したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

離婚 復縁 祈祷師 神宮司龍峰 08050090055

1 井伊直子 :2015/06/13(土) 19:31:13
神宮司龍峰先生の加持祈祷は素晴らしいです!!相模原市、武蔵村山市、広島、和歌山、大分、和倉温泉、別府温泉、茨城

2 神宮司龍峰 :2015/06/14(日) 13:57:17
いわゆる巫女と呼ばれる人々は祈祷師でもある。アイヌから日本本土や沖縄地方まで、初期の社会では巫女が祈祷をおこなっていた。卑弥呼などはその代表的存在であり、古神道から始まり、時代と共に消えた渡り巫女や現在の神道の神社の巫女や「口寄せ」としての梓巫女として続いている。アイヌとして純粋な人々は少数となってしまったので巫女やその文化は伝承されていないが沖縄地方では巫女はユタとして現存している。

原始仏教といわれる本来のインドで発生した仏教には、祈祷という思想はなかったが、その後密教の成立により、日本では特に真言宗を中心に祈祷行為が盛行するようになった。

奈良時代から平安時代にかけ中国大陸から道教が伝わり、陰陽五行や八卦による思想と、風水や「気」などの概念や方法論とあいまって、よりいっそう祈祷や祈祷師の隆盛があり、やがて学問として集大成されたものが陰陽道である。陰陽道を取り仕切り祈祷の実施に当たる行政官庁陰陽寮が設置され、長官である陰陽頭以下多くの陰陽師たちが天皇・皇族・貴族のために祈祷を行った。中世にいたって陰陽道はますます盛行し、朝廷だけでなく幕府にも仕えるようになった。

神事と呼ばれる行為のほとんどが祈祷であり、神楽や祭りも五穀豊穣や無病息災などを占い祈願するものである、現在も日本各地の神社で年始には、弓矢の神事として「鹿討の神事」や「祭り弓・祭り矢」から、古神道の儀式そのままの「亀甲占い」などが神職や神主や福男により行われている。

業態[編集]

顧客の依頼に応じて、お祓いやまじないをしたり、祈願のために祈りを捧げたりすることを仕事とする民間信仰上の専門家である。これらの祈禱行為は、神職・僧侶などにより行われることもあるが、それらの宗教に所属していない民間の専門家が「祈禱師」あるいは「拝み屋」を称することが多い。ただし、教え神道系の教会分室などを運営している人もいる。俗に「神さん」と呼ばれることもあるが、自称しない。また普段は占い師として活動している人もある。

多くは神社・寺院などに以前所属していたか、その方面の教育・訓練を受けた人もいるが、祈禱師の弟子として長く勤め、その引退または死去後に跡を継いだり、独立したりしたケースもまた多い。霊能者や霊感が論議されるが、そもそも霊の存在が現在のところ実証されていない。霊能と祈禱は別のものであり、祈祷は縁起や厄払いや厄落としや、おみくじの吉凶と同じであり、信仰や風俗習慣といった文化であるので「霊能うんぬん」で祈祷ができない訳でもない。本質として大事なことは、神聖な儀式として特に潔斎をきちんとすること、精神状態をできるだけ穏やかに保つこと、儀式の手順を遵守することが大事である。

祈禱の方法は様々であるが、神道・仏教・道教などの祈禱の手順に準拠する人は多い。仏教では密教系・法華教系・浄土真宗系などがある。神職や僧侶に準じる服装をしている人もいるが、普段着の祈祷師もまた多い。

3 神宮司龍峰 :2015/06/14(日) 14:34:36
スカルノ大統領はクーデターを予期し、以前よりインドネシアからスイスへ巨額の資金を確保していたとささやかれるものの、1970年(昭和45年)のスカルノ死去時にスカルノ家、ならびにインドネシア政府から財産の相続の権利や子供のスカルノ一族としての地位などを喪失し、第3夫人としての資産は与えられなかったという噂があるが、実際には死去時に遺産が与えられたという説もある。いずれにしてもその後のインドネシア政府の方針により、第3夫人としての遺産分与が行われた。

「社交界の華[要出典]」とも呼ばれたその容姿で多くの要人らと関係をもったという。1980年(昭和55年)にはインドネシアへ戻り、石油関連事業を興した[要出典]。しかし、実際にはスカルノ体制崩壊とその後のスハルト政権成立により、元大統領夫人としての外交的立場を失っていたという。また、日本政府や日本の企業財閥側も、クーデターで失脚したスカルノ夫人を擁護することはなかったとされる。

1991年(平成3年)にアメリカのニューヨークへと移住する。ここからインドネシアの第一線から退き、その後の政変や第1夫人・第2夫人を中心とした政治の動乱には巻き込まれることもなく、日本に帰国し、現在に至っている。

傷害罪で逮捕

1992年(平成4年)1月2日にアメリカ合衆国のスキー・リゾート地、コロラド州アスペンで、セルヒオ・オスメニャ第4代フィリピン大統領の孫娘のミニー・オスメニャ(Minnie Osmena)の顔をシャンパングラスで殴打し、37針縫う大けがを負わせて傷害罪で逮捕され、禁固60日・罰金700ドルの実刑判決が出て、34日間収監される[1]。動機は、数ヶ月前スペインのイビサ島でのパーティに於いて、ミニーが「フィリピン副大統領になる意志がある」と発表し、デヴィ夫人が吹き出したことから2人の関係が悪化したこと。後に「刑務所での生活は学生寮のようで楽しかった」と語った[1]。

芸能活動

その後日本でタレントとして活躍する。タレント的活動は1970年代より行っており、1974年に小学館の総合男性誌GORO創刊号にヌード写真が掲載されている。

新聞の番組欄では、「デビ夫人」と表記されることがある。

4 神宮司龍峰 :2015/06/14(日) 15:10:17
売春を仕事として従事する女性を娼婦、売春婦などという。男性については男娼の呼び名が使われることが多い。

なお、対義語の「買春」は「ばいしゅん」というのが元来の読みであるが、「売春」との区別が音韻上付かないので、区別する為に「かいしゅん」と読むことが多い。両方を含めて「売買春」(ばいばいしゅん)と呼ぶ。
日本の法制における定義

日本の売春防止法では、『「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交すること』[1]と定義されている。この売春の定義では『性交』が売春の要件となっていることから、性交類似行為(フェラチオ、素股、アナルセックスなど)は、仮に『対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と』行ったとしても売春には当たらない。なお、当然であるが、売春を行うのが男性であっても女性であっても、『対償(過度な性欲・金品・インターネット上の動画・イラスト・雑誌又は禁止薬物・誘拐・最悪の場合、相手を殺害する等)を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交』した場合には売春に該当する[2]。ただし、18歳未満については児童買春・児童ポルノ禁止法で性交類似行為も売春に含められている。

売春の要件に『不特定の相手方』とされていることから『対償を受け、又は受ける約束』をして性交を行った場合であっても、それが特定の相手であるならば売春とはならない(愛人等)。

個人が行う売春以外に、風俗店など組織的に行われるものは「管理売春」と呼ばれ区別される。

ソーラ・サイモンは自身の論文で「売春 英: prostitution」と、日本のメディアに1980年代から1990年代にかけて現れだした「援助交際 英: compensated dating」は区別されることが多いが実態は近いとしている[3]。

歴史[編集]

売春を行う女性は古くから存在する職業とされる。職業とは、ヒトのみが行う社会的かつ文化的営為であり、富、付加価値の交換により形作られる経済活動の手段としては、売春がやはり人類最古の職業の一つである。

現代の売春とは取引契約に基づくものであり、売春の歴史とは売春仲介の歴史でもある[4]。また、売春という職業が成り立つためには、貨幣経済の浸透と家父長制や嫁取り婚が成立していないといけない。ヨーロッパではギリシャ以降になる。

古代[編集]

「公娼」を参照

史上初めて管理売春すなわち売春を国家の登録制度のもとに管理し、公認したのはギリシャのソロンといわれ、国家によって女性の奴隷を「購入」し、「ディクテリオン」という売春施設へといれた[5]。ローマ帝国でも売春仲介業者は法的な認可をうけ、届出をするだけでなることができたため、売春は広く行われていた。しかしローマがキリスト教徒の迫害をやめ、それを国教としたことをうけて、売春を禁ずる法が登場する。ユスティニアヌス法典は、売春仲介業者の責任を問い、売春婦たちを「不幸な運命から救いだす」ことをうたう画期的なものであった[6]。

キリスト教が普及するにつれて、売春を含めた性の問題はすべて宗教の領域で扱われるようになる。キリスト教は売春はおろか婚姻生活以外での性交渉を禁止した。一方で国家は売春の禁止と公認を繰り返してきた。公序良俗を保つためであり、税収を確保するためであった。中世に入ってキリスト教の影響はさらに強まり、例えば、シャルルマーニュの勅令は売春の完全な禁止を謳っている。こちらは業者へは少量の罰金刑を課し、売春婦を「みだらな女」だとして広場で鞭打ちに処すなど重い罰を規定している。

5 神宮司龍峰 :2015/06/14(日) 15:54:34
神奈川県橘樹郡保土ヶ谷町帷子(現在の横浜市保土ケ谷区月見台)で父藤之助、母ナミの間に生まれる。兄弟は男3人、女5人であった。保土ヶ谷尋常高等小学校から私立横浜高等女学校(現 横浜学園高等学校)[2][3]に進むが、家庭が経済的に困窮していたこともあり、次女光代と結婚していた映画監督の熊谷久虎の勧めに従って映画界に入ることにし、女学校を二年で中退した。1935年4月15日、日活多摩川撮影所に入社し、同年の日活映画『ためらふ勿れ若人よ』(田口哲監督)で映画デビュー。同作で演じた役名「節子」から芸名をとって「原節子」とする[4]。





東海林太郎と(1936年)




『東京物語』撮影中の原節子(左)と小津安二郎監督(1953年)
1936年(昭和11年)、第七回出演作品『河内山宗俊』撮影中に見学にきたドイツのアーノルド・ファンク監督の目にとまり、初の日独合作映画『新しき土』のヒロイン役に抜擢される。ファンクは当初、田中絹代も一緒にキャスティングしようとしたが田中が松竹の専属であったためにかなわず、原のみのキャスティングとなった。伊丹万作監督も請われて協力したこの作品は、結果としてファンクが編集した版と、ファンクと対立した伊丹が編集した版の両方がつくられてどちらも公開された。

同作の公開後の1937年3月12日、原は義兄熊谷久虎や東和の川喜多長政らと共に下関から海路大連に向かった。そこからシベリア鉄道を利用して3月26日にベルリンに到着。先に帰国していたファンクが一行を出迎え、アドルフ・ヒトラーはじめ、ナチ党幹部がこの映画をすでに見ており、皆から高評価を受けたと伝えた。宣伝省の工作もあって、原はドイツ各地で大歓迎された。この後一行はフランスからアメリカへ渡り、7月28日に帰国した(ちなみにこの『新しき土』における日独合作映画の製作は、1937年11月25日に締結される日独防共協定の交渉と準備のための両国スタッフの往来をカモフラージュするためのものだったという[5]。)。この年、原は11月30日に発足した東宝映画株式会社に移籍する。

『新しき土』への出演によって一躍、銀幕のスターダムに駆け上がった原だったが、「もっと勉強してからスターになるべきだった。」と小杉勇が述懐したように、しばしば演技が未熟であるという批判にさらされることになる[6]。今井正によれば、戦中の原は義兄熊谷久虎(戦争中に国粋主義思想にのめりこみ映画界を離れて、「すめら塾」という私塾まで創った[7]。)に影響されて「ユダヤ人謀略説」を唱えていたという[8]。太平洋戦争中は、1942年の『ハワイ・マレー沖海戦』をはじめ、『決戦の大空へ』、『勝利の日まで』、『望楼の決死隊』などの戦意高揚映画に数多く出演している。

6 神宮司龍峰 :2015/06/16(火) 15:58:29
人は、結婚から大きな利益を得る[140]が、離婚により、その利益は失われる[141]。学歴や職歴がおなじであれば、結婚している男性は、独身や離婚後の男性よりも、平均して、より多くの収入を得る。結婚している男性は、より健康で、精神的に安定し、より長生きする[142][143][144]。(例えば、40歳の時点で離婚している者は、結婚している者に比べて、男性で約10歳、女性で約5歳、寿命が短くなる[145])。結婚している女性は、独身、同棲中、離婚した女性と比較して、経済的に、より豊かになる。ストレスが少なく、幸福感がより強くなる。また両親が結婚している子供は、片親や、親が再婚後の子供と比較して、学業成績がより良好で、精神的なトラブルが少なく、成人してからの社会的地位がより高く、結婚生活もうまく行く。子供は両方の親から多くを学ぶのである。また結婚した家庭は、地域における人間関係の拠点になり、社会のネットワークに貢献する[146][147][148]。離婚により、こうした結婚の利点は失われる。

女性については、寡婦とそうでない女性を比べると、寡婦の方が貧困率が高いという[149]。

「結婚は勢いでできるが、離婚には体力が必要」という言葉がある。この言葉について、作家の佐藤優は「結婚は相互信頼を前提とするものであるが、離婚は相互不信を前提とするため」という分析している。

また、離婚後、姓を戻しても戻さなくてもそのことで女性(あるいは改姓した男性)が精神的なダメージを受けることがあり、その理由から選択的夫婦別姓制度の導入が必要、といった意見がある[150]。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

聖闘士聖衣神話EX ペガサス星矢 (新生青銅聖衣) - バンダイ

小宇宙と書いて"コスモ"と読むっ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa