したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 | まとめる |

鹿児島のヤクザ関連ニュース

[PR]
1名無しさん:2008/11/04(火) 22:28:57
情報求む!

2暴追会長刺傷:組員の被告に懲役4年6月:2008/11/06(木) 17:49:46
鹿児島市の暴追団体リーダー刺傷事件で、傷害と詐欺の罪に問われた鹿児島市伊敷2、山口組系暴力団松同組組員、中島智弘被告(38)に対し、鹿児島地裁(加藤陽裁判官)は5日、懲役4年6月(求刑・同7年)の判決を言い渡した。
 判決などによると、中島被告は、同組長、松下光生被告(50)=傷害罪で控訴中=の指示で、知人に実行役の手配を依頼。07年10月19日午前7時40分ごろ、鹿児島市西千石町の路上で、暴追団体会長の妹尾博隆さん(66)の尻を刺し、2週間のけがを負わせた。

3暴力団追放1500人決意新た鹿児島:2008/11/17(月) 14:20:45
暴力団追放運動のリーダーが襲撃された事件が解決し、初めての開催となる鹿児島市暴力追放中央大会が16日、同市西千石町の山下小校庭であった。約1500人の市民は、組事務所の撤退まで戦い抜くことを誓い合った。

 大会では「あらゆる暴力を追放し、明るく住みよい鹿児島市を実現するため、『市民総ぐるみ暴力追放運動』を積極的に展開する」などの宣言文を採択した。

 昨年10月19日朝、西千石町の路上で暴力団関係者からでん部を刺され、約2週間のけがを負った暴追運動リーダー妹尾博隆さん(66)は「一日も早く、平穏で、安心、安全な街を取り戻すために、暴力団追放運動を継続、実施していく」と決意表明。県警の藤山雄治本部長も「犯人逮捕には住民の支えがあった。事務所撤去に向けた裁判でも、出来る限り協力していきたい」と支援を約束した。

 参加者は「暴力団はいらない」「ひるむな、負けるな」などと書いたのぼりやプラカードを持ち、西千石町の暴力団組事務所周辺をパレードした。

 妹尾さんは「事件から1年以上たつが、組事務所は依然として存在している。相手方に屈することなく、撤退に向けて全力を尽くしていく」と語った。

4暴追会長刺傷:被告、検察の控訴棄却-高裁宮崎支部判決:2008/11/28(金) 23:48:15
 鹿児島市の暴力団追放運動リーダー刺傷事件で、実行役を手配したとして傷害罪などに問われ、鹿児島地裁で懲役5年(求刑懲役8年)の判決を受けた北九州市八幡西区力丸町、工藤会系極政組組員、福永佳亮被告(38)の控訴審判決が27日、福岡高裁宮崎支部であった。竹田隆裁判長は被告、検察双方の控訴を棄却した。

 判決によると、福永被告は山口組系松同組組員に依頼され、暴力団追放運動リーダーの妹尾博隆さん(66)を刺傷するよう徳見得茂・元被告(39)=懲役3年6月確定=に依頼した。妹尾さんは07年10月19日、尻を刺されて2週間のけがを負った。【川上珠実】

5鹿児島・暴追会長刺傷:暴力団、ビル売却し撤退:2008/12/12(金) 17:30:37
 鹿児島市西千石町のビルを購入・入居した山口組系暴力団の退去を住民らが求めていた問題で、暴力団側がビルを第三者に売却したことが分かった。事実上の撤退とみられ、組関係者に襲撃された暴追団体会長の妹尾博隆さん(66)は「これで一段落がついた。住民の皆さんが支えてくれたお陰だ」と語った。

 鹿児島県警などによると、ビルを所有する山口組系上部団体の関連企業と鹿児島市内の不動産会社との間で12日、売買契約が成立した。購入費用の一部は暴追団体が負担する。

 ビルは06年12月、松同組長の松下光生被告(50)=妹尾会長に対する傷害罪などで公判中=が取得。組事務所としての使用を禁じる仮処分決定が出され、鹿児島地裁は10月21日付で違反した場合は1日100万円の支払いを命じる決定も出していた。その後、暴力団関係者が家財道具を搬出していた。

6暴追リーダー刺傷組員に懲役4年6月 控訴審判決、1審を破棄:2008/12/17(水) 11:21:35
鹿児島市の暴力団追放運動リーダー刺傷事件で、傷害罪などに問われている同市伊敷台、指定暴力団山口組系松同組員、川上勝征被告(40)の控訴審判決が16日、福岡高裁宮崎支部であった。竹田隆裁判長は「積極的、中心的役割を演じており、1審判決は軽過ぎる」として、懲役3年6月(求刑・懲役7年)とした鹿児島地裁判決を破棄し、懲役4年6月の実刑判決を言い渡した。弁護側は即日上告した。

 判決によると、川上被告は実行犯を含む6人と共謀。昨年10月19日、同市西千石町の路上で、暴追運動リーダー妹尾博隆さん(66)の尻をナイフで刺し、約2週間のけがを負わせた。川上被告は凶器となった果物ナイフの準備や、実行犯役の手配を指示した。

7暴追会長刺傷:実行手配の被告、懲役4年6月:2008/12/17(水) 23:12:46
鹿児島市の暴力団追放運動リーダー刺傷事件で傷害罪に問われた鹿児島市伊敷台4、山口組系松同組組員、川上勝征被告(40)の控訴審判決が16日、福岡高裁宮崎支部であった。竹田隆裁判長は「犯行実現に向けて中心的かつ重要な役割を果たしており、その刑事責任は共犯者の中では松下(光生)組長に次いで重い」と、懲役3年6月(求刑懲役7年)の1審判決を破棄し、懲役4年6月を言い渡した。

 判決によると、川上被告は暴力団追放運動リーダーの妹尾博隆さん(66)を刺傷するよう実行役の手配を指示した。妹尾さんは07年10月19日、元被告(39)=懲役3年6月確定=に尻を刺されて2週間のけがを負った。

8暴追運動継続へ 住民団体「今後も地域守る」:2008/12/21(日) 12:23:38
鹿児島市西千石町に進出した指定暴力団山口組系松同組の追放運動に取り組む住民団体「山下校区安心・安全まちづくり推進連絡協議会」は20日、同組が撤退してから初めての集会を開いた。組員らから襲撃されながらも暴追運動の先頭に立ち続けている会長の妹尾博隆さん(66)はあいさつで「これからも地域の安全のため、運動を続けていきたい」と力強く語った。

 昨年10月、妹尾さんは組員らに刃物で尻を刺され、負傷した。この事件以降も住民たちは、毎月1回の暴追集会と組事務所周辺でのデモ行進を続け、運動の手を緩めなかった。組員らの逮捕や官民挙げての運動の盛り上がり、使用差し止め訴訟などの法的な対抗策などの包囲網に組側も音を上げ、今月12日、組事務所ビルと土地を暴力団と無関係の不動産会社に売却した。

 この日、地元の清滝公園で開かれた集会には住民ら約200人が参加。妹尾さんは「皆さんの熱意でこの日を迎えることができた。県警、県暴追センター、弁護団などの支援が解決に結びついた」と述べたうえで、「これで終結したわけではない。組事務所は撤退したが、残党もおり、刑期を終えれば数年後には(襲撃事件にかかわった)幹部らも戻ってくる。協議会は解散せず、地域のためにずっと活動を続けたい」と語った。

 出席した県警の吉見高志・刑事部長は、山口組(本部・神戸市)が全国的に勢力を拡大させている情勢に触れ、「全国に誇れる住民運動を堅持し、日本一安心できる、暴力団のない地域をともに目指しましょう」と呼びかけた。

 集会に参加していた女性(67)は「この約1年は本当に長かった。みんなで力を合わせて頑張ってきた運動が実を結び、感無量の思いです」と喜んでいた。自営業男性(62)も「昨年の今ごろは、妹尾会長襲撃の容疑者も逮捕されず、緊迫した状況だったが、今年はホッとして年を越せそう」と話しながらも、「組が壊滅した訳ではなく、これからも注視していきたい」と気を引き締め直していた。

 協議会は来年1月からビルの一部を借りる予定にしており、活用方法などについては今後決める。

9組事務所ビル訴訟住民ら取り下げ:2008/12/23(火) 12:51:53
鹿児島市西千石町の暴力団追放運動リーダーが襲撃された事件に絡み、住民らが指定暴力団山口組系松同組に対し、同町にあるビルについて組事務所としての使用差し止めを求めた訴訟で、住民らは22日、訴訟と仮処分申請をいずれも取り下げる書面を鹿児島地裁に提出した。組側が12日、ビルを暴力団とは関係のない同市の不動産会社に売却したため。

 住民らの代理人弁護士によると、ビルの半径200メートル以内の住民118人と、組員らに刺されて負傷した住民団体代表の妹尾博隆さん(66)が起こした損害賠償訴訟も取り下げる。住民らの意向を聞き手続きを取ったという。

10組長、損賠の和解申し出 鹿児島暴追会長刺傷事件:2009/01/09(金) 20:15:22
 暴力団組員に刺された鹿児島市の暴力団追放運動団体会長妹尾博隆さん(66)が損害賠償を求めた訴訟で、犯行を指示したとされる山口組系松同組組長の松下光生被告(50)が和解を求めていた。9日分かった。請求通り約110万円を支払うとしている。刑事裁判で松下被告は昨年10月、鹿児島地裁で懲役6年の判決を受けたが、検察側が控訴。妹尾さんは「訴訟目的は金ではない」と弁護士と協議する構え。

11鹿児島の暴追問題が解決 事務所差し止め訴訟終結で:2009/02/18(水) 14:50:20
鹿児島市で指定暴力団山口組系松同組事務所の周辺住民119人が、松下光生組長(50)に事務所の使用差し止めを求めた訴訟の口頭弁論が18日、鹿児島地裁(小田幸生裁判長)であり、住民側が請求を放棄、訴訟が終結した。これにより、暴力団追放団体代表の妹尾博隆さん(66)が、立ち退き運動中に刺された事件をきっかけに起こされた3件の訴訟はすべて終了した。

 組事務所の入るビルと土地が暴力団に無関係の不動産会社に売却されたことから、住民側が慰謝料を求めた訴訟については、昨年12月に取り下げ。事件を指示したとされる松下組長に対し、妹尾さんが損害賠償を求めた訴訟も、今月17日に請求放棄で終結した。

12県議会暴追条例を政策提言:2009/03/26(木) 13:22:46
組事務所不動産契約後の解除など
 県議会は25日、伊藤知事に対して暴力団追放に関する条例の制定を求めて政策提言した。不動産の売買契約後に暴力団事務所として使用されていることが判明した場合、契約を解除できる条文などを盛り込むように求めている。

 鹿児島市西千石町で2007年10月に起きた暴力団追放運動リーダー刺傷事件では、競売に出されていたビルを山口組系松同組が購入し、組事務所として使用したことが発端となった。県宅地建物取引業協会は、購入者が暴力団関係者だと把握していなかった。

 この経緯を受け、県議会の政策立案推進検討委員会(吉野正二郎委員長)は具体的な暴力団追放の施策を規定した条例制定が必要と判断した。制定を目指す条例では、県と県警が暴力団から県民を守る意思を表明し、県民や事業者にも暴力団に資金提供しないよう求める規定を盛り込む。このほか不動産所有者が条例違反した場合には名前を公表するなどの罰則を設けるほか、暴力団事務所の撤去、買い取り費用などに充てるための基金創設も視野に入れている。

 検討委は周知期間を見込んで2010年4月からの施行が望ましいとしており、伊藤知事も条例化に前向きな姿勢を示している。県議会によると、暴力団追放に関する条例は福岡県久留米市や東京都豊島区などで施行されているという。

(2009年3月26日 読売新聞)

13公正証書原本不実記録:容疑など、暴力団幹部を逮捕:2009/05/27(水) 04:42:33
 県警組織犯罪対策課や鹿屋署などは25日、大崎町菱田、指定暴力団小桜一家系幹部、地所隆二容疑者(54)を電磁的公正証書原本不実記録・供与の教唆の疑いで逮捕した。「間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、地所容疑者は1月上旬、鹿屋市と志布志市の知人2人に錦江町の暴力団関係先へ転居したように装って虚偽の住民異動届を町役場に出すよう教唆した、とされる。

 2人は、1月中旬に虚偽の届けを出したとして同記録・同供与容疑で逮捕された9人のうちの2人。今月19日、同罪で略式起訴され、罰金15万円の略式命令が出た。

14暴追会長刺傷 7月23日判決 高裁宮崎:2009/06/26(金) 14:06:39
 鹿児島市の暴力追放団体会長刺傷事件で、犯行を指示したとして傷害罪などに問われ、一審鹿児島地裁で、懲役6年(求刑懲役10年)の実刑判決を言い渡された指定暴力団山口組系組長松下光生被告(51)=鹿児島市西千石町=の控訴審公判が25日、福岡高裁宮崎支部(竹田隆裁判長)であり、検察側は量刑不当、弁護側は控訴棄却をそれぞれ訴え、結審した。判決は7月23日。

 この日は、検察側証人として被害者の暴追団体会長、妹尾博隆さん(66)が証言台に立ち「一審判決では、卑劣な犯行と言ってもらったが、事件への認識は十分でなかった。求刑通りの刑を」と陳述した。

 一審判決によると、松下被告は組員らと共謀し、2007年10月19日朝、鹿児島市西千石町の路上で、妹尾さんの尻を果物ナイフで刺し、2週間のけがを負わせた。

15虚偽の住民異動届提出:被告に懲役8月−地裁判決:2009/07/04(土) 23:02:41
 虚偽の住民異動届を提出したとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の罪に問われた鹿屋市西原2、指定暴力団小桜一家系幹部、大窪正人被告(50)に対し、鹿児島地裁(加藤陽裁判官)は3日、懲役8月(求刑・同1年)の判決を言い渡した。

 判決によると、大窪被告は、錦江町議選(4月)に立候補予定の知人に投票しようと1月14日、錦江町役場に虚偽の異動届を提出。また、組員らにも指示し、9人が虚偽の手続きをした。加藤裁判官は「選挙制度の趣旨を害する悪質な犯行」と非難。同罪に問われた鹿屋市寿3、組幹部、池畑忠文被告(34)へは求刑通り、罰金15万円を言い渡した。

16ビニールハウス3棟で大麻栽培容疑、組員ら3人逮捕:2009/07/06(月) 06:52:40
 鹿児島市の山奥のビニールハウスで大麻草を大量栽培していたとして、鹿児島県警は5日、山口組系暴力団組員で鶏肉販売店経営の深川敏幸容疑者(34)=鹿児島市=ら3人を大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕し、発表した。末端価格は1億円以上とみられ、県警幹部は「これほど大がかりな栽培は全国的にも珍しい」と話している。

 組織犯罪対策課の発表によると、3人は共謀し、同市下福元町のビニールハウス3棟で数百本の大麻草を栽培した疑いがある。

 ハウスは人里から約1.5キロ離れた森を切り開いた山中にぽつんとあり、5分近くぬかるんだ山道を歩かなければたどりつかない。長さ約30メートルのハウス2棟と約15メートルの1棟の中に、高さ1〜2メートルの大麻草が生い茂っているという。入り口から見えやすいところには、カムフラージュのため野菜を植えていた。

 1人は営利目的を否認しているというが、県警は暴力団の資金源になっていた可能性が高いとみている。

17暴力団追放運動リーダー刺傷、組長に懲役7年6月:2009/07/23(木) 18:18:49
 鹿児島市で2007年10月に起きた暴力団追放運動リーダー刺傷事件で、傷害罪などに問われた主犯格の同市西千石町、指定暴力団山口組系組長松下光生被告(51)の控訴審判決が23日、福岡高裁宮崎支部であった。


 竹田隆裁判長は「暴力団特有の思考に基づく許容しがたい反社会的で卑劣かつ悪質な犯行。松下被告は首謀者であり、原判決の量刑は軽過ぎる」として、懲役6年(求刑・懲役10年)を言い渡した1審・鹿児島地裁判決を破棄し、懲役7年6月の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、松下被告は組員らと共謀し、07年10月19日、暴追運動を進めている同町の妹尾(せお)博隆さん(66)の自宅前で、妹尾さんの尻をナイフで刺し、約2週間のけがを負わせた。

 松下被告の弁護人は「上告する方向で検討したい」としている。

18ハウス大麻栽培譲り受け容疑 組幹部ら逮捕:2009/09/25(金) 22:53:39
鹿児島市内の山林で暴力団組員らがビニールハウスで大麻草を栽培していた事件で、県警は24日、乾燥大麻を譲り受けたとして、住所不定の4代目小桜一家系暴力団幹部武宏紀(37)と同市照国町、土木業國生義廣(35)の両容疑者を大麻取締法違反(譲り受け)の疑いで逮捕したと発表した。

 発表によると、武容疑者は7月4日、同市内で山口組系暴力団幹部深川敏幸被告(34)(鹿児島市武岡5)=大麻取締法違反(所持・営利目的所持)で起訴=から乾燥大麻200グラムを数十万円で譲り受けた疑い。國生容疑者は、武容疑者が購入した乾燥大麻200グラムを数十万円で譲り受けた疑い。2人とも容疑を認めているという。

19ハウス大麻事件、裁判員対象に=麻薬特例法に訴因変更:2009/10/21(水) 02:56:50
鹿児島市のビニールハウスで大麻草が大量栽培された事件で、鹿児島地検は20日、大麻取締法違反(営利目的所持)罪で起訴した暴力団組員ら4人について、麻薬特例法違反(業としての栽培、譲り渡し)に訴因変更したと発表した。罰則に無期懲役があり、裁判員裁判の対象となる。変更は19日付。
 江藤靖典次席検事は「規模などから、被告らが継続して栽培や譲り渡しをしていたことが分かった」と説明した。

20恐喝:元警部に懲役1年10月 地裁が実刑判決:2009/10/27(火) 21:35:25
 暴力団関係者らと共謀して街頭宣伝活動をし、現金を脅し取ったとして恐喝の罪に問われた元県警警部、坂元五男被告(62)の判決公判が26日、鹿児島地裁(平島正道裁判官)であり、懲役1年10月(求刑・同3年)の実刑判決を言い渡した。

 坂元被告は01年2月まで、名瀬署(現・奄美署)の警備課長。平島裁判官は「長年、警察官として勤務した経歴の持ち主とは思えないほど卑劣。主犯格と評価できる」とした。

 判決によると、坂元被告らは08年9月17〜25日、多数回にわたり、薩摩川内市の男性(当時69歳)宅近くで、街宣車の拡声器を使って男性を誹謗(ひぼう)中傷した。さらに、同26日午後1時ごろ、男性に対し「200万払って終わりにしよう。早くしないと大事になるぞ」などと金銭を要求し、200万円を受け取った。

21自動車販売会社発砲:暴力団員、容疑でを逮捕−鹿児島南署:2009/11/27(金) 23:28:58
 05年2月、鹿児島市の自動車販売会社に銃弾が撃ち込まれた事件で、鹿児島南署などは26日、住所不定、山口組系暴力団組員、太信容疑者(34)を器物損壊と銃刀法違反(所持)容疑で逮捕した。同署によると、太容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認。銃も見つかっていない。

 また、住所不定、無職の男性(36)も事件に関与したとみて任意で事情を聞いているという。

 事件は05年2月28日午前1時ごろ、同市東開町の47歳男性が経営する自動車販売会社の事務所で発生。壁や天井など数カ所に、散弾銃の弾のようなものが撃ち込まれたとされる。

22県外暴力団進出に警戒 事務所開設の動き:2010/01/06(水) 14:45:59
 鹿児島県警が県外暴力団の組事務所開設に警戒を強めている。県警によると、鹿児島市荒田地区のマンション一室が組事務所として使用されていることが発覚、県警が幹部らを逮捕することで撤退に追い込んだ例もあった。組員ではない第三者が不動産契約を結んだり、参加に特別な資格が不要な不動産競売に入り込んで物件を落札するなど手口が巧妙化しており、県警組織犯罪対策課は「不審と感じたら県警に積極的に情報提供してほしい」と呼び掛けている。

23310万円窃盗 高校生と暴力団員逮捕:2010/02/25(木) 09:20:58
 肝付町で昨年10月、すれ違いざまに現金約310万円入りのバッグがひったくられた事件で、県警は24日までに、鹿児島市松原町の定時制高校生、東裕己容疑者(20)と同市宇宿3丁目の4代目小桜一家系組幹部、福元善隆容疑者(31)を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。東容疑者は容疑を認めているが、福元容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。
 肝付署などの発表によると、2人は共謀し、昨年10月29日午後0時35分ごろ、同町新富の空き地で、同町の無職男性(72)の現金310万円が入った手提げバッグをひったくった疑いがある。両容疑者は知人同士で、東容疑者が実行犯とみられている。2人とも男性とは面識がないというが、同署は男性が多額の現金を持ち歩いていたことを知っていたとみている。
 県警は同日、鹿児島市南林寺の組事務所と福元容疑者の自宅を家宅捜索し、自動車や預金通帳など14点を押収した。

24指定暴力団:小桜一家を7回目の指定へ 意見聴取欠席:2010/05/19(水) 18:23:42
 県公安委員会は18日、暴力団対策法に基づき、四代目小桜一家(鹿児島市)を指定暴力団に再指定するための意見聴取を、同市鴨池新町の県警本部で開いた。小桜一家側が正当な理由がないまま欠席したため、現在の期限が切れる7月26日までに7回目の指定をする。指定期間は3年間。

 県警組織犯罪対策課によると、四代目小桜一家は構成員約100人。準構成員約200人。92年に第1回の指定がされた。

25拳銃所持:容疑で暴力団組長ら逮捕−県警:2010/10/18(月) 15:59:09
県警組織犯罪対策課などは14日までに、鹿児島市南林寺町、指定暴力団四代目小桜一家・三代目鶴勝組組長、鶴之園道吉容疑者(51)を銃刀法違反(拳銃所持)容疑で逮捕。同市長田町、会社員、上田宗儀容疑者(45)を同容疑で現行犯逮捕した。

 2人の容疑は、6日午前11時20分ごろ、鹿児島市内の資材置き場で回転式拳銃2丁と実弾37個を所持した、とされる。鶴之園容疑者は「身に覚えがない」と否認し、上田容疑者は容疑を認めている。

 県警によると、上田容疑者が拳銃を持っているという情報から、県内十数カ所を家宅捜索し、隠してあった拳銃と実弾を見つけた。

26名無しさん:2011/05/01(日) 07:06:16
鹿児島市常磐町で一般人を射殺したのはどこの組の奴だ?

27名無しさん:2013/06/26(水) 16:30:41
それはただの司法書士のおっさん!恋愛のもつれだわ!

28名無しさん:2013/07/05(金) 23:15:36
地元は京都の性病持ちゆりです。まんこが黒く、クラミジアに感染しておりとても匂います。うざい援豚ですので相手しないようにしましょう。

mixi名はゆりりん 姓シルバニア 名院長 です。

ひっぷ://p2.ms/5o2i3

29名無しさん:2013/07/06(土) 11:37:11
地元は京都の性病持ちゆりです。まんこが黒く、クラミジアに感染しておりとても匂います。うざい援豚ですので相手しないようにしましょう。

mixi名はゆりりん 姓シルバニア 名院長 です。

ひっぷ://p2.ms/5o2i3

30名無しさん:2013/08/03(土) 18:37:23
京都の性病持ち援豚ゆりですww

まんこが鬼臭いのでご注意を

mixiのゆー@若旦那さん、GTとも様さん、いびさんから飛べるよ

ttp://p2.ms/3uozl


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)



■ したらば のおすすめアイテム ■

俺の後輩がこんなに可愛いわけがない(1)特装版

黒猫たんが可愛くないはずないっ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


read.cgi 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa