したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

コノハズク博士「セックスとは……んっ……何なのでしょうか?」

1 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/21(火) 08:56:39 ID:3AMVD/62
コノハズク「こんなものが……んっ……気持ちいいとは思えないのです」
ワシミミズク「そうですよ……あっ……全然、よくない、のです」
コノハズク「こんな、行為に……んっ……意味があるとは」
ワシミミズク「思え、ない……んっ……の、です」

コノハズク「……」
ワシミミズク「……」
コノハズク「も、もう、終わりなのですか?」
ワシミミズク「お、お代わりを求めるのです! こんなのでは満足しません!」
コノハズク「そ、そうなのです!」

108 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 10:48:12 ID:umNlUzHI
コノハズク「……これも、『おちんちん』なのです?」
ワシミミズク「我々はオスくらいにしか『おちんちん』はないと思うのです。この人間が言ってることは嘘だと思うのです」
コノハズク「だ、騙してるのです? ……本当だから仕方がないのです?」
ワシミミズク「何だか怪しいのです。でも、賢い私にも反論材料がないので、反論できないのです」

コノハズク「――仮定として進めるのです」コホン
コノハズク「つまり、『おまんこ』の上にある『おちんちん』を弄ってもらうことで余計に快楽が増すということなのです」
コノハズク「そして、湿った所に、この人間の『おちんちん』が入ってくるということなのです」
ワシミミズク「さすが博士なのです! 分かりやすいのです!」
コノハズク「私は賢いので。……だから、何で笑うのです?」
ワシミミズク「きっと、博士にヤキモチを焼いてるのです。賢い博士に」
コノハズク「そういうことならしょうがないのです。笑うのです」

コノハズク「……そ、それじゃ、始めるのです」
コノハズク「い、弄るのです」
コノハズク「……ど、どうしてずっと見ているのです?」
コノハズク「ず、ずっと見られてると……それはそれで恥ずかしいのです」カァァ
コノハズク「……『しかん』、というのです?」
ワシミミズク「ま、また賢くなったのです」
コノハズク「と、とにかく! 『しかん』は恥ずかしいのです!」
コノハズク「もう、弄るのです! さあ早く!」

109 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 10:48:32 ID:umNlUzHI
コノハズク「……んっ」ピクッ
コノハズク「い、いいの、です? この『おちんちん』を弄られると、こうやって濡れて……」
コノハズク「んっ……い、色々あって、人間の『おちんちん』が入ってくるのです」
ワシミミズク「な、なるほどなのです」
コノハズク「ひぅっ!?」ビクン
ワシミミズク「は、博士!?」
コノハズク「な、何をしてるのです!? ……む、剥いた?」
コノハズク「も、元に戻すの、です……あっ……い、弄っちゃダメなの、です」ビクビク
ワシミミズク「……」
ワシミミズク(博士がいつもよりずっと気持ちよさそうなのです……)
ワシミミズク(わ、私も、興奮? してきてしまったのです)クチュッ

コノハズク「んんっ!」
コノハズク「……ま、満足したのです?」
コノハズク「そうしたなら、早く入れるのです……も、もう、疲れたのです」
ワシミミズク「疲れても解説してくれる博士は、さすがなのです」
コノハズク「……助手、顔赤いのです?」
ワシミミズク「そ、そんなことは!?」カァァ

――

コノハズク「……んっ!」
コノハズク「い、いい、のです……? 『おちんちん』が『おまんこ』、に」
コノハズク「あっ……入、って、奥、まで」カァァ
コノハズク「あっ、んっ……」ビクビク
ワシミミズク「……んっ」クチュッ
コノハズク「じょ、助手!? ちゃ、ちゃんと……ひぅっ……聞く、のです」ビクン

コノハズク「んんっ!」
コノハズク「……と、とても疲れたのです」
ワシミミズク「……わ、私も、なのです」

110 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 10:48:51 ID:umNlUzHI
コノハズク「さあ。とぼけるのはやめるのです」
コノハズク「本当はからかっているのでしょう? 『おちんちん』や『おまんこ』と言うことで、あなたはなぜ笑うのです?」
ワシミミズク「あと、この私たちにもある『おちんちん』は何だか嘘くさいのです。私は賢いので、なんとなく分かるのです」

コノハズク「……」
ワシミミズク「……い、『陰茎』。『膣』。『陰核』」
コノハズク「ま、まったく違うのです! どうして我々に、そんな間違ったことを教えていたのですか!」カァァ
ワシミミズク「で、でも、博士。私、『陰茎』とか『膣』とか使う気になれないのです……」
コノハズク「……そ、それは」

コノハズク「と、とにかく! お仕置きなのです!」
コノハズク「罰として……今日はつかれたので、添い寝してもらうのです」ギュッ
ワシミミズク「私もなのです……」ギュッ

111 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 10:51:11 ID:umNlUzHI
セックスが終わったら添い寝しようね
そしたらいつも一緒だもんねえ

これからもからかわれ続けるかもしれないのです
この人間は意地悪なので

112 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 10:53:10 ID:4ADES56.
ヌッ!

113 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 13:17:08 ID:umNlUzHI
http://imgur.com/s70DLo0.jpg
いいイメージ画像があったから載せておくのです
この人間は変態なので

114 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 13:21:03 ID:2nnBw50I
おーぷん=糞!クソ!
おーぷん運営=糞!クソ!
おーぷん削除人=死ね!

115 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 23:07:19 ID:umNlUzHI
コノハズク「……遅いのです」
ワシミミズク「あの人間は、いつになったら帰ってくるのでしょうか……?」
コノハズク「私たちを喜ばせるために、と言って出ていってから随分と時間が経ったのです」
ワシミミズク「一体、何をしているのでしょうか」

コノハズク「……そろそろ、疲れたのです」
ワシミミズク「何だか、あの人間がここに来てから我々は弱くなった気がするのですが、気のせいでしょうか?」
コノハズク「あの人間は、私たちの力を吸い取る魔法を持っているのです。そうに違いないのです」
ワシミミズク「さすが博士なのです! そうだと思うのです!」
コノハズク「我々は賢いので、正体に気づいた以上はもう手加減しないのです」
コノハズク「自分の欲求は自分で処理して、これ以上あの人間を調子に乗らせないのです」
ワシミミズク「そうするのです!」

コノハズク「……んっ」クチュッ
ワシミミズク「あっ……こ、ここ、なのです」クチュッ
コノハズク「助手。ここを剥いてみるといいのです……」
ワシミミズク「ひぅっ!? は、博士ぇ……」ビクン
コノハズク「これでいいのです……あっ……もう」
ワシミミズク「我々は賢い、ので……んっ……あの人間が、いなくても」

116 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 23:07:37 ID:umNlUzHI
コノハズク「んんっ!」
ワシミミズク「んんっ!」
コノハズク「……」
ワシミミズク「……欲求、紛れたのです?」
コノハズク「そ、そうなのです」
ワシミミズク「……博士。実は私、まだ何かが足りない気がするのです」
コノハズク「き、気のせいなのです! 気の迷いなのです!」

ワシミミズク「あっ。帰ってきたのです」
コノハズク「……!」
ワシミミズク「あ、あれ? 博士?」

ギュッ

コノハズク「……か、勘違いしないでほしいのです」
コノハズク「た、ただ。あなたが襲われたりしたら、賢い我々は『寂しい』と感じてしまうと思うので」
コノハズク「……な、何で頭を撫でるのですか!」カァァ

ワシミミズク「……博士をここまで悲しませたのは許せないのです」
ワシミミズク「さあ。ここに来るのです」
ワシミミズク「博士。入れてもらうのです」
コノハズク「じょ、助手! わ、私は別に――」

117 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 23:07:57 ID:umNlUzHI

――

コノハズク「んっ……そ、そこ、はぁ」
ワシミミズク「だ、ダメ、なのです……!」

コノハズク「んんっ!」
ワシミミズク「んんっ!」
コノハズク「……」
コノハズク「じょ、助手の言った通りかもしれないのです」
ワシミミズク「はい。何だか満足したのです」
コノハズク「わ、我々は賢いので、思ったことは認めるのです」
ワシミミズク「……博士、さっきは認めてなかったような」
コノハズク「じょ、助手!」カァァ

コノハズク「――喜ばせるものとは何なのです?」
ワシミミズク「カレー作りの材料、なのです?」
コノハズク「今度は『スパイス』を効かせる、って……スパイスって何なのです?」
ワシミミズク「……辛くしておいしくするためなのです?」
コノハズク「……」

ギュッ

コノハズク「さ、寂しがらせた罰に、私たちに抱きつかれたまま作るのです」カァァ
ワシミミズク「そ、そうなのです」カァァ

118 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 23:14:55 ID:umNlUzHI
もうとっくの昔に恋煩いしちゃってるよぉ…
(リクエストの質の高さに)おっぱげた…

賢い博士はちょっと素直じゃないと助手は思うのです

119 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 23:24:55 ID:dL/nbbt2
あぁ^〜

120 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 23:27:23 ID:JnYjWjQ6
興奮した

121 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 23:57:30 ID:umNlUzHI
コノハズク「……ゴホッ!」
ワシミミズク「は、博士。大丈夫なのです?」
コノハズク「大丈夫、なのです……ゴホッ……これ、くらい」
ワシミミズク「こういう時はどうしたら……って、あれ? これはなんなのです?」
ワシミミズク「『お粥』……? そういえば、あの本に書いてあったような……」
コノハズク「……な、何だか、匂いが漂ってきたのです」
コノハズク「それ、美味しいのです……?」
ワシミミズク「……博士が少し元気そうになってきたのです」ホッ

コノハズク「……でも、私は起きられないのです」
コノハズク「ゴホッ……何だか頭がボンヤリするのです」
ワシミミズク「は、博士! ……あなた、何とかできないのです?」
ワシミミズク「え? 『あーん』ってすればいいのですか?」
コノハズク「『あーん』……? ど、どういう意味なのです?」

コノハズク「……口を開ければいいのです?」
コノハズク「あ、あーん……あっ!」
ワシミミズク「なるほど、そういうことだったのですね……」
コノハズク「……な、何だか恥ずかしいのです」カァァ
コノハズク「『フーフー』してからじゃないとやけどするのです? ……フーフー?」
コノハズク「ああ、冷ましてくれるのですね。……フーフー」
ワシミミズク「……博士、可愛いのです」
コノハズク「じょ、助手!」カァァ

122 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 23:57:46 ID:umNlUzHI
コノハズク「……はむっ」パクッ
コノハズク「……何だか味が薄いのです」
コノハズク「そういうものなのです? ……な、治ったら、またカレーを食べたいのです」
ワシミミズク「私もなのです。博士、まずは治すのです」
コノハズク「……」モジモジ
コノハズク「あ、あの――」

コノハズク「『キス』はダメかもしれませんが……お、おでこ、冷やしてくれないのです?」カァァ
コノハズク「さ、触ってくれるだけでいいのです」
ワシミミズク「……」
ワシミミズク(いつもより博士が素直な気がするのです……)

123 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 00:08:20 ID:XlDqoP9U
コノハズク「……治った気がするのです」
ワシミミズク「それは良かったのです!」
コノハズク「……あ、あなたはしばらく入っちゃダメなのです」
コノハズク「は、恥ずかしいのです……感謝はしてるのです」カァァ
ワシミミズク「……」ナデナデ
コノハズク「じょ、助手! 何をしてるのです!?」
ワシミミズク「いえ。あの人間の代わりに私が撫でて差し上げようかと思ったのです」
ワシミミズク「後で、博士が照れなくなったら、今度はあの人間に撫でてもらうといいと思うのです」
コノハズク「……そ、そうするのです」

コノハズク「と、とにかく! 笑わないで出ていってほしいのです!」
コノハズク「これから助手に身体を拭いてもらうのです」
コノハズク「……今更、裸なんて見慣れてる? あ、あなたという人は……!」カァァ

124 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 00:09:36 ID:XlDqoP9U
たまにはほのぼのもいいと思ったのです
いつもセックスしてばかりだと考えが上手くまとまらなくなってしまうのです
この二人は賢いので

リクエストを待つのです
自分は賢くないので

125 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 00:15:20 ID:ZTAhSZxQ
リクエスト採用の嬉しさにやば…やば…たまんないね…
博士の可愛さに狂いそう…!

126 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 00:40:48 ID:XlDqoP9U
コノハズク「……『背面座位』?」
ワシミミズク「この人間、またろくでもないこと言ってる気がするのです……」
コノハズク「何だか嫌な予感がするのです。……あと、何で前に鏡を置いてるのです?」
ワシミミズク「……博士、先にどうぞなのです」
コノハズク「じょ、助手! ……わ、分かったのです」
コノハズク「……ワクワクしてる? そ、そんなことないのです!」

コノハズク「――まずは服を脱ぐのです?」
コノハズク「わ、分かったのです」ヌギヌギ
コノハズク「……それで、あなたの膝の上に座るのです?」
コノハズク「こ、これじゃ……鏡に私の姿が写るのでは?」カァァ
コノハズク「ま、まさか、それが狙いじゃ――!?」

ワシミミズク「……」ジーッ
コノハズク「じょ、助手! か、鏡を見ちゃダメなのです!」カァァ
ワシミミズク「いえ。……鏡に写る博士も新鮮なのです」
コノハズク「そ、それは……きゃっ!?」
コノハズク「な、なんで『おまんこ』を広げるのです!? ……んっ」ピクッ
ワシミミズク「わわっ……」カァァ
コノハズク「こ、こんなの恥ずかしすぎるのです! 下ろすのです!」ジタバタ
コノハズク「……お、下りられないのです。抱きしめちゃダメなのです」

コノハズク「そんなに抱きしめられたら――おりたくなくなってしまうのです」カァァ

127 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 00:41:06 ID:XlDqoP9U
コノハズク「……こ、このまま、するのです?」
コノハズク「は、恥ずかしいのです……でも」
コノハズク「もう、いいのです。分かったのです」

コノハズク「賢い私は――どんなことも経験だと知っているのです」

――

コノハズク「……んっ!」ピクッ
コノハズク「は、はいってるところが……ひぅっ……み、見えちゃう、のです」カァァ
ワシミミズク「……」ドキドキ
コノハズク「じょ、助手も……あっ……そ、そんなにみた、ら」
ワシミミズク「入ってるところ……凄く、その、エッチなのです」カァァ
コノハズク「い、言ったらダメ……んっ……なの、です」

コノハズク「んんっ!」
コノハズク「……い、いつもより早く『イっ』てしまったのです」
コノハズク「これも、こんなことを考えたあなたのせいなのです!」
コノハズク「責任を取って……そ、その」モジモジ

コノハズク「……ご飯、作るのです」ギュッ
ワシミミズク「……」クチュッ
ワシミミズク「あ、あの! 次は、私も――」
ワシミミズク「もちろん? ……お、お願いするのです」カァァ

128 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 00:42:46 ID:XlDqoP9U
ヤバ、ヤバ……(書いてても博士と助手が可愛すぎて)わかんないね……

多分、今はここまでだと思うのです
おかわりはまた今度かもしれないのです
リクエストをお待ちしているのです
自分は賢くないのでそこまでいい小ネタは考えつかないのです

129 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 01:04:46 ID:Z6qoRV.2
(クオリティに)ブルッちゃうよぉ…

130 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 02:27:30 ID:gaf2Sb06
やばいよぉ!(興奮)感じちゃう^〜
ほのぼのとのギャップを引き立てる意味も込めて
なのです口調が崩壊するほど攻め立てて欲しい

131 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 02:37:12 ID:ZTAhSZxQ
朝起こしに行ったら朝勃ちに遭遇するシチュエーションお願いします…(欲求不満)

132 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 05:55:52 ID:XlDqoP9U
コノハズク「……んっ」パチッ
ワシミミズク「……」スースー
コノハズク「……目が覚めてしまったのです」
コノハズク「まったく。あの人間のせいで夜に寝るようになってしまったのです。……あれ?」

コノハズク「……いない?」
コノハズク「……」

コノハズク(います、よね……?)
コノハズク(私の考えすぎであってほしいのです。というより、そうとしか思えないのです)
コノハズク(いきなり、どこかへ行くことなんてあるわけないのです……)

ズキッ

コノハズク「……!」

――博士はあまり素直じゃないと思うのです

コノハズク(……素直?)
コノハズク(素直とは……なんなのです?)

133 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 05:57:33 ID:XlDqoP9U
コノハズク「――あっ!」
コノハズク「い、一体、なにをしてるのです? いきなり、ベッドから出ていって」
コノハズク「何だか抱きついてる感じがなくなって寂しかったのです。温かくなくなってたのです」
コノハズク「だ、だから――」

ギュッ

コノハズク「……!」
コノハズク「な、何で、いきなり抱きつくのです……?」
コノハズク「……へ?」

コノハズク「珍しく素直だから――って! そ、そんなことないのです!」カァァ


コノハズク「……それで、何をしてたのです?」
コノハズク「……私たちに飲み物を作ってた?」
コノハズク「た、たしかにいい匂いが……」

コノハズク「……そ、それじゃ、一旦戻るのです」
コノハズク「そろそろ助手にも起きてもらって、みんなで飲むのです」ギュッ

134 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 05:58:27 ID:XlDqoP9U
別に媚薬が入ってたりとかはないのです
この人間、妙なところで空気を読むのです

たまにはほのぼのするのもいいと思うのです

135 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 08:19:12 ID:j5g8XCWE
あぁ^〜

136 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 09:19:06 ID:XlDqoP9U
次はポリネシアンセックスの予定なのです
賢くないので調べたから書くのです

137 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 09:20:01 ID:XlDqoP9U
分かりやすい風に教えてくれる人がいたら
博士たちは尊敬すると思うのです
間違いなく

138 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 15:45:38 ID:XlDqoP9U
リクエスト募集なのです

じゅるり

我々は賢いので何も無くても書けるのですが
この人間は賢くないので何も書けないのです

じゅるり

次はポリネシアンセックスの予定らしいのです
予定が変わったら思い切り叩いてください
我々も協力するので

139 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 16:11:36 ID:XlDqoP9U
なんかこれ…(すべて)ダメだな……
リクエストは本当に最高傑作ですが自分が賢くないから答えられそうにないのです
お前ほんと(思い浮かべてた)やり方、きったねぇ!

答えられる範囲で答えるのです
この人間は賢くないので

140 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 16:27:17 ID:XlDqoP9U
コノハズク「……んっ」
ワシミミズク「わ、私たちにしてるこの人間、なにものなのですか?」
コノハズク「そ、それは……んぅっ……お、終わってから、するのです」
ワシミミズク「……」

ワシミミズク「さて。査定審問なのです」
コノハズク「……あ、あなたは、したことの罪を悔いるのです!」
ワシミミズク「……博士。本当にそれでいいのですか?」
コノハズク「……!」

コノハズク「わ、私は……あなたとキスすることも大丈夫なのです!」カァァ
コノハズク「だ、だから……これからも、頼むのです」

ワシミミズク「……」
ワシミミズク「私も、お願いするのです!」

141 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 16:41:39 ID:XlDqoP9U
(お前ら)よがってもご褒美はないんだぞ?
やば…やば…わかんないね

残りのリクエストは答えるのです
自分はともかく、博士たちは賢いので

リクエスト、あれば募集するのです
我々は無から一は答えられないので
お願いするのです

142 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 19:41:47 ID:jyqwao5M
SS兄貴本当にありがとう

143 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/27(月) 20:46:28 ID:wxw2NtDI
鳥類なんだし口移ししてほしいなって思うな

144 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/29(水) 08:00:54 ID:jiJLYbgg
※最終話の一部シーンのネタバレ注意




コノハズク「我々の賢さがよく分かったと思うのです」
ワシミミズク「我々はパークの主なのです」
コノハズク「ああ、他のフレンズを率いてる時の我々は輝いていたのです……」
ワシミミズク「まるで主役みたいだったのです」

コノハズク「――というわけで、もっと私たちを褒めるのです」
ワシミミズク「あの光景、あなたも見ていたのでしょう? 撫でるといいのです」
コノハズク「……ん」ナデナデ
ワシミミズク「……褒められてる気がするのです、が」ナデナデ
コノハズク「何だか、子ども扱いされてる気がして、やっぱり落ち着かないのです……」

コノハズク「……え?」
コノハズク「それじゃ子どもじゃ出来ないことをするか? ……そ、それは、つまり?」カァァ
ワシミミズク「博士、先を譲るのです。あなたも博士に優しくするのです」
コノハズク「じょ、助手! 私は別に!」

コノハズク「――んっ!」ビクッ
コノハズク「入って……あっ……きて、るので、す」
ワシミミズク「……」
ワシミミズク「つ、次は私の番なのです。忘れないでほしいのです」モジモジ

コノハズク「――結局、主導権を握られたままだったのです」
ワシミミズク「我々はパークの主なのです。あなたとは違うのです」
コノハズク「……笑うのをやめるのです。やっぱり、子ども扱いしてるのです」プイッ
コノハズク「……」チラッ

コノハズク「――ば、罰として!」
コノハズク「そ、添い寝を希望するのです……」カァァ
ワシミミズク「……では、私もなのです」

145 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/29(水) 08:10:11 ID:NxYCPjrU
博士たちかわかっこよかったよもう本当に・・・
かばんの中に入れて持ち運びたいくらいだよ・・・

146 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/29(水) 09:10:15 ID:qwVJ0N8A
>>145
はい
https://pbs.twimg.com/media/C01Xlz_UoAA7RiC.jpg

147 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/29(水) 19:04:23 ID:jiJLYbgg
コノハズク「口移し、というものをしてやるのです」
ワシミミズク「……博士。それはどういう行為なのですか?」
コノハズク「……わ、私の口から、あの人間の口にものを移すという行為なのです」
ワシミミズク「なるほど。……き、聞いているだけで赤くなる行為なのです」カァl
コノハズク「じょ、助手! 照れないでほしいのです!」カァァ

コノハズク「それでは、口移しをするのです」
コノハズク「……な、何がいいのです?」
コノハズク「なんでもいい、って……そ、そういうのが困るのです!」

ワシミミズク「博士。こういう時は、博士とこの人間の共通の好みを出せばどちらも得だと思うのです」
コノハズク「な、なるほど……コホン」
コノハズク「好きなものはなんなのです?」
コノハズク「……!」
コノハズク「わ、私が好き、って……そ、そういうのはダメなのです!」カァァ
ワシミミズク(……何だか、半ば思ってたような返しになったのです)

148 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/29(水) 19:10:05 ID:jiJLYbgg
コノハズク「……んっ」
コノハズク「ふぉ、ふぉふぇふぇ……ふぃふぃふぇふふぁ?(こ、これで……いいですか?)」
コノハズク「……!」ビクッ

ワシミミズク「……博士。ナイスアイデアだったのです」
コノハズク「こ、この人間は変態すぎるのです!」
コノハズク「私だったらなんでもいいって……そ、それじゃ」
ワシミミズク「『ディープキス』したくもなるのです」
コノハズク「そうなのです! 『ディープキス』もしたく……じょ、助手!」カァァ

ワシミミズク「……博士に、色々教えてあげてほしいのです」ヒソヒソ
ワシミミズク「博士、私に比べて素直じゃないのです。ですから、色んな楽しみを知らないままなのです」ヒソヒソ
ワシミミズク「ですから……私ともども、お願いしたいのです」

コノハズク「じょ、助手! 私に聞こえないように何か話してたのです!」カァァ
ワシミミズク「聞き間違いなのです、博士。それより、この人間を負かすために知識をためにいくのです」
コノハズク「……はっ! そ、そうなのです!」
コノハズク「そ、そこで待っているのです! 我々は、あなたよりずっと賢いのです!」
ワシミミズク「……」

ワシミミズク(――「お前」呼ばわりしない時点で、きっと)

コノハズク「な、なぜ、笑うのです!」

ワシミミズク(博士も、そして私も……この人間を、認めてしまっているのです)

149 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/29(水) 19:15:33 ID:jiJLYbgg
口移し編でした
出会いの話とか書いたほうがいいんですかね…?

150 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/29(水) 19:21:31 ID:a8yBDjOM
出会いの話見たいっすね

151 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/29(水) 21:50:12 ID:w6Bta/cg
本編が終わって寂しいからもっと書いてくれやオラァン
出会いも興味深いですね

152 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/30(木) 23:19:19 ID:kwf.z2gE
コノハズク「賢い我々は新しい方策を考え出したのです!」
ワシミミズク「博士が乗り気なので、あなたも付き合うのです」
コノハズク「じょ、助手! ……ともかく」

コノハズク「はむっ」
コノハズク「今、私は口の中に、あなたの好物のみかんを入れたのです」
コノハズク「ですが、私は賢いので、これがあんまり身体に良くないことは知っているのです」
コノハズク「というわけで……最近、覚えた『口移し』という方法であなたに渡すのです。感謝するのです」
ワシミミズク「……口をモゴモゴさせて喋る博士は可愛らしいのです」
コノハズク「そ、そんなことはないのです!」カァァ

コノハズク「……か、顔、近づけるのです」
コノハズク「……」
コノハズク「い、一気に入れるのです。歯、当たらないようにするのです」
ワシミミズク「博士。舌を入れるといいらしいのです」
コノハズク「……い、今までしたとはいえ、恥ずかしいのです」カァァ
ワシミミズク「そうしないと……博士も、この人間も怪我をしてしまうかもしれないのです」
コノハズク「そ、それは。……嫌、なのです」

コノハズク「……目、つぶるのです」
コノハズク「舌、入れるのです。しょうがないのです」
コノハズク「あなたも――」

コノハズク「私に、応えるのです――」

153 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/30(木) 23:19:34 ID:kwf.z2gE

――

コノハズク「……」カァァ
ワシミミズク「……と、とても過激なキスだったのです」
コノハズク「じょ、助手! 言っちゃダメなのです!」
コノハズク「あ、あなたも何故、舌を入れるだけでなく奥まで突っ込んでくるのですか!」
コノハズク「うう……し、しばらく、感触が残りそうなのです」

ワシミミズク「……コホン」
ワシミミズク「さて――次は、私なのです」
ワシミミズク「博士でしっかり試したので、失敗は許さないのです」
コノハズク「……助手。本来なら、そういう趣旨なら助手が先だったのでは?」
ワシミミズク「いえ。博士が先にしたそうにソワソワしてたもので」
コノハズク「そ、そんなこと! ……ない、と思うの、です」カァァ

154 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/30(木) 23:37:23 ID:kwf.z2gE
このSS、妙に助手が博士より立場が上のような気がするのです
これではコノハ博士の立場がちょっとないような気がするのです
でも、助手より博士の方が何だか子どもっぽいからしょうがないとも思うのです
自分は正直なので

(リクエストが)食い込んで気持ちいい!

155 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/30(木) 23:41:14 ID:B6hEfHp2
えっちでね
昨日なんか
漏れてたんだよ?

156 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/30(木) 23:51:27 ID:rHMH09ew
声の感じが博士の方が子供っぽいから
その感覚はすごくわかりますね
やられてしまいました、まさかこんなに(可愛さ)感じるとは…

157 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/30(木) 23:51:53 ID:pBOCbmC6
助手が割といつも余裕なんで乱れさせてえなあ…


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

エロまんが編集者Aki (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)

「失敗の無い仕事も、失敗のない人生もない」

「大丈夫」

「それを乗り越えて、人は大きく育っていくんだ」

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


read.cgi 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa