したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

「有事法制」&テロ 関連スレッド2

157 カマヤン :2004/04/15(木) 09:20 ID:ErGVa7oA
>>150-156
 映画監督で、元赤軍の足立正生さんが、4月10日時点で、アラブへ人質救済の呼びかけをした。

足立正生関係の情報↓
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%AD%CE%A9%C0%B5%C0%B8
http://www.jmdb.ne.jp/person/p0244480.htm
http://palappa.at.infoseek.co.jp/3/adachi.html
http://www.mkimpo.com/diary/2002/lpo_02-03-25.html

 足立正生さんやNGOからの働きかけは、有効だったのだろう。この呼びかけの直後、いったん、
人質解放間近の情報が流れる。
 カマヤンは想像するのだが、これを公安警察がバカで勘違いして、あるいは悪意で「謀略」しようと考えて、
「赤軍による自作自演」説を、防衛庁筋・公安警察筋が流したのだと思う。
 防衛庁官僚と警察官僚は、重なっている。

 謀略が行なわれると、基礎情報の混乱が始まる。
 日本政府に入る情報は、そのほとんどが、米軍筋からの情報だ。
 米軍の能力は「ファルージャ虐殺」に至ってしまうほど、グダグダだ。日本の公安警察筋の「謀略」による
情報が混じって事実関係を誤認した可能性がある。あるいは米軍は自身による「謀略」を赤軍になすりつけ
ようと考えたり、あるいはさらに「謀略」を加えようとしたのかもしれない。
 小泉・安倍晋三どもは、米軍筋あるいは公安警察筋からの情報に「楽観」し、不用意な発言を乱発した。
 「人質」を「救出」するついでに「犯人」を捕らえ、「全ては左翼による自作自演だった」という「噂」を
流すことで、全て巧くいく、と、小泉・安倍晋三どもは考えていたのだろう。
 だが、米軍の能力は、小泉・安倍晋三たちが考えるより、ずっとグダグダだったのだろう。
小泉・安倍晋三の「目論み」は、全てイラク現地住民に、モロ判りだったのだろう。…テレビで、
インターネットで、イラク現地へ日本の情報は瞬時に伝わる。人質を「解放」すると引き換えに自分が殺される
と判って、誰が解放するものか。結果、救出は「膠着」した。
 民間NGOが懸命に命を救おうとし、政府がそれを邪魔する。日本の近現代史に常に登場するパターンだ。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ボンレスベルト


これであなたもハムの人。

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa