したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

県制度の廃止と州制度の導入その意味は!

1 ジャパンレル須田 :2012/01/04(水) 11:50:50

私たちの考える州制度の導入は他の方の意味合いとは少々違います。全ては国益を減らさない様に自然の要塞を上手く使い地域特性を生かす為です。
もともと今の県制度の県の位置は盤石な江戸幕府を守る為に区割りされた物の延長で鎖国中国内紛争を抑えるには良かったかもしれません。

しかし対外的には内需の発展を本気で考えた場合には県割制度の全ての既得権益を取り去り国益を上げやすくする州割をするべきです。

本来の無駄は目的の有るシステムなのか否かを検証し改善する勇気が無く成り気付かないふりをして時間を過ごす事ではないでしょうか?ただ与えられたスペース内の自治体の管理をするだけの県政であれば必要ないと思います。

河川や山脈等の自然の力や季節の変化により形成された区分を基に州を目的ごとにまとめ日本の国力を役割分担にて上げる組織編成にする。

今の日本はあまりにも平和ボケしてしまい有事に備える事を無駄と言いその備えの大切さを費用対効果で全て図り備えの意味を置き去りにしています。

しかし第2次世界大戦の敗戦である意味一度目のチャンスを貰いましたが時期が早すぎた事と日本国憲法を自国の意思だけで決める立場に無かった為に今の憲法に落ち着いてしまったと考えられます。

2011年3月11日の東日本大震災が我々に本気で戒め無ければいけない相手は地球だと言う事をはっきり思い出させてくれました。

日本建国から何回となく自然の脅威にさらされましたが国民を守る為の工夫や環境保全をする為の優しさを本気で考えた事がありません。本来であれば憲法改正に自然災害から国民を守る為の条文を真剣に議論する必要がありました。

最近憲法改正の話に成ると憲法9条の議論に成るが上記のように海洋国日本、地震国日本としての対自然力に対する考え方を入れるべきだった事と思います。

ですから東日本大震災の復興を考える際に州制の構想を入れ後世の方々に本当の意味のマイナス資産を残さない、1000年後に世界遺産に指定したい候補に入る様な復興計画作り早期実行してもらいたいと思います。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

オオカミ少女と黒王子 DVD (初回仕様) - 廣木隆一


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板