したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

☆魔法少女リリカルなのは総合エロ小説_第106話☆

1 名無しさん@魔法少女 :2010/07/08(木) 19:40:52 ID:dFPcPy.Q
魔法少女、続いてます。

 ここは、 魔法少女リリカルなのはシリーズ のエロパロスレ避難所です。


『ローカル ルール』
1.他所のサイトの話題は控えましょう。
2.エロは無くても大丈夫です。
3.特殊な嗜好の作品(18禁を含む)は投稿前に必ず確認又は注意書きをお願いします。
  あと可能な限り、カップリングについても投稿前に注意書きをお願いします。
【補記】
1.また、以下の事柄を含む作品の場合も、注意書きまたは事前の相談をした方が無難です。
  ・オリキャラ
  ・原作の設定の改変
2.以下の事柄を含む作品の場合は、特に注意書きを絶対忘れないようにお願いします。
  ・凌辱あるいは鬱エンド(過去に殺人予告があったそうです)

『マナー』
【書き手】
1.割込み等を予防するためにも投稿前のリロードをオススメします。
  投稿前に注意書きも兼ねて、これから投下する旨を予告すると安全です。
2.スレッドに書き込みを行いながらSSを執筆するのはやめましょう。
  SSはワードやメモ帳などできちんと書きあげてから投下してください。
3.名前欄にタイトルまたはハンドルネームを入れましょう。
4.投下終了時に「続く」「ここまでです」などの一言を入れたり、あとがきを入れるか、
   「1/10」「2/10」……「10/10」といった風に全体の投下レス数がわかるような配慮をお願いします。

【読み手 & 全員】
1.書き手側には創作する自由・書きこむ自由があるのと同様に、
  読み手側には読む自由・読まない自由があります。
  読みたくないと感じた場合は、迷わず「読まない自由」を選ぶ事が出来ます。
  書き手側・読み手側は双方の意思を尊重するよう心がけて下さい。
2.粗暴あるいは慇懃無礼な文体のレス、感情的・挑発的なレスは慎みましょう。
3.カプ・シチュ等の希望を出すのは構いませんが、度をわきまえましょう。
  頻度や書き方によっては「乞食」として嫌われます。
4.書き手が作品投下途中に、読み手が割り込んでコメントする事が多発しています。
  読み手もコメントする前に必ずリロードして確認しましょう。

前スレ
☆魔法少女リリカルなのは総合エロ小説_第105話☆
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12448/1275823198/

951 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 14:13:50 ID:Qbp.DM2U
>>950
そうだな、ちょっとはしゃぎすぎた。
スレチになってきたしこの話題はここで切ろう。


そうだな、フェイトの巨乳にかけるのは練乳とハチミツとチョコレートならどれが似合うだろう?
練乳が色合い的に合いそうだが。

952 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 14:37:28 ID:Wxwf/WAc
すまん、軌道修正ありがとう

その3点なら金色合わせでハチミツを選んでおこうか

953 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 14:57:59 ID:maS2V7t2
>>951
じゃあ自分はチョコレートで
ちょっとスカを連想させて嫌だが、ビターのチョコレートソースでチョコはほろ苦いがフェイトは甘いと言うベタでクッサイ展開を希望する

なのはとはやては、黄色人種を「バター色の肌」ということからハチミツだと思うんだが(食欲的な意味で)

954 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 17:20:36 ID:aYfOV1C2
ハチミツを塗りたくって、フェイトさんと雷刃タンとが胸を合わせてのローションプレイでしょう

問題は雷刃タンの胸が「希望の詰まった貧乳」なのか「希望の具現化した巨乳」なのかだ

955 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 17:52:05 ID:X50kHDRw
オマエラ食べ物粗末にするんじゃねえw

例え尻の方に流れていっても、腋に垂れても、ちゃんと最後まで舐めきるんだろうな(キリッ

956 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 17:56:06 ID:WvrhhnVU
ルーテシア「大丈夫……ガリュー……ハチミツ大好き……」

ガリュー「!!??」

957 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 17:56:25 ID:6eEMQYHE
>>954
オリジナルがフェイトだけに、雷刃は巨乳だろう。
ハチミツでもチョコレートでも、自分で舐めそうだけど。

958 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 17:57:08 ID:N.no9eOU
大丈夫だ
ユーノならイケる

959 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 17:58:54 ID:zvtCUttI
ユーノのハチミツ和えだと!? じゃあクロノはビターチョコな。ほろにが甘

960 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 18:08:52 ID:Wxwf/WAc
ガリューの口ってどういう構造になってるんだろうな、というかそもそも何を食料というかエネルギー源にしてるんだ
召喚主(ルー)の魔力か?
とある世界のドラゴンライダーが幼い騎竜に親代わりとして噛んだ生肉を口移しするように、鬱ロリ娘の柔らかなくちびるからチュッチュしてたのか?
でも主に気になるあの子が出来てからは遠隔供給オンリーになっちゃって内心寂しがったりしてるのか?
どうなんだガリュー

961 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 18:33:59 ID:yoJAPtK.
>>960
ガリュー「幼女の初キッスは」
フリード「我々が奪った」

962 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 18:40:04 ID:maS2V7t2
>>958-959
だったら練乳はザフィーラだな!褐色肌に白が良く映える

963 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 18:53:23 ID:.dbLJeOI
そうか、なにか足りないと思ったら褐色娘がいないのか
ザフィーラ貴重だな

964 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 19:04:19 ID:8lh9Levw
サイファー褐色違うん?

965 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 19:15:36 ID:9n0HlzEg
>>953>>955
むしろチョコはおしりの谷間に流して舐め取る物でしょう?
スカというより相手の羞恥心を煽る意味で

しかしこのスレでスカというと博士と混同して困る…程でもないな

966 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 19:33:10 ID:X50kHDRw
>>965
リアルに考えると、んなとこ舐める方が「や、だ、め…ぇっ………もれちゃぅぅっ…!」な事態になるがなw

つまりは、ユーノがフェイトの尻の谷間にチョコソースをかけて、羞恥プレイをかましたところ、腹を壊してスカ一歩手前に
そんなユーノを焦らしつつ蜂蜜をかけていただく尻大好き提督ですねわかります
そして、そんな二人を見たフェイトは自慰をはじめてしまい、そこに通りすがりの雷刃があらわれて、練乳をぶっかけてペロペロと……


夢が広がるな!

967 死亡フラグ :2010/08/11(水) 19:44:28 ID:WvrhhnVU
こんな変態ばかりの所にいられるか!
俺は新スレに行かせてもらう!

968 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 20:20:40 ID:InjOY1ZE
この手の話題でユーノとかクロノとか聞くと、細身の金髪眼鏡な文学少女とナイスバディな黒髪ロングのお姉様を思い浮かべる俺は頭がおかしいのか?

969 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 20:26:01 ID:aYfOV1C2
>>968
ああ、おかしいな。

クロノは黒髪ショートのロリだ。間違えるな。
ユーノについてはおおむねOK

970 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 20:32:07 ID:3lcEoQks
>>968-969
お前ら、争うんじゃない……

執務官時代:ショートヘア、貧乳
提督時代:ロングヘア、巨乳

それが正義だろ?

971 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 20:41:05 ID:.dbLJeOI
>>970
そ れ だ !
…だが日々大きくなりつつある胸に戸惑う執務官時代(後半)も捨てがたい

>>964
すまん、上の流れでは想像すら出来なかったのだ…

972 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 20:41:18 ID:3OQkMo/.
>>970
某氏が書いたTS絵そのものだなw

ユーノは幼少時代は民族衣装まとって遺跡を駆け巡る、活発でありながら清楚な感じの美少女
司書長時代は眼鏡の似合う落ち付いた雰囲気の文学少女
異論募集中

973 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 20:51:45 ID:ADOLsO8U
>>944
個人的にダークヒーローのイメージって、スパイディのカーネイジやバットマンのジョーカー
特にジョーカーが好き。超人でも宇宙人でも何でもないのに狂気と頭脳はバリバリにぶち切れてるのが良い

連中は悪役(ヴィラン)だからヒーローじゃないと?自分の求めるものの為に自分を貫く事は悪じゃない
少なくとも本人にとっては、そうだろうと思う・・・社会にとってどうなのかはさておいて。
ファンも多いらしいし

>>チョコやら蜂蜜
本人達から型取りして1/1サイズのチョコやキャンディーにして販売というのはどうよ?
店で売るのはやばいのでアングラで通販という形で

974 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 20:59:11 ID:3lcEoQks
>>972
イメージ的にはそうなんだが、発掘を生業としている一族の出だからなあ……意外と筋肉質なのかもしれない
手のひらに触れたら清楚なイメージとは裏腹にちょっとごつごつしていて、女の子らしくない手に恥じるユーノ(美少女)を優しく抱きしめる展開か

>>971
ショートヘアだったクロノの細くてガリガリだった身体が思春期を迎えて、柔らかく、丸くなっていく中、小さな胸を弄られ放題だったのに胸が
どんどん育って戸惑いを覚える中、エイミィがお姉さんらしく、「髪をのばして、リンディ提督みたいにまっすぐ立ってたら格好良いって!」って感じで
髪の毛を伸ばすことを勧め、一緒に髪を伸ばして、仲良し姉妹風っていう展開もありだな

975 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 21:20:55 ID:6eEMQYHE
>>946
本来はクロススレ向けの話題だけど、あそこはアンチ思考な話題になりやすいからなぁ…。
ティアが力を欲しがってガイアメモリを…てのはありそう。

976 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 21:28:52 ID:zz/J7fQA
スカと言えば、スカリエッティが稼働時間が短いナンバーズたちに洗浄の一環として腸内洗浄をさせる話とかないのか?
トーレの尻を使って、セッテにやり方を教えるとか……

977 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 21:30:51 ID:/0PNKsFk
>>975
逆にメモリ犯罪をなくすために無茶するというのもありだな、ティーダ絡みで。
まあ、スレチだが。
1年前に新鮮さがあるうちにギャグSSでやっとくべきだったな、Wネタ。

>>974
俺のイメージとしてはユーノは華奢だから刷毛で細かい作業したり後ろで陣頭指揮したりしているイメージが。
野暮ったい眼鏡かけたり1サイズ大きめのダボダボな作業着と長靴着ていたりとかで。
クロノはグラマラスクールビューティーかな。
制服とかも第1ボタンまできっちり止める感じで。
クーデレ分は8:2くらい。

978 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 21:52:15 ID:X50kHDRw
>>977
そんなユーノだったら無印一話は触手に弄ばれるシーンからはじまってたなw
クロノは真面目だからきっちり着込みたいが、巨乳でいつものバリアジャケットのアンダースーツがしまらないイメージ

979 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 21:54:59 ID:3OQkMo/.
>>976
なに?
スカがセッテに自分を使って腸内洗浄のやり方を教えるssだと?
それをトーレが蔑んだ目で踏みつける女王様プレイ?
よし、やりたまえ!

>>977
発掘って検索魔法使ったりするから地球の発掘ほど肉体労働じゃないイメージだったな
いやま、体力は必要だろうけど
岩どけたり砂の除去とかも全部魔法、丁寧にやる部分は手作業、みたいな感じで
しかしダボダボ作業着のユーノ、捨てがたいな……

980 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 21:56:06 ID:Z6wL2zms
>>978
クロノが成長していくにつれて何故か前屈みになる男性職員が増えていくんですね、わかります

981 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 22:03:09 ID:6eEMQYHE
>>977
スカ=ウェザーってのは考えたことある。
伊坂みたいにドーパントに興味津々になって実験しまくりそうって意味で。

982 名無しさん@魔法少女 :2010/08/11(水) 22:07:16 ID:zz/J7fQA
>>979
ちょwwwww逆wwwwwwww
面白そうだが、腸内洗浄ネタは読むのは良いんだが、書くのは経験不足(スカネタを読んだ回数的な意味で)なんで無理だわw

>>980
エイミィが男で結婚してもらうか、ロッサに嫁にもらってもらうかしないと、凌辱鬱展開しか未来がねえwww
いや、結婚している方がなりそうだがwww義妹とかをネタにされてw

983 名無しさん@魔法少女 :2010/08/12(木) 00:05:41 ID:T4F9F7Qw
後、20レスくらいしかないが、投下してくれる職人はいないものか…………。
それにしても、現行スレは変態という名の紳士が暴れまくったなあという印象がある。
近親相姦に、TS、NTR、獣姦、昼ドラ、鬱……なんという妄想あふれるスレに。

惜しむらくは、それを形にする人間がいないことだ……みんな職人になれば良い。

984 名無しさん@魔法少女 :2010/08/12(木) 05:21:54 ID:PxERSLfw
残りレス数的に感想がつきにくいから埋めネタくらいしか来ないんじゃないか?
とっとと埋めて次スレ行った方がいんじゃね

985 名無しさん@魔法少女 :2010/08/12(木) 07:55:39 ID:DSLQkehg
んじゃ残りでスカ以外のキャラ×ウーノでネタ出してくれ
俺が考えてもロッサのせいで縛られプレイに目覚めたウーノさんくらいしか思いつかねえ

986 名無しさん@魔法少女 :2010/08/12(木) 14:24:46 ID:WoOCQloU
>>985
ロッサに性的な意味で査察されるところしか思い浮かばん
そんでもってシャッハにバレてボッコボコにされる姿しか想像できん

あとはもう、ドクターに見せつけられながらモブ男達に輪姦される姿しか………

987 名無しさん@魔法少女 :2010/08/12(木) 14:55:20 ID:0cQgkM2I
受信した
ロッサをボコボコにしてる内に異性をその手で蹂躙する快感に目覚めるシャッハさん

988 名無しさん@魔法少女 :2010/08/12(木) 21:03:02 ID:F6kVuXVU
特に小指を圧し折るのが大好きになるんだな。
名前にロールがついたら……。

989 名無しさん@魔法少女 :2010/08/12(木) 21:15:29 ID:OaXOGpIo
>>985
かけ算の順番が違ってくるけど、後発組に人の愛し方を教えるウーノさんなんてどうだろう。
しかもドクターの正妻は研究、ウーノさんは2号さんとか言う展開ならなお燃える。

そして、後発組に
異性の落とし方を教えるドゥーエさん。
貶め方を教えるメガ姉。

990 名無しさん@魔法少女 :2010/08/12(木) 21:28:30 ID:F6kVuXVU
姉妹で一番、異性とくっつくことはありえないと思われていたセッテとトーレが、
ナンバーズで一番最初に彼氏もちになるとか燃えるぜ。

991 名無しさん@魔法少女 :2010/08/12(木) 22:10:46 ID:3sCrudRY
>>981
伊坂じゃなくて井坂だ
伊坂はピーコックアンデットの方だ

992 名無しさん@魔法少女 :2010/08/12(木) 22:44:26 ID:Gxit5Eps
>>991
ギンガがもずく汁に浸されそうだな、それだと。

993 ふぁす :2010/08/13(金) 00:25:17 ID:S958gWRs
スレ埋め立てに失礼します。久しぶりに小話投下いきます


・104スレに投下した「はつこいあんりみてっど。」の続きです。これ単体だと話がわかりません
・ヴェロッサ&クロノの話ですが、カップリング的に、クロノ×エイミィ、あとヴェロッサの片思い
・非エロ
・時系列は二期エピローグ後
・自分設定全力全開、キャラ崩壊注意
・自分の書く話はTS・NTR等特殊なネタ以外全部繋がっているのでご注意ください
・NGは「年下のオトコノコ」でお願いいたします

994 年下のオトコノコ(1) :2010/08/13(金) 00:26:27 ID:S958gWRs
 その日、ヴェロッサは仕事をサボっていた。
サボっていたと言っても、ただデスクに座るだけで、その時間にやる仕事がなかったから、時間が無駄だと思っただけだ。
ちょっと、友人のいる艦船に遊びに行って、ちょっと、世間話を楽しんで、さっと帰ってくる予定だった。
 アースラに配属されたばかりの新人オペレーターにアポイントを取って、ヴェロッサはさっと移動した。ほんの少しの友人にちょっかいをかけるだけの予定だったため、当の本人には了解を取っていない。
サプライズも娯楽の内だとヴェロッサは考える。
真面目すぎるカタブツな友人がちょっとでも楽しんでくれたら幸いと、軽く考えていた。
 あまりにもカタブツすぎて、浮いた話一つ聞いたことがない。
もう、自分も彼も年頃の青年だ。恋人の一人や二人いたっておかしくないと、ヴェロッサは自分のことを棚に上げながら、不穏なことを考える―――恋人は一人で十分なはずだが。
いつか彼が恋に落ちることがあったら、じっくりからかってやろうと思う。
きっと楽しいだろう。何せ、真面目で一途で不器用な彼だ。からかいがいなんて、余るほどある。
今から考えていたら、少しくらい暇が潰れるのではないかと、そんなことを考えながらアースラの中でクロノを探す。

 食堂にはいなかった。艦橋にもいなかったし、クロノとの付き合いも長いアレックスたちに居場所を聞いたら、知りませんと何故か棒読みで答えられてしまった。

 一応、休憩中ではあるが、それももうすぐ終わると聞いたが、彼はどこにいるのだろう。まさか、ギリギリまで休息を取っているなんてことはないだろう。寝ぼけた顔で彼が艦橋に上がるなんて想像もつかない。


「ほんと、どこ行ったんだろう?」


 ヴェロッサはあたりをキョロキョロと見渡す。
クロノの私室がある区画まで足を運び、あと少しで部屋の前までたどり着く。
そこの角を曲がれば、クロノの部屋だ。まさか、本当にギリギリまで寝ているのではないかと友人を疑う。
そんな時、ヴェロッサの耳に話し声が聞こえた。

(この声は……)


 声の主なんて簡単にわかった。聞こえてきた友人の声。おそらく自室の前にいるのだろうと、ヴェロッサが角を曲がると、予想外の光景が彼の目に映る。

「クロノく」

 話しかけようとしてヴェロッサの声が止まる。ヴェロッサは咄嗟に、先ほど曲がった角に隠れた。


「……もう、こんなことしてたら、また見つかるよ?」
「大丈夫だよ、ユーノの時みたいに、自室にいると言うなと伝えてある……」
「アレックスたちも呆れてるよ? クロノくんがこんないけない上官だなんて」
「そんないけない上官を選んだのは誰だい?」
「あたしですよーっだ」

 ヴェロッサの耳に届く、甘く、溶けた声。ヴェロッサは自分の耳を疑った。
あのデレデレとした男は誰だ。そう問われれば八割くらいの人間がクロノ・ハラオウンだと答えるだろう。だが、きっと残り二割くらいがヴェロッサと同じ感想を持つだろう。
ヴェロッサは自分が幻覚を見ているのではないかと疑い、こっそりと陰からあちらを伺う。そして、後悔した。

 重なる二つの唇。触れるだけではなく、求めあうように舌を絡め、熱い抱擁を交わす友人とその補佐官―――エイミィ・リミエッタの姿が、ヴェロッサの瞳に映った。


(え……? えー!?)

 ヴェロッサは驚愕を隠せない。
あのクロノが、あのいつも仏頂面をしているクロノが、幸せそうに笑いながらデレデレとしている様にも、そのデレデレとしている相手がエイミィであることも、ヴェロッサを驚かせた。彼らは直属の上官と部下であり、姉貴分と弟分であり、何より対等の友人だというのがヴェロッサの認識だ。
それが、お互いを愛しげに見つめ合い、抱きしめ合い、口づけを交わしている。

まるで恋人同士のようではないか。

 ヴェロッサは、自身の憶測に驚いてしまう。いや、そんな。まさか。だって。

「もう……休憩時間終わっちゃうよ?」
「どうしても……名残惜しくて、な」
「……ばか」


 そう言って、もう一度キスをする。
触れるだけの口づけに、くすくすと笑いながら応えるエイミィは寝間着姿で、瞳を閉じて彼女の唇に触れるクロノはバリアジャケット姿。
それが妙におかしくて、瞳に焼き付いてしまう。

995 年下のオトコノコ(2) :2010/08/13(金) 00:27:08 ID:S958gWRs
 クロノは本当に名残惜しそうに彼女の背に回した自身の腕を離す。
クロノの私室のドアの内で、手を振るエイミィに、片手で答えながら彼は踵を返した。
自然と閉じられたドアに、ヴェロッサは唖然とした。ただでさえも、驚いてしょうがないというのに、エイミィの行動に頭を抱えた。
どうして自分の部屋じゃなくて、クロノの部屋でパジャマを着ていたのだろう。
本人にツッコめば間違いなくセクハラになる予感がして、ヴェロッサの額に嫌な汗が浮かんだ。
 自分がいる場所がどこなのかも忘れて。


「………っ、ロッサ!?」
「あ。」


 考えなくてもわかることだった。ヴェロッサは艦橋からこちらへやってきた。
角を曲がればクロノの部屋へ行くことができるということは、反対に、クロノが艦橋に行きたければここを通るということだ。

「あ、あはははは……やっほー、クロノ君」

 ヴェロッサは無理やり笑顔を作り、先ほどのエイミィのようにクロノに手を振る。
ヴェロッサの瞳に、見る見るうちに顔を真っ赤に染めるクロノの姿が映った。
ほんの数秒前まで、艦橋にいるような澄ました顔を取り繕っていた男とは思えないほど、真っ赤。耳までゆでダコのように真っ赤にさせていた。


「なっ!!!」

 彼はそう小さく叫んで、プルプルと震えだす。何でここにいるのかと聞きたいのだと、何となくわかってしまった。こちらはあまりの衝撃で、ここに来た本来の目的を忘れてしまいそうだ。

「ちょっと、遊びに来たんだけど……お邪魔だった?」
「……み」
「み?」

 クロノの手のひらが、ヴェロッサの肩にかけられる。そちらもプルプルと震え、力が入っていない。ここまで動揺されると、こちらの動揺は大したことのないように思える。

「見たのか……!?」
「ごめん、見ちゃった☆」
「………っ…!」

 ヴェロッサの発言に、クロノが崩れる。今にも膝から崩れ落ちそうなクロノを支え、しばし考える。
クロノと彼女は友人同士であると同時に、直属の上官と部下でもある。
いや、クロノがそんなことをするとは思えないが、万が一の可能性がある。世の中予想外の出来事の一つや二つ。まさかの可能性があるかもしれない。
ヴェロッサは問う。

「万が一の可能性で聞くけど、もしかして上官としての立場を盾に彼女に手を出したの?」
「違う! …………ちゃんと、恋人として…っ…」

 ヴェロッサの問いに、クロノは即答する。あくまでも万が一だったが、そんなことはなかった。一応、友人としてホッとするが、別の疑問がヴェロッサの脳裏に過る。

「……いつの間に、とか聞かないでほしい?」
「今は……止めてくれ……」

 だろうね。

 クロノは、友人に自分と恋人のキスシーンを見られて、平気でいられるような人間ではない。ただでさえも羞恥でどうにかなりそうなクロノに、それ以上追求したら可哀そうだ。からかうのは、後日にしようとヴェロッサは決心した。


「そんなに恥ずかしがらなくても良いと思うけど」
「恥ずかしいに決まってるだろう……」
「いやー、クロノ君に春が来るなんてね」
「……それ以上言ったら、シスターシャッハに君の好きな人のことを話す」
「止めて! そんなことされたら僕死んじゃう!」

 そんなことされたら、ヴェロッサの恋心は死亡する。それどころか、ヴェロッサ自身も死亡する可能性もある。トンファーにしか見えない双剣型デバイスでフルボッコだ。




―――秘密の恋心を知る、昔からの友人というのはやっかいなものだ。




――――年下のオトコノコ―――






「ああ、だからゆっくりしてるんだね」
「まあ、ゆっくりするつもりもなかったんだが……」

 時空管理局の一角で――具体的に言うと、食堂というかカフェエリアで過ごす男が二人。
正面で向き合うのが息苦しくてはす向かいに座り合うヴェロッサとクロノは、喧騒の中一息ついていた。
つい先ほどまで、はやてもここにいて、ぎゃあぎゃあ騒ぎ合っていたとは思えないほど落ち着いている。

「はやても君も休暇を取って自宅に帰るっていうのに、何か緊急の事件とか起こらないと良いね」
「縁起でもないことを言うな。それに、僕たちがいなくても他に優秀な局員はいっぱいいるさ」

 そう言って、クロノはコーヒーの口をつける。ヴェロッサの冗談に微笑を浮かべている。
この黙っていれば良い男も、先ほどまではやてやヴェロッサとぎゃあぎゃあ騒いでいた。

996 年下のオトコノコ(3) :2010/08/13(金) 00:27:53 ID:S958gWRs
 本局にたまたま仕事で来ていて、ヴェロッサたちと遭遇したクロノはこの後、管理外世界の自宅へと帰る。ヴェロッサとしては『帰る』という言葉が自然と出てくることに驚きを感じる。
彼も自分もミッドチルダの人間で、本来管理外世界には不干渉のはずだが、このようにクロノの『自宅』は第97管理外世界にある。
彼の義妹があちらの学校に通いたいと思い、彼の母がその願いを叶えたいと思った。
勿論、クロノの母があちらの世界を気に行ったといのもあるが、どういう手を使ったのか、ハラオウン家はあちらに住まいを移している。

 勿論、下宿人である彼女も。



「早く帰らなくて良いの? 愛しい婚約者が待ってるんじゃない?」
「からかうな。なの……高町二尉の御兄弟と遊ぶから、少し遅く帰ってきて…だそうだ」
「寂しい?」
「だから、からかうなと言っているというのに」

 ヴェロッサは久しく直接会っていなかった友人との会話を楽しむ。
映像通信でならば、何度も話しているだろうにという揚げ足取りは勘弁してほしい。
そのほとんどが仕事に関してのことだ。クロノとは違い、ヴェロッサはこれからまた仕事だが、少しくらい友人としての会話をしていたって罰は当たらない。


「まさか、クロノ君にこんな早く、結婚の話が出るなんてね」
「……………一応、内緒にしていたんだが…」
「バレちゃったなら仕方ないんじゃない? あの調子じゃ、フェイト執務官、八神家のみんなにも話してるよ?」
「……シグナムはもう嬉々としてからかいにきた」
「え、嘘!」

 クロノの言葉に、ヴェロッサは驚く。先ほどはやてを迎えに来て、彼女に抱きつかれていたシグナムと、クロノをからかう姿が一致しない。
そう疑問をぶつけるヴェロッサに、クロノは言う。
彼女はああ見えて、意外とフランクであると。気心知れた相手となると、弄りにかかる。そういう女性であると。
クロノの義妹のフェイトは特に仲が良いため、弄られ放題である。



 そんな他愛のない会話をしながら、視線の端にちらちらと見えるものに、ヴェロッサは意識を向ける。ピンクのリボン。
ピンクのリボンがちらちらと揺れている。何故、リボンがこんなところにあるのだろうと考えると、自分が持ってきたのだと思いだす。
既に食べ終え、箱はゴミ箱へと捨てられたヴェロッサ特製のケーキ。箱を包んでいたリボンが、何故かクロノの指に弄ばれている。
くるくると指に巻きつけては解き、コーヒーカップの取っ手に結びつけている。

「何してるの?」
「あ、すまない………最近、リボンに触れる機会が多くて、つい」

 クロノとリボン。何というミスマッチな組み合わせだ。
ヴェロッサが首を傾げていると、彼がきく前にクロノが答える。エイミィに髪を結うリボンを結んでほしいとねだられ、うまくできず、練習していると。
少し、顔が赤くなっているのは、どういう意味だかあえて問うまい。

「お手本、見せようか?」
「できるのか?」
「そのリボン、誰が持ってきたと思ってるのさ」

 僕だよと、ヴェロッサは笑う。クロノから手遊びの種を引き離し、どこに巻こうかとキョロキョロと見渡し、良い場所があったとにやりと笑う。
 クロノの腕を掴み、リボンをシュルシュルと巻きつけた。
最初、ぎょっとしたクロノであったが、手元で見本を見せた方がわかりやすいだろうと言えば、納得した。
よほど練習がうまくいっていなかったのか、男の腕にリボンという恥ずかしい状況に気付いていない。
 ヴェロッサはバランスが悪かったとクロノの腕に巻かれたリボンを一度解き、癖がついたリボンを指で扱く。その様子をじーっと見つめながら、クロノは突然ヴェロッサに問う。

「さっきの話だが……」
「さっきって? 休暇の話? お土産なら、高町二尉のおうちのクッキーが良いなあ。前にもらった時、美味しかったから」
「その話じゃない」

 高町なのは二等空尉の実家はケーキが評判の喫茶店で、喫茶翠屋の商品は友人たちの好物になっている。ヴェロッサは直接店に行ったことはないが、土産としてもらった菓子を食べている。
菓子や料理を作るのが得意なヴェロッサは食べるのも嫌いではないらしい。
ケーキはさすがに日持ちしないので食べられないのが残念だと、しょんぼりとするヴェロッサをクロノは覚えている。
 だが、今話したい話はそんなことではない。

997 年下のオトコノコ(4) :2010/08/13(金) 00:28:32 ID:S958gWRs

「………君はいつまで、自分の気持ちを告げないつもりだ?」
「はっはっはー……何で、その話を蒸し返すかな?」
「君も二十歳を過ぎた、立派な大人だ。いつまでも子どもみたいに逃げているのは、どうかと思っただけさ」

 クロノの言葉にヴェロッサの頬がピクリと動く。彼は言う。
いつまでも気持ちを告げられず、初恋をいつまでも大事にしているのはどうかと彼は言うのだ。
これだから、昔からの友人は厄介だ。変に痛いところをついてくる。
はやてみたいに、的外れのところに投げたりしない。急所一直線のデッドボールだ。

「クロノ君は僕にフラれた挙句、全治三カ月の大けが負えと言うのかい?」
「どうしてフラれるのが前提なんだ」
「好きな相手の気持ちくらいわかるよ、痛いくらいにね……」


 ヴェロッサが小さなころ―――グラシア家に拾われてから、ずっとそばにいてくれた、一人の女性。出会ったころは、勿論彼女も少女だったが、近くにいる少年と少女。
淡い恋心の一つや二つ、生まれてきてもおかしくはない。けれど、その恋心が双方に向かれるかといえば、そうではない。
 好きな相手だからこそ、痛いほどわかる。自分に対する好意は、自分が彼女に持つものとは違うということくらい知っている。知っているからこそ、想いを告げられずにいると、クロノだって知っていた。

 今の関係が壊れる恐怖を彼だって知っているのだ。だというのに―――。

「大体、そんな目で見てたなんて知れたら、僕フルボッコだよ? 一応、この顔も仕事道具なんだけど……お岩さん、だっけ? 第97管理外世界の方の怪談話の、彼女みたいな顔になったら、クロノ君はどう責任取ってくれるっていうのさ」
「何で、僕の責任になるんだ……って、ロッサ!」
「何?」
「何って、どうして僕の腕を縛りあげてるんだ!」

 ピンクのリボンで手首を一つ縛られるクロノ・ハラオウン提督。特技はバインド。そんな彼が、今物理的に縛られている。

「え? クロノ君が酷いこと言うからだよぉ……ヴィンデルシャフトでボッコボコにされろとか言うから」
「誰もそんなことは言ってない!」

 自分の初恋に気付かず、気付かないうちに初恋が終わっていた男が他人の初恋に口を出すからこういう目にあうのだ。
初恋に関してあまり触れてほしくないと思っていることを知っているから、そのことであえて弄ろうとは思わないが。

「たまには縛られる側に回っても良いんじゃない? 違った世界が開けるかもよ?」
「開けたとしても、君相手に開きたくない!」

 ごもっともだ。

 クロノはすごい形相で睨みつけてくるが、両手を縛られて攻撃力はゼロだ。縛っていなければ今頃、ブレイズカノンあたりが直撃しているだろう。

「ははっ、なんか僕が君を縛りつけた挙句、いたずらしてるように見えるよね?」
「わかっているなら、早く解いてく」

 自身の初恋の話から話を逸らそうと、ヴェロッサは必死だ。そんなこととは知らず、クロノはヴェロッサを睨み続けていたが、その顔は気付けば青くなっていた。
何故だか知らないが、言葉も途中で止まり、まるで何か見てはいけないものを見てしまったような顔をしている。

「何をしているのかしら? ロッサ……」

 優しくも、何かを思いつめたような女性の声がヴェロッサの背後から聞こえた。
その声を聞いた途端、ヴェロッサもクロノ同様青ざめる。
 振り返らなくもわかる、声の主の容姿。金色の髪に、大きなリボン。
普段の騎士服とは違う、青い管理局の制服。そういえば今日、ヴェロッサの義姉は予言のことで本局に呼び出されていたなと、もっと前に思い出さなければならなかったことを思い出す。


 そう言えば、彼女はカリムの秘書業をしていたな。


 当たり前のことだというのに、何故だか思い出すのに時間がかかってしまった。あまりの衝撃に頭が働かない。青くなる顔とは反対に、頭の中は真っ白になる。

「事と次第によっては、シャッハに叱ってもらわなくてはなりませんね……?」
「いやっ、止めて! 義姉さん!!」

 カリムのことを『ねえさん』なんて呼んだのは何年振りだろう。
それくらいにヴェロッサは必死だった。婚約者のいる男の友人をリボンで縛っていたなんて知れたら―――間違いなくヴェロッサの恋心は死亡する。というか、ヴェロッサ本人が死亡する。


 このあと、ヴェロッサがどうなったかは――――続きはあなたの心の中で。


END

998 ふぁす :2010/08/13(金) 00:30:57 ID:S958gWRs
投下終了です
クロノ提督が公式妻と無駄にイチャイチャラブラブエロエロしている話は間に合いませんでした!無念!
つ、次こそは……!

999 名無しさん@魔法少女 :2010/08/13(金) 00:34:08 ID:wDihm3dE
>>990
何故だか恋のお相手は管理局の魔導師で、二人を逮捕しようとして恋が芽生えた……なんて電波を受信したぜ…

1000 名無しさん@魔法少女 :2010/08/13(金) 00:35:43 ID:S958gWRs
☆魔法少女リリカルなのは総合エロ小説_第107話☆
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12448/1281434382/




■ したらば のおすすめアイテム ■

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray] - 水島努

ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板