したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

大規模イベントスレ

1 「鍵を持つ者」 :2013/07/06(土) 23:19:04 ID:???
おう、大規模イベントしろよ

686 とある世界の冒険者 :2014/08/03(日) 23:28:16 ID:i8EF.n4Q
「……もぅ、せっかく挑発してるのに気づいてないし……!」
大胆な格好にも気づいた様子が無い少年に、頬を膨らませる娘。

「レビッツ君、ちょっと休んだらー?
 せっかく夏なんだし、休暇でもとろうよ、ね?」

687 とある世界の冒険者 :2014/08/03(日) 23:29:28 ID:ZuMi3ErY
「ちょーはつー……?ティティスの紙そんな長くないだろー?」
ころーん、とだれたままで、そういう意味ではない。

「んー……そうだなぁ、休んで……
 ティティスと一緒に海とか行きたいなぁ」

688 とある世界の冒険者 :2014/08/03(日) 23:41:05 ID:i8EF.n4Q
「……もう、レビッツ君のばーか……!」
そう言うと、ひらりとバスタオルが捲れて足元に……。
娘の裸体が露に……とはならず、下に水着を着込んでいたり。

「じゃーん、似合ってるかな?
 私も海とか行きたいなー、って思って、水着買ってきたんだよ。」

689 とある世界の冒険者 :2014/08/03(日) 23:46:44 ID:ZuMi3ErY
「んー……?」
ここでまた寝返りを打って、ティティスの方を見て……、

「っ……! わ、ティティス、すっげーかわいい……!」
ばっ、と起き上がって眼を輝かせる。

690 とある世界の冒険者 :2014/08/03(日) 23:52:19 ID:i8EF.n4Q
「ふふ、可愛い?
 流石私、似合ってるよねー?」
ちなみに水着は白のビキニ。
自信満々な発言だが、実際かなり魅力的な水着姿である。

691 とある世界の冒険者 :2014/08/03(日) 23:57:17 ID:ZuMi3ErY
「うんっ、すげー似合ってるっ……!」
なんて言って飛び上がってティティスを抱きしめたりして。

「っていうか、絶対海行こうっ、エイミィとかシィナも誘ってっ……!
 あ、でもティティスと二人だけで行くのもっ!」

疲れた様子はどこへやら、興奮した様子である。

692 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 00:05:18 ID:jGMOZm6g
「きゃっ♪」
急に抱きしめられて一瞬びっくりするものの、
尻尾を少年の身体に巻きつけてきたりしてまんざらでもない様子。

「んー、それじゃみんなでいこっか。
 ……あ、でも1日くらいは二人っきりで過すのもいいかもねー。」

693 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 00:06:37 ID:pHwSO9q.
「あー、もうティティス可愛いなぁーっ」
ぎゅー、と抱きしめてそのままベッドの方に倒れこむ。
ご満悦な様子だ。

「そーだなぁ……んー、でもどこの海が良いんだろ、
 俺結局まだチリ詳しくないしなぁ、この辺り」

694 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 00:19:22 ID:jGMOZm6g
「……きゃっ、レビッツ君ダメだって……♪」
悪戯っぽい笑みを浮かべたまま、ベッドに押し倒される。

「その辺は私に任せて。
 ……いい感じのビーチを抑えておくから!」

695 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 00:22:53 ID:pHwSO9q.
「んー、じゃあイチャイチャするだけー」
抱きついたままごろーん、とベッドに転がる……。

「おお……!
 じゃあティティスに任せるっ!」

696 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 00:26:13 ID:jGMOZm6g
「ほんとにそれだけー……?」
とか言いながら、少年に抱きつき返す。
……この蒸し暑い中、さらに暑苦しいことに。

「……じゃ、決まりだね。ちゃんと休暇とっておくように!」

697 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 00:28:03 ID:pHwSO9q.
「う……やーめーろーよー、
 そういう事すると襲っちゃうんだからなー」
むー、と顔を赤くしながら手を少しばたばた……

「ん、ジャキさんに相談してみるっ」

698 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 00:31:41 ID:jGMOZm6g
「……ふーん?
 やってみればー……?」
とか言いながら、ちょっと挑発的な笑みを浮かべる……。
そして、少年に抱きついたまま身体をすり合わせてきたり……。

699 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 00:32:37 ID:pHwSO9q.
「ぅ……むーっ……!」
「ていっ」

身体をすりあわせて来たティティスをベッドに組み敷いて覆い被さるように、
……逃げられなくなってしまった。

700 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 00:39:54 ID:jGMOZm6g
「んー、もう。しょうがないなぁレビッツ君は……。」
そういいながら、少年に身体を投げ出し……

〜数時間後〜
「……んー、一杯汗かいちゃった……。
 もう一回シャワー浴びてこないとなー。」
熱帯夜の中、いろいろと燃え上がっていたようである。

701 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 00:41:04 ID:pHwSO9q.
〜 すうじかんご 〜

「はふ……あー、……やっぱ海いきたーい……」

この熱さで少年も早めにダウン、くてー、と寝転がっている。

702 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 00:48:17 ID:jGMOZm6g
「でも、大分涼しくなってきたね。」
夜も更けてくれば、外も多少は涼しげになってくる。

「お腹もすいてきちゃったかも。
 シャワー浴びてる間に何か夜食でも作ってよ、レビッツ君。」
と、相変わらず少年をこき使う娘であった。

703 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 00:50:14 ID:pHwSO9q.
「風入ってきたからなー……はふ」
そう言えば、カーテンも窓も開けっ放しだ……、
隣の部屋や、寮監ちびっこ先生がまた聞いていたかもしれない……。

「んー……パスタとかでいいー?」
のそのそ、と起き上がりながら。
これでも料理は上手なのだ。

704 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 00:57:18 ID:jGMOZm6g
「ん、お任せするね♪」
と、言い残して再びシャワーを浴びに。

「あー……買ったばかりなのにドロドロになっちゃった……。」
新品のビキニがいろいろなもので汚れてしまった様子。
脱衣所から悲しげな声が聞こえてくるのであった。

705 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 00:59:14 ID:pHwSO9q.
「はーい……」
のそのそー、と立って厨房の方へ……。

「海行く前に、俺新しいもっとえっちで可愛いの買ってやるよー」
と、聞こえてきた声にパスタを茹でながらそんなふうに。

706 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 01:04:38 ID:jGMOZm6g
「……えー、あんまりえっちなのは恥ずかしいなぁ……。」
どの口が言うのやら……。

「……それに、派手すぎると他の男が寄ってくるかも。
 レビッツ君、ちゃんと守ってね♪」
とかなんとか調子の良い事を言いながら、再びシャワーを浴び始める。

707 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 01:07:05 ID:pHwSO9q.
「えー、なんかいったー、きこえなーい」
これである。

「ふーんだ、俺その辺の奴よりは強いもーんっ」
なんて言いながらパスタのソースをかる〜く作りつつ、シャワー室の方をちらちら……。

708 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 01:10:47 ID:jGMOZm6g
「パスタできたー?
 なんかもうお腹ぺこぺこ〜。」
しばらくすると、シャワーを浴び終えて娘が帰ってくる。
バスタオル一枚ではないが、今度はワイシャツ一枚である……。

709 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 01:11:44 ID:pHwSO9q.
「……ティティスってさー、絶対襲われたがってるよなー?」

ワイシャツ一枚を見て、テーブルにお皿を置きながら、
誘っているとしか思えない。

710 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 01:16:27 ID:jGMOZm6g
「ふふー……。
 ……一体何の話かな?
 わー、美味しそう、流石レビッツ君!」
少年の言葉をはぐらかすと、さっそくパスタに飛びつく。

711 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 01:17:38 ID:pHwSO9q.
「わーざとらしー」
むー、と表情をいじわるっぽくして。

「暑いとちゃんとしたの作るきなくなるよなー……」

712 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 01:26:34 ID:jGMOZm6g
「こうやってレビッツ君からかうの面白いんだもん。
 ……レビッツ君とアレするのも楽しいし……。」
と、淫乱な発言をするが、やはりちょっと恥ずかしいのか顔が赤い。

「んー、でも美味しいよ、レビッツ君!」
適当に作ったものでも、猫娘には好評の様だ。

713 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 01:28:01 ID:pHwSO9q.
「むー……からかうって……
 可愛いからいいけどさー。」
自分もパスタを食べながらちょびっと不満気。

「へへー、……あー、海行くときはお弁当とかかなー、……」

714 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 01:39:16 ID:jGMOZm6g
「可愛い?
 そうかなぁ照れるなぁ〜。」
そういう言葉には敏感に反応するのであった。

「お弁当!いいねー、楽しみ!」

715 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 01:41:38 ID:pHwSO9q.
「うん、可愛い可愛い、ティティスは可愛いっ」
こっちも何故かノリノリ、ご飯中なので抱きついたりはしないが。

「後はあっちで肉焼いてーとか……うんっ、
 楽しそうだなぁ、海……!」

と、その内行く場所に思いを馳せるのであった。

716 とある世界の冒険者 :2014/08/04(月) 01:46:34 ID:jGMOZm6g
「はいはい、分かってますよー♪」
と、少年がのってくると適当にはぐらかす。

「……さてと……そろそろ寝ようかな。
 ……レビッツ君、一緒に寝るー?」
そういいつつ、ベッドへと。

717 とある世界の冒険者 :2017/01/28(土) 22:16:58 ID:AxgpjheY
【王国王都 避難所】

比較的被害の少なかった街中の一角にある公営の講堂。そこは現在、被害を免れた民間人が集う避難所となっていた。
被害を免れたとは言っても、運良く生き延びた、という意味だ。全くの無傷の者は少ない。軽重の差はあれど、ほとんどの人々が傷を負っていた。
そんな避難所の救護所にて、熱心に怪我人を世話する桜色の髪の女性がいた。

718 とある世界の冒険者 :2017/01/28(土) 22:35:22 ID:4i4Yw.42
>>717
あたりの人に話しかける。
黒ずくめの服装は警戒されるに十分だった。それでもシャキンは入念に聞きまわった。

――「それなら、あの人だよ」

そのうちの一人の子供が桜色の髪の女性に指を指す

シャキンは少し驚いた。後姿が似ている様に見える。実はもしかした似ていないのかもしれない。
それでも、あの人だと思いゆっくりと近づく。

足取りは重い

この様な事は何度も行ったのに、何故こんなに重いのか

――受け入れたくないのだろう。

冷静な自分が呟く

――彼女が死んだ事を

――これは悪夢であり、彼女はあの時見た恋人と仲良く暮らしているのだろう

――だが、もしこれをトリッシュさんに伝えたら……

――恐らく、これが現実であると認識しなければならないのだろう

女性の前に立った

「すみません。貴方がトリッシュさんですか?」

中肉中背の、悲壮そうな、何処にでもいそうな顔付きの男性が話し掛けてきた。

「私はシャキンと言うものです。少しだけお話してもよろしいでしょうか?」

シャキンは声を出すのが辛そうにそう告げた

719 とある世界の冒険者 :2017/01/28(土) 22:52:52 ID:AxgpjheY
>>718
「はい……?」
かけられた声に振り向いた顔は、“彼女”とはあまり似ていなかった。
髪と瞳の色こそ同じなものの、外見からはそれ以外に共通点を見出だせそうにない。
本当に彼女が“彼女”の実妹なのか疑わしくなってくる。

「ええ、私がトリッシュですが。お話とは?」
が、彼女は確かにトリッシュだと名乗った。
やや訝し気な表情は、避難所で見た覚えのない顔だからだろう。

720 とある世界の冒険者 :2017/01/28(土) 23:19:36 ID:4i4Yw.42
>>717

髪と瞳の色こそ同じなものの、外見からはそれ以外に共通点を見出だせそうになかった。

当然と言えば当然だ。人それぞれである様に、家族もまた様々なのだ

「……騎士 リグレット・フォーマルハウトについてご存知でしょうか?」

確認の為の作業。割り切れない作業。

手には銃器。
その銃口は上を向き、弾が込められていない。
安全装置も掛けられている。
そしてピンとはった背筋。
服装こそ黒ずくめの私服だが、その雰囲気から彼が軍属であり、また発音の訛りから彼が帝国の方面から来たことが容易解る。
しかし、この事態のせいか、何処か疲れ切っている。

「知っていれば、如何いうご関係かを教えてください」
ゆっくりと丁寧に、そして紳士的に話そうとしている。しかし、所々で何処か悲しみを持っている
そんな話し方

訝しげな表情から目線を外し、そして頭を下げる

耐えれなかった。あの表情から。
そして恐らく告げればどうなるか、安易に予想が付いてしまう

見れなかったのだ、彼女の瞳を。

721 とある世界の冒険者 :2017/01/28(土) 23:35:33 ID:AxgpjheY
>>720
シャキンの口からリグレットの名が出た瞬間、眼に僅かに動揺の色が見えた。

「…………私の姉です。姉さんに、何かあったんでしょうか?」
が、それも一瞬のこと。平静を保ち、逆に問い掛ける。
あかぎれのできた白い手は、何かを堪えるように固く組まれていた。

722 とある世界の冒険者 :2017/01/28(土) 23:56:50 ID:4i4Yw.42
>>717

「……騎士 リグレット・フォーマルハウトは……」

呼吸が乱れ、息が出来ないのではと感じれる。

服の内ポケットから大切そうに包みを取り出した。

堤は羊皮紙で大事そうに包装されている。
包みを渡すその手は震えており、まるで渡すのを拒絶しているよう――いや、怖がっているように見える。

其れを彼女の差しだすと同時に彼女の手首を握り、そしてそれを優しくそして力強く持たせようとしている。

ガチャリと銃が地面に倒れた

「……騎士 リグレット・フォーマルハウトは……この度の事件にて……獣と交戦し市民を守るために……し、全力を持って市民を護るも……て、敵の病にかかり……」
泣いていた。耐え切れなかったのだ、彼女がこの世に居ない事に
本当に言わなければならない事がある。本当は彼女は大型の獣になった事・そしてそれを打倒したのは我々である事

だが、それらは言えなかった。出来なかったのだ。

其処まで強くなれない、強くなる事が出来ない。

未熟だった

「戦死いたしました……」

声を殺して、只々泣いていた。辛く受け入れる事が出来なかった現実が押し寄せてきた。
それらは津波となってシャキンに押し寄せ、理性という名の感情が流され死んでしまった。

そうなれば、もう後は純粋な感情しかなかった。

723 とある世界の冒険者 :2017/01/29(日) 00:06:16 ID:MzsIcz/Q
>>722
「……………………そう、ですか」
長い沈黙の後、絞り出すような声を漏らし、包みを受け取った。
沈痛な表情だった。諦めかけていたものに改めて止めを刺されたかのような、寂寥感と悲哀に満ちた、そういう表情だ。

「……姉は……姉の最期は、立派でしたでしょうか?」
それでも、涙一つ見せることはなかった。半分しか血縁がないとはいえリグレットの実妹であり、王国が誇る騎士の名門の娘である。
彼女にもまた、フォーマルハウト家の“強さ”は息づいている。

724 とある世界の冒険者 :2017/01/29(日) 00:34:39 ID:89CK1S.g
>>723
其れとは対照的に、泣いていたシャキン。

袖で涙を拭い、そしてトリッシュの顔を見つめる

「彼女は……彼女は……」
二呼吸置いて、息を整える

――大型の獣となり、我々を襲いました。

言えない。いや、死体を見れば一目瞭然だろう。

リグレットの炎獣の死体をみれば、何が起きたか。どの様な事があったのか嫌でも分かる

でも言えなかった。

「立派でした」
ほんの少しだけ笑っていたのだと思う。なぜ笑っていたのか分からない

でもそれは多分、これから言う嘘への、自分自身への軽蔑等から来ているのだろう

「市民を護り、戦う姿は神々しく、最期まで勇猛果敢で、それでいて……それでいて」

再び呼吸を整え空気を飲む。

「最期は人として全うに戦い終えました」
もう一度裾で、涙を拭く

「この度の病は死体が変異し感染源となると判断したため、その場にて放棄しました」
申し訳ありませんと頭を下げる

全ては妄想と嘘である。彼女が如何にして獣になったのか、分からない。もしかしたら最初から獣となって市民を襲っていたのかもしれない

それでも、言えなかった。

これは真実への冒涜なのかもしれない。大罪なのかもしれない。

それでもシャキンはこの大罪を背負う事にした。騎士リグレットへの思いと尊敬をこめて

「すこしだけ、独り言を呟いてもよろしいでしょうか……」

725 とある世界の冒険者 :2017/01/30(月) 22:12:04 ID:khaO83lY
>>724
「そうですか……なら、悔いは無いでしょう」
騎士として民を守って生き、騎士として民を庇って死ぬ。そうできたなら、姉も本望であったろう、と彼女は思う。
残酷な真実を知り得ない彼女は、優しい嘘を鵜呑みにする。それが幸か不幸かは、今はまだわからない。

「これで、フォーマルハウト家は私だけになってしまいましたね……」
父トライシオンは数年前に現役を退き、騎士養成学校で教鞭をとり後進の育成に努めていたものの、此度の争乱の始まりに民を守って戦死した。
そんな父の後妻である彼女の実母は、彼女が幼い頃に流行り病で亡くなっている。そして今回、リグレットもまた彼岸へと旅立った。
王国の誉れとまで言われた名門の命脈は、途絶えようとしていた。

「えぇ……聞かせて下さい」
そう言って彼女は、独り言に聞かせて下さいって変ですね、とぎこちなく笑った。

726 とある世界の冒険者 :2017/01/30(月) 22:48:28 ID:gAsZrCrs
>>723

「私は彼女が、リグレット。リグレット・フォーマルハウトが好きでした」
告白だった

「騎士として人間として生き様として、好きでした」
それは嘘偽りのない言葉で

「それはただの一目ぼれでした」
そして純粋な気持ちだった

「私は、帝国の、帝国軍の人間です。卑しい身分の私は、幾ら友好国の、それも騎士に恋する資格などありません」
あの頃の自分は、若くて幼くて

「それでも私は、彼女が好きでした」
でも、それでも這い上がれると信じていた

「私と彼女の関係は親友でも友人でも有りません。知人、いや、ただただ面識があっただけなのかもしれません」
勝算の無い賭けであった

「それでも、それでも彼女が好きでした」
騎士と只の一兵卒は似合わない。おとぎ話のような奇跡を信じていた

「実は彼女に告白しようとしました。ですが日、隣に男と歩いている姿を目撃して、その男は眩しくて、お似合いだと感じて」
でも実際は違った。フィクションはフィクションだと

「彼女を幸せにする人間はあぁ言う人間だと思って」
でもそれで良かった。彼女が幸せならそれで

「それがこんな事になるだなんて」
悔しそうに、本当に悔しそうに唇をかみしめる。
それは、彼女を護れなかったという崇高な意思ではない
彼女が幸せな家庭を持てなかった事による悔しみだった。



「……以上です。すみません長々と……」
頭を下げてそう言う。
そしてゆっくりと頭をあげてトリッシュを見つめる

「……私には」

「私には、貴族の、いえ騎士の世界というのは解りません。ですが、ですがもしこの戦いが終わって、貴方さえよければ……」

「微力ながら、フォーマルハウト家の復興を手伝わさせてください」
声が震えていた
贖罪なのかもしれない。トリッシュに嘘を付いた事への
いや、自分自身への生きる目的が欲しかったのかもしれない。
それは自分自身分かっていない様々な複雑な感情。
でも、嘘では無い。何処か綺麗な気持ちだった


もしかしたら気持ち悪いと思われたかもしれない。でもそれでいい

悔いはもうないのだから

727 とある世界の冒険者 :2017/01/30(月) 23:16:32 ID:khaO83lY
>>726
「……姉は人気者ですね、本当に」
シャキンの“独り言”が終わると、そう言ってクスりと笑う。
老若男女問わず、リグレットを慕う人は多かった。にも関わらず、いつまでたっても独り身でいた姉を心配して父が頻りに見合いを勧めていたが、ついぞ誰かと結ばれることはなかった。
その理由を彼女は知らない。ただ、もしかするともう心に決めた人がいたのではないか、今はそう思う。

「シャキンさん……でしたか? お気持ちは、ありがたく受け取っておきます。そう言って頂けるのは私個人としても、フォーマルハウトの息女としても喜ばしいです」
自分一人となった今、フォーマルハウトを建て直すことは難しい。騎士の家に産まれた者としての最低限の教育は受けているが、実務には全く携わったことなかった。
王都がこの有り様では王家の支援を受けることも不可能だろうし、フォーマルハウト家も味方ばかりではないのだ。
余計な恨みもやっかみも買っている。フォーマルハウトが再興するとなれば、嬉々として妨害を行う者も多い。

「……ですが、今は身を守ることと、ここの人達を看病するのに精一杯で、落ち着いた後のことは考えていられません」
再興には、そういった数々の困難が予想される。現状では、そんな困難を切り開いてゆく戦いの未来を見据えることができない程度には、彼女も憔悴していた。

728 とある世界の冒険者 :2017/01/30(月) 23:42:35 ID:gAsZrCrs
>>727
「えぇ、本当に人気者ですよ……彼女は」

ふっと、悲しみからほんの少しだけ晴れた様な笑顔を見せる
それは安らかな笑みだった。本当に彼女の事が好きだったのだろう。

「えぇ、知っております。ゆっくり、ゆっくりと考えてください」
トリッシュは此れから、この場所で数多くの人間の生死を見てしまうだろう。
もしかしたらもう見ているのかもしれない。でも其れを支える人間はもういない。

「でも忘れないで下さい。貴方の為になる事を望む人間が最低でも一人、ここにいる事を」
騎士の精神は分からない。
でも、もし自分がトリッシュと同じ立場だったら、同じ境遇だったら……?
恐らく自殺してしまうだろう。現に何人もの家族がそう言った事が起きたのも知っている
トリッシュ――彼女は強い人だ

「決して一人では無い事を、孤独では無い事を……」
でもそんな人でも孤独は辛く、哀しい。そして時間は毒になる
その毒は日に日に強くなってしまう

「自棄にならないで下さい」
だから、これは願いだった。死んでほしくなかった。
一人では無い事を、知っていて欲しかった。


「希望を、希望を捨てないで下さい。決して絶望しないで下さい」
野戦病院で最後に聞いた言葉。それはシャキンにも言われた
だからだろうか、半身不随になって、離婚して、治療費の為に借金まみれになっても、生きていたのは

729 とある世界の冒険者 :2017/01/31(火) 00:05:10 ID:N/rU/UpE
>>728
「えぇ……大丈夫です。此処の人達もいますから。父や姉に世話になった、助けられた、そう言って率先して手伝って下さる方も多いんですよ」
誇らし気な微笑みを浮かべながら、それぞれの作業に精を出す避難民達を振り返る。
今でも家族は助けてくれている。父と姉が紡いできた縁が、守ってきた命が、彼女の救いとなって還ってきているのだ。
彼女は一人にはなってしまったが、独りではない。家族の、人々の優しさに包まれている。

「今はまだ……これからどうするのか、結論は出せません。けど、もしも必要になったなら、お力添えをお願いします」
シャキンに向き直り、そう言って深々と頭を下げた。

730 とある世界の冒険者 :2017/01/31(火) 00:27:33 ID:N7RUdWk2
>>729
「それは……よかった」
心からの笑顔だった。
如何やら杞憂だったようだ。流石は騎士――いや、フォーマルハウト家といったところだろうか

――トリッシュは今まさに、父と姉が紡いできた縁が、守ってきた命が、彼女の救いとなって還ってきているのだ。
――彼女は一人にはなってしまったが、独りではない。家族の、人々の優しさに包まれている。

心配はいらなかったようだ

「私で良ければ是非にもお使いください」
シャキンは自身が知っている最大限の敬意の言葉を告げた
敬語や尊敬語。上官への言葉でもなく、貴族へ向ける言葉を、単語を。
無学な自分が出せる言葉の限界でもあった

「では、私は此れで……ご無事を祈っております。貴方に幸運を」

そういって、地面に落とした銃を拾い上げ、土ぼこりを払いトリッシュに敬礼
そして元来た道に、フルークガストカンパニーに帰った。
全ての元凶を
この怪異を解決するべく
仲間をもう二度と失わない為にも


その時、もし誰かがシャキンの顔を見たらこういうかもしれない
――「まるで希望を持って死にに行く死兵のようだと」

731 うさぎ :2017/11/06(月) 21:47:44 ID:a0l8AeZg
tp://ssks.jp/url/?id=1451

732 とある世界の冒険者 :2017/12/21(木) 23:52:59 ID:2j/MaYcI
【クラリーノの村 中央広場】
「……よし、これくらいでいいかな」
少女は住民名簿を書き上げ、それを衛兵に渡してから顔を上げた。

「生存者確認、か……それだけ被害が広がってる、ってことなんだろうな
わざわざこの村まで確認に来るくらいだもんね」
「ちょっとユリ、全然内容埋まってないじゃない! 今まであれだけしっかり書いてたのに」
住民名簿を見つめ、少女へと声をかける小さき姿……御伽噺で描かれるような「まさに妖精」といった姿の妖精。

「あはは、ほんとだ……でも、なんかさ……これくらいしか、書けなくって」
「……そうね、そうよね……」
「いやいや、リミルが気を落とす必要ないって」
「でも、あんたの友人だって、何人も……」
『世界が変わって』から、少女の学友達が何人も『居なくなった』ことは確認できている。
……いや、『居なくなった』だけならまだ良い、未だに見つかっていない友人も居るのだ。

「大丈夫大丈夫、こんなのが生きてるくらいだから、ミティも扇奈も……生きてるって」
住民名簿の隅まで確認をしたが、ミティーア・ミストナック、神宮司扇奈の名前は見つからなかった。
それ以外にも、心当たりのある友の名を探したが、見つかったのは数名のみ。

「(……アリス、メノウちゃん……きっと、どこかで元気にしてるよね……)」
いつの間にか出会えなくなってしまった友の顔を思い浮かべ、少女は空を見上げた。


「で、これからどうするのよ」
「誰かが解決してくれるかなー、なんて思ってたけど……どうしても、心が騒いで仕方がないんだ」
少女は『元凶』については一切情報を得ていない。
だが、彼女の心が何かを察知したのだろうか。
……ドクオ、ネームレス、ジャック……三人共、彼女の古い友人であった。

「(これだけの事が起きたら、きっとみんな駆けつけてくるはず……
それなのに噂すら聞かない、となると……)」
「……何考えてるか知らないけど、そろそろミレイユさんが心配だわ、先に家戻ってるわよ」
妖精がふわふわと空を舞い、少女から離れていく。
それを見送った少女は、もう一度空を見上げる……

「……もう一度あの酒場で、みんなで集まれる日は……来るのかな……」
記憶の奥底に眠る、酒場に集い騒ぎあった日々の光景。
思えばあの酒場が無ければ『今の自分』は居なかったのだから……

733 とある世界の冒険者 :2017/12/22(金) 00:19:23 ID:Vqu8JFjw
【クラリーノの村 入り口】
村の入口に金髪の少年が姿を見せる。
背中には大剣を背負い、体には少し傷も見える。

「……っと、ただいま戻りましたよ僕が」
「あ、ユピルおかえり、どうだった? 森の方とか」
「そもそもあの辺に暮らしてる人なんか居ましたかね……ってくらい、人の姿はなし」
「だよねー……ありがと、お姉ちゃんがご飯作ってくれてるよ」
少年は村の周囲を探索し、生存者を探しているようだが成果はなかったようだ。
少女が少年に声をかけつつ、右手をかざし少年の周りに癒しの風を吹かせる。
小さな傷はスッと回復し、疲れを見せていた少年の表情も少し明るくなる。



「で、ヴァンリー氏やテンペスタス氏は今日もまだヘタったまま、と」
「そうなんだよね、まぁ体調悪い割には趣味に没頭する体力はあるみたいだけど。
最近は供給がないから自家発電するしかないってさ」
少女と少年には共通の友人が居る。世界の力の具現化である存在、『精霊』。
しかし『世界が変わって』から調子を崩しているようであった。
……少女の言うとおり、寝込んでしまうというほどではないようだが。

少女が数枚の紙を取り出し、少年へと見せる。
描かれているのはまさに『幼女』と呼べるほどの幼い姿……
しかし、どこか紙を持つ少女の面影が見え隠れしている。

「……これ、ユリじゃないんすか」
「よく見てみればそうかも……初等部入ったくらいの頃かな」
「ヴァンリー氏が一番好きそうな時期ですね」
「……そうか、もうそんなに前になっちゃうんだね……」

自ら選んで『この姿』になり、二度目の人生を送り始めた。
友と出会い、自らの心の中の力と戦い、大切な人も見つけた。
流れた時間は大切な想い出になり、いつまでも心の中で輝いている。

「……もう一度、時間を巻き戻せれば……あの日に戻ることは出来るのかな」
「ダチに居るじゃないですか時の精霊、頼んでみたらどうっすか」
「いや、禁呪を犯したいってわけじゃないからね?……多分あの人も弱ってるだろうし」
「……それに、仮にユリの時を戻せたとしても、世界は巻き戻ったりは出来ないでしょうしね」
そんな事ができるのは『神』と呼ばれる存在のみであろう。少女もそれは分かっているつもりだった。


「はぁ……そろそろ決めないといけないかな……」
「ん、どうしたんすか、趣味のコスプレもう一回始めるんですか」
「それはしばらく封印、世界が直ったら衣装作成から頑張るよ」
「んじゃ、何か別のことでも決めるんです?」
少年がもう一度首をひねり少女の方を向く。
対して少女は遠くを見つめている……その方角は、王都の中央都市がある方向。


「またお姉ちゃんに心配かけさせちゃうけど、その言い訳を決めようかな、って」

734 とある世界の冒険者 :2017/12/22(金) 00:41:29 ID:Vqu8JFjw
【クラリーノの村 クレファーナ家】
「ただいまー、お姉ちゃん、ご飯できてる?」
「おかえりなさいユリ、ちょうど出来たところだよ」

少女が扉を開けると、そこには少女の姿をさらに成長させ
立ち振舞をたおやかにしたような女性が料理皿を運んでいた。
……やや、胸元が苦しそうなエプロン姿で。


「いただきまーす」
「ごめんね、あんまり大したものが作れなくて」
「いやいや、ご飯が食べられるだけで幸せなんだよ」
菜食を中心としたメニューではあるが、王都では難民が発生するほどの事態だ。
こうして家があり、落ち着いて食事を摂ることができる。
それだけで恵まれた環境にいるのだと少女はスプーンを口元に運びつつ考える。

「…………それでさ、お姉ちゃん」
「どうしたの?」
「……なんだかね、胸騒ぎが止まらなくてさ……そろそろ、行こうかなって思うんだ」
「……そっか、そろそろそう言うかなって思ってたよ」
「あれ、意外と驚いてない」
静かな食卓で会話を交わす二人。
少女の言葉に対して特に大きな反応もせず、ゆっくりと食事を口元へと運ぶ女性。

「ユリが私とゆっくり話す時、だいたいこんな感じだったよ?で、私が止めても夜に出てくもん」
「あ、あはは、おっしゃる通りで……」
バツが悪そうに苦笑いをする少女。今までも何か騒動があれば首を突っ込み、
そして大怪我をして帰ってくる。そんな破天荒な生活を数年間続けていた。

「……私も、何か感じるの、これをそのままにしたら大変なことになるって……
でも、私じゃ止めることは出来ない……私が行っても、力になれないかな、って
……ユリならきっと力になれる、だから、行っておいで」
「お姉ちゃん……」
「大丈夫、村はみんなで守るから……それにミルちゃんも居るしね」

「……ありがとう、それじゃ、そろそろ行ってくるよ」
「あ、待ってユリ、大切なおまじないっ」
少女の頭へ向けて魔術が放たれる。小さな光が少女の周囲をくるくると周り……

「……ツインテールか、最近してなかったかな」
髪が左右で2つに結われる。光はリボンへと形を変え結った髪を可愛らしく飾る。

「やっぱりユリはその髪型が一番だよ」
「ちょっと子供っぽくない?」
「『いつかのあの日』を取り戻しに行くんでしょ?」
「…………そっか、それもそうだね」
姉と妹の間にそれ以上の言葉は要らなかった。姉はとっくに妹の事を分かっていた。
妹は必要以上に姉の事を心配に思う必要もなかった。

735 とある世界の冒険者 :2017/12/22(金) 00:56:00 ID:Vqu8JFjw
【クラリーノの村 入り口】
「ん、ちょっと君、外に出るのかい」
憲兵が少女に声をかける。
少女は王都学校の制服を身にまとい、村の外へと出かけようとしていた

「あー、はい、ちょっと王都まで」
「おいおい、こんな状況で学校なんてやってないよ、危ないから帰ったほうが良い」
「いえ、授業を受けに行くわけじゃないんです、大切なものを取り戻しに」
「忘れ物かい?それなら王都の隊に連絡して取ってきてもらうよ」


「いえ、こればかりは自分で取り戻さないとダメなものなんです


……大切な友人との思い出を取り返すために『世界を救いに行く』ので」
両手を天にかざし、少女の周りに強風が吹き始める!
少女の体は風を纏い、空へと浮かび上がっていく!!

「うおぅ!?な、何者なんだ、君は!!」
吹き荒れる風の中、憲兵は少女に問いかけた。




「ボクは、ユリーム・クレファーナ、ユリって呼んでね!」

そのまま振り返らず、ユリは王都の中心部へと加速していく。
今、街がどうなっているのか、誰が生きているのか、何もかもが分からない。
だが、分からないことを分からないまま、逃げることだけは嫌だった。
自らの目で確かめ、自らの手でこの事態を終わらせる為に。

「……頼むよ、クロ、シロ」

両手に闇と光の魔力を握りしめ、ユリは飛ぶ。

先の見えない世界でも、きっと未来は明るくなると信じて。

そして……『いつかのあの日』を取り返すために。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) Nintendo Switch 対応 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板