したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

馴れ初めを語ろう!

1 しあわせななしさん :2014/03/25(火) 12:50:42 ID:ZjdPg2ms
旦那様、奥様、彼氏彼女、その他あなたの持っている馴れ初めエピソードをここで語ってください!

2 しあわせななしさん :2014/03/25(火) 21:53:49 ID:GEvqHYXg
僭越ながら語らせて貰います。
長くてすみません。

去年の初秋から付き合い始めた私と彼は同い年の20代半ば。
同じ大学の出身で、たまたま必修の語学のクラスがおなじだった。
在学当時はそんなに親しくはなかったけれど、同じ専攻ということもあって連絡先交換したり、見かけたら立ち話くらいはしていた。
ただ、お互い当時は別に相手がいたし、この人とだけは付き合うことはないだろうって思うほど異性として見れなかった変わり者な彼。
大学卒業してから、数年後。
留年したりしばらくふらふらしてた彼がようやく就職したと聞いたので、お祝いに飲みに行こうかという話になった。
飲みに行ったら相変わらず変わり者な彼がいたけど、働き始めたからか、昔より落ち着きが生まれていて、楽しくのめた。
そこから2度目、3度目と飲みに行き、3度目の飲みに行った場所で、彼から告白。
想定外すぎて飲んでた酒を零して、挙句に動揺して飲み過ぎた。
答えは急がないし、しばらくは飲み友だちでいいって言ってくれたけれど、潰れた私の介抱具合にきゅんとして、初めて異性として見ることができて、朝帰りしたその日の夜に返事。

学生時代はこんなことになるとは全く思ってなかったし、人の縁って不思議だなと思いました。

3 しあわせななしさん :2014/03/25(火) 23:16:59 ID:G0dopURQ
>>2
確かに、人の縁って不思議。
人との縁はタイミングもあるんだろうなぁと思う。
>>2さんの話を見ていて、きっと来るべきしてきたタイミングが合ったんだろうなぁと
思った。
どんなにいい人でもタイミングが合わないと一緒にはいられなかったりもするし。
>>2さん縁を大事にお幸せに!

4 しあわせななしさん :2014/03/26(水) 01:48:55 ID:YkDJRnxY
スマホから投稿してみる

友人に誘われて行ったらでっかい人がいた。
友人が私とは別に声をかけていたカラオケの参加者だったその男性が、それから10ヶ月後に私の彼氏となる人だった。

出会った当時の彼には遠距離恋愛の彼女がおり、私も片思いの相手がいたためその場では「大きい人だなあ」としか思わなかった。
けど、友人を通じて何度もカラオケに行ったり飲み会をしたり、そのうち個人的に連絡先を交換し二人で遊ぶくらいに親しくなっていくにつれて、好感度が着々と上がっていっていた。
彼の方は彼女と別れ私は長い片思いに疲弊してきて、彼を意識

5 4 :2014/03/26(水) 02:08:58 ID:bFLrMk1o
途中で投稿してた

彼を意識するようになっていった。

しかし当の彼氏(予定)は私の長い片思い話を知っていたのもあり、私は全くの恋愛対象外だったw
彼の一人暮らしの部屋に上がってお酒を飲んで泊まっても全く見事に何も起こらなかったのである。
この宅飲みの時に私は「彼氏ほしい。付き合うなら彼くんがいい。彼くんの彼女にしてほしいなー」という際どい発言をぶちかましているのだが彼に「はいはい酔っ払い乙」な対応をされていた。
「これは全く本気にされていない」と悟った私、宅飲みの後日改めて爆弾を投下。

「あのさ、この間言った事、本気だから。迷惑じゃなかったら考えておいてくれない?」
「へっ!?(゚Д゚)」

動揺しているのはわかったけど、さすがにそんなに簡単に交際までは持って行けないだろうと思い、気長に待つつもりでいたら、その週の日曜日に彼から交際を申し込まれた。

付き合う時もいろいろgdgdになったり別れ話が何度も出たりいろんな事があったけど、婚約が成立して今度の土曜日に指輪を用意してプロポーズしてもらう予定になっている。
諸事情によりプロポーズが後なんておかしいことになっているけど何とかここまでこぎつけたww

今年の夏には彼の転勤に合わせて入籍、引っ越しを開始予定。不安もあるけど二人で幸せになる。

長文すみませんでした。

6 管理人★ :2014/03/26(水) 11:44:20 ID:???
>>2
私もきっかけは介抱されたことでした!!

前々から好意は持っていたのですがそこからどんどん話が進んでいって、
私も「まさか本当にこんなことになるとは」という感じでしたねー

7 4 :2014/03/29(土) 01:38:26 ID:VqRLzBDA
4と5に投稿した者ですが今日これから彼氏に会います!
朝日を見ながら指輪を渡しプロポーズ、というプランを彼氏本人から聞いているのでサプライズとか何それおいしいの?な状態ですが
彼氏が約束の待ち合わせ時間に遅刻というサプライズが発生しました
ちなみに指輪は一緒に百貨店に選びに行きオーダーし、出来上がって受け取った手提げ袋が彼の部屋にあることも確認済みですw
急遽できた空き時間に戸惑い思わず投稿してしまいました。

8 しあわせななしさん :2014/03/31(月) 20:36:03 ID:xpmnCn9.
スマホから投稿してみます。
初めての投稿のため改行等おかしいところがあるかもしれませんがよろしくお願いします

彼はサークルの先輩でした。最初はスーツ(就活中)のバレーボールがうまい先輩がいるなぁ位の感じだったのですが、よく同じバレーボールでチームになるようになり私がミスしまくるのをカバーしてもってるうちに仲良くなっていきました。私が仲の良かった1年女子グループと彼と仲のいい先輩グループで飲みに行くようにもなり、これなら2人で遊べるかもしれないと遊びに誘うことに。当日はすごく楽しかったのですがサークル内に元カノさんが2人いること、もうサークル内では付き合わないことを聞き撃沈しました。
それからも、仲のいいグループ付き合いは続きみんなで飲みに行くことに。友達に飲まされよっていた私は勢いで先輩付き合ってくださいよーと告白。その場では「はいはい。酔っ払い乙」な反応でしたがその日のうちに電話がかかってきて「あれ本気?」とのこと。あーダメかぁなんて思いながら本気ですよーと返事をしたところ少し待って欲しいと言われ待つこと2週間。電話がかかってきて「私ちゃんが引くくらい束縛しちゃうと思うし自分勝手だよ?それでもいい?」とオッケーをいただきました。
たしかに束縛強いしわがままなところもあるし社会人として不安いっぱいな彼だけど、いっぱい甘やかしてくれて可愛がってくれる大好きな彼です。束縛されても嫌じゃないのはきっと彼だからですね

長々と失礼しました

9 しあわせななしさん :2014/04/01(火) 21:17:32 ID:NNIihUDQ
スマホから。

彼氏との出会いは大学入学時。
>>4さんじゃないけど、第一印象は「でっかいなー 」(身長差30cm超)。
でも背の高い人は他にもごろごろいたから、正確には「でっかい人がいっぱいいるの中の一人」っていうぼんやりした印象だった。
私の人見知りが激しいせいで、同じ専攻にも関わらず数年間は顔見知り以上友人以下レベルの間柄。
彼氏のことは何ら意識してなかった。

3年生のとき、彼氏があるイベントの主催側で、私が行く旨を伝えたら「待ってるよ」ってメールが来た。
免疫のない私はそれだけでいきなり当てられた。
けど別の人に片思いしてたし正直付き合うまで忘れてたw

4年生のとき彼氏が「片思いの人がいる」ってのを聞いてちょっと傷付いた。
傷付いた自分にびっくりした。
けど別の人への片思いはまだ続いてて、正直付き合うまで(ry

その後彼氏と私は院に進学。
進学組は人数が少なかったから、同じ専修ってことで仲良くなった。
きっかけは先述のイベントだったんだろうけど、自分でも気付いてなかったくらいの好意を進学を期にいきなり自覚。
スポーツ好きな彼氏を観戦に誘ったり二人で宅飲みしたりで様子見(この間1ヶ月弱)、少なくとも脈なしではないと判断して告白。
進学でやっと友人レベルなのにその1ヶ月後にはカップルという急展開に周りも驚いてた。
私もいまだにあの時の自分の行動力に驚いている。

これは後日談だけど、告白したのは私だから付き合って「もらってる」みたいな負い目?を感じてた。
そしたら共通の友人が大学入学して間もない頃に「女子の中で付き合うなら誰?」って話題で彼氏が私を挙げてたという情報をリーク。
いつか来てほしい結婚に向けてそのネタでいじるのは我慢してる。

10 しあわせななしさん :2014/04/01(火) 22:55:52 ID:hRNLuY6M
>>8
束縛とかわがままとかいう性質の人って付き合っていくのにコツのようなものがあるような気がするけど、>>8さんはきっとうまくそれを見つけて円満に付き合っているんですね(´∀`)

同じスポーツしてたって共通点があるのも羨ましいな。
お幸せに!(*´∀`)

11 しあわせななしさん :2014/04/01(火) 22:57:53 ID:hRNLuY6M
>>9さんの彼氏さんの当時の片思いの相手って、もしかして>>9さん本人だったのかな?

12 しあわせななしさん :2014/04/02(水) 01:08:02 ID:0..tkOgg
>>11
9です。
付き合って間もない頃に聞いたら「すぐ気が変わるから誰のことだか覚えてない」と。
いくら移り気とはいっても、たかが1年前に自分の好きだった人のことを覚えてないなんて確実に嘘です。
その相手が私で恥ずかしくてごまかしたのかもしれないし、
私じゃない人で、せっかく付き合い始めたばかりのところに無駄に波風立てないように忘れたふりしたのかもしれません。
前者だったら嬉しいな。
でも既に数年経ってしまったので、もう本当に忘れてしまったかもw
長々と失礼しました。

13 しあわせななしさん :2014/04/03(木) 11:51:13 ID:7RB0F0IY
>>10
8です
私の彼の場合ですけど、共感してから意見を言うと割と聞いてくれます。後はもう惚れた弱みで年上なのにわがままとかが可愛くて仕方ないんですよね
スポーツは全然彼の方が得意ですけど一緒に体動かせるといいですよね(`・ω・´)

ありがとうございます

14 しあわせななしさん :2014/04/04(金) 22:27:39 ID:s4a6xNqQ
女性の素敵な話ばかりのところ、男目線の話で申し訳ないですが、勝手ながら書かせてもらいます。


バブル真っ只中だった頃に田舎者の俺が高卒でIT企業に就職し東京に出て来たはいいが、世間知らずな俺は都会者になったつもりで滑稽なまでに着飾って結局馴染めず2年後の転勤の話しで田舎に帰りたいと希望を言うと、田舎を通り越して関西へ移動(泣)
更に2年後の22歳の正月に、当時は自慢の左ハンドルの車で帰省したとき、偶然にも嫁(18)と出逢った。

その年の正月は兄も弟もスキーで忙しく実家に居らず、母は婦人会に出掛けて、夜に父と二人きりだったため、世間知らずな俺でもたまには親孝行をと父を誘って駅前の呑み屋に出掛けた。

父には駅前に行き着けの小料理屋があったそうだが、正月も三が日にやっているわけもなく、その近所にある始めて行くスナックの扉を開けた。

客の居ない小さなスナックにはママはじめ4人の女性がカウンターの中でお出迎え。飲食もそこそこに父がカラオケで歌い出すと、その上手さに俺も女性達もビックリで、その息子の俺も上手いはずと思われて歌わさせられたが、あまりにも平凡だった為に可哀想だからと若い嫁とデュエットさせてもらったものの、結果は嫁に慰められることに(涙)
そこからは歌うことなくw嫁と世間話をしていたのだが、なんと当時俺が住んでいた奈良に嫁も住んでいて、親戚(ママ)の家に遊びに来たついでに小遣い稼ぎに雇われママに付いて店に出ていたと。
その日はそれで店を出たが、翌日に父がまた飲みに行くぞと言い出して、同じ店に再度突撃。
昨日と同じ女性4人が待っていましたとお出迎え。どうやら父がまた来ると約束していたらしく、2日続けて貸し切り状態で父は気持ち良さげにマイクを放さないw

そんなこんなで何時奈良に帰るかなんて話しを嫁としていたら、なぜか俺が自慢の車で嫁を載せて帰ることになっていたw

正月休み最終日の朝に待ち合わせ場所に来た嫁は、店に居たときのような厚化粧をしておらず、スッピンに近い顔にはまだあどけなさの残る笑顔で、そのギャップに俺をドキリとさせた。
嫁を載せて約2時間半のドライブ中、嫁は途切れることなく話す話すw
口下手な俺にはそれが心地良くて、たぶんその時には嫁に惚れていたんだと思う。

昼過ぎには奈良県に入り嫁の家まで送ろうとしたら、嫁が俺の住んでいる部屋を見てみたいなどと言いだしたので、俺は狼狽しつつもベットしかないワンルームの狭く散らかった部屋へ誘い込んで(無理矢理ちゃうからw)、ベットに腰掛け色々と話しているうちにベットに転がってじゃれあって、いきなり俺は嫁にキスしたったw

自分でもよくいきなりキス出来たもんだと今でも思うが、嫁は驚いたものの何も言わないからもう一度キスして「好きだ」と言うと「そんなの卑怯や」と言って真っ赤な顔を掛け布団の中へ隠すように潜り込ませた。
それからお付き合いを始めたんやけど、後で嫁に聞いたところ、初めて会った時から『この人と結婚するかも』と感じていたそうです。

ドラマみたいな偶然の出逢いから嫁と結婚出来ましたが、もしかしたら『運命』というものが本当にあるのではと今は思っています。

書いていて思ったけど、客観的に描かないと恥ずかしくてたまりませんね(汗)
つたなく読みにくい乱文を最後まで読んで頂きありがとうございました。

15 しあわせななしさん :2014/04/04(金) 23:11:43 ID:MXHLNr/.
>>14
ロマンチック!!!
たまに聞くことがあるけど『この人と一緒になるかもしれない』って直感って実際あるものなんですね!
運命の出会いとかワクワクする!

16 しあわせななしさん :2014/04/05(土) 00:17:36 ID:RR/2PU1U
>>15
レスありがとうございます。
当時はロマンチックな出会いに酔ってた節も多々ありますが(^^;)どんな出会いであったとしても、いま思えば私は嫁に惹かれていたと、今だからかもしれませんが感じています。

17 しあわせななしさん :2014/04/05(土) 09:37:12 ID:2tdoe4no
彼女がバイト先に来る子だった。
ある日、帰りに送ることになって(徒歩で)、神社に寄って二人で星を見た。
その時になんかグッときて、思わずキス。
それから付き合うようになって、3年半、仲良くしてます。
このまま結婚までいけたらいいなぁ。

18 4 :2014/04/08(火) 05:12:45 ID:0MCWLp5.
馴れ初めと離れてきてしまっていますが、上の方で酔っ払いながら告白した後プロポーズ待ちの書き込みをした者です
まとめ採用されて嬉しかったのと、プロポーズのその後報告をしたくて来ました。

海で朝日を見ながらプロポーズという予定があいにくの曇り空で、ひたすら波が岩にぶつかって砕ける様子を観察して今の波は高かっただの低くて残念だの言い合っていましたww
朝日は見えなかったもののそれなりに楽しんだのですが、肝心のプロポーズは波を見ながらゴニョゴニョ彼氏が言って指輪を渡されて終了。
その後は水族館デートしたりと楽しんだんですが、あれぇ、プロポーズこれで終わり???と疑問が…(゚ω゚?)
やり直し要求をしましたww

指輪を受け取ってからマリッジブルーなのか精神的に不安定になって、彼氏に泣きながら不安を訴えることも多い私を抱きしめて
『○○がオレに言ってくれたやろ?一人で泣くなって。だから○○も一人で泣くな。オレがいるから、一緒に泣いてあげるからオレに頼っていいんだよ』
と言い
バラの花束を出して
『結婚しよう』と泣く私に再プロポーズ。
テンションが落ち込みすぎて私が反応できなかったのを見て、
『…また失敗しちゃった?(・∀・;)』
『何度でもプロポーズやり直すから言ったらええよ。不安になった時も受け止めるから大丈夫。大丈夫だから。』

ひどい喧嘩をして精神的にボロボロに傷付けられたりして時折苦しくなったり、平坦ではない道のりでしたが
私が彼に言った言葉が返ってきた事と
不安をぶちまけて泣いても見捨てず辛抱強く支えてくれる今の彼を見て
頑張って良かったと思うことができました。

これ以上は本当にスレ違いになるので書き込みを控えますが、彼と助け合って生きていけるように頑張ります。

19 しあわせななしさん :2014/04/10(木) 19:49:25 ID:hV6xV.gA
自分語り。

周囲には「友人の紹介」と言っているが、実は「結婚相談所」で知り合った。
年齢=彼氏いない歴だった20代半ば。悪あがきで入会。なぜそんな勢い(と金)があったのかは今となっては謎。
とにかくすったもんだの末に、彼と知り合い、相談所を退会した。
なにぶん人生初の彼氏だったので、どうして良いものか分からず右往左往していた。彼は人並みに恋愛経験のある人だったので、何をするにしても上手。手を繋ぐのも、遠出の約束をするのもスムーズ。私は常にアワアワ。
独りに慣れきっていた私は、時々面倒に感じることも。正直、高い入会金を払って手にいれた彼だったので、恋愛感情よりも惰性で付き合っていた。ような気がする。
交際2年、内1年は同棲して初めて知り合った3年目の記念日に入籍した。
この辺りのスケジュールは知り合った当初に話し合っていたので予定通り。

で、今年は結婚6年目。もう、、、旦那さんが好きすぎて、、どうしよう!交際期間中よりも今の方が大好きだー。どこでこんなに好きになったかはわからぬ!

以上。

20 しあわせななしさん :2014/04/22(火) 12:28:42 ID:p4Be8Dis
>>19さんへ

いいなぁいいなぁ。
好き過ぎてたまらないなんて素敵だなぁ。
きっとだんなさんにとても愛されてるからそう思えるんだよなぁ。
しかも人生初の彼氏と結婚なんて。

21 しあわせななしさん :2014/04/26(土) 21:57:20 ID:0aGzxdkU
思い出話。

友達と遊びそれなりに充実していたけど、彼女欲しいなあと思っていた。
そんなとき高校時代の先輩が「お前今、彼女いるんだっけ?」と。
その1か月後には先輩の彼女さんの友達と自分の4人で飲むことに。

初対面のはずなのに、お互い意気投合。
どちらもめちゃくちゃ緊張していたけれど、なんとなく感性があった。
飲み会の後にメアドを交換して、その日から毎日メールやり取り。
メールもお互い同じリズムでやりとりできて、初対面から翌月にはデート→
告白。メールでもだいぶ盛り上がっていたけれど、告白した時には「もう付き合っている」
と思った。嬉しいやら照れくさいやら。

しばらくお付き合いさせていただいたけれど、お互い思うところがあって今は
別れた。でも、ふっと運命的な出会いってあるんだなあと思う。今まで決して
会うことのなかった女性とお付き合いできたんだから、ご縁ていうのはあるんだなと
つくづく実感。

ハッピーエンドでなくて、ごめんなさい。

22 しあわせななしさん :2014/05/07(水) 12:07:33 ID:5xo.YwmM
初です。スマホから。

当時彼は職場の上司でした。
私から好きになり、去年の夏私から告白。
「他に好きな娘がいる」であっさりNG。
ショックだったし、色んなストレスが重なって体重が5kg以上落ちる始末。
それでも気持ちが消えなくて、ずっと好きでいました。
辛かったけど、彼の前では極力普通に振舞うようにしましたた。ベタベタせず、ツンツンせず、なるべくにこやかに。
年が明けた位から、急に空気が変わった気がしました。二人でご飯食べたり、出かけたりするように。
そして今年の春、突然の異動が決まった彼から出た言葉。
「移動が決まって真っ先に思ったのが、私子と離れて寂しいってことだった。すぐに遠距離になっちゃうけど、それでも良かったら俺と付き合ってください。」
嬉しかった。本当に嬉しかった。
一時期、文字通り泣いて過ごして来たけど、その想いが報われた気持ちでした。
まだまだ付き合い始めだけど、今は仲良くやってます。

好きな人に振られて傷付いている人も、どうか絶望的にはならないで欲しいです。
私が今回学んだのは、好きな人に異性として好かれていない場合は、まず人として好きになって貰う事が大切という事でした。
もちろん人それぞれだから、ダメな事もあるかもしれません。
だけど一度振られたから絶対ダメなんて事は無いと思います。
失恋は本当に辛いから、少しでも前向きになれますように。

ちなみに片想い中この「幸せが歩いてきた」を見付けて、沢山の勇気と幸せな気持ちを分けて貰ってました。

後半少し脱線してしまいました。
長々と失礼しました。

23 しあわせななしさん :2014/05/09(金) 12:32:47 ID:g0aqmZu6
>>22さん

よかったですね!
これから沢山2人で幸せの時間を共有して
もっと幸せ♪な報告楽しみにしてます!!

24 22 :2014/05/12(月) 22:04:29 ID:GhdZ1zgA
>>23さん

レスありがとうございます!
気付くのが遅くてすみません。
これから先、どんな風にすれば彼が幸せを感じてくれるのか、またここで皆さんから沢山学ばせてもらいますね。
またいつか別のご報告が出来るように頑張ります♪

25 しあわせななしさん :2014/05/15(木) 22:17:31 ID:Iaev7HMM
スマホから失礼します。

付き合って、3年半ほどになるわたしたちですが、
きっかけは成人式でした。

小学校の同級生でしたが、
中学から離れていたので
正直あまり脳内にもいない状態でした。笑

さて、成人式の数ヶ月前、
たまたま大学に行く電車が一緒になりました。

その時お互い恋人がおらず
わたしは前の彼氏と別れたばかりで
もう彼氏はしばらくいらないと思っていて
彼は好きな人がいてアプローチ中。
当然お互いの事は意識せず。
ただその時賭けをしました。
成人式までにわたしに恋人ができていたらわたしの負け。
彼に恋人ができていたら彼の勝ち。
勝った方が何かおごってもらえるというもので、
お互いが勝ったらどうするのか分からないような賭けでした。

そして成人式。
結果は私の勝ちでした。

数日後には遊びに行くことになり、
なんとその日に付き合うことに!
(若気の至りというか、、笑)

お互いの苗字が珍しい形で似ていることなど、
なんとなく運命的に思えたこともあるかもしれません。

遊んだ日に付き合うなんて、
正直チャラいんじゃないかと疑いましたが、
2ヶ月後には学生なのに両親に挨拶に来てくれて
今ではお互いの家に行き来する公認の仲です。
あと数年でまた別の報告もできるかなーと思いつつ
かきこしてみました。

26 しあわせななしさん :2014/05/21(水) 23:07:56 ID:vLLgmdrw
sageてしまって
さみしいことになってしまったから
コッソリあげ。

27 しあわせななしさん :2014/08/05(火) 21:39:55 ID:0gmuVGTY
初めて出会ったのは、8年前 当時23歳の私はメイド喫茶でアルバイトしていました。

アニメ ネットゲームなど、当時同棲していた彼氏の影響で大好きになって メイド喫茶にも興味津々で、面接受けたら受かったので 毎日楽しくバイトしてました。

お店には、いわるゆオタクーな感じのお客様か うおー!メイドー、萌ー!みたいなチャラいお客様が多かったんですが、ある日スーツをパリッと着こなした、黒髪のわたし的に『ド・ストライク』なお客様が
来店されました。

その人はいつも 昼間に来てコーヒーだけ飲んで 15分くらいで帰って行く、メイドさんとも会話をしようとしない人で、ホントに何が楽しくてメイド喫茶に来てるんだ??って感じだったけど 私は顔が見れるとキュンキュン♡なって あまり話しかけれなかったけど、来店が待ち遠しくなってました。

とはいっても、私には同棲している彼氏もいるので ほんと憧れ みたいな感じでした。

ある日 同じメイドさんの仲良しの友達に 『私、すっごい気になってるご主人様がいるんだー、もちろん何にも無いんだけど、見てるだけでドキドキして楽しい』と言ったら、
その子が また別の日に、そのお客様が来た時に『○○ちゃん、あなたの事 気になってるらしいですよー、カッコイイ!ドキドキするって言ってました』と その人に言ってくれたみたいなんです。

そしたら、後日 たまたまホールにメイドも私だけで お客様もその人だけって時があって、帰るときに 『ご主人様行ってらっしゃいませ』ってお見送りするんですけど、その時に『よかったら、今度ご飯でも行きませんか』と名刺をコッソリ渡してくれました。
その時の衝撃と嬉しさとドキドキは今でもハッキリ覚えています(*´∀`*)

その後は、デート二回目の時に 実は同棲している彼氏がいます、ハッキリ言って、長いだけの惰性で一緒にいて、浮気もされてて、すぐ別れて貴方の所に行きたいです、いいですか?
と正直に伝えました。
そしたら、その方は 待ってるね、新しいマンション借りる保証人がいないなら、俺がなってあげるし、引っ越しのお手伝いもするよ、
と言ってくれました。。

その彼氏とは 揉めることなく別れられて、無事私は新しいマンションに引っ越せました、 そしてその日から、その彼も私の家にいました(笑)まぁ 私が帰らないで、って引き止めちゃったからなんですけど(^_^;)

二年後 付き合った記念日でプロポーズを受け すっごく嬉しくて号泣しちゃいました。

今は結婚もうすぐ6年目、娘と旦那さんを取り合う毎日です。

優しくて、便りになって、ちゃんと稼いでくれて、家族思いで、カッコよくて、私にはこれ以上素敵な人はいない、毎日大好き大好きーー♡♡ってしがみついてます^^;

28 しあわせななしさん :2014/08/06(水) 08:39:29 ID:BPGOFJ3Q
>>27さん
なんて素敵な馴れ初め!
朝から心拍数が急上昇です!

私も旦那スキーなので、読んでいて旦那に飛びつきたくなりました。
あぁ、早く帰ってこないかなぁ!

29 27 :2014/08/06(水) 20:11:52 ID:9QvU8how
ありがとうございます(*^_^*)

実は、親とか友達には メイド喫茶で出会った、とはなんだか恥ずかしくて言えなくて、嘘をついてしまってるのです。なので 馴れ初め誰かに聞いてほしいなーーと思って。

30 しあわせななしさん :2014/10/17(金) 21:25:03 ID:7v0inQ0Q
なんだか人少なくてちょっと寂しいですね。
自分語りさせてください。


お互い「あー、なんかそんな人おるねー」って状態のわりに、関わることがないまま1年。
茶髪で金のメッシュ、ワックスで常にツンツンしてて、目つきが悪いから怖い人なんだと思ってた。

ふとした拍子で同じ仕事(大学内の学園祭とか作る委員会に入ってた)に携わることになり、「あれ?なんか意外と面白くていい人じゃん」と印象が変わる。

その頃、私には付き合ってた人がいたけど、あんまり会えなくなってすれ違うことが多くなっていた。

そんな中迎えた学園祭1日目。あいにくの雨で気温が一気に下がって、ガタガタ震えながら合羽に傘で裏方仕事に励む。またひょんなことから一緒の仕事を担当することになり、そのまま一緒にエンディング鑑賞。
あまりにも話が盛り上がって、本当に楽しくて
「こんな人が彼氏だったらなぁ…」
と思いつつ二日目。

また雨で、合羽に傘をさして1人仕事をしてると
「お疲れ」と差し出された「ほっとれもん」。

どーーんと背中を押されて、ガラガラっと恋に落ちた気がした。

その後運良く?当時の彼氏に振られ、ただただ今彼を落とすことに躍起になる私。
毎日毎日メールして、遊びに行かない?ご飯行かない?と誘って、クリスマスの雰囲気に飲まれるように告白→おつきあい開始。

「気があるのは分かってたけど、どう反応したらいいかわかんなくて…」と話す彼氏と、「あの頃はどうかしてたのさ…」と遠い目な私。
彼氏がいるのに好きになっちゃって、たまたま振られて…ってなんか人によっては眉をしかめる話かもしれないけど、こういうのが人の縁なんだな、と思います。

料理は好きだけど掃除が苦手な私のために、ガス台を磨いてピカピカにしてくれる(夜中1時)、本当に自慢の彼氏です(^^)

31 しあわせななしさん :2017/03/31(金) 10:25:22 ID:cjQ/LIgQ
超過疎ってるから俺の求愛エピソードを密かに投下してみる。

当時自分は地方公務員になったばかりのピカピカルーキーでございまして、彼女いない歴=年齢だったこともあってここで頑張って出会い見つけちゃる!と鼻息が荒かったのですよ。
んで、早速配属された課で指導役の先輩に扱かれつつもあっちこっち動いていたらふと運命の人に――なんてことはなく、ほぼ彼氏持ちか左手薬指に指輪をはめてる方ばっかでした。
最初の三ヶ月は馬車馬どころか闘牛の如く猛烈に頑張りましたが、フリーな女性がいないと分かると首をがっくし落として、彼女とのデート用に貯めてた資金で同期と焼き鳥を貪っていましたね。
ダチとくだらない話で盛り上がりながら、このまま独身貴族も悪くはないかなぁ、と思いながら働いてた矢先。すんげぇ美人さんに出会いました。

いや、マジで超ドストライクでした。
冷たい目線。短く切り揃えられた御髪。カツカツと無機質に歩める足。

多分その時の自分はめっさ気持ち悪い顔をしていたでしょうね。
先輩に聞いたところ、不定期的に雇っている臨時職員の方だそうです。
しかも彼氏はいらっしゃらず、未婚だとか。
これはアタックするしかないな、と考えていたところ「やめとけ」と先輩に止められました。

聞くところによると、何でも酷い人間不信に陥っているのだとか。数年前はかなりの男性不信だったらしいのですが、それでも付き合っている男性のおかげで立ち直りかけていたそうです。
しかし婚約し迎えた目出度い結婚日当日、男は彼女の姉と駆け落ちしたそうです。

32 しあわせななしさん :2017/03/31(金) 10:51:12 ID:cjQ/LIgQ
そしてそれ以来、彼女は人間不信になり一時は親すら疑念の目で見ていたとか。
今でこそ昔からの親しい人間なら信じられるものの、悪意善意問わず寄ってくる人間は須く警戒し、付き合おうと声を掛けてくる男にはかぐや姫ばりの無理難題を振って袖にしてきたそうです。

で、まぁそれがブレーキになったかというと答えは否。むしろ何が何でも信用を勝ち取って傍にいちゃると燃え上がっていました。今から振り返ってみるとストーカー一歩手前の馬鹿ですね。
そして終業後アタックしました。
その時彼女からは「キミが持っているあらゆる鍵のスペアと、スイカの履歴を一週間おきにくれる?それと携帯にGPSを取り付けて、確認したとき電源切れてたら即お別れでもいいっていうならいいよ」とのお言葉を賜りました。
そこで何をトチ狂ったのか自分、次の日にお題条件を飲み込む旨と一緒に覚えているだけでも「預金の通帳及びキャッシュカード、印鑑、パスポート、自宅用パソコンの垢名とパスワードを書いた紙」を渡していました。
でもやはり信用は勝ち取れなかったようで「無理言っちゃってゴメンね、そういうのはダメになっちゃったんだ」とお断りされました。

が、お詫びにとメルアドの交換をさせてもらいました。橋頭堡の確保です。

そしてCメールで他愛のない話で盛り上がりつつ、偶然を装って寄った嫁さんのご実家。
酒粕付けの魚6尾ほどを引っさげてインターホンを押すと、お父さんが出てきました。
最初こそつれなく応対されましたが、娘さんの仕事仲間であることと好物の酒粕付けを見せるとコロリと態度を変えられて家に上げてくれた上、お茶まで出してくれました。
魚の力マジパないです。

33 しあわせななしさん :2017/03/31(金) 11:14:57 ID:cjQ/LIgQ
奇遇なことにお父さんとは同じく好む趣味があったため、話が盛り上がるのにそう時間は掛かりませんでした。
しかし奇遇なことに、その時彼女が帰ってきました。これはマジで把握してなかったのでホント焦りました。
帰られて対面した最初こそ疑念のまなざしで見られましたが、お父さんが笑いながら「いい趣味してる仲間がいるなぁ」と談笑したことを話されたので何とか逸れました。
でも長居は迷惑になるし警戒されると判断した自分はそこで切り上げ、いそいそと帰路につきました。浸透作戦開始です。

こうして何かみやげ物に持って行っては献上し談笑しと繰り返し、迎えた冬。
ある日いつものように趣味の話で盛り上がっていると、お茶を差し入れてくださったお母さんから予定がないならクリスマスイヴで一緒に食事しないかとお誘いがありました。
チャンスと思って食いついたはいいものの、後日それを知った嫁さんからめっちゃキツい詰問を食らいました。

ここで隠したり嘘をついたら不味いと判断した自分はお父さんと盛り上がるのも楽しいが、貴女と一緒にいたいという下心もあった。すまないと謝りました。
そしたら彼女、
「……何でそんなしつこいの?結婚詐欺にしたって私そんなお金持ってないよ」
と軽蔑するような眼差しで聞いてきました。ゾクゾクしました。

正直に一目ぼれだと答え、「以前にも言ったけど貴女が望むなら何だって差し出す、だから一緒に居させて」と言った所彼女は逡巡し、
「ホントに実行するよ?」
「もちろんもちろん」
「嘘だったら即お別れ、復縁とか無しだからね?」
「むしろその時は慰謝料払います、文書に残したっていいです」
といった確認を経て、ならOKと交際の許可を下さいました。

34 しあわせななしさん :2017/03/31(金) 11:41:40 ID:cjQ/LIgQ
クリスマスイヴの日、いつものケンタッキーではなく肉屋で買ったローストビーフを引っさげて彼女のご実家に行った所、ご両親が満面の笑みで迎えてくれました。
もしかして、と上げられた席で隣の彼女に目を向けると、はにかんだ笑みを向けられました。
観念して挨拶をしようとしたところお父さんが遮って「分かっているよ、むしろキミみたいな人が付いてくれて安心だ」と仰ってくれました。

そこから大晦日に正月にと事あるごとに彼女の実家に入り浸り、休日は彼女と寛いだり映画を見に行ったりと普遍的だけど幸せな恋人ライフを送っていました。
でもやはり前彼のことが心に深く残っているのでしょうか、時々親父から電話が入ると「今の、どちら様?」と聞いてきたり、不意に自分の仮家に乱入して部屋やゴミ箱を漁ったりしていましたね。無論、その時は携帯を渡して確かめさせましたし、ゴミ箱からはイカくさいちり紙しか出ないことを証明して見せた後背中をさすってやりましたが。
まぁそうこうしていく内に彼女のガードは下がり、そういったチェックもごくたまにしかなくなった頃。親父から「おめぇ随分と世話になってんだ、もうそろそろ婿に行っちまえ」と背中を押していただき、玉砕の心持ちでプロポーズさせていただきました。
交際を始めたクリスマスイヴからまだ一年とちょっとしか経ってなかったのでダメだろうなぁ、と思っていた上、ベタに片ひざ付いて指輪を渡したときガチ泣きされたのであぁ、終わった……と最初は絶望しましたね。
ところがその直後はい、と返事を耳にすると瞬く間に意識が回復しまして、嬉しさのあまり抱きつきました。

そしてしばらくの段取りを経てどこの馬の骨とも知れぬ女と駆け落ちなんぞせずに式を挙げ、今はめでたく夫婦として毎日をイチャイチャ過ごしております。ハイ。

35 しあわせななしさん :2019/01/05(土) 15:53:20 ID:1WwWiep.
先日、彼女と結婚の話を進めることになったので、4年半を振り返りながら、板汚しにカキコ。


先にスペック。

僕・・・33歳、中国在住、運送屋
彼女・・・23歳、関東在住、看護助手

出会ったのは、仕事先の先輩が家を引っ越すため、空き家になるからと
その家に住まわせてもらい始めて、今の会社に就職して一年が経った頃
当時、僕28歳・彼女18歳ww

出会いはいろいろあったけど、なかなか相手にされにくい人間だったため、発展することもなく
ふと思い立って登録した、某出会い系SNSで出会ったのが、彼女。
もともと、妹願望が強かったので、自分より年齢下の子をいろいろブッキングしてたら、たまたまヒットして
18歳なんて、とダメ元で声をかけたら、返事が来た。
聞けば、僕の住む所から3時間くらいのところにある、製糸会社の製造に携わっているらしい
それが、その年のお盆前だったかな・・・

そこから、週替わりで日勤と夜勤が交互にあった彼女と、話をするのが
いつのまにか日課になってた。

いつの間にか、ラインも交換して、お互い仕事が終わったらとりとめのない話をして
この頃、お互い初めて自分の写真を交換した。
彼女が送ってきたのは、高卒で就職するときに、新しいリクルートスーツを買って、
それを着た時に、記念に撮った写真らしい。
第一印象は、、、なれない服装に緊張しているのか
真新しいスーツにクリクリの大きな目で、これまたクリクリのおかっぱ頭。
少し笑ってしまったのは、彼女には秘密。

秋ぐらいになって、どちらからともなく、一回会ってみたいという話になり
僕が職業柄、9月10月とバタバタするため、11月に会おうということになった。

この頃には、ラインだけしか交換してないのに、もう僕はすでに惚れ込んでいたと思う。

ある時、何かのきっかけでふと、若くして持病が悪化して亡くなった双子の後輩の話を彼女にしたら
思いがけない返事が返ってきた。
「私も、持病があるの」と。
それはなにかと問いかけると、難しい病名だという。
医療モノのドラマはそれなりにみていたので、その先を促すと、ようやく答えてくれた
「ファロー四微症」
先天性の心臓の病気で、幼少期に手術で治すものだということしか知らない僕には衝撃だった。

でも、逆に、彼女を守りたいという思いもこの時すでにできた気がする。

この頃には、彼女の年相応の、妹キャラもなんとなく板についてきたし
実際、初めて会った時もはじめましてよりも、胸元に抱き寄せた記憶があるww

初めて会って、僕の地元の飲み屋で夕飯。
もちろん彼女は未成年だということで、お酒は一滴も飲ませてないけど
夜の街を少しぶらぶらして、翌日。
彼女の帰り道にある水族館に行ったりして、別れ際。
どちらからともなく、付き合おうかということになり、この日は終わった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

クズの本懐(7) (ビッグガンガンコミックス) - 横槍 メンゴ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板