したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

島島 Part2

336 >>310の続き :2018/01/13(土) 22:28:03
舞美は泣きそうに顔を歪めると、抑えきれないように自ら腰を突き上げ始めた。

(みぃたん…腰動いてる…)

ジワリと、自分の中から溢れたのが分かった。ショーツがしっとりと濡れていく。
「これ」で自分の中を掻き回される…そのイメージがはっきりと早貴の脳裏に浮かび、身体が震えた。もちろん未知の体験で恐れは有ったが、それだけでは無かった。自分の中の「期待」に気付いて、早貴は熱い溜息を付いた。

(これを、あたしの中に…)

扱きながら改めてマジマジと見詰める。

青筋を立てていきり立っている。
迫力満点の存在感だが、よく見るとユーモラスな形をしていた。竿の暗い色とは対照的に
、先端の亀頭は丸く、艶々とピンク色である。蜜を溢れさせて小刻みに震えている姿を見て、早貴の心に満ちた愛しさが決壊した。

再び身を屈めて、「それ」に顔を寄せる。

「なっきい…何を…」

舞美の問いかけを聞きながら、早貴は先端にちゅ…とキスを落とした。

>

新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス) - コトヤマ

駄菓子屋へGO!!((((((((((((((((((((*っ・ω・)っ ブ-ン

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa