したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

追跡女子高生監禁殺害事件

1 もっこす</b><font color=#FF0000>(08EeniEM)</font><b> :2003/04/11(金) 20:19

1989年5月20日(土)「赤旗」

追跡女子高生監禁殺害事件 <1>
甘かった親の〝認識〟
魔の40日間

--------------------------------------------------------------------------------

 東京・足立区内の少年たちが一人の女子高生のかけがえのない生命を無残
にも奪った事件で、東京家庭裁判所は、主犯格の少年A(18)、同B(17)、同
C(16)、同D(17)の四人を刑事処分相当として東京地検に送致しました。事
件は、両親が階下に住むCの自宅で引き起こされました。〝親は一体何をし
ていたのか〟と社会的責任を問う声とともに、事件当時Cの両親が日本共産
党員だったことから、〝なぜ、このような事件が〟との強い疑問が寄せられ
ています。共働き、母子家庭など子育ての困難に胸を痛めている人々の中に
は、事件を特別な思いで受け止めた人も少なくありません。もちろん学校教
育の問題、暴力団とのかかわりを含めた社会的問題を指摘する声も強くあり
ます。これらの疑問や声をもとに、取材班は事件の真相を追究してきました
。残念ながら現在、Cの両親は直接取材できない状況にあります。限定され
た範囲ですが、中間報告としてリポートします。

 埼玉県三郷市の女子高生Eさん(18)がアルバイトを終えての帰宅途中、少
年たちに襲われたのは昨年11月25日の夜でした。足立区内のC宅の二階に連
れ込まれ、1月4日に殺されるまでの監禁は40日におよびました。

 C宅は、父親(48)、母親(42)、兄(17)との四人暮らし。兄も犯行に一部か
かわったとして東京地検に書類送検されています。同じ屋根の下で暮らして
いて、両親はなぜ犯行に気づかなかったのか。この点に疑問の多くが集まっ
ています。

 EさんをC宅に連れてきた少年たちは当初、「お前はヤクザに狙われてい
るからかくまってやる」などと言葉巧みにいいくるめていました。

  自宅に数回電話した女子高生

 Eさんはその間、自宅に数回電話しています。C宅からだけでなく、外の公
衆電話からかけたこともありました。「誘拐されたわけではないので心配しな
いで」という内容。少年たちに脅かされてのことでしたが外見的には「自発的」
とも見える状況でした。

 Cの両親は女の子が二階の部屋にいることに気づかなかったわけではありま
せん。一度はEさんを階下に連れ出しています。十二月の十日ごろでした。E
さんとCらに食事をさせ、Eさんを帰宅させるために外に送り出しもしていま
す。Eさんが「一人で帰れる」というので自宅まで送ることをしなかったとい
います。

 監禁されていたというよりCらの非行グループの仲間の女の子というのが両
親の認識だったようです。この甘さが事件を防ぐ決定的チャンスを逃がしまし
た。

 実際Eさんは、このとき自宅に帰ることなく少年たちに連れ戻されました。
しかも、この日以後、少年らは親に気づかれないようにしながら、それまで以
上の残虐な暴力をふるい、許すことのできない結末へと突き進んでいきました。

 当時の両親に女の子が監禁されているとの認識はなかったとしても、少なく
とも不審は感じ取っていたはずです。秋以降、ひんぱんに出入りするAら。近
所から寄せられる騒音の苦情。

  非行の芽つみとる具体的処置なく

 非行グループのたまり場となっていることを知りながら、非行の芽を摘み取
る具体的処置は取れませんでした。女の子や他の子の親とも連絡をとり、親同
士で対処する努力が必要でした。この時期、一切を母親まかせにしていた父親
の責任も厳しく問われます。

 許せぬことには、一歩も引かず、きぜんとし立ち向かう親の姿勢があれば、
最悪の結末だけは避けられたはずでした。

 Cの両親は事件後、弁護士を通じて「被害者の両親にはおわびのしようがな
く、償いようがありません。深く反省しています。............賠償金などで
済むようなことではありませんが、事件の現場となった家と土地を売って、裸
になってでもやっていく覚悟です」と語り、眠れぬ夜を過ごしているといいま
す。魔の40日間への認識、対応の甘さが招いた結果はあまりにも重大でした。
                               (つづく)

3 もっこす</b><font color=#FF0000>(08EeniEM)</font><b> :2003/04/11(金) 20:21

1989年5月22日(月)「赤旗」

追跡女子高生監禁殺害事件 <3>
急転落の3ヵ月
ためらっている内に


 自宅を監禁場所にした少年C(16)は、スポーツ好きでした。中学校に入ると
運動クラブに熱中します。一年の終わりごろでした。この運動部を他の部員と
ともに集団で退部します。指導の教師がことあるごとに体罰をふるうことに嫌
気がさしてのことでした。Cらは他の運動部を希望しましたが、学校からは拒
否されました。「一つの部がつとまらないで他の部でやれるはずがない」とい
うのが理由でした。母親らのあいだで学校への抗議が持ち上がりましたが、子
どもたちがとめたといいます。Cの両親も学校と話すことはしませんでした。

  放課後の時間を持て余すようになる

 その後、Cらは、放課後の時間を持て余すようになります。ゲームセンター
に出入りしたり、部屋で漫画本をくったり…。

 受験指導に重点が置かれる三年になると成績はぐんと下がり、卒業を控えた
ころからCの家庭内暴力が始まったようです。自分の気にいらないことがある
と母親を殴る。当時「体罰はやってはならない」と思い直していた父親は、
「話せばわかる」と話し合おうとしますが、Cは「昔のことを忘れたのか」と
かつての父親の体罰を指摘し、反発したといいます。

 Cは、都立の職業高校へ進学。その高校を怠学し始めたのは六月ころでした。
夏休みには、今回の事件のグループとのつき合いが加わり、つながりを深めて
いきました。髪を赤茶色に染めたのもこのころです。

 この夏、両親は、それぞれの休暇をずらせてとりました。親が息子といっし
ょにいる時間を少しでも長くと考えてのことでした。

 この休みに父は、息子を連れ、東北の実家に旅行しています。母親は「旅行
中に学校のことをどうするのか、よく話してほしい」と頼んでいましたが、旅
行中父子のあいだで、その話は交わされなかったといいます。Cは夏休み後、
高校を退学しています。

 元高校教師で教育評論家の小島昌夫さんは次のように指摘します。

 「両親はいろいろと考え、苦しみ、やってきたのではないでしょうか。しか
し、その認識と行動は、子どもが置かれた危機の深さに見合うものになってい
なかったのだと思います」

  〝親の背中を見る〟力を育て

 たとえば、Cが退学を考え始めた高一の夏。父子が旅行したことは、Cが立
ち直る転機にしえなかったでしょうか。

 小島さんはいいます。

 「父親は恐らく、旅の間はお説教はしないで息子との時間を大切にすること
を優先させたかったのでしょう。それが間違いだとはいいきれない。けれども、
旅の一日、じっくりと息子の生活を振り返り、自分の生きてきた道を語るとい
うことがあったら、とも思います。親は、どんなに忙しくても、子どもの成長
の転機、あるいは進学や誕生日など意識的につくる節目に、子どもと向き合い、
正面から親の生き方を語らなければならない。子どもに〝親の背中を見る〟力
を育て、きずなを強めることにもつながるのだと思います」
                               (つづく)

4 もっこす</b><font color=#FF0000>(08EeniEM)</font><b> :2003/04/11(金) 20:22

1989年5月23日(火)「赤旗」

追跡女子高生監禁殺害事件 <4>
遅すぎた〝相談〟
「今度」の機会訪れず

 C(16)の生活が崩れ、非行に走っていったころ、両親はそれにどうとりくん
でいたのでしょう。

  警察に相談したが有効な手だてなし

Cが高校を中退し、事件に関与した少年グループとのつきあいを深めていった
秋。母親は、グループのAやBの家を何度も訪ね、「うちの子とつきあわない
ように、いってほしい」と頼んでいます。Aの母は、そのたび「私が何かいえ
ば殺される」と泣き崩れたといいます。Cの母親はCが窃盗事件にかかわった
容疑で警察に呼ばれた際、相談をもちかけています。AやBの母親も、何回と
なく警察に相談していましたが、有効な手だてはとられませんでした。

 夏から秋にかけ、わずか三ヶ月の間に急激に変化し、荒れていくわが子。そ
の姿にとまどい、奔走しながら、母親は体重が減るほど精神的にまいっていた
といいます。

 その母親の切実さとはちぐはぐに思えるほど、周囲の知人などへの相談はた
めらいがちなものでした。

 昨年六月ごろ、近くに住む友人に、父親から「子どもの非行のことで相談し
たいのだが、いい先生はいないだろうか」と電話がありましたが、翌日には「夫
婦で相談したが大丈夫そうなのできのうのことはなかったことに」と断りがあ
りました。

 九月ごろにも、父親は町で別の知人にあった際、「息子のことで困っている
んですよ。今度相談にのってください」ともちかけています。しかしその「今
度」の機会はとうとう訪れませんでした。そのころ、悩み疲れていた妻に、夫
はみずからとまどいながらも「思春期の子どもが荒れるのはよくあることだよ」
となだめていたといいます。しかし現実にはまさにそのころ、CはAを通じて
暴力団ともつながり、今回の事件に向かって荒廃への道を引きずられていまし
た。

  悩みを打ち明けてくれていたら…

 Cの両親は共産党員でしたが、住んでいる地域では活動をしておらず、地域
の党支部のほとんどの人たちは両親が党員であることを知りませんでした。「子
どもが育っていく地域。そこで親たちがしっかり結びついていることがどんな
に大切か…。このご両親がそういう結びつきのなかにいて、地域に悩みを打ち
明けていてくれていたら、と残念でなりません」。事件後、地域の党員の一人
はそう語りました。

 両親は、所属する職場の党支部では息子のことをどう相談していたのでしょ
うか。

 父親は、酒の席で支部の人たちに「家が荒れて大変だ」と話したことがあり
ましたが、それ以上の突っ込んだ話にはなりませんでした。支部にCの非行の
話が伝わったのは事件後の今年一月末。Cが別の事件で逮捕されたときでした。
「息子がひったくりで逮捕された」という内容でした。

 当時〝監禁殺害事件〟はすでにひき起こされていましたが、まだ発覚前でし
た。

 窃盗などぬきさしならない犯罪にいたる前に、すべてをさらけ出し、相談し
ていれば…、と大きな悔いが残ります。あわせて、子育てを含む家庭の悩みを
互いに出しあい、力になりあうことのできる党の活動の大切さも、改めて胸に
刻まれねばならないでしょう。
                               (つづく)

5 もっこす</b><font color=#FF0000>(08EeniEM)</font><b> :2003/04/11(金) 20:22


1989年5月24日(水)「赤旗」

追跡女子高生監禁殺害事件 <5>
生徒指導指定校
管理、体罰の影で


 犯人の少年たちは、いずれも東京・足立区内の同じ公立中学校の卒業生です。

 少年たちの荒廃の軌跡を取材していて、その中学校の抱えていた問題が浮か
びあがってきました。同校は、今回の事件のほかに、別のグループが同時期、
在学中に母子絞殺事件を引き起こしており、これまでの教育を厳しく問い直す
声が起きています。


  生徒を押さえ込もうとする方向

 80年代初め、全国的に校内暴力などのあらしが吹き荒れて以降、大きくいっ
て、学校の対応の仕方に二つの方向が現れました。

 一つは体罰を含む厳しい〝管理〟で生徒を押さえ込もうとする方向。もう一
つは生徒が主人公となり、生きいきと輝ける学校を目指そうとする方向です。
同校は前者の典型的な学校でした。

 数年前まで同校には教師の体罰が横行していました。試験の成績が悪いと長
時間の正座を強いられる。私語が多いといっては殴られる。生徒の耳の鼓膜が
破られることも一度ならずありました。

 自室が女子高生監禁の現場となった少年C(16)が、一年の終わり、所属して
いた運動部を集団で退部したのは、練習中のふざけや私語を理由に教師が体罰
をふるうのに嫌気がさしてのことでした。

 Cが所属した部を指導していたのは若い教師でした。同校は新卒間もない職
場。周囲の教師は体罰を含む〝力〟で生徒を押さえ込む。「自分もそうできな
ければ一人前に見られない、と夢中だった。いま思えば、もっと別のやり方も
あった…」。その教師は、他の学校へ転任する際、そう語ったといいます。同
校の管理主義は、生徒だけではなく教師の成長をもゆがめていたのではないで
しょうか。

 同校は、85、86年度、文部省の生徒指導総合推進校に指定されていました。
東京都教育委員会などとの緊密な連携のもとで、全校的に体制もとり、生徒指
導にとりくみました。二年間の実践を経て文部省に提出された研究成果報告書
には、「二年間で〝荒れ〟がおさまり、落ち着きをとりもどしてきた」旨の報
告がありました。

   子どもの〝素顔〟見えていたのか

 しかし、まさにその二年間に、二つの殺人事件に関与した少年らが在校して
もいました。学校が、「落ち着いた」という一方で、子どもの〝素顔〟が見え
なくなってはいなかったか。今回の事件は、生徒指導のあり方の根本からの問
い直しを求めています。

 同校は、この一、二年、体罰をなくし、不登校の子どもをなくすことを柱に、
いわば教育の〝再生〟への道を歩み始めようとしていました。その矢先に、今
回の事件が起きました。

 東京都教職員組合の足立支部は、来月14日、「今、子どもの危機を考える」と
のシンポジウムを計画しています。教師、父母、弁護士や教育学者…。子どもを
健やかに育てたいと願うすべての人の知恵と力を集めようと。

 在校生の母親の一人は「あまりにも大きな犠牲をうんでしまいました。命の大
事さ、他人の痛みのわかる子どもを育てられる学校に、地域に、生まれ変わらな
くては、殺された方々が浮かばれません…」と言葉をつまらせました。
                                (つづく)

6 もっこす</b><font color=#FF0000>(08EeniEM)</font><b> :2003/04/11(金) 20:23
1989年5月25日(木)「赤旗」

追跡女子高生監禁殺害事件 <6>
暴力団の影
試されずみの手口で


 少年たちが住んでいた地域には、暴力団が数多く事務所を構えています。埼玉
県、千葉県との県境に近く、行政単位で動く警察の捜査から逃れやすいのが暴力
団にとって地理的に有利だというわけです。この暴力団の存在は、地域の子ども
たちのあいだに暗い影を落としています。


    集められた金を吸い上げる暴力団

 足立区などで長く児童相談にたずさわってきた児童福祉司の上坪陽さん(57)
はこう指摘します。

 「中学生のあいだに、だれかが妊娠したときの堕胎のための費用を集める、い
わゆる〝カンパのシステム〟のあるところがある。これが卒業後に引き継がれ『
金をいくらもってこい』といわれたら下級生などに割り当てる。末端の子どもは
家の金を持ち出したりする。そうして少額ずつだが広範囲から集められた金が暴
力団に吸い上げられていくんです」

 上坪さんの体験では暴力団の周辺には必ずといっていいほど暴力団になりきれ
ない〝遊び人〟の層が作られていきます。中学を出て高校にいかず、あるいは中
退したまま職業につかない無職少年がこの層に取り込まれていく例は珍しくない
といいます。

 そうした子どもたちは、組織とも呼べない〝群れ〟となり、シンナーや万引き
などをくり返す。〝群れ〟は普通十人から二、三十人の規模で、〝群れ〟同士が
中学校の学区域を超えたつながりをもち、広域化しています。事件の「主犯格」
の少年A(18)の名も、足立区内だけでなく隣接する葛飾区の少年らにも広く知ら
れていました。

 しかし管理の厳しい学校ほど、それらの子どもたちの学校の外での姿は見えな
くなりがちだ、と上坪さんはいいます。

 暴力団はその〝群れ〟に目をつけ、組織の拡大をはかります。少年を取り込む
ため、一見人当たりのいい専門の人間を置く暴力団もいるといいます。

 今回の事件に加わった少年B(17)、少年C(16)、少年D(17)らは、Aに出会う
までは〝群れ〟のなかの一員でした。暴力団の「極東関口一家」の準構成員を自
認していたAは、少年らにゆがんだ性的快楽を覚えさせるために、まず女性を添
わせました。


    少年らを飲ませ食わせでもてなす

 またAは軍資金として与えられていたらしい百万円の札束を見せて「汗水たら
して働くのなんかバカだ。オレはそんなことをしなくてもこれだけの生活ができ
る」といい放ち、少年らを飲ませ食わせでもてなしました。「極東関口一家」の
青年部を作ろう、ともちかけ、高校中退後、求人雑誌を見て賃金の低さ、待遇の
悪さを知ってうんざりしていたCらは、その誘いに引き込まれていきました。A
は少年らに窃盗、恐喝などをはたらかせ、三分の一をAに〝上納〟させるまでに
なっていました。

 一人の若者を、人間として荒廃させることで組織に引き込んでいく‐‐。それ
は暴力団の〝試されずみ〟の手口でした。
                                (つづく)

7 もっこす</b><font color=#FF0000>(08EeniEM)</font><b> :2003/04/11(金) 20:24

1989年5月26日(金)「赤旗」

追跡女子高生監禁殺害事件 <7>
十字路
地域が急変する陰で


 事件現場に近い足立区内の駅。週末の深夜、狭い道路は若者の車でひしめいて
います。

 足立区などで児童相談にたずさわってきた児童福祉司の上坪陽さん(57)は「こ
こは、いろんな地域の子どもが集まるいわば十字路のようなところ」といいます。


     深夜営業の店急増学校近くにゲーム店

 古くからこの地域に住む人は「このあたりはここ三、四年のあいだに急激に変
わった」と。深夜営業のファーストフード店、ファミリーレストランなどが多数
進出し、マンションなどの建設も相次いで、新しい住民が増えました。駅前には
若者が集まるようになり、「子どもを見ても、地元の子か遠くからきた子か、わ
からなくなった」といいます。

 先日、事件を起こした少年らが卒業した中学校でおこなわれた緊急保護者会で
は、父母から地域の環境への不安の声もだされました。学校のそばにゲームセン
ターやアダルトビデオを置いたビデオショップが開店しています。中には、〝つ
け〟で子どもを遊ばせるゲームセンターもあるといいます。

 十年ほど前、この地域でも、母親が中心になって、ポルノ雑誌の自動販売機撤
去などの運動が起こりました。。いま、子どもたちを取り巻く退廃文化の実態は
、当時から大きく変化しています。中学生のあいだに「実録もの」「SMもの」
などと呼ばれる「裏ビデオ」が出回り、個室にテレビとビデオを持つ生徒の部屋
に集まって見る、ということも珍しくなくなっています。今回の事件でも、そう
した映像による異常な性体験の蓄積が少年たちの人間としての理性、感情を極端
に破壊していたのではないか、とみる人もいます。一方で、そうした実態がおと
なに見えにくくなっている状況も広がっています。

 こうした事態につけこんで、暴力団が暗躍していることも、前回とりあげまし
た。

 事件が起きた地域の周辺には、都内としてはまだ比較的低家賃の賃貸アパート
などが残されています。「仮の住まい」としてここに住み、また出ていく住民が
多いのも特徴です。

 少年A(18)、少年B(17)、少年D(17)の家庭は、事情は違いますが、実質的に
父親が不在でした。証券会社に勤め、ほとんど家に帰らなかったというAの父。
Bの父は、Bが小学校四年のころに家を出、いったんはBを引き取りますが育て
きれず、Bは着のみ着のままで母親のところにもどってきました。

 Dの父は、いったん離婚。復縁の話し合いに向かう途中、交通事故死しました。


    子どもの育ちにくさの根っこに…

 上坪さんは「この地域に限りませんが、いま、家庭が不安定になっているとい
われる背後には、経済や雇用、家族生活の不安定があります。おかみさんの暮ら
しにくさ。父親の働きにくさ。それと、子どもの育ちにくさとは、一つの根っこ
のものではないでしょうか」と話します。

 「その現実のなかで、失われてしまった〝地域のきずな〟を再生させることは
大変な仕事ですが、その大きな努力なしには、子どもを守り育てることはできな
い。それは、社会的なたたかいだといえるのではないでしょうか」と上坪さんは
指摘します。
                                (つづき)

8 もっこす</b><font color=#FF0000>(08EeniEM)</font><b> :2003/04/11(金) 20:25

1989年5月27日(土)「赤旗」

追跡女子高生監禁殺害事件 <8>
一大事業
今、思春期の子育ては


 埼玉県三郷市にある事件の被害者となった女子高生Eさん(17)宅はいまもひっ
そりと静まり、悲しみと苦痛の深さを物語っています。事件発覚から二ヶ月。E
さんの母は、いまも病床に伏せ、家の外に出ることもないといいます。


    なぜ救えなかったの思い胸に追跡

 一人の少女の命が残虐の限りをつくした暴力によって奪われた今回の事件は、
社会に大きな衝撃を与えました。それは事件の比類ない残虐性とあわせ、事件が
二人のおとなが寝起きしていた同じ家屋の中で起きたということの衝撃でした。
〝なぜ少女を救えなかったか〟。その思いは多くの人の胸をえぐりました。

 それゆえに本紙では、事件現場となった少年C(16)宅の〝魔の40日間〟の両親
の対応と子育てから追いました。

 連載中、読者のみなさんから寄せられた声には「(Cの両親へ)やや身びいき
なのを感じます。眠れぬ夜をすごしているのは少年たちの親だけではありません
でしょう」(47歳、女性)というご指摘の一方、「弁明の余地のない両親をさら
に追いつめるものではないか」(女性)、「『あのときああしていれば事件は防
げたかも』と、結果論をいうのはたやすいことだ」(31歳、男性)というご意見
もありました。

 私たち取材班は、今回のあまりに重大な結果を前にして、なぜこんな事件が起
きてしまったのかということ、同時に二度とこのような事件を生まないための手
掛かりを一端であってもつかみたいと思いました。そして事件の経過のなかには、
たとえ〝結果論〟であってもなお、その対応が適切であったかどうかを問われね
ばならない局面もあると感じました。

 取材を通じ、Cが幼いころの両親の子育てには、多忙な共働きのなかでの努力
があったことを知りました。同時に、Cが思春期を迎え、荒れていったときの対
応がか弱いものであったことも感じさせられました。そこに暴力団の手が伸びま
した。教育評論家の小島昌夫さんの「いま、思春期の子どもたちを健やかに育て
ていくことは一大事業です。それをおとなたちが共通の認識にし、力をあわせな
くてはいけないのではないでしょうか」という指摘が思い起こされました。

 またCの両親は共産党員でした。職場や地域での共産党員、党支部のあり方に
ついて、さらに取材し考えていきたいと思います。


      寄せられた声を正面から受けとめ

 「二年前、離婚した」という東京・世田谷区の女性は、電話で涙ながらにみず
からの苦しかった子育てを語ってくれました。「私の子も、家のお金を持ち出し
たり万引きをしたり、登校拒否もあった。私自身必死だったし、恥も外聞もなく
新婦人の会の仲間に駆け込んだ。子どもたちが元気で大きくなったら、みんなの
ところを回ってお礼をいいたい」と。また、大阪市の父親(46)からは「私の周囲
にも、思春期の子どもの非行にとことん悩みながら、それを乗り越え、親子とも
ども立ち直っていった人もいる。民主的な活動、共産党の活動にとりくみ、子育
てとも格闘している人の姿も紹介してほしい」という声も寄せられました。ご意
見を正面から受けとめ、「追跡」を続けようと思います。
                                (おわり)
(女子高生監禁殺人事件取材班)

9 もっこす</b><font color=#FF0000>(08EeniEM)</font><b> :2003/04/11(金) 20:26

1989年5月24日(水)「赤旗」

 交通事故仕組み570万円を詐取
    暴力団員ら5人


 警視庁暴力団犯罪取締本部と高島平署は23日までに、交通事故を仕組んで保険会社
から休業補償などを名目に五百七十万円をだまし取っていた東京都足立区西新井二、
暴力団極東関口一家吉田組幹部、森谷勲(49)と、新宿区新宿二、クラブ店員、能勢哲
志(24)ら五人を、詐取容疑で逮捕しました。

 調べによると、森谷らは故意に交通事故を起こして保険金をだまし取ることを計画。
87年4月9日午後7時25分ごろ、足立区西新井四の路上で、能勢が運転するレンタカー
を森谷らが乗った乗用車に追突させたうえ、森谷ら4人の七十五日間の休業損害証明
を偽造。さらに医者にむち打ち症の診断書を書かせて、レンタカー会社が契約してい
た大阪市に本社がある保険会社に提出。87年5月、休業補償、慰謝料合計五百七十万
円を森谷らの口座に振り込ませてだまし取りました。

著作権 : 日本共産党中央委員会
151-8586 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-7 Mail:info@jcp.or.jp

10 del :del
del

11 del :del
del

12 del :del
del

13 del :del
del

14 del :del
del

15 del :del
del

16 del :del
del

17 del :del
del

18 del :del
del

19 del :del
del

20 del :del
del

21 del :del
del

22 del :del
del

23 del :del
del

24 del :del
del

25 del :del
del

26 del :del
del

27 del :del
del

28 del :del
del

29 del :del
del

30 :2003/04/19(土) 00:38
人間が狂気の琴線に、触れるきっかけって
一体どんな時なのでしょうか?

31 山崎渉 :2003/06/15(日) 09:29
age

32 山崎渉 :2003/07/01(火) 07:00
あげ

33 名無し@もっこす党員 :2003/07/02(水) 00:27
あげ

34 名無し@もっこす党員 :2003/08/18(月) 11:31
age

35 del :del
del

36 名無し@もっこす党員 :2003/09/21(日) 20:49
あげ

37 del :del
del

38 del :del
del

39 del :del
del

40 名無し@日本降参党員 :2003/10/16(木) 23:22
荒らしばっかだな。犯人か?

41 名無し@日本降参党員 :2003/10/18(土) 13:21
監禁されている事を知っていたその他大勢は、
今どうしているのか?
当時を振り返り、何を思うのか?
問いたい。

42 名無し@日本降参党員 :2003/10/21(火) 17:11
監禁レイプ行為にスマイリー菊池が関わっていたという噂は本当?

43 名無し@日本降参党員 :2003/10/23(木) 06:31
>>41
酒の席で自慢しているんじゃないか?
相手を選ばないと大変なことになるだろうが。

44 名無し@日本降参党員 :2003/10/24(金) 13:12
事件への怒り、憤りといった感情は
一体どこへぶつけたらいいのか。
ただ々無念なだけで。
事件を知れば知るほど
悲しくなってしまう。

45 名無し@日本降参党員 :2003/10/24(金) 18:52
言っちゃ悪いが、あの程度の事件でそんなに腹を立てていたら
身がもたないよ。

世の中にはもっともっとひどい話がザラにあるからね。

46 マリアの微笑 :2003/10/27(月) 10:14

お前 監禁内容の詳しいこと知ってていってるの?

47 名無し@日本降参党員 :2003/10/27(月) 17:18

お前 八鹿高校事件について詳しいこと知ってていってるの?

48 もっこす </b><font color=#FF0000>(008/En46)</font><b> :2003/10/29(水) 08:51

お前 韓国戦勝国論について詳しい事知ってていってるの?

49 名無し@日本降参党員 :2003/10/29(水) 13:20

お前 死刑論書き逃げ事件について詳しい事知ってていってるの?

50 & </b><font color=#FF0000>(70zeVo/k)</font><b> :2003/10/29(水) 23:21
野蛮な国の野蛮な国民には死刑制度がお似合いだが、なにか?

51 & </b><font color=#FF0000>(70zeVo/k)</font><b> :2003/10/30(木) 14:40

39 名前: & (70zeVo/k) 投稿日: 2003/10/29(水) 12:44
同じハンドルは紛らわしいので、IP曝して良い?

52 & </b><font color=#FF0000>(70zeVo/k)</font><b> :2003/10/31(金) 23:24
ウズウズ

53 名無し@日本降参党員 :2003/11/05(水) 08:06
復刊ドットコム
 http://www.fukkan.com/vote.php3?no=11165
「女子高生コンクリート詰め殺人事件 彼女のくやしさがわかりますか」
この本が復刊リクエストされています。この事件を知るため、風化させないためにも、
復刊を希望する方、この本を読みたいのに見つからないという方、よろしかったら
投票して下さい。100票で復刊となります。

54 名無し@日本降参党員 :2003/11/06(木) 19:55
人権板を含むtmp鯖のログが吹っ飛びますた。

55 名無し@日本降参党員 :2003/12/10(水) 08:38
だからサーバーが変わったのか

56 みなみ :2003/12/10(水) 20:53
裏流出はhttp://www.nukix.net/index2.html

57 名無し@日本降参党員 :2004/01/05(月) 17:50
age

58 名無し@日本降参党員 :2004/01/26(月) 00:58
あげ

59 名無し@日本降参党員 :2004/04/19(月) 01:58
屑にしかるべき制裁を

60 名無し@日本降参党員 :2004/04/28(水) 00:59
映画化

61 名無し@日本降参党員 :2004/05/06(木) 18:15
犯人の実名入り週刊誌をまだ保管してますよ〜

62 masa :2004/05/31(月) 01:57
猟奇殺人者 宮野裕史・小倉譲・湊伸二・渡辺泰史・中村高二・伊原真一・・・事件に加担した異常者・・・猟奇殺人は治らない・・また同じ事やるぞ・・今度の犠牲者は 自分達の身近な女性になるかもしれない・・・今ならまだ間に合うぞ・・被害にあう前に消さないと・・・

63 名無し@日本降参党員 :2004/06/10(木) 18:01
2Chでこの映画の事がすごい話題になってるね
Bがらみなんでしょ?

64 もっこす </b><font color=#FF0000>(08EeniEM)</font><b> :2004/06/11(金) 09:30
部落は関係ないですが、スラム問題が原因です。
分析手法は部落問題と同じです。
同じような凶悪少年犯罪は、その後も足立区で頻発しています。

65 名無し@日本降参党員 :2004/06/11(金) 18:32
え?
スラムの問題が絡んでたの?

66 もっこす </b><font color=#FF0000>(08EeniEM)</font><b> :2004/06/16(水) 19:34
ヤクザが事務所をかまえ、民医連加盟の診療所があるなんて、どんなところと思いますか?
ヤクザの人材供給源は劣悪な住環境です。
有名ヤクザの伝記をよんでください。
それと民医連は、普通の医者がよろこんで病院をたてるような環境のいい地域にはいきません。
だれもがいやがる最悪な地域にとびこんでいくのが民医連運動なんです。
病気や貧困と闘争するのが民医連運動です。
その地域が改善されたら、あっさり病院を閉鎖して、普通の医者にあとをたくします
最近では、大阪の上ニ病院が閉鎖しました。
ここは、法円坂のスラムで活動していた医療団体でした。

67 </b><font color=#FF0000>(sp.Bulpo)</font><b> :2004/06/17(木) 20:25
親は元民医連で働いてますたが、何か?w

68 トレマン :2004/06/17(木) 21:49
民医連てのは、正式名称は何なんですか?

69 </b><font color=#FF0000>(sp.Bulpo)</font><b> :2004/06/17(木) 23:29
全日本民主医療機関連合会。
通称民医連!!

70 & </b><font color=#FF0000>(70zeVo/k)</font><b> :2004/06/18(金) 20:18
民医連の創立メンバーは、戦前スラムなどで、医療活動をしていたため、全員軍医として戦場におくられた人たちです。
戦後、生きのこって復員した人が結成したのが民医連です。
だから、スラムや部落には民医連があります。

71 トレマン :2004/06/18(金) 22:27
>>69
>>70
ありがとうございます。

72 名無し@日本降参党員 :2004/06/19(土) 12:28
東大阪H草の近くに生協病院があるのもそういうわけか〜

73 名無し@日本降参党員 :2004/06/24(木) 22:37
逆から見れば民医連の診療所の近くには893事務所が有る事か多い?

74 情報提供 :2004/07/03(土) 23:02
88年女子高生殺害事件の元少年の1人 逮捕監禁致傷容疑で逮捕

 知り合いの男性を監禁してケガをさせたとして先月、警視庁に逮捕された
33歳の男が、88年に起きた女子高校生のコンクリート詰め殺害事件で逮
捕され、有罪判決を受けた少年のうちの1人だったことがわかった。
 調べによると、男は5月19日未明、東京・足立区の路上で知り合いの男
性に「俺の女を知っているだろう」と脅して顔を殴った上、車のトランクに
押し込んで連れ回した。そして、数時間にわたってこの男性を店などに監禁
したとして、逮捕監禁致傷の疑いで警視庁に逮捕され、すでに起訴されている。
 この男は17歳だった88年11月、仲間とともに当時高校3年だった女
子生徒を足立区綾瀬の民家に数十日間監禁した。そして、暴行を繰り返して
殺害し、遺体をコンクリート詰めにして捨てたとして有罪判決を受け、その
後出所していた。[3日22時1分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20040703/20040703-00000031-nnn-soci.html

75 </b><font color=#FF0000>(sp.Bulpo)</font><b> :2004/07/04(日) 00:49
今ニュースでやっとるな。

76 & </b><font color=#FF0000>(LYYyQ.vw)</font><b> :2004/07/04(日) 17:33
昭和六十三年に起きた「女子高生コンクリート詰め殺人事件」で逮捕された
少年四人のうちの一人が、知り合いの男性を監禁して殴るけるの暴行を加え
たとして、警視庁竹の塚署に逮捕監禁致傷の疑いで逮捕されていたことが
三日、分かった。

逮捕されたのは埼玉県八潮市、コンピューター会社アルバイト、神作譲容疑者
(三三)。
調べによると、神作容疑者は五月十九日午前二時ごろ、東京都足立区花畑の
路上で、知り合いの男性(二七)に因縁をつけ、顔や足に殴るけるなどの暴行を
加えたうえ、金属バットで脅迫。車のトランクに押し込み、約四十分車を走らせた
後、埼玉県三郷市内のスナックで「おれの女を知っているだろう。どこへやった」
などとして約四時間監禁し、殴るけるの暴行を加え、男性に全治十日のけがを
負わせた疑い。容疑を認めており、調べに対し「ちょっとやりすぎた」と話している。

神作容疑者は先月四日、竹の塚署に逮捕され、東京地検は同月二十五日、逮捕
監禁致傷罪で起訴した。

女子高生コンクリート詰め殺人事件では、平成三年の東京高裁控訴審判決で主犯
格の少年に懲役二十年などが言い渡され、四人の実刑が確定した。
神作容疑者はサブリーダー格として犯行に加わり、懲役五−十年の不定期刑が
確定、服役した後、出所していた。

Yahoo!ニュース - 産経新聞:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040704-00000020-san-soci

77 名無し@日本降参党員 :2004/07/06(火) 03:26
a

78 名無し@日本降参党員 :2004/09/02(木) 16:13
風化防止のため、事件について歌った曲。
なんとしても風化を防ぎ、犯人らに厳正な法の裁きを!

一曲目
http://antipas-group.poke1.jp/Konnkurihannsaihannjikennnisasagu.mp3
二曲目
http://antipas-group.poke1.jp/AntipasGroup70Kiba040831.mp3 

アーティスト
Antipas Group
ttp://antipas-group.poke1.jp/

79 名無し@日本降参党員 :2004/10/29(金) 01:12
被害者を興味本位で見に行った人も裁いてほしい

80 名無し@日本降参党員 :2004/12/24(金) 04:03
さっき事件の詳しい内容を読みました・・
これで懲役20年なんて軽すぎる!!!


私は今、事情があって保健所などの悩み相談所を転々としていたけど、今は
自力で一歩も外へは出られない状態です。これは、保健所の人間が
「あなたが死んでも責任は取らない」なんて言われたからです。

最近人の命が軽く扱われているように思います・・

81 名無し@日本降参党員 :2005/04/01(金) 18:22:13
age

82 名無し@日本降参党員 :2005/09/09(金) 08:04:25
age

83 名無し@日本降参党員 :2007/07/29(日) 20:07:58
あげ

84 名無し@日本降参党員 :2009/03/02(月) 20:54:26
犯人達と同じ空気を吸ってるかと思うと腹が立つ。

85 名無し@日本降参党員 :2009/05/10(日) 16:47:13
あいつらは、法的にも社会的にも罪を償ったと思って大きな顔で
暮らしているのだろうが、俺たちはあいつらを許さない。
ぜひあいつらの現状を晒してもらいたいものだ。
死刑になら無かったんだからこのさき一生掛けて償ってもらおうじゃないか。

86 名無し@日本降参党員 :2009/06/16(火) 15:45:13
ハイエナがおとなしくしていてもハイエナはハイエナ。
朝鮮人を動物にたとえるとハイエナが一番似合う。(ハイエナ君一緒にしてごめん)
性癖が犯罪なんてのは世界中で朝鮮人(韓国人)ぐらいのものだろう。
そんな奴らが物心ついたときから反日教育を受けているんだぜ、恐ろしいな。

87 名無し@日本降参党員 :2010/03/05(金) 21:02:54
くだらねーやつらだ

88 名無し@日本降参党員 :2010/04/27(火) 16:26:49
「くだらない」の語源は百済のことだぜ。
「陸(ろく)でなし」の語源は大陸でもなく島でもない朝鮮半島に住んでるやつのことだぜ。

89 名無し@日本降参党員 :2011/01/10(月) 15:43:32
朝鮮人ひどす
ttp://zoome.jp/popo335/diary/73

90 名無し@日本降参党員 :2011/01/10(月) 17:15:12
在日本大韓民国民団(ざいにほんだいかんみんこくみんだん、旧・在日本大韓民国居留民団)は、
日本に定住する在日韓国人のための組織である。
韓国の公的機関ではないが韓国籍パスポートの申請、韓国の戸籍処理
などの依頼を代行し、年間数億円の政府補助金を韓国から受け取っている。

地方外国人参政権及び被参政権の獲得を目的に民主党を応援しており、
2004年参院選にて民主党から比例区出馬した白真勲は当選直後に民団へ行き
「参政権運動にともに邁進しよう」と挨拶をしている。

同団体の綱領の中には
「大韓民国の国是を遵守する在日韓国国民として大韓民国の憲法と法律を遵守します 」と明記されている。

民団の綱領
1)大韓民国の国是と憲法を遵守する
2)在日同胞の政治的経済的利権を擁護する
3)日本に韓国文化を普及する

日本の法律を守ろうとか、日本社会の発展に貢献したいとか、そんな考えは、かけらもありません。

91 名無し@日本降参党員 :2011/01/12(水) 14:43:34
高麗棒子(ガオリーバンズ、高丽棒子、Gāol&igrave; b&agrave;ngzi、고려봉자)、あるいは韓棒子(한봉자)は、主に中国人が使う韓国・朝鮮人の蔑称。省略して棒子とも言う。

台湾のコンビニエンスストアなどでは高麗棒子の商品名で韓国風海苔巻きが販売されている。中華圏では認知度の高い語彙である。現在でも、中国に住む朝鮮族はこの言葉を嫌っている。

92 名無し@日本降参党員 :2011/01/12(水) 14:56:29

コレコレア(朝鮮語: 꼬레꼬레아)とは、キリバスへ渡航している韓国人男性の、
性の乱れた人達を指す俗語である[1]。日本語、韓国語圏では英語表記としてkorekorea
が用いられるが、英語圏ではkorekorea、korakorea双方が用いられる。
元々は韓国漁船に乗り込み売春を行う現地女性を指すがキリバスに在留する韓国人が増加
するに従い、不健全な性交渉を行う人が多く現れた。
韓国人男性は現地女性を自分の船の甲板や薄暗い防波堤の後ろに連れて行き、金品と
引き換えに性関係を持った。このため、性の乱れた人そのもの、また、防波堤の物陰
のことなどをコレコレアと呼ぶようになった。「コレ・コレアのような奴」という
表現がキリバスでもっともきつい悪口として使われているという。

93 名無し@日本降参党員 :2011/01/19(水) 11:24:41
日本人:栴檀は双葉より芳し。
朝鮮人:キムチはウンコの臭い。

94 名無し@日本降参党員 :2011/01/22(土) 16:57:09
動物界
脊索動物門
脊椎動物亜門
擬人綱
偽人目
ヒトモドキ科
チョウセンヒトモドキ属
種 : ミナミチョウセンヒトモドキ

95 del :del
del

96 del :del
del

97 del :del
del

98 del :del
del

99 del :del
del

100 名無し@日本降参党員 :2011/09/16(金) 21:19:13
回虫やサナダムシやギョウチュウはウリたち朝鮮人の大腸の中が原産地ニダ。
キムチの漬け込みにウンコを使うからキムチとウンコを通して永久に繁殖するニダ。

101 もっこす :2014/08/23(土) 02:14:57
自分の中では整理がついたのでまとめておきます。
当時の事件報道を見返しますと、犯人たち4人のうち湊くんを除く3人が創価学会員だったとわかります。
そして、犯人以外に100人の少年少女が事件現場に出入りしていたと弁護士の話に出てきます。
長い間、この100人ではないかと疑われた人々が被害をうけました。
無実だったんです。
さて、この100人とは誰だったのか?
今頃になって正体がわかりました。
「創価学会少年部」だったそうです。
当時から内部ではよく知られていた事実だそうです。
創価学会つながりで足立区周辺の少年部が見に来ていたのです。
さすがに犯罪者養成機関ではありました。
秘密は守るのです。
自分ら以外は人間扱いしない集団らしい事件でした。

102 もっこす ◆issCdUklS2 :2014/11/07(金) 03:30:32
上げときます。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

東方求聞口授 ~ Symposium of Post-mysticism. - ZUN

。『東方風神録』以降のキャラクター解説に重点を置いたもので、
ZUN氏自らが執筆することもあって単なる紹介にとどまらない内容ですぞっ

※カバーイラスト:匡吉

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa