したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

野球ファンがプロ野球を語るスレin新狼 1球目

837 名無し募集中。。。 :2017/05/20(土) 05:16:41
圧巻初セーブの上原浩治、“MLB史上最高”継続中「救援ではWHIP0.804」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00010022-fullcount-base
米スポーツ専門メディア「スポルティング・ニュース」のライアン・スペイダー記者は前日に、
上原が更新中の偉大な記録についてツイッターで紹介していた。

「カブスのコウジ・ウエハラはリリーバーとしてキャリア通算WHIPが0.804。
最低250回以上を登板しているリリーバーで、ベースボール史上最も低い数値だ」

WHIPとは投手の安定感を示す指標で、与四球と被安打を合算した数値を投球回で割ったもの。
つまり、1イニングあたり何人の走者を出したかを表す数値だ。
先発投手の場合、シーズンを通して1.00以下ならメジャーを代表する投手と評価される。
1シーズンのメジャー史上最高記録は2000年シーズンにペドロ・マルティネスが記録した0.737。
スペイダー記者は、圧倒的な制球力を誇る上原はキャリアを通して
メジャー史上で最も安定したクローザーだということをデータを提示して強調した。

カブス移籍当初にも、この凄まじいWHIPの数値は話題になっていた。
ESPNのジェイソン・スターク記者が「ケンリー・ジャンセン(ドジャース)はWHIP(0.89)で現役のリリーバーで2位。
誰が1位なのか? コウジ・ウエハラ(0.87)だ。300イニング以上で」とツイートし、
上原の素晴らしさを紹介したところ、ファンは次々に訂正を要求。
「ウエハラのWHIPはメジャー史上で1位。現役投手だけではない」
「コウジ・ウエハラはメジャー史上最高のWHIPを記録している」
などと、スターク氏の返信欄にはクレームが届く事態となっていた。

上原のWHIPは、先発を務めていたメジャー1年目の2009年を含めても、
キャリア通算0.867と450イニング以上を投げた投手でメジャー史上最高をキープしている。
そして、救援登板に限れば、この日の登板を含めるとスペイダー記者が紹介した数字よりさらに下がって0.802と圧巻の数字。
救援として通算350イニング以上を投げている投手では、2位のジャンセン(0.885)、
3位のクレイグ・キンブレル(レッドソックス、0.926)、4位のマリアノ・リベラ(元ヤンキース、0.973)と、
メジャー史に名を残すクローザーたちに“大差”をつけて1位となっている。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

マケン姫っ!フルカラー《極!!》

肌色率K点越えで解禁!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa