したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

安倍壷三はやることなすこと米国ユダヤ様のご命令通り。犬11匹目

217 ゴールド :2015/10/13(火) 06:28:13 ID:Gmvnuu620
マイクロチップによる“人類家畜化計画”について

マイナンバー制度の運用が開始されることになりましたが、この制度が、“マイクロチップを人体に
埋め込むことによる人類の家畜化”への布石であることは、疑うべくもありません。

マイクロチップを用いた市民監視の計画については、ニコラス・ロックフェラーがアーロン・ルッソ
監督に語ったとされる話をはじめ、以前から様々な方面で取り沙汰されています。

その情報によると、すべての市民は手の甲や額の皮下に注射器を使ってマイクロチップを埋め込まれ、
あらゆる活動と現在位置が24時間、政府に監視されるとともに、マイクロチップの埋め込みを拒否
する者は食料の購入や預金の引き出しができなくなるとされます。

それらのすべては技術的に可能であり、また聖書のなかに、そのことを示す記述があるのも事実です。

しかしながら、マイクロチップの埋め込みに関するその情報には、ひとつだけ、不合理な部分が
見受けられます。
それは、マイクロチップを埋め込む部位に関する部分です。

マイクロチップを皮下に埋め込むと言われていますが、そのような浅い部位に埋め込んだ場合には、
市民が自分の手で皮膚を切開してマイクロチップを簡単に取り出すことができるため、結果として、
ICカードを携帯するのと同じことになってしまいます。

したがって、人類家畜化計画において、マイクロチップを埋め込む部位は、手や額の皮下のような
浅い部位ではなく、もっと深い部位であるはずです。

それはどこか。
それは、「腹腔」です。

腹腔であれば、市民が自分でマイクロチップを取り出すことは不可能になります。

ただ、その場合、体内の奥深くに埋め込まれたマイクロチップから情報を読み出すことに支障が
生じます。
その点については、腹腔内は温度が高いため、体温を利用して発電し、マイクロチップから電波を
発信させることによって、情報の読み出しや書き込みができるようにするものと考えられます。

また、腹腔にマイクロチップを埋め込むには、注射ではなく、内視鏡による手術が必要となりますが、
おそらく、従来の内視鏡よりも小型の内視鏡を使い、最小限の傷で済むような“日帰り手術”が行われる
ことになるでしょう。

金融ユダヤ人が数千年にわたって計画してきた、マイクロチップによる人類家畜化が、ついに実行に
移される時が来たようです。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 メイドVer. (1/8スケール PVC塗装済み完成品)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa