したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

☆☆☆

1 NAME :2017/01/16(月) 23:35:31
☆☆☆

9 NAME :2017/02/18(土) 23:27:35
米国 自作自演 トンキン
http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11913228900.html

「第2次世界大戦後、米国は侵略戦争を繰り返してきた。 
ベトナム戦争ではトンキン湾事件をでっち上げて本格的に軍事介入、
ユーゴ、アフガニスタン、イラク、リビアは偽情報を叫びながら始めた先制攻撃、ウクライナでもクーデターを仕掛けたのは米側」
http:// plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201407270000/

歴史に残るアメリカ政府による自作自演事件の数々
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=163236

ベトナム戦争「トンキン湾事件」は米国の自作自演が確定。9.11は?
http://www.asyura2.com/07/war87/msg/891.html

10 NAME :2017/06/28(水) 22:00:04
末期がんの劉暁波氏 北京での治療拒絶される 「政治的謀殺」疑う声も
2017.6.27 20:26更新
http://www.sankei.com/world/news/170627/wor1706270036-n1.html

【北京=西見由章】獄中でノーベル平和賞を受賞した中国の民主活動家、劉暁波氏(61)が、末期がんと診断された後に北京での治療を希望したものの、中国当局に拒絶されたことがわかった。国内の活動家の間では、当局側が劉氏の病状を意図的に放置したとして「政治的謀殺」を疑う声も上がっている。

 遼寧省の刑務所で服役していた劉氏は5月に末期の肝臓がんと診断され、同省の病院に移送された。関係者によると劉氏は、高度ながん治療を受けられ自宅もある北京での治療を希望していたという。ただ中国共産党は今年秋に5年に1度の党大会を控えており、劉氏を首都に移送することは影響が大きいと判断したもようだ。

 「手術はできなくなった。放射線治療も、化学療法もできない」。劉霞氏がむせび泣きながら夫の深刻な病状を友人に訴えるビデオ通話の動画が27日、インターネット上で拡散した。 北京在住の人権活動家、胡佳氏は「刑務所では定期的な検診が行われ、(劉氏の)健康状態も良好だと発表されていた。末期がんと聞いて信じられなかった」と沈痛な口調で語った。

服役経験がある女性人権活動家の倪玉蘭氏は「中国では受刑者が病気になっても有効な治療を受けられず、病状が悪化するのが常だ」と話す。一方、胡氏は劉氏が「声望が高く中国と全世界に深い影響を及ぼすことができる人物」であることを理由に、当局は故意に治療しなかった可能性があると推測したうえで「中国政府はこれまでも政治犯の『謀殺』を行ってきた前例がある」と指摘した。 中国外務省の陸慷報道官は27日の記者会見で、米国務省が劉氏の釈放を求めていることについて「中国の内政にあれこれ口出しする権利はない」と応じた。

11 NAME :2017/06/28(水) 22:04:06
中国が国家情報法を施行 国内外の組織、個人対象か
2017.6.28 20:03更新
http://www.sankei.com/world/news/170628/wor1706280035-n1.html

中国で28日、国家の安全強化のため、国内外の「情報工作活動」に法的根拠を与える「国家情報法」が施行された。新華社電によると、全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会で昨年12月に審議に入りし、今月27日に採択された。国家主権の維持や領土保全などのため、国内外の組織や個人などを対象に情報収集を強める狙いとみられる。

 習近平指導部は反スパイ法やインターネット安全法などを次々に制定し、「法治」の名の下で統制を強めている。だが、権限や法律の文言などがあいまいで、中国国内外の人権団体などから懸念の声が出ている。 国家情報法は工作員に条件付きで「立ち入り制限区域や場所」に入ることなどを認めたほか、組織や市民にも「必要な協力」を義務付けた。(共同)

12 NAME :2017/07/12(水) 20:36:32
日本で交通事故に遭った・・・「相手の真摯かつ礼儀正しい対応に驚いた」=中国
http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%a7%e4%ba%a4%e9%80%9a%e4%ba%8b%e6%95%85%e3%81%ab%e9%81%ad%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%80%8c%e7%9b%b8%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%9c%9f%e6%91%af%e3%81%8b%e3%81%a4%e7%a4%bc%e5%84%80%e6%ad%a3%e3%81%97%e3%81%84%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%81%ab%e9%a9%9a%e3%81%84%e3%81%9f%e3%80%8d%ef%bc%9d%e4%b8%ad%e5%9b%bd/ar-BBEgEiw?ocid=iehp#page=2

経済発展と同時に世界屈指の自動車大国となった中国。大都市は自動車が増えすぎて深刻な交通渋滞が起きるようになったが、運転の荒いドライバーも多いため、交通事故も頻発している。 中国メディアの騰訊はこのほど、日本在住の中国人の手記として、車を運転中に交通事故に遭ったという中国人の手記を掲載し、日本と中国では交通事故への対応が「あまりに違いすぎて驚いた」と伝えている。

 記事によれば、この中国人が運転中、日本人女性が運転する車と衝突したという。重大な事故ではなく、互いに怪我などはなかったようだが、過失割合としては日本人女性の方が大きかったそうだ。事故発生後、警察と保険会社に連絡をして、行うべきことは行ったと考えていたところ、事故発生の夜に事故相手の女性がお詫びの品を持って中国人の家を訪ねてきたという。

 事故相手が自らの過失を認め、お詫びの品を持参してきたという対応は、日本人ならば特に大きな驚きを感じることではないが、中国では絶対に見られない対応であるため、この中国人は非常に驚いてしまったという。そして、この出来事を中国版LINE「微信」で中国在住の友人に紹介し、「お詫びの品に対するお返し」をすべきかどうか相談したところ、友人たちからは「日本人の対応は度を越している」という意見が届いたことを紹介する一方、「お返しをすべきかどうかの答えは見つからなかった」とした。

 その後、日本人の友人に相談したところ、「日本社会の考え方では『お詫びの品は悪いことをしたと自分が感じたことの表れ』であるため、お返しはしなくて良い」と言われたことを紹介。日本は礼儀を重んじる国であるとしながらも、交通事故が起きた時、相手が自らの過失を認めつつ、さらに真摯に礼儀正しく対応してくれたことは大きな驚きであったと伝えている。

 日本では道路を歩いていて他人にぶつかっただけでも詫びる。一方、中国では自分が悪いと思っても、自ら詫びる人はほとんどいない。詫びることは即ち、自分に非があることを認め、自分が不利になると考えるためだ。このような考え方が一般的な中国では、交通事故の際も「自分の非を自ら認める人」はほとんどいないのが現状であり、この中国人が日本人女性の対応に驚いたのもごく当たり前と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

13 NAME :2017/07/13(木) 22:09:20
【痛快!テキサス親父】
米ジョージア州の慰安婦像設置に抗議してきたゼ! 明らかに「日本たたき」だった“文言”
2017.7.13 11:26更新
http://www.sankei.com/world/news/170713/wor1707130027-n1.html

ハ〜イ! みなさん。 米南部ジョージア州ブルックヘブン市に先月30日、米国にはまったく関係のない、ガラクタの塊(かたまり)のような慰安婦像が設置された。悪名高き、カリフォルニア州グレンデール市に次いで米国で2例目だ。実に嘆かわしい。俺は設置前日、同市の市議会に抗議に行ってきたぜ。(夕刊フジ) 像を寄贈した韓国系団体は当初、同州最大の都市、アトランタ市の「公民権・人権センター」に設置を希望したという。同センターが許可しなかったため、ブルックヘブン市の公園に白羽の矢が立った。同市は末永く、「反日都市」と呼ばれるだろうな。

 5月23日に開かれた市議会の公聴会では、韓国系の2人が「これは『日本たたき』のためではない」と発言していた。 マジかよ? 今まで韓国系団体が設置した慰安婦像などに記されている文言をみれば、明らかに「日本たたき」だぜ。今回も碑文には「(慰安婦は)1931年から45年まで日本帝国軍によって奴隷化を強いられた」などと、事実無根の説明が記されていた。

 米陸軍が44年に、ビルマ(現ミャンマー)で朝鮮人慰安婦20人を尋問した調書がある。そこには、《慰安婦は強制ではなく雇用されていた》《接客を断る権利を認められていた》《女性たちは大金を持って楽しんでいた》《日本兵とスポーツやピクニックをしていた》と記されているぜ。どこが「奴隷化」なんだ? ウソを言うな!

俺は先月29日夜、市議会の公聴会に参加し、次のように言ってきたぜ。 「韓国系の発言者が『日本たたきではない』と言っていたが、日本だけを取り上げるのは『日本たたき』だ。女性の人権を問題にするなら、朝鮮戦争時の米軍相手の韓国人慰安婦『ヤンコンジュ(洋公主)』や、ベトナム戦争時の韓国軍相手のベトナム人慰安婦など、すべての慰安婦について碑文に書くか、国名を書かないかだ」

 俺以外にも、在アトランタ日本国総領事館の女性領事が「慰安婦像の設置は、地域に無用な対立をもたらす」と発言し、地域の主婦らも「現地の子供たちに悪影響を与える」「母親として像は受け入れられない」などと反対意見を述べた。 だが翌日、予定通りに除幕式が行われた。市長や市議会議員、韓国系団体の関係者、元慰安婦(89)ら200人以上が出席した。発言内容を聞いていたが、予想通りの「日本たたき」ばかりで、気分が悪くなったぜ。 ジョージア州には、起亜(キア)自動車の工場があり、韓国系住民が多いようだ。

 親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した2015年の日韓合意を無視する、韓国系団体とブルックヘブン市の暴挙は許せないぜ。 では、また会おう!

■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを定年退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。自著・共著に『テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」』(青林堂)、『日本は、世界の悪を撃退できる』(産経新聞出版)など。

14 NAME :2017/07/14(金) 23:33:01
末期がんの劉暁波氏 北京での治療拒絶される 「政治的謀殺」疑う声も
2017.6.27 20:26更新
http://www.sankei.com/world/news/170627/wor1706270036-n1.html

【北京=西見由章】獄中でノーベル平和賞を受賞した中国の民主活動家、劉暁波氏(61)が、末期がんと診断された後に北京での治療を希望したものの、中国当局に拒絶されたことがわかった。国内の活動家の間では、当局側が劉氏の病状を意図的に放置したとして「政治的謀殺」を疑う声も上がっている。

 遼寧省の刑務所で服役していた劉氏は5月に末期の肝臓がんと診断され、同省の病院に移送された。関係者によると劉氏は、高度ながん治療を受けられ自宅もある北京での治療を希望していたという。ただ中国共産党は今年秋に5年に1度の党大会を控えており、劉氏を首都に移送することは影響が大きいと判断したもようだ。

 「手術はできなくなった。放射線治療も、化学療法もできない」。劉霞氏がむせび泣きながら夫の深刻な病状を友人に訴えるビデオ通話の動画が27日、インターネット上で拡散した。 北京在住の人権活動家、胡佳氏は「刑務所では定期的な検診が行われ、(劉氏の)健康状態も良好だと発表されていた。末期がんと聞いて信じられなかった」と沈痛な口調で語った。

服役経験がある女性人権活動家の倪玉蘭氏は「中国では受刑者が病気になっても有効な治療を受けられず、病状が悪化するのが常だ」と話す。一方、胡氏は劉氏が「声望が高く中国と全世界に深い影響を及ぼすことができる人物」であることを理由に、当局は故意に治療しなかった可能性があると推測したうえで「中国政府はこれまでも政治犯の『謀殺』を行ってきた前例がある」と指摘した。 中国外務省の陸慷報道官は27日の記者会見で、米国務省が劉氏の釈放を求めていることについて「中国の内政にあれこれ口出しする権利はない」と応じた。

15 NAME :2017/07/14(金) 23:40:32
中国外務省、海外の批判に反発=劉暁波氏死去、ツイッターには追悼
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e5%a4%96%e5%8b%99%e7%9c%81%e3%80%81%e6%b5%b7%e5%a4%96%e3%81%ae%e6%89%b9%e5%88%a4%e3%81%ab%e5%8f%8d%e7%99%ba%ef%bc%9d%e5%8a%89%e6%9a%81%e6%b3%a2%e6%b0%8f%e6%ad%bb%e5%8e%bb%e3%80%81%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ab%e3%81%af%e8%bf%bd%e6%82%bc/ar-BBEnh5S?ocid=iehp#page=2

【北京時事】中国の民主活動家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏の死去について、欧米の首脳らから中国政府の対応に批判が相次いでいることに対し、中国外務省の耿爽・副報道局長は14日、「内政干渉するな」などと反発するコメントを発表した。国営新華社通信が英文ニュースで伝えた。 耿氏は「関係部門や病院は人道主義にのっとり、彼に対し最善の努力を行った」と強調。「劉暁波は中国の法律を犯して判決を受けた犯罪人であり、外国はあれこれ言う立場にない」と不快感を表明した。 劉氏の死去について中国の新聞は14日、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報を除き、報じていない。

 香港メディアによると、劉氏が入院していた遼寧省瀋陽市の病院は13日深夜記者会見し、劉氏が同日午後5時35分に死去したと発表。「劉氏の肝臓がんの進行は極めて速く、見つかった時には末期だった」と説明。劉氏が、みとった妻の劉霞氏に「しっかり生きなさい」と言い残したことも明らかにした。 一方、ツイッターには、劉氏の国内の友人や支援者から、ネット規制をかいくぐって書き込みが相次いだ。

 著名な人権活動家の胡佳氏は「ごめん、暁波、ごめん。全力を尽くしたけど、君の命があるうちに君の自由を勝ち取れなかった」と謝った。女性ジャーナリストの高喩氏は「中国が劉暁波を失ったのは民族の悲劇だ。今の知識界で彼のように暴政を糾弾できる人が何人いるだろうか」と嘆いた。

16 NAME :2017/07/14(金) 23:55:21
【劉暁波氏死去】
中国、SNSの追悼の書き込み次々削除 各国の批判に「内政干渉だ」
2017.7.14 22:24更新
http://www.sankei.com/world/news/170714/wor1707140060-n1.html

【北京=西見由章】中国外務省の耿爽報道官は14日の記者会見で、劉暁波氏の死去を受けて各国高官らから中国政府の対応を批判するコメントが相次いだことに関して「中国の司法主権と内政への干渉だ。関係国に厳正な申し入れを行った」と述べ、「強烈な不満と断固とした反対」を一部の国に伝え抗議したことを明らかにした。

 また耿氏は、劉氏が受賞したノーベル平和賞について「民族の調和や各国の友好、軍縮」などを推進した人々に授けられるべきものだと主張。劉氏は「犯罪人」であり、「その行為は平和賞の理念に反し授与は冒涜(ぼうとく)だ」と主張した。この日の会見で記者の質問は通常の倍近い約30回におよび、うち約20回が劉氏に関するものだった。

 劉氏に関する報道は以前から厳しく規制されている。その死去についても大半の中国メディアが沈黙する中、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は14日付の社説で、劉氏は「西側が中国を動かすテコとして利用され、その犠牲になった」と主張した。

中国のSNSでは劉氏の名前を検索しても「関係する法律法規と政策」を理由に結果が表示されず、追悼の書き込みも次々削除されている。一方、海外のSNSでは、13日の晩に北京が雷雨に見舞われたことから「天が怒り悲しんでいる」との書き込みも多くみられた。 中国国内で劉氏は多くの知識人から支持される一方、言論統制によって存在自体を知らない人も多く、情報格差が広がっている。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


1/5000 SDF-1 マクロス ムービーカラーエディション / Wave



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa