したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が900を超えています。1000を超えると投稿できなくなるよ。

【アク禁】スレに作品を上げられない人の依頼スレ【巻き添え】part5

1 名無しリゾナント :2014/07/26(土) 02:32:26
アク禁食らって作品を上げられない人のためのスレ第5弾です。

ここに作品を上げる →本スレに代理投稿可能な人が立候補する
って感じでお願いします。

(例)
① >>1-3に作品を投稿
② >>4で作者がアンカーで範囲を指定した上で代理投稿を依頼する
③ >>5で代理投稿可能な住人が名乗りを上げる
④ 本スレで代理投稿を行なう
その際本スレのレス番に対応したアンカーを付与しとくと後々便利かも
⑤ 無事終了したら>>6で完了通知
なお何らかの理由で代理投稿を中断せざるを得ない場合も出来るだけ報告 

ただ上記の手順は異なる作品の投稿ががっちあったり代理投稿可能な住人が同時に現れたりした頃に考えられたものなので③あたりは別に省略してもおk
なんなら⑤もw
本スレに対応した安価の付与も無くても支障はない
むずかしく考えずこっちに作品が上がっていたらコピペして本スレにうpうp

946 名無し募集中。。。 :2015/05/04(月) 00:42:40
■ プリイジング -研修生- ■

イヤダ…イヤダ…

「輸液C投与…1705、覚醒を確認…バイタル正常…行けます。」

ヤリタクナイ…ヤリタクナイ…

「スポーン準備完了、No.01成人男性26歳、No.02成人男性37歳、No.3成人女性…」
「1705、スポーンNo.01認識…」
「よし、『スポーンを開放』、『猟犬』を放て。」

「【限界突破】第四次実戦検証実験、開始…」

――――

走らないと!走らないと!
なんだ?なんだ?俺はなんでこんなところに?
朝起きて、めしくって、そんで…なんだ?
…朝起きたっけ俺?そっからか?
いやそれどころじゃねぇ…ここどこだ?
息が…苦しい…
走らないと!追い付かれる!
あんな!デカイ奴!何頭も!殺される!殺される!
助けて!助けて!助けてえええええ!

――――

947 名無し募集中。。。 :2015/05/04(月) 00:43:16
「スポーン、死亡確認。」
「マインドセット、エラー、アビリティ発動、エラー。」
「データーが取れればそれでよい、実験を続行せよ。」

…ゴメンナサイ…ゴメンナサイ…

「1705、スポーンNo.02認識…」
「『スポーンを開放』、『猟犬』を放て。」
「1705、マインドセット、アビリティ発動待機…」

――――

痛でええええ!あし!脚があああ!
ちぎれる!くいちぎられるううう!
ああ!腕が!指が!あああ!助け…たすけてぇ!
痛い!痛い!いたいたいた!
死ぬ!しぬしぬしぬ!しぬうう!
殺される!ころされ…ころされるくらいなら…
ころされる…らいなら…
ころ…さ…ころ…

…なんだ?この…感覚…は?

948 名無し募集中。。。 :2015/05/04(月) 00:44:06
熱い…熱い…

痛く…ない?…
なんだ…なにを怖がっていたのだ俺は…やれる…やれる…
やる…やる…やっころ…ころ…ころ…ころっ…すっ…すすすすすすす…すすー!
おっほ!蹴り飛ばしてやった!
俺の足の肉ごと吹っ飛んだぞ!ひゃはー!楽しい!楽しい!たーのしーい!
ぶちのめーす!ぶっつぶーす!
あはははは!
ひきちぎーる!ふみつぶーす!
あはははは!
なんだ?こいつらおびえているのか?
あはははは!
ざまああねえなああああははは!
なににげてんだ!
あはははは!
にがすわけねええだろおお!
あはあはははははは!
もっと!もっと!ころさせろ!
もっと!もっと!あばれさせろ!
もっともっともっともっと!もっとおおおおおおお!

――――

949 名無し募集中。。。 :2015/05/04(月) 00:44:44
「『猟犬』の全滅を確認。」
「アビリティ発動確認、成功です。」
「スポーンNo.2、死亡確認…大量失血によるショック死と推定。」
「実験を続行する。」

…モウイヤダ…モウイヤダ…シンデシマウ…ミンナ…シンデシマウ…
…オウエンシテモ…オウエンシテモ…オウエンシテモ…タスケラレナイ…
…イヤダ…イヤダ…イヤ…

「1705、マインドセット、アビリティ発動待機…」

…ハイ…リア…ガンバリマス…
…リア…オウエンスルノ…スキ…
…ダカラ…ウレシイデス…リア…オウエン…ウレシイ…
…トッテモ…トッテモ…

「1705、アビリティ発動確認。」

…マリア…トッテモ…ウレシイデス…

950 名無し募集中。。。 :2015/05/04(月) 00:47:19
>>946-949

■ プリイジング -研修生- ■
でした。

951 名無し募集中。。。 :2015/05/04(月) 00:48:23
>>946-949

■ プリイジング -研修生- ■
でした。

以上、代理投稿願います。

952 名無しリゾナント :2015/05/04(月) 12:41:50
>>924-932 の続きです



聖の不安は的中する。
けたたましい音を立て、はるか向こう側からやってくる赤く塗装された電車。
車両の下から、何本もの鉄の棒が垂れ下がり、下のアスファルトに擦れて激しく火花を散らし続ける。鉄の棒には
吊り皮のようなものが何列にも渡ってくっついていて、それが気の狂った鯉幟のように激しく揺れていた。

暴走列車の行く手の先には、聖たちとパニックに陥り死に物狂いで出口に殺到する群衆が。

「えりが、止めるっちゃん!!」

レールの最終地点に向かって走り出す、衣梨奈。
それを見て遥や亜佑美たちも後を追う。

「無茶ですよ、生田さん!!」
「無茶でも何でも、あの列車止めんとお客さんたちが危ないと!!」

遥の手を振り解き、切断されたレールの切っ先、その正面に立つ。
やるしかない。その強い意志が形になって現れるように、幾重にも展開される衣梨奈のピアノ線。だがその防護ネ
ットは、迫り来る巨大な鉄の塊の前にはあまりにも脆弱だ。

そんな中、こちらにやって来る電車に、自然と遥の視線がいく。
しかし発動した千里眼が捉えたのは、無人の車内。

953 名無しリゾナント :2015/05/04(月) 12:43:00
「だ、誰もいない!?」
「ちょっとくどぅーどういうこと?」
「電車の中に、誰もいないんだよ!乗客も、運転手も!!」

遥の意外な報告は、ある一つの可能性を示す。
それは、車両が群集に突撃するという最悪の惨事を避けるために必要なこと。

「みんな!!」

遅れてやって来た里保が他のリゾナンターたちと合流したのは、そんな矢先の出来事だった。

「鞘師さん!!」
「里保、今まで何してたと!!」

メンバーの中でただ一人安否が不明だったこともあって、様々な反応を示すメンバーたち。
しかし里保は自分がまず最初にやるべきことを知っていた。この状況は、どう見ても尋常ではない。

「フクちゃん、状況は」
「うん。あそこのレールが『敵』に切断されてて。このままだと、電車が」

聖の言うとおり、モノレールのレールは不自然な場所ですぱっと切断されていた。車両が脱線すれば、大惨事を招
くのは自明の理だ。

954 名無しリゾナント :2015/05/04(月) 12:44:05
そして。
聖が口にした「敵」が、最早福田花音ご一行でないことは明らかだった。
彼女は、いつの間にかやって来ていた「里保たちを襲った能力者」たちと一緒に、忌々しげな
表情でこちらを見ているだけだ。

「ふ、福田さん…うちら、どないしましょ」

縋り付くように花音に指示を求めるのは、結界の使い手である香菜。
一方、隠密の能力者・里奈は我関せずとばかりにスマホをいじっている。
そんな状況下で遠慮がちに発言するのは、芽実だ。

「いまさらあの人たちにリベンジ、って雰囲気じゃないもんね…そうだ、いっそのこと仲直り
してさ、あの人たちを助けるってのはどう?」
「お、それ明暗。さすがめいめい、一人で滝行するだけのことはあるわ」

しかし、それを見ていた花音は一言。

「…撤収」

とだけ、言った。
皮肉交じりの笑みを浮かべつつ。

「だってさ。うちらがあいつらのこと助ける義理なんてないじゃん。勝手に困って、勝手に死
ねばいい」
「…上への報告は、どうするんですか?」
「上なんてさ、今頃『天使の奪還』作戦でそれどころじゃないって。それよりも、こんな面倒
な場所からは少しでも早く撤収するのが、お利口さんってもんじゃない?」

955 名無しリゾナント :2015/05/04(月) 12:45:08
里奈の指摘は、花音の痛いところをついていた。
しかし、リゾナンターの手助けをしているところを例の二人組に見られたら、こちらまで的に
かけられてしまうかもしれない。和田彩花というチームの攻撃の要が不在の今、組織の幹部と
事を構えるなんて、冗談もいいところだ。
花音は名より実を取る選択肢を、選んでいた。
しかし。

「そこの、おねーさん!!」

意外な人物が、花音に声をかける。
天下無敵の爆弾娘、佐藤優樹だ。

「…何よ、気安く話しかけないで欲しいんだけど」
「あの、あそこにいっぱい溜まってる人たちをなんとかしてください」
「はぁ?」

花音は、大げさに顔をしかめてみせる。
ありえない。誰が敵の利になるようなことをしてやるものか。
それに向こうだって、こちらの手を借りるようなことは望んでないはず。
花音の予測どおり、亜佑美がすかさず優樹を止めに入る。

「ちょっと、まーちゃん! そいつはうちらに襲い掛かってきた敵なんだよ?!」
「でも、今は敵じゃないでしょ」
「え…」
「今の敵は、あの変な格好した二人組でしょ。あゆみ、幸せと敵味方は天ぷらそばのように運
ばれてくるんだって」
「いや、確かにそうなんだけど…って何で天ぷらそば!?」

最後の例えはともかく、優樹の考えは至ってシンプルだが。
花音率いるスマイレージは、何度もこちらにちょっかいをかけてきている。
その遺恨。わだかまり。そう簡単に消えるはずも無い。

956 名無しリゾナント :2015/05/04(月) 12:46:29
「…そうだね。優樹ちゃんの言うとおり。今は、いがみ合ってる場合じゃない」

納得いかない表情の亜佑美のそばに、聖が立つ。
そこに存在するのは、揺るぎない決断。

「聖ね、思ったの。こんな時、今までのリーダーだったら、どうするかって」
「譜久村さん…」
「福田さん。お願いします。福田さんの能力で、お客さんたちに迅速な避難を」

深々と、頭を下げる聖。
それを見た花音の感情に、再び白波が。

「ねえ。さっきさ、ふくちゃんあたしになんて言った?『孤独』?『誰か私を見て』? そこ
までコケにされて、その上あんたたちを助けるなんてことすると、思う?」

先程のような感情の暴走は伴なわないものの。
聖によって傷つけられたプライドは、未だなおその代償を求めていた。

「…聖の言葉が福田さんを怒らせたなら、謝ります。聖たちのことを助けてくれ、とも言いま
せん。けど、あの人達は、リヒトラウムに遊びに来ただけの人達は。聖たちに巻き込まれてこ
んなことに!!お願いします、あの人たちを助けてください!!」
「そういうのって、虫がいいって思わない? あたしたちは、ここにいる奴らを見殺しにして
も何のメリットデメリットもないし。むしろあんたたちを困らせることができるんだから、率
先してそうしてやりたいくらい」

花音の嗜虐心にはすでに火が点き、その炎の勢いは止められそうにない。
はずだった。

957 名無しリゾナント :2015/05/04(月) 12:49:21
「福田さん…いい加減にしてくださいよ」
「…タケ!?」

聖の隣に立つ、朱莉の言葉だった。
自らの力で袋叩きにしたにも関わらず、意識を取り戻した朱莉の姿に内心安堵する花音。
ただ、それよりも先に出るのは面と向かって楯突かれたことによる不快感だ。

「何が、いい加減にしろだって?」
「スマイレージの功績のためにリゾナンターと戦う。納得はできなかったけど、しょうがない
って、そう思ったりもした。でも、何もしてない人たちを見殺しにするのは、嫌だ」
「タケにそんなこと言われるの、なーんかむかつくんですけど」

後輩からの思わぬ反撃。
そんなものはものともしない、といった態度の花音ではあったのだが。
花音の横に立っていた三人の後輩もまた、朱莉のほうへと移動する。

「香菜もたけちゃんの意見に賛成です。うちらは、罪の無い人たちを見殺しにするべきやない」
「だね。タケは顔も丸いし鼻も低いしおまけに頭も悪いけど、今回に関しては間違ったことは
言ってない」
「ちょ、朱莉は天才だし!!」
「福田さんっやっぱみんな助けましょうよ!そのほうがめいもいいと思います!!」

何だこれは。
どうしてそうなる。
ここに至るまでの誤算の連続。そして今、後輩の四人にまで離反されようとしている。
どうすればいい。何を、言えばいい。
悔しさと苦しみの中で導き出した花音の答えは。

958 名無しリゾナント :2015/05/04(月) 12:54:12
「…できれば助けてやりたいけど。あたしには、できないんだよね」
「えっ」
「10人、100人。その程度だったら、何とかなる。けど。こんな大人数の群集の精神を操
る事なんて、できない」

要は簡単だ。
「やりたいんだけどできない」。そういう結論を出してしまえばいい。
あいつらの思い通りになるなんて、絶対に嫌。
実際の真偽など、どうでもいい話だ。

「あんた!前にその気になれば千人でも一万人でも操れるって言ったじゃないか!!」
「うるさいわね。そんなの方便よ、方便」

亜佑美の指摘にも、花音はまったく悪びれない。
そのうち、聖も亜佑美も優樹も花音に背を向けてしまう。
もう、それどころの話ではないのだ。

「まあ、精々頑張んなさいな。あんたたちにアレが止められるとは思わないけど」

精一杯の皮肉を込めて、花音は言う。
けれどその言葉を、最早誰も聞いてはいなかった。
そのこと自身を、花音が一番良く知っていた。
俯き、言葉を発しない後輩たち。反吐が出るほど最悪の状況だ。
それでも花音は自らの築き上げた高みに立ち続けなければならない。
たとえその場所が、脆く儚いものだったとしても。

959 名無しリゾナント :2015/05/04(月) 12:55:34
轟音を上げながら、終焉へと突き進む暴走列車。
その鼻先が、すぐ、側まで来ていた。
遥から車内の無人状態を知らされた里保は、すでに列車に向かって走り出している。
群集に車両が突っ込むという最悪の展開を避けるためにやることは一つ。終点の手前でレール
を切断するしかない。

ところが。
あることに気づいた遥が、里保の決断を大きく鈍らせる。

「鞘師さん!ダメです!あの中に、は、はるなんたちが!!」
「!!」

全ての物を見通す遥の千里眼能力だが、決して万能ではない。
高速で動いているものの中身を透視した場合、その精度はどうしても落ちてしまうのだ。
しかし車両がこちらに近づくにつれ、はっきりと理解できる。
車両の中に、春菜と香音とさくらの三人がいるのを。

「早く脱出させないと!」
「いや、香音ちゃんの物質透過でもあの速度から投げ出されたら、無事じゃ済まない!!」

里保たちは必死に中の三人に「心の声」で呼びかけるが、返答はない。
おそらく彼女たちは彼女たちで、必死に列車を止める方法を考えているのだろう。大して役に
は立ってはいないが、車両から下方へと突き出しているつり革付きの鉄棒もその内の一つであ
ることは明らかだった。

水、大量の水が近くにあれば。
里保は列車の行く手に何枚もの水の防御壁を築くことで、電車の減速を試みるイメージを描い
てみる。けれど、いくらリヒトラウムが湾岸エリアに建設された立地とは言え、今の場所から
海まではかなりの距離がある。不可能だ。

960 名無しリゾナント :2015/05/04(月) 12:57:45
里保だけではない。
今現在張られている衣梨奈のピアノ線の防護ネット。
亜佑美が呼び出した鉄巨人。
優樹のテレポート能力。
そのどれもが、この危機を脱するには足りない。
状況は、絶望的とすら言えた。

だから、誰もそんな結末は予想すらつかなかった。

「あれ…何か電車の速度が遅くなってる気がする」
「そんなこと!あ…」

遥の千里眼が最初に異常を捉え。
そして他の者たちも次々にそのことに気付く。

猛り狂う列車は、まるで最初からその場所に停車するのが決まっていたかのように。
ゆっくりと速度を落とし、やがて完全に動きを止めたのだ。

961 名無しリゾナント :2015/05/04(月) 12:58:33
>>952-960
『リゾナンター爻(シャオ)』更新終了

962 名無しリゾナント :2015/05/13(水) 00:32:08

(痛い──マジ、ありえねーし!)

声がする

誰?
誰の声?

(こんなトコで……じっとしてられるかよ!)

声がした方へ行くと、壁に手をつきながら片脚を引きずって歩く人が居た

「くっ……あーもう!」

ちょっと年上っぽい女の子
でも、髪はショートだし声はハスキーでボーイッシュな感じ

その女の子は、額に汗を滲ませながらゆっくり歩いて行く

「うわっ!」

ドタッ!

女の子が倒れた

「い……った、くそっ!」

引きずってた脚を、何度も何度も叩く女の子
眼には涙が溜まっている

「なんでこんな時に……!」
「大丈夫、ですか?」

963 名無しリゾナント :2015/05/13(水) 00:33:03

気が付いたら、声を掛けていた

「君、なんでこんなトコに……?」

こんなトコ
ここは、ある条件を満たした子どもが集められた施設

「まさか……君は
「肩を貸します。ここを出ましょう」

女の子の背中に腕を通し、立たせようとする

「ごめん、無理だわ」

制された

「ここには、もう誰も居ませんよ」
「居るよ。ハルの仲間が、家族が戦ってる。ハル1人で逃げるなんて出来ない」

戦ってる?
誰と?
そもそも

「その脚で、何が出来るんですか」
「頑張っても絶対に上手くいく保証なんてない。それでも、頑張った先には何かがある。だから、ハルは行く」

上半身を起こし壁に寄り掛かるハルさん

「そんな状態になってまで、戦う理由があるんですか。歩く事も出来ないのに、普通じゃない」
「大切な家族を守るのに……正当な理由なんていらないんだよ」

964 名無しリゾナント :2015/05/13(水) 00:34:44
>>962-963
見切り発車ですが、保全の一環という事で。

タイトルは完結後に。

965 名無しリゾナント :2015/05/13(水) 00:35:50
>>964
大切な事を忘れていました。
代理投稿お願い致します。

966 名無しリゾナント :2015/05/13(水) 00:43:52
行きます

967 名無しリゾナント :2015/05/13(水) 02:35:06
>>952-960 の続きです



異変は、車両内にいた春菜たちにも伝わっていた。
何の前触れも無く、ゆっくりと動きを止める列車。その止まり方に、春菜は既視感を覚えていた。
もしかして、これは。

「鈴木さん、物質透過をお願いします!!」
「え?あ、うん、わかった!」

取り合えず外に出ようという判断なのだと悟った香音。
自身と春菜、そしてさくらに物質を透過させる力を与えた。

最初からそこに何もなかったかのように、車両のドアを摺り抜ける三人。
春菜は、先頭車両の鼻先に立っている女性を見て、思わず声をあげる。
この独特な雰囲気。見間違えるはずもない。

968 名無しリゾナント :2015/05/13(水) 02:36:46
「あ、彩ちゃん!!」

和田彩花。スマイレージのリーダーにして、加速度操作能力の使い手。
やっぱり、という気持ちと同時に、まさかこんな場所で会えるなんて、という驚き。
スマイレージのリーダーとして、花音の手助けに来たのかも、などということは、これっぽっちも
考えなかった。

「やっぱりはるなんだ!はるなん!はるなん!!」

一方の列車暴走を止めた立役者である彩花もまた、春菜の姿を見つけてこちらに駆け寄る。手を取
り合い飛び跳ねている様は、緊張感の欠片もない。

「何ですか、あれ。あの人、確か生田さんと飯窪さんが助けたっていう。その時の恩返し、なんで
しょうか」
「さあ、どうなんだろうね」

その様子を遠巻きで見ながらも、警戒を怠らない香音とさくら。
そんなことを思われてるとはいざ知らず、美しき友情を展開している二人だが。

「今回はほんとに危なかったんです!彩ちゃんがいなかったら、どうなってたか」
「ううん、あや大したことしてないから」
「でもどうしたんですか、こんな場所に」
「んー。花音ちゃんたちが、あやに黙って勝手な行動するから連れ戻しに」

そこでようやく、春菜は今回の花音の襲撃がまったくの独断だったということを知る。
後から考えてみると、スマイレージのリーダーは彩花なのだ。彼女が不在だったという事実が不自
然なことだと気づくべきだった。

969 名無しリゾナント :2015/05/13(水) 02:37:57
「そうだ、はるなんの先輩だっけ。道重さんと一緒に来たんだ。今、あっちのほうに行ってる」
「み、道重さんが来てるんですか!!」

さらに思いがけない事実。
どうして道重さんが、と思う前に、ある異変に気を取られる。
彩花が指差した方向には、リヒトラウムの入場門がある。
そこに、遠目からでもわかるくらいの人だかりと呼ぶにはあまりに多くの人間がひしめき合っていた。

「…とにかく、みんなと合流しよう。あの「金鴉」「煙鏡」とか言う2人組のことだ、きっと次の手
を打ってくるはず」
「じゃあ彩も。あっちのほうに花音ちゃんたち、いるっぽいし」

こうして完全に沈黙した列車から離れ、香音たちは入場門を目指すのだった。
一方、件の入場門の前には。

970 名無しリゾナント :2015/05/13(水) 02:39:43
「みんな、大丈夫だった!?」
「道重さん!!!!」

聞き慣れた声に、耳を疑うリゾナンター一同。
白い肌に艶のある黒髪、はっきりした二重瞼。
喫茶リゾナントの主であり、そしてリゾナンターのリーダー・道重さゆみ。
彼女は間違いなく、リヒトラウムの地に立っていた。

まさか。でもどうして。とにもかくにも、ぎりぎりまで張り詰めた緊張の糸は、一気に緩むことと
なる。
じわじわとこみ上げる思い。感極まって、全員でさゆみを囲むような形を取ろうとした時。

「りほりほー!!」
「むぎゃっ!?」

さゆみは、「標的」へとまっしぐら。
お決まりのハグ、そして治療と称したお触りだ。
全身で喜びを表現しているさゆみと比較して、ただ身を硬くして目を白黒させている里保、という
光景は最早お約束である。

「愛佳がみんなが血塗れで倒れてる未来を視たから心配になって…でもさゆみは決してみんなのこ
とを信頼してなかったわけじゃないし、それに何よりも、りほりほ、怪我はない?敵に変なことさ
れなかった?」
「は、はあ…」

今まさに変なことをされているんですが。
全身にくまなくぺたぺた、さわさわと癒しの手を這わせるさゆみに、そんな言葉をかけられるはず
もなく。ただ、こうなると外野が黙っていない。

「やすしさんだけずるい!もうみにしげさんきらい!!」
「み、道重さん!あたし、リオンの出し過ぎでちょっと腰が…」

あっと言う間に、後輩たちに囲まれるさゆみ。

971 名無しリゾナント :2015/05/13(水) 02:40:48
そんな中、相変わらず忌々しげにこちらを見ている花音と目が合う。

「あんた、確かスマイレージの」
「何ですか。あたしたちはもう、これから帰るところなんですけど」
「…リーダーの子が、心配してたよ」
「は?余計なお世話です」

花音は、さゆみの言葉が図らずも彩花がこの地に来ていることを示すものと悟る。
何であやだけ仲間はずれなの、と変な空気で詰問されるのはまっぴらだ。
彩花がいることで戦力の大幅増大、はいいけれども。さゆみがいる以上は共闘などという最悪の展
開すらありうる。
一刻も早く、この場から立ち去らなければならない。

一方、さゆみは花音を見て。
ひねくれた面倒臭そうな相手ではあるが、愛佳が伝えた悲劇の未来からはほど遠いように感じた。
第一、そのような圧倒的な実力を持っているようにも見えない。では、あの予知は。

まるでさゆみの疑問に答えるかのように。
その二人は突然、姿を現した。

「随分遅いご登場やないか」
「こっちは待ちくたびれたっつの」

空気が、重くなる。
それは地獄の使者が放つ、底知れぬ悪意のせい。

972 名無しリゾナント :2015/05/13(水) 02:41:52
さゆみは現れた二人の少女、「金鴉」「煙鏡」の姿を一目見て、理解する。
この二人こそが、後輩たちを血の海に沈める未来を齎すものだということを。

973 名無しリゾナント :2015/05/13(水) 02:42:43
>>967-972
『リゾナンター爻(シャオ)』更新終了

974 名無しリゾナント :2015/05/14(木) 09:53:57
本スレ
>>604-605
の続きです。

975 名無しリゾナント :2015/05/14(木) 09:54:29

ハルさんは壁に手をつき、少しずつ立ち上がる

「……!」

脚を押さえ、うずくまるハルさん
顔色は朱く、汗は滝の様に流れている

「これくらいの痛みがなんだ……心の痛みに比べたら全然っ!」

心の、痛み

「……どこが痛いですか?」
「え?」

ハルさんの側でしゃがみ、痛めた脚に手を当てる

──痛覚制御──ロスト・ペイン

「……痛みが、消えた?」
「怪我を治した訳じゃありません。痛みを消しただけです」

消せるのは身体の痛みだけ

「やっぱり君も……能力者」

人間を超えたチカラを持つ者
でも、中途半端なチカラ
役立たずなチカラ

「そんな事ないよ」

976 名無しリゾナント :2015/05/14(木) 09:55:35
伸ばされた手で、頭を撫でられる

「痛みを消してくれて、ありがとう」
「──!」

そんな事、今まで一度も言われなかった
なのに、この人は

「よし!」

動きはぎこちないものの、立ち上がるハルさん
その眼は施設の奥を見ている

「……行っちゃうんですか?」

ハルさんが振り返る
その表情は、笑顔だった

その笑顔は、誰の為?

「家族が待ってっからさ」

行って欲しくない

「……一緒に行きます」
「危ないから君はダメ」
「危ない場所に、あなたは行くんですか?」

行かないで

977 名無しリゾナント :2015/05/14(木) 09:56:27

「大丈夫! 実は、はるかケンカちょー強いんです! なんてね」
「……怪我してるのに」
「そこ突かれると痛いなー。ま、怪我は君のおかげで痛くないんだけどね。ナハハー」

だって、あなたは

「心細いかもしれないけどさ、ここで待っててよ」

初めて──

「必ず迎えに来るから」

そう言って、フラつきながら施設の奥へ走って行った

その背中を見ていたら、追い掛けたいと思った
ううん、追い掛けるんだ

そう思い一歩踏み出した、その時

「見つけたぞ」

後ろから声を掛けられた

「全員避難した。残るは君だけだ、羽賀朱音」

この施設の人

「直ちにこの場を離れるぞ」
「……はい」

978 名無しリゾナント :2015/05/14(木) 09:57:30


──


施設を出ると、空は茜色に染まっていた

「最後の1人を確保、指定地点に到着しました。転送をお願いします」

通信機で話す施設の人

きっと、ここへは二度と来ないんだろう
見納めにと振り返る

「きれい……」

施設の影から少しだけ見えた太陽
徐々に消えて行くオレンジ色は、まるであの人の様だった

心地良い声
優しい言葉
温かい笑顔

誰かの身体の痛みを消した分だけ、自分の心が傷付いてた
無能力者からは嫌われ、能力者からは馬鹿にされてた

だけど、初めて〝ありがとう〟くれた〝はるか〟さん

あの笑顔に、もう一度会いたい

必ず再会する
その為に、朱音は──

979 名無しリゾナント :2015/05/14(木) 10:05:12
>>975-978
『アカネ』完結です。

能力設定は以下から↓
http://www35.atwiki.jp/marcher/pages/1202.html

>>608
活躍、してませんよね……。

>>616
予想はいかがでしたでしょうか。

980 名無しリゾナント :2015/05/14(木) 10:12:27
>>979
大切な事を忘れていました。(2回目)
代理投稿お願い致します。 (2回目)

>>966
代理投稿ありがとうございます。

981 名無しリゾナント :2015/05/14(木) 19:06:16
行ってきます!

982 名無しリゾナント :2015/05/14(木) 19:10:13
と思ったんだけどなんか規制されて書き込めない…どなたかお願いします

983 名無しリゾナント :2015/05/14(木) 22:01:13
再度チャレンジ!

984 名無しリゾナント :2015/05/19(火) 16:02:23
>>967-972 の続きです



ポニーテールと、ゆるふわヘアの二人組。
ゆるふわのほうがマント状の白いストールを翻して後退し、ポニーテールのほうが前に出た。
二人同時で何かをするつもりではないらしいが。

こいつ、強い。
遠巻きにその様子を見ていた花音は、ダークネスの幹部を名乗った少女を素直に評する。
そのような地位の人物と相対するのは二度目だが、発される威圧感は「赤の粛清」に匹敵するほど
のように感じられた。

「まずは…ご挨拶代わりに」

言いながら、ポニーテールの「金鴉」のほうが懐から何かを取り出した。
真紅の液体が詰まった、小瓶。

その中身を一気に飲み干すや否や、
人差し指と親指をピストルのように立てて、何かを発射する。
さゆみではなく、未だパニックに囚われ出口にひしめいている群衆のほうに。

「何を!!」

悪魔の弾丸は、里保の咄嗟の反応により着弾することなく一刀両断された。

「決まってるじゃん。景気づけに、ぶっ殺すんだよ。そいつら全員」

今度は、両手で。
しかし放たれる念動弾の数は、先程の非ではない。
圧倒的な、物量。

985 名無しリゾナント :2015/05/19(火) 16:03:25
近くに水があるならともかく、これだけの量の弾丸を全て打ち落とすのは不可能に等しい。
里保だけではなく、他のメンバーたちも放たれた念動弾を処理しようと駆け出す。
だが、間に合わない。数が多すぎる。
弾に穿たれ、苦悶にのたうち回る人で溢れかえる未来は変えられそうになかった。

「…ちっ」

しかし。
後ろで見ていた「煙鏡」が不機嫌そうな顔をし、「金鴉」は思わず舌打ちをする。
高速で突き抜けるはずの念動弾は急に速度を弱めていた。その隙に、里保の斬撃が、衣梨奈のピア
ノ線が、亜佑美の呼び出す鉄の巨人が。飛来する弾を次々に打ち落としていった。

「間に合った!!」
「里保ちゃんたち!それに、道重さんも!!」

息を切らし駆けつけた香音、春菜、さくら。
そしてその後ろに立つ、加速度操作の能力者。

「邪魔なやっちゃな。ま、構う事あらへん。のん、やりぃや」
「りょーかい!!」

引き続き「金鴉」が、他には目もくれずにか弱き非能力者たちをその的にかける。
しかし、彩花の加速度操作によって漂うシャボン玉の如く。勢いを失った念動弾は里保たちによっ
て次々と無力化されていった。

986 名無しリゾナント :2015/05/19(火) 16:05:28
一方で、彩花の登場に、明らかに不機嫌な顔になった花音だが。

「花音ちゃん」
「な、なによ」

不意に、彩花に名前を呼ばれる花音。
あたしを連れ戻しに来たのか。一体何の権限があって。リーダーだから? 知り合ったばかりの胡
散臭い黒ゴボウと意気投合しちゃうくらい、警戒心がないくせに。
言葉はいくつも浮かべども、口にすることができない。

「あやもずっと能力使ってるの、疲れちゃうから。その人達、花音ちゃんが操って外に出して」
「はぁ!?」

ストレート過ぎる要求。
彩花らしいと言えば聞こえはいいが。

加速度操作により極度に低速化された、念動弾の雨。
これを打ち落とす手勢に、新しいスマイレージの四人が加わっていた。

「みずきちゃん、あかりも手伝うっ!」
「あかりちゃん!」
「全部打ち返してやる!!」

言いながら、大振りなスイングでホームランを量産する朱莉。
こうなると他の三人も負けていられない。芽実が分身で手分けして弾丸の処理に当たれば、香菜が
防御用の結界を張る。また、里奈は持ち前の俊敏さで大量に降ってくる念動弾を着実に打ち落とし
てゆく。

987 名無しリゾナント :2015/05/19(火) 16:06:04
共闘。
花音が最も恐れていたことだった。
何のためにここに来たのか。自分自身が否定されているような気さえする。

花音は、追い詰められていた。
これでは、今の自分はただの聞き分けの無い裏切り者だ。
彩花の様子を窺うと、疑いのない目でまっすぐにこちらを見てくる。
そうだ。その目でいつもあたしを。
花音の意識は、過去へと繋がる裂け目へ吸い込まれていった。

988 名無しリゾナント :2015/05/19(火) 16:07:18


「海月のようにただふわふわと浮くことしかできない」はずの彩花が突如、本来の力を発揮し始め
たのは、能力者の卵たちであるエッグから実用に叶う人間を選出しチームユニットを結成すると発
表されてからすぐのことだった。

物体の速度を自在に操り、攻防ともに優れた能力。
彩花は選抜ユニット「スマイレージ」に選ばれることとなり、さらにはリーダーまで任されること
になる。幼少の頃よりエリートとして持て囃されていた花音が、それを面白く思うはずもなく。

「…どいてよ。邪魔なんだけど」
「あやはここに座りたいから座ってるだけだし、知らなーい」

花音と彩花は、そんな些細なことですら衝突を始める。
一方的に花音が突っかかっているだけとも言えるが、それがさらに花音の勘に障った。
だからと言って、花音はユニットを抜けたいなどと思う事は一度も無かった。理不尽な任務に対し
て根は上げる事はあってもだ。

まるで、支配者の瞳のようだ。
花音は彩花の視線を、密かにそのように捉えていた。
別に特別な能力があるというわけでもない。ただ、そのまっすぐな瞳で見据えられると、何となく
反駁する気が失せて結果的には相手に折れてしまう。
リーダーとしてリーダーシップを発揮したことなど、ほとんどないくせに。それでも、あの頃から、
スマイレージが4人だった時から。
彼女は、「リーダー」だった。

989 名無しリゾナント :2015/05/19(火) 16:09:46
花音は、彩花に対し複雑な感情を抱いていた。
普段はどことなく抜けている、天然な彼女に対して、ある種の優越感さえ抱いていたのに。
しかし、裏を返せばそれは花音のコンプレックスでもあった。

あれだけの苛烈な試練を、何度も潜り抜けさせられてきた。
それなのに、彩花の心は少しも歪むことなく、育っている。
彼女のまっすぐな視線は、そのことを如実に表す。彼女が支配しようとしているのではない。投げ
かけられたものを素直に返すことができないから、何も言えなくなってしまうのだ。

彩花は自ら引っ張ってゆくようなタイプのリーダーではない。
かと言って、周りの人間が支えてゆかねば、と思わせるタイプでもない。
ありのままに行動し、ふるまう姿。
気が付くと、紗季も、そして憂佳もついていっている。
花音にはその光景自体が、眩しかった。
彩花を筆頭に、自分も含めた四人のスマイレージ。光のように眩しい、思い出。

けれど、認めるわけにはいかない。
それが、花音に残された最後の砦なのだから。

990 名無しリゾナント :2015/05/19(火) 16:10:50


時間にして、数秒。いや、それよりもさらに短い時間だったかもしれない。
花音は、自分の思いが4人で活動していた頃に馳せていたことを意外に思った。憂佳や紗季は弱い
から、いなくなった。ただそれだけのことだと思っていたのに。

いやそれは嘘だ。
花音は「意図的に」自分の心にそう言い聞かせていただけだ。
本当は。本当は。

「帰ろう? 新しい『スマイレージ』を作るために。ゆうかちゃんや、さきちゃんが守ってきた、
『スマイレージ』を守るために」
「……」

別に、彩花に言われたからではない。
彩花に、誰かに言われて言われた通りにやるのは、癪だし納得できない。
だからこれは。自分の意思で、やるのだ。

今日は疲れた。早く帰りたい。
贔屓目に見ても、後輩の四人はまだまだだ。鍛えれば少しはましになるかもしれないが。
そのためにも、早く帰って色々やらなければならないことがある。

花音の放つ隷属革命が、恐慌状態の群集に降り注ぐ。
閉ざされた入口に折り重なりあっていたものたちも、互いの襟首を掴みあっていたものたちも、み
な一様に虚ろな顔になり、列を作り、並び始めた。

出入口を塞いでいた鉄板は、芽実の分身の一体が破壊し突破口を広く作っていた。
ゆっくり、しかし確実に。行儀のいい団体は、少しずつ敷地から押し出されるように出てゆく

991 名無しリゾナント :2015/05/19(火) 16:12:21
「させるかよ!!」

なおも無力な群集たちに攻撃を仕掛ける「金鴉」だが、暖簾に腕押し。
彩花の加速度操作の前には、無力だった。
そんな攻防の中、春菜と彩花の目が合う。

「彩ちゃん」
「ごめんねはるなん、この人たちを無事に施設から出さなきゃいけないから手伝えないけど」
「ううん、いいんです。それより、その人たちのこと…お願いします」
「わかった。はるなんたちなら、きっと」
「はい、大丈夫です!」

道重さんがいるから。
その言葉を春菜は敢えて、胸にしまい込む。
さゆみが来た事で戦況に光明が見えたのは確かだけれど、それを彩花の前で口にするのはかなり
恥ずかしくも情けなくもあるからだ。

花音が群集を引き連れ、それを四人の後輩たちが護衛する。
里奈の「なーんだ、全員操れるんじゃん。わけわかんね」という毒吐きなどどこ吹く風。
新しいスマイレージたちは、一つの目的に一致団結を形作った。

「みずきちゃん、あかりたち行かなきゃ」
「うん…今度は、もっとちゃんとした形で」

そして聖と朱莉も。
次こそはうれしい再会になるように、約束を交わす。
そのためには。無事にこの状況から、切り抜けなけれなならない。

992 名無しリゾナント :2015/05/19(火) 16:14:14
一方。
先ほどから緊迫した空気をぶつけ合う、さゆみと「煙鏡」。
そこに追撃をようやく諦めた「金鴉」が合流する。

「ようやくメインディッシュの時間や。これが人気マンガなら読者さんも待ちくたびれてるで」
「…つまらない茶番ね。あんたたちの書く筋書きなんか、10週で打ち切りなの」

さゆみは「金鴉」の顔に見覚えがあった。
以前、同僚の田中れいなに「擬態」した刺客が、彼女にとてもよく似た姿形だったことを記憶し
ていたからだ。しかし。
その横で厭らしい笑みを浮かべる「煙鏡」とは、まったくの初対面。

「改めて自己紹介といこか。うちは『煙鏡』。道重、お前をここに呼び出す絵図を書いた天才策
士や。めっちゃリアルやったろ? 『お前の後輩たちが血塗れで倒れている未来』は」
「それ、どういう」

「煙鏡」は待ってましたとばかりに、大きく相好を崩す。

「偽の予知やってん。お前のお仲間の…何やったっけ。予知能力持ってたやつ。のんがそいつに
接触して、あたかも予知で未来を見たかのように記憶を刷り込んだ」
「え…」
「お前をおびき出すためのエサ、っちゅうわけや。そこのクソガキどもをこの場所に呼び寄せ
たのもな」

相方の言葉に合わせ、自らの姿を変える「金鴉」。
それを見た優樹が、

「あ!福引きのおねーさん!!」

と大きな声をあげた。

993 名無しリゾナント :2015/05/19(火) 16:15:33
この瞬間に、リゾナンターの全員が理解する。
商店街のくじ引きが当たったと言っていた優樹。手にした「プラチナチケット」。あれも、そう
だったのか。
全ては、敵の仕組んだ罠だったのかと。

「おっと。悔やんでる暇はないで? うちらもうひとつ用事あんねん。さっさと済まさなな」
「全員、ぶっ殺してやるよ」

「金鴉」が、大きく前に出た。
先に彼女と交戦した春菜が、叫ぶ。

「気をつけてください!この人、姿と能力の、両方を擬態できます!!」

相手の危険性を察知した全員が、「金鴉」を取り囲む形になる。
亜佑美が、衣梨奈が、そして里保が前衛となり、他のメンバーが彼女たちをサポートしようと一
歩下がった時のことだ。

「待って」
「道重さんっ!?」
「まずは、さゆみがあいつらの能力を…丸裸にするから」

さゆみはそう言いながら、意識を大きく裏側へと傾けた。
つんくから貰った薬により、本来ならば意図的には交代できない「人格」が表に現れた。

994 名無しリゾナント :2015/05/19(火) 16:16:15
「…さゆちゃんの可愛い後輩は、私の可愛い後輩。無事で帰れるとは、思わないことね」

姿は変わらずとも、伝わる。
彼女はもう「道重さゆみ」ではない。
妖しい光を湛える瞳、そして黄泉の空気を纏っているのではないかとすら思えるような雰囲気。
人体の感覚に優れた春菜などは、気に当てられ冷や汗を流していた。

さゆみの姉人格・さえみ。
その柔らかな手は、生きとし生けるものを全て、灰燼に帰す。

「のん…頼んだで」
「へっ、これが噂の滅びの導き手ってやつか。上等じゃねーか!!」

「煙鏡」に促された「金鴉」が、滅びの聖女の前に立つ。
激戦の火蓋が今、切り落とされようとしていた。

995 名無しリゾナント :2015/05/19(火) 16:17:35
>>984-994
『リゾナンター爻(シャオ)』更新終了

10レス以上なので、2回に更新分けます


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


.
シングルV「リゾナント ブルー」 / モーニング娘。

ヽ( ゚∀。)ノ<やっぱこれを見ないとね!


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa