したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

アリサとの日常(プリコネのすがた)

8 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/07/01(水) 00:59:24 ID:JsOXV1vI
アリサ「えへへ、いろいろ見て回るのも楽しいね」

アリサ「あちこち足を延ばした方が、ロザリアも見つかるかもしれないし」

アリサ「次はこっちに……あっ」

アリサ「わぁ……良い雰囲気のお店」

アリサ「……うん、ちょうど喉も乾いた気がするし」

アリサ「ちょっと休憩して、お茶していこっか?」

アリサ「……」

アリサ「…………」

アリサ「……えと」

アリサ「意外と、というか。なんというか、こういうキャンペーンもやってるお店、なんだね」

アリサ「カップル席、なんて」

アリサ「……喫茶店なら、宣伝になるから、そういうのも大切、なのかな」

アリサ「ドリンクは一つだけ。お茶菓子はお互いの好みの味だけ聞いておいて、わざと逆に渡して」

アリサ「こ、これ、そのまま交換しちゃだめ、だよね」

アリサ「……あっ、店員さ」

アリサ「え? 一緒に飲むとサービス……?」

アリサ「じゃあ、はい。わかりま……あれ?」

アリサ「……あは、は。……仕方ない、よね」

アリサ「あんまり見ないでね? 恥ずかしいから。……あ、でも見つめ合った方が、いいのかな」

アリサ「んっ」

アリサ「……ちゅー」

アリサ「……! ……おいひ」

アリサ「……んく」

アリサ「……」

アリサ「ふぅ」

アリサ「とっても甘くて、おいしい。……でも、あなたが近くて、冷たいのにどんどん熱くなっちゃう」

アリサ「はう」

アリサ「……もう一口」

アリサ「…………あっ、お菓子も食べなきゃ、ね」

アリサ「うん、そういう決まりだから」

アリサ「……はい、あーん」

アリサ「ん、おいしい?」

アリサ「じゃあ、その」

アリサ「あー、ん」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板