したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

テーマは加古川市

1 管理人 :2009/08/28(金) 12:37:02
 ザキンコさんからお便りを頂きました!

「加古川市について語るスレがないので作ってください。
よろしくお願いします。」

 とのことですので、「テーマは加古川市」を立ち上げました!
掲示板や読者の皆さんのレスに対する批判でなく、良識ある意見・情報交換の場として活用していただければ幸いです。
 
 宜しくお願いします。

617 読者 :2017/06/03(土) 11:05:08
「加古川ファーストの会」ですか?
名称にこだわる訳ではありませんが、加古川ファーストだと
高砂、稲美、播磨を置いてきぼりのイメージですね。
「市民ファースト・かこがわ」の方が僕的には良いですが・・・
で、何を目指されるのでしょうか。

618 読者 :2017/06/03(土) 11:43:29
>>>617
結成されたかどうかは知りませんが、福岡議員のFBではそのような発表はされていませんよ。
現在立ち上げに向けての検討中のような感じですが、落合議員との連携ができているようで互いに「よいしょ」。
名称は「(仮)地域政党ー加古川ファースト」で、この夏立ち上げ。
「情報オープン・しがらみフリー」というのが、金看板で「市政改革・議会改革」を目指すとの記述があります。
ただ、まだ改革の具体的な内容が示されていませんし、その他の議員さんや市民への広がりは未知数と思います。
今までの類似団体と違うところは、来年の選挙まではまだ1年もありますから、単に選挙目的の団体にしては早すぎるので
本当に地域政党としての活動をするつもりなのかな。

619 読者 :2017/06/04(日) 17:15:29
加古川・病院汚職事件
「市が検証を」3市議申し入れ

加古川市の地方独立行政法人「加古川市民病院機構」発注の工事を巡る贈収賄事件を受け、同市議会の市議3人(無会派)は岡田康裕市長に対し、市が事件解明と再発防止に向けて取り組むよう求め、5月31日付で申し入れ書を提出した。
申し入れ書では、市が機構の自主性を尊重することに一定の理解を示しながら「機構の最終的な責任は市長にあると考える」とし、「市民への責任として市が積極的に調査や検証をおこなっていくことが必要ではないか」と指摘している。
同事件では、神戸地検が5月22日、同機構職員の熊野真智被告(48)を加重収賄罪で起訴した。

(切貫滋巨)

神戸新聞 東播面 2017年6月3日土曜日

620 読者 :2017/06/04(日) 17:31:30
>>619

この記事では、岡田康裕加古川市長に申し入れをした加古川市議3人の名前がわかりませんね。

621 読者 :2017/06/04(日) 20:08:30
>>620
無会派の加古川市議3人とは、おそらく共産党公認の岸本建樹、高木英里議員と新社会党公認の松崎雅彦議員だと思いますよ。

加古川市役所記者グラブに配慮してかわかりませんが、神戸新聞にはもう少し頑張ってもらいたいものですね。

622 読者 :2017/06/05(月) 23:49:20
6月13日(火)に、平成29年加古川市議会6月定例会が招集される。
「加古川市民病院機構汚職事件」について、各議員がどんな対応をするか注目である。

623 読者 :2017/06/05(月) 23:54:39
独立行政法人とはいっても、加古川市民の血税で運営されている病院なんだから、加古川市長と加古川市議会は厳しくこの問題を追及する必要がある。

624 読者 :2017/06/06(火) 22:12:17
加古川市議会はこの平成29年6月定例会に100条委員会を設置し、「加古川市民病院機構」発注の工事を巡る贈収賄事件について、証人喚問を含む調査をすべきである。

625 読者 :2017/06/08(木) 18:49:27
http://bit.ly/2q4mPE6

626 読者 :2017/06/09(金) 00:58:03
平成24年8月、当時の企画部長が逮捕された加古川市民病院機構を巡る汚職事件直後の8月臨時議会でも、岸本健樹議員ら4名の議員が「100条委員会設置を求める動議」を提案した。

しかし、当時の加古川市議会は、賛成4人、反対24人で否決し、議会としての責任を放棄、市民病院の汚職に対し、極めて甘い態度をとった。

100条委員会設置動議に【賛成】した議員(当時)

岸本建樹、井上津奈夫、 高木英里、 松崎雅彦


100条委員会設置動議に【反対】した議員(当時)

神吉耕藏、吉野晴雄、佐藤守、坂田重隆 、松本裕一、玉川英樹、井上隆司、木谷万里、森田俊和、原田幸廣、中村亮太、掘井健智、村上孝義、名生昭義、畑広次郎、御栗英紀、安田実稔、大西健一、隈元悦子、相良大悟、小林直樹、田中隆男、岩城光彦、末澤正臣

627 読者 :2017/06/10(土) 00:27:01
平成24年第3回加古川市議会(臨時会)議事日程
(第1号)
平成24年8月1日
午前9時32分開会

○議長(中山廣司)御異議なしと認めます。したがって以上のように決定しました。
[「緊急動議」の声あり]
○議長(中山廣司)ただいま岸本議員から緊急動議の声がありました。
岸本議員に緊急動議の説明をお願いいたします。

○(岸本建樹議員)お許しいただきまして緊急動議の提出をいたします。
市民病院の統合・再編に係る汚職容疑事件のことでありますが、議会としても解明の必要上から100条調査委員会の設置を求める緊急動議をいたします。この件について議事に加えていただきたいと思います。お願いいたします。

○議長(中山廣司)ただいま岸本議員から100条調査委員会を設置されるよう動議が提出されました。
お諮りします。本動議に賛成の方の起立を求めます。
[賛成者起立]
○議長(中山廣司)賛成者起立4人。本動議は、会議規則第15条の規定による提案者のほかに3人以上の賛成者がありますので動議は成立しました。したがって本動議を日程に追加し、議題とすることにいたします。

628 読者 :2017/06/10(土) 00:33:18
   ◎日程追加 特別委員会設置を求める動議

○議長(中山廣司)   それでは提案理由の説明を求めます。岸本議員。

○(岸本建樹議員)   緊急動議の提案説明を申し上げます。
 市民病院の統合・再編に係る汚職疑惑事件のことでありますが、この事件で市の職員と契約先のコンサルタントの会社社長が逮捕されております。職員のかかわっている職務が市民病院統合・再編の重要な位置を占めています。事件そのものの全容は司法の調査が進められているところでありますが、事業の運営のことに関しては議会において調査を行う必要があると考えます。6月30日以後、議会で私たちが知ったのは7月の12日の新聞報道からであります。私たちが7月10日に用地取得契約がされた旨通知されたときにも事件の任意聴取がされていることを知らされない状況でありました。事件の内容を知るにつれて、今進められている事業の根幹部分に関係するものが多いことがわかってきました。統合・再編に関し委託先が事件の当事者であり、そのコンサルタントに委託した内容により病院統合・再編の事業が計画され現に推進されています。7月10日に土地建物売買契約が実施されています。また7月20日には新統合病院建設の設計、建設業者を決める入札の参加受付が行われました。事業の計画そのものがこのコンサルタントの計画する案に沿って進められているといった状況です。議会として調査すべきは、なぜ収賄事件となったのか、市とコンサルタント業者との関係はどうであったのか、業者選定の手続はどうなのか、事業の中身が事件関係者とどのように関係しているのか、現在進められている新病院建設に係る事業が当事者であるコンサルタントの企画により進められていることの可否等を調査する100条調査委員会の設置を求めます。以上、私の提案説明といたします。

629 読者 :2017/06/10(土) 00:34:05
○議長(中山廣司)   提案理由の説明は終わりました。
 これより100条調査委員会設置のことについて御意見等承ります。末澤議員。

○(末澤正臣議員)   今、緊急動議として100条調査委員会の設置を求めるものが取り上げられたわけですが、市議会としてこの事件といいますか、今回のことに対してどういう対応をするのかという意味では、何らかの対応が必要という意味では同じ思いを持っています。ただ、進め方において現時点で100条調査委員会を設置するのが適当かどうかということに関しては、私はふさわしくないという意見を持っています。
 その理由といたしましては、今回の病院統合に関する再編に関する汚職事件でありますけれども、その事件そのものは、現在司法の調査を進められ、いずれ公正な処分が下されるものと思います。また、市職員の法例遵守の徹底とか政策決定過程の可視化も含めた今までの意思決定のあり方についても何らかの対応がとられると思います。まず何よりも今岸本議員の話からもありましたが、既にこの事業は着々と進んでいます。これは市民生活に大きく影響するという意味では、この事業自体をとめることは私は基本的にはするべきではないと思っています。しかし、もともと内科の医師不足から端を発して、その対応策として統合・再編というものが提案され市議会においても議論され、問題点を抱えながらもこの事業を推進することを認める決定を市議会としてはしてきました。その大前提には今回のような不正がなく正常な職務が執行されていることがその根底にはあります。今回は市民病院の統合・再編事業が当初から現在容疑がかかっている中心的な人物が現在のその事業の最高責任者としての立場でかかわってきたというところが非常に大きな問題であると思います。これまでの市民病院の統合・再編事業自体を再検証してコンサルタント業務の内容とか事業内容の意思決定のプロセスについて、この事件そのものとの関連がないという証明をする責任が行政側には第一義にあると思います。市議会は当然その報告を求め疑義については追及する立場にあると考えます。事件そのものではなく、市民病院統合・再編事業の検証は現状の関係職員で進めることが可能なはずです。先ほどありましたが、7月10日には用地取得の契約、7月20日には設計、建設業者の入札参加などが既に進んでいます。事業そのものが進んでいく中で一刻も早くそういった疑念を払拭するためにも、市民病院統合・再編事業の検証の特別委員会というようなものを設置すべきと私は考えます。その委員会の検証過程の中で調査権が必要な事案があるのであれば、その時点において100条委員会を設置すべきと考えております。

630 読者 :2017/06/10(土) 00:34:51
○議長(中山廣司)   大西議員。

○(大西健一議員)   公明党議員団を代表いたしまして、100条委員会設置を求める動議に対し態度表明いたします。
 このたびの市民病院機構に関する委託業務における収賄事件は、先ほども市長からおわびのごあいさつがございましたが、まことに遺憾でございます。議会としても事件の真相と原因究明が早急に行われ、市民への信頼回復が一日も早く行われることを願うものでございます。これらを踏まえ先ほど本市議会の姿勢として決議を採択したところでございます。
 さて、御提案の動議につきましては、その趣旨は一部理解できるところもありますが、現在は元部長を初め業者も贈収賄容疑で逮捕され捜査中でございます。議会としては当然事件の原因究明と再発防止のために必要な調査を行わなければなりませんが、現時点ではこのような状況で100条調査権を持ってこの事件に関する調査を行うとしても、捜査中を理由に関係者の発言に制約を受けることが予想され、調査権の機能が十分発揮できないことが容易に予想されます。事件の概要がもう少し明確になり全体像が明らかになった段階で議会として必要な対応をすべきと考えます。
 一方、理事者におかれましては、外部委員を含めた組織で事件の検証等が行われると聞いておりますので、いましばらくはその状況などを見守りながら、既存の委員会の中で所管事務調査権による調査を行っていくべきだと考えます。その上で必要に応じて新たな調査権の行使なども検討しながら議会としての責務を果たしていくことが重要であると考えております。したがいまして現時点で100条調査権による委員会を設置するとことは時期尚早であると考えますので、本動議に反対いたします。

631 読者 :2017/06/10(土) 00:35:24
○議長(中山廣司)   坂田議員。

○(坂田重隆議員)   新政会を代表いたしまして、ただいま提案されました100条調査委員会設置を求める動議に対し、反対の立場での態度表明を行います。
 このたびの本市の最重要事業である市民病院の統合・再編に関連した委託業務における贈収賄事件はまことに遺憾でございます。先ほどの決議は、早期に市民の信頼回復を得るために議会としての態度を明らかにしておくという趣旨で決議されたものであると考えております。また、議会としましても調査を行っていかなければならないという議長コメントも出されておりますので、当面の議会の方向性は示されているものと考えております。議会としましては、本事件の原因究明と再発防止のための調査研究は行う責任はあると考えております。
 しかし、現状では7月13日に元企画部長が収賄容疑で逮捕された事実を知り得た程度で、事件の概要については新聞記事により類推する状況であります。事件の全容については今後の捜査を見守ることとなります。今後の捜査の推移と事件の全体像が明らかになることと、市長が表明された内部委員を含めた検証機関で事件の解明、再発防止が行われる状況も見守りながら、議会としての責務を果たしていくべきと考えます。当面は既存の委員会での所管事務調査を進めながら、必要に応じてしかるべき時期に特別委員会などの調査機関の設置を検討していくべきと考えます。
 100条調査委員会は、問題を洗い出して最終的には告発まで持っていくものでありますが、警察の捜査が進んでいる状況で100条調査委員会設置の効果がどこまで見込まれるのか、また100条調査権を発動して調査すべき問題がどこまで絞り込めるのか、現段階では疑問であります。以上、現段階での100条調査委員会の設置は時期尚早でありますので本動議には反対といたします。

632 読者 :2017/06/10(土) 00:36:15
○議長(中山廣司)   御栗議員。

○(御栗英紀議員)   ただいまの緊急動議について市民クラブを代表して意見と態度を申し上げます。
 緊急動議の内容については、市民病院の再編・統合に係る幹部職員の贈収賄事件に関して調査委員会の設置を求めるものであります。この事件に関しては、我々議員が情報を知り得たのは7月12日の新聞報道と14日の議員協議会での概要報告と市長の陳謝の場であり、また20日の総務教育常任委員会での報告で平成12年度から長期にわたる計画であることも判明いたしました。しかしながら、事件の全容を知り得ていないのが現状であります。その中で事件そのものの全容は司法の場の調査に進められているところであり、事実、事業の運営のことに関しては議会において調査を行う必要があるという観点は理解しつつも、ただ今回の事件の発端となった新病院の再編・統合に係る事業はコンサルの企画のみで進められているものではなく、評価委員会や、また議会の正当な手続を踏み推進されているものと理解しております。その点は意見を異にするものの、今回の事件を重く受けとめ市の重要な事業である病院の再編・統合を市民の信頼を得て成功させる意味で事件の発生を詳しく現状把握と要因分析を行い再発防止対策を講じていく必要があると考えます。
 そうした意味で内容と再発防止の観点が今の動議の中では抜けているようにも思いますし、この動議については賛成しがたいものであります。本日また冒頭に決議いたしましたように、全市民の強い関心と再発防止の願いを最重点に受けとめ、市民の信頼と回復をするためにも最も重要であります再発防止対策について行い、また時期を見て特別委員会をまた設置すべきと考えることを表明し、市民クラブとしての態度表明といたします。終わります。

633 読者 :2017/06/10(土) 00:36:57
○議長(中山廣司)   松崎議員。

○(松崎雅彦議員)   動議に賛成した立場からも少し申し上げたいと思います。
 先ほど決議のところでも申し上げましたけれども、今回の収賄事件につきまして、本当になぜ起こってしまったのか、あるいはこれの背景はどうであったのか、これは行政側にしても議会の側にしても本当に全力を挙げて調査し、そしてしかるべき処罰を含めた厳正な対処をしなければならないということであります。もちろん収賄事件の内容等につきまして、事細かに私どもはこの調査、あるいは検証しなければならないというふうに言っているわけではありません。先ほども申し上げたように本当にこの統合・再編計画の中心の部分を担ってきた幹部職員が逮捕された。しかもこのコンサルタント業務というのは単なるコンサルタントの部分ではなしに、この統合・再編計画のこれも中心的な計画のコンサル業務を請け負ってきた業者、その両者が逮捕され、しかも新聞報道等でも明らかなように容疑を認めているということをもう既に報道されているわけでありますから、少なくともこの時点において行政側としては第三者委員会を含めた検証委員会というものをまず立ち上げてもらわなければなりませんし、議会としてもそういったことに対して毅然として臨んでいくということを市民の皆さんに明らかにしていくためにも、私はこの100条調査委員会等の設置が必要であると考えているわけであります。特に行政側においては、そのような検証する姿勢の状況の中で一日も早く真相解明をして、その経過と真相について市民に公表しなければならないという責任もあるわけでありますし、また我々においても同様のそういった部分について、どうであったのかという議会の場からの検証をして、市民の皆さんに公表しなければならないという責務があるわけでありますから、私は少なくとも一日も早く検証委員会等を立ち上げる、このためにやはり100条調査権限を持つ特別委員会の設置というものは必須である、このように考えまして動議に賛成したわけであります。時期尚早という意見が相次いでおりますけれども、私が考えますのはこの収賄事件の細かな部分を調査検証するものではないということを改めて申し上げましてこの動議に賛成するものであります。

634 読者 :2017/06/10(土) 00:37:51
○議長(中山廣司)   岸本議員。

○(岸本建樹議員)   再度、討論のほうにも参加させてもらいます。
 今回の収賄事件を6月30日に市長は知り得ておきながら議会には報告せず、そして7月10日には、ニッケと土地売買の契約が行われております。もちろん相手には事情説明を行ったとされました。12日の新聞報道により初めて私議員が知るという結果に市民から強い批判の声が届いております。また14日に行われました議員協議会で今回の事件の議会への報告が新聞で報道された後になったことへの質問に対し、市長から議員が知ってどうするつもりかというような発言に対し、市長は議会をどのように考えておられるのか、私は市長の見解を改めてお聞きいたします。
 今進めている新統合病院建設計画を中止して、改めて市民にこの事業の可否を問うことを求めます。そして今回の事件の内容と背景を早急に調査し、関係者を明らかにさせてその責任を問うことを求めます。これらを議会として調査を厳密に行うことを求めるもので100条調査委員会設置の緊急動議の成立を求めます。

635 読者 :2017/06/10(土) 00:38:39
○議長(中山廣司)   田中議員。

○(田中隆男議員)   自民クラブを代表しまして、この動議に反対する立場で意見を申し上げます。
 まずこの事件は市民病院の統合・再編に係る汚職容疑事件というのは間違いでありまして、正確には市幹部が受注業者に便宜を図った見返りに金品を要求したとされる贈収賄事件であります。個人の犯罪であります。この事件の解明には既に県警捜査二課が当たっており、近日中に立件される見込みと聞いております。
 なぜ反対かと言いますと、100条委員会の権能のうち最高と思われる司法への告発が既に行われている現在、この事件についての100条委員会は設置をしても意味のないものと思っているからであります。議会として調査することより、役所、理事者としてなぜこのような事件が起きてしまったのか深く思いをめぐらせて猛省すべきではないかと思っております。また、病院の統合・再編、土地の契約、建設スケジュール等はその都度特別委員会が設置されたり常任委員会で審議されたりして、すべて議決を得たものであります。したがって市民の皆様には十分な説明をしながら播磨地方の基幹病院としてその崇高な目的のため計画どおりに進められるよう要望いたします。

636 読者 :2017/06/10(土) 00:40:35
○議長(中山廣司)   御意見等を終了します。
 採決します。100条調査委員会を設置することに賛成の議員の起立を求めます。
                   [賛成者起立]
○議長(中山廣司)   起立少数です。したがって本案は否決されました。

以上は、http://www.kensakusystem.jp/kakogawa/cgi-bin3/ResultFrame.exe?Code=wuxq7sair3jdes60gd&fileName=H240801A&startPos=0
「加古川市議会会議録 平成24年 第3回臨時会(第1号 8月 1日)」より引用したものである。

637 読者 :2017/06/11(日) 11:15:34
>>627>>636 に引用した会議録を見てわかるように、新市民病院をめぐる前回の汚職事件発生時、100条委員会設置動議が出たにもかかわらず、ほとんどの議員は「時期尚早」との理由で反対。
ひどい議員は、汚職事件ではないとまで公然と豪語し、税金ドロボーを平然と擁護している。

加古川市議会の仕事は、市長や市民病院機構といった行政機関のチェックと監視にあるにもかかわらず、5年前の汚職事件の時、市議会自らその責任を放棄したのである。

加古川議会の市長や市民病院機構に対する極めて甘い姿勢が、今回の2度目の加古川市民病院機構をめぐる汚職事件を招いたことは間違いないだろう。

638 読者 :2017/06/11(日) 11:26:50
さらに、加古川市議会の悪行はこれだけに留まらず、翌平成24年8月2日には、「加古川市民病院機構汚職事件調査のための100条委員会設置動議」を提案した岸本健樹議員に対する腹いせとしての、「懲罰動議」を提案し、議会多数派(市政与党)は数の論理で懲罰動議を可決したのである。
不正を質そうとする議員は「懲罰動議」を悪用し、黙らせようと圧力をかける加古川市議会の姿勢を露骨に示した。

岸本健樹懲罰動議に【賛成】した議員(当時)
神吉耕藏、吉野晴雄、佐藤守、松本裕一、玉川英樹、井上隆司、木谷万里、森田俊和、原田幸廣、中村亮太、掘井健智、村上孝義、名生昭義、畑広次郎、御栗英紀、安田実稔、中山廣司、大西健一、隈元悦子、相良大悟、小林直樹、田中隆男、岩城光彦

岸本健樹懲罰動議に【反対】した議員(当時)
岸本建樹、井上津奈夫、 高木英里、 松崎雅彦、末澤正臣

639 読者 :2017/06/11(日) 11:30:38
○議長(坂田重隆)   御異議なしと認めます。したがってそのように決定しました。
 ただいま東播磨農業共済事務組合議会議員に当選されました4名の議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知します。
 ただいま田中隆男議員ほか3名から地方自治法第135条第2項の規定により岸本建樹議員に対する懲罰動議が提出されました。
 お諮りします。この際、本動議を日程に追加し、議題としたいと思います。このことに賛成の議員の起立を求めます。
                   [賛成者起立]
○議長(坂田重隆)   起立多数です。したがって本動議を日程に追加し、議題とすることに決定しました。

640 読者 :2017/06/11(日) 11:31:16
   ◎日程追加 岸本建樹議員に対する懲罰動議

○議長(坂田重隆)   岸本建樹議員に対する懲罰動議を議題といたします。
 本件については、地方自治法第117条の規定により岸本建樹議員の退場を求めます。
                  [岸本建樹議員退席]
○議長(坂田重隆)   それでは提案理由の説明を求めます。大西議員。

○(大西健一議員)   岸本建樹議員に対する懲罰動議について提案理由の説明を申し上げます。
 岸本建樹議員は、平成24年7月14日の議員協議会が非公開の扱いで開催され、さらには議長が閉会前にその旨を改めて口述したにもかかわらず、同会議における議事の内容を8月1日に開催された市議会臨時会の第1日において発言をされました。このことは議会の品位を尊重しなければならないとする加古川市議会会議規則第143条の規定に違反をしております。よって地方自治法第135条第2項及び加古川市議会会議規則第52条第1項の規定により、岸本建樹議員に対する懲罰動議を提出するものであります。以上で提案理由の説明を終わります。

641 読者 :2017/06/11(日) 11:32:58
○議長(坂田重隆)   提案理由の説明は終わりました。
念のため申し上げます。本件の質疑につきましては、非公開の議事に関係していることを念頭に置かれまして御発言いただけますようお願いいたします。
 これより質疑に入ります。末澤議員。

○(末澤正臣議員)   今回の懲罰動議で2点だけ提案者の方に質問したいと思います。
 まず1点目は、今回のものは、あくまでも会議を非公開とするということを議長も2回にわたっておっしゃったわけですが、非公開というものがイコール秘密会であるという認識のもとに立っているのかどうか、これが1つの質問です。
 もう1点は、具体的な内容はここではお話できませんが、該当した発言の部分の内容自体が守秘義務というものに当たるのかどうかという認識をどうお持ちなのか、その2点お答えいただきたいと思います。

642 読者 :2017/06/11(日) 11:33:40
○議長(坂田重隆)   松崎議員。

○(松崎雅彦議員)   この懲罰動議提案された方に質問させていただくわけですけれども、少なくとも先ほど末澤議員のほうからもありましたけれども、非公開イコール100%秘密会という位置づけが本当に成り立つのかどうなのか、そのことについて改めて見解をお聞きしたいと思うんです。
 この関係例規集の中において秘密会の項目をうたったところが何カ所かあります。そういったところではきっちりと秘密会ということが明らかに表現されておるわけです。ここで申し上げたいのは、片や秘密会という定義があり、片や非公開という表現がある。そういった中で、これがイコールということで結びつくこと自体が私は理屈上成り立たない。それを関係づけることは難しいと考えておりますので、その点改めてお聞きしたいと思います。

643 読者 :2017/06/11(日) 11:35:43
○議長(坂田重隆)   高木議員。

○(高木英里議員)   私も、日本共産党議員団としましても先ほど末澤議員と松崎議員がおっしゃったような非公開のあり方というのがやはり疑問です。秘密会ということになれば、秘密保持の義務というのは課せられますけれども、非公開ということで、そこまで中身を、確かに議長が配慮されるようにと言った言葉はありましたけれども、秘密保持の義務はないと私は考えるんですけど、そのあたりをどのように考えているんでしょうか、お願いします。

644 読者 :2017/06/11(日) 11:36:26
○議長(坂田重隆)   大西議員。

○(大西健一議員)   2点御質問いただいたわけですけれども、秘密会と非公開、どういうふうに取り扱いすべきかということだと思うんですけれども、2つの表現はあるんですけれども、私ども提案側といたしましては、協議会という場で非公開ということを議長のほうで宣言されたと。イコールやはりそれは秘密会に準ずる扱いをすべきであろうと判断をいたしております。
 2点目の守秘義務に当たるかどうかという御質問かと思うんですけれども、当然非公開という表現を用い、また一般の方の傍聴も禁止しておりますので、これは当然守秘義務に当たるという判断をいたしましたので、今回動議として提案させていただきました。(拍手)

645 読者 :2017/06/11(日) 11:37:23
○議長(坂田重隆)   末澤議員。

○(末澤正臣議員)   大体認識はわかったわけですが、改めて確認する意味でもう一度、2つ目のところなんですが、内容云々ではなくて、要は非公開であったものの事柄を出したこと自体で今回懲罰を提案したと、そういうふうに理解してよろしいでしょうか。

○議長(坂田重隆)   大西議員。

○(大西健一議員)   自治法の132条に品位の保持というふうな表現の文がありますので、これに抵触するのではないかという立場で提案させていただいております。

646 読者 :2017/06/11(日) 11:38:54
○議長(坂田重隆)   質疑を終了します。
 本件については、岸本建樹議員から一身上の弁明をしたい旨の申し出がありました。
 お諮りします。この際これを許可することに御異議ございませんか。
                 [「異議なし」の声あり]
○議長(坂田重隆)   御異議なしと認めます。したがって以上のように決定しました。
 岸本建樹議員の入場を許可します。
                  [岸本建樹議員着席]
○議長(坂田重隆)   岸本建樹議員に一身上の弁明を許可します。登壇ください。

○(岸本建樹議員) (登壇)   弁明の機会を与えていただきましてありがとうございます。
私の発言に対する懲罰ということでありますが、結論から申しますと議員協議会は、議員全体の話し合いの場であると思います。議会議事規則第47条、48条には当てはまらないと考えます。
 今回の動議に問題を感じます。市長の発言は議会に対する重大な問題であります。私の発言に対する懲罰動議は不当であると考えます。

○議長(坂田重隆)   岸本建樹議員の弁明は終わりました。
 岸本建樹議員の退場を求めます。
                  [岸本建樹議員退席]

647 読者 :2017/06/11(日) 11:39:43
○議長(坂田重隆)   懲罰の動議については、その提出とともに委員会条例第5条第1項の規定により懲罰特別委員会が設置されました。また議会規則第153条の規定により委員会の付託は省略することができないこととなっております。したがって本動議を懲罰特別委員会に付託いたします。
 お諮りします。ただいま設置されました懲罰特別委員会の定数は委員会条例第5条第2項の規定により12名になっております。委員の選出については、委員会条例第6条第1項の規定によりお手元に配付しております名簿のとおり指名いたします。これに御異議ございませんか。
                 [「異議なし」の声あり]
○議長(坂田重隆)   御異議なしと認めます。したがって以上のように決定いたしました。
 それでは岸本建樹委員の入場を求めます。
                  [岸本建樹議員着席]
○議長(坂田重隆)   しばらくの間、休憩いたします。
                (休憩 午後 3時24分)

648 読者 :2017/06/11(日) 11:40:18
                (再開 午後 3時38分)
○議長(坂田重隆)   休憩前に引き続き会議を開きます。
 この際、御報告します。懲罰特別委員会では、委員長に大西委員、副委員長に村上委員が選出されましたので報告いたします。
 本日の会議は議事の都合によりあらかじめこれを延長いたします。
 しばらくの間、休憩いたします。
                (休憩 午後 3時38分)
                (再開 午後 5時03分)
○議長(坂田重隆)   休憩前に引き続き会議を開きます。
 お諮りします。ただいま懲罰特別委員長から委員会審査報告が提出されました。
この際、日程に追加し、議題にしたいと思います。これに御異議ございませんか。
                 [「異議なし」の声あり]

649 読者 :2017/06/11(日) 11:46:52
○議長(坂田重隆)   御異議なしと認めます。したがって以上のように決定しました。
 これより岸本建樹議員に対する懲罰動議のことを議題とします。
 本件については、地方自治法第117条の規定により岸本建樹議員の退席を求めます。
                  [岸本建樹議員退席]
○議長(坂田重隆)   本件について懲罰特別委員長の報告を求めます。

○懲罰特別委員長(大西健一) (登壇)   審査の結果を報告いたします。
 委員から秘密の保持を規定した秘密会ではない以上、懲罰を課すべきではないとの意見や、非公開を前提とした議事の内容を口外したことは十分懲罰に値する。懲罰としては、戒告が妥当であるとの意見がありました。
 委員会は採決の結果、賛成多数で懲罰を科すべきものと認めました。また委員会は採決の結果、賛成多数で公開の議場における戒告処分を科すべきものと認めました。以上、報告いたします。

650 読者 :2017/06/11(日) 11:51:41
○議長(坂田重隆)   委員長の報告は終わりました。
 念のため申し上げます。本件の質疑・討論につきましては、非公開の議事に関係していることを念頭に置かれまして御発言いただきますようお願いいたします。
 これより質疑とあわせ討論に入ります。高木議員。

○(高木英里議員)   今回の岸本議員に対しての戒告処分について日本共産党議員団は反対の立場での意見を述べます。
 議会として市長の発言を問題にすべきであるのに、そのことを取り上げた議員を戒告処分にするというのは不当であると考えます。よってこの処分に反対いたします。

○議長(坂田重隆)   質疑・討論を終了します。
 採決します。本件に対する委員長報告は、岸本建樹議員に公開の会議における戒告の懲罰を科することであります。本件を委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
                   [賛成者起立]
○議長(坂田重隆)   起立多数です。したがって以上のように決定いたしました。
さらにお諮りします。懲罰特別委員長から戒告文案が別紙のとおり提出されました。戒告文案を委員長提出のとおりとすることに賛成の議員の起立を求めます。
                   [賛成者起立]
○議長(坂田重隆)   起立多数です。したがって以上のように決定しました。
 岸本建樹議員の入場を求めます。
                  [岸本建樹議員着席]
○議長(坂田重隆)   ただいまの議決に基づき、これより岸本建樹議員に対し懲罰の宣言をいたします。
 岸本建樹議員に戒告の懲罰を科します。
 これより戒告文を朗読します。岸本建樹議員の起立を命じます。
                  (岸本建樹議員起立)
○議長(坂田重隆)   戒告、岸本建樹議員は8月1日の会議において非公開により7月14日に開催した議員協議会における議事の内容にかかわる発言をしたことは、議員の職分にかんがみ、まことに遺憾であります。よって地方自治法第135条第1項第1号の規定により戒告する。
 岸本建樹議員、着席ください。
                  (岸本建樹議員着席)

651 読者 :2017/06/11(日) 12:09:30
>>639>>650 に引用した会議録を見てわかるように、「品位」というあいまい不明確な理由で懲罰動議を提案可決し、岸本健樹議員に「戒告」処分を科した。
新市民病院をめぐる前回の汚職事件について、当時の樽本庄一市長と加古川市議会議員だけの会議の場をあえて「非公開」(地方自治法に基づく議員に守秘義務が課せられる「秘密会」ではない)にし、市民の見ていないところで大事なことを決めたことを加古川市議会ぐるみで隠ぺいし、少しでも市長の発言内容を議会で話せば懲罰動議で圧力を加え黙らせる。

加古川市議会の仕事は、市長や市民病院機構といった行政機関のチェックと監視にあるにもかかわらず、5年前の汚職事件の時、市議会自らその責任を放棄したのである。

加古川議会は、時の市長や市民病院機構に露骨に忖度し、汚職事件を追求しようとする議員は懲罰動議をで圧力をかけ、市民が監視できない「非公開」の場で話し合いをする。
加古川市議会の自殺行為ともいえるこのような姿勢が、今回の2度目の加古川市民病院機構をめぐる汚職事件を招いたことは間違いないだろう。

引用元:http://www.kensakusystem.jp/kakogawa/cgi-bin3/ResultFrame.exe?Code=wuxq7sair3jdes60gd&fileName=H240802A&startPos=0

652 読者 :2017/06/11(日) 16:52:54
http://bit.ly/2q4mPE6

653 読者 :2017/06/13(火) 00:27:22
平成29年第3回市議会(定例会)

http://www.city.kakogawa.lg.jp/shiseijoho/kakogawashigikai/sigikainittei/1491542430980.html

平成29年第3回市議会(定例会)は6月13日(火曜日)から6月23日(金曜日)までの11日間の会期で行います。定例会の休会中に開催される常任委員会も含めた日程をご案内いたします。

平成29年第3回市議会(定例会)の日程

月日(曜日) 会議名 会議の内容
6月13日(火曜日)
本会議(第1日)
全議案上程(質疑、付託)
一般質問
6月14日(水曜日)
本会議(第2日)
一般質問
6月15日(木曜日)
総務教育常任委員会
※午後1時15分開催予定
6月16日(金曜日)
福祉環境常任委員会

6月19日(月曜日)
建設経済常任委員会

6月23日(金曜日)
本会議(第3日)
委員会審査報告(質疑、討論、採決)
追加議案上程(即決)

開会時間はいずれも午前9時30分の予定です。
上記の日程及び内容は、変更になる場合があります。

市議会を傍聴してみませんか?

654 読者 :2017/06/13(火) 17:46:16
http://bit.ly/2q4mPE6

655 読者 :2017/06/24(土) 16:05:57
このところ、近所を学会員がうろうろしている。
兵庫県知事選、勝谷誠彦が猛追して現職の井戸敏三が苦戦してるんか?

656 読者 :2017/07/18(火) 10:15:31
加古川市議会議員、加古川市長、任期満了まであと約1年。

657 読者 :2017/08/01(火) 10:56:19
加古川市議会、新副議長には小林直樹議員(公明党)を選出。

658 読者 :2017/08/01(火) 23:28:23
山本一郎市議が創政会を退会し、無会派となったとのこと。

659 読者 :2017/08/14(月) 21:04:56
加古川市議会に、福岡照文議員、落合誠議員、松崎雅彦議員による新会派「議会改革推進の会」が結成されました。

660 読者 :2017/08/14(月) 21:34:15
福岡照文議員Facebookより。

●会派名 
「議会改革推進の会」
●結成の主旨
 ・地方の時代また地方創生が求められる社会経済情勢の下、本市を東播磨地域での中核都市として発展させ、都市間競争にも勝ち抜くことができる自治体としなければならない。そのために本市議会に求められるものは、開かれた議会の基礎となる「議会基本条例」を制定し、市民と対話しながら、市民のための市議会として議会が全力を挙げて取り組んでいくことである。
 ・現在本市議会は、全国はもとより兵庫県内の議会の中でも、議会改革が大変遅れている状況である。この議会に、新しい風を吹き込み、より市民の付託に応えられる議会にしていくための提言をし、大胆な改革を目指していきます。

●役員体制
代   表      福 岡 照 文
副 代 表      松 崎 雅 彦
副代表兼会計     落 合  誠

●取り組みの方向

① 「開かれた議会」を目指し、原点となる「議会基本条例」の制定を実現し、それに基づく実行計画の策定を目指す。
② 市民との対話からの政策立案・提言への仕組みづくりに取り組む。
③ 開かれた議会を目指して、徹底した議会情報を公開していく。
そのため、議会の効率的・効果的な運営に向けてICT化も推進していく。
④ 現在の社会情勢や、開かれた議会の観点にそぐわない議会内の「慣例や申し合わせ事項」について見直しを行っていく。
⑤ 個々の議員の自主・主体的な活動を推し進め、政務活動費の支給についても個人支給、精算払いとするなど個人責任を明確にする。
⑥ 議会改革を強力に推進するためにも、会派外の改革派議員との協調関係を構築する。

661 読者 :2017/09/05(火) 08:14:39
加古川市議会平成29年第5回定例会日程

9月5日(火曜日)
本会議(第1日)全議案上程(質疑、付託)

9月6日(水曜日)
総務教育常任委員会、福祉環境常任委員会、建設経済常任委員会

9月7日(木曜日)
本会議(第2日)代表質問、一般質問

・代表質問
原田幸廣 (創政会)
松本裕一 (志政加古川)
相良大悟 (公明党議員団)
村上孝義 (新市民クラブ)
福岡照文 (議会改革推進の会)

・一般質問
落合  誠(議会改革推進の会)
高木 英里(無会派)
西村 雅文(志政加古川)

9月8日(金曜日)
本会議(第3日)一般質問

・一般質問
井上 津奈夫(無会派)
渡辺 征爾(新市民クラブ)
木谷 万里(志政加古川)
白石 信一(公明党議員団)
岸本 建樹(無会派)
松崎 雅彦(議会改革推進の会)
山本 一郎(無会派)
松本 裕之(志政加古川)

9月12日(火曜日)
総務教育常任委員会 事務事業評価、決算審査

9月13日(水曜日)
福祉環境常任委員会 事務事業評価、決算審査

9月14日(木曜日)
建設経済常任委員会 事務事業評価、決算審査

9月15日(金曜日)
常任委員会予備日

9月27日(水曜日)
本会議(第4日)委員会審査報告(質疑、討論、採決)、追加議案上程(即決)

開会時間はいずれも午前9時30分の予定です。
上記の日程及び内容は、変更になる場合があります。

662 読者 :2017/09/05(火) 08:39:13
本日、午前9時半より加古川市議会本会議場にて、平成29年第5回加古川市議会定例会が開会します。

平成28年度決算議案等の加古川市民の血税の使われ方をチェックする大事な議会です!
時間のある方は是非傍聴しましょう!

663 読者 :2017/09/05(火) 08:40:34
注目は「議会改革推進の会」と無会派山本一郎市議!!

今回の加古川市議会定例会は、「議会改革推進の会」結成、山本一郎市議創政会離脱後初の議会であり、彼等がどのような質問・質疑をし、採決でどのような態度をとるか注目です。
何でも賛成や質問・質疑をしないようでは、
来年の市議選のための選挙対策としての新会派結成や会派離脱ということになります。

664 読者 :2017/09/05(火) 08:42:39
本日の本会議での、決算についての質疑の有無に注目!

昨年の9月定例会本会議では、総額1600億円もの決算議案について本会議場で誰一人として質問しなかった加古川市議!
31名誰一人として質問せずである!!
月額50万円以上の議員報を私たち加古川市民の税金からもらいながら、税金の使われ方である決算について本会議で質問しないのである!!!

加古川市議会議員の多くが、
市民が参加する公開事業評価に批判的で見直すべきと考えているらしい。
高額な議員報酬をもらいながら本会議で質問しない議員がよくここまで市民をバカにしたことが言えるものだ。呆れる。

今年は本会議でも活発な決算審議がなされると思うが、もし質問ゼロなら、
「議会改革推進」
等ウソっぱちであることがわかるだろう。
本日の本会議、注目である。

665 読者 :2017/09/09(土) 17:45:03
決算、一応質問はあったみたいやね。
まあ、質問しなかった議員の方が多いし、議事進行で他議員の質問を邪魔した議員もいたみたいやけど。

666 読者 :2017/09/09(土) 19:27:52
加古川市議会、相変わらず低レベルやな。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ボンレスベルト


これであなたもハムの人。

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa