したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

幻想郷を現実的に考えてみるスレ

1 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 14:32:25 ID:XT.8NWiY0
・内容
 科学や常識などに照らして幻想郷や東方のキャラクターを考えてみるスレ。
 * 「存在自体ありえない」等はなしで、一応存在を前提に。

おもしろおかしく真面目に話が出来ればと思います。
 アイデア発掘にもなるかも。

 議論は大丈夫 喧嘩はだめだよ。

2 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 14:39:46 ID:XT.8NWiY0
 まず、1000年以上生きてる生き物(特にかぐや!もこう!)

死にたいと思わないのかね。

自分の中では人間って、100年〜300年ほど生きれば限界で死を願うはずだと思うんだ。 永遠に生きることって生き物じゃないと思うし。

だから実際幻想郷に入ったら かぐや・もこうは 寝たきり状態(仮死状態)のままだと思うんだ。

それが一番死に近いから。 封心演技のタイジョウロンクン状態みたいな。シュール

3 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 14:49:09 ID:hmzVcMMA0
蓬莱の薬の成分に人を生きたいと思わせる何らかの成分が入ってるんじゃね?

4 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 14:59:16 ID:qj1lxBRc0
それ言ったらえーりんは億の桁で生きてるはずなんだが……
まぁ、長く生きてるやつらはそいつ等なりの生きる意味ってのを見出してるんじゃないの?
手のかかる主に仕えるとか、喧嘩相手を見つけるとかなー。

自分は1000年くらいは生きてみて、それからもう1000年どうするか決められるといいなーとか思ってるが
少数派かね。

5 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 15:37:16 ID:cRF2ilZk0
死ぬ事におびえなくていいとも考えられるけど、やはり永遠に生きるのは辛いと思うよ
苦しい事や悲しい事があっても死ぬことができないからね
つまり寿命があるのはそれはそれでいい事だと思う
あれ、論点変わった

6 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 15:50:42 ID:qDMQa8ts0
結局は精神的な問題だよな?
少なくとも「永遠に生きる事は辛い」という発想さえ思いつかなけりゃ平然と生きられるだろうし
そういう事を意識しない気楽さがあるってことかも

つまり輝夜は⑨

実は永琳も⑨

どいつもこいつも⑨

7 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 15:59:04 ID:ocAmBLks0
記憶はどうなんだろう
流石に五百年や千年前の事なんてはっきり覚えちゃいないと思うんだが

8 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 16:06:28 ID:jOG6UgIk0
もこたんは人間だから、死にたい、もしくは死にたかったんだろう。
それもあって、輝夜をうらんでたんじゃまいかな。

だが、輝夜と永琳は人間じゃないだろ?
人間と同じものさしで考えるのは無茶があるぞ。
考え方や価値観、知識、全てが我々と違う存在だと考えたほうがいい。
偶然、人間と言葉が通じ、ある程度共通の感情なりを持っただけの存在。

それに、永遠に生きることが、必ずしもつらいとは俺は思わない。
本当は、永遠に生きることがつらいのではなく、
永遠に生きると同時に付随すると思われる事柄がつらいのではないだろうか。

9 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 16:06:58 ID:qj1lxBRc0
実際、永遠に時間があるなら自分のことはいくらでも後回しにできそう。
他の人のために割く時間が必然と増えて、それを苦に思わない性格なら、
"今、誰かのために生きる"事はできそうな。

10 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 16:24:27 ID:jOG6UgIk0
>>9
自分だったら逆だな。自分のために思いっきり生きる。
ばかげた理想でもなんでも、時間さえかければできそうじゃないか。
この世の真理を探究して生き続けるなんてのも幸福だろうしね。

ただし、人類が滅亡しても一人生き続けるなんてのは、まっぴらごめんの助。
それから、「不老不死」はまだいいが、「不死」だけなんてのも嫌だ。

11 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 16:31:40 ID:XT.8NWiY0
そういえば かぐや 月の民だったのか。

1000年って思ったよりも長いと思ってね。

>>3 なるほど。
1000年生きてから>>4のような言葉を言うのは私には絶対に無理だー。
>>6 うん 精神面の問題よね。
>>8 永遠に生きると同時に付随すると思われる事柄がつらい ってのはとても良く分かる

 あと、「永遠に生きる」って生き物のルートを外れるんだよね。 まぁ月の民ならしかたない。

 でも衰えはしないが進化や成長はするってずるいよなー。

 難しい話になってきたw 自分としては 寝たきり状態のシュールさに笑ってほしかったんだがw

12 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 16:47:26 ID:krP3.OD.0
幻想入り板だし不老不死をテーマとして使えるか考えてみるかぁ

そう考えて最初に思いついたのが超人ロック幻想入りだった…

13 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 17:31:34 ID:qj1lxBRc0
>>12
幻想郷が休刊になるからやめれw

とか言ってみる。
ラーニング能力持ちの不老不死だっけか……

14 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 18:05:17 ID:fXgCTA0Y0
興味深い話題だねぇ

確か月にいる間は「穢れ」とやらが持ち込まれず、地上に来てからも永遠の能力とか永琳の秘術で「変化」というものが無かった、って設定だったっけ
そうして変化した日常に対する感情の推移はどんなものだろうか

15 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 18:35:39 ID:9geMXLwA0
不老不死ってある意味もう「終わってる」んだよな。
無限とゼロは真逆だけど極端に似てる。
不老不死になるならあの世もこの世も行ったり来たりでも出来なきゃ
やってられないな。もしくは新しい世界を創造する能力でもなきゃ
さびしくて死ぬw

16 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 19:04:04 ID:Shj9urTQ0
いやいや、世界が終わってしまえばそりゃつまらないだろうけど、
永遠に、世界が変化し続けるさまを見ていられるってのは、
ある意味では幸福じゃないのか。

永遠を共有できる存在があるならば、寂しさもそこまでないだろう。

というか、何百何千と生きているうちに、感情も磨耗して、寂しいという概念もなくなるやもしれん。

17 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 19:31:08 ID:iParoc1A0
不老不死の知的生命の精神の考察として、結果的にいうと寿命のある知的生命の精神とは違う筈。
時間を捕らえる感覚が有限の生命とは異なる。(参考文献:像の時間、ネズミの時間)
【老いる事も死ぬ事もない程度の能力】が細胞の再生と捉えるなら、
脳神経(←語弊のある書き方です)の劣化及び破損による記憶の消去または劣化が起こる可能性はない筈。
しかし、無限の時間による精神の疲弊を未然に防ぐ為、脳が心的ストレスの減少の為に記憶をする行為が有限の知的生命と比較すると
乏しくなるとも考察できる。
感情においても前述の心的ストレスの減少を脳が図っている為、感情ホルモンの分泌抑制または、
ホルモン受容体の減少または変性により、有限の知的生命に比べ情動変化や感受性は鈍くなるのではないだろうか。(参考文献:生理的記憶のメカニズム)
此処までの考察において彼女等を捉えると、なにか植物的な印象が強く感じる。
しかし、作中の彼女らは多感性に富んでおり、有限の日々を生活している私よりも活気がみられる。
なんとも驚きであり、うらやましくもあると思うのである。

18 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 20:38:23 ID:qDMQa8ts0
そもそも冷静に考えたら、死んでも魂が残るから消滅はないんだよな?
転生はそれに近いけど裁き次第では天界で永遠に存在することも出来るみたいだし
それって形は違えど不老不死と同じことだろうから
死なないからって特別苦しむ事はない気がする

19 あはw :2008/06/03(火) 22:25:05 ID:WTAGEGvM0
メイドインヘヴン使われたら蓬莱ニートってどうなるんだろうねっていう話題があってだな。

20 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 22:35:37 ID:emiYSqzA0
時間が加速しても、本人は影響受けないんじゃないか?
衣服とかは全部ボロボロになるだろうけど。

21 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 22:38:05 ID:QZjQ1Sm20
すっぱ!

22 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 22:57:31 ID:iParoc1A0
無意識下の時間の感覚が不老長寿者とそうでないものでは異なるということで、実際流れている時間は一緒という内容です。

23 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 23:10:48 ID:6oo9/iUYC
結論:不老不死者の脳は(知能などが)劣化しないだけで忘れたりはする

24 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 23:36:48 ID:BvLD./DgC
せっかくなので次のお題
フランの能力が触れたものの延長にあるものも壊せるなら
大気に能力使ったら世界滅亡じゃね?

25 名無しの視聴者 :2008/06/03(火) 23:41:31 ID:6b5wewy20
その理屈でいけば何か一つ壊した途端に世界滅亡な件
フランが知覚している『触れたものの延長にある』ものなら壊せるってことじゃないの?

26 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 00:32:38 ID:3dpVa3Mw0
物には目があり、その目を手のひらに移動しつぶす事で破壊できる、らしい。

某作品の話になるんだけど、基本的に本人が認識できない物には能力は使えないと思う。
だから、フランが大気を「物」として認識でき、大気の目を手のひらに移動できるなら可能じゃないかな?

27 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 02:38:45 ID:fkU10mtI0
そうねぇ
より便利(遠距離から破壊出来るとか、副作用ないとか)になった某型月主人公みたいな能力という認識でいいのか

28 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 02:39:58 ID:uu.GBLx.C
対象として認識するにはまだフランは未熟なのか・・・
てヵフランが能力をうまく使えるようになったら相手の能力のみを破壊したりできそう(不老不死とか

29 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 03:18:58 ID:BsIiUnI20
実際フランは物理破壊以外は出来ないと思う。
概念的なものも破壊できれば本当に恐ろしい能力だし
そんなんだったらゆかりんが黙ってないだろうしね。

30 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 04:27:08 ID:dDrwOxN.C
確か何かの作品で雨雲の目を破壊して吹き飛ばしてたな。
あれは雲を雲という「物」として認識してたからって事になるのか。

31 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 08:59:49 ID:PpE7KEtsO
物体には“そこに衝撃を加えられると効率良く全体が破壊される点”がある。分かり辛ければ製氷機の氷を手の平に乗せてスプーンの背で軽く叩いて割るのを想像して欲しい
この点(構造的特異点とか何かでは言ってた)を手の平の上に転送するのがフランの能力らしい。その特異点を『ギュッとしてバーン』が破壊の原理と言うか正体
つもり特異点が構造的に発生しないか触れられない、固形でないほとんどのモノは破壊出来ない。と

雨雲を破壊したのは“低気圧と言う雲を集めるための気圧的な特異点を手の平に転送・破壊した”なんじゃなかろうか。握り込めば気圧を無理矢理上げるのは無理でもない筈

32 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 16:15:18 ID:xxUKLjHU0
フランは、はっきりと意識しているものは、
壊そうと思えば、概念的なものでも壊せると思っていたんだ。
だから、自己嫌悪をしたか何かで、自分の心も壊してしまったんじゃなかろうか。
また、レミリアに閉じ込められていたのは、
「○○を壊そう」と意識させないようにするためではないか。
空を知らなければ空を壊せない。何も知らなければ、何も壊せない。
はっきりと認識してしまえば、幻想郷を壊すことも可能。そんな風に考えます。
ごめん、何を言ってるか伝わらない気がしてきた。

33 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 16:46:18 ID:4CnLMD0c0
まぁ能力の原理から考えても形の無いものを壊すのは十中八九不可能だろう
求聞史紀でも「目」があるのは物質だと書かれていたし
けど概念も壊せるって考えは何故か良く聞くな。
一体どこから出てきた設定なんだ?

34 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 17:57:30 ID:xxUKLjHU0
どこから出てきた設定かと言われると窮するのだが、
紫の「境界を操る程度の能力」や霊夢の「空を飛ぶ程度の能力」が、
あそこまで拡大的に解釈されているのが公式ならば、
「ありとあらゆるものを壊す程度の能力」も、同様だと思ったんだ。

35 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 19:30:44 ID:Xx5n15Vg0
能力は開発で進化するのか?ってのもあるな。
能力のEX化とでも言うんだろうか。
あるものの構造的弱点を破壊するのが妹様の能力のようだし、
きちんと構成を把握できるようになれば、飛躍的に壊せるものの幅が広がりそうな。
鈴仙がどこでも電子レンジとか使い出したら(殺傷力強すぎだが)手におえんだろうし。
単純な能力ほど、伸びしろが大きい。
紫の能力なんかは“境界を操る”単純な能力が完全に開花している状態なわけで、もはや反則っぽいけど。

36 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 20:35:34 ID:KP0P33sg0
吸血鬼は流水に弱いって部分をちょっと調べてみたんだけど
流水の中では動けないってだけで、飛んだり、舟乗ったりすれば通ることは
できるらしい。 だから、風呂とかは咲夜さんとかに全部洗ってもらってると
考えていいのかな?動けないわけだし。

37 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 21:24:05 ID:MsUWFQPkC
吸血鬼は流水に触れると力を水に流されるからダメなんだぜ?
たかが風呂で力を流して虚弱状態になるようなことをお嬢様はしないと思うんだ
だから風呂は体を洗わずザブンと入って風呂の中で体をゴシゴシしてるんじゃないか?風呂は流水じゃないし

38 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 21:26:47 ID:Xx5n15Vg0
ううむ、風呂に入るときは流れてないから良いとして。
頭洗って流したりしてるときは動けないのか……

39 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 22:08:10 ID:mTbLMlww0
ばっかお前等だからさくやさんが時止めてその間に洗ってあげてるんだよっ!

40 名無しの視聴者 :2008/06/04(水) 22:47:35 ID:1d08SG1Q0
吸血鬼って人間とは違うし、そもそも風呂に入らないんじゃないんだろうか

別に風呂でなくとも、汚れを取る方法はあるわけだし

41 名無しの視聴者 :2008/06/05(木) 00:02:19 ID:zMtHXcVQ0
>>40 ドナ・・・レッドマジックですね・・・わかります。

42 名無しの視聴者 :2008/06/05(木) 01:25:59 ID:gsNsu4Bo0
よく考えてみろ!
この問題の趣旨はいかにスカーレット姉妹との
F.一緒にお風呂に入る の選択が現実的になるか否か!
そこにあると思う!

43 名無しの視聴者 :2008/06/05(木) 09:00:59 ID:Vnuq6kdAO
お風呂は訓練で克服したので問題ありません、でも流水なのでやっぱり苦手。で良いんだけどね、F枠だけなら

現実的に考えればサウナ使ってるってのが確率としては一番高い

44 名無しの視聴者 :2008/06/05(木) 16:09:18 ID:WzzLsv/wO
でも三月精で湖に反射した程度の日光にやられるほど柔じゃないとか言ってたし

雨とか川とか海とか、本格的なものじゃない限りなゎとか・・・とも思えたりする・・・かなぁ?

45 名無しの視聴者 :2008/06/05(木) 16:11:10 ID:WzzLsv/wO
なゎとかってなんだ俺
な「ん」とかのミスディス

46 名無しの視聴者 :2008/06/05(木) 18:18:01 ID:ZIjiFUaU0
これ言っちゃうとあれだけど
幻想を現実的に考えるって凄い矛盾してるよな

47 名無しの視聴者 :2008/06/05(木) 19:10:28 ID:GPu.tcao0
幻想=何でもあり、というわけではないんだし。
そこにはやっぱり何らかのルールがあるわけで、
そのルールを自分たちに分るように解釈してみようという趣旨だと思う。

48 名無しの視聴者 :2008/06/05(木) 20:39:29 ID:bS8viVnY0
まぁ青狸猫の秘密道具を科学的に検証しようという人たちだっているわけだしな

49 名無しの視聴者 :2008/06/05(木) 21:27:33 ID:0E95RN6A0
「空想科学読本」みたいなのになれば一番いいんだけどねw

50 名無しの視聴者 :2008/06/05(木) 21:31:42 ID:Nzif4bgE0
現実的に考えて、橙と藍様は首輪をしないと野良扱いになってしまう

51 名無しの視聴者 :2008/06/05(木) 21:51:05 ID:WFCYKt1E0
式が首輪の代わりみたいなもんじゃないのか?

52 名無しの視聴者 :2008/06/06(金) 20:26:55 ID:Db5JwRCU0
首輪が無くても、その動物の管理者の居る地域の場合は野良に該当しないです。

53 名無しの視聴者 :2008/06/06(金) 23:10:40 ID:nbEINjYkO
外の法的にはそうなるが、幻想郷だと彼女らは知名度は高いはず
だから動物ではなく個人と見られるのでは?

54 名無しの視聴者 :2008/06/07(土) 07:18:00 ID:YUCVB90Y0
橙と藍様は、一個の妖怪として人権もとい妖権を認められてる気がする

55 名無しの視聴者 :2008/06/07(土) 13:50:32 ID:OM//u8Cc0
幻想入りした人の自然な流れ 1

幻想入り→とりあえず森→ルーミア→逃げる→妖怪怖い→里→里で待機

幻想入りした人の自然な流れ 2

幻想入り→結局森→ルーミア・ミスティ→逃げる・助けられる→帰るためハクレイ神社へ

56 名無しの視聴者 :2008/06/07(土) 14:28:34 ID:XJ0aqSZUO
自然な流れって…おいおい。五体満足でなくとも生き延びれてればかなり幸運な方
うっかり飢えた妖の近くに出たりしたら一瞬で血の一滴も残らないんじゃないのか?

57 名無しの視聴者 :2008/06/07(土) 14:58:48 ID:i.YHPuik0
飢えた妖怪=知能の無い下等妖怪なら確かに死ぬかも。
東方キャラなら話術次第でどうとでもなる気がする。例えルーミアだとしても。

58 名無しの視聴者 :2008/06/07(土) 15:33:18 ID:OM//u8Cc0
ルーミアって自分の出した暗闇のせいで前がよく見えないらしいw

怖いのはルーミアよりミスティアの方かも

自分の中では下等妖怪=熊あたりの実力ってイメージ。

59 名無しの視聴者 :2008/06/07(土) 16:00:15 ID:zw166VBAC
>>58
俺もそれくらいのイメージかな。
訓練された人間ならなんとか対抗できるし、
一般人でも、頭を使えばやり過ごすくらいはできるって感じ。

60 名無しの視聴者 :2008/06/07(土) 16:16:32 ID:i.YHPuik0
>>59
いやいや妖夢

滅茶苦茶普通の人がポンと下等妖怪の隣に放りだされたらまず混乱
それに乗じて襲われる。
「や、やめてく・・・あッー!」
頭を使うどころのはなしじゃなくね?

61 名無しの視聴者 :2008/06/07(土) 16:18:24 ID:OM//u8Cc0
そこらへんは意見が分かれるところかね^^

62 名無しの視聴者 :2008/06/07(土) 16:28:25 ID:eZOdZpcIC
>>60
ああ、いきなり正面から出くわしたらそりゃ無理だ。
遠目で見掛けたりそれなりに遭遇を覚悟とかしてたりして、
ある程度の心の準備ができてる場合の話ってことにしてくれ。

63 名無しの視聴者 :2008/06/07(土) 20:58:04 ID:/f6Om/bA0
妖怪って頻繁に人を襲ったりはしないんじゃなかったっけ?
食料としての人間は外から捕まえてくるんだろ?

64 名無しの視聴者 :2008/06/07(土) 21:12:00 ID:7t13NIDU0
レミリアは契約で里の人間が襲えない。紫は全体的に守る側(でいいのかな)
里を専属で守ってるけーね先生。などなどにより、里の中はほぼ安全地帯と思われる。
ただ、森やら竹林やら冥界方面にふらふら出かけるようなことをすれば、
野良妖怪に襲われるんでないかな。
妖怪といっても人間だけを食っている。というわけでもないだろうし。
むしろ増えるのが遅い上に個体が少ないから主食としては適さないと思うんだ。

65 名無しの視聴者 :2008/06/08(日) 01:48:50 ID:CQaUmucU0
里の人間、じゃなくて 生きた幻想郷の人間、だったような…求聞情報ですが。
吸血鬼という種族で交わしてる契約なのにフランが平然と人を壊そうとするのはどうなんだろう…?

66 名無しの視聴者 :2008/06/08(日) 04:11:13 ID:agVRDG0gC
>>65
そういう点でも野放しにするとマズいから、
屋敷から出さないようにしてたんじゃないかなー、と思ったり。

67 名無しの視聴者 :2008/06/08(日) 14:29:00 ID:dhcfU6v20
レミリアがフランとあんまり一緒にいないから
姉としての威厳が無いと言うか、言う事聞いてくれないんだろうなぁ。
レミリア自身もフランのこと良く分かってないんだっけ?
ある意味閉じ込め続けたのはレミリアのミステイクだったのかも。

68 名無しの視聴者 :2008/06/08(日) 16:16:27 ID:QyYYptdYO
フランはれみりゃを『お姉さま』と呼ぶ程度には思ってたと思うがナー。うろ覚えだから確証は無い


で、このスレはそう言う精神的な事でなくて、あくまでも『空想科学読本』的な考証をするスレだろ? 話題戻そうぜ
ミニ八卦炉ってぶっちゃけ何からエネルギーを得てるんだぜ? 真火だとか聞いた気はするが敢えて現実にあるモノだけで誰か解説してくれないか

69 名無しの視聴者 :2008/06/08(日) 16:20:17 ID:L6VRV5XU0
↑お姉さま? アイツの間違いだろう

70 名無しの視聴者 :2008/06/08(日) 16:53:03 ID:dM5rOOPk0
>>68
原子力八卦炉ってとこか?
これなら山一つ壊せる威力もだせるだろうが、色々と危険すぎる罠

71 名無しの視聴者 :2008/06/08(日) 16:54:57 ID:SMyrxgJsC
永遠に消えない炎、ようするに無限にエネルギーがあるわけだ
でも一度に出力できるエネルギー量は決まってるからこれだけだとそこまで強力な力はない
魔理沙はこれと自分の魔力の相乗効果で強力な魔法が使えるわけだな
むしろエネルギーを溜め込む物を作ってチャージ攻撃をした方が強力になるような気がするぜ
現実のもの・・・中身のなくならないペットボトルみたいな??
すまん、例え話苦手なんだょwww

72 名無しの視聴者 :2008/06/08(日) 17:32:11 ID:dhcfU6v20
そもそも、魔理沙に魔力があるのか?
十八番のマスパは八卦路だし、他の魔法も原料キノコだし。
八卦路マスパって八卦炉さえあれば誰でも撃てるって言うのは二次だっけな?

73 名無しの視聴者 :2008/06/08(日) 17:41:13 ID:QyYYptdYO
そもそも魔力って何だと言う話になるから、例えでは無く現実にあるモノで八卦炉を作ると仮定して話を頼む。多少無茶でも問題無い
…あ、永久機関って時点でそこは諦めなきゃか


>69
ああ、そうだったw
度忘れしてたようだサンキュー

74 名無しの視聴者 :2008/06/08(日) 20:50:12 ID:geI4k8lE0
そう考えると魔理沙の実力が幻想入りキャラと同レベルってことに
なっちゃうのか?
アイテムでブーストしていると考えて。

(あくまで魔理沙の潜在的能力の話、異変解決に関しては別問題。)

75 名無しの視聴者 :2008/06/08(日) 20:56:26 ID:geI4k8lE0
続けてすみません

つまり、魔理沙は『魔法使い』というよりは『錬金術師』に近いって
問題なのか?キノコ煮たり、実験したりするから・・・

でも、魔女もそんなことやってる感じはするな(テーレッテレー!)

76 名無しの視聴者 :2008/06/08(日) 22:00:43 ID:tmWNnd5E0
お姉さまも言っている
間違いじゃない

77 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 03:10:06 ID:9ihj3obs0
まぁ待て。
魔理沙は温泉を召還できる。

後はわかるな?

78 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 05:53:49 ID:kTWQlWjY0
八卦路のエネルギー源とはなにか
先ず最初に八卦路の役割を明確にしてみようとおもう。
マスタースパークをレーザーとして捉えるならば、X−ray装置に見られるような照射構造をもっており、
また、レーザーを照射された大容量の物質は照射されたレーザーを吸収し、熱エネルギーへと変換することで
照射された材料が融解、分解、飛散、加工される程度の照射出力と電子の励起システムを持っている、とおもわれる。
実存のレーザー兵器ではイスラエルのRafae社が開発したThorが該当する。
ただし、可視光線ではないし又総重量850kgの大型兵器になる。
STG東方のマスタースパークの描写はライデンフロスト現象のような、
八卦路または大気中の原子あるいは分子の励起状態が起こす光だと推測される。
850kgの質量はバッテリーである電源が占めてると思われる。
これが手のひらサイズの八卦路に当てはめるのならば、
現代科学の既存のバッテリーよりも遥かに効率の良いシステムが求められる。
ではバッテリーを交換するような八卦路の描写があるのだろうか。
答えは無い、ただし東方STG描写の中で全キャラ共通でボム回数は制限があり
またアイテムを獲得することでBOM回数が増える。
憶測だが、エネルギー源はあくまで八卦路の使用者であるマリサであるのはないだろうか。
エネルギー源は日頃のマリサの発する熱エネルギーを効率よく吸収、蓄積を八卦路が行い、
細胞を活性させる活動電位(参考:人体機能生理学)をトリガーに置き換え、
任意にマスタースパークを発射できる仕組みにすると思われる。
要点をいうと、マリサは何時も八卦路を持って居なくてはいけない。
八卦路は熱エネルギーを効率よく吸収、保存し照射するものである。
以上フラマリ派が薀蓄してみた。

79 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 12:41:25 ID:wTIhU1T.0
確かに、魔力という概念を抜きにして考えるのなら、熱エネルギーの吸収蓄積
というのはいい考え。
ただ、キノコを燃料にしていることから、魔理沙の熱エネルギーだけではないと思われる
むしろおれは、
魔理沙のエネルギー→薪
キノコ燃料→新聞
(火を熾す時に燃えやすいやつ放り込んどくっしょ?)
って感じ。

80 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 14:51:44 ID:fxW9x9JoO
エネルギー量的に体温はトリガーであり誘因剤だと思う
キノコ(+八卦炉)+体温→魔法
もっともそれだと体温で爆発するようなキノコが魔法の森にはわんさか生えてる事になるけど、そんな低温で爆発か燃焼するんだと自分の内部温度で発火しそうな…

81 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 16:20:48 ID:ELTCLk5.0
キノコってのは湿気てて薄暗いところに生えてるもので、大抵ひんやりしてる
胞子を飛ばすために爆発するキノコが居て動物の体温程度で破裂するってのは
十分ありえると思う。
ただ、マスタースパークは何らかの可燃物質を八卦炉で燃やしてるだけなんじゃないかな

82 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 21:45:53 ID:.G1pwnMgO
幻想郷の経済とか通貨とかってどうなってんだろ?

店やってる奴や賽銭せびる奴とかいるみたいだけど

83 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 21:48:59 ID:Dl3Yo0hA0
八卦路自体は薬作ったりする『炉』の役割なんだから、はっきり言って、燃料要らずのライターみたいなものなんだろうと考えてるが・・・
問題は可燃物質を発火させてマスタースパーク等を放ってるとしたら(マスタースパークに色がつくのは花火の要領と考える)、どうやって爆風を制御してるんだろうか?

84 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 21:52:23 ID:Dl3Yo0hA0
≫82
経済は確か明治の初めごろあたりで止まってるはず、通貨は円、銭、厘が使われてると思うが

85 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 21:58:41 ID:.G1pwnMgO
>>84
そーなのかー
それじゃ外の世界のお金は使えないでおkなのね

86 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 22:07:31 ID:Dl3Yo0hA0
>>85
幻想入り作者の解釈で変わるけどね、基本は使えないと思う、価値が違うし

87 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 22:38:03 ID:Gpnhpd1A0
こっちの通貨は香霖堂で換金するのが現実的かな?
ゆかりんが使うだろうし、こーりんがコレクションしてても不思議じゃない

88 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 22:41:08 ID:Dl3Yo0hA0
ゆかりんしか換金相手いなさそうだしな…香霖がコレクション…あるかな?

89 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 23:01:11 ID:.G1pwnMgO
幻想郷の通貨を鋳造するための鉱物はどうしてるんだろか
鉱山とかからとるのかな?
もしくは幻想入りした金属製品を溶かすのだろうか

90 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 23:08:37 ID:Dl3Yo0hA0
仮説1:妖怪の山は実は鉱山、危険を冒して取りに行く猛者がいる(妖怪退治の必要な理由の一つ?)

仮説2:ゆかりんが金属仕入れてひそかに売ってる(八雲家の収入源?)

…トンでも説サーセン

91 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 23:17:46 ID:Gpnhpd1A0
天狗達の使っている紙は幻想入りしたものらしいから
通貨も幻想入りしたものを使っているのだと思う

鋳造はどうだろうな、人里の規模とかがわからないからなんともだ

92 名無しの視聴者 :2008/06/09(月) 23:29:34 ID:y61X6U5o0
そういえばギ○コさんが香霖堂で両替してたな。
他にも香霖堂で両替してる人がいた気がする。
やっぱりここは香霖堂で両替が現実的かな?

93 名無しの視聴者 :2008/06/10(火) 01:19:58 ID:MK8pl.0E0
幻想郷では通貨という概念はなく、売り物を勝手に取っていくらしい
だから霊夢や魔理沙は香霖堂から勝手に物を取っていくし、霖乃助も別段何とも思わないんだとか

ってどこかで見た気がする

94 名無しの視聴者 :2008/06/10(火) 01:24:23 ID:2gHj6d3U0
そもそも、閉ざされた幻想郷で貨幣に価値があるのかな?
経済の規模が狭すぎるような気がするし…

香霖堂もあれだけ商売の成り立たない店にもかかわらず
生活に困ってなさそうに見えるから、お金より物々交換が主流なんじゃない?

人里の商店なんかは寄り合いで、必要な物を交換したり、
農家は作物で交換すればいいので、お金の価値があまりないと思う。

使うとしたら上流階級(稗田家など)や道具屋、飲食店、妖怪、位なの
かなぁと考えてみたりした。

95 名無しの視聴者 :2008/06/10(火) 02:10:00 ID:E0JFPlF.0
明治程度までは文明が進んでるわけだし、
物々交換が無いとは言わないが、
嗜好品の購入なんかは特にお金を介すしかないかと。(酒とか)
額面/10000 位での両替をやってると考えるか。
どのくらい財布持ったまま幻想入りしたやつが居るかにもよるけど、
流通貨幣が純増するとインフレになるな。そっちのほうが問題だ。

96 名無しの視聴者 :2008/06/10(火) 02:46:25 ID:j1MPR4b20
外から金属製品は途切れず入り込んでるんだろうから、それを鋳潰して貨幣にかえてるんじゃないか
こーりんや魔理沙の収入の一部はそういう連中にガラクタを卸して手に入れたものじゃないかと言ってみる

しかし外の金属の知識なんかないだろうからそのうち有毒ガスでも発生させそうだな

97 名無しの視聴者 :2008/06/10(火) 02:52:59 ID:QJA1rupw0
そういえば、幻想郷って戦前に分離して生活レベル変わってないんだから身長とか戦前基準で考えたほうがよくないか?

魔理沙とか現代人から見たらびっくりするくらい小さいのかもしれんぞ

98 名無しの視聴者 :2008/06/10(火) 06:58:28 ID:2gHj6d3U0
大丈夫!戦前とか関係なしに東方キャラの身長を高めに考える奴は
なかなかいないと思う。

99 名無しの視聴者 :2008/06/10(火) 07:29:16 ID:BA6RR6AE0
妖怪が跳梁跋扈し常に死と隣り合わせの幻想郷に、
金も食料も持たず家族や友人にも告げずにいきなり放り込まれたら、とりあえず誰でも一度は帰る。
ルーミアに出会って即死して、外界では行方不明扱いで家族が永遠に自分のこと探すとか考えたら嫌すぎる。
十分すぎるほどに準備して、休みを利用して旅行という事にしてから幻想入りするのがいいだろう。
今の金は使えるか分からないから、外界ではよくあるけど幻想郷では貴重そうなもの(なんだろう?)も持ってくのがいいかな。

100 名無しの視聴者 :2008/06/10(火) 16:01:39 ID:BTbiCKYAO
幻想郷には海が無かったはずだから海産物とか塩とか喜ばれそうだ

101 名無しの視聴者 :2008/06/10(火) 17:52:30 ID:MUgIuFt.0
>>99
人によると思うぜ・・・
借金取りに追われてたり、家出中だったりニー(ryだったりすれば
戻りたいとは思わないかもな

あと幻想入り自体ゆかりんの気まぐれだと考えると、
戻ってこれない可能性を考えて戻らない人の方が多い気がする

102 名無しの視聴者 :2008/06/11(水) 00:28:52 ID:tWvSOqSY0
登場人物みんな酒好きの上三日に一回宴会開いたり異変解決するたびに宴会開いたりと
幻想郷の酒消費量は人口比的にえらい割合になってるんじゃないかと思われるんだが、
その大量の酒はどこで生産してるんだ?人里のどこかに日本酒職人がいるんだとしても、
人里の日常的な消費量に加えて妖怪連中の消費量+博麗神社の臨時消費etcetc..

もしかして人里の一角にどでかい酒職人居住地区があったりするのかもな

103 名無しの視聴者 :2008/06/11(水) 01:07:35 ID:q8IIbKn20
酒の多くは天狗の工場で作られてるんじゃない?
基本一番消費の高い連中は妖怪だし…。

もともと山は鬼の物だったから、その下の天狗たちが酒を大量生産
できるようにしたと考えればおかしくないと思う。

104 名無しの視聴者 :2008/06/11(水) 07:49:36 ID:ptiupWws0
天狗は揃いも揃って酒豪だっていうからな。
少なくとも大量生産の態勢は整ってると考えられるな。

人里での生産分+天狗の余剰生産分、てところかな?

105 名無しの視聴者 :2008/06/11(水) 20:39:28 ID:RXzsGRfw0
河童製のすいかが持ってる様な酒が湧き出る製品があるんじゃないのかね

106 名無しの視聴者 :2008/06/11(水) 22:56:32 ID:LPUfrB6MO
天狗が酒を作ってるなら原料の穀物とかはどうしてるんだろ

天狗が耕作とかするのか

107 名無しの視聴者 :2008/06/12(木) 00:54:00 ID:AGIITRTg0
妖怪の山で下位妖怪達がせっせと畑仕事をしてると思うと何か一気に可愛らしくなるな妖怪の山
もやしもん幻想入りとか出来そうだ

108 名無しの視聴者 :2008/06/12(木) 03:27:10 ID:qQkAkAKI0
ソースは「ほんのひなんじょ」より、東方事典「妖怪」の項。
-----------------------------------------------------------------
人間が主食。でも幻想郷の人間は強いので幻想郷の外で狩ることが多い。
そういう人はこちらの世界から「神隠し」にあったように消える。
-----------------------------------------------------------------
これで言うと妖怪の外出は生活の範囲で、食料等の仕入れも可能ということになる。
幻想郷に人間は多くないらしいし、内側だけで自給自足ができているとは思い難い。

だいたいゆゆ様があれだけ暴食しててどこから飯が出るのkうわなにをすr

109 名無しの視聴者 :2008/06/12(木) 03:42:39 ID:Czc5wV6M0
>>108
そういえば、豆腐屋とかも大豆の仕入先とか不明だもんな。
案外夜の妖怪市場とかに豆腐屋とかの商店の人間が出入りしているのかも。
そこで一部の妖怪と人間の交流が出来てくる。
だから霖之さんのようなハーフもありうるようになったのかな?

>>107
すでにオリゼーが幻想入りしてるぞ。

110 名無しの視聴者 :2008/06/12(木) 07:40:43 ID:rLRGI8DwO
でたな豆腐屋WWW
ニガリの問題ですね、わかります。
恐らく豆腐屋は、幻想郷において、唯一海水を手に入れる一族なんだよ!

111 名無しの視聴者 :2008/06/12(木) 09:10:52 ID:R0xzZB4o0
よくわからんけど水に塩溶かしたものじゃ代わりにならんの?

112 名無しの視聴者 :2008/06/12(木) 09:50:16 ID:oC2fO/QgO
塩を手に入れるには海が必要
って話じゃなかったか。詳しくは知らんが

113 名無しの視聴者 :2008/06/12(木) 10:38:18 ID:yQmdxrKkO
紫が外から塩を仕入れて売ってるんじゃね?

114 名無しの視聴者 :2008/06/12(木) 12:11:29 ID:dC82CSkQ0
Wikiより
苦汁の成分は、塩化マグネシウムや塩化カルシウムなどである。ほかにカリウム・鉄などのミネラルを含む。味は、主にマグネシウムイオンにより、文字通り苦い。

海水 − 塩(塩化ナトリウム)= にがり ということのようですね。
岩塩はかつて海だった場所とかに鉱脈として存在するから、幻想郷にもあるかもしれない。

115 名無しの視聴者 :2008/06/12(木) 13:11:10 ID:PlfZYxgE0
汗の塩でよくね?

116 この子です。 :2008/06/12(木) 14:32:58 ID:X.9t0T8w0

とある事をすると日記を更新している女の子のサイトです。
むちゃくちゃ生々しい文章なので初めは衝撃受けました。

中毒性が高いので注意が必要です。

ttp://www.geocities.jp/deiji5245g/has/

117 108 :2008/06/12(木) 15:50:56 ID:8waIpQt20
>>108の自分の書き込みに今更ツッコミ入れるのもなんだけど、
そもそも妖怪達はどこからどうやって出入りしているのかという疑問が沸いた。
博麗の巫女や境界を操る妖怪じゃなくても出入りできる博麗大結界の仕組みとは…
と思って(無知なので)調べたら、このような記事があった。

ttp://jiyugiga.hp.infoseek.co.jp/Study/Border-2.html

特にはじめのZUN氏の公式発言↓

> ちなみに、幻想郷は異次元とか別世界とかそういうものではなく、あくまで陸続きの辺境の山奥です。
> 結界があるため、通常は辿り着く事も見つける事も出来ないだけです。
> ここでの結界とは、洗練された現在の常識と、常識のために切り捨てた文化との差です。

による見解ならば、幻想郷に一度入った者なら幻想郷に戻ることができると考えて良さそうだと思う。

118 名無しの視聴者 :2008/06/12(木) 15:57:38 ID:5R1QMfAE0
>>117
一度幻想郷に入ったなら、少なからず現在の常識を捨て、更に
常識のために切り捨てた文化を目の当たりにする。
だから切り捨てたはずの文化を知っている、もしくは憶えているなら
いつでも幻想郷を発見できる。
ってことかい?

119 名無しの視聴者 :2008/06/12(木) 16:26:14 ID:Czc5wV6M0
>幻想郷の塩
なんか、よくよく調べてみると、岩塩もあるんだが、岩塩からはあまり苦汁ができないらしい。
で、検索しているうちに『湖塩』というものがあるという情報を見つけた。
霧の湖が塩湖(死海とかのように湖の水に塩分がはいっている)だとするならば苦汁とかは簡単に手に入るのだが・・・。
もしくはどこかの土地に湖塩の層が存在していればそこから採取可能になるはず。

120 名無しの視聴者 :2008/06/12(木) 21:19:47 ID:rLRGI8DwO
でも、霧の湖の水って山から流れているから、人里までつづいてないか?生活用水としては、まずい気がする。

121 名無しの視聴者 :2008/06/12(木) 22:35:07 ID:yQmdxrKkO
>>119
霧の湖が塩湖なら蛙とか住めないんじゃね?

あと岩塩も日本だと取りにくいと聞いたことがあるんだが

122 名無しの視聴者 :2008/06/13(金) 01:19:11 ID:e.68Hu7I0
チベットとかの乾燥して大陸クラスの陸地じゃなきゃ
ほぼ取れないらしいね岩塩。

123 名無しの視聴者 :2008/06/13(金) 12:18:29 ID:8XbCBYy.0
日本で採掘できる岩塩についての資料が全く無い。
塩湖の可能性も生態系でカエル等の生息で無いとおもわれる。
しかし…中央アルプスの山懐に位置する鹿塩温泉
塩化ナトリウムを多く含んでいる温泉が検索で見つけた。
塩の生成過程は分からないが、塩田のように塩を作る事はできるのではないだろうか。

124 名無しの視聴者 :2008/06/13(金) 12:36:59 ID:CHS5DeJ6O
基本的に製塩する場合は塩水の水分を蒸発させて塩を結晶化させるはず
塩釜とか使ってね

だから理論的には温泉からでも作れなくは無いだろうと思う

125 名無しの視聴者 :2008/06/13(金) 12:47:29 ID:UblhfAF.O
なるほど、確かに温泉豆腐って、聞いたことある気がする。温泉使った湯豆腐だと思ってたけど。
地霊殿が発売された時、もっと進展するかも。

126 名無しの視聴者 :2008/06/13(金) 23:36:33 ID:6XnuoHB2O
温泉から塩が作れたとしても貴重品には変わりはないな

温泉からじゃたいした量は作れなさそう

127 名無しの視聴者 :2008/06/14(土) 20:38:16 ID:l.eLKA6c0
天界、地獄、冥界という世界があるから
単純に海のあるなし、塩のあるなしって言うレベルじゃない気がする
それなら、雨が降ったとき、風が吹いたときの自然現象は
閉鎖環境じゃ起こらないことになってしまうし・・・(もちろん規模にもよるんだけど)

いやまあ、雨については三途の川が蒸発してる線もあるんだけどさ(*‘ω‘ *)

128 名無しの視聴者 :2008/06/14(土) 20:38:59 ID:l.eLKA6c0
あ、何か閃いた

三途の川って絶滅した魚が泳いでるって言ってたけど
別に淡水魚に限ってないよね?
きっと三途の川には淡水ゾーンと海水ゾーンがあって
海水ゾーンから水をくんできて蒸発させてるんだよ!(AA略

129 名無しの視聴者 :2008/06/14(土) 21:31:18 ID:aCNpXgD60
閉鎖環境といっても見えないだけで日本領土内にあるのは確かだから
天気は日本の天気とかわらないんじゃないかな?

130 名無しの視聴者 :2008/06/14(土) 21:47:18 ID:Dw4G4qrEO
ところがどっこい、天候やらの自然状況が共通だと大気汚染も入り込むことになる
…何か嫌じゃない?

と言う訳で、天気地気的には断絶されてるんじゃないかと適当言ってみる
科学的には解明出来ないけど、それは気功神秘学を応用するっきゃない…可能な限りしたくないがZUN脳を考えればこれが一番良い

131 名無しの視聴者 :2008/06/14(土) 22:12:59 ID:bPt97T.Q0
ここは現実的に幻想郷を考えるスレだぜ
酸性雨と黄砂が降り注ぐ幻想郷というのも風流でいいじゃないか

132 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 02:01:52 ID:GVW0jnhM0
幻想郷って、隔離された山奥の山村にしては異常に豊かだよね。

服もぼろ着てるわけじゃないし、家屋もすごく立派。魔理沙の
実家は「大手道具屋」らしいけど、大手道具屋が成立するためには
相当の人口と経済規模が必要なはず。
食品も明治の貧しい山村とは考えられないほど色々出てくるし。

例えば萃夢想で出てきたお酒だけでも、ブランデー、ワイン、どぶろく、
焼酎。あと、吟醸酒は外のお酒だから省くとして、これだけの種類の
酒を生産するためには相当な数の人間が必要だと思うんだけど…

133 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 07:25:57 ID:lsHqwWB.0
酒を造るのは人間だけとは限らん、特に幻想郷に限っては
天狗とかは醸造ノウハウありそうなもんだよ、鬼の部下だったんだし

134 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 12:34:26 ID:TydGxmXQ0
幻想郷の非人間のキャラは、どうしてみんな少女の姿なのか。

135 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 12:38:40 ID:TydGxmXQ0
幻想郷の非人間のキャラは、どうしてみんな少女の姿なのか。

136 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 12:39:45 ID:TydGxmXQ0
あ、連投…

137 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 13:05:23 ID:FaNAUEsY0
こーりんの事も思い出してあげてください

138 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 13:21:25 ID:6MSrCP6U0
萃香とてゐはどうみても少女というより幼女です

139 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 15:28:05 ID:lsHqwWB.0
>>134
人間に襲われ難くするため
愛らしい人間(特に幼女)の姿であれば退治される優先度は低くなる
と言う妖怪側の自然な反応により、幼女タイプの妖怪が増えた
天敵に殺されにくくなる為の進化みたいなもん

140 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 15:53:44 ID:E.eG8V2MO
後は遺伝子的に女性(XX染色体個体)の方が完成してるんだよね
妖怪より多くの子を成し姿の近い存在――つまり人間との混血が行われた際により多くの遺伝情報を残し易い訳だ
更に言えば、力の強い存在程若く活きの良い卵子を提供出来る必要がある
その為強い者ほど生殖可能な範囲で若々しい姿を維持するんだろう

ゆかりんは…外見の境界弄ってんじゃね? 幼女じゃイマイチ締まらないとかで
きっと中身はyぅゎょぅι゛ょっょぃ

141 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 15:56:47 ID:lsHqwWB.0
ちなみに>139は文花帖だか求聞史紀情報だから公式設定だぜ

142 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 17:31:00 ID:84onWA.c0
そういえば・・・血液ってヘモグロビン入っている以外はほぼ海の水と同じ成分だと聞いたことあるんだが・・・動物の血から塩とか苦汁は生成できないんだろうか?

143 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 17:37:44 ID:E.eG8V2MO
難しいんじゃないだろうか?
まぁ、どこぞの孤島の鳥は食事だけじゃ水分足りないからって他の動物をつついて血を吸うらしいから、水分塩分補給には使えそうだが

144 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 20:32:44 ID:yhS/khfM0
肉屋と提携すれば大量に血が手に入るからいけるかなと思ったんだが、むりかなぁ?
やっぱり外の世界から妖怪が仕入れたものを夜の妖怪市場で買ってると考えたほうがいいんだろうか?

145 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 20:59:12 ID:RYcYFzi20
動物の血液にも塩分は含まれるけど、古代の海の成分と同じ、ということで
今の海ほどの濃度はないと思う。
昔から山間部じゃ塩は貴重品で、交易で海の側の人と取引していたはず。
それこそ海水と真水の境界をいじるか、外部から輸入するしかないかも。

146 名無しの視聴者 :2008/06/15(日) 21:01:13 ID:RJ.82NVA0
実は地下に海水があるってのはどうだろう?
川を下っていけば当然結界の外に続いていくわけだし、そこで仮に
結界と外の境が断崖絶壁であることにしよう。
川が滝になってるわけだ。
その崖を海抜ゼロ地点まで下っていけば海水までたどり着く。
そこを掘り進めて太陽の畑までつなげる
そして太陽の光を取り入れられる環境をつくり、海草類を育てる
そして、ミネラル豊富な塩、ニガリが精製できる!
 と、長々と書いたけどこんなかんじは如何だろう!?

147 名無しの視聴者 :2008/06/16(月) 02:32:39 ID:nfD8ErbY0
もう、女の子達が頑張って汗をかいて塩を作ってるで良いじゃないか
阿求の塩って名前、微妙にありそうですよね

148 名無しの視聴者 :2008/06/16(月) 09:07:20 ID:/vck7YqM0
>>142
逆に考えるんだ
海の成分が無ければ生きていけないと

149 名無しの視聴者 :2008/06/17(火) 19:34:50 ID:fW9AxgDwO
紫が境界弄ればその辺の池とか湖の一部を海水に変えるとかできそうだ

150 幻想入りした名無しさん :2008/06/17(火) 20:17:02 ID:aX7ZrOts0
天狗が結界に穴ぶちあけて取り入れてると妄想

151 名無しの視聴者 :2008/06/17(火) 20:45:19 ID:bNC3jFSgO
うーん…、
何かとゆかりんのおかげって考えはくやしいなー…

152 名無しの視聴者 :2008/06/17(火) 21:10:06 ID:L7/JURP20
論点をしぼってみた。

1塩は貴重品になるのだろうか?
2塩は何故貴重品になるのだろうか?
3塩は何処から来る、もしくは作られるのだろうか?
4海水・岩塩でなくても、塩を生産できるのではないだろうか?

以上の四点にしぼってみた。
上記のスレから、食塩は海がない幻想郷では生産しずらいので、貴重品だと結論できる。
1〜3の論点を語るには、幻想郷の居住者と幻想郷の総面積を考慮に入れて、
面積から得られる、食塩の生産高と食塩を生産する人の数でだされる生産数を出し
そこから、得られる供給数が幻想郷で消費される数を上回れば貴重品になるとおもう。
また、海水・岩塩以外で塩を得るには、上記の塩化ナトリウム泉や果物等に含まれる塩分からも抽出できます。

153 名無しの視聴者 :2008/06/18(水) 22:02:00 ID:369hJq.Q0
幻想郷の博霊大結界って、物理的結界と概念的結界の二重結界っていうように補完してるんだけど一体どういう事なんだろう・・・

154 名無しの視聴者 :2008/06/19(木) 12:49:34 ID:XrSMq9R.0
っていうか、原作にまだ出てきてないだけで実はどこかにあるんじゃない?海。

155 名無しの視聴者 :2008/06/19(木) 13:01:19 ID:oaHJ4BakO
地理的にはどこかの山奥、と公式に言及されてるからそれは無い

156 名無しの視聴者 :2008/06/19(木) 15:27:13 ID:QpmVeSwQO
ぼーげっしょーで咲夜さんが幻想郷に海はないって言ってたもんな

157 natu :2008/06/19(木) 16:51:40 ID:RyPkgSWo0
大感謝デー☆今日だけ激うまラーメン50円!!
ttp://blog.m9ec.com/nnmkde/

158 名無しの視聴者 :2008/06/19(木) 19:10:33 ID:orM3w9GM0
地理的には外の世界と地続きなんだよな確か
結界のせいで行けないだけで

159 名無しの視聴者 :2008/06/20(金) 01:49:43 ID:kFb0z8a.O
と言うか結界のせいで極限まで認識が難しい、だと思う。別に物理的な障害では無いらしいし
だから偶然迷い込んでも現実にしがみついてたら、ひょっとしたら相互不干渉の状態のままかもね
少なからず幻想に生きていないと、幻想郷には(概念的に)辿り着けない訳だ

160 名無しの視聴者 :2008/06/21(土) 04:31:59 ID:hztvnbpI0
塩はどこかに塩分が高い木の実とか植物があって、それから作られてるとかは駄目かな?

161 名無しの視聴者 :2008/06/21(土) 09:35:08 ID:U3N80/kg0
何時の間にか話脱線してる?

162 名無しの視聴者 :2008/06/22(日) 20:56:29 ID:OsVTf7DY0
ネタが尽きれば脱線もやむなし。
物理的境界よりも論理的境界のほうが抜けにくい気がするんだけどな……個人的に
言うなれば、男と女の境界を抜けろと言うようなもんでもあるわけだし。

163 名無しの視聴者 :2008/06/24(火) 01:13:54 ID:YB1r.BKk0
塩のことでひとつ気づいたんだけど、玄爺って海亀なのかな?

だとしたら玄爺が普段住んでる所は海水なんじゃないかな?

164 名無しの視聴者 :2008/06/25(水) 16:22:47 ID:WJ10hJycO
海亀だったとは思うが

そうすると神社の池から塩が取れるのか

165 名無しの視聴者 :2008/06/25(水) 16:56:09 ID:bEfQ2dGsC
どっか普通に海のある世界から召喚されてんだと思ってた>玄爺

166 名無しの視聴者 :2008/06/25(水) 17:40:10 ID:xk4CQzI20
そういえば、もう消えちゃったけど、どこかの東方MADに、
玄爺が幻想郷の土台になってて……とかいうやつがあったな。

幻想郷って冥界につながってたり、いろんなところとつながってるみたいだから、
その中のどっかに海のある世界もあるのかもしれんね。
ある意味、現実の世界も幻想郷とつながってるようなものだから。
いや、冥界も含めて幻想郷なのか? どうなの?

167 名無しの視聴者 :2008/06/25(水) 19:08:38 ID:r2UaVTZM0
撮りたてホヤホヤ画像!!
お見逃しないように!!
ttp://tm.hmailde.com/ninnjya/nyan/

168 名無しの視聴者 :2008/06/25(水) 19:21:48 ID:ivLj27Sg0
>>166
チルノとプリン体か?
あれはもう少し作者が自分の作った作品に自信を持って欲しかった。


冥界も三途の川から先も厳密に言えば幻想郷じゃないらしいし。

169 名無しの視聴者 :2008/06/29(日) 14:14:25 ID:OCe/C7T2O
幻想郷から簡単に行ける世界って何があったんだろうか

170 名無しの視聴者 :2008/06/29(日) 17:32:03 ID:.55PQm5k0
冥界とか彼岸とか魔界とか、あと地下世界もあるかな

171 <隙間に落っこちたみたいです> :<隙間に落っこちたみたいです>
<隙間に落っこちたみたいです>

172 名無しの視聴者 :2008/07/01(火) 21:08:41 ID:796GmEZoO
そういや月の兎とかはどうやって幻想郷に入ったんだろうか
結界とか大丈夫なんだろうか

173 名無しの視聴者 :2008/07/02(水) 01:53:12 ID:0H5asiGc0
鈴仙は一人で月から逃げて幻想郷に来たんだっけ?
波長を操る能力は結界をも超えられるんだな!

現実的に考えると、波長を操って瞬間移動したんだきっと、出来るかどうかはわからないが
出来そうな気がする。

174 名無しの視聴者 :2008/07/02(水) 02:23:03 ID:aAm6g3nY0
幻想郷は存在さえ知っていれば入るのも出るのも比較的容易な気もするが
もちろん、ある程度力がある者に限りという前提条件をつけて

175 名無しの視聴者 :2008/07/02(水) 02:40:01 ID:PoRJ3M5o0
ttp://izayoinet.info/index.html
ここの設定→東方香霖堂暫定語録に
境界の条件定義うんたらっぽい話しがあったような気がする

176 <隙間に落っこちたみたいです> :<隙間に落っこちたみたいです>
<隙間に落っこちたみたいです>

177 名無しの視聴者 :2008/07/15(火) 04:38:15 ID:i5w1xsKw0
亀スレだが
昔話には挽くと塩が出てくる臼という物があるんだ…
俺はこれが幻想入りしたとゆーことで納得してたんだがなぁ、
このスレタイにはちっと合わん理屈だ

178 名無しの視聴者 :2008/07/15(火) 23:22:39 ID:gxuHCGAU0
塩の話題だけど、塩を必要と必要とするのは人間以外(すなわち妖怪)も
必要としているのか?
仮に人間のみが必要としているなら、人間はたぶん大半が里に住んでいると
思われるから、人間の数自体も幻想郷の総人口と比較してみれば少ない方かと(そこまで里も大きくないだろうし)
次に塩の用途だけど、食料保存や味付け以外にも、幻想郷は一応日本に則した
世界だろうから祭なんかで使われてそう(特に霊夢)。
だから、幻想郷の人間の人数から考えて需要はそこそこかと。
最後に塩は何処で作られるか。ゆかりんが持ってきたりというのもありかもしれないが、
俺的には塩湖(塩分の溶け込んだ湖、死海が代表例)が存在し、そこから塩水を持ってきて
それを乾燥させて塩を生成しているのではという仮説を考えてみた。
どっかに鉱山ぐらいは存在しているだろうから、そこにあった塩化ナトリウムが近くの湖
に溶解されて塩湖ができる、という風にいくなら十分有り得る希ガス
そして、上記の三仮説が全部成り立つとすれば、生成量は需用量よりは多くなるだろう
から、塩はそこまで貴重品ではない・・・

ということを橙好きの俺が妄想してみましたよっと

179 名無しの視聴者 :2008/07/16(水) 16:37:15 ID:8HoiD5ww0
そういや、塩については慣れられ〜の人がオマケで考察してたな。
「ボーダー商事説」「妖怪の独自技術説」
「紅魔館が岩塩鉱脈ごと幻想入り説」
の3つのうちどれか、ってことで落ち着いてたけど。

個人的には>>177の説が好きだな、何か幻想郷っぽいw

180 <隙間に落っこちたみたいです> :<隙間に落っこちたみたいです>
<隙間に落っこちたみたいです>

181 名無しの視聴者 :2008/07/21(月) 00:38:38 ID:.iEh6jJA0
>>178
塩こと塩化ナトリウムは、
ほぼ全ての生物の生命活動に関わる必須ミネラル・・・らしいです
妖怪でも少しは必要なのかもな

182 名無しの視聴者 :2008/07/22(火) 19:56:23 ID:tzwBxe0Y0
塩と同じような特性を持つ別のミネラルが存在すると考えるのは
現実的に考えるというこのスレの主旨から外れるかな?

183 名無しの視聴者 :2008/07/23(水) 15:14:54 ID:Z9.TVg4E0
まあ民俗学の話なんですが
塩は山間部の人は海の魚の塩漬けなんかから採ってるのが主だったそうです。
寿司の原型の鮒寿司、箱寿司なんかはそれです。
なもんで昔の山村は魚の塩漬け何かを何日もかけてしゃぶるんだとか。
となると幻想郷のような忘れ去られた海の文化の土地(ワダツミとか?常世?)
からスキマ経由かも。

それと狼は塩気が大好きで男の股間を噛み切られ死亡する事例があったため、
日本の山村は明治終わりまで廁は屋内に在ったそうです。

184 名無しの視聴者 :2008/07/29(火) 11:08:46 ID:Q4gtH6Oo0
そういえば、慧音の親はどうやって子供を作ったんだろうか…

185 名無しの視聴者 :2008/07/29(火) 14:26:35 ID:ZVZQmk3s0
>>184
そりゃお前コウノトリが……じゃなくてキャベツ畑……
いや……雄しべと雌しべがだな……

186 名無しの視聴者 :2008/07/29(火) 20:10:55 ID:Pp4FZlB.0
マジレスするとけーねは後天的に妖怪になった
元々は人間の子だったはず

187 名無しの視聴者 :2008/07/29(火) 20:23:53 ID:oV9NydJw0
呪いか何かで半妖化したんだっけ。

人間が後天的に妖怪化するってのは、現実的に解釈するとどうなるかな?
ウィルスによる遺伝情報書き換え、あたりが近いのか?

188 184 :2008/07/29(火) 23:23:25 ID:Q4gtH6Oo0
>>186
あ、前ウィキペで見たのに忘れてた…orz

189 184 :2008/07/29(火) 23:24:53 ID:Q4gtH6Oo0
>>186
あ、前ウィキペで見たのに忘れてた…orz

190 名無しの視聴者 :2008/07/29(火) 23:27:47 ID:Q4gtH6Oo0
連投すみません…

191 名無しの視聴者 :2008/07/29(火) 23:43:35 ID:YqgSMrpg0
>>187
ウイルスって怖いな・・・
なんだか、呪いの方がまだマシな気がする

192 名無しの視聴者 :2008/07/31(木) 22:47:09 ID:qlcuTGTYO
ウイルスといえば外来人が幻想郷に無いような感染症とか持ってきた場合とかはどうすんだろ?
やっぱりうどんげがワクチン打って回るのかな?

193 名無しの視聴者 :2008/07/31(木) 23:04:28 ID:dpW8Siw.0
人里は半壊だろうな。
後はまあ、妖怪なんかの持つ別の諸々と結合して更に厄介な代物に、という展開も考えられる。

194 名無しの視聴者 :2008/07/31(木) 23:10:49 ID:dpW8Siw.0
或いは、永琳なんかの活躍で人里は助かっても、
井戸などの水回りの汚染や周囲に生息している動物への感染とかも有るか。
何れにせよ、閉鎖的は閉鎖的だからな。一度パンデミックが起きればひとたまりもないんじゃないか。

195 名無しの視聴者 :2008/07/31(木) 23:19:55 ID:LfOOshNQ0
新しい血を入れるというのは、そういう方面での免疫を高める意図もあるのかもしれんね。
純粋培養は脆いからさ。

196 名無しの視聴者 :2008/08/01(金) 01:42:11 ID:WW1vLoBY0
狂犬病が幻想入りですね分かります。

197 名無しの視聴者 :2008/08/02(土) 01:23:42 ID:33WVfAss0
権兵衛さんは狂犬病になんかならないよ

198 名無しの視聴者 :2008/08/02(土) 01:48:29 ID:Uu6KbRHs0
流石に予想外w

199 名無しの視聴者 :2008/08/02(土) 22:26:24 ID:gH8WXAqw0
いや、狂犬病は普通に人間も罹るから……
つうか人間が発症したら100%死亡だっけか?

突如凶暴化する低級妖怪。原因は狂犬病ってところか……
雨を嫌うところから疑われる紅魔館、って、どっかであったような流れになるなw

200 名無しの視聴者 :2008/08/02(土) 23:49:20 ID:Q7Lls5ec0
>>199
確かひとりだけ生き残った奴がいるはず。
進入部に二日、三日とどまり。
神経をけいし、脳に進入するんだったっけ?
まあ、吸血鬼のもとネタはペスト、
血を吸うのはエリザベート
もう一つは狂犬病って説もある位だからな。
>雨を嫌うところから疑われる紅魔館、って、どっかであったような流れになるなw
東方キャラをいじめるスレで
鳥インフルエンザが幻想入りして天狗が全て焼き払われるって言うのがあってだな。

201 名無しの視聴者 :2008/08/02(土) 23:53:10 ID:GvGs5jgc0
>>200
ドMな俺から見るときめぇってレベルじゃないな>天狗が焼き払われる

202 名無しの視聴者 :2008/08/03(日) 13:15:29 ID:pl8oENIo0
鳥インフルというか、そういう調査をしている人間が幻想入り、とか面白そうだよな。

一緒に入ってきたウイルスも今は致命的な害にはならなくても、
何れ変異して幻想郷を脅かす可能性が高いから永琳と協力してその対策に当たる、みたいな。

203 名無しの視聴者 :2008/08/11(月) 22:32:18 ID:RU/LcDWw0
話が変わってしまうが、幻想郷のお屋敷修繕費用は、一体何処から出ているんだろう?
時が止まっている所はまあ考えなくても良いとして、
地上にある関係で風雪に晒されるの確実な、紅魔館と博麗神社の費用。

内職?
人間の里からの有志?

204 名無しの視聴者 :2008/08/11(月) 23:00:37 ID:von8HoPI0
>>203
あげんなカス野郎
権兵衛さんに詫びて市ね

205 名無しの視聴者 :2008/08/12(火) 00:58:15 ID:MIsKjZxY0
>>203
紅魔館は咲夜さんが一人で修繕してそう
パチュリーが魔法で手助けくらいはしてくれるかも

博麗神社は幻想郷のシステム的に必要なので
紫とか萃香が修繕してた。すきあらば天人が直してるけど

206 名無しの視聴者 :2008/08/12(火) 08:43:59 ID:OK3y7ZJQ0
天子含む天人って本当にナイフとかの刃物が刺さらないのかな?

207 名無しの視聴者 :2008/08/12(火) 21:48:17 ID:2gE/WoO.O
>>206
単純に筋肉の質を高くし続ければ、皮膚はともかくとしても内臓まで刃傷が至るのを防ぐのは不可能では無かったような
全く刺さらない訳では無いけれど、命にも関わらない。くらいが妥協点かと


極端に現実的に考えれば答えは“No”だけど、それじゃつまらないしw
バキ的な感じでおkって事でww

208 名無しの視聴者 :2008/08/12(火) 22:21:07 ID:9Z7/3qIM0
そういや天人の天敵って天狗だよね

刺さったナイフを筋肉でとめるとか、筋肉で止血するとかww

209 名無しの視聴者 :2008/08/13(水) 21:22:30 ID:MQ4EiGng0
塩について。
スレタイには合ってないかもだが。

確か旧約聖書のソドムとゴモラの話で、塩の柱になった人とかが居たはず。
というコトでそういった能力を持った物だか神だかが
幻想郷に居るのかもしれん。
人間しか変えられないんじゃあれなんで、植物や無生物もおkって事で。

あと海産物とかは、空から魚が降ってくるっていう
民話みたいなのがあったと思うんだが?

210 <隙間に落っこちたみたいです> :<隙間に落っこちたみたいです>
<隙間に落っこちたみたいです>

211 名無しの視聴者 :2008/08/16(土) 19:47:42 ID:dV3Tve/g0
ムスカしか思い浮かばない自分が嫌になる・・・

212 名無しの視聴者 :2008/08/17(日) 17:04:57 ID:hbgvfy6I0
幻想郷の妖怪と海の妖怪が昔戦争を起こして分断した…という設定を
地霊殿クリアしてひらめいた。 妄想だがな

213 名無しの視聴者 :2008/08/18(月) 22:16:07 ID:O1J10e8.0
といったら出雲神話の「因幡の白ウサギ」とか鰐ザメにウサギが騙される
話だから…とか、白兎助けるのは神奈子の親父さんだから…とかとか
(神奈子=タケミカなら、俺はトメだと思うが)
既存キャラの関係を考えると海の話もいいな
と出雲の旅行中に思った

214 名無しの視聴者 :2008/08/19(火) 21:30:13 ID:6gUfxWd60
結界の性質からすると、幻想郷のどこかに海があるか、どこかの海にもう一つ幻想郷っぽいのがあるか、
どっちかじゃないと海の妖怪が大変かわいそうなことになるような気がするんだぜ。

215 名無しの視聴者 :2008/08/19(火) 21:37:09 ID:mRPBW9FQ0
月にある幻想郷っぽいのが、月人とか兎が住んでる月だしな
海にもあるんじゃね。

216 名無しの視聴者 :2008/08/19(火) 22:35:29 ID:N7SsXbKYO
て事は幻想郷の空を突き進めば裏の月に行けるように、幻想郷の川を下り続ければ“裏の海(竜宮?)”にも行けるんだろうか?
だとしたらオラ、すげぇワクワクしてきたぞ!

217 名無しの視聴者 :2008/08/20(水) 00:21:16 ID:mL841Aqc0
>>213
だれも突っ込んで無いのでセルフ突っ込み
タケミカズチ× タケミナカタ○
でしたorz

218 名無しの視聴者 :2008/08/23(土) 20:26:14 ID:cfbAlxOw0
話を変えてしまうが、
森の中在住の二名の家は、どうやって建設されたんだろう?
魔理沙とアリス。

魔物の問題を除いて考えても、
昼なお暗い深い森の奥地へ、トラックなどの重機もなしに建材・家具を搬入するのは、
かなり困難な作業だったと思うのだが…。人海戦術?

219 名無しの視聴者 :2008/08/24(日) 01:22:12 ID:d/XimRBQ0
人海戦術の人は人形の人ですねわかります

さておき、俺は建材は現地調達なんじゃないかと予想。
あんな場場所で調達から始めるのは相当大変だろうけど、わざわざ外から運び入れるよりは、
道具一式を持って行って現地で一から作った方が楽な気がする。
家具類も、布地とか細かい金具とか持って行けるものは持って行って、材料は現地で。
アリスは人形の人海戦術で、魔理沙は普通にきこりと大工を呼んで、じゃないかな
でも求聞史紀読むと、「キノコの胞子で常人は息をするだけで体調を崩す」とか書いてるんだよなぁ……

220 名無しの視聴者 :2008/08/24(日) 02:07:09 ID:5CT6KCu20
便利な言葉だよ魔法って!
妖々夢のPC紹介見る限り、魔理沙は温泉脈を召喚する程度の魔法は使えるらしい。
具体的にどうやるかは知らんが、家くらい魔法で建てれんじゃね?

221 名無しの視聴者 :2008/08/24(日) 05:09:47 ID:x.fT8avQ0
だが魔理沙が勘当されたのってまだピヨピヨのヒヨッコの頃だろ?
空き家だった。とかじゃない?「誰も住んでないから今日からここは私の家だぜ!」って感じで。
霖之助に手伝ってもらったりしてなんとか住めるようにした。とか。

222 名無しの視聴者 :2008/08/24(日) 05:45:30 ID:6dnl5YE.0
旧作考慮すれば、そこから魅魔様に弟子入りして〜だろ?

223 名無しの視聴者 :2008/08/24(日) 11:47:33 ID:5CT6KCu20
さっきは適当なこと言ってすまんかった。
つまり>>221>>222を参考に考慮するに、魅魔様が旧作結界に囚われて空き家になった家を「誰も住んでないから今日からここは私の家だぜ!」って感じで住み着いた、でFA?

224 名無しの視聴者 :2008/08/24(日) 21:13:09 ID:F4QIY0dY0
アリスの方はやっぱり人形を使って家を作った。って説が有力かもしれん。
一人でやったら1日かかることを二人でやったら半日でできる法則で、
大量の人形を駆使して家を作ったら数日でできるんじゃあない?

225 名無しの視聴者 :2008/08/27(水) 18:27:55 ID:J7FPDPmw0
魔界の人に建ててもらったとか、
魔界にあった家を丸ごと移したとかって可能性もある。

226 名無しの視聴者 :2008/08/29(金) 10:09:07 ID:hWuvynSM0
ふと思ったが、妖怪ってのを人間の「未知」に対する恐怖の具現化と考えると
妖怪の有り様に関していろいろ想像できて面白いような。

例えばルーミアだったら、闇に対する人間の恐怖が
「闇で人を惑わせ食らう妖怪」というイメージを取り、ルーミアという存在を形作ったとか。
人を食うから人食い妖怪と言われるんじゃなくて、
人食い妖怪と定義されて生まれてるから人を食う、みたいな。

最近ルーミアがめんどくさがって人を食わないらしいのって、もしかしたら
闇に対する人間の恐怖が薄れて定義が揺らいできてるのかもしれないなぁ、とか
色々とりとめもない事を想像してみたりするわけで。

227 名無しの視聴者 :2008/08/29(金) 15:42:48 ID:83JRctV20
日本の妖怪の一つの方として
いっぽうの立場からに対する仮想敵ってのもあるらしい
土蜘蛛はたぶん関東の異民族のことだし
天狗なんかは仏経の宗派対立がイメージ成就の元にもなってる
(元々は彗星とか雷らしい)

となると現実では葬り去られた異民族の神なんかも幻想入りしそうだ
アイヌの神とか…つーか諏訪子も元々似たようなもんかな?

228 名無しの視聴者 :2008/08/30(土) 04:38:46 ID:qtt8SSpkC
>>227
土着の神が征服者の神に追い落とされて妖怪や悪魔に、ってパターンは海外でも多いな。
河童は、渡来人の技術者集団のうち治水技術に長けた連中が
モデルになったって説もあるな。

229 名無しの視聴者 :2008/08/30(土) 20:40:34 ID:TEYFdh9c0
ギルガメッシュ叙事詩のフンババなんかそれだね
現実世界で権力を振るってる宗教が他の宗教を邪という…
ムハンマドが幻想入りとか言う危ない事を思いついたww
組み込まれるパターンも有るよね
タケミナカタなんかはミサクジと合祀説もあるし
(となると神奈子はケロちゃんと夫婦?)

230 名無しの視聴者 :2008/08/30(土) 23:07:41 ID:Ni.ncAiI0
>>228
東方世界で河童が卓越した技術を持つ種族として描かれてるのって、
もしかしたらその渡来人起源説を採用してるのかもしれんね。

231 名無しの視聴者 :2008/10/28(火) 23:25:09 ID:Cvk32D5o0
ひとつ話はかわるが人里は自警団的なものがあって周りを柵で囲っているのだろうか?
でないと新入りや無知な妖怪供がどんどん入ってくるような気がするのだが

232 名無しの視聴者 :2008/10/28(火) 23:48:00 ID:xZLbC4bg0
自警団はわからんが東方求聞史紀だと
妖怪の賢者によって保護されているから妖怪に襲われる事は無いらしい

柵は野犬とか猪とか出そうだしあるかもしれん

233 名無しの視聴者 :2008/10/29(水) 19:22:09 ID:opqJdnyY0
賢者って言えば、けーねの事だよね。きっと。

っていうか、なんか妖怪と人間は仲良しってイメージがある。
ちょっと奇妙な隣人さん的な。

234 名無しの視聴者 :2008/10/29(水) 20:19:57 ID:eGp0CqmU0
>>233
「妖怪の賢者」だから八雲紫じゃない?

妖怪と人間は個人的に
水族館のサメとその他の魚みたいな関係だと思ってる
妖怪専用の店があるくらいだから仲はいいだろうけど

235 名無しの視聴者 :2008/11/01(土) 03:00:50 ID:1uqb4uBI0
先ず何で月で地球上と同じような行動できるのかと少・・・

236 名無しの視聴者 :2008/11/02(日) 05:11:08 ID:rGiyHca.0
裏の月は俺たちが知っているものに近い月な気がするんだ。
でも、表の月は重力や大気、生命の維持、
有害な宇宙線や太陽光等の問題を克服できるシステムがあった、と考えるのが妥当か。
月の技術が現代の地上より遥かに進歩しているのが前提だが、
もしそうならこれらのアニメで見るようなテクノロジーも実現できるんじゃないだろうか。

237 名無しの視聴者 :2008/11/06(木) 14:54:14 ID:KnGtR6wE0
塩問題といえば幻想郷ではたらくでその辺もろもろネタにしていた気がするな
森林を焼き払ってナトリウムを得るとか

238 名無しの視聴者 :2008/11/07(金) 12:01:42 ID:Ks/4KGK60
幻想郷が外界と断絶されたのが1885年,明治18年、約120年前。
それ以前は流通で補っていた物を、生産する体制にするのは苦労しただろうな…
外貨や出稼ぎが無くなるし、卸売りしていたであろう主生産の農作物や家畜の価値が激減。
新たな産業や起業、そして御阿礼の子の不在

まずは、大結界以前の村と周辺の状況の確認が必要なんじゃないかと思った

>>235
月の幻想郷が、月人の世界
そして月人も元は地上に居た者達。
だから月の幻想郷も地上と同じ環境だと思う。

そして同じ概念を持っているから、月の民が地上の幻想郷に入るのは容易いと思う。
永夜抄で「結界あるから大丈夫っすよ!」と言ってたけど、
レイセン2号が易々と侵入、気絶して無意識だったからかもしれないが、えーりんも「月から100%来るしー」って言ってたし…

239 名無しの視聴者 :2008/11/18(火) 17:27:22 ID:ZuCc/pfo0
こう、設定議論見てると、
やっぱりZUNはストーリーに関係ないところは特に考えてないと思えてきた
これ言っちゃオシマイだけど
まあ原作、オリ、二次の設定がいり乱れている作品も面白い
原作設定の矛盾は論外だが

240 名無しの視聴者 :2008/11/19(水) 05:16:38 ID:rqzLR8rcC
>>239
まぁ、神主の本懐はあくまで音楽だしなー。
作品としての体裁に関わらない部分に関しては、わりと適当な気も。

241 名無しの視聴者 :2008/11/20(木) 16:55:09 ID:OGhG60c20
無いもの、作られないものをファンが埋めていくのもいいかもね〜
ガンダムのミノフスキー粒子とか

242 名無しの視聴者 :2008/11/27(木) 01:12:35 ID:aGBtW11Y0
とりあえず幻想郷で貴重・珍品なんじゃないかと思われる食料品を挙げてみる。
思い込み・妄想入り乱れてるので軽く流す程度に。

・塩
しょっちゅう言われてる。
個人的にはどっかに塩湖があるんじゃないかと思っている。

・マヨネーズ
幻想郷ができたのは明治ごろらしいので、多分人里にはないんじゃないだろうか。
紅魔館とか紫の家とかならあるとは思われるけど。

・昆布など海藻類
塩以上に入手する手段がないと思われる。
昆布茶とかマジ貴重かも?

パッと思いつくのはこれくらいかな。

243 名無しの視聴者 :2008/11/27(木) 16:15:54 ID:.GbOxh/s0
>>242
……マヨネーズって卵に油、酢と塩コショウがあれば手作り出来るんだぜ……。材料自体は手に入れようと思えば、すぐだろう。
幻想入りした料理本の一つでもあれば、作り方の一つでも載ってるんじゃないかと。チューブから搾り出す形式のマヨネーズは、多分無いだろうと思うが。
とはいえ、コーヒーとかカレーとかが普通に飲んだり食べられてる時点で……どうなんだろうな、この辺は。

244 名無しの視聴者 :2008/11/28(金) 23:20:20 ID:u8mKXIjg0
コーヒーはコーヒーベルトに属してない日本での栽培は殆ど無理な気がするが、
脳内設定だと不思議な力で美味しいコーヒーをつくってる子が居てその子を描こうと思ったけど止めた。

245 名無しの視聴者 :2008/11/29(土) 13:34:14 ID:.nqfsPV60
温泉湧いたから地霊殿後は熱帯作物が作れるけど、それ以前は……
魔法使いの収入源になってたりするんかね。魔法使いなら温室は必要かもしれないし……

246 名無しの視聴者 :2008/11/29(土) 21:14:47 ID:Qx166/dU0
>>245
ちょっと自分の考察もつけて纏めてみたぜ>コーヒー関連

1.定期的に幻想入りしてきている。
→ありそうだけど、安定供給は見込めないことなどからかなり高価なものになる可能性あり。
紅茶は生産方法がわかっていれば(質はどうあれ)生産可能なので、またちょっと違うかも。

2.作ってる妖精(妖怪、あるいは人の子)さんが居る
→面白そうだけど、それはそれでどうなんだ。ていうか見たいので是非書いてください。

3.妖怪の山で生産され、卸されている
→……どうなんだろう。

4.魔法使いが作っている
→魔理沙が温泉を召喚して床暖房にした、という記述もあるので、やってやれないことは無い、と思われる。
問題は、現状出ている魔法使いでそこまでアクティブな……おっと、誰か来たようだ。

247 名無しの視聴者 :2008/11/30(日) 06:48:08 ID:c4l6irg.0
うわ、別スレの議論と混同してた。ごめん、上のアレは忘れてくれ。

248 名無しの視聴者 :2008/11/30(日) 17:35:34 ID:nZCY4UI.0
ものすごく個人的な考えなんだけど。
コーヒーはともかく、塩などの人間が生きる上で必要なものを安定供給させるためには、幻想郷だけでは限界がある。
そこで紫あたりが外界の人間と協力して、塩や海産物などを入手しているのではないかと睨んでいるだが(ボーダー商事の仕事はそれ)。

そもそも幻想郷の存在自体が、外部の協力がないとその秘密を保持出来ないわけで、
何か組織だったものが幻想郷の存在を隠匿していたんじゃないだろうか。いわゆる退魔組織とかそういうの。
そういった組織はやっかいな妖怪を幻想郷に押しつける代わりに、塩などのを輸入させている。
しかし最近はインターネットの発達にともない、幻想郷の隠匿性が薄れ、幻想入りする人が多くなった。

と、以上のように勝手に考えてる。

249 名無しの視聴者 :2008/12/03(水) 21:31:17 ID:eC4Vt5Do0
紫はニトロとかガソリンとかいくらでも持ってると言ってたっけな
幻想入りの多発に関してだが、元々外来人ってけっこう多かったんじゃなかったっけ
ただ、入ってくるのが自殺志願者とか生きる気力のない人が多くて
ほとんどが里に着く前に野垂れ死ぬか食糧になって無縁塚の仲間入りするそうだが

250 名無しの視聴者 :2008/12/10(水) 11:50:16 ID:pPokt1VE0
塩は紫が外の世界から持って来てる(違法合法問わず)と思うな

というか、人間が存続する為に必要なもので幻想郷内で生産出来ない物を、
スキマ的に持って来てるやも
紫の存在意義の「幻想郷の維持」には、当然人里の人間も含まれてるだろうし

>>248
外に幻想郷の情報が漏れても、介入するすべが無いからいいんじゃないかな?
結界を破れる妖怪と結託しないかぎり進入できないし、
山に囲まれた(?)内陸部だから、たとえ軍隊がきても大規模にできない
それに結界の仕組み上、内の妖怪の力が上がっている=外の妖怪の力が弱まっている だから、
更に介入するすべが無くなっていく

>>249
1日あたりの食事量は分からんが、少なくとも幻想郷の全ての妖怪をまかなえるだけの人間が入ってきてる。そしてそれを配給している者がいる。
…天狗は自産してそうだが

251 名無しの視聴者 :2008/12/10(水) 18:39:26 ID:bWOfBO8s0
>>250
妖怪の間でも、人間を主食とする傾向は減ってきてるんじゃなかったっけ。
人食い妖怪の代名詞みたいなルーミアでさえ、人間を狩るのめんどくさがってるらしいし。
主だった所で需要大きそうなのは紅魔館だが、お嬢様も小食で命を落とすほどは吸わないらしいし
精々妹様のために使い潰す人間を調達するくらい?

実は獣に近いような低級妖怪くらいしか人肉の需要なくて、
需要を越えて食い残されてるのが今の幻想入り、とかな。

252 名無しの視聴者 :2008/12/13(土) 04:14:05 ID:tkUhFVdM0
>>251
紅魔館で人間を食す可能性の持ち主は、レミリア・フラン・中国かな?
レミフラは主に血液、中国はコッペパ――もとい妖怪用の食事
あっきゅん本の匿名投稿ではほとんど食べれる物が無かったって書いてあるから、
晩餐に招かれて肉料理がでていたか、そもそも館では妖怪の食事しか作られてないか

…咲夜さんは、自分でまかないを作ってると思っているのだけど、
人間のために人間用の食事を作ってあげなかったのかな;;

血は吸血鬼、肉は門番と考えると少なくて済みそうだなぁ

でも、儚月でのパーティでは普通に区分けせずに料理出してるや…
妖怪にとって食事的な観点からみた人間はどういうものだろ?
摂取しないといけない or 好物 or 食材のひとつ程度

ちなみにゲッショーでのパーティではあんなに料理出されてるのに、
料理皿を持ってるのは、ミスチー・9・てゐ・あっきゅん・胃袋of亜空間
となってる。
まぁそのあと食べたのかもしれないが、異様にドリンクのみ持ってる人が多いのもなぁ

と、長文になってしまったが、中身が無い書き込みになった…orz

253 名無しの視聴者 :2008/12/23(火) 12:09:16 ID:ThH81zxI0
幻想郷の妖怪の「人間を喰う」って頭からバリバリ?
ルーミアはそんな感じかもしれないけど
紫ぐらいになると魂とか生気とかを喰うようなイメージがある。

254 名無しの視聴者 :2008/12/23(火) 16:15:45 ID:SZyWYMCU0
>>253
さすがに料理する、とは言われていたと思う。
人肉料理なんて想像したくも無いが……。

255 名無しの視聴者 :2008/12/24(水) 10:35:29 ID:z1bZ9zKU0
人間食べたいけど捕まえるのめんどくさい、っていうズボラな妖怪のために
妖怪御用達の人肉レストランとかどっかにあるかもしれんね。

256 名無しの視聴者 :2008/12/24(水) 23:27:31 ID:tSIMG/RI0
牛肉や豚肉と同列に人肉が扱われてるのだと思う
しかし店とか通貨とかがあるとは思えないが…

257 名無しの視聴者 :2008/12/25(木) 20:16:34 ID:u4jVktdI0
本編以前の、人妖間がもっと殺伐としてた頃なら人肉の取引があってもよさそうだけど

258 名無しの視聴者 :2008/12/31(水) 10:46:19 ID:Wb4677Y.0
幻想郷の連中に拳銃って通じるのかな
幽霊以外には当たれば効くか…?

259 名無しの視聴者 :2009/01/17(土) 00:20:47 ID:jj4FUhSg0
>>248
ttp://d.hatena.ne.jp/InuInu_for_SS/
がまさにその典型ネタ採用してるな

260 名無しの視聴者 :2009/01/18(日) 22:37:59 ID:PdksEwJY0
読むのに死ぬほど時間がかかるだろこれ

261 名無しの視聴者 :2009/01/22(木) 18:46:36 ID:kgzaPXqwO
鼠なんかの被捕食者がホイホイ増える→捕食者が増える→元のバランスに戻る
つまり現在の大量幻想入り異変は妖怪大量繁殖の前触れでしかなかったんだよ!

とかどうだろ?
無いか

262 名無しの視聴者 :2009/01/23(金) 00:45:59 ID:4Ct4638E0
いい着眼点だな、それ書いたら面白そうな話になりそうだ
やらないけどさ。むずかしそうだし。

263 名無しの視聴者 :2009/01/23(金) 11:19:13 ID:Rl/2s7460
>>258
古来から大物妖怪も普通の剣や弓で退治されてるし効くでしょ
9パラでも弓と比べれば弾速で5倍、威力で10倍位ちがう
動きが速いって言っても照準をかく乱するには十分有効だけど
自分に向かってくる小さな超音速物体の回避はできない思う

まぁ結局、”常識が通用しない”がどの程度まで影響するかだねぇ

264 名無しの視聴者 :2009/01/23(金) 12:44:38 ID:nzFCV/ow0
録に『謂われ』もない拳銃なら妖怪に当たっても大したダメージを与えられなさそう
五体バラバラになっても全然大丈夫なヤツ等だし

265 名無しの視聴者 :2009/01/23(金) 13:19:53 ID:Rl/2s7460
すっかり忘れてた。肉体的な破壊は妖怪にとって致命的では無いんだっけ
退治も武器で抵抗力奪ってから封印または封殺、のパターンが多かった
拳銃じゃ足止め程度なのかなぁ。法儀礼済み、のようなものならいけるか?

266 名無しの視聴者 :2009/01/23(金) 13:33:16 ID:b36djUO20
妖怪によりけりだと
なんというか現実的に倒せる倒せない効く効かないという話は
東方という世界観においてはナンセンスな気もする

267 名無しの視聴者 :2009/01/23(金) 14:04:30 ID:nzFCV/ow0
>>265
封殺? それ知らないな、ちょっとソース教えて欲しい
求聞史紀の美鈴の項で時間制限付きの決闘で退治するって書いてたから
制限時間内で殺されなかったら人間の勝ちとかセコいやり方で形式だけ退治するものだと思ってた

268 名無しの視聴者 :2009/01/23(金) 15:28:39 ID:Rl/2s7460
封印云々は霊夢じゃなくてこっちの世界の民間伝承とかの方ね
脈絡の無い書き方だった。ごめん

269 名無しの視聴者 :2009/01/23(金) 15:34:36 ID:mYSXTAp60
妖怪はどうか知らないが、少なくとも藍や橙、てゐは妖獣だから、求聞史記によると
肉体に存在の大部分を依存してる=肉体の損傷が致命傷になりうるため、銃で殺せる。
あと烏天狗も、卵生である=母体から生まれ、細胞分裂によって成長する=肉体に存在を依存しているため銃で殺せる
魔法使いは魔法が体の原動力となっている=体は生きるのに必要なので銃で殺せる
てな感じで、種族が妖怪や幽霊、神以外の相手は銃で殺せるんじゃないかと考えてる。

あと妖怪も殺されはしないものの、銃火器で体を破壊し、制圧できる=人間からの恐れがなくなり、精神的な問題でダメージ
とか考えてたりする。

270 名無しの視聴者 :2009/01/23(金) 16:55:14 ID:G0fi0s.M0
>>263
300人撃ち殺した呪われた銃って開幕一番に言えば、めっさ効く
謂れがあるかなしかに関わらず

気分的には関西人に撃つまねした感じ

271 名無しの視聴者 :2009/01/23(金) 21:43:38 ID:TACmEmGc0
>>263
 とはいえ、木っ端天狗(白狼天狗)ですら銃の弾丸を止めた逸話なんかもあるので、力の強い妖怪相手にどこまで効くのかは分からなくね?
それに、拳銃は人間相手でも全力で走って逃げられれば距離的に当たらなくなるし。いや、有効射程が5、60m前後だしなぁ。
(この辺りは軍隊において士官の象徴として使われていた、ってあたりでお察し。CQBはまた別の話)
 それに、わざわざ拳銃を使うぐらいなら、アサルトライフルやらSAWを使ったほうがよくはないか?
どっちにしても、素人がパンパン撃ったって当たるような代物でもないが、射撃できる量や射程距離はより長いんだし。
 基本的に当たれば殺れるかもしれないけど、当てられるの?ってのがまず疑問なんだよな。弾だって無限じゃないし。

272 名無しの視聴者 :2009/01/23(金) 22:59:58 ID:zBIeDn.20
銃の話になると嬉々として飛びつくのがいるな

要点は金属の弾が幻想郷の妖怪等の身体に当たったら
痛がって降参したり、精神的ダメージを受けたり
死んだりするのかってことだろう

ズレてるぞ

273 名無しの視聴者 :2009/01/23(金) 23:13:02 ID:TACmEmGc0
>>272
 上で言ってるように種族によりけりじゃね。
妖獣なら肉体に依存してるし、肉体へのダメージが致命的。
だけど精神的ダメージを与えないと普通の妖怪は倒せない、とは言われてる。はっきりしてるのはこの辺りまで。
 肉体への傷が有効なダメージソースとならない、って設定上、痛がって降参、ってのは無いんじゃないの?銃弾や銃自体が謂れのあるものなら話は別だけど。

274 名無しの視聴者 :2009/01/23(金) 23:35:00 ID:b36djUO20
俺の銃知識すげえみたいになってるよってことだな
ただでさえ東方世界の住人を銃で殺傷できるかみたいな変な話なのに
さらに現実的に考えて銃はうんぬんとか、ほんとしょーもない

275 名無しの視聴者 :2009/01/23(金) 23:58:35 ID:5B5kFeSw0
というかこの論争の結論より>>258がどんな理由でこの質問をしたかが気になる
もう拳銃片手に原作キャラとガチバトルって展開は勘弁して欲しい

276 名無しの視聴者 :2009/01/24(土) 09:11:07 ID:D0M1DPM60
俺としては、なぜ今更あのレスが再燃したかが分からないぜ。

返す結論としては、上の方でも出ていた
・人間は人間だし死ぬ、妖獣と魔法使いには非常によく効く
・弱い妖怪や神にはそれなりに効くかもしれない
・強力な妖怪や神には効かないかもしれない
・幽霊等肉体が無い者、命が既に無い者には意味が無い
これ以外には何も答えられん。銃=強力な物理攻撃と捉えると、ね。

277 名無しの視聴者 :2009/01/26(月) 18:54:20 ID:kg4ZA0OE0
銃からところてんでも発射した方が大ダメージかもしれんな

278 名無しの視聴者 :2009/01/26(月) 20:34:19 ID:RvqKGVpU0
銃を「幻想の否定」のシンボルみたいに扱ってるマンガだかアニメだかもあったような。
攻撃力とかより、「銃で撃つ」という行為そのものに意味がある、みたいな。

>>277
糸コンニャクも捨てがたいな。

279 名無しの視聴者 :2009/01/27(火) 06:17:38 ID:M8l0S9ycC
>>277
精神的ダメージに加え、痒みの追加効果および視聴者サービス、
さらに食すれば美肌効果と何一つとして無駄のない
ヤマイモすり下ろし弾に隙はなっかた

280 名無しの視聴者 :2009/01/28(水) 17:57:15 ID:l8RCzl5M0
>>279
あまりにもチート級すぎて俺がそのまま骨になる

281 名無しの視聴者 :2009/01/30(金) 00:07:45 ID:en3ajfVA0
そういえば、妖精メイド達の知能って
もしかして、チンパンジー程度?

282 名無しの視聴者 :2009/01/30(金) 04:53:40 ID:kxlRIYQQC
>>281
無能ではあるが無知ではないと思うけどね。
自分の事は自分でできるみたいだし。
人間の子供くらいの知能はあるんじゃない?
無能ってのも単に、仕事に対する責任感とか情熱とか
そういうのが根本的に欠けてるって事なんじゃないかと思う。

283 名無しの視聴者 :2009/02/23(月) 14:19:59 ID:bOz.wdbA0
神主がプロットや台詞用意してる三月精だと結構普通に掃除とかしてるし
求聞とかの記述はAQNの主観がかなり入ってるのかもね

284 名無しの視聴者 :2009/02/24(火) 15:59:41 ID:PIvNSO3Y0
小学生にお手伝い頼んでる程度、だと思っている

285 名無しの視聴者 :2009/03/05(木) 01:08:40 ID://CStGds0
三月精で思い出したけど、三匹とも境界である神社と鳥居より先に飛んで行ってる。
永夜抄の禁呪組も普通に出てる。
博麗大結界のサークルよりも世界は広い。
ここらを踏まえて考えると、外の世界の人間が幻想郷のある場所にいっても、人のいない静かな山奥である。
幻想郷の人間・妖怪がこの山奥から出た場合、無人の日本(世界)が広がっている。
博麗大結界はいうなれば、人や物をこの幻想郷と呼ばれる狭い区域に集めて管理する為の代物と考えれられる。
人が外に出ていかないのは、妖怪たちが出さないようにしているのと、迷いの竹林のように厄介な土地を取り込み、周囲が人外魔境へと変貌させている。
というのはどうだろうか?

上の考えとは切り離して塩について一つ。
塩の神様や妖怪について語られていたので調べたら、日本にも塩の神様がいました。
幻想入りして塩を作る程度の能力とか持っている可能性あり
宮城県塩竈市の塩竈神社。全国の塩の神様の中心らしいです。
神様は金属神の天目一箇命と同神ないし眷属神らしいです。

286 名無しの視聴者 :2009/03/05(木) 10:08:22 ID:PtSj8g6o0
博麗大結界の役割として世界の津々浦々の忘れられたモノが入り込んでくるのなら、
例えばの話だけど、博麗大結界より内の人間だけを残して全ての人類が消滅した場合、
外に転がっているモノのはどの程度結界の中に入ってくるのかな
一部の動植物をはじめとして妖怪、神族、山、川、海、歴史上に残った巨大建築物や果ては島や大陸まで
それらの全てが入ってくる可能性ってあるのかな
結界の役割と効果を考えるとこれって結構気になるのよね

287 名無しの視聴者 :2009/03/05(木) 11:07:49 ID:TXBacweA0
「忘れられる」ってのは、「忘れる」という行為をする存在がいないとそもそも成り立たないからな
そのまま外界に留まるか、妖怪なんかは最悪一緒に消滅するんじゃね?

288 名無しの視聴者 :2009/03/05(木) 11:24:23 ID:D3kz3HCs0
塩竃神社ってあちこちにあるけど
確かそのうちひとつの祭神タケミカヅチだったなぁ
守矢組というか神奈子にとって因縁の相手かもしれん

289 名無しの視聴者 :2009/03/05(木) 19:10:09 ID:PtSj8g6o0
>>287
なるほど、そういう可能性もあるのか
まあもしこれら全てが幻想入りしちゃったとしたら、
それ以降の異変を解決する霊夢が過労でぶっ倒れるかもしれないがw

290 名無しの視聴者 :2009/03/05(木) 22:34:11 ID://CStGds0
人間が消滅しても、妖怪は平気だと思う。
幻想郷への外からの流入が無くなるだけでは?
妖怪は存在を否定される事が、弱体化や存在の消滅につながると思う
存在を否定する人間がいなくなれば、妖怪の天下なんじゃなかろうか
忘れられた存在・失われた存在、というのが漠然としすぎ
妖怪と歴史的登場人物なんかも同レベルのような気がするし
結界の効力の仮定
仮定①
幻想になった存在の魂・意味・霊的エネルギーみたいなものを、再構成する
仮定②
外の世界で無価値になった存在が流れ着く。自殺しようとした人間がよい例だ

291 名無しの視聴者 :2009/03/05(木) 23:12:53 ID:UswpQDAo0
妖怪は人間がいないと存在できんのとちゃう?

292 名無しの視聴者 :2009/03/05(木) 23:29:12 ID:V.dYu.Kk0
あまりにもあり得ないシチュエーション過ぎてあれだが
幻想郷に人間と妖怪がいるなら大丈夫なんじゃないの
幻想郷である意味がまったくなくなってるだろうけど

293 名無しの視聴者 :2009/03/05(木) 23:46:43 ID:vvWxDuq20
紫がどっかで幻想郷の維持に外の世界が必ず必要と言っていたのを見たが・・・
書籍か、ゲーム本編テキストだったと思うんだが

294 名無しの視聴者 :2009/03/05(木) 23:47:46 ID:TXBacweA0
>>290
「妖怪」という物の捉えかたにもよるかな。
個人的には、妖怪って人間の「未知への畏れ」が具現化したような代物なんじゃないかって思っててな。
観測者たる人間がいなくなるってのは、存在を否定する者がいなくなると同時に
存在を肯定する者もいなくなるって事なんじゃないかと思ったわけで。

まぁ、あくまで個人的な解釈に基づいた推論だけどね。
もしデビルマンのデーモンみたいな「先住民族」的な解釈なら、それこそ妖怪の天下かもね。

295 <隙間に落っこちたみたいです> :<隙間に落っこちたみたいです>
<隙間に落っこちたみたいです>

296 名無しの視聴者 :2009/03/06(金) 16:28:01 ID:dybPVFHU0
守矢一家が幻想入りした時に、信仰を全て失い力を失くした。にも関わらず消滅はしなかった
妖怪も畏れを失えば力を失うけど、存在はできるんじゃないかな
藍が力を失ったらただの狐になる見たいな感じ

297 名無しの視聴者 :2009/03/07(土) 03:49:20 ID:2QL8VzHEO
最低でも早苗がいるから信仰0ではないよ
故に信仰0≠消滅とは限らない
信仰0=消滅の可能性もある

298 名無しの視聴者 :2009/03/08(日) 02:56:59 ID:oX0fCcHg0
あれだ、再生数もコメントもマイリスも全然増えない幻想入り動画と似てる。
消滅するものも結構ある。

299 名無しの視聴者 :2009/03/11(水) 22:30:33 ID:hVRTjuxE0
現実的というか、幻想郷って電気はあるのかな
博麗大結界で隔離されたのは明治だし、
水準は低くてもある程度の機械技術があってもおかしくはないとは思うけど
技術に関しては伸び過ぎないように妖怪側で管理されてるんだっけ?

上のスレにとんでもない誤爆かましてた…

300 名無しの視聴者 :2009/03/12(木) 06:59:49 ID:wGcppXRQ0
一般人は電気使って無いんじゃないかな。
隔離された明治18年だと電灯もまともにない時代だろうし
幻想郷は人里離れた山奥だから、技術持ち込まれて無い気がする。
ストーブ使ってるのが霖之助だけってレベルだし。

地霊殿のED見る限り河童は電気使ってる。
(にとりが電力を得ようとしている場面がある)
あと永琳はレントゲン撮ったりしてる。電力使ってるかわからんけど。
(4コマ儚月抄だと永遠亭に電力はないから、人力で電気作ってた)

301 名無しの視聴者 :2009/03/12(木) 07:35:42 ID:OZ9U5Whg0
ある所にはあるけど、一般的な技術として普及はしていない、みたいな感じだろうかね。
天狗と河童の社会は、高度に技術化してるそうだから普通に電気使ってそうだけど。

302 名無しの視聴者 :2009/03/12(木) 12:47:05 ID:CZkxVsNA0
そか、ならやっぱり大きな技術は入ってないって見るべきかな
ただ、実際に幻想郷に迷い込んでそのまま里とかに居着いたりする外来人もいるみたいだし、
外から流れてきた機械を解析したりしようとする人も少なからずいるだろうから、
そういう技術に対してまったくの盲目っていう事もないような気がする

303 名無しの視聴者 :2009/03/15(日) 00:57:48 ID:6j/Fc0QsO
旧作の話だが、霊夢VS理香子の霊夢勝ち台詞で科学を信じるのは変な事って描写があるぜ

304 名無しの視聴者 :2009/03/15(日) 14:16:05 ID:DKSKTCVE0
>>303
向こうじゃ、魔法の類の方が常識的な技術で、科学の方が胡散臭い代物って事なんだろうな

305 名無しの視聴者 :2009/03/18(水) 13:27:48 ID:j0RUW76E0
自分的な考えなんだけど隔離された当時は一部には電気などの技術はあったが技術者が居ないため衰退していった。
代わりに妖怪などが居た為魔法の類が発展して行った。という考えかたをしているのだがどうなんだろうか。

306 名無しの視聴者 :2009/03/20(金) 00:58:35 ID:R4KUNqaAO
幻想郷の住民は皆、退魔師とかで妖怪と張り合える位強いってどこかで聞いた気が

307 名無しの視聴者 :2009/03/20(金) 07:19:51 ID:/1oUQo1EC
>>306
皆ではなかったと思うよ
そういうのを生業にしている一族とかは確実に存在するだろうけど

308 名無しの視聴者 :2009/03/25(水) 16:09:32 ID:LWGO3J460
>>302
ICチップ満載の機械を解析するにはICチップ満載のPCが必要な罠
開発環境一式流れてきても解析結果を元に製品を作るのは…

天狗・河童の現代的技術って公式的にどこまで出てるんだっけ?
フィルムの作成・現像、印刷技術、ミサイルの作成(誘導も?)、光学式迷彩…は怪しいか
どちらかというと現代技術と魔術・妖術のミックスな感じがする

309 名無しの視聴者 :2009/03/25(水) 16:36:49 ID:LWGO3J460
>>285
残念ながら外と内は陸続き

>>286
>>287が言ったように俺も消滅に一票
結界の性質が「幻と実体の境界」と「常識の結界」だから、実が無くなれば幻は存在できない
夢を見るから夢があるわけで、夢という世界に訪れてるのじゃない

ただ、幻想郷に住まう者・物のどこまで幻かが問題
結界を張る以前から生きてた者や居た者・物は実で
結界の力によって移動してきた者・物は幻となるのか、
それとも結界を張った事によって内側の存在は強制的に幻となるのか

どちらにせよ幻想郷は外の世界と対でなく、受身

310 名無しの視聴者 :2009/04/12(日) 03:24:17 ID:JxNqSMKQ0
博麗神社の収入源を真面目に考えると、賽銭のみってことはありえないよね?
多分人里に住む氏子から集金してるんだと思うが、それを元手に何らかの事業を行っている
可能性はないだろうか?妖怪も含めればそれなりの経済規模はあるようだから、投資先はあるだろうし
霊夢本人は面倒くさがるとしても代理人を立てるとかさ。

311 名無しの視聴者 :2009/04/12(日) 08:37:06 ID:O4liDiUE0
>>310
賽銭は金銭よりもむしろ、信仰の獲得が目的らしいしね。
それなりに安定した収入源があるとして、投資までやってるかは正直疑問かも。
増やしてもそんな使い道なさそうだし。

ちなみに以前に知り合いの神主から聞いた話だと、現実の神社の収入源としては
氏子組織からの寄進や各種行事の御祈祷料等の他に、土地持ってる所だと駐車場収入も大きいんだってさ。
もし神社が代々持ってる土地とかあったら、そこを生かして何らかの収入を得てる可能性はあるかもね。
あと、奉納は金銭以外にも酒類の場合も多いとか。

まぁ、最近は正業として他の職種に就いていて、そっちをメインの収入源にしてるケースが多いらしいけど・・・

312 名無しの視聴者 :2009/04/12(日) 08:38:41 ID:O4liDiUE0
×投資
○事業
ちょっと読み違えてた

313 名無しの視聴者 :2009/04/12(日) 18:00:29 ID:JxNqSMKQ0
>>311
たしかに、使い道は神社の修理と宴会の費用くらいか。妖怪退治は身一つで出来るしなw

小作農に土地を貸したりしてるんじゃないか?とは思ってた。
酒を奉納か・・・神社で酒を作っているのでは、という説はよく言われているらしいが
奉納されたもので商売しているのかも。

314 名無しの視聴者 :2009/04/15(水) 22:46:59 ID:UGuzsx0o0
神社じゃないけど知り合いの寺の子は敷地内でアパート経営してたな

315 名無しの視聴者 :2009/04/16(木) 01:07:01 ID:y20GEe6M0
だが博麗神社を知らない人も増えてきてるらしいし、
あまり神事で呼ばれることは無いんじゃないかな?

妖怪関係の事件にもならない小間事で銭を得てるのかなーとも思うなぁ

316 名無しの視聴者 :2009/04/20(月) 23:16:40 ID:2JbKtfvA0
そもそもあんまり博麗さんに儲けられるとよろしくない気もするな
幻想郷のバランス・オブ・パワー的に

317 名無しの視聴者 :2009/04/21(火) 05:33:58 ID:sXOlL.TcC
やはり妖怪をしばき倒しては身ぐるみを剥いでいるのでは?
どこぞの本読み妖怪さんも本取られたそうだし

318 名無しの視聴者 :2009/04/21(火) 15:47:24 ID:alQAteyE0
ようかい を やっつけた!

れいむ は 4ポイント の けいけんち を てにいれた!
れいむ は 6エン を てにいれた!

ようかい は たからばこ を もっていた!
なんと ほん を みつけた!

319 名無しの視聴者 :2009/04/22(水) 23:57:52 ID:mTcrC8mg0
異変解決には報酬が出るんじゃなかったけ?

320 名無しの視聴者 :2009/04/23(木) 03:16:12 ID:k3bG8wJo0
ていうか、イメージより経済規模でかすぎる。
カフェあったり、道具屋あったり(それも大手の。つまり小規模の店もあるということ。)
、すごい分化しているように思う。妖怪向けの店も沢山あるって言ってるし。
どう考えても数千人規模はありそう。万いくかもしれん。
こんなの現代では田舎だろうが、明治期なら大都会でしょ。

321 名無しの視聴者 :2009/04/23(木) 22:02:42 ID:YtoUYzfE0
幻想郷の人を襲って食う妖怪をまとめて教えてもらえないか?

322 名無しの視聴者 :2009/04/24(金) 16:19:22 ID:ue9qCwXM0
>>321
結構曖昧だから設定見て自分で補完すればいいんじゃない。
強いて言うなら、今妖怪に人が襲われる事はまず無いが、未だに人を襲う行為を行っている可能性があるのは
紫(外界)とルーミアくらいじゃないかな?

323 名無しの視聴者 :2009/04/24(金) 20:17:29 ID:DyByjDuk0
俺らの世界でも人間が人間を襲うし
何が人間を襲っても別にいいんじゃね

324 名無しの視聴者 :2009/04/25(土) 02:21:29 ID:/7vdE7nU0
フランドールの設定の紅茶やケーキされた人間が今も怖いなと思うな。 人間をケーキや紅茶に調理する役目はやっぱりメイド長がするのかな?

325 名無しの視聴者 :2009/04/25(土) 06:41:54 ID:P7dDIa120
>>322
逆手にとって逆に人間が妖怪を襲って
あんなことやこんなことをすることもあるのか?と思った
まぁそういう奴ほど妖怪にとってご馳走になってくるわけだが

326 名無しの視聴者 :2009/04/25(土) 10:54:53 ID:/7vdE7nU0
食われないけどエロ同人誌で似たようなオチがあったな。 東方の怖い同人誌ってある?後半はギャグだけど兎達の沈黙っていうのが怖かった。

327 名無しの視聴者 :2009/04/25(土) 10:55:23 ID:cU1gSV.60
>>325
文花帖だっけ、妖怪を良しとしない人間グループが居て慧音が嘆いてた話があったと思うから
ありえるんじゃない?

328 名無しの視聴者 :2009/04/25(土) 17:14:10 ID:GemsoUoU0
>>320
経済のかなりの部分は、妖怪どもの物理法則を無視した生産活動により支えられていると思われる。
人間の経済圏はそれに寄生しているのではないかと

329 名無しの視聴者 :2009/04/25(土) 23:25:58 ID:wFVD3wYE0
>>325
そういうのを釣るために一部の妖怪は美少女の擬態してるという説をどっかで聞いた覚えがある

330 名無しの視聴者 :2009/04/25(土) 23:34:45 ID:1Wmv2j5E0
>>329
説も何も、現実世界でもよくあることだろ

331 名無しの視聴者 :2009/04/26(日) 20:15:02 ID:DctsWVfM0
それを現実世界ではハニートラップと呼ぶ

332 名無しの視聴者 :2009/04/28(火) 07:09:50 ID:5FfJDOn60
やっぱり人間の方が化物共よかよほど汚いねっ
逆か。力が無い故に知恵に頼る。知恵に頼ろうとするからそれに伴って手段も汚くならざるを得ない
鬼が消えたのは汚い手段で鬼を退治したりし続けた人間が悪いとあるけど、それも仕方ない部分があるのか

333 名無しの視聴者 :2009/04/28(火) 20:02:29 ID:hU3fGmqM0
人間は社会構造を複雑化させるうち、人間の内に鬼を作り出した。
ゆえに人間社会の闇を担い続けた鬼は存在意義を失い、姿を消した。

そんな解釈もしてみたりする。

334 名無しの視聴者 :2009/04/30(木) 05:21:27 ID:kfhSrwu.0
ちょっとガリガリ書いてみたいの書いてみる


生まれながらに強力な力を持った鬼が正々堂々で勝負というのは
人間に置き換えると大人と子供の相撲みたいなもんだ
鬼「俺に勝ったら宝をやるぞ〜ほれ〜♪はははwなかなか強いじゃないかw」
人(舐めやがって・・・畜生が・・・#)


更に言い方を変えると鬼が卑怯なマネをすれば
手の内ようがないというのもあるだろうけど
そういう卑怯な鬼や悪い鬼が現れると
同時に桃太郎などの人間(桃から生まれたから到底人間とは思えんが)や
三枚の御札のお師匠様(鬼をとんちで騙して小さくした所をすかさず餅に包んで食べ殺す曲者)等
規格外の強さや賢さを持った英雄達が出現しやすくなるもんなのか?

それに鬼が登場する昔話をよくみると一種の教訓みたいなものが多い。
鬼という強力で凶悪な存在がいたときに非力な人間が対抗できる手段は
頭脳戦に持ち込んで上手く相手の土俵で勝負しないことが得策という教訓。

そして逆に幻想郷の鬼の言う卑怯なマネで勝たれるのは嬉しくないと言うのは
自分達の苦手な頭脳戦という土俵で勝負したくないという意志の表れなのかもしれない。

学校の体育会系と文科系の関係っぽいイメージかな

335 名無しの視聴者 :2009/04/30(木) 10:52:54 ID:6WB/7Uq.0
>>333
とあるラノベでそんな話があったなー。あれは竜と(竜殺しの)英雄だったけど

つまり人間に「善」と「悪」の概念を手っ取り早く理解させる為の装置として、
「悪」の象徴である竜という存在があって、それを打ち倒す英雄という「善」の存在があった
しかし人間は自分達の中に「悪」の概念を取り込んでしまい(→独裁者や暴君など)、
「善vs悪」が人間対人間の形で成立するようになってしまったので、役目を失った竜は滅んでいくのだった……

てな話だった。鬼もこんな感じじゃね

336 名無しの視聴者 :2009/04/30(木) 13:06:56 ID:UUpsWxIY0
>>328
なるほどなー。
妖怪が生産したものを人間が買い取って売ってるのか。そう考えれば面白いね。
妖怪は基本あんまり集住しないだろうから人間の里は多くの消費者が集まる幻想郷唯一の場所。
人間の里で妖怪がおおっぴらに商売するよりもそこに住む人間に売ってもらうほうが賢明だ。
なんだか上手く回りそうな気もする。人

337 名無しの視聴者 :2009/04/30(木) 20:47:12 ID:cTawLkgU0
>>335
それなんてドラゴンズ・ウィル?

なつかしくて涙でてきた

338 名無しの視聴者 :2009/05/02(土) 01:35:18 ID:Pz403.hY0
>>336
交易センターとしての人里、か。
通貨の製造・管理も人間がやってるとすると、単なる寄生者どころか経済の中枢たる「都市」なのかも?

339 名無しの視聴者 :2009/05/02(土) 09:25:28 ID:MHIkX8Jc0
なんか幻想郷の人里って、里って言ってるだけで実際はもう街以上なんじゃなかろうか…
少なくとも、人口は数千人規模ではいる気がしてきた
ところで幻想郷に暮らす人妖や神など全部合わせるとどのくらいになるんだろう
百万以上って事はさすがにないとは思うけど…

340 名無しの視聴者 :2009/05/02(土) 12:21:52 ID:IrVNyoVw0
実際魔理沙は星蓮船で町とか言ってた気がするな

341 名無しの視聴者 :2009/05/02(土) 12:42:35 ID:kWcohlcw0
>>340
里以外の里を見たことが無いであろう魔理沙に他と比べる事は出来ないはず(幻想郷生まれ幻想郷育ちなら)
だから人によって、人が住んでいる場所と言う意味で言い方が違うだけとかじゃないの。

342 名無しの視聴者 :2009/05/02(土) 13:08:06 ID:IrVNyoVw0
月と地底は

343 名無しの視聴者 :2009/05/15(金) 17:28:20 ID:PpTerYM60
ぐもんしきで人里の事を「唯一の」って紹介してない事を考えると、
規模は小さいながらも集落的なものは点在してるんじゃないかな?

無名の丘も、結界の無い頃に子供捨てに行くには、多分遠すぎると思うし

344 名無しの視聴者 :2009/05/15(金) 20:33:05 ID:yKBXT5/k0
元現代人の幻想郷の住人がいるなら元々は幻想郷に住んでいた現代人はいないの?

345 名無しの視聴者 :2009/05/16(土) 04:10:29 ID:Qfwu9We60
>>344
よくわからんが、結界がはられる前に人里(現幻想郷)から別の地域(他県)に引っ越した人って事?
それなら出稼ぎとかでそこそこいると思うぞ


と思ったが、山奥かつ人があまり近寄らないひっそりとした場所らしいからなぁ…
時代が変わった事に気づいたかどうか…

346 名無しの視聴者 :2009/05/16(土) 22:28:43 ID:tm/p7Qf60
チュパカブラとかは幻想郷からの脱走者?

347 名無しの視聴者 :2009/06/02(火) 10:38:07 ID:tzi0XRFs0
>>346
「中南米とかアフリカとか俺らの知らん大陸には、俺らのまだ知らん恐ろしい生き物が居るんじゃね?」
という恐怖心の蓄積が生んだ、新時代の幻想かもしれない。

348 名無しの視聴者 :2009/06/02(火) 11:10:04 ID:K25mkASk0
ぶっちゃけ疥癬症の野犬とかだろうけど、得体のしれないイメージが独り歩きして
本当に妖怪として発生しちゃうなんて事もあるかもしれないね

349 名無しの視聴者 :2010/03/01(月) 01:01:37 ID:JwtWEe0o0
>>339

今の市町村制度と違って、戦前だと大きな城下町でも町扱いの場合もあるし
現代人が思い浮かべる里と言うよりやや纏まった集落群を
妖怪側が見て里と規定していたのかも。
それも昔の話で、外部からの漂着物や漂流者、こっそり移入された
ものもあって部分的に近代化され、洋風建築も少し増えて街として
整備されてるかもしれませぬ。
ただ技術的問題は妖怪の力も加わって、妖怪と人間側の相互依存かと。

なにせ「大手」道具屋があるんだから秘境の村レベルはありえ..ぬ!

350 名無しの視聴者 :2010/03/26(金) 22:09:58 ID:19JvNSdo0
そして、広さも結構なはずだ。
なにせ富士山以上の山がすっぽり入っているのだから。
伊賀国が658km^2で、富士山の方が広い。
それで都市規模が万単位の人口の経済規模。
幻想郷って江戸以前だと小さいながらも国じゃね?

351 名無しの視聴者 :2012/10/29(月) 18:22:44 ID:AlWYTuz60
おにぎりの海苔は、淡水性のカワノリでしょう。
伊豆などでは絶滅寸前だが、清流の多い幻想郷なら、残っているかも。

味は絶品! 普通に乾かして食べます。やや黄色い

352 名無しの視聴者 :2012/11/10(土) 19:27:24 ID:2vdFvjW60
人間が一日に10gの塩を消費するとして、年に3.65㌔
少なくとも1万人は居るし、家畜や妖怪も食べる。
妖怪の食生活は近代化されているから、塩の消費は人より多いだろう。

年間100トン!   紫が過労死しちゃうよ

353 名無しの視聴者 :2012/11/10(土) 19:32:24 ID:2vdFvjW60
山塩の泉にも、燃料の問題がある。

年間100トンの塩を煮詰めるには、数千トンの木材(炭)を燃やす必要がある。
植林してる紫が過労死する;

水蒸気の産業利用は異変以降だけど、妖怪の山での生産は可能かと。

354 名無しの視聴者 :2012/11/10(土) 19:37:12 ID:2vdFvjW60
JTから塩をくすねるにしても、年100トンはきつい
商社から買ってる? 紫さんご苦労様;

100年以上経ってる銀行口座で、『塩』の代金が毎年・・・・
FBIが見たら、真っ先に麻薬を疑うでしょうねw

355 名無しの視聴者 :2012/11/10(土) 19:43:09 ID:2vdFvjW60
最後に 塩臼(塩神)

この神様、基本的に海塩だから、カリフォルニア産の天日塩でしょうw
日本では苛性ソーダの原料として大量輸入。このへんは河童に聞くと詳しい。

356 sage :2012/12/17(月) 02:37:15 ID:z6hG9B0Y0
話題が逸れるけど、幻想郷の住人はどれくらい妖怪に対抗する術があるのだろうか。
元々、人里自体が幻想郷が隔離される以前は退治屋集団の里だった事を考えると、
対妖怪の実力は高いんじゃないのだろうかと思うんだが。

実家が退治屋でもない商家だった魔理沙ですら妖怪に対抗するだけの実力を
身に着けているんだから、潜在的な能力は非常に高い気がする。

まあ、だからと言って、我々日本人の全てが護身術や逮捕術を教わらないのと同じように、
全ての里人が魔術や霊術を学んではいないだろうけどね。
仮にそうだとすると、そういう技術を特定の人間以外は教わる必要はないほど
里人は妖怪を恐れずに生活できる環境である、ってことなんだろうけど。

357 名無しの視聴者 :2013/08/01(木) 18:11:48 ID:QYo5xDlE0
まず、幻想卿の主な人々はだいたいが空を自由に飛んでいますなぁ〜。私は、ここで疑問があります。「何故、飛べるの?」まぁ、「魔法などで、浮いているに決まっている!」と言う人が居るかもしれません。しかし!現実的に考えて、魔法は無いかもしれない!「さっさ始めろ」ですね。少女達=人間が空を飛ぶことなんてことをして、人体に影響はないのか?(人間じゃ無いケド)、飛ぶには、何が必要か考えてみたおそらく、音速の速さが必要。そこで、みんなのヒーロー「ウルトラマン)に登場して貰う、この方は、マッハ2、5という脅威の速さを誇る!
(速い!)しかし、実際やってみると、物凄く大変なことになる。実はなんと!「飛んだ瞬間まっ2つに引き裂かれる!」説明は、...自分で知らべてください。まぁ、一言で言うと、少女達が
飛ぶと、人里や森や海に彼女らのなんともいえない姿が頭上に落ちて来るということです。戦うなら、地上でしましょう!

358 sage :2013/11/16(土) 20:17:00 ID:iG1eKl920
↑ごめん質問なんだけど、幻想郷の少女達って皆がいつもマッハ2.5で飛んでるの?


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


東方求聞史紀 ?Perfect Memento in Strict Sense. / 一迅社



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa