したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

【R-18】システム ◆hh4F2FkVUAのデバッグ所6

1 普通の名無しさん :2016/12/25(日) 22:01:14 ID:7NaE6vmQ


【R-18】システム ◆hh4F2FkVUAのデバッグ所6


              ,,-‐-、,:--、、
            ,r'";;;;;;;;;;ミ'シ;;;;;;;`ヽ
           /;ィィ;;;;;;;ミ 彡;;;;;;ミ、ヽ
           ,'/'"'ナ7;r''^"^ヾ;;ミヾ ゙i
           l;,トノ ,r/     ヾト、tト;}
            l;;;;;;リ;ム,,,_  _,,lト;;;;;;;ト、   初めまして、あるいはお久しぶりだ。
           lハ;;;イtェォ,` f;;'ィェル;;w;l
           リレハ ゙´  !' ~´ l!>トt、    よろしくお願いするよ。
         ,, - '´ルヽ、 、 ,  /l い `丶、
       , -'"   l  ゝ.ー三‐シ'ハ, l ゙l i , `丶、
    , -'"       l   t丶--イ,/   l 川   `ヽ、
   f  、、    l  ,r-キ、 ,/- 、 l  llj      }
   j  ヾ、     レ'′  ヽ 〃   ヽ」  リ      /
   く    ヾ、         Y。        ,'   ,. ィ/ハ
   l  ヽヽt{         /        ,,. /;;/ ,. イ
   {   トミ、ゝ        ヽ。    ,, ィ'"/;;// 〈
    ,!  l:.:ヾt、   ゙ ''' ::: ;;;;.{_,, - 彡テ"  /ムイ:/ /ハ
   /   L:.:.>、       l 。  チ'"  ,イt.く:ノノ/,. 'i,
  ,l   、,,.ィフ ゝ、     l       // ヾェニ=彡 l
  /  __,, イヘ  l `      } 。     f  ノヾ゙ "   !
 ヽ   ,,ノ lヽ l      ,,ゝ,,..-‐   〈 f iハ    /


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ・ここは「システム ◆hh4F2FkVUA」の立てた雑談所です。

  ・あらゆる自由な会話をして下さって構いません。
   「あー」でも「うー」でも「知るか馬鹿、そんな事よりオナニーだ!」でもOKです。
   スレタイにある通り、エロい話題でも一向に構いません。

  ・上記のように、エロい表現を使用する可能性があるため
   18歳未満の閲覧や書き込みは禁止です。

  ・自治は>>1の特権とします。

  ・専用ブラウザでの参加を、強く強く推奨します。
   .専用ブラウザ(Jane style)は【ttp://janesoft.net/janestyle/】からダウンロードできます。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

  緊急連絡用のTwitter
  ttps://twitter.com/System_hh4F2FkV

  前スレ 【R-18】システム ◆hh4F2FkVUAのデバッグ所5
  ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12368/1454507455/
  

.

805 普通の名無しさん :2018/03/15(木) 23:20:11 ID:sjXuTR/Q
oh…

806 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/15(木) 23:22:58 ID:4AfOWJiE


      ,'    ,辷マニニニニ7ニニア   l   l  l  |  |
           /^辷マニニニ7ニニア { ー- L _ l  l  |  |
     ,゜   /.:  辷マニニ7ニア  '   儿.......|.....|.....|....」       厂⌒
          .:   /`}にニス^マ   ゚  f笊ミx 「            l    厂 ̄⌒
    i    /  /: : 〈 / |\〉   ゚。从-リ  .            j   「
    !       .: : : :/从 |i      圦  "   丶          :'     |
          .: : : :〈/ , 个廴 _ _ _ _ _ム     /         :     ノ
        .: : : : : : / : :|  マハ        __」     ___   |     {
    i   .: : : : : : /: : :i|  マハ         r'    ⌒¨¨¨`へrセZIZIZIー-ミ
    !    . : : : /: : : ,リ   `込_   _ _/           {:.:.:.t─<⌒7   あの俗物が、欲に駆られ過ぎたかね?
       . : : : /: : : :/⌒ヽ    ,仁                /`‐-≧- 〉'
       .: : : :/.: : : /⌒Y⌒7⌒7  }              /       /
     .: : : : : : : : : : ノ⌒Y⌒Y⌒Lて「 __            ′   r ¨
  / .: : : : :/: : γ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽノノ^ヽ く              i
 ′.: : : : :/ : : 人            「 ̄} ∧ ん,         i    |
/  .: : : : / : : :{__            |厂j  ム 〈       |     |
  .: : : : / : : : : : :}            |厂j  ムん`ヽ      j    !
. .: : : : /. : : : : : :{__           |厂j   ,ムハ   ̄にス   ノ



           ____
         /   ∪  \        ええ、大正解ですよ。
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、     どこから情報を手に入れたのか、僕の折り紙のことを知って
     (  <:::∪::::  __',__::::∪|  )
      \ ヽ ::∪:: `ー'´∪:://      「他分野に転用できそうだから、その実績もよこせ」と!


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  教授にとって、僕がどう映っていたのか。

  ただひたすら従順に論文を捧げ続ける僕の態度は、舐められ過ぎるのに十分だったということだろう。

  結果として、本当に守りたい領域まで土足で踏み込ませてしまった。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

807 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/15(木) 23:27:07 ID:4AfOWJiE


       / ̄ ̄ ̄\       他の論文はまだいい。
     / ノ    \ \
    /u (●)  (●)  \    でもこれは……折り紙だけは「僕の」だ。
    |     __´__  u   |
    \    .L:::::ノ    /     これまで奪われるのは、到底許容できない!
    /  u         \


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  僕から根こそぎ持っていこうとする行為。

  まるで、北斗の拳で種籾じいさんから全てを奪ったモヒカンの如き所業。

  そう、こればっかりは許容できない。問題は……。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

808 普通の名無しさん :2018/03/15(木) 23:27:27 ID:sjXuTR/Q
流石にバレんかそれw

809 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/15(木) 23:30:15 ID:4AfOWJiE

                           __  __
                           ,、,、=≠≡≡=≧y、__
                      __人ノ`´`~゙`´゛⌒ヾメ、{_,
                    〃⌒´ .:'       ゝ-、メ、}
                    }コ/  { i i   |i  ヽ { iiミx
                    {_/    | i! .|   |}   ii ) }}! (
                    ,′ i i| | |   |}__,  ⅱ 〉リ! )
                       i  l |__N=y、乂 」芹芸メ、 ( {:} 丿
                      i! ト、kイ芹、ー'´ ̄ V ツ}}! }{:}「i!   許容できない。
                    ∧ i  〉i Vツ ,      .,小丿!冫l
                     ':. /.八    _   ノハ_ノ从'. |   では、どうする?
                      乂从ゝ/    _,イ仄_,L_.i |:
                     r==ュレ' 「>‐==狄艾_,ノ7ジヽ!i
                    /メ、¬、/ 辷《_八_》乂イ'〃 : : : i、
                      〈〈/巛〈´:/ 》::〈/::!」:: /::/.:/: : : : :}ヘ
                    \  乂_《::/::/::/::/::/.:/: : : : : :| '.
                       ,\   }/::/::/::/::/:乂:: : : : : :|  :.
                         /  /   j⌒ー〜〜~ 〃 : : : : j  ゚:.
                     /  /    ,': : : : : : : : ::″: : : : ,′   ヽ




         ___
       /     \
      /   ノ   ヽ\       学会に……訴え出るしかないでしょう。
    /  u (●) (●)\
    |  U     __´__ u  |      でも、信用度の差が……。
    \       `ー'´  /
      ヽ        < ∩ノ ⊃
      | ⌒ヽ     i |/ _ノ
      | ヽ  \  / /


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ここに来て、これまで積み重ねてきたコネや名声が重くのしかかる。

  数学界では名を知らない者はいない教授と、ほぼ無名の僕。

  いったい、群衆はどちらを信じるのか。……答えは明白だ。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

810 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/15(木) 23:35:36 ID:4AfOWJiE


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /: : :            \
  /: : :               \
/: : : : -一'       ゙ー-     \
: : : : :/´ `ヽ       r´ `ヽ     ヽ   いえ、戦います。
: : : :(  f;;;;j l,    l f;;;;j  }    l
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;::    |   どれだけ勝ち目が低くとも、これだけは譲れない。
: : : : : : ´"''"   '   "''"´     l
: : : : : : . .   __         /
\: : : : : : :. V___ヽ       /
/ヽ: : : : : : : : : :        イ\
: : : : : : : : : :                \




            /  / /   / / /         |    |  i| |  |  |i
             /   / / /  /       |    |  i| |  |  |i    |
           ′  /   / / /  /       ′  |  i| |  |  |i    |  |
        |  i      ′    ,  /   /    ,  i| |  |  |i    |  |
        |  | |    i| | |  厶斗―‐,/    /  丁Τ≧ト、 .|i    |  |
        |  | |    i| |丁 ,ソ/ /  /    /  /ハ人_j   |i    |  |
        |  | |    i| | | ,//_/'_,厶-―一'ー一ィf笊示ミ、__,リ     |  |
        |  | |    i| | |/_ィf笊示ミ、       弋辷zソっ/  /  |  |    Good.
        |  | |    i| 从` 弋辷zソ                 /  //  /  ,
        |  | |    i|  ヘ             ,         /  //  /  /    できる夫、君は自分で自分の意思を示した。
        |  | |    i|   ゚.                 〈_//  /_/
         ′ └ーァー代.   \       ー―  ´     ,从〈___//       なら、私も友人として協力しようじゃないか。
         / /  / /  `> _ ゝ                 ィ' |    〈
        ,//   / /   ′|! l |≧o。 .          イ |  | i  ,∧
.      〃     / /   |l |! /\   >    r<|  |i |  | |   ∧
     //     / /    .|l__≠三三\     ,八ヽl  |i |  | |    ,∧
.    //     / /   r< , 三三三三\    { /三\|i |  | |     ∧
   //     / /_..<三三\ミ三三三三\   y 三三 \|  | |      ,∧


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ……?

  それは、どういう?

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

811 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/15(木) 23:36:03 ID:4AfOWJiE


>>810の前にこれ


                 /   / /   i  l|       l|   |   |   l|      ∨Y
                  .'    |   l|       l|   |  |   l|     ∨Y
              /       ;   i |   l|       ゚.   |    i|   l|  |  |V
            '      i i   | |  l|       ゚。 |    l|   l|:i  |   | }
           i     i { | i| |i  |       ∨|    リ   l|:|  | i |ノ‐-、
            |  i | { | l| |l _,, |-‐ -‐… ¨`'' …ー‐---ノ|:|  } } |  ィ')
             | | | { | ,,斗 ''¨             ,,ィf竓,_,云ミx |  } } | ん}(
            | | | l i  ,ィf竓,,ぅ芹        夊_ .ツ〉/  , ,′′|ハ)}
           l |    〈 〈 夊_ .ツ                 //  / / ,ハ, V丿
                    \ ヽ             ′          //  / / /\)ゾ
           ゚. ヽ   \\                   //   / //  廴>、
           ∧  \   \〉        ,. ..、       \// //\__川)′
            {_∧   \ /         ´ ̄         ,>i  .:'| | |Y|    では、諦めるかい?
              | :.  \/^ー\               /   i イ | | | |
              |  |\__」  l  l丶              イ    // /^TT´| |    教授の飼い犬として一生を過ごすのもアリだとは思うがね。
              |  |  | / | | | |>;。. _    _.. <||   // |_| | | |
                厂|_|'  | | | |  } /{ ̄}\   ||   / _..-‐-L.」 |    それなりに良い暮らしはさせて貰えるんじゃないか?
            ゜   /     | | | | /  ノ'¨'(  \ {,.レ-=ニ^⌒厂 ̄ ̄¨プ'(
           /  /   厂¨` ー-‐z,人_/ l  l \/ / __     ,.ノ   ,.ノ⌒ヽ)、
             / ) ̄ ̄ ̄) _」.ニ=-=弌,__j   | | l /⌒^ー-  _,.ノ⌒ ー-ノ.............V\
         / _」.ニ=-=ニニニニニニニニ, |  :| |/      ,.ノ⌒ ー-ノ..................|) \
        r=ニニニニニニニニニニニニニ |   | |=ー‐- __,.ノ⌒ ー-ノ..................../)   \
          ニニニニニニニニニニニニニニ!  | |     `>    ,.ノ.......................} )    \\
           ニニニニニニニニニニニニニニ, /| |     ,.ノ   ,.ノ........................./ )     \\



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /: : :            \
  /: : :               \
/: : : : -一'       ゙ー-     \
: : : : :/´ `ヽ       r´ `ヽ     ヽ
: : : :(  f;;;;j l,    l f;;;;j  }    l
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;::    |   ……いえ。
: : : : : : ´"''"   '   "''"´  u.  l
: : : : : : . .               /
\: : : : : : :. ー -- - -       /
/ヽ: : : : : : : : : :        イ\
: : : : : : : : : :                \


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ただ生活するだけなら、それでいいかも知れない。

  だが、僕にとっての生きがいを喪失することは……。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

812 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/15(木) 23:39:38 ID:4AfOWJiE


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                   ::::::::::




  〜3日後〜


                      ____,r==r=====- 、
                  _,,{{∠___/} ん_ん_ん'\_
                   _{{/____}_}_,ノ´ /   `ー={}ヽ
                     _{{/__/_ノ  / /  / l l   ヽY)
                  _,{_{___}_ノ / / /  / / l l l  lX)
                 《V介V》 / / /-/、/ / / /l |  lノ
                    ,〈_l l_〉  l lィf示ミメ / / /-l、 l  |
               / / 从  l | ヒソ     f示ミ/l  l、( (
                 / / / ハ  从!      , ヒソ/´从厶) ) )
.                / / / ( ヽ 人   r ァ   人/// 〉 ( (
               l l/_rv‐ヽ   | ≧  _  . イ 厶イ_/ r==f
                j /(ィY⌒ヽ\ |γ=介=ミY i| |=ニ二三i r l 、   結論から言えば、私も数学界の重鎮だったということだ。
                /(ィ /    マハi | ゝイ|i|iムイミi| l  i|  ィ`r'〉 Y〉
             / (ィ/     Yil l   l,川 l´ i| |、乂 /´    /    だからこそ、できる夫の頭脳の異常性に気付いけたし
               / //{        Y}ヽ  V》  i| | Y /   / ̄
           / // }      リ} ト、 V》  i| |}}/   /}       できる夫に認められるほどの折り紙を、数学的な見地から作れた。
             i { l  |       i| 〉 〉i V》 {| |/i   l }
            ヽY   }      ノ / /=介=介ヽ {{}   } }
                /   l_ O / /ー―――ノノ乃、_ノ介}      ああ、私自身が折り紙好きというのも嘘じゃないぞ?
            /     / l_ト、O彡'⌒Y^Y^y===ミ人乃,乃ミノ

.

813 普通の名無しさん :2018/03/15(木) 23:41:32 ID:sjXuTR/Q
そう来たかww

814 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/15(木) 23:41:55 ID:4AfOWJiE


       l 〃:/i   /〃 / //〃  |  |i   |  | | i ハ ヾ ヾ ハ
       | }}i:i| | i ! l|  l //〃   i|  ||   |  | | | |l i| i|  |
       |  Yi| | |i | i|  | i l l|  l|  l|   l  | l | || l| ||  |
       | :i )| | || | ||  | l |八  八 リ   / /}斗-}‐;リ /j  |  |
       | i| .小| l| | l|  | ‐┼‐}─-、Y  / ィ爪_厶イ / /  | /
       | ||/:i∧八{八 lL_i_|-─___, ┴  ̄ -=辷彡'// /  八/
       | l|`Y^ハ 、\、八 ー=辷彡'           //_厶斗‐'
       川  |i:i:iト、\\ \        ,       / {i:i:} i|   それでまあ、できる夫ほどの才能を遊ばせておくのも勿体無いと思ったがな。
       //リ 从:」l|  ̄ ̄ト、              _∠l人.二 l|
     八/ / / 八rf斤ヘー>x        ‐く\イ─ {ニY⌒》| __   実際に会って話して、本人が納得しているなら「それでもいい」と考えた。
     // l >《 ̄`Yイ二}__人_}≧z-ァ=x≦ \》、 人_;ィ≦≧x(
     // |/::::::::《-=《:::^Y个ト-く__//:/ハ、:\__/\\/弋__.ノハ、   今回の件も、できる夫自身が泣き寝入りするなら傍観に徹するつもりだったよ。
.    //  /::::::::::::《ニ=》:::::`く  / {_:イ:/-l:ト、_}ハ_./ヽ{r 、ー== _ }ヽ
    ハ /:::::::::::::::::》: 《:::::::::i::⌒ヽ〃 ' |:|ハ:|:| ヾ_,.イ:::::l| iヽ  f Vー l、
   八ノ.ノ::::::::::::::::::《ー》::::::::i::::::::i:::⌒ー|:|こ|:|⌒::::::::i::::::|| | }__」 ヾ、|::ヽ

.

815 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/15(木) 23:44:22 ID:4AfOWJiE


    {  ノ:::/   /    / i   |    {    :l|   |     ヽ  ハ
    /ゝl:::::i   i     i  |  |   |   ||   | l  !   ハ i  :l
    l { }::::|    |  i   |  |  |   i| |  i |   | |i |  | |  l|
    | ({ :::||  |  |   |  |  |   l| |  | l リ   | ||  |  /l| | /|
    | /iヽ||  l  l  ̄厂Τ≧ト、  | |  | 厶斗ヤΤ ̄///リ i /:l|
    l /i:i:/:l|  {  |___|_二二__」_!__i_i_二二_i_i__i//_/:// /l
    /:i:i/:i:i| 、ヽ 丶 「 下芋示灯          下示灯ア /:/:// //、
    l ̄l^Y|'. \\八   弋辷ン            V辷ン   ハ/:// //i:i:|
    |  |:i:l:|八 \\\                    {/:// //  ̄
    |  |:i:|:| l >‐-:. \\           ,         八>x/:|    ただ、できる夫は「意思」を示した。
    |  |_」」リ i i  l 个ト、                      .イ  l | |l」
    l   i i|i | | |i | l| >x       rァ-、   _ イ l | li| |      自分にとって絶対譲れないものを守るため
    | l | l|l | l || | r===xj    ..,_____`ヽ\{__ | i| | |l| |
    | | |_」   _|l.斗^{  乙>-、__./:/::ハヽjハ ヽト{__,>─-、|      不得手なやり方であっても勝負に出ようとした。
    八>に二Y::::::::て ⌒ヽ夂__  /:/:::|{^}|::ト、 ハ  Ⅵ/ ≦三≧ヾ__
.   / /:::::〈ー‐ 」:::::::::i::ゝ辷 _.イ` l:/||ハ|::lヽ〉Y寸Y_ ヾ___,.ノ∩\
  / /::::::::r^ー‐{::::::::::|:::::::::::Y⌒Y^ ハ_|::|介|::|__}^Yrγ |-、 ̄ ̄   | ヽ:::ヽ
. / /:::::::::::Y´ ̄」:::::::::|::::::::::::l:::::::::⌒::::::|::|⌒|::|::::::::// ||     ノ  〉::::l

.

816 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/15(木) 23:46:42 ID:4AfOWJiE


.       /l/ ./o/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~\o\ \|\
   __/ .| /o/                              \o\ !  ',_
.  /二二ニ/o /                  _r…、r‐¬_,         ‘, o‘,二二二\
/ 二二二/o /               _厂し'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\_     ', o ',ニ二二二\
二二/o  o 」                 rJi:i:i:i:i:i:i:ir…z__厂Y⌒ヽr、i:i:i:i:}     L o o\二二
 ̄~/o/ ̄ ̄                   '」i:i:i:i/⌒ ,  /  ,'    ^⌒ヽ      ̄ ̄',o',~ ̄
  io|                      //i:i:i」´ ,/ /  / .′i  :|  、 . ‘,          |o|
  |o|                  / 〕i:i:/  / /  /  i  :  |  i }  .}        |o|
∨.:|o|                    / {i:i/  /  '  / .  {  |  |  : | | ‘,        .|o|  /
 V|o|                /  示 | :i :|  i |l |  |  |  | | | |、      |o| ./
\',|o|              '  〈/! ! :| 「¨ ''ァ、|l |  |  |  | | ! |ハ        lo|//
\i:|o|             /  /|:| | f¨゙rミx l |l |  |  .:l  | | .:  i }       lo|:i/
.\i|o|               // ,〈/|」 |.‘ 弋r'ッjヽ 」l | 十‐-ミ. / ' / / /       .lo|i/
ハ. \\          //r=、.:八. | ', ::::::::     ‐t=ミx,,/ / / / /!       //  ./
 ',  lo|            //⌒に /ヽ!_}       ,:  弋r'ッ ' / / / //     |o|   /     ならば、私もそれに応えようじゃないか。
  ',  |o|           /:::::::::::::)ニ/ i  ヽ        :::: 八,/ /ノ       |o|  ′
.  i  |o|        /::::::::::::::::: `// /\  \ ` .  -=ニ   ̄ ̄ ̄!ヽ        |o|  i       数学界の損失も見過ごせないし……
.  l  |o|        r'──---=彡' /\/ヽ   `/ヽ       ___}ノ\       :|o|  |
.  l  |o|       }=-   -‐  ,/ヽ::: \}__./  }>  ´       / ',:::::',      :|o|  |       友人が泣いている所も見たくない。
._l_|o|      /`ー─── ´ヽ/::_::_::_:_:::/  /             /:| !、::::l     :|o|_|__
⌒i、  ̄\    /:::::::::::::::::::::::::::::::r'/ ̄ ̄ヾ__r'¨ 二ニ=ミx.___/::∧ ‘,\!   / ̄
 //     '   〈::::::::::::::::::::::::::::::://      ゙ . /     ヾ‘,:::::::::::::::: \\{  ′ <二二二二二   件の教授については
./       ,   ∧:::::::::: ===、{ {       Уニ=-‐ 、  y'::::::::::::::ヽ::: \|: /    }三三三三三
 ̄\      '  / /‘,{/  / - ┴t-─ ~!¨ ̄´   ヽ_〉/:::::::::::::::::::::::::::::::}/   <二二二二二   私が圧力をかけたら一発だったよ。
    i     / / / |   /./  。゜ { _/      _/ ̄\:::::::: O/::::::::/.|   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄
    |    / /  ∧.  /  。゚厂  。゚)-┬─‐ァ「 。       \:O/_::_/ |   |  || /|
    |   /// /: /,' /  \/  、 「  r'´ ̄  \゚         ∨| l\  |    |  || \|
__|./// /!::〈  / \/  ヽ厂, ´ ヽ゚_。   { ゚。   '   ! | |\\l    |_||____
二二二> ´ /  |:::::| l|  。{   \_」 /   , ┤i   し、/  /    | | |  } }     :| | |
三三三{ /  ./:::::::\| 。 ゚/  。゚/ /   /   乂/    {  / ,   /.:| |\| |     :| | |<>
三三三{  / / :::::::::::: |_/  ヽ/ ,{    ′    { i    し' / ,/:} ‘, ‘  \!     | | |
二二二〉/ /::::::::::::::::{   し'⌒   {i , /       乂    {__/ ./:::::::\\ \ \  } ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |/  :{:::::::::::::::::::::::〉 (__{.     \{,'      / ヽ  /∨!:::::l::::l::\\ \ \}_____
   | //:::::::::::::::::::::/    〕      '       /  L/  :i,'::::::l::::l:::::::', \ \l ̄| ̄ ̄| ̄ ̄

.

817 普通の名無しさん :2018/03/15(木) 23:48:05 ID:sjXuTR/Q
これはw

818 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/15(木) 23:48:23 ID:4AfOWJiE


                       (    ;;)
                     (   .::) _ .. -‐=≒〜xr、
                     (  .::), '´,      ゙ヘ ヽ.メ、
                  ( ⌒;;ノ/// , '´    キ キハ
                 _(⌒;;)  //ミ// / ,  / キ キ 〕
                    ,ヘ(_)}    〃〈rj}// / // 〒 ナテ
                 ゝ、)ニ==-  j{ ,`  ミ彡 ノ #/メ}
                  {ー} ノ    八 、  (kj}彡 /=ァ /
               ヽ  {≦⌒7≠ ゝ .. __ ~彡イ ≠ , '
                  /」  |キ`ヾア  {ミ≠サケァ彡彡≠
                 fくjキ  }キ/ア 彡≠⌒くノハゝ彡//
            _ ..≧fゝriメメ={≠"  ≠-‐ j ///    以上が、今回の顛末だ。
        __..∠二二ヽ≠=≠イi{-=≠=ニ二三彡//
      ┌「  ̄ ̄ ̄ ̄|!__i´ ̄八  __x≠〜キ //      納得したかい?
     「 ̄| __     |! ̄ |  j〃7≠ゝノ 〃∥//
.     _」__!´- `ヽ   |!  ≧≠⌒'く´ ´ノハメ /′
   /   /ヘ ニ  , `≠==≠7    `ー‐ 廾{ /〃
.  /__ _/  `¨7´≠   〃 { __    =イ l| く/l{
  / /´ j三二ニ≠/,    {{  ≧、`'ー- 彡ノ  |∥




          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \    アッハイ。
     / u (=)  (=)  \
    |      __´___      |  デウス・エクス・ヴィクトリカ、って感じでしたけど。
    \     `ー'´     /

.

819 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/15(木) 23:51:49 ID:4AfOWJiE


                     / ̄`丶、
                  /     ヽ\_
                   {_  r'⌒ヽ、 \\‐- 、
                    {   >‐=ヘ、 > アY⌒',
                       \/     ヽ{ {   人    何を言う。元よりこうする予定だったのが
                     〃〃 〃 i|  | iゝ=⊇   _)
                :....  i| i |_-i| l|-‐|_乂 (__n__))    できる夫の温さのせいで停滞していた。
                 .:  八| i`廿 ̄廿ラ川Уアしヘ、
                   ::..   八 、   ^ブ∠〔|   _)    そのストッパーが無くなれば、準備していた通りに動くだけさ。
                     rっ=┐_j>ァ-=≦Yユ::::::::`ヾ゙八
                     _{ ´)__ .イ_ 癶 __ノユ::::::::::::::{   \
                     (∧ ∨.:::{/ /| ∨ユ::::::::::::::::〉    \
                    ト〜'7::::/ /_;|   V.:::::::::::::::::ト、 \  \
                     /`ークT〈 i:::::|   〉:::::::::::::::::|i l\ \  \
                   ヽ __/l:∧」:::::!__/ヽ、::::::::::::八|  \ \  \
               , -‐‐-=ニ\_/ }::::::::::::::::::::/7TYヽ \   ヽ  ヽ  )
                /. : : : : : : : : : : : ̄}>、::::::::::::::〈 { { j j   ヽ  \ /
            /. : : : : : : : : : : : (こ/.:::::::`ヽ:::`Y  ̄「    }     \




       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \    僕の温さ……。
  /   (●)  (●) ヽ
  |  u.    '      |   「論文を盗用されてもいい」というスタンスですか。
  \       - ―    /
   /            \

.

820 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/15(木) 23:56:48 ID:4AfOWJiE


. |二二二二ア' / / / // l! Yヘ  ヽ  Y八/`>
. |ニニニニ7 / / / / //   l lVヘ   ∨l|/x<ハ
. {ニニニニ7 / / / / l| l l l Vヘ /`ヽl〃´  {_j
 マニニニ7 .゙| |  | l  || | ノ ノ |Vヘ  l/    }_j
  ヾニニ7, i | |  | l_|上≦==┤lVヘ l{    /、}
   \i | | |_|.> ´   ===彡 |.|| Vヘ.人  / 〉′   そうとも。君にとっては理不尽に聞こえるかも知れないがね。
     | | | | 〉==彡        ,' リ }  !|\ {/ }
      `TT Y   '      ノ / / 人ト、  7 /     天才が凡人に足引きされるのは規定事項。そこから利用されるまでが宿命だ。
       |,ハ人   ト      `> ´ イ  | \{.ハ
          }> 、     / / / l |  |  |     実際、私からしてみても君の才能はひどく妬ましい。
          〃厶≧=r‐v彳´ ̄ ̄`>ァ┤_|_|
.          {{_{    {__j       八/////∧
.        >ゝ   ,仆、\     〉///////∧
.        //八  //,ハ \ニニ⊃/////////∧




               ___
            /      \
           /_,ノ   \  \     ……僕はもっと自分の能力を意識すべきでしたか。
          / (ー)  (ー)   \
           |      '         |
   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
   ヽ_ノ   /          \


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  他を放り投げて、趣味に没頭するだけなんて許されない。

  ヴィクトリカからはそう言っているように聞こえた。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

821 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/16(金) 00:02:22 ID:Fvc1U1ZU


        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \      しかし……どうしましょうかね、これから。
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |  u   ___`___     |    今まで教授がやってた分の社交とかも僕に降りかかってくるんです?
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /




        | i    | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   l   | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   | | | | i |  i |i  | i i/  | i|   |i| i|  |  |  |
       〉 '  | | |_|.〕.十‐-L_|i  | i/  _」斗-‐ァ7 〔   |  l  '
        |iヘ  | | |ir==‐- ミヽL__V__/_厶 -‐==┤ i| / /{
.       乂ヘ  ∨∧  r し }ト        ヘ.r し i}  リ  リ / ,ハj    いや、そこは流石に私も手伝うさ。
       |iハ  ∨∧  `¨¨´          `¨¨´  /  / ,ノ:i:|
       |:i:iゝ--ト一                 厶イ /:i:/T′   実際に動いて事を収めたのは私だし。
        厂  川  ト、        '        イ i| .Z/ |
        /  / j ! ,⊥r> .     r‐┐     ∠⊥、  | i |     何より……。
.       / __r─v‐}─{_二ニ> .   ー く\. <ニ/⌒i-r─く,⊥_
      /,::´:: {   |:::{ /`ヘ_/⌒フア7ァ<\\/⌒ヽ /:::|   }:::::::ヽ.、
.     / i::::::::::>‐┤::\_/⌒ヽ/ /::::川::::::::ヽ ヽ.`V≠=ミx‐く::::::::::::Vヽ
    / .!::::::: {   |:::::::::i:ヽ._/ く:ィ::i:#:|:::トイ `ヾ∨{:::::..... }h }::::::::::::V }
.   〈   |::::::::::>‐┤:::::::i:::::::i`ヽ∠.j:::|:#:|:::l__ト、/r{、`ー一 ' ||く:::::::::::::::∨
    ノ  .|:::::::::{   |:::::::::i:::::::i:::::::i:::::l:::ト-|:::|:::::i::::/ ハ    .八 }:::::::::::::::::\


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  そうして、ヴィクトリカは天然とも計算ともつかない表情でこう述べました。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

822 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/16(金) 00:05:04 ID:Fvc1U1ZU


                            __/⌒Y⌒V⌒し、/`ー'ヽ,
                        __(⌒Y 斗  ¨ ̄ ̄ ̄ヾ_「i:i「> YL_
                         廴 ` ´ / / i   | `  し}i:i:i:i:i:i:i\/}
                         /  / / /  :|   |   | ‘, しヘi:i:i:i:i:∧ニ}、
                      / , /  ' /   |  |   |  '. L_{i:i:i:i:i:ii:i! 〕ヽ
                        / , /  :i i    :|  |   |  |  )i:i:i:i:i:i:il〔
                     ' , /   | !    」  ┼─!-、 ! ∨:i;i:i:i:i| }.  i
                         i | ll    !.┼   ´ !  '  '   |  |∨:i:i:i:i|〔   !
                          | | |l / | :|      __   ̄Τ  ll .∨i:i:/ 〕  |
                          | | L t         ===ミ |  l| :}i:i/ /i
                    └ 7 .∧ x=ミ     :::::::::::: /  l|  !/`〈 |   |
                           / ,',' .i´::::: :,         厶 ‐┼‐|:| ∨.|  !
                      i !i :|{             .:::://_ノ|:|\〉 |   |
                      | !l 八    「 ̄ }     .://|  |」  |  !
                        ──个    ー       / ィ :||  |   i|   |    これほどにない才能を見つけたんだ。
                            |  i>  _   </ :| !!   |   l|   |
                             |  | / ァt≠ミ 、___!r‐、_. |   l|   |    全力でバックアップするさ!
                              |. r‐〈__/// | |ヽ 〉ー'¨Y⌒i{__r─、|  |
                           ノ~\_iY⌒) .//、 |.」  r‐、_{ \i⌒Vヽ   |
                       /¨ヽ.〉'⌒/: /:〈_〈/  〉⌒ヽ/: : :/ r‐、} :::::::::: ::. |
                         />、/: :.:/: :/: : /`ー ´:.:./: : /: :/ニ} :::::::::::::::::: ::.|
                     |::{二{: : /: :/: : //: : /: :/: : /: :/{⌒´::::::::::::::::::::::::}
                        /::::〉={:.:/: :/: : //: : /: :/: : /:/ /:::::::::::::::::::::::::::: / |
                     /:::::::::乂二==──=t‐┬== }⌒::::::::::::::::::::::::::::: ‘,. |
      {三三三三三三三三三三三三三三三))二二二)⌒V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|
.    /  二二二二 ニ=ニ 二二二二二_. \ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|
.   ///Yi¨Y~i_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \\\ {`ー\ \ 、   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }|
 ///  { ! ! :{ヽ          i\\`ー=  '.  '. \   \::::::::::::::::::::::::::::::::/:|
./ ./ ./    ヽ ヽ ` ー─-、    └-、_      }  }         '.:::::::::::::::::::::::::::::} |


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ……あるいは、僕が折り紙に没頭している時は

  こんな表情をしているのかも知れません。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

823 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/16(金) 00:06:25 ID:Fvc1U1ZU


                                    □

                                        ┌┐
                                        └┘

                                 ┌─┐
                                 │  │
                                 └─┘

                     ┌──────┐
                     │            │

.

824 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/16(金) 00:06:55 ID:Fvc1U1ZU


┏――――――――――――――――――――――――――┓
|        本日の投下はこれで終了になります         |
┗――――――――――――――――――――――――――┛

                      ____,r==r=====- 、
                  _,,{{∠___/} ん_ん_ん'\_
                   _{{/____}_}_,ノ´ /   `ー={}ヽ
                     _{{/__/_ノ  / /  / l l   ヽY)
                  _,{_{___}_ノ / / /  / / l l l  lX)
                 《V介V》 / / /-/、/ / / /l |  lノ
                    ,〈_l l_〉  l lィf示ミメ / / /-l、 l  |
               / / 从  l | ヒソ     f示ミ/l  l、( (
                 / / / ハ  从!      , ヒソ/´从厶) ) )  ワカヅクリ?
.                / / / ( ヽ 人   r ァ   人/// 〉 ( (
               l l/_rv‐ヽ   | ≧  _  . イ 厶イ_/ r==f
                j /(ィY⌒ヽ\ |γ=介=ミY i| |=ニ二三i r l 、
                /(ィ /    マハi | ゝイ|i|iムイミi| l  i|  ィ`r'〉 Y〉
             / (ィ/     Yil l   l,川 l´ i| |、乂 /´    /
               / //{        Y}ヽ  V》  i| | Y /   / ̄
           / // }      リ} ト、 V》  i| |}}/   /}
             i { l  |       i| 〉 〉i V》 {| |/i   l }
            ヽY   }      ノ / /=介=介ヽ {{}   } }
                /   l_ O / /ー―――ノノ乃、_ノ介}
            /     / l_ト、O彡'⌒Y^Y^y===ミ人乃,乃ミノ

┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

                     次回をお楽しみに!

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

825 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/16(金) 00:07:54 ID:Fvc1U1ZU
以上で本日の投下を終わります。
お付き合いいただきありがとうございました。

826 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/16(金) 00:08:16 ID:Fvc1U1ZU
うん、やっぱり錆び付いてる。
何がっつったら投下間隔。
即興で5分以上かかるのは厳しいわ。

827 普通の名無しさん :2018/03/16(金) 00:08:49 ID:TMRHF5Ks


828 普通の名無しさん :2018/03/16(金) 00:09:13 ID:GGxw2E8A
おつ
モヒカンそうきたかw

829 普通の名無しさん :2018/03/16(金) 11:54:30 ID:11JPHmQA
乙!そう悲観しなさんな

830 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/19(月) 19:28:01 ID:3vLpETcc
グラブル再開したけど新仕様についていけてない(挨拶)
オメガ武器とかよく分からなくて、メテオライトを全て星の欠片に変えてしまった。

あ、今日は安価も投下もありません。

831 普通の名無しさん :2018/03/19(月) 19:55:34 ID:FYWzu3Xk
グラブルあと何年持つと思いますか

832 普通の名無しさん :2018/03/19(月) 20:48:41 ID:x.5koNy2
グラブルやる気力回復したのか、おかえり
オメガ武器はアレだよ得意武器がオメガ武器と同じヤツを強化してくれる

833 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/03/20(火) 19:15:57 ID:hAhjO4Rc
こんばんは。
ちょっと調べてみましたが、グラブルの炎上頻度もそう多くはないようですし、最低でもあと2年は続くんじゃないでしょうか。
オメガ武器は……現状の私の手持ちだと、火剣が良さげ。先日、丁度スツルムを引けたので。

834 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/04/03(火) 20:48:15 ID:p3JX8Q2A
こんばんは、息抜きがてら近々なろうで短編でも投稿します。
題材はブラックジョークで。

835 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/05/25(金) 20:37:25 ID:00FGHjK.
近々(約一ヶ月半)
そんな訳で、新作短編小説を投稿しました↓
ttps://ncode.syosetu.com/n9804et/

よろしければ、感想や評価などをいただけると幸いです。

836 普通の名無しさん :2018/05/25(金) 21:06:18 ID:E3/2gEM6
先に結論としてエピローグ部分はいらないと思う。
エピローグ部分はどうしてああなったんだかよくわからん
適応ですでにぶっ壊れたなら、女神から使命を与えられたわけでもないのに、なんで事が終わるまで勇者やってたのかわからんし
最後に終わってから力尽きるのもなんでそこで急にエネルギー切れするのかわからん
実はファンタジーと思わせてSF風だったという話が書きたいならともかく、本題ではないのに、ファンタジーっぽく話してたところに別の星の侵略者を設定する意味もないと思う。
適合でぶっ壊れるのは良かったと思う。

837 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/05/25(金) 21:12:30 ID:00FGHjK.
感想ありがとうございます。

>「おう、よろしく頼むぜ! これなら勇者にだってなれるっしょ! 前世がしょぱかった分、思いっきり笑って過ごしてやるさ!」
主にこの部分を女神が拾ったからですね。
勇者として働かせて笑って死なせてそれでおしまい、という態で女神が半ば操作してました。

838 普通の名無しさん :2018/05/25(金) 21:46:12 ID:V85Y.h6U
正直オチが弱すぎる。
ブラックしジョークというなら皮肉が効いた文章やユーモアが欲しい。

839 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/05/25(金) 21:52:20 ID:00FGHjK.
ごめんね!!!!!

840 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/05/28(月) 20:58:21 ID:rl2/tju2
アイギススレを建てたいな(挨拶)
討鬼伝スレの仕組みをもっと簡略化して戦闘だけに特化した感じで。
というか、ダディネタは2回エタってるので何とか供養したい。

841 普通の名無しさん :2018/05/30(水) 01:05:28 ID:Nwj5LAsg
王子……割るのです……

842 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/05/30(水) 19:35:32 ID:upVn/BFQ
ある程度の配役は決まってます。
まずはアイギス役↓

              ...  -──‐- ..
           . : ´.:.:>-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``
          /:.:.//:.:.>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.          .':.://.:.: /..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒ヽ
.          /.:/.:.:.: /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.
        /.:/.:.:/.:.:/.:.:.:/⌒).:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:八.:.:.:.:.:.
.       /{.:. //.: /.:.:.:/  /.:.:.:.:./.:.:.:. /.:.:!:.:.:. }:.:.
      /.:.У.:.:.{.:.:.{.{.:./ ∠___彡イ.:.:.:.:.:.:/,,}.:.|:.:.:.:.}.:.:.
      {.:.:{.:.:/{:.:.:{:{/       ,}/}/⌒}.:.|:.:.:.:.}.:.:}
      八.:.Y.:.:ノ{.:.:.N x==ミ        }.:.|:.:.:.:.}:.リ
...    {:.:.:V{イレ{.:.:.{ 〃〃       ,x=ミ、从|.:.:.:ノ.:.{
     从.:.乂.:.:.:{:.:.:{            〃〃 八.:.:.{.:.从
      {.:\.:.\八.:{        ’   /}.:.:./⌒ヾ
      八:.:.:.\.:.Y.:.圦   { ̄ `ヽ   /   }: /
     {\:.:.: ヽ}.:.:. 心、 ゝ-- ′ /   }/
       \.:.:..:.:.}.:.:.:}   >-  r  ´
     /⌒\.:.:⌒ソ_    {\___/⌒\
..   /................|\.:.:}ノニ)\__人 \..\ ィハ
    |................ | 《三≧≦てイ///「 ̄}....../ / 小
    |.......,,..... └ノ三ニノ⌒ヽ乂//   }.. / '   l| !
.     V........`ヾ..^⌒\.:.:.:.:.:. }\/}  八{     l| !
    ∨........... \.........\{\{..... \∧...{     l| ト、
.      ∨................「ちひろ丁........./..../\  i| |..∧
.     ∨.....\ └‐─‐‐┴‐<../.......... \,ノ j....∧
      ∨........\....................... /............... /ヽ/..... ∧
.       ∨...........>ー-....__/............... /|\/............∧
        ∨.........../...... /............... /......∨..................∧
.         ∨........{........................ /..............∨....................}
.           \........................../......................}....................ノ

843 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/05/30(水) 19:35:59 ID:upVn/BFQ
ケラウノス役↓

                            、
                 __ ,, . . . ,, _       ハ:.ヽ
           ,.、, イ.:.;.:.:‐:.:.:.:.:.:.:.:.:`:丶.、__/.:.:.:}
           , ィ: 、. ヽ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:-; イ
            /.:.:./:.::i./.:.:/.:.:.:.;.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:i,:.':,:.:ヽヘ
          i:.:.:.:'.:.:.:/.:.:,'.:.:./|:.:.:.:;ハ::.:.:.:.:.:.!';.:.}、.:.',:ヘ
           {.:.:.:.:.::/.:.,'.:!:::/'''''ヽイx .i::.:.;.:.::;zVtzv::}.:ヘ
          i:.:.:.:.<.;r.!.:.:Yγ´ .`ヾ !:.,'.:::ノ⌒ヽ ゙i:':.:r-ヽ
        ノ.:.i.:.:.:i゙ .l.:.:.:从  ’  ; j,:':イ  ‘ .; l::.:.:|
         ⌒ノ.:.人 .V.:.:i. ゝ - イ  " , ゝ - イ Ⅶ;!
           ,':.:.:`ヘ:::::',    ┌.‐.-. 、      !:/
            /.:.:::ノ!::マヽV . __'; : : :,/   _ ..ィ:.ハ
             ⌒ フ-ヽ.Vヾ:/ ,∠_二_V ̄ヘ;::.:.ノ<:ゝ
                    / ,i゚|¨¨¨!¨゚i.',   "
                    ,' ,'!゚¨¨¨|¨゚.! ',
                 L_,'/=zl二lzt!ニ',
                弋ムtzzAzztヘ_ノ
                 `itzァ--rztr'
                      |'7   V'|
                 └′  ヘ+

844 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/05/30(水) 19:36:39 ID:upVn/BFQ
アダマス役↓

                    / }
__               /{ |
\   \              n|  i!
\ ̄   ` <       ハi  /|
  > 、      <    { |  .{ !         _  ./i        _
  乂  \   }\ \  _}   ハ | ___   /レ. : : : >': :}        .r┴- ー―┐
   ノ    r       Y  {V   ,. \: : <{: /: : : : : : :彡- ':乂 __  |   し´ ̄ }
    `⌒ヽ      ム-=≦ __.ノ /⌒: : : : : : :/´ : : : :く: : : }   ! !     n .| ___
        て_   _ノ      `ヽ: : : : : / : : : : : : : : : : : : :ノ}/i! | |     iJ .!´   |__
         _> ´ Y {  :.  @, __.i!: : : :/: : : : : : : :',: : : : : : : :ノ ハ | |       ,    |`''< }
         / {  て ミミ  /ト  }: : : :{ : : : : : : : : }: : : :}: : :Y: : .ィ/}         ,    }   Y
       _彡  {  Y て   乂} }ノ:./: ハ: : : : ノ: : ハ: =彡: :ノ: : /: :/             ノ  /
      ゝ ー .ヘ  ゝ __ >イ-=彡斗七\: : : 彡 -\: : : : : : Y==<       /   .′ /
           マ 、 _ 彡 ´> Y: :.ヘ,ィfミ、` ̄ ,ィf ミ 丁: :_:_ノア  /     _/   {   /__
           }  「 } { /´  八: :、:}_ ヒソ    vソ ∠: ノ、 _ ィ    ∠__ \- く.//{r-、:ヽ
           >くミ}从ト}ー 、__ .ノゝ-イ   _' __    .ィ |  ___/_    / r ` }__ノ / .乂乂リ
            ./  /  i }_ノ_     ゝ。. マ .ノ  .ィ } |/===/` マ./  { / }  V  /⌒
          .′     |イ-イー--.ァ<乂≧= ≦ i {./ ̄//7くニニニ≧ く  ト ノ /´
           { ヽi    |   i |  ∠__ /  ,只. ヽ/_ / .//  \ニニニニ ミ、. |/
          .八  \  |   リ  r{_}<{  /  ,|  {_ ∠ -―――== ミ、ニニノ_.}
            \  ≧==≦   {  /ゝ ヘ/ レ /´              ∨ニ〈
             、_      / ̄/  .>  </ {                }ニニ}
                 ̄'''ー/ ̄.∧/./`/  .∨              从ニイ
                 --//__/   < / > / \   }         /ニニハ
                    / }} ,'  } __彡イヽ//   { ー<≧=-  _/ニ..イニ∧
                /  .|| |〕 只  ∧ /__    乂ニニニニニアニニニ}ニニ}

845 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/05/30(水) 19:38:05 ID:upVn/BFQ
こんな感じですね。
タイトルは「キル夫は千年戦争に挑むようです」で。

846 普通の名無しさん :2018/05/31(木) 00:11:24 ID:mG15gS4Q
邪神様勢揃いw

847 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/06/01(金) 19:37:15 ID:eEoMr/y2
だって、アイギス様のイメージがこれしかなかったんや。
後の二人はなし崩し的に。


               ― 、 __
           _/: : : __: : : : : : \
          /: : : /: : : : : : ヽ : : : :\
         /: : : / : : : : : : : : : :l : : : : : ヽ
          .′: :/: : : : :, : ;l : : : : :|: : l: : : : . 、
.        |: : : ′ : /_l_:/ | ; : : |_|: : |、 : : : : i
       /|: : ;|: :l ;/´ l/ И: : :| |`l |、i: : : : :l
.      /: |: /:|: :l/  _′  | : /|/ !' l: : : : :!
      l: : :/: :|: :| ,ィ==ュ.、 // ォ==ュ、 |: :/ : l
.      丶: : :( |: :|'´       ,       `l:/ : : |  王子、聞こえますか……もっと割るのです……。
       ,\ : |:N            /: : : /
       .′: : :|:| :ゝ   r― ┐   /: : : /
.      丶: : : |:| :l \ 丶_.ノ  /l :/ /
.        >: l:| :| : : >. -- イ、 レ'l/
          (: : : :\|: /:〈、l      !, l:.、
        \ : : : : : :/ \   / |:::`:..-..
      ,..-.::´::::l:` -: 、'ヽ ∧∧  |:::::\:::::>...、
.     |:::、::::::/::\ 「`ー、!/〔____〕、 |::::::::/::::::::::/::i
.     |:::::l:::::\::/´< > 〈  〉 〈  ー!:::::/::::::::::/:::::|
..    /|::::::!:::::::/:レ^.'`^V /  .l   ノ::::::\::::::l:::::/
      l::|::::::∨:::\Y: : : :ト、'   |/::::::::::::/:::Y::::∧
      |:::::::::/:::::::::::/´l : ノ: l、 /::::::::::::/:::::::l:::::::::}
      |:::::::::!:::[千川]:l;/:∨/::::::::::::/:::::::::::::!:::::::::l
      |::::::八::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::ノ.:::::::::!

848 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/06/01(金) 19:38:27 ID:eEoMr/y2
しかし、ちっひのAAは完成度高いなぁ。
↓とか元が時子様からの改変とは思えないほどにハマってる。


                                              _,. -: : :- _
                                            .: : :´: ;=-ァ: :_; : : :.、
                                         ,.∠〃ィ∠、メ./イ: : ,: : :.
                                        斗.:/ {(`怐、レ'/: : :,イ;: : : :!
                                      〃:.}"/    _   |,仆メ、リ: : i :l
                          ァ-、           {i: :!.:i{  ト、   、刈 イ:; :i !V
                       __  ,/トt'゙ |ァ、    _  /八:jイ::|  ぃi    怐イメ、ノ:ハ:.、
 。、                    〈 、Y { !二{ 卜--‐ '////`|: ; : Y.:个。.,     _,;〈,个,、゚ ̄ ̄`ゝ,
'ニ....ヽ                   ヽlハ トノ  `ヽ ヽ∨//////>rァ<´  /≧=≦_∥|:八〈た_入'゙//,
二ニ....ヽ                   /  `'     ヽi }/////,{チイ⌒メシ、 ソ !/l}77{( !廴_`ヾ  マ////,
二二.......≧==- ...,,__, ヘ __  /           V≠ァ'| ̄ ̄`ヽ::ヾ`メ、__V,|}///`乂.i.i.i ̄ヽ マ////,
ニニ=......ヽ.i.i.i.i.i.i ".i.i.i/    `<i.i.i7            ∨`/|____jハヾV,.ノ/≪≦/////ヽ.i.i.i.i.i,斗≠―
二二=.........ヽ.i.i.i.i.i.i./        У            ∨/////,∧V<////彡小、/-=≦ゝ<´.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
ニニニ...........ヽ.i.i.i/         /         |    ',、///_,,≦=テテ''´///,j´   /.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
二二ニ.............ヽ〃          '          j'" ⌒ヽ、 ∨`⌒V////, /////ノ;;   /.i.i.i.i ".i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
二ニニ=...............ll          '           ,'     ', ∨//ム/////, //;;    /.i.i. ".i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
二二ニ=................i(      /            ′     , V,oニ=‐'////j};;    .j{ ".i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
ニニニニ............∧\   /            /       。 }l<´/O77//l};;    j′.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i ィ.i.i.i.i
二二ニニ.............∧ `ー´             /        . j=≧、///\|;;    ′.i.i.i.i.i.i.i.i.i/.i.i.i.i.i.i.i.i
二ニニニ=.............∧                イ          V====ヽ///,'〉;;    |!.i.i.i.i.i.i.i ィ.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
二二二二=.................',              , ´ |           ゚===λ=V//!;;    |.i.i.i.i.i.i.i/.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
二二二ニニ...................、          /  !            ====ヽ=V/,!;;     !.i.i.i.i.i.i/.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
二二二二ニ.....................、     ´  , ヘ、   .i           =====j}∨,.};;   人___/.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
二二二二二=.......................、   / 〃====`三。            .======j}ノ,, <´.i.i.i.i.i.i.i.i丶.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
` =二二二二ニ.......................、 丿 イ.i=========。           ≧=-<´.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.ヘi.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
   ` =ニニニニ=...................\  /.i.i>、======λ          !.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.ヘ.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i

849 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/06/01(金) 19:39:49 ID:eEoMr/y2
かと思えば、↓みたくめっちゃヒロインしてるAAもありますし。
職人様の愛を感じる。


              /.:.:.:.:..:..:.:.:|.:l.:.:.: | 丶  |.:|.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:. | .:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.
.             / .:.:.:.:..:.:.:.:.:l八.:.: |  \ |.:|.:.:.:.:.:.:.: l\.:.: | .:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.
          .:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|  \l/⌒ヽ|.:|.:.:.:.:.:.:.: |  \l\ .:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.
           |.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:|  //し勹 人.:.:.:.:.:.:.:..:|/⌒^ヽ\.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |.:l.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.|l 《  Nir刎   \.:.:.:.:.: | /し勹  \N\.:.:.::.:.:.
           |.:|.:l.:.:.:.: |.:.:.:.|l    Vつノ    \.:.: l Nir刎   》 j.:.:.:.:\:.:.:.
           |人l.:.:.:.: |\:乂_///////// \| Vつ'ノ イ  /.:.:.:.:|.:. \
           八:.:.:.:.|V.:\了/////,///////    /.:.:.:.:.:j:.:.:.::.:.
             \: |/V.:.:.八 u                    /.:.:.:.:. 八.:.:.:.:.
                 〈:〈:V.:.:.:.丶     、        |  /.:.:.:.:. / ノ\ :.:
                    \:V:.:.:.:. 心、     ¬ー- ´  u /.:.:.:.:. /イ.:.:.:ノ\
      _         / 〉V.:.:.:.l从.:〕ト             イ/.:.:.:.:. //ヘイ:.:.:.:.
         ̄二ニ=- 〈//{.:〈V.:. l.:.:.}:.:j//7l「   -<  /.:.:.:.:. ///// \.:.:.
      V        V/\:.Vリ .:.j:.ノ// 八     //.:.:/j////////∧:
      V        V//У}.:.:.:.イ//   ヽ、___/ //  //////////∧
.        V        V/{.:.:{.:.:.:..ノ,/     /⌒j       ////////////∧

850 普通の名無しさん :2018/06/02(土) 13:53:02 ID:vBOgr8Vc
ちっひは強キャラなのに日常も過ごせるとか言うポテンシャルがすっきやわあ。

ヒモになっても奴隷になっても借金漬けにされてもいいとかいうキャラはなかなかいませんわ。

851 システム ◆hh4F2FkVUA :2018/06/05(火) 20:21:04 ID:BhJGbJno
ん、あれ?
「奴隷にしても借金漬けにしても」では?

852 普通の名無しさん :2018/06/06(水) 21:42:25 ID:JOwzuJxM
あ、ちっひには金を借りたいし世話してもらいたいしその果てに使役されてもいいなあとか思いまして。(AA的に)

まあ、よほど有能じゃないと捨てられそうでビクビクですけど。(奴隷にしてもイスラムとかみたいな職業専門の高級奴隷になりそうだけどw)

853 普通の名無しさん :2018/06/07(木) 20:23:11 ID:GDGlPblw
イスラムをスライムに空目した

854 普通の名無しさん :2018/06/09(土) 17:34:41 ID:jdUTutxc
議題:のじゃロリBBAが「これがワシの真の姿じゃ!」と言って、むちむちばいんばいんボディになる(戻る)のは許されるか。

>

新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス) - 樫木祐人

マキナタで暮らしたい……

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa