したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

フィル・スペクター殺人容疑で逮捕!!

32 タイコウチ :2003/11/30(日) 11:54
冷静に考えてみると、レココレも広告をもらって作ってる雑誌としてはそれなりにがんばったといえるような気もしてきました。
それにしても、レココレとCDジャーナル、ストレンジ・デイズのビートルズ特集の執筆者はかぶりすぎじゃないですか。それぞれの記事内容はいいものも多いけれど、この国の音楽ジャーナリズムの貧弱さも透けて見えますね。音楽雑誌の編集の問題かな。

いろんな人が言ってますが、オーケストレーションとコーラスをつい無意識に補って聴いてしまっていたThe Long and Winding Roadですが、歌詞違いも含めてずいぶん耳になじんできました。このヴァージョンを公式に世に出す意義はあったと納得。しかしLet It Beにはいまだに…?

ところでイアン・サウスワース氏の本、まったく同じ感想です。
私の場合、どうしてPrefab SproutやNick Lowe、10ccがこんな言われ方をしなくちゃいけないの、なんでSqueezeは無視なの、と読む心は少し傷つきながらも、好き嫌いも含めて文章の責任をきちんと個人で引き受けようとする気概が伝わってきて、またロック好きのイギリス人ならではの、日本人とは違った(というか日本人には届き得ない)歌詞の捉え方やトリヴィアな情報など、とても面白く読めました。いまさらガイド本なんてと、本屋でこの本を手に取ったときのちょっと醒めた気持ちが見事に裏切られました。

最近読んだ本では、ピーター・バラカン氏の『ロックの英詞を読む』も、イギリス人ならではの歌の解釈を教えられました。ただこちらはEnglish Journalという英語学習雑誌に連載されていたものだそうで、その分アーティストや曲の選択がちょっと物足りないかなという感想です。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

まおゆう魔王勇者 (1) (初回生産限定特典:朗読劇「昼の部」優先購入応募券/橙乃ままれ先生書き下ろし短編小説付き) [Blu-ray] - 高橋丈夫

魔王:「だから、もう一度云う。
   『この我のものとなれ、勇者よ』
    私が望む未だ見ぬ物を探すために
    私の瞳、私の明かり、私の剣となって欲しい」

勇者:「断る」

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa