したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

世 界

1 NAME :2012/03/25(日) 18:03:14
Apple・Googleはスパイ企業である。アメリカで愛国者法が可決すると、AppleとGoogleは、
ネットでのテロリズム情報の収集スパイウェアを開発した。FBIによるアメリカ市民のメール盗聴に、GoogleとAppleは協力している。
http://blog.goo.ne.jp/socialistosakura/e/4dda98a84a42aa98134c6c4f01b6c41b

2 NAME :2012/04/04(水) 12:44:21
パラオ当局が中国船に発砲 漁民1人死亡、違法操業か
2012.4.4 11:58 [中国]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120404/asi12040412010002-n1.htm

 4日付の中国紙、新京報によると、太平洋の島国パラオ付近の海域で3月30日、違法操業を取り締まっていたパラオ当局が中国漁船に発砲し、漁船に乗船していた中国人1人が死亡。パラオ当局は漁船に残っていた中国人5人を拘束した。

 パラオ当局は、自国海域での違法操業を阻止するための発砲と説明。詳しい状況は不明だが、同紙は「(パラオ当局と漁船との間で)激しい衝突」があったとしており、取り締まりに対し、漁船が激しく抵抗した可能性がある。

 同紙によると、違法操業の漁船を上空から捜索していたパラオ当局の航空機が墜落し、当局者ら3人も行方不明になっているという。

 パラオは台湾と正式な外交関係を持っており、中国との国交はない。(共同)

3 NAME :2012/06/16(土) 01:41:02
2012年6月15日
米兵の自殺者増加、オバマ政権「緊急の課題」
http://donicchi.jp.msn.com/opinion/20120615_2.aspx

現役米兵の今年の自殺者が6月3日現在で154人に達し、アフガニスタンでの同時期の戦死者を上回ったことが、米国防総省の集計で明らかになった。戦死者数が減少する一方で、10年以上に及ぶ戦争で疲弊した米軍の実情が浮き彫りに。度重なる前線派遣による心的外傷後ストレス障害(PTSD)や、経済的苦境などが自殺の原因とみられ、国防長官は対応の強化を指示した。

4 NAME :2012/07/06(金) 12:56:49
残酷過ぎる! 乳児略取し母親拷問して殺害 軍政幹部に有罪 500人超 アルゼンチン
2012.7.6 10:02 [南北アメリカ]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120706/amr12070610040001-n1.htm

 アルゼンチンで軍政時代(1976〜83年)に左派活動家が産んだ乳児を軍が組織的に奪って、軍人夫妻などに引き取らせる事件が多発、首都ブエノスアイレスの連邦裁判所は5日、軍政を樹立したビデラ元大統領(86)に禁錮50年など、軍政幹部ら計8人に有罪判決を言い渡した。地元メディアが伝えた。

 こうした乳児は500人以上いたとされる。軍政下での乳児略取事件での判決は初めて。軍政は当時、民主化を求める左派活動家を徹底的に迫害、多くが拷問の後に殺害され、行方不明者は約3万人に上るとみられる。このうち妊婦は出産を待って殺害され、生まれた子どもは「左翼思想に染めないため」などとして軍人家庭に引き取られた。左派活動家の母らの団体「5月広場の祖母たち」はDNA鑑定などでこれまでに106人の身元確認に成功したが、多くは実の両親を知らないまま30代を迎えている。(共同

5 NAME :2012/07/07(土) 00:32:59
脚の肉ちぎり取り、電気ショック… シリアで組織的拷問 アムネスティ報告
2012.3.14 10:12 [中東・アフリカ]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120314/mds12031410130002-n1.htm

国際人権団体、アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は14日、反体制派への武力弾圧が続くシリアで、過酷な拷問が組織的に行われているとする調査報告を発表した。

 調査は今年2月、隣国ヨルダンの首都アンマンに逃れたシリア人約100人を対象に行われ、うち25人が拷問を受けたと証言。治安部隊や軍などが殴打や電気ショックを中心に、少なくとも31種類の拷問を行っていることが確認されたという。

 昨年12月に同国南部の空軍基地で拘束された18歳の男子学生は、尋問の際ペンチで脚の肉をちぎり取られたと証言。昨年7月にダマスカスで拘束された男性は、別の男性が乱暴される様子を強制的に見せられたと話した。

 アムネスティは「シリアで起きている重大犯罪の責任を問うには、国際刑事裁判所(ICC)付託が最善の措置だ」として、同裁判所の捜査を求めている。(共同)

6 NAME :2012/07/07(土) 00:34:57
脚の肉ちぎり取り、電気ショック… シリアで組織的拷問 アムネスティ報告
2012.3.14 10:12 [中東・アフリカ]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120314/mds12031410130002-n1.htm

国際人権団体、アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は14日、反体制派への武力弾圧が続くシリアで、過酷な拷問が組織的に行われているとする調査報告を発表した。

 調査は今年2月、隣国ヨルダンの首都アンマンに逃れたシリア人約100人を対象に行われ、うち25人が拷問を受けたと証言。治安部隊や軍などが殴打や電気ショックを中心に、少なくとも31種類の拷問を行っていることが確認されたという。

 昨年12月に同国南部の空軍基地で拘束された18歳の男子学生は、尋問の際ペンチで脚の肉をちぎり取られたと証言。昨年7月にダマスカスで拘束された男性は、別の男性が乱暴される様子を強制的に見せられたと話した。

 アムネスティは「シリアで起きている重大犯罪の責任を問うには、国際刑事裁判所(ICC)付託が最善の措置だ」として、同裁判所の捜査を求めている。(共同)

7 NAME :2012/07/07(土) 00:36:42
拷問で歯砕け、1週間眠らせず…ミャンマー「政治犯」が語る獄中生活の実態 
2012.2.23 11:34 (1/2ページ)[アジア・オセアニア]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120223/asi12022311370002-n1.htm

 【ヤンゴン=青木伸行】ミャンマーでは数多くの政治犯の逮捕、収監と釈放が繰り返されてきた。彼らの獄中生活と刑務所の実態の一端を、1988年の民主化運動の元学生リーダー、ミン・コー・ナイン氏と、国民民主連盟(NLD)の幹部で、ジャーナリストでもあるウー・ウィンティン氏が、つまびらかにした。

 「約24年間を獄中で苦しみ、犠牲にした」。ミン・コー・ナイン氏の表情がゆがむ。最大都市ヤンゴン郊外のインセイン刑務所などに収監された。最初の10年間は独房に監禁された。

 「隔離され、誰とも接触できなかった。来る日も来る日も24時間独房の中。本などを読むことも許されず、話もできず、何もない…。食事もろくに与えられず空腹だった。情報からも隔絶された」

 唯一の“情報源”は、時折手に入る1本のたばこ。たばこの葉は新聞紙で巻かれていた。

 「新聞のほんの切れ端に、政府の動向などが書かれており、それに目をこらしては眉をひそめた」

 肉体的な拷問こそ受けなかったが、精神的、心理的な拷問に苦しめられた。

 「夜中にたたき起こされ、尋問攻めにされた。そればかりか、私を動揺させ憂鬱にさせようと、嘘の情報を吹き込まれた」

 ミン・コー・ナイン氏ら「88世代学生グループ」の動静に目を光らせ、逮捕、収監を主導したのが、キン・ニュン元首相と権力基盤だった国家情報局の幹部らである。そのキン・ニュン氏も権力闘争の末に2004年10月、当時のタン・シュエ国家平和発展評議会議長に更迭、解任される。

 そして、国家情報局の幹部ら数百人ともども監獄にぶち込まれた。ミン・コー・ナイン氏は彼らと獄中で思わぬ“再会”をする。

 「運命というものはとても皮肉なものだ。私を監獄にほうり込んだ国家情報局の連中が、『やあ、やあ、元気か?』と言って、私の手を握った。キン・ニュンは会ったときに、『(インターネットなど)情報技術が発達し、情報(の流通、拡散)を抑えきれない』と言っていた」

8 NAME :2012/07/07(土) 00:37:31
拷問で歯砕け、1週間眠らせず…ミャンマー「政治犯」が語る獄中生活の実態 
2012.2.23 11:34 (2/2ページ)[アジア・オセアニア]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120223/asi12022311370002-n2.htm

 約19年間、インセイン刑務所などにつながれたウー・ウィンティン氏は、肉体的な拷問も受けた。

 「尋問で答えることを拒絶し、本当に知らないのに『知らない』と言うと、信じず殴打された。歯が砕けた。尋問と拷問、水と食事も抜きで眠らせてくれない状態が、1週間続いたことも時々ある」

 現NLD党首のアウン・サン・スー・チーさんについて、執(しつ)拗(よう)に尋問されたときのことだ。「あいつはフランス語ができるのか?」と聞く。「英語は話すが、フランス語を話せるかどうかはわからない」と答えると、激しく殴打された。

 「3×4メートルの独房の中で、れんがを削って粉を練り、乾かして小さなチョークを作った。それで壁に、記憶していることや詩などを書いた」

 食事は1日朝と夜の2回。白米少々。1週間に1回だけ、ひと切れの肉か卵にありつけた。

 長い獄中生活では、家族との面会が2週間に1回、数分間許され、わずかな食料の差し入れを受け取れたこともある。そうした「恵まれた」環境にあるとき、刑務所内ではモノが売り買いされていた。

 「どうやって調達したのかわからないが、カネを持っている収監者がいて、私は家族からの差し入れのビスケットや麺、砂糖などを、そいつに売った。そのカネで別の収監者などから紙とペン、本を買った」

 看守は、米誌「タイム」などを売りさばいていた。「刑務所は腐敗している」という。

 ミン・コー・ナイン氏 全ビルマ学生自治会連合の議長として、1988年の民主化運動を指導した。89年に逮捕され、2004年に釈放された後、2度逮捕、収監された。今年1月13日に、テイン・セイン大統領の恩赦で釈放されたばかり。

 ウー・ウィンティン氏 著名な反体制活動家、ジャーナリストで、アウン・サン・スー・チーさんらとともに国民民主連盟(NLD)を創設した。NLDを組織したことなどを理由に1989年7月、逮捕、収監され、2008年に釈放された。

9 NAME :2012/07/27(金) 14:05:35
ダライ・ラマ「何かを決めるとき一面だけを見てはダメ。原子力についても同じ」 会見全文
http://news.nicovideo.jp/watch/nw142265

法王は原子力エネルギーに関しては「賛成する」と仰っていますが、実際にご自身が訪問された仙台市や石巻市などでは復興のために人々が希望を持って懸命に働く姿が見られたかと思います。しかし福島の人々は未だに不安と絶望の中に生きています。これは福島第1原発から20km圏内の地域で撮られた写真なのですが、見捨てられた家畜たちが飢えで死んでいきました。

私が常に強調して皆様にお話ししていることは、物事を見る時には全体を見なさいということです。例えば何かを決める時にも、一面だけを見て決めてはダメだということです。原子力についても同じことが言えます。例えば破壊的な目的での使うものでは、やはり破壊的なものしか生みません。

しかし、原子力が平和目的で使われるのであれば、これはまた別の問題だと思います。もし原子力発電の他に何か代替案があるのなら良いでしょう。一つに水力発電のためにダムを造るという方法があると思いますが、この方法は自然に対して何らかの破壊、あるいは悪影響を及ぼします。また、風力エネルギーや太陽エネルギーというものもありますが、まだ十分ではないかも知れません。ここで言う十分というのは、単に日本あるいは先進国の方々にとって十分ということだけではなく、これから発展していく国々にとっても十分でなくてはならないと思うのです。そうでなければ、貧富の差がますます広がることになってしまいます。

元NHKの職員をしておりまして、内部告発をした立花孝志と申します。現在はフリーランスであります。ご質問ですが、昨年9月、日本の尖閣諸島沖で中国の漁船が、いわゆる違法操業をしていた。これを日本の海上保安庁の巡視艇が発見して警告を発した事件がありました。その警告を発した巡視艇に対して、中国漁船が故意に衝突をしたという事件があったんですが、その映像を日本の政府は公開をしなかった。2ヶ月後の11月にsengoku38と名乗る一色正春さんという一介の海上保安官の方がYoutubeにその情報をアップロードしました。この件でご感想があれば、お聞かせいただきたいと思います。以上です。

ダライ・ラマ14世: 日本の問題だと思います。

会場: (笑いが起こる)。

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)という経済連携協定に入るということが非常に大きな政治的な問題になっております。これは、本質的にはアメリカという帝国を中心とする軍事的・経済的なブロック化であって、そこでは中国の脅威が非常に強調されております。チベットの現状を見ていると、中国の脅威は本当に現実のものであろうと思うのですけれども、我々はアメリカの帝国主義にも、中国の帝国主義にも与したくない。こうした巨大な帝国の隣に位置するチベットあるいは日本は、どのようにして民族の誇り、自治、主権、自立を周囲と協調しながら維持していくことができるのか。法王陛下のお考えを聞かせてください。

ダライ・ラマ14世: すみませんが、TPPのことはよく勉強していません。申しわけありませんがコメントをするには、もう少し勉強させてください。

■「中国は人々に対して厳しいコントロールを続けている」

中国の強硬派の方々が、ある日私に対して「あんたは悪魔だ」と言いました。その時にはイタリアの市長もいらっしゃったりとかいろいろあったわけですが、一種のマルキスト(マルクス主義信奉者)みたいな形で言われました。最初に私を悪魔だと呼んだ方がいらっしゃった時に、「角が生えて怖いんだよ」と(冗談で)私が申し上げたら、中国のメディアはそれを取り上げ、まるでテープレコーダーに撮ったようにずっとそればかり流すのです。まったくバカな話で、そういう悪魔で角が生えている人間がどこにいるのだという良識さえも分からず、それを常に流しているという状況です。人間の脳に良識という領域があるはずなんですが、どうもそういうものが欠けている方々がいらっしゃるようです。中国の方々は一般的には文化もあり、そして良く働く勤勉な方々であります。しかし、そういった一面もあるということです。

今日の会見を主催している自由報道協会(暫定)代表の上杉と申します。実はこの会見に来ている仲間は、全員通信のメディアを中心としています。というのも日本政府が、基本的にこのメディアを排除しているということで今日お招きしたのです。

10 NAME :2012/07/27(金) 20:38:47
ツイッターでアフリカ系移民からかい追放…ブロンド美人選手、五輪代表外される
2012.7.27 11:15 (1/2ページ)[ロンドン余話]
http://sankei.jp.msn.com/london2012/news/120727/otr12072711230010-n1.htm

問題となったつぶやきは、「ギリシャにはアフリカ人が多くいるので、西ナイルの蚊はたくさん自分の国の食べ物があっていいわね」というもの。ギリシャでは蚊を媒介とする西ナイル熱の感染者が出ており、それに引っかけてアフリカ系移民をからかったものだ。

 この発言を読んだ人から批判が殺到し、パパフリストゥ選手はすぐにコメントを削除。しかし、ギリシャ五輪委は「五輪精神の理想に反する」として直ちに同選手の五輪出場を取りやめた。もちろん、ツイッターでの“追放処分”は史上初。パパフリストゥ選手は「品のないジョークだった。心からおわびしたい」と反省し、26日には、ロイター通信のインタビューに対して、「差別的な意図はなく、処分は厳しすぎる」と訴えている。

11 NAME :2012/09/25(火) 23:32:45
インド紙が「尖閣対立は日印経済拡大の好機」
2012.9.25 19:01 [尖閣諸島問題]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120925/asi12092519020001-n1.htm

 【ニューデリー=岩田智雄】インド有力紙タイムズ・オブ・インディアは、日本による沖縄県・尖閣諸島の国有化以降、日中関係が悪化していることについて、「インド政府には、日本政府と経済的関係の幅を拡大する申し分のない好機だ」として、インドが日本の投資を引き寄せるチャンスだとの社説を掲載した。

 24日付の社説は、「中国における反日感情の再燃は一定の経済的代価を伴う」とし、「インドは、政府が実行しつつあり、これから拡大すると期待される新たな外国直接投資政策によって、日本の貿易や投資のシェアをより拡大できるだろう」と分析した。

 その上で、「インド政府は日本政府に対し、成長しうる中国の代替地を提供するため、あらゆる手立てを尽くすべきだ」と提言するとともに、「日本企業も、中国にあるような地政学的問題に束縛されずに済むだろう」と締めくくった。

12 NAME :2012/10/05(金) 23:56:38
日本不支持の中国報道に豪が反論 「事実と違う」
2012.10.5 22:47 [アジア・オセアニア]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121005/chn12100522480010-n1.htm

 中国の通信社、中国新聞社は4日までに、オーストラリアのバーク環境・水・人口相が中国を訪問した際、日本政府による沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化について「支持しない」との姿勢を示したと伝えた。それに対し、オーストラリア政府は5日「事実と違う」と反論した。

 バーク氏は9月24日に中国国家海洋局の劉賜貴局長と北京で会談。劉氏は「釣魚島は中国固有の領土」などと中国側の立場を説明、バーク氏が「オーストラリアの国民は平和を好む。日本の見解は支持しない」と応じたと、中国新聞社が報道。

 しかし、オーストラリア政府は、実際の発言は「(尖閣問題で)特定の立場を取らない」とする政府の従来方針に沿った内容だったとした。(共同)

13 NAME :2012/10/18(木) 12:45:48
イルカの頭部に米「銃」、露「CO2入り注射器」… 各軍の驚くべき動物兵器計画
2012.10.18 01:00
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/121018/wir12101801270000-n1.htm

「頭部に銃やナイフを装着したイルカ」と聞くと、馬鹿げた話に聞こえるかもしれない。だが、ウクライナ海軍に関する最新の報道によれば、同軍が再開したばかりの海洋哺乳動物プログラムでは、そんな動物兵器が実際に訓練されているという。

14 NAME :2012/10/18(木) 14:46:22
日本「復興」アピール成功 中国「先進国失格」露呈 IMF・世銀総会14日閉幕
2012.10.13 21:59
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121013/fnc12101322030003-n3.htm

今回は、被災地の仙台市も訪れたIMFのラガルド専務理事が、「日本の人々の国と生活の復興にかける努力、そして勇気と自信をこの目で確かめることができた」と評価したように、震災から立ち直りつつある日本の姿を参加者に伝えることができた。

 ただ、日本が今後も持続的な成長を遂げるのは簡単ではない。少子高齢化で国内市場が縮小し、世界経済の成長を取り込むしかないのが実情だ。その世界経済は現在、一人当たり実質国内総生産(GDP)が前回の日本開催時に比べて約3・5倍に拡大。アジアの新興国は約9・5倍になり、かつての日本のように躍進ぶりが際だっている。

そこに冷や水を浴びせたのが日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に対する中国の強硬姿勢だ。今回総会で、中国政府は突如、謝旭人財政相と周小川中国人民銀行総裁の欠席を決めた。危機克服へ結束を固めるはずの重要会議に背を向け、国際社会には、「素晴らしい会合を逃すことになる」(ラガルド氏)などと失望感が広がった。

 日本を抜き、世界第2位の経済大国になった中国は、自国の出資順位を6位から3位に引き上げるIMF改革の実行を要求しているが、米国が中国の発言権拡大を警戒していることもあり、先送りされた。

 今回の総会は、中国に世界経済の主要プレーヤーとしての姿勢を問う場にもなったといえる。

15 NAME :2012/10/19(金) 22:24:49
GK川島「冗談にできない」と批判 腕4本合成「福島原発の影響」発言問題
2012.10.18 22:20 [サッカー日本代表]
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/121018/scr12101822210003-n1.htm

サッカーの日本代表GK川島永嗣選手(29)=スタンダール=は18日、フランスのテレビ番組が代表戦で好守を連発した川島選手の腕を4本にした合成写真を映し「福島(第1原発の事故)の影響ではないか」とやゆした問題について「ばかな冗談だし、お話にならない。これは冗談にできることではない」と批判した。

 川島選手はこの日、ベルギーのリエージュで行われた所属クラブの記者会見に出席。昨年の東日本震災後は被災地を訪れた経験を持つだけに「福島の人たちは犠牲者で、家を失った人もいる。子供は放射線のせいで、外で遊ぶことを制限されている」と訴えた。やゆする発言をした番組司会者についても「福島のことを本当は知らないのだろう。一人の日本人として、ちゃんと言うことは言いたい」と語った。(共同)

16 NAME :2012/10/20(土) 21:11:36
2012年10月20日 09:16 (時事通信社)
国民の5割が強硬姿勢支持=対中経済政策で―米調査
http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=1473284

【ワシントン時事】18日付の米調査機関ピュー・リサーチ・センターの世論調査結果によると、米国民の49%が対中経済政策で「より厳しい姿勢」を求めていることが分かった。また、米中関係の強化に対する支持は42%だった。対中外交は、11月の米大統領選の争点の一つ。

 調査は10月4〜7日、全米各地の1511人(18歳以上)を対象に電話で実施された。2011年3月時点の調査では、対中強硬姿勢と米中関係強化を支持した人はそれぞれ40%と53%で、全体的に中国への好意的な回答が落ち込んでいる。

17 NAME :2012/10/26(金) 01:59:57
「中国激怒させた」と紹介 英BBC
2012.10.25 21:45 [中国]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121025/erp12102521460006-n1.htm

英BBCの国際放送は25日、石原慎太郎東京都知事について「(尖閣諸島の購入計画で)中国を激怒させた」と紹介した上で、都知事辞職と国政復帰表明を短く報じた。

 電子版では「愛国主義的かつ物議を醸す発言で知られるベテラン政治家」と形容した。いずれも国政への影響などの分析は加えていない。(共同)

18 NAME :2012/10/26(金) 16:35:17
「日本の国民性は偉大」 122年前の遭難事故救助にトルコ人が感謝
2012.10.26 10:05 [westライフ]
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/121026/wlf12102610100005-n1.htm

トルコ・アクデニズ大のイスラフィル・クルトジェフェ学長(54)らが25日、和歌山県串本町を訪れ、122年前の遭難事故で580人以上の乗組員が犠牲となったオスマントルコの軍艦「エルトゥールル号」の慰霊碑に献花した。

クルトジェフェ学長「2つの国、ずっと家族だ」

 ア大の関係者は、学術提携している千葉大との交流のため21日に来日。オスマン史の研究を専門にしているクルトジェフェ学長が、遭難事故で地元住民が献身的な救助活動をした同町を訪問したいと希望したという。

 一行はクルトジェフェ学長夫妻や大学関係者ら7人。慰霊碑に献花し、遭難事故の犠牲者に祈りをささげた。このあと、住民が乗組員を救助したことを伝える町立トルコ記念館などを見学した。

 クルトジェフェ学長は「私たちの国の祖先を救助した日本の国民性は偉大だ。日本とトルコの間には家族のような関係が築かれている。この場に来て大変感動している」と話した。

19 NAME :2013/02/28(木) 11:51:13
「日本支持が最大の対中抑止」米下院軍事委員長 沖縄県・尖閣諸島問題
2013.2.27 23:49 [尖閣諸島問題]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130227/chn13022723490006-n1.htm

 【ワシントン=古森義久】米下院軍事委員会のランディ・フォーブス委員長(共和党)は26日に議会内で開かれた中国人民解放軍の実態についての研究会で演説し、沖縄県・尖閣諸島問題について、「米国が同盟国の日本を支持し、その基本をより明確に、かつ強固に表明していくことが中国への最大の抑止となる。米国の目的はこの地域の安定であり、中国のいまの動向はこの目標への挑戦となる」と述べ、オバマ政権への批判をにじませた。

 また、「尖閣を含む地域の安定を保つため、いざという際には、米国が日本を支援するということや、中国側が尖閣に対して何をしているのか、詳細に監視していることを中国側により明確に知らせておくことが重要だ」と語った。

 米軍のあり方の決定などに大きな権限を持つ下院軍事委員会を代表するフォーブス議員は、議会で中国の軍事動向を調査・研究する「中国議員連盟」の会長をも務めている。

20 NAME :2013/03/01(金) 00:32:46
ロシアで広がる日本衰退論、「日本は強い中国に対抗できない」―中国紙
2013年2月28日 07:35 (Record China)
http://topics.jp.msn.com/wadai/recordchina/article.aspx?articleid=1699300

2013年2月24日、大衆日報は日本の外交に関する記事を掲載。安倍政権は硬軟両面の綱渡りのような外交政策を採用しているが、効果を上げていないと指摘している。

昨年以来、日本はその周辺海域で次々とトラブルを起こし、ロシア、韓国、中国という3つの隣国と領土“争い”を繰り広げている。強硬な発言を繰り返す日本政治家が次から次へと登場してくるが、歴史や現状に対する放言は隣国の感情を考えぬものだ。同時に日本は軍拡を続けている。

日本メディアは安倍晋三首相の外交はまるで綱渡りのようと評した。まさにその通り。韓国に対しては両国の信頼関係の強化を呼びかける一方で、過去の歴史問題を再び掘り返そうとしている。さらにロシアに対しては森喜朗元首相を特使として派遣した。

しかし森元首相と会談した、ロシアのプーチン首相は両国が受け入れられる北方領土解決案の摸索はきわめて困難な課題と話している。またタス通信は「日本が強大な中国と対抗できるとの考えは、ロシアではもはやマーケットを失っている。今、流行しているのは日本衰退論だ。ゆえに中国を重視するべきとの主張がロシア国民の間では大多数を占めている」と報じた。(翻訳・編集/KT)

ロシア海軍が2015年から地中海配備を常態化へ
2013年2月28日 20:16 (サーチナ)
http://topics.jp.msn.com/world/china/article.aspx?articleid=1700855

ロシア連邦軍参謀本部はこのほど、2015年から海軍艦隊の地中海配備を常態化すると明らかにした。中国国際放送局が報じた。

 報道によれば、黒海艦隊の艦船を中核とし、北方艦隊とバルト海艦隊の艦船が加わった作戦部隊の創設が検討されている。

 ショイグ国防相は、「ロシア海軍は国家利益にとって重要な意義をもつ海域なら、世界のどこでも展開する力を持っている。地中海にはわが国の利益に対する主な脅威が集中している」と語った。(編集担当:村山健二)


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


1/5000 SDF-1 マクロス ムービーカラーエディション / Wave



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa