したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。 残念ながら投稿することができません。

野球ファンがプロ野球を語るスレin新狼 1球目

1 名無し募集中。。。 :2014/05/28(水) 22:07:05
新狼のプロ野球ファン集合!
オンもオフも懐かしネタも共通で語れるようにプロ野球総合スレとしてるので気楽にどうぞ!

951 名無し募集中。。。 :2017/09/14(木) 12:17:43
これがメジャー球団の「大谷二刀流」起用法
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000004-tospoweb-base
「投手も野手もやりたい大谷にとって、スムーズにその願いをかなえられるのは、
DH契約選手が別にいるアメリカン・リーグよりも投手が打席に立つナショナル・リーグだと思う。
そして、私が知る限り複数のナ・リーグ球団が大谷の二刀流プランについて、
野手で先発出場させた上でのクローザー構想を描いている」

具体的には外野手、クリーンアップとしてスタメン出場した大谷が、
勝ちゲーム、連投による疲労度などを考慮しながらゲーム終盤に
クローザーとしてマウンドに上がり、試合を終わらせるといった
日本ハムでは未知の領域である“スーパー2ウェイプラン”だが、米国側は至ってマジだという。

前出関係者はその理由を
「先発投手として100球を投げ、クリーンアップで4打席に立てば
メジャーのファイブメンローテーション(5投手で中4日登板)の中で疲労を回復するのは容易ではない。
一部球団のように先発ローテーションをDL(最短10日の故障者リスト)枠を使いながら
6〜7投手で回しているチームもあるが、一般的に先発投手が疲労回復に努める4日間の中で
1、2試合野手出場するというのは、ケガのリスクを考えると自殺行為。
1週間に1回程度の休みを与えながら本人の希望をかなえ、
体への負担が比較的少なく、見るファンも喜ぶ起用法はこれが最善」と断言した。


大谷の譲渡金「特例」求める ポスティング改定でNPB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000096-asahi-spo
2013年に成立した現行制度では、NPB球団が上限2千万ドル(約22億円)の譲渡金を設定し、
支払う意思のあるMLB全球団との交渉が可能となっていた。新案は譲渡金の設定方法を変更。
複数年契約の年俸総額(契約金、出来高払い含む)によって譲渡金が決まる方式が挙がっている。
現状では2案に絞られ、(1)年俸総額の一律15%
(2)年俸総額が1億ドル(約110億円)未満の場合は15%、1億ドル以上なら一律2千万ドルとなっている。

ただ、MLBの規定で25歳未満、プロリーグ所属6年未満の選手は、最初はマイナー契約しか結べない。
年俸額が制限されると、新案では譲渡金も大幅に減る。
大谷もこれに当てはまるため、関係者によると、現状に見合う譲渡金が支払われるように、
該当する日本選手については別途規定を設ける交渉をしているという。
ポスティングシステムは、海外移籍が可能なフリーエージェント権を持たない日本選手が大リーグに移籍する場合に適用される。
今年5月、MLB側から申し入れがあり、日米間で協定の見直しを進めている。
現協定は10月31日で有効期間が終了するが、まだ交渉中のため今オフから新協定を導入できるか不透明なところもある。

952 名無し募集中。。。 :2017/09/14(木) 12:22:58
新ポスティングで「大谷特例」を協議 別枠設定で2000万ドル確保を検討
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000068-spnannex-base
新ポスティングシステムでは譲渡金が
(1)年俸総額(契約金、複数年契約、出来高払い)の15%
(2)年俸総額1億ドル(約110億円)未満は15%。年俸総額1億ドル(出来高払いを除く)以上では2000万ドル(約22億円)で固定
この2つが検討されているという。

現行の制度では譲渡金には2000万ドルの上限が設定されている。
仮に新制度が(1)に決定すれば、大型契約を締結することで、現制度以上の譲渡金が旧球団に入る計算にもなる。
しかし、今オフのメジャー移籍を決断した大谷はここには含まれない。
新労使協定の対象となるため大型契約が結べず、日本ハムに入る譲渡金も大幅な減額が必至。
そこで別枠として協議されているとみられるのが「大谷特例」だ。

大リーグの新労使協定では、25歳未満でドラフト対象外の外国人選手との契約上限は575万ドル(約6億3250万円)。
加えて最初はマイナー契約となる。大谷は23歳。
そこで例えば25歳以下、NPB在籍6年未満などの条件を設定し、
その場合は年俸総額にかかわらず譲渡金は現状の2000万ドルに据え置く、というものだ。

日本球界の宝ともいうべき二刀流右腕が、不合理を被ることなく移籍できるようにする例外措置。
ただ、新制度はいまだ交渉中で、流動的な部分も含まれる。
仮に期限である10月31日までに新制度がまとまらずに「失効」した場合は、
暫定的に現行制度を適用させる可能性もあるという。

前日の登板にはメジャー16球団32人の関係者が集結。
破格の安さゆえにメジャー全30球団が獲得に動く可能性がある中、
「大谷特例」も含めて交渉の行方に日米球界の熱視線が注がれている。

◆ポスティングシステム
海外フリーエージェント資格取得前に米球界に移籍できる制度で、98年12月に成立。
当初は入札金額に上限はなく、最高額で落札した球団に独占交渉権が与えられた。
しかし、入札額の高騰などで13年に一度は失効し、現行の制度に。
現在は譲渡金の上限2000万ドル(約22億円)で、設定額に応じる全ての米球団が交渉可能だが、現制度は10月31日で契約終了となる。


≪「拒否権」条項も≫
交渉中の2案とも譲渡金は年俸総額に応じたパーセンテージとなり、旧球団は契約締結まで金額を把握できない。
そこで、金額が低く移籍を容認できないような場合は旧球団が「拒否権」を発動できる条項を盛り込む可能性もあり、
細部の交渉が今後も続けられるとみられる。一方で、13年オフの田中(ヤンキース)の総額1億5500万ドル(約159億7000万円=当時)
のような大型契約を結べば、譲渡金は現行の2000万ドル以上になることも可能とのメリットもある。

953 名無し募集中。。。 :2017/09/14(木) 19:26:17
送りバントは“消えゆく戦術”なのか!?
MLBで激減する理由を探る
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201709130002-spnavi
メジャーリーグは今シーズン、ホームランブームに沸いている。
前半戦はヤンキースのアーロン・ジャッジ、ドジャースのコディ・ベリンジャーという
2人のルーキーがアーチの量産で両リーグを席捲(せっけん)。
後半戦に入るとマーリンズのジャンカルロ・スタントンがハイペースでホームランを連発して、
MLBでは16年ぶりとなる60本の大台への期待も高まっている。
メジャー全体でも、2000年に打ち立てられた
シーズン5693本塁打の最多記録が塗り替えられそうな勢いだが、
その陰で確実に減りつつあるものも存在する。
先月のことになるが、筆者がゲスト出演した『スポナビライブMLB』で、こんな“珍しい”シーンに出くわした。
5対3と2点をリードしたカブスの8回表の攻撃。
無死一塁から打席に入った6番のアレックス・アビラ捕手がカウント1ストライクからの2球目をバントして、走者を二塁に進めたのだ。
アビラはその前の打席で本塁打を打っており、『ESPNスタッツ&インフォメーション』によると、
今季のメジャーで1試合に本塁打と犠打を記録した捕手は2人目だという。
これは確かにレアだ。だが、実は今のメジャーリーグでは犠打、すなわち送りバントそのものがレアになっている。

1試合平均で1チームわずか0.21

「Sacrifice bunts are a dying art in baseball(野球において犠牲バントは死にゆく芸術)」──
AP通信の配信によるこんなタイトルの記事が『ESPN』などのウェブサイトに掲載されたのは、今シーズンの開幕直前のことだ。

記事によれば、昨シーズンのメジャーリーグで記録された犠打の数は計1025個。
これはその5年前のシーズン(11年=1667個)と比べて大幅に減っており、
1試合平均で0.21(1球団当たり。以下、「1試合平均」はすべて同様)という数値は、史上最低だったという。
もちろん、これはあくまでも犠打が記録された数であり、送りバントを試みた「企図数」はもう少し多くなるはずだが、
それでもメジャーで送りバントが激減しているのは確かだ。
もともとメジャーリーグでは日本ほど送りバントはしないといわれているが、それでは日本プロ野球(NPB)はどうか?
昨シーズンの犠打数は計1367個と、この数だけを見ればメジャーとそう大きな差はないように思える。
ただし、全30球団のMLBに対してNPBは全12球団であり、各球団の年間試合数も20近く少ない。
そこで1試合平均を算出してみると0.80と、MLBの4倍近い数値になる。
この差はどこから来るのか? 1つは送りバントに対する日米の考え方の違いだ。
顕著なのは初回の攻撃だが、日本の場合は先頭打者が塁に出ると、
アウトカウントを1つ増やしてでも確実に得点圏に進め、まず1点を取りに行こうとする。
これに対してメジャーでは、アウトカウントを犠牲にして走者を得点圏に進めるよりは、
打って出ることで走者をためて大量点につなげようと考える。こうした基本的な考え方の違いが、根底にあるのは間違いない。

1954年は昨年の2.6倍だったが

もっともMLBでもここまで犠打が少なくなったのは、ごく最近のことだ。
犠打と犠飛が区別されるようになった1954年、メジャーリーグ全体で記録された犠打は計1332個。
当時のMLBは全16球団各154試合であり、1試合平均0.54犠打は、昨年の2.6倍ほどの数値になる。
その後もおおむね0.4台中盤から後半ぐらいの数値で推移していた1試合平均犠打が0.40まで下がるのは73年。
前年は両リーグとも似たような数値だったのが、この年はア・リーグが前年の0.48から0.30に大きくダウンしている。
これはこの年からア・リーグで指名打者(DH)制が導入され、投手が打席に立つ必要がなくなったことによるものだ。
80年代に入ってしばらくすると0.4を切るのが当たり前のようになり、90年代後半からはほぼ0.3台前半で推移。
そして2013年に初めて0.3を切ると、14年は0.28、15年は0.25と下がり、前述のとおり昨年は史上最低の0.21にまで下がった。
では、メジャーリーグでここまで急激に犠打が減ったのはなぜか?
先に紹介したAP通信の記事では、無死一塁のほうが1死二塁よりも得点の可能性が
高いとする「セイバーメトリクス(野球統計学)の影響が大きな理由」としている。

954 名無し募集中。。。 :2017/09/14(木) 19:26:50
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201709130002-spnavi?p=2
強打者を2番で起用

1死二塁よりも無死一塁の方が得点が入る可能性が高いのであれば、なにも2番打者に送りバントをさせる必要はない。
むしろ2番に長打力のあるバッターを置いて、一気にかえしてしまおう──。
そんな考えから、近年のメジャーリーグではチームきっての強打者を2番に置くことが多くなっている。
昨年、カブスが15年の新人王、クリス・ブライアントを夏場から2番に据えると、
彼は39本塁打、102打点でリーグMVPとなり、チームは108年ぶりにワールドシリーズを制覇。
ブルージェイズは15年に主に2番打者として打点王、リーグMVPに輝いたジョシュ・ドナルドソンを
昨年も引き続き2番で起用し、2年連続のポストシーズン進出を果たしている。
今年もナ・リーグ西地区の首位を行くドジャースは、昨年は主に2番で26本塁打を放って新人王に輝いたコリー・シーガーを、同じ打順で起用し続けている。
現在、ナ・リーグの本塁打王争いを独走中のスタントンも、5月下旬からは2番が定位置。ヤンキースもジャッジを2番で使ったことがある。
彼らは2番打者であっても「つなぎ役」ではなく、あわよくば長打で走者をかえすことを期待されるため、送りバントをすることはまずない。
だから、11年にはメジャー全体で計296個あった2番打者の犠打は昨年は93個まで減っており、今年はさらに少なくなりそうなペースである。

バント下手も要因の一つ?

もう1つ、メジャーで送りバントが激減した理由として、先の記事には興味深い証言が登場する。
「彼ら(選手たち)は練習しないからバントができない。バントの仕方も分かっていないんだ。
私に言わせれば、バントは練習さえすれば、世界中で最もたやすいことだよ。でも練習しなければ、世界で一番難しいことなんだ」
そう語っているのは、現役時代にシーズン最多犠打をマークしたこともあるフィリーズのラリー・ボーワベンチコーチ。
確かにメジャーリーグの試合を見ていると、お世辞にもバントがうまいようには見えない選手も多い。
サインが出ても、簡単には決められないこともしばしばである。
それならベンチが送りバントのサインを出すことをためらうのも、仕方のないことかもしれない。
NPBでも2015年にセ・リーグ優勝した東京ヤクルトが首位打者の川端慎吾を2番に据え、
その後も横浜DeNAの梶谷隆幸、東北楽天のペゲーロ、巨人のマギーら、「バントをしない2番打者」が目立つようになった。
それでも、今シーズンも1試合平均0.74犠打と、依然として送りバントは作戦として重用されている。
一方、メジャーリーグでは今季の1試合平均犠打は0.19で、昨年をさらに下回るペースである。
華やかなホームランブームの陰で、送りバントはこのまま「消えゆく戦術」になってしまうのだろうか。

※文中の今季成績はMLB、NPBとも9月12日(日本時間)時点

955 名無し募集中。。。 :2017/09/18(月) 10:12:00
200億円を捨てる大谷獲得へメジャー各球団の裏技はあるのか?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000001-wordleafs-base
もしも大谷が25歳以上となりポスティングでメジャー移籍を果たした場合、
その契約金と年俸をあわせて総額2億ドル(約220億円)にもなると予想されているが、
今オフの移籍となるならば、その50分の1ほどの価格。
本来の市場価値とかけ離れた大谷との契約に向けて各球団も手探り状態のようだ。

米ESPN電子版は
「大谷はどのようにして200ミリオン(約220億円)を無駄にすることができるのか」
というタイトルで、大谷獲得に備えるメジャー各球団の様子を伝えている。

「全30球団はマルチな才能を持つスター選手を獲得するための
2000万ドル(約22億円)の入札額を払おうと書類を提出するだろう。
たとえ球団のエグゼクティブが自分のチームにはチャンスはないと思っても…。
どのゼネラルマネジャーも、ファンに対して、
どうしてこのオフシーズンを独占するようなスター選手に関心を示さなかったかファンに説明したくはないからだ」

まだ新しいポスティングシステムは決定していないが、同記事では、
昨季までの入札金額を例に出して全30球団が獲得に名乗りをあげると予定している。

そして、記事は、「大谷の希望はミステリーに覆われている。
ピッチャーとスラッガーである大谷がどこでプレーするのかを決めるときに、
どのような要素が彼の決断の違いにつながるのかをメジャー各球団は把握しようとしている。
地理的なことか、球団のマーケットサイズか、友好関係か、
イチローや松井秀喜ら才能ある選手をリクルートできることか。
機会が保証されることが重要か。代理人と関係のあるチームか。
指名打者制の規則か。それともどの球団も知らないこれ以外の要因か?」
と、金銭闘争とならない状況下で、
大谷が移籍球団を決める条件が何になるかを各球団が懸命に探っている状況を伝えた。

記事を書いたバスター・オルニー記者は、このような声も紹介している。

「スカウトは大谷を獲得するための糸口を見つけようと時間をかけて調査をしている。
しかし、ある評価者は“信じられないくらい分からないことがたくさんある”と言う」。

また大谷の寡黙な態度も謎を深めている原因の一つと見ている。

「我々の知っている限り、大谷は彼の計画について話す時にはとても注意深い。
彼の寡黙さが、状況を査定しようとするチームにとっては不確定要素を増している」

956 名無し募集中。。。 :2017/09/18(月) 10:29:13
単打28本なのにホームラン37本。ヘンな強打者が初タイトルを狙う
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170918-00010001-sportiva-base
メジャーリーグの地区優勝争いが白熱するなか、個人タイトルの賞レースも過熱してきました。
ア・リーグではニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジがホームラン数を43本まで伸ばし、
2位のオークランド・アスレチックスのクリス・デービスに4本差をつけてトップを走っています。
※数字は現地9月16日現在

ただ、ア・リーグのホームラン王争いは彼らふたりに絞られたわけではありません。
その後方には数本差でリーグを代表するスラッガーが続々と名を連ねています。
そのなかでも注目したい選手は、テキサス・レンジャーズのジョーイ・ギャロです。

現在23歳のギャロはアマチュア時代にネバダ州の高校記録(65本塁打)を塗り替えるなど、
当時から「超高校級スラッガー」として有名な存在でした。
2012年にドラフト1巡目追補・全体39位でレンジャーズに指名されてプロ入り。
将来の大砲として育てるべく、さっそくマイナーリーグに送られました。

高校を卒業したばかりながら、ギャロはルーキーリーグでいきなり規格外のパワーを発揮します。
2013年〜2014年と2年続けて40本塁打以上を記録。
そのパワーはマイナーレベルをはるかに超えており、わずか21歳7ヵ月でメジャー昇格を果たしました。

しかし、メジャーの舞台に立ったギャロは思うように結果が出せず、まさかの苦しい日々が続きます。
メジャーデビューした2015年は6本塁打で、2016年も出番が限定されてわずか1本塁打。
粗いバッティングで三振の山を築き、自慢のパワーはすっかり鳴りを潜めてしまいました。

ところが今シーズン、ギャロに思わぬ転機が訪れます。
ベテランのエイドリアン・ベルトレが故障で欠場することになり、
開幕からスタメンで起用されるチャンスが舞い込みました。
すると、ついにギャロはその素質を開花させます。
8月にはホームラン11本を放ち、現在、37本塁打でリーグ4位。
打球を飛ばす能力はピカイチで、マイアミ・マーリンズのジャンカルロ・スタントンに並ぶほどと評されています。

また、ギャロのバッティングで注目すべき特徴は、37本ものホームランを放っている一方で、
シングルヒットは今季わずか28本しか打っていないという点でしょう。

歴史を振り返ると、
1998年〜1999年のマーク・マグワイア(1998年=61単打・70本塁打、1999年=58単打・65本塁打/当時セントルイス・カージナルス)や、
2001年のバリー・ボンズ(49単打・73本塁打/当時サンフランシスコ・ジャイアンツ)など、シングルヒットより本塁打のほうが多いケースはありました。
ただ、ジャロのようにシングルヒットを27本しか打っていないのに本塁打王争いをしている例は非常に珍しいです。
この稀有な左打ちのスラッガーから今後も目が離せません。

957 名無し募集中。。。 :2017/09/18(月) 10:32:45
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170918-00010001-sportiva-base&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170918-00010001-sportiva-base&p=3
そしてア・リーグの打撃部門でもうひとり注目したいのは、打点王争いをしているボルチモア・オリオールズのジョナサン・スコープです。
現在25歳のスコープはオランダ領アンティル諸島にあるキュラソー島の出身。
元楽天のアンドリュー・ジョーンズや、ヤクルトのウラディミール・バレンティンなどが生まれた島としてご存知の方も多いのではないでしょうか。

2008年にアマチュアFAでオリオールズに入団し、2013年9月にメジャーデビュー。
二塁手として順調に成長を遂げ、2016年には全162試合に出場して打率.267・25本塁打・82打点という好成績を残しました。
また、今年3月のWBCではオランダ代表として4番・バレンティンの後ろを任されています。

今シーズンはバッティングでのパワーが著しく向上し、現在打率.301(リーグ9位)・32本塁打(9位タイ)・104打点(2位)をマーク。
オリオールズの歴史において、二塁手および遊撃手で「30本塁打・100打点」をクリアしたのは、
カル・リプケン・ジュニア(1991年)とミゲル・テハダ(2004年)に次ぐ史上3人目の快挙です。

昨シーズンとの大きな違いは、ボールをよく見るようになってフォアボールが増えた点でしょう。
昨年は出塁率(.298)が低くて下位打順でしたが、今年はそれが3割5分前後まで向上したことにより、いまやオリオールズ不動の3番バッターです。
現在打点トップのネルソン・クルーズ(シアトル・マリナーズ)との差は6打点。あと20試合ほど残っているので、逆転する可能性も十分にあると思います。

一方、ア・リーグの投手部門でもっとも盛り上がっている賞レースは最多勝争いではないでしょうか。
現在、6人のピッチャーがトップタイで並んでいます。
クリーブランド・インディアンスのコーリー・クルーバー(16勝4敗)とトレバー・バウアー(16勝9敗)とカルロス・カラスコ(16勝6敗)、
カンザスシティ・ロイヤルズのジェイソン・バルガス(16勝10敗)、
ボストン・レッドソックスのクリス・セール(16勝7敗)、そしてセールの同僚のドリュー・ポメランツ(16勝5敗)です。

クルーバーやセールは毎年のように最多勝争いを演じるエースですが、28歳のポメランツはまったく違います。
今シーズン開幕前のキャンプでは先発5番手を争うほどの評価で、首脳陣の信頼度も決して高いほうではありませんでした。

ただ、ポメランツはプロ入りしたときから評価が低かったわけではありません。
2010年のドラフト1巡目・全体5位でインディアンスから指名を受けた当時は、将来を嘱望される若手ピッチャーのひとりでした。
しかしながら、2011年にコロラド・ロッキーズでメジャーデビューを果たすも3年間でわずか4勝と芽が出ず、
2014年〜2015年のアスレチックス時代も合計10勝12敗。時には先発からリリーフに回されることもありました。

ところが昨シーズン、トレード先のサンディエゴ・パドレスでシーズン前半を8勝7敗で折り返し、
7月にレッドソックスでも3勝を挙げて自身初のふたケタ勝利をマーク。
これが自信につながったのか、今シーズンはカットボールを多く投げるようにしたことで、まるで見違えるように勝ち星が増えていきました。
いまやポメランツはレッドソックスに欠かせない堂々たる先発2番手です。

本塁打王、打点王、最多勝……いずれも長い歴史を持つ名誉ある栄冠を、はたして誰が手にすることになるのか。
初めての個人タイトル奪取に挑む彼ら3人にも注目です。

958 名無し募集中。。。 :2017/09/20(水) 13:33:57
絶対誠也がいい!連覇源泉は広島最強スカウトの眼力
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00006829-nksports-base
広島連覇は、スカウティングの勝利でもある。田中、菊池、丸、安部、西川らの主力野手はいずれも20代。
薮田、岡田、大瀬良ら近年ドラフト上位で獲得した大卒投手も順調に頭角を現した。
中でも顕著な例が、高卒5年目で4番に定着した鈴木誠也外野手(23)で、二松学舎大付時代は投手。
身体能力にほれ込み、野手として獲得した12年の「大当たりドラフト」を振り返って獲得の裏側に迫った。
https://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/history/history2012.html?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=20170919-00006829-nksports-base
いつも冷静な尾形佳紀スカウト(39)の声が室内に響いた。「絶対に鈴木誠也がいいと思います」。
豊作と言われたドラフト会議を2日後に控えた12年10月23日。マツダスタジアム内の球団事務所でスカウト会議が行われていた。

チームが獲得候補としていた1つが、高校生の遊撃手だった。
本命は甲子園でPL学園・清原に並ぶ29打点を挙げた光星学院・北條(現阪神)。
誰もが認めるスター選手で「遊撃手の能力では北條の方が上」と尾形も認めていた。
だが、尾形には3年間追い続けた選手がいた。二松学舎大付の鈴木だ。
「ユニホームの着こなし、立ち居振る舞いが違う。立ち姿が格好良く、走る姿もいい。野球センスを感じた。
打ち取られると悔しさを態度に出す、何より野球に真っすぐな気持ちがプロ向きだと感じた」。

2人の評価には大きな開きがあった。外れ1位候補でもある北條に対し、鈴木は3、4位あたり。
甲子園に出場せず、担当スカウト以外はプレーを見たこともない。評価を上積みする試合の映像もなかった。
それでも尾形は諦めなかった。会議まで1人でこもり、撮りためた練習映像を編集。自作の“誠也ムービー”でアピールした。
フリー打撃での対応力の高さ、飛距離。走塁練習の脚力、バネのある躍動感。その映像で、鈴木のポテンシャルの高さを明確に伝えた。
評価は一変した。松田球団オーナーが「何位なら取れそうなんだ?」と関心を示すと、尾形は即答した。「2位なら間違いなく取れます」。
ほかのスカウトから「4位くらいでも取れるのでは」という声も挙がったが「4位ではきついです」と言い切った。
他球団の動き、評価もあったが、何より素材の高さが上位指名に値すると確信していた。それ以上に、取りたい気持ちが強かった。

いつしか鈴木の評価は上がっていた。東北担当は変わらず北條を推す。
最終的に、当時の野村監督の「2人はどっちが足速いの?」が決定打となった。
即答したのは尾形だ。「鈴木の方が速いです」。さらに「潜在能力、バネが違います」とたたみかけた。ドラフト前日、熱意で指名順位が繰り上がった。
広島スカウトは担当エリア外の選手を見るクロスチェックを行わない。それぞれの担当の眼力が問われる。プレゼン能力もいる。
有名無名は関係ない。競合覚悟で1位指名することもあれば、アマチュア時代に無名だった菊池、薮田を上位指名することも。
20代の選手がチームの骨格を担って成し遂げた連覇の陰には、有能なスカウト陣の尽力がある。
尾形は当時の正直な胸の内を明かす。「本当は、投手だったので遊撃を守れる確信はなかった。結局、ショートはできなかったからね。でも能力は絶対上だと思ってた」。
才能は4年目の昨シーズン花開き、今季は4番を務めた。あの日、広島と運命の糸がつながった男が紛れもなく連覇達成の原動力になった。(敬称略)

◆尾形佳紀(おがた・よしのり)
1978年(昭53)8月5日、北海道生まれ。日大藤沢2年夏に甲子園出場。日大-ホンダを経て03年ドラフト4巡目で広島入団。
1年目の04年に二遊間のほか外野でも起用され、自己最多の53試合に出場。
その後は右膝靱帯(じんたい)断裂などに苦しみ、09年引退。スカウトに転身した。現役時代は175センチ、70キロ。右投げ左打ち。

959 名無し募集中。。。 :2017/09/21(木) 15:12:44
柳田、小久保に怒られても「実際ジャンプだし」
https://www.youtube.com/watch?v=MJa4SOn0Lx8

960 名無し募集中。。。 :2017/09/21(木) 15:22:39
柳田 あっち系のヤバイやつ編
https://www.youtube.com/watch?v=gBKUjbN5OP8

961 名無し募集中。。。 :2017/09/21(木) 17:10:38
【ソフトB見どころ】大谷とラストマッチ? 過去18戦5勝5敗 はなむけの黒星を贈れるか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00010011-nishispo-base
ソフトB柳田が離脱 右脇腹負傷で全治3週間 CSに暗雲
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00010010-nishispo-base
21日の予告先発 日ハム大谷vsソフトB武田、西武菊池vsロッテ佐々木
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00010004-fullcount-base

激化する大谷翔平争奪戦 MLBコミッショナーが「フェアな獲得競争」要望
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00010014-fullcount-base
MLBコミッショナー、大谷争奪戦で“不正”難しい
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00008682-nksports-base

清宮が22日に進路表明へ 高校通算111本スラッガーがいよいよ結論
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000057-dal-base

西武・菊池雄星「今オフ、メジャー100億円」1年前倒し移籍の声
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000007-tospoweb-base

【MLB】小さな女の子に打球直撃… 打者はひざまずき、涙する選手も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000211-ism-base
ヤンキースタジアムで観戦中の少女にファウルボールが直撃
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000111-spnannex-base

962 名無し募集中。。。 :2017/09/22(金) 07:56:25
MLB Playback - Ball Girls Time!
https://www.youtube.com/watch?v=W1ofxTxlrlg

963 名無し募集中。。。 :2017/09/22(金) 18:05:13
大谷翔平が10人? MLB公式サイトが契約先を予想、「衝撃のコラージュ写真」公開
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170922-00010008-theanswer-base
https://pbs.twimg.com/media/DKTHQFtUMAAWqGc.jpg

メジャー関係者が心配する日ハム大谷の謎プライベート
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000017-tospoweb-base
大谷
「いいところがほぼなかった。結果的に抑えましたけど自分が目指している内容とは違う。
次回は今日のような内容ではなく締めにふさわしい内容でしっかり抑えたい」

しかし、本人の満足度に関係なくメジャー側は前がかり気味だ。
あるア・リーグ球団スカウトは
「いい時よりも悪い時の投球を見られたことが今日の収穫。
悪い時の傾向やトラブルをどう処理して乗り越えるかは選手を評価する上で重要な要素」
と、どこか満足顔。
大谷の調査には能力、状態の確認以外に仮に同地区のライバル球団に入団した場合の対策用に
悪い時の傾向、クセの有無の確認等のリスクマネジメントも同時進行で進められているようだ。
さらに球団への報告には、自軍のチームカラーやクラブハウスの雰囲気になじめるか
などの判断材料とするため、選手の性格面に関する項目があるという。

別のメジャー関係者は
「大谷のパーソナリティーに関してはチームメートのレアード、マーティン、(現阪神の)メンドーサらから話を聞いている。
彼は見た通り明るい好青年で一様にみんな『ナイスガイ』だと言っている。
ただ、この年代の若者には普通にある失敗談やガールフレンドとのエピソードに関する情報がほとんど出てこない。
まさかゲイではないと思うが、彼の素顔はどこかミステリアスだ」
とベールに包まれた大谷の“裏の顔”をつかみあぐねてもいる。

例えば日本ハム時代のダルビッシュは1年目のキャンプ中に沖縄・那覇のパチンコ店でくわえたばこでパチスロを打って騒動を起こした。
社会通念的には褒められないが、チームメートという枠ではむしろミスや隙があって失敗を経験してきた人間のほうが
周囲の人間から共感を得やすく、痛みも分かり合えるもの。
しかし、完璧な好青年である大谷にはそんな隙どころか女性関係のゴシップすらも聞こえてこないのだから、メジャーサイドは逆に不安のようだ。

964 名無し募集中。。。 :2017/09/22(金) 18:21:05
プロ野球OB30人が語る清宮
http://i.imgur.com/PpeDatX.jpg
http://i.imgur.com/yNyR2wL.jpg

清宮は3割30本打てるか
http://i.imgur.com/Hpfajhh.jpg
http://i.imgur.com/D6MdalO.jpg

965 名無し募集中。。。 :2017/09/23(土) 20:57:30
【8回表】ファイターズ・大谷の打球音も規格外!! 8号勝ち越しホームラン!! 2017/9/23 M-F
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/486317/

966 名無し募集中。。。 :2017/09/24(日) 10:20:28
>>941
二十二戦目(7回:1失点)「やっぱりエースはセベリーノじゃなく田中!!」
二十三戦目(4回:7失点)「恐怖のタナカ出現」
二十四戦目(7回:2失点)「エース復活宣言 ただし28先発32HR被弾」
二十五戦目(6回8失点))「謎の存在」

967 名無し募集中。。。 :2017/09/24(日) 10:44:25
https://amd.c.yimg.jp/im_sigg3giDOD4ucBVa.o6Bb6KilA---x900-y599-q90-exp3h-pril/amd/20170924-00000002-wordleafs-000-35-view.jpg

968 名無し募集中。。。 :2017/09/24(日) 10:59:24
清宮「意中球団」以外なら入団拒否 早大入学、浪人→米留学も視野に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000031-tospoweb-base
【過去の主な入団拒否】

<江川卓>作新学院時代の1973年のドラフト会議で阪急の1位指名を受けたが、拒否し、法大に進学。77年にはクラウンライターからの1位指名も拒否し、米国留学して“浪人”。78年11月21日に野球協約の盲点をつく“空白の1日”で希望球団の巨人と契約したが、認められず、ドラフトで阪神が1位指名。大騒動を経て巨人・小林と阪神・江川のトレードで決着した。

<元木大介>甲子園を沸かせた上宮のスラッガーは89年、ダイエーのドラフト1位指名を受けたが、入団拒否。ハワイへの野球留学を経て90年ドラフトで巨人に1位指名されて入団。

<小池秀郎>亜大の左腕には90年のドラフト会議で8球団が競合。ロッテが交渉権を獲得したが、入団を拒否して松下電器入り。2年後の92年ドラフトで近鉄に1位指名されて入団した。

<福留孝介>PL学園時代の95年ドラフト会議で7球団競合。近鉄が交渉権を得たが、拒否して日本生命へ。98年ドラフト1位で中日に入団。

<新垣渚>98年ドラフトでオリックスの1位指名を拒否し、沖縄水産から九州共立大に進学。2002年、自由獲得枠でダイエーに入団。

<内海哲也>敦賀気比の注目左腕は00年ドラフト会議でオリックスの1位指名を拒否して東京ガスへ。03年の自由獲得枠で巨人に入団した。

<長野久義>日大時代の06年ドラフトで日本ハムに4位指名されたが、拒否してHondaへ。08年ドラフトではロッテの2位指名も拒否。09年、巨人の単独1位指名で入団。

<菅野智之>11年ドラフト1位で交渉権を得た日本ハムへの入団を拒否。東海大学に残り、1年間の“浪人”を経て12年ドラフトで希望球団の巨人に単独1位指名されて入団。

<山口裕次郎>履正社の左腕は16年、4位以下の指名であれば社会人入りすると調査書提出の球団に伝えていたが、日本ハムが6位指名。これを拒否してJR東日本入りした。

969 名無し募集中。。。 :2017/09/24(日) 11:07:41
https://i.imgur.com/EwCokNe.jpg
https://i.imgur.com/N3Til0l.jpg

970 名無し募集中。。。 :2017/09/25(月) 10:37:08
ロッテ・井口は引退試合で有終の美飾る 9回土壇場2ランなど5打数2安打2打点
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170924-00010008-baseballc-base

楽天則本怒りの鉄拳、野茂以来快挙もCS決定もぶ然
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00011783-nksports-base
4回2死、則本はデスパイネからこの日5個目の空振り三振を奪い、4年連続の200奪三振に到達した。
野茂(近鉄)以来24年ぶり9人目の快挙となったが
「そんなことはどうでもいい。勝ちたかった」とぶぜんとした表情を崩さなかった。

971 名無し募集中。。。 :2017/09/25(月) 17:33:47
【9回裏】まだまだ終わらせないぞ!! 伝説を刻んだ男!! マリーンズ・井口が同点ホームランで球場大騒ぎ!! 2017/9/24 M-F
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/486744/

972 名無し募集中。。。 :2017/09/26(火) 22:28:13
記者「好きな芸能人は誰ですか?」
大谷「いないです・・・」
記者「誰でもいいんで、知ってる芸能人でも」
大谷「芸能人知らないんで・・・」
記者「名前を挙げてもらえば」
大谷「じゃあ誰がいますか?」
記者「芦田愛菜とか」
大谷「じゃあそれで」

好きな芸能人は芦田愛菜


これで芦田愛菜好きにされた挙句、
一部からロリとか言われてるんだぜ・・・

973 名無し募集中。。。 :2017/09/27(水) 05:54:34
【MLB】田澤の偉業を地元紙が特集 ハイチュウで米国に「雇用を生み出した」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170926-00010013-baseballc-base
マイアミ・マーリンズの田澤純一投手。今季でMLBでの8シーズン目となり、
13年には世界一を経験、この日までに350試合以上の試合で投げてきた。
そんな田澤に野球以外に大きな達成があるという。米国の人々に雇用を生み出したというのだ。
マイアミの地元紙の『サン・センチネル』電子版が報じている。

同記事で「アメリカで仕事を作った」と紹介された田澤は、
実は米球界に森永製菓「ハイチュウ」のブームを作った“火付け役”として有名なのだ。

レッドソックス時代の2012年にトミー・ジョン手術から復活した田澤は、
MLBでの経験が浅いこともありチームのブルペンのガム係に任命された。
そこで、ブルペンに持っていくガムに日本では誰もが知っているハイチュウを入れたところ、瞬く間にチームで大ブームになったという。
しかし、当時は米国ではアジア人向けのスーパーなど小さな規模でしか販売していなかったというハイチュウ。
田澤はチームメイトの要望に応えきれずに、泣く泣く『森永アメリカ』に自ら連絡を取ると、なんと無料でチームに贈ってくれたのだ。

また、『森永アメリカ』も野球界でのブームに気づき、
レッドソックスとツインズ、カブスとスポンサー契約を結ぶと、ハイチュウの売り上げはうなぎのぼり。
2015年にはノースカロライナ州に新しい工場をオープンし、従業員は今では90人にのぼるという。
田澤はマーリンズに移籍後もハイチュウを持ち込み、ここでも大ブレイク。
レッドソックス時代にチームメイトだったアビーレスは、マーリンズに移籍してロッカールームに置いてある大量のハイチュウを見て、
「ああ、田澤がチームにいるんだな」と気付いたとインタビューで語っている。

また、MLBにハイチュウを伝えた田澤の偉業は、
米国のハイチュウの公式サイトの「歴史」のページでも「ハイチュウがダグアウトに入る」と紹介されている。

「田澤純一がボストン・レッドソックスに加入し、チームメイトの投手用にガムをいっぱいにする係に任命された。
彼はお気に入りのキャンディ --ハイチュウ-- を入れると、大人気となり、
要望に応えられなくなってしまって、森永に届けてくれるようにお願いした。こちらこそありがとう!」

974 名無し募集中。。。 :2017/09/28(木) 12:11:01
ドジャース Wシリーズ制覇の泣きどころはダルビッシュとカーショー?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000008-tospoweb-base
2人が過去のプレーオフで好結果を残していないからだという。
カーショーは2013年以降12試合に先発して4勝6敗、防御率4・28。
昨年は5試合(先発4)に登板して2勝1敗1Sだったが、防御率は4・44だった。
同コラムは「相手チームがレギュラーシーズン以上に徹底的なスカウティングによる対策をポストシーズンでは練ってくるから」と分析する。

一方、ダルビッシュはレンジャーズ時代の12年と16年に1試合ずつプレーオフに登板して0勝2敗、防御率5・40。
昨年の地区シリーズ第2戦では4被弾して5回5失点でKOされた。
同コラムは「ドジャースに移籍して好投したのはパドレス、メッツ、ジャイアンツ、フィリーズといった
勝率5割を大きく下回るチームがほとんど」と指摘した。

975 名無し募集中。。。 :2017/09/30(土) 14:17:21
>>966
二十六戦目(7回:無失点)「エース」「15Kで制圧」「光り輝く」

976 名無し募集中。。。 :2017/09/30(土) 14:38:06
開幕戦(2回:7失点)「田中、ヤンキースを破滅させる」
二戦目(5回:3失点)「こんなの田中じゃない」
三戦目(6回:3失点)「田中、小さなボートのようなフラフラした内容」
四戦目(7回:1失点)「田中、お目覚め」
五戦目(9回:無失点)「最強右腕の復活、エースの帰還」
六戦目(6回:4失点)「THE GAME(支配者)」
七戦目(7回:3失点)「日本車のような田中、今日も安定」
八戦目(1回:8失点)「田中、ジーターのセレモニーをぶち壊す」
九戦目(3回:6失点)「井川が登板した」
十戦目(7回:1失点) 「田中、発見される」
十一戦目(5回:7失点)「バッティングピッチャーが先発」
十二戦目(5回:5失点)「チキンな投球で試合をブチ壊す」
十三戦目(6回:1失点)「頼むからこのまま素晴らしい田中でいてくれ」
十四戦目(4回:5失点)「田中よ、我々の心を弄ぶのがそんなに楽しいのか?」
十五戦目(8回:無失点)「エース帰還!もうどこにも行くな」
十六戦目(6回:2失点)「田中、ゲームを支配」
十七戦目(7回:1失点)「宝石のようなマサヒロが帰ってきた」
十八戦目(4回:5失点)「マサヒロ・タナカが一人で球団のシーズンを破壊しかねない」
一九戦目(7回:3失点)「最も価値のない選手」(←年俸20億超で防御率5点台だった前半戦を総括)
二十戦目(6回:4失点)「先発すると試合のどこかに亀裂が入ってしまう」
二十一戦目(8回:1失点)「惑星最高の投手」
二十二戦目(7回:1失点)「やっぱりエースはセベリーノじゃなく田中!!」
二十三戦目(4回:7失点)「恐怖のタナカ出現」
二十四戦目(7回:2失点)「エース復活宣言 ただし28先発32HR被弾」
二十五戦目(6回:8失点)「謎の存在」
二十六戦目 (7回:0失点)「エース」「15Kで制圧」「光り輝く」

977 名無し募集中。。。 :2017/10/01(日) 22:10:55
https://i.imgur.com/D5daPlb.jpg
https://i.imgur.com/32PVG5F.jpg

978 名無し募集中。。。 :2017/10/03(火) 11:20:08
2017WBCアメリカ代表の去年と今年の成績比較した結果

クリス・アーチャー
2016 4.02 9-19 201.1回 233K xFIP3.41 WAR3.2
2017 4.07 10-12 201回 249K xFIP3.35 WAR4.6

タイラー・クリッパード
2016 3.57 4-6 3S 63回 72K xFIP4.24 WAR0.6
2017 4.77 2-8 5S 60.1回 72K xFIP4.71 WAR0.2

ダニー・ダフィー
2016 3.51 12-3 179回 188K xFIP3.79 WAR2.7
2017 4.39 9-10 146.1回 130K xFIP4.39 WAR3.4

サム・ダイソン
2016 2.43 3-2 38S 70.1回 55K xFIP3.45 WAR1.0
2017 6.09 4-10 14S 54.2回 34K xFIP4.96 WAR-0.9

マイケル・ギブンス
2016 3.13 8-2 74.2回 96K xFIP3.78 WAR1.2
2017 2.75 8-1 78.2回 88K xFIP3.85 WAR1.1

ルーク・グレガーソン
2016 3.28 4-3 15S 57.2回 67K xFIP2.90 WAR1.2
2017 4.57 2-3 1S 61回 70K xFIP3.45 WAR0.0

ネイト・ジョーンズ
2016 2.29 5-3 3S 70.2回 80K xFIP2.99 WAR1.8
2017 2.31 1-0 11.2回 15K xFIP3.45 WAR0.2

ジェイク・マギー
2016 4.73 2-3 15S 45.2回 38K xFIP4.77 WAR-0.3
2017 3.61 0-2 3S 57.1回 58K xFIP3.95 WAR1.5

アンドリュー・ミラー
2016 1.45 10-1 12S 74.1回 123K xFIP1.18 WAR3.0
2017 1.44 4-3 2S 62.2回 95K xFIP2.59 WAR2.3

979 名無し募集中。。。 :2017/10/03(火) 11:21:53
パット・ニーシェック
2016 3.06 2-2 47回 43K xFIP4.07 WAR0.5
2017 1.59 5-3 1S 62.1回 69K xFIP3.26 WAR2.5

タナー・ロアーク
2016 2.83 16-10 210回 172K xFIP4.17 WAR3.2
2017 4.67 13-11 181回 166K xFIP4.15 WAR2.4

デービット・ロバートソン
2016 3.47 5-3 37S 62.1回 75K xFIP3.99 WAR1.0
2017 1.84 9-2 14S 68.1回 98K xFIP2.76 WAR1.9

マーカス・ストローマン
2016 4.37 9-10 204回 166K xFIP3.41 WAR3.6
2017 3.09 13-9 201回 164K xFIP3.59 WAR3.4

アンドリュー・ジェームズ・エリス
2016 .216 2HR .301 OPS.599 wRC+64 WAR-0.1
2017 .210 6HR .298 OPS669 wRC+80 WAR0.2

バスター・ポージー
2016 .288 14HR .362 OPS.796 wRC+115 WAR4.0
2017 .320 12HR .400 OPS.862 wRC+128 WAR4.3

ジョナサン・ルクロイ
2016 .292 24HR .355 OPS.855 wRC+123 WAR4.6
2017 .265 6HR .345 OPS.716 wRC+82 WAR1.2

アダム・ジョーンズ
2016 .265 29HR .310 OPS.746 wRC+97
WAR1.5
2017 .285 26HR .322 OPS.785 wRC+107 WAR1.7

アンドリュー・マカッチェン
2016 .256 24HR .336 OPS.766 wRC+105 WAR0.6
2017 .279 28HR .363 OPS.849 wRC+122 WAR3.7

クリスチャン・イエリッチ
2016 .298 21HR .376 OPS.859 wRC+132 WAR4.5
2017 .282 18HR .369 OPS.809 wRC+115 WAR4.5

ジャンカルロ・スタントン
2016 .240 27HR .326 OPS.815 wRC+116 WAR1.8
2017 .281 59HR .376 OPS1.007 wRC+156 WAR6.9

980 名無し募集中。。。 :2017/10/03(火) 11:22:34
投手WAR-0.1
先発WAR‐1.1
リリーフWAR‐1.2
野手WAR6.3

981 名無し募集中。。。 :2017/10/04(水) 12:54:22
野村克也が本音で語る大谷翔平「正直、プロ野球をなめんなよという思いもある」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171004-00092715-playboyz-base
大谷の二刀流に関しては、正直、今でも気持ちは五分五分。半分は無理だろう、と。
昨年はそれなりに結果(10勝、22本塁打)を出したけど、正直言うと、プロ野球をなめんなよ、という思いもある。
日本ハム首脳陣も含めて、プロ野球を軽く見すぎている。
常識的に考えたら、できないわね。これまでの長い歴史の中で、誰もいないわけだから。

ただ、指導者として、もっともいけないのは固定観念。
ヤクルトの山田哲人の体を見て、ホームランバッターになるとは絶対、思わないもんな。
ソフトバンクの柳田悠岐もそう。あのスイングは、昔なら絶対に直されていたと思う。超アッパースイングに見えるから。
でも、超スロー映像を見ると、当たる瞬間だけはレベルスイングになっていた。今の映像技術だから、わかったことだよ。
常識を覆した彼らを見ているのは楽しい。そういう意味では、半分は大谷に成功してほしい気持ちもある。

もし、大谷が打者に専念していたら王(貞治)の記録も抜けたんじゃないかという人もいるけど、
日本にずっといたとしてもそれはさすがに無理だろ。868本だよ。抜ける?

王とはこんなエピソードがある。現役時代の話だけどな、ある日、銀座のクラブで飲んでたら、王と一緒になった。
後から来ておいて、21時くらいに王が「ノムさん、悪いんですけど、お先に失礼します」って言うわけよ。

だから、「めったに一緒になることないんだから、もう少しいいだろ」と引き留めたんだよ。
そしたら『荒川(博=当時、巨人1軍打撃コーチ)さんを待たせてるんで』って、さっさと帰っていった。
その後ろ姿を見て、俺はこいつに抜かれるな、と思ったよ。片やクラブで遊んでて、片や練習してる…。そら、そうだわな。
ただ、大谷もまじめなコらしいね。でなきゃ、ここまでだって、できてない。

メジャーに行くんだろ? これから先は、大谷がどんな指導者に巡り合うかが大事だろうね。
野球人生も縁だから。王が強運なのは、荒川さんっていう名コーチと川上(哲治)さんという名監督に出会ったこと。
おかげで、技術だけでなく、哲学を持てた。

もし、俺が監督で、今の大谷を預かったとしたら、二刀流はやらせない。
迷わずピッチャーに専念させるね。ボーンと放って160キロだよ? それだけで十分だよ。
日本のプロ野球に何百人もピッチャーがいて、160キロも投げられるやつ、何人いる?

でも、あの160キロ、普通に打たれるんだよな。スピードガン、いじってるんじゃないかって思うよ(笑)。
大谷も160キロ超えるようなボールを投げられるなら、かすらせないぐらいのボールにしないと。

確かにバッティングもいいよ。あれを目の当たりにすると、両方やらせたくなるのもわかる。
でも、そこは本人のため、プロ野球界のためを考えて、誰かが心を鬼にしないといけなかったんだ。もう遅いけどな。

アメリカでも二刀流でやるとかどうとかいわれてるけど、どうかな。結局、二兎を追う者は一兎をも得ずになる気がするな。
せっかくいいものを持っていながら、どっちつかずになるんじゃないの。プロだから他の選手も意地があるでしょう。
ましてやメジャーともなれば、ピッチャーは研究に研究を重ねて、徹底的にマークしてくるよ。それを乗り越えるのは容易じゃない。

王は大谷と同じ左バッターだけど、左投手相手でも、とにかく崩れなかった。
一度、王に「なんでだ?」と聞いたことがあるんだよ。
そうしたら、対左の時は全部、スライダーをイメージして打席に立っていると言ってたな。
正解だよ。そうすると、ピッチャー側の壁をキープできる。王は才能と努力の人だな。

大谷は今のところ、俺の目には天才としか映らない。「来た球を打つ」という。配球を読んでる感じがしない。
本物のスラッガーになるには、まだ時間がかかるだろうな。ただ、投手をしながらではその時間が足りないんだよ。

982 名無し募集中。。。 :2017/10/05(木) 18:31:09
日本ハム大谷の大きな体にかわいいマイメロバック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00020423-nksports-base
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171005-00020423-nksports-000-2-view.jpg
<西武-日本ハム>◇5日◇メットライフドーム
日本ハム大谷翔平投手(23)が、ついに「マイメロバック」を背負った。
サンリオのキャラクター「マイメロディ」のピンク色のリュックサックは、投手陣の最年少が、
全投手分の飲料水を詰め込んで持つのがチーム内のルールになっている。
メジャーで新人が先輩から持たされる「キャンディバッグ」の風習に習い、今季加入した村田透投手(32)が購入したもの。
これまでは石川直也投手(20)らの年下がいたり、「僕は野手なので」と“二刀流特権”で拒否していた大谷だが、
この日は193センチの大きな体でかわいらしいリュックを背負っていた。

983 名無し募集中。。。 :2017/10/05(木) 18:40:55
日本ハム・大谷とDバックスの濃密関係 キャンプ地“乗り換え”ウラ読み解こうと大リーグ関係者躍起
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000020-ykf-spo
日本ハムは3日、来年2月のキャンプを米アリゾナ州スコッツデールにある大リーグ・ダイヤモンドバックス(Dバックス)の施設で行うと発表した。
この2年間は提携球団であるパドレスの施設で行ってきたが、キャンプ地変更で大リーグ関係者の間にはさまざまな憶測が広がっている。
Dバックスでは、今オフのメジャー移籍が確実視される大谷翔平投手(23)にとって
“恩人”ともいえる小島圭市氏(49)がスカウト顧問を務めており、
米紙『ロサンゼルス・タイムズ』が2人の信頼関係について報じている。この奇妙な符合は何を意味するのか。
大谷は4日のオリックス戦(札幌ドーム)で、自身初となる「4番・投手」で先発。
日本最後の登板となる可能性が高い試合で、投げては9回を2安打10奪三振、
打っては3打数1安打と投打で活躍し、今季初の完封勝利で締めた。
9日のチーム最終戦(対楽天=Koboパーク宮城)終了を待って、米球界挑戦の意向を自らの口で明かす可能性が高い。
先発前日の3日には
「今まで通り、やることはほとんど変わらない。やれることをやりたいです。
チームが勝てるようにしっかり投げる」と淡々とした口調で話した。
来年2月の日本ハムのキャンプ地変更は、このオフにメジャーへ移籍する右腕にとっては関係のない話のはずだが、
変更先がDバックスとなれば、そうも言っていられない。
これまでの受け入れ先だったパドレスは日本ハムと2008年から業務提携契約を結んでおり、
キャンプだけでなく金子誠氏(現打撃コーチ)、中嶋聡GM特別補佐のコーチ留学先にもなり、
ソフト、ハードの両面で深い関係を築いてきた。ところが、ここにきてキャンプ地というハード面でつながりを解消した格好だ。
日本ハムのアリゾナでのキャンプ期間は、Dバックスによれば2月1-14日までの予定。
日本ハムの竹田憲宗球団社長は
「日本一奪還を目指して新たな環境によりレベルアップを狙い、キャンプ地を変更することにいたしました」と“乗り換え”の理由を説明した。
しかし額面通りには受け取れない。
大リーグ関係者は「大谷のメジャー移籍とは切り離して考えられない」と、今回の発表のウラを読み解こうと躍起になっている。

同関係者は「やはり小島さんの存在が大きいのでは」とみる。

おりしも、ドジャースのおひざ元、ロサンゼルスの地元紙『ロサンゼルス・タイムズ』のディラン・ヘルナンデス記者は9月29日(日本時間同30日)、
『日本の野球スター、大谷翔平は大リーグで2つの脅威となる』と題した大型の特集記事を掲載。
ヘルナンデス記者は日本人の母を持ち、流暢に日本語を操る、日本の野球事情にも精通した敏腕記者だ。
同記事では花巻東高校野球部の佐々木洋監督(42)にインタビューしながら、
同校を卒業後即メジャー挑戦を予定していた大谷が、ドジャースと契約するつもりだったと明かしている。
同紙は「もし大谷が高校を卒業して海を渡るという最初の計画を変更しなかったら、
今季のナ・リーグのプレーオフに出場する準備をすることになっていたかもしれない。
数多くの大リーグ球団が彼を誘っていたが、彼が契約を考えていたのはドジャースだった。
大谷は『確実には言えないが、その可能性は強かった』と言っている」
同紙はさらに、こう伝えている。
「そのときのドジャースのスカウトは小島圭市氏(49)だった。
彼はほとんど毎日花巻東の練習に足を運び、大谷の信頼を得た。
現在、彼はダイヤモンドバックスのコンサルタントをしている」
小島氏は花巻東高の菊池雄星投手(現西武)に続いて、同高の大谷に1年生の段階からほれ込んだ。
2010年から股関節のケガで投げられなかった期間も含めて毎日のように同校のグラウンドに通い詰め、大谷の信頼を勝ち取ったのだ。
大谷は同氏について「ケガで辛いときも、直接話すことはなくても、毎日見てくれているということが支えになった」と感謝を口にしたことがある。
12年の夏には、高卒即メジャー行きの希望を表明。同年のドラフトで日本ハムに1位指名された際にも当初は
「(日本ハムに行く可能性は)0%です」と言い切ったほどだ。小島スカウトの存在により、大谷がドジャース入団を考えていたのは事実のようだ。
そんな小島氏は現在、ドジャースを離れ、小・中学生の指導者に向けた講習や講演活動に奔走するかたわら、Dバックスのスカウト顧問を務めている。
最近、大谷の登板時に大物代理人のスコット・ボラス氏とともに視察する姿が目撃されたことは本紙が既報した通りだ。
急速に日本ハムとの関係を深めつつあるDバックス。そこに籍を置く恩人との因縁は、本人のみならず、もはや周囲も無視できない。

984 名無し募集中。。。 :2017/10/05(木) 18:43:39
大谷獲得交渉に大物代理人も苦戦? MLB新協定で金銭闘争NG
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000024-tospoweb-base
どう転んでも大変そうだ。
今季終了後にメジャー挑戦の意思を固めている日本ハムの大谷翔平投手(23)を巡っては、
ポスティング交渉のカギを握る代理人選定作業も大詰めを迎えている。

米国からの情報によると
「大谷側の弁護士がこれまでにコンタクトしてきた複数のエージェント(代理人)に対し
『彼との仕事に興味があれば、この2〜3週間のうちにミーティングをしたい』とのメールを送信している。
最終的な絞り込みをした上で最後は大谷本人との面談を経て近々代理人が決定するはず」(情報筋)という。
すでに数人の代理人は来日している模様で、日本ハムの今季最終戦となる9日の楽天戦(koboパーク宮城)後、
1週間前後で行われる大谷との面談に向けた最終的な準備を進めているようだ。

候補に挙げられている代理人は米4大スポーツの有力選手を多数抱えるスコット・ボラス氏をはじめ、
ドジャースのダルビッシュ、前田を担当するワッサーマン・グループ(アダム・カッツ氏&ジョエル・ウルフ氏)、
オクタゴン社のアラン・ニーロ氏、ヤンキース・田中をクライアントに持つケーシー・クロース氏ら大物ばかり。
何より今回のポスティング移籍の難しさは、球団選別の条件面が金銭以外の部分に制限されていることだ。
本来、市場に出れば2億ドル(約226億円)ともいわれる価値を持つ大谷が
MLBの新労使協定適用により、およそ“9割引き”の大バーゲンセールに出される異例の交渉となる。

メジャー関係者は「投資額の低さから万が一、全30球団が交渉に臨んできた場合、
わずか30日間の交渉期間中に金銭面以外の条件でどう球団を振り分け、移籍球団を絞っていくのか。
契約金の制限があり、契約上の抜け道を厳しく監視するコミッショナーの目がある中でこの交渉をまとめるのは容易ではない。
前代未聞の交渉になるはず」と指摘。新協定の制約により金銭闘争に持ち込めない大谷交渉の難しさを予測している。

985 名無し募集中。。。 :2017/10/06(金) 01:57:59
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171005-00000100-asahi-000-9-view.jpg
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171005-00000182-sph-000-4-view.jpg
https://amd.c.yimg.jp/im_siggmBHuVLAXoNmJRwHOrLZNsg---x900-y600-q90-exp3h-pril/amd/20171005-00000105-dal-000-3-view.jpg

986 名無し募集中。。。 :2017/10/06(金) 02:03:41
大谷、ピンクのマイメロリュック 大リーグ風習にならい
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000100-asahi-spo
今季、日本ハムの投手陣に一つのルールがあった。
試合前の練習時にベンチ入りしている最年少選手が、全員の飲み水が入ったペットボトルを運ぶ。
ただ運ぶのではない。サンリオのキャラクター「マイメロディ」の、ピンク色をした、かわいらしいリュックサックに入れて運ぶのだ。

初代の「マイメロリュック」担当だった3年目の右腕、石川直也(21)は
「村田さんが始めたんです。メジャーでやっているらしくて」。
インディアンスなどに在籍し、今季から日本ハムに加入した村田透(32)が、
大リーグで新人が先輩から持たされる「キャンディーバッグ」の風習にならい、
まだ開幕前の3月、オープン戦で訪れた岡山のショッピングセンターで買い求めた。

その「マイメロリュック」が、今季の公式戦も残り2試合となった5日、大谷翔平(23)の背中にやってきた。
これまでは年下がいたり、「僕は野手なので」と、投打「二刀流」を理由に回避していたが、ついに、ピンクのリュックを背負った大谷。
練習後はリュック姿でチームメートの横尾俊建(24)や、筒香嘉智(26、DeNA)の打撃フォームをマネするなど、楽しそうだった。

987 名無し募集中。。。 :2017/10/06(金) 11:11:53
巨人
2011 .154(*26-*5) *0HR *3打点 .148 .192 OPS.340
2012 .254(*63-16) *2HR *7打点 .329 .444 OPS.773
2013 .161(*31-*5) *0HR *2打点 .250 .161 OPS.411
2014 .246(*65-16) *2HR 12打点 .338 .431 OPS.769
2015 .277(130-36) *1HR* 3打点 .319 .354 OPS.673
2016 .202(114-23) *4HR 13打点 .227 .377 OPS.604

日ハム
2017 .260(423-110) 15HR 46打点 .305 .421 OPS.725


大田が今季ホームランを打った投手一覧
美馬
涌井×2
則本
青山
バンデンハーク
田口
吉川
戸村
有吉
松本
比嘉

多和田
髙橋朋

988 名無し募集中。。。 :2017/10/07(土) 19:51:22
元MLB右腕が見る大谷の凄さ「クイックハンド」 “打者専念”で広がる夢
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00010021-fullcount-base
“二刀流”に注目が集まる中、あえて“打者推し”「ピッチャーでも見てみたいけど…」

今季本拠地最終戦となった4日オリックス戦に先発し、
9回を2安打10奪三振5四球で完封勝利を飾った日本ハム大谷翔平投手。
早ければ、今季終了後にもポスティングシステムを利用したメジャー移籍の可能性がある右腕の去就には、
日本だけではなく、アメリカでも大きな関心が寄せられている。 
先発登板するたびに、バックネット裏には数多くのメジャー球団のGMやスカウトが陣取るなど、早くからアピール合戦を展開。
投手と野手の“二刀流”を容認する球団が大半だと噂されるが、実際にメジャー移籍を果たした時、どんな道を歩むのか。
メジャーでは、かのベーブ・ルース以来の本格派二刀流として、前人未到の地を切り拓く可能性にも期待が寄せられる。 
自らもメジャーでプレー経験を持つ元阪神の藪恵壹氏も、大谷の去就に大きな関心を寄せる1人だ。
同じ投手として、時速160キロを超える剛球を投げる勇姿を、メジャーのマウンドで見てみたい。
長らくそう思ってきたが、最近少し考えに変化が生まれたという。 

「投手でやったら面白いと思っていたけど、メジャーで長いキャリアを送ることを考えたら、
投手より打者に専念した方がいいのかなって思うようになりました。記録とかも含めてね。 
もし仮に来年からメジャーに行くとしたら、24歳の年から行ける。15年プレーしたとしても38歳。
怪我を少なく長くプレーできれば、イチロー選手の記録を超える可能性だって生まれるわけだから。
長打も打てるんだから、上手くメジャーに順応できれば、ボンズやマグワイアの記録に挑戦できる可能性だってある。
記録は積み重なるものだから、少しでも長いキャリアを送れることが大事ですよね。 
もちろん、ピッチャーでも見てみたい。でも、あの滑るボールだと、どこかで肘を痛めたり肩を痛めたりする公算は高い。
まずは二刀流をして、肩肘を怪我したら打者に専念すればいい、という意見も聞くけれど、
怪我をした後で同じスイングができるかどうか。バッティングにも間違いなく影響は出ますから。
そう考えたら、打者として記録を狙ってほしい気がするんですよ」

藪氏自身が打者大谷と対戦するとしたら「嫌な打者。絶対に内に投げるよね」と笑う。
それでは、投手の目から見た打者大谷は、何がすごいのだろう。それは「無駄のないスイング」にあるようだ。 

「彼は手の動きが速いでしょ。いわゆるクイックハンド。
変な遊びが少ないから、メジャーで主流のハードシンカー系の球にも、すぐに対応できるでしょう。 
メジャーに行った日本人打者は、左打者の場合、特に外角のシンカーに苦しめられる。
あれだけ成績を残した松井秀喜君もそうでした。
松井君の場合、ボールをバットで捉えるポイントが前だったから、
調子が悪い時は、シンカーにバットを上からかぶせて引っかけてしまい、二塁ゴロに倒れることが多かった。 
でも、最近の打者は大谷君であれ、柳田(悠岐)君であれ、ポイントがより体に近い位置にあって、
外角の球でも引きつけておいてしっかり打つから、反対方向に強い打球が飛びますよね。手も長いし、外角の球は問題なく届く。 
日本人打者で成功したのは、イチロー君、松井君……青木(宣親)君も頑張っている。
メジャーでコンスタントに打率.280を残すのは難しい。コンタクトするのが本当に上手い。
大谷君は、場合によっては、3人を凌ぐ打者になる可能性がある。パワーもある。打率も残せる。足も速い。体はUSAサイズ。楽しみですよ」 

確かに、24歳の若さでメジャーデビューをし、15年を超えるキャリアを送れるとしたら、打者大谷の未来予想図には無限の可能性が広がりそうだ。
メジャー175本塁打を打った松井氏を超え、史上30人目のメジャー通算3000安打を打ったイチロー選手を超え、
日本人という枠に囚われず、1人のメジャーリーガーとして新たな境地に足を踏み入れる可能性も秘められている。
今オフ、大谷は日本ハムにポスティング制度を利用したメジャー移籍を願い出るのか。まずは、その決断に注目が集まる。

989 名無し募集中。。。 :2017/10/08(日) 19:14:41
伝説のスラッガーが大谷翔平のスター性を絶賛「イチローと比較したくなる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00010004-fullcount-base
そのDバックスの2001年のワールドシリーズ制覇に貢献した伝説のスラッガーが今回、単独インタビューに答え、
大谷について「イチローのようなアメリカに嵐をもたらす存在になる」と絶賛した。
二刀流右腕について高評価を下したのはルイス・ゴンザレス氏。
2001年のヤンキースとのワールドシリーズ第7戦で守護神マリアノ・リベラから
サヨナラ打を放った英雄は現在デリック・ホール球団社長付き補佐を務めている。

先日、本拠地チェイス・フィールドで行われたロッキーズとのワイルドカードゲームでは、
スタンドのスクリーンに大写しにされた際に拍手喝采が巻き起こったレジェンド。
同氏はホール社長とともに15年8月に来日した際に、日本ハムの試合を視察し、
大谷について最大級の評価を与えていた。その考えは今も変わらないようだ。ゴンザレス氏は言う。

「大谷はエキサイティングなプレイヤーだ。彼を見ていて刺激的な部分は、そのヒットを打ちたいというところ。
そして、彼は実際に打ってしまう。そして、素晴らしいピッチャーでもある。
彼は二刀流を容認する正しいクラブを探すことになるだろう。
ユニークなアスリートであり、日本で成功した野球選手だ。日本のスーパースターでもある。
そして、アメリカ人も彼のような選手を切望している。巨大なインパクトをもたらしてくれるだろう。
彼が実際にどんなことをしてくれるのか。ベーブ・ルース以降、メジャーには彼のような存在はなかった。
だからこそ、メジャーは大谷を待ち受けているんだ」

そう話すゴンザレス氏は米球界が待望する黒船のような存在だと評価する。
そして、将来の殿堂入りが確約されている日本の英雄のようなインパクトを残すと予想した。

「我々はそんな怪物を長い間、目撃していなかった。
彼がメジャーに来て、二刀流として成功できれば、メジャーリーグには嵐が巻き起こるだろう。
イチローがマリナーズで起こしたようにだ。彼はルーキーイヤーで爆発して、200安打を10年間続けた。
あっという間にスーパースターになったんだ」

今季マーリンズでプレーしたイチロー外野手は2001年にオリックスからマリナーズに移籍後、メジャーに旋風を巻き起こした。
新人王、MVP、首位打者、盗塁王、ゴールドグラブ賞など数々のタイトルを手にし、一気にスターダムにのし上がった。
大谷が背番号51の栄光を再現するのでは、とゴンザレス氏は期待を寄せる。

「彼は偉大なピッチャーだ。それと同時に、打者としてもパワーバッターだ。
メジャーで比較する存在を探すのが難しいね。彼には独特のスタイルがある。選手は見ていてすごく楽しいよ。
ベースボールは変化していくものだ。彼のような選手がメジャーにくる。興奮やエナジーを生み出す。すごくユニークな存在だ。

スターパワーという点ではイチローと比較したくなる。私もイチローが日本から来た時のことを覚えている。
新人王、MVPなど総なめにした。彼のスタイル、野球へのアプローチ、すごくいいやつだしね。
チームメートからも愛されている。街も彼を愛している。ファンはニューウェーブを渇望しているんだ。
アメリカ国外からやってきて嵐を巻き起こす。大谷はそういう存在になってくれると思うよ」

大谷はもはやチームにとって単なる新戦力という枠を超越しているようだ。
メジャー人気を沸騰させる起爆剤として、早くも期待値は最大限に高まっているようだ。

990 名無し募集中。。。 :2017/10/08(日) 19:17:09
【則本】4年連続での最多奪三振が確実…野茂以来4人目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000127-sph-base
楽天の則本昂大投手(26)が2回無死一塁で松田から
この試合3個目となる空振り三振を奪って、4年連続での最多奪三振がほぼ確実になった。
パ・リーグトップで、全日程を終えている西武・菊池の217Kに並んだ。
昨年記録した216Kを上回り自己最多の奪三振数。3位が楽天・岸の187Kのため、タイトル獲得は決定的だ。

4年連続最多奪三振は90〜93年の野茂英雄(近鉄)以来24年ぶり4人目の偉業。21世紀では初の快挙だ。
今季、則本は4月中旬から日本記録を超え、メジャー記録に並ぶ8試合連続2ケタ奪三振を記録するなど順調に三振の山を築いてきた。
9月24日のソフトバンク戦(ヤフオクD)では野茂以来9人目となる4年連続200奪三振も達成。
平成のドクターKがまたしても新たな記録をうち立てた。

☆4年連続以上の最多奪三振

▽6年連続 近鉄・鈴木啓示(1967〜72年)、阪神・江夏豊(67〜72年)

▽4年連続 近鉄・野茂英雄(90〜93年)

991 名無し募集中。。。 :2017/10/09(月) 12:01:30
https://i.imgur.com/WZ6DrIqh.jpg
【MLB地区シリーズ】田中将大、崖っぷちの大一番で7回零封の快投 ヤンキース1点リードで降板
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00010013-fullcount-base
ヤンキースの田中将大投手は8日(日本時間9日)、インディアンスとの地区シリーズ第3戦に先発し、
7回3安打無失点7奪三振1四球の快投でマウンドを降りた。
ヤンキースは敵地で連敗し、負けたら敗退という崖っぷちの状況で田中がマウンドへ。
序盤から相手先発カラスコとの投手戦となったが、ジャッジのホームランキャッチなども飛び出し、田中は得点を許さないまま降板。
ヤンキースは7回にバードが先制のソロ弾を放ち、田中に勝利投手の権利がついた。

992 名無し募集中。。。 :2017/10/10(火) 00:21:03
【MLB地区シリーズ】2017.10.9 田中将大 先発登板!投球全球 ヤンキース vs インディアンス戦 New York Yankees Masahiro Tanaka
https://www.youtube.com/watch?v=ZEI6YbmugV4
NY歓喜のタナカ・タイム。「こういうゲームで勝つためにここに来た」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171009-00010006-sportiva-base
【MLB】田中将大を救った超美技 怪物201cmの“ちょい跳び”本塁打キャッチに絶賛の嵐
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171009-00010010-theanswer-base
【MLB】チームを救ったヤンキース・田中、対戦相手からも称賛の声「つけ入る隙がなかった」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171009-00010005-baseballc-base
マー君絶賛!ジラルディ監督は「これ以上ない投球」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00023889-nksports-base

【MLB】前田健太の快投をメジャー最強守護神が絶賛「世界一には彼の力が必要なんだ」
今季41セーブの抑えジャンセン「彼は凄まじいね」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00010003-fullcount-base
【MLB】ロバーツ監督がゾッコン、前田健太のリリーフ適性「序盤は先発としか…」
6月の配置転換で見えた短いイニングでの球質アップ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00010036-fullcount-base

993 名無し募集中。。。 :2017/10/10(火) 18:01:38
【MLB】ダルビッシュ、6回途中1失点で降板 突如制球を乱し頭部死球を与え交代
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171010-00010003-baseballc-base

MLB=ダルビッシュと前田が好投、ドジャース勝ち抜け
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000059-reut-spo

994 名無し募集中。。。 :2017/10/11(水) 14:40:02
稲葉ジャパン、11・9宮崎で始動 代表メンバーは10月中旬発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000519-sanspo-base

<野球>韓国代表監督、アジアプロ野球チャンピオンシップ最終エントリー25人を発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000055-wow-spo

アジアCSの台湾代表メンバー発表 OAで巨人・陽岱鋼、ロッテ・陳冠宇の名前も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00134701-baseballk-base
<優勝賞金>
優 勝:2000万円
準優勝:500万円

<大会規定>
・公認野球規定に準じる
・全試合DH制を採用
・WBSC公認球(NPB統一球)を使用
・投手の投球制限なし
・9回終了後同点の場合はタイブレーカー制を採用
└ 10回の攻撃から無死一・二塁、継続打順で開始
└ 予選は12回までに決着がつかなければ引き分け
・先発投手は前日発表
・コールドなし
・参加資格:U-24(1993年1月1日以降生まれ)または入団3年目未満
└ オーバーエイジ枠3名まで

995 名無し募集中。。。 :2017/10/12(木) 13:10:14
イチローが今季探した代打の奥義。「今の自分は嫌いじゃないです」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171012-00829048-number-base

996 名無し募集中。。。 :2017/10/12(木) 15:12:02
稲葉ジャパン、出陣!アジアCSに挑む日本代表メンバー25名発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00134811-baseballk-base
【アジアプロ野球チャンピオンシップ2017】
<試合日程>
11/16(木)日本-韓国(予選)
11/17(金)韓国-チャイニーズ・タイペイ(予選)
11/18(土)チャイニーズ・タイペイ-日本(予選)
11/19(日)予選1位-予選2位(決勝)

侍ジャパンメンバー
<監督>
稲葉篤紀

<コーチ>
金子 誠(ヘッド兼打撃コーチ)
建山義紀(投手コーチ)
村田善則(バッテリーコーチ)
井端弘和(内野守備・走塁コーチ)
清水雅治(外野守備・走塁コーチ)

<投手>
13 山岡泰輔(オリックス)
16 又吉克樹(中日) ☆オーバーエイジ
18 多和田真三郎(西武)
19 山崎康晃(DeNA)
20 近藤大亮(オリックス)
21 今永昇太(DeNA)
23 薮田和樹(広島)
25 平井克典(西武)
30 石崎 剛(阪神)
34 堀 瑞輝(日本ハム)
90 田口麗斗(巨人)

<捕手>
10 近藤健介(日本ハム)
22 田村龍弘(ロッテ)
52 宇佐見真吾(巨人)
62 甲斐拓也(ソフトバンク) ☆オーバーエイジ

<内野手>
1 京田陽太(中日)
6 源田壮亮(西武)
7 外崎修汰(西武)
8 中村奨吾(ロッテ)
11 西川龍馬(広島)
12 松本 剛(日本ハム)
33 山川穂高(西武) ☆オーバーエイジ

<外野手>
9 オコエ瑠偉(楽天)
37 桑原将志(DeNA)
51 上林誠知(ソフトバンク)

997 名無し募集中。。。 :2017/10/12(木) 19:13:46
森川彩香、為近あんな、篠崎こころ、佐藤麗奈、金子理江、大貫彩香、稲村亜美
http://livedoor.blogimg.jp/gattchi0314/imgs/7/a/7abcfe50.jpg

998 名無し募集中。。。 :2017/10/15(日) 10:57:06
【元ロッテ・里崎智也に聞く】巨人の小林誠司と宇佐見真吾、“里崎監督”ならどちらを使う?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171013-00000010-baseballo-base

日本ハムルーキー・堀瑞輝が胸に刻む武田久の言葉
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00000084-spnannex-base

999 名無し募集中。。。 :2017/10/19(木) 14:40:55
【MLB】ダルビッシュは「神」 快投にファンから残留熱望論「今すぐ彼と来年契約して!」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171019-00010000-theanswer-base
【MLB】打者ダルビッシュ、歴史的“魂の押し出し”に絶賛の嵐「やってくれるぜ、ユウ」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00010006-theanswer-base
https://i.imgur.com/QJyFlTv.jpg

1000 名無し募集中。。。 :2017/10/19(木) 14:42:09
【MLBプレーオフ】打席でも貢献の女房役が田中将大の快投絶賛「速球の制球が素晴らしかった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00010011-fullcount-base
マー君快投 ヤ軍指揮官も称える「大事な試合で必要な投球をしてくれた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000095-spnannex-base
【MLBプレーオフ】田中将大、WS進出王手に導く快投 敵将脱帽、天敵を沈黙させた“変化”とは
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00010015-fullcount-base
https://i.imgur.com/lXG4gW7.jpg
http://p.pd.kzho.net/1508368674751.gif
http://p.pd.kzho.net/1508366913843.gif
http://p.pd.kzho.net/1508367028046.gif
http://p.pd.kzho.net/1508367173509.gif
http://p.pd.kzho.net/1508368894693.gif

【MLBプレーオフ】前田健太、また快投で4戦連続無失点 圧巻3者凡退でPSは12打者連続アウト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00010016-fullcount-base

>



■ したらば のおすすめアイテム ■

境界線上のホライゾン (Horizon on the Middle of Nowhere) 1 (初回限定版) [Blu-ray]


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa