したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

ジョルジュ・マリン・ウォーのようです

1 同志名無しさん :2017/03/19(日) 17:14:47 ID:JmAJ8zog0
お初です。よろしくお願い申し上げます。

2 同志名無しさん :2017/03/19(日) 17:33:22 ID:JmAJ8zog0
原案:ジョジョの奇妙な冒険 第7部


    ジョルジュ・マリン・ウォーのようです

3 同志名無しさん :2017/03/19(日) 17:34:49 ID:JmAJ8zog0
#1 記者会見


カメラのフラッシュが次々と焚かれる。画像データは撮った瞬間にニュースサイトにアップされ、

これから発表される会見をリアルタイムで見る事が出来る



     _
   ( ゚∀゚)
    Uθ U
  / ̄ ̄| ̄ ̄\
 |二二二二二二二|
 |      |
パシャ パシャ パシャ パシャ
   パシャ パシャ パシャ
  ∧∧ ∧∧ ∧∧
`【( 【( 【(  )
  ∧∧└ ∧∧
 (  )】(  )】
 / /┘ / /┘
ノ ̄ヽ ノ ̄ヽ

4 同志名無しさん :2017/03/19(日) 17:44:10 ID:JmAJ8zog0
  _
( ゚∀゚)「先ずはこの場に集まって頂きありがとうございます。感謝申し上げる」

  _
( ゚∀゚)「会見をする前に『黙祷』を捧げたい。41年前の今日、世界は海に沈んだ。知っての通り南極大陸の氷が突如として溶け、世界の85%は海の底に消えた。」

  _
( ゚∀゚)「理不尽に命を奪われた人々の冥福を祈って………」



「黙祷!」



  _
( ゚∀゚)「………さて私、ジョルジュ・ブラックより本大会『ジョルジュ・マリン・ウォー』の開会を宣言する」


一層フラッシュが焚かれ、辺りは眩い光に包まれる。そこからは記者の質疑応答の時間だ。

5 同志名無しさん :2017/03/19(日) 17:55:17 ID:JmAJ8zog0
記者「何回もご説明されていますが、世界中の皆様にもう一度ご説明お願いします。」

  _
( ゚∀゚)
「うむ。このジョルジュ・マリン・ウォーレースは大海暦以前の太平洋42日間、大海暦から新しく定められた新太平洋領域35日間をヨット及び小型船で横断してもらう。選手は船一艘につき1人だ。」

  _
( ゚∀゚)
「途中の休息ポイントへ指定の期間までに到着する事を今大会の条件とする。期日までにチェックポイントに到着出来ない者は失格扱いにする。ダラダラとレースを長引かせるのは運営にとっても選手にとってもメリットは無いからな。」

  _
( ゚∀゚)「優勝賞金は5千万$だ。そこから順位に応じて賞金を出す。まあ詳しくはルールブックを見てくれ」


記者「銃器などの火器の持込の許可をされた事に対して、考えをお聞かせ下さい」


  _
( ゚∀゚)「知ってのとおり、世界浸水以降、生態系も大きく変わってしまった。それこそ旧世代の生物学には当てはまらない『怪物』も多く存在する。」

  _
( ゚∀゚)「自衛の手段は必要だ。」

6 同志名無しさん :2017/03/19(日) 18:02:07 ID:JmAJ8zog0
記者「今大会は運営側も想像もつかない事態や万一失敗された場合の対応はどうされてますか?」


  _
( ゚∀゚)「それは責任を取るという意味か?」


記者「平たく言えば。」

  _
( ゚∀゚)「まあ、そうなった場合には海に私の死体が浮かぶだろうな」


ざわざわ………ざわ………ざわ……


  _
( ^∀゚)「ふふ。冗談さ」

  _
( ゚∀゚)「君達は全く時流が読めていない。41年前の世界浸水から人類はようやく復興を果たした」

7 同志名無しさん :2017/03/19(日) 18:08:00 ID:JmAJ8zog0
  _
( ゚∀゚)
「我々は次のステージに進む。つまり、『発展と成長』のステージだ。その為にはシンボルが必要なのだ。『英雄』という名のシンボルがッ!!」


  _
( ゚∀゚)
『よく聞けッ!真の失敗とはッ!!開拓の心を忘れ、困難から挑戦する事に無縁のところにいる者達の事を言うのだッ!』

  _
( ゚∀゚)『このレースに失敗なんか存在しないッ!!存在するのは冒険者だけだッ!!』


  _
(# ゚∀゚)「断言しよう。このレースの優勝者は間違いなく『英雄』になるッ!!」


記者会見は歓声とフラッシュの光で満たされた。

あとで分かった話だが、この会見の動画再生数は100万を超えた。

8 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:09:59 ID:JmAJ8zog0
#2 少女と変態


ーーーレストラン・ヴェネチア 第4選手登録会場


ミセ*゚ー゚)リ「はーい、押さない押さない。こちらで選手登録を受けつけております。」


ミセ*゚ー゚)リ「こちらで必要事項記入の上で参加料を払って下さい。後ほど係の者が登録された船に選手登録用バーコードを焼き付けまーす。」


ミセ*゚ー゚)リ「バーコードは特殊な磁気を帯びてますので、途中で船の交換はできません。不正防止でーす」


(帽子∀从「おい」


ミセ*゚ー゚)リ「はい?」

9 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:13:11 ID:JmAJ8zog0
(帽子∀从「受付してくれよ。参加料と書類もある。」


ミセ*゚ー゚)リ「はーい。では、早速確認して………!?」


(帽子∀从「…………何か?」


ミセ*゚ー゚)リ「いえ………ただ『珍しいな』って思っただけです。はい。書類も参加料も規定通りです」


ミセ*^ー^)リ「レース頑張って下さいね」


(帽子∀从「ああ、ありがとう」

10 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:19:21 ID:JmAJ8zog0
「この野郎ッ!!ぶっ殺すぞバカヤロー!!」

11 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:20:14 ID:JmAJ8zog0
モブ男「テメー、俺の参加料をギッただろう!テメーの汚ねえ尻穴拭いた指で金かっぱろうってかッ!?」


「何の事か分かりかねますなー」


('A`)「身に覚えがありませんぜ兄さん」


爆乳ちゃん「やれーみーくん!こんなブサイク殺しちゃえ!」キャハハハッ


('A`)ジーーッ


爆乳ちゃん「な、何よ……」


('A`)ツカツカ


モブ男「テメー!ナニ俺のスケにコナかけて('A`)「どけ」


その男は絡んで来たチンピラの腕を掴んだ。掴まれたチンピラは膝から崩れおちた。

12 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:21:29 ID:JmAJ8zog0
爆乳ちゃん「ひっ……来ないで……」


('A`)「危害は加えない。安心しろ、安心しろよ」


男は女の胸元を掴み、一気に引きおろす

ぶちぶちと布が引き裂かれる音が響き、女のはち切れんほどの乳房が露わになる

良識ある人は驚きつつも眉を顰め、下卑た人は歓声をあげる


('A`)「ふむ。デカイな。Hカップって所か?感触はどうだ?」モミモミモミモミ


爆乳ちゃん「やッ、ん………やだ、ちょっとウマ…………♡」

13 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:22:45 ID:JmAJ8zog0


('A`)モミモミモ…………


(#°A°)「ゴルァアァァアアア!!テメェエエエエエエエ!!!!」


男は豹変したかの様にいきなり怒声を女性に浴びせた


(#°A°)「テメェッ!!この乳はシリコン入れてんだろう!この雌ガキャァ!!」


(#°A°)「しかも乳輪が黒ずんでいる。右乳の乳首は肥大化の傾向もある………」


(#°A°)「右ばっか吸わせてるからだッこのビッチがッ!!!!」


爆乳ちゃん「ひい………」


('A`) ちらっ


ミセ;*゚ー゚)リ(ひっ……こっち見た。あ、あれ?さっきの人居なくなっている)

14 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:28:06 ID:JmAJ8zog0
(帽子∀从カツ………カツ……


その人は街の裏路地を歩いていた

世界が海に沈んでから41年。

まず世界に最初に現れた変化は圧倒的な『物資不足』だ。

石油などの天然資源が枯渇しそうな時に世界浸水が起き、エネルギー問題は何としても解決しなければならない問題だった

幸いにも風力や太陽光発電などのクリーンエネルギーは実用化されていた為、

人類が絶滅するには至らなかったが、世界人口に行き渡るには不十分だ。

それに伴い、物資の略奪が横行し、治安は悪化した。

15 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:29:18 ID:JmAJ8zog0
だから、


「こんなところに死体があっても珍しい事じゃあないんだよなー」



  ┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙('A`)┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙



(帽子∀从「…………」


その路地裏には頭が弾けた死体が数体横たわっていた。脳漿と血肉が飛び出し、むせ返る程の悪臭が充満している。


('A`)
「耳にね、特製の火薬をほんのちょっぴり入れるんだ。そうするとホラ、脳みその4分の3と顔面がシェイクされて、人間オートミールの完成さハハ。…………さて、」


('A`)「お初にお目にかかる。僕〈やつがれ〉はドクオ」


(帽子∀从「俺に何の用だ?」


('A`)「君自身には無いよ。だが、『君の持ち物』には興味がある」

16 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:30:41 ID:JmAJ8zog0
('A`)「ある人の依頼でね、君、『赤い石』を持ってるだろ?ネックレスにしてるかもだけどさぁ。それくれよ。」


(帽子∀从「断るっ言っ('A`)「その時は君の頭をポテトシェイクにするだけだ。だから発言には気をつけてね」


(帽子∀从「断る。『コレ』は俺の家に伝わる家宝だ。先祖から受け継ぐ『ブルー』家の誇りだ」


(帽子∀从つ〆
「訳の分からない奴に渡すもんかよッ!!」


その人はポケットからナイフを取り出すと、ドクオに斬りかかった

17 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:36:00 ID:JmAJ8zog0

('A`)ヒョイ
「………君、喧嘩慣れしてないな。モーションが大振りだ」


その人の目の前に黒いボールが突然に現れた。否、その人がドクオに注目している隙に,
ドクオがその人に気付かれないように投げただけだ。


('A`)「爆ぜろ」


バンッと云う大きな音が鳴り響き、閃光と炎が走る。


('A`)


('A`)「なるほど。良いコートだ。よく燃える。『すぐに脱いだのは正解だったな』」





从 ゚∀从バァ ̄ ̄ ̄ ̄Z_____ン

18 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:40:28 ID:JmAJ8zog0
┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛从 ゚∀从┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛


('A`)「………君、『女』か?」


从# ゚∀从 イラっ


从# ゚∀从「女だから何だって言うんだ!!ナメてんじゃねぇ殺すぞッ!!」


从# ゚∀从つ〆
「このナイフの錆になりたくなかったら失せろチ○ポコ野郎がッ!!玉金噛み切ったるどっ!!」


(*'A`)パァアアアア


从; ゚∀从 ビク

19 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:41:11 ID:JmAJ8zog0
(*'A`)「息が上がってるな?それほど激しい運動もしてないじゃあないか。胸が苦しいのか?なんでだ?」


(*'A`)「『サラシ』か?それとも『胸当て』をしているな?」


(*'A`)「何故そんなモノをする?さっき性別を指摘した時激昂したよな?女の子扱いされるのが嫌なのか?そんな子がなぜ胸を押さえる?それは『ひと目見て女の子だと分かるから』」


(*'A`)「おっぱい大きい?」


ドクオは豹変したかの様に、否、豹変していた。


(*'A`)「感じるッ!!観察やプロファイリングを超えた『直感』だッ!!君の胸からエネルギーを感じるッ!!EかFか!?乳首や乳輪は!?その感触はどうだ!?君のおっぱいを是非見せて欲しいッ!!!」


从; ゚∀从いやに決まってんだろ!アホなのかお前は?」


(*'A`)「何と言われようと君のおっぱいを見て触って舐めるッ!!!」


(*'A`)「僕は『黄金のおっぱい』を見つける為ならどんな辛い目も厭わない」


从; ゚∀从「ざッけんな!!」


彼女はドクオに背を向け、全速力で逃げた。

賢明な判断だった。


(*'A`)「ああ………気持ち良くて走る気になれない………あのおっぱいを想像するだけで、我ながら下品だけど……ふふふ……『射精』しちゃいましてね………」

20 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:42:45 ID:JmAJ8zog0

【3日後】

ーーーー風の騎士の港町(ウインドナイツ・ポートレート)

様々な変遷を得て、ジョルジュ・マリン・ウォーの開始まで30分を切った

この風の騎士の港町では南南西から常に風が吹いていて、その風を捕まえれば初心者でも綺麗に船を出発させる事が出来る

全ての船乗りに取って、始まりの町であるこの地が大会のスタート地点に選ばれるのは当然の事だった

大会の参加者は当初の目標の倍である1200人。

1200艘の船が約77日間、大海原を駆ける事になる。

スタートを見届けようと、役2万人もの人間が港町に集結していた

  _
( ゚∀゚)「ありがとう。今日は絶好の船出日和だ。私はこの日を絶対に忘れる事は無いだろう。」

  _
( ゚∀゚)「さあ長い話は抜きだ。みんな、これを見てくれッ!!」


ジョルジュ氏が指差した所には大きな『船鐘』が吊り下げられていた。

21 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:44:06 ID:JmAJ8zog0

  _
( ゚∀゚)「大会の為に特別に作らせた!スタートの合図はこの船鐘で行う!」

  _
( ゚∀゚)「船乗りの世界では年の終わりに8点鐘、年の始めに8点鐘を鳴らす習わしだ。だが、『季節外れの16点鐘』には「前の時代の終わりと新しい時代の始まり」を告げる意味があるッ!!」

  _
(# ゚д゚)「鐘を鳴らせぇ!!」


カンカンカーン!!

22 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:45:26 ID:JmAJ8zog0
从 ゚∀从(いよいよだ。いよいよ俺は海に出る。9才の頃から10年間ずっと勉強してきた………家族のどの男にも負けない海洋学の知識や航海術の技術がある……)


从 ゚∀从(俺だって先祖代々から航海士の血を引くブルー家の一員だ。誇り高き船乗りだ。俺だって海に出て名をあげたい)


从 ゚∀从「証明してやるッ!女でも海の世界でやって行けるって事をッ!!」


('A`)「おっぱい見せて(よく言った!頑張ってくれ!)」


从 ゚∀从「本音と建て前が逆だ死ね」


从; ゚∀从「ッ!!?お前は!?」

23 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:49:53 ID:JmAJ8zog0
カンカンカーン!!


( ^ω^)「っうえ、っうえ、っうえ。にぃぢゃにぃぢゃ。僕達は何するだお?」


( ^ω^)「うるせえおつむの足りない愚かな弟よ。お前でも簡単に出来る仕事だ。」


( ^ω^)「『赤石』を奪い、邪魔者は殺す。特に仕事をしていないドクオは鮫の餌だ」

24 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:50:40 ID:JmAJ8zog0
カンカンカーン!!

( ・∀・)「お前らは何一つ分かってねージャリガキだ。俺からママンを、ママンから全てを奪っておいて、お前らは何も知らず生きている。」


( ・∀・)「『成り上がってみせる』!?誰にも負けない漢になる!!天下(てっぺん)取るつもりなんで、そこんとこ夜露死苦ッ!!」


( ・∀・)!?

25 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:51:16 ID:JmAJ8zog0
カンカンカーン!!

  _
(# ゚д゚)「何度でも声を大にして言う。君達は『冒険者』だっ!!16点鐘が鳴り終わった時、物資不足による格差や大切なモノを喪った喪失感は浄化され、新しい時代は産声を上げるッ!!」

  _
(# ゚д゚)「このレースに差別は無いッ!!全てが平等であり、真っさらなベイビーだッ!!」

  _
(# ゚д゚)「勝てッ!勝てッ!勝てッ!勝たなきゃいけない意味が無いんだッ!!勝って初めて人類は試練に打ち勝つ事が出来るッ!!」

26 同志名無しさん :2017/03/19(日) 19:53:14 ID:JmAJ8zog0
カンカンカーンッ!!


从 ゚∀从「お前、さてはやっぱり参加料をパクったのか?」


('A`)「いやいや違う。元々レースには参加するつもりだった。あれは本当に関係ない」


('A`)(もっとも優勝では無く『別の目的』の為だったがな。だが、それもどうでもいい)


('A`)「僕の興味は君が持つ『黄金のおっぱい』だ。さぞかし美しくセクシーなんだろうな」


从 ゚∀从「『妙な期待を私にするな』。お前も他の選手にもマストの影を踏ませやしないからな」

  _
(# ゚д゚)「錨を上げろッ!帆を張れッ!!今日一番の風が吹くッ!!」


  _
(# ゚д゚)「試合開始ーーーーーーッ!!」


カァ ̄ ̄ ̄ ̄Z_____ン!!

27 同志名無しさん :2017/03/19(日) 20:46:12 ID:W1p3GJkg0
フウウウウウウ〜 わたしは…二月のころ…ひたすら嘘予告の「ジョルジュ・マリンウォーのようです」ってありますよね…
あの話…スレッドで見た時ですね。
あの「作者」が書き込みのところで組んでいる「作品」…あれ…初めて見た時…
なんていうか…その…下品なんですが…フフ…
『期待』…しちゃいましてね…
「予告」のとこだけ切り抜いてしばらく…心に仕舞ってました。あなたのも…続きを読みたい……

28 同志名無しさん :2017/03/19(日) 22:39:49 ID:dy4ar03Y0
いいぞ、嘘予告実現は手放しで喜ぶ。期待の乙

29 同志名無しさん :2017/03/20(月) 13:42:51 ID:ar1vcAtY0
#3 大奔走

ーーーー1st.stage ウインドナイツ領海域------



上空では数百台のカメラ付きドローンが選手を見守っている

2016年代に普及が始まったドローンは技術の進歩で小型化と長寿命、そして超高画質の映像をリアルタイムで見れるようになった

ドローンのエネルギーはその小型の機体に合わせる為、よりコンパクトなリチウム電池を使用している

このドローンのおかげで観客にレースの内容をゼロタイムで届けられるし、選手の救難信号をいち早く察知出来るのである



o川*゚ー゚)o「さーて始まりましたジョルジュ・マリン・ウォーレース!!実況は私、キュート・エマ・デュパンがお届けします!!」


o川*゚ー゚)o「そして解説は大会主催者兼プロモーターの、」

  _
( ゚∀゚)「ジョルジュ・ブラックだ。宜しく頼む」

30 ◆8aac7uEWYg :2017/03/20(月) 13:45:57 ID:ar1vcAtY0
o川*゚ー゚)o
「さーて、レース開始から30分経過しました。最初は横並びだった選手も頭一つ分抜きん出た選手が続々と登場だァ!!その中でも先頭を走っているのはこの選手!!」



ド ( ・∀・) ン!!



( ・∀・)「WRYYYYYYYY!!!」


o川*゚ー゚)o
「モララー・ディエゴ・ブランドー選手!!新大英帝国領(ニューイギリスエリア)の若き船乗り!!彼は最近世間を騒がせているニトロエンジンによる急加速で暴走行為をする『暴艘族』の頭目として知られています。」


o川*゚ー゚)o「年齢は24歳!!チーム名は犯鉈國多(パンナコッタ)!!可愛いッ!!」

  _
( ゚∀゚)「字面は全く可愛くないけどな」


( ・∀・)「いい風だっ!狙い通りに風を上手く捕まえたッ!!このままぶっ込んだるっ!!」

31 ◆8aac7uEWYg :2017/03/20(月) 13:47:19 ID:ar1vcAtY0
从;゚∀从「くっ、先手を取られた」


ピイ………ガガ……


('A`)「やあお嬢さん。調子はどうだい?おっぱい見せて」


船の無線機からドクオの声が鳴り響く。法律で必ず船には無線機もしくは衛生電話の設備を付けることを義務づけられている


从 ゚∀从「………お前、なんで俺の船の無線機の周波数を知ってる?」


('A`)「調べたよ。勿論合法じゃない。本当は君のバストサイズを知りたいんだけどね」


从; ゚∀从「今すぐ死ねセクハラ魔人が」


('A`)「それよか君、名を上げるって言ってたけど結構後列にいるね。あのモララーとか言うひと昔前のヤンキーみたいな奴に差をつけられてるよ」


从 ゚∀从「……複数の船が一斉に出向するときに重要なのはマストの帆やそれを支えるワイヤーが他の船のと絡まない絡まさせない事が大切だ。だから皆スタートは慎重にいく」


从;゚∀从「だけど、アイツはハナから関係なく突っ走りやがった。本来ならマストのワイヤーが絡まり、走行不可の所を全く絡ませないで行ったんだ。」


('A`)「そうか。じゃあこのまま独走を許すのかい?」


从;゚∀从「いや絶対にいやだ。この海は比較的に穏やかなんだ。到着順にポイントが加算されるレースにおいて、最初のスタートダッシュが肝心なんだ。次のステージが過酷でまたモララーに負けてしまったら?もう逆転することはできない」


('A`)「能書きばっか垂れてますなぁ。じゃあどうするか考えようよ。船を動かすには何も『風だけじゃあない』だろう?」


从 ゚∀从「??…………!そうか」

32 ◆8aac7uEWYg :2017/03/20(月) 13:49:56 ID:ar1vcAtY0
( ・∀・)「ふふふ。俺のマストの影する踏ませやしないッ!このウインドナイツ領海域の勝利者はこのモララーだッ!!」


o川*゚ー゚)o「!!な、なんと!!何という事でしょう!!後続からもの凄いスピードでモララー選手を追い上げてきているッ」


(; ・∀・)!?「何!?」


o川*゚ー゚)o「情報が出ましたッ!!登録番号1005番ッ!!ハインリッヒ・リリー・フローレンス・ブルー選手ッ!!」



┣゛┣゛┣゛┣゛从 ゚∀从゛┣゛┣゛┣゛



o川*゚ー゚)o「その直ぐ後に登録番号1004番!空条ドクオ選手!!」



ゴ ゴ ゴ ゴゴ ゴ ゴ ('A`)ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

33 ◆8aac7uEWYg :2017/03/20(月) 13:53:15 ID:ar1vcAtY0
o川*゚ー゚)o「でも変です。両選手は確かスロースタートだったはず。どうしてこれほどの追い上げを見せるのでしょうか?」

  _
( ゚∀゚)「…………『潮流』だ」


o川*゚ー゚)o「潮流?潮の流れの事ですか?」

  _
( ゚∀゚)
「このウインドナイツ領海域には多くの潮の流れがある。その中にはゴールへと続くルートがあり、その内の一本が他のルートに比べて早いものがあるんだ。ハインリッヒ選手はそれを見つけたんだ」


从 ゚∀从
(分かる……どのルートを走れば、1番気持ちよく走れるのか………私の10年に及ぶ知識が最適なルートを選んでくれる。だけど、潮流に気づかせたのは、さっきの男の言葉………)


从 ゚∀从「ドクオか………侮れない男だ」

  _
( ゚∀゚)「キュートさん、2人のプロフィールを簡単に紹介して」


o川*゚ー゚)o「はい。ハインリッヒ選手は海洋国家(トリトン)出身の19歳。今大会では最年少の参加になります。」


o川*゚ー゚)o「彼女は世界浸水前から著名な航海士を多く輩出してきた名門ブルー家の御息女です。」

  _
( ゚∀゚)「ふむ。年齢の割りに熟達した走りを見せると思ったが、航海技術の英才教育の賜物なのかな?」

  _
( ゚∀゚)「もう一人はどうだ?」


o川*゚ー゚)o「それが経歴の情報が無いんです。参加書類にも名前と年齢しか記入されていません」

  _
( ゚∀゚)「では、明日の朝刊の〆切までに調べろ」

34 ◆8aac7uEWYg :2017/03/20(月) 13:54:59 ID:ar1vcAtY0

( ・∀・)「……………」


モララーは自身の船に積んでいるラジオよりレースの実況を聞いていた


( ・∀・)「そうか。名門航海士のお嬢様か。あのテクニックなら納得だが、所詮は『受け継いだ技術』。俺のような『飢えた者』に勝つなんて事はあり得ねえ、させねえ」

( ・∀・)「まだだ。まだ溜める。溜めて溜めて、あのアマにこの俺に勝てないって事を脳味噌に深く刻みこんでやる」

35 ◆8aac7uEWYg :2017/03/20(月) 13:56:14 ID:ar1vcAtY0
「ハインよ。幸せに生きるには『地図』が必要なんだ。」

私の父の口癖だ。2人きりになると、父は私に言い聞かせるように言った。

「船出の時、海図やコンパスが無ければ遭難し、たちまち死に直結する。だが人生にも必要だ。迷いや悩みなど抱えずに生きるには道がはっきりと見えなければならない」

「ハイン、結婚して、男子を生み、我がブルー家を守ってくれ」

父は勇敢で尊敬すべき男だ。

私の祖父や叔父上、父の弟子達も航海士として立派に活躍している。

でも私は………。

私が海図の勉強をすると、父は激昂した

父は私が海に憧れを持つ事を許してはくれなかった

私はただ『私にしか出来ない』ことをしたいだけだ。

ブルー家の先祖やこれから生まれる子孫の為に…………

36 ◆8aac7uEWYg :2017/03/20(月) 13:58:25 ID:ar1vcAtY0
从 ゚∀从「……………………」


从 ゚∀从(柄にもなくツマンネーぇこと考えちまった。1stステージのゴールまであと1000マイル。このままぶっちぎりの1位だ)


('A`)「……………ハイン気をつけろ。『何か』来る」」


从 ゚∀从「あ?何かって何だ?」


その時、ハイン達の後方から猛スピードで駆け抜けていき、大きな水飛沫を立てて、船の横を通り過ぎていった


从; 〉∀从「くっ、思いっきり水を被っちゃったじゃねーか」


(*'A`)「ホントか!?服脱ぐ?服脱ぐッ!!?」


从; ゚∀从「黙れ糞バカ。おい、今のは何だよッ!!」


('A`)「モララーだ。あいつ船にニトロエンジンを積んでんだ。稼働距離は約1000マイル。ご丁寧にゴール直前まで使わなかったんだな」


('A`)「まあ、このステージは諦めろ。それでも2位には付けるんだからよ」


从;# ゚∀从「ざっけんなッ!!毎度あんなの使われたら、全然勝てねえじゃねーかッ!!」


('A`)「そんな心配はしなくていい」


从 ゚∀从「え?」

37 ◆8aac7uEWYg :2017/03/20(月) 14:02:05 ID:ar1vcAtY0
(* ・∀・)「あははは!?ザマーッねーぜ!!俺のエンジェルさえ有ればどんな海でも走破できるぜ!」プスンプスン

(; ・∀・)?


モララーは機動部に移動し、ニトロエンジンの状態をチェックした

黒煙を上げ、今にも炎をあげそうな様子だった


(;;・∀・)!?


モララーはエンジンを止め、蒸気が顔にかかるのもお構いなしに、ニトロエンジンの内部チェックを始めた。


(; ・∀・)「…………くそッ!メインの機関部分が完全にイカレてんじゃねーか。一体何が………何かあるな、何だコレ………」

(; ・∀・)!?

(; ・∀・)「『弾丸』だとッ!!一体いつの間に打ち込まれたんだっ!?あの時か!?あいつ等の横を通り過ぎた時なのかァァアアア!?」

38 ◆8aac7uEWYg :2017/03/20(月) 14:08:02 ID:ar1vcAtY0
('A`)「さっき俺らの船を追い越した瞬間、後ろから狙撃してやったんだ。水飛沫で僕の手元も隠れたから、ドローンにも見られていない」

从 ゚∀从「………あんな一瞬でエンジンを撃ち抜いたのか?お前一体何者なんだ?」


('A`)「…………そんな事は些細な問題だ。それよかモタモタしていたら、後続の船が来ちまうぞ。」






o川*゚ー゚)o「1stステージ終了ォオオオオオオオオオ!!順位発表です!1着はモララー選手!!」


ォオオオオオオオオオ!!


( ・∀・)「1着だ………。だがニトロエンジンはスクラップになっちまった。修理する時間も新品を買う金も無い」


o川*゚ー゚)o「2着はハインリッヒ選手!!続けて3着はドクオ選手です!!」

( ・∀・)「ドクオ………それにハインリッヒ……テメーらのツラ覚えたからな」

39 ◆8aac7uEWYg :2017/03/20(月) 14:09:24 ID:ar1vcAtY0
( ゚∀゚)「はいはいスポンサーの皆様ァ!!冷えた高級シャンペンを用意していまーす。どうぞお取り下さいッ!!」
  _
( ゚∀゚)ちら


('A`)おっぱいおっぱい从 ゚∀从つーん


  _
( ゚∀゚)「ドクオ選手」

('A`)「?なんスか?」
  _
( ゚∀゚)「………水飛沫で確認出来なかったが、私は君がモララー選手を妨害したと確信している。本来であれば失格相当の行為だ」

('A`)「あー、アンタを大会の主催者として、僕は敬意を払っている。だがな、」

('A`)「証拠もねーのに難癖つけてんじゃねーぞ、クソ眉ぅ」
  _
( ゚∀゚)「……………」

('A`)「何もねーなら行くわ。次のステージの準備をしないとな」

40 ◆8aac7uEWYg :2017/03/20(月) 14:31:49 ID:ar1vcAtY0
男「Mr.ブラック」
  _
( ゚∀゚)「あの空条ドクオについて何か分かったか?」

男「はい。『入国管理ゲート』に記録(ログ)が残っていました」
  _
( ゚∀゚)「外国人か………。どこのエリア出身なんだ?」

・・・・・・・
男「空条ドクオ選手は閉ざされた島国出身です。」
  _
( ゚∀゚)
「成る程。旧日本国、今は厳格な情報統制の為、謎に包まれている『夕闇列島』か………。確かに彼処は『色々良くない噂』を聞く」
  _
( ゚∀゚)「ありがとう。引き続き調査を頼む」

男「かしこまりました」






( ^ω^)「にぃぢゃにぃぢゃ、いよいよだお」

( ^ω^)「ああホライゾン。次のステージで2人を消す」

41 同志名無しさん :2017/03/21(火) 12:23:00 ID:fCicG/qo0
面白いじゃん

42 同志名無しさん :2017/03/21(火) 17:36:16 ID:LksCgzpI0
海上レースは想像するだけでも絵になるな

43 ◆8aac7uEWYg :2017/03/21(火) 19:51:47 ID:qd8k4F6Q0
#4 磁力 その①

从 ゚∀从「………お湯を入れて15分。袋がパンパンになっている事を確認し、封を開けると、」

从* ゚∀从「どジャーン!!チキンライスの完成でーす」


船旅は長旅だ。時には海のど真ん中を何日もかけて走らなくてはならない。

必然的に長期保存が可能な携帯食料や不足しがちなミネラルやビタミンを補うサプリメントが好まれる。


从* ゚〜从「ケチャップ旨ぁ!」むちゃむちゃ

从 ゚∀从ちら


ハインは少し離れて走行しているドクオをなんの気ナシに見た。

彼もまた船の甲板で食事をしていた

44 ◆8aac7uEWYg :2017/03/21(火) 19:53:13 ID:qd8k4F6Q0
('A`)「カ・ツ・オのッ!!叩きっ?」

('A`)「玉ねぎをスライスしてぇー!ネギをたっぷり乗せてえー」

('A`)「ゆすポン酢におろししょうがをたっぷり溶かしてぇー」

('A`)「頂きます」パクっ

(*'A`)「んまぁーい。薬味とポン酢が鰹の臭みを消し且つ鰹の旨味を押し上げているッ!!玉ねぎのシャキシャキって音も面白いッ」


ピィー……ガガ……


从 ゚∀从「おいドクオ何してんだよ。食事に手間と費用をかけ過ぎじゃないか?」

('A`)「君は食事は空腹と栄養が補えればと思っていないかい?ノンノン。食事とは目と耳で楽しみ、鼻で頬張り、そして口に入れ味合う。それは一種の『芸術』なんだ。」

('A`)「僕は多少の装備は犠牲にしても食品関係を充実させたい。それに今回使ったのは野菜と調味料だけ。鰹はさっき吊り上げたんだ。まだまだあるよ美味いぞ?」

从; ゚ -从ゴ、ゴクリ

('A`)「あれ?もしかして食べたい?でもタダじゃあげれないな?」

('A`)「ねえ、おっぱいみーせて「死ねッ!!」ガチャ

('A`)「ありゃりゃ無線切られちゃったよ」

45 ◆8aac7uEWYg :2017/03/21(火) 19:55:23 ID:qd8k4F6Q0
(□'A`)ひゅ〜んべちゃ

('A`)「あん?なんか張り付いた?でも何もねえな」


ドクオは風の吹いている方向に顔を向けた。

そこには一艘の船がドクオ達の船に近づいていた


(* ^ω^)「にぃぢゃ♡にいぢゃ♡お尻凄いよ!すごく吸い付いてる最高だおッ!!」

(* °ω°)「オ"ッ♡オ"ッ♡ヤッベ♡いつも馬鹿にしている弟にガン掘りされてケツアクメ感じてるッ!!」

(*;°ω^)「にいぢゃ!イキそうだお!」

(* °ω°)「いい!腸内(ナカ)に出していいからッ♡俺をイキ殺してくれッ!!」

(*  ω )「イグイグイグゥ!!!!!!!」

(* °ω°)「オ"ッ♡アッ--------ッ!」

46 ◆8aac7uEWYg :2017/03/21(火) 19:57:17 ID:qd8k4F6Q0
(||'A`)「オエッ!さっき食ったもん全部出そう」

('A`)「………つーか、あれはブンブーン兄弟。『殺し屋』の2人が何故ここに………?」

('A`)そ

(;'A`)「マズイ!狙いはハインの持つ『赤石』か!!」


その頃、ハインの船でも『異常』が起こっていた。


鰹「…………」(一部切り取られている)┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙

47 ◆8aac7uEWYg :2017/03/21(火) 19:58:43 ID:qd8k4F6Q0
从; ゚∀从「なんだ?アイツ、食べかけの鰹を丸々寄越しやがった。これを嬉しく食べると思うのか?行動が読めん」


ひょーーー


从; ゚∀从「何だ?」


不気味な音の方向に顔を向けると『刺身包丁』がハインに向かって真っ直ぐ飛んできた。。


从; ゚д从「ふぉおおおおお!」


間一髪で避け、包丁は船の欄干に刺さった。

次の瞬間、炸裂音を響かせ、包丁と欄干は破壊された。


从; ゚∀从「ま、マジか……」


ピィー………ガガ………

48 ◆8aac7uEWYg :2017/03/21(火) 20:00:00 ID:qd8k4F6Q0
(;'A`)「ハイン、聞こえるか?今すぐ舵を取れッ!!『出来るだけ俺達の船を離すんだ』ッ!!」

从; ゚∀从「ドクオ!何が起こっているんだ!?」


2艘の船はいつの間にかどんどん距離を縮め、衝突しそうになっていた。

食器やロープ類など宙を舞い、お互いの船に行き来する。

物体同士がぶつかると、時たま花火の様に爆発が起きた


(;'A`)「遅かった……。ハイン!!錨を降ろせッ!!ぶつかったら、俺達は終わりだッ!!」

从; ゚∀从「ドクオッ!!」

(;'A`)「…………僕の話を聞いてくれ……」



『人間の未知の領域についての話だ』

49 同志名無しさん :2017/03/21(火) 21:41:00 ID:fCicG/qo0
のっけからカオスだな

50 ◆8aac7uEWYg :2017/03/23(木) 13:41:51 ID:xDyhyZ/w0

#5 磁力 その②

「無」から「有」は生まれないという表現がよくされる。


しかし現代の物理学では全く何も無い「無」=「絶対真空」の中で、極小の『素粒子』と云う粒子が生まれる。

素粒子の特徴として、エネルギーになって突然発生したり、突然消えたりする。

引力や質量の発生は素粒子のエネルギーが原因だ。
つまり無から有を生み、「無」とは「可能性」の事を指す※。

※第10巻より抜粋



そして、それは『人間にも同じ事が言える』

51 ◆8aac7uEWYg :2017/03/23(木) 13:44:26 ID:xDyhyZ/w0
从; ゚∀从「なんだ?何の話をしている?」

(;'A`)「僕達が直面している『危機』の話だ。」

(;'A`)「よく聞け。あいつらはブンブーン兄弟。右の立っているのが弟のホライゾン・N・ブンブーン。左の尻を上げて震えているのが兄のホライズン・N・ブンブーンだ」

从; ゚∀从「事後の余韻じゃねぇか。ヤバイな」

(;'A`)「ヤバイのは奴らの性癖じゃない。兄弟の職業は殺し屋で他の人間には無い『恐るべき能力』を持っている」

('A`)「それは手品や技術と言ったチャチなもんじゃあない。それ以上の力を誇る。それは『人の心の闇』を具象化したモノだ。」

('A`)「ブンブーン兄弟は自分達の能力を『磁力』と呼んでいる」

从; ゚∀从「………超能力みたいなもんか?とても信じられないが……」

('A`)「僕もただの作り話だと思っていた。だが、『話は本当だった』。」

('A`)「僕らの磁力は強くなり過ぎた。さっきから掴んでいる欄干から手を離せば、僕は空中を飛び、君の方に飛んでいくだろう」

52 ◆8aac7uEWYg :2017/03/23(木) 13:51:08 ID:xDyhyZ/w0
ドクオの虹彩は薄っすらとではあるが、この『現象の正体』を写し取っていた

ドクオ達の体、船に夥しい程の『シール』が貼られていた。赤と青のシールがあり、シール同士が引力を持って引きあっているようである。

同じ色のシールは何も起こらないが、『赤と青のシールが重なると破壊が起こる』ようだった。

先程から花火の様に宙で物体が爆発するのは、その為である。

('A`)(僕の眼にも見えるなら『素質』があるはずだ。問題は対抗策ができる前に死んじゃうかもって事だけど………)


ピィ……ガガガ…


『………ドクオ…………ドクオォ………」


('A`)!?

53 ◆8aac7uEWYg :2017/03/23(木) 13:53:57 ID:xDyhyZ/w0
( ^ω^)『良いザマだなぁ、ドクオ』

ホライズン・N・ブンブーンは船の無線機からドクオに呼びかけた。

余った手で弟の下腹部を弄っている

『その声はホライズンか?ホモデブはやる事が陰湿でかなわねえなぁ」

( ^ω^)「おぅふ。お前の薄汚い目には脂肪と筋肉の違いも分からないんだなぁ。まぁいい。おい、ドクオ」


( ^ω^)〈助かりたいか?〉

『どういう意味だ?』

( ^ω^)「言葉の通りだ。俺達は全く知らない者同士じゃあない。顔馴染みの『同業者』だ。」

( ^ω^)「だお。ドクオも分かっているはずだだお」

( ^ω^)【青^ω^赤】(^ω^ )
「「お前じゃあ俺達の『磁力』には勝てない」」

ブンブーン兄弟の間に現れた『幽霊のようなモノ』は赤と青のシールがペラペラと重なっていて、それが人の形を成していた

54 ◆8aac7uEWYg :2017/03/23(木) 13:55:48 ID:xDyhyZ/w0
( ^ω^)「その女を差し出せばいい。俺達と協力して、その女を殺し、赤石を奪えばいい。」

( ^ω^)「一言でいい。協力すると言えば助けてやる」

『本当か?本当に助けてくれるんだな?』

( ^ω^)「ああ、本当さ。だから言えよ」

55 ◆8aac7uEWYg :2017/03/23(木) 13:56:47 ID:xDyhyZ/w0





('A`)「だが断る」

56 ◆8aac7uEWYg :2017/03/23(木) 14:03:24 ID:xDyhyZ/w0
( ^ω^)「」

『メリットがねぇな。僕はお前らにハインを渡さないし、何よりお前らは僕がぶち殺す』

( ^ω^)「そうかい。残念だよ」


ブンブーン兄弟の幽霊のようなモノから何枚かのシールが飛び出し、脇目も振らずドクオの船に向かっていった。

シールは欄干に付着し、破壊した。


(;'A`)「おおおおっ!!」


支えていたモノは無くなり、無様に宙を滑空し、ドクオはハインの船に転がるように落ち、磁石の様にハインの身体にくっついた。


从; ゚∀从「ドクオ!!ヤバイぞッ!!何も見えないけど、とにかくヤバイッ!!見えないのにッ!!今にも爆発しそうに熱いッ!!」


その通りだった。ドクオとハインが密着したことにより、間のシールが今にも爆発せんとばかりに煙を噴いていた


(* ^ω^)「にぃぢゃ爆裂するお!あいつらのぶち撒けた腸を塗りつけて交尾しようお!!!」

57 ◆8aac7uEWYg :2017/03/23(木) 14:05:51 ID:xDyhyZ/w0
( A )「………」

ドクオは静かだった。二人の体勢は抱き合うような形であり、且つドクオの顔がハインの胸に埋まるような形だった

('A )(固い………サラシで巻いてるから当然か……だがやはり感じる。グツグツと煮えたつマグマみたい『おっぱいの波動』を感じるッ!!)

( A )スーッハーッ!!

( A )(これが乳の匂い………甘ったるい雌のかほり…………)

( A )「…………アアア………」

(# A )「ああああああああああああああああああああああああああああああああ」


ズダァアアアン!!!


 ^ω^)「にいぢゃ?」


( ^ω::::::::ビチャビチャビチャ

58 ◆8aac7uEWYg :2017/03/23(木) 14:10:04 ID:xDyhyZ/w0
ホライズン・ブンブーンの左半身が『消し飛んでいた』

傷口から残った内臓と体液がドロリと流れて兄弟の船を汚した


メ;^ω^)「にぃぢゃああああああああ!!!僕の右腕がぁああああああ」


ホライゾン・ブンブーンの右腕もホライズンと同じように消し飛んでいた


「惜しかったな。うまくいけば、2人とも殺せてたんだが」


从; ゚∀从「ドクオ……お前………」

59 ◆8aac7uEWYg :2017/03/23(木) 14:17:56 ID:xDyhyZ/w0


 ('A`)
( 夕 )┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙
| |


正直に描写しよう

ドクオの男性器が「長さ30cmのロングバレルに膨張し」、放たれた白き弾丸、そう「白き弾丸」がブンブーン兄弟を破壊したのだ。


('A`)「………人はどうして争うのだろうな?空はこんなに青いのに………」

从 ゚∀从「いや賢者モードに入ってんじゃねーよ」


「ドクオォオオオオオオオオオッ!!!」

60 ◆8aac7uEWYg :2017/03/23(木) 14:19:59 ID:xDyhyZ/w0
メ;#°ω°)「絶対に許さねぇ!!貴様の血管をぶち切って殺してやるおッ!!復讐してやるッ!!」

メ;#°ω°)「お前がやった事は13枚の銀貨でキリストを売ったユダにも劣る行為だお!!『これから多くの刺客がハインの赤石を狙うからなッ!!』覚悟しとけおッ!!」

从; ゚∀从「何だって?どういうことだ?」

(A` )「聞く耳なんて持たなくていい。磁力の効果も無くなった。ハイン、先を急ごう」びたんびたん

从*つ∀从「早く下を隠せよぉ〜〜〜〜」


>>>>>>>TO BE CONTINUED>>>>>>>>

61 同志名無しさん :2017/03/23(木) 19:04:21 ID:JbEvA.CU0
びたんびたんで堪えきれなくなったコーヒー返せ

62 同志名無しさん :2017/03/23(木) 20:17:16 ID:Qr9CsMwI0
純粋な熱く滾るバトルを見れると思っていたこの純情をどうしてくれる

63 同志名無しさん :2017/03/23(木) 20:42:16 ID:5xbz...o0
お前どうしてくれるんだよ早く続き出せよ

64 同志名無しさん :2017/03/24(金) 00:24:04 ID:Ll/YlEwk0
>>62
熱く滾るバトル(意味深)

65 同志名無しさん :2017/03/24(金) 03:21:54 ID:9BB6fyTc0
なんかGS美神を思い出した

66 ◆8aac7uEWYg :2017/03/24(金) 14:05:48 ID:FaI2r0HE0
#6 2st.stage到着〜或いは幕間〜

ーーーー執務室ーーーー

テレビ「食欲だけじゃなく、性欲も満たしたいんですかー!?///」

テレビ「アホか!」

「ハハハハ」


<ヽ ∀ >「失礼します。」

<ヽ ∀ >「ブンブーン兄弟が失敗しました。兄のホライズンは死亡。弟のホライゾンも重傷を負っています。ハインリッヒ・ブルー、空条ドクオは依然レースをつづけています」

67 ◆8aac7uEWYg :2017/03/24(金) 14:07:40 ID:FaI2r0HE0
テレビ「滅びろッ!!エ○マッ!!」

「今、旧時代の『あにめ』を見ているんだ。日本と言う、今は夕闇列島と呼ばれている国の作品でな。OLとメイドに扮したドラゴンの話なんだが、いやぁ面白いぞ」

「このトー○というドラゴンは献身的で可愛いし、カ○ナちゃんのキャラデザは胸とお腹がひとつながりで描かれているところが幼女はぁはぁでブヒれるし、ルコ○は痴女とおっぱいと僕っ娘で○ルマは尻がエロすぎてやばい」

「もう全部可愛くて勃起もんやでえ。私にはチン○ついて無いんだけどなガハハハハハ」


<ヽ ∀ >


「んんん。上司の話には何らかのリアクションをするべきだ。それが社会人としての務めだと思わないかい?」


<ヽ ∀ >「3rd.stage『霧隠れの海』には私が雇用した『海賊』がいます。彼らに『赤石』の回収と2人の抹殺をやらせます」

68 ◆8aac7uEWYg :2017/03/24(金) 14:09:28 ID:FaI2r0HE0
「……………西暦2059年。南極大陸の氷が溶け、大地は海に飲み込まれ、それに伴う異常気象は人類に牙を剥き、多くの命を奪った。」

「俗に言う世界浸水により、世界の総人口の半分以下まで減少したが、人類は生き残っている」

「41年経った今、私達には『世界を救う使命』がある」

「良い返事を期待してるよ。 ニダー・プラチナくん♪」

              
ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ<ヽ`∀´>ゴ ゴ ゴ ゴゴ ゴ ゴ


<ヽ`∀´>「承りました。仰せの通りに。」

<ヽ`∀´>『大統領閣下』

69 ◆8aac7uEWYg :2017/03/24(金) 14:10:41 ID:FaI2r0HE0
ーーー2nd.stage 新太平洋海域B21エリアーーー


『2nd.stageゴーーーールッ!!1着はモララー・ブランドーッ2着はチャック・ノリスッ!!3着は……………」



从; ゚∀从「くっそう。ゴールまで後1000マイルなのに………もう陸地は見えてんのに……」チッチャクシカイエナイケド…

从; ゚∀从「風が弱いな………俺達、きっと亀より遅いぜ」

('A`)「そのうち風が吹くさ。今は待つしか無いよ。」

('A`)
「それに3rd.stageから4th.stageは圧倒的に行程が長い。これからは『悪霊の住処』で名高い<<霧隠れの海>>に行くんだ。そこをモララー達より抜きんでたら優勝も射程範囲だ」

从 ゚∀从「詳しいんだな」

('A`)「………君、家電製品を買っても説明書読まないタイプだろ。全部ルールブックに書いていたよ」

从; -∀从「おうおう、ご丁寧なこって」

70 ◆8aac7uEWYg :2017/03/24(金) 14:12:45 ID:FaI2r0HE0
从 ゚∀从「………その、身体は大丈夫なのか」

('A`)「………馬並みに怒張した男性器も通常に戻ったし、さっき君が見てない所で自慰をしたけど問題なく射精出来た」

('∀`)「え?何?心配してくれてんの?」

从 ゚∀从「………一応助けてもらったからな」

(*'∀`)「え、じゃあおっぱい見せ从 ゚∀从「それとは話が別だ」

从 ゚∀从「あとお前手洗った?もし洗ってないなら早くやれ。その手で俺はもちろん俺の船に触ったら真顔でお前を殺す」

(*'∀`)「え?臭くないよむしろフローラ从 ゚∀从「黙れ早くやれ」はーい」

71 ◆8aac7uEWYg :2017/03/24(金) 14:14:20 ID:FaI2r0HE0
从 ゚∀从「手洗った?」   ('A`)「うん」

从 ゚∀从「じゃあ本題に入ろう。」

从 ゚∀从「『お前らは何なんだ?』」

('A`)「………質問は抽象的だな?何が聞きたい?」

从 ゚∀从「あのホライゾンって男……。俺の家宝を狙ってきた。そして、最後にこれからも刺客を送ってくるとも……」

从 ゚∀从「アンタも最初は俺の家宝の『ペンダント』を狙ってきた。目的は何だ?なぜ皆これを奪おうとする?」

('A`)「その前に僕も確認したい。ハインにとって、『赤石』をどのように認識している?」

72 ◆8aac7uEWYg :2017/03/24(金) 14:32:13 ID:FaI2r0HE0
从 ゚∀从「これは俺の家に先祖代々から伝わる家宝だ。ブルー家を継ぐ者はこの家宝は未来永劫守っていく。それが『誇り』だと教えられた」

(つA`)「ふーん、そっか」ゴシゴシ

('A`)「俺も詳しくは知らない。受けた依頼は『ハインから赤石を奪う』『レースに参加して、それらを集める』事がだったからな」

  ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

从; ゚∀从「………今お前何て言った?『集める』って?」

('A`)「………ああ。赤石は『7つ』ある。このレースに参加して赤石を全て集めろって言われたよ。前金もたくさん貰ってなぁ。えらく金払いのイイ客だったよ」
      ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

73 ◆8aac7uEWYg :2017/03/24(金) 14:33:17 ID:FaI2r0HE0
从; ゚∀从「その、依頼人は誰なんだ?」

(つA`)「さぁ。名前は聞かない主義だしね。」ゴシゴシ

(つA`)「だが顔と体型は分かる。『エラが張っていて、筋肉モリモリのマッチョ』さんだ」」グシゴシ

从; ゚∀从「………さっきからなんで右眼を掻いている?」

(つA`)「なんか、さっきから痒いんだよねー」グジグジ

从; ゚∀从「気をつけろよ。基本的な知識はあるが、私は船医じゃあない。航海で1番怖いのは医者も居ない状況で病気になる事なんだぜ」

74 ◆8aac7uEWYg :2017/03/24(金) 14:33:59 ID:FaI2r0HE0
('∀`)「………なになに?心配してくれるの?」

从 ゚∀从

(;'∀`)「……………?」

从 ゚∀从「顔はお世辞にもイケメンとは言い難い。どっちかつーとブサイクだ。おまけに性癖を拗らせてすこぶる気持ち悪い。普段なら視界に入れたくないぐらいだ」

(;'∀`)「おっほう、ボロクソ〜。知ってた?僕だって傷つく事があるんだぜ」

从 ゚∀从「たが、あの危ない状況で私の命を救った。その事には凄い感謝をしている。そして、これは俺の勘だが、アンタは悪人じゃない」

('A`)「…………」

('A`)「……僕は悪党さ。お金目当てで何人もの命を奪ってきた。」

从 ゚ -从「………そうかい…………」

75 ◆8aac7uEWYg :2017/03/24(金) 14:37:05 ID:FaI2r0HE0
从 ゚∀从「なぁ、アンタの事を教えてくれよ。俺はアンタの名前しか知らない。「空条」ってのはファミリーネームなのかい?」

('A`)「………僕の事なんか聞いても面白くな从 ゚∀从「面白いかそうでないかは、俺が判断する」

('A`)

('∀`)「僕は夕闇列島って国で生まれ育ったんだ。」

('∀`)「国って言っても世界浸水の所為でさ、1つの町みたいな大きさしか無いんだ。その小さな町でお互い身を寄せ合って暮らしている」

でも幸せだったよとドクオは言う。

('∀`)「空条家は『芸術家』の家系でね、父さんや母さん、兄貴達や小さい妹達もみんなアートを嗜んでいる」

その時、ドクオ達の頭上で一陣の風が吹いた。

今まで凪の状態だったが、どうやらそれも終わり、船を走らせるには丁度いい風量だった

('A`)「ハイン、帆を張ろう。この風を逃す手は無い」

从 ゚∀从「アイアイサー」

2人は錨を上げ、舵を切り、船を走らせる。

目指すは3rd.stage 『霧隠れの海』へ


>>>>>>>TO BE CONTINUED>>>>>>>>

76 ◆8aac7uEWYg :2017/03/24(金) 14:39:35 ID:FaI2r0HE0
スタンドデータベース ①

【青^ω^赤】

能力名:ダーティ・ワーク

本体:ブンブーン兄弟

赤と青のシールがペラペラと折り重なった人型スタンド。

シール同士が引き付け合い、赤と青のシールが重なると破壊が起こる。

兄弟は自分達の能力を他人に説明する時に、簡潔に磁力と読んでいる。

元ネタは人気タレントのブル○ンちえ○さんのネタのBGM

因みに筆者がこの歌での好きな歌詞は、

Somebodies gotta do it
『誰かがやらなきゃいけない』

So we're getting into it
『だから俺がやる』

とい部分。

77 同志名無しさん :2017/03/24(金) 20:37:05 ID:uAi6ufKM0
おつ
ジョジョまだ5部までしか読んでないや

78 同志名無しさん :2017/03/26(日) 12:01:47 ID:M1FP3inU0
これ面白い

79 ◆8aac7uEWYg :2017/04/02(日) 01:40:52 ID:nJXpCzBk0
ーーー3rd.stage 霧隠れの海ーーー


从;゚∀从(な、なんで………)

手下1「げっへっへっへ」

手下2「ウヒヒヒヒヒヒヒ」

从;゚∀从(どうして………?)


「ようこそッ!!」


手下1・手下2「『船長』ッ!!」


爪'ー`)「我が『海賊船』、ジョン・ホーネスト号へ」



┣゙┣゙┣゙┣゙爪'ー`)┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙


.

80 ◆8aac7uEWYg :2017/04/02(日) 01:42:33 ID:nJXpCzBk0
从;゚∀从(状況を整理しよう。俺達は結局2nd.stageは5〜6位で到着し、すぐに3rd.stageに入ったんだ。この霧隠れの海ってのは、その名の通り本当に霧の濃い海域で、俺達はゆっくりと進路を確かめながら船を進めていたんだ)

从;゚∀从(3rd.stageを3000マイル進んだあたりで、いきなりデカイ船が現れた。それが海賊船で、俺達は拉致られて拘束されている。)

爪'ー`)「ハハハ。私はジョン・ホーネスト海賊団の船長、フォックス・ワシントン・フェアルフェローだ。以後お見知りおきを。」

爪'ー`)「ミス・ハインリッヒ。これから、いくつかの質問をする。全て正直に答えて頂きたい。でなければ、」

爪'ー`)「質問が拷問に変わってしまう。私はそんな残酷な事はしたくない」

爪'ー`)「少し私の話をしようか。人と人が繋がり関係を成していく中で、一体何が重要だと思う?」

爪'ー`)「『正直』である事さ。偽りの無い真実を持って接してくれたら、それで十分だ。」

爪'ー`)「逆にいえば『嘘を付く』というのは重罪だ。相手に敬意を払っていない。乱暴な言い方をすれば、ナメているという事だ」

爪'ー`)「例えばだ。以前、私の子分が財宝庫から少しばかりのお宝を盗んだ。でだ、私はその子分にお宝を盗んだ事を今の様に聞いた。私は許すつもりだった。私も過去に盗みを働いた事がある。正直に話したら、罪を許すばかりか、多少の小遣いをあげていただろう。何せ金を盗む理由のほとんどは遊ぶ金欲しさだからな」

爪'ー`)「たが子分は私に『知らない』と嘘をついた。子分は私をナメたんだ。」

81 ◆8aac7uEWYg :2017/04/02(日) 01:43:46 ID:nJXpCzBk0
爪'ー`)「三日三晩頭を殴り続けたら、最後は脳味噌がペースト状になっていたよハハハハハ」

爪'ー`)「今の話をよく吟味して答えてくれ」

爪'ー`)「君の『赤石』はどこだ?」

从;゚∀从(こいつ、やはり私の家宝を狙っている。どうする?もし嘘がばれた場合、私はきっと殺される。だけど絶対に渡す事は出来ない。)

从 ゚∀从(ここは時間稼ぎだ。時間を待ちドクオからの救出を待つ)

从 ゚∀从「………そんなものは持っていない。あんたらの勘違いだ………」



从:゚U从バチィ ̄ ̄ ̄ ̄Z_____ン


.

82 ◆8aac7uEWYg :2017/04/02(日) 01:45:54 ID:nJXpCzBk0
ハインがフォックスに嘘を付いた瞬間、『金属で出来た物体』がハインの舌先を貫いた。

金属は形を変え、舌を輪っかが貫き、輪から金属が伸びる形になった。金属の先は矛のような、矢印のような形になっており、さながら、それはまるで『錨』のようだった。


从:゚U从「ンッーーーー!!ンッーーーー!!」

从:゚U从(何だッ!?『舌が下に引っ張られるッ!!!』)

从:゚U从(まるで、舌に『重り』がついているみたいだ。)


カチ爪'ー`)y- シュボ


爪'ー`)y-「君には今どんな状況か分かっていないだろ?そーゆーのは公平性に欠けるからな。初心者にも分かるように言ってやる」

爪'ー`)y-「これから話す事は私達海賊に広く伝わる話だ。」

83 ◆8aac7uEWYg :2017/04/02(日) 01:48:09 ID:nJXpCzBk0





昔、海には『悪霊』が住んでいた。



.

84 ◆8aac7uEWYg :2017/04/02(日) 01:49:25 ID:nJXpCzBk0
爪'ー`)y-「悪霊は強靭な魂を持つ者に自らと比肩する者とした『呪い』をかけたんだ。悪霊に呪われた者は不幸になる。しかし代わりに『呪いの力』を使えるようになった」

爪'ー`)y-「人間の心の闇が絵画や映像の様に映し出されるヴィジョン。ヴィジョンが傷つけば本体も傷つき、酷ければ死ぬ」

爪'ー`)y-「呪いは『いつでもそばにいる』」

爪'ー`)y-「呪いを幸福に変えるにはその運命に『立ち向かわなくてはならない』」

爪'ー`)y-「その能力を知る者は呪いの事を『スタンド』と呼ぶ」


フォックスにしか見えない錨のヴィジョン。

しかし、それは確かな質量としてハインの舌に耐え難い苦しみを与えていた。

85 ◆8aac7uEWYg :2017/04/02(日) 01:50:32 ID:nJXpCzBk0
爪'ー`)y-「舌がちぎれそうかな?私の『錨』は私の質問に対して、嘘を付いた時に発動する。」

爪'ー`)y-「誠に残念だよ。質問はすでに拷問に変わっている。君は私をナメたんだ。その報いは受けてもらう。手始めにそのだらしなく伸びた舌に煙草の火を押し付けるか。」

フォックスは口に咥えていた煙草の火をギリギリまでハインの舌に近づける。ハインは熱で舌の粘膜がチリチリするのを感じた。

爪'ー`)y-「ん?」

86 ◆8aac7uEWYg :2017/04/02(日) 01:51:59 ID:nJXpCzBk0
フォックスはハインの首回りに紐のような物を見つけた。

ハインの髪で分からなかったが、彼女が舌の重みで頭を垂れた事により、うなじが露わになった。

その為、『ネックレスの紐』が見えたのだ。


爪'ー`)ブチブチ


フォックスはハインからネックレスを奪った。

それはは六角錐の形で赤く輝く宝石だった。

87 ◆8aac7uEWYg :2017/04/02(日) 01:52:36 ID:nJXpCzBk0
爪'ー`)「これが『赤石』か。意外と普通だな。まぁ、真偽はすぐに分かる」

爪'ー`)「これはある人から聞いたんだが、赤石は非常に特殊な鉱物らしくてな、主な特徴として光や火に近づけると、石の中で乱反射を繰り返し、何倍も光量を増大させるそうだ。」

爪'ー`)「その様は一種の太陽の様だってよ」


フォックスは赤石を側にあった蝋燭の火に近づけた。

ジリジリと言う音が静寂の中、確かに響く。そして、

88 ◆8aac7uEWYg :2017/04/02(日) 01:53:27 ID:nJXpCzBk0




赤石「割れるんやで」パリンッ




.

89 同志名無しさん :2017/04/02(日) 02:15:39 ID:LsYi2Rl60
…っええ……

90 同志名無しさん :2017/04/02(日) 10:23:01 ID:IMSnZhY20
どういうことだってばよ

91 同志名無しさん :2017/04/02(日) 11:50:09 ID:J.lLi5S20
本人の投下だよなこれ…?

92 ◆8aac7uEWYg :2017/04/03(月) 01:09:09 ID:h5TXvNMc0

爪 ー )ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

爪 ー )「お前、ルーペ持ってたろ。財宝を鑑定する用の。すぐに持ってこい」

手下の1人が程なくしてフォックスにルーペを渡した。

フォックスはそれを使い、割れた赤石を入念にしらべる。その結果、

爪'ー`)=3「ふー…………。よく出来ているが、イミテーション………つまりは『偽物』だ。」

93 ◆8aac7uEWYg :2017/04/03(月) 01:10:02 ID:h5TXvNMc0
爪#'ー`)「ミス・ハインリッヒ?これはどういう事かな?」

从; ∀从ソンナ……ウソダ……アレハブルーケガダイダイマモッテキタ……デモ、ニセモノ……


ハインは酷く狼狽えていた。ブツブツとうわ言を繰り返し大粒の汗と涙を流している

彼女の舌に刺さっていた『錨』はいつのまにか消えていた


爪'ー`)「嘘は言っていないみたいだな。どうやらお互い見当違いをしていたみたいだ。君が守っていたものは、パチモンの石コロって訳さ」

爪'ー`)「さて『真実を雄弁に述べた事』に免じて命は助けてやろう。だが無駄足を踏ませた報いは受けてもらう。」


爪'ー`)「君は私を含め、船員の慰み者になって貰おう。」

.

94 ◆8aac7uEWYg :2017/04/03(月) 01:11:01 ID:h5TXvNMc0
フォックスの発言を切っ掛けに手下達が色めき立つ。

心ここにあらずといった感じのハインも、これには声を荒げた


从#;∀从「ふざけんなぁッ!!死ねェ!!ドクオッ!!!ドクオォオオオオオオオオオ!!」

爪'ー`)「君の連れだが、最初から彼には死んでもらう予定だ。」

95 ◆8aac7uEWYg :2017/04/03(月) 01:11:51 ID:h5TXvNMc0
爪'ー`)「私の部下に腕っ節の強い男が居てね。名前は梅毒山 ホモ太郎という。」

爪'ー`)「彼は30回腹部を殴った後、100回ばかりアヌスの臭いを嗅ぐ。」

爪'ー`)「でだ、気の済むまでセックスを楽しんだ後、首を掻っ切る。そうしないと満足出来ないらしい」

爪'ー`)「部下の射精管理も船長の仕事だ。だからもう、君の連れは君を助ける事は出来ない。」

爪'ー`)「状況が分かった所でズボンを脱ぎましょうねー」ヌガシヌガシ

从#;∀从「やめろぉおおお!」

爪'ー`)「次叫んだら、目と舌を切り取るぞ。んー…………?」

爪*'ー`)「ふふ。君けっこう毛深いんだね。おーい、剃刀とシェービングクリームを持ってこいッ!」

从 ;∀从「ああああああああああああああああッ!!!」

96 ◆8aac7uEWYg :2017/04/03(月) 01:12:53 ID:h5TXvNMc0
場面は変わり、


ーーーーー船内・倉庫室ーーーー



(; A )うっ……ごふ………

ホモ太郎「すっーはっーすっーはっー」

ホモ太郎「良いわッ!アンタすっごくイイッ!!」

ホモ太郎「アタイ、久しぶりに昂ぶってきちゃった!燃えるようなプレイが出来そうね」

ホモ太郎「OOH!!クソ濡れ祭りよッ!メスイキさせてやるッ!!アンタの前立腺ぶっ壊して精液タレ流しにしてやるッ!!!!」

97 ◆8aac7uEWYg :2017/04/03(月) 01:13:46 ID:h5TXvNMc0
(; A )「や、僕はどうなってもいい。ハインは、一緒に居た女は助けてやってくれ。頼む。」

ホモ太郎「………まあ命は大丈夫なんじゃない?ウチの船長は海賊の中では紳士的な方だし。」

ホモ太郎「でも、たぶん輪姦されるわよ。船の男達は年がら年中プッシーの事しか考えてないし」


(; A )


( A )「は?」


.

98 ◆8aac7uEWYg :2017/04/03(月) 01:14:43 ID:h5TXvNMc0
( A )「それはハインのおっぱいも弄ぶって事か?」

ホモ太郎「当たり前じゃない。おっぱいどころか全身汚されるわよ」

( A )

('(#°A°)「ふざけるなよキサマアアアアア!!!!この拘束を解けエエエエッ!!」

ホモ太郎「ハン。アンタはアタイのおもちゃになって最期には首を掻っ切られるのよ。」

('☆(#°A°)「殺すぅううううううううハインに手ぇ出す奴は殺してやるううううううううう!!!」

99 ◆8aac7uEWYg :2017/04/03(月) 01:15:34 ID:h5TXvNMc0
ホモ太郎「…………興が冷めたわ。もう死ね」


ホモ太郎はサーベルを振り上げると、ドクオの喉元目掛けて一気に振り下ろす。


(#☆A°)「アアアアアアアアアアアアアアアッ!!!」


ホモ太郎「ッ!!?その『右眼』は!?」



どぴゅう!!!



.

100 ◆8aac7uEWYg :2017/04/03(月) 01:17:04 ID:h5TXvNMc0
爪*'ー`)「ふー、終わったー」

爪*'∀`)「つるピカはげマ○コの完成でーす」

从 ;∀从「ぐっ………うっ……ひっく……」

爪*'ー`)「君、こーゆーのは初めて?もし、そうなら嬉しいな」

爪*'ー`)「初めての相手はこのフォックスだ!」


フォックスは自身の男性器をハインの膣口にあてがった


爪*'ー`)「あんまり濡れてないけど、どうせすぐにドロドロになるよ」



ミリっ…………


.

101 ◆8aac7uEWYg :2017/04/03(月) 01:18:28 ID:h5TXvNMc0
(#☆A°)「オラァアアアアアアアアアアア!!!」ドッガアアアアアアアアアアア!!


('☆`)どぴゅっ!どぴゅっ!どぴゅっ!


『それは』瞬く間にフォックスの手下達を射殺した。


「オラァアアアアアアアアアアア!」

(#☆A°)==つ メ) 'д`)。:::・゜:・゜::・。


        ゴシャアアアアアアア!!

.

102 ◆8aac7uEWYg :2017/04/03(月) 01:19:49 ID:h5TXvNMc0
爪メд`)ガッ……ハァ……

(☆A°)「ハイン、大丈夫か?何もされてないか?(あっ、上の方は服着てるじゃんおっぱい見れない………(泣) )」

从 ;∀从「ドクオォ………ドクオおおお」

(☆A°)「僕の上着とシャツで下を隠せ。」ヌギヌギ……ポス

从 ;∀从「………ひっく……ドクオが全裸になっちゃうよぉ」

(☆∀°)「知らないのか?男の正装は全裸なんだぜ。」

103 ◆8aac7uEWYg :2017/04/03(月) 01:21:52 ID:h5TXvNMc0
(☆A`)「安心しろ。僕が来たからにはもう安心だ」

从 ;ー从「……ばぁか………」

爪メー )「……おい、お前がここに来るまでに子分達が居たはずだ。」

(☆A`)「殺した。1人残らずな。」

爪メ ー )「そうかい。まあ海賊だしな。いつ死んでもおかしくない稼業だ。」


爪#'ー`)「甲板〈デッキ〉にでろ。怒りで気が遠くなったのは初めてだ。」


('☆(☆A`)「屈辱的に殺してやる。僕達に手を出した事を後悔しろ」


>>>>>>>TO BE CONTINUED>>>>>>>>



.

104 同志名無しさん :2017/04/03(月) 03:33:57 ID:gauAO9Xg0
乙!

105 同志名無しさん :2017/04/03(月) 08:00:04 ID:ubf1mdLs0
真面目に読んではいけない作品だということはわかった

106 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:14:16 ID:olrAes.Y0
#8 正直者のジョン その②

彼らは甲板に出ていた。

その周りをフォックスの手下達が取り囲む。

だが手下達は手を出さないし、出せない。

海賊団の半分の人員はドクオによって倒された

生き残った有象無象はドクオと自分達の実力差に完全に腰が引けていた。

107 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:15:21 ID:olrAes.Y0


爪'ー`)「お前、なんでチン○が無いんだ?」

(☆A`)「…………」


ドクオの下半身にはついてて然るべきの陰茎と睾丸が『ついていなかった』。

・・・・・・・・・・・・・・・・
まるで人形の様につるんとしている



┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙('☆`)┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙



フォックスは次にドクオのそばに寄り添うヴィジョンを見た。

見た目はオーバーコートを着た男性。

質感はあまりに肉肉しく、勃起した肉棒のように血管がビクビクと脈打っている。

右手は拳銃のような物が握られている。おそらく、それがヴィジョンの武器なのだろう。

108 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:16:31 ID:olrAes.Y0
爪;'ー`)(どう見てもスタンドだな。『こんな事は聞いてないぞ。』それに……)

爪'ー`)「お前、その右眼にある結晶はなんだ?本物の赤石か?」

(☆A`)「………グダグダと五月蝿い人だ。早いとこかかってこいよ。」


ドクオの発言を切っ掛けに一対一の銃撃戦が始まった。

2人の間に弾丸を防ぐ障害物は無い。では、どうするか?

照準を向けられない様に動き回るしかない


爪#'ー`)rー〈・ ドッ!ドッ!


フォックスは2発、弾を撃つ。

1つはドクオの頬を掠め、1つは右脇腹の肉をほんの少し抉った。

109 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:17:46 ID:olrAes.Y0
(;☆A`)(……こいつ、かなり決闘慣れをしてやがる。中々の銃の腕だ)


フォックスには2つの武器があった。

1つは他人の嘘にツケを払わせる『錨』のスタンド

1つは卓越した射撃の技術。

そして、彼は紛う事なき『海賊』だった。


手下2「オラ、こっちに来いっ」

从;゚∀从「やめろッ!その手を離せ」

(;☆A`)!?

110 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:18:25 ID:olrAes.Y0
爪#°д°)rー〈・・
「ウオオオオオオオオオオオオ!!」ドッ!ドッ!ドッ!ドッ!ドッ!ドッ!


フォックスは全弾、ハインに向かって発射した。

弾丸は全て、


。:::(;☆A )ドッ!ドッ!ドッ!


ハインの前に素早く滑り込み、盾となったドクオに命中した

111 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:21:50 ID:olrAes.Y0
从#゚∀从「ふざけんなッ貴様!卑怯だぞッ!!」

爪'ー`)
「卑怯?私は海賊だぞ。それにこれは互いを破滅に追いやる為の殺し合いだ。手段の正当性なんか問わず、ただこいつをぶっ殺す」

爪'ー`)「そしてお前の弱点を見つけたぞ」


急所を狙った弾丸は全てドクオのスタンドが防いだ。

だが防いだスタンドの手足は負傷し、ドクオへとダメージが還元する


爪'ー`)
「世の中には素手で弾丸を止めるスタンドが居るが、お前のはそうじゃないな。動きが緩慢過ぎる」

爪'ー`)「これからお前のスタンドに弾丸を全部ぶち込んでやるぜ」カチャカチャ

112 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:23:11 ID:olrAes.Y0
(☆A`)「……zanna……」

爪'ー`)「あ?何?」

(☆A`)「名前さ……。スタンドだっけか?この能力の名をずっと考えていたんだ」

(☆A`)「ツァンナ。イタリア語で『牙』を意味する」



(☆A`)「これからは【牙-ツァンナ-】と呼ぶ!」


.

113 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:23:59 ID:olrAes.Y0
爪'ー`)…………ぶちっ……

爪#'д`)「テメェエエエエエエエエエエエエ!!ナメてんじゃあネェエエエエエエエエエエエッ!!!」


('☆`)夕 どぴゅん!
.(☆A`)


爪°ー * °)ボッ

爪 ー* )。:::・゚::・。 パァ ̄ ̄ ̄ ̄Z_____ン


ドクオのスタンドから放たれた弾丸は白い軌跡を描き、フォックスの眉間に命中した

額の穴から鮮血を吹き出し、そして、倒れた。


手下1「船長ォオオオオオオオオオ!!」

('A`)ズズズ………

('A`)「勝負は僕の勝ちだ。ハイン、早いとこ船を出るぞ」

114 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:26:21 ID:olrAes.Y0
ーーー
ーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー

ハインとドクオは自分達の船に乗り込み、ジョン・ホーネスト号を離れてから、2時間程経過した


('A`)「ふぅ、ずっと全裸だから寒かったわ。コロナビール飲む?」


服を着たドクオはハインに声をかけた


从 ゚∀从

从;∀从 ジワァ

从;∀从「うっ……うっ……ひっく」

(;'A`)「どうしたの?どこか怪我でもしたの?どこか痛い?」

从;∀从「ち、違う」

(;'A`)「じゃあ、なんで?」

从;∀从「なんで?なんでだと?」

115 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:27:13 ID:olrAes.Y0
从;д从「俺が、俺がブルー家の誇りだと思っていたものはただのゴ、ゴミだったッ!!俺の19年間信じてきた物は粉々になったッ」

从;д从「おまけに下の毛まで剃られ、お、犯される直前だったッ!!俺は………俺はッ!!」

('A`)「……………」

('A`)「海に出るというのは、相応のリスクが伴う。」

('A`)「命を奪われる以外に、人の尊厳も踏みにじられる事も十分あり得る」

('A`)「ハイン。生きるというのは戦いの連続だ。生まれた時から『理不尽』とともに生きている。」

('A`)「ハイン、君が望むなら、レースをリタイアし、君を家に送ろう。家に帰れば、君は守られるんだ」

('A`)「どうする?」

116 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:29:01 ID:olrAes.Y0
从つ∀从グシグシ

从 ゚∀从「……俺は男に負けたくなくて、このレースに参加した。今逃げ帰ったら俺は男にも女にも、何者にもなれやしない」

从 ゚∀从「レースは続行だ。そして砕け散った家宝の代わりに本物の赤石を集める。」

从 ゚∀从「1つでいい。だが、赤石が何かしら悪意のある目的の為に集めてる奴がいるなら、俺が止めてみせる。」

('A`)「…………」

('A`)「ハイン。これからは僕が君を守る盾になり矛になろう。そして、もし赤石が君の手元に集まらなかったら」

('A`)「僕の右眼にある赤石を取ればいい。」

('A`)「行こう。目的は決まった。帆を張り、船を進めよう」

117 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:29:30 ID:olrAes.Y0

一方、ジョン・ホーネスト号では、


爪 ー )

爪'ー`)パチ

手下1「おお!船長が目を覚ましたぞ!!」

爪'ー`)「………奴らはどうした?」

手下1「………すいやせん。船長が死んじまったと思って、テンパってたら、逃げて時いました。」

爪'ー`)「………そうか。じゃあすぐ、追いかけて殺そう」

118 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:30:03 ID:olrAes.Y0

爪'ー`)「弾丸は空中での飛投誤差で数十センチ右にそれて着弾する。正確に命中するには、そうだな、5歩圏内と言ったところか」

爪'ー`)「あのスタンド能力の射程範囲は5歩。それ以上は命中精度も威力も落ちる」

爪'ー`)「だから眉間を撃たれても、私は生きている。」

爪#'ー`)「長距離狙撃で今度こそ息の根を止めてやる」


「一回の戦闘でそこまでの分析。たいしたものニダ」



ゴ ゴ ゴ ゴ<ヽ`∀´>ゴ ゴ ゴ ゴ


.

119 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:30:34 ID:olrAes.Y0
手下1「何だテメェ!?どっから入った!?」

爪'ー`)「よせ。………お前は今回の赤石回収の依頼した男」

<ヽ`∀´>「成し遂げてくれると思ったが、とんだ期待外れニダ」

爪#'ー`)「貴様……あのドクオとか言う男がスタンド使いだと何故言わなかった?それに右眼の赤石ッ!」

爪#'ー`)「ハインが持っていたのはニセモノだった。だが赤石はドクオの右眼と結合していたぞッ!?」

フォックスはニダーが嘘やごまかしを言えば、スタンド能力が発動出来るようにしていた

だが、頭の片隅に何か違和感がある事も感じていた。

120 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:31:34 ID:olrAes.Y0
<ヽ`∀´>「そうか。」

<ヽ`∀´>『ドクオはスタンド使いになったニダか』

爪;'ー`)ッ!!?

ニダーがフォックスに今回の事を依頼した時、当然、錨のスタンドは発動していた。

その時ニダーは全く嘘を言わなかった

だからこそ、フォックスはニダーを信じ、依頼を受けたのだった

フォックスの発言はニダーにとって新しい情報であり、フォックスにとって『切り札を全て無くした』状態だ

121 ◆8aac7uEWYg :2017/04/09(日) 21:32:11 ID:olrAes.Y0
爪;'ー`)「これだけの情報を揃えたのは私だ。もう一度私にチャンスをくれ」

<ヽ`∀´>

<ヽ`∀´>「そんなおいしい話があると思うのか?お前のようなカスに?」

ズズズ<ヽ`∀ ① >「身ノ程ヲ知レ」


爪;' д`)rー〈
「野郎共ォオオオオオオオオオ!!こいつを殺せエエエエエエエエエエエエ!!」


この日を境にジョン・ホーネスト海賊団は海の世界から姿を消した

彼らが何処に行ったかは分からない

ただ1つ分かっているのは、数日後、彼らの船の残骸がどこかの浜辺に漂着したそうだ。




>>>>>>>TO BE CONTINUED>>>>>>>>

.

122 同志名無しさん :2017/04/09(日) 23:14:39 ID:ISxyqIZI0
スティールボールラン読んでないからあれだけど面白い展開だなぁ

123 ◆8aac7uEWYg :2017/04/14(金) 00:47:00 ID:8pKl.Q6o0
スタンドデータベース②

能力名:オネスティ

本体:フォックス・ワシントン・フェアルフェロー

フォックスの問いに対して、嘘やごまかしをすると舌に錨が自動的に突き刺さる。

フォックスは伸びた舌に煙草の火を押し付けたり、数ミリ感覚で切り刻むのが好きらしい。

フォックスは自身の能力を説明する時、『錨』と表現する

元ネタはビリー・ジョエルの「Honesty」より。

124 ◆8aac7uEWYg :2017/04/24(月) 02:46:15 ID:ncGbpHmM0
#9 感染 その①

从 ゚∀从「………ふぅ〜〜」

('A`)「どうしたハイン?ムラムラする?」

从 ゚∀从「お前と一緒にするなハゲが。」

从 ゚∀从「見渡す限り霧、霧、霧and霧。イヤんなるぜ、全くよぉ」

('A`)「確かに気が滅入りそうだ。一つここはハインのおっぱいで景気付けと行こうじゃないか」

从 ゚∀从「死ねハゲ」

('A`)「ハゲはテメェの下半身だろ」ボソ)

从 ゚∀从

125 ◆8aac7uEWYg :2017/04/24(月) 02:46:49 ID:ncGbpHmM0
(メ)A(メ)「そう言えば、あと数マイル船を走らせると『休息ポイント』があるんだ」

从#゚∀从「休息ポイント?」フッーフッー

(メ)A(メ)「ああ。ルールブックによると霧隠れの海は行程が長いから、途中の海路で人工的に作られた島があるんだ」

(メ)A(メ)「そこで薬や食料品と水が用意されてるから、そこで補給をしよう。」

(メ)A(メ)「だから、その金槌は置いて、ね。美味しいご飯もあるんだって。」

从#゚∀从「いや、殴り足りない。」

(メ)A(メ)「やめてくださいしんでしまいます」

126 ◆8aac7uEWYg :2017/04/24(月) 02:47:34 ID:ncGbpHmM0
从 ゚∀从「んー………?」

('A`)「今度はどうしたの?」

从; ゚∀从「いや、あそこで船が流れている」
つ双眼鏡

ハインの言う通り、一艘の船が揺蕩うように浮かんでいた

船の脇腹には大会の参加者に施されるバーコードが付いていた。

从;○∀从「ん?ありゃモララーだぞ?なんか苦しんでいる」


(; -∀)「〜〜〜〜〜〜〜」


.

127 ◆8aac7uEWYg :2017/04/24(月) 02:51:14 ID:ncGbpHmM0

('A`)「んー?もうちっと側に近寄ってみますか。」

( ; ∀ )グッタリ

从; ゚∀从「おい!!大丈夫か!?」

('A`)「待て待てハイン。まずは反応があるか見よう」

('A`)('☆`)夕 どぴゅん!どぴゅん!

( ; ∀ )。::・゚::・゚:・。ガハ

( ∀ )しーん

('A`)「うん。動かないね。次はどうしたらいい?」

从 ゚∀从「お前マジか」

从 ゚∀从「仕方ねーな。モララーの事は見なかったことにしよう」

('A`)「ハインも中々ワルくなって来たな。コロナビール飲む?」

从 ゚∀从「………ラム酒がいい。」

( ∀ )


(( ∀ ))

.

128 ◆8aac7uEWYg :2017/04/24(月) 02:52:02 ID:ncGbpHmM0
('A`)(酒で酔わせて、おっぱいを拝もうとしたけど………)

从*゚∀从「ふー、船旅はやっぱラムだよなぁ」←既にボトル50本突入

('A`)(そっかー。ハインはお酒が強いんだねー)

从*゚∀从「ドクオ、まだラムある?」

('A`)「今ので最後だよ」


………………デーーーーーデッデッデーーー


('A`)从 ゚∀从「?」

129 ◆8aac7uEWYg :2017/04/24(月) 02:53:07 ID:ncGbpHmM0
( ・∀・)「デーーーーーデデッデッデーー」


〈((* ・3・)〉おっおーおっおーおおおっおー


(;'A`)从;゚д从「ゲェーーッ!!クレ○ジー・イン・ラブを口ずさみながら高速で腰を振ってるーーーーッ!!」ヒエエエエエ

( ・∀・)「よぉ、お前ら!!こんなところで会えるなんて嬉しいなぁ!!」

( ・∀・)「不運(ハードラック)と踊らなくて良かったな」

(;'A`)「おっ、おう」

130 ◆8aac7uEWYg :2017/04/24(月) 02:54:33 ID:ncGbpHmM0
( *・∀・)「なぁ聴いてくれよ。鮫はなんで下顎が出てるか分かるかぁ?」

( *・∀・)「答えはしゃくれだから。シャークれ!しゃくれ!アハハハハハハ」

从 ゚∀从「危ない薬でもやってんの?」

(;'A`)(ハイン直球すぎぃ)

( ・∀・)「ハハハハハ。違う違う。だけど、すげえ気分が良いんだ。スカッとさわやかな笑いが止まらないんだハハハハハ」

( ・∀・)「お前らも休息ポイントに行くんだろ?一緒に行こうぜ」

( ・∀・)「俺達はライバルだが、同じ船乗りだ。お互い海の魅力を存分語ろうじゃないか」

131 ◆8aac7uEWYg :2017/04/24(月) 02:56:23 ID:ncGbpHmM0
从 ゚∀从(………どうする?ドクオ)ヒソヒソ

('A`)(どっちにしろ目的地は同じだ。だが、こいつと同じメシを食うのはゴメンだ。胡散臭過ぎる)ヒソヒソ

从 ゚∀从(同感)

('A`)「モララー。あくまでも休息ポイントまでだ。そこからは別行動を取ってくれ。出なけりゃどこかへ行きなよ」

( ・∀・)「ふふふ。全然それでいいぜ。」

( ・∀●)「それでいい。ふふふ」ザアア

从;゚∀从「………………?」


それから2〜3時間後

.

132 ◆8aac7uEWYg :2017/04/24(月) 02:57:19 ID:ncGbpHmM0

ーーーーーー霧隠れの海・休息ポイントーーーー


ワイワイガヤガヤ


从 ゚∀从「結構賑わってんなぁ。ほとんどレースの参加者とスタッフだけど」

(*'A`)「なぁハイン。今日の晩御飯ココにしようぜ」

ドクオが指差した先には「curry」の看板が掲げられていた。

从 ゚∀从「cu………かりー……?」

(*'A`)「きっと本格的な店なんだぜ。入ろ入ろ」

ハインとドクオは流れる様に店に入り、そして、メニューを一瞥した後、すぐに注文をした。

小粋な店員が踊りながら、鉄の椀にオレンジ色のスープと平らなパンが添えられていた。

133 ◆8aac7uEWYg :2017/04/24(月) 02:58:11 ID:ncGbpHmM0

从 ゚∀从「?なんだこれ?」

('A`)「ん?バターチキンカレーとナンだよ。僕の故郷だと、ライスの上にカレーを掛けるんだけど、本格的な店はナンを千切ってカレーにつけて食うんだ」

从 ゚∀从「ふーん。俺の所じゃ見たことないや」

ハインはドクオの言う通り、ナンを千切って、カレールーに浸して食べた

从;゚∀从「こ、これはッ!!」

从*゚∀从「ルーの溶け込んだスパイスと隠し味のバターが相まって絶妙なハーモニーを奏でてる。スパイシーだが、辛さの中に甘みが見え隠れしている。まるで内気な少女がこちらの様子を伺っているみたいで、純朴で可憐だ」

从*゚∀从「んまぁーい!!」

('A`)(黙って食えや)

134 ◆8aac7uEWYg :2017/04/24(月) 02:59:44 ID:ncGbpHmM0
ううう……ピチピチ……


('A`)「………?……」

('A`)「」

('A`)「ハイン。店を出よう」

从*゚〜从「なんで?ナンおかわりしようと思ったんだけど」ムグムグ

('A`)「君の左後ろを見てみろ」

ハインは振り向いて、自分の背後を見た



く● ))くくくく◆「ガアアアアアア!!!」


.

135 ◆8aac7uEWYg :2017/04/24(月) 03:00:46 ID:ncGbpHmM0
それは凄惨な光景だった

1人の男性客が呻き出したかと思うと、身体が盛り上がり、衣服は裂け、巨大な鮫と化した

雑なAAだが、それは『鮫である』

('A`)('☆`)
「ツァンナ!!」

('☆`)つどぴゅん!どぴゅん

く● ))くくくく◆「きしゃああああ」

136 ◆8aac7uEWYg :2017/04/24(月) 03:01:12 ID:ncGbpHmM0
从; ゚∀从「な、何だこりゃあ!!」

('A`)「逃げるぞハイン!!」

ドクオとハインが店を出ると、街中では巨大な鮫が暴れまわっていた

最悪な事に鮫は空中も自由に泳ぐ事が出来るみたいだった

そして町の人々やレースの参加者に襲いかかり、人の肉を喰らっていた。

137 ◆8aac7uEWYg :2017/04/24(月) 03:01:42 ID:ncGbpHmM0
从;゚∀从「酷すぎる……。地獄みたいだ」

「所詮、鮫だからかな。だが気をつけないと次は僕らが鮫のご飯だ」

(;☆A`)「十中八九、誰かのスタンド能力だ。そして、目的もはっきりしている」

从; ゚∀从「ドクオ!?右眼がッ!!」

(;☆A`)「どうやら、『この場所が当たりらしい』。さっきから右眼の赤石が疼く」

(;☆A`)「この町に赤石はあるよハイン」

>>>>>>>TO BE CONTINUED>>>>>>>>

138 同志名無しさん :2017/04/24(月) 20:43:09 ID:IkmoMM.60
乙!

139 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:28:22 ID:PFvePj5k0
#10 感染 その②


く● ))くくくく◆「ギァ ̄ ̄ ̄ ̄Z_____ス!!!」


从 ゚∀从「ロレンチーニ器官だ。鮫の鼻先を攻撃したら、鮫は動けなくなるッ!!」

('A`)('☆`)つどぴゅん!

(;'A`)「糞ッ!!キリが無いッ!」

く● ))くくくく◆「………アアア…………」ミチミチ

く● ))くくくく◆「………ギギ…」ブチブチ

140 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:29:00 ID:PFvePj5k0
鮫の攻撃を受けた人間は驚異的な速さで凶暴な鮫に変化していく

さながらゾンビ映画みたいに攻撃を受けた人間がウイルスに『感染して』ゾンビになってしまうようだった


从;゚∀从「絶対に攻撃を受けるなよ。でなきゃ、俺達もフカヒレの仲間入りだ。」

(;'A`)「……こんな時になんだが、僕の能力について分かった事がある」

(;'A`)「弾丸の射程範囲は5歩。それ以上は命中率も威力も大きく下がってしまう」

从;゚∀从「マジか……。じゃあ近づいて撃たなきゃダメだな……」

(;'A`)「もう一つある。というより、こっちが問題だ。」

141 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:30:15 ID:PFvePj5k0
(;'A`)「弾丸は発射する度に俺の体力を奪っていく。」

(;'A`)「そして、発射する度に次の弾丸の装填までのインターバルが長くなってしまうみたいだ」

从;゚∀从「それって……」

(;'A`)「弾丸はあと1回は撃てる。その次はしばらく使えないんだ」

从;゚∀从!!?


く● ))くくくく◆
く● ))くくくく◆「シャアアアアアアア」
く● ))くくくく◆

142 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:31:46 ID:PFvePj5k0
鮫は獲物の匂い群がり、その肉を食らう

あとには骨も残さない

2人の周りを取り囲むように鮫は旋回する


从;゚∀从「クソ……万事休すか……」

('A`)「……だが、良いところだってあるぜ」

('A`)'☆`)夕
「5歩以内なら『威力は段違いだし、弾丸の操作も出来る』」


どぴゅーーーー!!

.

143 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:33:21 ID:PFvePj5k0
ドクオは弾丸を自分達の足元に放った

轟音と共に土埃が舞う。


?く● ))くくくく◆「ギャア?」


埃が晴れたが、ドクオとハインの姿は無く、かわりに『人一人分の穴が地面に開いていた』


从;゚∀从「ふぉ、何だココは?」

('A`)「この島の下水路さ。弾丸は地面を掘り、下水路までの道を繋げた。穴は鮫の体よりも小さいから、簡単には侵入できない」

从 ゚∀从「なるほど。ここに隠れてやり過ごすんだな?」

144 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:34:28 ID:PFvePj5k0
('A`)「違う。逆に敵のスタンド使いを探し出す。まずはこの島の赤石を手に入れよう。」

从;゚つ从「おっk………おえっ」

从;゚つ从「この臭いで吐きそうだ」

('A`)「大丈夫か?吐くなら僕のケツの中に吐けよ」

从 ゚∀从「ありがとう。おかげで吐き気も治ったよ死ね」

145 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:34:59 ID:PFvePj5k0

ーーー島の北北東にある高台ーーー


从 ゚∀从「………ドクオ、ここがそうなのか?」


「…………ああ……」


(☆A`)「右眼の赤石が強く反応している。」


その瞬間、地面から大量の水が吹き出し、高台を満たした

水はドクオ達の足元に集まり、『下から上に』2人を押し上げて行く

それはまるで水のエレベーターのようだった

146 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:35:50 ID:PFvePj5k0
从;゚∀从「すげえ………一体どーゆー原理なんだ?」

(☆A`)「…………」


エレベーターは空間の途中で止まった。

時刻は真夜中過ぎ。辺りは真っ暗な闇だった。

その闇を切り裂くように赤い光が突如として出現した


◇ピカーーーーッ!!


从;゚∀从「これが2番目の赤石……」

(☆A`)つ「よし。取るよ」

147 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:36:49 ID:PFvePj5k0
ドクオが左手を伸ばした、その刹那


「キャシャアアアアアアア!!」
(皿 ・)))くくくく◆。:::・゚. ; A°)「!!?ッ」


一際大きな鮫がドクオの左手を喰い千切り、赤石ごと奪いさった

鮫は真っ直ぐ飛び、鮫の魚群へと向かっていった

魚群の中央には『男が立っていた』


「よくやったよ、『モララー君』。」

「やはり君は有象無象とは違うようだ」

148 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:37:16 ID:PFvePj5k0



.
┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙

ナデナデ(‘_L’)つ(∀ ・) ))くくくく◆

┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙



.

149 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:38:27 ID:PFvePj5k0
(;'A`)「…………ぐぉぉ……」

从;゚∀从「ドクオ?ドクオォ!?大丈夫か!?クソッ!!何だ、テメェ!!」

(‘_L’)「やれやれ。粗野なお嬢さんだ。」

(‘_L’)「私はパンツクロッチ・ルイ・フィレンクト。新仏國領域(ニューフランスエリア)から来ました」

(>_L’)「ぼんそわーる♪」パチン

150 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:40:27 ID:PFvePj5k0
(‘_L’)「さて君達が死ぬ前に覚えて欲しいのは、私のファミリーネームだけでいい。」

(‘_L’)「なぜ私がパンツクロッチという名前だと思う?」

(;'A`)「いや、特に興味は無い……」

(‘_L’)「私の父親は女性のパンティーのクロッチの部分が大好きでね。特に尿や愛液で付いた染みに興奮するタイプだった」

(‘_L’)「子供の名前に自身の性癖を込める程、入れ込んでいた。」

(‘_L’)「そんな話を思春期の時に聞いてしまったら、どうなると思う?」

151 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:40:58 ID:PFvePj5k0
(‘_L’)「私は海の悪霊に魅入られ、『感染』の能力を手に入れた。その日の内に鮫に襲わせて、父を殺したよ」

( _L )「君達にも父の後を追ってもらう」

(;'A`)「ふーん。ハイン、なんか言ってやれ」

从 ゚∀从「聞くに耐えねぇ。耳が腐る」

(;'∀`)「だってさ。お疲れ!パンツクロッチ君!」

152 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:41:28 ID:PFvePj5k0
( _L )「………ふふふ」

(*^_L^)「あははははははははは!」

(*'∀`)「あははははははははははははははは!」

(*°_L^)「ひょひょひょひょひょひょひょひょ!」

(*^∀^)「いーひっひっひっひっひっひっひっ!」

(*°3L°)「あーはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!」

(°∀° *=*°∀°)「あーはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!!!」

153 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:42:30 ID:PFvePj5k0



く● ))くく(‘_L’)「「テメーぶっ殺す」」('A`)('☆`)


.

154 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:43:23 ID:PFvePj5k0
「WRYYYYYYYYY!!!」
(∀ ・) ))くくくく◆


鮫になったモララーがモブ鮫を引き連れて、ドクオ達を襲う


从;゚∀从「ドクオ!何発撃てそう!?」

('A`)「大丈夫さ。鮫供を一掃できる程は回復してないよ」

从;゚д从「うっそだろッ!!?大丈夫じゃねーじゃんッ!!」


ツァンナの弾丸は強力だ。

だが、あくまでも1対1だ。

対多数になると途端に戦況が苦しくなる

155 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:43:44 ID:PFvePj5k0
('A`)「1発でいい」

('☆`)つどぴゅん!


白き弾丸は射程範囲である5歩以内でピタリと空中で停止した。

156 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:44:46 ID:PFvePj5k0
(*‘_L’)「テメーは何がしたいんだ?あぁん?バァーカッ!!」キャッキャッ

(‘_L’)「鮫に生きながら腹わたを食われて死ね」

('A`)「ハイン覚えていないかい?」

('A`)「5歩以内なら威力も弾丸の操作も思いのままなんだぜ」


白き弾丸)

白き弾丸く========(石)パァン


(石)=。::メ_L°)。:::・゚::「ギャアーーース」

.

157 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:45:43 ID:PFvePj5k0
空中に停止していた弾丸は破裂し、その衝撃で拳大の瓦礫が飛び出した

瓦礫は矢の如く飛び、フィレンクトの左肩の肉を抉る


('A`)「あいつにはあと5歩足らなかった。」

('A`)だから足りない5歩分は石をぶっ飛ばして距離を稼いだんだ」


フィレンクトは魚群から落ちていき、地面に叩きつけられた

ドクオはその後に続く

鮫はもうコントロールを失い、宙を力無く揺蕩う

158 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:46:31 ID:PFvePj5k0
ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ('A`)(‘_L’メ)ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

('A`)「この距離なら外さねーぜ」
('☆`)夕 びんびん

('A`)「オイ、フィレンクト」

('A`)「弾はもう一発残っとるがよぅ」

(‘_L’メ)「ふん、往年のスターの様な台詞を吐きやがる」

(‘_L’メ)「殺せよ」


('A`)('☆`)夕 どぴゅん!( _L )。:::・゚::::・゚::・。 バァ ̄ ̄ ̄ ̄Z_____ン


.

159 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:47:16 ID:PFvePj5k0
('A`)

(;'A`)「あ、危なかった」

从;゚∀从「こんなのが次々と来んのかやべーな」

从;゚∀从「あっ!ドクオ!!赤石がっ!?」

◇(皿 ・) ))くくくく◆「WRYYYYYYYYY!!」


モララーは鮫の身体のまま闇の中に消えた

第2の赤石は彼が持ち去ってしまった。

おそらくフィレンクトの感染のスタンド能力はモララーに引き継がれたのだろう

今はそう推測するしかなかった

160 ◆8aac7uEWYg :2017/04/30(日) 00:48:38 ID:PFvePj5k0
(;'A`)「………っ痛……」

从;゚∀从「ドクオ、左手大丈夫か?」

('A`)「いや全然大丈夫。義手を付ければ問題なく生活出来るし。」

从;゚∀从「そ、そっか。急に冷めた感じになったな」

('ー`)「鮫だけに?」ニヤッ

从 ゚∀从

从*゚ー从フッ「ばぁか」


>>>>>>>TO BE CONTINUED>>>>>>>

161 同志名無しさん :2017/05/20(土) 14:05:12 ID:MS55072c0
えろぉい


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

思春期 - 谷 郁雄

淡く、切なく、儚い写真詩集
エッチな気持ちとピュアな気持ちの狭間で悩む男子
日々大人へと変わっていく心とからだに戸惑う女子
私たちが忘れてしまった、儚く残酷なー思春期
女子高生の写真と、詩で織りなすエロティシズムの世界

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa