したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

台 湾

1 TOKUMEI :2012/03/14(水) 13:23:14
台湾 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE

2 TOKUMEI :2012/03/14(水) 13:27:24
追悼式で台湾代表が献花できず…首相、深く反省
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120312-OYT1T00871.htm

 野田首相は12日の参院予算委員会で、11日の政府主催の東日本大震災追悼式で、台湾代表に献花の機会がなかったことについて、「本当に申し訳ない。行き届いていなかったことを深く反省したい」と陳謝した。

 自民党の世耕弘成氏への答弁。台湾からの震災義援金は官民合わせて約200億円と世界トップクラスだった。

 世耕氏は追悼式で、天皇、皇后両陛下がご退席になる際、場内が着席していたとして、「どこの国でも全員起立するものだ」と批判。藤村官房長官は「(議事進行は)事務方で詰めてきたものを直前に聞いた。おわびするしかない」と謝った。

(2012年3月13日07時36分 読売新聞)

台湾代表の指名献花外し、対応に問題なし 藤村官房長官、前日の首相謝罪覆す
2012.3.13 10:38 [野田首相]
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120313/plc12031310390005-n1.htm

 政府が11日に主催した東日本大震災の一周年追悼式典で、台湾代表の出席者が指名献花から外されるなど冷遇された問題で、藤村修官房長官は13日午前の記者会見で「外交団という仕切りの中で整理され、外務省と内閣府で調整済みだったと後から聞いた」と述べ、対応に問題はなかったとの認識を示した。

 また12日に開かれた玄葉光一郎外相主催の各国高官のレセプション(歓迎会)には、台湾代表を招待したことを明らかにした。

 追悼式典には台湾の事実上の大使館にあたる台北駐日経済文化代表処の羅(ら)坤燦(こんさん)副代表が出席したが、「民間機関代表」との位置づけで、企業関係者などの一般席に案内された。

 この件について野田佳彦首相は12日の参院予算委員会で「本当に申し訳ない。深く反省したい」と陳謝しており、一夜にして謝罪を覆した形だ。

3 NAME :2012/04/08(日) 20:24:08
台湾訪問の日本人129万人超え、深まる台日交流―台湾メディア
Y! 【社会ニュース】 2012/02/21(火) 11:48
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0221&f=national_0221_066.shtml

  「台湾新生報(TSSDNEWS)」は「台湾と日本を行き来し合う2011年の旅客数は、計243万人。日本に行った台湾人は113万人で、台湾に来た日本人は129万人。来台日本人数が、日本を訪問した台湾人を超えたのは初」と報道。「10年10月より台北・松山空港と東京・羽田空港の直行便が就航した。以降台湾と日本は日台航空協定(オープンスカイ)という、双方間の航空史上最も重要な協定を締結した。また昨年度の台湾と日本の貿易総額は704億米ドル(5.6兆円)で、日本は台湾にとって2番目に金額の大きな国となった。ほかにも投資額が増え、10年度の成長率がお互いに伸びる特別な一年だった」という馬総統のコメントも掲載した。

  また福井県の経済団体一行40名が台湾を訪問し、馬総統と対面を果たしたことも報じ「同行した亞東関係協会の廖会長の母親と祖母は日本人で、日本のことをよく知っている家族。廖会長が先頭に立って日台関係をさらに深めてほしい」という馬総統のスピーチを紹介し、「団体や企業の協力で、日本と台湾のパートナー関係が深まる傾向にある」としている。(編集担当:饒波貴子・黄珮君)

4 NAME :2012/04/08(日) 20:56:03
台湾の馬英九総統再選
中国・米国・日本との関係はどうなるか http://nippon.com/ja/currents/d00023/

2012年1月14日、中国国民党(国民党)の馬英九総統が、最大野党である民主進歩党(民進党)の蔡英文主席を689万1,139票(51.60%)対609万3,578票(45.63%)で下して再選された。

5 NAME :2012/04/08(日) 22:12:38
新竹のシルバー世代、日本からの桜の手入れに燃える
2012/04/07 19:46:05
http://japan.cna.com.tw/Detail.aspx?Type=Classify&NewsID=201204070008#

(新竹 7日 中央社)台湾北部、新竹市の高齢者の間で、日本からの桜をボランティアとして手入れすることが、ちょっとしたブームになっている。ブームの「起爆剤」となったのは、今年81歳の楊根棟さん(写真左)。楊さんはこの10年間、1日も欠かさず、新竹公園の桜を娘のように世話している。公園には桜の木約700本があるが、楊さんは毎朝、運動を兼ねて桜の様子を確認し、肥料もポケットマネーで購入するという。

桜の手入れにこれほど力を入れる理由について、毎年2〜4月中旬の開花期を楽しみにしている楊さんは、「これら桜は台湾に嫁いだ娘のようなもの。くれぐれも大切に守ってほしい」と桜を贈呈した日本人の言葉を紹介した。ここ数年、こうした楊さんの姿に心を打たれた地元のシルバー世代が増えており、公園も桜の名所として知られるようになっている。

6 NAME :2012/06/06(水) 23:31:54
李登輝元総統が「大企業の支持などが影響」と分析
2012.1.17 21:05
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120117/chn12011721050005-n1.htm

 【台北=吉村剛史】台湾の李登輝元総統は17日、台湾メディアとの食事会で、総統選の結果に関し、馬英九総統が再選された背景には「(対中ビジネスを手がける)大企業が相次いで支持」したことがあり、最大野党・民主進歩党の蔡英文主席の敗因は「陳水扁政権時代の腐敗の印象が影響した」と総括した。

 さらに春節(旧正月)直前の投開票日程は、「期末試験の学生や労働者が帰郷投票できなかった」と問題視。一方、馬氏が訴えた「中台関係の安定」が勝利に結びついたかどうかは「一般有権者は生活への影響をあまり感じていない」として否定した。

 李氏は総統選最終盤では民進党の集会で壇上に立つなど蔡氏を応援。「民主社会なので仕方がない」と結果を受け止めつつも、前回から大幅に票差を縮めた民進党は「次回は勝てる」とし、2016年総統選への期待をみせた。

7 NAME :2012/10/07(日) 00:02:35
台湾、尖閣周辺の漁業協議早期再開に同意 玄葉外相メッセージに回答
2012.10.6 19:59 [尖閣諸島問題]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121006/chn12100620000004-n1.htm

 台湾の外交部(外務省)は6日、玄葉光一郎外相が5日のメッセージで、沖縄県・尖閣諸島(台湾名・釣魚台)周辺海域の漁業権をめぐる日台漁業協議の早期再開を呼び掛けたことに対し、「日本の考えに同意する」と応じる声明を発表した。

 声明は日本に対し「善意を示し、台湾漁民の釣魚台周辺海域での権利を尊重すべきだ」と求めた上で、「漁業協議で具体的成果が出るよう共に努力したい」と表明した。

 馬英九総統が尖閣諸島をめぐる争いの平和的解決のために提唱した「東シナ海平和イニシアチブ」を、玄葉外相がメッセージで評価したことに対しては、「日本側の考え方は東シナ海の平和維持に役立つと信じる」と好感を示した。(共同)

8 NAME :2012/10/07(日) 00:04:21
台湾・馬総統が漁民を称賛「日本は反省を」
2012.9.27 22:58 [台湾]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120927/chn12092722590014-n1.htm

【台北=吉村剛史】台湾の馬英九総統は27日、沖縄県・尖閣諸島(台湾名・釣魚台)の領海に侵入した漁民や巡視船乗組員の代表らを台北の総統府に招いて、「釣魚台がわれわれの漁場だと世界に平和裏に知らしめた」とたたえた。馬総統は尖閣諸島の領有権をめぐる対応で「弱腰」との批判を受けたことから、強気の姿勢をアピールする狙いがあったとみられる。

 馬総統は、尖閣諸島を国有化した日本政府に対し「深く反省し、誤りを認めるよう望む」と述べた上で、漁民の権益を保障するために日台共同で紛争解決の方法を協議することを呼びかけた。また、「日本と対抗するのが目的ではない」と強調した。

 一方、領海内で台湾の巡視船が海上保安庁の巡視船に向けて放水したのは、日本側の放水への反撃で「防御的措置だった」と述べた。他国の公船に対する実力行使は国際法上認められていない。

9 NAME :2012/11/02(金) 15:55:53
2012年11月2日 12:54 (Record China)
「米国の犬になっても中国人にはならない」パスポートに見る中国本土と台湾の差―中国メディア
http://topics.jp.msn.com/wadai/recordchina/article.aspx?articleid=1495629

2012年10月31日、RFI中国語版は記事「初のビザ免除台湾旅行客を米国が丁重におもてなし、中国本土ネットユーザーの話題に」を掲載した。

11月1日から台湾住民の米国短期旅行はビザ免除となる。ロサンゼルスでは盛大な式典を開き、ビザ免除後初の旅行客をもてなす計画だ。中国本土住民の海外旅行ではビザがネック。その困難さがよく知られているだけに、このニュースは羨望とともに伝えられた。ビザ免除規定を結んでいる国と地域の数を比べると、台湾は124、中国本土は21と大差がついている。

あるネットユーザーは「台湾、香港、マカオ、シンガポール……。中国語を話す国と地域のなかで、共産党に統治された中国本土以外の人はビザなしでどこにも行けるのに……」と嘆いた。

また、別のネットユーザーはビザ免除の待遇の差は政府の対応の違いを示すものと指摘。1998年のインドネシアでの中国人排斥運動では多くの華人が殺されたが、中国政府は見て見ぬふり。華人は台湾やシンガポール、そして米国に頼るしかなかった。米国の艦艇に救出された華人、華僑が「米国の犬になっても中国人にはならない」と横断幕を掲げたのは皮肉だとコメントしている。(翻訳・編集/KT)

10 NAME :2013/01/31(木) 23:17:13
山田吉彦 中国 「日台連携」絶対阻止狙う
2013.1.31 07:58
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130131/plc13013107590004-n1.htm

台湾の抗議船「全家福」が尖閣諸島・魚釣島近くの領海に近づいた。全家福に乗船していたのは、中国本土、香港、台湾などで活動する中華保釣協会の一員で、台湾当局としても迷惑な存在だ。昨年8月、尖閣諸島周辺で、海上保安庁の巡視船に投石したうえで不法入国をした香港の抗議グループを送還措置にしたことが、中華保釣協会の動きを助長した。

 26日付本紙によると、台湾は、抗議船の出港に関し「中華民国(台湾)は、自由民主国家であり、法律上の問題がなければ遊漁船の出港を阻止できない」と事前に日米に通告したという。無害通航権が保証されている海上において、全家福の出港を止める権限を台湾当局は持たない。事前通告は日米への最大限の配慮である。そして、4隻の巡視船を同行させ全家福の行き過ぎた行動を抑止するとともに、海上保安庁による法執行を牽制(けんせい)していたのだ。

 許しがたいのは中国の海洋監視船である。台湾の苦悩を利用し、あたかも台湾と連携しているかの如く動いた。これは、中国の主張である「尖閣諸島は台湾の一部であり、中国領土である」ことを正当化しようとしたものだ。中国国内では、日中関係の冷え込みが国内経済にも影響を及ぼし始め、政府は日本を挑発する大胆な動きは取りづらい状況だ。そこで、中華保釣協会が動き、台湾当局も巻き込もうとしたようだ。

また、すでに準備会合が行われた日台漁業協議への妨害工作とも考えられる。台湾は、日本が東シナ海の排他的経済水域における漁業の一部を認めれば、尖閣諸島周辺では紛争は起こさないとしている。台湾と日本の連携は、中国当局としては絶対に阻止したいところだろう。

 日本政府は日台漁業協議を進め、中国により乱された東シナ海の平穏を取り戻す必要がある。過去16回開かれた協議では、互いの融和点を見つけることができなかった。この協議は、水産庁が中心となっているが、台湾という外交上の特異性と安全保障を考慮すると、総理が本部長を務める内閣官房総合海洋政策本部の役割だ。東シナ海の安定は、総合海洋政策本部の機能に懸かっているのである。(東海大教授)

11 NAME :2013/02/01(金) 01:40:36
馬総統再選から1年 最大野党が政権批判デモ、5万人超が参加
2013.1.13 18:20
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130113/chn13011318210004-n1.htm

【台北=吉村剛史】台湾の最大野党、民主進歩党は13日、馬英九総統の再選から1年に合わせ、台北市内で各地の支持者らを動員したデモ行進を実施。台北市政府や、総統府前などで生活改善や政治改革を掲げ、馬政権批判を展開した。

 地元メディアなどによると、蘇貞昌主席ら同党幹部らの呼び掛けに、支持者ら5万人以上が参加。親中派実業家による台湾メディア買収を念頭に特定資本によるメディア独占への反対や、当局の基本方針を与野党で話し合う機会を設けることなどを求め、夜まで総統府前で活動した。

12 NAME :2013/02/02(土) 00:23:38
圧倒的多数「大陸との最終的な統一」に反対=台湾でアンケ
2013年2月1日 09:54 (サーチナ)
http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=1650934

台湾の調査会社TISRはこのほど、台湾住民を回答者とする大陸との関係についてのアンケート調査の結果を発表した。「最終的に大陸と統一すべきと思いますか」との問いに対して、63.3%の人が反対した。賛成した人は20.9%だった。

 大陸部との最終的な統一に対して「とても賛成する」と回答した人は5.9%、「比較的賛成する」は15%で、統一に賛成の意を示した人は合計でも訳2割にとどまった。

 一方で「賛成できない面がある」は22.7%で、「全く不賛成」は40.9%で、合計で63.3%の人が賛成した。

 賛成意見を示した人の中でも「とても賛成する」との回答が少なく、逆に反対意見では「全く不賛成」と強い拒否感を示した人が多かった。

「中国大陸は信用できない」が圧倒的多数=台湾でアンケ
2013年2月1日 12:19 (サーチナ)
http://topics.jp.msn.com/world/china/article.aspx?articleid=1651253

台湾の調査会社TISRはこのほど、台湾住民を回答者とする大陸との関係についてのアンケート調査の結果を発表した。「中国大陸は全体として信用できない」と考えている人が69.2%で、「信用できる」の16.2%を大きく上回った。

 「中国大陸は全体として信用できますか」との質問に対しては、「とても信用できる」は1.3%にとどまった。「ある程度信用できる」は14.9%で、程度の違いはあるが「信用できる」と考えている人は合計で16.2%だった。

 「信用できない面がある」は31.8%、「きわめて信用できない」は37.4%で、合計では69.2%だった。台湾人の中国大陸部に対する信用度は相当に低いことが分かった。

13 NAME :2013/02/20(水) 20:22:20
抗議の台湾活動家らが日本に賠償請求
2013.2.20 18:14 [尖閣諸島問題]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130220/chn13022018150009-n1.htm

 沖縄県・尖閣諸島への主権を主張し、先月末に抗議船で尖閣の接続水域に進入した台湾の活動家らが20日、日本の対台湾窓口機関、交流協会台北事務所(大使館に相当)を訪れ、日本の海上保安庁巡視船による放水で、使用した遊漁船の一部が破損したとして、日本側に計500万台湾元(約1600万円)の損害賠償を請求し、抗議書を提出した。(台北 吉村剛史)

14 NAME :2013/02/21(木) 23:58:56
尖閣で中国と連携せず、理由を台湾が初公表 日台漁業協議干渉や軍備増強でも中国を批判
2013.2.21 08:21
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130221/chn13022108440003-n1.htm

【台北=吉村剛史】沖縄県尖閣諸島について中国と同様に主権を主張している台湾が、中国が平和的解決に向けた構想を示していないことなどを理由に尖閣をめぐって中国と「連携しない」と表明していることが20日、わかった。これまでも中国と連携しない姿勢を示してきた台湾だが、具体的な理由を公表したのは初めて。尖閣周辺海域の扱いが注目される日台漁業協議への中国側の干渉や、中国の軍備増強による地域の安定への影響にも批判的に言及しており、中国側の反応が注目されている。

 台湾の外交部(外務省に相当)がホームページで「釣魚台(尖閣の台湾での呼称)列島の主権声明」「中国大陸と合作しない立場」と題した声明として公表した。

 声明は、馬英九総統が昨年8月、「争議の棚上げ」「資源の共同開発」などを盛り込んで提唱した「東シナ海平和イニシアチブ」を中国側が無視していることや、中国が尖閣に関して国際司法裁判所(ICJ)に委ねることに反対していることなどを指摘した。

さらに中国が過去、インドやベトナムなどの周辺国と領土紛争を展開してきたことや、尖閣での平和的解決の具体的な構想を示していないことも列挙し、「合作(連携)は困難」としている。

 声明は8日に公表されていたが、馬英九総統も18日、与党・中国国民党の内部座談会などで「両岸(中台)が保釣(尖閣防衛)で連携できない3つの理由」を説明したという。

 これまで中台関係の改善に努めてきた馬政権の中国への強い姿勢の表明に、日本の対台湾窓口機関、交流協会台北事務所(大使館に相当)では、「従来にない踏み込んだ表現で興味深い」としている。

15 NAME :2013/03/11(月) 14:08:53
台湾人感動…WBC日台戦で日本人が震災支援への謝意呼びかけ
サーチナ 2013年03月08日12時08分
http://news.livedoor.com/article/detail/7479916/

WBC第2ラウンド日本−台湾(チャイニーズ・タイペイ)戦が8日、東京で行われることを受け、台湾メディアの自由時報は「台湾−韓国戦の殺伐とした雰囲気とは一変し、日本のファンが東日本大震災における台湾の支援に謝意を示す活動を呼びかけている」と報じた。

 報道によれば、日本の一部ファンがTwitter(ツイッター)上で、2011年に発生した東日本大震災で、台湾が全世界の国と地域の中で最も多額の義援金などを贈ってくれたことに対して、「台湾でも大きな注目が集まる日本−台湾戦は、台湾の人びとに謝意を伝える絶好の機会」と指摘し、感謝の意を伝える横断幕を日本−台湾戦で掲げようと呼びかけた。

 台湾ではFacebook(フェイスブック)を中心に、日本で発生した「台湾に謝意表明を」の動きにかんする情報が広まった。多くの台湾ネットユーザーたちは、日本における謝意表明の呼びかけに「感動で心が温められた」という。

 台湾は釣魚台(尖閣諸島の台湾側通称)について「自国領だ」との考えを持つ人が多いが、「(WBCの)日台戦に、釣魚台の問題を持ち出すなど、敵意ある応援方式は不適切だ」との意見を表明するユーザーも多いという。(編集担当:及川源十郎)

WBC日本が台湾の震災支援に謝意・台湾に激勝!台湾監督「尊敬する日本に…」・韓国とは大違い
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4991.html

WBCで日本側スタンドに「謝謝台湾」 台湾SNSでは「感動した!」の声、日本も台湾チームと応援団に「称賛」の声、日本との死闘に敗れた台湾はキューバに負けWBC敗退、サムライジャパンは台湾の分まで頑張れ .
http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/37593869.html

16 NAME :2013/04/02(火) 00:18:11
台湾・台南 語り継ぐ日本人の功績
2013.4.1 16:00
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130401/trd13040116010010-n1.htm

台湾南部で歴史的な建造物が多く残され、「古都」と称される台南。この地で日本統治時代に烏山頭(うさんとう)ダムを築き、不毛の地を穀倉地帯に変えた日本人技師、八田與一(はったよいち)に今も尊敬の念が寄せられている。豊かな田畑、広大なダム。八田の足跡をめぐり、その生涯に思いをはせた。(高久清史)

日台の深い関係 関西国際空港から約3時間のフライトを終え、台湾桃園国際空港に降り立つ。日本よりも暖かく、春の訪れを感じたが、さらに南にある台南では気温が約30度まで上がると聞き、持っていた薄手のコートをトランクにほうり込んだ。

 台湾高速鉄道(新幹線)で台南駅に到着し、台湾の人たち向けの観光パンフレットを手に取る。昭和天皇が大正時代に訪問された公園、学校などが紹介されており、日本との関わりの深さを実感した。

 車で台南市郊外にある烏山頭ダムに向かう中、車窓には緑が鮮やかな水田、バナナやマンゴーなどの畑が広がる。古い家々の軒先にソファやベンチが置かれ、お年寄りが座って昼下がりを過ごす。南国情緒たっぷりの空間だ。

「八田」の名が標識に

 「八田路」。ダム敷地へと続く道に、八田の名を冠した標識があった。ガイドの簡●(●=迅のしんにゅうをさんずいに)如さん(30)は「ダムを作った八田さんの功績をたたえ、命名されました」と解説してくれた。

 同ダムは八田の設計のもと、1920年から10年の歳月を経て完成。総延長1万6000キロに及ぶ用水路も整備され、干魃(かんばつ)や塩害により不毛の地とされていた一帯の嘉南平野を穀倉地帯に変えた。八田の功績は教科書に登場するだけでなく、アニメ化され、語り継がれている。さらに2011年にはダムに隣接するエリアに八田與一記念公園が完成した。

 さっそく記念公園へ。かつて工事従事者の宿舎が並び、約2000人が居住していたとされ、敷地内には八田ら日本人技師が暮らした木造住居4棟が復元されている。日本から寄せられた家具が据えられ、その忠実さに驚かされる。

 台南に恩恵をもたらしたダムにも、歴史を感じさせるスポットがちりばめられている。約1・3キロに及ぶ堤防には道路が整備され、眼下に広がるダム湖を眺めながら散策できる。そのスケールから、当時の工事の困難さがうかがえる。

 水を噴き出す旧送水口には悲しいエピソードがある。八田は42年、フィリピンへ向かうために乗った船が米軍潜水艦に撃沈され死亡したが、妻の外代樹(とよき)が45年9月1日に旧送水口に身を投げ、命を絶った。

その日はダム工事開始25周年の記念日。旧送水口の上にある展示室には、八田の遺品とともに、夫妻が最後に一緒に撮影した写真が飾られている。

 「夫妻は本当に仲むつまじかったと聞いています」。台南市の頼清徳市長は沈痛な表情でこう説明した上で、台南のために生涯をささげた夫妻をたたえた。

 「大きな貢献により、台南と日本に強い絆が生まれている」

古都が生む熱気 ダムとともに繁栄した台南市。17世紀にオランダ人が築城し、その後に改築された「赤嵌楼(せきかんろう)」などの古跡や、赤れんがの古い建物がいたるところに残り、古都の名にふさわしい街並みを楽しむことができる。

 道路沿いの建物から突き出す縦長の看板が連なり、夜には紫や赤、青といった派手なネオンで彩られる。その光景に誘われ、宿泊したホテル周辺を歩くと、台湾観光の名物でもある夜市を見つけた。

 草履のような形の大きなとりのから揚げ、豆腐を発酵させた臭豆腐、タピオカ、すし−。立ち並ぶ屋台が独特のにおいを放ち、市民や観光客を引き寄せる。日本にはないアジアの熱気に、高揚感を覚えた。

17 NAME :2013/04/02(火) 00:19:25
【八田與一】 1886〜1942年。石川県出身で東京帝大工学部を卒業後、台湾総督府で技師として勤め、烏山頭ダムを築いた。命日の5月8日には現地で慰霊祭が行われている。

【台湾の観光】 人気を集めているのが台北市。蒋介石を顕彰する中正紀念堂など見どころが多く、小籠包などのグルメも豊富。高雄市では蓮の花で有名な淡水湖の蓮池潭(れんちたん)と龍虎塔が定番になっている。問い合わせはサンケイツアー((電)06・6633・5931)。

18 NAME :2013/04/14(日) 23:57:15
「台湾からの支援忘れてはいけない」
2013.4.14 12:00
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130414/stt13041412010000-n1.htm

「ある方(議員)から、『日本はこれから人口を増やすのか減らすのか』、そこから議論しないといけないと言ったときに、森担当相からは『残念だけれども、増やすのか減らすのかじゃなくて増えない。減る!』という言葉。仮に合計特殊出生率2.0%を実現したとしても、今の人口は維持できない。そういったところから、国づくりどうするのか。未婚率の上昇にどう対応するのか。

8日午後、台湾中部地震の義援金贈呈後(台北駐日経済文化代表処)

 −−義援金贈呈の経緯と趣旨を

 「台湾は東日本大震災直後、世界各国、支援をしてくれた中で最も、力強く支援をしてくださったと言っても過言ではありません。馬英九総統自らテレビに出て『日本に支援を』と呼びかけをしてくれたし、おそらく、1人あたりの支援額としては、世界最高額ぐらいじゃないですか」

 「日本に対する支援。これを日本人として絶対に忘れてはいけない。今回、台湾で発生した地震は、被害の規模とか関係なく、台湾も苦しい時、日本を支えると。そして、台湾の支援は忘れない。そういったメッセージですね」

−−今後、台湾とはどういう関係を築きたいか

 「自民党と台湾というのは本当に長い歴史、深い縁が今までもつむがれてきましたから。これからどうやって若い世代と、台湾の若い世代をつないでいけるか。今、台湾関係は、松本洋平・青年局国際部長に担当してもらってますので、タイミング、そしてどういう形で実現できるのか。前向きに、台湾訪問も含めて、考えたいと思います」

 −−沈代表との会談の中で台湾訪問の話は出たか

 「これはもう、ぜひ来てくださいと。そういった要請は今まで何度もいただいていますので。参院選までは、青年局を挙げて海外に行くことは難しいので、その後、どこに行くか。何人でいくか。これは考えないといけませんね」

 「でも、本当に歓迎の要請を何度もね、いただいていることをありがたかく思います。それを形にしていければなあと思います」

 −−沈大使とはどんな話題を

 「いろいろな地域の、多くの懸案。共有する問題意識。そういったことについての意見交換も多少させていただきましたし、日本と台湾の間で本当に深い友情のようなものがあると。そういった認識を深める時間をいただきましたね」

19 NAME :2013/04/25(木) 00:14:43
【動画あり】乙武洋匡さんが台湾プロ野球の始球式に登場! 台湾中が感動「涙がとまらない」「意義のある始球式だ」
2013年4月23日 16:00 (ロケットニュース24)
http://topics.jp.msn.com/wadai/rocketnews24/column.aspx?articleid=1798513
http://rocketnews24.com/2013/04/23/320800/?utm_campaign=Partner%3A+msn&utm_medium=partner&utm_source=msn

『五体不満足』や『だいじょうぶ3組』で知られる作家の乙武洋匡さんが台湾プロ野球の始球式に登場した。

当日、乙武さんは台湾の東日本大震災の支援への感謝の気持ちをこめ、力いっぱいボールを投げたそうだ。その様子は会場を沸かせ、さらにニュースを見た多くの台湾人から感動の声が寄せられている。

・台湾プロ野球の始球式に乙武洋匡さん登場
乙武さんが始球式に臨んだのは2013年4月21日に台北・天母球場で行われた「統一セブンイレブン・ライオンズ VS 義大ライノズ」の試合だ。乙武さんと言えば電動車椅子に乗っている姿がよく見られるが、車椅子から下り、一礼してマウンドにへと進んだそうだ。観客からは割れんばかりの拍手が沸き起こった。

さらに、マウンド上でも乙武さんは再度、深々とお辞儀をし、「台湾のみなさん! 2年前の震災では心のこもったご支援、本当にありがとうございました。日本はまだまだ大変な状況にありますが、心をひとつにしてこの困難を乗り越えていきたいと思います」と、スピーチ。

そして「今日は感謝の気持ちをこめてボールを投げさせていただきます」と、左肩と頬でボールをはさみ、中国語で「謝謝台湾!」と叫びながらボールを投げた。観客はもちろん両チーム共からも歓声と拍手が沸き起こった。会場はとても温かい雰囲気に包まれたという。

・台湾ネットユーザーから感動の声
この始球式の様子はメディアを通じて大きく広まり、台湾ネットユーザーからは以下の声が寄せられている

「感動した!!」
「こんな意義のある始球式は見たことがない」
「なんだよ……涙が止まらないじゃないか!!」
「鳥肌が立った。乙武さんが始球式に来てくれて本当に光栄に思う」
「涙が出ました。乙武さん、本当にありがとう」
「台湾こそ日本に感謝しています」
「日本人は本当に恩を大切にするし礼儀正しい。見返りを求めて支援した訳じゃないけど、こう言われると嬉しい」
「感謝、そして感動です!」
「乙武さんマジイケメン」
「乙武さん可愛い〜! 彼の中国語も覇気があって素敵」
「アイドルの始球式なんかより、ずっと意味のあるものだったと思う」

台湾は「親日」と言われているが、両者の間には互いに譲れない問題もあるのも事実だ。しかし、スポーツや文化など民間交流で、こうやってお互いに謝意を伝え合えるというのは本当に素晴らしいことである。その気持ちは忘れないでいきたい。

参照元:Youtube、聨合新聞網(中国語)
執筆:澤井恵

20 NAME :2013/06/16(日) 19:10:30
<レコチャ広場>中国とは似て非なる台湾文化―中国
2013年6月15日 22:50 (Record China)
http://topics.jp.msn.com/wadai/recordchina/article.aspx?articleid=1898947

2013年6月13日、中国最大の民間教育機関・信孚教育集団の創設者、信力建(シン・リージエン)氏は「台湾文化を見て分かった中国との『似て非なる』部分」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。以下はその内容。

唐代の中国を見たければ日本へ行けばいい。日本には唐代の建築や歌舞が残っている。明代の中国なら韓国へ。そこには明代の礼楽制度が保存されている。中華民国時代の中国が知りたければ、台湾だ。台湾には伝統的な「仁義礼智信」がある。中国はハード面では欧米に「追い付き追い越せ」を実現してきたが、こうした伝統的な文化を見掛けることはなくなった。

1949年に台湾と中国が分かれて以来、国学は中国で「旧思想、旧文化」とみなされ、徹底排除の対象になった。台湾に逃れた国民党はこれとは逆に中国伝統文化の復興に力を入れた。中国が文化大革命を行っていた時、台湾の蒋介石は中華文化復興運動を推し進めていた。

台湾の学校では子供たちに数千年にもわたって使用されてきた繁体字の漢字を教え、伝統文化の思想教育を重視している。中華民国は中国に200万人の知識分子を残してきたが、「革命」や「運動」によって、これらの人々は消滅してしまった。文革期間中、中華民族の始祖とされる炎帝と黄帝の陵は完膚なきまでに破壊された。1966年11月には孔子の墓が暴かれ、その遺体と副葬品は燃やされている。

台湾を旅行した中国の観光客は「台湾は中国よりも礼節の国だ」という感想を抱く。こちらが言うよりも早く「ありがとうございます」と言う店員。バス停ではきちんと並び、降りる人が全員降りるまで乗り込もうとしない。バスの車内には高齢者や体の不自由な人たちのための「博愛シート」があり、若者はそこには座らない。レストランで食事をする際は、自分のテーブルとその周りを汚さないように注意を払う。粗暴な態度を常日頃から経験している中国人は、その違いに目を見張ることになるのだ。(翻訳・編集/本郷)

●信力建(シン・リージエン) 中国の教育家。信孚教育集団理事長。広東省広州市生まれ。中山大学中国文学部卒。工場、銀行、政府機関などで働いた後、英国へ留学。軍人、農民、労働者など30以上の職に就いた経歴を持つ。幼稚園や小中学校など20校以上を建設、学生数は1万人を超える。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


1/5000 SDF-1 マクロス ムービーカラーエディション / Wave



read.cgi 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa