したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

【萌え死に】ショートストーリー投稿用スレ【上等】

1 きゃのん★ :2005/10/02(日) 10:52:12
皆さんの真かわいいよ真という思い入れを、ショートストーリー(SS)という形で
存分に表現していただくためのスレです。
我と思わんSS職人の方は、奮って投稿していって下さい。

2 きゃのん★ :2005/10/04(火) 12:10:31
真ブログ掲示板に上げた小ネタSS。
http://www.degitalscope.com/~mbspro/userfiles_res/kikuchima/2541.txt

……このぐらいの分量なら、こっちに上げても良かったかorz

3 きゃのん★ :2005/10/06(木) 22:48:23
ごーん。ブログ掲示板がまた落ちとる……
というわけで、向こうに上がってたゴッチさん作の『お天気お姉さん真(with眼鏡)』
をお題としたSSをうpします。
向こうが復活したら、改めてまとめた形のを上げますが。

4 きゃのん★ :2005/10/06(木) 22:49:24
『さて、そろそろミーティングの時間だが……真の奴、まだ昼休みでどっか行ったきりなのかな?』
(ガチャ)
「プロデューサープロデューサー! ちょっと見てくださいよ〜!」
『こらこら、騒々しいぞ! もう少し落ち着いて……え?』
「へへっ! ど、どうです?」
『どうですってお前、いつから眼鏡なんか掛けて……ん? どっかで見たことあるな、その眼鏡……?』
「おっ、さっすが観察眼が鋭いですね、プロデューサー。」
『何だおい、見たことあるはずだ……秋月さんの眼鏡じゃないかそれ。何だってお前が……?』
「いや、大したことじゃないんですけどね、へへっ。実は、さっき事務室で、律子と一緒にTV見ながらお昼食べてたんですよ。」
『ふんふん。』
「そしたら、お天気のコーナーに出てきた新しいキャスターの人が、眼鏡のすっごく似合う知的な女性の方で。」
『へぇ〜。俺は見なかったな……別の局だったのかな?』
「それで、律子も眼鏡かけてるでしょ? 自然とそっちに話がつながって……」
『ははぁん、何となく話の展開が読めてきたぞ。つまり、そこでお前が……』
「そうなんですよ。『ボクが眼鏡掛けたらどうなるか?』って話になって。で、律子から借りて掛けてみたんですよ!」
『なるほどな。』
「でも〜、律子ったら『あんまり似合ってないんじゃないのぉ?』とか言うんですよ! それで、プロデューサーに見てもらって、どうなのか確かめようと……」
『おいおい、俺なんかの評価でいいのか?』
「い、いいんです! ……ボクのこと一番見て欲しいのは、プロデューサーだけなんですから……(ぽそっ)」
『ん? な、何だって?』
「え? ああっ! な、何でもないです! そ、それより、どうですか? 似合ってます?」
『う〜ん、そうだなぁ……まぁ、悪くはないな。』
「なぁんか煮え切らないなぁ……ちょっと想像してみてくださいよ! 例えば、眼鏡掛けたボクが、お天気コーナーのキャスターやってるところとか……」
『(想像中……)うん、それはなかなか……』
「でしょでしょ? (くらくらっ)ありゃりゃ? おっとっと……」
『! おいおい、どうした? 大丈夫か?』
「へへっ、すみません。律子の眼鏡、かなり度がキツくて……ちょっと、くらくらきちゃいましたよ。」
『まぁ、目のいい人間が度の強い眼鏡掛けるとそうなるよな。あんまり長いこと掛けてると、却って自分の目に良くないぞ。』
「は〜い、わかりました。じゃ、そろそろ外しますね。」(眼鏡にスッと手をかける)
『うん、外した方がいいな。……眼鏡が無い方が、俺は好きだからな……(ぼそ)』
「(ドキッ)え、えぇっ?!……う、うわっ!!」(ふらついてよろける)

5 きゃのん★ :2005/10/06(木) 22:50:04
『! お、おい!!』
(がしっ!&パシッ!)
『……ふぅ。大丈夫か?』
「は、はい! あの……ボク……?」(プロデューサーに抱き留められて困惑)
『軽くめまい起こした様な感じになって、バランス崩したんだな。気をつけろよ。あ、眼鏡はちゃんと俺がキャッチしたから大丈夫。』
「そ、そうですか、良かったぁ。……あ、あの……」(顔をふと見上げる)
『ん? ど、どうした? ……ああっ! ご、ゴメン! その、咄嗟だったから……』(慌てて引き離そうとする)
「そ、そうじゃなくて!」(自分からきゅっと抱きつく)
『! お、おい!』
「……いいんです。プロデューサー……あったかくって……こうしてると何だか、嬉しくって……へへ……」(真っ赤)
『……真……!』(少し力を強めて抱きしめる)
「……! ぷ、プロデューサー……?」
『……可愛いこと言いやがって、こいつ……』
「へへっ……」

(ガチャッ!)

“ちょっと真〜! いつまで他人の眼鏡借りてってんのよ! 早く返してくれないと、仕事にならないじゃない!”
「!!」『!!!』(揃って硬直)
“んん〜? あ、あら……誰だか知らないけど、お取り込み中だったみたいね。し、失礼……”
(パタン)
「…………」
『……ふぅ〜。あ、秋月さん、相当目が悪いんだな……眼鏡が無いから、俺たちだと判らなかったみたいだ……はは。』(真っ赤)
「そ、そうですね……」(真っ赤っか)
『……さ、さて、そろそろ昼休みも終わりだ。彼女の眼鏡も返しに行かなきゃいけないし……』
「……プロデューサー。」
『ん?』
「……もう少し……もう少しの間だけ……こうしてても、いいですか……?」(きゅっ)
『…………分かった。もうちょっとだけ……な。』(頭をそっとなでる)
「へへ……ボク、幸せです。プロデューサー……」



“……まったくもう! あの二人も困ったもんね。いちゃつく場所、考えなさいっての!”
“でも、ま、目撃したのが私だった事に二人は感謝すべきね。あとで真には、何おごってもらおっかな……ふふっ。”

6 きゃのん★ :2005/10/06(木) 22:59:22
自己コメントっつーか補足っつーか。
同じイラストとかをネタにしても、マターリさんは正統的に二人のラブラブっぷりを
全面に出した作品にしてますが、私ゃどーにもラブコメ風味にしてしまうクセが
あるよーな……w

あと、基本的に私の話に出てくるプロデューサーは、真一人のみをプロデュース
している状況としております。
ですから、他のアイドル候補生に対しては一線引いた呼び方にしておる訳です。
(『春香ちゃん』『三浦さん』『秋月さん』etc)
違和感抱いた方もいらっしゃるかと思われますので、念のために。

7 きゃのん★ :2005/10/07(金) 00:57:17
ちょっとageてみたり。(自己顕示欲乙)

あ、ちなみに>>4-5は、以前まこスレでお題となっていた『抱きしめるときには……』
のSSも兼ねていますw

8 マターリ :2005/10/07(金) 01:08:38
ぐおぉ 自分は掲示板のほうにUPしたんですが・・・_| ̄|○
復活心待ちにしております

自分の所(妄想)としては
事務所に二人Pがいてそれぞれユニットを持っています。
名前は・・・いいか。
一人は真と恋仲でもう一人は・・・千早か春香か微妙です。(二人で取り合ってる感じの物語を書くのも面白いかも)

最近は千早の性格が解ってきたのでSSがかけそうな予感
ただ千早の過去とかが解らないのでそこらへんも知りたい今日この頃です。

9 マターリ :2005/10/07(金) 01:10:09
連レスごめんなさい
大事な事を言い忘れてました・・・

きゃのんさん お疲れ様でした。

10 ゴッチ :2005/10/07(金) 03:39:23
マコラブ事務に所属してませんが(汗)・・・カキコ。
>きゃのんP
お疲れさまです。偉い力作ですな。
眼鏡借りて喜び勇んで寄ってくる辺り真っぽくて良いです(笑)。
>マターリP
同じくお疲れさまです。
と言うかまだ見てない・・・自分も早期復活を希望します。



もしかして落ちたのって不用意にデカイ絵描いた僕のせいでは・・・OTL
少し控えます。

11 ルシオ :2005/10/13(木) 23:45:59
はじめまして。北海道の真大好きPのルシオです。
50人目のお仲間に加えていただきたく登録しました。
まだまだへっぽこPですがよろしくお願いします。

12 博霊 :2005/12/31(土) 23:26:56
えーと…時間ごとの年越し小ネタを思いつきましたのでこちらに書き込みいたします
本当ならこの時間と年明けの2回で終わる予定でしたが3回分の小ネタになりました
真愛プロが誇るSS書きのお二方には遠く及ばないへっぽこな小ネタ書きで
皆様のお目汚しになると思いますがご笑納願います。
12月31日23時過ぎの独白

某所、某マンションにて

俺はあの少女に会ったあの時から自分の中で何かが変わったんだと思う、
正確には彼女と一緒の時をすごす中で自分の中に変化が起こったのだろう
でなければ今のこの気持ちに対する説明ができない。
国民的行事とも言えるあの番組の出演を終えて、彼女と別れて2時間ほどしか経ってないが
今、無性に彼女に会いたくて仕方が無い。

今の彼女にはスキャンダルは厳禁だ、落ち目になった連中が彼女の人気を利用しようとしてるのだから
それにも気を配らなければいけない、ましてやプロデューサーと一緒に年を越した等と言う記事は
彼女の致命傷になりかねない。

彼女が女子高生であった事と彼女の父親が無名とは言えプロレーサーであった事はある意味
彼女に対する幸運であったともいえる、
活動して1年未満だが今のところ3流以下のゴシップ雑誌にも記事が載ることが無い。
ただまあ女子高生であるがために「トップアイドル禁断の恋!?」とかかれたことは1度あるのだが…
これがまったくの逆効果で彼女の宣伝になってしまったのは苦笑せざるをえなかった。

ただ彼女と携帯でメールのやり取りをしていることはさすがにゴシップ記事になるだろう、
そのことで彼女に注意した時に見せた彼女の悲しそうな表情は刺となって今も気持ちに刺さっている。

ああ、そうか俺は彼女を「アイドル(偶像)『菊地 真』」では無く「一人の現実の女性『菊地 真』」として
見てしまっているのだな…。
今、会えないのならせめてメールだけでも送ろう…『明けましておめでとう、今年も二人で一緒にがんばろうな。それと…』
そこまで入力してボタンを押す指が止まる、これじゃダメだあくまでも俺はプロデューサーなんだから。
『明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします。プロデューサー××』
その内容でメールを送る。


くそっ!俺はなにをやっているんだ!!

13 博霊 :2006/01/01(日) 00:11:47
年明けましたので小ネタの2回めっす、3回目は9時過ぎにカキコします
では良いお年をー

1月1日午前0時過ぎの願い

えへへー、えへへー。
うーん、さっきから笑いが止まらないや去年の僕からは今の僕は想像できないよね?
まさかあの番組に出演出来るなんて、ううんそれだけじゃない僕がアイドルとしてデビューできたのも
ここまでこれたのも全部、ぜーんぶあの人じゃないやプロデューサーと会えたからだよね
お父さんに今の仕事バレてずっごい怒ってたあの時も僕をかばってくれたし…。

うわっ!その事思い出したらすごく恥ずかしくなってきた。
だってあの時父さんってば『わかった…真を、娘をよろしく頼む』って言ったんだよ!!
多分アイドルとしての僕を頼むってことなんだろうけど…普通に考えたら『義父さん、娘さんを僕に下さい!!』
って感じのシチュエーションだよね!ね!!

あっ、携帯が鳴ってる。えーっとわあ!プロデューサーからのメールだあ、結構久しぶりだよね
なになに『明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします。プロデューサー××』

…これ  だけ??
ねえプロデューサー、僕ってプロデューサにとってなに??
ただのアイドル(偶像)?、それとも商品??それともやっぱり弟みたいなもの?
あっ、ヤダ…目にゴミが…。

せっかく手に入れた無くしたくないもの(人)なのに
その人が僕の気持ちに気付いてくれないんじゃあどうしようも無いよ…
僕 ボク、やっぱり王子様しかやれないのかな。
返信…そうだ返信しなきゃ、いつもみたいに元気な僕で返事しなきゃ…

涙止まんないよプロデューサー、僕を 本当の僕を 女の子としての僕(菊地 真)を見て欲しいよ
気付いてほしいよう。

―『プロデューサーのバカア!!』―

14 博霊 :2006/01/03(火) 00:14:02
えー遅れましてスイマセン、博霊でございます
小ネタの3回目です、皆様のお目汚しで申し訳ありません。

1月1日 10時前の結末

765事務所にて

「しゃちょー、おはようございます…。」
「おお、おはよう!!、しかしなんだね新年早々鉛でも背負ってるようだが真クンとなにかあったのかね?」
「なぜそう思われるんですか?」
「ん?、いつもと違う君を見て気付かない方が不思議だと思うのだが…、ひょっとして自分自身で気付いてないのかね??」
「はあ、なにに気付いてないんでしょうか。」

(うーむこれはかなりの重症だな、ここは一手仕掛けてみるか。)
「それは私の口から言うことではないが…しかたがあるまい、真クンもあと少しで来るだろうから
 奥のミーティング室で待って居たまえ。」
「はあ」
(かちゃ)
『はあ、真のやつ何に怒ったんだ?俺なにか悪いことでもしたのか?』
『ダメダ…、思考が同じところでグルグル回っている』
「はあ、だめだこんなんじゃまっとうなプロデュースなんて無理だ…。」

『チッ、チッ、チッ…』

10分ほど経っただろうかミーティング室のドアが開いた

「失礼します…。あっ。」
「まこ…と。」
「お、おはようございますプロデュサー。」(プイ)

『うっ、これはかなり怒ってるな、これじゃあなぜ怒ってるのかなんて聞けないな。』
『プロデューサーに僕のこと聞いてみたいけど、変なメール送ったから顔見れないよ…』

「真、社長は?」
「えっ?、社長ですか?後からくるって…」

「この荷物ここでいいんですか?」
「ああ、そのドアの前でかまわんよお疲れさん。」
「では、失礼します。」

「どあのまえ??、マサカ!?」
(ガッチャ、ガッ!!)
「しゃ、社長!!、これはいったい!!」
「あー、なにが原因で問題が発生してるのかは聞かない。
 今から2時間ほどこの事務所は無人になるから二人っきりで話し合ってみるといい。
 それと問題が解決したらこの封筒を開けなさい、荷物の方は2時間したら動くように仕掛けてあるから
 心配は無用だ、では良い報告を待っているぞ。」
ドアの下の隙間に茶封筒が差し込まれ遠ざかる足跡と遠くの方でドアが閉まる音が聞こえた

「社長!高木社長!!」ドンッ!ドンッ!!
(くそ!動きやしねえ、問題が起きたらどうすんだ…もんだい、モンダイ…モン……グワ!!自爆だ…。)
「プロデューサー?今日の仕事はどうするんですか?」
「仕事は午後だから大丈夫だ…が社長もなにを考えてんだか、こうなると封筒の中身だけが頼りか。」
「でも、『問題が解決したら』って言ってましたけど、問題ってなんのことだろう。この状況だと僕とプロデューサーとの問題って
 ことですよね?ひょっとしたら封筒の中に手がかりがあるかも。」
「仕方がない中を見てみるか。」
「約束破るみたいで一寸イヤですね。」
 カサッ
「…、!!!。(ダン!ダン!!)誰か居ないか!!」
シーン… (ガックリ)
「封筒の中身なんだったんです?。」
「なっなんでもない、ナンデモナイゾマコト、ウンッ。少なくともここを出れるようなものじゃない。」
そのとき不意に彼女の発言に少し違和感を感じた、正確にはいつもの彼女と同じ感覚だった
だから気付くのに時間がかかったのかも知れない。
(怒ってない?じゃああのメールはいったい…)
「なあ真、少し話をしたいんだがいいか?」
「はい、なんですか?」
(やっぱりいつもの真だ、ますますわか…ら……)
「どうしたんですか?今日のプロデューサー少し変ですよ?」
(イヤ、マテマテ。少し、少し落ち着くんだ)
「…真、実は今日もらったメールのことなんだがな。」
「!あっ、ごっゴメンナサイ!!。」
「いや、その」
「プロデューサーからメールもらって、それで僕の中でちょっとグルグルってなって気付いたらあんなメール送ってたんです!!。」
「俺のメールなんだな、やっぱり。」
「いっいえ、違うんです!ただ僕が…え、やっぱり?」
「あー実はな真、あのメール本当は違うことを書こうとしてああなったんだ。」
「違うことって。」
「それはだなあ、聞きたいか…真?」
「もちろんです!、教えて下さいプロデューサー!。」

こうして俺はあの時彼女に伝えたかったことをしゃべらされることになった。

15 博霊 :2006/01/03(火) 00:15:59
おまけ部分が入りませんでしたので追加です。OTZ

おまけ
765プロ近くの某所にて

「社長、おつかれさまです。」
「うむ、みんなも協力してれてうれしいよ。」
「でもいいんすか社長、二人っきりにしちまって。」
「二人っきりでいいのよ。」
「君はまだ知らないかもしれないが実はあの二人、業界ではすでに公認のカップルなんだ。」
「はっ?」
「『アイドル界のバカップル』口の悪い人はそう言ってるけどね、あの二人の関係 君も少し変だと思ったことあるでしょう?。」
「はあ、たしかに見てて一寸信頼関係がアイドルとプロデューサーを超えてるかなと。」
「もう、『見てて当てられる』と言うか『あなた達中学生以下の純愛してる?』て言う感じなのよね。」
「最初は友人もしくは兄弟を見ている感覚だったそうだが、信頼関係が深まるようになるにつれね…」
「でもファンの娘達はそれ知らないんですよね?」
「知ってるわよ、しかも半公認化してるの『あの事件』がきっかけでね。」
「あ、それってひょっとして『美少年アワード』!」
「あた〜り〜。」
「だから今更あの二人の関係をスキャンダルにしたところで意味が無い、しかも驚くのは当の本人達と御両親くらいだ。」
「でもそれだとこの手を使ったことで更に暴走しまんか?」
「それだけが不安の種よね…。」

おまけのおまけ
765プロ ミーティング室

(まさかこんな事になるとは…)
「その先は無いんですか?プロデューサ。」
「いや、それはだな『また今度』って事じゃダメか真?」
「ダメです!先があるんだったら僕は今すぐ聞きたいんです、それに問題が解決したのに封筒の中身僕に見せてくれないし!」
「これは真は見ちゃいけないんだ。」
「さっき言った事が本当なら僕にも見せてさい!!。」
「それだけはダメ!!」
「だったらさっきの続き僕に教えてください、それだけでいいです。」



不安的中になりそうです事務所の皆様…。
(プロデューサが見たものは永遠の秘密です)

16 骨盤ダイエットランキング管理人 :2010/01/03(日) 11:38:13
骨盤ダイエット売れ筋ランキング 今人気の骨盤ダイエット
巻くだけ、履くだけ 着けるだけ 骨盤ダイエットでスリム美人に変身♪

17 生倉 はるか :2010/01/08(金) 03:51:18
もし、この勉強方法を使えば・・・ 皆さんの5教科合計の成績をたった3日間で30点
上げることができるのです

18 生倉 かるな :2010/01/09(土) 04:44:41
もし、この勉強方法を使えば・・・ 皆さんの5教科合計の成績をたった3日間で30点
上げることができるのです

19 生倉 かるな :2010/01/09(土) 04:54:57
もし、この勉強方法を使えば・・・ 皆さんの5教科合計の成績をたった3日間で30点
上げることができるのです

20 勝ち馬情報を簡単GET! :2010/02/17(水) 23:07:18
空メを送るだけの簡単登録。
勿論登録は無料。しかし、その
情報力は競馬関係者も驚くほど。
この機会にあなたもいかが!

21 ご主人様にKISS 無料携帯ゲーム :2010/02/24(水) 15:58:46
「ご主人様にKISS 甘くせつないメイドラブストーリー」は恋愛ゲームです。この
ファンタジーを経験することにより、あなたの恋愛経験値はUP

22 ご主人様にKISS 無料携帯ゲーム :2010/02/24(水) 16:17:01
「ご主人様にKISS 甘くせつないメイドラブストーリー」は恋愛ゲームです。この
ファンタジーを経験することにより、あなたの恋愛経験値はUP


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

Norton Internet Security 2012 - シマンテック

お大事に (>_<)

    ≫≫速度を気にするなら NOD32 が超絶オススメ です。

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa