したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

【オリジR18安価】やる夫は、奇跡を世界に満たしたい【13スレ】

1 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/07/16(日) 19:24:22 ID:???0
::../.:::::::l.::::l::l:ll三三三三イ.::::::::::::::::::::/.:::::, イ.::::::l.::、:ヽ、                   ,. -─=─- 、.
:/.:::::::::l.:::::l::l:ll三三エ//.::::::::::::::::::::ノ.:://!.::::: ハ.:::ヽ、ヽ                 ,. ‐' ´          `丶、
::::::::::::l.:::::::!:l::ヽ::>/.:::/.::::::::::::::::/-+ 、 j l.:::/:::l.:::::::::j 、ヽ           /         や        \
:::/.::::l.::::::::l::l::::::y.::::, .::::::::::::::,::イ.::/  Y、!:/.:::::!.:::::::::l ヽ l           /             る         ヽ.
/.::::::l.::::::::::y´7.:::::/,.::::::::::::://':/       ,j/.:::::::!ヽ:::::!   j}        /            夫          ヽ
:::::::::l.:::::::::f f.::::/l:l.::::::::/ ュ、     ノ :: :::::::l1 ヽ::l   j         l            は              l.
:::::::::l.:::::::::l、!.:,ヘ l.:::::/ /  `ミ≧ュ  ,イl:l::l.::::::::!l  `j           l              奇              l
:::::::::!l.:::::::、.::レ、_' .lイ:/  "''     /.:::/.l∧.::::::!             l            世    跡                .!
::::::::l.:!.:::::::ヽ.:::!'  !レ'          〈:::/7 ! l.:::/              |           界   を            |
::::::!.::::〉、:::::::ヽ.:::ヽ、   ,.. -=ニ¨ ̄ ̄``丶、'              /          に                !
:::/.:::/.:::ヽ:::::::::::ヽ.ヽ` /         /::::\_         /          満                l
/.:::/.:::::::::::\:::::::::ヽ /         /::::::/´   \     /             た                /
::::/,.. -――- 、、::: /          /::::::/        ヽ   /                 し                 /
:/ y‐'´ ̄ ̄`` 、/          /:::/         ヘ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      た              /
:::/         ヘ          |//    /  /     |           \     い           /
/         ハ       l/′    | ./!       !             ゙丶、           ,. ィ
              i.       /  /   /| /-|、|   /ハ|               ` 'ー-=====-‐'' ´
            |        | ./    / レ  | |  /
            {!       |/|      ィ´ ̄` ,ハ /
           ハ   l    l/ト| / | |. θ /!/l/
ゝ             `W ', ト、 |ヘ|、  |ヽ!   〈|
 ヘ              ヽ ヽ!_ム|__ \|   .//
  ヽ           ヽ::::::/⌒ヽー-  イ/l/
.   \             ヘ′   ヘ  i

3469 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/20(水) 22:14:40 ID:???0


━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━
┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻    ━  ━┻━ ━ …‥




                          , -、   , - 、
                  , -‐'´/-‐ロ‐-', `ヽ、
                /´  ,/   ∧ ', ',    `ヽ、
               <    / ,/,'  ll ', ',     /、
                /\  ,/,.-/|,'  ll ',.-ヽ_/   ',
                // /ヽノ| ,/ |!    !  ',  |   i ',
           〃 //  ,|,/ |/-- 、   ,.-- 、 |   |  |     (心のどこかで、当然だよねって・・・思ってた)
                /   ,〈 ,l:::::::::i     i:::::::::ヽ  |  |
             /     l∧{^,:::::::l     l::::::::ノ}  | ,'
                //l   {( ', `ー'    `ー' | l  |),'
                 |    `ーヽ.   ┌‐┐ ,ノ| | ,l| l
                  |  /ノ|  `7ー、`ー' イヽ.レ| ,/ l|
.                |/   | ,/l/  _'、ー '/   ヽ/
                  |//、  ,ヘ`ヽ<‐- 、 ,ゝ
                    /__lヽノ  `ー-ゝ"´i |
                     /'}ノ ヽ ___/_/ヽヽ
                      lヽ',    /   /´`i
                      〈'´ ヽ __,ノ-`ー<  ̄>
                     ヽ/´ /  | ', \'´
                     i\,/__   |_',イ´
                        l    | ̄|   l
                     l.   l. |   l
                       l   | |.   l
                        lー‐|. |ー‐l
                         ',_} {_,'
                            ー'  ー'

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━
┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻    ━  ━┻━ ━ …‥

3470 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/20(水) 22:17:04 ID:???0




                      ,.-; __,._;ィ''"
                ,.-:'':": ̄: :.|´: : : :`:`:.丶. 、
               ,:'; :.' : : : : : : |: : : : :.、.  `ヾ:.`ヽ、
       ,.-‐'''"゙/:/: :, . .   ,!|`ト、. .`、. : : : \-、
       l;;;;;;/,!:':,: : /: : : : :/ ||ヽi.`、: : `: : : : ヽ:`:{
        У;;;;/,.イ: .:/: : : : /  ! l  ! i. `、: :j、: : : : ヾ、`、
      i゙;;;;;;;;/イ/:.:::,': : : : /  .j l  l |  `:.;!:i::. : :.l: :!;;ヾ:、
      ヾ;;;;;'゙;;;;!:.::;j: _二_‐ - 、.ij   !|_ ,..-‐ヾ',: : |: :|/ ヽ     ・・・・・・
       \;;;;;j.::/j ヽ 弐オ::t、リ   !_,. -―ァ ! :;!: :.!
         |゙Y|/rレヘ  ,辷歹     ´{c:汐 /!: ハ:.l        辺り一面が血に濡れる程・・・ね。
         |:::!':::! `       、    ̄ ´ /|:./:|j!/
         |.::l.:;:::`ー;l、 u  _ _     ,:':{/: : :|: : :ヽ       それで・・・。私が・・・あんたを身代わりにしたせいで・・・。
         !: :l:l: : :::::!:l丶.、_      ┌-―リ::::::/ヽ: : ::\
         | :.!:i: : : ::!j _,r' ,j` -:i" |   /: : /   \: : : ヽ
         |: :l:l: : : ::,.:'´///  ,_/   /: : / ̄`ヽ  ヽ: : : ヽ
         |: :|:|: : :/   ヽ|  / |   |: : /     ',   \: : :\
         |: :i:!: :/     |i/:::::| __|: : リ     |    ヽ: : :!
         i: :l:i: :|  /.  |:::::::::::|  ̄ i: : :|',     \    ゙、: :}
         |: :i:|: :|  {   |:::::::::::|   |: !::| |      ヽ    |: /
         ',::从: |  |   |;;:::::::;;|   |: |::| |       `ゝ |;/
          ヾ:|: :`ーヽ   |:::::::::::|   |: |::| |     /、   '




                  __ .. -────- .._
              ,....-‐: : : : : : : : : : : |`: : : : : : : : ‐-..
            ,.イ: : : : : : : : : : : : : :/|: :i: : : : : : : : : : :`ヽ
             ,..:´: : : : : : : : : : : :i: :/l  |: :|ヽ: : : : : : : : : : : :.\
.         /: :;/ : : : : : : : : : : :l::/  |  |: :|ー‐:-:、: :::i: : :.、:: : : :.ヽ
             ̄/: : : : : : : :.,-‐l‐::|′ | |: :|   、: : ::|: : : :\:: : : :ハ
          l: : : ::|: : : : : ::/l: ::|   |  ヽ:|,ィ==、\:.:|: : : : : :ヽ: : : :l     あんな出血量で、生きてるはずない。
          |: : : ::|: : : : ::/ ,ヽ:|=.、|   ´l: : :ハヽ`|: : : : : : :ハ:: : :|
          |: : : ::|::i: : :.:|イf: : : :|` |   |:: : .::| ,〉|: |: : : ::|ヽ:|: : :|     きっと・・・私が連れてった人達、皆あの人に
.            |: : ,: :|∧: : :|| |:: : .::|        、:: ::リ,'|::|/:\: ::|:: : : : :l
              |::/: : : : :\:| 弋 : :リ       ‐-  |: : : ::| ヽ|::: : : :,'      食べられたんだ。
              |,': : : : : :::(|   -‐   ,       ゛|: : : :||,ノ::: : : i/
             /:∧:| : : : :::::、       ___      ,|: : : :|!:::::: : : :|       その為に、私を利用したんだ・・・。
         /'´ `|: : : :.:::::::丶.     、_,ノ   ,.:'::|: : : :|::: :、: : : |
.               |: ::;∧:|、:::::::::>::... _   ,..イ::::.::|::|::: :|:: : :|\: |
                 |/  ` \::::::i::::::::::::〉   |:::::.::|人::::|\::|   `
                   ヽ:|ヽ::::ノ    `ーr-:r:ヽ:|  `
                 /´ ̄ /:/‐-     -‐/::::|   `ヽ
                  l    l::::ヽ、 ,     /::::::::\    ヽ

3471 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/20(水) 22:21:33 ID:???0


                          , -、   , - 、
                  , -‐'´/-‐ロ‐-', `ヽ、
                /´  ,/   ∧ ', ',    `ヽ、
               <    / ,/,'  ll ', ',     /、
                /\  ,/,.-/|,'  ll ',.-ヽ_/   ',
                // /ヽノ| ,/ |!    !  ',  |   i ',
           〃 //  ,|,/ |/-- 、   ,.-- 、 |   |  |     お姉ちゃんが、私を売らなければ、あんな事にならなかった。
                /   ,〈 ,l:::::::::i     i:::::::::ヽ  |  |
             /     l∧{^,:::::::l     l::::::::ノ}  | ,'      お姉ちゃんが私を裏切らなければ、私はヒトゴロシにならなかった。
                //l   {( ', `ー'    `ー' | l  |),'
                 |    `ーヽ.   ┌‐┐ ,ノ| | ,l| l       だから・・・私はお姉ちゃんが憎かった。
                  |  /ノ|  `7ー、`ー' イヽ.レ| ,/ l|
.                |/   | ,/l/  _'、ー '/   ヽ/         そんな事も忘れて、ヘラヘラ周りに溶け込んで楽しそうにしてるお姉ちゃんを見る度に、
                  |//、  ,ヘ`ヽ<‐- 、 ,ゝ
                    /__lヽノ  `ー-ゝ"´i |          同じ目に合わせてやりたいって・・・そう思った。
                     /'}ノ ヽ ___/_/ヽヽ
                      lヽ',    /   /´`i
                      〈'´ ヽ __,ノ-`ー<  ̄>
                     ヽ/´ /  | ', \'´
                     i\,/__   |_',イ´
                        l    | ̄|   l
                     l.   l. |   l
                       l   | |.   l
                        lー‐|. |ー‐l
                         ',_} {_,'
                            ー'  ー'




           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ_
      _, ― ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : /;;´;;;;;;;;ヽ
    /: _: : j: : : : : : : : : : : : :\: : : : :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',`ヽ
    "´ /: ,': : : i: : : 、: : : : : : : : ヽ: :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ: :ヽ
      /: : :/: i: : :|: : : :ヽ: : : : : : : : :\;;;;;;;;;;;;;;;_;-;;;;;/: : :l
.     /: /:.,': : j: : :',: : : : :.\: : : : : : : : ヽ;;;;;;;;´;;;;;;;;;/__: : :l
    //: : /: : :|: : : ヽ: : : : : :.\: : : : : : : }`ー--;;'、´_: : :`ヽ
    ´ {: : :.|: : : :ト、: : : :\: : : : : :ヽ: : : : : :l: :ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;`ー,: : ヽ     ・・・・・・
.     l: : ∧: : :.j ヽ: : : : j 、: : : : : :',: : : : :l: : : };;;;;;;;;;;;;;;;/: : : : :}
     !: / ',: : :l 、 \: :.l  ヽ: : : : }: : : : l、: : :l;;;;;;;,.::'´: : ', : : : : l
     l,:'  .',: :.l }  ヽ:}   \: :l|: : : :l ヽ:}`ー' \: :/ ',: : : : ',
         、:.! /        ヽ}`、: :l /.`: : : : : :/   ,: : : : l
          ` ヽ      U    j:./ /: : : : : : :/   l: : : : :l
            ヽ -         /:./: : : : : : /    |: : : : :l
              \    _,ヽ ̄ ̄/: : : : : :/ ̄ ̄ ̄,: : : : :l
               `ー ' 、 }  /: : : : :/     /j: : : : :l
                    l l /: : : /      / l: : : : :l
                   / /: : /        `' 、: : |
                 , .ヽ /: /            \l
                 /:::::;/: /               ヽ

3472 名無し-Red-市民-2 :2017/09/20(水) 22:25:05 ID:M1DWr6pw0
それでいて今オカルトにどっぷり浸かってるのがかがみだからなぁ

3473 名無し-Red-市民-2 :2017/09/20(水) 22:26:31 ID:hx/axqq.0
かがみは他のメンバーと比べると
ここまで来るのに大した苦労はしていないからな・・・
つかさが恨むのも当然と言える

3474 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/20(水) 22:28:40 ID:???0



               __
                   \ ` 、
                    \  \
                     \  |!ヽ
                      \|!  〉
          x≦圭≧=x、___ _|!. /
        ,ィ升三三三ニニニ=-{匕}≦=x.._
       ノ三三三三三ニ=‐'"´7ヘ: :`ヾミヽ`丶、
       ,/x≦/: : : : : : : : : : /| `l: : : \ \}.:\
     ィ/´/.: : : : :/: /:〃.: :/ |  !:|ヘ: : :|\l!: : :.ヽ
   /´ /: : : : : : /: 厶斗-/、 |   !|弌‐-ix: |: : : :l:`.     でもね、そんな事考えてたら家族なんてやってられないでしょ?
   '   ,:′:,': : : : :/:V:/: :/ /   |   |!  \: ヘ|: : : :|.: :i
     /: : :/: : : : /: : /!,xイ芋ミ |   孑芋ミx、|: : : :|.: :l     誰にも言えないし。私がお姉ちゃんを憎んだって意味なんて無いんだよ。
.    /: :: /: : : : /: : /〃イ .及l     l、_)ハ ヾ、.: : :!.: :|
   /://: : : :,イ: : ∧!{{ 抓:::jリ     トi:::刈 }}: :!: |: :i|     だったら、適応するしかないよね。
   /'" '.': : : :/:.|: :/7ヾ' 弋zxシ   、   乂zxノ |: :.l: :l: :リ
      !: : : : : :|:/从'(..、.'"     ___     `゛|!: :!: :l :{      でも、お姉ちゃんが憎かったんだ・・・。死ねばいいってくらい憎かった。
      |: :/l: :!:.{': : : ヽ、ヘ    {   }    .イl:./!: :|: !
      |:/ l: :/: : : : : : : :`>:..,.  ー ' _  イ.: :リ!/!:|ノ!|、{      だから、そうじゃない事にするしかなかったんだよ。
      |'   l/ |: : /刈: :/!: :/[ノ  ̄乂≧|: : /' |! |! `
         |: /' |!:/./  |!    リ  !:./ >、         ”私はお姉ちゃんが好きだ”って言い聞かせれば良いって思ったんだ。
         |/  ∧ヽ.     |ト-‐‐--|   !'//∧
                入\\  ∧   / /// 入        最初は嘘だったけど、言い続ければ本当になるって思ったの。
           /  \\\ ∧   //// /  }
          〃`ー=ミヽ.\ヽ∧_/ //=彡〈 〉 ∧       だから、お姉ちゃんを良く見て良い所を探したんだ。
          {|      ̄ミ、> {ii}=彡/       ∧
          ||        ヽ.介ミ_/           ∧      それを、素敵だって思うようにしたんだ。
.          八         〉}、./          〉
          {           /\ 〉、ヽ     ノ    _/       ずっとそれを続けて、1つ1つ石を積み上げて、やっと私はお姉ちゃんが大好きになって、
         厶斗ミ、___x=彡'´ /〈  `ヽ、__x彡/
           し、_____彡'´ | ゝ、______彡'´         柊家の末女になれたんだよ。
               _升   ハ. | /   /'ハ
                 /::|_|`   l /   ,::::l::::'.            ね?だから・・・中学校に入ってから、今まで、喧嘩なんてした事ないでしょ?
               /:::::::/:,    .v    /:::::l:::∧
             /:::::::/::::ハ   /   /::::::::l:::::∧          お姉ちゃんが大好きなんだもん。するはずないよね。
           ,:::::::::/::::::::::i、 /   /i::::::::::l::::::::ハ
            /::::::::/:::::::::::::| V   /:::i::::::ノ〉::::::::∧
.        /:::::::::::/::::::::::::::ノ三三`ヾ/::::::::/:::::::::::::::ト、
      /:::::::::::::::/::::::::x=彡'´::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::l::::\

3475 名無し-Red-市民-2 :2017/09/20(水) 22:30:15 ID:gPhvpvFA0
ここぞでいい表情を使ってくるな

3476 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/20(水) 22:34:09 ID:???0




                  ,.-; __,._;ィ''"
            ,.-:'':": ̄: :.|´: : : :`:`:.丶. 、
        /; :.' : : : : : : |: : : : :.、.  `ヾ:.`ヽ、
   ,.-‐'''"゙/:/: :, . .   ,!|`ト、. .`、. : : : \-、
   l;;;;;;/,!:':,: : /: : : : :/ ||ヽi.`、: : `: : : : ヽ:`:{
    У;;;;/,.イ: .:/: : : : /  ! l  ! i. `、: :j、: : : : ヾ、`、
  i゙;;;;;;;;/イ/:.:::,': :-:ァ'''" j l  l`ト-`:.;!:i::. : :.l: :!;;ヾ:、    ・・・・・・じゃあ、いつも一緒に居たあんたは、
  ヾ;;;;;'゙;;;;!:.::;j: :_:∠、_  !j   l |_,,,,,Vヾ!::. : l:. :l/ ``
   \;;;;;j.::/j: オ゙,、ノ::::| リ   !|,.ノ:::::!7゙!:: :.;!: :.!       もう・・・
      |゙Y|/rレヘ !;イ_トj       !;イ_トi ,'!:: ハ:.l
      |:::!':::! `  ヾ-┘      └-"'  |:./:|j!/
      |.::l.:;:::`ー;l、      _´_      r-{/:::|:!
      !: :l:l: : :::::!:l丶 、_   ̄  ,. イリ:::::::: l:|
      !: :.!:i: : : ::!j  ,r' ,j` -:i"ヽ  |l|::: : : :!:|
      |: : l,;i: : : :l:!,ノ  | __`| \j:l!: : : :l: |
     |: : :l: !: : : ゙!    「    |   `!: : : :l: :!
    |: : :!:.i: : : i     !   l   ;!: : : :!: :|
.      |: : :/ヾ:、: : :i   l  j   i: : : /: :.l




          , -― 、  , '" ̄/
.       , .'. : : : : : : : 7   /
.     /: : : : : : :/-―ヽ ∠ヽ― 、
     /: : :/: : : : :/ ̄7 ̄: \-    \
    f: : :/: : : :レ: : /: :ィ ,イ |:` ̄: 「 ̄
    |: : :|: : : : |:.'フ"/// |: |: : :|: :ヽ     私だけど、私じゃなかった・・・かな。
    |: : :|: | : : | // /  ハ∧: :|: :| ヽ
    |: :(|: | ::zニニミ   ,z_リ .|: j: : ト、',    もうね、自分でもワケワカラナイくらい捩れてて、
    | ハ |:∧: :| "    └-シ」 /:.| | ヽ
    l:ハ|/ |: :j、 r‐┐  ,、レlイ ∧|      何が本当だったかも、分からなくなっちゃってた。
      >‐V| ヽ,ニ-‐fヽj V. |:/ |
     /ミヽ / 7┬ヽ (ミ′「.)レ
.    ト、 ヽ| { ´ノぅ | 人//|_
.    | >il ヽ イ} | i///| }

3477 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/20(水) 22:37:40 ID:???0




   __      /   }
   \ `ヽ.__j,  /_
     j___>┴⌒: : `: .、
   /: :f'´: : : : :|: : : :、: :\      そうやってさ、自分を犠牲にし続けて、なんとか家の平穏を保ってたのに、
.  /: : : :|:.: :,!.:∧ト、-、: ',:.:. :.'
  l: :|: :..:レ':/|/ !| \:..:l:.:. : !      お姉ちゃんは・・・私が一番先に仲良くなると思ってたやる夫さんに、
  |: :!: : :|:/    l′  ',: ! : |:|
  |: :|: : :|′     , __l:.|::|:|′     誰よりも早く近づいてって、運に恵まれてマナリスになれて、
  |: :|: : :|  ,ィz     ̄l/| レ
  |: :|: : :ト 〃   __  ,イ:.|        何度もやる夫さんを救って、とうとうやる夫さんの最初の相手になって・・・。
  |: :|:∧トヽ. __`_',.ィ :;ヽ!ヽ
  |ハj/ |ハ:;ィ/|::::::'v-:〉/:::::::::::)       それまで、対等になろうとしてたのに、急にサポート専念で主婦科とかさ・・・。
         /:::: ̄`ヾ〃:::::::/ヽ
.         ト-──:┬<´:://::|
       ト:、:_::\::::|f>∨:::::::::|
       ヽ ::: `:ヾ:::!::::/:::::::::: |
         ∧ ::::::::ヘ:|::/::::::::::::/
         | :ヘ:::::::::::∨:::::::::::/l

3478 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/20(水) 22:39:41 ID:???0








   __   |ヽ
  丶、 ̄ヽ,|  >‐-、
    >‐-Y―-ヽ : :丶
   //:/:/|ヽト: :_: :l|: :. :ヽ
.  /,イ: :レ | ヽ|^、`:リ: : :|: :}     ほんと、気持ち悪い。
 //| イ|'   ヽ \|: :. :|: :|
   | V | ・    ゜ |: : /,: :|     何様のつもりで幸せ噛み締めてんの?
   レイ{  i―┐ /イ /‐/|'
    | `ハ `二_,...ィ|/_レ       私って何なのかな?お姉ちゃんの影?
    ∨ Vyイヽ イl lゝ、
       /{__.}―‐イLノ  }      引き立て役?冗談じゃないよ。
       | | ヽ/└|  |
       | l ̄「・ ̄|j  |}
.      ハ_|_,.. -||  ノ|




          ,. - ‐--- 、
.      , '゙  /       `ー-_、
     /!   i     ,-―ァトミi
    ヽ j  `' ''"´〈  ,ィ゛l. ∧
     ,ヘ   i    ゝ,/ ,ト'゙N
      i, ヘ. 、 ゙、 , ,ノ/  l|{/       ・・・・・・っっ・・・・
      l! : `! 、_;..、__,.ィ   l.|
      !| : | リ'゙¨¨'ヘ/   l. |
     ,' !; j:'゛   ,'  ,! |
    ,' .j' l{.    ,′ ハ. |
    ,i ,′j|___,l :  ,' | |
    ! l  化三三!.:.  !  !, ;!
   l ,!  ! }  |:  l  |. |!
    | j:! ,! l   | j  !  | |.!
    | !| ,| └<大>|.|! !   !|!|
   {| | ,l| / l  | {|:、 |   j ||
      l ||,/ l  |  ゙l Ν   l.リ
      ヾ/, l.  |  |゙i===={
      /」゙''l'ー !--┼ {二二!
       `十ー'┬-r--Z_,_ノ

3479 名無し-Red-市民-2 :2017/09/20(水) 22:43:17 ID:gPhvpvFA0
かwおww

3480 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/20(水) 22:43:52 ID:???0




                |  }
.       ,  -‐   " ̄>レ ノニニ =‐-、
       `'' ―― ァ'´"T ̄ ̄¨. ¬   \
           /  .小 ヽ  \.|    ヽ     なんかもう、どうでも良くなっちゃってさ。
.         , '  | ./|Ⅵ\   |     !
         イ   | .! ! ヽト 辷 |   |  |     気づいたら家出してて、運よくやる夫さんが来たから・・・。
.       /_ィ   !ィ |  \  ヽ|   |  |
       /" f    ハ|     モ―-|   !  !     確かめたくて、ついでに初音さんとも話したくて、
         | .| l .ト ,_ぅ      ̄ |   ∧ !
         |.ハ ヽハ`   __    |  / ∨      かくりよに招待したの。
         | l   }、_ ` ノ  ,,ィ!  ハ /
          l  ハ/f´ノt― ァ   !| ./ V        ・・・私ね、やっぱりやる夫さんが欲しいみたい。
          ヽ/  | /ユ‐<   」.√\
.             人r う __二二__   \       やる夫さんと背中合わせで、沢山本読んで、すりすりして、
.           / .ヽ ヽ《_ イト、 .》   ハ
.           〈   /  ! // | |ヽ′ レ'  }      Hして・・・・・・幸せだったな〜。きっと、やる夫さんもそうだよ。
           乂_ /  ノ L! レ    |  人

3481 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/20(水) 22:45:21 ID:???0






         r、       _
         | \  / /
        |   H  /
      /:.:.>:.r‐r:.<:.\
     /   レ:.:.:/:.:∧:.:|:.:.:.:.:\
.    l:.:.|:.:.|:.:./!:./::|:ヽ!:.:.:.ヽ:.:.ヽ     ・・・ずっと築き上げてきた、お姉ちゃん大好きなつかさが
.    l:.:.|:.:.|:./::|/::::j:::::::ヽ:.:.l:.:l:.:.|
.    l:.:.|:.:.Y:::::::::::::::::::::::::|:.:.Nト、!     壊れたから、やる夫さんをお姉ちゃんから奪うつもりでいたよ。
.     |:.:.|:.|:.|        |:/ト:.|
    ヽ|:.|:.ト、 (二二{ ノ:.:.} リ       それが、一番お姉ちゃんを傷つけられるから。
     ヽト:.:>ニr‐r</ |:.:/
     r<:::::::::〈_Y::::: ̄ス         ・・・・・・それがさ・・・・。
     | ヽ:::::::|  |:::::::::/ |
     | 、 ヽ::::', |::::::/ | |
     | } | ヽ::V:::::/ |│

3482 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/20(水) 22:46:28 ID:???0





               / ̄ ̄` ヽ
        , -―‐γv   / ̄`丶
       /   ヽ└‐―<ニヽ、: : : :.ヽ、
     /-‐―ァ=-‐'/|ヽ: :ト: :. :. :`∧: : : :.丶
     /: : : :/: :/: / | 、:|ヽ: :. : 廴): : : : : :ヽ
    /: :. :. :. : : :/:./ | ヽ:.|、\: :. :V |:. :. :. :. :.ヽ
    /: :. :. :. : : :/|: レ |  ヽ:| ヽ―-:.Ⅵ:. :. :. :. :. :}     殺されたと思ってた人達が、皆生きてて
   /: /: /:.|: : :ムイレ   ヽ、 ==ミ、: :|:. :. :. :. :. :.|
   /: :イ: |: :|: : /,ィ升ミ    ヽイつ::ヾ、|: : : :|: : : :|     幸せにしてるって・・・。
  /:./ |: :|: :|: :.|,彳ノ::ヘ     {::::::::::jヽ: :. ://: :| |
  |:/ |: :|:.∧: ||代:::::::}     弋:::ρ イ: :.//: :イ/      ねえ、どう思う?お姉ちゃん。
  |'  .|: :∨ ゝ:|` さ,ン       `   |: :/ノ :/レ
     l: : :|:.(.ヘ}      ′    /: /: : :/
     ヽ: :ト. :`‐}、    r-―¬ , イ: /:,イ /
      ∨ ヽ:. :|、:`f. ..―┬ ̄ {: : :/:イ/レ'
         \|,>‐r‐ヘ----‐'ケ^ヽ、
          λ  |ヽ、__ /   λ
          { |__」      /、   / ヽ
          | }― 「`丶-―'7`丶 ン   }

3483 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/20(水) 22:47:39 ID:???0






















/: : ::/: : : : : : ::|: : : : :\:\
: : : ::/: ::/:|:.:/|: :|:: : 、: : : :ヽ::}
ヽ/~|: : :i|::|/ |::|ヽ、::|:: : : ト、:\     はっ?
 { |: : :|l/‐- j/ -‐ヘ:.: : :| }`
,/ヽj:: : :| ‐‐   ‐- |::\:l,/
::::|{.!\:.|u   |   j:: :|: :|
::::|ヘ: :|、    --   /::::|i: :|
|:::| |: :| ヽ、 _ , イ |:::||: :|
|:::| |: :|/ ヽ{  ト、  |:::||: :|
|:::|ハ: :|\  マ三ソ| \:::||: :|
::/ |:::|\\ ヾ-〃 /∧:|: :|
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┏┓┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┏┓┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┏┓┻┻┻┻┻
                ┏┓      ┃┃                      ┏┓┗┛                    ┃┃
              ┏┛┗┳━┓┃┗━┳━━┓┏━━┳━┳━┳┳┛┗┳┳━┳┳┓┏┳━━┳━┛┃
              ┗┓┏┫┃┃┃ ┃ ┃━━┃┃┏━┫┃┃  ┃┣┓┏┫┃  ┃┃┃┃┃━━┃┃  ┃
                ┃┗┫┃┃┃ ┃ ┃━━┫┃┗━┫┃┃┃  ┃┃┗┫┃┃  ┃┗┛┃━━┫┃  ┃┏┓┏┓┏┓
                ┗━┻━┛┗━━┻━━┛┗━━┻━┻┻━┛┗━┻┻┻━┻━┻┻━━┻━┻┛┗┛┗┛┗┛

3484 名無し-Red-市民-2 :2017/09/20(水) 22:47:40 ID:hx/axqq.0
幸せとはいっても、肉親からすればたまったもんじゃないがなw

3485 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/20(水) 22:48:48 ID:???0
                  ,   、
              ,  '        ` ヽ 、
           ,  ': : : : /: :./: : : : : : : : : : :丶
          /: : : : :/: : /: : /7 /|: : : : : : : :`ヽ、
        /ー7: : /: : /: :/:/.// |: : : : : 、: : : : :` 、
          イ/: : :/-―ー. / / | ト: : : : |: : : :|: : : ヽ
         /: : : :/ /: /|: /  /  | ||: : : : |: : : :j: : : : }      うん!!終わらなかった!!
        /: : : : :./ //  |/    |  .| | V`、.|: : : /: : : : |
       /: : : : : :j/ィ' ―-    |  V V ヽ|: : :/ :| : : :|      短いんだもん!書き溜めしててもね!
      ./:./|: :/ヘ/r≠ニミ       |  V: :ト: :/: :/: :、/
      /:/ |: : :.〈ノ          _- 、  V/:./: :/: :/ |       これでお風呂入らなきゃいけないから、締めるね〜
     /   |: /〈       .    '-`ミヽ V|/: :/: :/: :|
    ,‐γ^⌒⌒)/` 、    ゝ、__     ,,ヽ>//: :/: :/:j: :|
ヽーー_l、/ / / /つ./_>、 (   )     /ル: :/</:. /./
    ニし-ノ`‐'   ̄ ̄ ̄` ゙丶、    /: : :.//ノ/:/ノ
                    ヽ―_‐/_:_:.:/`/ /V
                      \/ , 丶,∧/
                       '-ィ   ' ヘ、
                        `‐(_, ' ,ノ
                           `‐'ヽ、

3486 名無し-Red-市民-2 :2017/09/20(水) 22:50:01 ID:gPhvpvFA0
乙でした。やっぱり書き溜めしてたんねw

3487 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/20(水) 22:50:07 ID:???0
  ┌┐         / //
 [二  ] __     〔/ /           , ' /    , -‐ ': : : : : : : : : : : : `丶、 __ `゛ 丶 、
   | |/,ー-、ヽ      /         、   ノ /_,, '"/-ァ :/:/: ,イ: /イi: : : : : :\-―- 、   ` 丶、     もうオチは出たようなものだけど、
  / /  _,,| |     ./.          `ヽ   .ノ    _/:///: :/7//./l: : : :i: :|/: :ヽ     `丶
 レ1 |  / o └、  ∠/   ,,ィ 、_ ノ ,/-‐ ' "^/: : /// /  / .|ハ',、: :|: /: : : :|-‐ ' "  ̄ ̄` ヽ、     酷い話だね!!でも、皆必死だったんだよ。
   .|__|  ヽ_/^     ,/.          /   _ //: :/ /、} z=、   | l| Vヽ /: : : : l    _ ,,..、、./
      __       /   ‐- 、  /-‐ '"   ///|: : {/` ̄`    ,_、 V`/ /: : : }-z=ニ′__ /       次回は明日!!これで私のお話はある程度決着つく予定。
   [二二_  ]    /.         `丶、 _,, -‐_',、,、l-i ヽ   、   ´` ミ、〉/ //l j f  >'     `丶
       //    {      \    ` ‐―(_/ //./っl>、 (_ )   "ノ:/ イ//:ノ_ヽy    ・ __ ゚       今日も参加してくれてありがとね!
     / ∠__    ̄フ    ` ―    -―`^"^    `゛`ヽ、 -∠_: :ノ-'l/' "  f
    ∠___  /  /..                        `ソ,- ヽlV     {                また見てマナリス♪
     _   / /  \         /                '-,と >,, -‐'"/⌒丶
    / o ヽ/  /   /        /                    `"ヽ、  {    \
    ヽ__ /    \

3488 名無し-Red-市民-2 :2017/09/20(水) 22:52:57 ID:M1DWr6pw0
この感じだとかがみは何もせずに許される感じなのかな
乙乙

3489 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 09:19:35 ID:nCs4cOusC
おつー

まあ、予定通りにいった試しが…w

3490 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 19:28:55 ID:???0
ざんぎょう………………

3491 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 19:30:19 ID:/JuHi/7k0
お疲れ様ですな。今日も駄目っぽい?無理はなさいませんように

3492 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 19:37:39 ID:BNkO6CicC
こんばんはー

シャベルさん…投下したい病にかかって…

3493 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 19:54:01 ID:???0
お疲れ様です。

今日は20時半から投下開始できたらイイネ。

お時間の合う方は、是非ご参加下さい。

宜しくお願いします。

3494 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 20:08:04 ID:/JuHi/7k0
やったぜ

3495 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 20:35:34 ID:???0




                ,,r-='""`ー 、
              ノヾ、. ヽ、     ゝ、
            ,r'"i !、ヽ  ヽ  ヘ    ,ゝ、
            i .i   ヽ ヽ .ヽ ヘ  ゝ、i
           ノソ i   `ヽ `ー- ヘ ヾ ヾ-'    皆様おこんばんは。
         ―'´l l l ゝ  ヾヽゝ,ゝヘヘヾヾ l
           lヾ,!ヽヽヽゝーヾヾ,rr、ァヽ/ヽゝ     眠くなってきましたが、チャンスは逃さんぜよ・・・。
         __r'ヾ'´r`ヽ它ァ i '_, 二'_,r彳i彳;
         ノ r`、ヽソ.`i'´"""ii=´i ̄ ̄ソ´ /ソ,            まずはトランプ選びから始めましょう。
        .i !、 `.l  .,ゝ==彳ヽ.`==彳 .ノ.l
          l  l i .ゝ' ノ´ヽ、 ー一 ./ lー- 、           以下の通りに  参加ください。
        ノ  ly    /_,r-==lヽ`  ノ l  ,!ソ ノl
      r 、l __  ,r'i´i´r'"´  l `´  l i'"i'"´ l           トトロトランプ⇒ノト
      ゞl `ー--´i l .lヽ   .l    ./ l.l/ Ⅱソヽ_
     l.:.:ヽ、   /ー'ヾl l ヽ  ,rソl    l l ll ,イ'.:l.:.:.:`ー 、      もえしょくトランプ⇒ノモ
    ノ.:.:.:.:.`""´/.:.:.:.:ゝl .ゝ´/ l   l,r'ノ.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー 、
  ,r.:.:.:.:.::;:;:;:;:;:;/.:.:.:.:.r'.:.:´K l`ー 、,rl  l.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ   Beeさん⇒ノビ
. ノ.:.:.:.:.::;:;:;:;:;:;./.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:l .i l   .ノ ,!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
´.:.:.:.:.::;:;:;:;:;:;:;/.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.l `i l   l / l.:.:.:.:.:r、-、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l ルピシア⇒ノル

3496 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 20:35:51 ID:/JuHi/7k0
ノビ
こんばんは

3497 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 20:36:47 ID:/JuHi/7k0
そういや事の真相について特にシャッフルによる判定がなかったって事は、始めから結論は固定だったのかな?
後、今日は久々に寝落ちもありそうwきつかったら素直に寝て下さいね

3498 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 20:37:29 ID:RR6W6nxk0
ノト
無理しないように

3499 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 20:37:39 ID:4izNH9NU0
ノル

3500 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 20:40:47 ID:???0





                 _.. -‐-. 、
            _. -=≦´: : : : : : : : \
        _.. : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : `: .、
         /: : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : : : : : : :`ヽ
.        /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : \
       ,ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : 、: :ヽ: ::.
      rf: : : 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\: : :.\: :Y:!
     |:ハ: : : : ヽ: : : : :.、: : : : : : : : : : :\: : : :ヽ: : : ヽ:!:|    >>3497
      l:!: :ヽ: : : : : : : : : :\: : : :、: :\: : :.ヽ: : : :\: : :Y:!    真相は固定でしたね。なんでって、合理的だったからさ・・・。
     ゙ト、: : \: : : \: : : : :丶、: :丶、:`:.、: : \: : : ヽ: :!:!
     !: \: : :ヽ: : : : : : : : : : : : ー-:=: : _ヽ: :_:>:ヽ!: イ     今日も御参加ありがとうございます。
.      ヽ!:!:ヽ:.__ヽ: : :\‐-≠壬 ̄`_   ヽ:/ ⌒Y:j
      从. i!Tit:ヽ` ̄ `     ィTir'v:Y    ! ,、ヽ从      時間も短い事ですし、早速始めていきましょう。
         ハ ゝゞ=''           ゞ= ''    j:、 /'
        i.       i            ,r-.イ
.        ',      j!           /: :/
            ヽ     く 、        /イ'´
          \   _____      . ′!〉-、
            \   ̄     / _..イ ノl!
              へ.       ..イ‐壬 ノ'´::::::!
             ///!` ー=≦ 「  _..イ::::::::::::∧
             < <:::/' | .l::..  .::!  |::::γヽ:::::′:\
             \/  ヽ!   ..:::!  |::::弋ノ::/::::/::::::\

3501 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 20:46:05 ID:???0

[前回のあらすじ]   いつ・・・殺したと勘違いしていた・・・?


―― 時は遡って、初音とつかさの会話 ――



                           r‐- 、   /  }
                              \   \」 ノ
                            >z=-、メ丶、`丶、
                          , ': : : : / ,小: :l `\: : \
                        //: : : :」 / .| ',:」:_: : : : : : 丶
                       , ' :/: : : 'フイ/  | ヽ|ヽ`ヽ:レ: : : :',    ・・・・・・殺して・・・ない?
                       / ィ: :/: : /ィ=ミ    テミ、: :/: : /: :}
                      //ハ:| : /仆イ}    トイ}ソ : : /: :/
                        |: :|: ハ弋ン   弋ン/: : ,イ: :/
                        |: :|イ :}    '__  u /: : /': :/
                        ∨ ',: :ゝ、  `′ _ノ: イ/イ/
                           ∨  ヽ;ヲ  ヒ/イレ'
                            / ̄/_ /  丶、
                            /|  「  /    _」
                              ハ  | /  イ ̄ }
                           | {ヽ レ' / /   /
                           l />l∠ ィフ   /
                           | レ   ヽ |/   /
                           | / 入  }/   ∧



             ..::::::::::::::::::::....
           /.:::::::::::::::::::::::::::..\
             .:::::,::::::::i::::::::: i::::::、:::::::::.、
          .::::;:::i::::::_|_丿Vト、_::|_::i::::::::、      そうよ。折角手に入れた貴重な人間の男を、
.           .:::::::|:::|::::::::!::::::::::|:::::::|::::|:::::::::.',
        .::i::::::| ___ ̄ ̄___ ゙l::::::i::.,      何が悲しくて殺さなきゃいけないのかしら。
        ,::::l::::::| ` ゞ='′  ゛ゞ=' " |::::::l:::i
          ,:::::!::::::!           i:::::::l::::!      まあ、そう誤解するように仕向けたのは私だけれど。
        ,::::::l::::八             ノ:::::::!::::!
         ::::::::、::::::::> _lニコ_ .イ::::::::/.:::::!     こうして貴方はやって来たわけだし、もういいわね。
       ,::::::::::.ヽ:::::.ヽ::::/    ∨./.::::::/.::::::::!
       !:::::::::::::::ヽ::::::ヽ      V.::::::/.:::::::::::!
       ::::::::::::::::::::::ヽ:::::ヽ    /.:::::/.::::::::::::::!
       ::::i:::::::::::::::::/ ` ̄    ̄',´.:::::i::::::::::!
       ::::|:::::::::i::: ,′          ', :::::l::::::::::!
       !:::!:::::::::!::,゜          ',::::::!:::::::::!
       ´`^⌒´ {            .} ̄`⌒´

3502 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 20:48:09 ID:/JuHi/7k0
外の血も入れんと澱んでいくだろうしな。遺伝的な意味でも

3503 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 20:48:44 ID:???0



                               -―――- ミ
                            ´:::::::::::::::::::::::::::::::::、::::` 、
                        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::\
                    ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::ヽ
                       /::::::::::::::/::::./::::/::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::::::
                   / /:::::::::::;′ ′/::::{::::::::::::::::i}、:::::::::i:::::::::i:::::i      そもそも、何故私が貴方を使って
                     / /i:.:::::::::i:::::i{__:_{___{乂v__v}ハ___,|:::::::::|: 八
                  / / i|:.:::::::::|_,,斗‐‐       ´ ̄ ̄  |:::::::::|:::::::::      人間の男を集めていたのか・・・。
                   /.,:′i|:.:::::::::|           斗≠ミ、!:::::::::!:::::::∧
                    ;′   i|:.:::::::::l ,斗≠ミ、、     代___,ノ |:::::::::|:::::/ ∧      貴方には分かっているかしら?
                  ,゙   .i|:.:::::::::l 弋___,ノ           !:::::::::!:::::::/ ∧
                 { {   .i|:.:::::::::l        {       .l:::::::::!.:::::::::/ ∧      成長したのだし、冷静に考えてみれば
                 { {   .i|:.:::::::::l              |:::::::::|:::::::::::::/ ∧
                 { {   .i|:.:::::::::'`ー丶   ー  一  ./::|:::::::::|.::::::::::::::/ ∧     分かるのではないかしら。
                     il:.:::::::′::::::个  .,_    _,.イ::::::::i:::::::::i::::::::::::::::::/ ∧
                  八ム.   八::::.:i::::::::::::::::┌┴iハ ハi‐┴,::::.:i:::::::::i::::::::::::::::::::/ ∧
                   マム /:::::::::::|___r'  .{{ v }}   ゝ、i:::::::::i.:::::::::::::::::::::/ ∧
                     マ;′:::::::.:|ヽ .{:{    {{ ___ .}}    |:::::::::| ̄ ',:::::::::::::::/ ∧
                     :::::::::::::::::| }人ヽ <77{___}77>  |:::::::::|.   ::::::::::::::::/ ∧
                      /i:::::::::::::::| }.///>''´/   マ<// `!:::::::::!   \.:::::::::::/ ∧
                     ,/ .|:::::::::::::::|////' ///、 /  / ̄  ‐=ニ    ヽ.:::::::::/ ∧
                  //  |:::::::::::::::|\/ /'///  \>''´ ̄ ̄_    `  、.  :::::::::::/ ∧
                    |:::::::::::::::l.   /'///  ◯}`¨¨´>''´__       V  }:::::::::::/ ∧
             /        :|:::::::::::::::|   i'//,i    :} / //       V__{.:::::::::::::/ ∧
.         /         :|:::::::::::::::|   |'//,|      } `''´/ /i\_____,,   V `ヽ.:::::::::/ ∧
.        /             |:::::::::::::::|   |'//,|     }  |`7´ | !:::::::} i    V  }.:::::::::::/ ∧
.       /           ,ィ!::::/:::::::i|   人/,人     }.   \/ :i:::::人ヽ.     ∨ 〉.::::::::::::/ ∧




         r、       _
         | \  / /
        |   H  /
      /:.:.>:.r‐r:.<:.\
     /   レ:.:.:/:.:∧:.:|:.:.:.:.:\
.    l:.:.|:.:.|:.:./!:./::|:ヽ!:.:.:.ヽ:.:.ヽ
.    l:.:.|:.:.|:./::|/::::j:::::::ヽ:.:.l:.:l:.:.|    冷静にって・・・・・。
.    l:.:.|:.:.Y:::::::::::::::::::::::::|:.:.Nト、!
.     |:.:.|:.|:.|        |:/ト:.|
    ヽ|:.|:.ト、 (二二{ ノ:.:.} リ
     ヽト:.:>ニr‐r</ |:.:/
     r<:::::::::〈_Y::::: ̄ス
     | ヽ:::::::|  |:::::::::/ |
     | 、 ヽ::::', |::::::/ | |
     | } | ヽ::V:::::/ |│
★突発安価
CS指定
52分まで募集

3504 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 20:49:08 ID:/JuHi/7k0
50

3505 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 20:52:05 ID:4izNH9NU0
50

3506 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 20:52:14 ID:hz4usqRk0
50

3507 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 20:52:34 ID:???0
なんなのこの熱い50推し・・・w

3508 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 20:54:05 ID:/JuHi/7k0
はははw

3509 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 20:59:45 ID:???0

┏┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┗┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┛

 【つかさの冷静さ安価】     【50,50,50】⇒+50     【3(Bee】

 数値が高ければ高い程冷静に。低い程感情的に。

 結果⇒人生を変える程の出来事に、冷静でいられる程人間やめてなかった。

┏┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┗┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┛

             /  ィフ":.:. ハ:.:.:.:.:ト、:.:._:.:. \ .:.: |:.:.:.:.:.:i:.::.:.ヽ、
 fヽ          '‐'ア::レ':.:.:.:.: 小:.:.:.:..! \ :.:.:.:.:.\ |:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l
 ゝ`ヽ、           /:.:.:.:.:.:.レ ! | \:.:..',  / :.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|
.f ヽフ,>- 、      /:.: !:.:.:\. |  ヽ \:',/ _\ :.:. |:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l
.l  / ////久    .' :..: | :.:.: ハヽ_  ヽ  \fニテミ、:.j:.:.|:.:.:..|:.:.:.:.:.:|    わかんないよ!!
. `7.////. /  \  .f:.:.:.:.:.:.:.:.:.| 〉ィ気  \  f込.ノⅤ :.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
 〈//// ./    `>.! :.:.:.:.:.:.:.: |f/f廴ハ     V::::::::}!:.:.:/:.:. ハ:..:.:.:.!     初音さんが、食べる為だったんじゃないの!?
  \!/ ./       |:. ,イ:i:ヽ:.:.k'代:::::::}      ヽ._ン|: /:.:.:./.ノ:.:ル'
   \f       |/ |:ト、 \!\ヽン  ,     u //:.:. /:.:.:.:./      だってそうじゃない!!あの時だって、何かしながら
.     {_        |:! ∨:.:.:.:ハ     r=ー 、 〃!:.:..//レ'
       ヽ       |  V:.:.:|ハヽ __ 、_ノ イ_|:.:.ハ          男の人の体壊してたんでしょ!?
        \        .V:.| `ハ  \Τ孑 / レ' >、
          `丶、      ヽ!   V    f⌒y'    _ 三\
             ` ‐- 、        〉  .| ., '   /  `ヽ、ヽ
                `丶、.   ハ   レ'   ,イ      ヽ \
                    `ヽ〈 .V |  / }        丶 \




  /:::::/:::::::::;::::::i:::::::::::::::::|::::i::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::\
.,,:::::::;::::::::::::i::::::|:::::::::::::::::|::::|:!:::::::::::::::::::::::::|:::::: :::::::: !
;:::::::i:::::::::::::|::::::|::::i::::::::::::!::::| i::::::i!::::::::::i::::::::|i:::::i:::::::: !
i:::::::|::::i::::::::!::::::|::::i!::::::::::|:::::! |::::::|.!:::::::::!;::::::::!:i::::i:::::: !
|:::::::|::::|::i::::|::|:::||::i!:|';:::::::|::::| .|::::::| |:::::::::i.!::::::::|:|::::|::::: !     そうね。まあ、ナニをしていたのだけれど。
|:::::::|::::|::|::::|::!;;;j十|--:::::|:::j |::::十|::::::::廾:::::::|::|:::」:::: !
|:::::::|::::|::|::::ト! ,.ィt==ミ ヾ    彡示示ミ、 |:::!:::::::: !      ・・・怖い顔しないで頂戴?今私を殺したら、
|:::::::|::::|::|::::| ヾ 泛ツ`      丈ソ 〃 .i:::|::::::i::: !
|:::::::|::::|::!::::,                   |:::|::::::|:::::!、     真相は貴方の頭の中の残酷な映像だけになるわよ?
|:::::::|::::|::|::::',                  |::::|::::::|i:::::! 丶
|:::::::|::::|:::|:::::',        ´          ,.i:::::|::::::.!.i:::::!  \    そこまで引きずるとは思わなかったわ。意外と優しかったのね。
|:::::::|::::|:::|:::::i;>、     ー-―  _ - ‐  ̄}:::::!:::::::::i i:::::!    ヽ
|::: ::| :::|:::|:::::|;;;;;;\         -‐´   _ - イ::::::i:::::i::::::!ヽ:::\    \
|:: :::| :::|:::|:::::|;;;;;;;;;;}r、   -‐´  _ -イ;;;;;;;;;;:i:;;;;;;|:::::i::::::::! \::\    \
|:: :::| :::|:::|:::::|;|;;;;;;;l! ノ>´   /ヽ l__;;;;;;;;;;;i;;;;;;;|;;;;;i;;;;;;;;;i___\;;;\    ヽ

3510 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 21:04:49 ID:???0



                     __
               ,. -‐ 77//////,> 、
             ///////////////////ヽ、
           ,ィ//////////////////////∧
              /////////////////////////,∧
.           ///////////////////////////∧
           '////////////////////////////∧
.            {///////lヽ'//////////!V/////////',       難しい事は無いわ。
         l'////ト、!」_\'/l ,.ゝハ// l/////////∧
.          V///ハヽ   ` ヾ  ,ィ込リ`l'l、/////,.'.)_ゝ      大元の原因は、この里の根本的な問題に突き当たるわ。
          }V//ハ.'"込リ       l'l. > '",.' /ー‐'∧
          l/!///ハ             リ/   ./77´,/∧      この里は、人と妖の交わる里。
           l'ハ////ハ   '      ,l'   ,.イ///////∧
            l/ V/////>、  ` ´  /    ///////////∧     他のかくりよのように、支配したり、資源扱いしたりしない。
.             ll l.V///l V,'//>,. _ .イ  ./ !V/////////,∧
            ll l. }/// l ∨//////,/;ィニ二ニ! ∨/////////∧     住み分けもしない。人と妖が認め合い、求め合う数少ない里。
          ll l l////l ∨////,/ィニニニニハ二V/////////∧
         ll .! !////,!  ヽ//,.ヽ二ニニニ>' 〉ニニマ ////////∧    そういう里には、そういう里にしかない悩みがあるのよ。
.           ll  l l////ノ,.イ/==ミ.}ニニ>'ニニ/二ニニマ ///////∧
.          ll  .l l//>'ニア':::::::::::/!ニ/二ニニ{ニ>'"ニニニヽ ////∧    あなた、この里を歩いてみて・・・何か気づく事は無かった?
.         ll   l l'//ニニ/:::::::::::/ニ{ニニニニニl/二二二二ニ}/////∧
.        ll  l  l'/{ニ/:::::::::/ニニ;ニニニニニ|二二二二ニ/;l//////∧    例えば、子供達について。
.       ll   .l / l.!={:::::::/ニニ!二二二ニニl二二二二ニl;;;;;|'//////∧
.      ll   l./.{ 、 lヽl:::/二ニ/l二二二二ニニ',二二二二,';;;;;;|///////∧
       ll    ' ̄ゝ、!.l/二/  ,l二二二二二ニ〉二ニニ>';;;;;;;;!'///////,∧
      ll    .!―_>У‐、--- イl二二ニニニニ'ニニニ/;;;;;;;;;;;;;{'////////,∧
.      ll     .マニ/ ./.!  .マニニ!二二二二二二ニニ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉/////////ハ
.    ll     !マ' .lニ!   マニム二二二二ニニ>/;;;;;;;;;;;;;;;:ィ'"///////////ハ
    l!     ./ / lニニl ヽ.  マニニ\ニニニ>'"_/__,. ィ"///////////////ハ
    !      {   !ニニ!   ,'二ニニ>‐'"二二{//////////////////////ハ
.    |     l.l .l二二l   ,'二二二ニニニニニl,'//////////////////////ハ
   │     l=l .lニニニl  ,'二二二二二ニニニi///////////////////////ハ
    |      lニ!!{二二ニ! ,'二二二二二ニニニニ∨//////////////////////ハ
    |      .lニlニ!二二二!'二二二二二二二二ニV,//////////////////////ハ
    l     lニl二二二二二二二二二二二二ニニV//////////////////////ハ

3511 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 21:11:41 ID:???0





                              ∨     !   / ,. /
                __,,...--‐‐ -  、    V   ム-‐'‐.' /
              , -'"               ``丶、..V  /      , '
            ,                     >、     _/
              /                  K /天 ̄
         /                   !レ   、 ` 、
        ,-'"                /      !   /.i  丶
    , -'" ,/  /         /   /      !.  /i .i   丶
_,,..-‐''_,,..-‐''/ /          /   /  .   /  / ! i     ヽ     子供・・・・・・
'''""~.    .//           / /      /  , ',_  ! !    ト、ヽ
   _,..、-''"     !   .     //        / , ' /-", ソ 仆、  !      人間の外見をした子供が少ないとか?
  /         !        /       i / ./ ;;レi /   !    !
. /  _,,..-,'   ,イ   i     / /       i !,'  i ;;;i !  /          半妖の子供も、女の子が多かったかな・・・。
/, -'". / //    !    //./      /! .i   、_ノ ヽ /
"   // /   ノ!. カ     " /   /! . / .! !        ,ゝ
   〃  ./. .//../ i     /  / / ./  ! !     /!
      // / /  !    ! /  _//   i /    `/ i
         /ノ   !   ル.'   /i''!   _''    /`、!
            !  /! / i / !!   i    ̄
            ノ/  レ  !/ノ ''  ,'゙⌒`´ヾ
                       /           ヽ



          . -─-
           /.::::::/.::::::::::::\
         /.::::l::::::l|:::::l:::::!:::::::`、
       .::::::::l:i::::「≧ト、|:::::|:::l|
        |::::::{^i::::|^Vソ` `>|:::リ     あら、良く見てるわね。そうよ。
        |:::::i:`|::::|   , {ハ::イ
        |:::::l::::|::::|  、_  ,ハ:|      それが、このかくりよの根本的な問題。
        |:::::V^ヽト __,. イ:::::|
        |::::::{/  ∧\|:厶::::|       異種交配の仕組みによる、性別の偏りと、
        |::::/    |ヽ._\}::::!
        |:::l   / ∧:::{ ̄\ト、      近親交配による遺伝子の劣化。
        ∧:| /  「´|::::∨  ハ_}、
        /.:::::∨   | |::::::|\/ |ハ     その改善の為に、私はあの時外部から人間の
     /.:/:::/    | |::::::|  ゙⌒Lノ
     .:::/:::小、  /| |::::::|    |       男を手に入れる必要があったのよ。
    /::/::::/:|     | |:::ハ|    ,ハ
    .:::/::::/::::! /  | |/   ___ }       この里の為にね。
  .:::/:::::/::::ハ,/  :厂厂 厂| l〔/
 /::/:::::/::::/:::|   | l   ! | |い
./::/::::::.:::::/:::::{   ,イ    l  ∨ | '、
:::/::::::.:::::/::::::::{`¬〈| l   |  |  | l
/::::::::::::.::::::::::小-- r| l   |  |  | l!
:::::::/::::.:::::::/!〈  ,ハ| l   |  |  | |!
::::/::::::|:::::::| |::丶/ :| l   |  |  | |l
:/l::::::::|:::::::| |:::::::|  :| l   |  |  | ||

3512 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 21:13:16 ID:/JuHi/7k0
しかしかくりよ特有の事情は分かる、分かるが…
中一の女の子をレイプしようなんてメンタリティの持ち主達を、よく迎え入れる気になったもんだと思わんでもない
人間は周囲の環境次第で如何様にも変化し得る生き物だと理解してはいるんだが

3513 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 21:16:48 ID:???0


                      _
                    _.-.  ̄.:.:.:.:. ̄ .` 、
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ.:.:.:.:.:\
                ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ:..:.:.:.`.:.:ゝ.:.:.:.:.:.ト、
                 /.:.:./ :.: j./:.:.:.:i:.:.:.:|:.:.:リ.:.:.:.:.:.:ハ             まあ、他にも生産者と消費者の割合を改善する意味もあるのだけれど、
                 !.:.:.l.:.:.:.イ.|::」:._」:-斗iT-ハ.:.:.:.:.:.:.:\
                 .,'.:.: | .:ル'´‐-   -=  从.:.:.:.:.:.:.:.:.:''-..、_       そちらはそこまで緊急ではなかったし、ついでと考えてくれていいわ。
                .i.:.:.:l.:',z==ミ   ィ≦示リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄二ニニ
                 .川 .:i(ヾ込ソ    ゞ-゚''リ}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
               イ.:.:.:.:.l.:ゝ         人.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
              '!.:i. :.:.リ :.:ヽ   丶- '   ィ.:.:.ハ..:人.:.:.:.ヲ ̄ヾ二、.:.:.:.:.:.:.:   これから話すのは、里の代表に代々伝えられている、人と妖の交配の
                .|/|.:.:イ.:.:.:.:.:.:.:>t  イ.:.:.:.:.:.:.:ノ 丶从     ヾ.:.:.:.:.:
              | {.:.ル.:.:.:.: 斗ヲ    ト)ヘ.:.:イ  /::;x=',            法則についてよ。
               | r人777≪∧    `∧7777≫:.イ\\
              |ノ/////////ミ三三彡/////汽≫、\''-..、_       まず・・・貴方に連れて来てもらったのが、どうして男ばかりだったのかについて。
             〃/////////∧;;;;;;;;;;;;;;∧///シ ∨//|   ̄  ̄ ̄ ̄
             ////////////∧;;;;;;;;;∧//シ  ///.|             近親交配を防ぐ為なら、人間の女だって連れてくるべきよね?
              |///////',\///∧''''∧/シ /////ハ
               ハ/// {//入  ''-..、`ノ'-―イ//)///ハ             でも、そうはしなかった。
               /////ハ/////7.、こ ̄ン//////リ///ハ
   ,i¬__.     ,'//////ヽ、/////>ト'`\_____イ/////ハ             何故なら、”人間の女は、高い確率で使い物にならない”からよ。
  r'.l / ゝ.   ///////  //////{ |//\    `'' ._/ハ
 /l/ / ん \ ///////  ////// |  ',.///`--―-´//ハ___ _  _
 ハ t/ノ lノ ∨//////  //////..ハ  .\./////////////////////| ̄| }^'<__
 t/ T 人   .//∧///;〉. ', ////////.\   \///////////////////|  | }    ̄\
 |  | i  ',\///////ハ  l/////////// ̄/´//////ノl`― ― ――' ̄`` ‐、 \ ',
 |  | i //\ ー 、////  7777丶,/////~ノノヲヲ////≫             ヽ__∪:;〉〉
 ル ', ',////\ ヾ .ノ ,ハ/|/|T T ̄ `‐ ― -'//\                tイ:;:;\
イ///∨ ∨////\   ハ'  |/ /|.| | // | /i T /// ト             ハ////|
//////\/\ /// \ ノ / |/|| | // | /l . | ///  ハ           ////// |

3514 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 21:19:39 ID:???0



            \     .廴|   /
              >辷___Lレ'≦、 ` 丶、
            /   イ ''7.∧ ! ` \  \
.           , ´   ./ ./ ,小 |   l`ヽ  ヽ
           / ./  /  /./ | Ⅵ、  .!  |   ハ
.          / ./,  .|,斗|/  ! ',| マ¬  |     ',
         /   ! |  f / |´  |  ! __V ト |  |   l     ・・・・・・交配できないってこと?
        ,' .|. |,イ  .ハ|≦モ    ヽ =xⅣ  |  !
        | ,イ |ハ  | ,イう込     ト化ト∨ ! .|: |
        |./ | ハ |《 |.し::::!     |:!しリ.》 ,'./i. |
        |′|  fVト 弋少     弋沙'/ /イ∧|
           | .ト、廴」     '       / /ノ/ |
.            ! | V 入    o    イ /イ:/
.          ヽ|   V ::≧.‐ r - イ‐/ィ/ レ′
.              \:|: 〉'∠_/ / \
                レ'/  /      \
              //  /  ィニ三三ミl




        , ─....‐  、 _
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.   ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     いいえ、できるわ。
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll::::::::::::::::::::::: ヽ
  /::::::::::/`/::::::::::::/=zx, ll:::ll:::::::::::::::::i    でも、9割が死んでしまうの。
. /::::::::::::|i, |::::::::::| 弋ツ´ ヽll:::::::|::::::::::i
/::::::::::::::::ヽi:::::::::ii      /z=ノ:::::i:::i:l    自己変容に耐えきれなくて・・・・ね。
::::::::::::::::::::::::::::::::|         i`ツ メ:::/:::|j
::::::::::::::::::::::i:::::::::|   ヽ─、  /:::/  ̄
::::::::::::::::::::,'i:::::::::ト    `´  /:::::i
:::::::::::::::::/. l::::::::|. \_  ...:<:::::,i::::i
:::,:':::::::::/\l::::::::i  i::::::::::::::::::/ i::::i
:::::::::::::/::::::::i:::::::i  iヽ:::::::::::::: ¨i::::i`ヽ

3515 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 21:23:37 ID:???0



      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;!l|;;;;;;!|;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ'l||;;;;;;;;;;;;;;;;;| 斗-=、`l;;;;|     人間の姿をした妖怪は、どうやって人間の姿になっているか分かって?
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l.!|||;;;;;;;;;;;;;;;;|!.  ヽリ. !;;;;|
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽl||;;;;;;;;;;;;;.;;;||     丶      そう強く望み続ける事で、妖力を用いて自分自身を変容させるからよ。
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i|;||.    _ i "
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|;;;;;;|i|;|   ´j´        妖怪は、自己変容する生き物。自らを変容させる事も、他社を変容させる事もできる。
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:|;;;;;;|i|,__  _,,!
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;!.|;;;;;;;|:/;;! ̄          人間と妖怪は、本来遺伝子が違うのだから子供なんて作れるはずがないわよね?
     .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ノ;ノ..:|;;;;;;| .;;;|
     .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;ノ\ .|;;;;;;| ;;;|           猫の妖怪と、人間の間に普通に子供が作れるなら、普通の猫と人間の間にも子供がいていいはず。
     .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ"'´==、、`ゞ;;;! ;;|
     .|;;;;;;;;´/,,r-‐--- 、、゙ヾヾヽ,|          でも、実際はそうではない。
     .|;;;;;;/ /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:`ヽヾヽ
     .|;;;/./:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\:::::ヽ\        妖怪と人間の混血を実現している要素。それが、”変容”よ。
     .|;//:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\::::::::`:`::、
     .//:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ-r‐''´入

3516 名無し-Red-市民-2 :2017/09/21(木) 21:24:45 ID:/JuHi/7k0
他社?他者かな?でも何か他社って誤字に色々思い浮かんでしまうよw

3517 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 21:28:34 ID:???0



  /:::::/:::::::::;::::::i:::::::::::::::::|::::i::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::\
.,,:::::::;::::::::::::i::::::|:::::::::::::::::|::::|:!:::::::::::::::::::::::::|:::::: :::::::: !
;:::::::i:::::::::::::|::::::|::::i::::::::::::!::::| i::::::i!::::::::::i::::::::|i:::::i:::::::: !     妖怪の雄は、子を成すために”相手を変容させる”事で子を作る。
i:::::::|::::i::::::::!::::::|::::i!::::::::::|:::::! |::::::|.!:::::::::!;::::::::!:i::::i:::::: !
|:::::::|::::|::i::::|::|:::||::i!:|';:::::::|::::| .|::::::| |:::::::::i.!::::::::|:|::::|::::: !     つまり、卵子を変容させて自分の精子に適合するように変容させ、
|:::::::|::::|::|::::|::!;;;j十|--:::::|:::j |::::十|::::::::廾:::::::|::|:::」:::: !
|:::::::|::::|::|::::ト! ,.ィt==ミ ヾ    彡示示ミ、 |:::!:::::::: !      母体もそれに耐えられるように変容させる。
|:::::::|::::|::|::::| ヾ 泛ツ`      丈ソ 〃 .i:::|::::::i::: !
|:::::::|::::|::!::::,                   |:::|::::::|:::::!、     逆に、雌は子を成すために”自分を変容させる”。自ら、相手の精子で
|:::::::|::::|::|::::',                  |::::|::::::|i:::::! 丶
|:::::::|::::|:::|:::::',        ´          ,.i:::::|::::::.!.i:::::!  \   孕むために卵子を調整し、子宮も調整する。
|:::::::|::::|:::|:::::i;>、     ー-―  _ - ‐  ̄}:::::!:::::::::i i:::::!    ヽ
|::: ::| :::|:::|:::::|;;;;;;\         -‐´   _ - イ::::::i:::::i::::::!ヽ:::\    \  妖怪の雌は、それを自然とこなすわ。
|:: :::| :::|:::|:::::|;;;;;;;;;;}r、   -‐´  _ -イ;;;;;;;;;;:i:;;;;;;|:::::i::::::::! \::\    \
|:: :::| :::|:::|:::::|;|;;;;;;;l! ノ>´   /ヽ l__;;;;;;;;;;;i;;;;;;;|;;;;;i;;;;;;;;;i___\;;;\    ヽ  でも、人間の女はそういうわけにはいかない。
|:: :::| :::|:::|:::::|;|;;;;: / ´   ‐´  /ヾ、/圭圭圭/圭圭圭圭圭\;;;\   ヽ
|:: :::| :::|:::|:::::|;;ノ/       / / ヽ、圭圭/圭圭圭圭圭圭圭\;;\   l  妖怪の雄の精を受け、変容が始まっても大多数は耐え切れずに死に至る。

3518 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2017/09/21(木) 21:29:00 ID:???0
>>3515 修正





      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;!l|;;;;;;!|;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ'l||;;;;;;;;;;;;;;;;;| 斗-=、`l;;;;|     人間の姿をした妖怪は、どうやって人間の姿になっているか分かって?
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l.!|||;;;;;;;;;;;;;;;;|!.  ヽリ. !;;;;|
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽl||;;;;;;;;;;;;;.;;;||     丶      そう強く望み続ける事で、妖力を用いて自分自身を変容させるからよ。
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i|;||.    _ i "
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|;;;;;;|i|;|   ´j´        妖怪は、自己変容する生き物。自らを変容させる事も、他者を変容させる事もできる。
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:|;;;;;;|i|,__  _,,!
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;!.|;;;;;;;|:/;;! ̄          人間と妖怪は、本来遺伝子が違うのだから子供なんて作れるはずがないわよね?
     .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ノ;ノ..:|;;;;;;| .;;;|
     .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;ノ\ .|;;;;;;| ;;;|           猫の妖怪と、人間の間に普通に子供が作れるなら、普通の猫と人間の間にも子供がいていいはず。
     .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ"'´==、、`ゞ;;;! ;;|
     .|;;;;;;;;´/,,r-‐--- 、、゙ヾヾヽ,|          でも、実際はそうではない。
     .|;;;;;;/ /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:`ヽヾヽ
     .|;;;/./:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\:::::ヽ\        妖怪と人間の混血を実現している要素。それが、”変容”よ。
     .|;//:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\::::::::`:`::、
     .//:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ-r‐''´入


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


Paranoia Xp / Mongoose Pub

市民、幸福は義務です


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa