわが子が兄や姉をぶっ殺してしまうこととか』

『対して、アタランテさんは全体的に、長期的に大局的に物事がどうなるかも考えた上で子供が愛される世界を願っている』

4994 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/18(日) 16:21:19 ID:cBjrsmew0
            {\ |      ``ト .,  `| ヽ .∧∧ /|
           }  \     、         },  | У  }//
           {        \      ト、  Ν  |_/ /
.      _  {ゞ    \-、   \     | } |     /
.       \  ̄``ト ヽ\ヽ \__       N    /i/ /
         \     `'  / /   /`ヽ ヘ   ,ィヽ' {/ /
         _∨ ヽ\,/ /   / /  //} '/{ l \  /
         \ ``   / /   /    / ∧} /,| l   ∨
.           Y / /    /  '   ∧リノ彡| }   ∨
          _У         /| /∧   |     |     ∨
       -=ニ ___ / ./≧_Ⅳ V |     | /   !  \
.           / { { イ/ / 灯示ミxト、VΝ _-―И   |  | \
        _乂  乂、/}   V_;ソ ` ヽ 'f示苅v   ハ . |
          / , /\o_          ; ゞ ' ノイ从/\ ト、
         / イ }/ /.}迅         i    / ノ }/   /\
         ,ィfモ'x、  {/|∧   、     '   .,イ
        ノ/////\l Ν  ,\    ̄  ̄  /}/
     __/=-///////Yi\   , \    /  l-、
  _/⌒ト ,////////∧i:i:i:\__  ` ‐=≦> l\∨Ⅵ、
  \//////\//////∧i:i:i:i:i:i:i:≧s。.,ノ/イ\'/\/Ⅵミh。.
  //\//////\/////∧、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i|i:i:i:∨///}////}ミh。. __, 、
  '////\//////\'///∧i\_i:i:i:i,'i:i:/|i:i:i:i:i∨//////{////≧s。}ヽ_
  ////// \//////\//∧i:i:i:i:i:i:\i:/i:i:i:|i:i:i:i:i:i:∨////,イ//////////≧s。.,
  /////////\/////∧'/∧、i:i:i:i:i:i:i:ヽi:i:i|i:i:i:i:i:i:i:{//////////,ィi〔/////////

白もアタランテさんの親子愛には深く賛同するだろう。

他者を愛し、助け合うことは、全体幸福を奉じる白にとってどうしようもなく正しいことだ。

・・・とはいえ、だからこそ白からすると緑は矛盾しているように見える。

親子愛をはじめ、他者を愛し、助け合うことを是としながら、

一方で弱肉強食の奪い合い殺し合いを肯定するのはなぜだろう?と。そんなものがあるから、世の中は平和と全体幸福から遠ざかるのだ、と。

だから白は緑の「矛盾」して「不完全」な部分を是正しようとする。

弱肉強食を取り除き、共生だけを残せば、より完全な共同体になるはずだ!

そのために必要なのが、人工的な法秩序である。

故に、緑白セレズニアカラーにおいては、

人工的な法秩序によって「自然」からは弱肉強食はオミットされ、

共生だけが残された平和的で美しく人工的な庭園となるわけである。


天草四郎の求めた第三魔法もこうした「人工的な法秩序」の一種と言えるだろう。

天草四郎は、「生きたい」という緑の本能こそが弱肉強食の原因であると判断しており、

故に弱肉強食のない平和で幸福な世界を創るために、生きたいという本能が不要な世界を目指したわけだ。

4995 名無し-Red-市民-2 :2018/02/18(日) 16:27:15 ID:fCySmlis0
こう考えると白より緑のほうが広範で長期的な視野を持ってますね
しかし本能がないなんてロボットか何かかな?

4996 名無し-Red-市民-2 :2018/02/18(日) 16:28:00 ID:dnML//Rs0
世界のためにCK-クラス:再構築シナリオを起こそうとした…SCP-1682-JPかな?
緑はAK-クラスシナリオぐらいなら要らん文明が消えて喜ぶんだろうか

4997 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/18(日) 16:43:02 ID:cBjrsmew0
        ||.   //: : : : : : :〃´ ̄`ヽ: :\//         ,′   /   /
        ||  ,' : : : : : / /.: : :|ミx /∧: : : \\          ,′  /'/////
        ||   !: : : : : / /.: : : :ト、ヾ'' "∨: : : :ヽ \       .,′ /, -==='、         _ ,
        ||.  |: : : : :/: :|: : : : :|     Ⅵ、: {ゝ∨: ー―― ,′//,ヘ:::::::::::/⌒i_ ,,. - ≦´='
        ||.  |: : : :/: :/| : : ト、|    /.斗、|\: \:\  .,′,>''"_ヘ、__/   |=''"´>''"´
        ||.  |/: :/: : : :| _|__,.  ィ''ゞ' Ⅳ: :∧: : \ー‐ ''"._ ,, / //    从       ,,
..    ,ノ||、/l/ィ:,: : :|斗''ゝツ`` ∨   |: : : }∧ _ ,,. - ≦´=''/       /::ヘ__≧''"
   / X||. / { : |:∧: |Ⅳ `'      〉 _ ,,. - ≦´=''"´⌒ ///∧ ー-  イ ''"´     }
. ┌i / ||  _/| : |: :∧|_∧  _ ,,. - ≦´=''"´: : :/  l|  //:|l|l|l| \  /     _  ∨
 ノ V  _||/ `ヽ: :_ ,,. - ≦´=''"´    ,' : : : : ,'  l|   |l| |l|l|l|l  ∨   -=ニ       |
/   l / __<,,-≦´=''"´/: |∧≧s。 _ イ : : : : ,' / }   |l| Ⅵl∧  ゝ/     _ -' 〈
_.///  ,,_ `''<: /:/: : |ニ乂ゝヽ_,イ : : : : ,'/ // , Ⅵゝ\ゞ\八___ -=ニ'      〉
     イ^`,,_ `''<ノ //l: : |ニ==--=ニ| : : /: |_/ニ/.   \、\\`ー-{ {      _,. ィ
       ` `''<ノ : / .Ⅵ:|二ニ=ニニ|:/lハ : |ニニニl  __\、ミ三彡'==`i ̄ ̄__,イゝ、=-
==‐  -イ"^>イ ∧:{=ニニ)}ニニニニニニ{'ニニl: :|ニニ//ニニニニニ\\==‐- (____,. イ__
  | | |ニニニニ *,} |:∧: |ニ\/ニニニニニ/ニニニゝ!ニニ:|ニ/二込Y⌒  | ``ヽ、  :::::::::::::::::::::::::
  | | |ニニニニ| *,{'、: \ニニヽニニニ/ニニ/ニニ|ニニ:|/ニニニニニ∨' |/  \    ::::::::::::::
>'" | \.ニニニ| /*,ヽ/ /\ニ}\ニニニ/ニニ,イニニニ}二/二/  :|/ ヽ    \      _,,
ー‐┬',  .\ニト{〈 *, 〈 〈〉 \ゝ \/ニニ/ :|ニニ/⌒ニニ/ ,   / |/       ∧_,,>''"、
.   |ノ、  { ヽ{ `|/ *,ヽ\// \ニニニイ \ {,/, -<⌒´、    -== ニ 二 _ ∧  ∨∧
   \ \|    `}〈 *,〉 〈 〈 〉 〉`´〈 ◇ /∧|  __,. >、  \_/ ``''<.,_     ∧  ∨∧
    \ !    |、∨*,∧.\ // ^ヽ\ .//  {/、ゝイ//\__/!    ``''<.,_ ∧  ∨∧
      `'     |\./*, \_ /     \./     \ // /ヽ\ / |         ``∧  ∨∧

青は向上心の色だ。これは自分個人の向上でもあるが、

同時に他者や共同体を向上させたいと思っているということでもある。

故に他者を向上させるために知識を利用すること・・・つまり「教育」もまた青の得意分野である!

緑と青は対抗色だが、子供は愛されて育つべきだというアタランテの言い分自体には

青も大賛成だろう!・・・アタランテの教育方針と青の教育方針は対立するだろうが。

>>4995
天草四郎「ロボットになることで弱肉強食から解放されるのであれば、ロボットになるべきでは?」
ロボット(ホムンクルス)から人間になってしまったジーク君を憎んでいるのもそのためです。

>>4996
白はそういう色なのですwもっとまともな天道悲想天も再構築シナリオですし

4998 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/18(日) 16:46:40 ID:cBjrsmew0
.          | :::::: |            /_ \
.          ゝ‐:.┤     _     /。-‐\:.\
.          ゝ―f     /,.、`ヽ、 //ィニ、ヽ\. Y
            |;;;:::|   ィ/ // ̄ ̄'^´ ̄`ヾ.、\ヘ|
            |;;;:::| ,イノ /´          ヽ ∨
            |;;;:::|/,' /′             ヾ.
            |;;;:::|'|7 /              ∧
.        /'|;;;:::|/ /i   . , i   . 、  .   ∧
         ,ー=く i:.|:. _,i_/! ハ :.  :i:. :.i_i_、 :.:.:.ト、
         〉:=.〈、 !:|:.i :.i !'`ト|、{ :i. ,レ!'|、|ヽ:.} :.:.:;'::.ヽ
        クーイ :.`ト.ヘィチ云ミヘ:ト、 {ィ云キミ、 .i:.:,iヽ::.Y
        / ヽ::ノ  ! ー弋{∪j ヾ ヾ{:∪ソイ /}:/ハ `゙、.
   ト、   ∧  ¨    八`¨¨     `¨¨ノイ:'/':. .}  リ
   | iト゚、 ゙} ト.     ∧ヽ` 、  ′ ,  /イ::.i  !  ,'
   | |!;;;ヾ、\ゝ.    /:.、レ/`,  ̄ ̄ .イ、ゞ|:: |:. {
 ,, ! i!;;;;;;トミ=` 〉  j´{:.i、゙}:::::|_.≧Y≦._ |:::ヾヘ::ト、:.ヽ.
./i:\ ! i!;;;;;;}ヾー,'   ノ\:|ソ::|".:.:.:.| |_|:.:.:.:.゙i:::::|ヾ'` ヽ }
{! ゝ. ヾ. !;;;;;;} ) ,'   !;l「;;;>;;、:.:.:./||.:./ィ'==≠===ソ=、
ヾ, (` ゚.ヾ;;;} `,'   .l;;l;;;;;;;/};; ̄;;;; ||'/ヾ.、::::|,i!、li,j-、l!i!ゞ゙゚
.(__ >ヘ ヽj .,'    .!;;! / iヽ;;|;;;;;;;|| ,'   `<:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_
ー-て_ゝ _ヘ/ ,'    レ´) ,- 'ノ;;;;!;;;;;;||)、.-―‐- 、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
ーz_ ¨ヽ¨' /    ,′jノ_ノ;;|;;;;;;|;;;;;;!!.{:..      ヽY:.:.:.:.;:.:.:./:.:.>
`ー、二>,∧    /__ノノ< ̄フ;;j;;;;〃)!::.:..     .:}:.:./ ̄::.:./
 /. :.{: . {: . \ ./ー'´. : .ノイ;;;;/;;;,'/.|:.|<:.:...   .ノ/.:.;'⌒:.く

情熱の赤も勿論親子愛は肯定するだろう。

・・・自分や友人や家族の子供はとにかく、

見たこともない「全ての子供」とやらには興味が無かろうが、

身近な子供を愛するべきだということについてはアタランテに深く同意するはずだ!

・・・同時に、赤は衝動的についうっかり子供を殺してしまう色でもあるが。

まあこのように、各々態度に差はあるものの、

白も青も黒も赤も、概ねアタランテさんの親子愛については肯定的であると言えるだろう!

4999 名無し-Red-市民-2 :2018/02/18(日) 16:46:55 ID:fCySmlis0
なぜそこまで弱肉強食を憎むのか…
いや、弱肉強食が好きかって言われたら嫌いだけどさ、でも、そこまで憎まんでも…

5000 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/02/18(日) 16:51:59 ID:cBjrsmew0
                      -──-
                  ,  '"´            `丶、
              /                     \
              /                      ヽ
           , '                         ',
.          /                  ',
         //     /   ./         ハ
.        //     l:   ,'        /         l
                ハ   !       /   |        |
        | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|
        |       !.! ヽ/l       //    .|       /
           ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
          ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /
.        l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'
.        |       八  ヽ         ̄l   レ'     |
                 ヽ   、 _.       ,'   .,'        |
        /         \ / r/ヽ     /   ハ ,'
.        厶イ八 ハ   ハハ /-‐´ イ≦ ´ /   / V  /l .ハ ',
            ,ヽ! .\, イ   ^ ‐---- 、 イノ/   ヽ/ j/ ヾ、
         |  ヽ, ´       ^ヽ‐--r >       ヽ
            |   ヽ,         \./ /         ヽ
           |    ヽー────‐、 ∨}      _,,,... -‐ 、
          |       /       \\,..   ./      ヽ
          |       .i         ー─'   /         ヽ
          |       i       /   __./          ヽ

「僕も勿論わが子は好きだよ」

尚、佐々木王の「わが子」は「ローマ人全部」「ローマ人の子供」くらい範囲が広い。

「他人の子は正直どうでもいいが、まあ別に親子愛を支援して困るわけでもないし」

「女神も喜ぶからアタランテさんの方針には概ね賛成している」

「割とあっさり覇道太極を認めたのもそのためさ」

このように、五色全てから概ね祝福されてアタランテさんは覇道神に至ったのである!

生まれては消えていく命の連続性を絶やさぬこと。

それはきっと、五色全てが支持できる正しい願いなのだ。

埋めネタ終了!

>>4999
『白はそういう色だから』




Paranoia Xp / Mongoose Pub

市民、幸福は義務です


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa