したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(10000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

工廠裏の壁 4枚目

1 ◆MBT.TesLo2 :2015/05/02(土) 22:53:09 ID:/xEq4nv6

                   描きたいけどいきなりスレを立てる勇気が無い
                       試してみたいけど何処かでひっそりと行いたい
                                そんなときに!


                              工 廠 裏 の 壁


                     ・ 短編、試作、とりあえずなんでも良し
                    ・ やる前には一応宣言して被らないようにする
           ・ 投下された作品は基本的にwiki、及び保管サイト様に保管されます
                  ・ 保管を控えてもらいたい場合は投下の際に一言断る
                    もしくは管理連絡スレッドへ一報を
                              ・ ハートフルに
                           ・ 埋まりそうだったら次建ててね            _
                                                  / jjjj      _
                                                / タ       {!!! _ ヽ、
                       /}¨ニ=-  _                     ,/  ノ    _  ~ `、  \
                       / |     ¨ニ=-  _               `、  `ヽ  _{_[_]_} ,. ‐'`  ノ
                   /     |       _  ニ=- l|]ニ=-  _           \  `ヽ(´・ω・`)" .ノ/
                     /      」  ニ=- ¨   ||   |||     l  ¨ニ=-  _     `、ヽ.  ``Y"   r '
          l    /_]  ニ=- ¨          ||   |||     |     |    l¨ニ=-  _i. 、   ¥   ノ
      _ .  -‐}‐- [|  ||             _  |「=ニ|||=-   |     |    |    |   ¨ニ=-  _ー イ
  ¨ ̄        |    ||  ||      _  -=ニ  ¨   ||   |||     |     |    |    |   |   |   l ¨ニ=-  _
          |    ||=‐||-=ニr_‐¬冖ニ〔}      ||   |||    _|___|__|_  |   |   |   |   |  |  |
  ―‐---     」 __||  || = |「 : : l/|: : :|        ||   ||| /´-―‐.ァ/ -‐,.===ァァュ  |   |   |  |  |‐
  圭℡rョ           ||  || - ||: : : l/|: : :|     _  ||   |||//  //// 〃    ///´||      |   |  |  |
  圭圭}l℡ _∠7エヽ_ ||  || |[Τ||: : : l/|: : :|  晶品嵒晶t℡| {__/_{ | L[f―――‐' {]―|l_____ |  |  |
  圭}圭圭‘=“0-0┘||_||_|_|||;_;_;_l/|;_;_;L晶晶品嵒亟亟lェェ―_‐ェェ|ュ |ュ  ̄ r=ュ Γ二l|_____||_|[]⊥
  “““¨¨´                       `¨¨¨¨“““““““f=======fョ_/:{zzzzzュェュ┴7ffT]三三7ffT{
                                     ` ̄V::}:リ ̄V::{iリV::}:7 ̄V::{i:ノ ̄ ̄V::{i:ノ
                                       `¨´   `¨´ `¨´  `¨´     `¨´

8398 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:06:46 ID:mwaXWGiI
では、人、いますか?
(前の話で出た三人の中の一人、文香との過去話か、すすめるか悩んで)
(とりあえず今度過去話をやって今日は安価少し前まで進めます)

8399 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 21:08:24 ID:MTogy7Vw


8400 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 21:12:58 ID:nKwjEWP2


8401 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:15:56 ID:mwaXWGiI
マ、マウスが壊れましたが初めて行きたいと思います

8402 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:16:46 ID:mwaXWGiI

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::....../| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  / ::::|  |______||  |______||  |______||  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/:::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |;;|______________________|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  | |______| |______||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ┌―┬―┐   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  i.|.i  |   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
 systm
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  とある寂れたビル
┃  三階建てで、一階は喫茶店。二階に何の看板も無いがオフィスらしきモノがあり
┃  三階は全くの無人
┃  外側は悪戯書き等は無いが薄汚れている
┃  だが、外側だけであり、この世界の建築物にしては内部は清潔に保たれていた
┃  今、驚きと戸惑いと共に、この二階を借りている男性 小野できない夫に導かれ
┃  一名の男性と二名の女性、一人の少年、一匹の突然変異種に一機の侍女が続く
┃  彼らを待合室を超え、オフィスに入れると、少年にシャワーを貸し与える
┃  薄汚れたその格好ではいけないと詭弁を言い、束の間の大人の時間を作る
┃  少年は突然変異種を抱き上げると、共に入ると言い、その個室から出て行った


8403 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:18:23 ID:mwaXWGiI

             /         /  /      /   |  |:l ヽ:、:. ヽ \
             / /| /∨   /〃/√/ / /  / .:| l :|:|::. |lハ:::: ヽ::ト\_
             ,' |//    ///  / /.../  .::i .:/| |! :|ハ::|l:::}l::::. |、:!
            ,゙    ー=´イ 〃 .:l :l.::/ l |.;;|:⊥|_l_リ  }:|!:::}::::|::| j:|
             l         | /:{  .::|.:|::l /|':|::|:l:! l{:‐`マ十|::::}:/}::| j!
            |     ..::::/⌒:| .:::|::l:| / ! |:{_;!__{__ー{, ノ:从ソ ノリ
           │  .....::::::::://´r | ::::|::l:l.{   |{`''、_ノ_,~`  {((
          ,..ィイム:::::::::::::::::{〈_ ((\:::l::l:|::|   ヾ        \
       / \ミミヘ::::::::::::::::\_‐\_V|::l:|::|             >          ・・・・・・・・・・・・
     /    ..::::V少ヘ:::::::::::::::::::;}`ー、ヘ\::|           r´
   /     ..:::::::/   ∨::::::::N/   ヽ|:::ト|          _、‐ーーーー.#
      ..:::::::::::/       }:::ljハ|       |:::l::|        ´ r ' ̄ ̄ ̄ ̄~
     .:::::::::::::/        レ'!     ∧  |:::l::|ヽ、        !
     .:::::::::::::::;i        |:       \\|:::l::|  _>- 、 _ ノ
   .::::::::::::::::::i       j;/   /⌒>\!::l::|/_\  |::::l{
   ::::::::::::::::::|        〃,.r==ヘ::::く  ヾヘ:\三、\|:::f|
   :::::::::::::::::|       //二ニヽ \::ヽ :::\:::{\  +++
   ::::::::::::::::|       /〃、-─‐ヾミー≧}、_!:.ヾ}:::{;\z/'';
    ::::::::::::::::|     i/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\j|:.゙V/   ,.;..
    ::::::::::::::::|     {{;;;;;;;;;/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ;;;;;;;;}/  /三三
┏━━━━━━━━━━┓
 systm
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  その中の一人の女性2級スカベンジャー・・・レヴィ、「二丁拳銃」、「殺し屋」、「糞喰い」
┃  様々な名で呼ばれる一流である彼女は睨む。この部屋に居る全てを
┃  ドブ川の濁り切った目で。禁煙だと言われても握り拳で無理やり納得させ
┃  部屋に居る全てを気に食わないと言うかの様に

┃  「鬼神」と言われる目の前の甘ちゃんスカベンジャー協会の男が目に入る。気に食わない
┃  この男が居るせいで、雑魚共が下手に長生きし、あまつさえ徒党を組み力を付けた
┃  自身の獲物を奪われる最大の原因となった男。
┃  根性も気に食わない。まるでこの世に善意があるかのように思っている脳足りんな顔が

┃  だが・・・それよりも気に食わないのは。


8404 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:19:24 ID:mwaXWGiI


       ./__r''./:::/::::::::/::::::::::::::::::::ハ::ノヽ:::::::::`ヾ    ノi!
      / / /::::::/::::::::/:::;:::::::/:::::i::{`゛ヾ}:::::::::::::i::::ヾir'///,!
     ./ヽ/,.:'::::::/::::::::;'::::/::::;イ::::::ハ::!   !::::::::::::|:::::::';:V///
    /__./ i!::::::;':::::::::::|::/i/::{ヽ:::/ }!   ;::|::::::::::!::::::::', `ヾ
    .ム/ i:::::::i:::::::::::::|rfミ、 !/     _/::i:::::::::;':::::::::::i  \
    /::::\ >::!:::i::::|:::|ゞソ ゙      /イ`:::::/:::::::::i::::|  /
    !::::::::::::乂::|::::!:::|:::|          r弍/:::::イ:::::::::::;:::::! ヾ
     ';:::::::::::::::::|:::ハ- く     '    ヾソ イ:::::::::::::/::::::!  !
     ゞミ:::/::!人::::::::〉  _ _      /:::::::::/::::/::| ン
      ./:::::/i::::| ̄ 、  ` ´    <;;;;;;;;::イ/:::::/ ,リ
    /::::::/  ;::::;  } ヽ. __  .. イ::::/:::::/:::::ノ /
   /::::::/  ./::::ハ三ミ:.、 ,.i 、ー-、/:::::/::/´
   ::::::/   /::::/  }゙ヽ:::::::\:::!!ヽ /イ::::',/ ̄ {
   :/    /::/! /   ー-、:::/ !   ヽ:::ヽ / ヽ
      /::/ , i:',        \. { ー '' \:::',   }
     ,:::::::/  / ,!::;        ∨     ';:::! =≦ァ
    ./::::::/ ,ノ /::::}     ー- .、     ` <:!   {
    ::::/ /ィ::彡′         \     \  ノ
   ///´                 ヽ      ∨!
   ///{′                  ',      ∨
   /,'{:::!                  !      !
   '/,}::!  _          . : : : : : : . . ,: .      ハ:、
   /,'|::K    `ヽ   . : : : : : : : : : :/: : : . . . : : イ::Vハ
   ./,'i::!∧__    ', . : : : :,;.: : -=-≦、: :_ : .:イハ::::::∨}
   //|::!/∧ `ー- }-==≦/三三{ __i ‘ー/,'//∧::::::ヽ
   '/ハ::V/∧ー- '      i    i!  !  /,////,∧:、:::::\
   //∧::ヽ/ヽ }         l   .i!  |__////////}:::ヽ::::::::\
┏━━━━━━━━━━┓
 レヴィ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  間抜け面したアホの後ろにお行儀良くしている機械女
┃  まるで当たり前だと言う様にそこに居座り、自身の居場所だと、静かに間抜け面と話している
┃  その肌も服も。見た事が無い程に美しく学が無い自分でもソレがどういったモノか分かる
┃  何処で手に入れたのか。歩く札束。いや札束でさえ買えない遺物の中の最高峰
┃  自動人形を睨む


8405 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:21:33 ID:mwaXWGiI

              ..ィ≦:.:. ̄ ̄ ̄   ミx、
.             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.'.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:\
         /:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.\
.         /:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:.:..
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .i|:.:.:.:.:.:.:. '.:.:.:.:.:.:.:.:.
       ':.:.:.:.:.:.:..::.:.:/|!:.:: : :i|:.:.:.:.:.:.:.:.: i|:.:.:.:.:.:.:..: '.:.:.:.:.:.:.:..
       i. . i|:.:.:.:.:.:.:.' i!.i:.:.:.:.:i|:.:.:.:|!:.ハ:. |ト、:.:ハ:.:.:.:.:'.:.:..:.:.:.:.:.
       |::.:.i|:.:.:.:.:.:..'  .|:.. . .i|:.:. !|! i!.!. | '.:.i.|:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:i|
       |::.:.i|:.:.:.:..:.i|  i|l:.:.:.i|:.:. !|! i! |:.|  |:i.|:.:.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.i|
       |:.:ハ:.:.:.:.. i|ィ斧苡:.:.:i|:.:. !|i i! ィ斧苡 |:.:.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.i|
       |:.」 |:.:.:.:.:.| 乂rソ i:.::i| : :!|i i! 乂rソ i|.:.:.. . .i|:.:.:.:.:.:.i|
       |:.| \:.:.:.::.,.   \i:.:.:i|!j      |:7:.:. .i|:.:.:.:.:.:.i|:,
       |:.|   \:.:.__,_____.  '         |:.:.:.:.:.':.:.マ: . .i|:.:.,
       |:.|    |  / , ゝ-、_.        |:.:.:.:.':./∨:.:i|:.:.:.,
       |人    | ノ /´ / /ー――---イ_:.:./  .7l:..:i|:.:.:.:.,
       |:.:. \  l      l        /:.' ̄ ̄ /ノ.i!:.:.:.:.:.,
       |:.:.i|:./.\ハ.      |        .イ.'   イ:.イ. .i|:.:.:.:.:.:.,
       |:.:.i|:.:i|:.:.:≧゚,.     |     ././  _/:.:/ i:.:.:i|:.:.:.:.:.:.i
       |:.:.i|:.:i|:.:./|:.:.l     l- ______./:::.:.'≦ --.、_.ノ:.:.:.i|:.:.:.:.: :|
       イ ̄≧---.7.    /.   / /:.:.:.:.'イ    7¨ヽイ:.:.:/人__
   __/   ィ ̄ ̄≧ 、  ハ____i::.:.:.:'    /   」---二二二i
.  /ニニ≧._  |.      ノ_./.      |:.:.:.:i   /._ ≦ニニニニニニニニニ.゚,
 /ニニニニニ≧._〉    /  \     i.___i|  _.≦ニニニニニニニニニニニニニi
./ニニニニニニニ.〈 |  /    l    ィ‐、 >〈_. .-、ニニニニニニニニニニニニ |
ー―――-- ∧」_/   / .〉二 /\ ヽ   \:::∨ニニニニニ二二二二i
ニニニニニニニニニi|       .イ、  r 、.       \∨ニニニニニニ----≧!
ニニニニニニニニニ.゚        | \イ\         .,:∨ニニニニニニニニニニム
ニニニニニニニニニ゚      , ≦_ ≦:::::::::\       」__∨ニニニニニニニニニ7
ニニニニニニニニ. ゚      /ニ」::::::::::::::::::::::::::\  ,.イ  ̄ヽ  ∨ニニニニニニニ/
ニニニニニニニニ ゚      i 〈  マ:::::::::::::::::::::::::::::Y        ∨≧ニニ _ニi|
ニニニニニニニニ.゚.      |.∧.  マ:::::::::::::::::::::::::/         ∨ニニニニニ\
ニニニニニニニニ゚      |ニ.∧  マ::::::::::::::::::〈           ∨ニニニニニ/
┏━━━━━━━━━━┓
 レヴィ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  だが更に気に食わない存在が居た。
┃  先程と同じく美しい服を着、肌色良く。旧時代の雑誌にでも出てきそうな少女
┃  自身とは全く生きる場所が違う少女だ。この少女をこの街では知らない者は居ないだろう
┃  「鋼鉄の姫」「泥糞のお嬢様」「老害の姫」・・・etcetc
┃  一時期、酒場ではこの少女の名前が出ない時が無かった程の有名人
┃  生きたIAI製プラントを持つ大資本家にして軍事産業「ジョースター商会」のお姫様
┃  文字通り、住む世界が違う、超上流階級の人物
┃  元元下町に住んでいたが、現在の当主の祖父が妾に産ませた
┃  年齢差50歳の親子。この世界の覇者とも言える地位に付いている少女である
┃  この建物の主と懇意である。という噂を聞いた事はあるが事実だと今知った。
┃  だがその少女は。ガラス越しにしか見たことの無い美しい布を杜撰に扱う様に座り
┃  少女は何も見ず、唯この場所の主を見つめている


8406 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 21:22:30 ID:MTogy7Vw
待てやその飛行機に乗るとことごとく墜落しそうな祖父w

8407 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:24:17 ID:mwaXWGiI

               / ̄ ̄\
            /   「   \
             |    ( ●)(●)
             |       | |    ふぅ〜さっぱりした。
             |     __´___ノ    来客中にすみませんでした。
             |     `ー'´}
             ヽ        }     流石にあの格好で話す訳にも行かなかったので
           ヽ     ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|
┏━━━━━━━━━━┓
 レヴィ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  気に食わない。気に食わない
┃  同じ芥籠の中の人間なのに、穏やかな顔が出来る男が
┃  洗浄用極小機械郡のスプレーを付けただけで血の匂いが無くなる間抜けな男が。
┃  何度も銃火を交え、罵倒し、その体に何度血を流させたか分からない
┃  だが一度も曲がらなかったこのクソ野郎が気に食わない



8408 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:27:53 ID:mwaXWGiI


                             ///           /~ヽ
                         ///          ////}
                          |//!         /////!
                         r、_!//!          //////
                       ∨//,!       __ノ/////
                        {ヽ  }///|       .}////r''´ ,,..r≦ア
                       !/ハ_ノ///!     /////,乂_ノ///
                     _∨/////,|___////////////
                ____r'==== 、_/___   }///////⌒'
                マ三>..:´:::::::::::::::`ヽ_ _,.へ/\///乂__,,.. --―ァ   緑茶が無く、湯呑はある。
                 >.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´:::::::::\__ ` 7///////////    飲み物は珈琲粉のみ・・・
               ヽ/:::::::/:::::::::::::::::::::/ヽ,ヘ:::::::::::::\ ヽ////////彡 ´      (主様は案外ズボラだと認識します。問題ありませんが)
              /::::-/---:::::::::::/:_/_ ~゙`';:::::::::::::::::', \}ヽ ̄ ´
                /:::::::::/:::::i::::::::::::::::/:::/     }:::::::::::::::::::.   ヽ           「い、いやお客さんなんて此処まで来たこと無いしね」
                 〈::::/::::Tー|:::::::::::::/ {/_____j/:::::::::::::::::}    \
              V::::::::|弐三三リ   弐三三リ |:::::::::::::::::;    /         ・・・後でお話を
              {::::::::::i弋三沙′  弋三沙′,:::;::::::::::::/__   (
                  ヽ:::ト::!             /::/::::::::::/::::::/`⌒′         「う、うん・・・」
                 |::ト ,,   △       ´7_:::ィ::::/
                  |:::! ≧== --- == ≦-ーァ.|:::::| ̄
                    |:::|   } / У  r'  乙_)::::::|
                 ,:::::!    r===ォ、__ノ//|_r''./:::::::!
                   /::::::;   r} ---{__ノ//,'| /::::::::;
               /:::/:::!  ,N_-_⊂!, V//!./::::::::/
                 ヽ/--' //! / /∧ ヽ//:::::r-'
                 ∠__乂__{ {//∧  `ー
                       ` ̄ ̄` ー-- ’
┏━━━━━━━━━━┓
 レヴィ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  目の前のこの札束をまるで人間の様に扱い
┃  自身の友か家族の様に。当たり前の様に扱う事が気に食わない
┃  そう、まるで・・・



8409 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:30:00 ID:mwaXWGiI


            /イ:: |:::::::: |:::|:::::::::|i::::|ヾ∨イ::::::::::::∨::::::::::::ヾ\               j
           /:::::|:::::::: |:::i!::::::::リ::::!   /!:: i:: l:l:::|:::::::::::::::ハ               /   /
            /:::::/!::::::::リ::从::: ハ:::!   |::::|:::|:|:::i/: |:::i::!::::!ヘー―‐---ー―<´   /
          ハ:/ハ:::::::::|从!_∨ ̄ヾ、   リ八ノノノi:::::!: |::!::/       /          /
            |::::i{{, ∨::::!<弋歹     ィ弋テゝイ:ノ!リ//     /        /
            |::/:ヽ、 ∨小、             イ:|ノ| /   /           /
           /:.:::::::ヽハ:! \     {、      /::!:: !   , ′           /       ・・・・・・んでだ、早速だが
.           /:.:.:::::::::::|:八!         `"      /::: !:: ! /               /
           /:.:.:.:.::::::::::|:::::::\      __,、    イ:::::::|/                 ′       できない夫いt「売りませんよ。彼女は」
        /:.:.:.:::::::::::::::|:::::::::l| \   ´ \\∠:::!:::::::|                , ′
.        / :.:.:.:.:::::::::::::::!::::::::ij}) `   __ イ\,>く !::::ハ.            /           ・・・・・・ぁ”?
        /:.:.:.:.::::::::::::::>∨:::::|::へ :     ハ Ⅵ|::::::ハ         /
      ハ:> " ´マム ∨::ハ⌒) :     /   ヾ∨::::∧     /
     , '´    ヽ.、  マム.∨:ハ       {    , ∨::::::i    /
.    / ____  ノ:ノ   マム∨:i` ー-- 、 ヽ  ノ  ∨:::::!    /
.    ,'´ ::::::: `::::く.     Ⅴハ∨、、     ヽ   /     ∨::!≧.、/
   l/  ̄ ∨::ト::::ヘ    Ⅴ////≧r、、       ,イ: j/////,ヽ、
   |     }:::} ヽ:!    Ⅴ/////////≧=ー--=≦!レ'////////,ヽ、
   |  ヽ__ノノ   ;j  j   Ⅴ/////////////////////////////ハ
┏━━━━━━━━━━┓
 レヴィ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  善人であるかの様に振舞うこの間抜け面が
┃  こんな札束の塊を好き好んで。置いておく事を
┃  聞こうとする前に返答等知っている。
┃  この糞男が何度、こういった選択をしたのか。知っているから
┃  金よりも大事なモノがある。と古臭いコミックの一節の様な事を言う事を



8410 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:32:58 ID:mwaXWGiI

         -==≧ ,\ヽ
        , ≦//////≧z\
       /////////////////≧x
      ,イ/////////////////////\
      ム//////////////////////ム
      / ,イ//癶、//////////////////i
        ハ∧込リ//////////////////ム
          〉-‐’//‐-=、////////////_ソ
          ヽ       ヽ乃ュ////////Ⅵ
          i、       ////>、///リ
         ト ヽ _,    /イ>´ i//
         l      _,x、≧二ンハ
        ` ̄ 于三シ   リ///
             _iz≦ニニニ/ニソ≧、
       z≦三三三三三三 /三三{
    , <三三三≧≦三三三三三三≦、
     >≦三三≧zx三三三三三三三x_
    /三三三三三三三ヽ三三三三三三三>、
  /l三三三三三三三三i三三三三三三三三ヽ
/三:iニニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニ)
 ̄ )ムニニニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニ(ヽ
.  /三iニニニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニム
 /ニニ}三三三三三三三三|ニニニニニニニニニニノ
 〉ニニiニニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニニし,
./ニニニ!ニニニニニニニニニiニニニニニニニニニニニi
三三三ヽニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニニニム
ニニニニ\ニニニニニニニ|ニニニニニニニニニニニニニム
┏━━━━━━━━━━┓
 レヴィ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  その答えを聞き、何処か満足そうに頷く隣のもうひとりの間抜けも気に食わない
┃  まるで自身がおかしい。と言いたいかの様に綺麗事を並べる奴らが
┃  どう見ても売ったほうがノーリスクであろうに
┃  まるで目の前の自動人形が可愛そうだとでもほざくつもりなのだろうか?
┃  理解できない。気色悪い
┃  銃弾を膝にでも叩き込んでやりたくなるが
┃  既にできない夫に数発撃ち込んだ事があるのに、この1発で変わるとも思えなかった
┃  弾丸の無駄だと心の中で唱え、冷静を装う


8411 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:36:54 ID:mwaXWGiI


              __ ,.、<´ ̄∨ ̄ヽ<ヽ、、
             /::::〃〃::::::::ヾ/::}:::!::::ヾ:ヽ\
            ,:′〃〃:::::::::/ヾメヘ:::/::::::イ::::}:::ヘ
             //:::::::::::::::i::::::::!    !/ !::/ j::/:::::::::ヘ
              /イ:::::::::::::::::ト、::::|_,ノ /ムj/ー/ハ::}::::::::ヾ、
          ¦i::: |:::i:::!ヘ√∨ヘ    ,/ /`リソノ::!::} ヽ
           |::::|:::トリ_リ廾ヘミ    ゝ_/__/_/イ:::::/     あー・・・・・・偽善者
           ヾリ::::ヘ ゝ__f;j__    __f;j__ゝイ:::/      返答は大体分かりきってるが
            { |::::! \     j       j:::!}     知り合いの縁で聞いてやる
             `|::::',              /!:::!
                !:::::ト、             / j::::!      何でだ?
                !:::::| ゝ   r ── 、  ,' リ:::|
             !::::|/:>、´  ̄ ̄ ` イ  j:::j
           ___ノj:::|::::::::::レi> 、  イ;;;;l   !/
                /;イ::::::::ノイ  ヾ;;;;;;;;;;;;i、 /
             /´/::::>ソノ ノ八     /   ヽ、、_
                ////ノ    ゝ  <    ヽ:::::::::::`ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
 レヴィ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  段々と呆れがにじみ出る。もう怒り等湧かない。
┃  故に、忠告として再度確認として聞いてやる事にする
┃  貸しも借りも腐る程ある相手だ
┃  商売仇ではあるが一応利用出来る相手でもある
┃  それが馬鹿な真似で使えなくなるのを放置するのも惜しい
┃  煙草を乱暴に灰皿で消すと新たな煙草を取り出しながらできない夫に問う


8412 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:39:53 ID:mwaXWGiI


                   ..-‐ ‐- 、
                   /       ヽ
                     / .,  ,、_      i
                l`´    ̄     |
                | (;:) ( (::::)    i
                     |  /      u. l        どうもこうも無いよ、レヴィ
                    l 丶       l          彼女の主に俺はなった
.       `ヘ`ー ‐=─-‐‐-.l  - --       ヘ.
        、           ,、       .// !、       その証拠に依頼中に助けてくれたし
.       ';.           / `≧ =´l /  l ヽ      今もこうして共に行動すると決めた
.         ∧           /_._ ', }   /  l  \
.        '≧ ‐-<._   ´  \' .γ´∨  /    ヽ、  俺も彼女を受け入れたし
.         ∨/////`≧    ヾ;;;}/〃 ∧/        ヽ  何より、俺の感情的に無理だ
.         ∨//////,'    〈;;;;;;;;〉         ,      ヘ
       > ´_∨/////{      〉;;〈         ,
      >  ´ ヽ、////.',    /;;;∧       !
       |      l/////}.    |;;;;;;;;;|        }
       i  、 、 ! トァ///.}   |;;;;;;;;;|        |
.      ゝ ヽ_乂i |;;;」// ∧   l;;;;;;;;;l
              ゝ ̄////.}   l;;;;;;;;;l
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  若干顔の強ばりを感じる
┃  何度か同じような問答をし、毎回頬に熱い1発か、鉛玉を叩き込まれたり
┃  何度か頭突きを叩き返したりした記憶が蘇る
┃  この世界で迷いも情けも邪魔にしかならない。
┃  それを掛ける相手にとっても自分にとっても
┃  気を抜けば死ぬ世界でこの感性は狂っていると自分でも自嘲する
┃  それでも気に食わず頭を下げ生きられない理由も確かに自分にはあった



8413 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:42:06 ID:mwaXWGiI

           _ .....::::-‐´`ー'ヽ_ ,ヘ_,
        ,...:::::´::::....:::....:::::::::/:|/!´!::..'ー-、
.      //}:::::::::::::;::;::::::/,,ミ彡}:::}::::::....;.`.、
      ///:;:::::::::::/}|!::/   ゙"./::/::::::::::/::::...`-、
.    {i. /:::::/!::::::::/-リr/‐-、  /:::/!:;:;:::;/!::;::::::::::::!
      !::::/ |:::::::/r‐セ:::.ァ、 ゙ ノ/`l从{:! ソ}:::::::::::|      数千、いや下手すると万単位か?
      |:/,...!_:::i|i `ー`‐'-´ ´  y=ニ._j!ヽ|i:::::::::::::}      ヘイヘイ、ダッチワイフには高級すぎるぜ?
     ,..::´:::::::::::::|{ "゙"   /.   `ヾ:::}゙ッ リ::::::::;::/      チェリー
   /::/::´::::::/f|    ,   '::.     ̄ /:::::/ ソ
 //;'´;::::::::::::/ヽj   |`ー-、 _    /:::::/         素直に札束とコンセントにでも粗末なモン突っ込んでろよ
.{ {! /::::::::/  !   `ー-  、 j`!ァ ∠ィ::::::/ノ
`::ー'/::::::/-‐‐:::´::ヽ    ー、   ´  /,:::::/´
::::::::::|:::::/::::::::::::::::::::|、\        //::::/
::::::::::|::::|:::::::::::::;;ノ::;:|iiム ヽ _ , ....::::::´:/:/,.:-‐ ヽ
----|::{ー‐‐_..'::::ノ !i{ '   .:::::::::/:/´/      \
=ニ::{!ニ二 '´_ノ}ゝi}   /:::/:/==/        \
      ,.ィ=ニフ´-ー'‐、 -'.::/:/{゚|=={          `i
 ,.zr‐jiii/=/|_ミ}ii}    ,{/-‐//!圭ヽ            !
/r='、`,/==///,ー--‐‐, //´//////\==ヽ          .{
ii{iiiii}/|ニ///////////////////////ヽニ!         ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  案の定嘲りの言葉と笑みが浮かんだ。
┃  正直に言えば例外を除けば他の街人でもそうであろう
┃  というかこれから集られる覚悟も、泥棒をされるの覚悟もしている
┃  詰まる所、金塊がギッチリ詰まった宝箱を拾った様なモノだ
┃  鹿角を売れば数世代は優に遊んで暮らせる額が手に入るか分からない
┃  ならば人間。大抵の事はする
┃  それをできない夫も知っており、レヴィはできない夫がそれを理解している事も知っている



8414 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 21:44:57 ID:LYPRGJEk
いつものことか

8415 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:44:58 ID:mwaXWGiI
レ、レヴィとぬ〜べ〜の口調が合ってるかが不安です・・・




/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
;:::イ:::i::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/リ、:::::::::::::::,'
.Ⅵ:::i|::::::::::::::/_ヽへ:::::::::::::::::::/:::::,イ   ム:::::::::/
  i从ヘ::::::::t==ニ≧zx、:::::::::/i//≧ニ三=t三/
      i べト 弋て_ナ≦、::リx彳で_ナツ ∥゙`i       レヴィ・・・早急すぎだ
      VTム          冫          ム.ソ i       もう少し掛ける言葉程度あるだろう・・・
      ヽ≧,         /.|       Ⅶ /       あぁ、いや・・・そういう奴だったなお前は
        <       〈i         /‐'
         ハ     ____     /′
           ト、    ー― ´   イ'
         ,イ  \      / l
       ,ー彳',   > 、__/   ハー、
      /ニ/ \         / Ⅶム__
   /二ニニ|   \       /    Ⅷムニヽ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  隣から、例外が口を出す
┃  お菓子を手元で弄りながら、口を開く
┃  確かに忠告は大事で確認も大事だが
┃  自分達はまだ何も分かっていない。
┃  できない夫に何があり、何を思い、何故決めたのかを聞くべきだ。と
┃  そう言った彼の言葉にできない夫が咳を数度し場を改めると
┃  口を開いた


8416 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 21:47:48 ID:noxlMFn.
高級自動人形の戦力はその厄介事をしっかりおもてなし(物理)できるのだ

8417 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:47:50 ID:mwaXWGiI


                / ̄ ̄\
                 「   ヘ   \
                (●)(● )   |
                 |  |      |
               |__`___    |
                   |       .|
                l       /_.{
                アニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{


       [―重要な依頼内容は伏せ下水道に居た理由を説明中―]


             /         /  /      /   |  |:l ヽ:、:. ヽ \
             / /| /∨   /〃/√/ / /  / .:| l :|:|::. |lハ:::: ヽ::ト\_
             ,' |//    ///  / /.../  .::i .:/| |! :|ハ::|l:::}l::::. |、:!
            ,゙    ー=´イ 〃 .:l :l.::/ l |.;;|:⊥|_l_リ  }:|!:::}::::|::| j:|
             l         | /:{  .::|.:|::l /|':|::|:l:! l{:‐`マ十|::::}:/}::| j!
            |     ..::::/⌒:| .:::|::l:| / ! |:{_;!__{__ー{, ノ:从ソ ノリ
           │  .....::::::::://´r | ::::|::l:l.{   |{`''、_ノ_,~`  {((
          ,..ィイム:::::::::::::::::{〈_ ((\:::l::l:|::|   ヾ        \
       / \ミミヘ::::::::::::::::\_‐\_V|::l:|::|             >
     /    ..::::V少ヘ:::::::::::::::::::;}`ー、ヘ\::|           r´
   /     ..:::::::/   ∨::::::::N/   ヽ|:::ト|          _、‐ーーーー.#
      ..:::::::::::/       }:::ljハ|       |:::l::|        ´ r ' ̄ ̄ ̄ ̄~
     .:::::::::::::/        レ'!     ∧  |:::l::|ヽ、        !
     .:::::::::::::::;i        |:       \\|:::l::|  _>- 、 _ ノ
   .::::::::::::::::::i       j;/   /⌒>\!::l::|/_\  |::::l{
   ::::::::::::::::::|        〃,.r==ヘ::::く  ヾヘ:\三、\|:::f|
   :::::::::::::::::|       //二ニヽ \::ヽ :::\:::{\  +++
   ::::::::::::::::|       /〃、-─‐ヾミー≧}、_!:.ヾ}:::{;\z/'';
    ::::::::::::::::|     i/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\j|:.゙V/   ,.;..
    ::::::::::::::::|     {{;;;;;;;;;/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ;;;;;;;;}/  /三三

8418 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:50:09 ID:mwaXWGiI
いくら有名スカベンジャーとは言え、自動人形の戦力何て知らないのでは・・・?
と思っています。まぁ、これからこの街の住人は嫌でも知るハメになりますが



                / ̄ ̄\
                 -‐'  ヘ   \
                (ー)(ー )    |
                 |  |      |
               |__`___    |
                   |       .|
                l       /_.{
                アニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{


           [―死にかけた時のことを説明中―]


       ..__
       ゞ` -..___ i` -.. _
     __ヾ`゙゙゙::::::::::::::::::::::::::::::::`-._|ヘ!i
   .-":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`´:i
  ,-"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
 ,", ","::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
 ' / ./!::::::::::::ノハ::八::::::::ノ:;ハ::::::::::::::::i
  i/ i / =-、、 ≧=|||=≦、、-=::::::::::::i
  " i ! ゝi 、 ̄ , ~ 、  , i:::::::::::i
    ヾヘ ! iヘ ゝ-´    `~',,、 i /ヽ:/
        i i       ~ ,  iοi/
        ゝi       i, /`´ i
         ヘ       ∠ ノ .!i、
    V__.V、.-'''"ヘ_,.- _,∠ / /  ヽ
   (`‐-、i.i二! , ///~i ゝi"  /
   二---ゝ⊃ //|| ,.!.| /llllヘ /
  ./〉---ヘヘヘ∨/||_ !ヾゝlll/Y / /
 ,/ ヽ二匚ヘヘlllllll三冫ヘ|llll| ノ /
//  /   ̄ ̄フ ̄´.| |lllll|  /---‐‐
||  i'     /≧ ̄ ! .|llllll|´ | /
!、ヽヽ_____....-'、 ∈|  | .|lllllll|  |/

8419 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:52:01 ID:mwaXWGiI

              、、 ヽ
             _...-ゝ` ゙:::::`ゞ゙゙゙::::...、、.
           ..-'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
           "~~フ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i/
           .-'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈
          ,'"ゞ::::::::::::::::ノハ:::::::::::〃八_..;::::::::i
          ' /::;i::::≦二ニ=.ヘ:::/ =≠ニヾ:::::::;
            i:i .i:::::::::〈 /´`、`´ /´ヽ .i::::::;
           ゛ ヾ゛ゞヘ,;;  ,    ,;;,, ノ,ヘ
                ヽ!;  `    ./_ノ
                 .ヽ-' ⌒ヽ/i/
                  /i `ゝ‐'´ ,ノヘ
         ,---------‐ヾ `ヽ .、_.-'"  〉`、...........-- 、
        ;'i       |'i .ヘ   /llll,、  i  i     i ヽ
       i i.       .:.. ヘ  /llllll;ヘ  i .i      i )
       ,レ, |       ヘ ヘ/ヘlllll/ ヘ,/ //      i .!ヽ
      :'" /i i     i   ヽ ヘ .illlll|   /       .i i i
      | / i.i      i   ヽ ∨lllll|/ / /      |i  i、
     i /./i.i      i .ヘ  ` illlllll|/  __....-‐'''"´i ii / i
    i´レ ./ i   i    i ヘ   illlllllll|  i~´      .i i // i

          [―鹿角との出会いを説明中―]

    /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::ヽ::::::::´丶::::::::ヽ:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::\
.  /::::;;::::::::::::: :::::::::;::::!::::/:::::ヘ:::::::::::::ヽ::::::::!、:::::!:::::::::::::::::::::::::::::::_\
∠::- /:::::::::::: ::::::/! ゙|::::ミミミミミ彡゙:::;;;;;;|::::::|''}:::::!、::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
.  /::::::::::::::::: ::::::| ||. |::::!゙゙゙゙゙゙゙"´ ,.. -+:::| +:::::| ヽ:::::::::::::::::::::::::::::!
  /::::::::::::::::::::..;::::::|´|!¨!::::!ヽ       |::::} '!:::/`丶!::::::::::::::::::::::::::::|
. /::::/.::::::::::::/!:::::| { ヽ:{        !:/-}/   }::::/f:::::::::::::::::::|
/:::://:::::::::::::/ {::::{ _ -‐-、、     フ´/r‐ ソー-:、/;:::/ }:::::::::::::ハヘ
|::/ /::::;:::::/::!  :ゝ-\`ヽ          '/      'ノ}/ / }::、- 、!
{| !:::/!k::::::!  i!             '  (・)    /i!   !!、:ト、 ヽ
  !:/ !| 〉、:|  |   (・) :               /   ,i!∧:i ! .}
  {  ゙l /ヽ} :ヽ、  _ ッ   :;     ¨ ‐- ..__ /    ヽハ:!,!./
     i レ//! :::::. ̄     /     yvw        ,ク}!/__....-‐-...... _
     /y:/t|  /VV     |::.               j,/ ,ィi´::::::::::::::::::::::::::::二:::丶
     / |/\|         `              rt‐彡ヲ::::::::::::::::::::::::::::`ヽ `ヽ!
.    | |!  ゚、                      /:/ヾノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.     | i!   ヽ                    /::{ }iヽ:::::::::::::ヽ ::::::::::`ヽ::::::::\
    |  i!    \    -=-‐──=ニ二!   /::::::::::ヽ !| ヽ::::::::::ヽ!:::::::::::::::::\_:::::ヽ
    |  {      ヽ             /:::::::::::::::::ノ\  }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ!
    |   ゙        `          /::::::::::::::__:∠ .. __\|::!:;:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
    `            `>、‐-‐..:::´::::::::::: ::/       ̄,へ::::::::::.ヽ:::::::::::::::::::::::i
          ____.. ,-‐ァチ/}..   :::::::.  /            \::::: ヽ::::::::::::::::::::|
        /ii' ;iiii''''゙´,ii/ / ';:      /                 ヽ::: !::::::::::::::::::/

8420 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 21:53:35 ID:MTogy7Vw
まあ、匹敵するのだと現状本社のsfさんか雪モグラのサクラーズやグリゴブさんの相方くらい…意外と多いし噂が広まってそうなのもいるな(汗

8421 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:55:00 ID:mwaXWGiI
本社のsf様の活躍をこれからも心より楽しみにしています。
(私のできない夫と鹿角はあくまでイチャ付き目的だから・・・・・・)



                / ̄ ̄\
                 「   ヘ   \
                    [lilil] [lilil ]    |
                 |  |      |
               |__`___    |
                   | }|||||||}   |
                l. ̄ ̄  ./_.{
                アニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l   
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{   ←半分ヤケ


       [―戦闘後の帰り道について説明中―]


                 ,.-――― - .
               . ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
             . ':..,.-―-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.            /:. /      ` 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            /:.:./           i|:.:.::i|:.:.:.:.:.:.:
.           /:. 7´¨  -  .   i|:.:.:.i|:.:.:.:.:.:.:.
          /i:.. i|:.:.:.:.i|:.:.:.:.:.:.:.::.:¨.- i|:.:.::i|ヽ:.:.:.:.:.:.
         〃.| : i|λ: i|:.:.:.:.:.:.:j|::.:.:.: `i|:.:.:.i| |:.:.:i|:..:.:.
.           | : i|:! ヾi|:.:.:.:.:.:/.}::.:.:.:.:.:i|:.:.:.7 |:.:.:i|:.:.:.:
.           | : i|:l  \:/ |.::.:./:.:/: . ハ|:.:.:i|:.::.:.:
.           | : i|ム.      |// :.:../ノ:.:.:. i| .:.:.:i
.           | : i|:.:.ヽ '     ノ:.:.:./:.:./. : ::i|.:.:: :|
.           | : i|:.:.:.:. 、`   _. .〃:/ L/:.:.:./:.:.:: :. |
.           | : i|人_ノ `¨ l  i|:.:,  /:.:.:.:ハ:.:.:.:: :.:|
.          八:.i| |../. /    i|:.l /:.:.:.:/ |:.:. :.: :|
.            ヾ.j/  /  __ノ り ,:.:. . '.イ ハ::.:. 八
.             /  /.        i:.:./  / 〉i|:.|
             /.| i         .ィ/ ¨¨¨¨´∨:|
.            i i.八  .. :  / リ      .|从
          ≦八 ヽ`ー‐‐‐≦___.ノi      /

8422 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 21:55:26 ID:BVjBqXtE
本領軍士官には量産型やろけど自動人形が副官役で付くらしいし、案外ハイスぺ仕様もあったんやろね……

8423 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:56:42 ID:mwaXWGiI

                       ─-ミ
                   / 、_   ヽ
                    ー)  (ー)
                      / /        i
                 /        /
           r‐ぅ__      l   ̄ `               以上です・・・
.        (⌒ 厂      八       イ
         ` ´          アニ<// 〉、__ __
                ,./ /\  /_ < : : : > : :\
             _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
           /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
          ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
           { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
         / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
        、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
       / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
      / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
     { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
     ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  呆れ声、溜息、心配される合いの手
┃  様々なモノを受けながら説明が終わる。
┃  数時間の出来事だとは思えなかった
┃  自分自身そうなのだから・・・



8424 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 21:58:11 ID:mwaXWGiI

                    _ 、
              _...r‐---‐´ . !ヽ ..ヘ
           ..:::´:::/. .: ..:|:. :;.::|:::::´::::::::.
.          /:::::::::::::. ...::..::;::;{:::|゙|:!ミ彡:::::::::',
           /::::::::::::::::::::::::::::/!:! |::!{l`゙゙゙"ヘ:::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::;:::/´|!¨!ヘ`   |;、::::::::::ヽ
        !::::::::;: 、::::::::::::|i::Ki叨`ヾ   /ヾ、}:::::::ヾ、!
          !:::::://fヾ::::::::;:i !:i  ̄´     瓧i |:::::::;::! i!
         !::::{ ' k' |::::::::i{ !|      , 〉´ !::::/|:! '
       .ヽ:::::\ヽ!:::::::i!|        '  }:::/ リ
      /{{:::::::::::ヽ::::::::i`     r_‐r  /ル'
    /:::::::::/i:::::/ !:::::::l         /
  ./:::::::::::::/ ./  li;ヽ::::ヽ      /;:!
  /:::::::::::::::::{_/   ,_'iii__ヽ::::ヽ r‐--‐..::::::|リ
. /::::::::::::::∧:| _,. z'csニ三ゝ:´  ̄iiiiii`ヽ::i
/:::::::::::::::::|ニヽ二二二二/''!lll;'lii; ,,,,'',iiiiiiii,,、
::/!::::::::::::;:|二二二ニニ/lliiil' liiiiiii!; liiiiii':; '''ilヘ
::! |:::::::::::||i二ニニニ/iiiii;''''`,ii:''iiiii' ,,; ,iiiiii:;,,,,i|
!|=|::::::::::|_i!__二二二{iiii',  ´ ,iiiiiii;'' ,iiiiii;‐'';iii|
`´ヽ:::::::|////`i=cs=|''''''' ,,,;iiii;''',,i  ,iiiiiii,  'ii{
////////////}ニニヽ  、  ,iii,,,,,;iiiii'iiiiiiiiiliiiiiiヽ

      「明日には死ぬ ぞ(んじゃないか) お前」

       ヾ、             ヽ 、  !
    ゞ   ヽ`‐、._           `、ヽ. l.i
     ヽ`‐、__..ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 i il/
  ヾ` 、_.ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ゞ レ
   \  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
__...........-‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
 `==≧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノj:ノ/ハ:::::::::::::::::::::i
   / /i:::::::::::::::::ノハ::ヽ:::::::::ノj:ノ:/ハ::≧ニ三ゝ::::::::i
  // 〈::::::::::::::≡ニ=ミメ、ヘ:::/ ヾニr ハロYフ.i ..-. リ
  〃  i::::::::::::≦ ヾ,代叭`ヽ   ` 下ニ´ i l≧i リ
     i /! Y  _ミー "´ |        ! ノ! ノ.i
     ヾ i ヽ . i ヘ    〈i.        レ-'/ i        , -、
       ゙  ヽヽヘ    `_..... 〟   /i ´/        ,ュ心ヽ
           ゙ .ヘ.   \.  ノ   ,/ .i./        .illllll|. |
              ヽ、  `´  /  .ト、       .illllllll |
              _.i ` .、_ , :'   _. '' ヘ       illllllll .l
              /ヘ   ´  ...‐'"´    ト-、     !llllllll l
           __...;'   ` 、__.-'"       i   i‐---.....!llllllll i___
      __....-‐'''"i 〈    /ニ\       ノ  ;     !lllll ヘ /`ヽ、
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  こうである



8425 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 21:58:12 ID:hKWbubYc
噂に聞く程度だとほとんど信じないんじゃないかなあ。
自動人形=人間っぽい警備機械程度の認識だと戦闘力を侮るのも無理は無い。
それでも充分手強いんだからそれ以上は想像もつかんやろ、教育もろくに受けてないんだから想像力も、だろうし。

8426 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 21:59:11 ID:Dn9C5OXY
ああ、なんか麻雀で天衣無縫上がった人のような言われ方してるw

8427 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 22:00:27 ID:xGbBzjzk
デスヨネー

8428 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:01:03 ID:mwaXWGiI
大体、現状はそうだと思って頂ければ>>人型っぽい警備機械
様々な事が出来、高度なAIと柔軟性を持つ警備機械。
人間で足りるのを金を払って見栄を張る金持ちの道楽。という程度ですね


                   i:::::::::::マ:::::::::i > < i::: : /::: : i
             个 、       マ::::::::: マ .r ニ    ヽ ./: : ,イ       _ -‐
           { ≧ェニ __   ヽ:::::::::::マ∨_ ,,...,, _ / /::: : {    > ´:::::::::::}
            八::::::::::::::::::::ゝ、<´¨ニマ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ-  ヽ、イ:::::::::::::::::: /
            ゝ::::::::::::::::::::ム>: : ¨¨: : <:.:.:.:.:.: ニ/  \\\::::::::::: /
              ` <:: > ´: : > ´ : : : : : : `´.: : : :.` <\\> ´
                /: : >´ : : : : : : : : : : : {: : : : : : : : : :ヽ >
               /: : /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : マ ハ
                   ヽ、/ : : : : : : : : ,'.: : : :. :./`Yマ: : ハ: : : : マ: : :',∨
               /: : :.,'.: : : :. :.,'.: : : :. :.,'   ', : : ハ: : : : マ: : : ∨
               ,'.: : :.,': : : : : : i: : : :,': :      |: :i: :ハ: : : : ',: : : ',       人生4輪廻分の幸運かと
                 : : : : i.: : : :.i: : l: : : :i: .:      |: :|: : i |: : : :}: : i .',
                  : : : : |.: : : :.l: : |ニェL.!      |__|ニ.l |: : : :i: ::l  ,       確率的に、良く生きてましたね
                 | : : : : : : : : {: :,ィ==ミ_|     lィ==ミ: : : : :l: :l   i
.                ,'ゝ.: :',.: : : :. :.{乂r汐      乂r汐 |: : :.;: :,'   :|
             ,'  _`¨マ: : : :', ',     |        /,イ: : /|¨rヽ_彡
             ≧´ マヽマ: : :.ヽゝ          Z/ |: :/:: ¨: : /
                    ゝ:: \:_:_∧    _ _      .: : ヽ´: : : :ノ
                  ,'> |: : 个 、       イ |: :.|≦、´_ ニ -‐┐
         -‐─ ´ミ ミ <  {'//,|: :.|  ! |\    /|ハ:. |: :.|//ハ >== ‐- = 、
         ,'       ヽ l///,|: :.|:. ム マ .`ニ´ ,イ.イ : |: :.|///|            ',
.         {           l///,|: :.|:. : :ム マ   ,イ.,イ:.:. : |: :.|///| ニ=‐- .       :}
        _`ユ== -‐ ¨   l'//,'ム:.,':.:.:.:.: ム ヽ ,イ.,イ:.:.:.:. : {: :.{///|      ` < ,イ
       ´           l///ム:,':.:.:.:.:.:.:. ム,イ ,イ:.:.:.:.:.:. : iマム// |            `
      ',           l//,ム:,'}マ:.:.:.:.:.:.: ヽ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l マム//|   ` <        ム
       マ _ > ´     :l/,/:.,' {:. マ:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |ゝマムイ      \    _ノ
.            .<´     ゝ:.:,'_.仆 、マ /:.:.:.:.:.:. : > ´ ゝニマム ∨       \/
         {.           /:/ ` < > 、> ´   > ´ ∧マ ∨\      .>
           \       /     マ ´    > ´      ム     .\   /
           ヽ-‐   , '        マ> ´            ',   く ヽ ´
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  従者からもこうである
┃  人間ならともかく電子存在である彼女からも言われる時点で相当だ
┃  宝くじを3つ同時に当てた様なモノである。当たり前だ
┃  それに対し彼女の主は頬をかき、もう二度と味わう予定は無いよ。と呟く
┃  唯、そんな中


8429 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:02:14 ID:mwaXWGiI

       
             /    \
            /        V
           ./           V
           '
           l    で   .  l
           |     、    |
           |    で     .|
           |    も       |
           |    ・     .|
           |    ・     .|
           |    ・     .|
            '          '
            ヽ       /
              \   /
               ><

8430 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:04:34 ID:mwaXWGiI

                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___``丶、
                    _.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ -=ニ[⌒¨¨⌒}k_:..
                  .:´:.:.:.:.:.:.:.:_-⌒ア⌒廴≠彡'⌒>、
                /.:.:.:.:.:.: .: _-少'^/:.:.「:~ ̄|「``く⌒>,
                 ,′ .:.:.:.:.:.:.:「辷/il .:.:.:| :.:.:.:.||:.:.__:.\ン′
                 .′ ...:.:.:.:. |.:|_ア:i|_|[:.:.:.:| :.:.:.:.|「.:.:.:.`:.:|\}
                  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.|:.:.|:.|| 「 .:.:.:| :.:.:.:.||j)托㍉|{℃
              :.:.| .:.:.:.:.:.:.:._|:.|:.:.|_j抖芥/| :.:.:.:.|イ7/j} |八:.|
               i.:.| .:.:.:.:.:.:.:.「: l:.:.冰7/j} イ| :.:.:.:.リ Vタ /.:.:.: |{
                l:. | .:.:.:.:.:.:. 圦|:.:.:..Vタ'’ |/}/:,  ' ' 'ア.:.:.八  ・・・できない夫さんなら・・・・・・
                 |:. | .:.:.:.:.:.:. |ヽ|i:.:./〉' ' ' '         /}:/:||  ・・・・・・納得・・・できます・・・
                  |:.:.| .:.:.:.:.:.:. |:.:.|l,:.:.:.∧.    -‐ ...:イ:i| :.:. ||
                  |:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.廴||〉:.:.:./〉うぅァ‐-r<⌒刈 :.:. ||
                  |:.:.|:.:.:.:|.:.:.:.:|....|{ ∨:.:ハ ,/ 〉∧............}| :.:. ||
                  | 圦 :. |\ :|...八 Ⅵ:.:.}  / }/∧ ...... }| :.:. ||
                  |(二\|ニニ`、... \}i∧|   ,ノ///,....... リ :/.:リ
                  |ニニニニ\ニニ`、 .. リ≧==彡' ..../....〈/|:/|/
              ニニニニニニ)二ニ`、....-_............... /.... ‘,. | /
              ニニニニニニニ|iニニニ`、... ≧===彡....... ‘,
.                ニニニニニニニ||ニニニニ`、.\............}...........‘,
.              _ニニニニニニニニ||ニニニニニ`、 ..\__/................}
.             ニニニニニニニニニリニニニニニニ`、.... [] -=ニ¨⌒ヽ
           ニニニニニニニニアニニニニ=-‐ “¨  _,,. -=ニ三 ||
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  今まで静寂を守り続けた少女が、オドオドしながら呟く
┃  先程から目を誰とも合わせていなかった少女が真っ直ぐ見つめながら
┃  その言葉は、此処に居る者達の野次が止む何かを彼女は持っていた
┃  美しく、可憐な深窓のご令嬢然とした少女は漸く声を出した
┃  机の下で、小さく白い手を握り締め、彼らに対して言った
┃  


8431 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 22:07:41 ID:j8dbCLgk
(有名っていうか有力なスカベンジャーだったら人形持ちいる、ってか人形いるから有名になったりしたのもいるんじゃ……いやよそう。俺の勝手な(ry
人形持っててもスペック差はあるだろうしね

8432 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 22:08:37 ID:.v1KPbzw
ジェネラルバスターは上方修正って意味でスペ差あるしな
当然下になるのもおるわな

8433 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:11:39 ID:mwaXWGiI

                   . ., -ー……‐-  .
                  / -ー……‐-.  \:.\
.                 i/:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\. \:.:ヽ.
.                /:.:.:.:.:.:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ ∨:..
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:i|:.:.:.:::.:.:.:.::.:.:.:.:i| ∧ |:.:.:..
               .':.:.:.:.:.:.:.::./i|:.:.:.:.i|:.:.:.::.:.:. /:.: ∧.| .i|:.i
               |:.:i|:.:.:.:.:./|jハ:.:.:/:.:.:.:/:.:./:.:.:.i|:.Y:.:.i|:.i
               |:.:i|:.:.:/笊ミ∨:.:./i:/|:: : .i|:.:i|:.:.i|:.|
               ノ i|:.i| Vzリ }/ イ笊ミ、:. .. i|,.ミ:.:.:i|:.|   逃げなかった事も・・・
              / . .i|:.ミ    ,    Vzリ |:.:.:.:/ノ:.:.:i|:.|   助けようとした・・・事も
.             /::.:.:.:.:.:.:ヽ          j:.:.:./7:.:.:. i|:.|   ・・・危なくても・・・帰ってくる事も・・・
            ,:.:..什`ー‐イ\ `    イ::.:.,イ:/:.:.:.:.:i|:.|
            ,:. : } i| |  ./ヽ `ー‐    /: /. \i|:.:.:.:i|:.|   できない夫さんなら・・・
            i:.:/i. i| |  i  i  ---、_./:.イ    i|:.:.:.:i|:.|   納得・・・でき・・・ます・・・
            |:.iノ  | 八_... --イ /'  _ ―/:.:.:./ノ
            |:.|.   |    ___ - ≦._ ≦:.:. /i|
           .'レ.    |≠./      . /ニ /: /ニi!
.            i    |./        /ニニ.//ニニ/
           _ハ   ij        ./ニニ./'ニニニ./
          |ニニ≧、.V        イニニニニニニ 7
          |ニニニ.i| ゚,      ./ニニニニニニニ Y
          /ニニニ i|  ゚ , ___ ≦ニニニニニニニニニニ|
.       _. ≦ニニニニニハ.____/.ニニニニニニニニニニニニニ|
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  少女はそう言った。
┃  無意識に言ったかの様に。その後ハっとする様に静かに顔を俯かせる
┃  ご、ごめんなさい・・・と小さな蚊の泣く様な声で返答を返して・・・
┃  彼女の声に迷いも何も無く自分の中の事実を言ったのだと誰もが分かった
┃  彼女が半分飲んだその湯呑の中の黒さと建物外の濁りにも負けない
┃  彼女が評価した男性はそういう人物だと。彼女はそう評価した


8434 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 22:13:15 ID:HQw8rNj.
>>8431
そもそも自動人形販売店はあるしなあ・・・

8435 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:14:21 ID:mwaXWGiI
この作品の、というかこの都市の自動人形の扱いについては次話で説明しますね

  /:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/廴彡'≠⌒寸}i\:.:.:.:.:,
 /.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:./廴_彡'⌒Y⌒廴/∧ :.:.:.:,
./:.:.:.:.:.:′:.:.:.:. / _]ニ=-‐ァ7フ'⌒゚≪∧ .:.:.′
{:.:.:.:.: : |:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:.:.:.///:.:.:.:. : |:.:.\|i:.:.:|
}:.:.:.:.: : |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:. |/:./ : .:.:.:.:.:.|{:.:.:.:.||:.:.:|       わ、私も・・・そうやって・・・・・・助けてもらったか
.,:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.jI斗 ァ|:.:.:.:.:.:.:.:.|{:.:.:.:.||:.:.:|
′.:.:. : |:.:.:.:.:.:.:|^´.:.:. |//|:.:.:.:.:.:.: 八:.:.〕iト:.:|{ ⌒)   (つ、つい言っちゃった・・・・・・)
.:.:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:.:.:|ィ托笊㍉| :.:.:.:/イ托笊㍉:.:八
.:.:.:.:.:i{|:.:.:.:.:.:l:.:ヒ-r少^}:/}:/  ヒr少ソ||:イ   つ
.:.:. : 八|:.:.:.:.:.:.:|//////// ||:.|
.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:l// -‐=======ミ .リ:.|
.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:| /〉 /////////∧イ:.:
.:.:.:.:.:.:. |:/|:.:.:.:.|〈 //∧//////////∧:.:.|
:.:.>…|{^|:.:.:.:.|. Ⅵ /∧/////////___〉_|_
ア....... . |:八:.:.: |.....〉'" ̄ ̄う/////と⌒Y...〕iト._
......................\ |....′   ニニつ,////ア⌒Y.........`_
.......................... ゚|....}     ー‐<////└'「 |.............`_
................................/   从⌒´-‐……‐-r|\...........`_
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  己の過去。
┃  一番困った時、庶民だった時祖父と祖母以外で
┃  唯一味方をしてくれた青年の姿を自分は知っている
┃  古本屋だった母方での実家。そこに通っていた常連客
┃  一角を貸出て古本を読む場所と珈琲を出しただけ、唯それだけで
┃  人見知りな自分の家族以外の唯一の話相手も
┃  用心棒代わりも、厄介毎も、いつも頼らせてくれた優しいちょっと頼りない自身の英雄
┃  それは、強い人物だと彼女は譲れなかった


8436 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:15:17 ID:mwaXWGiI
ミス

  /:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/廴彡'≠⌒寸}i\:.:.:.:.:,
 /.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:./廴_彡'⌒Y⌒廴/∧ :.:.:.:,
./:.:.:.:.:.:′:.:.:.:. / _]ニ=-‐ァ7フ'⌒゚≪∧ .:.:.′
{:.:.:.:.: : |:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:.:.:.///:.:.:.:. : |:.:.\|i:.:.:|
}:.:.:.:.: : |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:. |/:./ : .:.:.:.:.:.|{:.:.:.:.||:.:.:|       わ、私も・・・そうやって・・・・・・助けてもらったか
.,:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.jI斗 ァ|:.:.:.:.:.:.:.:.|{:.:.:.:.||:.:.:|
′.:.:. : |:.:.:.:.:.:.:|^´.:.:. |//|:.:.:.:.:.:.: 八:.:.〕iト:.:|{ ⌒)   (つ、つい言っちゃった・・・・・・)
.:.:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:.:.:|ィ托笊㍉| :.:.:.:/イ托笊㍉:.:八
.:.:.:.:.:i{|:.:.:.:.:.:l:.:ヒ-r少^}:/}:/  ヒr少ソ||:イ   つ
.:.:. : 八|:.:.:.:.:.:.:|//////// ||:.|
.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:l// -‐=======ミ .リ:.|
.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:| /〉 /////////∧イ:.:
.:.:.:.:.:.:. |:/|:.:.:.:.|〈 //∧//////////∧:.:.|
:.:.>…|{^|:.:.:.:.|. Ⅵ /∧/////////___〉_|_
ア....... . |:八:.:.: |.....〉'" ̄ ̄う/////と⌒Y...〕iト._
......................\ |....′   ニニつ,////ア⌒Y.........`_
.......................... ゚|....}     ー‐<////└'「 |.............`_
................................/   从⌒´-‐……‐-r|\...........`_
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  己の過去。
┃  一番困った時、庶民だった時祖父と祖母以外で
┃  唯一味方をしてくれた青年の姿を自分は知っている
┃  古本屋だった母方での実家。そこに通っていた常連客
┃  一角を貸出て古本を読む場所と珈琲を出しただけ、唯それだけで
┃  人見知りな自分の家族以外の唯一の話相手も
┃  用心棒代わりも、厄介毎も、いつも頼らせてくれた優しいちょっと頼りない自身の英雄
┃  それは、強い人物だと彼女は譲れなかった


8437 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:17:17 ID:mwaXWGiI
わ、私も・・・そうやって・・・・・・助けてもらったから
で脳内補完を・・・・・・!




              / ̄ ̄\
             /    (ヽ(`_
            .|  U   rヽ`ヽ、`ヽ
               |      i i_)   〉    (違う、俺は違うから・・・)
              _|_____.   ヽ     ト__
         ---イ――--.、ヽ ヽ _ / ::::::: ',
     /:::::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ.´_ノ〈:::::::::::::::: ',
    /:::::::::::::::::::::::::::/ ::::::::::`ヽゝ V:::::::::::::::: ',
  /:::::::::::::::::::::::::::/::::/::::::::::  ヽ  V:::::::::::::::: ',
  /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::/:::::::::::::::_ __ヽ-ト、::::::::::::::: ',
 /::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::''''''''""::::::::::::::\:::::::::::::::: l
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  それに対しその評価元は頭を抑える
┃  そう思われた事への照れとまるで騙しているかの様な罪悪感
┃  こんな評価を下される存在ではないと。
┃  目立たない様にするかの如く顔を隠す事が精一杯だった
┃  真っ直ぐな彼女の瞳がとても眩しかった


8438 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 22:18:24 ID:noxlMFn.
庶民から一代で富豪か、ジョースターさん流石やな

8439 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:21:01 ID:mwaXWGiI
>>8438 (ちょっと複雑な関係があります。投下終了後に文香についてのみ軽く触りますね)

            ニニニニニ/iニニニニニニニニニヽ。ヽ
              ニニニニニ/  |ニニニニニニニニニニムノ)
            ニニニハ_/__iニニニニ二二二二二ニニ〈
               ,イニニiー――ヘリⅦ_/二/ハニニニニニi
               リrzⅣ  , '⌒゙i  i/,へk'、  iニニニニニリ
             { (/            ヾzxハ二ニニニi
             Ⅴ,             '⌒ヾiヽ二ニニニニニ     まぁ冗談は置いといて
                 y      '        リ 〉ニニニ/     無事で良かった良かった。
               i  i´>- _           /_=xニ/
                  ム.  ∨     ‐-  ュ  /,-ュ )        できない夫が無事で何よりだ
              ∧  ヽ       ノ/ニニニ≧zx       それだけでも儲けものだって!
                ゝ、 > -  ‐≦ニニニニニニⅣ_      
              ノ  i ヽ、_  ,-≦二二二二ニニⅣ `ヽ
 ________,ク   ヽ  ¨¨iニニニニニニニ> '  , ⌒,
/  ,'            |     ∨  ',ニニニニニ> ´  /    ',
   ,            |   _ノー≦ニニニニニソ    /
.  i           |   / |ニニⅦニニニニ)    ハ       i
  |          i | /  |ニニニ〉i     |   /  ',     Ⅴ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  その言葉に表情を崩し、彼はそう言った
┃  金になる話を、まるで聞いていなかったかの様に・・・いや、そう聞いていなかったのだろう
┃  鵺野は満面の笑顔と、ほっとするかの様に頬杖を付きながらそう言った
┃  おせっかいなこの人物にとって、かけがえのない友人が無事であった以上の
┃  この話の感想は無いんだろう


8440 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 22:22:07 ID:j8dbCLgk
まあ自動人形の発掘量が少ない世界線ってこともありえるしね
そして逆玉ですよできない夫さん!

8441 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:23:30 ID:mwaXWGiI

            __...ノ∨´::ヾ"´ ̄ヽー::、__
           /::::::/:::::jヘ::::::\:::::::::\::::::\
          /:::::::::/::/ヾ/ヘ\::::ヽ、::::::::::::::::::::`\
.        //:::::::::¦ハj   ∨ヘ:ヘ \:::::::::::::::::::::::\
      ¦l::/::::::::トレヘ   ',i⌒リ ̄`ヽ\:::::::::::::\`ヽ
        |:i:::|、:::i´ヤx、\ リイ必アゝ}::::\::::::::::トヽ
        リ∨ヘ::!{弋ヌ    ゞー ′/イ::::ノ\リノ  }    まぁ、死んでたらこの話も聞けなかった。
           ∨ヘ\  /       / /イリヽヘ       そう取っておくぜ、ガンマン
          ヾ;:::! ヽ `    ____,     ∨:::::ヘ       儲け話をありがとよ
             ;'八   ヤ二三_ア    こV::::::}
             !::::::ヽ            イ!:::::l:::::::j
             ∨::∧\       / ト;:::::!::::::>ー一
         __ ヽ:::∧ iヽ __ <:::::::: l ',:::!\::::::::>.、、
       /((ノ)>\ヽム        !\:l::::::\::::::::::::::ヽ、
      /丿ノムノ<}:\ヽ           リ<::::::∨:::\ヽ::ヘ
       /イノヽゝソ⌒ヽ}:::(:)ゝ、ー-、丿ム─ゝ\:>.∨、_::::::j::ノ
.      /⌒)八(ゝ(⌒/::::::::ハ:ヽ、       ソ::ヽ:(:)::ヘ `ソ::ノ
     /つ厂(⌒)ゝヘ/::::::ノ:::::::::::::`:ー------ー′:::::\::::}  ∨
.   /⌒)ノノ>ノ /::::<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽj   l
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  対照的に目の前の彼女はそう言った。
┃  あっけらかんと。屍拾いらしいその言葉を掛ける。
┃  文香は多少その物言いにムスっとするが
┃  できない夫と鵺野は僅かに苦笑いをする
┃  彼女がこう言う自体が稀なのだ。十分好意的。と言えた


8442 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:25:18 ID:mwaXWGiI

              / ̄ ̄\
             /    へ  \
                (⌒ )(⌒ )   |
                 |  |       |    まぁ・・・成り行きが分かった所で、その・・・・・・
              | ___`___     |    もう少し話がありまして・・・
                  | `ー '´    |
             ヽ      /
                ヽ     /
            _,,,,ノ|、 ̄//// \、
        _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
        /     /  |  /\  / /    / ヽ
       ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
       {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ
┏━━━━━━━━━━┓
 鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  沈黙を守り、影に徹していた鹿角は思考する。
┃  さて、目の前のこの人物達・・・
┃  関係性も何も鹿角には分からない。
┃  親しい人物だという事しか。
┃  だが、できない夫は此処に連れてきて、こうして話をした
┃  話の内容的に話をする事自体愚かである。
┃  が、主は抜けていても愚かではないとコレまでの行為から従者は思っている


8443 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:27:17 ID:mwaXWGiI


              ________
           /) / .)  \
           / ./::/ ./:::/ ) \
           l .l/ // ∠___ |
           l / / / _、,,.ノ |    力を貸してください
          r      /___   |
          /     /    u.|
         /     ノ     /
       _∠⌒ヽ  j 'i, _、___ ィ/|\____
     / ...::::;;;:::ヽV;;;;l フiiiiく  /.:;;:l;;;;;:::´´''' 、、、 _
   / ...:::::;;;;;;;;;;;;:: 〉;;;;;:l/ iiiii \/.:;;;::l;;;;;;;;;;;;;::::::::..... i::..\
 / ...:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:: /;;;;;;;;:::ヽ llllll /..::;;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: l;;;;;;:: l
┏━━━━━━━━━━┓
 鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  詰まる所・・・・・・話を通すべき相手である。
┃  又は話を通すことが現在の状況に対し有効であると知っている事となる
┃  そう、目の前の主はこの人物達を知っているのだ
┃  頭を下げ、そう言った主は確かに心の中で知っているのだ
┃  事実、彼は知っている。目の前の人物達のことを


8444 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:32:37 ID:mwaXWGiI



         -==≧ ,\ヽ   . lヘ ハ  メ::/// :/三フ
        , ≦//////≧z\ . .ヽミヘ /ミ:レ://从/三三ニ==
       /////////////////≧..ヘミヘlミ乂三三ミl从从从心
      ,イ///////////////////// .乂彡三三三ミl从从从从ミ
      ム////////////////////..弋冫三三三三l从从从从从心
      / ,イ//癶、////////////// ..冫l三三三三/|从从从从从从',
        ハ∧込リ///////////////.从',三三三/lミl从从从从乂弋从',
          〉-‐’//‐-=、////////..l:乂冫三三/ノ/|从从从从从ミ ゝ心
          ヽ       ヽ乃ュ//////.ァェョヨミ弋三乂三|从从从ミ心弋ミ 弋冫
          i、       // _____ム三三\ミヽ/三/ヘ从从从从心弋ミ |ミ:l
         ト ヽ _,    /./三三三二ニ==、ミヘ/三三>从从ミ:心弋', lミノ|
         l      ./´三三三==ニ二三ミヽ./三三三三三`ヽ从l レ .レ
        ` ̄ 于三 l三三三ミミl三二ニ=弋 冫==ニ二 l三三|从l
             _iz≦ 弋三乂三ミ:l三三三三三三三三三 |三三l从从ミ
       z≦三三三三.ヽ/三三ミ/三二ニ==弋乂=Ξニ二l三ミ弋从ミ心
    , <三三三≧≦三 ::心三三:/三三二ニ=乂弋==ニ二|三三心从从弋
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  過去に、とある事から下水道に落ちたせいで肉体、精神共に変異し
┃  悍ましい変化と精神汚染を受けながらも自我を保った男
┃  できない夫と共に過去に起きたエルクゥ事件に携わり、変異治療法を模索した男
┃  友人にして、戦友
┃  何より、元エルクゥ「鵺野鳴介」


8445 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:34:35 ID:mwaXWGiI

                 ___  __/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::、
               _.,∠::::::::::` ̄`ヽ:イ:::::::::__::::::::::::::::::::::::::::::`:::、
            /´ /:::::::::::::::::::::::::::::l::::/:::::ヽー-::、:::::::::::::::::::::::ヘ         r-、
                /::::/:::::::::::::::::::::::;イ∨:/::::::::::::::::::>¬ー:、:::::::        __,,>;;;;ヽー:...、_______
                 /:;イ:::::::::::/::::/:::/ヘ∨/:: イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_,,,,_    //:;:、<//:::::_:;:、;;;;;;、:`ヽ、
             /:/ !:::::::::/::::/:::/     j /:;イ::::::::::::::::::::::::::::__/ // ̄ ̄/::/:::::/:::::::/::/::::::;ム㍊㌶㍊℡;::ヽ
               レ′ ハ:::::l::::/ X      ///ハ::::::::/:::::::::::::::/∧//==/::::i::::::{:::::::::i::::i:::::/㍊㌶㍊㌶㍊ト;::::;
          _,,,,、r― 、、_ j∧:::::!:K`|r。、   ///  |::::/!:::::::::::::: {、∨/::::::::::::/::l、::::i:::::::::l::::l:::::{㍊㌶㍊㌶㍊㍊}:::}
      // (( _)) >!:::::::::::ト `ーヘ  メ-/ー/::/丁//::::::::::/:イiiiii:::::: !:::::::::!!::∧:::::::!:::i:::::ヘ㍊㌶㍊㌶㍊;/:::;
     // ミミミ  ノ⌒))<ヾj         < ̄/えアゝ/::::::::::/:::: ||||||::::: |:::::::::||:::::::ヽ;:::ヽヘ;::::ヾ、㍊㌶㍊㍗::::ノ
    く/ ミミ/____(_ _ノム三三ゝ、__/     /  ̄´ム-ー─<ヽ||||||::::: |:::::::::||:::::::::::::`>ヽヽ、::`二ニ二少'
   / ,、<>   ノ⌒Y¨ヽ、_  >)::;)      /          ∨γヽ、:|:::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::: ` ̄:|´ ̄
 //´>く二¬。./ 7´` 7_ _/ //イ、,....ュ.__,/     / ⌒ゝj゚从乂::o>、ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
<ソ ル二ヾ;⌒))/  /  /  ///::::⊂⊃:://       (    ヘ |::::___::::::::::::::||`ヘ::::::::::::::::::____::::::i
二  人⌒`ヽノ:::イ  i  j  jミj:::i::::::::::>/;::イ        ヽ /  )ヘ|:::|:::l:i:ヽ;:::::::i|::::::|:::::::::::γ::::::::`ヽ
´ ̄ ̄__ヽi::´::::/ゝーに二に二ゞ=;;;>ー((_:イi        ヘ / ノ|:::|:::l:iコ:|::\j::::::|::::::::::::{::::::::::::::::}
/´¨(__ノ´ ̄     `ー`ー‐'''"´   /三三三ヘ     i     `ー イ L;∨´ i|::::::::ト、:ヘ::::::::::乂:::__::;:イ
                    ,'      ,'三三三三ヽ   l       {{__ 从 i |:::::::::|  >ヽ、:::::::::::::::::::ノ
               /        ;三三三>'"\  l       {´  ̄ヽ丶ー、:::::::i ̄ヽ:::::`:j ̄ ̄´
                 /        ;三彡"´::.:.:.:.._ム>i、       >、__ j  ヽ--ー ! j/;:j
             /       l:/:. .:.:  ム三、::ヘ      {´  i`ヽ────イ::::/ j
               /           l:.:.: .:.:...:∠三三iヘ;:::ヘ     ヽ  j         i::::レ'
           /         i.:.:.:.:.:.:.イ三三三三ヾ;;;;>,、_______(`ヽ_____ノノノ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  この街の全ての裏組織とコネがあると言われている一大裏組織「ホテル・モスクワ」
┃  その秘密構成員でありベテラン実力派スカベンジャー
┃  何度も銃撃と拳を交え、お互いを否定しながらも今の今まで付き合いがある
┃  二丁拳銃の異名で知られている。単独でも裏社会のバランスの1つとなる「レヴィ」
┃  


8446 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:36:17 ID:mwaXWGiI

                    _ =‐…‥ ‐= _
                   ∠  ̄ ̄ ̄ \:.:.:.: \
                /   ___.  ゚,:.:.:.:.:.: \
               /  ≧:..:.:.::.:.:.:.:.:.: \i:.:i、:.’.,:.:.:..
               | /|:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.: ゚,:.iト、:.:.’,:.:.:.
               |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:: |!.|!ト、:.:.:.:.:゚, l⌒l:.:.’,:.:.:.
               |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:. |!.ィ泛ミ、:.:.゚,|9 |:.:.:.:’,:.:..
               |:.:.:.:.:,ィ泛ミ、: |!. 辷リ.|:.:.: i|_. ノ:.:.:.:. ’,:..
               |ト、:.:.:.i.辷リ .}ノ.     |イ:.:.ハ:.:.|:.:.:.:.:.: i:.:.i
               i| l:.:.ム    '    ./ i:.:,゚ i : |:.:.:.:.:.:.:|!:.|
                  !:.:.∧    _ ,   .|:,゚ l:. |:.:.:.:.:.:.:ハ !
                 |:.:.:.:.:.: 、    イ..|'  .iハ|:.:.:.:.:. 7、i|
                 |:.:.:.:.:.:.:.::≧.-  、 !  .イ:.:.:.:.:. ,゚  |,
                 |:.:.:.:.:.:.:.:._/  イヽイ i| |:.:.:.:. /   .i
                 |:.:.:.:.:.:.:.i / ハ イ 八/ij:.:.:.:./    |
                 |:.:.:.:.:./ .!--、_____/ /i|:.:.:/    .ヽ
                 |:.:.:.:. | ヽ ___ イ  ノi:..i|.      i
                 ゚,: ト、 |ノ {!./      i:/      |
                  ゚,:| /  ハ.         |   _ - 、
.                   /    V         ,゚  イニニニニ\
.                 /     !         / /ニニニニニニニ. ヽ
.                 l    .人         /./ニニニニニニニニニ i!
                 ヽ.     ` .、_______ イ ./ニニニニニニニニニニ i!
                  ` ‐--- '        /ニニニニニニニニニニニム
.                     iY        ./ニニニニニニニニニニニニ ム
.                     |.|      _ .イニニニニニニニニニニニニニニム
                     { 7     /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ.i!
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  企業でありながら、この都市を含み
┃  大都市に対して大きな影響力を持つ祖父、兄を持ちながら、彼らに意見出来る
┃  大企業のご令嬢にしてできない夫の純粋な友人
┃  「文香=J=鷲沢」
┃  


8447 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:38:26 ID:mwaXWGiI

                  , -‐‐- 、
                _, ‐γ        ヽ
    _ r-「: ̄¨{ ̄´   ′__   _ i
  / /  ヘ  .ヘ  _ ィ l´_ 、 ,_ `.!
 /        マ__>´ `ゞl´ ゞ' }  .ゞ'` |
 \   イー<       l    l _  U.l      (良かった様な悪かったような・・・・・・)
   \       .>、   .人   __ , ′
..    `\     .「`Yヽr.ヽ、ー‐ ',イ、
.        \,    |′ヘ',  ̄ / ヽ_
          \」   | l  .∧__,イヘ  /|> 、
             l  .| | / ,ヘ / :} / !    > 、
           l  .! ∨  Y  ノ' l !   / /l
               ;  i |   }    l l      |
              }   ! .|   {    l l  ;     .l
              }   ! .|   }    l l  l     .|
             l  .}={   l    }={   !   イ
             l  l l     i   l l  .|    |
           /  l !    .}   l l   !     |
             /  l |    l   l l   !     |
             〉  | !   .|   l l  .{     .}
            ]二_[__]二_〔二〕二[__]ニ:}===={
           〈///////////////////}   l
          ,' ////////////////// |
            l////////////////////|
.            ,'////////////////////|
.            l/////////r ‐r////////.!
.            l/////////|  ! ///////|
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  三者三様に、今の現状をどうにか出来る力がある
┃  
┃  ・鵺野はスカベンジャー、マーセナリーへの牽制とエルクゥ対策、治療について
┃  ・レヴィはスカベンジャー、マーセナリーへの牽制とルルーシュの依頼について
┃  ・文香はIAIプラント経由の企業の為自動人形の相談と行政関係について
┃  
┃  己は幸運と共に運命の乱流に巻き込まれる人物な様だ
┃  だが、選択肢は大いに越した事は無い
┃  選択は何時でも己のモノだ。せめて後悔しない選択をしたいモノである


8448 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:42:02 ID:mwaXWGiI

                 /: : i: : :i: : :|∨: : : :.∨: : ム: :ハ   ∨ム. ‐-r   ヽ
                  ,': :i: :l: : :{: :.:|: ハ: : : : :.Ⅷ: : i: : :}    ∨ム\ゝ..,,.イ>
              i: : l: :{: : lマ:.:|: : ハ: : : : :Ⅷ:.:.l: : :i∨  r‐∨ム: .ヽイ´
               |: : l: :{: :.l Ⅵ: : :.}:l : : : }: : :.l: : :l .∨__{: : : : : : : :}
               |_{:_」マl  `}: : :,':.l: : : :} : : :}: : l: : : : : : : : : : : : :i
                 `¨}¨ }  'ー,': :l: : : : : :__,'}: : >: : : : : : : : : : :ノ
                      { ノ     レ' }=-‐ ´ ヽ レ´‐-===-‐: ;イ    _
                  └ヽ     ,': :,'    ヽ :ヽ: : : : : : 才   >´   \
                    `ヾ)   {: :.{      `マ‐--‐´  >´ /      ',___
                         ∧  {: :.{   __,,... -‐== ヽ>´   \      ト、,イ `ヽ
                  ,-‐,' ゝイ: :.{゙´∨  ___/       \          }
                     /  ;: :r'´:{: :.{/,'  /   _,イ    __ ,,,..    /,        ∨
             { ̄ ̄ ̄ ̄,': :/ /{: :.{//{__ ノ  ./ { > ´   /__ヽ ノ/ム       }
               {      ,': :.{-‐'/{: :.{//ヽ、_ / r'´     //////////ハ    _ ノ
               >-‐==/: : ∧.//{: :.{ -‐      ∧ \  ,'///////////ハ    {
             /       , ': :, './{才∨ム         ∧   \ ト、///////////}    ≧x
              ,'      ,イ: :,イ/-‐= ∨ム         }    ``゙‐-∨//////,'!      ,'
             ‐-  才才 ´/     ∨ム       ヽ      /////////!     ./
            | /   /        ∨:ヽ       ヽ    //////////| `゙</
            , '    /             ∨ム   γ´ ̄ マ   {、/////////|、 ./
.          //     ,'               ∨ム  ./       マイ//≧ュ、/////.}<
.        /: :,'     {              ∨:ム/      {////////`777777}、
.         /: : {     ',                ∨:ム_ ノ ̄ ̄∨{///////////////,'
       ,': : :圦      ヽ              ∨:ム        {//////////////∧
.         ,': : : i 个     ヽ  >‐<_ ___ Ⅷ:ハ   / ̄ /{//////////////,'∧
      ,': : : ,'  {//≧=--=≦     ゝ_      Ⅷ:ハ¨´   //{////////////////∧
      ,': : : :{   |////∧_/-‐==ニ  7ニ77777.Ⅷ: } ̄ ̄///}/////////////////ハ
┏━━━━━━━━━━┓
 鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  それを見続ける彼女は
┃  己のせいで厄介事を抱え込もうとする主を見、自身への不快感と
┃  己の為にこうして厄介事を抱え、解決しようとする事への愛おしさが広がるのを感じる
┃  それは己に植えつけられた倫理プログラムなのだろう
┃  それを知りつつ、その感覚を受け
┃  唯無表情でその話し合いを見つめ続ける
┃  己の主に対し出来る事は、主の最善をスペックの限り行う事だけだからだ



今日はこれまで。お疲れ様でした

8449 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 22:43:26 ID:XHREUlOo
というか主人登録されているIAI製自動人形の売却なんて無理じゃ?

登録解除する設備なんぞないも同然だし、できない夫が死んだらほぼ確実に自壊するし。

8450 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 22:46:11 ID:l4ZbbBHM

いや木山女史クラスの設備有れば行けるでしょう
割と大都市にはありふれてると思うな

8451 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:47:20 ID:mwaXWGiI
まず、前回の最後の安価ですが
ボーナス安価です。
高好感度の、現在の状況に対する特効藥となるキャラ達でした。
他二名は初対面となり、後日何らかの形で出会ったり
そのイベントを進行していく事となる予定でした。


で、文香について。後日また改めて過去話は行いますが

①元元母方の祖母、祖父の家で古本屋として静かに庶民として暮らしていた
②できない夫が街に住み着き、古本屋の常連客に。祖母、祖父に気に入られ迎え入れられる
③そうしているとジョースター家がその家に突然接触。妾の子である彼女を引き取りたいと願い行動開始
④一悶着が起きる。その際、できない夫が鷲沢家族に頼られ、解決の一助に
⑤結局鷲沢はジョースター家に行くが、それからもできない夫と文香の関係は続き
ジョースター家自体にも受け入れられる

8452 名無しの工員さん :2015/05/17(日) 22:48:19 ID:BVjBqXtE


8453 初心射 ◆nA.J2eAL26 :2015/05/17(日) 22:50:14 ID:mwaXWGiI
自動人形ですが
作中に書いた通り。IAIのプラントを持つジョースター家が掌握しております
その為、自動人形の研究所。等はジョースター家以外には無く
又、自動人形自体が「数千〜数万」のモノとなっています。

この世界線では自動人形は本領にはあるが地方では稼働している自動人形なんておとぎ話レベル
だと思って下さい(本社の描写を見る限り都市に数機あるとは思えない為)




■ したらば のおすすめアイテム ■

飼育少女(1) (モーニング KC) - 仲川 麻子

KENZEN! マジ、KENZEN!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板