したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

東方設定相談所

1 幻想入りした名無しさん :2008/06/09(月) 22:59:32 ID:u9g2AwmU0
東方Projectの設定でわからないところや細かい解釈について相談するスレです。

◆ルール
①できるだけでいいので、自分で調べること
②答えてもらえなくても泣かない
③ぐぐれカスとか言わない
④自分の解釈を押し付けない
⑤このスレの内容を動画内でコメしない

とりあえず、ルールはこんな感じ
意見要望あれば追加の方向でよろしく

2 しがない作者 :2008/06/10(火) 00:08:57 ID:sNwGNtP60
スレ立て乙です。

ルールの追加を提案してみます。
⑥幻想入り作品自体への質問・相談等は、別スレが立っているのでそちらにどうぞ。
「作者の為の質問スレ」←これですね。沈んでしまった場合はURLをさらせばおk
あくまでも東方Projectそのものに関する質問・相談スレにしてもらえるとスレ重複にならずに済みます。

3 幻想入りした名無しさん :2008/06/10(火) 05:46:04 ID:sDoIrsWQ0
これはいいスレ

じゃあ俺から考察を頼みたい
妹紅、輝夜、永琳のような蓬莱人についてだけど
髪の毛一本でも残っていれば復活できる、という話があった
そんで、肉体が完全消滅した場合は魂情報から復活、だったかな

つまり記憶や意識は魂にある=魂こそ精神である
と言う解釈でおk?

あと、話がそれるが
妖怪は髪の毛程度じゃ復活しないっけ?肉片ぐらいは必要だっけ?

4 幻想入りした名無しさん :2008/06/10(火) 13:14:18 ID:B9jfxhag0
公式でははっきりしてないから、
自分の作品内で説得力のある描写をすれ。
残存エネルギー次第とかでいんじゃね。

5 幻想入りした名無しさん :2008/06/10(火) 14:15:55 ID:NgQJoEhA0
妖怪は五体をバラバラにされてもすぐ治癒するらしい
吸血鬼なら頭以外が吹き飛ぶ怪我を負っても一晩で元通りになるとか

しかしその設定を使って何をするのかちょっと不安なんだが……

6 幻想入りした名無しさん :2008/06/10(火) 17:00:34 ID:NfJFjCdQ0
>>5
気になっただけじゃね?とは思うが

レミリアは蝙蝠1匹分肉体が残ってれば数日で元通りになるとかあった気がする。

一応言うけど今、東方キャラを傷つけると荒れるから注意な。

7 幻想入りした名無しさん :2008/06/10(火) 18:54:42 ID:Rduv6wyE0
>>6
原作がちょっと怪我してる程度でしか戦ってないから、
殺し合いのレベルが嫌われるのは仕方ない。

東方キャラ同士でも傷を付けると荒れる可能性があるが、
オリキャラだとメアリー・スーでしかないしね。

8 幻想入りした名無しさん :2008/06/10(火) 21:23:58 ID:gQSrNJXM0
もことぐーやなら互いをボッコボコにしてても違和感は無さそうだけどね。

俺もわからない事があるから聞きたいんだが、弾幕ごっこの弾幕って一般人がぶち当たったらどうなるんだぜ?
ちょっと痛い程度で済むのか、重傷を負うのか、はたまた死ぬのか。

9 幻想入りした名無しさん :2008/06/10(火) 21:30:57 ID:NfJFjCdQ0
不慮の事故は覚悟しておく、と契約書?に書いてあるけど、
本来魅せる弾幕だからどうなんだろう。
ピチューン次第?実際、人外の力を持っているとは言え肉体的に霊夢も魔理沙も
人間の少女だと思うから、かすり傷とか、行っても気絶とかくらいかなぁ、と思ったりする。
だから一般人が食らっても気絶くらいじゃないかなぁ。
魔理沙は一部本気で殺しにかかってきてるけど。

10 幻想入りした名無しさん :2008/06/10(火) 21:37:55 ID:1dGz.LxA0
滅多にない展開だとは思うが
マスパやグングニルは食らって気絶で済むとは思えないな

11 幻想入りした名無しさん :2008/06/10(火) 22:29:41 ID:4CbYmkNI0
元々、必要以上に力を出さないようにする為の決闘ルールって名目だし
美しさを競うって内容から考えて、派手なだけってのも十分ありえる
夢は無いけどね

12 しがない作者 :2008/06/10(火) 22:41:40 ID:sNwGNtP60
本家ではそういう、弾幕で傷つくとか死ぬとかいう描写がないからわかりにくいですね。
二次創作では結構弾幕で重傷になってる展開がありますけど。
要は本家に準拠するならともかくとして、正確な情報が少ない以上は自分の判断でおk、
ということで良いと思います。やりすぎはもちろん厳禁ですが…

13 幻想入りした名無しさん :2008/06/10(火) 23:07:43 ID:Rduv6wyE0
パッチェさんは体力は並以下だと思うんだが、
それでもあまり傷は受けて無いしね。

発想の転換を行うと、頑丈さに関係なく、人間だろうが妖怪だろうが
ある程度のダメージがあるのかも知れない。
10の体力なら1食らうけど、1000の体力なら100食らう、みたいな。

14 幻想入りした名無しさん :2008/06/11(水) 00:59:03 ID:90E/PH.k0
せいぜい服が破れる程度だよな?

あと流れ断ち切るようで悪いんだが、外の世界のモノが流れ着くのってどこだっけ?
求聞史紀読み返してみたが今一分からなかった

15 幻想入りした名無しさん :2008/06/11(水) 01:06:11 ID:NGOuiVaUC
とある場所で弾幕ごっこのあとは回復するまでフラフラ状態になるみたいなのがあったな
怪我はするんじゃないか?質量のある攻撃もあるし

〜ここから勝手な俺設定ゾーン〜
弾幕ごっこの時はみんな特別製のお札を持っていて
お札の結界に攻撃が当たると消滅
ライフ数=残りのお札数
お札がなくなると生命エネルギーを失なって疲れる
というご都合主義な設定!!

16 幻想入りした名無しさん :2008/06/11(水) 03:01:44 ID:plICA8GU0
>>14
流れモノはマヨヒガじゃない?

>>15
個人的には面白いと思うが、異変の度にやってると思うと妙だよな。
霊夢、魔理沙は主人公補正と考えて、一般人だったら跡形もなく吹き飛ぶくらいでも楽しいと思うんだが。

17 幻想入りした名無しさん :2008/06/11(水) 03:15:11 ID:KF8Tiga.0
弾幕ごっこ自体が巫女を殺さずに戦う為のルールだから
殺してしまうのは幻想郷的にアウト

スポーツで勝敗を決めると言う現実世界より
進んだ紳士協定が普通に浸透してるという世界

現実で言い換えれば、国のパワーを経済や軍事力ではなく
スポーツで決めるっていう夢物語が現実化したようなもんだな

18 秘密の名無し :2008/06/11(水) 11:56:17 ID:RCb7jPys0
天狗が結界に穴あけて外のもの取り入れてるっていう噂も求聞史紀に書いてあったキガス

19 幻想入りした名無しさん :2008/06/11(水) 13:18:12 ID:oFwbYUUE0
>スペカルール
オレ解釈だけどスペカで戦うよ〜宣言後
バトルフィールド形成(BOSS戦は移動が止まるのはこの為)
RPGのようなHPが設定される
スペカの美しさ、火力の強弱によって命中時のダメージ決定
HP0になった方は動けなくなるぐらいにぐったり疲れる
基本的に怪我はしない(バンソコ表現はぶっ倒れて怪我した)

某YOU戯凹のノリじゃないかな
闇のスペルカードルールとかなら怪我しそうだなwww

20 <だが断る> :<だが断る>
<だが断る>

21 幻想入りした名無しさん :2008/06/11(水) 19:55:37 ID:kLVmPLAw0
弾幕ごっこ…ある程度の痛みはあるから気絶したりはありうるけど怪我はしないなんてご都合主義な設定にしてるなあ。
まあ完全にゲーム基準で考えた設定ですが。
怪我するなら妖々夢の咲夜VS妖夢戦の後なんてR18な流血具合になるだろ、と思ったりしたわけです。
本人が弾幕ごっこのつもりならナイフ刺そうが槍でブチ抜かれようが大丈夫、熱くなって「つもり」が無くなったら怪我するとか…

まあマイナー作者の戯言設定という事で…

22 幻想入りした名無しさん :2008/06/11(水) 20:19:12 ID:9jcqMszs0
>>14
旧三月精を読んだ限りでは、場所について特に決まりは無いみたいですね。
ただ、宙(そら)から落ちてくる物については、太古の物から未来の物まで
色々な物、特に珍しい物が多いようです。

また、十六夜の時には、月から落ちてきたものが見つかりやすいそうですよ。

23 幻想入りした名無しさん :2008/06/11(水) 20:52:40 ID:3X7Nc9Cw0
スペカルールを採用してる俺が通りますよ。とりあえず考察という名の俺設定を置いていきますね

前提条件
・弾幕が辺りに飛ばないよう、周囲にフィールドを形成。
・お互いに自身が傷付かないように結界なりバリアなりを纏っている。その強度=HPゲージ
・どちらかの結界が壊れた時点で試合終了
・スペルカードは結界を回復させる機能or自力で修復するための時間稼ぎという側面を持つ。

弾幕は?

殺傷能力あるよ!説
・やられると服だけボロボロって点に着目して、服にそんな感じの機能を付与してるっていう『バリアジャケット説』とかもいいかな?w

殺傷能力ないよ!説
・弾幕は概念的な攻撃で、肉体的ダメージは無し。精神が攻撃対象なので人間にも妖怪にもダメージを与えることが出来る

以上。お役に立てれば幸いですが、もしトンチンカンなこと言ってたら謝ります。
もし差し支えないようなら、試合形式とかの考察も投下していいですかね?

>>14
>>22も正しいけど、主としては無縁塚。ソースは東方香霖堂6話。

24 幻想入りした名無しさん :2008/06/12(木) 17:49:19 ID:cHUBn1BY0
>>23
俺もスペルカード採用してるぜ。
ところでみんなは弾幕ごっこ、スペルカードルールでの戦闘が誰にでもできると思うかい?

俺の個人的な意見を言わせてもらうと誰にでもできる。
スペルカードルールってのは妖怪と人との力の距離を縮めるような目的で作られたみたいだし。
それに求聞史紀に「比較的力の弱い人間も妖怪に勝負を挑むことが可能。」って書いてあった
もしこれが魔法使いとか蓬莱人とかいった人外の力を持つ人にしか使えないとかなってたら本末転倒じゃん?

25 幻想入りした名無しさん :2008/06/12(木) 18:23:20 ID:P4AbajQQ0
一番の理由は博麗の巫女の保護(正しくは妖怪が博麗の巫女と対等の立場に立つ為)
だったかと

人間も戦えるように云々は副次的な効果であって
幻想郷のスタンス的には戦えなくても問題ないはず
まあ、妖怪退治屋さんが居ない今となっては
弾幕ごっこで対抗するしかないのかもだが

26 幻想入りした名無しさん :2008/06/14(土) 02:10:06 ID:XvNA3B06C
とある場所で
「幻想郷に住んでいる人間は強いため、食用にはなりにくい」
的なことが書いてあった
人里の人間はただの妖怪なら撃退できるとのこと。
つまり人里に普通の妖怪より強い屈強な「漢」がいたんだよ!!
ΩΩ<な、なんだってー!?(AA略





(とかいって女の方が強いというオチがまってそうだ)

27 幻想入りした名無しさん :2008/06/14(土) 08:52:18 ID:wVXi3RMo0
妖怪の食生活は基本的に人間と変わらないんじゃなかったっけ
それに加えて人間も食べるってだけの話で。
食べる目的じゃなくても普通に気分で襲う事もあるんだろうけど

28 幻想入りした名無しさん :2008/06/14(土) 11:39:41 ID:AJQ81nMY0
妖怪は人間の養殖をやってるらしい(ぇー

29 幻想になりかけた名無し :2008/06/14(土) 17:12:12 ID:J8OTgs1g0
自分もちょっと聞きたいことがありまする。


道具の鑑定はコーリンに。
人間(例えば外来人)の能力については霊夢に鑑定(?)してもらう。(で、正しいのかな?)
だとしたら・・・

「道具に霊が宿ってて、その霊が能力を持ってる」
っていう場合は、コーリンか霊夢かどっちに鑑定を頼めばイイんでしょうか?

30 幻想入りした名無しさん :2008/06/14(土) 17:23:30 ID:AWXHozy.0
霊夢って力の鑑定なんかやってたか?
そもそも○○する程度の能力って勝手に名前つけてるだけだし・・・

道具本来の使い方が霊を使ったものであれば
(例えば霊のやどったこっくりさんツール一式)ならこーりん
霊が宿った上で”そういう道具である”と認識されてるアイテムなら
こーりんで問題なし

31 幻想入りした名無しさん :2008/06/14(土) 18:00:17 ID:tJ4spCss0
そもそも、何の外部的特徴が無い能力を、鑑定できる能力が無い人が見て
お前の能力は○○だなって分かる根本が微妙といわざるを得ない。
本人がその能力を見せたり、自称と称して語らない限り普通は分からないと思う、が・・・。

32 幻想入りした名無しさん :2008/06/14(土) 18:24:23 ID:TVXKvqh20
常識と非常識を分ける結界の一部でもあるから、
持ってる、持ってないくらいは判ると超理論を展開してみる。
……そうしないと次話が崩壊しそうだ、どうするよ俺。

33 幻想入りした名無しさん :2008/06/14(土) 23:18:36 ID:JT7VeB9c0
スペカルールの目的は巫女の保護じゃあない。むしろ逆だ。
巫女を倒すわけにはいかない幻想郷において、妖怪の存在意義がなくなることを防ぐために気軽に決闘することができるように、という理念で作られたルール。
これが制定されたことによって異変を起こす・決闘する・巫女を倒すことが気軽にできるようになった。

人間の扱いだけど、求聞史記を見る限り外来人は普通に食べられてるっぽいね。喰っちゃいけないのは幻想郷の人間だけなのかな。


霊夢の能力鑑定は幻想入りのローカルネタだから、好きにすればいいんじゃないかな?
個人的には紫の方が判りそうな気がするけどね。なんとなく。
ちなみに、こーりんに能力持ちアイテム見せても名前と用途(≠使い方)しか判んないので要注意〜

34 幻想入りした名無しさん :2008/06/15(日) 01:05:53 ID:OVS.3wTk0
ここにある考察とか、役立てるといいんじゃない。
多分、役立つ…と、思うんだけど…。
ttp://jiyugiga.hp.infoseek.co.jp/index.html

35 幻想入りした名無しさん :2008/06/15(日) 01:30:32 ID:WJkORAtM0
ちょっとした疑問ですが、
けーねの能力「歴史を食べる程度の能力」って
応用で人の記憶を消すことはできるんでしょうか?
里を隠すくらいはできるんだから・・・

36 幻想入りした名無しさん :2008/06/15(日) 02:12:40 ID:/YLSC12UC
>>35
歴史を食べるってのは隠蔽に過ぎない、
既存の歴史に「実際にはあったんだけど・・・」という項目を付け足すだけ
でも記憶は消せると思うよ、その代わりけーね以外の誰もその事柄がわからなくなるけど
だって記憶ではなく起こった事柄、事象を食ってるんだからね!!

37 幻想入りした名無しさん :2008/06/15(日) 09:09:55 ID:Ne1pbnAo0
横から失礼するが、けーねの能力について俺も聞きたい事がある。
>>36の言うように、「実際にはあったんだけど、無かった事にする」というのは。
具体的には結果としてどうなるんだろう?
例えば、「霊夢が紅魔館へ行った」という歴史を食べた場合は、
1.紅魔館へ行った事実が消える(紅魔館に居た時点で歴史を食べた場合、霊夢は神社に強制送還されて紅魔館側と霊夢側の記憶から霊夢が紅魔館に行ったという記憶が消える)
2.紅魔館へ行ったという意識が消える(紅魔館にいるのに、そこを紅魔館と認識出来なくなる)
のどっちになるんだろうか?

あと、歴史を創る能力の具体的な効果も知りたいんだぜ…。

38 幻想入りした名無しさん :2008/06/15(日) 09:15:07 ID:j2aLz9dE0
基本的に歴史ってのは今ある何かに影響を及ぼすものではないと思ってる
つまり以下みたいなもんかと勝手に考えている

・日本に今も天皇が居るのはGHQの政策で残されたからだよ!
・日本に今も天皇が居るのは日本人が頑張ったからだよ!
・日本に今も天皇が居るのは宇宙人の陰謀だよ!

後世の人はどれが正しいのか分からない、「歴史」による認識しか持ち得ないから
つまり捏造されても削除されても誰も気付かない、気付けない
そういう認識を弄る能力なんじゃないかと

ただし、AがBに移行した理由は弄れても
AがBに移行した事実は弄れない、現実の改変は出来ない、と思ってる
さすがにそれだと万能すぎる

39 幻想入りした名無しさん :2008/06/15(日) 12:38:20 ID:/VvmJ1KM0
永夜抄ではけーねが里の歴史を隠したけど、主人公達はそこに里があるということは知ってたよな?
もし記憶まで消せたとしたら里の危機(とけーねは思ってた)であめ以上それを使ってたと思うんだ

紫は能力についてまやかしだとか言ってたし、自分は歴史の証拠を見えなくする幻覚みたいな能力だと思ってる

40 幻想入りした名無しさん :2008/06/15(日) 15:30:29 ID:j2aLz9dE0
つまり認識を弄るタイプ、幻術に近いタイプの能力なのかもね

41 37 :2008/06/15(日) 15:41:16 ID:Ne1pbnAo0
ふむぅ、なんとなくは理解した。
そう考えるとすると、歴史を創る能力というのは無かった事を有ったように見せかけると考えたらいいのかな?

42 幻想入りした名無しさん :2008/06/15(日) 17:40:17 ID:U9jQ12vM0
歴史を創るってのは人によって大分見方が違うみたい
ある場所では歴史を創ることによって現在の物体の状態、
事象、事実を変えられるなんてのが主流だったりするんだけど(けーねやもこーがふた○りになったりする
ここの流れ、歴史を食べる能力から考えると歴史を創るってのは
「歴史(人の認識、常識など)に任意の事象を書き足す」って意味だと思うわ
つまり「この前地震があった」という項目に「かなり強い」を書き足して
「この前の地震はかなり強かった」と言う認識に変える。
説明ベタですまないがこんな感じだと思う

43 幻想入りした名無しさん :2008/06/15(日) 18:00:53 ID:i73K/bBs0
ちょいと質問なんですけど。
神奈子や諏訪子は実体(肉体)のある神霊なんですよね?
その肉体は元からある肉体に憑依したものなのか、
自分達で作り出した肉体なのかどっちなんすかね?
それともそれ以外ですか?

44 幻想入りした名無しさん :2008/06/15(日) 19:24:47 ID:E50OGEqA0
>>43
現状じゃ公式設定が薄すぎてどう予想した所で二次設定的にしかならないと思うよ
その辺の捉え方は個々人の自由でいいんじゃね
風緋対応の設定集マダー?

45 幻想入りした名無しさん :2008/06/16(月) 13:13:47 ID:NCOYTX/gC
曖昧な設定は触れちゃいかんよ
触れなくても面白いもん

46 幻想入りした名無しさん :2008/06/17(火) 10:42:02 ID:9PS8KE2Y0
美鈴の門番の仕事って24時間年中無休って訳じゃないよね?
流石に定期的に休みがあったり、定時になれば上がりとかだよね?

なんか二次創作とか見てたら、夜になっても門の所で寝てるのとかが多くて判断に困るんだぜ。

47 幻想入りした名無しさん :2008/06/17(火) 13:43:28 ID:MYCXkGZQ0
>>46
美鈴は紅魔館の門番の他に、庭の花畑の管理もやっている(文花帖)
24時間不眠不休門番だと当然管理なんて出来ないだろうから
意外と門番の時間はそんなに長くないのかもしれないね。
休みや上がり時間については不明。

48 幻想入りした名無しさん :2008/06/18(水) 21:02:25 ID:cE80htEk0
いやぁ……妖怪だしな
人間と同じ基準で労働条件やら体力やらを測る時点で間違っているかもしれないぜ

49 幻想入りした名無しさん :2008/06/18(水) 22:14:14 ID:HrDFeEpk0
案1
必殺1交代制ローテーション。
さすがに妖怪でも死ぬかと。
案2
〜紅魔館〜
開館時間 月ー金  10:00〜16:00
     土日祝日 10:00〜12:00
なんて看板があったらそれはそれで嫌だ。
案3
妖精が見張ってるときもある。
 このあたりが妥当じゃないかね。

50 幻想入りした名無しさん :2008/06/18(水) 23:08:31 ID:7dCtyZ0w0
>>49
妖精に門番が務まるとは思えないが・・・
求聞史紀にもメイド妖精は自分の服とかの管理で精一杯て書いてあったし

案4
美鈴が休んでいる時は咲夜さんが門番してるってのはどうか?
時間も操れるし

51 幻想入りした名無しさん :2008/06/18(水) 23:15:39 ID:32z9U7a60
しかし自分の服の管理で精一杯って相当⑨だよね…
チルノがメイドやってるようなもんか…

52 幻想入りした名無しさん :2008/06/18(水) 23:18:10 ID:cE80htEk0
実は夜は門番してないとかね
日が昇ってない間なんてどう考えても館内部のほうが危険……

53 幻想入りした名無しさん :2008/06/19(木) 17:14:06 ID:7RoRM.6cC
案5
実は門番焼くの妖怪がもう二~三人いる

案6
めーりんが休んでるときはパチェが使い魔を召喚して代用、侵入者が来たら叩き起こされる

案X
実は第二、第三のめーりんがいるんだよ!!
ΩΩ<な、なんだってー!?

54 幻想入りした名無しさん :2008/06/19(木) 19:50:32 ID:3nsiUEMw0
案7
実は門の前で寝泊りしている。
アレは居眠りじゃなくてガチ寝だったんだ!

それはおいといて。
美鈴の正体は、中国の黄龍。
最近麒麟に座を奪われて幻想郷に流れてきました。とか、妄想。

55 幻想入りした名無しさん :2008/06/19(木) 22:46:15 ID:Nas8gwR20
>>50
吸血鬼の妖気で強化されてるとか

56 幻想入りした名無しさん :2008/06/20(金) 03:57:46 ID:gjg6Wn/g0
美鈴よりも咲夜さんの方がハードワークな気がするんだ
昼は館の雑務全般で夜はレミリアの付き添い?
時間弄れるしどうにでもなるっちゃそうなんだけど

57 幻想入りした名無しさん :2008/06/20(金) 05:39:35 ID:9uDUgPAI0
時間とめれば、休む時間だって無限に取れるけど。
そうすると咲夜さんの時間だけが進むことになるんだよねぇ、
本来、不老でもない限り乱用しちゃいけない技術のような……

58 幻想入りした名無しさん :2008/06/20(金) 10:05:29 ID:68ZK84220
案8
昼夜問わず、半覚醒状態で(つまり半分寝ながら)門番を務めている。
侵入者の気、および館内の騒動を察知すると徐々に覚醒。門番モードに移行。
庭の管理は定時の仕事なので、ある時間帯はきちんと起きている。
シエスタは昼の休憩時間として咲夜さんに決めてもらっている。

59 幻想入りした名無しさん :2008/06/23(月) 05:24:03 ID:/cb4pXS60
>>57
周りから見れば咲夜だけ時間の進みが速いように見えるのか。
でも咲夜って「自分の時間」を止めて老化現象を停止させてる的な話を聞いた事が亜ある、2次設定かも知れないが。

60 幻想入りした名無しさん :2008/06/23(月) 19:19:46 ID:ZfAnuCgs0
夜中は普通に門番いないんじゃない?と思う今日この頃。
そもそも吸血鬼の館なんか門番いなくても恐ろしくて入ろうとは思わんよw
しかも夜ならなおさらだw

>>59
二次設定かと思われ。
というか、咲夜さんの老化ネタの元自体が文化帖の4コマなんだよな。
アレが公式設定かというと限りなく微妙だがw

それにしても、東方ほど一次設定と二次設定がごっちゃになってるゲームは無いな。
特に幻想入りは二次設定にどっぷりで、こんなの幻想郷じゃないよ!な作品が多すぎる。
俺はそれはそれと割り切って楽しんでるけどさ、せめて東方Wikiくらいは読もうぜ!

61 幻想入りした名無しさん :2008/06/23(月) 22:09:29 ID:bVfIEBC.0
いやいや、こうは考えられないだろうか。
間違って誰かが入ってしまわない様に、外の人のために見張っていると。
美鈴に勝てる。または塀を乗り越えて入る人は基本スルーなのでは。

62 幻想入りした名無しさん :2008/07/05(土) 09:04:54 ID:YE2qYSDc0
ふと思ったのは
幻想郷最速といわれる文とか魔理沙の飛行速度はどれくらいだろうか?
速くとも135ノット(時速250km)ほどだと思うが…

63 幻想入りした名無しさん :2008/07/05(土) 09:22:32 ID:m6EWjS.w0
幻想郷内で時速という概念があるかどうか怪しいぜ!

最も早くどこそこへ到達できる人、って意味での最速だとすれば
瞬間速度よりも、持久力含みの考えになる
つまり魔理沙が幻想郷最速を名乗る可能性はあるわけですよ!

…いや、ないな…

64 幻想入りした名無しさん :2008/07/05(土) 09:55:24 ID:Q7yz7Azc0
弾幕アクションゲームのダッシュ速度くらい
ちょうど文も魔理沙も出場してるな

65 幻想入りした名無しさん :2008/07/05(土) 12:08:02 ID:YChi406MC
>>64
「幻想風靡」

66 幻想入りした名無しさん :2008/07/05(土) 12:27:18 ID:a9PhZ4QM0
吸血鬼は流水が弱点だというが実際に雨とか川に入ったらどうなるのだろう?
溶けるのか煎った豆みたいに火傷するのかそれとも
ダメージは無いがただ嫌なだけなのか

二次でよく見る光景だと雨に打たれても
嫌がってるだけとか動けなくなるくらいで見た感じダメージ無いよね
それとも精神的に「くる」ものがあるのかな

67 幻想入りした名無しさん :2008/07/05(土) 12:40:24 ID:Q7yz7Azc0
>>65
そーいえばそーだ。
てか、ゲーム画面は戦闘を表現したものであって、実際にああいう動きをしてるわけではない。
みたいなことを神主もいってたよな。
羽根で飛んでるわけじゃないだろうし数学的に速度を予想もできないだろーな。

とりあえず鳥の中でも速い燕を人間の大きさくらいだとすると時速500キロはでるな。

68 幻想入りした名無しさん :2008/07/05(土) 12:51:15 ID:dVbL1nw6C
そういえばゴキブリの速さをを人間の大きさで考えると時速200㌔ぐらいらしい

レミリアはCP9みたいな速さが似合う

69 幻想入りした名無しさん :2008/07/05(土) 13:05:33 ID:Q7yz7Azc0
>>66
文花帖にレミリア自身が自分の弱点を知らなかった記述がある。(いり豆だが)
流水もレミリア自身は何とも思って無くてもダメージを受ける可能性はある。
ただ実際にダメージを受けるものも、ただ嫌いなものも、全部まとめて「弱点」と
書いたかもしれない。(神主だからやりそう)

ここから予想だが、人間達の幻想が妖怪の力になるみたいな設定なわけだから、
吸血鬼らしさがないと吸血鬼として存在できない、よって弱点も人間達の想像通りで
流水で退治できる(死ぬ)んじゃね?
火傷か溶けるかは、よく知られてる映画かマンガかなんかの通りになるんじゃね。
俺はそういう死に方する吸血鬼を見たこと無いからわからんが。

70 幻想入りした名無しさん :2008/07/05(土) 20:15:31 ID:PAJnY/PM0
東方での吸血鬼がどうかはおいておくと
吸血鬼にとって流水は渡れないものであって弱点かどうかは微妙
どっちかってと特徴。しかも橋とか船で踏破できるとかいう話も。
東欧だったか中東だったかでは吸血鬼を水に沈める対処法が伝わってるそうだが
動けなくなるだけらしい。
いずれの言い伝えにも、直接的なダメージを与えられるという記述はないと思う。

キリスト教にとって流水は聖なるものだとか、
死亡確認が適切にできなかった時代の名残だとか
諸説ありすぎてどれが正しいと決めるのは難しい。
ここまだ長く書いておいてアレだが、
外れ過ぎない限り自分流解釈でおk。なはず。

71 幻想入りした名無しさん :2008/07/05(土) 23:32:41 ID:dCyZuCIg0
吸血鬼は流水を渡れないと聞いて前々から思っていたんだが、海って流水になるのかな?
潮の流れとかはあるけど、あれって海水が波打ってるだけじゃないのか、と思ったんだ。
そこはどうなんだろう?

72 幻想入りした名無しさん :2008/07/05(土) 23:59:25 ID:94RWKQkI0
一般的には海も流水っぽいね、けど船とか飛行機でどうにでもなると思う。

73 幻想入りした名無しさん :2008/07/06(日) 14:01:56 ID:YXjM7dqM0
科学的に動いてる空気は全て風と呼ぶ・・・
てことで動く水は全部流水・・・・?

74 幻想入りした名無しさん :2008/07/06(日) 17:59:44 ID:XWRhRp0o0
吸血鬼は涙を流さない
と言うネタが此処を見て思いついた、ありがとう

75 幻想入りした名無しさん :2008/07/06(日) 20:22:49 ID:JrD6ERk.0
妖々夢の幻想郷風土記で
「妖怪は定期的に外の人間を食料として浚っている」みたいなことが書かれてたけど
それって妖怪が幻想郷と外を行き来してるってことだよな?
これは紫みたいな能力で結界を通り抜けてるってこと? それとも博麗の巫女が開けたり閉じたりしてる?

76 幻想入りした名無しさん :2008/07/06(日) 20:24:28 ID:bXJPKOLI0
>>75
!?
それいい!ふしぎ!

77 幻想入りした名無しさん :2008/07/06(日) 21:13:25 ID:YcSVKiDk0
>>75ゆかりんが主犯なんだと思ってた。

78 幻想入りした名無しさん :2008/07/07(月) 00:39:40 ID:kG0yCiqc0
妖怪は幻想郷の外から入ってくるものなんだから、外に出るのも自由なのでは?
それとも、普通に幻想郷の博麗神社から外の神社に出てるとか。

79 幻想入りした名無しさん :2008/07/07(月) 01:15:24 ID:5dvjK32.0
嫌々妖夢、それあれだろ。
ゆかりんが生きる気の無い奴を拉致ってくる云々っていう奴だろ。

80 幻想入りした名無しさん :2008/07/07(月) 05:32:07 ID:sKyyXf8Q0
詳しい設定はおそらくないと思うのですが
(調べても分からなかったので)

紅魔館メンバーは
①紅霧異変の少し前(といっても5〜6年前くらい?)
②博麗大結界が張られる少し前(百数十年前)
③それ以外
のどの時期に来たのでしょうか?

詳しく分かる人はできれば教えてください
また、分からない人は勘でいいので番号で答えてくれると幸いです

81 幻想入りした名無しさん :2008/07/07(月) 08:26:04 ID:zFTlPKCQ0
>>79
それって態々紫が拉致ってるの?
ちょっとソース頼む

82 幻想入りした名無しさん :2008/07/07(月) 08:47:19 ID:Ghd6.WPU0
ttp://thwiki.info/?%B8%B8%C1%DB%B6%BF%C7%AF%C9%BD

とりあえず咲夜は最低でも60年前幻想郷にいなかったのは確実
レミリアは求聞史記で日本に来てどれくらいだっけ発言
※阿求は、吸血鬼異変より後にレミリア達が移転してきたと想像している
それ以外の情報は特に見つからなかった。

自分で移動できないただの物が幻想入りすることから見て
現実と幻想を分ける結界が物理的な距離を無効化する可能性がある。
海外の妖怪は、自分で日本のどこかにある幻想郷まで物理的に移動してきた
わけではないかもしれない。
だとすると日本に来てどれくらいだっけ発言したレミリアは博麗結界ができる
以前に物理的に日本に来たかもしれない……
神主はキャラにテキトーな会話をさせるので結局わからない。
でも何百年もじっとしてるのはレミリアらしくないような気がするから
幻想郷に来て早々紅霧異変を起こしたと思ってる。

83 幻想入りした名無しさん :2008/07/07(月) 10:18:32 ID:QHdaruPw0
フランは495年監禁されてたって事だから
紅魔メンバーは495年前にはすでに幻想郷に居たと思ってたんだけど違うの?

84 幻想入りした名無しさん :2008/07/07(月) 10:49:29 ID:Ghd6.WPU0
>>83
某神社も建物ごと来ただろ

85 幻想入りした名無しさん :2008/07/07(月) 11:05:02 ID:98ts3u6g0
>>83
それだと霊夢が495歳以上の妖怪ばばあになっちまうぞ

86 幻想入りした名無しさん :2008/07/07(月) 12:50:09 ID:krJwFQ9wC
>>83
あえて突っ込むが


495年監禁 じゃなくて

少なくとも495年以上生きているが、その生きてきた時間の殆どを地下室で幽閉されて過ごしている
だぜ

87 幻想入りした名無しさん :2008/07/10(木) 21:30:32 ID:0SnUFTGk0
レミリアが新月に幼女化するのって、二次設定だっけ?
一次設定だったら、ソースどこだったか教えて欲しい・・・

88 幻想入りした名無しさん :2008/07/10(木) 23:02:17 ID:xOR/i3WU0
初めて利いたわ

89 幻想入りした名無しさん :2008/07/11(金) 00:09:13 ID:BfRw5vHM0
>>87
二次っぽいな。東方Wikiのレミリアの項にあるが。
ソースまでは見つからんかった。

90 幻想入りした名無しさん :2008/07/11(金) 20:33:29 ID:Shti2RNI0
質問、
幻想郷で金属の産出って無かったよな・・・?
あったとしても妖怪の山くらいか?

91 幻想入りした名無しさん :2008/07/11(金) 23:53:30 ID:fs.jUJqg0
妖怪の山はあると思うなぁ
でも金属を加工する技術はニトリあたりの特定の妖怪しか持ってなさそう

そもそも石細工と木造ばっかだし
加工品が外から流れてくるからな

その気になれば幾らでも採掘できそうだけど

92 幻想入りした名無しさん :2008/07/15(火) 00:35:29 ID:92Qg7irU0
小麦粉→八雲家 春雨→虹川姉妹 って感じでよくメインとしてたたせる東方キャラがいるけどメインがないような幻想入りってどうだろうか?

93 幻想入りした名無しさん :2008/07/15(火) 00:49:45 ID:9bzSTzzY0
スレ違うと思うぜw

94 幻想入りした名無しさん :2008/07/15(火) 07:26:55 ID:92Qg7irU0
>>93
サーセン ;;

95 幻想入りした名無しさん :2008/07/17(木) 22:12:25 ID:HZh.Hudw0
>>91
一応あるんじゃないか?
そうでないと針やらナイフはあそこまで大量に流れてこないと思うんだけど
流石に精錬は山の方だろうけど加工なら錬金術を使えば出来ると思うし、香霖とか

96 幻想入りした名無しさん :2008/07/20(日) 22:48:39 ID:/cl6yhfMO
確かに三面以降のボスはマスパぶっ放しても負け立ち絵は衣装がぼろっちくなったりガーゼ貼ったりする程度で済んでるけど、
一、二面ボス(雛除く)及びもこたんは撃破したら消えるんだよな、あれってどういうことなんだろ

97 幻想入りした名無しさん :2008/07/21(月) 02:53:24 ID:ajNC3DVE0
墜落してるとか。

98 幻想入りした名無しさん :2008/07/21(月) 13:22:01 ID:xXWsogqQ0
ところで、メイドの能力だけどさ。
時止めたら慣性で宇宙まで吹っ飛んでいくと思うんだがどうよ?

99 幻想入りした名無しさん :2008/07/21(月) 14:25:30 ID:KOBtkmuY0
あまりに力の差がありすぎてイラストで描けないくらい服がボロボロになっているのかもしれない

100 幻想入りした名無しさん :2008/07/22(火) 09:43:52 ID:z2HF2rlA0
>>98
「時を止める」という行為がつまりどういう事なのかが分からないとそこら辺分からないな。
でも、ある程度推測はできるかな?
『「時を止めて」自分だけが自由に行動できる。』ってのが一番重要なヒントかも、
それはつまり、
・「時を止めた」からといって、その間の移動が時速∞という訳では無い?
(そんな速度で移動したら全宇宙滅ぼしてお釣りが来る程のエネルギーが発生しちゃう)
・その間掃除ができる事から、光までストップしている訳では無い?
(光レベルの物までストップしてしまうと、光が眼に入って来ないので何も見えなくなる)
・動かす物と動かさない物の細かい能力の使い分けが可能?
(自分の体以外の服やナイフ、周囲の空気の固定は解けるのかな)
・fps的な、時間が小刻みに連なる独特の物理法則が幻想郷には存在する?
(それならばその隙間に入り込んで空間を編集できるのでは?)
・言葉の概念的な、自分のイメージする「時間コントロール」を感覚的に実行している?
(「この力を使うとこうなるイメージ」を現実に投影している?)

っと、長々と持論を展開してみた。
個人的には一番最後の解釈が気に入ってます。

101 幻想入りした名無しさん :2008/07/22(火) 12:04:00 ID:1Jc5l.2E0
>>100
> ・動かす物と動かさない物の細かい能力の使い分けが可能?
> (自分の体以外の服やナイフ、周囲の空気の固定は解けるのかな)
緋想天の「マジックスターソード」はナイフの時間だけ(?)を加速させて、攻撃力を上げてた筈。
ついでに、咲夜さんは「時を『加速』『減速』『停止』が出来る筈。
だから、時を止めてる間、自分にもある程度能力を使ってるんじゃないか?

> ・fps的な、時間が小刻みに連なる独特の物理法則が幻想郷には存在する?
> (それならばその隙間に入り込んで空間を編集できるのでは?)
紅魔館は咲夜さんの能力で空間を広げてるから、それで合ってる気がする。

とりあえず、思った事を言ってみた。

102 幻想入りした名無しさん :2008/07/22(火) 16:51:42 ID:xmkatru20
話しきってすまないんだが、求聞史記に妖怪の山に結界穴を開けて
外の世界とつなげているらしいと書かれているんだが、これってちゃんとした設定ってある?
探しても、妖怪の山関係についてしっかり書いているとこないもんで。

103 幻想入りした名無しさん :2008/07/22(火) 16:54:22 ID:J0gfg5sw0
>>102
AQNが勝手に思ってるだけってレベルかと
でも技術レベルを見るに、何か交流はあるのかもしれない

104 幻想入りした名無しさん :2008/07/22(火) 18:25:14 ID:xmkatru20
>>103
うーむ、やっぱそんな感じなのかな?
うん、参考なったサンクス!

105 幻想入りした名無しさん :2008/07/22(火) 21:11:04 ID:qnBEzm7U0
質問&ageさせてもらいます。
チルノ(⑨やさるのではなくて、チルノ)について2点、
「公式見解なのか二次・三次設定なのか」「公式見解から導き出せる話か」どうか
確認の手助けをしてもらいたい。

1、チルノは、霧の湖とその近辺の自然を母体とした精霊である
2、「チルノが妖怪化している」という噂

いろいろ確認して回るうちに混乱してしまった。手助けがあると嬉しいです。

106 しがない作者 :2008/07/22(火) 21:26:22 ID:P2m6WnAc0
>>105
微力ながら返答させていただきますよ。

1について
精霊…というか妖精という設定は公式です。ただし「霧の湖周辺の」という点については言及されていなかった…はず。
母体という表現は、付近を縄張りにしている所からの派生設定でしょう。1.5次設定とでも呼びましょうか。

2について
チルノが妖怪化するという話は、花映塚にてそういった表現(というか言い回し)がありますね。
妖怪化自体は完全な2次設定だったはずです。妖怪になるとどうなるかということについても言及されていませんしね。

正直、漠然な回答で申し訳ない。だれか補完できる方、続きをお願いいたします…

ちなみに、ageるときはメール欄のsage指定を解除しなくてはいけませんよ。…といっても既にトップだから問題ないですね。

107 105 :2008/07/22(火) 22:34:59 ID:qnBEzm7U0
>>106 早ぇ!ありがとうございます。

1 そうそう、妖精でした。タイプミスです…。
 妖精ってのは大抵「付近の自然(よくある話だと大木とか)を母体に活動している」見解があるので。
 公式としての言及では無いんですか…でも推測できる範囲ということですね。

2 それだ、花映塚!自分でも出来る限りは調べなおしてみます。

まだまだ知っていることがあれば、教えていただけると幸いです。

108 幻想入りした名無しさん :2008/07/22(火) 23:04:15 ID:Of5epr4o0
1宇宙が誕生した時から冷気って言う概念はあるんだからチルノは最長寿とか言うMy脳内設定が・・・orz

2については四季様の単なる脅しだと思うなぁ。

109 幻想入りした名無しさん :2008/07/25(金) 08:10:33 ID:cISGEoWY0
>>108
宇宙の誕生と同時にチルノ発生とかスケールでかいなw
そこまで行くとチルノって宇宙の真理とか悟ってそうだ、それでいて
地球で妖精として暮らすのに道化を演じてるんですね、わかりま・・・せん・・・

110 105 :2008/07/25(金) 20:33:23 ID:Hs2HELUM0
>>108 脳内設定語られても…参考にはなりましたが。
>>109 宇宙の真理…あややが俺の嫁だってことだっけ?

皆ありがとう、どうやらプロットを一から作り直さなくても大丈夫みたいだ。
『チルノの母体は霧の湖周辺の自然』ってのは、二次設定に塗れた現状から察するに いけそうだ…
妖怪化は抜きにするとして、これでいってみよう。ありがとう!

111 幻想入りした名無しさん :2008/07/26(土) 10:57:35 ID:VwDqresQ0
質問です。

幻想卿にある博麗大結界についてです。

旧聞史記やwikiの記述には、百数十年前に張られた「常識の結界」であり、
外の世界の「常識」を幻想郷の「非常識」に、外の世界の「非常識」を幻想郷の「常識」
に置き、物理的なものではなく、論理的な結界だが非常に強力で、妖怪でも簡単に通ることができ
ない、と書かれています。

後、八代目阿弥の時代に外の人間が力を持ち始め、妖怪の存在を否定し始めた頃、
幻想郷は崩壊寸前だったと書かれていました。

ここからが自分の今のまとめた上での考えなんですが、
妖怪がほぼ否定された現代に、幻想郷内の妖怪が外の世界へ出たのだとしたら、
その妖怪は弾幕をだすことはおろか、そこに存在することすら危ういのでしょうか?
(現に否定し始めた人間が増加し始めたことにより幻想郷が一度崩壊しかけてますし・・。)
人の思想が妖怪に影響するのなら、現代のほぼ否定されてしまった外の世界では
わずかに信じてたりする人たちのおかげで外の世界側に存在できても、とても、じゃないけど
もともと根源的な部分の力しか出せないのではないでしょうか。
(天狗だったら空を飛べるとか、鬼だったら力が強いとか)

流石に↑のは極論だったかもしれませんが、結界により外の世界の「常識」を
幻想郷の「非常識」に、外の世界の「非常識」を幻想郷の「常識」
と分けたことも少しは影響が出てくるのではないかと思いました。
(外の世界では、弾幕が何も無いところから出てくるわけがない、というのが普通だと思います。)

正直結構危ういネタだと思ったので、自分で調べた結果の考えと、皆さんの
考えを比べなくては、と思い書き込みました。
間違ってる部分がありましたらどんどん言ってください。
というか、文章力なくてスミマセン・・・。

112 幻想入りした名無しさん :2008/07/26(土) 12:03:16 ID:gClTZMyk0
>>111
『常識/非常識の差異によって進入をはじく結界』とも解釈できそうですが。

結界の影響によって存在が危うくなる、ということでしょうか?
紫が張った結界の動きから考えるに、
確かに結界の外へも ある程度はその力を及ぼしていそうですが、
それで存在が危うくなるなら その前に幻想郷へ取り込まれてしまうのでは?

ちょっと無理がある理論だと思いますよ

113 幻想入りした名無しさん :2008/07/26(土) 17:04:31 ID:z.OvSVwY0
普通に外にも妖怪がいる、的な記述をどっかで何度も見たような

妖怪じゃないけど神や奇跡を起こす人間なら外にもいるよね
あと、フランドール一家も一応外出身だったような…
咲夜さんは別世界の数百年〜数千年は生きてる人間だったか
(AQN解釈を最大限に尊重するなら)
また、月の兎のような地球の外から来た妖怪もいる
それと、萃香は鬼の世界なるところから来てるらしい、どこだよって話だが
天人たちの世界、彼岸は幻想郷には含まれない(結界の外っぽい?)けど
普通に幻想郷と行き来できるし、力も失わないしな

どこまでが現実(外)で、どこまでが中(幻)なのかは凄く曖昧
だから論じるだけならできるけど結論は出ないと思う

114 幻想入りした名無しさん :2008/07/26(土) 19:32:58 ID:VwDqresQ0
>>112
お返事ありがとうございます。
ごめんなさい。よく考えてみたら、自分の最初の質問の仕方が間違ってたようなきがします。
博麗大結界について、というよりも結界内外での妖怪の存在のあり方、という
方が合ってるような気がしてきました。すみません。

>結界の影響によって存在が危うくなる、ということでしょうか?
すみません、一番誤解を生んだところでしたね。
そうでもあるのですが、自分の考えでは、あくまで妖怪は人の思想に存在が左右されていて、
信じてる者の数の割合で存在が強くなるものだと思っています。
結界によって存在が危うくなるというような紛らわしい書き方を
してしまいましたが割合的には、

信じてる人9:1結界の作用

ぐらいの割合で妖怪に作用しているんじゃないかと。

結界内では常に妖怪は人を襲っているし、人間もこれに対抗しているので常に
強いというイメージで妖怪はそこに存在してるんだと思っています。

しかし、隔離され妖怪が天下の幻想郷と違い、外の世界ではほぼ信じてる人間が
いないために、大変存在が気薄になってしまうか、力が出せないのではないかと思いました。

そこの外の世界と幻想郷の区分けも大結界がかねているのではないかと。

>それで存在が危うくなるなら その前に幻想郷へ取り込まれてしまうのでは?
そこは自分も、微妙な部分だなと思いました。
幻想郷に妖怪が流れ込んでくる時には死滅した後に流れてくるパターンも
ありますが、存在が危うくなったら幻と実体の結界の効果で自然と幻想郷へ
流れてきそうですよね・・。うーん。

>『常識/非常識の差異によって進入をはじく結界』とも解釈できそうですが。
もしこの考えの方が正しかったら自分の考えが根底から崩れますね・・・。
というか、こういう解釈もあるんだ、と思えました。
やっぱり独りよがりで考えずに答えを出さずに質問してよかったです。ありがとうございます!

>>113
あ、そうでしたね。
確かに、フランドール一家が外の世界でも弱いままというのは想像できませんねw
でも、外であんな館を建てるくらいですし、パチュリーあたりが館全体に結界でも張ってそうだけどとも思ったり。
AQNのはどうなんでしょうね、正直あれただのAQNの妄想なのかなあと思ってましたし。
月の都に関しては漫画版の儚月抄でゆかりんが
「月における月の都は地上での幻想郷と同じ関係にある」
と言ってます。
結界と同じようなことしているのかはよくわかりませんが、外の世界からは月の都には進入できないけど
(でも、アポロは進入したような言い回しだったけど・・)幻想郷からならロケットでも
いけるという理論で皆動いてる話でした。
ですので、月の都も同じように何かしら大結界と同じようなものを張って外の世界との
認識の干渉を受けないものではないかと考えました。・・・自分の考えを通すなら。

>どこまでが現実(外)で、どこまでが中(幻)なのかは凄く曖昧
 だから論じるだけならできるけど結論は出ないと思う
そうなんですよね、この話題は誰がどう捉えてもおかしくないようなネタなので
多分結論は出ないと思います。
ですが、ここで皆さんの意見を聞いて自分の考えをある程度までは全体が納得できる
考えまではもっていきたいと思いましたので。
ここに質問するまで、本など見ながら自分の中で勝手に解釈した部分がほとんどでし
たので考えが独りよがりになっていないかという不安を払拭させたいがためというのもありました。
こうして、考えを仰ってくれてすごく嬉しいです。

115 幻想入りした名無しさん :2008/07/27(日) 06:26:38 ID:k1lLWi/g0
ちょいとみなさんにお聞きしたい。

フランの「フォーオブアカインド」。
このスペカで出現する分身1体1体のスペック・・・と言うより生成方法についてです。


皆さんはどちらの方法でフランが分身を作っていると思いますか?


①能力分散 ※「10から1・1・1を形成(10は7に)」など

②影分身型 ※「10から10を3体形成(10は計4体)」など

参考までにお聞かせください

116 幻想入りした名無しさん :2008/07/27(日) 08:04:40 ID:dbqaukBg0
③四身分裂 ※「2.5・2.5・2.5・2.5」

レミリアの 蝙蝠「ヴァンパイアスウィープ」のような、
蝙蝠分裂の変形型かな?と。

117 幻想入りした名無しさん :2008/07/27(日) 08:34:05 ID:k1lLWi/g0
なるほど、そのパターンもあったか!
早い対応かなり感謝です!

118 幻想入りした名無しさん :2008/07/27(日) 15:23:50 ID:ua9t3yyI0
>>114
でも人の思想というか恐怖心や信仰心が妖怪&神様の存在の基盤になってるって考えは俺は同意したい。
幻想入りするのも恐怖心や信仰心が無くなった結果とも取れるし。

……人の記憶で存在するアレと組み合わせた話考えた上での自説という名の妄想だけどね。

119 幻想入りした名無しさん :2008/07/27(日) 16:34:06 ID:Gh8cNeigC
>>115
でもフランは吸血鬼兼魔法少女(紅魔郷についてる公式設定参照)だから、あるいはその分身も「魔法」の範疇でやってる事かもヨ
魔法の定義がわからんが

120 幻想入りした名無しさん :2008/07/27(日) 21:25:48 ID:byMahxNQ0
魔法使いは捨虫の魔法を習得すれば年を取らなくなるが
それを解除すれば年を取るのだろうか
それとも習得した時点でオートでかかり続け、解除は出来ないのか

みなさんの意見を聞きたい

121 幻想入りした名無しさん :2008/07/27(日) 21:52:55 ID:vFcdkiw60
魔法使いには若返りの魔法をかけ続ける者もいるそうなので(求聞史記より)
捨虫の魔法はオートであると考えた方が自然だと思います。

ただし、捨食の魔法が食事を魔力で補うものなので(同上)
捨虫の魔法も同様に考えると、魔力が完全に枯渇した時点で
一時的に解除される可能性はあると思います。
そのため、自身による解除も可能かと
解除する利点はあまり感じられませんが・・・

東方新参なもので細かい設定は把握できていませんが、
自分ではこのように解釈しています。

122 幻想入りした名無しさん :2008/08/03(日) 16:41:52 ID:kepmM.xE0
ちょっと気になるんだけど
咲夜さんって見た目日本人なのかな?

123 <だが断る> :<だが断る>
<だが断る>

124 幻想入りした名無しさん :2008/08/03(日) 19:52:51 ID:Ku/TobJQ0
>>122
銀髪で、結構スレンダーな感じもあるから
パッと見では日本人だと思わないかもしれないね。

出幻想でもしない限りはほとんど無意味なことかもしれないけど…。

125 幻想入りした名無しさん :2008/08/04(月) 01:59:24 ID:Jl8MKC.k0
>>122
咲夜さんが蓮子って言う説があってだな。

126 幻想入りした名無しさん :2008/08/04(月) 02:06:38 ID:LlvCsX0Q0
けーねは妖怪退治とかするんだろうか

127 幻想入りした名無しさん :2008/08/04(月) 07:05:15 ID:myPyiIbk0
>>122
是非kwsk!

128 幻想入りした名無しさん :2008/08/04(月) 07:37:12 ID:TXwimAls0
>>126
里の周辺で暴れてる妖怪がいたら追い払う、くらいなような気がする。
積極的に退治に打って出るようなイメージはあまり無いな。
その辺もっと詳しい人いたら頼む。

129 幻想入りした名無しさん :2008/08/04(月) 21:55:58 ID:yjBEkv9AO
新参です。捨虫の魔法というのは不老だけですか? それとも不老不死なのでしょうか?

130 幻想入りした名無しさん :2008/08/04(月) 22:22:42 ID:.L/LrSU60
捨虫の魔法は成長を止める魔法なので、不老だけ
求聞史紀に載ってるから読んでみるとヨロシ

131 幻想入りした名無しさん :2008/08/04(月) 22:23:58 ID:yjBEkv9AO
ありがとうございました。購入してみます。

132 幻想入りした名無しさん :2008/08/05(火) 00:18:45 ID:xnrruqaY0
質問だけれど、ウドンゲって、えーりんと輝夜が月の使者(=ウドンゲの同胞?)を
皆殺しにして逃亡したってこと知ってたっけ?

133 幻想入りした名無しさん :2008/08/05(火) 02:59:15 ID:rRriC3PA0
姫を迎える月の使者に、下っ端兵隊が参加できるかって言うのが微妙だが……

知らないんじゃなかったかなぁ、輝夜達が特に話たのでなければ、
月の人だってことすら知らずに居たはず。
でもそうなると展覧会で矛盾が出るか……

そもそも自分が裏切った仲間が殺されたからって何かするってのも筋違いだし
知ってても知らなくてもあまり変わらないのか?

結論:わからん。

134 幻想入りした名無しさん :2008/08/05(火) 08:45:52 ID:PP8HMASs0
>>132
知ってるって情報は今のところ無かった気がする

でも多分知ってると思う
ウドンゲの元飼い主は永琳探すの仕事だしそのくらいのことは聞いてそう
永琳達と3,40年ぐらい一緒にいて話したことないってのもなんか奇妙だし

まぁ自分の好きな方にとってもいいと思う

135 幻想入りした名無しさん :2008/08/05(火) 20:37:40 ID:JodPlZwM0
>>130
捨食と捨虫を両方覚えると見た目は人間でも体が魔力で駆動するようになる。
から=不老不死になるんじゃないの?
かつ、捨食覚えてないと捨虫が覚えられないみたいな。

136 130 :2008/08/05(火) 20:44:25 ID:w61DjR0k0
>>135
捨食 睡眠と食事が要らなくなる
捨虫 成長が止まる

だから、不死とは違うと思うんだけど
何か他に情報あったら代わりに書いてくれ

137 幻想入りした名無しさん :2008/08/05(火) 21:57:52 ID:PP8HMASs0
>>135
不死って体が粉々になるようなことがあっても生き返るみたいなことだから
不死は無いと思う
輝夜達が不死なのは魂が本体になってるからだし、それくらいのこと
しないと不死にはなれないような気がする
>>136
睡眠要らなくなるのって捨食ではないような……

138 幻想入りした名無しさん :2008/08/05(火) 22:13:20 ID:JodPlZwM0
成長が止まるということは老化しないわけで、老化しないということは細胞が死なない(無限に再生する)わけで、つまり死なないになるわけかなぁと。
いやまあ、チェキ空の方に不老不死って書いてあったんで過大解釈しただけっすけどねw

139 幻想入りした名無しさん :2008/08/08(金) 09:04:20 ID:N3cL5/NI0
死=生命活動の停止=魔力サイクルの停止ってなるとすれば。
魔力によって体を維持してるだけじゃ、不死にはならないってことかね。

世界のサイクルから自分を切り離して、自己完結させることによる不老化と、
世界の一部に自分を縛り付けて、世界に存在することを義務付ける不死化ってね。

140 幻想入りした名無しさん :2008/08/08(金) 21:53:52 ID:fr40cKBE0
ウィキペディア見てきたんだけど、こーりんが巫女服作ってるらしいけど
つまり、ワキはこーりんの趣味による産物なのだろうか?

141 幻想入りした名無しさん :2008/08/09(土) 02:09:06 ID:bX21MPY20
霊夢と早苗さんのオーダーかもしれんから迂闊な判断は出来んなwww

142 幻想入りした名無しさん :2008/08/13(水) 10:32:52 ID:aolsAA/s0
ちょいと質問を。
スペルカード、あれって
「常にそこにあって、携帯しているもの」なのか、
「必要なときに(霊力等で)出現させているもの」なのか、
どっちでしょうか。

143 幻想入りした名無しさん :2008/08/13(水) 12:27:39 ID:eH6Dqgn20
萃香はパンツの中から出してたな

144 幻想入りした名無しさん :2008/08/13(水) 13:50:06 ID:19O7kk8Q0
すいむそうだと取り出す動作があるよな
元からあるものと考えていいんジャマイカ?カード自体に特別な何かっていうのはなかった気がする

145 名無しの視聴者 :2008/08/13(水) 22:21:25 ID:HVPqldJc0
日用雑貨扱いでこーりんが売ってたらおもしろいなw

146 幻想入りした名無しさん :2008/08/14(木) 00:14:54 ID:7UC6S7.20
いちおう誓約書の意味合いもあるらしいから、
どこかで公式にブランクカードが発行されてたりして。

147 幻想入りした名無しさん :2008/08/14(木) 03:21:27 ID:mSwtnWEg0
OK。回答感謝します。
一応、モノとしてそこにある、って解釈でいかせてもらいます。

148 幻想入りした名無しさん :2008/08/15(金) 19:08:44 ID:9Hl8gisc0
永遠亭エリアに群生している竹の種類って何でしょうか
解る方どうかご教示下さいませ

149 幻想入りした名無しさん :2008/08/15(金) 20:33:59 ID:ihjQ/qC20
>>148
モチーフの竹取物語では、日本固有種の真竹という説が濃厚らしい

150 幻想入りした名無しさん :2008/08/18(月) 13:43:51 ID:ClpGIeII0
人間の里って、結構時代劇村みたいな感じで書かれること多いけど、
里の文化レベルってどれくらいなんでしょう?
個人的には、結界が張られたときには明治時代だったらしいし、外の
物も入ってくることもあるみたいだから、少しは文化レベル高くて
もいいんじゃないかと思ってますがどうでしょう?

151 幻想入りした名無しさん :2008/08/18(月) 15:55:22 ID:qJLtMcGc0
求聞史紀のイラスト見てみると時代はよくわからない感じ。
色々な時代がごちゃ混ぜになって、基本和風ってところ。
東方キャラの服装からも想像できるけど、
幻想入りでたまにある『服装をみれば外来人だと一発でわかる』なんてことはなさそうなんだよね。
『実は発電所がすでに作られてました』なんてレベルまでいかなければ近代的でもアリかなと思う。
現代人が陸の孤島でサバイバル集落作ったようなイメージっていうか。

152 幻想入りした名無しさん :2008/08/20(水) 01:31:17 ID:aXjG8WAo0
イラストを見つつ時代背景を考えると、文化レベルはおそらく江戸末期あたりなんだと思う。
というか、地方の集落だったのがそこまで発展しているだけでもすごいけどな。
妖怪の山の持つ高い技術力は門外不出だし、
いかんせん人口も少ないから現代の日本に近いような近代化は無いと思ったほうが自然かな。
その代わり、魔法や妖術等の「非常識」の文化の方が発達してるんじゃないかと。


モノにもよるが流石にTシャツにジーンズ姿とかの人間は
幻想郷にはいない(妖怪はもしかするといるかもしれないけど)だろうし、
その他にもやたらと清潔だとか変なアクセサリつけてるだとかそんなところを見れば
外来人を看破するのは容易いはずだ。あと幻想入りカット。

153 幻想入りした名無しさん :2008/08/20(水) 08:05:10 ID:kEDvw/c20
外来人からの情報とかで、近代的な物に対する知識はそれなりにあるのかも。
でも、素材が無いから再現は出来なくて、見よう見まねで似たようなの作ってみたりとか。
古めかしいと思えば妙な所で近代的だったりとか、けっこうチグハグな文化になってそう。

154 幻想入りした名無しさん :2008/08/20(水) 11:42:22 ID:64emjXKs0
>>152
幻想郷の住民からしたらTシャツにジーンズの外来人がいても、
「あ、外来人だ」じゃなくて「里じゃ見ない服着てるから妖怪か外来人だな」だと思うぜ。
ブレザーとかブラウスのうどんげが里に来ても「ウサ耳の外来人だ」にはならんし。
里のイラスト見ても、普通に里の人間も清潔そうじゃね?
アクセサリも慧音とかレミリアの帽子と服の装飾みると別に珍しくなさそうじゃね?
「妖怪から買ったの?それとも森の入り口にある変な店?」とか思われそう。
あと常識的に考えてハゲてたら里の人間じゃないなんてことあるわけないだろw

155 幻想入りした名無しさん :2008/08/20(水) 13:37:03 ID:aXjG8WAo0
>>154
逆に言うと、月の兎のようなイレギュラーでない限りは、
現代の日本人のようなファッションをしているのはいないってことだ。
あとこれは蛇足だけど、
ウサ耳に加え紫色の腰まで届く髪と赤い目に兎の尻尾まであるうどんげは服装以前の問題だろう。
うどんげかわいいようどんげ

アクセサリはZUN帽とかフリフリじゃなく、腕にシルバーとかチェーーーーーンとかを言いたかった。

外来人そっくりの妖怪はもしかしたらいるかもしれないけどそこを追求すると悪魔の証明でgdgdなので、
現状出ていない以上は幻想郷にいないということで仮定する。
非常識の世界でそこまでカンペキに常識な存在はいないとも思うし。
それと石鹸を使って洗濯板で洗ったものと、合成洗剤を使って洗濯機で洗ったものは同じ「清潔」でも大分違う。
幻想入りカットはネタで言ったつもりなんだ(´・ω・`)スマナイ

以上も踏まえた上、求聞史記にも人里の人間である阿求が外来人について
「服装や髪型、言葉遣いなどに差はあるものの〜」
と述べていることから、その辺が一般的な外来人でさえあれば幻想郷の住人との区別くらいはきちんと付くと思う。

156 幻想入りした名無しさん :2008/08/20(水) 18:13:24 ID:k5ONMfy.0
つーか所詮幻想郷なんてメリーの夢でしかない以上、まともに論じるのも馬鹿らしいっていう。

157 幻想入りした名無しさん :2008/08/20(水) 19:14:00 ID:kV.UFNzE0
>>156
ついに禁忌に触れちまったな・・・お前・・・・・・

つってもホントに時代背景はバラバラだからな
草鞋とかは昔から作られてるけど、靴下とかストッキングって結構な技術必要じゃないか?
てかストッキングをはいてるキャラっていたっけ?

158 幻想入りした名無しさん :2008/08/20(水) 19:35:08 ID:aXjG8WAo0
>>157
そう言うお前が触ってるのはだな…。スルースキルと視野が足りないぜ。
お前が作者だったらその辺はきちんとしておかないといつか痛い目見るだろうし、そうでなくとも周りに迷惑だ。

それはそうと、靴下やストッキングを妖怪が着ていられるのはやっぱり山の妖怪の技術なのかなぁ。
或いはすでに幻想郷にもある程度流れ着いてるのかも。
そして香霖が作ったらしいあの腋巫女服はどんな材質なのだろうか…。
……是非とも資料に一着欲しいですな!

159 幻想入りした名無しさん :2008/08/20(水) 20:46:08 ID:64emjXKs0
魔法か妖術で作ってんじゃね。
超高エネルギーの発生源がゴロゴロしてるんだし
明治初期から何らかの発明があってもいいよな。
幽霊クーラーとかな。

160 幻想入りした名無しさん :2008/08/21(木) 11:41:48 ID:lTYFcz2g0
リグルの「蟲を操る程度の能力」で操る事の出来る蟲ってのは、所謂昆虫類だけなんだろうか?
それともミミズやらクモやらカタツムリみたいなのまで操れるんだろうか?

161 幻想入りした名無しさん :2008/08/21(木) 12:54:03 ID:dhCtP0V.0
さすがにそれは神主にしかわからんわ。

162 幻想入りした名無しさん :2008/08/21(木) 18:35:45 ID:7D2/4KEU0
>>160
蜘蛛や百足は操れるらしいから、虫ならおkだと思う
でも、カタツムリは無理かも
虫と呼ばれてはいるけど、巻貝だしアレ

163 150 :2008/08/22(金) 17:12:22 ID:3.iqJqm.0
いろいろと回答ありがとうございます。
結局よくわからなそうですね…。
とりあえず、見た目は江戸時代風に見えるけどちょこちょこと
幻想入りした近代の技術があって、その動力は電気ではなく
魔力や妖力で動いているという解釈で行こうと思います。

164 幻想入りした名無しさん :2008/08/22(金) 19:15:32 ID:eWvqpyig0
ってことはヤマメはリグルの配下ですね

165 幻想入りした名無しさん :2008/08/29(金) 03:50:12 ID:ueaWKfuQ0
いきなりなんだがレミリアのグングニルと咲夜の銀のナイフについてなんだが
グングニルの芯といえるものをレミリア自信が出力していて必中の概念だけを残してある。
咲夜の銀のナイフはグングニルを分解して作ったナイフで使用者の手元に戻る概念がこちらにある。
ってのはどうかなーて考えてみる。

あのナイフ時間止めて拾ってもきついものがある気がして・・・・


あと>>164俺が考えてる事としては蜘蛛から妖怪になったものではあるが
妖怪と呼べる程の力を持った時点で虫の域からは逸脱するのかも。

166 幻想入りした名無しさん :2008/08/29(金) 03:51:26 ID:ueaWKfuQ0
あ、追記。レミリアが銀を扱うってのも少しつらいものがあるかなーと

167 幻想入りした名無しさん :2008/08/29(金) 08:48:10 ID:LA851M4E0
それは何て言うか、単なる妄想だろ? 
自分の動画でしか使わないなら好きにすれば良いと思うけど。

個人的には、物拾いの為だけにそんな壮大な設定付け足されるとかなり白ける。

168 幻想入りした名無しさん :2008/08/29(金) 08:48:54 ID:eKAB36xg0
誤解してる人もいるかもしれないが、一応言うと
ゲーム画面は抽象的に戦闘を表現したものであって
実際の動きがああなってるわけじゃないんだぞ。
神主がそう言っている。
咲夜さんがあれほどの数のナイフを隠し持って投げてるわけじゃないんだよ。

169 幻想入りした名無しさん :2008/08/29(金) 18:58:56 ID:ueaWKfuQ0
>>167やっぱり〜する程度が基本の世界においてここまで設定をゴタゴタしてると
妄想って受け取られるか・・・・考え直すことにする。

>>168そういえばそうあったな。だから俺は戦闘継続的な感じで何か
リロードみたいなのが欲しいかなって思ったんだ。


意見ありがとう。

170 幻想入りした名無しさん :2008/08/29(金) 23:29:00 ID:E8gKwb2w0
>>168
誤解する人もいるかもしれないので、一応言うと、
儚月抄で咲夜さんは60本以上のナイフを投げていた。

171 幻想入りした名無しさん :2008/08/30(土) 01:31:03 ID:vxb/9r9Y0
>>170
お前の儚月抄にはゲーム画面が付いてるのか

172 幻想入りした名無しさん :2008/08/30(土) 02:59:39 ID:IxyF0XZs0
>>171
いや、そういうんじゃなくて
漫画版儚月抄の十四話で、60本以上のナイフを、どこからかだして攻撃してたから
東方の動画で、見た目何も持ってなさそうな咲夜さんが
いきなり大量のナイフを飛ばしてくる場面があっても、それは変なことじゃないんだよ
と言いたかった

漫画ならゲームと違って抽象的に描く必要が無い為
咲夜は実際に大量のナイフ投げをしている、という話です

173 幻想入りした名無しさん :2008/08/30(土) 11:20:37 ID:Pehi7qps0
>>172
一コマで60本あったなら何も言わないが、実際はせいぜい20本くらいだったりしないかな。
「時を止めて回収している」ってのを考慮すると、実際の本数は減る。

でもまあ、咲夜さんは空間をいじったりもするみたいだし
腰に四次元ポケットを携えているんだ!と言っても問題なさそうだから困る。

174 幻想入りした名無しさん :2008/08/30(土) 13:25:43 ID:IxyF0XZs0
>>173
一コマで60本以上出してます
ここで個人のHPの話しないほうがいいかもしれないけど
「チェキ空 儚月抄十四」でGoogleで検索すればわかります

175 幻想入りした名無しさん :2008/08/30(土) 14:08:06 ID:Pehi7qps0
>>174 なら何も言わないぜ。君が正しい。

176 幻想入りした名無しさん :2008/08/30(土) 18:54:26 ID:t9.Qk1W.0
弾幕としてのナイフ投げは他の弾幕と同じようにエネルギー弾的なので、
普通の投擲武器としてのナイフ投げは懐の空間を弄くって広い収納スペースを作ってあり、
そこから取り出して攻撃してるんだと思ってる。

そんなにたくさんのナイフをどこで手に入れてるの?と考えたところで
熱した銀をハンマーで打ってナイフを自作している作業服姿の咲夜さんを想像して一人で吹いた。
まあありえないがなw

177 幻想入りした名無しさん :2008/09/01(月) 00:26:08 ID:JrkwFyhE0
しつもーん
俺、永夜抄のエンドとか儚月抄は見てないんだが
妹紅って自分の不死という境遇についてどう思ってる?
「生きるって素晴らしい!」って感じなのか、輝夜がいなければ発狂してるって感じなのか
はっきり書かれてるのがあれば内容を教えて下さい

178 幻想入りした名無しさん :2008/09/01(月) 23:31:49 ID:x1A2pXHU0
>>177
永夜抄のキャラ設定.txtには
「生きているってなんて素晴らしいんだろう。」と思いきり書いてある。詳しくは自分で読むヨロシ。
少なくとも今の状況に悲観的ではないと判断してもいいだろうな。

179 幻想入りした名無しさん :2008/09/02(火) 10:04:26 ID:JLtMuH8I0
>>178
キャラ設定読んだ限りじゃ、悲観してないというか
輝夜と殺し殺されあう日常を得たことで、逆に生の充実を感じてるって印象だったな。
まぁ、多少の皮肉も入っての「生きているって素晴らしい」なんだろうけど。

180 幻想入りした名無しさん :2008/09/02(火) 12:13:34 ID:CBkVwRzs0
サンクス。
輝夜との殺し合いが生き甲斐になってるみたいだけど
不死の身体自体への悩みとかにはあまり触れてない?

181 幻想入りした名無しさん :2008/09/02(火) 17:27:56 ID:P.YliEUE0
何事も慣れですな。

182 幻想入りした名無しさん :2008/09/02(火) 19:18:59 ID:FbHGf6Bw0
>>180
あまり触れていない。
あえて不老不死に関係するところといえば、

私はあの薬を飲んだ時から生きていないのではないか。
生きる為に行動する事は意味が無い事ではないか。
私は何を目的に行動すればいいのか。

とか、

不老不死の恐怖は永遠の孤独。罪の意識にさいなまれる永い現実。
私が不安に思っている事、それは『宿敵が永遠に居なくなってしまう』事だ。

って思ってる。
一応、公式儚月抄公式HPに妹紅の話しが少し見れるから、見ておいたほうがいいかもね。

183 幻想入りした名無しさん :2008/09/02(火) 19:53:14 ID:CBkVwRzs0
儚月抄見てきた
取り合えずそれとみんなの話で分かった事で作品書き始めてみる
ありがとう

184 幻想入りした名無しさん :2008/09/07(日) 03:35:55 ID:b1KQHYQE0
神奈子と諏訪子の設定についてなんだが
アレは設定資料のエピソードとか見る限りでは
建御名方神と洩矢神でいいのかな?
オチが違うだけで
過程はほぼまんま日本神話と同じだと思う。

神奈子は建御名方神と八坂刀売神とが被るんだが・・・
早苗さんのスペルにもタケミナカタと八坂の神風があった気がするし。

185 幻想入りした名無しさん :2008/09/07(日) 19:32:52 ID:0AnKQ812C
>>184
設定資料が少ないですが、今の時点で八坂神奈子は184の言うとおり、
タケノミナカタと奥さんを合わせたものと考えて問題はないと思いますが
現時点では結論が出ない気もします 
これは風神組に限った事ではありませんが、作品に生かすならば料理の腕次第かと


ちなみに現地の場合、諏訪大社の神々自体、みな同じ名前で呼ばれ同一視される事が多い様です



穴や間違いあったらすんません

186 幻想入りした名無しさん :2008/09/07(日) 20:16:11 ID:B.hUD8WE0
あの辺りの信仰は、歴史が古いうえに重層化が激しいからよく分からないよな。
ミシャグジ様にしても、祟り神・水神・蛇神・性器信仰と様々なイメージが入り混じってるし。

187 184 :2008/09/10(水) 01:58:36 ID:.BVRjw0M0
偽の神の名を語ったって記述があったから
それによって同一視が増えたとかも考えられるかも・・・・

確かに洩矢神と建御名方神自体が混同されるってケースもあるしなあ。
確か元寇だっけ?あれの時の神風に諏訪の神が関わってるって伝承もあった気がするけど
それが洩矢神か建御名方神かはパッと調べただけでは分からなかった。
性器信仰・・・・オンb(アッー

情報サンクス!


後、死に誘う程度の能力と蓬莱の薬の不死性って確か設定上は
蓬莱人は殺せなかったよな。
俺としては死の方へ『誘う』に対して
蓬莱の薬は生の方へ『引き摺る』
ってことで命に直接関わる力の面で蓬莱の薬が優っている。
と解釈してみたんだがどうだろう。

188 幻想入りした名無しさん :2008/09/10(水) 11:28:20 ID:tIZ2xoX.0
魔理沙とアリスが、妹紅と戦った時に

アリス 「魔理沙には生きている様に見える?」
アリス 「私には死んでいる様に見える。 いや、生きていない様に見える、かな?」
妹紅  「もう、人を幽霊みたいに扱ってぇ。」
妹紅  「でも、殆ど正解だわ。 なかなかの幻視力ね。」
魔理沙 「肝好きってところか?」
妹紅  「実はね」
妹紅  「私には死が無いの」
妹紅  「死なないって事は、生きてもいない」
妹紅  「死と生という余計な状態が無くなり、純粋な人間に近い人間」
妹紅  「ある意味幽霊みたいなものかもね」

と言っていることから
『死という状態が無いから死に誘えない』
と俺は解釈しているんだが、どうだろうか。
まぁ、結局は個人の解釈に過ぎないんだが。

189 幻想入りした名無しさん :2008/09/10(水) 17:46:06 ID:7FLiEEGs0
確かボーダーオブライフの説明でも神主がそんな感じのこと言ってたな

生きていることを説明するには、死んでいるものが必要である。
だから、死なない生き物は存在し得ない。生きていなければ死ねないし、
死なない生き物は生きてもいない。
私は生命の実態を、この厚さ0の生死の境であると考える。

190 幻想入りした名無しさん :2008/09/11(木) 17:59:32 ID:ZUKyQ38Q0
全然進めれてないのですが・・4章ぐらいまで思いついていて(各章は大体12〜3話構成)

第2章目Bパートで『博霊霊夢の祖母』を考えているのですが・・流石に主要キャラの家計とかを作って出したら駄目でしょうか?

その他にも大分、幻想郷の歴史自体を考えたりしています。

191 幻想入りした名無しさん :2008/09/11(木) 18:10:16 ID:l89EJ0VE0
合計50話前後? 完結したら屈指の超大作だな…。途中で挫けずに頑張れよー

オリジナル設定は一次創作が曖昧な東方に重みを持たせるにはいいものだが、あまりに度が過ぎると物議を醸し出す諸刃の剣。
よほどストーリー上必要なことでないのなら削ったほうが風呂敷の大きさ的にも話の長さ的にも無難だと思うよ。

192 幻想入りした名無しさん :2008/09/11(木) 18:25:25 ID:WhjcaIT60
>>190
幻想郷年表
ttp://thwiki.info/?%B8%B8%C1%DB%B6%BF%C7%AF%C9%BD
ここで歴史の【考察】まとめがあるから参考にするといいかも
オリ設定については>>191と同意見

あと、博「麗」 霊夢な
誤変換しやすいから、辞書登録しといた方が吉

193 幻想入りした名無しさん :2008/09/12(金) 11:50:53 ID:IleNVwUc0
ご指導ありがとうございます。

ストーリ構成は      第2章Aパート
        
第1章―(最終話で分岐) 第2章Bパート―第3章―第4章の予定です。
             
             第2章Cパート

194 幻想入りした名無しさん :2008/09/12(金) 16:40:41 ID:FTfoDCTc0
>>190
作中や設定に居ないキャラが出ると凄い違和感があるな。
誰かは言わないけど、東方キャラの育ての父親とかあったけどありえないとしか思えなかった。
作者本人は真剣で真面目なんだろうけど、見る方はちょっとないわ…って感じ。
ノベルとして名前だけ出すような場合と、紙芝居でキャラ本人が出てくる場合でも印章は違うだろうけどねぇ。

やっぱりあんまり設定に改変を加えるのは止めた方が良いかもしれん。

195 幻想入りした名無しさん :2008/09/16(火) 00:47:43 ID:fZKzGuVA0
>>190
俺も上に同意見でガシッとした設定はきついものがあるかもなぁ。
基本東方は〜程度で構成されてる感があるからなぁ。

196 幻想入りした名無しさん :2008/09/17(水) 17:42:04 ID:0Fn3J9LI0
早苗さんって、諏訪子をなんて呼んでたっけ?
二次創作だとケロちゃん呼ばわりしてたりするけど、
それはさすがにないよな?

197 幻想入りした名無しさん :2008/09/17(水) 22:12:28 ID:Rww/A4og0
>>196
早苗が諏訪子を名前で呼んだことは無い。
そもそも早苗が諏訪子について会話するシーンが無い。

198 幻想入りした名無しさん :2008/09/17(水) 22:14:37 ID:L1szQ6bU0
>>196
プライベートでは諏訪子様、公式な場では洩矢様、とかじゃないかな?多分。

199 幻想入りした名無しさん :2008/09/17(水) 22:16:20 ID:L1szQ6bU0
あ、>>198はあくまで想像ね。
原作では>>197の言う通り、言及すらしてなかったと思う。

200 幻想入りした名無しさん :2008/09/17(水) 23:04:23 ID:w/x9vXVA0
というか、存在自体知らないんじゃぁ…。

201 幻想入りした名無しさん :2008/09/17(水) 23:39:21 ID:wa3c/xCg0
>>200
風神録txtに、早苗さんはなぜ自分の神社に二人の神様がいるか分かってないって書いてあるから、知らないと言うことはないよ。

202 幻想入りした名無しさん :2008/09/18(木) 00:19:17 ID:JUIByOaI0
よくわからない、ということか。
まあ、敬意は持ってるだろうから、苗字か名前に様付けかな。

みさえのほうは、八坂様でいいんだっけか?

203 幻想入りした名無しさん :2008/09/18(木) 00:28:47 ID:2FZ3HyzU0
俺もそれ迷ったわ。悩んだ末に諏訪子様にした俺ガイル
結局のところどっちでもいいんだけど、ケロちゃんはあまり堅苦しいのは好きじゃないような気がしたからなあ。

204 幻想入りした名無しさん :2008/09/18(木) 06:34:14 ID:6qs.hAsA0
>>202
風神録では八坂様と呼んでいて
地霊殿では神奈子様って呼んでた。

205 幻想入りした名無しさん :2008/09/19(金) 02:07:40 ID:oKPiWiRc0
ケロちゃんの遠い子孫が早苗さんだから身内、それも血の繋がった者を
苗字で呼ぶってのがしっくり来ないって理由で諏訪子様にした俺。
早苗さんは子孫てことは自覚してないけどケロちゃんは知ってるだろうしな。

206 幻想入りした名無しさん :2008/10/14(火) 21:47:47 ID:F4ZHy20g0
プリズムリバー3姉妹って、レイラのことどう思ってるんだっけ?
たしかレイラが他の姉妹の事を思った結果、生まれてきたんだよな?

だとしたら生みの親と思ってるんだろうか?それとも姉妹と思っているんだろうか?
あるいは、レイラのことは知らないんだっけか・・・?

207 幻想入りした名無しさん :2008/10/14(火) 21:54:48 ID:shl.WB0M0
>>206
姉たちの幻影として生まれたんだから、レイラのことは妹と思ってるんじゃない?
レイラが死ぬまでずっと一緒に暮らしてるわけだし。

208 幻想入りした名無しさん :2008/10/15(水) 19:46:17 ID:sy0z2Pac0
三姉妹がレイラに生み出されたと自覚しているかどうかは謎。
そのへんは二次創作自由じゃないかな。
ただし東方キャラの過去設定を作るならある程度説得力を持たせないとキツイけど。

209 幻想入りした名無しさん :2008/10/15(水) 20:27:33 ID:Ogs/QbDk0
花映塚で閻魔様とそれっぽい会話してたから、多分知らないって事はない
取り合えず姉妹ということにしとけば、下手に突っ込まれる事はないかと

210 幻想入りした名無しさん :2008/10/15(水) 20:42:41 ID:yYDSgYO20
東方はそこらへんが曖昧だから難しいよな
とりあえず3姉妹の性格がレイラのイメージで作られたものだと考えるなら
レイラにとって理想の姉たちだったんじゃないだろうか
となるとレイラに対し好意的なのが普通なんじゃない?
最初の仮説が間違っているとあと全部こけるけど

211 幻想入りした名無しさん :2008/10/17(金) 21:24:18 ID:LCF0xUVk0
設定というかは微妙だけど、質問を一つ。
原作の妖々夢において、ルナティック幽々子とゆかりんってどっちの方が難易度高いかな?
幻想入りの方でそれを反映させたいので、ルナシューターの方がいたらお答えくださると幸い。
人によってある程度感じ方は変わるかもしれないけど、主観的な感想で全然構わないです。

212 幻想入りした名無しさん :2008/10/18(土) 21:23:41 ID:iXDvYA2Q0
どう考えてもゆかりん

…と思ったけど幽々子様戦は残機とボム数が多いからそう感じるだけかも試練
あとヒロカワとかが超安定なせいもあるかも

と、どっちもカツカツなハードシューターが申しております

213 幻想入りした名無しさん :2008/10/20(月) 13:40:54 ID:VRHgyMF20
亀レスですが、個人的意見を
ルナシューターだと後はパターン化や気合避け等個人の不得意な部分を付いてくるキャラが苦手になるのでどっちとははっきり言えないかと思います
妖々夢だと紫や幽々子よりリリカでピチュる方が確立多い俺(駄

個人的には紫ねーさんの方が脳内で罪袋が妨害工作するので難しいです、えぇ、テンション的な意味で

214 幻想入りした名無しさん :2008/10/25(土) 15:20:28 ID:zlgKhT/s0
>>212-213
回答どうもありがとうございます、やはりハッキリとどちらが難しいということはなかったんですね。
ひとまずは当初の予定通り両者の差は曖昧に、それでもPhantasmということから僅かに紫の方が上ということにしておきます。

それともう一つ、幽々子の死と西行妖の封印の話を。
妖々夢のキャラ設定.txtを見るに、幽々子の自殺の動機は自分の能力を疎んでのことであって
西行妖の封印とは直接には関係なく、幽々子の遺体による西行妖の封印は幽々子の死後別の者の手によって行われた―
要約すると「幽々子の自尽は西行妖封印が目的ではない」
という風に解釈したのでそれで進めようと思うのですが、公式にそれと矛盾する設定や記述はありますでしょうか?
多くの二次創作では封印が目的だったということになっているので相談させていただきます。長文すみません。

215 幻想入りした名無しさん :2008/10/25(土) 18:45:14 ID:MV80yU9w0
>>214
公式設定的にはそのような解釈で良いと思います。
「自身の能力を疎い自尽した」ことと、「封印も兼ねて自尽した」こととは事実としてかち合いませんが、
文章からするに、あくまで能力が第一原因で自尽したと解釈するのが妥当でしょう。
逆に、他に動機はあったのかどうかは書いてないので、そこらへんは自由にしていいんじゃないでしょうか。

216 幻想入りした名無しさん :2008/10/30(木) 20:37:06 ID:1A5a2sN60
1話を描き直す事にした俺なんだが

外側の博麗神社って寂れてる 『らしい』んだっけ・・・?
この辺りに二次的なネタを付与してみようかなと考えてみてるんだが
大丈夫かな・・・・。

217 幻想入りした名無しさん :2008/11/01(土) 01:15:19 ID:q3QEuGGc0
>>216
「外から見た博麗神社は、無人の神社で、人が訪れる事などほとんど無く小さくて寂れた神社だと言われている」
(by求聞史紀)

幻想郷内部からは、「外から見た博麗神社」についての情報を入手しようが無いんだから、
公式の方では↑以上の設定は無いだろうし、その辺は自分で好きに設定しても良いと思う
ホームレスのねぐらになってるとか、酔狂な金持ちの手でド派手かつ悪趣味な外観になってるとか
まあ視聴者に受け入れられるかは使い方次第だろうけど、
その辺、必要なら必要なだけ独自設定をぶっ込んで有効利用すればいいと思うよ

218 幻想入りした名無しさん :2008/11/01(土) 13:38:58 ID:OyswuFmI0
ただ、香霖堂では、外の博麗神社らしいところに、人が大勢居たのを見てるんだよな。
あくまで、「らしい」であって、実際にそうなのかは書かれてないが。

219 幻想入りした名無しさん :2008/11/01(土) 22:18:35 ID:nzJUokiI0
公式設定ですら安定しないのがZUNクオリティだからなぁ。

とりあえずは>>216の判断で独自解釈入れても不都合はないと思う。

220 216 :2008/11/03(月) 02:33:07 ID:stSvKWb60
レスありがとう。
出来る限り万人に納得できるように作ってみる。

そういや、スペカルール以外の決闘方法って
いくつも提案されてるみたいだがどんなのがあるんだろうなぁ・・・

221 幻想入りした名無しさん :2008/11/09(日) 22:30:05 ID:NefwCoyQ0
地霊殿で、守矢組が裏で動いてたわけだけど・・・
あれって神奈子の独断だっけ?それとも、守矢一家全員、承知の上での行動だったっけか?

222 幻想入りした名無しさん :2008/11/09(日) 22:40:21 ID:NefwCoyQ0
書き忘れ。で、守矢に対して、紫はなにかしてたっけ?
正直、天子なんかよりよっぽどヤバイことやったと思うんだが・・・

223 幻想入りした名無しさん :2008/11/09(日) 22:49:34 ID:02NAP1LY0
>>220
提案されて"いた"だけで、今は残らず廃れているらしい。

>>221-222
神奈子と諏訪子の共犯で、神社の営業活動のため。
EXを見るに、早苗さんもおそらく知っているとは思う。
核融合炉に関しては特に危険性も無いことが分かったため、ゆかりんその他の妖怪は放置。
ついでに言うと、それによって河童社会で産業革命が起こったらしい。

まぁなんだ、詳しくはキャラ設定.txtを見るヨロシ。

224 幻想入りした名無しさん :2008/11/12(水) 01:29:27 ID:ImofIp7g0
ゆかりんが大体1000年、永琳は億単位というのは知ってるけど、
他の6ボスの輝夜とか神奈子とかってどのくらい生きてるのかな?

225 幻想入りした名無しさん :2008/11/12(水) 07:42:46 ID:ojxPrO3I0
輝夜が蓬莱の薬飲んで月を追放されたのが約1300年前らしいから、
少なくともそれ以上の年齢なのは間違いないかな。
ただ、それ以前にどれくらい生きてたか、にもよるよね・・・月人って元々長命らしいし。

神奈子は、モチーフの建御名方神を参考にすれば、日本神話の時代から生きてることになるけど・・・
具体的に何年くらい前とかになると・・・ねぇ?
相当に長く生きてるのは間違いないと思うけど。

226 幻想入りした名無しさん :2008/11/12(水) 08:22:54 ID:ojxPrO3I0
他に年齢が推測できる記述があるのは・・・

レミリアが500年以上、フランが495年以上、パッチェさんも100年くらいは生きてるらしい。
幽々子様も1000年以上亡霊やってるそうで。
紫は、1200年前に初代稗田が記した幻想郷縁起にそれらしき姿が確認されてるんだっけ?
えーりんの億単位ってのが神主発言からだってのは有名だな。
萃香も数百年生きてるって記述があるが、大江山で酒呑童子らが暴れまわってた年代から推測して
やっぱり1000年近くにはなるのか。
てゐも紫同様初代幻想郷縁起にそれらしい記述があるので1200年以上と推測されるが、
因幡白兎と同一視する説を採用すると神話時代からって事になってやっぱり見当付かない。
妹紅は、竹取物語の時代設定及び藤原不比等の娘という説を取ると、1300年くらい?
ケロちゃんは、神奈子と同じで神話時代からと考えると(ry
勇儀姐さんは萃香と同じくらいと考えると1000年前後くらいか。
綿月姉妹はだいたい輝夜と同じくらいになるのかな?
ついでに妖忌のじいさんは、1000年以上前に西行妖が咲いてるのを見たことがあるとか。

・・・・こんなところ?
幻想郷の外の世界と現実世界の歴史設定が一緒とは限らんので、
現実の歴史と照らし合わせてるのはあんまり参考にならんけど。

227 220 :2008/11/12(水) 13:30:30 ID:dIKANOEg0
>>223
回答ありがとう。
いくつか作ったというより、沢山候補があって
その中から弾幕ごっこが選ばれたって感じに近いのかね。

228 幻想入りした名無しさん :2008/11/13(木) 00:37:54 ID:FV3jnUmE0
>>227
とにかくカードで宣誓という形式さえ守ってればスペカルールに則ってるわけだから、
種類はいろいろとあったみたいだよ。
でも弾幕バトルが一番派手だしオサレだってんで圧倒的に人気があって、
いまやスペカバトル=弾幕バトルみたいな認識になってるみたい。

229 224 :2008/11/13(木) 10:14:52 ID:dcmNc3qI0
>>225>>226
レス㌧

230 幻想入りした名無しさん :2008/11/16(日) 01:40:10 ID:UfvPd/ys0
お空がうにゅほって呼ばれてるのは何でだろう?
調べた限りじゃ、そんな台詞言ってないんだが・・・
もしかして、エンディング?

231 幻想入りした名無しさん :2008/11/16(日) 01:56:31 ID:yOyR1OTA0
>>230
ニコ大百科か地のおまけ.txt見れ

232 幻想入りした名無しさん :2008/11/16(日) 10:06:49 ID:AtePjutA0
>>230
空「うにゅ?(もぐもぐ」

233 幻想入りした名無しさん :2008/11/16(日) 13:30:05 ID:IHc7faW20
ひとつ質問。

wikipedia「東方projectの登場キャラクター」・妹紅の項目で、

『永夜抄キャラ設定では「今では、輝夜と殺しあうのが日常である」とあり、
 本編EXにおいてもたびたび刺客が輝夜から送られているようなことを発言している。』

と、あったんだけど輝夜から送られてくる刺客ってどんなキャラクタかな?
やっぱり妖怪兎?みんなの意見を聞きたい

234 幻想入りした名無しさん :2008/11/16(日) 17:17:41 ID:npC7o28k0
俺は3回くらい行って全部返り討ちだったよ。

235 幻想入りした名無しさん :2008/11/16(日) 17:18:17 ID:QAYr./p.0
>>233
永遠亭に時々訪れる強者とかを騙くらかして討伐に向かわせるとか、
そんな感じじゃないかと思ってる。
まぁ、敵わないの分かってて嫌がらせでやってるんだろうけど>刺客

236 幻想入りした名無しさん :2008/11/17(月) 01:03:41 ID:NKiAIGqE0
慧音の年齢っていくつくらい? 半妖って事は人里の面々に知られてる?

237 233 :2008/11/17(月) 06:42:10 ID:tA7.nQaU0
>>234
無茶しやがって…

>>235
なるほど・・・その発想は無かった。

なんと言うか・・・今OPパロディ作ってるんだけど、サビの部分で
妹紅が敵を張っ倒すシーンを作りたくて、そこで何を張っ倒せばいいかなと。
オリジナルの人間でどうにかなるかな?

238 幻想入りした名無しさん :2008/11/17(月) 15:26:38 ID:Kxv3gKG20
>>237
胡蝶夢丸という妖怪向けの薬を作っているということは、顧客には妖怪もいると推測できる。
それを >>235 のようにするのではないかと妄想。

239 幻想入りした名無しさん :2008/11/17(月) 15:30:04 ID:Kxv3gKG20
自分で書いておきながら
「薬が欲しいんだろう? ならアイツを殺っておいで」

とか凶悪な笑みを浮かべる絵が脳裏に出てきた('A`)ナイトメアタイプノンデクル

240 幻想入りした名無しさん :2008/11/17(月) 20:29:07 ID:6bZRoHKY0
>>237
それだったら優曇華とか妖怪兎での方がいいんじゃないかな?
説明がないと人間が出てても「誰?」ってなると思うぞ

241 幻想入りした名無しさん :2008/11/18(火) 02:37:20 ID:HJeXgrgE0
今まで何の気にも留めなかったことだけど、やっと意識が向いたことがある。
二次創作では橙がよく藍と連れ立って紫の屋敷に日常的に居たりするけど、
橙が紫の屋敷を出入りしている、藍が紫の屋敷で生活している、という正式な記述ってどこかにある?
藍が紫の生活の近いところに居るのは妖々夢の会話の雰囲気で解るとして、橙はどうなのか?
そもそも紫に直接逢っているかもわからないような……これって設定ある?

242 233 :2008/11/18(火) 11:48:31 ID:ccwhvudo0
>>238 >>248
これは・・・まとめると
「刺客はもうなんでもあり」でFA?w

で、>>240の意見もごもっともなのでここは優曇華とかていで作ってみます。
皆さん返答ありがとうございましたっ。

243 233 :2008/11/18(火) 11:49:49 ID:mdD47wlo0
>>242
ミス
>>238 >>240
でした。

244 幻想入りした名無しさん :2008/11/18(火) 23:54:21 ID:uw8Leljc0
>>241
まるごと求聞史紀からの引用で申し訳ないが、
藍は、「普段は八雲紫と同じ家に住み、紫の代わりに幻想郷で行動している」
(ちなみにゆかりんの家の場所は、「幻想郷と外の世界の境界上に建っているといわれている」が、詳細は不明)
で、橙は、「普段は妖怪の山に棲」んでいるが、「八雲藍の式神となっている時は八雲藍や八雲紫と行動を共にする事もあるという」だそうで
地霊殿れいゆかペアの道中会話で、橙がすぐどこかに行ってしまうのは、藍がちゃんと式神をプログラミングしていないからだ、
とかなんとか語られてるし、逢ってすらないなんて事は無いはず

↑から考えると、紫・藍・橙で八雲ファミリーやってる二次創作は、それほど原作設定と矛盾してるわけじゃないっぽい
個人的な解釈だが、藍が呼んで使役してる間はやくもけ三人家族になってるが、
橙は(濡れて式が剥がるとかプログラミングの不備とかで)わりとすぐどっか(妖怪の山とか)に行っちゃう、みたいな感じかと

245 幻想入りした名無しさん :2008/11/19(水) 03:17:44 ID:sV9As4fA0
>>244
うぉぉマジサンクス。
地霊殿確認した、「うちの猫」って言っちゃってるなw
藍を介さなくてもちゃんと認識しているのか。
しかし行動を共にする事もあるという程度なら、紫の家の住人って扱いではなさそうな感じがする。
だとしても二次創作の八雲一家は全然違和感を感じないんだよなぁ。

246 幻想入りした名無しさん :2008/12/01(月) 17:17:20 ID:.fH47/Yw0
ちょっと質問、てゐって、えーりんのことなんて呼んでたっけ?
たしか、「師匠」だったと思うんだが・・・イマイチ記憶があいまいだ

247 幻想入りした名無しさん :2008/12/01(月) 21:40:38 ID:g6E.o0Io0
>>246
底辺作者の一人だが、以前、てゐがえーりんの事を言う描写の為に調べた
どこで見つけたのかはもう忘れてしまったんだが、てゐ→えーりんの呼称は「師匠」であってる

248 幻想入りした名無しさん :2008/12/01(月) 21:49:07 ID:obwJFSF20
その辺で困った時は『東方相互呼称表』でぐぐるんだ
自分で原作から当該箇所を見つけるのが一番いいんだけどね

249 幻想入りした名無しさん :2008/12/05(金) 13:17:33 ID:Iui4nCyo0
少し思ったんだけど、外にも博麗神社があるってことは、守矢神社と諏訪湖も外の世界に残ってるのかね?

250 幻想入りした名無しさん :2008/12/05(金) 13:30:08 ID:iouXlk8g0
>>249
博麗神社は結界の境界に建っていて、厳密には幻想郷にあるものではない。
だから外からも”常識”の面の神社が見える。

対して、守矢神社と湖は人間の世界から幻想の物とした上で幻想郷に引っ越してきたのであって、
境界の間にあるものではないから外の世界には残っていないものと考えることができる。

251 幻想入りした名無しさん :2008/12/05(金) 13:47:40 ID:b6SAE5B60
いや、神の失われた神社や汚染されたダム湖みたいになった諏訪湖が残ってるってのは
解釈の範囲としてありじゃないか?
幻想郷に持ってきたのはありし日の守矢神社とブラックバスとかいない諏訪湖だとかw

252 幻想入りした名無しさん :2008/12/05(金) 14:22:33 ID:iouXlk8g0
東方香霖堂を見るに、"幻想"の定義は「幻想郷にしかないもの」だし、
幻想となったものが抜け殻のような状態で残るような記述は無いから
1次設定の解釈としてはちょっと無理があるんじゃないかな。

まぁ、外の守矢神社についての記述も特には無いから"外の世界にもある"って設定にしても大した問題や批判は起きないだろうし、
そこら辺は自由に解釈しても大丈夫とは思うけどね。

253 幻想入りした名無しさん :2008/12/05(金) 17:49:41 ID:wTClz3vE0
儚月抄では咲夜が宇宙関連の資料を集めてる際に書物とか香霖堂にあったわけだが…。
書物の類、それも宇宙開発関連の資料だったらこっちの世界に残っていても不思議ではないと思うんだよ。
コレクションとかしてるやつもいるだろしなw
だから完全になくなってしまうってわけじゃないと思うな。
あくまでも俺は。
そういう意味じゃ、>>251が一番近いと思う。
…そもそも湖なんかがなくなったら一大事だろ…現代的な意味でw

254 幻想入りした名無しさん :2008/12/05(金) 19:25:30 ID:QZGDyCpI0
それそのものの本来の意味が失われてしまった時、幻想入りすると考えてもいいんじゃないかとも思った。
本は「読むため」にあるものと考えたとき、棚に飾られて誰も手をつけないならそれは本としての意味を失い、それが幻想入りとか。
諏訪湖だってブラックバス繁殖させるために生まれたんじゃなかろうし、神様がいなかったら「神社」じゃないし。
だから形骸化したものなら現代に残っていても問題はないのかなーと思ったり。

そういや幻想入りするのって物体だけかね?
昔の遊びとか、習慣みたいなものはするのだろうか。

255 幻想入りした名無しさん :2008/12/05(金) 19:43:57 ID:wTClz3vE0
なるほど、>>254の解釈も面白いな。ありだと思う。
幻想入りしたものが『一斉に消えてなくなってしまう』ていうのは、
どう考えても個人的には思えないから、なんとなくしっくりきた。

『幻想入りしたもの』として一番解りやすいのは物体なわけだが、
「道具が必要な遊び」は流れてきていてもおかしくはないかもね。
物体を伴わない遊びや習慣は幻想入りできるかがわからんな。
それこそ書物を通して伝わることはあれど、それ以外で伝わる方法が思いつかない。

256 幻想入りした名無しさん :2008/12/05(金) 21:58:06 ID:iouXlk8g0
『一斉に消えてなくなってしまう』とは言ってないんよ。
宇宙関連の書物は時代の変化とともに幻想になりかけているのであって、完全に幻想になっているわけではない。
従って、何万もの固体のうちの幾つかがぽつぽつと幻想入りはしていても全部が入るわけではないのは確かだろう。

だが、ただ1つの固体であり、尚且つ完全に幻想のものとなった神社&風神の湖とは全く別の話だ。
身も蓋も無いのを承知でもう一度言うけど、幻想となったものが抜け殻のような状態で残るような記述は無い。
"残らない"という記述も無いから"ある"と考えるのもいいけど、それ悪魔の証明だよね。と言いたかった。

外の世界の遊びは習慣は、外来人によって伝わることがある。例えばサッカーとか。
あ、あとドr…いやなんでもない

257 幻想入りした名無しさん :2008/12/05(金) 22:01:44 ID:iouXlk8g0
うぇ、誤字った。固体→個体な

258 幻想入りした名無しさん :2008/12/05(金) 22:31:04 ID:b6SAE5B60
そこまで言い出したら「外の世界に何か残ってたとか、消えてなくなったとか、そんな設定は存在しない」
が正解だと言うしかないだろw
解釈の範囲なら両方ありなんだよ。東方の二次創作でやってる分には特に。

259 幻想入りした名無しさん :2008/12/05(金) 22:43:22 ID:iouXlk8g0
そうね、2次設定として拡大解釈しても作中なら何ら問題は無いって最初に自分で言ってたような気がするよ。
押し付けるつもりはないんだが、こういう設定議論になるとつい熱くなっちゃうんだよな。ダメだな自分

260 幻想入りした名無しさん :2008/12/05(金) 22:51:03 ID:wTClz3vE0
いいじゃねぇかww
それが幻想郷っていう舞台の面白みなんじゃねぇのか?

261 幻想入りした名無しさん :2008/12/06(土) 00:43:39 ID:sh3/0Hqg0
そもそも>>249はそういう意味で質問してたのか?
博麗神社を引き合いに出した意味は?

262 幻想入りした名無しさん :2008/12/06(土) 00:47:19 ID:6biPFxzg0
質問者より回答者が盛り上がっていたでござる の巻
>>249がどういう答えを出すかは気になるな

263 幻想入りした名無しさん :2008/12/15(月) 18:25:41 ID:rCAgAAvQ0
萃香って、自分の体を霧状に出来るわけだけど、その間の感覚ってどうなってるのかな?
霧状の体が及んでいる範囲全てに、感覚が行き届くのか、
それとも意識の中心的なところがあって、その周囲しかわからないのか・・・

264 幻想入りした名無しさん :2008/12/15(月) 19:46:38 ID:CekP1m2A0
一は全、全は一

265 幻想入りした名無しさん :2008/12/15(月) 20:33:44 ID:iOoXTlKcO
霧状の体が及ぶ範囲全部に、通常時と同じ感覚があるってエロくね?

266 幻想入りした名無しさん :2008/12/20(土) 23:37:02 ID:w8/VqSBgO
>>263
私は地霊殿でさとりが萃香の技を使った時の当たり判定から、霧全体に感覚があると考えています。

267 幻想入りした名無しさん :2008/12/26(金) 19:21:44 ID:DTL324e.0
夢時空の可能性世界の設定で質問します
この世界、大学は11で、院は13で卒業します
となってますが、大学以外の卒業年齢とかわかりませんか?
あとは飲酒は20からって可能性世界でも通じますか?

268 幻想入りした名無しさん :2008/12/28(日) 19:13:08 ID:yyOahyOU0
すまんねぇ、さすがに旧作は持ってないし設定もググってもよくわからんかった。

269 幻想入りした名無しさん :2008/12/28(日) 21:34:07 ID:VLOQb6.60
自分で逆算してみればいいんじゃね?
大学卒業が11ってところから、高校は中学は小学は、って具合に。
その辺は「独自解釈です」で通すしかないとこだとおも。
個人的には、小学校の6年がえらく短縮されているか、中学or高校にあたる教育課程が無い、
もしくはその両方なんじゃないかと思うが。

270 幻想入りした名無しさん :2008/12/29(月) 18:27:37 ID:GDjUUMO60
元ネタになってる竹本泉漫画の世界観と同じ設定という前提で話をすると

・脳髄テープ学習という脳に知識を流し込む技術があるので
 初等教育は飛ばすことができる
・それでも飲酒は二十歳から

ということになると思う(夢時空では違う可能性もあるけど)
あと可能性世界と言うのは平行世界の総称であって
教授たちがいた世界の名称では無いはずだよ

その辺の背景は元ネタ知らないとしんどいと思うけど
頑張って登場させてみてくれ
教授&ちゆり好きだけど登場作品ほとんど無くて寂しいんだ

271 幻想入りした名無しさん :2009/01/02(金) 17:19:00 ID:hwDrb9wI0
質問。

美鈴・・・と言うより紅魔館の「門番」についてなんだけど、
紅魔館に門番交代制度みたいなの設けても問題ってあるかな?

「朝は美鈴、夜は妖精メイド2~3人」とか「一日中、美鈴で一貫」とか。

272 271 :2009/01/02(金) 20:37:04 ID:hwDrb9wI0
ごめん。自分で書いてて何言ってんのかわかんないや。

>>271を訂正。

紅魔館の「門番」について。
「朝は妖精メイド2~3人、夜は美鈴」みたいなシフト設定を織り交ぜて
ストーリーを展開したいんだけど、これって何か違和感感じたりするかな。

…んん?なんかここまで書いてスレチな予感が

273 幻想入りした名無しさん :2009/01/02(金) 22:21:37 ID:1wW7isnA0
東方の設定なんだし別にいいんじゃね?

門番については、そういう交代制があってもいいというか、むしろあるはずなんじゃないかと思ってる
食事とか風呂とか睡眠とかの時間はどうなってるんだかわからんし
たしか、庭の花壇の世話もやってるんじゃなかったっけ? めーりんは
その世話の仕事を考えれば、朝は妖精昼からめーりんみたいなシフトは納得出来る

274 幻想入りした名無しさん :2009/01/02(金) 23:02:00 ID:qRau/h0g0
>>271
ループしてるとは言わんが、>>46あたりの流れが参考になるかもしれんよ。

275 271 :2009/01/03(土) 08:38:42 ID:WMb0qfYU0
>>273
言われてみれば確かに庭関係もこなしている設定があった気がする。
なるほど・・・ならシフトも問題ないか。

>>274
うわ、本当だ・・・w
失礼しましたorz

とりあえずレスありがとう!

276 幻想入りした名無しさん :2009/01/04(日) 00:36:36 ID:LJY7L6DU0
めーりんの徹夜番も、無い事は無いんじゃないかと思うんだよな……
いやむしろあってほしいというか。居眠りめーりん可愛いよ的な理由で。
ただ、じゃあどういう場合に徹夜で番をするのか? という事になると思いつかない……

と、↑書いてる最中にふと思いついたんだが。
レミリアの活動時間帯は、吸血鬼だから基本夜中になるよな?
(日傘装備で昼からうろついてる事もわりとあるらしいけどそれはさておく)
となると、館の主人が不在になるのが夜なんだから、そんな時間帯こそ門番が必要じゃね?
お留守番的な意味でさ。昼は昼で、お休み中の主人を守る為にしっかりやらなきゃならんわけだけど……
……そう考えると結局24時間シフトという地獄のような激務?
いくら妖怪でも流石にそれは無いと思うからやっぱり交代制?
妖精メイドや咲夜さんの交代要員も交えて日替わりのシフトがある感じだろうか……と思うんだが
その辺皆はどんな意見? 長文スマソ

277 幻想入りした名無しさん :2009/01/04(日) 01:09:03 ID:15pyd7As0
>>272
ちと亀レスだけど
求聞史紀の目撃情報をみると朝、昼は門番やってるっぽい
細かい部分は分からないし、お好みのシフト設定でいいんじゃないかな

>>276
24時間フル稼働だとするなら
昼寝は単なる楽しみで、実は寝なくても大丈夫な妖怪なんだよ!!とか
あるいは>>58
とりあえず、新月の夜くらいはフル稼働なんじゃないかな

278 幻想入りした名無しさん :2009/01/08(木) 19:13:20 ID:TSXH7GVk0
さとり達が地底に移り住んだのって、いつくらいになるんだろうか?
時系列から見ると、まず鬼が地底に行き、それから他の妖怪を受け入れたってことになってるから、
鬼が完全に姿を消したという博麗大結界が出来た後の話になるんだろうか・・・
でもそれ以前から鬼は少なくなっていたそうだしな・・・

279 幻想入りした名無しさん :2009/01/12(月) 16:00:25 ID:G6C5GTQA0
アリスが魔界出身というのを隠してる、って設定をどこかで聞いた覚えがあるんだけど、
あれって公式だったっけ?単に阿求が元人間と勘違いしてるってだけだったか?

280 幻想入りした名無しさん :2009/01/12(月) 17:20:55 ID:OSpGc5YY0
少なくとも確かなのは非公式であること。
あとは、この辺は不明瞭だけど魔界出身云々は設定リセットで基本的に無かったことになってると思う。
でも、妖々夢の台詞から霊夢には前に会ったことがあるみたいね。なんとも曖昧だ

281 幻想入りした名無しさん :2009/01/14(水) 22:18:26 ID:K6EzyX6o0
妖々夢のアリスの会話はメタ
無視していい

282 幻想入りした名無しさん :2009/01/20(火) 18:33:56 ID:90Y8cB7Y0
天子について疑問があるんだが

緋想の剣なしの天子はどれくらいの強さなんだろうか?
天子の能力は「大地を操る程度の能力」とあるが
地震を起こしたり赤い光線撃ったりするのも剣使ってるし
体はやたら頑丈そうだけど腕力が強いって訳じゃなさそうだし
剣なしでできることは徒手格闘と要石飛ばすだけか?
まあ「天地開闢プレス」なんつう大技もあるにはあるが

あと天子の年齢についてなんだが
上司が名居守だそうだから

日本書紀の推古天皇紀に、推古天皇7年夏に
大和地方を中心とする大地震があり、
その後、諸国に「地震神」(なゐのかみ)を祀らせたとある。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E7%A5%9E

推古天皇の在位期間は593年〜628年なので
このころに天人になったんだとしたら
天子の年は大体1400歳↑ってことになる?

283 幻想入りした名無しさん :2009/01/20(火) 20:02:58 ID:FPg1aetM0
要石地面に投げつけておいて後で引っこ抜けばそれだけで大地震が発生し、幻想郷が壊滅しかねない。
誰に限らず、こういう「地域的なレベルで被害起こせる」能力持ってるキャラは、
ゲームやなんかで出るのよりずっと強く評価できるんじゃないかな。1:1の超近接戦闘に限定するならその限りではないが。
まぁ要石はてんこのーというか、天人全般に共通する部分なんだろうけども。

年齢は・・・もう想像でどうにかしてくれとしか言いようがないな。
公式で設定がある訳じゃないし、俺達の世界の歴史=幻想郷のある世界の歴史 とは限らないからな。
よくある「永琳はオモイカネ」論と同じで、どんなに理屈っぽくまとめても、結局はこじつけにしかならないだろうし。
逆に言えば「俺の作品ではてんこは○○歳」と決めても(反応はひどいだろうが)本来設定にないところを妄想で埋めるだけだから問題はない。

284 幻想入りした名無しさん :2009/01/20(火) 20:30:34 ID:E.hvRVpM0
まあ語られてない設定に関してはどれだけ説得力を持たせられるかだよな
たとえばにとりはキュウリ好物に描写されるけど公式設定じゃ別にそんなこと書いてない(よね?)
でも二次のにとりキュウリ好物設定は、にとりが河童だからという説得力があるわけだ
レミリアだって十字架全然気にしないとか設定なけりゃ
普通に十字架弱点の二次創作がでて、吸血鬼だからという理由で受け入れられてそうだし
あんま関係ないな

285 幻想入りした名無しさん :2009/01/20(火) 20:56:18 ID:v8UM916g0
>>282
ゆあきんをブチギレさせるほどのことをしたヤツだしな。
幻想郷に相当な悪影響を及ぼす程度の実力はあるんだろう。
ただ、緋想の剣は相手の弱点を必ず突けるっつーたいそうチート性能な武器。
天子もわりと依存してるみたいだから、それなしだと少なからず弱体化するとは思う。

年齢については……まぁ、現実の史実に結びつけることが悪いとは言わんが、
原作に書かれてないことにはあまり触れないのが吉
天子が1400歳↑なんて設定の幻想入りがあったら俺なら相当な違和感を抱くな。

>>284
参考までに、にとりは風神録のエンディングで特製ピクルスを持っていくとかなんとか言ってた覚えが。

286 282 :2009/01/22(木) 00:14:15 ID:wPl0.fw.0
レス㌧クス

とりあえず天子の強さは
「周囲の被害を考えなければかなりすごいことができる」
って感じか
そんなことすりゃ今度こそ本気で殺されそうだがw
1:1で使えるかが問題だな
普通の弾幕ごっこ的には4ボスか5ボス相当が妥当かな

年については具体的な数字は言わないってのが無難か
天人は月日の感覚とかあいまいそうだし
天子自身ももうわからないってことでいいかw

287 幻想入りした名無しさん :2009/01/22(木) 19:03:08 ID:BHwkllz.0
17才だって言い張るかんじでいいんじゃね?

288 幻想入りした名無しさん :2009/01/23(金) 08:47:44 ID:bSR8zBd20
永遠の17歳ですね分かります

289 幻想入りした名無しさん :2009/02/05(木) 03:27:30 ID:DTk6EUeM0
 話の流れをぶった切ってすまん。
 ちょっとお聞きしたい事が2点。

1.幻想郷で流通されている紙幣と現代円のレートってどのくらい?

  1(幻想郷)円=1000(現代)円でいいのかな?
幻想郷の中のお金は紙幣なのだろうか、それとも硬貨?


2.八雲家一家の所在地。『マヨイガ』=『幻想郷と外の境界』?

  幻想郷と外の境界という話だけど、そこが『マヨイガ』と呼ばれているので間違いない?
  たしか廃墟の村が『マヨイガ』と呼ばれて、チェンの遊び場になってると言うのを聞いた事があるけど、
  俺のイメージだと『マヨイガ』は『幻想郷と外の境界』から離れた場所にあるとおもっていたのだが。

 教えてけーねせんせい。

290 幻想入りした名無しさん :2009/02/05(木) 04:43:21 ID:YWjtiLvo0
1.
レートに関しては不明
博麗大結界が張られた前後で1円=金0.75~1.5gだったそうなので
その辺も参考になるかもね
まあ貨幣を保障する機関と隔絶してるのになんで普通に流通してんだよとか
突っ込んだら負けな部分だと思うので適当でいい気はするけど
後者については普通に考えれば紙幣も硬貨も流通しているだろうね
原作で貨幣について出てきたんは芋の咲夜さんのストーリーと(一円札)
あと花映塚でも誰か言ってた気がするけど覚えてねーや

2.
明確にはされてないが違うと考えるのが一般的のようだ
妖々夢の二面がマヨイガだとすると、とてもあっこが幻想郷の境界で紫らが住んでるとは思えんしな
一応文花帖では橙が廃村で猫社会を形成してるとはあるがそこがマヨイガとは書いてないね、マヨイガだろうけど
関係ねーが普段橙は山に住んでるらしいけど、原作でも二次でも山にいる橙見たことねーな

まあ、参考程度に

291 幻想入りした名無しさん :2009/02/05(木) 10:06:49 ID:Ai3h5tB60
花映塚射命丸ストーリーでのてゐとの会話
てゐ 一ネタ一円だよ〜
文  何時からそんな商売が成り立つようになっていたのかしら。
てゐ 需要があるところに商売は生まれる。
   ネタを探している人がいれば、
   売る人もいるのよ。

戦闘後

文  さ、一円分は楽しんだでしょう?
   ネタを教えてくださいな。
てゐ 実は一円のネタより、もっと良いネタがあるんだけど……
   こっちは二円。
文  高すぎます……。

この会話がなりたつような円のレートなら、なんでもいいんじゃないかな?

292 幻想入りした名無しさん :2009/02/05(木) 13:59:55 ID:xRAQCcfk0
>>291
その会話、冗談とか皮肉とかで成り立ってるんだぜ・・・

293 幻想入りした名無しさん :2009/02/06(金) 07:33:57 ID:.j1EfPzkO
レミリアの食事について質問です
グロ注意です




ケーキなどの材料が人間なのは分かりますが、素材としては血肉もまるごと使っている?
それとも血だけ料理に混ぜているんでしょうか?
人間のステーキとかあったらやだな…

294 幻想入りした名無しさん :2009/02/06(金) 08:46:14 ID:h/HgKgoEO
血は使うが人肉は使わないと思われる

295 幻想入りした名無しさん :2009/02/07(土) 01:04:32 ID:GDkzIMxU0
吸血鬼だからか血ばかり吸うイメージが強いが、
紅茶やなんかも普通に飲むし文花帖(本)では恵方巻きを食べているシーンもある。
つまり血は吸うけど人間と同じように食事を取る習慣もあるのだろう。

無駄に豪華な食事を咲夜に用意させている(ぐもんしき)らしいので、
少なくとも血以外に何がしかの材料は使っていると思われる。
咲夜は人里に買出しに行ってる(ぐもんしき)様なので、人間向けの食材を使っている可能性は高い。
少なくとも人肉だけを使うメリットは吸血鬼にはないだろう。

ただし、献血みたいにいろんな人から採血し、
人間自体は生きたまま〜とか人肉はないだろうが、人間を殺して採血しているなら話は別だ。
血を得る際の副産物として出来た人肉を、食材として利用する事は想像に難しくない。
レミリアは人間ではないので、他の妖怪同様に食事として人肉を食す可能性は否定できない。
>>293の言うような人肉ステーキにしたって、
妖怪にしてみりゃ豚や鶏のステーキと大差ないかもしれないのだから。
しかしそこまで入り込んだ設定や想像ができるシーンは原作のいずれにも存在しない(と思う)。

結論から言えば、「人肉喰ってても妖怪というカテゴリー的には別に違和感はない」。
気味が悪いかもしれないけど、
人間を食う妖怪と人間が一緒に酒飲んだりしたりしてるのが幻想郷ですよ。

296 幻想入りした名無しさん :2009/02/07(土) 11:36:54 ID:mu/ylyCA0
 >>289です。
 >>290-292の方々、レスありがとうございます。
 幻想郷内で流通されているであろう貨幣及びレートについて、>>290さんのヒントを元に自分で調べて見ました。

・博麗大結界によって幻想郷は明治18年(1885年)に外界と隔離。
・この時の貨幣は、明治4年の『新貨条例』によって基づいたもの。
・1円金貨を原貨とし、補助貨幣に「銭」「厘」を導入。
 (100銭=1円、10厘=1銭)
・1円=金1.5g(当時の1アメリカドル相当)
・紙幣として明治通宝が政府より発行。
・この他に、貿易用銀貨が存在するが、幻想郷では流通されてないだろうと言うことで除外。

 以下の事から幻想郷内で存在するだろうと思われる貨幣は以下の通り。

本位金貨  1円、2円、5円、10円、20円
補助銀貨  5銭、10銭、20銭、50銭
補助銅貨  1厘、半銭(5厘)、1銭、2銭

明治通宝  100円、50円、10円、5円、2円、1円、半円、20銭、10銭
(紙幣)

 多すぎだろwwwwwww


 現在の金1gレート=約2700円
 1(幻想郷)円=金1.5g

 よって、現在円とのレートは、
 1(幻想郷)円=4050(現代)円

※明治30年(1897年)に『貨幣法』が制定される(1円=金0.75g)が、これは幻想郷が隔離された後であるため考察から除外させていただく。

297 幻想入りした名無しさん :2009/02/07(土) 11:47:25 ID:mu/ylyCA0
 なお、金の価格より算出したレートであるため、実際の価値とは異なるので注意。

・15円〜17円が一般庶民初任給の月給、官庁は初任給40円程度。
・明治10年の白米10キロが51銭、昭和62年では3,780円

298 幻想入りした名無しさん :2009/02/07(土) 11:53:27 ID:mu/ylyCA0
 感覚的には諭吉さん一人分なのかもしれないのう。
 あながち、てゐと文の会話は皮肉じゃないのかもしれないw

299 幻想入りした名無しさん :2009/02/07(土) 12:11:12 ID:RTn5LOQc0
そもそも、隔離されている幻想郷の円と外界の円で為替レートが確立されてるという前提が厳しい。
もしその理論を想像で補うなら、外界の金レートを知ってる紫が妖怪や人間に呼びかけて為替レートを設定。
そして外界の円を使えるように周知させる…とか?
自然に考えると、幻想入りしたら外界の円は希少価値以上のものはなくなっておしまいだと思うんだがどうだろう

300 幻想入りした名無しさん :2009/02/07(土) 12:18:00 ID:BM4mJUZY0
そこはもうご都合主義という他ない
塩以上に不可知の領域

301 幻想入りした名無しさん :2009/02/07(土) 12:35:07 ID:mu/ylyCA0
>>299-300 レスありがとう!

 レートは考えないほうがいいのかもしれないなあ。
 現代円も使えるという設定もちらほらと出てるみたいだし。

 おおけい。その方向でかんがえてみま。

302 幻想入りした名無しさん :2009/02/07(土) 22:54:44 ID:PmLjdtBQ0
幻想郷円と外界円の為替ルートが無くても、
幻想郷の住人が言う「X円」は外界円で言うと何円相当になる、みたいなのが分かっただけでも
俺にとっては十分参考になった。レート計算乙なのぜ
まあ、実際に自分の作品で金銭設定使うかどうかはわからんが

303 幻想入りした名無しさん :2009/02/08(日) 04:07:09 ID:uP.dP5zIO
もしかしたら幻想郷における外貨は、外界における古銭のような扱いかもしれない
つまり通貨としての価値ではなく希少品としての価値で見られる
こーりんどー辺りが趣味の品として扱ってるかもしれない

304 幻想入りした名無しさん :2009/02/09(月) 14:06:57 ID:RIJsnrQg0
なんちゅーか流れぶった切りでごめん。
求聞史紀・文花帖・wikipediaとか読み返してもいまいちつかめなかったから質問。

小悪魔ってパチュリーの使い魔でよかった・・・っけ?
それと小悪魔召喚の際に「代償とか考えないで魔方陣描いて召喚できるわ!」
みたいな設定で話を進めた場合に問題ってあるかな・・・?

305 幻想入りした名無しさん :2009/02/09(月) 17:54:34 ID:NZdWvvnA0
>>304
公式で分かる情報は、図書館在住ってのと、給仕の真似事をしているらしき描写がある、くらいだっけ?
パチュリーが召喚した使い魔かどうかは、はっきりした記述はなかった気がする。

まぁその辺は、例によってご都合的解釈でいいんじゃないかと思う。

306 幻想入りした名無しさん :2009/02/10(火) 06:22:37 ID:aAe4K0swC
正確には、紅魔館在住&図書館で給仕らしき事をしている姿が目撃されている、だったかな。
いずれにせよ明確な設定はなかったように思うから、
話の展開に合わせて解釈すればいいのでは。

307 幻想入りした名無しさん :2009/02/10(火) 12:16:21 ID:..QMhQhw0
>>305 >>306
ふむ、そうか・・・。
なんかどっかで使い魔立ち位置とか見たような気がするんだけど同人誌か何かだったのかなぁ。

とりあえずレスありがとう!

308 幻想入りした名無しさん :2009/02/17(火) 17:48:09 ID:sLvnIugs0
あのう、普通の人間には弾幕打てないのって公式設定?

309 幻想入りした名無しさん :2009/02/17(火) 18:28:54 ID:fC6pSQFY0
公式には語られていません
(幻想郷の)普通の人間は過去妖怪退治を生業にした人々の末裔といわれているので
打ててもおかしくないし、打てなくてもおかしくない

310 幻想入りした名無しさん :2009/02/17(火) 21:12:02 ID:gjRRqBu60
極端な話、弾幕って言い張ったもん勝ちだよな

311 幻想入りした名無しさん :2009/02/18(水) 01:54:51 ID:2At1q.rU0
ぐもんしきの香霖の『携帯電話』の項で「精々投げつけて弾幕の一つにしか使えないだろう」って書いてあるのを見た限り、
少なくともあきゅんみたいな「戦ってる描写の無い人間」でも、
何かしら投げつければそれが弾として扱われるんじゃないかと思われ。
ゲームやってると魔法弾みたいなの想像しやすいが、
ここら辺考えると、案外投げられればなんでもいいのかもしれんよ。

312 幻想入りした名無しさん :2009/02/18(水) 02:11:40 ID:u/oHdu4M0
>>311
ですよねー。
というか美しかったりするなら、攻撃力まったく無しでもいいみたいに解釈できるしな。

313 幻想入りした名無しさん :2009/02/18(水) 02:20:40 ID:Ihe6lFI60
うむ、というか普通の人間が魔法弾的なのを打つにはどういった条件があるんでしょ?
魔理沙をイメージした際、霊夢や早苗と違って何らかの神を祀ってるとかでなく、普通の人間だったわけでしょう?
パチュリーやアリスが魔法使いという種族だ、という話は聞いたけど魔理沙は人間だし。
幻想入りした普通人(現代人)が弾幕(魔力弾)を打つことに関連する可能不可能って記述、公式設定にないよね……。どう思う?

314 幻想入りした名無しさん :2009/02/18(水) 02:40:26 ID:u/oHdu4M0
現実の常識があるなら修行しても光弾はでないが
幻想(架空の世界)の常識なら、修行すれば出せるようになるに決まっている。

315 幻想入りした名無しさん :2009/02/18(水) 09:16:21 ID:KZdEN2f60
さっきゅんなんてナイフを投げまくって弾幕を形成しているしね
魔理沙はバケモノキノコを材料にした魔法
だがそれも努力の結晶だから一朝一夕じゃ無理やに

316 幻想入りした名無しさん :2009/02/18(水) 18:13:00 ID:Ihe6lFI60
そーなのかー。
ありがとう。お前ら大好きだ。

317 幻想入りした名無しさん :2009/02/19(木) 10:36:24 ID:BwQtvFvgO
科学の力で弾幕出してるのもいるね
小さくても必殺の武器とか、苺クロスとか

318 幻想入りした名無しさん :2009/02/22(日) 20:08:13 ID:G3waaVjs0
人里に医者って居るよね?
流石に永遠亭だけじゃないよね?

319 幻想入りした名無しさん :2009/02/22(日) 21:21:27 ID:emHdO33M0
アフリカのサバンナだろうがジャングル奥地の村だろうが江戸時代だろうが医者はいるぞ

幻想郷の文明レベルなめすぎだろw

320 幻想入りした名無しさん :2009/02/22(日) 21:45:21 ID:3C0DCPSU0
>>318
公式では、いるかどうかの記述は無かったはず

でも、異変の前は永遠亭の存在すら知られてなかったので、いる可能性が高いんじゃないかな
でないと、それまでは医者が全くいなかったことになるしね

321 幻想入りした名無しさん :2009/02/22(日) 21:46:39 ID:vtNMBo9E0
永琳は、里の医者では治せない病気を煩ったら永遠亭に行けと
言われるほどの名医

と小説儚月抄に書かれている為、確実にいる

322 幻想入りした名無しさん :2009/02/23(月) 02:22:53 ID:vzybtPl.0
あのう、捨虫の法とか捨食の法ってどんなのかな。
全然公式に語られてないよね。魔法使いになるためのもんらしいけどさ。

魔理沙は一応人間で魔法使いじゃん?捨食は……やってないのかな。

まあリスクがあるんだろうことは分かるんだけどねぇ。どんなだろうねぇ

323 幻想入りした名無しさん :2009/02/23(月) 08:19:56 ID:IOlFSe.20
職業:魔法使い と 種族:魔法使い は違う
魔理沙は前者
捨食は人間が魔法使いになるための術だから魔理沙はやってない
現状捨食にリスクらしいリスクは語られてないが
強いて言うなら人間じゃなくなることくらいかな

まあこの辺は求聞史紀に書いてることが全てかと

324 幻想入りした名無しさん :2009/02/23(月) 14:38:31 ID:vzybtPl.0
うーん。求聞史記買うべきかなあ……。
職業魔法使いって言っても、アリスなんかは後天的魔法使いでパチュは先天とかいわれてたよね?捨虫までつかったんだろか。
大工とかとび職になるのとちがうんだから、基準があると思うんだよなあ。魔法が使えたら職業魔法使いかなぁ。

どう思う?

325 幻想入りした名無しさん :2009/02/23(月) 15:20:29 ID:IOlFSe.20
>>324
作者なら求聞史紀と書籍の文花帖くらいは読んでもらいたいところ
どう思うもなにも普通に書いてるやん?って感じ
捨食をすると魔力によって生命活動を維持できるようになる、
つまりそれが種族魔法使いということなのだろう
捨虫は完全な魔法使いになるための術で、成長が止まり長命になる
アリスは分からんがパは捨虫してるだろうな
あと職業魔法使いという言葉に特に意味はないだろう

326 幻想入りした名無しさん :2009/02/23(月) 18:05:07 ID://hu4OKM0
鈴仙について2つほど質問させてください。

休む間もないくらい忙しい毎日を送っている、という感じの書き込みをたまに見かけますが
公式にそういう表現があるんでしょうか。
薬は配置販売だけど、毎日人里廻るのは効率悪くてやらなそうだし…他は家事全般ぐらいしか思いつきません。

次に永夜5面に永琳が出てくるのが、逃げ出していないかの確認にきたというのは考えすぎでしょうか。

327 幻想入りした名無しさん :2009/02/23(月) 18:15:08 ID:iiTghfp60
永遠亭の様子はうどんげっしょーに詳しく載ってる
薬の材料取りに行かされたり永遠亭の修繕をやらされたりと、永琳の使いっぱしりとしてこき使われてる様子ね

鈴仙は逃げ出そうと考えもしないし、永琳もそれを疑ってる様子はないから考えすぎだと思う

328 幻想入りした名無しさん :2009/02/23(月) 18:17:45 ID:vzybtPl.0
>>325
ありがとう。そーかー。やっぱり必要かー。
頑張るよ。バイト。

329 幻想入りした名無しさん :2009/02/23(月) 19:00:22 ID:CeRO3bPw0
>>319-321
ありがとう。常識的に考えてそうだよねw
でも何か人里自体が小さいものかなと思って、それなら永琳だけで事足りるかな…と思ったりもしたんだ

幻想郷での外来人の扱いってどうなのか知ってる人居るかな。
外来人が妖怪の餌になるってのは分かってるんだけど、捕食者以外の人達はどう扱ってるんだろう?人里の人と同じかな?

330 幻想入りした名無しさん :2009/02/23(月) 19:09:50 ID:IOlFSe.20
求聞史紀の挿絵で見るに人里はかなりでかいイメージ
エサにならなかった外来人は人里に住み着いて外の知識を持つ者として重宝がられたり
あるいは博麗神社まで無事たどり着いて外の世界に送りかえされたり

331 幻想入りした名無しさん :2009/02/23(月) 19:16:34 ID:CeRO3bPw0
なるほど…。結構いい感じなのか。
あと一つだけ。今までにWin版で登場したキャラ全員の事を、人里の人達は存在だけでも知っています?
ルーミアやリグルとか。

332 幻想入りした名無しさん :2009/02/23(月) 19:29:19 ID:IOlFSe.20
その辺は謎
だが人里は平和らしいんでマイナーどころは全然知らないんじゃないかな
ほらあれ慧音でさえ主人公チームほとんど把握してなかったし

333 幻想入りした名無しさん :2009/02/23(月) 19:40:31 ID:IOlFSe.20
あ、虫の調べサービスとうなぎの屋台とか、
レティも春を迎えるために人間に袋だたきにあってたし、そのへんは知ってるか
意外と知ってるかもね

334 幻想入りした名無しさん :2009/02/23(月) 19:48:28 ID:1Uw5Bv6c0
風神のメンツだと、実は穣子が一番知られてたりするかもね。
ほら、豊作祈願の祭りって生活に密接に関わってくるし。

地霊の連中なんかは、存在自体知られてなさそうだよな。

335 幻想入りした名無しさん :2009/02/24(火) 11:57:07 ID:iJeISe0U0
AQNの求聞史紀には色々書かれ(描かれ)てるから、
それを読んでる人間ならそれなり知ってそうだな
それに妖怪退治を頑張ってる集団も居るらしいし、
そういった一部の人間に限って言えばかなり知ってるんじゃないだろうか

336 幻想入りした名無しさん :2009/02/24(火) 21:12:29 ID:EPFIfHug0
>>332
幻想郷は人間よりも妖怪の数が多いから
妖怪の個体数も膨大だろうしねえ

337 幻想入りした名無しさん :2009/02/28(土) 16:19:51 ID:dVFsZx7k0
こいしって「優しい普通の女の子」と考えても大丈夫?

こいし戦の会話だけは見たんだけど、
特に人間を襲ったり、非協力的だったりしないよね?

338 幻想入りした名無しさん :2009/02/28(土) 19:21:59 ID:vrTa9vNY0
>>337
個人的には、「何考えてるかまったく分からない女の子」って印象だけどね。
普段も何するでもなくフラフラと歩き回ってるだけらしいし。
姉のさとりとは別の意味で、人から距離を置かれてそう。

339 幻想入りした名無しさん :2009/02/28(土) 21:32:47 ID:TsWlOIOo0
でも、殺して地霊殿のエントランスに飾るとか言ってるけどな・・・
まあ、幻想郷ではよくある台詞だが

340 幻想入りした名無しさん :2009/02/28(土) 22:11:02 ID:dVFsZx7k0
>>338
ああ、そういうタイプか…よく俺が人から言われるタイプだな
それなら書けそうだ

>>339
そうなんだよなぁ、どうするべきかなぁ

341 幻想入りした名無しさん :2009/03/01(日) 03:34:35 ID:C8nHrICw0
地霊殿住人だし、死や死体に対する観念が常識にとらわれてないんだろう

342 幻想入りした名無しさん :2009/03/01(日) 12:13:33 ID:XpmPW8sw0
無意識であるが故に妖怪の本質を正しく体現しているというのが私のイメージ
つまり危険度最高ランク
まあでも原作設定で分かることが少ないし、ある程度自由でいいと思うけど

343 幻想入りした名無しさん :2009/03/01(日) 12:35:20 ID:kVFW8Y8o0
ニコニコ笑顔で会話しながら、次の瞬間には襲いかかって来てもおかしくないというか
何やるか予想できない怖さみたいなのはあるかも

だが、優しい良い子なことり嬢というのもそれはそれでアリだな

344 幻想入りした名無しさん :2009/03/01(日) 13:12:50 ID:2k1HN.JA0
ダカーポですねわかります

345 幻想入りした名無しさん :2009/03/01(日) 15:13:54 ID:yyf20ypw0
萃香が人里に来ることはあるのかな?
その時の里人の反応が知りたいんだが

萃香というか鬼がよく分からない
陽気で騒ぎ屋だけど、妖怪としては相当だよな?

346 幻想入りした名無しさん :2009/03/01(日) 15:30:05 ID:2k1HN.JA0
最近の鬼は自分で名乗らないと鬼だと気付いてもらえないかもしれんね。
なんか角が生えた妖怪がいるなーくらい。
勇儀も名乗るまで偉い妖怪だって気付いてもらえなかったっぽい会話が地霊殿にあった気がする。

347 幻想入りした名無しさん :2009/03/03(火) 12:22:31 ID:xxsazUYI0
退治方法が失われてるくらいだからなぁ
萃の宴会騒ぎの元凶は鬼でしたー、的な話が広まってなければ、
鬼の存在自体知らない人間は多そうだ

348 幻想入りした名無しさん :2009/03/03(火) 13:22:04 ID:C5PSIDOUO
文々。新聞に萃香の記事があったから、存在自体はある程度知られてるんじゃね?

349 幻想入りした名無しさん :2009/03/03(火) 17:30:58 ID:sw.wmQqk0
萃香の酒って人が飲んでも問題ないんだろうか

350 幻想入りした名無しさん :2009/03/03(火) 17:40:18 ID:86gWwTFs0
むしろ問題あると思った理由がわからない

351 幻想入りした名無しさん :2009/03/03(火) 17:49:16 ID:sw.wmQqk0
仮にも鬼が飲む酒だし、無限酒だし

352 幻想入りした名無しさん :2009/03/03(火) 18:00:22 ID:86gWwTFs0
とりあえず原作設定で詳しく説明されて無いから、どんな酒かは独自設定でOK
昔から日本にあった酒が入っているのが自然だとおもうけどね。
米だけで作った純米酒か純米吟醸酒ってことにしたらいいんじゃないの。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%85%92

353 幻想入りした名無しさん :2009/03/03(火) 20:47:31 ID:8LpfKC.g0
>>351
無限とは言っても、瓢箪に染み込んだ酒虫エキスが
僅かな水分を大量の酒に変換してるだけだし、
生きた酒虫の酒を霊夢たちに飲ませようとしてたから特に問題ないんじゃない?

354 幻想入りした名無しさん :2009/03/06(金) 16:40:56 ID:cta7E5ws0
ここで聞くべきことじゃないかもしれないけど…

設定で分からないところはイザヨイネットと東方wiki使ってるんだけど、
他にオススメなサイトってありますかね?

355 幻想入りした名無しさん :2009/03/06(金) 20:05:30 ID:chgr.doQ0
ttp://www.takamagahara.info/2008/1127

356 幻想入りした名無しさん :2009/03/09(月) 05:43:50 ID:0/T8IIGEO
小さくても必殺の武器、銃型に描いてる絵師が多いけど、原作だと銃型じゃないって本当?
あと苺クロスも十字架じゃないらしいけどそれも本当?

357 幻想入りした名無しさん :2009/03/10(火) 09:50:52 ID:ASuYuMhQ0
ttp://ecx.images-amazon.com/images/I/416NDRPAM9L._SL500_AA280_.jpg
このT字っぽい毛玉取り器が、持つ場所がもう少し後ろにあってL字になったようなかんじかなあ
それで銃口が半透明のレンズ状っぽいかんじになれば、だいたい小さくても必殺の武器の形

探せば小さくても必殺の武器とほぼ同じ形のマッサージ器とかもありそう

358 幻想入りした名無しさん :2009/03/10(火) 21:22:46 ID:RYiYiAw20
ちゆりの元ネタは竹本泉氏の漫画のキャラだったよな
確か「小さくても必殺の武器」もそっからのネタのはず
元ネタではどうなってたっけ?

359 幻想入りした名無しさん :2009/03/12(木) 21:44:47 ID:zXdlv1Ys0
某幻想入り動画にて、東方キャラが弾幕を出せなくなったという話の流れになった時のコメで
「ごっこ遊び封じても意味ない」だとか「スペカルールが殺し合い防止用なので弾幕使わないほうが強い」
っていう、弾幕=スペカルール専用な米を見たんだけど

俺としては、
スペカルールは別名命名決闘というとおり、必殺技を宣言しあって戦う決闘法であって、決して弾幕を使わなければいけない決闘じゃない
弾幕ごっこと呼ばれているのは、東方世界においては弾幕が一番メジャーで強力な攻撃方法だから
あと萃や緋でもあるように、スペルカード(必殺技)は必ずしも弾幕ではなくてもいい
つまり弾幕はルールとは関係無く東方キャラ自身がもつ有力な攻撃方法、と認識してるんだけど

ちょっと他の人の考えも聞いてみたい

360 幻想入りした名無しさん :2009/03/12(木) 23:15:48 ID:otdQmmL20
個人的には、キャラによっちゃ必ずしも有力な攻撃方法でもないと思うけどね。
神とか大妖怪クラスのキャラなら、相手のレベルに合わせて弾幕で戦ってやるっていう
ハンディキャップ的な側面もあるんじゃない?

361 幻想入りした名無しさん :2009/03/12(木) 23:36:53 ID:Wyk49mrsC
ごっこ用のエネルギー弾も出せるのはもちろんだけど、破壊力ばつぐんな破壊光線も幅広くだせるもんだと思う。
三月精でマスパがごっこじゃ済まないような危険なモノ扱いだったし。

362 幻想入りした名無しさん :2009/03/12(木) 23:57:41 ID:xQ12CX/.0
両方とも仮説レベルだからどっちが正しいって訳じゃないと思うな

ていうかその作者が封じられたものの呼称を〝弾幕〟みたいな曖昧なものにせず
妖力とか魔法とかある程度具体的で無難なものにしとけば良かったんだ

363 幻想入りした名無しさん :2009/03/13(金) 00:13:39 ID:6ISXHlzk0
あれだ、弾幕と言い表している飛び道具攻撃全部を、ごっこ用の手加減攻撃と勘違いしているヤツが多かったんだな、あの動画では
多分だけど

364 幻想入りした名無しさん :2009/03/13(金) 00:19:48 ID:6ISXHlzk0
連投ごめん
弾幕=遠距離攻撃であって
弾幕=決闘用の不殺攻撃、じゃないんだよな、きっと
それこそ↑で挙げられてる破壊力抜群〜もできるやついるかもしれないけど、スペカ決闘では使わないだけ、みたいな

弾幕ごっこって言うけど、実際インファイターキャラは弾幕だけじゃなくて蹴ったり斬ったりしてくるし
遠距離攻撃が得意なやつが多いのが東方世界、って感じじゃないかと

365 幻想入りした名無しさん :2009/03/13(金) 01:42:35 ID:bXzAfAfs0
多分弾幕ごっこは、「弾幕の」「ごっこ遊び」ということではなく、
むしろ「弾幕」という概念そのものが「ごっこ遊び専用」のものなのではないだろうか。
ただし弾幕は「人間なら当たり所が悪ければ死ぬ」とのことなので、
殺傷能力がないというのは疑問符。

だから「弾幕」とするときは決闘用の精神的な攻撃を表すんじゃなかろうか。
物理的なダメージを与えることを目的としない場合、マスパも突進も「弾幕」と表されるのかも。
流れ弾で辺りが焼け野原になりました、じゃ即スペカルール廃止だろうし。
「当たり所が悪ければ死ぬ」のも骨折とか出血じゃなく、精神的なショックで心臓が止まったりしてしまう、ということかも。

何が言いたいかと言うと、
弾幕=やっぱり決闘用 じゃないかと自分は思う。
光線も斬撃もゲンコツも、見た目派手で当たると痛いけど表面上はほとんどなんともありません、
ただし「弾幕」という「ごっこ」でなくなると粉々になりますよ、みたいな。

意味がわからないかもだけどお許しを

366 幻想入りした名無しさん :2009/03/13(金) 02:03:08 ID:GHT5W2mo0
スペカ決闘は美しさを競うもの
別に破壊力があろうがなかろうが、飛び道具が否かは

そんなことはどうでもいいってこと。

ごっこって名が付けられてるのは、ユルさの表現で深い意味はないと思うんだ。ZUNさんのことだし。

でも破壊力のある弾もちゃんと出せるよっていう二次設定のほうが面白くなりそうでいいじゃない。
原作ではハッキリしてないし、それでいいと思うんだ。

367 幻想入りした名無しさん :2009/03/13(金) 03:12:00 ID:wSnE0aB20
『弾幕ごっことかいってるけど……死ぬよ?』
って神主が発言してる。
弾幕ごっこでも当たれば死ぬような弾撃ってるみたい。

368 幻想入りした名無しさん :2009/03/13(金) 05:39:17 ID:uDwmP6t20
2004年4月頃の幻想掲示板(公式サイトの今は亡き掲示板)で
スペルカードルール設定について質問する流れがあったから神主のレスから抜萃して貼り

投稿日 2004年4月6日(火)21時50分 投稿者 ZUN@管理人
 >ZUNさんの中で、スペルカードとはどういった存在なのでしょうか?
 幻想郷の決闘の、平和的解決の為のルールの一つです。
 カードという名前の通りカードを使うことが多いですが、どちらかというと
 名前の方が重要で、名前を宣言してからではないと使えない為、スペルカードは
 不意打ちが出来ません。
 ちなみに、スペルカード≠弾幕ですね。これはボムとか見ても判ると思いますが。

投稿日 2004年4月7日(水)22時00分 投稿者 ZUN@管理
 >これも彼女達にとっては平和的解決方法なのでしょうか?
 平和的ってそういう意味ではないですよ^^;
 負けは負けと認めなければいけない。決して不意打ちしたり、結果に
 不平を言ったりしてはならないんですよ。
 勿論、殺すことも可能ですが、平和ですよ。

投稿日 2004年4月7日(水)23時23分 投稿者 ZUN@管理人
 >つまり、「ズルはなし」「恨みっこなし」ということなのですね。
 そうですよ。これさえ守れば、戦争なんて起こらない。
 国同士の決闘も、冷戦か、オリンピックか、この位後味の違うものがある
 という事です。

投稿日 2004年4月13日(火)02時44分 投稿者 ZUN@管理人
 >ルールを無視する者がいた場合、その者はどうなってしまうのでしょうか?
 基本的に、危険だからルール外という概念は余りありません。
 妖怪の様な強大なものと、現代の人間の様な矮小なものと同じように考えない方が良いかも。

369 幻想入りした名無しさん :2009/04/06(月) 19:27:40 ID:GzV.nSaI0
輝夜の能力って、ビューティフルジョーみたいな感じ?

370 幻想入りした名無しさん :2009/04/06(月) 21:39:56 ID:T71LlX.A0
>>369
例えに吹いた

まあそんな感じ
永遠と須臾はわかりやすく言えば滅茶苦茶長い時間と一瞬みたいな感じで
能力的には上位クラスの時を操る能力とかどっかできいた

371 幻想入りした名無しさん :2009/04/06(月) 22:33:31 ID:Wg4z7neg0
>>369
須臾という一瞬の時を永遠にすることで、その対象の変化を止めることができる。
その能力を解除するまで永遠亭がいくら経っても真新しかったようにね。
また、須臾を切り取ることで別の歴史を作ることもできるとかなんとか。
まあなんというか、単純に時を操る力ではないということだな。

372 幻想入りした名無しさん :2009/04/06(月) 22:59:32 ID:KZ7tHGwI0
強力すぎて扱いづらいのか、幻想入りはおろか一般的な二次創作でも
まともに使ってるのほとんど見たことないな>輝夜の能力

373 幻想入りした名無しさん :2009/04/07(火) 14:35:22 ID:sfgdv/260
ん?じゃあ
誰かが攻撃を始めて、その攻撃の傷を負うまでの時間を永遠にすれば傷を負うことが無かったり、
相手が動くまでの時間を永遠にして相手の時間を止めたり、
相手の寿命が尽きるまでの時間を須臾にして相手を死なせたりできる…ってことなの?

あれ?万能じゃね?

374 幻想入りした名無しさん :2009/04/07(火) 14:50:04 ID:KgPTznBU0
万能だよ

375 幻想入りした名無しさん :2009/04/08(水) 13:03:03 ID:P8EbnYTU0
相手の寿命が尽きるまでの時間を須臾にしたら
相手の主観から見れば須臾の間に一生分動ける長時間ザ・ワールド状態になるような

376 幻想入りした名無しさん :2009/04/08(水) 19:55:03 ID:L5tyrYTk0
輝夜自身の時間を須臾にしたらどうなるんだろう?
普通の人間なら一瞬で朽ちるわけだが自分は「永遠」だし

まさかその場で永久フリーズか

377 幻想入りした名無しさん :2009/04/08(水) 20:18:37 ID:o5T4atgg0
求聞史紀を読んでの考察を自分なりにまとめてみる。

まず、永遠を操る能力とは『永遠の世界』という未来永劫変化のない空間を作り出す。
生物は成長や老化が止まり、モノは壊れも老朽化もしない。
言わば、制限時間のないゲームみたいな感じかな。
輝夜はそんな空間を自由に作り出し、また解くこともできるわけだ。
永遠亭も、輝夜によって『永遠の世界』にされていたから最近まで老朽化せずにいた。

須臾を操る能力は、人には感知することができないような一瞬の時を使い行動することができる。
言うなれば映画のフィルムの1コマを弄るようなものであり、
それを切り分けたり複製する=異なる歴史を複数持つってこと。

つまり、対象の寿命を永遠や須臾にするとか時間の長さを直接に弄るような能力ではないと思うんだ。

378 幻想入りした名無しさん :2009/04/08(水) 21:44:19 ID:Wy7My.oE0
ビューティフルジョーごっこはできないのか、残念

379 幻想入りした名無しさん :2009/04/11(土) 00:58:35 ID:CHq32a6o0
永遠の魔法で歴史が進行しないようにしてると
割れ物が割れないのと同様に、缶ジュースのプルタブは飲み口部分が切れないから開かないし
覆水が盆に返るのと同様に、開いてる缶からコップに移すとジュースが缶に戻ってしまうんだよな

380 幻想入りした名無しさん :2009/05/14(木) 20:32:02 ID:gjGJg69Q0
ようきの姿はよくお爺ちゃんで描かれるけど、あれは公式?
それともイメージ的にお爺ちゃんだから?

381 幻想入りした名無しさん :2009/05/14(木) 20:47:56 ID:uC2izVOk0
魂魄妖忌についてZUN氏からの回答
ttp://th-radio.hp.infoseek.co.jp/library/memo.html

382 幻想入りした名無しさん :2009/05/14(木) 20:51:54 ID:gjGJg69Q0
なるほどねぇ

383 幻想入りした名無しさん :2009/05/15(金) 00:32:58 ID:pMSgEMQc0
>>381
へーへー、気さくなお爺さんタイプかと思ってたらこれまた。

384 幻想入りした名無しさん :2009/05/17(日) 18:53:30 ID:67i3DtKs0
彼岸ってのは閻魔が幽霊を裁く場所で、幻想郷の担当が四季映姫、
別の場所(外の世界とか)だったら別の閻魔が担当だよな。
と言う事は幻想郷で裁かれた幽霊と別の場所で裁かれた幽霊が
逝く天国(展開)や地獄はそれぞれ別々の天国や地獄になるんだろうか?
もしどの場所で裁かれた幽霊も同じ天国や地獄に逝くんだったら、
幻想郷内の天界や旧地獄には外の世界の死者もいるんだろうか?

385 384 :2009/05/17(日) 18:54:45 ID:67i3DtKs0
すまない、sageるの忘れてた。
age禁止とか書いてないから大丈夫だとは思うが…

386 幻想入りした名無しさん :2009/05/17(日) 20:23:32 ID:eNn8eysk0
>384
幻想郷wiki見てると、
彼岸が外の世界(?)と共通だから、
地獄や天界が繋がってても良いんじゃね?

でも旧地獄は、
何か外界と切り離されてるイメージがある(私見だけど)

とりあえず自分の動画だと、
“地獄界幻想郷地区”みたいな感じで分けてはいるけど、
頑張れば他の地区にも行けるんじゃね的な適当フレーズ。

387 384 :2009/05/17(日) 22:04:12 ID:67i3DtKs0
>>386
㌧クス!ちなみに展開→天界でした。すまない。

388 384 :2009/05/18(月) 18:45:14 ID:v/XIAeqI0
度々質問申し訳ない。
現在の天界は飽和状態と言う事で成仏が規制中らしいが、
成仏の規制が始まったのはだいたい何年前くらいなのだろうか?

389 幻想入りした名無しさん :2009/05/18(月) 21:14:56 ID:hNPMZ71A0
>384
AQN家が編纂してる幻想郷縁起によれば、
飽和解消の為のめーかいの拡張が縁起編纂(2006)から2〜30年前らしいから、
その辺に適当に当りつければ良いんじゃね?

幻想郷の年表の類は、
東方wiki辺りがオヌヌメ。

でも、向こうにも書いてあるけど、
あくまでも“考察”らしいから、
過度の信頼は禁物。

390 384 :2009/05/18(月) 21:28:42 ID:v/XIAeqI0
>>389
ありがとうございます。
自分の動画的には10〜20辺りが良かったかな〜と思いつつ…

今後は東方wiki等を使って、自分で把握できるよう頑張ります。

391 幻想入りした名無しさん :2009/05/24(日) 00:29:15 ID:s1fBHLV60
ちょっと気になったんですが、妖忌って何年くらい生きてるんでしょうか?
少なくとも300年ほど前の西行妖の満開は見てますから、300+αなのは確実ですよね。
ニコニコ大百科には1000年以上、とありましたが、どうなんでしょう?

392 幻想入りした名無しさん :2009/05/24(日) 10:27:41 ID:bROYGnqM0
西行妖の満開は、確か1000年以上前って話じゃなかったかな?
少なくとも幽々子が死後亡霊になって西行妖の封印を守ってる間は、西行妖の満開はありえないわけで、
その亡霊やってる期間が1000年は超えてるって記述から、そう推測されてるんだと思うけど。

妖忌が1000歳超えてるってのも、その幽々子と西行妖にまつわる因縁を唯一知っている人物って記述から出た推論だと思う。
まぁそうなると、300年ほど前に白玉楼の庭師になるまで、爺さん700年も何やってたのかって疑問は湧くんだけどねw

393 391 :2009/05/25(月) 19:23:38 ID:lCS1ZD6Q0
>>392

成る程……

てか自分の書き込みミスってますね。300年前は西行妖満開じゃなくて初代庭師しゅうにんでした。

しかし、確かに爺さん700年も何やってたのか気になりますねぇ。

爺さんが飛べるなら、結界を飛び越せるから、700年は幻想郷とか外の世界とかにいたのかも知れませんね。

返答、ありがとうございました

394 幻想入りした名無しさん :2009/05/27(水) 18:31:01 ID:/gUtemP60
ちょいと気になったんだが三途の川って死神の船しか浮かないんだよな?
それって船の材質なのか?それともそういう結界がはってあんのかな?

395 幻想入りした名無しさん :2009/05/28(木) 08:14:34 ID:j4qgSMGU0
>>394
「そういうルールになってる」というのが大きいかもしれないな
そういう概念的な物が力持ちそうだし、あの世って

396 幻想入りした名無しさん :2009/06/21(日) 20:37:10 ID:CZMNnXok0
思いっきり初歩的な質問ですみません。
自分の動画で「永夜抄」での夜を止めて異変解決という設定を利用したい
のですが、夜を止めていたのはプレイヤーの妖怪側でいいんですよね?
(6ボスのラスペ前でそれっぽい発言があったし)
輝夜の能力で夜を永遠にするとかでも良いような気もするんですが、
できるだけキャラ陣営を少なめにしたいのでちょっと悩んでます。
また、仮に夜を止めたのが妖怪側だとしても、どうやって止めたのか、その
方法がわかりません。自分で勝手に設定してもいいものかどうか、これまた
悩みます。
もう「妖怪だから何でもありでいい」ってことにしてしまおうか……うーん。
あ、でも咲夜さんの能力ならなんとかいけそうですよね。でもうーん……。

動画的にはまだ先の話なので、ゆっくり悩んで決めたいと思います。

397 幻想入りした名無しさん :2009/06/21(日) 22:25:54 ID:yyKm2lIY0
>>396
結界チーム=紫の境界を弄る力でなんとか
魔法チーム=アリスの魔法でなんとか
紅魔チーム=咲夜の時間を操るパワーでなんとか
白玉チーム=該当能力が無いので昔論議されてた、結果は知らない(幽々子の力?)

大体こんな感じじゃないかなぁとは思うけど真相は分からない。

398 幻想入りした名無しさん :2009/06/22(月) 01:56:59 ID:Q5fhbBe.0
マニュアル通り刻符の力って考え方もあるな。
決死結界も体験版に追加されたときに、
刻符の力を時間操作に転化してるような話があったし。

春雪異変では春度が出るようになってたように
刻符が出るようになる術とかあるのかもしれない。

399 幻想入りした名無しさん :2009/07/02(木) 19:52:36 ID:59L1r4Zw0
亀過ぎるくらい亀だが

輝夜の力でってのはちょっと無理だな
永遠亭組みにとって満月の夜を永くするメリットはないというかむしろデメリット
もともと月の使者が来られない様に月を偽者に取り替えて
それに気づいた妖怪たちが人間を連れ出したって話で

400 幻想入りした名無しさん :2009/07/04(土) 01:36:12 ID:9.F8M33w0
地底の住民や生態系ってどうなってるんだろう
鬼ばかりいるのか、鬼はそんなに多くないのか
食料はどんなものなのかとか

401 幻想入りした名無しさん :2009/07/04(土) 04:02:34 ID:iNQmd/I20
地底都市の住民は鬼以外に、地上で忌み嫌われる能力を持つ妖怪がいる
あとは怨霊とか、地縛霊が変化した地霊とか

生態系でわかってるのは、さとりのペットが怨霊や妖怪を吸収していって
妖怪へと育っていくくらい

食料は、とりあえず酒に関しては酒虫が居るから飲み放題のはず

402 <だが断る> :<だが断る>
<だが断る>

403 幻想入りした名無しさん :2009/08/31(月) 22:35:32 ID:9ghqNrRI0
質問です。
地霊殿3ボスの星熊勇儀ですが、能力「怪力乱神を持つ程度の能力」に付いて少し教えてください。
怪力乱神を調べた所、
・人間の理性で説明のつかないような不思議な現象、事物のたとえ。
との事ですが、いまいち理解が出来ません。
単純に超常現象を操ると考えても良いのでしょうか?はたまた非現実の世界の中で理解できない現象でも
現実世界なら理解できる現象と言う事でしょうか?
更には、スキマや運命を操る能力も人間に理解できないわけで、これも怪力乱神に当たるなら
非現実能力全てを扱えると考えると、勇儀は恐ろしいほど強いキャラになってしまいますが
結局良く分からないのでよければご教授ください。

404 幻想入りした名無しさん :2009/09/01(火) 00:16:16 ID:emddHf/k0
とりあえず、日本語的に「怪力乱神を持つこと」と、「非現実能力全てを扱えること」がイコールで結ばれないことだけは確実

公式ではあれもできるこれもできるなんてことは書いてない
本人がとても強くて常に手加減しているみたいなことは書かれているけど

自分なりにどの程度ならそれっぽいか考えて決めて良いと思うね
もっともらしく気持ちの良い嘘を考えることが創作ってモンよ

405 幻想入りした名無しさん :2009/09/01(火) 01:09:36 ID:Od6x3REc0
>>404
ありがとうございます。
作中で能力を表現するのではなく、キャラクターのイメージを固める為に
気になった箇所に付いて聞いてみた次第でした。参考にさせていただきます。

406 幻想入りした名無しさん :2009/09/01(火) 02:54:38 ID:OqM/sDbA0
多分字面のイメージ
あんま意味はないと思う

407 幻想入りした名無しさん :2009/09/02(水) 01:34:01 ID:ibnDUCXc0
ttp://kotobank.jp/word/%E6%80%AA%E5%8A%9B%E4%B9%B1%E7%A5%9E
怪=怪異、力=勇力、乱=悖乱、神=鬼神
ttp://kotobank.jp/word/%E6%82%96%E4%B9%B1
悖乱 道理に逆らい、正道を乱すこと。道に外れた行いをすること。

勇力は力の勇儀だし、怪異もなんとなく納得できて、鬼神は言わずもがな
でも悖乱だけあんまり勇儀が持ち合わせてるイメージが湧かない

408 幻想入りした名無しさん :2009/09/03(木) 00:32:33 ID:O3QSztik0
>>407
「道理に逆らい、正道を乱す」
=その力技で常識外れな事をしでかして周囲を混乱させる

的なイメージかな俺は。
こう、実行の可能不可能無視して手っ取り早い例を出すと、「酒に酔った勢いで山を動かしてしまう」みたいな感じのね
つまり「うちゅうの ほうそくが(ry

409 幻想入りした名無しさん :2009/09/28(月) 18:12:35 ID:3JPmBOZo0
白蓮一派についてなんだが
船長→白蓮は船の件(キャラ設定参照)
一輪→白蓮はまあ白蓮の人柄に惹かれたとかで脳内補完出来るんだが、
寅丸→白蓮の恩っつーのがよく分からん
「聖への恩を返す事が出来る」って言ってるけど何の恩なんだろう?
キャラ設定とか見る限り、寅丸が白蓮にされた事と言えば
「山の妖怪の中から選出されて毘沙門天に弟子入りさせられる(←強制?)」
「毘沙門天の代理として信仰される」
くらいじゃね?
白蓮を恩人として崇めてる理由がいまいちイメージ出来ん……

410 幻想入りした名無しさん :2009/10/04(日) 00:40:08 ID:.QQrqntY0
虎バサミにかかってたところを助けてもらったのさ

411 幻想入りした名無しさん :2009/10/04(日) 23:39:27 ID:Ee3jpuXI0
その夜白蓮の寺に恩返しに現れたとらさんを見て、白蓮は「おお、こいつはかなり人格者の妖怪なんだな」という事を知るのだった。
なるほど

ところで、アキトさんとこの日記絵見て以来、寅丸星の呼び名が「とら(さん)」で固定されてしまったんだが

412 幻想入りした名無しさん :2009/10/05(月) 03:58:32 ID:BX8ujYac0
ナズさんトラさん参りましょうか

413 幻想入りした名無しさん :2010/02/03(水) 13:28:15 ID:6Nn5K/MM0
何か大きなきっかけじゃなくて長い月日をかけて、ってタイプと見た>星ちゃん

414 幻想入りした名無しさん :2010/02/28(日) 23:16:47 ID:UfabzQqQ0
話に横槍を入れるようですみませんが、特に天狗や河童は、外の世界を模した高度な技術力を持っている、
とありますが、高度な技術を持っているというのは、どこまでの規模・レベルなのでしょうか?
例えば、
LV1.河童も天狗も家などは昔のような古いもの、一部の家財用品、小物に高度な技術を使っている(天狗で言えばカメラなど)
LV2.家財用品・小物がほとんど外の世界のものを模したもの、家は古いまま
LV3.家も外の世界を模していて、外の世界と何ら変わりはない
LV4.外の世界よりもハイテク技術を用いて生活している
自分はこの内のどれかと思います。分かる人がいたらよろしくお願いします

415 幻想入りした名無しさん :2010/03/01(月) 00:25:01 ID:m2IPGSio0
>>414
公式設定では特に決まっていません。
技術の使い方が極めてコミカルな方向性なのは間違いありませんが。
言ってみるならば、人間から見たら無駄な発明ばかりしているイメージ。妖怪的超科学。

416 幻想入りした名無しさん :2010/03/02(火) 22:54:06 ID:SSkg0qhI0
>>415 ありがとうございます。無駄な発明…、ということは、
例えば、普通に自分の手足を使えばすぐ行える事を、わざわざ機械の力で
するなどですね。または、変な例えですが、熱いものを食べる時に、
やけどをしないために、扇風機がついた箸や、一つの手袋で何でもできるようにするため、
指先の一つ一つにコルク抜きやドライバーなどを付けた手袋を作ったりするなど、
今、俗に「バカ改造」「バカ発明」と呼ばれている技術の使い方が、幻想郷の天狗や河童達にとっての、
正しい技術の使い方、ということなのでしょうかね。

など、どうみても
逆効果に

417 幻想入りした名無しさん :2010/03/02(火) 22:55:30 ID:SSkg0qhI0
↑の文章の最後の部分は、消し忘れたところです…、
本当にごめんなさい

418 幻想入りした名無しさん :2010/03/07(日) 01:47:30 ID:imF76n9I0
質問なんですが
聖 白蓮が
寅丸 星を呼ぶとき
なんと呼ぶのでしょうか?
決まってないなら
貴方ならどんな呼び方だと思いますか?
ちょいとよそよそしく「寅丸」とか?
もっとくだけた公式設定があるのでしょうか?

419 幻想入りした名無しさん :2010/03/19(金) 01:10:29 ID:qjonkUNc0
>>418
某同人作家さんの作品の影響で、俺の中の聖像は「とら〜」って呼んで可愛こがりしてるイメージに固定された

420 幻想入りした名無しさん :2010/04/03(土) 21:47:39 ID:Z6.wLcEM0
幻想入りシリーズはメインキャラクター(アニメやゲームの主人公)を軸にして幻想郷で起こる事件を解決していく感じの作品は多いけど、
色々な作品の版権キャラを幻想入りさせる作品はあまり見かけない気がするのですが、やはり多くの版権キャラを物語りに入れることは、
幻想入り動画においてタブー視されているのでしょうか?(節操が無い感じがするとか)
それとも版権キャラを多く入れすぎると物語を作るうえでの難易度が上がるから避けているだけなんでしょうか?

421 幻想入りした名無しさん :2010/04/04(日) 04:04:41 ID:wBB25A0k0
幻想入りシリーズはそもそも「そのキャラクターを幻想入りさせて何をしたいか」
が重要になってくると思う。
原作のあるキャラクターになると更に東方とそのキャラが好きだからという理由でクロスさせるから結果一本に絞ることになるんじゃないだろうか
あれもこれもと入れていくと○○が軽く扱われてる気がする、とか思われるような場合も多いんじゃないかと思うよ
どのキャラもなるべく公平に、引き立てあうような書き方が出来るんなら個人的にはありだと思うが

422 幻想入りした名無しさん :2010/04/04(日) 15:12:34 ID:qFqQbG/60
なるほど・・・。多くのキャラを入れるとその扱いに偏りが生じやすくなってしまうのか。
微妙な質問に答えていただき本当にありがとうございました。

423 幻想入りした名無しさん :2010/07/30(金) 11:10:02 ID:J2KeFlLEo
確認がしたいんだけど
山の科学力について
●試験放送には失敗したがラジオを作ることには成功してる
●TVは無い
●印刷所は充実してる
●ペットボトルの存在は知られてる
●水力発電は扱ってる

こんなとこが公式で判明してる科学力だったかな、と

424 幻想入りした名無しさん :2010/08/02(月) 05:36:13 ID:ayzYGLwA0
神奈子の産業革命によって間欠泉の蒸気でタービン回すようになるまでは
エレキテル(静電発電)方式だったみたい

水力を使わずにエレキテルなんか使ってたということは
産業革命以前はおそらく電力と磁力の関係をあまり解明できてなかったってことに

海外で静電発電に代わる電磁誘導発電が発明されたのは博麗大結界ができる50年程前
日本初の電灯は大結界の3年程前だから
あと数年大結界を張るのが遅ければ水力発電に必要な知識を得て文明開化してたと思う

425 幻想入りした名無しさん :2010/08/02(月) 11:09:48 ID:UWKkY83.o
>>424
詳しくありがとう。
そうか、間欠泉タービンについて効率云々をにとりが言ってたから水力は既存技術だと勘違いしてた

 そういえば三月精の家に電灯のスイッチらしきものが見えてたんだがアリスの家はランプ灯なんだよな
 間欠泉地下センターとか黄昏作品に触れてないから情報助かります

 とどめに

 博麗大結界〜現在の台所ってカマド式で、保冷設備はどうなってるんでしょう?有無すら分からないんです><

426 幻想入りした名無しさん :2010/08/16(月) 09:21:34 ID:OJmgdBXc0
>>425
 地面に穴掘って木箱に入れるとかでないかな?
 地面の温度は年を通して緩やかに一定。

 井戸水とかもそう。
 20度一定なので、夏は冷たく冬は暖かい。

427 426 :2010/08/16(月) 09:47:22 ID:OJmgdBXc0
 地面に穴ほって木箱のとこだが、これはあんまり冷えないっぽい。
 腐りにくい梅干とかの保存につかうっぽい? (虫やネズミなどの被害が出ないような食べ物用?)

 しらべてみたが、氷室という地下室に、冬の間、湖に張った氷をオガクズなどでまぶして入れておくというもの。
(オガクズをまぶすと氷が解けにくいとのこと)
 夏の終わりには氷は解けてかなり小さくなるものの、冷蔵庫代わりにはなるそうだ。
 だけど、今の時代のような使い方じゃなさそう。
 扱うものも乾物とか、すでに防腐処理をしたような物だし。


 基本、生ものは即食べる。
 保存のきくような加工ができるものなら干すなり塩漬けるなりする。

 井戸水に浸からないようにして、水面より少し高い位置に吊るすというのもあるようだ。

428 幻想入りした名無しさん :2010/08/17(火) 11:45:19 ID:3D05vMTQ0
幻想郷に未成年という言葉って存在するのでしょうか?
また未成年という言葉が存在するとしたら、それは何歳未満なんでしょう?

429 幻想入りした名無しさん :2010/08/20(金) 00:25:23 ID:NxMKtwbUo
>>427
ありがとうございます!
やっぱり時代的に保冷施設は氷室が限界ですよね。
とても有用な情報でした、ありがとうございました!

430 幻想入りした名無しさん :2010/08/26(木) 14:18:57 ID:tCW6XXsY0
幽霊は体温が零点下だから、誘引効果が高いものを見つけて
溜まり場でスイカを冷やす利用法を魔理沙がやってたな

霊夢は御札で容器に閉じ込めて涼んでたけど
こっちは妖夢から苦情が出てるからだめぽ

431 幻想入りした名無しさん :2013/02/06(水) 00:12:23 ID:zUj2//8Y0
ルーミアの年齢はいくつくらいになるんだろーか。
ルーミアの存在を「闇」とすると、
①対になる「光」が生まれたビッグバンからだから137億歳くらい
②「人間の」恐怖がなければ「妖怪」として存在しえないが、
暗闇への恐怖はそれより前からもあっただろうから700万歳くらい

432 幻想入りした名無しさん :2013/03/29(金) 21:41:16 ID:0oq01B.U0
弾幕の弾一個一個は何で構成されているのでしょうか?

東方儚月抄(小説)では魔理沙の星の弾は「光か熱の塊」ではなく「質量を感じた」とありますが…

433 幻想入りした名無しさん :2013/04/15(月) 23:15:30 ID:SZF27Xq60
>>432 漫画の方で、かじった人が「甘い」ってコメントしてるから金平糖じゃね?


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


東方儚月抄 〜Cage in Lunatic Runagate. / 一迅社



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa