したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

JAL123便が「撃ち落とされた」

1 平田 学 :2019/05/21(火) 00:52:09

日本は既に核兵器を保有しており
JAL123便は核弾頭を輸送していたため撃ち落とされた
日本航空123便墜落事故は1985年(昭和60年)8月12日月曜日18時56分に、東京(羽田)発
大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-100(機体記号JA8119、製造番号20783)が
群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(御巣鷹の尾根)に墜落した航空事故である。
(提供:ウィキペディア)



以下がJAL123便が「撃ち落とされた」理由と、それにまつわる真実です。


1. プラザ合意を呑ませるために中曽根を脅迫するため

2. プラザ合意に反対していた関西の財界大物4名を全員暗殺するため

3. グリコ森永の実行犯を殺害し証拠隠滅するため

4. 松下トロンOSの技術者17人を抹殺するため

5. JAL123便が核弾頭を輸送していることを米軍が突き止め、ミサイルで攻撃した

6. 自衛隊は日本製の円盤型軍用機で米軍機、自軍機、偵察のNSA機、ソ連機を全機撃墜

7. JAL123便の生存者は数十名以上いたが、ほぼ全員VX毒ガスなどの手法で殺された

8. 宗教的な意味を持たせるために犠牲者は520人でなくてはならなかった


全関係者が共謀し、国家ぐるみ世界ぐるみで壮大な隠蔽を行なったのです。

既に多くの自衛隊基地に核弾頭配備済みとは関係者の間では常識です。
そして、日本国民はその事実を知らされることは一切ありません。

2 平田 学 :2019/05/21(火) 00:54:15
国家機密を守るため、特殊部隊が編成され事故処理にあたった。

123便の乗客、乗務員はこの者達の手にかけられ、処分された。

殺人鬼が迫って来る瞬間、彼等は一体何を思ったのだろうか?

彼等は無残にも、毒ガスで息の根を止められたり火炎放射器で生きたまま焼かれた。
待機命令に反し、人命救助に急いだ隊員は射殺された。

精神状態がおかしくなる隊員も少なくなかったという。

口外すれば家族にまで危害が及ぶと言う事を暗にほのめかされ・・

日航ジャンボ機JAL123便墜落事故(M氏の証言_完全版)





待機命令を無視して救助に行こうとした隊員を射殺

NHKアナ「ただいま長野県警から入った情報です。

現地に救助に 向かった自衛隊員数名が、何者かに銃撃され死者負傷者数名が出ている模様です。




経済が危機的状況下にあるアメリカがしかけたテロ

「富士山を噴火させるぞ!」

「日本を海の底に、沈めるぞ!」

と、連日のように恫喝し日本政府から資金を引き出そうとしていました。

またアメリカは、「年次改革要望書」という形で、毎年、日本に資金を要求しており
大臣や、官僚の人事にまで、口を出しています。

これにあわてた中曽根は、40日後の昭和60年9月21日に、プラザ合意をし
1ドルが、250円に決まりました。

皆さんもご存知の通り中曽根のアメリカへの加担は枚挙にいとまがありません。
JAL事件以外にも歯磨き粉に不妊剤を混入させたりしたアメリカの飼い犬で
日本国民をアメリカに売ってきた売国奴です。

3 平田 学 :2019/05/21(火) 00:58:25
実戦ではない演習用の無人標的機にはオレンジ色の塗装を施します。

謎の飛行物体を操縦クルーが視認した18時18分時点の飛行機の高度は
1万1300フィート(3440m)なのですが、謎の飛行物体が尾翼に衝突した
18時24分35秒時点の高度は、2万3900フィート(7170メートル)で
6分間に1万2600フィート(3780m)も上昇しています。

何かが飛んできて偶然にぶつかったという状況ではなく、その飛行物体は飛行機を
追尾しているのです。
このことから考えると、謎の飛行物体は巡航ミサイルであるといえます。
標的が、どのように高度を変えても標的を追い詰めて標的の後ろに回ろうとします。
その結果がJAL123便の垂直尾翼破壊だったのです。
(提供:佐藤 昭信・末日聖徒イエス・キリスト教会 編纂:只埜セツ子)



自衛隊員は遭難した人々を救助するでなく
証拠隠滅を図っていた

事故当日、オフロード・バイクで現場に入った近隣の男性グループの一人が
同様の証言をしています。(参考記事、28. 墜落事故現場を訪れた最初の民間人、M氏の証言)




この方によると、事故現場に一番乗りと思いきや、すでに自衛隊員らしき人々が100名も
いたことに驚いたとのことです。

しかも、彼らは遭難した人々を救助するでもなく、もくもくと現場に落ちていたものを
拾い集めていたというのです。


他に、日航機の墜落直前に、長野県南相木村中島地区の住民3人が
「飛行機が飛んで行った後から、流れ星のようなものが近くに飛んで行くのが見えた」

また川上村の住民何名かは、「日航機が山の稜線の向こう側に消えた後、ぴかっと閃光が上がり
続いて、きのこ雲が2回上がる」のを目撃しています。

他の川上村住民の「火の玉が飛んでゆくのを見た」との証言もあります。




通常の飛行機事故では閃光やきのこ雲が上がることはありません。

それどころか、現場周辺には、ミサイルの破片や自衛隊、米軍、そして
ソ連の戦闘機などの残骸が発見されているのです。


墜落現場に落ちていた金属片はミサイルの破片だった

4 平田 学 :2019/05/21(火) 01:02:21
JAL123便の真実 (提供:田村珠芳氏書籍)
核兵器に使うプルトニウムが、長野県にある極秘の核施設で取り出されているという話を聞いて
私にはピンとくるものがありました。
それは1985年8月に起きた、JAL123便の墜落事故との関連です。
この墜落事故は実は、金属疲労による事故ではなく、自衛隊と米軍による戦闘の結果でした。

一連の事件を目撃した地元の人々が、何度も入山して航空機の残骸を拾い集め
25年以上にわたって調査を続けた結果、見つかったのは123便の機体だけではなく、米海兵隊所属の
プロペラ機RC-130の着陸装置、地対空ミサイル・レッドアイの弾頭部分、黒い塗装で偽装した
米空軍所属F-106の機体破片など、膨大な量の残骸だったのです。

JAL-123便が撃ち落された主な理由は、アメリカが誘導した円高に反対していた
関西財界の大物4人を暗殺するためでした。
1985年8月、アメリカは日本に対して「円高にしてほしい」と申し入れましたが
関西財界の大物4人が強く反対し、再度の話し合いでも物別れに終わりました。

しかしこの事件には、実はほかにも理由がありました。
実は、123便は「核」を積んでいたというのです。
国内で製造した核を積んで大阪に運び、大阪港からどこかへ積み出す予定であったというのです。
アメリカは、日本が密かに核兵器を製造していることを疑っており、その証拠を押さえたいと
内偵していたところ、JAL123便で運ばれるという情報をキャッチし、現物を押さえるために
黒い塗料で偽装した所属不明機でJAL機を付け狙いました。

日本にしてみれば、アメリカを出し抜こうとして核兵器を秘密裡に製造していたので
現物を押さえられると非常に困ります。

そこで機体もろとも海中に沈めてしまおうということになり、海上で米軍機に撃墜されるように
仕向けたのでした。

5 平田 学 :2019/05/21(火) 01:05:09
彼は戦闘訓練を積んでいるので、米軍によって尾翼が破壊された時点で
すでに人為的攻撃であることに気づいたようです。

すぐさま、高度1000メートル以下の超低空飛行へと切り替えました。
この高度ならレーダーに捉えられないからです。

ただしそのために、以後、123便は管制レーダーからは消えてしまい
周辺の航空管制官はJAL機を助けたくとも、その機影を追うことさえできなくなりました。

ですから異常発生後の正確なルートは、今もってわかりません。

その後の事故調査の状況から推察すると、羽田にも降りられず、横田基地にも降りられず
海上着床の望みも絶たれ、行くあてを失ったJAJ123便は、突如として現れた自衛隊機に誘導されて
長野方面に向かったようです。

機長にしてみれば、「これで助かった」と思ったでしょう。
ところが自衛隊機は、JAL123便を助ける気など、さらさらありませんでした。
米軍にかぎつけられたことを知り、証拠品である「核」を消すために、追って来ている
米軍機だけではなく、JAL123便の乗客もろとも、すべてを消し去ろうとしていたのです。

自衛隊機は逃げまどうJAL123便を誘導し、秘密基地のある高天原(たかまがはら)まで誘い込み
待ち構えていた地上部隊のレッドアイで米軍機もろとも撃墜しました。

こうしてJAL123便は、高天原山中にある御巣鷹山(おすたかやま)の尾根へと墜落したのです。
そのやり方は徹底しています。

6 平田 学 :2019/05/21(火) 01:06:25
、登山者らが墜落現場近くに入った午前2時ごろには、助けを求める人々の声が
多数聞こえていたそうです。
しかしながら現場は険しい斜面の場所でけもの道さえなく、なかなか近づくことができません。
そのうちヘリコプターが飛んできて、何かを撒いたとたん、それまで聞こえていたうめき声や物音が
ピタッとやみ、あたり一帯に静寂が訪れたそうです。

このヘリコプターの行動について、生存者を残さないために、現場にフッ化ホウ素を撒いたのでは
ないかと、複数の専門家たちが分析しています。

その後、事故を目撃した地元の有志たちが生存者を救うべく入山しようとすると
すでに自衛隊がバリケードを築いており、近づくことができなかったと証言しています。

なぜ最も近くにいた地元住民より、自衛隊が先に現場に到着していたのか。
それが事故ではなく撃ち落したものだということを、如実に物語っています。
おそらくその時すでに、核兵器の残骸などの「証拠品」は回収され、闇に葬られたのでしょう。
何が真実で、誰が見方で、敵が何者か、その実態は正確にはつかめませんが
大きな陰謀が存在することは確かのようです。

ちなみに、JAL123便が墜落したのが8月で、その翌月の9月に、ニューヨークのプラザホテルで
先進5カ国(G5)による合意がなされました。
世に言う「プラザ合意」です。

7 平田 学 :2019/05/21(火) 01:08:21
先に述べましたが、「JAL123便」は核を積んでいたために撃ち落されました。
そのとき巻き添えになった520人の乗員、乗客の無念は計り知れません。
これも神の計画の一端であるといわれても、あまりにも無残です。
しかし本当に、彼らは無駄に犠牲になっただけなのでしょうか? 
なぜJAL機は、高天原に落ちたのか?なぜ123便であったのか?

なぜ犠牲者は520人だったのか?そこには理由があるはずです。
そこは高天原という、特別な名前のついた山でした。
周知のように、そこは古事記において、天津神(あまつかみ)が住まうとされる
神聖な場所を意味します。
123=「ひふみ」は、神事を表す特別な数字であり、残酷なまでの情報隠滅作戦にもかかわらず
結果的に524人の乗客のうち4人が生き残り、犠牲者が520人となったことなど
偶然の一致では片づけられない不思議な符号が、本当の理由を教えてくれました。

この世界には偶然というものは存在しません。ですからそこには大きな意味があります。
行き着いたのは、高天原にある神社の両脇に眠る520体の石仏でした。
その神社のご神体は、国常立尊です。

古代日本の王であった国常立尊は優れた人物でしたが、厳格すぎる性格が災いして
家臣に恐れられ、暗殺されました。
そして、暗殺された国常立尊の首が流されたのが神流川(かんながわ)、胴体を流したのが荒川
暗殺者が返り血をすすいだ時「くまなく血で染まった」のが千曲川(ちくまがわ)
そしてその三つの川の源流こそが、高天原です。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】Just Because! 第3巻<初回限定版>(全巻購入特典:「比村奇石描き下ろし全巻収納BOX」&「鴨志田一書き下ろしドラマCD」引換シリアルコード付) [Blu-ray] - 小林 敦

(´;ω;`)ブワッ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板