したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が900を超えています。1000を超えると投稿できなくなるよ。

【アク禁】スレに作品を上げられない人の依頼スレ【巻き添え】part5

1 名無しリゾナント :2014/07/26(土) 02:32:26
アク禁食らって作品を上げられない人のためのスレ第5弾です。

ここに作品を上げる →本スレに代理投稿可能な人が立候補する
って感じでお願いします。

(例)
① >>1-3に作品を投稿
② >>4で作者がアンカーで範囲を指定した上で代理投稿を依頼する
③ >>5で代理投稿可能な住人が名乗りを上げる
④ 本スレで代理投稿を行なう
その際本スレのレス番に対応したアンカーを付与しとくと後々便利かも
⑤ 無事終了したら>>6で完了通知
なお何らかの理由で代理投稿を中断せざるを得ない場合も出来るだけ報告 

ただ上記の手順は異なる作品の投稿ががっちあったり代理投稿可能な住人が同時に現れたりした頃に考えられたものなので③あたりは別に省略してもおk
なんなら⑤もw
本スレに対応した安価の付与も無くても支障はない
むずかしく考えずこっちに作品が上がっていたらコピペして本スレにうpうp

2 名無しリゾナント :2014/07/26(土) 02:34:54
まさか、こんな日が来るとは。

鞘師里保は感動に打ち震えていた。
今日は願いつつも叶うことのなかった願いが、ついに叶った日。

「どうしたのりほりほ、箸止まってるよ?」
「え、は、はいっ!」

テーブルの向かいにいるのは、里保が尊敬するリゾナンターの偉大なるリーダー。
これまで、喫茶店が忙しかったり里保が学生生活で忙しかったりで機会がなかったのだが。
ついに、道重さゆみとの二人きりの食事にこぎつけることができたのだ。

能力を持つものとして、か弱き人々を守ること。
共鳴するものとして導かれた自分たちの、指名。
そしてさゆみがいなくなる将来への、不安。

色々と話したかったのだけれど、いざそのシチュエーションに立たされると言葉も出ない。
そもそも。さゆみはこんなに年の離れた自分と会話などして、果たして楽しいのだろうか。
自分のような口下手な人間が、さゆみと二人きりになっていいものか。
二人だけの食事会に相応しくない思考が頭をぐるぐると駆け廻っていた。

「さすが水軍流の剣士だけあって、自戒の念が強いのね。けど、そういう人間だからこそ、喰らい甲斐がある」

思わずさゆみのほうを見る里保。
いや、話したのはさゆみではない。
辺りを見回すが、声の主はどこにもいなかった。

「見回しても無駄よ。あたしはあなたの心の中にいるのだから」

頭の中に、邪な音色を帯びた声が響く。
里保は、ゆっくりと瞳を閉じた。下手に騒いでは、相手の思う壺。
さゆみの気分を害してしまうという、状況に相応しくない気遣いも含まれてはいたが。

3 名無しリゾナント :2014/07/26(土) 02:35:25
「あなたの自分を律するあまりに、がっちがちに固められた心。心の扉というものは固く閉ざせば閉ざすほど、逆に隙間を作る。あたしはその隙間に忍び込んだってわけ」
「どういうつもり?」

相手の不躾な話の切り出しに、里保は心の会話で答える。
すると、

「あたしはダークネスの能力者、って言えばわかるでしょ。あなたを潰しに来たのよ」
「なるほど」
「そしてその目的は半分果たされた。あとはあなたの心を乱し、狂わせるだけ。簡単なお仕事でしょう?」

勝ち誇ったように、その女は言った。
どうやら相手は精神操作系の能力者のようだ。

「どうする? あなたの水の刀であたしを斬る? 無駄無駄、あたしがいるのはそこからずっと遠くの場所。あなたの刃は、あたしには絶対に届かないんだから」
「そうですか」

里保は簡素にそれだけ言うと。

「ぎゃっ!!」

さゆみと里保が座るテーブルの、さらに奥。
薄汚いワンピースを着た中年の女が、苦しみながら床に倒れた。
いったい、何が起こったのか。

「昔、とある憑依能力者に体を乗っ取られたんです。その時に私の友達が精神系の能力で助けてくれて。多少…いやすごく強引な方法でしたけど。その時のことを思い出して、意識を集中してあなたを追い出すイメージを思い描いたんです。まさか、こんなに近くにいるとは思いませんでしたけど」
「……」

女の返事はない。
すでに、意識が落ちてしまっているようだった。

4 名無しリゾナント :2014/07/26(土) 02:36:15
「でも、慣れないことはするものじゃないですね…なんだか…すごく、ねむ…」


その後眠ってしまった里保は、さゆみによってお持ち帰りされた。

5 名無しリゾナント :2014/07/26(土) 02:38:07
>>2-4
「その日に何が起こったか」おわり
■■さんの後にこれとか恥ずかしい……

6 名無しリゾナント :2014/07/27(日) 21:52:34
負ける気しない?

★★★★★★

「亀井さんってあの亀井さんですか?写真では道重さんの横におられた?
 あ、ありえないですよ!仲間同士で戦うなんてあってはならないことです!!」

いや、それは違うと鞘師は反論しそうになり、その言葉を飲み込んだ
たった今、目の前にいる道重さゆみという頼れるリーダーが仲間と闘った告白したばかりではないか
自らの手で掛け替えのない仲間、それも親友を消してしまったという告白
信じたくないのが本音なのだが、覚悟の告白は真実だと受け止めざるをえない

「飯窪、残念やけどホントのことや。受け止めるんや」
「まあ、さゆみんや愛佳のように私は自分の眼で見てはいないけど、信じざるをえないかな」
光井の声は揺らぎなく、新垣の声も普段通りのトーン

「ちょっと!!どうしてお二人はそんなに冷静でいられるんですか!
 かつての仲間だっなんですよ!!なんでそんな簡単に、受け入れられるんですか?」
石田が感情をむき出しにしたので、佐藤はびくっと体を震わせて、あゆみん、と肩をつかんだ
「なんだよ、まあちゃん」
「・・・新垣さん、爪割れてる」

佐藤の指摘した通り爪にひびが入っている。応急処置のだろうか、奇妙な光沢の跡がある
あれは・・・瞬間接着剤であろうか?
「新垣さん、その爪って」
「あっちゃー、後輩達を不安にさせまいと前もって準備しておいたんだけどね〜」
気まずそうに笑う新垣
「新垣さん、あんな強う拳にぎりはったら爪くらい割れますよ」
「あっちゃー、手厳しいところみるね、佐藤は」
「はい!!」
「いや、褒めてないから」

7 名無しリゾナント :2014/07/27(日) 21:53:08
ため息をついて、顔を上げた新垣の瞳はいつもより濁っているように見えた。
「そりゃあさ、私達だって、できることなら戦いたくない
 さゆみんだけじゃなく私にとっても仲間だし、それ以上に友達だからさ
だけど、ダークネスと一緒にいるっていうことは『敵』って認識しなくてはならない」
心の内を隠すこと諦めたようだ
「それに、もしあの亀井さんが本気だしはったら、誰も勝てへん
 ダークネスにとっては亀井さんの能力はほしくてたまらん類のもんやろうしな」

「・・・あの、すみません。
 亀井さんってあの写真だけみると、すっごく優しそうで、何ていうか全然強そうにみえないんですが」
工藤が空気を壊すことを覚悟し、しかし、問わずにはいられなかったのだろう、失礼を承知で尋ねた
「亀井さんってそんなに皆さんが臆病にならなければならないほど強いんですか?」

「ねえ、くどぅ」
先輩たちに問いかけたにも関わらず、問い返したのが鞘師だったので工藤は慌てて鞘師の方を向いた
「強さ、ってなんだと思う?パワー、破壊力、スピード、それとも能力?」
「・・・すべての総合ではないでしょうか?たとえばはるなんと鞘師さんなら鞘師さんが強い
 感覚共有じゃ鞘師さんの太刀をさばききれないし、ぜったいにはるなんじゃ鞘師さんに勝てない」

「それは違うで」
「え?」
「工藤、もし愛佳の能力が飯窪の『感覚共有』やとしても鞘師に勝てる、かもしれへん」
「そ、そりゃ光井さんなら勝てるかもしれ・・・ない・・・ですけど」
光井に咎められているわけでもないのだが、その言葉の強さに押され、工藤の声が小さくなる

「愛佳だったら、じゃなくて、戦い方さえわかっていれば、今の飯窪でもやすしには勝てるよ」
そう断言する人物がいた、新垣だ
「新垣さん、無理ですって、私じゃ、鞘師さんには」
「いいや、戦い方を選べば勝てる」
グラスの水面に波紋が生じた

8 名無しリゾナント :2014/07/27(日) 21:54:13
「弱い能力なんてあらへん、能力の長所は短所にもなる、裏表の関係にすぎへん、逆もある
結局は使い手の腕次第っちゅうことや・・・しかし、亀井さんの能力は反則的や」
「うん、あの力は頼もしいようで、恐ろしい両刃の剣だからね」
通じ合っている二人の表情は暗い

「・・・絵里はさゆみと一緒だった
それは仲が良かったから。さゆみに欠けているものを絵里はたくさん持っていた」
ずっと黙っていた道重が息を整えて、仲間達に顔を向けた
真っ青な顔、血色の悪い唇、泣き腫れた瞼
「だ、大丈夫ですか?」
「・・・大丈夫じゃないけど、みんなには伝えなくてはいけないの」
光井から道重渡されたカップを受け取りながら、仲間達と一人ずつ目を合わせていく

「さゆみはリゾナンターとして多くの戦い、いろんな力を見てきたの
 さゆみの治癒能力、れいなの共鳴増幅能力、りほりほの水限定念動力・・・頼りになる仲間たちの力
 詐術師の能力阻害、永遠殺しの時間停止、マルシェの原子構成・・・圧倒的なダークネス幹部の力
 負けることは死、それを意味する中でさゆみたちは成長できたの
 死なずに今、こうやっているのは奇跡かもしれない」
G、天使、A、R、鋼脚・・・幹部たちとの死闘を思い出し、光井も「ほんまやなあ」とつぶやく

「ダークネスに比べて一人ひとりの力は弱かった。だからこそ、さゆみ達は気持ちを一つにして戦うしかなかった
 それが共鳴、というダークネスも恐れる形で現れたのだと思うの
 ただ、愛ちゃんの光使い、れいなの共鳴増幅能力など強力な力があったのも事実
 ガキさんの精神操作や愛佳の未来予知ももちろん心強かった」
「褒められても何も出せやしないよ、さゆみん」

「小春の電撃もジュンジュンの獣化もリンリンの発火能力もあるからこそ、こうやって今、生きていられる
 もちろん、絵里のあの力も・・・絶対に負けない力」
「『絶対』??」
あえてその単語を使用したように感じられ、石田が反応する
「絶対、ってどういうことですか?」

9 名無しリゾナント :2014/07/27(日) 21:54:48
「石田、私達の戦いで負けることは『死』を意味するってさっき説明したよね?
 ただ、少なくとも私達、リゾナンターは極力命を奪うことはしないことを掟とした
でもダークネスは違う。邪魔するものは徹底的に排除する」
「そ、それはわかっていますよ、新垣さん」
何を言いたいのか全く予想つかない石田達
「ダークネスの破壊行動を未然に防ぐ、それがリゾナンターの役目であり、何も起こさないことが『勝ち』や
ただダークネスの幹部にとっては戦闘員の命の一つや二つが失われることはなんともないやろ
でも何も「事件が起きない」こと、それから幹部が命を失うことは作戦失敗、起こってはならないことや
一方で愛佳たち、リゾナンターにとっての負けはダークネスの行動を守れなかったこと。そこに命の有無は問わへん」

「前から不思議に思ってたんだけど、ダークネスは私達の命を本気で取りに来ればそれで終わる
それなのに、それをしない。なんでだろうね?」
「・・・なんでっちゃろ?」
その問いは昔から幾度となく繰り返されたものだが、未だに明白な答えが出ていない
「それは私達にもわからないことだけど、時々感じることがある、寧ろ、あえてしていないんじゃないかって
 ただ、その理由を説明できる理由の一つはある。それに関係するのがカメの能力」

「亀井さんは『死なない』能力者、なんですか?」
佐藤の答えに道重は首を横にふった
「まあちゃん、死なない人間なんていないよ。怪我をすれば赤い血が流れるし、痛みだって感じる
 絵里はいたって普通だよ。普通に笑って、普通に悲しんで、普通に怒って、誰よりも楽しんだ
何よりも自然体、それが絵里だった。力も自然そのもの、言うなれば『風使い』」
「・・・風ですか。」
小田が先程の鞘師の太刀を払う場面を脳裏に呼び起こしながらつぶやく
「・・・風ならばあのように宙を飛ぶのもすべて説明がつきますね」

「亀井さんは特にカマイタチを好んで使っていた。戦闘スタイルは中軸で支援と攻撃を使い分けるバランスタイプ
 せやけど、それは愛ちゃんと田中さんがおったからや。二人がおらんときは最前線で戦っていた」

10 名無しリゾナント :2014/07/27(日) 21:55:25
「風か・・・風ならはるの千里眼に何も映らなくても仕方がありませんね
 でも、そんなに風だけで戦えるんですか?だって風ですよ?」
「くどぅ、台風だって竜巻だってすべて風ですよ、自然の力は侮れません」
「飯窪わかってるねえ〜その通り。風を操る力はみんなが想像している以上に強力な力
 台風並みの突風もそよ風程度のやさしい風もすべてカメは意のままに起こすことができた
カメのカマイタチは見えない刃、と評していいものかもしれないね。あらゆるものを切り刻んだから
巨木だろうと拳銃の弾であろうと、なんでもね。攻守のバランスで言えば9人の中でも一二を争うかもしれない」
「亀井さんが風を操るときはそれこそ、舞い踊っているようでしたわ」
「舞姫、亀井絵里さん、ですか」

「・・・しかし、風だけならどうしてそこまで恐れる必要があるのでしょうか?
 ・・・数が少ない私達ならともかくとして、ダークネスが恐れた力とは何なのでしょうか?」
小田に近づく新垣
「・・・なんでしょうか?新垣さん」
「ん?いや〜可愛い顔してるなって。いやいや、ただそれだけだって、ちょっと生田、顔をしかめない」
「え〜だって〜新垣さんが〜」
肩をポンポンと叩き、振り向いた生田の目の前には眉間にしわを寄せた鈴木の顔
「・・・なに?」「今の生田の顔真似」

「鈴木!!漫才しとる場合やないで、ええか?話続けるで。
亀井さんの能力のもう一つ、それこそが問題なんや。能力名は『傷の共有』」
「「「「「「「傷の共有?」」」」」」」
「自分が受けたのと同じ傷を相手に作ることができる能力や。
それも一人だけにやない、亀井さんが望むだけの相手に傷をつくることができる」
「・・・相討ちに適した能力、ってことですか?」
「そういうことや」
戦いのプロとしての直感的に鞘師は危険な力と感じ、身震いした
「で、でも、誰とでも相討ちにできるってわけではないんですよね?」
「もちろん、石田の幻獣が石田が視える範囲しか動かせないように」
「!! ちょ、ちょっと待ってください!なんでそれを知ってるんですか!誰にも話したことないんですよ!」
新垣がため息をつき、頭を掻きながら石田を落ち着かせようとやさしく声をかける

11 名無しリゾナント :2014/07/27(日) 21:56:50
「あのね、石田、それくらい、私達くらいならすぐに気づくからね。話、戻すよ
 傷の共有にも届く範囲、射程距離っていうのがある。それは半径数百メートル」
「それなら、たいしたことないじゃないですね」
「カメだけならね。そこに田中っちがいると、範囲は数百キロメートル」
「は??数百キロ?それって」
あまりにもかけ離れた範囲に驚き声をあげてしまう工藤
「いや、それでけで済まへん。共鳴にも相性っちゅうもんがある。
亀井さんと最も相性が良かったんは道重さんや。道重さんがおったら数千キロメートルになる・・・かもしれない」
あまりにも桁が違うスケールに言葉を失う8人、佐藤以外は言葉を失った

「え〜でもたなさたんもみにしげさんもまさ達といっしょだから、そんなに心配はいらないんじゃないですか?」
光井が佐藤に笑いかける
「そう、距離のことは今回はあまり気にすることはあらへん。
 しかし亀井さんは元からダークネスにおったわけやない、ことが問題。そうですね、新垣さん」
「うん、どういう経緯があったかわからないけど、今はカメはダークネス側にいる
 そして、ダークネスにとってカメは『駒』の一つに過ぎないかもしれない」
「つまり、幹部、ではない、一介の構成員に過ぎない立場ということですね
 ダークネスとしては傷の共有をためらう必要はないってことですね
 ・・・下手に亀井さんを攻撃したら、回避不能の死のカウンターが来る、かもしれない」
譜久村が珍しく鞘師よりも先に新垣達の伝えたいことの本意を読み取った

「ダークネスは何をしようとしているのでしょうか?」
「それはこれまでとおなじだよ。世界を変える、そのために必要なことは何でもする」
簡潔な答え、それが答えなのだろう
「・・・でも私達、リゾナンターは戦わなくてはいけないの」
「道重さん?」
「たとえ、エリが敵でも・・・仕方がないの。エリもさえみお姉ちゃんと闘ってくれたんだんだもん
 さゆみはダークネスに泣かされる人が一人でもいるなら、その人を救いたいの」
その瞳からは決意の二文字が読み取れた

12 名無しリゾナント :2014/07/27(日) 21:58:31
「・・・新垣さん」
「うん、愛佳、私達の心配は杞憂だったようだね」
さゆみん、強くなったね。初めはあんなにキャーキャー言ってたのが嘘みたいだよ」
面と向かって褒められ慣れていないのだろう、道重は視線を外す
(立派なリーダーになったもんだねえ)
新垣はそう思いながら、9人の後輩達に檄を飛ばす

「いい?みんな!カメは非常に危険な能力を持っている
 安易な考えだけで突っ走ることはしばらく控えた方がいい
 無理はしないで、変な感覚を覚えたらすぐに仲間に連絡するんだよ」
「変な感覚??」

「そもそもカメが生きているっていうことは愛佳の予知夢だけじゃなく、さっきの風で私も確信した
 元リゾナンターとしての絆は完全に切れてはいないようだからね」
「それで道重さんが私たちの誰よりも先にフードが亀井さんと気づかれたんですね」
「そや、工藤。千里眼で視えるもの以上に視えるもんもあるんや、覚えとき!」
「はい!!先輩」

★★★★★★

「いや〜さゆみんも強くなったね。それにあの子達も強くなった。
実に頼もしい、仲間達を持ったね!!」
新垣は満足げに鼻歌混じりに歩いていたが、しばらくして光井が先を歩いている新垣に声をかけた
「あの、新垣さん?」
「ん?」
振り返る新垣に光井は尋ねるべきか逡巡していた疑問をぶつけた
「一つだけ伺ってもよろしいです?先程の小田ちゃんの顔を覗き込んだのって」
新垣は改めて辺りを伺い、誰もいないことを確認したうえで光井だけに聞こえるように小さな声で語りだす
「愛佳も気になったよね?小田ちゃんはダークネスにいたのになんでその情報を知らないのかな?って
 リゾナンターのために派遣されたスパイなのに、カメを知らないって矛盾しているじゃない」

13 名無しリゾナント :2014/07/27(日) 21:59:50
「ええ、確かにそれはおかしなことやなあって思っとったんです。知らへんかっただけ、で済みそうにないですね
 ・・・探りを入れる必要があるかもしれませんね」
「愛佳がやるの?あの子直感優れていそうだから、相当注意しないと危ないと思うよ
 せめて私も動ければいいんだけど、別のことで手が離せないから、不安だね」
光井はニヤッと笑う
「大丈夫ですよ、すでに調査には入っとる方がおるんですわ」
「・・・ま、私がカメの存在に気づいたってことは、だね」
新垣も笑い返し、宙を見上げた
「そういうことです」

★★★★★★

「ありゃりゃ、ワタシ達の行動、筒抜けみたいダネ」
やや身長の高い女性が口をもごもご動かしながら、モニターを覗き込んだ
モニターには自国のGPS衛星をハッキングして映し出した映像が映り、そこには新垣、光井の姿
「新垣サン、こっち見てマスヨ」
パソコンを操作するもう一人のやや小柄の女性に向かって笑いかける。その表情は嬉しそうだ
「新垣さんならそれくらい気づく、当たり前、いや、バッチリです」
「ソウダネ」
ガコンと音がして、ごみ箱に何かが落ちた。熟れたフルーツの甘い香りが漂った

★★★★★★

「いや〜今日は疲れましたね〜まさか200人も構成員がいるなんて思わなかったですね」
自分の肩を回しながらややハスキーな声で茶髪の女性が隣の背中のギターケースを背負った女性に笑って見せた
「でも、たいしたことなかったじゃん。
ま、これであいつら、ドラッグを流したりできないだろうし、いい仕事といえるんじゃない?」
いつもなら自分の横にワンテンポ遅れて、さらに低い声で同意してくれる仲間がいるのだが、今日は返ってこなかった

14 名無しリゾナント :2014/07/27(日) 22:00:24
その相方は少し遠くで立ち止まり、さらに後ろで立ち止まったままのリーダーの姿を眺めていた
「どうしたの?疲れた?」
「・・・違う」
二人はリーダーが宙を仰いだまま立ちどまっているようであった
「風が吹いた」
ぽつりとつぶやいた。そして駆け出した
「ちょっと!どこに行くんですか!!」
立ち止まらずに声だけが三人の元に届く
「ごめん、ちょっと行かなきゃいけないところできたと!!」

★★★★★★

大気の震えを感じたとき、彼女は荒野の真っただ中にいた
流れる雲、果てしなき地平線、時折ふく風が鳴らす音のみが全ての世界
己の存在を一から問うための旅の途中
答えなど見つかるかはわからない、しかし存在する意味が欲しかった
「・・・絵里」
彼女もまた宙を仰いだ
そして・・・音もなく消えた。彼女のいた痕跡を示す靴跡のみが残された

15 名無しリゾナント :2014/07/27(日) 22:06:52
>>
『Vanish!Ⅲ 〜password is 0〜』(3)でした。
卒業までに書きたいのだが、遅筆が止まらないっw
連載止めないように頑張ります。
好きなキャラを好きなように、ではなく展開を中心に描くってやはり難しい
コメディ書きたいよ・・・でも我慢、我慢

16 名無しリゾナント :2014/07/28(月) 00:09:49
初代行行ってきます!失敗したら許してね

17 名無しリゾナント :2014/07/28(月) 00:26:38
行ってきましたー!緊張したw

18 名無しリゾナント :2014/07/28(月) 23:15:42
http://www35.atwiki.jp/marcher/pages/838.htmlつづき投下いたします



ひしゃげた棚、飛び散ったガラスの破片、「なにか」に使われていた檻―――
この場所にはまるで生きた匂いがしない、と彼女は眉を顰めた。

ほんの数ヶ月前、此処にはいくつもの「生命」があった。
部屋の中心に「培養液」の入ったカプセルがあり、その中には実験体としてひとりの少女がいた。
それを眺めるように、檻の中には数人、孤児院などで「拾われ」、そして検体番号を振られた少女たちがいた。

此処では常に、生命は軽んじられ、人権など無視されていた。
いのちは平等などではなく、タイミングや境遇などで如何様にも変化する不安定なものだった。
非人道的と指差されるのは当たり前だ。
だが、再三言うが、いのちは平等ではない。

19 名無しリゾナント :2014/07/28(月) 23:16:12
東京のど真ん中で通り魔殺人が起きれば日本は驚愕する。
アメリカのど真ん中でテロが起きれば世界は驚愕する。
だが、アフリカで飢餓が起きようとも、だれも驚愕しない。

そう。いのちは、不平等なんだ。
呪うのなら、運命を呪え。世界を呪え。期待するな。此処には、希望なんてないんだ。


そんなことを考えていると、じゃりっとなにかの破片を踏む音がした。
空気の色が変わる。
ああ、さすがだよ、と彼女は笑った。

「待ってたよ」

ゆっくりと顔を擡げる。
そこには、思った通りの人物がいた。

20 名無しリゾナント :2014/07/28(月) 23:16:43
「返事は決まったのかな?シゲさん」

そう、シゲさんと呼ばれた彼女―――道重さゆみは前髪の奥に隠れた目を細めた。

彼女にはなぜか、シゲさんと呼ばれることが多い。その呼び名は、やっぱり嫌いだとさゆみは思う。
「シゲさんって言わないで下さい」と苦言を呈すと、氷の魔女は大袈裟に肩を竦めた。


「調子はどう?脚とか、治った?」

そう訊ねられ、さゆみは眉を顰めた。
以前もそうだったが、彼女はこちら側の情報に詳しすぎる。
黒衣を纏った氷の魔女と対峙しながら、ゆっくりとその距離を詰める。
あの日と同じように、闘う気はないと両手を挙げて丸腰であることをアピールした彼女は目を細めて笑った。

この人の言葉に、嘘はない。と直感する。
敵ではあるけれど、嘘をついてまで勝負を挑むようなタイプではない。
ダークネス側にも、いろんな人種がいることを改めて知る。
どんな卑劣な手段を使っても勝とうとする人もいれば、この人のように飄々と生きている人もいる。
前にこの人が言ったように、「集団」なのだけれどその中身は徹底した個人主義なのだと分かる。
それが少しだけ、羨ましくなったこともあるのは事実だ。

21 名無しリゾナント :2014/07/28(月) 23:17:23
「3ヶ月前くらいにれいなと殺り合ったって聞いたけど。お腹に穴、開けられたって」

魔女に指さされ、さゆみは素直に右脇腹に手を翳した。
確かにあの日、あの血の気の多いヤンキーに風穴を開けられかけた。腸を抉り取られはしなかったものの、臓器はぐちゃぐちゃになった。
だが、さゆみはこうして、生きている。
その理由をホイホイ教えるほど、私は素直な人間じゃない。
沈黙がつづき、返答がないことに飽きたのか「まあ良いけどさ」と魔女は話を変えた。

「シゲさん、答えは決まったの?」

もういちど、最初の話に戻った。
4ヶ月ほど前、氷の魔女と此処で対峙した時、彼女はさゆみを勧誘した。

「ええ、もちろん」

ダークネスに入り、この能力を世界統一のために使わないかと。決心がついたらまた此処に来てと。
そしていま、さゆみが来たということは、その答えはおのずと、決まっているはずだ。

22 名無しリゾナント :2014/07/28(月) 23:18:01
「断るに決まってます」

さゆみの凛とした言葉が、生の香りが失くなった監獄に響いた。
魔女は顔色ひとつ変えずにさゆみをじっと見つめる。
確信もあった。彼女ならこちらに来ると。だが今、その確信が揺らいだ。いや、むしろその確信こそが「確信」なのだ。
彼女は、こちらに来るという確信を揺るがし、最後までそこに残るだろうという確信―――

「私は、リゾナンターの一員です」
「あの泥船に、乗りつづけるってこと?」
「あなたから見ればその程度かもしれません。だけど、私にとってあの場所は……此処が、私の生きる場所なんです」

さゆみの目は恐れを知らぬ子どものように真っ直ぐに、氷の魔女を射抜いた。
あの日のように闇に迷い、それと手を取りかけた幼い少女はもういない。
此処にはただ、不器用ながらもなにかを決意し、がむしゃらに生きていくことを誓ったひとりの女性がいた。

「自分の意志で、さゆみは、私は、闘います。あなたたちと」
「その体でなにができる?脚も腹も完治してなくて、療養中って言われてんじゃん」

ああ、ホントになんでも知っている人だと口角を上げざるを得ない。
まさか情報が洩れているのか、内通者でもいるんじゃないかと疑ってしまうほどだが、所詮は杞憂で妄想だと肩を竦めた。
内通者がいるのなら、とっくに私は死んでいる。

23 名無しリゾナント :2014/07/28(月) 23:18:35
「それでも私は、負けません」
「本気なの?シゲさん」
「本気ですよ、私は、いつでも」

その言葉に、氷の魔女はひとつ息を吐いた。
答えを知っていたような、それでもなお諦めきれないような、複雑な瞳の色を有していた。
その理由はさゆみには分からないし、分かりたくもないけれど。なんだかやっぱり、この人は変わっていると思った。
彼女は「勿体なさすぎるって…」と言葉を漏らしたあと、「ああ、そうそう」とすぐに言葉を紡ぐ。

「ついでに聞きたいんだけどさ」

直後、彼女はすっと右手を挙げた。
なにか来ると直感し、さゆみは慌てて構えた。
案の定、大気がゆっくりと動き出すのを感じる。彼女の右手の中に気が集まりだし、それが確かな形となって表象していく。
それは「あのとき」に見た「物体具象化能力」とは別物だ。これはただの、「氷塊能力」だ。

「キミらはなにを企んでんの?」

言葉の意図をはかりかね、さゆみはじりっと後退する。
なにがですか?と声に出して訊ねはしなかったものの、目がそれを訴えていたのか、彼女は口角を上げて応えた。
手の中に集まった氷塊は、いまにも走り出さんばかりに肥大化していた。

「こっちの“上”の連中がね、妙に気にしてたんだよ。そっちの解体があまりにも演出じみてるってさ」
「……なんのことですか?」
「用意された舞台みたいなもんじゃない?すべてを無に還すように見せて、実際は―――」

24 名無しリゾナント :2014/07/28(月) 23:19:08
瞬間、だった。
バカン!となにかが派手な音を立てた。
魔女は虚を突かれたものの即座に振り返る。
そこには中空に派手に浮かぶマンホールの蓋と、それを握り締めて飛ぶ彼女の姿があった。

「いっけぇえええ!!」

彼女は体を大きく反らすと、まるで円盤投げのようにその蓋を勢い良く魔女へと投げつけた。
咄嗟に手中の氷塊を崩し、全面に広げる。氷の膜を張り、衝撃を受け止める。
マンホールの蓋が派手に氷に激突する。
氷にヒビが入り、ぴしぃっと音を立てる。

崩壊。
派手な音とともに、氷の壁が粉々に散る。
思わずミティは目を腕で覆い、破片から身を護る。
隙間から微かに、彼女が飛び込んでくるのが見えた。
まずいと思い、咄嗟に左手を繰り出すが間に合わない。
彼女の右拳が自らの左肩を抉った。重い、一発だった。思った以上の衝撃に奥歯を噛む。

「……ったいなぁ!」

ミティは強引に彼女の腕を掴み、ぐいっと捻った。
軽い彼女の体は簡単に中空で舞ったが、両脚を回転させて重心を動かし、そのまま魔女の両肩に乗っかった。

25 名無しリゾナント :2014/07/28(月) 23:19:40
交差する手首をそのままに、強引に魔女の腕を持ち上げ、もぎ取ろうとする。
ごきんと肩の骨が鳴った時点で魔女は慌ててその手を離し、氷塊を放出した。
鼻先を掠められた彼女はぐるんと後方に回転し、さゆみの横に着地した。それはさながら、猫のようだった。

一瞬の判断は正解だった。
ぶらりと垂れ下がった肩は、骨が少し外れたらしい。脱臼状態だが、なんとか入れるしかない。
不意を突かれたとはいえ無様だなと魔女はその方向を睨み付けた。

「れいなへったくそー」
「はぁ?」
「なーにが、れなに考えがあるっちゃん!よ。左肩の骨外せただけで全然斃せてないじゃん」
「しょうがないやろ?マンホール結構重くて投げるの必死やったとよ?」
「じゃあ最初からふたりでいけば良かったじゃん。さゆみ超緊張したんですけど」
「さゆがそもそももう少し時間稼いでくれたら、れなやってあいつの顔面グーで殴れたとよ?」
「え、さゆみのせいですか?」
「そうよ」
「そうよってなんよ」

左肩の関節が外れた魔女は、目の前で繰り広げられる光景に目を細めて口角を上げた。
博多弁と山口弁が入り混じる言い合いは、まるで猫のじゃれ合いだ。ああ、やっぱりそういうことかと合点がいき、いまさら驚くことはない。
だからせめて、教えてほしい。教えてほしいんだよ、このお姉さんにさ。

26 名無しリゾナント :2014/07/28(月) 23:20:29
「いつから演技してたんだよ、田中れいな」

声をかけられた彼女―――田中れいなは、口角泡を飛ばすことをやめ、魔女を睨み付けた。
その瞳は真っ直ぐで、だけど左の方が微かに濁っていて、彼女に抉り取られたのは事実のようだと理解する。
れいなはひとつ息を吐くと

「教えてやらん」

そう、応えた。

「さゆとれなの秘密やけん、あんたには教えてやらん」

ばっさりと斬り捨てるその言葉に、思わず喉を鳴らしてしまった。
ホント、何処までも面白い奴らだと、氷の魔女は心底、楽しんでいた。

うん、足掻く奴は、嫌いじゃないよ。

27 名無しリゾナント :2014/07/28(月) 23:22:51
>>18-26 ひとまず以上

28 名無しリゾナント :2014/07/29(火) 00:28:49
http://www35.atwiki.jp/marcher/pages/1044.html の続きです



夜が訪れる。
周囲が闇に満ちるこの時間、人々が住まう街は灯りを点すことで暗闇に抵抗する。だが、この場所はむしろそんな闇を受け入れてす
らいるかのように映る。
この世のありとあらゆる闇が集う地、すわわちダークネスの本拠地。
その地下深くに設けられているのが、彼女たちの会議の場。通称「蒼天の間」と呼ばれる場所であった。

円筒状の空間に、配された13の椅子。
会議に参加する組織の幹部たちは数人を除いて既に席に座っているものの。

「しっかしまあ何だ。うちの所帯も随分寂しくなったもんだな」

ライダースーツの金髪が、大げさにため息をつく。

「『守護者』と『詐術師』が死んでしまったわ。二人の粛清人もいない。今日の議題は差し詰め、組織の建て直しってとこかしら」

呼応するように、真向かいの迫力のある顔の女性が言った。
彼女の言うとおり、三人の幹部が殉職し、後の一人は再起不能。下部組織は右往左往の混乱中。まずは状況を収め組織の地盤固め
を行うことは急務だった。

「粛清人については後任が育つまで持ち回りでやるしかないっすね。ま、組織がガタついたって言っても痒い所に多少手が届きに
くくなるだけの話。そんなことより…あいつらを、何とかしないとな」
「リゾナンターのことね」
「ま、あたしは戦闘に関してはからっきしですから。お強い先輩たちに任せ…あたっ!?」
「ばーか、お前一応幹部だろ?」

隣でおどけるプリン色の頭を軽く小突くライダースーツ。
と同時に、先ほどから一言も喋らないある人物のほうへと視線をやる。

29 名無しリゾナント :2014/07/29(火) 00:30:02
「なぁ。そろそろ気持ち、切り替えてくんねえかな?」
「…美貴のことは、ほっといて」

ようやく口を開いたゴシックロリータの女性。だがそれきり、瞳を閉じて外界から意識を遮断させてしまう。

その時だった。
部屋の扉が、ゆっくりと開く。
黒のローブを纏った妙齢の女性は、着席している四人の顔を見やりながら、中央の自分の席に深々と腰を落とした。

「…随分、静かやな」
「『詐術師』と『黒の粛清』がいませんからね」

皮肉ったような、迫力ある顔の女性 −「永遠殺し」−の言葉を聞き、深くため息をつく。
ただ、これも組織が前に進むための犠牲。割り切るしかない。組織のトップに立つものとして、それ以上振り返る事はしなかった。

「あいつらは?おらへんやん」
「…”任務”を終えて、とっくにこっちに来てるはずなんすけど―」

ライダースーツ −『鋼脚』− がそう言いかけた時。
爆発音。一瞬身構える幹部たちだが、すぐにその音の主は判明した。

「おーっす!!」
「ひっさしぶりやなぁ。アホの蟲使いぶっ殺したった時以来か」

爆発音は、現れた二人組の片方が扉を思い切り蹴飛ばして開けた音だった。
一人は、腹部を出したチューブトップにショートパンツ。明らかに近接戦が得意、といった格好。そしてもう一人は脇に布を合わせ
て止めるタイプの半袖のワンピース。どちらも布地は白を基調としていた。
ダークネスにおいて災厄の双子として恐れられた二人、「金鴉」と「煙鏡」が再び蒼天の間に足を踏み入れたのだ。

30 名無しリゾナント :2014/07/29(火) 00:31:34
「反省した顔には、見えへんね」
「反省したっちゅうねん。反省しすぎて得体の知れない怒りが体中巡り巡ってるわ」

相変わらずの物言い。不遜な態度。
声をかけた「首領」をまるで恐れず、逆に挑発的な態度を取るのは「煙鏡」。
トレードマークだったお団子頭を解き、今は髪を軽く後ろで纏めている。

物珍しそうに、13の席を見回す二人の悪童。
今度はいつかのように二人で一つの席になることもない。と言うより空席が多すぎてどこに座ろうが、といった状態ではあるのだが。
「金鴉」が椅子が壊れるのではと思うくらいに勢いよく席に飛び付き、それを馬鹿にしたような目で見つつ「煙鏡」もまた自らの椅
子に深く体を沈めた。

「にしても、随分減ったなあ。亜弥ちゃんも梨華もおらへん」
「かおりんもいないじゃん。予知とかどうすんの?」
「ええやん。これからはうちらがダークネスの未来の導き手になるってな」
「…はしゃぐのもいいけど、そろそろ座りなさい。ここは遊び場じゃないのよ?」

「永遠殺し」が諌めるのも無視し、「おばちゃんうっせーよ」とか「あれ、お前誰やっけ。確かコバヤシ…」「てかまことが幹部?
冗談でしょ!」と好き放題。だがある事に気づき、ぴたりと動きが止まる。

「そういや、あいつがおらんやないか。うちらを呼びつけた、芋科学者が」
「カガクシャ先生は重役出勤ってか?うらやましいねえ」

毒づく二人の背後の扉が、ゆっくり開く。
いつものように一番遅れて件の科学者が登場、と思いきや。

31 名無しリゾナント :2014/07/29(火) 00:33:30
「何なの、これ」

呆れた「永遠殺し」が一言。
何やら黒い布に包まれた大きな物体を持ち込んだ白衣の男たち。徐に椅子の一つに設置すると、勿体ぶった布切れを剥がし取った。
姿を現す、大きな液晶テレビ。

「おいおい、まさか…」
「その通りですよ、『鋼脚』さん」

頭に過ぎった想定を肯定する声。
テレビのモニターには、砂浜に置かれたサマーベッドに白衣のまま寝転ぶ女が一人。
日除けの為に挿されたパラソルと、テーブルの上のトロピカルドリンクが、嫌が応にも南国気分を醸しだしていた。

「おいこらお前!何してんねん!!」
「見ておわかりになりませんか?休暇ですよ」
「はぁ?うちら呼び出しといて暢気にバカンス、舐めたまねしてくれるわなあ!?」
「御不満があるのなら、そちらにいらっしゃる『首領』におっしゃってください」

テレビの画面に向かって噛み付く「煙鏡」。
休暇を楽しむ「叡智の集積」について問い質そうとするも、当の上司は優雅に寛ぐ白衣の女に腹を抱えて笑っていた。

「あんた…ほんまにそういう場所が似合わへんなあー」
「そうですか?白衣と砂浜という取り合わせは意外に悪くないと思いますが」
「まあええわ。ほな、早速会議のほう、はじめるで」

「首領」が、会議の開始を宣言する。

32 名無しリゾナント :2014/07/29(火) 00:34:55
彼女たちが抱える今後の課題は。「永遠殺し」が、切り出した。

「Dr.マルシェが遂行した『プロジェクトЯ』は滞りなく終了しているわ。目論見どおり田中れいなを離脱させ、共鳴現象の再現
に関する大きな手がかりを手に入れた。そうよね?」
「ええ。田中れいなから奪取したモノのデータの解析ですが、それほど時間は取られないでしょう。田中れいなが抜けた代わりに、
こちらの貴重な実験体を取られてしまいましたが。まあよしとしましょうか」

貴重な実験体、というのはもちろんリゾナンターに加入した小田さくらのこと。
だが紺野の口ぶりからするに、それも想定内の出来事だったようだ。

「でもよ。それでよし、じゃ済まないんじゃねーの? 結局リゾナンターはれいなの穴を埋めきるだけの力を身につけちまったんだし」

「鋼脚」が冗談めいた口調でそう話す。
単なる冗談なのか、からかいなのか、非難めいたものなのか。薄笑いを浮かべた表情からは窺い知る事はできない。

「確かに完全に無視できるような存在じゃなくなったかもしれないっすね。例の組織に『蟲惑』さん再利用された一件も、完全にリゾ
ナンターに出し抜かれちゃいましたし」

『オガワ』が、へらへらしながらの追随。
もっともそれは、「永遠殺し」のひと睨みで意気消沈してしまう程度のものだったが。
そんな中、紺野は。

「そうですね。そこで私は。『金鴉』さん、『煙鏡』さんの両名をリゾナンターに差し向ける事を提案します」

俄かに場がざわつく。
共鳴の力を手に入れた今、組織にとってリゾナンターは粛清の対象でしかない。
となれば、本来であれば粛清人に任せるのが筋。ただ、今はその粛清人が空位であるからして、首領を除いた全員の幹部にその権利が
あるはずだった。が。

33 名無しリゾナント :2014/07/29(火) 00:36:04
「さっすがこんこん!のんたちのこと、よくわかってるじゃん!!」
「錚々たる面々が持て余してたリゾナンターを、うちらが始末することで復帰早々の手土産にする。なかなかええシナリオやないか」

喜んでいるのは例の二人組だけ。
他の幹部たちは、それぞれが複雑な表情を見せる。唯一、「氷の魔女」だけは我関せずとばかりに手鼻をかんでいた。

「…どうでしょう?『首領』」
「ま、ええんやないの」

組織のトップの、嫌にあっさりした認可。
それに気を良くした「金鴉」「煙鏡」が忙しく席を立った。

「ちょっとあんたたち、まだ会議は終わってない―」
「だってのんたちの仕事はもう決まったんでしょ?」
「せやせや。リゾナンターを面白おかしく始末するええ方法、これから考えなあかんしな」

引き止める「永遠殺し」の言葉などまるで気にも留めず、足早に蒼天の間を去る二人。
普段から気苦労の多い副官は、ここぞとばかりに大きくため息をついた。

「はぁ…これだから私はあの二人の解放は反対だったのよ」
「ぼやきなさんな。幹部が一度に四人も欠ける異常事態。渋々ながらも満場一致の賛成だったじゃないですか、保田さん」
「くっ…」

「鋼脚」の言葉に言い返せず、苦虫を噛み潰したような顔をする「永遠殺し」。

「とは言え。さっそくうちの所属の人間が戯れに二人も殺されてる。あんまり悠長なことも言ってらんないよな、コンコン」
「そうですね」

燦々と降り注ぐ日の光をバックに、モニター越しの紺野は。
グラスを手に取りストローからゆっくりと色鮮やかな液体を吸う。
それから。

34 名無しリゾナント :2014/07/29(火) 00:37:04
「のんちゃんとかーちゃん、いや。「金鴉」さんと「煙鏡」さんの扱いについては、私に任せてください。ただまあ、それよりも今は
リゾナンターです。エースを失っても尚立ち続ける若き能力者たちと、組織の異端児たちの対決。結果は見えていますが…きっと面白
いものが見れますよ」

と、そこで画面に黄色いノイズが広がってゆく。
紺野のいた砂浜の砂が、砂嵐でも起こったかのように風に巻き上げられたことによるものだった。
同時に、鋼鉄の風車が空をばさばさと切る音。黒いボディのヘリコプターが乱暴に着地しようとしていた。

「そろそろ時間のようです。まったく従業員にきちんとした休暇も与えないようでは、いつかブラック企業として訴えられますよ」
「…はは、考慮しとくわ」
「それでは、失礼」

「首領」の曖昧な返事を聞いた紺野が立ち上がり、ヘリに向けて歩き始めたところで映像が途切れる。
画面は暗転したのち、永遠に沈黙した。

「どいつもこいつも…勝手なものね」

後輩たちの理不尽な立ち振る舞いに、思わず「永遠殺し」が嘆息を漏らす。
その横ではま、それもええやろと言わんばかりの「首領」の顔があった。

「じゃあ、美貴も行くから」
「あんたまで…『ダークネス』もすっかり統制の取れない集団になったわね」
「て言うか悪の組織に統制なんて必要ですかね」

捨て台詞のような言葉を口にしながら、「蒼天の間」から立ち去る「氷の魔女」。
緩んでゆく冷気を肌で感じつつも、先輩は眉を顰める。

35 名無しリゾナント :2014/07/29(火) 00:38:05
「あの子があんなふうになってしまったのもきっと、『赤の粛清』のせいよね」
「でしょうねえ。松浦のヤツが死んでからずっとあの調子ですから。かと言って『i914』に復讐を仕掛けるわけでもなく。正直あいつ
の考えてることはあたしにもわかりません」
「へえ!情報畑の吉澤さんにもわからないんですか!!」
「うっせえよ」

最後の「オガワ」の言葉が気に障ったのか、再びプリン頭を小突く「鋼脚」。

「ところで組織再統制っちゅうか。新しい粛清人の件なんやけど。この調子じゃよっすぃー、あんたんとこに仕事が集中するで?」
「確かにね。個人主義の塊みたいな連中じゃ、あんたんとこにしわ寄せが行くのは間違いないわ」
「ちょっと早い気はするんですけど。『ジャッジメント』に任せようかと」

組織を束ねる二人の顔色が変わる。
なるほど、紺野が嬉々として報告の役目を自分に任せるわけだ。
「鋼脚」は改めて可愛くない後輩の悪趣味に苦笑した。

36 名無しリゾナント :2014/07/29(火) 00:41:05
>>28-35
『リゾナンター爻(シャオ)』 更新終了
new WINDさんの更新の後という間の悪さに乾杯w

37 名無しリゾナント :2014/08/04(月) 23:50:20
>>28-35 の続きです



「だからさぁ、昨日の試合がチョー面白かったんだって。坂本選手がめっちゃカッコよくて」

べちっ。

「…て言うかタケってニワカだよね。イケメン選手のことしか話さないし」

べちっ。べちっ。

「うほっ!うほうほうほうほっほ!!」

べちっ。べちっ。べちっ。

「出た!かななんのゴリラのまね!じゃあめいも物まねやる!!」

べちっ。
べちっ。べちっ。

重たい緩慢な音が、部屋にこだまする。
音の主は、部屋の隅で座り込んでいる人物であることは間違いない。
その状況を、部屋を共にしている少女たちはまるでなかったもののように扱った。
いや、そうすることしかできなかったと言ったほうが正しいか。

艶やかだった髪は乱れ張りを失い、かつて怜悧な輝きを保っていた瞳は目の前の壁を見ているようでまったく見ていなかった。
なのに、手先だけは緩やかに一つの動作を続けている。

拾い掴んで、投げる。また拾い、掴んで投げる。
その度に投げられた「それ」は含んだ油で壁を汚してゆく。
彼女が投げているのは、唐揚げだった。

38 名無しリゾナント :2014/08/04(月) 23:50:54
皿に盛られた唐揚げを、ひたすら壁に投げつける。
そんなことを、ずっと繰り返していた。
彼女の後輩たちは。無視しているのではない。そのあまりの不気味さ、不可解さに目を逸らしているだけなのだ。
証拠に、交わされる会話もどこか上の空のように部屋に響きわたる。

虚ろな少女 ― 和田彩花 ― を筆頭とする能力者集団「スマイレージ」。
彼女たちは警察の対能力者部署に所属しつつ、共同生活を送っていた。拠点に関しては、

「ただいまー、ってあやちょまた唐揚げで遊んでるの?食べ物は粗末にしちゃだめでしょ」

部屋に入るなり躊躇無く彩花に話しかけた福田花音。彼女が都度”見つけて”くれるので不自由は無かった。

「ふ、福田さん」
「なに?まだあんたたち『あれ』に慣れてないの?」
「慣れるって言ったって、ねえ」

互いに顔を見合わせ、困惑した表情を浮かべる四人の少女たち。
日がな唐揚げを壁にぶつける行為に耽っている光景に慣れろというのもまた、無理な話だ。

「メンバーの半分がさ、ぶっ殺されたんだよ。こんな風になってもしょうがないんじゃない?」

まるで他人事のように、花音は彩花のほうを見る。
相変わらずべちゃべちゃと唐揚げを壁に向けて投げているその姿は、狂気を通り越して哀れですらあった。

39 名無しリゾナント :2014/08/04(月) 23:52:49
スマイレージのオリジナルメンバーだった小川紗季は、止むことのない爆発によってその体を塵に変えられた。
同じく、前田憂佳は高出力の爆撃で心臓をくり抜かれた。もちろん、その頃彩花自身も全身に酷い火傷を負い意識を失ってはいたが。
二人の最期を知った途端、彼女の心は限界を迎えてしまう。

もちろん彼女たちと幼い頃から共に過ごしてきた花音もショックがないわけではない。
ただ、心のどこかでこんな日が来るかもしれないことを予想していたのかもしれない。そう言った意味では、花音は割り切っていた。

彩花は。花音とは違った。

右も左もわからぬ能力者の卵の集団において、彩花に光を見出した憂佳。
彼女と同じように、彩花もまた憂佳に希望の光を見ていたのだ。
彩花が親友として大事にしていた少女が永遠に喪われると、依存はさらに強まった。
それが、いきなり。何の前触れもなく、奪い去られてしまう。
足場を見失い、そして自分自身をも見失ってしまうのに時間はかからなかった。

「あー、一人が大丈夫な性格でよかったぁ、よかったぁ、よかったぁ」

彩花は壊れた機械のように、何度も同じ台詞を繰り返す。
手を差し伸べたいのに。
二人の仲間を見殺しにし、その上で最後の一人が底なしの闇に落ちてゆくのを皮肉に笑むことしかできない。それが何故なのか、花音
は知っていた。

この子を助ける事ができる人間は、もういない。

かつて彩花に光をもたらした少女は、先の戦いにおいて命を散らしてしまった。
つまり、闇に沈み天に掲げた手を引き揚げることのできる人間はいなくなってしまった。もちろん、自分にだってそんなことはできない。

40 名無しリゾナント :2014/08/04(月) 23:54:09
だから、諦めるしかない。しょうがないねと強がって見せるのが精一杯。

「で、これから和田さんのことはどうすんですか」
「ん?タケ、知りたい?」
「え、ま、まあ」

面倒くさい女だ、と思いつつも話を振られた短髪の健康優良児 ― 竹内朱莉 ― はそれを口にはしない。

「腕のいい精神潜行者(サイコ・ダイバー)に頼んでるんだよね。ま、ちょっと、って言うかかなり値は張るみたいだけど」
「いくらくらいなんですか、それ」

眉を下げつつ恐る恐る訊ねる少女 ― 中西香菜 ― の前で、花音が何本かの指を立ててみせる。うわ、ほんまですかそれ。細目を
見開いて驚く香菜を見て、おかめが般若になった、と毒舌を吐く勝田里奈。

もちろんのことだが。
腕のいいサイコダイバーに依頼したなんて嘘だ。いや、正確に言えば既に頼んでいたのだ。それも、一人二人などという生易しい数で
はなく。
だが、自称「腕のいい」能力者たちは彩花の内面を覗き込むとすぐに顔を青ざめさせた。それでも一応中を見たのだから、と図々しく
報酬を要求した輩は花音の隷属の洗礼を浴び、今頃どこで何をしているのかもわからない。

それではなぜ、花音は後輩たちに気休めに過ぎない嘘をつくのか。
花音は、答えを自分の中に思い描くことはしない。思い描いたが最後、それが描いただけのものに終わりそうな気がしたからだ。

41 名無しリゾナント :2014/08/04(月) 23:54:51
「あのぉ、福田さん」
「どうしたの、めい」

一言目から既に言いにくいけどやっぱ言っちゃおうかな、そんな空気を出していた。
だが、田村芽実は眉毛を斜め45度にしてはっきり口にする。

「新垣さんに、頼むわけにはいかないんですか?」
「…無理」

間髪入れずの即答だった。
彩花はスマイレージにとってなくてはならない存在。それは十分承知している。
けれど、それだけはありえない。
目の前で花音のプライドをずたずたにした、あの高橋愛の盟友に救いを求めることなど。

「新垣なんかより、腕のいいサイコダイバーは腐るほどいるんだから。あんたたちは安心して吉報待ってなよ」

花音は、自らそんなことを口にしながらも、知っていた。
相手の精神下に潜行し、最小限のリスクで相手を救うことの出来る能力者など、そうはいないことを。そして。
新垣里沙が、その数少ない能力者の一人であるということも。

それでも。
花音は一度決めたことを曲げるつもりなど、毛頭無かった。

42 名無しリゾナント :2014/08/04(月) 23:55:26
>>37-41
『リゾナンター爻(シャオ)』 更新終了

43 名無しリゾナント :2014/08/05(火) 22:11:15
何者かに追われ、襲われる一人の女。

「私は死ぬのか…?嫌だ…こんな惨めな死に様は。憎い…あいつらのせいで…!お前らのせいで…!」

そこに、どこからともなく声が響いてきた。

“憎め、憎め。憎しみこそ力だ。憎しみこそ闇だ”

ハッ!?

夢だった。
だが、直近の過去を象徴するような夢だった。

起き上がった女は、パソコンに向かう。
すると、珍しく組織からの通信が1件入っていた。

過去類を見ない失敗を犯し、それと共に以前の私腹を肥やす為の不正も明るみになり、女は粛清された。
息のかかった部下達も、多くは放逐された。
だが、それらを掻い潜った僅かな部下達の手で女は再生された。

しかし、組織に戻れる訳もなく、表立った動きも取れず、潜伏生活が続いていた。
そんな所に届いた、1件の通信。

『R 上がる模様』

そうか、ついにアイツもか…。
自分を手に掛けた“R”も、結局は人間らしい道へ戻るのか。

女は自身のした事を棚に上げ、人間という存在への一方的な恨みを募らせていた。
すると、何者かの人間に対する憎しみの声が呼応するように感じた。

「なんて激しい憎しみだ…。この憎しみが念力波となり、過去を呼び覚まし夢を見させていたのか…」

この聞こえてくる憎しみを、女は利用してやろうと思い付いた。

44 名無しリゾナント :2014/08/05(火) 22:14:09
「香音ちゃんどうしたの?なんか嬉しそう」
「えっ!?べべべべ別にそんな事ないよ!?」
「え〜なんかますます怪しいですね〜」

香音はそうは言うものの、表情や仕草からも何か喜ばしい事があったのは明白だった。
そして、紙袋を大事そうに持ちながら店を出ていった。

カウンターを見やる聖と亜佑実。それに対し、微笑みながら頷くさゆみ。
2人は香音に気付かれないように、後をつけていった。

着いたのは、ターミナル駅の改札。
香音は、誰かが来るのを待っているようだった。

「誰が来るのかな…?」
「やっぱり…彼氏?」
「キャー!そんなそんな!」

2人で興奮しあっていた、その時。

「…何してんの?」

香音に気付かれてしまった2人。

「あっ…こ、これからどこ行こうかな〜って…」
「そ、そうです!そうなんです!」
「ふ〜ん。…つけてきたよね?」
「…うん、ゴメン」
「ゴメンなさい」
「ま、いいや。別に隠すほどのことじゃなかったし。あ、来た!」

45 名無しリゾナント :2014/08/05(火) 22:15:45
香音が手を振る方を見ると、香音に似た雰囲気の小学生くらいの女の子が手を振って近付いてきた。

「お姉ちゃ〜ん!」
「え?お姉ちゃん?て事は、妹?」
「そうだよ」
「お姉ちゃん、この人たちは?」
「あっ、紹介するね、私の大事な友達。聖ちゃんと亜佑実ちゃん」

お互い挨拶を交わし、近くのファミレスに入店した一同。

「じゃ〜ん!」
「わぁ〜!クマちゃん!」

大事そうに持っていた紙袋から香音が取り出したのは、テディベアだった。
妹は、香音の持つちゃーちゃんとお揃いのテディベアを持っていたそうだが、最近した引っ越しのゴタゴタの中でなくしてしまっていたという。

「わたしは大丈夫だよ。くますけは立派な大きな熊さんになって山に帰っていったんだ」
「え〜、何それすごい大人〜!」
「可愛い〜!」
「じゃあこの子を私だと思って、大事にしてね」
「じゃあ名前は“くまのん”だね!」
「アハハw くまモンみたいw」

その後、あとは姉妹水入らずでと、聖と亜佑実は香音たちと別れた。

46 名無しリゾナント :2014/08/05(火) 22:18:17
その頃。

「ここか…」

女は、ある山中の洞窟の前に立っていた。
その奥から、強い恨みの念を感じとっていた。


その後。
街に熊の化け物が出現し、人々を襲いだした。

リゾナンター達も現場に駆け付け応戦するが、熊の圧倒的なパワーに押され、劣勢になりながらもなんとか撃退した。

リゾナントに戻り、さゆみによる傷の手当てを受ける一同。
その中で、今回の熊の化け物が、今まで現れたようなふざけた怪人とは一線を画していることを感じ取っていた。
それに関して、さゆみが口を開いた。

「これは結構大きな話題になったから覚えてる人もいるかもしれないけど、みんながここに来る前ね、大きな熊が次々に人を襲って騒ぎになったんだよ。山狩りで退治されたはずだけど…」
「ということは、その時に死んでるんですよね?」
「でも、人間への恨みや憎しみは残った」
「それを、ダークネスが利用して実体化したんですね」「だけど、熊だって好きで人間を襲った訳じゃあないですよね」
「開発が進んで、山が枯れ、餌を求めて人里に出てくるようになって」
「それを追い回され、次第に凶暴になっていったんですね」
「人間を憎みたくもなりますよね…」
「でも、その憎しみを利用するなんて許せない!」

47 名無しリゾナント :2014/08/05(火) 22:21:12
一同は三手に別れ、見回りに出掛けた。

一方、香音の妹は香音の家で留守番をしていたが、お菓子を買おうとコンビニに行こうとしていた。


「あ、ここ私ん家近く」

聖と亜佑実と共に見回りしていた香音が呟いた。

「…!!」

それと同時に、胸騒ぎを感じた。
駆け出す香音。

「どうしたんですか鈴木さん!?」
「香音ちゃん!?」

追いかける2人。
駆け付けた先で香音が見たものは。

「お姉ちゃん!!」

熊の化け物に捕まった、妹の姿。
そこに覆面で正体を隠した女も現れた。

「動くな!動くとこの娘は…。手も足も出せまい。恨み重なるお前ら。少しの間楽しませてもらおう」

そう言って、姿を消した。
残されたくまのんのぬいぐるみを持って、香音は妹の救出を誓う。

48 名無しリゾナント :2014/08/05(火) 22:26:51
>>43-47
「NO ESCAPE」(前編)
妹さんの名前をどうしようか考えましたが結局出さないことに
だけどそれって難しいですね

49 名無しリゾナント :2014/08/05(火) 23:25:10
転載依頼ないけど…行った方が良いのかな?

50 名無しリゾナント :2014/08/06(水) 00:39:05
行ってきました

51 名無しリゾナント :2014/08/06(水) 02:57:22

山道を進んでいく一団の姿があった。
狩猟用の大口径猟銃を持った男達。猟犬たちが革紐に
引かれて進んでいく。素朴な猟師達の顔に、晴れやかな表情はなかった。

 「今日はあまり獲物がいなかったな」
 「最近は南下してきた獣達が鹿や野兎を喰い荒らしてるからなあ」
 「隣町では木々を伐採して自然がほとんど無くなってるというから」

猟の成果を語らいながら、猟師たちが山道を下っていく。
道は村へと続くなだらかなものに変わる。
道を挟む木々に広葉樹が増えてくると、猟師の一人が呟く。

 「ゲンさんが参加してくれればな」
 「あの人は、十年前の事件で猟の生業は辞めちまったからな。
 参加はしてくれないよ」
 「あれは酷かったな…」

猟師達の先には、革紐でつながれた黒や灰色や茶髪の
猟犬たちが進んでいたが、突然立ち止まり、喉を低く鳴らす。
猟師が犬の首輪につながる革紐を引いて制止し、警戒した方向を眺める。
山道の向こうから、旅行者の一団が歩いてきていた。
老人に中年に若い男女という六人だった。
威嚇する猟犬に気付き、一行の足が止まる。
猟犬の無礼を謝罪しようと、猟師たちが軽く会釈をする。

旅行者の長らしき老人が戸惑ったようにうなづく。
害意はなさそうだと理解し、猟師は話しかけた。

52 名無しリゾナント :2014/08/06(水) 02:58:54
 「旅行者かい?隣村から離れた山になんか用があるのかね?」
 「ああ、ただ知り合いに会いにいくだけだ」
 「これから雨が降ると言ってたが、間に合うのかい?」
 「お気遣い感謝する、だが急ぎの用なのでね」

老人が答えると、猟師たちは顔を見合わせた。
黒い猟犬が吠える。
その横に居た茶髪の猟犬が一団に向かって疾走を開始した。
突然の動きに、猟師の手から革紐が抜けていく。

 「あんた、危ないっ!」

猟犬は一団に向かって一直線に走っていった。
獰猛な牙が、老人の右手に突き立つ、悲鳴をあげて老人が手を振る。
噛み付いていた犬が、腕から抜けた。大地に四足をついて、犬はまた
地の底からのような唸り声をあげる。他の猟犬たちも老人を囲みだした。

 「ああ、なんてことを!」

飼い主の猟師が走る。他の猟師たちも惨劇を止めようと進み、止まる。

 「犬めっ!野生を忘れた人間の奴隷め!」

激昂した老人の姿は、見る間に変貌していく。
皮膚を剛毛が覆い、体が膨張し、衣服を破っていった。
大きく開いた口が、先頭の猟犬に向けられる。怯えた猟犬の足が止まる。

 「なんだ、なんなんだいったい!?」

53 名無しリゾナント :2014/08/06(水) 02:59:29

猟師たちは異様な光景に叫ぶしかなかった。
老人が、風よりも速く動く。犬の頭部が老人の大顎に挟まれ、砕かれた。
唇からは脳漿と血液が零れ、胸元の剛毛を濡らす。
口から犬の死骸を垂らしたまま、巨大な人影が路上に立つ。
老人に倣って、他の旅行者達の姿も変貌していく。

 「あああ!ああああああ!」 

恐慌状態に陥った猟師が猟銃を抜き、目標も定めずに撃った。
旅行者の肩に命中し、獣毛と肉と血を散らせる。
猟犬たちが恐慌状態に陥り、変貌した群れに走っていく。
猟師たちは猟犬が戦う光景を背後に走った。村へと逃げ帰るために走る。

前方の道に人影が見えた。
夕暮れの大気に、紅い光条が疾走していく。
鞘師里保の振るう『紅い刃』が、毛皮に覆われた左肩から右脇腹までを両断する。
血と内臓を撒き散らし、獣の陰が怒号をあげる。
翻った刃が、左から襲撃してくる獣の右腕を切断。

苦痛の咆哮を上げて、影は後退する。獣の瞳と爪牙が光る群れに並ぶ。
影の群れは二足歩行で直立していたが、どこか違和感がある。
前方に長く迫りだした口腔には、鋭利な犬歯と門歯が並ぶ。
尖った三角の両耳は頭頂に立てられていた。
人間の戯画のような造形。
全身を暗灰色の剛毛に覆われた者達は
狼とも人間とも判別しがたい異形の群れだった。

 「<人狼>、くどぅー以外に見るのは初めてだ」
 「ハルも初めてですよ」

54 名無しリゾナント :2014/08/06(水) 03:00:12

鞘師の傍らで工藤遥が苦笑する。
胴体を薙ぎ払われ、腕を斬りとばされた人狼たちの傷口が蒸気を噴きあげる。
傷口が癒着し、出血が止まっていく。

 「普段は人間の姿で、戦闘時には獣の膂力と俊敏性を持つ獣人に変身できる。
 つまりは本当の意味での<獣化能力者>」

咆哮をあげて、人狼たちが突撃を開始する。
迫る爪牙。鞘師が刃を振るい、血霧が舞う。

 「遠慮はいらないですよ鞘師さん。仲間じゃない人狼に同情する義理はないので」

工藤は4つのM67破片手榴弾の安全ピンを手や歯で取りはずし
Tの字に折れた安全ピンの先をまっすぐに戻す。投擲。
安全レバーが外れて眼前に迫る最前列の人狼に着弾。電球は人狼の上半身を
丸ごと消失させ、最後尾にいた人狼の頭をも消し去り、飛翔。
背後の木の幹にも着弾し、爆音と破片を散らす。
一拍置いて、人狼と巨大な樹木が大地へと倒れていった。

 「じゃ、遠慮なく」

上空からの紅い閃光、鞘師の『刃』が振り下ろされる。
逃走しようとした人狼の頭頂から、尻尾の生える股間までもが一気に両断。
続いて閃く水平の刃。傍らを駆け抜けようとした人狼の頭部を両断。
左右上下に分割された屍が、濡れた落下音を立てた。
再生すら許されない致命傷を受け、人狼たちは絶命する。

 「ほんの数分前まで依頼を受けてくったりしてたのに」

55 名無しリゾナント :2014/08/06(水) 03:01:02

まるで本能とでも言うのか、眠気眼だった鞘師の瞳は爛々と輝いている。
木々が並ぶだけの辺境の街道の風景は、今では人狼たちや猟犬たちの
死骸が転がっている。血臭漂う酸鼻な戦場になっていた。

 「そういえばさっきの猟師さん達は?無事に逃げれたかな?」
 「逃げれたとは思いますけど、ハル達は完全に囮にされたでしょうね」
 「ふうん、まあ良いよ。居てくれたってどうしようもない」

鞘師の握っていた紅い刃が形状を歪ませ、最後には液体になった。
そして手の甲に刻んだ傷に吸い込まれ、掌にはべっとりと朱色が塗られている。
ハンカチで拭っていると、背筋に悪寒が走った。

 「くどぅー!」

鞘師の鋭い声に反射的に視線を向ける。
人狼たちの死体の陰から、陰が飛び出した。
人狼の生き残りが、突進してくる瞬間だった。

 「っ…なろっ!」

怒涛の一撃を、腰に仕込んでいたダガーナイフで辛うじて弾く。
割り込んだ鞘師が斬撃を放ち、人狼の左腕を肘で切断する。
片手から鮮血を噴きあげながら、人狼は人とは逆方向に膝を曲げて
大地に着地する。
獣と人の間の瞳が、殺意を持って二人を見上げる。
再度の突進が開始された。
人狼の右手を避けながら、右肩へとダガーナイフを突き立てる。
P226を構えて発砲。

56 名無しリゾナント :2014/08/06(水) 03:01:51

苦痛の咆哮をあげ、人狼が工藤の体を蹴って後方飛翔。
泥土の飛沫をあげて着地する。
腕と肩の傷を修復しつつ、人狼の黄金色の双眸が仲間の死体を見下ろす。
哀感を帯びた黄金の瞳だった。
再び上げられた瞳が二人を見据える。
視線で殺すかのような、憎悪が煮えたぎる坩堝の瞳。
衝撃で咳き込みながらも、工藤は体勢を整える。

 「そんなに睨まないでよ。あんたが相手だって聞いたから人間として
 相手してやってるんだしさ…今後人間に害を成さないなら見逃す。
 というか見逃させてよ、勝手なことだって自覚してるんだから」

猟犬と人狼が内臓と血を撒き散らし、死屍累々と重なる夕暮れの山道。
工藤と人狼の視線は、時間を忘れたような静謐のなかで交差する。
人狼は工藤から視線を逸らさずに下がる。
そのまま山麓への一本道を狭谷まで後退。
喉を垂直に立てて、人狼は叫びを一声あげた。
悲哀を振り絞るような声だった。

人狼は膝を曲げて伸ばす。獣の体は、一気に後方跳躍。
続いて疾風をまとって山へと逃げ去っていく。

追おうと足を踏み出した鞘師だが、止めた。

57 名無しリゾナント :2014/08/06(水) 03:02:28
 「あの人だけを生き残らせたとしても、寂しいだけだよ」
 「それでも人狼を絶滅させるのは、ハルのわがままです。
 すみません、さっきあんな強気で同情しないって告げたのに」
 「あの弾丸を撃ったならまあ、二度目の獣化はないと思いたいけどね」

拳銃を撫で、工藤は腰に納める。あれは誓約の縛鎖だ。
一方的な工藤の、"大神"としての身勝手な願いだ。
それでもあの人狼が再び変貌するというのなら、もうどうしようもない。

 「さて、帰ろうくどぅー、もう眠くてしかたがない」

空はさらに暗雲が垂れ込めている。
空気に湿気が増し、太陽が完全に落ちようとしていた。

58 名無しリゾナント :2014/08/06(水) 03:05:15
>>57
タイトルは『銀の弾丸 -Night of clown-』とでもしましょうか。
長くなってしまったんですが、自分がさるを食らった時は
誰か代わりをお願いできませんか。いってきます。

59 名無しリゾナント :2014/08/06(水) 08:28:37
>>49-50
遅くなりましたが転載ありがとうございました
一言添えておくべきでしたね、すみません

60 名無しリゾナント :2014/08/07(木) 01:07:21
工藤の鼻先に冷たいものを感じた。
続いて周囲に雨粒が降り注ぐ。雨は水滴の足跡を見る間に増やしていく。

 「まーちゃんに連絡とれないし、どうしましょう鞘師さん」
 「とにかく歩くしかないよ。ああ困ったな、何とか私のチカラで
 操作してみるけど、範囲としては半径数メートル。このまま止むのを
 待ってもいいけど、それよりは雨宿りを探した方がいいよね。
 さすがに気温までは操れない」
 「とは言え、うーん………建物らしいのはまだ見えてこないですね」

工藤が数十メートル範囲に『千里眼』を向けている。
鞘師が数メートル四方に『水限定念動力』で雨のシールドを形成する。
三方を高い崖に囲まれ、闇に林や森が点在する広めの盆地に出た。
閉塞感を誘う陰鬱な風景だ。
小雨だった雨足は急速に強まり、地面を一面の泥濘に変えていた。
水滴で視界が不明瞭になりながらも、それでも何かがあると信じて進む。

 「それにくどぅー、怪我してるよね。さっきの人狼に蹴られた所」
 「あ、いえ、その…はい…我慢してました。正直泣けてきてます」
 「治療するための緊急避難。さてどうするかな」

鞘師が持っていた『治癒能力』付与救急パックは依頼の時に使ってしまっている。
工藤の体力を消耗させないために雨を避けながら数十分後。
雨の紗幕の向こうに灯る明かりが見えた。

61 名無しリゾナント :2014/08/07(木) 01:07:57
光源である山荘に接近してみる。
山荘は石造りの頑丈な二階建てだった。
地下室への入り口もあり、寂れた山には不似合いな程度には大きかった。
住人が手入れをしていないのか、敷地は泥の海となっている。
林から延びた下生えに侵食され、山荘の木材が腐り落ちている箇所もある。
窓からは目指していた人工の灯が漏れている。
どうやら先客がいるようだ。

 「どうします?」
 「うん。まあこの雨をしのぐ同志として話をつけてみよう、くどぅーが」
 「ハルがッスか」

鞘師は雨を振り払うように玄関口の石造りの階段を上る。
横にあったバケツの水で服を少しだけ湿らせておく。
杉材の扉の前まで忍び足で接近。
仕方なく工藤も後を追って、ダガーナイフを構えた。
扉をノックすると、それは簡単に開いた。

暖炉の柔らかな明かりが広がる室内には、目と口で三つの丸を作った
人間達の顔が並んでいる。対応した女性は少し驚いていたが、小さく微笑んだ。

62 名無しリゾナント :2014/08/07(木) 01:08:46
跳び込んだ山荘には、五人の先客が居た。
工藤が自己紹介のついでに山を越そうとしたら狼の群れに遭遇し
襲われて命からがら逃げてきたことを告げると、全員が不安そうな表情になる。

 「ふうむ、この辺りは南下してきた獣が多く生息しているとは聞いてましたが
 まさか人間を襲うなんて、可愛そうに。しかもこの豪雨だ。
 やはりこの家に避難したのは正解だったようですね」

向かいの椅子に座り、郷土史家だという青木が煙草の煙を吐き出す。

 「しかし、この家に住んでいるはずの源太郎さんが不在だからといって
 勝手にはいるのはどうかと……」

窓際に立って、風邪気味なのか神経質そうに小さく咳き込んでいるのが
役人の五十嵐という中年男だった。

 「緊急避難ってヤツだよ。嫌ならおまえさんだけ出て行けばいい」
 「そうよ、これは不可抗力。しょうがないことなのよ」

応接椅子に寄り添って座る若い男が安部、女が岸本という旅行者だ。
棚から勝手に酒を取り出し、安部は手酌で飲んでいる。
酒のせいか顔が赤くなっていた。

 「山の天気は変わりやすいというけれど、この季節に
 こんな急な変化は難しいですね。あ、蜜柑はどうですか?お二人共」

63 名無しリゾナント :2014/08/07(木) 01:09:36
椅子に座ってこの地方特産の蜜柑を食べているのが、山向こうの村に
住んでいるという行商人の道島。
二人の境遇を気にしてか、出会ってから何度も気遣いの言葉をかけてくれる。
何処となく風貌が道重さゆみに似ていた。
下の名前も「沙由美」というのだからこれほど偶然な出会いも無いだろう。
青木と安部も蜜柑を受け取ったが、岸本は「服に飛沫が飛ぶので」と丁寧に断った。

青木は裏の森で昔起きた事件で建てられた祠の調査をしていたそうだ。
そこで急な雨に降られ、この山荘に避難してきたという。
五十嵐は役所の仕事で山越えをしていた。
ついでにこの家の主人で、元自警団だった源太郎という老人に会いに寄った。
五十嵐は何とも陰気で冴えない中年男の典型的な顔をしている。

道島は山向こうの村から山を越えてきた唯一の山道が、背後で土砂崩れになって
どうにもならなくなったという。
安部と岸本は数キロ先の村で明日行われるイベントに参加する為に山越えを
していたが、土砂崩れで道をふさがれてしまい引き返してきたと言う。

全員がそれぞれの理由でこの山荘に留まることにした。
暖炉の前で工藤の負傷を治療しつつ、鞘師は全員の名前と顔を一致させる。
先程まで血生臭かったからなのか、人の存在がどこか懐かしく感じた。

64 名無しリゾナント :2014/08/07(木) 01:13:55
>>60-63 今回は短めです。
あと実は修正する誤字脱字が一部だけあるんですが、もしも
wikiに(ryするのであればリゾスレのものを(ry

65 名無しリゾナント :2014/08/08(金) 01:59:56
 「急な豪雨に襲撃事件。唯一の道も塞がれてる今は朝になるまで
 ここに待つしかないな。全く、なんて厄日だよ」
 「安部さん、私怖い」
 「全く、だから田舎は嫌なんだ」

しなだれかかる岸本に目尻を下げた安部が答える。
「田舎は関係ないですよ」と五十嵐が小さく反論した。
安部の視線が五十嵐に返されると、小役人は黙り込む。
不安のせいか、なんとも気まずい空気が流れる。

会話が無い時間の進みは、あまりに遅々としていた。
雨音と五十嵐の咳だけが室内に響く。

 「咳がうるさいぞ。止めろ」
 「そんなことを言われても」
 「咳の音にイライラする、こっちまで頭痛が激しくなるんだよ」

赤い顔の安部と彼に抱きつく岸本は棘のある言葉を投げつけあう。

 「そうよ、腹が立つわ」

彼女の赤い顔は濡れたための風邪なのかもしれず、不機嫌に拍車をかけている。
咳き込む五十嵐が気に障るらしく、険悪な雰囲気になる。
横目で見ていたが、このままの空気で朝まで過ごすのも気が滅入った。

工藤は少しばかり空気を変える為に口を開く。

66 名無しリゾナント :2014/08/08(金) 02:01:30
 「どなたか小銭を持っていませんか?三種類の小銭を二枚。
 出来れば六枚ほど貸してほしいんですけど」

言い争い寸前だった三人が、工藤の提案にそろって怪訝な顔をする。

 「は?小銭、ですか?」
 「ちょっとした退屈しのぎですよ」
 「なら僕のを貸そう」
 「おい」
 「いいじゃないか、子供には優しくだよ」

青木が小銭を工藤に手渡す。一円、五円、十円。
新しい煙草に火を点ける青木の向かい側の椅子に腰を下ろす。

 「では道島さんは三種類の小銭の中から、私や他の人にも
 見えないように一枚を取ってください」
 「え、ええ、分かった」

訝しげな表情の道島が近寄る。工藤が目を逸らしている内に選ぶ。

 「手を握ってください。他の人には見えないように」

工藤は見ないままに残った二枚を懐に入れる。次にもう一方の組
三種類の小銭を机の上に並べる。

 「青木さん、三種類の小銭から一枚を選んでください」

67 名無しリゾナント :2014/08/08(金) 02:04:21
向かいの椅子で煙草の紫煙をあげつづける青木が、興味を持ったらしい。
体を屈めて、机の上にある三枚の小銭のうち、一円玉を指先でつまむ。

 「では、捨てた小銭以外の小銭のどちらかを、手にとってください」
 「何をさせたいんだい?」

怪訝な表情の青木が、それでも素直に五円玉を取る。

 「青木さんが選んだ小銭は……机の上の十円玉ですね」

工藤の言葉に、青木や人々の視線が机の上に集中する。
残ったのは、赤銅色の十円玉。

 「それでは道島さん、掌に持っている小銭を皆さんに見せてください」

道島が五指を開く。
掌には机の上のものと全く同じ、赤銅色に輝く十円玉が表れた。
小さな驚愕の声が、全員の口から漏れる。

 「何で?どうして青木さんの選択が分かったの?」
 「それに順番的に本人すら何を選ぶか分からないはずだ」

工藤を囲む人々が、驚嘆や推測で騒然としている。
暖炉の横で暖かくなってきたのか、毛布を枕代わりに鞘師が眠っていた。

68 名無しリゾナント :2014/08/08(金) 02:05:19
 「小銭をすり替えたか何かがあったんだきっとっ」
 「そんな、このお金は青木さんのものですよ。それにこの子と
 私は知り合いでもなんでもない、打ち合わせだってしてないんですよ?」
 「そうです。道島さんが握ってから、この子に触られてもいない」

道島と五十嵐に指摘されて、青木が言葉に詰まる。

 「まあ単なる手品ですから、あんまり難しく考えないでください。
 あ、お金はお返ししますね、ありがとうございました」

憤然とした青木は机上の硬貨を握って考え始める。
まるで推理探偵のように批評を呟いていた。
どうやら青木は推理劇をするのが趣味らしい。
安部や岸本、五十嵐や道島も、それぞれに自分の財布から
小銭を持ち出して、ああでもないこうでもないと謎解きをしだした。

いくらか活気を取り戻した部屋の雰囲気と反比例して、工藤の思考は沈む。
雨足強まるばかり。
悲嘆を訴えるように激しく窓を叩いていた。

69 名無しリゾナント :2014/08/08(金) 02:06:30
>>65-68
ここに載せてスレに投下するのもなかなか大変ですね…。

70 名無しリゾナント :2014/08/09(土) 17:19:55
何故<人狼>が人を襲うのか。
漂白の民として距離を取りながら人類と共存する<人狼>は居る。
その場合は人狼であることを隠し、大部分の人狼は人類に敵対している。
<獣化能力者>としての過去の遺恨。
異能者と呼ばれる前から彼らは産まれ生きていたが、人間達によって
狩られていた事で、人間を憎むものも多い。
そして十年前、あの麓の村でも異能者によって人狼が退治された。

人狼達が、<獣化能力者>が何処から現れたのかは分からない。
もしかしたら別の場所でコロニーを作り、人間か狼として生きていたのかもしれない。
工藤達が討伐した人狼たちは何のために山を越えていたのだろう。

人間の姿で、何処へ行こうとしていたのだろうか。

71 名無しリゾナント :2014/08/09(土) 17:20:46
緩慢な時間の流れが続く。
安部や岸本に求められるまま、工藤は何度か手品の再演をする。
彼らの推理は続いていった。

 「すみません、ちょっと…」

道島が席を立つ。懐中電灯を片手に、部屋の扉へと向かう。

 「こんな時間にどこへ?全員でここに居ると決めたでしょう?」

青木の詰問に道島が困ったような表情を浮かべる。
それに対して工藤が気付き、道島に告げた。

 「ちょっとトイレ行ってきます!良ければ一緒に来てもらっていいですか?」
 「あ、ええ良いわよ、一緒に行きましょう」

道島と共に工藤は出て行く。
その間、道島は工藤に対して優しく声を掛けた。

 「さっきはありがとう。キミは勘が鋭いね」
 「いや何もしてないですよ。私こそ道島さんに
 凄くお世話になっちゃってますね、蜜柑ご馳走様でした」
 「ううん、いいよ。どうせお土産に買ったヤツだから。
 さっきの手品もキミが考えたの?」

72 名無しリゾナント :2014/08/09(土) 17:21:19
 「ああ、あれね。あれは……じゃあ道島さんにだけ種明かし。
 あれは手のなかで種類を判別して、相手の答えが正解なら
 それをもっともらしく予言していたと言ってやるんです。
 最初の解答が外れてたら次の解答が正解みたいに。
 さらに外れていたらって繰り返すだけの後出しの正解を言うだけ」
 「あ、なるほど。けどそれって手品じゃないよね」
 「手品なんてそんなもんスよ」

道島の微笑みに、工藤も自然と笑った。
薄暗い廊下を何度も左右に曲がり、奥へと向かう。
廊下を右折する合間、道島が唐突に言葉をかける。

 「胸の傷、痛む?」
 「あ、いえ、だいぶマシになりました」 
 「ごめんなさい。掘り起こそうって訳じゃないの。
 私の村も昔、ちょっと似たような事件が起こったから、そう、ちょうど
 キミぐらいの時にね。その時は強盗だったんだけど、とても怖かったわ」
 「そうだったんですか…」
 「…ねえ、狼がキミ達を襲ったって言ったけど、どうして狼が
 人を襲ったのかしら、普通の狼はそんな事をするかな?」
 「分かりません。一瞬のことだったので私には何も…」
 「うん、ごめん。止めようこの話は。傷を抉るだけだもの。
 でも、狼達が意味無く襲うなんてことはしないと思うんだ。
 きっと、人間に対してあまり好印象じゃないのね、恨んでるのかもしれない」
 「…道島さん、その強盗に襲われた時に、何かあったんですね」

73 名無しリゾナント :2014/08/09(土) 17:22:07
道島は伏せた瞳で廊下を見下ろす。

 「両親を失ったわ。でも、私は恨むことが出来なかった。
 怖かった、両親と同じになることがとても、怖かったの」
 「それがきっと普通のことだと思います。復讐は何も生みませんから」

工藤の愁いた瞳は、子供には似つかわしくない色を帯びている。

 「それに、その強盗たちは殺されてしまったわ」
 「え?一体誰に…?」
 「さあ、詳しくは分からない。でもお祖父ちゃんがそういう仕事を請け負う
 人間が居て、その人達に頼んだって言ってた。殺し屋というのかもね。
 もう7年も前の話だけど、"R"というイニシャルだけは覚えてる」

工藤が口を開こうとすると、自分の意志とは関係なく悲鳴が漏れる。
滑ったのだ。転がった懐中電灯の光は洗面所の一部を照らす。
闇に浮かぶタイルの床には、液体が零れている。

 「だ、大丈夫!?」
 「いてぇ…水で滑ったみたい、です…」
 「怪我しなかっ………」

そこまで言って、道島は工藤の靴裏を濡らす液体に気付く。
工藤も異様な匂いに気付いて床に鼻先を近づける。

 「血の、匂い……?」

74 名無しリゾナント :2014/08/09(土) 17:23:00
よく見ると、廊下には床を拭いた痕跡があった。
工藤は奥へと急いだ。廊下の奥に下りの階段。

 「遥ちゃんっ?」
 「道島さん、鞘師さんを呼んで来て下さい」
 「え?」
 「早く!」

地下室の鉄扉を開けると、暗い室内の床が覗いた。
警戒しつつコンクリートの階段を降りる。塵埃が鼻と喉に絡む。
扉から届く懐中電灯の光に、地下室の輪郭が浮かび上がってきた。
四方はコンクリートの壁。天井に嵌めこまれ、天窓がある。

立ち込める血臭が濃度を増した。
農機具や椅子、薬缶やフォークなどの物体が幾何学的な複雑さで
組み合わされた奇妙なものが中央に安置されている。
道具達は、どこか異教の祭壇めいたものに見えた。
最上段に飾られた物体を確認し、工藤は息を呑んだ。

背後では悲鳴。
鞘師を呼ぶように言った道島が心配になって追ってきたらしい。
祭壇を構成する全ての物体が黒血に塗れていた。
胸板に穴を穿たれて、心臓を抉られた年老いた男の苦悶の顔が浮かぶ。

75 名無しリゾナント :2014/08/09(土) 17:25:05
コンクリートの壁や床に、棚や家具に、血飛沫の痕。
そして手や足、内臓などの人体の無残な破片が不規則に転がっていた。
室内に充満していた血と様々な臭いが、ようやく工藤の鼻孔を刺す。
血の祭壇を見てしまった道島が大きな悲鳴をあげ、尻餅をつく。
血と肉の感触でさらに狂乱した絶叫をあげた。

76 名無しリゾナント :2014/08/09(土) 17:29:22
>>70-75 以上です。
夏用に書いたのに舞台が冬という変な矛盾。

77 名無しリゾナント :2014/08/11(月) 01:16:38
 「げ、ゲンさん!?ここの主人の源太郎さんだ!」

悲鳴によって駆けつけた五十嵐が叫び、床一面の血の海に手をついた。
喉が膨らみ、手で口を押さえる。だが堪え切れずに吐き出してしまう。

 「なんなんだ、これはどういうことなんだ!?」

血の海で尻餅をついた岸本を抱え起こし、恐慌状態になりかけの
安部の横を素通りし、鞘師は血の祭壇に接近する。
まるで老人の状態を検分するようだった。
ぽっかりと空いた胸の穴に刺さっているのは、壊れた猟銃だった。

 「この銃、強引に曲げられたみたいだ。それにおじいさんの首元に
 肉食獣が齧ったみたいな犬歯の痕があるよ」
 「鞘師さん、落ち着いてますね」
 「前にもこういうのを見た事があるからね」

道島を立ち上がらせる工藤が嘔吐感を堪えながら、そういえば
以前の猟奇殺人事件に鞘師は立ち会っていた事を思い出す。
そこまで考えて、工藤は悟って、鞘師が聞こえるぐらいの言葉を呟く。

 「<人狼>の仕業…ってことスか」
 「くどぅー、悔やまないで。私もここまで早い展開になるなんて思わなかった」

<人狼>の逃走した先が一本道で、人家があった。
住人がいて、出会って殺された。工藤は喉の奥に苦いものを感じる。

78 名無しリゾナント :2014/08/11(月) 01:17:15
 「思い出したことだけど、すぐ先の山道は土砂崩れで行き止まりに
 なってるって言ってたの覚えてる?」
 「あ、はい」
 「三方が切りたった崖に囲まれた盆地で、人狼の生き残りは
 山荘の方へと逃走したけど、道が塞がれて進めない。
 つまりあの人は山の向こうに抜けてない可能性が高い」
 「それはつまり…いやそれは…あんまり考えたくないッスね」

森の方へ向かったかもしれない、迂回して山を下ったかもしれない。
だがこの雨だ。
切り立った崖を登って、可能性が無い訳ではないが、あるという確証もない。

 「お、おい二人とも、あんまり近寄るな。子供が見ていいものじゃない」
 「もしかしたら二人を襲ったという狼の仕業でしょうか?」
 「バカな、こんな猟銃を噛み壊す狼なんぞ居るわけない」
 「だがこの噛み千切った痕はなんだというんだ?人間がこんな立派なものを
 持っているわけがないし、人間が人間を噛むなんて異常だろ」
 「青木さん、安部さん、一旦戻りましょう。道島さんが怯えてます」
 「まさかもうこの家に潜り込んでるんじゃ?」
 「はは、それこそまさかだろう。もしそうならとっくに俺達は殺されてる!」
 「いい加減にしてください!これ以上ケンカするなら追い出しますよ」
 「なんだとっ、子供のクセに…」
 「子供だからなんだと言うんですか?」

79 名無しリゾナント :2014/08/11(月) 01:18:42
鞘師の視線に、安部が、青木が慄く。血の色に煌く燐光が二人を貫いた。
人間のものとは到底思えない、静かな殺意に言葉が詰まる。
だが一瞬の出来事で、それ以上の喧騒は起こることを拒否した。

 「それよりももっと簡単な仮説があります。あくまで仮説ですが。
 ……この中に犯人が居る。それが一番可能性が高いんじゃないですか?」

沈黙する人間達に代わって、降りしきる雨音が哄笑していた。

80 名無しリゾナント :2014/08/13(水) 00:32:24
>>77-79
あ、ここを留めるのを忘れてましたごめんなさい。

81 名無しリゾナント :2014/08/13(水) 00:32:59
全員が無言のまま、重い足取りで広間に戻る。
血に塗れた服を替える者、応接椅子に座る者。
互いが互いに距離を取り、不振と疑惑の目を向けあう。

暖炉の炎の音や雨音、五十嵐の咳すらも、居間の静謐を強調させる。
出入り口に立つのは、どこか役者然とした顔の青木。
煙草の灰を床に落とした。

 「この場にいる誰かが犯人、いや…"人狼"と呼びましょう」

視線が部屋の六人を見回していく。
先程の現場を見てとっさにそう思ったのだろう。
まるで探偵気取りのように言葉を並べていく。

 「人狼を特定できれば解決できるでしょう。
 私の専門はこういう謎を解くことなのでね。つまりは研究と批評。
 論理的に考えれば、六人のうちの誰かが犯人なのですよ」

工藤は、隣の鞘師と同じぐらい苦々しい顔をしていた。
青木が言っているようことは正しいようで、間違っている。
さりげなく自分以外の人間が犯人だと言っていることも含めて、だ。

傍らの鞘師でも理解しているのに、この部屋の殆どの人間が分からない事。
推理する行為、その問題の境界条件自体が大きな間違いで、最悪の
事態を呼び寄せようとしているのだという事を。

82 名無しリゾナント :2014/08/13(水) 00:35:12
 「人狼なんてたいそうな呼び方をするじゃないか。それでどうするんだ?
 どうやってこのなかにいる人狼を探すんだ?」

暖炉の前で安部が問いを投げつける。
すでに人狼、殺人鬼の存在が前提となってしまっていた。
安部に寄り添った岸本は、連れあいの手を掴んで震えている。
部屋の中央に立つ青木が、芝居の台詞じみた言葉を続けた。

 「簡単ですよ。ルミノール反応を調べればいい。
 洗ったぐらいではまだ反応するはず、だからこの中で被害者の血で
 汚れた人が犯人だという訳です」

工藤は重い疲労感に襲われた。
何とも酷い言いがかりだ。あの場に居た全員が、それに該当する。

 「青木さん見てたでしょう?道島さんと岸本さんと五十嵐さんは
 それぞれ洗面所と現場で尻餅をついて、安部さんは岸本さんを
 抱え起こしたときに血に触れている。
 鞘師さんも青木さん、そして私は現場検証のときに血に触れてる。
 それにどうやって判別させるんです?道具もないのに」

青木は憮然とした表情で黙る。その時安部が口を開く。

 「ならこれならどうだ?もしもこの爺さんが俺達が来る前に殺された。
 土砂崩れの前で途方に暮れる道島さんに岸本が出会い
 雨に降られて山荘に戻った。少し経って青木が来た。
 だから最初に山荘にいた人間は……」

83 名無しリゾナント :2014/08/13(水) 00:36:25
安部に犯人とされた五十嵐が、咳き込みながら手を振って否定する。
青木が彼に詰め寄ることを無視できず、工藤は再度の指摘をした。

 「そんなのは過程にすぎません。豪雨の中を下山するのは
 不自然なために紛れ込んだだけかもしれない。
 山道は土砂崩れで封鎖中。犯行時刻も不明ではあるけど
 時系列なんてものはここに居る時点でもう意味がないんですよ」
 「そもそもお前達が俺らの中に犯人が居るって言ったんだろ?」
 「あくまで仮説と言っただけです。それに、そう言わないと貴方達は
 これ以上に意味のない言い合いをして身を滅ぼしてましたよ。
 それこそ殺し合いでも始めそうなほど」
 「なんだとっ?」
 「分かりました。犯人はあなただ、道島さん!」

安部の怒りを遮り、青木の指の先にあった道島の顔に驚きの表情が広がる。

 「え、わ、私っ?」
 「こんな夜遅くに、女性のあなたが一人で夜更けの山道を
 歩くのは奇妙ではないですか?」
 「あの、それはその、行商中に麓の村の親戚が急に危篤だって聞いて…」

混乱する道島は言い訳ができない。
工藤は眉をひそめて言い放つ。

84 名無しリゾナント :2014/08/13(水) 00:37:14
 「推理が急に雑になってますよ。それに、死体発見のきっかけを
 作ったのは道島さんの悲鳴です。人狼…と呼ぶ殺人犯がそこまでの
 拒否反応を示すでしょうか?あんな残酷な殺し方をするヤツが」
 「演技などいくらでも出来るだろう。それにさっきからずっと批判
 ばかりしてるが、お前達も例外じゃないんだぞ?」
 「それこそこの推理は成り立ちませんね。
 それに、ハル達がもしも犯人ならこんな余裕を持った批判を
 繰り広げてる間に皆さんに襲い掛かってるとは思いませんか?」
 「そうか、人狼は必ず行動を起こすはず!」

青木や安部、岸本や道島がそれぞれに納得する。

 「今すぐにでも山を下りよう。警察に行って全員を精密に検査すれば!」
 「残念ながら雨は今も降り続けてます。例えば視界が利かない森で
 人狼に背後から奇襲を受ける可能性もあります。
 最悪の場合、全滅の可能性もあるんですよ」

工藤の投げやりな分析に全員の顔が曇る。

 「今日は休みましょう。明日になれば天気も晴れて、山から
 下りられるようにもなりますから、それまでの我慢です。
 私達が見張ってますから、皆さんはどうぞ休んでください」
 「何故子供にそんな真似を…」
 「あ、じゃあ私も見てます。二人と一緒に」

85 名無しリゾナント :2014/08/13(水) 00:38:19
道島が二人を庇うように場を収めようとする。
それぞれに文句を言っていたが、それでも全員が応接室に散らばった。

86 名無しリゾナント :2014/08/13(水) 00:39:24
>>81-85
次で確信に迫っていきます。

87 名無しリゾナント :2014/08/15(金) 17:07:54
窓を通して外を見ると、雨は少し小降りになってきているようだった。
だが、時間は遅々として進まない。
源太郎老人の惨殺死体を目にし、しかも犯人がこの部屋にいるかも
しれないと思っていては、さすがに眠れる者もいない。
それでも暖炉の横に設置されたソファに倒れ込んでいた岸本は
風邪が悪化したような苦しげな寝息を立てていた。
連れの傍らで、安部は連れ以上に高熱を出しているのか、視線を
床に落としたまま動かない。

椅子に座る五十嵐は、眠りそうになるたびに自分の咳の音で起きる。
周囲に犯人がいないかと怯えた顔で見回し、また椅子に深く身を沈める。
道島は机に突っ伏し、小さく寝息を立てていた。
青木はまだ推理を続行しているのか、椅子に座ったまま紫煙を吐き続けている。
間延びした静寂。

 「ヒマだね、くどぅー」

鞘師が小声で工藤に語りかけてくる。

 「携帯も圏外だからアプリもできないし、くどぅーには辛い環境だ」
 「生田さんぐらいの依存症はありませんよ。それにこんな状態でよく退屈なんて…」
 「状況と言えばさ」

鞘師の目は天井を見上げたままだった。

88 名無しリゾナント :2014/08/15(金) 17:10:17
 「くどぅーはもう分かってるんだね、誰があの人狼なのか」
 「…漫画みたいに全ての手がかりを見つけられるわけじゃないし
 証人たちの記憶も曖昧です。だから安全策を選びました、けど…」
 「けど?」
 「人狼の動機が分からないんですよね。何があそこまであの人達が
 人間を憎むのか。いや、能力者な時点で辿る道なのかもしれません」
 「情でも湧いた?」
 「ハル達のやってることが正しいとは思わないです。
 どんなに弱いものでも強いものでも、悪い道に走るのはそれなりの
 理由があって、そうしてハル達もまた、非情なことをしている」
 「迫害されてきた過去を忘れろとは言わないけど、無関係な人間と
 敵対するのは筋違いだとは思うけどね」
 「人狼だけに、ハル達だけに譲歩を求めるなんて」
 「私達はそれでも人間と歩むことを選んだ。
 でもあの人達はそれを否定して、人類全体との敵対を望んだ。
 ならその先に永遠に続く戦いを引き受けるしかないんだよ」

人狼として生きる<獣化能力者>は、元々それが自然だからだ。
人類に敵対する人狼とって、自己の唯一の拠り所になってしまった。
彼らの存在を捻じ曲げようとした工藤の選択は、この現実を
見せられてしまったとなれば愚かな行動だったと言える。

 「ハルのせい、ですよね。あの時ハルがちゃんと……」
 「くどぅー、私にそれを責めることは出来ないよ」

89 名無しリゾナント :2014/08/15(金) 17:10:49
鞘師の正確な指摘は刃となって、工藤の口を閉じさせる。
源太郎老人に死を呼び寄せた原因が、工藤の判断に一因が
あることは認めざるおえない。
瞼が熱くなるのを感じると、腕で強引に拭った。

 「あの、すいません」

五十嵐が咳き込みながら声をかけてきた。
小用に行きたくて青木達に声をかけたが、誰も応じなかったらしい。

 「鞘師さん、私が行きます。その代わり…」

雑事を済ませてから、工藤がついて廊下を進む。
洗面所の前で時間が過ぎるのを待つ。
工藤の目は、廊下の窓の外を眺めていた。
銀の斜線が緩やかになっているから、雨はもうすぐ止むだろう。

 ―― さあ、道化の夜は終わりだ。
 銀の弾丸を埋め込まれた人狼の皮を剥いでしまえ。

五十嵐が出てきたのを確認し、工藤は深く呼吸をして、それから声を掛ける。

 「五十嵐さん、人狼はあなたですね?」

90 名無しリゾナント :2014/08/15(金) 17:11:26
>>87-89 いよいよ結末へ。

91 名無しリゾナント :2014/08/16(土) 01:16:16
>>28-35 の続きです



一方、里沙の連絡で負傷者がいるという現場に駆けつけたさゆみは。
黄色と黒の防護テープで囲われた一角に踏み込んだ時に目に入ったその光景に、反射的に顔を背けてしまう。

一体何をどうしたら、このような状況になるのか。
路地裏のその現場には、赤い、大きな染みがあった。染みの中央にある「それ」は。

「あ…あがが…た…たすけ…て」
「こ、こ、殺してくれ…」
「おれはおれはしにしにしにたくない」

「それ」が同時に別のことを喋っている。いや、そうではない。
雑巾が絞られたかのような肉の塊りと化していた「それ」は恐らく元は、三人の別々の人間だった。その唯一の証拠が、肉体に捻じ込まれ、
または割れた半熟卵のようにぐしゃぐしゃになりながら。そして互いの頭と脳味噌と目玉を混ぜ合わせながらも辛うじて三つの意志がそこ
にあるということだった。

「治療はそっちじゃないよ、さゆみん」
「ガキさん」

肩に手を置かれ、振り向くさゆみ。
久しぶりに会ったはずなのに、まるで彼女がリーダーをしていた時のリゾナント時代に戻ったかのように。さゆみは自然と新垣里沙の後を
ついてゆく。さゆみが先頭に立ち後輩たちを率いている現状からすると、えらく新鮮な感覚だ。

92 名無しリゾナント :2014/08/16(土) 01:17:54
里沙に案内され入った建物の中、薄暗い一室の壁に背をもたせ掛けた二人。
さゆみはその二人に見覚えがあった。

「あんたたち」
「はは、嫌な再会だねえ」

驚くさゆみを見て、皮肉な笑みを浮かべる女。
勝気な表情とは裏腹に、所々破れた服や血糊のついた頬が痛々しい。

彼女たちは。
かつてれいなとさゆみに襲い掛かったダークネスの一派。自らを「ベリーズ」と名乗った七人の刺客のうちの二人だった。

「茉麻や千奈美からたまにあんたの後輩には会ってるって話は聞いてたけど、まさかこんな状況であんたに会うとはね」

肩を竦めて冷笑してみせる勝気な女 ― 夏焼雅 ― だが、すぐに顔を顰める。体を動かすことで傷に障るらしい。

「ガキさん、これは」
「その二人は護衛をしてたのよ。うちで捕まえたダークネスの末端組織の人間をね。けど、襲撃者は一瞬にして護衛対象を
出来損ないのピザに変えた」

里沙の補足で、さゆみはようやく状況を掴む。
襲撃者はターゲットを戯れに再起不能の状況に追いやり、ついでに護衛の二人を嬲り去っていった。そういうことなのだろう。

「残念ながら。彼らには最早安らかな死を与える事くらいしかできない。その二人も、なるべく早く治療したほうがいい。
さゆみん、お願い」

里沙の言うとおり、雅はともかくもう一人の顔を青白くさせた金髪の少女 ― 菅谷梨沙子 ― は一刻も早く治療にかから
ないといけなさそうだ。
腹部の布地を朱に染めた梨沙子にさゆみは、そっと自らの掌を近づける。

93 名無しリゾナント :2014/08/16(土) 01:18:57
なるほど。この子はちょっとだけ外国の血が。それでこんなに逞しくなっちゃって。つまり子供の時はきっとさゆみ好みの
お人形さんみたいな女の子…成長の過程…デラックス…

「…殿堂入り」
「はぁ?」

さゆみの治癒の力が行き渡り、一瞬目を覚ました梨沙子だったが。
急速に体組織を再組成した反動なのか、すぐに気を失ってしまった。
続いて雅の治療に取り掛かるために、ダメージを受けているであろう部位に触れる。

「あいつは…あいつらは。何度かあいつらの『クローン』に会ったことはあるけど、そいつらより遥かに危険だった。あい
つらに睨まれた時、食われるんじゃないかと思ったくらいにさ。あんなちんちくりんな連中だったのに」

さゆみの治療を受けている雅が呟いた言葉に、里沙が反応する。



ほら、マメェ…楽しいよ?
モノクロームの世界。
里沙が目にした少女は、楽しそうに泥の団子をこねていた。
ぐっちゃ、ぐっちゃと音を立てながら練られる団子。
音と、映像だけがリアルに脳裏に刻まれる。
少し遅れて、色彩が戻ってきた。泥。泥。赤い泥。血溜まり。
泥団子だと思っていたそれが、少女に惨殺された肉の塊と気づいた時に。
里沙は両手を地に付き、そして吐いた。



94 名無しリゾナント :2014/08/16(土) 01:20:15
ふと我に帰る里沙。
その表情は思い出したくないものを思い出したかのように、苦渋に満ちていた。

「まさか…いや、そんなことは」
「どうしたの、ガキさん」
「さゆみん…覚えてる? 愛ちゃんがリゾナントに居た頃に、擬態能力で喫茶店に侵入したダークネスの能力者を」

何故里沙が突然そんなことを口にしたのか。
さゆみにはわからなかったが、首を縦に振る。折りしも、喫茶リゾナントは類似した能力を持った人間に襲撃されたばかりだ。

「ダークネスは、自分達の計画をより潤滑に進めるためにある擬態能力者のクローンを大量に生産した。そのうちの一人がさ
っきも言ったあの間抜けな侵入者だったんだけど」
「それがどうかしたの?」
「そのオリジナルがもしかしたら…表に出てきてるのかもしれない」

里沙は擬態能力者のオリジナル、つまりその危険性から長きに渡り幽閉されていたダークネス幹部・「金鴉」のことについて
説明しはじめた。気ままに殺戮を愉しみ、場合によっては身内すら対象としてしまう凶暴性。
もしそんな人間がリゾナンター殲滅の為に差し向けられるとしたら。

「でも…今日リゾナントを襲った輩はそこまで危険な能力者じゃなかったと思う。手薄な戦力でも簡単に撃退できたみたいだし」
「そうなんだ。でも、この子たちを襲ったのは」
「あたしたちが見たのがその『金鴉』かどうかはわからないけど。ひよっこリゾナンターたちの手に負える相手じゃないのは
確かだよ。もしかしたら、あんたの”お姉さん”や田中れいなですら」

若きリゾナンターはおろか、さえみやれいなですら危うくなる相手。
それは幹部クラスの能力者しかありえない。

95 名無しリゾナント :2014/08/16(土) 01:21:25
「でもねさゆみん。『金鴉』も恐ろしい相手だけれど、彼女には相棒がいるんだよ。そっちも、別の意味で危険かもしれない」
「別の意味?」
「ええ。『煙鏡』って言うんだけど。彼女は能力と言うよりも、こっちのほうがよく切れる」

言いつつ、自らの頭を指差す里沙。

「策略家、ってこと?」
「ある意味、あさ美ちゃん…Dr.マルシェに匹敵するかも」

さゆみは白衣のおまんじゅうみたいな顔をした女科学者を思い浮かべた。

リゾナンターを潰す、というより戯れに弄ぶために幾多の罠を仕掛けてきた彼女。そんな彼女に苦渋を舐めさせられてきた過去
からすれば、「マルシェに匹敵」がどれだけ厭らしい意味を持つのか、さゆみには痛いほど理解することができた。

負傷した梨沙子と雅の治療はすっかり終わっていた。
襲撃者がダークネスの人間の抹殺を第一に動いたのは彼女たちにとって幸運だった。でなければ、二人とも今頃は黒ずくめの死
体処理班に「適正に処理」されていただろう。
手配された救急車に彼女たちが運び込まれるのを見て、ようやく肩の荷が下りるのを感じるとともに、例えようのない疲労感が
さゆみを襲った。

「おつかれ。ごめんね、急に呼び出して」
「ううん、大丈夫」
「送迎の車呼んだんだけど、一緒に乗らない?」

治癒の力を存分に使ったさゆみにとって里沙の申し出は渡りに舟。
断る理由はなかった。

96 名無しリゾナント :2014/08/16(土) 01:22:26
「…金の鴉に、煙を吐く鏡、か」

不意に、里沙がそんなことを呟く。
さゆみが怪訝な顔をしていると、

「遠い外国の、双子の破壊神の別名にあやかってつけられたんだって。なるほどねって思って」

と言葉の理由を教えてくれた。
破壊神とはぞっとしない話ではあるが、あの無残に損壊させられた死体を見た後ではその異名もあながち大げさでないような気
さえする。

「ねえガキさん。もしその双子の破壊神がリゾナンターに襲い掛かることがあったら」
「そうねえ」

さゆみの仮定はもっともだった。
里沙の言うように彼女たちが幽閉状態から解放されているとすれば、いつその牙が自分たちに向けられるか。
さゆみはもちろんのこと、その「自分たち」の中に後輩たちが含まれているのは間違いなかった。

「私がもしリーダーだったら…迷うことなく『逃げろ』って言うわ」
「ガキさん」
「確かにあの子たちも成長した。全員で当たればいかにダークネスの幹部とは言え、打ち克つことだって不可能じゃないかもし
れない。でも。あの人たちは違うのよ。決して正面からぶつかっちゃいけない」

里沙の抱く不安が、伝染するようにさゆみの心にも染み渡る。
かつてダークネスに所属していた里沙がここまで言うのはよほどのこと。このことは、後輩たちに言い含めないといけない。
だが、その危機がすぐそこまで迫ってきていることをさゆみは知らなかった。

97 名無しリゾナント :2014/08/16(土) 01:30:56
>>91-96
『リゾナンター爻(シャオ)』 更新終了

98 名無しリゾナント :2014/08/17(日) 16:32:09
蒼白な顔色の五十嵐の肩を抱えながら、廊下を戻る。
応接室の扉の前で、苛々と煙草を吸っている青木と、離れて立つ
岸本が待っていた。

 「五十嵐さんはどうしたんですか?顔色が悪いですが」
 「どうやら過労がたたったようです」

五十嵐の返事を遮って工藤が答える。
扉を抜け、魂魄が抜けたかのように五十嵐を椅子に座らせる。
工藤は何をしていたのかと尋ね返すと、同時に喋りだす。

 「あの、私と安部さんの熱がひどいので、薬でも探そうと」
 「俺は眠気覚ましに顔を洗いに」
 「二人同時には見張りできません。では、岸本さんから」
 「なぜ?」
 「決まってるじゃないですか、岸本さんの容態の方が大事です」

憤然とする青木の横を抜けるときに、体がぶつかる。
青木が不愉快な顔をするが、無視して岸本とともに戻った。
懐中電灯で闇を照らしながら長い廊下を歩く。

 「それにしても、あのおじいさんを殺した犯人は誰なんでしょうね?」
 「え?さあ?私に聞かれても…」

二人で廊下を進み、暗い台所に到着した。
体調の悪さで気だるげな表情の岸本が棚を空け、薬を探す。
工藤は息を大きく吸い、宣告する。

99 名無しリゾナント :2014/08/17(日) 16:32:55
 「岸本さん、犯人はあなたですね」
 「え?」

調理棚から、薬の小瓶を出そうとしていた岸本の手が止まる。

 「あの、その、私にもその可能性があるのは当然です。
 でも違うと言っておきます。本物の犯人もそう言うと思いますけど」
 
岸本は困惑した表情でなおも続ける。

 「私は安部さんと旅行してるんですよ?
 もしかして、安部さんと共謀してあのおじいさんを殺したとでも?」
 「二人の旅行というのはそもそもいつからなんでしょう?」

工藤は声に意地悪な疑念を帯びさせていく。

 「それはこの数日間の関係、たとえば山荘の手前で
 帰り道用の偽装の同行者を探したのかもしれない。
 それとも土砂崩れの行き止まりで逃げ場を失ったのに気付き
 急いで引き返してからかもしれない。
 今頃は私の指示に従って、鞘師さんが安部さんに確認してますよ」

黙り込む岸本。

100 名無しリゾナント :2014/08/17(日) 16:33:56
 「まあこれは訊かれなかったから言わなかった、と言えばそれまでだ。
 証言も曖昧な記憶の産物なので、あの青木さん流の推理は
 全く役に立ちませんよね」

工藤はそこで言葉を切り、少し間を置いて説明する。

 「この事件の答えは、単純に好き嫌いの問題なんですよ」

岸本の表情はさらに困惑の色を強めるが、続ける。

 「人狼の好きなもの、嫌いなもの。狼や犬の特徴を
 持ってる人物を特定すればすぐに分かるんですよ、岸本さん」

工藤は右手を後ろに回した。

 「イソパールという成分は分かりますか?
 これは蜜柑などに含まれる苦味成分で、犬は大嫌いなんです」

理解できない岸本に、工藤は背後から取り出した橙色の塊
蜜柑を突きつける。

 「これは道島さんからいただいたものですが、道島さんと
 安部さんは食べたので容疑から外れます。が、岸本さんは
 断ってましたよね?」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

.
シングルV「リゾナント ブルー」 / モーニング娘。

ヽ( ゚∀。)ノ<やっぱこれを見ないとね!


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa