したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

野球ファンがプロ野球を語るスレin新狼 2球目

1 名無し募集中。。。 :2017/10/20(金) 02:15:46
野球ファンがプロ野球を語るスレin新狼 1球目
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20619/1401282425/

2 名無し募集中。。。 :2017/10/20(金) 02:17:47
【MLBプレーオフ】PS防御率0.90、“鉄壁”田中将大が好調の理由を自己分析 一番の要因は…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00088444-fullcount-base
【MLBプレーオフ】田中将大、剛腕クレメンスらに肩並べる快投劇 ヤ軍史上3人目の偉業達成
今ポストシーズンの防御率は0.90、2度の7回無失点はヤンキース史上3人目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00088496-fullcount-base
【MLB】田中将大、“咆哮のエース”が見せた熱投に米感嘆「ずっと待ち望んでいたピッチング」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171019-00010009-theanswer-base
【MLBプレーオフ】田中将大の勝負強さに地元メディア脱帽「アストロズ制圧」「タナカのおかげ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00010020-fullcount-base
【MLBプレーオフ】田中将大の快投劇に同僚も脱帽 4番グレゴリアス「偉大なタナカタイム」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00088457-fullcount-base
http://p.pd.kzho.net/1508366913843.gif
http://p.pd.kzho.net/1508367028046.gif
http://p.pd.kzho.net/1508367173509.gif

3 名無し募集中。。。 :2017/10/20(金) 09:53:48
山本昌が甲子園のエース10人を評価。思わず「ほしい」と言ったのは?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170926-00010003-sportiva-base
山崎武司のドラフト注目打者10人。思わず「育てたい」と言ったのは?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00010002-sportiva-base

4 名無し募集中。。。 :2017/10/20(金) 11:27:06
【ドラフト会議物語51】斎藤佑樹は日本ハムへ。強打の山田哲人、柳田悠岐、秋山翔吾らがプロ入り【10年】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00000006-baseballo-base
2010年10月28日
第46回ドラフト会議
(グランドプリンスホテル新高輪)

[1位選手]
横浜     須田幸太 (JFE東日本)
楽天     塩見貴洋 (八戸大)
広島     福井優也 (早大)
オリックス  後藤駿太 (前橋商高)
ヤクルト   山田哲人 (履正社高)
日本ハム   斎藤佑樹 (早大)
巨人     澤村拓一 (中大)
ロッテ    伊志嶺翔大(東海大)
阪神     榎田大樹 (東京ガス)
西武     大石達也 (早大)
中日     大野雄大 (佛教大)
ソフトバンク 山下斐紹 (ソフトバンク)

5 名無し募集中。。。 :2017/10/20(金) 16:16:43
開幕戦(3回:7失点●)「田中、ヤンキースを破滅させる」
二戦目(6回:3失点-)「こんなの田中じゃない」
三戦目(7回:3失点○)「田中、小さなボートのような内容」
四戦目(7回:1失点○)「田中、お目覚め」
五戦目(9回:0失点○)「最強右腕の復活、エースの帰還」
六戦目(7回:4失点○)「THE GAME(支配者)」
七戦目(7回:4失点○)「日本車のような田中、今日も安定」
八戦目(2回:8失点●)「田中、ジーターのセレモニーをぶち壊す」
九戦目(3回:6失点●)「井川が登板した」
十戦目(8回:1失点●)「田中、発見される」
十一戦目(6回:7失点●)「バッティングピッチャーが先発」
十二戦目(5回:5失点●)「臆病な投球で試合をぶち壊す」
十三戦目(7回:3失点-)「頼むからこのまま素晴らしい田中でいてくれ」
十四戦目(4回:5失点●)「田中よ、我々の心を弄ぶのがそんなに楽しいのか?」
十五戦目(8回:0失点-)「エース帰還!もうどこにも行くな」
十六戦目(6回:2失点○)「田中、ゲームを支配」
十七戦目(7回:1失点○)「宝石のようなマサヒロが帰ってきた」
十八戦目(5回:5失点●)「マサヒロ・タナカが一人でヤンキースを破壊する」
一九戦目(8回:3失点●)「最も価値のない選手」
二十戦目(6回:4失点-)「先発すると試合のどこかに亀裂が入ってしまう」
二十一戦目(8回:1失点○)「惑星最高の投手」
二十二戦目(6回:2失点●)「ヤンキースは田中の好投を無駄にした」
二十三戦目(5回:3失点-)「ヤンキースの攻撃陣が田中を救済」
二十四戦目(7回:3失点○)「田中はすっかり回復して昔のようだった」
二十五戦目(7回:1失点○)「田中は希望を持たせる理由を示した」
二十六戦目(7回:1失点○)「やっぱりエースはセベリーノじゃなく田中!!」
二十七戦目(4回:7失点●)「恐怖のタナカ出現」
二十八戦目(7回:2失点○)「エース復活宣言」(ただし28先発32HR被弾)
二十九戦目(6回:8失点●)「謎の存在」 https://i.imgur.com/aW9x8Ou.jpg
三十戦目(7回:0失点○)「光り輝く」
三十一戦目(7回:0失点○)「救世主タナカ、ジラルディのキャリアを繋ぎ止める」
三十二戦目(6回:2失点●)「仕事はした、ただ働きだが」
三十三戦目(7回:0失点○)「ヤンキース新たなレジェンド『TANAKA』」 https://i.imgur.com/Qejz9HS.jpg https://i.imgur.com/RTpt95T.jpg https://i.imgur.com/19MaRjz.jpg

6 名無し募集中。。。 :2017/10/21(土) 21:15:57
ソフトB内川が4戦連発で日本Sに王手 工藤監督も感嘆「神がかっている」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00088930-fullcount-base

【MLB】田中将大、計1758発の伝説の男達が「えげつない」と脱帽した“もう一つの武器”とは
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171021-00010008-theanswer-base

7 名無し募集中。。。 :2017/10/23(月) 01:51:35
マー君「無駄にしないで今後につなげる」/一問一答
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00034254-nksports-base
【MLB】試行錯誤で成長、田中将大の2017年「今季始まる前の自分とは明らかに違う」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00089167-fullcount-base

8 名無し募集中。。。 :2017/10/24(火) 02:10:06
ポストSで株を上げたマー君はヤンキースに残るのか?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000003-wordleafs-base
9月は、好投したかと思えば、次の試合でKOされたヤンキースの田中将大。
レギュラーシーズン最後の登板 ── 9月29日のブルージェイズ戦では、
7回を3安打、無失点に抑え、15三振を奪ったが、プレーオフでは4試合目まで先発機会がなかった。
それはその時点での信頼度を如実に物語っていた。

しかし、プレーオフ3試合では、20イニングを投げ、10安打、2失点、18三振、3四球、防御率0.90。
シーズン序盤の課題だった被本塁打はゼロだった。
おそらく、ヤンキースがワールドシリーズに出場していれば、ローテーションを考えても、
初戦のマウンドを託されていたのではないか ── その時こそ、首脳陣の絶対的な信頼を背に。
では、安定の背景にはなにがあったのか。
プレーオフを含めた直近4試合と、9月に打ち込まれた2試合を比較すると、
回転数、横の動き、縦の動きなど、球質そのものにさほど変化はない(表1)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000003-wordleafs-base.view-001

しかし、制球力には違い見られた。例えば、左打者に対する攻め。
9月22日、スプリットは外角低めに制球されているが(表2)、スライダーが高い(表3)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000003-wordleafs-base.view-002
しかも、バックドアのスライダーがストライクゾーンに入ってこないので、見逃される。
仮に外角のスライダーがもう少し低ければ、スプリットなのかスライダーなのか見分けがつかず、
相手打者は戸惑うはずだが、その相乗効果も期待薄だ。

一方、最後の4試合を見ると、こういう結果になった。
表4、5を見ると、スプリット、スライダーとも正確に外角低めにコントロールされていることが分かる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000003-wordleafs-base.view-003
となると相手は、球種の見分けがつかないのではないか。
田中ということを考えれば、相手は基本的にスプットをイメージする。
しかし、同じようなコースから手前に曲がってくる。相手がスライダーを意識し始めれば、スプリットがさらに生きる。
左打者に対してはとにかくこの外角低めの攻めが有効で、
この4試合で左打者にスライダー、もしくはスプリットをヒットにされたのは、わずか2本だった。

ところでこのポストシーズンの好投により、図らずも様々な憶測を招くこととなった。

9 名無し募集中。。。 :2017/10/24(火) 12:18:07
清宮だけじゃない!ドラフト直前、名スカウトが選ぶプロで通用する10人
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000004-wordleafs-base.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000004-wordleafs-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000004-wordleafs-base&p=2

山本昌が甲子園のエース10人を評価。思わず「ほしい」と言ったのは?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170926-00010003-sportiva-base
山崎武司のドラフト注目打者10人。思わず「育てたい」と言ったのは?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00010002-sportiva-base

東大150キロ左腕・宮台康平を指名するプロ球団の「皮算用」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00000008-pseven-spo

10 名無し募集中。。。 :2017/10/24(火) 19:41:08
Wシリーズ前日のダルビッシュと前田
それぞれの思いと共通の目標
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201710240004-spnavi
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201710240004-spnavi?p=2

元中日パウエル、コーチで初の世界一決戦へ 大リーグ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00000076-asahi-spo

11 名無し募集中。。。 :2017/10/25(水) 04:45:59
【ドラフト2017】日本ハム 清宮ではなく、履正社安田がチームスタイルに合致する理由
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171024-00000034-sasahi-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171024-00000034-sasahi-base&p=2
安田尚憲こそこのドラフトの盲点だ。清宮よりも基本に忠実なことが宝。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171024-00829139-number-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171024-00829139-number-base&p=2

「高校生豊作」の年こそ狙い目? 157キロ剛腕ら…各球団が唸る「即戦力」社会人は?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171024-00010007-theanswer-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171024-00010007-theanswer-base&p=2
スカウトが「書かれちゃ困る」と秘匿するドラフトの隠し玉が5人いた
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171024-00010009-sportiva-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171024-00010009-sportiva-base&p=2

12 名無し募集中。。。 :2017/10/26(木) 12:03:43
♪〜(´ε` )
https://youtu.be/qBHq5Wkomic

13 名無し募集中。。。 :2017/10/26(木) 19:29:21
巡|⇔|千葉口鴎|東京飛燕|北海道熊|中日昇竜|大阪猛牛|読売巨人|東北金鷲|横浜湾星|埼玉西武|阪神猛虎|福岡若鷹|広島東洋||
―|―|――――|――――|――――|――――|――――|――――|――――|――――|――――|――――|――――|――――||
①|籤|清宮幸太|清宮幸太|清宮幸太|中村奨成|田嶋大樹|清宮幸太|清宮幸太|東克樹×|田嶋大樹|清宮幸太|清宮幸太|中村奨成||
外|籤|安田尚憲|村上宗隆|⑦===|鈴木博志|②===|村上宗隆|村上宗隆|====|齊藤大将|安田尚憲|安田尚憲|②===||
外|籤|③===|③===|××××|====|××××|鍬原拓也|近藤弘樹|××××|====|馬場皐輔|馬場皐輔|××××||
外|籤|××××|××××|××××|××××|××××|====|====|××××|××××|②===|吉住晴斗|××××||
―|―|――――|――――|――――|――――|――――|――――|――――|――――|――――|――――|――――|――――||
①|確|安田尚憲|村上宗隆|清宮幸太|鈴木博志|田嶋大樹|鍬原拓也|近藤弘樹|東克樹×|齊藤大将|馬場皐輔|吉住晴斗|中村奨成||
②|→|藤岡裕大|大下佑馬|西村天裕|石川翔×|鈴木康平|岸田行倫|岩見雅紀|神里和毅|西川愛也|高橋遥人|高橋礼×|山口翔×||
③|←|山本大貴|蔵本治孝|田中瑛斗|高松渡×|福田周平|大城卓三|山﨑剛×|阪口皓亮|伊藤翔×|熊谷敬宥|増田珠×|ケムナ誠.||
④|→|菅野剛士|塩見泰隆|難波侑平|清水達也|本田仁海|北村拓己|渡邉佑樹|齋藤俊介|平良海馬|島田海吏|椎野新×|永井敦士||
⑤|←|渡邉啓太|金久保優|北浦竜次|伊藤康祐|西村凌×|田中俊太|田中燿飛|櫻井周斗|與座海人|谷川昌希|田浦文丸|遠藤淳志||
⑥|→|永野将司|宮本丈×|鈴木遼太|山本拓実|西浦颯大|若林晃弘|西巻賢二|寺田光輝|綱島龍生|牧丈一郎|====|平岡敬人||
⑦|←|====|松本直樹|宮台康平|====|廣澤伸哉|村上海斗|寺岡寛治|宮本秀明|====|====|××××|====||
⑧|→|××××|××××|××××|××××|××××|××××|××××|××××|××××|××××|××××|××××||
⑨|←|××××|××××|××××|××××|××××|××××|××××|××××|××××|××××|××××|××××||

14 名無し募集中。。。 :2017/10/26(木) 20:28:38
甘利
https://i.imgur.com/M2AJJ2o.jpg

15 名無し募集中。。。 :2017/10/27(金) 14:35:47
前田健太vs清宮幸太郎「すでに実現していたありえない対決。結末は!?」
https://www.youtube.com/watch?v=YjKAs0ux1s4

16 名無し募集中。。。 :2017/10/27(金) 23:59:39
https://i.imgur.com/skrTzun.jpg

1位 ソフトバンク 42億800万円



12位 DeNA    15億8622万円

17 名無し募集中。。。 :2017/10/28(土) 10:43:22
ダルあかんやん

18 名無し募集中。。。 :2017/10/30(月) 11:24:19
ポストシーズンスターター防御率(3GS以上)

0.90 Masahiro Tanaka
2.05 Justin Verlander
2.37 CC Sabathia
2.77 Rich Hill
3.58 Dallas Keuchel
3.81 Clayton Kershaw
3.94 Kyle Hendricks
4.15 Yu Darvish
4.66 Charlie Morton
5.40 Jose Quintana
5.63 Luis Severino

19 名無し募集中。。。 :2017/10/30(月) 13:14:01
https://mobile.twitter.com/pingure_salu/status/924621218971402240/video/1
http://www.chitaro.com/up/chitaro2930.gif
https://i.imgur.com/idsSFd4.gif

20 名無し募集中。。。 :2017/11/02(木) 12:04:12
田中将大が独占激白〈前編〉アップダウンで苦しんだメジャー4年目の不調・復活・去就
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00000012-tospoweb-base

田中将大が独占激白〈後編〉メジャー5年目 来季の目標は?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000003-tospoweb-base

21 名無し募集中。。。 :2017/11/02(木) 14:59:21
ポストシーズンスターター防御率(3GS以上)

0.90 Masahiro Tanaka
2.05 Justin Verlander
2.37 CC Sabathia
2.77 Rich Hill
3.58 Dallas Keuchel
3.94 Kyle Hendricks
4.02 Clayton Kershaw
4.66 Charlie Morton
5.40 Jose Quintana
5.63 Luis Severino
21.60 Yu Darvish

22 名無し募集中。。。 :2017/11/02(木) 19:36:17
落合氏、日本シリーズ消えた完全試合の真実を激白
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000069-dal-base
落合氏によると
「四回くらいからマメがつぶれていた。みんな見て見ぬふりをしていたが、
今の監督の森コーチが聞くとベンチに座って“代わります”といっちゃった。
本人が言ったから迷いもなんにもない」と真相を激白。
九回から岩瀬をマウンドに送った。
「まわりから一生に一度のこと。これから出ないだろうとか言われたけど、
中を知らないからこういうことを言う」と10年前の真実を明かした。

23 名無し募集中。。。 :2017/11/06(月) 17:33:19
大谷翔平 vs チャップマン 【スローでストレート比較!】
https://www.youtube.com/watch?v=RqXuXlDXlXY

24 名無し募集中。。。 :2017/11/07(火) 14:43:13
MLB 上原浩治の謎に迫る
https://youtu.be/1Uq8UEDHxF4?t=80
ストレートの空振率
上原    15.27%
チャップマン 12.55%

25 名無し募集中。。。 :2017/11/07(火) 14:43:43
"プロ野球は死なず"
ストレートという魔球
https://youtu.be/IM9-W5ckA5Y

26 名無し募集中。。。 :2017/11/07(火) 14:46:12
「大谷翔平と比べて、足を上げてから着地までが異常に早い!」
https://youtu.be/Pii2uq9-wfE?t=533

27 名無し募集中。。。 :2017/11/08(水) 03:36:23
大谷、代理人はCAAに決定 米敏腕記者が伝える
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000041-dal-spo
米代理人バレロ氏、大谷翔平&菊池雄星の“W獲り”に成功、米メディア伝える
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00091901-fullcount-base
大谷、代理人はCAAスポーツ C・ロナウドも所属
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000048-dal-spo
日本ハム・大谷 代理人はネズ・バレロ氏「自分が決めたこと」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000018-tospoweb-base.view-000
譲渡金上限は22億円/ポスティングの現状
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00047152-nksports-base
◆新ポスティングシステムの現状 日本野球機構(NPB)と米大リーグ機構(MLB)で5月から協議中。
同システムの申請期間は11月1日からだが、改定交渉は同日までに合意に至らず、申請開始は新制度締結後に持ち越されている。
従来の制度では大リーグ球団が日本球団に支払う譲渡金の上限額は2000万ドル(約22億円)に定められていたが、
新制度では、MLB側から「契約金と総年俸、出来高払いを含めた総額の15%」など契約総額によって譲渡金が変動する案が提示されている。
25歳以下の大谷が大リーグ球団と交わすの契約は、昨年12月に締結された大リーグの新労使協定により、
年俸総額が低く抑えられるため、今オフのポスティングシステムでは特例措置も検討されている。
新制度が合意に至っても、適用は来シーズン以降になり、今オフは上限額2000万ドルが採用される可能性もある。

イチロー、松坂、ダル、マー君ら/ポスティング一覧
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00047161-nksports-base
99 ケサダ(広島)→レッズ 40万1ドル
99 ペレス(広島) 入札なし
00 イチロー(オリックス)→マリナーズ 1312万5000ドル
01 石井一久(ヤクルト)→ドジャース 1126万4055ドル
02 大塚晶文(近鉄) 入札なし
03 ラミーレス(広島)→ヤンキース 30万50ドル
03 大塚晶則(中日)→パドレス 30万ドル
05 中村紀洋(オリックス)→ドジャース 非公表
05 入来祐作(日本ハム) 入札なし
05 森慎二(西武)→デビルレイズ 100万ドル
06 松坂大輔(西武)→レッドソックス 5111万1111ドル
06 岩村明憲(ヤクルト)→デビルレイズ 455万ドル
06 井川慶(阪神)→ヤンキース 2600万194ドル
08 三井浩二(西武) 入札なし
09 三井浩二(西武) 入札なし
10 岩隈久志(楽天)→アスレチックス 1910万ドル(破談し残留)
10 西岡剛(ロッテ)→ツインズ 532万9000ドル
11 青木宣親(ヤクルト)→ブルワーズ 250万ドル
11 ダルビッシュ有(日本ハム)→レンジャーズ 5170万3411ドル
11 中島裕之(西武)→ヤンキース 250万ドル(破談し残留)
11 真田裕貴(DeNA) 入札なし

◆以下は新制度(13年オフ〜日本球団が譲渡金を設定し応札するMLB球団が交渉できる)

13 田中将大(楽天)→ヤンキース 2000万ドル
15 バーネット(ヤクルト)→非公表(不成立)、その後自由契約でレンジャーズ
15 前田健太(広島)→ドジャース 2000万ドル

28 名無し募集中。。。 :2017/11/08(水) 07:37:12
大谷翔平の165km/h と歴代速球投手の比較
https://www.youtube.com/watch?v=0Kk2tZUw6Ac

スピードガンが登場する以前の投手の球速を映像から解析
https://youtu.be/kHaBber3DKc?t=105
金田正一 154.3km
江夏豊   158.8km
尾崎行雄 159.2km
沢村栄治 …若干17歳でベーブ・ルースやルー・ゲーリックを擁するアメリカ代表から9奪三振1失点の快投

29 名無し募集中。。。 :2017/11/09(木) 14:41:46
【侍ジャパン】アジアCSの直前合宿がスタート 稲葉監督「勝利主義」を強調
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000096-sph-base

「NPBのレベルは本当に高かった」“G最強助っ人”回想、MLBに通用した5選手
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00092110-fullcount-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00092110-fullcount-base&p=2

大谷「メジャーに行くため代理人を決めた」「日本ハムには感謝しかない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000010-tospoweb-base
大谷の代理人決定 バレロ氏“独り勝ち”の裏
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000011-tospoweb-base
大谷の“二刀流”成功も後押し 代理人バレロ氏の交渉力と指導力
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000017-nkgendai-base
大谷翔平はMLBへ? “リアル二刀流”の動向に世界が注目「ナ・リーグには面白い選手」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171109-00010004-theanswer-base

30 名無し募集中。。。 :2017/11/11(土) 01:06:59
大リーグ選手会 大谷の「不利益」認識を確認
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00049258-nksports-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00049258-nksports-base.view-000
カブス ヘイワード放出で大谷獲り準備か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00049259-nksports-base
大谷獲りヤンキース有利 入札制現行維持で大筋合意
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00049135-nksports-base
【MLB】ダルビッシュ引き留めや大谷獲得は? MLB公式サイトがドジャースの補強ポイントを分析
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000212-ism-base
【MLB】二刀流獲得を熱望―球団社長が語る、ハム大谷がDバックスに移籍すべき理由
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00092406-fullcount-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00092406-fullcount-base&p=2
大谷契約金、最高でもレンジャーズの4億円 各球団の“大谷資金”掲載
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000009-sanspo-base
契約金総額の上限は575万ドル(約6億5000万円)

レンジャーズ 353万ドル(約3億9945万円)
ヤンキース  325万ドル(約3億6725万円)
ツインズ    324万5000ドル(約3億6670万円)

この3球団が使える金額はこれだけ


決め手は?大谷、メジャー挑戦“代理人選定暗闘”全容 “先輩”菊池まで巻き込み…所属ホリプロではなく吉本が仲介
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000017-ykf-spo
サイアク

31 名無し募集中。。。 :2017/11/11(土) 01:25:29
大谷翔平の新エージェントが選手会と接触しようとするワケ
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20171109-00077933/
大谷翔平選手と契約を結んだことが明らかになったばかりのCAAスポーツのネズ・バレロ氏が早くも動き始めようとしている。
MLB公式サイトが現地8日に報じたところでは、近日中に選手会とミーティングを行う予定だという。

同サイトでも解説しているのだが、まだ大谷選手がMLBと契約していない段階で
バレロ氏が選手会と話し合いを行う理由は、未だ合意に達していない新ポスティング制度について相談するためだ。
現在同制度について交渉に当たっているのはMLBとNPBであり、
選手会は部外者と思われるかもしれないが、実は最終的に新制度が有効になるには選手会の承認が必要になってくるのだ。

すでに米メディアから新制度の交渉状況について報じられているように、
10月31日に旧制度が失効していながら新制度が合意できていないのは、選手会の影響だと言われている。
MLBとNPBの間では新制度が大筋合意しているのだが、
大谷選手に関しては新制度はなく旧制度を適用させるという特例措置を設けることに関して、
新労使協定では大谷選手よりNPB球団(日本ハム)の方が巨額の金額を手にできてしまうことに選手会が不服を申し立てているためだ。

今回予定されているミーティングでは、バレロ氏から選手会に大谷選手の意向をしっかり伝えることが目的になるはずだ。
その内容まで把握しているわけではないが、「大谷選手は早くMLBに挑戦したいと考えている。
どんなかたちでもいいから早期に新ポスティング制度が成立してほしい」的なものになると思われる。
そうなれば選手会はあくまで選手の希望を優先するしかないので、選手会はこれまでの主張を取り下げることになるだろう。
またミーティングの内容は選手会を通じて新制度の交渉を担当しているMLB関係者に伝達される予定らしいので、
大谷選手の意向とそれに伴う選手会の見解も彼らに届けられることになる。そうなれば新制度はすぐにでも合意できる環境が整うわけだ。

元々選手会も大谷選手の意向を確認したいこともあり、早い時期に彼が米国人エージェントと契約することを期待していたようだ。
まさにバレロ氏の登場で、懸案事項が一気に解決することになりそうだ。大谷選手の夢が着実に現実に近づこうとしている。

ところで大谷選手に関してAP通信も興味深い記事を配信している。
このオフに大谷選手がMLB挑戦を表明した場合に、新労使協定下で各チームが支払える契約金額を紹介している。

以下、高額順に列記する。

1.レンジャーズ : 353万5000ドル(約4億円)
2.ヤンキース : 325万ドル(約3億7000万円)
3.ツインズ : 324万5000ドル(約3億7000万円)
4.パイレーツ : 226万6750ドル(約2億6000万円)
5.マーリンズ : 174万ドル(約2億円)
6.マリナーズ : 157万500ドル(約1億8000万円)
7.フィリーズ : 90万ドル(約1億円)
8.ブルワーズ : 76万5000ドル(約8700万円)
9.ダイヤモンドバックス : 73万1250ドル(約8300万円)
10.オリオールズ : 66万ドル(約7500万円)
11.レッドソックス : 46万2000ドル(約5200万円)
12.レイズ : 44万500ドル(約5000万円)
*上記以外のチームはすでにプール金を使い切っており、30万ドル(約3400万円)しか支払えない。

32 名無し募集中。。。 :2017/11/11(土) 10:53:23
大谷翔平メジャー移籍に残された最後の“障害”とは…米敏腕記者が鋭く指摘
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00092459-fullcount-base
かねてよりメジャーへの憧れを口にしていた大谷だが、今オフに入り、米国代理人としてCAAのネズ・バレロ氏を選定。
さらに、日本ハムもポスティング承認の決定を下し、メジャー移籍に向けた準備が徐々に整いつつある。
現在失効中のポスティングシステムの問題も、現行の制度を1年継続することで大筋合意したと、一部米メディアが報じており、
“メジャーリーガー大谷”の誕生が近づいたかに思えるが、ここで思わぬ障害が現れた。
ローゼンタール氏は現地10日朝(日本時間同日夜)に出演した「ホットストーブ」で、「MLB選手会が最後の障害となるだろう」と話した。
ローゼンタール氏によれば、MLBとNPBが現行のポスティングシステムの延長に合意したとしても、
MLB選手会の承認がなければ正式な制度として効力を発しないという。
現行のMLB労使協定の下では、米国外の24歳以下の選手がメジャー球団と契約を結ぶ時は契約金に上限が決められ、
さらにルーキー選手と同様にマイナー契約しか結べない。つまり、選手個人が手に入れる金額は極めて低い。
その一方で、選手が所属したNPB球団には最大2000万ドル(約22億6600万円)が入ることになるため不公平だ、というのが選手会の主張で、
納得がいかない場合には、現行制度の延長を承認しない可能性もあるという。
大谷の代理人に選ばれたバレロ氏が、選手会と話し合いを持つことになりそうだが、ここで早くもその手腕が試されることになる。
メジャー移籍という夢に、一歩また一歩と近づく大谷。選手の夢が犠牲にならないためにも、各方面が折衝点を見出すことを願いたい。


米本命2球団を敬遠か 日ハム大谷は“即結果より育成”希望
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000011-nkgendai-base

【MLB】“呪い”の後は最新設備!? 大谷獲得狙うカブスGMが米メディアで猛アピール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00092468-fullcount-base

東尾修「ダルビッシュに見た日米スケールの差」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171109-00000014-sasahi-base

33 名無し募集中。。。 :2017/11/11(土) 14:27:53
MLB年俸トップ10の今季の成績

1位 クレイトン・カーショウ(LAD)40.7億円
27試合 18勝4敗 2.31

2位 ザック・グレインキー(ARI)39.0億円
32試合 17勝7敗 3.20

3位 デビッド・プライス(BOS)34.4億円
16試合 6勝3敗 3.38

4位ジェイソン・ヘイワード(CHC) 32.2億円
126試合 .259(432-112) 11本 59点 OPS.715

5位ジャスティン・バーランダー(DET→HOU)32.1億円
33試合 15勝8敗 3.36

5位ミゲル・カブレラ(DET) 32.1億円
130試合 .249(469-117) 16本 60点 OPS.728

7位フェリックス・ヘルナンデス(SEA)30.7億円
16試合 6勝5敗 4.36

8位アルバート・プホルス(LAA)29.8億円
149試合 .241(593-143) 23本 101点 OPS.672

9位CC・サバシア(NYY)28.6億円
27試合 14勝5敗 3.69

9位ジョン・レスター(CHC) 28.6億円
32試合 13勝8敗 4.33

11位 ロビンソン・カノ(SEA)27.5億円
150試合 .280(592-166) 23本 97点 OPS.791

12位 ヨエニス・セスペデス(NYM)27.1億円
81試合 .292(291-85) 17本 42点 OPS.892

13位 ジョニー・クエト(SF)26.9億円
25試合 8勝8敗 4.52

14位 ジョー・マウアー(MIN)26.3億円
141試合 .305(525-160) 7本 71点 .801

15位 ハンリー・ラミレス(BOS)26.0億円
133試合 .242(496-120) 23本 62点 OPS.749

16位 コール・ハメルズ(TEX)25.8億円
24試合 11勝6敗 4.20

17位 エイドリアン・ゴンザレス(LAD)25.5億円
71試合 .242(231-56) 3本 30点 OPS.642

18位 バスター・ポージー(SF)25.3億円
140試合 .320(494-158) 12本 67点 OPS.862

19位 マックス・シャーザー(WSH)25.3億円
31試合 16勝6敗 2.51

20位 ジャスティン・アップトン(DET→LAA)25.3億円
152試合 .273(557-152) 35本 109点 OPS.901

34 名無し募集中。。。 :2017/11/11(土) 14:30:36
松井秀喜に対するレジェンド達の評価

金本「松井が日本人最強。松井の打つ音は金属音がする。」
古田「松井打つ音はパキャーンとかいう金属音がする。1年目から別格。」
阿部「雲の上の存在。」
門倉「中日時代、星野監督から松井の打撃練習は見るなと言われていた。」
清原「日本最後の年はついに抜かれたと思った。亀のように着実に成長していた。」
落合「松井には王さんの868本を抜いて欲しい。それができたらすごいことだと思う。」
長嶋「現代で最高のホームランバッターだった。」
由伸「高校から超有名だった。プロ入り後年数が経つにつれてどんどん差がでた。」
内川「歴代最強打者。天井ホームランも見ている。」
清宮「理想というわけではないが、お手本にしてるのは松井さん。」
筒香「僕が思う日本一のスーパースター。」
T岡田「憧れの選手。」
安田「松井さんみたいなホームランで夢を与える選手になるのが目標。」
小笠原「日本人打者では多分史上最強の選手。」
イチロー「中学から知る唯一の選手。引退するのは、ただただ寂しい。」

35 名無し募集中。。。 :2017/11/11(土) 23:58:37
大谷翔平が日本球界に残した「7つの伝説的記録」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00010003-bfj-base
会見内で「いちばんの選手になりたい」と語った大谷選手。
投打の“二刀流”でプレーをし、記録のみならず、プロ野球を盛り上げた「日本球界の宝」だった。

その伝説的な7つ記録をあらためて振り返ってみる。

1. 高卒3年目で年俸1億円の大台到達
2014年に大谷選手は、年俸3000万円から7000万円増の1億円でサイン。
高卒3年目での1億円の大台到達は西武時代の松坂大輔投手以来、プロ野球史上2人目である。
また、翌年は1億アップの2億円で更改。2007年の日本ハム・ダルビッシュに並ぶプロ野球史上最速タイ。

2.投手として通算本塁打48本
大谷選手の日本プロ野球の通算本塁打は48本。
投手としての本塁打記録は金田正一さんの38本だったが、大きく越し、歴代一位になった。

3.史上初の10勝100安打20本塁打を達成
2016年には日本プロ野球史上初となる「10勝100安打20本塁打」を達成。
解説者などから批判もあった二刀流を見事成就させた。

4.NPB所属にも関わらず、MLB「最も興味深い50人」に選出される
2016年と2017年の2年連続で、ニューヨーク・ポストの「MLBで今年最も興味深い50人」に選出された。
日本球界(NPB)でプレーしているにも関わらず、MLB注目の人物として選出されるのは極めて異例のことだった。

5. ベストナインで史上初の投打でW受賞
2016年のプロ野球ベストナイン。大谷選手は「投手」と「ベストDH」で史上初の“二刀流受賞”を達成した。
同年、最優秀選手(MVP)と日本プロスポーツ大賞も受賞している。

6. 松井秀喜に続く2人目の「東京ドームに消えた打球」
2016年11月13日の日本代表「侍ジャパン」とオランダとの強化試合。
7回、代打大谷の高く上がった打球は東京ドームの天井に吸い込まれて、消えた。ドームの特別規定で二塁打に。
同様のことを2002年に当時、巨人の松井秀喜が起こしており、史上2人目となる。ボールはその後、無事みつかった

7. 日本最速の165キロをマーク
2016年10月16日の福岡ソフトバンクホークスクライマックスシリーズ第5戦。
9回にDH解除をしてリリーフ登板した大谷は、日本球界最速となる165キロをマークした。

2017年11月11日午前11時、大谷選手は正式にメジャー挑戦を表明。大谷の背番号は「11」だ。
“1並び”になったが、会見内で偶然であることを明かしている。

36 名無し募集中。。。 :2017/11/12(日) 14:07:28
ラミレス“神采配”を生んだ「信じ抜く力」と来季への課題。本人の言葉と共に振り返る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00010000-victory-base
序盤調子の上がらなかった桑原将志と倉本寿彦を起用し続けた理由

死力を尽くして戦い抜いた157試合。
19年ぶりに日本シリーズに進出した横浜DeNAベイスターズのラミレス監督は、
激動ともいえた今シーズンを、落ち着いた表情で振り返る。

「ペナントはもちろん、クライマックスシリーズ(CS)や日本シリーズでは選手たちの成長を感じることができました。
とくにCSと日本シリーズは予想を超えるものだったと思います。敗戦したということだけではなく、得たモノも多かった。
我々はここで立ち止まるわけにはいかない。ここから前進し続け、常勝チームとして優勝を狙えるようにしたい。
来年も素晴らしいシーズンを送れることを強く信じています」

今季セ・リーグの台風の目となったDeNAであるが、若い選手たちの頑張りは言うまでもなく、
とくに注目を浴びたのがラミレス監督の采配だった。大胆かつ繊細。
CSファイナルの広島戦で見せた流れを引き寄せる先手を打つリリーフ継投などは顕著な例だといえるだろう。

ラミレス監督は自身の采配について以前から次のように語っている。

「わたしのスタイルは一般的な監督とはやり方が違います。
多くの監督は選手の調子が良ければ使い続け、調子が悪くなればベンチに下げラインナップを代えます。
しかし、わたしはそういうタイプではありません。基本的に信じた選手に対しては我慢をする。
もし代えることがあるとすれば、それは選手の状態の良し悪しではなく戦略があってのこと」。

選手たちを信じ抜く力――。

特にシーズン前にレギュラーに指名された桑原将志と倉本寿彦に対してラミレス監督は、
序盤調子が上がらなくても忍耐強くゲームで使い続けた。
サポートする青山道雄総合コーチらは「代えたほうがいいのでは」と意見したというが、
ラミレス監督は首を縦には振らなかった。もちろんその際にロジカルな説明は受けているという。

報道陣には彼らの起用について、次のように語っていた。

「レギュラーとして指名するのはわたしにとって重い決断です。だから休ませるということはしない。
わたしは現役時代、毎日プレーしたいと思っていました。
それは彼らも同じだし、そう考えることのできる選手だからこそ毎日使うんです。またレギュラー2年目は非常に難しい年。
去年は早いカウントからアグレッシブに打てていたのに今年はストライクを見逃してボールに手が出てしまう。
本人はなぜ打てないか悩んでいるでしょうし、当然相手チームもレギュラーの選手に対しては分析が進みます。
彼らとしては自分自身でそういったことにも対応していかなければいけない。
ポテンシャルを考えれば、しっかりと成績を残してくれると信じています」

2年目のジンクスではないが、ラミレス監督は彼らが壁にぶつかるのは想定済みだったということだろう。
そこを超えたとき、チームの大きな力になると信じての起用だった。

すべてはシーズンをトータルで俯瞰する目線の大切さ。結果、桑原は7月の月間MVPを獲得し、
倉本は最終的にフルイニング出場を果たし巨人のマギーに次ぐ得点圏打率2位となる.342を記録している。

またラミレス監督の采配として物議を醸したのが、その倉本を9番に入れ、ピッチャーを8番打者に据えたことだろう。

打撃センスの高いウィーランドが今シーズンから加入したことで実現した戦術だったが、
ラミレス監督は昨年からイメージしていた戦術であり、あとはどのタイミングで実施するかだけだった。

「例えば8番キャッチャーで9番ピッチャーだと、ピッチャーがバントした場合、
キャッチャーは足が遅いのでダブルプレーになる可能性が高い。
そこで6番キャッチャー、7番に足のある選手、8番ピッチャー、9番倉本にしたほうが、バランスがいいと考えたんです。
倉本は本来6番が理想だと思いますが、クリーンナップが塁に出た場合、
バントなどのスモールベースボールの要素を好まない。
基本的には好球必打のフリースインガータイプで左右を苦にしないので、
しっかりと振れる場所に置いておくのが効果的だと思いました」

今シーズン、DeNAの先発投手陣の打撃成績は、ウィーランドの活躍もあり打率、打点、出塁率ともにリーグ1位。
また倉本が入った9番打者の成績を見ても、当然のように1位である。
極めて判断の難しいところではあるが、ラミレス監督としては「機能していた」と手応えを感じている。

37 名無し募集中。。。 :2017/11/12(日) 14:11:08
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00010000-victory-base&p=2
6勝10敗の井納翔一にポストシーズンの大事な試合を任せた信念

そして今シーズン、ラミレス監督がペナントレースで苦戦したのがピッチャーの起用法だ。
先発、リリーフともに昨年よりも防御率を落としたことに加え、先発陣はイニング数を稼げず、
そのしわ寄せがリリーフ陣にいき、結果的に5人の選手が60試合以上の登板を強いられた。

特に印象的だったのが先発の井納翔一の存在だ。
右のエースと目されていたが、成績は6勝10敗と大きな期待に応えるほどではなかった。
だが、ラミレス監督は一定の評価を下している。

「何をしなければいけないか分かってきている。マウンドでただ投げるのと、しっかり投球することは違う。
今年はランナーがいたらダブルプレーにとる投球をするようになったし、またリードしてからのペース配分が上手くなった」

一方で、ひとたび調子の波を崩すと交代のタイミングが難しかった投手だとも語る。

「今日は完封するぐらいのピッチングだと思っていたら、次の回で急に崩れて逆転されることがある。
ただ、崩れたときの投球内容を見るとスピードも落ちていなければ、攻め方も変わっていたわけでもない。
結果として打たれているだけで、精神的な問題があるとも思えない。
こういうピッチャーは修正が難しい。けれども、そこで責任を取るのがわたしの仕事なのです」

チームでは数少ない完投能力の高い選手ゆえ、代え時の難しさがあったに違いない。
シーズン序盤から中盤にかけ井納を引っ張り過ぎて代打を出さず、
さらに突然被弾を重ね逆転負けしてしまうことも少なくなかった。

しかし終盤になると、井納の交代は速やかに、かつ効果的に行われる。
9月16日に行われた巨人との最終戦、Aクラスを占ううえで大事な試合となったが、
6回まで0封だった井納をラミレス監督は躊躇なく交代し、勝利へ導いた。
また記憶に新しいところでは10月20日に行われたCSファイナルの広島戦で、
無失点のまま迎えた6回、一死後にランナーを2人出すと、すかさず井納をリリーフと交代。
三上朋也、砂田毅樹、須田幸太とつなぎピンチを何とかしのぎ、対戦成績を2勝2敗としシリーズの流れを掴むに至った。

ペナントを経て迎えたポストシーズンにおいて井納は、
ほかにもエース級のピッチャーがいるなか難しいシリーズ最初のカードを任され、
またリリーフとしてもマウンドに立ち、ラミレス監督の起用に応えている。

これらはほんの一例に過ぎないが、ラミレス采配の基本は、まず選手を信頼し、
自分が導き信じたことにトライし、過去から学び、選手をしっかりと観察し見極めるということである。

時として『頑固采配』と言われることもあるが、リリーフ陣の起用に関しては常にピッチングコーチからOKをもらうようにしているし、
筒香嘉智がペナントレース終盤に3番から4番に戻る際は青山コーチの意見を参考にしている。
そして10月19日のCS広島戦、1点リードの5回二死満塁の場面で
高城俊人に代わり乙坂智が打席に立ち2点適時打を打ったが、
この非常に早いタイミングでの代打は光山英和バッテリーコーチの提案によりラミレス監督は決断している。
もちろんゲームを戦ううえで指揮官として譲れない部分はあるかもしれないが、
しっかりとコーチ陣の話に耳を傾ける柔軟さもラミレス監督は持ち合わせている。

38 名無し募集中。。。 :2017/11/12(日) 14:12:42
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00010000-victory-base&p=3
日本シリーズ敗戦で露呈した力不足と来季への課題

就任2年目にして大きな成果を挙げたラミレス監督ではあるが、
福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズを見る限り、
大健闘はしたもののチームとしてまだまだ足りない部分が露呈したことは周知の通り。

選手層も厚くはなく、守備の詰めの甘いミスもあれば、足も使えず1点をしっかりと取り切る確実な野球ができているわけではない。
ただその分、若いチームゆえ飛躍的成長の余地があるということでもある。

「今年はバントの数、盗塁の数がリーグで一番少なかったので、来年に向け改善していかなければいけない。
ピッチャーもクイックの部分を改善し向上しなければいけない。それらが整備できれば来年は優勝を狙えると思います。
選手たちはCSと日本シリーズの戦いを通して確実に自信を得たと思います。
わたしとしては“若いチーム”というよりも“競争力のあるチーム”として、
選手全員がレベルアップを目標にやっていければいいと思います」

来年の開幕までまだ先は長いが、現在行っている秋季キャンプや来年の春季キャンプでは、
夢と消えた日本一目指し、激しい競争が始まる。
果たしてラミレス監督の慧眼は、そこで一体何を見出し、どんな戦術へとつなげていくのか、今から楽しみだ。

39 名無し募集中。。。 :2017/11/12(日) 14:24:34
藪恵壹とAKI猪瀬 大谷翔平の契約内容 1:49:52〜
https://youtu.be/SPZfl8tCqz4?t=6592
育成能力の高いチームを希望か ヤンキースは育成能力0

40 名無し募集中。。。 :2017/11/13(月) 03:43:39
阪神が「テクニカルピッチ」導入、回転数などを計測
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00051457-nksports-base
阪神は12日、高知・安芸キャンプのブルペンで、
アクロディア社の「テクニカルピッチ」というボールをテスト導入した。

球の中に内蔵されたセンサーで球種や球速、回転数に回転軸もわかるというもので、
球の大きさや重さも公認野球規則に準じており、
このボールとスマートフォンがあれば、どこでも分析が可能だという。

この日は試験的に導入され、松田と福永の2投手がブルペン投球で試した。
松田は「数字やデータが出るのはおもしろい」と感想を述べ、
福永も「(体験が)今までなかったので、1つの参考にしたい」と興味を示した。

41 名無し募集中。。。 :2017/11/13(月) 03:52:12
稲葉監督の“初陣”は収穫の多いドロー
ポイントになった打線の1、2、5番
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201711120003-spnavi?p=1
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201711120003-spnavi?p=2

「世界最強エース」上野由岐子が完封!ビックカメラ高崎が2年ぶりの日本一
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00010000-tvtokyosv-spo

巨人最強助っ人クロマティ氏、楽天オコエに称賛&“苦言”「私が指導したい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00092505-fullcount-base
「関東一高時代に彼を見たけれど、私は心から感銘を受けた。
オーマイガー! 彼は一体誰なんだと。私は度肝を抜かれた。すごく感動したんだ。
彼にはフィジカル的にはスーパータレントを持っている。だが、今は理想的な成長を果たしていない。
才能を伸ばすため、到達すべきレベルに達するための指導が必要だ。
彼は高校時代はスーパースターだったが、プロでは平均的な選手になってしまった印象を感じている」

「彼は若い。そのスピード、反応の素晴らしさには感銘を受ける。
だが、それ以外の部分では平均的な日本人選手のプレーにしか見えないんだ。
彼はスーパープレイヤーになれるはずだ。彼はアメリカのルーキーリーグでプレーすべきだ。
彼にはスーパースターになるチャンスがあるんだ」

42 名無し募集中。。。 :2017/11/14(火) 00:37:27
DeNA・今永が侍J合宿に持参した“秘密兵器” 日本シリーズから導入「あれを使ったら感覚よくなった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000011-ykf-spo
日本シリーズでソフトバンク打線から2試合連続2ケタ奪三振で名を挙げたが、
これはシリーズ史上、2007年の日本ハム・ダルビッシュ(現ドジャース)に次ぎ2人目の快挙。
合宿2日目に今永はブルペンで51球を投じたが、その前に、
ソフトボールほどの大きさで重さ約1キロ弱の緑色のトレーニングボールを投げこみ、
じっくり肩を作ってからキャッチボールに入った。

「肩が固まるのが嫌なので、キャッチボール前に重いボールを投げて感覚を変えた方が、スムーズに入れる。僕の中ではあれがすごくいいんです」と明かす。

日本シリーズから導入しているもので、イニング間にベンチ前で行うキャッチボールでも使用。
重いボールをワンバウンドで捕手に思いっ切り投げこみ、
最後に普通のボールを5球投げてからマウンドに向かうルーチンを続けた。
通常のボールは約145グラムで、約6倍の重さ。
イニング間に通常のボール以外の物を投げるのは珍しい。

「うちのエスコバーとか外国人選手が、たまに重たいボールを投げています。
日本シリーズの前は感覚がよくなかったんですけど、あれを使ったらよかったので、続けています」
と好投につながったという。

日本シリーズからほぼ休みなしで今大会に突入。
しかし「日本シリーズで新しい感覚をつかめたので、プラスに捉えたい。
チェンジアップもだいぶ自信がついてきた。
自分がやってきたことしか出せないので、高望みせず無欲でやりたい」
と代表戦でさらにレベルアップを目指す。

ブルペンで今永の投球を見守った稲葉篤紀監督(45)は
「走者を想定したりクイックにしたり、考えながらやっている。感心したし、いい投手になる条件を備えている」
と高く評価。マウンド上だけでなく、イニング間のキャッチボールにも注目だ。

43 名無し募集中。。。 :2017/11/14(火) 19:29:36
「日本から米国のルースになるのか」― 大谷翔平、米国が見た「未曾有」の可能性
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171114-00010004-theanswer-base

メジャー争奪戦、大谷は何を基準に所属先選ぶのか?
高校時代からの絆で一歩リードはDバックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000014-ykf-spo

44 名無し募集中。。。 :2017/11/15(水) 23:08:15
大谷の移籍でMLBの概念が変わる? 球団GMが明言「6人ローテを組む」
米名物コラムニストが指摘「オオタニがMLBのローテーション革命を進める」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00093031-fullcount-base

45 名無し募集中。。。 :2017/11/16(木) 04:53:06
大谷翔平、低年俸でメジャー挑戦?皆が幸せになる交渉の落とし所は。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171115-00829294-number-base
北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手が日本時間の7日、
米大手エージェンシーのCAAスポーツ社(筆頭代理人ネズ・バレロ氏)と契約した事実を受けて、
米国では会見が行われる前から「SHOHEI OTANIがメジャーにやって来る!」というニュースが大きく扱われた。

たとえば10日午後のMLBネットワーク(メジャーリーグ所有のケーブルテレビ局)の
「MLB NOW」という番組では、大谷のメジャー挑戦がトップ・ニュースになった。

「これは言うべき言葉が見当たらないほど、信じられないことだよ!」
と番組内でいささか興奮気味に語ったのはエリック・バーンズだった。
バーンズはアスレチックスなどで約10年(ずっとメジャーにいたのは6年ほど)プレーした外野手で、現役時代から饒舌なことで知られている。

「時速100マイルの速球を投げられる上にホームランも打てるんだ。
25歳になれば総額2億ドル(約210億円)ぐらいの契約が出来るのに、いったい彼は何を考えているんだ?
身近な誰かが彼の頬を叩いて『目を覚ませ! 』って教えてやるべきだよ」

メジャーリーグは昨年のオフ、選手会と新しい労使協定に合意して
25歳未満の外国人選手と契約する際の契約金の総額上限を
年間575万ドル(1ドル110円換算で6億3250万円。以下同様)までと取り決めた。
その時点で田中将大投手がヤンキースと交わしたような
7年総額1億5500万ドル(170億5000万円)のような大型契約をメジャー球団と交わすことは不可能になった。

おまけにメジャーリーグの各球団はすでに中南米諸国の出身選手との契約に
予算を幾らか費やしており、AP通信などによる既報では
もっとも外国人選手の獲得に年間予算を残すレンジャーズでさえも353万5000ドル(3億8885万円)しか残っていない。

次点が田中将大投手のいるヤンキースで325万ドル(3億5750万円)、
3位がツインズの324万5000ドル(3億5695万円)と
かなり限定された額しか25歳未満の外国人選手=大谷との契約金に費やせないという。

46 名無し募集中。。。 :2017/11/16(木) 04:56:30
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171115-00829294-number-base&p=2
契約金も安ければ、年俸もかなり安くなる。

なぜなら、同協定下ではとりあえずマイナーリーグ契約を結ぶことになるので、
基本給はメジャー目前のAAA級でも年俸1万ドル前後(月給2150ドル×5カ月)。
期待通りに開幕までにメジャーリーグ昇格を果たして40人枠に入ることができても、
この労使協定下ではメジャー最低年俸の54万5000ドル(5995万円)に抑制されてしまうからだ。

大谷のポスティング志願は、そういうことを事前に把握しての勇気ある「メジャー挑戦」だと思う。

前出の「MLB NOW」では米国人コメンテーターの1人が
「彼(大谷)のようにお金なんて気にしない、とにかくメジャーでプレーしたいと言うのはとても素晴らしいことだ」と言ったように、
「金ではなく、夢を手にすること」を優先することを称賛する米国人もいるぐらいだ。その志には本当に頭が下がる思いだ。

だが、そういう米国人は少数派で、テレビで力説したバーンズのように大谷を破格の安値で獲得できるメジャー球団、
ポスティングの譲渡金の上限2000万ドル(約22億4000万円)を得る北海道日本ハムに比べると、
大谷が得るもの=契約金4億円以下+年俸6000万円以下というのが少なすぎると考える人の方が圧倒的に多い。

これは本来、日本プロ野球の選手会が異議を唱えてもいいはずの事項だと思うが、今のところそういった動きは見当たらない。
一方、メジャーリーグの選手組合は、大谷が雇った代理人と面談して
「25歳未満でメジャー挑戦をすれば良い契約はできないが、金より夢が大切なんだ」という確認が取れればそれでいい。
ただし、労使協定は何よりも尊重されるべきものなので、代理人には国際ルールの抜け道を探すことをさせぬよう念押しするはずだ。

だから最良のシナリオは、大谷が単年契約で契約満了後にフリーエージェントとなる項目を付け加えることだが、
譲渡金に2000万ドルも注ぎ込むメジャー球団がそれを了解するわけがない(したら驚きだ)。
だから、複数年契約は仕方ないとしても、1年目からメジャーリーグで活躍して、なるべく早い段階で契約の延長、つまり見直しをすることだ。

たとえば今年のワールドシリーズ王者アストロズの中心選手ホセ・アルテューベ二塁手は、
年俸調停権を得るメジャー3年目の2013年に(翌年からの)4年1250万ドルの複数年契約を交わして現在に至っている。
アルテューベがその後、4年連続シーズン200安打以上、3度の首位打者を獲得したことで、それでも格安契約になった。

47 名無し募集中。。。 :2017/11/16(木) 04:59:07
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171115-00829294-number-base&p=3
今季、ダルビッシュ有、前田健太両投手のチームメイトだったドジャースの左腕エース、クレイトン・カーショーも
年俸調停権を取得する2011年オフに2年総額1900万ドル(20億9000万円)の複数年の契約延長をして、
同年の年俸50万ドル(5500万円)から翌年の750万ドル(8億2500万円)に大幅昇給。
その後も安定して活躍したことで契約満了後には、現在の7年総額2億1500万ドル(236億5000万円)の大型契約を勝ち取っている。

大谷は原則的にメジャー歴3年を経るまでは年俸調停権を得ることができないので、
最初の3年間はメジャーで最多勝投手になろうが、30本塁打を打とうが、
新人王をはじめとする個人タイトルを獲得しようが、所属球団の言い値で契約しなければならない。
だが、それぐらいの活躍を1年目からできれば、メジャー歴2年で例外的に年俸調停権を取得することができる。

メジャーリーグの年俸調停権は、日本のプロ野球のように契約更改がモメた時のためではなく、
「労働に対する正当な対価」を生み出すために機能している。
だから大谷がメジャー1年目となる2018年にメジャーで新人王やサイヤング賞投手の投票3位以内に入るとか、
メジャーで180イニング以上(2017年は35人)投げる等、「投手でも打者でも上位22%に入る活躍をした」と認められれば
「スーパー2」という扱いになって年俸調停権を取得できる。そうなればメジャー最低年俸からの大幅昇給が確実になる。
誇大な表現でも何でもなく、日本プロ野球のスター選手である大谷には、
現時点で若かりし頃のアルテューベやカーショーに匹敵する「将来への期待」がかかっている。

それなのに彼は――これから「あっ」と驚くようなどんでん返しでもない限り――中南米出身の16歳から24歳の有望なアマチュア選手と同じ待遇を受けるのだ。

それに違和感を持たない方がおかしいし、後に続くかも知れない日本の若者たちのためにも、
大谷のメジャー挑戦がメジャー球団や北海道日本ハムだけではなく、誰もがハッピーになれるようなものになればいいのにな、と思う。本当に。

48 名無し募集中。。。 :2017/11/16(木) 14:38:58
2017NPBワーストナイン

https://i.imgur.com/03587OZ.jpg

https://i.imgur.com/PYPmLra.jpg

打者部門
https://i.imgur.com/UVkvTOh.jpg
投手部門
https://i.imgur.com/un5awWY.jpg

戦力外タイトル
https://i.imgur.com/fg56pmu.jpg

49 名無し募集中。。。 :2017/11/17(金) 02:03:06
侍近藤健介ただ1人猛打賞「力を出し切れた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00054789-nksports-base
【侍ジャパン】追撃2ランの山川「野球人生の中でも思い出の1本」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000001-tospoweb-base
侍上林「いけるなと思ってた」起死回生の同点3ラン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00054791-nksports-base
侍田村龍弘がサヨナラ打「食らい付いていきました」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00054797-nksports-base
侍堀が堂々勝ち投手「準備はしていた。いつも通り」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00054794-nksports-base
侍稲葉監督「選手がぐっと1つになれた」初陣劇勝!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00054804-nksports-base

50 名無し募集中。。。 :2017/11/17(金) 17:12:47
清宮 木製バット対策は着々
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000015-tospoweb-base

大谷を超える? “三刀流”大阪桐蔭・根尾はドラフトの超目玉【明治神宮大会レビュー・高校編】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171117-00000013-sasahi-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171117-00000013-sasahi-base&p=2

DeNAは球界屈指の“左腕大国” 4年連続でドラフトで即戦力左腕を獲得
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000534-sanspo-base

侍稲葉監督「最善策があったのでは」初采配振り返る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00055256-nksports-base
侍今永、台湾戦の先発へ「やってやるぞ」の意気込み
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00055208-nksports-base

51 名無し募集中。。。 :2017/11/17(金) 17:18:42
史上最も予想の難しい争奪戦? 米シンクタンクが大谷翔平の移籍先を分析
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00093331-fullcount-base
米国の野球専門シンクタンク「ベースボール・プロスペクタス」は、条件別に大谷の移籍先を予測する特集記事を掲載。
日本球界に衝撃を与えてきた男は、どこにいくのか。様々な視点からその行く先をなどを占っている。
記事でまず最初に挙げられているのが「金銭面」。
新労使協定では、インターナショナルボーナスプールで割り当てられている金額が各球団によって異なっており、
これが契約金の制限となるが、その枠は現状でツインズ、レンジャーズ、ヤンキースが抜きん出ていると指摘。
その後は以下の順番で続いているという。

パイレーツ
マリナーズ
マーリンズ
フィリーズ
ブルワーズ
ダイヤバックス
オリオールズ
レッドソックス
レイズ
ブレーブス
カブス
ホワイトソックス
レッズ
アストロズ
ロイヤルズ
ドジャース
アスレチックス
カージナルス
パドレス
ジャイアンツ
ナショナルズ
タイガース
エンゼルス
メッツ
ブルージェイズ
インディアンス
ロッキーズ

記事ではタイガース以下のチームに関してほぼ獲得の望みはないと分析。
また、大谷はマイナー契約で加入するものの、1年目で開幕ロースター入り、つまりメジャー契約を結ぶことは間違いない。
ただ、メジャー契約となっても、年俸調停の権利を得られる2020年までは最低保証年俸のままになるだろうとも言及している。

次のポイントとして挙げているのは「投打」。
剛速球を投げる右投手であり、強打の左打者でもある「二刀流」にとっては
「投手有利の球場、かつ左打者に有利な環境が理想的」になるとして、移籍先候補を挙げている。

左打者に有利な球場とされているのは、
ヤンキースタジアム、シチズンズ・バンク・パーク(フィリーズ)、ギャランティード・レート・フィールド(ホワイトソックス)、
クアーズ・フィールド(ロッキーズ)、チェイス・フィールド(ダイヤモンドバックス)の5つ。
もっとも、クアーズ・フィールドは極端に打者有利な「ヒッターズ・パーク」であるため、「投手・大谷」としては不利になる可能性もあるという。
またDH制のないナ・リーグでは打者として起用しづらいという面もあるため、バランスで見るとヤンキース、ホワイトソックスが「理にかなっている」と結論づけている。

その他、日本人選手が現在所属しているチームか否か、過去に日本人選手が所属した“伝統”があるか否か、という点も要素として挙げているが、
いずれも大谷獲得に有利に働くかは分からないと紹介。
さらに、最後は現時点でのチーム状況について触れており、大谷が勝利を最優先とするならば、
今季のプレーオフに進出したドジャース、アストロズ、ヤンキース、カブス、インディアンス、レッドソックス、ナショナルズが有利になる可能性があるとしている。
これらは若手中心のチームが多く、この先数年は強さを維持できそうだ。

52 名無し募集中。。。 :2017/11/17(金) 17:20:04
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00093331-fullcount-base&p=2
その他にも、ツインズ、ロッキーズ、ダイヤモンドバックスが「有望な選手を揃えていて魅力的」と分析。
今季プレーオフにあと1歩に迫ったブルワーズの名前も含め、「こういった球団にオオタニが加われば、たちまちより面白い存在となる」と期待を寄せている。

現時点で、大谷が何を優先しているかは明らかになっていない。
二刀流をメジャーでも続けられることなのか、来年にも世界一を狙えることなのか、
自分が加入することで将来的にワールドシリーズ制覇を目指せることなのか、それとも、この先ずっと勝ち続けることなのか――。
「ベースボール・プロスペクタス」も「オオタニ獲得に向けて先頭を走っている球団はまだはっきりとはしていない」と“困惑”している様子だ。

一方で、「現実問題として我々にはまだ分からないことがあり、それがこの一件をより面白く、よりエキサイトさせる」と、現状を好意的に捉える一文も。
史上空前の大争奪戦が多くの人の関心を集めていることは間違いない。メジャーは大谷“米国上陸”の時を早くも待ち望んでいる。

53 名無し募集中。。。 :2017/11/18(土) 16:27:00
大谷から清宮へ贈る言葉「つらいことはねのけて」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00055676-nksports-base
自らの1年目を振り返ってのアドバイスを問われたが「ないですね」と即答。
理由は「彼はやっぱり、ずっと注目されてここまで来たと思う。
それは僕とは、全く違うのではないかなと思います」
今でこそメジャーでも二刀流と期待されるが、逆風の中での船出だった。
「『出来ないだろう』という方ばかりだったので、特にプレッシャーもなくやれました。
清宮君の場合は『やって当然』とみんなが見に来ますし、メディアの人も取材してくると思う」。
想像以上の重圧が襲うと想定するからこそ「つらいこともあると思うので、そこをはねのけて頑張ってほしい」


清宮幸太郎が出した意外な交渉条件「大谷先輩のバット欲しい」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171118-00010007-jisin-ent
清宮<「同情するならバットくれ」

54 名無し募集中。。。 :2017/11/18(土) 16:32:17
大谷の米移籍にメジャー選手会が横やり 新入札制度に難色
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000011-nkgendai-base
大谷翔平がマイナー契約しか結べなくなった背景
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20171118-00078294/

「比較不可能」打てる投手の域を超えた“打者”大谷をMLB公式サイトが特集
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00093513-fullcount-base
【MLB】“打者”大谷にも大きな注目、MLB公式サイトが特集
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000213-ism-base

55 名無し募集中。。。 :2017/11/19(日) 00:46:54
167cmでメジャーMVPも! 日米で躍動する175cm以下の小兵選手10人
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171117-00010002-baseballc-base
“小さな巨人”
ホセ・アルトゥーベ内野手(ヒューストン・アストロズ)
5フィート6インチ(約167センチ)
今季成績
153試合 打率.346(590-204)、24本塁打、81打点、32盗塁、出塁率.395、OPS.957

レッドソックス不動の二塁手
ダスティン・ペドロイア内野手(ボストン・レッドソックス)
5フィート9インチ(約175センチ)
今季成績
105試合 打率.293(406-119)、7本塁打、62打点、4盗塁、出塁率.369、OPS.760

パイレーツ一筋のガッツマン
ジョシュ・ハリソン(ピッツバーグ・パイレーツ)
5フィート8インチ(約173センチ)
今季成績
128試合 打率.272(486-132)、16本塁打、47打点、12盗塁、出塁率.339、OPS.771

成長著しい25歳
ホセ・ラミレス内野手(クリーブランド・インディアンス)
5フィート9インチ(約175センチ)
今季成績
152試合 打率.318(585-186)、29本塁打、83打点、17盗塁、出塁率.374、OPS.957

ムーキー・ベッツ外野手(ボストン・レッドソックス)
5フィート9インチ(約175センチ)
今季成績
153試合 打率.264(628-166)、24本塁打、102打点、26盗塁、出塁率.344、OPS.803

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171117-00010002-baseballc-base&p=3
育成上がりの鉄砲肩
甲斐拓也捕手(福岡ソフトバンクホークス)
170センチ
今季成績
103試合 打率.232(207-48)、5本塁打、18打点、4盗塁、出塁率.323、OPS.695

1年目から強打炸裂
森友哉捕手(埼玉西武ライオンズ)
170センチ
今季成績
38試合 打率.339(124-42)、2本塁打、18打点、3盗塁、出塁率.434、OPS.934

楽天の若きリードオフマン
茂木栄五郎内野手(東北楽天ゴールデンイーグルス)
171センチ
今季成績
103試合 打率.296、17本塁打、47打点、3盗塁、出塁率.370、OPS.867

広島の「忍者」
菊池涼介内野手(広島東洋カープ)
171センチ
今季成績
138試合 打率.271(565-153)、14本塁打、56打点、8盗塁、出塁率.311、OPS.716

見る者を魅了するフルスイング
吉田正尚外野手(オリックス・バファローズ)
173センチ
今季成績
64試合 打率.311(228-71)、12本塁打、38打点、1盗塁、出塁率.410、OPS.928

56 名無し募集中。。。 :2017/11/19(日) 00:58:45
台湾 2-8 日本
http://sp.baseball.findfriends.jp/?pid=game_flash_result&game_id=2017111801
侍ジャパン、台湾相手に快勝で決勝進出 先発今永が圧巻の6回12K零封
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171118-00010005-baseballc-base

57 名無し募集中。。。 :2017/11/19(日) 22:27:26
日本 7-0 韓国
http://sp.baseball.findfriends.jp/?pid=game_flash_result&game_id=2017111901
https://baseball.yahoo.co.jp/apbcs2017/game/2017111911/stats
稲葉ジャパンが無敗でアジア制覇! 外崎2打点、西川3打点などで韓国を圧倒
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00093794-fullcount-base

58 名無し募集中。。。 :2017/11/20(月) 14:51:39
【アジアCS】首位打者は広島西川、侍が投打で韓国と台湾を圧倒 各国の個人成績は?
個人成績ランキング、打撃では日本の打者がトップ3を独占
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00093900-fullcount-base
◯打者、規定打席は日本=NPBと韓国=KBOが10、台湾=CPBLが7

1.西川龍馬(NPB)11打7安1本3点1盗 打率.636
2.近藤健介(NPB)12打7安0本0点0盗 打率.583
3.外崎修汰(NPB)13打6安1本4点1盗 打率.462
4.パク・ミンウ(KBO)10打4安0本0点0盗 打率.400
4.松本剛(NPB)10打4安0本2点0盗 打率.400
6.ワン・ボーロン(CPBL)6打2安0本0点0盗 打率.333
7.陽岱鋼(CPBL)7打2安0本0点0盗 打率.286
8.キム・ハソン(KBO)11打3安0本1点0盗 打率.273
9.ジュウ・ユィシェン(CPBL)8打2安1本1点0盗 打率.250
10.ハン・スンテク(KBO)9打2安0本0点0盗 打率.222
11.山川穂高(NPB)14打3安1本4点0盗 打率.214
12.ハ・ジュソク(KBO)10打2安0本3点0盗 打率.200
13.上林誠知(NPB)11打2安1本4点0盗 打率.182
14.スー・ジージェ(CPBL)6打1安0本0点0盗 打率.167
14.チェン・ジェシェン(CPBL)6打1安0本1点0盗 打率.167
16.京田陽太(NPB)13打2安0本4点1盗 打率.154
16.イ・ジョンフ(KBO)13打2安0本3点0盗 打率.154
18.ク・ジャウク(KBO)12打0安0本0点0盗 打率.000

59 名無し募集中。。。 :2017/11/20(月) 14:52:25
先発の田口&今永、救援では石崎&山崎&野田が防御率0.00
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00093900-fullcount-base&p=2
◯先発投手の成績。防御率順。
1.田口麗斗(NPB)1試7回1勝0敗 防御率0.00
1.イム・ギヨン(KBO)1試7回1勝0敗 防御率0.00
1.今永昇太(NPB)1試6回1勝0敗 防御率0.00
1.チャン ヒョンシク(KBO)1試5回0勝0敗 防御率0.00
5.チェン・グァンユウ(CPBL)1試5.2回0勝1敗 防御率1.59
6.パク・セウン(KBO)1試3回0勝0敗 防御率3.00
7.リン ジュョンシェン(CPBL)1試4.2回0勝1敗 防御率5.79
8.薮田和樹(NPB)1試3.1回0勝0敗 防御率8.10

◯救援投手、2試合以上投げた選手。防御率順
1.石崎剛(NPB)2試2.2回0勝0敗 防御率0.00
1.チャン・ピルジュン(KBO)2試2.1回0勝0敗1S 防御率0.00
1.山崎康晃(NPB)2試2回0勝0敗 防御率0.00
1.パク・ジンヒョン(KBO)2試1.4回0勝0敗 防御率0.00
1.野田昇吾(NPB)2試1.1回0勝0敗 防御率0.00
1.ワン・ホンチェン(CPBL)2試1回0勝0敗 防御率0.00
1.堀瑞輝(NPB)2試1回1勝0敗 防御率0.00
8.ワン・ユェリン(CPBL)2試1.2回0勝0敗 防御率5.40
8.近藤大亮(NPB)2試1.2回0勝0敗 防御率5.40
10.ポン・シーイン(CPBL)2試1.1回0勝0敗 防御率6.75
11.イ・ミンホ(KBO)2試1.1回0勝1敗 防御率13.50
11.ク・チャンモ(KBO)2試1.1回0勝0敗 防御率13.50
13.キム・ユンドン(KBO)2試1.1回0勝0敗 防御率20.25

60 名無し募集中。。。 :2017/11/20(月) 21:41:23
今季開幕〜近藤が椎間板ヘルニアの手術で離脱するまで
ボールゾーンスイング率(全打席中ボール球を振った割合)
1 近藤健介 11.3%
2 西川遥輝 18.7%
3  銀次   19.4%
4 鈴木大地 20.2%
5 秋山翔吾 20.7%


“打率4割”はダテじゃない…格の違いを見せつけた近藤健介
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00138744-baseballk-base
【アジアCS期間・近藤健介の成績まとめ】
▼ 強化試合
vs.日本ハム 3打数2安打 [左二,左二,左飛]
vs.西 武  3打数2安打 [中飛,右二,死球,左安]
―――――
2試合 打率.667(6-4) 本0 点2
出塁率.714 長打率1.167 OPS1.881

▼ 予選
vs.韓国 4打数3安打 [三振,二安,左安,中安]
vs.台湾 4打数2安打 [ニゴ,ニゴ,中安,四球,左二]

▼ 決勝
vs.韓国 4打数2安打 [四球,三振,右安,左二,三振]
―――――
3試合 打率.583(12-7) 本0 点0
出塁率.643 長打率.750 OPS1.393

61 名無し募集中。。。 :2017/11/20(月) 21:42:11
<通算>
5試合 打率.611(18-11) 本0 点2
出塁率.667 長打率.889 OPS1.556

62 名無し募集中。。。 :2017/11/20(月) 22:04:57
来年11月「日米野球」開催へ 3月は豪州と2試合
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00057335-nksports-base

【MLB】ダルの奪三振は“控えめ”、田中は復調…米データサイトの来季成績予測は
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00093997-fullcount-base

63 名無し募集中。。。 :2017/11/21(火) 11:23:14
侍ジャパンに惨敗した韓国代表が『後楽園のマウンドに太極旗を突き刺して日本占領を宣言する気だった』と自白。旗は既に用意してた。

64 名無し募集中。。。 :2017/11/21(火) 11:24:21
太極戦士たちは日本に勝って東京ドームのマウンドに太極旗を立てるシーンを必ず見せると約束した。

大会期間良い技量を見せたリードオフパク・ミヌは「私たちはここに勝つために来た。負けに来たのではない。ク・ジャウクとキム・ハソンが一つやってくれるだろう」と期待感を示して「東京ドームのマウンドに立てる太極旗は用意している」と耳打ちした。

http://sports.news.naver.com/kbaseball/news/read.nhn?oid=079&aid=0003035429

65 名無し募集中。。。 :2017/11/21(火) 13:58:07
http://i.imgur.com/HBUlT88.jpg
http://i.imgur.com/FWL3uGx.jpg
http://i.imgur.com/HTpPOA8.jpg
http://i.imgur.com/z26gpVa.jpg

66 名無し募集中。。。 :2017/11/21(火) 13:58:37
http://i.imgur.com/b7hHKtE.jpg
http://i.imgur.com/kvb7t2y.jpg
http://i.imgur.com/ALc4D6l.jpg
http://i.imgur.com/8wpC8wN.jpg
http://i.imgur.com/gxTC78R.jpg

67 名無し募集中。。。 :2017/11/21(火) 14:13:03
“エースへの瀬戸際”今永を変えたラミ監督の叱咤
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000073-spnannex-base
今永の秘めた力を誰より高く評価するのがDeNA・ラミレス監督だ。
CS進出争い佳境だった9月7日ヤクルト戦。
2回5失点40球で降板させると、監督室に呼んだ。
「来年エースになるかどうかの瀬戸際だ。プライドを見せろ。こんなレベルの投手じゃないだろう」
と叱咤(しった)激励した。就任後、選手に対してここまで語気を強めたのは初めてだった。

そこから3戦無敗でシーズンを終えCSへ。
ファイナルSで中継ぎ起用にも応え、日本シリーズでは2試合とも2桁三振を奪った。

68 名無し募集中。。。 :2017/11/21(火) 14:21:04
インスタで文大統領をアカ呼ばわり、韓国プロ野球選手クビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000724-chosun-kr

69 名無し募集中。。。 :2017/11/21(火) 14:22:27
キム・ウォンソクは今年7月から、自分のファンクラブの女性ファンと写真共有SNS「インスタグラム」のダイレクト・メッセージ(DM)をやり取りしていた。このDMではタカをシンボルとするハンファを「チキンにする」、李相君(イ・サングン)監督代行を「石の相君マジック」、本拠地のある忠清(チュンチョン)道を「モンチョン(バカ)道」と呼ぶやり取りがあった。また、文在寅(ムン・ジェイン)大統領を「パルゲン(アカ、共産主義者)ジェイン」と呼んだものもあった。

70 名無し募集中。。。 :2017/11/22(水) 08:58:38
【日本ハム】清宮、背番号「21」に内定 枠にとどまらず大きな存在に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000209-sph-base

新ポスティング今日合意「撤回権」日本が手放す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00058779-nksports-base

【オリックス】吉田正が腰の手術 来季は「最低でも規定(打席)」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000203-sph-base

【楽天】オコエ、侍4番“山川化”誓う「泳がされてもしっかり捉えていた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000233-sph-base

鈴木誠也と筒香が舌戦、“友だちみたい”な新人王コンビ…NPBアワーズ・ハイライト5選
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171122-00010000-baseballc-base

【日本ハム】中田、100キロボディーへ「肉1日1キロ生活」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000230-sph-base

大谷欲しい!メジャー16球団が二刀流OK ヤ軍は松井氏が交渉も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000010-sanspo-base

71 名無し募集中。。。 :2017/11/22(水) 19:46:04
年俸安くても効率的に勝ったのは…コスパがいい球団、悪い球団【2017年版】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171122-00000062-sasahi-base
【2017年・12球団年俸総額】
ソフトバンク 42億800万円(1選手平均7013万円)
巨人     36億8653万円(1選手平均6043万円)
阪神     25億3878万円(1選手平均4162万円)
ヤクルト   22億4200万円(1選手平均3737万円)
日本ハム   21億9774万円(1選手平均3488万円)
ロッテ    21億7107万円(1選手平均3446万円)
西武     20億3557万円(1選手平均3283万円)
オリックス  19億6804万円(1選手平均3336万円)
楽天     19億4986万円(1選手平均3196万円)
中日     18億1390万円(1選手平均2926万円)
広島     16億8806万円(1選手平均2767万円)
DeNA    15億8622万円(1選手平均2600万円)

【2017年・12球団1勝当たりの年俸額】
巨人     5120万円(72勝)
ヤクルト   4982万円(45勝)
ソフトバンク 4166万円(94勝+7勝)
ロッテ    4021万円(54勝)
日本ハム   3663万円(60勝)
阪神     3214万円(78勝+1勝)
オリックス  3124万円(63勝)
中日     3074万円(59勝)
西武     2544万円(79勝+1勝)
楽天     2407万円(77勝+4勝)
DeNA    1958万円(73勝+8勝)
広島     1897万円(88勝+1勝)

72 名無し募集中。。。 :2017/11/22(水) 19:51:30
「宝物を得た」。DeNA今永にメジャー熱視線、スカウトが惚れ込んだ若き侍Jエース候補
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171122-00010003-baseballc-base

大谷翔平MLB移籍 3年目以降大型契約望むなら打者専門が有利
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171122-00000013-pseven-spo
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171122-00000013-pseven-spo&p=2

巨人・陽岱鋼、元ソフトバンクの兄と絶縁か。賭博、借金…不信感募る
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171116-00010005-baseballc-base

73 名無し募集中。。。 :2017/11/23(木) 15:13:08
米記者 連続ツイートで大谷レポート「ハーパーの打撃が好き」、「バドミントンで母に勝てない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00000119-spnannex-base
米国FOXスポーツのジョン・モロシ記者が23日、今オフのメジャー移籍を目指す日本ハムの大谷翔平(23)について自身のツイッターでレポートした。
モロシ記者は大谷に直接、取材を敢行したようで、質問に対する答えという形式で5つのツイートが続いた。

「メジャーでのキャリアにおいて、成功の尺度をどのあたりに置いているのかと私が聞くと、大谷は“賞を獲得することなども重要だと思うが、引退した時にファンからどれだけ称賛されるかで評価するだろうと思う”と答えた」。

「2月のインタビューで大谷は私に“18歳の時、自分の獲得に最も興味を示していたのは、レンジャーズ、ドジャース、そしてジャイアンツだった”と話した。また、“過去にライトを守ったことはあるけれど、メジャーのレベルで守ることができるかは分からない”とも語った」。

「入団するチームを選ぶ上での決め手について大谷は“できるだけ多くの球団と話し合い、そのチームでプレーしたいかどうかを確かめたい”と私に話した」

「大谷の父親は社会人野球の元選手で、母親はバドミントンの元選手。どちらがアスリートとして優秀かと私が彼に尋ねると、“母親。今日に至るまでバドミントンで彼女に勝てない”と話した」。

「大谷にお気に入りの選手を聞くと、“イチローとダルビッシュ”と答え、さらに“ナショナルズのブライス・ハーパーのプレーを見るのが好きで、ビデオで彼の打撃を研究している”と話した」。

74 名無し募集中。。。 :2017/11/23(木) 16:23:13
2017 打順別打撃成績
MLB
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/im_siggbUpRm0OCs8R3fdzLLryuSg---x300-y300-pril-q80/c/sports/text/images/2017/1120/201711200007-spnavi_2017112000019_view.jpg
NPB
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/im_siggqxatMgIJrfSKUjai3k98mg---x300-y300-pril-q80/c/sports/text/images/2017/1120/201711200007-spnavi_2017112000021_view.jpg
ヤクルト
https://i.imgur.com/IQhv7k8.jpg
ロッテ
https://i.imgur.com/zkHVGvE.jpg

今年のMLBでの2番打者起用回数ランキングと2番起用時の成績
https://i.imgur.com/YEnsgRG.jpg
作戦別の走者進塁率・走者生還率・得点期待値
https://i.imgur.com/Ob4csfh.jpg
得点期待値・得点確率
http://archive.baseball-lab.jp/files/user/SB-break-even03.jpg

日米現役犠打数ランキング
https://i.imgur.com/CWPnnd3.jpg
https://i.imgur.com/WBg2DQD.jpg

http://number.bunshun.jp/articles/-/71342?page=2
ヒルマン「バントは日本人の“免罪符”だ。
大量得点のチャンスをむざむざ見過ごし、失敗を回避するための弁解でしかない。
選手たちはある種の安心感を得られる。『よし、危険を冒すより、堅実に1点取っておこうぜ』とね」

75 名無し募集中。。。 :2017/11/25(土) 15:17:08
2年前の大谷「パリーグ最強打者はうちの近藤」
2年前の稲葉「近藤健介はイチロー並の技術を持っている」
2年前のお前ら「何言ってんだこいつら」

76 名無し募集中。。。 :2017/11/25(土) 15:20:45
大谷翔平の次は? メジャースカウトが評価した若き侍戦士7人の名前
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171125-00010002-sportiva-base
まず日本の投手陣から話をしてもらったが、このスカウトによれば今大会で先発した薮田和樹(広島)、
今永昇太(DeNA)、田口麗斗(巨人)の3人は、いずれもがメジャーのマウンドに立てるポテンシャルがあるという。
なかでも、とりわけ高い評価を与えたのが、今季15勝を挙げた薮田だった。
「薮田は投げるときに腕が打者から見えないし、カットボールや落ちるボールもある。間違いなく(メジャーに)行ける」
今永と田口については、メジャーで先発としては難しいかもしれないが、
左投げということもあってワンポイントを含めた中継ぎとして起用すれば面白い存在になるのではと言う。
「かつてメジャーで投げていた高橋尚成のような役割ができるかもしれない。
今永はストレートと同じ軌道でスライダーを投げられるので、バッターが手を出しやすい。
そのあたりはすごい技術を持っている投手だね」

リリーフ陣では、石崎剛(阪神)に強い関心を寄せていた。
「彼については、高校のときから見ているが、当時はストレートが134キロぐらいしか出ていなかった。
それが今では150キロを超えている。同じサイドスローでも又吉克樹(中日)よりも球質がいいと思うよ。
もう少し変化球を磨いていけば、面白い投手になる」
石崎に限らず、変則系の投手はアメリカに渡るチャンスが多くなると、スカウトは言う。
「アメリカでは、上から投げ下ろして角度をつける投手が多い。サイドから投げる投手もいることはいるが、少数派。
打者にしてみれば、その投げ方の投手はなかなか練習できないので、ミスショットをする確率が高くなってしまうんだ」

一方、野手陣はどうか。今回、スカウトからは3人の名前が挙がったが、最も高評価だったのが上林誠知(ソフトバンク)だ。
アメリカでは、ミート力、長打力、走力、守備力、送球能力のすべてを兼ね備えた選手を“5ツールプレーヤー”と表現するが、まさに上林がこれに当たるという。
「まだ粗さはあるが、バットの芯に当たれば果てしなく飛ぶし、身体能力が高い。
それに彼は顔がいい。打席でいつも落ち着いた表情をしている。メジャーに行かないといけない選手だね」
次に挙がったのが、源田壮亮(西武)だった。今季、ルーキーながら143試合フル出場を果たし、
パ・リーグの新人王に輝いた期待のショートだが、スカウトは源田の守備力を高く評価していた。
「守備範囲が広い。勘もいいし、ポジショニングもいい。なにより打球への反応が素晴らしい。
打者がこのあたりに打ってくるだろうというのをわかっている。その部分に関しては、今宮健太(ソフトバンク)よりも優れているんじゃないかな」

77 名無し募集中。。。 :2017/11/25(土) 15:23:21
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171125-00010002-sportiva-base&p=2
ただ、メジャーでプレーするには当然ながら打撃力は必要になる。スカウトは源田のバッティングをどう見たのか。
「パワーがないのは仕方ないが、彼のスピードは魅力だね。
外野手の間を抜くような打球を打てるようになれば、もっと可能性が広がる。
事実、私の球団の上層部は源田のことをすごく気に入っている。
粘り強いバッティングができるし、ファウルで相手投手の球数を増やせるのはいい。
ただ、この大会では高めの速い球を空振りしていたのが目についた。まずはそこを改善できるかどうかだね」

そして最後に挙げたのが、近藤健介(日本ハム)だ。
今季、近藤は椎間板ヘルニアの手術でシーズンの大半を棒に振ったが、
それまでは打率4割をキープするなど、たぐいまれなバットコントロールでヒットを量産していた。
「ミートする技術は、今回の日本のなかでは一番の選手。逆方向にもしっかり打てるし、センスは本当に素晴らしい」
また、このスカウトは技術だけでなく、選手の“中身”も観察していると話す。
いくら高い技術を持っていても、日本とはまったく違うメジャーの環境でプレーするには、メンタルの強さや人間性も重要になるというのだ。
「近藤は笑顔を浮かべていることが多く、チームメイトからも好かれるだろう。
それに(10月の)飯山裕志の引退試合で、ほとんどの選手が悲しそうな表情を浮かべているなか、彼だけはニコニコしていた。
あのキャラクターは貴重だと思うし、すごく興味深かった。おそらくクラブハウスにいても楽しいタイプだろう。彼のメンタリティは問題ないと思うよ」

もちろん、ネット裏のスカウトたちは日本の選手だけでなく韓国や台湾の選手もくまなくチェック。
なかでも“台湾の大王”こと王柏融(ワン・ボーロン)には、日本のみならずメジャーのスカウトも熱い視線を送っていた。
王は台湾リーグで2年連続シーズン4割をマークし、今季はリーグ史上初の三冠王を達成したスーパースターだ。
スカウトは「まだ判断材料が少ない」と前置きした上で、王についてこう語る。
「雰囲気は岩村明憲(元レイズなど)に似ているね。ミートする技術が素晴らしい。
それに外のボールに対する見極めができていて、ボール何個分外れているかまでわかっていると思うよ。
ただ、台湾にはしっかりコーナーに投げ込める投手が少ない。
アメリカや日本でプレーしたとき、今よりも投手のレベルが上がるのは確実。そのときにどこまで対応できるかだろうね」

また韓国では3番を打つ189センチの左打者・ク・ジャウクの名前が挙がった。
「彼は、これからも見ていきたい素材。以前も見たことはあったが、今大会で見てさらに好きになった。
ファウルの仕方がよく、ほかの選手と違って打席のなかでいろいろと工夫しているのも好印象だね」

はたして、この中からメジャー球団が本気で獲得を目指す選手は出てくるのか。彼らのさらなる成長を期待したい。

78 名無し募集中。。。 :2017/11/25(土) 15:33:29
ハム女子の評価

西川・・・かっこいいけど、チャラい。
杉谷・・・一緒にいて楽しそう。だけど、誰にも笑顔で嫉妬しちゃうかも。
大谷・・・王子様。天の上過ぎて付き合えないかも。
中島・・・バランスが良い。守備同様に固い結婚生活を送れそう。
近藤・・・逆方向へ力強い打球を打てる。インサイドに食い込むボールに身体を開かずに打ち返せるのは唯一の才能。共通点が多い小笠原二世になってほしい。

79 名無し募集中。。。 :2017/11/26(日) 17:06:11
大谷翔平の代理人が30球団に出した宿題。7つの設問をLAタイムズの記者が明らかに
https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20171126-00078583/
大谷翔平の代理人を務めるネズ・バレロが、コミッショナー事務局を通して、30球団に質問を送った。
最初に報じたAPによれば、設問は6つだが、どうやら7つあるらしい。
ロサンゼルス・タイムズのビル・シェイキンが「ショウヘイ・オオタニがMLB球団に週末の宿題を与えた」
と題した記事で、内容を明かしている。タイムズが文面を入手したという。

それによると、設問は以下のとおりだ。

・ショウヘイの才能に対する評価。投手として、打者として
・選手の育成、メディカル、トレーニング、選手のパフォーマンスについての哲学と能力
・メジャーリーグ、マイナーリーグ、スプリング・トレーニングの施設
・ショウヘイを異文化に溶け込ませるための準備
・組織にショウヘイを組み込むための詳細な計画
・なぜ、その都市と球団がプレーするのに望ましいのか
・関連する市場の特性

原文の雰囲気を残そうと、直訳に近い形にしたので
(筆者の翻訳能力もあいまって)、わかりにくいところがあるかもしれないが、
「詳細な計画」は起用法を訊ねていると思われる。
これらに対し、球団は英語と日本語で回答することが求められているという(日本語の設問があったのかは不明)。

すべての球団が応じるとは限らないが、それぞれの球団がどう答えるのか、興味をそそられる。
大谷と契約できるかどうかは別にしても、回答からは球団の姿勢が垣間見えるかもしれない。
特に、選手の育成については知りたいところだ。
もっとも、そこにはプラス面だけが記されているはずなので、全面的に信用はできないが……。

また、「プレーするのに望ましい」という点について、コロラド・ロッキーズはどうアピールするのだろう。
本拠地のクアーズ・フィールドは「打者天国」だ。裏を返せば、投手にとっては「地獄」ということになる。

80 名無し募集中。。。 :2017/11/26(日) 17:17:57
大谷代理人、メジャー30球団へ異例の質問状「オオタニはどうフィットする?」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00000087-sph-base
【MLB】ついにはリトルリーグ時代の映像も! 大谷フィーバーにハマる米メディア
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00094772-fullcount-base
ヤンキースも大谷獲得に全力 先発ローテを休養多めの”特別編成”にするプランも
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171126-00010000-baseballc-base
【MLB】ヤンキースが大谷獲得にイチロー動員!? 米メディアが衝撃のシナリオを指摘
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00094711-fullcount-base
「大谷ありき」メジャー移籍市場は長くダイナミック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00062193-nksports-base

<動画>稲村亜美、キュートなスポーツルック満載 新作カレンダーは「家族にも配れる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000003-mantanv-ent
“神スイング”稲村亜美、理想のクリスマスは「トナカイに乗りたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171125-00129052-the_tv-ent

81 名無し募集中。。。 :2017/11/26(日) 17:20:05
25歳以下の本塁打が多かった球団は?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00139221-baseballk-base
25歳以下のチーム別本塁打ランキング
1位 45本塁打 阪神
中谷 将大 20本(93年1月5日生)
大山 悠輔 7本(94年12月19日生)
原口 文仁 6本(92年3月3日生)
高山 俊  6本(93年4月18日生)
北條 史也 3本(94年7月29日生)
坂本誠志郎 2本(93年11月10日生)
糸原 健斗 1本(92年11月11日生)

2位 44本塁打 広島
鈴木 誠也 26本(94年8月18日生)
バティスタ 11本(92年1月18日生)
西川 龍馬 5本(94年12月10日生)
磯村 嘉孝 2本(92年11月1日生)

3位 37本塁打 日本ハム
西川遥輝 9本(92年4月16日生)
大谷翔平 8本(94年7月5日生)
横尾俊建 7本(93年5月27日生)
松本 剛 5本(93年8月11日生)
近藤健介 3本(93年8月9日生)
石井一成 3本(94年5月6日生)
太田賢吾 1本(97年1月19日生)
清水優心 1本(96年5月22日生)

4位 26本塁打 ヤクルト
山田 哲人 24本(92年7月16日生)
西田 明央 1本(92年4月28日生)
山崎晃大朗 1本(93年8月11日生)

5位 22本塁打 楽天
茂木栄五郎 17本(94年2月14日生)
オコエ瑠偉 3本(97年7月21日生)
田中 和基 1本(94年8月8日生)
三好 匠  1本(93年6月7日生)

6位 19本塁打 ソフトバンク
上林誠知 13本(95年8月1日生)
甲斐拓也 5本(92年11月5日生)
真砂勇介 1本(94年5月4日生)

6位 19本塁打 オリックス
吉田正尚 12本(93年7月15日生)
駿 太  2本(93年3月5日生)
大城滉二 2本(93年6月14日生)
武田健吾 2本(94年4月18日生)
若月健矢 1本(95年10月4日生)

6位 19本塁打 DeNA
桑原将志 13本(93年7月21日生)
乙坂 智 2本(94年1月6日生)
細川成也 2本(98年8月4日生)
柴田竜拓 1本(93年12月16日生)
白根尚貴 1本(93年4月28日生)

9位 16本塁打 西武
外崎修汰 10本(92年12月20日生)
源田壮亮 3本(93年2月16日生)
森 友哉 2本(95年8月8日生)
永江恭平 1本(93年5月7日生)

10位 13本塁打 ロッテ
中村奨吾 9本(92年5月28日生)
田村龍弘 3本(94年5月13日生)
平沢大河 1本(97年12月24日生)

11位 10本塁打 巨人
石川 慎吾 5本(93年4月27日生)
宇佐見真吾 4本(93年6月4日生)
山本 泰寛 1本(93年10月10日生)

12位 8本塁打 中日
京田陽太 4本(94年4月20日生)
高橋周平 2本(94年1月18日生)
近藤弘基 1本(93年2月12日生)
溝脇隼人 1本(94年5月17日生)

※1992年1月1日生まれ以降

82 名無し募集中。。。 :2017/11/26(日) 17:26:36
逸材ズラリ! 稲葉ジャパンに招集されなかった24歳以下の有望選手たち
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00094782-fullcount-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00094782-fullcount-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00094782-fullcount-base&p=3
◯大谷翔平(日本ハム5年目)
2017:5試合3勝2敗0ホールド0セーブ 防御率3.20
通算:85試合42勝15敗1ホールド0ホールド 防御率2.52

2017:65試合202打数67安打8本塁打31打点 打率.332
通算:403試合1035打数296安打48本塁打166打点 打率.286

◯吉田正尚(オリックス2年目)
2017:64試合228打数71安打12本塁打38打点 打率.311
通算:127試合459打数138安打22本塁打72打点 打率.301

◯茂木栄五郎(楽天2年目)
2017:103試合398打数118安打17本塁打47打点 打率.296
通算:220試合822打数236安打24本塁打87打点 打率.287

◯鈴木誠也(広島5年目)
2017:115試合437打数131安打26本塁打90打点 打率.300
通算:388試合1190打数368安打61本塁打218打点 打率.309

◯森友哉(西武4年目)
2017:38試合124打数42安打2本塁打18打点 打率.339
通算:324試合1027打数302安打35本塁打147打点 打率.294

◯松井裕樹(楽天4年目)
2017:52試合3勝3敗5ホールド33セーブ 防御率1.20
通算:200試合11勝17敗30ホールド96セーブ 防御率2.55

◯藤浪晋太郎(阪神5年目)
2017:11試合3勝5敗0ホールド0セーブ 防御率4.12
通算:114試合45勝37敗0ホールド0セーブ 防御率3.05

◯濱口遥大(DeNA1年目)
2017:22試合10勝6敗0ホールド0セーブ 防御率3.57
通算:22試合10勝6敗0ホールド0セーブ 防御率3.57

◯武田翔太(ソフトバンク6年目)
2017:13試合6勝4敗0ホールド0セーブ 防御率3.68
通算:100試合48勝26敗0ホールド0セーブ 防御率2.89

この他にも1993年生まれ世代では阪神の高山俊、ヤクルトの原樹里、中日の高橋周平、
1994年生まれ世代では阪神の大山悠輔や小野泰己、ソフトバンクの田中正義、ロッテの佐々木千隼、
オリックスの黒木優太、巨人の吉川尚輝、1995年生まれ世代ではロッテの二木康太らの名前も挙がってくるだろう。

さらに下の世代では、1996年生まれで西武の高橋光成、楽天の安楽智大、巨人の岡本和真、日本ハムの浅間大基ら、
そして楽天のオコエ瑠偉が選ばれていた1997年生まれでは中日の小笠原慎之介、ソフトバンクの高橋純平、
ロッテの平沢大河と成田翔ら、そして日本ハム堀瑞輝がメンバー入りした1998年生まれでは、楽天の藤平尚真、
西武の今井達也、ヤクルトの寺島成輝、ソフトバンクの古谷優人など、将来が楽しみな選手がいる。

2020年の東京五輪では、現在24歳以下の世代から何人の選手が侍ジャパン入りを果たし、日の丸が着いたユニフォームに袖を通すのだろうか。これからの若い力の台頭、突き上げに期待したい。

83 名無し募集中。。。 :2017/11/28(火) 23:50:08
星野仙一氏 殿堂入り祝う会で田中将大らに“公開説教”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00000076-tospoweb-base
楽天・星野仙一球団副会長(70)の野球殿堂入りを祝う会が28日、都内で行われた。
会場には球界はもちろん、政財界、芸能界の大物ら1000人以上が出席。
球界からは巨人・高橋監督、侍ジャパン・稲葉監督らをはじめ、
楽天が日本一となった2013年にエースとして活躍した、ヤンキース・田中投手も出席した。

会の中盤では楽天の日本一メンバーが登壇し、トークショーを展開したが、星野氏ここで“闘将モード”にギアチェンジ。
日本シリーズ第7戦で前日に160球を投げた田中を最終回のマウンドに上げた経緯に
「オレはベンチから外すつもりでいたら、コーチが『(田中が)ベンチに入りたいと言っている。投げるつもりです』と言っている。
そしたらこの間、テレビで(田中が)『投げるつもりはなかった』と…。
ちょっと、お前ら立て!」と佐藤、森山両コーチと田中をそばに立たせ“公開説教”が始まった。

これには田中もタジタジで「(記憶が)あいまいなんですけど…投げるつもりではいました」と話すと、星野氏はニッコリ。
「この3人に“だまされた”ことが結果、いいピッチングにつながったということです」と締めて会場を沸かせた。

84 名無し募集中。。。 :2017/11/29(水) 08:30:03
【MLB】“二刀流”大谷翔平の質問状を踏まえた上で…米紙が選んだ6球団とその理由
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00095248-fullcount-base
「オータニフィーバー」過熱で注目される、米メジャーリーグの二刀流
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171128-00010001-newsweek-int
大谷翔平がドジャースと契約すれば、2人の「二刀流プレーヤー」が同じ球団に
https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20171128-00078670/
日本ハム、大谷と5年前に約束したこと メジャー行きかなえる“3カ条”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00000015-ykf-spo

85 名無し募集中。。。 :2017/11/30(木) 00:49:49
【台湾WL】DeNA佐野が一発含む3安打と躍動 イースタン選抜が米国&欧州混成チーム撃破
4番の佐野は一発含む3安打「打撃フォームの改造が成果になって嬉しい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00095346-fullcount-base

2017 アジアウインターベースボールリーグ(AWB)
http://npb.jp/winterleague/2017/
レギュラーシーズン 1125(土)〜1214(木)
プレーオフ      1215(金)〜
優勝決定戦     1217(日)

2017 アジアウインターベースボールリーグ 放送スケジュール
https://yomumiru.skyperfectv.co.jp/release/201710-009219.php

86 名無し募集中。。。 :2017/12/01(金) 21:03:46
大谷5球団に絞る ヤンキース、パドレスなど
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00066279-nksports-base
【動画】大谷、米到着 大リーグ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00010007-storyfulv-base
大リーグ移籍市場停滞、理由は大谷と…岐路に立つ強打者
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000050-asahi-spo

ボラス氏、大谷“超格安”契約に嘆き「かわいそうな犠牲者」
米では称賛する文化ない「少ない年俸でも頑張る」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000017-ykf-spo
「メジャーでは、選手がその能力に見合った金額をもらっていない場合、周囲からの尊敬は得られない。
『少ない年俸でも頑張る』という姿勢を称賛する文化はアメリカにはない」

日本ハム近藤ら同期トリオ、東京五輪での侍入り誓う
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00066823-nksports-base
メジャー挑戦する大谷翔平投手(23)の話題になると、
近藤は「パワーがあって、外国人と比べても翔平が一番飛ぶ。(メジャーでは)30本くらいホームランを打ってほしい」と期待。
上沢は「アイツで勝てなかったら逆に野球ファンとしてショック」とエールを送っていた。

【MLB】レアードが米紙で大谷絶賛「スーパースター」「二刀流できる、間違いない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00095644-fullcount-base
日本ハム・レアードが米国で大谷を絶賛「彼の能力をもってすれば米国への適応も容易」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171201-00010003-baseballc-base

87 名無し募集中。。。 :2017/12/01(金) 21:08:24
大谷いよいよ交渉スタート ”地雷球団”はどこだ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000033-tospoweb-base
本来の市場価値が2億ドル(約222億円)とも言われるマルチプレーヤーを
譲渡金2000万ドル(約22億2000万円)+最高で353万5000ドル(約3億9000万円)の契約金、
さらにメジャー契約となった場合、最低年俸の54万5000ドル(約6000万円)と格安で獲得できるのだから、
手を挙げなきゃ損という感覚なのだろうが、それだけにまがい物の球団も多く紛れ込んでいるということだ。

あるア・リーグ球団関係者は「大谷のような外国のスタープレーヤーを獲得する場合には
実際にその気がなくてもフランチャイズのファンに対するアピール、
オーナーや球団上層部に対する自己アピールのために獲得に乗り出す“フリ”をする球団が多くある。
それまでの過程でどれくらい綿密に調査を行ったか、またそれに経費を使ったかで分かってしまうものですが…」
と“まがい物球団”を見分けるポイントを挙げた。

また一方で、実際に地元メディアなどに大谷の起用法等を具体的にアピールしている球団の中にも“地雷球団”が潜んでいるという。
前出関係者は「ある球団の編成トップはここ10年前後の間に素晴らしい実績を挙げているが、その間に日本人選手を1人も獲得したことがない。
日本人どころかその在職中にアジア系の選手が在籍した実績もない」と米国に横たわる人種問題を指摘している。
過去には米メディアも首をかしげる不可解な起用をされた日本人選手もいた。

88 名無し募集中。。。 :2017/12/02(土) 01:51:59
Shohei Otani Japanese baseball pitcher and outfielder will not give autograph to a little kid
https://www.youtube.com/watch?v=GS58GpwvnXw

89 名無し募集中。。。 :2017/12/02(土) 21:35:26
全30球団提出 大谷の代理人に届いた球団レポートの中身
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171202-00000012-nkgendai-base
いよいよ全米が注目する二刀流の争奪戦がスタートするが、交渉解禁を前に、
各球団が代理人のネズ・バレロ氏に提出した書面の内容が漏れてきた。

バレロ氏が求めた具体的な二刀流起用プランは全30球団が提出したといわれるが、内容は球団によってマチマチ。
代理人の要求通り、入団した場合の具体的な育成法や起用法を提案しただけでなく、
本拠地を構える都市や住環境など、球場外の利便性も強調。
入団すれば、いかにメリットがあるかを訴えた球団が大半を占めたが、
中には球団を紹介するパンフレットに毛が生えた程度のものもあったという。

球団によって温度差があるのは当然か。二刀流としてではなく、
投手か野手のどちらかだけを評価しているチームもあるからだ。
実際、打者としてしか評価していないにもかかわらず、獲得に名乗りを上げた球団もあるそうだ。
ナショナルズのマイク・リゾGMが
「投手、野手のどちらか一方をやるだけでも大変なのに、メジャーでの二刀流は現実的ではない」
と話したのもあるいは本音かもしれない。
はなから二刀流で起用する気がないのに、代理人の求めに応じて書面を提出したのは、
メジャーを代表する敏腕代理人との関係、将来的な日本人選手の獲得を見据えて、球団をアピールする狙いからだ。
書面の内容から大谷取りの本気度がうかがえるのは15球団程度とみられる。
週明けにも開始する面談でボロを出す球団は少なくなさそうだ。


大谷翔平選手、病院・代理人事務所でも姿見えず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171202-00000542-san-base
11月29日にロサンゼルス入りした大谷選手は、
代理人のネズ・バレロ氏と打ち合わせを行っているとみられるが、代理人事務所などで姿を見ることはできなかった。
投打の「二刀流」という注目度の高さから米国メディアでも話題となっている大谷選手。
メディカルチェックを受けるとみられる、ロサンゼルス国際空港近くの「カーラン・ジョーブ整形外科クリニック」前には日本の報道陣が待機していた。
同クリニックは、「トミー・ジョン手術」と呼ばれるひじの靱帯(じんたい)再建手術を考案した医師、フランク・ジョーブ氏にちなんだ病院で、
ヤンキースの田中将大投手もここでメディカルチェックを受けたとされる。

「誰を待っているんだ?」「エッ、大谷? 移籍先はどこになった?」。
通りかかった男性が、関心深そうに記者に尋ねてくるなど、一般の関心も集めているようだ。

一方、バレロ氏が所属する代理人事務所「CAA」が入るビルは、病院から車で約30分ほどの同じロサンゼルス市内にある。
同事務所の芸能部門はアーティストのレディ・ガガさん、ジャスティン・ビーバーさん、
米俳優のジョニー・デップさんらをクライアントとしている大手で、
スポーツ部門の「CAAスポーツ」は米経済誌フォーブスで「最も価値のあるスポーツエージェンシー(代理人事務所)」に選ばれている。

ビルへの人の出入りは激しいが、大谷選手らの姿をとらえることはできなかった。

90 名無し募集中。。。 :2017/12/03(日) 19:43:05
大谷翔平のメジャー“上陸”へ高まる期待 MLB公式サイトが特集動画を作成
https://full-count.jp/2017/12/03/post95988/
【MLB】大谷の“LA面談”に「招待」される球団、3日夜にも明らかに 米記者が伝える
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00095964-fullcount-base

大谷 ア・リーグで299打席、ナで203打席か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00068316-nksports-base
MLB公式ホームページが2日(日本時間3日)、DH制のあるアメリカン・リーグ(ヤンキース、マリナーズなど)と、
投手も打席に立つナショナル・リーグ(ドジャース、カブスなど)では打席数がどうなるかを以下のようにシミュレーションしている。

【ア・リーグ=計299打席】

◆26試合に先発登板=打席数0
◆65試合でDH先発=打席数273(1試合×4・2打席)
◆26試合に代打出場=打席数26
◆45試合休養

【ナ・リーグ=計203打席】

◆26試合に先発登板=打席数78(1試合×3打席)
◆5試合でDH(交流戦)=打席数21(1試合×4・2打席)
◆104試合で代打出場=打席数104
◆27試合休養

※4・2打席は今季MLBの1試合平均

ちなみに大谷の日本ハムでの打席数は1年目から204→234→119→382→231だった。

91 名無し募集中。。。 :2017/12/03(日) 19:54:22
米メディアが大谷の二刀流欠陥を指摘「内角打てない」「速球動かない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00000002-wordleafs-base
米スポーツメディアESPNは特集記事でポスティングによるメジャー移籍を決めた大谷翔平の投打に関するシビアな分析をした。

「大リーグは大谷翔平をエースとして獲得に乗り出すが、バッティングはメジャーで通用するのだろうか?」というタイトルで書かれた分析記事。
「大谷の移籍ビジネスがスタートした。大谷は投手でというのが各球団の明確な総意だ。
彼は先発投手としてチームの1番手になる可能性がある」としたものの、
1、カーブは時々しか使わない。
2、チェンジアップはコントロール不足でほとんど投げない、
3、故障なく過ごした期間が限られるという3つの問題点を持っていると分析した。

まずスピードについては、
「大谷は100マイル(160キロ)を投げたことがあり、
通常でもスピードは90マイル後半(約155キロ)に達する。だが、いつもそうではない」と説明。

「あるスカウトは『91マイル(約146キロ)から必要であれば90マイル半ば(約152キロ)に留まっていた』と話す。
(取材した)全員が『彼の速球は、打者の手元で動かないフォーシームなので、球速ほどではない』という意見で一致した。

スライダーとスプリットは、80点満点中70点の評価を与えていい。
カーブも平均以上だが、ダルビッシュ有のようなスピンはない」と、
大谷が、いわゆるツーシームなどのムービングファストボールを操れないことを問題視した。

また「コントロールは平均以上だが精密ではない。おそらく足が地面についてからの球持ちの長さの時間が関係するのだろうが、
この球持ちの時間は、故障するリスクの指標となる可能性がある」
と、大谷の投球フォームがアバウトなコントロールの原因で故障につながるリスクのあるフォームだとも指摘した。

記事では、大谷の日ハムでの投球回数についても紹介され、
「この23歳は2015年の20歳のシーズンに160回2/3を投げたのが最高で、それ以上を投げたことがない。
2017年は足首のけがで5度の先発で25回1/3を投げたに過ぎない。
怪我は昨年オフに痛め、10月に手術をし、また今シーズンは太ももの故障にも苦しんだ」
と、200回以上登板の実績がない部分も不安視した。

92 名無し募集中。。。 :2017/12/03(日) 19:55:04
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00000002-wordleafs-base&p=2
今回、契約の条件とされている二刀流については、取材した全米のスカウトなどの関係者は否定的だったという。
「実は、大谷を野手として見る向きは少ない。関係者の多くは、
『このままパートタイムで野手を続けていれば、大リーグの平均打者にまで成長できない』という意見で一致した」

さらに同記事では打者としてのウイークポイントについても鋭く指摘した。

今シーズンはプレー機会が少なかったため、映像による分析になったというが、
「彼のバットスイングには 問題がある。スイングが遠回りするため、内角が大きな欠点になるのではないかと見ている。
私が質問したスカウトは、そのスイングの問題点について1人は否定したが、
大半は同じような意見を持ち、左打者に有効な球を持つ大リーグの投手を打つためには、大規模な打撃修正が必要になると考えている。
大谷は、日ハムでも過去2年の三振率が5位と高かった。
同じく日本のプロ野球で三振率の高い打者はメジャーで結果を出せずに日本へ移籍した選手だ。
(大谷と彼らは)パワーを売り物にしているが、2ストライク後の対応ができない」と、打者としての欠陥をリストアップした。

そして、「大谷が打たないと話す人間にぶつかったわけではない。
ただ内角に対応できるようスイングをコンパクトにすれば、
2ストライクからの対応力も磨け、平均的な打者になれるのではないか、という意見があるのだ。
もし、2018年、そしてその翌年にも500打席立てば、彼への評価も変わるだろうが。
これから各球団が大谷に何を話そうと、毎日プレーさせることで積み重なる疲労や健康面へのリスクを考えると、
実際に二刀流を採用する球団は絶対にないだろう」と続けた。二刀流については、かなり否定的な分析だ。

同記事では、交渉に乗り出す各球団が、二刀流起用について、どういうプランを抱いているかについても触れている。

「ア・リーグは、彼が先発しない日にDHで起用できるとアピールしやすいだろう。
例えば、週の1日目に登板させ、2日目にDH、3日目、4日目に外野で使い、5日目に休ませ、中4日で登板させるというスケジュールが組める。
日程が許すなら、さらに2日間の休みを追加できるだろうし、日本のプロ野球が組むように6人の先発制に移行できるかもしれない。

一方、ナ・リーグは、二刀流については柔軟な起用は無理だ。
大谷をライトのパートタイムで起用、5日のうち2日を外野、1日は登板という起用法にしなければならないのかもしれない。
しかし、ほとんどの球団は、外野には、フルタイムの選手を配置しており、優勝を狙う球団には大谷の起用は大きな問題となる」

二刀流に関しては現実問題としてナ・リーグのチームは実現が困難だという見立てだ。
記事は、最後に大谷がフィットする球団として、
「投手に専念させようとしているチーム、または12人、13人の投手を抱え、控え野手の層の薄さに悩むチーム。
或いは、控えや外野手でのパートタイム起用ができるチームになるだろう」と分析。
「私の予測としては、メジャー1年目は、経験したことのない投球回200イニングは投げられず、
5勝、もしくは、それ以下に終わるのではないか」という厳しい成績予想が記された。

獲得宣言をしている球団やメディアも含めて、大谷賛歌が続いているが、その一方で現実問題として、こういうシビアな評価があるのだろう。

93 名無し募集中。。。 :2017/12/04(月) 01:42:49
大谷、偉大な選手は「イチローさん」MLB公式HPがインタビュー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000277-sph-base
MLB公式サイトが大谷のインタビューを掲載。「大谷はスプリング・トレーニングで将来について話した」と題された記事で、
同サイトのJ・モロシ記者による対談を動画付きの一問一答で伝えている。
取材は2月の米アリゾナキャンプ中に行われたものだが、非常に興味深い内容となっている。

―(米国ではOTANI、OHTANIと)名前が異なるスペルで書かれているが。
「正しいスペルか分からないが、書類を書く時は“H”を入れている」

―日本のベーブ・ルースと言われ、どう思ったか。
「彼は野球の神様。私はまだそのレベルにいるとは思わない」

―好きな選手は。
「イチローさんは憧れの打者の一人だった」

―メジャーで二刀流を続けることがどれぐらい重要か。
「メジャーの監督とスカウトがどれぐらい評価しているのか分からないが、出来れば両方したい」

―高校時代からスカウトが視察していた。
「その時はジャイアンツ、レンジャーズ、ドジャースが最も積極的だった」

―メジャーに挑戦する時に、それは関係あるか。
「4年前とは状況が違う。同じチームかもしれないが、同じ人でないかもしれない」

―なぜ日本ハムでプレーすることを選んだか。
「投打両方を期待してくれたことが大きな要因の1つです」

―DHがないナ・リーグでプレーした時、どこのポジションを守るか。
「過去に右翼を守ったことがあるが、メジャーではどうか分からない」

―移籍先を決める上で最も重要なことは。
「チーム関係者が最も重要です。その人たちのためにプレーしたい気持ちを持っている」

―二刀流で米国人の野球への考え方を変えることに、どれほど興奮するか。
「成功したかどうか周りの判断に任せる。ただ二刀流として認めてもらえれば最高です」

94 名無し募集中。。。 :2017/12/04(月) 01:43:25
―メジャーで一番好きな打者は。
「B・ハーパーの打撃を見るのが好きです」

―ダルビッシュとの関係は。
「オフシーズンに誘っていただいて一緒に練習した。すごく世話をしてもらっている」

―ダルとは別のチームがいいか。
「同じチームにいることは素晴らしいことだが、別のチームでも同じ。対戦出来るから」

―米国でのプレーに神経質になることは。
「全てに緊張します。新しい国で、新しいプロ生活。神経質になることはたくさんあります」

―英語は。
「神経質になることの1つです。おそらく就学前のレベル。自分のために話したいが、おそらく通訳を付けるだろう」

―米国では何が好きか。
「ハワイとアリゾナに行ったが、巨大なステーキが好き」

―どの都市に興味があるか。見たいものは。
「ロッキー・バルボア像です。写真が欲しい」

―(ロッキー像のある)フィラデルフィアにはフィリーズがある。
「いいえ、ただそこに行きたいです」

―両親は何のスポーツをしていたか。
「父は社会人野球、母は社会人でバドミントンをしていた」

―どっちがいいアスリートだったか。
「母です。バドミントンで母に勝てない。母は身長が高いし、長い間プレーしている」

―日本野球の歴史で最も偉大な選手は。
「イチローさんです」

―何が長く活躍できる要因と思うか。
「その答えが知りたい。数回お会いする機会があった。偉大な方で師匠。野球選手として人間として尊敬している」

―米国ファンに知ってもらいたいことは。
「唯一約束できることは出来るだけ頑張ってプレーすることです」

95 名無し募集中。。。 :2017/12/04(月) 19:17:27
【MLB】大谷争奪戦に早くも明暗 面談7球団、脱落15球団、不明8球団の内訳は?
ヤンキースなどが脱落、西海岸の球団はことごとく“合格”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00096137-fullcount-base
◯面談
レンジャーズ
マリナーズ
エンゼルス
カブス
ジャイアンツ
パドレス
ドジャース

●面談ならず
ヤンキース
レッドソックス
ブルージェイズ
レイズ
ツインズ
ホワイトソックス
タイガース
アスレチックス
メッツ
ブレーブス
ナショナルズ
カージナルス
パイレーツ
ブルワーズ
ダイヤモンドバックス

△不明
オリオールズ
ロイヤルズ
インディアンス
アストロズ
マーリンズ
フィリーズ
レッズ
ロッキーズ

96 名無し募集中。。。 :2017/12/04(月) 20:08:48
ヤンキースはなぜ大谷争奪戦に敗れたのか?地元NYメディアは激怒報道!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000002-wordleafs-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000002-wordleafs-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000002-wordleafs-base&p=3

大谷、ヤンキース拒否のワケ GMもびっくり「こんな選手が出てくるとは思いもしなかった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000001-ykf-spo

97 名無し募集中。。。 :2017/12/05(火) 19:39:15
「MLB=お金」の世界。大谷はMLBに利用される!?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171205-00000010-baseballo-base
GM会議で、スコット・ボラス代理人が興味深い指摘をしていた。
近年のMLB球団では、再建の名の下、高額のスター選手をあえてトレードへ出して、安価な若手プロスペクトと交換。
当然、数年間は100敗以上となり極端に弱くなるが、ファンにそこは辛抱してもらい、数年後にかき集めた若手が育って世界一になる。
カブス、アストロズなど、そんなケースが続いた。このオフはデレク・ジーター新オーナーのマーリンズが同じことを始めようとしている。

だが本当のところ、何のために給料総額を削っているのか?ボラス代理人は言う。
「12億ドルで球団を買収した。ダイナミックなオールスター外野手がいるのに、給料総額を削るため放出すると言う。
将来勝つためのプランだというが、そこはファン不在だ。
しかも実際のところは、そうやって浮かせたお金を、オーナーが球団買収で背負った借金の返済に充てているケースがある。
その上で、10〜12年経過したら、オーナーがまた球団を(高値で)売却してしまうケースがあった。こうしてゲームの儲けを持っていかれてしまう」

今や、年間総売上が100億ドルを超えるMLB。
球団の価値も、例えばロイヤルズの2000年の9600万ドルが今では9億5000万ドルになったように、軒並み跳ね上がった。
それでなぜサラリー総額を削るのか。儲けは、どこに行ってしまうのか?
マーリンズは17年に1億1600万ドルだったサラリー総額を、来季は9000万ドルまで削減する。
今いる選手をキープすれば自動的に1億4000万ドルまで上がってしまう。
これによりイチローの残留オプションを行使しなかっただけでなく、ジャンカルロ・スタントンのような看板選手もトレードする方針だ。

ジーターは同じ日、同場所で
「再建という言葉はネガティブだから嫌いだが、今われわれは新しいものを作ろうとしていて、それには時間がかかる」と釈明した。

ボラス代理人は
「この3、4年に、MLB10球団が総額3億5000万ドルのサラリーを削っている。
そして50勝とか60勝しかできないチームがある。ゲームの高潔性を守るためにも、
100敗以上したチームにペナルティがあってもいいのではないか」

このオフも、J・D・マルチネス、エリック・ホズマー、マイク・ムスターカス、
ジェイク・アリエッタ、グレッグ・ホランドといった大物FA選手を顧客にそろえるボラス代理人は、
球団は儲かった分をポケットに入れるのではなく、選手に還元すべきと主張する。

現地時間11月21日、新しいポスティングシステムのルールが明らかになったが、
皮肉にも、上記のようなオーナー側と選手側のお金をめぐる長期の争いに、NPBや大谷翔平が巻き込まれた。
金銭面のことよりも、早くMLBに挑戦したいんだという大谷本人の熱意にも関わらず、交渉決裂で来られなくなる瀬戸際にあった。
最後は大谷が来られない理由になりたくないという双方のチキンレースで決着をつけた。
ただ、来季大谷が活躍すれば一番に潤うのは彼らとなる。あらためて「MLB=マネー」という現実に気付くのである。

98 名無し募集中。。。 :2017/12/05(火) 23:05:04
台湾WL中間成績 日本の社会人選抜が首位と健闘、個人成績も投打で“席巻”
初参戦のJABAは首位、打撃では「大谷世代」の笹川が“3冠”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00096498-fullcount-base
12月4日時点での順位表。
KBO=韓国プロ野球、CPBL=台湾プロ野球、NPBE=イースタン選抜、NPBW=ウェスタン選抜 WBSC=米国&欧州混成

1. JABA 9試7勝1敗1分 .875 差- 打率.289 防御率1.46
2. KBO  9試6勝3敗0分 .667 差1.5 打率.253 防御率1.83
3. NPBE 8試4勝4敗0分 .500 差3.0 打率.255 防御率4.00
4. CPBL 8試3勝5敗0分 .375 差4.0 打率.242 防御率3.30
5. NPBW 9試3勝6敗0分 .333 差4.5 打率.204 防御率4.73
6. WBSC 9試2勝6敗1分 .250 差5.0 打率.247 防御率6.90

JABAは、来年の「第18回アジア競技大会(ジャカルタ・バレンバン)」の
野球競技へ向けた社会人日本代表チームの強化の一環として選抜チームを派遣している。
社会人入社1〜2年の若い選手が中心だが、ここまでKBOに1度負けただけという快進撃を続けている。
昨年は1位、2位を占めたNPBのイースタン選抜、ウェスタン選抜は3位と5位だ。

【打撃10傑】
1笹川晃平(JABA)9試36打16安2本14点3盗 打率.444
2金永煥(KBO)8試29打11安0本5点1盗 打率.379
3地引雄貴(JABA)8試22打8安1本3点0盗 打率.364
4王威晨(CPBL)8試31打11安0本5点0盗 打率.355
4矢幡勇人(JABA)9試31打11安0本4点0盗 打率.355
6洪昌基(KBO)9試32打11安1本5点0盗 打率.344
7チャベス(WBSC)8試33打11安2本8点0盗 打率.333
7ルポ(WBSC)8試27打9安0本0点1盗 打率.333
9梁家榮(CPBL)8試25打8安0本5点0盗 打率.320
10ロセリ(WBSC)9試30打9安1本6点0盗 打率.300

首位打者の笹川晃平は、大谷翔平、鈴木誠也らと同世代。
東洋大から東京ガスに入社して1年目。笹川は本塁打が最多タイ、打点は断トツで1位。現在3冠王だ。
NPBのイースタン、ウェスタン選抜は10傑には入っていない。12位にDeNAの佐野恵太が.280でつけている。

99 名無し募集中。。。 :2017/12/05(火) 23:07:37
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00096498-fullcount-base&p=2
【投手10傑】

1朴峻杓(KBO)2試2勝0敗 15回1/3 防御率0.00
1キンボロウィク(WBSC)2試1勝0敗 10回 防御率0.00
1洪性民(KBO)2試1勝0敗 11回 防御率0.00
1荒西祐大(JABA)5試0勝0敗 9回 防御率0.00
5臼井浩 (JABA)3試2勝0敗 12回 防御率0.75
6ペジェファン(KBO)2試1勝0敗 11回 防御率0.82
7竹安大知(NPBW)2試0勝1敗 9回 防御率1.00
8黄子鵬(CPBL)2試1勝0敗 13回 防御率1.39
8岡野祐一郎(JABA)2試1勝0敗 13回 防御率1.39
10平尾奎太(JABA)3試1勝0敗 11回 防御率1.64

日本勢では、ここでもJABAが4人ランクイン。
荒西祐大は、玉名工業高からHonda鈴鹿に進み、25歳とキャリア十分。
この大会では中継ぎで活躍している。NPBウェスタンでは、阪神の竹安大知が好投している。

昨年は力の差を見せつけたNPB勢だが、
今季は昨年のオリックス吉田正尚のような、1軍バリバリの選手はほとんどいない。
両軍ともに育成選手が多く、昨年より若手中心だ。

とはいえ、プロ5チームを相手にしてのJABAの首位は、見事というべきだろう。
ここでの活躍は自信につながるはずだ。日本社会人の活躍は、現地台湾でも話題になっている。
同時に、NPB勢は、プロの意地を見せてここから盛り返してほしいものだ。

100 名無し募集中。。。 :2017/12/06(水) 05:56:06
大谷口説いた二刀流仕掛け人が憂う球界危機
「競技人口の減少」「勝利至上主義」「ケガの増加」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000015-ykf-spo
現役プロ選手4人を含む早大野球部OB有志が3日、
東京・西東京市の早大グラウンドで
「プレイボールプロジェクト〜野球を始めよう、楽しもう、学ぼう〜」を主催。
166人の小学生に野球の楽しさを訴えた。
このイベントを主導した日本ハムの大渕隆スカウト部長(47)は、
5年前に高卒即渡米を決意していた大谷翔平投手(23)を二刀流の提案などで口説き落とした中心人物のひとり。
その大谷のメジャー挑戦で球界は盛り上がっているように見えるが、同部長は危機感を隠さない。

「野球界は3つの課題を抱えている。『競技人口の減少』、『勝利至上主義』、『知識不足によるケガの増加』です」

国内情勢は少子化傾向にあるが、2009年から16年にかけて中学軟式野球の人口は
12万人(全体の39・6%)減っており、少子化の約8倍のペースで競技人口減少が進んでいる。
プロ野球の観客動員数は増加傾向にあるとはいえ、
将来的な競技レベルを支える若年層が減少傾向にあるのは深刻な事態といえる。
また、少年野球でケガを防ぐための指導者の正しい知識の不足も、野球離れを加速させている。

「まずはこのイベントで勝ち負けにこだわらず、
ボールを強く打って遠くに飛ばすという野球本来の楽しさを、もう一度分かってもらいたい」という大渕部長。
この日行われた『ワセダゲーム競技会』では、四球や盗塁、捕逸はなし。
ポジションはイニングごとに選手同士が話し合って交代していくという、子供が楽しむことに焦点を当てたゲームを紹介した。
3-6才の幼年層には、さらにルールを簡略化した『ならびっこベースボール』でボールを打つ楽しさを紹介した。

何よりも歓声を浴びたのは、ヤクルト・武内晋一内野手(33)が一振りのロングティーで場外弾を披露した場面。
野球少年から「めっちゃすげえ!」、「なんであんなに飛ぶの?!」と驚きと称賛の声が上がった。

日本野球の常識を変え、メジャーの常識さえ変えようとしている大谷の二刀流。
その誕生に関わった大渕部長らが、球界の危機を救うか。

101 名無し募集中。。。 :2017/12/06(水) 19:01:57
ドジャース 大谷フォローに自信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000015-tospoweb-base
二刀流起用を明言も 大谷は“投手専念”がジャイアンツの本音
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000015-nkgendai-base
ヤンキース脱落で混迷、大谷争奪戦でパドレス優位なワケ 蜜月関係&顔なじみ強力メンバーで面談
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000017-ykf-spo
大谷翔平、残るはパドレス 2日間で6球団と面談
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00070847-nksports-base

大谷スポンサー契約などメジャー初の11億円超えも
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00070441-nksports-base
大リーグ公式サイトが、大谷がスポンサー契約、CM契約などで
メジャー初の年間総額1000万ドル(約11億5000万円)超えを果たす可能性があると伝えた。
メジャーの過去の最高額はヤンキースのデレク・ジーターの900万ドル(約10億4000万円)、
2位がイチローの700万ドル(約8億500万円)。
大谷はメジャーの活躍次第では2000万ドル(約23億円)を突破するかもしれないとしている。

102 名無し募集中。。。 :2017/12/06(水) 19:12:37
大谷翔平がこだわる西海岸球団のメリットとデメリット
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20171206-00078972/
ポスティング制度を利用してMLB移籍を目指す大谷翔平選手のチーム選定が最終段階を迎えている。
すでに日米のメディアが大々的に報じているように、
ロサンゼルスに滞在中の大谷選手は最終的に7チームに絞り込んだ末に直接面談を実施している。

直接面談まで進めなかったヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMが
「西海岸のチームで、中規模都市を拠点とするチームを望んでいるようだ」と分析しているように、
直接面談に呼ばれた7チーム(マリナーズ、ジャイアンツ、エンゼルス、ドジャース、パドレス、レンジャーズ、カブス)のうち
5チームが西海岸を拠点とするチームなのだ。ここまで西海岸のチームにこだわっているのは大谷選手なりに理由があってのことだろう。
あくまで大谷選手の真意は想像の域を超えることはできないが、
ただ長年MLBを取材してきた経験から西海岸チームのメリットとデメリットについては把握しているつもりだ。
まだカブス、レンジャーズを選ぶ可能性が残されているとはいえ、あくまで確率の高い西海岸チームの特性について考えてみたい。

まずメリットだが、何といっても西海岸チームはシーズンを通して選手がコンディショニングを整えやすいと言える。
NPBとは違い屋外球場が中心のMLBは気候の影響を受けやすい。
特に夏場に入ると、選手は体力を消耗し、体調管理が難しくなってくる。
その点西海岸のチームなら1年を通じて寒暖差が少なく(シアトルは高緯度のため春、秋はかなり寒いが)、
夏場でもナイターならほとんど春、秋と変わらない状態でプレーができる。まさに野球選手にとって最高の気候条件が整っている。
もう1つの大きなメリットが、西海岸のチームはすべて投手有利な球場だということだ。
これも気候条件にかなり影響を受けていると思われるのだが、他の地域の球場よりも明らかに“投高打低”の傾向が強くなっている。
例えば大谷選手が選んだ5チームの2017年シーズン球場別打撃成績を比較してみると、
通算本塁打数はマリナーズの本拠地球場が最多の210本だが、それでもMLB全体の13位でしかない。
他の4チームはドジャースが203本で18位、エンゼルスが202本で19位、
パドレスが182本で22位、そしてジャイアンツが118本で最下位の30位になっている。
本塁打数以上に顕著なのが打率と長打率だ。
まず打率に関しては、最高でもジャイアンツの.252がMLB20位で、以下マリナーズ(.251、21位)、
エンゼルス(.245、26位)、パドレス(.236、29位)、ドジャース(.235、30位)と下位に集中している。
また長打率もマリナーズ(.318、23位)を筆頭に、ジャイアンツ(.312、26位)、パドレス(.308、28位)、
エンゼルス(.307、29位)、ドジャース(.306、30位)と、さらに下位に集中している。
もちろんこれらのデータは各チームの打撃力にも影響するものだが、これらの数値はあくまで対戦チームの成績も加えてのものだ。
やはり他の地域に比べると、西海岸地域では投手に有利なのは間違いないところだ。
つまり大谷選手からすれば、シーズンを通して最高の気候条件で投げ続けることができるので、
投手としての負担を他地域より軽減でき、より二刀流に挑戦しやすい環境が整っているといえる。
しかも投手有利なので、成績も残しやすいのだ。
さらにナ・リーグの西海岸チームを選んだ場合、地区内にMLB屈指の打者有利な球場といわれるロッキーズや
ダイヤモンドバックスの本拠地球場で戦わなければならなくなる。打者としても申し分ない環境に身を置くことができるのだ。

103 名無し募集中。。。 :2017/12/06(水) 19:14:06
その一方で、間違いなくデメリットもある。その最大なものが過酷な遠征だ。
各チームともに遠征は決して楽ではないのだが、西海岸チームに重くのしかかってくるのが時差の影響だ。
実は基本的にMLBのチームは東部時間帯ゾーンと中部時間帯ゾーンに集中している
(30チーム中22チームがこの2つのゾーンに集まっている)。
これらのチーム間の遠征なら1時間の時差で済むのだが、
西海岸チームの場合、他地区チームへ遠征する場合は2時間、3時間の時差を強いられることになる。
さらにア・リーグの西地区に限っていえば、テキサスに2チームあるため同じ地区内でも2時間の時差を強いられる遠征が入ってくるのだ。
遠征の移動が大変なのはどのチームも大きな差はないが、やはり西海岸チームの方が他地域より余計に時差の調整を余儀なくされる。
自分も何度も経験しているが、2時間、3時間の時差を調整するのは簡単ではない。
あくまで自分の体験上の話ではあるが、体内時計を崩してしまうと元に戻すのに苦労するので、
拠点とする時間帯のサイクルを保ちながら睡眠時間を確保し、食事も摂らないといけない。
東部時間帯ゾーンから西海岸時間帯ゾーンに遠征する時は3時間遅れるから多少調整しやすいが、
その反対だと3時間進んでしまうため、なかなか睡眠時間を確保するのが難しくなってくる。
時差調整の経験のない日本人選手にとっては大きな障害になるだろう。

大谷選手はMLBの舞台で二刀流に挑戦しようとしている。
その点から考えると、やはり多少なりとも肉体的負担が軽減できる西海岸チームの方が理想的だと思う。
更に付け加えるなら、西海岸地域にはアジア系住民が多く日本人選手を受け入れやすい地域社会だし、
また西海岸のチームはニューヨーク、ボストン、フィラデルフィア、トロントなどの東部地域のチームと比べて
遠征に帯同するメディアが少ないので野球に集中しやすい面もある
(残念ながら来シーズンはどのチームに行っても大勢の日本メディアに追いかけ回されることになるだろうが…)。

果たして大谷選手は最終的にどのチームを選ぶのだろうか。
敢えてカブス、レンジャーズを残した意図も含め、非常に気になるところだ。
二刀流を続けるのであればDHのあるア・リーグの方が対応しやすいとは思うが、
あくまで日本ハムに似た環境で若手選手がのびのびプレーできるチームという点では、
個人的にはカブス、ドジャース、パドレスを挙げたいところだが果たして…。

104 名無し募集中。。。 :2017/12/06(水) 19:38:58
【野球のデータ革命】MLBホームラン量産の訳やその対処法。守備にまでデータ!
https://youtu.be/9Z8VdXk9CNE?t=1503

105 名無し募集中。。。 :2017/12/06(水) 23:14:02
打撃三冠各5回で永世にした結果

永世首位打者
・川上哲治(5回)
・長嶋茂雄(6回)
・王貞治(5回)
・張本勲(7回)
・落合博満(5回)
・イチロー(7回)

永世本塁打王
・青田昇(5回)
・中西太(5回)
・野村克也(9回)
・王貞治(15回)
・落合博満(5回)
・中村剛也(6回)

永世打点王
・藤村富美男(5回)
・野村克也(7回)
・長嶋茂雄(5回)
・王貞治(13回)
・落合博満(5回)

永世三冠
・王貞治(首位打者5回、本塁打王15回、打点王13回)
・落合博満(首位打者5回、本塁打王5回、打点王5回)

ラミレス(打点王4回)とかタフィ(本塁打王4回)とか外国人も永世に肉薄してるのが結構いる

106 名無し募集中。。。 :2017/12/06(水) 23:15:55
ハリー3年連続
イチロー7年連続

107 名無し募集中。。。 :2017/12/06(水) 23:19:22
打撃六冠のうちの残り()内数字は獲得回数

永世盗塁王 広瀬叔功(5)、柴田勲(6)、福本豊(13)、赤星憲広(5)
永世安打王 長嶋茂雄(10)、川上哲治(6)、イチロー(5)
永世出塁王 王貞治(18)、張本勲(9)、落合博満(7)、イチロー(5)


投手部門

永世最優秀防御率 稲尾和久(5回)
永世最多勝 スタルヒン(5回)、斎藤雅樹(5回)
永世沢村賞(3回)  杉下茂、金田正一、村山実、斎藤雅樹
永世セーブ王 江夏豊(5回)、赤堀元之(5回)、佐々木主浩(5回)、岩瀬仁紀(5回)

108 名無し募集中。。。 :2017/12/07(木) 06:36:11
<親ありて>大谷翔平さんの父 正直で真っすぐな人間に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000001-mai-soci
日本中に野球少年はたくさんいても、プロへ進めるのはほんの一握り。
「まさか翔平がプロ野球選手になるなんて思わなかった。
私のように社会人まで野球をやり、やめた後も仕事を続けられればいいと望んでいた」。
将来、野球ができなくなったとしても正直で真っすぐな人間になってほしい--。
そう考える徹さん(55)は、
野球を通しての人間教育に定評があった岩手・花巻東高に進むことを内心、願っていた。
花巻東は2009年に菊池雄星投手(現埼玉西武ライオンズ)を擁して
春のセンバツ準優勝、夏の甲子園ベスト4の実績を持つ強豪。
甲子園に出場できなかった徹さんは、息子に夢を託す気持ちもあった。
大谷投手も花巻東への進学を希望していた。
花巻東の練習を見た時、「練習内容や雰囲気がいい」と感じたからだ。
理由は異なれど親子の選択は一致し、大谷投手は花巻東に進んだ。

高校進学後は寮生活となり、帰省するのは正月ぐらい。
徹さんに連絡してくることも、ほとんどなかった。
「母親にはたまに連絡があったんでしょうかね。
『何が食べたい』とか『何がないから持ってきてくれ』とか。
子供って(何かあったら)お母さんですからね」と徹さん。

大谷投手は高校2年の夏から3年の春まで、成長痛の一種で股関節を痛めていた。
その間の花巻東・佐々木洋監督の対応に、徹さんは感謝している。
「無理して起用せず、練習をさせず、休ませてくれた」。
万全の体調で出場した夏の岩手県大会で、大谷投手は球速160キロを記録。
一躍、世間の注目を集めることになった。
大谷投手が米大リーグへの憧れを抱くようになったのも、花巻東時代のことだ。
練習や試合に熱心に通っていた大リーグ球団のスカウトの影響があったという。
12年秋のプロ野球新人選手選択(ドラフト)会議を前に、大谷投手は大リーグ挑戦を表明。
徹さんは息子に「日本ではダメなのか」と問うた。答えは「できれば、すぐに行きたい」。憧れは強かった。

しかしドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズが大谷投手を1位指名。
度重なる入団交渉の中で、徐々に大谷投手の心が揺らぐ。
佐々木監督も高卒で大リーグに挑戦する難しさを説いた。
一方、徹さんは「自分の人生は自分で決めろ」。どんな形でも息子の意思を尊重するつもりだった。
悩んだ末、大谷投手は自分で日本ハム入りを決断した。その後の活躍は、誰もが知るとおりだ。

大谷投手の代名詞、投打の「二刀流」について徹さんは
「投げる方しかダメだろうと思っていたが、打つ方も年々対応できている」と驚く。
実は「投手・大谷」は、あまり見たくないという。それは母の加代子さん(54)も同じ。
「投手は孤独でしょう。打者は他に8人いるし、
打てなければ仕方ないと思えるので、気楽に見られる」。これも親心か。

大谷投手は昨秋に右足首を痛め、今春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場を辞退した。
実はその時、大谷投手は出場を熱望、球団側は抑えるのに苦労した。
「野球が好きなんですよ。それは子供のころから変わっていない」と徹さん。
ケガをした時には心配してメールを送ったが、愛想のない返事しか返ってこなかった。
「今ごろ反抗期かな」。少し寂しい表情も見せる。

11月11日、ついに大谷投手は米大リーグ挑戦を表明した。徹さんは何を期待するのか。
「10年以上やれれば十分ですね。あっち(米国)で引退してほしい」。
正直、大谷投手が活躍すればするほど、遠い存在になっていく気もする。
それでも「ごくごく普通の親子関係でいたい」。そう、徹さんは思っている。

109 名無し募集中。。。 :2017/12/07(木) 19:49:19
大谷翔平の二刀流は投打ともにMLBでもすでにトップクラスだった
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20171207-00079006/
書類選考で絞った7チームとの直接面談を終え、
いよいよ大谷翔平選手のMLB移籍先決定が秒読み段階に入る中、
MLB公式サイトでは、改めて大谷選手の二刀流について彼の投打のデータを入手し、
MLB選手たちと比較検証を行っている。
記事のタイトルは『2 for the Sho! Analytics : Ohtani arm, bat elite』
(2つ揃ったショー! 解析学:オオタニは投、打ともにエリートだ)というもの。
同サイトでコラムニストを務めるマイク・ペトリエロ氏が執筆したものだ。

すでにMLBでは公式サイトを通じて球場に設置されたレーダー解析システム『Statcast』を使い、
投手の球速や打者の打球速度が細かくデータ化されているが、
ペトリエロ氏はNPBの多くの球場が設置している同様のシステム『Trackman』で
計測された2017年シーズンの大谷選手のデータを入手したというのだ。
NPB関係者から聞いた話ではTrackmanで計測されたデータは
本拠地チームのみならず対戦チームにも配布されているらしいのだが、一般公開されているものではない。
ペトリエロ氏がどういった経路で入手できたのは不明だが、
今シーズン大谷選手が打席に立った231打席のうち90%に相当する打球速度データと、先発6試合の球速データを得ている
(できればこうしたデータも日本のメディアが活用できるように、MLB同様にNPB公式サイトで公開して欲しいものだが…)。

まず投球についてだが、いうまでもなくMLBでも160キロ以上の球速を投げる投手は数えるほどしか存在しないので、
大谷選手がすでにトップクラスにあるのは理解できるだろう。だがTrackmanのデータはさらに細かく分析してくれている。
今シーズンの大谷選手は先発6試合で250球の直球を投げ、最速は101.6マイル
(今回はMLBからの比較検証なのですべてキロ表示は省く)で、平均球速は97.5マイルだった。
これをMLB選手と比較すると、Statcastが採用されたこの3年間で球速102マイルを記録した投手は12人しか存在しない。
ただ102マイル以上記録された投球のうち80%がアロルディス・チャプマン投手が記録したもので、
先発投手に限ればネーサン・イバルディ投手とノア・シンダーガード投手の2人のみだ。
また平均球速97.5マイルをとっても、2017年シーズンに50球以上直球を投げた全290人の先発投手と比較してみると、
シンダーガード投手(99.0マイル)に次ぎルイス・セベリノ投手と同じMLB2位にランクすることが判明した。
さらに大谷投手の直球のスピン数もデータ化されていて、2017年の平均は2301だった。
これもMLBの直球の平均スピン数(2255)を上回っているが、MLB最高値は2590に達しており、決して突出しているわけではない。
ただ平均スピン数でもセベリノ投手とまったく同じだった。奇しくもセベリノ投手は大谷投手と同じ23歳で、
今シーズンはヤンキースで14勝6敗、防御率2.98と好成績を残した投手。
つまりデータ上は大谷選手も現時点でセベリノ投手並みの活躍が期待できるということになる。

110 名無し募集中。。。 :2017/12/07(木) 19:49:49
次に打球についてだ。
今シーズンの大谷選手は31のフライを放ち、その平均打球速度は96.6マイルで、最速は110.7マイルだった。
ちなみに今シーズンのMLBでの飛球の平均打球速度は91.2マイル。
25以上のフライを記録している全375人の打者の中でトップの13%に入っている。
また大谷選手と似たような打球速度の打者としてフレディ・フリーマン選手、ヨエニス・セスペデス選手、
ジョク・ペダーソン選手を挙げているが、いずれもMLBでも有名な長距離打者ばかりだ。
さらにフライとは別にライナーでもデータ化され、大谷選手の平均打球速度は96.6マイル、最速は111.1マイルを計測している。
これもMLBの平均(92.9マイル)を上回り、25以上のライナーを放った全386選手中、ジョーイ・ガロ選手、
JD・マルティネス選手、アンソニー・リゾ選手に並びトップ9%に入っている。
これだけのデータが裏づけるように、大谷選手の潜在能力は現時点ですでに投打ともにMLBでトップクラスに入っている。
あとは彼が如何にMLBという舞台でその能力を最大限に引き出すことができるかにかかっている。
滑りやすいMLBの公式球、NPBとは違う登板間隔、MLB投手の変化球の傾向や投球術など、適応しなければならない要素は少なくない。

大谷選手が「未完成の状態で挑戦したかった」と話す通り、
23歳での挑戦は、必ずや彼の潜在能力がMLBの舞台でも発揮されることに繋がるはずだ。
MLBファンにも大谷選手しかできないレベルの高い二刀流を体感してもらい、その衝撃を共有してほしいと願って止まない。

111 名無し募集中。。。 :2017/12/07(木) 19:51:48
長いから要約すると

・投手として最速101.6マイル、平均97.5マイル
・この3年間、米で102マイル以上を記録した先発投手はイバルディとシンダーガードのみ
・平均球速もシンダーガードの99マイルに次ぐ2位のセベリノと同値
・直球の平均スピン数もセベリノと同じ2301を記録し、MLB平均2255を上回る
・フライの平均打球速度は96.6マイル、最速110.7マイル(MLBの平均は91.2マイル)で大谷はMLBのトップ13%に位置する
・ライナーだと平均打球速度が96.6マイル、最速111.1マイルを記録しており、こちらはMLBのトップ9%に位置する

112 名無し募集中。。。 :2017/12/07(木) 19:53:14
2017MLB規定投球回数到達者4シーム平均球速ランキング
(規定=チーム試合数×1.0)
球速/選手名(所属)

1. 97.5 L.Severino(NYY)
2. 96.4 C.Martinez(STL)
3. 95.9 G.Cole(PIT)
4. 95.8 J.Urena(MIA)
5. 95.7 S.Strasburg(WSH)
6. 95.7 M.Fulmer(DET)
7. 95.5 C.Archer(TB)
8. 95.3 J.Verlander(HOU)
9. 95.2 J.deGrom(NYM)
10. 95.1 G.Marquez(COL)
11. 95.0 K.Gausman(BAL)
12. 94.9 M.Wacha(STL)
13. 94.8 C.Sale(CWS)
14. 94.3 J.Samardzija(CHC)
15. 94.3 Y.Darvish(FA)
16. 94.3 C.Carrasco(CLE)
17. 94.2 L.Perdomo(SD)
18. 94.2 R.Ray(ARI)
19. 94.1 J.Nelson(MIL)
20. 94.1 A.Cashner(SD)

https://baseballsavant.mlb.com/statcast_search
(検索結果のURLは省略)

113 名無し募集中。。。 :2017/12/07(木) 21:13:40
大谷の7球団顔写真に大リーグファンから「いいね!」殺到
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000558-sanspo-base
スポーツ専門局「ESPN」が運営する情報番組「SportsCenter」のツイッター公式アカウントが6日(日本時間7日)、
大谷の顔と移籍交渉を行ったジャイアンツ、ドジャース、エンゼルス、カブス、マリナーズ、レンジャーズ、パドレスの帽子とユニホームを合成させた写真をアップした。

http://www.espn.com/mlb/story/_/id/21607835/breaking-seven-finalists-race-sign-shohei-ohtani
http://a.espncdn.com/combiner/i?img=/i/infographics/20171206_ohtani/chc.png
http://a.espncdn.com/combiner/i?img=/i/infographics/20171206_ohtani/laa.png
http://a.espncdn.com/combiner/i?img=/i/infographics/20171206_ohtani/lad.png
http://a.espncdn.com/combiner/i?img=/i/infographics/20171206_ohtani/sd.png
http://a.espncdn.com/combiner/i?img=/i/infographics/20171206_ohtani/sf.png
http://a.espncdn.com/combiner/i?img=/i/infographics/20171206_ohtani/sea.png
http://a.espncdn.com/combiner/i?img=/i/infographics/20171206_ohtani/tex.png

114 名無し募集中。。。 :2017/12/08(金) 06:34:01
>>93
大谷に大穴エンゼルス猛アタック 日本通GMが“仕掛け人”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000006-spnannex-base
米メディアの間で全くの「無印」だったエンゼルスが、にわかに存在感を増してきた。
プレゼン文書による「1次選考」で脱落したツインズとのトレードを成立。
マイナー外野手を放出し、見返りに「インターナショナル・ボーナスプール」と呼ばれる
25歳未満のドラフト対象外の外国人選手に使える契約金枠を100万ドル分、新たに手に入れた。

「2次選考」の直接交渉に進んだ立役者の一人は、ヤンキースGM補佐時代の13年オフに田中の獲得に尽力したビリー・エプラーGMだ。
当時はキャッシュマンGMの右腕として来日し、視察を重ねた。
日本市場に詳しい、ある球団のスカウトは「エプラーはヤ軍時代から日本に行くたび、大谷のことをしっかり見ていた」と証言する。
メディアに積極的に露出する方ではなく、大谷争奪戦への参戦を認めたのも11月末になってから。米メディアがノーマークだった理由でもある。

115 名無し募集中。。。 :2017/12/08(金) 06:36:11
【巨人】阿部、大谷の二刀流はメジャーで「厳しい現実に直面するのでは」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000210-sph-base
巨人の阿部慎之助内野手(38)が7日、札幌市内の居酒屋「北の味 大助」でトークショーを行った。
北海道が舞台ということもあり、日本ハム・大谷の話題で盛り上がるのが毎年の恒例で、今年はメジャーでの二刀流について言及。

「すごい選手だけど、僕の持論としては、打者では厳しいと思う。たぶん(死球を)当てられる。
投手でローテを回って、打者でも試合に出たら、(相手チームは)『当てろ』と言いますよね、普通は。
日本の宝だけど、厳しい現実に直面するんじゃないかな」と、投打ともにズバ抜けているからこその心配を口にした。

一昨年のトークショーでは、「(大谷は)質が違う。全てを兼ね備えている。今まで見た投手でNO1。
俺が捕手をやれば25勝はできる。あれだけの投手なら、いろんなことを考えないで、ヘラヘラしながら配球できるもん」
と夢のバッテリー結成への思いを語り、

昨年は「敵としては、(メジャー挑戦で)いなくなってくれた方がうれしいし、後は彼がどれくらいやれるのか見てみたい」と話していた。

116 名無し募集中。。。 :2017/12/08(金) 08:19:14
今季最速は168.5キロ! MLB公式サイトが公開した外野からの規格外の送球

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00096891-fullcount-base
MLB公式サイトが公開した動画集、驚愕の「ハーデスト・スロー」とは…
今季も圧倒的な身体能力を持つ選手による数々のスーパープレーが生まれたメジャーリーグ。
内野手による超人的な美技も大きな魅力だが、外野からの強肩を生かしたバズーカ砲のような返球も、度肝を抜くものが多い。
MLB公式サイトは「2017年の外野からのハーデスト・スロー」と出した特集動画を公開し、送球のスピード順に紹介している。
https://youtu.be/A0gRfWHs6yo

MLBの解析システム「スタットキャスト」によると、2017年の外野からの送球で最速を記録したのはブルワーズの中堅ブレット・フィリップス。
9月19日の敵地パイレーツ戦で見せたバックホームは、104.7マイル(約168.5キロ)を記録した。
センターフライを捕球し、体ごと倒れながらバックホームしたものので、送球はやや三塁側に逸れたものの三塁走者はスタートを切れず、失点を阻止する形となった。
そして、2位もフィリップス。9月13日の本拠地パイレーツ戦で左中間よりのフライをキャッチし、苦しい体勢から倒れ込みながらバックホーム。
これは2バウンドしながらも見事にタッチアップした三塁走者を出した。スピードは104マイル(約167.4キロ)。今季のメジャーで飛び抜けた数値を2つも残した。

3位はヤンキースのアーロン・ヒックスがア・リーグ優勝決定シリーズのアストロズ戦で記録。
2016年にはレフトからの送球で105.5マイル(約169.7キロ)をマークした“鬼肩”の持ち主は、
今年のプレーオフでもセンターからのバックホームで102.8マイル(約165.4キロ)を計時した。
当たりが深く、三塁走者の生還を許したものの、スピードは今季のメジャーで3位だった。

4位は再びフィリップスで、なんと左中間を破られたボールのクッション処理から内野に送ったボールで102.6マイル(約165.1キロ)を記録。

5位はインディアンスの中堅ブラッドリー・ジマーがレッドソックス戦でマークした102.5マイル(約165キロ)となっている。

助走をつけられる外野手の送球は、投手を上回るスピードを記録することもしばしばある。来季も規格外の送球に期待したいところだ。

117 名無し募集中。。。 :2017/12/08(金) 08:32:39
>>93
大谷「サスペンス」劇場佳境 エ軍とマ軍契約金増額
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00072017-nksports-base
大谷争奪戦が、いよいよ佳境を迎えた。「2次審査」に残った各球団は、水面下で着々と二の矢を用意していた。
まず先手を打ったのが、マリナーズだった。ツインズへ若手有望株のデビッド・バネロスをトレード放出し、
25歳未満の外国人に支払う契約金プール枠の約1億円分と交換。
大谷への支払可能額を255万7500ドル(約2億9410万円)までアップさせた。
5日(同6日)の直接交渉には、殿堂入り候補のエドガー・マルチネス(現打撃コーチ)も同席。並々ならぬ意欲と誠意を見せていた。

エンゼルスも、駆け込みトレードで「大谷資金」を増額した。
ツ軍にジェイコブ・ピアーソンを放出し、同枠を231万5000ドル(約2億6600万円)まで上乗せした。
現時点でレンジャーズが353万5000ドル(約4億700万円)の最高額を有する。
大谷の判断基準が金銭でないことも把握していながら、マ軍、エ軍ともにアピールを続けた。

そもそも両球団には居住環境の良さなど、金銭面以外の魅力が多々ある。
またマ軍は過去にイチロー、佐々木ら日本人が多数在籍。日本人選手に対する理解という点で優れ、
エ軍には日本人の選手が現在在籍しておらず、大谷が加入することであおりを食う日本人がいないということも、後押しになる。
金銭面のアピールは、それらに誠意をプラスした形だ。

4日(同5日)にスタートした直接交渉は、48時間で7球団と面会するハードな日程で行われた。
現時点で具体的な内容は明らかになっていないものの、直接交渉を終えた某球団関係者が
「彼がどこを選ぶのか、まったく分からない」と話すなど、米球界でも「サスペンス」と表現されるほど異例な形で進んでいる。

大谷の今後の予定は不明だが、移籍先候補を絞り込み、「最終審査」として本拠地視察を行う可能性を指摘する声もある。
もっとも、各球団に対しては、大谷側から最終的な通告時期などについては伝えられていない。
大谷と各球団の交渉期限は、22日(同23日午後1時59分)に設定されているものの、いつ決まってもおかしくない状態にある。

◆7球団の大谷への契約金上限◆

(1)レンジャーズ 353万5000ドル(約4億700万円)
(2)マリナーズ 255万7500ドル(約2億9410万円)
(3)エンゼルス 231万5000ドル(約2億6600万円)
(4)ドジャース 30万ドル(約3450万円)
(4)カブス 30万ドル(約3450万円)
(4)ジャイアンツ 30万ドル(約3450万円)
(4)パドレス 30万ドル(約3450万円)

◆大谷への契約金を増額したエンゼルスとマリナーズの現状◆

<エンゼルス>
◇投手陣 15年に15勝を挙げたエース右腕リチャーズが右ひじの故障で、今季ほぼ離脱するなど故障者がとても多く、先発陣の総登板イニングは両リーグ22位だった
◇打線 年間MVPに2度輝いた右の強打者トラウト中堅手が、攻撃陣の中心に座る。DHには、年間MVPに3度輝いた37歳のプホルスが、ほぼ固定されている
◇監督 ソーシア監督は、来季19年目で、02、09年にア・リーグ最優秀監督賞を受賞した名将。通算1570勝1346敗
◇球場 オープンエアのエンゼルスタジアムは、この5年間連続で投手有利の球場10位以内。右翼フェンスが非常に高いため、右打者よりも左打者に厳しい球場だ
◇環境 球場周辺は急速に再開発され、住宅やビルの建設ラッシュ。ディズニーランドに近く、富裕層が多く住む地区

 <マリナーズ>
◇投手陣 09年に最多勝利に輝いたエースのヘルナンデスは、30歳をすぎて下降気味。岩隈も故障で来季は出遅れる見通しだ。先発枠2〜3は、まだ固まっていない
◇打線 7度オールスター出場のベテランのカノを中心に中堅どころが並ぶ。36歳のクルーズがDHにいるが、大谷が加入ならクルーズを外野手で起用する予定だ
◇監督 現役時代、捕手だったサービス監督は、経験まだ2年で通算164勝160敗。監督としての受賞の経験なし
◇球場 開閉式屋根のあるセーフコフィールドは、投手の有利さでは今季両リーグで8位。海抜が低いことが1つの要因とされ、球場での打者の三振率も高くなっている
◇環境 ダウンタウンに近く、大型の日本食スーパーや和食レストランなどが固まる地区まで徒歩圏内と便利だ

118 名無し募集中。。。 :2017/12/08(金) 20:18:32
確実視されるイチローがどれだけ凄いのか…米野球殿堂入りの険しい道
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171208-00000018-sasahi-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171208-00000018-sasahi-base&p=2
米国で野球人にとって最高の名誉とは――。
チームとしての栄冠はワールドシリーズ制覇だが、個人としては米野球殿堂入りに違いない。
優れた成績を残しただけでなく、ベースボールの発展に貢献した偉大な人物が認められる場。
MLB選手にとってもこれ以上の栄誉は存在せず、毎年7月にニューヨーク州で行われる殿堂入りセレモニーは大変な盛り上がりを見せる。

一般的には打者は3000本安打、500本塁打、投手の場合は300勝といった数字が殿堂入りの目安とされる。
この成績が絶対条件ということではなく、基準はポジション、時代背景などによっても変わってくる。
そして、それぞれの時代でいかに支配的な活躍を見せたかが重点的に考慮されている感がある。

例えば、サンディ・コーファックスは通算165勝に過ぎないが、
全盛期には投手3冠(1シーズンに最多勝、最優秀防御率、最多奪三振をすべて達成)を3度も成し遂げた。
それほどの圧倒的な成績を叩き出したがゆえに、ピークは短くとも、1972年に史上最年少の36歳で殿堂入りを果たしている。

また、通算219勝に過ぎなくとも、打者圧倒的有利のいわゆる“ステロイド時代”に現役生活を送ったペドロ・マルチネスもコーファックスの系譜だろう。
ピーク時の1997-2003年にかけては7年間で6度も防御率2.40以下をマークしたペドロは、資格獲得1年目の2015年に文句なしで殿堂入りを決めた。

一方、たとえ長い現役生活で優れた数字を叩き出しても、“支配力”に欠けた選手にとって殿堂入りは簡単ではない。
最も有名な例は足掛け18年のメジャーキャリアで通算254勝を挙げながら、ついに殿堂入りを果たせなかったジャック・モリスだろう。
2度の最多勝も獲得したモリスだが、サイ・ヤング賞受賞経験、防御率3点以下のシーズンはゼロ。
おかげで殿堂入りに必要な75%の得票を果たせず(最高でも67.7%)、2014年に資格を喪失してしまった。

そのほか、20年のキャリアで遊撃手としてオールスター6度、ゴールドグラブ4度も獲得したアラン・トランメル、
21年間で8度もオールスターに選ばれ、“史上最高の捕手のひとり”と評されたテッド・シモンズは、
それぞれ負担の大きいポジションながらついに殿堂入りできなかった。
また、オールスター6度、ゴールドグラブ9度、MVP1度という輝かしい成績を残しながら、
ケガで短命に終わったドン・マッティングリーは、短いピークのインパクトが十分でなかったがゆえに殿堂に手が届かなかったケースとして挙げられる。
モリス、トランメル、シモンズ、マッティングリーの4人は、実は今年11月にベテランズ委員会の審査対象になったことが発表された。
ここでの再審査で認められるという条件で、まだ殿堂入りのチャンスが残っている。
ただ、これほどの実績を誇る選手でも一時は資格を喪失したという事実が、殿堂に入る難しさを物語っていると言えよう。
それゆえに選ばれることの価値は大きく、だからこそ“野球人最高の名誉”なのである。

これほど狭き門の殿堂に、将来は選ばれることが確実とみなされる日本人メジャーリーガーがいる。
そう、イチローだ。3000本安打を達成しただけでなく、2001年に新人王とMVPを同時受賞、
2004年に262本というシーズン最多安打記録を樹立、10年連続200安打以上、
オールスター10度、ゴールドグラブ賞10度……これまでイチローが残してきた数字は燦然と輝く。
日本人野手に道を切り開いたパイオニアとしての存在価値も大きいだけに、イチローの殿堂入りは数年前から間違いないと考えられてきた。

これまで述べてきた通り、米球界における殿堂入りの難しさを考慮した上で、イチローに対する評価の高さに改めて感嘆するファンも多いだろう。
引退発表前から“殿堂入り確実”と呼ばれるのはとてつもないこと。
モリス、マッティングリーなど、これまで殿堂から冷遇されてきた元スーパースターは、誰よりもその凄さを理解しているに違いないのである。

119 名無し募集中。。。 :2017/12/08(金) 20:25:05
二刀流・大谷の最大のリスクは故障?米国の二刀流経験者たちがそれぞれの見解語る
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171208-00010014-baseballc-base

米国でも大谷フィーバーが冷めやらぬ中、MLB公式サイトの6日付の特集では、
ブルックス・キーシュニック氏など、学生時代を含めた二刀流経験者が大谷の二刀流について語った。

キーシュニック氏は1993年のドラフト1巡目(全体10位)で指名される有望株だったが、
マイナー暮らしが続き期待に応えられずにいた。
当初は野手としての出場がメインだったが、2002年にホワイトソックス傘下で本格的に投手挑戦。
2003年・2004年にはブリュワーズで二刀流選手として活躍し、
救援投手・代打・指名打者・外野手として出場するなど、幅広い役割をこなしてチームに貢献した。

記事を執筆したダグ・ミラー記者は「大谷はキーシュニックからのアドバイスは求めていないかもしれないが、
彼は運命的にメジャーリーグの舞台で二刀流選手としてプレーした最後の選手だ。
彼は2003年と2004年にミルウォーキー・ブリュワーズで活躍し、非常に楽しい経験をした」
とコメントし、かつての二刀流選手たちの見解を紹介した。

キーシュニックは二刀流としてプレーした際のことを
「そうだね、大学時代に戻ったような気分だったよ。試合に出るのは楽しかったし、やっぱり大好きなことだった」と振り返った。
そして、大谷については「彼はうまくやれるだろうが、力強いスイングと投球で腕に物凄い負担がかかるのも事実だ。
体のどこかを故障するリスクは非常に高いが、まだ彼は23歳だし、しばらくの間は二刀流を続けることはできるだろう」
と才能を認めつつも、故障のリスクを心配した。

実際に、今季の大谷は開幕前に足首の不調を訴え、
シーズン途中には左ハムストリングスの肉離れで長期離脱の憂き目に遭った。
2016年は投打に大活躍を見せ、チームの日本一に大きく貢献したが、
やはり二刀流が体に大きな負担をかけることは間違いないと見られているようだ。

同記事ではキーシュニックの他にも学生時代は二刀流として名を馳せたが、
メジャーリーグでは片方に専念した選手たちのコメントも紹介している。
学生時代にスラッガー&守護神として名を馳せたジョン・バンベンショーテン氏は大谷の才能を認めつつも
「投手としての才能がある方がメジャーデビューは容易だ。打者は調整することが余りにも多い」と打者調整の難しさを語った。

カナダ人史上最高順位で指名され、投手→外野手→投手と転向を重ねているアダム・ローウェンは
「大谷は人々の夢だった、真の二刀流プレーヤーであることは間違いない。
球場ではどの役割もこなすことができる、前例のない選手だ。凄すぎて嫉妬してしまうよ」と話した。
また、二刀流に理解のあるチームに入団できれば、しっかりと出場機会を保障してくれるという見解も示している。

また、2000年に投手として31試合に登板し、通算462安打・76本塁打を記録したリック・アンキール氏も
「彼がアメリカン・リーグのチームに所属することを願っている。
ア・リーグであればDHがあるから、外野手としてフィールドでプレーする必要がなくなる」
と話したが、やはり負担の増加による故障を心配した。

今回の二刀流経験のある選手だけではなく、著名な球界OBからも存在が注目されている大谷。
心配と期待の声が入り乱れているが、日本の誇るスーパースターは、日米の球界関係者・ファンの期待に応えることができるだろうか。

120 名無し募集中。。。 :2017/12/08(金) 20:38:26
大谷で注目度アップ、MLB公式サイトが「二刀流オールスター」選出
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000213-ism-base
メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』は現地7日、
大谷翔平選手(日本ハム)のメジャー挑戦で注目が高まった投打の「二刀流」に注目。
現役選手で二刀流をこなす才能を秘めた選手たちで「二刀流オールスターチーム」を組む特集記事を掲載した。

ピックアップされた主な選手は、大学時代に途中までクローザーや遊撃手を務め、
1試合で9ポジション全てを守ったこともあるバスター・ポージー捕手(ジャイアンツ)や、
10代の頃に投手として97マイル(約156キロ)をマークし、
2016年には外野からの返球で105.5マイル(約170キロ)を記録したアーロン・ヒックス外野手(ヤンキース)など。

また打撃のいい投手としては先発部門で現役投手では
最多の通算17本塁打を放っているマディソン・バムガーナー投手(ジャイアンツ)を選出。
さらに選出外ながらも大学時代に遊撃手だったジェイコブ・デグロム投手(メッツ)、
身体能力の高いマーカス・ストローマン投手(ブルージェイズ)、マイク・リーク投手(マリナーズ)を挙げている。

なお「二刀流オールスターチーム」一覧は下記のとおり。

捕手:バスター・ポージー(ジャイアンツ)
一塁:ミッチ・モアランド(前レッドソックス)
二塁:ジョーディ・マーサー(パイレーツ)
三塁:アンドルー・ロマイン(マリナーズ)
遊撃:アンドレルトン・シモンズ(エンゼルス)
左翼:アーロン・ヒックス(ヤンキース)
中堅:チャーリー・ブラックモン(ロッキーズ)
右翼:ニック・マーケーキス(ブレーブス)

先発投手:マディソン・バムガーナー(ジャイアンツ)
救援投手:ショーン・ドゥーリトル(ナショナルズ)

121 名無し募集中。。。 :2017/12/08(金) 20:42:50
大リーグの大谷争奪戦 一部球団は「もてあそばれた」と恨み節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000017-yonh-spo
【ソウル聯合ニュース】
ポスティングシステムによる米大リーグ移籍を目指すプロ野球・日本ハムの大谷翔平選手(23)の去就を巡り、
「大谷選手にもてあそばれている」といった恨み節が大リーグの一部球団から漏れている。
その原因は、大谷選手が置かれた特別な状況が球団と選手の上下関係を変えてしまったためだ。
時速160キロを超える剛球を投げ、打者としても実力を評価されている大谷選手はめったにいない逸材だが、獲得にかかる費用は高くない。

米国と日本のポスティング協定により、大谷選手を獲得する球団は日本ハムに最大2000万ドル(約23億円)の譲渡金を払えば済む。
また、25歳未満の外国人選手を対象に年俸と契約金の額を制限する規定があり、大谷選手の2018年の年俸は500万ドルを超えない見通しだ。
こうした事情から、ほぼ全ての大リーグ球団が獲得競争に乗り出し、選択権を握った大谷選手側は獲得を目指す球団に
自分に対する評価や起用プランなど多岐にわたる内容の質問書を送り、提出を求めた。
回答は英語だけではなく、手間がかかる日本語のものも必要だった。各球団は大谷選手を獲得するため、誠実に“宿題”を提出したとされる。

大谷選手はそのうち、絞り込んだ西部5球団、中部2球団の計7球団と先ごろ面談を実施した。
大谷選手に選ばれなかった東部の球団は衝撃を隠せずにいるようだ。
ある著名な大リーグコラムニストは「一部の大リーグ幹部たちは大谷選手の意思決定過程に腹を立て、挫折感も感じている」と伝えた。

7球団との面談は2日間で行われ、その慌ただしさから面談に臨んだ球団の一部からも
「もてあそばれているのでは」「心を決めていながら形だけ面談したのでは」といった声が漏れている。
一方で、こうした不満に対し、手に入らないものを悪く言う「酸っぱいブドウ」に例えて苦言を呈する声もある。

122 名無し募集中。。。 :2017/12/09(土) 05:14:04
大谷、エンゼルスと合意 代理人声明「強いつながりを感じた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000144-spnannex-base
ヤンキースGM補佐時代の13年オフ、田中の獲得に尽力したビリー・エプラーGMの戦略が奏功した。
田中視察のために来日した時から大谷も熱心にチェックしていた経験も生かし、綿密な二刀流起用プランを作成。
メディアを通じてラブコールを送ることはせず、プレゼンの文書と直接交渉で、それを大谷サイドにぶつけた。


大谷翔平、エンゼルス移籍を決断! 代理人声明全文「彼が真の縁を感じた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00097069-fullcount-base
大谷の代理人を務めるネズ・バレロ氏
「今朝、念密なプロセスを経て、ショウヘイ・オオタニは、ロサンゼルス・エンゼルスと契約することを決断しました。
ショウヘイは数多くの球団が時間と労力をかけてプレゼンテーションを行ったことに、謙遜しつつも嬉しく感じており、
彼等のプロフェッショナリズムに感謝をしております。

最終的に、彼は、エンゼルスに強い繋がりを感じ、
エンゼルスが彼のMLBでのゴールに到達するために最善の手助けを行ってくれると信じています。

私は各球団と関係者が、このプロセスを可能な限りプライベートなものにしたいという我々の意向を尊重してくれたことに感謝しています。
我々はフェア、かつ整然としたプロセスを進めることができました。各球団が最善を尽くしてくれたことをありがたく思っています。
また、過去数週間では、ショウヘイの信じられない思慮深さ、詳細への注意、正しい決断を下すんだという意思が表れた時間でもありました。
彼は各プレゼンテーションの全ページに目を通し、ミーティングでも全ての言葉に耳を傾けました。簡単な決断とはならないという点も強く感じていました。

ショウヘイの決断を巡って大きな話題を呼びましたが、
彼が最もきにかけていたのは、マーケットサイズでも、タイムゾーンでも、リーグでもなく、彼がエンゼルスと真の縁を感じたからです。
彼は次のレベル、キャリアでのゴールに到達するために進歩する上で最良の環境と判断しました。
何よりも、私は彼がスペシャルな才能の持ち主かつ特別な人間性の持ち主でありと思っており、
他の皆さんと同様に、彼をMLBで目の当たりできることに興奮しています」


松井秀喜、長谷川、高橋尚ら過去所属/エンゼルス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00072553-nksports-base

123 名無し募集中。。。 :2017/12/09(土) 13:24:32
大谷 背番号は「17」に決定 エンゼルスはツイッターでユニホーム公開
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000104-spnannex-base
大谷の入団会見は10日午前8時 ファンにも公開、ユニフォーム姿お披露目へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00097105-fullcount-base
“事情通”日本ハム・木田GM補佐、大谷は新天地でも「変わらない生活送れる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000544-sanspo-base

124 名無し募集中。。。 :2017/12/09(土) 13:29:26
大谷が入団を決めたエンジェルスの現状
https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyoshimio/20171209-00079093/
大谷の代理人を務めるネズ・バレロ氏は、「彼はエンジェルスと強い繋がりを感じ、
メジャーリーグでも(二刀流の)目標を達成するために最適な球団であると判断しました」
との声明を出し、大谷がエンジェルスを選んだことを発表。

エンジェルスも「大谷翔平選手がエンジェルス加入を決断してくれたことを光栄に思っています。
今回のプロセスを通じて、彼とはユニークな繋がりを感じ、
彼がエンジェルスの一員になることにとてもワクワクしています。
エンジェルス・ファン、大谷の家族、ネズ・バレロ氏と(代理人事務所)のCAAにとって、とても大切な時になりました」
との球団声明を出して、大谷獲得を喜んだ。

エンジェルスは明日(現地時間12月9日)の午後に本拠地のエンジェル・スタジアムの入り口で記者会見を行う。
会見はファンにも公開され、ロサンゼルスのファンに初お披露目となる。

大谷が選んだエンジェルスはディズニーランドで有名なアナハイムに本拠地を置き、
過去には長谷川滋利(1997-2001)、松井秀喜(2010)、高橋尚成(2011-12)の日本人選手3人が所属。
気候は1年中温暖で過ごしやすく、日本人向けのお店も数多くあるので、日本人にとって非常に生活しやすい土地である。
ロサンゼルスの野球チームと言えば、まず誰もがドジャースを思い浮かべるように、
エンジェルスの注目度はドジャースほど高くはなく、大谷にとってプレーしやすい環境が揃っている。
 
2016年は74勝88敗で地区4位、今年は地区2位と健闘したものの
成績は80勝82敗と2年連続で負け越している世代交代中の球団だ。
2014年と16年の2度MVPに輝き、過去6年間のMVP投票全てで4位以内に入っている
(今年の投票で4位だったまでは、5年連続で1位か2位)
“現役最高メジャーリーガー”のマイク・トラウト(26歳)という絶対的な柱はいるが、トラウト頼みのチームから脱却できずにいる。

先発投手陣は100マイルの速球を誇るギャレット・リチャーズ(29歳)がエース格だが、
過去2年はケガに苦しみ2年間で1勝しか挙げられていない。
2番手以降も不安定な状態で、メジャー1年目から大谷がエースとして活躍しても不思議ではない。

投手としては能力を発揮できる場が用意されているが、問題は打者・大谷を出場させる道を探すのに苦労するかもしれないことだ。

エンジェルスはDH制のあるアメリカン・リーグのチームだが、
そのDHには将来の殿堂入りが確実視されるアルバート・プーホルス(2017年成績は打率.241、23本塁打、101打点)がいる。
プーホルスはカージナルス時代に一塁手としてゴールドグラブ賞を2度(2006年と10年)も取った名手だったが、
ここ数年は年齢的な衰えから指名打者に専念しており、2017年は6試合しか一塁を守っていない。
ケガでもない限り、DHからプーホルスを外せないので、大谷がDHとして起用される機会は限られてくる。

外野の布陣はセンターにトラウト(打率.306、33本塁打、22盗塁、出塁率.442(リーグ1位)、OPS1.071(リーグ1位))、
右翼は30歳のコール・カルフーン(打率.244、19本塁打、OPS.725)がいるが、
左翼もシーズン終盤に加入した30歳のジャスティン・アップトン(打率.273、35本塁打、109打点、OPS.901)とレギュラーが固定されている。

来季の年俸はプーホルスが2700万ドル(約30億6450万円)、トラウトは3408万ドル(約38億6808万円)、
アップトンが1600万ドル(約18億1600万円)、カルフーンも850万ドル(約9億6475万円)と
10億円以上の高級取りばかりで、チームの年俸上位5選手中、DHと外野手で4人も占める。

アップトンは7年連続600打席以上立っており、カルフーンは2017年にチーム最多の155試合に出場しているので、彼らを外すのは難しい。
それでも、来季はプーホルスを一塁で起用する機会を増やしながら、
カルーフンにも適度な休みを与えることで、大谷はDHと外野手として打席に立つ機会を提供していく。
 
大谷が投打で大活躍すれば、現役メジャー最長となる19年目を迎えるマイク・ソーシア監督が率いるエンジェルスは4年振りにプレーオフに出場するかもしれない。

125 名無し募集中。。。 :2017/12/09(土) 22:09:54
【MLB】大谷のエンゼルス入団に新たな仲間達が大興奮、他球団の選手は「翻訳を間違えた?」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000214-ism-base
【MLB】大谷翔平獲得のエンゼルス、ファン歓喜「最高の日本製品」「なんて早いXマス」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00097169-fullcount-base
花巻東高校の佐々木監督 大谷翔平選手にエール/岩手
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00010000-ibciwate-l03
<エンゼルス大谷>「進化に期待」 花巻東監督ら
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000069-mai-base

126 名無し募集中。。。 :2017/12/09(土) 22:15:30
エンゼルスが大谷翔平に感じた“ユニークな接続性”とは?
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20171209-00079104/
エンゼルスのチーム事情を考えてみたい。
まず先発投手は数こそ揃っているものの、過去に故障を抱えた選手が多い。
来シーズンはエースとして期待されるギャレット・リチャーズ投手は右ヒジの負傷のため、
この2年間はわずか12試合しか登板できていないし、
3年前に16勝を記録しているマット・シューメイカー投手も
右腕の異常でシーズン半ばに手術を受けている。
今シーズンに関しては先発で30試合以上登板している投手は1人しか存在しない。

つまり先発陣の数は揃っているものの故障明けの選手たちに無理をさせたくないというチーム事情もあり、
大谷選手の加入でMLB初の本格的な6人ローテーションを組むことが可能になる。
各投手27〜30試合程度の登板で、イニング数も180イング程度に軽減できるわけだ。
もちろんMLB初挑戦の大谷選手にとっても登板間隔が日本ハムに近い中5〜6日で回せるため、相当な負担軽減になる。

さらに打線においてはさらに深刻で、大谷選手のような左の長距離砲が喉から手が出るほど必要としている状況なのだ。
今シーズンのチーム打率はア・リーグ14位の.243で、長打率には至っては.397でリーグ最下位に沈んでいる。
しかも今シーズン20本以上の本塁打を記録している打者は3人しかおらず、そのうち左打者は1人だけ。
強豪チームなら必ず存在する打線の核となる左の長距離砲が存在しないのだ。

もちろん先発陣を6人で回せば、大谷選手は日本ハム同様にDHで出場することができる。
ここ最近は負傷がちでDHの出場が多かった37歳のアルバート・プホルス選手もこのオフはいい調整を続けているらしく、
本来の一塁での試合数を増やすことができそうな状況で、大谷選手がDHに入ることで確実に打線厚みを増すことができるのだ。

またエンゼルスのチーム構成は20代後半の選手が中心になっている。
現在40人枠に入っている選手で34歳以上はジム・ジョンソン投手とプホルス選手の2人だけ。
逆に大谷選手より若い選手は2人しかいないが、それでも同年代の選手中心なので大谷選手にとっては理想的な環境といえるだろう。

これらを総合すると、現在のエンゼルスは大谷選手が身を置いてきた日本ハムとほぼ同じような環境で二刀流を続けることができるのだ。
しかもチームとしても投、打ともに大谷選手の力を必要とし、是が非でも二刀流を続けてもらわなければならない状況なのだ。
これも日本ハムとまったく同じ環境だ。
これまで5年間二刀流を磨いてきた日本ハムとほぼ代わらない環境で、チーム、ファンが望む中で二刀流を続けられるチーム。
これこそが大谷選手がエンゼルスを選んだ最大の理由なのだろう。
たぶん他の6チームには、そこまで以上の“相性”を感じられなかったのではないだろうか。

もし大谷選手のMLB挑戦がもっと先になりエンゼルスのチーム事情も変わっていたら、
大谷選手の選ぶチームは別になっていたかもしれない。まさに今この時だからこそお互いが結びついた結果なのだろう。

とにかく明朝の入団会見での大谷選手、エンゼルス双方の発言内容に注目したい。

127 名無し募集中。。。 :2017/12/10(日) 05:37:08
FOR EX-BIG LEAGUERS IN JAPAN, OHTANI A SPECIAL BUT NOT INVINCIBLE TALENT
https://www.baseballamerica.com/majors/ex-big-leaguers-japan-ohtani-special-not-invincible-talent/
ロメロの大谷評
・ストレートは速いが軌道がまっすぐすぎる。MLBの打者なら打つことは可能
・フォークをはじめとした変化球は素晴らしい
・初めて打撃練習を見たときはたまげた
・打者よりも投手の方がより成功の可能性がある

モレルの大谷評
・今ダルビッシュと比較するならまだそこのレベルには到達していない
・フォークや他にも優れた変化球を持っている。俺にはシャープなスライダーを効果的に使っていた
・打者としては変化球以外の球を引っ張ることができていない
・はじめは多くの若手打者がそうであるように苦労するだろう

サファテの大谷評
・考えすぎ。100マイルを投げられるのに変化球でどうにかしようとしている
・優れたコマンドは持っていない
・田中将大とは違う。2013年の田中は大谷よりはるかに進んでいた
・1年目からサイヤング賞を取る道はないが多くの先発4,5番手よりも優れている
・打者として選球眼は良い。内角の速球への対応は課題。NPBの投手はそこに投げなかった
・両方を継続することはできない。サイヤング賞か40-40か選ぶことになる
・あえて欠点を挙げたけど、地球上で最高の選手

128 名無し募集中。。。 :2017/12/10(日) 11:20:01
【大谷エンゼルス入団会見全文】二刀流に意欲「最高なのは1つの試合で両方」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000085-spnannex-base
―入団あいさつ

ハイ、マイ・ネーム・イズ・ショウヘイ・オオタニ。
こんなに多くの人の前で話すのは緊張しますし、
今まで考えてきたことが飛びそうなのでつまずいてしまったら申し訳ないです。
まず初めにエンゼルスの皆さんへ感謝の気持ちを伝えたいなと思います。
オーナー、社長、GM、監督、チームのスタッフの皆さん、本当にありがとうございます。
また、僕の家族、日本で一緒にプレーしてきたチームメイト、僕に野球を教えてくれた指導者の方々、
そしていつも応援してくださった日本のファンの皆さんにも感謝したいです。
今回のプロセスにあたり、本当にいろいろな方々に支えられてここまで来ました。
本当にたくさんの人たちに支えられて、今日ここでメジャーリーガーのスタートラインに立てて感謝していますし、
エンゼルスの一員としてファンの皆さんとともに優勝目指して頑張っていきたいと思っています。

最後に1つだけ…。今日マイク・トラウト選手の結婚式がありますので、結婚おめでとうございます。
そして、エンゼルスの皆さんと1日でも早く会えることを楽しみにしています。

―エンゼルスを選んだ1番の理由は

本当にたくさんのチームの方とお話しさせていただく機会をいただいて感謝しています。
本当にエンゼルスだけではなく全球団に感謝してその中で、
ミーティングでエンゼルスと縁みたいなものがあると感じたので、
本当にいいチームだと思ったのでお世話になろうと決めました。

―決断に影響を与えた人物、報道はあったか

そういうものはなくて、まっさらな気持ちで各球団の方々とお話をさせていただきましたし、
本当にオープンな気持ちで話して、「ここに行きたいな」という気持ちになってお世話になろうと思いました。

―ミーティングでは監督からどのような話があったか

いいチームだというお話を聞きましたし、『一緒にプレーしたい』という言葉をいただいたので、それは本当にうれしかったです。

―エンゼルスでの意気込みは。二刀流の重圧は感じているか

ミーティングでも話をさせていただいたんですけど、僕自身はファンと一緒に作っていくものだと思っています。
まだ完成していないと思っているので、ファンの皆さんの応援で僕を成長させて欲しい。僕もそれに応えられるようにやっていきたい。

―背番号17について

本当は27番にしたいという思いがあったんですが、(トラウト選手が背番号27で)埋まっていたので17にしました。

―エンゼルスを選んだ理由 強いつながりはどこで感じた?

それは感覚的なもので、他の球団からもとてもいいお話を聞けたと思っています。
優劣がつくものではなくて気持ちの部分でエンゼルスでプレーしたいという気持ちになりました。

―打撃と投球どちらに期待しているか

どちらも楽しみにしていますし、最高なのは1つの試合で両方できることだと思っています。

―ユニフォームを着た心境は

日本でもプレーするときはたくさんの方がいるんですけど、
こういうふうにたくさんの方の前で話すことはないので、今は緊張しています。

―“日本版ベーブ・ルース”という評判についてはどう思うか

すごく光栄なことなんですけど、ぼくにとっては神様と同じくらいの存在。
野球をやっている以上は近づいていきたいとは思っていますが、
僕は今日がスタートラインだと思っているのでこれから少しずつ頑張っていきたいと思ってます。

129 名無し募集中。。。 :2017/12/10(日) 23:24:13
“いい人”大谷、球団選択の苦悩を明かす「結局1つの球団にしか行けない…」
会見で尽きることのない「感謝の言葉」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00097277-fullcount-base
「本当にCAAの方々が、僕がやりやすいように、決めやすいように、何回も何回もミーティングをしてくれた。
決まった期限の中でやるのも本当に大変だったと思うんですけど、寝ないで頑張ってくれたりとか、
僕がいい道を行けるように手伝ってくれたなと思います」


「やっぱり『エンゼルスにお願いします』っていうことは、他に断らなければいけない球団があるということで、
すべての人にとっていい人になれないという申し訳なさを感じましたし、
これだけ一生懸命資料を作ってくれて、プレゼンもしてくれて、いろんな球団の方が話をしてくれている中で、
結局1つの球団にしかいけないということに関しては、やっぱり最後すごく悩みました」

130 名無し募集中。。。 :2017/12/10(日) 23:24:58
【MLB】大谷がエンゼルス入団会見、GMは「大谷は人を感動させる」と絶賛
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000211-ism-base
ビリー・エプラーGM
「彼は人目を引く選手だった。ものすごい速球に、3つの変化球をストライクゾーンに投げる。
それだけでなく、バッターボックスでの存在感に我々は魅了された。
チームの打撃哲学にかなりフィットしている」

エプラーGMは4日に大谷と面談したあと、マイク・トラウト外野手から
「大谷ってどんな感じ? どういう人物?」と質問攻めにあったようだ。
「大谷はトラウトに似ている。シンプルで、謙虚、そして最高の選手になることを目指している」と、
自身の結婚式のために現在は東海岸にいるスター選手に返答したことを明かした。

マイク・ソーシア監督
「これは我々のファンにとって、とても、とても特別なことになると思う。選手全員が彼の加入にとても興奮している。
我々の仕事は、翔平のように多才で“二刀流”のアスリートが、
いかにしてその才能をフィールドで発揮できるようにするか、チームを優勝に導いてもらえるようにするかだ」

131 名無し募集中。。。 :2017/12/10(日) 23:33:40
A軍エップラーGM、大谷入団決断の第一報に「膝の力が抜けて後ずさり…」
エンゼルス所属選手からニュースの真偽を確かめる連絡が殺到
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00097255-fullcount-base

日本ハム近藤、大谷会見にツッコミ「急にキャラ変」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00074019-nksports-base

「Nito-Ryu」 エンゼルス入団の大谷翔平、求道の始まり
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000516-san-base
米国で「ツー・ウェイ」と表現される二刀流。
本場のファンに「Nito-Ryu」と認知させられるか。新たな求道が始まった。

【MLB】「ショーグン」「ビッグ・ショー」… 大谷の愛称募集にファンは“大喜利”状態
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00097244-fullcount-base
「ゴータニ(Goatani)」
「ショータイム(Sho-time)」
「ショーヘイキッド(Sho-hei Kid)」

1つ目の「ゴータ二」は、史上最高を意味する「Greatest Of All Time」(史上最高)の頭文字を取った
「GOAT」と「OHTANI」の名前をかけたもの。残りの2つは、「Shohei」にちなんだものだ。

一方、「Cut4」は公式ツイッターでも
「ショウヘイ・オオタニがニックネームを欲している、あなたの力が必要だ」
と、ファンに愛称を募集。ファンからの答えが殺到した。

「ショーグン(Shogun)」
「ツーステップ(Two-Step)」
「カイジュー(Kaiju)」
「ショータン(Sho tan)」
「ザ・ショー(The Sho)」
「ショータニ(Shotani)」
「アロルディス・スタントン(Aroldis Stanton)」
「ビッグ・ショー(Big Sho)」

二刀流への期待は高まっており、剛腕アロルディス・チャプマンと、大砲ジャンカルロ・スタントンの名前を組み合わせたものまで登場。
モーラ記者のツイッターの返信欄にも「テンシ(Tenshi)」「ダブル・トラブル(Double trouble)」
「ザ・センセーション(Shohei the sensation Ohtani)」といった“候補”が寄せられている。

デビュー前から話題を独占している大谷。集まったニックネーム候補にも、期待の大きさが表れている。

132 名無し募集中。。。 :2017/12/10(日) 23:39:45
“スター”大谷翔平、レッドカーペット登場に米ファン興奮
「演出がサマになる紳士だ」…動画公開で話題「本当にハンサムな男」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171210-00010002-theanswer-base

「ショーグン」「ビッグ・ショー」… 大谷の愛称募集にファンは“大喜利”状態
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00097244-fullcount-base

過去につけたのは26選手 大谷はエンゼルスの背番号「17」で伝説作れるか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00097293-fullcount-base

エンゼルス1年目の日本人選手の成績は?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00140192-baseballk-base

133 名無し募集中。。。 :2017/12/11(月) 00:08:47
大谷翔平、エンゼルス入りの真相
自ら語る“冬用スーツ”が示す誠意
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201712100004-spnavi
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201712100004-spnavi?p=2
まず、本当に市場の小さな球団を望んだのかどうか。
また、日本人選手がいるチームを望んでいない、と伝えられたことについて。

「マーケットが大きい小さいとか、誰がいる、誰がいないというのは関係なくて、本当に自分が行きたいなと思った球団を選んだ」

では、西海岸のチームを望んだのかどうか。

「それもなかった。スーツ(ベルベット素材)をみたら分かると思うんですけど、これは冬用のスーツなので、
そう意味では、もしかしたら(現在、冬を迎えている街にある球団との契約も)あるかもしれないなと思って着てきた。
どっちかということもなくて、本当にオープンな気持ちで、まっさらな気持ちで、最初からプレゼンも受けた。
それが、僕からしたら、他の球団への誠意だと思っている。
失礼のないようにどの球団に対しても平等に話を聞こうと思ってきました」

確かに、Tシャツ姿のファンが多い中、大谷一人、冬の装いだった。

134 名無し募集中。。。 :2017/12/11(月) 05:59:31
エンゼルス大谷翔平の6月二刀流デビュー計画?!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000003-wordleafs-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000003-wordleafs-base&p=2

大谷が背負うエンゼルスの17番。過去には「240安打男」や「超スローボール使い」も
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikutayasuhiko/20171211-00079148/

入団会見でエンゼルスが見せた二刀流と向き合う真摯な姿勢
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20171210-00079123/

135 名無し募集中。。。 :2017/12/11(月) 19:54:56
>>127
【MLB】鷹サファテ、大谷は「地球上で最高の選手」 米誌で絶賛、課題は「制球」「内角」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00097317-fullcount-base
米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」が
「日本にいる元大リーグ選手にとって、オオタニは特別だが、無敵ではない」というテーマで記事を掲載。
この中でサファテは「彼は地球上で最高の選手だよ」と最大級の賛辞を送っている。

広島、西武と渡り、日本で7シーズンを過ごしたサファテ。
ソフトバンクでは4シーズンを戦い、昨季は大谷擁する日本ハムに大逆転でのリーグ優勝を許した。
投手として、打者として大谷の力を目の前で感じており、
「彼の魅力を知っている。彼はスーパースターになる、それくらい良いんだと初めから言い続けてきた」と、その才能を認めた。

その一方で右腕の課題も指摘。
記事の中で「彼は時々考え過ぎるんだ。『100マイル投げられるんだから、変化球はやめなよ』って思うんだけどね」と言い
「優れた制球力は持っていない」とも。
「オオタニはタナカマサヒロではない。タナカはストライクゾーンの低めに3球投げる制球を持っていて、
マウンド上ではいつも安定していた。大谷は1年目にサイヤング賞争いは出来ないよ」と語っている。

また、打者としては「彼の唯一の課題は内角への速球だ。日本人選手は彼に対して内角攻めしない傾向があった。
きっと相当配慮していて、内角に投げて腕を壊したり肘に当てたりしたくないんだろう。自分は彼の内角に投げて成果を収めてきた。
メジャーの投手は内角への投球を恐れない。そこが彼のしなければならなくなる適応の一つだ」としている。

取材に対して「彼のしていることは間違いなく素晴らしいことで、彼が挑戦し、球団がその機会を与えるのは何よりだ。
自分の意見だけど、いつか彼は選択しなければいけなくなると思う。打者か投手に専念することになるだろう。両立出来るとは思わない。
ただ、もしどちらか選べば、40-40(40本塁打、40盗塁)かサイヤング投手になれる。でも、どちらかを選ばなきゃいけないね」と、
将来的には投手か打者か、どちらかに絞ることになるだとうと予想したというサファテ。
その上で「彼は地球上で最高の選手だよ。弱点を挙げたけど、弱みよりも強みのほうが勝っている」と結論づけたという。

現在の日本球界で最高の投手であるサファテをも唸らせる大谷。
「地球上で最高の選手」であることを、メジャーで証明できるだろうか。

136 名無し募集中。。。 :2017/12/12(火) 02:09:30
球界の常識を覆した二刀流・大谷翔平。日本屈指の逸材が球界に残した”伝説”10選
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171211-00010002-baseballc-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171211-00010002-baseballc-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171211-00010002-baseballc-base&p=3
■史上初の2桁勝利&2桁本塁打
■オールスターで投手として選出も第1戦試合前のホームランダービーで優勝。
第2戦では5番・指名打者として先発出場し、自身初のオールスター本塁打を放つ活躍を見せてMVPを受賞。
■初回初球先頭打者本塁打&8回無失点で勝利投手
■リーグ優勝決定戦で菊池雄星に勝利
■日本球界史上最速の165キロ
■日本シリーズ、ネクストバッターボックスにいるだけで威圧感
■松井秀喜氏以来となる東京ドーム屋根裏二塁打
■投手と指名打者でベストナイン、4年目でMVP
■5年間で歴代投手史上最多本塁打
■メジャー移籍で全球団が注目

137 名無し募集中。。。 :2017/12/12(火) 13:35:48
【キヨシスタイル】大谷 登板間隔は中5日に?日本人が世界の野球を変える時代に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000091-spnannex-base
登板間隔についてもソーシア監督は「幅広く考えている」と話している。
メジャーの先発は中4日が相場だけど、中5日や中6日もありってことだよね。
そういえばダルビッシュがレンジャーズ時代の3年前、
肘を痛めてトミー・ジョン手術を受ける投手が多い米球界に
「中4日は絶対短い。120から140球を投げても中6日あれば、
じん帯の炎症はクリーンに取れる。最低でも中5日あれば…」
と提言して波紋を呼んだことがあった。

登板数が年俸にはね返るから中4日の方がいい投手が少なくないらしく、現状は変わってないけど、
エ軍が大谷に合わせて先発投手全員の登板間隔を空けて成功したら、メジャー全体が動くんじゃないかな。
ダルビッシュが提言した問題を大谷が再び提起する形。
制度もルールもいつも一方通行だけど、メジャーへ右にならえの野球はもういいんじゃないかな。
日本人が世界の野球を変えていく時代に入ってもいいと思う。
その意味でも大谷には凄く期待している。先発では15勝…。打席数は300いってほしいな。
1試合4打席として75試合で15本から20本。これだけやってくれたら大騒ぎになるよ。

メジャーの長い歴史の中でも10勝と10本塁打を同一シーズンでマークした二刀流は1918年のベーブ・ルースだけらしい。
その数字が13勝、11本塁打。来年はとりあえず100年前のベーブ・ルースを超えてもらいたいな。

大谷「惜別会見」開催へ 日本ハム、来年1月 札幌Dで感謝伝える
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000006-spnannex-base

【MLB】エンゼルス大谷は2月15日始動、GMは足首懸念せず「何の制限もなく開始」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00097546-fullcount-base

大谷三刀流「ショートもできる」栗山監督がエール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00075294-nksports-base
赤いユニホーム姿に「翔平はエンジェルだったんだなと思いました」と目尻を下げた。
「野球って面白いんだっていうのを、みんなに伝える天使だったんだよ」。

これからは「一ファンとして見ていく」という。
「個人的には違う形の二刀流があると思う。
アメリカだし、こっちが『おっ』と思うようなものが見たい。三刀流とかね」と期待を込める。

「アメリカのやわらかい芝ならショートも十分に守れる」と投打+遊撃のプランに
「80勝を優勝ラインとして、そのうち70勝の半分、35試合で他の守備位置からセットアッパーで出ていくとか」。

実際に、入団1年目には天然芝の球場に限って投打+外野手の“リアル三刀流”を実現している。
「俺にあと5年くれたらなあ…」と、アイデアは尽きなかった。

138 名無し募集中。。。 :2017/12/13(水) 01:56:00
大谷、右肘にPRP注射 代理人バレロ氏は「予防のための措置」…米スポーツ誌が報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000040-sph-base
日本ハムからエンゼルスへの移籍が決まった大谷翔平投手(23)が10月、
患部の治癒を促進するPRP(多血小板血漿)注射を右肘に受けていたと
米スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」の記者が11日、報じた。複数の関係者が認めたという。
PRP療法は14年、渡米1年目のヤンキース・田中将大投手が右肘に炎症を起こした際に受けたことで知られる。
自分の血液から抽出した多血小板血漿を注射する治療法だ。田中の場合は復帰まで約2か月かかった。
メジャーの投手では現DバックスのZ・グリンキーが13年に、
現RソックスのC・セールも14年に受けており、先発を数回飛ばしただけだったという。
代理人のバレロ氏はメジャー各球団に対し
「今回の治療はあくまで予防のための措置。日本では少なくないケース」と説明したもよう。
カリフォルニアでメディカルチェックを受けた結果とともに、各球団に伝えたとされる。


エンゼルス移籍の大谷 寮生活からいきなり海外で一人暮らし
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000041-tospoweb-base
大谷は先日の入団会見で
「寮からメジャーリーグに来る選手はいないと思うので、そういう意味では不安な点もあります」と語っていたが、
海外での一人暮らしの不便も契約するCAAスポーツのスタッフが完全バックアップする。

一方で父・徹さんが今後、現地に個人事務所を開設し大谷のマネジメントを手がけるという情報も伝わってきており、
アリゾナ州テンピでのキャンプ中に両親が新たな生活の拠点を整備することにもなりそうだ。


投手・大谷の頼もしい味方 エンゼルスが誇る2人の守備職人
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00140314-baseballk-base
今季のチーム守備率.986は、メジャー全体でみても7番目と高い安定感を誇ったエンゼルスのディフェンス。
特に捕手と遊撃手という守りの要と言えるポジションに“守備の達人”を抱えているのは大きい。

遊撃のレギュラーを張るアンドレルトン・シモンズは、メジャー屈指の名手として知られる男。
守備力を表す指標のひとつであるUZR(=同リーグの平均的な選手が守る場合に比べてどれだけの失点を防いだか)で、今季は15.5という圧巻の数字をマーク。
2位のホセ・イグレシアス(タイガース)が8.6であることから、いかにシモンズの守備力がずば抜けているかがお分かりいただけるだろう。
ゴールドグラブの常連であり、ここ4年で3度もメジャーの最優秀守備選手に選ばれたまさに守備の達人。大谷もきっと幾度となくピンチを救ってもらうことだろう。

もう一人、エンゼルスの守備の要といえば、捕手のマーティン・マルドナドだ。
今年31歳にしてようやくレギュラーを掴んだ遅咲きの苦労人は、捕手として両リーグ最多の137試合に出場。
失策数はわずか2個だけという堅守でエンゼルスの投手陣を支えた。
安定した守備に加え、強肩も大きな魅力のひとつ。盗塁を企図された回数は75回と多かったが、盗塁阻止率は.387(75-29)と健闘。
これは被盗塁企図数が50以上あった捕手34名中4位という好成績である。

139 名無し募集中。。。 :2017/12/13(水) 05:16:58
12/12 AWB トルネード右腕が躍動!イースタン選抜・髙井、無失点リリーフ
https://sports.yahoo.co.jp/video/player/559788

140 名無し募集中。。。 :2017/12/14(木) 07:39:15
Morosi chats with 翔平 大谷
https://www.youtube.com/watch?v=m3zoZaZsEu8
MLB Now on 大谷 to Angels
https://www.youtube.com/watch?v=1IR-lIEpQP8

141 名無し募集中。。。 :2017/12/14(木) 09:48:56
ダルビッシュ、ア軍に球種ばれていた
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000798-chosun-base
今年の米大リーグ・ワールドシリーズで、ロサンゼルス・ドジャースの先発投手として
第3戦と第7戦に登板したダルビッシュ有が乱打を浴びたのは、投球時の癖がばれていたためだったことが分かった。

米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」の野球コラムニスト、トム・ベルドゥーチ氏は12日、
「ヒューストン・アストロズの打者たちはダルビッシュが投球前に球をグラブに持っていく動作の細かい違いで次の球種を事前に把握していた。
打者たちとのインタビューでこれを知った」と明らかにした。
ダルビッシュは直球の握りで球を持った右手を脇に置いてから捕手とサイン交換するが、
アストロズの打者たちは、ダルビッシュが投げるために球をグラブに再び入れた時、握り直すかどうかによって球種を区別していたという。
つまり、グラブに持っていく時に握りを変えればスライダーやカット・ファスト・ボール、変えなければ直球だったというのだ。
アストロズの打者たちは「第3戦で初めてダルビッシュを相手にした時、この癖に気付いた。
第7戦でもこの癖が出ていた。彼がスライダーを投げる時が分かったので準備できた」と語った。
ドジャースがワールドシリーズ優勝を期してシーズン途中で入団させたダルビッシュは、
ワールドシリーズ進出に先立つ2回のポストシーズンの試合では11と3分の1イニングを2失点と好投した。
ところが、ワールドシリーズでは第3戦で4点、第7戦で5点奪われ、どちらも2回途中で降板した。
ダルビッシュはワールドシリーズでスライダー(または軌道がよく似たカット・ファスト・ボール)を計48球投げたが、
打者はこれをバッティング投手の球のようにたたいた。
アストロズの打者がスライダーで空振りしたのは48球のうちたった2球に過ぎなかった。
ワールドシリーズはアストロズの優勝(4勝3敗)に終わった。
この記事が出た後、ドジャース首脳部は「我々も当時のダルビッシュの投球癖を知っていた。
癖をできるだけなくそうとしたが、解決策を見いだせなかった」と告白した。



本当かな?ダルはこの記事見て何と応じるだろう?

142 名無し募集中。。。 :2017/12/15(金) 02:34:23
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/12/14/jpeg/20171214s00001007087000p_view.jpg
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/12/14/jpeg/20171214s00001173166000p_view.jpg

143 名無し募集中。。。 :2017/12/15(金) 02:39:57
2018/0101(月) 「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦」

世界最速の男ジャスティンガトリンがショットガンタッチに参戦!
世界記録は13m60cmを超えるか? ガトリンの脅威の身体能力は!?
さらにメジャーリーグ最速・盗塁王メリフィールド
世界陸上400mリレー銅メダリストの藤光謙司
現世界記録保持者・FC東京 FW永井謙佑が参戦!!

最強のスピードキングは誰なのか!?世紀の対決を見逃すな!!

144 名無し募集中。。。 :2017/12/15(金) 02:41:33
2018/0101(月) 「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦」

世界最速の男ジャスティンガトリンがショットガンタッチに参戦!
世界記録は13m60cmを超えるか? ガトリンの脅威の身体能力は!?
さらにメジャーリーグ最速・盗塁王メリフィールド
世界陸上400mリレー銅メダリストの藤光謙司
現世界記録保持者・FC東京 FW永井謙佑が参戦!!

最強のスピードキングは誰なのか!?世紀の対決を見逃すな!!


今シーズンの成績
メリフィールド(KC).288 19本 78打点 34盗塁 OPS.784 fWAR3.1 rWAR3.9

145 名無し募集中。。。 :2017/12/16(土) 05:17:53
ソフトバンク柳田が「スーパーサイヤ人」大谷にエール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000025-tospoweb-base
「あんなすごい選手が本当にいるのかってくらいアイツはすごいと思っている。
メジャーでどんだけ活躍できるのか、ファン目線で早く見たい。
投手もすごいけど、僕は『打者大谷』を楽しみにしている。
(大谷の出現は人気漫画・ドラゴンボールの)スーパーサイヤ人が出てきた時くらいの衝撃だった。
それでスーパーサイヤ人に慣れてきたと思ったら(年々成長して)スーパーサイヤ人3くらいの、
金髪がブワーッて腰まで伸びたくらいのすごさになっていった。
僕のレベルは(ドラゴンボールの)クリリンくらい。
それでもクリリンまでいけたら結構大したもんだと思うのに…。本当にアイツはすごすぎる。
技術的には、体のデカイ選手が力を伝えるのって難しいんだけど、それを大谷は簡単にやる。うまく力を伝えるところがすごい。」

柳田は、今後の大谷について
「メジャーにはスーパーサイヤ人がいっぱいいる。そこに身を置くことで、また進化するんじゃないですかね」とも。
「早起きは大丈夫なので、楽しみですね」と来年は大谷出場試合のテレビ中継を目覚まし代わりにするつもりだ。


大谷の“関節ネズミ”発見情報に米メディアが辛辣バッシング NY紙強烈「獲らなくてよかった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000018-ykf-spo

前代未聞の能力に米ゲーム界も“混乱”!? 「二刀流」対応へ「大谷を2人作る」
米「ファンタジーベースボール」が決断、「投手・大谷」「野手・大谷」が存在することに
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00098109-fullcount-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00098109-fullcount-base&p=2

大谷翔平にワクワクするアメリカ。二刀流は既存の価値観への挑戦だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171215-00829522-number-base
見たいか見たくないかなら、見たいに決まっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171215-00829522-number-base&p=2
既存の価値観への挑戦に、広がるワクワクした雰囲気。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171215-00829522-number-base&p=3

146 名無し募集中。。。 :2017/12/16(土) 09:50:16
ショットガンタッチ記録

一徳 12m00cm
西岡 12m00cm
赤星 12m50cm
青木 13m60cm(世界記録)

13m30cm 飯田哲也(50m 6秒14)
13m30cm 赤田将吾(50m 不明)
13m20cm 緒方孝市(50m 6秒22)
13m10cm 岩村明憲(50m 不明)
13m00cm 松井稼頭央(50m 6秒06)
13m00cm メッシ(50m 5秒9)


13m60cm 青木宣親(野球・50m 6秒4) 永井謙佑(サッカー・50m 5秒8)
13m50cm 大畑大介(ラグビー・50m 5秒9)
13m30cm 飯田哲也(野球・50m 6秒14) 赤田将吾(野球・50m不明) 木下典明 (アメフト・50m不明)
13m20cm 緒方孝市(野球・50m 6秒22)
13m10cm 岩村明憲(野球・50m 不明)ケインコスギ(俳優・50m 6秒74) 宮崎大輔(ハンド・50m 5秒9)
13m00cm 松井稼頭央(野球・50m 6秒06) メッシ(野球・50m 5秒9) 里見恒平(アメフト・50m 不明)

147 名無し募集中。。。 :2017/12/19(火) 17:18:54
日本ハム大谷起用法「投手軸」→「打者軸」実現せず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00080632-nksports-base

山本昌「中高生にスライダーは危険」大谷・マエケンは投げなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171219-00829521-number-base
体が横に振れるのは、スライダーの副作用。山本昌「スライダーは、真っ直ぐの振りに影響を及ぼす」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171219-00829521-number-base&p=2
「完成度」という言葉を安易に使ってはいけない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171219-00829521-number-base&p=3

大谷報道で米国からバトンを受け取らない日本のメディア
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20171219-00079476/

148 名無し募集中。。。 :2017/12/20(水) 06:17:51
中央アメリカ競技大会2017 野球競技 ニカラグア優勝の瞬間
https://www.youtube.com/watch?v=6WhTMcTkrbY
優勝ニカラグア
準優勝パナマ
3エルサルバドル
3グアテマラ
5ホンジュラス
6コスタリカ

149 名無し募集中。。。 :2017/12/20(水) 16:56:42
http://i.imgur.com/wsnlupo.gif
https://i.imgur.com/QtKdehI.gif
https://i.imgur.com/PUEucjb.jpg
https://i.imgur.com/uoeY5SB.gif

150 名無し募集中。。。 :2017/12/20(水) 17:02:53
https://i.imgur.com/bFod3MI.gif
 
http://i.imgur.com/cj8LNrH.gif
 
http://i.imgur.com/VMrSu1V.gif

151 名無し募集中。。。 :2017/12/21(木) 06:07:09
CS放送「GAORA」、25日に大谷の会見を生中継
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000013-sanspo-base

大谷翔平のメジャー挑戦が突きつける光と影
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171221-00201762-toyo-bus_all
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171221-00201762-toyo-bus_all&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171221-00201762-toyo-bus_all&p=3
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171221-00201762-toyo-bus_all&p=4
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171221-00201762-toyo-bus_all&p=5
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171221-00201762-toyo-bus_all&p=6

152 名無し募集中。。。 :2017/12/21(木) 06:09:27
2017年オフ、日米の野球界は日本ハム、大谷翔平の移籍の話題で沸き立っている。
前代未聞の二刀流で驚異的な成績(投手として公式戦5年間の通算で42勝15敗、野手として48本塁打)を残した大谷が、
移籍が決まったロサンゼルス・エンゼルスでどんな活躍をするかは、日米野球ファンの大きな注目だ。
テレビの街頭インタビューでは、日本からの野球選手の人材流出への賛否の声が聞かれた。
「日本の高校野球で育った選手が、本場アメリカで活躍するのを見るのはうれしい」という声がある一方で、
「いい選手がどんどんアメリカに行って、日本の野球は大丈夫なのか」と懸念を示す人もいる。

■メジャーで通用するのは至難の業

野茂英雄が1994年オフに近鉄からロサンゼルス・ドジャースに移籍してから23年、日米の野球の関係は明らかに変質しているといえる。

まずは、日本からアメリカに渡った選手の成績をざっくりと見てみよう。

NPB(日本プロ野球)出身初のメジャーリーガーは、
1964年に南海からサンフランシスコ・ジャイアンツ傘下のマイナーチームに野球留学していた村上雅則だ。
それ以降50人以上の日本野球育ちの選手が海を渡ったことになる。

投手 41人
(1試合だけ投げたイチロー、青木宣親を除く。米と日本の二重国籍のマイケル中村を含む)

・通算50勝以上 7人
(野茂英雄123勝、黒田博樹79勝、岩隈久志63勝、ダルビッシュ有56勝、松坂大輔56勝、田中将大52勝、大家友和51勝)

・通算30セーブ以上 5人
(佐々木主浩129、上原浩治95、斉藤隆84、大塚晶文39、長谷川滋利33)

・オールスター選出(試合出場なしも含む)9人 延べ13回
(ダルビッシュ有4回、佐々木主浩2回、上原浩治、斉藤隆、岡島秀樹、長谷川滋利、岩隈久志、野茂英雄、田中将大各1回)

この中に名前が出た選手をMLBでの成功者とすると、41人中13人だ。
「NPBで活躍した投手は、即そのままMLB(メジャーリーグ)でも通用する」とは言いがたいことが見えてくる。

153 名無し募集中。。。 :2017/12/21(木) 06:12:40
野手はさらに厳しい。

野手 14人

・通算500安打以上 4人
(イチロー3080安打、松井秀喜1253安打、青木宣親774安打、松井稼頭央615安打)

・通算100本塁打以上 2人
(松井秀喜175本塁打、イチロー117本塁打)

・オールスター選出 3人 延べ13回
(イチロー10回、松井秀喜2回、福留孝介1回)

野手は14人のほかに、2012年オフに海外FA権(フリーエージェントを指し、いずれの球団とも契約締結できる権利)を行使して、
西武からオークランド・アスレチックスに移籍したものの、一度もMLBに昇格しなかった中島裕之(現・宏之、オリックス)などがいる。

■エース級の投手以外は通用しない

ありていに言えば、MLBで通用したNPB出身の野手はイチローと松井秀喜だけだ。
この2人は、入団した球団で契約満了時に再度大型契約を結ぶことができたが、
他の選手は契約満了とともにFAとなり移籍するか、1年契約やマイナー契約でかろうじて残留している。
ほとんどの選手が、NPB時代と比較して成績を大きく落とした。
そして松井秀喜と現役のイチロー、青木宣親を除く全員が、のちにNPBに復帰している。

野茂英雄のMLB移籍から23年、イチローの移籍から16年、MLB側は、NPBの評価をほぼ固めたものと思われる。
それは「エース級の投手は通用するが、それ以外の投手と野手はほとんど使えない」というものだ。
「イチローと松井秀喜は例外だった」とも思っていることだろう。

今オフ、NPBからは大谷翔平のほか、西武の牧田和久がポスティングでの海外移籍を目指している。
海外FAでMLB挑戦を表明しているのは、ロッテの涌井秀章、オリックスの平野佳寿、
日本ハムの大野奨太、ソフトバンクの鶴岡慎也の4人だ。
投手の牧田、涌井、平野にはオファーがあるかもしれないが、捕手の大野は中日、鶴岡は日本ハムへの移籍を決めた。

今や日本人野手にとって、MLB移籍は現実的な目標ではなくなっている。
こうした状況を受けて、NPB球団側も、野手のMLB移籍には理解を示さなくなっている。
たとえば、2012年、当時日本ハムの糸井嘉男は非公式にMLB挑戦を口にしたが、
日本ハムはこれを認めず、翌年1月、オリックスに電撃トレードした。
2014年オフには阪神の鳥谷敬が海外FA権の行使を表明したが、阪神は球団を挙げてこれを慰留した。

結果的に、今の日本選手のMLBへの移籍は、一握りの超A級投手に限られている。
エースとしてリーグに君臨し、毎年圧倒的な好成績を上げる投手だけが、ポスティングでの移籍を容認される。

154 名無し募集中。。。 :2017/12/21(木) 06:16:33
この超A級投手は、毎年抜群の成績を上げるために、一定の年限になれば「NPBではこれ以上やることがない」状態になる。
球団からしても年俸が高騰し、抱えきれなくなる。そうなればMLBに売らざるをえなくなる。
ポスティングを利用すれば、球団には20億円以上(以前は50億円以上)の移籍金が入ってくる。
20億円と言えば、1球団の年俸総額の過半にもなる高額だ。

しかし野手は、そもそもMLBでは通用しない。
また投手と違い、ほぼ全試合出場する野手の移籍は戦力上痛い。
ポスティング移籍でもほとんど値がつかない。「行っても無駄だ」という冷めた認識が広がっているのだ。

大谷翔平は「二刀流」だが、その評価は100マイル(時速160km/h)超の投球によるものであり、打者として成功できるかどうかはまだ未知数だ。

■進化するMLBについていけない日本野球

なぜ、日本の野手はMLBで通用しないのか? 

野球指導者の根鈴雄次(ねれい・ゆうじ)は、
法政大学から2000年にモントリオール・エキスポズ(現・ワシントン・ナショナルズ)のマイナーチームに入団し、
メジャー一歩手前の3Aでプレーした経験がある。根鈴はこう語る。

「端的に言えば、投手は投げれば済みます。
いい球ならば日本でもアメリカでも、相手を抑えることができる。とりあえず言葉はいりません。
しかし野手はただ打つだけでなく、攻守で他の選手との連携が必要です。
コミュニケーションが必要になる。言葉のギャップが投手より大きいと思います。
それから、打撃の感覚が日米では大きく異なります。
日本では投手の球筋を見て、そこにバットの軌道を交差させていく感じですが、
アメリカではずばっと投げ込む球を、突然横から手でつかまえるように捕らえます」と話し、以下のように続ける。

「向こうの選手は体が大きいし力があるから、それでも飛んでいく。打撃の感覚がまったく違うんですね。
だから、長年NPBで打撃の実績を積んできた選手は、MLBの打撃になかなか適応できない。
今年、大谷翔平選手はあまり打席に立ちませんでしたが、
MLBの打撃に順応するために、NPBでの打撃の感覚をあまり体に覚え込ませないようにしていたのかもしれません」

さらに言えば、MLBの野球は近年、大きく変化している。
軍のレーダー技術を活用して、打球の行方は瞬時にデータ化されている。
投手の1球、打者の1打はその方向や球速、軌道などがトラッキングシステムで捕捉され、分析されるのだ。

155 名無し募集中。。。 :2017/12/21(木) 06:19:09
今のMLBの野手は、打者ごとに打球の方向を分析したデータに基づいて、極端に守備位置を変える。
本来二塁手の守備位置に遊撃手や三塁手がいることも珍しくない。一・二塁間に4人の野手が守ることもある。
さらに打者も、投手の配球や投球の軌道、回転数などをインプットし、それに対応した打撃を行うようになった。

また、守備が高度化し、打球を予測して野手が守るようになったことで、主力打者は意識して本塁打を狙うようになった。
本塁打を打つためのバットの角度やスイングについても、極めて精度の高いアドバイスが行われている。
もともと非力で当てる打撃しかできない日本人打者は、こうしたMLBの打撃の進化についていけない。

日本人選手がMLBに挑戦してほぼ四半世紀が経ったが、NPBとMLBの実力差はかえって開いてしまったというべきだろう。
それに伴い、NPBとMLBの人的交流の流れは、以前よりも細くなってしまった。

その端的な例が、日本人マイナーリーガーの激減だ。
NPBは、MLBに1960年代から「野球留学」という形でNPB球団に籍を残したまま、選手をMLB傘下のマイナーリーグに派遣してきた。
この制度は1997年限りで廃止されたが、以後も元NPB選手やアマチュア選手がメジャー昇格を目指してマイナーリーグに挑戦してきた。
そこからMLBに昇格した選手はマック鈴木や大家友和などごくわずかだが、日本人マイナーリーガーの総数は200人以上にのぼる。

数年前までつねに5〜10人の日本人マイナーリーガーがプレーしていた。
しかし2017年は元ロッテの中後悠平がアリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下の3Aに在籍していたのみ。
中後の来季の去就は未定だ。
他に日米二重国籍でアメリカ育ちの加藤豪将がニューヨーク・ヤンキース傘下のA+(3Aより2つ下のリーグ)にいる。

イチロー、青木宣親がともにFAとなり、所属球団が決まっていない現在、来季、日本人野手の系譜が絶える可能性がある。
それに加え、日本人マイナーリーガーも姿を消すおそれがあるのだ。

現在、MLBは、NPBのほんの一握りの優秀な投手を「ええとこ取り」しているだけである。
他の選手にはほとんど関心を持っていない。
「人材流出」どころか、日本人選手は足元を見られ、見切りをつけられつつあると言ってもいい。

156 名無し募集中。。。 :2017/12/21(木) 06:21:11
■ビジネスパートナーになれなかった日本野球

MLBが進化を加速させているのには理由がある。
アメリカではNFL(アメリカンフットボール)、NBA(バスケットボール)など、他のプロスポーツの人気が上昇している。
野球は「Old Ball Game」と言われ、退潮が著しい。
こうした状況に対応するため、MLBは、競技そのものを変革し、ライバルに伍して新しい魅力を創出しようとしているのだ。

そもそも、MLBはNPBとの人的交流が広がった21世紀初め、日本と手を組んで野球マーケットの国際化を推進しようという意欲を持っていた。

たとえば、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)は、MLBの前コミッショナー、バド・セリグの発案で始まったものだ。
サッカーのワールドカップのような、「野球世界一決定戦」をすることで、野球人気を世界に広げようとした。

日本はこのイベントに大乗り気で、2006年、2009年と2連覇を果たした。
MLBはこの機に乗じて、NPBもMLBの考える世界戦略に巻き込もうという意思があった。
しかしNPBは競技への参加には意欲的だったが、スポーツビジネスのアライアンスを組むことには関心がなかった。
そもそもNPBには、リーグの事務局機能こそあれ、ビジネスを推進する権限も機能も有していなかった。

バド・セリグ前コミッショナーは野球を普及するために世界でトップビジネスを推進したが、
日本ではカウンター・パート(対等の交渉相手)を見つけることさえできなかった。
NPBのコミッショナーは法曹家か官僚出身で、ビジネスの経験がまったくないから、交渉相手になるはずもなかった。
日本はこの間、外国人選手枠を広げるなど、選手の獲得には熱心だったが、アメリカ流のビジネスモデルには一切関心がなかったのだ。

NPBはセ・リーグとパ・リーグで合わせて、2017年の公式戦入場者数が史上最高の2513万人の観客動員に沸いている。
足元では少子化のペースを超えて野球人口が減っており、「野球離れ」が着実に進行しているが、野球を進化させるべきだという問題意識は薄い。

157 名無し募集中。。。 :2017/12/21(木) 06:24:54
それでもパ・リーグはPLM(パ・リーグ・マーケティング)という会社を興し、
パ・リーグの試合の中継、配信や6球団でのマーケティングを行っているが、セ・リーグは昭和の時代のままである。
日本人選手の海外流出が続き、日本とMLBの距離がぐっと近づいた十数年前には、
MLBは、国際戦略を推進するためNPBを傘下に収め、そのビジネスを取り込むのではないか、と言われ、
脅威論が盛んに言われたが、結局、何も起こらなかった。

MLBは、選手だけでなく、ビジネスパートナーとしてのNPBにも見切りをつけたように見える。

■清宮幸太郎は、たった1人でメジャーに挑戦する? 

1993年の野茂英雄のMLB挑戦、2001年のイチローの移籍をエポックとして、
日本の野球少年やファンの意識ははっきり変わっている。
野茂英雄、イチローらの活躍で、野球少年たちの目指す高みは、甲子園や東京ドームではなく、MLBのスタジアムになったのだ。

前出の根鈴雄次は、横浜市で「アラボーイベースボール 根鈴道場」という野球塾を主宰している。
中学や高校の有望な選手もここで学んでいるが、彼らの多くが、MLBを目指しているという。

「うちに通っている甲子園出場が有望視される私立高校の有望選手は、
高校を卒業すればアメリカの大学に進み、MLBのドラフトにかかりたいとはっきり言います。
もうNPBは目標ではなくなってきたんですね」と根鈴は言う。

パンドラの箱は開いてしまったのだ。
日本の野球少年、ファンは、プロ野球のその先に、さらにレベルが高くて、比較にならないほどのビッグマネーが動く夢のステージがあることを知ってしまったのだ。
このために、「NPB経由ではMLBに行くことはできない」と思う野球少年が、少しずつではあるが増えているのだ。
近い将来、そうした少年がマイナーリーグに挑戦する姿が見られることだろう。

大谷翔平と入れ替わりに日本ハムに入団する清宮幸太郎は、MLBへの挑戦も視野に入れていると言われる。
しかし、純然たる野手である清宮が順調に成長し、MLBに挑戦するときには、彼の地で清宮を待ち受ける先輩日本人野手はいないかもしれない。
イチローや松井が開拓し、一時は7人もの野手が活躍した「日本人野手」という開拓地は再び荒廃していることも考えられるだろう。

広尾 晃 :ライター

158 名無し募集中。。。 :2017/12/24(日) 07:14:55
MLB選手の平均年俸が発表 約4億6400万円でプロ野球の12倍
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171223-00010003-baseballc-base

イチロー「売れ残った大きな犬みたい」…所属先決まらず「44歳頑張る」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000024-dal-spo

159 名無し募集中。。。 :2017/12/25(月) 08:24:55
大谷翔平がXマスにファンへ惜別の言葉 二刀流右腕は何を語るのか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00010000-fullcount-base
◇大谷翔平記者会見概要
日時:12月25日18:00〜18:30(予定)
場所:札幌ドームグラウンド上、特設ステージ(入場料無料)
出席者:大谷翔平、栗山英樹監督ほか
開場:17:00(予定)

インターネット独占配信:パ・リーグTV
テレビ放送:GAORA、フジテレビ、北海道文化放送、NHK札幌


全米で早くもエンゼルス大谷翔平がもたらす二刀流の波及効果が話題に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000002-wordleafs-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000002-wordleafs-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000002-wordleafs-base&p=3

剛速球がハトに直撃…、帽子の中に冷凍キャベツ…判定はどうなる?【意外と知らない野球ルール3問クイズ】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171225-00010000-baseballc-base
野球を科学した46の研究 日本各地で進む“野球の明日”に向けた研究考察
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00099707-fullcount-base

160 名無し募集中。。。 :2017/12/25(月) 08:39:59
大谷翔平、栗山監督と“初対決”【2012年12月25日】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171225-00000001-baseballo-base

161 名無し募集中。。。 :2017/12/25(月) 10:41:24
マエケン画伯
https://i.imgur.com/qUvLWJb.jpg
https://i.imgur.com/5Xtzi9r.jpg

162 名無し募集中。。。 :2017/12/25(月) 10:56:48
2014年
【投手】
24試合 155.1回 11勝4敗 防御率2.61 奪三振179
被安打125 被本塁打7 与四球57 与死球4
失点50(自責45) WHIP1.17 勝率.733
完投3(完封2)

【打者】
87試合 .274(212-58) 10本 31打点 32得点
17二塁打 1三塁打 1盗塁 21四球 0死球 48三振
出塁率.338 長打率.505 OPS.843

2015年
【投手】
22試合 160.2回 15勝5敗 防御率2.24 奪三振196
被安打100 被本塁打7 与四球46 与死球3
失点40(自責40) WHIP0.91 勝率.750
完投5(完封3)

【打者】
70試合 .202(109-22) 5本 17打点 15得点
4二塁打 0三塁打 1盗塁 8四球 0死球 43三振
出塁率.252 長打率.376 OPS.628

2016年
【投手】
21試合 140回 10勝4敗 防御率1.86 奪三振174
被安打89 被本塁打4 与四球45 与死球8
失点33(自責29) WHIP0.96 勝率.714
完投4(完封1)

【打者】
104試合 .322(323-104) 22本 67打点 65得点
18二塁打 1三塁打 7盗塁 54四球 1死球 98三振
出塁率.416 長打率.588 OPS1.004

2017年
【投手】
5試合 25.1回 3勝2敗 防御率3.20 奪三振29
被安打13 被本塁打2 与四球19 与死球0
失点9(自責9) WHIP1.26 勝率.600
完投1(完封1)

【打者】
65試合 .332(202-67) 8本 31打点 24得点
16二塁打 1三塁打 0盗塁 24四球 2死球 63三振
出塁率.403 長打率.540 OPS.943

163 名無し募集中。。。 :2017/12/25(月) 10:57:52
5シーズン通算
【投手】
85試合 543回 42勝15敗 防御率2.52 奪三振624
被安打384 被本塁打24 与四球200 与死球23
失点162(自責152) WHIP1.04 勝率.737
完投13(完封7)

【打者】
403試合 .286(1035-296) 48本 166打点 150得点
70二塁打 4三塁打 13盗塁 119四球 4死球 316三振
出塁率.358 長打率.500 OPS.858

最多勝(’15)
最優秀防御率(’15)
最高勝率(’15)
MVP(’16)
ベストナイン(’15)(’16)※(’16)は投手部門と指名打者部門の同時受賞
最優秀バッテリー賞(’15)

年度別最高球速
2013年157キロ
2014年162キロ
2015年162キロ
2016年164キロ(※CSで165キロ)
2017年163キロ

164 名無し募集中。。。 :2017/12/25(月) 15:24:39
http://livedoor.4.blogimg.jp/chihhylove/imgs/0/3/03eeb8ef.gif
https://i.imgur.com/dbxXq6Q.gif
https://i.imgur.com/gcDicSd.gif
https://i.imgur.com/fzSIO6o.gif

165 名無し募集中。。。 :2017/12/27(水) 11:01:51
https://i.imgur.com/EVuJvJG.jpg

166 名無し募集中。。。 :2017/12/27(水) 11:42:25
【日本ハム】大谷、会見中継の道内視聴率は5局で計55%
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000030-sph-base
大谷翔平、自由契約選手に 日本ハムが保有権手放す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00086866-nksports-base
日本ハム・大谷翔平選手 帯広もお別れ JR帯広駅の等身大パネル撤去
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00010000-kachimai-hok
大谷、お別れ会見翌日は孤独トレ 壁当て、マシン打撃…球拾いも自分だけで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000097-dal-spo
大谷翔平の“サヨナラ会見”をMLB公式サイトが特集「非常にクールな行動」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00099941-fullcount-base
「投手がダメだから楽しみ」。大谷を迎えるLAの反響とは? グッズ販売は看板選手の証【現地ルポ】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171226-00010002-baseballc-base
エンゼルス・大谷を迎えるアナハイムとは? アジア人への理解、良好な関係へ最良の選択か【現地ルポ】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171227-00010001-baseballc-base
大谷 エンゼルス入団で先発5人制と食文化が変わる?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000004-tospoweb-base
人気ラーメン店 大谷のメジャー生活を支援
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000003-tospoweb-base
プロが見ても“異次元”!? 大谷の打撃練習は「伸びる、伸びーてー、伸びる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00100003-fullcount-base

【MLB】イチローは「失敗するはずだった」 米データサイトが“唯一無二”の凄さ称賛
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00100052-fullcount-base
FAイチローの移籍先候補として7球団に可能性
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000001-wordleafs-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000001-wordleafs-base&p=2
マリナーズ、ダイヤモンドバックス、ホワイトソックス、ロイヤルズ、エンゼルス、メッツ、ジャイアンツ

167 名無し募集中。。。 :2017/12/28(木) 18:06:50
【MLB】アストロズのJ.アルテューベ、AP通信の年間最優秀男性アスリートに輝く
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000211-ism-base

【MLB】なぜ、こんなに曲がるのか フリスビー級の“魔球”に脚光 「最優秀投球動画」選出
米メディア“2017名場面動画”企画、ブ軍右腕の曲がりすぎるスライダーが話題
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171228-00010004-theanswer-base

大谷に盗塁王の資質? 米メディアが“真の武器“に注目。MLBトップ級の記録とは?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171228-00010002-baseballc-base
スカウティング・レポートによると大谷のホームベースから1塁までの到達時間は約3.9秒で、
これはMLBの左打者の平均約4.6秒を大幅に上回る。
これだけのスピードがあれば、凡打をヒットに、シングルヒットを二塁打にすることが可能で、
この能力はベーブ・ルースには決してなかったものだとしている。

参考までに、昨年2月にMLB.comが発表した現役メジャーリーガーの
ホームベースから1塁までの平均到達時間トップは以下の通り(所属は12月27日現在)。

1. ビリー・バーンズ(ロイヤルズ)3.85 秒
2. ディー・ゴードン(マリナーズ) 3.91 秒
3. ビリー・ハミルトン(レッズ)3.95 秒
4. デライノ・デシールズ(レンジャーズ)3.96 秒
5. ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)3.98 秒
5. イチロー(FA) 3.98 秒

全ての選手がキャリアの中で2桁盗塁を決めており、
ゴードン、アルトゥーベ、イチローは盗塁王獲得者でもある。
40歳を超えてもなおMLBの俊足ランナーにランク入りするイチローも凄いが、
類まれな長打力に加えてMLBトップと遜色ない大谷のスピードもまた特筆に値する。

168 名無し募集中。。。 :2017/12/28(木) 18:11:07
大谷 メジャー球で投げ込むも最初は暴投連発
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00087739-nksports-base

エンゼルス・大谷自身が明かす右肘治療の真実「注射は予防的な意味」
日本ハム関係者は「ネズミない」断言
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000013-ykf-spo

大谷“投手成功”は硬いマウンドと滑るボールの対応がカギ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000018-nkgendai-base

中居正広「僕の友達視聴率94%」これが「俺の侍ジャパン」だ!【視聴熱】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171227-00132686-the_tv-ent

169 名無し募集中。。。 :2017/12/28(木) 18:18:09
[チーム金子]1(左)西川、2(二)菊池、3(指)近藤、4(一)中田、5(中)柳田、6(三)浅村、7(右)上林、8(遊)源田、9(捕)炭谷 /投(先発)菊池、(中継ぎ)岩嵜、(抑え)大谷

[チーム菅野] 1(遊)坂本、2(二)田中、3(右)鈴木、4(左)筒香、5(指)内川、6(三)松田、7(一)宮崎、8(中)大島、9(捕)小林 /投(先発)則本、(中継ぎ)牧田、(抑え)松井

[チーム山川・近藤] 1(二)山田、2(中)秋山、3(指)大谷、4(一)山川、5(右)丸、6(捕)森、7(左)吉田、8(遊)今宮、9(三)西川 /投(先発)菅野、(中継ぎ)東浜、(抑え)千賀

客席に集まった野球ファン30人がもっとも魅力があるチームを選び、最多投票数だった「チーム菅野」が賞金10万円を獲得した。

170 名無し募集中。。。 :2017/12/31(日) 18:50:11
プロ野球現役選手500人が選んだ「本当のベストナイン パ・リーグ編」
https://www.youtube.com/watch?v=f4i7ARlh9VM
プロ野球現役選手500人が選んだ「本当のベストナイン セ・リーグ編」
https://www.youtube.com/watch?v=Oy9q8EhCjPc

171 名無し募集中。。。 :2018/01/01(月) 14:07:39
2017ベストナイン

現役選手500人が選ぶ -パ・リーグ-
投手:菊池雄星 岩嵜翔 サファテ
捕手:甲斐拓也
内野手:内川聖一 浅村栄斗 松田宣浩 源田壮亮
外野手:中村晃 秋山翔吾 ペゲーロ
DH:デスパイネ

現役選手500人が選ぶ -セ・リーグ-
投手:菅野智之 桑原謙太朗 ドリス
捕手:小林誠司
内野手:ロペス 菊池涼介 宮崎敏朗 坂本勇人
外野手:筒香嘉智 丸佳浩 鈴木誠也

落合が選ぶ https://www.youtube.com/watch?v=_eiSs92JeDI
投手:菅野智之 岩嵜翔 サファテ
捕手:石原慶幸
内野手:ロペス 菊池涼介 浅村栄斗 宮崎敏朗 今宮健太
外野手:筒香嘉智 丸佳浩 鈴木誠也
DH:柳田悠岐 秋山翔吾

172 名無し募集中。。。 :2018/01/02(火) 11:01:41
野球ファンがプロ野球記事をコピペするスレin新狼 2球目

173 名無し募集中。。。 :2018/01/02(火) 12:32:57
10年間の球団ランキングとドラフト。成功選手が少ないのは中日と……。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180102-00829650-number-base
[パ・リーグ]
1位 ソフトバンク……優勝5回、日本一4回、Aクラス8回
2位 日本ハム……優勝3回、日本一1回、Aクラス7回
3位 西武……優勝1回、日本一1回、Aクラス6回
4位 ロッテ……優勝0回、日本一1回、Aクラス4回
5位 楽天……優勝1回、日本一1回、Aクラス3回
6位 オリックス……優勝0回、Aクラス2回

[セ・リーグ]
1位 巨人……優勝5回、日本一2回、Aクラス9回
2位 中日……優勝2回、Aクラス5回
3位 広島……優勝2回、Aクラス4回
4位 阪神……優勝0回(日本シリーズ出場1回)、Aクラス6回
5位 ヤクルト……優勝1回、Aクラス4回
6位 DeNA……優勝0回(日本シリーズ出場1回)、Aクラス2回

過去10年にドラフトで獲得した選手の成功率は?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180102-00829650-number-base&p=2
[パ・リーグ各球団の成功選手]
ソフトバンク 11人(タイトル獲得6人)
日本ハム 13人(タイトル獲得7人)
西武 15人(タイトル獲得7人)
ロッテ 14人(タイトル獲得5人)
楽天 11人(タイトル獲得1人)
オリックス 16人(タイトル獲得1人)

[セ・リーグ各球団の成功選手]
巨人 11人(タイトル獲得4人)
中日 8人(タイトル獲得2人)
広島 12人(タイトル獲得6人)
阪神 9人(タイトル獲得2人)
ヤクルト 8人(タイトル獲得3人)
DeNA 16人(タイトル獲得5人)

174 名無し募集中。。。 :2018/01/02(火) 14:11:18
1989年6月、バンド仲間との草野球の試合中に打球が喉を直撃し、声を一時的に失う。その後声自体は回復したものの、かつてのハイトーンボイスは失われた。田中は「『ハイトーンなら自分が一番』と思っていたのに、その武器がなくなった。誇り高い男が、人格を全否定された。これではもう生きる意味がない」[3]と約3年間悩み続け、歌を辞めようかと思った時期もあったという。

しかしその後、友人である福岡ダイエーホークス(当時)の若井基安に「どんな豪速球の投手でも、いつかは変化球で勝負しなければならない日が来る。お前は変化球で勝負する勇気がないのか」と言われ、はたと気がついた。その瞬間、歌を続けようと決心した。その時、思わず「(自分に気づかせてくれて)ありがとう!」と言ったほどである。それをきっかけに現実を真正面から受け入れて、代償として得たハスキーボイスを売りにするようになる。

175 名無し募集中。。。 :2018/01/02(火) 14:23:09
沼津が空襲を受けた理由に、「東京を空爆した後、太平洋上に戻る時のグラウンドマークが富士山で、
そこで進路を南に向けたとき、最後にある都市が沼津なので、機体重量を減らすために残存爆弾を投棄していた
――という説が長らく語られてたけど、真実はどうなんだろか。

176 名無し募集中。。。 :2018/01/02(火) 14:30:42
すまん誤爆

177 名無し募集中。。。 :2018/01/03(水) 11:21:25
【MLB】ダル移籍先候補カブス、焦点は契約年数か…アリエッタに4年用意と米報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00100737-fullcount-base

「日本で控えってウソだろ?」乙坂智がメキシコで大絶賛された打撃術
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180103-00010001-sportiva-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180103-00010001-sportiva-base&p=2

大谷翔平は米国でも屈指の実力者。速球王から強打者2世まで、若手有望株10人
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180103-00010001-baseballc-base
■未来の速球王
マイケル・コペック(シカゴ・ホワイトソックス)
■低迷レッズの救世主?
ニック・センゼル(シンシナティ・レッズ)
■兄よりも期待!?
カイル・タッカー(ヒューストン・アストロズ)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180103-00010001-baseballc-base&p=2
■契約金はロッキーズ史上最高額
ブレンドン・ロジャース(コロラド・ロッキーズ)
■米国誌では最高評価
ロナルド・アクーニャ(アトランタ・ブレーブス)
■本塁打競争で外野の照明破壊弾
エロイ・ヒメネス(シカゴ・ホワイトソックス)
■通算449発の強打者2世
ブラディミール・ゲレーロ・Jr(トロント・ブルージェイズ)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180103-00010001-baseballc-base&p=3
■ナショナルズの新星
ビクター・ロブレス(ワシントン・ナショナルズ)
■マルチな才能を誇る超有望株
グレイバー・トーレス(ニューヨーク・ヤンキース)
■日本の誇る二刀流
大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)

178 名無し募集中。。。 :2018/01/03(水) 15:53:42
【MLB】殿堂投票の曖昧な基準に一石 松井秀喜氏の日米通算成績を米メディア考察
メジャーで10年、日本で10年、両国で所属チームに貢献も…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00100756-fullcount-base
松井秀喜
NPB 打率.304、1390安打、332本塁打、889打点
MLB 打率.282、1253安打、175本塁打、760打点
通算(10570打席)
    打率.293、出塁率.387、長打率.523、507本塁打

D・オルティス(10091打席)
MLB 打率.286、出塁率.380、長打率.552、541本塁打

殿堂投票は米国内の成績に限るべき? それとも…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00100756-fullcount-base&p=2
記事では「殿堂は最高レベルで残した成績を検討材料とすべき」
「米国野球殿堂なのだから、米国内での成績を考慮すべき」
「今後は日本球界を経てメジャー移籍する選手も増えるので再討議すべき」
「日米のレベルの差は歴然としているため合算は疑問」など、数々の論点を紹介。
それと同時に、殿堂投票の基準には
「選手の記録、能力、品格、スポーツマンシップ、性格、チームへの貢献度に基づく投票が行われること」と記されており、
活躍の場は米国内に限るのか否かは漠然としていることも指摘。
松井氏の日本での活躍を考慮すべきかは「投票者個人の裁量に任されている」としている。

179 名無し募集中。。。 :2018/01/04(木) 13:51:01
ダルビッシュ、合同自主トレ阪神藤浪に「カーショウから色々盗んでほしい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00100833-fullcount-base
阪神・藤浪 雪辱の6年目 目標は200イニング「結果を残す。それだけなんで」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000073-spnannex-base

ヤンキース有力か 19年ロンドンで初の公式戦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00092281-nksports-base
【MLB】2019年に日本でメジャー開幕戦開催か…アスレチックスが候補と地元報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00100830-fullcount-base

180 名無し募集中。。。 :2018/01/04(木) 13:58:04
DeNA今永パワーカーブ習得だ 自主トレから着手
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00092203-nksports-base
昨季チーム最多の11勝を挙げたDeNA今永昇太投手(24)が、“筒香カーブ”の習得に取りかかる。
「ハードカーブがあれば、直球のスピードを生かせる。下りが強ければ強いほどいい。
ウィーランドや浜口も、大きく落ちるカーブを持っているから投球の幅が広い」。
昨季の成績に満足することなく進化を目指す。

きっかけは筒香だった。12月のチームイベントの際に
「ソフトバンクのリリーフ陣が、なぜあそこまで防御率がいいと思う?」と質問された。
日本シリーズは第6戦まで戦ったが、チーム力の差を感じた。
だからこそ、主砲なりの疑問をぶつけてきた。
「全員、パワーカーブが多い。投手コーチがそうさせているのかな?」。筒香の言葉が頭から離れなかった。

関係者に“取材”をかけると、元メジャーリーガーの名前が挙がった。
「五十嵐さんの影響が強いみたいなんです」。
米国での4年間で習得したナックルカーブと直球を武器にする、球界屈指のセットアッパーだ。
今永もスピンの効いた直球が持ち味で、日本シリーズではソフトバンク打線に通用した。
その直球を生かし、投球の幅を広げるための糸口が見つかった。

地元・北九州での自主トレから着手し、勝負球にするため時間をかけて精度を高める。
「球速は、130キロは切れるようにできれば。シーズン中には、ものにしたい」。
主砲の言葉にヒントを得て、頂点への足がかりにする。

181 名無し募集中。。。 :2018/01/04(木) 15:14:54
遺伝 共有環境 非共有環境
https://i.imgur.com/P9ieLYR.png

182 名無し募集中。。。 :2018/01/05(金) 15:31:43
古田がイチロー、松井秀喜、王貞治の打撃を徹底解説
https://www.youtube.com/watch?v=glUEGXczcbU

183 名無し募集中。。。 :2018/01/05(金) 20:33:27
大谷翔平を育てたのは日本ハムだけ?高校や育成クラブの貢献に報酬を。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180105-00829609-number-base
育成の報酬があれば、使い潰す指導者も減る。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180105-00829609-number-base&p=2
野球の普及を支えるアマチュア組織を支えるために。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180105-00829609-number-base&p=3

184 名無し募集中。。。 :2018/01/06(土) 06:34:20
星野仙一氏死去 がん闘病…「燃える男」「闘将」突然すぎる70歳(スポニチアネックス)- Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000146-spnannex-base

185 名無し募集中。。。 :2018/01/07(日) 01:01:20
追悼・燃える男 星野仙一、最後のラジオ生出演。あの「落合トレード」の真相を語る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00010000-cbcv-base

【MLB】牧田和久がパドレスと2年約4億5000万円で合意、米記者が伝える
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00101181-fullcount-base

【MLB】カーショーがダルビッシュ絶賛、WSで乱調も「誰も他の先発登板を覚えてない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00101161-fullcount-base

186 名無し募集中。。。 :2018/01/07(日) 14:54:29
https://i.imgur.com/txHuE4c.jpg

187 名無し募集中。。。 :2018/01/07(日) 16:19:11
メジャーFA市場が緩慢になっている「5つの要因」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00095037-nksports-base
<1>昨今のデータ重視の若手GMが、極力リスクを排除したチーム編成を行っている。

<2>資金力がありすでに高額の総年俸を抱えている球団が、来季のぜいたく税回避を目指しているため節約方針。

<3>ダルビッシュ(ドジャースFA)ら大物FAが動かないため、下のランクのFA選手も余計に動けないという連鎖。

<4>時間をかけて待つ戦法を好む大物代理人スコット・ボラス氏が、今オフのトップFA選手10人のうち約半数を担当。

<5>来オフのFA市場にナショナルズのハーパー外野手やドジャースのカーショー投手ら多数の大物選手が出るため、今オフは静観する傾向。

188 名無し募集中。。。 :2018/01/09(火) 01:11:44
180106(土) 上原浩治 vs. 大谷翔平
「俺ならこう攻める」|上原浩治解説
https://www.youtube.com/watch?v=yhhuUMAfA4k?t=644

189 名無し募集中。。。 :2018/01/09(火) 17:17:18
大谷翔平を支えるパートナーは野球経験ゼロ 通訳&広報担当&運転手&練習相手の1人4役欠かせぬ分身
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000017-ykf-spo
大谷トリセツ エンゼルスGMに二刀流ノウハウ伝授
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00096119-nksports-base
エ軍GM 栗山監督を45分質問攻め 大谷二刀流ノウハウ吸収
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000006-spnannex-base

大谷の野球カード、サイン入りに=キャンプ前に契約―米大リーグ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000027-jij-spo

「大谷の二刀流は困難」通算3110安打の大打者が見解示す 一方で挑戦にはエール
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180109-00010003-baseballc-base
類まれな身体能力を有していたことから、どのプロスポーツからも声がかかっていたウィンフィールド氏は、大谷の二刀流について以下のようにコメントした。

「私も若い頃は色んなスポーツをしていたし、野球では投球も打撃もできた。でも、プロ入りの際に1つに絞るときが来た。
複数の役割をこなすことで1つのことに集中できなくなるからね。二刀流は肉体的にも精神的にもキツいし、とても難しいことだと思う」

二刀流の実現は難しいという見解を示したウィンフィールド氏だが、一方で
「彼が望むのであれば是非やってほしい。これまで高いレベルで投球と打撃を両立できた選手はやっぱりいないからね」とエールも送った。


カメラマンが見た「大谷翔平の直角あいさつ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000059-dal-spo
メジャー行きが決まっても、年上の先輩たちへの礼節を忘れない二刀流。
実るほど頭を垂れる稲穂かな、という言葉が記者の脳裏に浮かんだ。

190 名無し募集中。。。 :2018/01/09(火) 17:47:11
2018.0108 大谷翔平 有原航平 鎌ヶ谷スタジアム
https://twitter.com/M1Z_tyz/status/950329986145165312

191 名無し募集中。。。 :2018/01/10(水) 13:57:54
死球率(1打席あたり)
大谷0.34%
バレ0.45%
坂本0.49%
筒香0.52%
柳田2.00%

筒香15個(2863打席)
山田28個(2554打席)
柳田57個(2861打席)

192 名無し募集中。。。 :2018/01/10(水) 19:28:21
内川聖一は当代最高の右打者である。あまりにも圧倒的な3つの数字。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180110-00829657-number-base
<4000打数以上の右打者の生涯打率ランキング>
1.ブーマー .317(4451打数1413安打)
2.落合博満 .3108(7627打数2371安打)
3.内川聖一 .3095(6380打数1975安打)
4.レオン .308(4667打数1436安打)
5.中西太 .307(4116打数1262安打)

<右打者のシーズン打率ランキング>
1.内川聖一 (横浜) .378(2008年500打数189安打)
2.ローズ (横浜) .369(1999年521打数192安打)
3.落合博満 (ロッテ) .367(1985年460打数169安打)
4.広瀬叔功 (南海) .366(1964年456打数167安打)
5.藤村富美男 (阪神) .362(1950年527打数191安打)

横浜     901試合3019打数. 945安打79本塁打355打点 打率.313
ソフトバンク 868試合3361打数1030安打97本塁打531打点 打率.306


パで過去3年間、合計1000打席以上立った打者の打率ランキングに三振率(三振数÷打数)

1柳田悠岐 (ソ) 1378打数452安打 打率.328 三振321 三振率23.3%
2秋山翔吾 (西) 1803打数580安打 打率.322 三振298 三振率16.5%
3近藤健介 (日) 979打数311安打 打率.318 三振161 三振率16.4%
4角中勝也 (ロ) 1343打数406安打 打率.302 三振162 三振率12.1%
5西川遥輝 (日) 1476打数437安打 打率.296 三振314 三振率21.3%
6内川聖一 (ソ) 1351打数398安打 打率.295 三振134 三振率9.9%
7森友哉  (西) 954打数280安打 打率.294 三振269 三振率28.2%
8浅村栄斗 (西) 1668打数484安打 打率.290 三振340 三振率20.4%
9銀次  (楽) 1276打数366安打 打率.287 三振143 三振率11.2%
10中村 晃 (ソ) 1505打数430安打 打率.286 三振157 三振率10.4%

193 名無し募集中。。。 :2018/01/11(木) 15:09:38
2017MLB球速ランキング

1位 9月1日 104.3マイル(約167.9キロ)ファウル チャップマン
2位 9月1日 103.8マイル(約167キロ)ファウル チャップマン
3位 9月30日 103.7マイル(約166.9キロ)ファウル チャップマン
4位 9月18日 103.7マイル 空振り チャップマン
5位 9月1日 103.6マイル(約166.7キロ) ファウル チャップマン
6位 7月29日 103.5マイル(約166.6キロ)ファウル チャップマン
7位 7月29日 103.3マイル(約166.2キロ)ファウル チャップマン
8位 9月19日 103.2マイル(約166.1キロ)左飛 チャップマン
9位 9月1日 103.2マイル 空振り チャップマン
10位 7月31日 103.2マイル 空振り チャップマン
11位 9月1日 103.1マイル(約165.9キロ) ヒット チャップマン
12位 9月30日 102.9マイル(約165.6キロ) ファウル チャップマン
13位 9月1日 102.9マイル ファウル チャップマン
14位 9月30日 102.9マイル ボール チャップマン
15位 6月21日 102.9マイル 空振り チャップマン
16位 9月13日 102.8マイル(約165.4キロ) ヒット チャップマン
17位8月13日 102.8マイル ホームラン チャップマン
18位 7月29日 102.8マイル ファウル チャップマン
19位 8月15日 102.7マイル(約165.3キロ) 一ゴロ チャップマン
20位 7月3日 102.7マイル ファウル チャップマン

194 名無し募集中。。。 :2018/01/11(木) 15:16:23
大谷エンゼルス 開幕戦は3・30早朝5時5分開始
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00097619-nksports-base
◇エンジェルス(大谷翔平)敵地オークランドでアスレチックス戦。午後1時5分(日本時間30日午前5時5分)

◇ヤンキース(田中将大)敵地トロントでブルージェイズ戦。午後3時37分(同午前4時37分)

◇パドレス(牧田和久)本拠地サンディエゴでブルワーズ戦。午後1時10分(同午前5時10分)

◇ダイヤモンドバックス(平野佳寿)本拠地フェニックスでロッキーズ戦。午後7時10分(同午前11時10分)

◇ドジャース(前田健太)本拠地ロサンゼルスでジャイアンツ戦。午後4時8分(同午前8時8分)

◇マリナーズ(岩隈久志)本拠地シアトルでインディアンス戦。午後7時10分(同午前11時10分)

◇マーリンズ(田沢純一)本拠地マイアミでカブス戦。午後0時40分(同午前1時40分)

※イチロー、青木、ダルビッシュ、上原は所属先未定

195 名無し募集中。。。 :2018/01/11(木) 15:25:36
2017年のMLB最速投球トップ20動画、登場人物はチャプマンのみ!?
2017年の球速ランキングは23位までをチャプマンが独占
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00101750-fullcount-base
1、9月1日 104.3マイル(約167.9キロ)ファウル
2、9月1日 103.8マイル(約167キロ)ファウル
3、9月30日 103.7マイル(約166.9キロ)ファウル
4、9月18日 103.7マイル 空振り
5、9月1日 103.6マイル(約166.7キロ) ファウル
6、7月29日 103.5マイル(約166.6キロ)ファウル
7、7月29日 103.3マイル(約166.2キロ)ファウル
8、9月19日 103.2マイル(約166.1キロ)左飛
9、9月1日 103.2マイル 空振り
10、7月31日 103.2マイル 空振り
11、9月1日 103.1マイル(約165.9キロ) ヒット
12、9月30日 102.9マイル(約165.6キロ) ファウル
13、9月1日 102.9マイル ファウル
14、9月30日 102.9マイル ボール
15、6月21日 102.9マイル 空振り
16、9月13日 102.8マイル(約165.4キロ) ヒット
17、8月13日 102.8マイル ホームラン
18、7月29日 102.8マイル ファウル
19、8月15日 102.7マイル(約165.3キロ) 一ゴロ
20、7月3日 102.7マイル ファウル

2014年のレッズ時代に自己最高の奪三振率(9イニング当たりの奪三振の数)17.7という
驚異的な数値を記録したことを考えれば、昨季の奪三振率12.3は低い数値だが、
それでもほぼ直球のみで三振を奪える投手であることは確か。
直球の割合が極端に多く、打者はそれに合わせてくるためファウルは多くなっているが、ボール球が少ないのも特徴と言えそうだ。
本来の調子であれば、絶対的守護神として君臨する剛腕。
2009年以来のワールドシリーズ制覇に向けても欠かせない存在だ。
来季はいったい何マイルを記録するのか、目が離せない。

なお、MLB公式サイトの「スタットキャスト」球速ランキングでは
「チャプマン・フィルター」というボタンが用意されており、これを押すとチャプマンを除く上位選手を見ることができる。

196 名無し募集中。。。 :2018/01/11(木) 15:44:29
「打たせて取る」の究極系 現役最強のグラウンドボールピッチャーは誰?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00141982-baseballk-base
▼ 第5位
マイルズ・マイコラス(巨人)
☆全打球に占めるゴロの割合:56.8%

第5位からいきなり意外な選出。というのも、菅野智之や田口麗斗とともに巨人の先発3本柱を担った助っ人だが、
昨季は188イニングを投げて187もの奪三振を記録。最多奪三振のタイトルを獲得しているのだ。しかし、実際はゴロで稼ぐアウトも多い右腕。
被本塁打10は、規定到達者ではメッセンジャー(阪神)と井納翔一(DeNA)に次ぐ少なさだった(菅野と同数)。

マイコラスの特徴として挙げられるのは、ストライクゾーンで勝負しすぎず、際どいコースを投げて打ち損じを狙っていたこと。
スライダーやカットボールをうまく駆使して引っ掛けさせたことでゴロの山を築いた。


▼ 第4位
九里亜蓮(広島)
☆全打球に占めるゴロの割合:57.2%

規定投球回にこそ届かなかったものの、先発・中継ぎとフル回転で9勝を挙げた九里が第4位にランクイン。
187センチという長身から投げ下ろすストレートは威力抜群も、どちらかというと多彩な変化球に味があるタイプ。
実際にプロ入り4年間で奪三振がイニングを上回ることはなく、今季の奪三振率も7.50と平凡だった。

広島の先発投手陣を見てみると、薮田和樹以外は軒並み奪三振率が低い。
それでも好成績を残すことができているのは、球界を代表する名手・菊池涼介をはじめとする堅実な内野守備の裏付けがあったと見られる。


▼ 第3位
ブランドン・ディクソン(オリックス)
☆全打球に占めるゴロの割合:57.9%

第3位はオリックスのディクソン。実は2016年もゴロ比率はパ・リーグ1位の63.4%を誇ったように、
現在のプロ野球界における屈指のグラウンドボールピッチャーだ。
2017年の奪三振率は5.69とかなり低いが、一方で被本塁打もわずかに3。安定した投球のベースとなっている。

しかし、毎年好投を見せながらも、来日5年で9勝3回に8勝が2回と、未だに10勝の壁を破ることができていない。
来日6年目となる2018年シーズンこそ、2ケタ勝利を記録したいところだ。


▼ 第2位
デービッド・ブキャナン(ヤクルト)
☆全打球に占めるゴロの割合:60.3%

第2位は昨季ヤクルトに加入したブキャナン。
6勝13敗、防御率3.66という数字だけ見れば決して良いとは言い難いものの、
ヤクルトはシーズン中から翌年以降の契約延長を検討。
シーズンオフには2年の契約延長、そして年俸もアップさせるという意外なまでの好条件を掲示した。

それには「ゴロ率の高さ」という要素があってこそで、チームの守備が安定して打線の援護が噛み合えば、
勝ち負けがひっくり返ってもおかしくないようなポテンシャルを持つ投手であるという評価がある。
ただし、狭い本拠地もあって被本塁打19はリーグワースト2位。打たせて取る投手らしからぬ特徴がある点は課題になりそうだ。


▼ 第1位
ブライアン・ウルフ(西武)
☆全打球に占めるゴロの割合:63.5%

そして、栄えある第1位に輝いたのはウルフだった。
来日初期のころは中継ぎを任されることが多かったためか速球でゴリ押しするピッチングを見せていたが、
先発転向後は変化球を多用するようにモデルチェンジ。
日本で3球団目となる西武では、昨季フルシーズン一軍に帯同したなかで上質な打たせて取るピッチングを展開。9勝を挙げる活躍を見せた。

だが、かつては150キロ台を連発していたウルフも、いま現在は球威の衰えが課題。
昨季は11本もの本塁打を献上した。11月に38歳となる今季はどんな投球を見せるか、西武浮沈のカギを握る。


こうしてみてみると、トップ5のうち九里を除く4名が外国人投手。また、ブキャナン以外は複数年にわたって日本で活躍を見せている投手であり、ブキャナンも契約延長を勝ち取った。

197 名無し募集中。。。 :2018/01/12(金) 18:32:14
“野球がうまくなることにしか興味がない”大谷翔平は、なぜ移籍先にエンゼルスを選んだか?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180111-00005793-bunshun-spo
大谷 専門家も驚く目力 角膜、瞳孔、視力、左右
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00098444-nksports-base
大谷の目、「完璧」だった!視力&視機能がアスリート800人中トップ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000504-sanspo-base

【MLB】二刀流挑戦は2年で終わり!? エンゼルス番記者が大谷の投手専念を予測
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00101810-fullcount-base
大谷翔平の二刀流を最大に生かす年間ローテを考えてみた(日程表付き)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180112-00010002-sportiva-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180112-00010002-sportiva-base&p=2

プロ野球よりも、大相撲よりもプロレス総選挙が面白かった…金曜8時のプロレスコラム
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000015-sph-fight
◆大相撲総選挙BEST30

〈1〉千代の富士、〈2〉貴乃花、〈3〉大鵬、〈4〉白鵬、〈5〉北の湖、〈6〉稀勢の里、〈7〉朝青龍、〈8〉双葉山、〈9〉初代若乃花、〈10〉舞の海、
〈11〉初代貴ノ花、〈12〉3代目若乃花、〈13〉輪島、〈14〉千代の山、〈15〉寺尾、〈16〉宇良、〈17〉栃錦、〈18〉曙、〈19〉高安、〈20〉小錦、
〈21〉柏戸、〈22〉魁皇、〈23〉北の富士、〈24〉2代目若乃花、〈25〉日馬富士、〈26〉高見盛、〈27〉遠藤、〈28〉武蔵丸、〈29〉千代大海、〈30〉若島津

◆プロレス総選挙BEST20

〈1〉アントニオ猪木、〈2〉ジャイアント馬場、〈3〉初代タイガーマスク、〈4〉オカダ・カズチカ、〈5〉力道山、〈6〉棚橋弘至、〈7〉ジャンボ鶴田、〈8〉獣神サンダー・ライガー、〈9〉三沢光晴、〈10〉スタン・ハンセン、
〈11〉長州力、〈12〉武藤敬司、〈13〉小橋建太、〈14〉天龍源一郎、〈15〉ケニー・オメガ、〈16〉橋本真也、〈17〉蝶野正洋、〈18〉ハルク・ホーガン、〈19〉真壁刀義、〈20〉アンドレ・ザ・ジャイアント

198 名無し募集中。。。 :2018/01/13(土) 17:41:20
2006、2009年WBCで韓国が日本に対して行った行為で打線組んだ

1(右) イチローの30年発言を韓メディアが歪曲させて報道
2(遊) イチロー決勝点タイムリーヒット直後中島に死球
3(中) イチロー暗殺Tシャツが完売する
4(捕) 日本に勝利後マウンドに旗をたてる
5(一) 代打福留の本塁打直後小笠原に死球
6(左) その直後同回三失点追加の計五失点
7(D) イチローが打席に立つ度にブーイングが起きる
8(二) イチローの尻に死球
9(三) 凡退直後のイチローの足元にボールを転がす
P(投) イチローへの殺害予告ついでにダルビッシュとサエコが性的侮辱表現を受ける

199 名無し募集中。。。 :2018/01/14(日) 18:41:23
大金を稼いだのに破産…米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180114-00000010-sasahi-spo
メジャーリーグ(MLB)をはじめ、米国のスポーツ界は近年、年俸高騰が著しく、
毎年オフになるとスター選手が大型契約を結んだことが日本でも報道されることが少なくない。
しかし、一般人には考えられない大金を手にしている選手が多くいる一方で、
そのお金を散財し、破産する選手があとを絶たないことが問題となっている。

昨年6月には、米メディアのMSNが「自己破産した元スポーツスター」という特集を配信したことがあった。
米プロフットボール(NFL)のビンス・ヤング、テレル・オーウェンス、MLBのジャック・クラーク、
米プロバスケットボール(NBA)のデリック・コールマン、ボクシングのマイク・タイソン
といったビッグネームが数多く含まれていたことに驚いた人もいるかもしれない。
2012年には、ESPNが引退後に自己破産するプロアスリートのドキュメンタリーを放送して話題になったことがあった。
番組のタイトルは「破産(Broke)」。
そんなフィルムができてしまうこと自体が、米国のスポーツ選手たちが身を滅ぼすケースがいかに多いかを物語っていると言えよう。
2009年にスポーツ・イラストレイテッド誌が伝えたところによると、
NBAプレイヤーの60%が引退から5年以内に自己破産するという。
また、NFL選手の78%は引退後2年を持たずに破産するか、経済的に困窮する。
統計によると、NFLプレイヤーは平均3.5年のキャリアを過ごし、
年俸約190万ドル(約2億円)、生涯報酬は665万ドル(約7億円)。
NBA選手は平均4.8年のキャリアで1年約550万ドル(約6億円)を稼ぎ、
生涯報酬は約2640万ドル(約29億円)強に及ぶ。
一般人には想像もつかない巨額を稼ぎながら、多くのアスリートたちはなぜ破産の末路を辿るのか。

一般的な散財の原因はやはり浪費、離婚、投資の失敗など。
中でも特筆されるのは、“アメリカンドリーム”を叶えた選手たちの遣いっぷりの激しさである。

「ヨット、マンションに加え、何台かの車を買った。それだけで700万ドル(約7億7000万円)は使ったな。
つまり、俺は稼いだ金をすべて吐き出したんだ。また、家族や友人たちも平気で金をせがんでくる」キース・マッキャンツ(NFLプレイヤー)

「ジュエリーだけで100万ドル(約1億1000万円)は使ったと思う」アンドレ・リソン(NFLプレイヤー)

前述の「破産(Broke)」というドキュメンタリーの中では、元選手たちが多くの赤裸々な証言を残している。
これらのコメントにある通り、プロスポーツ選手としてのキャリアの短さを自覚せず、
まるで“宵越しの金は持たない”とでも言うように派手な散財を続ける選手は今も昔も珍しくない。

200 名無し募集中。。。 :2018/01/14(日) 18:43:31
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180114-00000010-sasahi-spo&p=2
中でも有名なのは、現役時代に稼いだ約1億1000万ドル(約122億円)をすべて遣い切ってしまったアントワン・ウォーカーのケースだ。
1996年にNBA入りしたウォーカーは、オールスターにも3度選出。
しかし、ギャンブルで負けを積み上げただけでなく、ベントレー2台、ベンツ2台、レンジローバー、
キャデラック・エスカレード、ハマー、マイバッハなど盛大な車のコレクションに多額をつぎ込んだことが喧伝された。
さらにビジネスの失敗、取り巻きへの気前良すぎるサポートなどが重なり、2010年についに自己破産。
そんなウォーカーのアップ&ダウンに溢れたライフストーリーは米国内で盛んに語られてきた。

こうした失敗談はスポーツ界には他にも溢れ返っているにもかかわらず、破産するアスリートはそれでも後を絶たない。
破滅を避けるためのスポーツ選手向けのセミナーなどは数多いが、大きな効果を発揮しているとは言い難い。

「若くして大金を手にしたプロ選手が金銭面での謙虚さを保ち続けるのは容易ではない。
ロッカールームはミリオネアばかりで、そんな同僚たちと付き合えば支出も自然と大きくなる。
特に彼らはもともと負けず嫌いの性分だから、散財の面でも張り合おうとしたがるんだ」

NBAの某チームで働く職員のそんな言葉は真実を言い当てているようにも思える。
アメリカンドリームを成就させたヤング・アスリートは、手に入れた金を使うことで成功を噛み締めようとする。
選手としての向上を助けた負けず嫌いの精神が、ここでは良くない方向で発揮されてしまう。
遊びにしろ、投資にしろ、金の費やし方を学習しているわけではないから、減っていくのも早い。
こんな真実は、華やかな米スポーツの闇の部分を示していると言えるのだろう。

201 名無し募集中。。。 :2018/01/14(日) 18:49:05
【投手の球数を考える】“二刀流”大谷は起用法次第も…MLBに「3000球」の壁
藤浪よりも“省エネ”、シーズン3000球を投げたことのない大谷
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00102182-fullcount-base
○2013年
藤浪 24試10勝6敗 防御率2.75 137.2回2252球
(1試合93.83球 1回16.36球)
大谷 13試3勝0敗 防御率4.23 61.2回1098球
(1試合84.46球 1回17.81球)

○2014年
藤浪 25試11勝8敗 防御率3.53 163回2844球
(1試合113.76球 1回17.45球)
大谷 24試11勝4敗 防御率2.61 155.1回2538球
(1試合110.35球 1回15.73球)

○2015年
藤浪 28試14勝7敗 防御率2.40 199回3374球
(1試合120.5球 1回16.95球)
大谷 22試15勝5敗 防御率2.24 160.2回2462球
(1試合111.91球 1回15.32球)

○2016年
藤浪 26試7勝11敗 防御率3.25 169回2948球
(1試合113.38球 1回17.44球)
大谷 21試10勝4敗 防御率1.86 140回2229球
(1試合106.14球 1回15.92球)

○2017年
藤浪 11試3勝5敗 防御率4.12 59回1093球
(1試合99.36球 1回18.53球)
大谷 5試3勝2敗 防御率3.20 25.1回403球
(1試合80.60球 1回15.91球)

◯合計
藤浪 114試45勝37敗 防御率3.05 727.2回12511球
(1試合109.75球 1回17.19球)
大谷 85試42勝15敗 防御率2.52 543回8730球
(1試合103.93球 1回15.90球)

202 名無し募集中。。。 :2018/01/14(日) 18:51:11
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00102182-fullcount-base&p=2
MLBでは1イニングの目安は15球前後がベスト

クレイトン・カーショー(ドジャース)
27試18勝4敗 防御率2.31 175回2521球
(1試合93.37球 1回14.08球)

コリー・クルーバー(インディアンス)
29試18勝4敗 防御率2.25 203.2回2945球
(1試合101.55球 1回14.46球)

マックス・シャーザー(ナショナルズ)
31試16勝6敗 防御率2.51 200.2回3111球
(1試合100.35球 1回15.50球)

ジャスティン・バーランダー(2球団)
33試15勝8敗 防御率3.36 206回3531球
(1試合107球 1回17.14球)

クリス・セール(レッドソックス)
32試17勝8敗 防御率2.90 214.1回3428球
(1試合107.13球 1回15.99球)

田中将大(ヤンキース)
30試13勝12敗 防御率4.74 178.1回2810球
(1試合93.67球 1回15.75球)

2017年、MLBで3000球以上を投げた投手は33人いる。1球団に1人以上いる計算になる。
その中で、成績が上位に来る投手の多くは、1回当たり15球前後の効率的な投球をしていることがわかる。
中にはバーランダーのように17球を超える球数を投げる投手もいるが、それは例外的な存在だ。
一般的には、効率的な投球をしないと、長いシーズンを乗り切れないことがわかる。

203 名無し募集中。。。 :2018/01/14(日) 19:02:06
アメリカに野球マンガはない? ベースボール大国の気になるコミック事情
アメリカで野球マンガが流行らない理由
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180114-00005864-bunshun-spo
英訳版が人気の国内スポーツマンガとは
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180114-00005864-bunshun-spo&p=2

広島中村奨成、体力測定で超バランス・ボディー証明
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00100205-nksports-base

204 名無し募集中。。。 :2018/01/14(日) 19:02:36
清宮級の逸材も? 「三刀流怪物」「完全試合男」… 2018年ドラ1候補はこの12人
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180114-00010002-theanswer-base
○大阪桐蔭・根尾昂内野手
大注目を浴びるのは、三刀流の超逸材だ。
投げては最速148キロ、打っては通算20本塁打、守っては遊撃と外野をこなし、非凡なポテンシャルを秘める。
中学時代は145キロを記録し、スキーで日本一を達成。
おまけに両親は医者で、学業はオール5クラスと“スーパー中学生”として話題に。
2年春のセンバツも主力として日本一を成し遂げ、今年の目玉候補と目されている。

○大阪桐蔭・藤原恭大外野手
根尾とチームメートのリードオフマンも抜群だ。50メートル5秒7で高校通算21本塁打の俊足強打を誇る。
昨夏は2年生ながらU-18侍ジャパン高校日本代表で1番を務め、清宮ら1学年上の世代と共闘した。
また、大阪桐蔭は147キロ右腕・柿木蓮、190センチ左腕・横川凱と
投手両腕ら5〜6人がスカウトの注目を集めており、3人以上のドラ1選手が誕生しても不思議ではない。

○報徳学園・小園海斗内野手
上述の藤原とともに選出されたU-18侍ジャパン高校日本代表で遊撃手を務め、“高校NO1内野手”の呼び声高い。
大会ではチームトップの打率.378と木製バットに適性を示した。
走攻守3拍子揃い、非凡な身体能力でショートを守れる点もスカウトの評価を高めている。
将来の正遊撃手候補を補強ポイントとする球団は今年、密着マークすることになるだろう。

○早実・野村大樹捕手
7球団競合ドラ1・清宮の1年後輩にあたる右のスラッガー。
1年当時から怪物を差し置き、4番を務めたことで大きな話題を呼んだ。
通算51本塁打を放った打棒は清宮も認めるところ。当然、プロのスカウトも注目するが、懸念は進路だ。
早実は系属校の早大に進学するケースが圧倒的。
しかし、清宮の背中を追って高卒プロを目指せば、早実から2年連続ドラ1誕生の可能性もある。

○法大・菅野秀哉投手
大学生に目を移し、数々の即戦力を生み出してきた東京六大学で注目される150キロ右腕。
小高工(福島)時代に完全試合を達成し、話題を集めた逸材だった。
しかし、大学進学後も1年春から活躍し、球速も大幅にアップするなど急成長。
積み重ねた15勝はリーグ現役最多だ。
5勝を挙げた昨季は4完投と完投能力も高く、先発候補として楽しみな逸材になるだろう。

○東洋大・甲斐野央投手
東京六大学に負けじと実力選手を生み出す“戦国の東都大学”では、最速152キロの剛腕に注目だ。
185センチの長身から投げ下ろす本格派右腕。
主に救援を務めた昨秋は初勝利から一気に5勝を挙げ、最優秀投手&ベストナインと一気にブレークした。
落差のあるフォークを武器とし、高い奪三振率を誇っている。
最上級生の今年の飛躍次第で、さらにスカウトの注目を集めそうだ。

205 名無し募集中。。。 :2018/01/14(日) 19:03:14
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180114-00010002-theanswer-base&p=2
○日体大・松本航投手
昨秋の明治神宮大会で日本一に牽引した150キロ右腕は実戦派だ。
昨夏のユニバーシアード大学日本代表に選ばれ、DeNA1位の東克樹(立命大)、
西武1位の斉藤大将(明大)らとともにプレーし、秋はリーグ優勝&日本一に貢献。
明治神宮大会決勝で2安打完封した同僚の152キロ右腕・東妻勇輔とともに即戦力候補として期待したい。

○東海大・青島凌也投手
同じ首都大学の名門の148キロ右腕も評価が高い。
甲子園出場した東海大相模(神奈川)時代から1年下の小笠原慎之介(現中日)らとともに注目された逸材。
大学2年秋の関東地区大学選手権、国際武道大戦で完全試合を達成し、話題を呼んだ。
大学の先輩・菅野智之(現巨人)を目標に置き、制球力、投球術に長けている。

○富士大・鈴木翔天投手
山川穂高、多和田真三郎(ともに西武)ら近年、多くの注目選手を輩出している、みちのくの強豪が誇る149キロ左腕。
昨秋に北東北大学リーグ史上初の完全試合を達成し、脚光を浴びた。
すらりとした長身185センチから出所の見にくいフォームでキレのいい変化球を投げ込み、
サウスポーを求める球団にとっては魅力的な存在だろう。

○立命大・辰己涼介外野手
大学生野手で評価が高いのが、大学NO1クラスの安打製造機だ。
関西の強豪で1年春からレギュラーを掴み、すでに通算83安打をマーク、
リーグ記録の123安打(関学大・田口壮=オリックス2軍監督)到達に期待がかかる。
2年夏から大学日本代表も経験。
50メートル5秒台の俊足に強肩、178センチ、68キロの細身ながらパンチ力を秘めており、注目の一人だ。

○日本通運・生田目翼投手
毎年、即戦力を送り込む社会人では最速155キロの剛腕に注目だ。
流通経大4年春に時代に出場した全日本大学選手権で「将来は公務員になりたい」と発言したことで話題を呼んだ。
社会人1年目は抑えとして都市対抗準優勝に導くなど、着実に腕を磨いた。
176センチながら、どっしりとした体格から投げ込む直球は迫力十分。今年は先発としても存在感を見せたい。

○東京ガス・笹川晃平外野手
野手ではアマNO1スラッガーの呼び声高い社会人日本代表の4番に期待したい。
昨秋は社会人選抜で挑んだ台湾ウィンターリーグでNPB選手と互角以上の結果を残した。
プロでは希少な右の大砲という点でも価値は高い。
高校、大学と日本代表を経験し、社会人に入って打撃の確実性が増した印象だ。
即戦力のスラッガー候補として脚光を浴びそうだ。

206 名無し募集中。。。 :2018/01/15(月) 14:54:40
https://i0.wp.com/68.media.tumblr.com/c7e4b309fc73ca873fae71c2f2ebf3a0/tumblr_oij5fpDBcU1u8m4aeo10_1280.jpg
https://i.imgur.com/EpZ9gJa.jpg
https://i.imgur.com/V1tsgM6.jpg
 
http://cavolump.com/wp-content/uploads/2016/10/ami-inamura-1.jpg
https://i.imgur.com/61Qszir.jpg

207 名無し募集中。。。 :2018/01/17(水) 15:00:31
元阪神・ランディ・バースはなぜ野球殿堂入りできないのか?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000001-wordleafs-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000001-wordleafs-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000001-wordleafs-base&p=3

DeNA・ラミレス監督の新たな一手 競争激化させる真の狙い
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000071-dal-base

【MLB】大谷上陸に米ゲーム界の混乱続く “2人扱い“に続き「ルールそのものを変更」
米で人気のファンタジー・ベースボール、CBSでは大谷1人を投手でも野手でも起用可能に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00102582-fullcount-base

「野球の母国アメリカ」を超える道。世界一のリーグを日本に作れば……。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180117-00829706-number-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180117-00829706-number-base&p=2

エンゼルス・大谷翔平の入団会見に見た“謙譲の美徳”の限界--そこから考察する「日本の分岐点」とは?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00098014-playboyz-soci
ハム、大谷「11」は“半永久欠番” 次のスター登場まで空き番号
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000004-spnannex-base

【MLB】日本人先発4人の今季予想成績を比較 勝率&防御率トップはなんと大谷!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00102447-fullcount-base
○ダルビッシュ有投手
29試合(179回)12勝9敗 防護率3.82 被打率.231 K/BB3.59 WAR3.6
○田中将大投手
29試合(176回)12勝9敗 防御率3.98 被打率.250 K/BB4.18 WAR3.3
○前田健太投手
24試合(135回)9勝8敗 防御率4.18 被打率.244 K/BB3.59 WAR1.7
○大谷翔平投手
24試合(148回)11勝7敗 防御率3.48 被打率.215 K/BB3.11 WAR3.1
○岩隈久志投手
11試合(66回)4勝4敗 防御率4.92 被打率.278 K/BB2.62 WAR0.4

208 名無し募集中。。。 :2018/01/17(水) 15:18:02
エンゼルス・大谷翔平の入団会見に見た“謙譲の美徳”の限界--そこから考察する「日本の分岐点」とは?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00098014-playboyz-soci
『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の
国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが大谷翔平のエンゼルス入団会見からみる「謙譲の美徳」について語る!

* * *

「皆さんの応援で僕を成長させてほしい」

米メジャーリーグのエンゼルス入りが決まった大谷翔平選手は、入団会見でファンにこう呼びかけました。
非常に興味深く感じたのは、この言葉を通訳者が“Please help me”と訳したことです。

大谷選手の謙虚さは、日本ではまさに「謙譲の美徳」といわれるもの。
ただこの姿勢は、アメリカにおけるヒーロー像には当てはまりません。
素晴らしい技能や才能を持ち、高みに上り詰めた人物が、
(アメリカ人から見れば必要以上に)へりくだるという感覚が理解されないのです。

通訳者はそれを理解し、へりくだりのニュアンスを消して、
「みんなでチャレンジして(二刀流という)奇跡を実現しよう!」という方向にうまくチューニングしました。
あの言い方なら、オバマ前大統領の“Yes, We Can”にも近いニュアンス。
現地のファンも素直に「よし、一緒に二刀流を実現させるぞ」という気持ちになったでしょう。

日本ではアスリートから芸能人、政治家まで、とにかくへりくだる傾向が強い。
才能を誇示することは好まれず、ファンや支持者より下まで降りてかしずく。
以前から僕は、日本ではリーダーらしいリーダーが生まれない、
上にいる者がみんなの顔を立てようとしすぎて“決断”や“革命”ができないと感じていましたが、
今回もそのことを思い出しました。

かつてケネディ元大統領は米国民に、
“Ask not what your countrycan do for you, ask what youcan do for your country”と言いました。
国があなたのために何をするかではなく、あなたは国のために何ができるか、と。
これは「国に殉じろ」という意味ではもちろんなく、受け身で物事を考えず、自分の足腰を鍛えて行動しろということです。

そして同時期、アメリカの黒人たちの間では
“Do Your Thing”という言葉が流行しました。直訳すると「お前のそれをやれ」。
このニュアンスを日本語で説明するのは難しいですが、
他人のことをとやかく言ったりまねしたりするより、
自分固有の“何か”を追っていいという意味で、黒人たちはその言葉に熱狂したわけです。

自分の努力で国や社会を前進させることができ、そして“何か”を実現できる―。
当時の米社会にはそんな信仰心のような雰囲気があった。
これを言い換えれば「希望」ということになるでしょう。
ケネディが多くの国民の心に火をつけたのは、単に希望を掲げただけでなく、
個々人に“Your Thing”を見つけなさい、とボールを預けたからだと思います。

どの時代にもそれぞれの必然があり、光もあれば影もありますから、
このことをもって当時のアメリカすべてを肯定するわけではありません。
ただ、そこには長年、膠着(こうちゃく)し続けて
冷笑主義に覆われた今の日本社会とは違う変化、そしてそこから生まれる推進力が確かにありました。

2018年、日本はまさにその分岐点にいる気がします。国民は国にねだり続けてきた。税率がどうだ、給付がどうだ、と。
もちろん権利も大切ですが、その甘えっぷりに限界が来ているのではないか。
受け身体質から脱却し、それぞれの“Your Thing”を見つけた人から見違えるように変わっていく--そんな1年になる気がしてなりません。

●Morley Robertson(モーリー・ロバートソン)
国際ジャーナリスト、ミュージシャン。1963年生まれ、米ニューヨーク出身。
『スッキリ』(日本テレビ)、『報道ランナー』(関西テレビ)、『教えて!NEWSライブ 正義のミカタ』(朝日放送)、
『ザ・ニュースマスターズTOKYO』(文化放送)、『けやき坂アベニュー』(AbemaTV)などレギュラー・準レギュラー出演多数。
2年半に及ぶ本連載を大幅に加筆・再編集した新刊『挑発的ニッポン革命論煽動の時代を生き抜け』(小社刊)が好評発売中!!

209 名無し募集中。。。 :2018/01/18(木) 03:40:51
移籍交渉過程をチラリ…ダルのSNS使いにデメリットの指摘
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000018-nkgendai-base
11日に「スターテレグラム」が「移籍先はレンジャーズ、ヤンキース、カブス、
アストロズ、ツインズの5球団に絞った」と伝えた際には、ツイッターで「もう1球団が加わっている」とつぶやいた。
さらにヤンキースから「7年177億円」の条件提示を受けたと報じられた12日には「数字が正確ではない」と指摘した。

そもそもメジャーでは球団、選手双方とも正式に合意するまでは交渉したことすら明かさない。
ダルのように交渉過程を公にするのはご法度だからだ。

「SNSを利用する選手は少なくありませんが、話題の大半は家族や趣味に関することをアップしており、
ダルのように交渉内容をつぶやく選手はいません。球団にとっては他球団に情報が漏れては困るし、
代理人にとっては好条件を引き出そうとする努力が水の泡になる可能性もあるからです。
メジャーでは身体検査を残した段階で合意したと発表するのが慣例で、それまでは互いにしゃべらない。
ダルのつぶやきは交渉の打ち切りにつながりかねません」(スポーツライター・友成那智氏)

ニューヨーク・デーリー・ニューズ紙(電子版)は15日(日本時間16日)、
ヤンキースがダルに提示したのは「5年87億〜100億円」と報道。
記事によれば、ダルは「6年171億〜200億円」規模の契約を希望しているそうで、かなり隔たりがある。
ダルの契約がまとまらないのは、条件面で開きがあるためといわれるが、それだけが原因ではなさそうだ。

210 名無し募集中。。。 :2018/01/18(木) 03:48:58
https://i.imgur.com/OxPgHEt.gif

211 名無し募集中。。。 :2018/01/18(木) 23:38:13
美人すぎる野球選手でも話題 女子プロ野球が“美女ナイン”決定へ「総選挙」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00102646-fullcount-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00102646-fullcount-base.view-000

女子野球W杯、8月に米フロリダで開催。日本代表6連覇へ、トライアウト合格者30人が決定
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180111-00010005-baseballc-base
合格者は以下のとおり。選手名、投打、所属、★は初選出。

【投手】
・花ケ崎衣利  右/左 尚美学園大学★
・清水 美佑  右/右 アサヒトラスト
・小田嶋 真美 左/左 横浜隼人高校
・山田 優理  左/左 尚美学園大学★
・石村 奈々  右/右 履正社高校★
・坂原 愛海  右/右 京都両洋高校★
・村川 祐月  右/右 駒沢学園女子高校★
・大野 七海  右/右 福知山成美高校
・田中 露朝  右/右 尚美学園大学 ※再考対象
・大倉 史帆里 右/右 平成国際大学★ ※再考対象

【捕手】
・船越 千紘  右/右 平成国際大学
・英 菜々子  右/右 日本大学国際関係学部★
・田端 凛々花 右/右 折尾愛真高校★
・金満 梨々那 右/右 開志学園高校
・緒方 佑華  右/右 折尾愛真高校 ※再考対象

【内野手】
・川中 もも  右/右 平成国際大学★
・坂井 美月  右/右 履正社RECTOVENUS★
・出口 彩香  右/右 ハナマウイ
・田中 美羽  右/右 アサヒトラスト★
・阿部 希   右/右 福知山成美高校
・吉井 温愛  右/左 履正社高校
・芦田 カンナ 右/右 駒沢Rise ★
・田口 真奈  右/左 環太平洋大学
・吉澤 栞奈  右/右 札幌新陽高校★

【外野手】
・北山 未来  右/右 履正社高校
・安達 瑠   左/左 京都両洋高校
・田中 亜里沙 右/右 大阪体育大学
・小島 也弥  右/左 環太平洋大学
・渡辺 那奈  右/左 作新学院高校
・村田 凪佐  右/左 京都外大西高校★

212 名無し募集中。。。 :2018/01/19(金) 16:29:30
【独占激白!松井秀喜】〈4〉大谷の能力は歴代プロ野球選手の中で一番
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000119-sph-base
日本のプロ野球史上初の「二刀流」として活躍した大谷が、ついに海を渡る。
メジャーでも投手、野手の両方をやる意気込みを示した。
松井氏は映像やニュースでチェックしたことがある程度と言うが、どう見ているのか。

「その意志の強さはなかなかだと思います。プロに入ったらどちらかを決めないといけない、と普通は思います。
でも、実際に両方とも、本人が頑張って結果を残した。
メジャーでもそれをやりたいと言えるのは、もちろん能力があってのこと。
もともと持っている能力は、歴代のプロ野球選手の中でも一番なんじゃないかなと思います」

大谷はエンゼルスへの入団が決まった。松井氏も2010年に在籍し、ソーシア監督のもとで1年間、プレーした。

「ソーシアはキャッチャー出身ということもあり、緻密な野球をやる監督というイメージですね。
二刀流はもちろん、できるものならやってもらいたいですし、見てみたいです。
メジャーの投手は中4日が主流で、ア・リーグでDHとなると、どうやるんでしょう。守備には就かせないでしょうね。
日本だと(先発は)1週間に1度なので可能でしょうが、
エンゼルスが中4日でやるのか、先発を増やして間隔を空けるのか、気になりますね」


“糸井塾”で鉄人化 吉田正がオリックス逆襲のキーマンに
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000065-spnannex-base

213 名無し募集中。。。 :2018/01/20(土) 23:18:20
千賀「クソ走る」衰えぬ上野由岐子から大きな刺激
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00105100-nksports-base
1人30分をかけ動画で1球1球確認しながら投球フォームを固めていた。
千賀は「満足いく1週間だった。フォームの見直しに重点を置いた。
(上野は)刺激でしかない。動きも変わらない。ランニングもクソ走る」
と衰えを知らない上野に大きな刺激をもらった。
宿舎ではお互いが動画を見ながら意見を言い合うが、
石川は「上野さんからどうしてこんなに下半身を使わないの? と言われグサッときた」と、鋭い指摘を歓迎した。


【MLB】2年で66億円超も…ダルビッシュ獲りへ、名物記者がヤ軍に“ウルトラC”提案
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00103021-fullcount-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00103021-fullcount-base&p=2

214 名無し募集中。。。 :2018/01/22(月) 02:19:07
【独占激白!松井秀喜】〈5〉清宮よ、豪打で“守備走塁不安論”を吹き飛ばせ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000144-sph-base
「映像は見たことがあります。高校生にはなかなかいないスイングの速さだと感じました。
早いうちから使い続けてもらえるという点では、いいチームに入ったんじゃないでしょうか」

清宮は松井氏もそうだったように、メディアの受け答えが立派だ。同じ高卒の左のスラッガーへ、エールを送るとすれば。

「自分を見失わないことは大事ですが、皆さんがおっしゃる通りしっかりしているのであれば、そういう心配はないと思います。
あとはプロの投手と対峙(たいじ)して、慣れていってどうなるかです。
高校とプロでは全然違いますから。全て、これからの本人次第だと思います」

守備、走塁の能力はそこまで特筆はされないが、打球を飛ばす能力は秀でている。

「打撃以外のことを指摘する声を吹き飛ばすくらい、打ってくれればチームとしてはいいんじゃないでしょうか。
プロでも守備や走塁の能力が高くない選手はいます。
ただ、しっかりとやろうとする姿勢があれば、それでいいと思います」

215 名無し募集中。。。 :2018/01/22(月) 02:31:43
日本ハム栗山監督がいま明かす「大谷との5年間、清宮とのこれから」 現代ビジネス

水さえあげれば育つ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180120-00054119-gendaibiz-soci
本当に僕でいいのか
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180120-00054119-gendaibiz-soci&p=2
理想の2番打者
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180120-00054119-gendaibiz-soci&p=3
大谷の才能は異次元
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180120-00054119-gendaibiz-soci&p=4
成長を邪魔しない
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180120-00054119-gendaibiz-soci&p=5

216 名無し募集中。。。 :2018/01/22(月) 14:04:15
清宮フィーバー 斎藤佑樹、大谷翔平に続く黄金ドラ1入寮に沸く鎌ケ谷球場 商店街ほくほく
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000501-san-l12

【日本ハム】清宮、右手親指回復へ大谷も愛用“渡り鳥サプリ”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000280-sph-base

栗山監督、幼稚園児の返答にタジタジ「うん、ちょっと、違うかな…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000101-spnannex-base
ある園児に「なんで車に乗ったらシートベルトをするか分かる?」と質問すると
返答は「警察に捕まるから」。
これには「うん、まあ、ちょっと、違うかな…」とタジタジとなったが
「事故があったときに守ってくれる。みんなのうちから習慣にすれば自然に身につく。しっかりやりましょうね」と優しく語りかけていた。

217 名無し募集中。。。 :2018/01/23(火) 17:28:54
アリゾナブルペン
http://www.mlb.com/images/7/0/0/246223700/080317_bullpen_bowlers_med.gif
http://i.imgur.com/yCHAf2u.gif

218 名無し募集中。。。 :2018/01/23(火) 17:37:25
ラミ監督 年内に日本国籍“ゲッツ”、侍監督が「最高の夢」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00000002-spnannex-base

侍ジャパン、3月の豪州戦に参加する6人を発表 メンバー全員の決定は2月中旬の見通し
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180123-00010006-baseballc-base
以下は、今回の発表で選出された6人となる。

【投手】
千賀滉大(ソフトバンク)
山崎康晃(DeNA)

【捕手】
甲斐拓也(ソフトバンク)

【内野手】
菊池涼介(広島)

【外野手】
柳田悠岐(ソフトバンク)
筒香嘉智(DeNA)

219 名無し募集中。。。 :2018/01/23(火) 21:51:47
【緊急座談会:大谷翔平はメジャーリーグで活躍できるのか?】
1日目〜打者大谷、投手大谷編
https://www.youtube.com/watch?v=hTeOBq08oyE
2日目〜二刀流起用&プライベート編
https://www.youtube.com/watch?v=JFOkviC6TN0
3日目(最終回)〜コミュニケーション力&成績予想編
https://www.youtube.com/watch?v=eL-oagLBcbY

220 名無し募集中。。。 :2018/01/24(水) 02:37:33
https://i.imgur.com/BVoFYJm.jpg
https://i.imgur.com/DIhsRaj.jpg
http://i.imgur.com/QseGROE.jpg
http://i.imgur.com/CwRL8Fb.jpg
 
https://i.imgur.com/XmVhGTi.jpg
http://i.imgur.com/9Ts8Rla.jpg
http://i.imgur.com/p6aNBei.jpg

221 名無し募集中。。。 :2018/01/24(水) 18:15:40
大谷の同僚となった“凄すぎる男” メジャー最高選手トラウトに要注目!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180124-00000046-sasahi-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180124-00000046-sasahi-base&p=2

222 名無し募集中。。。 :2018/01/25(木) 12:47:46
埼玉製防具をMLB選手70人が愛用する理由
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180124-00205636-toyo-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180124-00205636-toyo-soci&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180124-00205636-toyo-soci&p=3
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180124-00205636-toyo-soci&p=4

【MLB】スター選手も驚いた大谷翔平のエンゼルス加入 トラウトが語る決定当時の心境
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00103558-fullcount-base
【MLB】巨人マシソン、過熱する大谷フィーバー「よく思ってない」「適応する期間必要」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00103752-fullcount-base

223 名無し募集中。。。 :2018/01/26(金) 17:07:59
OPS(通算4000打席以上)
https://i.imgur.com/doDzXls.jpg

224 名無し募集中。。。 :2018/01/29(月) 05:03:07
https://amd.c.yimg.jp/im_siggcEDAlX461TbIcToVpwo4WA---x900-y858-q90-exp3h-pril/amd/20180127-00000050-dal-000-2-view.jpg
https://amd.c.yimg.jp/im_siggD6cZSeeX7Se2hSJxrqZGBQ---x822-y900-q90-exp3h-pril/amd/20180128-00000027-dal-000-3-view.jpg

225 名無し募集中。。。 :2018/01/30(火) 09:13:20
青木がヤクルトと合意!7年ぶり国内復帰、3年10億円&入団時の背番「23」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000027-sanspo-base

226 名無し募集中。。。 :2018/01/30(火) 23:49:54
MLBの「若手NO1」選出に「驚きはない」 大谷翔平は「10ツールプレーヤー」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00104423-fullcount-base
大谷翔平&瀬戸大也&ベイカー茉秋 「94年世代」豪華メンツの食事会にファン盛り上がる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000001-jct-ent

西武の新外国人カスティーヨ「日本最速」に名乗り 2年前、韓国リーグで166キロ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00010001-nishispo-base

227 名無し募集中。。。 :2018/02/02(金) 06:03:43
筒香が声を挙げた球界の危機とは? 前ベイスターズ社長が見た過度な勝利至上主義と喫煙問題
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00010000-victory-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00010000-victory-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00010000-victory-base&p=3

【動画】全盛期を彷彿とさせるフォームも…ドラゴンズ松坂投手が初のブルペン入り 沖縄
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00002318-tokaiv-base

青木宣親の電撃復帰でヤクルトは戦々恐々
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180201-00000014-baseballo-base

【MLB】大谷翔平、渡米前の一問一答全文「パスポートと野球道具と気持ちがあれば」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00105120-fullcount-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00105120-fullcount-base&p=2
【動画】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000005-hbcv-hok
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180201-00000059-nnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180201-00000063-nnn-soci

https://amd.c.yimg.jp/amd/20180201-00010005-baseballc-000-5-view.jpg

<モー娘。牧野真莉愛>リコーダーで大谷翔平選手にエール? 野球愛が爆発…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000026-mantan-ent

228 名無し募集中。。。 :2018/02/04(日) 23:46:54
美しすぎる野球女子…プロ球団の始球式で神ピッチング。
https://www.youtube.com/watch?v=SeetqWvI77Y

小6の女の子が112キロ?!?!すごいピッチ 蔵方菜央
https://www.youtube.com/watch?v=aUCYRhgO8Uo

229 名無し募集中。。。 :2018/02/06(火) 06:00:51
MLB2018 大谷翔平選手 オープン戦日程

0223(金)05:05 アスレチックス×エンジェルス
0224(土)05:10 エンジェルス×ブルワーズ
0225(日)05:10 エンジェルス×パドレス
0226(月)05:10 パドレス×エンジェルス
0227(火)05:10 ロッキーズ×エンジェルス
0228(水)05:10 エンジェルス×インディアンス
0301(木)05:05 ジャイアンツ×エンジェルス
0302(金)05:10 エンジェルス×カブス
0303(土)10:40 マリナーズ×エンジェルス
0304(日)05:10 エンジェルス×ロッキーズ
0305(月)05:05 レッズ×エンジェルス
0306(火)05:10 ダイヤモンドバックス×エンジェルス
0307(水)05:10 エンジェルス×ドジャース
0308(木)05:05 アスレチックス×エンジェルス
0309(金)05:05 カブス×エンジェルス
0310(土)05:05 ジャイアンツ×エンジェルス
0311(日)05:10 エンジェルス×レンジャーズ
0312(月)05:10 エンジェルス×レッズ
0314(水)05:05 インディアンス×エンジェルス
0315(木)05:10 ロッキーズ×エンジェルス
0315(木)10:10 エンジェルス×ホワイトソックス
0316(金)05:10 エンジェルス×ロッキーズ
0317(土)05:10 マリナーズ×エンジェルス
0318(日)05:05 レンジャーズ×エンジェルス
0319(月)10:10 エンジェルス×マリナーズ
0320(火)05:10 エンジェルス×ダイヤモンドバックス
0322(木)11:05 ドジャース×エンジェルス
0323(金)05:10 エンジェルス×アスレチックス
0324(土)05:10 エンジェルス×ダイヤモンドバックス
0325(日)10:07 エンジェルス×ドジャース
0326(月)11:10 ドジャース×エンジェルス
0327(火)11:10 ドジャース×エンジェルス

230 名無し募集中。。。 :2018/02/06(火) 17:39:55
ヤクルト復帰の青木、100打席連続凡退でも生涯通算打率1位に 31年ぶりに記録更新へ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180206-00010003-baseballc-base

パドレス・牧田に中継ぎ陣全体への相乗効果が期待「打者はいつもとは違う感覚になる」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180206-00010006-baseballc-base

わずか4坪で年商1億円超え 立ち食い焼き肉店の店長で成功した元巨人・中村隼人さん
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000105-sph-base

西武が甲子園V右腕の19歳今井の喫煙行為を発表、5月まで対外試合出場禁止
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00106122-fullcount-base

231 名無し募集中。。。 :2018/02/07(水) 20:39:55
【MLB】大谷の二刀流キャンプインは前代未聞。さあ、どうなるか!?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180207-00000013-baseballo-base
メジャー球界も2月中旬にキャンプがスタートする。
大谷翔平選手がマイナー契約の招待選手なので、思い出すのは過去同じ立場でキャンプインをして戦った選手たちだ。
2005年の中村紀洋、06年の斎藤隆、10年の高橋尚成、12年の川崎宗則、
14年の松坂大輔らは開幕メジャーないしは、開幕数週間後に昇格を勝ち取っている。

基本的に、MLB球団はメジャー契約の40人枠の選手から開幕の25人を選ぶため、そこに割って入るのは大変。
14年の松坂はオープン戦の6試合、23回2/3を投げ、防御率3・04の好成績も開幕は3Aに送られ、昇格は4月16日だった。

「(ピッチングが)良くても、契約上、そうするしかなかったということも身をもって経験しているし、
こっちならではの事情は分かっている。でも続けていればどうにかなるだろうと思ってやっていました」。
結果を出しても40人枠の選手のほうが優先される。そこで腐ったらおしまい。常にポジティブに考える。

「状況はラクではないのかもしれないけど、かと言って苦しくてどうしようもないわけではない。苦しい中にも、楽しいことは間違いなくあります」

彼らに比べれば大谷のマイナー契約は違う。
40人枠に入っていなくても、エンゼルスは二刀流の大谷の才能をどう生かすかを考えながらチーム編成を進めている。チームの長期的なプランに入っているのだ。

似ているのはあえていえば1995年の野茂英雄か。
2人ともマイナー契約だが大谷が231万5000ドル、野茂が200万ドルと、金の卵向けの契約金を得た。
23年経ってもこの金額がほぼ同じなのが興味深い。

野茂については当時ロサンゼルスの地元紙が
「メジャー・リーガーでない選手に与えられたものとしては史上最高額」と報じた。
当時は今と違い、メジャーのスカウトが日本で入念に調査ということもなかったし、通用するかどうかも分からなかった。
200万ドルはリスクがあったが、ピーター・オマリーオーナーが日本から来たパイオニアに敬意を表し、奮発してくれたのだと思う。

一方、大谷はご存じのように2億ドルの価値があると言われながら、
25歳以下の国際選手に関する新ルールで、桁が「2つ」も減り、231万5000ドルとなった。

今さらながら、野茂はよく頑張ったと思う。
95年2月に契約したとき、MLBはストの真っ最中で、キャンプには代替選手が用意され、球界は前代未聞の事態に混乱していた。
3月末にようやく労使が合意に達したが、開幕日は4月26日にずれこんだ。
野茂にはMLBのキャンプはこんな感じだよと教えてくれる日本人の先輩選手もいなかった。
そんな中、4月17日にフォートローダーデールでのヤンキース戦で4回1安打の好投、開幕メジャーを勝ち取った。

大谷は、先発投手オンリーでキャンプに入るなら、開幕までの道筋は大体想像がつく。
だが近年誰もやったことがない二刀流キャンプイン。
エンゼルスはいろいろなシナリオを用意しているだろうが、始まってみないと実際どんな調整になるか、オープン戦の起用方法も分からない。
そしてどんな結果を残せばメジャー昇格となるのかも――。

前代未聞という点でも、95年の野茂を思い起こさせるのである。

232 名無し募集中。。。 :2018/02/07(水) 20:44:15
指名打者なら史上初!エンゼルス・大谷、開幕スタメンへの期待
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00143966-baseballk-base
エンゼルスは現地時間6日(日本時間7日)、スプリングトレーニングに参加する招待選手19名を発表。
大谷翔平はただ一人「投手・指名打者」として名簿入りした。
通常であれば「PITCHERS」「CATCHERS」「INFIELDERS」「OUTFIELDERS」で分けられるところ、
大谷は「PITCHER/DH」に分類。アメリカでも“二刀流”を目指す男に対しての期待の高さが伺える。
昨年までにメジャーリーグでプレーした日本人野手は計14名。そのうち、開幕戦でスタメン入りを果たしたのは8人だ。大谷はここに続くことができるだろうか。
【日本人野手・初スタメン時打順】
▼ イチロー(マリナーズ)
2001年・開幕戦「1番・右翼」
☆5打数2安打

▼ 新庄剛志(メッツ)
2001年・3試合目「7番・右翼」
☆4打数1安打

▼ 田口 壮(カージナルス)
2002年・62試合目「9番・中堅」
☆3打数0安打

▼ 松井秀喜(ヤンキース)
2003年・開幕戦「5番・左翼」
☆4打数1安打

▼ 松井稼頭央(メッツ)
2004年・開幕戦「1番・遊撃」
☆3打数3安打(1本塁打)

▼ 中村紀洋(ドジャース)
2005年・7試合目「7番・三塁」
☆4打数1安打

▼ 井口資仁(ホワイトソックス)
2005年・開幕戦「2番・二塁」
☆4打数0安打

▼ 城島健司(マリナーズ)
2006年・開幕戦「7番・捕手」
☆3打数1安打(1本塁打)

▼ 岩村明憲(デビルレイズ)
2007年・開幕戦「6番・三塁」
☆3打数1安打

▼ 福留孝介(カブス)
2008年・開幕戦「5番・右翼」
☆3打数3安打(1本塁打)

▼ 西岡 剛(ツインズ)
2011年・開幕戦「2番・二塁」
☆4打数1安打

▼ 青木宣親(ブルワーズ)
2012年・6試合目「1番・左翼」
☆3打数1安打

▼ 川崎宗則(マリナーズ)
2012年・4試合目「9番・遊撃」
☆4打数1安打

▼ 田中賢介(ジャイアンツ)
2013年・89試合目「2番・左翼」
☆4打数1安打

※所属は当時

233 名無し募集中。。。 :2018/02/07(水) 20:52:36
オリ田口壮二軍監督が断言「大谷の直球はメジャーで通用する」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00000008-tospoweb-base
――大谷のメジャー二刀流挑戦をどう見ている

田口:時間はかかると思うけれど、個人的には成功すると思っている。

――その根拠は

田口:エンゼルスのソーシア監督やチーム全体が大谷君の起用を前向きに考えてくれている。
先発投手の編成もこれまでのメジャーの主流だった「中4日5人態勢」から「中5日〜6日の6人制」で回す意向を示している。
そう考えれば1年目の大谷君への負担も少ない。日本と同じような起用ができるのであれば二刀流は可能です。

――米国では移動のつらさもあるが

田口:正直、移動に関してはメジャーの方が楽。すべてチャーター機なので日本の新幹線や民間機での移動とは比較にならない。
ただ、気になるのはエンゼルスの本拠地が西海岸ということ。中地区だったら長距離フライトがないので、西地区、東地区チームに比べて有利だった。
自分自身(中地区の)カージナルスに所属していた時、そう実感した。東海岸のフィリーズに移籍した時は、東から西の移動、西から東への移動がつらかった。
(最大3時間の)時差と(約5時間の)長距離フライトの移動だけで疲れたし、体調管理も大変だった。
長いシーズン、徐々にそういう小さな疲労がたまる。特に夏ごろ、長距離移動を何度も繰り返せば、確実に疲労が蓄積する。これは経験しないとわからない。

――投手はどのような対策をしているのか

田口:基本的にメジャーのローテーション投手は、
夏場になると登板間のブルペンセッションをやらず、ノースローで調整する方法を取る。大谷君もそういう調整をさせてくれるはず。

――大谷の「きれいな真っすぐ」はメジャーで通用するか

田口:まったく問題ない。むしろ、威力のある今の直球の方が、メジャーの強打者を打ち取れる可能性は高いと思う。

――その理由は

田口:僕がメジャーでプレーする少し前ぐらいからメジャーの投手は手元で動いたり沈むボールを頻繁に使うようになった。
そのボールに対応するため、特に長距離打者はバットを下から出して、ボールを上げようとフライボールを打つスイングが目立ってきた。
そんな打者たちが大谷君の直球と対峙するとどうなるか。確実にバットが球の下をこすり打ち損じる。
打者のスイングは簡単には変えられない。動くボールに対応する打者が多い今だからこそ、大谷君の球は通用する。

――あえて動くボールを覚える必要はない

田口:大谷君が今の直球で勝負していけば、メジャーの歴史を変える、いや戻すかもしれない。

――どういうことか

田口:昔、剛腕と言われたライアンやクレメンスらは今の大谷君のような威力のある直球で打者を封じ込めた。
それが少しずつ変化して、投手は強打者にゴロを打たせるためボールを動かし始めた。
でも、大谷君が威力ある直球で押せば、相手打者は再びパワーボールに対応するため、上からボールを叩くようなスイングをするようになる。
大谷君の活躍次第で、メジャーは昔の力と力の戦いに戻るかもしれない。
歴史って繰り返すでしょ。今のメジャーはその分岐点に来ていると思う。大谷君にはメジャーの歴史を動かす、そういう存在になってもらいたい。

――逆に「打者・大谷」は動くボールに対応できるか

田口:これはもう、慣れるしかない。僕はボールが変化する直前のところにバットを強く最短で持っていくイメージで打っていた。
対応できたのは1年目の7月ごろかな。慣れるまでにはそれぐらい時間がかかる。

――カージナルス時代、田口監督とプホルスは同僚。大谷と同僚になるプホルスの打撃は、参考になるか

田口:アルバート(プホルス)は長距離打者。大谷君とはタイプが違う。でも学ぶべきところはある。僕が一番驚いたのは彼の研究熱心なところ。
試合が終わり、何か納得がいかない点があると、必ずビデオ室にこもって研究し、問題点は当日中に解消してから帰宅していた。
絶対に次の日まで課題点を残さない。あの姿勢は見習うべき。

――最後に大谷へアドバイスを送るとしたら

田口:彼の能力は高い。とにかく、自分を信じて頑張ってほしい。

234 名無し募集中。。。 :2018/02/07(水) 21:01:21
ソフトバンク、“高額年俸”を実現する驚異の球団経営
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180207-00000017-sasahi-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180207-00000017-sasahi-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180207-00000017-sasahi-base&p=3

青木ヤクルト復帰も宮本と不仲? イチローはソフトバンク?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180206-00000049-sasahi-base

大谷翔平からメジャーリーグを観ようと思っている人へ【その1】プレーオフ進出チームは全体の3分の1
https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20180207-00081343/

235 名無し募集中。。。 :2018/02/08(木) 19:47:48
大谷9勝7敗、打率2割6分9厘 成績予想システム
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00120636-nksports-base
田中将大 29試合(183イニング)、14勝8敗、防御率4・09
前田健太 24試合(127イニング)、10勝6敗、防御率3・81

大谷翔平 24試合(144イニング)、9勝7敗、防御率3・45
大谷翔平  DH  208打席、打率.269、8本塁打

岩隈久志 10試合(53イニング)、3勝4敗、防御率5・29
平野佳寿 39イニング、2勝2敗、防御率4・38、37三振
田沢純一 59イニング、3勝3敗、防御率5・31、49三振

PECOTA=セーバーメトリクスを駆使した選手の成績予想システム。
精度の高さからファンタジー・ベースボール(仮想野球ゲーム)愛好家らに活用されている。
昨年はドジャースとアストロズを両リーグの最高勝率チームと予想し、ともにワールドシリーズに進出した。

236 名無し募集中。。。 :2018/02/09(金) 21:33:32
米国でも安打製造機ぶりは健在。7球団を渡り歩いた青木宣親のメジャー6年間
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00010000-baseballc-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00010000-baseballc-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00010000-baseballc-base&p=3

メジャー6年間で759試合に出場し、打率.285(2716-774)、33本塁打、219打点、98盗塁、出塁率.350、OPS.738という成績を残し、総年俸は1995万ドル(約21億7900万円)

2012年 ミルウォーキー・ブリュワーズ
年俸:100万ドル(約1億900万円)
151試合 打率.288(520-150) 10本塁打 50打点 30盗塁 出塁率.355 OPS.787

2013年 ミルウォーキー・ブリュワーズ
年俸:200万ドル(約2億1800万円)
155試合 打率.286(597-171) 8本塁打 37打点 20盗塁 出塁率.356 OPS.726
開幕戦では本塁打も記録した。4月こそ低調だったが、5月以降は持ち直し6月には日米通算1500安打を達成。
三振率はメジャーで最も低く、140本の単打はリーグ最多。

2014年 カンザスシティ・ロイヤルズ
年俸:195万ドル(約2億1300万円)
132試合 打率.285(491-140) 1本塁打 26打点 17盗塁 出塁率.349 OPS.710
死球や捕手の送球が頭部に直撃するなどのアクシデントに見舞われることも多く、この年は決して万全なコンディションではなかった。
ロサンゼルス・ドジャースとの地区シリーズ第1戦ではポストシーズン初安打を放ち、
第3戦では球団史上3人目となるポストシーズン全打席出塁を成し遂げた。
なお、この年のロイヤルズが記録したポストシーズン8連勝はメジャー歴代最長記録となっている。
しかし、ワールドシリーズでは14打数1安打で打率.071と精彩を欠いた。

2015年 サンフランシスコ・ジャイアンツ
年俸:400万ドル(約4億3700万円)
93試合 打率.287(355-102) 5本塁打 26打点 14盗塁 出塁率.350 OPS.733
この年は開幕から好調でオールスター投票でも上位に選出されるほどであったが、
6月に死球で右足腓骨を骨折して故障者リスト入りとなってしまった。
その後、7月下旬にメジャー復帰を果たしたが、8月にはジェイク・アリエッタ投手から頭部死球を受け、
一度は復帰を果たしたが後遺症で脳震盪のような症状が残って調子を落とし、リハビリが必要と診断されて休養となった。

2016年 シアトル・マリナーズ
年俸:550万ドル(約6億100万円)
118試合 打率.283(417-118) 4本塁打 28打点 7盗塁 出塁率.349 OPS.738
2016年の青木は好不調の波が激しく、これまでは得意としていた左投手との対戦成績も悪くマイナー落ちも経験した。
シーズン終盤こそ打撃好調だったが、シーズンを通して守備走塁も振るわず、規定打席にも到達することはできなかった。

2017年 ヒューストン・アストロズ、トロント・ブルージェイズ、ニューヨーク・メッツ
年俸:550万ドル(約6億100万円)
110試合 打率.277(336-93) 5本塁打 35打点 10盗塁 出塁率.335 OPS.728

237 名無し募集中。。。 :2018/02/11(日) 06:04:17
【MLB】ダルビッシュ、カブスと6年契約に合意 最大で総額163億円超の大型契約
米複数メディアが報じる、基本年俸は137億円もサイ・ヤング賞獲得などで163億円到達へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00106934-fullcount-base

238 名無し募集中。。。 :2018/02/11(日) 09:00:27
大谷翔平からメジャーリーグを観ようと思っている人へ【その2】アストロズはプレーオフで最も負けた王者に
https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20180208-00081389/

大谷翔平からメジャーリーグを観ようと思っている人へ【その3】田中将大と大谷の対戦は4・5月に計6試合
https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20180209-00081442/
メジャーリーグの各チームは、原則としてレギュラーシーズンに162試合を行う。
大谷翔平が入団したロサンゼルス・エンジェルスの場合、今シーズンは前半戦が97試合、後半戦は65試合。
3月29日のオークランド・アスレティックス戦で開幕し、9月30日の同じくアスレティックス戦で幕を閉じる。
エンジェルスとアスレティックスは、どちらもア・リーグ西地区に属している。
ただ、162試合のうち、エンジェルスが同地区のチームと対戦するのは、半分以下の76試合だ。
残る86試合のうち、66試合はア・リーグ東・中地区のチーム、20試合(インターリーグ)はナ・リーグ西地区のチームと当たる。

今シーズンのエンジェルスは、ナ・リーグ東・中地区の計10チームを除く、19チームと対戦する。
ちなみに、昨シーズンはア・リーグ14チームとナ・リーグ東地区5チーム、ロサンゼルス・ドジャースの計20チームだった。
それぞれのチームとの対戦は、ホームとアウェーがほぼ半々――同地区のチームならホーム10試合&アウェー9試合、あるいは9試合&10試合――
だが、サンフランシスコ・ジャイアンツとサンディエゴ・パドレスは違う。
ジャイアンツ戦は3試合ともエンジェルスのホーム(4月20日〜22日)、パドレス戦は3試合ともエンジェルスのアウェー(8月13日〜15日)で行う。
また、同地区のチームとの対戦であっても、シリーズごとにホームとアウェーで交互に戦うわけではない。
極端なのは、岩隈久志がマイナーリーグ契約を交わしているシアトル・マリナーズとの対戦だ。
最初の9試合はエンジェルスのアウェー(3連戦×3シリーズ)、その後の10試合はエンジェルスのホーム(3連戦×2シリーズ、4連戦×1シリーズ)で行う。
エンジェルスが、田中将大のいるニューヨーク・ヤンキースと当たるのは、4月27日〜4月29日(エンジェル・スタジアム)と5月25日〜27日(ヤンキー・スタジアム)だ。
前田健太のいるドジャースとは、7月6日〜8日(エンジェル・スタジアム)と7月13日〜15日(ドジャー・スタジアム)に対戦する。


大谷翔平からメジャーリーグを観ようと思っている人へ【その4】クオリティ・スタート(QS)について
https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20180210-00081481/
昨シーズン、田中のQSは30先発のうち17試合。ダルビッシュはレンジャーズとロサンゼルス・ドジャースの計31先発中、19試合でQSを記録した。
最多QSは、ジャスティン・バーランダー(デトロイト・タイガース/ヒューストン・アストロズ)とクリス・セール(ボストン・レッドソックス)の23試合。
田中とダルビッシュのQS率(QS/先発)はそれぞれ56.7%と61.3%で、メジャーリーグ全体の43.6%を上回り、20先発以上の20位と37位タイに位置した。
QS率70%以上は6投手。コリー・クルーバー(クリーブランド・インディアンズ)の75.9%(22/29)が最も高かった。

239 名無し募集中。。。 :2018/02/13(火) 01:51:52
【MLB】「偉大な選手になる」―“元同僚助っ人”たちが米紙で証言、大谷の凄さと課題
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00107282-fullcount-base
マーティンが指摘する“課題”「彼はカウントを有利にする術を学ばないと」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00107282-fullcount-base&p=2

240 名無し募集中。。。 :2018/02/13(火) 08:18:00
【阪神】ロサリオ、2戦連発に他球団スコアラー警戒「困りますね…」「穴らしい穴はない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000010-sph-base

【ヤクルト】青木のフリー打撃に巨人・真田スコアラー「別格」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000344-sph-base

清宮、閉店まで粘る プロ野球、迫力の「キャンプ飯」 アリゾナで「272キロの肉」調達の舞台裏…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000001-withnews-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000001-withnews-base&p=2

241 名無し募集中。。。 :2018/02/14(水) 10:48:21
【MLB】キャンプイン目前、大谷へ高まる注目度 LA紙が大特集「この男は誰?」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00107310-fullcount-base
大谷「とてもいい青年」新チームメートから歓迎
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00125286-nksports-base
<米大リーグ>エンゼルスの先輩、松井秀喜氏も大谷に期待
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000083-mai-base

カブス・ダルビッシュの野望は古巣・ドジャース斬り「あなたたちを倒すことを一番に考えてます」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000065-sph-base
【MLB】カーショー、ダルはア・リーグに移籍してほしかった!? 「彼を倒すしかない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00107457-fullcount-base

「野球」を母国に発信し続けるバンデンハーク “オレンジ軍団”の活躍に刺激
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000089-spnannex-base

242 名無し募集中。。。 :2018/02/15(木) 06:27:37
大谷翔平、まさかの場所でチームメイトを感心させる
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018021505023401.html
カリフォルニア州南部の地元紙「ザ・プレスエンタープライズ」電子版によると、
大谷翔平はチームメイトの前で練習用のバッティングケージやマウンド上でのプレーを十分に見せずとも、
チームメイトを感心させる術を持っているようだ。

場所はケージ内やマウンド上どころから、球場内ですらないゴルフコース。

「彼はそんなにゴルフの経験はないと思う。でも、凄い早さで上達したんだ。
前半と比べて後半は断然上手くなったね。彼には思ったことが何でもできる反射神経や運動神経が備わっているんだ」
とは、一緒にラウンドしたアンドリュー・ヒーニーの弁。

既報の通り、大谷は公式にキャンプが始まる前から、
エンゼルスのチームメイトとの自主キャンプに合流しており、
共に時間を過ごしたマット・シューメーカーは次のように大谷を評した。

「彼が順応していくの見ているのは最高だった。素晴らしかったよ。彼は驚異的な選手だ。
ブルペンでは彼がどれくらいハードに投げられるかを見て、
更に彼が楽々とスイングしながら、どれくらいボールが飛ぶかを見たのだけど、クレージーだったね。興奮するよ」。

果たして大谷の二刀流がメジャーで通用するのかどうか、
それは日本のみならず、メジャーリーグの開幕を約90日後に控えた現地アメリカでも注目のトピックとなっており、
その点についてはエンゼルスのスタメン選手たちも興味津々であると、既出の記事では伝えている。

「彼はできると願っている。彼は既に何年か、日本でそれをやってのけたよね。
彼は何ができるのかを見るのはとても興味深いものになる。
彼が成功する姿が見られたら素敵だね」とシューメーカー。

大谷翔平によるメジャーへの順応はまだ始まったばかりだが、
周囲から漏れ出るポジティブな反応を見る限り、出だしは上々と言えそうだ。

243 名無し募集中。。。 :2018/02/16(金) 00:30:06
「サク越え」を数える意味はあるか。元記者が伝えるキャンプ報道の裏側。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00829913-number-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00829913-number-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00829913-number-base&p=3

ダルビッシュ、大谷…選手の体格が“超重量化”  パワー増強の一方で弊害も
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00000015-sasahi-base
近年、プロ野球選手の巨大化が進んでいる。かつては180cmを超えれば長身と言われていたが、
ダルビッシュ有(カブス)、大谷翔平(エンゼルス)、藤浪晋太郎(阪神)など190cmを優に超えるような選手も少なくない。
昨年のドラフトでも椎野新(ソフトバンク4位)など4人の選手が190cmオーバーの長身で、185cm以上は20人にものぼった。
しかし身長以上に顕著なのが体重の増加である。
20年前の1998年、体重100kgを超えていた日本人選手は吉永幸一郎(ダイエー、巨人)、
高橋智(オリックス、ヤクルトなど)のわずか二人であったが、
今シーズンは実に16人もの選手が100kgの大台をクリアしている。重い順に選手を並べると下記のようになった。

井上晴哉(ロッテ・内野手):114kg
岩見雅紀(楽天・外野手):108kg
砂川リチャード(ソフトバンク・内野手):106kg
細川亨(楽天・捕手):103kg
中塚駿太(西武・投手):103kg
中村剛也(西武・内野手):102kg
新井貴浩(広島・内野手):102kg
沢村拓一(巨人・投手):102kg
清宮幸太郎(日本ハム・内野手):102kg
森本龍弥(日本ハム・内野手):101kg
山川穂高(西武・内野手):100kg
国吉佑樹(DeNA・投手):100kg
有原航平(日本ハム・投手):100kg
菊池雄星(西武・投手):100kg
T-岡田(オリックス・外野手):100kg
中崎翔太(広島・投手):100kg

244 名無し募集中。。。 :2018/02/16(金) 00:36:45
大谷翔平選手に「オーラすごい」 キャンプ入り、現地で日本人ファンも歓声
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000517-san-base
エンゼルス・大谷、キャンプイン 豪快7発でソーシア監督を驚かせる 日本ハム・栗山監督も緊急見学
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000078-sph-base
大谷「部屋が広すぎるので少し寂しい」/一問一答
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00126248-nksports-base
エンゼルス大谷がキャンプイン メジャー流打撃練習「慣れていけばもっとできる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000096-spnannex-base

245 名無し募集中。。。 :2018/02/16(金) 07:21:33
大谷、初日いきなり“二刀流” 投手練習後のフリー打撃で7発、ソーシア監督「ワォ!」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000282-sph-base
大谷 WOW!135メートル弾 ソーシア監督うならせた
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000033-spnannex-base
【一問一答】大谷翔平 「夢が実現したと思った瞬間一度もない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000087-dal-spo
【MLB】エンゼルス大谷が初ブルペンで36球「これから内容的に上げていく必要ある」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00107730-fullcount-base

大谷 初ブルペンに「投げられて凄く良かった」、メジャー球の感覚の違い実感
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000070-spnannex-base
大谷 初ブルペンで36球、フリー打撃は柵越え12発 150メートル弾も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000131-spnannex-base

大谷翔平のキャンプイン会見に見えた日米文化の違いとは?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000002-wordleafs-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000002-wordleafs-base&p=2

246 名無し募集中。。。 :2018/02/17(土) 06:24:40
どうして日本人はこれほどまでに野球が好きなのか・・・中国人が論じる、野球と「武士道」の共通点
http://news.searchina.net/id/1653417

247 名無し募集中。。。 :2018/02/19(月) 14:10:25
【MLB】大谷翔平の“三刀流”案、エンゼルス監督が明かす「本人とも確認済み」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00108147-fullcount-base

「投」「打」、そして「走」まで…MLB指揮官をも唸らせる大谷翔平の運動能力
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00108032-fullcount-base

【MLB】打者・大谷は「100%」通用 元新人王の打撃コーチ太鼓判、松井秀喜氏と比較も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00108168-fullcount-base

【MLB】大谷翔平フリー打撃に初登板 捕手は修正能力に驚愕「素晴らしいスライダー」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00108213-fullcount-base

【MLB】大谷翔平へ広がる驚き 懐疑的な見方に変化「歴代最高の選手になる可能性も」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00108097-fullcount-base

エンゼルス大谷、先発登板かスタメンならNHKがオープン戦生中継へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000052-sph-base

248 名無し募集中。。。 :2018/02/21(水) 05:36:11
大谷翔平、12・7ミリのこだわり 年俸36億円同僚の一言でメジャー仕様バットが判明
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000090-dal-spo
26歳にしてMVPを2度獲得しているメジャー最強打者の一人、マイク・トラウト外野手が
大谷の使用している黒塗りのバットに興味を示した。実際に手に取り、軽く振って感触を確かめる。
ジャスティン・アップトン外野手らも加わり、バットの情報交換が始まった。

「サイズが俺のやつと同じでした。あれはいいよね。
たくさんの選手が34インチ(約86・36センチ)のバットを使ってるけど、
俺のは彼と同じ33・5インチ(85・09センチ)。すごくクールだね」

33・5インチのバット-。練習後に会話の内容を明かしたトラウトが口にした何気ない一言に大谷のメジャー1年目に懸ける思いが詰まっていた。
実は、大谷が昨季まで使用していたバットの長さは34インチ。メジャー移籍に合わせて0・5インチ(約1・27センチ)短くしていたのだった。
考えられる理由は、操作性の重視。バット・コントロールを向上させることで
日本の投手より速い球、日本より多いツーシームやカットボールといった小さく動くボールに対応する。
目指すのは先発投手と打者の二刀流。チームは打撃専門の指名打者として期待している。
1本でも多くヒットを打ち、チームの勝利に貢献したいという大谷の気持ちの表れだった。

この日の大谷は投手用メニューに従い、投内連係などの基本練習の後、キャンプ2度目のブルペン入りした。
フリー打撃登板から中1日のため、球数は20球に制限。直球にカーブとフォークの変化球を交え、
「日に日に良くなっているんじゃないかなと思います。
一日置きで投げる形はなかなかやってこなかったので不慣れな部分はありますけど、
思ったよりもスムーズには入れてると思います」と感触の良さを口にした。
ブルペン終了後は打者用メニューへ移行。
屋内ケージでのトス打撃の後、トラウト、アップトン、カルフーンの正外野手3人と“第4外野手”のヤングのグループに加わり、4日ぶりにフリー打撃を行った。
強烈な向かい風の影響で他の4選手が柵越えなしに終わる中、大谷は30スイングで3本のフェンスオーバーを放ってみせた。

249 名無し募集中。。。 :2018/02/21(水) 05:36:59
【MLB】大谷翔平の練習見てホッ 代理人バレロ氏「選手の笑顔があるから頑張れる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00108479-fullcount-base
日本ハム・レアード 大谷のメジャー文化適応「心配いらない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000021-tospoweb-base
エンゼルス・大谷 驚異のコミュニケーション能力で大物を次々“攻略”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000039-tospoweb-base
【MLB】オフにビデオで“予習”も…エンゼルス同僚を惹きつける“生・大谷”の魅力
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00108417-fullcount-base
トラウトが大谷の打撃に熱視線!? MLB公式が注目「ついに大谷を目にした」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00108364-fullcount-base
エンゼルス・トラウト、大谷の二刀流アシストを約束「彼なら出来る。我々が手助けしたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000060-sph-base
【MLB】エンゼルスのトラウトが大谷翔平にエール「ベテラン選手が味方についている」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00010000-fullcount-base

【MLB】二刀流へ始動の大谷、米メディアは投手推し スプリット「おそらく球界最高」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00108337-fullcount-base
「大谷は成功する」評論家・須藤氏が断言 GMに意見求められ「私なら打者だ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000014-ykf-spo

投手・大谷に合格点! それでも二刀流が確立されないエンゼルスの内情
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000009-reallive-base
「メジャーリーグは先発投手5人を中4日のサイクルでまわすのが一般的です。
でも、エンゼルスは大谷を投手と打者の両方で使うため、先発投手の6人態勢で臨みます。
でも、4月、5月は移動がさほどハードではないので、6人でまわす必要がないんです。
ソーシア監督は4月からの2か月間は『投手・大谷』に比重を置いた使い方をすると思われます」(米国人ライター)

他球団だが、大谷獲得に動いたメジャースカウトの一人がこう続ける。
「どちらかというと、投手・大谷はすぐに結果を出せるが、打者としてはちょっと時間が掛かるかもしれないと見ていました。
打撃センスはバツグンですが、一線級の投手が相手だと振り遅れて差し込まれるかもしれない。
二刀流なら、打席に立つ機会も多くないし、そういう意味で苦労すると予想されていました」

打者出場した大谷がバットですぐに結果を出せなかった場合、“見切りの早い”ソーシア監督のことだ。
「しばらくは投手一本で」と判断する可能性は高い。またその場合、
投手出場しながら、打者としてレベルアップをはかることになる。
その苦労は並大抵ではないだろう。開幕からしばらくは「代打出場」と予想する米メディアもいた。

「エンゼルスはすでに大谷を『特別扱い』しています。期待の大きさでもありますが、
期待した選手がすぐに結果を出せなかった場合のソーシア監督は“決断”が早いですからね」

250 名無し募集中。。。 :2018/02/22(木) 08:18:08
メジャーNo.1野手に早くも気に入られる大谷翔平
https://pbs.twimg.com/media/DWiTUFsWAAARvcJ.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DWiFYDtX0AABTq3.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DWiFhAnXUAAfADu.jpg

海外製シミュOOTPの大谷は投打でめっちゃ強くてヤバイで
https://i.imgur.com/t3YC5C8.jpg
https://i.imgur.com/iLnEXP0.jpg
http://articleimage.nicoblomaga.jp/image/164/2014/3/a/3a78ed05ba0d559f7729611ff63cc89c51ad7ad81403769823.jpg

トラウトはもっとヤバイけど
https://i.imgur.com/0EHNTIO.jpg
https://i.imgur.com/D4fCSQs.jpg
https://i.imgur.com/xM5AykY.jpg

現役最強打者は「お天気オタク」!? 昨季MVP、エンゼルスのマイク・トラウト外野手(24)が、
シーズンオフに気象専門の米有線局ウェザー・チャンネルで特派員を務める交渉を行っている。
幼少時から気象情報のチェックが大好きで、特に雪嵐に目がないという。
昨春はキャンプ地のアリゾナ州近郊に雪嵐が接近中と知り、
休日だったために2時間半かけて車を運転し、一日中吹雪を眺めていたほどだ。

スマートフォンには世界の気象情報を網羅する複数のアプリをインストール。
同僚らも、試合が雨天中止か微妙なときは、真っ先にトラウトに尋ねるとか。

「特派員ができれば最高だ。大型の雪嵐をリポートするのなら、申し分ないね」とトラウト。
球界に嵐を呼ぶ男は、違いますね…。

251 名無し募集中。。。 :2018/02/23(金) 08:26:29
大谷“ホーム開幕戦”で米国デビュー「ここからが本当の勝負」ブ軍とのOP戦で2回40球予定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000045-dal-spo
週末のお楽しみは投手大谷!25日or26日デビュー濃厚
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000011-sanspo-base
エンゼルス大谷、上下白の公式ユニホーム姿を初披露
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00133020-nksports-base.view-000
【MLB】メジャー本塁打王が大谷のスイング絶賛「持っているパワーもすごい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00108781-fullcount-base
【MLB】大谷翔平の特大弾にチームメイトと観客から歓声&拍手「風もあると…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00108828-fullcount-base
マルドナドやリベラの両捕手、控え内野手バルブエナと同組でフリー打撃を行った。
練習用フィールドではなく本球場で左腕の打撃投手と対峙。
序盤はややタイミングが合わなかったようだが、2ラウンド目に右翼へ2本柵越えを放つと、徐々にエンジンがかかってきた。
発射角度が大きく、青空へ高く突き抜けるような打球に、ファンは感嘆の声を上げていた。

球場が大歓声に沸いたのは、4ラウンド目の最後、6スイング目だった。
まっすぐセンターへ飛び出した打球はぐんぐん勢いを増すと、
420フィート(約128メートル)先にそびえる地上約10メートルのバックスクリーンを軽々と越えるホームランとなった。
打球を見送った大谷は笑顔で両手を挙げながらケージを出ると、
ファンから大きな拍手が沸く中で、大興奮で迎えたバルブエナとハイタッチして喜んだ。

「良質の筋肉をつけるために練習中はこれを飲んでいるんだ」と
練習前からアミノ酸BCAA入りのドリンクを仕込んでいたバルブエナだが、
メジャー選手の中に入ると細身に見える大谷が隠し持つパワーには仰天せざるを得なかった。
マンガのように目を見開いたビックリした表情で大谷に近づくと、
「どうなっているんだ?」とばかりに右腕の二の腕を計るように触り、首を傾げるばかりだった。

この日は合計30スイングで柵越えは6本。
大谷は「風もあると思うんですけど…」と謙遜したが、ほぼ無風。
「徐々に状態も上がっていると思うので、チームメイトと一緒に和気あいあいと
楽しくバッティングできているのもいいんじゃないかと思います」と笑顔を見せたように、打撃の調子も上がっている。

252 名無し募集中。。。 :2018/02/24(土) 23:11:55
大谷は公式戦で延長になればリリーフ起用も…ソーシア監督明かす
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00000160-sph-base

前日本ハム・マーティン、MLB復帰は大谷のおかげ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00134497-nksports-base

【MLB】大谷翔平、エ軍ローテ右腕も魅了 米ラジオ番組で絶賛「天才」「とても謙虚」
25日に投手でオープン戦デビューへ、シューメーカーが絶賛「彼は興奮をもたらしている」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00109048-fullcount-base

【MLB】隻腕投手アボット氏が大谷翔平に送るエール「インスパイアする存在であれ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00109030-fullcount-base
「何かを始める前から『自分にはできない。ダメだ』と諦めてしまう人は少なくない。
誰かに少し背中を押されれば、一歩を踏み出せる人は多い。
そんな人たちに、右手首から先のない自分でも野球ができる、
ハイレベルで戦えるんだ、という姿を見てほしいと思ったんだ。
メディアに注目されれば、それだけ多くの人々に発信できるのだから」

前人未到の道を切り拓いた“先輩”として、ベーブ・ルース以来と言われる
投打の“二刀流”を目指す大谷にも「誰かをインスパイア(感化)する存在であってほしい」という。

「投げて、打って、その両方でチームの勝利に貢献したいという心意気がいいね。
私も一ファンとして、彼の活躍と成功を心の底から願っているよ。
オオタニがプレーする姿を見て『投打のどちらかを選ばなくてもいいんだ』
って思う野球少年たちが増えるだろうし、勇気づけられる人も多いだろう。
目標に向かって前進し続けることが、世界に向かってメッセージを発し続けることにもなる。
前例のないことに挑戦できるチャンス、そして周囲のサポートに感謝しつつ、日々を楽しんでほしいね」

自ら道を切り拓いたパイオニアから、新たな舞台で道を切り拓こうとする、
もう1人のパイオニアに送られたエールには、力強さと同時に温かさがこもっていた。

253 名無し募集中。。。 :2018/02/25(日) 07:58:39
【MLB】大谷翔平、ホロ苦の実戦デビュー 2回途中を1被弾含む2安打2奪三振2失点
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00109063-fullcount-base

大谷 メジャー初実戦で2失点、被弾も「日本と変わらずいけた。反省生かす」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00000063-spnannex-base

大谷「カウント球に苦労した」/初登板一問一答
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00134919-nksports-base

青木点火打!山田で同点!バレは連発! 燕再建へヤク者そろい踏み
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00000039-sanspo-base

254 名無し募集中。。。 :2018/02/26(月) 11:05:55
大谷の評価分かれる「速球に動きない」「かなりいい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00000070-spnannex-base

【MLB】43キロの落差を作ったカーブも有効に? “デビュー”の大谷、各球種の球速は
実戦初登板は2失点、米データサイトの計測では直球の最速は156キロ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00109243-fullcount-base
この日の直球は91〜97マイル(約146〜156キロ)
スプリットは84〜88マイル(約135〜142キロ)
スライダーは79〜80マイル(約127〜129キロ)
70マイル(約113キロ)のカーブ

【MLB】大谷翔平、27日にも打者デビュー ソーシア監督「一両日中に出場する」
27日パドレス戦か28日ロッキーズ戦でDHとして出場予定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00109227-fullcount-base

255 名無し募集中。。。 :2018/02/27(火) 00:17:17
https://i.imgur.com/fCfueCy.jpg
https://i.imgur.com/7py5Hm3.gif
https://i.imgur.com/eCvHO6f.gif

256 名無し募集中。。。 :2018/02/27(火) 14:43:08
大谷 「すごく内容が濃かった」打者デビュー戦で適時打含む3打席連続出塁
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000032-dal-spo
“打者・大谷”、デビュー戦で全打席出塁!初安打・初打点も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00145259-baseballk-base
大谷“ドラえもん仕様”のスライディンググローブを初使用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000012-tospoweb-base
【MLB】打者・大谷翔平の「将来は明るい」 相手投手が称賛、打席の“風格”にも感心
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00109439-fullcount-base
【MLB】相手捕手も唸る、打者・大谷翔平の高い能力「打席ですべきことを知ってる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00109444-fullcount-base
打者・大谷がオープン戦満点デビュー 首脳陣&ライバルはどう見た?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000053-sph-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000053-sph-base.view-000
【MLB】エンゼルス指揮官、初安打&初打点の大谷称賛「翔平にとっていい日だった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00109431-fullcount-base
【MLB】大谷翔平、鮮烈“打者デビュー”に米ファン興奮「持ってる男だ」「着々と史上最高へ」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180227-00019325-theanswer-spo
大谷の打者デビュー 現地メディアもトップ扱い「日本のベーブ・ルース」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000082-spnannex-base
【MLB】打者・大谷翔平、“10割”デビュー 米メディア称賛「非の打ちどころがない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00109416-fullcount-base

257 名無し募集中。。。 :2018/02/27(火) 14:44:34
元日ハム西崎幸広の実娘グラドル西崎莉麻
http://i1.ertk.net/imgs/2018/02/2018_0226_02_nishizakirima_004.jpg

258 名無し募集中。。。 :2018/02/28(水) 09:19:38
大谷「自分の問題」OP戦初三振を含む3打数無安打
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000028-dal-spo
エンゼルス・大谷、次回登板は3日ブルワーズ傘下との練習試合
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000042-sph-base

259 名無し募集中。。。 :2018/02/28(水) 14:24:20
上原浩治が激白「燃え尽きたい」日本復帰を示唆
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00137593-nksports-base
上原が「メジャー契約できなければ引退するつもり」と話したのは昨年12月だった。
しかし、メジャー市場の動向は予想以上に停滞し、多くのFA選手は移籍先が決まっていない。
連日ハードな練習を続けてきた気持ちも変わっていった。

「正直、こんなふうになるとは思わなかった。3カ月近くしんどい練習を続けているうちに『俺はなんで練習してるんや』って。
やっぱり野球がやりたい。年齢的にも残りの野球人生は短い。
最初は辞めていいと思っていたけど、期待してくれる球団があるなら、そこで燃え尽きたいという気持ちの方が強くなった」

1度は「引退」を口にした事実は否定しない。
「言っちゃったし、これで日本でやったらボロクソ批判されるやろうなぁ」と覚悟もしている。
一方で、日本で再び上原がプレーする姿を見られることを歓迎してくれるファンもいる。
「引退って言ったのは最大の失敗。見通しが甘かった。
言いたいことは言うタイプだったけど、軽はずみに言ってはいけないこともあるって学びました」
と体裁が悪そうな表情で反省した。

メジャー契約できる可能性も、まだ残っている。それでも「ここまで決まらないっていうのは自分への期待値が低いから。
野球選手は期待してくれる球団でプレーするのがベスト。4月まで行き先が決まらずに練習を続けるつもりはない」と断言。
渡米して家族と話し合い、最終的な方向性を定めるが、日本の球団からオファーがあった場合、自分で決めることを米国の代理人にも告げている。
現時点で日本からの正式オファーはないが、進路を心配してくれている球団関係者からの“国内復帰の問い合わせ”は届いている。

260 名無し募集中。。。 :2018/02/28(水) 14:50:13
“優良助っ人”ロサリオ 他球団007が悲鳴「弱点が見当たらない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000075-spnannex-base
巨人の森中聖雄スコアラー
「盗塁はびっくりした。桑原のスライダーにもバットが止まっていたし、犠飛も無理に(安打を)狙いに行っていない。
今のところ弱点は本当に見当たらない。困っちゃうね」と嘆き節。

広島・玉山健太スコアラー
「隙を見せないようにしないといけない。隙を見せなければ、勝負できる足ではないんで」と眉間にしわを寄せた。

今春は6度の実戦を終えて12打数8安打3本塁打10打点2盗塁の大暴れ。

金本監督は「弱点がない打者はいないからね」と前置きしながらも
「頭いいよ。2打席連続で引っ張った打球を打ったら、その後の打席では必ず右方向にヒットを狙うとか。そういうことができる打者」と賛辞を惜しまない。

261 名無し募集中。。。 :2018/03/03(土) 12:09:18
【MLB】大谷翔平は当初の予定より「DH」で出場増? エンゼルス監督「柔軟に起用」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00109952-fullcount-base
制球不安定な大谷に“メス” 首脳陣が異例のフォーム指導
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000017-nkgendai-base
エンゼルス大谷、2回2/3を4安打2失点も5者連続含む8K 最速156キロ 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000066-sph-base
大谷 2失点もアウトは5者連続含むオール三振8K「いいところと悪いところ出た」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000141-spnannex-base
打者12人に8Kも…大谷2度目の実戦登板で見えた課題と進歩
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000023-nkgendai-base
【MLB】大谷翔平、2失点も8奪三振 指揮官は着実な“進歩“に満足「我々の期待通り」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00110053-fullcount-base
エンゼルスは年間20億円増収 大谷翔平の“集金力”恐るべし
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000013-nkgendai-base

【MLB】田中将大、OP戦初登板で2回途中4失点 超有望株に被弾「ミスが多かった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00110018-fullcount-base

清宮幸太郎マスコミとファンが減っても「場外弾連発」の背筋
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180302-00010001-flash-peo
早くも存在感、ハム清宮は1年目から輝くか 過去の球団高卒ドラ1野手はどうだった?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00109877-fullcount-base

262 名無し募集中。。。 :2018/03/03(土) 22:25:46
大谷翔平の人間性にコーチも感心「とても丁寧で、落ち着いていて、自信がある」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180303-00010003-baseballc-base

「野球選手の人生は13歳で決まる」は本当か?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000539-san-base

263 名無し募集中。。。 :2018/03/05(月) 09:22:15
大谷翔平の可能性と課題。「動かないボール」問題をどう克服するのか?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000001-wordleafs-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000001-wordleafs-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000001-wordleafs-base&p=3

大谷 メジャーでも“らしい”スタート…担当記者が見た変わったこと、変わらないこと
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000100-spnannex-base
元巨人“クレイジー・ライト”が大谷に助言「自分らしくあれ」エ軍特別コーチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000042-dal-spo

大谷翔平を「ホルヘ」と呼ぶ男 女房役のマーティン・マルドナドは高い守備力がウリ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000256-sph-base
大谷翔平、次回は打者でレッズ戦=日本時間6日午前5時
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000259-sph-base
大谷は隠さない!同地区相手にも登板の方針、ソーシア監督が示唆
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000501-sanspo-base
大谷、次回登板は10日 カブス戦かメキシコチームとの練習試合
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000179-spnannex-base

「打球の角度」は松井秀喜を超えた。名コーチも唸る清宮幸太郎の弾道
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180304-00010002-sportiva-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180304-00010002-sportiva-base&p=2

2日連続完封リレーに稲葉監督ご満悦「改めて投手陣の素晴らしさというのが分かった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000172-spnannex-base

264 名無し募集中。。。 :2018/03/06(火) 19:34:53
メジャー成功のカギ エンゼルス大谷は“器用さ”が武器に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000025-nkgendai-base
エンゼルスの大谷翔平は5日(日本時間6日)のレッズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。
6日ぶりに実戦で打席に立ったが、3打数無安打だった。
打者として3戦目の実戦は、第1打席で相手先発右腕ロマノの変化球を捉えて
左中間への強烈な当たりを放ったが、中堅手ハミルトンがダイビングキャッチ。相手の好捕に阻まれて長打はならなかった。

三回の第2打席は1死二塁から三ゴロ、第3打席は2死二塁の場面で2番手左腕クロケットの前に遊ゴロに倒れた。
2打席連続で得点機を生かせなかったが、バットは振れているようだ。

その大谷は徐々にだが、メジャーのボールや環境に適応している。

日本時間3日の前回登板は、打者12人から5者連続を含む8奪三振。
同25日の初登板でまったくといっていいくらい制球できなかったスライダーを、ストライクゾーンにコントロールすることができた。
暴投やスッポ抜けはあったものの、滑りやすいメジャー公認球や傾斜のきついマウンドに対処できるようになってきた。

打者としても、内角が狭く、外角が広いメジャーのストライクゾーンに対応。
日本ならストライクと判定されてもおかしくないような内角球を平然と見送ったりもしている。

大谷はもともと器用なタイプ。だからこそ投打の二刀流にチャレンジしているのだろうが、
「自分でこうしようと思ったり、考えたりしたことを実践する能力は飛び抜けていた」と、さる日本ハムOBがこう続ける。

「首脳陣はまず、1年目のキャンプで舌を巻いたと聞きました。
高卒選手がいきなりプロの投球や打球を体感すると、変化球のキレやスイングスピードに仰天するといいます。
けれど、大谷は投打ともプロのレベルに対応していたのです。
最初から球速や打球の飛距離が突出していたわけではなかったため、
一部首脳陣からは『ひょっとしたら器用貧乏かもしれない』という声も上がった。
結果として杞憂だったわけですが、とにかくイメージ通りに自分の体を操る能力にはたけていました。
特に打者に関してはそうです。プロにもスランプの長い打者はいますが、大谷は3〜4試合、ノーヒットが続くことはまずなかった。
自分自身で修正すべきポイントに気付き、イメージ通りのスイングを体現できるのです」

■アドバイスしたことをすぐ実践

野手としての器用さに比べると、投手としてのそれはいまひとつだという。

「いい例が、体重移動です。大谷は投げた後、体が三塁方向に倒れることがある。
これだとボールに下半身の力が伝わりにくい。
上半身に頼った投げ方だから、球速はあっても球質やキレはいまひとつ。打者に捉えられる確率も髙い。
投球に関しては打者のとき以上に修正に時間がかかるが、
それでも下半身主導のピッチングができないわけではない。
投げた後、体が一塁方向に倒れるときがそうです」(前出のOB)

日本ハムのコーチたちも「こちらのアドバイスをすぐ実践できる」「注意したことは二度とやらない」などと話していたものだ。

大谷は環境の差異に関して「こっちにはこっちのやり方がある。対応しながらやりたい」と話している。

日本でのスタイルにこだわるあまり結果が出なかった選手も中にはいたが、ダメなら変える意思は持っている。
適応力はメジャーで成功するための大きなカギといわれるだけに、大谷の器用さは今後に向けた武器になるはずだ。

大谷は9日(同10日)にメキシカンリーグのチームを相手に4回70球をめどに登板する予定。

▽大谷のコメント
「(相手の好守に阻まれた第1打席は)詰まっていたので抜けないかなと思いました。きょうは手を出していけたので良かった。
打席の中で多く手を出していけたので良かったし、これからはストライクゾーンの確認をどんどんやらないといけない。
(マリナーズ入りのイチローについて)ぜひ、僕が試合に出て試合で一緒にできたらなと思います」

265 名無し募集中。。。 :2018/03/07(水) 18:18:34
大谷 イチローとの競演に意欲「すごく楽しみ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00000003-tospoweb-base

大谷がエンゼルスを選んだ本当のワケ 落選2球団の「二刀流プラン」詳細判明
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00000008-ykf-spo
書類選考の結果、残ったのはエンゼルス、マリナーズ、ジャイアンツ、パドレス、レンジャーズ、ドジャース、カブスの7球団。
そのうち、ドジャースとカブスが提案していたプランの中身が球団関係者への取材で判明した。

書類選考を通過したドジャースが昨年12月上旬、
ロサンゼルスで行われた大谷との直接交渉で提案したのは
「外野手として先発し、7、8回にリリーフ登板」というものだった。

一方、カブスの提案は「先発投手として中4日。登板日には打線の中軸を務め、登板間は代打で出場」というものだった。

266 名無し募集中。。。 :2018/03/08(木) 14:15:06
【MLB】イチロー、年俸は出来高含め最大約2億1200万円 150打席以上で出来高
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00010008-fullcount-base
マリナーズ・イチローが復帰会見 エンゼルス・大谷との対戦熱望「世界一の才能。野球の醍醐味」「投手で対戦したい」で笑いも
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000088-sph-base
【MLB】イチロー入団会見の主な一問一答 本音とウィットが入り交じる人間的魅力
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00010005-fullcount-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00010005-fullcount-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00010005-fullcount-base&p=3


【MLB】カーショーVS「7番DH」大谷翔平、第1打席はスローカーブで見逃し三振
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00010001-fullcount-base
大谷、9打席連続音なし ソーシア監督の表情には二刀流起用の苦悩
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000029-sph-base
大谷あるぞ!開幕5番 “予行演習”2三振もソーシア監督手応え
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000032-spnannex-base

267 名無し募集中。。。 :2018/03/09(金) 12:28:27
「カーショーvs大谷」チェックしたダルビッシュの解説は…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00000009-tospoweb-base
前日のオープン戦で実現したカーショーvs大谷を映像でしっかりチェックしていた。
「見ましたよ。本人にもLINEしましたし。まあ、本人もなかなかね…」。
見逃し三振に倒れた低めのカーブの判定に首をひねった。

メジャーでは新人に対する判定が厳しいと言われるが、ダルビッシュは
「あれは多分ボールだけど、(メジャー最強左腕の)カーショーだし、
(捕手の)フレーミングがいいので、例えばボックススコアで見たら
ギリギリストライク入っているんじゃないかなって思ったりもする」との分析を披露するとこう続けた。

「でも、まだスプリングトレーニング。
本人にも言ったけど、データもない、両方やらなきゃいけない、カルチャーも違う、
みんな知らない人ばかりの中で結果を出す人はいないと思うので、ちょっとずつ慣れていってくれたら」

投手としてのオープン戦は日本と比べ滑るといわれるメジャー公式球に適応するための重要な期間。
ダルビッシュはその対策について「自分の(1年目の)時は誰も教えてくれなかった。
今はマー君(ヤンキース・田中)とか前田(ドジャース)とか岩隈さん(マリナーズ)とかいろんな引き出しがある」と説明。

「(大谷)本人と話した感じだと、自分の1年目ほど、苦しんでいる感じではないかなというのは感じるので、
アリゾナだってのがあるから、ここで多分、ある程度慣れれば、シーズンに入ってロサンゼルスなどに行けば全く問題ないと思う」と語った。

268 名無し募集中。。。 :2018/03/09(金) 12:36:38
大谷エ軍入りの真相判明 ソーシア監督“長期政権”が決定打
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00000006-nkgendai-base

好調の「投手・大谷」がメキシカン・リーグ相手に“最終テスト”へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00000010-tospoweb-base

大谷との違いは? レイズが挑む前例なき二刀流・マッケイの育成、慎重姿勢が生み出すメリット
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180309-00010001-baseballc-base

269 名無し募集中。。。 :2018/03/09(金) 21:15:06
【MLB】大谷争奪戦の余波? カーショーが大谷代理人に嫌悪感「時間と努力を無駄に」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00111340-fullcount-base
ドジャースはフリードマン強化担当責任者、ザイディGM、ロバーツ監督、
カーステンズ球団社長、マクダニエル・コンディショニング担当コーチに加え、
結婚記念日だったカーショー、結婚式準備に忙しかったジャスティン・ターナー、
そして東海岸バージニア州から早朝便に飛び乗ったクリス・テイラーの3選手が、大谷との面談の席に着いたという。

カーショー
「ハンパなく無駄な時間だった。彼はDHをしたいと心を決めているようだった。
最初から15チームは除外するべきだったんだ。ナ・リーグ球団はみんな忸怩たる思いだったと思う。
彼の興味を引いて契約するために、数多くの人が相当な時間を費やしたんだから」

「時間と努力を無駄にした彼の代理人に腹が立つ」と嫌悪感を示した


これに対して、代理人のバレロ氏
「初めから、ショウヘイは公平なプロセスを貫いた。
各チームにありのままの情報を求め、彼自身も誠意をもって接した。
そのチームでプレーするつもりもないのに面談をしていたと考えるのは、事実無根、かつ彼の倫理を侮辱してる。
事実、直接交渉に招かれたチームの大半はナ・リーグの球団だった」と取材に対してメールで返答した

270 名無し募集中。。。 :2018/03/11(日) 19:27:32
日本ハム清宮 悪夢の4三振 ライバル桜井の速球にもバット出ず 19打席無安打
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000117-dal-base

【巨人】上原の球質にナイン驚がく 亀井「43歳が投げる球じゃない。スピン量がすごい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000102-sph-base

日米で歴代1位!上原が持つ“実はすごい”記録とは…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00146059-baseballk-base
【NPB歴代K/BBランキング】※1500投球回以上
1位 6.68 上原浩治
2位 4.61 土橋正幸
3位 4.29 杉浦 忠
4位 3.79 成瀬善久
5位 3.58 稲尾和久

【MLB歴代K/BBランキング】※400投球回以上
1位 7.33 上原浩治
2位 5.88 ケンリー・ジャンセン
3位 5.16 セルジオ・ロモ
4位 5.12 クリス・セール
5位 5.11 田中将大

271 名無し募集中。。。 :2018/03/11(日) 22:54:08
生涯年俸 (単位:億円  $1=100円) 2018決定版

197.7 ダルビッシュ有 MAX+24(〜2023)
195 イチロー
168.7 田中将大 (〜2020)
112.2 黒田博樹
108.2 松井秀喜
79 松坂大輔
75.2 上原浩治 
74 福留孝介
63.8 松井稼頭央
56.5 城島健司
53.4 岩隈久志
52 清原和博
50.5 前田健太 MAX+60.9 (〜2022)
49.8 岩瀬仁紀
49.2 佐々木主浩
48.4 阿部慎之助
47.5 金本知憲
44.6 青木宣親(〜2020)
44.5 小笠原道大
42.6 松中信彦
40.9 川上憲伸
40.7 和田毅
40.3 藤川球児
40 高橋由伸

272 名無し募集中。。。 :2018/03/12(月) 13:32:31
里崎氏、日ハム・清宮は「長い目で見た方がいい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00146079-baseballk-base
「結果的に高卒1年目にレギュラーで1年間(一軍で)終わったのは、この2、30年で2、3人しかいないんですよ。
ロッテの安田、広島の中村奨成を含めた高校生は、慌てない事が大事だと思います」


【槙原寛己氏視点】清宮“一歩”踏み出せ 中堅から左に打てば次の勝負へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000088-spnannex-base
今、日本ハム・清宮の頭の中はかなり混乱しているだろう。
3打席目、桜井に2ストライクと追い込まれるまで、相手が投げた計12球のうち直球は1球だけ。
徹底した変化球攻めの中、桜井が投じた外角直球に手が出なかった。変化球への過剰な意識が迷いを呼んでいる。

打たれるまでは、弱点を突きまくる。プロの世界の鉄則だ。この日は3三振が左投手から。
マウンドから投手目線で打席の清宮を見ると、スタンスをやや開いて構えているために外角が広く感じる。
特にストライクからボール球になる変化球は投げやすい。

清宮に必要なのは、投手側にグッと踏み込んで、外角球を中堅から左方向に強く打ち返すよう意識すること。
これができれば、相手も警戒して対応が変わる。外角の変化球一辺倒という攻めはなくなるだろう。ただし、これは対左投手の場合。

右投手は、内角の厳しいコースにスライダー、カットボールを投げ込んでくる。
今度はこれを右方向に引っ張れるか。外、内角の横幅を使った攻防。プロの世界の第一関門といえる。

93年に巨人に入団した松井秀喜も、高卒1年目のオープン戦は苦労していた。
清宮も厳しい攻めをはねのけて一本打てば、相手は「おや?」と考え始める。そこからが次の勝負となる。

273 名無し募集中。。。 :2018/03/12(月) 13:40:35
【DeNA】桜井、清宮から“6連続K”ラミ監督「2人にはヒストリーがある」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000260-sph-base
清宮から約1年4か月を挟み“6連続K”を奪ったDeNAのドラフト5位・桜井周斗投手(18)=日大三=だが、登板後の表情は複雑。
順当ならイニング6人目の打者・清宮まで回らないはずが、2死満塁の大ピンチで対戦を迎えただけに、
「打順を考えたら、きょうは(清宮と)やらないのがベストだった」と、結果よりも過程を反省した。

ルーキー対決を演出したのはラミレス監督。
2死一、二塁で大田のカウントが2ボールとなったところで、新ルールの「申告敬遠」をコールした。
「現実的に考えても右(大田)よりも次の左(清宮)と勝負だし、
エンターテインメント的にも2人にはヒストリーがあるからね。
オープン戦だし、みんな喜んでくれたんじゃないかな」とニンマリだ。

3球三振に仕留めたものの
「(高校時代と)全くスイングが変わってる。1軍でスタメンになる力をつけている。次にやったら打たれそう。自分も危機感を持ってやらないと」
と、清宮の成長を肌で感じた桜井。ラミレス監督は「もう一度(1軍で)チャンスを与える」と、ライバルに刺激を受けた左腕の奮起に期待していた

274 名無し募集中。。。 :2018/03/12(月) 13:43:47
オープン戦の順位は本当にあてにならないのか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00146083-baseballk-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00146083-baseballk-base&p=2
【直近5年・オープン戦優勝チーム】
2017年:ロッテ ⇒ シーズン6位
2016年:阪神 ⇒ シーズン4位
2015年:ソフトバンク ⇒ シーズン1位
2014年:ソフトバンク ⇒ シーズン1位
2013年:巨人 ⇒ シーズン1位

直近5年・オープン戦順位とシーズン順位
※()内はオープン戦のリーグ内順位

▼ 2017年
.867 ロッテ(1) ⇒ パ6位
.667 ソフトバンク(2) ⇒ パ1位
.643 オリックス(3) ⇒ パ4位
.625 阪神(1) ⇒ セ2位
.615 西武(4) ⇒ パ2位
.611 日本ハム(5) ⇒ パ5位
.500 ヤクルト(2) ⇒ セ6位
.400 楽天(6) ⇒ パ3位
.313 DeNA(3) ⇒ セ3位
.313 中日(3) ⇒ セ5位
.267 広島(5) ⇒ セ1位
.263 巨人(6) ⇒ セ4位

▼ 2016年
.700 阪神(1) ⇒ セ4位
.692 ロッテ(1) ⇒ パ3位
.667 ソフトバンク(2) ⇒ パ2位
.643 楽天(3) ⇒ パ5位
.615 西武(4) ⇒ パ4位
.571 広島(2) ⇒ セ1位
.500 巨人(3) ⇒ セ2位
.467 日本ハム(5) ⇒ パ1位
.333 ヤクルト(4) ⇒ セ5位
.308 DeNA(5) ⇒ セ3位
.308 オリックス(6) ⇒ パ6位
.308 中日(5) ⇒ セ6位

▼ 2015年
.688 ソフトバンク(1) ⇒ パ1位
.667 ロッテ(2) ⇒ パ3位
.667 DeNA(1) ⇒ セ6位
.571 オリックス(3) ⇒ パ5位
.571 阪神(2) ⇒ セ3位
.462 楽天(4) ⇒ パ6位
.444 西武(5) ⇒ パ4位
.429 ヤクルト(3) ⇒ セ1位
.400 中日(4) ⇒ セ5位
.364 日本ハム(6) ⇒ パ2位
.353 巨人(5) ⇒ セ2位
.300 広島(6) ⇒ セ4位

▼ 2014年
.882 ソフトバンク(1) ⇒ パ1位
.800 楽天(2) ⇒ パ6位
.688 巨人(1) ⇒ セ1位
.643 日本ハム(3) ⇒ パ3位
.600 広島(2) ⇒ セ3位
.500 ロッテ(4) ⇒ パ4位
.428 DeNA(3) ⇒ セ5位
.357 西武(5) ⇒ パ5位
.353 オリックス(6) ⇒ パ2位
.286 中日(4) ⇒ セ4位
.231 阪神(5) ⇒ セ2位
.083 ヤクルト(6) ⇒ セ6位

▼ 2013年
.714 巨人(1) ⇒ セ1位
.625 広島(2) ⇒ セ3位
.611 ソフトバンク(1) ⇒ パ4位
.588 楽天(2) ⇒ パ1位
.529 阪神(3) ⇒ セ2位
.500 ヤクルト(4) ⇒ セ6位
.500 日本ハム(3) ⇒ パ6位
.500 DeNA(4) ⇒ セ5位
.500 西武(3) ⇒ パ2位
.412 ロッテ(5) ⇒ パ3位
.353 オリックス(6) ⇒ パ5位
.222 中日(6) ⇒ セ4位

275 名無し募集中。。。 :2018/03/13(火) 01:39:16
稲村亜美さんに数千人の中学球児殺到 「紛れもなく痴漢」など怒りの声続々、運営平謝り
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00007554-bengocom-soci

稲村亜美「私は問題なく大丈夫」 始球式で中学生に取り囲まれる映像拡散で…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000054-dal-ent

稲村亜美の純粋にスポーツを愛する気持ちは、騒動を起こした球児に届くのか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000012-wordleaf-ent

276 名無し募集中。。。 :2018/03/13(火) 12:41:06
大谷バット折られた!DH出場も4打数無安打
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000011-tospoweb-base
ただ、自己分析はできている。大谷は4打席とも

「しっかり捉えた感じで振りにはいっている」と言う。
結果が伴わないのは、ちょっとしたズレが原因だ。
「(相手の)投げ方が独特だったりとかは仕方のないことなんで、
それに合わせられるテークバックの取り方が必要なんじゃないかなと思う」。

柔軟に修正することで、十分に対応できると考えている。

二刀流の宿命ながら、今の大谷はメジャーで打者として対応するために必要な打席数も足りていない。
試合後に「4打席立って数を見れたことは良かった」と消化した打席数を収穫に挙げたことからも、それはうかがえる。
13日(日本時間14日)はチーム休日だが、大谷はマイナー選手を中心とした紅白戦に打者として出場する予定だ。

ここまでオープン戦での打撃成績は18打数2安打で打率1割1分1厘。それでも大谷に焦りはない。

「全部が全部、最初からうまくいくことはないですし、
それを最初からイメージしてはきていない。
うまくいかないことが出てきた時にどうするかが大事」。

地味な作業にはなるが、課題は一つずつ克服していく。

277 名無し募集中。。。 :2018/03/13(火) 14:19:23
オープン戦の活躍は本当にあてにならないのか 〜投手編〜
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00146140-baseballk-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00146140-baseballk-base&p=2
近年のオープン戦最優秀防御率投手
※規定投球回(チーム試合数×1.0)以上

▼ 2017年
0.90 田口麗斗(巨人)
[シーズン成績] 26試(170.2回) 13勝4敗 奪三122 防3.01

▼ 2016年
0.00 和田 毅(ソフトバンク)
[シーズン成績] 24試(163.0回) 15勝5敗 奪三157 防3.04

▼ 2015年
0.82 野上亮磨(西武)
[シーズン成績] 27試(134.1回) 7勝7敗 奪三77 防4.22

▼ 2014年
0.53 レイノルズ(西武)
[シーズン成績] 12試(61.0回) 3勝7敗 奪三29 防5.46

▼ 2013年
0.47 宮国椋丞(巨人)
[シーズン成績] 17試(87.2回) 6勝7敗 奪三50 防4.93

▼ 2012年
0.00 国吉佑樹(DeNA)
[シーズン成績] 19試(112.2回) 4勝12敗 奪三95 防3.67

▼ 2011年
0.00 久保康友(阪神)
[シーズン成績] 20試(109.2回) 8勝8敗 奪三73 防3.78

0.00 戸村健次(楽天)
[シーズン成績] 8試(41.1回) 0勝3敗 奪三26 防3.92

0.00 田中将大(楽天)
[シーズン成績] 27試(226.1回) 19勝5敗 奪三241 防1.27

▼ 2010年
0.43 石川雅規(ヤクルト)
[シーズン成績] 28試(186.1回) 13勝8敗 奪三98 防3.53

▼ 2009年
2.57 清水直行(ロッテ)
[シーズン成績] 23試(144.2回) 6勝7敗 奪三88 防4.42

▼ 2008年
0.00 岩田稔(阪神)
[シーズン成績] 27試(159.1回) 10勝10敗 奪三101 防3.28

278 名無し募集中。。。 :2018/03/14(水) 23:27:43
オープン戦の活躍は本当にあてにならないのか 〜野手編〜
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00146148-baseballk-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00146148-baseballk-base&p=2
近年のオープン戦首位打者
※規定打席(チーム試合数×3.1)以上

▼ 2017年
.375 シリアコ(DeNA)
[シーズン成績] 12試 率.074(27-2) 本0 点0

▼ 2016年
.400 鈴木大地(ロッテ)
[シーズン成績] 143試 率.285(501-143) 本6 点61

.400 坂田 遼(西武)
[シーズン成績] 45試 率.245(151-37) 本3 点26

▼ 2015年
.459 秋山翔吾(西武)
[シーズン成績] 143試 率.359(602-216) 本14 点55

▼ 2014年
.435 井上晴哉(ロッテ)
[シーズン成績] 36試 率.211(95-20) 本2 点7

▼ 2013年
.393 畠山和洋(ヤクルト)
[シーズン成績] 99試 率.219(360-79) 本12 点51

▼ 2012年
.403 松山竜平(広島)
[シーズン成績] 48試 率.204(137-28) 本0 点7

▼ 2011年
.441 浅村栄斗(西武)
[シーズン成績] 137試 率.268(437-117) 本9 点45

▼ 2010年
.433 G.G.佐藤
[シーズン成績] 53試 率.204(162-33) 本6 点19

▼ 2009年
.400 栗山 巧(西武)
[シーズン成績] 140試 率.267(569-152) 本12 点57

▼ 2008年
.400 稲葉篤紀(日本ハム)
[シーズン成績] 127試 率.301(448-135) 本20 点82

279 名無し募集中。。。 :2018/03/15(木) 12:20:48
昨季は日本で1安打…あの内野手、大リーグで快音連発中
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000060-asahi-spo
【MLB】元鷹ジェンセンが驚異の活躍 オープン戦13試合でメジャー2位の5本塁打
今季は米ジャイアンツとマイナー契約、招待選手で開幕メジャー目指す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00111494-fullcount-base
昨季ソフトバンクでプレーしたカイル・ジェンセン内野手が、米オープン戦で大暴れしている。
9日(日本時間10日)までに13試合で16打数6安打、打率.375。
だが、この6安打のうち、なんと5本がホームランという離れ業を演じている。

ソフトバンクでは1軍ではわずか6試合の出場にとどまり、主に2軍生活を強いられた。
今季からは再び戦いの舞台をアメリカに戻し、米ジャイアンツとマイナー契約。
招待選手としてメジャーキャンプに参加し、開幕メジャーを目指している。
元々パワーが魅力の強打者という触れ込みだったが、この春は秘めたる才能が一気に開花。
6安打で5本塁打、さらには8四球を選んで、出塁率.600、長打率1.312という驚異の数字をマークしている。

【阪神】ロサリオ深刻、9打席無安打「日本の野球を知っていかないと」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-00000281-sph-base
2月に放った輝きが薄れつつある。
沖縄・宜野座キャンプでは実戦6試合で12打数8安打の打率6割6分7厘、3本塁打、10打点の数字を残した。
だが、オープン戦は打率1割5分に低迷。金本監督は「波でしょ。2月良かったから。一年中打ったらどうすんの」と言い切り、
片岡打撃コーチも「2月が鮮烈過ぎた。向こうもいろんな対策を考えてくる」と信頼は揺るぎないが、一抹の不安が漂っている。

ロサリオは16日の楽天戦(静岡)は甲子園の居残り練習で打ち込み、17日の中日戦(ナゴヤD)から再合流する予定。
「まだ相手というよりも、自分のやるべきことをやる時期だと思う」と前を向いた。

280 名無し募集中。。。 :2018/03/16(金) 18:37:47
【MLB】大谷二刀流に「疑念」も…「打者・大谷」の進歩「エンゼルス確信」米紙特集
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00112732-fullcount-base
同紙は「ショウヘイ・オオタニのメジャーリーグの投手たちに対する苦戦が続く中、
彼の二刀流に関する疑念が、エンゼルスに対して更に向けられることになるのは間違いないだろう」とレポートしつつ、

エンゼルスのマイク・ソーシア監督が「打者・大谷」の適応に前向きな姿勢を見せていることを紹介。
指揮官は記事の中で「打撃不振が続くようなら? たらればの話をするつもりはないよ。
今現在、タイミングに関して苦しんでいる選手たちがラインアップにはたくさんいると思う。
シーズンに向けて、(オープン戦で)この先最後の20〜30打席で調整できるように、ハードに取り組んでいくよ」と語っている。

一方、同紙は「打者・大谷」について対左腕と変化球に対して課題が出始めていると指摘。


大谷 不振でも首脳陣が擁護する理由
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000009-tospoweb-base

苦しむ大谷、打率1割…打開策は「よりシンプルに」松井氏&巨人・阿部の野球談議にヒントあり
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00000273-sph-base
厳しい現実を突きつけられた。5回2死。
大谷は14、17年のサイ・ヤング賞右腕、クルバーに2球で追い込まれ、
3球目の内角カットボールに力のない二直に抑えられた。
3回先頭は死球だったが、容赦ない内角スライダー攻めで追い込まれた。
圧倒的なポテンシャルを生かせず、完璧に封じられた印象だ。

11日の第2打席から、8打数連続で無安打。
オープン戦通算では20打数2安打で、打率は1割となった。気になるのが打撃内容。

12日レッズ戦では2度のノーヒッターの経験を持つ右腕、H・ベイリーの内角攻めに遭い、バットを2本折った。
この日の二直でも“バット折れ”。投手との距離感をつかめず、内角球の対応に遅れている。

打者・大谷が適応するには…。
ヒントとなりそうなのがヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏と巨人・阿部慎之助の野球談議だ。
13年12月、両者は日米で変化した松井氏の打ち方の話をした。

阿部「(バットを構えた時)手の位置がトップに近くなった。あれは(打ちにいくまでの)準備が遅くなるからですか?」

松井「そう。メジャーでバットを引く時間が取れなかった。(米国では)テイクバックが小さい投手もいる」

阿部「タイミングを取る右足の上げ方も高く上げるのではなくパッと上げて…松井さんの打撃はシンプルですよね」

松井氏はヤンキース1年目(2003年)の序盤こそ“ゴロキング”とやゆされたこともあったが、後の活躍は知っての通り。
打ち方について、松井氏は「年々シンプルになった」と振り返っている。イチローもオリックス時代の振り子打法を使っていない。

大谷は右足を高く上げてタイミングを取る。
これまでに「どうしても変えなきゃいけないところが出てくるのかもしれない。その時にどうするかを準備できれば」と話している。
打者として成功するために、どんなフォームとなるのか。いずれにしても、「よりシンプルに」がキーワードと言えそうだ。

281 名無し募集中。。。 :2018/03/16(金) 18:40:29
【MLB】内角苦戦の大谷翔平、指揮官「タイミングの問題」も打撃メカニックは高評価
周囲からの心配を一蹴「必ず見つかる自信がある」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00112486-fullcount-base
周囲から心配の声も上がるが、指揮官は一蹴。
「内角に苦戦して、足を動かしすぎている」と指摘しながらも、
「実際のメカニックを見ると、スイングはいいし、アプローチもいい」と合格点を与えた。
その上で「タイミングの問題。他の打者と一緒で、そのうちに合う」と話したという。 

キャンプが始まるまで大谷の打撃をビデオでしか見たことがなかったソーシア監督は、
「今は直接見ることができる。彼はいいルーティンを持っている」と評価。
「彼が(タイミングを)見つける自信があるように、我々も必ず見つかる自信がある」と揺るぎない信頼を強調したそうだ。 

ヒンスキー打撃コーチも「正しい方向に進んでいる」と話し、
開幕に向けて1つ1つ積み上げていく考えを明かしている。
監督やコーチのバックアップを後押しに、確実にメジャーに順応していきたい。

282 名無し募集中。。。 :2018/03/16(金) 23:40:20
大谷翔平に学んだ“自分らしさ”
二刀流にこだわった確固たる野球観
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201803100006-spnavi
【連載 第5回】
人生の志を立てるということは、いわば人生という「建物」の骨組になる。
そして小さな志はその建物を飾るものだ。
だから最初にそれらの組み合わせをきちんと考えて取り組まないと、
後々になってせっかく出来かけている建築物が中途半端で壊れてしまう可能性もある。
(「論語と算盤【立志と学問】」より)
「メジャーへ行くのか」
「はい、そのつもりです」
私の質問に静謐な態度で答える大谷翔平の瞳の光りを、私は忘れることができない。
2018年、翔平は北海道日本ハムファイターズからMLBへ旅立った。
アメリカン・リーグのエンゼルスの一員となり、これまでとはまったく違った環境で白球を追っている。
私は、多くの人から、「ここまで育て上げた大谷はメジャーに手放す気持ちはどんなものだったのか」
と問われるが、答える言葉を持たない。
第一、私だけが翔平を育てたのではない。
彼は、自分の道を自分のペースで歩み、成長を遂げた。
どこへ行っても、どんな球団に所属しても、ファンは今ある翔平を見ることが叶っただろう。
むしろ、育てられたのは私である。
花巻東から2012年ドラフト1位で入団すると、1年目から1軍に席を置いた彼は、
2015年には最多勝のタイトル(15勝)を手にし、
16年には投手としては10勝4敗、防御率1.86、打者としては打率3割2分2厘、22本塁打、67打点という活躍を見せた。
それこそが、チームの10年ぶり日本一の原動力だった。
私を165キロという最速記録の目撃者にしてくれた若きエースは、入団の年に最下位にあっても決して下を向かなかった。
またどんなに大きな雑音があろうが、投手と打者を同時にこなす“二刀流”にこだわり続けた。
私は翔平の二刀流を単に欲したのではない。前人未踏の挑戦に迷わない選手だから指名し、獲得したのだ。
唯一無二の翔平との邂逅により、私には得難い貴重な経験ばかりがもたらされていった。
2017年のシーズン終了後に高校生の頃から抱いていたメジャー移籍の夢を実現させる意思を表明した彼が、
鉄の意思を持ちMLBへ向かうことを私は知っていた。
キャンプから開幕、そして最終試合までの間に6回ほど「シーズン後、メジャーへ行くのか」と声もかけていた。
メジャー行きを阻止したいわけでも、あと1年ファイターズに残って欲しいと頼むためでもない。
翔平の去就によって起こりうるすべての事態に対応するための準備が必要だったからだ。
私が同じ質問をする、その際の翔平の表情が忘れられない。
「そのつもりでいます」
そう言って頷く彼の姿勢や声の調子、私に向けるまなざしは一度もぶれることがなかった。
彼ほど、自分の身の丈を正確に把握し、それに相応しい決断を下せる選手はいないのである。

283 名無し募集中。。。 :2018/03/16(金) 23:40:55
二刀流の原点は小学時代のノート

翔平は小学生のときから微塵もぶれてはいなかった。
それを知ったのは、小学校時代のノートを見たときだった。
ご両親が大切に取ってあったノートには大きく几帳面な字でこう書かれていた。
「全力で走る、キャッチボールをする、元気に声を出す」
少年野球のこんな常套句を、彼は記していたのだ。
小学生になり野球を始めたときに、彼は全力で走ると決めたのだ。それが野球だと信じたのだ。
その気持ちは高校でも、プロ入団後も続いている。二度とその意思を曲げることはない。
今日この瞬間も、翔平は心のノートに、7歳の頃と同じ言葉を書いている。
ノートを見れば分かる翔平のこれまでの歩み。そこには、夢を現実にしていくための小さな取り組みが記されている。
2005年5月22日、小学5年生だった翔平は、全国大会の岩手県予選で公式戦初ホームランを放った。しかも満塁ホームラン。
それでもこの日の野球ノートには、「ホームランをライナーで打てるように練習したいです」と書いた。
翔平が小学3年になる直前から所属していた少年野球チームで
、監督を務めていた父・徹さんが翔平に「野球ノート」を薦めたそうだ。
大会や合宿などの節目に、翔平は「よかったこと」「悪かったこと」「目標(これから練習すること)」を記した。
そこに父の徹さんがアドバイスを加えていった。
ノートに何度もある徹さんの言葉。
「いっしょうけんめい走ること」
「いっしょうけんめいキャッチボールを練習する」
「いっしょうけんめい大きな声で野球をする」
声を出し、仲間と連携を高め、全力疾走で野球をやること。
この三つが野球にとっての大切なポイントだと徹さんは息子に繰り返し伝えた。
たとえ凡打でも一塁へ全力疾走する。
キャッチボールは単なるウォーミングアップではなく、狙ったところに回転のいいスピンのかかったボールを投げる練習になっていった。
フィールドにいても、ネクストバッターズサークルにいても、ベンチでも、仲間に向かって声をかけ続けた。
翔平はノートに、「いつもより声が出せていた」「全力で走れなかった」と、正直に書き込み、自分を省みる。
その基本の先には、高い次元でのプレーを目指す姿も綴られている。
徹さんが「10打数10安打10割バッターを目指せ」「東北の投手で打てないピッチャーはいない」
と檄を飛ばせば、大谷は「コースによって打ち分けられない」と技術に対する反省点も書いた。
徹さんは息子にテーマを与える。少年時代に重点を置き指導したのは、広角に打ち分けることだった。
練習時には、「直球のタイミングで打ちにいって、ピタッと止まって変化球に合わせてミートするという打ち方。
左中間に飛ばして、二塁打をとにかくたくさん打ちなさい」と言っていたそうだ。
翔平の「逆方向への強い打球」は、この指導で養われた。
少年の日の父との練習や自分を省みる「野球ノート」が、実は翔平の「野球観」のすべてなのだ。

284 名無し募集中。。。 :2018/03/16(金) 23:43:46
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201803100006-spnavi?p=2
日々、練習時間を逆算しての生活

翔平の素晴らしさは、何事も自分で考えることだ。
監督やコーチの言葉であっても、自分自身の指針で物事を計り、行動する。
コーチが「大谷はミーティングに来なくてもいい」と言っても、参加した方がいいと思えばそこにいる。

類い希な体躯を持ち、野球の才能に恵まれた者は、往々にして自分は選ばれている、特別なのだ、と考える。
ところが翔平にはそれがない。むしろ、臆病なほどコンディションに気を遣い、身体を鍛え、リスクを遠ざけようとする。

例えばナイトゲームの翌朝。翔平は朝10時にトレーニング場にいる。
週に1、2度でいいにもかかわらず、彼は毎日そこにいるのだ。
朝10時にトレーニングを始めるために逆算して就寝時間を決め、起床して身支度を調え、食事をして、ゆっくりと現れる。

夜であってもチームメイトと食事に行き、適度のアルコールを摂ることは禁止事項ではない。
仲間と騒いでストレスから逃れることも悪いことではない。
活躍すればわがままやおごりは出てくるものだ。許される範囲が広がると勘違いをする者もいる。
しかし、翔平はそうしない。朝一番でトレーニング場に颯爽と立ち、気負いなく自己の肉体に向き合うことが彼の自分らしさなのだ。
この「自分らしさ」を持っている者は強い。ぶれずに自ら描いたロードマップを進んでいけるからだ。

私の課題は、翔平のような価値観をどう作って行くか、である。
自分らしさを持ち、納得いくまで研鑽することを厭わない姿勢。
遮二無二に自分を磨くことに取り組む姿を「暑苦しい」「イタイ」などと言わず、
オレはいけている、かっこいい、と素直に心躍らせて欲しいのである。

「らしさ」を少年時代に確立した翔平は、18歳で入団したときには、誰の影響も受けない習慣や野球観を持っていた。
だからこそ、常人には想像し得ないプレーや記録を残せたのである。

285 名無し募集中。。。 :2018/03/16(金) 23:46:13
目の前のハードルをどう対処するか

だが、活躍して立場ができるということは、逆に責任が広がるということでもある。
つまり、「責任」のハードルが上がるということなのだ。
上がったハードルにどう対処すればいいのか。ハードルが上がったことを楽しむ他にない。

私でも、翔平でも、中田翔でも、斎藤佑樹でも、自分が自分に課すハードルがあり、周囲が求めるハードルがある。
そのハードルを高い、苦しい、無理だ、と思ってしまえば、成長は止まる。
それどころか、何か理由を付けては、ハードルを下げることに躍起になる。
逆に、高いハードルをクリアしていく喜びを全身で謳歌することができれば、おのずと限界はなくなる。
その際、何より重要なのはプロとしての自覚だ。
プロとしての範疇を逸脱する者がいれば、私はこう言葉を投げかける。

「勘違いしないでくれ。これはお遊びじゃない。途轍もない金額を対価として受け取る者として、相応しい行動、相応しいプレーを見せてくれ」と。

コントロールが効かないほどのエネルギーを湛え、それを持てあましている選手もまた魅力的だ。
翔平のように自己をコントロールし、完璧にデザインしていける選手ばかりであるはずがない。
野放図な熱量を振りまき、それを熱きプレーに替えていく選手を、私は育てたい。

実は、監督やコーチが“手を焼く”選手ほど、ユニークでファンの心を掴むものだ。ファンはヒーローにスタンダードを求めない。
型にはまらない選手を私も待ち望んでいる。

286 名無し募集中。。。 :2018/03/17(土) 21:36:11
【MLB】大谷、開幕メジャーの確約なし エ軍GMは“育成”強調「まだ完成品じゃない」
周囲の声はシャットアウト「他とは一線を画した評価をする」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00112977-fullcount-base
エプラーGM
「NPBは非常にいいリーグ。3Aで圧倒的な成績を残しているが、
メジャー経験のない優秀なプロスペクトを持つチームと一緒」

鳴り物入りで海を渡っただけに、外野は目先の結果を求めがちだが、エプラーGMは違った見解のようだ。

「我々エンゼルスという宇宙の中では、他とは一線を画した評価をするんだ」
と周囲の雑音には耳を貸さないことを断言。

「一通り揃ったツール、能力、運動神経を見れば、彼はエリート級のプロスペクト(有望株)。彼はまだ完成品じゃない」

「(大谷が開幕ロースター入りする確約は与えないが)数多くの人々が彼を応援している。
それというのも、その情熱、姿勢、やる気に触れたからだ。これはやらせじゃないだろ?
みんなが現実のものとして考えている。彼を知れば知るほど、その情熱が伝わってくるんだ」


【MLB】結果が出ない大谷に様々なファンの声「まだキャンプ」「過大評価されすぎ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00112919-fullcount-base

「大谷は開幕はマイナーで迎えるべき」米メディアが苦言
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00000033-asahi-spo

大谷翔平の二刀流は歴史を変えるか?成功願う米球界
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00152406-nksports-base

2回途中7失点の大谷 登板後にマルドナド捕手と話し合い
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00000010-tospoweb-base

287 名無し募集中。。。 :2018/03/18(日) 12:07:06
大谷翔平が厳格に守った「ルール」
良い習慣に必要な努力と見守る目
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201803100009-spnavi
【連載 第7回】

人は良い習慣を身につけるべきだ。つまり、何事にも努力する習慣をつけなければならないのだ。
(「論語と算盤【常識と習慣】」より)

「大谷ルール」とは、外出完全許可制のこと。
入団した後、大谷翔平は、管理者、つまり私の許可がなければ寮を一歩も離れることはできなかった。
翔平を飲食の席や夜の繁華街でのトラブルに巻き込まないための事前策だが、実はこれは翔平に課したルールではない。

翔平を連れだそうとする“大人”を制限するためのルールだった。「大谷ルール」は、私が引いた線である。

翔平という未来あるアスリートを誰もが応援し、その存在を誇らしく思っている。
中には、翔平と直接会って、食事をさせたい、第三者に紹介したいと、と考える人たちがいる。
その人たちの行為が善良な思いによるものでも、その先に何があるか分からない。
ほんの少しの危険からも、若い選手を守るために、私は外出完全許可制を発動し、実施した。
効果は絶大で、翔平を連れ出そうとする者はほとんどいなくなった。
同時に、私は翔平にもこう告げたかった。

「そこにルールがあれば、守れる人と守れない人がいる。
ルールは良い習慣を身につけるためのものであり、
人間の道徳や誠実さを計る物差しにもなる」と。

ルールは守るためにある。翔平は、自分がやるべきことを知っている。
だからこそ、徹底的に、厳格に、彼自身も「大谷ルール」を守っていた。
「大谷ルール」は、エンゼルスに向けて旅立つ直前まで存在した。
先輩にも、翔平は平気でこう言っていた。「食事には行きますが、飲みには行きません」と。
また、会食の席に自分より若い選手がいれば、「僕が連れて帰ります」と言って、寮への先導役を果たしていた。

新たな才能の未来のために行使
自分が向かうべき場所を知っている翔平の頑なさが、私は嬉しくて仕方がなかった。
若い選手が良い習慣を身につけるには本人の努力と同様、周囲の理解や見守る目が必要だ。

『論語と算盤』を読み込むことで、私は、怒りや憤慨といった感情をぬぐい去ることができた。
自分とは違う思考、価値観があり、それはその人の習慣に起因している。
自分と違う習慣に驚き、違和感を覚えることはむしろ当然のことで、解決策はシンプルだ。
それを埋めるためにはどうすればいいかを考えればいい。

ある事柄を「良い」「楽しい」と感じる人と、「悪い」「不快」と思う人がいる。
歩みよれる関係なら合議を重ねることも手立てだが、それができるのは信頼できるコミュニティにおける場合だけだ。
習慣や考え方が違い、相容れないのなら、争いごとや誤解を避けるために線を引けばいい。
新たな才能の未来のために、私が「清宮ルール」を行使したことは言うまでもない。

288 名無し募集中。。。 :2018/03/18(日) 12:12:41
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201803100009-spnavi?p=2
野球選手が持つべき金銭感覚

個人が豊かになるということは、つまり国が豊かになるということだ。
個人が豊かになりたいと思わないで、なんで国が豊かになることができるのか?
国が豊かになり自分も豊かになりたいと思うからこそ、人は一生懸命勉強したり働くのだ。
(「論語と算盤【算盤と権利】」より)

野球選手の真価は金銭で語られる。契約金や年俸はその選手の価値であり、
価値ある選手は対価に対して物を言う権利もある。
日常の生活からは懸け離れた金額を手にすることが、プロスポーツの醍醐味である。
豊かになるための努力こそが、選手の原動力でもある。

だが、金銭の値がそのまま人間の価値を決めるわけではない。

巨額の報酬を手にしたアスリートでも経済の実情を知らなければ、進むべき道を見誤るし、
特別な才能があっても、その人が一般社会で生きるならプロスポーツ選手のような年俸を手にすることはできない。
この不公平感は、資本主義社会につきまとうものだ。
若いときから多くの金銭を手にするプロ野球選手に、この金銭感覚、不公平感を伝えることは難しい。

翔平はこのセンスも抜群だった。入団の時も契約の時も、彼から金銭の話が出たことは一度もなかった。
エンゼルスへの移籍でも彼が金銭を最優先にしなかったことが証明されている。
エンゼルスより高額な移籍金を提示しながら、
交渉枠から外れてしまったニューヨーク・ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは
「カネはいらないがメジャーでプレーしたいと言った選手は初めてだ。こんな選手が出てくるとは思いもしなかった」
とコメントしたことをニュースで聞き、アメリカでも翔平流が炸裂しているのだな、と笑ってしまった。

これからに不可欠な清廉な価値基準
金銭を求めることがプロスポーツの醍醐味であり、金額が選手たちのジェット燃料になることは当然のことだ。
渋沢栄一も繰り返し、「富は卑しいものではない」「完璧な富を築こう」と、利潤と道徳が調和することを伝えている。
『論語と算盤』の中に書かれている実業と経済への観念は、日本人の美徳であると、私は思うのだ。

渋沢という人物を示すエピソードに、三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎との屋形船会合事件がある。
1878年、岩崎から招待を受けた渋沢は、向島の料亭で向き合っていた。
そこで弥太郎が切り出してきたのは、言うなれば「強者連合の結束」だった。

君と僕とがともに事業を経営すれば、日本の実業界を思うように動かすことが出来る。
これから二人で手を組んでいこう、と岩崎は渋沢を誘うのだ。
巨大な富を独占しようという岩崎の壮大な計画に、渋沢はまったくなびかなかった。逆に烈火のごとく怒る。
渋沢の目的は国全体が豊かになることだから、岩崎が目論む独占事業に「欲にくらんだ利己主義もの」と言い放つ。

この痛快な顛末を思い返す度に、自分を省みる。そしてチームの選手たちを思う。
現実の社会で誠実に生きることと適正な金銭の感覚を持つことは対でなければならないと思う。
そのことを若い選手にこそ知って欲しい。
国を富ませ、人々を幸福にする目的のみに心を砕き、
だからこそ実業の世界に生きた渋沢のような清廉な価値基準が、これからの時代には不可欠になる。

289 名無し募集中。。。 :2018/03/20(火) 13:20:17
【MLB】ブレーブス20歳、OP戦打率.432もマイナー降格 大谷と“同等評価”の超有望株
田中からも本塁打放ったアクーニャ、16試合で4本塁打&11打点&4盗塁も…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00113471-fullcount-base
ベネズエラ出身の20歳は昨年1Aと2Aと3Aで通算打率.325、21本塁打、82打点、44盗塁を記録。
オープン戦ではヤンキースの田中将大投手から豪快弾を放つなど、
16試合出場で打率.432、4本塁打、11打点、4盗塁、OPS(出塁率+長打率)1.247と圧倒的な成績をマーク。

MLB公式サイトは「月曜日のブルージェイズ戦後、アレックス・アンソポロスGMはアクーニャに、マイナーキャンプへの合流を伝えた。
20歳の外野手は過去数週間、メジャーリーガー相手に感銘的な数字を残してきたが、シーズンは3Aで迎えることが目されている」とレポート。
球団にとっては、メジャー昇格が4月13日以降になれば、フリーエージェント(FA)の権利取得が1年伸ばせるというメリットがあることも伝えている。


大谷 マイナー紅白戦でスカッグスに雪辱!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00000017-tospoweb-base
エンゼルスの大谷翔平投手(23)は当初予定されたマリナーズとのオープン戦ではなく、マイナーの紅白戦に出場し、
投手4人を相手に9打席に立ち8打数2安打、1四球2三振だった。
急きょの予定変更は不振の大谷をマスコミから隠すことが目的ではない。
メジャー投手の投球テンポに適応していないため多くの打席を与えるほうがプラスになるとの首脳陣の判断だったようだ。

ソーシア監督
「今日はスイングも良かった。2度ほどボールも強く打つことができたし、四球も選んだ。
彼も気持ちが良かったんじゃないか。(本来の状態に)半歩前進したんじゃないか」

注目されるのは左腕スカッグスとの対戦。
13日(同14日)の紅白戦で対戦し、3打席連続三振を含む4打数無安打1四球と圧倒された。
この日は4打席対戦し、3打数1安打1四球と雪辱した。

スカッグス投手
「今日の翔平は今までよりずっと良かった。ボクのカーブをセンターに打ち返していたよ。カウントは1―2でいい当たりだった。
今日はカーブをしっかり見れているなという印象。彼のスイングを見てそう思ったよ。
これで12打席ぐらいボクの投げる球を見ているけど、ボクの持ち球にも限界があるからね。
もっと左投手と対戦を重ねる必要があると思うけど、いい感じできている」

大谷選手
「いつもより多く打席に立てたので普通に試合に出るよりは良かった。
24日(同25日)の登板はまだ正確に決まっていないですけど、準備はしていく」


古舘「報ステ」卒業以来のナマ司会 NHKの大谷特番、魅力語り尽くす
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00000078-spnannex-ent
NHK「超解剖!大谷翔平スペシャル」(30日後10・00〜11・15)

290 名無し募集中。。。 :2018/03/20(火) 13:33:26
【MLB】投打で苦戦も…大谷の活躍を“確信”する元同僚マーティン「彼は問題ない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00113418-fullcount-base
「オオタニの現状」を伝えた地元紙の記事の中でマーティンはメジャーのボールが日本よりも滑ることを改めて指摘。
特にアリゾナでは乾燥した気候などの影響でさらに滑りやすくなることに触れ、
「彼は問題ないよ。前にも言ったように、彼は自信を持っているんだ。
それに、今はスプリングトレーニングだからね。彼は(メジャーの)ボールに慣れていくことになるよ」と話している。

また、「ボールの感触、そして打者たちのボールの捉え方に慣れていき、(打球が)どのように飛んでいくかがわかってくる。
そういう状況に自分も(大谷と同様に)置かれているんだ。
彼は適応していかないといけないけど、彼がどれだけ優れているかはご存知の通りだからね」
とその能力の高さに揺るぎない信頼を寄せている。

291 名無し募集中。。。 :2018/03/21(水) 13:21:36
リハビリを担当したトレーナー・福田修一さんが体感したエンゼルス・大谷翔平のすごさ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00010001-spht-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00010001-spht-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00010001-spht-base&p=3
福田さんは21年間、日本ハムでトレーナーを務めた。
多くの選手と接してきた中で天才と思う選手がいる。大谷とダルビッシュだ。

「大谷は天才だけど、ダルビッシュはより天才。
大谷が頑張って身に着けたことを、ダルは頑張らなくても身に着けてしまう。
例えば絵を見て、その横でそっくりに絵を描ける、
絵描きで言ったらそういうことが出来るのがダルビッシュ。
この人の動きがいいねと思ったら体にそのまま“入れて”表現できる。
特徴をつかむのがうまい。みんなが出来ないことができちゃう。
大谷も天才だけどダルビッシュと比べたらちょっと泥臭いかな」


大谷“左腕対策”実った! 16打席ぶりヒット
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000010-tospoweb-base

エンゼルス・大谷、米スポーツ誌「スポイラ」の表紙に登場…呪いは!?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000070-sph-base

292 名無し募集中。。。 :2018/03/21(水) 21:49:19
https://portal.st-img.jp/detail/b91cc92ced36a12b0d7651a33c453448_1521625366_2.jpg

293 名無し募集中。。。 :2018/03/21(水) 23:50:14
https://i.imgur.com/iLkJNXx.jpg

2013田中
https://i.imgur.com/mKH7vxW.png
シュート(ツーシーム) 14.22%
2017大谷
https://i.imgur.com/6iRvlb4.png
シュート(ツーシーム) 0%

294 名無し募集中。。。 :2018/03/22(木) 12:19:37
カブス・ダルビッシュ、古巣・レンジャーズ斬り 6回7K1失点「すごく楽しかった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000080-sph-base
3回先頭のJ・センテノの右越えソロを浴びたが、失点はこれだけ。
ツーシームを効果的に使い、4回以降はパーフェクト。
6回に最速97マイルを連発するなど余力十分だった。
降板後はブルペンで投球練習し、
「6回でも球速を維持出来ていた。7回へいっても大丈夫かなと。
(三振は)欲しい時に取れていたので、すごく良かった」と振り返った。
https://i.imgur.com/KGosie1.gif
https://i.imgur.com/y5DS4z1.jpg

大谷はカーブをカウント球にできるか?
スプリング・トレーニングリポート(1)
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201803010001-spnavi
大谷の速球とスライダーの球速差に注目
スプリング・トレーニングリポート(2)
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201803060002-spnavi
二刀流・大谷の打撃データにも注目!
スプリング・トレーニングリポート(3)
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201803080004-spnavi
野球アナリストが集結するイベントを紹介
スプリング・トレーニングリポート(4)
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201803150003-spnavi
大谷の速球、重要なのは高低よりもコース
スプリング・トレーニングリポート(5)
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201803210005-spnavi
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201803210005-spnavi?p=2

二刀流の調整は、時間が2倍必要だ。大谷翔平が開幕に焦る必要はない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180321-00830259-number-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180321-00830259-number-base&p=2

295 名無し募集中。。。 :2018/03/22(木) 12:58:54
2018年MLBスプリング・トレーニングのチーム分けと在籍日本人投手
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/im_siggn8r1uFLFcsPJb1.yltnJUg---x600-y600-q90-pril/c/sports/text/images/2018/0301/201803010001-spnavi_2018030100002_view.jpg
大谷翔平:年度別0ストライク時投球割合
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0301/201803010001-spnavi_2018030100004_view.png
日本人有力投手 NPB最終年とMLB1年目の0ストライク時投球割合
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0301/201803010001-spnavi_2018030100007_view.png
2015〜2017年NPB・MLB 主な球種のストライクゾーン本塁打ペース
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0301/201803010001-spnavi_2018030100008_view.png

大谷翔平:球種投球割合
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0306/201803060002-spnavi_2018030600018_view.png
大谷翔平:球種別ストレートとの球速差
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0306/201803060002-spnavi_2018030600010_view.png
2017年NPB:ストレートとスライダーの平均球速差
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0306/201803060002-spnavi_2018030600011_view.png
ホセ・フェルナンデス:球種別ストレートとの球速差
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0306/201803060002-spnavi_2018030600012_view.png
2016年:ホセ・フェルナンデスの球速、横変化量
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0306/201803060002-spnavi_2018030600013_view.png

2017年MLB:本塁打の打球速度、角度マッピング
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/im_siggN.rtSlE08iQ6rx4VqkEuNQ---x600-y600-q90-pril/c/sports/text/images/2018/0308/201803080004-spnavi_2018030800004_view.png

大谷翔平:NPB、NLB別ストレート被本塁打ペース
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0321/201803210005-spnavi_2018032100016_view.png
2017年 右打者:ゾーン別ストレート本塁打割合
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0321/201803210005-spnavi_2018032100015_view.png
2017年 左打者:ゾーン別ストレート本塁打割合
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0321/201803210005-spnavi_2018032100017_view.png
2018年スプリング・トレーニング:大谷翔平のストレートの奪空振、被本塁打
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0321/201803210005-spnavi_2018032100018_view.png
大谷翔平:年度別ストレート逆球率
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0321/201803210005-spnavi_2018032100019_view.png

296 名無し募集中。。。 :2018/03/25(日) 16:15:41
エンゼルス・大谷「だいぶ進歩した」開幕前最終登板で2失点6四死球も笑顔の理由
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000044-dal-spo
エンゼルス・ソーシア監督、1年目の大谷を高く評価「適応のキャンプ。よくやった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000100-sph-base
【MLB】大谷翔平、開幕前ドジャース戦で「DH」最終調整へ 指揮官明言「イエスだ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00114798-fullcount-base

イチローの護身術 頭部死球も瞬時の判断で体反転、ダメージ最小限に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000048-spnannex-base
【MLB】イチローに頭部死球、元DeNA左腕「やばいという感じ」「彼はイチローなんだ…」
イチロー頭部死球も相手投手に「内角投げ続けて」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00114468-fullcount-base

297 名無し募集中。。。 :2018/03/26(月) 16:38:02
【ソフトバンク】川崎が退団「自律神経の病気で、体を動かすのを拒絶するようになってしまいました」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000116-sph-base

マエケン「もう見るのやめる」被弾直前に大谷とアイコンタクト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000076-dal-spo

大谷がフォークにこだわるワケ、85球中24球確認
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00160482-nksports-base
メジャー適応に苦しむも信念曲げない大谷/記者メモ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00160484-nksports-base
大谷、メジャーキャンプ無事完走「全部がいい経験」4・1初先発で真価見せる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000035-sanspo-base
大谷翔平26日(日本時間27日11:10)からDH出場、開幕前最後の実戦調整
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00160656-nksports-base

298 名無し募集中。。。 :2018/03/26(月) 19:16:38
【動画】日ハム新球場は北広島で内定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000003-hbcv-hok
日本ハム新球場、北広島に決定 親会社役員会、行政の整備費一部負担を評価
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00010003-doshin-hok
日本ハムの新球場構想・候補地が「きたひろしま総合運動公園」に決定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00148141-baseballk-base
日本ハム、新球場は北海道北広島市に 23年開業目指す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000046-asahi-soci
 
https://i.imgur.com/43PpwBe.jpg
https://i.imgur.com/ro3q6lF.jpg
https://i.imgur.com/kEslHYy.jpg
https://i.imgur.com/DUdP6nZ.jpg
https://i.imgur.com/WVQ7oW0.jpg
https://i.imgur.com/sbvMxbw.jpg
https://i.imgur.com/6DNMnV4.jpg
https://i.imgur.com/dWr0OSY.jpg
https://i.imgur.com/Ms5Z9jv.jpg

299 名無し募集中。。。 :2018/03/27(火) 12:47:22
女子芸能人最速球速107キロの野球女子・坪井ミサト、特派員”としてメジャー5球団を訪問
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000346-devi-ent

稲村亜美ピンチ

日本一美しい野球少女と噂される坪井ミサトちゃん☆
https://www.youtube.com/watch?v=Ec0o5f8oQOE

300 名無し募集中。。。 :2018/03/27(火) 13:16:53
大谷翔平フィーバーを現地徹底取材してわかった「愛される理由」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00006699-bunshun-spo
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00006699-bunshun-spo&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00006699-bunshun-spo&p=3

米メディアは大谷翔平の開幕メジャープランを痛烈批判?!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00000001-wordleafs-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00000001-wordleafs-base&p=2

同僚左腕が大谷に提言、米国で勝つには「謙虚」不要
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00161303-nksports-base
トラウトに似ている点がある/シューメーカーの目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00161382-nksports-base
新しい文化、言語で奮闘する努力家/キンズラーの目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00161306-nksports-base
初対面でいいやつだなあと分かった/トラウトの目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00161308-nksports-base
謙虚で素晴らしい、クレバーな青年/プホルスの目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00161310-nksports-base
内なる闘争心、物事を分析する力/ソーシア監督の目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00161314-nksports-base

大谷翔平 試合前にマエケンと笑顔で近況報告
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00161429-nksports-base
エンゼルス・大谷、ノーステップ打法で2試合連続安打をマーク 試合前にはドジャース・前田と談笑
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00006699-bunshun-spo

301 名無し募集中。。。 :2018/03/28(水) 00:18:41
大谷マイナーを勧める米メディアにエンゼルスGM反論「霧を見るな、灯台を見ろ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00000042-tospoweb-base
エプラーGM
「考え方は常にシンプルだよ。『霧を見るな、灯台を見ろ』ということ。
今は様々なネガティブが迷い込んでくるけど、目の前の光に集中しよう。ボクはそんなふうに人生を過ごしてきた」

「彼に能力があるのは間違いない。
われわれはNPBがMLBに最も近いリーグであると考えているし、
日本ハムから得た情報を元にトレーニングを進めている。
どんな球をどのように投げたのか。
何スイングして何本、どの方向に打ったのかを照らし合わせた時に、
何か『良くない傾向』は何一つ出てきていない。
だからプロセスを前に進めることができている。
クラブハウスに溶け込むプロセスについては、これ以上ないくらい順調。
GMの役割としては、それが一番の仕事だよ」


【MLB】メジャーへ適応進める大谷翔平 50勝左腕は「外角は彼の強み。内角は苦手」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00115499-fullcount-base
大谷 ノーステップ打法に近い形「トップに入る過程を省いた スイング自体は変わっていない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00000148-spnannex-base
【MLB】大谷翔平、初のオープン戦2戦連続H 指揮官も評価、適応の跡を「目撃できた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00115412-fullcount-base

302 名無し募集中。。。 :2018/03/28(水) 16:04:39
打撃に悩む大谷翔平に名コーチが言う。「インコースは捨ててしまえ」 木村公一●文
名コーチ・伊勢孝夫の「ベンチ越しの野球学」連載●第21回
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180328-00010004-sportiva-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180328-00010004-sportiva-base&p=2

【MLB】大谷翔平“投手デビュー”は2日の開幕第4戦に決定 ソーシア監督が発表
指揮官が明言「ショウヘイは日曜日に先発する」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00115628-fullcount-base
開幕戦:打者デビュー 29日(日本時間30日)
     :投手デビュー 1日(日本時間2日)

303 名無し募集中。。。 :2018/03/28(水) 19:10:59
オープン戦“不振”の大谷、開幕メジャーの理由 指揮官「結果よりも過程を重視」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000107-dal-spo
ソーシア監督
「我々は皆さんとは異なるレンズで彼のパフォーマンスを見てきた」

「皆さんは打率や防御率を見て判断するかもしれないが、私は過程を重視してきた。
彼がどういうふうにしてマウンド上で進歩してきたいのか、
その過程の中で才能の一端を見せてくれた。
打者としては投手とのタイミングを見つけ始めている。
彼の非凡な才能をもってすれば、このままメジャーで打席を重ねていけば
自分のタイミングで打てるようになると思う。メジャーでプレーする準備は整っている」


【MLB】開幕メジャー&第4戦先発決定 夢実現の大谷翔平「心の持ち方は変わらない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00115739-fullcount-base

【MLB】投手・大谷の1年目は「5勝8敗」 米記者が予想「来年20勝投手になればいい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00115711-fullcount-base

PS4「MLB THE SHOW 18」英語版、本日より配信開始!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000122-impress-game

304 名無し募集中。。。 :2018/03/30(金) 01:18:13
【MLB】自身の新人時代との違いは…イチロー、大谷翔平について米メディアに語る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00116055-fullcount-base
大谷翔平がメジャーで苦しむ「動くボール」への対応力
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00010002-flash-peo
大谷はいつもポジティブで熱い/エンゼルス同僚語る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00163270-nksports-base
【MLB】打者・大谷の1年目を米記者が辛口予想「本塁打は5本未満」「時間が必要だ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00115862-fullcount-base
大谷翔平の二刀流はメジャーで通じるのか 米紙記者の開幕直前リポート
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000048-jij-spo
エンゼルスにも「ハイチュウ」ブーム到来か。公式スポンサー契約を締結
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00010001-baseballc-base

日本ハム・近藤健介 狙うは首位打者/目指せ初タイトル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00000010-baseballo-base

305 名無し募集中。。。 :2018/03/30(金) 16:37:58
大谷翔平の体が反応したMLB1球目。初安打と4つの凡退に、明るい表情。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180330-00830350-number-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180330-00830350-number-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180330-00830350-number-base&p=3
日本ハム栗山監督が初安打の大谷を“ダメ出し”で祝福「ちゃんと打ちなさい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00116246-fullcount-base

大谷翔平、初安打も「ゴロ病」不安 「ゴロキング」払拭の松井秀喜に続けるか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000006-jct-ent
トラウト、ジャッジ…他、MLB大物が語る大谷翔平の可能性
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180330-00000007-pseven-spo
エンゼルス マイク・トラウト(26)
「投げても打っても信じられないほどの才能を感じる。一言でいうなら、彼はスペシャルだ。
オレも高校時代に投手をやったことがあるけど、二刀流なんて考えたこともなかった。
彼が成功しても、その後を追って二刀流選手が続々と出てくるなんて絶対に思わない。それほどスペシャルなんだ」

ジャイアンツ バスター・ポージー(30)
「思っていたよりも体がずっと大きくて驚いた。特に、立派な肩が印象に残っている。
プレーぶりは映像でみたが、投打ともメジャーで十分通用する。
162試合の長丁場やタフな遠征などに順応でき、試合に常時出られるのなら2桁勝利、2桁ホームランはいける」

ヤンキース アーロン・ジャッジ(25)
「力強くグレートなスイングをしている。あの振りなら、メジャーの投手に力負けすることはない。
インタビューからは、野球に取り組む姿勢の良さを感じた。ここで成功するには真面目さ、勤勉さが重要だ。
投げる姿を見ていないので具体的な数字は挙げられないが、少なくとも打つ方ではかなり活躍できると思う」

ヤンキースの特別コーチで『ミスターオクトーバー』の異名を持つ伝説の男、レジー・ジャクソン(71)
「ホームランも打てるし、打率も残せるタイプだ。ヒデキ(松井秀喜)と共通するところがある。
でも、二刀流は難しい。
私の時代(主に1970〜1980年代)にも打てる投手が何人もいて、
時折DHで出場するようなヤツがいたが、誰ひとり二刀流にはならなかった。体がもたないんだ。
大谷が二刀流をやり通す覚悟なら、とにかく十分な睡眠をとって、しっかり食べろといいたい」

WBCアメリカ代表の優勝監督ジム・リーランド(73)
「早く投手に一本化した方がいい。二刀流は肉体的にも精神的にも消耗が激しい。
試合を作るのは先発投手。どのチームも欲しがるわけだから、その才能を投手に集中させるべきだろう。
守らせずにDHとして起用するのはとりあえずは賢明だが、いずれ一本に決断せざるを得ない。
確かに二刀流が成功することは戦力を厚くするが、だからといってトレンドになるとは思えない。
それほど二刀流というのは難しいことなんだ」

メジャー屈指のクローザー、ケンリー・ジャンセン(30・ドジャース)
「大谷がどうのというより、このレベルで二刀流をやること自体が不可能。
早く自分に合ったほうに専念すべきだ」

スティーブン・ストラスバーグ(29・ナショナルズ)
「長いシーズンを乗り切るのは想像以上に大変なことだ。
自分の体によく耳を傾け、必要なときにはしっかり休むことも大事だよ」

306 名無し募集中。。。 :2018/03/31(土) 13:24:14
【MLB】田中将大、6回1失点8Kの快投で4年ぶり“初戦白星” 驚異のストライク率77%
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00116563-fullcount-base

マー君、今季初登板で白星!6回1失点8K「ホッとしていいのかな」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000106-spnannex-base
6回を79球3安打1失点8奪三振

【MLB】田中将大、6回1失点快投でヤンキース新監督を魅了「成熟した優秀な投手」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00116613-fullcount-base

マー君、6回1失点で初白星 変化球に絶賛の嵐「スライダーが彼のショーのスターだった」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180331-00010002-baseballc-base

エンゼルス首脳陣 大谷について黒木知宏氏に逆取材
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000007-tospoweb-base

307 名無し募集中。。。 :2018/04/01(日) 14:05:39
【動画】イチロー、本塁打“強奪“スーパーキャッチ&復帰初安打 マルチで単独21位浮上
https://full-count.jp/2018/04/01/post116815/2/
MLB最年長イチローのスーパー捕球にメディア驚嘆「不老の奇跡」「ワオ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00116941-fullcount-base

【MLB】前田健太が圧巻10K投球で今季初勝利! 毎回奪三振で5回5安打無失点
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00116835-fullcount-base
前田健太、5回零封10奪三振で1勝目 ドジャースを今季初勝利へ導く
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00148706-baseballk-base
5イニング 90(62) 被安打5 奪三振10 与四球1 自責0 失点0


ダル5回途中5失点で移籍後初勝利ならず カブスは延長戦制す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000131-spnannex-base
4.1イニング 102(59) 被安打5 奪三振4 与四球2 与死球2 自責5 失点5

マーリンズ田沢 開幕戦に続き無失点リリーフ 連続三振で得点許さず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000132-spnannex-base
1イニング 23(14) 被安打1 奪三振2 与四球1 自責0 失点0

308 名無し募集中。。。 :2018/04/02(月) 18:08:32
6イニング 92(63)球 被安打3(被本塁打1) 与四球1 失点3(自責3) 防御率4.50
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018040209

大谷「ただただ楽しく投げられた」 2回3ラン被弾も…監督の言葉に救われた
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000076-spnannex-base
大谷初勝利の影に指揮官のアドバイス「ここから抑えれば何も問題ないと…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00117306-fullcount-base
大谷翔平 「すごい感謝したい」逆転被弾後の快投の裏に捕手の存在
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000066-dal-spo
大谷、メジャー初勝利!ウイニングボールは「両親にあげると思います」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00148830-baseballk-base

エ軍指揮官がメジャー初勝利の大谷を称賛「ただ球が速いだけじゃない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00117310-fullcount-base

“投手”大谷が見せた持ち球のバランスに敵将感心「彼は本物のようだね」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00117384-fullcount-base
逆転3点弾のチャップマンが投手・大谷とダルビッシュを比較「力強い速球が…」
第2打席で三振喫した大谷のスプリットに驚愕「あんな高速見たことない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00117336-fullcount-base
大谷 制球力見せた92球 相手打線も音を上げる「当てるのに苦労」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000111-spnannex-base

6回3安打3失点。大谷翔平が初被弾後に見せた「クオリティ」。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180402-00830362-number-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180402-00830362-number-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180402-00830362-number-base&p=3

収穫のメジャー初先発初勝利 大谷の課題は「配球の工夫」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000007-nkgendai-base

イチロー、大谷翔平のメジャー初勝利に「僕が対戦できるように頑張る」
無安打もマリナーズ逆転勝利、マリナーズとエンゼルスは5月に今季初対戦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00117308-fullcount-base
前田健太がメジャー初勝利の大谷を称賛「あらためていい投手と証明できた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00117403-fullcount-base

全米メディアも大谷の二刀流デビューに驚愕「歴史的」「誇大宣伝なかった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000002-wordleafs-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000002-wordleafs-base&p=2
白星デビューの投手・大谷翔平に米メディア“掌返し”「争奪戦の理由を証明」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00117304-fullcount-base

309 名無し募集中。。。 :2018/04/02(月) 18:15:21
大谷翔平の登場で明らかになったベーブ・ルース以外に存在した2人の二刀流選手
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20180402-00083465/
MLB公式サイトではこの日の登板を受け、「開幕戦に投手以外で先発出場し、
さらに開幕10試合以内で投手として先発したのは1919年のベーブ・ルース以来」として賞賛している。
確かに日米で大谷選手の二刀流挑戦をベーブ・ルース選手と比較しがちだが、どうやら二刀流挑戦は彼だけではなかったようだ。
エンゼルス広報が発表したところでは、開幕戦出場に拘らずに
「開幕10試合以内に野手、投手として先発」という条件になると、実は1920年に2人の選手が存在しているのだ。
しかも両選手の略歴を調べてみると、ベーブ・ルース選手以上に本格的に二刀流に挑戦していたことが判明した。

まず1人がジョー・ブッシュ選手だ。
1912年にフィラデルフィア・アスレチックスでMLBデビューを飾ると、翌年から本格的な二刀流を始める。
結局1928年にMLB最後のシーズンを過ごすまでの間、1919年と1927年を除くすべてのシーズンで
投手と野手でそれぞれ10試合以上の出場を果たし、投手として通算196勝、打者として313安打を記録している。
しかも1918〜21年はレッドソックスに在籍しおり、18、19年はベーブ・ルース選手とチームメイトだったのだ。
つまり当時のレッドソックスには二刀流選手が2人存在していたということなのだ。
ちなみにベーブ・ルース選手が本格的に二刀流に挑戦したのは1914〜19年のレッドソックス時代なので、
もしかして彼のモデルはブッシュ選手だったのかもしれない。

もう1人がクラレンス・ミッチェル選手だ。
1911年にデトロイト・タイガースで二刀流としてMLBデビューを飾ると、
4年間のブランクを経てレッズに入団した1916年から本格的に二刀流を開始する。
そしてMLB最後のシーズンとなった1932年まで最後で二刀流を続け、
投手として通算125勝、打者として324安打を残している。
ミッチェル選手のもう一つ特筆すべきところはMLBから離れてもマイナーリーグで現役を続け、
結局51歳となる1942年まで二刀流として公式戦出場経験を有しているのだ。
その鉄人ぶりも脅威というしかない(ちなみにブッシュ選手も38歳の1931年までマイナーで現役を続けている)。

2人の選手に共通しているのは、現役最後まで二刀流を貫き通したこと、
そして投手としてはまずまずの成績を残しているが打者としては決して十分な実績を残せなかったことだ。
現在の大谷選手は1918年のベーブ・ルース選手以来の
「10勝&10本塁打」達成を期待される立場であり、これら2選手から比較すれば“規格外”の二刀流選手といえるだろう。

だがベーブ・ルース選手以外にも二刀流選手が存在し、しかも2選手ともに現役中は二刀流を貫き通したという事実は大きい
(今更説明する必要はないが、ベーブ・ルース選手はヤンキース移籍後は二刀流をほとんど止めてしまっている)。
大谷選手が今後二刀流を続けていく上でも、大きな刺激になることだろう。

310 名無し募集中。。。 :2018/04/02(月) 18:27:00
大谷翔平 最近4年間の平均球速
2014 152.3km/h
2015 152.4km/h
2016 154.8km/h
2017 155.5km/h

先発として今季の大谷翔平の平均球速155.5km/hを上回る数字をマークした投手は
MLBでもベンチュラ(2014)、シンダーガード(2016)、セベリーノ(2017)の3人のみ


MLB先発投手平均球速ランキング
1. 97.5 L.Severino(NYY)
2. 96.4 C.Martinez(STL)
3. 95.9 G.Cole(PIT)
4. 95.8 J.Urena(MIA)
5. 95.7 S.Strasburg(WSH)
6. 95.7 M.Fulmer(DET)
7. 95.5 C.Archer(TB)
8. 95.3 J.Verlander(HOU)
9. 95.2 J.deGrom(NYM)
10. 95.1 G.Marquez(COL)
11. 95.0 K.Gausman(BAL)
12. 94.9 M.Wacha(STL)
13. 94.8 C.Sale(CWS)
14. 94.3 J.Samardzija(CHC)
15. 94.3 Y.Darvish(FA)
16. 94.3 C.Carrasco(CLE)
17. 94.2 L.Perdomo(SD)
18. 94.2 R.Ray(ARI)
19. 94.1 J.Nelson(MIL)
20. 94.1 A.Cashner(SD)

今日の大谷 96.2マイル

311 名無し募集中。。。 :2018/04/03(火) 00:11:01
岩隈久志が手術を経てブルペン投球。イチローと共に戦う日はいつになる?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180330-00830337-number-base

大谷が見せた被弾後の修正能力 女房役は脱帽「感銘的」「アメージング」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00117451-fullcount-base
投手・大谷と対峙、敵打者どう見た? 160キロ&複数球種に「誰だって難しい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00117447-fullcount-base

312 名無し募集中。。。 :2018/04/03(火) 12:58:03
待ち遠しい大谷の実戦、現状分かるのは?
データで見る二刀流への挑戦(1)
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201803040006-spnavi
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201803040006-spnavi?p=2


失うものがない者たちの挑戦
フライボールへの取り組みと対策・前編
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201804020002-spnavi
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201804020002-spnavi?p=2

313 名無し募集中。。。 :2018/04/03(火) 13:09:45
大谷が北海道日本ハム時代に残した一部のデータは明らかになっている。
昨年12月、MLBのアナリスト、マイク・ペトリエーロ氏が入手したものを大リーグ公式ページで紹介した。
今回はそこで明かされている数字を元に、少々比較を試みたい。

まずは4シームファストボール(以下4シーム)のスピンレート(回転数)について。
本来、スピンレートだけでは、球質を判断することは難しく、縦横の動きも重要になってくるが、
ペトリエーロ氏によれば、大谷の2017年平均は2301回転(1分間)だったという。
これはミサイルの弾道追尾システムを応用した計測機器「トラックマン」の値で、
これから比較するのは、それをベースに開発されたStatcastの数値だが、投球データに関しては、同じと考えていい。

そのStatcastのデータを検索できるのが「baseball savant」というサイトだが、
大リーグの先発投手に絞って4シームの平均回転数を調べると(16、17年で合計250球以上の投手を対象)、
最高値はタイソン・ロス(パドレス)の2553回転で、
2位がジャスティン・バーランダー(アストロズ)の2551回転だった。
そして、カブスのダルビッシュ有が2507回転で6位となっている。
2500回転以上は6人で、2400回転以上だと38人。
2300回転以上になると97人で、大谷は97位タイに相当する。
こうして見ると、先発投手の平均値(2247回転)よりは高いが、飛び抜けているわけではない。
一方で、球速に関しては、突出していた。
同記事に掲載されていた大谷の4シームの平均球速は97.5マイル(約157キロ)。
回転数を調べたのと同じ条件(16、17年で合計250球以上の投手を対象)で、
先発投手の4シームの平均球速を調べると、92.7マイル(約149キロ)だった。

平均球速1位はノア・シンダーガード(メッツ)の98.6マイル。
2位がネーサン・イオバルディ(レイズ)の97.7マイル、
3位がルイス・カスティーヨ(レッズ)の97.5マイルで、大谷は3位タイということになる。
終盤になっても100マイルを記録するルイス・セベリーノ(ヤンキース)が97.3マイルで4位だが、
いずれにしても大谷の平均球速は、大リーグの先発陣の中では3本の指に入る。
やはり、球速がすべてではないが、ここまで来ると努力ではいかんともしがたい能力の高さがうかがえる。

続いて打者としての数値――。
打球の平均初速のみだが、大谷はフライの場合で94.3マイル(約152キロ)。
ライナーの場合で96.6マイル(約155キロ)だった。
フライの場合のリーグ平均(16、17年)を見ると91.2マイル(約147キロ)で、
ライナーの場合が93.0マイル(約150キロ)なので、いずれも平均値を上回っている。
ではこれが、どの程度にランクされるのか。

フライの平均初速が一番速いのは、ジョーイ・ガロ(レンジャーズ)の100マイルちょうど。
2位のアーロン・ジャッジが99.4マイルで、3位がジャンカルロ・スタントン(ともにヤンキース)の97.7マイルだった。
大谷の数字はリーグ37位タイで、ジョク・ペダーソン(ドジャース)、エドウィン・エンカーナシオン(インディアンズ)といったパワーヒッターと同じである。

ライナーに関してはジャッジが100.7マイルでトップ。
2位がネルソン・クルーズ(マリナーズ)の100.5マイル、3位がペドロ・アルバレス(オリオールズ)の99.9マイル。
大谷の96.6マイルはといえば21位タイに相当し、昨季のワールドシリーズで、史上最多タイの5本塁打を放ったジョージ・スプリンガー(アストロズ)と同じだった。

もちろん、投手としての数値同様、この数字だけで打者としての能力を評価できるわけではない。
しかし、上位にはパワーヒッターの名前がズラリと並び、大谷の数値からは高いポテンシャルが感じられる。

ちなみに27日のオープン戦の3打席目の打球初速は105.8マイル(約170キロ)だったとのこと。
これを知ったアナリストはおそらく、地団駄を踏んだのではないか。

さて、現段階ではデータが限られているので、ここまでとするが、Statcastで得られる大谷の投打の数値に関しては、シーズンを通してモニターしていきたい。
また、データアナリストらが、どんな分析を試みるのか。そうした部分も合わせて、今後伝えていきたい。

314 名無し募集中。。。 :2018/04/03(火) 13:16:52
MLBアナリストが語る大谷翔平の可能性
「近い投手はセベリーノ」
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201802270004-spnavi
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/im_siggjjvlgVwIxhUjw8h6r0jIJw---x600-y600-q90-pril/c/sports/text/images/2018/0227/201802270004-spnavi_2018022700031_view.jpg
「(入手したデータで見る限り)大谷は投打ともに一流だということです。
球速と回転数でもっとも近い投手はニューヨーク・ヤンキースのルイス・セベリーノ。
昨シーズン、アメリカンリーグのサイ・ヤング賞で3位に選ばれた選手です。
彼のような速球を投げられれば、大谷はメジャーでも通用するということです」

「スライダーに関するデータも少し持っています。横の変化がとても大きいです。
サンディエゴ・パドレスのリリーフ、ブラッド・ハンドを連想させます。
ハンドは左投手なので完璧な比較対象とは言えませんが、
メジャーでも屈指の横に曲がるスライダーを投げる投手です。
大谷のスライダーも実際に見るまでは分かりませんが、とても効果的な球になるでしょう」

「打者としても素晴らしいです。フライの打球の平均初速は時速94マイル(約151キロ)。
フライでも強い打球が飛ばせるのは分かりました。問題はどのくらいバットに当てられるかですね」

メジャーの投手は日本の投手と異なり、きれいなストレートというよりはボールを微妙に動かして打者を打ち取る。そこへのアジャストがポイントになりそうだ。

315 名無し募集中。。。 :2018/04/03(火) 16:02:44
日本の漁網技術が、メジャーリーグのファンを守る。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyokotaniguchi/20180403-00083488/
メジャーリーグでは全30球団が、今季開幕までに防球ネットを拡大すると発表した。
メジャーリーグ球場では、これまではバックネット部分のみネットが張られていた。
しかし、ここ数年、客席に飛び込んだファウルボールで観客がケガをする事故がクローズアップされ、
メジャーリーグ機構や観客の安全に対する意識が大きく変化していた。
防球ネットが拡張されることで、ファウルボールや折れたバットが観客に当たることは減る。
一方で、ネットがあると、試合が見にくくなるのでは、という懸念の声もあった。
そのような懸念に応えているのが日本の漁網製作会社だ。
漁網の開発などをしているニチモウ社の技術が防球ネットに活用され、
メジャーリーグ30球場のうち、20球場で使われている。
この防球ネットは見やすさを維持するため、結び目がないのが特徴。
そこに、漁網製作の技術が使われている。
かつての漁網は、網の結び目(結節)があることによっていくつかの問題を抱えていた。
繊維の強度が弱まること、潮流の抵抗を受けやすいこと、網の重量が重くなること、
網目の大きさが変わりやすくなること、魚が傷つきやすくなること。
これらを解消するために結び目のないネットが開発されたという。

この結び目のない漁網の技術を、米国のスポーツ設備の会社が
「見やすい防球ネットになるのでは」と注目し、メジャーリーグの防球ネットとして使われるようになった。
ネットそのものは約1.2ミリメートルと細く、色はグレーと緑が混じったよう。
色などはニチモウ社の子会社であるNET Systemsが独自に開発したものだ。
今季から牧田投手が加入したサンディエゴパドレスの本拠地、ペトコパークでは、
一、三塁側とも大幅にネットが拡張された。
これまではダグアウト付近までだったものが、内野手と外野手の守備位置の中間あたりまで伸びた。
高さは7.3メートルほどで、右翼、左翼のポールに近づくにつれてネットを低くしている。

開門すると、ファンたちはネットが途切れている外野のフェンス際に集まり、
練習を終えてベンチに引き上げる選手に声をかけ、サインをもらおうとしていた。
ポール際まで完全に覆っていないので、選手と触れ合えるスペースも残っている。
試合が始まると、大きな弧を描いたファウルボールは、防球ネットを飛び越えて観客席に入り、
角度の鋭いものは、防球ネットに当たっていた。

ペトコパークを訪れていたデイブさんは
「防球ネットは観戦の妨げにはならない。
ふだん、リトルリーグの球場でネット越しに野球を見ているし、
この球場のネットのほうがリトルリーグよりずいぶんと見やすいよ」と話す。

スコットさんは
「ネットを拡張するというのは理解できる。でも、私は古いタイプのファン。
スマートフォンや電話なんかを見ていないで、試合をちゃんと見ていれば、と思うよ」という意見だった。

観客席には賛否両論あるようだった。
ただ、ペトコパークのネットを見る限りでは、観客の安全、これまでのように選手と触れ合えるスペース、見やすさの3つの要素を並立させようという努力があったことがうかがえた。

316 名無し募集中。。。 :2018/04/03(火) 16:16:56
MLB公式サイト、大谷デビュー戦を徹底分析 スプリットを絶賛「致命的」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00117504-fullcount-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00117504-fullcount-base&p=2

・ファストボール(球速) 99点・・・39球投じて平均球速は158キロ
昨季、100球以上ファーストボール(フォーシーム、ツーシーム、シンカー)
を投げたメジャー268人の先発投手と比較して、
大谷のファストボールよりも平均球速が上だったのは、
メッツの剛腕ノア・シンダーガード投手だけ


・スプリット・・・ 99点・・・24球投じて空振率41.6%
昨季メジャーでスプリットによる空振率で大谷を上回ったのは
9月29日にヤンキースの田中将大投手が、
5月17日にエンゼルスのマット・シューメーカー投手がそれぞれ42.1%を記録


・スライダー・・・ 96点 26球投じてストライク率34.6%


・全投球のストライク率・・・ 68.5%(92球でストライク63球)
昨季のサイ・ヤング賞投手マックス・シャーザー(ナショナルズ)は
100球以上を投げた8試合でストライク率70%を記録しながら、
14試合で到達できなかったことから、「偉大な投手にとっても簡単ではない」
と大谷の68.5%という数字を評価


・唯一、平均評価となったのは課題とされるファストボールの回転率。
リリース直後からの1分平均のボールの回転数は「2218」と計測されており、
「平均的。48点」としている。
日ハム時代のスカウティングレポートから、
「ファストボールは威力抜群だが、比較的に真っ直ぐ」と指摘。
そして、回転率が高くないために、「(ファストボールは)大きな動きを見せない」と分析している。

317 名無し募集中。。。 :2018/04/03(火) 16:21:39
嫁候補

肉体改造で“マッチョ”に 今季の池江璃花子はパワーで勝負
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000006-nkgendai-spo.view-000

318 名無し募集中。。。 :2018/04/03(火) 19:44:08
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180403-00000006-nkgendai-000-1-view.jpg

319 名無し募集中。。。 :2018/04/04(水) 01:47:04
大谷、華麗なデビューに一抹の不安も 田中・ダルも経験した「スプリット」議論
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000008-jct-ent
大リーグ初勝利を飾ったロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手(23)には
日米で称賛と祝福が相次いだが、元大リーガーの佐々木主浩氏は投球内容に懸念を抱いた。
指摘したのは球種の偏り。「スプリットの割合が多すぎる」というのだ。

大谷は2018年4月2日のオークランド・アスレチックス戦に先発し、
6回3安打3失点6奪三振、92球で初勝利。2回に3失点したが、3回以降は被安打ゼロで抑えた。

開幕前は1回1/3を7失点(3月16日のロッキーズ戦)、3回を6失点(3月9日の練習試合)など乱調だったが、本番では調整してきた。
打者デビューの3月30日に続く投手デビューを華々しく飾り、ベーブ・ルース以来メジャー99年ぶりの投打「二刀流」は日米で大注目を集めた。
だが、すでに懸念点をあげたのが、大リーグ通算129セーブの「大魔神」佐々木主浩氏。
3日付の日刊スポーツで「本当におめでとう」と祝福しながら、
「やや気になったのが、肘に負担のかかるスプリットの割合が多すぎること。
私のイメージでは、大谷といえば、真っすぐとスライダー。日本にいたころはここまでスプリットを投げていなかった気がする」
と指摘した。

大谷のデビュー戦92球の内訳をみると、ストレート40球(43.5%)に続いたのは、スプリットの23球(25%)で、スライダーの26球(28.3%)とほぼ同じだった。
本人も試合前、「スプリットの状態がポイントになる」(1日付日刊スポーツ)と語っており、奪三振6つのうち5つはスプリットで仕留めた。
大リーグ公式サイト「MLB.com」も試合後、「大谷のスプリットは傑出していた」「ただ強いだけでなく、見事だった」と称賛。「空振り」を10回奪ったという数字にも注目している。

佐々木氏が引っ掛かったのは、一般的に「決め球」として使うスプリットを「初球」や「カウントを整える球」としても多用していたことだった。
「偏った配球が目立った。あれを続けると肘に負担がかかりすぎる」と故障を心配した。

大谷の球種の偏りについてはツイッター上でも、
「肘に負担が掛かるだろうと思ってみてた。ホントはチェンジアップをマスターした方が空振りは取れるような気がするんだけどなぁ」
「大リーグ行った日本人投手はスプリットの投げすぎで肘を壊す。その裏には日本では通用したストレートが通用しない、ってのがある」

といった投稿がいくつかみられる。

スプリットは、かねてから「肘への負担が大きい」と言われてきた。
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が米1年目の2014年に右肘を故障した際も原因のひとつではないかと言われた。
14年7月12日付の産経新聞(ウェブ版)では、大リーグ評論家の福島良一氏が
「田中将の決め球であるスプリットは肘への負担が大きく、過去にはスプリットを禁止する大リーグ球団もあった」と指摘している。
その後の15年3月、シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手(当時テキサス・レンジャーズ)が
肘を故障してトミー・ジョン手術(肘の側副靱帯再建手術)を受けた際も、やはり槍玉にあがった。
自身も同手術を受けた元投手の村田兆治氏は、週刊ポスト15年3月27日号で
「メジャーでは打者が強振してくるので、ダルや田中(将大)はスプリットなど縦の変化球をより多く使うようになった。
縦の変化球を使うと、より肘に負担がかかる。私は故障の原因の1つはここにあるのではないかと見ています」という見解を示していた。

320 名無し募集中。。。 :2018/04/04(水) 02:02:21
大谷多すぎスプリット負担減へ首振って/大魔神の目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00168147-nksports-base
初勝利おめでとう。本当に良かった。オープン戦の投球を見てちょっと心配していたけれど、デビュー戦は海のすぐそばのオークランド。
キャンプ地アリゾナやアナハイムと違って湿気がある。ボールもそれほど滑らず、普段通りに投げることができたんだろう。
スピードも160キロ出ていたし、1つ勝ったことでホッとしているだろうね。
また敵地でのデビューというのも正解だったと思う。
私がマリナーズで初登板したのが00年4月5日、本拠地セーフコフィールドでのレッドソックス戦。やっぱり緊張したよ。
ホームのファンに良いところを見せたいと思ってしまうから。そういう意味で敵地の方が重圧は少ない。
エンゼルスは2日からはホームで6試合。その前に敵地でデビューさせたのは首脳陣の配慮もあったんじゃないだろうか。

そんな中、やや気になったのが、肘に負担のかかるスプリットの割合が多すぎること。
私のイメージでは大谷と言えば真っすぐとスライダー。日本にいたころはここまでスプリットを投げていなかった気がする。
しかしこの日は6回最後の打者デービスを遊飛に打ち取った際にも3球全部スプリット。
5回のパウエルに対しても途中で3球連続スプリットを投げた後、1球直球をはさんで再びスプリットで一ゴロに切った。
初球やカウントを整える球でもスプリットを使っていたし、偏った配球が目立った。あれを続けると肘に負担がかかりすぎる。

次の登板は恐らく1週間後のアナハイムでのアスレチックス戦だろう。
今度は本拠地ファンの前でお披露目となるし、プレッシャーも違ってくる。
捕手とよく話し合い、マウンド上ではどんどん首を振り、自分の投球パターンを教えることも必要だと思う。


大谷翔平がチーム救世主に!? 米メディア言及「エンゼルスの見方が変わる」
米ラジオ局で解説の元新人王も感心「1週間に一度のペースでこの結果を残すなら」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00117506-fullcount-base
「百年に1人の潜在能力」と脱帽 初勝利から一夜明け 大谷フィーバー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000529-san-spo

国際化進むMLB、日本はまだ少数。選手数トップはドミニカ。その内訳は?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180403-00010002-baseballc-base
MLBの2018年シーズンが3月29日(日本時間30日)に開幕した。
今季、米国外の出身者は21カ国・地域の254人で、約29%を占める。
21カ国・地域は昨年の19カ国・地域を上回る過去最多となっている。
750人のアクティブ・ロースター選手に加え、127人の故障者リスト入り,
出場停止中などの選手を含めた全877選手のうち
約29%にあたる254選手が外国人選手となり、これはMLB史上3番目に高い数字ということだ。

国別にみると、1位からドミニカ共和国(85人)、ベネズエラ(74人)、プエルトリコ(19人)、キューバ(17人)、メキシコ(11人)と続き、
そして第6位に日本(8人)ということだ。以下、カナダ(6人)、韓国(6人)、コロンビア(5人)、キュラソー(5人)となっており、
計21カ国・地域のプレーヤーが開幕ロースターに名を連ねた。
ドミニカ共和国は昨シーズンから数字を落としたものの、こうしたデータが発表され始めた1995年以来トップの座を守り続けている。

321 名無し募集中。。。 :2018/04/04(水) 02:08:50
大谷二刀流1勝 99年前のルースが甦った
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00168260-nksports-base
大谷は3日前に立っていた旅立ちの場所を見下ろした。
今度はマウンドから、力いっぱい投げ込んだ。歴史的な初登板を初勝利で飾った。
「ここまできたんだなというよりは、始まったなっていう感じの方が強い」。
開幕野手スタメンから10日以内に先発登板。99年前にベーブ・ルースがたどった軌跡を復活させた。
「二刀流」のまま海を渡り、この日、本当の第1歩を踏み出した。

圧倒的な存在感で、ダイヤモンドの中心にいた。
初回に渡米後最速となる99・6マイル(約160キロ)をマーク。
奪った6つの三振のうち、5つがキャンプで制球に苦しんだフォークだった。
「そこ(フォーク)次第かなっていう部分はあった。(捕手の)マルドナド選手が、低めのボールを丁寧にしっかり止めてくれた」。
日本時代から絶対的な決め球。幾多の修羅場をくぐり抜けた自身の武器を信じ、仲間を信じて腕を振った。
2点の援護をもらった直後の2回に3ランを浴びた。
「流れ的にすごくよくない。勝てる投球ではない」と反省したが、3回以降は被安打0。
再逆転後の5、6回をともに3者凡退で切り抜けた。

開幕前の実戦は5試合の登板すべてで失点。
3月16日のロッキーズ戦は、2回途中7失点と無残なほどに打ち込まれた。
MLB球やマウンドの傾斜への対応には、時間がかかった。生活面を含め、すべてが慣れない環境。
部屋で目を覚ますと、いつも暗闇だった。2月の渡米前夜はライトゴロの夢を見たが、
実は米国入り後も浅い眠りは続き、毎晩夜中に目が開いた。
寝具にもこだわり、10代の頃から「睡眠は大事」と気を使ってきた大谷が、不眠に襲われた。
「おそらくこの先のシーズンでも思い通りにいかないときは出てくる。
そのときに何が悪かったのかっていうのを自分で分かっていれば、次につながる」。
すべてを受け入れて、前に進んだ。

今日2日(日本時間3日)からは本拠地エンゼルスタジアムでの開幕シリーズ。
次は再び、打者としての出番が待っている。そして8日(同9日)にはアスレチックス戦で本拠地初先発の予定。
「個人的にもチームとしても、いいスタートが切れた。
次のカードが始まって相手も変わるので、しっかりと確かめながら、1打席1打席大事にいきたいなと思います」。
初球初安打と初登板初勝利。メジャーファンは少しずつ、二刀流・大谷の魅力を知り始めている。

322 名無し募集中。。。 :2018/04/04(水) 12:43:55
https://www.youtube.com/watch?v=4KodbZHv8mU
https://i.gyazo.com/5cf55f57fc24430f2526d9cc65d5d7b3.gif
https://i.gyazo.com/370bc00df3cead546179c4c64f15a4ed.gif
https://i.gyazo.com/939464048b04527a7a10c1e58735e6f3.gif
【MLB】大谷翔平に強力援軍!インディ500王者・佐藤琢磨が始球式 「すごく楽しかった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00117826-fullcount-base.view-000
【MLB】大谷翔平、本拠地デビューで衝撃1号3ラン! 球場スタンディングオベーション
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00117831-fullcount-base
大谷翔平1号 知らんぷりベンチ→おねだり→歓喜
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00169434-nksports-base
【日本ハム】栗山監督、大谷の一発は予言通り「普通よ普通」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000097-sph-base

323 名無し募集中。。。 :2018/04/04(水) 13:12:12
https://video.twimg.com/amplify_video/981363147809333248/vid/1280x720/u8uAUY4Dj6imm3Gt.mp4
大谷への配球(6球目をHR)
http://i.imgur.com/GpD8Mxm.png
https://i.imgur.com/Q46GyWn.gif
https://i.imgur.com/tqV50wg.gif

第2打席シングルヒット後の2アウト外野フライでの走塁
https://i.imgur.com/c7lZRrS.gif

324 名無し募集中。。。 :2018/04/04(水) 14:19:23
エンゼルス vs. インディアンス [ 2018年4月4日 ]
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018040413
エンゼルス・大谷翔平、本拠地デビュー戦で3安打・1本塁打の大暴れ!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00149030-baseballk-base
二刀流・大谷のメジャー1号はルース以来約97年ぶり
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000025-tospoweb-base
【MLB】大谷翔平、1号3ランで神様ベーブ・ルース以来97年ぶり偉業 94年ぶり快挙も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00117860-fullcount-base
【MLB】大谷翔平、1号3ランに「まさか越えるとは」 メジャー流祝福には苦笑い
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00117895-fullcount-base

325 名無し募集中。。。 :2018/04/04(水) 15:34:19
https://pbs.twimg.com/media/DZ6lzq9XUAUDGaO.jpg
 
https://www.youtube.com/watch?v=u-a4lf0IdlU
全打席

326 名無し募集中。。。 :2018/04/04(水) 19:54:02
全米が大谷3ラン地元デビューに熱狂「不可能を可能に」「とんでもない奴」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000002-wordleafs-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000002-wordleafs-base&p=2
地元のオレンジカウンティ・レジスター紙
「この2日間(投手として先発勝利&本拠地本塁打)で、大谷は、不可能に見えていた挑戦(二刀流)を可能に感じさせた。
投手大谷が躍進の投球を見せてから、わずか48時間後、打者大谷は3安打を放ち、3ランまで記録して3見せた」

「エンゼルスがインディアンスを13-2で破り勝利を祝った後、選手たちは、23歳の大谷がやってのけたことへの驚きがまだおさまっていなかった。
大谷の春季キャンプでの結果が期待されたものではなかったことへの疑いを抱いていた人々は、この数日で、急に静かになった」

「大谷に対して春季キャンプでは不安視する外部の声もあったが、彼はフラストレーションをためることも自信を無くすこともなかった」


ギャレット・リチャーズ投手(エンゼルス)
「彼の肩には多くの期待がかかっている。しかし、フィールドでプレーを楽しみ、結果を残す姿を見れてよかった」

イアン・キンズラー選手(エンゼルス)
「彼のプレーに対しての不必要なコメントがたくさんあった。彼はここまで自分を証明する機会がなかった。
しかし、彼は、大きな注目を浴びながら、まったくそれを苦にしようとしなかった。そんな選手を見れるのは、とても楽しい。
シーズン開幕の1週目は、きわめてよくプレーしている。それを見れて興奮している」

ジャスティン・アップトン選手(エンゼルス)
「とんでもない!」「素晴らしい!」
「彼がしていることはかなり特別なことなのだ。それを見ることをとても楽しみにしている」


スポーツデータサイト「Elias Sports Bureau」
「大谷は1973年にDHがアメリカン・リーグで導入されて以来、投手として先発し、
別試合でDHとして本塁打を放った初めての選手となった」という記録も紹介している。

327 名無し募集中。。。 :2018/04/04(水) 20:37:43
「我々はすごい晩を過ごせた」 エ軍監督、大谷を絶賛
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000079-asahi-spo
ソーシア監督(エ)
「ショウヘイは今晩、自分の持っている才能を見せつけたと思う。パワーと野球に立ち向かう能力を示した。
彼のおかげで我々はすごい晩を過ごせた。
彼は安打をうまく打ち、チームになじみ、言葉の面の努力も素晴らしい。短い期間にすごく成長した。よい勝利だった」

トラウト外野手(エ) 
「彼はすごい。何日か前には力強い投球をして、今日は打撃で見せつけた。感心した。
よく練習するし、球場でも楽しんでいるし、泣き言も一切言わない。
打撃練習だけで、パワーがすごいことは分かると思う。試合で見る彼もすごいけどね」

日本ハム・栗山監督
「打つ方に関しては心配していなかったし、みんなが思っているところで打つのが翔平らしい。
結果が出ると、野球がやりやすくなる。キラキラして野球をやっているのが一番うれしい」

ロッテ井口監督「実力通り」大谷のMLB活躍太鼓判
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00169657-nksports-base
井口監督
「(テレビで)見てました。良かったです。
日本でも野手として1年間出たら3冠王を取れるくらいの選手だと、僕は思っているので。
アメリカに行っても全然遜色なくできる選手だと思っている。
むしろ1年間野手でどれだけ打つのかというのを日本でも楽しみにしていた。彼の実力通りじゃないですか」

阪神・糸井は大谷フリーク「なれるもんならなりたいわ」 “二刀流”の活躍を祝福
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000004-ykf-spo
阪神・糸井嘉男外野手(36)
「映像で見たけど正直、感動したわ! 心の底からおめでとうと伝えたいね
ホントすごい。心の底からファン。これ、マジよ。
俺は彼にしか興味ない。リスペクトしかないよ。動画、何回見たと思ってるんよ。
投手としてはピュッと投げたら、目の前を通過している感覚
打者としてはスイングが速く頭も動かないし、左中間、センター方向への打球はマネできない」

糸井自身も投手でプロ入り後、打者に転向した。
メジャーでも二刀流をやってのける大谷には「すべてが規格外。なれるもんならなりたいわ」と舌を巻く。
実は糸井が大谷を尊敬するにはもう1つ理由がある。「実より夢」を取った行動力だ。
「2年後に大型契約を結べる可能性があったのに、それを待たずに渡米したよね。
その志はホンマ、すばらしいと思うねん。(大型契約に)目もくれずになあ」と感心。
メジャー1年目のノルマとして「テン・テン(10勝、10本塁打)やな」と注文した。

初打席、初登板で“勝利”した「大谷翔平」第1章
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180404-00540422-shincho-base
開幕前は、オープン戦で投打とも振るわない大谷に対して、“オオタニヘイター”
――おもにヤンキースなど大谷に袖にされた球団のファンで構成される“大谷嫌い”――たちは、それ見たことかと気勢を上げた。
3月29日の開幕戦、8番DHで出場した大谷は初打席でヒットを放った。
それでもヘイターは“ルースは8番じゃねえし!”と吠えた。
だが4月1日、メジャー初先発で勝利投手になると、ヘイターたちは一気にトーンダウンした。

【MLB】試合前に高評価も…大谷翔平の大活躍に敵将憮然「相手は全員良かった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00118048-fullcount-base

大谷翔平の初安打、初白星、初本塁打は、どれも今シーズンにメジャーデビューした選手の一番乗り
https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20180404-00083557/

米メディアも大谷弾を称賛「歴史的」「二刀流挑戦が可能だと感じさせた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000136-spnannex-base

328 名無し募集中。。。 :2018/04/04(水) 20:52:00
日本流の技術で打った初ホーマー。大谷翔平が真に全米に迎えられた日。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180404-00830400-number-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180404-00830400-number-base&p=2
打者のデビュー戦ではゴロしか打てなかった。

記念すべきメジャー初本塁打は、右中間のスタンドへと飛び込む3ラン。
それは打者・大谷にとって公式戦で初めて打ち上げたフライボールでもあった。

3月30日(対アスレチックス戦)の打者としてのデビュー戦では、
第1打席のメジャー初安打を含めて、5打席のうち、4打席は右方向へのゴロだった。
大谷の打者としての最初の壁は、打球が上がらないということだったのだ。

メジャーの投手独特のタイミングや動くボールにどう対処していくか。
そのためにはとにかく数多くの投手と対戦して、数多くの打席をこなしていくしか方法はないと言われている。
だが、打者でデビューした3日後には、今度は投手でマウンドに立つことになっていた。
投手と打者の両方をこなす二刀流故に、必然的に打席数は増えていかないというのが現実だ。

「独特な投げ方のピッチャーが多いメジャーで、どうやってその間合いをしっかり取るか……」
大谷は言う。
「実際の対戦もすごく大事なんですけど、ビデオを観たりするのも大事じゃないかと思う。
それは(打席に立てなくても)できることじゃないかと思います」

そうして暇があればビデオで数多くの投手の投球スタイルやタイミング、
ボールの動きを見て、スタイルを少しずつ修正してきた。

その結果が現在のすり足に近い打撃フォームなのである。

「長くボールを見ることができてるんじゃないかと思います。
(フォームは)見た目には大きく変わっていますけど、多少、動きを省いただけ。
スイングの軌道を変えたりとかはしていない。
自分の中では、スタイル的にはそれほど大きく変わってはいないんですけどね」

それでも第1打席の本塁打に続いて第2打席は同じトムリンからライナー性の右前安打。
見逃し三振を挟んだ8回の第4打席も、右腕・マカリスターの152キロのフォーシームを
ライナーで中前に運ぶマルチの3安打と、続けざまに結果を出してきた。

「ゴロが多い原因が何なのか、というのを常に頭に入れておけば、別にボールの下からすくう必要もない。
自分の思った通りのバッティングをしながら、日本ではしっかり(打球を)打ち上げることもできていたわけですから。
何がこうさせているのかな……という部分をひとつずつ反省していけばいいのだと思う」

この日、本塁打を放ったトムリンはメジャーの投手としては比較的、投球のテンポや間合いも普通で、
ボール自体もそれほど激しく動くタイプではない。そう言う意味では、どちらかといえば日本の投手に近いスタイルの投手ではある。
ただ、二刀流ゆえの数少ない打席の中で、できることを1つひとつこなして着実に結果へと結びつけていく
――そういう意味では、この日の本塁打を含めた3本の安打は、“打者・大谷”にとってはとてつもない自信につながるものだったはずだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180404-00830400-number-base&p=3

329 名無し募集中。。。 :2018/04/04(水) 21:18:25
大谷が今季球団最速の打球速度181.69キロ MLB全体でも27位
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000192-sph-base
エンゼルスの大谷翔平投手(23)が、驚異の打球速度をマークした。
MLBが公開しているデータ「Statcast」によると、
3日(日本時間4日)の本拠地・インディアンス戦の第4打席で放った中前安打の打球速度は、
同日時点で今季の球団で最速となる112.9マイル(181.69キロ)だった。
さらに今季のMLB全体でも27位と驚きの速さだった。

なお、3日時点で今季のMLB最速の打球速度は、
ヤンキースのスタントンが3月29日のブルージェイズ戦で
J.A.ハップから右中間に放った本塁打の117.3マイル(188.78キロ)となっている。


ちなみに大谷の3ランは打球速度(初速)168km 飛距離121m

330 名無し募集中。。。 :2018/04/05(木) 02:13:51
大谷は「元祖二刀流」ルースを超えられるか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000023-tospoweb-base
日米ファンの期待を背負う大谷は無事デビューを果たしたが、重要なのは今季をどう終えるのかだ。
最後の二刀流・ルースが1918年に残した「2桁勝利(13勝)、2桁本塁打(11本)」を大谷が超えられるか、
現地の名物コラムニストが検証した。

大谷は3月29日(同30日)のアスレチックス戦で8番・DHとして5打数1安打、
その3日後の同戦に先発し6回3安打3失点6奪三振で初勝利を挙げ、好スタートを切った。
日本ハムから「世界一の選手になる」と宣言して海を渡った23歳がメジャーでも「エースで4番」を実現するのか。
日本ハム・栗山英樹監督(56)が強行指名した2012年ドラフト時に提唱した
「二刀流の定義」は未知の興奮を持ってアメリカに受け入れられようとしている。

では何がその成功の目安となるのか。
昨年9月に来日し日本ハム・大谷を事前取材、
母校・花巻東の佐々木洋監督のインタビューにも成功したロサンゼルス・タイムズの名物コラムニスト、
ディラン・ヘルナンデス記者は「まだ第一歩を踏み出しただけ」と語り、こう続ける。

「エンゼルスとの契約の中身は分からない。もしかしたら“最低1年間は二刀流を続ける”という約束になっているのかもしれない。
ただ、そのような特約がない限りメジャーは結果が全て。このままずっと二刀流をやらせてもらえるのかどうか、本当のテストはこれから。
打つ、投げる、どちらも結果が大事になってくるはず」

そして同記者は大谷が最低限こなさなければいけないノルマを
「おそらく6人で27試合(150〜180回)と予想される先発ローテーションを守ること」とし
「27試合の18試合ぐらい(約7割弱)でクオリティースタート(6回以上で自責点3以内)投球をしてチームを勝利に導くこと。その上で10勝できればパーフェクト」とした。

一方で、そのローテーションの合間に2〜3試合出場することになる打者については
「だいたい75試合300打席ぐらいの出場機会の中で10本のホームランが打てればすごい。15本打てたらベースボールの歴史が変わる」と語った。

「最後の二刀流」ルースが1918年に記録した数字は
投手として20試合(166回1/3=うち18完投)に登板し13勝7敗(勝率6割5分)、防御率2・22。
打者としては95試合(380打席)で打率3割、11本塁打、66打点、6盗塁だった。

ヘルナンデス記者は「これはジャッキー・ロビンソンが1947年にデビューする29年前の記録。
プレーしている選手が白人だけで今のMLBとはレベルが違い過ぎる」として上で
「仮に大谷がトラックマンやスタット・キャストといった軍事技術を応用した今の時代のスカウティング・システムの網をかいくぐって1世紀前のルースの記録に近づいたとしたら、それこそ歴史的な快挙」と断言する。

そして、同記者は「日本には『キャプテン翼』や『巨人の星』などを生み出した独自の漫画文化がある。
その発想はアメリカにはない日本固有のもの。
その想像力こそが栗山監督を通して『エースで4番』というアメリカ人には思いもつかない二刀流・大谷を生み出したのだと思う。このストーリーは日本からしか生まれない歴史的必然」と結んだ。

331 名無し募集中。。。 :2018/04/05(木) 02:27:00
昨年まで女房役の中日・大野奨「正直きれいじゃない翔平の真っすぐ」
http://news.livedoor.com/article/detail/14529696/
【私だけが知る 大谷の凄さと秘密】
米国でも二刀流デビューを果たしたエンゼルス・大谷翔平投手と実際に関わり、そのすごさや秘密を知る選手たちを直撃した。
第1回は昨年まで日本ハムでバッテリーを組み、オフにFAで中日に移籍した大野奨太捕手(31)だ。

――捕手として大谷のボールを受けてきた

球の軽い、重いは別として、僕が感じた翔平の真っすぐは正直きれいじゃない。そういう印象ですね。
常にカットしたり(ボールが)抜けたりとか。意外とボールは定まらない。そういう投手でした。

――粗削りな投手だと

ものすごくいい状態の時は球も重いし、スピンの利いた球が来る。でも、そうじゃない時の方が実は多いんです。
微妙にカットしたり、抜けたりする。それなのに球はものすごく速い。だから打者は球を絞りづらい。
これが本当の…というか、翔平の投球なんです。
本人もまだまだと感じているからこそ、メジャーに挑戦して、もっといい投手になろうとしている。
僕も向こう(メジャー)で良くなるのを見たいです。

――大谷はまだ発展途上の投手だと

翔平は投手としては上手じゃない。体の使い方だったり、コンディショニングだったり、うまく定まらないことがある。
それがどうしても投球に出てしまう。でも他の投手より能力が高い分、やれてしまう。そんな感じでしょうか。

――捕手として大谷のリードは大変だった

翔平は調子が良くても悪くても、常に真っすぐを投げたがる。
ですが、もともと翔平の真っすぐは打者に打たれやすいというか、バットに当てられやすい球なので。
(手元で球が)動いたりしませんから直球だけでは抑えられない。
だから僕は翔平の直球をより速く見せられるよう、常に変化球をいいタイミングで入れることを配球では心がけていました。
ただ、翔平は実際に当日マウンドに立って投げてみないと、その日の状態がいいのか悪いのかわからない。
いくら体の状態が良くても球が走らない時がありますし、逆の場合もありますから。その辺が難しいと思います。

――メジャーの捕手もその辺を理解する必要がありそうだ

でも、翔平の能力は本当に高いので。大丈夫だと思いますし、頑張ってほしいです。

332 名無し募集中。。。 :2018/04/05(木) 02:43:18
【MLB】大谷翔平、懐疑的な見方一蹴 米番記者「このレベルで活躍できることに驚き」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00117687-fullcount-base
エンゼルス番記者
「彼が成し遂げようとしている二刀流は簡単に批判ができてしまう。
『他に誰もできていないのだから、なぜ彼ならできるというのだ』という風に。
そういった意見に対して、メジャーで活躍ができると彼は証明したよ」

「エンゼルスのGMは日本のリーグのレベルの高さをリスペクトしていて、
メジャーでもオオタニが慣れさえすれば活躍すると信じている。
彼は23歳で、まだ成長段階だ。日本で起きたことがアメリカで起きない理由はない」


田中の「5年目進化」にヤンキース首脳陣感心
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000023-tospoweb-base
ヤンキースの地元開幕戦が2日(日本時間3日)、雪の影響で中止となった。
当初は積雪量も少なく決行できるとしていたが、やむ気配がないため午前9時前には中止が決定。休日に充てられていた翌3日(同4日)に行われる。

ブーン新監督としては、地元での初陣がお流れになった格好だが、残念がる様子もなく「『100%雪』の予報どおりだったね」と苦笑い。
田中将大投手(29)は球場入りこそしたが、中止を知りほどなく帰宅した。
次回登板は5日(同6日)のオリオールズ戦の見込みだが、今回の中止による影響はなさそうだ。

今季、初登板初勝利を挙げた3月30日(同31日)のブルージェイズ戦では、6回を3安打1失点、8三振と試合をつくったが、
本人はストレート系やスプリットが操れず「全然どうにもならない」状態だったと語った。そこでスライダーを軸に、持ち前の修正能力で乗り切った。

これをロスチャイルド投手コーチは「ゲーム中に直感のようなものが働く。生まれ持った才能じゃないかと思う」と、5年目の進化に感心しきり。
「彼は調子がよくないなかでも使える球種を持っている。多くの投手は投球に『幅』がないから、修正するすべがなくなってしまう。
しかし、彼は球種が豊富だからそれができる」とも語った。

またスライダーを縦横の軌道だけでなく、球速にも変化をつけて投げ分けていたことにも
「年を重ねるたびに、スライダーの軌道が変わってきている」と評価した。
まだ29歳の田中だが、円熟味を増すその投球術は、首脳陣をうならせている。

333 名無し募集中。。。 :2018/04/05(木) 16:45:19
ハム近藤 先制打!V打 大谷から刺激“みんなで見てたぞ”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000033-spnannex-base

大谷4月ルース級「4勝3発」なるか/福島氏評論
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00170093-nksports-base
オープン戦から単打ばかりだったので本塁打とは驚きです。
03年にヤンキース松井秀喜が放った、ホーム開幕戦での初打席本塁打をほうふつとさせました。
37年にウエス・ファレル(Rソックス)が開幕6試合で勝利を挙げて本塁打を含む4安打を放っています。
ファレルは31年に22勝&9本塁打でしたが、あくまで強打の投手。大谷は二刀流なので、まさにベーブ・ルースの再来です。

相手のトムリンは、昨年の三振と四球の比率(K/BB)は7・79で先発投手としてはア・リーグ最高でした。
松井が本塁打を打ったツインズのメイズと似た、技巧派タイプ。
慣れている日本的な投手ではありましたが、中地区優勝候補筆頭インディアンスのローテーション投手から打ったことで、さらに全米から注目されるでしょう。

大リーグで打者は、アマチュアでいくら成績を残していても、経験が重視されます。
65年のドラフト制後の入団で、いきなりメジャーでプレーした野手は元ロッテのインカビリアら20人ほど。
生涯マイナー経験がなかったのはウィンフィールド、オルルド、ホーナーの3人しかいません。
大谷に「マイナーで500打席の経験が必要」といった米報道がありましたが、
打率1割2分5厘というオープン戦の成績からすると懐疑的な見方は当然でした。

エンゼルスは4月末までに29試合の予定です。
ルースが二刀流全盛だった18年(13勝&11本)19年(9勝29本)は、偶然にも4月末までに同じ29試合。
両年は4勝3発だったので、大谷にも直近の目安となります。

334 名無し募集中。。。 :2018/04/05(木) 17:01:43
エンゼルス 3-2 インディアンス [ 2018年4月5日 ]
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018040507
https://www.youtube.com/watch?v=qRCWkCfUk0o
https://www.youtube.com/watch?v=DQdP5Nx2l24
1打席目見逃し三振 2打席目2RHR(中本塁打:打球速度161km飛距離122m) 3打席目二ゴロ 4打席目中安打 5打席目一ゴロ

海外ニュース
https://www.youtube.com/watch?v=1IR-lIEpQP8

今度はメジャー最強投手から2ラン!大谷翔平「価値ある1本」の尊さ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180405-00830411-number-base
敵は昨季もサイ・ヤング賞という最強投手!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180405-00830411-number-base&p=2
大谷、メジャー2号HRはサイ・ヤング賞2度の剛腕から。4年連続220奪三振以上の実績
https://headlines.yahoo.cojp/article?a=20180405-00010005-baseballc-base
大谷2試合連続弾がエンゼルス球団史に名を刻む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000025-tospoweb-base
本拠地デビューから2試合連続で本塁打を放ったのは球団史上6人目で
1992年のレオ・ゴンザレス以来26年ぶりの記録。新人としては史上初の快挙となった。
また野手として出場した最初の3試合で5打点を挙げたのは1979年のボビー・クラーク以来であることも発表された。

大谷翔平、衝撃弾に指揮官感嘆「彼の持つ巨大なパワーを誰もが目にしている」
大谷に寄せられているのは「ケングリフィーJr.やトラウト級の期待度」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00118238-fullcount-base
615発プホルス、大谷のパワーに太鼓判「どの球場でどこへでも一発打てる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00118241-fullcount-base

335 名無し募集中。。。 :2018/04/05(木) 17:03:24
巨人・上原 エンゼルス・大谷を称賛「すごいことですよ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000186-dal-base
「試合も移動もハードだから、2、3カ月ぐらいで疲れも出てくる。ケガだけはしないように」

ダルビッシュ、大谷の本塁打に舌を巻く「俺は一生クルーバーの球当たらない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000041-dal-spo
ブログによると、ダルビッシュはこの日は休日だったようで、家族と一緒にシカゴ市内のラーメン店を訪れたという。
おいしそうなつけ麺の写真をアップすると
「カブスと契約前に代理人の方から『カブスの選手はシカゴで外食してもタダになったりするよ』
って言われてたんですが。。マジでタダになりました(笑)」「感謝です」とつづった。
そして「って書いてたら大谷がまたホームラン!」と、大谷の2試合連続本塁打の情報が飛び込んできた様子。
しかも打った相手はサイ・ヤング賞右腕のクルーバー。
「しかも神様クルーバーから」と驚くと「俺なんかクルーバーの球一生当たらんのやろなぁ。。」と、大谷の快挙に驚きの声を上げていた。

田中は大谷の本拠地デビュー弾をどう見た?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000018-tospoweb-base
「ホームラン打って『あー打ったか。すごいな』って思ったぐらいで、一選手として見ている。
対戦したら抑えないといけないし、だから別に」。シンプルに対戦相手として捉えている。
昨年12月。投手と打者、どちらと対決する気持ちが強いかとの質問に田中は
「そんなこと考えてなかった。投げ合いたいとか対戦したいとか、考えてなかったから何ともいえない」と語った。
あれから5か月。同じ質問をぶつけると
「『どっちでもええわ』って感じです。思ってないものはしょうがない。うそはつきたくないし」と苦笑いしながらも、こう続けた。
「来るときは来るし、すぐ当たるじゃないですか。その時まで待ってくださいよ。
その後、感想を聞いてください。だって同じリーグだし、対戦するわけですから。『頑張ってほしいな』ではだめなんですよ」

二刀流で躍進 大谷翔平の活躍にAロッドも唖然「高校野球と勘違いさせる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00118224-fullcount-base
殿堂入り名手フランク・トーマス氏
「先週までは誰もが彼をマイナーに送りたがっていたというのに。一体どうなっているんだ!
彼は開幕から6試合で打率.429、2本塁打を打っているんだ。素晴らしいことだね。
これまで見たところ、この若者を本当に気に入ったよ。まだ23歳なわけだし」

ロドリゲス氏
「彼はこのメジャーリーグが(人々にとって)高校野球なのかと勘違いさせているんだ。
このレベルで打者として活躍すること、そして投手として支配的な力を持つことが
どれほど困難なことかを考えると、(大谷が今していることは)今までに見たことがないよ」

カード・コレクターのリリーフ右腕が大谷翔平の直筆サイン・カードを引き当てる
https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20180405-00083588/

336 名無し募集中。。。 :2018/04/05(木) 17:31:25
大谷に続け! 大阪桐蔭・根尾、プロでも「二刀流」の可能性は…
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180405-00000054-sasahi-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180405-00000054-sasahi-base&p=2
今大会の根尾の投打の成績

投手
26回 被安打14 失点3(自責点3) 奪三振26 与四死球13 防御率1.04

野手
24打席 18打数 9安打 8打点 5四球 1犠飛 1失策 打率.500 出塁率.583


あの公立エースをメジャーも絶賛。センバツ「発掘されたドラフト候補」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180405-00010004-sportiva-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180405-00010004-sportiva-base&p=2

337 名無し募集中。。。 :2018/04/05(木) 22:38:47
打者・大谷はイチローと並ぶ名選手と「同じスイング」 米殿堂入り記者が証言
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000099-spnannex-base
米国を代表する野球記者として殿堂入りもしたピーター・ギャモンズ記者(72)が、
スポニチ本紙の取材にエンゼルス・大谷の二刀流成功を保証した。
初アーチを生んだ打撃フォームを、往年の名選手フレッド・リンに例えた。

「映像分析によると、彼のスイングはあのフレッド・リンと全く同じだった」とギャモンズ氏。
リンは75年に史上初めて新人王とリーグMVPを同時受賞した左打ちの強打の外野手。
「体が前に寄りかかっても、バットを握る手は後ろにステイバックしている。本当にリンと似ているし、大谷のスイングは美しい」と評価した。

過去新人王とリーグMVPを同時受賞した選手は、リンと01年のイチローの2人しかいない。
今後は二刀流を良いコンディションで継続できるかが焦点となる。
その点にも同氏は「野球は変わるもの。70年代の先発ローテーションは4人だった。
年間200イニング投げる時代は終わり、先発6人制が増える」と指摘。
オープン戦では二刀流に懐疑的な米メディアの論調もあったが、大御所は「彼が二刀流をできない理由はない」と断言した。

◆フレッド・リン 1952年2月3日生まれ、イリノイ州シカゴ出身の66歳。
南カリフォルニア大から73年ドラフト2巡目でレッドソックスに入団。
75年に打率・331、21本塁打、105打点でMVPと新人王を同時受賞した。
主に中堅を守りゴールドグラブ賞4度、首位打者1度。
球宴ではエンゼルス時代の83年にMVPに輝くなど歴代単独2位の通算4本塁打。
メジャー通算1969試合、1960安打、306本塁打、1111打点、打率・283。左投げ左打ち。


やられた敵球団もメディアも大谷に脱帽「打たれたのは嫌な事だが凄い打者」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000001-wordleafs-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000001-wordleafs-base&p=2

大谷翔平が次の試合でもホームランを打てば…。3試合連続アーチは日本人メジャーリーガー何人目?
https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20180405-00083610/
大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の前には、8人の日本人メジャーリーガーが、
2試合続けてホームランを打っている。その回数は延べ38度。
大谷の連続アーチは野手出場2試合目と3試合目だが、
城島健司は2006年のメジャーデビュー戦から2試合続けて打ち、この年の6月には2試合連続2本塁打も記録した。
けれども、そこからさらにストリークを伸ばした選手は、1人しかいない。
松井秀喜が2度、2004年と2007年に3試合続けてホームランを放った。
いずれも、ダブルヘッダーの第1試合と第2試合に続き、翌日の試合でも打った。

エンジェルスはここから、4月6日〜8日にオークランド・アスレティックス、4月9日〜11日にテキサス・レンジャーズと3試合ずつを行う。
大谷は8日に登板するので、次の野手出場は6日、9日、10日のいずれかだろう(6日の可能性が高そうだ)。
対戦チームの先発投手は、6日がダニエル・ガセット、9日がダグ・フィスター、10日は左腕のマーティン・ぺレスが予定されている。
3人ともシンカー/2シームを主体とし、ゴロを打たせる投球を持ち味とする。
4月1日に大谷と投げ合ったガセットも、すでに2登板しているフィスターも、
今シーズンはまだホームランを打たれていない。ペレスは4月10日がシーズン初登板となる。

なお、田口壮は2006年のポストシーズンで、2試合続けてホームランを放った
(冒頭に挙げた人数と延べ回数は、レギュラーシーズンのみ。田口はレギュラーシーズンでは、2試合連続ホームランを記録していない)。
日本人メジャーリーガーによるポストシーズン2試合連続アーチは、田口と松井秀喜(2009年)の2度だけだ。

338 名無し募集中。。。 :2018/04/06(金) 03:28:34
大谷翔平が記録した、投打と走塁の数字がとんでもなかった件
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018040518423201.html
「MLB.com」に掲載された、「エンゼルスは木曜にオフを取る。ショウヘイ・オオタニによる何らかの目を見張る活躍を阻めるのは、恐らくその事実だけだろう」という一節で始まる記事を書いた、同サイトのアナリストであるマイク・ペトリエロ氏。

彼によると、これまで投手として1試合、そして打者として3試合に出場した大谷は、
投球や打球の速度で既にメジャーでもトップクラスの数値を記録しているそうである。

先ず投球についてだが、ペトリエロ氏によると
大谷は先発したアスレチックス戦で、99マイル越えの速球を12回投げており、最高時速は99.6マイルに達した。
昨季、メジャー全体の投球数のなかで、時速99マイルを越えたのはわずか0.51パーセントに留まり、
一度でも99マイル越えの速球を投げた投手は85人いたが、
この中には一度しか99マイルに達しなかった選手も相当数含まれているとのことである。

なお、昨季はメジャー全体で最低でも100球以上投球した投手は673人いるので、
99マイル越えの腕を持っているのは13パーセントに過ぎず、同氏曰く、これはエリート級とのこと。

https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018040518423201_2.html
そして打球だが、大谷は1号ホームランを放った現地3日のインディアンズ戦で、
この日3安打目となるセンター前に弾き返した一振りの打球は、初速で時速112.8マイルを記録。

同氏によると、2015年に「Statcast」よる計測が始まって以降、これは投手が記録した最速の初速とのこと。
また、この大谷の数値は四捨五入すると113マイルになるわけだが、
昨季メジャーで打球の初速が113マイルに達したのは、全打球の0.24パーセントに過ぎない。

また、一度だけこの初速を記録した選手は75人いたそうだが、
カブスのアンソニー・リゾのような強打者でさえ、113マイル越えは1度しか記録していないそうだ。
そう考えると、いきなりの2ホーマーにも必然性を感じる。

最後にペトリエロ氏は大谷の走力に関しても言及している。
現地4日のインディアンズ戦でミラーにセカンドゴロに打ち取られた際、大谷はベースランニングで秒速29.8フィートを記録。

同氏によると、2018年シーズンに入り、これまで一度でも秒速29.8フィート以上の速さで走った選手は46人のみで、同氏の言葉を借りると、これもエリート級の数字となる。

投球、打球、そして走塁の実測値で早くも本物であることを証明した大谷。これからも大いに日本の朝を賑わせてくれそうだ。

339 名無し募集中。。。 :2018/04/06(金) 14:31:13
マー君、7回途中3失点で今季初黒星 痛恨逆転2ラン被弾「ミスが命取り」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000087-spnannex-base
ヤンキースの田中将大投手(29)が5日(日本時間6日)、ニューヨークで行われたオリオールズ戦に先発した。
6回まで無失点投球を見せたが、1点のリードをもらった直後の7回無死一塁からジョーンズに逆転の左越え2点本塁打を被弾。
1死からベッカムに右前打されたところで降板した。

6.1イニング 93(65)球 被安打6(被本塁打1) 奪三振7 与四死球0 失点3(自責3)

田中将大
「点を取ってもらった直後の最悪のタイミングでミスが命取りになった。
結果的に自分の首、チームの首を絞めてしまった。前回登板より良くなっている手応えは感じている。」

【MLB】田中将大、痛恨被弾で黒星も指揮官は高評価「彼の好投が消えることはない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00118553-fullcount-base

【追球】ロッテ涌井 申告敬遠使わず4球投げたワケ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000075-spnannex-base
清水投手コーチは「まだ、申告敬遠は慣れていない。
4球投げて、これまで通りのタイミングで行かせようと話して、時間の使い方を変えました」と説明。
前日に南がマウンドに向かう姿を見て、首脳陣でミーティングを持った。
「4球」を投げずに交代となる「間」を嫌い、何年も重ねてきた中継ぎのルーティンを守った。
涌井は1分4秒をかけて敬遠。「4球」で維持できるいつもの「間」だ。


大谷の豊かな表情が米国でも評判に 思い出す栗山監督の言葉
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000069-spnannex-base
16年7月3日のソフトバンク戦。
指揮官は「それまで翔平が野球を楽しめていなかった」という理由で「1番・投手」で起用した。
結果は初球先頭打者弾と8回無失点で勝利投手となった。

無心で野球を楽しめる状態でこそ、大谷は並外れた力を発揮してきた。
3日の本拠デビュー戦後に「楽しめた」と話したが、その笑顔に報道陣も和んだ。
憧れのメジャーリーグ。「無心」で野球を楽しめている今は、ゾーンに入っていると感じる。


去年まで大谷とチームメート “あの長身投手”の現在地
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00149271-baseballk-base
日本から海を渡ったのは日本人選手だけではない。
たとえば、大谷とともに日本ハムから世界へと羽ばたいた男…。
NPBで2年間プレーした、クリス・マーティンがその一人だ。
203センチの長身から投げ下ろす速球を武器に、日本ハム時代は2年間で通算92試合に登板。
22セーブ・48ホールドを記録し、防御率は驚異の1.12という数字が残っている。

ケガに悩まされる時期もあったが、シーズン途中からクローザーに定着した2016年の活躍ぶりはまさに“無双”。
投打で大車輪の活躍を見せた大谷とともに、チームの大逆転優勝に大きく貢献した。
2年間でチームに欠かせない存在となったが、家庭の事情もあって日本ハムの退団が決定。
MLB復帰を目指してFAとなると、日本での実績が認められてレンジャーズと2年契約を結んだ。

実はこのマーティン、出身地はテキサス州のアーリントン。奇しくもレンジャーズが本拠地を置く場所なのだ。
新天地と言っても、慣れ親しんだ地元で迎える新たな挑戦。
オープン戦では10試合中9試合を無失点に抑える好投を見せ、開幕メジャー枠入りを達成。
シーズンに入っても、ここまでチーム最多タイとなる5試合に登板して3ホールドを記録。
4回1/3とイニングが少ないため防御率は4.15となっているが、
イニング数を上回る6個の三振を奪うなど、上々の再スタートを切っている。

かつてのチームメートである大谷も同じア・リーグ西地区の所属ということで、
今後は“打者・大谷”との対戦にも期待がかかる。
2016年にはともに日本一の美酒を味わった2人が、メジャーで激突…。
日本ハムファンならずとも楽しみな対戦になる。

340 名無し募集中。。。 :2018/04/06(金) 14:42:56
ソーシア監督、大谷信頼し見守る キャンプインから一貫
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00115530-iwatenpv-l03
二刀流挑戦に批判が起こったキャンプから能力を認め、見守ってきたマイク・ソーシア監督が大きな存在となっている。

ソーシア監督は2試合連続本塁打について「彼の持つ大きな力を誰もが目にしている」と、驚く様子もなく語った。

指揮官はキャンプインから一貫して、背番号17の能力に一目置いてきた。
ロッキーズとのオープン戦で1回3分の1、7失点と打ち込まれた3月16日、
マイナー行きの質問に対し「聞く人間を間違っている」と意に介さなかった。

キャンプ中に大谷選手とシーズンに向けた準備を話し合い
「細心の注意を払った過程があり、何をすべきか柔軟性のあるプランがあった」と信頼。
結果に左右されず開幕メジャー、先発ローテーション入りを決め、見事に背番号17を表舞台に出した。


打球速度は100マイル/大谷記録あれこれ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00171168-nksports-base
◆史上6人目 本拠地デビュー戦から2試合連続で本塁打を放ったのは、エ軍では史上6人目。過去は61年のE・アベリル、72年のB・オリバー、73年のF・ロビンソン、77年のD・ベイラー、92年のR・ゴンザレスがいるが、新人としては大谷が初めての快挙。

◆ルースは17試合 大谷は開幕7試合で1勝と2本塁打を記録。ベーブ・ルースがシーズンで「1勝・2号」を達成したのは最速でも開幕から17試合目(1919年)。

◆4人目 開幕7試合目までに投手で勝利を挙げ2本塁打を放ったのは、1920年以降4人目。06年ブロンソン・アローヨ(レッズ)以来でDH採用リーグでは初。

◆球団記録 デビューから3試合(打席に立った試合のみ)で計12塁打、5打点はともに79年ボビー・クラークに並んで球団記録。

◆飛距離 データ分析システム「スタットキャスト」によると本塁打の推定飛距離は400フィート(約122メートル)。打球速度は100マイル(約161キロ)だった。

341 名無し募集中。。。 :2018/04/06(金) 15:22:14
衝撃デビューした打者大谷翔平が体験した51球を分析して見えてきたこと
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000001-wordleafs-base
中前打を打ったコディ・アレン対大谷翔平の配球図
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180406-00000001-wordleafs-000-4-view.jpg
対大谷翔平の全51球配球図
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180406-00000001-wordleafs-001-4-view.jpg
3球三振に終わったダン・オテロ対大谷翔平の配球図
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180406-00000001-wordleafs-002-4-view.jpg
三振に終わったコーリー・クルーバー対大谷翔平の0-2からの4球目
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180406-00000001-wordleafs-003-4-view.jpg

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000001-wordleafs-base&p=2
対大谷翔平のカウント別球種
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180406-00000001-wordleafs-004-4-view.jpg


ツインズの本拠地開幕セレモニーでハプニング マリナーズの先発パクストンの右肩にワシが着地
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000097-spnannex-base

342 名無し募集中。。。 :2018/04/06(金) 16:26:28
【MLB】大谷翔平の「パワーは本物」 そして投手を「恐れさせた」1本のヒット
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00118483-fullcount-base
名右腕ブラッド・リッジ氏(メジャー通算225セーブ)

「(大谷が初本塁打を放った)トムリンはいいカーブを持っている。
彼は同じ場所に投げ続けることができる。
カウント2-2でオオタニはあのボールを狙う必要はなかったが……バン!ホームランだった。
もしも、彼があのボールを打てると考えるとするなら、あまりに素晴らしい打者と言える」

MLBネットワークラジオに出演したメジャー通算225セーブの実力者にとって、
最も印象に残ったのは8回の第4打席だったという。
中継ぎ右腕ザック・マカリスターの6球目、95マイル(約153キロ)のファストボールを打ち返したセンター前ヒットだ。

「最後のヒットは完璧なレーザーだった。あれはどんな投手をも死ぬほど恐れさせるものだ。
バットから115マイル(実際には113マイル=約182キロ)ぐらいで飛び出してきたのだから」

今季の「打者・大谷」の展望について

「オオタニに対する全体的な印象について、自分にとっては葛藤がある。
昨日(本拠地開幕戦)はとても優秀な打者に見えた。
洗練されていて、アイデア、アプローチ……彼が持っていないものはない。
しかし、この(本拠地)デビュー戦の結果をもって、
今年のとても限定された打席で打率.310、15本塁打を突然達成できるようになるとは思えない。
だが、私の想像以上の成績を残してくれるというワクワク度が増している」

「ここから数週間、いや数か月はこの男がまだどうなるかはわからない。
内角を攻めた場合、彼が対応できるのか。
だが、それが可能だと証明した時には、そこから彼への本当の評価が始まる。展望もね」

「私にとっては彼がどのような成績を残すのか予想するのは、あまりに尚早で難しい。
彼が打率.250以上のアベレージを残す選手である必要性はない。打率が.230だとしても、彼のパワーは本物だ。
打者としては最悪のスプリングトレーニングだったかもしれない。投手としても調整をしていたのだから。
だが、レギュラーシーズンでは投打どちらも素晴らしく感銘的だ。
スイッチを入れた。彼はスプリングトレーニングの数字など関係ないと言っているようだ。バン!これが俺なんだと」


【MLB】衝撃の1週間を目撃―米記者が語る大谷翔平、史上3人目の偉業の可能性
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00118634-fullcount-base
米スポーツメディア「スポーティングニュース」のジョセフ・ディポリート記者

「アンビリーバブルだ。真剣に彼はアンビリーバブルだ。
しかし、全てにおいて、何かを結論づけるには時期尚早だ。
今年に関しての最大のテーマはいかに投手として相手打者に、
打者として相手投手に適応していくか、だろう。
彼は打者としても投手としても学ばなければいけない。
才能に疑いの余地はない。
だが、メジャーリーグは修正のスポーツ。相手も次々に対策を講じてくる。
オオタニには他の選手よりも2倍以上のプロセスが存在するのだから」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00118634-fullcount-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00118634-fullcount-base&p=3

343 名無し募集中。。。 :2018/04/06(金) 22:45:11
「サインしろ!出てこい!」清宮のサイン求めファン居座り警察出動

344 名無し募集中。。。 :2018/04/07(土) 00:07:31
「うわ、使ってる」 大谷翔平、メジャーでも同じ登場曲
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000043-asahi-spo
エンゼルスでは、本拠・エンゼルスタジアムの試合で選手が打席に立つとき、その選手が希望した曲を場内に流している。
大谷翔平の場合は、英国のシンガー・ソングライター、オリー・マーズの「Wrapped Up」だ。

日本ハムでも札幌ドームで選手が打席に入るときに曲をかけている。
自分で決める選手もいれば、球団に任せる選手もいる。大谷の場合は前者だった。この職員が振り返る。
「2014年か15年だったと思うんですけど、別の曲を使ってましたが、突然、広報から連絡が来たんです。『決めた』って」

「大谷には『もう変えようぜ』って言ったこともあったんですけど、『やだ』って」と職員。
昨年12月25日に札幌ドームであった退団セレモニーでも、入場時に流した。

本拠初出場、初打席、初本塁打の試合後、大谷に曲を継続した理由を聞いた。
「慣れているかなという感じはします。場所は違いますけど、
多少いつも通りのリズムで(打席へ)入れたんじゃないかなと思います」。
遠く離れていても心に札幌ドームの光景を抱いて、大谷はエンゼルスタジアムの打席へ向かう。


歌詞和訳
https://lyrics.red-goose.com/wrapped-up-olly-murs/

背の高い運動部系女子が好きらしいけど大谷はドMかな

しかし入場曲なんだからさ
恋愛ソングはやめようよ大谷
かっこわるいで

345 名無し募集中。。。 :2018/04/07(土) 00:29:01
大谷翔平、田中将大との投げ合い・イチローとの対決は...? 所属チームの対戦スケジュール一覧
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00010003-huffpost-int
大谷が所属するエンゼルスと、田中・イチロー各選手の所属チームの対戦日程を以下にまとめた。(いずれも現地時間)

対ニューヨーク、ヤンキース戦(田中将大投手)

4月27、28、29日

5月25、26、27日

対シアトル・マリナーズ戦(イチロー選手)

5月4、5、6日

6月11、12、13日

7月3、4、5日

7月10、11、12日

7月27、28、29日

9月13、14、15、16日

ESPNによると、4月1日の初登板以降、大谷の登板予定は8日(中6日)、13日(中4日)、19日(中5日)。

一方田中は、これまでに3月30日、4月5日(中4日)を投げ、今度の登板予定は11日(中5日)、16日(中4日)だ。

346 名無し募集中。。。 :2018/04/07(土) 02:32:47
田中将大「2017年が野球人生の中で一番つらかった」
https://www.youtube.com/watch?v=LS2Si7FGIng

大谷翔平 超解剖!スペシャル 2018年3月30日
https://www.youtube.com/watch?v=4Nw-fl1q09Q

347 名無し募集中。。。 :2018/04/07(土) 20:22:59
エンゼルス vs. アスレチックス [ 2018年4月7日 ]
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018040708
中本、中飛、四球、一ゴ、空三
.386

HRの打球速度:112マイル(約180・2キロ)
飛距離:449フィート(約136・9メートル)
高さ:100フィート(約30・5メートル)

【MLB】大谷翔平、3戦連発の3号特大ソロに好感触「今日はすごくよかった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00118908-fullcount-base
エンゼルス・大谷、8日は欠場も今後の起用法に幅広げる ソーシア監督「色々と検討する」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00000131-sph-base
大谷、打撃激変ウラに右足の秘密 打撃コーチの助言で開幕直前にフォーム変更
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00000018-ykf-spo
大谷翔平、メジャー史上4人目の快挙 本拠地デビュー3戦連発は特大137メートル弾
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00000049-dal-spo
エンゼルス大谷 本拠地デビューから3戦連発はメジャー4人目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00000014-tospoweb-base
大谷記録ずくめ 3戦連続弾&2打点以上はア史上初
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00172494-nksports-base
大谷翔平3戦連発 松井秀喜以来日本人2人目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00172288-nksports-base
【MLB】大谷、投げ勝った投手から今度はソロ弾 米解説唖然、沈黙後「冗談でしょ?」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00118832-fullcount-base
日本ではなく米国の大谷?!今や野球の母国で時の人 たった1人で3球団の本塁打数を上回る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00000148-spnannex-base
【MLB】1、2本目を超える3本目の飛距離は? 大谷翔平の3連発を米特集「簡単にやってのける」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180407-00021409-theanswer-base
【MLB】止まらない「打者大谷」、3戦連発に敵番記者も仰天「DHで毎日起用しましょう」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00119004-fullcount-base
大谷翔平、3戦連発のゴジラ超え!本人納得の“スプラッシュ・ショット”。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180407-00830439-number-base
【MLB】大谷翔平、衝撃の3戦連発に米ファンから感嘆の声 「おいおい…これは現実なのか?」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180407-00021391-theanswer-base
大谷翔平と同世代のライバル。日本の天才と競うMLBの天才たち。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180407-00830429-number-base
 
https://i.imgur.com/Ftpebrg.jpg
https://i.imgur.com/jeX6xXD.jpg

日ハム公式オンラインストアで大谷翔平メジャー“初モノ”グッズ4点販売
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00118883-fullcount-base
○ブロンズコイン フォトミント プラーク(初安打/初登板/初本塁打) 各2万円(税別)※全世界各2018枚限定販売
○チケット&コイン アクリルデスクトップスタンド(初安打/初登板) 各7500円(税別)
○シルバーコインカード(初安打/初登板/初本塁打) 各4000円(税別)※初安打・初勝利は全世界2018枚限定、初本塁打は全世界5000枚限定
○MLBルーキーシーズンゴールドコイン 6000円(税別)全世界1700点限定販売

348 名無し募集中。。。 :2018/04/08(日) 00:18:38
【MLB】“超大型ルーキー”大谷翔平の衝撃にファン興奮「レジェンドの卵」「本物だ!」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00119035-fullcount-base
エンゼルス公式インスタグラムは、大谷の今季3号ソロの動画を、
翔平という名前にかけた「このショーは品質保証付きの新鮮さ」というキャプションを添えて公開。
さらに、バットを折りながらもスイングする写真も公開し、
「大々的にブレイク! ショウヘイ・オオタニはデビュー3試合でそれぞれ本塁打を記録した初のエンゼルスルーキーだ」
と称えると、それぞれのコメント欄には熱狂するファンの声が殺到した。

「エンゼルスは日本からエンゼルを獲得した!」
「オーマイガー」
「彼はイチローのようだ。しかしパワーがある」
「新人王、MVPそしてサイヤング」
「全くもって規格外」
「ショウヘイが打てばチームは勝つ!」
「アメージング」
「レジェンドの卵」
「グレイトすぎる!」

さらには、他球団のファンから「本当に嫉妬するよ、彼がお気に入り球団いたら良いのに…」と羨望の声まで届いた。

349 名無し募集中。。。 :2018/04/08(日) 00:19:48
【一問一答】大谷3戦連発「ツーベースを基準にしてその延長がホームラン」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00000142-dal-spo
二回の第1打席で3戦連発となる3号ソロを放った。
本拠地デビューから3戦連発は新人では球団史上初、メジャーでは史上4人目の偉業となった。

試合後の大谷の一問一答は以下のとおり。

-6点差がついた中で迎えた第1打席。追い上げムードをつくる価値ある一発だった。

「何とか出塁して1点でも多く取って後半に入っていけるようにしようと思ってたので結果的にホームランになったのは良かった」

-長打を狙う気持ちは?

「いや、(塁に)出ることを考えていきました。ランナーいなかったですし、
長打というよりはしっかりためて次につながるようにいきたいなと思ってました」

-2本目を打った2日前はコンパクトに振ったと話していた。

「僕自身、ホームランを狙って打つ感覚はもってないので、
しっかりツーベースを基準にしてその延長でホームランだったりとか、
打ち損じがヒットであったりとかっていう考え方ですね。
ホームランを基準にはしてないですけど、数多くは打ちたいとは思っています。
一発で点が入るのはすごい魅力的じゃないかなと思うので」

-本拠地3戦連続本塁打。今日の1本は一番感触が良かった?

「今日はすごく良かったと思います。芯でもとらえてましたし、
しっかりと自分のスイングが形よくできてたんじゃないかなと思います」

-メジャー3戦連発はエンゼルスでもプレーした松井秀喜さん以来。

「すごい光栄なことですし、
結果的にホームランになっているのはいいスイングがでてきるんじゃないかなと思うので、
ただ、今日はいくつかチャンスの打席でものにできなかったところもあるので、
しっかり内容も考えながら次に向けて頑張りたいなと思っています」

-いいスイングができている要因は?

「色んな人にアドバイスをもらって試せるところはしっかり試しながらいいところを取り入れていけている。
小さいころからずっとそうやってきたので、その延長戦上でしっかり頑張りたいなと思います」

-七回のチームの逆転。どんな思いでベンチから見ていた?

「僕がチャンスをものにできないところがあったので何とか他の打者に打ってほしいなと思ってました。
全体的に打線がすごく調子いいと思うのでその中で自分のできる役割をしっかりやりたいなとは思ってますし、
他のバッターが立ってる時も知らないピッチャーが投げてるので、
実際に見るのと見ないのとでは違う部分が出るでしょうし、
どういう球を投げてるのかなと横からですけど、しっかり見る必要はあるんじゃないかと思います」

-本拠地について。

「すごくきれいですし、雰囲気も良くて打席に入りやすい。
だからこういう逆転のゲームが多いんじゃないかなと思います」

-打席に入るたびに期待の声があった。

「チャンスで回ってきてましたし、得点してほしいという声はある。
各打席で反省点もありましたけど、その中で良かったこと、悪かったこと、
しっかりと次の打席に1回1回つなげていけたらと思います」

-2日後は2度目の先発。調整の状況は?

「特に日本と変わらない感じで調整はできていると思う。
前回の内容を踏まえて相手も同じ(アスレチックス)なのでどうするかしっかり考えながら対策して臨みたい」

-2日前はブルペンで投げた後、本拠地のマウンドに立って感覚を確かめていた。

「投げてみないと正直分からないところの方が多いので、
ブルペンを基準にしてあとはマウンドに行った時に少しの違いにしっかり対応できるようにしたい」

-本拠地初登板への意気込みは?

「いい試合が続いてるのでその流れに乗ってしっかりと先発としての役割を果たせるように頑張りたいなと思います」

350 名無し募集中。。。 :2018/04/08(日) 00:41:09
大谷選手との入団交渉時に提示した球団資料について
http://www.fighters.co.jp/news/detail/3251.html
http://www.fighters.co.jp/_pl_img/old/news/img/pdf/20121212_4_01.pdf

北海道日本ハムファイターズは、球団資料「夢への道しるべ」を本日から球団ホームページにおいて公開いたします。
この資料は、ドラフト1位指名した大谷翔平選手(花巻東高)との入団交渉において提示した原本ですが、ファンの皆様や報道関係者から内容についての問合せが多く、今回は個人情報など公開が適当でないと思われる一部を除く全文を開示いたします。
http://www.fighters.co.jp/_pl_img/old/news/img/ohtani01.jpg

351 名無し募集中。。。 :2018/04/08(日) 15:49:47
イチロー氷点下で2安打「野球をやる気候ではない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00173224-nksports-base
ダル、快投 6回2安打1失点 毎回の9奪三振も今季初白星ならず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000072-spnannex-base
6イニング 94(59)球 被安打2(被本塁打1) 奪三振9 与四球1 失点1(自責1)

マエケン・・・1イニング無失点
田沢・・・1イニング1失点
牧田・・・1イニング無失点

大谷アーチ量産の裏に“父の教え” 二塁打の先に本塁打「左中間狙え」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000007-spnannex-base

大谷翔平、飛距離で感じる破竹の勢い
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018040719142401.html

逆らわずに450フィート…大谷翔平が見せた驚愕の一撃
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00149507-baseballk-base
【2018年MLB・本塁打飛距離ランキング】
1位 481Ft(約146.6m) アビサイル・ガルシア(ホワイトソックス)
2位 479Ft(約146.0m) マルセル・オズナ(カージナルス)
3位 460Ft(約140.2m) マット・アダムズ(ナショナルズ)
4位 459Ft(約139.9m) ヤンガービス・ソラーテ(ブルージェイズ)
5位 458Ft(約139.6m) ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)
6位 455Ft(約138.7m) ヤンガービス・ソラーテ(ブルージェイズ)
7位 450Ft(約137.2m) 大谷翔平(エンゼルス)
※飛距離は推定
※450フィート以上
※現地時間4月6日時点

エンゼルスのマッサージ・セラピストが語る大谷「受け入れる心の広さ、おおらかさを感じる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000006-sph-base

想像以上の活躍見せる大谷に「大興奮だ!」 エ軍幹部が語る二刀流の衝撃
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00119185-fullcount-base
大谷の3戦連発で「打順昇格」「DH試合数増」を求める声も…監督は慎重?!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000003-wordleafs-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000003-wordleafs-base&p=2

“沈黙の14秒”が物語る大谷翔平の衝撃 3戦連続弾に実況は二の句が継げず
メジャー通算132勝投手も驚嘆「現実離れしている」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00119044-fullcount-base

大谷翔平、韓国紙が衝撃の3連発を続々報道 「漫画のような挑戦続く」「人間なのか」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180408-00021438-theanswer-base
張本勲氏が大谷を解説 3試合連続弾を打てたワケ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00173338-nksports-base
張本勲氏、3戦連発の大谷に「まぐれなのか、米国のピッチャーのレベルが落ちたのか。両方」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000054-sph-base

352 名無し募集中。。。 :2018/04/08(日) 17:36:16
データが示す投手・大谷はスピードだけでなく変化球も一級品
https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyoshimio/20180408-00083722/
デビュー戦では最速99.6マイル(159.4キロ)を計測したのを始め、99マイル(158.4キロ)以上を12度も計測した。
速球のスピードはメジャーでもトップクラスなのは、
「大谷は投・打・走の全てでメジャートップレベルの実力の持ち主だとデータ解析で明らかに」の記事で説明した通りだが、
投手の投球速度や投球軌道を追跡するスピード測定器システム『PitchF/X』の
データを見てみると自慢の豪速球だけでなく、変化球も一級品であることが判明した。

デビュー登板戦で投げた92球の内訳を見てみよう。
フォーシーム:42.4%(97.8マイル)
スライダー:28.3%(82.3マイル)
スプリッター:26.1%(89.2マイル)
カーブ:3.3%(75.3マイル)
昨季、先発として規定投球回数(162イニング)を投げた投手と比較していく。
まずはフォーシームの平均球速97.8マイル(156.5キロ)は、
97.6マイル(156.2キロ)だったルイス・セベリーノ(ヤンキース)を抜いてメジャーの先発投手最速の座に位置する。

スカウト陣から高い評価を受けているスライダーは平均球速こそ82.3マイル(131.7キロ)と平均的だが、変化がとても大きい。
横への変化は9.3インチ(23.6センチ)で、昨季はメジャートップだったダルビッシュ有(カブス)の9.0インチ(22.9センチ)を上回る。
26球投げたスライダーのうち、12球がストライクとコールされたが空振りが3球なのに対して見逃しのストライクが9球と多かった。
見逃しストライク率34.6%はメジャーでもトップレベルの数字で、急激な変化を見せる大谷のスライダーに打者が反応できなかったことを示している。
昨季の試合で先発投手が25球以上スライダーを投げて5球以上見逃し三振を奪った試合は505試合あったが、
大谷のスライダー見逃しストライク率34.6%は18位に値して、全体の上位3.5%に入るとエンゼルスの公式ページは分析した。

日本ではフォークと呼ばれるスプリッターの平均球速が89.2マイル(142.7キロ)で、
こちらもメジャー1位の田中将大(ヤンキース)の87.8マイル(140.5キロ)を上回る。
アメリカではスプリッターを投げる投手自体が少く、昨季に規定投球回数に達した先発投手の中で、
スプリッターを投球全体の10%以上投げた投手は3人しかいなかった。
打者にとっては対戦する機会が少ない球種なのでとても効果的で、大谷のスプリッターの空振り率は41.7%と非常に高かった。

メジャーでもトップレベルの球種を3つも持つ大谷は、8日の試合でも圧巻の投球を見せて、全米中のファンをさらなる熱狂の渦に巻き込んでいくことだろう。

353 名無し募集中。。。 :2018/04/08(日) 18:01:06
大谷翔平フィーバー全米熱狂!マイナー行きを薦めた記者の焦り具合
https://www.youtube.com/watch?v=ywyouRX8AzQ

大谷翔平の投手としての“小さいが大きな”変化〜野球医学の視点から〜
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20180408-00083712/
スプリングトレーニング中は投打ともになかなか結果を出せなかった大谷翔平選手が
MLBに登場した久々の二刀流選手として早くも日米でセンセーショナルを巻き起こしている。
シーズン開幕前後のあまりの豹変ぶりに驚嘆させられた人も多かったはずだ。
スプリングトレーニングが行われた砂漠地帯のアリゾナを離れ環境が変わるなど様々な要因が指摘できるが、
根本にあるのは大谷選手の適応力の高さだといえる。
そんな中、医学的見地から投手としての大谷選手に“ある変化”が起こったと指摘する整形外科医がいる。
国立病院機構西別府病院スポーツ医学センターで副センター長を務め、野球医学科で診療を続けている馬見塚尚孝医師だ。
馬見塚医師は自らも大学時代まで投手として活躍し、医師として野球障害に苦しむ選手たちの治療に当たる一方で、
医学的見地から一次予防(障害を未然に防ぐ)を目指し現場指導も積極的に行っている。
また野球界に野球医学の知識を広めるために、執筆や講演活動にも熱心に取り組んでいる。
そんな馬見塚医師が1日のアスレチックス戦の投球を見て、日ハム時代との違いを感じたのだという。

「これまで大谷選手は投球動作の中で体幹を一度三塁方向に倒しから投げていたのですが、
前回の投球ではこの動きではなく二塁方向に主に傾斜するようになっていたんです。
これまで直した方がいいなと思っていたところが修正されていたので、おっと感じました」

まずはアスレチックス戦の投球フォームを見てほしい。https://www.youtube.com/watch?v=RxfAX-HVZEg
馬見塚医師が指摘するように、大谷選手は左脚を上げなら体幹が二塁側に傾斜しているのが解るだろう。
これが日本ハム時代だと前に倒れていたというのだ
(本来なら日本ハム時代の動画と見比べてほしいところだが版権の関係もあり掲載を見合わせました)。

「球速を上げるには大きな運動エネルギーをボールに与えることが必要になってきます。
物理的な話になりますが、運動エネルギーは質量に速度の二乗をかけそれを1/2にしたもの(1/2mv2の二乗)になります。
質量的には体幹が(体重の)48%、腕が8%と言われており、
腕以上に体幹の運動の方向や速度の大きさが球速やコントロールの重要なファクターになってくるんです」

354 名無し募集中。。。 :2018/04/08(日) 18:02:01
馬見塚医師によれば、この体幹の速度を上げるために投手が行っている動作は大きく4つに分けられるのだという。
・体幹を主に二塁側に一度傾斜して投げる『ステイバック型』(桑田真澄投手が代表的)
・真っ直ぐ立った位置からヒップファースト(お尻からホームプレート方向に移動する)をして投げる『ヒップファースト型』(藤浪晋太郎投手が代表的)
・体幹を主に捻って速度を生み出す『回旋型』(野茂英雄投手が代表的)
・体幹を前に倒す『前方傾斜型』(以前の大谷選手が代表的)
つまり大谷選手は直近の投球で『前方傾斜型』から『ステイバック型』に変化していたということなのだ。
馬見塚医師はそれを“改善”と表現しているわけだが、
体幹が前に倒れるのではなく、二塁側に傾斜するようになったことで何がよくなったのだろうか。

「速いボールをコントロールよく投げる方法としては、野球現場ではよく“力を抜いて投げろ”と言われますね。
ステイバック型は重心バランスを取りながら体幹を倒すことで、
“脱力して”位置エネルギーを大きく利用しながら大きな体幹の速度を投球方向に上げることができるのです。
力をあまり使わないで動作を行えるので、繰り返す投球の中で疲労しても安定した投球が可能となり、
コントロールがよいと考えています。まさに桑田投手です。
一方、前方傾斜型は投球方向と違う方向に体幹が動きますので、
この体幹の姿勢を制御するために別の力を必要とすると考えられます。
この追加の力が必要になるために、動作の再現性が下がるためコントロールが乱れやすいと考えています。
一般的にステイバック型の投手の方がコントロールがいいんです。
もちろんコントロールがよければ球数を減らせることができるし、
無理に全力投球をしなくても相手を打ち取ることができるわけですよね。
そうなれば投球パフォーマンスも向上し、投球障害のリスクも下がるんです。
私が動作指導をする上で第一に介入しているのがこの部分です。
(今回の大谷選手の投球を見て)スピードは落ちていないので、
スピード・パフォーマンスを低下させずにコントロールがよくなって、さらに障害リスクが少なくなったのではと感じました」

つまり医学的見地から考察すると、外見上は小さな動作的変化が、
実は大谷選手の投手人生をも大きく左右するような変化だったということになる。
「今回初めて体幹の動作の変化を見たので、いつからなのか解りませんし、誰が介入したのかも解りません。
たまたま今回だけだったのかもしれませんし、また(元に)戻っているかもしれません」
元々大谷選手はやや制球力に問題がある投手だったが、アスレチックス戦では四球はわずか1つで、
ストライク率も68.5%(92球中63球がストライク)と非常に高かった。
まさに馬見塚医師の指摘を裏づけるような結果だった。
今後も大谷選手の体幹の動きに注視しながら彼の投球をチェックしてみたい。

355 名無し募集中。。。 :2018/04/08(日) 18:07:27
野球少年大谷の目前に世界トップの野球少年
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00170312-nksports-base

大谷翔平の連続ホームラン試合はどこまで続く。日本時代の自己最長まで伸ばせばMLBのルーキー記録に並ぶ
https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20180408-00083715/

明日2度目の先発!大谷翔平の疑念ボールはなぜメジャーで通用したのか?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000002-wordleafs-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000002-wordleafs-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000002-wordleafs-base&p=3

日本人メジャー投手11人の球を受けたベテラン捕手が選ぶ最強投手は誰だ?
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20161130-00064963/

356 名無し募集中。。。 :2018/04/08(日) 22:39:47
牧田和久が世界一軍団MVPを斬った1球に米メディア唖然「重力に逆らう投球」
8回に緊急登板も1回1安打1奪三振無失点の好投を見せた牧田
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00119303-fullcount-base
https://www.youtube.com/watch?v=tBUgAC1GiCQ
https://www.youtube.com/watch?v=9PhKCVue1tQ
パドレスの牧田和久投手が7日(日本時間8日)、敵地でのアストロズ戦に緊急登板し、
1回を1安打1奪三振無失点と好救援した。
昨季の世界一軍団MVP・アルトゥーベを空振り三振に斬った一球を
米メディアも「まさに重力に逆らう投球」と脱帽している。

不測の事態にも牧田は動じなかった。
0-0で迎えた8回、パドレスは3番手イエーツをマウンドに送ったが、1球を投げたところで降板。
サブマリン右腕が緊急登板することになった。
先頭・ブレグマンには右前打を浴びたが、続くアルトゥーベは1ボール2ストライクの6球目で空振り三振。
最後はコレアを一直に打ち取り、飛び出していた一塁走者ブレグマンもアウト。併殺プレーに仕留め無失点に抑えた。

圧巻だったのはアルトゥーベを仕留めた直球だ。
試合を中継した地元テレビ局「AT&Tスポーツネット」の実況は「まさに重力に逆らう投球です」と大興奮。
サブマリンから投じられた地面スレスレのボールは打者の顔付近の高さまで浮き上がり空振りを奪った。

これには現役時代の2005年にホワイトソックスで世界一に輝いた経験を持つ解説のジェフ・ブラム氏も
「多くの打者は投手と目線を合わせようとしますし、投手は上から下に投げ下ろしてきます。
ただマキタは違います。彼のボールは上昇してくるのです」と称賛した。

また、敵地で中継した「FOXスポーツ・サンディエゴ」も牧田の一球を絶賛。
81マイル(約130キロ)の浮き上がる直球を「ライジング・ファストボール」と表現し、
解説のマーク・グラント氏は
「素晴らしいボールの軌道です。浮き上がってきました。アルトゥーベのヘルメットの高さまできました」
と驚きの声を上げ、笑うしかなかった。

牧田は3日(同4日)のロッキーズ戦でメジャー初失点を喫したが、
これで4日(同5日)ロッキーズ戦に続き2戦連続で無失点リリーフと調子を上げてきている。
ここまで4登板で0勝0敗、防御率2.25。
サブマリンから放たれるという唯一無二の「ライジングボール」を武器にパドレスの救援陣を引っ張っていく。

357 名無し募集中。。。 :2018/04/09(月) 17:23:58
エンゼルス vs. アスレチックス [ 2018年4月9日 ]
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018040914
7イニング 23打者 91(59)球 被安打1 奪三振12 与四球1 失点0 防御率2.08

【MLB】大谷、19者連続斬り&7回12Kで全米に衝撃 米紙「悪魔のようなスプリット」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00119417-fullcount-base
敵地の地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」
「A’sのマーカス・セミエンがショウヘイ・オオタニの完全試合の挑戦を終わらせる」と速報。
記事ではアスレチックスがメジャー全球団で現在最もノーヒット試合を許していないチームであることを紹介。
1991年7月13日以降、4232試合という記録を保持しているが、「エンゼルスの二刀流のスター」が最長記録打破に迫っていたことを伝えていた。
また米スポーツサイト「デッドスピン」は「ショウヘイ・オオタニは明らかにこの惑星由来ではない」の見出しでその衝撃を伝えた。


大谷、2勝目の要因は? 数字が示す圧巻の投球内容。試合を支配した初球
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180409-00010004-baseballc-base
ストライク率。この日放った91球のうち、実に59球がストライクで、その割合は64.8%に及んだ。
初登板となった同じくアスレチックス戦(現地1日)では92球のうち68.4%となる63球がストライクだったが、
2試合続けての安定感は目を見張るものがある。

また、イニング毎に追って見ていくと、
1回15球(ストライク10球)、2回14球(同8球)、3回13球(同9球)、4回10球(同9球)、5回13球(同9球)、6回10球(同7球)、7回16球(同7球)となっている。
また、対戦した23人の打者のうち初球ストライクで入ったのは15人で、ストライク先行で打ち取っていけたのも好投の一因だろう。

アウトの内訳は、ゴロアウト4、フライアウト5、奪三振12で、
これは前回登板で18個のアウトのうちゴロアウト6、フライアウト6、奪三振6だった内容と奪三振数以外はあまり変わらない。
しかし、この日4つのゴロアウトのうち4番〜6番から打ち取ったものは7回のクリス・デービス外野手の投ゴロのみで、
その他は1番〜3番から2つ、7番〜9番から1つという内容だった。とはいえ、4番〜6番から6つの三振を奪ったことは価値があった。

球種の割合は、この日速球(フォーシーム、ツーシーム)が42球、スプリットが34球、スライダーが13球、カーブが2球。
中でも、決め球がスプリットだったのは11回と目立った。
それでも、後半になるにつれて速球で押すシーンも多く見られ、5回以降、四球以外10人の打者に対して決め球が速球だったのは5度あった。


大谷 新人投手2試合合計18Kは球団史上最多タイ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000014-tospoweb-base
米メディア大谷に賛辞「悪魔のようなスプリット」 MLBサイト空振り奪取率注目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000051-dal-spo
この日の大谷が投じた91球中24回の空振りにつながり、26・4%を占めていたと伝えた。
同記事によると、昨季のトップはサイ・ヤング賞にも輝いたコーリー・クルーバーの15・6%で、
驚異的な空振り奪取率だと分析している。

358 名無し募集中。。。 :2018/04/09(月) 17:28:56
大谷翔平の圧巻投球に女房役も唖然「見ただろ!?(笑) アメージングだった」
女房役マルドナードも脱帽、CY賞投手級の投球「グリンキーが一番近い」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00119472-fullcount-base
エ軍ソーシア監督 二刀流・大谷絶賛「両面で重要なチームの一員」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000004-tospoweb-base
「翔平は、ピッチングと打撃の両面で重要なチームの一員。
今、先発投手陣を一定のローテーションで回そうとしている中で
彼が今日したように、オフェンスには打つチャンスを、ブルペンには休みを、
そして力強い投球を見せたことは我々にはとても大事で素晴らしい試合だった」

「大谷はアナリティカル(分析家)だから、マルドナードと回の合間に次に当たる打者についての話をしていた」

「翔平はキャンプで投打両面において自分がいるべきところにいくためには何をしなければいけないかというプランを持っていて、それに向かって一生懸命取り組んでいた」

「シーズンが始まって、だんだんそれが見えてきた。23歳としては計り知れないほどの落ち着き、経験を持っていてしっかりとこの環境にアジャストしている。
彼は自分の能力をよく知っているし、よく学習し、理解も深い。だから、キャンプでは彼が達成したいことに向けてプランがあり、我々はその結果を今見ている状態なんだ」


異次元投球の大谷、無安打阻止の敵打者も脱帽「ミスないならあがくしかない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00119523-fullcount-base

大谷快投「時代は変わった」…西武・渡辺SDも絶賛「長い手足を使いこなしている」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000088-spnannex-base
SB王会長、二刀流・大谷絶賛 「想像を超える結果」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000025-asahi-spo

投手・大谷から初安打、33歳敵打者の目「彼はまだまだいい選手になる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00119366-fullcount-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00119366-fullcount-base&p=2

大谷の活躍の陰に…もう一人の二刀流マッケイが静かに迎えた開幕とは
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180409-00010002-baseballc-base

359 名無し募集中。。。 :2018/04/09(月) 17:46:58
【大谷一問一答1】完全試合は意識せず「むしろ、いつ出るかと待っていた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000089-dal-spo
【大谷一問一答2】打者3連発と投手2連勝「どちらも嬉しい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000090-dal-spo

ホームランと奪三振だけじゃない!大谷翔平が全米で“So cute!”な理由。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180409-00830441-number-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180409-00830441-number-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180409-00830441-number-base&p=3

全米メディアも大谷の「完全試合未遂」に大興奮「本当に人間か?」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000003-wordleafs-base
スポーツ情報サイト「Sporting News」

「我々は、まだ彼の一握りの試合しか見ていない。
大谷が“二刀流として成功できる”と宣言するまで、どれくらい待たねばならないのか?という疑問だけが残っていたが、
彼は、マウンド上での支配的な投球と、3試合連続本塁打の打席を見せた。
これからもますます(それを見る機会が)増えていくと感じさせるものだった」

「彼の投球は、厄介なものであり続けた。まぐれではこれほどの投球にはならない。
アスレチックスは、2度目の対戦なのに混乱していた。1週間の準備と修正も助けとならなかった」

「ルーキーにとって大リーグ2度目の先発は、通常、普段通りには投げられないものだ。
大谷は確かに普通ではなかった(もはや議論は彼が本当に人間かどうかという点になっている)」

「もう一度問いたい。これで、もう十分だろうか。
大谷は、ベーブ・ルース以来初めてとなる正当な二刀流スーパースターと我々は確かに言えるだろうか。
それには、この先、どれほどのサンプルが必要だろうか。5度の先発や、いや10度か。50打席か、100打席か。
確かに大リーグ(の他の選手たち)は、彼を研究して対応をしてくるだろうが、
彼のここまでのマウンド上、打席での成功が、“幸運な、はかない夢だった”と言えるようなものは何もない。
もはや(大谷はまだ本物かどうかわからないと)主張するのは難しくなった」

同メディアも奪った空振りの数のデータに注目。
大谷が7回までに奪った24回の空振りは、ここまでのシーズンで最多のものだったという。

360 名無し募集中。。。 :2018/04/09(月) 23:58:22
【朗報】メジャーリーグのボール・・・飛ぶボールでは無かった
https://cdn.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/8926265/0_6Qq8kw-8CQAT8hiw..0.png
反発係数的には2013-14が飛ばないボールだったってだけだそうだ

https://i.imgur.com/sPGMEDY.jpg
https://i.imgur.com/W5ddSyA.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DaS2PXgUMAAowU8.jpg

エンゼルス先発投手成績

3/30 リチャーズ→ 5回 5失点
3/31 スカッグス→ 6.1回 無失点(QS)
4/1 シューメーカー→ 5.2回 3失点
4/2 大谷翔平→ 6回 3失点(QS)
4/3 ラミレス→ 4.2回 5失点
4/4 リチャーズ→ 5.2回 2失点
4/5 スカッグス→ 4.2回 2失点
4/7 ブライドウェル→ 1.2回 6失点
4/8 ラミレス→ 2回 3失点
4/9 大谷翔平→ 7回 無失点(HQS)

投げても打っても記録ラッシュの大谷 対戦相手の“空振り率”は54・5%
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000124-spnannex-base
2度目の登板で快投を演じたエンゼルスの大谷は各分野で記録を量産している。
ワシントン・ポスト紙は高精度分析の「スタットキャスト」のデータを紹介。
2試合における対戦相手の「空振り率(全スイングにおける空振りの割合)」は54・5%に達しており、
2015年に計測を開始して以来、5番目に高い驚異的な数値を記録したことに注目していた。
つまり2回スイングすると1回以上、バットが空を切っている計算。
メジャーの打者なのに、ボールにかすることすらない状況がひんぱんに起こっている“異常事態”になっていた。

CBSによればこの日の最速は99・6マイル(160・3キロ)で最も遅いカーブは68・5マイル(110・2キロ)。
約50キロもの緩急をつけられる能力は各メディアで高く評価されており、
その中間のスピードに位置しているスプリットは、空振り三振に仕留めたボールの43%を占めていた。
MLBドットコム(大リーグ公式サイト)によれば、メジャーデビューから2戦目までに12奪三振を記録した投手は
2012年のスティーブン・ストラスバーグ(ナショナルズ)以来、史上14人目。
12奪三振に「被安打1、与四球1以下」という条件を加えると、
2戦目までにこれをすべてクリアしたのは1960年のフアン・マリシャル(ジャイアンツ)、
1997年のスティーブ・ウッダード(ブルワーズ)を含めて史上3人目となった。

このほかにも「デビュー2戦で18奪三振はチーム最多タイ」
「ハードヒット率(打った際の初速度が95マイル=約153キロ=以上)の71・4%はメジャー全選手の中の最高」
など、打っても投げても記録ラッシュ。比べられる選手はすでにベーブ・ルースだけではなくなってしまった。


大谷翔平「56.8%」の意味 米メディア分析で何が見えた
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000009-jct-ent

元GEM・武田舞彩、大谷翔平選手の“#ShoTime”に大興奮! ファンからは“勝利の女神”の声も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000017-mnet-musi
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180409-00000017-mnet-000-1-view.jpg

361 名無し募集中。。。 :2018/04/09(月) 23:59:01
【MLB】大谷翔平の“完全未遂”、米コラムニストに聞く 「前代未聞のメンタリティ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00119575-fullcount-base
米スポーツメディア「スポーティングニュース」のジョセフ・ディポリート記者

「彼はワンダフルだった。打者としてだけではなく、投手としても一流の片鱗を見せてくれた。
個人的には最も驚かせられたのは試合後の記者会見だよ。
地元の記者が質問したんだ。完全試合だと知っていたか?、と。
その答えは23歳とは思えない。精神的な成熟に感銘を受けた」

「23歳でこんな発言をするアメリカ人のアスリートを私は知らない。前代未聞のメンタリティだよ。
彼は常に先を見ているのだろう。世界最高の野球選手になるのだ、と。
彼は常に最終的なゴールを常に見つめているから、こういう発言が出てくる。私はとにかく驚いた」

「彼の才能は間違いない。それは誰もが知っている。世界中には運動、学業、芸術の分野で様々な天才がいる。
だが、その才能を際立たせ生かすのは、常に精神力だ。オオタニは自分の才能を理解している。
そして、自分の才能を分析することができる。これは彼の2倍ある年齢の選手でも困難なことだと思う」

ディポリート氏はこう続けた。マイク・ソーシア監督は大谷の美徳について
「恐ろしいほどの冷静さと高度な分析力」と表現していたが、「ソーシアの見立ては正しい」

「NPBという日本で最高のレベルで18歳から活躍できた。
それが個人的には、オオタニという人間の持つ、高度な規律正しさを証明している。
彼はすでに30代の経験深い名手のような精神的な成熟を兼ね備えていることも分かった。
何かを定義するにはまだ時期尚早だが、
野球に対する献身性、精神的な強さ、個人的にはこれがオオタニの序盤の成功の鍵になったと思う」

362 名無し募集中。。。 :2018/04/10(火) 18:41:53
エンゼルス大打撃 右腕ラミレスが右肘靱帯断裂 TJ手術で長期離脱も
すでに先発2投手がDL入り、高まる大谷への期待
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00119658-fullcount-base
J.C.ラミレス投手 右肘靱帯断裂→トミージョン手術
アンドリュー・ヒーニー投手 開幕直前 DL入り →復帰間近
マット・シューメーカー投手 開幕直後 右上腕を故障 DL入り


ペドロマルチネス
「大谷は今の投球を続ければ夏には靭帯が壊れる。スプリットは1試合で10球未満にしろ」

スモルツ
「大谷は凄いが田中ダルビッシュと同じでトミージョン送りになる可能性高い」


初戦は23球、2戦目は34球も投げてる


メジャー 来季にも「滑らない公式球」導入へ 侍にも朗報
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/03/01/kiji/20170228s00001007306000c.html
大リーグ機構(MLB)が早ければ来季にも「滑らない公式球」を導入する方針であると27日(日本時間28日)、米ヤフースポーツが報じた。
公式球を供給しているローリングス社に粘着性のある球を発注。
同社のマイク・トンプソン副社長は「(導入は)近づいている。MLBがゴーサインを出すタイミングを待っている」と話した。
WBCでも使われる大リーグ公式球は滑りやすいとされ、日本選手が適応に悩まされる。
導入となれば次回以降のWBCに臨むにあたり、侍ジャパンにも朗報だ。
大リーグでは日本人以外でも、ロジンのほか、日焼け止めクリームなど、それぞれの方法で滑り止め対策を講じているのが実情。
ヤンキースのピネダは14年4月、松ヤニを付けての不正投球で10試合の出場停止処分を科された。
昨年11月にはアリゾナ秋季リーグで試作品をテスト。
表面の革に粘着素材を吹き付けたもので、(1)使い初めに粘着性が強すぎる(2)粘着素材が短時間で剥がれる、などの不満が出た。
トンプソン副社長は「希望にかなうものを求められる時期に準備する」と自信を示した。

▽日米の使用球の違い
日本のプロ野球では国際大会への対応などを目的に、
牛革が滑りやすいとされる大リーグ公式球に近い統一球を11年から導入し、ミズノが生産。
それでも大リーグの球は表の革が日本のものよりもパサパサしており、よく滑るといわれる。

363 名無し募集中。。。 :2018/04/10(火) 18:59:20
3試合連続HR・本拠地初勝利の大谷、週間MVPを獲得 日本人最速&最年少
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180410-00010003-baseballc-base
エンゼルス・大谷が週間MVP 日本人で最速、最年少 米紙「MVPに新たな算定法が必要かも」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000000-ykf-spo
MLB公式サイトは「この1週間、米メディアの話題を独占した。投手・大谷が打者・大谷と対決したらどちらが勝つのか」と伝え、
「17のアメージング・スタッツ(成績)」として、二刀流で数々の記録を塗り替えようとしていることや、
空振り奪取率、球速(投球、打球)がメジャー屈指の好成績であることも伝えている。

スポーツ・イラストレーテッド誌
「4月の成績だけで判断するのは早いが、大谷は野球界のベストプレーヤーにみえる。
MLBは野球というゲームそのものを変えるスーパースターを見つけたのかもしれない」

USA TODAY紙は
マーティン・マルドナルド捕手の「打席に入るときはいかにも打者らしく見え、投げるときは投手そのものだ」とのコメントを紹介した。

春のキャンプの不振から「大谷はメジャーで通用しない」と書いたヤフー・スポーツのジェフ・パッサン記者はツイッターで異例の謝罪。
「Dear Shohei I was wrong(僕は間違っていました)。この仕事で間違った記事を書くのは最悪だが、春のキャンプの結果で書いてしまった」

大谷の予想以上の活躍でワシントン・ポスト紙は、困惑したように次のように記している。

「大谷は二刀流であることから規定打席に達せず、登板回数も限られる。
全米野球記者協会は、MVP部門で100年ぶりの二刀流をどう評価するのが妥当なのか、
新たな算定法の作成を迫られるかもしれない」

大谷の二刀流が大リーグを変革させようとしている。

364 名無し募集中。。。 :2018/04/10(火) 19:00:37
メジャーリーグ 完全試合はわずか23度 大谷の偉業達成はあるか?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000098-spnannex-base

大谷翔平のすごさがもっとわかる、MLBのテクノロジー「スタットキャスト」とは?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180410-00010010-realsound-ent

MLB開幕ダッシュに成功したのは? 予想以上に輝く5チーム、“二刀流特需”に沸くあの球団も
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180410-00010004-baseballc-base

大谷翔平のプレーを生で観たい!予算はどれくらい?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180410-00166542-diamond-bus_all
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180410-00166542-diamond-bus_all&p=2

大谷はド軍ファンも獲得か 背景にロス近郊のテレビ中継事情も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000023-nkgendai-base

365 名無し募集中。。。 :2018/04/10(火) 19:06:15
大谷翔平の衝撃の完全未遂試合の裏に隠された綿密な工夫とは?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000003-wordleafs-base
実は、初先発を終えたとき、大谷翔平(エンゼルス)が、左打者に1球しかスライダーを投げていないことが少し気になった。
先日、THEPAGEに掲載した「疑念ボールはなぜメジャーで通用したのか」という記事の終わりに書いた「ただ1点気になること」である。

大谷のスライダーは曲がり幅が大きいことが特徴。1試合目はスライダーの横の動きの平均値が38.1センチもあった。
これは、右打者にしてみればぶつかってくるような感じなので、どうしても腰が引けてしまう。一方で、左打者には軌道が見やすい。
となると、それなりの制球力が必要となる。
効果的に使うとしたら、田中将大(ヤンキース)や前田健太(ドジャース)、そしてダルビッシュ有(カブス)のように“バックフット”を投げられるかどうか ── 。

ただ、大谷とスライダーの軌道が酷似するダルビッシュは今年、すでに2回もそのスライダーをスタンドへ運ばれており、
彼レベルでも、一歩間違えばというぐらい、左打者に投げるには、リスクが大きい球だ。
かといって大谷は、左打者を4シームとスプリットだけで抑えられるのか ── 。

そういう視点で8日(日本時間9日)、2度目の先発となるアスレチックス戦を見ていたが、それを大谷は、別の方法できっちりと補っていた。
結論から言えば、左打者には1球もスライダーを投げなかった。4シームとスプリット以外は、カーブを2球投げただけ。
それでも相手を翻弄したのは、スプリットで球速差をつけたからではないか。つまり、同一球種で巧みに緩急をつけたのである。

4回、マット・ジョイスと対戦した時には、68マイル(約110キロ)のカーブでストライクを取った後、84マイル(約135キロ)のスプリットをファールされた。
3球目は2球目とほぼ同じコースに87マイル(約140キロ)のスプリットを投げ、一塁ゴロに仕留めた。しかもこの球はややチェンジアップ気味に沈んでいた。
9日になって公開されたStatcastのデータを見ると約5センチ分、2球目と比較して、横の動きが大きかった。
この程度なら軌道を変えたとは言い難いが、少なくとも意図的に球速を変えたことは間違いない。

ジョイスとの3度目の対戦でもそうだった。初球は83マイル(約134キロ)のスプリット。ジョイスは空振りをしたが、全くタイミングが合っていなかった。
スプリットの球速を変えたのは右打者に対しても同様で、
5回にはクリス・デービスと対戦すると、初球から3球連続でスプリットを投げたが、83(約134キロ)、87(約140キロ)、89マイル(約143キロ)と徐々に球速を上げた。

アスレチックスの選手らは前回も対戦しているため、スプリットならこれくらい、というタイミングのイメージがある。
デイビスも前回、6回に対戦した時は3連続でスプリット(89.9、90.4、88.3マイル)を見ている。
それだけに彼はスプリットの球速のイメージが出来ていたはず。しかし、1打席でこれだけ違うと合わせにくい。
さらにこの日は、4シームでも球速差をつけており、2つの球種が3つにも4つにも見えたのではないか。

366 名無し募集中。。。 :2018/04/10(火) 19:14:41
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000003-wordleafs-base&p=2
https://amd.c.yimg.jp/im_siggqZrXM5UGIcGC6d48gcPyDw---x900-y439-q90-exp3h-pril/amd/20180410-00000003-wordleafs-001-4-view.jpg
上は、4月1日の初登板時の球種別の投球数に応じた球速を示したグラフだ。
一番上の茶色の線がフォーシーム、2番目の赤い線がスプリット、3番目の緑の線がスライダー、一番下の線がカーブを示す。
縦の単位がスピードで、横の単位は球数となる。1球ずつを折れ線グラフにしてある。

https://amd.c.yimg.jp/im_siggk5ILKQMsIA2KtpK8KxK.kw---x900-y430-q90-exp3h-pril/amd/20180410-00000003-wordleafs-002-4-view.jpg
続いて上が2回目の登板のもの。
この2つのグラフを比較すれば、2度目の登板のグラフの方が、スプリットの球速が波打っていることがわかる。4シームも今回の方が幅が大きい。
結局、4シームにしてもスプリットにしても球速が速いだけに、投げ分けが可能なのかもしれないが、
そうした“差”を利用するのが上手いのが、クレイトン・カーショウ(ドジャース)だという。

以前、 国学院大准教授で投手の投球動作解析を行っている神事努氏に教えていただいたが、
カーショウの場合、4シームを巧みに投げ分け、相手から見ると、ポイントが6つも7つもあって、
狙い通りに4シームが来ても、タイミングが合うとは限らないそうだ。
それを神事氏は、「奥行き」と表現していたが、その言葉に倣うなら、大谷は今日、スプリットで奥行きを使っていたと言える。

正直なところ、左打者に2球種では、遅かれ早かれ、左打者が対応したはず。
右打者に対しては、今回は少なかったものの、スライダーが加わって3球種だが、2つと3つでは劇的に相手の対応が変わってくる。

古い話になるが、1968年、ア・リーグの首位打者の打率が.301まで下がったことがあった。
その年、リーグの平均打率は.237を記録し、今でも最低アベレージである。
この頃実は、スライダーが世に広まった時期と一致し、それが一因とも考えられたが、このことをかつてイチローに聞くと、こう答えた。
「スライダーがというより、球種が3つに増えたことが大きいんじゃないですか」
それまでは、真っ直ぐとカーブだけ。球種が2つから3つに増えたことで、リーグは、マウンドを低くするなどの対応を迫られることになった。

そんな例からも2球種ではいずれ限界を迎えるのでは、と考えたわけだが、
スプリットだけではなく、4シームでもあれだけ奥行きのあるピッチングが出来る。
これだけ器用なピッチングが可能なら、15日(日本時間16日)に予定されているロイヤルズは、
根本的に対策を練りなおさなければならないかもしれない。

なお、一夜明けて公開された、4シームとスプリットのデータを調べてみた。カッコ内は前回。

      回転数(1分間)  横の動き(センチ)  縦の動き(センチ)

4シーム    2182(2219)    15.2(20.4)     43.0(39)

スプリット   1162(2182)    14.3(18)      6.4(3.35)

前回、4シームとスプリットの横の動きが酷似していることを指摘したが、
前回が2.4センチだったの対し、今回は9ミリ。相手打者は、さらに見分けがつかなかったのではないか。

これでもしも4シームの縦の動きが45センチを超えてくるようなら、
相手は、あの100マイル(約161キロ)近い真っ直ぐが、ホップして感じられるようになり、
2つの球種が一層、相乗効果をもたらすことになるのかもしれない。

(文責・丹羽政善/米国在住スポーツライター)

367 名無し募集中。。。 :2018/04/11(水) 01:53:15
大谷翔平、瞬間最大風速でサイ・ヤング投手の記録を上回る
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018040916250401.html
「MLB.com」によると、この試合で大谷が記録した「Statcast」のスイングに対する空振りの割合は54.5%(44スイング中、空振り22回)に達したのだが、
「Statcast」が導入された2015年以降、1試合で空振りを20回以上奪った先発投手がこの数値を上回ったのはわずか5例のみとのこと。

また、大谷はこの試合のスイング・ストライク率(スイングでストライクを取る率)を26.4%としているが、
同じく「MLB.com」によると、これは昨季リーグでこの部門トップの数字を残したコーリー・クルーバーのシーズン平均を10%以上も上回っているとのことである。
出色のパフォーマンスを示した1試合の数値と、シーズン平均を比較するのはちょいと不公平な話ではあるが、
少なくとも、この1週間に限ると、瞬間最大風速的ではあるが、事実として大谷はサイ・ヤング賞右腕のクルーバー越えを果たしたのである。


元同僚の西武ブライアン・ウルフ「日本ハム入団時から英語で話しかけてきたよ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000040-tospoweb-base
https://no-05.com/wp-content/uploads/2017/02/bb-ootanishouhei-mokuhyou.jpg

大谷翔平を成功に導く名将ソーシアの存在「メジャーで最も賢明な男の一人」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00119833-fullcount-base

368 名無し募集中。。。 :2018/04/11(水) 17:39:56
レンジャーズ vs. エンゼルス [ 2018年4月11日 ]
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018041109
9回表2アウト走者無し 代打大谷 二ゴロ

先発外れた大谷 ファンからは不満の声「日本のベーブ・ルースはどこ?」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000071-spnannex-base
大谷、メジャー初の代打出場 コロンとの21歳差対決も二ゴロでOP戦の再現ならず
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180411-00010003-baseballc-base

エンゼルス 大谷効果で36年ぶりの好スタート チーム成績3部門でトップ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000088-spnannex-base
79得点、128安打、20本塁打

大谷の魔球スプリット 空振り率1位70・3%
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00176048-nksports-base
大谷はここまでスプリットを58球投げ、その70・3%で空振りを奪っており、今季の1球種の空振り率としてはメジャートップ。
02年以降のデータによると、大谷のスプリットは全投手の全球種のうち3番目に打つのが難しい球で、
今季のプライス(レッドソックス)のカッター、08年のリンスカム(ジャイアンツ)のスライダーに次ぐという。
また大リーグ公式サイトによると大谷の球速はメジャー上位17%に入り、打球速度は上位11%、走塁速度は16%に入るという。

【MLB】大谷翔平、右手の指にマメも…投手コーチは楽観視「すべては問題ない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00119960-fullcount-base

大谷の活躍、王貞治さんに聞いてみた「正直に言うと投手1本と考えていた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000012-ykf-spo

二刀流の活躍に全米騒然 エ軍大谷の大型契約をメジャー通が予想
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000022-nkgendai-base

大谷翔平、12日はDHで先発出場へ 相手先発が左腕の試合では初スタメン
地元記者が伝える「左腕マット・ムーア相手にDHで出場する」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00119997-fullcount-base

Numberで大谷特集 38年の歴史で初めて「二刀流表紙」にチャレンジ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000072-dal-spo
https://amd.c.yimg.jp/im_siggAA3vTUAfXUfg4vWfMaKuEg---x900-y675-q90-exp3h-pril/amd/20180411-00000072-dal-000-3-view.jpg

369 名無し募集中。。。 :2018/04/11(水) 18:26:56
(二)コザート 13億9370万円
(中)トラウト 36億5750万円
(左)アプトン 17億6000万円
(一)プーホールス 29億7000万円
(右)カルフーン 9億3500万円
(遊)シモンズ 12億1000万円
(三)バルブエナ 8億8000万円
(指)大谷 5995万円+α


昨日の時点での成績
二 .250 2本 4打点 出塁率.313 OPS0.813 コザート
中 .220 3本 7打点 出塁率.319 OPS0.831 トラウト
左 .282 3本 9打点 出塁率.333 OPS0.923 アップトン
一 .265 1本 4打点 出塁率.295 OPS0.676 プホルス
右 .195 1本 4打点 出塁率.233 OPS0.550 カルフーン
遊 .357 0本 7打点 出塁率.372 OPS0.777 シモンズ
三 .229 2本 5打点 出塁率.270 OPS0.700 バルブエナ
指 .389 3本 7打点 出塁率.421 OPS1.310 大谷
捕 .217 0本 2打点 出塁率.333 OPS0.594 マルドナド

チーム打撃成績↓(30チーム中)
打率.264(2位) 本塁打数17(1位) 打点55(1位)

370 名無し募集中。。。 :2018/04/11(水) 20:34:47
イチローが米メディアに大谷翔平について語る。「ただ信じられない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000003-wordleafs-base
エンゼルスの大谷翔平(23)が代打出場するだけでメディアが大騒ぎするほど、
全米でその衝撃の“二刀流”が話題となっているが、スポーツメディアの「ジ・アスレチック」は、
カンザスシティに遠征中のマリナーズのイチロー(44)に、その大谷についてのインタビューを行い、
「イチローが大リーグを熱狂させた17年後、彼は今、大谷翔平に畏敬の念を抱いている」という記事を報じた。

同記事は「イチローは大リーグに来た過去最高の日本人選手だが、
過去最高でいられる時間は、そう長くないのかもしれない。
大谷翔平は大リーグでデビューして2週間弱で大リーグを完全に変えてしまった」
と、大谷が、イチローを超える選手になるのではないか、という期待感を伝えた。

そしてイチローの「試合前の準備や練習で大谷翔平が100マイル(約161キロ)を投げ、
本塁打を打っていたら、人は、それを見て驚くはずだ。
そして、それを試合の中で見れば、もう説明も理解もいらない。
ただ座ってそれを見ているだけだ」という声を紹介した。

同メディアの記憶に刻まれている17年前にイチローが全米を大谷と同じように驚愕させた瞬間は、
2001年4月11日、大リーグデビューして8試合目の試合だという。
それは偶然にも、大谷が2度先発して全米に衝撃を与えた同じくアスレチックス戦で、
同チームは、左腕のマーク・ムルダーを先発に立て、スタメンから外れたイチローは、0-0で迎えた8回に代打出場、
そこでヒットを放ち、チームの3得点につなげた。だが、驚愕の瞬間は、そこではなかった。
その裏、ライトの守備についたイチローはライト前ヒットで一塁から三塁へ進塁しようとした走者を好返球で刺した。
『ザ・スロー(The Throw)』こそが、驚愕の瞬間だったと記した。

「北米の野球界は、当時イチローに夢中になった。
それまではスカウトリポートにも(強肩を)言及するものがあったが、イチローの能力を疑う者もあった。
日本で7年連続で打撃タイトルを取り、守備でも多数のダイヤモンドグラブ賞を受賞していた。
母国から渡ってきた先輩たちは(野茂英雄氏に代表されるように)大リーグで成功していたが、
イチローは日本プロ野球から大リーグに挑戦した初めての野手だった。
これだけの成功をすることをほとんどの人は信じていなかっただろう」
と、移籍初年度となる2001年にア・リーグMVPと新人王を同時受賞、
以降、球宴に10度出場、ゴールドグラブ賞を最初の10シーズンで連続受賞し、
大リーグで通算3000本安打を達成してきたイチローの足跡を書き綴った。
イチローでさえいからスタートとしたという点を大谷の現状と重ね合わせたのである。

371 名無し募集中。。。 :2018/04/11(水) 20:35:43
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000003-wordleafs-base&p=2
「イチローが米国でのキャリアをスタートさせたとき、イチローは試合で40人から50人ものメディア攻勢にあった。
そして、イチローと同様に日本では大谷に何が起きているのかということに興味が持たれている。
4月1日の大谷の最初の登板では、日本からのメディアだけでアスレチックスに240人のメディア申請があった」
と、17年ぶりに大フィーバーが日米にまたがって起きている現象に言及。
イチローの「日米両サイドから集まるメディアからの強い注目は、良い面と悪い面がある」という声を伝えた。

そしてイチローは、そのプレッシャーの中でスーパーデビューした大谷の存在感をこう表現したという。

「スター選手は、正しいときに輝きを見せる。彼が、今していることはスター選手とそうでない選手との違いでもある。
注目が集まる中ですべてをやっているのだから。ただ信じられない」

またイチローと大谷は、プライベートでテキストメッセージや電話で
連絡を取り合う仲であることを明らかにした上で、イチローの大谷評価をこう続けて記した。

「大谷のどっしりとした心構えが身体的、精神的、感情的な面で、切り抜ける上での助けになる。
僕は、他の人々と同様に大谷がマウンド上、そして打席で素晴らしい結果を残していることにも衝撃を受けている」

投手経験のあるイチローは「大谷の二刀流が控えめであっても素晴らしいこと」とも語った。
ただイチロー自身は大リーグでの初登板後に「二度とやらない」と言い聞かせたという。
 
「大リーグで投げる、大リーグで打つということは、それぞれが共に良いパフォーマンスでなければ難しいこと。
彼は両方を高いレベルでこなしている。両方でこれまで残している結果はただ信じられない」

記事は、最後にイチロー自身が、マリナーズへの移籍会見の中で最低でも50歳までプレーしたいと話したことや、
子供の年齢ほど離れたチームメートとプレーすることになること、またマリナーズにすべてを捧げたいと話したことなどにも触れ、
その中で、大谷に対しては「投手として対戦したい」とユーモアを交えてコメントしていたことも再録した。

「もし今シーズン後も(現役を)続ければ、投手イチローと打者大谷の対戦を見れる可能性も増えてくるだろう」
と米メディアらしい表現で断言。そして「もし対戦する場合は、ど真ん中に直球を3球続けて投球する」というイチローの冗談をわざわざ取り上げて、
「三球三振?」という問いかけに、「いいえ。(大谷が)最低でも500フィート(約152メートル)飛ばすでしょう」
と笑うイチローの声で記事は締めくくられているが、現実問題としては、投手大谷対打者イチローの対決に注目と期待が集まっている。

372 名無し募集中。。。 :2018/04/11(水) 20:47:04
全米が大谷フィーバー! 「カネではない」純粋な野球愛に感動
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180411-00020570-forbes-int
3試合連続ホームランや投手で2連勝し、大谷翔平が大リーグの週間MVPを受賞したが、
日本人が想像している以上に現地の大リーグファンは大騒ぎをしている。

筆者は在米21年になるが、ひとりの日本人がここまでアメリカを揺り動かすことはなかった。
実はアメリカ人の大リーグファンにとって、大谷はこれまでの日本人大リーガーと大きく違う根源的なポイントがある。

まず、こちらでは大谷を評する修飾語がどんどん大きくなってきたのに驚く。
ベーブ・ルースと大谷を比べる記事が日本側に多く見受けられるが、
今日のESPN(全米最大のスポーツ専門チャンネル)では、むしろベーブ・ルースは二刀流ではなく、
当時の所属チームであったレッドソックスが愚鈍で、投手か野手かどっちで使うべきかわからなかっただけのなりゆきだから、
ベーブ・ルースと比べるのは大谷の偉業に対して「不十分」だとさえコメンテーターのキース・オルバーマン氏は言った。

オルバーマン氏は80年代から活躍するスポーツと政治の超一流ジャーナリストであり、
このレベルのジャーナリストが神格化されたベーブ・ルースを抑えて
大賛辞を送ることは大谷フィーバーがアメリカでホンモノであることを物語っている。

さらにMLBネットワークの著名な野球記者、ジェイスン・スターク氏は、
「大谷は大リーグ史上、最高の才能を備えた選手だ」と語っている。これほどの修辞はかなり珍しいことだ。

こうなってくると、オープン戦でさんざんに大谷を批判したメディアも信頼回復に右往左往だ。
前出のオルバーマン氏は「Deke」(フェイントという意味)のスポーツスラングを使い、
「スポーツメディアは化かされていたのでは?」とユーモアたっぷりだ。

もちろん野茂英雄以来、たくさんの優れた日本人選手が大リーグで活躍してきた。
しかし、正直、フィーバーというほどのものはなかった。
大谷がなぜ「大谷フィーバー」を起こし、他の選手がフィーバーを起こせなかったのかは、いくつか根源的な問題がある。

まず、ほとんどの選手は、「果実」で言えば、熟してからアメリカに渡っている。
みな、約10年日本でプレーしてからアメリカに来ている。松井秀喜で10年、イチローで9年、田中将大や前田健太で8年。

これはFA権の問題に加え、25歳未満だと大リーグ側に契約金に上限ルールがあるので、
契約金と年棒を跳ね上げるためにはそのくらいの実績を日本で積んでおいたほうがいいという代理人の思惑も働いている
(代理人はパーセンテージで報酬を得るので、一攫千金型の契約ほど魅力がある。例えば田中将大は7年契約で約160億円)。

しかし、大谷はわずか5年の日本でのプレーで大リーグに渡り、「争奪戦」と伝えられたところで、約2億6000万円にとどまった。
カネの話はおおっぴらになるのがアメリカなので、ファンはシーズンが始まっても球団がいくら選手に払っているかということをいつまでも覚えている。

シビアな話だが、「払っているだけ働いているのか?」という視点でファンは見ている。
選手はみなマイクの前では「カネじゃない」というが、最後は代理人の誘導のまま、「カネのいいところへ転職」というのが大リーグの現実だ。

373 名無し募集中。。。 :2018/04/11(水) 20:47:41
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180411-00020570-forbes-int&p=2
しかし、20年の選手生活で複数の球団を渡り歩く選手や、
それを商品のように売り買いする球団本部とは違って、
ファンは一生、ひとつのチームを応援し、忠誠を誓い、浮気をすることはない。

資本主義が強烈に進化したアメリカスポーツ界において、ファンの「純愛」はときに切なすぎるほどだ。
なので、25歳まで待てば大金と複数年契約を掴めるのに、そのシナリオをあえて捨ててアメリカへ渡り、
「カネではなく、世界最高峰のリーグでプレーしたい」という野球愛を、身をもって示したこの純粋な「青い果実」には
ファンは驚きとともに大きな敬意を払っている。純愛の復活である。
そしてカネ以上に働いている大谷に対して、ますますファンサイドの純愛もまた燃え上がるという図式だ。

それと、アメリカのファンを夢中にさせているのは、今後の大谷の史上空前な活躍を同時代で観戦できるチャンスへの期待だ。
筆者は幼少から、世界記録の868本のホームランを打った王貞治氏のファンだが、
残念ながら大リーグファンは、「違う物差し」で測られた記録を評価しない。

イチローはおそらく最も尊敬されている日本人プレーヤーだが、
アメリカ人にとってのイチローは首位打者や盗塁王、
大リーグシーズン最多安打記録保持者であって、世界一の安打記録保持者ではない。

つまり、日本の報道とアメリカの報道の根本的な差は、日本が日本時代の記録を常に合わせて報道するのに対し、
アメリカでは大リーグという統一規格の中での数字を報道する点だ。
それがフェアだという感覚で、それはプエルトリコ選手もメキシコ選手も韓国選手もみな同じ扱いを受ける。

実は、アメリカ人にとって、その選手がどこの国の人間であるかはまったくどうでもいい問題だ。
そこも日本人が日本人大リーガーをことさらに応援する熱狂とはかみ合わない。
人間社会だし、スポーツの現場だから、悪口のなかについ差別用語が入ることは今後もあるだろう。

しかし、筆者が大リーグの全30球場を観戦した個人的な経験に照らし合わせても、
オリンピックじゃあるまいし、人種や国籍にこだわるファンはいないと断言したいほど少数だ。
そもそも大リーグの選手の3割は外国人だし、出身は19か国にのぼる。

それより、「空前絶後の二刀流(two-way player)」に自らの人生で邂逅し、
その記録が(統一規格)どんどん伸びて歴史が塗り替えられていくのを目撃していきたいと高揚する。
選手仲間の冷静さと比べて、アメリカの大リーグファンが大谷の活躍に興奮しているのはこの同一規格での同時代性だ。

もし、日本から駆けつけて、球場で大谷を応援するなら、日の丸の旗を振りたい気持ちを抑えたほうが良い。
そこにいるすべてのエンジェルスファン同様、エンジェルスの帽子を被り、
大谷のTシャツを買って、奪三振やホームランのたびに隣のアメリカ人とハイタッチをして思い切り叫ぶべし。

この際、資本主義も、国威発揚も、野球に関係ないものはすべて捨てて大谷を応援すべきだ。
大谷翔平がアメリカ人を揺り動かしているものは、純粋な野球愛だから。

374 名無し募集中。。。 :2018/04/12(木) 00:25:39
4月11日 パドレス牧田和久 ピンチをピシャリと抑える驚き投球!
https://www.youtube.com/watch?v=QUqcUvKVBzw
https://i.imgur.com/EAhKWxq.jpg
https://i.imgur.com/qD6athW.jpg
http://m.mlb.com/player/628318/kazuhisa-makita
牧田のチェンジアップ回転数:1998.05rpm
MLB平均のチェンジアップ回転数:1799.09rpm
 
ストレートがチェンジアップ扱いになってるせいで化け物級になってて草
 
 
・ちょうどフラレボ中で合わせづらい軌道
・NPBより球団数多いので初見殺し期間が長い
・あまりにもリリポが低くスタットキャストで計測不能連発
 
牧田にとってはかなり追い風じゃない?

375 名無し募集中。。。 :2018/04/12(木) 00:26:10
3日前
MLB「牧田の130kmのボールはチェンジアップやで!!」
https://imgur.com/a/Eai51
 
今日
MLB「すまん、あのボールはシンカーやで」
https://imgur.com/a/iPzNR
 
 
本拠地ペトコ・パークで3度登板したパドレスの牧田だが、球場の電光掲示板や大リーグ公式サイトで球速や球種がほとんど表示されない珍しい事態が起きている。
パドレスのハフナー広報部長によると、アンダースローで投げる牧田の投球リリースポイントが低く、球場に設置された分析機器の角度で捉え切れないのが原因という。
https://www.jiji.com/sp/article?k=2018040600589&g=bsb
 
https://i.imgur.com/ruTAulR.jpg
https://i.imgur.com/TyvKY5Z.jpg

376 名無し募集中。。。 :2018/04/12(木) 00:27:03
台湾 大谷報道関連
https://i.imgur.com/Y7tD32l.jpg
https://i.imgur.com/kWqu0gF.jpg
https://i.imgur.com/ILYKxMq.jpg
https://i.imgur.com/rgRBOPO.jpg
https://i.imgur.com/T54xRxP.jpg
https://i.imgur.com/Ux3teD4.jpg

377 名無し募集中。。。 :2018/04/12(木) 13:08:23
レンジャーズ vs. エンゼルス [ 2018年4月12日 ]
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018041214
2死12塁で左安打で先制(1打点) 無死3塁で見逃し三振 無死走者無で投ライナー 無死走者無で四球(→牽制アウト[投手マーティン)

大谷翔平、第3打席で強烈打球も敵投手の美技に阻まれる 第1打席で先制打
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00120183-fullcount-base
大谷翔平、先制打でエンゼルス4連勝貢献! 元同僚マーティンに牽制死の珍事も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00120215-fullcount-base
大谷翔平、元ハム戦士との初対決に“完敗” 執拗けん制 ビデオ判定でアウト判定覆るも最後に刺された
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000083-sph-base

大谷翔平の投打の新フォームにモデル選手が存在する?
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20180412-00083883/
大谷翔平のあの偉業をどう伝える?Number初“二刀流表紙”ができるまで。
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180412-00830474-number-000-1-view.jpg
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180412-00830474-number-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180412-00830474-number-base&p=2
エンゼルス大谷を褒めちぎる「MLB公式サイト」と日本の差
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000014-nkgendai-base

マー君、2勝目権利ゲットも5回6失点 9連勝中のレ軍打線を止められず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00149870-baseballk-base
マー君登板試合で大乱闘 スライディング報復死球か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00177194-nksports-base

大谷翔平、前田健太、田中将大、平野佳寿……日本メジャーリーガーを鼓舞する登場曲は?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180412-00010012-realsound-musi
大谷
打者 英国のシンガーソングライター、オリー・マーズ「Wrapped Up」
投手 Afrojack VS. Thirty Seconds to Mars「Do Or Die」

マー
ももクロ 元FUNKY MONKEY BABYSのファンキー加藤が作詞を担当する「吼えろ」

マエケン
2017 Perfumeの「Flash」
2018 Perfumeの「無限未来」

平野
KREVA feat.MUMMY-Dの「中盤戦」

378 名無し募集中。。。 :2018/04/12(木) 19:57:25
第3打席 投手ライナー後のペコリ
http://i.imgur.com/eioHumV.gif
2018.4.12 大谷翔平 8番・DHスタメン!マーティンに… 打席全球 レンジャーズ vs エンゼルス
https://www.youtube.com/watch?v=HCCkWWbk84Q
メジャーで実現「走者・大谷VSマーティン」、意外な形の元同僚対決に米解説感慨「誰が予想しただろう」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00120305-fullcount-base
大谷、元同僚のけん制球に「あんな速いの見たことない」 マーティン「マジか」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000061-dal-spo
日ハム栗山監督、大谷刺したマーティンの牽制を称賛「うまかったじゃん!」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00120264-fullcount-base

“崩壊危機”エンゼルス先発陣の救世主? 大谷とともに期待される21歳右腕がデビュー
16歳で契約。5年間のマイナーを経て掴んだ夢舞台
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180412-00010011-baseballc-base

野手より遅いスローボールで米席巻 牧田が米メディア選出人気ランクで6位
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00120255-fullcount-base
牧田が投げる速球の平均時速は80.8マイル(約130キロ)。
あまりの遅さから、MLB公式サイトでは「フォーシーム」ではなく「チェンジアップ」と断定していることも紹介している。
キャンプ中から話題となっている超スローカーブでは時速50マイル台(約80キロ)を叩き出した。
ここまで今季パドレスで62球を投げている右腕。
記事では「あなたのヒーロー、カズヒサ・マキタは11度空振りでストライクを奪った」と指摘している。

一方、今季メジャーで速球の最高平均球速99.7マイル(約160キロ)を記録している
カージナルスの22歳右腕・ジョーダン・ヒックス投手は63球を投げて、奪った空振りは6度だけ。
時速160キロ級の剛速球以上に威力を奮う牧田の投球に、「これこそマキタがお気に入りの救援になる理由だ」としている。

379 名無し募集中。。。 :2018/04/13(金) 00:49:17
【MLB】飛距離、球速、WHIP…大谷翔平、投打で刻むメジャートップ級の数字
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00120344-fullcount-base
今季加入した二刀流右腕はここまで投手として2試合、野手として6試合に出場。
2勝0敗、防御率2.08、打率.364、3本塁打、8打点と際立った結果を残している。
ここでその成績のうち、ランキング上位に入っている数字の一部を振り返ってみたい(※日本時間12日時点)。

〇本塁打
3本 メジャー10位タイ

〇打点
8打点 メジャー32位タイ

〇本塁打飛距離
450フィート(約137メートル)4月6日インディアンス戦 メジャー7位

〇球速
99.6マイル(約160.3キロ)4月8日アスレチックス戦 メジャー47位タイ

〇勝利数
2勝 メジャー2位タイ

〇防御率
2.08 メジャー25位タイ

〇WHIP(Walks plus Hits per Inning Pitched、1イニング平均で与四球+被安打で許した走者数)
0.46 メジャー1位

〇奪三振
18個 メジャー22位タイ

〇奪三振率
12.46 メジャー8位

380 名無し募集中。。。 :2018/04/13(金) 13:29:48
ロイヤルズ vs. エンゼルス [ 2018年4月13日 ]
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018041307
2死走者無しで見逃し三振 2死1塁で左フライ 2死2塁で敬遠 2死満塁で中三塁打(打点3) 1死1塁で三ゴロ(ゲッツーは回避)

大谷翔平初三塁打 到達タイムは11秒49
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00178256-nksports-base
7回2死満塁の場面で右腕マウアーの96・7マイル(約156キロ)直球をたたき右中間を破った。
3人の走者が生還。大谷は三塁に滑り込んだ。
大リーグが15年から導入しているボールや選手の動きを高精度に分析するシステム「スタットキャスト」によると、
打ってから三塁まで(約81メートル)の到達タイムは11秒49。打球速度は106マイル(約171キロ)だった。

大谷翔平、満塁好機でメジャー初三塁打「下位打線の役割を果たしたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00120454-fullcount-base
大谷、満塁走者一掃の初三塁打! トラウトと並びチーム最多11打点、エ軍5連勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00120444-fullcount-base
大谷翔平、走者一掃三塁打! 圧巻スピードに米驚愕「君は足まで速いのか…!」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00021708-theanswer-base
大谷「チームの波に乗って行けるよう」/一問一答
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00178239-nksports-base

敵将ロイヤルズ・ヨースト監督も絶賛「大谷はプロデューサー」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000005-tospoweb-base
ロイヤルズのヨースト監督

Q この日はDHで打席に立ち、15日(同16日)に先発マウンドに立つ大谷について

「今、多くの人たちが彼について語っている。興味を持って当然だろう」
「昨日(のマリナーズ戦で)、一塁塁審を務めた、長い経験を持つデービスに聞いたんだ。
『大谷の何を見たか?』って。すると彼はこう答えたんだ。『誰とも違う。つまり、見たことのないものを見た』」


番記者「まるでサーカスのようなことが起こっているようだが」

ヨースト監督
「私は、サーカスのような状況だとは思っていない。どこかにピエロはいるか?
日本のメディアが大勢来ているが、それはスター選手がここ(メジャー)でプレーしている時にいつも起こっていること」

「もう分かっているんだ。彼の才能、プレーを見ることは、とてもエキサイトなものになる。
とにかく、あの子は特別なスキルを持っている。
とても、とても珍しい、私たちが、長い歴史の中でも見たことのないものだ。
ハイレベルのピッチングと、オフェンスとしてのいわばプロデューサーだ」

381 名無し募集中。。。 :2018/04/13(金) 13:33:20
地元紙記者に聞く大谷翔平の衝撃…「ロスNO1のスターになってもおかしくない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00120340-fullcount-base
――ここまでの大谷のパフォーマンスに対する率直な感想を。

「去年日本で見た時と同じような印象ですね。とにかくアスリートとして格が違う。そこがすごく目立ちますよね。
あんなに軽くバットを振って打球を飛ばす選手はいないし、
あんなに力まないで投げて、簡単に98、99マイル(約158、159キロ)出る選手もいない。
あれだけの体格であんなに走れる選手も、メジャーにいないと思う。
とにかく持ってる素材そのものが他の選手と違う気がします。
その上で、日本流の練習を長年重ねてきた結果が見える。投球フォームもきれいだし、スイングもきれいですよね」

――投打に苦戦を強いられたオープン戦から活躍は予感していたそうですね。

「実はマット・ケンプ(ドジャース)のことが頭をよぎったんです。
ケンプは高校を卒業するまで主にバスケをプレーしていて、ドジャースには素材のよさだけでドラフトされたような選手。
野球の基礎もあまり知らないままメジャーデビューして、結局3、4年後にはトップレベルと言われるようになった。
大谷はケンプのような素材を持ちながら、頭もよくて頑張り屋です。キャンプの時から成功すると思っていました。
ただ、まさかシーズン最初の10日間でここまで活躍すると思わなかったのでビックリしましたね」

――今、LAのプロスポーツ界にはスターがいない。

「(NBAレイカーズの)コービー(・ブライアント)が引退した後、スターはいません。
カーショーもトラウトもトップ選手だけど、あまり多くを話さないし、感情を表に出さない。
ある意味、大谷もそうかもしれませんが、やっぱり投げる打つを両方やるのはスゴイ。
今、一番ロスで話題になっているスポーツ選手じゃないですか。

気が付いたのは、最初のホームランを打った後、球場の雰囲気が変わったことです。
それをできる選手って、あまりいないですよね。
トラウトもプレーのインパクトはあったけど、観客の興奮レベルを変えられる選手ではない。
最後に見たのは、メジャー昇格したばかりのプイグ(ドジャース)。その前はマニー(ラミレス)ですね。
大谷は打席に入る時に名前を呼ばれただけで盛り上がる。
だから、活躍すればロスNO1のスターになってもおかしくないと思います。
野球を全然知らない人でも、スゴイというのがすぐ分かる。そこがスゴイですよね」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00120340-fullcount-base&p=2
――かつてはゴルフを知らない人でもタイガー・ウッズに熱狂した。その可能性を秘めている。

「ありますよね。野球は歴史がすごく大切。でも、30チームもあるし、各チーム162試合も戦うから、珍しいことは滅多に起きない。
その中で大谷は、NFLとMLBを兼業したボー・ジャクソン、隻腕の投手ジム・アボット以来、誰もやったことがないことをやっている。
ベーブ・ルースと比べる人が多いけど、当時から野球は大分変わった。そう考えると、誰もやったことがないことをやっていると思います」

――これからの活躍が楽しみ。

「楽しみですね。面白かったのが、アスレチックス戦で2度目に先発した試合。
ほとんどの人は、最初の登板は情報を持っていなかったアスレチックスが苦戦したけど、2度目は有利だろうと思っていた。
その状況の中で、逆に大谷が1回目を上回る投球を見せたのがスゴイ。やっぱり頭がいい証拠です。
打者として打席に立った時も、相手投手の攻め方が変わってきてますよね。内角攻めだけじゃなくなっている。
その中でも、大谷はよく見ていて、いつ変化球が投げられるのか、頭の中で分かっている気がします。
彼のアジャスト能力はすごい。
ここから常識的に考えれば、各チームが彼の情報を集めて弱点を攻めるから成績が下がるはずだけど、
彼の場合は頭のよさやアジャスト能力があるから、もしかしたらさらに伸びるかもしれない。年齢を考えてもまだ伸びる。本当に楽しみですね」

382 名無し募集中。。。 :2018/04/13(金) 15:29:27
2018.4.13 大谷翔平 8番・DHスタメン!打席全球 ロイヤルズ vs エンゼルス
https://www.youtube.com/watch?v=CWf9nTS5Jl4
https://twitter.com/twitter/statuses/984618354509058053

大谷の3点三塁打 米データ解析システムが圧巻数値紹介「アメージングな瞬間」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00120471-fullcount-base
MLB公式サイトのデビッド・アドラー記者
「ショウヘイ・オオタニが96.7マイルの直球を捉え、三塁打を放った。
打球の初速は106.0マイル(約171キロ)だ。
スタットキャストの計測では、彼のスプリントスピードは秒速28.3フィート(8.6メートル)だった。
MLB平均の27フィート(約8.2メートル)を優に超えている」

「スタットキャスト」の公式ツイッターの三塁打の詳細レポート
96.7マイル(約156キロ)内角の速球をはじき返し、打球速度が106マイル(約171キロ)、
大谷が秒速28.3フィート(8.6メートル)を記録、11.49秒で三塁まで到達


大谷翔平 アメリカでの住まいは家賃50万円で3寝室
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00000002-pseven-spo
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00000002-pseven-spo&p=2

大谷はどのようにOP戦の成績を覆したのか。エンゼルスの起用法にみる“二刀流“のメリット【小宮山悟の眼】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00010001-baseballc-base

大谷翔平が最速“インストール”したプホルス先生の「ヒールダウン打法」。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00830498-number-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00830498-number-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00830498-number-base&p=3

383 名無し募集中。。。 :2018/04/13(金) 16:47:30
本当にアメリカは大谷フィーバーなのか? =最高のスタート、「社会現象」の予感も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000070-jij-spo
物心ついた時からエンゼルスのファンであるオレンジ郡在住のチャッド・ゲーブルさん(32)は、大谷のホーム初登板を球場で観戦。
2002年にエンゼルスがワールドシリーズで優勝した時以来の熱狂ぶりだと振り返る。

「1人の選手が、こんなにエンゼルスファンを興奮させたのは初めてかもしれない。(チームの顔である)マイク・トラウト以上です」

ただし、この注目度はあくまでもスポーツ界に限っての話。
日本のテレビ番組などで目にする「全米が熱狂」というレベルには、まだ達してはいないというのが現実だ。
オレンジ郡を取材する記者として、地元ですらまだ社会現象になっているとは言えない。
エンゼルスファン同士でもなければ、大谷が会話の話題に上がることはほとんどないだろう。
というのも、アメリカは広大で多様だからだ。
人々の興味は様々。だからあらゆる趣味・嗜好(しこう)に合わせたテレビのチャンネルが何百とある。

イチロー選手がマリナーズで大活躍していた時期も、話題になった範囲としてはシアトルとスポーツ界に限られていた。
アメリカにやって来た日本人が、現地人との会話ネタとしてイチローや松井秀喜を出して、「誰それ?」という反応をされる様子を幾度も目にした。
エンターテイメントが豊富な南カリフォルニアでは、野球に興味のない人は大谷の名前をまだ聞いたことすらないかもしれないことは頭に入れておいてほしい。

開幕からわずか1週間ほどで大谷は自らの資質を証明した。
本塁打連発や勝ち星といった結果も残したが、打球速度や球速、足の速さといった運に左右されない指標で、メジャーでエリートレベルの数値をたたき出している。
大谷に批判的だった現地の野球記者やスカウトたちの中には、すでに大谷信者になった者もいる。
それでも現在の大谷への専門家による評価は、まだ期待という部分が大きい。
絶賛されているのは、スーパースターとして認められたからではなく、限りない可能性を感じさせてくれるから。
問題は投打でシーズンを通じて安定した成績を残せるかどうかである。
メジャーの過酷なスケジュールや長距離移動、時差、蒸し暑い東海岸の夏などはこれから経験する。

大谷がシーズンを通して二刀流を続けられれば、ベーブ・ルースが1918年に記録した13勝、11本塁打を抜くことはそんなに難しくはない。
その上でチームも勝てば、大谷はマイケル・ジョーダンやタイガー・ウッズのようにスポーツという垣根を超えたスーパースターとしてアメリカで「社会現象」になるだろう。
大谷が二刀流で野球界のパイオニアになれるのか。これからも目が離せない。

384 名無し募集中。。。 :2018/04/13(金) 22:04:25
大谷翔平、「何でもできる」才能に感嘆の声 米解説「走塁を見てください」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00120645-fullcount-base
「FOXスポーツ」で解説を務めた132勝投手マーク・グビザー氏

「面白い場面でしたね。かつて、ここカンザスシティーで何度も見た外野手を思い出しますね。ウィリー・ウィルソンの姿です!」
「(走塁は)素晴らしいストライドでした! ショウヘイ・オオタニがメジャーリーグ初三塁打を記録、それも3打点となる三塁打です!」

ウィルソンは主にロイヤルズでプレーし、首位打者、盗塁王、シルバースラッガー賞などを獲得した名選手。
シーズン83盗塁を記録したこともある快速の持ち主で、数多くの三塁打やランニング本塁打を記録したことでも知られている。
グビザー氏は圧巻のスピードで三塁まで到達した大谷にウィルソンの現役時代を想起したようだ。

かつてヤクルトにも所属した解説者のレックス・ハドラー氏

「彼の走塁を見てください。試合前に(エンゼルスの)マイク・ソーシア(監督)と話す機会があったのですが、
そこで私はこう聞いたんです。“彼はどういった点で天才的な選手なんですか?”と。
すると、彼の回答はこうでした。“ハッド、彼は何でもできるんだ。彼の走塁を見てごらんよ”」

と話し、指揮官が大谷の才能に感嘆したエピソードも紹介した。

385 名無し募集中。。。 :2018/04/14(土) 15:02:07
2018.4.14 大谷翔平 7番・DHスタメン!打席全球 ロイヤルズ vs エンゼルス
https://www.youtube.com/watch?v=xdr7BZ6phPA
ロイヤルズ vs. エンゼルス [ 2018年4月14日 ] 7番DH 4打数2安打
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018041412
1死走者無しで左二塁打 無死1塁で空三振 1死1塁で二ゴロ(ゲッツは回避) 無死1塁で中安打

大谷翔平、今季3度目マルチで6連勝に大きく貢献「いい流れで来ている」
メジャー初の二塁打も記録「いいところに落ちてくれた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00120818-fullcount-base
止まらない大谷、今季3度目のマルチ 8回に鮮やか中前打、逆転ホーム踏む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00150082-baseballk-base
米テレビ局、大谷の試合を全国中継=米大リーグ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00000024-jij-spo

驚異の打率・出塁率も…近藤を活かしきれない日本ハムのジレンマ
近藤健介の持ち腐れ…!? 近藤の前後を担う打者がそろって低空飛行
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00150086-baseballk-base
【近藤健介・個人成績】※4月13日終了時点
・打率.432(1位)
・19安打(1位)
・11四球(1位)
・出塁率.545(1位)
・0本塁打(-)
・長打率.591(2位)
・5打点(17位)
・5得点(15位)
※()はリーグ内順位

386 名無し募集中。。。 :2018/04/14(土) 15:02:47
イアン・キンズラー(セカンド) 3試合13打数
打率  .385
本塁打 1本
出塁率.357
長打率.615
OPS .973

マイク・トラウト(センター) 15試合59打数
打率  .271
本塁打 5本
出塁率.389
長打率.576
OPS .965

ジャスティン・アップトン(レフト) 15試合59打数
打率  .288
本塁打 3本
出塁率.357
長打率.492
OPS .849

プーホールズ(ファースト&DH) 15試合67打数
打率  .284
本塁打 3本
出塁率.304
長打率.463
OPS .767

コール・カルフーン(ライト) 14試合61打数
打率  .230
本塁打 1本
出塁率.254
長打率.311
OPS .565

ザック・コザート(サード) 14試合63打数
打率  .286
本塁打 2本
出塁率.328
長打率.492
OPS .820

大谷翔平(DH) 8試合30打数
打率  .367
本塁打 3本
出塁率.424
長打率.767
OPS1.191

アンドレルトン・シモンズ(ショート) 15試合62打数
打率  .339
本塁打 1本
出塁率.379
長打率.435
OPS .814

マーティン・マルドナルド(捕手) 11試合39打数
打率  .256
本塁打 0本
出塁率.341
長打率.308
OPS .649

レネ・リベラ(捕手) 7試合15打数
打率  .333
本塁打 1本
出塁率.412
長打率.667
OPS1.078

ルイス・バルブエナ(内野手) 15試合51打数
打率  .275
本塁打 2本
出塁率.315
長打率.412
OPS .727

ジェフリー・マルテ(内野手) 11試合25打数
打率  .440
本塁打 0本
出塁率.481
長打率.640
OPS1.121

387 名無し募集中。。。 :2018/04/15(日) 02:27:39
【動画】「二刀流」大谷翔平に全米驚がく、ベーブ・ルースを重ねる声も(字幕・12日)
https://jp.reuters.com/video/2018/04/13/?videoId=417388123

元メジャースカウト小島氏「大谷は10分見て監督に取ろうと伝えた」類稀な身体能力に着目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00010024-abema-base
「見て10分で『こいつはとんでもなくなるぞ』と思って、取ろうとすぐに監督に伝えました」
「メジャーのスカウトは1にも2にも身体能力を見る。プレイ中でも練習中でも見られます。アスリートを探せと言われています」
と説明すると、高校1年時に大谷を見た際には「まさにアスリート。身体能力をかたまりでしたよ」と驚いたという。
「彼はメジャーに行っても(通用する)身体能力の高さを証明していますね」と絶賛していた。


逆転劇呼んだ大谷 打ち取ったロイヤルズ左腕は「1週間考えた」「完璧だった」
8回、大谷にカーブを中前安打にされたグリムは「思い描いていたカーブではなかった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00121021-fullcount-base
2回の第1打席では、ロイヤルズ先発の右腕ジェイソン・ハメルの内角への直球を捉えて左翼線への自身初の二塁打を放った。
4回の第2打席はハメルの前に空振り三振、6回の第3打席は左腕ティム・ヒルの前に二ゴロに倒れた大谷だったが、
8回の第4打席に技ありの一打を放つ。ロイヤルズ4番手のジャスティン・グリムが投じた低めのカーブをすくい、中前へと弾き返した。
この後、代打バルブエナの中前適時打で同点とし、キンズラーの中犠飛で大谷が決勝のホームを踏んだ。

ティム・ヒル投手(今季メジャーデビューの28歳。ツーシームを武器とする左腕のサイドスロー投手)
「1週間ずっと彼に投げることを考えていた」
「左対左だ。有利なカウントでバットを振らせ、ゴロを打たせることが出来た。完璧だったよ」

グリム投手(4年連続50試合登板のリリーバー)
「思い描いていたカーブではなかった」と大谷に拾われた低めへのカーブを回顧。
逆転を食らったエンゼルス打線の集中打を
「彼らはうまく修正してきた。非常に良いボールを投げることが出来ていたと思う。結果には表れなかった」

MLB公式
https://i.ytimg.com/vi/yOhqXs1B8Uk/maxresdefault.jpg
https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/646f22da4b77c940ad6345546581cca4/5B5C6BC6/t51.2885-15/e35/29716433_332537673936473_1220813117806608384_n.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DZ9sukBWAAEYaLG.jpg

渡米前から、ベーブルース二世とアメリカで期待されてた大谷
https://cdn-s3.si.com/styles/marquee_large_2x/s3/images/OHTANI-graphic.jpg
https://mediadownloads.mlb.com/mlbam/2017/12/10/images/mlbf_1869641283_th_45.jpg

CNN
https://i.ytimg.com/vi/Jxr6oKb_9PQ/maxresdefault.jpg
日本のベーブルースがアメリカにやってきた!
https://img.etsystatic.com/il/2a0b45/1460206614/il_340x270.1460206614_m3ch.jpg

388 名無し募集中。。。 :2018/04/15(日) 16:20:01
大谷翔平がメジャー挑戦するまで言われていた9つのこと
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00010001-bfj-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00010001-bfj-base&p=2
1.野村克也氏
「大谷の二刀流に関しては、正直、今でも気持ちは五分五分。半分は無理だろう、と」
「昨年はそれなりに結果(10勝、22本塁打)を出したけど、正直言うと、プロ野球をなめんなよ、という思いもある」
「日本ハム首脳陣も含めて、プロ野球を軽く見すぎている。常識的に考えたら、できないわね。これまでの長い歴史の中で、誰もいないわけだから」
(2017年10月4日掲載、週プレNEWSにて)

2.桑田真澄氏
「二刀流にも二通りある。一つは今やっている二刀流。僕が提案するもう一つの二刀流は、10年間投手に専念して、その後10年間打者に専念するという二刀流」
「投手に専念する時は20勝やタイトルを目指すように自分を磨いていく。そして打者に専念する時は3割30本を目指す」
「同時にやっているので大谷君が持っているポテンシャルがまだ半分くらいしか出てない。僕の提案する二刀流をやれば、大谷君のポテンシャルは100%出る」
(2017年9月23日放送、TBS「S1」にて)

3.金村義明氏
「(大谷選手の二刀流について)厳しいと思いますよ。チャプマンのボールとか見たらエグいですよ。大谷どころの騒ぎやないですよ。あれぐらいのボールがバンバン行き交うところでやってたら、体が持ちませんよ」
「(投手か打者かどちらか)ひとつにしないと。ピッチャーでしょう。160キロ投げるんですから」
(2017年10月5日、TOKYO MX「バラいろダンディ」にて)

4.赤星憲広
「活躍できると思う」
「(打者としての試合出場が少し難しいのではと予想し、)まずピッチャーで成績を残すことで、チームの信頼を得る」
「首脳陣だけではなく、ほかの選手たちにも認められないと、なかなか難しい」

5. 古田敦也
「自分で打って勝ちますから、DH制のないナショナル・リーグが欲しがる」と移籍先をドジャースと予想。
「(ドジャース日本人は)3人目となるが、ダルビッシュが先発して、その代打に大谷が出て、ブルペンで待機している前田が投げる。そんな日本人リレーがあるかもしれない。楽しみです」
(2017年10月8日、テレビ朝日系「サンデーLIVE!!」にて)

6.広岡達朗
「(大谷攻略法について)内角球ですよ。緒方監督が『何かあれば俺が責任を持つから』と、バッテリーに言い含めて徹底して、大谷に恐怖心を抱かせるくらいに内角を攻めること」
(2016年10月22日掲載、THE PAGEにて)

7.原辰徳
「二刀流をぜひ、貫いてほしい」
「自分が投げている試合でホームランを打って勝ちたいと言えるのは、彼の中でイメージできているということ。前人未到。評論なんてできないし、ただ、応援する」
(2017年12月10日、「バーニー・フュークス展」のオープニングレセプションにて)

8.落合博満
「賛成です。大賛成です」
「腕の振りがすべていいっていうのと、体が大きいのはアメリカに行くには一番の武器」
「この年のドラフトはやっぱ大谷がナンバーワンなんですよ。ところが、アメリカ行くっていうことで全球団引いて、日本ハムがダメ元で行ったんでしょ。アメリカ行くっていう最初の思いを貫くっていうのは、私にしては大アッパレですよ」
(2017年9月17日放送、TBS系「サンデーモーニング」にて)

9.張本勲
「(上記の落合氏の意見に対し)逆ですよ。ハムに喝だよ。なるべく引き留めようとしないと。球界の宝だからね。約束とかあると思いますけども、できれば引き留めて」
「逆にいま、(メジャーに大谷を)出すように(球団が)持ってってるじゃないの。とんでもないよ」
(2017年9月17日放送、TBS系「サンデーモーニング」にて)

389 名無し募集中。。。 :2018/04/15(日) 16:43:14
好調要因は「大谷だけではない」 米紙がエ軍特集、頼もしい同僚たちに脚光
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00121122-fullcount-base
エンゼルス 雪が舞う中7連勝 大谷明日先発で欠場
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00180283-nksports-base
エンゼルス・トラウト6号「ものすごく寒かった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00180460-nksports-base

二刀流・大谷翔平の快進撃。規格外だけではない要因は
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00000083-spnannex-base
大谷翔平が今も大切にする、父の「3つの教え」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180415-00216153-toyo-bus_all
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180415-00216153-toyo-bus_all&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180415-00216153-toyo-bus_all&p=3
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180415-00216153-toyo-bus_all&p=4
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180415-00216153-toyo-bus_all&p=5
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180415-00216153-toyo-bus_all&p=6

大谷翔平の陰で牧田和久も好発進。日米の違いは「皆、楽しそうに」。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180415-00830491-number-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180415-00830491-number-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180415-00830491-number-base&p=3

エンゼルスが試合中に“大谷マニア”へ「お静かに」と異例要請 米紙伝える
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00121068-fullcount-base
【MLB】大谷翔平、敵は最低2度の極寒か 「彼の人生で最も寒い環境での投球」と米も不安視
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180415-00021801-theanswer-base
大谷翔平も背番号「42」のユニフォームを着てマウンドへ
https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20180415-00084008/

390 名無し募集中。。。 :2018/04/15(日) 18:51:36
張本「困ったねぇ〜巨人は。DeNAと西武は本物。大谷翔平に喝!」広沢克実 プロ野球 メジャーリーグ ハイライト 20180415
https://www.youtube.com/watch?v=JPqLuGxQehA?t=376

180415 大谷翔平に全米熱狂の舞台裏 古田敦也が投球を分析 プロ野球結果 ハイライト
https://www.youtube.com/watch?v=_wh88pU0EjQ

大谷翔平 異次元の活躍に「本当に人間?」/恐怖のスプリットとギアチェンジとは
https://www.youtube.com/watch?v=f7sVMyhwfp0

黒田博樹が語る”大谷翔平”
https://www.youtube.com/watch?v=an0vFttyBjA

391 名無し募集中。。。 :2018/04/15(日) 21:20:41
https://i.imgur.com/3vrEY8i.png

MLBに旋風を巻き起こす大谷翔平 並み居る強打者を凌駕する驚異の成績
得点機会を作る能力を示すOPSはメジャートップのハーパーを上回る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00121322-fullcount-base
長打率.767も”メジャートップ超え”、打率.367はメジャー全体で4位に相当
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00121322-fullcount-base&p=2

392 名無し募集中。。。 :2018/04/16(月) 05:01:55
180415サンデースポーツ~大谷翔平シフト誕生の秘話・柳田悠岐サヨナラホームラン
https://www.youtube.com/watch?v=GblXaleH3PQ

180415 ノムさんの大谷翔平の評価と巨人戦をぼやき解説 プロ野球結果 ハイライト
https://www.youtube.com/watch?v=S-197JPjYLM

大谷 直前の試合中止にも「良い経験になるんじゃないかなと思う」Rソックス戦は「すごい大事な試合」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00000179-spnannex-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00000179-spnannex-base.view-000
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180415-00000179-spnannex-000-3-view.jpg
中止を聞いた瞬間について大谷は
「ちょうどグラウンドに出ようかなと思っていた時だったので、良いタイミングとはいえば良いタイミングでしたけど。
次の試合に切り替えて、きょうはやることもやったので、しっかりと次の試合に向けて頑張りたいなと思っています」と前を向いた。

「カードの初戦というか、休日挟んで連戦の初戦なので、すごい大事な試合だと思いますし。
良い流れでもう一回いけるように、そういうスタートが切れるピッチングをしたいなと思う」

中止になったことについて良い方に転ぶと考えているかという質問に
「そこに対しては特に良かった悪かったはないんじゃないかなと思っている。
今日投げたとしても、必ず良い経験として自分のものになると思っているので。
結果うんぬんではなくて、結果的に中止になりましたけど、
そこに対してはどっちにしろ良い経験になるんじゃないかなと思う」と述べた。

大谷翔平の3度目先発登板、悪天候で中止 18日Rソックス戦にスライド登板へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00121371-fullcount-base
米ヤフー・スポーツのジェフ・パッサン記者
「マイク・ソーシア(監督)によると、ショウヘイ・オオタニは火曜にレッドソックス、デビッド・プライス相手に登板する予定」

D・プライス 24番 85/0826生 左投左打 196cm98kg
03/31 レイズ戦 7イニング 被安打4(被本塁打0) 奪三振5 四死球0 失点0
04/06 レイズ戦 7イニング 被安打3(被本塁打0) 奪三振5 四死球3 失点0
04/12 ヤンキース  1イニング 被安打3(被本塁打1) 奪三振1 四死球2 失点4(自責4) →マー君が6失点したけど勝った試合

393 名無し募集中。。。 :2018/04/16(月) 14:53:18
身長159cmもフルスイングで柵越え プロから女子野球W杯を目指す“6割打者”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00121405-fullcount-base
「第8回WBSC女子野球ワールドカップ」(8月22〜31日、米国フロリダ)で
6連覇を目指す侍ジャパン女子代表が13〜15日、高知県安芸市で第2回強化合宿を行った。
35人の候補が20人に絞られるこのサバイバル合宿に、特別な思いで臨んだ選手は多い。
初めて参加したプロの中田友実外野手(愛知ディオーネ)もその一人だ。

「アマチュア時代から憧れがありました。プロから代表になるのはすごいこと。結果を聞いた時は本当にうれしかったです」
女子プロ野球リーグの選手は代表のトライアウトには参加できず、リーグから代表に派遣されるのは5人程度と狭き門。
今回は、実績十分の里綾実投手(愛知ディオーネ)、川端友紀内野手(埼玉アストライア)、三浦伊織外野手(京都フローラ)の3人を除き、
代表入りを希望する選手30人ほどによる選考会が行われたという。結果的にプロ選手6人の一人として代表候補入りし、気合が入る。

逆境をプラスに変えて成長してきた。小学1年で野球を始め、埼玉栄高卒業後にプロ入り。
1年目にスライディングで右手甲を骨折し、復帰まで3か月を要したが、その間にジムに通ったことで体を大きくすることに成功した。
身長は159センチ。高校時代に48キロだった体重がプロ5年目の現在は58キロとたくましくなった。
右足を大きく上げるフォームから繰り出すフルスイングが持ち味だ。
「プロ入り当初は、ひ弱でコンパクトなバッティングでしたが、成長できなかったので、2年目からフルスイングに変えました。
本当にいろんな方に教えてもらって、それを全部合わせてくれたのが川口コーチでした」。
16年に兵庫ディオーネのコーチに就任した元オリックスの川口知哉氏(現京都フローラ監督)の指導で一気に開花した。
昨季は公式戦で柵越え2本を放ち、打率.338でリーグ8位と活躍。リーグトップの31四球を選んだ選球眼も魅力だ。

「体が小さいからホームランは打てないと思われるのは嫌。小さくてもできることを知ってもらいたいです」と負けん気の強さを見せる。
今回代表候補入りしたことが発奮材料となり、先月開幕した女子プロ野球リーグでは、4試合で11打数7安打、打率は.636で首位と好スタートを切った。
今回の合宿では、3試合の紅白戦で4打数無安打3四球だった。
「結果は出ませんでしたが、課題があることはいいこと」と前向きに捉え、リーグに戻ってさらに腕を磨く。

合宿を終え、選手は35人から20人に絞られる。プロだからといって決して安泰なわけではない。
「勝つことが当たり前と思われるプレッシャーの中で5連覇したのはすごいこと。
野球を好きな世界中の人たちと出会えることは幸せですし、自分も成長できると思います」。
憧れ続けたワールドカップの舞台に思いを馳せ、吉報を待つ。


“美人すぎる野球選手”加藤優が堂々1位! 女子プロ野球「美女9総選挙」結果発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00103520-fullcount-base

394 名無し募集中。。。 :2018/04/16(月) 15:08:18
MLB最年長の44歳コロン、世界一球団相手に7回まで完全投球も…偉業ならず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00121412-fullcount-base
1997年にインディアンスでメジャーデビューしたコロンはメジャー21年目。これが通算530試合目の先発登板だった。
この日は7回2/3を投げて1安打1失点1四球7奪三振の快投。96球を投げてストライクは66球だった。
一方、アストロズのバーランダーも8回1安打1失点1四球11奪三振と快投。好投の両右腕に勝ち負けはつかなかった。

最強左腕カーショーが4戦目で今季初勝利 監督も絶賛「相手は飲まれていた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00121441-fullcount-base

大谷翔平、3度目先発の相手は強豪Rソックスに 地元紙は争奪戦の“裏話”紹介
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00121449-fullcount-base
レッドソックス アラード・ベアード編成担当副社長
「総意として彼は価値ある選手だという認識をもっていた。
開幕からローテーションを任せられ、シーズンの終わりにはエースとなり得る存在だと」
「彼がエース級となり得る投手であることは感じていた」と、投手としての評価が高かったことを明かしている。

特集によると、ベアード氏は大谷が高校生の時点で、これまでに目にしたことがない才能の持ち主であると確信。
花巻東高時代のビデオを見てから、球団の指令を受けて2017年までに11度日本を訪れ、直接視察したという。
「打者としては気に入ってはいたものの、インパクトを発揮するまでは少し時間が必要だと思っていた」と、
現在メジャーを席巻している打撃面については投手よりは評価がやや低かったようだが、その身体能力の高さには脱帽していたようだ。

「とても、とても感銘的だった。身体的には若いときのマーク・グビザのようだった。
グビザが今エンゼルスの仕事(地元テレビ解説者)をしているのは皮肉だね。
背が高く、ひょろっと手足が長い、それでいてアスリートだった」

「彼は他とは違う存在だった。身体への意識が備わっていて、アスリートととしての素質があった。
走塁にしてもバントにしてもスイングにしても、そういう意味で目立っていた」

まさに“ベタ惚れ”だったようだ。結果的に、書類審査後に7球団が選ばれた大谷本人との最終面談にレッドソックスは進めなかった。
ただ、念入りに調査していただけに大谷の能力には最大級の評価を与えており、
強化責任者のデーブ・ドンブロウスキー氏も記事の中で
「彼ほど二刀流としての実力を秘めた選手を他には知りえない」
「異なる2つのことにフォーカスすることになるから本当に難しい。それができる才能を秘めた選手は限られている」と絶賛している。

また、ベアード氏は現在のメジャーでの活躍はまさに自分が日本で見てきたものと同じだと感じているといい、
「MLBの試合でそれをやってのけるのは本当に本当に困難なことなんだ。彼には唯一無二の才能がある」とあらためて称賛。
他球団の研究が進んだとしても「オオタニは非常に賢明な選手なのですぐに対策をとってくるかもしれない。彼は適応できる選手なんだ」という。
他球団のスカウトが、地元メディアの取材に対して更なる活躍に太鼓判を押しているのだ。

395 名無し募集中。。。 :2018/04/16(月) 16:55:09
大谷、強豪Rソックスで先発へ 米屈指左腕セールが二刀流に敬意「脱帽すべき」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00121411-fullcount-base
昨季奪三振王のクリス・セール投手
「(大谷は野球を)より興味深くさせてくれた。より大きな観衆をもたらしてくれると思うよ。
当たり前じゃないことを誰かがしていると、人々はいつだってそれに注目するものだからね。
野球ファンはもちろん、野球ファンじゃない人も、それを見ようとチャンネルを変えるんだ。
さっきも話したけれど、もしもそれをリスペクトしなければ、
また今起きていること(大谷の投打の活躍)を認めたくないのなら、その人は他の仕事を探すべきだ。
みんな脱帽すべきなんだ。見ていて楽しいじゃないか」

396 名無し募集中。。。 :2018/04/17(火) 00:57:55
驚異の才能だけじゃない 大谷翔平の“野球愛”を米特集「彼は“野球狂”だ」
対戦チームの情報ギッシリのiPadで日々研究
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00121572-fullcount-base
デビュー以来、投打にわたる活躍でメジャーに旋風を巻き起こしているエンゼルス大谷翔平選手。
投手としては無傷の2勝で防御率2.08、打者としては先発7戦連続ヒットで打率.367の成績で、
開幕前には懐疑的な声が多かった二刀流を実現している。
今や、その一挙手一投足を伝える“大谷狂想曲”は日本メディアにとどまらず、
アメリカはもちろん世界中のメディアがこぞって特集を組むようになった。
23歳日本人メジャーリーガーが持つ驚異の才能を伝える記事が多い中、
米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」では大谷の「野球狂」ぶりにスポットを当てている。

真面目で誠実な性格として知られる大谷は、
日本ハム時代から野球一筋の生活スタイルを送ることで知られている。だが、それは日本での話。
アメリカでは、その没頭ぶりが新鮮に映っているようだ。エンゼルスのナギー投手コーチが
「彼はとにかく野球を吸収し続ける。これで十分ってことにはならないんだ」と話せば、
ヒンスキー打撃コーチは「彼にとって野球は寝食はもちろん呼吸と同じレベル」と続けたほどだという。

大谷を長らくスカウティングしてきたカブスのジェド・ホイヤーGMは
「我々が入手した彼に関する情報全てが、彼はベースボールジャンキー(野球狂)だと言っていた」
と明かしたというが、エンゼルスのビリー・エプラーGMも同じ意見。
昨年12月に直接面談した際に大谷から様々な質問を受け、
高いデータ分析能力が求められる「NFLのクォーターバックのようだった」と感じたそうだ。

記事によれば、研究熱心な大谷は自身のiPadに対戦打者や投手に関する大量の情報を取り込み、
自宅でも日々研究を重ねているという。それは球場でも同じ。
打者として出場している大谷が、試合中にダグアウトでiPadを片手にヒンスキー打撃コーチと話をする姿はお馴染みだ。
外野手として二刀流の道を歩むのではなく、DHとして打者に専念したことで試合中も投手研究に時間を割けるため、
「学習プロセスにおける利益が生まれている」と指摘。
何かヒントを得た時は、試合中でもクラブハウスに戻り、忘れないようにノートにまとめる大谷の姿も紹介している。

少しでも野球を上手くなりたい。世界一の選手になりたい。そんな思いがあるからこそ。周囲からのアドバイスにも熱心に耳を傾ける。
オープン戦では苦戦した打撃では、ヒンスキー打撃コーチからレッグキックをやめてノーステップ打法に変えてみてはどうかという助言に同意。
開幕を迎えるとすぐに結果が出た。記事によれば、日本で成功を収めた打撃スタイルに固執せず、
変化を恐れずに適応の道を選択した大谷について、打撃コーチは
「『よしわかった。やってみるよ。こうやって適応していくことを自分が求められているなら、ただやるだけだよ。
誰よりも早く上手に適応してみせるから』といった感じだった。彼の運動能力の高さを示すと同時に、
意見に耳を傾けて問題なくこなしてしまう頭のよさも示している」と絶賛したという。
類い稀なる才能を持つだけではなく、野球を心底愛する気持ちこそが、大谷を唯一無二の存在とし、誰からも愛される存在とするのかもしれない。

397 名無し募集中。。。 :2018/04/17(火) 02:13:48
180416大谷翔平特集~試合前に中止・大谷翔平の元トレーナーが語る大谷翔平の身体
https://www.youtube.com/watch?v=JxnS7weiWvw
大谷翔平も投打で大活躍、エンゼルスは昨季WS王者の「強大なライバル」に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00121542-fullcount-base
大谷翔平 開幕直後に「殿堂入り」が囁かれる異例の米評価
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180416-00000015-pseven-spo
大谷翔平は“打者にとって恐怖”の6人 最強左腕、サイ・ヤング右腕らと並びMLB選出
MLBが15日に先発予定だった球界屈指の6投手を1枚の画像で公開、そうそうたる中に大谷の写真も
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180416-00021877-theanswer-base
MLBはインスタグラムに「バッターには日曜日に恐怖が待ち受けている」とつづり、
15日に登板予定だった6投手の写真を1枚に収めた画像を公開した。

〇クリス・セール(レッドソックス 最多奪三振2度)
〇ノア・シンダーガード(メッツ 最速160キロ超のMLB屈指の快速右腕)
〇スティーブン・ストラスバーグ(ナショナルズ 最多奪三振1度、全米ドラ1右腕)
〇ジャスティン・バーランダー(アストロズ サイ・ヤング賞)
〇クレイトン・カーショー(ドジャース サイ・ヤング賞3度のメジャー最強左腕)

そうそうたるメンバーの中に大谷も含まれているのだ。MLBが屈指の好投手と認めた証拠だろう。
なお試合が中止となったのは大谷一人。ほかの5投手はいずれもこの日先発したが、白星を手にしたのは意外にもカーショーだけだった。

女子ソフトボール日本代表入りの長崎、東京五輪も見据え「結果を出せるように」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00121548-fullcount-base
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180416-00121548-fullcount-000-1-view.jpg
8月2日から開催される第16回世界女子ソフトボール選手権大会(千葉)に出場する日本代表17選手が16日、発表された。
2020年の東京五輪出場を目指す長崎望未外野手は、まずは世界選手権で「結果を出したい」と宣言。
そして、「2年後にピークを持っていけるように」と大舞台に照準を合わせている。

【投手】
上野由岐子
勝股美咲
藤田倭
濱村ゆかり
 
【捕手】
我妻悠香
山内早織
 
【内野手】
渥美万奈
市口侑果
川畑瞳
洲鎌夏子
内藤実穂
山本優
 
【外野手】
河野美里
大工谷真波
長崎望未
山崎早紀
山田恵里

398 名無し募集中。。。 :2018/04/17(火) 16:53:12
レッドソックス今季成績
http://i.imgur.com/iBlRATw.png

今後の予定
https://i.imgur.com/x4j2fuI.jpg
当初予定のローテ
ロイヤルズ  中地区最下位
ジャイアンツ  ナ西地区3位
ヤンキース  東地区3位
マリナーズ  西地区3位
ツインズ    中地区首位
レイズ     東地区最下位

変更後のローテ
レッドソックス 東地区首位(全体勝率1位)
アストロズ   西地区2位(前年王者)
オリオールズ 東地区4位
ロッキーズ   ナ西地区2位(クアーズ・フィールド)
アストロズ   西地区2位(前年王者)
ブルージェイズ 東地区2位

翔平飯
http://i.imgur.com/NzoFnmL.png
http://i.imgur.com/LYpyoLj.jpg
http://i.imgur.com/kli8Igf.jpg
http://i.imgur.com/nAxVP5n.jpg
http://i.imgur.com/UlKQBDG.jpg
http://i.imgur.com/82cEqDX.jpg
http://i.imgur.com/espmUWP.jpg
http://i.imgur.com/dm0eYba.jpg
http://i.imgur.com/xamkWxv.jpg
http://i.imgur.com/8YyQ8RM.jpg
通訳
http://i.imgur.com/BcGoZ1K.jpg
http://i.imgur.com/hv9bYq9.jpg
http://i.imgur.com/6ePTKEo.jpg
http://i.imgur.com/4oxieCK.jpg
http://i.imgur.com/4BZrTbV.jpg
http://i.imgur.com/GPlWVSy.jpg
子供時代
https://i.imgur.com/XMvgueL.jpg

399 名無し募集中。。。 :2018/04/17(火) 17:33:29
大谷翔平の衝撃は他競技にも 闘莉王も感銘「あんな選手見たことがない」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180417-00021929-theanswer-base
闘莉王
「あんなに肝の据わった選手を見たことがない。野球の世界で今までにないことをやっている。
その中で、マウンドでも打席でも全く動じている様子がない。自分の出番では常に落ち着きを漂わせている」

「あれほど、アメリカで批判されていたのに動じない。そのメンタルがすごくいいよね。
黙って結果を出す。周りに流されない。謙虚さもいいんだろうね。
自分が23歳の時はどうだったかな……。結果を出したら、批判した人間を見返すようなことを発言してしまうかもしれないね」

「試合のベンチを見ていて、周りの選手とのコミュニケーションも上手いと思った。その辺りの賢さというものを感じる」

「サッカー界で? いないんじゃないかな……。彼は誰もやっていないことをやっているわけだから。
ネイマールも大谷くんのような性格だったら、今よりもっと上にいっていたかもしれないね(笑)。まだ23歳。これからだけどね」


デビュー3戦全勝の石井一久氏が語る大谷翔平、成功するための「失敗力」。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180417-00830546-number-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180417-00830546-number-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180417-00830546-number-base&p=3

大谷翔平支える水原通訳、米でも脚光 「とても楽しめています」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00121633-fullcount-base

大谷、初の1人暮らしで自炊に挑戦 米国での二刀流を支える食生活
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000065-spnannex-base

NZ紙まで大谷を特集、母国の“二刀流”アスリートと比較「どちらが歴史的?」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00121553-fullcount-base

ボー・ジャクソンと大谷翔平の違い ロイヤルズ専属アナが語った
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000187-sph-base

大谷翔平、米でも注目度抜群 経済誌「フォーブス」また特集「米国にも利益」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00121721-fullcount-base

400 名無し募集中。。。 :2018/04/18(水) 13:32:37
エンゼルス vs. Rソックス [ 2018年4月18日 ]
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018041814
2イニング 66(34)球 被安打4(被本塁打1) 奪三振1 与四球2 失点3(自責3) 防御率3.60
エンゼルス公式ツイッター「2回途中にできたマメの影響で降板」
湿度は27%と低くスベるボールに大苦戦・・・全66球中、空振りは2〜3回しか獲れなかった

大谷翔平、2回3失点で3勝目ならず 降板は右手のマメの影響と球団発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00121907-fullcount-base

田中、5回7失点KOで2敗目 低温の中先発し立ち上がりから乱れる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000063-sph-base

401 名無し募集中。。。 :2018/04/18(水) 19:46:36
大谷制球に苦しむ スプリットで1度も空振り奪えず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00183056-nksports-base
大谷、3勝目ならず 右手指のマメ悪化 MLB公式サイトに異例「攻略法」も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000011-ykf-spo
大谷翔平「武器探し」試行錯誤のマウンド 女房役、マメは「降板まで知らず」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00121989-fullcount-base
連勝を止めた湿度27%と中指のマメ。大谷翔平の投球はなぜ崩れたか?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180418-00830554-number-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180418-00830554-number-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180418-00830554-number-base&p=3
大谷翔平撃ちにRソックス党は誇らしげ「感じているかい? メジャーの恐ろしさを」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180418-00022023-theanswer-base
【一問一答】大谷、「単に実力が足りなくてああいう形で降りた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000091-dal-spo
エンゼルス・ソーシア監督「大谷の次回登板はマメの様子を見て、フレキシブルに」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000094-sph-base
大谷翔平、右手中指のマメは打撃に影響なし 指揮官「あまり心配していない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00121962-fullcount-base

402 名無し募集中。。。 :2018/04/19(木) 01:59:21
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/12/jpeg/20180412s00001007003000p_view.jpg
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/12/jpeg/20180412s00001007002000p_view.jpg

403 名無し募集中。。。 :2018/04/19(木) 16:02:51
大谷に工夫余地、動じないメンタルを/小宮山悟の目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00183605-nksports-base
マメについては体質もあろうが、湿度の高いカンザスシティーからロサンゼルスへ移動し、
ふやけた状態の指が一気に乾燥した影響も考えられる。
兆候を逃さず、いかに指先のコンディションを保つか。
悪化しないよう、コーティングの方法などにも工夫の余地はある。

大谷が苦しんだ3度目先発 データに絶好調前回登板と異なる痕跡
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00010002-spht-base
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180419-00010002-spht-000-1-view.jpg
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180419-00010002-spht-001-1-view.jpg
MLB「Baseball Savant」で公開されているデータ「Statcast」を独自に解析すると、
大谷のレッドソックス戦でのスプリット平均回転数は、前回登板の8日・アスレチックに比べて、大幅に上昇していた。
スプリットは回転数が少ないほど、ボールに落差が生じる。マグヌス効果による浮力が生まれないためだ。
大谷は試合後「今日はフォーク(スプリット)が引っかっていた」と話しており、うまくボールを抜くことができなかった。
前回登板では、大きな落差が武器となったことが、奪三振につながっていたことがわかる。
また登板日別の全投球リリースポイント(高さと横)を見ると、これまでの2回の登板に比べ、ばらつきが見られた。
完璧な投球を見せた8日の登板ではリリースポイントがほぼ一か所にまとまっており、
今回は指の状態を考えながら試行錯誤したと思われる痕跡がデータに残されていた。
大谷にとって右手中指のマメは弁慶の泣き所だ。
マメができやすい体質で日本ハム新人の13年から5年間で少なくとも3度、降板の要因になっている。
記憶に新しいのが16年。7月10日ロッテ戦(札幌D)で同箇所のマメをつぶして途中降板。
先発投手復帰は約2か月後の9月7日ロッテ戦(札幌D)だった。
マメ自体は1、2週間あれば治る。問題は副作用だ。
その16年は、2週間後の24日オリックス戦(札幌D)で中継ぎで復帰したが、投球フォームを崩した。
160キロの剛速球を投げるだけに、バランスを崩せば故障のリスクは高まる。当時はそれが約2か月間の長期離脱につながった。

大谷翔平の活躍もより詳細に分かる MLB公式アプリ『MLB At Bat』の楽しみ方
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180419-00010012-realsound-ent

大谷翔平「有能感」を育てた両親の叱らない“肯定教育”
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180419-00010004-jisin-ent

二刀流・大谷、米殿堂入り名投手も魅了「彼の健康を万人が神に願っている」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00122135-fullcount-base
ペドロ・マルティネス
「彼を単に特別な選手とは言わないよ。彼は比類のない存在なんだ。彼は素晴らしいアスリートだよ。
そして、これまでに自分が見てきた日本人選手の中で、最高の体躯を持った選手の一人なんだ」

「万人が彼のプレーを見ることにワクワクしてるんだ。そして、彼が(怪我せず)健康にプレーできるよう万人が神に願っている。そういう選手なんだ」

「彼は、過去100年もの間お目にかかれなかったことを我々に見せ、球界にいる多くの人を喜ばせてくれるだろうね」

404 名無し募集中。。。 :2018/04/19(木) 19:14:02
大谷の3回目の先発登板をデータで分析 マメで制球乱すも4シームの質は改善
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201804190001-spnavi
4月17日(現地時間)、大谷翔平(エンゼルス)の3度目の先発登板は2回4安打3失点(自責3)2四球1三振。
右中指のマメの影響でマウンドを降りたが、その時点ですでに66球。
制球も荒れていたことから、マメの問題がなくても、続投は微妙だったのではないか。
もっとも、球質そのものは決して悪くなかった。過去2回と比較する。
■4シーム
4月1日:2219回転/20.4センチ/39センチ
4月8日:2182回転/15.2センチ/43センチ
4月17日:2219回転/16.8センチ/43.6センチ
(左から、回転数/横の変化量/縦の変化量。回転数は1分あたり)

■フォーク
4月1日:1445回転/18センチ/3.35センチ
4月8日:1162回転/14.3センチ/6.4センチ
4月17日:1376回転/15.2センチ/8.23センチ
(左から、回転数/横の変化量/縦の変化量。回転数は1分あたり)

まず、4シームを見ると、前回ほどではないが、初登板時に比べれば縦の変化量の数値(シュート成分)が小さくなり、
縦の変化量(ホップ成分)はわずかながら、これまでで一番大きかった。
この傾向が続ければ、大谷はもっと4シームで空振りを取れるようになるだろう。
フォークの横の変化量は15.2センチで、4シームとの差は1.6センチ。
これもいい傾向で、これでは相手が球種を見分けるのは難しい。
縦の変化量に関しては、過去3回の登板のなかで一番落差が小さかった。
数値が小さければ小さいほど、落ちていることになるが、
その一方で、マイナスの数値を記録した球もあり、それらはトップスピンがかかり、鋭く落ちていた。
ただ今回、そうしたデータがどこまで今後の参考になるか。あれだけ制球が乱れ、
特にフォークの制球が定まらないと、配球もなにもない。投球全体を評価することも難しい。
すでに触れたが、大谷の長所は4シームとフォークの見分けがつかないところ。
同じようなコースに投じられ、最後に軌道が枝分かれする。

https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0419/201804190001-spnavi_2018041900001_view.png
大谷の4月1日、8日の右打者に対する4シームのヒートマップ。捕手側から見た視点

https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0419/201804190001-spnavi_2018041900002_view.png
大谷の4月1日、8日の右打者に対するフォークのヒートマップ。捕手側から見た視点

上の2つの図は、4月1日と8日の登板で、大谷が右打者に対してどこに投げたかを示す(捕手側からの視点)。
色が濃いほど、そこに投じられた数が多い。
上の図が4シームで下の図がフォークだが、右打者から見れば両球種とも外角低めに向かって来るように映り、
最後にフォークは落ち、4シームはそのままストライクゾーンに収まる。
軌道もほぼ同じなのだから、これではやはり、右打者が球種を見分けるのは不可能に近いのではないか。

405 名無し募集中。。。 :2018/04/19(木) 19:18:36
一方、17日の登板はどうか。

https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0419/201804190001-spnavi_2018041900003_view.png
大谷の4月17日の右打者に対する4シームのヒートマップ。捕手側から見た視点

https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0419/201804190001-spnavi_2018041900004_view.png
大谷の4月17日の右打者に対するフォークのヒートマップ。捕手側から見た視点

先ほどと同じ条件(対右打者、4シームとフォーク)で17日の2球種を見ると、もうバラバラである。
上の図の4シームは外角高め。下の図のフォークは外角低めに遠く外れる。
こうなればもう打者はフォークを捨て、大谷がストライクを取りに来る4シームに狙いを絞ればいい。

その大谷の4シームは100マイル近い球速を誇るが、軌道そのものはメジャーの平均値に近く、
打者にしてみれば見慣れた軌道。それを待たれれば捉えられる。
17日の初回、レッドソックスの先頭打者ムーキー・ベッツは、フルカウントから4シームにヤマを張った。
打ったのは真ん中低めの難しい球。しかしベッツは、97.4マイル(約157キロ)の4シームに難なく角度をつけた。
実は、あの球の回転数は2129で、横の変化量は17.68センチ、縦の変化量は50.9センチ。
これだけを切り取ると、相手はホップすると感じるような球筋。
しかし、コースそのものが低めだったため、そういう錯覚をもたらしにくい。
あれが真ん中から高めなら、空振り三振に仕留めることができたはずだ……。
ただ今回に関しては、フォークの制球の乱れた主な原因が指のマメだということがはっきりしており、
大谷自身がその影響を認めているだけに、後は回復待ちか。
ベッツに質の高い4シームを打たれたが、相手打者の意識の中にフォークがあれば、打たれる球ではない。

https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201804190001-spnavi?p=2
ところで、2回のベッツとの2度目の対戦では、目を疑うようなシーンがあった。
あの打席では、大谷が追い込みながら、最後はフォークがすっぽ抜けて四球を与えてしまうが、
カウント2−2からの6球目のフォークは、この試合では珍しく低めのいい位置に制球されていた。
縦の変化もマイナスを記録しており、トップスピンがかかっていた。

国学院大准教授で投手の投球動作解析を行っている神事努氏によると、
2017年にトップスピンのスプリットを投じたのは田中将大(ヤンキース)らごくわずかで、全投球の0.2%だったという。
普通なら、フォークだと分かっていても、当てることさえ至難な球筋。
しかも、2ストライクだったことから、ベッツは4シームのタイミングで待っていた。
それでファールしたのだから、にわかには信じられなかったが、おそらくあれを当てられるのはベッツぐらいか。

実は先月、アリゾナ州フェニクスでセイバーメトリクス(統計学などを駆使し、客観的に選手の評価をする手法)の学会が行われ、
神経科学によってアスリートの能力を評価する「神経スカウティング」が浸透してきている、という話が紹介されたが、
それが一般に知られるようになったきっかけこそがベッツだ。
昨年11月、ボウリングで300点を記録し、高校時代には175センチという身長ながらダンクを決めるなど
抜群の運動神経を持つ彼は、11年にドラフトされる前、
レッドソックスからタブレット端末を渡され、神経科学に関連するテストをするように求められた。
それはボールが見えた瞬間にキーを押す、あるいは縫い目がどう見えたかによってキーを押すといったものだったらしいが、
ベッツは信じられないような得点をたたき出したのだという。
実際のところ、神経科学とパフォーマンスの関連はまだ証明されていないが、
ベッツはマイナーにいる時にも同じようなゲームを続け、その特殊な才能を伸ばしていったという。
おそらく、その彼の特殊の反射神経が、あの大谷のトップスピンのフォークをファウルにするという離れ業を可能にした――。

話が少し逸れたが、大谷については、今後はまずマメの回復を待つしかない。
軌道そのものはそれまでと大きく変わっていないので、痛みをかばってフォームを崩した、ということもデータからは推測ができない。
一方で、4シームのホップ成分が大きくなるなど、今後が楽しみな傾向も出ているだけに、次回以降がさらに興味深くなっている。
ところで、右の中指にマメができるということは、中指で引っ掛けて、スプリットを投げているであろうということが想定できる。
同じく中指で引っ掛ける岩隈久志(マリナーズ)も、よく中指にマメを作る。
力が強いことから、人差し指で引っ掛ける投手のほうが多いようだが、中指で引っ掛けているからこそ、大谷は4シームの軌道に近いフォークを投げられるのかもしれない。

406 名無し募集中。。。 :2018/04/19(木) 20:04:50
大谷翔平は「レオナルド・ダ・ヴィンチ」という新説
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018041917222001.html
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018041917222001_2.html
登板予定試合の延期による調整のズレ、マメ、そしてリーグ随一の強力打線と、
大谷翔平の今季発黒星には、不運な要素が幾つか重なってしまった印象が否めない。
だが、長いシーズン、予想外の出来事も色々と起こるものであり、
これで一つ経験値を上げたと思えば、敗戦から見えてくる収穫も少なからずあったであろう。

なお、「MLB.com」のエンゼルス担当記者によると、球団側は大谷の負傷を楽天的に捉えており、
次回の登板は予定通りとなる見込みであり、現地木曜のレッドソックス戦も、DHで出場する可能性があると報じている。
ただし、相手の先発投手は左腕のエドゥアルド・ロドリゲスとなることが濃厚であり、
その場合、大谷は先発出場しない見込みとなっている。
荒天による延期、そして2回終了後の降板と、ここ数日は海の反対側で見ているこちらも、
何となく一息ついたような状態となったわけだが、
本日は米国で最もメジャーなスポーツ専門誌である「スポーツ・イラストレイテッド誌」の電子版に掲載された大谷関連の記事を紹介しよう。

題して、「驚異的なショウヘイ・オオタニをビッグリーグの逸材と呼ぶのは早過ぎではない」。記事では、
「今日のメジャーリーグベースボールは、法律、医学、音楽、芸術、そして実質的に全ての人間の職業がそうであるように、スペシャリストの先駆けとなっている」
と、メジャーリーグにおいて、選手の分業制が極度に進んでいる現状を指摘。
その上で、大谷を絵画、彫刻、建築、そして工学の分野で卓越した才能を発揮したルネサンス期の天才芸術家になぞらえ、
「冷たく殺風景なスペシャリストのゲームに差し込む燦然と輝く一筋の陽光こそ、ボールプレーヤー版ダヴィンチである大谷だ」と評した。
その後、記事は大谷のこれまでの驚異的な成績を検証しつつ、
その数字をベーブ・ルースと比較する、いわばここ数週間の常套手段的展開を見せ、次の言葉で締め括られる。

「彼の才能の光の中で、我々は忘れていた12歳の頃の自分自身、すなわち何でも可能であると信じる気持ちを見つけ出すのである」。

ここまで言われると、全く関係のない赤の他人でも、さすがに照れる。「よせやい」と言いたくもなる。何はともあれ、大谷の冒険は始まったばかりである。
この先、彼が更に予想を越えるサムシングを見せつけてくれると思うと、早起きが楽しみになってくるのである。

407 名無し募集中。。。 :2018/04/19(木) 20:24:42
https://i.imgur.com/iwfX4pX.jpg
https://i.imgur.com/V4AN8Po.jpg

「やばい」「また打ったよ」大谷の活躍に日本ハムの選手は大盛り上がり
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000513-sanspo-base

大谷翔平“愛される性格”を生んだ81マス「目標達成シート」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180419-00010005-jisin-ent

https://i.imgur.com/T4q0L6e.gif

408 名無し募集中。。。 :2018/04/20(金) 19:56:13
エンゼルス vs. Rソックス [ 2018年4月20日 ]
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018042009
1死1塁で遊ゴロ 1死1塁で空三 2死1塁で空三 無死1塁で空三

大谷、4打数無安打3三振 スタメン連続試合安打7で止まる 鋭い打球も「大谷シフト」に阻まれる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000092-spnannex-base

大谷と一問一答 シフトは「むしろヒットコースが広がることがある」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000102-spnannex-base

大谷“二刀流”野球人生に付いて回るマメの正体 故障の遠因だが、打者としてはケガの功名も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000021-ykf-spo

レッドソックスが開幕ダッシュに成功。18試合で16勝は31年ぶりの快挙
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180420-00010006-baseballc-base

日本ハム・清宮が1試合2発の特大3ラン 防護ネット最上部直撃にファン騒然
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000094-dal-base

409 名無し募集中。。。 :2018/04/21(土) 07:30:42
>>398
大谷選手の管理栄養士・大前恵(50歳)
http://i.imgur.com/qD1WBgx.jpg
http://i.imgur.com/egj1v9P.jpg
http://i.imgur.com/INHlL1I.jpg
http://i.imgur.com/0Bs0hya.jpg
http://i.imgur.com/xFZpxXr.jpg
http://i.imgur.com/a3Vx6jL.jpg

410 名無し募集中。。。 :2018/04/21(土) 18:57:15
エンゼルス vs. ジャイアンツ [ 2018年4月21日 ]
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018042115
2死走者無しで中安打 2死走者無しで左フライ 2死走者無しで左フライ 無死走者無しで右安打

打率↑.342

大谷、前日3三振→スタメン9戦で4度目マルチ「しっかりアプローチできた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00122813-fullcount-base
大谷と一問一答「各投手に合わせてアプローチの仕方もできていた」マメは「回復はしているんじゃないかな」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000120-spnannex-base

「チームは彼を戦力外通告する時がやってきた」地元紙がイチローに厳しい意見
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000130-sph-base

メジャー速球ランキングに異変。チャップマンの牙城破る21歳新星の登場か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180421-00010001-baseballc-base
「Statcast」速球部門の今季最高速度の上位9位にはチャップマンではない、見慣れない名前が並ぶ。
――ジョーダン・ヒックス。
4月20日(日本時間21日)現在、今シーズンの最高速度の1〜9位がヒックス、10位にようやくチャップマンの名前が出てくる。
投球平均速度でも1位はヒックスのシンカー、2位はヒックスのツーシーム、3位がチャップマンのフォーシームとなっている。
2010年にはギネス認定の世界最速105.1マイル(169.1キロ)を記録したチャップマン。
2015年から3年間、「Statcast」の投球最高速度、投球平均速度の両部門でトップを守ってきた。
2017年では、シーズンを通して最も速かった50球のうち44球がチャップマンが投げた球。
年間最高速度は9月1日に投じた104.3マイル(167.9キロ)、フォーシームの平均速度は99.7マイル(160.5キロ)だった。
そんなチャップマンを上回るヒックスとは何者なのか。よほどの野球ファンでも今季が始まるまで耳にしたことはなかった名前だろう。
ヒックスは今季初めてメジャーリーグに昇格したセントルイス・カージナルスのリリーフ投手だ。
テキサス州出身の21歳で、2015年に高卒ルーキーとしてドラフト3位でカージナルス入り。
18年のスプリングトレーニングには招待選手として参加し、開幕直前にロースター入りを果たした。
開幕後は主に中継ぎ投手としてここまで8試合に出場。
メジャー全体で最も速い100〜101マイルを連発し、9.1イニングを投げて無失点の好投を続けている。
2016年はルーキーリーグとショート1A、2017年は1Aと1Aアドバンスに所属。
ヒックスは2A、3Aを経験せず、いわゆる「2階層飛び級」でメジャーに昇格したシンデレラ・ボーイと言えるだろう。

驚くべきことは1Aでも特に傑出した成績を残したわけではない。
2017年シーズン通算で8勝3敗、防御率2.82、105イニングで95奪三振。
決して悪くはないが、2A、3Aを飛び越えて大抜擢するほどの成績ではない。
しかし、ヒックスはオープン戦で7イニング8奪三振の好投を見せ、開幕25人の枠に入った。
今のところ中継ぎとしての役目をしっかり果たしている。

ヒックスは身長188センチ、体重84キロとメジャーリーグの投手としては小柄な方。
チャップマンのような長い腕もなければ、ノア・シンダーガードのような筋肉質な身体でもない。
大谷翔平、ダルビッシュ有、田中将大ら日本人メジャー投手より、体格は劣る。
マイナーでの成績も体格も目立たないヒックスを抜擢したカージナルス首脳陣の判断は賞賛されるべきだろう。
普段なら注目を集めることが少ない中継ぎ投手という立場にもかかわらず、ヒックスの存在にスポットライトをあてた「Statcast」。
野球を観る上でファンに新しい楽しみを与えてくれている。
最多勝投手や本塁打王などシーズンを通した個人成績が注目されるが、
Statcastは「誰が一番速い速球を投げるか」、「誰が一番遠くにホームランを飛ばすか」、「誰が一番足が速いか」、
などといった根源的とも言うべき興味をかきたててくれる。
大谷翔平は4月20日現在、この「Statcast」投球最高速度部門と最長本塁打部門の両方でトップ50位に入っている。
「Statcast」は比類のない投打二刀流としての存在を評価する新たな指標にもなるだろう。

411 名無し募集中。。。 :2018/04/22(日) 06:42:33
大谷翔平とベーブ・ルースの23歳。13勝11本塁打から100年後の新伝説。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180420-00830579-number-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180420-00830579-number-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180420-00830579-number-base&p=3
1918年の投手ルース(23歳)
20試合166回と1/3に登板して勝率.650、13勝7敗、防御率2.22、WHIP1.05

外野手で59試合、一塁手として13試合に出場し、
投手として出場した打席、代打のみの打席を併せると、
1918年の打者ルース(23歳)
95試合、317打数95安打、打率.300、11本塁打、66打点、出塁率.411、長打率.555、OPS.966

2016年の投手大谷(22歳)
21試合 140回登板して勝率.714、10勝4敗、防御率1.86、WHIP0.96
2016年の打者大谷(22歳)
104試合、323打数104安打、打率.322、22本塁打、67打点、出塁率.416、長打率.588、OPS1.004

412 名無し募集中。。。 :2018/04/22(日) 09:08:01
大谷 スタメンから外れる 前日4打数2安打も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00186587-nksports-base
大谷はベンチスタート エンゼルスは左腕対策で右打者ズラリ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000064-spnannex-base

米殿堂 大谷メジャー初登板初勝利の帽子展示へ 新人では異例
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000061-spnannex-base

大谷翔平はなぜ開幕前は不振だったのか? 米メディアが7つの「?」を検証
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00122974-fullcount-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00122974-fullcount-base&p=2
ヒンスキー打撃コーチは、取材に対して
「打撃練習で右足を地面につけたままで、打球の飛距離を見てみたいと、彼が私に言ってきたんだ。
ロサンゼルスでの打撃練習であらゆる場所に何本もホームランを打っていたよ。
その後、彼はこう言ったんだ。『これにします』とね」と語っている。
キャンプ終了後のドジャースとのオープン戦で大谷はノーステップ打法を初披露。そこから、バットは火を噴いている。

大谷の修正力には同僚も驚嘆しており、イアン・キンズラー内野手は記事の中で
「普通はバットの握りを1/4、もしくは1/2インチ(約1.27センチ)変えたら、
全くもってやりにくさがあるものだけどね。見ていて驚きだよ」と語っている。
19日(同20日)のレッドソックス戦で4打数無安打3三振に終わった大谷は、翌20日のジャイアンツ戦で4打数2安打をマーク。
1打席目は低めへのカーブを完璧にとらえてセンター前に運んだ。
日々、投球や打撃の結果を踏まえて修正を重ね、向上していく。その姿をチームメートたちは間近で見ている。

413 名無し募集中。。。 :2018/04/22(日) 17:19:53
日本ハム・清宮また一発!ファーム3号は“リベンジ弾”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000121-spnannex-base

アスレチックスのマネイアが無安打無得点、強打のレッドソックス相手の快挙
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000031-jij_afp-base

エンゼルス、4連敗でストップ トラウト&プホルス弾で勝利、大谷出場せず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00123101-fullcount-base

野球&サッカーが盛んなメキシコ紙も注目「メッシは世界の外、大谷は太陽系外の怪物?」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180422-00022236-theanswer-base

大谷翔平、敵地交流戦に登板時の打順は…指揮官「必ずしも9番ではない」
次回先発は「日曜に決める」、マメの状態は「良い感じだったと思う」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00123142-fullcount-base
大谷は明日ブルペン入り「フルゴリラ」を監督は期待
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00186799-nksports-base
ソーシア監督によると、“フルゴリラ”とは同監督が現役選手だった頃よりも前から使われているメジャーの野球用語で、
ブルペンで100%の力で投げるときには「フルゴリラ」、感覚を確かめる時には「タッチ&フィール」、
傾斜の確認には「スロープ」と段階があり、区別するために使われるという。
大谷が投球練習を行う予定の明日22日は「フルゴリラ」ブルペンになるのかという問いに、
同監督は「そうだ。4分の3ゴリラかもしれないけど。フルゴリラを期待している」と話した。

414 名無し募集中。。。 :2018/04/22(日) 17:36:56
データで比較する大谷と現役メジャー最高投手
https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyoshimio/20180422-00084292/
【基本データ】
大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)…193センチ、92キロ。23歳。メジャー1年目。右投げ。
クレイトン・カーショウ(ロサンゼルス・ドジャース)…193センチ、104キロ。30歳。メジャー11年目。左投げ。
マックス・シャーザー(ワシントン・ナショナルズ)…191センチ、98キロ。33歳。メジャー11年目。右投げ。

【年俸】
大谷…54万5000ドル(約5886万円)。
カーショウ…3557万ドル(約38億4156万円)。7年総額2億1500万ドル(約232億円)(2014〜20年)。
シャーザー…2214万ドル(約23億9112万円)、7年総額2億1000万ドル(約227億円)(2015〜21年)。

【実績】
大谷…メジャーでの実績なし。NPBではMVP1度(2016年)、最多勝1度(2015年)、最優秀防御率1度(2015年)。
カーショウ…MVP1度(2014年)、サイ・ヤング賞3度(2011、13、14年)、最多勝3度(2011、14、17年)、最優秀防御率5度(2011、12、13、14、17年)、最多奪三振3度(2011、13、15年)、ノーヒットノーラン1度(2014年)。
シャーザー…サイ・ヤング賞3度(2013、16、17年)、最多勝3度(2013、14、16年)、最多奪三振2度(2016、17年)、ノーヒットノーラン2度(2015年)。

【昨季までの通算成績】
大谷…NPBで5年間、85試合、42勝15敗、543投球回数、624奪三振(奪三振率10.3)、与四球200(与四球率3.3)K/BB3.12、防御率2.52、WHIP1.076。
カーショウ…292試合、144勝64敗、1935投球回数、2120奪三振(奪三振率9.9)、与四球507(与四球率2.4)、K/BB4.18、防御率2.36、WHIP1.002。
シャーザー…305試合、141勝75敗、1897投球回数、2149奪三振(奪三振率10.2)、与四球534(与四球率2.5)、K/BB4.02、防御率3.30、WHIP1.119。

【今季成績(4月21日時点)】
大谷…3試合、2勝1敗、15投球回数、19奪三振(奪三振率11.4)、与四球4(与四球率2.4)K/BB4.75、2被本塁打(被本塁打率1.2)、防御率3.60、WHIP0.800、WAR0.2。
カーショウ…5試合、1勝3敗、33投球回数、35奪三振(奪三振率9.5)、与四球3(与四球率0.8)、K/BB11.67、4被本塁打(被本塁打率1.1)、防御率2.45、WHIP0.970、WAR0.8。
シャーザー…5試合、4勝1敗、33投球回数、47奪三振(奪三振率12.8)、与四球7(与四球率1.9)、K/BB6.71、2被本塁打(被本塁打率0.5)、防御率1.36、WHIP0.758、WAR1.5。

【速球】 フォーシームのメジャー平均回転数は2226rpm(分速2226回転)
大谷…47.4%、平均97.2マイル(2193rpm)
カーショウ…41.5%、平均91.1マイル
シャーザー…50.7%、平均93.7マイル(2500rpm以上)

【スライダー】
大谷…21.7%、平均82.0マイル
カーショウ…40.6%、平均87.7マイル
シャーザー…11.7%、平均85.0マイル

【カーブ】
大谷…2.4%、平均73.5マイル
カーショウ…16.8%、平均73.2マイル
シャーザー…7.1%、平均78.0マイル

【その他】
大谷(スプリッター)…28.5%、平均87.5マイル
カーショウ(チェンジアップ)…1.1%、平均85.4マイル
シャーザー(カッター)…15.5%、平均88.1マイル
シャーザー(チェンジアップ)…15.0%、平均83.6マイル

415 名無し募集中。。。 :2018/04/22(日) 18:58:24
エンゼルス 4-3 ジャイアンツ [ 2018年4月22日 ]
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018042214
大谷は不出場
トラウト8号ソロ、プポルス4号2ラン

前日2安打の大谷はベンチスタート 指揮官「他の選手も打席に立つ必要ある」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00123027-fullcount-base
相手先発は左腕のデレク・ホランド。エンゼルス打線は全9人を右打者で揃えた。
大谷は前日の試合で9回に左腕オーシックから右前打をマークしたものの、ここまで左腕相手には11打数2安打の打率.182。
ただ、マイク・ソーシア監督はこの日の試合前、
「マッチアップに関してはどんな相手であっても自信を持っているが、他の選手も打席に立つ必要がある。クリス・ヤングやマルテも重要だ。
明日の相手先発は(右腕の)クエトなので、また変更があるだろう」と話し、大谷をスタメンから外したのは左腕が相手ということが理由ではないと明かした。


ロッキーズ 5-2 カブス [ 2018年4月22日 ]
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018042211
ダル 4.2イニング94(59)球 被安打5 奪三振4 与四球4 失点5(自責5)

ダルビッシュ、またも5回途中KOに正捕手苦言「メジャーでは安心しすぎてはならない」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180422-00010006-baseballc-base
ウィルソン・コントレラス捕手
「メジャーではいくつアウトを取っていても、打者相手に攻めなければならない」
ダルビッシュに対しては
「2死後、彼が91-92マイルの直球を置きにいっているのに気づいた。僕は彼にメジャーでは安心しすぎてはならないと伝えた」

416 名無し募集中。。。 :2018/04/22(日) 20:04:13
大谷翔平、23日は「フルゴリラ」 指揮官が使った専門用語に広報が混乱!?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00123258-fullcount-base
大谷は17日(同18日)のレッドソックス戦では右手中指のマメの影響で2回3失点、66球で降板。
しかし、指揮官は当初から重症ではないことを明かしており、大谷は4打数2安打をマークした20日(同21日)の試合前にブルペン入りした。
次回登板は順当にいけば中6日で24日(同25日)のアストロズ戦となる見込みだ。

21日の試合前、大谷のマメの状態について聞かれたソーシア監督は
「良い感じだったと思うけど、昨日のブルペンは『タッチ・アンド・フィール』(感触を確かめる、の意味)で、
本気で投げる『フルゴリラ』ブルペンではなかった。ボールの感触を確かめる程度だ。
日曜日(22日=同23日)のブルペンでは(状態に関して)もう少し把握できるだろう。
昨日のブルペンは間違いなくいい内容だったし、一歩進んだ感じはある」と説明した。

すると、日本メディア向けに指揮官のコメントを通訳していたグレース・マクナミー広報は、「フルゴリラ」について聞き返すなど“四苦八苦“。
ソーシア監督は「これはアメリカ流で『全力で行う』という意味なんだ。100%の力で投げる。これを我々は『フルゴリラ』と呼ぶ。
段階があるんだよ。『フルゴリラ』、『タッチ・アンド・フィール』、『スロープ』などね。ピッチャーの調整具合によって度合いが変わるんだ」と説明した。

マクナミー広報はこの後、「では、明日は『フルゴリラ』プルペンですね」と確認。
すると、指揮官は「そうだね。もしかしたら『スリークォーター(3/4)ゴリラ』かもしれないけど」と返答。このジョークに会見場は爆笑に包まれた。

この様子について、地元メディア「デイリー・ブリーズ」は
「エンゼルスのルーキー、ショウヘイ・オオタニは『フルゴリラ』で次回ブルペン入りに臨む」とのタイトルで取り上げ、
「通訳のグレース・マクナミー広報がこのフレーズを聞き直したり、意味合いを確認すると、エンゼルスの番記者たちからは笑い声が起こった。
ソーシアは『フルゴリラ』に関して、『タッチ・アンド・フィール』よりも強度を上げた調整のことだと説明した」と伝えている。

また、この「フルゴリラ」という言葉をソーシア監督が初めて聞いたのは、自身が70〜80年代にドジャースで捕手を務めていた際だと語ったことも紹介。
指揮官が「しばしば口にするフレーズ」であるとも言及し、「日本人記者たちはソーシアが冗談を言っているわけではないと確認できて安心したことだろう」としている。

投手としてはここまで3試合登板で2勝1敗、防御率3.60、15イニングで19奪三振の成績を残している大谷。「フルゴリラ」を経て、メジャー4度目の先発へ挑むことになる。

417 名無し募集中。。。 :2018/04/23(月) 03:13:45
大谷翔平、世界的FWから“LAの主役”奪取!? 海外紙「ズラタンの新生活は23歳の陰に」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180422-00022256-theanswer-base
「ズラタンの新生活は23歳の陰に」と報じたのは、イブラヒモビッチの母国スウェーデンの地元紙「エクスプレッセン」電子版だ。
「LAギャラクシーでスウェーデン人が新たなゴールを決め、MLSはズラタン・フィーバーで間違いない。しかし、ロサンゼルスでは23歳の日本人の話で持ちきりだ」
記事ではこのように言及。イブラヒモビッチはマンチェスター・ユナイテッドから電撃移籍し、デビュー戦から2ゴールを決めるなど、サッカー界の大きな注目を集めていた。
しかし、時を同じくしてMLBにデビューした大谷は投げては2勝、打っては3戦連発と大活躍し、ロサンゼルスを誰よりも熱狂させている。
「もし、イブラヒモビッチがMLS移籍を決めた際に減給を受け入れたと伝えても、彼の経済的犠牲は大谷のそれの前に霞んでしまう」
このようにつづり、大谷の影響力の大きさを指摘。日本が誇る二刀流は、サッカー界の世界的ストライカーを凌ぐほどのインパクトをLAの地に残しているようだ。


バムガーナーは大谷に嫉妬!? 米メディアが指摘「絶対認めないだろうが…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00123176-fullcount-base
デビュー以来、二刀流として米球界にセンセーションを巻き起こしているエンゼルス大谷翔平選手。
ポスティングシステム(入札制度)を経て海を渡る前に、「強打の投手」という触れ込みでよく引き合いに出されていたのが、
メジャー通算17本塁打を誇るジャイアンツのエース左腕マディソン・バムガーナーだった。
今季メジャー10年目、通算104勝を誇る左腕は、二刀流に挑戦する大谷について活躍を認めながらも
「今後長期間見ていかないといけない」と慎重な姿勢を崩さなかったという。米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」が伝えている。

メジャーで強打の投手と言えば、真っ先に名前が挙がるのがバムガーナーだ。
昨季は怪我の影響もあり、不本意な成績に終わったが、2011年から6年連続で13勝以上をマーク。
打席でも2014年から4年連続で3本塁打5打点以上を記録している。
ここまでメジャー9年で、投げては104勝76敗、防御率3.01、
打っては通算打率.185も17本塁打、54打点でシルバースラッガー賞も2度受賞している。

記事によれば、過去40年のレギュラーシーズン中に、ア・リーグ本拠球場で「DH放棄」が起きたのは1度だけで、
2016年6月30日にアスレチックス本拠地で行われたジャイアンツ戦でのことだった。
そして、この時「9番・投手」でスタメンに名を連ねたのがバムガーナーだった(記録は4打数1安打で二塁打1本)。
米球界が大谷の話題で持ちきりとなる以前から、投打でチームに貢献してきた左腕は大谷について
「彼を見るのは楽しいよ、間違いない。ここからどういう道をたどろうとも、多くの人を刮目させた。
もしテレビの近くを通りかかって彼が打席かマウンドに立っていたら、思わず足を止めてしまうだろうね。特に今は」と話したという。
だが、記事では「絶対に認めないだろうが、バムガーナーは少しだけ嫉妬しているかもしれない」と指摘。
大谷に刺激を受けて二刀流挑戦に心が傾いたか聞かれると、バムガーナーは「別に変わりはしないけど」と気に掛けない素振りを見せたという。
実際のところ、バムガーナーは二刀流の成功に慎重な姿勢を貫いているようだ。
かつて投手としても打者としても出場する手立てはないか考えたことはあるというが、実現までは至らなかったという。
「うまくいくとは思わなかったし、今後うまくいくかも分からない。誰にも分からないよ。今後長期間にわたってどうなるか見ていかないといけない」
と、開幕から約1か月という短期で結論を導き出すのではなく、長期にわたって見定めなければならないことだと指摘。
一方で、ここまでの大谷について「彼が周囲の期待値以上に、よい滑り出しを決めたのは間違いないね」と称えている。
果たして、バムガーナーは記事が指摘する通り、二刀流に挑戦する大谷に少し嫉妬しているのか、
あるいは自らの経験を踏まえて慎重論を唱えるのか。その真相はバムガーナーのみぞ知る、かもしれない。

418 名無し募集中。。。 :2018/04/23(月) 03:22:21
大谷翔平、米メディアが指摘する好スタートの要因と今後の課題
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018042217342301.html
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018042217342301_2.html
シーズン序盤のパフォーマンスを現地メディアはどう見ているのか。今回は米スポーツ専門サイト「The Sports Quotient」に掲載された記事を紹介しよう。
「なぜ、ロサンゼルスの“ショータイム”は好スタートを切ることができたのか」と題されたこの記事には、大谷の好調の要因と今後の課題が記されている。

マウンド上でのパフォーマンスに関しては、特にスプリットの威力をポイントとして上げており、「オオタニのスプリットフィンガーは球速がありながらも(平均時速92〜93マイル)、チェンジアップのように機能する」と指摘した。
更に、「何度か100マイル越えを記録したフォーシームの速球とオフスピードの投球を効果的に使い分けている」と分析。
ただし、ボストン戦のように速球の割合が5割に近づくと「ランナーを出し、失点する機会が増えるだろう」と、カウントで先行し、スプリットを投げやすい状況を作ることの重要性を強調した。

打席での大谷ついては、「MLBの強打者に比肩するパワーを見せた」とし、特にボールに対するコンタクトの強さを好材料とした。ただし、大谷の初球から振りに行く傾向には警鐘を鳴らした。
記事では、これまで大谷が初球を振りに行く確率が、MLB平均に対し50%増となっていながらも、初球を打って安打になったのが、単打1回のみであると指摘。
この大谷のアグレッシブさは、「大谷が打者に有利なカウント(2-0、3-0、または2-1のカウント)をリーグ平均の半分ほどしか迎えられていないことを説明している」とした。
さらにシーズン中に起こるであろう打撃不振に際し、「ストライクゾーンから外れた初球を見逃すことを学ばなくてはならない」と課題を明らかにした。
マウンド上ではフォーシームを投げる割合。そして打席では初球に対するリアクション。今後はその辺を軸に大谷のプレーを観戦すると面白いかもしれない。

419 名無し募集中。。。 :2018/04/23(月) 03:23:56
大谷翔平の本質を示すエピソード。「イラッときたら負けだと思ってる」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180420-00830557-number-base
つかみどころがない――。
今、日本でもっとも語られることが多い野球選手、大谷翔平の印象である。いや、それこそが大谷だとも言える。
日本ハムの球団関係者に、大谷の人物像を訳知り顔で語り、こう釘を刺されたことがある。
「彼は別世界の人間だから。自分の言葉をあてはめると、余計、わからなくなるよ」
その通りである。
このセリフは、物を書くことで人物を表現しようとする人間に対する警鐘でもある。
自分の言葉の貧しさに無自覚なまま、その人物を表現したつもりになって、
その実、対象を自分の言葉に閉じ込めてしまうことがある。結果として、魅力を伝えるどころか、魅力を削いでしまうことになりかねない。
大谷は前例のない選手である。となれば、従来の言葉では本来、大谷を正確に伝えることはできないのではないか。

私も数度、大谷をインタビューしたことがある。その中で、大谷をわずかながらもつかめたと思えたのは、たった一度である。
入団3年目の春のキャンプのときだった。
前年に「11勝、10本塁打」というダブル二桁を記録した大谷は、すでに球界の顔となっていて、休日も含めて毎日1件以上の取材をこなしていた。
しかも、私が取材したのは2月26日である。つまり「26連勤」中だった。
にもかかわらず、大谷は終始にこやかに取材に応じた。
取材の最後に、思わず「変なこと聞かれて、イラッとすることはないの?」と尋ねると、ニンマリとして言った。
「イラッときたら、負けだと思ってるんで」
ああ、これが大谷という男なのだと思った。

先日のロイヤルズ戦、大谷本人はねらったわけではないとコメントしていたが、
結果的に、全体的に右よりだった「大谷シフト」の逆を突き、インコースのボールをレフト線へ落とし二塁打とした。
この「流儀」は、高校時代からのものである。
花巻東高校時代の恩師、佐々木洋監督が打者・大谷を象徴する場面として、こんなシーンを挙げたことがある。
「ある試合で相手チームのサードが外野に回って、外野4人シフトをしかれたことがあるんです。
そのとき大谷は、がら空きの三塁側にポンとゴロを打ったんです。ピッチャーのときはムキになるんですけど、バッターのときはその逆なんですよね」
そのときの当たりは、ショートへの内野安打になったそうだ。
過去、日本でスラッガーと呼ばれるような人たちは、どんなシフトをしかれようとも、絶対に自分のスタイルを変えなかった。
王貞治しかり、松井秀喜しかり、早実時代の清宮幸太郎もそうだった。
だが、大谷はいとも簡単に変化する。どこかに「遊び」があるのだ。
もし、大谷がバッターに専念していたら、また違った対応を見せていたのかもしれない。
バッターのとき遊べるのは大谷の本質が投手だからなのかもしれない。

いずれにせよ、イラッとしない大谷、ムキにならない大谷というのが、私の中での大谷をつかむ1つの手がかりとなっている。

420 名無し募集中。。。 :2018/04/23(月) 10:00:05
エンゼルス 2-4 ジャイアンツ [ 2018年4月23日 ] 4番DH大谷
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018042313
1死1塁で空三 1死走者無しで空三(3球連続チェンジアップ) 1死12塁で右安打(→満塁) 1死走者無しで遊ゴロ 打率.333
トラウトは4の1(2ラン)で.306

大谷 メジャー初4番で4の1 通算123勝右腕クエトに2三振も第3打席で右前打
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000072-spnannex-base
大谷翔平、メジャー初4番で右前打 驚異の対応力で技あり一打、エ軍は敗戦
3試合以上先発登板&4番出場は史上16人目&57年ぶりの“偉業“に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00123401-fullcount-base
大谷翔平、技あり2戦連続安打 メジャー初4番に「予想はしていなかった」
チェンジアップに対応して右手一本で右前に運ぶ「もうちょっと早い段階で出ていれば」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00123410-fullcount-base

大谷翔平、今季4度目先発は25日アストロズ戦に決定! 指揮官明言
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00123411-fullcount-base

大谷もビックリ!?「1打席21球」のメジャー新記録
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000002-tospoweb-base
エンゼルスの先発バリアは1番パニックに中前打を許したあと、2番ベルトをファウル、ボール、空振りで追い込んだ。
しかし、ここからファウル2球、ボール、ファウル2球、ボール、そして11球連続ファウルと粘られた。
客席からため息がもれたり、拍手が起こったり、けん制球でざわついたりと異様な雰囲気に包まれ、ようやく21球目で右飛に打ち取った。
1打席で21球はメジャー新記録となった。これまでの記録は、1998年6月26日のインディアンス戦でアストロズに在籍していたグティエレスの20球だった。
ちなみに投手は現在、44歳でメジャー最年長のレンジャーズのコローンで、結果は空振り三振だった。

Q 打者大谷の不安点は?
https://youtu.be/jMmR8NH-mUU?t=3974
A 岩村 「日本のピッチャーとメジャーのピッチャーは何が違うかって言うと一番はチェンジアップ・・・ボールの後ろにパラシュートが付いてる感じでブワンと」

イチロー、5戦ぶりスタメンで4打席出塁 今季3度目マルチで通算3089安打
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00123377-fullcount-base
3打数2安打2四球 .250

元巨人マイコラス 7回2失点の好投で3勝目 2試合連続のQSをマーク
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000071-spnannex-base
マイコラス 7イニング85球 被安打5(被本塁打0) 与四死球0 2失点(自責1)

421 名無し募集中。。。 :2018/04/23(月) 17:30:41
大谷「メジャー初4番」57年ぶり16人目の快挙を安打で飾る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000012-tospoweb-base
初4番の大谷、決め球捉えて技あり安打 監督は中軸への成長に期待「彼には可能性がある」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180423-00010002-baseballc-base
歴代8位612発の殿堂打者が大谷を好打者と絶賛 決め手は「軸足の踵」
インディアンス黄金期を支えたトーミが打撃を解説
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00123472-fullcount-base
初の4番で結果残す 大谷は主砲プホルス直後の5番もあるか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000013-nkgendai-base

アストロズ6連勝、大谷エンゼルス戦を前に好調維持
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00187885-nksports-base
大谷翔平、25日アストロズ戦に先発 世界一軍団相手に「1人1人の対策をしっかり」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00123419-fullcount-base
“投手・大谷”のメジャー成功 「カギを握るのは、ある球種の体得」岡島秀樹氏
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00010003-abema-base

大谷の「フルゴリラ」が反響 米メディアも使用 日本では流行の兆し?!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000088-dal-spo
大谷 “先輩だから”日本でプレー元助っ人にあいさつ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000060-spnannex-base

阪神は外国人にとっても特別なのだ!「一生応援する」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000079-dal-life

打撃フォームも要因か 日ハム清宮に執拗な“内角攻め”の壁
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000014-nkgendai-base

“ケタ違いの飛距離”証明の清宮、昇格時期は? バランス保った起用法求められる【小宮山悟の眼】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180423-00010003-baseballc-base

422 名無し募集中。。。 :2018/04/24(火) 09:05:11
大谷、高い分析力 57年ぶりエースで4番の理由
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00188458-nksports-base

大谷翔平の快進撃を支える「ベンチでの会話」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180424-00010000-friday-base

大谷効果は絶大!? エンゼルスがリーグNO1観客動員数 ヤンキースを凌駕
1試合平均3万8905人で世界一アストロズを抑えて1位
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00123537-fullcount-base

「大谷」活躍で膨らむ経済効果 日本企業 関連商品や観戦ツアー、看板広告も恩恵
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000000-fsi-bus_all

大谷の活躍で米に“二刀流解禁“の波 大学野球指導者「オオタニの成功で…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00123523-fullcount-base

423 名無し募集中。。。 :2018/04/24(火) 09:08:57
大谷翔平はMLBで2番目に速い投手?球種・投球回ごとに分析してみると。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180424-00830484-number-base
〇4月1日 アスレチックス戦 勝ち投手
6回3被安打1被本塁打自責点3 6奪三振1与四球
92球 ストライク63球 ストライク率68.5% 空振り18球
平均球速 143.84km

〇4月8日 アスレチックス戦 勝ち投手
7回1被安打自責点0 12奪三振1与四球
91球 ストライク59球 ストライク率64.8% 空振り25球
平均球速 144.84km

8日の試合の方が内容ははるかに良かったのだが、ストライク率は下がっている。
2度目の対戦とあって、各打者はボールをよく見たのだ。
そして平均球速はほぼ変わらない。これは意外だ。しかし、球種別に見ていくと、そのからくりが見えてくる。

球種別に詳しく見ていこう。

〇4月1日 アスレチックス戦
・速球40球(43.5%) 平均球速156.93km
空振り5球 見逃しストライク5球 ファウル7球 ボール16球
フライアウト3、ゴロアウト2、安打2
・スライダー26球(28.3%) 平均球速132.39km
空振り3球 見逃しストライク9球 ファウル4球 ボール6球
フライアウト2、ゴロアウト1、安打1
・スプリッター23球(25.0%) 平均球速143.62km
空振り10球 見逃しストライク1球 ファウル3球 ボール6球
フライアウト1、ゴロアウト2
・カーブ 3球(3.3%) 平均球速120.64km
空振り0球 見逃しストライク1球 ファウル0球 ボール1球
ゴロアウト1

〇4月8日 アスレチックス戦
・速球42球(46.2%) 平均球速155.35km
空振り9球 見逃しストライク8球 ファウル7球 ボール13球
フライアウト4、安打1
・スライダー13球(14.3%) 平均球速130.14km
空振り0球 見逃しストライク5球 ファウル0球 ボール6球
ゴロアウト2
・スプリッター34球(37.4%) 平均球速139.28km
空振り16球 見逃しストライク1球 ファウル1球 ボール12球
ゴロアウト2
・カーブ 2球(2.2%) 平均球速114.18km
空振り0球 見逃しストライク1球 ファウル0球 ボール1球

2試合目ではスライダーの比率が半減し、スプリッターが急増している。
大谷のスプリッターはほぼ2球に1球の割合で空振りを奪うことができる凄いマネーピッチだ。
またスプリッターは見逃せばボールになることが多いのでストライク率は下がったのだ。
アスレチックス打線は、2試合で大谷のスプリッターを57球見たが、
空振りが26球、ファウルが4球、見逃しストライクが2球、ボールが18球、
前へ飛んだのは5球(ゴロ4、フライ1)だけだった。安打は0。手も足も出なかったのだ。

424 名無し募集中。。。 :2018/04/24(火) 09:11:42
大谷よりも速球が速いのは1人だけ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180424-00830484-number-base&p=2
大谷はいわゆる「ギアチェンジ」も見せている。イニングごとの速球の平均球速を見ると、これが鮮やかに浮かび上がってくる。

〇4月1日 アスレチックス戦
1回 158.38km 7球
2回 156.34km 11球
3回 159.08km 2球
4回 157.71km 11球
5回 154.81km 5球
6回 155.46km 4球

〇4月8日 アスレチックス戦
1回 153.60km 7球
2回 154.05km 8球
3回 154.68km 6球
4回 158.52km 3球
5回 158.68km 6球
6回 154.40km 5球
7回 155.67km 7球

大谷は打者の2巡目には速球の球速を3〜4kmほどアップさせている。いわゆるギアチェンジだ。
余力を残して155km前後の速球を投げることができ、
そして気合を入れれば、さらに凄い球を投げることができる。これは凄い。

速球の平均球速は2試合で156.22km、96.6マイル。
これはMLBのデータ分析サイトFanGraphsによれば、
昨年、100イニング以上投げた先発投手では、ヤンキースのルイス・セベリーノの97.6マイルに次ぐ2位に相当する。
日本人投手でこんな数字を出した投手は、過去には誰もいない。まさに破格だ。

大谷は打者として4月22日までに41打席に立っているが、
自分と同じ160km超の速球を投げる先発投手とはまだ対戦していない。
大谷のスケールは、MLBでも十分に大きいと言えるだろう。

ただ4月17日のレッドソックス戦では、スプリッターを12球投げたが空振りを1つも奪えなかった。
また160km超の速球も見逃されることが多かった。
年俸総額30球団中最下位のアスレチックスと、1位のレッドソックスの差もあっただろうが、MLBはそんなに甘くないと思っただろう。

大谷は間違いなくMLBでも一線級の投手だが、それは「ベストコンディションなら」という条件が付く。
MLBの各打者は「オータニのスプリッターには気を付けろ」という情報がインプットされている。
また、各チームには恐ろしいパワーと選球眼の持ち主がずらっと並んでいる。手ごわいシーズンが続くのは間違いない。
しかし大谷翔平は、「それを楽しみにMLBにやってきた」はずだ。手ごわい打者との対戦を夢見て海を渡ったはずだ。
だとすれば、大谷の「わくわく感」はこれからますます高まるはずだ。
読者各位とともに大谷の冒険を見ていきたいと思う。そして朝から「わくわく、どきどき」したい。

425 名無し募集中。。。 :2018/04/24(火) 09:20:27
宇宙飛行士・野口さんが大谷を激励「NASAを案内すると約束した」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000003-tospoweb-base
エンゼルスの大谷翔平投手(23)は23日(日本時間24日)、
アストロズ戦前、宇宙飛行士の野口聡一さん(53)から激励を受けた。

野口さんの目を食い入るように見つめ、終始屈託のない笑みを浮かべていた。
何を話していたのか。野口さんはこう明かした。
「実は、われわれ宇宙飛行士の仲間で、大谷君は宇宙好きらしいっていう情報があって、
『宇宙好きって聞いたけど?』って言ったら
『好きなんです。まだ分からないことがいっぱいあるところ、未知の宇宙っていうのにひかれている』と」。
また、野口さんは「次の対戦でヒューストンに来たら、NASAを案内するよ」と約束したそうで、
「実現するといいですね。球場だけじゃなく、他のヒューストンも見てほしい」と熱く語った。


東大卒の日本ハム宮台、30日2軍戦先発デビューへ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00188313-nksports-base

清宮、5戦連続先発で1軍狙う
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000189-sph-base
清宮を10月U23W杯呼びたい!侍稲葉監督が兼務
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00188369-nksports-base

426 名無し募集中。。。 :2018/04/24(火) 16:28:43
ヤンキース 14-1 ツインズ [ 2018年4月24日 ]
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018042403
6.1イニング91(55)球 被安打3(被本塁打0) 奪三振5 与四球2 与死球1 失点1(自責1) 防御率5.28

マー君 7回途中1失点で3勝目 得意のツインズ戦で今季3度目QS「プラン通りに投球できた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000090-spnannex-base

衣笠祥雄さん死去 今月19日に解説したばかり 声かすれ ネット上では心配の声も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000100-spnannex-base

大谷翔平、昨季チャンピオンと敵地で対決。アストロズvs.エンジェルス3連戦のみどころ
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018042406574501.html
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018042406574501_2.html

427 名無し募集中。。。 :2018/04/24(火) 18:41:15
“投手で4番”大谷にNFLも注目「ワイドレシーバーで見たい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000037-tospoweb-base
エンゼルス・大谷翔平投手(23)の「身体能力」にMLBの枠を超えた関心が集まっている。
エンゼルスと同じロサンゼルスに本拠を置くNFL・ラムズのショーン・マクベイ・ヘッドコーチ(31)がその一人で、
アメフット界の若き指揮官は「ワイドレシーバーとしての大谷の能力」に重大な関心を寄せているという。

一体、大谷の何がそこまで米国人のハートをつかんでいるのか。
それはズバリ「アスリートとしてのずばぬけた身体能力にある」と断言していい。
ロサンゼルス・タイムズの名物コラムニスト、ディラン・ヘルナンデス記者(37)は
「エリック・デービスやダリル・ストロベリー以来、久々に出てきた待望の『アスリート』が大谷。
日本人プレーヤーだから歴史的にもトップアスリートのイメージが米国全体になかった。
その既成概念を打ち破るデビューの仕方にMLB全体が熱狂している」と大谷現象の根幹を解説した。

米国では現在、富裕層をターゲットにしたMLBの高級化志向で
身体能力の高いアスリートは野球ではなく、バスケットボールやアメフット選手を目指す傾向があり、
野球でスーパースターが出にくい状況だという。そこに大谷の登場である。
同記者は大谷のアスリートとしての資質の高さを
「あのサイズの身体(193センチ、97キロ)を末端まで無駄なくコントロールし、使いこなせていることが驚き。
あのサイズの選手は通常あのスピードで塁間を走れない」とメジャーでもトップランクに位置する大谷の走力を絶賛。
その上で「彼はたまたまベースボールをしているから投手と野手の二刀流をしているが、
もし学生時代を米国で過ごしていたら他の才能が開花していた可能性は高い」と断言する。
そして同記者は「つい先日、NFLロサンゼルス・ラムズのショーン・マクベイ・ヘッドコーチと話をしている時に大谷の話題になった。
マクベイは『大谷の能力があればNFLでも十分に成功していた可能性はある。
見てみたいポジションはワイドレシーバーだ』という話をした」という裏話を打ち明けた。

アメフット界の若き指揮官が注目しているのは、本塁から一塁ベースまでを3・8秒後半から3・9秒前半で駆け抜ける大谷の走力としなやかな身のこなしだという。
アメフットで攻撃の中心的ポジションであるクオーターバック(QB)がどんな完璧なパスを出したとしても、それをキャッチする優秀なレシーバーがいない限り得点にはならない。
そのレシーバーに求められる走力、身のこなし等の高い身体能力と戦術理解のための知力を、
マクベイヘッドコーチはデビューからわずか十数試合で見せた二刀流・大谷の動きに感じ取っているのだという。

ヘルナンデス記者は「レシーバーに求められる走力は40ヤード(約36・576メートル)を平均4・5〜4・6秒。
大谷にはおそらくエリートクラスの4・4秒の走力があり、加えてあの背丈がある分、QBは通常より高いパスを投げられる。
そして彼は頭もスマート。戦術を深く理解し、マークを外してどんな身のこなしでパスをキャッチするのか。マクベイはそんな想像を巡らせている」
と大谷の無限の可能性に言及している。
仮定の話とはいえ、MLBの枠を飛び越え、米国人のイマジネーションを刺激する大谷の存在感は、いよいよ形容できない領域に踏み込んできた。

428 名無し募集中。。。 :2018/04/25(水) 00:27:43
エンゼルス、“首位攻防”初戦を制して0.5差 大谷先発の25日に首位奪取へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00123616-fullcount-base
大谷、首位奪取かけ先発へ 世界一軍団は“余裕”「要は盛り上がってるだけ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00123641-fullcount-base

世界一軍団が対戦前から大谷に感服「大いなる敬意」「ちょっとジェラシー」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00123828-fullcount-base
エンゼルス大谷、昨季MVPアルトゥーベら世界一アストロズから宣戦布告受ける
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000125-sph-base
エンゼルス大谷はもう丸裸? 覇者アストロズ打線の破壊力
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000025-nkgendai-base
大谷vs世界一軍団アストロズに全米が注目 14年の日米野球で対戦したアルテューベに借り返せるか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000038-tospoweb-base

メジャー・リーガーたちのよりハイパフォーマンスを引き出すMLB球団の新たな取り組みとは?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180424-00000016-baseballo-base
山本昌氏から大谷翔平へ「全力で走れる期間を長く」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00151149-baseballk-base
エンゼルス大谷 マメのアクシデントは打棒爆発の予兆?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000058-dal-spo

429 名無し募集中。。。 :2018/04/25(水) 06:26:46
独占入手データで判明 向上したマー君の数字に出ない投球の質
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000003-spnannex-base
昨季と今季のスカウティングリポート比較
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180425-00000003-spnannex-000-0-view.jpg
ヤンキースの田中が3勝目を挙げた23日ツインズ戦の試合前。
アーロン・ブーン監督は過去数試合の投球について
「(結果の)数字自体は最高級とは言えなくても、私たちが知っているマサヒロ・タナカに近づいている」と話していた。
ふたを開ければ予言通り、6回2/3を3安打1失点。数字に表れない部分とは何だったのか。

スポニチ本紙は某球団の「スカウティングリポート(スコアラーの分析データ)」を独占入手した(別表画像を参照)。
比較対象は、昨年の7月22日マリナーズ戦と今季2登板目の今月5日オリオールズ戦。
結果は前者が6回を7安打3失点、後者が6回1/3を6安打3失点と似通っている。
しかし、リポートにある通り、今季の方は80点満点で直球とスライダーが60点、スプリットが65点の総合評価。
昨季の55、50、60点と比べ、全て今季が上回っていた。

指揮官は試合前、こうも言っていた。
「打者を圧倒している場面も多いが、いくつかのイニングに本塁打を許してしまっている。だから速球の制球が重要になってくる」。
登板間に修正を加えた田中は「精度が(今季)一番良かった」という直球を高低、左右に投げ切ることで、スライダー、スプリットの効果をさらに高めた。
今季これまでも田中は、結果が悪くても「いいものはいいと思ってやっていく」と一定の手応えを見いだしており、
他球団もそれを感じていた。内容と結果が一致したのが、今回の登板だった。

430 名無し募集中。。。 :2018/04/25(水) 07:21:20
好調続く米復帰の元巨人マイコラス 米メディアがNPB経験前後の違いを検証
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00123839-fullcount-base
オフにカージナルスと2年契約を結び、今季からメジャー復帰を果たした元巨人のマイルズ・マイコラス投手。
ここまで4試合先発で防御率3.46ながらも無傷の3勝をマークしている。
先発4、5番手とは思えない安定のパフォーマンスを披露する29歳右腕に注目したのが、米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチックス」だ。
「カージナルスのマイコラス獲得が今、重要度を増して見える理由」と題した特集記事を掲載し、
NPB移籍前と今季第3戦までの数字を比較して、その違いについて検証している。

巨人に移籍する直前の2014年には、レンジャーズで10試合(57回1/3)に先発して2勝5敗、防御率6.44と奮わなかった。
特集では、まず移籍前と現在の球種を比較。
2014年と今季先発した最初の3試合では、速球の平均球速が93.7マイル(約151キロ)から94.7マイル(約152キロ)にアップしているという。
それと同時に大きく変化しているのが、カーブの落差だ。
記事によれば、今季のマイコラスが投げるカーブの変化量は10.8インチ(約27.4センチ)で、
カーブを最低50球以上投げているMLB先発投手の中では6番目に大きな落差だという。
この落差があるからこそ、今季はゴロによるアウトを数多く稼げている。

だが「彼のリーサルウェポン(秘密兵器)」と指摘するのは、カーブではなくスライダーだった。
このスライダーは、バットに当たった場合にはMLBトップの被ゴロ率82パーセントをマーク。
さらに投げれば42パーセントの確率で空振りを奪える、文字通りの秘密兵器となっているという。
記事によれば、スライダーを使ってマイコラスより高い空振り率を記録する投手もいるが、
ここまでゴロを打たせられる投手は稀。右腕の価値を高める球種になっている。

また米データ分析サイト「ファングラフス」のデータも紹介しながら、
マイコラスが右打者にとっての外角低め、左打者にとっての内角低めにスライダーを制球することが「ほぼ完璧」だと絶賛。
高めに速球を投げた直後に低めスライダーを完璧に制球し、打者を打ち取ることに成功していると分析した。
日本で過ごした3年では、62試合に先発して31勝13敗、防御率2.18と圧倒的な成績を残した右腕。
日本での経験を生かした投球で、メジャーでひと花咲かせたい。

431 名無し募集中。。。 :2018/04/25(水) 08:45:38
大谷、好調のカギ握る回転数 データで見る二刀流の実力
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000011-asahi-spo
エンゼルスの大谷翔平が大リーグにデビューして、まもなく1カ月を迎える。現在、2勝1敗、打率3割3分3厘、3本塁打。
上々のスタートを切った投打「二刀流」の実力を、大リーグ独自の解析システム「スタットキャスト」のデータから確認する。

ボールの回転数は直球の伸び、変化球の曲がりなどに影響するとされ、スタットキャストでは1分間あたりの回転数が明示される。
大谷の決め球、スプリット(日本でのフォーク)は回転数が少ないほど大きく落ちるという。

12奪三振だった8日(日本時間9日)のアスレチックス戦は最少963回転。
大半が1000から1200回転で、実際に大きな落差で打者を手玉にとった。

一方、二回で降板した17日(同18日)のレッドソックス戦は最少1103回転。
1400、1500回転の球も多く、不調が数字から見て取れる。

フォーシームと呼ばれるきれいな球筋の直球は、3000回転に近いと空振り率が高くなり、2000回転以下だと、ゴロが増えるという。
大谷は平均2206回転。フォーシームで三振を奪える投手は平均回転数が多く、
大谷と同じ右投手では、バーランダー(アストロズ)が2623回転、
シャーザー(ナショナルズ)が2532回転。ダルビッシュ(カブス)も2548回転だった。
大谷は日本ハム時代の2016年、クライマックスシリーズのソフトバンク戦で自己最速の165キロを3球記録したとき、
空振りは1球で、2球はファウルにされた。大谷の直球の特徴が、この回転数にあるのかもしれない。


「大谷型投資」米金融界注目「守りながら増やす」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00189428-nksports-base
エンゼルス大谷翔平投手(23)の名前が、米金融業界にまで波及した。
米名門投資銀行のモルガン・スタンレーが「大谷型投資」を提案していると、23日付のブルームバーグ電子版が伝えた。
同社の投資顧問アンドリュー・シーツ氏が、大谷が打者として攻撃し、投手として得点を阻止する(守る)、相反する2つをこなすことに注目し
「資産を守りながら、全体的には攻撃的に増やす」ことを提唱。
「攻撃を怠ることなく守れる能力というのは希少だ」とし「ショウヘイ・オオタニには成功してほしい。マリナーズと対戦するとき以外はね」と話した。

432 名無し募集中。。。 :2018/04/25(水) 08:50:26
すごいのは打線だけじゃない…アストロズが誇る驚異の投手陣
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00151191-baseballk-base
大谷翔平の加入により、例年以上に注目が集まっているア・リーグ西地区。
エンゼルスは下馬評こそ高くなかったが、“二刀流旋風”に引っ張られるように打線の勢いが止まらず、
現在のところ地区2位と大健闘。そのエンゼルスに立ちはだかるのが、昨季の覇者・アストロズである。
現地時間23日(日本時間24日)からは両者による首位攻防戦が開幕。
直接対決の第1Rはエンゼルスが2-0で接戦を制し、ゲーム差0.5と接近。
奪首に期待のかかる重要な第2戦は、大谷が先発マウンドを託される。
アストロズと言えば、何と言っても昨季メジャー30球団中No.1のチーム打率.282を誇った超強力打線に目が行きがち。
だがしかし、今年のチームを支えているのは、実は“投手力”なのだ。

今季ここまで24試合を消化したなか、チーム防御率は驚異の2.21。
今季のメジャー平均が4.07というところからも、その凄まじさはお分かりいただけるだろう。
2位のインディアンス(2.57)を大きく離す断トツの数字だ。

現地24日の試合で大谷と投げ合うチャーリー・モートンは、現在ア・リーグ防御率No.1の右腕。
今季は4戦3勝負けなしで、防御率は0.72。とてつもない成績を残している。
さらにベテランのジャスティン・バーランダーが防御率1.10でリーグ2位、ゲリット・コールも防御率1.29でリーグ4位と、
投手成績トップ4のうち3人がアストロズ勢。
これに2015年のサイ・ヤング賞左腕ダラス・カイケルを加えたローテーションは、メジャー屈指と言っても過言ではない。

さて、ここでひとつの数字を取り上げよう。注目したのは、アストロズのチーム防御率とリーグ平均防御率の“差”。
これで出てくる数字は「傑出度」と呼ばれ、大きければ大きいほど平均と比べて優れた成績であることを現す。
今季のアストロズ投手陣が、ここまでに叩き出している「傑出度」は「1.86」。
どれだけ凄いかと言うと、メジャーリーグが現在の30チーム制となった1998年以降、傑出度が「1.00」を超えたのは7度だけしかない。

【防御率傑出度が1.00以上だった例】
※左から傑出度・チーム名(年)・[メジャー平均-チーム防御率]

1.24 ドジャース(2003年) [4.40-3.16]
1.18 ブレーブス(1998年) [4.43-3.25]
1.15 ブレーブス(2002年) [4.28-3.13]
1.06 インディアンス(2017年) [4.36-3.30]
1.06 ブレーブス(1999年) [4.71-3.65]
1.04 カブス(2016年) [4.19-3.15]
1.02 カージナルス(2015年) [3.96-2.94]
―――――
▼ 現地4月23日終了時点
1.86 アストロズ(2018年) [4.07-2.21]
―――――

重要なのは“平均との差”。というのも、2015年のカージナルスはこの20年間で唯一防御率2点台を誇ったが、その年は“投高打低”だったため、傑出度では7位となっている。

傑出度1位は2003年のドジャースで、この年は野茂英雄(16勝13敗・防御率3.09)とケビン・ブラウン(14勝9敗・防御率2.39)の両右腕がWエースとして活躍。
さらに石井一久(9勝7敗・防御率3.86)がローテーションの一端を担い、3試合のみの登板ではあったが木田優夫もメンバーにいた。
そして、クローザーにはこの年サイ・ヤング賞に輝くエリク・ガニエが君臨。55セーブをマークし、防御率は1.20だった。
ただし、この年のドジャースは打線が全く機能せず、得点数はリーグワースト。
最強と言える投手力を擁しながら、ポストシーズンを逃すという悔しいシーズンとなった。

また、1998年から2002年にかけて3度もランクインしているブレーブスにも触れないわけにはいかない。
グレグ・マダックス、トム・グラビン、そしてジョン・スモルツの3本柱を中心にメジャーを席巻。
“打高投低”だった時代の中で、長らく投手王国を築いたチームだった。

話を今季のアストロズに戻そう。まだ2018年シーズンは始まって1カ月弱。
現時点では凄まじいチーム防御率を誇るアストロズ投手陣といえど、その数字を年間通してキープすることは難しいだろう。
しかし、他のチームであればエースでもおかしくないクラスの投手を複数揃える豪華な先発陣。
“傑出度”では2003年のドジャースを超えるようなとてつもない数字を残す可能性も大いにある。今年のアストロズは投手陣にも注目だ。

433 名無し募集中。。。 :2018/04/25(水) 19:03:13
アストロズ vs. エンゼルス [ 2018年4月25日 ] 大谷 101マイルhttp://i.imgur.com/oSJh9ed.gif
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018042510
5.1イニング 98(55)球 被安打6(被本塁打1) 奪三振7 与四球5 失点4(自責4)
大谷がマウンド降りた時点では自責3だったが大谷が四球で残した走者を置いて
中継ぎのアルバレスが2ラン打たれたせいで自責が4に・・・勝敗はつかず
http://i.imgur.com/vdRtE5f.png

ドジャース vs. マーリンズ [ 2018年4月25日 ] マエケン
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018042514
6イニング 82(55)球 被安打4(被本塁打1) 奪三振7 与四球1 失点1(自責1)…勝敗はつかず

平野 1イニング 失点0
牧田 2イニング 失点0 58マイルhttp://i.imgur.com/2qcyDgv.gif


大谷、3勝目ならずもメジャー自己最速163キロ2度マーク!エ軍は乱戦制し首位浮上
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000102-spnannex-base
大谷、時速163キロは今季の先発メジャー最速 リリーフでは2人だけ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000069-dal-spo
大リーグ公式サイトによると、先発投手で101マイルの剛球を投げたのはただ一人。
リリーフ投手でもヤンキースのチャプマンとカージナルスのヒックスの2人だけが101マイル以上をマークしているという。

大谷、3勝目逃すも163キロ連発に米記者驚嘆「何回投げた?」「彼は非現実的」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00123919-fullcount-base
MLB公式サイトのデビッド・アドラー記者
「スタットキャストによると、ショウヘイ・オオタニは5回にジョシュ・レディックから2回、101マイルの直球を記録した。
100.6マイルの直球でレディックから三振を奪った後の打席のことである」
「(先発投手が)1試合で101マイルを1回以上記録したのは2016年7月のノア・シンダーガード以来となっている」

大谷の配球に問題あり カーブと内角使え/西本聖
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00189787-nksports-base
大谷、データが示す課題と懸念。首を絞めた制球力、負傷を招く34.7%の”球種”
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180425-00010010-baseballc-base
大谷に勝敗は付かなかったが、この試合は与四球5が表すように制球に苦しんだ印象だった。
自己最多となる98球を放ったが、そのうちストライクは55球に留まり、ストライク率は56.1%。
これは2勝目を挙げた8日(同9日)のオークランド・アスレチックス戦での64.8%に遠く及ばない。

また、早い段階で2-0、2-1とボール先行にするケースも目立ち、フルカウントに及んだのは打者24人に対して6度あった。
この6度のフルカウント後は、二塁打が1本に四球が3つ。
四球に関して言えば、最終球が速球だったのが3度あり、勝負所でのコントロールミスが響いたといえる。
5回に1点差に詰め寄られる2ラン本塁打を浴びたのも際どいコースに投げ込んだ速球をボールと判定され四球を与えた直後だった。
さらに言えば、その本塁打を打たれた球種も96マイル(約154キロ)の速球。
2回にマーウィン・ゴンザレス外野手に打たれたタイムリー安打も100マイル(約161キロ)速球である。

この試合で放った37球の速球のうち43%にあたる16球がボール判定。
この日は最速101マイル(約163キロ)もマークした速球だが、その精度を上げなければ好成績には繋がりにくいということが言えるだろう。

球種でいうと、この日は98球のうち速球(フォーシーム)が37球、スプリットが34球、スライダーが23球、カーブが4球だった。
スプリットが全体の34.7%を占め、これは8日のアスレチックス戦で91球中34球だった(37.4%)に迫る多さで、
今後もこのような投球スタイルが続けば右肘への負担がさらに大きくなる懸念もある。
無論、スプリットが現時点で大きな武器になっているのも事実である。

スケジュールが順調に進めば、大谷の次回登板は、移動日を挟んで中7日となる5月2日(同3日)の
本拠地エンゼル・スタジアムで行われるボルティモア・オリオールズ戦になる予定だ。
17日(同18日)に発症したマメの影響はなさそうだが、次回こそは安定した投球でイニングを稼ぎ、勝ち星に結び付けたい。

4割に最も近い男の秘密 日ハム近藤健介と大谷翔平の共通項
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000022-nkgendai-base

エンゼルス・大谷 落選球団に「直筆のおわび状」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000010-tospoweb-base

434 名無し募集中。。。 :2018/04/25(水) 20:05:18
巨人の小林は史上4人目の「首位打者と最下位打者」になることができるか?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00123975-fullcount-base.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00123975-fullcount-base
(4月24日現在)
1.小林誠司(巨).375(65打席56打数21安打)
2.アルモンテ(中).354(86打席79打数28安打)
3.丸佳浩(広).329(102打席70打数23安打)
4.福留孝介(神).328(71打席61打数20安打)
5.坂本勇人(巨).322(99打席87打数28安打)

2016年 小林誠司(巨).204(398打数81安打)規定打席到達27人中27位
2017年 小林誠司(巨).206(378打数78安打)規定打席到達28人中28位

打率は.250はおろか、2割が精一杯。昨年は低迷が続き、打率が2割を割る恐れもあった。
1割台での規定打席入りは、1982年も小林の大先輩、巨人の山倉和博が打率.196(398打数78安打)以来、35年間出ていない。
また、3年連続で打率最下位となれば、2005〜07年まで中日の谷繁元信が記録して以来になるところだ。

打率最下位と首位打者を共に記録した選手は過去に3人いる。

野村克也
1965年(南海).320(488打数156安打)28人中1位
1977年(南海).213(447打数95安打)30人中30位

佐々木誠
1992年(ダイエー).322(509打数164安打)34人中1位
1996年(西武).243(374打数91安打)30人中30位

阿部慎之助
2012年(巨人).340(467打数159安打) 24人中1位
2014年(巨人).248(459打数114安打) 27人中27位

435 名無し募集中。。。 :2018/04/26(木) 19:57:56
変化していた大谷翔平の球質…“世界一”に触れたピッチングの中身とは?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000004-wordleaf-base
エンゼルスの大谷翔平(23)の4度目の先発となるアストロズ戦は
5回3分の1を投げ7三振を奪いながら6安打5四球4失点の内容で勝ち負けはつかなかった。
その投球内容の特徴をデータから洗い直してみた。

5回、先頭のマーウィン・ゴンザレスを歩かせたとき、
マイク・ソーシャ監督が、ベンチで顔を真っ赤にして、抗議している様子がテレビに映し出された。
そりゃそうだ。入ってる。

5回のゴンザレス四球時の配球図(参照:BrooksBaseball.net)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180426-00000004-wordleaf-001-9-view.jpg
枠内の一番下にある青の点がその最後の球。
98マイル(158キロ)の4シームが、低めいっぱいに決まったしかし……。

実はこの日、大谷は5四球を与えているが、主審の厳しい判定もその一因だった。
2回、ブライアン・マッキャンにこの試合最初の四球を出す。これは最後、フォークが抜けた。
3回、先頭のデレク・フィッシャーを歩かせたが、この時もソーシャ監督はベンチから声をあげていたのではないか。
外角低めいっぱいの4シーム。これをボールと判定された。
これがストライクなら、1ボール2ストライクと追い込んでいたところ。結果は自ずと、違っていたに違いない。

同じ回、カルロス・コレアを歩かせる。
低めいっぱい、99マイル(159キロ)の4シームをまたしてもボールと判定された。

3回のコレア四球時の配球図(参照:BrooksBaseball.net)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180426-00000004-wordleaf-002-9-view.jpg
本当ならこれで2ストライクと追い込むところ。

こうした伏線もあって、あの5回、ソーシャ監督が両腕を大きく広げ、不服を訴えたのである。
ゴンザレスを歩かせた直後、デレク・フィッシャーに2ランを許すのだから、怒りがしばらく収まらなかったに違いない。

436 名無し募集中。。。 :2018/04/26(木) 19:58:40
なお、そのフィッシャーが打ったのは、外角いっぱいの4シーム(155キロ)。
四球の後ということもあって、真っ直ぐを狙っていたのだろうが、
大谷はこの日、左打者に狙いを絞らせないような初球の入り方を徹底していただけに、もったいなかった。
これまでの3試合、大谷が左打者に対して投げた初球は、4シームが58.3%、カーブとフォークがともに20.8%という比率。
そして9人のうち、4人が左というアストロズ打線に対しては、4シームが44.4%、カーブが33.3%、フォークが22.2%と投げ分けていた。
左が続くところでいずれも初球にカーブを投げるなど、工夫も見られた。
ただ、フィッシャーとの対戦では、2回とも初球は4シーム。
しかも、先ほど触れた三回の最初の対戦では、6球のうち5球が4シーム。
フィッシャーにはなんとく軌道がイメージ出来ていたのではないか。
あの1球に関して、大谷は「そんなに力のないような球だった」とコメントしていたが、球筋を見ると、確かに平凡。
横の変化量は投手の右側へ20.4センチ。縦の変化量は36.9センチ。
この日、4シームの横の変化量の平均値は14.9センチで、相手打者にはむしろカットして見えたはずだが、20.4センチはまさに大リーグの平均値。
相手打者が動かないと錯覚するような、一番捉えやすい球筋だった。
もっともこの日、早いカウントで4シームを狙っていたのは、おそらくフィッシャーだけではない。
ファーストストライクが変化球だったケースは13回。相手が振ったのは3回。甘い球でも、平然と見送った。
実際のところ、今回のように、相手がフォークを捨て、徹底して4シームに狙いを絞ってくるようだと、再び今回のような結果になる可能性はある。
大谷の4シームの被打率は4割ちょうど。アストロズ戦では、6打数5安打(.833)、1三振。
今回で全体の数字が跳ね上がったが、ジョージ・プリンガーには4シームを2安打され、
マーウィン・ゴンザレスにはなんと、100.1マイルの4シームを引っ張られた。
あの時の打球の初速は107.1マイル(172キロ)。角度がついていれば、打球はスタンドに消えていた。 
ではなぜ、100マイル(160キロ)を超える球が、あそこまで完璧にとらえられるのか。
その原因はやはり、球質にあるのかもしれない。
実は今回、その4シームの球質が少し変化していた。

・回転数(1分間)/横の変化量/縦の変化量(いずれも単位はセンチ)
4月1日  2219/20.4/39
4月8日  2182/15.2/43
4月17日 2219/16.8/43.6
4月24日 2189/14.9/38.1

大谷の4シームはこれまで、回転数にはさほど変化はない。
しかし、最初の3回の先発では、横の変化量が小さくなり、縦の変化量が大きくなる傾向が見られた。
これは、回転軸の傾きがやや修正され、少しずつだが進行方向に対し、90度に近づいていったと言える。
しかし、先ほども触れたように、今回は横の変化量は、14.9センチとこれまでで一番小さくなったが、縦の変化量も小さくなった。
これまでの流れで考えれば、縦の変化量が大きくなってもおかしくなかったが、この辺りに速くても打たれる理由が潜んでいるような……。

では、横の変化量が小さくなったのに、縦の変化量が大きくならなかった理由。いろいろたどると、リリースポイントに変化が見られた。

437 名無し募集中。。。 :2018/04/26(木) 20:03:43
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000004-wordleaf-base&p=2
まずは、1回目から徐々に体の近い位置でリリースするように変化していたが、今回は、1回目よりもさらに、三塁側でリリースしている。
大谷のリリースポイントを横からチェックした図(参照:BrooksBaseball.net)
https://amd.c.yimg.jp/im_siggAiowzspGIdwnfbJ8ujClug---x900-y599-q90-exp3h-pril/amd/20180426-00000004-wordleaf-003-9-view.jpg

続いて高さを見ると徐々にリリースポイントが下がっているのがわかる。
大谷リリースポイントの高さをチェックした図(参照:BrooksBaseball.net)
https://amd.c.yimg.jp/im_siggLGzmT4gKMFgKhVDqq0m3_Q---x900-y599-q90-exp3h-pril/amd/20180426-00000004-wordleaf-004-9-view.jpg

これらのデータから、どんなことが言えるのか。
国学院大准教授で投手の投球動作解析に詳しい神事努氏に聞くと、
「腕がやや横振りになったことで、ストレートのジャイロ成分が増えた。
それで、回転数と横変化は変わらないけれど、縦変化が減ったと言えるかもしれません」と推測した。
ジャイロ回転も、進行方向に対して回転軸の角度が0になるようなきれいなものなら話が変わってくるが、
その僅かに加わったジャイロ成分が、ホップ成分を消してしまう ── 。
相変わらず、フォークの横の変化量は4シームに近かった。
相手に、4シームかフォークか、考えさせるような状況なら、この4シームでも大けがをすることはない。
ただ今回のように、4シームに絞ってきたら? そして、その4シームを投げるタイミングを読まれていたら?

メジャー自己最速となる101.0マイル(163キロ)を2度も記録するなど、場内が何度もどよめいたが、
スプリンガーには、いずれも低めの厳しいコースをクリーンヒットされている。
大谷にとってはメジャーの凄さに触れた ── 昨年のワールドシリーズチャンピオン、アストロズ戦は、そんな試合だったのかもしれない。

438 名無し募集中。。。 :2018/04/26(木) 21:04:27
日本ハム・清宮 第1打席で4号ソロ 右翼席へライナーで運ぶ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000100-spnannex-base
ハム清宮5戦4発と量産態勢、栗山監督評価も1軍昇格のタイミングは明言避ける
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00124265-fullcount-base

アストロズ戦で大谷翔平がみせつけたMLB球界での希少価値度
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20180426-00084468/
大谷マメで調整苦しんでも秀でた対応力/大魔神の目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00190222-nksports-base

3勝目逃すも二刀流旋風続く “大谷効果”がメジャーを底上げ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000018-nkgendai-base
アメリカでは前例の多い「他競技との二刀流」 木村沙織や高木菜那は?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180426-00007176-bunshun-spo
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180426-00007176-bunshun-spo&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180426-00007176-bunshun-spo&p=3

大谷vs田中、MLBでの初対決に米地元紙も注目「日本ではメガイベントとなるだろう」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180426-00022453-theanswer-base
「翔タイム」の前後はここで楽しもう=エンゼルス観戦のついでに行けるスポット5選
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00010001-jij-spo
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00010001-jij-spo&p=2

意外な奪三振マシーン、マエケン。奪三振率はメジャー全体で隠れ2位
https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyoshimio/20180426-00084453/

OP戦の成績は大谷以上、有望株“5ツールプレーヤー”アトランタ・ブレーブスのロナルド・アクーニャ外野手がデビュー 初安打が同点の契機に
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180426-00010001-baseballc-base

439 名無し募集中。。。 :2018/04/27(金) 08:54:58
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000064-spnannex-base
4月16日にはメッセンジャーが国内FA権を取得。
来季契約更新を前提に交渉を進める方針で、無事に契約を更新した暁には来季からメッセンジャーは日本人扱いとなる。
ということはチームの外国人枠が1枠あき、それを先発タイプの新外国人投手に充てることが可能となる。そのための海外リーグ視察だ。

440 名無し募集中。。。 :2018/04/27(金) 21:04:24
大谷がまた偉業 3試合で速球平均156キロ超え 今季MLB先発投手では3人だけ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00124509-fullcount-base
                     防御率  WHIP  試合数  投球回数
メッツ   ノア・シンダーガード   2.86  1.01    6    34.2イニング
ヤンキース ルイス・セベリーノ    2.32  0.90    5    31.0イニング
エンゼルス 大  谷  翔  平   4.43   1.29    4    20.1イニング

大谷VS“大谷”実現か? ヤンキース3連戦、160キロ右腕セベリーノと対決 田中、サバシアも待ち受ける
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000000-ykf-spo

打席には大谷翔平、マウンドには田中将大。これまで、日本人野手が初めて日本人投手と対戦した結果は
https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20180427-00084537/

データで比較する大谷と現役メジャー最高打者
https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyoshimio/20180427-00084315/

米大リーグで試合数短縮案「質か量か」アツい議論が続く
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000018-ykf-spo

「あのサイ・ヤング賞投手に会わなければ活躍はなかった」 岡島秀樹氏、米大リーグ活躍の舞台裏を告白
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00010015-abema-base
野球解説者の岡島秀樹氏が、自身の代名詞となったチェンジアップについて
「ヨハン・サンタナに教わった。もし、あの機会が無ければ活躍は難しかった」と明かした。

「日本では大きく曲がるカーブが主体でしたが、
アメリカでは乾いた空気やボールの縫い目の違いなどから、カーブが全く曲がりませんでした。
スプリットは使えましたが、やはり曲がるボールがもう一つ、どうしても必要でした」

不安を抱えたままキャンプインをした岡島氏に、思わぬ幸運が舞い込んだ。

「当時の代理人のクライアントにヨハン・サンタナがいたんです。
彼の家に招かれたときに、『何か聞きたいことはあるか?』と質問をされました。
そこで聞いたのがチェンジアップについて。
親指と人差し指を間にボールを挟み、その他の指を浮かせて抜くように投げるサークルチェンジではなく、
すべての縫い目に指先をかけ、グリップを固めてから投げるチェンジアップを教えてもらいました」

ヨハン・サンタナの決め球である“シンカー気味に落ちる”チェンジアップを伝授された岡島氏は、そのボールをオープン戦では封印。
シーズンに入ってから解禁すると、対ニューヨークヤンキース戦での成功を皮切りに、メジャーの並み居る強打者を翻弄。
獅子奮迅の活躍を見せ、セットアッパーとしての地位を確立した。

441 名無し募集中。。。 :2018/04/27(金) 21:32:43
エンゼルス“不動の4番”プホルスの凄さを振り返る!3000安打まで残り6本
イチローと同期の大打者/3000安打&600本塁打は過去3人だけ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00151458-baseballk-base
【2018年打撃成績】
・24試合
・5本塁打
・14打点
・打率.257
・OPS.734
※現地26日現在

【通算打撃成績】
・2599試合
・619本塁打
・1932打点
・打率.305
・OPS.945
※現地26日現在


大谷、新ニックネームは「ショーヘイ」改め?「ホルヘイ」 101マイル連発にメジャー驚嘆
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000014-ykf-spo
スペイン語で「Jorge」
英語なら「ジョージ」。スペイン語では「ホルヘイ」と発音
「ホルヘ」が「ショーヘイ」と発音が似てるということらしい

442 名無し募集中。。。 :2018/04/28(土) 20:39:14
http://pbs.twimg.com/media/Db1b4pxU0AEPhUT.jpg
http://i.imgur.com/cw2O8e3.jpg
エンゼルス 3-4 ヤンキース [ 2018年4月28日 ] 5番DH大谷
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018042813
1死走者無し右本塁打(直球) 二ゴロ(チェンジアップ)←1塁手と接触し足首グネって次の打席の時に交代

大谷、ヤ軍剛腕から4号先制本塁打!156キロを右翼席へ 田中も苦笑い
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000050-dal-spo
https://www.youtube.com/watch?time_continue=72&v=0qpCFaxS_jI
初球は外角157キロ。2球目はチェンジアップでストライク。
1-1から、3球目の内角直球97・2マイル(156キロ)を仕留め、右翼席へ4号ソロを放った。
打球の初速180・2キロ、飛距離は125メートルで打った瞬間にそれと分かる一撃。

4号ソロの大谷、7回第3打席の好機で代打を送られる 「左足首の軽い捻挫」と発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00151504-baseballk-base

大谷、4号先制ソロも左足首の軽い捻挫で交代 チームは延長10回逆転負け
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00124652-fullcount-base

カブス 3-2 ブリュワーズ [ 2018年4月28日 ] ダルビッシュ
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018042801
6イニング 104(70)球 被安打3 奪三振8 与四球2 失点1(自責0) 防御率5.26
ダルビッシュ有(Yu Darvish) @faridyu
バットを頂いたので早速使ったら2塁打を打てました。
ありがとうございました。
二塁回ってこけたので次はスパイクください。
https://pbs.twimg.com/media/Db1ZIxcXcAI4qMB.jpg

平野 1イニング 無失点 三者連続三振 防御率1.59

日本ハム最強2番打者が誕生!大田2打席連発 「自分の良さを消さないよう」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00124814-fullcount-base
【1回表】打撃好調!! ファイターズ・大田 レフトスタンドへ飛び込む先制の5号ソロホームラン!! 2018/4/28 M-F
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/668335/
【3回表】今度は左手1本で技あり!! ファイターズ・大田の2打席連続アーチで逆転に成功!! 2018/4/28 M-F
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/668346/

3試合前にも2打席連発
【3回裏】今季初の2番起用!! ファイターズ・大田の勝ち越しソロホームラン!! 2018/4/24 F-Bs
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/664780/
【4回裏】完璧!! ファイターズ・大田 2打席連続の勝ち越しホームラン!! 2018/4/24 F-Bs
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/664864/

443 名無し募集中。。。 :2018/04/28(土) 20:53:04
大谷翔平 野球への姿勢は“まっすぐで素直な少年”のまま
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180428-00000017-pseven-spo
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180428-00000017-pseven-spo&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180428-00000017-pseven-spo&p=3
スポーツライター・佐々木亨氏
「メジャーリーガーになった今でも、大谷選手の考え方や野球に取り組む姿勢は初めて会った15才の頃から変わっていない。純粋に野球が大好きで仕方ない、まっすぐで素直な少年のままです」

「高校時代に恩師となる佐々木洋監督と出会い、目標設定の大切さを知りました。
高校の先輩で現西武ライオンズのエース菊池雄星投手への憧れもあった大谷選手に対して、
佐々木監督は『誰かを目指すとその人以上にならない。超えたいと思わないと、その人を超えることはできない』と諭した。
そして、『お前なら絶対に160km出せる。そのために目標を163kmにしよう』と高い目標を設定して、野球に取り組ませました」

「メジャー志向を明らかにしていた大谷をドラフトで強行指名した日ハムの栗山英樹監督らは、
何度も彼のもとに足を運んでさまざまな資料を示して、『大谷翔平の成長には〇〇が必要だ』と語りかけ、
投打に挑戦する『二刀流』を提案し、彼の夢を真剣に考えた。
そして、熱意を持って新たな道を教えてくれた日本ハムに、大谷は入団した。
当時、メジャー球団は大谷を『投手』として評価していたので、卒業後すぐ海を渡っていたら二刀流は実現しなかったはずです」

「10代で渡米してマイナーリーグを経てメジャーに挑む過程も魅力ですが、
まずは日本でやってからアメリカへ行ったほうが成功する確率が高く、結果的に長く活躍できるという話も日本ハムはした。
その姿勢や考えも、彼が日本のプロ野球へ進むきっかけになったと思います」


水沢リトルリーグ・佐々木一夫監督
「1を教えると5を理解するような吸収力と、どんな格下の相手でも絶対に手を抜かず、全力を出すところが印象に残っています。一貫して野球に対して貪欲で、芯を持っている子だと感じました」

444 名無し募集中。。。 :2018/04/28(土) 22:48:11
ダル2塁打
http://p.pd.kzho.net/1524859153586.gif
大谷HR→マー君の反応
http://i.imgur.com/DBVZyzc.gif
大谷足首グネる
http://i.imgur.com/L94TzWP.jpg

http://i.imgur.com/67x2QJL.jpg

445 名無し募集中。。。 :2018/04/29(日) 09:25:00
http://i.imgur.com/lcxSSGm.gif
http://i.imgur.com/EinEHBU.gif
http://i.imgur.com/LAPjmRL.jpg
http://i.imgur.com/0aeK5vK.jpg

MLB、衝突防止に一塁に「ダブルベース」導入議論が本格化 来季にも採用か
http://i.imgur.com/qFRzASo.jpg

4号HR配球
http://i.imgur.com/TahK8ZB.png

446 名無し募集中。。。 :2018/04/29(日) 10:17:08
https://22.snpht.org/180428121508.jpg
https://22.snpht.org/180428121507.jpg
https://22.snpht.org/180428121505.jpg
https://22.snpht.org/180428121504.jpg
https://22.snpht.org/180428121502.jpg
https://22.snpht.org/180428121501.jpg
https://22.snpht.org/180428121500.jpg
https://22.snpht.org/180428121458.jpg
https://22.snpht.org/180428121457.jpg
https://22.snpht.org/180428121456.jpg
https://22.snpht.org/180428121454.jpg
https://22.snpht.org/180428121453.jpg
 
https://i.gyazo.com/5939ad15c86a0939580a4dc0e0eb51aa.gif
https://22.snpht.org/180428114249.jpg
https://22.snpht.org/180428114248.jpg
https://22.snpht.org/180428114246.jpg
https://22.snpht.org/180428114245.jpg
https://22.snpht.org/180428114243.jpg
https://22.snpht.org/180428114630.jpg
https://22.snpht.org/180428114629.jpg
https://22.snpht.org/180428114628.jpg
https://22.snpht.org/180428114626.jpg

447 名無し募集中。。。 :2018/04/29(日) 21:09:26
エンゼルス 1-11 ヤンキース [ 2018年4月29日 ]大谷出場せず マー君先発
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018042916
6イニング 88(59)球 被安打2(被本塁打1) 奪三振9 与四球2 失点1(自責1) 防御率4.37

田中将大が示した“先輩”としての貫禄
大谷を特筆しない、それこそがリスペクト
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201804290001-spnavi
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201804290001-spnavi?p=2

田中将大、データで振り返る今季4勝目 早めの勝負、抜群制球が成す“圧倒的支配力”
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00010007-baseballc-base

ヤンキース指揮官が敵地で受難…ユニホーム着用時に身分証明を求められる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00125085-fullcount-base
田中将大が快投で4勝目 ヤ軍監督は速球のコントロール称賛「本当に手強い」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00125009-fullcount-base
田中将大の快投にエ軍監督脱帽「常にタフな相手」 大谷とは「異なるタイプ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00124987-fullcount-base

田中将大がツイッターで大量援護に感謝「4勝目を挙げることが出来ました」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00125108-fullcount-base
田中将大が痛烈ピッチャー返しに美技 米実況感嘆「なんてプレーだ、タナカ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00125134-fullcount-base

大谷 次回登板は「おそらく大丈夫」マー君との対戦お預けに「残念だなと」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000116-spnannex-base

平野、6戦連続無失点で2勝目 “無敵”スプリットが決め球にもカウント作りにも
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00010003-baseballc-base

イチロー、6日ぶり先発出場も5打数無安打 全打席異なる投手との勝負で苦戦
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00010008-baseballc-base

448 名無し募集中。。。 :2018/04/29(日) 22:49:27
http://up.mugitya.com/img/Lv.1_up118317.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/img/201804290000477-w1300_1.jpg
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/29/jpeg/20180429s00001007249000p_view.jpg
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000076-dal-spo
「一塁の選手の足がベース上にあったので危ないなと思って、(ベースの)端を踏んだんですけど、その時にひねった」

「全力でやってる中でのことなので、安全に、安全にっていう中でのプレーというのはないと思ってますし、するべきではないと思ってる。
(今後は)そういうシチュエーションに備えた予防策や、フィジカルのケア、トレーニングというのはあると思う。
プレーしてる時っていうのは勝つためにプレーしてますし、けがをしないためにプレーはしてないので、
そういう意味では、そんなに(右足首のけがが)トラウマになってるということはない。
今後も瀬戸際のプレーという時にはしっかりベースを踏みにいきますし、
なんとかセーフになるように全力で駆け抜けるんじゃないかなと思ってます」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00124987-fullcount-base
マイク・ソーシア監督
「日ごとに様子見ていく。日本時代の監督やコーチからオオタニは絶対に引き下がらない選手だと聞いている。
我々としては日ごとに見ながら、メディカルスタッフと話し合って決めていければと思う」

449 名無し募集中。。。 :2018/04/30(月) 09:30:48
マー君との対決を流した大谷翔平はいつ復帰できる? 米メディアの見解は?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000001-wordleafs-base
大谷次回登板は5・3以降 患部は順調に回復
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00194383-nksports-base
大谷 次回登板回避 指揮官「故障者リスト入りの可能性ない」2試合連続先発外れる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000037-dal-spo
この日の試合前に会見でソーシア監督は大谷について
「経過を見ているところ。状態はかなり良くなっている。きょうは代打として考えている」。
通常、登板2日前に行うブルペンでの投球練習を30日に予定していることを明かしたことから、
次回登板が5月2日(同5月3日)のオリオールズ戦になる可能性が出てきたが
「これから状況を見て決める」と明言を避けた。
この日の大谷は約15分のキャッチボールで左足首などの状態をチェック。
ブルペンではシャドーピッチングでマウンド上でのバランスなどを確認した。

大谷翔平ベンチスタート キャッチボールで調整も2日登板回避を監督示唆
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00125193-fullcount-base
ソーシア監督
「まだ状態を評価しているところ。今日は大分状態はいいようで、
キャッチボールをする。ブルペンには入らない。今日は代打出場する可能性もある」とした。
まだシーズン序盤であることも含め、指揮官は「大事を取っている部分が大きい」とし、
「9月末だったら状況は違ったかもしれない」と話した。


31歳内野手が投手デビューで1回3人斬り ファン大興奮「パブロ・オオタニ?」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00125174-fullcount-base

450 名無し募集中。。。 :2018/04/30(月) 23:01:57
大谷翔平、現地メディアがノーヒットノーランとサイクルヒット、どちらを達成するかを予想
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018043012401701.html
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018043012401701_2.html
米で大胆予想 二刀流・大谷はサイクル安打より先にノーヒッターを達成!?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00125279-fullcount-base

大谷翔平にヤ軍大砲ジャッジが「一目惚れ」!? 打撃も絶賛「ワクワクする」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00125513-fullcount-base

大谷“史上最強”の瞬間――「試合ではこれの2割増しですよ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000113-spnannex-base

左足首負傷の大谷、ソーシア監督は走塁ミスを否定「一塁手がど真ん中に…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00125411-fullcount-base
「あれは技術的な問題ではないんだ。時々起こりうること。
一塁手がベースのど真ん中に足を置いている場合にね。彼はその足を避けようとしたんだ」

ソーシア監督はこう説明し、大谷の走塁ミスではなくアクシデントだったと指摘。
そして、この日ヤンキースの一塁を守っていたウォーカーが本来は二塁手であることに触れ、
「彼は本職の一塁手が置く場所に足を置いていなかった。だが、あれはどうしようもないことだ」
と、熟練の一塁手が守っていれば避けられたアクシデントだった可能性を示唆した。

大谷が早くも4本目!移籍1年目の本塁打記録を超えられるか?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00151692-baseballk-base
【日本人野手によるメジャー1年目本塁打数】
18本:城島健司(マリナーズ/2006年)
16本:松井秀喜(ヤンキース/2003年)
15本:井口資仁(ホワイトソックス/2005年)
10本:新庄剛志(メッツ/2001年)
10本:福留孝介(カブス/2008年)
10本:青木宣親(ブルワーズ/2012年)
8本:イチロー(マリナーズ/2001年)
7本:松井稼頭央(メッツ/2004年)
7本:岩村明憲(デビルレイズ/2007年)

451 名無し募集中。。。 :2018/05/01(火) 05:26:34
【日本ハム】清宮が1軍初昇格 5・2楽天戦から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000225-sph-base
石井一久がトークショーで清宮にぼやき
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00010001-theadline-base
「清宮とは小学生の時から仲が良くて、そのころから身長が180センチ近くあった。
順調に中学、高校、プロと上がってくると今では父親の気分。
でも口の利き方が分かっていない。
インタビューしに行くときに“明日よろしくね”ってLINEをすると“よろしくっす”って返ってきた(笑)」とぼやくシーンも…。

大谷については元メジャーリーガーの視点から二刀流について

「かなりきついと思う。メジャーは移動がすべて飛行機。
気圧の関係でなかなか疲れが取れなくて、回復力が落ちてくる。
中4日で登板の時に100%で臨んで、試合後には30%くらいになっているとすると、
次の登板までに100%に戻したいんですけど、メジャーのスケジュールだと常に90%くらいまでしか戻らない。
特に大谷君はバッターでも出場するからフル充電することは難しい状況の中でシーズンを戦っていると思う」と話した。

452 名無し募集中。。。 :2018/05/01(火) 10:49:50
“2大スター”に続き…大谷の負傷の原因にも 米記者が「ベースの変更」提言
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00125565-fullcount-base
エンゼルスのマイク・ソーシア監督は、本来は二塁手のニール・ウォーカーが不慣れな一塁を守っていたために
ベースの中央にいたことが故障の要因になったと指摘したが、ケニー氏はベースそのものが故障の理由だとした。

メジャーのベースは強化ゴムでできており、地中に固定されているが、走者の怪我の要因となることもある。
大谷のみならず、エンゼルスのマイク・トラウト内野手、
ナショナルズのブライス・ハーパー外野手というメジャーの若き二大スーパースターも、
走塁時にベースに関するトラブルで故障した過去があったと、ケニー氏は指摘した。
そして、走塁で怪我するリスクがあるベースを改良できないものか、と提言。
返信欄には名物アナウンサーに同調する声も出ている。

「ジミー・ホッファのことも忘れてはいけない」
「マチャドも数年前に怪我した」
「アダム・イートンもだ」
「ジミー・ネルソンも忘れるな」
「ベースの高さを低くすればいいじゃないか」
「Tボール(子供向けの野球)のように平らなゴムにする必要がある」
「将来的な怪我を防ぐために安全なベースを作ることに問題は無いはず」

二刀流のスターの故障で浮上したMLBの“ベース改良論”。
名物アナウンサーの提言が波紋を広げることになるのだろうか。

453 名無し募集中。。。 :2018/05/02(水) 04:48:30
大谷凱旋に期待 侍J メジャー最強軍団とガチンコ勝負 11・8から7試合
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000173-spnannex-base
11月に日米野球4年ぶり開催「大谷来て〜」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000210-sph-base
▽11月8日 エキシビジョンゲーム 巨人VSMLBオールスター(東京D)
▽11月9日 侍ジャパンVSMLBオールスター 第1戦(東京D)
▽11月10日 侍ジャパンVSMLBオールスター 第2戦(東京D)
▽11月11日 侍ジャパンVSMLBオールスター 第3戦(東京D)
▽11月13日 侍ジャパンVSMLBオールスター 第4戦(マツダ)
▽11月14日 侍ジャパンVSMLBオールスター 第5戦(ナゴヤD)
▽11月15日 侍ジャパンVSMLBオールスター 第6戦(ナゴヤD)

大谷翔平はDHでの出場予定。エンジェルスvs.オリオールズ3連戦のみどころ
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018050120462401.html
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018050120462401_2.html

454 名無し募集中。。。 :2018/05/02(水) 09:05:06
大谷が弾丸4号弾で証明したもの 米データサイト驚愕「欠点が分からない…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00010000-fullcount-base
MLB公式データ分析サイト「ベースボール・サバン」によれば、
平均すると大谷より内角攻めを受けている打者はいないという。
投手たちは、大谷の手元を攻めてバットを強振させないことを狙っている。
だが、セベリーノから放った一発は打球速度112マイルの強烈アーチだった。

さらに、大谷が実は内角が打てるだけではなく、
外角球に対してはバットを逆らわずに出して、
左翼方向へ力強い打球を飛ばしていることも指摘。
まだ大谷の全てを知ったわけではないと断りを入れながらも、
「弱点があるはずなのに、それがどこか分からない」と続けている。


大谷翔平、“第3の武器”をあのスピードスターが太鼓判 「あの足の長さは反則」
二刀流の大谷は俊足ぶりも米屈指、一塁への到達時速は32.26キロを計測
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180502-00022776-theanswer-spo
Jリーグ屈指の快速男は底知れぬポテンシャルを絶賛
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180502-00022776-theanswer-spo&p=2
FC東京FW永井謙佑
「正直、本気でダッシュしているように見えない。
脚の運び方という点では、何歩で(塁間を)駆け抜ければいいのかを理解していて、
それを意識して走っているのだと感じた。そういう細かいところにこだわっているのでしょうね」

映像では全力疾走しているように見えるが、まだまだ余力を残しているとみている。
大谷が、メジャーで見せる走塁について、
あくまで各塁間90フィート(約27.4メートル)の距離に最適化した歩幅で疾走しており、
永井は「本気を出せばもっと速いと思う」と分析。
大谷は日本ハム時代に一塁までわずか14歩で走り抜けてきた。
その日本人離れしたストライドには、「あの足の長さは反則ですね」と目を丸くしていた。

455 名無し募集中。。。 :2018/05/03(木) 05:01:32
エンゼルス 3-2 オリオールズ [ 2018年5月2日 ] 5番DH大谷
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018050213
http://pbs.twimg.com/media/DcJMawSUQAADfYQ.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=BzHwnzPj1go
1死走者無しで遊ゴロ 1死走者無しで左二塁打 1死走者無しで一ゴロ 無死走者無しで右ライナー

大谷、新人でも打撃技術は“大先輩”!? 同僚絶賛「助言を求めるべきは自分」
メジャー7年目のカルフーンが大谷の打撃技術に脱帽
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00125989-fullcount-base
MLB公式、大谷「驚きの1か月」特集 米ファン「日本では本物の神に違いない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00125952-fullcount-base
投手としては4試合登板で20回1/3を投げ、防御率4.43、3被弾、26奪三振。
そして、ファストボールの最速は101マイル(約163キロ)を計時したが、
これはメジャー2位の数値だったことも特筆している。
ボールの内訳はファストボールが44.7%、宝刀スプリットが30.3%、スライダーが22.2%、カーブが2.9%
打者・大谷の4月の成績は打率.341、出塁率.383、長打率.682、OPS.1.065
12試合出場で4本塁打、15安打を放ち、打ち返した最速のファストボールは97.2マイル(約156キロ)

痛烈二塁打の大谷翔平、球団の新人“最高ペース”で長打量産 13試合で7本目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00125911-fullcount-base
大谷は規定打席に達していないが、長打率は.667、OPSは1.039と、いずれもメジャー10傑に値する成績を残している。

456 名無し募集中。。。 :2018/05/03(木) 05:16:15
ハム清宮、映画テーマ曲で打席へ 「高揚感がある」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000090-asahi-spo
清宮はこの曲を選んだ理由を
「みんなが知っているし、なんかファイターズっぽい。高揚感もあるので。ずっと前から決めていました」
と話した。

https://www.youtube.com/watch?v=M5Azct9tk8M

プロ第1打席で二塁打を放った日ハム清宮 一問一答「1打席1打席全力でいきたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00125921-fullcount-base

松井秀喜&清原超え!清宮が高卒新人で初打席初安打
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00197077-nksports-base
清宮が6番DHでデビュー。高卒新人がDHで先発するのは珍しく、14年森(西武)以来6人目。
森が初めてDHで先発したのは出場8試合目で、デビュー戦で先発DHの高卒新人は99年8月20日オリックス戦に1番DHで出場した赤田(西武)以来2人目だ。

また、ドラフト制後、デビュー戦の初打席で安打を放った高卒新人は17年10月5日今井(日本ハム)以来で25人目。
86年清原(西武)と93年松井(巨人)はデビュー戦で安打を記録しているものの、2人とも2打席目だった。


ワイドショーをもにぎわす男。大谷翔平の訴求力/石田雄太の閃球眼
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180502-00000014-baseballo-base
野球に限らず、昭和の時代と違って何事においても“関心がある人”と“関心のない人”の二極化が進んでいるこのご時世。
とりわけ野球はその二極化が深刻だった。
地上波で巨人戦が毎晩、当たり前のように生中継されていたのは15年ほど前までのこと。
これをつい最近と取るか、ずいぶん昔と取るかは微妙な年月になってきてしまったが、
いずれにしてもプロ野球が好きな人はもちろん、
嫌いな人もプロ野球の生中継のせいで好きなテレビ番組が見られなくなるといった具合に、
当時はプロ野球の存在そのものを誰もが強く意識していた。
プロ野球に関心のない人は極端に少なく、好きも嫌いも含めて、野球ネタが国民的関心事になりやすい土壌があった。
しかし、今や野球好きなら誰もが知っているスタープレーヤーであったとしても、
日本中の人が知ってるかと言われるとクエスチョンマークがついてしまう現状は否めない。
そしてそういう垣根を取っ払うことができる選手は、ごくごく限られている。
そこになかなか気づけないのは、目の前の球場がそれなりに賑わっているからだ。
日本のプロ野球は、ジャイアンツやホークスが目指してきた世界戦略ではなく、国内のローカルマーケットを狙う戦略に舵を切った。
それは残念ながらコミッショナーがNPBとして打ち出した方針ではなく、
一部の球団が地元密着を狙った戦術が功を奏して、あとに続く球団が増えたという結果論に過ぎない。
そして、もはやその方向転換は不可能な状況となっている。
それを悪いとは言わない。

12球団が、それぞれ地元に密着して、それなりのマーケットの中で黒字を出す。
フランチャイズ制を敷くプロ野球の、これが今の時代、目指すべき姿なのかもしれない。
しかし、そういう規模のビジネスでは年俸が5億円、10億円という選手とはとても契約できなくなる。
結果、MLBがそれだけの価値があると評価した選手はメジャーへ流出する。
いつぞや、やがて日本はメジャーの草刈り場になると不安視していた声が現実となり、
むしろ今や、トッププレーヤーがメジャーを目指すのは当たり前になっている。
ダルビッシュ有、田中将大、前田健太ら各球団のエースはそれぞれのファンから気持ちよく送り出され、
今年、メジャーに移籍した平野佳寿、牧田和久、そして大谷のことも、在籍していた球団のファンは、誰も裏切り者扱いなどしない。
松井秀喜や上原浩治が後ろめたい思いを抱えてメジャーへ挑んだころとは世の中の反応があまりにも違う。

かつて、野茂英雄はベンチから見る憧れていたメジャー・リーガーに目を輝かせ、同じ選手だというのに「ダグアウトは特等席だ」と言っていた。
イチローは初めて対戦するメジャー・リーガーにお願いして、サインボールをもらって家に飾っていた。
そういう無邪気さが、いつしか活躍して当たり前の責任感に変わり、日本人メジャー・リーガーの顔つきが険しくなっていったような気がする。
しかし、大谷は勝っても負けても、打っても打てなくても、楽しそうに見える。
だから野球のロジックに染まっていない人たちへの訴求力があるのではないか。

おらがチームで育った、一番の選手がメジャーに挑む。
そこで活躍してくれれば、ファンにとっても喜ばしいことだという発想が、この国の野球好きの主流となってきた。
そして、そうした舞台に立つ飛び抜けた日本人メジャー・リーガーが、普段、野球の関心のない層に野球のおもしろさを訴えかけてくれるなら、それに越したことはない。 文=石田雄太

457 名無し募集中。。。 :2018/05/03(木) 08:46:33
清宮1軍第1打席初ヒット(2塁打)2018.0502 対楽天(岸投手)
https://imgur.com/K45CRVn.gif
大谷翔平、4月のア・リーグ月間最優秀新人に選出! 日本人ではダル以来
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00010000-fullcount-base

元ダルビッシュの“女房”に聞く。打者・大谷翔平を攻略する方法はあるのか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000002-wordleafs-base
大谷に対する配球の濃淡をひとつの図にまとめたものだ。
つまり濃い色のところに対大谷に対して投じたボールが多く集まっていることになる。

3月29日の開幕から4月12日までの図を見ると相手の内角攻めが目立つ。
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180503-00000002-wordleafs-001-3-view.jpg

しかし、13日以降、4月30日までの図を見ると、外角中心の配球に変わっている。
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180503-00000002-wordleafs-002-3-view.jpg

実際のところ、その少し前から、傾向が変わりつつあるが、これはどういうことだと思うか?
するとルクロイは、2枚の図を見ながら、こう言った。
「まぁ、何かを見つけたんだろうね」

何かとは?

「まず、我々が対戦したのはいずれも早い時期だ。そしてあのときは内角を中心に攻めた。
なぜかって? やはりオープン戦でのデータしかなかったからね。
スカウティングリポートでは、タイミングが遅れ、内角の速い球には差し込まれるだろう、とのことだった。
でも、開幕に入ったら、フォームが違うじゃないか(笑)。もう右足を上げていなかった。
ただ、開幕戦では最初にヒットを打たれたけど、その後は内角中心で、ゴロを打たせることが出来た。その延長が6日の試合だった」
その後、しかし、徐々に攻めは外角中心に変わっていった。
そして、大谷がヒットにしているコースを調べると、内角の球が多い。
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180503-00000002-wordleafs-003-3-view.jpg
これからどんなことが言えるのか? そう聞くと、ルクロイが答えるまでに時間はかからなかった。
「大谷はいい打者ということだ」

もう少し詳しく・・・。

「いいだろう。いい打者というのは、カウントにもよるが、コースに狙いを絞っている。
その場合、球種はなんでもいい。ハンティングと一緒だ。1箇所に狙いを絞る。
そこにどんな獲物が来ても、関係ない。その場所で仕留める。
おそらく大谷は、開幕直後に内角を徹底して攻められたことから、ある程度、内角を意識するようになったのだろう。
この間、(ルイス・)セベリーノから内角のファストボールを打って、ホームランにしただろう?
あれは、あそこを待っていないと打てない。とっさの反応なら、せいぜいファールだ」
ちなみに大谷の安打は4月終わりの時点で15本。
そのうち初球を打ってヒットになったのが3本。1-0. 2-0, 0-1がそれぞれ1本。
1-1が2本で、計8本。このうちの5本が内角。セベリーノからの1発も1-1からの3球目だった。
こうしてみると、サンプルは少ないものの、早いカウントでヒットにするのはやはり内角という傾向がある。

では、ルクロイなら、あの場面でどう組み立てたのか?

「後出しになってしまうけど…」と断った上で、カウント1-1、その前の2球が外角だったことを踏まえ、こう言った。
「内角に投げるなら、バックフットのスライダーを要求する。
相手が内角を待っているということは、その近くに穴もある。おそらく振ってくるから。
セベリーノにはいいスライダーがある。低めにスライダーを投げていればゴロか空振りになったはずだ」
あえて相手の待っているコースを利用する。他に選択肢があるとすれば?
「内角の高めでファールを打たせる。内角を狙っている以上、やはり振ってくるだろう。ポップフライに打ち取れるんじゃないか。
もちろん、リスクはある。一歩間違えば、同じ結果(本塁打)になるかもしれない。
制球に自信のない投手なら、内角のボール球でいい。大谷がのけぞるぐらいの。
そうすれば次は外角でストライクが取れる。多少甘くても踏み込んでくることはない」

458 名無し募集中。。。 :2018/05/03(木) 08:47:06
踏み込んでこない?

「本能だろうな。例えば、内角の胸元に速い球が来た後というのは、
次に外角に来る可能性が高いと分かっていても、反応しにくい。
頭では理解していても、どこかでブレーキがかかる。打者とはそんなものだ」

確かに大谷は外角の球で2球、見逃しの三振を喫しているが、その前の球はいずれも内角だった。では、これで2-2になった。次は?

「1-1から内角にボール。次に外角でストライクを取って2-2ということか?」

その通り。

「ならば、そこでバックフットのスライダーだな。右投手ならパワーカーブでもいい。
気をつけなければいけないのは、低めに制球すること。
6日の試合で、うちのサンチャゴ・カジーラが三振を奪ったが、大谷は3球ともパワーカーブを追いかけてきた。
あれはワンバウンドだからよかった。膝の高さでは、中途半端。見逃されてフルカウントでもいい」

どうして?

「大谷が、4シームを空振りすることはほとんどない。そうだな?」

右投手が大谷4シームを投げたのは60球。振ったのは29回。そのうち、空振りは4回。
左投手が4シームを投げた15球のうち、振ったのは7回。空振りはゼロ(いずれも4月30日現在)。

「ということは、それなりに自信を持っているはずだ」

「フルカウントになれば、基本的には4シームのカウントだ。大谷も真っ直ぐを待つ。本人も自信がある。
そこで変化球を投げたらどうなると思う?そのカウントではもう、コースを狙っていない。球種を意識している。
足元に変化球を投げれば、アウトに出来る可能性は高い。逆に、真っ直ぐで勝負したら、大変なことになる(笑)。
それはフルカウントに限らない。打者有利のカウントというのは、投手にも有利な面がある。
相手は十中八九、真っ直ぐを狙っている。それを利用しない手はない」

最悪、フォアボールでも?

「状況にもよるが、長打よりはいいだろう?」

そう言って苦笑したルクロイは続けた。

「まぁ、それでも大谷は厄介な打者だと思う。内角、外角、高め、低め、緩急、出来ることはすべてやるしかない。
全部を組み合わせる。外角ばかりにしか投げなかったら、彼だって踏み込んでくる。
内角にしても同じことが言える。内角ばかりなら、大谷だって内角に狙いを絞ってくる。
どちらを軸にするにしても、1球でいいから大谷が迷うような球をどこかで投げる必要がある。考えさせるんだ。
ようは、最後の球を生かすためにどうするか。
ここで仕留める、というプランを描いた時、その球をより効果的に見せるためにどう伏線を張るか。
それ次第では、その球が平凡な球であっても、配球によっては生かせるからね」

彼の話から想像するに、インコースの真っ直ぐを使ってカウントを稼ぎ、
最後は低めの変化球、という配球がイメージ出来ているのではないか。
問題は、最後の球を生かすために、どこでどう、見せ球を使うのか。それこそ、打者との駆け引き。

次にアスレチックスがエンゼルスと対戦するのは6月半ば。
まだ、大谷のデータが少ない今、他球団も色々と試している状況だが、その時までにルクロイはどんな答えを用意するのか。
また対戦後に話を聞いてみたい。

ところで・・・。
4月20 日の試合中、脳出血のためダグアウトで倒れたダニー・ファーカー(ホワイトソックス)も、
ルクロイと同じ、ルイジアナ州立大ラファエット校の出身。もちろん、写真も飾ってあった。
イチローがヤンキースへトレードされた時の相手でもある彼には去年の今頃、あの時の裏話も聞いた。
自力で歩けるようになったとのことだが、1日でも早い回復を祈りたい。
(文責・丹羽政善/米国在住スポーツライター)

459 名無し募集中。。。 :2018/05/03(木) 10:22:57
やっぱり野茂英雄は凄かった! 「16与四球」なのに完投勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00000010-sasahi-base
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00000010-sasahi-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00000010-sasahi-base&p=3
毎回の16与四球という大乱調にもかかわらず、
完投で勝ち投手になるという“快挙”が達成されたのが、1994年7月1日の近鉄vs西武(西武)。
近鉄の先発・野茂英雄は1回2死二、三塁から清原和博、パグリアルーロ、
石毛宏典と3者連続四球で押し出しの2点を献上。立ち上がりから思いっきり不安定だった。
2回にも2四球、7回には3四球と回が進んでも“四球病”が止まらず、
9回1死二塁から3四球でまたもや押し出しの1点をプレゼントと、最後までピリッとしない。
この日の16与四球は、1942年に小松博喜(黒鷲)が巨人戦で記録した14を上回るプロ野球ワースト。
一人で毎回四球を与えたのも、もちろん史上初。
投球数191のうち105球がボールという大荒れの状態では、二桁失点していてもおかしくない内容だった。
ところが、終わってみれば、8対3で快勝し、勝ち投手になってしまうのだから、まさに「何でそうなるの?」である。
ちなみに、これまで最も四球を与えながら勝ち投手になったのは、
1946年の一言多十(セネタース)の13で、野茂はこの記録をも塗り替えてしまった。
「代えられても仕方がない納得のいかない内容でした。バックの援護で勝たせてもらったようなものです」(野茂)。
「ほかの投手では真似できん。野茂ならではやな」と鈴木啓示監督がミョーな感心をすれば、
この日2打数2安打3四球と全打席出塁をはたした清原も
「アイツらしいわ。この試合で10キロは痩せたな。それにしても、あの精神力はすごい」と脱帽するばかりだった。

460 名無し募集中。。。 :2018/05/03(木) 10:29:10
英語の冗談に日本語で反応…大谷翔平の知られざる米国生活
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000009-nkgendai-base

青木宣親も絶賛 エンゼルス大谷は“具現化力”が最大の武器
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/228224

大谷が選ばれた月間最優秀新人賞のあれこれ。最多獲得はあの日本人選手
https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyoshimio/20180503-00084785/
過去に月間最優秀新人に選ばれた日本人選手
イチロー(シアトル・マリナーズ、2001年4、5、8、9月)
石井一久(ロサンゼルス・ドジャース、2002年4月)
松井秀喜(ニューヨーク・ヤンキース、2003年6月)
岡島秀樹(ボストン・レッドソックス、2007年4月)
ダルビッシュ有(テキサス・レンジャース、2012年4月)
大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス、2018年4月)

獲得回数最多選手
イチロー、4回(シアトル・マリナーズ、2001年4、5、8、9月)
マイク・トラウト、4回(ロサンゼルス・エンゼルス、2012年5、6、7、8月)
アーロン・ジャッジ、4回(ニューヨーク・ヤンキース、2017年4、5、6、9月)
ジェイソン・ベイ 3回(ピッツバーグ・パイレーツ、2004年6、7、9月)
ホゼ・アルトゥーべ、3回(ヒューストン・アストロズ、2014年4、6、7月)

メジャーリーグで月間最優秀新人を表彰するようになったのは、イチローがメジャーデビューを果たした2001年からで、
1996年に新人だった野茂と、2000年に新人王に輝いた佐々木のときは、賞自体がまだ存在していなかった。
初代受賞者(2001年4月)はアメリカン・リーグがイチローで、ナショナル・リーグは現在は大谷のチームメートでもあるアルバート・プーホルス(セントルイス・カージナルス)だった。

461 名無し募集中。。。 :2018/05/03(木) 14:34:55
エンゼルス 10-7 オリオールズ [ 2018年5月3日 ] 5番DH大谷
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018050314
2死走者無しで中フライ 1死走者無しで一ゴロ(エラーで出塁) 1死2塁で遊ゴロ(実質二ゴロ)で走者3塁に 無死走者なしで一ゴロ
http://i.imgur.com/e8GcR5l.jpg
http://i.imgur.com/Qe1tPYI.gif
大谷の第1打席
打球速度100.4マイル 射出角度24°
飛距離114.3メートル 安打可能性66%


カブス 2-11 ロッキーズ [ 2018年5月3日 ] 先発ダル
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018050306
4.1イニング 86(54)球 被安打7(被本塁打3) 奪三振8 与四球3 失点6(自責5)


始球式
http://k.pd.kzho.net/1525322647652.jpg
http://k.pd.kzho.net/1525322648610.jpg
http://k.pd.kzho.net/1525322650373.jpg
http://k.pd.kzho.net/1525322651278.jpg
http://k.pd.kzho.net/1525323023946.jpg
https://video.twimg.com/ext_tw_video/991901871781568514/pu/vid/1280x720/gNPe4oQa0JIIJGZn.mp4
http://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/6c01ba1a982b10b6bdcf3059cf0f94e2/5B9A4974/t51.2885-15/e35/31150091_170999046944525_533340680810921984_n.jpg
http://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/600c125977a4181972220f1f51d99ada/5B7E0811/t51.2885-15/e35/31023895_408995462897443_5354552242072453120_n.jpg

462 名無し募集中。。。 :2018/05/03(木) 14:55:12
https://i.imgur.com/uxGyFaI.gif
https://i.imgur.com/QVnt9Rg.jpg
牧野真莉愛、ノーバン始球式ならず「練習では投げられていた」
http://www.sanspo.com/geino/news/20180503/geo18050314170012-n1.html
http://www.sanspo.com/geino/images/20180503/geo18050314170012-p1.jpg
http://www.sanspo.com/geino/images/20180503/geo18050314170012-p2.jpg
http://www.sanspo.com/geino/images/20180503/geo18050314170012-p3.jpg
http://www.sanspo.com/geino/images/20180503/geo18050314170012-p4.jpg
http://www.sanspo.com/geino/images/20180503/geo18050314170012-p5.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DcP70dlVwAA1aHW.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DcP70dlV4AETSCc.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DcP70dmU8AA6aTS.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DcP70dlVwAM0B8E.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DcP6dQkVQAAl3Gm.jpg
https://video.twimg.com/tweet_video/DcP7HtRVMAEMFmB.mp4

463 名無し募集中。。。 :2018/05/03(木) 23:12:35
5月3日(木)日 4-1 楽  5番DH清宮
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018050304/stats
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/672202/

2戦連続安打で逆転呼んだハム清宮 辛島スライダーに「見たことない回転」
第4打席できっちり四球を選ぶ姿に、18歳らしからぬ落ち着きと風格
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00126207-fullcount-base
「繋いでくれた人がいて、返してくれた人がいて。
自分はプレッシャーのない中でヒットを打っただけ。後ろの打った人たちに感謝です」

日本ハム清水 ベンチをチラ見も代打出ず…逆転満塁弾に安ど「ほっとした」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000142-spnannex-base

大谷が後輩・清宮の初安打を称賛「見た感じしっかりと捉えていた。素晴らしいヒット」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000156-sph-base

ヤクルト青木がNPB通算打率1位に 4000打数到達、打率.327でレロン・リー抜く
3日の中日戦の4打席目で4000打数に到達し、5打数1安打で4001打数に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00126269-fullcount-base
1青木宣親 .327(4001打数1310安打/2004-2018)※
2L.リー .320(4934打数1579安打/1977-1987)
3若松勉 .31918(6808打数2173安打/1971-1989)
4張本勲 .31915(9666打数3085安打/1959-1981)
5ブーマー .317(4451打数1413安打/1983-1992)
6川上哲治 .313(7500打数2351安打/1938-1958)
7与那嶺要 .3110(4298打数1337安打/1951-1962)
8落合博満 .3108(7627打数2371安打/1979-1998)
9小笠原道大 .310(6828打数2120安打/1997-2015)
10内川聖一 .3082(6482打数1998安打/2001-2018)※
10レオンL .3076(4667打数1436安打/1978-1987)
11中西太 .307(4116打数1262安打/1952-1969)
12長嶋茂雄 .305(8094打数2471安打/1958-1974)
13篠塚和典 .3043(5572打数1696安打/1977-1994)
14松井秀喜 .304(4572打数1390安打/1993-2002)
15鈴木尚 .3034(4798打数1456安打/1991-2008)
16A.カブレラ .3033(4510打数1368安打/2001-2012)
17大下弘 .303(5500打数1667安打/1946-1959)
18和田一浩 .3029(6766打数2050安打/1997-2015)
19谷沢健一 .3024(6818打数2062安打/1970-1986)
20前田智徳 .3023(7008打数2119安打/1990-2013)
21王貞治 .3011(9250打数2786安打/1959-1980)
22Aラミレス .3006(6708打数2017安打/2001-2013)
23藤村富美男 .2999(5648打数1694安打/1936-1958)
24糸井嘉男 .2998(4666打数1399安打/2007-2018)※
25榎本喜八 .298(7763打数2314安打/1955-1972)
26加藤英司 .2972(6914打数2055安打/1969-1987)
27谷佳知 .2969(6492打数1928安打/1997-2015)
28田宮謙次郎 .2968(4807打数1427安打/1949-1963)
29高木豊 .2967(5782打数1716安打/1981-1994)
30松中信彦 .2962(5964打数1767安打/1997-2015)

464 名無し募集中。。。 :2018/05/04(金) 02:26:56
イチロー好機に三振「僕から解説はいらないでしょ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00197560-nksports-base

https://i.imgur.com/8VDfkme.jpg

465 名無し募集中。。。 :2018/05/04(金) 06:43:52
アストロズ 5-6 ヤンキース [ 2018年5月4日 ] 先発マー君勝ち負け付かず
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018050404
6イニング 83(60)球 被安打5 奪三振5 与死球1 失点3(自責3)

マー君 今季5勝目ならず 6回まで好投も7回に満塁で降板
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000173-spnannex-base

大谷、「スプリットの投げすぎ」は杞憂だ。それ以上に物足りないものは…【小宮山悟の眼】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180503-00010001-baseballc-base

466 名無し募集中。。。 :2018/05/04(金) 12:02:09
イチロー「240パウンドなら終わり」一問一答1
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00198342-nksports-base
イチロー「野球の研究者でいたい」一問一答2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00198344-nksports-base
「イチロー、でいいんじゃない?」一問一答3
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00198345-nksports-base
イチロー会見「喪失感ない。野球の研究者でいたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00198239-nksports-base
イチロー、異例契約を結んだ後押しは「大好きなチームメイト」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000074-sph-base

イチロー 会長付特別補佐に 今季ラストゲーム後、目を赤くした弓子夫人と抱擁
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000012-spnannex-base
マー君 イチロー“生涯契約”に驚き「どれだけ凄く偉大なことなのか」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000066-spnannex-base
マリナーズ会長、イチローへの思い激白「ファミリーの大事な一員。永遠にそうあって欲しい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000084-sph-base
同期プホルスがイチローの凄さを独特表現「01-15年までトラウトだった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00126351-fullcount-base

467 名無し募集中。。。 :2018/05/04(金) 15:37:27
エンゼルス 12-3 オリオールズ [ 2018年5月4日 ] 5番DH大谷 2安打1打点 1四球 .327
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018050410
https://www.youtube.com/watch?v=nkV_szVX3Sc
1死3塁で右安打 無死2塁で空三 1死12塁で四球 2死走者無しで中安打

     打率 本塁打 出塁率 長打率  OPS
大谷 .327   4 .373  .618   .991 (今夏24歳) 15試合55打数 四球4
トラウト .297  11 .432  .658  1.089 (今夏27歳) 31試合111打数 四球26

エンゼルス・大谷、3打数2安打1打点「四球も取れたしヒットもいいヒット」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000117-sph-base

いつもはソーシア監督が先に会見し、そのあとに #大谷翔平 選手が取材に応じますが、
この日は逆の順番。監督を待たせてしまって、席を譲るときは、お辞儀とイスを引くエスコートでした
https://twitter.com/YamadaSANSPO/status/992273720042389505

エンゼルス・大谷がイチローから学んだこととは?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000125-sph-base
「常に目標になるような存在かなと思います。
それはこれからずっと変わらないんじゃないかなと思うので。
少しでも近づけるように毎日毎日頑張って行きたいなと思います」

今年3月上旬にイチローがマリナーズに復帰。
4日からの敵地・マリナーズ3連戦での直接対決に意欲を燃やしていた。

「個人的にはすごくやってみたいなというか、
同じグラウンドの仲でプレーするというのは日本の選手にとってはすごく憧れること。
残念な気持ちはありますけど、まずはチームが勝てるようにしっかり頑張ってみたいなと思います」と気持ちを切り替えた。

日本ハム時代に関係者から紹介され、食事に出かけるなど以前から親交がある。
その席で質問したことは大谷の財産となっているようだ。

「「技術的なことはここで話すのも違うのかなと思うので、
ゲームの入り方だったりとか、そういうのはすごく勉強になる」と話した。

468 名無し募集中。。。 :2018/05/05(土) 15:05:34
イチロー・大谷翔平 メジャー“夢の共演”!!試合前の練習中にあいさつに向かうも逃げていくイチロー選手 笑顔で握手
https://www.youtube.com/watch?v=QS3QMpu907w
https://www.youtube.com/watch?v=IsJCBaMts5w
http://i.imgur.com/rGxgn03.jpg
http://i.imgur.com/HJwMlUO.jpg
http://i.imgur.com/UTTdfV9.jpg
大谷とイチローが対面 鬼ごっこ→笑顔で握手
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00199330-nksports-base

469 名無し募集中。。。 :2018/05/05(土) 15:06:21
マリナーズ vs. エンゼルス [ 2018年5月5日 ] 5番DH大谷 4打数2安打1四球 .339
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018050515
https://www.youtube.com/watch?v=lbYriuDki0w
無死走者無しで空三 無死1塁で中安打 2死12塁で左二塁打で1打点 無死走者無しで四球 1死1塁で1ゴロ(ゲッツは回避)
大谷3打席目2塁打
http://i.gyazo.com/a34447f71da18daddcbea4d55f4b0c6b.jpg

プホルスMLB3000本安打達成
http://i.imgur.com/tFsEpy4.jpg
http://i.imgur.com/9gIBQR5.jpg
http://i.imgur.com/fTvs76P.jpg
http://i.imgur.com/dMFKOUP.jpg
http://22.snpht.org/180505123723.jpg
http://22.snpht.org/180505140604.jpg
http://22.snpht.org/180505140600.jpg
大谷2戦連続&今季6度目マルチで4連勝に貢献 プホルス史上32人目3000安打
2安打1四球1打点1得点の活躍、打率.339にアップ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00126626-fullcount-base

470 名無し募集中。。。 :2018/05/06(日) 02:19:36
【MLB】元Gマイコラスの評価うなぎ登り 相手打者も脱帽「無敗にはワケがある」
7回無失点の快投で宿敵カブスに勝利「初のライバル対決で素晴らしさ発揮」
21イニング連続無四球「彼の与四球率はMLBの先発投手でトップ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00126827-fullcount-base

【MLB】ヤ軍サンチェス「モンスター級」の盗塁阻止 140キロの“豪速球”は「弾丸」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00126847-fullcount-base

471 名無し募集中。。。 :2018/05/06(日) 04:21:20
大谷がイチロー“御前試合”に緊張「野球教室にきた小学生がすごく張り切った」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00126757-fullcount-base
「野球教室にきた小学生がすごく張り切っていいところを見せようという、そういう気持ちだった」

「アメリカに来て一番力んでスイングしていたいんじゃないかと思います」と振り返る。
「あまり経験がない」と苦笑いするブーイングも理由の1つだが、
何よりも憧れの人、イチローが見守る中で、
しかもテレビで見ていたセーフコフィールドで立つ初めての打席だったからだ。

「やっぱり憧れている選手に見てもらいたいというか、
いいところを見てほしいっていうのはどの選手も思うんじゃないかと思いますし、
ずっと目標にして頑張ってきたところで、自分のいいところを出したいなと。
そういう気持ちはあるんじゃないかと思います」

2ストライクに追い込まれてから2安打した対応力について、イチローが褒めていたと聞かされると、
「すごく光栄なことですし、僕のことについて話してくれるだけで僕は満足なので、うれしいなと思います」
と野球少年のような笑顔を浮かべた。


大谷がプホルス3000安打達成時に見せた配慮「みんな見たいだろうと思って」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00126772-fullcount-base
「できれば後ろで見たいなと思っていた」という大谷は、捕手、球審に次ぐ“特等席”から快挙を見守った。
一塁ベースに到達したプホルスを、チームメイトがダグアウトを飛び出して祝福すると、大谷も歓喜の輪へ。
さらに、直後の打席では左越えのタイムリー二塁打を放ち、花を添えた。
実はこの日、大谷はネクストバッターズサークルでいつもよりやや一塁寄りに立っていた。
「みんなプホルス選手を見たいだろうなと思って、邪魔しちゃいけないだろうなと思って避けてました」と、
三塁側ダグアウトから身を乗り出して3000安打達成を待ちわびたチームメイトたちへの配慮だった。

試合後、プホルスへの思いを聞かれた大谷は
「僕が語っていいほどのものではないですし、途方もないような努力と成績だなと思う」と恐縮。
「その歴史的な記録と背中を後ろから見れたというのは、個人的にはすごく特別なことだと思うので、
僕は一生自慢できることだったと思います」と続け、永遠の野球少年でもある一面も見せた。


大谷、次回登板は7日マ軍戦が濃厚 CY賞エース右腕ヘルナンデスと対決
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00126823-fullcount-base

472 名無し募集中。。。 :2018/05/07(月) 03:36:26
大谷翔平の生き方とは…落合博満氏がテレビで解説「ピッチャーもやりバッターもやる。これがすべてなの」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00000076-sph-base
落合博満氏、大谷のメジャーでの二刀流に「我々が考えている以上に米国では大成功」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00000072-sph-base
落合博満氏、大谷翔平の唯一の不安は「優しさ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00000080-sph-base

日本ハム時代の同僚・増井と森本が明かす 大谷のサプリ知識は栄養士以上?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00000000-tospoweb-base

月間新人MVPの大谷翔平 カメラマンが選ぶ「TVに映らなかった5つの名場面」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180506-00007202-bunshun-spo
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180506-00007202-bunshun-spo&p=2

大谷翔平は「スポンジ」 開幕直前の“打撃改造”で成功、修正能力に称賛の声
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00127140-fullcount-base

473 名無し募集中。。。 :2018/05/07(月) 09:56:00
マリナーズ 2-8 エンゼルス [ 2018年5月7日 ] 投手大谷先発 6回2失点(自責2)防御率4.10
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018050714
https://www.youtube.com/watch?v=bGwVPsUvG4E
6イニング 98(59)球 被安打6(被本塁打1) 与四球2 与死球1 失点2(自責2)

エンゼルス コザート4号ソロ、Cヤング2号ソロ、トラウト12号3ラン
マリナーズ ヒーリー5号2ラン

大谷翔平、好投3勝目 カーブで41キロ落差「その方が抑えられると思った」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00127265-fullcount-base

ノムさん、清宮を絶賛「将来の4番だね、間違いなく」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00000032-sph-base

474 名無し募集中。。。 :2018/05/07(月) 15:08:32
大谷、データが語る好投の背景。“ゆとり”生んだ緩急…最速160キロの影で光ったモノは
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180507-00010004-baseballc-base
ストライク率は60.2%で、イニング毎に分けると初回11球(ストライク8球)、2回19球(同11球)、
3回11球(同7球)、4回18球(同11球)、5回17球(同10球)、6回9球(同7球)、7回13球(同5球)だった。
初球ストライクは打者26人に対して半分の13度。この13度のうち7度が4回までに記録したものである。

また、各打者3球を投じたところで0-2、1-2と追い込んだのは7度あった(3球以内で打ち取ったものは除く)。
これも4回までに6度記録していることから、いかに序盤からストライク先行で優位に立って勝負をしていたかが分かる。

そして、球種。投じた98球に対して速球が48球で全体の約49%を占め、そのうち30球がストライク。
その他スライダーが28球、カーブ、スプリットが11球ずつだった。特に、この日はカーブが自身過去最多を数えた。
ストライクは5球と多くはなかったが、見逃しで1球、空振りを含むスイングさせたのが4球あった
(最終球となった2球はいずれもロビンソン・カノ内野手、ジーン・セグーラ内野手の外野フライ)。
打者によって得意、不得意があるので単純にカーブの球数の増減が
勝敗を大きく左右したととまでは言えないかもしれないが、投球の幅が広がったことは確かだろう。

また、2番目に多かったスライダーは28球中20球がストライク。
打ち取った最終球になったのは10球で、そのうち4球が三振を奪った際に投じたものだった。
一方で、少なかったのがスプリット。数自体も少なかったが、アウトに取った最終球として用いられたのは2回の3度のみだった。

最速99.5マイル(約160キロ)を投じながらも、スライダーとカーブを多く駆使し、ともに精度が良かったため、
決め球の代表格でもあったスプリットを少なくしてもなお余裕を感じさせる投球内容だった。
12日ぶりという長い投球間隔もあったため、調整は難しかったかもしれないが、左足首の負傷からの復帰後初登板としては十分な活躍ぶりである。

大谷の次戦は、打者として出場予定。
これまで通りのローテーションなら中1日空けて8日(日本時間9日)に行われる敵地でのコロラド・ロッキーズ戦だが、
これはインターリーグでナショナル・リーグの本拠地での試合。
投手が打席に立つため指名打者制ではなく、これまでメジャーで野手としての出場がない大谷は代打での起用が予想される。



大谷、底知れぬ能力見せた3勝目 米メディアはスライダー絶賛「今季ベスト」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00127202-fullcount-base
MLB公式サイトのデビッド・アドラー記者
「彼が投じたその球種(スライダー)に対する17スイングのうち、奪った空振りは7つである。41%の空振り率だ。
今日の試合に入る時点での彼のスライダーの空振り率は20%だった(25スイング中、奪った空振り5つ)。
(これまでと)異なる1つの点:外角低めに(スライダーが)集まっている」

475 名無し募集中。。。 :2018/05/07(月) 15:13:35
大谷翔平が3勝目で見せた適応力
それでもまだまだ未完成の4シーム
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201805070004-spnavi?p=1
現地時間6日、マリナーズvs.エンゼルスの3回、
大谷翔平は左のベン・ギャメルに対して1ボール1ストライクからの3球目にバックフットスライダーを投げた。
そして、続く4球目も内角低めのスライダー。
この球にギャメルのバットが空を切ったが、これにはマリナーズの左打者が、一様に顔を見合わせたのではないか。

今季のこれまでを振り返ると、若干の誤差はあるかもしれないが、大谷が左打者に対してスライダーを投げたのは、わずか2球(0.58%)。
もちろん、スカウティングリポートにはそのことが触れられており、マリナーズの左打者は、
「初球にカーブが来ることがあるが(大谷が左打者にカーブを投げたのは10球。そのうち8球が初球)、それ以外は4シームとフォーク」
という情報をインプットして打席に入っていた。よって、彼らにとってはスライダーが来ること自体が想定外であり、
ましてや、連続で来ることなど、頭の片隅にすらなかった……。
大谷は、続く左のディー・ゴードンに対しても、1ボール2ストライクと追い込んでからスライダーでライトフライに仕留めている。
ゴードンが泳ぐようなスイングになったことからも、彼もまた、別の球種をイメージしていたのだろう。

この点について大谷に聞くと、「その方が抑えられると思ったので」と短く答えたが、にわかには信じがたい面もある。
それまで左打者とはのべ33回対戦しているが、それまではスライダーが有効と思える打者がいなかったということにもなる。
その点は改めて検証したいが、では、「なぜこれまで投げなかったのか?」と聞くと、大谷は、
「各球団、各バッター、特徴があるので、それは日本でもアメリカでも、変わらないですし、
僕には僕のバッティングの特徴があるように、個人個人、特徴が違う」と説明し、続けた。
「それを捉えていければ、各配球、どういうカウントでどういうボールを投げるのかというところにつながるんじゃないかなと思います」

確かにそういう面もある。
この日実は、4人の左打者全員(ゴードン、ロビンソン・カノ、カイル・シーガー、ギャメル)が、それぞれ1回ずつスライダーで打ち取られた。
以下に右投手のスライダーに対する4人の打率をまとめると、こうなる。

ゴードン:148打数33安打 打率2割2分3厘
ギャメル:63打数9安打 打率1割4分3厘
シーガー:124打数15安打 打率1割2分1厘
カノー:141打数39安打 2割7分7厘

※2015年〜2018年5月5日現在

投手によって軌道も違うので、単純比較は出来ないが、ギャメルやシーガーには確かにスライダーが有効のよう。
しかし、参考までにその4人のスプリット/フォークの打率も調べると、こうなった。

ゴードン:18打数3安打 打率1割6分7厘
ギャメル:28打数3安打 打率1割0分7厘
シーガー:41打数4安打 打率0割9分8厘
カノー:54打数19安打 打率3割5分2厘

※2015年〜2018年5月5日現在

カノーには投げないほうがいいが、あとの3人にはスライダーよりフォークのほうがリスクは少ない。
ということは、単純に個々の特徴を意識した配球ではないともいえる。結局のところ、裏をかいたと言えるのではないか。
これまでの4試合すべてが伏線となり、相手の狙いを読み、パターンを変える。
3勝目を挙げた今回の件で次回以降、さらに相手は迷うことになるが、大谷自身、そういう狙いがあったことを否定していない。

「今までは、自分がしっかりやってきたものが出せれば、負けないと思ってやってきた。
でも、やっぱりそれだけでは補えないものがあったりとか、いっぱいデータがある中で、それを活用しない手はないなと思った」

無論、これまでのスタイルを変えることにはリスクを伴うが、それが出来てしまうところに、彼の非凡さがうかがえる。

476 名無し募集中。。。 :2018/05/07(月) 15:20:52
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201805070004-spnavi?p=2
ところでこの日、もう一つ気づいたことがあった。
前回のアストロズ戦(4月24日)で三塁側にずれたリリースポイントが、体に近い位置に戻っていたのである。

図1:これまで4試合の大谷の横のリリースポイントを示したもの【出典『BrooksBaseball.net』】
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/im_siggn7On9XGZuiCPRaVnjEdhaw---x600-y600-q90-pril/c/sports/text/images/2018/0507/201805070004-spnavi_2018050700012_view.jpg
図2:これまで4試合の大谷の縦のリリースポイントを示したもの【出典『BrooksBaseball.net』】
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/im_siggm_KzLajSP3PM2u.GohS2JQ---x600-y600-q90-pril/c/sports/text/images/2018/0507/201805070004-spnavi_2018050700013_view.jpg

図1はこれまで4試合の横のリリースポイントを示したもの。
徐々に体の位置に近い位置になってから、アストロズ戦で急に三塁側にずれた。
伴ってリリースポイントが低くなっており(図2参照/これまで4試合の縦のリリースポイントを示したもの)、
前回、シュート成分が小さくなっているにも関わらず、
4シームのホップ成分が小さくなるという不可解な軌道になったのはそこが原因ではないかと考えられたわけだが、
ひとまず、三塁側へのぶれは修正された(図3参照/6日のマリナーズ戦のリリースポイント)

図3:6日のマリナーズ戦の大谷のリリースポイントの位置【出典『baseballsavant.mlb.com』】
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0507/201805070004-spnavi_2018050700014_view.jpg

その点について大谷は、「前回が良くなかった」と話しているので、
やはりあの日、最速で101マイル(約162.5キロ)を記録しながらも、軌道に関して、納得いかないものがあったのだろう。

大谷は続ける。

「戻したというよりは、良くなかった点を直したという感じ。
今日に関しても悪かった点は投球フォームに関してもあるので、次回以降にまた変えていきますし、
もしかしたら、またそれが良くない可能性もあるので、それは1回1回勉強かなと思ってます」

結局は、大谷が4シームに関して、どんな軌道を目指しているかにもよるが、
回転軸が進行方向に対して90度に近づき、
シュート成分が少なくなってホップ成分が増せば、大谷の100マイルのボールは、最大限の効果を生むはず。

視点を変えれば、大谷の4シームにはまだまだ多くの伸びしろがあり、先が見えない。
その未完成の状態で、すでにそれなりに相手を圧倒する。そこには未知の魅力が溢れている。

477 名無し募集中。。。 :2018/05/08(火) 09:55:07
エンゼルス大谷は要注意 死球に牙をむく5人の“武闘派”打者
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000012-nkgendai-base
■ルーグネッド・オドーア(レンジャーズ)
体は小さいがケンカは最強。相手と向き合うと、胸を一度、ドンと突いて、ひるんだところに顔面目掛けてパンチを叩き込むので命中率が高い。2016年5月に危険走塁をめぐってブルージェイズの主砲だったホセ・バティスタと揉めた際にも、胸を突いてからパンチを顎にクリーンヒットさせた。

■カルロス・ゴメス(レイズ)
メジャーきっての瞬間湯沸かし器。少年時代は野球より柔道に打ち込んでいたのでパンチの応酬より、取っ組み合いに強い。

■ジョシュ・ドナルドソン(ブルージェイズ)
口汚くののしって挑発するタイプ。ゴロツキ言葉を連発するのが特徴で、一昨年、エンゼルスの投手コーチと揉めた際、「Suck my cock!(直訳すると、俺のチ○ポコをくわえろ!)」と毒づいて、審判から即、退場処分を受けた。

■ヤシエル・プイグ(ドジャース)
感情をコントロールできないメジャーきってのヒール。場所と状況をわきまえずに怒り出す傾向があり、死球に怒るだけでなく、ファーストゴロを打った後、ベースカバーに入った投手にケンカを売ることも。3年前には実の妹と口論になりボコボコにして警察に逮捕された前科もある。

■マニー・マチャド(オリオールズ)
死球を受けると、いきなり高速でマウンドに突進し、相手の顔面目掛けてパンチを叩き込んでくる。ただパンチは大振りで命中率が低い。

この他に、2012年に三冠王になったミゲル・カブレラ(タイガース)も死球を受けると激高するタイプだが、体重オーバーでマウンドに突進できないため、投手ではなく捕手をボコボコにする。昨年8月のヤンキース戦でトミー・ケインリーに危険球を投げられたときは、捕手のオースティン・ロマインをボコボコにして憂さを晴らした。投手に直接危害を加える恐れはないので、大谷はカブレラに関しては神経質にならなくてもよさそうだ。

478 名無し募集中。。。 :2018/05/08(火) 13:15:39
https://i.imgur.com/twpdl24.gif

大谷は軸足をキックして体重移動しているbyペドロ・マルティネス
https://i.imgur.com/znplGVE.jpg

【5番 DH 帝国軍バージョン】大谷翔平選手 Shohei Ohtani vs. Mariners 2018.05.04
https://www.youtube.com/watch?v=eIW4asQjV1k

479 名無し募集中。。。 :2018/05/08(火) 17:12:48
「打者・大谷」全米に衝撃与えた15安打。“ゾーン”で見る驚異の適応能力、今後の課題は
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180508-00010001-baseballc-base
■オープン戦で生まれた“問題”を早々に克服
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180508-00010001-baseballc-base&p=2
大谷の3・4月のヒットゾーン
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180508-00010001-baseballc-001-2-view.jpg
■新たに見えた課題。経験とともに成熟される技術に期待
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180508-00010001-baseballc-base&p=3

「二刀流やってみよう」米大学も方針転換させた大谷
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00201930-nksports-base

大谷は「本当に本当に本当に特別な選手」!? 対戦相手が明かす二刀流の衝撃
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00127513-fullcount-base

480 名無し募集中。。。 :2018/05/08(火) 17:14:09
出塁率重視から「wRC+」などの指標重視へ変更し快進撃中のレッドソックス
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180508-00000017-baseballo-base
少し前の話になるが、現地時間4月18日、レッドソックスの一番打者、ムーキー・ベッツが
大谷翔平からの初回先頭打者本塁打を始め3本塁打で、チームも10対1と快勝。
翌日、アレックス・コーラ新監督は
「いい野球ができている。選手がデータをうまく利用しているし、
もっとデータをと望んでいる。それが素晴らしい」とご機嫌だった。
その時点で15勝2敗と開幕ダッシュ成功である。
レッドソックス打線は昨季、得点数10位、本塁打数27位とパワーに欠けたのが弱点だった。
それが今季は始まったばかりとはいえ、得点数1位、本塁打数8位である。
JD・マルチネス以外のメンバーはほぼ同じ。
何が起こっているのか? 大きな違いはデータに基づいたアプローチの変化だ。

レッドソックスは長年、ボールを見ていくチームだった。四球を選び、出塁率を上げる。
先発投手にたくさん投げさせ、早めにゲームから引きずり下ろす。
ところが今年は早いカウントから打てるボールはどんどん狙っていく。
例えばベッツのような打者は引っ張ってフライを打ち上げた方が、
反対方向に打つよりはるかに結果が良いと「wRC+」の指標から分かっている。

「wRC+」というのは、個々の打者の攻撃面の価値を、安打、四球数だけでなく、
試合状況の違い、球場の違いなど、付随する事項も含め細かくはじき出したもの。
リーグの平均を100として、それより上なら好打者、下なら力が劣る。
マイク・トラウトの2016年は170、17年は181、アルバート・プホルスの16年は110、17年は78だった。
ベッツは引っ張った打球を44パーセントから55パーセントに増やし、
打球角度を14・1度から20・3度に上げ、「wRC+」を昨季の108から215と飛躍的に伸ばしている。
チームがアプローチを変えたのには理由がある。

MLBは近年、先発投手を早めに交代させ、
層を厚くしたリリーフ投手の継投でリードを守る戦略にシフトしている。
先発に球数を投げさせて早めに降板させても
95マイル(約152キロ)を投げる豪腕投手が次々に出てくれば勝つチャンスは少ない。
加えて待球作戦だと2ストライクと追い込まれるケースも増えるため、
ボール球に手を出さざるを得なくなり、強い打球を打てる確率は著しく低くなる。
それならむしろ早いカウントから、強打できる球に絞って待つ。
大事なのは早いカウントから狙うといっても、何にでも手を出すわけではないということ。
英語で言えば「DRIVE(強打)」できるコースと球種である。
ベッツはあの試合、大谷からの本塁打こそフルカウントだったが、
2本目は2球目、真ん中のスライダー、3本目は初球内角真っすぐをたたいた。
ほかの打者も同じやり方でチームは得点力を増している。
レッドソックスは今季からアプローチを変えるにあたり、
2013年に同球団を世界一にしたジョン・ファレル監督を解任。
チリ・デイビス打撃コーチも去った。出塁率重視の考え方だったからだ。
代わって、アストロズのベンチコーチだったコーラを監督に、
ドジャースのアシスタント打撃コーチだったティム・ハイヤーズを打撃コーチに招へいした。
言うまでもないが、アストロズとドジャースがその考え方で17年のワールド・シリーズに進出した。
効果はてきめんに現れている。

481 名無し募集中。。。 :2018/05/09(水) 03:19:47
大谷の3勝目、米専門家はどう見た? ハイレベルな変化球の回転数と被打率
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00127572-fullcount-base
マーク・グビザ氏(メジャー通算132勝を挙げた右腕)
「変化球に関する数値を改めて見てみると、
なぜ打者にとって彼の変化球は(対応するのが)困難なのか、
そして、なぜ彼らは彼の初球の真っすぐを積極的に狙っていくのかがわかります。
(試合前の時点で)変化球の被打率は.049とメジャーでトップとなっているのです。
そして、彼の変化球による空振り奪取率は46.2%でメジャー全体で10番目の数字です。
これはショウヘイにとっては嬉しい限りです。直球で手っ取り早くアウトを獲れるのですから」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00127572-fullcount-base&p=2
「彼の変化球を見てみましょう。圧倒的なスライダーです。
ストライクゾーンに来るように見えますが、セグラは捉えることができませんでした。
どれだけブレーキが掛かっているのでしょうか。
そして、このスプリットです。クルーズ目がけてストンと落下しています。
82マイル(約132キロ)のスライダー。88マイル(約142キロ)のスプリット。彼の変化球はとても有効です。
直球は先ほどのシーガーのように微かに対応できるようですが、変化球は事実上、バットに当てることは不可能です」

2回1死からカイル・シーガーに98マイル(約158キロ)の直球をセンター前に運ばれ、初ヒットを許した大谷だったが、
スプリットとスライダーでは主力打者を圧倒していた。
グビザ氏は、シーガーに続く6番打者のハニガーを低めへの88マイル(約142キロ)のスプリットで3球三振に仕留めたシーンでは
「なんてえげつないスプリットだ……」と“絶句”している。
さらに、3回先頭のギャメルをスライダーで空振り三振に仕留めた場面では、その回転数に注目が集まっている。
ここでは、カウント1-1から左打者のギャメルに内角低めのスライダーを投じてファウルで追い込むと、
次も膝下へのスライダーを投じて空振り。グビザ氏は3球目のスライダーについて
「とても素晴らしいスライダーですね。そして素晴らしいコースです。回転数も非常に優秀でした。2316rpm(1分間)です」と称賛。
さらに、空振りを奪うと「全ての球種において、投球フォームにバランスを保てています。回転数が2483rpmのスライダーでした」
と、よりスピンの利いたボールであったことを伝えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00127572-fullcount-base&p=3
この日、投球を組み立てる上でプラスに作用したカーブも、その大きな落差が話題となった。
時計の数字の位置を示す「12-6」という言葉は、
メジャーでは縦に大きく変化するカーブを表現する言葉としてよく使われるが、グビザ氏も大谷のボールを高く評価。
4回2死走者なしでシーガーを迎えた場面、大谷はカウント1-1から77マイル(約124キロ)のカーブで空振りを奪ったが、
グビザ氏は「77マイルのカーブが続きます。時計の針で言うところの、12時から6時のカーブです」と話し、大谷の1つ1つのボールの質の高さを絶賛した。

「86マイル(約138キロ)のスプリット。98マイル(約158キロ)の直球。77マイル(約124キロ)のカーブ。
90マイル(約145キロ)台、80マイル(約129キロ)台、70マイル(約113キロ)台というように、
スピードに変化をうまくつけながらプレーしていた投手で他に思い出せるのは抑えのエリック・ガニエですね。彼の場合は1イニングだけでしたが」

2003年にドジャースで77試合登板、2勝3敗でリーグ最多55セーブ、防御率1.20という圧巻の成績を残し、
クローザーとしては異例のサイ・ヤング賞に輝いたガニエの名前を出し、大谷の投球を高く評価した。

大谷はこの試合、7回に突如制球を乱し、ヒーリーに2ランを浴びて2失点で降板した。
しかし、チームを勝ち越しに導く貴重な白星をマーク。
メジャーでは、直球とスプリットのイメージが先行していたが、
スライダーも一級品であることを見せつけ、緩急をつけるカーブも警戒する必要があることを印象づけた。

482 名無し募集中。。。 :2018/05/09(水) 03:30:51
日本にいながら大谷翔平を投打ともにMLBトップクラスに育て上げた日本ハムの育成力
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20180508-00084977/
シーズン開幕から投打ともに衝撃的な活躍を続け4月の月間最優秀新人選手に選出されると、5月も引き続きその勢いが止まらない大谷翔平選手。
彼の活躍を受け各分野で彼のプレーがデータ解析されているが、すでに投打ともにMLBのトップレベルであることが明らかになっている。
MLB通算696本塁打を記録しているアレックス・ロドリゲス氏が大谷選手のプレーぶりを
「MLBがまるで高校野球のように見えてしまう」と評価しているように、23歳ながら世界最高峰リーグで圧倒的な存在を示している。
それはロドリゲス氏がわずか18歳346日でMLB初昇格を果たし、20歳で首位打者のタイトルを獲得したようなインパクトといっていいだろう。

仮に大谷選手が当初の希望通り、高校卒業と同時にMLBに挑戦していたなら、現在のようなインパクトを与えることはなかったはずだ。
大谷選手本人も認めているように、直接MLBに挑戦していたら二刀流はできていなかったからだ。
あくまで二刀流は彼を強行指名した日本ハム・栗山監督のアイディアであり、MLBのみならず日本球界でも“非常識”な育成プランだった。

今だからいえることだが、日本ハムを選んでいなければ投打ともにMLBトップクラスに入れるような選手に絶対になれなかった。
これまでMLBに挑戦した何人もの日本人選手から「こっちに来るのなら1日も早いほうがいい」と聞いていただけに、
個人的には日本ハムを選んだ当初はMLB挑戦が遠回りになってしまうと危惧していたが、
結果は大谷選手の選択は大正解であり、日本ハムで素晴らしい5年間を過ごし、最高のかたちでMLB挑戦へと移行することができた。
そして今では彼の存在自体がMLBの常識をも覆してしまっている。

ただ大谷選手の才能を考えれば、直接MLBに挑戦していたのならロドリゲス氏のように早くからMLBに昇格し、
今頃は投手としてMLB屈指の豪腕投手になっていたかもしれない。だがMLBの現状をみれば、現実はそれほど甘くはなさそうだ。
MLBの場合、大谷選手と同じ今年プロ6年目を迎える選手は2013年ドラフト組になるのだが、
現時点でMLBでスター級の活躍をしている選手はクリス・ブライアント選手とアーロン・ジャッジ選手、
コディー・ベリンジャー選手の3人くらいで、投手は1人も存在しない。しかも高卒プロ入り選手に限ればベリンジャー選手だけだ。
ちなみに2013年ドラフト組の高卒選手ではベリンジャー選手を除けば、
順調なパターンでも昨年辺りから出場枠拡大に伴いMLB初昇格を果たしているものの、まだMLBに定着できていない選手がほとんどだ。
投手に至っては1巡目指名を受けた4人全員がまだ一度もMLBに到達できていない。
プロ1年目から1軍でどんどん経験を積んできた大谷選手が、日本ハムの5年間でどれだけ順調に成長できたのかが窺い知れるだろう。

「僕が考える大リーグへ行く理想の道は、細かい技術を覚えていくのは日本でやりながら技術を身につけ、そのままメジャー契約でアメリカに行く。これが一番いい道だと一生懸命説得しました」

昨年11月15日に外国特派員協会主催の記者会見で以上のように話していた栗山監督の情熱と信念があったからこそ、誰もが驚嘆するような大谷選手が作り上げられたのだと思う。
今でも有望選手が直接MLBに挑戦し、向こうの組織でどのように成長していくのかを見てみたいという期待は薄らいでいないが、
ただ大谷選手の活躍を見ていて、育成の理想のかたちは決して1つではないということを認識することができた。

483 名無し募集中。。。 :2018/05/09(水) 03:59:04
“外野から148キロ”の衝撃、トラウトの強肩に大谷も感謝「送球でも援護してくれる」
トラウトが外野から148キロの超送球を披露、ファンからの驚愕に続き大谷も感謝
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180508-00023175-theanswer-base

清宮 デビュー6戦連続安打「今までより冷静になれた」 プロ初の左翼守備も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000133-dal-base

大谷、球宴二刀流あるか? 「見たい!」ファン、関係者で期待の声高まる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000003-ykf-spo

大谷、DH制がない敵地ロッキーズ2連戦は「代打に限られる」 番記者が予想
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00127652-fullcount-base

484 名無し募集中。。。 :2018/05/09(水) 10:15:16
エンゼルス・大谷、フリー打撃で150メートル弾を含む15発 地元ファン「オーマイガー!」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000039-sph-base
打撃練習の最終組で36スイング。15本の柵越えをマークし、右翼3階席に4発放り込むなど推定150メートル弾もあった。
ロ軍の本拠地、クアーズ・フィールドは標高1600メートル。
高地で気圧が低いため空気抵抗が少なく、打球の飛距離が伸びる。打者天国の球場として知られている。


配球に変化 大谷に3勝目もたらした右ひじに優しい“新魔球”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000015-nkgendai-base

NPBは「4Aレベル」って本当!? 米メディアが“都市伝説”を検証・解説
分析サービスNEIFIでNPB選手の予測WAR値を算出
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00127673-fullcount-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00127673-fullcount-base&p=2

田中のヤンキースが1位、大谷のエンゼルスが5位 MLBの最新球団“格付け”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00127687-fullcount-base
1位ヤンキース・・・田中将大
2位レッドソックス
3位アストロズ
4位ダイヤモンドバックス・・・平野佳寿
5位エンゼルス・・・大谷翔平
6位カブス・・・ダルビッシュ有
7位カージナルズ・・・マイコラス

12位マリナーズ・・・イチロー

15位ドジャーズ・・・前田健太


大谷 視聴率でも安定感…TV局からも“信頼”「番組的には失敗しない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000064-spnannex-ent

485 名無し募集中。。。 :2018/05/09(水) 17:41:34
ロッキーズ 4-2 エンゼルス [ 2018年5月9日 ] 7回表:7番ブラッシュのところで代打大谷
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018050912
https://www.youtube.com/watch?v=KMtm-qy3qHw
1死2塁で一ゴロ

大谷翔平が得点機に代打出場で一ゴロ、走者は三塁へ進むも得点につながらず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00127748-fullcount-base
初の交流戦で代打凡退も 大谷に“球場最長弾”更新チャンス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000029-nkgendai-base
同球場での最長記録は16年にマーリンズ・スタントン(現ヤンキース)が放った504フィート(約154メートル)。
スタントン超えはともかく、大谷はロッキーズ・ストーリーが放った今季最長の141メートルを塗り替えるかもしれない。

エンゼルスGMが明かした大谷翔平の「ある能力」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180509-00007323-bunshun-spo
エプラーGMは、大谷が自チームの主砲で「メジャー最強」とも称されるマイク・トラウト外野手や、
シカゴ・カブスの若き主砲、クリス・ブライアント内野手と同じ「能力」を持っていると見ているという。

それは「空間把握能力」と、それを野球の動きに転化できる高度な「身体表現能力」だ。
その説明をするために、エプラーGMはインタビューをしていた約30畳ほどの広い部屋を見回してこう語った。

「ここにあるたくさんの椅子を部屋の中に配置して、それを見せてから彼に目隠しをする。
そうしてあの椅子に座れと命ずると、彼は目隠しをしたまま、その椅子に座ることができるはずです。
目隠ししていてもどこに、どの椅子があるかを一瞬で把握できている。
自分の身体がその時間と空間の中で、どういう風に動いているかが分かるのです」

エプラーGMはこの能力に気づいた際のエピソードや、大谷に特徴的な「変われる力」などについても語った。
詳細は 5月10日発売の月刊『文藝春秋』6月号 に8ページにわたって掲載される。


DL入りダルビッシュの不振を地元紙が分析
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000013-tospoweb-base

生涯打率1位 ヤクルト青木の「変えられるすごさ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000039-dal-base

486 名無し募集中。。。 :2018/05/09(水) 18:54:37
大谷の規格外パワーに番記者絶句 打撃練習で3階席最後列に着弾150Mアーチ