したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

【習作】1レスSS集積所【超短編】

1 名無しさん :2015/11/21(土) 00:23:52 ID:gr26XeI60
「SS書けたけどツイノベには長いし、1000文字には満たない…」
「投稿所の新着に載せる/自分の作品ページに1作置くほどでもない…、でも日の目を当てたい!」
「初作で躓いて変なイメージついたり、叩かれたくない…」
「まずは匿名でいいから反応を見てみたい…」

 そんな初心者や超短編作家の皆様! この度、談話室に『1レスSS集積所』を作成しました!
 初心者作家の叩き台から、本館作家の息抜きネタSS、そしてその感想など、様々なレスを投じてください。
 魔物娘さんたちといちゃエロちゅっちゅしたりほのぼのするSSをお待ちしております。

 【このスレのルール】
・SSの内容に関するルールは本館と同じとします。
・作品とその感想は1レスでまとめてください。特にこのスレでの連載は禁止します。
・基本的にここで作品を投稿しても匿名になります。匿名ゆえのトラブルのリスクは投稿前によく考えてください。HN・トリ付けは自己責任で。
・ほんわかレス推奨です!


他にも色々なスレがあります。目的に適したスレをご利用ください。

※魔物娘図鑑と関係ない話題でもOKです。
雑談スレ12:ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/11485/1446028423/

※新刊同人誌の話題は解禁されるまでネタバレスレでお願いします。
ネタバレスレ:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/11485/1294842422

※エロ魔物娘図鑑やSSに関する考察・妄想・ネタ話などはこちらへ。
エロ魔物娘図鑑スレ10:ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/11485/1441958563/

※魔物娘の生態や世界情勢など、図鑑世界にまつわる考察はこちらへ。
魔物娘図鑑世界考察スレ6:ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/11485/1411941292/

※SS作者さん特有のピンポイント過ぎて微妙な質問・相談などはこちらへ。
SS書き手で雑談しましょ 8:ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/11485/1445590184/

373 名無しさん :2017/04/02(日) 11:07:13 ID:7N/Sm44Y0
埒が明かないのでスレ建てる前提でスレテンプレみたいなの作ってみる
またそれを上げてみるから議論してねってことで

374 名無しさん :2017/04/02(日) 12:16:33 ID:7N/Sm44Y0
はい、自晒し批評スレの案

このスレはCGIに投稿した自作品及びスレに投稿した文章を『リャナンシーちゃん達』に批評してもらうスレです。
初心者もベテランさんも大歓迎。可愛いリャナンシーちゃん達が親身になってアドバイスをくれます。
批評を依頼する書き手さんはテンプレをよく読んで、皆で仲良くスレを利用しましょう。

【スレのルール】
・sage進行をするようにしましょう。
・次スレは>>980を踏んだ人が建てるようにしましょう。
・批評依頼者は>>2の注意事項を守るようにしましょう。
・批評をするのはリャナンシーちゃん達限定です。
・ルール違反をしてしまった人には優しく指摘してあげましょう。
・その他、ほんわかレス推奨です。リャナンシーちゃん達が怖がらないようにしてください。


書き手の質問・雑談や1レスSSの投下だけの場合は以下のスレをどうぞ。

【SS書き手で雑談しましょ10】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/11485/1490201168/

【習作】1レスSS集積所【超短編】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/11485/1448033032/

375 名無しさん :2017/04/02(日) 12:18:40 ID:7N/Sm44Y0
※自晒しをする際の注意事項

・必ず下記テンプレを埋めて依頼しましょう。
・スレ投下作品でも題名・ジャンル・タグを埋めましょう。これも練習のうちです。
・他の人の晒し中にはその晒しが一段落するまで待ちましょう。
・依頼をすると『あなたが投稿所の誰なのか』が分かってしまいます。リスクはよくよく考えましょう。
・リャナンシーちゃんたちの意見にはちゃんとお礼のレスをしましょう。
・晒しを終わらせる時にはちゃんと〆宣言をして次の人に番を譲りましょう。
・あまり頻繁に依頼すると他のスレ利用者に嫌がられます。依頼はほどほどの頻度にしましょう。
・他の人の晒しには自分のところのリャナンシーちゃんを連れてきてあげると皆が喜びます。

※自晒し用テンプレ

【投稿場所】CGIなのかスレなのか。
【題名】→SSの題名
【ジャンル】→どの魔物娘SSなのか
【タグ】→エロあり等々のタグ
【辛さ】→批評の辛さの希望
【意見希望箇所】→SSのどこに批評がほしいのか

※批評をしてくれるリャナンシーちゃん達へのお願い

・ご存知の通り、書き手はみんな心の弱い生き物です。なるべく優しくしてくださいね。
・リャナンシーちゃん同士でのケンカだけはないように気をつけてくださいね。
・批評には気軽に参加してくださいね。
・書き手の皆もリャナンシーちゃん達が来てくれるのを心待ちにしています。

376 名無しさん :2017/04/02(日) 13:15:22 ID:UFhIvuaoO
「今日は天気が良いし、今から花見に行こうよ」

春のはじめ、桜が一分咲きの頃。
サキュバスである先輩からのメールで、僕の休日の予定は埋まる事になった。

「おはよう」
「へへ、おはよっ」

待ち合わせ場所の駅前につくと、いつもと変わらない笑顔の先輩が待っていた。
その手には、近くにあるコンビニのビニール袋が握られていた。
サキュバスの翼が嬉しそうにゆらゆらと揺れる。
いつから待っていたのか聞いたら、メールを送った時には既にここに居たのだとか。

「春だねえ」
「春ですね」

手を繋いで、目的地の公園へと二人で歩く。
気候はまだ少しだけ肌寒いけれど、手で触れた部分の暖かさが、心地いい。
周りを見れば、気の早い商店による花見フェアがはじまっていて、街が桜色に染まっていた。

「到着!」

歩いて数分。
目的地である桜の木の下で、彼女は大きく伸びをした。
あわせてピンと伸びる尻尾が思わず笑いを誘う。

「ふふ、誰も居ないし、見放題だね」
「一分咲きだけどね」

公園のベンチに座って、桜を見上げる。
ごつごつとした幹に、赤い蕾。
そして、ほころびはじめた白の花弁が、青い空のキャンパスに描かれていた。

「いい天気だね」

彼女の言葉に頷きながら、ただ、のんびりとする。
彼女がコンビニで買ったという緑茶が、美味しく感じられた。

そんな、何でもないデートが僕達の花見だった。

377 名無しさん :2017/04/02(日) 18:42:52 ID:ob4CnBQk0
>>376
これめっちゃ好き
エロが入ってない、ただ純粋にいちゃいちゃするだけのもいいよね!

378 名無しさん :2017/04/02(日) 19:34:07 ID:ob4CnBQk0
>>374-375
お疲れ様です、ありがとうございます。大筋とテンプレはこのままでも問題なさそうです
いくつか気になる点があるので、自分の意見を書き出してみました


全体的な言葉使いですが、『晒し』というのはどうしても悪い響きに感じられますので置換すべきかなと
普通に『依頼』とか、リャナンシーちゃんや他の魔物娘さん相手なら『お願い』なんて柔らかいものでもいいかもしれませんね
テンプレの言葉も、【ジャンル】ではなく【登場人物】としたほうがいいかもしれません。CGIの表記は馴染み深いですけども
登場人物とすると主題の魔物娘さん以外も書けますから、依頼の一助になるのではないでしょうか

・他の人の晒し中にはその晒しが一段落するまで待ちましょう。
↑これは同時に批評依頼が投下された場合、順番待ちになるんでしょうか?
個人的にはアンカーをつければどれに対しての批評・反応なのかはわかると思うので、
同時でなくても順番待ちの早押し勝負みたいになるのはどうなんでしょう
でも、確かにたくさん批評依頼が来てスレがパンクするのもアレかなとも思いますし、
このままでもいいかもしれません。始まってみないことには依頼頻度は分かりませんからね……

・リャナンシーちゃんたちの意見にはちゃんとお礼のレスをしましょう。
・あまり頻繁に依頼すると他のスレ利用者に嫌がられます。依頼はほどほどの頻度にしましょう。
↑こういうのを書く必要があるというのがなんとも悲しいですが、それはさておき。
この二つを統合して削減できないでしょうか。以下一案です。
→『・互いに礼儀と節度を忘れずに。SSを書くにも批評するにも時間がかかります。』
あまり多く注意事項があると気後れしちゃうかなと思うので、減らせるところは減らした方がいいはずです

それと、CGIを指定してSSを批評してもらう場合、連載は控える旨を書く方がいいかもしれません
読み切りと連載では批評にかかる負担が段違いだと思うので、そのせいでスレが停滞したら元も子もありませんし
あるいはもうはっきりと連載はダメですって書いてしまうかですね。アリにするにしても、完結済みだけにするとか、
連載の場合はその中の一ページを指定してください、とか。後者はそこまでの流れを書く必要がありそうです

379 名無しさん :2017/04/03(月) 17:50:05 ID:ka3wMJ6k0
>>374-375
テンプレートたたき台作成、お疲れ様です。
自分なりに感じた意見を書かせてもらいます。

私も晒しよりも、批評依頼の方がいいと思います。

あと、批評の文章を書くのは、結構時間がかかります。
批評を書いている途中で〆発言されると、途中まで書いていてもお蔵入りすることになるので、基本的に〆発言は無しの方がよいと思います。

【辛さ】は、実は批評する人をかなり悩ませます。なので、
激甘:初心者向け 甘口:初級者向け 中辛:中級者向け 辛口:上級者向け
という感じでガイドラインを作っておいてはどうでしょうか?

それと連載ものは基本NGにした方がいいと思います。
長いのも批評が大変だし、未完の作品だったら批評しにくいです。

できれば、【文字数】千字単位のおおよそのもの(1万字なら 10Kとか記載)があるとうれしいです。
長い作品は読み込むのも時間がかかりますから。

380 名無しさん :2017/04/03(月) 22:44:12 ID:kB3ZG8U.0
気まぐれで書かせてもらいました。



ふわり、と風が私の鼻孔をくすぐった。

気まぐれにこの世界に来て、これまた気まぐれに人間に化けて、遊び半分で街を歩いていた矢先だった。
元の世界では気になる人も、私に声を掛ける勇気のある人もいない。デーモンたるこの身にふさわしい情欲だけが、発散されないまま今までくすぶっている。
我が身を委ねたいほどに狂おしい愛を。魂を捧げられるほどに激しい欲を向けられたい。そして私もまた、それほどまでに私を求める者により強大な想いを向けたい。そんな、魔物的乙女思考をついついしてしまうのが私のクセだ。

いや、だった。

「――あぁ、この、匂い……!」

風に乗って漂ってきた、微かな匂い。
誰のものかも知れないそれを嗅いだ瞬間、私の身体は打ち震えた。そう、喜びに。
どこに居るかはハッキリ分かる。よだれを垂らした悪魔からは決して逃げられない。
なりふり構っていられない。透過魔法を自分に掛け、直後に本性を晒す。
人のものではない青い肌。瞳の白が闇色へと反転し、獲物を狙う悪魔のものへと変化する。
一秒にも満たない変化の直後、私は翼を広げ羽ばたいた。
空を駆ける。もっと早く。もっと、速く。
この匂いの先へ。悪魔をも魅了する匂いの持ち主の下へ。
拒まれる事も恐れられる事も、頭の中にはなかった。何故なら、そんな気持ちを消し去り快楽一色に染め上げてしまえばいいのだから。
見つけた。アパートの一室。窓が開いている。
魔法を解いて、部屋に入る。見まわしたその先には、こちらに背を向けている男性が一人。私に気付いていないようだ。

「あぁー……。こう、ボンキュッボンなエロ美しい女と付き合いてぇ……」

何という事だろう。こんなにも煩悩に満ち溢れているなんて。
とても、あぁ、とても。

「――素敵、よぉ、あなた……♪」
「……へぁ?」

すっとんきょうな声と共に、彼が振り返る。そして、全身を硬直させた。
さあ、何をしようかしら。どんな風にして、どんな事を言ってくれるのかしら。

子宮がうずいちゃうくらいにたまらなく、興奮するわね……♪

381 名無しさん :2017/04/05(水) 11:59:04 ID:NOzJMPjc0
もう今まで通りでいいんじゃないか?

誰も書き込みしねぇじゃん。せっかくたまに読んで楽しんでたのに余計以外の何者でもないことしやがって・・・
おかげさまで更地だよ更地!
こんな中でSS投稿する奴もいないし
ボロカスに言われた批評者も戻るわけないし

スレも作らないでね絶対無駄になるから

382 名無しさん :2017/04/05(水) 13:52:27 ID:ZR3S7Agc0
そっか
自分とリャナンシーちゃんがやってきたこと、全部余計なことだったんだ
ごめんなさい

自分たちはこのスレからは撤退します
批評スレを立てるかどうかも他の方にお任せします
もし批評スレができてもリャナンシーちゃんが足りなければ呼んでください

今までありがとうございました

383 名無しさん :2017/04/05(水) 15:06:06 ID:ZQ9gYX/6O
>>382
いえ、貴方のせいではないと思いますよ。
少なくとも私はあなたの作品、批評などを楽しく読ませていただいたからこそ、多いときは一日三作というハイペースで書き続けられたのですから(リャナンシーちゃんとあまり得意では無い批評もしていましたが)。

今回のスレ分けについては、あまり良く分からなかったため静観しておりました(途中我慢しきれず二作ほど投稿はしました)が、今の現状を鑑みる限り、私も批評スレは不要だと考えております。
真面目な批評はある意味で創作より体力を消費します、一レスならともかくとして、投稿所の作品サイズともなると、労力はかなりのものになります。作法、時制だけでも一話ぶん全て手直ししたら1日がかりということも珍しくありません。
それを、全くの好意により行うというのは大変な事です。
おそらく、保たないでしょう。何より書き手スレッドがありますし。


私のごとき木っ端作者も潮時かと思いますし余計な事も思わず申し上げてしまいました。
故に、私も消える事に致します。
読んでくれた皆様、ありがとうございました。

384 名無しさん :2017/04/05(水) 15:35:11 ID:/7ilfXFU0
お前ら誰だよ
せめてコテ付けろよ

385 名無しさん :2017/04/05(水) 15:58:43 ID:xiapVMNc0
>>384
ケータイからなのでID違いますが383です。
作品的には11 14 15 16 22 30 32 46 100 106 125 141 143 166 171 174 176 178 180 187 189 201 204 233 237 244 249 252 254 255 256 263 273 274 275 282 293 294 304 306 368 369 376 の作者です。
本当に、潮時ですね……。

386 名無しさん :2017/04/05(水) 16:07:52 ID:FDsdIRDM0
もういい加減、この話題はやめませんか?

批評スレは、『SS書き手で雑談しましょ』で「批評はリャナンシーちゃんでお願いします」と言えばいいだけですよ。
ここはリャナンシーの遊び場じゃないという意見に反対が一つもなかったようですから、1レスSSと短い感想のみを書き込む場所で、批評は禁止でいいのではないですか?
禁止しなくても、ここで批評する人なんて、もう出てこないでしょうけど。

それでは、スレ違い、失礼いたしました。

387 382 :2017/04/05(水) 17:21:04 ID:ZR3S7Agc0
>>384
もう書き込まないつもりでしたが、>>385氏にならってちゃんと名乗っていきます
50、63、65、90、113、123、149、175、186、250、272、296、307、331の作者です

>>383
あなたまで巻き込むような形になってしまって申し訳ございません
今後は小品集という形でも構わないので、あなたのSSを投稿所で読めることを願っています
そのときはきっと票も感想も入れさせていただきます

お目汚し失礼いたしました

388 名無しさん :2017/04/05(水) 18:09:11 ID:vZXWpCoY0
ちょっと待て、気になって調べたら二人合わせて47作投稿してたぞ。

>>200から今までで区切って割合を調べて見たが

229 234 235〜237 264 266 268 270 277 279
291 292 295 297 311 320 325 339 344 380 の19作が二人以外ので

201 204 233 237 244 249 250 252 254 255
256 263 272 273 274 275 282 293 294 296
304 306 307 331 368 369 376

 の27作がこの二人のだぞ 
 これにリャナンシーとしての批評を加えるとほぼこの二人と他のリャナンシーのレス

389 名無しさん :2017/04/05(水) 18:15:44 ID:vZXWpCoY0
これも異常な数字だけど、こうなると1つ疑問に思うんだ。
こうなった事の発端のCwihuGqA0が大義名分に掲げていた「私のSSが埋もれていくのつらい!」
っていう『私のSS』ってどれだ?

2人以外の作者はほぼ批評希望で投稿してるし、批評希望以外もこの二人だ。
そうなるとお前はいつ投稿して、それをスルーされたのかはっきり言って甚だ疑問なんだが

お前、まさか荒らすためにでっち上げしたんじゃないだろうな?

390 名無しさん :2017/04/05(水) 18:50:31 ID:/7ilfXFU0
ていうか知りたいのは作者かどうかじゃなくてどういう主張かであってだな

391 名無しさん :2017/04/05(水) 20:02:04 ID:i8raMG5U0
>>389
264 266 270 277 291 292 6作が批評依頼なし(380もだが、353以降なので除外した)
それに、200以前の作者でも埋もれると思っている可能性もあるしね。

それも含めて、あらし目的じゃないと思うよ。
批評中止するという書き込みに慌ててきつく言ったのを謝っているし、敬意が無いと指摘されて過敏に反応してるし。
もめることを狙って書き込んだようには見えないよ。

どっちにしても、去っていった人が帰ってくるわけじゃないから、どうでもいいよ。

392 名無しさん :2017/04/05(水) 20:18:09 ID:RLjVZF1g0
>>389
私は>>26>>40>>270の作者です
話すべきことは場所の健全性の問題だと思ってたんですが、数の大小の話だったんですか?

批評スレが立てられた場合、ここで行っていなかった批評も依頼もするつもりだったんですが、
あなたのように場を荒らす人物が常駐する可能性を考えると立てない方が確かにいいでしょうね
こうして「荒らし」という構ってちゃん行為に複数人で反応してる時点でもはや建設的な議論は望めなさそうですし

私は>>366>>353で述べたように、ただ場所の最適化を行うべきだと主張していただけです
執筆も批評も崇高な行為であり、敬意を欠いたつもりは微塵もありません
リャナンシーちゃんをボロカスに言ってるのははたして誰で、どこにいるのでしょうか
更地にしてるのは誰ですか?SS投稿する気を消失させているのはどなたですか?

こういう方を見るたびに思うんですよね
魔物娘図鑑が好きな人間は魔物娘と同じ合理性と穏やかさを持っているわけではないんだ、って

393 名無しさん :2017/04/05(水) 20:18:52 ID:RLjVZF1g0
>>392
間違えました、>>40ではなく>>45です

394 名無しさん :2017/04/05(水) 21:21:07 ID:vZXWpCoY0
>>392
>>話すべきことは場所の健全性の問題だと思ってたんですが、数の大小の話だったんですか?

はい、そうです。健全性なんて、その健全な状態が誰の利益になるのかわからないと意味がないだろ
お前が言っている健全性はお前にとっての都合のいい健全性なの
お前の利益(3レス)よりスレの利益を優先する方が健全性あるだろ?

>>批評スレが立てられた場合、ここで行っていなかった批評も依頼もするつもりだったんですが、
あなたのように場を荒らす人物が常駐する可能性を考えると立てない方が確かにいいでしょうね
こうして「荒らし」という構ってちゃん行為に複数人で反応してる時点でもはや建設的な議論は望めなさそうですし

言いだしっぺの自分が立てるつもりなかったのか?議論の進展はどうした?
丸一日書き込みない上にスレも作らないとか、最初から作るつもりないよな?

>>執筆も批評も崇高な行為であり、敬意を欠いたつもりは微塵もありません
 そう思ってる奴が「リャナンシーちゃんの遊び場」なんていくらなんでも言わない
 あとでいくら言い訳しても、キツい言い方をする必要がないのにキツい言い方するのはただの暴言だ

>>リャナンシーちゃんをボロカスに言ってるのははたして誰で、どこにいるのでしょうか

 ここ、お前

>>更地にしてるのは誰ですか?

 お前

>>SS投稿する気を消失させているのはどなたですか?

 お前以外

>>こういう方を見るたびに思うんですよね
魔物娘図鑑が好きな人間は魔物娘と同じ合理性と穏やかさを持っているわけではないんだ、って

 鏡見るかお前のレス読み返せよ

395 名無しさん :2017/04/05(水) 22:09:15 ID:1gxB75OA0
>>386さんも書いていたように、批評は『SS書き手で雑談しましょ』でしてもらい、リャナンシーちゃんに批評してもらいたいならその旨を伝えるようにすればいいのではないでしょうか?
このままではきりがありませんし、クロスさんにも迷惑を掛けてしまうかもしれません。
もう止めましょう。お願いします。

396 382 :2017/04/05(水) 22:14:11 ID:d22gAlpU0
止せば良いのでしょうが、ちょっと不本意がございますので書き込みいたします

他の方はどうだったかは分かりませんが、少なくとも自分は>>392氏の書き込みで
気分を害したといったことは一切ございませんでしたし、このスレが正しく1レスSSスレとして
本来の形に戻ることを望んでいる立場でありました

私の拙いレスが拾われていたことに気付き、この少し寂しかったスレが活発になればと
これまでSS投下やリャナンシーちゃんに批評をしてもらったりしていましたが
このスレ本来の利用者の方の邪魔になっては元も子もございません
そもそもの批評レスを最初に始めた私とリャナンシーちゃんが原因ということで
私たちのスレ撤退に免じて、というわけではありませんが
他の利用者の方々には今まで通りにSSを投下していただきたく思います

ですが最後にお願いがございます
皆様、今後はもっと投下されたSSに反応をしてあげられないでしょうか

SSが投下されても、誰も反応を返さないのであればスレは当然衰退いたします
感想の1レスでもあればSSを投下する側はやる気が出てくるはずです
次の作品を投下しようという意欲も湧いてくるはずです

それが無かったから、少し前までのこのスレは寂しい場所だったのだと思います
私がリャナンシーちゃんと一緒にしていたのは、その改善のための”反応”でした
もちろん全ての作品に感想等を返せたわけではありませんでしたが……

更地、という表現がされるのなら、私が参加した当初の状況はまさしく更地同然でした
1日レスがないだけで更地になったと言われるのは、それはこのスレが活発になった証拠でもあると思います

このスレが再び更地にならないように願っております

もしこのスレが再び更地になったなら、そのときは
リャナンシーちゃんとこっそり二人で苗を植えに来たいと思います

長文失礼いたしました

397 名無しさん :2017/04/06(木) 00:37:37 ID:uITwwwKk0
>>392
とりあえず……ここで一作書いては如何ですか?
埋もれて辛いのであれば、また新しく書くと良いでしょう。

398 名無しさん :2017/04/06(木) 09:26:39 ID:OZZ9Djw60
つか賛成・反対でだべってないで雑談スレで議論して下さい。

SS投下する人やリャナンシーちゃん達の邪魔です。

399 名無しさん :2017/04/06(木) 22:50:21 ID:Ur2nCSfE0
本物のリゃナンシーなら、自分の遊び場よりもここが作品を上げる場である事を大切にしてくれるだろう。
批評をするにしても作品の邪魔にならないように、きっと気遣ってくれる筈だ。

400 名無しさん :2017/04/07(金) 07:39:47 ID:01Pd/DOM0
前向きに考えればここで創作やアドバイスに割いていた人たちの何人かが、今までの労力や技術を投稿所の方に向けてくれたら、ここよりもっと色んな人に読んでもらえて良いかもしれないね。
作品も批評もそれだけの魅力はあったからさ。

401 名無しさん :2017/04/07(金) 14:34:15 ID:I8.l14NY0
>>399同意。『批評して下さい、お願いします』って一言添えれば批評して
くれると思う。それがないと批評していいのかわからないからスルーされるかもしれない

>>400投稿所は読んでもらえても、なかなか批評・感想はつかないから

ここに投稿しているのでは?

402 名無しさん :2017/04/07(金) 15:38:42 ID:v/GTGivk0
>>401
いや、アドバイスしてたリャナンシーちゃんたちに向けてのメッセージなんだ。
この人たちなら投稿所でも余裕で票も感想も付いてたから戻ってきてほしいなって。

403 名無しさん :2017/04/07(金) 17:01:58 ID:I8.l14NY0
>>402
勘違いしてました。すみません。
久しく書いていなかったんで投稿、できればリャナンシーちゃんに批評してもらいたいです。

 俺の名はカイル。考古学者を生業としている。
 七日前、俺は密林の奥にある遺跡を調査・探索していた。
 なんでもこの遺跡には古代文明のとんでもない秘宝があるとの情報を入手したからだ。
 数々の罠や仕掛けをくぐり抜け、何とか最深部にたどり着いた。
 そこは国王の謁見の間のように広かった。
 しかも玉座には一体の人形が座している。

「これはすごい……完璧なオートマトン、古代文明の技術の結晶だ」

 古い記述や古文書でその存在は知っていたが、実物を見るのはこれが初めてだった。
 剥き出しの関節部がなければ人間と言っても差し支えない。

「このタイプは女性か……」

 大きく膨らんだ胸部にくびれた腰、女性らしい曲線を描いて下腹部へと続く。
柔らかい人工の肌、髪、唇……そして開いた美しい瞳……瞳?さっきまで閉じていた眼が開きこちらを見ている!?

『プロテクトNO1オヨビNO3マデ解除、マスター登録指定シテクダサイ』

 オートマトンの口が開き、けたたましい警報音が鳴り響いた。
 何だこれは!? こいつも罠の類か?

『プロテクトNO1オヨビNO3マデ解除、マスター登録指定シテクダサイ』
「警報を止めてくれ! うるさくて敵わん」
『マスター登録指定不明、自爆プログラム作動、カウントダウン開始シマス
1000、999、998――』

 自爆!!  起動と同時に自爆するトラップか!?
 落ち着け、まだ時間はある。オートマトンは惜しいが脱出するしかない!

『――10、9、8』

 え……はやいんですけど? 997から11までの間は?
 俺はもうヤケクソになってオートマトンの側頭部を掴み叫んだ。

「俺がマスターだ! 俺がマスターだ! 登録しろ! 登録指定! 俺!」
『――プロテクトNO4カラNO5マデ解除、VO-09再起動完了』

 警報音が消え、プシューと空気が抜けるような音がしてオートマトンは立ち上がった。
 玉座から伸びている細い配線が次々に抜け、数歩歩いて俺の前に跪いた。
 俺をマスターに認証したのか……

『アタシ、主ガ大好キ、主ガ大好キ! ングングチュポチュポ、ペロペロシコシコ
ナンバーワン』

 ……これ、置いて帰ろうか。
 古代文明の粋を集めて作ったのはオートマトンに何て機能をつけてんだ。
 これを作った奴はきっと童貞に違いない!



404 名無しさん :2017/04/07(金) 21:47:20 ID:Gezm18FU0
新人リャナンシーです。

色々と言いたいことはありますが、未来に繋がらないことは、チラシの裏に書き殴って燃やしてやりました。燃やすときに、イグニスちゃんがとってもいやそうな顔をしていました。汚いものを燃やしてゴメンね。

ともあれ、私は、このスレが廃れるのも仕方ないという人よりも、このスレが盛り上がるようにと行動する人を応援したいです。

>>403
ごめんなさいね。ここでの批評はクレームがついてできないの。だから、代わりに「感想」で勘弁してね。
あ、私からの「感想」を希望される方は、本文の冒頭か文末にでも書き込んでくれれば、できうる限り、「感想」をつけます。

余計な話が長くなっちゃったわね。それじゃあ、感想です。

ギャグよね。魔物娘って、こういうギャグが似合うのよね。オートマトンちゃんって、澄ました感じがするから、余計に面白く感じるよね。面白かったです。

それで、気になったところなんだけど、最初の名前の自己紹介は、その後に名前が出てこないから不要と思うの。名前をどうしても出したいのなら、冒頭じゃなくて、マスター登録のところで出せば違和感がないわ。
冒頭に名前を出してギャグにする手法もあるんだけど、1000文字前後だと難しいからやめた方がいいわね。

あと、「調査・探索」と中黒(・)を使っているけど、人名とかじゃないなら、読点(、)の方がいいと思うわ。

細かい話だけと、マスター登録するところで「側頭部を掴んで」となっているのに、そのあとに、起動したオートマトンが「数歩歩いて」というので、位置関係が少しおかしい気がするわ。主人公が自爆モードが停止してほっとして、後退ったとかの描写を入れた方がわかりやすいわね。

ギャグに関してだけど、故2代目桂枝雀師匠が、「笑いは緊張と緩和」と言っていたわ。
緊張したところで緩和するから笑いが生まれるってこと。でも、緊張が過ぎればつまらない。緩和が過ぎればしょうもない。その塩梅が難しいということも言っていたわ。
今回の話は、自爆という緊張の場面から、カウントのワープという緩和がとてもよかった。
でも、序盤から少し緊張感を作っておけば、もっと面白いと思うわ。
最深部に到着したという描写をしっかりすることや、オートマトンを見つけた喜びをもう少し表現するとか。ちょっと、簡単に書きすぎていて、残念だったかな?

前述した同じ理由で、オチになるオートマトンちゃんの台詞の前に、もう少し間を取ったほうが、台詞のおかしさが際立つわ。
俺をマスターに認証したのか。まあ、オートマトンのマスターってのも、悪くないな。くくく、大貴族でもそうはいないぜ。
――と言った感じね。

オチのところは、好みだけど、「これ、置いて帰ろうか」が最後の方がいいかな?
「アタシ(中略)ナンバーワン」
オートマトンだぞ? 技術の粋を集めた。まったく、技術者って言うのは、いつの時代も変態の童貞野郎だな!
「マスターの未使用チンポにロックオン」
……これ、置いて帰ろうかな。
――といった感じ。

いかがでしたか? 私の感想。次の創作の役に立てばいいな。
それじゃあ、またの投稿を楽しみにしています。

405 名無しさん :2017/04/08(土) 18:42:08 ID:N/RzdYq60
>>403です
リャナンシーちゃん、感想ありがとうございました。
読み返したつもりでも抜けている部分があって反省です。
名前とか側頭部の件はとくに。

感想とは別件なのですがテキストで文章を書き、
頭文字を1字開けても、投稿すると1字開けていない状態に戻ってしまいます。
方法がわからないので投稿してから頭文字を1字1字開けているのですが
非常に面倒な作業で……
どうやれば1字開けたまま投稿できるのでしょうか?
教えてください。

406 名無しさん :2017/04/10(月) 21:26:53 ID:jktIdW3s0
最近顔を出していなかったけど、何か色々あったみたいだね(。。
批評するしないとか、特定の人だけがSSをするとかはあまり気にならないかなあ(。。

「自分の書きたい内容を長い文章に表わしづらい」「気軽に話を投稿したい」

そういう人が集まってワイワイ楽しめたらそれでいいんじゃないかなぁ。
ほんわかスレ推奨だし?(_’
批評って言葉が気になるって人は、「感想」とか「お直しポイント♪」に置き換えてみたら、ほんわかするんじゃないかなぁ(。。

てことで、また気が向いたら顔を出すね(。。

407 名無しさん :2017/04/11(火) 17:02:54 ID:/XBVv1qk0
>>406同意。というわけで投稿。リャナンシーちゃんに感想希望。

『おはようございます。本日のニュースは――』

 うるさいラジオをそのままに、俺は横で眠る嫁に抱きついた。
 さっきまですぅすぅと寝息をたてていた嫁の眼がぱちくりと開いた。
 形部狸特有の眼がキッと細くなる。

「……暑い」
「もっと暑い朝のホットミルクなんてどうかな?」
 
 嫁の股に朝立ちチンポを押し当てた。
 すると、どこから取り出したのかオナホールが顔に押し付けられる。

「暑い、いうとるんや、コレで抜けばええやろ」
「まだ結婚して間もないのに邪見にされるとはこれ如何に」
「税込みニ千三百な」
「え、ええ〜……ここなら無料でしょ?」

 嫁の股を手でなぞると、これまたどこから取り出したのかソロバンを顔面に叩きつけられた。かなり痛い。

「忘れとったわ。 ローション込みで四千八百な」
「嗅いませんので隅に行っていますよ」

 俺はゴロンと寝返りをうって嫁に背を向けた。
 嫁はため息を付き、気だるげに上半身を起こす。
 俺は視線だけ嫁に向けた。いつも裸で寝ている嫁の横乳が目に入った。
 ふるんと震えるおっぱいに朝立ちの息子が更に反応した。
 嫁はポリポリと頭を掻き、目覚まし時計を確認すると、大きな欠伸をして再び横になった。

「あー、だる……あんた、飯作るん面倒やから――」

 俺は再び寝返りをうち、嫁の尻に息子をあてがった。
 ふにふにした新妻お尻は心地いい。
 いや、経産婦の熟したお尻もいいけど。
 
「――なんでする流れになっとるんや?」
「いやぁ……息子が我慢できなくて」

 もみもみと背後から嫁の乳を揉む。お米が立ってるね、うん。
 これならアソコも……大丈夫だね、うん。
 嫁さんも機体してたんじゃん。嬉しいね。

「下の口から俺の朝ごはん、食べる?」
「あーあー、めんど……短めで」

 俺は嫁さんのおっぱい掴んだまま、後ろから息子を押し込んだ。
 濡れている嫁のアソコは驚くほど簡単に息子を受け入れる。

「おお、すんなり入った。気持ちいいよ」
「んッ……あんたの形になっとるんや、当たり前やろ?」

 そして俺と嫁は昼までチュッチュッした。

おしまい

408 名無しさん :2017/04/11(火) 19:41:21 ID:b77iBWhc0
>>407
新人リャナンシーです。今日も頑張って、微妙な感想を書いちゃいます。

形部狸さん、ツンデレだね。素直になればいいのに。でも、そんな狸さんがかわくもあるよね。

じゃあ、気になったところね。

最初の文を台詞にして、読者をつかむのは、定番中の定番な手法ね。
でも、それは、インパクトが必要だし、その後で台詞を解消しないと不満になっちゃうわ。
今回の場合だと、読者をつかむには台詞がちょっと弱いし、解消もぼんやりになっちゃっているわ。
でも、朝を描写するための道具として、ラジオニュースを使っているのはいいアイデアね。
残念に感じたのは、ラジオはずっとついてたの? タイマー機能でついたの? そのあたりを描写しないと、主人公が起きていたのか、目が覚めたのかが表現されずにいて、もったいないなーと思ったわ。
目覚まし代わりにタイマーセットしたうるさいラジオはそのままに――とすれば、主人公が目を覚ましてすぐに、嫁に抱きつきにいったのがわかりやすいわ。
そして、ラジオがここだけの使い捨てになっているから、宙に浮いている感じになっちゃっているのね。それが解消がぼんやりの原因ね。
だから、最後に――
『こんにちは。正午のニュースです』
俺の嫁の「短め」は半日だと理解した。
――とすれば、最初と最後をラジオニュースでまとめて、最初の一文が意味あるように感じて、すっきりすると思うの。
途中でも、ラジオの音声を上手く使えると面白くできる気がするけど、それは言わないでおくわ。

全体を通して、形部狸さんが素っ気ない印象が強いわ。だから、最後のセリフがちょっと突然な感じになっちゃっている気がするの。
一人称小説だから、主人公が経験したこと以外が書けない制限はあるけど、主人公の感情補正をかけれるわ。だから、主人公にちょっとウザいことを思わせて、最後のセリフへの助走をつけさせたらどうかなと思ったわ。
「こんなことを言いながら、本当は俺のが欲しいんだよね」とか「オナホの代金、お小遣いの少ない俺が払えないの知ってるくせに売りつけてきて、ミエミエだよ」とか。
素っ気ないのは恥ずかしがっているだけとか、そういうのを明確に意識させることで、素っ気ない言動を読者で脳内補正させればどうかなと思ったわ。

文章も読みやすくて上手いから、多分、結構、書き慣れている作家さんだと思う。
そう感じるから、余計にあとひと手間ほしいと思っちゃうんだよね。読者って勝手よね。

もっとも、このあたりのレベルになると、好みが強く反映されるのよね。でも、感想ってことで、ご勘弁ください。

それじゃあ、ありがとうございました。また、投稿してくださいね。

409 名無しさん :2017/04/11(火) 19:50:47 ID:WCL278e.0
ふと、思った(_’
批評(感想・修正ポイント♪など)の辛口具合で誰に頼むかを変えるのはいいのだろうか(。。


甘口(ほめて伸ばすタイプ):ホルスタウルス
中辛(普通。良いところも悪いところも):リャナンシー
辛口(作家的に一歩踏み込んで):バフォメット

いや。
「文章大好きなリャナンシーに辛口の感想を言わせるのは嫌なんだー!」とかそう言うのでなければ今まで通りでいいのかなと思うけど(。。
感想言ってるリャナンシーちゃんたちに聞いてみて上手くいくなら、役割分担もありかなってぐらい(。。

410 名無しさん :2017/04/11(火) 20:50:27 ID:/XBVv1qk0
>>408リャナンシーちゃん、ありがとうございます。
かなり即興で書いた分にここまで感想もらえるとは思いませんでした。
本当にありがとう。指摘された分をふまえて書き直してみようと思います。
長くなりそうなら投稿所かな。

追伸:関西出身の友人に聞いてみたところ
「んッ……あんたの形になっとるんや、当たり前やろ?」の文は
「んッ……あんたの形になっとんの、当たり前やろ?」だそうな。
エセ関西弁で申し訳ないです。

>>409いいですね。辛口はドラゴンさん、人虎さんもいけそうな気がする。
甘口は抱擁系の魔物娘は鉄板かな。

411 名無しさん :2017/04/12(水) 03:09:36 ID:HdAH7Oy.0
なんつーか、そういう内容の問題じゃない。

本当に色分けが必要なのは、批評の内容の色分けじゃなくて、スレの主目的の投稿された作品と、
それに付随であるはずの感想や批評なんじゃね?
不満が噴出した大元はその辺りなんで。

もともと機能的に不向きな掲示板で無理して作品投稿の場として使っている訳で。
機能的な余裕が無い所に、その辺りを遠慮しない作品並の規模の批評が好き放題に放り込まれれば
あっという間にあの様です。

批評部分を新規スレに分離する案もその辺りで出ていた訳で。

色々アイディアを出されているようですが、その前に本末転倒をなんとか制限しておかないと、ま
たまともに機能しなくなり不満が出ますよ。


スレが立てられた目的に沿った主従・優先度を明確にして、あくまで従でしかない批評が本来の主
である筈の作品を邪魔しないように、量的な制限をかけるなりなんなり。
また「作品」、「感想・批評」と、投降内容の種別を名前欄に記入するなどして区別を図るなど。
(種別は、覚的な差別化効果を期待して、文字数も変える)

412 名無しさん :2017/04/12(水) 12:29:44 ID:FDpBvZm.O
「おはようございます♪」
「ひゃあっ!?」

ひたり、首筋に当たる冷たい感触で、僕は目を覚ました。
目を開けると、美しい銀髪の少女の微笑みが僕の事を見下ろしていた。
首筋に触れた手から伝わる冷たい体温は彼女がゆきおんなという魔物である事を伝えてくれる。

「ふふ。今日は休みですけれど、もうお昼ですよ」
「え。もうそんな時間?」
「昨日はいっぱい頑張りましたからね。お疲れなのかも知れません」
「はは……たしかに」
「ふふ。昨日はとっても気持ち良かったですよ」

しゅるり。
青の着物の衣擦れを聞きながら、彼女の笑う姿を見る。
思わず僕もつられて笑ってしまった。

「今日の朝食は何かな?」
「昼食でもありますから……冷やし中華にいたしましょうか」
「もう、売ってるんだね」
「ええ、もう暖かい頃ですから……冷やし中華、お嫌いですか?」
「いや、好物だよ」

相槌をつくと、窓越しに日の光が目に入る。
昼頃の暖かい太陽の熱が、ぽかぽかと体を温めてくれた。

「今日は、天気もよろしいですし。お買い物に行ってもよろしいですか?」
「ああ、僕もついてくよ。荷物持ち位にはなるかもしれないし」

つるつると冷やし中華をすすりながら、のんびりと話をする。
ちょっと時期が早いけれど、甘酸っぱい自家製のタレのついた彼女の冷やし中華はやっぱり絶品だ。
「帰りに、公園に行こう。きっと桜が見頃だ」
「ええ。楽しみですね」

春うららかなその日。
僕は、彼女と居る幸せを噛みしめていた。

413 名無しさん :2017/04/12(水) 13:35:07 ID:pRWaUos60
>>411作品の邪魔なので雑談スレで議論して下さいね。

414 名無しさん :2017/04/12(水) 21:27:19 ID:vaId7MO60
どのやり方がいいのかはわからんし、別スレ立てたほうがいいと思う人は感想専用のスレを立ててみたらいいと思う(_’
それはさておき、SS投下(。。

--------

チャイムの音が聞こえた。
授業が始まるかと思って顔を上げると、夕日に照らされた黒板が目に入った。
どうやら終礼で力尽きてそのまま寝てしまっていたらしい。
窓の外からは、グラウンドで響く運動部の声が聞こえてくる。
トロンボーンの音も聞こえてくる。
吹奏楽部の誰かが一人で残って練習しているのだろう。

きっと今日も彼女は屋上に居る。
そう思って、鞄を手に取り立ち上がった。

屋上には夕日に照らされたセーラー服の少女がグラウンドを見下ろしていた。
特別性に改造された袖からは鳥の翼が見えている。
何をするでもなく、彼女はただ屋上に立っていた。

「何か見えるか?」

問いかけた声に反応して彼女が振り向く。

「特に何も。強いて言うなら、学校の音が聞こえてくる」

彼女は目を閉じたまま退屈そうに返してきた。
彼女はセイレーンの同級生。
彼女は学内ではかなりの有名人だ。
奇人変人な天才肌という意味で。

種族柄、音楽に関して人一番敏感だったのだろう。
彼女は音だけを楽しみたかったらしい。
だから、彼女は自分の目をつぶした。
人も魔物も多くの場合、目から入ってくる情報を軸に生活している。
彼女にはそれが耐えられなかったそうだ。
よくわからない話だ。

「歌わないのか?」
「歌にふさわしい音が私の中から出てきたら、歌う」

こちらに背を向けて彼女はまたグラウンドを見下ろす。
何も見えるはずがないのに。
彼女は学校の音を聞いているらしいけど。
わざわざこんなところに来なくてもグラウンドに行けば聞こえるのに。
そう尋ねた時、彼女はこう返してきた。

「ここがいい」

訳がわからない。
ついでに言えば彼女に付き合って屋上でグラウンドを見下ろしている自分自身も、訳がわからない。

「良い音に出会えたらいいな」
「今のところは順調に進んでる」
「そうか」
「そう」

何が順調なのかは全くわからない。
聞いても答えてくれない。
けれど今日も日が落ちるまで、彼女の隣で立っているだろう。

「頑張れよ」
「大丈夫。まだ時間はある」
「そうなのか」
「誰かが転校でもしない限り」

誰が転校するんだか。
ため息をついてグラウンドを見下ろし、ふと視線を感じて彼女を見る。
目が見えないはずの彼女がこちらを向いていた。
見ることを拒絶した彼女が、わざわざこちらに顔を向けていた。

「それで、何の歌を歌うつもりなんだ」

少し気恥ずかしくなって、話を逸らそうとした。
彼女は微かに音を立てて笑った。

「内緒」
「なんでだよ」
「じゃあ話す」
「どっちだよ」

彼女はますます上機嫌になったようで、クスクスと笑う。

「私が歌いたい歌は」

魔法を唱えるように。
あるいは舞台の上に立つ主演女優の様に。
彼女は笑った。

「学生の恋だよ」

415 名無しさん :2017/04/13(木) 18:31:01 ID:gi19BMTI0
>>414
色々とドラマが想像できて、その場の空気が感じられるよい作品ですね。
こういうお話、好きだな。

416 名無しさん :2017/04/22(土) 20:32:13 ID:.8aAAyB20
種まきにSS……じゃなくて詩まがいのものを一つ。

 ☆

あなたを見つめてみたい。
あなたを見つめていたい。
あなたに見つめられたい。
あなたと見つめ合っていたい。

あなたがこの視線に晒されたなら。
きっとあなたは私に夢中になる。
私がこの視線に晒されたなら。
きっとあなたに夢中になる。

あなたが好きって私の本音。
それを仮面は覆い隠す。
あなたへ向ける熱い視線。
それも仮面は覆い隠す。

ねえ。
胸が苦しいよ。

あなたを見つめてみたい。
あなたを見つめていたい。
あなたに見つめられたい。
あなたと見つめ合っていたい。

417 名無しさん :2017/04/23(日) 18:03:35 ID:sYEwIfH2O
「192、193……」

一本、また一本。数えながらケーキにろうそくを立てていく。
手元のろうそくを確認する僕の目の前には、たくさんのろうそくが刺さってハリネズミのような姿になったケーキがわびしいたたずまいを示していた。
彼女の大好きな苺はは、乗せきらなかったため、外してしまっていた。

「そうじゃな……今度の誕生日には、儂の歳の数だけろうそくの刺さったケーキを見せて欲しいのじゃ」

脳裏に浮かぶのは、僕の大好きな人--永い時を生きたバフォメットの寂しそうな笑み。
その理由がほんの少しだけ、わかった気がした。

「出来たようじゃな」
「……はい」

全てのろうそくをさし終えた僕の後ろから、聞こえた声。
振り返ると、山羊の角を持った美しい魔物がそこには居た。

「お主には……このケーキは、どう見えた?」

普段の良く通る声とは違う、震える声の問い。
彼女の長い髪が、その表情を隠していた。

「……それは」
「そのケーキは、儂じゃよ。永い時を過ごし、歪みきった存在--最早火を付ける事も叶わぬ。さすれば、火柱となるだけじゃからな」

自嘲気味に、歯を見せて笑う彼女。
前髪の間から見えた瞳は、夕日を浴びて潤んでいた。

「お主には、儂の本当の姿を知って欲しかった。それだけじゃよ」

饒舌に語る彼女の姿は、どこまでも寂しそうに見えた。
だから、僕は。

「ケーキ、食べませんか?」

二人で、ケーキを食べることにした。
元々、彼女の大好きなケーキなのだ。ろうそくを立てた位で味は変わらない。

「今日は、半分こですよ」

ケーキに刺さったろうそくを抜いて、苺をのせる。
二つに切れば、スポンジとクリームが美しい断層を見せてくれた。

「ほら、おいしそうだ」

ポカンとする彼女を椅子に座らせて、ケーキを置く。
甘い、バニラビーンズの香りがあたりに満ちる。

「お主は、良いのか?」
「……ええ、味は変わりませんから」

一口含んで笑みを見せると、彼女も微笑んでくれて。

彼女の誕生日に、僕ははじめて彼女の笑みを見ることが出来た。

418 名無しさん :2017/04/23(日) 18:30:01 ID:sYEwIfH2O
「でやぁっ!」
「させるかぁっ!」

魔物たちによって禍々しくも栄える魔都、レスカティエ。
リリムから稲妻のごとく繰り出された腕を、私は左手で弾き飛ばす。

「隙ありっ!」
「っ!」

直後に死角となった右から繰り出されたヴァンパイアの蹴りを額で受ける。
衝撃で一瞬歪む視界に写るのは、リリムとヴァンパイア--そしてワイト、リッチ、ファラオにバフォメット。翼を広げるドラゴンであった。

「負けるか……!」

戦力は圧倒的。
勇者として鍛え上げた私だからこそ分かる絶望的な差。
しかし、それでも。
私は諦める訳には行かなかった。

「そのブーケは、私の物だあああっ!」
「こやつ、我を踏み台に!?」

私はサキュバスの翼を広げながら吼え、飛び立とうとしたドラゴンの翼を掴む。
視覚に頼らずとも、永い独身生活によって強化された魔物の嗅覚が私を支えてくれる。
ドラゴンを踏み台に跳躍してブーケに手をのばす。距離は完璧。あとコンマ数秒で私の手にブーケが握られる--!

「私を忘れるなよ?」

だが、届かない。
転移したリッチが私の手を弾いたのだ。
その顔には普段見せることの無い何かが宿っていた。

「そう、妾の物なのですか……」
「儂のなのじゃ!」

そして術者達の魔力にぶれる、ブーケの軌道。予想外な方向へと飛んだそれは。

「あ。あれ!?アタシ?」

たまたま参列したゲイザーの手にポトンと落ちたのだった。
崩れ落ちる私達。
レスカティエに置けるブーケトスの戦いは、意外な勝者で、幕を閉じたのだった。

419 名無しさん :2017/04/23(日) 20:25:12 ID:Fx/dRaxQ0
>>418
これは笑った
そして最後の勝者はゲイザーちゃんとは、やっぱりゲイザーちゃんは最高なんだな!

しかし>>417の『永い時』って表現に物悲しさがあるんだが
>>418では『永い独身生活』って……どんだけ独り身なんすかね、この元勇者さんw

420 名無しさん :2017/04/23(日) 21:07:53 ID:sYEwIfH2O
>>419
感想、ありがとうございました。
やはりゲイザーちゃんは可愛いなと……。

レスカティエだと未婚の男の人が少なそうですから、仕方ないのです。ええ。
魔物感覚で永い時を独身……彼女の本気を感じていただければ幸いです。

421 名無しさん :2017/04/26(水) 23:18:18 ID:znDHPvGE0
文章が書けなくなった。



プロポーズとは、カップルにとって一世一代の大イベントである。
相思相愛の男女が将来を誓い合う瞬間――それを素敵に飾りたいと思うのは、男女問わず当然なんじゃないだろうか。
そして、それを失敗させるわけにいかないと思うのも必然だと、僕は考えるわけである。

というわけで、実際に彼女に聞いてみることにした。

「君はどんなプロポーズが良い?」
「……それ、相手に聞くもの?」

呆れたような半眼でこちらをじっと見つめてきた。
流石はゲイザーだけあってすごく絵になってるな、なんて関心してると、彼女が深いため息をつく。

「キミってホント無頓着だよね、そういうの」
「あ、ため息吐いてるところ可愛い」
「なっ……! ほら、すぐそうやって変なこと言う……!」

ぷいと頬を赤らめてそっぽを向く彼女。
そういう仕草がいちいち可愛くて仕方ないのだけれど、言うとまた恥ずかしがるから、口に出さないでおこう。
……あんまりやりすぎると催眠でこっちに反撃してくるしね。

「でさ、プロポーズなんだけど」
「え、本気で言ってるの?」
「本気も本気」

そう僕が答えると、彼女は再び深いため息をついた。
それから小さく「プロポーズかぁ」と呟くと、唇に指を当て、天上に目を向けて。
しばらくそうした後に、ポツリ。

「……普通が良いかなぁ」

と、彼女が言った。

「普通?」

僕が聞き返すと、彼女は小さくうなずく。

「それは確かに、ロマンチックなシチュエーションに憧れたりもするけど……」
「けど?」
「キミとなら、違うんだ」

隣に座っていた彼女が、倒れ込むようにこっちに寄りかかってきて、目を閉じた。

「いつもと変わらずに言ってほしいの。結婚してって、当たり前みたいに。アタシと一緒にいるって……それが何でもないって風に」

いつもと変わらずに、当たり前みたいに。
それが、何でもないって風に。
もたれかかる彼女の体重を心地よく感じながら、彼女の言葉を反芻する。

ああもう、どうして彼女はそんなことを言うんだろうか。
僕の胸が痛いぐらいに高鳴ってしまっている。
ほんのちょっぴり、目頭も熱くなってしまったり。

彼女のことが大好きで。
愛おしくて。
彼女の愛に応えたくて。

こんなんじゃ普通な様子でプロポーズなんて、できっこないって。

「……聞いておいて、なんなんだけどさ」
「なぁに?」
「難しいよ、それ。君が好き過ぎて、今心臓バクッバクしてるもん」

それだけ言って、僕の方も目を閉じて彼女に寄り添った。

「じゃあ、プロポーズはまた今度だね」
「言えたらオッケーしてくれる?」
「しないなんて思うの?」
「ううん……ありがとう」

ドクンドクンと、熱い鼓動。
それから、トクントクンと、温かな鼓動。
僕らは二つのハートの音を聞きながら。
いつの間にか寝てしまうまで、静かに寄り添い合っていた。

422 名無しさん :2017/04/27(木) 13:12:21 ID:/OZKPPkQO
>>421
ゲイザーちゃんがとっても可愛いお話ですね。尊い。
普通の良さ、凄くありだと思います……。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ファイアーエムブレム 覚醒 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa