したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。 残念ながら投稿することができません。

野球ファンがプロ野球を語るスレin新狼 1球目

830 名無し募集中。。。 :2017/05/14(日) 12:48:28
【新亜細亜野球事情】台湾ラミゴの王柏融、移籍報道の裏にある台湾球界事情
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00000044-dal-base
先日、一部の日本メディアで、台湾プロ野球(CPBL)でプレーする王柏融(ワン・ポーロン)外野手の“移籍ネタ”が報じられた。
記事によれば、条件が整えば台湾球界を代表する彼がシーズン中の移籍もあり得るというもの。
Yahoo!ニュースのスポーツ部門ではトップにも上げられたほどだったから、日本の野球ファンにもそれなりの関心を引いたのだろう。
王柏融はラミゴ・モンキースに所属する、今年、プロ3年目の23歳。
ルーキーイヤーから抜群の打撃センスを発揮していたが、2年目の昨季、いきなりシーズン200安打を放ち、
打率・414、29本、105打点を残して俄然、注目される存在になった。
日本でも2月の侍ジャパン壮行試合(ヤフオクドーム)でCPBL選抜の3番に座り、
3打数1本塁打、3打点で顔見せ披露を果たしている。
(ちなみにこの壮行試合は台湾代表以外のメンバー構成だったのだが、
彼の存在のお陰かメジャースカウトの中にはこのCPBL選抜を台湾代表と思い込んでいた者も少なからずいた。
で、彼が代表から外れた理由は、以前に記しているので個々では略す)。
今季も32試合で打率・416、6本、29打点。首位を走るチームを牽引している。
そんなスラッガーの“移籍もあるぞ”という報道に、日本のファン以上に驚き、戸惑ったのは台湾メディアだった。
リーグの看板選手の話題だ。すぐさまリーグ幹部にも問い合わせ、報じた。
連盟幹部の話を総合すると「海外の野球界から関心を持たれることは選手としては名誉なこと」としたものの
「各球団の考えもある。海外移籍は現行ルール則って進めるべきもの」と、暗にシーズン中の移籍は有り得ないことを示唆した。
ただ台湾メディアの中には、通り一遍のコメントを真に受けていない人達もいる。
というのも今回の報道以前に、連盟サイドに間接的ながらもNPBのチーム関係者と称する者から
「CPBLでのポスティングの有無を問う連絡」があったためだ。
台湾にはポスティングシステムはない。海外への移籍規定は
「1軍での稼働日数が125日以上で、それを3年満たした場合」に、FA資格に準じる形で海外に進出できる。
王柏融は3年目だが新人イヤーは規定に達していない(ムリもない。台湾のドラフト会議は6月だからだ)。
つまりポスティングでもない限り、18年オフが彼の海外進出最短時期となるわけだ。
そして台湾メディアも、識者たちの意見も同じようだ。実際、3年というだけでも他国に比べれば圧倒的に短い。
さらにポスティングをという声も、これでは上がりにくい
(とはいえ絶対にポスティングが実現しないと言い切れないのも台湾。
球団経営はどこも苦しく、移籍による多額の補償金はいずこも欲しいに決まっているからだ)。

>



■ したらば のおすすめアイテム ■

ポケットモンスターホワイト2 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa