したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

地震で殺人を引き起こす、建築法違反のブロック塀

1 かいけつ :2018/06/19(火) 09:07:53 ID:???0
【大阪北部地震】
大阪府北部地震で18日、高槻市立寿栄(じゅえい)小学校でプールのブロック塀が約40メートルにわたり道路側に倒れ、1人で登校中に下敷きとなった同小4年の三宅璃奈(りな)さん(9)が死亡した事故で、高槻市は同日、このブロック塀は建築基準法で定める高さを超えており、法に違反していたと明らかにした。基礎と塀を固定する設備もなかった。
市によると、ブロック塀の基礎部分は高さ約1・9メートル。その上に設置していた高さ約1・6メートルのブロック塀を足すと約3・5メートルとなり、2・2メートル以下の基準を超えていた。
市は、基礎部分の設置を昭和49年と確認。上に積んだブロック塀について、記者会見に同席した市幹部は「プールの目隠しのため積んだと推測できるが、時期は調査中」と述べるにとどめた。
ブロック塀の点検は、建築基準法に基づき3年に1度、業者に点検を委託し実施することになっていた。直近では昨年1月に点検されていたが、塀の状況については報告されていなかった。ブロック塀を支える鉄筋の状況については「調査をしないと分からない」とした。
浜田剛史(たけし)市長は「学校施設の一部が倒壊し、死亡事故が発生したことを深くおわびしたい。市の施設なのでわれわれにも責任がある。誠意を持って対応したい」と陳謝した。市は、他に倒壊の恐れがあるブロック塀がないか、市内の小中学校を調査する方針。
菅義偉(すが・よしひで)官房長官は、小中学校のブロック塀の安全点検を文部科学省に指示したと明らかにした。

2 かいけつ :2018/06/22(金) 09:44:54 ID:???0
建築基準法にもとずく3年に1度の業者による定期検査や、危険性を指摘された
市教育委員会の点検でも見過ごされていた「倒壊の危険性」

女児下敷きのブロック塀、2年前検査で「安全」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180622-OYT1T50011.html?from=y10

大阪府北部を震源とし、最大震度6弱を記録した18日の地震で、高槻市立寿栄じゅえい小4年三宅璃奈りなさん(9)が下敷きになり死亡したブロック塀について、同市教委が2016年2月頃に検査し、安全性に問題はないと判断していたことがわかった。

 市教委や同小の田中良美校長によると、市教委学務課の職員が16年2月頃、同小を訪れ、問題のブロック塀をハンマーでたたくなどして不具合がないかを調査。安全という内容の説明を同小に行ったという。

 調査は、外部からブロック塀の危険性を指摘された田中校長が市教委に相談して実施されたという。

 同小では16年度、校舎などについて建築基準法に基づく3年に1度の定期検査を行ったが、委託業者から塀に関する言及はなかった。市教委は「定期検査で問題が報告されていなかったことを踏まえ、地震発生まで危険性は認識していなかった」としている。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

パイニャン - 青山裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板