したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

でもお前ら大宮勇に手コキされながら

1 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/02/18(土) 02:26:38 ID:0ENSBgCo
射精するのを必死に我慢してるところに「あら? もう出ちゃうの……早漏ね」なんて囁かれたら
ドでかい一発かますでしょ?

82 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/02/25(土) 21:55:49 ID:/7AOI/Kg

――

アリス「……何かイサミの部屋から音がしない?」
忍「そうですね……何かあったんでしょうか?」
忍「でも、聞き耳を立てたりするのはダメですし、私たちも部屋に戻りましょうか」
アリス「そうだね。イサミ、大丈夫かな……」

――

勇「……そ、それじゃねっ」ピッ
勇「……」
勇(声、ガマンできなかった……)カァァ

83 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/02/25(土) 21:57:01 ID:/7AOI/Kg
一旦ここまでかも
とりあえずの方向性が決まった感があるので、このまま一応のおしまいまで続けたいと思います
「(エロい描写がないのは)違うだろ?」と思ったので出来る限り書きたいですね

84 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/02/26(日) 04:37:06 ID:nNA3Lgf2
もう終わってた!
毎日乙シャス!

85 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/02(木) 03:50:29 ID:KT/TI7v2
勇「……え? 公式、間違ってる?」
勇「あっ、ホント……はぁ。これじゃ、志望校には遠いわね」
勇「モデル辞めるとしたら、AOとか使えなくなっちゃうし……ああ、遅れを取り戻さないと」

勇「……あっ」コツン
勇「ご、ごめんなさい。手、当たっちゃったわね」
勇「……」

勇「ね、ねぇ?」
勇「勉強、ちょっと疲れちゃったし……その」モジモジ
勇「し、しない……?」カァァ

勇「――んっ!」
勇「そ、そこ、は……だ、ダメ、よ」
勇「感じちゃって、困る、でしょ……?」
勇「ひぅっ……あっ。そ、その、上の方は舐めちゃ――」

勇「んんっ!」ビクンッ
勇「……つ、疲れたわね」
勇「ね? 抱きついていい?」
勇「……うん、よしっ。充電、完了」ギュッ

勇「……ダメね」
勇「学校のカップルだって、この時期の行為は自重してるのに……」
勇「わ、私たちの場合は、寸止めだから余計にキツいわね……」

勇「……ね?」
勇「私、もう……辞める方に気持ちが行っちゃってるわ」
勇「それで、本当にいいのかしら……?」

86 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/02(木) 03:50:56 ID:KT/TI7v2
勇「――私の選んだ道なら応援する?」
勇「……ありがとね」
勇「あなたのそういう言葉で、私がどれだけ救われてるか……分からないでしょうね」クスッ

勇「……トップモデルの夢」
勇「その夢、今も捨てきれてないけど……それでも」

勇「――その夢よりも大事な夢が、見つかっちゃったのかも、ね」
勇「え? 何かって? ……分かってるくせに」

勇「……浮気しちゃ、ダメよ?」
勇「そうしたら、手と足と口で思い切り責めちゃうからね?」
勇「それでそれで……」カァァ
勇「こ、ここまでっ!」

勇「……シャワー、浴びましょうか」
勇「……」
勇「考えてみたら、シャワーでにおいを落としても、もうきっとお母さんにはバレてるのよね」
勇「でも、それでもいいかな」

勇「もしもの時は――責任、取ってくれるんでしょ?」ニコッ

87 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/02(木) 03:51:46 ID:KT/TI7v2
なんやかんやで終盤だと思います
番外編みたいなあれこれは未定です
もはや完全にイチャラブ(たまにSな勇姉)になりましたけど、いいのやら……

88 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/02(木) 05:47:37 ID:eKIBBomU
ああ^〜

89 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/02(木) 06:07:25 ID:CkpLNEt2
ヌッ!

90 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/02(木) 12:34:25 ID:cY2BjLVk
好きに書けばいいと思うゾ

91 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/02(木) 13:47:13 ID:5S32R726
ホワピカって知ってるか?
芸能人とかも使って流行ってるんだが
かなり白い歯になるし、口臭いのも治ったぞ!

92 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 00:48:20 ID:BxBcmn7U
勇「……」ズーン
湊「勇ー、模試の結果は……って、聞かないほうがいい?」
勇「た、大したことないわよ。大丈夫」
湊「ふーん……やっぱり、撮影が大変だったり?」
勇「……」
湊「勇?」
勇「あっ。そ、そうね。やっぱり撮影も影響してるのね、きっと」
湊「そっかー……やっぱり大変だね」
勇「……」

湊「……あっ。模試、どうだった?」
勇「!」
湊「どれどれ……うわ、凄い。この大学でA判定とか、なかなか出ないんじゃ」
湊「凄いねー」
勇「は、早く向こう行って! 私、ちょっと湊と話すことあるんだから!」
湊「ちょっ、勇!? ……って、あれ?」
湊「何だか今……あの男子、ちょっぴり笑ってた?」
勇「……!」カァァ

93 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 00:48:51 ID:BxBcmn7U

――

勇「――五分」
勇「いい? 五分よ? 途中で出したら、容赦しないからね?」
勇「もし出しちゃったら、その時は……えっと」
勇「こ、これからは、靴下履いたまましてあげない、から……」

勇「……べ、別に慌ててないわよ」
勇「模試の結果も、湊にあなたが笑ってるのがバレたことも、なんにも」
勇「ふーん……A判定だったのね。それで、私がムキになってるの分かってて笑ってたのね」
勇「イジワルねぇ……ってくらいにしか思ってないんだから。だから――」

勇「――!」
勇「……もう」
勇「どうして突然キスしてくるのかしら……もう」カァァ
勇「あーあ。また、糸引いてる……激しすぎよ」

勇「……んっ」ピトッ
勇「それじゃ、本番。五分ね?」
勇「しっかり耐えてね? 色んなあれこれ、全部ぶつけちゃうんだから」
勇「手で上から下に擦るだけだから。五分くらい余裕よね?」
勇「……え? あなたが耐えたら、言うこと聞いてほしいって?」
勇「要件によるけど、何を――」

勇「……!」
勇「な、何でそれを今……?」
勇「これが終わったら勉強するから? ……だ、だからって、もう」カァァ
勇「――い、いい、わよ」

勇「それじゃ……しっかり、耐えてね?」

94 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 00:49:25 ID:BxBcmn7U
勇「あっ……手、熱い……」
勇「何で……んっ……擦ってる私、が」
勇「こんなに……興奮、して――」

勇「んっ!」
勇「……きっちり五分。あーあ、これで罰は無しね」
勇「……いいわよ。あなたのお願い、聞いてあげる」

勇「大学受験が終わったら」
勇「――本番、しましょう?」

勇「……い、言っちゃった」カァァ
勇「も、もう! そんなこと言われなくても覚悟してたのに!」
勇「改めて言われると……もう、壊れそうになるじゃないの」

勇「……モデル活動のこと、まだお母さんとあなたにしかちゃんと言ってないの」
勇「湊にも、妹たちにも……心の準備ができてなくて」
勇「いつか言わないといけないけど――」

95 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 00:50:03 ID:BxBcmn7U
勇「そうしたら」
勇「あなたとの関係……公言しても、いいのかしら?」ギュッ

勇「……もう」
勇「抱きつき返されたら……勉強、できないじゃない」ギュッ
勇「……泣いてるかって? うん、ちょっぴり」
勇「愛着があるのは本当で。それでも、迷いながら出した答えを信じられるのかも不安で」
勇「でも――」

勇「あなたがいれば」
勇「きっと、その『答え』を信じて進んでいけると思って……それが嬉しい、から」

勇「……さて!」
勇「ほら、シャワー浴びましょう? ……きょ、今日は二回戦みたいなこと無しよ」
勇「しっかり勉強しないと! ほら、模試の復習! 手伝ってくれるわよね?」
勇「……そんなに嬉しそうな顔、しないでよ。私まで嬉しくなっちゃうでしょ?」

96 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 01:15:00 ID:BxBcmn7U

――

勇「た、ただいま……」フラフラ
忍「お、お姉ちゃん!? 大丈夫ですか!?」
アリス「イサミ、大丈夫!?」
勇「あ、ああ、大丈夫よ……ありがとう」
忍「そんなに受験、大変なんですか……?」
アリス「うう……怖くなってきたよ」
勇「い、いや、その……えっと」

忍母「まぁまぁ、二人とも。勇も疲れてるみたいだし、ゆっくりさせてあげましょう?」
忍母「お風呂、沸かしてあるけど……どうする?」
勇「あ、ありがと。その前に、お茶欲しいかな」
忍母「……そう。分かったわ」

忍母「忍、アリスちゃん。ちょっと席を外してくれる?」
忍母「勇、進路相談で込み入った話になりそうだから」
忍「あっ、わ、分かりました!」
アリス「イサミ、無理しちゃダメだよ?」

97 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 01:15:32 ID:BxBcmn7U
忍母「……ホントは、お風呂に入る必要ないでしょ?」
勇「……もう、バレちゃってる?」
忍母「まぁ、ね。もう、シャワーとか浴びてきたんでしょ?」
勇「……」
忍母「……まぁ、勇が決めたことなら私は応援するわ」
忍母「勇の選んだ相手なら――間違いはないでしょうし」
勇「……もう、そこまでバレちゃってるんだ」

忍母「いずれ、相手のご両親にも挨拶しないとね」
勇「いや……彼のご両親、出張中とかでいないのよ」
忍母「あっ、そうなのね。……でも、それじゃ歯止めがききにくいんじゃない?」
勇「……だからといって、この家に彼を迎えるわけにもいかないし」
忍母「まぁ、それもそうだけど」

忍母「でも、勇。真面目な話」
忍母「相手の勉強の邪魔をしたり、足手まといになったらダメよ?」
勇「……分かってる。分かってるんだけど」
忍母「そこはもう、あなたたち若者の理性に期待するしかないんだからね?」
勇「……が、頑張る、から」

忍母「――ところで、勇? 今日、模試の結果が帰ってきたでしょう?」
勇「……」ピクッ
忍母「見せてちょうだい」
勇「……い、今まで放任主義っぽかったのに」
忍母「相手の子のためにも申し訳ないんだから。少しは厳しく言わせてもらうからね?」
勇「……い、一応、結果発表された後、彼と勉強したから」
忍母「ふーん……勉強だけの疲れじゃなさそうだけど?」
勇「お、お母さん!」カァァ

忍母「――何にせよ」
忍母「応援してるのは、本当なんだからね?」
勇「……」

勇「あ、ありがと」

98 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 01:16:43 ID:BxBcmn7U
一旦ここまで
申し訳程度のS描写
なお、すぐに陥落する模様

ゴール地点らしいものも明示したので後は突っ走りたいと思います

99 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 01:25:14 ID:SgXIHCyE
ヌッ!

100 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 01:25:37 ID:0B6P0Drw
お前の更新を待ってたんだよ!

101 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 13:35:29 ID:BxBcmn7U
勇「……はぁ。疲れた」
勇「あっ。ご飯、作ってくれてたの? ありがとね」
勇「はい、食事代。……モデルやめたら、こういう代金ってどうすればいいのかしら?」
勇「え? 決まってる?」

勇「――!」
勇「……け、結婚、って」カァァ
勇「あ、あなたね……た、ただでさえ疲れてる所に追い打ちは――あっ、おいしそう! いただきます」
勇「……」
勇「た、単純で悪かったわね」プイッ

勇「……と、とにかく! まだ、モデル辞めるって公言はしてないから」
勇「うちのお母さんとか、あなたくらいにしかしてない話なのよ? 一応、それっぽいことにおわせてるけど」
勇「こういう駆け引きも大事なのよ。先輩たちを見てるとね」

勇「……トップモデルの夢」
勇「諦めるって、何だかアレだけど……まぁ」

勇「あなたの作る料理を美味しく食べられる『夢』の方が」
勇「ずっと大きいかも、ね」クスッ

勇「……」
勇「い、今の忘れて?」カァァ
勇「いくらなんでも恥ずかしすぎるから……」

102 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 13:35:47 ID:BxBcmn7U

――

勇「……んっ」
勇「……はぁ。また、糸引いちゃってる」
勇「あなた、キスがいつまでも深すぎるのよ。もう」
勇「え? 私も同じって……そ、そんなことは」
勇「ない、わよ。きっと」

勇「……膝枕、してくれる?」
勇「少し……そうね。30分くらい経ったら、起こしてくれる?」
勇「そうしたら、少しでも勉強したい、から……」

勇「……気を遣わせてごめんね」
勇「ホントなら、この時間もあなたは勉強したいでしょ?」
勇「……私のためならいい? あ、あなたは、もう」

勇「て、照れて眠れなくなっちゃったわ。罰として」
勇「あ、頭……撫でてくれる?」

勇「……」
勇「…………気持ちよすぎて、一時間以上寝ちゃいそうなんだけど?」カァァ

103 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 13:48:31 ID:BxBcmn7U
勇「――30分ね!」
勇「さあ、勉強するわよ! これから家に帰るまでの一時間ちょっとでもしないとするとでは大違いだものね」
勇「早速、参考書を……って、あら?」

勇「な、何であなたが寝てるの!」
勇「……疲れた? そ、そうよね」
勇「考えてみたら勉強して、ご飯まで作ってくれてるんだものね……」
勇「……え、えっと」

勇「きょ、今日はもう……帰った方がいい、かしら?」
勇「……離れるのが寂しい、って。もう」
勇「それは、私も一緒よ――」

――

勇「……んっ」
勇「だ、だから……どうして……あっ……そこ」
勇「舐めて……ひぅっ……くる、の?」

勇「い、いい、けど……」
勇「今日は……んっ……とく、べつ」

勇「……ずっと、一緒」

104 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 13:48:50 ID:BxBcmn7U
勇「んんっ!」ビクッ
勇「……」
勇「……胸といい、下の方といい、やりたい放題だったわね」
勇「余計に疲れちゃったじゃない。……でも」

勇「いいわ、別に」
勇「今日は恩返しでお仕置きとかもなし。……一緒に寝る?」クスッ

勇「……」
勇「…………って、これじゃダメじゃない!」
勇「早く帰らないと! 家族にバレちゃう……って。ああ、そっか」
勇「考えてみたら、お母さんにはもうバレてたのね。妹たちはともかく」

勇「……ね、ねぇ?」
勇「今から家に電話するわ。そうしたらお風呂に入ってから……そ、その」

勇「――近くで、添い寝してくれる?」カァァ
勇「……そ、そんなに嬉しそうな顔しないでよ。もう」
勇「照れるじゃない。……ありがと」

105 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 13:58:02 ID:BxBcmn7U
勇「……た、ただいま」モジモジ
忍「あっ、お帰りなさいお姉ちゃん!」
アリス「イサミ、お帰り! 寂しかったよー」
勇「忍、アリス……ごめんね。友達の家で過ごしてたら、時間が経っちゃってて」
忍母「お疲れ様、勇」
勇「お、お母さん……」カァァ
忍「お姉ちゃん、熱ですか?」
アリス「イサミ、大丈夫?」
勇「な、何でもないわ。うん」
忍母「ふふっ」クスッ

――

勇「……まぁ、その。昨日はごめんなさい」
忍母「いいのよ? ……ちゃんと勉強してきた?」
勇「……」
忍母「……そういうことなら、付き合いは考えないとねぇ」
勇「だ、大丈夫! 今日はオフの日だから、しっかり勉強してくるから!」
忍母「勉強『してくる』、ね。今日も、行くの?」
勇「……ひ、一人じゃ、落ち着かなくて」カァァ

106 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 13:58:22 ID:BxBcmn7U
忍母「……」
勇「な、なに?」
忍母「ううん」
忍母「いつも、忍たちと一緒にいる勇とは別人みたいで面白くて」クスッ
勇「お、お母さん!」カァァ

忍母「でも。今日こそ勉強してきなさいよ?」
忍母「あなたのせいで、相手の子に迷惑がかかったら申し訳ないもの」
勇「……が、頑張ってくる、から」

――

勇「それじゃ、行ってくるわね」
忍「お姉ちゃん、またお友達とお勉強ですか?」
勇「ええ、そうなの。相手も不安らしくて」
忍母「……」
勇「……だ、だから、えっと」
アリス「イサミ? 目が泳いでない?」
勇「と、とにかく行ってくるから!」

アリス「……何だか、最近のイサミ」
忍「はい。普段から綺麗ですけど、とても可愛いですよね」クスッ
忍母「……そうね」

107 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 14:22:00 ID:BxBcmn7U
勇「……ふぅ」
勇「久しぶりに、こんなに真面目に勉強したわ……」
勇「いつも疲れてたものね……」

勇「……モデル、休んだほうが?」
勇「まぁ、考えたんだけどね……でも、これで最後だし」
勇「文武両道じゃないけど、どっちもやり遂げたら、少しは悔いも無くなって」
勇「あなたと気負いなく付き合えるかな、なんて……思ったりして」

勇「……ど、どうして、あなたといるとこういう言葉ばっかり出てくるのかしら?」カァァ
勇「本当に調子が狂いっぱなしよ」
勇「……ねぇ?」

勇「ギュッて、してくれない?」
勇「い、いや、その……たまに不安で」
勇「あなたの負担になってないか、とか、ほら。そういうことが――」

勇「……!」
勇「……ありがと」
勇「やっぱり……あなたに抱きつかれてると」
勇「不安もどこかに行っちゃう気がする……」

勇「――さ、さあ。勉強しましょう?」
勇「ほら。まだ、英単語帳もテキストも、ここまで残ってるし」
勇「……わ、私だって、我慢してるのよ。これでも、すごく」

勇「――終わってから」
勇「その……す、少しくらいしても、バチは当たらないわよね?」カァァ

108 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 14:31:12 ID:BxBcmn7U

――

湊「凄いよ、勇! 判定上がったじゃない!」
勇「い、いや、それでもまだまだ……」
湊「え? 第一志望はさすがに厳しいかもしれないけど」
湊「勇、モデル続けるんなら、第二とか第三志望とかの方がいいんじゃない? 芸能人向けっぽいし」
勇「あ、あはは……まぁ、そうなんだけど」

湊「あっ、どうだった? ……って、やっぱりA判定かぁ」
湊「これ、もうほとんど合格決まったんじゃない?」
勇「……」
勇「ほら。私たち、模試の復習するんだから、あっち行って」
湊「あっ、もう勇! ……あれ、また笑ってない?」
勇「……」カァァ

――

勇「あなたのおかげで」
勇「私が……んっ……笑われちゃってる、じゃない……」
勇「だ、だから……これは罰、だか、ら」

勇「んんっ!」
勇「……む、胸で擦るのは、こっちも頭が変になっちゃいそうね」
勇「もう……あ、あなたも悪いのよ? そんなに気持ちよさそうな顔するんだから」

勇「――ごめんなさい。八つ当たりよね、こんなの」
勇「少し判定が上がっても、私は……あなたと同じ大学じゃないとダメだと思うから。もう、色んな意味で」
勇「だ、だから――」

勇「……い、いきなり撫でないでよ」
勇「そんな風にされたら……ちょっと泣いちゃうわよ?」

109 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 14:44:33 ID:BxBcmn7U

――

勇「……こ、この問題は」
勇「ここを、こうして――」

勇「……」
勇(あっ、まずいかも……)
勇(これ、意識がなくな、って――)


勇「……ん」
勇「あ、あら? ベッドの中、って……」
勇「……」
勇(でも、隣には彼がいないし……どうしちゃったのかしら?)
勇(あ、あら? 頭がクラクラして……)

勇「……痛っ!」
勇(ず、頭痛……ま、まさか、これ)

勇「……あっ」
勇「お、お粥、って……ま、まさか、風邪?」
勇「咳、出ないのに……そういう風邪もある? た、たしかに熱はある、かも」

勇「……あ、あなた、どうやって調べたの?」
勇「……お、おでこをコツンって?」カァァ
勇「は、恥ずかしいからやめてったら! ……ゴホッ!」
勇「……ごめんなさい。やっぱり風邪ね、これ」

勇「……ああ」
勇「もう、受験まで時間ないのに……大丈夫なのかしら?」
勇「え? ずっと看病する、って……あ、あなたは勉強しててよ」
勇「……そんな気分に全然なれない、って。も、もう」

勇「――ありがと」
勇「風邪、治ったら……そ、その……き、キス、してくれる?」カァァ

110 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 14:59:47 ID:BxBcmn7U

――

湊「勇、凄い! また判定上がってる!」
勇「あ、ありがと……」
湊「いいなぁ……塾とか通ってたっけ?」
勇「い、いや、その……家庭教師、というか何ていうか」
湊「家庭教師? 勇、凄い熱心だね……」
勇「あ、あはは……」

湊「これなら、第一志望受かれるんじゃない?」
勇「まぁ、頑張ってみるわ」
湊「……でも、いいの? そこ、堅い校風っぽいけど、モデルとかやり易いかなぁ?」
勇「……ま、まぁ、その辺りは大丈夫よ。きっと。ありがとね」
湊「勇がいいなら、それでいいけど……」
勇「……」

――

勇「……勉強、始める前に」
勇「一回、してくれない? お願いだから」
勇「い、色々、考えちゃって、溜まって大変なの……」カァァ

勇「――ねぇ?」
勇「あなたと一緒にいる時間、すごく楽しいけど」
勇「それが、いつか終わるのが怖いって言ったら――」

勇「……!」
勇「……ぷはっ!」
勇「あ、あなたはいつもそうよね」
勇「私が弱音を吐くことを許さないんだから。……だから」

勇「私は、あなたといたいって思うのよ――」

勇「……んっ」
勇「む、胸……そんな、好き?」
勇「ど、どうして……あっ……男子、は」
勇「胸が……そんなに、好き、なの?」

勇「んんっ!」
勇「……男子だから? り、理由になってないわよ。もう」
勇「……他の男子にも、私の胸とか注目されてるのかしら?」
勇「え? 胸だけじゃなくて普通に目立ってる?」
勇「……あなた、私から離れないでね。もう、あなた以外、考えられないんだから」

111 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 15:04:28 ID:BxBcmn7U

――

勇「……」
勇「……はっ!」
勇「ま、まだ、寝ないわよ?」
勇「センター前に眠って、追い込み不足なんて笑えない、んだから……」
勇「……ね、寝そう」

ギュッ

勇「……え?」
勇「な、何で、後ろから……?」
勇「こうしてれば眠らないって……あ、あなたも勉強しないと」
勇「……ううん、ありがと」

勇「あなたが抱きついてくれてるうちに……勉強、頑張るわね」
勇「そうしたら――」

ギュッ

勇「……真正面から、あなたにちゃんと抱きつかせてね?」

112 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 15:13:05 ID:BxBcmn7U

――

勇「……遂に、この日が来たわね」
勇「試験、終わったら……ここで待ち合わせて」
勇「後で一緒に帰りましょう?」
勇「大丈夫。……もう、ここまで一緒にあなたと過ごしてきてよく分かったもの」

勇「――あなたといることが」
勇「モデル業よりも、ずっと大事だってこと」

勇「今なら、そう言い切れるから」
勇「……行きましょう?」
勇「いい? 私は、あなたに教えてもらったことを全部ぶつけてくるわ」
勇「だから、あなたも――」

勇「絶対に、合格してね?」


――

勇「……」
勇(な、何であんな偉そうなこと言ってるの私は……!)カァァ
勇(そのセリフを言うべきなのは彼であって、私じゃ……あ、あら? 頭が回らなくなって――)

勇「……あっ」
勇(お守り……合格祈願の)
勇(彼と一緒に買いに行った、お守り――)

勇「……」ギュッ
勇(よしっ)

勇「行きましょう――」

113 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 15:22:04 ID:BxBcmn7U

――

勇「……番号、あった?」
勇「良かったわね。……ね、ねぇ? 私の、見てくれない?」
勇「これなんだけど……あ、ある?」

勇「……な、無くても別にいいのよ?」
勇「無くてもあなたとは一緒だし、大学が別でも付き合えるし、一緒にいられないからって寂しすぎるわけじゃないし」
勇「だ、だから――え? あ、あった?」

勇「……」
勇「ね、ねぇ?」
勇「ギュッて、してもいい?」
勇「あ、あそこのカップルとかキスしてるけど……そ、そこまでの度胸は――」

勇「――!」
勇「……こ、こんなとこで不意打ちはダメでしょ! もう」
勇「……えいっ」

勇「お返し。いつもやられてばかりだったし」
勇「……え? 今度は抱きついてキスしたいって?」
勇「……いいわよ? それじゃ」

勇「――ずっと一緒、だからね?」

114 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 15:24:47 ID:AFP3C1Y6
ヌッ!

115 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 15:42:19 ID:BxBcmn7U

 ――その後のちょっとした話。

 私は、モデルの契約を打ち切った。
 元々、そういう雰囲気は出してきたのが功を奏してか、支障なく終わったと思う。
 まあ、先輩たちみたいに追っかけとか熱心なファンが生まれる前にひっそりと引退したのが良かったのかもしれない。

 それでもマネージャーさんたちには随分、引き止められた。
「そのまま続けてればトップモデルも夢じゃない」とか。
 きっとお世辞じゃないのだと思う。その人は、今まで何人もモデルを見てきたことは知っていたから。
 
 でも私には、それよりも大事なことがあった。

 ドアベルを鳴らす。
 ドアが開く。
 室内からかぎ慣れた、とても心地のいいにおいがする。
 今日も私の好物を作って待ってくれていたらしい。

「……モデル活動とかも無いから、そんなに張り切ってくれなくても良かったのに」

 冗談半分、本気半分で私は言う。
 どうも彼は、私に関係すると本気になっちゃう気がするから。
 それでも、もちろんとても嬉しかった。

116 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 15:43:06 ID:BxBcmn7U

 ――いつかのこと。
 私が勝手に、もうこの関係は無理なんじゃないか、と泣きながら打ち明けた時、彼も辛いだろうに私を受け入れてくれた。
 それどころか、ずっと優しくしてくれた。
 私は、そんな相手といられることを誇りにすら思う。

 だから、私はこう言う。

「……約束、してたわよね」

 きっと、顔は真っ赤だと思う。
 彼も、やっぱり赤い。当然かもしれない。

 だって、今から私が話すことは――

「ほ、本番の約束。……今日、しましょうか?」

 私たちが一緒にいるようになってから、ずっと先送りにされて、もしかしたら無くなっていたかもしれない、一種のおとぎ話。
 その幸せが今、目の前に現実として広がっていることが照れくさくて、だけどとても嬉しくて――

 私は返事を待つ前に、彼に思い切り抱きついた。


 おしまい

117 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 15:44:55 ID:BxBcmn7U
ここまでです。
初体験の話、大学に入ってからのあれこれはスレが残ってたら書きたいと思います。
一発ネタで終わらせるつもりが、入れ込んで長くなりました。

原作の勇は大学生になってもモデルを続けていますがifストーリーということでオナシャス!
ありがとうございました。

118 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 21:00:11 ID:oGaXpG0o
凄い良かったんで一気読みしました、さあセックスを

119 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/20(月) 21:09:23 ID:AFP3C1Y6
やりますねぇ!

120 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/09(日) 01:04:04 ID:L/In9D.g
勇「――サークルとか決めた?」
勇「考え中? そうよね……」
勇「私も決まらないの……あーあ。モデルやめちゃって、燃え尽きちゃったのかしら?」

勇「もう、いっそ入らないで、ずっと二人でいましょうか?」
勇「意外とアリだと思うんだけど、どう?」
勇「……せっかくだし、何かやりたい? い、一理あるわね」

勇「まあ、入るとしても緩い感じの所がいいと思うの」
勇「ほら。本気のサークルだと、あなたと一緒にいられる時間が……って、何で笑うの?」
勇「可愛いから、って……か、からかわないでってば」カァァ

勇「……」
勇(「本番の約束、しましょうか」なんて言いながら、私は直前で何だか怖くなってやめてしまった)
勇(彼は何も言わずに、笑って受け止めてくれた。自分のペースでいいから、と)
勇(その日も結局、その……か、彼のを弄って我慢してもらうという、高校時代と変わらないことをして終わりになった)
勇(申し訳ない気持ちもある。自分から言っておいて、先送りにするなんて、という意味で)

勇「……ねぇ?」
勇「そ、その……あ、あなたの家で、サークルのこととか履修のこととか話し合わない?」
勇「べ、別に、『したい』とかそういうわけじゃなくて! ……こ、声が大きい?」カァァ

121 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/09(日) 01:04:23 ID:L/In9D.g

――

勇「……ん」
勇「ぷはっ! ……け、結局、キスしちゃったわね」
勇「あーあ。これじゃ、普段と変わらないじゃない……でも」
勇「――もう、いいわよ、ね?」モジモジ

勇「……ビクビクしてるわね」
勇「そんなに溜まってたの? ふふっ、やっぱり可愛い……」
勇「え? 私のほうが、って……そ、そんなこと言うとペース上げるわよ!」カァァ
勇「すぐに出しちゃダメだからね? だって――」

勇「そうしたら本番の時、困るもの」

勇「……」
勇「本番、いつでもいいって言ってくれたわね」
勇「だから私は――あなたに甘えさせてもらうわ」
勇「ありがとね。……だから」

勇「きょ、今日も、その……す、素股まででいい、かしら?」カァァ

122 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/09(日) 01:05:47 ID:L/In9D.g
勇姉が素股とか言うと興奮する……興奮しない?
そんなこんなで、まだ本番には行けない模様
焦らしてすまんな

久々に書いたためかアイデアがなかなか思いつかず……
何か良い案がありましたらオナシャス!

123 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/09(日) 05:41:48 ID:kFhUYgSI
お前の投稿を待ってたんだよ!

124 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/11(火) 21:34:56 ID:OifEqCL2
文才ありますねぇ! 早く続きを書いてくれよ!(ビンビン)

125 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/15(土) 00:33:56 ID:WMg/jJFE
勇「……んっ!」
勇「そ、そこ……こす、っちゃ」
勇「だ、ダメ……よ」ビクッ

勇「ちょっ!? な、何で、おっきく……!?」
勇「だ、ダメ、なの、に――」

勇「んんっ!」ビクンッ
勇「……」
勇「あ、あのね。いくら、その……す、素股、だからって限度があるでしょ!」
勇「擦られてフクザツな気分になる感覚、あなたに分かる? 感じてるのになかなか、その……い、イけないのよ?」カァァ
勇「……ごめんなさい。今の、忘れて」

勇「……な、何で抱きしめるの?」
勇「可愛いから、って……り、理由になってないわよ」

勇「……お風呂」
勇「入ってから帰りたいんだけど……貸してくれる?」
勇「……」チラチラ
勇「い、一緒に入りたいなら……い、いいけど?」
勇「……分かりやすい? あ、あなたね!」カァァ

126 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/15(土) 00:48:21 ID:WMg/jJFE
勇「……」
勇「お、お風呂中も抱きしめるの……?」
勇「ま、まあ、いいけど。……嬉しいし」ボソッ
勇「な、なんでもないわよ! わ、笑わないで!」カァァ

勇「……はぁ」
勇「最近は、あなたにリードされっぱなしで私がリードできてないわ」
勇「そろそろ、私にリードさせてくれない?」

勇「……いつでもいい?」
勇「……」
勇「そ、そう言われると照れるわね……わ、笑わないでよ!」カァァ

勇「――決めたわ」
勇「いい? 今から、あなたの、その……な、何でおっきくしてるの!」
勇「そ、そこを擦るわ。そうね……4分、耐えて?」
勇「いい? 耐えないと、本番は……え? 5分でもいい?」
勇「……」
勇「そ、それじゃ申し訳ないから! いつまでも本番できないじゃない!」
勇「もうっ。それじゃ、少しでいいから耐えて……わ、笑わないでったら!」カァァ

127 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/15(土) 00:59:28 ID:WMg/jJFE
勇「……もう遅いから送る?」
勇「……」
勇「い、妹たちにバレちゃうじゃない! ……あっ、でも、もうモデル辞めたし」
勇「……い、いい、わよ」

勇「――そろそろ、うちの母親に挨拶してもらおうと思ってたし」
勇「……べ、別に、結婚とかそういうんじゃなくて!」カァァ

――

忍「お姉ちゃん、お帰りなさい! ……って、あれ?」
アリス「イサミ、そこの人は……?」
勇「……あっさりバレたわね」

忍母「まぁまぁ。勇を送ってくれたの? ありがとね」
忍母「お茶でも飲んでく? 用意できるけど……」
勇「お、お母さん!」

忍「……お姉ちゃん」
アリス「……イサミ」
勇「な、なに?」
忍「おめでとうございます」
アリス「おめでと!」
勇「ふ、二人とも!」
忍「私たちはお部屋に行ってましょうか」
アリス「そうだね!」

勇「……」カァァ
忍母「そうなのね。今日も勇と一緒にいたのね」
忍母「でも、学生だしちゃんと勉強も、ね?」
勇「お、お母さんも!」カァァ

128 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/15(土) 01:09:33 ID:WMg/jJFE
忍母「――勇。ちょっと席を外してくれる?」
勇「……う」
忍母「彼氏、いい人そうだし……二人きりで話したいの」
勇「……わ、分かったわ」
勇「で、でも! 終わったら、私の部屋に来ること!」
勇「それじゃっ!」
忍母「……可愛いでしょ?」クスッ
忍母「そう思う? やっぱり……」

忍母「……ありがとね」
忍母「勇、モデル活動とか色んな板挟みで悩んでたの」
忍母「でも……あなたは、それを助けてくれた。それは勇も認めることだと思うわ」
忍母「え? 勇が自分で解決した? ……勇は、あなたのことを心の底から頼りにしてたのよ?」
忍母「だから――って、ごめんなさい。喋りすぎね」

忍母「……出来たら」
忍母「あなたから勇への気持ちを教えてくれない?」
忍母「あっ、好きだってことは知ってるからいいわ。……そうね」

忍母「一緒にいて、勇の可愛いところとか――」

――

勇「……あっ。お、終わったのね」
勇「そ、それで……なに、話したの?」
勇「……な、何で、照れるのよ?」
勇「ど、どこまで、お母さんに教えたの……?」
勇「……だ、だから、照れないでよ」カァァ

――

忍「――お姉ちゃんたち、本当に仲良しですね」クスッ
アリス「そうだね! 見てて嬉しくなっちゃうなぁ……」
忍「……いつか、私の『お義兄さん』とかになるんでしょうか」
アリス「かもねっ」

――

忍母「……ふふっ」
忍母(若者は可愛いわねぇ……)
忍母(そういえば、勇から聞く限り料理が本当に上手だったっけ? ……今度、料理勝負とかいいかもね)クスッ

129 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/15(土) 01:10:36 ID:WMg/jJFE
多分、ここまで
結局、イチャラブになるしかないんやなって……
書いてて楽しいけど、これでいいんですかね?

リクエストはいつでも募集中です
大学での出来事とかも書きたいですね

130 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/15(土) 02:37:33 ID:qjalwnnI
お前の投稿を待ってたんだよ!

131 転生MUGEN者ロア :2017/04/15(土) 04:15:52 ID:???
いいゾ^〜


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 メイドVer. (1/8スケール PVC塗装済み完成品)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa