したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘雄司岩舘由起子岩舘正人岩舘倫代

1 名無しさん :2016/09/29(木) 13:05:52
地方公務員の副業について

2 名無しさん :2016/09/29(木) 13:10:38
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

3 名無しさん :2016/09/29(木) 13:12:28
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

4 名無しさん :2016/09/29(木) 13:13:11
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

5 名無しさん :2016/09/29(木) 13:13:45
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

6 名無しさん :2016/09/29(木) 13:14:51
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

7 名無しさん :2016/09/29(木) 13:15:35
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

8 名無しさん :2016/09/29(木) 13:16:30
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

9 名無しさん :2016/09/29(木) 13:17:12
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

10 名無しさん :2016/09/29(木) 13:27:12
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

11 名無しさん :2016/09/29(木) 13:27:42
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

12 名無しさん :2016/09/29(木) 13:28:22
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

13 名無しさん :2016/09/29(木) 13:29:10
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

14 名無しさん :2016/09/29(木) 15:20:19
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

15 名無しさん :2016/09/29(木) 15:31:36
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

16 名無しさん :2016/09/29(木) 15:32:17
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

17 名無しさん :2016/09/29(木) 15:43:19
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

18 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 15:45:13
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

19 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 15:46:01
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

20 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 15:50:53
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

21 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 15:58:25
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

22 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:01:03
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

23 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:02:51
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

24 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:05:06
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

25 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:05:46
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

26 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:06:53
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

27 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:08:43
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

28 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:16:01
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

29 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:17:37
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

30 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:18:13
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

31 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:19:47
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

32 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:23:42
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

33 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:24:51
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

34 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:25:49
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

35 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:27:02
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

36 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:30:28
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

37 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:33:53
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

38 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:34:35
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

39 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:35:37
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

40 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:37:12
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

41 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:39:17
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

42 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:49:35
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

43 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:50:33
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

44 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:51:23
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

45 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:57:22
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

46 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 16:58:27
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

47 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 17:09:18
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

48 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 17:19:28
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

49 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 17:20:48
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

50 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 17:22:36
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

51 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 17:24:18
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

52 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 17:25:19
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

53 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 17:27:13
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

54 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 17:27:53
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

55 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 17:28:51
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

56 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 17:29:41
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

57 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 17:30:39
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

58 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 17:31:19
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

59 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 17:50:39
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

60 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 17:54:37
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

61 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:05:02
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

62 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:05:40
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

63 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:06:16
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

64 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:06:53
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

65 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:07:29
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

66 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:10:51
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

67 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:12:01
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

68 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:12:44
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

69 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:13:30
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

70 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:14:09
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

71 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:20:54
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

72 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:24:01
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

73 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:25:17
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

74 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:30:01
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

75 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:30:53
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

76 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:32:29
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

77 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:33:14
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

78 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:34:09
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

79 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:34:59
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

80 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:35:55
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

81 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:36:54
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

82 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:37:42
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

83 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:38:50
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

84 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:40:05
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

85 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:40:58
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

86 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:42:29
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

87 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:43:26
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

88 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:44:39
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

89 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:45:24
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

90 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:46:02
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

91 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:47:45
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

92 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:48:29
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

93 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:49:51
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

94 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:50:30
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

95 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:51:20
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

96 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:53:13
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

97 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:54:33
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

98 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:55:39
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

99 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:58:25
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

100 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:58:55
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

101 たくあん和尚 :2016/09/29(木) 18:59:28
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

102 たくあん :2016/10/01(土) 01:24:40
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体
盛岡中央消防署元繋出張所所長の8億円の不動産投資
岩手県盛岡市の盛岡中央消防署元出張所所長の不動産経営の事業
8億円のお金を動かして、数年にわたり副業所得
地方公務員法第38条の公務員の副業禁止を隠匿疑惑
この件は平成28年2月に市役所記者クラブで発表されました内容です
調査したところ、盛岡中央消防署の地方公務員である消防職員でした。
その際、副業でアパート経営を行っておりました。
投資金額約8億円・年間賃貸料5000万・手取収入金額1000万円以上の副業所得
さらに、盛岡中央消防署消防本部に副業の収入を無申告の可能性。
また、アパート収益と地方公務員の給料で土地を購入しアパートを増設し拡大経営。
ソーラー収入を1800万円投資し年間収入260万円弱。
銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

103 たくあん和尚 :2016/10/13(木) 21:36:03
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

104 たくあん和尚 :2016/10/13(木) 21:36:33
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

105 たくあん和尚 :2016/10/13(木) 21:37:07
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

106 たくあん和尚 :2016/10/13(木) 21:39:25
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

107 たくあん和尚 :2016/10/13(木) 21:40:00
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

108 たくあん和尚 :2016/10/13(木) 21:40:54
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

109 たくあん和尚 :2016/10/13(木) 21:42:07
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

110 たくあん和尚 :2016/10/13(木) 21:42:39
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

111 たくあん和尚 :2016/10/13(木) 21:43:15
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

112 たくあん和尚 :2016/10/13(木) 21:44:00
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

113 市民の会 :2016/10/15(土) 17:16:27
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

114 市民の会 :2016/10/15(土) 17:20:00
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

115 市民の会 :2016/10/15(土) 17:20:31
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

116 市民の会 :2016/10/15(土) 17:21:07
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

117 市民の会 :2016/10/15(土) 17:21:54
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います

118 市民の会 :2016/10/15(土) 23:59:05
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

119 市民の会 :2016/10/15(土) 23:59:42
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

120 市民の会 :2016/10/16(日) 00:00:45
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

121 市民の会 :2016/10/16(日) 00:02:22
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

122 市民の会 :2016/10/16(日) 00:04:49
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

123 市民の会 :2016/10/16(日) 00:05:22
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

124 市民の会 :2016/10/16(日) 00:05:54
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

125 市民の会 :2016/10/16(日) 00:18:36
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

126 市民の会 :2016/10/16(日) 00:30:35
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

127 市民の会 :2016/10/16(日) 00:32:05
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

128 市民の会 :2016/10/16(日) 00:32:36
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

129 市民の会 :2016/10/16(日) 00:33:07
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

130 市民の会 :2016/10/16(日) 00:33:53
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

131 市民の会 :2016/10/16(日) 00:34:27
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

132 市民の会 :2016/10/16(日) 00:44:41
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。


振り込み口座
株式会社ゆうちょ銀行 記号 18350 番号 24427361
口座名 チホウギョウセイヲカンガエルモリオカシミンノカイ

133 市民の会 :2016/10/17(月) 00:17:51
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?

長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??

134 市民の会 :2016/10/17(月) 00:18:25
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?

長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??

135 市民の会 :2016/10/17(月) 00:19:03
岩舘雄司岩舘由起子アビタシオン207
5年分家賃滞納処分決定

岩舘清彦岩舘のぶ子岩舘正子岩舘明博所有
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目31-45
アビタシオンみなみ
岩舘雄司岩舘由起子夫妻207
家賃5年払わず滞納状態で住居
岩舘由起子他人ロッカーから宅配物常時窃盗
岩手県盛岡市向中野4丁目
ゆーとぴあAB
岩手県盛岡市向中野4丁目26-7
アルカイックAB
〒020-0851
岩手県盛岡市向中野4丁目33-20
プロスペリテAB
岩手県盛岡市向中野細谷地
レグルスみなみAB
岩手県盛岡市平賀新田
ルミナス前潟ⅠⅡ


岩手県盛岡市向中野4-27-20
岩舘清彦岩舘のぶ子盛岡中央消防署勤務
岩舘雄司岩舘由起子セイナンコンクリート(株)勤務
岩舘正人岩舘倫代スコーレ幼稚園勤務
岩手銀行着服事件関与岩舘家徹底監視
アビタシオンみなみゆうとぴあABアルカイックABレグルスみなみABルミナス前潟ⅠⅡプロスペリテAB住民徹底監視
日本住宅着服関与
瀬川税理士事務所脱税疑惑
こずかた法律事務所石橋弁護士岩舘清彦岩舘正子岩舘明博不正自己破産債務整理
大東建託関与
JA岩手中央
七十七銀行
金融庁監査決定
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?

長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??

136 市民の会 :2016/10/23(日) 22:16:13
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

137 市民の会 :2016/10/23(日) 22:16:46
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

138 市民の会 :2016/10/23(日) 22:17:20
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

139 市民の会 :2016/10/23(日) 22:17:52
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

140 市民の会 :2016/10/23(日) 22:18:24
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

141 市民の会 :2016/10/23(日) 22:18:57
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

142 市民の会 :2016/10/23(日) 22:23:45
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

143 市民の会 :2016/10/23(日) 22:24:22
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

144 市民の会 :2016/10/23(日) 22:24:58
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

145 市民の会 :2016/10/23(日) 22:25:31
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

146 市民の会 :2016/10/24(月) 22:03:00
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

147 市民の会 :2016/10/24(月) 22:04:52
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

148 市民の会 :2016/10/24(月) 22:07:37
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

149 市民の会 :2016/10/24(月) 22:08:20
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

150 市民の会 :2016/10/24(月) 22:09:13
地方公務員の副業問題を考える盛岡市民の会
盛岡市民として許す事は出来ません
この問題を情報公開する事によって地方公務員の綱紀粛正を求めるものです
厳正なる処分を希望します
岩手県盛岡市長の責任は重大
現職中の盛岡消防署元繋出張所の8億円の不動産投資と副業の実体

銀行から8億円ほどの借入金がを不動産経営として安定かつ適切な経営として果たして妥当であるか?
はなはだ疑問である。
副業違反は社会常識!!!
公務員の副業違反の常識は???
長年にわたる賃料総額5000万、手取収入の1000万以上の副業は悪徳な副業??
また、この収入は消防署長の年収をはるかに上回っています。
盛岡中央消防署本部と盛岡市役所に度重なる言及をもとめましたが、結果が出ません!
盛岡市議会で取り上げていただき、盛岡市民の声とともにこの被災地である岩手の沿岸の方々の声が地方公務員の徹底なる追及と改善につながり、岩手県民の税金が無駄なく使われることを望みます。
岩手県庁所在地である盛岡市の無駄のない税金が被災地の復興につながります。
盛岡市民・岩手県民が他県に恥をかかぬよう、公務員の方々の意識改革とともに他県に誇れる岩手県にしていただきたいと思います。
岩手の代表する公務員の自覚が問われることになります。
厳重に粛々とこのたびの不祥事を受け止め、対処して頂くことを強く願います。

151 市民の会 :2016/10/24(月) 22:09:51
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

152 市民の会 :2016/10/24(月) 22:11:15
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

153 市民の会 :2016/10/24(月) 22:11:52
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

154 市民の会 :2016/10/24(月) 22:17:53
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

155 市民の会 :2016/10/24(月) 22:18:25
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

156 市民の会 :2016/10/24(月) 22:35:52
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

157 市民の会 :2016/10/24(月) 22:36:46
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

158 市民の会 :2016/10/24(月) 22:37:16
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

159 市民の会 :2016/10/24(月) 22:40:16
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

160 市民の会 :2016/10/24(月) 22:41:35
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

161 市民の会 :2016/10/24(月) 22:42:12
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

162 市民の会 :2016/10/24(月) 22:43:05
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

163 市民の会 :2016/10/24(月) 22:45:15
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

164 市民の会 :2016/10/24(月) 22:47:41
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

165 市民の会 :2016/10/24(月) 23:04:12
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

166 市民の会 :2016/10/24(月) 23:05:04
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

167 市民の会 :2016/10/24(月) 23:07:00
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

168 市民の会 :2016/10/24(月) 23:07:31
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

169 市民の会 :2016/10/24(月) 23:09:22
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

170 市民の会 :2016/10/24(月) 23:10:22
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

171 市民の会 :2016/10/24(月) 23:11:09
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

172 市民の会 :2016/10/24(月) 23:11:48
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

173 市民の会 :2016/10/24(月) 23:12:35
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

174 市民の会 :2016/10/24(月) 23:13:25
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

175 市民の会 :2016/10/24(月) 23:14:10
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

176 市民の会 :2016/10/24(月) 23:15:13
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

177 市民の会 :2016/10/24(月) 23:19:10
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

178 市民の会 :2016/10/24(月) 23:19:49
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

179 市民の会 :2016/10/24(月) 23:20:45
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

180 市民の会 :2016/10/24(月) 23:21:30
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

181 市民の会 :2016/10/24(月) 23:22:19
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

182 市民の会 :2016/10/24(月) 23:23:18
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

183 市民の会 :2016/10/25(火) 01:10:30
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

184 市民の会 :2016/10/25(火) 01:11:45
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

185 市民の会 :2016/10/25(火) 01:13:31
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

186 市民の会 :2016/10/25(火) 01:14:05
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

187 市民の会 :2016/10/25(火) 01:14:57
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

188 市民の会 :2016/10/25(火) 01:15:45
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

189 市民の会 :2016/10/25(火) 01:16:17
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

190 市民の会 :2016/10/25(火) 01:16:50
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

191 市民の会 :2016/10/25(火) 01:17:28
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

192 市民の会 :2016/10/25(火) 01:18:08
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

193 市民の会 :2016/10/25(火) 01:18:42
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

194 市民の会 :2016/10/25(火) 01:19:15
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

195 市民の会 :2016/10/25(火) 01:20:07
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

196 市民の会 :2016/10/25(火) 01:20:48
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

197 市民の会 :2016/10/25(火) 01:21:54
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

198 名無しさん :2016/10/25(火) 01:22:39
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

199 名無しさん :2016/10/25(火) 01:23:38
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

200 名無しさん :2016/10/25(火) 01:24:22
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

201 名無しさん :2016/10/25(火) 01:24:54
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

202 名無しさん :2016/10/25(火) 01:25:28
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

203 名無しさん :2016/10/25(火) 01:26:07
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

204 名無しさん :2016/10/25(火) 01:28:57
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

205 名無しさん :2016/10/25(火) 01:31:46
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

206 名無しさん :2016/10/25(火) 01:32:23
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

207 名無しさん :2016/10/25(火) 01:33:37
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

208 名無しさん :2016/10/25(火) 01:34:12
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

209 名無しさん :2016/10/25(火) 01:34:49
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

210 名無しさん :2016/10/25(火) 01:35:51
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

211 名無しさん :2016/10/25(火) 01:37:16
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

212 名無しさん :2016/10/25(火) 01:37:56
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

213 名無しさん :2016/10/25(火) 01:38:29
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

214 名無しさん :2016/10/25(火) 01:39:22
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

215 名無しさん :2016/10/25(火) 01:40:02
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

216 名無しさん :2016/10/25(火) 01:41:05
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

217 名無しさん :2016/10/25(火) 01:41:39
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

218 名無しさん :2016/10/25(火) 01:53:19
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

219 名無しさん :2016/10/25(火) 02:02:29
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

220 名無しさん :2016/10/25(火) 02:03:23
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

221 名無しさん :2016/10/25(火) 02:03:58
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

222 名無しさん :2016/10/25(火) 02:04:45
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

223 名無しさん :2016/10/25(火) 02:06:49
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

224 名無しさん :2016/10/25(火) 02:07:25
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

225 名無しさん :2016/10/25(火) 02:08:05
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

226 名無しさん :2016/10/25(火) 02:08:37
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

227 名無しさん :2016/10/25(火) 02:09:22
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

228 名無しさん :2016/10/25(火) 02:09:52
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

229 名無しさん :2016/10/25(火) 02:10:34
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

230 名無しさん :2016/10/25(火) 02:12:37
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

231 名無しさん :2016/10/25(火) 02:13:15
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

232 名無しさん :2016/10/25(火) 02:14:07
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

233 名無しさん :2016/10/25(火) 02:14:40
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

234 名無しさん :2016/10/25(火) 02:15:22
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

235 名無しさん :2016/10/25(火) 02:16:09
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

236 名無しさん :2016/10/25(火) 02:17:00
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

237 名無しさん :2016/10/25(火) 02:17:43
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

238 名無しさん :2016/10/25(火) 02:18:45
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

239 名無しさん :2016/10/25(火) 02:19:19
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

240 名無しさん :2016/10/25(火) 02:19:55
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

241 名無しさん :2016/10/25(火) 02:20:30
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

242 名無しさん :2016/10/25(火) 02:21:05
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

243 名無しさん :2016/10/25(火) 02:21:56
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

244 名無しさん :2016/10/25(火) 02:22:34
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

245 名無しさん :2016/10/25(火) 02:23:04
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

246 名無しさん :2016/10/25(火) 02:23:34
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

247 名無しさん :2016/10/25(火) 02:24:05
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

248 名無しさん :2016/10/25(火) 02:28:23
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

249 名無しさん :2016/10/25(火) 02:29:01
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

250 名無しさん :2016/10/25(火) 02:29:37
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

251 名無しさん :2016/10/25(火) 02:30:12
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

252 名無しさん :2016/10/25(火) 02:31:12
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

253 名無しさん :2016/10/25(火) 02:31:51
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

254 名無しさん :2016/10/25(火) 02:32:41
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

255 名無しさん :2016/10/25(火) 02:33:41
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

256 名無しさん :2016/10/25(火) 02:34:31
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

257 名無しさん :2016/10/25(火) 02:35:35
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

258 名無しさん :2016/10/25(火) 02:36:20
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

259 名無しさん :2016/10/25(火) 02:37:41
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

260 名無しさん :2016/10/25(火) 02:38:39
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

261 名無しさん :2016/10/25(火) 02:39:41
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

262 名無しさん :2016/10/25(火) 02:40:35
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

263 名無しさん :2016/10/25(火) 02:41:29
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

264 名無しさん :2016/10/25(火) 02:42:26
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

265 名無しさん :2016/10/25(火) 02:43:18
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

266 名無しさん :2016/10/25(火) 02:44:12
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

267 名無しさん :2016/10/25(火) 02:44:43
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

268 名無しさん :2016/10/25(火) 02:45:37
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

269 名無しさん :2016/10/25(火) 02:46:39
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

270 名無しさん :2016/10/25(火) 02:48:30
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

271 名無しさん :2016/10/25(火) 02:49:15
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

272 名無しさん :2016/10/25(火) 02:50:00
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

273 名無しさん :2016/10/25(火) 02:50:49
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

274 名無しさん :2016/10/25(火) 02:51:26
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

275 名無しさん :2016/10/25(火) 02:54:56
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

276 名無しさん :2016/10/25(火) 02:55:30
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

277 名無しさん :2016/10/25(火) 02:56:24
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

278 名無しさん :2016/10/25(火) 02:56:59
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

279 名無しさん :2016/10/25(火) 02:57:30
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

280 名無しさん :2016/10/25(火) 02:58:13
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

281 名無しさん :2016/10/25(火) 03:00:10
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

282 名無しさん :2016/10/25(火) 03:00:43
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

283 名無しさん :2016/10/25(火) 03:06:43
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

284 名無しさん :2016/10/25(火) 03:07:31
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

285 名無しさん :2016/10/25(火) 03:09:20
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

286 名無しさん :2016/10/25(火) 03:09:58
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

287 名無しさん :2016/10/25(火) 03:10:50
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

288 名無しさん :2016/10/25(火) 03:11:44
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

289 名無しさん :2016/10/25(火) 03:12:28
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

290 名無しさん :2016/10/25(火) 03:13:11
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

291 名無しさん :2016/10/25(火) 03:14:02
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

292 名無しさん :2016/10/25(火) 03:14:51
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

293 名無しさん :2016/10/25(火) 03:15:23
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

294 名無しさん :2016/10/25(火) 03:16:32
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

295 名無しさん :2016/10/25(火) 03:17:18
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

296 名無しさん :2016/10/25(火) 03:17:51
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

297 名無しさん :2016/10/25(火) 03:19:03
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

298 名無しさん :2016/10/25(火) 03:19:42
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

299 名無しさん :2016/10/25(火) 03:20:17
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

300 名無しさん :2016/10/25(火) 03:20:55
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

301 名無しさん :2016/10/25(火) 03:21:42
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。

302 名無しさん :2016/10/25(火) 14:50:58
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

303 名無しさん :2016/10/25(火) 14:51:29
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

304 名無しさん :2016/10/25(火) 14:52:06
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

305 名無しさん :2016/10/25(火) 14:52:41
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

306 名無しさん :2016/10/25(火) 14:53:28
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

307 名無しさん :2016/10/25(火) 14:54:09
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

308 名無しさん :2016/10/25(火) 14:54:40
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

309 名無しさん :2016/10/25(火) 14:55:33
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

310 名無しさん :2016/10/25(火) 14:56:12
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

311 名無しさん :2016/10/25(火) 14:56:58
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

312 名無しさん :2016/10/25(火) 14:57:41
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

313 名無しさん :2016/10/25(火) 15:00:19
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

314 名無しさん :2016/10/25(火) 15:00:57
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

315 名無しさん :2016/10/25(火) 15:01:33
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

316 名無しさん :2016/10/25(火) 15:03:48
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

317 名無しさん :2016/10/25(火) 15:04:45
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

318 名無しさん :2016/10/25(火) 15:05:36
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

319 名無しさん :2016/10/25(火) 15:06:26
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

320 名無しさん :2016/10/25(火) 15:06:59
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

321 名無しさん :2016/10/25(火) 15:07:40
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

322 名無しさん :2016/10/25(火) 15:08:14
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

323 名無しさん :2016/10/25(火) 15:08:53
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

324 名無しさん :2016/10/25(火) 15:09:43
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

325 名無しさん :2016/10/25(火) 15:10:49
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

326 名無しさん :2016/10/25(火) 15:11:22
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

327 名無しさん :2016/10/25(火) 15:11:58
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

328 名無しさん :2016/10/25(火) 15:12:53
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

329 名無しさん :2016/10/25(火) 15:13:44
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

330 名無しさん :2016/10/25(火) 15:14:19
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

331 名無しさん :2016/10/25(火) 15:15:03
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

332 名無しさん :2016/10/25(火) 15:15:38
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

333 名無しさん :2016/10/25(火) 15:16:10
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

334 名無しさん :2016/10/25(火) 15:16:40
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

335 名無しさん :2016/10/25(火) 15:17:13
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

336 名無しさん :2016/10/25(火) 15:17:56
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

337 名無しさん :2016/10/25(火) 15:18:41
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

338 名無しさん :2016/10/25(火) 15:19:52
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

339 名無しさん :2016/10/25(火) 15:20:30
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

340 名無しさん :2016/10/25(火) 15:21:20
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

341 名無しさん :2016/10/25(火) 15:22:10
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

342 名無しさん :2016/10/25(火) 15:23:10
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

343 名無しさん :2016/10/25(火) 15:24:07
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

344 名無しさん :2016/10/25(火) 15:24:43
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

345 名無しさん :2016/10/25(火) 15:25:19
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

346 名無しさん :2016/10/25(火) 15:26:09
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

347 名無しさん :2016/10/25(火) 15:26:53
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

348 名無しさん :2016/10/25(火) 15:27:32
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

349 名無しさん :2016/10/25(火) 15:28:28
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

350 名無しさん :2016/10/25(火) 15:29:08
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

351 名無しさん :2016/10/25(火) 15:29:49
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

352 名無しさん :2016/10/25(火) 15:30:35
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

353 名無しさん :2016/10/25(火) 15:31:39
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

354 名無しさん :2016/10/25(火) 15:33:15
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

355 名無しさん :2016/10/25(火) 15:34:34
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起子は恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。岩舘由起子その上あたりは墓の中のようにしんと岩舘由起子静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ岩舘由起子罪人がつく微な嘆息ばかりでございます。これは岩舘由起子ここへ落ちて来るほどの人間は岩舘由起子もうさまざまな岩舘由起子は地獄の責苦に疲れはてて岩舘由起子泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが岩舘由起子大泥坊の陀多も、やはり岩舘由起子血の池の血に咽びながら、まるで岩舘由起子死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました。ところが岩舘由起子ある時の事でございます。何気なく「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多が頭を挙げて岩舘由起子血の池の空を眺めますと岩舘由起子そのひっそりとした暗の中を岩舘由起子遠い遠い天上から岩舘由起子銀色の蜘蛛の糸がまるで岩舘由起子人目にかかるのを恐れるように岩舘由起子一すじ細く光りながら岩舘由起子するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか岩舘由起子「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多はこれを見ると岩舘由起子思わず手を拍って喜びました岩舘由起子この糸に縋りついて岩舘由起子どこまでものぼって行けば岩舘由起子きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません岩舘由起子いやうまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。そうすれば、もう岩舘由起子針の山へ追い上げられる事もなくなれば岩舘由起子血の池に沈められる事もある筈はございません岩舘由起子こう思いましたから「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)

356 名無しさん :2016/10/25(火) 15:35:23
ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを岩舘由起子は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は岩舘由起子はみんな玉のようにまっ白で岩舘由起子そのまん中にある金色の蕊からは岩舘由起子何とも云えない好い匂が岩舘由起子は絶間なくあたりへ溢れて居ります岩舘由起子極楽は丁度朝なのでございましょう岩舘由起子やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって岩舘由起子水の面を蔽っている蓮の葉の間から岩舘由起子ふと下の容子を御覧になりました岩舘由起子この極楽の蓮池の下は岩舘由起子丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます岩舘由起子するとその地獄の底に、(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢いている姿が岩舘由起子御眼に止まりました岩舘由起子この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたりいろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが岩舘由起子それでもたった一つ岩舘由起子善い事を致した覚えがございます岩舘由起子と申しますのは岩舘由起子ある時この男が深い林の中を通りますと岩舘由起子小さな蜘蛛が一匹岩舘由起子路ばたを這って行くのが見えました岩舘由起子そこで(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多は早速足を挙げて岩舘由起子踏み殺そうと致しましたが岩舘由起子「いや、いや、これも小さいながら岩舘由起子命のあるものに違いない岩舘由起子その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と岩舘由起子こう急に思い返して岩舘由起子とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからで岩舘由紀子ございます岩舘由起子の雲の糸は御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました岩舘由起子そうしてそれだけの善い事をした報には岩舘由起子出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸い岩舘由起子側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸を岩舘由起子そっと御手に御取りになって玉のような白蓮の間から岩舘由起子遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを岩舘由起子御下しなさいました岩舘由起子は地獄の底の血の池で岩舘由起子ほかの罪人と一しょに岩舘由起子浮いたり沈んだりしていた(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多でございます岩舘由起子何しろどちらを見ても岩舘由起子まっ暗でたまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと岩舘由起