したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Where is my boogie? のようです

1 名無しさん :2016/07/09(土) 23:26:13 ID:YhHKyVTw0





──【 砂洲 華(20) 女性 】






.

2 名無しさん :2016/07/09(土) 23:27:06 ID:YhHKyVTw0

夜の10時、私はステージに立つ。

別に立派な場所じゃない。
既に閉店の時間を迎えてシャッターを下ろした店の前、コンクリートのタイル敷きの上にギターケースを広げれば、既にそこは私の今日のステージだ。

('、`*川「〜♪」

鼻歌交じりで肩から下げたアコースティックギターのチューニングを始める。
週末を迎えて解放感と酒で満たされた人々の騒めきの中、私の弦を弾く音だけがやけに響いている気がした。

あらかた準備を終えると、私は一息ついて指をグッと伸ばしてストレッチをしてから本日の1曲目をスタートさせる。
急に鳴り出したギターの音に驚いて振り向く人、興味ありげに見つめる人、ニヤニヤと見下したような笑みを浮かべて眺める人。

良かれ悪かれ、視線が集まるこの瞬間はいつだって緊張だ。

3 名無しさん :2016/07/09(土) 23:28:02 ID:YhHKyVTw0

('、`*川「逢いたい、気持ちは、この雨のように……」

Gメジャーセブンスコードから始まるこの歌。
なんだかいつも弾いている。

('、`*川「全てを、濡らして、色を増すように……」

歌っていると、ふと思う。

私はいつまでここに立っているんだろう。

私はいつまで歌い続けるんだろう。

私はいつになったらここから離れられるんだろう。

どうでもいい世の中に取り残されて、どうでもいい生き方をいつまで続ければいいんだろう?

4 名無しさん :2016/07/09(土) 23:29:01 ID:YhHKyVTw0


週末の繁華街のアーケード、足早に人々が通り過ぎて、私なんていないみたいに西へ東へ歩いていく。

私の歌は、いつだって通り過ぎていくほんの数メートル前の人々に届くことなんてなくて、このアーケードの中に響いてどっかへ消える。
もしかしたら、地縛霊みたいにそこらかしこに曲の怨念が残っているかもしれない。届けられなかった恨みとして残留思念が……なんて。



あぁ、いやだ。



誰かに求められる存在になりたい。
何かになりたい。



.

5 名無しさん :2016/07/09(土) 23:29:55 ID:YhHKyVTw0






──【 Where is my boogie? のようです】






.

6 名無しさん :2016/07/09(土) 23:30:32 ID:YhHKyVTw0

曲を弾いていると立ち止まる人は珍しくは無い。

壁でもあるかのように数歩下がった位置で間をあけて見る人だったり、
反対側の店の前でこちらをジッと見つめる人だったり。

ただ、もれなく皆興味が無い。

例えばそれはカフェで流れるジャズやボサノヴァのBGMよろしく、
ここで垂れ流されている空間で聞いているだけなのだから。

たまに私に興味を持って立ち止まる人もいる。ただしかしその向けられた先は、物珍しい事をしている人間に対してである。

7 名無しさん :2016/07/09(土) 23:31:40 ID:YhHKyVTw0

(*・∀・)「ねえねえお姉さん、俺と一緒に飲みに行こうよ」

('、`*川「……せーかいは、一つじゃない、あーあそのまま、バラーバーラのまま」

先ほどからしつこく話しかけてくる若い男を無視して歌い続ける私。
彼の後ろに遠目からニヤニヤ眺めている奴らがいるから、多分面白半分にやっているのだろう。

酒臭い息を吐き出しながらテンション高く話しかけてくる男の話を無視して演奏を続けていると、
徐々に言葉の端々が攻撃的になり、最後にはあからさまにイラついた表情になった。

(*・∀・)「……んだよ、せっかく話しかけてんのに無視かよ」

そういって男は八つ当たりのつもりなのか、ペッと唾をギターケースに吐き捨てていった。
赤いライニングにまたシミが一つできてしまった。いい加減ここはゴミ入れでもなんでもないと皆に言ってあげたい。

少々の小銭とレシートやら包装紙やらが入った可哀想なギターケースが私に訴えかけてる気がする。
ごめんよ、ケース君と心の中で謝ってみる。もちろん、返事なんて来ないが、気持ちの問題なのだ。

8 名無しさん :2016/07/09(土) 23:32:26 ID:YhHKyVTw0

高校時代から私はひどく物静かな少女だった。

かといってイジメられているわけでもなく、かといって友達と騒ぐわけでもなく、
ただただ平和に静かにいないように過ごして、ドラマでいうところの少女Aが私の立ち位置だった。

成績だっていいほうでは無かったし、
ギターが弾けるという理由だけで入ったフォークギター愛好会でも一部員として3年間をつつがなく過ごした私。

大学に入ってもその立ち位置は大して変わらなかった。

多分、キラキラした生活を送ることはずっと無いのだろうなと思う。

もうすでに人生の中には光輝く人っていうのは運命づけられていて、そうでない人はその光の陰になるか、その光すら届かないんだろう。

演奏を終えて帰路につく途中、車内から見える街の光を眺めながらそんなことを考える。

9 名無しさん :2016/07/09(土) 23:33:25 ID:YhHKyVTw0

何故そんな目立たない一生を送るはずの私が路上で弾き語りをやっているのか、
それすら自分でも分からない。

でも心のどこかで、ほんのちょっと芽生えていた私の自尊心が、
自由に過ごし見聞を広めることの出来る大学生活によって、ニョキニョキと自己主張を始めたからだと思う。

多分私はずっとこのまま路上で目立つことなく、時たまあんな風に絡まれながら演奏を続け、そしていつしか辞めていくんだろうな。
自尊心の芽が花咲くことは無くて、多分次第に諦めという毒素に侵されて枯れていく。そして私は平々凡々とした一般的な人生を送るんだ。

きっと。

いつも通り、3駅乗って改札を抜ける。
少し中心部から離れたこの駅はとても凡庸で、そこかしこにあるような普通の駅舎だ。

まるで私みたいと勝手に思っているのだが、最近私はこの駅にすらなれないんだろうなと考えてしまう。

10 名無しさん :2016/07/09(土) 23:34:30 ID:YhHKyVTw0

だってこの駅は多くの人々の拠点となって、受け入れた入り吐き出したりを繰り返す、とても働き者だから。
きっと私が役立たせることができる相手なんて、自分の半径3メートルくらいの人間だけなんだ。

ダメだなぁ。どうしても夜はマイナス思考になってしまう。

こんな日は甘いものでも食べて頭をフレッシュさせよう。
帰り道にフラッと寄ってしまうスイーツコーナーから2つほど適当に確保してレジへ向かう。

('A`)「……ッシャーセ」

いつもこの時間にレジを打っているこの男性も誰かに認められたいと思った事があるんだろうか?
生気も覇気もなく、死んだような顔で黙々とレジを打ち、愛想もなく金を受け取って会計を済ませるこの男性にも。

いや、誰だってあるんだろう。そういう願望は。

でもそれはいつの間にか失われるか、悟られないように奥底へ仕舞い込んでいるのだ。

11 名無しさん :2016/07/09(土) 23:35:21 ID:YhHKyVTw0

あぁ、変な人間に絡まれるなんてよくあることなのに。

今日はやけにセンチな気分で考え込んでしまうなぁ。

帰り道にスマートフォンに向かってニヤニヤと話しかけている変な男がいた。

不気味。

横目でチラリと見ながら、気持ち早足で家へと向かう。

今日はさっさと寝るんだ。
そして明日からまたいつもの生活をするんだ。


そう、いつもの私の……


.

12 名無しさん :2016/07/09(土) 23:35:58 ID:YhHKyVTw0





──【 毒田 独雄 (24) 男性 】





.

13 名無しさん :2016/07/09(土) 23:36:35 ID:YhHKyVTw0


蓋を取ると、溜まっていた湯気が一気に広がった。


油やスープの臭いもそれと共にムワッと漂ってひどく腹を刺激するものだから、
たまらず俺はすぐに割り箸を割って麺をすする。

鼻腔に抜ける油とかん水の臭いが自分の中の食欲を満たしていく感覚が、いつだって堪らない。

ひとしきり食べ終わると、俺は脇に敷いてある布団へと倒れ込む。
万年床になっている布団から叩きだされた、えらい量のホコリが飛び散って部屋の明かりに照らされていた。

14 名無しさん :2016/07/09(土) 23:37:18 ID:YhHKyVTw0

古ぼけた木の天井をボーっと眺める。
相変わらず黒い染みは消えないし、むしろ増えているような気がする。

枕元に山ほど積み重ねられた古本の山に手を伸ばそうとしたが、止めた。
これからまた仕事だというのに、本の世界に入り込んでしまうと戻れなくなりそうだった。

俺はポケットから適当に折りたたんだ封筒を取り出す。
探っている最中にポケットの中に穴を見つけてしまった。
いい加減オールドと言い張ることを辞めて、新しいジーンズを買わなければいけないかもしれない。

('A`)「ひーふーみー……」

俺は選べるのなら現金手渡しを選ぶ。

単発で日銭を稼いだ日は、こうして数えて眺めるのが楽しみの一つだからだ。
自分が消費した時間が目に見えてわかる。重みを感じることが出来る。

機械で通帳に書き込まれる数字より、手元に入る金だ。

15 名無しさん :2016/07/09(土) 23:38:03 ID:YhHKyVTw0

───
──



('A`)「世の中って言うのは本当に不公平だと思わないか?」

ひと眠りした後のコンビニバイト。スナック菓子の品出しをしながら俺は呟いていた。
もう一人のバイトの大学生は、レジの中でボーっと突っ立っている。

('A`)「高卒か大卒っていうだけで就ける職だって変わっちまう」

('A`)「金が無い人間はいい職に就くことだって出来ないってこった」

('A`)「そんでもって高卒で職についても金だって大して貰えねえし、勤務時間だっておかしな事になってやがる」

俺は出し終わった菓子のケースを折りたたむ。

そして脇に置いていた、もう一つのケースを自分の方に引き寄せ、また品出しを始める。

16 名無しさん :2016/07/09(土) 23:38:59 ID:YhHKyVTw0

('A`)「人間扱いされない職場に勤めて辞めた俺みたいなのがゴロゴロいるだろうに、世の中は俺たちをポイ捨てして拾い上げる事は無い」

段々と棚出しが雑になっているのが自分でも分かった。
俺は頭に落ち着け、落ち着けと言い聞かせ、また丁寧に品出しを続ける。

('A`)「だから俺はそんな社会が嫌いだ。特に大学生は大嫌いだ」

('A`)「大学生は自分が将来楽に過ごせると思って大金を払ってモラトリアムを楽しんでやがる」

('A`)「遊びまわって遊びまわって、結局金の貰えるところへのうのうと勤めやがる。そんなあいつらが嫌いだ」

定数発注されているはずのスナック菓子が棚に上手く入らない。
俺は周りの菓子を動かし、必死に棚に押し込もうとする。

ダメだ、入らねえ。

棚の位置をズラす為に、支柱を取り外して足元に置く。
取り外すのですら酷く苦労した。

17 名無しさん :2016/07/09(土) 23:39:42 ID:YhHKyVTw0

何の気に無しにチラッとレジの方を見ると、ボーっとしている大学生が俺の方を見て笑っている気がした。

('A`)「クソッ、クソッ、クソッ、クソッ、見下しやがって。大学生がそんなに偉いのか」

俺が大学生を睨みつけてやると大学生はまた生気のない顔をしながらレジに突っ立っていた。
一言俺がそいつに言ってやろうと品出しの手を止めた瞬間、入店のチャイムが鳴った。


('A`)「らっしゃぁーせぇー」


入ってきた客の顔を見ようと何の気無しに入口の方を見たら、
俺の一番嫌いな人種がやってきた事が分かって、俺はげっそりしてしまった。

18 名無しさん :2016/07/09(土) 23:40:37 ID:YhHKyVTw0

( ・∀・)「まじでーちょーうけるんだけど」

ミセ*゚ー゚)リ「そう、あの顔まじやばかったから」

( ^Д^)「まじぱねー! ミセリやりすぎっしょ!」

ああ、こいつらだ。
髪の毛が金色だったり茶色だったりで、やけに襟足とか前髪が長いとか丸刈りでそり込みを入れてるとか。

社会性の欠片も無い奴ら。

中学生みたいに龍だの筆記体の英文字だのが書いてある胸元ざっくりな長袖Tシャツを着てる奴ら。

あるいは、灰色だったり黒だったりのスウェットを着て、足元はクロックスだったり便所サンダルを履いている奴ら。

青色LEDを取り付けた軽自動車だったり、型落ちのセルシオだったり、はたまたエルグラに乗ってたりして、変にブオンブオン鳴らしている奴ら。

そして、ペチャペチャ喚きながら入店してきては、尊大な態度をとる奴ら。

19 名無しさん :2016/07/09(土) 23:41:31 ID:YhHKyVTw0

俺はああいう輩がこの世の中で一番嫌いだ。

髪の毛に色をつけて、やかましい車に乗っているだけで、自分は偉いと思い込んでいる。
そして俺たちみたいな人間、つまり地味な奴らを無条件で見下す。

自分たちだって高卒、下手したら中卒の人間で、誰だって勤められるような仕事をしてるに決まっているのだ。
そんな奴らが、必死に生きている俺を見下すことがたまらなく腹が立つ。

そんなこいつらが死ぬほど嫌いだ。
俺は無条件で『偉い』と思い込んでいるやつらが嫌いだ。

だから、謎の万能感にあふれている大学生たちも大嫌いだし、
少しオラついてみたような、地元の狭い世界で生きてるヤンキー共も嫌いだ。

ああいう奴らは皆消えればいいと思っている。

偶に見るニュースで、そういう奴らが死んだというニュースが流れるとせいせいする。

『ああ、またこの世の中が少しまともに戻った』と、つくづく思う。

20 名無しさん :2016/07/09(土) 23:42:22 ID:YhHKyVTw0

あのヤンキー共は良く見かける奴らだ。

俺が必死に綺麗に整頓した棚を散々荒らして帰る。
俺の時間を使って必死に並べた棚を、あいつらは踏みにじっていく。

いつも適当な菓子や煙草や酒を買っては、うちの店の前にごみを巻き散らかして去っていく。

そして俺はたまらなくそれが悔しい。

あいつらが捨て去ったゴミを明け方に拾い集めていると、堪らなく憎しみが湧いてくる。
俺があいつ等を消すことが出来ればどれだけいいだろうか。しばしばゴミを捨てながら、あいつらを引き千切る妄想をしている。

しかし、それはあくまでも妄想でしかないのだ。

拾い終わり、綺麗になった店の前と昇る朝日を見るたび、俺の気分はガクッと落ち込んでいく。

21 名無しさん :2016/07/09(土) 23:43:05 ID:YhHKyVTw0

それと同時に言い知れぬ不安に襲われるのだ。

『ああ、俺はいったいこの先どうなっていくのだろう』と。

そんな思いは日に日に強くなり、最近ではもう今にも押しつぶされそうな位の重圧が自分の身体にかかっている気がしてならなくなった。
いや、そんな生ぬるいモノでは無い、何かあり得ない程に黒い欲求が、自分の中で鈍く渦巻いている。

('A`)「(あー畜生)」

俺は行きたくもない病院に通っている。
醜く太った、あの禿げ上がった頭を光らせるだけしか能が無い白衣を着た豚に金を貢ぎ、薬を貰う。
それを飲むだけで俺は落ち着く。そう言い聞かせて飲むと更に落ち着く。


俺の心の中には『悪魔』が住んでいるから。


これを飲まないと俺はコイツに侵食されてしまう気がしてならない。

22 名無しさん :2016/07/09(土) 23:43:42 ID:YhHKyVTw0

『悪魔』は時々俺の心のひび割れた隙間から這いずり上がって浸食しようとしてくる。

唐突に脳みその中へ奴の声が響き渡り、ハウリングをしたようなキンキンとした雑音まで響く。

そんなときは酷くクラクラする。

( ・∀・)「そんでさー」

( ^Д^)「笑えんだけど」

ミセ*゚ー゚)リ「てかさっきからあの店員こっち見てんだけど、マジキモっ」

落ち着かない。
奴らを見ていても冷めた目で見れるはずなのに、今日に限って黒い気持ちがとめどなく溢れ出てくる。

23 名無しさん :2016/07/09(土) 23:44:28 ID:YhHKyVTw0

( ・∀・)「なんだアイツ」


落ち着かない。


店長が来るまで我慢すればそれで終わるのか?

( ^Д^)「おいぃ? 何ガン付けてんだコラ? あ?」


落ち着かない。


目の前までにじり寄ってきたニヤケ面が俺の肩をドンと小突いた。

俺はよろけてその場に尻もちをつく。

目の前の奴らはそれを見て弾けるような馬鹿笑いをした。

24 名無しさん :2016/07/09(土) 23:45:28 ID:YhHKyVTw0

その瞬間フッと、突然目の前が開けた気がした。



光がパッと差し込んだ時のあの感じだ。



目の前が真っ白になり、全てが光に満たされて多幸感に溢れる朝の陽ざしに包まれるような。
そうか、これはそういう事なのだと俺は理解した。


湧きあがる気持ちを抑えるだけでは何も変わらないのだと、

『悪魔』が俺に語りかけているのだ。

25 名無しさん :2016/07/09(土) 23:46:10 ID:YhHKyVTw0

俺みたいな人間を見下す奴らを。
俺みたいな人間を馬鹿にする奴らを。
俺みたいな人間より『偉い』と勘違いしている奴らを。

皆平等であると思い知らせる必要が俺には存在していたのだ。
そのために神が俺に与えた『悪魔』という存在を、俺は白衣の豚からこさえた薬という名の鎖で自らしばりつけていたのだ。

そうだ、俺は神に与えられた『裁判人』なのだ。

足元に置いていた、棚の支柱が俺の目に入った。



仕事は『誠実』にこなさなければいけない。



そうして俺は思いっきり振りかぶって、握りしめた支柱を全力で振り下ろした。

蛍光灯が反射した鈍い銀の光が、やけに眩しく見えた。

26 名無しさん :2016/07/09(土) 23:49:09 ID:YhHKyVTw0






──【 素直 空 (24) 女性 】





.

27 名無しさん :2016/07/09(土) 23:50:04 ID:YhHKyVTw0

(;-∀-)「……ゴメン、やっぱりダメだ」

彼と共に真っ白なシーツに包まれようとしていたその時の出来事であった。
思わず私は耳を疑った。

川 ゚ -゚)「……なんで?」

(;・∀・)「本当に申し訳ないとは思う、けど君とは付き合えない」

額に汗を浮かべている彼は必死に私に向かって取り繕うと努力しているようだった。

必死に口から飛び出してくる数々の言葉は、
私の片耳から入ってはもう片方から抜けていくだけだった。

交わったのはこれで3回目だったろうか。
肉の無い貧相な身体を横たわらせながら私に覆いかぶさっているだけだった彼。

28 名無しさん :2016/07/09(土) 23:51:23 ID:YhHKyVTw0

相変わらずの軽薄でキザったらしい言葉で必死に私を何とか収めようとしているこの男に平手打ちを喰らわせて早々に立ち去る。


はずだった。



けれどその時の私は

川 ゚ -゚)「そうだな、別れようか」

と、あっさり答えるだけで、あとはただベッドに横たわっているだけ。
涙もこみ上げる感情もなく、まるで文章を読み上げるだけの機械のように平易な口調だった。

あまりの返答の早さに少し彼は一瞬狼狽えた表情を見せたが、
すぐにホッとした顔になったのが薄暗い部屋でも分かった。

(;・∀・)「……じゃ、じゃあ、君も気分が悪いだろうから、僕は帰るよ」

( -∀・)「……今まで楽しかったよ」

川 ゚ -゚)「……そうね、私も。バイバイ」

29 名無しさん :2016/07/09(土) 23:52:12 ID:YhHKyVTw0

そう言い残して彼は私の部屋からそそくさと出ていく。

彼とはおよそ1年間の付き合いだった。出来るだけの愛情表現はしたし、彼からの要求にも出来るだけ答えてあげた。
それでも、最後はこれだけあっけないものか。

彼が部屋から出て行ったのを見届けてしばらくボーっとしていた私はベッドから起き上がると、
テーブルの上に置いてあったコップに残っていた水をグッと飲みほした。

その時、入れた水が隙間から流れ落ちてくるように、目からボロボロと涙が零れ落ちてきた。

あんな薄っぺらな男と別れたところで、別に悲しくも無いはずなのに。

いや、そう思っているのは私の強がりかもしれない。
何回も別れを経験して、私の心はもう悲しみを抑えることが出来ないのだ。

止まらない涙を右手の甲で拭いながら、一人ぼっちになってしまった部屋の窓際で、
夜風に当たりながら出ることの無い答えを必死に考えていた。

身体に吹く夜風から香る草の匂いは、今の私の心とは裏腹に、酷くさわやかだった。

30 名無しさん :2016/07/09(土) 23:52:27 ID:IYgzz4tU0
しえ

31 名無しさん :2016/07/09(土) 23:53:04 ID:YhHKyVTw0


───
──



初めて私が『お付き合い』をしたのは中学1年生の時、上級生のカッコいい先輩とだった。
もちろん、こんな青すぎる恋が長続きするわけも無く、先輩が高校へ進学するときに私たちの恋は終止符を打った。

その後、私に彼氏が途切れることは無かった。
別れれば次の、また別れれば次のと言った感じで、まるで工場のベルトコンベアーで運ばれてくるかのように、延々とそれは続いたのだ。

私から告白することはほとんど無かった。
待っていれば向こうからやってくるからである。

わたしはそれをさも当然のように受け止め、そして日々を過ごしていた。
それは専門学校に行っても、社会人になっても変わる事は無かった。

最早、違和感なんてものは感じることも無く、半ば自分の中で『当たり前だ』とも思っていた。

だから私は、流れてきた男性とはしっかり『お付き合い』をしたし、出来る限りの愛情を彼らには注いだ。
そして彼らは私の元を去り、また新しい男性が私の元へやってくる。そして同じように彼に私なりの愛情を与えるのだ。

32 名無しさん :2016/07/09(土) 23:53:45 ID:YhHKyVTw0





しかし最近になって、私の中で違和感が生まれた。





.

33 名無しさん :2016/07/09(土) 23:55:31 ID:YhHKyVTw0

川 ゚ -゚)「……別れよう」

(,,゚Д゚)「……最後までつまらなそうだったな」

私なりの愛情を与える、与えているつもりなのだ。
だが、自分はどうも愛情というか感情を素直に表すことの出来ない性分であるらしい。

中学生の頃、ダブルデートをしたときに友人から「空ちゃんって、クールだよね」と言われた事がある。

私は自分なりには精一杯伝えているつもりであるし、表現をする努力もしているつもりだ。

でも、相手にとってはこれは愛とは思っていない。

ゆえに相手は私の思いを受け取ってはくれない。

私の愛情表現の下手さゆえに。

34 名無しさん :2016/07/09(土) 23:56:15 ID:YhHKyVTw0


もちろん付き合った人間は皆、私が愛した人間である。

私自身がそう思えない相手とはそもそも付き合わなかったし、一線を越えさせないようにラインをビッチリと引いている。
もちろんそれは勘違いさせないようにというのもあるし、相手に無駄な労力を使わせないための私なりの気づかいというのもある。

しかし彼らは、何も答えてはくれない。

これを人は自意識過剰と呼ぶかもしれない。
そうであってほしい。いや、そうでなくてはと思いたい。



正直に言って、この現状に怯えている自分がいる。


.

35 名無しさん :2016/07/09(土) 23:57:19 ID:YhHKyVTw0

20歳の頃まで、私は若くして結婚する年下や同い年の女性たちを正直馬鹿にしていた。

『まだ遊べるのに自分で手錠をする馬鹿がまた増えた』と。

ミセ*゚ー゚)リ「私ね〜おなかにベビちゃんが出来ちゃって〜今の彼氏と結婚するんだぁ」

川 ゚ -゚)「そうなのか、おめでとう」

こんな会話を地元にあるチェーン店のカフェで、色んな相手としてきた。

川 ゚ -゚)「式とか挙げるのか? 呼んでくれよ」

ミセ;゚ー゚)リ「いや〜いきなりだったからぁ〜〜とりあえず籍だけ入れるんだぁ」

その言葉を聞いた瞬間、心の中で口角を釣り上げた卑下た笑みを浮かべている自分がいるのが見えるのだ。
また一人、こうして自制心の無い人間が自分から足枷と重りを付けに行ったのだ。


これを笑わずして何を笑うのか。

36 名無しさん :2016/07/09(土) 23:58:37 ID:YhHKyVTw0

川 ゚ -゚)「子供がいるなら大変だな、身体とか気をつけないと」

ミセ*゚ー゚)リ「うん、だからカフェインとか控えなきゃって〜〜」

そう言ってクリームが山のように盛られたフラペチーノをおいしそうに啜る彼女の髪の毛は、
色が抜けきった金色の髪先と黒の根元が見事なグラデーションを作っていた。

無理やり巻いて纏めた毛の先は、ここから見ても分かるくらいには痛んでいる。

そういう彼女たちを見るのが、私は馬鹿にすると同時に楽しんでいたというのも事実だ。
そして、お祝いと称して無駄に高いドリンク代を奢ってあげるのが、私のささやかな喜びであった。


しかし、気が付けば私の歳も20半ばだ。もう少しで若さでごまかせない歳がやってくる。


そろそろ身を固めてもおかしくない歳だと思うし、
そうでなくても結婚を考える交際相手の1人でもいてもおかしくない年頃になる。

37 名無しさん :2016/07/09(土) 23:59:29 ID:YhHKyVTw0

このまま私が歳を取るにつれて、私の前で並んでいる男性たちは次々と去っていき、そして居なくなるだろう。

それまでに私は生涯の伴侶と呼べる相手を見つけて、月並みな言葉で言えば『ごく普通の幸せ』を手に入れることが出来るのだろうか?

そう考えるたびに、心の中のどす黒いモヤが大きくなっていき、どんどんと黒さを増していく。
私はそのモヤに包まれた心が押しつぶされないように、必死に耐えている。

こういうマイナスな思考が続き、耐えられなくなった時に私は誰かと話すことにしている。

言葉にしてはけ口を作り出すことで、心がスッと軽くなれるからだ。

もちろん、そうでない時も多々ある。
そういう時は晴れるまで誰かを見つけて話す。

38 名無しさん :2016/07/10(日) 00:00:13 ID:FaxA/HNg0

話し相手は男性の方が良い。
これは別に出会い共感とかそう言う訳では無く、これまでの経験だ。

女性同士で話すと、とりとめなくダラダラと会話が続き、結局最初に話していた事と全く違う事を話して終わってしまう事が多すぎる。
そして結局モヤモヤを抱えたままになる。

よく話を聞き、私がアンサーを求めた質問に対して、しっかり回答をしてくれる聞き上手な相手が良い。

そして熱心に話を聞いてくれる相手は、少なからず『私に対して好意を持っている』相手でなくてはいけない。
しかし、私の前で順番待ちをしている人間を呼んでしまうと、それはそれで自分の機会を喪失してしまうのも事実だ。

では誰が適役か。
それは『私に対して好意を持つ人間』かつ『私が一線を引いて相手をしている人間』、そして『話を聞くのが上手い人間』だ。

私はこの条件に当てはまる人物を一人知っている。
その人物は、私が呼べば少ししんどくても、絶対に来るはずだ。

39 名無しさん :2016/07/10(日) 00:01:01 ID:FaxA/HNg0

私はメッセージアプリの履歴で下の方に埋まっていたその相手の名前を見つけ出し、メッセージを送った。

必ず返信が返ってくると、私は確信している。
何故なら、彼は『誠実に』生きている人間だからだ。

逆に言えば、クソがつくほど真面目で、純粋すぎる人間で、面白さのかけらもないとも言い変えれるが……。

10分ほどベッドの上で寝ころんでいると、彼からの返信がやってきた。


川 ゚ ー゚)「(来た来た)」


私は上手く彼を呼びだすことが出来るように、お決まりのメッセージを送った。

『久々に会って、ご飯でも食べない?』と。

40 名無しさん :2016/07/10(日) 00:01:53 ID:FaxA/HNg0


それだけで、2つ返事で『OK』を返してくれるのだ。
私にとって、非常にありがたい人間である事は間違い無かった。



『毒田 独雄』は、とても『誠実で真面目な人間』だ。



私はそんな彼が

『大好き』である。


.

41 名無しさん :2016/07/10(日) 00:02:47 ID:FaxA/HNg0
今日はここまでです。

ありがとうございました。

42 名無しさん :2016/07/10(日) 00:02:49 ID:O7qpZcFU0
期待

43 名無しさん :2016/07/10(日) 00:03:35 ID:7WhUKJUw0
おつ

44 名無しさん :2016/07/10(日) 00:06:49 ID:xXuhlyYc0
おっぱい

45 名無しさん :2016/07/10(日) 00:43:42 ID:yzuU3fTs0
devoとペトロールズ?いいね

46 名無しさん :2016/07/16(土) 23:45:11 ID:Mq5XM1dw0






──【 緒本 麿 (24) 男性 】





.

47 名無しさん :2016/07/16(土) 23:46:36 ID:Mq5XM1dw0


認められない事なんて、もうすっかり慣れていた。



(´・ω・`)「そんじゃ配信終わるわ」



『   もう終わりか〜〜

       乙乙

  今日早くない何か用事あんの    』



(´・ω・`)「今日はちょっと疲れたからさっさと寝たいんだよ」

48 名無しさん :2016/07/16(土) 23:47:50 ID:Mq5XM1dw0


『          明日もやんの

   ニート死ね

  凸待ち放送期待          』


(´・ω・`)「あ? ニートじゃねーわ、配信主だわ」

(´・ω・`)「この後か〜もしくは〜明日? 街中配信すっかも」

(´・ω・`)「ほんじゃみんなまたね〜」

(´゜)Q(゜`)「バイブーゥゥゥゥ↑↑↑」


いつものセリフとキメ顔を晒したまま『配信終了』のアイコンをクリックする。

49 名無しさん :2016/07/16(土) 23:49:23 ID:Mq5XM1dw0


『終了しました』


という文字が写る画面を数秒何となく眺めた後、ウィンドウを閉じてパソコンをシャットダウンした。
カメラとマイクのラインを引っこ抜き、完全にネットと隔離された事を確認して俺はベッドへと倒れ込む。

真っ白な天井を眺めながら、明日は何を、いかにアホに見せるかを考えていた。

ふと、こんな事を真面目に考えていることに悲しみを覚えるときもある。
しかしそんな思いは一瞬で彼方へと消え去っていく。

死んだように過ごしていたあの頃に比べれば、今はおおよそ人間らしい生活を送っているからだ。

もちろん、恥を晒して金を稼ぐことが人間らしいかと言えば疑問符がつくところではあるが。

50 名無しさん :2016/07/16(土) 23:50:18 ID:Mq5XM1dw0

大学を中退してから、俺は俗に言うニートとして生活をしていた。
こんな生活を続けてもう2年、いや3年になる。

別に勉学が嫌いなわけじゃなかった。
小、中、高を人並みに過ごし、それなりの成績を取っていた俺は周りの人間と同調するように大学へ進学した。

別に崇高な勉学を修めようなんて気があったわけじゃない。

ただ、肩書が欲しかっただけだ。『大卒』という肩書が。

この世の中、欲しいと思って名前は得ることはできない。

例えば今から俺がサッカー日本代表になる事なんて到底無理だし、プロの選手にだってなれるわけがない。

芥川賞だって直木賞だって当然のように無理だし、作家という名前すら得られるかなんて分からない。

51 名無しさん :2016/07/16(土) 23:51:31 ID:Mq5XM1dw0

その点、『大卒』という名前は金さえ払って4年間をルサンチマンにとりつかれていれば、誰だって貰える。

もちろん普遍性があって希少性なんて無いに等しい『名前』ではあるが、
これがあるだけで世の中の立場はグンと変わる。

しかし、当時の俺にとって4年間はあまりにも長すぎた。

4年という期間を、無為で無益な教授共の戯言に捧げ、
大金を払って異性との交流と飲酒に心血を注ぐ。

こんなものが有益であるとは到底思えなかった俺は、徐々に学校から足が遠ざかっていった。

悔いが無いかと言われれば、そりゃあるに決まっている。

しかしそれは『大卒』という名前が得られなかった事ではなく、あんな無駄な時間と金を消費したことに対してだ。

52 名無しさん :2016/07/16(土) 23:52:55 ID:Mq5XM1dw0

そうして学校を辞め、これから先の事を思慮しつつ暇を持て余していたある日。

俺は動画配信というモノに出会った。

最初の方こそ視聴者も少なく、正しくオナニーともいえる暇つぶしで、
やる事も無かった俺は延々と放送を繰り返すだけの日々を送っていた。

その延々とした繰り返しの日々を送る中で、
ある日『お前に金を振り込んでやる』という奇特な人物がリスナーに現れた。

冗談かと思って最初は流していた俺だったが、
あまりのしつこさに根負けした俺は残高が殆ど無い口座番号と名義を晒した。

どうせ使っていないモノだし、何かあったらあったでまあいいや。それくらいの気持ちだった。

53 名無しさん :2016/07/16(土) 23:54:52 ID:Mq5XM1dw0

ある時、俺は酷い困窮状態に陥った。
先日辞めたバイトの貯金がいとも簡単に尽きてしまい、加えて金を貸していた友人が返済期日の当日になって音信不通になったのだ。

今思い返すと色々なものを甘く見積もりすぎていて間抜けの極みであると言わざるを得ないのだが、
当時の無職ボケしていた俺には完璧にいくはずだったプランだった。

所詮返済される金と、おおよそそれまでには働いているだろうという見積もりで考えていた甘い目論見が見事に崩れ去ったという間抜けな話である。

さてどうするかと俺は思案していた。

返済期間は迫っているし、かと言って親に借りる事は出来ない、というより無理だ。

足りない脳みそをフル回転させる。
すると俺はあることを思い出した。

そう、例の晒した通帳だ。

これまでに行っていた放送でもその発言をしたであろうリスナーに振り込んだという旨のコメントを何度か残されていたが、
俺はいつもの煽りであるとか、ふざけた内容なんだろうとあまり深く考えてはいなかった。

54 名無しさん :2016/07/16(土) 23:55:48 ID:Mq5XM1dw0

藁にもすがる思いでその通帳を握りしめて近所のATMに駆け込み記帳する。

すると、2桁しか無かった残高が6桁に変わっていた。

しかも1人、2人では無く複数人から細かい金額が振り込まれていたのだ。

すぐに引き降ろして家に帰った。

その時からだった。

もっと人を集めるためにはどうするべきか、
他にもっと稼げる方法は無いのか、久々に真剣になって勉強を始めた。

俺は腹を括ったのだ。

ネットという檻に囲われた見世物になる事に。

55 名無しさん :2016/07/16(土) 23:56:37 ID:Mq5XM1dw0

(´・ω・`)「(俺は暇つぶししてるだけで、ちょっと過激な事を言っただけで金をくれる)」

(´^ω^`)「(こんなに楽チンな事ってあるだろうか!
      やっぱ大学なんて金の無駄だってハッキリ分かんだね)」

昔から面倒くさがりな性分であった俺が、金を稼ぐために必死の努力をした。

地味に宣伝を繰り返し、マメに投稿や配信を繰り返す。

そして所々で過激な発言を入れたり行動を入れる。

これだけでリスナーはぐっと増える。
いや、リスナーと言うよりは、見世物小屋へ興味本位で見に来る奴らと言う方が正しいか。

(´・ω・`)「ハイ論破、もうちょっと勉強してこいや中卒wwww」

最近では喧嘩腰でスカイプ通話をしてくる奴を適当にいなして遊んでいる。

56 名無しさん :2016/07/16(土) 23:57:41 ID:Mq5XM1dw0


詭弁でも何でもいい。


大体の人間は勢いとオラオラな姿勢だけでやってくるから、まともに会話しようとしてはいけない。

だからこういう場では高圧的な口調とそれっぽい事を言う。
そして相手より上の立場を取る。

そうすればあとは理論性とか調合性とかはどうでもいい。
マウンティングできれば、あとは適当に殴ってもダメージを与えられる。

こういうのは一方的に殴られる人間を見たい奴らが集まってくるだけなのだから。
そして、そんな会話を繰り広げる俺たちを見下して、優越感に浸りたいだけなのだ。

そちらがそう言う気持ちなら、こちらもそれを存分に使わせてもらうのが道義ではないだろうか。

具体的に言うならば、金をそいつらに如何にバラ撒かせるか、それだけをただ見据えて動くのである。

57 名無しさん :2016/07/16(土) 23:58:47 ID:Mq5XM1dw0

だがそれも最近は疲れてきた所がある。

ある程度俗に言う『信者』を獲得し、
定期的な貢物(それは金銭であったり物資であったり様々であるが)
を得る事が出来た俺は張り詰めていた気持ちが少し緩んできたのかもしれない。

そんな自分を正すために、久々に外で配信をやる事に俺は決めた。

外配信は必然的にスリルがある。

何が起こるか分からない。

ハプニングを引き起こす事もある。

だからこそ面白い。
でも、延々と続けるつもりでやっているほど馬鹿じゃない。

(´・ω・`)「いずれコンテンツは飽きられる時が来る」

(´・ω・`)「それは避けられないし当然の出来事だ」

(´・ω・`)「それまでに俺は金を毟り取らなければいけないんだ」

ゴロンと、倒れ込んだベッドの上で寝返りを打つ。

58 名無しさん :2016/07/16(土) 23:59:43 ID:Mq5XM1dw0

世の中の人間から見たら俺は何に見えるだろうなんて、考える事がある。

そんな時にあれやこれやと普段回さない頭で必死に考えてみるのだが、いつも同じ結論にたどり着く。


『クソ野郎』である。


これで何回目だろうという結論を頭の中で出した俺はフッと思わず息を吐いて笑ってしまった。

そして起き上がって、冷蔵庫へと向かう。
酒だ。酒を飲みたいのだ。

(´・ω・`)「たしか〜この前信者クンから送ってもらったヤツが〜」

(´・ω・`)「……ちぇっ、この前の配信の時に飲みきっちゃったか」

本当に欲しい時、こういう時に限ってモノが無い。
普段余計な時にはあるのに。

つくづくタイミングが悪いと言うか、なんかこういうモノは俺と一緒だ。

59 名無しさん :2016/07/17(日) 00:02:20 ID:Gv6jsmKA0

まぁいい。
こういった普段の行い1つも動画のネタに出来る事が良いところだ。

それでも『目立つ』という事はとてもシンプルで、とてもハードルの高い行為である。
何か意図的なトラブルを起こす必要性も少し考えた。

テーブルの上に置いていた財布を部屋着の後ろのポケットに突っ込み、とりあえず近所のコンビニへ向かうことにした。

玄関のドアを開けると目の前の廊下が水浸しだ。
どうやら強い風と通り雨が先ほどまで降っていたようだ。

(´・ω・`)「こういうしょーもない事ばっかりタイミングがいいから嫌になる」

俺は目の前の水溜りをピョンと飛び越し、なるべく水を跳ねさせないように、ゆっくりと、それでいて慎重に廊下を歩いた。
そしてスマートフォンの配信用アプリを起動する。これからまた配信が始まる。

(´・ω・`)「こんばんび〜♪」

数十人が、また明かりのついた俺の見世物小屋へとやってきた。
俺はそれを見てまたニヤリと笑うのだ。

『また金の元が増えた』

60 名無しさん :2016/07/17(日) 00:02:56 ID:Gv6jsmKA0





──【 素直 空 (24) 女性 】





.

61 名無しさん :2016/07/17(日) 00:04:26 ID:Gv6jsmKA0

川 ゚ -゚)「〜♪」

私の足取りは久々に軽やかだった。
ここ数日の間、一心に抱えていた悶々とした不安を晴らすことが出来ると思うだけで、心が弾む。

毒田独雄、ここではあだ名であるドクオと呼ぶが──

彼は私にとっての精神安定剤である。

もちろん、身体的・精神的な依存という恋人的な安定を彼から得ているわけでは無い。

ドクオは私の全てを肯定してくれる。

誰しも他人から自分から否定される事、そして生きている中で生まれる違和感や恐怖などを回避して生きたいはずだ。
そんな時、誰かに自分の考え、もしくは行動を受け入れてもらう事で安心を得ることを求める。

ドクオは私の全てを否定しない。

真剣に聞いて私についての否定や提案なんていらない。
真面目な人生相談員なんてそんな時の私にはいらない。

62 名無しさん :2016/07/17(日) 00:05:43 ID:Gv6jsmKA0

とめどなく話す私の不安や愚痴を受け止め、ウンウンと頷き、ただ正しいよと言ってくれるだけで良い。

そんな人間が存在すると思うだろうか?


実際、ドクオはそう言う人間なのだ。


彼に初めて出会ったのは高校の部活動で、
緩い緩い先輩たちに囲まれていた文芸部の隅っこで、小さく縮こまっている人というのが最初の印象だった。

私にとってここにいる人たちは物珍しい存在だった。

今まで周りにいる人間たちはいつだって本を知らない人間たちだったから。

活字よりは漫画を愛し、文に目を通すのは国語の教科書くらいの友人くらいしかいなかった。

私も精々その時に流行っている書籍に目を通すくらいのもので、積極的に読もうとなんて思わない人間だった。

63 名無しさん :2016/07/17(日) 00:07:46 ID:Gv6jsmKA0

そんな私が何故文芸部に入ったかと言えば、
単に上手いことサボれて楽の出来る場所に居たかっただけである。

先輩たちも緩いといえば聞こえがいいが、
物静かで大人しめな、俗に言うオタクの集まりが彼らであったから、私がサボったとしても強く言えないだろうという短絡的かつ酷い思考だ。


その中でも彼は極めて異質だった。


常に彼の傍らには文庫本とハードカバー本が積み重なっていて、
背表紙は常に違うものへ変わっているのが分かったから、常に本を読んでいるのだろう。

ライトノベルやアニメの話で溢れる人々の中で彼は小説、特に古い純文学を好んで読んでいる。

地味で浮かない彼が孤立して更に空気と化しているのが部室での常であった。

64 名無しさん :2016/07/17(日) 00:08:49 ID:Gv6jsmKA0

川 ゚ -゚)「君はいつも何を読んでいるの?」

最初は興味本位だった。

隅の方で常に活字と向き合っているだけの彼というのがどんな人物なのか、気になったのだ。

('A`)「……僕はね、遠藤周作が好きなんだ」

意外と返答に戸惑いは無かった。
私は更に言葉を続ける。

川 ゚ -゚)「遠藤周作? 聞いたこと無いなぁ」

('A`)「有名な小説家なんだ……」

そう言って彼は普段の姿からは想像できない饒舌さで語り始めた。

『沈黙』がどうの。

『海と毒薬』がどうの。

そして『キリスト教が遠藤周作に』どうの。

65 名無しさん :2016/07/17(日) 00:11:48 ID:Gv6jsmKA0

私は彼の話を黙って聞いては時々頷いてあげた。
自分の語るものを静かに聞く事、それが下手な会話よりも心に響くのは自分の経験でもよく分かっているから。

案の定彼は一通り話し終えると、満足した表情で私に問いかけてきた。


('∀`)「君はどんな本を読むの?」

と。

私は無知を隠すことなく彼に本を学んだ。
そして彼は私に対して好意を持ったのであろう、それ以降頻繁に話しかけてくるようになった。

話を深めて仲も深めていくうちに、
彼が私に対して恋愛感情を持った事は手に取る様に分かった。
初めて出会った時以降、彼は隠すことなく好意を剥き出しにして私に接してくる姿があまりに滑稽ではあったが。

普通ならば怒るような事でも彼は笑って許してくれる。

受け入れてくれる。

なので私は大いに利用させてもらっている。

66 名無しさん :2016/07/17(日) 00:12:39 ID:Gv6jsmKA0


もちろん、恋人になるなんて一線は超えない。


彼が私を求めて、延々と私に与え続ける限り『恋人ごっこ』を続けるだけだ。
向こうが冷めたり、ふと現実に立ち直るまでは、ずっとそうしているつもりである。


利用する事に対しての罪悪感?


そんなものは無い。


財布を開けてこちらに札束を渡そうと懇願している人間から受け取らないなんて事は無いように、
何もこちらから提供することなく施しを受けられる事を拒む人間なんているのだろうか?

それを望んでいて、受け入れることによって彼は喜ぶのだから。

67 名無しさん :2016/07/17(日) 00:13:34 ID:Gv6jsmKA0

そんな彼を利用する事を誰が否定する? 

誰に疎まれる?

悲しむ人間なんて一人もいない。

これは素晴らしい、延々と続く『幸福』なのだ。

そう、私は貢献しているのだ。
一人の人間に対して時間を割くことで、見返りを得ているだけ。


誠に『誠実』な『天使』なのだ。私は。

68 名無しさん :2016/07/17(日) 00:14:53 ID:Gv6jsmKA0

アスファルトにちょくちょく広がる水溜りを軽やかに跳ねて避け、弾むようなリズムで歩く。

点々と続く街灯の明かりから伸びる影がやけに細く黒く見える。
私はそんな影をあえて踏んで、跳ぶ。

新興住宅街の中にあるここは、やけに静かで綺麗だ。
あまりにも静かなものだから、何だか鼻歌の一つでも歌いたくなる。

そろそろバイトが終わるという事なので私はドクオのバイト先へと向かっていた。

こうやって少し自分が歩み寄るだけで延々と勘違いをしてくれるのだから楽な限りだ。

数百メートルの徒歩で数か月の求心を得られるなら、私はいくらだって歩こう。

そうして歩いているとコンビニの大きい看板が見えてくる。
住宅街の漏れる薄明りの中で煌々と輝くそれは、とても異質で浮き上がって見えた。

69 名無しさん :2016/07/17(日) 00:16:26 ID:Gv6jsmKA0

(´・ω・`)「うん、今コンビニ着いた〜何オススメ?」

その脇で突っ立っている男がいた。

私が看板を見た瞬間、その男と目が合ったのだ。
と思った瞬間にはスッと視線を逸らされた。

上下スウェット姿で、顔だけやけに小奇麗な垂れ眉の男は、ニヤニヤと気持ちの悪い笑みを浮かべながら手に持ったスマートフォンに向かって話しかけている。

(´^ω^`)「ゴム? 使う相手がいねえwwww」

何なのだろう、通話してる風でも無く何故かスマートフォンの背面をコンビニに向けながらまだボソボソと言っている。
  _,
川 ゚ -゚)「(気持ち悪ッ)」

変質者かもしれない。
私は生理的な嫌悪感を覚えるその顔を浮かべるその男の元から足早に立ち去り、コンビニの入口へと向かう。

(´^ω^`)「おっ、カワイイ女の人いんだけど! ナンパしちゃいてえ」

私の方へスマートフォンの背面を向けるその男が視界の隅に入った。
早足を小走りに変えて、入口へと一目散に向かう。何かされてはたまったものでは無い。

70 名無しさん :2016/07/17(日) 00:17:02 ID:AHP66Sck0
ここで繋がったか

71 名無しさん :2016/07/17(日) 00:17:50 ID:Gv6jsmKA0

最近流行りの配信者という奴だろうか?

友人に勧められて一度見てみたが、私はどうもあの手の人間が受け付けない。


自ら顔と恥を晒して、何が楽しいのだろうか?

ちんけな自己顕示欲を満たすため?

それともお金を得るため?


私には理解が出来ない。
したくもないが。

そんな奴らの巻き添えを喰らって私まで晒されてなるものか。

更に進む足が早まる。

72 名無しさん :2016/07/17(日) 00:19:41 ID:Gv6jsmKA0

そしてようやく自動ドアの入口の前に立つ。
足元を見てホッと息を吐き出す。


そして顔を上げた次に視界に入ってきたのは



('∀`)「よう、クー」



血だまりの中、鮮血にまみれ床に大の字で仰向けに倒れている人間たちの前で立っていたドクオの姿であった。


その顔は貼りつけられたような、なんとも狂気じみた笑顔を浮かべていて、
目線があった瞬間、私の背筋に冷たい何かが走った。

73 名無しさん :2016/07/17(日) 00:20:33 ID:Gv6jsmKA0



私は思わずヒッっと短い悲鳴を上げる。



地獄の入口で笑顔で手招きをしている悪魔は多分こんな感じなんだろうな。



上手く事態を飲み込めず、ボンヤリとモヤがかかったような頭でそう思った。



.

74 名無しさん :2016/07/17(日) 00:22:00 ID:Gv6jsmKA0


───
──




川;゚ -゚)「ドクオ、一回落ち着こう、な?」

('A`)「俺は至って冷静だよクー」

そう言って彼は、ふらふらとこちらに近づいてくる。

おぼつかない足元に、血みどろの制服。

そしてどす黒くなった銀色の支柱を持っている姿はさながら死神のようでもあった。

75 名無しさん :2016/07/17(日) 00:24:20 ID:Gv6jsmKA0



('A`)「俺は天誅を下さなければいけないんだ」



彼は足元に倒れている若者の頭を勢い良く踏みつける。

先ほどまでピクリとも動かなかった若者は、踏まれた瞬間ビクリと身体を痙攣させ、
くぐもった声を上げたが、またすぐに動かなくなった。



('A`)「今まで何故俺が報われなかったんだ」



('A`)「俺は精一杯必死に生きてきた、それにも関わらず人生は俺に分け前はくれなかった」

('A`)「それは何故かって必死に考えていたんだよ」

('∀`)「簡単な事だった、それは奉仕が足りなかったからだ」

先ほど死んだように冷めきった表情に戻ったはずの彼の口角がまたつり上がった。
歪めるように浮かべている笑みはやはり不気味であった。

76 名無しさん :2016/07/17(日) 00:25:41 ID:Gv6jsmKA0

川;゚ -゚)「違う」

私は思わずつぶやく。




('∀`)「違うわけがないだろう?」




('∀`)「床に這いつくばってる、このゴミ共を俺の中に潜むやつの声に従って殺した」

('∀`)「そうしたらなんと君から連絡が来た! いままで必死に僕が送っても一切反応が無かった君から!」

('∀`)「その瞬間俺は確信したんだ、俺の中に潜むのは『神』なんだ」

('∀`)「しっかりと神の声に答えた結果さ!」

77 名無しさん :2016/07/17(日) 00:26:41 ID:Gv6jsmKA0


川;゚ -゚)「違う! そんな訳があるものか!」


('∀`)「それこそ無いだろう? 僕が『応えた』瞬間に君は僕を誘ったんだ」


目の前にいる彼は、最早果てを見つめていた。
今ここではない遥か高みか、はたまた彼にしか見えない世界か。

川;゚ -゚)「狂ってる……」

どちらにしても、彼の瞳は尋常でない光を宿していた。
狂気とも達観とも言い難いそれは、理解の範疇を通り越して目眩がするほど。


少なくとも目の前にいる彼は、
私の話を笑顔でウンウンと頷いて同意し、肯定してくれる彼の姿では無かった。

78 名無しさん :2016/07/17(日) 00:28:09 ID:Gv6jsmKA0

('∀`)「さあ、クー、話をするんだろう? 行こうよ」

('∀`)「この前調べたんだ、ちょっとオシャレなカフェでさ、お酒も飲めて……」

先ほどより更に歪んだ笑みを浮かべる彼は、私の腕を掴み強く引っ張る。


思わず私はその手を叩き叫んだ。


川;゚ -゚)「触るなっ!!」

その瞬間。

彼の顔から笑みが消え去った。

貼り付けられていた歪んだ笑みが剥がれ落ちたかのような、そんな変化の仕方だった。


('A`)「お前も俺を拒否するのか?」


そう言った瞬間、再び彼は一旦跳ね除けて離した手を勢い良く伸ばしてきた。

先ほどとは比べ物にならないくらい非常に強い力で私は引かれ、思わず体勢を崩してしまう。

79 名無しさん :2016/07/17(日) 00:29:23 ID:Gv6jsmKA0


腕を握りしめている彼の指先は白くなり、爪は服を突き破り食い込まんばかりに突き立てている。


私を連れて行こうとした先ほどとは、明らかに違う意思が込められていた。



('A`)「結局お前もそうなんだな」

('A`)「俺が与えても返さない、俺が失っても得ることはできない」

('A`)「そういう奴には天誅を与えないといけない」

川;゚ -゚)「ご、ゴメン、ドクオ、さっきのは反射的に」

川;゚ -゚)「私達仲良くやってたじゃないか、天誅とか言わないで、な?」

80 名無しさん :2016/07/17(日) 00:30:20 ID:Gv6jsmKA0


('A`)「お前はいつもそうだな」


('A`)「都合が悪くなるとすぐに自分に都合のいいような言い訳を始める」

('A`)「俺が気がついていないアホだと思ってたんだろう? そうでもなきゃあんな事言わないよな」


川;゚ -゚)「ち、違う……私を信じて……ドクオ……」


('A`)「お前はずーっとそうだった、なんだってそうなんだろう?」

('A`)「お前みたいな奴にこそ俺は『忠実』な仕事をこなす必要がある」

そう言うと彼はその細身のどこから出しているのかわからない程の強い力で私を引っ張り、店の外に連れ出した。
必死に抵抗しようとした私の努力も虚しく、ズリズリとただ、彼に身体は引きずられていく。

最後にチラリと見えたレジの中では、メガネをずり下げた大学生くらいのバイトの男性が、必死に何処かへと通話していたのが見えた。

その瞬間、頭に鈍い痛みが走ると同時に視界はブラックアウトしていった。
倒れる瞬間に私を見下ろすドクオの顔が目に入る。

それはとても冷たく、それでいて悲痛な叫びを私に訴えかけているような……

81 名無しさん :2016/07/17(日) 00:30:55 ID:Gv6jsmKA0
今日はここまでです。

ありがとうございました。

82 名無しさん :2016/07/17(日) 00:38:58 ID:AHP66Sck0
群像劇はやっぱりそれ等が繋がる瞬間がいいね


83 名無しさん :2016/07/18(月) 12:03:45 ID:T9jiMfMQ0
乙!
最近楽しみな作品の一つ

84 名無しさん :2016/08/01(月) 22:30:54 ID:iVkjKxH.0




──【 内藤 大地 (24) 男性 】




.

85 名無しさん :2016/08/01(月) 22:31:30 ID:iVkjKxH.0

ひどくつまらない人生である。

僕の生きてきた軌跡はこの一文で全てまかなえると思う。
比喩でも冗談でもなく、それほどまでに波乱も山も谷もない、そんな人生を過ごしてきた。

人並みに勉強をこなし、スポーツでもまずまずの成績。
中学・高校・大学もずーっと平々凡々と慎ましい生活を送ってきた。

まさしく市民A、もしくは通行人A。
名前もつかないが物語にも絡まない。僕が物語の登場人物なら実に似合いだろう。

でも、別に僕はこの状態に悲観しているわけでも、憤っているわけでもない。

RPGの世界に勇者が無数に溢れていないのと同じで、名前がつく人物というのは選ばれた存在の人間がなるべきものだと僕は思っている。

86 名無しさん :2016/08/01(月) 22:32:42 ID:iVkjKxH.0

その他の有象無象はゲームならば舞台装置だが、現実世界ではその有象無象によって世の中は動かされ、そして名前を持つ人間たちを動かしているのだから。

僕はその有象無象であることに不満は持たないし、むしろ誇りを持っている。
微力ながらも世界を動かしている存在であるわけで、加えて名前のついた人々を気楽に批評したりすることができるこの立場のいかに気楽であることか。

( ^ω^)「ふぅぅ〜〜」

背もたれにグッと倒れ込み、身体を伸ばしながら溜め込んでいた息を吐き出す。
長いこと抱えていた面倒くさい案件の終わる目処がようやくついた安堵が身体を包み込む。

社内の時計を見ると、ちょうど短針が11を指す直前だった。

(;^ω^)「やばいお、残業しすぎたお」

僕は思ったより進んでいた時間に焦り、そそくさと散らばっていた書類をまとめ始めた。
明日からまた別の面倒くさい案件が始まると思うと憂鬱になりそうだが、今くらいは考えなくてもいいだろう。

87 名無しさん :2016/08/01(月) 22:33:18 ID:iVkjKxH.0

タイムカードを切って会社を出ると多くの人々が家路に着くために駅に向かって歩いていた。
ビジネス街であるこの土地は、朝と夜に人が溢れる場所だ。

あまりこの時間まで残る事は無いのだが、夜も更けそうなこの時間でも多くの人が居るのだなと少し感心してしまった。
あまりよろしくない事ではあるのだろうが、一般市民としては仕事をこなすことが全てなのだからそれだけ仕事が溢れてるということなのだろう。

そんな歩く市民A達の波に乗りながら駅まで歩いたのだが、何やら様子がおかしい。
改札の前で皆立ち止まっている。

あぁ、これは、あれだ。



『ただいま新美府駅と当駅間におきまして、人身事故が発生した影響で全線運転を見合わせております……ただいま現場検証を……』



拡声器を持った駅員が淡々とアナウンス文を読み上げ、脇にいる駅員たちが客の対応に追われていた。

88 名無しさん :2016/08/01(月) 22:34:07 ID:iVkjKxH.0


恒例のヤツである。


慌てて人混みから抜け出してバスプールに向かったのだが、とんでもなく長い列が出来上がっていて、それはタクシープールも変わらなかった。

( ^ω^)「どうすっかなー……」

僕は悩みに悩んだ挙句、歩いて帰ることに決めた。
ここから1駅先、距離にして3キロちょっとくらいの少し長めの距離ではあるが、普段から運動不足である僕にとっては良い運動の機会だと考える事にしたのだ。

加えてこの道は僕にとっては通いなれた道でもあった。

高校時代、実家から自転車で高校に通った時の通学路だった。

89 名無しさん :2016/08/01(月) 22:34:42 ID:iVkjKxH.0

( ^ω^)「夢でキス、キス、キス♪」

この道はある意味、僕にとっては思い出を辿るような楽しい道のりなのだ。

あの自販機。

あの交差点。

あの生け垣。



全てが僕にとってのまさしく青春の一部分であったし、輝く思い出の欠片だ。


.

90 名無しさん :2016/08/01(月) 22:35:19 ID:iVkjKxH.0

( ^ω^)「〜♪」


そう言えば。


歩いている最中、久々にある人物のことを思い出した。


そいつは、いつだって捻くれていた。



.

91 名無しさん :2016/08/01(月) 22:35:56 ID:iVkjKxH.0

───
──


('A`)「……」

いつも大体窓際で分厚い本を読んでいるのがドクオだった。

栄養失調かと思うくらいやつれた顔と枯れ木のような身体。
そしてダボダボの制服の肩にはフケがいつも積もっていた。

そんな彼についていたあだ名がドクオ。
頭を掻いてフケを無意識に撒き散らしている姿が毒の粉を撒いているように見えたから。


そんな彼は同じ部活を共にした仲間で、僕の友達だ。

92 名無しさん :2016/08/01(月) 22:36:31 ID:iVkjKxH.0


( ^ω^)「もうちょっとディティールを……」


絵、特にマンガを書くことが好きだった僕は、
ひどく真面目な顧問がいる美術部を選ばずにこの文芸部を選んだ。

もちろん『文』芸部なので小説や詩を書くことが中心の部活動ではあったのだが、
同人誌的なノリの感覚で、皆そこまでガチガチな人たちでは無かった。

なので僕は漫画を書かせてもらっていたし、それに挿絵を書く事の出来る僕はなんだかんだで重宝されていたのだった。

ウチの部活はいい意味で『緩い』部活であり、先輩も顧問もいい人ばかりだった。

クラスでイジりというより最早イジメに近いような扱いを受けていたドクオもここにいる時だけは馴染んでいて、生き生きとしていたのをよく覚えている。

(*'A`)「梶井基次郎の檸檬はこの時期に読みたくなりますよね」

時々テンションが上がりすぎて、少し浮いていた時も皆彼と上手くやっていた。

93 名無しさん :2016/08/01(月) 22:37:06 ID:iVkjKxH.0

よくよく考えれば彼こそが文芸部員の本来あるべき姿なのかもしれない。

純粋な意味で文学を愛し、読み解き、文章に落とし込んでいたドクオは、
どちらかと言えばライトノベルやSFを愛する部員たちとは少し変わった存在だったのだろう。

そんな彼と僕は数少ない男子文芸部員として、入部当初からよく話したりつるんだりしていた。

( ^ω^)「あーやっぱケツのラインが美学だお」

('A`)「いやいや、この文はそういった官能的な感覚に委ねているワケでは無く……」

変わり者ではあったが、彼は心底真面目であった。

非常に真面目すぎたがために、彼は変人に見える事が多くあった。

94 名無しさん :2016/08/01(月) 22:40:05 ID:iVkjKxH.0

例えば僕は生まれてこの方お腹が引っ込んだ事のない、ポッチャリ体型である。


ざっくり言えばデブだ。


それについて他者から嫌味半分、からかい半分の冗談に近い暴言をよく言われるのだ。


俗に言うイジリである。


そんな感じで僕はよく自分の身体について揶揄され、からかわれる事が常である。

この部活でも例外ではなく、先輩から飛び出たお腹について真っ先にいじられた。
そのいじりに対して僕の返答は、いつも苦笑混じりの半笑いだった。


(#'A`)「それは酷いんじゃないですか! 身体的特徴をバカにするなんて!」


しかし、脇で聞いていたドクオがその僕に投げられた言葉に対して酷く怒りを見せたのだ。

95 名無しさん :2016/08/01(月) 22:40:40 ID:iVkjKxH.0

このように普通笑って流すような揶揄する冗談でも、
彼にとっては自分に対する侮辱としか捉えることが出来ない、そういう人間なのである。

そして時折、彼のスイッチが入れられると異常なまでに怒り狂う彼の姿を見かけるのだった。

もちろん自分の事を悪く言われているのだから、怒ることは当然の権利だ。

しかし彼にとってこの世の中は生きにくいんじゃないか。そう思ってしまう。

でもそんな彼が羨ましく見える時も少しだけあった。

96 名無しさん :2016/08/01(月) 22:41:16 ID:iVkjKxH.0


( ^ω^)


万年ニヤケ顔である僕はいつだって周りにいい顔をして生きてきた。
棘を持たず、自分の顔みたいに真ん丸な心で接して生きてきた。

それで良かったのだ。
誰とも敵対せず、円満で傷つかない事が正解であると思っていたし、そうあることが僕にとっては最善な生き方だった。

だからこそ彼のように自分の怒りの感情、負の気持ちをしっかり表明できる姿にはある種の憧れのようなものも感じていたし、
反面教師としようという戒めも僕に与えてくれた。

彼の純粋さとストレートな表現は、多様な意味で心を貫くものがあった。
たまに見せる異常な暴力性はある種アクセントであったかもしれない。

彼は万人に好かれる人間では無かったはずだ。

少なくとも、私の学生時代の記憶では私以外に彼とよく接していたのはあと一人しか知らない。

97 名無しさん :2016/08/01(月) 22:41:57 ID:iVkjKxH.0


川 ゚ -゚)


今でも思い出せる。

織られた絹のように滑らかに光る漆黒の肩まで伸ばした髪と、切れ長の瞳と長いまつげ。

すっと通った鼻筋に、程よい厚みを持ち潤いを持った唇。

そして透き通るような、ある種病的なまでに白い肌。

私が見た中で、最も美しく、最も腐った人間だった。

98 名無しさん :2016/08/01(月) 22:42:37 ID:iVkjKxH.0

───
──


最初に彼女を見た時、失礼ながら私は何故こんな部活にいるんだろうと思ってしまった。

学生時代を過ごした経験がある方は何となく想像できると思うが、
見た目でおおよその学生生活の立ち位置というのは決まってくる。

所謂スクールカーストというやつだ。

間違いなく彼女は上の方に存在するべき人間であるはずである。

何故こんなカースト底辺(先輩方には申し訳ないが)の部活に入ってきたのか理解することが出来ず、
加えて彼女が積極的に話しているのがあのドクオであった事も更に理解に苦しむことの一つであった。

99 名無しさん :2016/08/01(月) 22:43:12 ID:iVkjKxH.0

川 ゚ -゚)「臓器や筋骨は身体的な成長と共に大きさを増し、その面積や機能を高めていく。もちろん例外的な障害もあるがね」

川 ゚ -゚)「だが精神面はどうだろうか」

川 ゚ -゚)「思春期や年齢を重ねるにつれて感情や思考も成長していく」

川 ゚ -゚)「しかし感受性や記憶といった部分に関して言えば成長というよりは体験が必要であると私は考える」

川 ゚ -゚)「……これは口では表しにくい。自分が自分である事、成し遂げることによって自己のアイデンティティを形成していくのだ」

川 ゚ -゚)「あまりに概念的、そして主観的な感想だ」

川 ゚ -゚)「だが、もしも全てを他者の存在に依存することで自らの人格を保っている人間がいるとしたら」

川 ゚ -゚)「それは人間では無く、最早中身の無い抜け殻ではないかと私は思うのだよ」

100 名無しさん :2016/08/01(月) 22:44:27 ID:iVkjKxH.0

たまに交わすこのようなえらく小難しい会話が聞こえてくる事がしばしばあった。

そのため僕は彼女のイメージが全くつかめず、更に頭は混沌の極みに堕ちていった。

('A`)「なるほど、君は面白い事を言うね」

('A`)「要するに他人の褌で気取る人間には内面は存在せず、満たされるはずの自己による成功体験などによる承認欲求が空洞のままである」

('A`)「すなわち俗に言う『中身の無い人間』とはこの事を指すべきであると、そういう事だね?」

川 ゚ -゚)「うむ、まぁ、おおよそ」

('A`)「仮にそう言う人間を、そうだな……『ウィッカーマン』と呼ぼう」

川 ゚ -゚)「『ウィッカーマン』?」

101 名無しさん :2016/08/01(月) 22:45:03 ID:iVkjKxH.0

('A`)「大きな編み細工で出来た像の事さ、古代ガリアで信仰されていたドルイド教の儀式で使われる」

('A`)「それ自体はスッカラカンで、正しくハリボテの大きな像なんだが……その空洞に何を入れると思う?」

川 ゚ -゚)「ふむ」

川 ゚ -゚)「古代宗教の儀式に用いられる祭具……」

川 ゚ -゚)「……家畜、あるいは……人間」

('A`)「ご名答」

('A`)「それ自体は編み人形である『ウィッカーマン』は中身を他人で満たす事によって祭具としての価値が生まれる」

('A`)「他者によって満たされて意味が発生すると言う意味では、クーが規定する中身が空洞の人間」

('A`)「それは間違いなく『ウィッカーマン』に近しい存在であると思うわけだ」

102 名無しさん :2016/08/01(月) 22:45:38 ID:iVkjKxH.0

川 ゚ -゚)「延々と中に詰め込む人間を探し続ける事になると?」

('A`)「その通りだよ」

('A`)「燃やすことなく、延々と生贄となる人間を詰め込んでいくんだ」

('A`)「ある意味焼き払うより残酷かもしれないね」

川 ゚ -゚)「……焼き払い、『ウィッカーマン』となる要素自体を解消しないと延々に続く事になると、君はそう言いたいわけだな?」

('A`)「あるいは」

103 名無しさん :2016/08/01(月) 22:46:21 ID:iVkjKxH.0

一体何故こんな所で、一体何故彼とこんな会話をしているんだろうか。

そのうち私の疑問は恐れや理解できない苦しみより、興味の対象へと変化していった。

とうとうある日、私はその膨らむ興味が抑えられなくなった。

ドクオから勧められたのであろう書籍を、パラパラと窓際でめくっていた彼女に思い切って問いかけてみた事があった。

その時のやり取りが未だに忘れる事が出来ない。


( ^ω^)「……何読んでるんだお?」


川 ゚ -゚)「ん……梶井基次郎の全集」

104 名無しさん :2016/08/01(月) 22:46:56 ID:iVkjKxH.0

そういってページをめくる手を止めない彼女であったが、中身を読んでいるという感じでは無く、
ただ暇を持て余している時の手遊びのようであった。

( ^ω^)「あぁ、梶井基次郎かお」

僕は恥ずかしながら読んだことが無いため、僕も適当な相槌で濁す。

川 ゚ -゚)「うん、ドクオに読んでみろって言われてな」

( ^ω^)「いいのはあったかお?」

川 ゚ -゚)「いや……全然」


僕は思わずズッコケそうになる。

読み終わったから適当に本で遊んでいたわけじゃないのか??

105 名無しさん :2016/08/01(月) 22:47:42 ID:iVkjKxH.0

川 ゚ -゚)「私にとって現代文学は難し過ぎてね」

川 ゚ -゚)「大衆小説くらい砕けた文章なら読む気も起きるんだが、如何せん文学になると途端に言い回しが煩雑になるだろう?」

川 ゚ -゚)「だから私は読まないんだ」

(;^ω^)「……じゃあ何でその本を借りたんだお?」

川 ゚ -゚)「彼が勧めて来たから、それだけだ」


彼女は捲るために開いていた本をパタンと鳴らして閉じた。

僕は理解できなかった。では何故?

何故あんな偏屈な奴とあんな偏屈な会話をしているのだ?

106 名無しさん :2016/08/01(月) 22:48:17 ID:iVkjKxH.0

( ^ω^)「でも感想とか聞かれたりしないのかお? 普通貸したら……」

川 ゚ -゚)「適当な感想を述べると彼が適当な持論を述べてくれるからな」

川 ゚ -゚)「私はそれに相槌を打つだけで終わりさ」

( ^ω^)「……随分酷い話だお」

川 ゚ -゚)「何故?」

( ^ω^)「彼は、君が少なくとも自分の話を聞いてくれる同好の士だと思って書籍を貸しているわけだお?
      それなのに読むわけでもなく、ただ持っているだけなんて……」

川 ゚ ー゚)「おいおい、勘弁してくれよ。押し付けられているのはこっちなんだぞ」

川 ゚ -゚)「それなのに私が加害者みたいな言われようなのは心外だな」

107 名無しさん :2016/08/01(月) 22:48:57 ID:iVkjKxH.0

( ^ω^)「じゃあ何故ドクオと会話なんてするんだお?」

( ^ω^)「趣味が合うわけでもない、会話も少なくとも一方通行、良い印象は与えないであろう外見」

( ^ω^)「しかもあんな複雑で抽象的な会話」

( ^ω^)「正直言って君が何故ドクオと絡んでいるのか理解に苦しむお」


彼女はふぅと一息はいてこちらを見つめてくる。

こぼした息の中には、呆れと嘲笑が込められているように思えた。


川 ゚ ー゚)「君はドクオの恋人か何かかい?」

( ^ω^)「茶化さないでほしいお」

108 名無しさん :2016/08/01(月) 22:49:33 ID:iVkjKxH.0

川 ゚ -゚)「……例えば」

( ^ω^)「?」

川 ゚ -゚)「川の中に鉄の斧を投げ込んだら、何も聞かれず金の斧になって返ってくる湖があったら君はどうする?」

( ^ω^)「何を言ってるんだお?」

川 ゚ -゚)「茶化さないで答えて欲しいな」

( ^ω^)「……そりゃありったけの鉄の斧を投げ込んで金の斧に変えるお」

川 ゚ -゚)「ありったけ?」

( ^ω^)「ありったけだお」

109 名無しさん :2016/08/01(月) 22:50:07 ID:iVkjKxH.0

僕の答えを聞いたクーはまた大きく息を吐いた。

今度は明らかに僕を馬鹿にして呆れた感じのため息だった。

川 ゚ -゚)「君は愚かだな」

( ^ω^)「は?」

川 ゚ -゚)「全てを金に変えてしまったら仕事が出来ないだろう」

( ^ω^)「でも変えたものを金に変えれば仕事をする必要なんて……」

川 ゚ -゚)「いつ尽きるか分からない、そして本物かも分からないうちに全てを捧げるなんてアホのすることだ」

( ^ω^)「……後出しジャンケンは卑怯だお?」

川 ゚ -゚)「後出しでも何でも無いよ、一般的な考えさ」

110 名無しさん :2016/08/01(月) 22:50:44 ID:iVkjKxH.0

川 ゚ -゚)「『もしかしたら池の中で鉄の斧を回収して偽物を配り利益を得ているのかもしれない』
     『鉄の斧が一つも無くなった途端に金の斧を出さなくなるかもしれない』」

川 ゚ -゚)「そんなリスクを考えて保険を残しておくのは基本だろう」

( ^ω^)「詭弁が過ぎるお、だって」

川 ゚ -゚)「少なくとも私はそういう考えのもとで動いている」

僕の言葉を遮って、彼女は話を続ける。

川 ゚ -゚)「与えてくれる相手はいつまで与えてくれるか分からない、ならば慎重な立ち回りをしなくてはいけない」

川 ゚ -゚)「私が求めるものの代わりに何か些細なことを要求されるなら、少し余力を残してそれをこなすことだ」

( ^ω^)「それがドクオと話す理由なのかお?」

111 名無しさん :2016/08/01(月) 22:51:25 ID:iVkjKxH.0

川 ゚ -゚)「彼は私に対して全てを捧げてくれる」
  _,
( ^ω^)「……はぁ?」

川 ゚ -゚)「もし今、私が君に3万円ほどくれと言ったら迷わず渡してくれるかい?」

(;^ω^)「馬鹿言うなお、そんな金も貸す意味も無いお」

( ^ω^)「……まさかドクオから金をムシっているのかお」

川 ゚ -゚)「まさか」

川 ゚ -゚)「そんなものよりもっと尊いものさ」

( ^ω^)「そんな高尚なものを彼が持っているとは思えないお」

112 名無しさん :2016/08/01(月) 22:52:08 ID:iVkjKxH.0

川 ゚ -゚)「人の感情は金で買えると思うかい?」

( ^ω^)「表層的な意味であれば」

川 ゚ -゚)「そう、心は物的なモノで得ることは出来ない」

川 ゚ -゚)「それを深層まで得るために与えるものは同じか、それと同等で無ければならないんだよ」

川 ゚ -゚)「彼は交流を深めるうちに中々たどり着くことの出来ない奥底まで私に晒してくれた」

川 ゚ -゚)「その深い場所で彼はやりとりをしている『気分』になっているのさ、私は大したものを彼に与えてなんかいないのに」

( ^ω^)「……もういいお、君の話を聞いていると頭が痛くなる」

川 ゚ -゚)「……それでいい、別に理解してもらおうなんて思っちゃいない」

113 名無しさん :2016/08/01(月) 22:52:53 ID:iVkjKxH.0

川 ゚ -゚)「私が欲しい相手は『理想』なんだよ、ただの『理想』」

そういって彼女はまた手元の本をペラペラと捲る作業へ戻っていった。
僕が彼女について思い出せる記憶はこれくらいだ。

実際にはもっと有象無象の会話をいくらかしていたのだろうとは思う。
だがあまりに……あまりにこの会話の印象が強すぎて他の記憶が霞んでいる。

この歳になり改めてあの会話を思い出すと、一層彼女の異常さを感じてしまう。

小難しい言い回しで僕の問いに対する答えをボカしていたが、
要するに彼女が求めているのは『精神的な奴隷』なのだ。

それが常に存在する状態、それこそが彼女の『理想』である。

114 名無しさん :2016/08/01(月) 22:53:31 ID:iVkjKxH.0

常に依存する先を見つけ、その寄生先の良心と奉仕という養分を吸いつくす。

そしてその宿主が死なない程度に好意と言う名の栄養を与える事で、相手が自らを突き放すまで執着し続ける存在。

あるいは突き放してもまた好機をうかがっては近寄るのかもしれないが……

いや。

最早彼女自身を必要とする、
されるために中毒症状に近い何かが彼女にあるのかもしれない。

それが彼女、『素直 空』なのだ。

115 名無しさん :2016/08/01(月) 22:54:15 ID:iVkjKxH.0


ただ僕は思う。


その寄生先が洗脳から目覚めた時、彼女はどうなってしまうのか。

今までが上手くいっていたからと言って、
今後が保障されるなんて訳がないのは社会の誰もが知っている。

常に従わせ、与え続けさせたにも関わらず、自身に何も残らないという事に宿主が気がついてしまった時。


それは寄生虫が死ぬ時だ。


.

116 名無しさん :2016/08/01(月) 22:54:53 ID:iVkjKxH.0

───
──


遠い記憶の回想をしているうちに繁華街の雑多で少々下品な明かりの中を抜け出し、
僕は住宅街近くの路地までたどり着いていた。

ここいらへんになると最早明かりは短い距離で立っている街灯の明かりくらいで、この明かりの距離も住宅街の奥になるほど離れていく。

ここまで来たらもう少しだ。

僕は疲弊し始めた脚の太ももあたりを軽く叩き、歩くスピードを早めた。

この真っ直ぐな路地を歩いていくと、そのうち右手側にコンビニが見えてくるはずだ。

そこまでたどり着いたら何か飲み物でも買おう。

117 名無しさん :2016/08/01(月) 22:55:28 ID:iVkjKxH.0

そう思って自分に気合いを入れ直していると、向こうからこちらに走ってくる人影が見えた。

『珍しいな』というのが最初の感想だった。

住宅街の割に人通りが少ないこの路地で、しかも日付もそろそろ変わりそうなこの時間に人と出会う事は案外珍しい事だった。


しかし、何やら様子がおかしい。


息づかいが少し離れた位置にいるこちらに聴こえてくるほど荒く、
髪を乱しバタバタと走っている事すら分かるほどだ。

何か片手に大きな荷物を持っているにも関わらずである。

118 名無しさん :2016/08/01(月) 22:57:12 ID:iVkjKxH.0

その姿は女性のシルエットであり、こちらへ近づいていくにつれてはっきりと見えてくる顔立ちも女性のそれであった。

しかし異様だったのはその顔が憔悴し、何かに酷く怯えた表情をしていたことだ。

そして僕のすぐ近くまで走ってくると、脚がもつれたように彼女は転んだ。
慌てて僕は駆け寄る。

('、`;川「ハァッ、ハァッ」

(;^ω^)「だ、大丈夫ですかお!?」

僕は未だ混乱している様子の彼女に呼びかけた。

('、`;川「……け、け、……ゲホッゲホッ」

(;^ω^)「何かあったんですかお?」

('、`;川「警察! 呼んで! 下さい!」

('、`;川「あの女の人……死んじゃう……!!」

静かな住宅街に彼女の絞り出した声が響く。

それと同時に大きくむせた彼女の背中をさすりながら、僕はスマートフォンを取り出した。

119 名無しさん :2016/08/01(月) 22:58:16 ID:iVkjKxH.0
今日はここまでです。

ありがとうございました。

120 名無しさん :2016/08/02(火) 05:12:45 ID:DHGlIPYM0


121 名無しさん :2016/08/02(火) 18:00:10 ID:lnZHtrsQ0
取り敢えずクーにはざまぁと

122 名無しさん :2016/08/02(火) 18:55:34 ID:U0u.4XlA0
乙乙ー
多角的にすすんでいくのが良いね
続きが待ち遠しい

123 名無しさん :2017/02/11(土) 07:25:58 ID:EmFPEmjU0
まだかなー

124 名無しさん :2017/03/16(木) 20:43:09 ID:7RCw6vu60
待ってるぞー

125 名無しさん :2018/10/30(火) 03:12:10 ID:ioDNF2ho0
待ってる


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower」(メーカー特典:「ジャケットイラスト使用A3クリアポスター」付)(オリジナル特典:「アニメ描き下ろしB2布ポスター」付)(完全生産限定版) [Blu-ray] - アニプレックス


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板