したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

SF作家のための空想実験場

1 名無しさん :2017/09/28(木) 22:50:40 ID:tXElWFWM
代表的なSFには広大な宇宙を舞台にするものが多い
スターウォーズ然りスタートレック然り
だが21世紀の現在、宇宙開発は牛歩の如くである
各国未開地があるのにいの一番に手を出せないでいる。なぜか?
共通の問題があるがそれをクリアできない為なのだが
わかる方いるだろうか?
ちなみに教科書に載ってると思う事柄です※イコール宇宙開発の壁とは書いてない

などとちょっとした疑問を考えてみたりするスレッド

286 名無しさん :2017/12/27(水) 21:53:13 ID:Fd6brce.
 逆に手作りで作れるメカで限界だと、米ソ冷戦の初期ぐらいかな。
 アポロロケットのコンピュータの確かめを、計算尺でできたぐらいだから。

287 名無しさん :2017/12/27(水) 23:58:24 ID:Y7GbsRWI
アポロ計画のコンピューター
ファミコン並みの性能だったってのは有名だが当時は無茶苦茶高価だったんだよな
それを使い捨てるのが勿体ないから再利用できるスペースシャトルが考案された
コンピューターは性能の向上とコストダウンが著しく
スペースシャトル自体が陳腐化しちゃったけどね

情報伝達手段や機械による情報処理能力の向上は
SF書きの想像力の上を行ってるから予想は難しい

288 名無しさん :2017/12/28(木) 15:51:15 ID:6wXVY5mY
昔SFのネタで考えた宇宙人(?)を投下してみる

・全てガスで構成されている(個体だとデブリとかで死ぬので)
・個と全の区別が無い(ガスなので容易に混合・分離する)
・情報をエネルギーに変換して活動する(必要の無い情報が食べ物)
・全体が脳の役割を果たし、所謂シナプスは量子ネットワーク
(身体=脳=ナチュラルな量子コンピュータ的な感じ)
・コミュニケーションは量子もつれの組み合わせで行う
(空気や電波などの媒介を必要としない)
・基本的に寿命が無い

結局話書く前に頓挫したんだけど、こういうの宇宙人って既に出てるかな?

289 名無しさん :2017/12/29(金) 16:21:05 ID:gpmG4zX.
>>288
「レイドリフト・ドラゴンメイド」出てくる天上人かな。
https://ncode.syosetu.com/n6614ct/
異世界召喚物。

290 名無しさん :2018/01/07(日) 09:03:46 ID:jPRueL9Y
まさか、これだけ?

291 名無しさん :2018/01/07(日) 18:07:25 ID:Pta/Jark
ガス生命体は結構あると思う
タイトル失念したが早川の海外SFで読んだぞ

292 名無しさん :2018/01/07(日) 19:54:56 ID:jPRueL9Y
アーサー・C・クラークの「神々自身」だっけ?

293 名無しさん :2018/01/13(土) 20:57:23 ID:afXsZG4I
ポケモンのゴース?

294 愛優 :2018/01/16(火) 10:42:03 ID:mRK0IbW.
https://ncode.syosetu.com/n8555em/

そのうち次元を超えた異世界戦争みたいな話を作ってみたかったので
短編で設定の背景と付随する話をまとめてみました。

宣伝告知ですいません。

295 名無しさん :2018/01/16(火) 10:49:13 ID:Z59mPK2I
なんだこいつ

296 名無しさん :2018/01/16(火) 13:38:23 ID:vbI0qNIo
>>1を読みもしない理解出来ずに宣伝してる時点で読む価値すらないのがよくわかる……

297 名無しさん :2018/01/16(火) 15:03:34 ID:Z59mPK2I
>だがしかし、生命が誕生させの星は限るがある。その中でも、知的生命体が文明繁栄を起こすせる星は特別の条件が揃う必要があり奇跡の星を呼ばれていた。

日本語すらまともに扱えない知能しか無いしね

298 Dr.ビッグベン :2018/01/16(火) 19:55:57 ID:OQ0F8pYg
まあ別に紹介してもいいとは思いますけど
SF・・・かな?話がまとまってなくてよく理解できないんですが
知的生命の惑星間での協定で土地がとれないから異世界侵攻しようって流れを説明してるのかな
神様自体がその先兵だということかなー?

個人的に思ったのは戦争しても負けた相手が必ず仕返しするみたいな言い方してるのが違和感あります

日本はアメリカに原爆落とされてますが今あなたは銃を手に取りたいですか?
と聞きたい。

こじれるところはとことんこじれますけどねー

299 名無しさん :2018/01/16(火) 23:24:29 ID:S3qvpebY
異文化交流は、ある意味SFだと思う
ただ294のバヤイ何故そうなるのかが、作者しか理解できてないようなふいんきがある
……あえて雰囲気と打たなかったのでツッコミ不要よ?

ただまあ、ジャンル分類をSFにしてないなら、ここで紹介するのはお門違いな気が

300 名無しさん :2018/01/17(水) 10:14:21 ID:3LpUDaBk
個人的な意見だけどSFってのは設定をどれだけ論理的に構築できてるか
ってのが最も重要な要素の内の一つであるかと
設定が矛盾していたり、「何故?」が解決されないのはNG
>>294はそれ以前の問題だけど

301 名無しさん :2018/01/17(水) 13:42:05 ID:bZH65WWg
ふつーに自己紹介スレにでも貼っときゃよかったのに、
なんでこのスレに来るかねー?

302 名無しさん :2018/01/17(水) 16:56:11 ID:g2geUO1Y
この作品は「N0332EL」の二次創作です。作者より許可を頂いています。だって本人だもん。

あらすじでこんなこと言っちゃうような人だから自分のSFに相当な自信があったんだろうな。

303 Dr.ビッグベン :2018/01/17(水) 18:21:16 ID:lVsKsFUY
フィクション技術などを検証するスレなんで
こんな設定考えたけどあってる?矛盾ない?みたいな検証スレッドなんで
自作品晒してみるまでは構わないんですけど
あらすじだけでうんちく語りのスレッドでどうしろと…

このスレ向けなら
奇跡の惑星間の航行技術ってどんなんあるかな?
とか
異世界に転移する技術ってできるかな?とか疑問と言う形にすると良かったかもしれない

304 名無しさん :2018/01/17(水) 22:58:30 ID:QEBAnodk
別に検証する必要は無いと思うが……
でも、それに関し諸々のツッコミを入れるスレではある
だから問題提起はしておくべきだろうが
それをしてないのは頂けないなぁ

ガチで考えると異世界への侵略ゲートを開くより余所の星系へ行く方がハードル低そう
到着まで何年何十年とかかるわけだが見える場所にあるんだしね
だから異世界侵略が当たり前な世界を考えるなら恒星間航行より異世界侵略の方がハードル低いって上手く説明する必要がある
……作中じゃ説明できてないよね?

>https://ncode.syosetu.com/n8555em/
これで提示された情報を温めの「なろうSF書き」の視点から見ると
異世界侵略するより他の星系で手頃な惑星をテラフォーミングした方が早いんじゃね?
そう思えるぐらいの技術がありそうなんだよな

305 名無しさん :2018/01/17(水) 23:07:08 ID:QEBAnodk
……ゴメン
半分読んだだけで>>304のレス描いた
八割読んだところで頭痛が痛くなった
……うん、強調のためワザと書いてる
SFっぽいなと思ったがSFじゃないふいんき

306 名無しさん :2018/01/17(水) 23:08:49 ID:bZH65WWg
よくこんな、自動翻訳とどっこいどっこいな怪しい日本語を読もうって気になるね

307 名無しさん :2018/01/21(日) 00:55:12 ID:e/w..VCI
恒星間移動や惑星改造が当たり前に可能になったら戦争は起こらなくなるんだろうか?

……いや、そうなったら宇宙戦争が書けなくなるんで理由付けて戦争起こすけどね
とりあえず惑星改造で人が住めるには最短でも150年は掛かるって設定にした
世界人口推移を見ると今の人口は九十年前の数倍まで増えてるんで
上手く理由付けすれば人口増加が戦争の理由付けにできると思う

308 Dr.ビッグベン :2018/01/21(日) 11:40:02 ID:QKDhPfW6
恒星間の行き来のコストと時間によるんじゃないですかね?
戦争するメリットが無ければ自分の軍隊と言う資源送り込まないだろうし
その間の防衛戦力は落ちますし100光年先で光の速度で往復しても資源回収などできるのは
200年以上先なのですし

運搬費用のほうが運ぶ資源より高そうなのでどうなんでしょうね?
制圧統治してそれなりの収益が見込めないといけないから
その星でないと取れない特産物か何か理由が欲しいとこですね

ワープゲートを作成すれば帰りは一瞬なら回収してもいいかもしれない

例えば100光年先までワープしようとするときその座標に何もないってどうやって観測するんでしょうね
100年遅れの情報しかないのに…て思うから行きは鈍行すると思ってます

309 名無しさん :2018/01/22(月) 10:15:25 ID:MbFviM/Q
戦争なんて宗教・思想の違いでも起こるしねえ

隣の芝はってこともあるし、惑星開拓が200年だったとして数年の戦争で奪い取れれば
前線に立たない人間はリターンの方が大きいと判断するかもしれないね

310 名無しさん :2018/01/22(月) 11:57:34 ID:eKLrrKvg
そういえば、延命技術が発達したり、遺伝子操作で長命種になったりしたら、
時間に対する価値観も変わってくるだろうね。
そういうのをシミュレートしてみるのも面白いかも。

311 名無しさん :2018/01/22(月) 22:58:22 ID:vmy9gv0c
クローン技術や組織再生といった技術はあっても脳味噌の復元までできません
いやできるんだけど、壊れ失われた脳細胞に保存された記憶の再生は無理
細胞と共に記憶が失われるのは問題ないが下手に脳細胞を再生すると人格が変わったりする……

そんな設定で小説書いたっけ
だから老化の抑制しかできない脳味噌に、どこまで手がかけられるか?
それで、その人の余命が決まるって設定
だいたい2〜3百年は生きるって事になってる

でも今の人間考えると百を超えると明らかに脳味噌が劣化してきてるカンジだね

312 名無しさん :2018/01/23(火) 01:32:16 ID:n/s8N.xg
人間の細胞って一定回数分裂すると劣化(癌細胞化)するようになってるんじゃなかったっけ?
分裂の回数をこなせばこなすほどその確率が上がって、何百歳も生きれないようになっちゃってるとか見た覚えある。

313 名無しさん :2018/01/23(火) 03:55:10 ID:QdGV0OLY
減数分裂だったっけかな?
細胞分裂のたびにテロメアが減っていくんで細胞の分裂回数は有限になってるってヤツ
現行クローン技術だと減ったテロメアがクローンに継承されるため
クローンはオリジナルから採取した細胞の分裂残数を、そのまま継承されてしまう
だからと言って寿命が短くなるかは判らないらしいが、クローン羊のドリーは寿命の前に病死してる
もっとも死因はクローンとは無関係って結論づけられたけどね

314 名無しさん :2018/01/23(火) 04:02:22 ID:QdGV0OLY
いやクローンだからテロメアは短くはならないっぽいな……
ペットのクローンがビジネスになってたっけ? そう思って再度調べたら
クローン動物は、ほとんどの場合、通常の長さのテロメアを持つ……ってあった
wikiのドリーの項目見ても、この点はよくワカランねぇ

315 Dr.ビッグベン :2018/01/23(火) 19:42:23 ID:5qos6zPk
個人的な考えだけど
例えば脳を電子補助して記憶を保存クローンに転写できたとして
この場合でも同じ記憶を持った別人にしかならないから
コピーした電子記憶を生命として扱う作品があってもどうにも
それを本人が体を乗り換えたみたいに解釈できないんですよね

ゲームの世界にーって作品も多いけど夢オチ的な臭いを感じてしまう
本体は元の位置にいるみたいなSAOなんかはそのまんまですけども

同じ記憶を持った人間コピーも高度なスキャナーと3Dプリンターがあればできてしまうかもしれない
ガンツみたいな

316 Dr.ビッグベン :2018/01/23(火) 19:45:23 ID:5qos6zPk
僕はちょっと言語力が足りないようだ(痛感

317 名無しさん :2018/01/24(水) 10:21:10 ID:tcbIOZCE
要するにスワンプマン問題

318 名無しさん :2018/01/27(土) 00:16:35 ID:5ry0cvpw
「私とは何か」って問題かな。
分解すると、記憶(データ)、体感と活動(入出力装置)、思考回路(プログラム)の三点があると思う。
クローンとか記憶のコピーとかで前二つは確保されると思うんだが、最後の一つが記憶と肉体の再生でいけるのかよく分からない。
我々の思考回路はプログラムのようにコピーされえるのか?

あと記憶についても、多角的な意味付け、定義といった部分が上手くコピーされるのかが疑問。
所謂、構造化データ、linked data、RDFといった分野に類似した側面。

319 Dr.ビッグベン :2018/01/27(土) 08:38:03 ID:B5DHwAAo
DNAだけコピーしても正確にはコピーできなくて
思考回路も細胞形状でしかないけど細胞単位でのコピーなら問題ないと考えます

DNAだけの場合細菌分布までコピーしないと同じ思考を辿れないと考えます

細菌ではないですがサナダムシでも入ってたらガッツリ痩せこけてしまうでしょ
細菌によって内蔵の活動が変わりますから、
血の巡り、気分の上下、性格、にまで影響を及ぼすかと

納豆菌なんかは悪さをしない強い菌なのでおすすめです

320 名無しさん :2018/01/27(土) 13:01:27 ID:uHxsI4n6
クローンは記憶や人格まで完璧に複製できる
そんな設定のSFもあるけどね
ただ、完璧な複製はクローンじゃない別の呼称を与えた方が良いと思う
『宇宙賃貸サルガッ荘』ではレプリカントって呼称与えてたっけ

321 名無しさん :2018/01/29(月) 11:30:27 ID:gGJUIUC.
全てが物理的に完全に自分と同じ存在がいたとしても
私はそれを自分だとは思わない
そして相手も私を自分だとは思わないだろう
それって別人だよね

322 名無しさん :2018/01/29(月) 12:28:08 ID:3bI5DbJY
>そして相手も私を自分だとは思わないだろう

この部分を断言できない、というのがこの問題の難しいところでしょ
例えば本人と複製存在が二人並んでいたら別人だと認識するのは容易だけど、
別個に遭遇したら? 複製されていることを知らなかったら?
「スワンプマン」ってそういうものでしょ

323 Dr.ビッグベン :2018/01/29(月) 22:10:55 ID:SwZa4CT.
ちょっとSFと言うところからは外れてしまうけど
自作品のアイデンティティ…とはちょっと違うかな個性を出さずに
出せずにパッとしない作品が多い気もする

これもスワンプマン状態なのかな

まあ個性があれば良いってもんでもないけど

324 名無しさん :2018/01/30(火) 01:08:52 ID:hc74r3MA
なに言ってんの?

325 名無しさん :2018/01/30(火) 02:41:04 ID:ySz6Q.8U
何光年も離れた場所に完璧な複製を造り出す物質転送機をテーマにした海外の短編SFを思い出した
遙か彼方に転送機に入った人の複製を造り出しオリジナルを消去するってヤツ

エラーか何かでオリジナルが消去されず係員が苦悩するって話だった……結局、オリジナル殺しちゃうワケなんだけどね
数年後、その転送機を使って帰って来た人と再開して終わりだったかな

帰って来た人ってのはコピーのコピーになるんだよね
記憶は連続してるわけだが


似たような複製となるとエゲレスのSFドラマ「宇宙船レッドドワーフ号」で
主要キャラのホログラム人間リマーが複製されてたな
リマー自身がデータのみの存在でナンボでも複製できちゃうワケなんだが
あの世界、肉体が死んでも人格はデータとして再現可能なんだよな

326 321 :2018/01/30(火) 09:49:53 ID:2xD22wE2
>>322
相手(私B)も私Aを自分と思わないと云えるのは、思考回路まで同じだから

別個に遭遇と云うのは第三者が私A・私Bに、ということ?
もしそうなら「自分は他人によって成り立つ」ということにならない?
攻殻機動隊で少佐がそんな発言してた気がするけど
「私」が観念的存在だとすれば、他人にとっての私と自分にとっての私は別物

どちらも論理的には正しい帰結を迎えたとして、正しそうな複数の答えが矛盾するのであれば
それは「私とは何か?」という問題の形式そのものが既に間違っている可能性がある

327 Dr.ビッグベン :2018/01/31(水) 15:39:58 ID:KVvCVGmM
>>325
人間を転送しようとしたらその形になりますよね…主観ではゲートくぐる感覚なんでしょうけど
体自体は作りもので意識データだけタイムリープみたいに上書きすればもっと安価かもしれない
ってそんな巨大ロボアニメがあったかな1話しか見てなかったけど

>>326
>>「私」が観念的存在だとすれば、他人にとっての私と自分にとっての私は別物

主観と客観が存在してるだけだから両方あってるとおもいます
社会的に適合してる僕(仕事してるよ?!)
内側ではド変態なことを考えてる僕、あると思います!

最近 「皆、オス!」に過剰反応してしまいます(絶滅危惧種

328 326 :2018/02/01(木) 13:02:56 ID:I/nwrBos
>>327
クローン前提の話
貴方がオリジナルのビッグベンAだとして、物理的に同じビッグベンBが作られたとする

私がA・Bと接して、私の中のビッグベン像がBに近ければ
私にとってオリジナルの貴方(A)はビッグベンではなくなる

329 Dr.ビッグベン ◆g8XpF37uiA :2018/02/02(金) 23:42:49 ID:KJaFkl.s
客観の「私」は観測した値に過ぎない為
観測者(ID:I/nwrBosさん)にとってのビッグベンを誤認識しているという状態ですね

相撲で双子がニュースに出ていたので
貴公俊と貴源治実によく似ていてどっちがどっちだかわからなくなってしまい
覚えてる方に勝ち名乗りさせてしまうようなもん(この例えは違うような気もする)

実験でも観測者が類似品を間違えて観測してしまうことも稀に良くあることなんだと思います

観測者によるビッグベン像これをA’B’としましょう
ビッグベンは謎な方法で物理的に全く同じAとBが存在してしまう
(クローンと言わないのはクローンは物理的に同じではないから
個人的には人口一卵性双生児またはその株分け)

観測者がビックベンA’とB’と順に観測し違いがない為
「ビッグベン」として観測データをまとめてしまう(ここが間違い)

うむ頭が回ってないようでうまく説明できませぬ

330 名無しさん :2018/02/03(土) 02:09:39 ID:IBd24jSY
遺伝子的には同一であっても環境が人を変えたりもする
ビックベンA’とB’と完璧に複製されても
その瞬間から別の人生を別の人生を送るようになるわけだ

だから遺伝子レベルでは同一の一卵性双生児でも性格の違いが出たりする
余談だが犬は一卵性双生児を匂いで兄・弟の区別できるんだそうな

接点を持つ人間がビックベンA’B’の区別を付ける必要が出た場合
当人との接点が多かった方が本物もしくは偽物になると思う
接点によって利益が多かった場合は本物
逆の場合は偽物ってなカンジ

利益不利益がなければ区別付ける必要は無いわね
本物を決める必要が出た場合は無責任な決め方をすると思う

331 名無しさん :2018/02/03(土) 02:14:52 ID:IBd24jSY
別の経験を積み別の人生を送るように……だね

文章の前後をコピペで入れ替え弄った際にミスったよ

332 Dr.ビッグベン ◆g8XpF37uiA :2018/02/04(日) 17:45:25 ID:ukpNQyls
流れぶった切ってごめんね
エブリスタで(なろうの板だけど!)
SF・ロボット部門の募集してますよ

ttps://estar.jp/_ofcl_evt_outline?e=153776

小説・脚本選考
【小説形式】
10,000文字以上の小説本編(未完結でも可)、もしくは3,000文字以上のプロット(完結必須)

1万文字?桁間違えてね?

333 Dr.ビッグベン :2018/02/10(土) 17:00:47 ID:NFQ4lOGY
職場の同僚の息子さんが鬱っぽくなって医者に処方された薬飲んだらはいたって話を聞いて

医者にかかるほど破綻してないとはいえよろしくないのは自覚している
何しろ自分で脳内麻薬を調節しようと試みた結果(それだけに限らないが)
コントロールできるとは言い切れないがある程度出せるようにはなった

アドレナリンは顕著な効果があり鬱状態に対して有効
ただし判断能力の低下がみられ短気になるため少量ずつが望ましい。
出し方としては「きれる」感じ、一番出しやすく効果がわかりやすい。
きれるのをコントロールするというのも変な話だが。

セロトニン、幸福感を得られる。これも鬱状態に有効
生理的な満足感、食欲、睡眠などで得られる(環境や状態による)
基本的なやり方としてはよく噛んで食べることでお腹が満腹感を覚える等

エンドルフィン、いわゆる集中状態になると出る
単純動作やランニングなどで血流が良くなることで出しやすくなる

どれの鬱に効きそうではあるのだが根本的に脳味噌がスペックダウンしてるので
自分がポンコツであることは自覚しているための対処に過ぎない
優秀な人間はこれらを常時うまく使っているはずなんだスポーツ選手とか
いわゆる頭のいい人は。

逆にサヴァン的な方向に特化できればいいのだが後天的になるのは難しそうだ

334 名無しさん :2018/02/28(水) 02:12:38 ID:Y8bxTNcE
http://goodlg.seesaa.net/article/451406304.html

335 名無しさん :2018/03/26(月) 21:15:22 ID:wdoUVqMI
糞スレsage


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa