したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が900を超えています。1000を超えると投稿できなくなるよ。

第二次二次キャラ聖杯戦争 part3

1 名無しさん :2015/01/11(日) 03:53:37 ID:MASwPKVk0
ここは様々な作品のキャラクターをマスター及びサーヴァントとして聖杯戦争に参加させるリレー小説企画です。
本編には殺人、流血、暴力、性的表現といった過激な描写や鬱展開が含まれています。閲覧の際は十分にご注意ください。

まとめwiki
ttp://www63.atwiki.jp/2jiseihaisennsou2nd/

したらば
ttp://jbbs.shitaraba.net/otaku/16771/

前スレ
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14759/1406730151/


【参加者名簿】

No.01:言峰綺礼@Fate/zero&セイバー:オルステッド@LIVE A LIVE
No.02:真玉橋孝一@健全ロボ ダイミダラー&セイバー:神裂火織@とある魔術の禁書目録
No.03:聖白蓮@東方Project&セイバー:勇者ロト@DRAGON QUEST�〜そして伝説へ〜
No.04:シャア・アズナブル@機動戦士ガンダム 逆襲のシャア&アーチャー:雷@艦これ〜艦隊これくしょん
No.05:東風谷早苗@東方Project&アーチャー:アシタカ@もののけ姫
No.06:シオン・エルトナム・アトラシア@MELTY BLOOD&アーチャー:ジョセフ・ジョースター@ジョジョの奇妙な冒険
No.07:ジョンス・リー@エアマスター&アーチャー:アーカード@HELLSING
No.08:衛宮切嗣@Fate/zero&アーチャー:エミヤシロウ@Fate/stay night
No.09:アレクサンド・アンデルセン@HELLSING&ランサー:ヴラド三世@Fate/apocrypha
No.10:岸波白野@Fate/extra CCC&ランサー:エリザベート・バートリー@Fate/extra CCC
No.11:遠坂凛@Fate/zero&ランサー:クー・フーリン@Fate/stay night
No.12:ミカサ・アッカーマン@進撃の巨人&ランサー:セルベリア・ブレス@戦場のヴァルキュリア
No.13:寒河江春紀@悪魔のリドル&ランサー:佐倉杏子@魔法少女まどか☆マギカ
No.14:ホシノ・ルリ@劇場版 機動戦艦ナデシコ-The prince of darkness-&ライダー:キリコ・キュービィー@装甲騎兵ボトムズ
No.15:本多・正純@境界線上のホライゾン&ライダー:少佐@HELLSING
No.16:狭間偉出夫@真・女神転生if...&ライダー:鏡子@戦闘破壊学園ダンゲロス
No.17:暁美ほむら@魔法少女まどか☆マギカ&キャスター:暁美ほむら(叛逆の物語)@漫画版魔法少女まどか☆マギカ-叛逆の物語-
No.18:間桐桜@Fate/stay night&キャスター:シアン・シンジョーネ@パワプロクンポケット12
No.19:ケイネス・エルメロイ・アーチボルト@Fate/zero&キャスター:ヴォルデモート@ハリーポッターシリーズ
No.20:足立透@ペルソナ4&キャスター:大魔王バーン@ダイの大冒険
No.21:野原しんのすけ@クレヨンしんちゃん&アサシン:ニンジャスレイヤー@ニンジャスレイヤー
No.22:宮内れんげ@のんのんびより&アサシン:ベルク・カッツェ@ガッチャマンクラウズ
No.23:ジナコ・カリギリ@Fate/extra CCC&アサシン:ゴルゴ13@ゴルゴ13
No.24:電人HAL@魔人探偵脳噛ネウロ&アサシン:甲賀弦之介@バジリスク〜甲賀忍法帖〜
No.25:武智乙哉@悪魔のリドル&アサシン:吉良吉影@ジョジョの奇妙な冒険
No.26:美遊・エーデルフェルト@Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ&バーサーカー:黒崎一護@BLEACH
No.27:ウェイバー・ベルベット@Fate/zero&バーサーカー:デッドプール@X-MEN
No.28:テンカワ・アキト@劇場版 機動戦艦ナデシコ-The prince of darkness-&バーサーカー:ガッツ@ベルセルク

928 名無しさん :2017/02/20(月) 02:23:01 ID:5N/FkU160
投下お疲れ様でした
期待の大一番ヴラド対決ここに決着ッ……!
終わってみればさもありなん、化け物に勝つのはいつだって人間だ
正しく血で血を洗う激闘は収まるところに収まったとも言えますが、それだけに熱い物語になっていたと思います!
特にカズィクルベイを死の川で塗りつぶす、領土を侵すクロスオーバーは見事と感じ入りました
決着の果てを良い夢だったと表するヴラド3世の言葉にもグッとくる
征服王イスカンダルは王とは諸人を魅せ、共に夢を見る者と言っていましたが、そういう意味でも極刑王と不死王の主従ら素晴らしい王と従者だったなと
まさしく王道の傑作でした
こんな作品を書けるなんてやはり人間は素晴らしい

929 名無しさん :2017/02/21(火) 23:40:18 ID:yuOUQQME0
投下、お疲れ様です
ヴラド同士の対決、決着ッ……!
このロワが始まってからずっと、この戦いを待ち望んでおりました。
何年も経過した末の決着、本当に満足です。素晴らしい。

930 名無しさん :2017/03/09(木) 10:36:47 ID:9v8IPpGI0
乙です
英霊のコピーであるサーヴァントにとっては、聖杯戦争はただ一晩の夢なんだよね
でもその一晩の夢に己のプライドと願いを掛け本気で戦うのが儚くて熱い
そしてなんてことだ。二次二次はヘルシング最終回の前日譚だったのか

931 名無しさん :2017/03/21(火) 21:10:38 ID:G0THNzsI0
FGOに人が持っていかれつつある中、どう動くか

932 名無しさん :2017/09/24(日) 13:17:23 ID:gy9hhBmM0
ついに動き止まったな

933 名無しさん :2017/09/27(水) 05:21:00 ID:5MVNp3NY0
くっだらねえこと書き込んで一々ageるのやめろ

934 名無しさん :2017/10/06(金) 13:09:41 ID:CxJPDtyI0
次回最終回と聞いて……あれ?

935 名無しさん :2017/10/06(金) 13:34:59 ID:a1RPKXNQ0
それトキワの方や

936 名無しさん :2017/12/24(日) 10:51:52 ID:HIwQCazI0
やっぱり過疎ったか、まああんだけ纏まってなければ残当か

937 ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:25:00 ID:r0gE53mM0
お久しぶりです
これより投下します

938 リブート ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:27:33 ID:r0gE53mM0





……










………………














……………………………………













----

939 リブート ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:28:19 ID:r0gE53mM0

では、聖杯戦争を始めます

所詮、人間など誰であろうと『魔王』に成りうる存在だ

“あぁ、そうさ。人類は負けない。最後には必ず勝つ。―――だが、いつまでこれを繰り返すのだ?”

感じられなくてもいいの、ただ忘れないで。人類はまだ希望が無くなった訳じゃないことを……。

――――生きろ。

もしかしてそこのキミ、おれをサーヴァントとして呼んじゃったマスターなの?

いいだろう、人間……いや我が主(マスター)――――闘争を始めよう

マ、マスター……揉むだけならば、そんなァッ! にゅう、乳頭は! そんな、な、なんで服の上から的確に!?

もし、この聖杯にも穢れがあったならば……その時は……

――――Amen

待たせたわね全国の子ブタ! 復活ライブの始まりよ!

———願いは、自分自身のためだけにしろ。

我が槍は殿下の栄光を闢き、我が盾は殿下の栄光を覆う」

小娘め……俺は歳取って出直して来いと言ったんだがな……ガキになって来るとは面白れぇじゃねぇか

真っ平御免だ。俺の心も魂も命も俺だけのものだ

だが、これだけは言っておく。俺を真に支配しようとだけは考えるな……!

聖杯を精液と愛液でいっぱいにするためかな!

私はキャスター。――――そして、未来のあなた自身

その力があれば、全ては統一される

お辞儀をするのだ

余が重んじるのは絶対なる力のみ。聖杯はまさしく余が手に入れるに相応しい力の塊なのだ

ドーモ、アサシンです

さあ祭りだ、祭りだ、祭りだワショ――――イwwwwwwww

…………やってみよう

……朧

少々趣向は違うようだが、やはり君は私と同じ『殺人者』のようだね。

・・・・■■、■■■■

■■■■――――!!」

……そうだ、次の聖杯戦争でもコンビ組もう!  優勝してFateの次回作に出れますようにって聖杯とキノコちゃんにお願いすればいいよな!

940 リブート ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:28:54 ID:r0gE53mM0


----









始点記録(レコード)、保存。









----

941 リブート ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:29:58 ID:r0gE53mM0


【空想電――

せめて名前を教えて欲しい。僕の名前を、僕が何というカタチをしていたかを。そしてできることなら呼んで欲しい。でも、無理だろうな。

な、貴様、狂戦士の分際で───ガッ!?

…………と……ちゃ……

――xxxxさん

……また、学校に……ま、ど……

行くぜ───バーサーカー。数分と持たねぇ身体だが、その命、幾らか貰っていくぜ

――悔しい

ヌウウウウアアアアアアアアアアアアアアアーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!

ひとりぼっちでいい。でも死ぬのはいや。だっておかしいから。でもしぬのはこわい。ねえそうでしょ――

…………

見なよ、やっぱりこの世界なんて――――

イイイイイイヤアァァァーーーーッッ!

――――

……はは

さよならだ、"伯爵"

――約束なんか、するもんじゃねえな。

…………ああ…………良い夢、だった…………

―――Amen

----

942 リブート ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:30:26 ID:r0gE53mM0








最終記録(レコード)、保存。














システムの正常再動を確認。
おまたせしました。
リブートします。








◆◆◆◆

943 リブート ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:31:46 ID:r0gE53mM0






―――空に月が浮かんでいる。


何も不思議な光景ではない。
日が沈み空が暗色に包まれる夜になれば、雲が覆いにならなければ、誰もが毎日目にするものだろう。
物珍しい欠け方もしていない。いつも通りに見える月。

そう、月に変わりはない。
たとえ、異星文明の残した地球の観測装置ムーンセルが置かれた神のキャンバス台という真実があったとしても。月は変わらず其処にある。
あるとすればそれは、見上げる側の心境と、彼らが立つ位置の変化だろう。

それは方舟。
宇宙にすれば一時の、しかし地球からすれば遠大な軌道で周回する星を泳ぐ船舶。
月のムーンセルと交信し、地球全てを記録している膨大な演算能力を用いた舟、アークセル。
古き神代の頃より存在し、今も役目の為稼働している『古代遺物(アーティファクト)』。聖書の一説に乗るノアの方舟の再来だった。

その内部たる霊子世界に招いた数十名の人間(マスター)。
そしてその『つがい』となる、歴史に名を刻んだ英霊(サーヴァント)。
時間の前後を問わず、世界の壁も関係なく、編纂も剪定の区別もなく。
ありとあらゆる境界を超えた組み合わせが集い、覇を競い、月に至る階段に足をかける権利を得る。
事象改変の域にまで至った演算装置は万能の願望器に等しい。
おしなべて願望器を求める争いはこう呼ばれる習わしがある。



――――――聖杯戦争。



御子の血を受けた杯。世紀を跨いで追い求められる、奇跡を叶える器の争奪戦と。

944 リブート ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:32:33 ID:r0gE53mM0








そして現在。
アークセル内で再現された聖杯戦争の舞台『冬木市』の一角に建てられたキリスト教会。
礼拝堂には一人の少女が立っている。銀色の長髪を下ろした修道服の少女は目の前の虚空に手を出して指を滑らせて『業務』をこなしている。
聖杯戦争の運営役に選ばれた上級AI、カレン・オルテンシアは自らの役割にとりかかっていた。

サーヴァントの戦闘を人目につくのを禁じるルールを敷いてる以上、自然と戦いは夜に頻発する。
地上の聖杯戦争での監督役の代理として、NPCの魂の改竄による街の沈静化を図る。それがカレンに与えられた役割の一つでもある。

今後も街の裏で続いていく戦いは激化の一途を辿る。隠蔽対策の頻度は時を追うごとに増していくだろう。
優勝者である最後の一組が決まったその時、果たしてNPCの住民達はどうなっているのか。そもそも街は原型を保てているのか。
そこに思考を向ける事はなく、カレンは業務を粛々と進行させていく。


じき夜が空ける。
箱庭内の聖杯戦争が本格的に開始して丸一日が経った。
深夜と黎明にかけて繰り広げられた乱戦も波が引き、落ち着きを見せ始めている。
サーヴァント戦は夜が本番といっても、マスターには予選時代に定められていた役割(ロール)がある。学生であったり社会人であったりと部類は様々だ。
規則性を破り他のマスターに怪しまれる危険を無くそうと思えば、この時分に積極的な行動は控え休息に入る。
少しでも情報を得ようとサーヴァント単独に行動させたり、夜勤が常である等時間に囚われる必要性のない職であれば話は別だが、接触の機会は目に見えて減るだろう。
よって今はカレンの仕事も穏やかなものだ。NPCに大規模な混乱が見られない以上忙しなく働く必要はない。




「聖杯戦争には、常にイレギュラーがつきものだといわれています」



白く細い指が、虚空に浮かぶウインドウを踊る。
オルガンの鍵盤を鳴らすようにして、軽やかに、厳かに。

945 リブート ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:33:08 ID:r0gE53mM0




「この、月を望む聖杯戦争をはじめとした、世界に複数行われている聖杯戦争。
 その始点、全ての聖杯戦争の原型とされるのが、この冬木の地で生まれた聖杯戦争。
 ですが、その冬木でさえ完全な形で儀式が完遂され聖杯―――願望器が優勝者の願いを叶えたという記録は、アークセルには存在していません」



そこには多くの画面が映っていた。
NPC達のものではない。より細かで、価値の高い、膨大な密度のデータが行き交っている。




「はじめは召喚した英霊を制御できず、儀式ですらない殺し合いで無為に終わった。

 次回はルールが整備され戦争の体が成っても、徒に時間ばかりが過ぎ去った。

 三度目は、始まって真っ先に手に入れる器が壊れ全てがご破算。
 
 四度目は比較的まっとうに続いた形であったけれど、前回で生んだ歪みが全ての前提を覆した。
 
 そして五度目は、それまでの負債が回って完全に破綻した」



言葉を紡ぎながら、作業を滞らせる事なく。聞かせる聴衆も子羊もいない、伽藍とした講堂には音色だけが反響する。



「魔術師ではないマスター。規格外のサーヴァント。
 英霊の座からの来訪者を使い魔と定義付ける事により起こる様々な弊害。
 神域の魔術師が集まり造り出した聖遺物とはいえ、たった五度の施行で見えた傾向などたかが知れてるというもの。
 予測外の事態が出るのも当然のことでしょう。ええ、なら、今回もそういうことなのでしょう」



―――いや。
果たして聞き届ける者はいた。迷い人ではなく、彼女と職務を同じくする信仰の徒が。
赤い絨毯の身廊に立つ鎧姿の少女。カレンは独り言ではなく、そこにいる人物に向かって言葉を送っていた。



「そして、彼女がそれである。ということかしら、ルーラー?」



ステンドグラスから差し込む月光に眩く照らされる、鎧装束に身を包んだ少女。
夜に溶け込むような銀色のカレンに対して、幻想的な芸術画を思わせる金砂の髪。
どちらも、神の家に置かれるには似合いすぎるぐらいには神聖ではあろうが。

サーヴァント、ルーラー、ジャンヌ・ダルク。
異常の見られた現場に直接赴き判断を下す聖杯戦争の"裁定者"は、事態を収拾し拠点である教会に還ってきていた。

946 リブート ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:34:25 ID:r0gE53mM0





◆◆◆◆




『冬木の聖杯戦争』における教会には、ふたつの役割がある。
神秘の隠匿、サーヴァントの戦闘により起きた被害の事後処理。表社会に魔術の存在を知られてはならないという絶対の法。
歪めた情報を報道に流しての隠蔽、暗示による記憶操作、時には被害を受けた公的組織へ補填する等して徹底的に真実を闇のままに封じ込める。

そしてもうひとつは、サーヴァントと令呪を失い、聖杯戦争から敗退したマスターの保護だ。
他にマスターを失いはぐれたサーヴァントが出た場合、聖杯は新たに契約者候補に令呪を再配布する。
だがマスターに適合する資質の都合上、自然と新たに選ばれるマスターは以前にマスターであった人物が選ばれる傾向が高い。
その為、万全を期するなら他のマスターはサーヴァントを失ったマスターであっても殺そうとし、狙われる側も駆け込み寺を必要とする。
その用意として教会内には幾つかの客間が設けられており、その時の名残として、この電脳上の冬木教会にもセーフハウスの機能がつけられていた。
ここは上級AI、裁定者の権限が届く地帯。余剰リソースを与え実在証明の楔を打ち込めば、教会の敷地内にいる限り、サーヴァントを失ったマスターでも消滅を免れられる。


「まさか、本当に使う機会があるだなんて思ってもみなかったけれど」
「ごめんなさい。急に客間の用意を頼んでしまって」

カレンの零したように、本来これは使われる事はないとされていた機能だ。
なのでルーラーから『空いた部屋の準備とリソースを使用させて欲しい』と連絡があった時はどうしたことかと思ったものだ。

「ああ、そこはいいのよ。下働きは慣れていますし。
 私というAIの元になった人物も、そういう奉仕に従事していたようですし。
 私が言いたいのは―――その理由のほう」

すぅ、と目を細めルーラーを見据える。
睨むというほどではない透明な金の瞳は、なのに見る者に息苦しさを与えるような意を含んでいる。

「マスター・宮内れんげの教会での保護。
 中立であるべきルーラーがサーヴァントを失ったマスターを、それも違反行為を犯したサーヴァントのマスターを自ら匿うだなんて、本気かしら?」

南東の森でルーラーが保護して連れてきたれんげは、用意した客間で既に眠っている。
ただの子供の身で深夜の時間まで起きていたのだ。聖杯戦争を自覚していなくても心身の疲労は募っていて当然だ。
ひとまずカレンの承諾を得てから簡易的に身体スキャンを行い、部屋に案内して着替えさせるなりベッドに潜り、ものの数秒で熟睡に入ってしまった。
目が覚めるのは朝方か。子どもは眠るのも起きるのも早いものだ。

947 リブート ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:35:09 ID:r0gE53mM0


「ええ。本気でなければこんな決定は下しはしませんよ」

叱責・諫言ともいえるカレンの言葉にも、ルーラーは紫水晶の瞳を翳らせることなく答えた。

「―――方舟に乗り込む以前にサーヴァントと契約。記憶も失わず、NPCのロールも保有していないマスター、ですか」

道すがらにれんげから今までの簡単な経緯を聞いたジャンヌからの報告に、カレンも怪訝な表情をする。
それだけ、このマスターが異常極まるケースであるのを物語っている。

「契約が消失した後になっても自己崩壊の兆しは皆無。霊子を保っているだけならば前例のケースがあるけれどそもそも対象が不明、前者についてはまったくの想定外。
 確かに、イレギュラーの塊のような参加者ね」

サーヴァント無きマスターの生存の抜け道。それ自体は存在する。
過去に裁定者二人が直に目撃している、岸波白野を介した、遠坂凛と白野のサーヴァントとの疑似的パス共有だ。
凜自身のランサーを失って新たなサーヴァント・アサシンと契約するまでの僅かな時間ではあったが、肉体が消える兆候は現われなかった。
これは然程の問題もないとして裁定者側も認可していた。では一体れんげと契約を繋いでいるのはどのサーヴァントなのか。
更に問題とするべきはそれ以前の話。
方舟外でサーヴァントが活動して、第三者に『木片』を渡して召喚されたという、異例の事態についてだ。

「カレン。彼女について、分かったことは?」
「上級AIの権限でマスターの情報は取得しています」

浮かび上がるウィンドウに情報が記載される。
身体スキャンで得たれんげの内部データ。そして、カレンが持ち得る聖杯戦争参加者の詳細データだ。

「宮内れんげ。旭丘分校小学1年生。奇特な思考回路を持ち周囲を困惑させる発言をするものの成績は優秀。好物はカレーライスで苦手なものはピーマン。口癖は「にゃんぱすー」」
「……それ以外は?」
「飼っている狸の名前は「具」ですね」
「ほ、本当にそれだけなのですか!?」

実にのんびりとした情報(マトリクス)であった。ルーラーも思わず突っ込んでしまう。
AIに虚偽の申告は許されず、また不可能。彼女らに課せられた基本則はルーラーも理解しているが、それにしてもあまりにもな結果である。

「ないものは出せません。彼女の個人情報はそれで全てです。
 それとも細かな思考ルーチンや地上での行動ログも閲覧しますか?退屈なだけの日々なのに、愉快なものを見ている気分になれますよ」
「では、本当に彼女は―――」

虚偽は述べていない。隠された真実はない。それがれんげの全てであるということは。
悪意の扇動者に出会う因果がまったく見つからないというのなら。

948 リブート ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:36:01 ID:r0gE53mM0


「肉体の魔術的特質、魂の因果的資質、いずれにも反応なし。
 神秘に触れる環境下にもなく、特殊な過去も経験していない。
 意思なく資格なく、唐突に現われた悪魔に謀れ、流されるままにアークセルに乗り込んでしまった迷い子、いえ、密航者とでもいうべきかしら」

密航者。
参加権である木片は持っていても経緯が不条理だ。イレギュラー扱いもやむなしである。
だからそう呼ぶことは、ある意味で間違いではない。

「……資格なき、とは違うでしょう。彼女もまた一人のマスターであったことには変わりありません」
「ええ、そうね。彼女もれっきとしたマスター。それは事実。
 そして既にサーヴァントを失った敗退者でもある。本来ならとうに消滅し、魂は在るべき場所へ帰還しているはずの残滓なのに」

自ら戦うと決めたわけでなく、強制的に連れてこられたマスターを知っている。
魔術や異能の素養がなくても、戦おうとするマスターが存在する。
れんげよりも幼い子供のマスターだっていたのだ。
能力や意思に依らず、ここに集ったマスターには誰もが聖杯に触れる資格を持つべきだ。
あの交渉の場で、本多・正純にも語った言葉だ。

「あの子をこのまま消しはしません。見つけた異常を是正しなければ、それこそ運営の綻びの温床となりかねません。
 多くの謎が残っている。方舟の中を通れてしまうだけの抜け道が出来ている。それを確かめなくては。そうでしょう?」
「私情で生かすのでなく、聖杯戦争を恙無く運営させる裁定者として宮内れんげは活かすべき、と?」
「マスターとしてより、ただの子供として見ている。そこは否定しません。救えるものならそうしたいとも」

子供だからという贔屓。捨てられない感情はある。さりとて感情に走って差配を誤るほど子供でもない。
伝えたいのは、あの子は罰を受けなくてはならないような事をしたわけじゃない、ということだけで。

「それだけではない―――彼女が関わる啓示でも見えた?」
「……わかりません」

今度は、答えるまでに少しだけ間があった。

「見えた景色がある。夜の街と鈍い光。その中を動く影を追う中で、彼女を見つけた。
 けどそこにどんな意味があるか、どう捉えるべきか……今は測りかねています」

降りた啓示をどう受け取るかは当人の解釈による。
同じ光景を見た二者が、様々な差異から違う行動を取ることもあるだろう。
ルーラーはれんげを見たわけではない。ただ夜の街のざわめく様を俯瞰して、そこに潜む歪みの原因を追いに向かった。
しかしその根源たるベルク・カッツェは一足先に退治され、待っていたのはマスターであるれんげだった。
そしてルーラーをれんげの元に導いたのはアンデルセン神父。ランサー・ブラド三世のマスター。同じ神を信じる同士によって。

因果の線はあまりに複雑に絡み合っている。幾重にも積み重なって螺旋に捻れて、どんな結果を招くか見当もつかない。
あの時は保護を優先して手を取ったけれど。今更になって思いを巡らせてしまう。

生きているが死んでなければいけない者。敗残者にして廃棄物。
それが今のれんげの立場だった。存在と無の曖昧な境界線、その上に立っている曖昧な命。
今も現世に繋ぎ止めている、孤城の主と同じように。

力と呼べる一切を持たず、戦う意志すら皆無の幼子。悪辣な英霊に誑かされ巻き込まれた哀れな被害者。その認識で正しいはずだ。
それ以外に、いったいどんな価値を見るというのか。

949 リブート ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:37:35 ID:r0gE53mM0



「それでも、何度やり直すことになっても私はこの手を伸ばしたのでしょう。そこだけは、後悔はありません」

受け入れるリスクや矛盾、全てを承知の上で。
街の誰も記憶していない、何処にも行く事のできない、ひとりぼっちの魂。
世界にとってないに等しい小石を"在る"のだと、ジャンヌは信じて肯定する。

納得に足る理屈は幾つもある。けれど動いた理由はたったひとつで。結局それだけで迷いは晴れてしまう。
愚かな女だと自身(ジャンヌ)は思う。それでこそ聖女に相応しいと誰かは喝采する。
啓示の導かれた行動は正しい道筋に辿り着く。それは呪いにも似た宿命を見た者に背負わせる。
たとえその通行料に幼子の犠牲が含まれているとしても。


「そう。ならこれ以上、私から言うことは何もありません。
 積極的に肯定はしませんが、あなたの願いが叶うのを祈るぐらいはしてあげます」

カレンはジャンヌのマスターではない。同じ神を信じる徒であり、同じ裁定の任の同士であるが、それぞれが別個の人格だ。諫言はあっても強制の権限は持たない。
時には意見を違えることもあるし、それが相互に変化を及ぼす場合もある。
現にエラーは生まれている、どうあれ対処は必須だ。最大の手がかりを手放すべきではない。れんげを調べることは役割上外せない。
裁定者の枠組みを外れた動きでもなし、保護も正常な対応だろう。
それにあの子がマスターの資格を持つのなら―――試すことは、多い。

「まあ、これを知った外野がまた藪をつついてくるかもしれないけど」
「……重ね重ね迷惑をかけてごめんなさい」
「一度こうと決めたらてこでも動かない、周囲を巻き込むのも構わず爆進―――――ふふ、オルレアンの乙女らしくなってきたわね」
「わかりました、わかりましたから……!生前のことをそんなにつつかないでください……」

すると、通知音と共に、窓に映っていた無数の画面が消えた。
代わりに現れるのは一つの盤面だ。チェスの駒のように整理された名前。
そのうちの幾つかは、赤い壁に覆われるようにして塗り潰されている。

消せぬ死線(デッドライン)。魂の切れ緒。既に敗れた脱落者の情報。
サーヴァントもマスターも、この箱庭で消滅した参加者は全て克明に記録されている。
これらの死の羅列を以て方舟は一対の選別の材料とするのか。それはルーラーには分からない。
ルーラーはそれを見上げた。これは進行の証であり、あるいは罪の形でもある。ただ逸らさずに受け止める。


「いずれにせよ、夜がもうじき終わる。
 イレギュラーはあれど状況は順調に進行。脱落者は全体のおよそ三分の一。
 この調子なら、四日目を待つまでもなく勝者も決まるでしょう。我々も、あくまで我々の職務を続けていくまで」


願いは飛翔する。遥かな月を目指して大空を駆ける。
誰彼の持ち込んだ願いを運ぶ、二十八対の渡り鳥。
翼は砕け、道半ばで飛ぶ力を失い、固い海原に叩きつけられる未来しか待っていなくても。



「虚ろな揺り籠に微睡むのではなく、夢が届く新天地に至るために、貴方達はここに集ったのだから」

950 リブート ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:38:15 ID:r0gE53mM0





再開の時は此処に。
月を望む巡礼の旅人よ。辿り着く日まで、どうか足を止めないで。






「さあ、聖杯戦争を続けましょう――――――」

951 リブート ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:41:36 ID:r0gE53mM0




【D-5/教会/2日目 未明】

【カレン・オルテンシア@Fate/hollow ataraxia】
[状態]:健康
[令呪]:不明
[装備]:マグダラの聖骸布
[道具]:リターンクリスタル(無駄遣いしても問題ない程度の個数、もしくは使用回数)、移動キー(教会内の燭台、月海原⇔教会の移動可能)、???
[思考・状況]
基本行動方針:聖杯戦争の恙ない進行時々趣味。
1.キャスター(ヴォルデモート)との会談について話す。必要なら職務の手伝いも。
2.ルーラーの裁定者としての仮面を剥がしてみたい。
3.言峰綺礼に掛ける言葉はない……があのキャスター(ヴォルデモート)との接触には複雑な感情
4.れんげの保護はひとまず了承
[備考]
※聖杯が望むのは偽りの聖杯戦争、繰り返す四日間ではないようです。
 そのため、時間遡行に関する能力には制限がかかり、万一に備えてその状況を解決しうるカレンが監督役に選ばれたようです。他に理由があるのかは不明。
※管理役として、箱舟内のニュースや噂などで流れる情報を操作する権限を持っています。
→操作できるのはあくまで「NPCの意識」だけです。報道規制を誘発させることはできますが、流出してしまった情報を消し去ることや、“なかったこと”にすることはできません。
※教会には『地上での冬木教会の機能』として敗退マスターを保護するための機能が残されています。本来は使用される想定のない機能です。


【ルーラー(ジャンヌ・ダルク)@Fate/Apocrypha】
[状態]:健康
[装備]:聖旗
[道具]:???
[思考・状況]
基本:聖杯戦争の恙ない進行。
1.???
2.れんげを教会で保護する。
3.その他タスクも並行してこなしていく。
4.聖杯を知る―――ですか。
[備考]
※カレンと同様にリターンクリスタルを持っているかは不明。
※Apocryphaと違い誰かの身体に憑依しているわけではないため、霊体化などに関する制約はありません。
※カッツェに対するペナルティとして令呪の剥奪を決定しました。後に何らかの形でれんげに対して執行します。
※バーンに対するペナルティとして令呪を使いました。足立へのペナルティは一旦保留という扱いにしています。
※令呪使用→エリザベート(一画)・デッドプール(一画)・ニンジャスレイヤー(一画)・カッツェ(一画)
※カッツェはアーカードに食われているが厳密には脱落していない扱いです。
 サーヴァントとしての反応はアーカードと重複しています。


【宮内れんげ@のんのんびより】
[状態]ルリへの不信感、すいみん中
[令呪]残り1画
[装備]なし
[道具]なし
[所持金]十円
[思考・状況]
基本:かっちゃん!
1.かっちゃんあっちゃんはっきょくけんが帰ってくるまで待ってるん。
2.るりりん、どうして嘘つくん?
3.はるるんにもあいたい
[備考]
※聖杯戦争のシステムを理解していません。
※昼寝したので今日の夜は少し眠れないかもしれません。
※ジナコを危険人物と判断しています。
※アンデルセンはいい人だと思っていますが、同時に薄々ながらアーカードへの敵意を感じ取っています。
※ルリとアンデルセンはアーカードが吸血鬼であることに嫌悪していると思っています。
※サーヴァントは脱落しましたが、アーカードがカッツェを取り込んだことにより擬似的なパスが繋がり生存しています
 アーカードは脱落しましたが、彼は"生きてもいないし死んでもいない"状態に還ったので、かろうじてパスも生きています。
※教会によって保護されています。教会内にいる限りは消滅の心配はありません。

再開の時は此処に。
月を望む巡礼の旅人よ。辿り着く日まで、どうか足を止めないで。






「さあ、聖杯戦争を続けましょう――――――」

952 ◆HOMU.DM5Ns :2018/06/24(日) 23:43:33 ID:r0gE53mM0
投下終了です。細々と続いていきますがよろしくおねがいします

953 名無しさん :2018/06/26(火) 02:15:06 ID:trBXbshE0
投下乙です。
教会に匿われて、これでれんげもひとまず安心といったところでしょうか。
様々なイレギュラーが重なった彼女は本当にただの被害者なのか、やはりジャンヌも疑問なようで。
れんげという謎を残したまま、聖杯戦争はいよいよ二日目を迎えるのですね……。
タイトルの「リブート」も相まって、今後の展開にも期待できる一作でした!

954 名無しさん :2018/06/26(火) 14:11:38 ID:LSwoFV.I0
投下乙です!
好きだったスレなので続いてくれて嬉しい

955 名無しさん :2018/06/28(木) 22:01:57 ID:dSsEuOPQ0
アニロワifのWikiが荒らされてますよ

956 名無しさん :2018/07/08(日) 19:38:57 ID:9GEXMGpU0
投下乙です
まさか更新が来るとは思わなかった、れんげが教会に保護されて良かった麻婆じゃないから安心できるぜ

957 名無しさん :2018/07/09(月) 02:07:04 ID:U0bUqTGc0
投下おつ!
二次二次の復活にふさわしいタイトルからの締め!
冒頭のちょっとした総集編もそんなセリフあったあったになったしシリアスにギャグ混ざってるのもワロタw
れんげはほんまイレギュラーだもんなー
色々先が楽しみになる雰囲気作りだった

958 ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:17:59 ID:lIxk.IbY0
投下します

959 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:19:34 ID:lIxk.IbY0

   ▼  ▼  ▼



雨の強い日だった。
外に出るのも億劫になる、暗い淀んだ空。地面を削るように打つ水滴の音。
そんな悪天候でも、遊びたい盛りの少年にとっては新しい遊び場なのは変わらない。
雨には雨の日の楽しみ方がある。雨合羽に長靴の防水装備で、側溝に浮かんで進む、新聞紙で出来たヨットを追いかけている。
水がある限りどこまでも続くおいかけっこ。しかし遊びは唐突に終りを迎えるもの。流れるヨットはそのまま、用水路に続く大きく空いた溝に流されてしまった。

「僕のお小遣いがドブに!」

なぜそんなものをヨットに入れて流したのか。
急いで溝の傍に駆け寄って中を窺うが、残念ながらとうにヨットは見えない。

「ハァイ、ジョージー」

諦めて立ち去ろうとする少年に、その時陽気に呼びかける声があった。
前には誰もいない――――――と思った瞬間、ひゅうん、と音がした
ピエロだ。白粉を塗りたくったメイク、真っ赤な髪と鼻のピエロが薄暗い排水溝から顔を出したのだ。

「映画『デッドプール』観た?」

ピエロはそう問いかけた。
知らない少年、驚きながらも首を横に振る。

「えー、面白いのに。今ならレンタルやってるよ」
「言うてアメコミでしょ?ガチムチはないわ」
「いやいや、そう嫌厭しなさんなって」

興味無さそうな素振りを見せる少年にも、ピエロは宥めて言葉を続けた。

「ヒーローのデッドプールはおしゃべりで画面の前の視聴者にも話しかけてくるお調子者だ。コミカルで日本人受けもいい。
 でも映画の内容はラブストーリーだ。おちゃらけた孤独なヒーローが愛する人のために命を懸けて戦う王道を行くんだ。どう?」

語る内容に聞き入ってるうち、少年も面白そうに笑顔を見せる。

「面白そう!『インフィニティ・ウォー』観るわ」
「待てや!」

まさかの逆張りにノリツッコミ。
ピエロ、慌てて態度を直してあるものを取り出した。

「これを置いていっていいのかい?」
「僕のお小遣い!」

流されてしまっていたヨット(お小遣い入り)である。
失ったと思った宝物に少年の関心は再びピエロに向く。

960 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:20:20 ID:lIxk.IbY0


「返して欲しければデッドプールを観ろ」

ピエロの脅迫、もとい要求に少年の顔はたちまち渋いものに変わった。

「おぅ……そんな嫌そうな顔しなくても」

本当に嫌そうだった。

「更にお買い得情報もあげちゃう。続編のデッドプール2もレンタル開始だ。
 今度はハートフルなファミリー映画だぞ。予算が出たから演出も大幅アップで新キャラだってたくさん出る。なんとあの超豪華俳優もサプライズ出演してるぞ!」
「ウルヴァリンも出る?」
「えっあっうん」

ピエロ、言い淀む。
少年との間に気まずい空気が流れる。


「デッドプールはいいぞ、ジョージー」


ねっとりとした声で念押しするピエロ。
しつこい誘惑に少年もおずおずと手を伸ばす。少なくともヨットは取り戻したい。


「金枠詐欺の屑十連引くよりも何倍もお得だ。だから―――」


もうすぐ手がヨットに触れようとする直前、


「お前もユキオ沼に沈め!」



代わりにピエロの白い手が掴む。
最後に見たのは、大きく開けた口から覗く、牙が。





―――





ジョージは死んだ。ユキオちゃんの出番が少なすぎたのだ。
でもネガソニックちゃんと常に一緒ながらもベタベタくっつき過ぎない距離感は素晴らしかったと思います。
同性にせよ異性にせよカップルとはこうあるべきものだ。ワイトもそう思います。
どうかお幸せに。






   ▼  ▼  ▼

961 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:21:23 ID:lIxk.IbY0






雨の中でしめやかに行われる葬式の場面に移ったところで、テレビの画面が切り替わった。
テレビショッピングらしき番組では、深夜帯であるのを感じさせないテンションで商品を置いてけぼりに司会が笑顔を振り撒いてる。

「この時間ろくな番組やってねーな。深夜アニメは日本のオハコじゃなかったのかよ。クソアニメ炎上させてやろうと思ったのに。
 お、CCCチャンネルの司会変わってんじゃん。うわ今度は邪悪ロリかよ。この前はジャガーノートみてえなデカ女だったし節操ねーなー」

チャンネル連打して飽きたのか、スイッチを切って最後にリモコンを投げ飛ばす。
衝撃でリモコンは中の電池が外れてバラバラに散っていった。

「ふう、スッキリしたわ。手狭だしブラッドバスもないしで不満だらけだけど、これも庶民のワビサビってやつね。
 ホラ子ブタ、こっち座りなさいよ。話するんでしょ?」

リフレッシュにはなったのか、体を洗って心なしか気分も良さそうだなエリザが、ちょいちょいと隣の席を指差す。

「随分、時間がかかりましたね」
「そりゃあアタシ、アイドルだもの。身だしなみに手をかけるのは常識でしょ?いついかなる時にも見られる用意を忘れないのがプロの気構えよ。
 アナタもレディならちゃんと着飾ってみなさい?アタシほどじゃないけど、素材はいいんだから勿体無いわよ」
「これはちゃんと意味のある服装です。とやかく言われる筋合いはありません」

「そうだそうだ、言ってやれ!今でも十分エロい格好だが、もっとエロい服に着替えれば俺もまたセイバーの身体に興奮できるってな!」
「そうだぜねーちん、堕天使エロメイド霊衣解放のチャンスを待ってる読者(プレイヤー)のためにも今こそひと肌脱ぐ時だぜ。そして着る時だ」
「そしてなぜ意気投合してるんですか貴方達は………………いえ、わかってます。理由はわかってますけど……」

「そもそもお前ら、どうして僕の家に集まってるんだよ……」
「そりゃフラグ体質だからよ。あ、そうだウェイバーたんセーブ確認した?デスノボリ確認忘れんなよ?
 俺ちゃんみたいに死亡地点で復活(リスポーン)できるわけじゃねえんだから。幸運255全振りだから自動で成功してるだろうけど」

エリザとセイバーが話をしたり、孝一とバーサーカーは肩を並べてやんややんやと囃し立てたり。
その脇でウェイバーはげっそりとしていたり。
手狭な部屋は今は随分と賑やかだ。
三組のマスターとサーヴァントが一同に集まればこうもなるだろう。

「ちょっとデップー。アタシ喉乾いたわ。飲み物とってちょうだい」
「えーこのカルピス俺ちゃんが飲みたかったのに。代わりに新鮮なブラッド割りでどう?腕をスパッとすりゃ1リットルぐらい出るよ?」
「イヤよ。アタシ今は節約、もとい節血中なの。それにアナタの血、なんか魚の脂みたいにギトギトして美容に悪そうだし。どうせ飲むなら清らかな少女のが欲しいわ。
 そのーーー本当に必要な時は……気に入った人のなら、ちょっとぐらいはいいけどね?ね?」

「そんなあざといチラッ視線は全スルーですと。じゃあエリちゃん、つまりねーちんならOKってこと?白い花咲かせちゃう?
 いいよどんどんやってこうこの業界そういうの寛容だし。なにせトップのハゲが……これはいいか。
 あ、吸うのはおっぱいからが伝統だから忘れないでね」
【ネガソニ×ユキオいいよね】【おい誰だ今の】
「……んー、そうね。確かに血は美味しそうだけど、ちょっと好みからは外れてるわね」
「今とても失礼な誤解をされた気がするのですが。違いますから。そもそも英霊に年齢とか外見とかあまり関係ないのでは?」

他愛ないやり取りに、月の裏での生徒会活動を思い出す。
レオが普段とは想像もできない弾け方をして主に凛が被害に遭い、ラニが追い打ちをかけ、ガウェインは爽やかに流してユリウスがフォローに回っている。
隅っこではガトーが暑苦しくも回線越しにジナコにかまい、またにシンジも来たりする。
ムーンセルでは無かった出来事になり、憶えているのは自分だけになった記憶。
けれど過去がないこの体にとっては、抱きしめるように仕舞い込んだ楽しい思い出だった。

962 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:22:16 ID:lIxk.IbY0



「さて……それでは始めても宜しいでしょうか」


気を取り直したセイバーは全員を見渡してから一息置いて、意を決したように話を切り出してきた。


D-6マンションのキャスター戦からの付き合いになる、ウェイバー・ベルベットと覆面のバーサーカー。
さっきコンビニで知り合った、真玉橋孝一とウェスタンルックのセイバー。
そして自分とエリザ。

3組で小さなテーブルを囲む。真ん中にはさっきコンビニで買ったサンドイッチに各種お菓子類。
戦いもせずここまでマスターとサーヴァントが集うのは、ここでの本来の聖杯戦争では珍しいだろう。
それというのも目的は戦闘ではなく話し合い、情報の共有だ。



「前置きを抜きにして伝えます。我々の目的は、聖杯戦争を変えることです」



「は、はぁ?」
「聖杯戦争を変える?どういう意味、それ?」

ウェイバーとエリザの困惑ももっともだ。かくいう自分も最初聞いた時は似たような反応だった。

「簡単だ。俺は聖杯が欲しい。それを使ってどうしても叶えたい願いがある。みんなのおっぱいを幸せにしてやりてえんだ」

疑問への答えは孝一が答えた。
「おっぱ…………は!?」と狼狽えるウェイバーを他所に孝一は続けて言葉を重ねる。

「けど、その為に誰かを殺して、殺して回って手に入れるなんてのは真っ平ごめんだ。
 おっぱいはな、やわらけえんだよ。恭子のおっぱいがなけりゃダイミダラーのコクピットもあんなに虚しいんだ!
 おっぱいの為に命が犠牲になるなんて、絶対にあっちゃならねえ!」

グッ、と拳を握って力説する。
節々の言葉のおかしさは置いといて、その言葉には偽りではない熱があった。
邪ではあるが邪悪ではないとでもいうのか、清々しくなるほどに真っ直ぐで、裏など見えない思いが気迫。

「だから俺はどっちも取る。おっぱいがふたつあるなら両腕で揉めばいい、それと同じだろ!
 ここの聖杯戦争で人が死ぬっていうなら、そこから変えさせる。無理なら脱出して別の場所でやりゃあいい。
 俺は何度も別の世界ってやつを見てきたし、行ったこともある。だったら可能性はゼロじゃねえ。ゼロじゃなけりゃあ、なんとかなるはずだ。
 無理とか無茶だとかは聞かねえ。俺は聖杯戦争でこうするって決めた。だからその為に動く。それだけだ!」

963 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:22:51 ID:lIxk.IbY0


聖杯戦争に優勝する、というのではなく、ただ否定するだけじゃない、第三の選択肢。
聖杯戦争という枠組みを覆す、という方針を孝一とセイバーは掲げるのだ。
聞いただけでは突拍子もない計画だ。とても実現するとは思えない。
まるで水面に映った月を掴むような行為。
そんな無謀をしようとしていた存在を―――自分は知っていた。

「ああ―――そういうこと。BBがやろうとしていたのと、似たようなことをやるつもりなのね」

エリザもやはり、同じ相手と結びつけていた。
月の裏のサクラ迷宮。暴走した上級AI、BB。
彼女が冒した無謀な違法(チート)の数々による、ムーンセル中枢への侵食事変だ。

戦いを回避できるとしたらそれが一番理想的な結末だ。
だが自分達は既に知っている。ムーンセルのシステムを改変する事が、どれだけ重い代償を支払う羽目になるのか。
百数十体ものサーヴァントを取り込み、女神の権能を手に入れたBBですら致命的な故障(バグ)を負ってしまった。
■■■によって狂わされ、あらゆる制約を破ったBBは現実の地球人類を絶滅させるようムーンセルを運営した。
異星文明の遺物であるムーンセルの防壁を破るのはそれほど厳重なのだ。
それを侵食するとすればそれこそ同じ、異なる文明の飛来物のような特例でしかない。
アークセルとムーンセルは別の存在だ。けれど平行世界を渡り泳ぐ方舟、強大極まるのはどちらも変わらない。
あの出来事を知る身としては、慎重に考えざるを得ない。


「……何だよ、それ」

零れた声が、いっとき静まった部屋に小さく響いた。
ウェイバーのものだ。
表情は困惑を超えて、わけがかわらないといったように憔悴している。

「戦う気がないって……じゃあお前、なんで聖杯戦争に参加したんだよ!」
「なんでって……ペンギン帝王からこいつを貰って、とんでもなくエロいイベントがあるって聞いたからさ」
「ふざけるなよ!そんないい加減な理由で……」
「じゃあさウェイバー、お前は何の為に聖杯が欲しいんだ!?」
「え……」

なおも食ってかかろうとしたウェイバーだが、孝一の言葉に頭から水を浴びせられたように急に動きを止められた。

「お前の願いは、おっぱいを奪う事より大きいっていうのか!?巨乳好きかよお前チクショウ俺だって大好きだ!」
「お―――胸の事ばっかり言うなさっきから!」
「え、ウェイバーたん巨乳派だったの?事件簿でバディがグレイたんだったしロリショタ派だと思ったのに。
 それとも将来に向けてゲンジ・ヒカル計画でも立ててる?確かにスゲエもんな乳上」
「勝手に人の性癖を決めるな!あと誰だよグレイって!」
「そうですね。まずはそこを知っていなければ我々の話も進まない。
 貴方方の、聖杯に託す願い。それを教えては貰えないでしょうか」

興奮する孝一(そしてバーサーカー)を制しながらセイバーは、全員に向けてそんなことを尋ねてきた。

964 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:23:19 ID:lIxk.IbY0


「私は―――少しでも多くの人が幸せになれる未来を求めてサーヴァントとして現界しました。
 絵空事と笑われてもおかしくないとしても、私はそれを諦めきれない。この魔法名(な)の誓いを捨てる気はない。
 そういう意味では……あくまでそういう意味のみでしたら、マスターと共通した願いであるといえます。
 ですから――――――それが人と世を乱す邪悪でない限りは、皆の願いも叶えられるべきである。私とマスターはそう考えています」

つまり、セイバー達の望みを叶えることは、他の願いも聖杯に受け入れられる結果に繋がるかもしれない、ということだ。
みんなを幸せにする。曖昧で、明確な境界線が無い、魔法のような言葉。
心からそれを願いだと口にしたセイバー。あるいは奇蹟によって名を残した、聖人のような英霊なのかもしれない。

「子ブタ。コイツらのこと、信用するの?」

自分の中で最も冷え切った部分が、彼らと共にいる危険性を警告している。
現状、二人の目的は具体性に欠いたものだ。
聖杯戦争の改変、打破は方舟への反逆の方針だ。裁定者であるルーラーと対立する結果もあり得る。
目標が一致してるのは途中まで。最後にどうなるかまでは未知数だ。どこかで、道を分かつかもしれない。

鋼となった血肉。叩き上げられた精神。
表の聖杯戦争。戦いの王の後継者を育てるべく改竄された熾烈な生存競争の勝者としての感覚。
それらの全てが、他者の夢想に付き合い破滅する愚を訴える。


隣に座る少女を見やる。
魔性の角。染み付いて落ちない血臭。落ちに堕ちた半英雄。
けれど今は頼もしい味方である、自分のサーヴァント。

「な、なによ、そんなにまじまじと熱っぽい視線で見つめて……。
 ひょ、ひょっとしてどこか変なとこある?鏡チェックしたわよちゃんと?」

そう。駆け抜けてこれたのは、ただ勝つことを目指したからじゃなかった。
敵だった相手、戦う仕組みだけの相手に手を伸ばしたこともあった。結果としてエリザのように並び立つ関係になってもいる。
聖杯戦争のルールに則り勝ち上がりながらも、最後にはその頂きに立つ何者かを否定した。
そうしたのは単純な理由、命が失われるから。
先程まで話していた相手が、今は世界のどこにも存在しない。
その声も姿も意志も願いも、二度と還らない。
対戦者を倒す度覚えたあの喪失感と痛み。戦争を否定する理由なんてそれだけで足りている。
きっと理屈じゃない部分で、自分はそういう風に出来ている。

965 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:23:45 ID:lIxk.IbY0


「――――――ま、そうよね。アナタがそうする男だから、アタシも少しだけ救われたんだし。
 先に言っとくけど、アタシの願いはこの子ブタに力を貸すコト。
 永遠に救われないアタシに許された、許されないはずの贖罪の機会。そのためなら田舎から金星まで今は地道に巡業中ってワケ」

溌剌としたエリザの言葉に心が軽くなる。
自分の願い、先程セイバーに伝えていた通りの答えを改めて告げる。
喪われた記憶を取り戻す。方舟の真相を、聖杯戦争の謎を解き明かす。そのためになら、協力関係を結びたい。

「―――ありがとうございます。助力に心から感謝します」

姿勢を正してセイバーが頭を下げる。
孝一は気持ちのいい笑顔を見せて親指を立てていた。

「ああ、よろしくな白野。しかし幸先がいいぜ。いきなりペンギン帝王に近いやつに会えるなんてな!」

ペン………………なんだって?
いま、とても不思議な響きの言葉を聞いた気がする。

「気持ちはわかります。すみません、後で説明をしますので」

こちらの主従も中々大変そうだ。主にサーヴァントの気苦労の面で。
ともかくこれで同盟成立だ。一日が経ってからようやくのそれらしい前進、結果何が待つかはまだ不明瞭だが、最初の一歩といえるだろう。


「じゃあ、次はウェイバーだな。お前、聖杯に何を願うんだ?」




   ▼  ▼  ▼



ウェイバー・ベルベットが聖杯戦争に挑む理由は明らかであった。
若輩ながら才ある己を歴史の浅さから顧みもしない魔術協会へ痛烈なカウンターを浴びせる。
権威も肩書も意味を成さない実力勝負、自らの力量を魔術世間に知らしめる一大好機と見て、偶然手にした聖遺物―――
師にあたるケイネス・エルメロイが聖杯戦争に参加するにあたって取り寄せていた触媒を用いて海を渡って舞台たる日本に向かっていた。
全ては自分が一流の魔術師であるのを証明するため。
魔術の歴史に不朽の名を残すべく、生を受けたこの身の不条理を覆すべく全てのチップを賭けたのだ。

966 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:24:17 ID:lIxk.IbY0


「……」

いまウェイバーは問われてる。なんのために聖杯戦争に参加したのか。聖杯を手に入れ何を願うのか。
魔術師としての名声と誇りを手中に収める。あるいは欠けている魔術の力量を埋めるよう願うでもいい。
魔術師なら誰もが口を揃えてそう言う。なんら恥じ入るものではないはずだ。
なのにいつまで経っても、ウェイバーの理想は言葉にならず口ごもるばかりだった。

―――なんなんだろう、コイツらは……

目の前の二人のマスターは、正式な魔術師ではない。
白野は魔術戦では何らかの礼装に頼ってるらしく、本人の技量は大したものではない。
孝一に至っては煩悩まみれの単細胞だ。どうしてこんな奴がここまで残ったのが不思議でならない。
そんな二人は、聖杯戦争の改変を目指すとのだという。
方舟のシステムを探求し、誰も犠牲にすることのない場所で聖杯戦争を再開させるのだと。

現実の見えてない絵空事と一笑に付せばよかった。ここに来る前のウェイバーなら考えるまでもなくそうしただろう。
それがもうできないでいるのは、彼らが『戦う者』の目をしていると感じ取ったからだった。

岸波白野。見るべきものもない、どこにでもいそうな平凡な印象の少年。
彼はこことは違う『月の聖杯戦争』に参加し、そして最後まで勝ち抜いたのだという。
更には月の裏などという、得体の知れない体験もしているらしい。
それが虚偽や虚仮威しでないことは、これまで見た戦いで十分理解している。
ニンジャのアサシン戦で見せた肝の据わりようと、戦術の指示の冴え。幾度となく死線を超え、逆境を乗り越えたた戦士であると証明していた。

あの真玉橋も、いつもの巫山戯た調子は完全に鳴りを潜めさせて熱弁を振るっていた。
そこには希望的観測ではない確信が伴っており、世界を移動云々も信じさせてしまう謎の説得力がある。
あんな間抜けですら、本人なりに命を懸けて、掴んだ成果があるというのだろうか。
そしてそんな両者と比して―――今の自分の有様はどうか?

地上の冬木とは違う、月を望むアークセルの聖杯戦争に招聘される羽目になったのを皮切りに、ウェイバーの目論見はいとも容易く瓦解した。
召喚されたのはまるで制御の利かないバーサーカー。お喋りで意味不明な発言を吐き出す品性下劣な男。
勝手に行動して戦闘してたのを令呪を消費してまで呼び戻し、また勝手に行動してアサシンと戦闘し、マンションのキャスター討伐では魔力の過剰供給に嘔吐した。
ブレーキの壊れた車の如き無軌道ぶりにウェイバーは終始振り回されっぱなしだった。
一度としてこの暴れ馬を制御できた試しがない。常にやってくる問題に受け身になるしかなく、ウェイバー自身の意思で行動できた事は数えるほどもなかった。

967 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:24:45 ID:lIxk.IbY0


「ぼ、僕の望みは……望みはな――――――」

自著の論文を講義にひけらかせてとわれれば堂々とやってのける自信があるのに、いまは胸がつかえたように言葉が出ない。
とどのつまり、ウェイバーはとてつもなく場違いなのだと感じ始めていた。
二人が方舟では異端の立場だとしても、自分の卑小さを散々見せつけられた形となった今となっては、沽券にこだわる自分がどうしようもなく無様に見えたのだ。
時間が経つごとに葛藤が胸を焦がす。
時計塔でケイネス講師に屈辱的に痛罵された時とも、戦場でバーサーカーに振り回された時とも違う未知の感情が熱となってウェイバーの内面を蝕んでいく。

「オイオイお前ら次作書くのに前作見直してないのかよ。映画のあらすじ見ないで視聴しちゃうタイプ?
【スキップしますか?】のアイコン見えてないの?
 俺ちゃんはFate作品にデビューお願いしたいから事件簿で主人公やったり他作品出ずっぱりのウェイバーたんをマスターに選んだって言ったじゃん。
 外部コラボ頑なに拒んでるけど俺ちゃん映画の例もあるし金チラつかせればいけるって」
【つまり実写映画化か】【やめろ『DRAGONBALL EVOLUTION』の比じゃねえぞ】

そして悩みの種である当のバーサーカー、デッドプールは空気を読まず、お喋りな口を割り込んできたのだった。


「デップー、うるさいわよ。口を糸で縫い付けられたいの?今はアナタのマスターに聞いてたんじゃないの」
「喋らない俺ちゃんとかエリちゃん拷問えげつねえな。糸の出せなくなったスパイディかよ。
 そんなんされたらタイムマシン使って過去の自分撃ち殺したくなるわ」

……信じがたいことだが、さっきから白野のランサーだけはバーサーカーとある程度会話が成立しているようだった。
「類友……」と白野が誰にも聞こえない声量でぼそりと呟いたのをウェイバーは聞いた気がした。

「スパイディ(蜘蛛男)?なに、アナタNY出身の英霊なの?やだ、アタシの名前ってそっちにも知れ渡ってるの?
 流石アタシ、気づかない内に英霊界のハリウッド進出を果たしてたなんて……!」
「ああバリエーションの多さは人気キャラの証だ。ハロウィンにもビキニ勇者にもメカにもなってるし量産もされてる。
 しかし魔○村からメカゴ○ラとか作者何考えてんだろうな。ヤバイ吹き出しでも見えてる?
 多分次のハロウィンはゾンビとかだぜ。定番だよなズンビーヒーロー」
「メカってなによーーーーーーーーー!?ゾンビになんか死んでもならないわよ!?
 それじゃあ、イロモノのヨゴレ芸人みたいじゃない!」
「えっあっうん」
「否定しなさいよーーーーーーーーーーーーーー!!」
「ッッ!ああもううるさいうるさい!」

968 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:25:24 ID:lIxk.IbY0


ランサーの壊れたラジオじみた叫び声とバーサーカーの異界の言語じみたスラングの嵐。
悪夢のコラボにキンキンと痛む耳鳴りに晒される内に、とうとうウェイバーの苛立ちは頂点に達した。

「なんで勝手に僕がおまえらに協力する話で進んでるんだよ!
 方舟がなんだとか、聖杯戦争を変えるとか人助けとかッ、僕はな、そんなのはまったく、これっぽっちも興味はないんだ!」

自分でも説明のできない巨大な感情を吐き出す。癇癪といわれようと構わない。
自分の首を絞めると思考で分かっていながらも、言わずにはいられなかった。

「お、おいどうしたウェイバー。欲求不満か?」
「いいから出てけよ……僕はお前たちに協力なんかしないからな!絶対だ!」

席を立って拒絶を示すように踵を返す。自分から逃げてるようだ、とは努めて考えなかった。



「ウェイバーたん……それってテンプレ?」
「絶対だからな!」


返事を待たずに扉を締める。
白野も、孝一も、何よりも目障りなバーサーカーをとにかく視界から遠ざけたかった。
流されるまま流されて波に飲まれて消える自分の惨めさだけが、ジグジグと鈍痛になって残っていた。




   ▼  ▼  ▼



「くそぅ、ウェイバーのやろう何が悪かったっていうんだ……もうエロ本や覗きじゃ物足りないっていうのかよ……!」

仕方なく取り付く島もないウェイバーを置いて外に出る。
夜はまだ更けているが、そう遠からず日の出が見えてくる頃合いだ。

「少し、話を急かしすぎたようですね……」

ウェイバーに拒絶された理由は、彼の動機に不用意に触れてしまったからだ。
誰にだって触れられたくない心の部分がある。それが願いとなるほど真摯に思うものならなおさらのこと。
聖杯戦争に挑む者とは誰もがその決意を抱えた者達だ。自分や孝一はいわば異端の立場のほうだろう。

969 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:25:57 ID:lIxk.IbY0


「まったくだわ。礼儀もなってない上、ちっちゃいプライドに拘っちゃってみっともないネズミよね」
「ツン期の到来だな。ジンクスがあるんだよ、ツンデレは早死にしやすいって」
「なぜ、貴方も外に出ているのです?」

なぜだかバーサーカーも、ドアに寄りかかって孝一が置いてった雑誌を読んでいた。

「しばらく顔を見せるなってさ。まだマスクの中も見せたことないのに失礼だよな。
 けどこの贈り物もよくないぜ。3Dのおっぱいが目と鼻の先に届くのにエロ本に″頼る″とか虚しくならない?」

パラパラと扇情的な表紙の雑誌をめくって、袋とじを指で乱雑に裂いて中身を見ている。
どうやら彼もウェイバーに追い出されたらしい。自分のサーヴァントも締め出すとは、思ったより根が深そうだ。

「なんでしばらくブラブラしてるわ。流石に今回は空気読んで他の予約に割り込んだりもしない。賢者タイムってやつ。
 けどもしウェイバーたんがツンデレ拗らせて優勝ルートに舵切ったらタイトルが『デッドプールキルズ・タイプムーン』に変更するから。
 はくのん切嗣マン赤アーチャーBANして、そっから1ページにつき1組殺していってコミック一巻分で完結って寸法なんで、そんときゃヨロシクね」
【吹き出しの色が赤くなったら開始のサインだ】【ウィキじゃなきゃ色出ないだろ】

「あーあー、やっぱ征服王みたくはいかねえなー」と去り際に零しながらバーサーカーは階段を降りていった。
その背中からは、いつもの調子の良さが少しだけ抜け、別の感情が見え隠れしていた。
他者から理解できなくても、狂人には狂人の理念がある。
彼なりにもこのまま孤立するウェイバーの身を案じてるのかもしれない。


「それより追い出されちゃったわよ、部屋どうするの?子ブタの家まで戻るの?」

C-8にある自宅のアパートまではそう遠くないが、エリザの言う通り少しでも休息は取りたいところだ。
帰路の途中で敵に襲われでもしたら目も当てられない。

「それなら俺の家に来いよ。丁度聞きたいこともあるしよ。ウェイバーだって気が変わってエロ本を取りに来るかもしれねえしな」

ウェイバーの部屋の隣のドアを指さして、孝一からそんな提案をされた。
ついさっきまでそこに入っていたのだし、確かに抵抗もない。エリザの方を見ると構わないわ、と返事が来た。
厚意に甘えて厄介させてもらう。

「よし、じゃあ聞かせてもらおうじゃねえか白野。優勝者の武勇伝ってやつを。
 おまえが聖杯戦争で出会った中で―――一番揉みたいおっぱいについてな!
 へへ、覚悟しろよ。今夜は寝かさねえぜ……!」」

と思っていたところにまさかの徹夜突入宣言。
生徒会での記憶が蘇る。これはレオとガウェイン、ユリウスの四人で囲んだこともある、同性のみに許された男子トークタイム……!

970 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:26:47 ID:lIxk.IbY0


「なんとなくだが、初めて会った時からおまえからはエロい逸話を持ってる気がしてならないんだ。妹もエロい格好してたしよ」

だから妹については誤解なのだが……………………
しかし孝一の嗅覚は侮れない。サクラ迷宮攻略の過程で生じたセンチネルの攻略において、不本意ながらも女性の嗜好問題について触れる機会は多くあった。
赤裸々に語っていいものでもない―――そもそもそのうちの一人がここにいるエリザだ。
なので話題に出さなかったのだが、それを察知したのだとしたら彼のエロの探求力は本物と言わざるを得まい。
どうする。このまま夜通し彼女たちのSG(シークレットガーデン)を開示するしかないのか。

「いえ、マスター。今夜はもう遅いですし明日に備えて眠ったほうがいいでしょう。彼も疲労してるようですし、さらなる負荷をかけるものではありません」

止めに入ったセイバーの心遣いが身に染みる。
孝一を抑えられる彼女がある意味、このチームの防波堤なのかもしれない。
ひとまず今夜は体を休めて、朝になったらもう一度ウェイバーを尋ねて話をしてみよう……。




「あ、ちょっと待った。いま閃いたんで最後に聞いてくれ」

そこに、戻ってきたバーサーカーがにゅっと顔だけを出してきた。

「ねーちんの新霊衣、上半身マッパでおっぱいのさきっちょにピエロの鼻みてえに真っ赤なイチゴ乗せて隠すってのはどうよ?」
「そ――――――――――それだぁ!」
「寝ろ!!」

セイバーの豪速のハイキック二連が、鮮やかな角度で二人の頭部へと決まった。








……ちなみにこの後、質問攻めに耐えかね
『96が階段上から顔にダイブ』『160の谷間をまさぐる』等の事例を白状する羽目になり
孝一からは揺るぎない信頼と敬意を得られたが、女性陣からはナイフより冷たくえぐる視線を送られる夜を過ごした、とオチがつくのだった。

971 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:29:13 ID:lIxk.IbY0
【C-5/賃貸マンション・ウェイバーの自室/未明】


【真玉橋孝一@健全ロボ ダイミダラー】
[状態]瘤と痣、魔力消費(小) 、白野への揺るぎない敬意(エロ方面)
[令呪]残り1画
[装備]学生服、コードキャスト[Hi-Ero Particle Full Burst]
[道具]ゴフェルの杭
[所持金]通学に困らない程度(仕送りによる生計)
[思考・状況]
基本行動方針:いいぜ……願いのために参加者が死ぬってんなら、まずはそのふざけた爆乳を揉みしだく!
0.他のマスターを殺さずに聖杯を手に入れる方法を探す。
1.白野陣営と協力する。ウェイバーとはもっかい話したい。
2.ペンギン帝王のような人物(世界の運命を変えられる人物)を探す。
3.好戦性の高い人物と出会った場合、戦いはやむを得ない。全力で戦う。
π.救われぬ乳に救いの手を―――!
4.アサシン(カッツェ)の性別を明らかにさせる。
5.お、おっぱいのスケールで………………………ま……………………………………まけた。
[備考]
※バーサーカー(デッドプール)とそのマスター・ウェイバーを把握しました。正純がマスターだとは気づいていません。
※アサシン(カッツェ)、アサシン(ゴルゴ13)のステータスを把握しました。
※明日は学校をサボる気です。
※学校には参加者が居ないものと考えています。
※アサシン(ゴルゴ13)がNPCであるという誤解はセイバーが解きました
※白野陣営と同盟を結びました。『聖杯戦争の真相を究明する』という点で協力します。



【セイバー(神裂火織)@とある魔術の禁書目録】
[状態]健康、魔力消費(小)
[装備]なし
[道具]なし
[思考・状況]
基本行動方針:救われぬ者に救いの手を。『すべての人の幸福』のために聖杯を獲る。
0.他のマスターを殺さずに聖杯を手に入れる方法を探す。
1.マスター(考一)の指示に従い行動する。
2.白野陣営と一時的に協力。
3.バーサーカー(デッドプール)に関してはあまり信用しない。
4.アサシン(カッツェ)を止めるべく正体を模索する。
5.聖杯戦争に意図せず参加した者に協力を求めたい。
[備考]
※バーサーカー(デッドプール)とそのマスター・ウェイバーを把握しました。正純がマスターだとは気づいていません。
※真玉橋孝一に対して少しだけ好意的になりました。乳を揉むくらいなら必要に迫られればさせてくれます。
※アサシン(ゴルゴ13)、B-4戦闘跡地を確認しました。
※アサシン(カッツェ)の話したれんげたちの情報はあまり信用していません。
※アサシン(カッツェ)は『男でも女でもないもの』が正体ではないかと考察しています。
 同時に正体を看破される事はアサシン(カッツェ)にとって致命的だと推測しています。
※今回の聖杯戦争でなんらかの記憶障害が生じている参加者が存在する可能性に気づきました。


[共通備考]
※今回の聖杯戦争の『サーヴァントの消滅=マスターの死亡』というシステムに大きな反感を抱いています。
 そのため、方針としては『サーヴァントの消滅とマスターの死亡を切り離す』、『方舟のシステムを覆す』、『対方舟』です。
※共にマスター不殺を誓いました。余程の悪人や願いの内容が極悪でない限り、彼らを殺す道を選びません。
※孝一自身やペンギン帝王がやったように世界同士をつなげば世界間転移によって聖杯戦争から参加者を逃がすことが可能だと考えています。
 ですが、Hi-Ero粒子量や技術面での問題から実現はほぼ不可能であり、可能であっても自身の世界には帰れない可能性が高いということも考察済みです。

972 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:29:44 ID:lIxk.IbY0



岸波白野@Fate/EXTRA CCC】
[状態]:ダメージ(微小/軽い打ち身、左手に噛み傷、火傷)、疲労(中)、魔力消費(大) 、女性陣の視線が痛い
[令呪]:残り三画
[装備]:アゾット剣、魔術刻印、破戒の警策、アトラスの悪魔
[道具]:携帯端末機、各種礼装
[所持金] 普通の学生程度
[思考・状況]
基本行動方針1:「 」(CCC本編での自分のサーヴァント)の記憶を取り戻したい。
基本行動方針2:遠坂凛との約束を果たすため、聖杯戦争に勝ち残る。
0.凛………………ありがとう。
1.今は孝一の自宅で休息する。
2.今日一日は休息と情報収集に当て、戦闘はなるべく避ける。
3.孝一陣営と一時的に協力。
4.朝になったらウェイバーともう一度話したい。
5.『NPCを操るアサシン』を探すかどうか……?
6.狙撃とライダー(鏡子)、『NPCを操るアサシン』を警戒。
7.アサシン(ニンジャスレイヤー)はまだ生きていて、そしてまた戦うことになりそうな気がする。
8.聖杯戦争を見極める。
9.自分は、あのアーチャーを知っている───?
[備考]
※“月の聖杯戦争”で入手した礼装を、データとして所有しています。
ただし、礼装は同時に二つまでしか装備できず、また強力なコードキャストは発動に時間を要します。
しかし、一部の礼装(想念礼装他)はデータが破損しており、使用できません(データが修復される可能性はあります)。
礼装一覧>h ttp://www49.atwiki.jp/fateextraccc/pages/17.html
※遠坂凛の魂を取り込み、魔術刻印を継承しました。
それにより、コードキャスト《call_gandor(32); 》が使用可能になりました。
《call_gandor(32); 》は一工程(シングルアクション)=(8); と同程度の速度で発動可能です。
※遠坂凛の記憶の一部と同調しました。遠坂凛の魂を取り込んだことで、さらに深く同調する可能性があります。
※エリザベートとある程度まで、遠坂凛と最後までいたしました。その事に罪悪感に似た感情を懐いています。
※ルーラー(ジャンヌ)、バーサーカー(デッドプール)、アサシン(ニンジャスレイヤー)のパラメーターを確認済み。
※アーチャー(エミヤ)の遠距離狙撃による攻撃を受けましたが、姿は確認できませんでした。
※アーチャー(エミヤ)が行った「剣を矢として放つ攻撃」、およびランサーから聞いたアーチャーの特徴に、どこか既視感を感じています。
しかしこれにより「 」がアーチャー(無銘)だと決まったわけではありません。
※『NPCを扇動し、暴徒化させる能力を持ったアサシン』(ベルク・カッツェ)についての情報を聞きました。
※孝一陣営と同盟を結びました。『聖杯戦争の真相を究明する』という点で協力します。

【ランサー(エリザベート・バートリー)@Fate/EXTRA CCC】
[状態]:ダメージ(大)、魔力消費(大)、疲労(中)
[装備]:監獄城チェイテ
[道具]:なし
[思考・状況]
基本行動方針:岸波白野に協力し、少しでも贖罪を。
1.とりあえず、今は孝一の自宅で休む。
2.白野とともに休息をとる。
3.アサシン(ニンジャスレイヤー/ナラク・ニンジャ)は許さない。
[備考]
※アーチャー(エミヤ)の遠距離狙撃による襲撃を受けましたが、姿は確認できませんでした。
※カフェテラスのサンドイッチを食したことにより、インスピレーションが湧きました。彼女の手料理に何か変化がある……かもしれません。
※なぜかバーサーカー(デッドプール)とはある程度意思疎通できるようです。

973 ウェイバー・ベルベットの憂鬱(何度目) ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:29:59 ID:lIxk.IbY0



【ウェイバー・ベルベット@Fate/zero】
[状態]:魔力消費(極大)、疲労(小)、心労(大)、自分でも理解できない感情(大)
[令呪]:残り二画
[装備]:デッドプール手作りバット
[道具]:仕事道具
[所持金]:通勤に困らない程度
[思考・状況]
基本行動方針:現状把握を優先したい
1.今は何も考えたくない。
2.バーサーカーの対応を最優先でどうにかするが、これ以上令呪を使用するのは……。
3.バーサーカーはやっぱり理解できない。
4.岸波白野に負けた気がする。
[備考]
※勤務先の英会話教室は月海原学園の近くにあります。
※シャア・アズナブルの名前はTVか新聞のどちらかで知っていたようです。
※バーサーカー(デッドプール)の情報により、シャアがマスターだと聞かされましたが半信半疑です。
※一日目の授業を欠勤しました。他のNPCが代わりに授業を行いました。
※ランサー(エリザベート)、アサシン(ニンジャスレイヤー)の能力の一部(パラメータ、一部のスキル)について把握しています。
※アサシン(ベルク・カッツェ)の外見と能力をニンジャスレイヤーから聞きました。
※バーサーカーから『モンスターを倒せば魔力が回復する』と聞きましたが半信半疑です。
※放送を聞き逃しました。


【バーサーカー(デッドプール)@X-MEN】
[状態]:魔力消費(大)
[装備]:日本刀×2、銃火器数点、ライフゲージとスパコンゲージ、その他いろいろ
[道具]:???
[思考・状況]
基本行動方針:一応優勝狙いなんだけどウェイバーたんがなぁー。
0.ツンデレルート突入する?相思相愛じゃないと爆死しちゃうんだよな。この前読んだ。
1.一通り暴れられてとりあえず満足。次もっと派手に暴れるために、今は一応回復に努めるつもり。
2.アサシン(甲賀弦之介)のことは、スキル的に何となく秘密にしておく。
3.あれ? そういやなんか忘れてる気がするけどなんだっけ?
[備考]
※真玉橋孝一組、シャア・アズナブル組、野原しんのすけ組を把握しました。
※『機動戦士ガンダム』のファンらしいですが、真相は不明です。嘘の可能性も。
※作中特定の人物を示唆するような発言をしましたが実際に知っているかどうかは不明です。
※放送を聞き逃しました。
※情報末梢スキルにより、アサシン(甲賀弦之介)に関する情報が消失したことになりました。
これにより、バーサーカーはアサシンに関する記憶を覚えていません………たぶん。

974 ◆HOMU.DM5Ns :2018/09/19(水) 23:30:46 ID:lIxk.IbY0
投下を終了します

975 名無しさん :2018/09/23(日) 19:45:16 ID:gm74LGPM0
投下乙
デップーと波長の合うエリちゃんで吹いた
でも確かに精神汚染だか狂化だか持ってたし会話成立するんだよなあ…

976 名無しさん :2018/09/26(水) 07:39:04 ID:bm1QsFrs0
冒頭からピエロネタパロったりデップーとエリちゃんの会話のドッチボールだったりおっぱいだったり狂気にまみれているw
その中にちょくちょく出てくるシリアスがなんともいい感じの風味を出すスパイスであって
つまりとても面白かったです、投下乙!

977 名無しさん :2018/09/26(水) 23:17:03 ID:TTnFBkdg0
投下乙です

ウェイバー君ロワの舞台で頭脳労働担当の非戦闘員が仲間と喧嘩別れして一人きりは完璧死亡フラグですわ
いくら幸運高くてもピンチやで


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4 - カプコン

一狩りいこうぜ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa