したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

タクトの世界

1857タクト:2021/10/18(月) 16:04:00
(無題)
明後日です!
10月20日江戸東京博物館小ホールで「OH!江戸寄席Vol.21 丸兄劇場」が午後6時40分開演であります。
週刊少年ハート、猫ひろし、シベリア文太、げんしじん、福岡詩二、実話青年団(服部健治&三遊亭はらしょう)、そしてメインは丸兄。
笑点とかNHKの演芸番組に頻繁に出ていた元漫才師の兄さんです。
ぼくはコントと漫才、トークでご一緒します。
今回の出演者の皆さん、ぼくがこの世界で長くお世話になっている方々ばかりです。
2度と出来ない香盤です。お見逃しなく!
絶対面白いです。

先日、念願の丸沼ダムを正面から見てきました。
丸沼ダムは、国内で現在稼働している6基のバットレスダムの中でも特に優れていることから、2001年(平成13年)に「土木学会選奨土木遺産」に選定されました。
その後、2003年(平成15年)に、発電用ダムとしては国内で初めて重要文化財に指定されています。その要因としては、バットレス構造の希少価値やダムのサイズなどが挙げられ、さらに当時にしては複雑な構造のダムを設計・施工した点も高く評価されました。
トムソーヤ号という手作り筏で、ダムの正面に向かうことができます。

白鵬が引退会見の時に言われた
「若い世代へは、基本を大事にして、まずは型を作って、その型が出来上がったときに型を破る。まさに型をもって型にこだわらない。これができていれば必ず強くなっていくんじゃないかと思います。私の相撲人生の中でもたくさん技がある人は一つも怖くなかったです。型を持っている人間が一番怖かったです」
すごく共感します。
ぼくは以前、旭國という力士が好きでした。
ぼくねえ、型破りになってるんかなあ。。

ショパンコンクールの本選に、日本人が二人残りましたね。
そのうちの一人、反田恭平さんはワルシャワ音楽院に留学されており、以前のインタビューで、
「ワルシャワでの暮らしは、音楽院の隣がショパン博物館で、そこにはショパンの自筆譜がたくさんあるので、1、2か月に1度、見にいったりしています。初期のアイデアとして書き留められていた自筆譜をプロジェクターで見たり、それを演奏している音源を聴たりすることができます。また、ショパンの生い立ちもそこですべてわかります。それから、10月17日のショパンの命日には、彼の心臓が置かれいている聖十字架教会に行くことにしています」
YouTubeで流れるショパンコンクールの予選の映像でも、自信を持って弾かれているのがよくわかります。

https://img.shitaraba.net/migrate1/8130.tact/0002054.jpg

https://img.shitaraba.net/migrate1/8130.tact/0002054_2.jpg

https://img.shitaraba.net/migrate1/8130.tact/0002054_3.jpg




掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板