したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

■麻薬とユダヤ人・朝鮮人

625 UFO :2014/11/21(金) 18:23:05 ID:hQFkanI60
日本の労働者を奴隷化しているのもこいつらではないですか!?

米多国籍企業をたっぷり潤す現代の奴隷制度 240万人の受刑者をもっと増やせ、そして低賃金でこき使わせろ! [JBpres]
塀の中に入ると奴隷と同じ――。

 奴隷という言葉には少しばかり誇張が含まれるが、米国で犯罪に手を染めて実刑判決を受け
ると、出所するまで奴隷と呼んで差し支えない賃金で刑務作業を強いられる。

■時給25セント、サボタージュも許されない労働力

 賃金は経験によって差違があるが、平均時給賃金は25セント(約28円)。

 服役中に「稼げるだけでいい」との考えもあるが、近年問題視されているのは、世界的に名前
が知れ渡る多国籍企業が低額の賃金に目をつけ、受刑者を労働力として利用する動きが加速
していることだ。しかも受刑者数は過去10年で加速度的に増えている。

 米国の刑務所(連邦、州立、民間)に収監されている受刑者数は現在約240万人。1972年が約
30万人で、90年には100万人。過去20年以上で2倍以上に増加した。

 いくつかの問題を順番に記していきたい。まずなぜ米国でここまで受刑者が増えたかである。
日本で現在、刑務作業をしている受刑者は約6万2000人。米国の人口を日本の約3倍と計算して
も240万人は格段に多い。

 犯罪件数も日本よりも格段に多いが、犯罪率に目を向けると米国では過去10年、州によって
は横ばいか減少傾向にある。それではなぜ受刑者が減らないのか。大きな理由が2つある。

 1つは麻薬犯罪に厳罰が下るようになったことだ。麻薬の売買に関与していなくとも、所持・使
用だけで実刑判決が出てしまう。米国の240万受刑者の51%は麻薬関連の犯罪で収監されたと
言われている。

 しかも麻薬関連の犯罪の量刑は容赦がない。州にもよるが、5グラムの覚醒剤を所持していた
場合、仮釈放なしの実刑5年という刑期が下る。

 2つ目は麻薬関連犯罪以外にも、司法制度の厳罰化が進んだことが大きい。米国における刑
罰の項目は4500にも及ぶ。米国人の間でよく語られる冗談に、「1日外出していると、知らないう
ちに3つの軽罪を犯している」と言われる。

 例えば実際にこういう話がある。 …
(記事の続きや関連情報はリンク先で)

引用元:Japan Business Press http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42211


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

思春期 - 谷 郁雄

淡く、切なく、儚い写真詩集
エッチな気持ちとピュアな気持ちの狭間で悩む男子
日々大人へと変わっていく心とからだに戸惑う女子
私たちが忘れてしまった、儚く残酷なー思春期
女子高生の写真と、詩で織りなすエロティシズムの世界

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa