したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。 残念ながら投稿することができません。

みんな纏めてヒーローになるようです

1 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/01(木) 23:53:31 ID:???0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ∧                        ┌──────────────────┐
         i ヽ                      │       Gunparade Metal            │
          l  ヽ                    │                              │
         !   ヽ      , =- "(薔)  /l    │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
           !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.    └──────────────────┘
          メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /
       / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉
      ,!   ||l           `ー--=´    .前スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1420986829/
     /    ,川       ,       .ノ
     /   /  /    //       ./      雑談所:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12368/1403105691/
    {   /  /   ./:::/       .∧
___....,,j   / /      >  >      ./ ハ.    纏めサイト・RPG系AA物語まとめるお様
ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ.          :http://chronoyaruo.blog.fc2.com/blog-entry-1052.html
∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ 
       ` 、_        /      \l   .纏めサイト・やる模様:http://yarumo.blog83.fc2.com/blog-category-125.html
          ` ー 、7/ ´           
             ヾ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

2 名無しのやる夫だお :2015/10/01(木) 23:54:20 ID:FE6YcA720

                                                 / ̄ ̄ ̄\
三三三三三=/ r'てミ孑三\___,___、                         |  おう   >
三三三三/   ヽソ三二{ ̄       \                        \___/
三三二/   /三三二三 ̄ ̄ミ`ヽ孑' へ
三三/   /三三ニ――ニ⌒ヽ  ソ / ̄ ̄ヾ
三/  /~三三彡: : : : ヾソ\ \/. ( ,,;ー―ヽ
_/三=='"ノ―‐、 /   ーヽ .}  {l   //
:::::;;二    'ヽ゜ ノ       /. |  {l  /  厶
ヾ;;;        ̄  ,,   /,,  |ヽ、|  {__/ ノ
┤''                   |:::::::ヽ    ノ       「どうも。今日はよろしくお願いします」
ヽ,   .         __,   |:::::::/ ヽ、
__ヽ      ー‐―'".     }  {   {__/
    \、  l ;;     ,; /:}  ヽ::; ;::
__弋=======___ー':::::/   \∥ ,,,,,,,,;"
    ======____::::/  ;";,,; ヽ ノ
  ヾヾ          ''''     /  弋::::::::::::::
\、        '',;",;     ;;;''';/.    | ヾ::::::::
  =========弋弋弋ヾヾヾ  /      |  ヽ:::::::::    【自衛軍大佐:新城直衛】
                 /      ヽ   \::::
                 /        ヽ
               /   \    {l ミ


背後から聞き覚えある声を耳にした新城は、くるりと振り向くと、
この男にしては精一杯といった感じの、様になっていない敬礼を返した。

3 名無しのやる夫だお :2015/10/01(木) 23:54:43 ID:FE6YcA720

下手な敬礼に赤木が笑う。

         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N        「上官はお前さんだ。
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW          もっと雑に扱ってくれて構わねぇぜ」
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´     【自衛軍中佐:赤木シゲル】
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....




          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{        「元はというと、私は貴方の部下ですよ?」
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::

4 名無しのやる夫だお :2015/10/01(木) 23:55:01 ID:FE6YcA720

     _. -‐- 、 ,. -─;-
     >- !i! ′ !i!  ̄`>
.    /  i!i  !ii  i!i  i!i \
   '7"´!i!  i!i  ,.、 i!i  !i! ゝ
.   イ !!i , ,ィ /-ヽ. ト、 ii! ii |゙
   | i!i /l/‐K ̄ ,ゝl‐ヽ!、i! |      「お前がそんな事気にする愁傷な奴に見えねぇよ。
   ,h ノ==。= ,  =。== i r〈       何企んでるんだって不安になっちまうわな」
    |f_|.| `二ニ | | ニ二´ |.|f,|
    ヽ_|| , -‐' 、|_レ ー-、 ||:ン
     ハ l ー───一 l ハ
_,.. -‐1:(:lヽ.   ==   /l:((!`''ー-
...l.....l....|::):l ::\    /  l::)):|....l.....l
...l.....l...|((:)l.  ::::`ー'´::   ,'((::(| ..l.....l
...l.....l...|::))(:ヽ.  ::::::   /;リ::)):|...l.....l
...l.....l..|::((::));.ヘ     /へ:((:(:|...l.....l




       _ , r ‐ ' ´ ̄ ̄` ' ‐ - 、
      r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'i
      {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
      };;;;;;;r'''´  _,m--- ,, _`'''‐'-'}
      |。‐,,,'''´-‐´` ̄‐;;;--`,,。‐|
       iヽ;'´>、,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;r'´ヽ ;r´`}      (それもそうか)
    ,,r;;{ヽ; ' ( ・`i'/i‐''''´! ・ } | r };;ヽ
  /;;;;;;;;;ヘ ヨ   `ー' r'   `ー‐´  | ' ノ;;; ヽ
 r';;;;;;;;;;;;;;;;;`|     =、=      |'´;;;,r'´,;;;}
 { ヽ、;;;;;;;;;;;;|      _    |;;'//;;;;;ヽ,
´ヘ;;;、  ヽ'、;ヘ、 '´ ̄ ̄   ̄` ノ /;;;;;;;)ヽ /ヽ
 !、'' 、 ;;;;;,, ヽ;;;ヽ、    , r;'//;;;;;;;;;'''´//  ヽ
  ヽ;;;;;,,, ヽ、 ヽ;;;;`ー‐‐´;;'/;;;;'''''' ´/



皮肉のような冗談に、納得したような顔つきをする新城を見ると、赤木はもう一度笑った。
その様子が、いかにも新城らしかったからだ。

5 名無しのやる夫だお :2015/10/01(木) 23:55:20 ID:6I4PcX5s0
>>1さん、あしたって今さ!

楽しみにしてました
楽しみにしてました

6 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/01(木) 23:55:33 ID:???0

新城直衛。
自分の部下だった頃、彼は、偏屈な感性と抜群の才覚を噴き上げているような奴だった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                           ,.. -‐‐ 7777777‐-.、
                        /////////////////ヽ
                        <//-‐‐ .._//////////ヽ
                        ィ{ ̄イヒ._─ -- `¨二ユト、/へ、
                     _..ィ//{三二ニ二三>ニコ ,.-、////>、
                   ,ィ////i∠///////////>{:;:;/ ////////
                  .////////ゝ∧・_i`¨ヘ.`<´ .ヾ_ ィ////////ヽ
                 /////////iゞ.∧{´._ `  ̄´ ,、’///イィ/////iiハ
                ,ィ///////// ヾ、  ヽー==.ュ ,イ //,イ/////// //ハ
              ,ィ//─-、/////ハ /i{ ヾ`ーヘ´,ー /,イ////////// ./ハ
              //////> //////ヾ/:>、 ゞ二イ ィ ///>'////──//iiハ
              i///// ヽ///}///>、ヾ//> _.,.,,イ///< ィ//{/////´  ヾハ
             ////< ヾヽ V/{//////> / ⊂⊃`¨¨{// ,イ////    ヾi{
             //////>  、ヾ{//////{´ 〈     ヽ i//.イ////      i}
            ./////>'''''´ ̄` <///}   ヽ     ヽ }////__////ヽ   ii}
           ////}//////////////`>、  }   ヾ///>'///////ヾ   }::}i/
           ゞ////> ´ ̄ ̄ 77///>´ .>i    ///イ////////´  ヾ i::} i
             `<////////////////,イ  ヽ  ''´ .,イ///////´    >─ヽ
             ////>─、////>''´ /    .V ./.イ////// / ̄   ,<ヾ
             i//////ヽ. `<// _ { {、 {  } Vイ//> ´   _ …<//  ヽハ
             .i////////} V// ̄ ̄// } i .i /{//  , -‐  77///      ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

どちらも忌避される類の素養である。
まともな感覚あるならば、少しは隠すものだろうに、新城はそういうまともな事をしない奴だった。

7 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/01(木) 23:56:06 ID:???0

つまるところ、新城直衛はまともじゃない奴で、それはどうやら変わっていないようで。
そんな彼を、赤木は心から歓迎する。

新城直衛が相変わらずならば、相変わらず、戦場で、頼みになる奴なのだろうから。





                    ト、 __
                ≦  ̄`ヾ ∨∠_
              > ´ 〃      弋、
              / 〃  〃        ヽ
              ア/  〃  〃  ヾ  ヾ`
          /〃 / 〃 ,〃 从 ヾ ヾ 从
          7/ 〃人./ /小ハ   ヽ }
          {イ イ ト-。<j   ル'ソヽjl, ハ|
              人_| ヾ二二. /≦''ニ=小ソ       (ククク……才能だけ衰えた。
               __|   _.// `ー-イ/: 〉        ――なんてのは無しだぜ新城さんよ)
         _/''∧<. l//:. ヽ  ムノ
  ___, -‐==彡'イ''{::∧ ≧ー-一Yイ从
     ヽ /彡ィ小,|::::∧    /:::ル'| >、
      / Z彡小 爪 ::::ゝ- イ::::::∧小    >、
    ∠彡イ∠二彡イ  >─---.、从l弋 /    >、
      /  ハ斗リ| (ウ>ー─-  \lヘミト, /    >、
     /  .小vf刋  ゝー''て二 `  \  /   / ,ィ j
  _イ_   从斗小|      Y´   `   \  / ./ l│
    `ゝ 仄淡ソl ハ  ∠从 イハ `    `小. イ l│|l
  .z≦-一/,{ア〃小从/歹イミ三´ヽ.   _ァチア'\.l  l│i|
 小   j彡小Y lZ,'∧ィテ辷ヌアイ,/ >ィZ>く \ \ l│ハ
  |     ハ〉ソ ハj ,小斗彡イ'チ/  ィレ′\ \\ `弋.人
  l   イ彡< Z_ワ'斗イヾムヘソKイ    ,\○ヽ \ \\ _ .>ヽ
 │  lXハ 弋㍉ハ| j<Zア从,斗  /   \○ヽ \ \  、 __ 小.
 │  トミツ∨ミ〆'|トf彡クZッ'Y.:|  /   / \ ヽ \ \ __ / j

8 名無しのやる夫だお :2015/10/01(木) 23:56:30 ID:E1DB6Rp.0
俺は>>1さんのこと、最初っから信じてたぜ!!(穢れの無いまなこ

9 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/01(木) 23:56:32 ID:???0

         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ      「ああそういや……
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N       初め貰ってた布陣図より随分豪勢な拠点で驚いたんだが、
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW        布陣図が間違っていたって訳じゃないんだよな?」
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....




                      /三三三三三三三三三三三三
                  |ヨ>‐‐‐‐‐‐‐‐N',‐‐‐‐‐‐--、三三
                    i-‐'"""""""/yヾ""''''‐‐‐-- 、_,
                  jィョョ三三三三三三>----- 、_
                  /三三三三三三ヨ(_ , -- 、, -‐
                ----- 、三三三三三三>-,'"ヽ  ,..
                  ', i i___゚`ヽ、/:::i,:、--7-。、-‐'" ̄
                   ',i: : : :  ̄: :.j: : : : :.ヽ--、ヽ-、-‐‐'"    「ええ……まあ」
                        |   ´¨,ノ   _ヽ=-  ..::::`‐‐-
                      _i     iヘ- 、     ,
                ,...イ::::', 、-   ヽ'"     u
                 ∠:::::::::::::', __〉>--、___  _____   y--
             ,..:<:、:::::::::::::::ヘ  二 ‐--、_ ,..._ヽ-'   /:::::::
            /:::::::::::::\:::::::::::::ヘ         ,.......<::::::::::::::
           /:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::>、____,.イ::::::::::::::::::::::::::::::
       ,....<::iヽ-----、:::::::::::\::::::::::::::---'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



しかしそんな頼もしい奴の表情が、何の気なしの一言で、苦渋に満ちたものとなる。

10 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/01(木) 23:56:45 ID:???0

新城は、彼に似つかわしくない、憂いを帯びた表情のままで言葉を探した後。
堪えかねたように一言、ポツリと呟いた。

,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''



三>‐''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨‐<三
 _  -──────‐-ミ
   _ -‐─────- ミ
/≦三才二三三∧ V三三
;:≦/ ゝ、ミゝ三三ヽ ヽ三三
:;:;∧彳´  ><ニ三/_ }三三
:;/   .∠ -‐・フ i }  ̄7
  彡  ヽ -‐ ' /    {、
   二   ´  #     ヾ
      U  -‐   __         「天災のような女に荒らされまして」
           /  /
            `¨´ :;
     ∠二ニ≡=一- ./
ー-------- 、      /ィ
ヽ\ヽ { V }‐ \  「´j i/
///≧ >ー- ト、ヽ ', ./ }./-
 ヾヾ////≧、.\ Y:≦ヽイ/
    ゝ<////>、}/ }//
     ヾ `T </////;イ

11 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/01(木) 23:56:57 ID:???0

5月31日。晴れ。
その日、まるで夏かと思うような日差しが阿蘇市を照らしていた。


i    /    / |  \|/
|       /   \/
   /   / ,へ      _--                         (
\   /   Υ  -─  ̄                          (´~
  ヽ    -‐  ̄                            (´⌒´"
.  |   ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐         ゝ-'´⌒´ ( (,,,,,
  /    へ、                      (´⌒''´`´   (,,,,,´(⌒ヽ
/   ゝ   ヽ    ヘ                (´~' (´( (⌒` (´⌒´
  *\  \    ヾ        ヘ            ̄ ̄`ー─── ─- - ---
  ヾ *    \     ヽ        ヘ
l   \ △     \     ヽ           ヘ
|   、     .,へ             ヽ              丶
    t     Υ  \     \       丶
.|    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、
.|     \   l   l  \       \  l   l
 |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /
 |            | / |\\         丶     /\ /\
 |      \    \|/  |  \         /  /\  \
 |       \   ヾ \ /     \       |    |   |   |
  |        \      `´         \     \   !         !

12 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/01(木) 23:57:08 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i   最終話 「みんな纏めてヒーローになるようです(中編)」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / /
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                      S-10
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

13 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/01(木) 23:57:34 ID:???0

┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ         ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
      ):::  ....   \        作者の妄想ストーリーです。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.       原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
     /      ::::::::::::::::::|      大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|       そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・次が後編である事を、>>1が一番祈っています。
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/


──────────────────────────────────────────────────

14 名無しのやる夫だお :2015/10/01(木) 23:57:50 ID:E1DB6Rp.0
>>10
バックヤードがぴーかん照りなのがウケるw

15 名無しのやる夫だお :2015/10/01(木) 23:58:01 ID:TvK7wS3c0
>>13
おい最後www

16 名無しのやる夫だお :2015/10/01(木) 23:58:21 ID:6I4PcX5s0
天才だけど天災…かな、銀ちゃんは。

17 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/01(木) 23:58:25 ID:???0

本作戦にて水銀燈等学兵が赴任する国道57号線は、
大分市から阿蘇市、熊本市、長崎市へと通る、九州を横断する国道である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  , ー'"´  ̄ ゙̄ゝ
              /        l
              ../゛            l
      /゙゙゙'i .ゝ            \,,,,..,,/ ゙̄'-、
   .....,,、゙''、  `゛`^'ー- -、      ,,,,,,,/       /
   |  `'l"          /      /         _/
   .\  \     ./       |           〈、
   .,,,,,.゙'、  !、 .r'"^.l.  .,,,、 ,,,,,,,,!  ., 、、     .`゙゙゙゙´./
   .! `'ッヽ  `ー,,ゝ  l-'"゛    `''"  `i      .┃ゝ-、 .
    \ ゝゞ   l,゙,,,,、 .l、            ┏━━━┛← (━:国道57号線)
     ゙'、   _,..、   | .ヽ,━━━━━━┛'-、,,、  .,.  _ゝ
      !._..-'´ /   /  /       ,./     .`^^゛ ./
           ゙'ィ"  l,゙ 、       /         . /
                  /       !        /
              /        .!       /
                /         !      ./
            ノ---- ,,_._____ ."     │
             l゙゙'"      .|         ,ノ
             !        \          |
             |          `'、     ./
             ヽ     .__.    |     .!
              |    ./ `'i   `''-、  ,ノ
             /   / ゙'i'"゛     |  /
        /'''"   ..l  . !    ..... /  /
         \___,   .\ .!   \  `‐′
               `-.... '".,ノ   .,/
               ィ′.. /
               `´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

また、同じく大分駅から熊本駅まで九州を横断するように走る鉄道。肥後本線がほぼ並列に走っており、
自衛軍にとっては都合の良い環境を整えている経路であった。

18 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/01(木) 23:58:43 ID:???0

そのため自衛軍は国道57号線と国道325号線の交点かつ、肥後本線の経路である阿蘇大橋付近に、
阿蘇大橋駅と名付けた軍用の駅を設け、これを陣地化。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : \ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
        .||
        .||              |二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
        .||               \:;:;:;:;:;:;:;ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:, -'";:;:;:;:
        .||                \;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:, -'";:;:;:;:;:;:;:;:
        .||    ______      ||二三二三二三二三二三二三二三二三二三二
  ,;';゙;';゙;';゙;、 、 ||   || 阿蘇大橋  ||      ||三二三二三二三二|| ̄ ̄ ̄ ̄||三二三二三二
ZZZZZZ|ZZZ||ZZZ|| AsoOhhashi .||ZZZZZ| || |□]: ニ三二三二三||: : : : : : : : ||二三二三二三
ZZZZZZ|ZZZ||ZZZ||!_二二_l_二二_||ZZZZZ| ||三┌───┐二三||: : : : : : : : ||二三二三二三
ZZZZZZ|ZZZ||ZZZ|| ZZ |ZZZZZZ ||ZZZZZ|_||二{iiェェェェェェェii}三二||_:__: __:_ _ _||三二三二三二
__,,.. .-‐ '''""~              ,..-'''":::::┘:::::::::::::::::└::l:::::::::::::"'''- .._: :: : : : : :::::::::::::::::::::
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
コニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニ
ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ
==,==,==,==,==,==,==,==,==,==,==,==,==,==,==,==,=;==;==,==,==,==,=,==,==,==,==,==,==,==,==,==,==
='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='==
;"';;"';;"';;"';;"';;"';;"';;";"';';;"';;"';;"';;"';;"';"';;;"';;"';;"';;"';;";"';';;"';;"';;"';"';;;"';;"';;"';;"';;"';;"';;;"';;"';;;;"';;";"';

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

要塞とは言えないが、戦い易い環境を整えて、この経路を崩さぬようにしていた。

19 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/01(木) 23:59:09 ID:???0

――それに目をつけたのが、新城大佐だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                   | 新城君は阿蘇戦区にて57号線を抑えてくれ  >
                                   \__________________/




  {::::::::/, -‐             ゝネ:メ -‐-       ヽ:::::::
  ゙、::::|  _, -'' ´       `¨        ‐- 、 ヘ:::
   ヾ},-''    ィ≦三i}  ≦三三三三≧ョュ、
    {  ィ≦三三三三) /三三三三三三三三≧i、
    | {ニ三>、三三ニ/ /三三三三三三三三二ニ三彡
   /'>´    /三三ミ 厶三三三三三三三二ニ斗''::::::
  /    ィ/:、r'`" ・ ‐ v、‐---‐ィ‐:r-‐ ・ ‐''ヽ~  ',::::::,
     ィ:::::::l/人_   ノ )ヾ   {! ',    ノ    :::/    「ハッ」
   /:::::::::::ヽ    ̄~  / |   ヽゝ`"'''''"
  /::::::::::::::::::/      ヽ ノ    ヾ::....
  ::::::::::::::::::/|           | _             {
  :::::::::::::/:ハ          , ^|ミヽ,           !
  :::/''" ミ{〃∧        ` '" ´            /
  /ミ、 ヽ::|::∧     _,  --  、 ,__       /
   ゞ,  |、 i: ヽ. -´- -‐‐‐‐‐‐‐‐‐--`ヾ /
  |  ミ、, iゝ i  :\              /// 、,,
  :::::::::χ、 ∨  | i`"|~ ̄`ヽ,    イ (  、,r`、、
  ::::::::::::::::j  \ ヽ、 ヾ \ i ヽ,‐≦ | 、ミ"~
  ::::::::::::::::ゝ,  〉ヽ  ヽ、  |  |_/ | {、i" '   :::
  :::::::::::::::::::::〉、   ミ、   \-‐|  | ヽ    ::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

芝村閥にドップリと染まる彼は、本作戦の内容や、自分がどこに布陣するかを前もって聞かされていた。

20 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/01(木) 23:59:30 ID:???0

芝村が、何故熊本城に幻獣がくる事を知っているのか。おびき出せるとするならば、何故今までしなかったのか。
そういった核心に触れられぬ事や、熊本から遠ざけられた気配に、彼は物騒な笑みを浮かべたが、それはそれ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;仆''从,,、::::ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;''/'''从"''从    |;;;;;;/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;/;;''''/''''''仆           |;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彳"从''''         i ヘ    ,,,,,, |;;|、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡           ,, ノ  \,,;;;;''''''''''' } }
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〃         ,,,,,,;;;;'''''/    / _,,!、´| }
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡    ,,,,,,,;;;;;;,;;'''''        ヘ=・― ,' |ノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彳    ,;;'' r ― '' _了 ゝ    ヽ、` ‐   }
、ヽ、;;;;;;;;;彡     '  ´-==・-‐'        `ヽ,   }    (まだ信頼を得られてるとは、言い難いようだね)
 iヽ '''';;;                         |   |
、 ` !!、                          / ̄/´   |
ヽ 、ヽ、i                    ` へ !´  、 |,,
 ヽ \ て        _,,,,, -''''           /`/: '',,
   \ \从       !ヽ'''――ー - ー ―ー-‐τ /: : : : ' ,,
" 〃 ヽ \ 从     ヽ,''‐、-‐- -‐ー-‐''フ´/ノ ./: : :    {
 " "〃 ヽ  、 从     ヽ 、` ''' ー ‐ ´_ノ  r'、: : , 〃 = ´ .
"',   〃  \ \.  !、= - 、   ` ""  ̄   /= {} }  "  { \ .
             ヽ  仆ヽヽヽ、    r 'ヘ  ノ=ノノ }
          ヽ i 从ヽヽヽヽ _/ rヽ=´ノi i ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

作為がある戦場であたら部下を危険に晒すことは無いと、彼は密かに建築資材をかき集めた。
作戦の公表と共に阿蘇大橋駅の陣地を強化し、少しでも優位な戦場を作るのが狙いであった。

21 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/01(木) 23:59:42 ID:???0

その、かき集められた資材に目をつけたのは水銀燈お嬢様だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                  |
                              \  __  /
                              _ (m) _ピコーン
                                 |ミ|
                              /  .`´  \        \ 人人人人人人人人人人 /
                               ___          <                >
                             /..:::::::::::::::::..\       <  良いもの見っけ!   >
                            /.:::/ / ̄ ヽ \ヘ       <                >
                           〃7´ イヽ、 ノ ト `ト 、     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                            《_{{∧ { o   o } ∧}}_》
                         〃ー∩ヽゝ'''r―ヘ''厶イ ヽ‐ヘ
                         Σ(⊂)_ヘ トヽ_~_ ノイ /_/乙
                          /^7フ::::>イ::∀::r<:::::∩┐ヽ
                           { /{厶イ>く::人:::>、 ト个ー1 jノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

資材が沢山ある事に気づいたお嬢様は、新城が考えていた以上の陣地強化を言い出した。

22 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:00:29 ID:gPlhYsao0
銀ちゃん相変わらずの嗅覚w

23 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:00:39 ID:1nl292nU0
お嬢様、もうやめて!みんなのSAN値は0よ!

24 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:00:53 ID:???0

期日的に不可能である、という、作業量を想像できない奴にするのが面倒な説明を丁寧に行う新城に対し、
彼女は作業は可能である、という姿勢を全く崩さず、鬱陶しくなった新城は学兵の陣地限定でその許可を出した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      /三三三三三三三三三三三三
                  |ヨ>‐‐‐‐‐‐‐‐N',‐‐‐‐‐‐--、三三
                    i-‐'"""""""/yヾ""''''‐‐‐-- 、_,
                  jィョョ三三三三三三>----- 、_
                  /三三三三三三ヨ(_ , -- 、, -‐
                ----- 、三三三三三三>-,'"ヽ  ,..
                  ', i i___゚`ヽ、/:::i,:、--7-。、-‐'" ̄     /
                   ',i: : : :  ̄: :.j: : : : :.ヽ--、ヽ-、-‐‐'"     あと1日しかないんスよ!
                        |   ´¨,ノ   _ヽ=-  ..::::`‐‐-    \
                      _i     iヘ- 、     ,
                ,...イ::::', 、-   ヽ'"     u
                 ∠:::::::::::::', __〉>--、___  _____   y--
             ,..:<:、:::::::::::::::ヘ  二 ‐--、_ ,..._ヽ-'   /:::::::
            /:::::::::::::\:::::::::::::ヘ         ,.......<::::::::::::::
           /:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::>、____,.イ::::::::::::::::::::::::::::::
       ,....<::iヽ-----、:::::::::::\::::::::::::::---'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




                   , ーセ乞アトニー _
                 /.::.::.::..:ヾごソ.::.::.::.::.::.`ヽ         /
                 >^⌒^⌒^⌒^⌒^⌒^\::.::.::ヽ、  _    ダイジョビ!イケルイケルゥ!
        /⌒l   , ‐、/     .|             \,メヽXくく二):)  \
        {  |  ,/   |/   /  | .|     j   /,'/イ|ト`ニニ〔
        |  |  {   |.   ,'   | .l     ハ  ∧〈〈_ノ:|ヘヽヽ_〕|
   /^ヽ │  |  !  :l l  |.\./ | .l     /  ∨ ハ`T〔_.//l:ト-くヽ/!      _,. - ァ   ,ィ
  {  `、 l   :l, |  :l .! |  /\!∧   ./ __/∨ |   | |. |:| !  /リ    /;;//  _//
   `、  ヽヘ  :L_j  :{ ハ l :,'   `ーヘ  ∧ 三三三 |  . ∨ .|:| | // ,イ /;;/ル'^ '´-‐ニ7
    \  ∨      ∨ ヘ l小. 三三 ∨   ̄   ./   .|^ヽl .|'.;.;/ /.;レ'.;.;//.;.;.;-─-ニ-'
     ゝ        ヽ Ⅵ \  ̄  '      /     |_ノl .|.;.;レ'/.;.;.;.;.;.;.;_,..;--─‐‐‐一'ニ=-
    〃 `Y⌒ ー─    |_ンーヘ_> `ーー ’ ´----イ  ハ  V.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;--──‐‐‐z... 二ニ ー- 、_
    {{   \      ノ⌒ | l l |ヽ、 _         イ|./  .,'   |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ニ_二ニ==---`ヽ
     `ーt一'´ ̄て`      | l l |:::ヘヽ> -‐ '´ん リ.l  ./.l   |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\_
       `ヽ、 __      | l l |:::::::::| l l\  ∧::∨l  /::::l   |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;_,.=- ニー- 、_
            `ヽ、__////:::::::::::V|ヘ::::ヽ_}_:∨ /:::::::l   |.;.;.;_,..ニ二._ー-=.z─-=ニ ̄``ー ̄ ̄
              人彡∠/:::::::::::::::V|ヘ:::::∨ |//ヽ:::::l   |弋´ \`ヽ
             /.::.::ヽ、:::::::::::/::::::::V|lヘ::::ヽ j /// }ー-、  |      \i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

25 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:01:46 ID:gi.EwDC20
学兵(シャア)

26 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:01:48 ID:???0

すると彼女は即、大量の土建屋を連れてきた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
                                  ,l l " .ハ  `.l l
                                /.l ー-/ ',-‐' .lヽ
                             ' \ /   ', / ,
                                 l  /〈ヽ./ 〉\  .!
                           ,.ィ'ソ./_. \/ ._\、    「勝利の栄光を、君に!」
                         /// ァ./ ヽ >  ̄ <フ l\\
                      ,. ´ / './':::::l r‐- /l\ -‐、l:::::::::: 〉
                        ,./   '  / 、::::::;ハ.  _`´_   イ:::::::/
                   , '  ゝ ー"  ` -'.l\  ー /ソ '"
                 ィ      ./        |二=-ー-=ニl
        .      , : : : l    /=二ニ=--―-'、ニヽ_ !_,./=ヽ_
            /: : : : l   ./‐-!.l l l !.リニニ≧__\ー!‐/_≦ニ=二二ヾ,
            /: : : : : :`: ': : : : :ー--‐l二\―- ヾ=l l=ア ̄-‐/二リ.!l | l. i
        ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
                         |
      ______.__._         人   パララパラララパララーラー
    , '"――――‐, '"―‐ ヽ`i1  ヽ(・∀ ・)ノ   (ゴッド・ファーザー)
    /  ∧_∧  //'~ ̄ ̄|.||::||  (( ノ(  )ヽ ))
   .i  (・Д・ ) .i !  _,._|.||::|| _  <  > _______
 [;].!_っ⌒'と _0[;],l |  f _..┘|| ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄1
  ~l!=;:,...二二....,:;=iヨ.'ー''"~ . __ !|:|i|  斉 藤 韮 卸 売 り  i1
  li..,._.  ̄。 ̄. _.,..!.|   ........~ノ,!;|i|,,____,,__┌───--l li⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒`.l
  il_`}≡≡{´_E|..::' /⌒ヽ'ヽl|!=イ二ll二二ll二.|| ̄ ̄ ̄ ||::l li                      |
.  {=i:::::::[二]:::::::i=i::」  |i.(*).i;;;;|ii□ .______________||_(w´*) ||::l li                       |
   ̄ ̄ゞ三ノ  ̄ ̄ ̄ゞ_ノ ̄   {|       l      l l li                       |  ブロロー
                      | ______ .  l  ☆  l l li_______________|
                      |_/::::::::::\....l____________l l_lxixixixixixixixixixixixixixixixixixixixixixi ;´;; ;⌒) ´゙) ;)
                           i γ⌒ヽ:::i[二]i_i-i二二二二二二二i:γ⌒ヽ:::γ⌒ヽ:::i二二i (,,;;(´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;(
                           ( ◎ ) )::(::⌒);;)          ( ◎ )( ◎ ) ;; ..;;;;(´⌒;(´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;
                            'ヽ、__;;⌒;´;; ;⌒) ´゙) ;)        'ヽ、__ノ..,,'ヽ、__(;;(⌒;;(´⌒(´ ;;⌒) (::⌒;;;,,,) ;::⌒
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

27 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:02:06 ID:gPlhYsao0
コイツの「イケル!」は本当にいけちゃうので性質が悪いw

28 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:02:14 ID:???0

工兵は、工事のプロである。
工兵という言葉を使った場合にイメージされる作業だけではなく、彼等の仕事は建設業と同じような作業を多く含む。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |
  |    ( _●_)  ミ  「……壮観クマねー」
 彡、   |∪ | 、`\
/ __  ヽ/__>  )
(___) (___/
 |. / ヽ   / ヽ
 |. |  |  | │
 ヽ..|  |  | |



         /:.:.:.:.:.:.:..:./:.:.:.:.:/::.:..:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;':.:.:.:.:.:ヽ:.:∧
         /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:/:.:./: /:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.∧
        〃:.:.:.:.:.:.: /_:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.;.:':.//从:.:.:.:.:.:.:.:.:..i:.:}、_\
      / イ:.:/:.:.:´ ̄¨=≧x、_:/:.:.:.:.:.://x≦イ下:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:ハ  ̄
       /ィ:.:.:.:.::.:://忙テY;:.:.:.:./≧イ忙テYテ ';.:|:.:.从ハ:.:.:.:i
        |:.:./:.::/V∧ゞzンィ:.:.〃  /ゝ弋zンノ .}:.i:.:.:ハリ }ハ: |
        | /|:./ i    ̄ //.}:       ̄  j:∧/  / ハ!
        |{ !' .ゝ.',   /   :!         i' / ィ1
.              ,      {:.. _     .u  rvイ/     「壮観ですが、反則手です。
              从               /:.:/
              {}ト.    ´ ̄ ̄`   i/ ..イ://        民間人をここまで使うなどと……」
               |ヽ     ̄   // ,'/
             / ̄リ  \     ., ィ   ハ>.
            /  {!    `ー‐ ''      {::i .∧
         ,.<     \          У.  ∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛行場や港の整備といった大掛かりな建設から、宿舎やトイレの施設までが彼らの仕事なのだ。
そのため、彼等には建築士免許や電検等、建設業界にて扱われるような免許を持つものが多数いる。

29 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:02:22 ID:vYCrAN3s0
つくづく人材の宝庫だなあ。

30 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:02:37 ID:1nl292nU0
銀ちゃんは凄まじいコネと天性のカリスマでゴリ押しするからなぁ

31 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:02:55 ID:???0

一方建設業界の人間は、勿論工事のプロである。
そして彼等は普段法律という枷により、能力を著しく制限されている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ,. -.:'':":~: ̄:¬ー- ,,_
        _,,,....... -┘: : : : :‐:=.ニ二_⌒ ' ーヽ、
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー-、   `
    /,:,:,:,:,:,:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .`ー、
.   /.;.;.;.;.;.;.;.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .ヽ:.ヽ
  /.;.;.;.;.;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィミ、イ l.:.!l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.: : . ヽ:.ヽ
  /.;.;.;.;.,/=V.:.:.:.:.:,イ/叉`ヽ/イ !:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. lヾ:、   「おいシモン
 /.;.;.;.;.;.ll / /.:.:.:.:./ -_  >へ ノイ:.:.:.;リ.:.:.:.:.:.:.:.:. l ヽ    このMAP気力80制限みたいだぞ
/.;.;.;.;.;.;.;.l! V{:.:.:.:.:.'ー-z       V/イ.:.:.:.:.:.:.: !.:.l   !
,:,:,:,:,:,:,:/`7オ-―¬ ̄    __ ,ィ___/.:.:.:.:.:.:. ハ:.:!     .分身できねーわ」
.;.;ィ;.;.:/  / |‐_ .u   _   /-‐テ.:.:.:.:.:.:. / !:.:!
/ |:.:/  /ミ ト、-      ,,,__`/  /.:.:.:.:.:. / /:/
\!{   l ミ   >、      /  /.:.:.:.:. ; '  〃
\ \ l ミ     >- ,,,___/  /.:.:.: / /
  \ \     ,く\      ノ:.: /


                                          /   \ヽ. ____ ノ .:.:.:.ハ
                                            /      ヽ、________.:.:.ハ
                                            /      ム {ヽ         `:.、:\
                                         |      |弋ハ__\           :.:.:.:.:.
                                         | /∨     | イvハ-x 丶         :.:.:.:.:.
                                          'V ∨ ハハ│ヽ{  ヽ \ j    :.:.:.:.:.
                                               \{ }ヽ ',0    ',  ヽ{ヽ ハ:.:./
                                             _lノ   ヽ     }    ∨ j/:.:.:.
                          「ええっ!?                   く .:.:.:.:.:.. ` ー―彡     .:.:.:.:.:.
                         それだと僕らただの的ですよ!」     .ヽ              ,  '  ̄ ̄
                                                  {__           u /
                                                  (`こ⌒)    /     /.:
                                             ∧( ) ' ⌒ヽ ´  /     .:./.:.:.:.:
                                          { ( )  .:.:.:',  /       .:.:./:.:./:
                                            ヽ_____ .:.xー┴'ー‐     .:.:.イ,.:.'.:.:.:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
例えば音に関わる法律がある。そのため彼等は仕事の前に、まず防音の措置を取らねばならぬ。
勿論住宅地などで夜間作業は行えない。重機の奏でる激しい音の横で眠れる人は、世の中にそういない。

32 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:03:28 ID:???0


そういう彼等が非常時というお墨付きを得、全ての枷を解き放たれたなら。
――その作業速度は凄まじい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                       . -‐ニ ̄ニ‐- .
   \ 人人人人人人人人人人人/                                _/           \_
  <                   >    γ ヽ                =二 ̄ /               ',  ̄二=
  <  ドリル・ストームッ!!  > .,. -‐=|   ',,_                   ̄7'' ―― ___ ―― 戈 ̄
  <                   > ;;;;;;;;;,ィ|   〉`Y、- .,_──────―――. 从,,i ;         `. 、 .尢r、――――
  /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\;;;/{、乂__ノ ,' ,', ヽ `''・= .,_           /\じ'jl|此ト=メ i;_,,爻,,i| 刈ゞメ
                         ',;;/  j、\__>'´ ノ;} } l:      > _         ``‐ヾ:;!Iヅ 〃!iメト辷-" ^
                        ./  { ト 、,_,,ィ'フ;;/.,' ,'    γ⌒ヽ..,,_
                       /   .∧l`ヽ;;;;,ィ‐''´,イ /:     //´;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                    ,. -='','   ,' ゝ、 `ー' _/ ,ィ=.,   //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
               ,. <   .〈   ,'_    ` ̄´ ./::::::::::::\//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;};、
             ./      ∧. .┏────┓:::::::::::::::::::',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ;;;':,
            ./     _,,.. -ミ;∧ │.気力150 │::::::::::::::::::::',;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;':,_
          ./_,,.. -‐''"´,,.. -‐''  ` ┗────┛::::::::::::::::::::::::∨`ー-<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リヽ `ヽ
          ´   _,,..・''´    _,,.. -‐''ヽ`''‐-〈:::',::::::::::::::::::::::::::::',    `''<;;;;;;/  }!   }':,
             `ー――=''"´,. ・''´ ̄|`''= ..,,|::::',::::::::::::::::::::::::::::!       `!ゝ- ''    ,'! .':,
                    .,. ・'´::::::::::::::::l:::::::::::::|:::::!':,:::::::::::::::::::::::リ',        .ゝ  _>'',リ  i':,
                  ,. <:::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::',:::|:::',::::::::::::::::::::,'::::',       \   /  .| .':,
               ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::',l::::::',::::::::::::::::,'::::::::',         \/   .リ !':,
              ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>''´` ̄`,':::::::}::::::::::::::,':::::::::::',          .\ ./ リ ':,
            ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::>''´     ,':::::::::|::::::::::::,'::::::::::::: ',              `'' < /   リ':,
           /:::::::::::::::::::::::::::::>''´        ,'::::::::::リ:::::::::::{::::::::::::::::::',            `''</ .':,
          ,':::::::::::::::::::::>''´          `ー-/:,ィ^'・、::〉:::____:',                 `''<':,
        .  乂:::::::::>''´                 フ::::::::::::\     `                  `
           ` ̄´                   /::::::::::::::::::::::ヽ
                               ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昼夜通し、至る所からドリルの音が木霊する環境は自衛軍の兵たちを激しく悩ませたが、
その苦悩と比例するように、みるみる陣地が出来上がっていく。

33 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:04:00 ID:???0

また、彼らは工兵を巻き込み、日本の法律では禁じ手の爆破解体に始まり、
ダイナマイト等、爆薬による発破掘削を用いる等、作業速度を優先したお祭りのような工事が行われていった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              rー 、  /
            ,.. ┴- '、  イエア!        、′     、 ’、  ′     ’      ;  、
           r'´   ::::`i  \                 . ’      ’、   ′ ’   . ・
             |___ ::::|               、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・”
           !゙'ノ、''` | ::|                   ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、
      _ril    l ̄ ̄ ̄ , !           .  ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;
      l_!!! ,、 ,..-ヽ  ,,.. ' ノ`丶--'ー--、 -―--、 ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′・
      | ! !_!|i:::::::::゙^^ー''´:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::,..、::`ヽ . 、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人      ヽ
        ! ', ,|!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/---‐'´`\::::\  、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ
      !、_,イ:::ヽ:::::::::::::::::::::::::B:::::::/::|        \:::ヽ、_( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ    ,[]
      ',::::::',::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::l         ヽ'◎ ヽ:::::. ::: >>***´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ    ヽ/´
       ',:::::::',::::! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::,!          ヽ __ '、ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ
       ',:::::::::::|   ',::::::::::::::::::::::::::::/|          ヽゞー'
        ヽ_ ノ   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::!



                   lヽ ∧                                     `
                  i / W V| ,,rl                       '"`;,. .    _ i /;,,         ´
                \ヽ!゙' r'   ~゙ └r''                 ,.    /      7 し'  ⌒`;, ,,.  ,.
              \    .ヽ 'l l゙l /-   ゙>              ヾ;,,  /`    ‘ .,;;''ヾ'`       /"゛;,,_.
          イエアッ!     )wr..,,   -、  ̄ソ`ヽ、            );,,"/;;,.`; /` ゝ,.i ,;∵      '    `;,
           /    /   ゙゙''z  ,  - く           从;;,,/;,,人, , ,,,;;;;; 从"⌒`, ::;;;;'     /"
                r<_,.~'-‐ーi,,, z  - 、  r'          .ソ;;;,,∴. . .,,,;;;(;;;,`./"゛;;;,,_・".,,;;)人/
.    グッ           ._ >'゙ \-''´  ~ζ)  ヽ.>       .,, 从,,, ,;;ゞ,,从, ,,...人,;;;;),..て.,;; :  /`ゞ,.i.;
.      r‐、       ヽ 、      ν!/ヽゞ /゙       そ;;;, ,,;;;). ...,,,,,,;;),.人.. ノ `::ヾノ: :;: :⌒)., ,;;て_ _,,,..
   r‐-、/ /       ぐ=-、、   /ヽ-' /ベ'l゙
  /゙__,_ノ /.        )     /   /  |
 ( ̄  , )/.       <´    ,,..-'   /   lフ"フ
ノ  ´`ヽ< !        ヽ-‐'"´).   /   // ``ヽ、
゙i  ``ヽv /        ,ノ' |( 《   /  /// _,,..-''"\
,|  Y /Y゙       _,,-'''\ ヽ l     /   ,,.-''゙\    `ヽ、
\.  " 丿    _-ヾ    \\ヽ''''''''i/  ./   / ,r、  ,,..-''"'i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

34 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:04:16 ID:???0

ちなみにこの工事には士魂号まで駆りだされており、地面を爆破後、柔らかくなった土を士魂号が
超硬度大太刀で掘るという塹壕の掘り方は、かつて無い速度で塹壕を作り上げてく事になる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            < \,、-=、                       ______∧_________∧______∧___
            .\////rtュtュ、                   .ト VVVVVVV_ノ\
               `(ヽノ////l                    .\           \
             ` {(=})/;;;>、_                     ハ            \
              /   /´`< l\o\             ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
               //ヽ∠r=\|.| O\ l\            .彡  〆     \ \ ヽ
          // //二r ,Y´ `ヽ >イ─、_              〃 ハ   ⌒   ⌒\ l  |  「塹壕掘りだけは
          / / /;;イ,. -‐- 、.  ,} ´    .`Y.-、.          ル从§ (●) (●) ヾ  |   昔から得意ッスよ!」
         ./イノ;;Y´/   `Y,イ´ ゙̄|   } イ             乂§::⌒(__人__)⌒:::从イ
          `ー-{=)      .}/ .   /  ノ 〉/\          \   `ー´   /
            〈乂    ノ __/ ̄´  ..\∠ ヽ       /           \
                 ∨` ー ´-‐';;;;/          \. <\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´V` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` ̄ ̄ ̄´V` ̄ ̄
                `ーt'´;;;;;;;;;;;;;;{            \\\
                ,};;;;;;;;;;;,r‐' )              \\\
                  _,r<;;;;;;,r‐'   z<_,、           \\\
            ., <;;Y´ `Y/}/;/\\               \\\
         /   ;;',__/イ;;;;;/   \>∧                 \\\
        /     | | /;;;;/      ∧             \\\
      , イヽ      ゝ-‐゙;;;;;;|       ∧              \\\
   ,r<ハ /  __./   `ヾ_       }                \\\
   マ  ヤ| ニ≠ / 〉        > 、.  _ |‐ 、                  \\\
    \  ̄/イ二//          \/(=);;;|∧_                    \\\
      7´/ /               |>、/ l  ` 、                 \\\
      ヽニ='                Y´>'´ \  }                      \\ヽ
                             ヘ  \  \ト、                   \| .',
                              `ー-\  .ヽ|\                  \|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

35 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:04:32 ID:gPlhYsao0
>>81
なんという的確な例え

36 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:04:44 ID:1nl292nU0
あーもう色々めちゃくちゃだよw

37 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:04:45 ID:???0

騒音に頭を抱えた新城だったが、彼を悩ましたものは他にもあった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三>‐''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨‐<三
 _  -──────‐-ミ
   _ -‐─────- ミ
/≦三才二三三∧ V三三
;:≦/ ゝ、ミゝ三三ヽ ヽ三三
:;:;∧彳´  ><ニ三/_ }三三
:;/   .∠ -‐・フ i }  ̄7
  彡  ヽ -‐ ' /    {、    「……何をしているのかな?」
   二   ´  #     ヾ
      U  -‐   __
           /  /
            `¨´ :;
     ∠二ニ≡=一- ./                                  / ̄ヽ
ー-------- 、      /ィ                               〔==±=〕
ヽ\ヽ { V }‐ \  「´j i/                              (( ( ・ω・) ))
///≧ >ー- ト、ヽ ', ./ }./-                                (( (o┳o ))
 ヾヾ////≧、.\ Y:≦ヽイ/                         ガガガ (( し[圓] ))
    ゝ<////>、}/ }//                        ⌒Y⌒Y⌒ ┻┻


                                                          / ̄ヽ
                                                         〔=±==〕
                                                        (( (・ω・ ) ))
 /三三三三!   ,  ,  "          ; 、     i三                         (( o┳o) ))
 i三三三三i  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、i三                        (( [圓]J )) ガガガ
 i三三三三i三i"_ュュ三三二≡=l | ∠=弐三ュェ_ !; ; i|                         ::::┻┻::::::
 i三///  i三i 弋  fア_ノ  }   ' /i 弋_マ __ノ  i ;  ; i
 ,∨//|   i三i / ̄ ̄-‐, ′  .| i`ー ̄ \ !; , ,i
//////! ; i三i、            |        i ; ;  i
|/////,| , i三i ;.   u       _,.ゝ     #;;; ∧; ;  i   「いえ、学兵に少し頼まれましてね……」
∨////!;  i三!, l          ∠、/ュ`      ∧ i ;  i
. ∨//∧  /三!,' ヽ , ,         `{      、∧./; ;  i
  ∨//∧/三三!,'∧ ,    _,....---ー、 ` 、 ∧/;; , i
  \////三三!,', '∧ ,  ,----―‐=、 、 ∧./ ;;;;  i
    ||l |三三!y '〃\    ====-   /、 /  ;;  i
    ヾ |三三!、、、/ / \ , , ' ;   /ヽ/ ,'  ;;;  i
     ヾ三三ii! 、 y/ /~"'''''==='''"~ヾ/ ,'   ;; i|
      ヾ三llii! 、 、 "'' 、/ l  l  /  ,'    ;; i|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
待機を命じているはずの兵士達が、至る所で土嚢を作らされていたのだ。
中には汗びっしり浮かべながら、アスファルトを練っている奴もいた。

38 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:05:28 ID:???0

そもそも、幻獣ワンサカなこのご時世だ。志願して軍人になろうとするような奴は使命感持った、人が良い奴多くって、
学兵の命が関わっていると頼まれれば、断れなかったようなのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                            _,,..:、、;、;、: _
                         ノ'´.:::::::::::::....::..^'' ‐..、       .
       _,,、..、、:、;      _,ノ''"~~.:::゙ー'''">'.::-、:_:;;:::::..__;;:::゙_"''':::..、、、. .
        ,!..::::::;;;;;;::.."`'〜^.<(::;;;:<~`''..::^''"...::::::::::::::...゙厂.:::::;;;;;::`.:::ヾ二::~:::;;フ`'''ー‐-....、 :.,,
〜^`ー-r‐〜: 、::_:::::;;;;;;;;:...... _;:::て_;::)、、;:::、;:::、 -〜ー'''!,´.::::::__.:::::::::::_.._;):::::::::::゙'‐;::::;;;::::::_;;::、` .: `,: .:,:
" ,,';.~.(~.::::::::::/...``'ー::ヾ '.:~::::,,)::::::'、.:.,..;;::::;、::-:::‐;;;-`'''^(::::::`..::''"..::::::`ヽ-''"゙个_;;二;;:::::、ヘ ー-‐'ヽ'゙)
'' ,, 、 :.゙'''''''ニ「、:、::、;;::、:::メ- ‐'^::゙)、_;;::、ゞ::__::::::::.._::::::::......:::::ヾ;:::.._,;;:::::,、::、;:-く:::'''゙:::::>、,;::::.,、:::;丿:::;:‐〜;::ニヽ
 ゙、 " .; .i'"..::::::::;;;;;;;;:::,)::::::::_.;::(::::::::_;::''゙7::::~'''''゙..::`::~`"..::"::::L:::::::~..:_^'..::  ゝ;::~..:::::;;;_;;::- ._)''"..::-::'",, '' .; ̄ ̄'''''''''ー─
、" ,, " .,.>ー:::‐-:::〜;:くー'''^´~ ゙i'''´..:::::::_,)、. ..::;;;;;;;;,,,;;;;;;,..,,__,,.ノー-'''"...`'''ー-''::.、:::::::::;;;;;;;::::;;..::ヽ ,''  .. ,, ",


                                 ヽ ̄/∧,,,
                ∧∧                    / \( ゚ -゚)
            (*゚ぺ) /ヽ               ヽ_( つxl
               (  つ(:⌒:)l>:⌒:)            〜(    |              ,----、
           と__,,)(;:⌒:):⌒:):⌒:)                 ( /´l ノ            .{=±==}
         ∧∧                                     (( (・ω・ ) ))
         (*゚ぺ) /ヽ                                (( o┳o ) ))
           (  つ(:⌒:)l>:⌒:)                                  (( [圓]J ))  ガガガ
        と__,,)(;:⌒:):⌒:):⌒:)                                  ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
理屈で考えてみたとしても、手が開いている時に作戦上優位な事をできるのならば、しない軍人もそうはいない。
それはそれでわかるのだが。一軍まるまるが穴を掘り、布袋に土詰める光景はなんともなんともな光景で。

39 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:05:36 ID:gi.EwDC20
そりゃ協力したほうが生き残れそうだからなw

40 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:05:41 ID:???0

やめろ、とも言えない新城は、耳栓突っ込みフテ寝をした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                 ||      /       |||
                                 ||________|||_
                _                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            //^!
          //  |
        //    |_____ _________________
      ///  /⌒ ̄ヽ   /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        i i r'  /    / /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | | | ,(⌒ ̄ヽ/ /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |/   ̄ ̄ /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
____| |───  {   {:::::::::::::::::::::::::::::::────────────
        | |____,ノ  ノ:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |       `ー────〜───────〜──────
        | |                                  _,,,,,_
        Lノ                                 ;'::::::::::゙ー:::-::-,、__,.:-:‐:::<フア
                                        ;' ;ク:::;::::::;::::::;: rー:、.:.::::.::::ミ<、___
                                            _ノ''´ ,:: ,::::;:::::;::::;: ,ゞ;イノ.:::: ::: ,ミ,,,,__`)
                                      (__,;::-'''''"'ー--、::;:::::;"'彡≡` xノ
                                              `ヽ:;:::;' `ヾ"´
                                                 `ヽ、 、、)
                                                   ゙ー'′
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

41 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:06:01 ID:???0

それでも新城大佐の戦いはまだまだこれからで、翌日お嬢様はこう言った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       |:| /厶≦::.::.|:|/  \  ///         |   ヽ
      r=ミー/   ヽ//    X/ /         / |      '
      |;!イ/       〈 |  //\/ /        / ∥   _  ,
     <イ;′      ∨L//_   /`7ー     //| 厶-‐ '´   l
     /|         |l∨卞女ミメx//    斗 1´/ |       |
    // |         |l |-、::::::::::}゛'/    / _|/  |       |     「新城大佐!アレ使ってイイ!?
   </  |           ' トペ:::::::/ '  /  7≠=≦_」_     |        あの白いまきびしみたいな奴!
   ,. ‐…一、      /! 弋辷'ン  | /    /、::::::::::/7「   |    !
  /       {`     イ | :::::.:.:.:..   ´      rイ゚::::::/ /|  ,|   ;       この前車で走ってたらいっぱい転がってるのを
/       l     / |            ゞ辷シ  /! / |   ′/     .見つけたのよ!」
             ∧ ト           ..:.:.:.::: / |/ー| /∠ィ彡
    ヽ|    ヽ   | |{ム>、   <l           /  |/'l::::|/:::::::::≦_
    |     ',   ー――'´  ̄ ̄`ヽ___, イ   イ |:::/::::::::::::<二
     ヘ     }             }::.::.::|..||   /  |::::ト、::ヾミ⌒



       _ , r ‐ ' ´ ̄ ̄` ' ‐ - 、
      r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'i
      {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
      };;;;;;;r'''´  _,m--- ,, _`'''‐'-'}
      |。‐,,,'''´-‐´` ̄‐;;;--`,,。‐|
       iヽ;'´>、,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;r'´ヽ ;r´`}      「白いまきびし……?」
    ,,r;;{ヽ; ' ( ・`i'/i‐''''´! ・ } | r };;ヽ
  /;;;;;;;;;ヘ ヨ   `ー' r'   `ー‐´  | ' ノ;;; ヽ
 r';;;;;;;;;;;;;;;;;`|     =、=   .u  |'´;;;,r'´,;;;}
 { ヽ、;;;;;;;;;;;;|      _    |;;'//;;;;;ヽ,
´ヘ;;;、  ヽ'、;ヘ、 '´ ̄ ̄   ̄` ノ /;;;;;;;)ヽ /ヽ
 !、'' 、 ;;;;;,, ヽ;;;ヽ、    , r;'//;;;;;;;;;'''´//  ヽ
  ヽ;;;;;,,, ヽ、 ヽ;;;;`ー‐‐´;;'/;;;;'''''' ´/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

42 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:06:29 ID:gPlhYsao0
出たー!銀ちゃんの必殺技、人員メイルシュトロームだぁぁぁぁぁぁあ!! >待機を命じているはずの兵士達が〜

43 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:06:35 ID:???0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    -rf7它㍉-  _
                /:::.厶こ二ノ}_::::::\
             __/  ̄ 〃⌒´⌒   \::ヽjニニl
             `7    / |  | |l |、   ヽ〈 ー (二)   「土嚢と組み合わせたり土留にしたり、
          _/`V 〃 ∧_人  |、|ヘ lノ\ 〈⌒) (二)     有刺鉄線巻いて障害物みたいに使おうと思ってるんだけど、
         / ヽ丿 l|  | nト \l ノ‐く  |l く丁  (二)      持ってきて良いかしら!?
         {     | | 八 | U     し  リ{辷¬<ノ}
         \_ノⅵ | ヽゝ r――-、  ∠ 7:::T^7^フ     .あれ多分材質コンクリートだから、ゴブリンには絶対有効だし、
         {|::::\川人_フ |     |  _ ノ|::::::∨イ|       ミノタウロスからしても、結構じゃまだと思うのよね!」
      r≦ミ辷彡/::::::::::::>ゝ __ 厶イ:::::::::::|::::::::|三{三≧
    ノ三三三三7:::::::::ト、::::::::::ヽこン:::::::::::::::::|::::::::|三ム、
     ¬= / / |::::::::::∨ーァ:::〈匀〉::::>==ィ|::::::::|三三ト、
       / ' ′|:::::::::::::〉 /:::::::/:::::::::::ト、∧八::::::::Ⅵ三三{



                                            ,
                                            //
                                             ./:::/
                                         >  >
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.: /:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ    //
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   ′ ピロリロリ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:. 人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{    「新城大佐。隊長は――
     ヽrー'"                 }     /:.:} ̄
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/        テトラポッドの使用許可を求めています!」
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

44 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:06:58 ID:???0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    i三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヨ7
    ∨三三三三三三三三三三三三三三三三三三|
      |>、三三三三三三三三三三三三三三三>'" .i
     i 、`>ミ三三三三三三三三三三三彡' ̄   7
     ',ョュ、 ------------ ☆ ----------' " ´ュョ7
     _',、三≧ョョョョョョョョョョョョョョョョョョョョョョョョョョョョ≦三ヨ,',--、
    7 -',::::ヘ三三三三三三三三三三三三三三:/,', -、ハ    「……テトラポッド??」
    i, ヾ',::::::\三三三三三三三三三三三三/: 7  ,'./
   ,==', -、',:::::::::/__ノ',三三三三三三三三>'::::  7 //ヽ
 ,/////ヽ、 ',::/    /・‐-、三三三>,-‐・'"フ  .7ノ //〃i
..i///////,'/    ノ ヘ-'":::::::::| : :.:.:.:.:.:.:`¨´:'"U 7--'/////ヽ
〈///////,'    /  7:::::::::::::::|   : : : : : : . ι〃.////////
 ∨////7   _/___ ./: : : ::::::::7      --、  //////////>.、_
___,∨//7   /   ', ,-  :::ヽ_= '   ___/ i y'//////////////>--、
///////  ./   r'‐‐、` -.、___,_ィ≦´/   イ////////////////////:\
//////  ./   /   ヽ     ` ̄   /////////////////////////,'\
/////  ./   /   / ,|__     ιイ/////////////////////////////
////   '   〃   , イ  \--- ' "///////////////////////////////
//∧  ',   i   /   i  ヘ///////////////////////////////////
////i  i   ',   i,   _ ,j  i//////////////////////////////////
////i         i    ヽ  ///////////////////////////////////
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

45 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:07:12 ID:???0

テトラポッドという商品名が高名な消波ブロックは、
波のエネルギーを受け止めるべく置かれているもののため、コンクリート製で重く、硬い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                /二二二二二ヽ
                            /         ∧
                               /          ∧
                           /             ∧
                          ム             ム
                              ム                ム
                             ム                  ム
                            ム                ム
                        ム                ム
                        /、                .´\
           .            / .` `丶 、          ,´´    \´
                    /      .` `ヽ─-----‐ ´´       .\
                   /           ∨   ./´              \
                 /             ∨  /                 \
                /                  ∨/                \
              /                 ||                      \
             /                      ||                       /ヽ
            i `ヽヽ                      |!                 /   !
            マ  丶ヽ                 i!                   //   i
             ∨   ', ',              > ´ ` <            ,'.,'   /
              \  !. ,      >  ´           `  <       !!  /
               `マ ノ_ >  ´                   `   <  i i /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
組み合わせれば、確かに水銀燈の言うような効果を発揮しそうではあった。
――が、消波ブロックは、消波ブロックだ。

46 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:07:23 ID:gi.EwDC20
新城さんが何もしなくても勝手に状況が改善されていくのを
やる夫スレで初めて見た・・・w

47 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:07:23 ID:gPlhYsao0
アムロすっかり専任通訳w

48 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:07:42 ID:???0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      /三三三三三三三三三三三三
                  |ヨ>‐‐‐‐‐‐‐‐N',‐‐‐‐‐‐--、三三
                    i-‐'"""""""/yヾ""''''‐‐‐-- 、_,
                  jィョョ三三三三三三>----- 、_
                  /三三三三三三ヨ(_ , -- 、, -‐
                ----- 、三三三三三三>-,'"ヽ  ,..
                  ', i i___゚`ヽ、/:::i,:、--7-。、-‐'" ̄     「…………あれは水害防止に必要なものだ」
                   ',i: : : :  ̄: :.j: : : : :.ヽ--、ヽ-、-‐‐'"
                        |   ´¨,ノ   _ヽ=-  ..::::`‐‐-
                      _i     iヘ- 、     ,
                ,...イ::::', 、-   ヽ'"     u
                 ∠:::::::::::::', __〉>--、___  _____   y--
             ,..:<:、:::::::::::::::ヘ  二 ‐--、_ ,..._ヽ-'   /:::::::
            /:::::::::::::\:::::::::::::ヘ         ,.......<::::::::::::::
           /:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::>、____,.イ::::::::::::::::::::::::::::::
       ,....<::iヽ-----、:::::::::::\::::::::::::::---'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



奇天烈な発想についていけず、なんとか常識を絞り出した新城に、お嬢様が明るく答える。



         x=x、 /..:: -―…ゞ'- 、:::.ヽ|::.::..\ <
        〈〈___ヾ:|:://‐|/{   /__\::|::.::.::.::.「 ̄ヽ>
      /'イ匸フ勹 / ―-、 ヽ/ヽ ヘ 冫::.::.::.::|
   _///:/ /  N   ___  ̄`//::.::.::.::.::.:.、
   ヾ- ' j::{ .′ ∧   /     `!  7.::.::.::.::.::.::.::〉      「借りるだけよ!天気予報見てません?
      イ.:::〉j_/ ヽ  、    ノ  /.::.::.::.::.::.::.::/
弌三≧ュ、  /.::./   /::> `ニニ´ <;.::.::.::.::.::.::/        なんか梅雨入りまだまだ先みたいで、
  下三三ア.::.::.:/ /..::.::ト、几∧//.::.::.::.::./ _,,〟r≦    今週も来週もずっと晴れよ!」
 ≦三三〈::.::.∠ イ::.::.::.:::.ヽ{匀}‐'/..::.::.r≦三三三三≦
  .≦三三〉::.::.::.::.:{⌒l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./ ゞ气三三三≦
    /  }::.::.::.::.:ヘ、|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|   |` ¬冖″
    `¬-ノ.::; -‐ フ「ノ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|    |
        乙ィ_厂 ノ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|   !
  _, -‐'て__ イ/..::.::.::.::.::.::/V::.::.::.::.廴 ト、 、
__二二ニ -―く::.::.::.::.::.::.:/.::.::.∨::.::.::.::./ | \ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お天道さまは彼女の味方で、新城は忌々しげに天を睨むと、ガクリとうなだれるようにして、首を縦に動した。

49 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:08:02 ID:???0

少しずつ。次々に、どんどんと。
戦場に、消波ブロックが直ち並ぶ。

                                                   |
                                                \     /
                                        ,.-'⌒ヽ,      /⌒\
                        ,.‐、,ノ⌒ヽ_        ノ     ヽ、 ― ( ゚ ∀ ゚ ) ―
                       ,ノ   ノ   ヽ__   (´  ,ノヽ    )    \_/
                      (´ (⌒´ _,.-――'  ,.-' (´     `)`ー-、/  ノ⌒ヽ、
                       `ー-―'´       (´   ,ヽ、 (⌒     ヽ、(    ,;ヽ
                                   `ー-'´ ⌒'ー、,,,,,,,,..,,.-' ̄ ̄  `ー'´ ´









  _       _     _      _       _      _     _      _
  | |     | |     .| |      .| |    | |      .| |     .| |      .| |
/∧\  /∧\  /∧\  /∧\  /∧\  /∧\  /∧\  /∧\

50 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:08:04 ID:1nl292nU0
>>46
新城さんの発想を更に上で行ってる銀ちゃんが凄いんや

51 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:08:21 ID:???0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

52 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:08:52 ID:NU/G9yDM0
アムロのニュータイプ通訳は便利だなぁw

53 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:08:56 ID:???0

各小隊長達が、学兵の大隊構想は正解だったろうと確信に至るまでに要した時間は、
たったの一晩であった。

                     ./    / ||   ,.||_,|ζ   // :| /.    \    \.      \,_ソ
                     |" ̄ ̄./  /三三三/θ   //  |./..     \    \.      \
                     |     || ̄ ̄ :| ̄ ̄ ̄||:  ̄ ̄|:|  /        \     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                     |___|| ̄ ̄ :|::::::::::::::::||:  ̄ ̄|:| ./            \  ||:       |
                         .||:.     ̄| | ̄      .|:|_/               \l||_____|
                               / | \


//::ハ::::::::::::Ⅶ:::::::::::\ヽ::::::::Ⅵ、::::::::::.ヽ
:::i::::::|\::::::::Ⅵ:::::::::::::::\、::::::Ⅶ:::::::.、::::
:::|:::::ii::::::\:::::マ::::::::::::::::::::\ :::Ⅶ::::::::::::
:::i:::::|!:::从:::\::\:::::::::::::::::::::ヽ::Ⅶ:::::::::::
::|!::::ハ:::::i::Ⅶ:: \: :::i:::::::|`:::::::::|`∨:::::::::
::i:::::i::i:::::ト、:\:::::::\i:::::::!,:::::i::::i ::::|::::::::::
::::::::|::|}从‐\i\:ミ|::i:::::::i|Ⅶ ::从:::i:::::|:::
从 :|::|| .ヽ  \.\ヽ:::ノ| ∨ .___ン|:::从:::      「――とまあ、編成と分担はこのようになる。
{ ヽ:::|ヽ `ー==仆、    :' ̄ ̄ ノ//::}
ゝ、人:i           :.    ∥/        ……何か質問、意見は?」
.Ⅵミ、\          :.    /{/
 \:::∧. ヽ      _  ノ    /八
, ‐‐ヽ|::\     _____...   イ/ーヽ、
  ::.. ||  \    ̄ ̄  .//′   \
   i::::〉:   \     / /::::ゝ    ' ‐- ...,,__
   |:::::::、    ` :=彡  ,  X::}          ~""'' ‐、,‐
   Ⅵ:::::`         /  ::/               i
   \::::::       __:::// ̄ ̄ ̄ ̄~""''' ‐- ...,,__ノ_
     \:::::     /_, ̄ ̄,ゝ ̄}   i
      \::::::::::/  ヽ  \:/ ::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


水銀燈が大立ち回りを演じた会議の翌朝9時。再び開かれた会議にて、
ライトは大隊としての編成と構想を、各小隊長達に提示したのだが、これが非常に精緻な出来栄えだったのだ。

54 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:09:16 ID:vYCrAN3s0
さすがは銀ちゃん、太陽の子♪(笑)

55 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:09:24 ID:???0

どこに当てはめられるか、何を分担させられるか。編成は、作戦の難易度に直結する。
故に、口挟ませてくれるのならば、一番口を挟みたい事なのだが、疑問も異論もでてこない。


             _..  -‐……―-  .._
             /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
            /.::::::::::::::::::::: /.:::::::::::::::::::::::::-― 、
            '.::::::::::::::::::::::::::/.:::::/.:::::::::/.::::::: ̄`ヽ
        /.::::::::::::::::::::::::::/.::/.:::::::::/.::::::::::::::::::}::::::',
          /.::::::::::::::::::::::::::::'.:/.:::::::::/.::::::::::::::::::::::イ::::::::i
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::i/.::::::/.::::/.:::::::::://|:::::::::|
        /.:::::::::::::::::::::::::::::::::{:::/.:: /::::_></ |i::::::::|
.       /.:::::::::::::::::::::i:::::::::::::i/⌒∨ ̄ u .イr\ 从::::::|
      /.:::::::::::::::::::::: |::::i::::::::{(`{、      弌ソ //:|ヽノ
.     /.:::::::::::::::/.:::::: |::::|:::::::::\ー u  //// `   乂::|ノ
    /.:::::::::::::::/.::::: /:|::::|::::::::|::::厂             /ノ
.   /.::::::::::::/.::::/.:::|::::|::::::::|:/  、     ___ /        「……特にありません」
  /.::::::: /:::::/::::::::::|::::|::::::::|'    \       /
. /.:::::/.::::/.::::::::::/|::::l:::: 八   /⌒> _/
/.::/.::::/::::::::::/l/:∧:::\::::::ヽ /、::::八‐-,
..::::::::/.::::::: //.|:/.:∧::::::\::::.∨.:/.:::::\
::::/.::::::: //   |'.:/.:∧:::::::: \:j\::::::::::::::ヽ
..:::::::::::/ ̄\ ...:|/. /.:∧:::::::::::::\,j\:::::::::::::'



            ./  ./  ' /
            ′ ' /  ′                 ハ
          {  { ./    .!
              ____  :  |  .i!   :!    l      .:
             / r‐< ,イ  :!  |   .|!    l | l |_i
          レ// ,ヘノ彡|  i|_|___八_i__i!_|斗ャヤ´
          {  。゚ 。 ヽ`i! .| r====斥   ,斗芳/     「……質問があるとすれば、
           \。゚   Ⅵ .| 'ゝ,込z夛    ヒソ〈 
             リ .マイ´ ̄`丶、        、  イシ\    どうやってこれを
           //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l .u     __ ´ , |`ト、冫   一晩で仕上げられたか、ね」
           八.:.:i!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト    ‘='’イ 人丕ト、
          ./ .∧.:.:i!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.lト≧_ ==个 | | | (乂)
        / ./ .冫.: i!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   トf圦‐┤ |x.i___ (乂)
          / ./ ./  ヽ.:i!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  |}{|゚。 ゚。| |.:.:./ (乂)
.        / ./γ'¨ ̄ Ⅵ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l_,ト、/ヘ、| |<    (乂) 
      / ./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.Yl.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l γ´⌒Y.| |.:.:.:.:`丶、 (乂)
       / ./ ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l `Y__〉| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≫ (乂)


理詰めの配置と分担の中に、各小隊のリスクを均等に分けるような心遣いまで含まれた編成に、
各小隊長達は、夜神月という男の能力をひけらかされたような気すらした。

56 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:10:10 ID:???0

                                             ,..:イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                            7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
                                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                          |::::::::::::::::::::::::::::::::r―‐t::::::::::::::::::i::::::|
.         「前もって準備を?                        |:::i:::::::::::::j::::::::::::|    |::ト、::::::::::::i{::::|
         いや、昨日の流れからしてそれはないか……       .j:∧::::::::::i{:::::::::::| . __|/ ',:::::::ん:::::ゝ
                                         _/ }::∧:」ヘ::_ハ/r―オz、 ┐〉:/{ 〕:トヽ
         となると、本当にこれを一晩で?            /^ヽ≪ \Иf 仍 }ト、{  ゞツ |´ __,イ::i!
                                     /    \ ヽ`ー―‐' | `ー‐―‐'  「{::::N
         ……凄い。               .        /       \_〉 ヽ  `      u ノ !}
         同世代として、頭が下がります」        /        厶―‐ ゝ、 丶二,_ラ / / 〉寸、
                            .      /        /    / \   / /  /  i \
                                  /        /    /   | `¬´_/   /   !   ヽ
                            .     /        , '′   /   |  //∧  ./    !
                                 /        /      >-- i{/ {///∧ /    |


       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|    「いえ。希望ヶ峰学園の方々や津村小隊は
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /    高名ですので実力は知れていましたし……
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                    | リl:/:/::::    6000小隊や0846小隊等、縁があり、よく知っている小隊も
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/    多かったので、編成はやり易かったですね。
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,    まあ――……」
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ

57 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:10:13 ID:NU/G9yDM0
>>46
新城「我々は単独でこの戦場を支え…あれ?」

58 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:10:20 ID:???0

/.:///::/:.:>' ..:.::.:,∠´..:.:::>'":.:.::/.::/.:.:.:/:.:.:!:|.:.:..:/ゝヽ
://:/.:.:,>'.:.:..:.::.:,∠´:::>'".:.:.:.:>/.::/.:.:.:/.:.:.::!:|:.:.:/::/ヾハ
/.:.:/.:>'".:..::..::,∠´ :::>'".:.:.:.>'":./.::/..:.:/ ::::::::!:|/::/.:.:.:∧
.:..:./´...:::.::,∠´//>'".:..::>'".:/.:/.::/:.:.:/:::::.:.:.:>´::/.:..:.:.:.::.}
/--::ァ--─x..///.:>'"".:/.::.::/.::/.:.ノ゙:::.::>´.}:|../.:.:..:.::.∨}
///〈 (ひ)//>'" //.:.:∠´.://.:.:>´::/ハl.:::.:.:人.:../ヘ
 // `ーァ// `ヽ {/ ∠´.:./.:.:.>´.:./:::::::リ:.:}:./:.:.:./.:.:}
.//   j/``'メ≠´   ∠´:..:/.:.:>´.:../.:.:.:.:..::/:.:./:.:.:./.:..ハ}
./     :::::::::::::::::::::∠´イ´/: :/..:.:.:.//::.:.:/ }:.:.:.:A:.:.:./.:..:.:.:|
      :::::::::::::::::::::::::::::::: //::/.:/─x../'.:/.:.:.:/.:.:.:/..:.:.:.:/
         :::::::::::::::: /:::::.{/ ○  `ヾ l.:/.:.:リヽr{\
         ::::::::::::/ :::::::::::::::`ヽ、    〉::/ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄
             '  r- 、    )::`` ̄::::/
  .u            / ̄´     /::::::::::::::::/     .ま    振
               "      {::::/:::.::.   .|.      .だ    り
. _                   ソ:::::::    |       難    付
(                    /:::::::::       |      か    け
..`''-._.,,.____, '────  `::::::    ./.|       .し    の
     `(,─rー― -‐―- ─┐ヽ   /.::1     .か    方
      `゙゙''ー-+-ィ ─i ─‐}  〉  /.:.::1      っ     が
           ̄ ̄===三彡´  /:::::::::|     た
                  ::::::::://|.:::|     で
                   :::::/  !:/|     す
                .u   /   }' \.    よ
                     /    .´  \          ,.
                  /          ` ̄ ̄ ̄ ̄

59 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:10:38 ID:???0

              /, '"´:/,.. -‐ニ ___
            / ///::‐''"_;:ニ=== ``ヽ、``
               {レ:1:::∠二::__::::::::::__:::::`ヾ.ニ._ゝ
               ,.ゝ::_:; -──- ニ:_:::::::''::‐ニ__:::::\
             /::::/:、::::::::``ヽ、:ヽ::::`丶、:::::─--`ヾ__
          /;:イ:l:::|::ヽ、:::::::`ヽ::ヽ\::ヽ::`丶、:::::< ̄
           〃/::::/:l:::、:ヽ:`::ー-::ヽ:::\::::、:::::::::::::::\
          / /1l!:|:i::|:i心::\:::ミ_ヽ、:ヽ::::\::::::::弋_⌒`
            ! |l::|!::!::|{.Oヽ:、:::ヽ{.Oヽ::::::::::ヽ::::ゞヾゝー     (本気でそう思ってそうなのがコワイ……)
         | /!::|i:::::i`"´ .;!` `ヾ" |:!:::::::::::ト、|`ヽ、
      _, ‐'7´   !ハ::N   〈l,. _  .u  ハト、!`iヽ、`  `丶、
     / 〃     | |:ハヽ _,,.......__   / :: ヽ::!       ヽ                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      // ̄ ``ヽ、   {. ヽ ー   / .::: / ,. -- 、   /  ',                 | では私から2点良いだろうか  >
    ,: ′      ヽ _ \. ` -‐ '′  :/./   |  \/  iハ                \____________/
   ./        い   `ヽヽ、__ , ‐-'-./    l |   ヽ  || |
  .! 1         i !、 | | !   //  / /    | |.     ', || {
  ,|  |        | !| | |. i| / /〈 、t'レ'′   | |   | iノ }
  / !          | |' i〉 l | ヽヽ ヽ/      |l |   | |__`'}




             /:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::、::::::、::ヽ、::ヽ\
         //N/l:l、:::::::::::、::ト、:::::::::::|l:::トl\〉 W\ヽ
.        ///l | l:l└ヘl\v l`¬v::|l:::V  へ Vヽ、:l   て
.          /イ/::レl ハ l\トト、l| トl\ V l::::∨l::_;r1::::::::ヽ   (
         ゚ {l|::::::l'::A`l::::::::|ヽN::::::::ヽv:::::::::://, 1::::::::::::l
         l゙|::|::::l:|{i::::::::N〃\::::l::::l|::::::::,' ' ' rヘ::::::ト。l      「あ、ハイ。どうぞ!」
.          l/l::::トト∧、:l| i、 {;;)ヽ|::::'l::::::::| | | | l::::::l ゚i
          ゚ l::::lン  lヘl| `三彡/!::::::::::::;j|| | ';:::::|
.          ヽ:|ヽ、.     //ィ::::::::/ | | 、 、 Vトl\
           l'l::ハ t. 、__, ///::!::::::{ _j ヽヽヽ V` /\
.              |' lヘ ニ¨´ / 从|::l::/ / 、     ∨  ̄ \
           |  ト _ .</。 ノ/ソ ∧ ∨    〉    丶
                l、 |    |、 ヽ{/ .イ ハ  \   /     ∧
               | \|    ∧ヽ {    , }   ` /  _  ――ヘ

60 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:11:13 ID:vYCrAN3s0
>>58
凄いのか馬鹿なのか…両方か

61 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:11:20 ID:???0

許可を求め、発言をしたのは6101小隊の津村だ。

/      _________________
      /              /          /|
     /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  / :|
   / _______/ ._________/ :|
   || ̄ (ニニ)_______|    ||| ̄ (ニニ)_______|    || : ::|              _ ___
   || ̄ : `┯    ::| ̄ ̄||| ̄ : `┯    ::| ̄ ̄|| /               , ‐':::::::::::::::::::::::::::::::`' 、
   ||     ┷    | ̄ ̄|||     ┷    | ̄ ̄||/            ., ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::\
                                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::ヽ::ヽ
                                      /:::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::l:::::::::::::',:::ヽ
                             .         / ::/::/:::j:::::l::::::|::i::::::::l::::::::l:::i:::l::::l::::::::::l::: ハ,
                             .        ,' / j::::l::::::i!:::::l::|::::::::|::::|::l::::|::l::::l:::::  l::::::l
                                    l::::j  :l::::l::::::ハ:::ハ:i::::::::l;:::il::il::ハ |::jl:::   l::::::|
      「まず1点目。                        |::,'|:: .::l::::l:l廾'lナ'l:ハ:::::j:lナナ十ト.l:l:l :   l::::::|
                                     |:l |::: :::i:::lfキ7Tミ、| |V リ ナ7オ,ヮi|::::::::l::::::l
      負荷を分散させているようだが、            l:| |::i::::::l::l ` 辷Z      ヒ辷!´/!:::::::'::::::l
      我々の小隊の扱いはもう少し雑で構わない。     リ l l:::::::l::ト  ,. -‐ ´i ` ‐- ._  / l::::::/::::イ!
                                        l:l:::::::|:ヘ       !         ,j:::::/:::/.リ
      我々は学兵の中でも最古参だ。潰しが効く。       .lil:::::|:::::>、.   r_‐、    ∠j::::/::/ /
      腕を誇示する訳ではないが……                   ilハ:::|'´   \   ''   , イ .V::/:/
                                       ilハ:|.  /¨| \_, ィ'  .ト-/://
      もう少し我々に負荷をかけた方が、                i! l| _/::/|       .L/人
      おそらく色々と対応がとり易いはずだ」            /:::::://\     /://::::::`' 、
                                     、ィ'´.:.:.:.:.:::lノ: :/::\  /:::::':::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` ' 、
                                   rイ.:|.!.:.:.:.:.:.:.:.:|: : : \.:.:y':::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://.:>
                                  l  ',:ヽヽ.:.:.:.:.:.:.}: : へ三三三三三三三三三三ヨ /ヽ
                             .      ,   ト、\\.:.:.:|: :|.:.:/              /'    |
                                   j l  ハ.:.:\ヽヽ、| .l.:./              /    .|
                                 j ',  ハ`'‐->へl:/              /      |

62 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:12:27 ID:???0


   -=ヲ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\
   -=7 :::::::::::/::::::::::::ヽ:ヽ:::::::ヽ:::::ヽ:\_
.    /::::::::::::/::::/:::: - 、::|:::|:::|::::::|::::::::ト、「
   /::::::::::::/::::/:::::/,イ/`ト、!:::|::::::|:::i::::}:::ト、
 =イ::::::::::::::{:::/:::::/卞マハレ'|::::i,≠|:::|:::|i:::|
  |::::::::::::/レ'i::::: レ' 込ソ |: /rぇ|:::|::{ レ'
  レi:::::::〈 ( |ト、:: j      レ!弋タレ'|:/     「そう言ってもらえると有難い。
   }::::::::`トノ  V  u.     〉  |:::!′
.    レ个、j         -‐  /レ'       俺達だってここまでやってきたんだ。
 ,. --┴--- 、\      /         腕に自信がない訳じゃないが、
/    --─一'´ ̄`ヽ‐ '
              \           .津村さんトコは正直格が違う」
               }
               /



彼女の指摘を聞いてすぐに、0846小隊の前川が賛意を示した。
他の小隊長は、無言で顎を後ろに引くか、敬意が篭った眼差しを津村に向ける。



             _..  -‐……―-  .._
             /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
            /.::::::::::::::::::::: /.:::::::::::::::::::::::::-― 、
            '.::::::::::::::::::::::::::/.:::::/.:::::::::/.::::::: ̄`ヽ          .   /      ,           ヘ   ヾ:.:.ヘi:i:i:iヘ:.:.:.:.:(_
        /.::::::::::::::::::::::::::/.::/.:::::::::/.::::::::::::::::::}::::::',             /      {        ', ',ハ   ! ┌┘:.:.:|i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.〕
          /.::::::::::::::::::::::::::::'.:/.:::::::::/.::::::::::::::::::::::イ::::::::i           /    ,' ,  l|      ,} ! |    |  {:.:.:.:.:.:.:}i:i:i:i:i|:.:.:.:.:く
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::i/.::::::/.::::/.:::::::::://|:::::::::|         j   ! {_ l|  ハ     j | l.ノ   人 L_:_:.:.:.:|i:i:i:i:|:.:.:.:.:.:.}
        /.:::::::::::::::::::::::::::::::::{:::/.:: /::::_></ |i::::::::|         |l!  :| ヘl| トヘ ゝ、   {ノ/ 「  / /ハ _〕:./i:i:i:i:i|:.r―イ
.       /.:::::::::::::::::::::i:::::::::::::i/⌒∨ ̄ u .イr\ 从::::::|           .',ヘ :|   l|| /_\ l|レ'了  | >ミト、  (:.:.:r=ミ、iノ:_:] .l |
      /.:::::::::::::::::::::: |::::i::::::::{(`{、      弌ソ //:|ヽノ           .ハ ヘ ト、 l|ハ伐心 ヘ{  ,斗rそか㍉l// : }:.{薔リ ./ | |
.     /.:::::::::::::::/.:::::: |::::|:::::::::\ー u  //// `   乂::|ノ            マ {\メ\K弋ツ      弋_ソ ノ ./ ハ ∨ゞイ./  j ハ
    /.:::::::::::::::/.::::: /:|::::|::::::::|::::厂             /ノ              ヾゝ./ l| ハ             / /:i:i| |:i://  /イ '.
.   /.::::::::::::/.::::/.:::|::::|::::::::|:/  、     ___ /                l /  :l| ハ    '         ! |:i:i/ j/ノ  / /  l
  /.::::::: /:::::/::::::::::|::::|::::::::|'    \       /  ノノ                K  :l|  .入   ー―     | |:i/ ,l|/   / /
. /.:::::/.::::/.::::::::::/|::::l:::: 八   /⌒> _/                     l    l| イ .才`;=x、  ,x≡三| |/ / |   { {
/.::/.::::/::::::::::/l/:∧:::\::::::ヽ /、::::八‐-,                    |   |  !∧三三三ミ/三三三l ! / j   .| |
..::::::::/.::::::: //.|:/.:∧::::::\::::.∨.:/.:::::\                        |   | ,j三∨三r=彳ヘ三三∧ .|/ ./   | |
::::/.::::::: //   |'.:/.:∧:::::::: \:j\::::::::::::::ヽ                     |   | /三ミ∧三{均{フ三≫三ヘ   |    ! !


負荷をかける。戦事で、これほど重い言葉も無いだろうに、津村は軽々とこの言葉を扱った。

63 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:13:04 ID:???0

この集まりは協調であり、上下は無い。
公平感を鑑み、負荷をある程度ならしたのは事実であったので、ライトはこの言を即座に受け入れた。


      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/     「わかった。
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|       津村小隊の武名は僕も知っている。
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::       修正案を後ほど送らせて貰う。
            ヽヽ                    | リl:/:/::::      ただ、基本はこの線でいくと思ってくれ」
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ



ライトの言葉を見届けると、津村は小さく頷いた。
そして、先程までの堂々たる態度とは異なり、モジモジと。やや言い辛そうな口ぶりで言葉を続ける。



                          /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..,
                          .'.:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::l::::i:::::::::::::::.
                          i:::::::::::::::::::::l:::::::::::::l::::|:::::l:::::::l::l:::::::l::::l::: |::::l:::ハ
                          l:::::::::::::::::::::l:::::::::::::l::;ハ:::ハ ::::l::l:::::∧∧::ハ::j/::::i
                          l::l::::::::::::::::::l:::::::::::::トヒ弋!才/l/!::/ ≦ニy/!ハ ::l
                          l::l!:::::::::::::::::l:::::::::::::l佗て!`ヽ レ  けj 'ハ ::::::Ⅵ
                          l::l!:::::::::::::::::l:::::::::::::l 乂ン__  ,,. ={、¨´ l::i:::::::::::!    「了解した。
                          Иヘ :::::::::::l :::::::::::l  _,,.. -‐"   〉゙ ‐ハl::::::::::′    それで、もう1つなんだが……」
                             ` 、.:::l::::::::::::| u.          ,イ :l:::::::/
                                 、 :::::::::|      ー ∠.::::.' :::/
                               / ヽ::::::|> ..    /  `メ.:::/
                              i´ ̄` ミ、::|   /` ー "   /:/
                             /     ヾ、  {、        /
                              /        ヽ !_ソ´ハ
                               /           \ ./ノ:.

64 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:13:16 ID:???0


                                          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                          | 彼女に何か役職は必要ないのだろうか……  >
              __,、          ./\               \__________________/
      , __-,===^〔{〈匀ヘ.       /  /
     /_f〆:::::::::::::::::弋之ソ::::\     \/ />
    / jf7:::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\      </
   ./ {i7:::::/   / / 〈    / \:::::ヽ     ┌─┐
  ;′ {|::::/    l i  ヽ  ,/ / ヽ:::::ヽ    └─┘
  ,′ {|:/ ,/ /rィて`'! \/ レiレi ヘ::::〉
. /   .{||. / 〈 ハ   リ    ,イ''ト,/|Y l
,'     ゙  ハ  ヽゝー゛     トソハ/| ハ
    /  / ヽ \""     、 ` ,,| ,/.l
     / |  | \ \  、_____   レ' l
     / |  ト、  ̄   l|| ||「´ ,.イ l|
  /  /   ,__ ,!へヽ.、   || ll|,.イ l | |  ズゾー
 ,'  / ,. '".::.:く \\   r| ||ト、:|│ | |
,./  /.::/.:ヽ/⌒ヽ.\_T.|| l| ! l ,| ,|  (   )
/ / .::.y;__,/  、 \`ヽ,\ ||| |イヽ|/l/
 ,イ .::.::.::.:/ ヽ、\ノ、ノ\\ | ::. i (  )
:/ .::.::.::.::.::ト、 ヽ、ソ!匸{〈\|\>::. ( )
ハ::.::.::.::.::. ト、`'´ ,l |ーゞー ||| |〉::.::(^ヽ、ヽ,
. ゝ、::.::.::.::ヽ  ̄7 / .:「二二二二二i ヽ, |
 /  >、___二_レ' .::.::i チキンラーメン /   i .|       .
   〈   / .::.::.::.::.:.ヽ、二二二/  ノイ.ソ     ,.p_.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(:::::::) ̄


津村の視線に反応して、お食事中のお嬢様が、ぴょこりと顔をあげられた。

65 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:13:33 ID:???0

    ,.. -:-: :‐:-、,.ィ夭ミx: : : : : : /: : : : : :/
   /:ヽ: : : : : : : : ヾ三三ヽ: :..:/: : : : : :.ノ
   }: : ゝ_: : : : : : : : ヾ三三ヽ: : : : : : : : :!ヘ
 _,..ゝ、ィミ:): ニ=-‐: : : :.ヾ三ミx: : /: :.r‐'l ',
≪.ィ'´ /:/ヽ_:´: : : : :/: :.ヾ三ミ/: : :_;ノl l l;
 /  /// 人: :_:/: : : : : ヾ三l}: : :.{、_ l /l/′   「だーめーよ!
 ! 《彡ヘ/∧ュ´ >:'´: /: : : 寸ミ!:._;ノ/从{ ′
 !  lミ! lゞ lミ! ヾ;ノ´>: : :_: : ィ勹リ ,ゞ=' ヽ      実権持たせたらコイツ絶対
 !  !リ l   llミ! ヽ  `ー' く: :戈 リ ,′   ,′       碌な事しないのだわ。
. ,  ,'  l  lミ}   `ヽ、  ` }Vミ! l  /7
/  /   !   ト、      ,.ィ´ ∨! l  , ′        .それに指揮系統で考えても、
  /    !   !  `r―‐´‐- 、_fミ! l==ュ、          こいつに役職与えるのはおかしいでしょう?」
 ,′   l   l  /: : : : : : : : : ヾ! l三三}
./      l   l /: : : : : : : : : : :.∧∨彡′
′       !  l': : : : : : : : : : : : : ∧ヽ_
       l  l: : : : : : : : : : : : : : ∧ ‐_`ヽ、
    __   ,',   ',: : : : : : : : : : : : : : ∧、ヽ、_` ′
  ,ィ': :  ̄/:∧  ∨: : : : : : : : : : : : : ∧≧‐/


                                               ,::::::::::::,::::::::::::i:::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                                   ,'::::::::::::i:::::::::::::l::::i::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                              l::::i::::::::i::i::::l::::::l::::l:::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                                  l::::l::::::::l::l:::lv:::: ト:::lヽ::l::::::::::::::::::l:::::::::::::::,:::::::::::::i::::::l
                                                l::::l::::::::l::lvl ∨l_-l ヽl::::::::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::l:::::::l
                                                   l::::l:::::::l::l 七ニ--- l::::::::::::::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l:::::::l
                                               ヽlヽ::::∧ l|     l:::::::::i:::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l::::::l
                       「それはそうなんだろうが……              ヽ::∧.--=≡ l:::::::::l::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l::::::,!
                                                      ソ`ー-   l::::::::l::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l/
                     我々を集めた人間が無職というのは、       ヽ       U l:::::::l::::::l:::::::::::::::l::::::::イ
                     どうにもこうにも気持ちが悪くてな」           \       l::::::l::::::l::::::::::::::,l イ 弋
                                                         \-   l:::::l::::::l;::> ´    _,-`‐''"
                                                       l丶  l:::::l:/   ,. -‐''"´
                                                      l:::::::`l:::/ ,.丶-‐''"´    ,. -‐''"´
                                                         l::::/ l/i'´      ,.- '´

66 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:13:52 ID:???0

               _ _
           ,....'´::::::::{@}::ー、
        イ:::/ ´ ~ ̄~ ` \
       //::〃 i ,ハ   /ヽ、 ヘ
.         |∞:i l lレ⌒ ヽノ ⌒} !lコ     「気にしなくていいわよ斗貴子さん。
.      〔人 } ぃ●    ●小iVヽ
       |!  li、⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ       なんかスッゴクいい感じだし?
.      _| i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)   上手く回ってるんならそれでいいじゃない」
.     /:: ;;| ヽrriヽx>、 __, イl |::::ヾ'/
.    ⌒⌒| ∧ 人l||l{ 薔 }:: l| |l||l 从
.        |  ! ( ⌒ ):: V:: :: :: |/( ⌒ )



水銀燈が、笑いながら手を横に振る。
チキンラーメンの匂いがふわりと飛んで、会議室に、チープな香りが漂い始める。



   /.:.:.:.:. イ:.′.:.:.:./ .:.:.:.:.:.: | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:. \ . :.:.:.:.:.:.:
.   ⌒¨´  | l:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.: ! .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,.:.:.:.:.:.:
       | l:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘, .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |`  . :.:.:.:.:.:.:.‘, .:.:.:.:.:
        | l:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:__∠'.ノ :.:.:.:.:.:.:.:.:.l``'ー丶、.:.:.:.‘, .:.:.:.:
         | l.:.: /| .:.:.:.: /,_____\:\:.:.:.:.: |  -‐_\ :. ‘,`ヽ
       .| l/..:/| .: ////⌒ヽ.\:\ .: | xfア⌒\ ㍉、‘,  ,
.        | .:.:/ ノイ '.〈〈 .{:{::t;::}:} \l\|  .{:{::t;::}:::}  〉,> ,′    「そうは言ってもね。
.         |/   l八 '.`\V⌒V         ∨⌒∨/'゛ //
             |.:.:..\'.  `¨´           `¨¨´    //      ここまでお膳立てしてくれたのは
             ! :.:.:/^'.      ′           u  /´/     .やっぱ水銀燈さんだし……
             \厶__  u   ____,. ┐     /¨´ .:.:
            ./ __ノ\   \    _,ノ   /|.:.:.:.:.:/       僕もちょっと、悪い気がしちゃって」
         / / //,∧ :l丶.    ̄ ̄     イ : ∧ .: //
         / /   〈'///∧l// `  .,___,.     |//∧///
          ̄ ̄ ̄}∧///////// |      ./  .|////////
     ./    ̄ ̄ ̄|//\/////// |     /   |///////
.    ./    ` ̄ ̄}.ノ////\//{-‐'゙     /   ___∠.ァ777/



                                        l`ヽ、-―- 、 _
                                       /| l  \_  `ヽ、
                                      {, '´い  //⌒ヽ   \
                                    /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                                       l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
                                    ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |   「ふふーん♪ここはカナにお任せあれ!
                                    「   xx ̄xx  _V    l     l    名誉職を用意すればいいかしら!
                                 lr‐1         》⌒! |   / 
                                 ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /     実権は無く、罪悪感も取れる。
                                 _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /      これで一石二鳥かしら!」
                              __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \
                            /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、
                        _, -‐'´  ||厶|¬t┴ / ゚/└rー、ノ,        l
                       「      ll ノ|く rこ7 。//{三ヲ l       n|

67 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:14:09 ID:???0

                /   ./    .     \
           , '.   . /. : :  /  . .    ヽ.
             /:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
         /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
         !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
          ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
          iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
          Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /    「ああ、それいいアイディアかもしれませんね。
           ノ{゙ヽi      j、   "" /イヽ{
             ゝ.ハ     、..... __     / ノノ      ……といっても名誉職って全然思い浮かびませんが」
            `iへ   ー‐ ´  ∠ニン
                i从i>     . イ从|
                  从|  `¨´ ムi//
               /} > 、_ ∠ h
             __ノ { .イ:::::\ ! \



   /::i :::::::::;イ:::ヽ、::::::::::::::::`、:ヽ、 ::::::`:、`、:、、:::::`:::
  //:::::゙ ::::::/:::゙、::ヽ:`:::::、::::::::::':;::::`'::::、:::::ヽ:゙、`、`::':ー
/  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;:::::
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;::::::::
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、:::::
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:_    「……面白いですね。
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l::
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::、:     名誉会長、なんて言葉から鑑みると、
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!`    .名誉隊長といったところでしょうか?」
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ
         ',   ',. i\          / / l
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``'
' ´    ヽ  ヽ `' 、ヽ\:!     / /




               -::─:::.....、
             ..::´::::::::::::::::::::::::\
            . /::::::::::/ハ:::::::::::::::::::::::ヽ
            /:::::::::/ ハ::::、:::::::::::::::::ハ
            l:::::/ミ  { -ヘ:─:::::::l::l:::::l
          .{::::i/ん) { -r=ミ:ヽ::::l::l:::::!
           .|::::| `´,    ゞソ` ゝ::l:::::::}    「おもしろ話にマジメ挟んで申し訳ないんですけど、
           .j:::ハ           '⌒}::::::l     隊長って言葉はやめておきません?
          /:::ヽ  {`ヽ    ィー.イ::::::::{
           l::::::::::\_´ ,  ´ !::::/::::::::::l     ありそうな役職にすると、いざという時混乱しそうですし」
           |:::::::/::::::ヘ     レ´:::::/:::∧
           |::/:::::::ィ`  /:::::::/ミヽ:∧
           ./::::/{:ゝ二/:::::::/::::|`\ヾ \
         .彡-‐´ /  /::::::::/ \j\ l\\ヘ
     ./´          レl::://、     \ ヾヽへ
    .′      ,'     W´  ヽ  、   `┴、ヽ}
    .{        、          人_ ー-  _  ヽ
     .ゝ、      __ゝ       / / ゝl ̄    ヽ }
         T  ̄    >─ '´  /  | ゝ /:.:.:.]、 }



匂いに誘われた訳ではあるまいが、軽口に大人が乗り、堅物そうな吹寄が乗ると、
止めるものがいなくなり、文化祭の出し物を決める学級会のようなざわめきが、一気に広がった。

68 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:14:10 ID:gPlhYsao0
もうこの子はホンマに・・・w

69 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:14:39 ID:???0

                                                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
                                                 /::::/::i:::i'゙´^i!::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                                                ´ー-ィ:::::::i:/  |:::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                                                 /::/::/-‐- |:::/、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                                                  7/ f┐≠ヾ !/  ゞ::::::::::、::::::::::::::::::::::::}
               「じゃあ、リーダーとかはどうだろう?              { jャ伃` ‐―‐-孑⌒i::::::::::::::::::::::丿
                                                 / `´        ゙, 〉:::::::::::::::::, '
                役職でもあるけれど、渾名っぽさもあるだろ?」      .ヽ、         .,_/:::::::::::::::::/
                                                  } r一ォ      i !::::::::::::::::,ヘ:::{
                                                  | ゛-‐′     ,,/厶::::::::::::/
                                                  !       ' ´  彡:::::从
                                                   ̄ ̄`':、,,...-‐"""ゞ"´=}
                                              ⊂ニヽ、  i-i'''゙´ ィ==三三三=`、
                                              / ̄ ゙゙̄,≠i斗/三三三=≠三三ニ三
                                      _ /"´゛i  ゞ/ ̄ `゙,i!=∨三三三三/三三三三=',
                                    ,__f′ (_,,.ィ i  (_/i¨}  |三三三三三三三三三三三=
                                    { |__ァ{ `′(\  |  !/゛  /三三三=Ⅴ三三三三三三三_


        ,r-'⌒:ー‐v‐、
      _f:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
      ノ:::,.-―‐- 、:::::::::::フ
     У  ,  ,、   \::::::{   「それは農家につける役職でしょ?」
   / ラ,  /--//ハ_、 、ヽ::}
  /  /1l._ ! 、__  x-、l゙ |l i:ノ
. /  / 〈j、l!|    ,  ヒソ./,、}´ヽ                         ──────-
/  /   ,Y人  r 、  //-}!:! ヽ                      / ( ( ( (     ) ) )
  /  ___rラ-.>- '-:イ/¨i^i-!  ハ                      | / ̄ ̄\_/ ̄。
. i  >、∧_{l薔l} `ラ/'フヘ!  ハ                 | |     丿   0|
. !./:::::::〉、  |::! \/::ゝ_`ー.ソ   |                    | |          |
 l〈:::::::::/::::::¨´:::`ーム'∧: ̄:::\ .|                    | |  ━━  ━━|
.└ハ::::::}:::::::::::::::::::::::::/::::::ヾイ¨´  .!                     (6||  ( ●)  ( ●)|
 く ∨::::::::::::::::::::::∠\__/|_   !                     | |    ─' __|`- / <どのレベルで作るの?
  / /::::::::::::::::::::::::::ヽ/     /   〉                | |    / \ /   小麦から?
  ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::\. /   /                    ヽ  /∠三l /
                                         ヽ_  ー ノ
                                        /    ̄ ̄ ̄\

70 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:15:01 ID:???0

               ,  ---- 、, -- 、
             , .:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...: :、丶.
.            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:. :.:.ヾ丶ヽ、   「お姫様でいいんじゃないか?
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.ハ: }:.: :.:.: : ヽ `
           i:.:.:.:.:.:.:.:.ハ-l-ヘ:ト:./l7¨l':/:.:.ヽ: :i     偉そうってのは伝わるし、実際会津のお姫様なんだろ?
           l:.:.:.:.:.:.:.:l Xl`ヽ ' r-、'l:.: ,: :l: l     ほらほら、なーんか雰囲気もそんな感じだし?」
.           l:.:.ハ:.ト、ヘ ___`__ l,ィ: :/V
     r 、 iヘ   ヘヽl:ト.ヽヽ'__` 7 イ レ'
   r 、 ヽヽ l .i    ヘl:`´ヽ.丶、__ .>'/         ,-、 iヽ ._
  _ \\〉 ` l /7 `ヘヘl` ー- ィ           ヽヽ l l .l l
  `、`ー`    ` /,、-、....--l    l,、          , 、 i ' l// ,‐,
    ¨¨l  ヽ、  ノ'  ヘヘ   ヽ--、 ,ヘ`ヾ 、-、     ヽヽ、  `'/
      ヽ.   i´   ヽヽ   ` - ..ノ   i i ヽ      ヽ ヽ  i
.       l   l   、  〉〉      i l   l l ヽ     `/  , '
.       l   l   ヽ//      .l l  ヽゝ ヽ    /  /



                                   ノ  ヽー- 、
                                  , '´ ヾ  ヽ  , '-
                              /     入...   |  ` ´ ヽ
                              '::.    /  \:::::. ヒィ秘)、./
                             /:::   l/ - ─ '  `'ヽ\ __ン
                             i::::   /   ○     \ヽヾ|
                             Y⌒V          ○  | /    「“芝村のお姫様”って渾名の人がもういるかしら。
                              { ノ  u.       '     j/ 
                            r ーノ     ,. - 、 _      ノ      生まれは会津でも今芝村閥なら、
                           /   _ノゝ 、      ⌒_, ヘ       ドン被りになってると思うかしら」
                           !∠´    ト`_二_ 二.イ:::::::: |
                            iヽ::::\   ノ{::::,ィ:::j::ヽ `>-<
                           ゝ_ ` ´   | |` |:::! !::|`| {:::::::.ノ
                              ∧    | |. `´ `´│ フ´

71 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:15:23 ID:???0

                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                | じゃあ女王様とか?  |
                 乂________γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄γ
                              l  それは危ないお店の人みたいだよ圭ちゃん  l
                              ヽ、___________________,/

           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           | だったら皇帝様だ!γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄γ
            乂_________l  水銀燈さんが帝位?不穏じゃない?  l
                          ヽ、_____________\人人人人人人人人人人人人 /
                                                < そんなのルドン送りですぅ!>
                                                   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


         ..::::::::::::::::::::::::::::::..`                                   、_ノ;;;;;;;ト!;;;;;;;;∧;;;;;;ハ;;;;;;/!;;;;;;;;;;;ゝ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                                >;;;;;;;;;;;i!!;;;;;;;;{!;;;∨;;;i!;;;/;;!;;;;;;;;;;;ヽ.
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                                /´/;;;;;;;;;;ィi!´``i!`゙゙"´ i!´`゙リ゙ミ;;;;;;ド、
     ./::::::::: : /| ::::::::|:::::: : ::|:ト ::::::::::::|                              ′'ヘ;;;;;;;;;;/ !  ! !   j  /j ミ;;;;;;ゝ
     |::::::::::::/ |:::| : :|:::::::|::::|:! |:::::::::: |                                 ソ{`ヽ!-=≧ミ、ィ 、,,∠二_ !;i´}ハ
     |:::::::::::| ─-乂::|:|::: |::ナ T :::::::::|   「な、なんか盛り上がってるわね」            .ヘヾ.l| `゚ー'` `!  ´゚ー' ′リノ/! ゙
     |:::::::::::TT FTヾ从:: |T FTT :::::::|                                    ヽニi       |   u.  {/'
     |:::::::::::| 弋夕  乂:ノ弋夕:::::::::: |          「う、うむ……                  ´ハ;;゙、.u    ! ,    /'ヘ!
     |:::::::::::|     i    u. |:::リ::: |         どうやら置いて行かれたようだ」    ._ 'ヘハ、  r= 、  .イハ!
     |:::::::::::|ト、u.   ,、     .|ィ::::::::|                            _,=、 /  } イ/| ヽ {____} /リ\
     |:::::::::::|: : 丶.     イ:::|:::::::|:i|                         ,=―/  ,__(´‐' ノ!/f/!  ゞ--- ' {ヾi. \_
     |:::::::::::|:::: : r=!><├;::::::|::::: !:リ                        ,ィ  .,(___ノー__ ̄ー '゙i .| }       | |  ∧`ヽ.
     |:::::::::::|:_ノ  /八ヽ ヽ__|::::.'::ハ                      /(__/ー  ´  -‐ ヾ{___!_   i  i   |  ∧  `ヽ.__
     八:::::::::| . ヾ. //ニヾ /  |::/ `丶                       ノ ∧___,ニ、__      `ー、ノ  /__ /|.   ∧      `ー-、
    /\\::::|   .∨ ̄ ̄∨  |/   /\                     `rイ ∧;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/! ̄`ー---'_____//|     ∧         `ヽ
.   {:::::::::|  ヽ!   .ヾ.//   :/   |:::::::::}                      / 《  `ヽ;i;i;i;i;i;i;i/ /    |、::::::::::::::::::::::::/::|     /

72 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:15:34 ID:gPlhYsao0
合ってるけど違うぞ真紅!w

73 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:16:16 ID:???0

      ,...:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.: : : : : /i i:},:::::.. ', .
     .′:::::::::::∧:.、:::::.:.:.:.:.: : : : , / ,リハ::::::...;..',
    .....::::::::::':i \\ヽ:.:.. v' //-―- i::::::. i: ;
     i::::::::::::::}ホ孑弋卞、\.:V/'卞弐メ}i::::...|: |
     |:i:::: : .::i:| V)::ソ   ,)イ   V)ソ ,};:i::. ト |    「ていうか岡部。アンタこういうの好きじゃない。
     |:|:::i . .::|:|             i{::|::i:|ノ|    何かアイディア出しなさいよ。
     |:|:::|i .:::|:|         〉      ;{::|,:|:|: |
     |:|:::|l .:::|:|、      _____    小ji:|:|: |     助手だのダルだのクリスティーナだの……
     |:|:::|| .:::l小 、   ` ー     ,.〈 i:}リ:ノハ
     |:l.::|| .::::;::::i .:}ト .        .ィiハ Vイ:i:: i:|    変な呼び方大好きな癖に、
     |:{.::}| ....:i .:| ij:r}: >- < ,ハ.}:::.. i::|:: |:||.    必要とされている時は出せないの?」
    い:j{ ;.:i:| .:| |i ` ー‐┐┌r'  :i|:::.;..|::|:: |.|
    }.}.}' i.:|:| ..::iリ     | iー'i |  :|i::,:i li:| i:|:'
    }.}:i,小|:| .:::|    │|ニ|│   V:ノ,小:八:.、
    ノノノィ゚ i|:| :| |、   │|T|│   〉イ:::i::iト、\__



          _ィィ;;ヽトヽイイ、__,
        _ノ;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ーイ
       、ィ;;;;;;;;;、ミィ、;;ィ、、;;;ィ;;;;;彡;レ}
          {;;;;;;;;;く|l{;!ll〃l|ll|||´ '¨く;;;;∨
.        ーく;;;;;;彡|_リ__{!_ ||l|ll __ ヾ;く
          ム;;;;x;;!||┬┬ |l/r┬ j;ハ   「いや……その……
.         ク!{l;;!l|lll   i、    ;ゝ
          .ヘ、ミ u    V   ,′    こういうのは、仲間内で自然にできるものじゃないかと……」
            jハr、       /
           .ソト   ̄  /                      \ 人人人人人人人人人人 /
              ,、| >'-'-'く.| 、                   <                    >
            ノr'    ̄  .Lィ\                 <  真面目かよっ!!   >
.         .イ ト、       j. ヽ\             <                    >
     ..>' /  .ト_ー―一<イ ヽ. \_           /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
   .>'´   /   |.  ` ̄ ̄´  |   \  ̄>┐
/ ̄、    〈    .|.    <    |  /   〃|

74 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:16:36 ID:???0

                 _.ゞー`゙ ̄> ゝ、j
                ーァ;;;;;;;;;、;;、;;i;;;、;;;;;レ,
                イ;;;;;;;;;≧、ヾ;!;ノ;;;;;;く
                ーィ;;;;三rf‐-、!ィ゙j゙ミ;ト、
                ´メ{^i!"-、_,, ,∠ メ`゙       「そ、そうだ君たち!君たちがいたじゃないか!
                     }ソl! `¨´ |゙´/
                  'ヘト、 r‐,/_         彼女の渾名を決めるもの。
        __>´ ̄ ̄`/\--/,} ゙ー‐',ゝ' _ゝ⌒ヽ     .それは彼女と共に生きてきた君たちこそが相応しい!」
        辷ニニ-、ー'ヵ{   ̄`>--</-‐   ゙,
          ⊂-ク L_____     `ヽ   , j
           /  __/>/:::\_     ___∠ {
        ___/.-‐ |.  /::::/_7ー‐ "   r'′
      / ゙ ̄  ,ァ/.  /.:::/ |、       /
     /   _..イ´/ j.  /.:::/ / `^く   /
    /   /  ./ ノ /.::::/イ       ,イ


         _____
     .┌<二三三三三≧
        ∨三三三三三三7
       ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
   r==ニ二ニ三三三三三二≧
   .`ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.      /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
     l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|   「えー……どうでも良くないこの話?」
      |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
      ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/
     }:l::.|:ゝ       /:/:,'_ ,.‐ 、
      /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リl !   rf:ヽ                                  ,  --=ニニ、ヽ、
    ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/ |. ヽ,. ナ/ /        .                       ∠ -―‐--- 、 \\
      rt<   /ニ7弌ー、 ㌦ .!/ /                             / / /  ,   `ヽ ヽ\
     / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ 'ミヾ! ィ、                               // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
      /:.:/:.:.:.{ } ヽ/| |}{∨ |l:{|`~~~´ i                              // // / // / //||l l!  \
                                               {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
                                                     l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく
                    「アンポンタンでイイですよ。          N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |
                         ポンたんっていうと可愛くないですか?」     jヘ、  _   " 彡'// |l  |
                                                                   / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
                                                厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
                                                     / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |
                                                  / / /八  }| ∨ ノ!     /!  、

75 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:17:01 ID:???0

           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \   ∩__
            ハ            \ 〈〈〈 ヽ
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 〈⊃  }
            彡  〆     \  、 |   |    「ヒーロッスよヒーロー!
          〃 ハ   ⌒   ⌒\ l:|   |    姉さんの渾名はそれしかねッス!」
          ル从§ (●) (●) ヾ |   |
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从|   /
           \   |r┬‐ |   /  /
           /__`ー ´    /
          (____)       /

                                                  〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                                 ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                                                 /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                                 i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                            .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                                 t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t
                            「18歳の女子の渾名がヒーロって、      i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                        それ、イヂメに思われねーか?」.     .ヽ、U 'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                            .      ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                                    i  tー'--,ノ / ,r'
                                                   ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                                                , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -


       ____
     /      \
   /         \
  /   (●) (●)  \    (這いよれ、テロ子さん!なんてどうだろう)
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /

76 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:17:14 ID:???0

                  x≦/////_
              x</^7/,ソ: : : : :`: : . .  x≦}
            /: : : : }://: : : : : : : : : : : : :.'⌒V|
            /: : : : : :/:/: 人: : : : : : : : : : : : : : : ⌒ヽ
.         / : : : : : : /:/: (_0_)/: : : ;.イ: : : : : : : : : : : :.
.         /: : : : : : :./,/: ′: : :/:`フ ー| : : : : i: : : : : : : :.
      / : : : : : : : /: :.//,i : : : /:x=ァミx.|: : : : ハ : : : : : : i
.   /:.: : : : : : : :.:/i: :///,| : : /:《 んィ}゛|: : :.厶、i: : : /: : }|
.  . : : : : : : : : : : : / 'Ⅵ,//,'|: :./j/  ヒぅソ | : /ん} |: : /: :.:.八
 /: : : : : : : : : : : /  V,'//,レ': i   '''''   jノ, ヒ:ソ ハ:/: : :/
./: : : : : : : : : : : /    ゞ≠i: : :.|          ''''' iソ: :/
′: : : : : : : : : :/        ` 、: :.|   (⌒ヽ     八 :!     「どれもピッタリだという感想は置いといて……
: : : : : : : : : : :/          ⌒ヾゝ丶      イ: : : :|       渾名じゃなくて悪口ですよぉ」
: : : : : : : : : :/       , -‐ァ:{    ノこr―‐=ミ: : :.:.|
: : : : : : : : :/       / / : |__/: :/{{      ヽ.:.:|
: : : : : : : : ′        i /{: /:{{: : ://{{      Ⅵ
: : : : : : : :i        ∨:.レ⌒Yヾ: //: {{ \    ‘,




     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/    「隊長なら、応援団長とかでいいと思うけどね。
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′     今までも、大体そんな感じじゃない?」
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′

77 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:17:29 ID:???0

      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 丶::::::::::::::::::::ヽ
    /:::::::::::::::::::::::,:::::::::::l::::::::l:::::::,:::::::::: ト、::::::,:ヽ::::::::ヽ:::::::::ヽ
   ,.::::::::::::,::::::::::::i:::::::::::i!::::l:il::::::il::::,:::ト`、ヾ、ト:::ト::::::::::i::::::::ト:`、
   ,:::::::::::::,:::::::::::::'::::::i:::ll::::l:ハ::::l l::ハ::l ソ  'rヒヾ´ヽ::::::i::::::::iヾ:、
   ,:::::::::::::::,::::::::::::::',:::::i::l i::r 弋:lナ7/`   i r,o;;;,ト i::::::i::::::::i ヽi
.  i:::::::::::::::::,::::::::::::::::,::::i:i´i! ,o;;;;;;;,`ヽ    乂;;;ノ ハ::::::i::::::::i |
   i::::::::::::::::::,::::::::::::::::,:::ト、∥ 乂;;;;;ノ    /ゝ、-' ∨::i:::::::::i
    i::::::::::::::::::,:::::::ヽ::::::,:i  丶 _   ノ  /´   `i`丶Ⅵ:::::::::i
.    i::::::::::::::::::,::::::::::丶:::,i       ´  /     〈l   i/:::::::::i     「ウン? ……応援団長?」
.    i::::::::::::::::::,:::::::::::::ヽ::.、    /         '  .ハ::::::::::i
      i::::::::::::::::::,:::::::::::::::ゝゝ            ∠7  l::|::::::::::i
     i::::::::::::::::::,::::::::::::::::ヽ\            ´  l::l::::::::::i
      ヽ::::::::::::::::,::::::::::::::::丶 `ー          ト;:l::::::::::i
         ヽ::::::::::::::,::::::::::::::::::ヽ             l- l:::::::::i
        ヽ:::::::::::::,::::::::::::::::::丶 、______ ノ .l:::::::::l
          ヽ::::::::::::,:::::::::::::::::ヽ       l       l/l::::l
           ー--ヽ::::::::::::::::::ヽ     l ̄ ̄/\ l::l
           ∠__ヽ:::::::::::::::ヽ    弋 /    \l
          /      ヽ:::::::::::::ヽ__/      \






  , -、                        , -――- 、
  !   ',                   く ̄`'ー 、 ,rz:yェュヽ
  ヽ.  ヽ     __            /.:ト 、 ー-{{ rャz_}}ハ
   ヽ   \  /´ }           / '}   丶、 ヽ,:クー'ヽ.〉 li      \ 人人人人人人人人人人 /
   r‐ヽ.  ヽノ   /          l.: /     >‐ゝ〃ヽl l|      <                    >
  r |   {:. ,     九、         l: /- 、   ' ,ィfメ、 \ l :!       <  それかしらっ!!! >
. 「', \_}l   ノ }' \           ヽ!:y=、     ヘ:りj  、Y´Vl      <                    >
 l ヽ_〕 _ イ _〕\´l\       _ハ:り 、    ´xXx  fヽjノ      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
 ` ー 't--イ  __j´ / _} \    //⌒ヾ  _, -'´)   ,rー」
     フ⌒K´ '  ヽ、|   ヽ、__./ ̄ `ヽー 、ニ´  r '´ ̄ ̄¨ヽ
     厶ィ l \    / |  、 ヽ `丶 -  V 」ト-イ_V´ . 二 _ 」、
     /  ハ.  丶、{_ 」   `     ヽ   /   _}。 Y゙-―‥チ:〉
      └ 'イ. ヘ    / イ    /‐t―     ヽ、, イノ  l:ト、 , -_」{
        / ,  l   'ーォ /    /  \__ ,    f´ ̄`フ|」 匕.-'‐i|
       ´} '´\  / {   /      /     ≦三} 。  K≧イ!
        ¨´ケ ハ フ | /      /     └=' 、  /ハ  l
         {.ノ} し'イj'       /          /`ヽ }'´ :|

78 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:17:42 ID:???0

こうして、水銀燈の応援団長就任が決定した。


                                     \_人人人人人人人/
                                       ) フレーーー! (
                    -rf7它㍉-  _          /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
                /:::.厶こ二ノ}_::::::\                       \_人人人人人人人/
             __/  ̄ 〃⌒´⌒   \::ヽjニニl                    ) フレーーー! (
             `7    / |  | |l |、   ヽ〈 ー (二)                  /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
          _/`V 〃 ∧_人  |、|ヘ lノ\ 〈⌒) (二)
         / ヽ丿 l|  | nト \l ノ‐く  |l く丁  (二)        \WWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
         {     | | 八 | U ::::::::::::: し  リ{辷¬<ノ}         ≫                       ≪
         \_ノⅵ | ヽゝ r――-、  ∠ 7:::T^7^フ         ≫  がーーくーーへーーいっ!!  ≪
         {|::::\川人_フ |     |  _ ノ|::::::∨イ|        ≫                       ≪
      r≦ミ辷彡/::::::::::::>ゝ __ 厶イ:::::::::::|::::::::|三{三≧       /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMM\
    ノ三三三三7:::::::::ト、::::::::::ヽこン:::::::::::::::::|::::::::|三ム、
     ¬= / / |::::::::::∨ーァ:::〈匀〉::::>==ィ|::::::::|三三ト、
       / ' ′|:::::::::::::〉 /:::::::/:::::::::::ト、∧八::::::::Ⅵ三三{
      { |  | 人::::::::/彡::/へ \::::::::::\ \:::::| 丁\〉





     |: : : : : : /   /´  / /          「: : : : : : |:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
    ヽ.ィ: : /     / / /    /    |  ', `丶ト、: :.|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
    r‐:':::://  /  /  !  .!   | i  ハ |、  | i'"´: : : :|:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
    ',_:、://  !  .! i !   !   | i!  | !.! !  l ',: : : : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ! |  | |  || i!|  |    i!.ハ  ! || |  ,! |`丶; : :.|:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
     /: | i!  | |  || .ハト、 i!,  ハ !、!__| .i! | ./ ! ,! !´: : : !:.:.:.:.:.,': : ::r ' `¬
.    /:::::| ||  | |! !斗┼七!ハ  | || ∨ ̄}`|7 メイ|  ).:: : /:.:.:.:./: :::::::|    |:
    ヽ::|Ⅵ  Ⅶ! | ト{  Ⅵ \! }!       ,リ! {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
.      |  \ |从 Ⅵi'芹笊示    芹r笊示ミx | ハr'^,-ヘ':::::::::}::! .|   .!:   「それでいいのかー。お前はー」
.      |   ヾ.| \ハ 。之zリ      之zzzリっ | |/j〈ィ'>》_ノ"!::l  .!    .|:
.      |     |  ||!     ,          | | .ヾ ニフ.   .!::l   |    .|:
.      |     |  圦 ""        ""    ,! |/      ヽ:|   |l    !
.      |     |  || ゝ.    r_‐_、     .ィ | |          |.!   | ←投げやり
.      |     |  ||    |i> ._   _. <:::| .| |           | !   !
      l|     |  ||    ||   ,「 ̄    `| .| |          | l   |
       !|     |  /'   〃  /ノ         \| |          ! !   !

79 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:18:02 ID:ORQGybAI0
やった投下だ!!キタ!!ミタ!!カッタ!!

80 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:18:09 ID:???0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

81 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:18:19 ID:???0


  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | 他に質問や、検討しておきたい内容は?  |
  \_________________/



 n..、
 |:| ゛、
 |:|  |
 |:|  |
 |:|  |
 |:|  |
 |:|  |
 |:|  |               f ̄ ̄i             i ̄ ̄|
 H===|.           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .| ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.
 I.I.  II.             |r────────  ...j______j  ────‐t.|
               ..||.!!                ./.|ヽ        .!!||


言葉に答えるものはいない事を確認すると、ライトは音を立てず、大きく息をついた。

82 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:18:30 ID:???0

         /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
         /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|    (緊張するものなんだな……
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::    人を率いるという奴は)
            ヽヽ                    | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ



人を使う事は良くしていた。だが、ライトが使ってきた人間は、権力によって統制された人間達だ。
駒として動く事に疑いを持たぬ相手である。

83 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:18:44 ID:???0

だが、彼ら小隊長達は、人だった。


       ,                ヽ
      ./         \   `ヽ
      ′     ヽ           ハ
       !   i  | 、  i 、  `ヽ   i    |
.       .  :|  | \ | \  〉` ト、  | _    「フフ……
.         |_ト、___У ̄ ̄ ゙̄| i |,ハ.  |/ο))
.        '. 人       `'''''''"| | レ八タトリ<\   ボンボンでも用意しましょうか」
.        ト、ヽ`''''´         | | |' .ト、人′ `ヽ\
.        | i  、  丶      | | | | 尨 ヽ.   ¨´
.        | ハ i 丶 ー ´ ,イ| | | | 乂_ 人
.        |,/ i | /二卞ニア―| | |=- 、 ,尨 ヽ
       <二/::::,ィ>>|}{|マ . | | |二ニ>乂_ 人
        //ヌ∧:::::::ノ:::::,' /|}{| マ .| | |ニ<_  尨 ヽ
     / ムニ\ヽム イ .∧_∧゚ゝ| | |ニニ\二=- 、ノ
      ,lニムニニ≧=-イ〉{::::::::j}  | | |ニニ/二/ニハヽ
                                              l:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_  _ r:...__
                                              }_:.:.:_ _:.:.:.:.:>'  ̄ ヽ_:.:.:.:.:.:.:ヽi:i<:.:.:.:.:.:Yニニ=、
                                              r':.:.:.:.:.:/  /  }  {:.:.:.:.:.:.:.:}:i:i:i:iV:.:.:イミ≦=}i}
                                              L:.:.:/    /  /  , 人:.:.:.:.:.:.:ヽi:i:i:{_:.:.:.ヽ__ >i/
                                                  r'::/ , ,  /  /   }  ヽ;.:.:.:.:.:|:i:i:i:{:.:.:.ノヽィく
                                               V / :/:i |  /   / /}  }:.:.:.:.:.:.:}:i:i:i:|:.:.:.:.| :|}::|
                                                 l |i { i| { :i|L}-ナ_ムナ:/}<:.:.:./:i:i:i/:.:.r:ィ  |}_|
                                                 {{ハ レt__八{i レス豺ヽ ノ}i:.:.:.:.:フ=-、:.:.:.:Y}  ',
                  「それじゃチアリーダーよ。                  ヽ八{ {'jリ    'ー ' .//} |:::リ}爪i}}:<jフi|  l',
                      団長でしょ?断固学ランを主張するわ」        .ノ }¨ ,      .//:} i|y:i:i≧7.ィ |:i|  | ',
                                                 / /人  r-,  __.ム_ } iレ_彡イ { |:i|}   ', i
                                                  / /i{  \ ¨  _}:i/:i:i:i} ト=--}   | ¨ ',  l {
                                                〃} レィ:i:i:iフテ、:i}}i:i:i:j j:i:i:j:.:.:コ{ :{',   ,   ', ヽ
                                               / K:i:i:i:i:i:i:i:ムヲ{イ} V:/ /i:i/:.:.:.:.:.ヽl ',   l i l
                                               {{  ハi:i:i:i:i:/:i:ー’:i:iヽ j ム=-ァ:.:.:.:.:.:.:.. }   ',  ',



てんでバラバラの意思を持ち、都合を持ち、心を持つ。そんな相手には、頭ごなしの言葉は届かない。
親が子にする事ですら不可能なのだ。彼ら1人1人と繋がりを持たないライトには、できない事だった。

84 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:19:02 ID:NU/G9yDM0
私貴方の応援団長になるから

85 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:19:14 ID:???0

だからこの会議は、説得のようなものだった。
ライトは己が能力で、彼らに認めてもらう必要があったのだ。


           ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::::iy,,
          斗;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::i!::::!::i}
           ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ソ::ノ::ノ::リ     「クシコス・ポストを陳情するっ!
           イ;;;;;ミヾ、;;从从ノリ彡イ::ハ´     応援団にはあの曲が必要だ!絶対だ!」
_          ヘ;;;;f::::::、( l ハ ノ ソ l:ヘ`ヽ
辷>=-、__     〃ゞ::乏弌ヾ ,ィキテ‐ j( '′ ___
 `ーヘ¨ヽ \    'i!ミ:::::. ...:::| i::゙7´ /__.. -‐ ´   ` ー 、
  ヾヽ>.::、  \_,ヘ`ー――― ´ ̄      ,,,,,,,,,,,,,.  ヽ.
    \::{:::::....::::::::::::::',         ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
     >‐--‐‐、― ',        >;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:イ             ,,- ー― - 、
    /  、 ヾ、 \;;;}      ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;_/              .∠: : : : : : : : : : : : : : \
   /     \ \i ヾ=―<´二ノ| ̄ / ̄ヾ;;;;;;;;;/;;/                イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
   ヽ       \;}、.   /V: : : :ト、/_  l;;;;;;;;;;/      ,- ァ‐,´ク   /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : .∧
    ヾ:.       \==' ∨: : :| ゙´  |  ';;;/!       /ノ//_,.., ;: : |: : : : : : : : : i: : : : : :l ,、: : : ::}
     ヾ:.       \   ∨: : !.   l  ';′!      ,' ´ レ',´‐ ' . .i: : : !i: : : : : : : : λ: : i: ::i:i,,| l、: : :i
      ト 、    、    \  | : :∧  {  、 /       i   ,'    .i: : : i l: : : : : /_ヽ: リ: :!/ィ==i: :.i   「おぉ岡部!
      ∨ \、   `ー==‐`'¨\∧_{__У.. -―――く.   ,'       |: : : |ィi: : ヘ于于メ、ヽ/i/弋刄/i::|i::|    グッドチョイス!
                                              .i: : : iヘ{:::: 代多ソ    、 vv .jl::.i!:|
                                               i: : : |l ヽ: : i vvv    _  /.l::i.i::   確かに必須だわ!」l
                                               .}: : : i!:.ヽ: ::ヾ、   t´/ / j:j:::!:|
                                              //i:::: ,ヘ: :\: :∧ゝ   __/、r==ァュ、ヽ
                                               ̄ ̄-'tヘ\:::i::::\,,@、 ̄´    i`i!
                                                  ` `ハ::}:::::::l〈∨〉 \    | .|



 | /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
 |/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
     !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
      !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/
.     !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃     「……なんだそれ?
.     ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ
      ヘ   ! \   !.                   /  /    有名な曲なのか?」
       ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"!
        \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.            ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ
               ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
                !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / /
                  ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                 /  |   ゛ -- '"  |'   !
               /   ./|            | ノ  \

86 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:19:38 ID:gPlhYsao0
ライトも変わったなあ・・・感慨深い

87 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:19:39 ID:???0

  .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!',/i:::::::i:::::::‘,
  i:::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    ',:::.i:::::::::::、
  ,:::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::|    !:::|、:::::::::::、
. /::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::ィ:::::,′|:::::::::::::::|    !:::!'ヽ::::ト:::::、
,.'' j:::::::::::!::::::::::::::::::::::::::/ !:::/  .|:::::::::::!::! ,-―!:,'  ゙.:::! ヾ、
  .}:::::::::::!:::::::::::::::::::::::/ _|::,'__..|::::::::/.リ .´    _ }::::|
  j:::::::::::_i::::::::::::::::::::/   !:   |::::::/   イ卞 ̄¨'`|:::!
 ノ:::::::/ !::::、:::::::::::,′-ォ=-_,_ェ.!:::/┐,:-i弋ノ    jヘ!
 ''゙´ノ:!  丶!\:::::!_,.r込ツ   !:'  |'  ! ー―一'
  丿:ト、    ヽi!  ̄、____ _ノ  、     |      「日本人にはそれ、原題を言うより、
  / i  \               ′    !       こう言った方が伝わりやすいんだよね。
 /  ',   `ー-、                , '
, ' i   i      ヽ     -‐―――‐   ./i        くにおくんの、クロスカントリーの曲って」
  ヽ  ゛、      丶、  `ー―一'   / i
   、  `丶       ≧  、      / , '
    ,     `¨ ‐--、′  `_ー一'  /      <https://www.youtube.com/watch?v=s_h5OobEkzc&gt;
    \       / ヽ_/`i¨ ,′    '



                             .  -‐…‐-
                            /.:.:.:.,.  '"~ ̄ ̄`
                    ,.≠'"~ ̄`丶/.:.:/─-
.                /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `丶、
             _彡'゛/..:.:,.≠'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ``'<⌒
           ⌒ア゛..:./..:.:/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. \
           /..:.:.:. ⌒ア゛ .:.:.: /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\ :.:.:.. \
           / .: /.:.:.: /..:.:.:.: /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.、:.:..\
           '⌒¨7 .:.: /// .: / .: /| :.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.‘, :.`¨¨⌒
             /.:. /⌒∨ .: / :/  | :l.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.
.            //{  / .:_/∠、   | :| .: /| .:.:.:.:.: /.:.:|\    「確かに一発でわかったけど……
             {  |\// '^⌒ヾ ̄ |/| :/ .|.:.:.:.:. /.:.:/|  }
             |/|: l{   ゙゙゙     |/\|.:.:.:.:/.:.:∧|      それじゃ本当に運動会だよ」
              |: l '. u       ,  `ヾ| .: /|: /
               |/l    (丶.,__   ゙゙゙.|/ .|/
          -‐=ニニl.   \_`¨¨´ _,,. __'′_
     /ニニ二二二,ノ      {二 \└─<`丶、
.     /ニニ二二二`く      \\ニ\\ __,>'⌒\
    /ニニニ二二二二\‐-    -‐∨二/ニ(_/ /   ,
.    {ニニニニ二二二二\     ./二/ニ二/V /    ′
.   /\ニニニニニニニニ二_   /ニニニニ///〈 /    }



それに、成功したと言って良いのではないかと、
やわらかな雰囲気の会議室を見渡しながら、ライトは思う。

88 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:20:03 ID:???0

視線をLに動かすと、何を思ったかLが小さく頷いた。
普段腹が立つ、こちらの思考を見透かしたような顔つきが、今は不快に思えなかった。



                   /l :::://ノl.:::::ヽ::::ヘ::::::ヽヽ:.\ヽ:::..ヾ \:::..ー _::
                  ,ソ'/.l ::::/,:::::i.:::::ヽ:\:::ヽ:::::ヘ.',:::::::\ヽ::\,ヽ、::::::::::::
                / / ,::l.i,:::l:::::::ヘ.:::ヽ\::.ヽ,\::::ll:::ヽ..::::..ヽ::ヽ,' i.\:::::::
               '゛  l /::::.',',l::ll::::::::l\\ヽ:::::::::ヽ::.|.:::::、:::::ヽ:::::::l::l::..ヽ:::::
                  /::::,::::ハソ;i!:::::::i'|__ヾ、ヽヾ、:::::\|、_;;_y,::::,、:::::l::|ヽ:::::::::
                 /ンl::::::::lヘ' ;::|.'Y'l::::ヽ、\::::.ミヾ\,ハ::::::::)ヽ:::::|:::.i::::::::
                // |::i::::::l:::::\! l!, 'ー'゜゛  ヽ:::ヌ゛ 'ヽ ゛''" ノ; ll:::::::.l:::
               /   l:l:::::lハ::::::::ヽ ゛ー '    ゛ ー  ` '' ~  .l'i::::::::::::::
              _ .ー'/ ̄l ll:::l l', '::::入\             / |l:::::::::::
               /,  N ハ::l'l ゛l',::::lヽ、    ,                l:!,!::::.l
              / l    l ',l ', 、 ',::lヽ    ヽ ー          lソ |:lヘ
             .  |      ヽ ', ヽ. 'il', `、.  ヽ ._____,.ノ    // li  
                          ',.   | il \            / ./  ! 
                  、     'i    l l:::ヽ        /''  l|    
               \   ヽ | _,, --、    l 'i::ヽ,ヽ、  _ , '''  ,r'~ ̄゛' ー
                _ヽ -ー'"~、  ヽ, \ lヽヾ, .l   ̄     / /~ ̄  
                ̄        \   i、 ゛' 、 \ル............ / /     
                       ヽ   ヽ   ヽ ゛ ̄  "

89 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:20:32 ID:???0

編成や配置に苦心したかいは確かにあったが、水銀燈のアシストも良かったのではあるまいか。
ライトがしたのは作戦命令という縦の会話だ。けれどあのくだらない会話は、横の会話だ。



                                          f ̄ ̄i             i ̄ ̄|
                                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .| ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.
                                    |r────────  ...j______j  ────‐t.|
                                    ..||.!!                ./.|ヽ        .!!||
                  _vra_
           , ィ≦=-=-=-=ミ≧o。
         /         ` ゝk マヽ
        ./    i i    j     7} k     ズゾゾー
       / /  .LLj    7.ト /j   ム j, ┐
        i/ l   | .{i.∨  / .} / i`  /レ}k j
       マ/k  lr==ヽ / =≡ミィ ./jl}i∧
        i{./ ト ヽ"" `   "" // /j }j .∧
        /  | {イ` ̄ ヽ_  7  /    。o≦ア___
    ==≡≧、f7     ィヽヽ./  /。o≦マ三三三≦、__
     。o≦ 7´{{7     ⊂  j  //    マ三マ¨¨ ̄ ̄ ̄
  / ―, ァ/ .f、` `ァ=ァ ≦{ .ノ マ        ヽミo。
    。≦三ミVヽL ノ ノ¨ll ll ¨{  j ト       ./三三ミ 、
zz≦三三三.ハ ヽ__ノ7i7 ii  ノf ´ ノ ヽ ,ィ  ァィ三三三 マ==
    ,j≦==.{ } ./ノ マ || {7マ   マ.、 /iマ、  } ヽ ` ミ
    i   /i.`‐ヽノ.|i  マ {/  {   j} .kマ/V  |  .,
    |  i .l    l }   V   /T ̄/j .i.マ   .,  ム
    |   l .| >―|.イr ァkヽ  i | _ |   }   ./   l
    ヽ | | ´  /-'`´ ハゝ' ヽ.j < l __.ノ .イ    }


同じ目的を持つ物同士が、協調や連帯という、横の繋がりで繋がった。
そういう関係性のこの集まりでは、ああいう会話は大切ではなかったのか。

90 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:20:49 ID:???0

                              //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
                             /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
                            ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
                           /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
                           .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
                           l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
                           |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
                           |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
                           | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
                           ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
                            ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
   (同じ事などできやしないが、             .ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
   学ぶ必要はあるかもしれないな……)        ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
                                 ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
                             (       ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
                           ( ゙''ー--   .l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
                            ゙''ー--     .`ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
                                     <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
                                      lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
                                       | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l


会議を打ち切る合図のように、トントンと手元で書類を整えながら、水銀燈に顔を向ける。
お嬢様は朗らかに微笑んで見返してくださって、ライトも思わず笑みを零した。


             _r=ァ=、ィfZァ、,、
          ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
          / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
       /r=、ソィー'7´          ヽ
       ハ L/イ| ヽヽ        ',    ヽ ',
      , ソ/ l ハレ´イ{ { {     | ',   ハ ',
      //:/ ノj `´i |ムト、ト、   | }  リ i !
     ハ:{/イ: { 乂yニミ、ヽ  ノ メ ノ/  } !
    ./ // |:. ヽ. { ´ ̄¨` `}イ,ィミxイ / ノ/  ニコッ
    / -ヘ、:.. l:...  lト\`'    ´ ¨// ./
.     \  j:〉..:.l:...  l!     、_ __′"/´ | / )
    ::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、     イ.: j| /{ ノ′
    :.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::::>ー<l!:.:.|:. リ‐//レ
   .ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
   /..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=|:| ト='イ-!: /::;∠ イ_
.     .::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
    .´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ

91 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:21:08 ID:gPlhYsao0
だってまだ本当は学生だもの。これがこの子達の本当の姿だもの。 >柔らかな雰囲気

92 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:21:13 ID:???0

しかし、振り回されるのが自分だけなど、天地神明が許しても、新城直衛が許さない。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   '::l::::::::::::::::::::::::::::::::. . . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. . . . . . .::::::::::::::::  \::::`  |
                   ミナ --_______---------------___,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,r |
ィ彡三ミヽ           ミミミ "′. /    o  `ヽ'ヾョ ノ.:.ノ|:`.:〈,. "    o  `ヽ.:.:.:彡彡|lll            /` ィ彡三ミヽ
彡'⌒ヾミヽ              ミミミ.:.:.:. l         |.:'' ̄.:''.:ヽl  ノ i         l彡彡彡|ll              ー彡'⌒ヾミヽ
     ヾ、         ゙iミミミ、.:.:.:.:ヽ、__________ __ノ.:_丿-'′.:.:l、.:、 \       ノ.彡彡彡|ノ^l           /
  _   `ー―'      ゾi 三三'三ュ_二ニフ∑.:∟.:''": : : : : : : :|l、`′.゙ー ---- ‐'':三三三三ノノ l    `ー―'
彡三ミミヽ            .ソ ゙i三三三三三三三.:三: : : : : r彡彡.:.i:: : 三三三三三三三三三|ソ 丿           .彡三ミミヽ
彡'   ヾ、    _ノ     ゾi三三: : : : : : : : : : : : : : : : : : /:彡彡彡i.: : : : : : : : :.:''′.:.:.:.:.三三/ソ l   \_   ヾ´    ´ミ
      `ー '        ∪゙i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ./ヽ彡彳〃i:: : : : : : : : : : : : : : : : .:`ヘ卜ソ       `ー ´
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ       ゙i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 'Y.:.:'_.:.:i.: : : : : : : : : : : : : : : : : : l'ヤ丿            ,ィ彡三ニミヽ
彡'              ヤ丿| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :つ-「'ャつ‐.:j: .: : : : : : : : : : : : : : : .:l' ノ                      ミ'
      _  __ ノ     l'、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l',ミリ               _
   ,ィ彡'         .   "'', .:.:l.:、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.,,.彡                  ,ィミ'
ミ三彡'          ./⌒  ,, ,: .:]'、.:.:.:.:.:.:.:.:.:,,..---.:.:ーーーー────‐- _ : : : 丶.: : : ミシ';;''"              ミ三ミ'
       ィニニ=- '       .〈.:.:.,.,癶..,.,.,.,.,‐´.:.:..-..,.,.,.,丶.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `ヽ .:.:.:.:、.:ミ';'';;,, ;;'            ィニニ=- '
     ,ィ彡'             .  '';;,, ;;''';;,; "'; .:'' "'''';;.: ,;;;'';;'ー.:.;;'';;'-.:ツミッ'' .:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ ミ'';;,, ;;'             `ミィ,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


.

93 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:21:46 ID:???0

新城の呪怨は天に通じ――
お嬢様は、微笑んだまま一言。こう漏らされた。

                                    jI斗 ‐…‐- .ミ                  \  /o 。
                             __  ´===r'゙匂ー 、==`` 、                  >{__∠二二ヽ、
                                _ア゙======辷弖彡'====== ヽ                 /  / , ---- 、ヽ \
                          _ア゙===‐ ''"      "^''* .,===,ム               {。 { f/ r-、 ヽヽ \
                         r==ミ7=ァ'゙     '        ゙寸=,ム==ミ、   .、z"⌒ヽゝハ{ {t@j} } }  }
                         {{  ノリ'゙    ′.     i}      マ= }⌒Ⅶ.     \ >.へ 。\`<_ノ´ /
                        辷彡'゙}}  i  : {i     i}  ;     Ⅶ'寸ノリ、、 ./ ̄`{  jヽ ゚ 二二 フ /
                      /' {{ {{   .| { { {i     ゙ /}: {   {{  ))゙ ,)) { ゚/ ノ\  {\_ 。 ̄ ̄彡'"
                        /  辷ッ  jI斗匕{i   /≧s。..,i}   辷彡ヾ,、   L./   .ヽノ    ̄ ̄{ 。}./
                     ′  ノリ   NIノ __ L..才゙ iレ'__ И}   ; {{   Ⅶ                 _トfト.} /
     「じゃあ……             /´i{   从 '゙^⌒^     ⌒゙'ヾ;    {{    }}              Z ゚ ゝレ
      私から1ついいかしら」      .i{    i{   , , ,   ,  , , , /  ./ .{{   ノ゙             ,、  ` ニィソ二ミ
                           i{   込、   v  ァ   厶ィ'゙/   i                 { ヽ.   Lニノ }
      __  ゙                    从   {i:. : .        /  /    .|.               ゝ_}ノ"´フ--fyノ
_iソニヽ、// }                      ァム   ‘, :. :.〕トjI斗-ミ /  /    |                 /。 ヽイ r 7不ヽ
/  >ヽ-'′                    7゙i:i:i:i:.、  j}⌒ア゙ に__`` ヽ ./´⌒`ヽ !                ̄ソ ハ j.ノ`.二
   ゝt_ソ ___.                  _ノi:i:i:i:i:i:i:\i「ー/  と.. 、)  }'゙i:i:i:i:i:i:i:i:iⅧ                 L: :/
 _  __f i |‐- 、           ア'゙i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i(⌒¨′  ,ノ    ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i},j                      ∨ //
 { rュレ'/>k_ >          .{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ir‐ 'i :  /´   /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.、
、_`¨、レト、 Liノ/ ̄/        人i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{ー'゙⌒i/i{  __'゙r'゙}i:i:__i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノ
Vヘ.{ \{ // /        /ニニ\_,,. =-r' 、  {_r从_,ノ⌒i ; '゙⌒`ヽi:i:i:i/
へ、j \ハノ∠...∠ -‐    /ニニr===i{:i:i:i:i:人 )  V  「    ./ )i:i:i:i:i:i:i:i:{「{{
 。> ‐イイ――。 >     /ニニニ.辷彡'}:i:i:i:i_j} `⌒7゙ .、 r‐ 、_,才}\-.、:i:i:{i {{ \
へ 。 __Vゝ>― <   .:'゙⌒"フ二二/_,z≧={ }  {i,ノL}ノ、   _,ノ {i:i\\}    \.

94 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:22:00 ID:???0

.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`゙''ー─\\.:.:.:`ヽ.:.:ゝ/     ち
. ̄´'''──.:.:.:.:.:.:.:..:.\ヽ.:.:..::`ヽ,|     ょ                        /  / l | i
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: >:、:>:、.1     ・                    l /   イ /|
ー-<.:.:.:.:.:.:.:.\.:\:.:.:.:.:.:..:.ミ.:.:.:1     ・                     l  ヽ> > l
ー--:.ミ、\.:.:.:.:.:\.:\>=─--1    . ま                       | \   > >|
..:::r======--\ ',  ,===.\    ・                      / //
.:>:、.:.:.:\.:.:.:∧\<\ 〃    ヘ\_.・ __/              l \ \ ヽ |
.:.:..::.:>:、.:.:\.:∧ \..::<、  ◯ ヘ.  {/∨∧\.:.:                 / / > > ||
\:.:.:.:.:.:.:>:、.:.:.∧  \.:.:<.、  彡ヘ.   ∨∧ u\               i \ \ ヽ
..:.:.\..::..::.:..:.:>、∧.  ||\.:.:<、  ヘ  U ∨∧                      l < < > >| l
.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:>:、 .ヽゝ\..:.:ヽ  リ    {.::リ                       / /! / l
\..:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.i! >:、   `ヽ.:}         ヽ/                   | \ \ヽ |l
.:.:.\.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:|     >:、       \                       / //l
\::.:.\..:.:.:.:.:.:\::1       >:、         ヽノ                        | \ \ヽ |
..:.:\.:.:.:\.:.:...:::.:>─-                                       / //l i
  _\= 、\{                                          | / / /l l
∧. ̄ (_)ノ ::::∨           ヘ                          !  || ヽ \ |
.:∧、___//::::::::∨           ヽ                              /  \   i
\:.\ / :::::::..∨     r─ 、 /                       \ 、`(;´⌒;'从; /
.:.:.:\.\ ::::::::::::.∨       ノ                            \,. ノ、!i;(;゙⌒);/´⌒)//
ヽ:::.:.:\:\ :::::::::::::゙く::ノ::::ゞ            ,<´⌒                    \(⌒;;从⌒)   ;:、), )//
.:.:\:.:.:.:\.\       ==´    ,<´  ヽ_ノ                    ;.i,.,/ 'y';`ヾ/ 从)人/
.:.:.:.:.:\.:.:.:.\.\         ,<´  ヽ─‐  ヽ
.:.:.:.:.:.:.:{\.    \     ,<´   ヽ─ \  ∠´/              ┃ ┃┃
∨.:.:ヘ.::\>、     =≠ツ   ヽノ ゝ.   ∠´/               ┣━   ━╋━  ━   ┃
. ∨..::ヘ.:..:.\ ヽ   ゝ,. \ソ. ヾ.    ∠´/              ┃     /┃         ┃
. ∨...:ヘ.:.:..:.:\`丶、     \    ∠´/                              ━━┛
.  V.:.:ヘ.:∨く´\ \      .ッー三三/


長年の付き合いの成果あり、ライトの背を、稲妻のような速度で嫌な予感が駆け上がる。

95 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:22:24 ID:???0

  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
<  こちら3810小隊副隊長の遠坂凛さん!  .|___
  \_                                 \
    |  今回私達を手伝ってくれる事になったから!   .|
     \___________________/

                  、        _ _        ,、
                    |ニヽ  ムi.....´:::::::::::::::::::::::`::...、  /ニt
                     |ニニ〉.:´:::;:::::::::::;::::::::::::::::::、::::::::\{ニニ} _x≦!
                  ゝマ'::::::::/:::::::::/ミシl!::::::::l:::ヽ:::::、::ヾシ__::::ヽ'
                 ≦マ;::::::::::l::::::::/   l::::::::i:::::l:::::::l::::マニニ>:、ヽ
                      '/!:::;::::::+:-/!、   l+::;一-l、::::;::::ハマシ´:::::ハ/
                  |::j:/!::/´_/     j l:/ l__lハ:/l::ハ!:::::::::::::::::i
                  l::!'::l::jイ笊fミ    / 芥rハヽ l'}:::::::::::::::::::::l    「よろしくお願いしまーす」
                  |::::::::ヘ  Vリ      Vシ    シ、::::::i::::::::::l!
                  |::;::::l.ハ  `   i          / ノ::::::l::::::::::j:!
                   l!:i:::::ゝ、              //:::::::/:::::::::l!::!
                       ノ::!::::::::::lヽ   丶  ノ    イ:::::l:::::::/::::::::::j:ト:ヽ        ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                     ,´ l:l:::::::::: l::::丶       イ|::::::::l:::::/:::::::::::/::l ヽ:.      <                                >
                 /  lj:::::::::::::l::::::::`l 、_ <  .!::::::::!::/:::::::::::/:::::l  `、     <  「「ちょっと待てえええええええっ!!」」  >
                    /  ,j!:::::::::::::l:::::::::r. 一: :=: -.x、:::::l:/::::::/:::/l:::::::!   ヽ    <                               >
                   .'  /::::::::::::::/!:::::_::|: : : : : : : : : : :ト :/::::::/:::/::::l:::::::l    `:.    ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
                /  /::::::::::::::/:!::>': : : : : : : : : : ノ: /:::::/::/_:::::l::::::::、    ヽ 
             , '   /::::::::::/::/: :ー: : : : :,: :- 一/:::::::::/: : : /:ヽ:::::::::、     :、
                /    /::::::/::::::/ : : : : : ,、: : : : :./::::::xイ : : : : / : : : ヽ:::::::、    丶
            .:′ γ,:::/::::::::::/: : : ο.丿!_ο:./:::::/:/: : : : : :/: : : : : :.ハ::::::::、      :、
           j   //::':::::::::::/: : : : ゝ-、r 一:/::::/:::::::{: : : : : /: : : : : : : : :i::::::::::、    ヘ


嫌な予感は寸分違わず、会議室へ爆撃が始まった。

96 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:22:50 ID:???0

会議室の皆々が一斉にギョッとした顔を見て、遠坂嬢がギョっとした顔をする。


        ト、        _ _ __     _ ,ィ
          }≧=- 、 , : : : : : : : : : ヽ: : :><ニヲ
     __  }ニニニレ: /: : : : : : : : : : : :Y: : : : : : 、    て
    <ニニУ\ニニ{: /: : : : : : /: : : : : :.ハ;vヘ: : : : : \   (
     ヾ/: : : ノニニ}/: : :/: : ;イ: : : : : :/    }: : : : : : ヽ
      .: : :∠二二イ: : : ト: :\|: :ハ: : |    }: : |: : : : ::.
    ≦! : : : : : : : : |从ハ| V x≧ミ l: : !     }:ハ:ト: : :l: :.|
     :: : : : : : : : ハ: :ミ   《 ィfハヾド;kノ   ゞ≠く ': :/:ト;!
     |: : : : : : : :{: : :ミ     弋ツ       'fハ 》从八
     ト; : : : : : :.i./⌒     ー       ゞ_' {: : : : :.    「えっ……歓迎されてないムード?」
     '; : : : : : : l:{ { ハ  /l/l/l/l/l     ノ /l/l !: : : :.ハ
     八: : : : : :圦ゝふ  u.      _     ,:.|: : : : ::.
.    /: : ヽ: : : : :V:> 个       /~{    /: |: : : : :.ト、
    /: : : : ∧: : : : V: : :.|  \     〈⌒ 」  .: : : :|: : : : : !:: .
.   /: : : : /: ∧: : : :.'; : ; !        ̄  /: : : : l: : : : : l: : \
  /: : : : /: /: :.;: : : : :Y: :|      ≧=≦、:_: : : : ; : : : : ム-―
. /: : : : /: /: : : }: : : : :|: r―z、 ィ ´    /..ヽ: :ノ: : : : /...........
../: : : : /: /: : : : }: : : :斗1 // ∨ルヘ   /...........У: : : :./..............
.: : : : :/: /: : : : :ノ: : : : :j...|//ィ「川ト、 V/.............../: : : : :/.................


そんな遠坂嬢の反応を見て、皆がさらにギョっとして、
そんな皆の反応を見て、遠坂嬢が更にギョっとした。


:\
:.:.:.:.:.>:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶:.:∧:.レ:./:.:.:.:.:ヽ:
:.:.:===--ミー-:.、:.:.:.:.>、}:.:/::.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.\:.:\>- _:.:.:.:x、|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
ミ=<:.:.:.:ヽ:\x彳 ア¨ヾヘ¨7ヽ:.ミ、:.:ヾ
、:.:.:`:.r===:.:へ ,;八_゚_ノ >く  \:.:\
:.:\:.:.:.Vへ \:.ヾ、 x彳     \:.:
:.:ヽ::\:.ヽ_  \ミ         ヽ
Vヘミx >- ´                    「いやいや申し訳ないそういう事じゃないんです。
:.', >く:                       ただ、少し僕らに整理をする時間を頂きたい」
ヘ',´::::::::::::}    ,
、\   { 、            ヽ
:',                    し
∧      r r-< ̄> 、                     \ 人人人人人人人人 /
、ハ      .{ r<       >                   <               >
:ヽ:{      V    _./         /           <  お嬢様っ!?   >
:.:.:\     弋ニ> ´ _..        /            <               >
\:.:.:\       - ´         /             /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
、:.:.:.:.:.:.:.> 、             , ´
..\:.:.\:.:.:\ 、           '
  \:.:.{\:.:\ `丶       /
    ヽヘ:.:.、:.:.:.\/>---- イ
      Vく\:.:.:.ヾ

驚きの連鎖からいち早く解放されたのは、悪い意味で慣れているライトだった。
ライトが遠坂嬢を手でとりなしながら問いを発すと、皆が我に返り、視線が爆撃機――水銀燈へと集中する。

97 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:23:04 ID:???0

    \           ヽ         |         /             /
     \          ヽ         |           /           /
      \       ヽ           |        /        /
        \      ヽ          |        /       /
         \       ヽ               /      /
‐、、           \       '' , __-,===^〔{〈匀ヘ.     /          _,,-''
  `-、、                  _f〆:::::::::::::::::弋之ソ::::\           _,,-''
     `-、、         ./ jf7:::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\    _,,-''
         `      / {i7:::::/   / / 〈    / \:::::ヽ
               ;′ {|::::/    l i  ヽ  ,/ / ヽ:::::ヽ
.───────‐   .,′ {|:/ ,/ /rィて`'! \/ レiレi ヘ::::〉   ───────‐
             . /   .{||. / 〈 ハ   リ    ,イ''ト,/|Y l
             ,'     ゙  ハ  ヽゝー゛     トソハ/| ハ
                 /  / ヽ \""     、 ` ,,| ,/.l     ズゾゾー
                  / |  | \ \  、_____   レ' l
                  / |  ト、  ̄   l|| ||「´ ,.イ l|
               /  /   ,__ ,!へヽ.、   || ll|,.イ l | |
              ,'  / ,. '".::.:く \\   r| ||ト、:|│ | |
             ,./  /.::/.:ヽ/⌒ヽ.\_T.|| l| ! l ,| ,|  (   )
             / / .::.y;__,/  、 \`ヽ,\ ||| |イヽ|/l/
              ,イ .::.::.::.:/ ヽ、\ノ、ノ\\ | ::. i (  )
             :/ .::.::.::.::.::ト、 ヽ、ソ!匸{〈\|\>::. ( )
             ハ::.::.::.::.::. ト、`'´ ,l |ーゞー ||| |〉::.::(^ヽ、ヽ,
             . ゝ、::.::.::.::ヽ  ̄7 / .:「二二二二二i ヽ, |


水銀燈が、何も言わず麺を啜る。
チキンラーメンの匂いがふわりと飛んで、会議室に、チープな香りが増していく。

98 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:23:32 ID:???0

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
===========================================================================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  \ ゴシャッ /
                       i`゛''-.,,            ,,、-ー=ニニ==
    _                _,,,,|::::::::::::::゛''-.,,       ,.,r'`,,、‐''`´   ./
  、,r'---二゛''、==r=....,,,,,、ー''`ー''`´ --{:::::::::::;、;;:::::::::゛'-.,_  /、,r'`      /≡=--
 、:` ァ-.,_ ,,_ ,゛''-..,,_,,、ー''`,,,,、-   ̄ ̄゛゛}::、,r'`  ''r:::::::::::::7゛7''`‐r    、,r'`/'`´   \ 人人人人人人人人人/
,.'.  \ヽ ゛''-゛'-゛'r./-/ー    ̄゛゛''''-/     !:::::::::::::::゙i;;;';:::::::'r、rー`、,≡=--   <                  >
i '-.,,...,,,,,ン、,/,r' ,.i`⌒''r-.,,/⌒゛'''‐-..,,,',r'/ 、,r' 'r::::::::::::::};;;;i::::::(`''‐r≡=--   .  <  麺を啜るな!!  >
i \゛'-.,,_~,   (,(,,__、ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::iハ /  ,.,r'゛''r::::::::!;;;;i::::::人;;;;!ー'`゙i,,,      <                  >
!、 フ,r',_ 、-r  \\゛(,;;::::::::::::::::::::::::::::ッ,r'ォr'`,r'ッー、i''r:::;';;;i:::、' /:::::::::::::::::゙i,,,__    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  ゛'''r‐ァ.,    / \\ ゛''ー`´゛''-::;;::::::リ:゙i ,  i;;;iフ'r.| |!::( ),r'`´::::::::::::::::ァー::::::::!
     >'''''''`--‐ァ-ニ.,,_''''-゛''-.,, '-r゛''-:;j|\rュ  _、'ハ!::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::|゙i
   ,、-`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i   _,,,,_\,.゛''-.,, ゛''゛'''-゙''''`゙i;','`|!゙゛'i:::::::: ,.ッ'''-:;;:::::::::::::、`:::
   ゙i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、,、へ><´,r',r'~} i\ゝ'''`⌒゛'\7゙i、'、' .!,'  i-;::::::(, '; .; ; );-ー`::::::::
    ゙i;;;;;;;;;;;、,/ ゙i   7`''`''`, `'< \. ,r' ,r' ゛'<,、'ヽ,リ /  ゛'ヽ'==ー`:::::::::::::≡≡==--
   /;;;;:`´ !、  ゛''r   \''r人,,_'-r ゛''''r  ,':::::\ 」、(, .,゛''- ン::::::::::::::::::゛'':-:≡≡==--
  ,';;;;;;;|    ゙i   ゙i,,__,,,、J !、,,_\.゛゙i   -.,';;;;;;;;;;;;;;\ \、,r'`r:::::::::::::::::/::::::::::
  i;;;;;;;;;゙i,,_   (,,,,_,,!、゙i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!、゙iへ,r' ゛'''-:::;;;;;;;;;;;;;\    i:::::::::::/::::::::::::::::
_________________________________
================================================================================
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

99 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:23:42 ID:???0

  !  !   / /  ! l      l l  ! !   l い
   !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l
  !l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l      「なんで!?何でっ!?
  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l    
  トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/       会議始まる前に――
  l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ        『お昼まだなの?変なこと喋る位なら、
   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l       食べてていいわ』って言ったの……
  ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l  
 \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ.      真紅じゃないのよっ!!」
    l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l
   .l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/
    l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
     l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
     .l-i、: : :///l7lヽV/'´>l: : l |  ll l: : l: ̄::::::: ̄:::_:::::::::`ヽ
 l    l_ーヽ{::l:l/∧l:lヽl  {r!: : l !  !l l: :.l::_:_::_;:-<`ヽ.ヽ:::::::::::ヽ
 :ヽ   ヽヽ,.=l〈,-T「´r/V: : : : !  ! !l /:::::::/`ヽ._ ` ` }< ̄
 : : ヽ   ヽレ=-l/@l:l7=y´: : : : :l  !: ;イ ` ‐L_y     l::::::ヽ



                  rz_几_n
                  f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
                 r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
           .       ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ      \ 人人人人人人人 /
                  亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}      <            >
                .∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|      <  黙れっ!!  >
             .__彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|      <           >
          , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
      ./, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、
    / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了    、       \ 人人人人人人人 /
   /   { i      |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ            <           >
  .{ i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__    .       <  喋れっ!!  >
   _>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}           <           >
  ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´           /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
    ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!
  彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ
  _/  /ミ三;^i^i^l^ト、::.::.:\-‐─ァ ‐=ニ二,__ }   l
    .\ノ::.::.::.:{     }::.::.::.::.::ヽ 〃ー一 ´ ̄ ̄!  !

100 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:23:54 ID:1nl292nU0
この銀ちゃんの何が凄いって一つも計算尽くが無くて全てを天然で行ってること

101 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:23:58 ID:q2fKkS3Q0
まさかの凛ちゃん再登場

102 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:24:11 ID:???0

真紅と水銀燈の取っ組み合いが始まった。が、悪い意味で慣れているライトは、すぐに切り替えて。
――いや、諦めて、知能持たない爆撃機ではなく、同行者へと向き直る。


       /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
..    /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
....   j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
.      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
       !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!     「お嬢様…………いや、遠坂さん。
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ       このバ……お嬢様に、何を頼まれたのですか?」
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/





             _ lヽ` 、y ¨ 寸ニ , ィ ‐ 、  _ _      「えーと……私達は、輜重兵を頼まれたのよね。
             ヽ冫ーミ/     ヽ彡'   ハ´../
              i .冫/ ト、 ゚  八 `Y´   }〈       後方支援に回せる人が殆どいないから、
            <{./゚/  .|l,r㍉′.^r㍉、彡′ヽ      豊富にある弾薬を上手く使えないかもしれないって」
                .|.. lY、 杙ツ  弋刈 ´`´`”ミ
                   从ヘ.u    `       ヽ   丶 _ _ _ _ _
                .| /,' _`ハ.  ⊂⊃  ノ    ー ‐ ‐ ─ ‐ - 、  ヽ
                .|       ト _  ィ       ー ‐ ‐ - 、 l   ミー-。
                .|     人|─‐.‐‐.|┐__          }|.!( ̄)彡′
                 ノ.i !l. 〈   `ー ‐ ‐ - 、 ヘ            .|从__,
            / /八 \ー ‐ ‐ 、 }ハ          |.'
         .\ ./`Y゚/   '. ー.、\     .} .(__,ハ⌒)__)⌒)..)ヽl
            Y (  ー - 、.'.   }  ...ノ   ..ノ¨ヽ
         l、  ー ‐ ‐ ‐ '.  (     ヽ   ...}
           彡')  /      }  .)     ノ     ノl
          彡'.l/     /_l           |ヘ
           /     / ハ             .|ハ
             /     / /  ヽ          | ハ


遠坂の言葉を聞いて額に手をやったライトは、そのまま固まってしまった。

103 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:24:29 ID:???0

硬直したライトに代わり、高木が遠坂嬢へ質問を続ける。


              _
           . : ´::::::::::::、_
         '7´:::::::::::::::::::::::::::::`丶、
         ,:::::::::::::::,ィ:::::::,:"´、::::::::i
        ,′:::::::/ ,.!:::::,′、u.i::::::::、
       ,:.7:::::::!/厶 ハ/ _ヽヘ:::::ト、
        !人:!{イヒリ }‐{ ヒリ` }!::::!
         .! ! ー一' iー‐一'!¨!リ    「……えーと、直接戦う要員じゃないとはいえ。
          、!.u    '     !'
            ヽ  ⊂ニつ /        遠坂さんの小隊は、こういう事を
            }\   /i        頼まれたら引き受けるものなのかい?」
          /!  `一'   {、
    ,___,. ''"i \   / 冫、
   ,'        i  ,.'゙:ー〈  /  `丶
   |  ヽ      i / ヾ.;.;,∧/      `i
   !   ',     `'  }.;.;.;{       ,: i
   }    '.      /〉;.;.;:}         !



場を繕うための質問で、興味以外意図は無かったが、遠坂嬢の琴線に触れる質問であったらしく、
遠坂嬢はこめかみをピクリと動かすと、背に怒りを滲ませながら口を開いた。


                 _   __  /::::|
        ィ=、----v'::::;⊥--ヘ:::::::::::ヾ/;>―‐、
       / :}` ̄:> '´   メ |:::::\::|^ ̄⌒ヽ .:.ヽ
.      /  ト、//     '´  \__:::::| :.  .    ::|    「ウチは隊長が筋金入りのお人好しだから……
.       |  i/ ./ .// ,、}r、      /:∧::..  :.   ::|     隊長に話されちゃうと、すんなり引き受けちゃうわね。
.      |  / ./ :/.;'  トヘi'ヘ  :| .|. \::ヘ:::. ::.   :|
         ヽ. | .:| |:| :|:| !   .|:| :| || |:.|::::| ::. ::::  .:|     最悪自分だけでもやるとか言い出しかねない奴よ。
         | | | |:| :||!:.:|.   |:| :|:.小::j!:ハ;ハ :: :.:::.i. .:|     ウチの隊長は」
        | ヽ:|ハハ:||\!  ,_jハィ升:jメハ/Y゙| :: :::::'.  |
.          |  `ヽli. '=-   ┴`-' /j/ハ| ::: ::' : :|
.         |!: | :|:!.    ,    u ,ニ.イ i:| :::.,' : .:|     /〉               ヾ'''''''''-,へ
        ハ: | /i:\.  ャー-、   / |::ノ.:.リ:::/ .:.::/      /./7             ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_
         / :| レァ:、_ >、ー ',. イ ,ノ7!_;j/. .::::i|    /-'./―;、      /: : : : : : : : : : : : : : : !   /
.        /  レ' {      ハ「   ,/  / ..: .:::::/|     | 〈:r! ノ,ハ      ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!  ビャアアアアッ!!
       / /  〈       !   ̄   / .:   .::::/: |     _|.  } ^ドr'′       /!: /\    / ヽ,/   セイギイイイイ!!
      /   .::| ..:::  o:i^!..  ,.イ .:  __;人_:|   _ノ `ー-::イ        レ!小◎ 三三. ◎  /~)
    _,/      :. :.|..::  <ヽノ/ o ̄ | :  /    ____〉 厂L __ _,人          .|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ   ヒィトゥダズゲェェッ!!
.  /        ;、_/    //ヽニ>   |...: | ./   } | :|   〉  〉    /⌒ヽ.ヘ  ゝ._)   j /⌒i  \
  \     __/::/     ://     __r' . :_丿/    {  | :|  :/  /      .\ /:::ヽ>,、 __, ノ ァ/  /
   |ヽ ー '´ {./     :`′   /:r一'´  /      ヽ,j | .'  /        .ヽ::::/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、__/

104 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:25:00 ID:gPlhYsao0
ひでえ言霊だよw >知能持たない爆撃機

105 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:25:04 ID:???0

         ヽ:::/     /::::::/_,,... -‐‐‐- 、 _
          >!      l:::::シ´ _,. -‐ ''" ̄` `ヽ、
        /;'     ...!::::::ヽ、´  ,     ヽ `ヽ、
       く::::::! .    .:::|____r' / /  /   ハィ⌒ヾ、
        >::! :    ::::l::::::l / ///、,ィ' /!   /、,,:;!i   ヽ
        ヽi :    ::::レ'ヽ/ l/_L/,_ト/ ! ,イ l  l:l:   ,`、‐-、
         l :    ::::l l 〉'   '`7-ヽ.`iX !|  / , ;i.  i:.. l::::::::>
         | :     ::l (    `ヾ;シ^'   __,ノ_ノ/::! , l::::レ'´
         l :.:    :::し,          ´ィ=z、_7///:::/!    「まあ、私が入ってからはそういうの、
         l: ::    ::::::!i         、 ゞ-',.゛イ〃:/::l     極力引き受けないようにしてたんだけど――
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::! ̄´
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|         1720さんには最近、士魂号で危ない所を
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!        .助けてもらっている上に、
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l          補給まで相談に乗って貰ってきたから」
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l
   / .:::∠,-r--r-|----ァ ハ r-、`ヾ .:'   .............//ヽ::::i、
  / /   l  L二// l ! l\ \ ...:':;: -‐‐‐ '´   `、ヽ
/  i    丿  //  ,,.l l- l ヽ/ ::::/         ∧ i
    l/ /   く/ ヽ/ l l  |  ! ::::|         / l !



                __,,..........,,__
                /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ` ̄`  .
         /⌒´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \ .:.:.:..\
        ,:゙.:.:./..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : ‘, : .:.:..\
.       / .: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
      / .: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      .゙.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : i| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | :.:.:l.:.:.:.:.:.:、:.:..
.     l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |: :i|: : :i| .:.:.:.:.:.:/.:.| :.:.:| .:| : .:.:.\}
.     |:.:.:.|: /.:.:.: : |: :_|_:八:ノi|:.:.:.:ヽ/|_:,ハ .: | .:|:.:.:|.:.:|
.     |:.:.:.|/|:. :|: .:.|´/|/ _V八:.:.:.:/_」/ |`/ : |.:.:.|.:.:|
.     |i:.:.:|/|:. :|: .:.|/ x==ミ  }/ r=ミノイ .:./.:.:,ハ :|
     八{',:. |:. :|: .:.|       〈     :|: /|: / |/
       ‘,:.\|、:.:. u.      }     |//|/
.         ‘,:.:\\{    ___,、   /´       「あー……ウチと同じパターンかー」
           ‘,:.: |`¨\  、      ノ   イ:|
.           ∨|∧:. |: : . `¨二¨´ /:八j
                ∧」 : : ` : . ___/|∠,__
. __          /. : `7l: : : : : : : :|: . │|
.      ─一'^〈   /: |: : : : : :  |: : │|
\         ‘:,  /. : |: : : :    |、 |:‘:,
  \           ∨. :  ` ̄|    | } 〈\_\ー───- 、

106 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:25:25 ID:???0

         ∧_  _
         {i:i:/::::::::`ヽ _,.,.,.ィ
           Y:::::::::::::::::::/i:i:i:i:i:/―- 、__
         /::::::::::::::::::/i:i:i:i:i:/::::::::::::::`::`ヾ'、__
        /i}:::::::::,..ィi:i:i:-r-:'::::,::::::::::::::::::ヽ:::::::、::::.、_
          `7::::::〈i:i:i:i:i:i:i:i{::::/:::::::/::,::::::::}!::::::ヽri:i:i:- 、
         /:::::::::::ヽi:i:ir-、!/:::::::/::/:::,ィi}ィ:::::::、:∨i:/
       ;::::::::::::::::://从/ ト、://:/:/::/  '}::::|:::|:::∨
       /:::::::::::::::::|,!  {ム㍉、ヽ{/!:/   /:/:|:::|:::::|   _     「それと、ちょっとだけ個人的な借りもあるのよね。
        /:|:::::::::::::::::|}   込ソ  !从  _,/イ::/::/:::: !   ! ',
     /::::|:::::::::::::::::|,           __  /イ::/::/:イ'   ! !    だから志願者だけで参加する事にしたんだけど――」
    ,:':::::: !:::::::::::::: 从          、 ``/::::´{イ´     | |
   ,:':::::::::::|::::::::::::::::::{ \   Y  ァ  ,イ::::::::::::|    /アi^ヽ-、
.  /::::::::::::::|::::::::::::::::::ム、 ヽ、    ,.イ:::::i::::::::::: |    / {  }  〉 ト、
  /:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::\>- 干、´::::::::::::|::::::::::::{     {  ` {_イ_,ハ }
 ,:::::::::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::::::::、: : : : }ー-'''  ̄`ヽ:::::::ヽ   ヽ   Y  }ゝ'
 {::::::::::::::::::/ : `ヽ、::::::::::::::::\: イ: : : : : : : : : : ',::::::::.   {\__ '_ノ
 |:::::::::::::,:': `ヽ: : : : ∧:::::::::::::::::\}: O,ィテ: : 、: : :',::::::}  |: : : : : : : }
 |::::::::::/: : : : : \: : : :}::::l,::::::::::::::::} <: : : : :`ヽ: マ:::∧ {: : 、: : : : :{
.,/::::::::/: : : : : : : : : ,: /イ }:::::::::::::/: : :`ヽ 、: : : : :\:Y::::Ⅵ:l: : : ̄: : : ',



       _, - ― 、_  , -―― - 、 , -―、
      < `―=、/;;;;;;;;";;;;;;";;;; ̄;;∨'' ̄ ̄ ̄>
        |;、_ -/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;ヽr'   /l
        |;;/ //;;/;;/;;/;;、;;;、;`i;;;i;`、;;;;`i^ヽ;;;;;;|
        K   イ;;;;;i;;;;i;;;;i;;;i " i;;;i;;;i;;;;;i;;;;;;i  \i
.       l;;;Y l;i;;;;i;;;;i;;;;;i;;;i   i;;ii;;ii;;;;i;;;;;ノ 、 イ;;l    「お人好しの正義馬鹿が率いてた隊だけあって、
       |;;;;;`‐レ;;;;ii;;ii;;;;ii;;i ,、 、 i;;i_i;i;i;ノi;;/;ヽノ;;;;;|     .まさかまさかのフルメンバーよ。
       |;;;;;;;;;i '; i,==, r"ノ  !/===イ;、;;;;;;;;;;;;|
       l;;;;;;;;;ヽ, i ハ / /  ,r ┐  //i;;;;;;;;;;;;;l     弾薬、燃料、ご飯。輸送はウチにまかせて頂戴。
.       |;;;;;;;;;;;;;;;Y イ/ / , / /   //;;|;;;;;;;;;;;;;|     ああ、怪我人の護送も出来るかも?」
.       |;;;;;;;;;;;;;;;;| '  ´ t', -‐ ' フ;;;i;;;;;|;;;;;;;;;;;;;|
.        !;;;;;;;;;;;;;-ト 、     ニニ' l_;;;;|;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;|
     ィ´: \;;;;;/::::○::`::丶、ィ―― "l;l;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;i
.    /:::::::::::::::>┘:::::::::::::::::::::ノ。::::::::::::::::::`―__;ヽ
   /:::::::::::::::/::::○::::::::::::::/!__:::::::::::::::::::i::::::::::::`、ヽ
   イ::::::::::::::/::::::::::::::::::::::,:l:‐i i----'::::::::::::::::::i::::::::::::::::i;;;;;i
   /:::::::::::/::::::::::::::::::::::/;;i::::| |::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|;;;;;i
.  /::::::::::/:::::::::::::::::::::::/;;;;;i::::| |::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::i;;;;/
 /:::::::::/::::::::::::::::::::::::/i;;;;;;ノ:::|_|::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::イ;;{
 |:::::/::::::::::::::::::::::::/::/;;;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/;;;;;ヽ、


頭が痛そうに顔を抑えた遠坂嬢を見て、小隊長達も頭痛が伝染ったような顔をしたが、
彼らの痛みは内的であるだけ、まだマシといえるのではないだろうか。

ライトは物理的に、頭を万力で挟まれているような頭痛と格闘している最中だったから。

107 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:25:46 ID:???0

昨晩隊長室にて、水銀燈やLと晩飯を共にしていた時、聞かれたのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  __,、
        ,.-‐'  -,===〔{〈包}ヘ、
      /  _f〆:::::::::::::::::::弋之ソ:::\
     /     {i7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ::',
     /   {i7:::::/ ,' l  l l  l   ,  ',
     l   {i7:/   l ,斗-+ l  ,l ト-、l, ハ
    ,l    〆 |  l | ハ ハ| l / リ |. l | l|
    l   介 l |  l 〒弐オ l/'〒テトr',', l|    「……なんか編成って大変そうねー。
    !    !  ! .ハ  l、ト'::ィ;リ   トィリ, l l リ
    ! |  |  | 弋  ゞー'    ゙-'l |,lレ'      何か悩んでる事とか無い?
     ! |  |  |   T'´ ゙゙゙゙    ` ゙゙; |リ       難しそうな所とか、困ってる事とか」
    |  |  | ,ハ   |',    (_`チ  _,ノ l|
    ! ,l  ,l ,'ハ   | `ニ、r‐、‐ T´ 川
   | ,l  ,l /..ヾ   |',=ニ| /::`|  | |
   | | / /:::::`::'、  |〈包}/:::::::|  | |
   l  / ,'::::::::::::::',ヽ、ト ', レ'::::::::|  | |


――と。
頭を煮詰まらせていた自分は何も考えず、愚痴混じりに答えてしまった。


         /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/      「後方支援の人員が殆どいないので、
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|        豊富にある弾薬を上手く使えない可能性がありますね。
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::        まぁ今迄と比べたら、贅沢過ぎる話なのですが」
            ヽヽ                    | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/                              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,                                   | なるほどねー   >
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く                              \______/
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

108 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:26:02 ID:gPlhYsao0
まあ士郎くん正義ロボだから・・・

109 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:26:10 ID:1nl292nU0
士郎どうなってんだwww

110 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:26:18 ID:???0

まさに電光石火。
そのボヤキが、この有様である。



                 {:イ:/:八/:.∧:.:∨:./:./:.:.:. |:.!
                 |:.,u//:.:.:|乂:ハ:.:|ハ/:.:.}:. i:l八__             (馬鹿め……馬鹿めっ!!
                   V:.{:.:. ∀rtァミ}、:.|、:.:W:.从:.:{ ドミ            僕は何故あんなことを!!
                  ヾ_マヾ!¨’   V }イ:./  V|ア }:| `丶
          .r ,         ゝ 、 _,、 .u./ |/   / | |.   ゙ト、        無駄な行動力だけはあると……
         / /'1          アヾ’  ム     /  .|/    :|  丶      知ってるだろ!知ってただろっ!!
       ./ / /          「   `T´  {ヽ /   {    |   \
       / / /          .}     }⌒ドミ、_ム>、 !     |     ヽ   誰も期待していない事はできちゃう子だって……
        リ  /|> 'つ       |    > |ミ!//マ   7   ___/      ハ  知ってるだろ!知ってただろっ!!)
       〈  “´,ィ彡,      r┤   「  | }///   .′ <        /  {
      }  </ /      |     、}  | |77{    ′   .`7         |
      |   /!         f     ',  .| |//.l   ′  ./    /     ハ
      |  、 ヽリ       /       八 .| |//,l  ′   /    /      / !
        .}     }、     _/     /  ',|、!//,|  .′ ./    /         /
      ハ   ./| L_  f /        二X }///| ′ ./  ヽ 〈    /



           ノ
   rt  「l [ト,   ).       /
   i i  l i Y   ノ      (
  l' i   i l     `l  /⌒
  i' ,'  '" rl^レゥ  .| ./__
  i/    "7'/∠コ/::::::::`.ヽ
       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l      (この隊が被害受けたら……
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l       誰が責任取るんだよォォォっ!!
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:       メンツは軍の命令で決まってんだぞ!?
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;          子供の仲良しこよしで
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l              いーれーて!で良い訳ねえだろォォォォ!!)
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/

111 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:27:04 ID:EOTgBJAM0
後方支援とはいえ、一番やばいであろう戦線に駆り出されるんだもんなー

112 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:27:27 ID:gPlhYsao0
ホントの事だけど改めてひでえ言いぐさwww >誰も期待していない事はできちゃう子だって……

113 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:27:29 ID:1nl292nU0
うん、これは月が悪いわ

114 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:27:42 ID:???0

同じように頭痛。目眩。動悸。胃痛に苛まれているLが。ポツリと言った。

                                          ,
                                         ,r/ ,;-ー_
                                       /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
                                       ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
                                       ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
                                    //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
                              .       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
                                     i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
                                   l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
                                   !::!:::i:::::! .u ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
        .「……ドズル中将に連絡とってきます」       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
                                    !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i   .u l:::::::::::::ハ:!
                                  .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
                                      i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
                                       _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
                                 ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
                                 /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
                                l   \      \  '     //          /    i


虚勢を張る元気も無く、ライトは素直に頷く。


                 r=ー/: : : : : : : /::::::::::::/: : : /::::/: : :/: :
      ,彡イ^了ヽ≦ニ.:7: : : : : : : : :/:::::::::::::i!: : :./::::::/: :/|: : : :
    .,イ   ムノ ソ二:/三三\: : :/::::::::::::::::|: : /: : : ./::::::|: : : :
    /    ´.  /二:/:::::::::::::::::::::`>::::::::::::::::::|:::/: : :/:::::::::::|: : : : :
    |       ./二:{:::::::::::::::::::::::::::::::`>::::::::::i!/::::::ヘ::::::::::::::|: : : /::
    |     ノ|ニト::i!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>/: : : : : ヘ:::::::::\:/::::
    |     〈.1ハ.:ゝ:::::::::::::::::::::/::/:::::::::::/::/::ヘ: : : :: : : : >、:::/:::::::    「…………ありがと」
    |___| |ミト.:|::::::::::::::::::::/::/:::::::::::/::/:::::::ヘ: : : : : : : : : >、 ,<
   Y⌒リ三ニ!.∨ミトヘ::::::::::::::/::/:::::::::::/::::|:::::::::::::::::::::::::::::.::::::::,<: :
   .|_ノ////\∨ミトヘ:::::::./::/:/::::::::/::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::,<: : ::::::
    ./////////ヽヘ三1::::/::/:/::::::::/∧:::::::.: : : : : : : : ,<: : : :::::::::::
    ‘,/////////`ヽ{:::/::/:/::::::::/:::::∧:::::::::::::::::::::/: : : ::::::::::::::::
      ‘,///////////∨:/:/::::::::/:::::::::|∧::::::::::::/: : : :::::::::::::::::::::
       ヽ///////////∨:/::::::::/:::::::::::}`ヽ:::::::∧: : : ::::::::::::::::::::::::
        \/////////∨:::::::l7:::::::::::::|   \{: : :::::::::::::::::::::::::::::

115 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:27:55 ID:vYCrAN3s0
まあ、結果的には無駄ではない行動力だし…
結果出るまで胃が痛そうだけど

116 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:28:00 ID:???0

        ,:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
          i:::::::::i::::::::::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::∧
.         l:::::::::l::::::::::::::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::::::::: /::::::l_::,::、::::::::::::::i
        l:::::::::l::::::::::::::::i:::/::::::::l:::::::::::::::::::::::::: /::::::::ト ` l::::::/ヽl::ト、_ ノ
        l:::l:::::l::::::::::::::::l:/::::::::::l::::::::::::::::::::::::::l::l::::::: ト、゙l:::/`ヽl:l`ヽ
       l/l:::::l::::::::::::::::i:::::::::::::l:::::::::::::::::::/l:::l /l::l::::l、`.|/`ヽ llヽ }
       |  l:::::l:::::::::::::::l:::::::::::::l:::l::::::::::::::i.:l:::l.:.:l: ト:::l.:ヽ l`ヽ、`ヽ  l
         ヽ::l:::::::::::::::l:::::::::::::l:::l::::::::::::::i_l::l.:.:.:!.:.: リ:.:i `ヽ  丶  /    「あーと……遠坂さん。
          \:::::::::::::l::::::::l::::l:::l::::::::::::::l l::l`-===ト、 i`    /
             /\::::::::l:::::::ll:/l:::l:::::::::::::l l::l       ! i    /       こういう事は余り言いたくないのだが――」
          /   \:::l::::::ll、l::ll::::::::::::lul:l     _ ゝl     イ
      ___/      \:::l `l:ll:::::::::::l リ- 、_, ´   ヽ    lヽ、
   /`丶、ノ         ` ./l l:::::::::::l  ,-.'::/   l´、i    lノ|
   /    `丶、        /   l:::::::::l イ::::::/   .l、 ` - '´  l
  ノ        `丶、    /   l::::::::l l:::::/    l、ヽ _ _ / l


額に手をやった津村が苦々しく口にする言葉を、遠坂が途中で遮った。


                     __  ,. - 、/|
                ,、 __,. -ハi:i:i:iY三ミ、\|  ☆
                 ///::::: -ミi:i:i:iハ:::ヾミ:::::  ノ
           _∠ア::::r'´:::::::ヘ\ヽYi:i:\:::::::
            \i:i/::/:::|iヽ:ヽ::::::!::::',:ヽVi:i:i/ヘ::
             /::::l::l::|'´ヽ:l:',::从Njハリヽ/::|:::!      「そんな顔しなくても大丈夫よ津村さん。
.           ∩. l:::l::l::l::ト、 リlハ 'ォf乏i> ミ:::|:::l
            | |  l::ヽ从lミ       ゞ'′ {レ:|::::!       ウチの馬鹿共には兎も角、
            | |  ヽN:::l:::ヽ⌒j      /l:/:::::!       私にはちゃんと打算もあるから」
       _r 7 ハ.\   |::l::::j::ハ  t.:::フ   イ:l/:/:/:
.      〈〈 ヽ弋i }   |ノ::〃:::l>...、_ /__l/:/:/l::
       V Y   /   /:://,. ┴‐- |`¨´:/:/:/:ノ::
.       {、l__,. イ   /:://: / : : o : :/:/:/':,. -
        l: : : : :l、 l:::l/: :,ィi: <\ /:::/::::/::/: : :
.        l : : : : : |  ∨/: : / イl::/:/::::/l::.{、 : :
        l: /: :/:,i:| 彡/、_:_:_〈/ : Vl:::l:::::{{、ヽ)): :
       V: : : /l V: :ハ::::::::::::`ヽ、: :j/ノ:::::)ハ斤三=


津村の意図を読みきった返答に、津村は額から手を引き剥がし、遠坂の顔を見る。
口元に浮かぶ笑みは、余裕だろうか?遠坂は、頼もしい表情で津村を見返していた。

117 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:28:26 ID:???0

                 -::─:::.....、
               ..::´::::::::::::::::::::::::\
               ./::::::::::/ハ:::::::::::::::::::::::ヽ
              /:::::::::/ ハ::::、:::::::::::::::::ハ
              l:::::/ミ  { -ヘ:─:::::::l::l:::::l
               {::::i/ん) { -r=ミ:ヽ::::l::l:::::!   「本当に?
                |::::| `´,    ゞソ` ゝ::l:::::::}
                j:::ハ         .u '⌒}::::::l    貴方達に利のある話には
            /:::ヽ  {`ヽ    ィー.イ::::::::{    思えないんだけど」
             l::::::::::\_´ ,  ´ !::::/::::::::::l
             |:::::::/::::::ヘ     レ´:::::/:::∧
             |::/:::::::ィ`  /:::::::/ミヽ:∧
             ./::::/{:ゝ二/:::::::/::::|`\ヾ \
           .彡-‐´ /  /::::::::/ \j\ l\\ヘ



   ____  _ _  __   ___
   Ⅵ:i:i:i:/::::::Yi:i:i:i:i:ァ::::::-:::.、::::::...._,...,ィ--- 、_
    ヽ、_/:::::::::::/i:i:i:i:/:::::::,.:'::,:::Y:::::⌒ヽi:i:i:i:i:i/
      ,{::::::::::;':::--'::/:::/:::/:,ハィ、::::,::::::::ヽ__/:l
.     /!|:::::::: |i:、:::::/:::/:::/:/   }:::|:::i:::::,::Y:: !
    /:i:i|:::::::: !i:i:>::ト-l、::{l:|   /::::}:::}:::::}:|i:、:|
       |:::::::::|-{Ⅵrtォミ、ト{  /-/、/:::::/:}、_i:>    「明日、非番の学兵に与えられた任務を、
       }:::::::::|{ヽ 弋こソ`  ィrtォ,/:://::::/
      ;'::::::::::ト、_         ヒ(ソ /イ:::::::::/      どうやらご存知無いようね」
     ,::::::::::: |:::込、   、 _'   ,:'ソj!:::::::/
     /:::::::::::/::::::::| \   _,....ィ::::::{::::::::{
    ,':::::::::::/:::::::::{: ̄: `: ´:{、:: |__:::|::::::::|
.   /::::::::::/:::,. . :´: : ー {ヽ:。:_,,: : |::::::::ム、
   {::::::::::/'´:、: : : : : : :==イ\: : : : :ヽ::::::::::::`ヽ、
   |:::::::::{: : : : ヽ: : : : : : : : :ヾ、: : : :...::ヽ、::::::ヽ::}

  ハ ゙カ
“お人好し”を巻き込んでしまったのではないかという懸念を持っていた吹寄が、
眉をクッキリとハの字にするが、遠坂は小さな微笑をもって彼女に答えた。

118 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:28:54 ID:???0

小隊長達の表情が、怪訝なものから、渋みを帯びたものに変わる。


                                  {      / /     l \_     l:::::::l    |二二1
                                   つ   /  ,    l  |   ]     l:::::::l   イ〔V  | |
                                  └‐t  /   l    | l  |  l {      l:::::::|     | ∨/
                                     L. l !  |    l| N  l_廴 ィ   ,ィヱヘ   匸. | l
                                      | l  l l | N ナマ彡ャ‥Y|_ 〈ヘ{そリ   | l |
                                        !l  トl,イ、.| jノ  代_ノ 八 L. ト-r'  r イ !| ヽ
                                       l|ヽ ヽi代ハ    xwxwx | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ|
                                           lixwx 、     U l |l  !:::/ //  .| !.|
                         「非番なのに……         l l          .l l |  !//    ! l .|
                              任務ですって?」        .| ヽ、 ′`   _//イ  |´       .| l |
                                          / /| ` 、  r'´ // ̄| lフ      l l .!
                                          //| l / ̄, ィ、 //:::::::l |ーt.      l| !
                                           //r'´ ̄:::::::::::{rケソ//::::::::/ /}  \   l | |
                                        /´ l:::::::::::::/:トこソ{ {:::::::/ }::|    ヽ. l/  !


              ,  ォ ´ ´ ̄ 、{`ヽ⌒ヽ
             、ー‐く / トへ ヽヽヽ>〜}  ヽ
           \__/// l|  ヽ i i iく_ハl l   i 
              <_| i ! i|  リナナナレハi i  !    「そ。原則学校で待機。
           ノ ム从 八  イ;rハノ' ´ l l  |
    r〜オ´7´ ̄「iー‐ 、ヽrj〉   ´~   .ソl i  |     状況に応じて適時出撃もありのため、
    ノ /     .| }た彡!ハ   __    /l | l  |    許可が出るまで帰宅を禁ず。
 /// /      jノ せ_ノ i liヽ、 __ イ__l_ | i  |
'  i  ハ , ィ'´ ̄_>〜へ__ ,ィ 7ハ「 ̄ _.ハ!V.   |    これを貴方達は、どう思う?」
   ゝi  〉´ ̄ ̄     / i| 〃 .l|、   /    ,イー 、
  /ル'           //´ ̄{__jヽ\/  /    i
〜'          / ヽ// | ト /  / /     l
` ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7Ti    / /.ー.| |,'   , '  /.      |
          / ノ |  / /O〉 | |〉   !  /.      |

119 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:29:11 ID:???0

 | /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
 |/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
     !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
      !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/
.     !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.     ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/
      ヘ   ! \   !.                   /  /   「……嫌な予感しかしねー」
       ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"!
        \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.            ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ
               ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
                !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / /
                  ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                 /  |   ゛ -- '"  |'   !
               /   ./|            | ノ  \



      ,...:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.: : : : : /i i:},:::::.. ', .
     .′:::::::::::∧:.、:::::.:.:.:.:.: : : : , / ,リハ::::::...;..',
    .....::::::::::':i \\ヽ:.:.. v' //-―- i::::::. i: ;
     i::::::::::::::}ホ孑弋卞、\.:V/'卞弐メ}i::::...|: |
     |:i:::: : .::i:| V)::ソ   ,)イ   V)ソ ,};:i::. ト |
     |:|:::i . .::|:|             i{::|::i:|ノ|    「頭痛くなるお休みね。
     |:|:::|i .:::|:|         〉    u. ;{::|,:|:|: |
     |:|:::|l .:::|:|、.u     _____    小ji:|:|: |     ハハッ……
     |:|:::|| .:::l小 、   ` ー     ,.〈 i:}リ:ノハ |
     |:l.::|| .::::;::::i .:}ト .        .ィiハ Vイ:i:: i:|    最悪一番煮えてる所に放り込まれるかも」
     |:{.::}| ....:i .:| ij:r}: >- < ,ハ.}:::.. i::|:: |:|
    い:j{ ;.:i:| .:| |i ` ー‐┐┌r'  :i|:::.;..|::|:: |.|
    }.}.}' i.:|:| ..::iリ     | iー'i |  :|i::,:i li:| i:|:'



         ∧_  _
         {i:i:/::::::::`ヽ _,.,.,.ィ
           Y:::::::::::::::::::/i:i:i:i:i:/―- 、__
         /::::::::::::::::::/i:i:i:i:i:/::::::::::::::`::`ヾ'、__
        /i}:::::::::,..ィi:i:i:-r-:'::::,::::::::::::::::::ヽ:::::::、::::.、_
          `7::::::〈i:i:i:i:i:i:i:i{::::/:::::::/::,::::::::}!::::::ヽri:i:i:- 、
         /:::::::::::ヽi:i:ir-、!/:::::::/::/:::,ィi}ィ:::::::、:∨i:/
       ;::::::::::::::::://从/ ト、://:/:/::/  '}::::|:::|:::∨       「でしょ?
       /:::::::::::::::::|,!  {ム㍉、ヽ{/!:/   /:/:|:::|:::::|   _
        /:|:::::::::::::::::|}   込ソ  !从  _,/イ::/::/:::: !   ! ',    私はお先見えないお休みより、
     /::::|:::::::::::::::::|,           __  /イ::/::/:イ'   ! !    計算できる戦場の方が好みなの」
    ,:':::::: !:::::::::::::: 从          、 ``/::::´{イ´     | |
   ,:':::::::::::|::::::::::::::::::{ \   Y  ァ  ,イ::::::::::::|    /アi^ヽ-、
.  /::::::::::::::|::::::::::::::::::ム、 ヽ、    ,.イ:::::i::::::::::: |    / {  }  〉 ト、
  /:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::\>- 干、´::::::::::::|::::::::::::{     {  ` {_イ_,ハ }
 ,:::::::::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::::::::、: : : : }ー-'''  ̄`ヽ:::::::ヽ   ヽ   Y  }ゝ'
 {::::::::::::::::::/ : `ヽ、::::::::::::::::\: イ: : : : : : : : : : ',::::::::.   {\__ '_ノ
 |:::::::::::::,:': `ヽ: : : : ∧:::::::::::::::::\}: O,ィテ: : 、: : :',::::::}  |: : : : : : : }

120 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:29:38 ID:???0

               _厶-―…': ̄ヽ-、
           /: : :、: : : : :.:.__;.ィャ‐ヽ._     _
           /j:ヽ: : :v;ノィ´ /{,ハ|li. r、く ̄'´/        「補給物資を受け取りに出た際に敵と遭遇。
         ヽ∧: :.:.ー{ iL_l /イ i|^゙| l |li ハヽY_,厶         逃げに徹するも追いつかれ……
         ,': : }: :,.イ !|ハ{「T! ll ┼H⊥/ リjヽ }r′
            i: : /: /! |^ー- !| /示.Y/イ _く          近くにいた1720小隊等と共に交戦中!
          l: : : :〃:ノ l! ""   ,  {tり.へ、 `ヽ}`ヽ、       だから私達に声掛けるなよ!
        i: : : : : /:}! ト、 ー-、_ "" /〃i`t_,ノ-一'¨` 、
          !: : : : : : 小 fー\  __,.ィ7i{|;^ー、_:.:.:.:-‐: :`ヽ、   ……ってのが私のシナリオね」
       |: : : :.|: {ハ ぃヽノ `ヽ、/,{ { |! ! {   `ユ_:.:.:. : : : ヽ
          !: : : :.:レ':いヽ\辷j三弍,ゝ:ヘ冖ァ'⌒ ̄j: ー ̄`ー: :.ノ
         ト:r‐'´:! : ヽ ヘ }ヽ{___ : {':.:. `ー-、: :/: :ヽ:._;.-‐'´
        ノ!:l : :.:.!: : : :ヽ} リ ノ「 ̄´: :t:.:. : :. : :_;ヽ-一'´
      / i|:l : : :|: : : : :ノ//:} j: : : : : ∨ャi'爪{. 八
     /  li| : : : :、: : : {( 辷_ー- : : : }l | い、X




                ,::::::::::::,::::::::::::i:::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                    ,'::::::::::::i:::::::::::::l::::i::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
               l::::i::::::::i::i::::l::::::l::::l:::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                   l::::l::::::::l::l:::lv:::: ト:::lヽ::l::::::::::::::::::l:::::::::::::::,:::::::::::::i::::::l
                 l::::l::::::::l::lvl ∨l_-l ヽl::::::::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::l:::::::l
                    l::::l:::::::l::l 七ニ--- l::::::::::::::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l:::::::l   「なるほど したたかだ。
                ヽlヽ::::∧ l|     l:::::::::i:::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l::::::l
                  ヽ::∧.--=≡ l:::::::::l::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l::::::,!    そちらにもメリットがあるなら
                       ソ`ー-   l::::::::l::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l/     拒否する理由もない。
                   ヽ       U l:::::::l::::::l:::::::::::::::l::::::::イ
                         \       l::::::l::::::l::::::::::::::,l イ 弋.      協力をお願いしよう」
                          \-   l:::::l::::::l;::> ´    _,-`‐''"
                        l丶  l:::::l:/   ,. -‐''"´
                       l:::::::`l:::/ ,.丶-‐''"´    ,. -‐''"´
                          l::::/ l/i'´      ,.


津村の、そして小隊長達の顎が、静かに引かれる。

121 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:30:08 ID:???0

議員令嬢だった遠坂は徴兵を逃れており、入隊は志願した4月末と、すこぶる軍歴が浅い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        __r ァ'´         ヽ. __ __ f⌒ヽ
      ノ´>'´  ト、 ∧    <. .__ ハ   ヽ
     く / .    l,..へノ ∧  ヽ  ヽ / .ハ   ',
      / /    ヽ!     il___il _ __i ん、 ハ    i
     i i i  i、 、 \___. ´il  il_ __ l ト、レ' リ    l
     l i i  ! ヽ X´ヽ\  ll  il「 rYヾ レ⌒    !     「ねえパパ。
     N ヽ. ヽ. ヽ.《ヘrヘ  リ 八r'㌦ノ } ノ   l
      \ \ \ ヽ. kr〉     ´ ̄""リく    .l      軍との癒着を暴かれて
.         \ \ \ヽ"" '      /  ハ   l      政治生命絶たれるのと……
         } ハハ\、,..,,.,.、。゚. , ' / l   !
         /´7 7´,. ´_フ:::::::::::}<.  ´  /   /ー 、   娘が学兵になるの、どっちがいい?」
          /    / /__ こ__ノ  ヽ  /   /
.        /     //i /     /7 i   /   <ボッリボッリ
       i      / i .l / \  __//___ !  /
       <ゝ.____ノ 〉.l レ'  / └ァ ,.-- .lハj
       i     !ハ}  ,'   //
                                               _ __
                                            r-:-´: : : : : : : : : ヽ
                                             r´: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                                             |:l: : .}: :l:l: : : : : : : : : : : ハ
                                             j:l: :f.l: ハ:ヽ: l.l: : : : : : :.::ト}
                                          ハl: .{ l/ィェlハ从lr-, : : : :ノ
                                            У        }: : :.|
                    「パパ両方ヤダなー……          . ヽ     u. r-<: : :.:ト_
                                             ヽ ̄   ノ  从:.从
                          そういう事、煎餅噛りながら         };,;7ィ ´_ -=<>ヽ
                     言えちゃう娘もヤダなー……」         .´´_∧/> _ <: : : ヽ
                                              ヽ/ili7: : : /: : : : :ヽ
                                              /{}ニニ/: : : /: : : 〃: : : ヽ
                                                 /イil ./: : : /: : : /: : : : : : : Y
                                              //ilil!/: : :./: : : /: : : : : : : : :|
                                                /イ ilソ: : : ヽ: :.:.:.:/: : : : : : : : : :|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

122 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:30:47 ID:???0

しかし持ち前の強かさと頭の回りの速さは、脳筋小隊からすれば待ち望んでいたブレインで、
たった1ヶ月という短い期間にも関わらず、3810小隊は武働き以外の諸々を、すべからく彼女に頼っている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     _______     _,. --- .,_    ___
     ヽ、   \/⌒ヽ /⌒\/´,.  /
      /\___/ , /〃、 ,、ヽヽ.、∨_,ノ`ヽ
        l <ァ l / /! l l^ー^l l l !l l l ヽ> }
        |  {ノ{ {`ト{、lハ  ノ リ斗j }、_{/7/    「私の計算だと後2回の戦闘で
        |  / ム<"{刃ド ´イ刃`>厶j|{ {     弾も燃料も足りなくなるんだけど……
      ノ/ 人_、、込リ __ 込リ、、,.r‐┘l ヽ.
     / / / ,i\ (  )  ,.イ{ {   }  \  あんたらこれで、
.   /, ' / /| ii> ニ <!! 「込.___∧\  ) どうやって戦っていくつもりだったの!?」
  ( ({ i/   i j  !!/{{:}}\ll | \__ ハ ) /
    ))/  __ _,ハ. く_,.イol\_ゝハ 〈   ∨ {
  /´ハ ´ ̄ \}、  j」.o|」   ,{ !\ヽ.   ノ、 ヽ



  , < ⌒ ヽ ,  -ー= ¨ ̄ ̄ ゙ ヽ、___
  ノ´     , \    ヽ     ヽ ヽt--,
      / /   ,   i ヽ  ヽ   ソ ヽ〈丶
     , /   i    }  }  ;   ∨丿ヽ`j
    ./  .{    {    |   }  ;   , ノ ヽ〈
    ./,  {  ,  {   .}.〉  .i  ,   , ; ; } )    「凛!弾は無くとも剣がありますよ!
    i ,  {   ,  li :  } A  | ノ.   ', ;、; }冫
   .{ ,  , x  , li : y _卜ノ从 :   i ヽv:.\    そして、この滾った心も!」
    乂  v仆__|ヽ} ヽ ノ彡てぅミゝリ   |ケ )゙、:.:.:\
   ′ヽ ヽヾ弋tぅ` ソ   乂vノ | ノ   レ:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.ヽ        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      リヽ).ヽゝソ     ´´  レ    .| |:.:.:.:.ヽ:.:./           |  ハイハイ馬鹿は黙っててー   >
       : }ヽ:.  、       |    .|:..{:.:.:.:.:.:.:.:冫         \____________/
        .|  、  、-―ァ   |   .i:.:〉´ ̄ ̄ヽ
        |    、 丶 ノ  /:|   リ:.:.} }:.:.:.:.:.:.:\
        {   乂 :.....  .:::ヘ彡i i  ノ":.:.:.:} }.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         ', i ノ:.:.:.:i-= .._:》ノ .i ノi´:.:.:.:.:.:.} }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉
          ,;ノ:.:.:.:.:.:ゝ     }/ i|:.:.:.:.:.:.:.:} }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          〈:.:.:.:.:.:.、》0、S  ′ /l、:.:.:.:.:.:.:} }:.:.:.:.:.:.:.:.:.



      _ , --.ー.`γ^‐- 、
     ∠:::::: ゙;:;  丶 :::: `ヽ
     /:::/:::i:i ::; ::  ::: :: ゝ    「俺は……後悔だけはしない!」
     κ:::λ::i ::i :::! :::i :: ::..j
     レ′:::::! ::! ミ;;、::i : ::: ノ
      ヘ::/_トi、|/V _, z≦::z´´     _,r‐√!-,
      《-i ゞ少:`  {心リ i ソ   γ' 人 .i {            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       ヘ    ,    ,'     {  勹亡丶}            |   うっし。支出権限私に寄越せ。  >
        \. F =」  ,イ      ゝ Y-Y /            \______________/
          ト - .イ !、     .r=‐-‐‐γ
         ノ ;: .:;j  ≫j ‐- 、 >:::::::::: /
    _ , -‐ヘ 、__   /__, /:::::::::::: >|:::::::::::: |
  √::::::::::::;:/ゞ    , へ::::::::::::::,::::::::|::::::::::::: |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

123 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:31:10 ID:???0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     , - 、   _ _ _   ,. - 、
    /::::《_, '´::::::::::::::::`ヾ_》::::ヽ
    l:::::::/:::::i:::::i^'^i:::::i::::',:::::::::}
    l:::::::|,.ヘAヘ}- -{ヘAヘ}:::::::::l
    l:::::::〔i ≡≡ ≡≡ !〕:::::::l    「……弾も燃料も無いのに。
    j::::::::::l        j::l〉:::::j
     {::::{{::`::ー.,- - 、‐.':::i::::l:::{.     ……なんでジャガイモだけこんなにあるの。
     }::::} l:::::::r'  †  ヽノ)::::ト、:::Y    誰が買ったの」
   {;;ノ l;;((::{ fi   i |  ̄  !::::〕
        タ/ソヽ/じ、   (::::ら
        く/_/_l!_l_ゝゞ'   `¨
           |::::l Y:::|
           ヒ:::!  ヒ::!


        _ f..i r.,
        f;;ij;;;|_l;;;!
       .(,;ヽ!;;;;;;;;;;;;;;l , -,
       Y二二二i;;ゝ'
        !;;;;;;人;;;;;;’
        廴;;;;;;;;;;;/      .==.、    \/
          ゚i二二.}        ´     ヾ!    /`ヽ.
           | ̄ ゚̄,      rァ=―ノ'ゝ- 、__   .×
           |    ゚,    ,: ´ ,  , ,     ヾ.! ´   ヽ
           }    ヽ    / ,' / ./ /i i  、 `i〉
         ./  __ _ヽ  .|レi/ハ‐A、' t l__i i .!、    「凛!それは私です!
       .<.|:.:.:.:.:.:.L./   .| ' | 三レ  レソ三V: |/
         |:.:.:.:.:.:.:ム    ! |         .|: |      腹が減っては戦が出来ぬというでしょう?
         ゝ:.:.:.:.:.:. \___ム..|  r―‐,  .|: |      .武人として当然の心掛けです!」
            丶.:.:.:.:.:.:.:.:.==| トz.乂 ノ_ ..イ: !
              `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヘ!ィ=f干干ヨ_|;i;i|| !_
             Y.:.:.:.:.:.;ィ_.ゞ、(c, /,イニ≦レ'=、\          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              \:/ `ー-マ!-―(_):.:.:.:.:.\、:.、        | ハイハイ 口に芋詰めておいてー   >
               i.   ,.-┴- 、  ヽ:.:.:.:.:.〃:/         \______________/
                 .ド.0〃 ',ゞネ  ヾ、_0V:.:.:.:.:.ィ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

124 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:31:30 ID:???0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     , - 、   _ _ _   ,. - 、
    /::::《_, '´::::::::::::::::`ヾ_》::::ヽ
    l:::::::/:::::i:::::i^'^i:::::i::::',:::::::::}
    l:::::::|,.ヘAヘ}- -{ヘAヘ}:::::::::l
    l:::::::〔i ≡≡ ≡≡ !〕:::::::l    「倉庫の中がイモだらけって……
    j::::::::::l        j::l〉:::::j
     {::::{{::`::ー.,- - 、‐.':::i::::l:::{.     お前は疑問に持たなかったのかー。
     }::::} l:::::::r'  †  ヽノ)::::ト、:::Y    何故許可したー」
   {;;ノ l;;((::{ fi   i |  ̄  !::::〕
        タ/ソヽ/じ、   (::::ら
        く/_/_l!_l_ゝゞ'   `¨
           |::::l Y:::|
           ヒ:::!  ヒ::!



      _ , --.ー.`γ^‐- 、
     ∠:::::: ゙;:;  丶 :::: `ヽ     「その道が。今までの自分が――
     /:::/:::i:i ::; ::  ::: :: ゝ     間違っていなかったって、信じている!」
     κ:::λ::i ::i :::! :::i :: ::..j
     レ′:::::! ::! ミ;;、::i : ::: ノ
      ヘ::/_トi、|/V _, z≦::z´´     _,r‐√!-,
      《-i ゞ少:`  {心リ i ソ   γ' 人 .i {
       ヘ    ,    ,'     {  勹亡丶}
        \. F =」  ,イ      ゝ Y-Y /
          ト - .イ !、     .r=‐-‐‐γ          フゴッフゴッ!(凛!口にジャガイモ詰めると喋れません!)>
         ノ ;: .:;j  ≫j ‐- 、 >:::::::::: /
    _ , -‐ヘ 、__   /__, /:::::::::::: >|:::::::::::: |
  √::::::::::::;:/ゞ    , へ::::::::::::::,::::::::|::::::::::::: |




          _ lヽ` 、y ¨ 寸ニ , ィ ‐ 、  _ _ 
          ヽ冫ーミ/     ヽ彡' .u ハ´../         (アカン……おトーちゃんのコネで
           i .冫/ ト、 ゚  八 `Y´   }〈            強いとこに配属してもろーたけど……
         <{./゚/  .|l,r㍉′.^r㍉、彡′ヽ  
             .|.. lY、 杙ツ  弋刈 ´`´`”ミ            こいつら強いだけや……
                从ヘ.u    `       ヽ   丶 _ _ _ _ _ 私が頑張らな……)
             .| /,' _`ハ.  ⊂⊃.u ノ    ー ‐ ‐ ─ ‐ - 、  ヽ
             .|       ト _  ィ       ー ‐ ‐ - 、 l   ミー-。
             .|     人|─‐.‐‐.|┐__          }|.!( ̄)彡′
              ノ.i !l. 〈   `ー ‐ ‐ - 、 ヘ            .|从__,
         / /八 \ー ‐ ‐ 、 }ハ          |.'
.    .\ ./`Y゚/   '. ー.、\     .} .(__,ハ⌒)__)⌒)..)ヽl
      .Y (  ー - 、.'.   }  ...ノ   ..ノ¨ヽ
      l、  ー ‐ ‐ ‐ '.  (     ヽ   ...}
     .彡')  /      }  .)     ノ     ノl
       彡'.l/     /_l           |ヘ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

125 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:32:09 ID:???0

そんな彼女は、流石というべきか。
短い説明で小隊長達を納得に導き、喧騒に満ちた会議室を収めてみせた。


  :..   |        /!
 ⌒):  |        }ヽ∠-┴──-- 、r 、  /|
  く   〈     ≠ ,ィ   rミイ  、 ヽL_>‐、」
   }   ヽ. / / / /  /_,  |__| l | |   |
 /    | {   |T下「   ヽ  V!/l |   |    「津村さん、硬いわねー……
 |     {     圭三ニ  千三込、}ム    |
  \  r┘    /       -z   }!   ト、    戦力増えてラッキー位に
    }  `¬     {        u.  厂l|  |{    思っときゃいいのに」
    ヽーヘ{   _ ->、       _∠i ハ  | \
        </   } ̄`7Tブ´: : ∨ |   |   丶
      ‐¬    /   | 「: : ,ノ : : \|  L.  く
  r≦-‐   ̄|l    |    | `フ⌒{ : : : : ヽ  {_  \
  |       |l   〈   / j′. : |: : : : : : ∨Tー-ミ、 |
   |       (^ー 、  \く  「: : : :|: : : : : : :V{    j〉


                                    l:::::::::l::::::::::l:::::',:::::::l:::::::l::::::l!:j!:::l/l:::l:::::::::::::::::::::::::::l::
                                    .l:::::::::l::::::::::ト:::::',::::::l!:::∧::厶 l::/__l:::l:::::::::::::::::::::::::::l::
                                    l:::l:::::l::::l:::::',ヽ::ト::::l!/,,x≦らl。¨7:::l! ::::::::::::::::::::::::l::::
                                    .l:::l! ::l::::l::::::',::ヽキ:::l   乂_ノ l:::l:::::::::::::::::::::::::リ::::
                                    .ヽlヽ::ト;:トゝ、,::::コ.___     l::l!:::::::::::::::::::::::/::::::
           「そんな訳にはいかんさ。               ヽ! ゞ |::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ` .l::l::::::::::::l:::::::::/:::::::
                                          l::ノ         l:i!:::::::::: l:::::::/::::::ノ
            我々が事で巻き込んで、                     .l:::`ヽ        .ll!::::::::::::l:::::/j,,/
            死傷者を出すなどあってはならんよ」           l::::::::: ー、‐-    .l!::::::l:::::l:::/:/
                                             .l::::::::::::::l`ヽ    l:::::::l:::::l/:/   /
                                              l:::::::::::::l´ ヽ  イl::::::l::::/ノ  ./


             _ .. -── ─ァ
          ,. -…'´         `
       /ノ           \ \
     /イ        ヽ \ ヾ  ヽ ヽ
     '三l/    \. _    ト、|_ ト、::ヾ ト、│
     |三レ  ト\ _\`ヾハ'´l _ゝ|::::ハヽV.     「それは本当にそう。
     |三il}  ィ弋`__- ゝ  ハtン レ::::\ ヽ\    だから遠坂さん。
     ハ::/_ \ゞハrtン     i   l,:::::::::::N  
      | ハト -` \ ´      _  ハ :::: ヽ/    私から言い出した事だけど、
      | ゝト ` ー--      ´  /::::: ゝ_::  \   危ない事はしないでね」
      |  ヽ   \       ∧:::::::/:.\
.    ヽ  ::\   ヽ  ーイ__:: / .:.:.:.:. |::
.      \l、 ::::\    \, ノ:: ::ハ' :.:.:.:.:.:.:.::N
          .\:::::ノ\   V:: :: |-|:: :: :: :: :: :
        ./:.:.:.:.:.::.: >、 レ'´` ~7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

126 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:32:30 ID:???0

              r‐‐ 、   .  -‐‐ - 、        /.7 ,. 、
            ヽ  > ´    ` 「 ̄.`Y ⌒ヽ  ̄ </
             >////^ヘ ヽ 乂.___〈     i   {二二}
            く_ 从il.|  l_!_! ハ<  i.   |
       /´〉    く__/kハ!  レレr==レく_ノ     .i      「わかってるわよー。
     /⌒ /    / / |___,    b:::ハ彡-、   !
.    〈 ∩. }   / / c'っ r‐‐ャ  cっ そ/   | 、     届ける時のちょこっとした交戦位に
    弋{  ノ  /. /   \ 、__ノ   ィ^-ァ    ノハ     .留めておきますって。
     r==='ヘ // /   _ __ _ >r‐‐_r-7'´__  _/   \
     |    i ( (__,. -' r‐‐'‐/7ー/ / / `ヽ      ヽ、  別に私達も怪我したい訳じゃないからね」
     i    ー ァ    に二ィ7二.ゝ.ヽ/    ヽ      !
.     \    /     i/ / /i  |r-' ノ     ヽ    ノ
       \__ __ ,. ァ'´/ / o .|  |レ'´ ト、     ヽ   (
          r' .ノ / / o !  i    /ヽ.__ _   l  ト



                     _、、
                ,.. -:':´..({ヒrソ).、
                   /:.:. ,. --ー ヽ'、ヽ
             /:.:.:.: /     、 \ ヽ
               ,イ:.:. /     ',  `,     、
           / i:.:./  N、ト、  i  i }  ; ',
            / i:.:i  卞テみx、i ノ メ ,.イ リ
          / /什i::} ゝ ゞシ `ヽ}イ,ィだチソ ノ   「中継点までの輸送を頼もうと思っているの。
         /  ,{:{」ムΛヽゝ、     ゞ"オ_ ィ
        /  / `;‐i::「 ミニ=-   ′ ハト、{     だからそれも想定しなくていいわ」
      /  /  l::l::l  ∧\r,、 ´ ' , イ } ', `,
    /    / >┴<ハ `ヤ| トュ,≦ j,ノ_イ i i
   /     /..:::::::::::::..ヽ}   }.j LrYハ<:.ノ,イ ,'
 /     / .:::::::::::::::::::::.∧  f ‐‐} >〉 yア::::. V
/      / .::::::::::::::::::::::::::.∧ ノj こ}⌒⌒Y:::::::.. ヽ

127 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:32:56 ID:???0

――かに見えた。


        ト、        _ _ __     _ ,ィ
          }≧=- 、 , : : : : : : : : : ヽ: : :><ニヲ
     __  }ニニニレ: /: : : : : : : : : : : :Y: : : : : : 、
    <ニニУ\ニニ{: /: : : : : : /: : : : : :.ハ;vヘ: : : : : \
     ヾ/: : : ノニニ}/: : :/: : ;イ: : : : : :/    }: : : : : : ヽ
      .: : :∠二二イ: : : ト: :\|: :ハ: : |    }: : |: : : : ::.
    ≦! : : : : : : : : |从ハ| V x≧ミ l: : !     }:ハ:ト: : :l: :.|
     :: : : : : : : : ハ: :ミ   《 ィfハヾド;kノ   ゞ≠く ': :/:ト;!    「え!?それじゃ輸送の意味無いでしょ?
     |: : : : : : : :{: : :ミ     弋ツ       'fハ 》从八
     ト; : : : : : :.i./⌒     ー       ゞ_' {: : : : :.     .それ位はやるわよ!
     '; : : : : : : l:{ { ハ  /l/l/l/l/l     ノ /l/l !: : : :.ハ     お客さんじゃないんだし!」
     八: : : : : :圦ゝふ  u.      _     ,:.|: : : : ::.
.    /: : ヽ: : : : :V:> 个       /~{    /: |: : : : :.ト、
    /: : : : ∧: : : : V: : :.|  \     〈⌒ 」  .: : : :|: : : : : !:: .
.   /: : : : /: ∧: : : :.'; : ; !        ̄  /: : : : l: : : : : l: : \
  /: : : : /: /: :.;: : : : :Y: :|      ≧=≦、:_: : : : ; : : : : ム-―
. /: : : : /: /: : : }: : : : :|: r―z、 ィ ´    /..ヽ: :ノ: : : : /...........



              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ     「輸送距離が短くなるだけで意味はあるわ。
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ 
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|     それに幾らメリットがあると言っても
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、     本来貴方達は非番なんだから、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ    交戦の事は考えなくていいはずよ」
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i

128 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:33:18 ID:EOTgBJAM0
こいつら絶対に前に出るわ(確信

129 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:33:27 ID:???0

水銀燈と会話をしている内に、段々と、等の遠坂嬢が激していく。


                      ,. -‐……‐- 、
                /⌒ヽ /::::::-:::、:::'⌒ヽ:::::\r==ァ'7
               ∠:イ/7Y`::::::::::ミY:::::::::::::::\::::V//ハ     「それじゃ人手ばっか掛かるでしょ!
               i:`:Yマニ7:::::::/::rnm:::ヽ::::::::::',:::i< ::::|     .無駄!非効率!戦の贅肉!
                    V斧77':i:::::/::::| > <}::ハ::::i:::ト::!:::|//〉:::
                }::マ7::∧/レ_::| '^ |::| |::/|l:rヘ:Y::::::::|     それに、安定補給されてる奴らが戦った方が
                 ヽ:::∧:{ 灯丙ミメ、 |:,ィf乏刈 /:|l:::::::::|     結果的には後衛も安全になるでしょ!?」
                  }:::八 ヽ  ̄´  、 ` ̄  l/:: |l:::::::::|
               _ ノ::/:::::ゝ ハ ,〃rvv'Wヽ〃从::::リ::::::::|l    /⌒ヽ
           /::::::::::/::::::::/:::::::ヽ V     j イ::i:::::/::::l::: 八 _/::/ ̄}:::)
          _   {{ / ̄::::::::/:::::::/::::::::}>-< |:::|:::::::::::|:::::::::::::::::::/  /∠ _
     ,. -/ /ヽ_ ゝ::::::::::::/`77zzz _rァ「///////,ト、!:::::::::\`ー‐ ´    ̄ ̄))
     | /     `ヽ::::::://{/////// =ミ//j |//////>ー--、≧ー---- 、
     Y       /::::///ハ///// ⊂ニニ ニニ⊃////////ヽ:::::::-=ミ:::::\
.      ト、 __ /::::://////V/////////j |/////ヽ//////∧:::::::::::::ハ:::::}
     jo//////{ ゝ:::j/////// /////////N j//////ハ_/////∧⌒ヽ:::::::::/
    〈o//////L Y//////j//l////////N_////////∧///////} /::::/
.     }////////ノ//////∧//i/i/i/i/i/i/i//////////}///////{ {:::/__



           / 〃 ||   \             \〉
          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l    「順序が逆よ。
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |    貴方達を危険に晒すわけにはいかないの。
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |    だからそういう方針はとらないの!」
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三


キッパリと理屈で語る遠坂女子に対し、お嬢様はあくまで感情的。
かつ自分のプランを少しも曲げる気を見せず、火がついた遠坂嬢に薪をくべる。

130 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:34:02 ID:???0

かくして会議室は、再び唖然とする小隊長達を置き去りにして、あっという間に喧騒を取り戻す。


                                          \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
                                          <                                 >
                                          < 私達が多少の危険はOKって言ってんでしょ! >
                                          <                                 >
:/::::::::l::::/―_´  \//   / /|::::::/ l::::::!:::::::!:::::::::::::::::          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
ハ:::::::l/〃´ ̄__ `ヽ/ヽノ  // /::::// |:::/ ヽ::l::::::::::::::::::
::::::::::::! l| /` _つヽ  | !| /  /::::/-┴__- 、 ヽ !::::::::::::::::
:::::::::::::!   K´{Ξj !      ///´> ヽ ∨ l:::::::::::/::
::::::::::::| | |┴┬ ‐く  ...::::::../  K´{Ξj  ! !ト!::::::::/::::
::::::::::::| | |l !  ...:::::::::::::::::::::::::::::... ∨  ̄ /〃/::::::/::::::
::::::::::::l      --‐===-弋'‐-_::::::.「「 ` く /::::/::::::
::::::::::::l                 `'=-.,   //::::::::::/   (何故当人同士で話がついてないのだ……)
:::::::::::::l                    /::::::::::::::::/
:::::::::::::l        __           /::::::::::::::::/
::::::::::::::|\     /´  _ `ヽ     /l:::::::::::::::::::/
:::::::::::::::!    、  ̄      ̄   <::::::l::::::::::::::::/
\::::::::::|      ー‐┬- <:::::::::::::::::::!::::::::::::/



                                          \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
                                          <                           >
   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人             <  いーやーよ!そこまで望んでないわ!  >
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ          <                           >
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |   (彼女……中々できるように見えたけど……)
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ

131 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:34:13 ID:???0

                                          \WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
                                         ≫                                    ≪
    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _    ≫ ちょっと!好き勝手言い過ぎじゃない!?           ≪
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、  ≫ そもそも貴方がやってくれって言い出したんでしょうが!  ≪
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___≫                                    ≪
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒/MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM\
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´  -__,,,..-c+| 〉 : ゝニン    |  |    (素人ね……水銀燈扱いの!)
         ヽ乂ヘー-r-c`       ヽ,,ノ |  ∨//     .|  |
          }  | `- '           |   {ノ´        |    |
          川 |ヘ             |  |       |    |
         //}  ! ヽ   rヽ_____ノ)   ノ }  !       |    |
          // j /_>r-'ー ヽ_-_' ∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
          ノ ,' / /'.::.:.:.:.|_, ̄  \(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |  ニマッ
       // / />ァー:| 、 /":.:.|=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
     〈≦__,/_/ーャ(:.:.:.:.`=!".:.:.:.:.:.:.:|:.:.:./-ー=二二〕\   |   |
     / ̄ ___..==':::\_:<}.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:《__∠⌒ー-、::::::::::::::ヽ .|   |



                                      \WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
      ,. ‐ Tヽー‐ 、                           ≫                            ≪
     /   ', \ 、 ,>-、                       ≫ 言ってません―!                ≪
    / .:.!  .:.:∧   〈(⌒゙}                           ≫ 隊に直接届けろなんて言ってませんー!   ≪
   i .:.:.:|  .:.:/  `\:{7r{薔}                          ≫                            ≪
   |.:.:.:.∨:/ _  __ヾン,ノ                      /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM\
   ヾ,:.:「゙7  _    __ |/   (慣れちゃダメなとこかしらー)
     ゞミく___ww  , w,厂ヽ
      ,.-k′_〕 ⊂つ ,ィ、
   /  ヽ、 ゙]` =´  ノ
  /       孑 |::ll::| 孑゙\
.  ヽ、  :/  チ レ'l」 チ  ハ
    ゙1  :/ \ ・ 〃 ノ /

132 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:34:50 ID:???0

  \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
 <                             >
 < 子供みたいな事言ってんじゃないわよ! >
 <                        \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y<                                >
                             < 作戦の方針にまで口出ししないで貰える? >
                             <                                >
                             /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
 <                                >
 < 方針ン?アンタが言ってるだけでしょが! >
 <                                >
 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


                                       /:/. : : :/: /. : : /. : : : : : :}/∧: : : : : :ヽ: : :ヽ : .
                                     /′: : /: /.: ://. : : : : : / }//∧ : : : : : : : : : : : :
                                    〃/. : : : : :/. :/ /. : : : : :, : :/    !: : : : : : }: : : :}: :}
                                    { {: : : : i :_i:_/__〃: : 、 /}: /    |i : : : : : : : : :ノ:/
                                       .: : : :| : :_zミ{: : : / ̄厂 ̄ ̄` }li : : //-ミ : :/ 
                                      ヽ: :八:.:¨f 竓: :/   ノ 乍云心_川 : /// } /
                                       )ヘ: :): :}乂圦(      乂弍ヅ/ノ //ヽ /(
         「えーととりあえずどうすればいいんだろう。     .}人:.爻   ノ        厶イ/ノ イ∧ヽ
                                          八 く         .u   イー彡ヘ( } ^ヽ
           ドズル中将に許可頂いて、                   { r/ ヽ、__        /  /   /
           3810小隊を編入した後……                  / /\ ) ̄`         /   /′
                                          /   ̄ ̄ 〕 ゝ--<    /   /
            この言い合いを収集して、それで――」        {    ̄ ̄¨〕   /7∧ /   /  /
                                           {    ̄ ̄_〕  / // /〉.   /   /

時間が無い中の事である。
藤岡が、少しでも健全であろうと、必要なタスクを挙げていき――

133 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:35:04 ID:???0

                                          /   ./    .     \
                                     , '.   . /. : :  /  . .    ヽ.
                                       /:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
                                   /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
                                   !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
                                    ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
                                    iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
                                    Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /
                                     ノ{゙ヽi .u    j、   "" /イヽ{
              .「……編成、やり直しですかね?」      ゝ.ハ     、..... __   .u / ノノ
                                      `iへ   ー‐ ´  ∠ニン
                                          i从i>     . イ从|
                                            从|  `¨´ ムi//
                                         /} > 、_ ∠ h
                                       __ノ { .イ:::::\ ! \



                __
              ィ::    `丶
_.. ー--〜ー一-ァ::´::::::::::.      ヽ           /
::::::::::::::::::::::::::::>:´:::::::::::::::::::::: ..     ‘.z、           ヴェッ……
::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::rミ、  ::::::::.     V:>、       \
::::::::::::::::/::::::::::::::::::::h;;>ミ 、       ヽ:::::::>'Z
::::::::: /::::::::::::::::::::::::::`ヽz::::::::`ーz、_      V:::::::::::::\,_
:::::/ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー::::¨´:::::::     V::::::::::::::::::::^`ゞ、
:イV::::::::::i::::::::::::r≠:: ,_:::::::::::::::::::::::::::      l:::::::::::::::::::::::::::::::乂_ ィ
::|::::>=ミ|、:::::::弋:::.... ¨ 〉::::::::::::::::::::      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::^::{
::|;:.《 ● |:.ト、::::::::`:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::     }!:::::::;ィi:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
::V八¨¨7:リ:,ィ:::::/:::::::::::::::::::::::::::::/|::::   /::/ア::/:.イ:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:.:.〉:.:.ア八:.:./イ{::::::::::::_::::::::::::::::::/:.|:::  /レ:.:/ヽ:.:./:.:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:/:::/:.:.:.:.:7Y/ー:.〃}:ト 、:::::::/::::|::::://:.:./:::::. |:/:.::.:|ィィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヘ
:/.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.{{ ,●  >/::::://:.:/:.:./:f^::ア}':.:.:.:/:./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


それがライトに、止めを刺した。

134 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:35:42 ID:???0


                                                    ____     ,
                                                  /      \   -
                                                / ─    ─ \  `
                                               /   (●)  (●)  \
                           「ああ、それなら丁度いい」       |      (__人__)     |
                                               \     `⌒´    ,/
                                               /     ー‐    \




                                          \ 人人人人人人人人人人人人人人 /
  /   |  {丶\ \ヽ.  }仔ニヾ| | |  l.   l  |   |     l       <                        >
  | |  |  | ヽヘ \__入\|/} 。ノ| | │ |  │ ∧   lヘ   |      <  何が丁度いいだぁぁぁっ!!   >
  | |  |  {\ハ{ヽ\ヽ7ソ|‐|-'  リ| ∧ |  │ | \ | ヘ.  |       <                        >
  | |  |  |从コニテ\へヽ}: j::.   l/ | ∧  ∧ l   リ! ヘ  l       /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  | |  ヘ {l ̄。ノ:: :: :: :::.`メ :::     !/ | /ヘ | l     ヘ │             \ 人人人人人人人人人人人人人人 /
  /l ',\ ヽ1ハ-{   -,             j /  ヘ,| |  l \ ヘ,!             <                        >
. / ',. iヽ\|   `ヽ    , ― 、           リl /  |   \|、            <  まだ何かあるのかぁぁぁっ!! >
.   ヽ| \ト、  iノ_ , ' ,. ― "\      i     /// ,'    | ヽ-、          <                        >
     | i \  Nヘr一:T::::゜!::::::::::ヽ    ∪   〃/ / !   イ\}7:\        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
    { ∧ .|\ヽ \:::::: {:::::::ヽ:::゜::::::ヽ     ,。,  j/{ │ | /l   |:::::::::ヽ    \ 人人人人人人人人人人人人人人 /
    |/ \{  \\\::|l::。:::::ソ,―ヘリノ ::     /八. | 小刈  l:::::::::     <                         >
        j\  丶 \ム:/} ゚  ノノ  ::    // イⅣ リ/    /::::::::::     <  とっくにお腹いっぱいだぁぁ!! >
          リⅥ \ ゝ二二二'"´   ::  /   /ハ  /    /:::::::::::::     <                         >
             ヘ7 `ー― "     /     /   /    /:::::::::::::::     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
             /ヽ,二二    /         /    /:::::::::::::::

135 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:36:13 ID:EOTgBJAM0
ライト君、不幸!!

136 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:36:21 ID:???0

背後から掛けられたやる夫の声に、鞭打たれちゃ堪らないと、死体同然のライトが飛び起きやる夫に詰めかける。
それをどう、どう、と手で制すと、やる夫は困ったような顔でライトに語りかけた。


                                                   ____
                                                 /      \
                                                / ─    ─ \
                   「気持ちはわかるが落ち着け。            ./ .u (●)  (●)  \
                  流石に水銀燈程の無茶は言えないお。      |      (__人__)   u. |
                                               \    ` ⌒´    ,/
                  皆に良い事だと思うから、聞いてくれ」      ./⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                              /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                             /    / r─--⊃、  |
                                             | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



やる夫の落ち着いた――というより、いつもの感情篭もらぬ声色に、少しだけ落ち着きを取り戻し、
ライトはやる夫に向き直る。


                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ     「お手柔らかに頼むぞ!
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、    絶対だ!絶対だからな!」
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l


いや、落ち着きは、取り戻していないのかもしれない。
今にも取っ組み合いが始まりそうな女2人の喧嘩から、顔を背けたいだけかもしれなかった。

137 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:36:30 ID:1nl292nU0
月がここまで振り回されるスレも珍しいわ

138 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:36:43 ID:???0

                                                     ____
                                                   /     \
                                                  /  ─     \
               「えっとな。                              ' (●)       \
                    水銀燈、死傷者ゼロにしたいって言ってたお?   (l、__)          |
                                                   ⌒´         /
                    やる夫達なりに、そのやり方考えてみたんだ」     .`l          \
                                                   l           \

ーr---- 、
:.:.}:.ハ:.:.:.:.:.:.:> 、
:.//:.:l:.:.:.:.:.∧:.:.:.\
//:.:.:|:.:.:.:./:.:.}:.i:.:.:/:ヽ
/:.:.:/}:.:.:/:.:.:リ:.:}:./:.:.:.∧
:.:.:/:リ:.:/:.:.:/:.://:.:.:.:/:.:.l
:./:.:.:/:.:./:.:./!:.:.:.:./:.:.:.:!
´:/:.:.:.:/:.:.:/ }:.:.:.:A:.:.:.:.}
:.:./:.:.:.:.∠¨”!:.:.:/示:.:.:ハ
イ:.:.:.:/ 5:).〉|/〈こ|:./
ィテ/ ¨==/   \!'
/イ:.| u     _ ノ       「……嫌な予感しかしない!!
|:∧|         ′       嫌な予感しかしなぁぁぁいっ!!」
|′      ,仁_ア′
ゝ.      〈こコ ′
  >     = }
     _> --く
、 . イ  {     .}
. Y }! , 、!    /
 〉.ノ! /   イ

                                                       / ̄ ̄\
                                                   /  ヽ、_  \
                   「だから落ち着けよライトちん。               .(●)(● )   |
                                                  (__人__)     |
                   誰にも迷惑は掛けないし、                    (`⌒ ´      |
                   現実的な策を用意したつもりだからよー」       {           |
                                                    {       /
                                                   ヽ      く
                                            ⊂てヽ   /        ヽ
                                          {三_ ィ `´  /|     ィ  |
                                                .\__/   |      |  |

139 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:37:08 ID:???0

           . -===zミ.
         /:.イ7/:.:.:.:/||:.:>、
        イ,//:.:|:.:.:./:.リ:./:.:.ハ
       ,:.〈:.|/:.:.:.:.:.レ:.:〃:.八/:.:∧
       l:.:.斗-:.7彡:.:/:./:./:. |:./:.:.|
       |:.:/:|:.:.ム/|イ:./レム:イ/:./:.|
       Ⅵ:.:|ム叉〉|/: ム叉7!:./:.:リ    「現実的ってお前らな……」
        |匕{:|  u ..:i    jイハ/
         |入ハ u   ..:   u. ,Ⅳ
         }:l:ヽ. 「  ̄〉 ./イ
        , =-:| \`¨¨´./ |L
       / 厂l }  `¨¨´  .{  \
    _. イ   .ハ リ       \!   丶
イΖ´     /ム、        ム  ___二
  z=彡 ̄  〈`ヽ ミx、__ ィ彡/|___===
} }\|     、::::::\ミ===彡z=  ̄ _ =--\


                                                       ____
                    「呆れた顔は解るが聞いてくれって。                /     \
                                              .    /       \
                  ウチの小隊。                     .  / /) ノ '  ヽ、 \
                  幸い今迄死傷者出ていない訳だが……      | / .イ '=・=  =・= u|
                                                  /,'才.ミ) (__人__) /
                  他の小隊と比較して、                 .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                  何が良かったかというのを考えてみたんだ」   ./\ ヽ          ヽ



            -- ミ 、
          ':.:.:.爪:.:.:.:‘.
          /:./:.:/:/:.:.i:.ハ   「今更何言ってるんだ?
        ':.:.':.:.メイ:.刈:.:i:.l     そりゃお前らがいたからだろ」
        l:.:i:.:':.:.:./.ィ}:.リ:.l
       ,.Ⅵ:}:_:斗ruァイ:.:爪、
    r‐''":::::::::::::::::.   u八{ .l ` .,_
     l' ::::::::::::::{ヽ:::::= イ .l l    `丶
    ‘.ヽ  :::::l ノス¨´K  l /       \
      } ‘. r'  .l^-Y≠/`イ \  .i     ‘.
    { 、l‘.  l  L_/  l   '  l /      、
      } 圦.‘.  l  l .l    l  .'   {'
     l  }‘. l .l l    l '   |

                                                    ____
                                                  /     \
                    「まあ、そうだな。                       /  ─     \
                                                  ' (●)       \
                   要するに急場では、練度が高く、            (l、__)          |
                   難しい局面を打開できる奴がいてくれると      ⌒´         /
                                                 `l          \
                   随分助かるんじゃなかろうか」             l           \

140 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:38:11 ID:NU/G9yDM0
(月…生きろ…!)

141 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:38:31 ID:???0

              / ./ . : .   :ヽ. \ \
                , '  . /:   . : : . : . : :|ハ . ヽ: :ヽ
            /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
.          //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
              i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
          i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
          _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ     「どんな仕事にでも言えそうですねえ」
.         f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}
.         |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′
.         |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ
           l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
      __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
     _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{       _,......
    厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ ´ ̄レ'´
    |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二}  |
.     } >ゝ-'¨´/   /|      // | l l      |  /

                                                       ____
                                                     /      \
                        「だお?だから雇ってみたんだ。         ./ ─    ─ \
                              歴戦の傭兵とかエージェントとか。   ./   (●)  (●)  \
                                             .   |      (__人__)     |
                        1部隊に2人程付けようと思って」     \     `⌒´    ,/
                                                 /     ー‐    \


          /..:.:./ /.:/.: :| .:.:.: \ \
.          / .:.:/ /:/ / .: ∧ .:.:. '.:'.\ :.
         / .: / : /.:.:/ / .: / :∧ .:.: l:.'.:.:.'..:.
.      .' .: / : /.:.:/ / .: / :// :\.:| .:l.:.:.'..:.
.       l.:. .' : /.:.:/ / :///.:.:.:./:/ /| :.:.:l |
.       |.:.:l:.:/.:. .' /イ∠.イ .: /:/イ/| :.:.:l |
.       |.:.:|.:| :.: |∧ 旬 ∨//.:/旬 ノ| :.:.:l |
.       |.:.:|∧ :. l   ̄ / /イ  ̄ | :.://   「…………は?」
.       |∧\\|       |     ノ イ/
.         |.:l l |.:|. .u    `    /:/|
.         |.:l l |.:|:::.   ∠二7  /:∧|
.         |//∧l  \.        イ:/
         ………‐-ミ `  .,_,. イ/ノ′
        /          `  . //
      / ̄ ̄``丶、    \

142 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:38:43 ID:???0

                                                     ___
                                                  /)/ノ ' ヽ、\
                              「じゃあ紹介するお。           / .イ '(●)  .(●)\
                                              .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                           おーい、みんな来てくれー」     | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                              . \ ヽ           /



                <https://www.youtube.com/watch?v=Jxm5ZkIH2jE&gt;


                                                       , ──.、
                                                     / _ノ ヽ\
                                                     |  -■-■ |
                                                        |   (__人_) |
                                                      !    ⌒ /
                「えー。それでは、本日のゲストの皆さんの入場です」       ヽ    ノ
                                                      ,人 l⌒l、
                                                    / \,ゝヽr' \
                                                   /      |:|   ヽ
                                                    l   l   /´匀  l  !
                                                    |___l  ノ ,イ   !__,}
                                                    {  '´ /    l {
                                                     ヽ__,/     | l
                                                     |         | l

143 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:38:53 ID:gPlhYsao0
またスペシャルゲストの参戦か?w

144 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:39:09 ID:???0

             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              | まずは範馬勇次郎……  |
     |┃     \__________/
     |┃                                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |┃三                f⌒ミ`ニキ'"三三ミミヽヽ`il))メナ彡ナシノ|  素手でミノタウロスを屠れる勇者だお  |
     |┃三               ー=、 ゙ゝ'彡≫三≡ミ゙i`i l l lノ,r'リノッシノ彡ノ\________________/
 ガラッ. |┃                ´~ゝ-ゝ<リ彡ノノ三ミミミfi l lゝi ノノノノニ彡三彡彡jノヨ'ノ巛ミ>'"二ヽ
     |┃                ^`ー三くj〃彡三≡ヾ.ゝt t )l ン"´ ゙ヽ、iミ彡ノシ人ミ三彡ニ=-
     |┃三                、,:r''7ヘ又彡シ,r/'"~`゙゙゙`'二ニ:;、_,,.,.,  `゙゙ヾミミ三彡ブ>∈ニ
     |┃                ,'ニキ王彡彡彡;,fノ -=,=< l /,∠(_,.,.,、  ゙iミ彡彡三ノ∠ニ_
     |┃              、_,r=''7ヽ≡彡三彡'" '''"~,r''') `' ゙i  f‐-:,ニィ=、ヽ トミミミ三≫にニニ、ヽ
     |┃三           =〃ーヽヽfrミ三f'f ,,r;;ニ彡'´ `ヽ,  ノ  ノ.'・'´ ̄  i,ミ三ヽフ<7、,.r--=、
     |┃三           `ー=''"~`ヾミ》彡/'イ (:ノZニr・ゞ   i f   `"_,,二ニヽ┤ミミY人ノリへ,,.=、
     |┃                 ,,ノ-r'彡〃:┤ ,,..,.  ̄",:' ,r j t`ヽ,、_,ニニヽ`t三彡彡メ>ノ、_`''"´  「チース!よろしくぅー!」
     |┃               ,r''>=‐ナ〃フノノ:゙i'',r'',.=‐,'".ノ(_rゝ_ノ'" ,.,..,.、_´~)  l ) )ミミ彡==、、
     |┃             `~ f 、__,>ヲr7ノF彡 i ( r=''" _,.,.,.,.,.,.,.:ィ",.,-、=、,フ   イ ノミヘ三≡,.,、 ゙ヽ
     |┃              ゞ、_彡ナ7ノシノfr(ゝ、tヽ /,r‐―一 '"_,.,.,、ノノ^iフ′ l`ヾミr十=、``ヽ、)
     |┃三               '"~フフr/ノミヽソ l'  ゙i〈〈(ヽノ'ー''"^´   ~`ヲ^i ,ノ :,ヾ''ー--==:、
     |┃                  ニf‐ナ''チ,r=ゝノ、  ゙い''^',,.ィrー'='ーメ/ ,' ,/′':,  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
     |┃                 ( ,r''サ;;;;;;;;;;;,ィ 、.゙ヽ、゙tヾ、ー=''"゙゙~´,ノ ,' /   :  ノ,ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\,,_
     |┃三               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/人 ':, `ヽ、 `゙゙゙゙´~´ ̄    /   ,:' /   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙゙`'''ヽ、,,
     |┃               ,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t ''"゙t  ゙;, `ヽ.        /  ,:'  /` /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     |┃          ,.:ィ'''"~´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝノ\ ゙ヽ  ヽ、    _ノ  ,'   '^,,.ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     |┃三      ,:r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノヽ、、、  ヾ `''''''"´/  ,' ,.:ィ ''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     |┃三    . /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、    ヽ   /   r''"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                          \ 人人人人人人人人人人人人人人人人 /
                         <                         >
                         <  ちょっと待てぇぇぇぇぇぇっ!!!!  >
                         <                         >
                         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

145 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:39:11 ID:5L.cm5Ig0
傭兵雇っちゃったwwwww

146 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:39:15 ID:br5LplRM0
Mステかよぉ!

147 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:39:21 ID:NU/G9yDM0
おいwwwwwwww

148 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:39:33 ID:1nl292nU0
初っ端から切り札じゃねーかwww

149 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:39:35 ID:gPlhYsao0
またしょっぱなから凄い人きたーwwww

150 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:39:37 ID:???0


           ヾ、_      k k
           _ヽヽ、__   l:lll:l         ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         __二>: : : : :`ヽ.l: ll:l         |  壁から光学迷彩使って出てきたのはストライダー飛竜  .|
      -=ニ: : : : : : : : : : : : : : :ヽl: l /       \_______________________/
         `ヽ: : : : : : : : : : : : : : : l/l
-、       /: : : : : l: : : : :ト、: : l: : : :{
  \     /: /: : : : l: : :l: : l ヽ: l: : i: :ミ、
 ̄ヽ ヽ__/ィ/: : : : :イ:lヽ: :ト、l ,ヘ',: :l: : ト、ヽ   「……」
   ヽヽ¨/: : i: : : イ= 、 `ヾ=l!ィ゙tァl: :l: :l:l ヾ                     ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
、    >': : : : j: : : :l r'ヒマ/リヽ、__l: l: lfリ  `                       |  ――……忍者だお   |
.ヽ  ∠___ノノ: :_:l、 /   !`ヽ. リリノ                        \_________/
  ',     /: : : :〈 ヾ〈        l l
  ヽ   /_;:-=、: :ゝ-iヽ       l ヽ
   ヽ  ̄ ヾf _Y´`ヽヽ、  i  // ̄フ
_,.-─ヽ    {  `ヽ  ゝ、`ヽ=' /-''" i゙
     `ヽ、   r'"⌒    ニ二二ン=ヽ           \ 人人人人人人人人人人人人人人人 /
        >──- 、ヽ、  、  ヽ、  l 〉-、         <                          >
    __/ニニミヽ、 `ヽ、ヽ、`ヽ、 `ゞ゙ノ iヽ、ヽ、       <  紹介になってねーかんなそれっ! >
   /: : : : :_:_: : : :`ヽ、ヽ、/>、`ヽ、     l!: : ヽ、ヽ、     <                         >
  l: : / ̄   ヽ: : :ヽ `ヽ=彡´`ヽ ヽ、   l!: : : : :>、_フ     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  リ       ヽ: : : ', l=彳l: : : : : `ー-‐ァ‐': : : : :lイll l
  /         ',ヽ: ::l:l  l: : : : : : : : :/: : ___: : ,r'イj l
∨          i: :i: :l:l  j: : : : : : : :/  j     l:l j
ヽ、         }: l: :リ  /: : : : : :/: :/`ゝ1 l´l j l

151 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:39:56 ID:5L.cm5Ig0
勝った!勝ったぞこれ!!wwwww

152 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:39:59 ID:???0

            \         /   /  / /:::::::::::::::::::::::::::::\
  花  い  . 一  ヽ      / __,__,ノ)一')ノ}/'7ニ〉:::::::::\::\:\       ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  で   く   騎   |   //{レ{::(:::::(::{::::´::::'⌒ー‐く::::::\:::::\::\:\     | 続いては前田慶次……  |
  は  . さ  .駆   |.  j:{(:\:ヽ::::/:/::/:/:::彡三{\:::::\:::::\::\:\    \__________/
  な  . 場  . け   l.  (トNミ:::::}::}:〈::::::n:::rf:::::::::彡三〉 ヽ::::::\:::::\::\:
  い  . の  . こ     ミ三/::/{::i::几::jハノ L;:::::彡ニ人__ }::\::::::\:::::\::
  か       . そ   /   {ト{::::{::ハ{:j斗rャ一 \:::::fミ、::{ |:|  }::::::::::\:::::::     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ね        /:  .' 乂_r=ミ ヾrtァラ'     |:;ノ__}|:::} l:! ノ::::/ ̄ ̄      | 中型幻獣100体撃破            |
 \_____/)  ) /   ,ゞrtッ|        |K_,ノj;入 ___/;. ;. ;. ;. ;.      | 黄金剣突撃徽章持ちのスカウト―― .|
          (__  リ人.     ∨__, ァ        j   \. / / ;. ;. ;. ;. ;. ;.      \_______________/
            (_ _ノ⌒ヽ     , 一'    /     /_,ノ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;.
    ‐ュ,___        乂__彡'⌒ー= ∧ ー     /   / / /;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;   
    / V }互互互{}二ニ==こ}.   / ∧    /   /  / / ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;   
.   / 人_|__              ,′i/ ー< ヽ ,ノ  / /;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  \     \         __|/;. ;. ;. ;/|__\/ / / ;.(}※{) ;. ;. ;. ;. ;.       | と、言うより傾奇者って方がわかり易いかお? |
.     \    ‘,       /;. ;. ;. ;. ;. ; { \ ̄ ̄/ /┌ロ┘ ;. ;. ;. ;. ;. ;.       \___________________/
.     \___i      /;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;.\   ̄┌ロコココ┘;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;
.... \___\}}__)     / ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;.(}※{)ココココ┘;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;
   〔__{__}___匚___{     / ̄\;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;.
   } | | | |l j   /;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;
.    | | | |/l  ./;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ; |. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;    \ 人人人人人人人人人人人人人 /
.     | | | |  | /;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;/ ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ト、;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;    .<                     >
....   | | | |l  |/;. ;. ;. ;. ;._;_| ;. ;. ;.| ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;| \ ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;    .<  全然わかり易くねーよっ!   >
    | | | |   |;/ ̄/ ̄/ |;._;_/\;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;.|   \_;._;._;. ;. ;. ;. ;.    <                     >
    | | | |  |ミ/Уミミミミミミミミ|   / ̄ ̄\__/\__      ̄ ̄ ̄    /⌒Y⌒Y⌒Y\ 人人人人人人人人人人人 /
    | | | |  ∨Уミミミミミミミミミl   /     / ト、       ̄ ̄ ̄ ̄l\            .<                     >
     | | | |l   |/ミミミミミミミミミミミ∨ /    /    ̄¨¨¨ =ー------ 、                .<  傾奇者って何だよっ!! >
     | | | |l   |\ミミミミミミミミミミミV   /  |            l                 <                     >
     | | ││  /|  \__//∨ /    ./!=ー―---------‐一ト、              /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

153 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:40:11 ID:vYCrAN3s0
片っ端から「ヒーロー」纏めて登場させる気か!?

154 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:40:14 ID:EOTgBJAM0
こいつがいて人類負けてたのかよwwwww

155 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:40:15 ID:???0

.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|    「フッ……中々面白いことを言われる。
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|     傾奇者とはなんぞや、か……」
..    ゙'; 八       \    `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。     、` ー--  ,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';        ミ=-- /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|






    _                  / ̄ ̄≧::::::=ミ         __
      )           /   / /⌒ソ:;ノ⌒ヽ.   く\(O)
     '⌒ヽ           _,_,rJし(__,_j/)::::::::::ト、  n 「( 「|
       リ             人{:(:l/:::::::::::彡ァく::::::::::::{ \U__)_)」
        ({.           ミ::::::/::}ヽ:ヽ:}:::::::::彡:::::::::ハ    ̄__几_n
. (  乂 ノ厂i⌒⌒ヽ.    ミ;ハ{::{从jL:jハ:::::::彡:::::::::∧    ‘7/7U
  ゙ー'⌒八( (`  )⌒ヽ.  ヾrtr} rtァく Yノハ::f∨::::::∧   〈/_〈/
.     (__ ヽ   '⌒ヽ 人_∧ 〈      r‐リ::i V::::\:\  ((
.     人    )    '⌒ ⌒ニ=ーf二ヽ   厂/「\ヽ::::::::\  ))
  {匚{__,ィつ--,  (_,    廴,ノ ,イ /_,ノ/ / ̄ ̄ ̄  ((
  └‐┴─ { |´ 「 ̄)‐,__,人___j,人_/  // //___      日
       |__|__ノ___| k| {{ i  ∧ | i  //二二二||      ロ
       \[「 ̄\ Y^ヽlL∧ \ ノ//f人il人Y ||
.          \____}L|===r∧ ヽ_/ニ { {⊂O⊃リ||
.         〈ノ〈ノ〈ノ |_人} |ニ/ニ=ニ人乂∪,ノノ||  //
          〈ノ〈ノ〈ノ/|_Уj l/=ニ=ニ={  `了「⌒ ||  //
         〈ノ〈ノ〈ノ/ |ニィニ|三ニ=ニ三| 人ノ,人ノ ||  /
.        人ノ〈ノく/ l |{レ⌒|ニ三ニ=/|'⌒Y⌒Y´ || l|
       〈ノ〈ノ〈ノ / ,} ||___,小、___/ │=ミレ'⌒ヽ|| l|
        ノ〈ノ〈ノ〈ノ,/ l│_厂|_(○__/∨`j__,ノ⌒||\{

156 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:40:26 ID:???0


        Vト、::::::::::::::::::::::::::::\_::::::::::::)::::}::::::}:|:::::j:}レ::ハ
.          入::::::/{::::::::{::::::`¨/:::::::__::::::::::::::::::::ノ:j/::::::/:::jヽ
       f´::::{:ヽ:::::\::::\/:::::/:::::::::: ̄::__::`:く:::_:_;ノ::::/::::|
        人::::::\:::\:::\:/:::://::::::::::::::/:::::::::::::}:ト、::::彡':::ノ) /⌒´ ̄ ̄`ヽ
      {::::::ヽ::::::::{ヽ:::\::{:::/ /::::::::::;ィ::::::::::::::/:::::::l::::i::::::/:/  {   わ 手  |
..     人:::::::\::::ヽ::::::::,イ{:{  |:::l::/:/ |:::::::::;:イ::::j::::l::|:|:::::彡i'  │  か 前  |
      {ミ,ィ_lヽ:`:::::::/ ∨_|___|/  !:::::/ /:::/|:::::/:j:::::::ノ  │  .り に   .|
       乂// j:::::::::/ ,ィf{レ===ニ二\ |:::/ /::://::::/:/:::イ.    │  ま .も   .|
      ミ// /|::::::/ l       --- `ヾノ八 |/厶--<!::;ノ.     !   せ     |
.   '⌒ヽ 〈 { ( l::::/ J    ィf三圭ト、     /'"⌒ヾ三}::}.      |  ぬ     |
     Vハ\_ヽ{             i l==zミ, ソノ        |         |
       i:::∧__| i         /  |   ` /〈       乂____,ノ
  `゙ヽ `V /   |              ノ |   / jレイ
       i/    |            に、_}  /  /イ
      ヽ    '。      「  、 ヽ_,ノ  /  ノノレ
         }ト、    ,       \__ア  '  /  ルイ           \ 人人人人人人人人人人人人人人人人 /
         リ ∧        ヽ___,.   ′   -‐=  ノ            <                           >
        〈 ハ.   ' ,         /      イjレ三ニ=-  __    .<  二度と口を開くなっ!絶対だっ!! >
          j  ∧    \         /{__彡' '"´  ´j        三ニ=-<                           >
         ∨{_∧    ` ー---イ V´  '"´/ ,ノ}三ニ=-  __     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
      ヾ    { ‘,     / / j  {_,ノ ノ   ,ノ         三ニ=-  __   _|'"´
       ヾ  ∧  \    / / /  「__     " ノ三ニ=-  __         ̄}'"´
.        ヾ  ∧   \  ' / /   (  _,. '"   '}        三ニ=-  __  ノ'"´

157 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:40:31 ID:NU/G9yDM0
ねえ…なんで人類って追い詰められてたの…?

158 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:40:32 ID:1nl292nU0
これやる夫の昔のツテかな
ヨーロッパに居た頃の

159 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:40:38 ID:gPlhYsao0
アイェェェェエッェェェエェエ!?
ニンジャ!?ニンジャナンデ!?!?

160 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:41:03 ID:???0

                                                     ./ ̄ ̄\
                                                    /  ヽ、_  \
                                                 (●)(● )    |
                      「煩ぇなあ……                  (__人__)   .u |
                                                 .(,`⌒ ´     |
                       使えるスカウト小隊にぶち込むのの     {         |
                       何が問題なんだぁ?                    {        /
                                                  ヽ     /
                       やる夫程とは言わないが、            ,, -‐)__, /⌒i
                         .俺が増えたようなもんだぞ?」        /;─ー´ミ ./ l
                                               .(_ンー‐-.ノ´ |
                                                  l      |


::::::/:::/:::::::/:::/:/:::::::/::::::ヽ::`ヽ
::://::/::/:::/:::::/:::::::/::ヽ:::::::ヘ:::::ヽ
//::/::/:/::/:::::/:::::::/::::ヽ::\::::ヘ:::::ヘ
|/:::::/:/::/:://:::::/:|ヽ::::|:/::|ヽl::ヘ:::::l
::::/リ/:/::/://::::::ソ/ノ-、ヽ///|/::リ',|::',:l
::ノ| /::/:/:::/l:://,-‐tチ-、l:冫ヽ|/',|ヘ::',l
:::::::/,l/|/| // ./ノ   乂ノ |i リ::l://ヽ|ヽ:',    「……む
::::/i'ハ弋リ/,,  /'ヾ`ー‐' u/ノ|///|/::リ',|::',
./l' `ー‐'';;l       / 'ソ|/ ハ|ノ::::ヽ|ヘ     それは ――……」
::トヘ     、  ,_         / ハ|/ヽ:::::ト、
ヘ|::ヾ     ヽ       u //|/ヘ ヽト
 ヘ|: ヽ    r――、    /ノ  |/ヾ|\
     \  ヾ===='    イ  /    \
       >  ゙゙゙   // /      _=-'`\
           `ー ', . //     /       ヽ
          ヘ|ヾ>'´   , -‐'´          ハ
           ,r' __=-‐',r´ ̄ ̄ ̄`ヽ     ∧


ぞろぞろと現れた、一目で猛者とわかる男達に、すっかりライトの混乱も頂点を極めたが、
呆れたようなやらない夫の口ぶりに我を取り戻し、少し頭を巡らせてみると――

161 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:41:24 ID:???0

       /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
       /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
..    /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
....   j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
.      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
       !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/     「問題……無いな」
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


これが、とても即物的で、有効な補強である事をライトも理解した。


                                                    ____
                                                  /⌒  ー、\
                                                /( ●)  (●)\   ヘラッ
                                               /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                        「だお?」   |     |r┬-/ '    |
                                               \      `ー'´     /

162 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:41:47 ID:???0

         /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|   「……ちょっと来い、やる夫」
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                    | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ



                                                    / ̄ ̄ ̄\
                                                  / _, 、_ \  
                                                 /  (●)  (●)  \ 
                                       「ん?なんだ?」   |    (__人__)    |
                                                 \    ` ⌒´    /
                                                 /     ー‐    \

163 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:42:12 ID:gPlhYsao0
>>154>>158
幻獣側にゼットンとか掲載雑誌を終わらせる超能力者とかいたんだろ

164 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:42:15 ID:vYCrAN3s0
ぶん殴るのかな?

165 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:42:28 ID:???0

やる夫を呼び寄せたライトが、呆れきった瞳をやる夫に向ける。


:::::::::::::::;::::/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::ィ:::::::i::::|
::::::::::: /::/::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/::::/:::::::::;:::::::::: / |:::::::|:: |
::::::::::/::/:::::::::::::/:::::::_;:斗:::/::::/:::::::::/:::::::/::/::.}:::::: !:::|
::::::::':::/:::::::-_;:斗::≦: /:::/::::/::::::::://::::/イ::/:: /::::::::} 7
:::::::l:::i:::::/--=≦::::://_;::イ::::t_ツ¬/:::::/:;::/:: /::::::::://
:::::::|::l/〈:f´ レ::::::/  ̄      ̄:厶イ/::〈:: /:::::://
:::::::l:ム\`  {/               ∠ィ'´ ∨: イ::::/
:::;:  ̄` ー─へ、                    ‘, .厶イ
:'          丶 _                   ‘,
              ヽ         __   ノ
                  \         r  ´     「……幾ら掛かった」
\              Y  r‐- 、_ ノ
  \ .r .,__,. ィ; ┬-  /    ̄  ノ
  .∧_,./. /  / .ト、'  ./     / \
    ∧:{ :′ /  У , '.,_      {   ‘ ,
   ./ { / 、 { イ  | >-- '      ‘ ,
 /:|      \__/   |         i ‘,
/::/      , --v'⌒i |          !  `ヘ
::´ ‘,     ./!::::::::::::/ l !           |    ‘,


                                                    _____ ,-=ヘ    ボリボリ
                                                  /       ⊂二 >  ))
                                                 /        ⊂ ソ |
                                                 l            | /
                                 「……1日で、4億」     (         U    |
                                                   \       〃_/
                                                   >'⌒ ̄ ̄、,\
                                                  /         \
                                                  /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ

痛い所を突かれたやる夫が、ボリボリと手で頭を掻いた。

166 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:42:44 ID:???0

:.:.:./:.:.l:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Λ:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:. i、'.
:.:/:.:.:.:l:. l:.:.:.:.:.:/:.:./  }\:/}:.:.:/:.:.:./:.| `}
/:.:.:.:.:.l:.:.l:.:.:.:./:.:.厶-―:.:/ }:./爪.イ:.:リ
:.:.:.:.:.:.:',:.:.l:.:./:.:./斗- `}/ }/ `'</
、:.:.:.:.:.:.:.、:l:/:∠ー' ノ /         ` ,
:.:\:.:.:.:.:.メイ ̄ ̄          /
:.:.:.:.:\:.:.:.{\           - /.l     「僕からの報酬と同額か。
:.:.:.:.:.:.:'.\{              l
:.:\:.:.:.:'. \          _ イ l      儲けなしじゃないか傭兵。
〕ト、:.\:.:'.           ∠ ノ, l      何時からボランティアが趣味になったんだ?」
  \'.\'.             ´  l
、__`'. \             l
:.:.:.'、   -  .. _           ノ
:.:.:.:.:'、         ̄  厂 ̄´
:.:、:.:.:.'、               l
、{ ` .,\          l、
    `¨`         l. \


                                                     ____
                                                   /      \
                                                  /  _ノ  ヽ__\
                                「馬鹿言えって。          /    (─)  (─ \
                                                |       (__人__)  │
                              やる夫たちはプロだお。    /      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
                              無償で働く訳がない」     .(  \ / _ノ´.|  |  □
                                                .\  "  /   |   二⌒)
                                                  \ /

167 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:42:54 ID:br5LplRM0
四億ジンバブエドルかな?

168 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:42:56 ID:???0

                                                      ____
                                                    /⌒  ー、\
                        「やる夫達の口座には……               /( ●)  (●)\   ヘラッ
                                                 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                    月30万、水銀燈からの振り込みがある」      |     |r┬-/ '    |
                                                 \      `ー'´     /




./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/       「ほう。それはそれは。
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ            十分な額面と言えるかもしれないが、
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl        仕事に見合った金額では無いのでは?」
    ::∥ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /

169 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:43:17 ID:EOTgBJAM0
一人頭1億か、それとも1人頭4億か

170 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:43:24 ID:???0

                                                     ____
                                                   /     \
                                                  / _ノ  ヽ__  \
                   「それはそんな気もするが……            / (● ) (● )  \
                                                |   (__人__)  u   |
                    夢見てる奴が食えるなら、                \   ` ⌒´     /
                    ……それで、十分なんじゃなかろうか?」     /  (__`ヽ、   u \
                                                 \|  `\ \___ノ  |
                                                  |    \___/ |
                                                  |           {



                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/   「不安そうに言うなよロックンローラー。
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/ 
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/      そういうセリフは堂々と言うもんだし、
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/       もっと肩肘張って、カッコつけて言うもんだ」
             iN \.  ` ニ′/}'
              丨   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

171 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:43:36 ID:???0


.              //:///:/ : l: :!/ :/ :
            /〃/ /: // ': : : : :!: |/: : :
        //:/: j :/: // : : : /:|: |: : :l: :
       //:///!: : l/ : :/: : /l: :! : /: :
       イ/ 〃V :|: :/l!// :イ Λ:|: /: : :
        l ノ{l f:〉 : :/ //://:/!: l:l / : : :
       / ´~! :/!/ :/,-/:/ l: :';/ : : : :
   ,   ´    .|/  .l!イ =-/く. '; / : : : : :
.   {           /l! ' 、  l! ヽ V: : : /: :
   〉、 、            \l!心 V : : :/: : :
.  /. ヽ`              `¨~7 : : :ハ: : :     「4億よりも価値のある30万だ――でいいし、
  {                     / : : /! l:l'、 :
. ノ`                  /: :/!リ :リ: :',:      ロックだろ?の一言で終わらせてもいい。
{  {ヽ               //  /: /: /: :
Λ \\_           /    //: /: / :,     幾らでも言いようがあるじゃないか」
. '     ̄`'              ' /:/: / :/:
                      /:厶イ: /: :
                            l ,': : :
、_                  _,.   }' :|: :/
 ` ー-、.....__        -‐=≦.     レ'!:/
.     ヽ                      }': :
.       ',                 /_:_:_
.         }               ´/二
        ',                  /二二
                                                     ____
                                                   /      \
                                                  /_、 ,,/"  \
                                                / (●) ゙(●) U \
                                                |    (__人__)      |
                                        「…………」    \   ⊂ ヽ∩     <
                                                  |  |  '、_ \ /  )
                                                  |  |__\  “  /
                                                  \ ___\_

172 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:44:05 ID:???0

          /..:.:./ /.:/.: :| .:.:.: \ \
.          / .:.:/ /:/ / .: ∧ .:.:. '.:'.\ :.
         / .: / : /.:.:/ / .: / :∧ .:.: l:.'.:.:.'..:.
.      .' .: / : /.:.:/ / .: / :// :\.:| .:l.:.:.'..:.
.       l.:. .' : /.:.:/ / :///.:.:.:./:/ /| :.:.:l |
.       |.:.:l:.:/.:. .' /イ∠.イ .: /:/イ/| :.:.:l |
.       |.:.:|.:| :.: |∧ 旬 ∨//.:/旬 ノ| :.:.:l |
.       |.:.:|∧ :. l   ̄ / /イ  ̄ | :.://
.       |∧\\|       |     ノ イ/    「なんだその顔は」
.         |.:l l |.:|. .u    `    /:/|
.         |.:l l |.:|:::.   ∠二7  /:∧|
.         |//∧l  \.        イ:/
         ………‐-ミ `  .,_,. イ/ノ′
        /          `  . //
      / ̄ ̄``丶、    \
                                                        ____
                                                      /     \
                                               .    /       \
                   「いや……                          / /) ノ '  ヽ、 \
                    素直に参考にさせて貰おうと思ったんだお。    .| / .イ '=・=  =・= u|
                                                   /,'才.ミ) (__人__) /
                    サマになりすぎているぞお前さん」           | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                /\ ヽ          ヽ


    \\_          _//
   \/ヽヽ   / ̄ ̄\   // \/
   /\    ./ _ノ  ヽ、_ \   /\
           | ((●)(●)) |
           |::⌒(__人__)⌒│
         |   |r┬-|   |   「おやおやー?夜神さん。
            |   .| . l . |   |
            ヽ.  `ー'´  /    もしかして、ロックのご経験がぁ!?」
          ヽ      /
          >     <
          |      |
           |      |

173 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:44:18 ID:???0

            -- ミ 、
          ':.:.:.爪:.:.:.:‘.
          /:./:.:/:/:.:.i:.ハ
        ':.:.':.:.メイ:.刈:.:i:.l     「馬鹿を言え。あるかそんなもん。
        l:.:i:.:':.:.:./.ィ}:.リ:.l
       ,.Ⅵ:}:_:斗ruァイ:.:爪、    お前らじゃあるまいし!だけど――」
    r‐''":::::::::::::::::.   u八{ .l ` .,_
     l' ::::::::::::::{ヽ:::::= イ .l l    `丶
    ‘.ヽ  :::::l ノス¨´K  l /       \
      } ‘. r'  .l^-Y≠/`イ \  .i     ‘.
    { 、l‘.  l  L_/  l   '  l /      、
      } 圦.‘.  l  l .l    l  .'   {'
     l  }‘. l .l l    l '   |
      l  } ‘. | l .l   l.'    {` .,
    r'、_{  ‘.l l  l    l     }  ` .,
    }   }  | l  l    l _    l     `



:::::::::::::::;::::/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::ィ:::::::i::::|
::::::::::: /::/::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/::::/:::::::::;:::::::::: / |:::::::|:: |
::::::::::/::/:::::::::::::/:::::::_;:斗:::/::::/:::::::::/:::::::/::/::.}:::::: !:::|
::::::::':::/:::::::-_;:斗::≦: /:::/::::/::::::::://::::/イ::/:: /::::::::} 7
:::::::l:::i:::::/--=≦::::://_;::イ::::t_ツ¬/:::::/:;::/:: /::::::::://
:::::::|::l/〈:f´ レ::::::/  ̄      ̄:厶イ/::〈:: /:::::://
:::::::l:ム\`  {/               ∠ィ'´ ∨: イ::::/
:::;:  ̄` ー─へ、                    ‘, .厶イ
:'          丶 _                   ‘,      「真似したがらなかった奴なんていない。
              ヽ         __   ノ
                  \         r  ´        そういうもんだろう?それは」
\              Y  r‐- 、_ ノ
  \ .r .,__,. ィ; ┬-  /    ̄  ノ
  .∧_,./. /  / .ト、'  ./     / \
    ∧:{ :′ /  У , '.,_      {   ‘ ,
   ./ { / 、 { イ  | >-- '      ‘ ,
 /:|      \__/   |         i ‘,
/::/      , --v'⌒i |          !  `ヘ
::´ ‘,     ./!::::::::::::/ l !           |    ‘,


吐き捨てるようにライトが言うと、やる夫とやらない夫は、顔を見合わせて笑った。
つられてライトもフンと、鼻だけで笑う。

174 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:44:58 ID:???0

落ち着いて考えてみりゃ、今日、水銀燈とやる夫がしたのは、同じ手口。
手持ち札で考えている状況で、札を引いてくるという、発想の転換だ。


ヘ ',:::ヘ|:::::::::l:::ヘ::ハ:::::\|:::::::::::\:::::::\:::::::::::::::::::::/:|:::::::::/:::::::
 ', \:ヘ::::::|ヽ:::ヘハヽ:::::`ヽ_::::::::::\:::::::\::::::::::::/::::|::::::/:ヘ:::::
  ',  ヽ',ヽ| ヘ\::::ヘ \:::ヘl`ヽ:::::::l\::::: l::::::: /`ヽ|:::/::::::::ヘ:
__ヽ ./ヘ .ハヘ:l \:ヘ. \ヘ  `ヽl::::::\::\::l\::::|/:::ヘ\:::
`ヽ ̄./ ハ:::',ヘ..  `ヽ.  \   `ー-l:::\::\:::\   ',|ヽl
    /.    \ ハ               l:::::::..
.   /       `ヽ              l:::::::::::...
  /         ヘ       `ヽ  _/:::::::::..          (課題を目の前に山程積まれると……
. /          /'';;\
 `''ー-=,,,_   /   ';;;;;\     ___ ___            ついつい視野が狭くなってしまうな。
      '/     ';;;| .\                  /        .難しいところだ)
   , r ' ´          |.   \  ` ̄ ̄´       イ;;;
  K              | .     \         /;;;;;;;;
    ∨          |       \      ,イ''''''''
.     ∨          |    ,r‐='`ー― '`ヽ
      ∨          |   /;;'ヘ . / / / /\
     ∨         |  /   ∨ ./ / /   \





       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /    (しかし、その手がありならば……
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                    | リl:/:/::::    僕にもまだ、できる事がありそうだ)
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ


そんな2人を見習って、ライトも色々と、発想を切り替えることにした。
先ず必要なのは、時間。つまり、今の最善手は――

175 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:45:19 ID:EOTgBJAM0
かっこつけたがらない男なんていない

176 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:45:20 ID:???0


  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
<  藤岡さん   |
  \_____/
                              . -―-―- .
                           /... .. :.. .: : .:.:.:.:.:. `ヽ、
                            ,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:::.:.:.:.:.`、
                          /:.:.:.:.:./:::/::.::/;ハ::::::.::.:::i::.::.:.:::',
                            !l:.:.!:.:/:::イ:::://-―ヽ:l:::::::|:::::::::::|
                        | !::{斗:く.|::/  rテ示.}ハ:::リ、::::::::l
                         い::l;イrY   いソ j:/.ハ:::リ
                            ヽ:::いtリ   `"¨´ ′ン/:/{
                           `i`〈         ィ::::{      「なんでしょう」
                               ヽ. っ    /_ヘゝ'`
                              \  ,._ '-‐´-‐`┐
                               `´/'´  ___,ヽ
                                 /'"¨ ̄    |\
                            ,.-‐.ニ´          |.  丶
                               l     ヽ         l   \
                          |     ',         |     〉
                               l      l             /
                           l      l            /
                            !     ヽ       l     ,'{
                              〉     //       l   /r′
                               (     {        l   '|
                            }    |      l   / !

177 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:45:37 ID:gPlhYsao0
なんて気持ちの良い漢達

178 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:45:55 ID:???0

//::ハ::::::::::::Ⅶ:::::::::::\ヽ::::::::Ⅵ、::::::::::.ヽ
:::i::::::|\::::::::Ⅵ:::::::::::::::\、::::::Ⅶ:::::::.、::::
:::|:::::ii::::::\:::::マ::::::::::::::::::::\ :::Ⅶ::::::::::::
:::i:::::|!:::从:::\::\:::::::::::::::::::::ヽ::Ⅶ:::::::::::
::|!::::ハ:::::i::Ⅶ:: \: :::i:::::::|`:::::::::|`∨:::::::::
::i:::::i::i:::::ト、:\:::::::\i:::::::!,:::::i::::i ::::|::::::::::
::::::::|::|}从‐\i\:ミ|::i:::::::i|Ⅶ ::从:::i:::::|:::    「議題は基本的に終わっていますので、後は任せます。
从 :|::|| .ヽ  \.\ヽ:::ノ| ∨ .___ン|:::从:::    2人の議論の決定は、後ほど教えて下さい。
{ ヽ:::|ヽ `ー==仆、    :' ̄ ̄ ノ//::}
ゝ、人:i           :.    ∥/     僕は決まった事を命令書に落とし込んできますので」
.Ⅵミ、\          :.    /{/
 \:::∧. ヽ      _  ノ    /八
, ‐‐ヽ|::\     _____...   イ/ーヽ、
  ::.. ||  \    ̄ ̄  .//′   \
   i::::〉:   \     / /::::ゝ    ' ‐- ...,,__
   |:::::::、    ` :=彡  ,  X::}          ~""'' ‐、,‐
   Ⅵ:::::`         /  ::/               i
   \::::::       __:::// ̄ ̄ ̄ ̄~""''' ‐- ...,,__ノ_
     \:::::     /_, ̄ ̄,ゝ ̄}   i
      \::::::::::/  ヽ  \:/ ::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                                     _____
                                   .  .´ -―  ´ ̄ ̄\
                                 // ./: .   .     ヽ-、
                            .  /   /: : : . : . : : .  : : :: .  ヽ
                              / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ  て
                            . / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ  (
                            /イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|
                             i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
                             ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八
                              〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/
                            .   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´
                               iイヘ     _    ̄//./     / ̄ ̄\
                               |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´    <  え"  |
                               .へ-く  \  _  イ:从        \__/
                            __/  ヽ \   /   "
                             ヽ    ヽ ハ  ハ
                              ヽ    V ハ / ハ
                                、   ∨7 i. |

179 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:46:06 ID:NU/G9yDM0
月は本当にキマってるなw

180 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:46:23 ID:???0

〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜⌒'〜〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜⌒'〜〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜
              . -≦トヒ薔ァz、_
           , '´イ/////>=≦/ハ:、             _/\/\/\/|_
          ,イ////>'´      `ヾ/ハ           \          /
         ,: ,イ///           `Y            <  お願いっ!  >
         ! }//´              ハ              /          \
          | }i|{               イ            ̄|/\/\/\/ ̄
          介ミ}z、八从从彡'ソノ/ノノ从Y/
  ,イ三≧==-<三三ヽ ̄ ̄ ̄ ̄`Y´ ̄{ ̄!ー<
 {////////////////,ハ      {:  | ノ _r、 `ヽ
 ヾ////////////////,ハ     ノ.  ノ八'´j j レ /
  \/ー----'´///////,ト<__.ノ´ー<__/く_ヽヽノ
    >、////ハ/,{/////ハ≦介≧彡// ,イ//  ̄ ヽ
      ∨////人//////}彡'jii|}  // /////////ハ
      ∨////, '////r-、_    // ///////////i
〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'◯⌒'〜〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜⌒'〜〜'⌒'〜'⌒'〜'⌒'〜
                    O
                   。
          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l    「大隊長はやることが多いのでね。
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /      ……それでは皆さん、
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //          申し訳無いですが、お先に失礼します。
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/          1720小隊の隊長室におりますので、
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′          何か質問等ありましたらそこで」
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\


1720小隊の極奥義、投げっぱなしパワーボムを炸裂させ、ライトが席を立つ。

181 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:46:26 ID:gPlhYsao0
たまにはハルヒも苦労したほうが良いw

182 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:47:32 ID:???0

女2人の諍いは、全く収まる気配を見せず、会議室は依然、殺伐とした空気に包まれている。



  \人人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
 <                              >
 < ◯◯◯△△◯◯!□□△△△◯◯!  >
 <                             >
 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                            \WWWWWWWWWWWWWWWWW/
                            ≫                   ≪
                            ≫ □△◯◯!□□△△!!  ≪
                            ≫                   ≪
                            /MMMMMMMMMMMMMMMMM\
 n..、
 |:| ゛、
 |:|  |
 |:|  |
 |:|  |
 |:|  |
 |:|  |
 |:|  |               f ̄ ̄i             i ̄ ̄|
 H===|.           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .| ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.
 I.I.  II.             |r────────  ...j______j  ────‐t.|
               ..||.!!                ./.|ヽ        .!!||


その中を、ライトは悠然と突っ切り退出した。

183 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:47:38 ID:EOTgBJAM0
任せた、お願い、何とかして

まさかこれをライトが……

184 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:48:06 ID:???0

――様々な人間の好感度を犠牲にして、ライトは時間を手に入れた。


            /.  . : : : . : : : . : : . . \
         /. : . : :/. : /: . : : . i: : . : . .ヽ
          /. : . : :, ': : /: : . : : : : . : i、: : .ヽ: .ハ
         ,'. : : : :/: : /: :,/ィ: : : : . : /へ: : ハ: . l
.       { : : : : ': : : ////: : : : / /‐-.l: : : i: : l
         '. : : : :|: / /'゙/: : : : イ:/   |: : : ! :/
       ゝ: l : l/ 〒〒7 : : イ /'〒〒 l: : :/ /
        トlヽ:ヽ ゝノ {/ l.  ゝノ l:/ }'
           ゝ `ヽ             ノiノノ
          ` ‐、 .u         /¨´     (…………逃げた)
            ト\  ´ ̄`  . イ
             ヽi> __ <l/
              /ゝ__,,,,__ノハ
             /{  /::::ヽ  lヽ                デューン↓↓
          _/. : :l/ゝ:::::ハ. |: .ト 、_
     _  -‐   /. : : :|  { ̄} ∨|: :i: . ` ‐- __



 `ー/|::.::.::.::.::.::,′        |      .|     |    ゙:,:::.:::.:ト   \\\\
冫ーイ  ̄ト::.::.,′       |      |     .| |   V:下ヽ\   ヽ \ヽ
  |   r┴‐::|   イ  .| |人     | |.   | | |   ':┴┐ Y   ト、 \
  |   |::.::.::.::|  | |  .乂__z\  i |z≦.._ .| | |i::r┘ '.   i \
  | |└ヘ::.:∧ .| |.,.∠::ァ⌒不.\,ハノ'イ⌒jrっ:`ヾ  リ::¬  ¦   |
  | | | く::.::.:ヘ .|ィf___ム:でフ:ノ     ヒ::r― うリ  ;::下┘ |  |
  ∥ | |  ヾ勹ヘ .|廴_.ノ ̄           ` ̄  'r /::::::}    |   |
  ′ |  ',   \ィr=ミ|   、i丶丶     l Vヽヽ丶 {γfヽ!    |  ||   (…………逃げた)
    / ヽ .\ `弋ハ       ___  - 、    } ゝゞン    j|  |∥
.   /    \ .>' .|  ゝ     (7´  ___}ノ   ノ  | `ヽ /ヘ.  l八
  /         .|  「「 {> ..  ̄  __  ∠  | ./    \ .λ 、 \      デューン↓↓
. /          /|  | ヽヽ    ̄ーv'   |.  l V ./     ハ | \
/           / . l  |  l \,'ィ´r,/フ゛ ノヽ/|j  /         /|   \
          /   |  |  |  /:l ゛l´{lソ}/}、 ハ ! / /     ./. |   



        /::::::,::::::::::::::::::::::::i:::::::/:::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
        /::::::i:::::::::/:::::::::::,/:::::/:::::::::: /i::::::,::::::::::,::::::::::::i:::::::::::::::`、
        /:::::::i::::::::/::::::://::::/:::::/::/ i:::::/:::::::::/::::/i::::i:::::::::::::::::::i
        /:::,::::i:::::::/i:::::/、/:::/i::::/i::/ /:::/i:::::/i:::/ i:::::i::::::::::::::::::::i
       /::∥::i:::::/::i:::≦/::イ i::/ / /:/ l::/ // i::::イ:::::::::::::::::::i
       i::∥::::i::/::/イ /,ヽヾ.ス  /  _i/≦ヒ´テ::∥:::::::::::,::::::::;
      i/i:::::::i/::/:i ハ  ゝノ `´ `ー ヒ´ ,ヽ ヾ/:://:::::::::::i::::::/
      .i:::::::::::/::::i ` -- ´,rト、   、 ゝノ イ//:::イ::::::::i::::/   (こいつらを、どうにかしてくれェ!!)
      i::::::::::/,,r:ハ  /77''´´/`ヾ 、  ー - ´/;;イ::::::::::::i::/
       i:::::::::r''/∧       i   `ヽ ///∠イ::::::::::::::::::i/
      i:::/i::レ, , , , ゝ   , - _       /:::::::::::::::::::/i!
     /i/ リ, , , , , , , ヽ /   `ヽ   /:::::::::::::::::::/, , , T`ト、      デューン↓↓
   /´\| , , , , , , , , , , , ヽ ー- 〟ノ  ,イ::::::::::::::::::/ , , , , , ,l /  ゝ、
  |   \\, , , , , , , , , , , ,iヽ __  イ/:::::::::::::;::イ,, , , , , , , / /    ヽ
  l     \\, , , , , , , , , , ゝ、  ,.:´_:::,イ ´/, , , , , , , , , ,/ /     ∧

185 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:48:22 ID:???0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

186 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:48:28 ID:1nl292nU0
良心がここで退出したらどうしようも無いじゃん!

187 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:48:40 ID:???0


5月31日。熊本城攻防戦当日。
やる弐高校のグラウンドには、所狭しと学兵が立ち並んでいた。


  ざわ……
                                              ざわ……


  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______.{≡}_____    __ __
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||\|l_||_||   ||_||_
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||___l\_||_||   ||_||_/
    , - -――‐┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||___||__.\._.||   |  /__.|
   /l|ヒl \ 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||___||_||_\.   |/_||_|
  lレ'.|ヨ|  トェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/              \/
  j!!コココニ≠IIIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
  | ||..:::| | | |   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ
  | ||:::::| | | |  || |:::|| ̄~|| ̄~|]| | : : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::| |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
‐┴===‐┴ー-ニ」|__|:::]]]]]]]]]]]]]]|..| : : : : : :.:.:.:.:.::::::.:.:::::::::::::|____________|_|l|__|l|
       .   ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
 "  ''               : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
          。         : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::

188 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:48:55 ID:???0

学兵は普段出撃の命令を受けると、小隊単位でバラバラに出撃する。
そのためこういったシチュエーションは非常に珍しく、どことなく皆楽しそうだ。



     .ト VVVVVVV_ノ\
      .\           \
         ハ            \
      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
      .彡  〆     \ \ ヽ
       〃 ハ   ⌒   ⌒\ l  |    「なんかグラウンドにこれだけズラ〜って並ぶと……
      ル从§ (●) (●) ヾ  |    運動会みたいッスよねー」
         乂§::⌒(__人__)⌒:::从イ
         \   `ー´   /
         /           \


                                                 〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                                ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                                                /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                                i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                           .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                                t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
                          「ホントだなー。熱血行進曲、        .i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                        準備しておけば良かったかぁ?」      ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                           .       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                                    i  tー'--,ノ / ,r'
                                                   ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                                               , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -
′小.           ヽ
 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′
`   \   `ヽ/.' / l |′
     ヽ __,.グ/ ハ{    「クシコス・ポストね。
\   u  /´  /       ……熱血行進曲で多分通じるけどさ」
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ
冫ヘ '´ ハ

189 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:49:14 ID:NU/G9yDM0
ライトが一番えげつないテクニックを身につけとるwwwww

190 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:49:49 ID:???0

だが、集団前面に集まった各隊長達の顔は厳しい。
――いや、凛々しい。


                               ____
                   \、、   ____  /.:.:.:.:.,. '"⌒
                   \`¨¨´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`V.:.:.:.:./
            _____`二ニ==‐-.:.:.:.:.:.:.:.:/⌒ニ=-‐
            \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、
                >:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\、 :..\
            /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.`¨⌒
               ⌒ア¨¨´ ̄.:./..:.:.:.:.:.:/| :.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.\、
               /..:.:.:.:.:.:.:/ .:.:.:.:/.:.:/  | :.:.:.:.:.:/:∧:.:.:.:.:.:|. \
.            /..:.:.:.:.: /.:⌒¨¨¨7.:.:/─- . :.:.:.:/:/-‐\.:.: |
.       /{{{:`¨二ア´.:.:.:.:.:.:.: x‐|: /fテ芥ミ\/l/ィfテ芍.\|
.       .゙. :∨〉 ::`¨¨¨¨⌒7.:.:{{ |∧乂iソ    乂ソ /|
      l: : : ゙'く>、 :::::::::::::::{:.:.:.:ゝ-'.          ,   ∧|    「…………」
      |: : : : : :゙'く> . :::::\ .:.:.:. {\     ____   ∧〉 \
      | : : : : : : : `゙'<> . \\'. `       /..:∧〉 : 〉
      |: : : : : : : :. :. :. :..`゙'<>`7´    /¨¨´:::xく>" : /∧_
      !: : : : .: .:/: : : : : : : : `゙'<>  . { :::: xく>"..:.:// :/_\
      ‘,`¨¨¨´ : : : : : : : : : : : : /`0<>n{>O.: : : : : :/ニニニ
          \__,,.   -‐==ニ二´____,ノ「Ul--┬==ニニニ7ニ二
          くニニ二二/ニニニニ|:.:.:.:.:.:.:.:||__」 : : |ニニニ二/ 二二
.           ニ\.ニニ‘,ニ二二二| : : : : : |:Η|: : :|ニニ/^∨ニニニニ
           二ニニ\.二‘,.ニニ二| : : : : : |:Η|: : :lニニ{,__/.lニニ二二



昨日の会議を元にした修正案はすでに昨日中に配られていたが、
口頭での確認という形で今まさに、最期のツメを行っていたからだ。


                       . . -‐…‐-
            __     ..: ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ` : .
           / : :`¨´ .:.:.:.:.:.:.:⌒\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \
         ,.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
  .      /.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.}i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.‘, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ
       / .:.: .′ .:.: i:.:}i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.: ‘,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        .′: : i:.:.:.:.:.:.:|:.:}i.:.:i| .:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:. ‘ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
  .     i:i| :.:. |.: :i:|:|: |:.:}i.:.:i|:.:.:i:.:.:.:|:.:.:\:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
  .     |:i| :.:. |.: :i:|:|/|:,ハ.:i|:.:.:|:.:.:.:|: | .:.:|\|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
  .     |八:.:. |: :从|ノ´__」八.: |:.:.:/: :!∧|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
  .        \ト、:.:. | ^爿 》 Ⅵ.:/i:.:.:|´(i|ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
            \| 以   .i:l/ :|: /〉⌒}} :.:.:.:.: / .:. /:/   「…………」
           . '      ノイ  |/ >‐',:′.:.:.:./ .:. /:/
             〈           r‐〈:.:.:.:.:.:. i:.:. /i/
              ゙i  __,      .   Ⅵi:.:.:. |:.:/
              `'く      /   :}八:.:. Ⅳ
                  }    _   │     \|ー=、
                  `ー ´  ‘,   |        ´  \
                   _,,.  ´‘,       ´       . く
                  /l    _,,.  ´         /   \
              /: |  /⌒\     .  ´     \
                /: :_|  i    ヽ   /          ヽ

191 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:50:15 ID:???0

.  |:.|:.:| :.:.:.: '. \ .:.:.:.:.:.:.:. \:\:.\ : .:.:.
.  |:.|:!.:.:.:.:.:l'.\\\.:.:.:.:.:.‘,‘,: \:.:l
.  |!:‘,:.:.:.:| .\\\\ :.:.:.‘,‘,.:. Ν
.  |:.‘:, :‘,:.:.:'ー\\\\\ : |'.:.:|.:l.:.:l |
.  l:.:.:..\ \ : '戈_癶\\\tツl,ノ.:| /
   '.:. {\:\ \l ̄    ` \  |:.://    「――……では、質問もないようですので、
.    '.:.\.\l\|           ノイ/      これにてミーティングを終わります」
     '.:.:. T'.        _ノ   /|
.      '.:.:.| \    、__,  ∧|
     / ∨.   \                    ___________
.  _/   \    `  .,_/\          /二二二二二二二二二二二/
'"  〈.    \       ∧. ‘,‐-  .,,_ /二二二二二二二二二二二/
.    '.       \.    { |  ‘,    . ‐v'二二二二二二二二二二二/
     '.      xく \.   '.│ /i\    / /二二二二二二二二二二二/
.      '.    |//\ \   .|.//l  }   / /二二二二二二二二二二二/




           /: : :|: : : : : : : : : : : ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : : : :
            l: j: :ム: : :i: : : : |: : : |  V: : : : :i: : : !:, :\: : : : : : : : :.i: :.|::ヽ: : : : : : : : : : :
             |:.i: : ハ: : V: : :.!: |: :|ィ彳∨: ヽ:i: : :.|:.!',: : :',、: : : : : : :.|V:.i〃V: : : : : : : : : :
            l:i: : :i|∧: :.V: : |: :!: | _, ='j、: : :|: : :i:.|: ',: : :',:V: : : : : i .l: i   ∨: : : : : : : : :
          |!: : ':l: :ヘ: : V: |i: |:7r'´i芯' \:!: : |:.i: : :.,: : : V: : : : :! .i: |`ヽ V: : : : : : : :
              |: : |:.i: : |\:.Viハ:i,'{i  7´   i: : j|:|: : : ',: : : i: : : : :| .:|:.!  } .i'.V: : : : : : :
             |: :.|: i:. :.i: | V:Vjハ       |: :7|:| 、: : :i : : ': : : : i :|:i ノ / j:V: : : : : :
          ハ: :|ハ: : V!マVi, ヾ       j: / |:|  `` |: :i: : : :|/ r'j:!´,- ノ: :V: : i : :
              V:!ヽ: \:/  ``       // .|:|    |: :!: : :.i  .リ ,.イ:i: : : :V: |: : :   「皆さん。今日はよろしくお願いします」
              ',:! \/          彳  |:i    .|: |: : :j r-<    !: :|: :|: j: : :
                ヾ  i′               リ    .|:j|: : 7 !     |: :.!: :!:7:.|: :
                ヽ ¨`                 リ.|: :/ .;       l: :i: :.i/: :|: :
                     `ヽ                  j:/  ,'      j:.7|:!: : :|:|:/:
                 { __, --y- '´             〃 ./       /:/ j:|V: :ii/: :
                    ヽ - '´                 /      彳  .i:! V: i: : :
                  ハ                               ヾ ∨ハ\
                       ∧                      _,.  -─  ̄ ̄
                      }        ,. <       _ ,. <
                       八    _,. ≦-‐─ヘ   ,. <
                     >‐<      ハ /
                               ノ
                               /
                              i´                _, -─
                                ハ             > ' ´
                             ∧         /


ライトが深々と頭を下げると同時に、最終確認も終わる。
誰からともなく拍手が出て、もう一度頭を下げると、ライトは1人1人と握手をした。

192 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:50:39 ID:gPlhYsao0
ライトも図太くなって何より

193 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:51:05 ID:???0

                 ...--...
               ィ´:::;::::::::::ヽ`:.、
             /::::/::::イ:::}:::::',::::.
               |:::/:::イ从::リ::::::i:::::       x ‐≠‐ 、   「よろしく。
               {:{i:/tッ从l{tッYrv::!      〈.1     }     頼りにしています。
                 Ⅵ! 丶   ,リ.ノ:::!       乂   {
                从 v ァ   イ::i:リ         ドー==1    ……と言っても、頼みにされ過ぎると、
                丶 _イィ ̄.ゝ-―...、    l........... l    皆さん困ってしまうでしょうが」
                   _汽 /../......./´.......`ヽ l............ l
                  _ノ/ 7..く........../...........⌒ニ=!..............l
                 //_| /........〉......{.........../.../... !...............l
               /..../ニ| !......./..........',.........{....{.....∧......... /
            7.../ニ| !...../..{...........′...丶.乂.....丶_/
            /..∧ニ| !.../.....乂..........`....厂 ̄  ̄
             i...′ 寸 !./......................... /
              |..′′`゙弌ニ三≧_、...{..く{
               |.′l /  V................ヽ........',



                             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
                            /::::/::i:::i'゙´^i!::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                           ´ー-ィ:::::::i:/  |:::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                            /::/::/-‐- |:::/、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                             7/ f┐≠ヾ !/  ゞ::::::::::、::::::::::::::::::::::::}
                              { jャ伃` ‐―‐-孑⌒i::::::::::::::::::::::丿
                            / `´        ゙, 〉:::::::::::::::::, '
                            ヽ、         .,_/:::::::::::::::::/    「ハハッ お手柔らかに。
                             } r一ォ      i !::::::::::::::::,ヘ:::{
                             | ゛-‐′     ,,/厶::::::::::::/        お互い、良い日である事を
                             !       ' ´  彡:::::从        期待しましょう」
                              ̄ ̄`':、,,...-‐"""ゞ"´=}
                         ⊂ニヽ、  i-i'''゙´ ィ==三三三=`、
                         / ̄ ゙゙̄,≠i斗/三三三=≠三三ニ三
                 _ /"´゛i  ゞ/ ̄ `゙,i!=∨三三三三/三三三三=',
               ,__f′ (_,,.ィ i  (_/i¨}  |三三三三三三三三三三三=
               { |__ァ{ `′(\  |  !/゛  /三三三=Ⅴ三三三三三三三_
              /、ー'      〉 `、゙,/   /_二三三三{三三三三三三三三
              \_j ,_,.:´,:'´  ′/    / 三三三三=i三三三三三三三三':、
                }       {    ,:-三三三三三i三三三三三三三三三


仕事を頼んだ相手に握手など、ライトの感覚ではわからぬものだが、
拍手が起こった後、なぜだかそうすべきだと思ったのだ。

194 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:51:24 ID:???0

ライトが全員との握手を終えた。すると、彼女に視線が集中する。



      //    /          \::.::.:.ヽ
.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
    ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、   「え……何?何?」
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
    |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |
    レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |
.      |  ト  __      /|    |l      |
     .|   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
    /|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\



          ,..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.丶
         ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::ヽ
        .,..:::::::::;:::::::i:::::::::::::::',::::::',::::::::::::::::::::.、
       /::::::::::::i:::::::l::::::::l!:::::ト、::::::',::::::::::::i::::::..、
        /:::::::::::l::l!::::::ト:::ト:i',::::l 丶_:::', ::::::::::l:::::::::.,
      ,'::イ::::l:::l_l_!:::::l !:l i! ,才´__ゞ::', ::::::::::l:::::::::::,
     ,'/ l::::l:´lレ _`_` l!   ´γヽ`ア ::::::::::l:::::::::::,   「何と言われても……
     ,' l::::l::',:レ´.rヽ` __  弋_j,イ l::::::::::::l:::::::::::,
        .l::::ト:::,l` 弋ノ/, ̄ ̄`〃  l:::l:::::::::l::::::::::.,   ミーティングは終わったぞ?」
         l::::l::',ハ、 .〃       u l:::l::::::::::l:::::::::N
       l::::',::',::ハ    ―     l:::l::::::::::l:::/
          ',::::',:::::::::.ゝ、         イ;:/:::::::::/
          ',::::',:::::::, '´ > 〟イ  /イ:::::/
        ヽ::::',::/,, ---_〉     iイ___
       /.;.;ヾ、!.;.;.;.;.;.;∠'7 7ヽ __  //.;丶、
      /\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l__/ /____ ,, <´.;.;.;.;.;.;.;.ヽ
    /   \;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ト, ,-,,<.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\



  | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|   U  l
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、
l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、  「終わったわよね。
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|  だからこれから、出撃よね」
\          ′    / /l  l|  |:|  レ
ー-ヽ                /ィ´  |  |l∠イ
 U               ノl   |   |_ノ廴
\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    イ l|  |  l|三≦

195 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:51:43 ID:???0

            、_ノ;;;;;;;ト!;;;;;;;;∧;;;;;;ハ;;;;;;/!;;;;;;;;;;;ゝ
            >;;;;;;;;;;;i!!;;;;;;;;{!;;;∨;;;i!;;;/;;!;;;;;;;;;;;ヽ.
           /´/;;;;;;;;;;ィi!´``i!`゙゙"´ i!´`゙リ゙ミ;;;;;;ド、
          ′'ヘ;;;;;;;;;;/ !  ! !   j  /j ミ;;;;;;ゝ
             ソ{`ヽ!-=≧ミ、ィ 、,,∠二_ !;i´}ハ
             ヘヾ.l| `゚ー'` `!  ´゚ー' ′リノ/! ゙
                ヽニi       |   .u  {/'    「まあそれはそうなんだが……
               ´ハ;;゙、     ! ,    /'ヘ!
              _ 'ヘハ、  r= 、  .イハ!      出撃前に、挨拶はやらないのかね?」
        _,=、 /  } イ/| ヽ {____} /リ\
     ,=―/  ,__(´‐' ノ!/f/!  ゞ--- ' {ヾi. \_
    ,ィ  .,(___ノー__ ̄ー '゙i .| }       | |  ∧`ヽ.
   /(__/ー  ´  -‐ ヾ{___!_   i  i   |  ∧  `ヽ.__
  ノ ∧___,ニ、__      `ー、ノ  /__ /|.   ∧      `ー-、
 `rイ ∧;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/! ̄`ー---'_____//|     ∧         `ヽ
 / 《  `ヽ;i;i;i;i;i;i;i/ /    |、::::::::::::::::::::::::/::|     /          }
 ∨ ゙、   \;i;i;i/,イ  \   |::::::::::::::::::::::::/.:::|   /        ,'   ,′
  \      ̄ /___> !:::::::::::::::::::::/.:::::| <___    i /    {
    \     / |      !::::::::::::::::::/::::::::|      |    |,′   /



       /イ                   \::::::.ヽ
      /:/          l          \::::lL __         \人人人人人人人人人人人人人人人人/
      〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉       .<                           >
      |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\        <  挨拶!?なんで!?私がっ!?  >
  ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉       <                            >
  く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |¦リ.ハ\ヽ\ 、     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
    ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィヘ\
.  〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:| \>イ
.    ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i     u / / l \ >‐一< /
       l:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\
        レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\
      /.:::::::::::::::::::l l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|
.     シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::/
.   /..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{
  | :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ
.  ヘ :::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(

196 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:51:47 ID:gPlhYsao0
この戦友たちが、明日も一人も欠けてない事を、切に祈る

197 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:52:11 ID:???0

水銀燈は派手に驚いたが、隊長たちは曖昧な笑みを浮かべるだけだった。


                             .  -‐…‐-
                            /.:.:.:.,.  '"~ ̄ ̄`
                    ,.≠'"~ ̄`丶/.:.:/─-
.                /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `丶、
             _彡'゛/..:.:,.≠'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ``'<⌒
           ⌒ア゛..:./..:.:/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. \
           /..:.:.:. ⌒ア゛ .:.:.: /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\ :.:.:.. \
           / .: /.:.:.: /..:.:.:.: /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.、:.:..\
           '⌒¨7 .:.: /// .: / .: /| :.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.‘, :.`¨¨⌒
             /.:. /⌒∨ .: / :/  | :l.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.
.            //{  / .:_/∠、   | :| .: /| .:.:.:.:.: /.:.:|\
             {  |\// '^⌒ヾ ̄ |/| :/ .|.:.:.:.:. /.:.:/|  }   「応援団長だから……かな?
             |/|: l{   ゙゙゙     |/\|.:.:.:.:/.:.:∧|
              |: l '. u       ,  `ヾ| .: /|: /        応援団長ってそういうのと違うけどさ」
               |/l    (丶.,__   ゙゙゙.|/ .|/
          -‐=ニニl.   \_`¨¨´ _,,. __'′_
     /ニニ二二二,ノ      {二 \└─<`丶、
.     /ニニ二二二`く      \\ニ\\ __,>'⌒\
    /ニニニ二二二二\‐-    -‐∨二/ニ(_/ /   ,
.    {ニニニニ二二二二\     ./二/ニ二/V /    ′
.   /\ニニニニニニニニ二_   /ニニニニ///〈 /    }



                        __,,..........,,__
                        /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ` ̄`  .
                       /⌒´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \ .:.:.:..\
                      ,:゙.:.:./..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : ‘, : .:.:..\
                  / .: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
                    / .: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                    .゙.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : i| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | :.:.:l.:.:.:.:.:.:、:.:..
                l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |: :i|: : :i| .:.:.:.:.:.:/.:.| :.:.:| .:| : .:.:.\}
                |:.:.:.|: /.:.:.: : |: :_|_:八:ノi|:.:.:.:ヽ/|_:,ハ .: | .:|:.:.:|.:.:|
.          _____ |:.:.:.|/|:. :|: .:.|´/|/ _V八:.:.:.:/_」/ |`/ : |.:.:.|.:.:|
.       .  ´   __,ノ :|i:.:.:|/|:. :|: .:.|/ x==ミ  }/ r=ミノイ .:./.:.:,ハ :|
      /   `'ー‐く ,ノ  八{',:. |:. :|: .:.|       〈     :|: /|: / |/   「ほら、学校のグラウンドに並ばされると、
.     /    ─‐-l'       ‘,:.\|、:.:. u.      }     |//|/       そういうのあるもんだって思うだろ?
    /      ─‐|:       ‘,:.:\\{    ___,、   /´
.   /        -く |         ‘,:.: |`¨\  、      ノ   イ:|          付き物っつーかさ……
  /     /ー ´           ∨|∧:. |: : . `¨二¨´ /:八j          てかみんな、あるもんだと思ってたんじゃねーかな?」
. |    /                  ∧」 : : ` : . ___/|∠,__
. |    |      __          /. : `7l: : : : : : : :|: . │|
. |    |   /      ─一'^〈   /: |: : : : : :  |: : │|


隊長。なんていっても彼らは皆、学生だ。それも、まだ中学生や高校生。
前川の言った通り、グラウンドに並ばされると、どうしても先生のお言葉が頭に浮かんで来てしまう。

198 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:52:13 ID:H.5P2Dt20
傭兵と4億の報酬設定がまだ生きていたとはwww

199 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:52:23 ID:AcSNnpxw0
芝村、なんでこいつらを引き抜いておかねぇんだよ
いや、唯我独尊過ぎる連中てのはわかるけどさ

200 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:52:49 ID:???0

    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |   「意外ね。あなたそういうの、
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |   好きそうかと思っていたんだけど」
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |
          }  |ヘ ^¨´  、          |   {ノ´     |    |
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |


ただ、水銀燈は先生では無いし、大隊長でもない。


  !  !   / /  ! l      l l  ! !   l い
   !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l
  !l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l
  トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/
  l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ       「別に好きじゃないわよ。
   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l
  ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l        ていうか何これ新手のイヂメ?
 \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ.     .やるならライトがやるべきでしょどう考えても!」
    l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l
   .l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/
    l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
     l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
     .l-i、: : :///l7lヽV/'´>l: : l |  ll l: : l: ̄::::::: ̄:::_:::::::::`ヽ
 l    l_ーヽ{::l:l/∧l:lヽl  {r!: : l !  !l l: :.l::_:_::_;:-<`ヽ.ヽ:::::::::::ヽ
 :ヽ   ヽヽ,.=l〈,-T「´r/V: : : : !  ! !l /:::::::/`ヽ._ ` ` }< ̄
 : : ヽ   ヽレ=-l/@l:l7=y´: : : : :l  !: ;イ ` ‐L_y     l::::::ヽ
  : : : :\   ヽ:::::'::==-.:´: : : : : : :! /:´/-、   /      /  ̄


水銀燈が頑強に抵抗し、梃子でも動くまいという顔を見せると、
小隊長達も、そりゃそうだよなと、顔を見合わせて笑い合った。

201 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:53:18 ID:???0

但し、引かない男も一人いた。


       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /    「どう考えても、お嬢様がやるべきです。
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                    | リl:/:/::::    この場に居る皆を集めたのは、
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/     お嬢様で、僕ではないのですから」
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ




              //..::.::  -――-  ::.::.:..\ \
          /.::.::.::/         \::.::...\ ヽ
            /.::.:/              \::.::.::ヘ '
.           /.::./      |         l   |  ヽ::.::.:l i
.         '|.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ
          / |/l  | ∥ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |
.         /  | |  |_」L _| |∥ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ
        / / | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}   「まあそうだけどー?
.       / / /|_||リバ扞 ㍉ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|
      / /  く::{_| ヽ、 ゞ= '        ̄ / /  〈::/ |    そんなのみんなは知らないしー?
.     / / / ノ⌒ヽヾミ    丶     彡イ   / l  l    知れ渡っているのはライトだしー?」
    / / /  V^ {`ト \   ヽニ '´   イ/  /l l  |
.   / / /  , j/ 二ヽ¦ l> 、 __,  ´  ;′ , | | |
  / / /  / v -― ヽl l  _〕_r‐z -‐ l  厶┴く   l
. / / /  /  {/ ̄ }| ┌‐〉::.::. |_/.::.::.::.l  .' .::.::.::.::.ヽ |

202 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:53:32 ID:???0

                  _,..-‐=ニヽ::::::::.\:::::::::::::::::::::::.`丶、
             /|::::.\:::::::.\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
             ,{:::::l::::::::::|\:::::::.\\:::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::.
             ,イ:::`トヽ:::::::|::::.\:::::::.\::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::.
          {::l::::::|:::::.\:::::.、:::::::.、::::.\::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::.
             ':\::八:::::!:::r-=\::::ハ:::::::::.丶、::::|::::::::::::::::::::::::::::i
          i::::{:::トミi:::ト、|ィ::アフ;;:ト、:i::::::::|::::::iト、ト、:::::::::::::::::::::::::|   
          l::l从{j:アヽ| ヽ´ ̄ノ'  \l:::|::::l::l:l|⌒ヽ::::::l:::::::::::::|   
          l八:r'′            |`ト:::l:::ノ| トハ}::::::l:::::::::::::|
            |ヽ丶           ノ八:ノイNxくノ :l:::::l::::::::::::;    「お嬢様――……」
            | _.. _           ノ´__ ノ.:l:::::l::::::::::;
            :. ´_、  `¨            .イ:!:::::l:::l:::::l::::::::;′
                          / 从:::::|::|:::::|:://
             i                 /  ヽ|::|::::〃'
             人       .......:::´   /   ハハ:::{_i_
       _______≧=‐=ニ二:::::::/        _}_ト、::::ト、
   ,.....::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`Y´ ̄     _ . -‐ ¨ ̄ ∨.:::.\
  / .: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   !  ,   ´        /.::::::::::::.`:::...、




      //    /          \::.::.:.ヽ
.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
    ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、   「な、なによ……」
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
    |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |
    レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |
.      |  ト  __      /|    |l      |
     .|   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
    /|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\

203 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:53:44 ID:???0

:.:.:./:.:.l:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Λ:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:. i、'.
:.:/:.:.:.:l:. l:.:.:.:.:.:/:.:./  }\:/}:.:.:/:.:.:./:.| `}
/:.:.:.:.:.l:.:.l:.:.:.:./:.:.厶-―:.:/ }:./爪.イ:.:リ
:.:.:.:.:.:.:',:.:.l:.:./:.:./斗- `}/ }/ `'</
、:.:.:.:.:.:.:.、:l:/:∠ー' ノ /         ` ,
:.:\:.:.:.:.:.メイ ̄ ̄          /    「僕から一つ、仕返しです。
:.:.:.:.:\:.:.:.{\           - /.l
:.:.:.:.:.:.:'.\{              l     ――……ミク君!」
:.:\:.:.:.:'. \          _ イ l
〕ト、:.\:.:'.           ∠ ノ, l
  \'.\'.             ´  l
、__`'. \             l
:.:.:.'、   -  .. _           ノ
:.:.:.:.:'、         ̄  厂 ̄´
:.:、:.:.:.'、               l
、{ ` .,\          l、
    `¨`         l. \



        /: :/: : : i: : : : : : : : : ヽ: : : : : :{三}: : ヽ
          /: :/: : : : | : : | : : : : : : : ヽ: :.: :.{三} : : ∧
        / : ;′: : :/| : : ト、:_:_ : : : : : ‘,: :{三}: : :.:.∧
.     / : : : i: : : :厶ヽ:.:.:|´ \: : : : : : :.i : `寸x: : :.:.∧
    ,.: : :.: :.: :.:| : : ;{'"斧ヾ:! ィ斧ミ、:.: : :.:|__: : : :ト、.: : : :∧      「ハイハーイ!待ってました〜
  /: : : : : : :.:!|: : :.i ヒリ  \弋:::ソj}: : : :,|三} : !| : : : : :.‘,
. / : : : : : : : 八.:.:.:|   、         |: : :/三リ: :八 !: : : : : : :.      準備は万端ですよー!」
../ : : : : : : : /   ヾ{   ___   厶イi彡'.:.; '  |: : : : : : :.i
,′: : : : : : /    ヽ  ∨ ノ     }:¨´;, ´    |.: : : : : : :|
: : : : : : : :/       ヽ     <  `くヾゝ    |: : : : : : :.|
: : : : : : : ′        `¨´ヽ     /:\     !:_:_ : : : : |
: : : : : : :i          /  ̄f:ヘ  /: : : : :}  ̄ ̄   `ヽ: :.|
: : : : : : :|        i   ,':/'^i´: : : : : /{         ‘,!
: : : : : : :|          ‘, /:,f⌒i: : : :./: ∧        :.|
: : : : : : :|            ∨:.:.廴_ト、:/: : : : ∧ __      :,
: : : : : : :|         ,: : :/ / : : : : : : : : ∧´y'ヽ      :.
: : : : : : :|           /: :./ /: : :r―‐ ュ: : :.∧i  lヽ    :.


引かなかった男は、ミクを呼び寄せると、ミクは手に持ったマイクのスイッチを入れ、
ポン、ポンと、手慣れた手つきでマイクのグリルボールを軽く叩く。

204 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:54:01 ID:???0

 ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
 三                       三
 三  マイクテス、マイクテス  三
 三                       三
 /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ  ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                      三                               三
                      三  本日は晴天なり。本日は晴天なり――  三
                      三                               三
                      /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ





   ,,;;;-''^"""`;;;:,,,,
    ''''''''''  ''''''''
      /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    /  |     ,.-―=-、  |    ,,;;;'''''`ー;
   /   |    /   |  `;. |   ""`'' ;;;;;;''''''
 /     |    l   \ l. |
        |    `、_  _,ノ' |――――――┐
        |       ̄~'    |   _ _ _ |
        |              |   | | .| | .| | .|


マイクは校内のスピーカーを伝い、学校中に、グラウンド中に、ミクの声を届けていく。

205 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:54:45 ID:???0

スピーカー越しのミクの声に、グラウンド中に集まった学兵が顔を上げる。


 ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
 三                                      三
 三  皆様お待たせしました。出撃準備が完了致しました。  三
 三                                      三
 /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ  

        ,  -─┴          ─- 、.:.:.:::::::/
       /           .:.:.:.:.:.:.::::::::::::.:..`ヽ、/
        ヽ   , -───‐ ─ - 、.:.:.:.:.:::::::.\
        \/.:.:.:.:.:.::::/l:::::::::::::.:.:. . .\:.:.:.::::::::.:.\
           /.:.:/.:.:::::::/::;|::、.:.:.::::|l:::::.:.: . \ .:.:.:.::::::::!
        /.:.:/!.:.:::;ィイ:i:;;ト、!\.:::N::::::.:.:!::.:.:ト、.:.:.::/
         /.::/:::l;:ィイ/^1:;| >、_ヾトト、.:.:/ .:.:.|:::l:/
       l.::/i:::::l -‐一''|/    r==z、V.:::::::::!:::|    「あれ、意外と短かったねミーティング。
       |/!:|.::::| ヾじ。シ    {ジソ/,::,;;:.:.:::,′!
        ヽヽ.:l   ̄ 、      ̄ /:/;:;:::;/;;;/      1時間位やるのかと思ってた」
          |::|          イ:/;:;::;/;;;/
          l.::\    ⌒     ;/;;;:;:/:;;イ
            \.::l\_   _ , イ;:;;イ/
              ヾ!   丁    l N/
               /l   _/⌒ヽ、
             , イ lL/      >=-、
            ,.イ  ,ィ介>、     /ソ.:::::::.:.ヽ
                              ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                              三                                     三
                              三  これより学兵連合夜神大隊は、出撃を開始致します  三
                              三                                     三
                              /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ  


   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /    「昨晩皆、相当頑張っていたようだったからな。
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ    やれることは昨日の内に済ませていたのだろうさ」
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l


出撃前にこんな経験、皆、したことはないのだけれど、その顔に、驚きは無い。
前川が言ったように、やはり皆、学生で。グラウンドに並ばされりゃ、こういうもんだと思っているのだろう。

206 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:55:10 ID:???0

                         ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                              三                                            三
                              三  それでは出撃にあたり、大隊長の、夜神少佐相当官よりお話です  三
           ,.、、 -‐― ヽー- 、._     三                                            三
       ,r 'ニ´        `    \ 、 /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | ヽ
     ,. ‐´                ヾ\
    /,.        ,              ヽ、
.   ,-'      i.   {    i   i           } 、
  /´     ノ ,/  ノ ! /l,  イ ,        l、
  | , {  イ{  ハ ィ´ '´ _,.‐'" ヽヽリ           |
  レ|  ヽ-,'‐-:、' ヾ   ",. ==、_ ヽ,         リ,
.  / ーr' " ,= ノ       :::::::  ヾ、 i,.-、   /ノ
  i、!  | ::::: l´゙           〈`  | ,j i   ヽ  「お!?
  ヾ  |   ヽ`..>      _,     ノ,  l ゞ! |  }
   \|    、-‐ ' ´  ̄  !    丶! ノじ ノ  ノ    ライトさん訓示なんかやるのか。
.      i    丶      /       丶‐'゙   l'     本当に隊長っぽいぞ!」
     丶    ヽ  "´/      ー'゙,ノ  ノ
        ヽ     `ー ´        ヽ,_,ノ/
        \     -    ,       | ´
         `丶、_ ,. '´ ―--- ⊥、
          r ' _]、,-一' ┐        l
          | ├「| 「 ̄´|       |


        _,.--───- .,_
      .-'´     .,_ .,__  `ヽ、
    /´        ヽ、ヽ、
    / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
   i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ      「オヤツの人っていうイメージもってる
   |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |       僕らからするとちょっと想像し難いけど、
   ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈
    ヽ,ヾXi゙(j      .u  i リ| ト.,ゝ      あの人、本当に大隊長やるんだなあ……」
      ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
       `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
         ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]
         ,.-─< ヽヽ    _/-.,_/-、
        >、  ヽ xノ   /___/  `' 、
        /  ヽ、 y'´ヽ/_____/     ヽ、
          i ,  ヾY ./元-─-─'       キ、
       | /   ,| |///´            |
       / |ト、 /y'//              〔_'

207 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:55:33 ID:???0

ライトはミクからマイクを受け取ると、気負った様子もなく、淡々とした声をマイクに乗せた。

                                      ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______________________/ ∨
 /.:/.:.:.:.:..:.:/.:.:.:/.:.:..::/:::1.:.:.:..:/.:|.:..:/.:.:.:.l!.:.:.
./.:/:.:.:..::.:.:/.:./,..::.:..:./:|::.:|:.:..::/.:./.:.//.:.::.:|..:|
|.:/.:.:.:.:.:.:.//V:.::∧.:.|:.:|::.:|::..:/. /.:./\.::::.リ.:l!ヽ
|.:|.:.:..:.:.:/.:/.V:.::∧.ゝ!..:.l!:/.={/≠{.:.:.:l!.:i.::    「夜神です。
|.:.:.:.:.:./..:1:.|===V:.::.} ヾ..:|/< 弋 艾フ|:.:::从.::
|.:|.:.:./.:.:.:|.:.|. 赱フ\|   ヽ! ` ̄ ̄´ |.::/ }::     この大隊は、今日を勝ち抜くためだけに創られた大隊です。
|.:|.:/.:..::..:|.:.|  ̄´ ノ            i/  1.::
|.:ト∧.:.:.:.:!ヾ    /             /      この大隊が今日を勝ち抜き、皆様が家に帰れるよう、
|:.l.:.∧..:..:| `   {  r 、        /       全力を尽くします。以上です」
|.:|:.:.:∧Ⅵ      `          ´
l八.:.:.∧      ___
レ从{.:∧     /──ー-ヽ,
   ハ:∧     {≡=== '´
.   Ⅵ.:.:ヘ
     ヾ.:7ヘ                  イ
      ヾ.:.\             イ´
        j:/\        .イ´/
         ∨ハ\ _ ,ィ:::::/
           j:/∨:::::::::/     >´
              ∨:/    >     ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            /∨  >´     . / ∨
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            /ニYニヽ
           /( ゚ )( ゚ )⊂)     「なにやってんだライト。
        ./::::⌒`´⌒::::⊂)      短すぎだっていうwwww
      ./| ,-)___(-⊂)
    ./  | l   |-┬-|  l |     こういうの、誰か倒れる迄
   /    \   `ー'´   /      長々とやるもんじゃねえのかっていうwww」
  (              \
  \_ |            \
   (_) ̄ ̄\     /    |
    ) ししし |\ /     /
    (_⊃\   \   /
                                                    ___
                                                /      \
                                               /ノ  \   u. \
                                             / (●)  (●)    \
                  「どんな魔校長がいた所だったんですか   |    __´___    u.    |
                      あなたの学校は……」              \ u. `ー'´       /
                                              ノ           \


とてもシンプルで、簡素な内容に、でっていうからのブーイングが飛ぶ。

208 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:56:36 ID:???0

       , -┴==――-  .. _        〉
.    //´             、 、 /
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i  「こういうの長いと嫌われるからね。
      ヽ{   `     u. ノ   / /   僕は良い判断だったと思うよ」
       八   ´`     ー=イ  fl /
      ハ\     ...::::::|  jハ{
        \{` ー‐、.:::::::::::| /.
           `    」::::::/j /\
          /x=く  ´ _f〜、
         f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ〜
                                      ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______________________/ ∨
                 ...--...
               ィ´:::;::::::::::ヽ`:.、
             /::::/::::イ:::}:::::',::::.
               |:::/:::イ从::リ::::::i:::::       x ‐≠‐ 、   「それでは引き続いて、
               {:{i:/tッ从l{tッYrv::!      〈.1     }
                 Ⅵ! 丶   ,リ.ノ:::!       乂   {     本大隊の応援団長であり、
                从 v ァ   イ::i:リ         ドー==1    大隊構想を提案し、実現させてくれた方。
                丶 _イィ ̄.ゝ-―...、    l........... l
                   _汽 /../......./´.......`ヽ l............ l    1720小隊の、水銀燈さんから一言です」
                  _ノ/ 7..く........../...........⌒ニ=!..............l
                 //_| /........〉......{.........../.../... !...............l
               /..../ニ| !......./..........',.........{....{.....∧......... /
            7.../ニ| !...../..{...........′...丶.乂.....丶_/
            /..∧ニ| !.../.....乂..........`....厂 ̄  ̄    ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             i...′ 寸 !./......................... /       / ∨
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

だが続いたライトのブッコミに、でっていう達は手を打って喝采の声を上げ、
雪華綺晶が、痙攣しながら悲鳴を上げる。


 ヽ,,,...__ ,,人 メ     !  ',    ヽ::   ',:: ヽ
 /::::::.7 iヽ\ ゝ    l   ',       ',:::  ',:: ',
 :::::::::::/ |:::∨ \   l',   ',::    ハ:::  i::  ',
 :::::::::/ |:::∨  \  i:::',  ;斗匕  ハ .,:::: l::  ',
 .  / ; |::;::∨ ゚ 。i  i:::::',/; ',:::ヽ  il|l|',::::人...,,リ
  /  ; .| ,' :::::\  i  i/',::::; ヾ从从il|l|l|VY⌒フ    人人人人人人人人人人人人人
 :::∨ ; / ,'   ::::\i ハl|l|l|ヾ;_,.ィ7テ爪l|l|l|l|ゝr'´_フ
 :::::∨ / .,′   ::ヽ ヽ、ハ    ゝ.弋リ,,   `ー┐    え"え"え"え"え"え"え"!?
 :::::::∨ ;      ::::\ ヽハヾ             !
     ,'    : ::::/:  :i J               /     ぶえ"!?ぶえ"え"え"え"!?
     ,'    .::: :::/.::  :|_,           r フ/ 
     ,'    .::: :::/ :::  :|(_,r'⌒ヽ、      /      VVVVVVVVVVVVVVVVVVV
    ,'    .:: :::/ ::/: ,ノ ,、 \ 丿ゝ_....._ノ 
   ,'    .::: :::/ ::// :|/: : ヽ、乂 ̄)
   ,'    .::: :::/ ::// :/: : : : ::.: : : ::.\ゝ
  ,'   .:::: :::/ ::// :/゙ : ..: : : ::.: ::: : くゝ

209 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:57:17 ID:???0

         _____
       .  .´ -―  ´ ̄ ̄\
     // ./: .   .     ヽ-、
.  /   /: : : . : . : : .  : : :: .  ヽ
  / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ
. / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ
/イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|
 i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
 ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八
  〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/
.   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´     「落ち着いてきらきー。
   iイヘ .u   _    ̄//./
   |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´        驚きすぎて女の子が出しちゃいけない
   .へ-く  \  _  イ:从         声を出してますよ。ウシガエル的な」
__/  ヽ \   /   "
 ヽ    ヽ ハ  ハ
  ヽ    V ハ / ハ
    、   ∨7 i. |



       ,. <,ィ //、、__                 〃/ |\
   ,. <   // //  `==ニ二´       `二ニ==彳/ 仆、\
 ∠ ___/ / /,′                l         |l /l | \〉
/       厶∨    |     l  |     | l|  、 |   |/ l| ∧  ヽ\
        / l ,    l    |  |    l  |  | |  l l l |ヽ.  \\     「で、でもハルヒさん……
         /  | /   | , | `ヽ、 |    l  l  | |   | | l| l |   \\
.        /  | |l | l | | l   |l \!    |  l  | |   ! | l| l |      ヽ ヽ   お姉さまは基本的にやらかしまくられるお方ですので、
       /  /||l | |l l l | _j.Lゝ‐|\   ハ ∧ / l  / , j |l/|      l |.   .こんな公衆の面前で喋らせたら……
‐- 、  /  /  | ト、 | l斗七i !| 」{ |l  \/ 厶斗‐メ、/!l / / / {     | |
 ̄ヽ冫, ′, ′ ヽ! Nト|ィ==弐ゞ、 ヘ リr¬〒ryfz-{ |/レヘ j  \     l |   ああ……醜態を晒して
 //  ,    /  レ∧ ヽ {!}ヾ:::::::::∨ Vヘ{(f卮}_) 〉ト、   ヽ  ヽ、 / /   お姉様が笑いものになる姿が目に浮かびます……
´/  /    ,′ 八rヘ. 。ゞニ- ::::::::::::::::::∨ ゞミYシ/ハ !`丶、 \  ∨ /
  /     /  /> 、_〉            `ー…く /_/ヽ、 \  \ `ヽ、   私は、震えが止まりません……」
 '′     /  / ,   ∧       l    、_ノ/´ヽ   `、  `、  丶   l
  ___ /  / ,′  / rへ、u  rー-―ュ   / 〉 l|   l   丶  }  |
 ̄: : : : : :.: ̄`丶、/   / /しヘこ> 、 ` ̄ ̄ r〜'⌒r勹 l|    l|       /   |
: : : : : : : : : : : : : : \ /  \: : : : : : : >‐</⌒Y´: :/  |     |     〈  ∧



        /:/. : : :/: /. : : /. : : : : : :}/∧: : : : : :ヽ: : :ヽ : .
      /′: : /: /.: ://. : : : : : / }//∧ : : : : : : : : : : : :
     〃/. : : : : :/. :/ /. : : : : :, : :/    !: : : : : : }: : : :}: :}
     { {: : : : i :_i:_/__〃: : 、 /}: /    |i : : : : : : : : :ノ:/
        .: : : :| : :_zミ{: : : / ̄厂 ̄ ̄` }li : : //-ミ : :/
       ヽ: :八:.:¨f 竓: :/   ノ 乍云心_川 : /// } /    (この子水銀燈さんを尊敬してるのか見下してるのか
        )ヘ: :): :}乂圦(      乂弍ヅ/ノ //ヽ /(      どっちなんだろう……)
            }人:.爻   ノ        厶イ/ノ イ∧ヽ
           八 く             イー彡ヘ( } ^ヽ
              { r/ ヽ、__      .u /  /   /
           / /\ ) ̄`         /   /′     <新ジャンル?
           /   ̄ ̄ 〕 ゝ--<    /   /
            {    ̄ ̄¨〕   /7∧ /   /  /
            {    ̄ ̄_〕  / // /〉.   /   /

210 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:57:34 ID:???0

                 ___ __
            _,,=≦≠=‐- .,_,_   ̄  ‐- .
          . <   _、l∠       `ヽ,      \
         /⌒_,_,_,_,7∧,_,_    \|/ \       \
        厶'^: : : : : : : : : : : : :`':┐_ /!ヽ.   \       \
.     /; : / : : : /: : : : : : : ': : : : :丶_ _V  ,       \
     /: /: /: : : :/.: : : : : : : : : :}: : : : : : :\「` ′         丶
.  /: イ: /: : : :/′: : : : : : : : : : }: : : : : : : : : : .,  {,      __/
  // .: .:′.: :〃.: : : : : : ; : }: : :,′: : : :,: : : : : : ′ }   厶. :ヘ
 {{   |: i : : :/,:′: : : : :'/: /: : ∧: : : : : }: : : : : :{※} /:\ : : .
    |: i : ://{: ‐:-: /ア; : :/  \: : : }: : : : : : :} l /: : : :丶{   (水銀燈……晴れ舞台ですよ!
    |: i : j:{_j厶ィく / //` ‐- ,,X_/: : : : : : .′厂: : : : : : : :,
     : {.:∧ハ V)ソ` / f斧≧=-ァ〃: : : :/: :/ ハ: : : : : : : : :′  頑張るですよ!)
     \:{ j乂,_         乂)ソ 狄′: : :イ:.:/※i}: : \: : : : : : : ' .
      { ⌒'ド  ′      __/.: : : :/厶'   {: : : : :\: : : : : : :\
         人   _    `ア=-‐ ' 厂(}   八: : : : : :丶: : : : : : :\
        厶 个  . `      . :    _} _V/: : :\: : : : : : : : : : : : : :.\
               ≧=‐-r f(く  _ <ス /i厂\: : :\: : : : : : :\: : : : : :\
            _八ヘ  j/_j厶 ´   / {_ /  _,,>rv┐:、: : : : : : : : : : : : : 丶
            」こ} ∧ 广7rト:\ }  { / ∠こrし'⌒\: : : : : : : : : : : : : : : :
             ]に}/ }{__//!| }ヾУ   }′,仁厂. . . . . . . ':. : : : : : : : : : : : : : :
           」に}v/八イ}=} {:{/   j' /こ´. . . . . . . . . . ∨: : : : : : : : : : : : :
            ]Ⅳ7i / /::八_} 7'_l/_ / f辷′ . . . . . . . . . . ′: : : : : : : : : : : :
            7′ }/::/}=} 7' /「 / fこノ. . . . . . . . . . . . . }: : : : :丶: : : : : : :



           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./   「翠星石は母の顔しないで」
       |::.::.::.:ゝ .u     ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ

211 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:58:17 ID:???0

ワナワナと体を震わせながら、マイクを受け取る水銀燈。


       /イ                   \::::::.ヽ
     ;./:/          l          \::::lL __
   . ; 〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉
      |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\;
  ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉;       「ライト……あんたって子は……」
  く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |¦リ.ハ\ヽ\ 、
    ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィヘ\
.  〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:| \>イ
.    ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i     u / / l \ >‐一< /   ワナワナ
       l:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\  ;
      .; レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\ ;
    . ;/.:::::::::::::::::::l l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|
.     シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::/
.   /..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{
  | :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ
.  ヘ :::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(



小隊長達が呆れた半笑いを見せる中、回避不可能なブッコミをしたライトは、
実にイキイキとした顔で水銀燈を囃し立てた。


.       レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ
.         /イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハl
       jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`y
       l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;
        ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',    「お嬢様知ってます?wwww
        |ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ
.         ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!      宴会芸って恥ずかしがってやると
          ',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノ       超寒いんですよwwww
.           ',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj
          '、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!       さ、覚悟決めてGOGOwwwww」
.            |.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ!
.            レl', t、::`::--イ::::/  l>y、
.         イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_



           _rxvxvxvxャ―- 、
          ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、 :'
      ':rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::ノ レヽ>、ヽ
     _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z:::⌒:.:::.:::圦ハ  :'
  ': /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l| :'
   `7/ // ll )レ |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》     「覚えてなさいよアンタ………
': /丁7 l| l l| ⌒ | |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!       いつか必ず……
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j :'   いつか必ずひどい目見せてやるからね!!」
':  //lハト、ヽ f--tミ ::::::::::: f‐‐ア彡 '/// l |! | |
   /// 7∧ヽハ .゙==' :::::::::::::::ゝ=‐' //ハ /! j l | | :'
  〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |
  ″{ { ,' // |l ヽ、  f⌒ヽ   /// ハ | | | ト、 , =彡
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、 、___ノ , イ // ,l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三
  '⌒V:.:.:.:.{ l {:.:.:.:\ <ヽ:.:.jj:.:.:.:./ //ノ:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三

212 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:58:32 ID:gPlhYsao0
愛されてるなあ銀ちゃんw

213 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:58:39 ID:???0

                                                     ____
                                                   /      \
                                                       / \    / \
                                                /   (ー)三(ー)  \
                  (現在進行形で酷い目見せられているんじゃ。    |      (__人__) u   .|
                   ……というのは、言わないでおくお)         \     `⌒´    ,/
                                                /     ー‐    \
      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)   「そうはいうけど銀ちゃん、
. |  ///(__人__)    割と今でもライトに酷い目見せてるよなwww」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  / ̄ ̄\ ,,_人、ノヽ
.  ヽ        } / ヽ,,,)ii(,,, )ヽ    (
   ヽ     ノ  | (>- <       >
⊂ヽ γ    く  .|   (__人__)     て
i !l ノ ノ    |  .| il´ |r┬/^⌒`Y´^\  「痛ッ!痛ッ!
⊂cノ´|     |ミ .|!l ヾェェイ l! }        グーパンやめてっ!!」
          ミ ヽ      /
            .ヽ    /
           /⌒ヽゝ   <ノ~⌒ヽ
        ミl             |



                -‐   ̄ ̄ ̄    、
             イ   ハ  l              、
           ∠∠、  /| |  | {         ヽ\
         __ ィ≠¬:::i l /ート l  l ヽ  \        '. \
        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、///          、 ヽ'_ヘ /  / /| |  「うっさいわねやったりゃいいんでしょ!
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、    ./// ハ ノ }     ミクちゃん!マイクスイッチ入れて!」
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l


水銀燈は、ほんの少しだけ考えこむ素振りを見せた後、
度胸良く、マイクを口に持っていく。

214 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:58:57 ID:???0

 ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
 三                           三
 三  ご紹介に預かりました水銀燈です  三
 三                           三
 /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ


                  ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                  三                                         三
                  三  今日は、応援団長として、精一杯皆を応援させて頂きます  三
                  三                                         三
                  /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ






   ,,;;;-''^"""`;;;:,,,,
    ''''''''''  ''''''''
      /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    /  |     ,.-―=-、  |    ,,;;;'''''`ー;
   /   |    /   |  `;. |   ""`'' ;;;;;;''''''
 /     |    l   \ l. |
        |    `、_  _,ノ' |――――――┐
        |       ̄~'    |   _ _ _ |
        |              |   | | .| | .| | .|


水銀燈の声が、マイクを伝い、皆に伝う。
声は、普段より少し落ち着いた、よそいきの声だった。

215 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:59:03 ID:vYCrAN3s0
母鳥の心境だ
よくぞここまで

216 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 00:59:25 ID:???0

             ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
             三                             三
             三  応援団長ねって言われて、               三
             三  応援って何だろうって考えたんですけど…… 三
             三                             三
             /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
     |      ,.  ' "´ ̄             /
   _ ⊥. '"´                 /
  〈           ,.   - ────く
   ',:::::.:.   ,  '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::;i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   ',::::::,  ".:i.:.:.:.:.:.:.:i .:.:.:.:.:.:.:./:|i::::::::::::::l::i:.:.:.',
    V:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.l.::::::::;::::/ハ:l:::::::::::.:|::|::.:.:.!
    !:.:.:.:.:.:.:.|::::i::::::::|.:::::/.://  i:l::::::::::: |::!:::::::!
    !::::::::::::::|:i::l::::::::|:フナナ'ー l:トヽく::::l::l:::ハ:|
    ヽ:::::::::::|:l::l::::::::レzr==ミ リ rzトV/l/    
     ヽ:::::::::|:|::ト、:::::l ヽトーイソ    ヒ1:::| ′    「あ、ヤバイ。きらきーの気持ちわかってきた。
      ヽ:::::|:|::l:::',::::',   ̄     ,' !:::|
       \ト、:ト、:';::::',.      _ _ /::::|       自分じゃないのに超緊張する。なんだこれ」
         ヽヽ::ト:;::::L_     ,..イ::::::::/
          ,r一ヽヽ::::|  ``7´ヽ:/1::/                ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
        ノ     \:::|ー‐介ヽ  l/                三                                 三
    _∠二ニヽ、.   ':;|  /:ハト、\                 三  あんまり上手い言葉が見つからなかったので、  .三
    厂 , '⌒ヽX、_   /:/i i::ト、 \                三  ガンパレード・マーチを私なりに翻訳した言葉を、 三
    / /.:.::::::::.:.ヽX_}、 l:/ i i:! l   fヘ                 三  皆に送らせて頂きます。                 三
    ヽ/.:.:::::::::::::::.:.ヽX_} l:l  i i」 l   fヘ}                 三                                三
                                      /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ



 ヽ,,,...__ ,,人 メ     !  ',    ヽ::   ',:: ヽ
 /::::::.7 iヽ\ ゝ    l   ',       ',:::  ',:: ',
 :::::::::::/ |:::∨ \   l',   ',::    ハ:::  i::  ',
 :::::::::/ |:::∨  \  i:::',  ;斗匕  ハ .,:::: l::  ',
 .  / ; |::;::∨ ゚ 。i  i:::::',/; ',:::ヽ  il|l|',::::人...,,リ
  /  ; .| ,' :::::\  i  i/',::::; ヾ从从il|l|l|VY⌒フ    人人人人人人人人人人人人人
 :::∨ ; / ,'   ::::\i ハl|l|l|ヾ;_,.ィ7テ爪l|l|l|l|ゝr'´_フ
 :::::∨ / .,′   ::ヽ ヽ、ハ    ゝ.弋リ,,   `ー┐    ぶえ"え"え"え"!!
 :::::::∨ ;      ::::\ ヽハヾ             !
     ,'    : ::::/:  :i J               /     ぶえ"!?ぶえ"え"え"え"!?
     ,'    .::: :::/.::  :|_,           r フ/ 
     ,'    .::: :::/ :::  :|(_,r'⌒ヽ、      /      VVVVVVVVVVVVVVVVVVV
    ,'    .:: :::/ ::/: ,ノ ,、 \ 丿ゝ_....._ノ 
   ,'    .::: :::/ ::// :|/: : ヽ、乂 ̄)           (訳:でしょ?わかりますでしょ?)
   ,'    .::: :::/ ::// :/: : : : ::.: : : ::.\ゝ
  ,'   .:::: :::/ ::// :/゙ : ..: : : ::.: ::: : くゝ


落ち着いた声は、余計に1720小隊の面々を不安がらせたが――

217 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 00:59:40 ID:gPlhYsao0
もう十分ひどい目に合ってるんですが、アンタのせいで >いつか必ずひどい目見せてやるからね!!

218 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:00:14 ID:???0

                          ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                          三                           三
                          三  貴方と私の未来を信じています。 .三
                          三  ホントに、みんなを応援してます。 三
                          三                           三
                          /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
  ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:|i\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:ハ:.:. |i _∨:.:.:.:.:.:.:.:.
 {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:j }:.:.リ´  ∨:.:.:..|:.:.|
 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|___∨:.| |::/ ィテ云ミ:.:.:.!Y:!
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:!テ云;/ .l/   辷ン |:.:.| }:|   「……そんな心配することないんじゃないですか?
  丶:.:.:.:.:.:.:| {r‐リ        И:イ:{
   \:rv:ハ.`"     、       ,:./     私なんかがやるより、ずっと上手いですよ?」
     \>:.、         /:.{
      `ヾ:...     ‐   イ/
           =-   / |{
            }ト    ∧、
           ノ| >xイ  }>-  _
.   -――― ≠  |   ///∧ .!    \>― -- 、
  /       /    ∨/∨///〉|\    〉     ハ
         〈.    ∧  〉//〈. !  \ /     |
  }        \  / ∧,////∧!    ̄ 7    |  |
           \ / ∧/////i!      /




                               ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                                 三                                            三
          _ ,、-―- 、_               三  この、最期の日を、皆で守れることを、祈ってます。  三
       , - ゙´       `ヽ、           三  だから今日みんなで、頑張りましょうね。以上です。  三
      , '            `ヽ、        三                                            三
     ,'               ヽ        /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
     i                 ',
     ノ          ノノ八 ,)  ヘ
     (     (( ノノ∠イ_ ノハ_リリソ
     `)     Y<;;::;;;;;:::;;;;`´;;;;;;;;;!ノ
     フ   ,ヘ |ヽ;;;::;;;;;:::/ヘ;;;;;;;ノ
     ヽ  {Kノ ゝ`'''ー''′ , 〉 i    「……流石だな隊長は。見事だ」
      ))  ヾト ヾ         /
     ラ ( (ノレ \   ´  ̄ /
    ,イルゝトミtr、. >  __/
   ノ::::::::::::::::/:.:.:.ヾクハ_入くヽヽ_,,、-ーー-.,、
,、-<::: ̄:`ヽ;/:.:.:.:.:.:.:.ヾtfー┬イ:.|ヽ;:ヽ:::::::::::/ヘ、
、:.:.:.:.:.:`ヽ;::/:.:`ヽ;.:.:.:.:.||:.:.:.:|.:.:|.::|トヽ:.:ヘ:::::/:.:.:.ヘ
:::ヽ:.:.:.:.:.:.:.y:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、;.li:.:.:.:i:.:.:!ノ`ヽゝ:.::∨:.:.:.:.:.:.:ヽ
;;;;;;ゝ-ー:':':′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イiー-十イ:.:..:.:.:.:.:.:.:.il!:.:.:.:.___ノ))


親の教育の賜物か。水銀燈は、滞り無く挨拶を締めくくった。

219 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:00:39 ID:1nl292nU0
あれ、きらきーってウシガエルみたいな声しか出せ無い縛りだっけ

220 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:01:11 ID:???0

         f::!:tz、   .- ― -、  ― - ..    ,-、
.          ゞKン ´     ̄`´ ̄     `ヽ f:!:リ
   ∠二二二斗ヲミ             ヽ X{:i7____
      7。/`7  ,'              ヘ ヽ. \三三》
    ///   .′/ ′  '  /    | li     :.  V。 \\
   //"    / .   !  .l| l|    | l| |    ハ l\メ゚|\\               人人人人人人人人人人人人人
 /∠ __  /  { 人| | l| l|    } l| |  l! ||ハ. |   ┌─z\\
 ` ̄ ̄/ / /   .i(._0)幺斗匕ヘ.   /ーn∩n l| l| .}八  |  >  \\       ぶえ"え"え"え"!!
     / / /   .: ⅥN テ≠ミx ヘ:. /「l::! ! .!! !/从lノ  ヽ ノ_,ゝ   \\
.    / / /   .:  lト、ヽ弋リ `  V .| !:| | .|| |^ヲ::. :.   \       \\    ぶえ"!ぶえ"!え"え"え"え"!?
   / / /   .:  /辷ヘ /l/l/l/l     !  /\! .!:-=ニつ   ヽ.        \
.  / / /   .:  /.:  ∧      .:i |/: . : . ∨:::::__:.      \           VVVVVVVVVVVVVVVVVVV
 / / /   .:  /.::   //7ュ    c-っ∨ . : . : ∧::`、_) :.____ヽ __
./ / /   .:  /.::   / { i /7> 、 ¨   ∨: . : .=x{_:_;才´ : : : : : :  ̄: :7/ヽ       (訳:良かった!怖かったです!)
「`ー――-. く_:   / .l l l ムニつ 厂| ̄「}: . : ; ´: >. .: : : : : : : : :_:ノ/: : ハ
{ハ: : : : : : : : : : `ヽ/ ̄l ' ' /7 .ム_/`コ}:ゝ、: . : . : . : . >‐. 、: : /: イ: : : : }
|ソ}_: : : : : : : : : : : : : : :|`ヽ、.} {Y∠斗イ: 〃:\: . : . : . : . : . ヾ>-、: : : : : /
ヽ:`ー、 : : : : : : : : : : : :.! : . ヽ|!ゞ’ス:;/: : :/ : : : \ : . : . : . : . ノ:>: : :`ーxz
 ∨: :ヽ: : : : : : : : : : :/ミ: . : ハ}く/: : : : : : : : : : : : \: . : . : ./: : : : : : : : : ヽ
  ∨: : :\: : : : : : :/: . : . : ノ勾}〉: : : : : : : : : : : : :.:\: . :/: : : : : : : : : : : :}



深々とお辞儀した水銀燈に、学兵からパラパラと拍手が上がり、緊張していた1720小隊の面々が、
ほうっと息を吐き出すが――

221 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:01:35 ID:???0
逆に一部面々は、つまらなそうに口すぼめる。


             ,.. r ァ,r ' " ' ‐-,-,,... 、,,
         ,, -'ノ´        ´       `ヽ、
       / ´                `~' ‐-、_
.      ,. /                      ' 、 ヽ
     /!ノ              、  、      `ヽ、
     l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
   l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
.    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
     !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | !   「……んー。
     ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'    らしくないっちゃ、らしくないよね」
      1 ヽ、ー'l. ヽ                /
      ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /
          ヽ ヾ {.           -      /
          ` 、..,,_ノ              /
           ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ
           |         lニ二キ'f´ニl |
           |        |    !. ! !. |. |

   /ノYヽヽ
   /(0)(0):::ヽ
 ./ ⌒`´⌒ ::\  
 | )ノ(、_, )ヽ, (::::|    (普通だっていう……)
 |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|  
 \ `ニニ´ ::::/                         ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
 /`ー---―´\                         三                           三
                                    三  ――あ!そうだ。もう1ついいかしら!  三
                                    三                           三
          ___                       /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
        /     \
      / ノ    ヽ \   「こう、なんと言いますか……
    /   (●)  (●)  \
     |       ´      |  隊長に期待するのは
    \      ⌒     /  ニュースキャスターじゃなくてドリフなんで――」
     ノ           \

222 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:01:49 ID:???0

――が、一拍置いて発せられた水銀燈の一言で、
口をすぼめた小隊員等が喝采を上げ、無事を祈っていた小隊員の頬が引きつる。


           ,.、、 -‐― ヽー- 、._
       ,r 'ニ´        `    \ 、
     ,. ‐´                ヾ\
    /,.        ,              ヽ、
.   ,-'      i.   {    i   i           } 、
  /´     ノ ,/  ノ ! /l,  イ ,        l、
  | , {  イ{  ハ ィ´ '´ _,.‐'" ヽヽリ           |
  レ|  ヽ-,'‐-:、' ヾ   ",. ==、_ ヽ,         リ,
.  / ーr' " ,= ノ       :::::::  ヾ、 i,.-、   /ノ
  i、!  | ::::: l´゙           〈`  | ,j i   ヽ   「ほらぁ!
  ヾ  |   ヽ`..>      _,     ノ,  l ゞ! |  }    やっぱ隊長はこうじゃないと!」
   \|    、-‐ ' ´  ̄  !    丶! ノじ ノ  ノ
.      i    丶      /       丶‐'゙   l'
     丶    ヽ  "´/      ー'゙,ノ  ノ
        ヽ     `ー ´        ヽ,_,ノ/
        \     -    ,       | ´
         `丶、_ ,. '´ ―--- ⊥、
          r ' _]、,-一' ┐        l
          | ├「| 「 ̄´|       |



           /ニY二ヽ
          /( ゚ )( ゚ )ヽ    「ktkrっていうwwww」
        /⌒`´⌒   \
        |      (-、  |
  ,-ゝ、    ヽ___ノ  |  ト- :、
 /'´ミ)ゝ^)   | |r┬ー|  l ,/;;;;;;;;;;;;`゙
 ト、つノ,ノ   ∧ l | /  //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                            r‐- 、 /        `ヽ
  i _,,.:イ  レ''";;;;;ヾ二,-;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                       |   \     .:.:.:.:.::::.\
  ヽ  ゙v'′ ,:;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                        ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
   ヽ  ゙':く´ ;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                        /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
   ヽ   ヾハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                       /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/
    t    `^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                        |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/
                                                l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \
                                                 _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
         ,___                                l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´
       /     \                               }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./
      /  \   /\   「流石隊長!                      ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
    /   ( ●)  (●) \  自分の仕事を解ってますね!」            ] 」/_⊥_     (あ……僕、
    |       ___'___    |                             <77´     `ヽ    こいつらの気持ちもわかるや)
    \       |il!|!il|  / l!|                               リ/  ,r─‐- 、ハ
     /     `ー'    \ |i                            //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!
   /          ヽ !l ヽi                           //  ,fソ.::::i::::::::::::::::::ヽ
   (   丶- 、       しE |                             //  ,fソ.::::::::::::::::::::::::::::.l
    `ー、_ノ      ∑ l、E ノ


彼ら、1720小隊一部の人間の期待に答えるように――

223 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:02:17 ID:???0

水銀燈は、一撃で場の雰囲気を凍らせた。

                                      ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______________________/ ∨
             /rア.::::::::::芸云芸=ミx:::.ヽ_
            ' f7.::::_j厂       艾::::V{
           .′f7.::_j{., // /       ハ艾:ハ
          {{二}/_j{ / // /  ' /// /,  } iハ:}    「私、ガンパレード・マーチって曲。
            ;ffく{i{〉.:{:{芹ミメ、/ /// // /|| :}!
         /イハ{≫ iハ.r=ミ心/// /厶斗リ/ !介     初めて聞いた時から気に入らなかったの」
.         / :{i{ハ从|{杙 {r::リ^  }イ云zx才 .从{
         /  :}i}  i:八乂 , , ,     弋fリイ /イ:i:}
.         / /      | :八    _ ′'' ' 彡イ{:リ |乂 . イ
.      / / /  /, |{从\    `  イ ハi :i|{  ': :/才=ーァ
     ー-=ミ`ヾメ.  从i:乂 }:≧=-<(/ /, /‐-ミ 八ノ. : : : : : : : : :`ー-ミ
   才 ̄. : : : : : :ハ __ハ 辷刈り.:::::jア.//.:.:.:.:.:.∨. : : : : : : : : : : : : : `ヾ
  ≧=ー. : : : : : : : /.:.:.:.:ア/八{i{.:.:.:乂 /イ.:.:.:.:.:.:.. ∨. : : : : : : : : : : : :`ヾミ
  7. : : : : : :-‐. : : }.:.:.:r弌x__  _ ̄乂{{/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ: : : : : : : : : : `ヾー-弍
  ⌒7. : :ィ : : :乂イ.:}:/i  fr爻ィ⌒} .く.:.:.:.:.:_彡.:.:.:.:}乂: : : : : :\: : :.乂
.   /才f. ; 彳( {.:.:.:/.:{    ⌒} , ノ }.:ー-.:.:.:.:.:._彡'  \ : : : : : \(
     }/  }//.:.:.:{:.:.乂  ____  .才゛.:.:.:.xf斗く  ! i {` \(⌒ヾハ  .∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.        />'"´才ーァーf.:.:.:>‐-ミ.:_//{/{iメ ' i:| ハ         / ∨
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   _,,.....,,_  _,,.....,,_
               ,.        `´    ``丶、
.            /                     \
.           ,:′                  \`             / : :/.: .: .: .: : : : :/.: : : : : : : :
          /       /                   `             厶イ : : / : : : : : : /.:. .:.|: : : : : :
                 /                  ,               |: : /{:. :. : : : :∧:.:.:. |:.:.|: : : :
           ;      ′ /  | !   '.        |l |                |: /八:. : : : :/ | ゚。 : |:.:.|: : : :
.        !     l  ./  /| `、  `、    | |l |                |/  .\ : / l l | ゚:.∧:.| :/: :
.         ‘,   x‐| /_/‐|‐-_|\_____\-─」_|リ                      |ll∨.l l l l ノ'  '.|/: : :
         ∨ l|{¨|  レ'^テ宏㍉    xfモ㍉- ,゙ ̄}                  ,ノ      u.   /: : : :
         /  八 |  |\ Vソ      Vソ_ノ ∧`く               /         u/: : /|
           /  /  `'|  |        ,     / /ハ, \\            {     へ、u.   厶イ  :|
.         . ′ /    .|  |l、u  _  _    ,:' /{Y}  \,>           `¨´   ‘,       .ノ
       /   ′    |  l|l\ / //`>、/ ′∨ヽ、                         ‘,     _,,.
     /  /       |l  l|l7L_|/ ::::::::::: /〉l l   \ノ\                       ‘, /   `
   /  /    ,_ -ニl|l  l|   |:::::::::::::::::: /`l |、    \ノ\                    /
 /  /       \ニニl|l  l/7ニニ7=- ./二l !\     \ノ\                  ∠/
   /      . -─‐\ l|l //ニニ/.ニニ\ 八 ‘,/       \ノ\              /
 /      /ニ二\ /ニl|l//ニニ/ニ二二∧.ニ\\_       \ノ\              /

224 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:02:47 ID:???0

凍てついた理由は様々だ。怒りであったり、白けであったり、疑問であったりと、人それぞれだ。
ただ、その凍てついた空気の中を物ともせず、ひとりごちるように彼女は喋る。


                     _、、
                ,.. -:':´..({ヒrソ).、
                   /:.:. ,. --ー ヽ'、ヽ
             /:.:.:.: /     、 \ ヽ
               ,イ:.:. /     ',  `,     、
           / i:.:./  N、ト、  i  i }  ; ',
            / i:.:i  卞テみx、i ノ メ ,.イ リ    「この曲をとても大切にしている人が沢山いるって聞いた後も、
          / /什i::} ゝ ゞシ `ヽ}イ,ィだチソ ノ     どうしても何かが引っかかっていたの。
         /  ,{:{」ムΛヽゝ、     ゞ"オ_ ィ
        /  / `;‐i::「 ミニ=-   ′ ハト、{       .それがなんでだろうって、ずっと考えていたのだけれど、
      /  /  l::l::l  ∧\r,、 ´ ' , イ } ', `,     .昨日、ようやく解ったの」
    /    / >┴<ハ `ヤ| トュ,≦ j,ノ_イ i i
   /     /..:::::::::::::..ヽ}   }.j LrYハ<:.ノ,イ ,'
 /     / .:::::::::::::::::::::.∧  f ‐‐} >〉 yア::::. V
/      / .::::::::::::::::::::::::::.∧ ノj こ}⌒⌒Y:::::::.. ヽ



そして、童女が疑問に思ったことを、そのまま口に出したような口調で、彼女は問うた。



/>-'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー-、\
/ x‐^=^=^=^=^=^=^=^ーx \
〆                 \ハ
  |    |     | |    l  ヽ  、ハ
  |  ||     | |    |   |  l l
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿    「私達は別に、戦うために生まれてきて――ないわよね?」
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \∨
\ l                   / / l | | /{ //
  l\        '      //´ / ,   ^///
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..` 、
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: .\
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: .\
::.::l   |》  \/イ ハヽ_ノ丿! /l::.::...\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ

225 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:02:52 ID:1nl292nU0
すいぎんとう の いちげき!
ばは いてついた!

226 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:03:07 ID:LQGv45is0
野郎・・・タブーに触れやがった・・・

227 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:03:13 ID:???0

シン、とした空気の中で、ギャル夫が小さく頷いた。


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ
   レ § u (__人__)   |ノ  ノノ
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|

                                                   〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                                  ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                                                  /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                                  i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                             .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                                  t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t
                                                  i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                                             .      ヽ、U 'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                             .      ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                                     i  tー'--,ノ / ,r'
                                                    ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                                                 , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -



モヒカンは固まったように動かなくなり、
キル夫が、遠くに見える水銀燈を、じっと見つめる。


..      ____
     /     \
.  . /  (●)  (●)   ……
  /  (トェェェェェェェェイ)\
  |    \ェェェェェ/  |
.  \           /
.   ノ          \
 /´             ヽ

228 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:03:29 ID:gPlhYsao0
やっぱこうでないとなw

229 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:03:51 ID:???0

反応は、人それぞれだったし、ガンパレは、みんなが大切にしている曲だ。
故に、好意的な態度など少なかったかもしれない。


,:',:',:',:',:'ミ                              / /i! ! ,彡' ミ,:',:',:',:',彡,:',:',:',:',:',:,;'',;''
,:',:',:',:'';;'ミ                                 / /|  | |ィハ彡,:'彡',:',:',:',:'彡,:',:',:',:',:',:',:,;'',;'';;;
ミノ彡レミ"                          / ∠| ,|  |=彡,:',:',:'彡,:',:',:',:'_ノ,:',:',:',:',:',:',;'',;'''川
,:',:',;'';;';'ミ                          / ,/||/レ'彡',:',:',:',:',:'彡',:',:'彡メ,:',:',:',:',:',:',:',:;;彡'ム
.ヘ从彡^                           / |∠/|l/,:'彡',:',:',:'ミゞ',:',:',:',:',:'ィ'爻'从,:',:',;'',';';;;;',;'''
゙\ |                           / ,/|/|  彡,:',:',:'彡,:',:',:',:'_ノ,:',:',:',:',:',:',;'',;'''川ゞミ=ィ刈
\| |                           / |∠/レ ノ_ノリ彡',,;'',;'',;''ノ从从乂从 人ノ,:',:',:',:',:',:'爻'从
\| |                     / /| |/  z=:'彡',:',:',:'ミゞ',:',:',:',:',:'ィ'爻'从,:',:',;'',';':',:',:',:',:',:',:',:,:,;
゙\ |                     / /| | | z=彡,:',:''ミ三彡,:',:',:',:'ノノ_ノリ彡',,;'',;'',;''ノ从从乂从 人
\| |                     / /|__,|ミメソ,:',:',,ィ三彡,:',:',:',:',:',:',:',:',;'',;''',;'',;''乂彡''' "_ ,:;;;:.ィ''「||!|亥
____|____________l∠≦z=彡爻,:',:'彡,:',:'彡',:',:',,;'',;'',;'',;'',;''彡从.'''"::;_,.,,:x彡災炎メ|l||l|乂
|                      彡ミ三彡,:',:'彡,,;'',仆ミ彡彡从レ''"_,: ;. -''"≦爻爻炎爻メ|!|||爻
| ┌―‐┬‐―┐ ┌―‐┬‐―┐ ┌ミ三彡ノ,:',:'彳,:',:',:'ミ L. -''';;:::_,..:-'''.ニニニニニニニニニニニニニニ|}|||ニ
| |_____|_____|,  ゙|_____|_____|  |__ミニ彡州く彡介ミ_,.-'汀ノ乂爻乂爻乂丈苅:艾艾艾艾|l|l|チ
|_______________ __.ミ三彡ル行个ーWyv;|;||==============|l!ニ='lV"‐十|j|!||
 ____  冂―――――‐冂 __ ___  | ||| | __ |l||.__. |:::| | |__lL.|l|  | |.-‐十||||| |
 |___||___| | ||ノ从、    ノ|| | |___||___| | ||| | |___l.|l||_||__| |:::| | |__|L.|i|  | |.-‐十|l|{lレ'
 |___||___| | ||ミ从ミ    ,从|| | |___||___| |_ |ll!...| |___l.|lll_||__| |:::| | |__|L.|!|  〔[[[[[[[「|!||l|L
(;:: ));; .)::..|(:; )ゞ.||^ll~゙‐ --‐'~'゛'|| |,,(;;:((;;: ;: ): ),.,.,|,,;|ii|,, |..,., ,.,.,, |ll|,..,.,,.,  |:::|..~ ̄ ̄|l|, ,:仼王仁|l|l |゙
.;.: : Xx+ (: ヾ)|,,」l─‐ ‐-- ― .!! l ((;: ,::(;::.:;:));;)) .|il!)::; :)::ゞ );)|!l|ヾ);;))ゞ_ロ」(ヾ)ゞ);.|l|;) (;;((ソ;; (:(:|l!l||;)
,.,..(;; );;);;) ll/            .\\.エエ((;::.:;:.::;:.::::|il|;;:));::;ヾ;)::;|!l|;;):)リ::))三(::(:;:.:);:.;|l|::(:;::;:;((;::;( |;l|!|::)
;;);)));llレl/                 \\{工工工工|il|工工工工|l||工工]}___iエエエエエ|l|r┬┬┬┬|l||l|‐
:::)::ゞl/                   .\\     |l!|. . . . . . . ..|||l|,.「~¨¬ニ二l===゙┴┴┴┴┴|j||l|‐
王lレ'                       \,\    "^ : : : : : : : |l||: : : . . . ...||__| ̄| ̄丁ミlニニニ|}|{}|
/                       \ \           |il:l: : : : : : : : : : : : : ̄~ ::| |   |: |:i|l;|
                          \ \      "^"  : : : : : : : : : : : : : :. `└‐‐┘|jl|;i|
                                \ \     . : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::|||:}:|
                  .. .  .  . ..,. .. . . : ::. .:.: :.:: .\  ヽ      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.j川l|、

けど、その時確かに、皆が水銀燈の言葉に聞き入った。

230 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:03:59 ID:gi.EwDC20
キル夫はそうじゃねえからな

231 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:04:09 ID:gPlhYsao0
キル夫の反応がなんか切ないな

232 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:04:13 ID:???0

水銀燈は、語気を強めた。
強めた、というよりも、内に溜まった不満が、勝手に言葉をそう変えているようでもあった。



                    -‐,コf7{{辷fリノヘ,
                  /  __{仏:'/:`¨:^三≧,
                   /:7://:::::::_:_彡'^¨⌒丶
                   /    }:厶:/::∠}厂     \ \
               /  ____」水くフノ^´  .′    丶  . 、
                 /  /::/ 7::/∧:}   /, //! .     . }  l i
             /   \V介{:し:ノ |十-Li     j/ }  ハ|
               /    // |:トf    |i_」土z,\ ァィ/ / }
           //   // i |:| 丶  个i、 炒`  '仞/}}j/
  ‐= _     /    〈/   l |:|   `ト .   \    〉i{ {{
     ̄≧=-く 、         八l」  l八 `¨⌒ _, イ八}}=-‐    「自分がなんで生まれてきたのか。
 ___,≧ニニニ≧x )\ // ヘ  个ヘL_   ´/厶'′
二ニニニニニニニニニニ≧x彡'ヘ   「¨::7了f千{≦=―-       そんな大事な事を私、人から言われたくないの。
   _厶三ニニニニニ>=≦ヘ乙1  |:::/r介ハi| トく,⌒´. 
_ -=ニ=‐ァ=ニニニニ/::::::::::::::::::\)  l⌒レfじヘ |i:::::マ⌒ー ァ      人から、それが大事だって言われたことを、
ニ=-_厂/ニニニニ/ ::::::::::::::::::::::::::::ヽ, |  〈∧〉}八:::::\^´       皆に信じて欲しくないの」
// _,厶イ/ニ>'::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ八/丁「/f刈〉::::::::〉
′_彡 7/八lト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヘ, 〉/ /`辷八::::::/
〃    / j八::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉:::\ {  {  }}:::{
  /       介x:::::::::::::::::::::::::::::::;/:::::::::::::マハ_ } {じく\




          〈/ /   /   /  イ /          |          |:::レ::∧/ |
          / /   /   / / l ′          ;    ,    |ヾ イ / /
        ′/   ,,   l  | | |           / .′   /   l |、}:::K ∧ /
          | /| ″ l | | | |       / /    /     ト、::ノ //
          |'  | |l   |`ト、l | | |         / /    /    / | |:| ´  /
        /l   | ||   |⊥ 〕ト、l |      / 〃   /′   , ′|l:|  /.::
ヽ   /  /|ハ  l|ヾ汀トミメヘ     /// ∠ _/___/   , jノイ::::::::::
 \/   /   |′ヘ  | 、ヽゞソヾヽ / 斗≦三..,,/ -‐' /   / ′:::::::::/
\ \/    |   ヽ.|  `         〝{ リ ノ厂>/     ' /.::::::::∠      「そういうのは……
_\ \ \   !   \     /       `¬彡 , ′ /  ∧.::::::::::::::      自分だけのモノのはずよ!」
:::::.\}:.、__\ \/|    |ヽ    ゙          / /   ∧|::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::.\ \l     |/ \   r=-_、     ∠ イ     /.:::| |::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧    | }\\ 辷ー'     ィ:::::/     '.:::::::| |\:::::::::
::::::::::::/ ̄ 二ニニィヘ.   l /.::::.\丶_ -‐ 7´:::::|:::/   イ::::::::::::|/.::::.\:::
:::::::::/ /.::::::::::::::::::::::::::::.\ '、:::::::::::::`ー >┬くニニУ  /.::l::::::::::::::::::::::::::>\
::::::/ /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::::::::::::/ィ:TT:ト、ヾ  ' /ヘ::::::|::::::::::::::::::::/   /
:::/ /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\:::/.:/.::|::| |::| / /   |:::::l|::::=ニ二´ イ/
/ /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\〈::〈 :: |::| / へ.\   |:::::||::::::::::::::::::::/
 /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:: | ヾ 二ノ |::|   \\ \:||::::::::::::::/{
./ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |::::|      |::|    \\ 「 ̄|::::::::::イ 〕


ただその口調は、よそいきの声を使った言葉より、随分彼女らしくあったかもしれない。

233 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:04:36 ID:EOTgBJAM0
「くそったれ、やってやるさ」

234 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:05:19 ID:???0



          仄いrく艾艾艾艾癶、
         r巛Uj〉j〉j〉::::::::::::::::::::辷う、   、
.        nrnrnrnrnrnrn:::::::::::::::::::辷う、   \
     /乂乂乂乂乂乂乂nrn:::::::::::::::辷う、   ヽ
   / ̄          乂乂nrn::::::::::辷う、
             \        乂乂n::::::::::rう)、
/               :.\   \    乂n:::::::::rう)     ′          「勿論戦いに赴くために、心がけとして
  i      : :   ::::::. ヽ  :.\     乂辷辷く     ′        この歌を信じている人も知っているわ。
  ::|:.  ¦  :...:|....: i :::|   _}L.:.      艾艾艾\    
  ::|:: |:::::l|:.. . .::::::|:: 斗r七'     |l ¦   Y⌒Y^  \   |        そんな事考えたくもないけど……
  ::|:: |:: 八:::::::::::::|l::l::| 〕斗ぅ弌7. |l  |:   V⌒ト、 \\ |
: |:八:. 、:::: ヽ :::::::八乂{ア乂`ーク  |l  ハ:.   |   |l \ \\         背後に避難が遅れた保育園でもあったなら、
: |::::: \\⌒\/     ''¨゛´   八Λ|:: | |:) 八.   \ |           私も、戦うために生まれてきたと言い切って……
八::::::::::|\ 托笊!           ./ .:/ ..:|:: ハ! ,.:代_____\__
:. \ : |\\`ー1          //〉..:/|. / 「 ::|l   |.    )    )    .小隊の皆に、死守を命じなきゃいけないかもしれない」
\  丿:::::ヽヽ込、         //  ′/  :|l   |   (
  \   乂__込、    _ ー      ./  /   |l   ト、
.    (  |:l \ \         ./  /:/... 八|:  |:::\
     \|:l:: |:ハ  ヽ     イ..::/  /:/   /|:: |:  |:::::::::\
       |:l:: |:: |: |: 个ヲ 厂 ハ/  厶仏:::/^|:: | . ├――=ミ
       |:l:: |:: |: |: | ノ/: 厂\彡く/|..../: : |:: |:  |
       |:l:: |:: |: |: |}/  厂 ̄ ,ィ__八/: : : |:: |:  |

235 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:05:34 ID:???0

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |
 ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 三                             三::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 三  けど今日はそういう日じゃないの。  三:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 三                             三::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::       .::::::::::::::.::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::     .:::::::::::::.::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::\               /
 :::::::::::::::::::::::::::::::: ..    |   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::  \      /   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::_::::::::::    ◯      ―.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
 ::::::::::::::::::::::::::::::....  .          ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::  : /      \ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,,,,,,,,,,,,
 :::::::::::::::::::::::::. ::::  ../.....     ......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゛     .'
  ''-、::::::::.,::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ..
   .ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::: ::    ..
    ゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,"  ゙゛           .: .
    ,.、,,、:::::::::::::::::::::::::::::′:::::::::ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
      . '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::三                          三
        .''''、::::::::::::::::::::::::::::::::三  今日はようやく訪れた……         三
              ヽ:::::::::::::::三  私達が、私達のために戦える日なの。  三
              .,,,,゙ :::::::::::三                          三
      ......         .:::::::."/| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ

236 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:06:19 ID:???0

彼女は、あくまで彼女の気持ちを、この場で皆にぶち撒けた。


                                      ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______________________/ ∨
       |:| /厶≦::.::.|:|/  \  ///         |   ヽ
      r=ミー/   ヽ//    X/ /         / |      '
      |;!イ/       〈 |  //\/ /        / ∥   _  ,
     <イ;′      ∨L//_   /`7ー     //| 厶-‐ '´   l
     /|         |l∨卞女ミメx//    斗 1´/ |       |
    // |         |l |-、::::::::::}゛'/    / _|/  |       |     「だから、今日は。今日だけでいいから……
   </  |           ' トペ:::::::/ '  /  7≠=≦_」_     |
   ,. ‐…一、      /! 弋辷'ン  | /    /、::::::::::/7「   |    !      .ガンパレの歌詞弄って、
  /       {`     イ | :::::.:.:.:..   ´      rイ゚::::::/ /|  ,|   ;      .替え歌にしちゃって欲しいのよね!」
/       l     / |            ゞ辷シ  /! / |   ′/
             ∧ ト           ..:.:.:.::: / |/ー| /∠ィ彡
    ヽ|    ヽ   | |{ム>、   <l           /  |/'l::::|/:::::::::≦_
    |     ',   ー――'´  ̄ ̄`ヽ___, イ   イ |:::/::::::::::::<二   .∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ヘ     }             }::.::.::|..||   /  |::::ト、::ヾミ⌒   / ∨
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         / ニYニヽ
 r、r.rヽ  / (0)(―)ヽ
r |_,|_,|_,|/  ⌒`´⌒ \   「ふむふむ……なるほどなるほど……」
|_,|_,|_,|_,| , -)    (-、.|
|_,|_,|_,|_,|. (^ i ヽ__ ノ .l |
| )   ヽノ |  ` ⌒´  /
|  `".`´  ノ
   入_ノ                          \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
 \_/                             ) ぶえ"え"え"え"え"え"!!(
   /                             /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
  /                                                                 \
                                                  ばらしーいい加減落ち着こうよ!
                                                                   /



          / ノ Y ヽヽ    「全然わからねえっていうwwwwwww」
        o゚((●))((●))゚o                               ____
        /:::::::⌒`´⌒:\                        / ノ_ ヽ,, \    「wwww
 ミ ミ ミ  .|  ,-)    (-|      ミ ミ ミ              / ≦゚≧ミ:≦゚≧    wwwwwwwwwwwww
/⌒)⌒)⌒) .| l   ヽ__ノ l|     /⌒)⌒)⌒)              /     ___'__    \  wwwwwwwwwwwwwwwwww」
| / / /  \   |r┬-|  / (⌒)/ / / //   バ         .|      |r┬|     |
| ::::::::::::(⌒)    | | .|  \  ゝ  :::::::::::/       ン       .\ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
|     .ノ      | | .|   \/  )  /    バ           .ノ  | / / /   (⌒) / / / /
ヽ    /      `ー'´     /    /     ン         /    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |     |   l||l 从人 l||l     l||l 从人 l||l                |  l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  -一'''''''ー-、              ヽ  ヽ_ヽ    /'   /    /
      ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (⌒_(⌒)⌒)⌒))      ヽ __  /    /   /

237 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:06:37 ID:???0

段々と乗ってきたのか、口調はすっかりいつものもの。
脳天気で気楽で、軽々しいものだった。


              ,. ,,,,,-;;{@};;;;-,,、
           /;;;,'''- ― - 、;ヽ丶         「私は、俺は、このために生まれてきたんだって。
             /,.ri ! ト l ヾ,.ヽ lヽ ヽ
          i| !ト、ヽl、| '´!レ;=ミ | lY,‐!         自分の気持ちに書き換えて歌って欲しいの。
          |l l レイ,=ミ、 ´ ゞイl ! !.:i          .ガンパレを、貴方達の歌にしちゃって欲しいのよ!」
          ヾヽlゝゞ'  、 __ |l l rj|
             !lヽ   <  j l |イ|,|
            | i ヽ、__`´ ,iィ !_j |       ,_,___
            | | i!ゝ>,.二=レ'  >‐-,. =、-- ‐'":::::::;;ノ___
            |_ii >-- 、   /::フニ--、j ::::::::::::::::::::::::::::::::::〆
  _, -― 、    _|,.- ィ薔7/.: .\_/.\_//!r'⌒丶rニ 、__。 :::>" ̄ ~
 ァ:::::::::::::::::丶r' '7.::..::| _j/::. .:::::::::::::::.:.: |シj{_  - ┴、--‐'´
  ´イ:::, -ャ/:::::|.::::. :「l.::::.  :..::::::::、::/ヽl//7´  ヽ、 `ーァ
   レ  / \:::::ヾ:::..ヽヽ::::..  .:::::::.l ::. ::ヽ |  ヽ._  l ̄
      ´しイ:::::::ゝ=oゝ>:::.-- ' :::::::| !:i::.:::::jヽ、_ __ , j
      ィ'::::::::::::::j.://:.. .::::::::::::. :::.!j.::::/ ! l l l ! l l |
    /- 、:::::::://ハl::::::... .:. :.:::::::.. /  ヽj ! !l j | |
     「 ̄二!〈ィ::::// !l:::::::::::::.:.___:/      丶'ヽ! ´




       |:| /厶≦::.::.|:|/  \  ///         |   ヽ
      r=ミー/   ヽ//    X/ /         / |      '
      |;!イ/       〈 |  //\/ /        / ∥   _  ,
     <イ;′      ∨L//_   /`7ー     //| 厶-‐ '´   l
     /|         |l∨卞女ミメx//    斗 1´/ |       |    「ちなみに私は色々考えたけど、こう思ったわ!
    // |         |l |-、::::::::::}゛'/    / _|/  |       |
   </  |           ' トペ:::::::/ '  /  7≠=≦_」_     |      私は遊ぶために生まれてきたんだって!」
   ,. ‐…一、      /! 弋辷'ン  | /    /、::::::::::/7「   |    !
  /       {`     イ | :::::.:.:.:..   ´      rイ゚::::::/ /|  ,|   ;
/       l     / |            ゞ辷シ  /! / |   ′/
             ∧ ト           ..:.:.:.::: / |/ー| /∠ィ彡
    ヽ|    ヽ   | |{ム>、   <l           /  |/'l::::|/:::::::::≦_
    |     ',   ー――'´  ̄ ̄`ヽ___, イ   イ |:::/::::::::::::<二
     ヘ     }             }::.::.::|..||   /  |::::ト、::ヾミ⌒

238 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:07:02 ID:???0

戦場には、全くふさわしくないかもしれない。
けれど、運動会の始まりとしちゃ、中々にそれっぽい。



         x=x、 /..:: -―…ゞ'- 、:::.ヽ|::.::..\ <
        〈〈___ヾ:|:://‐|/{   /__\::|::.::.::.::.「 ̄ヽ>
      /'イ匸フ勹 / ―-、 ヽ/ヽ ヘ 冫::.::.::.::|
   _///:/ /  N   ___  ̄`//::.::.::.::.::.:.、       「だって色々やってるけど私結局何したいかなーって言ったら、
   ヾ- ' j::{ .′ ∧   /     `!  7.::.::.::.::.::.::.::〉       やっぱみんなと楽しく遊びたいのよね。それが一番楽しいし!
      イ.:::〉j_/ ヽ  、    ノ  /.::.::.::.::.::.::.::/
弌三≧ュ、  /.::./   /::> `ニニ´ <;.::.::.::.::.::.::/         その途中に幻獣とか邪魔者いるから戦ってるだけで、
  下三三ア.::.::.:/ /..::.::ト、几∧//.::.::.::.::./ _,,〟r≦.     戦争の100億万倍遊ぶ方が私は好きよ!」
 ≦三三〈::.::.∠ イ::.::.::.:::.ヽ{匀}‐'/..::.::.r≦三三三三≦
  .≦三三〉::.::.::.::.:{⌒l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./ ゞ气三三三≦
    /  }::.::.::.::.:ヘ、|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|   |` ¬冖″
    `¬-ノ.::; -‐ フ「ノ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|    |
        乙ィ_厂 ノ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|   !
  _, -‐'て__ イ/..::.::.::.::.::.::/V::.::.::.::.廴 ト、 、
__二二ニ -―く::.::.::.::.::.::.:/.::.::.∨::.::.::.::./ | \ヽ
::.::.::.::.::.::_-r‐'::..\::.::.:/.:::/,|:::∨::.::.:/\ |   \、
_-‐¬::.::.::.|::.::.::.:::..ヽ'.::.:/X.<|::.:.∨::/.::.::|:.\    \
::.::.::.::.::.::.::.::.:|:.::.::.::.::.::.:// ヽ|::.::.:.∨.::.::.:|:.::.::.\
::.::.::.::.::.::.::.::.:|::.::.::.:::/ \、__/|::.::.::.::.::.::.::.|::.::.::.:::..\



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l   「自分でも、流石にちょっとどうかなーって思ったんだけど……
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l    それが私の正直な気持ち」
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \

239 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:07:36 ID:???0

  /イ::/::ヽ    | ||  |  |      |  |  l   、 ヽ
 |::| /:/l::ハ::.     | |.|   |l  |    |   |  |  |    ',  ヘ
 |::l'::/ |::|_ノ::〉  / | | |   | | |l    |   |  |  | l   |  ハ
. /√l トr-イ   |-ト、|| | l |l  |   |  |  | |   |   | l
/:/ l |::|  |  | \|`\ト、| | |  |  /; / | /l |   |   | |
:/  | |::l   l   |气f><ヽ|、\ , l  /// |./ ノ /   /  .ハ |
   | |::|  ヽ  |  ゙{ l! }`ヾミ  ∨//厶-―<./   /   / | |        「ずっと……人のために戦ってきたでしょ?
   | |::|   ト、 l  ヾー<        斗=ミ、_/ /}  /   |ノ     _
   | |::|    | \ " "          _( リノ ''// /ノ/        v´ /   最期の1日は、私達のために戦いましょう!
  | ヾ    |               `¬ /  /イ|          / /    そしてこの1日を、絶対に守りきりるわよ!
   |     |\      、    /  ""∠ イ   L|       / /
    |     |  \       ‐ -    /  |  ィ     _  _/__/      ――以上です」
.   l    ト、  \            <    |//     ノ )/ _ ,\
   |   |::::::`::ー- >  _  イ   |  |: : : : : :  / //__\(
.__∧    |::::::::/二二[]二.ヽ |    イ    |: : : : : : : 丿ノ 厂 \〉
――{ーヘ   |:://::::::/::ハ:::|\\ /. :|   ト、: : : : : / 'ヽノ 八  )
::::::::::.ヽ〉∧  |::\ヽ:/::イ  |::|__/:厶-―‐|    |::..\: :  |   〈/⌒  /
::::::::::::::..\ヘ ∨ `ー' |::|  ゞ--'´ 〉:::::::::::|    |::::::::..\: v      ヘ


ニヤリと水銀燈が笑いながら締めくくり、さっと身を翻す。
その背に向かい、皆が半笑いで拍手を送った。





                     パチパチパチパチ

                                ハハ
                                (ロ゚=)    ハ ハ      ∧∧   ∧ ∧
                             ヘn |  、 ヽ  (∀゚=)    (∀゚ =)   (Д゚*=)
                             `ー、`(´`´_ノてγ(´) ⌒ヽ   /  =ヽ /  =ヽ
                               / ̄/⌒ノ `ーヽ_ノ ヽ / |  Y(´9/     = |
                              (__,ノ |  |    //=ノ /  |   | ヽ  |(´ヽ |  |
                                 (_)  / | Y  (_/ / /`ー|\ `  ノ

240 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:07:52 ID:???0

皆が皆、困ったような半笑いの癖に――
拍手は、先程送られた拍手よりも、ずっと大きな音だった。


        パチパチパチパチ
                                   パチパチパチパチ

  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______.{≡}_____    __ __
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||\|l_||_||   ||_||_
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||___l\_||_||   ||_||_/
    , - -――‐┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||___||__.\._.||   |  /__.|
   /l|ヒl \ 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||___||_||_\.   |/_||_|
  lレ'.|ヨ|  トェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/              \/
  j!!コココニ≠IIIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
  | ||..:::| | | |   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ
  | ||:::::| | | |  || |:::|| ̄~|| ̄~|]| | : : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::| |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
‐┴===‐┴ー-ニ」|__|:::]]]]]]]]]]]]]]|..| : : : : : :.:.:.:.:.::::::.:.:::::::::::::|____________|_|l|__|l|
       .   ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
 "  ''               : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
          。         : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
      \パチパチパチパチ/        \パチパチパチパチ/       \パチパチパチパチ/

241 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:08:01 ID:vYCrAN3s0
遊ぶことは大事だよ。
やっぱり息抜きの合間に人生は必要だよね。

242 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:08:04 ID:???0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

243 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:08:17 ID:???0

無言で固まっていたキル夫に、やらない夫が声を掛ける。


       ____
     /     \
   /         \
  /     (●) (●)\   「……」
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /
                                                       / ̄ ̄\
                                                     /   ⌒   \
                                                    ( ●)( ●)    |
                                      「どうしたキル夫ー。         .(__人__)      .|
                                                     l` ⌒´      |
                                 俺達は先行するんだから     .{          |
                                 そろそろ行くぞー」         {       _ |
                                                    (ヽ、ヽ   /  )|
                                                     | ``ー―‐'| ..ヽ|
                                                     ゝ ノ    ヽ  ノ



キル夫はハっとした様子で顔をあげる。
どうやら接近に気づいてもいなかったようで、彼としちゃ随分遅れた反応だ。



..      ____    ,
     /     \  -
.  . /  (●)  (●) 丶
  /  (トェェェェェェェェイ)\   「お、わりい!考えこんじまってた」
  |    \ェェェェェ/  |
.  \           /
.   ノ          \
 /´             ヽ




         ____
       /      \
     / ─    ─ \    「考えこんでたって、何にだ?」
    /   (●)  (●)  \
.   |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \

244 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:08:38 ID:???0

         / ̄ ̄ ̄\
       /         \    「そらもうさっきの隊長の話よ。
      /   (●)  (●) \
      |   (トェェェェェェェェイ)  |    流石だよなー隊長。
      \  \ェェェェェ/ /    .宗教家にもなれそうだ。
.   グッ /⌒/^ヽ、    ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ      ,  \   何のために生まれてきたか。
     l /  /       ト   >  考えちゃったよ俺」
       ヾ_,/          |/ /
       |          |/


                                                        / ̄ ̄\
                                                     /  ヽ、_  \
                          「おいおい……                     (●)(● )    |
                                                    (__人__)     |
                         昨日の話をもう忘れたのか?         (,`⌒ ´     |
                          そんなの決まってんだろう?」       {       nl^l^l
                                                     {       _l   /
                                                  ヽ、    (,  <
                                                  /     ヽ  \
                                                /       ヽ   \
                                           .、-ー'''''''一-           ヽ    ヽ
                                         ((⌒(⌒(⌒)_⌒)       ゝ__丿



キル夫が軽く思い悩みの内容を告げると、やらない夫は、その悩みを鼻で笑う。


                                                     / ̄ ̄ \
                                                     __ノ `⌒   \
                                                  (⌒).(⌒ )    |
                                   「今日のためだ」       (__人___)    |
                                                  , =二ニニヽ、   |
                                                /  二 ヽ、`,┘   ト、
                                                /   -、 }、j┘  イ ⌒ヽ
                                                 /    /{_/_ ,/      }
                                              /     ノ∧        ィ  }
                                              |   | /  i        |  |

         ____
        /      \      「おおっとそうだったアリガトよ。
      /         \     ちょっとハマっちまいそうだった」
    /   (⌒) (⌒)  \l⌒l
    |   (トェェェェェェェェイ)   | .|
    \  \ェェェェェ/   //


鼻で笑われたというのに、キル夫が快活に笑う。
自分が何のために生まれてきたか。それを断定してくれるような奴がいる事は、中々愉快な事だった。

245 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:09:00 ID:???0

         ____
       /     \
.    /       \    「嵌りそうって……ああ、そうか。
.  / /) ノ '  ヽ、 \    クソッタレた人生を思い返すと……
  | / .イ '=・=  =・= u| 
    /,'才.ミ) (__人__) /   何のために生きてるかとか言われると、
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \   結構来るものがあるな」
 /\ ヽ          ヽ



       ____
      /      \
     /         \    「ですよねー」
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |  (トェェェェェェ( /   〉|
  \  \ェェェェェ 〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )



キル夫の思い悩みに引きづられたように、やる夫が渋い顔をするが、
やらない夫が大きく伸びをしながら、その渋みを一蹴する。

                                                   / ̄ ̄\;
                                                  ; /       _\
                                        .           |     r'  )|;
                                        .          ; |      / /  |
                                                  |     / _/   | ;
                           「やめろやめろ馬鹿野郎どもー」       |   ,(⌒`、   }
                                        .          ; ヽ / 7゙\\}
                                                    V /   ,、ヽ ;
                                                   (     <_/ /
                                        .           ; i       ,r´
                                                   |     | ;

246 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:09:20 ID:???0

くるりと振り向いたやらない夫は、いつもの、おふざけが体現したような口調でキル夫に聞く。



                                                     / ̄ ̄\
                  「オイ。キル夫。                     rヽ  / ノ  \ \
                                                i !  |  (●)(●) |
                  お前がクソッタレた改造受けて           .r;r‐r/ |   |  (__人__)  |
                  超人になったのは……何のためだ?」  . 〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
                                            l` ( ``/ .  |        }
                                            ヽ   l  .  ヽ       }
                                             |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

       ____
     /     \
   /         \    「ハッ。今日のためだ」
  /     (⌒) (⌒)\
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \    \ェェェェェ//
  /          |



そのままの口調でやる夫に聞く。


                                                     / ̄ ̄\
                                                   /_ノ  `⌒ \
                「じゃあやる夫さん。                        _     .| (● ) (⌒ ) .|
                                             | !    | (__人___)   |
               お前が生身切り取られて、               | !    |  ` ⌒ ´    .|
               鋼の体になっちゃったのは、何のためだ?」   | !   ,.-,|          |
                                           ._,ノ ┴、/ ,/ .|        /
                                           .r `二ヽ ) i ヽ        /
                                           .|  ー、〉 /   〉      <
                                           .|  r_,j j / ̄   '' ̄  ⌒ヽ
                                           .|   ) ノ/ {       ィ,  }
                                           ノ   ,/   |         |{  |

       ____
     /⌒  ー、\ ヘラッ
   /( ●)  (●)\    「今日のためだお」
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /


渋みは引いていないというのに、キル夫やる夫の口元が、勝手に持ち上がってくれやがる。

247 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:09:30 ID:gPlhYsao0
これ結構身に染みるわ。
今日は学兵の、学兵による、学兵の為の戦争なんだな

248 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:09:38 ID:???0

                                                        / ̄ ̄\
                                        m n _∩     / _ノ  ヽ、_ \      ∩_ n m
                                      ⊂二⌒ __)       | (⌒)(⌒)   |      ( _⌒二⊃
                                         \ \.       |  (__人__)  .|     / /
                  「勿論俺が超絶イケメンなのも、         \ \.    |  |r┬-|   .|    / /
                ベシャリ超旨いモテ夫なのも            \ \.  |   `ー―'   |.  / /
                ビーム出せるよくわからん改造も……         .\ \. ヽ       / / /
                                               \ \ヽ  _   / /
                全部が全部今日のためだろ」                   \  ̄`  , ' ̄ /
                                                 /          /



         _____ ,-=ヘ    ボリボリ
       /       ⊂二 >  ))
      /        ⊂ ソ |
      l            | /   「ったくコイツは……」
      (         U    |
        \       〃_/
        >'⌒ ̄ ̄、,\
       /         \
       /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ



やらない夫が最期にそう締めくくると、やる夫は頭を手で掻き、
キル夫っとはしみじみと呟いた。


       ____
     /     \
   /         \   「……ホントにな」
  /     (ー) (ー)\
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /
  /           |

249 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:09:50 ID:???0

                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                        |  なあ、お二人さん……  |
                        \__________/


                            ,
                   / ̄ ̄\   -
                  / ⌒ ⌒ \丶
                  | (●) (●) |               ____    ,
                  .|  (__人__)  .|             /      \  -
                  .|  ` ⌒´   |.             /  ─  ―  \丶
                  |        }             /   (●) (●)  \
                .  ヽ       .}            |     (__人__)     |
                   ヽ     ノ             \     ` ⌒´    _/
                   /    く.                ノ          \
                   |     \        (⌒二                |
                    |    |ヽ、二⌒)         |        |  |


キル夫が、改めて2人に向き直る。

250 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:10:01 ID:???0

今までに自分がしてきた事を省みながら、胸を絞るようにして言葉を紡ぐと――


         ____
       /     \
.    /       \    「俺さ……ホントにそうしたいから……
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u.|  その、なんだ……」
.   /,'才.ミ)トェェェェェェェイ)/
.   | ≧シ'ヽェェェェェ/ \
 /\ ヽ          ヽ










        ____
      /     \   て
     /         \ (
   /    (●) (●) \   「頑張ろうなっ……って何その冷めた目!?」
   |   (トェェェェェェェェイ)  |
    \  \ェェェェェ/ /
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )                 / ̄ ̄\
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /                 /   ヽ_   \
     \_/    \_ノ                (●)(● )   |         ____
                                (__人__)     |         /      \
                               l` ⌒´    |      ./─    ─  \
                          .     {         |      / (●)  (●)   \
                                {       /      |    (__人__)     |
                                ヽ     ノ      \    ` ⌒´     ,/
                               /       ^ヽ       /             \
                                |          |      |              |

白けきった2人の男に迎えられた。

251 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:10:36 ID:???0

                                                    ̄ ` 、
                                            /          \
                                           /       ,ィ'´/  \
                                            l  __ 三ニ-<     \
       「アーン!?                             :  、’_ノ 三   `ヽ      ヽ
        不幸自慢大会初めてやろうかアーン?                      {   ,__ノ、
                                            \.   ゝ-イ __ x‐\     i
        今日に賭けてるのはお前だけじゃないんですゥー!         .\    ∨/´ //    /
        自分だけホンキみたいな面しないでもらえますゥー?」        .\.  \ー/       \
                                                   ヽ _           ヽ
                                                      }


                                                        ____
                                                      /     \
                「言っておくお。                      チッ  /  ─     \
                                                      三(●)       \
                 やる夫はお前の200倍本気で今日に賭けている。  (l、__)          |
                 気力の確認をされるのは不愉快だお」            .⌒´         /
                                                     `l          \
                                                      l           \

     ,  -―ー- 、
   /        ヽ
  '       ⌒    ーヽ    「わかった俺がワリューござんした!
  l     (●)  (●) 、
  {     トェェェェェェィ   }   めんどくせェオッサン達だな全くよーw」
  、.     ヽェェェェェノ ノ
   >        <、
  / ー―- .、    r、 ヽ
  `ー―- 、_ノ   l/  /
  ,'          l ,/
  l          |´


大人げない大人達の応対に、キル夫は笑う。
その足を、大人げない大人達が蹴飛ばしていく。

252 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:10:45 ID:gPlhYsao0
キル夫可愛いなw

253 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:10:56 ID:???0

そのまま、3人の異能者は、学兵達より先に校舎を後にした。



        ( )
      | ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i
    _____|  | |_________.|     |:
    _____|  |.|_________|      |:             ,,-'~''^'-^゙-、
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄| ..:::::::::::::::::::::: | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  | ..:::::::::::::::::::::: |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |        |  | [やる弐高等学校]
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
 ______|_|/          |_|__________________


名残惜しそうに、なんども校舎を振り返りながら。
もう一度、全員でここに集まると誓いながら。

254 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:11:06 ID:???0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

255 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:11:17 ID:???0

6101小隊の小隊員。武藤カズキが、ポカンと宙を眺めている。
意気揚々と戦に臨むのが彼の特徴だ。そういう彼が出陣前に、こういう顔をしている所を、津村は今迄見たことがなかった。


::::::::,'::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::/::::::::/l:::::::::::::::::/ ::::|
: ::::,':::::::::::::::::::::::|::::::::::::/:::::/  |::::::::::::::/:::::::::l
:::::,' : ::::::::::::::::::::|:::::::::/l:/≧ミ、|:::::::::::/ :::::::::::|
::::,' :::::::::::::::::::::/|::::::/   イ ∧y |::::::::/::::::lヽ:::::|
:::::::::::::::::::::::::/ |:::/    ゝ 、ヾ |:::::/\:::| ∧::|
イ:::::::::::::::::::/   |/         |::/      7.リ
.i:::::::::::::::::/               |/     /        「…………」
:|::::::::::::::∧i                     l
:|:::::::::::/=ゝ             / ̄´
:|::::::::/ヽ=-ヘ             ̄ヽ
:|:::::/::/三三ニニ=-ミ、           イ
:|::/::/三三三三三三ミ、  Y⌒ヽ   l-‐=ニ三ヽ
:|/イ三三三三三三三l|   |‐┘ ',   | /    ト-ミ
三三三三三三三三ニ| ト=',    ',__/ヤ       ト、
三三ニ=-ミ、三三ニニ| |. ゝ',   ∨           Y
三三三三三三ニミxニ| |.   }    ヘ             |



          ,..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.丶
         ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::ヽ
        .,..:::::::::;:::::::i:::::::::::::::',::::::',::::::::::::::::::::.、
       /::::::::::::i:::::::l::::::::l!:::::ト、::::::',::::::::::::i::::::..、
        /:::::::::::l::l!::::::ト:::ト:i',::::l 丶_:::', ::::::::::l:::::::::.,
      ,'::イ::::l:::l_l_!:::::l !:l i! ,才´__ゞ::', ::::::::::l:::::::::::,
     ,'/ l::::l:´lレ _`_` l!   ´γヽ`ア ::::::::::l:::::::::::,   「どうしたカズキ。
     ,' l::::l::',:レ´.rヽ` __  弋_j,イ l::::::::::::l:::::::::::,
        .l::::ト:::,l` 弋ノ/, ̄ ̄`〃  l:::l:::::::::l::::::::::.,   考え事とは珍しいな」
         l::::l::',ハ、 .〃       u l:::l::::::::::l:::::::::N
       l::::',::',::ハ    ―     l:::l::::::::::l:::/
          ',::::',:::::::::.ゝ、         イ;:/:::::::::/
          ',::::',:::::::, '´ > 〟イ  /イ:::::/
        ヽ::::',::/,, ---_〉     iイ___
       /.;.;ヾ、!.;.;.;.;.;.;∠'7 7ヽ __  //.;丶、
      /\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l__/ /____ ,, <´.;.;.;.;.;.;.;.ヽ



故に、津村が声を掛けると、カズキは津村を見ないまま、津村に答えた。


    /:::::::::::::::::::::::::::::≧/::::::::::::::::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
   /::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::イ::::::/::::::::::/ハ
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::|/::::::::::::::x≦/::::::::::/У::イ::::::::/:::::::ハ
イ:::::::::イヽ::::::::::::::::::/::::イ'"´l/  /:::::::/イテ不、/::::::イ::::::::::::::ハ
 イ   /::::::::::::::/イ::ヽこ   /::::/   i /y//::::/::::::::::::∧::ハ
.  /≧/:::/l:::::::::イ:::::/ i   /:/     ヾ//:/:::::∧::/  Vリ
 /////\|:::/ |:::/  .|  ./イ        /',::::::/ V   ソ
./////////|/≧x|/ / .、                 V
///////////////\ ∧       ___   ,イ
/////////////////\ ∧     ヽ ヾ=-イ
.///////////////////\      _)       「ん……
==‐‐-、 ///////////////\   /
///////>x、///////////Y \__/          さっきの水銀燈さんの話聞いて……
////////////>x、/////// /7            ちょっとモヤっとしちゃってさ」
////////////////\/////./
////////////////////< /ヽ

256 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:11:18 ID:gPlhYsao0
オッサン二人も可愛いわw

257 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:11:42 ID:5W6AUglw0
この3人揃うと安心するな

258 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:12:03 ID:???0

             ___r‐--  ___
             }::::::::::::::::::::::::::::::::.:.....
.             /:/::::::::::::::::::::::::≧x⌒´
         /}:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::>
          _}/:/斗匕::::::::::::::::::::::::\
            / }:/ヾ、_ }::::::::::::::::::::::::::‐‐‐    「基本的に良い事言ってた気がするんだよ。
             ‐、  "" }/}::::::::::::::::::::::',       その通りだとも思ったんだ。
         | __}__    __}::::::::::::::::{::::::',
        r'’‐‐‐,′ ´ .}::::::,、::::::{ ̄`      けどなんか、どうしてもモヤっとする。
        / ヽ} ̄_}__ -‐=ニニ{\:{
.       / マ/__}ニニニニニニニ{           なんでだろうな……斗貴子さん、わからない?」
        /\/}ニ}ニ/ニニニニニニニ{
.       /ニニム}ニ}./===、ニニニニ.}
     /ニニニ./ヽニニニ ',ニニニニ}
    /}ニニニ/ \ \ニニ}ニニニニ}



話には乗ってきたというのに、未だ顎に手を当て考え込んでいるし、
言うことも曖昧模糊でピンとこない。


 ::::::::::::::::::/:: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 :::::::::::::::::l::/:::::::/::::/::::::::l::::l::::::::::::::::::..、
 :!::::::::::::: l/::::;イ:::/:/j:::/:::j::::l!:::l:::::::::::::::::.
 :!::::::::::::: |::::/ /::/イ,//j::;/::::リl::l!::l::::',:::::::.,
 :l:::::::::::::::|::/-レ/ェ_/ム//.!:::/ l::l !l!:::::i:::::::l
 ::l::::::::::::::レ!テミx、/' ./' `ト/-ヒナリ!::::::l:::::::l
 :::l:::::::::::::l、辷ソ `    l/テ卞ヾ,':::::::l!::::リ   「君にわからない君の感情が、
 ::::l::::::::::::l! ` ̄   _{ ゞ-'_ /!:::::::l!:::/    私にわかるはずないだろう」
 :::::l:::::::::::l -‐=''" ̄j`ヾ、  /イ::::::::l!/
 ヾ、!::::::::::l          ,イ:::l:::,::::l/
    `ヽ:::::ト    〜〜  /:::::::l::/::/
    |ヾ、:! 丶    イ´ヽ::::::::レ::/
   | ̄ ̄ヽー-`t ´    ヽ::/イ


津村の口元がへの字に曲がった。
中々に、手が掛かりそうな感じだったからだ。

259 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:12:30 ID:???0

      /::::::/:::::|:::::::::::::::ヘ::::::::::::::ト、:::ヽ:::::ヾ:::::::::',::::::::l:::::::::::ハ
       /::::::/:::::::|::::::::::l::::::,'ヘ:::::::::::l ヽ::',>::::', 、:::::',、::::|:::::::::::::ハ
      /::::/l:::::::::l::::::::::l!::::,' .ヘ::::::::l ゞ=≦N_≦ヽ:',::N::::::::::::::::ハ
      /::/ |:::::::::l::::::::::li:::,'==≠ヘ::::l    イ);;不ミ、ヽリ::::::::::::::、::::ハ
    //   |:::::::::|::::::::,'l::,'≧不、. ヘ:l    乂;;ノ  ミ ヘ::::::::::::::::lヽ::ハ
    ./    |:::::::::|::::::,' レ〃 ノ;;圷 N    _  彳 .ヘ::r‐、::::| ヽリ
          |:::::::::l:::::,'  l| 乂;;ノ   l     ̄     |〃.ト::|
        .|::::::/l::::∧ ゞx__. イ   |   ..:::::::::::::::..  | V |トi
        .|::::/ |::/.∧   ...::::::::::::..    ::::::::::::::::   | l| /|      「でも、斗貴子さんなら
        .|::/ .Иl l ∧  :::::::::::::::. |:.           |ノ/:::|       解ってくれる気がしたんだよなー」
        .|/  .|:ヽ. ∧       `            ヒイヽ|
             .|::∧、__',        ,  -ー     ./:::|
             .|/  |::::',      〃          /:::::|
                 l::::::>、           イ::∧|
                l:::::/:::>           / |/
               l::∧::::| >、         / .|
               |/x≦三|  >、     /   |≧x
                  //////|     ̄    / .|//\



   /:::::::::::::::::::::::::i::::l:::::l::::::l::::l::::::::::::';::::';::::::';::: ハ
   ,':::::::::::::::::::;1i::::ll:::l:::::l::::::ll:::l:::::::::::::';::::';::::::';:::::i
 . i::::::i:::::::::i::;' !:l:::l.l::ll::::ll:::::l.l:::ll::::::::::::i::::::i::::::i:::::l
  . l:::::l::::::l:::l:;' .l:ll::l l::ll::::l__ニl、ムl::::::::::::l::::::l::::::l:::::l
  l:::i::l:l:::ll:l_i;..._ Vヽノ'レ/iハノj 〉:::::::::::l:::::l:::::::l:::::l
  . l::l:::V:::ト、ィフヽ      ヾ-' / !::::::::::i:::::i::::::::l:::::l    「なんだそれは……
 . l:ll::::V::ヘヽヾノ i__  ̄  ,':::::::::::i:::::l:::::::::l::::l
   ';l.';::::::::|:', ,.,¨´;!////77‐- ,'/::::::::;':::::i::::::::;'::::l     以心伝心じゃあるまいし」
    ;l ';:::::::l:::',''"~ ヽ     ,'/.i:::::::;'::::::i:::::::;':::l」
   ;l V::::l::::\   r-、   / l::::::;':::::ノム-‐''"
  .  ;l. ';::::l:::::::;.ヽ. `¨´      !:::::;';.ィ´
  .     V:l:/   \  , イ´,'i::::;' ヘ
  .      ∨!      `" }   ,'/::/  ',__
       ゙;l     , -‐! ,'/i:/ /   ̄¨゙ヽ
        ヽ _ /  _ノ / /./         |
          l  i`丶´ / /         \




::::::::,'::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::/::::::::/l:::::::::::::::::/ ::::|
: ::::,':::::::::::::::::::::::|::::::::::::/:::::/  |::::::::::::::/:::::::::l
:::::,' : ::::::::::::::::::::|:::::::::/l:/≧ミ、|:::::::::::/ :::::::::::|
::::,' :::::::::::::::::::::/|::::::/   イ ∧y |::::::::/::::::lヽ:::::|
:::::::::::::::::::::::::/ |:::/    ゝ 、ヾ |:::::/\:::| ∧::|
イ:::::::::::::::::::/   |/         |::/      7.リ
.i:::::::::::::::::/               |/     /        「それはそうなんだけどさ」
:|::::::::::::::∧i                     l
:|:::::::::::/=ゝ             / ̄´
:|::::::::/ヽ=-ヘ             ̄ヽ
:|:::::/::/三三ニニ=-ミ、           イ
:|::/::/三三三三三三ミ、  Y⌒ヽ   l-‐=ニ三ヽ
:|/イ三三三三三三三l|   |‐┘ ',   | /    ト-ミ
三三三三三三三三ニ| ト=',    ',__/ヤ       ト、
三三ニ=-ミ、三三ニニ| |. ゝ',   ∨           Y


カズキはやはりぼんやりした言葉を口にする。
さて、どうするべきかと津村は隠れて溜息ついた。

260 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:12:42 ID:???0

          __
          V, ::::::::::::: ̄”三二ニ=…‐一
          V, :::::::::::::::::::::::::::::ー=≦
        _______V, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......
         V, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧=ー
        V, ::::::::::::::::::::::::::::::::::V, ::::::::::::::::::: く
        / V, ::::::::::::::::::::::::::::::::::V, ::::::::::::::::::::::\     「ちなみに斗貴子さんは
        i{::::: V, :::抖rセ〔:::::::::|:::::::V, :::::::::::::::::::::::: \
       八|::::::V, ::芹テミx::::: |:::::::: V, ::::::::::::::::::::::::___\   何のために生まれてきたの?」
         |::∧;V,:| ヒリ  〉 :: |ヾ ::::: i、:::::::::::: |:::::::{
         l//  :!    V,:| }ハ::::|ノ :::::::::: ト、::::{ 
          ヽ  {       vl 八V|::::::: | ::: | ヾ{
          ゝ‐-'      }/: : |:リ:::::::::ト、:::|
           }    . . : : : : : ::l∧:::::: | ヾ
           ゝ=≦: : : : :「三二ニハ从l]
           /   ヽ: : .:|三二ニ=― |_
           入_/ニア : : !三二ニ=―=ニハ___
        r≦三三}ニア___ ノ 三三二ニ=―=ニ二≧x



まあ経験上、こういう時は聞き役に徹してやれば良いと考えていると、
カズキから質問が飛んできた。


                 _ ___
                  , ‐':::::::::::::::::::::::::::::::`' 、
           , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::\
.             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::ヽ::ヽ
         /:::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::l:::::::::::::',:::ヽ
.         / ::/::/:::j:::::l::::::|::i::::::::l::::::::l:::i:::l::::l::::::::::l::: ハ,
.        ,' / j::::l::::::i!:::::l::|::::::::|::::|::l::::|::l::::l:::::  l::::::l
       l::::j  :l::::l::::::ハ:::ハ:i::::::::l;:::il::il::ハ |::jl:::   l::::::|
        |::,'|:: .::l::::l:l廾'lナ'l:ハ:::::j:lナナ十ト.l:l:l :   l::::::|
        |:l |::: :::i:::lfキ7Tミ、| |V リ ナ7オ,ヮi|::::::::l::::::l
       l:| |::i::::::l::l ` 辷Z      ヒ辷!´/!:::::::'::::::l
         リ l l:::::::l::ト  ,. -‐ ´i ` ‐- ._  / l::::::/::::イ!
           l:l:::::::|:ヘ       !         ,j:::::/:::/.リ    「戯けたことを」
            lil:::::|:::::>、.   r_‐、    ∠j::::/::/ /
          ilハ:::|'´   \   ''   , イ .V::/:/
          ilハ:|.  /¨| \_, ィ'  .ト-/://
           i! l| _/::/|       .L/人
           /:::::://\     /://::::::`' 、
        、ィ'´.:.:.:.:.:::lノ: :/::\  /:::::':::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` ' 、
      rイ.:|.!.:.:.:.:.:.:.:.:|: : : \.:.:y':::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://.:


特段何も考えることなく、反射で言葉が紡がれる。

261 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:12:57 ID:???0

         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
        i::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::l
         l::::::::::::::::::::::::::::i i::::::::::::::::::::i:::::::::::::,:::::::i::::::::::::::::l
.        l:::::::::::::i::::::/i::::l l:::::i、::,::::::ト、::l::::: ト、::l::::::::::::::::l
        l::::::::::::::l::::/ l:::i   l:::l i::i l:::l i:::l_i:::l-i:::l::::::::::::::::l
.       l:::::i:::::::::l:/ `T-- l:l、l:lゞイ´!:i l:l  l:l:::::::::::::::::l    「私は戦士だ。誇りを持って言い切ろう。
      l::l::l::::::::::l ヾ===-  '  -===''イ.l/:::::::::::::::::l
      l::l::l:::::::::::l     _,, r↑ヽ _     l:::::::::::::::::l::l     戦うために、生まれてきたと」
      |ハ::ト:::::::::ハ  -'´-- │ --`-  ノl::::::::::::::/l:l
          i i:::::::∧      l        ,イ:::::::::::/ i
           i::::::i::::ゝ、    ___    イ:::i:::::i:::/
             l:::::y--ヽ、 ´ - `   イ`ヽl:::/i/
          ヽ::l,,,,γ''| 丶、   /| `,-i::/、
       _ _,,-ヾ  | l   `-´  l  | l/ ヽ _ _
  , -Y ̄\\      |ノ         ` |      //7─-
 /.   ヽ   \\   |           |    // /    `ヽ



.      , '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.: . /.:.:.:.:.:.:.:\
    <,____/: : : : :/ : : : : : :, : :.:::://.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:、.:.:..ヽ
        /.:.: .:.: .:./.:.:. .:.: .::::/.:::::;ィ:イ.:.:.:.:.: /.:,:.:.:.:.:.:,:.:ヾ、.:.:.:',
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.::::::;ィ.::// j.:.:.:.:..:ハ.:l:::.:.:.:.:l::.:.:'.,\.:',
.     /.:.:.:.::::/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:::∠フ7=ム__j.:.:.:. /___>L、:::.:.:.ト、.:. l ヽl
    /:::::::::::::_/.:.:.::::l.:.:.:.::::/ ,ィfてT、 ¨|.:.:.:./.,ィ┬N.ヽ;::.:.|.ヽ:.:l
.     ̄ ̄ ̄/:..::::::_|.:.:.:../ く  辷ヲ   |.:.:∧ ヒ_ヲ 〉 ハ::.:|  ',:| 
        /::::::::/r|.:.:.;イ        |.:/  、    ト∧:l  v
        ,::::::::::ヘ !|.:/rl|        V  /     l.リ. リ
       i:::::::_;、-ト|厂`            '    l         「ほら、やっぱ斗貴子さんに聞くのが正解だ」
       レ'´  |:::::`ーヘ        ,、‐-‐、   /
            レ' |:::::ト|,\       ー‐    /
             |,、┴===キ、.       /   , -‐ri
           r='´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|. `' 、  /L、-‐'´   ||
           |:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:ト,     ̄   |    -o‐ ||
           |:::::::::::::::::::::::.:.:.:| \      |         !|
            |:::::;、-―――┴---┐    \___|ヽ、


すると、途端にカズキが、すっきりしたような顔を見せた。

262 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:13:18 ID:???0

         ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::ヽ
        .,..:::::::::;:::::::i:::::::::::::::',::::::',::::::::::::::::::::.、
       /::::::::::::i:::::::l::::::::l!:::::ト、::::::',::::::::::::i::::::..、
        /:::::::::::l::l!::::::ト:::ト:i',::::l 丶_:::', ::::::::::l:::::::::.,
      ,'::イ::::l:::l_l_!:::::l !:l i! ,才´__ゞ::', ::::::::::l:::::::::::,   「んんっ??」
     ,'/ l::::l:´lレ _`_` l!   ´γヽ`ア ::::::::::l:::::::::::,
     ,' l::::l::',:レ´.rヽ` __  弋_j,イ l::::::::::::l:::::::::::,
        .l::::ト:::,l` 弋ノ/, ̄ ̄`〃  l:::l:::::::::l::::::::::.,
         l::::l::',ハ、 .〃       u l:::l::::::::::l:::::::::N
       l::::',::',::ハ    ―     l:::l::::::::::l:::/
          ',::::',:::::::::.ゝ、         イ;:/:::::::::/
          ',::::',:::::::, '´ > 〟イ  /イ:::::/
        ヽ::::',::/,, ---_〉     iイ___
       /.;.;ヾ、!.;.;.;.;.;.;∠'7 7ヽ __  //.;丶、
      /\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l__/ /____ ,, <´.;.;.;.;.;.;.;.ヽ



戸惑う津村に、カズキが快活に笑いかける。

                                         / /: :.,
                  ....:::::::::/____           / /: : /  /
                 く_::::::::::::::::::::::::::::/         / /、: :/  /
                 <::::::::::::::::::::::::::::::::丶     /  / /.    /
               /:::\:::::\::::::::::::::::::::::\ /    ¨¨´   ,,
               ′}::::::ハ::ト、::{ヽニ::::::::::::::\´^¨〃}     ,
                 }:/::{x=ミ \^⌒\{::\⌒   ./     ‘
                   ´ }:ハ   l     ハ:{⌒/ } ./   ,     「斗貴子さん、俺もそうだった!
                   込  v フ   /',  / /   .‘      俺も、戦うために生まれてきた!
                         > イ /::::::::\ /  ,
                      /r'’ .r‐'::::::/:::::::::\‘         だから、戦うために生まれてきてないでしょ?
                     // 〉: : 〉::^´:::::::::::::::::::::\        .って言われて、モヤっと来ちゃってたんだと思う」
                   _ //.r'´: :r'^:::::::::::::::::::::::/::::::::ヽ
              __/ }/,.  ∨: :|:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::!
            rr'{ {^´ /   l:V :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
              八j.j_}/ .′  l:::} |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         //   ノ    l::::Ⅵ::::::::::::::::::::::', :::::::::::::::::|__
          // ヽ  {:.   /:::::::::|:::::::::::::::::::::/} :::::::::::::::/',
.       //    /} /::::.  r'::::::::::/:::::::::::::::::::::{ ̄ ̄ ̄´  {

263 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:13:52 ID:???0

 ::::::::::::::::::/:: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 :::::::::::::::::l::/:::::::/::::/::::::::l::::l::::::::::::::::::..、
 :!::::::::::::: l/::::;イ:::/:/j:::/:::j::::l!:::l:::::::::::::::::.
 :!::::::::::::: |::::/ /::/イ,//j::;/::::リl::l!::l::::',:::::::.,
 :l:::::::::::::::|::/-レ/ェ_/ム//.!:::/ l::l !l!:::::i:::::::l
 ::l::::::::::::::レ!テミx、/' ./' `ト/-ヒナリ!::::::l:::::::l
 :::l:::::::::::::l、辷ソ `    l/テ卞ヾ,':::::::l!::::リ   「なんだそんなことか……」
 ::::l::::::::::::l! ` ̄   _{ ゞ-'_ /!:::::::l!:::/
 :::::l:::::::::::l -‐=''" ̄j`ヾ、  /イ::::::::l!/
 ヾ、!::::::::::l          ,イ:::l:::,::::l/
    `ヽ:::::ト    〜〜  /:::::::l::/::/
    |ヾ、:! 丶    イ´ヽ::::::::レ::/
   | ̄ ̄ヽー-`t ´    ヽ::/イ



対して、口元を曲げたのは、今度は津村だった。



             ___r‐--  ___
             }::::::::::::::::::::::::::::::::.:.....
.             /:/::::::::::::::::::::::::≧x⌒´
         /}:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::>
          _}/:/斗匕::::::::::::::::::::::::\
            / }:/ヾ、_ }::::::::::::::::::::::::::‐‐‐
             ‐、  "" }/}::::::::::::::::::::::',       「いやいや、大事だよ!
         | __}__    __}::::::::::::::::{::::::',
        r'’‐‐‐,′ ´ .}::::::,、::::::{ ̄`      アイデンティティっていうのかな……
        / ヽ} ̄_}__ -‐=ニニ{\:{        そう、何のために生きるのか、なんだから!」
.       / マ/__}ニニニニニニニ{
        /\/}ニ}ニ/ニニニニニニニ{
.       /ニニム}ニ}./===、ニニニニ.}
     /ニニニ./ヽニニニ ',ニニニニ}
    /}ニニニ/ \ \ニニ}ニニニニ}


思い悩みを“そんなこと”扱いされたカズキが、少し食い下がるが、
津村は少しも取り合う様子を見せない。


      l:::::::::l::::::::::l:::::',:::::::l:::::::l::::::l!:j!:::l/l:::l:::::::::::::::::::::::::::l::::::::
      .l:::::::::l::::::::::ト:::::',::::::l!:::∧::厶 l::/__l:::l:::::::::::::::::::::::::::l::::::::
      l:::l:::::l::::l:::::',ヽ::ト::::l!/,,x≦らl。¨7:::l! ::::::::::::::::::::::::l::::::::
      .l:::l! ::l::::l::::::',::ヽキ:::l   乂_ノ l:::l:::::::::::::::::::::::::リ::::::::   「いいや。それは “そんなこと” さ。
      .ヽlヽ::ト;:トゝ、,::::コ.___     l::l!:::::::::::::::::::::::/:::::::/
        ヽ! ゞ |::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ` .l::l::::::::::::l:::::::::/:::::::/::    カズキ。我々が戦士だと言うのならば、
            l::ノ         l:i!:::::::::: l:::::::/::::::ノイ    それを示すには、どうしたらいいと思う?」
             .l:::`ヽ        .ll!::::::::::::l:::::/j,,/
              l::::::::: ー、‐-    .l!::::::l:::::l:::/:/   /
               .l::::::::::::::l`ヽ    l:::::::l:::::l/:/   /
                l:::::::::::::l´ ヽ  イl::::::l::::/ノ  ./

264 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:14:34 ID:???0

:::::::::::::::____::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::‘,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::‘,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::
::::::::::::::::::‘,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::
:::{:::::::::::::::ハ:,:::::::::::{、::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::
:::|::::::::/}::{ }i、:::::::::::{ \::\:::::::::::::::::::',:::::::::
:::|:::::::{ ≧x}i∨::::::::{.  \x≦:::::::::::::::',:::::::
::::Ⅵ:示苅≧x∨::::::{  x≦芯示:::::::::::::',:::::   「……斗貴子さんは凄いな。
/{::::| 込zりヾ丶::::{ 〃 込zり }}\:::::::',::
∧∨{` ‐--    i\  `¨ -‐'   /\::::    ホントに、“そんなこと”だった。
.、 ;ヾ        }           -' / 丶
 }:::.           {     u  /-‐:.       何時も通りで、いいんだね」
./:::::丶     、_    __,    ′::::::',
:::/}::::::.、              /\:}\::}
/ム::/ }:\         / {: : :}ニニ、
、ニニニ,/     、_ イ   丶/ニニム
.‘,ニニ,            /ニニニ/ニ
ニマニニ,,          /ニニニニ/ニニ
ニニマニニ/        くニニニニニ/ニニニ


カズキの表情が、いつもどおりのものに戻ることを、津村は確認した。


        r;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      |;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;/!;;;;;/|;;;i;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;
       !;;;;|;!|!;;;;;;;;l!;;;/||;;;;/ |;;| |;;;;;| !;;;;|'i;;;;;;l| ||;;i;;;;;;;;
     |;;;;| ! !! |;||;;|二!;;l|., !;| | !;;lニ!;;;;|_!;;;|l | |;!l!|;;;;
     |;;;;|l.|| |l|;/!| ゙||||bl, l l   /゙|||||b||;;| l l ! | |;;
       !;;|;;;;;|;;;|;| ゙' !llllllll! l   '゙ _l||||||llノ!|;;l|| i;||;;;;|   「そうだカズキ。戦えばいい。
  二  |;;|;;;;;;;;|;;l   ,,..=''|゙==、,,,_゙゙゙゙゙´ !;;;;;;li;;;|;;;;;
   ,r   !;|;;;;;;;;|;;;;l ゙゙ ̄  l     ゙゙゙'''' |;;;;;;;;;;/;;;;;    それだけだ」
   r'   l| !;;;;;|;;;;ヽ    ヽ        |;;;;;;;;/;;;;;;/
       l |;;;;;|;;;;;;;\   '''ー─'    /!;;;;;;/;;/
        |;;;;|;;;;;;;/\        / |;;;;;;// 
          ';;;|;;/   \   ,..-'" /;|;;;;/'゙   
         !;;|    /ヽ ̄   /;;;;;;|;;;/;\  
         !|  /;;;;;;;;;;;゙';;;;;;;;´;;;;;;;;;;;;;|/;;;;;;;;;;\
         ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


武藤カズキ。彼は快活に戦う、生粋の戦士だ。学兵だ。だけど彼は、学生では無い。

265 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:14:50 ID:???0

       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ,:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
     ,':::::::::::::!:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
     |:::::::::::::!:::::::::!::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
     |!:::::::::::!:::::::::|::::::::|、|、::::::::::::::::::::|:::::::::::|
     ||::::::::::|::::::::::|:::!:::| || ',::|!::::::::!、::||:|::::::::!    「だが、確かに彼女は迂闊だった。
     ||::::::::::!::::::|:::|∧!|、|l |:|l:::::|:| |::||:|:::::|:|    .学兵に掛ける言葉としては、間違ってないのだろう。
       |::::::::::|::::::|:::;'、___`‐リ,!::;ム!イノ!ノ::|/!!
      ヽ、:::::|::::::|!:|    _ |/ー‐l/:::::::! リ     だが彼女は、学兵の中にも戦士がいる事を考えていなかった。
          \!:::::| l|    ̄   }`ヽ /!:::::::!
            ',:::::ト、    __′ /::|::::::::|       ……戦士の前で戦士の生き様を否定するのは、いただけん。
         ∧:::|. \.  ´‐′´`ヾ:|:::::/|      .少しばかり、お返しをしてやるべきかもしれない」
       /  ',::!  >- ´    |:::/
   , -‐、´    ゙|   /、        !/
 /  \\     \′`ー-、   /




          /:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::/::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::/:::/マ:::::::::::::::::::::/:::不ミミヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::::::::イ::::/ /::::::::::::::::::/:::::::::::ハ  ヽ
    / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::イ:::::::/ //  ./:::::::::::::::/:::::::::::::::::::ハ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::://::::∠ニl|イ   /::::::::::::/l::::::l::l::::::::l:::::::ハ
   ̄ ̄ ̄ ̄/:::::::::::::::::::::/::/l ./:/〃 "゙ミx  ./:::::::::::<イ .V:::|::|:::::::|:::::::::ハ
.         /::::::::::::::::::::://:::,'./イ .{{     }} ./::::::イ〃"゙ミ、.V:l::|:::::::|ヽ :::::ハ
        /::::::::::::::::イ ̄ヽ、/    弋___ノ //   {{    }} V::::V:::l.  ヽ :::l   「だめだよ斗貴子さん!
.       /:::::::::::::::::| / ヽ リ   |l ||l l|ll彡/     弋___彡 .|:::::∧:l    N
      /::::::::イ::::::人 ノ⊂    || ||l ||l              |∨ .リ        人間をブチ撒けたら捕まっちゃうよ!」
.     /:::/ |:::::::::::::ヽ ‐-        / ̄  =‐-ニ __)    l
    //   |,イ三=--ゞ=、         / //////////    .l
        /三三三l|::::| ヽ      / ̄ ≧ミ、  /     人              \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
.       /三三三ニ|V:|   >、   /       Y i    <  __             <                             >
.       ,'三三三三| V.    ヽ/       l |___/ >イ |l            <  キミはどういう目で私を見ているんだ!  >
.      ,'三三三三l|____   /_______|─<    .||            <                             >
__/三ヾイ三三三三三三/____ / : : : : : : : : :-‐ ゚  ̄ ||            /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
三三三ヽ三三三三Y⌒Y//ニニニニニニミx : : : : : : :     ||

266 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:15:05 ID:gPlhYsao0
この二人はガンパレードマーチの申し子だな

267 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:15:16 ID:???0

       ,::::::::::::,::::::::::::i:::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     ..,'::::::::::::i:::::::::::::l::::i::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      l::::i::::::::i::i::::l::::::l::::l:::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       .l::::l::::::::l::l:::lv:::: ト:::lヽ::l::::::::::::::::::l:::::::::::::::,:::::::::::::i::::::l
        l::::l::::::::l::lvl ∨l_-l ヽl::::::::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::l:::::::l
        .l::::l:::::::l::l 七ニ--- l::::::::::::::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l:::::::l
       ヽlヽ::::∧ l|     l:::::::::i:::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l::::::l    「お返しは、そうだな……
         ヽ::∧.--=≡ l:::::::::l::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l::::::,!
              ソ`ー-   l::::::::l::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l/      ガンパレを、歌ってやるというのはどうだろう」
          ヽ       U l:::::::l::::::l:::::::::::::::l::::::::イ
             .\       l::::::l::::::l::::::::::::::,l イ 弋
              .\-   l:::::l::::::l;::> ´    _,-`‐''"
               l丶  l:::::l:/   ,. -‐''"´
              l:::::::`l:::/ ,.丶-‐''"´    ,. -‐''"´
                 l::::/ l/i'´      ,.- '´



少しだけ逡巡した後、津村は楽しそうに口を開く。



  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::''::''::::'::::':::'::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /:::::/::::::':::::'::':':::'::::' ''::,:, ''::::,: '',::,':',,':.,'':::'.:'::':::::::::::':,
 /:::::/:':':::l.:':' :'.' ''::l!,:,:::::::',::::::::',:::::,:::::,::,:,::,::.:: ,.,'::::::::::'、
. .{::::::/,, ,::l!::: .::,:: ,::l:::::::::::;/l::::::;/|:::::/|:::::;::::::::,:::,l,,:',';::::,
. l:,:,.:l!,:::,::::l!::::.:::::.:::l!/!::::〃l::::;〃l:::/ .l:::ハ:::::::::::::',':::,':.::l
..l::::::l!:::::::::l!:::::::::::::::ll=l::/=ァォlk,、 l:/  l:/ l::::l、::::::l:,:::,:,::l
..l:::::l!::::::::::l!:::::::::::::::l'l、lト;;;;;゙リl ヾ l/  .リk=j;;l l::::::!::l::::::,l
..l:::::l::::::::::::,l::::::::::::::ll.=."'=''‐    i ft;;;ソケl;::/::::l;::::/
. l:::::l::::::::::::l:::::::::::::::ll ___,,,...、、-=l,`'''゙' ' ./::::::::l::::/    「幻獣を屠りながら胸を張り
. l!::::l::::::::::::l;::::::::::::::ll  ̄ ̄     ノ`ヽ、./::::::::::l!:/      自分に出せる、最大の声量で。
. ヽ;:l!:::::::::::::l:::::::::::::ll    、...,,__  '   ./::::::::::::レ'
   \::::::::::l;::::::::::::ll         ̄  /!::::::::::::l       ――……戦うために、生まれてきたと」
    .\:::::l;:::::::::::ll,         ./:.:.l::::::::::::l
      lヽ;l::::::::::ll `ヽ、    /:.:.:.:.:.:l!::::::::::l
      l  .l;:::::::::l!   `'i- 'ヘ、l:.:.:.:.:.:.l!:::::::::l
  _  ノ.  ';::::::::l!   f    ``'‐、:.:l::::::::l
. / 、~`'''''‐、, .ヽ:::::l!   .l!_       `l!::::::;'
/  ;;;;,,,,,_';;;;;;;;;`''ヽ;::l!   lヽ`'':、,,rヘ,   .l!::::/
 ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ト、 .,、- '´ ヽ, ヽ, l!:::/



津村の楽しそう、は、獰猛さと勇猛さに満ち溢れていた。

268 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:15:32 ID:???0



────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
     最終話 みんな纏めてヒーローになるようです(中編) 終    //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


.

269 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:16:01 ID:EOTgBJAM0
乙ァー!!

270 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 01:16:08 ID:???0
本日の投下は以上になります。
遅い時間までご観覧ありがとうございました。

また、投下遅れ申し訳ありませんでした。

271 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:16:13 ID:1nl292nU0

これで来年の冬までは生きていける

272 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:16:37 ID:vYCrAN3s0
乙でした

みんな生き残っておくれよ…

273 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:17:16 ID:ghXXNfUk0
乙!圧倒的乙!

274 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:17:18 ID:4/Pm0m.60
このスレを読むために生まれてきました

275 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:17:29 ID:5W6AUglw0
乙ー
自分のペースでいいぜ!

276 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:18:33 ID:5L.cm5Ig0
乙リーヨ!!
相変わらず面白い!……そして、もうすぐ終わるんやなぁ……。

277 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:20:19 ID:gPlhYsao0
乙どすえ

待った甲斐がありました!今回も大変面白うございました。
感想はただ一つ、この愛すべき連中が誰一人欠けることなく明日、笑いあってほしい。
それだけでございます。

次回も楽しみにしています

278 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:28:03 ID:YuIN/SYM0

ここにきて助っ人を雇うのは思わなかった。でも遠坂が再登場してくれたのは素直に嬉しい。
あの救出劇は好きなエピソードだったから

279 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 01:33:10 ID:ammt/Yxc0
乙でしたー
やっぱ面白いわあ

280 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 02:00:24 ID:Q6rx4F/o0
乙したー
待ってたかいが有ったわ〜面白い!

281 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 02:04:52 ID:DsE.zAVU0
そうさ未来はいつだって、このマーチとともにある。

282 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 02:05:07 ID:NU/G9yDM0

ところでとちゅうからきらきーのAAがばらしーになって
更に途中からばらしーと呼ばれるようになった気がするんですが…
きらきーはドコに消えてしまったの…はっ!?これがまさかN.E.P!?

283 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 02:21:46 ID:v39ugfTw0
乙でした
次で終わる気が全然しないぞ! 不思議!

284 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 05:44:09 ID:crUCvFZE0
乙でした

285 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 08:06:31 ID:Bu3rClG60
乙でしたー。
クオリティ落ちないところは流石!

まさか遠坂嬢が再登板とは思わなかったな。
あのあたりも腹抱えたww

ところで、次回は最終回後編 にはならないと思う。
なぜなら、前作では最終回の前にワンクッションあったからなw
それに後日談で何回か分けて投下されるような気がしてならないw

まぁどのみち次回も楽しみにしてますw

286 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 09:47:02 ID:NjOI8eD20
おつー 今までやってきたことが重なっていくこの流れは本当に面白い

287 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 10:07:01 ID:jtkJ9H.w0
>>241
間垣「あんたたちは、息抜きの合間に人生やってるんだろう!!」

288 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 10:45:56 ID:ORQGybAI0
乙でした。
ずっと読んでたので続き見れて本当に嬉しいです。
もう一回読み直してきますノシ

289 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 11:52:41 ID:RAKSt6cE0
乙、久しぶりでもやっぱり楽しかったー

290 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 11:54:33 ID:8EHoGbdA0
乙乙、順調に見えるがどうなるかな

291 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 12:13:05 ID:BPORNFbQ0
乙〜 集まってきた

292 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 12:28:39 ID:qgOdzZVc0
乙ですだ
リミッター解除した土建屋の凄まじさよw

293 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 12:37:15 ID:8LZxni1I0
GPMって続いてたんだ
8スレ目で追えなくなってたよ(震え)

294 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 15:30:28 ID:fkb537zQ0
乙でした
ところで圭一が前川になってね?

295 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 17:13:30 ID:jtkJ9H.w0
あー、もしや斗貴子さんとカズキは年齢固定タイプ?

296 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 18:44:35 ID:6/gF9Sc20
乙でした
宇宙人でテロリストで天災で宗教で……このお日様はどこまで行くんだ!最高だ!

297 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 20:52:04 ID:THyA9c5.0
ぶえ"!!ぶえ"え"え"え"!!(乙でした!!)
これから戦場が待ってるのに学兵達の明日が見える!やっぱりお日様は最高だ!

298 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 21:00:40 ID:Bu3rClG60
今気づいた。
お日様がいる。
そしてこの一日をみんなで生き残る。
一日が終わるには、日が沈まなければならない。

そして、このお日様は、決して沈まない・・・。

・・・終わらない一日が、永久に続く一日の物語が始まる・・・怖い…ww

299 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 22:08:30 ID:erp9gMFc0

いやぁ、笑った笑ったw

300 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 23:12:56 ID:vYCrAN3s0
>>298
白夜って言葉があってだな

301 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 23:20:12 ID:xy/IDs1I0
小説版のガンパレも終わったからここしか残りのガンパレ楽しみにできないか!後編はよ!

302 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 23:24:27 ID:gCaaxswE0
しかしまだ戦いが始まってすらいない
決戦の前の話がまだありそうなのに
最終話の後編だけで話が終わるとはとても…

303 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 23:33:05 ID:vBt3mT3w0
乙でしたー

304 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 23:36:06 ID:???0
>>236のばらしーは、きらきーの間違いです。

305 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 23:36:27 ID:???0

        ガラッ
     |┃      ,_   _ 
     |┃三  、-ー'`Y <,___
     |┃ __≦ー`___ _二z<_
     |┃ > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
     |┃<之′Y´/        \
     |┃  >{ , '  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
     |┃ | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l   突然だが、皆さん私の名前を
     |┃ ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|   覚えているだろうか
     |┃三   ゙i|゙i'(1    ,    |
     |┃    ゙iTィ.,_   ―   _ノ          _   _,
     |┃三    │「ィ::ニE7 l         ___,> Y´'ー-、
     |┃     └l´::::/ヽト         _>z二_ ___`ー≧__
     |┃三     |::::|´  ̄`i         ミ >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                        ミ /        ヽ `Y′之>
                      .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                         l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                         |ハ |(●) (●) / / ,/レ′    そう。私の名は……
                           `|   ヽ    「)'/|/
                           ヽ、_  ―  _,.ィT/        銀・キルシィ・できない子
                        ミ    / Eニ::ィ -、 |
                         ミ  /::::;/ ヽ:::/:::/'::         銀のAAもできない子のAAも使える、
                           /:::/へ ヘ/::::/:::         作者に優しい存在だ。
                           /:::::\ ヾミ::::/|:::
                          (;;;;/| \;;;;ノ/:::
                             /    〈:::

306 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 23:36:50 ID:???0

            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
       _>z二_ ___`ー≧__
       >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
      /        ヽ `Y′之>      つまりきらきーも……
      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ /}     
     l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }./ /    __   あとは、わかるな!
     |ハ |(◎)三(◎)::/ / ,./ /  . / .ノ
   (^ヽ{ ヽ|   ヽ    「)'/|/ 厶- ´ /
 ( ̄ ヽ ヽ iヽ、_ □  _,.ィT/     /
.(二 ヽ i i |,r‐i 7Eニ::r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
  ヽ   /  ノ'イ/ヽ:ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   i   {   イ:::: i´ ̄ `l::::::::::::::::/ \ \
   ヽ. `ー '/::::::|     |' ̄ ̄    ヽノ
      `ー '  ̄


::::::::|:: | !:::::ハ ー-!::!|、..|_   ハ::::|  |!::   /'|::::      / |         !
::::::::| | !::::| |::::  |:: | 「 `| ヽ::|!  ハ::: / |::___    /          !
::::::::| | !::::| |:::l !|: !|__ ゝ ! |::|\ ! l: /   !'⌒ヾ   /           '
::::::::| | !::::| |:::l! | !` >lト! 、\| | | | '   ! ,__ノ  /  /:::|!     '  /
  /::! ! l∨  ゞ! | ヾ! l/_ヽ!::!::ヽ!l\!|     'f'' ___ /  /:::: |!      ,
::/ |::i ,'      ヾ!   _|  レハ/ヽ∨l    / !_/ヽ`メ:::::::: '    ./ /
 : |:: |             ゝ、 __./      ィ !/j/<_.|::: /    / /   違いますゥ!
 ' |:: |::::                   |!|: | !フ レ!   / / .' 
/:: |:: |::::                   |!|: :Vトーく/  /j//     この眼帯はファッションでやってるだけだから、
ー:::|:: |:::::                   Vハフ:::丁ノ "´ヽヽ'       どっちにつけていてもいいんですゥ!
ー...|:: |::::::        ,  -‐ r‐- 、     ノレ<|::: |    \\
ゝ_j::: ! :::::::     / ̄`ヽ:::::.`丶\_ ´ 、_jノ:::: !      \\
_:|:: |_::::::::::     l     ',:::::::::::/    イ::|::: |        \\
ヽ::|:: ト、\ :::::::..   |       ',::::::/    / |/|::: |          \\
:::: |:: | \ー⌒\_ :ト、     l::/   イ   / |::: !             ヽ \
:::: |:: |\ \    \ー-.、 ‐─ァ′/::::::!   /  !:  !               ヽ \
:::: |:: |\\  ,--、  \ ヽー─く :::::::::::!  /   .!:  !             / ノ
:::: |:: |  \ ̄::::::V   \|  / \:::  /    |:  |              / /

307 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 23:37:05 ID:???0

         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|  ……私、そっちの設定じゃなくて良かった
      ヾi∨| u ,,,  ' ,, |´
       ヽT、,_  ⊂⊃_ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`



       ,. <,ィ //、、__                 〃/ |\
   ,. <   // //  `==ニ二´       `二ニ==彳/ 仆、\
 ∠ ___/ / /,′                l   u.     |l /l | \〉
/       厶∨    |     l  ¦     | l|  、 |   |/ l| ∧  ヽ\
        / l ,    l    |  |    l  |  | |  l l l |ヽ.  \\
         /  | /   | , | `ヽ、 |    l  l  | |   | | l| l |   \\
.        /  | |l | l | | l   |l \!    |  l  | |   ! | l| l |      ヽ ヽ   人人人人人人
       /  /||l | |Ll」_|_  |l| | \   ハ ∧ / l  / , j |l/|      l |
‐- 、  /  /  | ト、 | l |ヽ ト`丶」 |l  \/ 厶斗‐メ、/!l / / / {     | |    えっ!?
 ̄ヽ冫, ′, ′ ヽ! Nト|r=冖うミ、` ヘ  リr¬〒ryfz-{ |/レヘ j  \    l |
 //  ,    /  レ∧ ヽ {!}ヾ:::::::::∨ Vヘ{(f卮}_) 〉ト、   ヽ  ヽ、 / /    VVVVVVVVV
´/  /    ,′ 八rヘ. 。ゞニ- ::::::::::::::::::∨ ゞミYシ/ハ !`丶、 \  ∨ /
  /     /  /> 、_〉            `ー…く /_/ヽ、 \  \ `ヽ、
 '′     /  / ,   ∧       l    、_ノ/´ヽ   `、  `、  丶   l
  ___ /  / ,′  / rへ、u.  rー-―ュ   / 〉 l|   l   丶  }  |
 ̄: : : : : :.: ̄`丶、/   / /しヘこ> 、 ` ̄ ̄ r〜'⌒r勹 l|    l|       /   |
: : : : : : : : : : : : : : \ /  \: : : : : : : >‐</⌒Y´: :/  |     |     〈  ∧


                                                      嘘ですごめんなさい

308 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 23:37:20 ID:wm1nMF/.0
投下乙でした
今回も銀ちゃんのお日様ぶりが最高でした
後編も楽しみに待ってます

支援
1720小隊初期メンバー
ttp://i.imgur.com/ZAjIpZK.jpg

309 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 23:41:56 ID:gPlhYsao0
素敵な支援絵キタ――(゚∀゚)――!!

310 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/02(金) 23:44:31 ID:???0
>>308
可愛らしくてホックホクですありがとうございます。
ギャル夫とナンバープレートがお気に入りです!

前回今回と会議ばっかで、こいつらの出番少なかったこと、ちょっと自分でも欲求不満でして。
パイロット勢は次回以降ガンガン出張りますので、是非ご期待くださいw

311 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 23:47:09 ID:THyA9c5.0
ヒャッハー!新鮮な支援絵だー!(美形が誰か一瞬分からず戸惑ってしまった)

312 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 23:48:12 ID:1nl292nU0
真ん中誰かと思ったらモヒカンか

313 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 23:48:36 ID:7vQO50PY0
モヒカンがwwww

314 名無しのやる夫だお :2015/10/02(金) 23:50:54 ID:wm1nMF/.0
投下と被ってしまった・・・
申し訳ないです

315 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/10/03(土) 00:04:53 ID:???0
>>314
全く、全然、微塵も。こんな幸せな被りなら歓迎ですw

316 名無しのやる夫だお :2015/10/03(土) 01:16:30 ID:d7mUH28I0
>>310
パイロット勢は次回以降ガンガン出張りますので、是非ご期待くださいw(次回が年内とは言ってない)

こうですね!分かります!

317 名無しのやる夫だお :2015/10/03(土) 01:38:01 ID:gn/UGGEU0
一日遅れでようやく投下読めた。
乙でした! 最終回にも超期待!!

最終回がエイリアンシリーズみたくなっても全然構わないのよ?

318 名無しのやる夫だお :2015/10/03(土) 07:42:14 ID:1SbsMMxQ0
今更乙
さぁ後編()はいつになるか

319 名無しのやる夫だお :2015/10/03(土) 08:37:16 ID:z3zc9gwI0
でも最初の時は、ホントに部隊として活躍できんのか?これ
みたいな感じだったなー。
まじめに動けないだろうからギャグ方面に突き抜くのかと思いきや・・・。
感慨深いよなー。

320 名無しのやる夫だお :2015/10/03(土) 23:48:33 ID:DLBWFJ7g0
乙でした、すごい面白かったです!
やっぱり皆魅力的ですね、見入ってしまいました。
最終回も楽しみにしてます。

321 名無しのやる夫だお :2015/10/04(日) 09:34:19 ID:f78Te7ps0
銀パレだー!ヒャッハー
思わずまた最初から読み直してしまったぜー
最終回後篇1も楽しみにしてます

322 名無しのやる夫だお :2015/10/04(日) 09:55:20 ID:nQMZJbds0
乙です、今回もおもしろい

最終回後編上その1も期待してます

323 名無しのやる夫だお :2015/10/04(日) 12:54:28 ID:xzmjf8wQ0
じゃあ、僕は最終回後編上その1Aパートを楽しみにしてます。

324 名無しのやる夫だお :2015/10/04(日) 14:38:26 ID:JbexkVLc0
じゃあ、最終回後編プロローグ期待してます

325 名無しのやる夫だお :2015/10/05(月) 03:23:15 ID:xVfB6oag0
じゃあ、俺は最終回・完結編を楽しみにしています。

326 名無しのやる夫だお :2015/10/05(月) 04:49:59 ID:yo4bB8Ts0
乙でした
榊ガンパレも終わってしまったがギンパレがあればまだ生きていける!!

327 名無しのやる夫だお :2015/10/05(月) 09:02:18 ID:8aHNtKcg0
もう最終回やぞ(真顔)

328 名無しのやる夫だお :2015/10/05(月) 10:59:03 ID:wlJFS1tk0
最終回・完結編 前編楽しみにしてます

329 名無しのやる夫だお :2015/10/05(月) 11:58:52 ID:6a6T4ink0
Zに続くんだろう?俺は詳し(ry

330 名無しのやる夫だお :2015/10/05(月) 12:56:19 ID:pAYMM86k0
次は青森か、はたまた火星か。

331 名無しのやる夫だお :2015/10/05(月) 13:15:19 ID:UIKu4DE60
つーか、今回まだ出撃してない時点で、誰が見ても次回じゃ終わらないよね。

332 名無しのやる夫だお :2015/10/06(火) 00:13:15 ID:T4LmtH2s0
戦闘シーンは全カット
エピローグが始まります

333 名無しのやる夫だお :2015/10/06(火) 19:01:57 ID:EAU8mwtI0
戦闘シーンで最終話
エピローグでまとめに入ります

334 名無しのやる夫だお :2015/10/06(火) 19:13:18 ID:6wT2NXt.0
いざとなったら最終回が全て年表という手もある

335 名無しのやる夫だお :2015/10/06(火) 22:39:14 ID:dYKrIl/c0
そんな忠実な原作再現いらないです

336 名無しのやる夫だお :2015/10/06(火) 22:43:22 ID:RReu8wo60
>最終回が年表
レンジでゆでたまご爆発させそう

337 名無しのやる夫だお :2015/10/07(水) 00:16:32 ID:57k9WClI0
もうちょっとだけ続くんじゃ

338 名無しのやる夫だお :2015/10/07(水) 11:39:26 ID:UKvaghPI0


339 名無しのやる夫だお :2015/10/07(水) 13:33:47 ID:OUDPGI.A0
もうちょっとだけ休むんじゃ

340 名無しのやる夫だお :2015/10/08(木) 07:40:05 ID:UAAGr5mE0
もうちょっとだけ(ゼンラー待機)が続くんじゃ

341 名無しのやる夫だお :2015/10/08(木) 10:56:56 ID:ug34P4Sw0
ソックスゼンラー!

>>308 いい絵やなー

342 名無しのやる夫だお :2015/10/10(土) 10:16:11 ID:jqm5h9ko0
即全裸?

343 名無しのやる夫だお :2015/10/11(日) 11:36:09 ID:ZBB/IgYE0
よっしゃ!何年か前からやってるやきうの人の作品の続編終わってるぜ!
休日にまとめ読みだ!ビールだつまみだ夜更かしだ!!

最終回後1回残ってるぜ?ガビーン(現在の心境)

このいきり立った一物のおろしどころを失った……。

344 名無しのやる夫だお :2015/10/11(日) 13:13:37 ID:HbMI.5po0
>>343
あと3年くらいかかるぞ

345 名無しのやる夫だお :2015/10/11(日) 13:28:07 ID:ZVngDIVo0
何とも言えない寒々しさよ

346 名無しのやる夫だお :2015/10/11(日) 13:34:50 ID:h3TfG5D60
あまり全裸で過ごしていると野生の力が宿って知力と引き替えに鋼の体力になっちゃうぞ

347 名無しのやる夫だお :2015/10/11(日) 13:40:03 ID:ZBB/IgYE0
いや耐え切れなくて読んじゃったんですけどね。

このまま後年単位で待つのはきついわ・・・。

もうブータパンチとかブータニアスレーザーとかでめでたしめでたしでええやん……
心折れるわ。

348 名無しのやる夫だお :2015/10/11(日) 14:15:02 ID:l7LEDID20
あと10年かかっても問題ない
我が身は既に覚悟完了

349 名無しのやる夫だお :2015/10/11(日) 22:21:06 ID:m.sMPAwg0
>347
お前、そんなこと言って後編が
「やらない夫ビームの掃射で幻獣は一掃された 完 」
の一行だったらどうするよ。
3年待っても、完結編3まで読みたいぞ。

350 名無しのやる夫だお :2015/10/11(日) 22:51:50 ID:2L6/kZsI0
やっぱりやらない兄さんがナンバーワン

351 名無しのやる夫だお :2015/10/12(月) 01:39:25 ID:OBgmD7uA0
ない夫さんもヘリ狩りに専念するなら通常のライフルで戦えるし
ホーミングレーザーは温存できるだろう…
今回は干乾びないで済むかな…

352 名無しのやる夫だお :2015/10/12(月) 15:42:20 ID:w.lmAJAA0
ゼノギアスのDisc2を俺は今でも待ち続けている
たった9ヶ月で折れる程柔くねぇ!

353 名無しのやる夫だお :2015/10/12(月) 16:10:29 ID:4vSTm/dM0
ソルジャークイーンの最終巻下を待ち続けて20年
レーベルも消えちまったがまだ待ってるぜ!

354 名無しのやる夫だお :2015/10/12(月) 17:33:28 ID:EdDrIK7c0
サーラの冒険の続きが出ると信じて……!

まさか本当に出るとは思わなかったけど(小声)

355 名無しのやる夫だお :2015/10/12(月) 22:06:10 ID:hlJ0wl4w0
シュラト7巻は絶望しながら待っている・・・24年か

356 名無しのやる夫だお :2015/10/12(月) 22:06:30 ID:hlJ0wl4w0
ageちまったスマソ

357 名無しのやる夫だお :2015/10/13(火) 11:53:33 ID:p7bK0oCU0
ワイルドカードの邦訳の続き、出ないかなぁ

358 名無しのやる夫だお :2015/10/13(火) 18:58:13 ID:IlfXDnOA0
エリン戦記の続きが見たいです

原文で読め?はは、無茶を言う

359 名無しのやる夫だお :2015/10/13(火) 19:52:41 ID:lUJPlxl.0
グインサーガとかゼロ魔とかトリニティ・ブラッドとかの続きが読みたい

360 名無しのやる夫だお :2015/10/13(火) 20:18:38 ID:VOeu6jb.0
>>359
ゼロ魔はよめるじゃん。

361 名無しのやる夫だお :2015/10/13(火) 20:26:49 ID:ljDUxeFE0
グインも続編出てるよ

362 名無しのやる夫だお :2015/10/13(火) 21:09:28 ID:iPfVuYD60
カープがいつか優勝すると信じて…
もう四半世紀経つけど

363 名無しのやる夫だお :2015/10/13(火) 21:35:40 ID:.iNxGHxA0
か、風の聖痕・・・(震え声)

364 名無しのやる夫だお :2015/10/13(火) 21:40:06 ID:5eharcwg0
死んだ後にあの世で楽しみがあると思うしかあるまい

365 名無しのやる夫だお :2015/10/13(火) 21:48:40 ID:c8S/Az8o0
存在自体がこの世から消えかけてる火浦功にあやま・・・らなくていいや
むしろ火浦がみのりちゃんその他にあやまれ

366 名無しのやる夫だお :2015/10/13(火) 21:58:09 ID:6dG42OA60
>>364
キャプテンフューチャーとPhule'sシリーズが楽しみでなぁ……

367 名無しのやる夫だお :2015/10/13(火) 22:05:59 ID:HQM.YV2Y0
ゲームの未完成品を掴まされて修正パッチを5年間も待たされた挙げ句開発凍結を喰らった絶望よ…

368 名無しのやる夫だお :2015/10/14(水) 00:11:00 ID:.D8K4wYc0
>353
俺も待ってる。
一巻出たのって30年位前じゃなかったっけ?

369 名無しのやる夫だお :2015/10/14(水) 06:49:56 ID:TtlYATJk0
>>353
懐かしいな。敵は全員コスプレしてることも忘れてるなんちゃって神族
こっちはシリーズのキャラ大集合!さあ!ここから奴らに眼にもの見せてやる!

ってところで永久に次巻が出ないという、ラノベによくある事例ですな。

370 名無しのやる夫だお :2015/10/16(金) 19:26:23 ID:TWNgWhfs0
今更だけどヒロ女シリーズ読んだわ。
あっちもブットンでんなぁ・・・

371 名無しのやる夫だお :2015/10/16(金) 19:41:39 ID:hKacmhzY0
雑談所とか行ってないからシリーズになってたのを初めて知ったわ。感謝。

372 名無しのやる夫だお :2015/10/17(土) 14:03:47 ID:lRkjvL9Q0
うたわれるもの2はまだかね?(真顔

373 名無しのやる夫だお :2015/10/17(土) 17:30:27 ID:m.TsKlts0
外伝1は出たが2はイツダロウネ

374 名無しのやる夫だお :2015/10/18(日) 00:16:57 ID:OKL/SM..0
藤原啓治の演技は面白かったです

375 名無しのやる夫だお :2015/10/20(火) 19:34:35 ID:4MuGDatE0
(おもむろにクローズドダイス振って)
KP「君は、唐突に悪寒に襲われた。それは虫の知らせとでもいうべきものだ。
   『このまま一人でいたらよくないことが起こる』 そういうった予感がする。
   その、具体的にはキャラロスト的な。」

376 名無しのやる夫だお :2015/10/20(火) 19:34:47 ID:4MuGDatE0
誤爆した

377 名無しのやる夫だお :2015/10/20(火) 23:06:30 ID:S/l55KGo0
つまり新城さんが心労で死ぬ展開があるという事か

378 名無しのやる夫だお :2015/10/31(土) 16:12:04 ID:FaYh2VEw0
次は1720小隊いつもの連中の大活躍が見られるんですね!
戦場で大活躍が!
物語の終盤で大活躍が!

379 名無しのやる夫だお :2015/11/03(火) 18:47:03 ID:UehWtPmU0
ゴッドスピード

380 名無しのやる夫だお :2015/11/07(土) 06:42:54 ID:FPImuy5U0
ラヴ

381 名無しのやる夫だお :2015/11/07(土) 17:31:06 ID:jMQCv7cg0
おばあちゃんが言っていた・・・

382 名無しのやる夫だお :2015/11/07(土) 18:18:38 ID:Rhe4wHpw0
実はおじいちゃんなんだ

383 名無しのやる夫だお :2015/11/08(日) 19:15:05 ID:2Vv5ff6.0
らいあー!

384 名無しのやる夫だお :2015/11/10(火) 18:36:24 ID:JvrMlAYs0
手塚あぁぁ!

385 名無しのやる夫だお :2015/11/12(木) 09:18:31 ID:IIksh5cg0
赤塚ー

386 名無しのやる夫だお :2015/11/15(日) 13:33:44 ID:zEzCqvMY0
二大賞ゥ

387 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 00:44:51 ID:ThrNsNQc0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i            外伝6 「アカギ」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / / 
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       A-6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

388 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 00:45:34 ID:ThrNsNQc0

┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ         ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
      ):::  ....   \        作者の妄想ストーリーです。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.       原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
     /      ::::::::::::::::::|      大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|       そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・最終回?何勘違いしてやがる……まだ、俺のター(ry___
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/                             |\.      | 外 |
                                            、___i i`》、___,   |_伝_|
                                            __ゝsー'~ ,ヘヘ7/   /)
                                            \<_〜//`'i Lラ' / /
                                              Z_dリ゚∀゚)リ/ /
                                             √_゙i~]句[ノ /
──────────────────────────────────────────────────
.

389 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 00:46:07 ID:jBLcyiZ20
おおお、なんか来てる!

390 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 00:46:19 ID:n6IiV7yA0
なん…だと…

391 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 00:46:41 ID:ThrNsNQc0

1720小隊の士魂号整備ハンガーは、やる弐高校の体育館脇を、不法占拠して建てられていた。


       ⌒⌒
  ⌒⌒
           _ .,_
         ./i::l   ' - ., _
        /  l|::|        ' - ., _
      ./    |::| i!            ' -  .,
    /      i|::| l!ノllllll;;;;;;;;;;;;;,,,,         ..i
   /       l|::|     ~~~"'iiiillllll;;;;;;;;;;,,,,,,    |/l丶、
  |:i        l|::| l!           ~~"''iillll!... |_ | .
  |.|         l|::| iソllllllllii;;;;;;,,,,,,,,,,,,,          .|_i .| ::
  |.|         i|::|       ~~~~iiiilliiilliillliii;;;;,,,,  ]/ .| :: :
  |.|         l|::| l  ,,,,,,,,,,,,,,,,          ~ .|  | :: :
  |.|         l|::| liソlllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiii;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,   ]..., | :: :
  |.|         i|::|   ""懶穰鬱懶懶  ~~~"""" |_l .| :: :
  |.|  ㊥     l|::|   懶懶穰鬱懶懶穰 .......,,,,,,,,, |/ .| :: :.,..,,
  |∠二二∠コ .j|::| l! ii穰鬱懶懶穰鬱懶懶lllliii''" ]  | ::;il懶!
`‐‐-+ ..,i___| j||  j| | liノ|||穰鬱懶懶鬱懶""~~ __,,....f-‐ ' " _ ,
 ̄` - ...,__    ̄ ''++‐- ...,,___懶ii'_ji,..|i--‐‐ '  ̄ _ ,...-‐ '  ̄
       ̄ ` '‐-- ...,__     ̄ __,,.. .- ‐ '  ̄
               ̄` i ' ̄
                |


あまりに堂々と占拠したため、誰も無許可だなどと気づいておらず、
生徒達は、体育館脇を通り抜けられなくなった不都合さを、ぶつくさ言いながらも受け入れている。

392 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 00:47:59 ID:ThrNsNQc0

そのハンガーの裏口には、いつだって、乾パンの空き缶が転がっていた。
缶の中には、パンではなく、灰とフィルター。



               .     __________
               .    》‐‐-----------‐‐《
                  !´             |
                   |.     若宮印     .|
                   |   ______    |
                   |  .(\  ∞  ノ   .l
                   |   ヽ、ヽ    /   .|
                   |     `ヽ)⌒ノ     .l
                   |        ̄       |
                   |                |
                   |                |
               .    ゝ ________.ノ



校舎裏の隅へと続くハンガー裏口は、人通りが少ないことを良い事に、
芝村の技術者達は缶を灰皿代わりにして、コソコソと、学校で煙草を吸っている。



             ,. -──- 、
          /  , ヘ .._  ,.、\
        /  /__      ̄   ヽi
          l   〈 ゙ー-゙ニコ!  lLニ-1     「学校で隠れながらヤニ吸うなんざ……
.        | r,=ヽ ===i  /==i
          | |ト|.| `ー-   \-‐l      何年ぶりだろうなぁ」
   _  __| ヽ」l u.    r __ \!
__ノ´   `l/|  ./ヽ  'ー───´l
_,, ニ=-‐'''7  | ./  :ヽ.   --   l
      /  K.   ::ヽ     l `'''ー- 、._    (
     /   |::\   :::`ー:ァr─1   r '_ニ⊃   __ ) _ )
    /    |::::::::\   /:::|  |  /∠、ヽニ⊃( _ ⊂、
    /     |::::::::::::::::X::::::::::|.  |./   ‐‐ゝ\i   ) ノ
   /    :|:::::::::::;:く  >、::::|  /    ,二ニ\> ノ'

393 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 00:48:14 ID:ThrNsNQc0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


アカギがハンガー裏口の扉を開くと、ポウっと、中空に漂う火が見えた。
時刻は既に深夜手前。真っ暗闇の中で、誰かの咥えた煙草の火は、呼吸に合わせて明滅する。


                 .'
                 ,
                     .'

: : \             :.
\:::. \            .'
:. \:::. \          ,
:.:.  \,:'´\        :
:.:     \  \      ;’
:.:      \  \       ':、
          \  \
           \  \    `:.
            \  \ _;:'
             \,:';`';、
               `'、;';`:
                `'’
  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
:: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::
:::::: ::::: :::::: :::::: :::::: :::::: ::::::: :::::: :::::: :::::: :::::: ::::: ::::: :::::: ::::::: :::::: :::::: :::::: :::::: ::::: ::::: :::::: :::::::: ::::: ::::::: ::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

394 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 00:48:26 ID:ThrNsNQc0

風が流れりゃ燃え上がり、風が止めば灰になる。

そんな灯りに親近感を覚えながら、アカギは灯りに向かって歩み寄り、
胸ポケットから、煙草とライターを取り出すと、指先の感触だけで煙草を咥え、ライターを擦り、火をつけた。





             ヽ                         /ィヘ/
             `__ ノ        ,'              / .)/
.  _______     ユ       (:'         /イ)/
./∨========.∧     ツ  . ',  ))       ィヾヽ/
マ:::::∨.\/\/\∧       ー┼”.} ./(         弋,イ
.マ:::::∨/\/\/ ∧      ノ | ヽし': :ヽ
..マ::::::∨__/\/\ ∧    ((,イ: :  :: :V)           /¨⌒`ヽ
 マ::::::∨ \/\/\∧    、ゝ: :   : :(ノ}       Y′    |
. マ:::::::∨/\/\/ ∧    ヽ: :: :  : :: :/        /      /
.  マ:::::::∨__/.\/\ .∧    ゝ;:; :;从;ノ      ./       /
.  マ:::::::∨ .\/\/ヽ∧  ┌───────i/ヽ_      ./
   .マ:::::::∨./\/====∧.二二ニニニニニニニニニニニ|   ー-─ /
.   マ:::::::∨==ヽ:::::::::::| |\/\/\/\/|三|      /
    ` ̄ ̄    )::::::::::| |/\/\/\/\|三|.     /
    ソ´⌒ ̄ ̄ ̄へ──'ニt‐‐ ./\/\/|三|     .|
    /       〃     l ̄ヽ ヽ/\/\ ̄リ     .|
    |         ゝ    .|  |  ) /\/\|     |

395 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 00:48:43 ID:ThrNsNQc0

./:::.:.:.:.::.::::_:∨ {┤ | 、 ;  ハ
{:.:::.:.:.:::/::::::∨ ヘ'、 }:、 }  ;  |                       / ̄ ̄ ̄ ̄\
;:.::.::.:./:::::::::::::::\ハ ヽト、ヾ  , -┴ 、                      |  よ う    >
;:.:.:::_.、-‐rッ  ̄ \ フ´| /__:::::::}                      \____/
  |::: ̄:::::ー─‐  ´ . :.:.:| |::__.:::}.::/
  |::::::::::::::.:        .:.:.:l |::_::V.::/
  |:::::.::::::::.:      .:.:.:.l レ:::Y::/       「……あぁ」
  |::.:.:::::::.:      . :.:.:.l |__/:/
  |::::.::.:.:      . :.:.:.ハ|__ノ_
  |:.:::.}      . :.:.:.:/ ノ/三 \
、_ノ'"´       . .:.:.:イ /三三三ヽ_
──────'.:.:.::/f| /三三三三 {三≧= __
___   ..:.:.:.:.:/.::{レ三三三三三;三三三三三≧= 、_
圭三´ . .:.::.:.:.:/.:::::::.l三三三三三三,三三三三三三三三
  . .:.:.:.:.:.:./.:::::::::.: :|三三三三三三!三三三三三三三三
 . ..:.:.:.:.:/.::::::::::::. :. :|三三三三三三;三三三三三三三三



火が照らしあげた先客に、声を掛けられたアカギの眉がピクリと動く。



                                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        _,. -‐―‐-、)ヽ                .| なんだ、もう少し驚いてくれるかと思ったぜ >
       '´,> 〃   ノ `⌒ーz             \_________________/
         / 〃           ゝ.
        〃,/, 〃       _   ヘ
       |〃/ ,〃 〃 ,、,、 、 ,   ヾ'|
        / /,〃 ,.ヘヽ_,ゝヘ{ ヾ ヾ |
         l/ / ,.く  />‐。ァ ヽ'ト、ヾ' i
           |/  >ヾ ̄´   |'ト||ヾ |    「驚いたさ。十分な」
           /         |l〃 ヾ|
         ∠-‐フ   _, / ヽ.ヾ'」
             ` ̄匚,   /   >'^ヽ._
              /  /   /    |
                 '―ヘ  /     人
               /冫′    /ミミ\
               /| |\   ./ミミミミ
             /|,ヽノ!  \/

396 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 00:48:53 ID:ThrNsNQc0

アカギはライターを咥えた煙草に持って行き、火で煙草を炙ると、
一つ息を吸い込んで、大きく大きく息を吐いた。


          /: : : : : : : : : . : /        :' ;:    ミ   |
.          / : /: : :/ : : :彡/ . / . : : .   .: ;'       ミ }
         /://: :/ 彡 : : : / 彡/ 彡: : :ミ 、 ; :;   ミ
             ///: : / : : /. :__/. ::/ヽ:   |\:;       ミ  ′
.            /  /.://: 彡// /:/: :   ミト ;: 、   ミ     /
           / / /:/./┬く:|/ヽ     \|: :'_、 \    ミ/
            |  // {: :|: :ゞ<\ハ  /.: ̄: ,: \ }\⌒V
                 l/  : :| : : : ≧く.:} / :.xくア二二ア | /.:}
                    Ⅵ: .  . : ://  ヾ :' ;:     |_/.://
                    ヾ: : : : : ://    ,: ;:     __//
                 __ : : : : //    .: :'      /:-イ
             /: : :.∧: : /厶イ__;      /  ハ
            /: : / ̄ ̄ ̄}l__}l:_:')    /}  : : :.
.        _ .. -/: : : /   -―‐´┬\\.;     .: :|" / : : l\
_ .. -‐. : : : : : : : : : : : /   ______\;;>ヽ/.: :八/} : : |: :\
: : : : : : : : : : : /: : : : :/   ´      }l   l \_ソ: :   / : : : |: : : : :\
: : : : : : : : : : /: : : : :/    ー―― …ー 、_ソ: : :   / : : : : |: : : : : : :\
: : : : : : : : : /: : : : :/         _. - ―┘: :   /.: : : : :|: : : : : : : :
: : : : : : : : /: : : :_:/         Y´:ヽ/: : : :    /: : : : : : :|: : : : : : : : :
: : : : : : : /: /: |        . : / : : : : : :      / : : : : : : |: : : : : : : :
ヽ:. : : _/: : :|.     . : : :/         /: : : : : : : : :|: : : : : : : : :

397 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:50:07 ID:ThrNsNQc0

      -、ー- 、
   _. -─-ゝ  Y ⌒,.Z.._
    ,.>          <`
  ∠.._        ,     ヽ
.  /    , ,ィ ,ハ ト、    l
  /イ /   /l/‐K  ゝlへトi  |
   レ'レf Y|==;=  =;==|f^!l    「なんの用だ」
.     !6|| ` ̄ "||`  ̄´ ||6|!
      ゙yl、   、|レ   |y'
     _,,ハ.ト.` ̄ ̄ ̄´ ,イ/\_                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄                      | なに。顔を見たかっただけさ  >
  :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::                  \____________/
  ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::
  :::::::‘:::::::::::o:ヽ`  ´/::::::::┌──┐
  :::::::::::::::::::::::::::ヽー/::::::::::: l:::::::::::::::l




         `ヽミメ、 . -‐,=‐
      . . .-‐‐ミ i! Y i! 厶イ__
   ∠..., =‐- i!  i!  i! i! <´
    .ィ´ i!   i! i! i! i!   i! i! ヽ
.  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!
  /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !
  /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j     「見ての通りさ」
  /イ i!/! /==。=、:::::.=。===:i!,...i! |
    j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|
       i:::::/.::::::、   .::::::|Lンii|
         i: `‐――一'.;.::::ハ.i! j;\         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           、  ー ..:::::/;  ヽ:{;;;;;;;ト、__       | 職場を変えたが、どうだ?うまくやってるか?   >
      . -=''7ヘ.....:.:::::/;;; '   j;;;;;;;j;;;;;;;       \___________________/
   -‐'";;;;;;;;;;/;;;;;;ヽ .イ;;;;: '     /;;;;;;;;|;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|:.:;;:::'    /;;;;;;;;;;;!;;;;;;




                    . ィ: . ̄. :`ヾ)_
               >彡:  〃 〃 〃 `ヾ
            ./イ:  〃 〃 〃 〃 〃 :
              //:/.:/:/ {:. |.:/ 〃 i
           ./ /イ /ハ'/∨\乂:. 〃:|     「まあな」
             / |/ 〈 |ィァ才 リハ 〃 !
              ′ノ      え〃 ! 、、
                ,.`¬__    ハ从リイ:   \
             ./   :j  ` / ://ハリ     \
          /    /i`ー=升 : .:/ ∨\:.    \
          /    // / \ヘ:.  /   ∨ ヽ    ∧
       ト、  / / //\ ヽ  / /\〉ヽ `ヽ :/  '.
        l:  Y:    |′  |∧.|三|/      !|   : /  /:!

398 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 00:50:11 ID:83gIRM760
若返ってやがる…ピンピンに…

399 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:50:31 ID:ThrNsNQc0

アカギがふうっと、息を風に乗せる。煙は闇の中に溶け込んで、瞳に映らない。
それを寂しく思ったわけでもないが、アカギはオイルライターに火を灯し、そのまま地面に置いた。







                                :;:, .:
                                  :', .:
                           ::... .   . .':::;:, .:
                  ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
                  ':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
                        ::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :
                   ',:; .::)       て:;;':
                    :.(ノ        (::
                 ::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:
             ;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :
                ゙::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    ):::.


ゆらゆらと揺らめく淡い炎が、2人を下から照らし出す。

400 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:50:57 ID:ThrNsNQc0

浮かび上がった顔は、年齢を別とすれば、アカギに、とても良く似ていた。



                                       -z- _ ト 、
                                   --==ニト\ ` 、ヽ .ト、
                                   , ィ´            ハ| L _
                                   /ィ    ,:         `ヽ⌒
                                / / , ///イ             ハ
                                 l / レ'}'´ ̄ l {!          }
                                  }' / ,.ケニ= ',|Ⅵ          !
                          r:、          く   ',     } /-┐       /
                            ヾ':,__        < __、 }    j/_ ィ     , '
                      , ィ'`く \ 'i_       .〉     _ノ  l !  , '
                      r '⌒ヽ ゚, | j7     〈___.::::::::   ,   Ⅵ く
                       | _λ ハ,ri、j/ '            ゚̄,:   }    У:::}
                       }  ヾ :j´    _   ,r≦:::::::〉 ,' ! , イ:::::::∧
                      f   ノ:rチ!     ,' / //::::i:::::::/ _, <:::::::::::::::::, '\
                       ,ト===≦:::ィ}    ' :l,' //::: -|:: / {:ト、:::::::::::::::::::/! / ,` 、
                    {、::::::>'´ l   ' l  ./´  /i::ハ __!:::::゚。::::::: /,'  // ` 、
                    | | | | | {   ,' ,'/   /::/  ノ:::::::/‘ ,/ .′/ ' / ,. -Y
                    | | | | l |  √ ,:'_,>  /:://::::::::: /      l / / , ' /l !7
                    | | | | l |/  ,'j.   /rチ:::::::::: : :/ 、   __{./ / / /.! | {7
                     | | | | l ト,   ,' l.   /::::::::::::::::::: /  \/  / / /, '|  | | ,ハ
                      | | | | l },ハ :,' !  /::::::::::::::::::: /    / ,: , 'i.// ! ', .l } i′
      .                ,:| | | { ノ}_ }.′!  /::::::::::::::::::: /  // , ' , ゚ ,:!/| | } l l {


自衛軍で、中佐という肩書を持つ男。赤木しげるが、ぼんやりと煙草をふかしている。

401 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:51:36 ID:ThrNsNQc0

             、‐- 、 ,. -- _
          ,ゝ ̄ `  ′゙,∠.._
       /´ " " " ゙ ゙ ゙ .<`
       7 " " " " , ゙ ゙ ゙  、\
.      i " " " ゙,.ィ / \ ゙ ` ゙ \
.        | " " ,ィ/‐l/、  ,ゞト、゙ 、゙ヽl
       | r=、 l.=。==._ ,。==ゞ ゙ N
.      | {にl l ` ̄  _ \´ハN
       ,l ヾ=lノ  __ ‘ ‐  ゝ      「世間話は不要だ。本題を言ってくれ」
   _./:l "./ ヽ. ∟..二ニ7/
‐''"´:/::::::| /    \   一 /、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ:::::\
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l::::::::::::\
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l::::::::::::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l:::::::::::::::::::::ハ
                                          __、─- 、
                                         > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
                                        , ' i!i   i!i  !ii   !! <
                                 .      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
                                      l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
                                       | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
                                       |!i.|.f1.| ===j= ,,r ==j=lW
                            「本題か……」     |.i!|.「l | `二´  \二´/
                                      |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
                                       /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
                                    _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
                                 ‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
                                 .....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
                                 ... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
                                 ....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....


赤木が考えこむように、細い顎に手を当てる。

402 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:51:59 ID:ThrNsNQc0

                           ,, -‐'´~ ̄                     ゝ
                         .∠~_  _  ll   ll    lll    ll   ll   ll\
                         .  , ‐'"~ ll   lll   lll    ll   lll    ll  ヾ
                         ./  ll __,  ll   ll    ll   lll    ll    lllヽ
                          , -‐'/ ll  ll   ll/| lll ∧ ll   lll    ll    l
                         .´ ./ ll  lll  /ll / .| | _,|ll .∧   ll     ll │
                          / l/ ll  / /_| /''‐-‐|ll| _,,| |. | llヘ、 ll   ll  ll |
                         /// ll /| /_|/ |/` ‐-‐ '|.|, -'|l| ̄|.|:::\  ll  ll │
                         .  l /|../ |/  l``ヽ、   /|!   l  l :::\  ll  ll|
                         . |/ |l/ l|.=====、  __ ========::::| .i⌒ヽ.ll│
                            l   | ` ‐--゚‐/,::: '''' ` ‐-゚--‐ ' ´  ::|ll|⌒i | |
                               | 、.__ /,::::::::   、     _ノ :::| |⌒l |.ll|
                         .      |  ::/,:::::::::::::      ̄ ̄ ̄  ::::|l|6ノノ .|\
                         .        |././,:::::::::::__:::)   \__   :::::::||、_ノ | ・\
                         .         l.(_::          , \::::::::/l   ll| ; : |
                    「………」         l.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  :::ヽ/ | lll | :・ ・;|
                                    l、   ___     ::::::/:   | ll| ;・ :・|
                                 _, -/l、   ̄ ̄    :::::/::    | | ・ ; ;|
                             _, -'::l::::/ ; !.        ::::/:::     |.| ; : ; ・ |
                             ::l:::::l:::/;'・':ヽ、     :::/:::       | ;・; :;|
                            ::l:::::l::/; ・' : l ヽ、  ::/:::       /l :  ・ ;: |
                            l:::::l:/・: ;; l・ ;lヽ/:::         /''| ; ・ ;; ・|
                            ::::l/ ・; ;:|;;・'|::::         /: | : : ・; ; |

そのまま赤木が黙り込んでいると、沈黙で出来た間を嫌うように、勢い良くハンガー裏口の扉が開いた。


__________________________________________
                                 _
                              ミ| |\   ガチャッ
                               | | ::::\
                               | | :::::.:::.\
.____________________| |:|\:::: ::..\___
――――――――――┐| ||              | |:| /\: ::: :| | |┌―――――:: : : :
      /            || ||              | |:|:/:  \ :| | ||\        : : :
   :/           :/|| ||              | |:|//    | :| | ||  \::\    : : : :
 /::/         //: || ||              | |:|/    /| :| | ||   \::\   : : : :
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

403 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:52:40 ID:ThrNsNQc0


               /  /
          ___∠  /z== ̄ ̄ ̄` ー- 、
        //     !Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:... 、
       / /       i |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      / '       ! ,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   て
      / i        / /:.:.:._ ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、  (
      | .!       / /:.:.:.:.{/:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      | |     //しへ八:r―'ヽ:.:.:.ノ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ
     _レ|__,. -‐,. イ:.:「_ゝメ、 `  ヽー≦ノ_,. ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
   / __ノ__r'´  う:.:! ヘ じリ   〃frミ<_\j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::./
  / //´ _ノ`ヽ、 ⅳ  `ーノ     ゞソ テ `て:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
  |/ /   /,.-‐、ヽ V   , ''      `二_   r':.:.:.,.-、:.:.:.:.:.:.:ノ   「アカギさーん、ちょっと見て貰い……あれ?」
  / /  //  /  '. !   ヽ,         7:.:.:r,ィ }:.:.:.:.:.:ノ
  | ' /  /    | !   、__           ノ/ノ/ノ/:.:.:.:r'
  | /  / |     | ∧    こ `      ´ ̄ /:._,. '
.  !     ! !     ! ! ヽ          _え´_:/
  |     ヽ \   / /  「.ニォ―― ____ト、
   !     \_ヽノ イ   .|:| ̄|「,ニニ}: : : : : : : :!
   |     ||「「´ .|__|:|:::::|| |:::::::::|: : : : : : : :|



扉から顔を出したアムロの視線が、まずアカギを捉え、アカギと対面する赤木に向かうと、
顔に驚きの色が現れて、瞳が、煙を垂らす2人の間を彷徨った。

404 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:52:55 ID:ThrNsNQc0

その表情を可笑しく思いながら、赤木は煙草を口から離す。


                                              zーゝ<´ミz_
                                              'ア       ミ、
                                              〃           |
                                                 lイ 爪ヘヘXミ、   |
                                 「こんばんわ」          ムィヘtォ ==。 |,「〉 |
                                                 V/ー-、 k  |ヽ、
                                       ヽ、      ´Xー一 / ヾ/|||l\
                                       `ヽ,  )     イ  \/  /|||||j   ヽ
                                           ( (.     |  j彡ヘ  /|||||l/     >、
                                          Y _____r-、 |  '¨ || /|||||l/    /   ヽ
                                            `===/ノ |/     ||,j|||||∨      |    |
                                        { ミ¨ .r'j、.  |  ||||||||       |    |
                                         `¨j____/ ヘ.  |  ||||||||        |    |
                                            ∨   .ヘ | .j|||||||      |    |


     /!ノ              、  、      `ヽ、
     l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
   l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
.    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
     !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | !  
     ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'     「あ……こんばんわ」
      1 ヽ、ー'l. ヽ u.              /
      ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /
          ヽ ヾ {.           -      /
          ` 、..,,_ノ              /
           ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ
           |         lニ二キ'f´ニl |

405 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:53:27 ID:ThrNsNQc0

慌てて頭を下げたアムロは、頭を上げるや否やアカギに囁いた。


/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
,〉::::::::_,ノ\(\:::::rヘ):::ノノjノ)ノ:::::::::::::::}
{:::::::::( ̄≧z、,,    _,ィ≦⌒イ:::::::::::ノ
 ::::::::)Y(鬯゚}`ヽ  ′(鬯゚}^ヽ|::::}^yノ
 ヽ:::| '" ー    j    ー ヾ |::ノ ,′
   ::;       (           }ノノ    「アカギさんの、お父さんですか?」
          __`__      リノ
     ヘ     〔::::::::::::::}      /
      \   `ー一'     /
      |\    ー    イ|
      |==≧ー一 ´ 一|




          .  . ィ: . ̄. :`ヾ)_
       .>彡:  〃 〃 〃 `ヾ
.     ./イ:  〃 〃 〃 〃 〃 :
      .//:/.:/:/ {:. |.:/ 〃 i
.   ./ /イ /ハ'/∨\乂:. 〃:|     「いや、完全なクローンだ。俺が、ソイツのな」
     ./ |/ 〈 |ィァ才 リハ 〃 !
         ′ノ      え〃 ! 、、
        .,.`¬__    ハ从リイ:   \           _/\/\/\/|_
.     ./   :j  ` / ://ハリ     \         \          /
     /    /i`ー=升 : .:/ ∨\:.    \        <  いいっ!? >
  ./    // / \ヘ:.  /   ∨ ヽ    ∧       /          \
  ト、  / / //\ ヽ  / /\〉ヽ `ヽ :/  '.        ̄|/\/\/\/ ̄
  l:  Y:    |′  |∧.|三|/      !|   : /  /:!




   /           ヽ   ヽ、    ヽ
   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ  l/⌒ヽ    「……」
   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {   !ノヽ
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ / ) /
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_ノ/- ' /
    /ヽハ       `二 _          /´ /
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      (_ /
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ- '-‐ ´
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ

406 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:54:23 ID:ThrNsNQc0

問いたげだが、言葉を飲み込んでいるアムロの顔を見て、フと笑うと、
アカギは煙草を手で弄びながらアムロに向き直る。


      -、ー- 、
   _. -─-ゝ  Y ⌒,.Z.._
    ,.>          <`
  ∠.._        ,     ヽ
.  /    , ,ィ ,ハ ト、    l
  /イ /   /l/‐K  ゝlへトi  |       「そこのおっさんが、
   レ'レf Y|==;=  =;==|f^!l        妙な気まぐれを起こしたらしくってな。
.     !6|| ` ̄ "||`  ̄´ ||6|!
      ゙yl、   、|レ   |y'         芝村に頼んで、自分のコピーを作った。
     _,,ハ.ト.` ̄ ̄ ̄´ ,イ/\_       ……それが俺だ」
    ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄
  :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::
  ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::
  :::::::‘:::::::::::o:ヽ`  ´/::::::::┌──┐
  :::::::::::::::::::::::::::ヽー/::::::::::: l:::::::::::::::l




 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:/:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{
     ヽrー'"                 }   .u /:.:} ̄  
 :.:.\_/     u.       ,. ―- 、 <_7'"    }/       「完全に同じ遺伝子の人間同士は、
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /          会うの良くないって聞いたことがありますけど……
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_           大丈夫なんですか?」
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/


口ぶりはおずおずと。
瞳は興味津々といったようなアムロを見、アカギと赤木は、同時に笑った。

407 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:54:45 ID:ThrNsNQc0

クローニング技術が発達した現代では、同一人物のクローンを作成する事は難しくない。
しかし、同じ遺伝子配列のクローンは作らず、ある程度、他人の遺伝子を混ぜこむのが習わしとなっている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 | 。゚           :::::|    :| .゚            :::|
 | .   。       :|:    |            .。 ::::|
 |:      。         :|    :|               ::::|
 |      ゜      ::|    :|            。 :::::|
 |                ::|    :|          。   :::::|
 | 。           :::::|:    |         ゚.   |:       i" ̄ ̄: ̄ ゙̄!.
 |。         。゜ ::|    :|  。゚          ::::|:        |       |
 | ゜.           :|    :|  ・.        ::::|        ,|_____._|フi
 |,, -  ‐    ― - 、|:    |,, - .―   ― - 、|        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
/ ヽ、_______/ヽ  ./ ヽ、_______/ヽ       |       .| .|
|ヽ、イ_______ヘ/|  |ヽ、イ_______ヘ/|        |       .| .|
|  |           | .|  |  |           | .|        |       .| .|
.ヽ、|__介_介___!/.  ヽ、|___介_介____!/       |       .| .|
     ノ/  ノノ             ( (  ((           |  ⑪      | .|
    ( (  ( (               ) ) ) )           |_从___|/
.     \\ \ヽ            /ノ / /            ///
       ヽ ., - '' "   ̄  ̄  " '' - , / /            .///
        (                )              ノノノ
       :| ゙ ' ー-  , , _ _ , , -‐ '' " |三三三三三三三三三三ン
        ゙ ' ー - , , ___ _ ,  -‐ '' "
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理由には様々なものがあるが、アイデンティティの問題が一番大きなものだろう。

408 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:54:55 ID:ThrNsNQc0

自分と全く同じ人間がいるという嫌悪感。対抗心。そして周囲から、他人を自分と認識される機会。
一卵性双生児ですら時折悩むこの感覚。それが10人となれば、100人となれば、1000人となれば?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         , - ------ 、 , - ------ 、 ., - ------ 、 ., - ------ 、..., - ------ 、
        /::::::::::::::::::::::::::./:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::./::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ./:::::::::::::::::::::::::../::::::::::::::::::::::::./::::::::::::::::::::::::../:::::::::::::::::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::./:::::::::::::::::::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ./::::::::::::::::::/`.../::::::::::::::::::/` ./::::::::::::::::::/`../::::::::::::::::::/`.../::::::::::::::::::/`ヽ:::::::::::::::::::::::::::',
    ハ:::::::::::::::i    ハ:::::::::::::::i   .ハ:::::::::::::::i   ハ:::::::::::::::i   ハ:::::::::::::::i   o ',::::::::::::::::::::::::::i
     i:::::::::::::::::::::ヽ_.i:::::::::::::::::::::ヽ . i:::::::::::::::::::::ヽ  i:::::::::::::::::::::ヽ_i:::::::::::::::::::::ヽ_ ノ:::::::::::::::::_:::::::,'
    ',:::::::::::::::::::::::::::::.',::::::::::::::::::::::::::::.',::::::::::::::::::::::::::::.',:::::::::::::::::::::::::::::.',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/o ',:::/
     ゝ-:::::::::::::::::::::::::ゝ-::::::::::::::::::::::::.ゝ-:::::::::::::::::::::::.ゝ-::::::::::::::::::::::::.ゝ-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i__ ノ/
    /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::./:::::::::::::::::::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
   ./:::::::::::::::::::::::::::../:::::::::::::::::::::::::::../::::::::::::::::::::::::::../:::::::::::::::::::::::::::../:::::::::::::::::::::::::::r ニヽ::::::::::::/
ー、/::::::::::::::::::::.ー、/:::::::::::::::::::ー、/:::::::::::::::::::.ー、/::::::::::::::::::::ー、/:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽィ′:::/
:::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::.:::::::`ヽ::::::::::::::::.:::::::`ヽ:::::::::::::::::.:::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::',::::::::::::::.:::::::::::::::',:::::::::::::.:::::::::::::::',:::::::::::::.:::::::::::::::',::::::::::::::.:::::::::::::::',:::::::::::::::::::、:::::::::/
:::::::::::::::::i:::::::::::::.:::::::::::::::::i::::::::::::.:::::::::::::::::i::::::::::::.:::::::::::::::::i:::::::::::::.:::::::::::::::::i::::::::::::::::/` ̄´
:::::::::::::::::i:::::::::::::.:::::::::::::::::i::::::::::::.:::::::::::::::::i::::::::::::.:::::::::::::::::i:::::::::::::.:::::::::::::::::i:::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
――自己の証明が難しくなってくれば、段々と人間は悩みだし、壊れだす。
自分が自分であるという実感は、確かに人間に、必要なのだ。

409 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:55:13 ID:ThrNsNQc0

クローン同士は合わせるべきではない。それはこの現代で、常識とされている。
が、アカギは再び煙草に口付けながら、軽い調子でアムロに告げた。



            _,. -‐―‐-、)ヽ
        .'´,> 〃   ノ `⌒ーz
 ))       / 〃           ゝ.
((       〃,/, 〃       _   ヘ
 ))     |〃/ ,〃 〃 ,、,、 、 ,   ヾ'|
((       / /,〃 ,.ヘヽ_,ゝヘ{ ヾ ヾ |
 ))       l/ / ,.く  />‐。ァ ヽ'ト、ヾ' i    「お前は自分の30年後だっていう自分を見て、
((          |/  >ヾ ̄´   |'ト||ヾ |      同じ人間だって思えるか?」
 <゙、_/゙ヽ     ./         |l〃 ヾ|
 ノヽ し'(゙\  ∠-‐フ   _, / ヽ.ヾ'」
( ヽ.ノヽ>ノ .|.      ` ̄匚,   /   >'^ヽ._
〈ヽ.ノ  /   .|.        /  /   /    |
 Y´ (   イ        '―ヘ  /     人
  \ i   |.         /冫′    /ミミ\
    L_   」         /| |\   ./ミミミミ
    |    |       ./|,ヽノ!  \/




〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:("
 フ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
.,{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ{:;:;:;:;:;:;:;:;:;人:;:;:;:;ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ;:;:;:;:ノ {;:;:;:;:;:;:;:;ノ  ):;ノ );:;:ノノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,レ,
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:从仆 \_ル {;:;:;:;(,´  ん´ //_ ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:}'
 ヘ;:;:;:;:;:;:;:ヤ レ___    \ヽ,.      // ̄ ノノ);:;:;:;:;:〈
 オ;:;:;:;:;:;:;、!   ̄\\,,_ ,, レ' / ,,//_,,〃   );;へ;て
  ^カ⌒ヽキ  、/´で叨ヘ^、     /で叨 〉  U キ/  }
   { y^Y{   \__,,/ `     `ー-‐´,,    }Y^y/
   ヽ  {{,  ,,〃              ///   }}/ /      「……無理ですね」
    ヽ  i,         /;|        〃  ,i'  /
     ヽ、. i,        く;;;L _            ,i' /
      };:;:i,                   ,i;;;}
       };:;:i,      r;;:ー-‐―、、     /;:;:}
       ~{;:゙i、      !ヘ、   ノノ    / |
           | \     ゝ二ニニソ    / |
           |  \    ⌒    /   |


アムロは、赤木の顔をじっと見つめ、ポツリと言った。
その、無礼かつ正直な反応に赤木が肩を揺らす。

410 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:56:10 ID:ThrNsNQc0

アカギも、薄い笑いを浮かべた。



∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
:::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
: |:::: `  ー‐=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
::|:::::      ..::::::::::::::::::::::/    ハ     ヽ!
:|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:   ,'l }
|l::::::        `__:::    /.|′       「だろ?それに、同じ時代を生きた訳じゃ無い。
iヘ::::..      ̄ ̄     `ヽ ./^'         .同じ場所で、同じように生きた訳でも無い……
:|::ヽ:::..      ‐==;;   /
::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、         俺の真似事はソイツには出来ない。
:::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.       俺はそれを知っている。」
::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.





        _、‐-、, -‐z._
        > ` " " ′.<
      / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
        7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
       ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
       | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
      |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ
      | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
      r'ニニヽ._\. ¨/           ;;       「だから……まあ……関係ないな」
     r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉


紫煙を燻らせながら、淡々と。
ただ、言葉の端々からアカギの矜持が伝わってくる力強い言葉に、アムロは無意識に首肯する。

411 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:56:22 ID:ThrNsNQc0

                                              -:─- 、 ,. -─;z.. _
                                            ,  -‐ゝ. !i ′ i!i  ii  <
                                       .  ∠..._  !!   !i   !i  i!i \
                                       .   , ' ´!!   !ii  !ii  i!i  !i  ヽ
                                        ∠ -;:‐ !i  !i ,、!!  ii!  !i!   !i l
                                       .  , ' i!i , ,ィ ./ーゝ.!ト、i、. 、 !ii   i!
                                         /.イ ,ィ'l/`K  ̄ ,ゝ!ヘ.「ヽ!\ !ii  !i|
                                       .   l/ l===。、 ,, ===。=:| r=:、 :|
                                       .       l`ニ/   `ニ二´ |iFvリii|
                                             l/  __-, ー- 、 :|l_ン |
                       「9割同意だが、関係ねぇは寂しいな」      `i ー───一 l ,.ヘ !i i!ト
                                       .        !   ---    /:: ヽ :|(:ヽ
                                              ゙、      /:::    ヽii|:))::\
                                       .       _,.ヘ.  ./::::     ヽ!(:(:):):|`T''ー-
                                        _,, ..-‐..T"./)(:`イ::::       /::))((:(|....l.......l.
                                        .......l.......l.../(::))::):|       /::)):((:::):)|....l.......l.
                                        ......l.......l../)):((:((:|    /:((:((::))):((::|....l.......l.


      -、ー- 、
   _. -─-ゝ  Y ⌒,.Z.._  ,
    ,.>          <` -
  ∠.._        ,     ヽ 丶
.  /    , ,ィ ,ハ ト、    l
  /イ /   /l/‐K  ゝlへトi  |
   レ'レf Y|==;=  =;==|f^!l    「……?」
.     !6|| ` ̄ "||`  ̄´ ||6|!
      ゙yl、   、|レ   |y'
     _,,ハ.ト.` ̄ ̄ ̄´ ,イ/\_
    ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄
  :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::
  ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::
  :::::::‘:::::::::::o:ヽ`  ´/::::::::┌──┐
  :::::::::::::::::::::::::::ヽー/::::::::::: l:::::::::::::::l


赤木は吸っていた煙草を缶に押し込むと、胸元からまた煙草を取り出した。

412 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:56:34 ID:ThrNsNQc0

                                              /              ',
                                            /                |
                                           lイ        ∧        |
                                            |.イ   /|/|/  \ト、       |
                                         .     |/|/--:、   ,:---\    |
                                               |===,  ====,= 〉==: /
                                               | 二/  ` 二二 1!^} |/
              「30年前の自分ってのが目の前にいたとしてよ。     / _,,、  、_   ||ニィ
              そいつは自分にとって、どんな存在だと思う?」       .T ------‐‐ } ∧  ト、
                                                  ハ  ‐‐‐‐  ./  | | n\
                                                 ハ.    /    ∨ ij n ',
                                               , ―/\_/      / n  ij ∧





     /!ノ              、  、      `ヽ、
     l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
   l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
.    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
     !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | !     「……息子さんとか?」
     ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'
      1 ヽ、ー'l. ヽ                /
      ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /
          ヽ ヾ {.           -      /
          ` 、..,,_ノ              /
           ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ
           |         lニ二キ'f´ニl |

413 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:56:49 ID:ThrNsNQc0

                                               , ' i!i   i!i  !ii   !! <
                                        .      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
                                             l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
                                              | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
                                              |!i.|.f1.| ===。=.,, ,==。=lW
                                              |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
                 「ああ、そういう気持ちも無いこたねえな」     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l
                                              /| ii /'\ ′ー──‐7′
                                           _/):| /    \  = /
                                        ‐..T....|((::K     \.  /\_
                                        .....|.....|::)):l(ヽ      `r1几l ..|.....|....T..‐
                                        ... |.....|((:(:l)ゝ(:>    /:)(::/:l...|.....|.....|....
         `ヽミメ、 . -‐,=‐
      . . .-‐‐ミ i! Y i! 厶イ__
   ∠..., =‐- i!  i!  i! i! <´
    .ィ´ i!   i! i! i! i!   i! i! ヽ
.  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!
  /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !
  /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j
  /イ i!/! /==。=、:::::.=。===:i!,...i! |   「……なんだと?」
    j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|
       i:::::/.::::::、   .u:::|Lンii|
         i: `I三三三! ;.::::ハ.i! j;\
           、  ー ..:::::/;  ヽ:{;;;;;;;ト、__
      . -=''7ヘ.....:.:::::/;;; '   j;;;;;;;j;;;;;;;
   -‐'";;;;;;;;;;/;;;;;;ヽ .イ;;;;: '     /;;;;;;;;|;;;;;;;                           > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|:.:;;:::'    /;;;;;;;;;;;!;;;;;;                        , ' i!i   i!i  !ii   !! <
                                         .      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
                                              l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
                                               | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
                                               |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW
                「んな驚くことか?                        |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
                                              |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
               子供ってのは自分より20から30年下で、        ./| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
               自分の遺伝子を持ってる奴の事だろう?      _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
                                         ‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
               当て嵌まってるだろ。お前さん」        ....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
                                         ... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....

414 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:57:06 ID:ThrNsNQc0

∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
:::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
: |:::: `  ー‐=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
::|:::::      ..::::::::::::::::::::::/    ハ     ヽ!
:|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:   ,'l }
|l::::::        `__:::    /.|′     「ククク……間違ってはいないな。
iヘ::::..      ̄ ̄     `ヽ ./^'        アンタに伴侶がいないという事以外は」
:|::ヽ:::..      ‐==;;   /
::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
:::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.



                                                 __、─- 、
                                                > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
                                               , ' i!i   i!i  !ii   !! <
                                        .      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
                                             l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
                                              | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
                                              |!i.|.f1.|.f´_・_j!_ ,f´_・_j lW
                 「人に言われてもどうって事ねえんだが……       |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
              お前に言われるとこう、くるものがあるな……」    .|ii ヾlノ.  ,__-‐' ‘ ‐\l
                                              /| ii /'\ '∟..二ニ7 .7′
                                           _/):| /    \  = /
                                        ‐..T....|((::K     \.  /\_
                                        .....|.....|::)):l(ヽ      `r1几l ..|.....|....T..‐
                                        ... |.....|((:(:l)ゝ(:>    /:)(::/:l...|.....|.....|....

415 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:57:19 ID:ThrNsNQc0

                                              ゝ ソ----ヽ
                                          /⌒<ヾ   ミ  丶- ⌒ヽ
                                         (  ─ヽ ∨∨∨\ヾ|    /
                                          ヽ  │⌒ ⌒ ∥)|/   /
                                           \ | =[= ∥/   /
         「まあこりゃ歳喰わなきゃわからんかもしれんが。        | (⊂⊃) /    /
           30年前の自分なんてのは、夢だわな」             ./ 丶__/   /
                                           /  <∨>    /
                                               /  </  │>   │
                                            /  </   │>   │
           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/
  ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │  「夢……ですか?」
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
   _`ヽ {    └--‐'  /┐
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7

                                                      〃´´´ `ミ 、
                                                  〃,,  '''  ,,  ヘ
                                                /  ,,, '''  ,,,  ',
                                               i! ''' ,,, '''   ハj
                   「自分の別の可能性。                    i '''  ,,, ,,f y´/ツ
                 なんて言い方してもいいかもしれないな」       i ''' ,,, ,,,''ル' /
                                                ィ壬乍卞、,,/ |. /
                                        _,,, --ー'''チ三三云瓜允yレ'
                                      /´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`''ー-- 、,,_
                                      /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ.:
                                      /.:.::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:
                                    丿.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ノ:.:.:.:.:

416 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:57:34 ID:ThrNsNQc0

こうして耳を傾けてみると、音質の差異こそあれど、アカギと赤木の声はよく似ている。



                  ∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
                  ::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
                  :::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
                  : |:::: `ー =.=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
                  ::|:::::    /..::::::::::::::::::::::/ヽ   ハ     ヽ!
                  :|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:丶  ,'l }
                  |l::::::   /    `__:::  ヽ  /.|′      「俺は1人で生きたかった。
                  iヘ::::..   く  ̄ ̄     `ヽ/./^'
                  :|::ヽ:::..     ←‐==;;  ./            自分1人の才覚で、何にも囚われず……
                  ::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、          心の赴くままに生きたかった」
                  :::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
                  ::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.




                                      ト、 __
                                  ≦  ̄`ヾ ∨∠_
                                > ´ 〃      弋、
                                / 〃  〃        ヽ
                                ア/  〃  〃  ヾ  ヾ`
                            /〃 / 〃 ,〃 从 ヾ ヾ 从     「ただまあ随分考えてた所と違う所に来ちまった。
                            7/ 〃人./ /小ハ   ヽ }
                            {イ イ ト-。<j   ル'ソヽjl, ハ|      少しばかり、離したくないものを
                                人_| ヾ二二. /≦''ニ=小ソ         抱えただけのつもりだったのにな。
                                 __|   _.// `ー-イ/: 〉
                           _/''∧<. l//:. ヽ  ムノ           それが転がる内に膨れ上がって……
                    ___, -‐==彡'イ''{::∧ ≧ー-一Yイ从           .なんだ今は。大部隊を預かる中佐様だとよ」
                       ヽ /彡ィ小,|::::∧    /:::ル'| >、
                        / Z彡小 爪 ::::ゝ- イ::::::∧小    >、
                      ∠彡イ∠二彡イ  >─---.、从l弋 /    >、
                        /  ハ斗リ| (ウ>ー─-  \lヘミト, /    >、
                       /  .小vf刋  ゝー''て二 `  \  /   / ,ィ j
                    _イ_   从斗小|      Y´   `   \  / ./ l│
                      `ゝ 仄淡ソl ハ  ∠从 イハ `    `小. イ l│|l

417 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:57:48 ID:ThrNsNQc0

やや、赤木の方がゆっくりと喋るだろうか?同じ、淡々とした喋り口調ではあったが、
赤木の声は、アカギと違う形でアムロの体に浸透し、するりと喉が返答する。


/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
,〉::::::::_,ノ\(\:::::rヘ):::ノノjノ)ノ:::::::::::::::}
{:::::::::( ̄≧z、,,    _,ィ≦⌒イ:::::::::::ノ
 ::::::::)Y(鬯゚}`ヽ  ′(鬯゚}^ヽ|::::}^yノ
 ヽ:::| '" ー    j    ー ヾ |::ノ ,′
   ::;       (         .u }ノノ    「後悔、してるんですか?」
    .u     __`__      リノ
     ヘ     〔::::::::::::::}      /
      \   `ー一'     /
      |\    ー    イ|
      |==≧ー一 ´ 一|



          .  . ィ: . ̄. :`ヾ)_
       .>彡:  〃 〃 〃 `ヾ
.     ./イ:  〃 〃 〃 〃 〃 :
      .//:/.:/:/ {:. |.:/ 〃 i
.   ./ /イ /ハ'/∨\乂:. 〃:|     「んなタマかよ」
     ./ |/ 〈 |ィァ才 リハ 〃 !
         ′ノ      え〃 ! 、、
        .,.`¬__    ハ从リイ:   \
.     ./   :j  ` / ://ハリ     \
     /    /i`ー=升 : .:/ ∨\:.    \
  ./    // / \ヘ:.  /   ∨ ヽ    ∧
  ト、  / / //\ ヽ  / /\〉ヽ `ヽ :/  '.
                                             .    /  i!i  !ii  i!i  i!i \
                                                '7"´!i!  i!i  ,.、 i!i  !i! ゝ
                                             .   イ !!i , ,ィ /-ヽ. ト、 ii! ii |゙
                                                | i!i /l/‐K ̄ ,ゝl‐ヽ!、i! |
                                                ,h ノ==。= ,  =。== i r〈
                             「フフ……そうだ。            |f_|.| `二ニ | | ニ二´ |.|f,|
                            後悔なんかしちゃいねぇ」      .ヽ_|| , -‐' 、|_レ ー-、 ||:ン
                                                  ハ l ー───一 l ハ
                                             _,.. -‐1:(:lヽ.   ==   /l:((!`''ー-
                                             ...l.....l....|::):l ::\    /  l::)):|....l.....l
                                             ...l.....l...|((:)l.  ::::`ー'´::   ,'((::(| ..l.....l
                                             ...l.....l...|::))(:ヽ.  ::::::   /;リ::)):|...l.....l

418 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:58:31 ID:ThrNsNQc0

                        :――‐:、, ―― ァ
                       _,,.>        >
                    ∠             \
                     /              ',
                   /                |
                  lイ        ∧        |
                   |.イ   /|/|/  \ト、       |
                .     |/|/--:、   ,:---\    |    「抱えちまった。纏わり付かせちまった。
                      |===,  ====,= 〉==: /
                      | 二/  ` 二二 1!^} |/     けどこれも、俺が思うがままに進んだ結果だ。
                       / _,,、  、_   ||ニィ      これはこれでいい」
                        T ------‐‐ } ∧  ト、
                         ハ  ‐‐‐‐  ./  | | n\
                        ハ.    /    ∨ ij n ',
                      , ―/\_/      / n  ij ∧





                           -z- _ ト 、
                       --==ニト\ ` 、ヽ .ト、
                       , ィ´            ハ| L _
                       /ィ    ,:         `ヽ⌒
                    / / , ///イ             ハ
                     l / レ'}'´ ̄ l {!          }   「だけど、夢は残る。
                      }' / ,.ケニ= ',|Ⅵ          !
              r:、          く   ',     } /-┐       /     俺が俺1人なら、どういう事ができたのか。
                ヾ':,__        < __、 }    j/_ ィ     , '     どこまでやれたのか。
          , ィ'`く \ 'i_       .〉     _ノ  l !  , '
          r '⌒ヽ ゚, | j7     〈___.::::::::   ,   Ⅵ く        そういう夢は、50過ぎた今でも……
           | _λ ハ,ri、j/ '            ゚̄,:   }    У:::}       ちっとも薄れやしないのさ」
           }  ヾ :j´    _   ,r≦:::::::〉 ,' ! , イ:::::::∧
          f   ノ:rチ!     ,' / //::::i:::::::/ _, <:::::::::::::::::, '\
           ,ト===≦:::ィ}    ' :l,' //::: -|:: / {:ト、:::::::::::::::::::/! / ,` 、
        {、::::::>'´ l   ' l  ./´  /i::ハ __!:::::゚。::::::: /,'  // ` 、
        | | | | | {   ,' ,'/   /::/  ノ:::::::/‘ ,/ .′/ ' / ,. -Y
        | | | | l |  √ ,:'_,>  /:://::::::::: /      l / / , ' /l !7


端々から矜持が伝わってくる言葉と、憧憬に満ちた言葉に、嘘は無いように思えた。
アムロにも――アカギにも。

419 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:58:54 ID:ThrNsNQc0

だからこそ、そんな重りは受け取らないと、アカギが冷たい声を発す。


        _、‐-、, -‐z._
        > ` " " ′.<
      / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
        7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
       ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
       | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
      |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ
      | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
      r'ニニヽ._\. ¨/           ;;       「それを俺に、期待すると?」
     r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ                              __、─- 、
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´                             > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
                                                  , ' i!i   i!i  !ii   !! <
                                           .      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
                                                l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
                                                 | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
                                                 |!i.|.f1.| ===j= ,,r ==j=lW
                           「そうだな……                     |.i!|.「l | `二´  \二´/
                       いや……好きにしてくれりゃいい」     .|ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
                                                 /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
                                              _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
                                           ‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
                                           .....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
                                           ... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
         `ヽミメ、 . -‐,=‐
      . . .-‐‐ミ i! Y i! 厶イ__
   ∠..., =‐- i!  i!  i! i! <´
    .ィ´ i!   i! i! i! i!   i! i! ヽ
.  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!
  /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !
  /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j
  /イ i!/! /==。=、:::::.=。===:i!,...i! |    「……」
    j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|
       i:::::/.::::::、   .::::::|Lンii|
         i: `‐――一'.;.::::ハ.i! j;\
           、  ー ..:::::/;  ヽ:{;;;;;;;ト、__
      . -=''7ヘ.....:.:::::/;;; '   j;;;;;;;j;;;;;;;
   -‐'";;;;;;;;;;/;;;;;;ヽ .イ;;;;: '     /;;;;;;;;|;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|:.:;;:::'    /;;;;;;;;;;;!;;;;;;


赤木は、少しの逡巡をもって、自分の憧れを取り下げた。

420 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:59:25 ID:ThrNsNQc0

途端、目から力が失せて。単なる50男となった赤木が、いかにも投げやりに煙草を吸う。


                                            < ミ    ヾ   ヾ       ヾヽ
                                            /             ヾ   ヾ  ヽ
                                           / /| ∧ ∧ |\ヾ|\ヽ     ヾ
                                          //  レ ∨ .\| \| .∨ヽレ     ヾ
                                              (              |  ⌒ヽ  |
                                              丶-─     ̄ ̄ ̄   | |  │ |
                                               | ─丶  ′ ̄ ̄    | |: ∩ | |
               「わからんな。自分でも、よくわからん。              | ━/   ━      | | し  |
              ただまあ、お前を見ていたい。それだけだな」         | -/   丶 --    | | 丿:::|
                                                  │ /            | |   :|
                                         (      | し ヽ ヽ       イ  ゛:|
                                          )     丶     \     / | ゛::|
                                          (    ノ )/タ─丶     ,,/  |  |
                                           )   | /// 丿      /   |  |
                                           (  //γ  レ/⌒   /   │|
                                            〜- | (    //ア
                                               |   (  レ /

          .  . ィ: . ̄. :`ヾ)_
       .>彡:  〃 〃 〃 `ヾ
.     ./イ:  〃 〃 〃 〃 〃 :
      .//:/.:/:/ {:. |.:/ 〃 i
.   ./ /イ /ハ'/∨\乂:. 〃:|    「わからん奴だ……」
     ./ |/ 〈 |ィァ才 リハ 〃 !
         ′ノ    .u え〃 ! 、、
        .,.`¬__    ハ从リイ:   \
.     ./   :j  ` / ://ハリ     \
     /    /i`ー=升 : .:/ ∨\:.    \
  ./    // / \ヘ:.  /   ∨ ヽ    ∧
  ト、  / / //\ ヽ  / /\〉ヽ `ヽ :/  '.

421 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:59:43 ID:ThrNsNQc0

                                   /
                                / (/ -─―=ミ、
                           -‐=ミV: .         _ . :\
                          ⌒>: .          ヾ  . :`ヽ ヽ  Х
                           /: .    〃 〃     ヾ ヾ   . :\
             .           /: . 〃 〃       ヾ ヾ  ヾ ヾ . :\
                     /⌒7.: .     〃 〃. :/(ヽ: . {\:\ : `ヽj⌒ヽ
                          i: . 〃 〃 . :,| . : /ヽ\\;X⌒\jV,/^Y   Х
                          |: ./  :| . :/ l.: :/    /\\  ,小'う}
                          |:/ |! :| __|__l.:/__  、 :{ ,ィ'⌒"   |ノ /}
                          |′|! :|!. :| !' _,`ヾ:. {′  ̄` lイ.!:i          「そりゃそうだろ。
                          八 :|ヘ |{、〃⌒"    :. 、_  | | l |          喋ってる俺にも良くわからんのだからな」
                               r<\|ハ /    __,;ゝ   、ヽ |:И
                       ____| }__j小、 ;' 、__   イ/  从
             .        ‘ー―――| ├'八ヘ\{ ヽー  彡′ /' |
                          / | l   リ个 .    ̄ー''   /  |
                            i | l/`Y  |`ヽ> .       /   :ト、
                            | || ,/⌒Y  /}八 ` ー=彡′ :|:i i ,ー 、
                            { ||/ / `Yi:}  ヽ`ー" :  八;i |  iー――――    -- 、
             .        _____〈 { {′{  / 川   :     .:  /.i i i |  |ー───────‐ヘ
                   {        , : :  :  しi i{    :.   .: /.i i i i |  |                  ',
                  / |         , : :  :  ',i i {         /.i i i i i |  |        } :   /  ,
             .     / :|       i      }:i iヽ.     /,i i i i i i∧  |        | : . /    ′
                      ,      |     八i i i\__  _|.i i i i i i i i \ 、       | : /     ,
                     ′       }       /i:i/`ヽi i iヽノ:|/⌒ー――′\       | /       ′


呵呵と、楽しそうに、自分のいい加減さを赤木が笑った。
それは、アカギには無い表情だとアムロは思った。

422 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 00:59:58 ID:ThrNsNQc0

アカギがふうっと息を吸う。

                                                  ト、 __
                                              ≦  ̄`ヾ ∨∠_
                                            > ´ 〃      弋、
                                            / 〃  〃        ヽ
            「お前、この隊を足がかりにして              ア/  〃  〃  ヾ  ヾ`
           芝村抜けるつもりだろ。                  /〃 / 〃 ,〃 从 ヾ ヾ 从
                                        7/ 〃人./ /小ハ   ヽ }
           芝村であり、会津である隊。                 {イ イ ト-。<j   ル'ソヽjl, ハ|
           両天秤は、抜け駆けにゃ都合いいもんな」     人_| ヾ二二. /≦''ニ=小ソ
                                             __|   _.// `ー-イ/: 〉
                                       _/''∧<. l//:. ヽ  ムノ
                                ___, -‐==彡'イ''{::∧ ≧ー-一Yイ从
                                   ヽ /彡ィ小,|::::∧    /:::ル'| >、
                                    / Z彡小 爪 ::::ゝ- イ::::::∧小    >、
                                  ∠彡イ∠二彡イ  >─---.、从l弋 /    >、
                                    /  ハ斗リ| (ウ>ー─-  \lヘミト, /    >、
                                   /  .小vf刋  ゝー''て二 `  \  /   / ,ィ j



その瞬間、赤木の瞳が爛と輝き、差し込まれた言葉に、アカギの息が止まる。



∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !  て
:::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!  (
: |:::: `  ー‐=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
::|:::::      ..::::::::::::::::::::::/    ハ     ヽ!
:|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:   ,'l }
|l::::::        `__:::    /.|′      「……」
iヘ::::..      ̄ ̄     `ヽ ./^'
:|::ヽ:::..      ‐==;;   /
::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
:::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.

423 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 01:00:20 ID:ThrNsNQc0

                                           .    /  i!i  !ii  i!i  i!i \
                                              '7"´!i!  i!i  ,.、 i!i  !i! ゝ
                                           .   イ !!i , ,ィ /-ヽ. ト、 ii! ii |゙
                                              | i!i /l/‐K ̄ ,ゝl‐ヽ!、i! |
                                              ,h ノ==。= ,  =。== i r〈
               「好きにやりな。こっちは気にするな。               |f_|.| `二ニ | | ニ二´ |.|f,|
               俺は、お前が好きにしていたら、それが嬉しい」      .ヽ_|| , -‐' 、|_レ ー-、 ||:ン
                                                ハ l ー───一 l ハ
                                           _,.. -‐1:(:lヽ.   ==   /l:((!`''ー-
                                           ...l.....l....|::):l ::\    /  l::)):|....l.....l
         _、‐-、, -‐z._                              ...l.....l...|((:)l.  ::::`ー'´::   ,'((::(| ..l.....l
        > ` " " ′.<                           ...l.....l...|::))(:ヽ.  ::::::   /;リ::)):|...l.....l
      / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
        7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
       ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
       | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
      |."しl|.u ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ
      | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
      r'ニニヽ._\. ¨/           ;;      「……アンタに遠慮する気は元々無いさ」
     r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ                              〃´´´ `ミ 、
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´                                〃,,  '''  ,,  ヘ
                                                    /  ,,, '''  ,,,  ',
                                                   i! ''' ,,, '''   ハj
                               「そうか。ならいいんだ」         i '''  ,,, ,,f y´/ツ
                                                       i ''' ,,, ,,,''ル' /
                                                    ィ壬乍卞、,,/ |. /
                                            _,,, --ー'''チ三三云瓜允yレ'
                                   (         /´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`''ー-- 、,,_
                                  ( ゙''ー--   /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ.:
                                   ゙''ー--   /.:.::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:
                                        丿.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ノ:.:.:.:.:


鋭さを一瞬で引っ込めて、赤木はアカギの肩を叩くと、そのまま体を翻す。

424 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 01:00:51 ID:ThrNsNQc0

      -、ー- 、
   _. -─-ゝ  Y ⌒,.Z.._
    ,.>          <`
  ∠.._        ,     ヽ
.  /    , ,ィ ,ハ ト、    l
  /イ /   /l/‐K  ゝlへトi  |
   レ'レf Y|==;=  =;==|f^!l    「帰るのか?」
.     !6|| ` ̄ "||`  ̄´ ||6|!
      ゙yl、   、|レ   |y'
     _,,ハ.ト.` ̄ ̄ ̄´ ,イ/\_
    ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄
  :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::
  ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::
  :::::::‘:::::::::::o:ヽ`  ´/::::::::┌──┐
  :::::::::::::::::::::::::::ヽー/::::::::::: l:::::::::::::::l


                                              zーゝ<´ミz_
                                              'ア       ミ、
              「おう。                             〃           |
             それが聞きたかっただけだからな。             lイ 爪ヘヘXミ、   |
                                                ムィヘtォ ==。 |,「〉 |
             元気でやれよ。                         V/ー-、 k  |ヽ、
             姿消しても、気が向いたら手紙でもくれ」  ヽ、       ´Xー一 / ヾ/|||l\
                                       `ヽ,  )     イ  \/  /|||||j   ヽ
                                           ( (.     |  j彡ヘ  /|||||l/     >、
                                          Y _____r-、 |  '¨ || /|||||l/    /   ヽ
                                            `===/ノ |/     ||,j|||||∨      |    |
                                        { ミ¨ .r'j、.  |  ||||||||       |    |
                                         `¨j____/ ヘ.  |  ||||||||        |    |
                                            ∨   .ヘ | .j|||||||      |    |


アカギが背中に声かけると、一度だけ振り返り、軽く手を振ると、赤木はそのまま立ち去った。

425 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 01:01:07 ID:ThrNsNQc0

               /  /
          ___∠  /z== ̄ ̄ ̄` ー- 、
        //     !Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:... 、
       / /       i |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      / '       ! ,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      / i        / /:.:.:._ ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
      | .!       / /:.:.:.:.{/:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      | |     //しへ八:r―'ヽ:.:.:.ノ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ
     _レ|__,. -‐,. イ:.:「_ゝメ、 `  ヽー≦ノ_,. ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
   / __ノ__r'´  う:.:! ヘ じリ   〃frミ<_\j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::./
  / //´ _ノ`ヽ、 ⅳ  `ーノ     ゞソ テ `て:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
  |/ /   /,.-‐、ヽ V   , ''      `二_   r':.:.:.,.-、:.:.:.:.:.:.:ノ    「……」
  / /  //  /  '. !   ヽ,         7:.:.:r,ィ }:.:.:.:.:.:ノ
  | ' /  /    | !   、__           ノ/ノ/ノ/:.:.:.:r'
  | /  / |     | ∧    こ `      ´ ̄ /:._,. '
.  !     ! !     ! ! ヽ          _え´_:/
  |     ヽ \   / /  「.ニォ―― ____ト、
   !     \_ヽノ イ   .|:| ̄|「,ニニ}: : : : : : : :!
   |     ||「「´ .|__|:|:::::|| |:::::::::|: : : : : : : :|






          .  . ィ: . ̄. :`ヾ)_
       .>彡:  〃 〃 〃 `ヾ
.     ./イ:  〃 〃 〃 〃 〃 :
      .//:/.:/:/ {:. |.:/ 〃 i
.   ./ /イ /ハ'/∨\乂:. 〃:|    「……なんだったんだ?」
     ./ |/ 〈 |ィァ才 リハ 〃 !
         ′ノ    .u え〃 ! 、、
        .,.`¬__    ハ从リイ:   \
.     ./   :j  ` / ://ハリ     \
     /    /i`ー=升 : .:/ ∨\:.    \
  ./    // / \ヘ:.  /   ∨ ヽ    ∧
  ト、  / / //\ ヽ  / /\〉ヽ `ヽ :/  '.

426 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 01:01:40 ID:ThrNsNQc0

クローンに妙に肩入れする男の背中を、狐につままれたように眺めているアカギの横顔を、
アムロが物珍しそうに眺めやる。


 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:/:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{
     ヽrー'"                 }     /:.:} ̄  
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/       「へー……
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /    
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /          アカギさんでも、わかんない事ってあるんですね」
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/



      -、ー- 、
   _. -─-ゝ  Y ⌒,.Z.._
    ,.>          <`
  ∠.._        ,     ヽ
.  /    , ,ィ ,ハ ト、    l
  /イ /   /l/‐K  ゝlへトi  |
   レ'レf Y|==;=  =;==|f^!l     「わかるのか?」
.     !6|| ` ̄ "||`  ̄´ ||6|!
      ゙yl、   、|レ   |y'
     _,,ハ.ト.` ̄ ̄ ̄´ ,イ/\_
    ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄
  :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::
  ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::
  :::::::‘:::::::::::o:ヽ`  ´/::::::::┌──┐
  :::::::::::::::::::::::::::ヽー/::::::::::: l:::::::::::::::l




   /           ヽ   ヽ、    ヽ
   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ  l/⌒ヽ
   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {   !ノヽ    「わかるもなにも……」
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ / ) /
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_ノ/- ' /
    /ヽハ       `二 _          /´ /
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      (_ /
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ- '-‐ ´
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ

427 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 01:02:02 ID:ThrNsNQc0

アカギの問いかけに対し、アムロは、さも当たり前のように言い切った。



     /!ノ              、  、      `ヽ、
     l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
   l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
.    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
     !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | !     「親って、よくああいうこと言いますよ」
     ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'  
      1 ヽ、ー'l. ヽ                /
      ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /
          ヽ ヾ {.           -      /
          ` 、..,,_ノ              /
           ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ
           |         lニ二キ'f´ニl |



                、‐- 、 ,. -- _
            ,ゝ ̄ `  ′゙,∠.._
           /´ " " " ゙ ゙ ゙ .<`
           7 " " " " , ゙ ゙ ゙  、\
.          i " " " ゙,.ィ / \ ゙ ` ゙ \
          | " " ,ィ/‐l/、  ,ゞト、゙ 、゙ヽl
          | r=、 l.=。==._ ,。==ゞ ゙ N
          | {にl l ` ̄  _ \´ハN
          ,l ヾ=lノ.u __ ‘ ‐  ゝ    「な…・…」
          l "/ ヽ. ∟..二ニ7/
          | ./  \   一 /
          l r‐┴ 、 \ ,イ
          '∠、   7i {ー 、
      _, ‐ '´    l  丿,ト ヽ、\
      /       ヽ '´く ヾ==| 〈lハ、_
    /   ヽ\        ` ー\j /`' i `\ __
    / ,._ \ヽ l         V  _」 - ' ´ 、__ \
  〈 |    \ ヽト、        j /    、\\\ヽ
   i |       \l '、\      / _ ,. - 、 ト、ヽ. l¨L|
    !|   \    \ ヽ ヽ   /   ∠z_ァ'{|} |人
    l|     `丶、__,\  >'´   /  /l `'_ゝ'′_`'ー、

428 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 01:02:18 ID:ThrNsNQc0

アカギの唇と唇が離れ、しばらく閉じぬ。
そんなアカギが面白くて、アムロはニタニタしながら言葉を続けた。


           ,.、、 -‐― ヽー- 、._
       ,r 'ニ´        `    \ 、
     ,. ‐´                ヾ\
    /,.        ,              ヽ、
.   ,-'      i.   {    i   i           } 、
  /´     ノ ,/  ノ ! /l,  イ ,        l、
  | , {  イ{  ハ ィ´ '´ _,.‐'" ヽヽリ           |
  レ|  ヽ-,'‐-:、' ヾ   ",. ==、_ ヽ,         リ,
.  / ーr' " ,= ノ       :::::::  ヾ、 i,.-、   /ノ
  i、!  | ::::: l´゙           〈`  | ,j i   ヽ
  ヾ  |   ヽ`..>      _,     ノ,  l ゞ! |  }    「明日決戦だから、
   \|    、-‐ ' ´  ̄  !    丶! ノじ ノ  ノ     心配で見に来たんじゃないですかね。
.      i    丶      /       丶‐'゙   l'
     丶    ヽ  "´/      ー'゙,ノ  ノ      結構過保護なんですねアカギさん家は!」
        ヽ     `ー ´        ヽ,_,ノ/
        \     -    ,       | ´
         `丶、_ ,. '´ ―--- ⊥、
          r ' _]、,-一' ┐        l
          | ├「| 「 ̄´|       |



          /: : : : : : : : : . : /        :' ;:    ミ   |
.          / : /: : :/ : : :彡/ . / . : : .   .: ;'       ミ }
         /://: :/ 彡 : : : / 彡/ 彡: : :ミ 、 ; :;   ミ
             ///: : / : : /. :__/. ::/ヽ:   |\:;       ミ  ′
.            /  /.://: 彡// /:/: :   ミト ;: 、   ミ     /
           / / /:/./┬く:|/ヽ     \|: :'_、 \    ミ/
            |  // {: :|: :ゞ<\ハ  /.: ̄: ,: \ }\⌒V
                 l/  : :| : : : ≧く.:} / :.xくア二二ア | /.:}
                    Ⅵ: .  . : ://  ヾ :' ;:     |_/.://
                    ヾ: : : : : ://    ,: ;:     __//
                 __ : : : : //    .: :'      /:-イ
             /: : :.∧: : /厶イ__;      /  ハ
            /: : / ̄ ̄ ̄}l__}l:_:')    /}  : : :.
.        _ .. -/: : : /   -―‐´┬\\.;     .: :|" / : : l\
_ .. -‐. : : : : : : : : : : : /   ______\;;>ヽ/.: :八/} : : |: :\
: : : : : : : : : : : /: : : : :/   ´      }l   l \_ソ: :   / : : : |: : : : :\
: : : : : : : : : : /: : : : :/    ー―― …ー 、_ソ: : :   / : : : : |: : : : : : :\
: : : : : : : : : /: : : : :/         _. - ―┘: :   /.: : : : :|: : : : : : : :
: : : : : : : : /: : : :_:/         Y´:ヽ/: : : :    /: : : : : : :|: : : : : : : : :


アカギは瞳をつぶり、眉間に皺を寄せ、何も言わず煙草をふかした後――

429 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 01:02:33 ID:ThrNsNQc0

アムロの頭に、拳を振り落とす。
                                                     ,イ ,イ
                                                ,.イ  ,, レ .レ
                                                | |/ .!
  \\             | | |       /       /        / ,/! |
.  \\\           .| | |        /      /           レ'.| | .| |
     \\          | |       /'!     /              | | .|/
       \\..        | |      ./ !    //             |/       ,イ,イ ,イ
        \     |\   |     //| |___                       レレ //
         \    |  \ |    .// .l_   /                          /'
       ____| |\\/\//  / /
        \  ____|  \/\/ / /  _______
         \ \            /   ̄ ̄  __     /
          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
             /  ///  Y l\    \         く ――――――
         /  /./    !  \  | ̄         \
           / / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        // ..// / ...! l l  \     |       \
         /   //// | .l l l    \   |         \
     / /   / /   l ∥l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\

430 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 01:02:43 ID:ThrNsNQc0

          .  . ィ: . ̄. :`ヾ)_
       .>彡:  〃 〃 〃 `ヾ
.     ./イ:  〃 〃 〃 〃 〃 :
      .//:/.:/:/ {:. |.:/ 〃 i
.   ./ /イ /ハ'/∨\乂:. 〃:|
     ./ |/ 〈 |ィァ才 リハ 〃 !
         ′ノ   ./// え〃 ! 、、
        .,.`¬__    ハ从リイ:   \
.     ./   :j  ` / ://ハリ     \
     /    /i`ー=升 : .:/ ∨\:.    \
  ./    // / \ヘ:.  /   ∨ ヽ    ∧
  ト、  / / //\ ヽ  / /\〉ヽ `ヽ :/  '.




                              __ヽ
                            `ヽ!
            l   ,イ             、._,ラ
          ,イノヽ、 ( `ー、ト、  ,イ 人      ヽ
        , イナ=--'''´|ノ    )ノ_l/_,.へ    ト、 } ;
        人{、y====、、     ノ,,,゙二ヽ .) ,  },レ' ;
      く       (cト} ' ;'     ../´(r゚)`'∠ノ ノ
  ,.-‐、   ノ   ..`ー-─‐' "    ( ー- '゙ ! ,r‐('
  i ,ゝ(. (  :::::::             丶.    .! ,)
  ! { ( {  )´::::::::            _,.ノ     |'    (アカギさんが、照れてる)
  ヽヽ )ヽ(_       ;,,______`"´     l
   ヽ、__,ノ        |ー──----7     ,' ;
      (_,.        { , -─-、 /    /__ ;
       ノ        `'ー----`'    / /`─--;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニ¬   -一   /  /    /
.          |  | |       , ‐'´   ./    /

431 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 01:02:53 ID:ThrNsNQc0

痛みを上回る可笑しさに、アムロが口元を震わせていると、
もう一度、アムロの頭に拳が落ちた。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\_\_\_\_\_\_
:::::::::::::::::\ボコッ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::\_\_\_\_\_\_

それすらも可笑しくて、アムロはしばらく体中を震わせ続けた。

432 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 01:03:06 ID:ThrNsNQc0



────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
                           外伝6 「アカギ」 終       //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


.

433 ◆oLG9iWoh0E :2015/11/24(火) 01:03:47 ID:ThrNsNQc0
本日の投下は以上になります。

ご観覧アザっしたー

434 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 01:05:02 ID:Tvc3l7uc0
otu
年代の違うクローンか、確かに親子みたいなもんだろうなぁ

435 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 01:05:03 ID:JnDMkNF.0
缶パンツおっつー

436 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 01:05:20 ID:KZR/YKm.0
おつでした

437 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 01:06:16 ID:qoBDTwIM0
乙でした。
うん、まあ、まさしく親子の会話だったなw

438 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 01:07:58 ID:sjeS17W2O
全国の皆さん、オワコン社長をよろしくお願いします。気に入ったらチャンネル登録!!
http://www.youtube.com/watch?v=aSMLi2uOkvk
http://www.youtube.com/watch?v=cbwrnLKERpA
http://www.youtube.com/watch?v=gPevsHpSj-Y
http://www.youtube.com/watch?v=9ekKaVB5uHg
http://www.youtube.com/watch?v=cP0NAOzKQAE
http://www.youtube.com/watch?v=hekgfuTcX6o
http://www.youtube.com/watch?v=1uzYFjN7z5E

439 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 01:08:07 ID:5j.YaJTw0
乙でした。

440 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 01:08:28 ID:QAhN0jvc0
乙どすえ

可愛いぞコイツラw

441 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 01:13:46 ID:n6IiV7yA0

wwww
誰もしらないことはわかるけど
誰でも知ってることはわからないw

442 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 01:27:46 ID:qx/GO0Rs0
乙でした

443 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 03:01:53 ID:mdi1l23Q0
>>403
駄目だ、このアムロがソックスの道を外れブラジャーを頬に当ててる様にしか見えない

444 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 05:44:47 ID:J4fcj0RM0
乙でした
過保護なアカギ一家wwww

445 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 06:25:50 ID:dZl3us4.0
とーちゃんww
息子ww

おつでしたー。
ひょっとしたら最終話前に外伝何人か出るかな?
新庄さんとか。

446 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 07:10:27 ID:m35B4/8A0

アムロwwww

447 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 07:56:28 ID:ekhfTVrY0
>>443
そうとしか見えなくなったwどうしてくれるwww

448 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 08:50:39 ID:AVVs2fvU0
おつです
原作の赤木の未練あってのこの赤木だなあ

449 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 09:26:15 ID:riwa9HZs0
>>443
これってそういうAAじゃないの?

450 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 09:29:12 ID:GYQJZlDU0
乙でした
地味にアカギが二人いるのは気になってたからスッキリした、そしてほっこりした
今日は俺とお前でダブルアカギだからな……!

451 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 09:30:29 ID:xohA3Xeg0
乙ー
まさかアカギでほっこりする日が来ようとは……w

452 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 09:57:24 ID:wpgXtVsk0
おつー
更新来ててテンションマックスー

453 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 11:37:15 ID:dZl3us4.0
>>450
アカギ「俺と相乗りする気はあるかい?」

454 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 14:32:08 ID:JbDpxY7M0
>>449
そういうAAだよ
頭に吊るしてあったブラ引っかかって何だこれ?って手に取るシーン

455 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 20:31:27 ID:jftFG6F20
アカギさん家か、原作基準だと無意味に血なまぐさいギャンブルが毎日のように勃発しそう……

456 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 21:16:13 ID:ADGCbTW20
乙っしたー。いやぁ、たまらんなぁこの雰囲気。

457 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 22:53:09 ID:ThrNsNQc0
テスト

458 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/11/24(火) 22:54:48 ID:???0
テスト

459 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/11/24(火) 22:55:36 ID:???0
やた。キャップ復活w

460 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 23:04:51 ID:NVBzA2OA0
おめ

461 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 23:12:52 ID:rpeUi9.Q0
おめ&おつ。
お体に気をつけてがんばってください。

462 ◆oLG9iWoh0E★ :2015/11/24(火) 23:18:24 ID:???0
あざすあざす。頑張ります!

463 名無しのやる夫だお :2015/11/24(火) 23:26:32 ID:8b/xDJjs0
乙です。
アムロはブラジャー握りしめて何やってんだw

464 名無しのやる夫だお :2015/11/25(水) 12:36:33 ID:f9TGXmRE0

若宮印のパンツ缶・・・誰のを持ってきたw

>>463
そりゃ、アカギさんだってパンツ吸うために人気の無い校舎裏に来たんだから・・・アムロも同じだろ

465 名無しのやる夫だお :2015/11/25(水) 14:39:19 ID:x6etih/Y0
おお、更新してた乙乙

466 名無しのやる夫だお :2015/11/25(水) 15:11:15 ID:0WuJQi.g0
>>464
それじゃただの変態じゃないか、靴下になさい

467 名無しのやる夫だお :2015/11/26(木) 20:33:18 ID:4d2uNOck0
乙です
老アカギの人間臭さがいい味出てる

468 名無しのやる夫だお :2015/11/28(土) 09:52:20 ID:hmJu7UGw0
>>99の真紅がすき

469 名無しのやる夫だお :2015/11/29(日) 00:41:56 ID:lZLA9/n60
ひゃっはー更新だー

竜か?

470 名無しのやる夫だお :2015/11/29(日) 04:32:55 ID:14LoqnbU0
作者の>>13の願いは無慈悲にも打ち砕かれてしまったんやな、悲劇やな

471 名無しのやる夫だお :2015/11/29(日) 23:31:03 ID:8efQKKuE0
やべー
若アカギってどこで出てきたか全く記憶にねぇ・・・
そろそろ最終回だしイッキ見してくるか

472 名無しのやる夫だお :2015/12/01(火) 00:26:58 ID:FAT.E7Ug0
>>471 本編8話に出てくる士魂号もってきた芝村

473 名無しのやる夫だお :2015/12/20(日) 16:43:48 ID:XqMXSXlA0
クリスマスプレゼントはあるのかな・・・?

474 浜っこ :2015/12/20(日) 17:35:42 ID:/uMdrBvM0
最高!
kuku.lu/s2eaf77

475 名無しのやる夫だお :2015/12/21(月) 06:14:55 ID:vUPF3MHk0
>>473
枕元にちゃんとソックスを置いておくのだぞ!!

476 名無しのやる夫だお :2015/12/21(月) 06:29:54 ID:p/WAiPA.0
それ盗られるだけじゃね?

477 名無しのやる夫だお :2015/12/21(月) 07:07:00 ID:FTMGSpsg0
なんだ、ただのソックス・サンターか

478 名無しのやる夫だお :2015/12/21(月) 10:04:19 ID:ie7r.4tw0
朝起きると靴下の中には靴下が

479 名無しのやる夫だお :2015/12/21(月) 17:23:33 ID:vUPF3MHk0
やはり思った通り皆、訓練されたハンターだったな
洗濯狂いと風紀委員には注意するんだぞ!!

480 名無しのやる夫だお :2015/12/21(月) 19:04:54 ID:wsQqR.Q20
使用済みの靴下を置いて
翌朝それが新品を一度洗濯したものになっていれば
関係者全員ウィンウィンになるんじゃね?

481 名無しのやる夫だお :2015/12/21(月) 19:07:03 ID:TfjGNyAk0
???「洗い方がなってないお」

482 名無しのやる夫だお :2015/12/21(月) 19:33:53 ID:JbXpClnA0
そういや、ここのやる夫さん洗濯魔だったw

483 名無しのやる夫だお :2015/12/22(火) 16:33:55 ID:kG1GDvHU0
???「綺麗にできるのは洗剤の力ではなく00・・・いやなんでもないお」

484 名無しのやる夫だお :2015/12/24(木) 00:47:23 ID:FmoT0KqU0
メリークリスマス・イブ!
この世界のサンタ=サンは靴下と引き換えにプレゼントを置いていくんだろ?

485 名無しのやる夫だお :2015/12/24(木) 01:06:11 ID:o3pu4wlI0
サンタさんがとんでもない変質者に・・・!?

てかそれプレゼントじゃなくてトレードやないけ

486 名無しのやる夫だお :2015/12/24(木) 18:57:37 ID:mvOj1/Ew0
>>485
まずはソックスロボから交換コマンド教えてもらわないといけないだろ!!

487 名無しのやる夫だお :2015/12/26(土) 12:02:40 ID:mYs1jxuM0
靴下の代わりに金の延べ棒が置いてあるのか…

488 名無しのやる夫だお :2015/12/26(土) 17:33:49 ID:rnlvfjLk0
靴下のかわりにキャッツ・カードが!

489 名無しのやる夫だお :2015/12/27(日) 16:33:50 ID:/hGWsJZU0
予告状 怪盗とんちんかん

490 名無しのやる夫だお :2015/12/27(日) 18:00:17 ID:26lFww/o0
キャッシュカード?

491 名無しのやる夫だお :2015/12/27(日) 21:43:58 ID:uZ/CV47c0
原さんの靴下なら金の延べ棒5本出してもいい

492 名無しのやる夫だお :2015/12/28(月) 02:39:05 ID:CULP83yk0
タッタッタッタッタッ
グサッ

493 名無しのやる夫だお :2015/12/28(月) 07:43:30 ID:y.vWGgoA0
>>492
残念だがあれは原スキーにとっては最大級のご褒美であり事実上のSエンド

494 名無しのやる夫だお :2015/12/28(月) 10:37:54 ID:b9egQL/o0
傍から見るとMの極みなんだが

495 名無しのやる夫だお :2015/12/28(月) 11:38:58 ID:aDr4MTUs0
>494
エンディングのランクの話やで(小声

496 ◆oLG9iWoh0E★ :2016/01/02(土) 00:05:42 ID:???0
あけましておめでとうございます。
今年も本スレをなにとぞ宜しくお願い致します。



         ,r"´⌒`゙`ヽ
       / ,   -‐- !、
      / {,}f  -‐- ,,,__、)
    /   /  .r'~"''‐--、)      謹 賀 新 年
  ,r''"´⌒ヽ{   ヽ (・)ハ(・)}、
 /      \  (⊂`-'つ)i-、
          `}. (__,,ノヽ_ノ,ノ  \
           l   `-" ,ノ    ヽ
           } 、、___,j''      l

497 名無しのやる夫だお :2016/01/02(土) 00:09:06 ID:pMmAQ9120
そうね、申年はゴリラといえるかもしれないわね

498 名無しのやる夫だお :2016/01/02(土) 04:22:25 ID:MM5cZmI.0
年明けても変わらぬゴリラへの愛

499 名無しのやる夫だお :2016/01/02(土) 04:28:21 ID:OWeUU1.s0
雑談スレが残り少なかったので自重してたが投稿乙
今年はゴリラ・ゴリラ・ゴリラ年だったっけか

500 名無しのやる夫だお :2016/01/02(土) 06:19:20 ID:1Gbzxr7k0
ゴリラなだけにキング新年w
今年も期待しております。

501 名無しのやる夫だお :2016/01/02(土) 07:29:39 ID:xu0RikJk0
あけおめ

雑談の新スレつくっておくれよw

502 名無しのやる夫だお :2016/01/02(土) 09:50:28 ID:fw3FAW.o0
あけおめー

503 名無しのやる夫だお :2016/01/02(土) 15:51:42 ID:tsAgXgek0
あけましてゴリラ
これから投下を半年くらいはまつお仕事に入らなくてはならないな・・・・

504 名無しのやる夫だお :2016/01/03(日) 23:07:14 ID:YakfJJ6I0
あけおめー
今更だけど、このスレってナンバリングされてないから
かなり検索しにくいね

505 名無しのやる夫だお :2016/01/04(月) 00:41:55 ID:vNw4aeRI0
あけおめ

506 名無しのやる夫だお :2016/01/04(月) 10:54:14 ID:fwYDXjh60
あけおめですー。
そうか。ゴリラでも申年にはなるかー。

507 名無しのやる夫だお :2016/01/11(月) 21:07:04 ID:ERL4HSIg0
あけおめー。
お気に入りに登録するしか

508 名無しのやる夫だお :2016/01/23(土) 00:57:53 ID:zgKbLVag0
登場人物の誰が誰をどう思っているかをガンパレ風に見てみたい
やる夫さんに対して野郎達からの信頼という名の太い矢印が多そうだ

509 名無しのやる夫だお :2016/01/23(土) 07:41:42 ID:xWhnx7is0
でもソックスがらみになると矢印が全部消えそうだw

510 名無しのやる夫だお :2016/01/23(土) 08:19:35 ID:sUHlM/XI0
やる夫さんの洗濯範囲からは誰も逃れられないw

511 名無しのやる夫だお :2016/01/23(土) 10:18:13 ID:4ncTxwD20
寮生活でなくてよかったな

512 名無しのやる夫だお :2016/01/23(土) 14:37:16 ID:img8aYTs0
左右の腕の間に生まれる回転力が真っ白な洗濯ものの秘密
その洗濯はイエスであるのだなあ

513 名無しのやる夫だお :2016/01/23(土) 15:45:16 ID:xWhnx7is0
リーフシールドで汚れから守り、バブルで洗浄力、速さで回転力、エアーで乾燥。
そして時間を止める力は洗濯には全く無意味。

514 名無しのやる夫だお :2016/01/23(土) 15:50:12 ID:BtSkex/60
リーフシールドは埃に反応せず、バブルリードの破壊力で洗濯物を破壊、
超加速の低温で凍りつかせ、エアーシューターで切り裂いてトドメを刺し、
やる夫「どんな最強のサイボーグでも洗濯機には敵わないさ」やらない夫「何言ってんのお前!?」
みたいなオチが待ってそう。

515 名無しのやる夫だお :2016/01/23(土) 16:46:04 ID:LNu/Nb5A0
やる夫さんなら洗濯物には激しさ以上に優しさが必要だって一度試して気付いてそう

516 名無しのやる夫だお :2016/01/31(日) 23:33:06 ID:AGfmD4m.0
つまり洗濯とは……愛!

517 名無しのやる夫だお :2016/02/09(火) 07:44:13 ID:iOEWOfFk0
投下まだかなぁ

518 名無しのやる夫だお :2016/02/12(金) 23:15:47 ID:zaqW2QXs0
気長に待とう

519 名無しのやる夫だお :2016/02/12(金) 23:56:08 ID:WvEKBGEw0
そうだな
気長にまとうか

520 名無しのやる夫だお :2016/02/13(土) 03:48:49 ID:Mv0jnpu.0
それが世界の洗濯だ

521 名無しのやる夫だお :2016/02/13(土) 18:23:48 ID:oPpjw9WM0
一度投下きたら半年は音沙汰なくなるのが常だしな・・・

522 名無しのやる夫だお :2016/02/14(日) 12:38:53 ID:D/bULRbs0
今年分の投下はもう終わったでしょ

523 名無しのやる夫だお :2016/02/14(日) 16:16:16 ID:8GCufCd60
おじいちゃん投下は去年食べたでしょ

524 名無しのやる夫だお :2016/02/17(水) 01:09:04 ID:zJnnLg4w0
雑談で残レス数に気づかず支援絵を投下してしまいました。申し訳ございません・・・。

また、雑談>>1000さんに指摘いただいたようにサイズがあまりに大きすぎたので、再度修正いたしました。
見れるようになっていると良いのですが・・・

ttp://ux.getuploader.com/yaruo_gazou/download/1440/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%AC%E3%82%84%E3%82%8B%E5%A4%AB.jpg
ttp://ux.getuploader.com/yaruo_gazou/download/1439/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%AC%E3%82%84%E3%82%8B%E5%A4%AB%EF%BC%92.jpg

525 名無しのやる夫だお :2016/02/17(水) 01:13:37 ID:zJnnLg4w0
サイズ変わってないぶひ・・・申し訳ございません・・・これ以上連投もアレですので次は気をつけます・・・

526 ◆oLG9iWoh0E★ :2016/02/19(金) 00:01:17 ID:???0
今気づきました。ありがとうございます!

右の方の腕が銀なんだーて気づいたときニコーしてしまいましたw

527 名無しのやる夫だお :2016/02/19(金) 00:16:49 ID:.kxTcTYg0
ふぁっ!?

528 名無しのやる夫だお :2016/02/19(金) 00:17:37 ID:.kxTcTYg0
って間違えたすいませんorz

529 ◆oLG9iWoh0E★ :2016/02/19(金) 00:21:10 ID:???0
〜進捗報告〜

最終回、形はできました。現在色々修正中です。
遅遅とですが進んでおります。




    ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
      !:::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::_::::::::::::|
     |::::::::::__>:::\:_::/:::::::レl::::::|
     ',:::::::> :::::::::::::::::::::::::::::::∠:::::|
     ',__:{ '`'‐ .,_:::::::::::::::::_,. -''`'},...|    ……そんで実際のとこ、どうなんだ?
      /ヘヾ f'て::)`::::::r''て:カ /ヘ 〉
     ヽ{〈 ',     :::::::::|:::::::  ,'::: /
      ヽ-ヘ    :::::::┘::::  ヒノ
         ト、  :::-‐‐-::::::/|
        _| `'::::.,`¨´:/:: ト、
.     _,. ‐'", ┘ :::::::`¨´:::::::: \`' 、
,. - '"      \.,_::::::::::::::::::::::::::/   `' - .,_
ヽ        \::::::::::::::::::/        /\
 !        :::::::\:::::/:::::::::          |   \




          , 、-==ー---‐' ´ィ
        //r 彡Ξ三ミ〜=∠ノ
        {;l{l,ー'-'´z =ヾ、ニ`ヾ=-
         `} ,-_-  ミへミ=ー‐-、ヽ     …………
  ┌┤      )ヾ〒   _シr-广 ー‐‐_、
  ├┤       -、_,     / // --‐、ヽ
  │::|        ',_ 、-'>////
   lヽ         / ヽ{ l  | |
   | {         l  ;l「lヘ、 ',ヽ
  ノ'ニ、「)     /ヽr ヽ!{:::}ヽ, \
  l -‐l{     /   } ノ、下}、' l |
  ヽ -、rr、_, -l __/ / \ト\l|
    ヽrノ ハl}  }   /   ヽ`>,rl

530 ◆oLG9iWoh0E★ :2016/02/19(金) 00:21:24 ID:???0


__________                _________
...  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\                /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┌──┐
_            | \             ./  .|          | カッ. |
 ̄|             .|.    \         /   ...|     ll li ,└‐y─┘
┐|             .|       \   /      |     "ii //
│|  .______   .|      ├─┤        |     ll /
┘|  ||   /  // ||   .|      |ロ。 :|        |
  |  || /  //   ||   .|      | _,,,,|        |    /|   / ̄ ̄\
  | _||_| ̄ ̄|_||_  .|      ├┴┤ ,、vィw,、 .|     |/   |  最   |
  |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |       /     ,ゝ;;水;彡     ´   |  終   |
  |             .|.    /       ゙彡从ミ  -=彡      .|   回   |
  |.             | /      _,n─"⌒゙ーl^ト |      .|.  .は  .|
_|_/ ̄ ̄\___|/        r《 !!;;;;;;;;;;;;;;;;;lノ‐'" _____|    .   |_
 ̄ ̄|   ま   | ̄ ̄ ̄        ト-''"};;;;;;;;;;;;;;;;;|   ̄ ̄ ̄ ̄ \__/ ̄
    |  だ  .|            〈  ヾ┬─‐テ__,,-‐-、
    |   早  .|                `Y__r''^ー‐'"ヾ   丿
    |  い  .|          ......::::::::::∠lllll乂_,、_,,ノ-‐''":::::...........
    |   :   |          .....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......
    |  ◆   .|        ....:::::::::::::   ::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::......
.    \__/                ::::::::::::::::::

531 名無しのやる夫だお :2016/02/19(金) 00:53:15 ID:NwZo7iL.0
おつです
お待ちしております

532 名無しのやる夫だお :2016/02/19(金) 02:02:23 ID:uReeDJAw0
乙です
プレッシャーかけるつもりはないですが頑張ってくださいー
楽しみにしています

533 名無しのやる夫だお :2016/02/19(金) 02:11:16 ID:RPAPkyw20
楽しみに待ってるけど埋まっちゃった雑談所どうします?

534 名無しのやる夫だお :2016/02/19(金) 11:02:53 ID:DwrynnP20
こんな風に告知してくれるだけでもありがたい

535 名無しのやる夫だお :2016/02/19(金) 13:03:19 ID:P3hmtHhE0
以前入院してましたってのがあっただけに生存報告だけでも安心します

536 名無しのやる夫だお :2016/02/20(土) 00:53:12 ID:oEHtI6fU0
のんびり待つのも楽しいもんだ

537 名無しのやる夫だお :2016/02/27(土) 00:21:29 ID:/qf.felk0
生存方向嬉しいよ
待ってるよー

538 名無しのやる夫だお :2016/02/27(土) 01:58:06 ID:vF4AA2TE0
10月くらいに言ってた通り、最終回シリーズ楽しみだな
最終回終了後の、真・最終回とか最終回リターンズとかも楽しみだしこれからも待てるぜ!

539 名無しのやる夫だお :2016/02/27(土) 07:31:31 ID:EqxGXHd20
知ってるか?
最終回直前の回で、最終回の前の話ではなく、一話の後の話を投下した作者がいたんだぜ・・・。

540 名無しのやる夫だお :2016/02/27(土) 11:58:33 ID:siQzIv.20
次は確か最終話後編(上)だったっけ?

541 名無しのやる夫だお :2016/02/27(土) 14:55:30 ID:au.G3stY0
え? 次はやる夫の時が巻き戻るようですでやらない夫との出会いを10話くらいやるんじゃ……?

542 名無しのやる夫だお :2016/02/27(土) 15:02:31 ID:QjCboSYk0
馬鹿野郎
やんねえ香はプロレスクイーンになるようですでナギに挑む話だろ

543 名無しのやる夫だお :2016/02/27(土) 15:06:51 ID:27FQRBak0
そんなわけないだろそろそろ野球の季節なんだ
だから次は野球だろ

544 名無しのやる夫だお :2016/02/27(土) 20:13:24 ID:DHInqc8M0
だが待ってほしい。原作のゲームスタートの日付け的にマーチの季節ではないだろうか。

545 名無しのやる夫だお :2016/02/27(土) 20:31:58 ID:K4xvotjE0
5月中旬まで引っ張って、「自然休戦期まで生き延びた」で締めても綺麗じゃないか。
なお秋になると戦争再開が…

546 名無しのやる夫だお :2016/02/27(土) 22:18:21 ID:au.G3stY0
そーいや学兵投入という無能政策で時間を稼ぐという話だったけれども、
結局原作後はその稼いだ時間使って学生投入しなくても正規軍だけでなんとかなるようになったのかな?

未プレイだがオーケストラとかいうのが出てる時点で、自然休戦期後も学生動員は止まなかったっぽいことがわかるし、
結局政治の無能がいかんなく発揮されて準備期間に何もできず学兵再投入となったんだろか
だとしたら、ほんと夢も希望もねえ話だなあ……

547 名無しのやる夫だお :2016/02/28(日) 10:27:20 ID:eVO952eI0
またそんな詳しい人を焚きつけるような質問を……

548 名無しのやる夫だお :2016/02/28(日) 10:35:51 ID:xkT6Rdao0
クローンだからいくらでも作れるしダイジョブダイジョブ

549 名無しのやる夫だお :2016/02/28(日) 10:53:30 ID:ntXiqAsY0
確かに無人飛行物体はいくらでも作れるしそこに兵器を組み込めれば人的被害をさらに食い止めることもできる・・・うん。

550 名無しのやる夫だお :2016/02/28(日) 11:26:40 ID:216Y4UOc0
>>546
GPMプレイして最後までやればその後もわかるよ(にっこり

551 名無しのやる夫だお :2016/02/28(日) 12:06:55 ID:oCq9WD220
GPMも小説版とか出てるし世界観作った当の芝村が会社辞めてなかったっけ。

552 名無しのやる夫だお :2016/02/28(日) 18:24:35 ID:I/PgvTls0
なお、小説版は本の帯に意味深な言葉を残して完結した模様

553 名無しのやる夫だお :2016/02/28(日) 19:47:46 ID:0wz3cONU0
榊ガンパレ完結したんか

554 名無しのやる夫だお :2016/02/28(日) 21:11:49 ID:RZf9B2G60
打ち切りっぽかったけどな・・・

555 名無しのやる夫だお :2016/02/28(日) 22:21:10 ID:l0fb./vI0
打ち切りというかとっくに終わらせドコロ見失ってたというか
九州奪還tか逆襲の時あたりで十分終わりでよかったと思う

556 名無しのやる夫だお :2016/02/29(月) 00:50:39 ID:ShVoxM.Q0
>>550
GPMでいうところの最後って原さんに刺されて原さんの中へオカエリナサイする事だろ?

557 名無しのやる夫だお :2016/02/29(月) 20:00:37 ID:9jj9w/260
アメリカあたりから失速した感じ

558 名無しのやる夫だお :2016/03/02(水) 23:16:29 ID:/ne8RLDc0
というか幻獣側の数が多すぎるんだよな
TRPG版の記述によれば八代では自衛軍20万人に対して幻獣側2500万体という大差
自衛軍は奮戦して幻獣1000万を撃破したけど結局数で押し切られて戦略兵器を使わざるを得なかった
幻獣側はまだまだ後方に戦力があるわけで、戦争を続ける限り人類側は消耗していく一方だ
大人も学兵も必死に頑張ったとしても、学兵が戦わなくて済む未来は絶対訪れないと思う

559 名無しのやる夫だお :2016/03/03(木) 00:06:48 ID:LDfdejDM0
結構榊先生版の落としどころは妥当な気がするよね

560 名無しのやる夫だお :2016/03/03(木) 08:16:31 ID:SAx096jU0
そこらへんもGPO青で解決するはずだったんだけどね
別の同世界観ゲームで余計酷いことになってて、どうすりゃいいねんという

561 名無しのやる夫だお :2016/03/03(木) 09:16:11 ID:t1HLymvU0
でめアメリカ最終決戦時のあっちゃんたちの出鱈目な強さはないと思う

562 名無しのやる夫だお :2016/03/03(木) 11:50:31 ID:GVGb2TwM0
榊のはさんざん引き延ばしたあげく盛大に晩節を汚したって印象。
最後の方は同じプロット使い回してんのかなって感じだった。
ずっと読んでただけに残念だったわ。

563 名無しのやる夫だお :2016/03/03(木) 12:01:24 ID:pnjlSxO.0
森の成鳥のなさっぷりにもいらいらしたなぁ
また森か!

それでも楽しかっただけに最後が残念すぎる

564 名無しのやる夫だお :2016/03/03(木) 15:22:30 ID:eqCRzYxY0
アルファシステムサーガ収録のニーギ流転抄を読む限り、最終的には幻獣と和平結ぶっぽい

565 名無しのやる夫だお :2016/03/03(木) 17:32:31 ID:qg193J/Q0
『プリント・ブレイン』で壬生屋出てきて驚きだわ
セーラー服&コンビニ制服の姿もええやん

566 名無しのやる夫だお :2016/03/03(木) 20:54:03 ID:DGs/xScE0
結局ガンパレもウルトラマンとかと同じく他国からの侵略を
モンスターの脅威に置き換えた作品なんだよなあ。
アメリカ人にとってゾンビもの映画が実際には黒人やヒスパニックの暴動を暗示してんのと同じ。

ウルトラマンがアメリカで地球防衛隊が日本の自衛隊、
怪獣が中国やソ連とかなのは有名だけど、ガンパレも幻獣=中国人、共生派=在日朝鮮人だろ。
幻獣軍の総数も人民解放軍と同じ400万くらいにしときゃよかったのにね。

567 名無しのやる夫だお :2016/03/03(木) 21:39:48 ID:8e01VByA0
気持ち悪すぎる……

568 名無しのやる夫だお :2016/03/03(木) 21:52:23 ID:kpUiJUz20
>>567
触っちゃぁダメだ

569 名無しのやる夫だお :2016/03/03(木) 22:37:02 ID:5gnNG19g0
お客さま、お触りはNGでございます。

570 名無しのやる夫だお :2016/03/03(木) 23:43:35 ID:WaCFpXTQ0
学兵投入は無能政策に見えるけど、それまでの経緯も含めて「じゃあ、他にどうしようがあったのか」って感じではある

571 ◆oLG9iWoh0E★ :2016/03/04(金) 00:26:56 ID:???0


                         ___                _
 4月は週3回休み!          / ____ヽ           /  ̄   ̄ \
 GWは10連休が貰えたぞ!   .|  | /, -、, -、l           /、          ヽ
                     | _| -|○ .| ○||          |・ |―-、       |
                 , ―-、 (6  _ー っ-´、}         q -´ 二 ヽ     .|   つまり2月3月
                 | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ          ノ_ ー  |     |   休みがないと
                  | ̄ ̄|/ (_ ∪ ̄ / 、 \        \. ̄`  |     /
                  ヽ  ` ,.|    ̄  |  |         O===== |
                    `- ´ |       .| _|        /          |
             .          |       (t  )       /    /      |

572 ◆oLG9iWoh0E★ :2016/03/04(金) 00:27:44 ID:???0
という事で最終回。4月には確実に投下します。
もうしばらくですがお待ちくださいってまだ3月3日なのねー……w

573 名無しのやる夫だお :2016/03/04(金) 00:45:43 ID:yjuUEz9Y0
もう後ひと月ふた月ぐらい余裕で待てますよ
お仕事頑張ってください

574 名無しのやる夫だお :2016/03/04(金) 00:47:29 ID:1Yo7Uj8w0
大丈夫?4月も本当に休める?
気をつけてね

575 名無しのやる夫だお :2016/03/04(金) 01:35:52 ID:m023YA7Y0
了解しました
投下は7月ですね、楽しみに待ってます

576 名無しのやる夫だお :2016/03/04(金) 02:18:14 ID:B2RxLeI60
把握
どんな最後になるか今から楽しみ

577 名無しのやる夫だお :2016/03/04(金) 02:46:24 ID:uW4j7XW60
おつかれさまです
おまちしてます

季節の変わり目ですし、ほんとお体ご自愛ください

578 名無しのやる夫だお :2016/03/04(金) 04:58:05 ID:z8wPpiHU0
2017年の4月、真・最終回楽しみにしてます!

579 名無しのやる夫だお :2016/03/04(金) 08:22:12 ID:v5Cr6n3U0
え?再来年の話じゃないの?

580 名無しのやる夫だお :2016/03/04(金) 21:11:56 ID:sT3Xjr9M0
えっそんな早かったのかてっきり来世紀の話だとばかり

581 名無しのやる夫だお :2016/03/05(土) 00:41:36 ID:Wc.8sTGk0
雑談スレ新しいの立った?そういえば

582 名無しのやる夫だお :2016/03/07(月) 17:12:50 ID:KJFsgCx20
ジュウオウゴリラ効果で>>1さんのモチベーションが上がることを期待しつつ待機

583 名無しのやる夫だお :2016/03/10(木) 02:59:58 ID:KNsmz82o0
休戦期に合わせて投下も乙なもんだぜ

584 名無しのやる夫だお :2016/03/10(木) 21:18:45 ID:hck7YogE0
投下を待っていたら、火浦功が新刊出す方が先だった件

585 名無しのやる夫だお :2016/03/10(木) 21:23:31 ID:jTRuEsyU0
へいボーイ。四月馬鹿にはまだまだはやいぜ。

586 名無しのやる夫だお :2016/03/10(木) 21:54:17 ID:hck7YogE0
>>585
「昭和な街角」で健作だフィリップ

587 名無しのやる夫だお :2016/03/10(木) 23:54:53 ID:aMZhnfy60
未収録作品集ね。確かに新作ではなくて新刊だね。納得した。

588 名無しのやる夫だお :2016/03/11(金) 18:53:05 ID:ZrDy5NzQ0
真面目に、『キャロル・ザ・ウェポン』が読める様になるとは思わなかった。
まあ、なったからどうしたという気分でもあるがw

589 名無しのやる夫だお :2016/03/11(金) 19:26:12 ID:6dWlSZ460
>>586
\サイクロン!/ \ジョーカー!/

590 名無しのやる夫だお :2016/03/23(水) 01:11:19 ID:Ovvm8m4E0
【仲間案】
お裁縫が得意で乙女チックなムキムキマッチョマンのレンジャー♂

591 名無しのやる夫だお :2016/03/23(水) 01:11:29 ID:Ovvm8m4E0
あああ誤爆申し訳ねえ

592 名無しのやる夫だお :2016/03/23(水) 01:17:56 ID:yLGDtTKs0
考えたけど1720部隊にゃいねえな
やらない夫かミクかが近いかもな
性別と肉体という大きな難点はあるが

593 名無しのやる夫だお :2016/03/26(土) 14:33:14 ID:pXn00v120


594 名無しのやる夫だお :2016/03/27(日) 22:46:45 ID:x6T.m/460
しかし冗談抜きでこんなに長期スパンの作品になるとはおもわんかった
夏休みに一気に投下してくれ年が懐かしい

595 名無しのやる夫だお :2016/04/07(木) 01:05:57 ID:321LUqXY0
最終回楽しみ

596 名無しのやる夫だお :2016/04/12(火) 21:59:49 ID:XAm/a83c0
おお最終回4月か!期待して待ってる

597 名無しのやる夫だお :2016/04/13(水) 10:13:45 ID:r22Aez1w0
今が3月44日だっけ?

598 名無しのやる夫だお :2016/04/14(木) 01:22:38 ID:DTTI8qdA0
心穏やかに洗濯でもしていれば四月なんてすぐに来るさ

599 名無しのやる夫だお :2016/04/14(木) 09:55:28 ID:PFyt.WKo0
もう全部洗っちゃったんで、お前のソックスを よ こ せ!

600 名無しのやる夫だお :2016/04/14(木) 11:40:53 ID:W3W.9IWg0
後にハンター達の間で畏れられた、ソックスウォッシュの誕生、その瞬間であった。

601 名無しのやる夫だお :2016/04/14(木) 15:59:26 ID:pJLBxmCs0
この風味、この肌ざわり、 この臭いこそソックスよ
なハンターたちにとってある意味風紀委員以上に憎まれる存在か

602 名無しのやる夫だお :2016/04/14(木) 22:17:53 ID:W3W.9IWg0
熊本がエラかこつなっとるばい!

603 名無しのやる夫だお :2016/04/14(木) 23:09:27 ID:Z13ooKTI0
銀ちゃんがまた何かやらかしたのか(濡れ衣)

604 名無しのやる夫だお :2016/04/15(金) 23:09:08 ID:KWC79BPg0
銀ちゃんをGNタンクに貯蔵すれば太陽炉のできあがりって寸法よ

605 名無しのやる夫だお :2016/04/15(金) 23:44:40 ID:WMa7OqrQ0
>>604
エンジェルハイロゥみたいなもんじゃないですか、やだー!

606 名無しのやる夫だお :2016/04/15(金) 23:47:29 ID:KWC79BPg0
そういや銀ちゃんだって第六なんだから量産できるんだな……

607 名無しのやる夫だお :2016/04/16(土) 01:08:00 ID:7npU/8n.0
銀ちゃんを量産するとやる夫達が干乾びるからやめて差し上げろ

608 名無しのやる夫だお :2016/04/16(土) 14:19:28 ID:CGcAzqXU0
申し訳ないが太陽が二個もあったら地球が滅びるのでNG

609 名無しのやる夫だお :2016/04/17(日) 15:58:26 ID:Qa4fWyH.0
熊本城が…

610 名無しのやる夫だお :2016/04/22(金) 09:39:57 ID:s0301SdQ0
ぼく「この営業のおねえさん(仮)、執拗に名前出ないけど、営業で先輩扱いって、実は入速出だったりしてな!」
みんな「ハハッ!ナイスジョーク!」
ぼく「HEHEHE」

-最終回放送中-

全員「あああああああ逃げて!ネウロイ逃げて!!」

611 名無しのやる夫だお :2016/04/22(金) 09:40:15 ID:s0301SdQ0
おわあ誤爆ごめんなさい

612 名無しのやる夫だお :2016/04/23(土) 11:04:25 ID:3OQBUYSo0
ぼく「HEHEHE」

ぼく「HEHEHE」






ぼく「HEHEHE」

613 名無しのやる夫だお :2016/04/24(日) 18:46:25 ID:kcMGrkAo0
4月もあと一週間か…最終回ももうすぐだ…

614 名無しのやる夫だお :2016/04/25(月) 22:37:07 ID:.A9jKAkM0
4月は小の月だから130日までだな

615 名無しのやる夫だお :2016/04/27(水) 17:52:54 ID:kH7zcCxU0
>>1は4月には確実に投下すると言っている
つまり>>1が投下するまで4月は終わらないという事だ

616 名無しのやる夫だお :2016/04/30(土) 11:12:04 ID:5/Jue9/k0
今日投下かなー楽しみだなー(棒)

617 名無しのやる夫だお :2016/04/30(土) 14:20:19 ID:Cl6JcgHA0
今日投下されないと来年の4月まで待たないといけないのか……(絶望)

618 名無しのやる夫だお :2016/04/30(土) 15:24:04 ID:DxRBTqsI0
>>617
何時から投下が来年以内だと錯覚していた?

619 名無しのやる夫だお :2016/04/30(土) 15:35:37 ID:D5chs/0M0
上司「予定は未定であり決定ではない」

620 名無しのやる夫だお :2016/04/30(土) 20:44:17 ID:LLcR8.YM0
また「4月33日だから間に合いました!」
とかつまんねー言い訳するんだろうな

621 名無しのやる夫だお :2016/04/30(土) 20:50:42 ID:Dt/VT0sk0
旧暦で4月中に投下やぞ
せっかちなホモは幻獣に踏まれて死ね

622 名無しのやる夫だお :2016/04/30(土) 21:00:55 ID:NmEVpNBA0
33日に来ると思ってんのか……

623 名無しのやる夫だお :2016/04/30(土) 21:07:04 ID:294AQE2c0
GWは10連休が貰えたらしいから大人しく待ってよう(取り消された可能性は考えない)

624 名無しのやる夫だお :2016/05/01(日) 11:53:57 ID:Qs/ynyb20
この一ヶ月、全裸待機(ソックス除く)された方はお疲れ様でした。
引き続き全裸待機をお楽しみください。

625 名無しのやる夫だお :2016/05/03(火) 02:04:21 ID:B6lVinOc0
1がお休み取れてることを祈っとこう

626 名無しのやる夫だお :2016/05/03(火) 02:37:18 ID:Dwm7PFg20
でもいつかは仕上げてくれるだろうという安心感があるね、ここは
作者から義務感漂いだすと危ない

627 名無しのやる夫だお :2016/05/03(火) 22:33:23 ID:3XkechGw0
また入院とかじゃなきゃ問題ないさ

628 名無しのやる夫だお :2016/05/10(火) 00:18:36 ID:759AzsAA0
今月「投下かなー楽しみだなー(棒)

629 名無しのやる夫だお :2016/05/10(火) 21:26:30 ID:F9tS12Tg0
まだ4月40日じゃないか
今月中には投下してくれるだろうから慌てる事は無い

630 名無しのやる夫だお :2016/05/12(木) 15:45:11 ID:ZCuOYy260
久々に読み直したらゲームの方もしたくなっちった
リメイクで出してくれないかなー

631 名無しのやる夫だお :2016/05/13(金) 21:48:07 ID:8nqmEWSU0
そろそろ同人でもああいうゲーム出てもおかしくない時代だと思うんだけどねぇ
もしくはキックスターターで資金集めてる人とか

632 名無しのやる夫だお :2016/05/14(土) 12:38:10 ID:xDdYebI60
3月に4月といったら翌年の4月のことでしょ(達観)

633 名無しのやる夫だお :2016/05/14(土) 12:40:11 ID:0gM3eRkk0
早く書けとは言わないから、予告するならちゃんと予告通りに投下してくれと割と本気で思う。
ネタとなあなあの馴れ合いで誤魔化さず。

634 名無しのやる夫だお :2016/05/14(土) 21:19:27 ID:9fNCGrrU0
ガンパレっぽい同人ゲー…
なんかあったような気がするけど名前思い出せねえな
コミュパートは無くて戦闘メインだったような

635 名無しのやる夫だお :2016/05/14(土) 22:30:35 ID:yXnZJ0FY0
>>633
守れないなら予告するべきじゃないよね
まぁ、完結近いし今更だしもう諦めてるけど

636 名無しのやる夫だお :2016/05/15(日) 02:53:37 ID:w0PfFFZk0
絢爛舞踏祭の戦闘は面白かった思い出

637 名無しのやる夫だお :2016/05/15(日) 06:55:50 ID:2qtTSGaw0
>>621
旧暦とかホモとか巣でやれホモ野郎

>>633,635
>>1は仕事では有能な人間なんだと思う

投下時期への批判とか一切触れずに投下するのも
スルーが一番場を荒らさないって理解してるからだと思う

ただしプライベートでは平気で人との約束破るタイプ
他人との待ち合わせに遅れても屁とも思わない

638 名無しのやる夫だお :2016/05/15(日) 07:35:59 ID:Q/BqouSM0
絢爛はプレイしてると眠くなって困る
うっかり寝落ちしてる間に評価がえらいことに

639 名無しのやる夫だお :2016/05/15(日) 09:05:32 ID:hayWDTzk0
ぶっちゃけ1時間も付きまとってたら誰とでも親友や恋人になれた気がするわ
眠いときにコックピットにキャラ放り込んだら評価落ちないからその状態にしてたが
なんでそんなにまで画面つけてたか覚えてねぇw

640 名無しのやる夫だお :2016/05/15(日) 10:40:09 ID:sb5QW1jQ0
金払ってるものでもなし、更新来たらラッキーくらいに思っておいたらいいじゃん
グダグダ文句言って作者のやる気削いでさらに更新が長引くよりは建設的

641 名無しのやる夫だお :2016/05/15(日) 15:12:59 ID:.uAaR/xg0
いつからここは雑談所になったのか

642 名無しのやる夫だお :2016/05/15(日) 18:32:43 ID:ZJWkJO9s0
つか雑談所落ちたまんまだよね?

643 名無しのやる夫だお :2016/05/15(日) 22:43:37 ID:w0PfFFZk0
>>638
ゲームとしてはかなり糞だったな
俺はあの戦闘が好きなだけで、ゲーム本体はクソゲとして認識してるわ

644 名無しのやる夫だお :2016/05/15(日) 22:51:59 ID:FwZPqMDU0
そういや、あれ経済ゲーとしてクリアできた人っておるんか?
船長やって自身の撃破数伸ばさず戦争に依存してない物流と産業作り上げればいいのかね

645 名無しのやる夫だお :2016/05/16(月) 22:45:42 ID:T6TsryXA0
まあ色々と忙しいんだろう。
リアル生活の方が大事だしね。

モチベーションとかもあるしね・・・。その時が来たら、気負わずに書いてください。
気長に待ってますよ(⌒▽⌒)

646 名無しのやる夫だお :2016/05/17(火) 13:56:17 ID:/RtGdmaU0
ここの>>1は皆が気を抜いた時に投下するのが好きだからな
投下予告なんて伏線にしか感じなくなったわ!

647 名無しのやる夫だお :2016/05/18(水) 00:53:55 ID:GQKj83Yo0
死んでさえなければいいよホント

648 名無しのやる夫だお :2016/05/18(水) 19:33:02 ID:vtRE155I0
投下しないのはいいけどもう変な茶番を投下してお茶を濁したり投下予告を破るのは勘弁して欲しい

649 名無しのやる夫だお :2016/05/19(木) 03:01:13 ID:k99hea.c0
変な茶番も楽しみな俺みたいなのもいる

30半ばになって仕事が面白おかしく忙しくなると
なかなか趣味に回す時間は作れなくなるからね〜
家庭を持ったらさらに倍率ドン!

650 名無しのやる夫だお :2016/05/19(木) 17:24:11 ID:SjKu.efc0
こんだけ書き込まれてるのも
みんな続き楽しみしてる証拠だな

651 名無しのやる夫だお :2016/05/19(木) 21:50:16 ID:oHRnAqi60
こんぴうたに功徳は宿る!

652 名無しのやる夫だお :2016/05/19(木) 23:40:38 ID:CRV6heNo0
「汝、幸福なリや?」

653 名無しのやる夫だお :2016/05/20(金) 05:43:45 ID:Pbv34dVU0
完結はしてくれると思ってるから投下はいつになろうと構わん
構わんけど、生存報告はしてほしい
過去のレスから見通せる勤務状態のハードさが怖い
3,4ヶ月休み無しとか普通にありそう

654 名無しのやる夫だお :2016/05/20(金) 22:42:25 ID:18p4e25k0
それ訴えたら一生働かなくても良くなるね
ピンチはチャンスとはよく言ったものだ

655 名無しのやる夫だお :2016/05/22(日) 02:27:38 ID:CK1XWXgM0
体調も崩したりしてそうだしな…真面目な話、割と心配はしている

656 名無しのやる夫だお :2016/05/22(日) 11:44:54 ID:qLXXeQk60
後、合コンの行方も

657 名無しのやる夫だお :2016/05/25(水) 01:08:17 ID:Ixq3lH6Q0
作者の勤務地の情報って既出だっけ?九州では無いよね

658 名無しのやる夫だお :2016/05/26(木) 02:34:54 ID:isG9SNW.0
リアルを詮索する豚は出荷よー

659 名無しのやる夫だお :2016/06/02(木) 00:28:54 ID:XodNi/P.0
やる夫すれとかネット小説とかは
リアル作者の安否が不明だから少し不安になるのは分かる

660 名無しのやる夫だお :2016/06/02(木) 19:42:00 ID:eXdh8PCg0
3.11以降更新はおろか連絡の全く取れない小説サイトの管理人がいてだな…

661 名無しのやる夫だお :2016/06/02(木) 20:07:59 ID:ee3v4poo0
サッカーブログにもあったな、それ
無機質故に恐怖が増す

662 名無しのやる夫だお :2016/06/02(木) 21:21:16 ID:UqKioNyo0
津波の痛車のオーナーや抱き枕の持ち主も死んでるんだろうしね

663 名無しのやる夫だお :2016/06/02(木) 21:22:41 ID:qfkFwjL60
あの日、サーファーが集う浜辺のライブカメラ何も中継されなかったんだよな

664 名無しのやる夫だお :2016/06/02(木) 22:51:29 ID:lGOmezos0
お気に入りのSS書きさんも音信途絶えたわ
もろ東北住まいっぽかったんだよな

665 名無しのやる夫だお :2016/06/03(金) 23:23:14 ID:RLCFGwkE0
仕事に余裕ができましたので期間置かずに投稿できそうです。
で、その後音沙汰ないと不安なるよな・・・

666 名無しのやる夫だお :2016/06/07(火) 02:26:22 ID:OR7gF2lg0
創作って間が開くと再開させるのに凄いエネルギーが必要だからね
感を取り戻すのにも時間がかかるし…

…プロやプロ野球の短編で感を取り戻してもいいのよ?

667 名無しのやる夫だお :2016/06/07(火) 14:45:50 ID:txJMMwc20
無事ならいいよね

668 名無しのやる夫だお :2016/06/08(水) 01:56:22 ID:.MUnmxTA0
やる夫がプロ野球選手になるようです、がもう7年前か・・・
リアルタイムで追いかけてて、「お前が打たなきゃ誰が打つ」のシーンで
胸が熱くなったのが最近のことのように感じるよ・・・

669 名無しのやる夫だお :2016/06/10(金) 21:22:48 ID:zBD8TYnQ0
まだ4月だろ?

670 名無しのやる夫だお :2016/06/12(日) 18:35:09 ID:nDRURb660
キル夫の日常話とか見たいのう
なんかこう、隊内の誰と絡んでも振り回されるキル夫が目に浮かぶ

671 名無しのやる夫だお :2016/06/12(日) 21:41:13 ID:t7CJd3jE0
キル夫に限らず、隊員の日常生活で息抜きとかリハビリ的外伝とか作ってくれてもいいのよ?

672 名無しのやる夫だお :2016/07/02(土) 22:07:55 ID:5.Pp94aY0
暑くなってきたな

673 名無しのやる夫だお :2016/07/02(土) 22:12:10 ID:gtYfAzQo0
\ ファイヤ /

674 名無しのやる夫だお :2016/07/07(木) 14:13:05 ID:EV8.Nb660
\ ドロップ /

675 名無しのやる夫だお :2016/07/08(金) 18:35:44 ID:/Gbn8vYs0
\サバイブ/

676 名無しのやる夫だお :2016/07/10(日) 22:31:34 ID:BS5WOtCg0
今って雑談所とかもないんだっけ?

677 名無しのやる夫だお :2016/07/18(月) 00:45:54 ID:3ENVP7j.0
\ないのよ/

678 名無しのやる夫だお :2016/07/18(月) 15:27:43 ID:P6A6I/vg0
やる夫の寿命が気になる

679 名無しのやる夫だお :2016/07/29(金) 17:40:20 ID:t.t9mK4I0
ゴリラゴッデス様に毎日バナナを捧げ
>>1の無事をお祈りしています

680 名無しのやる夫だお :2016/08/04(木) 17:06:40 ID:MpABkkho0
お盆は1チャンあるでないで

681 名無しのやる夫だお :2016/08/04(木) 22:12:21 ID:RJM2vuGM0
きゅうりに乗って、帰ってくるってこと?

682 名無しのやる夫だお :2016/08/05(金) 03:55:34 ID:yEDTZNto0
なすじゃね

683 名無しのやる夫だお :2016/08/05(金) 04:49:09 ID:yjlQ.HJc0
なすは牛であの世へ帰る方なんやで

684 名無しのやる夫だお :2016/08/05(金) 09:20:05 ID:v9WLOQII0
馬を模したキュウリで急いでこっちに来て
牛を模したなすでゆっくりあの世に帰っていくだったな

685 名無しのやる夫だお :2016/08/05(金) 10:41:18 ID:lq4F8e0.0
むしろ馬に見立てるよりも一本まるのままおいてタオパイパイのように帰ってきてもらうのがベストではなかろうか

686 名無しのやる夫だお :2016/08/05(金) 14:51:21 ID:d69O7ZR20
そこでブロッコリーの出番ですよ
機動性はピカイチだけど乗り物酔いが半端無く吐くって話だけど

687 名無しのやる夫だお :2016/08/06(土) 16:22:42 ID:OwHZ0NzU0
バナナに決まってんだろ
まずゴリラさんを召喚できれば自動的に>>1も釣れるって寸法よ

688 名無しのやる夫だお :2016/08/20(土) 23:20:40 ID:peX6sDXw0
今日こそはと思い毎日見に来てしまうなあ。
催促じゃないのよ。

689 名無しのやる夫だお :2016/08/20(土) 23:47:26 ID:.WA2fKDI0
催促以外の何物でもないな

690 名無しのやる夫だお :2016/08/21(日) 00:36:44 ID:ttfqGmJk0
では堂々と催促をいたす

691 名無しのやる夫だお :2016/08/21(日) 02:09:36 ID:BSw/oBm20
かの火浦功先生は、13年経って再開したんだ
いくらでも待つさ

692 名無しのやる夫だお :2016/08/21(日) 09:40:52 ID:TFclOji.0
グインサーガ、トリニティブラッド・・・

693 名無しのやる夫だお :2016/08/21(日) 14:29:10 ID:j1NDQdi60
>>692
>>1君が死んで二代目が続きを作るんですね

694 名無しのやる夫だお :2016/09/18(日) 20:24:45 ID:sL2FPw8I0
俺は待っている。いままでも、これからも。

695 名無しのやる夫だお :2016/09/18(日) 21:08:02 ID:cpFlroBE0
繰り返す
私は何度でも繰り返す
同じ四月を何度も巡り、たったひとつの投下を待つ

696 名無しのやる夫だお :2016/09/19(月) 22:30:04 ID:yv4Z7NAA0
だって・・・俺が居ないとお帰りって言ってやれないだろ

697 名無しのやる夫だお :2016/09/20(火) 00:20:38 ID:ZzQZ9KZ.0
>>696
待ちすぎてオカエリナサイのイが左右反転してるんですね、分かります

698 名無しのやる夫だお :2016/09/22(木) 10:37:28 ID:r2u0EFbA0
女子プロのスレは別の作者なの?

699 名無しのやる夫だお :2016/09/22(木) 22:38:29 ID:v/aAPbyw0
配役が被ってるところもあるので自分ももしかして作者の?と思ったけど
あっちの女子プロ作者は他の自作品挙げてて、この作者さんとは違うので
違うと思われます

700 名無しのやる夫だお :2016/09/29(木) 10:37:38 ID:cYuGHt8sO
今更だけど、前の番外編で出てきたホロってダディ・クールの奥さんでいいんだよね?
ってことは荒巻は新井木と一緒で半神半人なのか

701 名無しのやる夫だお :2016/10/21(金) 23:19:14 ID:tjOGcExQ0
今年中は無理そうやね

702 名無しのやる夫だお :2016/10/22(土) 22:02:10 ID:ihM1VHiQ0
4月には投下するってなってるやろ?
なんや、あと半年はあるやんけ

703 名無しのやる夫だお :2016/10/23(日) 02:03:57 ID:Y3IhkzVU0
自然休戦期ってそろそろ終わってんだっけ?

704 名無しのやる夫だお :2016/10/24(月) 00:13:40 ID:ECyJgHgwO
自然休戦期は8月31日までだったかと

705 名無しのやる夫だお :2016/10/24(月) 00:47:14 ID:1DhkEVeQ0
作者の休戦期は違うから(震え声)

706 名無しのやる夫だお :2016/11/11(金) 08:56:27 ID:/H/MV6Qk0
ケンジャキ無事で本当に良かった…

707 名無しのやる夫だお :2016/11/30(水) 19:43:14 ID:cRhD.71k0
逝ったか……

708 名無しのやる夫だお :2016/11/30(水) 21:45:32 ID:QMt3w.H20
http://ssks.jp/url/?id=854

709 名無しのやる夫だお :2016/12/02(金) 21:05:59 ID:1mOx3Zg60
必見情報いかがでしょう
https://v.gd/LBXdxr

710 名無しのやる夫だお :2016/12/03(土) 12:35:07 ID:9jir3mis0
いろはすになしが登場
https://v.gd/LBXdxr

711 名無しのやる夫だお :2016/12/13(火) 00:52:40 ID:hqjjQMdk0
最終回、形はできましたとは何だったんだろう…

712 名無しのやる夫だお :2016/12/13(火) 13:47:17 ID:x0sHzDF6O
プロットは完成稿ではないからな

713 名無しのやる夫だお :2016/12/23(金) 21:36:51 ID:nEs/0wfE0
ずっと楽しみにしてます

714 名無しのやる夫だお :2016/12/26(月) 03:18:03 ID:M9FzLgeI0
久々に読み返したらめちゃ面白かった
一番読み返した回数が多いやる夫スレだなたぶん
生存報告まってるぞー

715 名無しのやる夫だお :2016/12/26(月) 19:05:50 ID:FBjRZjfA0
続きアップしなくてもいいから生存報告は欲しいかな
マジで心配だよ

716 名無しのやる夫だお :2016/12/26(月) 19:39:36 ID:haMwK81s0
生存はしてるから大丈夫だよ

717 名無しのやる夫だお :2017/01/01(日) 03:11:07 ID:h7KpK9WM0
あけおめデース。

718 名無しのやる夫だお :2017/01/01(日) 08:45:05 ID:JFOBhbkI0
今年こそ最終回待ってるぞー

719 名無しのやる夫だお :2017/01/01(日) 16:16:38 ID:OhrA3FNk0
あけおめ生存してますか?

720 名無しのやる夫だお :2017/01/04(水) 03:11:54 ID:PyaFSN1Q0
見直すといつも6話の学兵が
やる夫を守ろうとするとこで感動するわ

721 名無しのやる夫だお :2017/01/04(水) 03:43:31 ID:SOgoxdyY0
>>720
俺は染岡さんが壁山の思いを背負って初めて世界戦で初ゴール決めた時だな

722 名無しのやる夫だお :2017/01/06(金) 23:54:54 ID:M4nlzSD20
滑ってんぞ

723 名無しのやる夫だお :2017/01/09(月) 21:21:09 ID:5l/gXgwg0
あけましておめでとうございます!
最終回お待ちしております!

724 名無しのやる夫だお :2017/01/24(火) 00:14:07 ID:V7Wd6/P.0
読み返したけどやっぱりホント面白い
続きが楽しみです

725 名無しのやる夫だお :2017/02/06(月) 01:19:25 ID:JIQDiP9I0
今年の4月に投下してくれー

726 名無しのやる夫だお :2017/02/10(金) 00:26:55 ID:M71JoLbE0
何度読み直してもおもしれえや

727 名無しのやる夫だお :2017/02/21(火) 04:16:00 ID:PqF3zKiM0
ロックマンやりたくなるぜ

728 名無しのやる夫だお :2017/02/23(木) 18:46:00 ID:PW0XNu6k0
倒れてないかだけが心配だ
生きてれば続きは望める

729 名無しのやる夫だお :2017/02/23(木) 19:01:42 ID:Fa.4AJYo0
別に続かなきゃ続かないでもいいから、ちゃんと生きてて欲しい
過酷そうな仕事だしなあ……

730 名無しのやる夫だお :2017/02/27(月) 05:29:39 ID:9pnmSBIw0
きっと忙しい仕事の合間にFGOやパチンコやってるよ

731 名無しのやる夫だお :2017/02/27(月) 15:03:48 ID:/3xAC3jY0
リンドリのイベントだろ! まだ続いてるのかしらんけど

732 名無しのやる夫だお :2017/03/01(水) 13:43:40 ID:GaOtwCZk0
合コンで幸せなキスしてるかもしれない

733 名無しのやる夫だお :2017/03/03(金) 13:39:18 ID:56lmZznk0
蛮神の心臓を求めてデモンズガーデンを徘徊してるよ
ttps://twitter.com/U_number15/status/837509084207169536

734 名無しのやる夫だお :2017/03/16(木) 22:31:18 ID:/q3rrD.s0
凸りたくなるくらいには元気だな
なんか一気にどうでもよくなった

735 名無しのやる夫だお :2017/03/17(金) 00:33:29 ID:9oNHwx5w0
死んじゃったんだろうなーっておもってた

736 名無しのやる夫だお :2017/03/17(金) 00:37:13 ID:cWLpQFf.0
ちゃんと書いてるよきっと
安心して待ってていいよきっと

737 名無しのやる夫だお :2017/03/18(土) 07:48:39 ID:AcJapxXA0
もうほぼ忘れられてるだろうしエタッたらエタったで別にいいや

738 名無しのやる夫だお :2017/03/18(土) 22:50:51 ID:nJfVpPeA0
これ本人なのか
特に繋がりが見えないんだが

739 名無しのやる夫だお :2017/03/18(土) 23:50:48 ID:mEfAQCxo0
https://twitter.com/search?f=tweets&amp;vertical=default&amp;q=from%3AU_number15%20%E6%8A%95%E4%B8%8B&amp;src=typd
https://twitter.com/search?f=tweets&amp;q=from%3AU_number15%20%E9%8A%80%E3%83%91%E3%83%AC&amp;src=typd
本人ってかんじじゃない?

740 名無しのやる夫だお :2017/03/19(日) 15:50:03 ID:VVgUTO.I0
完結投下終わってからやるゲームと酒の方がうまいのにな

741 名無しのやる夫だお :2017/03/21(火) 16:03:39 ID:ERbOU86E0
んー、本人確定でるまでは、別人だと思っておくよ。

742 名無しのやる夫だお :2017/03/22(水) 08:46:18 ID:w5NpvYpQ0
あんま本人には見えないなあ…

743 名無しのやる夫だお :2017/03/22(水) 09:08:56 ID:cJj8dx1s0
本人かどうかは置いといて、スレで告知してないアカウント探してあーだーこーだ言及するのはなんか違うでしょ。

744 名無しのやる夫だお :2017/03/22(水) 12:02:33 ID:gx/gL.Xk0
全然知らない赤の他人だった場合、こういう思い込みで行動する人は何の責任もとらないからなあ
まあ釣りだろ釣り
触れば思うつぼよ

745 名無しのやる夫だお :2017/03/22(水) 13:04:55 ID:fWQivI9o0
そもそもネヲチ以外で晒しをするやつは論外

746 名無しのやる夫だお :2017/03/22(水) 18:56:19 ID:X1.i/uXg0
元気にしてるのならそれでいいじゃない
ソシャゲにハマってでn…云々はやる夫に限らずアマチュア創作全般で頻発してるし

747 名無しのやる夫だお :2017/03/28(火) 01:14:58 ID:uNGQ5bv60
イナイレ復活したし1も復活してくりーよ

748 名無しのやる夫だお :2017/03/30(木) 21:36:51 ID:eVvKbemg0
プロ野球読み返して、銀パレの存在を知ったのが一昨日
今追いついてしまった
凄い良いところで中断とは!!そして語れる雑談所がないとはorz

749 名無しのやる夫だお :2017/04/10(月) 00:09:29 ID:V7uw/0xQ0
まあ、もうエタったスレだからここが雑談所でいいんじゃない?

750 名無しのやる夫だお :2017/04/15(土) 03:44:40 ID:MTY4Iehg0
このスレ見たあと洗濯すると、やる夫さん思い出すわ

751 名無しのやる夫だお :2017/04/15(土) 09:26:40 ID:5pWcqSbc0
俺はカラオケでリーヨの曲名見ると思いだす

752 名無しのやる夫だお :2017/04/29(土) 00:55:16 ID:UOnNpmmI0
4月がおわる・・・
待ってるぞーーーー

753 名無しのやる夫だお :2017/05/07(日) 13:06:33 ID:cWF5mCxY0
これまじで過労死案件なのでは・・・

754 名無しのやる夫だお :2017/05/11(木) 20:45:26 ID:ARj7VKIo0
俺もまた、いまだに待ち焦がれている

755 最中★ :<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

756 最中★ :<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

757 名無しのやる夫だお :2017/05/28(日) 13:44:19 ID:crwo/LtE0
大丈夫、俺は10年迄は待てる!

758 名無しのやる夫だお :2017/06/13(火) 14:13:46 ID:c6W8j3cY0
中編その2くらいは出来てるんでしょ?
正直に投下しても良いのよ?

759 名無しのやる夫だお :2017/07/01(土) 01:47:12 ID:vzCVc0Ak0
けっこうマジで生きててくれさえすればいいよ

760 名無しのやる夫だお :2017/07/05(水) 03:56:19 ID:RvuanGuM0
ワンパンマン

761 名無しのやる夫だお :2017/07/06(木) 20:29:05 ID:.KFvNNZU0
最終回、まぁーだ時間かかりそうですかねー?

762 名無しのやる夫だお :2017/07/10(月) 00:43:33 ID:cYrN4FMo0
いつまでも待ってるぜ-。

763 名無しのやる夫だお :2017/07/31(月) 21:14:22 ID:FBXEGQnU0
もうそろそろ2年・・・だがまだ2年だ・・・

764 名無しのやる夫だお :2017/08/18(金) 20:00:49 ID:OqZn/QNU0
ないと分かっていても、日に一回、確認に来てしまう。

765 名無しのやる夫だお :2017/08/19(土) 10:03:55 ID:7MRADgpE0
専ブラ使え

766 名無しのやる夫だお :2017/09/21(木) 17:50:32 ID:QNV2z8gI0
作者ももう諦めてるなこれ

767 名無しのやる夫だお :2017/09/24(日) 18:15:09 ID:LbwKKXV60
たった18カ月で何をいっているのか

768 名無しのやる夫だお :2017/09/24(日) 18:51:19 ID:qF607i6A0
まだ3月だしなあ

769 名無しのやる夫だお :2017/09/30(土) 02:28:46 ID:PID/w28Y0
そのうち作者不在のまま1000いったりして

ここまで投下を望まれて定期的に書き込まれるスレも珍しい

770 名無しのやる夫だお :2017/10/07(土) 09:55:16 ID:NA04cGtE0
この板にはそんなのいくつもあるゾ

771 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:02:49 ID:XIXbuspY0
a

772 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:04:35 ID:XIXbuspY0
a

773 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:04:58 ID:XIXbuspY0
a

774 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:06:20 ID:XIXbuspY0
a

775 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:06:58 ID:XIXbuspY0
a

776 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:07:11 ID:XIXbuspY0
a

777 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:07:24 ID:XIXbuspY0
a

778 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:07:38 ID:XIXbuspY0
a

779 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:07:51 ID:XIXbuspY0
a

780 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:08:04 ID:XIXbuspY0
a

781 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:08:18 ID:XIXbuspY0
a

782 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:08:31 ID:XIXbuspY0
a

783 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:08:44 ID:XIXbuspY0
a

784 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:08:58 ID:XIXbuspY0
a

785 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:09:12 ID:XIXbuspY0
a

786 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:09:25 ID:XIXbuspY0
a

787 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:09:38 ID:XIXbuspY0
a

788 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:09:51 ID:XIXbuspY0
a

789 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:10:05 ID:XIXbuspY0
a

790 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:10:18 ID:XIXbuspY0
a

791 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:10:31 ID:XIXbuspY0
a

792 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:10:44 ID:XIXbuspY0
a

793 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:10:58 ID:XIXbuspY0
a

794 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:11:11 ID:XIXbuspY0
a

795 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:11:24 ID:XIXbuspY0
a

796 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:11:37 ID:XIXbuspY0
a

797 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:11:51 ID:XIXbuspY0
a

798 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:12:04 ID:XIXbuspY0
a

799 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:12:17 ID:XIXbuspY0
a

800 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:12:31 ID:XIXbuspY0
a

801 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:12:44 ID:XIXbuspY0
a

802 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:12:57 ID:XIXbuspY0
a

803 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:13:11 ID:XIXbuspY0
a

804 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:13:24 ID:XIXbuspY0
a

805 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:13:37 ID:XIXbuspY0
a

806 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:13:50 ID:XIXbuspY0
a

807 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:14:03 ID:XIXbuspY0
a

808 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:14:16 ID:XIXbuspY0
a

809 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:14:29 ID:XIXbuspY0
a

810 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:14:43 ID:XIXbuspY0
a

811 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:14:56 ID:XIXbuspY0
a

812 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:15:09 ID:XIXbuspY0
a

813 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:15:23 ID:XIXbuspY0
a

814 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:15:36 ID:XIXbuspY0
a

815 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:15:49 ID:XIXbuspY0
a

816 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:16:02 ID:XIXbuspY0
a

817 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:16:16 ID:XIXbuspY0
a

818 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:16:29 ID:XIXbuspY0
a

819 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:16:42 ID:XIXbuspY0
a

820 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:16:56 ID:XIXbuspY0
a

821 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:17:09 ID:XIXbuspY0
a

822 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:17:22 ID:XIXbuspY0
a

823 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:17:36 ID:XIXbuspY0
a

824 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:17:49 ID:XIXbuspY0
a

825 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:18:02 ID:XIXbuspY0
a

826 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:18:15 ID:XIXbuspY0
a

827 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:18:28 ID:XIXbuspY0
a

828 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:18:42 ID:XIXbuspY0
a

829 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:18:55 ID:XIXbuspY0
a

830 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:19:08 ID:XIXbuspY0
a

831 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:19:22 ID:XIXbuspY0
a

832 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:19:35 ID:XIXbuspY0
a

833 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:19:48 ID:XIXbuspY0
a

834 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:20:02 ID:XIXbuspY0
a

835 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:20:15 ID:XIXbuspY0
a

836 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:20:28 ID:XIXbuspY0
a

837 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:20:42 ID:XIXbuspY0
a

838 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:20:55 ID:XIXbuspY0
a

839 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:21:08 ID:XIXbuspY0
a

840 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:21:22 ID:XIXbuspY0
a

841 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:21:35 ID:XIXbuspY0
a

842 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:21:48 ID:XIXbuspY0
a

843 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:22:01 ID:XIXbuspY0
a

844 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:22:15 ID:XIXbuspY0
a

845 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:22:28 ID:XIXbuspY0
a

846 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:22:41 ID:XIXbuspY0
a

847 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:22:55 ID:XIXbuspY0
a

848 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:23:08 ID:XIXbuspY0
a

849 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:23:21 ID:XIXbuspY0
a

850 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:23:34 ID:XIXbuspY0
a

851 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:23:47 ID:XIXbuspY0
a

852 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:24:01 ID:XIXbuspY0
a

853 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:24:14 ID:XIXbuspY0
a

854 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:24:28 ID:XIXbuspY0
a

855 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:24:41 ID:XIXbuspY0
a

856 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:24:54 ID:XIXbuspY0
a

857 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:25:08 ID:XIXbuspY0
a

858 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:25:21 ID:XIXbuspY0
a

859 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:25:34 ID:XIXbuspY0
a

860 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:25:47 ID:XIXbuspY0
a

861 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:26:00 ID:XIXbuspY0
a

862 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:26:14 ID:XIXbuspY0
a

863 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:26:27 ID:XIXbuspY0
a

864 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:26:40 ID:XIXbuspY0
a

865 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:26:53 ID:XIXbuspY0
a

866 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:27:06 ID:XIXbuspY0
a

867 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:27:19 ID:XIXbuspY0
a

868 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:27:33 ID:XIXbuspY0
a

869 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:27:46 ID:XIXbuspY0
a

870 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:27:59 ID:XIXbuspY0
a

871 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:28:12 ID:XIXbuspY0
a

872 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:28:25 ID:XIXbuspY0
a

873 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:28:39 ID:XIXbuspY0
a

874 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:28:52 ID:XIXbuspY0
a

875 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:29:05 ID:XIXbuspY0
a

876 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:29:19 ID:XIXbuspY0
a

877 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:29:32 ID:XIXbuspY0
a

878 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:29:45 ID:XIXbuspY0
a

879 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:29:59 ID:XIXbuspY0
a

880 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:30:12 ID:XIXbuspY0
a

881 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:30:25 ID:XIXbuspY0
a

882 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:30:38 ID:XIXbuspY0
a

883 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:30:51 ID:XIXbuspY0
a

884 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:31:05 ID:XIXbuspY0
a

885 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:31:18 ID:XIXbuspY0
a

886 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:31:31 ID:XIXbuspY0
a

887 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:31:45 ID:XIXbuspY0
a

888 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:31:59 ID:XIXbuspY0
a

889 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:32:11 ID:XIXbuspY0
a

890 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:32:25 ID:XIXbuspY0
a

891 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:32:38 ID:XIXbuspY0
a

892 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:32:51 ID:XIXbuspY0
a

893 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:33:05 ID:XIXbuspY0
a

894 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:33:17 ID:XIXbuspY0
a

895 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:33:31 ID:XIXbuspY0
a

896 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:33:44 ID:XIXbuspY0
a

897 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:33:57 ID:XIXbuspY0
a

898 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:34:10 ID:XIXbuspY0
a

899 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:34:23 ID:XIXbuspY0
a

900 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:34:36 ID:XIXbuspY0
a

901 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:34:49 ID:XIXbuspY0
a

902 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:35:03 ID:XIXbuspY0
a

903 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:35:16 ID:XIXbuspY0
a

904 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:35:29 ID:XIXbuspY0
a

905 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:35:43 ID:XIXbuspY0
a

906 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:35:56 ID:XIXbuspY0
a

907 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:36:09 ID:XIXbuspY0
a

908 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:36:22 ID:XIXbuspY0
a

909 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:36:36 ID:XIXbuspY0
a

910 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:36:49 ID:XIXbuspY0
a

911 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:37:02 ID:XIXbuspY0
a

912 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:37:16 ID:XIXbuspY0
a

913 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:37:29 ID:XIXbuspY0
a

914 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:37:42 ID:XIXbuspY0
a

915 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:37:55 ID:XIXbuspY0
a

916 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:38:09 ID:XIXbuspY0
a

917 名無しのやる夫だお :2017/11/03(金) 15:38:22 ID:XIXbuspY0
a