したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

復縁 祈祷師 東京 神宮司龍峰先生

1 井伊直子 :2015/06/08(月) 17:08:36
北海道・札幌市・中央区・北区・東区・白石区・豊平区・南区・西区・厚別区・手稲区・清田区

小樽市・函館市・室蘭市・帯広市・釧路市・東北地方。青森県・青森市・弘前市・岩手県・盛岡市
宮城県・仙台市・青葉区・宮城野区・若林区・太白区・泉区・秋田県・秋田市・山形県・山形市

米沢市・福島県・福島市・会津若松市・郡山市・いわき市・関東地方・茨城県・水戸市・日立市

土浦市・古河市・栃木県・宇都宮市・足利市・栃木市・佐野市・小山市・大田原市・群馬県

前橋市・高崎市・埼玉県・さいたま市・西区・北区・大宮区・見沼区・中央区・桜区・浦和区

南区・緑区・岩槻区・川越市・熊谷市・川口市・行田市・所沢市・飯能市・千葉県・千葉市

中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・緑区・美浜区・銚子市・市川市・船橋市・東京都・千代田区
中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区

渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区

八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市










小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・福生市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・多摩市・稲城市・羽村市・あきる野市・西東京市・神奈川県・
横浜市・鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・保土ケ谷区・磯子区・金沢区・港北区・戸塚区・港南区・旭区・緑区・瀬谷区・栄区・泉区・青葉区・都筑区・川崎市・川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区・相模原市・緑区・中央区・南区・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ヶ崎市・逗子市・三浦市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市・南足柄市・綾瀬市


中部地方
新潟県・新潟市・西区・東区・中央区・江南区・秋葉区・南区・西区・西蒲区・長岡市・三条市
富山県・富山市・石川県・金沢市・七尾市・福井県・福井市・敦賀市・山梨県・甲府市・長野県・
長野市・岐阜県・岐阜市・大垣市・静岡県・静岡市・葵区・駿河区・清水区・浜松市・中区・東区 ・ 西区・南区・北区・浜北区・天竜区・掛川市・愛知県・名古屋市・千種区・東区・北区・西区・ 中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・白区・豊橋市・岡崎市・一宮市・瀬戸市・半田市・春日井市・豊川市・津島市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市・蒲郡市・犬山市・常滑市・江南市・小牧市・稲沢市・新城市・東海市・大府市・知多市・知立市・尾張旭市・高浜市・岩倉市・豊明市・日進市・田原市・愛西市・清須市・北名古屋市・弥富市・みよし市・あま市・長久手市・知多郡・阿久比町・東浦町・南知多町・美浜町・武豊町

近畿地方
三重県・津市・滋賀県・大津市・京都府・京都市・大阪府・大阪市・岸和田市・豊中市・池田市・吹田市・泉大津市・高槻市・貝塚市・守口市・枚方市・茨木市・八尾市・泉佐野市・富田林市・寝屋川市・河内長野市・松原市・大東市・和泉市・箕面市・柏原市・羽曳野市・門真市・摂津市・高石市・藤井寺市・東大阪市・泉南市・四條畷市・交野市・大阪狭山市・阪南市・兵庫県・神戸市・
姫路市・尼崎市・明石市・西宮市・芦屋市・伊丹市・加古川市・宝塚市・三木市・奈良県・奈良市・和歌山県・和歌山市

中国地方
鳥取県・鳥取市・島根県・松江市・岡山県・岡山市・広島県・広島市・中区・東区・南区・西区・- 安佐南区・安佐北区・安芸区・佐伯区・山口県・下関市

四国地方
徳島県・徳島市・香川県・高松市・丸亀市・愛媛県・松山市・高知県・高知市

九州地方
福岡県・北九州市・福岡市・大牟田市・久留米市・佐賀県・佐賀市・唐津市・鳥栖市・長崎県・長崎市・佐世保市・熊本県・熊本市・中央区・東区・西区・南区・北区・八代市・人吉市・大分県・
大分市・別府市・由布市・宮崎県・宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・
西都市・えびの市・鹿児島県・鹿児島市・鹿屋市・枕崎市・阿久根市・出水市・指宿市・西之表市
・垂水市・薩摩川内市・日置市・曽於市・霧島市・いちき串木野市・南さつま市・志布志市・奄美市・南九州市・伊佐市・姶良市・沖縄県・那覇市

2 井伊直子 :2015/06/09(火) 17:40:02
セックスレスとは、日本性科学会によれば、「病気など特別な事情がないのに、1か月以上性交渉がないカップル」と定義されている。しかし、便宜上「カップルのうち、どちらかがセックスをしたいと望んでいるのに、長期間それができない状態」を総じて「セックスレス」と呼ぶのが一般的な解釈である。セックスが無い、あるいは回数が少なくても、カップル双方が不満や苦痛を感じず、関係が良好ならば「セックスレス」という言葉を使って問題として顕在化する必要がないからである。

また、アメリカ合衆国においては性交渉が1年に10回を下回る夫婦をセックスレスとし、20%の夫婦が当てはまるとされる[1]。



目次 [非表示]
1 セックスレスの実情
2 原因
3 脚注
4 参考文献
5 外部リンク
6 関連項目


セックスレスの実情[編集]

年齢が上がるにつれて、セックスレスのカップルは増加する傾向にある。伝統的に日本では夫婦は歳を重ねると性的に積極的であることがよくないこととされる風潮が根強くあり、現在でも、夫婦ともに「高齢者となってなお頻繁に性交渉があることは恥ずかしい」という感覚があるためである。朝日新聞の調査[2]によると、 セックスの回数が「この1年まったくない - 年数回程度」と回答したカップルは世代毎に、20代で11%、30代で26%、40代で36%、50代で46%という結果になっている。

原因[編集]

厚生労働省の研究班のアンケート配布による統計では、「仕事で疲れている 男性24.6%、女性15.1%」「出産後何となく 男性13.6%、女性21.0%」「面倒くさい 男性9.3%、女性18.8%」となっている[3]。以前は、出産後、男女から両親へと役割が変化する中、複数の原因が重なって徐々に回数が減っていき、最終的にセックスレスに陥るという見方が多かったが、現代では各カップル毎にその原因は固有のものであり、一元的に語れる問題ではないと考えられている

3 井伊直子 :2015/06/09(火) 17:45:25
在日韓国・朝鮮人は、日本の外国人のうち、韓国・朝鮮籍[7] の人のことであり、日本国独立行政法人統計センター発表の統計によれば、2014年12月末現在、このうち統計上「在留外国人(韓国・朝鮮)」(総在留外国人(韓国・朝鮮)[8] とは別)として表される韓国・朝鮮籍の「中長期在留者[9]」及び「特別永住者」の合計は501,230人、そのうちしばしば「在日」と略称される韓国・朝鮮籍特別永住者は354,503人となっている[4]。(外国人登録制度が廃止されたため、2012年7月以降の統計においては、「外国人登録者」が、「在留外国人」に置き換わった。)また、韓国に本籍地があっても朝鮮籍のままの者もいるため、北朝鮮地域を本籍地にしている者は2010年末時点で2,589人に過ぎないが、朝鮮籍保持者は3-4万人程度いるとみられている[10]。





主要五カ国の在日外国人国籍別滞在者数の推移
長年に亘り日本定住外国人の最大勢力であったが、帰化と死去による特別永住者の減少が続き、2007年度、急増する在日中国人を下回った[11]。

併合時代に朝鮮から内地に渡航し、そのまま日本に定住した者、およびその子孫と、戦後、朝鮮戦争などの戦火から逃れるために、荒廃した朝鮮半島より日本に密航した20万から40万と推定される密航者[12][13][14] およびその子孫の多くはその後特別永住資格を付与され、旧日本国籍保持者としての背景から日本の外国人の中で特殊な地位を占めている。

1959年に日本政府が発表し、2010年にも再確認された資料によれば、当時の在日朝鮮人総数61万人のうち徴用労務者は245人で、日本に居住している者は「犯罪者を除き、自由意思によって残留したものである」としている[15][16]。また、在日本大韓民国民団の子団体、在日本大韓民国青年会の中央本部が、在日1世世代に対する聞き取り調査の結果をまとめ1988年に刊行した『アボジ聞かせて あの日のことを—我々の歴史を取り戻す運動報告書 -- 』では、渡日理由のアンケート結果として、「徴兵・徴用13.3%」「経済的理由39.6%」「結婚・親族との同居17.3%」「留学9.5%」となっている(渡航時12歳未満だった者は含まれていない)[17]。2005年の日韓基本条約関係文書公開に伴う韓国政府に対する補償申請者は、2006年3月の時点で総受理数21万件のうち在日韓国人からは39人に留まっている[18](詳細は#徴用・「強制連行」と渡航、#戦後の在日韓国・朝鮮人各節参照)。一方で浅田喬二は1994年の著作で在日朝鮮人の圧倒的多数が強制連行被害者の2世ないし3世であると主張し、戦後アジア史を専門とする文京洙は、在日朝鮮人のほとんどは1930年代に日本に定着した人々の子孫であると主張している[19][20]。

1965年12月18日、韓国政府は在日韓国人の苦労の原因は本国政府の責任となる他ありませんので、これからは最大限に生活を保護し、朝鮮総連に加担したものも政府保護下に戻ることを希望し、分別なく故国をすてて日本に密入国しようとしたものについても韓国民として是非を問わないとすることを表明している[21]。

4 井伊直子 :2015/06/09(火) 17:48:30
もともとはAdult Children of Alcoholicsという概念でアメリカに発祥し、クラウディア・ブラックによってAdult Children of Dysfunctional Familyとして発展し、日本へはAdult Childもしくは「アダルトチルドレン」として1990年代に紹介されたが、日本においては社会の理解が追いつかず、マスコミなどの誤用によって本来の意味を逸脱して定着してしまった(参照:アダルトチルドレン#誤用)。そのため、専門家たちが自らアダルトチルドレンという用語を使わないようになり、代わりに臨床的な必要性から原義を生かしてこの「アダルトサヴァイヴァー」という語を用いるようになったものである。

したがって、アダルトチルドレンという語を理解する人々にとっては、概要はアダルトチルドレンのそれとほぼ同じといってよい。同語を理解しない人にとっては意味が異なることになるが、いずれにせよ語彙論として二つの語を比べたときは、アダルトサヴァイヴァーのほうがやや「治療に前向きな姿勢を持つ者」というニュアンスを持ち、またアダルトチルドレンの方がやや通俗的な響きを持つという違いは生じてきている。

特徴[編集]

不眠、悪夢、パニック発作、解離性障害、身体化障害、抑鬱、無気力、自己嫌悪、自傷行為や自殺未遂などといった「症状を以って幼少期の外傷性体験を語っていること」が、アダルトサヴァイヴァーの初期の特徴である。

また、対人恐怖を持ちながら、心を開いた他者に対しては一転して依存的になり、退行したあげくに欲求が満たされないとして攻撃的になるという対人関係様式を持つ事が多い。これは境界性パーソナリティ障害と酷似しているため、境界性パーソナリティ障害とアダルトサヴァイヴァーの病理的な重複や連続性が、専門家のあいだでは議論の対象となっている。

5 名無しさん :2015/06/09(火) 17:51:12
朝鮮民主主義人民共和国(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく、朝鮮語: 조선민주주의인민공화국)、通称北朝鮮(きたちょうせん)は、東アジアの朝鮮半島に存在する社会主義共和国(もしくは事実上の専制君主国国家)であり、朝鮮半島北部を実効支配している分断国家朝鮮の北半部の政権である。豆満江を挟んで中華人民共和国およびロシア連邦と、鴨緑江を挟んで中華人民共和国と接している。首都は平壌。人口は約2,300万人とされる。東西冷戦下で誕生した分断国家であり、軍事境界線(38度線)を挟み、同じく朝鮮半島南部を実効支配している朝鮮民族の国家・大韓民国と対峙している。



目次 [非表示]
1 概要
2 国名 2.1 正式国名
2.2 日本における呼称
2.3 韓国における名称

3 歴史 3.1 朝鮮民主主義人民共和国成立以前
3.2 朝鮮民主主義人民共和国成立後
3.3 朝鮮民主主義人民共和国の主な歴史観

4 政治 4.1 政治体制
4.2 公職選挙
4.3 朝鮮民主主義人民共和国の階級
4.4 人権問題

5 軍事
6 国際関係 6.1 大韓民国との関係
6.2 日本国との関係
6.3 アメリカ合衆国との関係
6.4 ソビエト連邦およびロシア連邦との関係
6.5 中華人民共和国との関係
6.6 イラン・イスラーム共和国との関係

7 地方行政区分
8 地理 8.1 気候
8.2 主な都市と人口

9 経済 9.1 農業
9.2 鉱工業
9.3 通貨

10 観光 10.1 日本人向けの観光

11 交通 11.1 道路
11.2 鉄道
11.3 空運

12 国民 12.1 人口・人権・食糧問題
12.2 宗教
12.3 教育

13 文化 13.1 食文化
13.2 文学
13.3 音楽
13.4 映画
13.5 世界遺産
13.6 紀年法及び暦法
13.7 祝祭日
13.8 スポーツ 13.8.1 サッカー
13.8.2 野球
13.8.3 武道
13.8.4 その他


14 通信とメディア 14.1 新聞
14.2 インターネット
14.3 報道規制

15 国の象徴 15.1 国花

16 日本との知的財産権問題
17 著名な出身者
18 脚注
19 参考文献
20 関連項目
21 外部リンク


概要[編集]

軍事境界線(38度線)を挟み南半部の大韓民国(韓国)の統治区域と対峙している分断国家であり、朝鮮戦争において北朝鮮・中国軍両軍と米軍を中心とした国連軍の間で休戦協定が結ばれて以来、南北はあくまでも「休戦」中で、国際法上においてもいまだに戦争状態にある。朝鮮民主主義人民共和国の憲法上は朝鮮半島全体を領土と規定しており、「現在は北半部を統治している」との立場をとっている。

国名[編集]

正式国名[編集]

朝鮮語による公式な名称は、조선민주주의인민공화국(チョソンミンジュジュウィインミンコンファグッ)。漢字表記は「朝鮮民主主義人民共和國」だが、1948年9月9日の建国から漢字を廃止している同国では、漢字表記はあくまで外国語の扱いである。そのため地名や人名の漢字表記も外国語扱いであり、公式の名簿での漢字は存在しない。

「朝鮮」(チョソン)は古代においては現在の遼東半島付近を指す地名であったが、衛氏朝鮮の成立以降は朝鮮半島の一部を指す言葉にもなった。前108年に前漢が衛氏朝鮮を滅ぼした後に設置された楽浪郡の都(現在の平壌)は朝鮮県と呼ばれている。その後長らく「朝鮮」という言葉は用いられなかったが、1392年に成立した李氏朝鮮が国号として用いて以降は半島全体の地域的名称や、そこを統治する国家を示す言葉として用いられるようになった。

公称の英語表記は「Democratic People's Republic of Korea」、略称は「D.P.R. Korea」、あるいは「DPRK」。一般には朝鮮半島の分断国家であることから、単純に「朝鮮北部にある国」として「North Korea(これに対する意味で、大韓民国はSouth Korea)」で表すことも多い。

6 名無しさん :2015/06/09(火) 17:54:56
風俗(ふうぞく、ふぞく)

風俗の定義・意味は主として次から成る。
1.ある時代や社会、ある地域や階層に特徴的にみられる、衣食住など日常生活のしきたりや習わし、風習のこと。広く、世相や生活文化の特色をいう場合もある。類似語に世俗や習俗(習慣と風俗)がある。用例としては「明治時代の風俗」「下町の風俗」「性風俗」などがある。
2.日常生活上の風俗を絵画にしたものを風俗画と呼ぶ。特定の階層、特に一般市民の日常の様子を主題としたものが多い。西欧においては、ルネサンス期以降、市民社会の発達に伴って一ジャンルを築くようになっていった。風俗画を残した代表的な画家には、ピーテル・ブリューゲルやヨハネス・フェルメールなどがいる。日本においてもジャンルとして広まったのは近世以降である。江戸時代には、市民の風俗を題材にした浮世絵が多数残されている。
3.世相や風俗を社会的な広がりでとらえて描いた小説を風俗小説と呼ぶ。同様に、庶民の世相や風俗を描いた喜劇を風俗劇といい、ヨーロッパでは17世紀にモリエール(フランス)やコングリーブ(イギリス)らに始まっている。
4.雅楽の一種。くにぶり。日本の各地、主に東国で流行した歌舞を宮廷用に選集・編曲したもの。大嘗会(だいじょうえ)などの朝廷の儀式の際に演じられた。舞を風俗舞(ふぞくまい)、歌謡を風俗歌(ふぞくうた)と呼ぶ。
5.性的な習慣や嗜好を指して「性風俗」と呼ぶ。性的サービスを提供する業種の動向を指して「性風俗」、またその産業(風俗店)そのものを指して「性風俗」や「風俗」と称する事がある。

元来の「風俗」の意味は、一般市民の日常生活の特色や世相などを表す(1)の意味であるが、こんにち、古くからの生活上の習わしやしきたりが失われていく反面で、(5)の性風俗に関しては、当初、業界内とその周囲だけで通用していた用例が、マスコミでもその意味で用いられることにより、社会的にも広く認知された状況下にある。

このため、現在において、単に「風俗」というと(5)の「性風俗」を意味することが多く、「風俗嬢」という言葉さえ生まれている。今日では、使用する時と場所を誤り、不用意にこの語を用いると、意に反した誤解を受ける場合も少なくない。周囲の状況によってはセクシャルハラスメントとみなされることもあるので、注意が必要である。

7 名無しさん :2015/06/09(火) 17:58:47
不感症(ふかんしょう)とは、性的な刺激に対して何の興奮も覚えないこと。もしくは何らかの事象に対して、何の感情的な反応もわかないことを指す。

特に感情の動物であるところの人間にして、外的な刺激に対して人間らしい反応が無い場合に、「病的である」として、このように表現する場合がある。



目次 [非表示]
1 概要 1.1 性医学的な不感症
1.2 社会学的な不感症

2 関連項目


概要[編集]

不感症に類似するものとして、女性の場合では冷感症(れいかんしょう)ともいう。区別は明確ではないが、一般には冷え性などに関連するともされている。

不感症自体は、明確な医学用語とは言いがたく、一般的には性的な問題を、広義では社会性の問題といった様々な側面で汎用される。そのため中には一定の誤解も含まれると考えられるケースも散見され、これが当人の劣等感として問題になることもあるだろう。

性医学的な不感症[編集]

性的な不感症の原因は、精神的な問題と神経生理学的な問題に分けられる。両者が密接に関係して起こる場合もある。男性の場合は性的刺激に反応しない(勃起障害)や射精が行われない(極端な遅漏)といった問題、女性の場合は性的刺激で興奮しない・オーガズムに達しないものだと一般に言われている。

性的不感症は、当人にとっても、その相手にとっても、多大な精神的ストレスを与えやすい。さらに、これらのストレスが状態を悪化させることもあるため、性急な解決を求めるのは逆効果である。過剰に刺激して反応を引き出そうとするより、少し間を置いて気分転換を図ったり、焦らず時間を掛けてことに及んだりすることで、すんなり解決することも多い。

その一方では個人の価値観にもよるが、性的興奮を催す対象は人により様々であることから、その人の性的嗜好にも絡んで、見当違いな刺激を与えている場合には、やはり興奮することができない。自慰では達することができるが、性交渉では達することが出来ないというケースも報告されているが、それらを不感症呼ばわりして欠陥のように扱ってしまうと、ストレスの元にもなるので、注意が必要だろう。

なお女性のオーガズムに関しては、婦人雑誌などで行われたアンケート(『モア・リポート』(集英社)など)によれば過半数の性交においてオーガズムに達していないとする話もあり、一概にオーガズムに達していないからといって、不感症だとは言えない。また男性においても、体位や射精にいたる興奮の度合いで達し方に明確な差異が見られる。さらにどちらの性別においても、性的な感覚は体調に影響されやすく、また精神状態には相手に対するイメージやムードといった要素にも影響されやすい。

愛撫を工夫するなど、新しい方法を試すのも一つの手段ではあるが、あまりムキになるのは逆効果なのでほどほどにしたほうがいいかもしれない。よい性交渉では、十分なスキンシップ(→後戯)も重要視される要素であり、必ずしもオーガズムに達することのみが目的とは言いがたいためである。

8 名無しさん :2015/06/09(火) 18:01:06
復縁(ふくえん)とは、もともとは離婚した夫婦、離縁した養子縁組などが再びもとの関係に戻る際に使われる言葉。 最近では恋人・交際相手と再び元の関係に戻ることも含め、広義に関係、寄りが戻ることを復縁という。

離縁には、他に恋人等ができた・嫌いになったなどの感情的な理由から、経済状況・DV等の暴力問題などさまざまな理由がみられる。 これに対して、一方的に別れを持ち出され納得のいかない側や、時間を経て感情や環境がおちついたことで、寄りを戻したいと望むタイプの復縁がある。

復縁工作・復縁屋と呼ばれる業者[編集]

上記のような復縁の環境を、人為的に整えることを目的とした工作を行う一般的に「復縁屋」と呼ばれる業者がある。 実際の専門業者はわずかで有り、ほとんどは類似行為の受託を謳った興信所・探偵事務所などが、その業務の一環として行っていることが多い。また、法人化している業者はわずかである。

当然ながら工作は必ず成功するとは限らない。 また費用は、工作を行う期間に比例して、また日毎にかかるため莫大な負担となる可能性がある。 大抵は、事前見積もりがあり、料金や工作内容の打ち合わせがあるが、中には過激な工作を行い、問題になった会社もあるため、工作業者を利用の際は充分に検討のうえ判断をする必要がある。

いずれにしても、脱法・違法な行為で、対象者に害をなすような工作の依頼を受けることはないが、一部行き過ぎた業者が問題となったケースもある。

なお、依頼により、復縁の障害となる男女を別れさせることに特化した「別れさせ屋」と呼ばれる業者もあるが、こちらは違法性・脱法性が指摘されている。

9 名無しさん :2015/06/09(火) 18:03:22
日本における離婚史[編集]

前近代[編集]

日本では夫婦のまま長生きする「共白髪」を理想とはしながらも夫婦が分かれることも当然にあり得ることと考えられ[10]、また、西欧のように教会法における婚姻非解消主義の影響を受けることがなかったため、法制上における離婚の肯否そのものが議論となったことはないとされる[5]。

ただし、日本では離婚そのものは認められてきたものの、律令制のもとで定められた七出や三不去、また、後には三行半の交付による追い出し離婚など、いずれも男子専権離婚の法制であったとされる[5][30][7][31]。だが実際には、江戸時代の離婚は、現在と同様に協議離婚が殆どであり、離婚するにあたっては夫が妻に三行半を差出すことが義務付けられ、三行半がない離婚は処罰の対象とされた。

離婚権のなかった女性にとって江戸時代までは尼寺が縁切寺としての役割を果たし、一定期間その寺法に従えば寺の権威によって夫側に離縁状を出させる仕組みとなっていた[5][32][33]。北条時宗夫人である覚山尼は鎌倉に東慶寺を創建して縁切寺法を定め、三年間寺へ召し抱えて寺勤めをすることで縁切りが認められるとしていた[34]。また、寺院の縁切寺と同様に神社にも縁切り稲荷と呼ばれる神社が存在した。榎木稲荷(東京)、伏見稲荷(京都)、門田稲荷(栃木)が日本三大縁切稲荷とされている[35]。

江戸時代には女性が現金収入を得る手段である養蚕地帯において離縁状が数多く残されている。

妻側からの離婚請求が認められるようになったのは明治6年の太政官布告からである[7]。ただし、全近代の全ての時代で、男性優位の離婚だったわけではなく、ルイス・フロイスの日本史によれば、戦国時代の日本の女性は自由に離婚が可能であり、また何回離婚しても、何回妊娠して堕胎しても、社会的に問題はなかったとされる[36]。

10 名無しさん :2015/06/10(水) 15:03:55
性依存症の定義における論争[編集]

そもそも「性的な行動への依存」を依存症のひとつとして位置づけるのかどうか、また、どのあたりに「正常」と「依存症」の境界を引くかなどで、長い間論争が続いている。「依存症」ではなく、行動制御障害であるという論もある。また、性依存症という概念を一切認めないとする考えを持つ人々も存在する。

アルコール依存症やギャンブル依存症などが疾病及び関連保健問題の国際統計分類でICD10コードが振られ正式に病気として認定されているのに対して性依存症は病気としては公認されていない。浮気をしても性依存症という病気だと言えば罪が減免されるため『精神障害の診断と統計マニュアル』で依存症の定義に当てはまらないような浮気や不倫の言い訳として用いられる場合もある。

自助グループ[編集]

その他の依存症と同じく、性依存症にも患者による自助グループが存在する。欧米では州ごとに多数存在すると見られる。国内でも小規模ではあるが、首都圏にグループがあり、定期的に集まるなどして個々に快復へ向けた活動を続けている。

多重嗜癖の問題[編集]

性依存症患者にも、他の依存症患者と同様に多重嗜癖に陥っている者が少なくない。
例:アルコール依存と性依存、恋愛依存(人間関係依存)と性依存など

性犯罪と性依存症との関係[編集]

性依存症患者の多くは犯罪行為とは一切関係の無い範囲でその性行動を行っている。また、依存症の症状に合致しない性犯罪もある。よって性犯罪には、元からの反社会的な傾向や認知の歪みなど複数の問題が絡んでおり、性依存はそれら数ある要素の一つであるというのが現在多く取り入れられている意見である。

11 名無しさん :2015/06/10(水) 15:10:05
性依存症の定義における論争[編集]

そもそも「性的な行動への依存」を依存症のひとつとして位置づけるのかどうか、また、どのあたりに「正常」と「依存症」の境界を引くかなどで、長い間論争が続いている。「依存症」ではなく、行動制御障害であるという論もある。また、性依存症という概念を一切認めないとする考えを持つ人々も存在する。

アルコール依存症やギャンブル依存症などが疾病及び関連保健問題の国際統計分類でICD10コードが振られ正式に病気として認定されているのに対して性依存症は病気としては公認されていない。浮気をしても性依存症という病気だと言えば罪が減免されるため『精神障害の診断と統計マニュアル』で依存症の定義に当てはまらないような浮気や不倫の言い訳として用いられる場合もある。

自助グループ[編集]

その他の依存症と同じく、性依存症にも患者による自助グループが存在する。欧米では州ごとに多数存在すると見られる。国内でも小規模ではあるが、首都圏にグループがあり、定期的に集まるなどして個々に快復へ向けた活動を続けている。

多重嗜癖の問題[編集]

性依存症患者にも、他の依存症患者と同様に多重嗜癖に陥っている者が少なくない。
例:アルコール依存と性依存、恋愛依存(人間関係依存)と性依存など

性犯罪と性依存症との関係[編集]

性依存症患者の多くは犯罪行為とは一切関係の無い範囲でその性行動を行っている。また、依存症の症状に合致しない性犯罪もある。よって性犯罪には、元からの反社会的な傾向や認知の歪みなど複数の問題が絡んでおり、性依存はそれら数ある要素の一つであるというのが現在多く取り入れられている意見である。

12 名無しさん :2015/06/10(水) 15:26:30
ギャンブル依存症(ギャンブルいそんしょう、ギャンブルいぞんしょう)は、DSM5(精神障害の診断と統計のためのマニュアル第5版)、ICD-10(国際疾病分類第10版)など診断基準でいう、ギャンブル障害(ギャンブリング障害:DSM5の場合、ギャンブル障害は和訳)、病的ギャンブリング(IOD-10 の場合)を指す[1]。診断基準にはギャンブル依存症はなく、ギャンブル依存症という言葉を使う場合には「いわゆるギャンブル依存症」とする場合が多い[2] 。ギャンブルを渇望する、ギャンブルをしたいという衝動を制御することができない、ギャンブルをするせいで借金など社会生活上の問題が生じているにもかかわらずやめられない、といった状態が繰り返され、身体的、心理的、社会的健康が害されたり、苦痛であったりする[3]。 ギャンブルへの依存は長らく意思薄弱・性格未熟など本人の資質の問題とされてきた[4][5]が、1970年代以降、精神疾患として認識する動きが広がった[6][7]。治療には数年を要し[8]、治癒したといえるためにはギャンブルを完全に絶つ必要があり[9]、長期間ギャンブルを絶つことに成功した後でも再びギャンブルに手を出すとたちまち症状が再発し、「ギャンブル依存症は治らない」といわれたこともあった[9]。 しかし、2000年以降の研究では、いわゆるギャンブル依存には自然回復が多数あることが指摘され、上記のようにギャンブル障害(いわゆるギャンブル依存)が進行的、不可逆的な障害であるという理解があらためられつつある[10]。河本らによれば、ギャンブルを断つことを最優先すべき群はギャンブリング障害の10-60%と見積もられ、必ずしも断ギャンブリングが治療上必須とは言えない[11][12][13]。 治療法としては、有効な治療薬がなく、心理療法が最も有力と考えられている[14]。依存者自身のみならず周囲にいる人間への影響も大きく、周囲の人間が傷つく度合いにおいて、ギャンブル依存症を超える病気はないといわれ[15]、とりわけ家族については、患者本人とは別にケアを行うことが必要とされてきた[16]。一方で、久里浜医療センターの病的ギャンブリング(いわゆるギャンブル依存)外来では、6回の面接を通して、ギャンブルを行う目的の整理などの認知行動療法を行うことで良好な成績を収めつつあり、隔離的な対処の弊害も指摘されている[17][18]。

13 名無しさん :2015/06/10(水) 15:34:23
陰陽師(おんみょうじ、おんようじ)は、古代日本の律令制下において中務省の陰陽寮に属した官職の1つで、陰陽五行思想に基づいた陰陽道によって占筮(せんぜい)及び地相などを職掌とする方技(技術系の官人。技官)として配置された者を指すが、それら官人が後には本来の律令規定を超えて占術や呪術、祭祀を司るようになったために陰陽寮に属する者全てを指すようになり、更には中世以降の民間において個人的に占術等を行う非官人の者をも指すようになり、声聞師と重ねられることもあって「声聞師」と呼ばれる場合もあった。現代においては民間で私的祈祷や占術を行う者と定義付けられており[要出典]、中には神職の一種のように見られる者も存在する。

なお、本来は「おんようじ」と訓んだが現代は専ら「おんみょうじ」と訓まれ、これは「おんようじ」が連声化して「おんみょうじ」となった(「陰」は中国語中古音で「qim」、中世日本語音で「wom」なので、連声化するとま行の音になる)ものとされ、また「おんみょうじ」と先頭を強調する発音が定着しているが、かつては「おんみやうぢ」と2音目に揚音があったと言われている[要出典]。

14 名無しさん :2015/06/10(水) 16:51:39
旧約聖書のアブラハム(紀元前17世紀)の孫はヤコブ(別名イスラエル)であり、ヤコブの12人の息子を祖先とするのが、イスラエル12支族である。12支族はアシェル族、エフライム族、ガド族、ベニヤミン族、イッサカル族、ルベン族、マナセ族、ダン族、ナフタリ族、ゼブルン族、ユダ族、シメオン族に分かれているとされる。孫のヤコブ(ヤアコブ)の時代にエジプトに移住した後に、子孫はやがてエジプト人の奴隷となる。400年程続いた奴隷時代の後に紀元前13世紀にモーセ(モーゼ)は民族をエジプトから連れ出し、イスラエル12支族はシナイ半島を40年間放浪し定住を始め、200年程かけて一帯を征服して行く。カナンの地に住み、ダビデ王(紀元前1004年‐紀元前965年)の時代に統一イスラエル王国として12部族がひとつにされる。ソロモン王(紀元前965年‐紀元前930年)の死後、南北に分裂して、サマリヤを首都に10部族による北王国イスラエルと、エルサレムを首都にする2部族による南王国ユダに分かれた。北王国は紀元前722年にアッシリアにより滅ぼされ、10支族のうち指導者層は虜囚としてアッシリアに連行された。この10支族の行方は文書に残されていないため、2部族によって「失われた10支族」と呼ばれた。アッシリアに征服された後、信仰を深めるため、信仰を邪魔されない場所に移るとして、消息不明になったとされる(エズラ第4書13:39〜47)。

ユダ族等の残り2支族は、エルサレムを都として南ユダ王国を建国した後、紀元前586年に新バビロニアに滅ぼされた。指導者層はバビロンなどへ連行され虜囚となったが、宗教的な繋がりを強め、失ったエルサレムの町と神殿の代わりに律法を心のよりどころとするようになり、神殿宗教であるだけではなく律法を重んじる宗教としてのユダヤ教を確立することになる。ユダ族等は離散後、ユダヤ人と呼ばれるようになった。

ユダヤ人とは、現在では、ユダヤ教(旧約聖書のみを信じ、新約聖書を信じない宗教)を信仰する者(宗教集団)、あるいはユダヤ人を親に持つ者(民族集団)という2つの捉え方がある。当時のイスラエル人は有色人種であり、白色ユダヤ人(アシュケナジム)は8世紀頃、ハザール人のユダヤ教への改宗によって、ユダヤ人を名乗ったことに由来するとの説がある。日ユ同祖論でいうユダヤ人とは、有色人種としてのユダヤ人(セファルディム)であるという説もある。そして、同祖とはアブラハムやヤコブを意味すると言える。

エズラ書第4書(第2書とも呼ばれる)13:39〜では、「幻に現れたその群集は…九つの部族であった(写本によって、九部族/九部族半/十部族と異なる)。彼らは異教徒の群れを離れ、先祖がいまだかつて住んだことのない土地に行き、自国で守ることのできなかった規則をせめて守るようにとの計画を互いに持ち合って、さらに遠くの国へ向かった。……それはアルザレト(もうひとつの土地あるいは果ての地)という地方であった。彼らは最後までそこに住み…」とされている。

エゼキエル書37では、「主なる神はこう言われる…わが民よ、わたしはあなたがたの墓を開き…時、あなたがたは、わたしが主であることを悟る。……わたしはエフライムの手にあるヨセフとその友であるイスラエルの部族の木を取り、これをユダの木に合わせて、一つの木となす。…… わたしは、わたしの地イスラエルの山々で彼らを一つの国とする。一人の王が彼らすべての王となる。彼らは二度と二つの国になることなく、二度と二つの王国に分かれることはない。…… わたしの聖所が永遠に彼らの真ん中に置かれるとき、諸国民はわたしがイスラエルを聖別する主であることを知るようになる。」とされている。

旧約聖書においては、セムは黄色人種の先祖であり、ハムは黒人種の先祖となり、ヤペテは白人種の先祖であるとされる。誤解してはいけないのは、当時イスラエルの周辺には古代イスラエル人の他にも様々な民族が住んでいたとされ、旧約聖書はイスラエル人、あるいはアラム人などのセム語族の視点で書かれたものなので、離散した古代イスラエル人(ユダヤ人)はイスラエルの地を離れて他の地域に散らばったということの目安でしかない。古代のユダヤ人は現在のアジア人や日本人と同じような風貌をしていたというわけではなく、ユダヤ人は全人類の先祖であるというわけではない。

「イスラエルの失われた10支族#古代イスラエルの歴史」および「古代イスラエル#士師の時代から王政へ」も参照

15 名無しさん :2015/06/11(木) 07:05:34
口語的な精神的な病気全般[編集]

詳細は「精神疾患」を参照

精神的な病気全般を表すmental diseaseやmental illnessの訳であり、本来は精神疾患のことである。

精神病理学における精神的な病気全般[編集]

同様に、精神的な病気を表す精神病理学(psychopathylogy)におけるもの。

エミール・クレペリンは、精神病を、統合失調症・双極性障害(躁うつ病)・てんかん等の「内因性の精神疾患」と定義し、この3つを三大精神病と呼んだ。カール・ヤスパースもこの3つを「大精神病」と呼び、「精神障害を伴う既知の身体疾患」「精神病質」とともに精神疾患のカテゴリーとした。

クルト・シュナイダーは、精神疾患一般を精神病と呼んだ。

現行の診断基準における妄想や幻覚の症状[編集]

精神病の現在的な定義は、厳密には当人に現実検討ができない幻覚や妄想である[4]。もう少し広義には、当人が幻覚や妄想が存在していることを、いくらかは洞察している状態である[4]。アメリカでは過去にさらに広い定義で使用され、統合失調症が過剰診断された[4]。世界保健機関のICD-10は、精神病あるいは精神病性の定義に触れ、妄想や幻覚のような症状であるとしている。

世界保健機関 (WHO)『疾病及び関連保健問題の国際統計分類第10版』(ICD-10)の第5章の「精神と行動の障害」には、F1x.5精神病性障害(Psychotic disorder)の診断コードが用意されている。

アメリカ精神医学会(APA)による『精神障害の診断と統計マニュアル』第4版 (DSM-IV) においては、妄想や幻覚のような精神病症状を持つ様々な障害が用意されている。

精神病と原因[編集]

精神病の原因には、内因・外因・心因がある。これらが複数重なって精神病が発症することもある。この3つに環境因も加えることがある。

診断には先に外因性を除外する必要があり、つまり医学的あるいは薬理学的に症状が生じていない場合に、心因性などとなる。

外因性精神病[編集]

DSM-IVでは、35歳すぎの発症は、外因性の可能性を気づかせるとし、非聴覚性の幻覚の9割が、物質誘発性か一般身体疾患によるものであるとしている。

外因性精神病は、原因が非心因性に認められる精神病である。日本では従来、外因性精神病は器質精神病(広義)と呼ばれ、次の4分類がなされてきた。
器質精神病(狭義)
中枢神経細胞自体の障害によるものである。
器質精神病(狭義)・症状精神病は、ICD-10ではF00〜F09に、DSM-IV-TRでは「〜による精神病性障害 (293.xx)」にそれぞれ該当する。

16 名無しさん :2015/06/11(木) 12:36:33
婚約段階にある男女の場合[編集]

婚約をした男女の場合は、恋愛の段階の男女とはかなり話が異なってくる。二人の間に契約に準ずるようなものがある、とみなされる可能性があるのである。「婚約は何ら方式を必要としない不要式行為である」とする判例があるのである(最判昭38・9・5民集17巻8号942頁)。(法律に関する学説上は、「確実な合意で足りる」とする学説と「公然性が要求される」とする学説があり、見解は割れているが、「学説」はともかくとして)実際の実務としては、婚約という約束(契約、あるいは契約に準ずるもの)を破ると、それは法的に見ても問題がある行為だとされる可能性があるわけである。(ただし、結納あるいは婚約指輪の交換をしていないと、法的に見ると確実とは言えないので、婚約を「あてにしよう」とする人はその点に要注意である。)

特に、結納や婚約指輪を交換していると、それは婚約が成立している証明となり、結納や婚約指輪交換を行ったあとで、「浮気」を行い、その結果 婚約の不履行という事態になり、それが問題として扱われるようになった場合においては、(法的に見ても、婚約が成立しているという証明があるわけなので)ほぼ確実に法的に問題として扱われることになる。裁判になれば、金銭的な賠償を命じられる可能性は十分にある。

婚約段階で「浮気」をし結婚を拒絶すると、法的な意味での契約不履行と、「人の心」の次元での約束を破っている、という二重の意味で「あざむき」ないし「裏切り」をしていることになる。 一般に、婚約段階までいった男女のどちらかが「浮気」をすると、浮気をされた相手には、一生残るような深い深い心の傷(トラウマ)が残ることになる。(婚約までしておいて「浮気」をされる、というような重大な裏切り行為をされておいて、それを忘れられるような人は、この世にはまずいない、と思ったほうが良い。やられた人は、それを一生の間に、何千回も何万回も繰り返し繰り返し思い出す、と思ったほうがよい。それどころか、その人は、毎日毎日、寝ていても覚めていても、裏切られたことを、どこか心の片隅で反芻しつづけながら生きてゆくことになる、と思ったほうがよい。)婚約者から裏切られた人の多くは、しばしば心の深い傷が原因で、異性を信用することができなくなり、結果として異性と交際したり結婚することがまったくできなくなってしまう。つまり婚約者がいながら浮気をする、ということは、大抵の場合、その人の人生をひどく破壊してしまうのである。

(人はしばしば、配慮が足らず、ものごとを甘く見すぎて馬鹿なことをしてしまうわけであるが)婚約をしておいてから、気の迷いが生じ、浮気をする/しない という分かれ道にいると感じる人は、自身の 心のありかたや 行いが、婚約者のその後の長い人生にどれほど深刻なダメージを与えてしまうことになるのか、あらかじめ 思い描き、誰かの人生を破壊してしまった場合、果たして そんな身勝手なことをしておきながら、道義的に赦されて、自分だけは都合よく幸せに生きていけるほどに人間社会というものは甘くできているのだろうか? と、よくよく熟考してみる必要があるのである。

裁判で法的に扱われ、金銭的な賠償だけで済めば、まだよいほうである。「人の心」の次元で、人をひどく裏切れば、相手がよほど「できた人」(耐える人、我慢する人)でなければ強く恨むことになり、程度がひどければ殺意などを持つことになり、そうなれば刃傷沙汰になることもある。実際、殺されてしまった人もそれなりの数いる。裏切られた側の親が、浮気をした者を殺してしまった事例もある。

17 井伊直子 :2015/06/11(木) 14:40:53
 ■墨田区石原の公衆浴場「御谷湯」

 墨田区石原の公衆浴場「御谷湯(みこくゆ)」が、大浴場のほかに8日から新たに身体障害者を対象にした家族風呂の運営を始めたところ、思わぬ問題が浮上した。公衆浴場に関する区条例で、夫婦、親子でもどちらかが10歳以上の場合は男女の混浴ができない。介助者が異性の場合は着衣が求められ、障害者にとって、家族水入らずの入浴が楽しめないという。(昌林龍一)

 ◆着衣のまま介助

 「御谷湯(みこくゆ)」は、福祉活動に力を入れる伊藤林(しげる)さん(68)がオーナー。ビルの4、5階に男女別の大浴場があり、今春の改装で1階に身体障害者とその家族を対象にした家族風呂を設置した。

 入浴しやすいように浴槽の縁が低く、中にはスライド式の足腰掛け板がある。介助する人も汗をかくだろうと考えて、浴槽は2つ配置した。

 区生活衛生課によると、家族風呂はスポーツジムのジャグジーなどと同じ扱いになる区公衆浴場条例の「その他公衆浴場」で許可。同条例では、「10歳以上の男女を混浴させないこと」と定め、夫婦、親子でも10歳以上の男女は混浴はできないことになっている。このため、介助者が障害者と異性の場合は、着衣のまま介助作業をしなければならないという。

 伊藤さんは、福祉目的の場合は混浴を許可してもらうよう条例改正の要望を打診したが、同課は「福祉目的と偽って許可を取り、風俗などに使う悪質な業者も出てくる可能性がある」との見解で、実現は困難。

 ◆高いハードル

 福祉施設に準ずるものとして公衆浴場条例の適用外にする方法もあるが、区障害福祉課は、「デイ・ケアセンター扱いにするのであれば必要条件が厳しくなり現在の設備では難しい。たとえ認められても、混浴できるとするならばデイ・ケアセンターに通所する人に限られる」といい、さらにハードルは高くなる。

 1組90分利用で、入浴者1500円、入浴しなければ介助者は無料という料金設定だが、開業から間もないこともあって10日現在利用はまだない。伊藤さんは「入浴者には障害者手帳を提示してもらい、利用者の範囲を限定しているので、いずれは夫婦や親子の混浴を許可してくれる方向に向かってくれればいいのだが」と期待している。

【用語解説】公衆浴場

 公衆浴場法では、銭湯を指す「普通公衆浴場」とサウナなど「その他公衆浴場」に分けられる。厚生労働省が衛生等管理要領で「おおむね10歳以上の男女を混浴させない」としているため、各自治体は条例で公衆浴場での混浴を禁じている。

18 井伊直子 :2015/06/11(木) 15:36:07
統合失調症(とうごうしっちょうしょう、英語: Schizophrenia、スキゾフレニア、ドイツ語: Schizophrenie、フランス語: Schizophrénie)は、精神障害の一つ。基礎症状は連合障害(認知障害)と自閉(自生思考等)である。副次的に精神病状態(幻覚・妄想)など多様な症状を示し、罹患者によって症状のスペクトラムも多様である。エミール・クレペリン、オイゲン・ブロイラー、クルト・シュナイダーが共通して挙げている当該疾患の特徴的で頻発の症状は「思考途絶(連合障害)」と「思考化声(自生思考)」である。日本では2002年まで、精神分裂病(せいしんぶんれつびょう)と呼ばれていた。

発症のメカニズムや根本的な原因は解明されておらず、また、単一の疾患ではない可能性が指摘されており、症候群である可能性がある。様々な仮説が提唱されているものの、未だに決定的な定説の確立を見ない。

19世紀のドイツの脳病学者エミール・クレペリンが複数の脳疾患を統一的な脳疾患カテゴリーとしてまとめ、早発性痴呆症を提唱した。スイスの精神科医オイゲン・ブロイラーが症状群の性質から1911年に、著書『Dementia Praecox oder Gruppe der Schizophrenien』(『早発性痴呆症あるいは精神分裂病群の集団』)の中でSchizophreniaを造語し定義した。ブロイラーによれば、当該疾患の特徴は「精神機能の特徴的な分裂[注 1]」であるとし、 Schizo(分裂)、Phrenia(精神病)と呼称した。ここでいう精神機能とは、当時流行した連合主義心理学の概念であり、また精神機能の分裂とは主に連合機能の緩みおよび自閉症状を意味する。

世界保健機関の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版 (ICD-10) における、診断コードがF20(F20.0〜F20.9)が統合失調症である。ICD-10は日本の行政において、診断や統計の基準として用いられている。発症率は約1%弱程度と推計されている[1]。

この疾患の担当診療科は精神科であり、精神科医が診療に当たる。

19 井伊直子 :2015/06/11(木) 15:57:56
毛 沢東(もう たくとう、マオ・ツォートン、1893年12月26日 - 1976年9月9日)は、中華人民共和国の政治家、軍事戦略家、思想家。字は詠芝、潤芝、潤之。筆名は子任。初代中華人民共和国主席。中国共産党の創立党員の1人で、長征、日中戦争を経て党内の指導権を獲得し、1945年より中国共産党中央委員会主席を務めた。日中戦争後の国共内戦では蒋介石率いる中華民国を台湾に追いやり、中華人民共和国を建国した。以後、死去するまで同国の最高指導者の地位にあった。

現代世界史において大きな業績を遺した人物とみなされており[3]、タイム誌の「20世紀の重要人物[4]」の1人に名を連ねている[5]。毛は、思想家、戦略家として評価されており、詩人としても名高い[6]。

一方、毛の政策については現在でも議論の対象となっている。研究者は、毛の引き起こした大躍進政策と文化大革命のような、文化、社会、経済、外交に重大な損害をもたらした問題について非難するとともに、彼の政策による犠牲者を数千万と推定する[7]。そして、マルクス主義・ソ連型社会主義を中国社会に導入しようとした毛の政策は、産業の面において、結局失敗に終わったと論じる[7]。

20 井伊直子 :2015/06/11(木) 16:33:50
ミュンヘンオリンピック、レスリンググレコローマンスタイル最重量級代表を経て全日本プロレスリング入り、ジャイアント馬場後継の次の時代の大型エースとして期待され順調に成長し、1980年代、トップレスラーとして活躍したが、B型肝炎を発症したことにより第一線を退く。その後、桐蔭横浜大学、中央大学、慶應義塾大学で非常勤講師を務めるなど、教育者としても活躍した。

山梨県東山梨郡牧丘町(現山梨市)出身。山梨県立日川高等学校を経て、中央大学を卒業。血液型O型。ニックネームは「若大将」のち「怪物」「完全無欠のエース」。座右の銘である「人生はチャレンジだ、チャンスは掴め」は、プロレスの師であるジャイアント馬場から継承したもの。

オリンピック出場時の選手名簿には、身長194cm、体重112kgとある。

来歴[編集]

プロ入りまで[編集]

広大なブドウ農園を営む家に生まれる。生まれた頃は体が小さく、女の子のようだからという理由で「友美」と名付けられた[1]。

中央大学法学部政治学科[2]1年生の頃までは、バスケットボールの選手であった。だが、バスケットボールではプロ選手になれないことや、日本のバスケットボールの実力では、予選に勝ってオリンピックに出場することができないということで、バスケットボール部を退部したということになっている。

選手層の薄いレスリングであればオリンピックに出場しやすいと考え、大学のレスリング部に入部を申し込むが、「一つのスポーツをやりとおすことのできない奴は何をやってもダメ」との理由で一旦は断られる。この時断った側の一人に関川哲夫(ミスター・ポーゴ)がいるが、彼の語るところによると鶴田の格闘技への思いは本物だったということで反省しているようである(ミルホンネット「ある極悪レスラーの懺悔」より)。そこで、自衛隊のレスリング道場で練習を始め、わずか1年半足らずで全日本選手権フリー・グレコローマン両種目とも2連覇(1971年、1972年)するほどの選手となった。大学3年次にレスリング部から逆に入部を勧められ、4年次に石井庄八、笹原正三、池田三男、渡辺長武、中田茂男ら金メダリストを輩出した名門中央大学レスリング部へ入部した。レスリング日本代表にも選ばれ、当初の目的通り1972年のミュンヘンオリンピックに出場する(グレコローマンスタイル100kg以上級)。

レスリングでの実績により、ジャイアント馬場からプロレスにスカウトされる。プロレスに対する偏見や評価などを考え葛藤したが、1972年9月16日、父親の死をきっかけに自分自身で人生に挑戦しようと思ったことと、大学の監督・先輩・マスコミなどからのアドバイス、日本レスリング界のドン八田一朗の「プロが栄えればアマも栄える」の言葉に励まされプロ入りを決意した。

21 井伊直子 :2015/06/11(木) 16:45:33
1960年(昭和35年)4月11日、興行でサンパウロを訪れていた力道山から直接スカウトされて日本へ帰国し日本プロレスに入団。猪木はこの出会いを振り返り、「本当に自分は運がいい」と今でも語っている[要出典]。力道山から掛けられた最初の言葉は、「オイ、裸になれ」であった。上半身だけ脱がされて背中の筋肉を見て合格になったという。デビュー後は、猪木の素質に目をつけたサニー・マイヤースからもトレーニングのオファーを受けた[10]。

ジャイアント馬場のデビューと同日の1960年(昭和35年)9月30日、本名の猪木寛至として、東京都台東区の台東区体育館で大木金太郎を相手にデビュー(7分6秒、逆腕固めで敗退)[11]。1962年(昭和37年)11月9日、沖縄県那覇市での長沢秀幸との試合において、リングネームをアントニオ猪木に改名[11]。このリングネームは、先輩レスラー豊登による命名である。当時の名レスラー、アントニオ・ロッカにあやかって名付けられたという説が一般的であるが[12]、「ブラジル帰りの日系ブラジル人」であることを強調するためなど諸説ある[11]。なお、本名で活動中に出演したテレビドラマ『チャンピオン太』での役名「死神酋長」を気に入った力道山は、その名を猪木のリングネームにしようとしたという[11]。

南米での興行を成功させるための布石として力道山は当初猪木を日系ブラジル人として売り出そうとしていた。そのため、当時の猪木は片言の日本語でインタビューに答えたり、弟子入りのために帰国した際には「日本語は話せますか?」と記者に問われた[要出典]。横浜在住時の猪木の幼馴染がその記事を見て日本プロレスの道場を訪ね、「お前は横浜にいた猪木だろう?」と質問したが[要出典]、猪木は一貫して否定した。猪木自身が「横浜生まれ」だということを公にしたのは力道山が亡くなった後であった[13]。デビューしてからまもなく、力道山の付き人となったものの、力道山は1963年(昭和38年)12月15日に死去。

1964年(昭和39年)にアメリカ武者修行に出発するが当初は正式な就労ビザが取れず、本名で活動することを避けていたと後に述べている。この時のリングネームは、ロサンゼルスの日本人街であるリトル・トーキョーをもじった「リトル・トーキョー・トム」等多数。西海岸、中西部、南部をサーキットし、2年後に帰国。なおこの遠征中には、シングルではNWAテキサス・ヘビー級王座[14]、タッグではデューク・ケオムカと組んでテキサス東部版のNWA世界タッグ王座[15]、およびヒロ・マツダと組んでミッドアメリカ版の同王座を奪取している[16](同期の馬場はMSGのトップイベンターには起用されたものの、アメリカ修行中のタイトル戴冠は果たしていない)。ミッドアメリカ版のNWA世界タッグ王座はエディ・グラハム&サム・スティムボートを破って獲得したものであり、東京プロレスと国際プロレスの合同興行においても、グラハム&ジョニー・バレンタインを相手に防衛戦が行われた[17]。

このアメリカ遠征中、アメリカ人女性と同棲し、子供をもうけたが幼くして病死した[要出典]。

22 井伊直子 :2015/06/11(木) 16:52:50
民事法[編集]
家事事件手続法 家事調停
民事調停法
公害紛争処理法
裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律(民間の事業者による調停を定めた法律)

近年は、米国などにおいて自主交渉援助型調停(日本ではミディエーションと呼ばれる)という新たな調停の流れが出てきている。伝統的な調停が、調停委員などの調停者が当事者双方の言い分を聞きつつ法的基準に基づいて解決合意の成立を目指すのに対し、ミディエーションは、第三者(ミディエーター)が当事者間の自主的な話し合いを援助し、対話を促進することにより、解決に向けた合意の成立を目指す。紛争の実情に法規範を当てはめた場合の結果と異なる合意が成立することもあり得るが、私的自治の原則が妥当する範囲内で有効性が認められると解される。

23 井伊直子 :2015/06/11(木) 16:57:50
動: 案内、 検索


ノイローゼ(独 Neurose)
精神医学用語としての「神経症」のこと。英語ではneurosis(ニューローシス)と表記。育児が関わっている場合は育児ノイローゼと称される。
日本において、精神医学の知識を持たない一般人により、多少悩んでいる状態や、うつ病、統合失調症のような重篤な精神疾患までもを「ノイローゼ」と表現される場合があるが、これらは誤用である。

このように「ノイローゼ」という言葉は、多種多様な疾患を含んでいるため、混乱を避けるために精神医学の分野では通常使用しない。

同様に「ヒステリー」という言葉はしばしば短気や癇癪を、日本語で「あの人はヒステリーよ」「ヒスを起こす」などと使われる場合がある。ヒステリーは身体表現性障害や解離性障害など(身体が悪くないのに心因性の身体症状を呈する疾患)の一種である。

24 井伊直子 :2015/06/11(木) 17:11:58
学生時代

成蹊小学校、成蹊中学校、成蹊高等学校を経て、成蹊大学法学部政治学科を卒業。

小学4年生から5年生にかけての1964年から2年間は平沢勝栄が家庭教師についていた[1][3]。高校ではクラブは地理研究部に所属[4]。高校卒業後成蹊大学に進み、佐藤竺教授のゼミに所属して行政学を学ぶ。大学ではアーチェリー部に所属し、準レギュラーだった[5]。大学生の頃は人付き合いが良く、大人しく真面目だったという[4]。1977年春に渡米し、カリフォルニア州ヘイワードの英語学校に通うが、日本人だらけで勉強に障害があると判断して通学を止め、その後イタリア系アメリカ人の家に下宿しながらロングビーチの語学学校に通った[6]。秋に南カリフォルニア大学への入学許可が出され[7]1978年に入学。政治学を専攻し春・夏・秋学期を履修した後、1979年に中退したとされる[8]。ただし南カリフォルニア大学の広報部によると、安倍が同大学で取得したコースの中に政治学は含まれていないという[9]。この点について、安倍事務所は「政治学は履修したが、途中でドロップアウトしたため、記録が残っていないだけ」とコメントしている[9]。

会社員時代

1979年(昭和54年)4月に帰国し、神戸製鋼に入社。ニューヨーク事務所、加古川製鉄所、東京本社で勤務した[1]。加古川製鉄所での経験は、「私の社会人としての原点[10]」、あるいは「私の原点[11]」だったと回顧している。

政界入り

秘書時代

神戸製鋼に3年間勤務した後、1982年(昭和57年)から当時外務大臣に就任していた父・晋太郎の下で秘書官等を務め、数々の各国首脳との会談に同席するなど父の後継者としての修行を行う。1987年(昭和62年)に当時森永製菓社長だった松崎昭雄の長女で電通社員の昭恵と結婚する。この時媒酌人を務めたのが、清和研創始者福田赳夫だった。

衆議院議員に

1991年(平成3年)に総裁候補の最有力と目されていた父・晋太郎が急死。1993年(平成5年)に父の地盤を受け継ぎ、第40回衆議院議員総選挙に山口1区から出馬し初当選した(安倍後援会は新生党古賀敬章や日本新党江島潔含め三分裂、江島は1995年下関市長となり手打ち)。当選後はかつて父・晋太郎が会長を務めた清和政策研究会に所属する(当時の会長は三塚博)。1995年(平成7年)の自民党総裁選では荒井広幸や石原伸晃と共に小泉純一郎選対の中核になった。1997年(平成9年)自民党青年局長に就任。1998年(平成10年)に政策集団NAISの会を結成。厚生族として社会保障などに通じた議員と見られていた[要出典]。

内閣官房副長官





アメリカ合衆国国務副長官ロバート・ゼーリックと握手を交わす(2006年1月)
派閥領袖の森喜朗首相が組閣した2000年(平成12年)の第2次森内閣で、小泉純一郎の推薦を受け[12]、政務担当の内閣官房副長官に就任。第1次小泉内閣でも再任した。

2002年(平成14年)、水野賢一が外務大臣政務官在任中に台湾訪問拒否され同辞任した際も理解を示し擁護、小泉首相の北朝鮮訪問に随行し、小泉首相と金正日総書記との首脳会談では「安易な妥協をするべきではない」と強硬論を繰り返し主張した。拉致被害者5人の帰国は実現したものの、この日本人拉致問題は日本側の納得する形では決着せずに難航した。内閣参与の中山恭子と共に北朝鮮に対する経済制裁を主張し、拉致被害者を北朝鮮に一時帰国させる方針にも中山と共に頑強に反対した(この拉致問題への対応により、内閣官房長官だった福田康夫との関係に亀裂が入ったといわれる)[12]。対話路線などの慎重論を唱える議員が多かった中で、安倍の姿勢は多くの支持を得た[13]。西村眞悟や上田清司とも拉致問題・教科書問題・日本における外国人参政権問題を通して親しくなった[要出典]。また、北朝鮮対策として通信傍受法の要件緩和・対象拡大を主張した[14]。

25 井伊直子 :2015/06/11(木) 17:21:03
ローマ帝国(ローマていこく、羅: Imperium Romanum)は、古代ローマがイタリア半島に誕生した都市国家から、地中海にまたがる領域国家へと発展した段階以降を表す言葉である。従って厳密には古代ローマの体制が共和制だった頃を含んでいる。最盛期には地中海沿岸全域に加え、ブリタンニア、ダキア、メソポタミアなど広大な領域を版図とした。シルクロードの西の起点であり、古代中国の文献では大秦の名で登場する。

帝国という訳語があてられている事から、狭義にはオクタウィアヌスがアウグストゥスの尊称を与えられた紀元前27年からの古代ローマを指す場合もある。しかし、本来の表現からすればこの場合は帝政ローマ、またはローマ帝政期とした方が正確である。

26 井伊直子 :2015/06/11(木) 17:36:28
神経症(しんけいしょう)とは、精神医学用語で、主に統合失調症や躁うつ病などよりも軽症であり、病因が器質的なものによらない精神疾患のことをさす。軽度のパニック障害や強迫性障害などがこれにあたる。これらはかつて、不安神経症、強迫神経症と呼ばれていたため、総称して神経症と呼ばれていた。現在では精神医学概念としては放棄されている。



目次 [非表示]
1 概要
2 福祉制度 2.1 障害年金

3 注記
4 脚注
5 関連項目


概要[編集]

19世紀以前において、脳や体に何も異常がないのに精神(神経)が病に冒されたようになる病気をそう呼んでいた。当時はアカデミックの精神医学にしろ町の開業医にしろ、体に異常がないのに体や意識がおかしくなる精神疾患は原因不明と考えられており、このような精神疾患に神経症という名前が当てはめられた。神経症はフロイトが精神分析という方法で神経症の患者を研究していたことが有名である。

しかし最近はDSM-IV-TRやICD10などの記述的な診断基準(病気の原因によってではなく症状によって診断するもの)が主流となっているため、臨床的診断として神経症が使用されることは少なくなった。特に精神医学界では表立って使われてはいない。

神経症の病名が使用されることが少なくなった理由として、記述的な診断基準の台頭に加えて、薬物療法の進歩もあげられる。例えば、かつて強迫神経症と言われていたものは超自我や肛門期固着などで解釈され、心理療法が治療の主体であったが、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などの薬物が有効である可能性があり、強迫性障害と名を変えた。

また神経症という名称は器質性ではない軽い精神疾患全般に使われる言葉であったため、その拡大された使用法や曖昧な意味が問題となり、DSM-Ⅳ-TRから徐々に使用されなくなったと言われている。

27 井伊直子 :2015/06/12(金) 12:16:06
「アルツハイマー病」の名は、最初の症例報告を行ったドイツの精神科医アロイス・アルツハイマーに由来している。アルツハイマーは、「レビー小体型認知症」にその名を残すフレデリック・レビーとともにミュンヘン大学で、ドイツ精神医学の大家エミール・クレペリンの指導のもと研究活動に従事していた。アルツハイマーは、1901年に嫉妬妄想などを主訴としてはじめてアルツハイマーの元を訪れた、世界で最初に確認された患者アウグステ・データー(女性) (Auguste Deter) に関する症例を、1906年にテュービンゲンのドイツ南西医学会で発表した。発症時アウグステ・データーは46歳であった。アウグステ・データーは56歳で死亡した。また、翌年『精神医学およ法精神医学に関する総合雑誌』に論文を発表した。その後、この症例はクレペリンの著述になる精神医学の教科書で大きく取り上げられ、「アルツハイマー病」として広く知られるようになった。文部科学省科学技術政策研究所によれば、2030年までにアルツハイマー病の進行を阻止する技術が開発されるとしている[2]。

分類[編集]

アルツハイマー型認知症は発症年齢で65歳を境に早発型と晩期発症型(65歳以降)とに大別される。早発型のうち18歳から39歳のものを若年期認知症、40歳から64歳のものを初老期認知症という。早発型アルツハイマー型認知症は常染色体優性遺伝を示す家族性アルツハイマー型認知症(Familial AD、FAD)である。原因となる点変異は第21染色体上のアミロイド前駆体蛋白質(APP)遺伝子、第14染色体上のプレセニリン1遺伝子(PSEN1)および第1染色体上のプレセニリン2遺伝子(PSEN2)に見出されている。家族性アルツハイマー型認知症で最も多いのはPSEN1遺伝子の変異である。プレセニリンはγセクレターゼ複合体の主要構成成分である。家族性アルツハイマー型認知症はアルツハイマー型認知症のおおむね1%以下と推定されており、大部分のアルツハイマー型認知症は晩期発症型で家族歴のない孤発例のアルツハイマー型認知症(dementia of Alzheimer type、DAT)である。晩発型アルツハイマー型認知症では第19染色体のアポリポ蛋白質E(APOE)の多型であるε4対立遺伝子が発症を促進する危険因子になることが確認されている。

28 井伊直子 :2015/06/12(金) 15:54:03
モーセ(ヘブライ語: מֹשֶׁה‎、ギリシア語: Μωυσής、ラテン語: Moyses、Moses、アラビア語: موسىٰ‎)あるいはモーゼは、旧約聖書の『出エジプト記』などに現れる紀元前13世紀ごろ活躍したとされる古代イスラエルの民族指導者である。

モーセの実在と出エジプトの物語の信憑性は、論理的矛盾、新たな考古学的証拠、歴史的証拠、カナン文化における関連する起源神話などから考古学者およびエジプト学者、聖書批評学分野の専門家の間で疑問視されている[1][2][3]。その他の歴史学者は、モーセに帰せられる伝記の詳細さとエジプトの背景は、青銅器時代の終わりに向かうカナンにおけるヘブライ部族の統合に関わった歴史的、政治的、宗教的指導者が実在したことを暗示している、と擁護している。

新約聖書の使徒言行録 によれば、神の目に適った美しい子で、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教およびバハーイー教など多くの宗教において、もっとも重要な預言者の一人。伝統的には旧約聖書のモーセ五書(トーラー)の著者であるとされてきた。『出エジプト記』によれば、モーセはエジプトのヘブライ人家族に生まれたが、新生児を殺害することを命じたファラオの命令を逃れるためにナイル川に流され、王族に拾われて育てられたという。長じてエジプト人を殺害し、砂漠に隠れていたが、神の命令によって奴隷状態のヘブライ人をエジプトから連れ出す使命を受けた。エジプトから民を率いて脱出したモーセは40年にわたって荒野をさまよったが、約束の土地を目前にして世を去ったという。

29 神宮司龍峰 :2015/06/12(金) 16:23:36
放送時間帯は各局によって異なるが、概ね午前中である。聴取者の電話相談にパーソナリティと回答者が応える。内容は、金銭・相続等の法律問題から健康[1]・育児・介護、生き方に関する悩みまで多岐にわたる。番組に寄せられる悩みは各時代の社会の世相を反映していることから、ニッポン放送は「世相を写す鏡」と表現する[出典 1]。個人のプライバシーを固く守っており[2]、放送されない相談にもそれぞれの専門家がアドバイスを行っている[出典 1]。回答者が最後に明確な指針を示して終了することが特徴である。

歴史[編集]

1965年2月に放送開始した長寿番組である。

1997年4月以降、番組ナレーションはニッポン放送アナウンサーの那須恵理子が務めている[3]。かつては、宮崎文子(元制作部アナウンサー、報道部記者を経て退社)が長く担当していた。

ニッポン放送が制作・放送している番組では『オールナイトニッポン』よりも放送開始が早く、2014年8月にそれまでの最長だった『新日鉄コンサート』の記録を抜き、名実ともにニッポン放送において(既に放送終了した番組も含め)最も長く継続している番組となった。

番組開始当初は週1回の放送であったが、後に月曜日 - 金曜日(加えて土曜日)の帯番組へ変更され、土曜日の週1回のみ放送する放送局もある。

番組開始当初はライオン油脂(1980年1月、ライオン歯磨と合併してライオンへ改称)の単独提供であったが、1988年以降は複数社の提供となっている[4]。

2007年10月より『垣花正のあなたと- 』がスタートし、『加トちゃんのラジオでチャッ!チャッ!チャッ!』以来9年半ぶりにワイド番組に内包された。

番組のテーマ音楽(オープニング/エンディング)は、ライオン単独提供時代は、ポール・モーリア作曲の「La rosita」が使われてきたが、以降は放送局用のロイヤリティフリーBGMを使っている[5][要出典]。またライオン提供時代はライオンの鳴き声+オープニングキャッチの音楽もあった他、エンディングに矢島正明の「ライオンポケットシリーズ」という生活情報コラムが放送されていたことがあった。

30 神宮司龍峰 :2015/06/12(金) 16:35:19
日本の中世では「せつり」といったが、また『宇治拾遺物語』に「かはつるみ」とあり、この「かはつるみ」は「皮とつるむ(接交する)」の謂とされる[1]。更に平安時代初めの編纂と見られる「神楽歌」には「肱挙(かひなげ)」という語彙もある。 近世以来男性のオナニーを「せんずり」とも「へんずり」といい、江戸時代の川柳に「千摺りは隅田の川の渡し銛 竿を握いて川をアチコチ[2]」とある。また、「せんずりは日本一の富士の山 かいてみるよりするが一番(甲斐で見るより駿河一番)」の句もある。

日本では男女のオナニーは「手淫」、「自涜」とも言い、手淫は幕末[3]、自涜は明治初期に考案された呼称である。「自涜」は、自らを穢すという意であり、「手淫」にもオナニーを忌むべきものとする考えが背景にある。この時代には、オナニーは悪であるというのが一般通念であり、この2つの呼称の悪いイメージを払拭するために小倉清三郎が1922年に考案した呼称が、自らを慰めるという意の「自慰」である。尚、「手淫」という言葉には、広義に手を使って性的刺激を与える[4]行為全般を指し、相手の性器を手で刺激することや相互自慰[5]も含んでいる。また、「セルフプレジャー」は猥褻でない保健用語として使用が進められるが普及は進んでいない。

中学生から20歳代頃までの若年男子を中心にスラングとして「オナる」「マス(を)掻く」「抜く」「シコる」「ひとりエッチ」[6]などと表現する場合もある[7]

語源





オナニーをする男性
オナニー (Onanie) の語源は、『旧約聖書』「創世記」中の記述に由来する。

「創世記」38章にオナンという名の男が登場する。彼は兄エルが早死にしたため、その代わりに子孫を残すべく兄嫁タマルと結婚させられた(逆縁結婚)。しかしオナンは兄のために子を残すことを嫌い、性交時は精液を膣の中に放出せず、寸前で陰茎を抜き精液を地に漏らして避妊をしようとした[8]。しかしこの行為は主の意志に反するものとされ、オナンは主によって命を絶たれた[9]。オナンがおこなったのは膣外射精であるが、語義が転じて生殖を目的としない射精行為としてオナニーという言葉が使われるようになった。これは自慰それ自体が罪だとされたのではないという見方もある[10]。

オナンが兄のために子を残すことを拒否したのは、兄嫁に子ができてしまうと、父の遺産がその子のものになってしまうためであった。兄嫁に子ができなければ、遺産は次男であるオナンのものとなるはずだった。一般には「血統維持」を強調した物語と理解されている[要出典]。

31 神宮司龍峰 :2015/06/12(金) 16:57:40
日本語の「宗教」という語は、幕末期にReligionの訳語が必要となって、今でいう「宗教」一般をさす語として採用され、明治初期に広まったとされている。

原語のほうの英語 Religion はラテン語のreligioから派生したものである。religioは「ふたたび」という意味の接頭辞reと「結びつける」という意味のligareの組み合わせであり、「再び結びつける」という意味で、そこから、神と人を再び結びつけること、と理解されていた[7]。

磯前順一によれば[8]、Religionの語が最初に翻訳されたのは日米修好通商条約(1858年)においてであり、訳語には「宗旨」や「宗法」の語があてられた。他にもそれに続く幕末から明治初頭にかけての間にもちいられた訳語として、「宗教」、「宗門」、「宗旨法教」、「法教」、「教門」、「神道」、「聖道」などが確認できるとする。このうち、「宗旨」、「宗門」など宗教的な実践を含んだ語は「教法」、「聖道」など思想や教義の意味合いが強い語よりも一般に広くもちいられており、それは多くの日本人にとって宗教が実践と深く結びついたものであったことに対応する。「宗教」の語は実践よりも教義の意味合いが強い語だが、磯前の説ではそのような訳語が最終的に定着することになった背景には、日本の西洋化の過程で行われた外交折衝や、エリート層や知識人の価値観の西欧化などがあるとされる。

「宗教」の語は1869年にドイツ北部連邦との間に交わされた修好通商条約第4条に記されていたReligionsübungの訳語に選ばれたことから定着したとされる[9][10]。また、多くの日本人によって「宗教」という語が 現在のように"宗教一般" の意味でもちいられるようになったのは、1884年(明治17年)に出版された辞書『改定増補哲学字彙』(井上哲次郎)に掲載されてからだともされている。

定義[編集]

「宗教とは何か」という問いに対して、宗教者、哲学者、宗教学者などによって非常に多数の宗教の定義が試みられてきた[11]とされ、「宗教の定義は宗教学者の数ほどもある」といわれる[12][1]とされる。代表的なものだけを取り上げただけでもかなりの数になる[13]とされ、例えば、ジェームズ・リューバ(英語版)の著書[14]の付録には48の定義およびそれに関するコメントが書かれており、日本の文部省宗務課がかつて作成した「宗教定義集」[15]でも104の定義が挙げられている[16]といい、その気になればさらに集めることも難しくはない[17]という。

リューバによる定義の分類[編集]

リューバは宗教についての多数の定義を三つのグループに分類している。すなわち、主知的(intellectualistic)な観点からの定義、主情的(affectivistic)な観点からの定義、主意的あるいは実践的(voluntaristic or practical)な観点からの定義の3つである[18]。
主知的な観点からの定義代表例で古典的な定義の例としてはマックス・ミューラーによる「無限なるものを認知する心の能力」が挙げられる。比較的近年のそれでは、クリフォード・ギアツによる「存在の一般的秩序に関する概念の体系化」がある。主情的な観点からの定義シュライエルマッハー(F.E.D.)による「ひたすらなる依存感情」。マレット(Marett, R.R.)なども他の学者などにみられる合理主義な観点を批判しつつ、宗教の原型を情緒主義(emotionalism)から論じた[19]という。主意的あるいは実践的な観点からの定義C.P.ティーレによる「人間の原初的、無意識的、生得的な無限感覚」というものがある。
『世界宗教事典』では上記のリューバの分類・分析を踏まえ、また、宗教を成立させている基本要素が超絶的ないし超越的存在(神、仏、法、原理、道、霊など)をみとめる特定の観念であることを踏まえつつ、宗教とは人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり、その観念体系に基づく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団である[20]とまとめている。

『世界宗教事典』での上記の定義のまとめに沿って、もう少し具体的な例も含めて示せば[21]、宗教とは、超越的存在(神、仏、法、原理、道、霊など)についての信念、超越的なものと個人の関係、超越的なものに対する個人の態度(信仰など)、信仰に基づいた活動(礼拝、巡礼など)、組織・制度(教会、寺社制度など)、信者の形成する社会、施設(教会堂、モスク、寺院など)等々である。

広辞苑では、神または何らかの超越的絶対者あるいは神聖なものに関する信仰・行事、との定義を掲載した[22]。

32 神宮司龍峰 :2015/06/13(土) 15:24:15
1945年11月に戦争中より田中土建工業の顧問だった進歩党代議士の大麻唯男からの要請で献金をおこなったことをきっかけに、大麻の依頼により1946年4月の第22回衆議院総選挙に進歩党公認で、郷里の新潟2区(当時は大選挙区制でのちの中選挙区制での区とは異なる)から立候補する[21][22]。田中は1月から地元に乗り込んで選挙運動をおこなったが、有力者に与えた選挙資金を流用されたり、見込んでいた支援者が立候補するといった誤算もあり、候補37人中11位(定数は8)で落選した[23]。この選挙の時に、「三国峠を崩せば新潟に雪は降らなくなり、崩した土砂で日本海を埋めて佐渡まで陸続きにすればよい」という演説をした[23]。

翌1947年4月、日本国憲法による最初の総選挙となった 第23回総選挙に、新たに設定された中選挙区制の新潟3区(定数5)から、進歩党が改組した民主党公認で立候補し、12人中3位(39,043票)で当選する[24]。民主党は日本社会党・国民協同党の3党連立による片山内閣与党となったが、1947年11月に炭鉱を国家管理する臨時石炭鉱業管理法が提出されると、田中は本会議で反対票を投じ、他の14名とともに離党勧告を受ける。同様の理由で除名・離党した民主党議員と共に11月28日結成された同志クラブ(のち民主クラブ)に加盟した。民主クラブは1948年3月に、吉田茂を党首とする日本自由党と合同して民主自由党となる。この政党再編により、田中は吉田茂の知遇を得た[25]。民主自由党で田中は「選挙部長」の役に就く[25]。

1947年10月、芦田内閣が昭和電工事件により総辞職すると、後継首相として野党第一党党首であった吉田茂が浮上するが、連合国軍最高司令官総司令部民政局は吉田を嫌い、幹事長の山崎猛を首班とする工作をおこなった(山崎首班工作事件)。しかし、民主自由党内からの反対によりこの工作は潰え、第2次吉田内閣が発足する[26]。新内閣で田中は法務政務次官に就任した。まもなく、1年前の炭鉱国家管理法案をめぐって炭鉱主側が反対議員に贈賄したとされる疑惑(炭鉱国管疑獄)が表面化し、11月23日には田中の自宅や田中土建工業が東京高等検察庁に家宅捜索される[27]。12月12日、衆議院は逮捕許諾決議を可決し、翌日田中は逮捕されて東京拘置所に収監された[28]。田中の主張は、受け取った金銭はあくまで相手からの請負代金であり、贈収賄ではないとするものだった。

33 神宮司龍峰 :2015/06/13(土) 16:01:44
科学的社会主義を党是とする。当面は対米従属と大企業の支配に対する民主主義革命を、将来的には社会主義的変革を目指すとする[3]。

日本共産党の国会議員数は、衆議院議員21名で野党第3党。参議院議員11名で野党第2党(維新タイ)であり、民主党、維新の党に次ぐ野党第3党である。また、7人の党員地方自治体首長や約2800人の地方議員を抱える。

党名・党章[編集]

正式な党名は日本共産党。略称は共産党、共産。英語名は Japanese Communist Party[7]。英語略称は JCP。

「日共」との呼称は批判的立場から使用される場合が多い[8]。また党本部の住所は千駄ヶ谷だが最寄り駅が代々木駅のため、暗示的に「代々木」と呼ばれる場合もあるが、これは日本共産党(の現執行部)を日本の正統な共産党と認めない新左翼などの他の共産主義者から使用される場合に多い[9]。同様に、数多く存在した「日本共産党」を自称する他の党派と区別するため、特に「日本共産党(志位派)」「日本共産党(代々木派)」などと表記することもある。更には日本共産党の正統性を否定する立場から「日「共」」のように鉤括弧を付けた記載例もあるが、これは日本共産党自身が新左翼各党派を「ニセ「左翼」」や「ニセ「左翼」暴力集団」[10]、部落解放同盟を「「解同」」[11]と、鉤括弧を付けて記載するのと同じ用法である。

党章は、一つに合わせられた、民主主義革命・民主統一戦線・国際統一戦線・日本共産党建設をそれぞれ表す4枚の赤旗の上に、農民と労働者を表す、稲穂を通した歯車[12]。

綱領[編集]

現状認識と二段階革命論[編集]

2004年に改定された現在の日本共産党綱領(以下、綱領とよぶ)では、現在の日本を「わが国は、高度に発達した資本主義国でありながら、国土や軍事などの重要な部分をアメリカに握られた事実上の従属国となっている」と現状認識し、現在、日本で必要な変革は社会主義革命ではなく「民主主義革命」であり、その次の段階で「社会主義的変革」をめざすとしている[3]。これは、いわゆる二段階革命論の一種で[13]、1961年の綱領から続いており[14]、歴史的にはコミンテルンの32年テーゼや日本資本主義論争の講座派の流れを汲んでいるが、現在の主張と最終的な目標が異なるとして批判や警戒も存在する[15][16]。

34 神宮司龍峰 :2015/06/13(土) 16:25:07
東京は、江戸幕府の所在地の江戸を1868年9月に改称したものである[1]。[注 2] 1869年2月11日1878年(明治11年)に府制を施行[1]、「東京府」となった。

1878年(明治11年)・1880年(明治13年)に伊豆諸島・小笠原諸島を編入[2]。

1889年(明治22年)5月1日には、東京15区を東京府から分立して東京市とした。

1893年(明治26年)4月1日に、東京府及び神奈川県境域変更に関する法律により、多摩地域は神奈川県から東京府へ編入されてほぼ現在の東京都の境域が確定した。

東京市は、(1923年(大正12年)の関東大震災によって人口が増加した)周辺の町村を1932年(昭和7年)に合併し、35区になった[2]。 市域は最終的には現在の東京都区部とほぼ同地域となった。

1938年(昭和13年)6月に内務省が「東京都制案要綱」発表し、1943年(昭和18年)1月に政府が「東京都制案」を帝国議会に提出し可決されたことを受け、同年7月1日に東京都制が施行され、東京府と東京市を廃止する形で東京都に統合された[2]。35区は1947年(昭和22年)3月15日に東京22区に再編され、同年5月3日の地方自治法施行により同法の定める特別区となった。同年8月1日、旧練馬町ほか4村の区域が板橋区から分離して練馬区となって東京23区となり、現在に至っている。

現在は、東京には、23区・26市・1郡および4支庁(大島・三宅・八丈・小笠原)がある[2]。人口は(2010年時点で)1316万人[2]。

現在(2010年代時点)、国際連合の統計によると、東京は世界最大のメガシティと評価されており、川崎・横浜などとともに世界最大の人口を有する都市圏を形成している[3]。都市単位の経済規模(GDP)ではニューヨークを凌ぎ、世界最大である[4]。2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、ニューヨーク・ロンドン・パリに次ぐ世界第4位の都市と評価された[5]。

「東京」という名称を用いる構想は江戸時代後期の佐藤信淵の書にあり、大久保利通がその書の影響を受けつつ「東京」とすることを建言した。→#名称の由来

上述のように、江戸が「東京」と改称されたわけで、さまざまな研究者の研究で分かっていることは、江戸が「東京」と改称されたあと、実際には都市としてのそれが突然変わったわけでは全然なく、基本的に江戸の道路や区割りの線、建造物 等々がほとんどそのまま残されて使われ続けたわけで、変えた部分も、長い長い時間をかけてわずかづつ改変されたにすぎない。しかも、長い年月を経た現在も大半は江戸時代の区分や道路(の基本的な線どり)が残っている。したがって都市・東京を説明するには、その大元であり現在も色濃く残り続けている都市・江戸を説明しないわけにはいかない。実際、多くの解説書・教科書が『江戸・東京○○』といった形で、江戸と東京を一連のもの、ひとつの連続的なものとして解説しており(解説せざるをえず)、東京の歴史を扱う博物館「江戸東京博物館」も、名称が「江戸東京〜」とされており、館内でも江戸と東京は連続している ひとつのものとして説明・展示を行っている。[注 3]

また東京府→東京市→東京都という変遷があり、江戸幕府の江戸市域を中心に「東京」が形成されたという歴史があるが、各時代ごとに指し示す範囲は異なる。さらに、最近の「多極分散型国土形成促進法」には「東京圏」という用語・表現もあり、これは市部も含む。時代も特定せず、また「府」「市」「都」「圏」などの言葉をつけずに漠然と「東京」といった場合、どの時代のそれ、どの範囲を指しているのか、あるいは全て包括して指しているのか、曖昧である。「東京」で東京府時代も含めて指していることもあり、また現在「東京」と呼ばれることだけ記述しては、大正や昭和時代の人々が「東京」という言葉で指した内容がどのようなものだったか、どのような印象を持っていたのか分からなくなる。よって、この記事では都市の江戸にも言及し、「東京」で指されてきた内容を時代を追って順に説明してゆく。

35 神宮司龍峰 :2015/06/13(土) 17:07:10
時に「エッタ」などとなまって呼ばれることもあり、地域によっては「エッタボシ」(「穢多法師」の読みか)などの呼称もある[5]。2011年1月5日には、御所市柏原「水平社博物館」にて韓国をテーマとする展示に関わり「エッタ」を連呼する活動が行われ、これら一連の活動は水平社博物館前差別街宣事件となった。





穢多。江戸職人歌合. 石原正明著 (片野東四郎, 1900)
職業と発生史[編集]

穢多の生業は中世以降徐々に形成されたもので、制度としては江戸幕府のもとで確立した。

タカを使って鳥を捕らえることは仁徳天皇の代からあり、また、大宝令官制に主鷹司の規定があり、これに付随する餌取の由来もまた古く、屠る者がこれに従事した。一方、『延喜式』には猪鹿の肉を天皇に供する規定があったが、仏教の殺生禁止の決まりから肉食を穢れたものと見なす風が広まり、屠者を蔑視する風も広まった。彼らは京都鴨川河原に小屋住まいをし、都の民のために賤業に従事した。いわゆる河原者である。下鴨神社が河原の近くにあったので、その穢れのおよぶことを避けるために『延喜式』には付近に濫僧屠者の居住することを禁じた。濫僧とは、非人法師で、国司の厳しい誅求に耐えかね、地方民が出家して公民籍から離脱したものである。三善清行は「今天下の民三分の二は禿首の徒なり」と述べた(意見封事)ほどで、その一部が京都に来て、屠者とともに河原者になった。当時は両者の区別があったが、のちに同一視され、餌取法師、エタと呼ばれた。その職業には都市清掃もあり、浄人(きよめ)とも呼ばれた。『塵袋』には、キヨメをエタといい、もとは餌取で濫僧とも呼ばれ、旃陀羅のことであるとあり、『壒囊鈔』には、河原者をエッタというとある。彼らはまたその居住地から、坂の者、散所の者とも呼ばれた。中でも京都の清水坂の坂の者が有名であった。清水坂の坂の者は祇園感受院に属して犬神人と呼ばれ、延喜寺僧兵出兵の際などその先手を務めた。各部落には長がいて、その村落の警護にあたり住民から報酬を受けた。これを長吏法師といった。長吏には縄張りがあり、寛元年間、清水坂の長吏と奈良坂の長吏とがいさかいを起こしたことがある。

江戸時代には、斃牛馬(「屠殺」は禁止されていた)の処理と獣皮の加工やまた革製品の製造販売などの皮革関係の仕事(これらは武士の直属職人という位置づけもあった)、刑吏・捕吏・番太・山番・水番などの下級官僚的な仕事、祭礼などでの「清め」役や各種芸能ものの支配(芸人・芸能人を含む)、草履・雪駄作りとその販売、灯心などの製造販売、筬(高度な専門的技術を要する織機の部品)の製造販売・竹細工の製造販売など、多様な職業を家業として独占していた。また関東では浅草弾左衛門のもとで非人身分を支配していた。一口に穢多といっても日本の東西で違いは大きいので注意が必要である。

36 神宮司龍峰 :2015/06/14(日) 13:53:03
1961年夏、名古屋で行われた「松島アキラショー」で、ステージ上の松島アキラが『湖愁』を誰か一緒に歌わないかと客席に声を掛けた所、前列に居た高校生が勢いよく手を上げた。少年は隣に居た同級生に手首を掴まれての事であった。狐に摘まれた表情で舞台に上がった少年は、見事松島と共に「湖愁」を歌いきった。この少年こそ、後の舟木一夫である。 偶然そこに取材に来ていた「週刊明星」の記者恒村嗣郎が目を付け、上田少年に氏名と住所を聞き、東京に帰ると、早速ホリプロの会長だった堀威夫に名古屋での出来事を話し、興味を持った堀は、電話で上田少年に歌のテープを送ることを依頼。そのテープを聴いた堀は、翌年5月上田少年を上京させ、日本コロムビアのディレクターだった斎藤昇に紹介。斎藤は作曲家遠藤実にレッスンを受けさせることにし、上田少年は、愛知高等学校から転校した自由ヶ丘学園高等学校へ通いながら、遠藤実のレッスンを受けることとなった。 上田少年は芸名を舟木一夫とし、ホリプロに所属することになった。社長の堀は、当時デビュー2年目で全盛期を迎え、舞台で時々学生服を着て歌っていた橋幸夫の対抗馬として、当時現役高校生だった舟木を学生服デビューさせると決定した[2]。

デビュー[編集]

1963年6月5日、デビュー曲は恩師遠藤実作曲、日本コロムビア専属だった丘灯至夫作詞の「高校三年生」と決定した。4月で高校を卒業していた舟木だったが、「学生服で行け」という遠藤実の指示で、歌謡界異例の学生服デビューとなった。なお、「高校三年生」のレコードジャケットで舟木が着ているのは当時の母校の制服である[2]。

「高校三年生」は、発売1年で100万枚の大ヒットを飛ばし、舟木は第5回日本レコード大賞新人賞を、丘は作詞賞を受賞した。デビューから2ヵ月後、本人が主演した同名映画も大ヒットし、舟木は一躍スター歌手になった。それに続き、学園三部作と言われた「修学旅行」「学園広場」もヒットした。

37 神宮司龍峰 :2015/06/14(日) 14:29:39
夫側からの離縁状交付にのみ限定されていた江戸時代の離婚制度において、縁切寺は妻側からの離婚請求を受け付けて妻を保護し、離婚調停を行う特権を公的に認められていた。調停にあたっては、夫をはじめとする当事者を強制的に召喚し、事情聴取を行った。

縁切寺では女性用の駆込場所という性質上、女性の幸福を第一に考えて、まず妻方の縁者を呼んで復縁するよう諭させ、どうしてもそれを承知しない場合に離縁を成立させる方向で調停を行なった。

この調停特権は幕府によって担保されており、当事者が召喚や調停に応じない場合は、寺社奉行などにより応じることを強制された。

この縁切寺の調停管轄は日本全国に及ぶとされており、どこの領民であっても調停権限に服するものとされていた。

一般には、縁切寺で妻が離婚を勝ち取るには、尼として数年間寺入り(在寺)する義務があったかのように理解されているが、寺にはいるのは調停が不調となった場合の最終手段であり、実際には縁切寺の調停活動により離婚が成立し、寺に入ることなく親元に戻るケースが大部分を占めていた。(調停期間中は東慶寺の場合、門前の宿場に泊まる。)寺に入っても、寺の務めはするが尼僧になるわけではない。形ばかり、髪を少し切るだけである。

駆け込もうとする妻を連れ戻そうと夫が追いかけてくるということもたびたびあった様子で、その様子を描いた図画、川柳も存在する。

しかし、満徳寺の場合では寺の敷地内である門から内側に妻の体が一部分でも入れば、夫であっても連れ戻してはならないことになっており、また体の一部でなく、履いていた草履を投げて敷地内に入った、もしくは投げた簪が門に刺さった場合なども、夫は妻を連れて帰ってはならなかった。

当時の町役人の職務手引書には「縁切寺から寺法書が送達された場合は開封しないで、速やかに夫に離縁状を書かせ、召喚状とともに返送すること」と記されていた。これは寺法による離婚手続きに入れば早かれ遅かれ強制的に離婚させられ、寺法による離婚手続きの段階が進めば進むほど、夫・妻の双方にとってより面倒な事になるからである。もしも、寺法書の封を切らずに離縁状と共に寺に差し出せば、それは寺の処置を異議なく申し受けたとして扱われ、夫にはそれ以上の面倒は無く、妻も義務が軽く済む。しかし、夫がどうしても離婚に承諾しなければ書面の封を切り、夫に寺法による離婚を申し渡し、女は一定期間の寺入りになる。男も各地に呼び出されたり強情を張って手間をかけさせたと叱られたりするのである。夫が最後まで徹底的に抵抗しても奉行や代官によって離婚が強制的に成立する。

寺に入った女は尼僧にはならないが、寺の仕事(出身階層や負担金などで仕事は異なる)を足掛3年(満2年)務めた後に晴れて自由になることができる。

38 神宮司龍峰 :2015/06/14(日) 15:01:04
その他、複数人の自殺が、近接した時間・場所において実行される群発自殺があり、これはメディア報道がきっかけとなって起こることが多い。群発自殺には、複数の自殺志願者が、お互いに合意の上で同時に自殺する集団自殺がある。インターネット上の自殺サイトを媒介として実行されたことがあった。戦争での集団自決とは異なる。

有名人の自殺の後追い自殺などを連鎖自殺、模倣自殺ともいい、その他一般人の凄惨な自殺を報じるニュースが、模倣者を発生させる現象のことも含めてウェルテル効果ともいう。オーストリアなどでは報道の仕方を変える事で群発自殺を減らす事ができることが実証されている。

その他の類型として、利他的あるいは偽利他的な動機から相手の同意なく他人を自殺行為に巻き込む拡大自殺(Extended Suicide)、自身で直接自殺するのではなく、犯罪を犯して死刑になる事で司法の手を借りて自殺しようとする間接自殺などがある。警官を挑発して事件現場で殺害されようと企む(俗に言う"suicide by cop")場合もある。
宗教的な自殺
自殺は社会的な制度として行われる事もある。宗教的な理由から生け贄として自害するなどである。また一部のカルト宗教において、ある種の死によって魂が救われる、と教祖的立場の人間が説く場合に発生することがある(カルトの集団自殺)。自爆テロなどの事例があり、こうした死が殉教と見なされる場合もある[9]。
他の行為との類似と区別
自殺に関連、また類似したものとして以下のものがある。
安楽死・尊厳死
詳細は「安楽死」および「尊厳死」を参照

末期のがんや病気などで多大な苦痛を伴い死が目前と差し迫っている患者は、アメリカ、オランダ、スイスなどの国々では薬物投与などにより苦痛を伴わずに死を選択することができる安楽死が法律で認められている。

尊厳死は無用な延命治療を拒み、患者の尊厳が損なわれるのを避けるという理念であり、1994年に日本学術会議は、尊厳死容認のために、
1.医学的にみて、患者が回復不能の状態に陥っていること。
2.意思能力のある状態で、患者が尊厳死の希望を明らかにしているか、患者の意思を確認できない場合、近親者など信頼しうる人の証言に基づくこと。
3.延命医療中止は、担当医が行うこと。

以上の3つを条件として挙げている。

なお、米国では病院内での重大な医療事故の最多のものは自殺であるという[10]。日本での日本医療機能評価機構による調査では、調査の3年間に29%の一般病院(精神科病床なし)で自殺が起こっている。その自殺者の入院理由となる疾患は、35%が悪性腫瘍(ガン)である。
自傷行為
自傷行為はしばしば自殺未遂とされることが多いが、実際には自殺目的ではなく切ること自体の感覚を目的とする場合が少なからずある。しかし、自傷者の多くには実際に自殺願望があるうえ、自傷による事故死と自殺は非常に見分けづらいので、現実には自傷による事故死も自殺に含めてしまうことが多いと思われる。他にも、自分の健康を無視したような行動を行う人もいるが、やはり意図していないのでそれ自体は別のものである。[要出典]自傷段階の場合、現世への希望をまだ諦めきっていないため、なんらか事態の改善につながる助けを求めている傾向があるとされるが、自殺ではコミュニケーションを求める行為はほとんど見られず、またそのような心の余裕もないことが多い[11]。

以下、Walsh(2005)による自傷行為と自殺未遂の判定表を挙げる。ただし、双方は死への意図のあるなしではなく強弱の同一線上にある例も多いため、一種の指標として柔軟に用いるのが望ましい。

39 神宮司龍峰 :2015/06/14(日) 15:26:01
呪い(のろい)とは、人または霊が、物理的手段によらず精神的あるいは霊的な手段で、悪意をもって他の人や社会全般に対し災厄や不幸をもたらせしめようとする行為をいう。

特に人が人を呪い殺すために行うものは、古来日本では呪詛(じゅそ/ずそ/しゅそ)、あるいは調伏(ちょうぶく)といわれることもあった[1]。



目次 [非表示]
1 概要
2 よく知られた例
3 出典・注釈
4 関連項目


概要[編集]

「呪う」という言葉は「祝詞(のりと)」と語源的には同じで、「宣(の)る」に反復・継続の助動詞「ふ」が接続したものであり、古代の言霊信仰に由来するものと思われる。

日本では既に死んだ人・動物や神霊がなす呪いを特に「祟り」と呼び分けることが多い。呪術(まじない)とも関係が深いが、呪術という言葉は意図および結果の善悪にかかわらず用いられるのに対し、呪いという言葉はもっぱら悪い意味で用いられる。

呪いは生きた人間による場合には、呪文、祈祷、その他の言語的、呪術的または宗教的な行為によって行われるとされることが多い。具体的には宗教・文化的背景によって様々な違いがあり、神・悪魔その他の強力な霊の力を借りてなされると考えられたり、あるいは自己の霊能力によると考えられたりする。日本では、丑の刻参りが呪術的な行為によるものの代表的なものである[2]。

また神話・伝承・物語などにおいては、登場人物(特に王子・王女など)が魔法使いなどによって呪いをかけられ、動物に変身したり(白鳥の湖)、眠りに落ちたり(眠れる森の美女 )する例が多く見られる。

俗に、単なるジンクスを何かによる呪いと考えて、「何々の呪い」と呼ぶこともある(都市伝説の呪い)。

よく知られた例[編集]

多くの人に呪いとして理解されていたり語られているものをいくつか挙げる。神話・伝承・物語・都市伝説等における呪いを含む。
円卓の騎士(13番目の席)
眠れる森の美女(魔女の呪い)
白鳥の湖
ブックカース
テカムセの呪い
第九の呪い
王家の呪い
ホープダイヤモンドの呪い

その他 1900年代頃からのもの
スーパーマンの呪い

近代のスポーツにまつわるジンクス
バンビーノの呪い
弁当の呪い
カーネル・サンダースの呪い
ラミレスの呪い
アルカンシエルの呪い
前田の呪い

出典・注釈[編集]

1.^ 「呪い」にマジナイとノロイの別があるように、「調伏」にもその原義である仏教用語と、呪詛と同義となった用語があり、「呪詛調伏」(じゅそちょうぶく)と並べられた用法がみられる。「調伏」(デジタル大辞泉)、「調伏」(大辞林 第三版)
2.^ 現代においてはこれを代行すると称する業者も存在する。『朝日新聞』2009年5月4日、東京版朝刊、26頁。

40 名無しさん :2015/06/16(火) 15:46:55
パーソナリティは、見方や反応の仕方、考え方、人とのかかわり方、振る舞いの仕方といったことの持続的なパターンであり、その人らしさを形成している[7]。それが、適応的にできなくなり、臨床的に著しい苦痛や機能の障害をもたらしている場合にパーソナリティ障害である[7]。

パーソナリティとは、個人の生活様式と、他者との関係の仕方における様々な状態と行動のパターンである[1]。パーソナリティ障害は、根深い持続する行動のパターンであり、文化による平均的な人間のものから偏っている[1]。パーソナリティ障害は、小児期、青年期に現れ持続するものである[1]。従って、成人期に発症したなら、ストレスや、脳の疾患に伴って起きる別の原因がある可能性がある[1][8]。各々のパーソナリティ障害は、行動上の優勢な症状に従って下位分類されているだけであり、排斥しあうことはない[1]。

パーソナリティ障害は、広義において神経症に入る概念である。今日の精神科における神経症圏の病名は、例えば強迫性障害のように、そのほとんどが患者自身の苦しみ・つらさの中心となっている問題に「障害」をつける形での命名となっている。

しかし、苦しみやつらさが一つに限局できず、より深い問題を抱える例がある。このような患者は慢性的、かつ複数の症状を抱えており、抑うつや不安感、厭世観や希死念慮などの、人生を幸せに生きることができないという広範囲に及ぶ問題を持ち、「自分が自分であることそのもの」「生きることそのもの」、つまりパーソナリティが苦しみやつらさの中心であるとしか表現できないような状態を、「パーソナリティ障害」と位置付けている[9]。「パーソナリティ障害」という病名を付けることは、障害の対象を明確にすることにより、治療とそのためのコミュニケーションに利用するというポジティブな意味でなされている[9]。

同様に、パーソナリティ障害は一種の「性格」であるとも言えることから、病気ではないと思われている点も多いが、これは短絡的な考えである。生物学的な存在概念である「疾患」と違い、医学においては「疾病(病気)」は正常な状態である「健康」に対置する価値概念であり、平均からかけ離れた状態になり、生存する上で不利になることを意味する。またそれら病気の概念は、人間が生活していく上で不都合な状態であるとする社会的な側面も包含している。よって、パーソナリティ障害は広義の意味で疾病であると言えるだろう[10]。という意見も存在するが、本質的で重大な問題があるため、WHO(世界保健機関)は疾患や病気といった言葉を避け、障害という用語を用いている[11]。

パーソナリティ障害の場合、古典的な精神医学における神経症などの症状を含む病理と見られることもある。さまざまな乳幼児研究や精神分析的臨床研究からも、病気というよりは持続的な固定された性格様式として、精神的病気とは区別される。実際に現在のパーソナリティ障害の診断においては、他の精神疾患とパーソナリティ障害の併記が行われている。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

にょたいかっ。 4 - 龍炎狼牙

女の身体になってしまったっ!!!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa