したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

( ^ω^)スプラトゥーンのようです

1 同志名無しさん :2017/01/02(月) 23:19:13 ID:a1YkWcKE0
てす

160 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:09:41 ID:hF6qihpY0

◇◆◇

――ハイカラシティ ロビー












o川*゚ー゚)o「これでガチマッチ五連勝!」

o川*゚ー゚)o「チームの集合時間までの間潜ってみたら絶好調!」

o川*゚ー゚)o「可愛さだけでなく強さも留まることを知らないなんて……流石わ・た・し☆」

161 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:10:59 ID:hF6qihpY0

o川*゚ー゚)o「さぁーて、あと一戦やってチームに合流しよ……」

('A`)「やぁ。さっきの試合観てたよ。相変わらず強いね、キュートは」

o川*゚ー゚)o「……ドクオ」

('A`)「その、なんていうか……。ごめん」

o川*゚ー゚)o「何について謝っているのか全然わからないんですけど」

('A`)「あの時……シャキンに負けた時……ずっと心配してくれていたのに……」

('A`)「もっと早く君に会うべきだったのに……」

('A`)「今まで黙ってて……その、ごめん」

o川*゚ー゚)o「てっきりもう辞めたのかと思ってた。もう戻ってこないかと思ってた」

o川*゚ー゚)o「だからショボンをコテンパンに倒したって話を聞いた時……ビックリした」

o川*゚ー゚)o「まだこの世界に未練があって……何をやろうとしてるのかは何となくわかるけど……」

o川*゚ー゚)o「そんなドクオが今更なんの用なのかしら?」

o川*゚ー゚)o「アンタと同じで……私も大会に向けて忙しいんですけど?」

162 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:12:42 ID:hF6qihpY0

('A`)「なんとなく察しはついていると思うけど、俺はシャキンと戦いそして今度は勝つ」

('A`)「そのために日々練習をしているわけだけど……今のままではまたあの時の二の舞になってしまう」

('A`)「そうならないためにも、更にチームの強化が必要なんだ」

o川*゚ー゚)o「ドクオのチームの強化に私がなんの関係あるのかしら?」

('A`)「ヒートの練習相手になって欲しい」

('A`)「それを頼みに、今日は来たんだ」

o川*゚ー゚)o「それがなかったら私なんかに会いに来なかったってこと?そんなにあの女のことがいいの?」

o川*゚ー゚)o「ホント失礼しちゃうわね!私はアンタの便利屋なんかじゃないんだから!」

(;'A`)「だからごめんって……。俺こんなんだから一度引っ込むとなかなか顔出し出来ないんだよ」

(;'A`)「キュートはずっと俺のこと心配してたしさ……またこうやって出てきたはいいけどなんだか会いづらくて……」

o川*゚ー゚)o「そんなんだからドクオは童貞なのよ!ブキ変えたら!?リールガンチェリーにさ!」

(;'A`)「ど、ど、童貞ちゃうわ……」ボソボソ

o川*゚ー゚)o「ふん!」

(;'A`)「あはは……」

o川*゚ー゚)o「……」

(;'A`)「……」

163 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:13:28 ID:hF6qihpY0

o川*゚ー゚)o「……ぷぷ」

o川*゚ー゚)o「なんだか懐かしい感じがする。あの頃、いつもこんなやり取りしてた」

('A`)「……そうだね。あの頃は前だけ見てて楽しかったよ」

o川*゚ー゚)o「言っておくけど、私たちのチームだって打倒シャキンを掲げてる」

o川*゚ー゚)o「シャキンと戦う前に互いのチームで潰し合うかもしれない」

o川*゚ー゚)o「それなのに敵チームのメンバーを強くして、私に何のメリットがあるのかしら?」

('A`)「もし、ヒートの練習相手になってくれたら……俺たちの六人目の情報を君に教える」

('A`)「この六人目は俺たちの秘密兵器でまだ他のチームは情報を掴んでいない」

('A`)「有名プレイヤーでも無いし、異名持ちでもない。どんなブキを使うのか、どんなプレイスタイルなのか」

('A`)「その全てが誰にも知られていないと言っても過言ではない」

o川*゚ー゚)o「六人目……見つけてたんだ。知らなかった」

('A`)「シャキンと戦うまでは一切試合に出さないつもりだけど……あいつらと戦う前に負けたら元も子もない」

('A`)「恐らく全チームを見渡してもそんな状況になるとしたらキュートのチームだけだ」

('A`)「だから君たちにとって、この六人目の情報を知ることはとても大きいと思うんだ」

164 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:14:21 ID:hF6qihpY0

o川*゚ー゚)o「……ふぅーん。取り引きってことね」

o川*゚ー゚)o「でもなんでわざわざ私に頼むわけ?ドクオが自分で鍛え上げたらいいじゃない」

('A`)「俺は今六人目に付きっきりでヒートに構う暇がないんだ」

('A`)「だから俺以外で誰かが鍛えてくれたらってずっと思っていたら、キュートとヒートが知り合いだって言うからさ」

('A`)「キュートに頼みに来たってわけなんだ」

o川*゚ー゚)o「知り合いは知り合いだけど……私はアイツのこと大嫌いなんだからね!」

(;'A`)「え、あ、そうなの?なんでヒートのこと嫌いなの?」

o川*゚ー゚)o「なんでって……。あーもう!だからアンタは童貞なのよ!ドクオなんてずっと童貞なんだから!」

(;'A`)「えぇー……。ずっと童貞は嫌だなぁ……」

o川*゚ー゚)o「……わかったわよ。丁度いいストレス発散になるサンドバッグが欲しかったところだしね!」

o川*゚ー゚)o「このキュートちゃんがホットヒートのこと鍛えてあげるんだから☆」

(;'A`)「お、お手柔らかに頼むよ。これでも可愛いチームメイトなんだから」

o川*゚ー゚)o「うっさいわね!わかってるわよ!それで教えなさいよ!六人目の情報を!」

◇◆◇

165 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:15:20 ID:hF6qihpY0

――ハイカラシティ 路地裏


<(///◎)> ジャラジャラ...



('A`)「コイツの名前はマトマトだ」

('A`)「まぁ、わかっている通り俺たちの六人目の仲間となる」

マト#>Д<)メ「やいお前ら!ボクと師匠の足を引っ張ったら許さないんだからな!」

ξ;゚⊿゚)ξ「この糞生意気なガキが私たちの仲間ねえ……」

ノハ;゚⊿゚)「正直私もビックリしている……!」

(;^ω^)「ハインはマトマトのこと知ってるのかお?」

从 ゚∀从「前に一度だけ見たコトがあるくらいだナ」

从 ゚∀从「ソノ時は試合に負けたのか、ロビー前で泣き騒いでいたヨ」

从 ゚∀从「『次こそは絶対に勝つんだからな!』ってな具合にナ」

(;^ω^)「そ、そうなのかお……」

从 ゚∀从「デモ何のブキを使ってるかとかは知らねェな。騒いでたから知ってるダケで試合は見てナイからナ」

166 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:16:35 ID:hF6qihpY0

ξ゚⊿゚)ξ「どうでもいいけどさあ、その糞ガキは強いんでしょうねえ?」

ξ゚⊿゚)ξ「ウデマエはどうなのよ、コイツは」

('A`)「マトマトのウデマエは……」

マト#>Д<)メ「Cだ!なんか文句あるのか!?」

ξ;゚⊿゚)ξ「ハァ!? ウデマエCですって!?」

ξ;゚⊿゚)ξ「ちょっとアンタ冗談で言ってるんじゃないでしょおねえ?」

('A`)「冗談でも嘘でもねぇ。正真正銘ウデマエCさ、マトマトは」

ξ゚⊿゚)ξ「いくら人が見つからなかったからってまさかCの雑魚を呼んでくるなんて……!」

('A`)「そこは安心しろ。コイツに会ってからずっとマンツーマンで指導している」

('A`)「例えウデマエ上はCだろうが実力はそこらへんの奴よりもあるから大丈夫だ」

マト#>Д<)メ「お前なんかすぐに倒せるんだからな!」

ξ#゚⊿゚)ξ「この糞ガキ……」

ノハ;゚⊿゚)「まぁまぁ落ち着いて……!」

167 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:17:44 ID:hF6qihpY0

マト#>Д<)メ「ところでそこのアナタはヒートさんですか?」

ノパ⊿゚)「ああ!私の名前はヒート!これからよろしく頼む!」

マト#>Д<)メ「そうでしたか!これはとんだ失礼を!」

マト#>Д<)メ「同じ師を持つ同士、頑張って行きましょう姉弟子!」

ノハ;゚⊿゚)「姉弟子? ……まぁいいか、頑張ろうな!」

マト#>Д<)メ「はい!」

( ^ω^)「マトマトくん、ブーンはブーンだお!よろしくだお!」

从 ゚∀从「オレの名前ハ高岡だ」

ξ゚⊿゚)ξ「……ツンよ」

マト#>Д<)メ「お前ら三人はボク達の足を引っ張らないようにな!」

从 ゚∀从「カッカッカ!面白いガキじゃねェか」

( ^ω^)「元気がある子だお」

ξ゚⊿゚)ξイライラ...

168 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:18:35 ID:hF6qihpY0

('A`)「とまぁ、互いの自己紹介が終わったところでこれからについて話そうか」

('A`)「大会までは残り二週間ある。まずは今日から一週間は各々ガチマッチに潜り個々を高めたり」

('A`)「タッグマッチをやって連携を上げて欲しい」

( ^ω^)「わかったお!」

('A`)「ただし、俺とマトマトは別メニューだ」

ノパ⊿゚)「なぜですか?」

('A`)「そこらへんの奴よりは強いといってもまだまだ大会で戦うのには実力がない」

('A`)「これから一週間は更に二人で特訓するつもりだ」

从 ゚∀从「ナルホドな」

('A`)「だからタッグマッチは俺とマトマトを除いた四人でやって欲しい」

('A`)「一週間後には俺も合流してタッグマッチをやる」

('A`)「ただし、マトマトはやらせないがな」

(;^ω^)「え? もう大会まで一週間なのにタッグマッチに参加させないのかお?」

169 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:19:20 ID:hF6qihpY0

('A`)「あぁ。コイツは大会まで……もっと言うと決勝まで表舞台に出すつもりはない」

('A`)「マトマトは俺たちの隠し玉……生命線だ。その時が来るまでコイツの情報を極力漏らしたくない」

('A`)「シャキンどもに勝つためにもな」

('A`)「だからマトマトもいれての練習はプライベートマッチのみだ」

('A`)「それにコイツはまだまだ実力も足りねえ。ギリギリまでマンツーマンで指導するつもりさ」

ノパ⊿゚)「それはいいのですが……!」

从 ゚∀从「決勝マデ出さないとなると、実質残り五人で大会を勝ち抜かなくてはならないというコトになるな」

('A`)「そ。だからお前らこれから大会までの期間は更に集中して練習しろよ」

('A`)「他のチームは六人で戦う中、五人で決勝に行くためにもな」

( ^ω^)「わかったお!」

170 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:20:45 ID:hF6qihpY0

('A`)「それじゃあ、こっちのチームの次はシャキンチームのメンバーでも発表するか」

('A`)「敵のことを知らないと勝てるもんも勝てないしな」

( ^ω^)「……シャキンさんのチームももう決まってるのかお?」

('A`)「あぁ。まぁ、大方予想通りの選出だった」

ξ゚⊿゚)ξ「前回大会メンバーのシャキン、ロマネスク、オサムとクーさんは決まりとして……」

从 ゚∀从「残リ二人か。誰が選ばれたンだ?」

('A`)「ツンの言った四人と……残り二人はシャキンの弟のショボンと、モララーって奴だ」

(;^ω^)「ショボンはわかってたけど……モララーかお?」

ノパ⊿゚)「モララーとやらをブーンは知っているのか?」

(;^ω^)「もう結構前になるけど戦ったことがあるんだお」

(;^ω^)「その時はなんとか勝てたけどめちゃくちゃ強かったお。まさかシャキンさんのチームにいるなんて……」

ノパ⊿゚)「……そうだったのか。強いな、ブーンは」ボソッ

('A`)「ショボンが使っているブキは『52ガロン』。そしてモララーが使っているブキは『スプラスピナーコラボ』だ」

('A`)「この二つのブキでも吐き気がするくらいうんざりするが、他の四人も負けないくらいの糞ブキを使っている」

171 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:21:54 ID:hF6qihpY0

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1198951.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1198952.jpg

('A`)「まずはロマネスクが使っている『スプラシューターコラボ』についてだ」

从 ゚∀从「スプラトゥーンに存在するブキの中で最も使われているブキだナ」

ノパ⊿゚)「メイン性能の射程はそこまで長くなく近〜中距離で戦うブキですね!」

('A`)「弾一発当たると35ダメージ喰らう。つまり三発当たれば倒されるわけだが」

('A`)「連射性がいいため弾が早く出て、苦なく敵を倒すことが出来る」

('A`)「扱いやすくどんな場面でも対応できる万能ブキだ」

从 ゚∀从「キル良し、塗り良しと言った具合にナ」

ξ゚⊿゚)ξ「サブはキューバンボムね。メインでは届かない少し先にいる敵に牽制・攻撃することが出来るわあ」

ノパ⊿゚)「そしてスペシャルはスーパーショット!メインでもサブでも届かない位置にいる遠くにいる敵を倒せる!」

('A`)「要するにこのブキ一つで近距離・中距離・遠距離すべてに対応出来るんだ」

从 ゚∀从「それでいてクセがないから使いやすく皆に使われているってワケだ」

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1198963.jpg

172 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:24:27 ID:hF6qihpY0

( ^ω^)「確かにガチマッチではどのルールでもステージでも必ずといっていいほど見るお」

('A`)「ブキによってはステージによって使いにくい、強みが出にくかったりすることがある」

从 ゚∀从「例えばローラーのように射程が短いブキだと近づかねェと敵を倒せナイ」

从 ゚∀从「だから相手に気付かれないヨウに、もしくは攻撃を掻い潜りながら接近しないとダメなンだが」

从 ゚∀从「狭い通路が多いステージなンかは敵がどこから来るのかが予想が立てやすい」

从 ゚∀从「そうすると自分の射程内に入る前に倒されちまうンだなコレが」

('A`)「しかしこのスシコラ(スプラシューターコラボの略)はステージやルールに縛られねぇ」

('A`)「どんなステージだろうとどんなルールだろうとどんな位置にいる敵だろうとどんな状況だろうと……」

从 ゚∀从「戦うコトが出来るブキってコトさ」

('A`)「大抵のブキは強みと弱みがある」

ξ゚⊿゚)ξ「チャージャーなら射程、ローラー等は一撃で敵を倒せる、もみじとかは塗りといった具合にねえ」

('A`)「スシコラは射程は長くもねえし、一撃で敵を倒せるわけでもねえし、塗りももみじやモデラーなんかには負ける」

从 ゚∀从「だが代わりに全てが高水準で弱みは他のブキのように目立つものではないってのがこのブキの特徴だナ」

(;^ω^)「よく見るって理由がよーくわかったお」

('A`)「……まったく、困った糞ブキだぜ」

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1198975.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1198978.jpg

173 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:26:22 ID:hF6qihpY0

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1198980.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1198983.jpg

('A`)「次にオサムが使っている『カーボンローラー』についてだ」

( ^ω^)「ハインが使っているロラコラとは何か違うのかお?」

从 ゚∀从「一言で言えばカーボンはロラコラよりも軽いンだ」

从 ゚∀从「そのためコロコロでの移動速度だったり振りだったりがロラコラよりも速いンだ」

ξ゚⊿゚)ξ「全ブキの中でも一番機動力があるといっても過言ではないのかもしれないわあ」

('A`)「振りが早く一撃で敵を倒せるからとにかくキルがしたい糞野郎がよく使ってるブキだ」

从 ゚∀从「ロラコラを使ってるこっちの方が先に攻撃したのにも関わらず振り速度の差で逆に倒されちまうコトがよくある」

ξ゚⊿゚)ξ「お手軽に敵を倒せるブキ筆頭ねえ」

('A`)「このブキを使ってる奴の多くはキルしか頭にねえチンカスばかり」

('A`)「それ故に不利な状況なのにも関わらず目の前に敵が居たら一直線に向かう思考停止ばかりいる」

ノパ⊿゚)「たしかに敵を倒そうとする気迫は並々ならぬものがありますね」

('A`)「自分が死んでも敵を倒すって考えのアホが多いからな」

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1198986.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1198997.jpg

174 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:27:36 ID:hF6qihpY0

('A`)「キルばかり目に行って塗りをせず、かといって必要のないところでも無理してキルを取りに行く」

('A`)「ハッキリ言って、このブキを使ってる奴は頭が足りない奴が糞ほど多い」

(;^ω^)「随分な言い方だお」

从 ゚∀从「だがキルばかり目に行くのが多いのも頷けるほどキル性能の高さは目を見張るモンがある」

ξ゚⊿゚)ξ「サブはクイックボム、スペシャルはスーパーショット」

ξ゚⊿゚)ξ「スシコラと同じように何気に近中遠距離にいる敵に対して対応できるのよねえ」

('A`)「使う奴は馬鹿ばかりだが中にはその性能をどう活かせば強みが出るのかを知っている本物がいる」

('A`)「そういうヤツを相手にするとチームが崩壊するレベルでキルを取られていく」

从 ゚∀从「カーボンとマトモに戦ってもいいことなんて何もねェ」

从 ゚∀从「キル性能は向こうノ方が高いし、さっきドクオが言った通り自分が死んでも敵を倒そうとするヤツが多いからナ」

从 ゚∀从「戦う必要がナイ、無理する必要がナイ、塗り状況が対等な場合なンかは無理してカーボン相手に戦いの土俵に上がる必要なんてナイんだ」

从 ゚∀从「向こうは塗りが満足にできない分キルをしようトする」

从 ゚∀从「それを逆手にとってカーボンを見かけたらすぐに戦わず一歩下がる、撤退することも相手の強みを奪う秘訣なンだ」

( ^ω^)「なるほどだお!」

('A`)「……まったく、困った糞ブキだぜ」

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1199015.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1199016.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1199018.jpg

175 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:29:07 ID:hF6qihpY0

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1199022.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1198981.jpg

('A`)「そしてクーが使っている『リッター3kスコープ』だ」

ξ゚⊿゚)ξ「なんといっても特筆すべきはその射程距離にあるわあ」

从 ゚∀从「スプラトゥーンに存在する全ブキの中で最も長い射程のブキだナ」

ξ゚⊿゚)ξ「チャージャーの特徴として、針に穴を通す精度を要求されるのだけどお」

ξ゚⊿゚)ξ「それをクリアすれば相手の攻撃が当たらない遠距離から一撃で倒すことが出来るわ」

从 ゚∀从「全ブキ最長射程で一撃で倒セる……言い換えれば一方的に相手を倒せるブキってコトさ」

ξ゚⊿゚)ξ「チャージャーは扱いが難しいのだけど扱えるほどの技術を身につければ圧倒することが出来るってわけ」

从 ゚∀从「ただそうなるためにはかなりの時間の練習が必要になるけどナ」

ξ゚⊿゚)ξ「他のブキのように一朝一夕で使うことが出来ないってことねえ」

ξ゚⊿゚)ξ「にも関わらず碌に練習もせずに実戦で使うお馬鹿さんの多いこと多いこと」

从 ゚∀从「碌に使えないのに実戦に持ってこられると戦力にならずいてもホボ三対四の戦いになるからナ」

从 ゚∀从「他の味方にとっちゃ溜まったもンじゃない」

(;^ω^)「そうなのかお……」

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1199027.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1199029.jpg

176 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:30:31 ID:hF6qihpY0

('A`)「チャージャーはあまり塗りに貢献することが出来ないブキだ」

从 ゚∀从「理由はインク消費量が激しいカラだ。塗りにインクを使うならその特徴を活かしてキルに使った方がイイ」

ξ゚⊿゚)ξ「それにチャージャーはすぐに敵を倒すことが出来ないの」

ξ゚⊿゚)ξ「敵を一撃で倒し、最長射程を出すためにはチャージが必要なんだわあ」

ξ゚⊿゚)ξ「つまり、そのチャージ時間を削ってまで塗りに貢献する余裕はないってことね」

( ^ω^)「なるほどだお」

ノパ⊿゚)「そしてリッター3kのサブはクイックボムでスペシャルはスーパーセンサー!」

( ^ω^)「お!スペシャルはもみじちゃんと同じスパセンかお!」

( ^ω^)「スパセンは敵の位置を視覚的に把握することが出来る便利なスペシャルだお!」

('A`)「リッター3kはキルに超特化したブキだ」

('A`)「キルをするためには敵を見つけなければ話にならないんだが、このスパセンで敵の位置を炙り出すことが出来る」

从 ゚∀从「正確に敵の位置がわかるってノは、隠れることが多いこのゲームでは強力だ」

(;^ω^)「遠くにいながら敵の位置を知り倒すことが出来るってことかお……」

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1199037.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1199039.jpg

177 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:31:11 ID:hF6qihpY0

('A`)「更にこのブキの最高に糞なところはサブがクイックボムってことだ」

从 ゚∀从「通常チャージャーは自陣奥にいるコトが多い」

ξ゚⊿゚)ξ「長射程のため無理して前に出なくても敵を倒せるからねえ」

ノハ;-⊿-)「ツンと戦った時は大変だった……!」

从 ゚∀从「そんな奥に引きこもってるチャージャーを無理して倒そうト近づいたとしても……」

ξ゚⊿゚)ξ「クイックボムで近づいてきた敵を倒せるってことね」

('A`)「最長射程を誇りながらサブがクイックボムだから近距離戦にも対応出来るんだ」

(;^ω^)「め、滅茶苦茶強くないかお?」

('A`)「リッターは人格破綻者が使うブキだ。覚えておけ」

('A`)「……まったく、困った糞ブキだぜ」

178 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:32:14 ID:hF6qihpY0

从 ゚∀从「敵は96デコ、リッター、カーボン、スシコラ、52ガロン、スピコラねェ……」

('A`)「そしてこっちはマトマトを抜かしてパブロ、もみじ、ホッカス、ロラコラ、ワカメだ」

ξ゚⊿゚)ξ「戦うまでもなくどっちが負けるのか明白ねえ」

ノパ⊿゚)「ブキだけでは勝敗はわからない!」

( ^ω^)「そうだお!みんなで力を合わせて頑張れば勝てるはずだお!」

ξ゚⊿゚)ξ「頑張れば、ねえ」

( ^ω^)「? 何か変なこといったかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「ブキだけでもどっちが優勢かソッコーわかるっつーのにオメでたいヤツだわ」

( ^ω^)「でもブキだけで勝敗が決まるわけないお!」

从 ゚∀从「ブーンの気持ちはわかるヨ。お前はいつもソウイウ逆境を乗り越えてきたから尚更だ」

从 ゚∀从「デモ相手はブキだけでなく、それぞれちゃんと実力もアルんだ」

ξ゚⊿゚)ξ「52ガロン使いとスピコラ使いについてはよくわかんないけどお」

ξ゚⊿゚)ξ「シャキンにクーさんは四傑で、ロマネスクとオサムは全一レベルよ」

179 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:33:09 ID:hF6qihpY0

( ^ω^)「全一ってなんだお?」

从 ゚∀从「そのブキを使わせたら一番強いってコトさ」

ξ゚⊿゚)ξ「要するにオサムはカーボンを使わせたらカーボン使いの中で一番強いってこと」

('A`)「ショボンやモララーはまだそこまでのレベルではないが、今じゃもうカンストに達している」

('A`)「ま、じきに全一になるだろうがな糞が」

(;^ω^)「ショボンとモララーはもうカンストしてるのかお……すごいお」

ξ゚⊿゚)ξ「これでもみじちゃんもわかってでしょお?」

ξ゚⊿゚)ξ「相手は強ブキを使っているだけでなく、各個人も強いてことをね」

(;^ω^)「そんな……」

('A`)「こっちはカンスト達成してるのはまだ俺だけ」

('A`)「ヒートは今S+70でブーンは復帰はするけれどもまだSに降格するレベル」

('A`)「高岡とツンはSでマトマトはCだ」

从 ゚∀从「マ、客観的に観たら勝負にすらならねェだろうナ」

180 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:34:20 ID:hF6qihpY0

('A`)「じゃあ戦わないで負けを認めるのか?違うだろ?」

('A`)「俺たちは好きでこのブキを使っているんだ。それを周りにとやかく言われる筋合いわねぇ」

('A`)「だが……あの日俺が負けたせいでカス共が言う弱ブキ使いが虐げられているのも事実」

('A`)「それを覆すためにも、強ブキを使って偉そうに上から笑っているカス筆頭のシャキンどもを潰す」

('A`)「どんなブキでも可能性があり戦えるということを知らしめるんだ」

ξ゚⊿゚)ξ「ま、私はそんなのどうでもいいけどさあ」

ξ゚⊿゚)ξ「クーさんと戦えるってのなら、一緒に戦ってあげないこともないわ」

从 ゚∀从「オレは出るつもりなかった大会だけどヨ」

从 ゚∀从「約束を守ってくれたブーンの誘いを断るわけにはいかねえからナ」

从 ゚∀从「ソレに、オレだってこの強ブキ至上主義な世界はつまらねェ」

( ^ω^)「ブーンはショボンと会うために……また一緒に遊ぶために参加するお!」

181 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:35:26 ID:hF6qihpY0

('A`)「ヒート、マトマト。お前らには悪いと思っているよ」

('A`)「俺の我儘でこの大会に参加させることになって」

ノパ⊿゚)「いえ、そんな我儘など……!」

マト#>Д<)メ「そうです師匠!師匠が居なかったらボクはまだまだ鼻クソでした!」

マト#>Д<)メ「そんなボクを強くしてくれる師匠に感謝してます!」

('A`)「マトマト……」

マト#>Д<)メ「それに師匠にも言っていませんが、ボクにだって野望があります!」

マト#>Д<)メ「野望を叶えるためにも師匠についていくだけです!」

ξ゚⊿゚)ξ「なーにが野望よクソガキが一丁前に。その野望が砕けないように成長することねえCランクさん」

マト#>Д<)メ「うるさい金色巻グソ女!お前だってようやくSになれたうんちって聞いたぞ!」

ξ#゚⊿゚)ξ「なんですってえ……!」

ギャーギャーギャー!!


( ^ω^)「仲がいいお」

从 ゚∀从「そうだナ」

182 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:37:00 ID:hF6qihpY0

('A`)「さて、騒いでる暇はねえ。ミーティングは終わりだ」

('A`)「さっさとそれぞれの練習をしろ。大会まで時間がねえんだからな」

('A`)「これから毎日大会までの間練習が終わったらミーティングをするからな」

( ^ω^)「今までチームなんて名ばかりな感じだったけどようやくそれっぽくなってきたお!」

从 ゚∀从「とりあえずオレはガチマッチに行くつもリだが……ブーンはどうする?」

( ^ω^)「ブーンもガチマッチに行くお!早くS+に定着できるように頑張るお!」

ξ゚⊿゚)ξ「ちょっと、連携を高めるためのタッグマッチはどうするのよお?」

(;^ω^)「お!そうだお! タッグもやらないと駄目だおハイン!」

从 ゚∀从「タッグはガチマッチで汗を流した後だナ。一時間後にやるとしようゼ」

ξ゚⊿゚)ξ「ッチ。しょうがないわねえ。それまで私もガチマッチに行くとするかしら」

( ^ω^)「そうと決まれば急げだお!」

タッタッタ...


('A`)「ヒート。お前はタッグまでの時間別メニューだ」

ノパ⊿゚)「別メニュー、ですか?」

183 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:37:23 ID:hF6qihpY0

('A`)「あぁ。とっておきの相手を用意したから感謝しろよな?」

ノパ⊿゚)「相手?師匠と練習じゃないんですか?」

('A`)「馬鹿いうな。俺は今マトマト一人で手一杯だ」

ノパ⊿゚)「そうですか……」

('A`)「練習相手は十分すぎるほど強い相手だ。一緒に戦っていろいろ学んでこい」

ノパ⊿゚)「……わかりました!早速その人に会ってきます!」

('A`)「ロビー前に言って来い。その人はそこで待っている」

ノパ⊿゚)「はい!」

タッタッタ...

184 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:37:52 ID:hF6qihpY0

――ロビー前


o川*゚ー゚)o「待ってたわよ、そこのうるさいの!」

o川*゚ー゚)o「ったく、この私を待たせるなんていい度胸してるわ☆」

ノパ⊿゚)「……?まさか師匠が言っていた相手って……!」

o川*゚ー゚)o「私のこと!忙しい中来てるんだからね!感謝しなさいよ!」

ノパ⊿゚)「そ、そうなのか!ありがとう!」

o川*゚ー゚)o「まぁ、私もチーム練習だったりあるから一日一時間程度しか相手になれないけど……」

o川*゚ー゚)o「ビシバシいくから覚悟しなさいよね☆」

ノパ⊿゚)「師匠が私を思って用意してくれた相手……キュート」

ノパ⊿゚)「このチャンス……無駄にしない」

ノパ⊿゚)「これからよろしく頼む、キュート!」

185 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:38:15 ID:hF6qihpY0

〜〜それから一週間


('A`)「違う!いつまでもその場に留まるな!動いて的を絞らせるんじゃねえ」

マト#>Д<)メ「はい、師匠!」


( ^ω^)「よし、なんとかS+を維持できるようになったお」

从 ゚∀从「おめでとサン。ドンドン強くなっていくなブーンは」

( ^ω^)「ハインだってS+に復帰おめでとうだお!流石だお!」

( `ω´)「さあ、もっともっとガチマッチに潜って強くなるんだお!」

从 ゚∀从「アイヨー」


ξ゚⊿゚)ξ「もっと……もっと強くならないと……!」

ξ゚⊿゚)ξ「クーさんと戦うためにも……そして……」

ξ゚⊿゚)ξ「私が強くならないとこのチームは駄目なんだから……!」


o川*゚ー゚)o「アンタは動きが単調でわかりやすいのよ!直線状だけでなくもっと回り込むことを覚えなさい!」

ノパ⊿゚)「わかった!」

186 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:39:01 ID:hF6qihpY0

〜〜それから更に一週間


('A`)「これから一週間はチーム練習を中心にやる」

('A`)「タッグマッチやプライベートマッチで徹底的に練度を仕上げていくぞ」

( ^ω^)「わかったお!」

('A`)「前に言った通りマトマトはタッグマッチはやらずプラベだけだけどな」

マト#>Д<)メ「ボクも戦いたいです師匠!」ウズウズ

('A`)「お前には本当に酷なことをしてると思っている。でもこれは全て決勝に行くため……」

('A`)「そしてこれはお前の野望を叶えるためでもあるんだ」

マト#>Д<)メ「ボクの……野望のため……」

マト#>Д<)メ「わかりました!我慢します師匠!」

('A`)「四人でタッグマッチをやっている間、残った一人はマトマトの相手をやってほしい」

('A`)「途中でタグマを切り上げて最後は全員でプラベをやりチームワークを上げる」

('A`)「当然、マトマトを入れてのチーム練習ということは対シャキンどもを想定しての練習ってことだ」

('A`)「気合い入れていけよ」

从 ゚∀从「ワカった」

187 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:39:32 ID:hF6qihpY0

ξ゚⊿゚)ξ「それはいいけどさあ、いい加減その糞ガキの使っているブキを教えてくれなあい?」

ξ゚⊿゚)ξ「ブキを知らないとチームワークも何もないじゃない」

从 ゚∀从「マ、確かにナ」

从 ゚∀从「各々の使うブキを理解してこそ適切な動きが出来るカラな」

从 ゚∀从「まさかドクオだって情報を漏らさないのはワカるが、決勝までオレたちにも秘密ってコトはないだろ?」

( ^ω^)「マトマトくんの使っているブキ知りたいお!」

('A`)「その前にひとつ約束してくれ。マトマトの使ってるブキは絶対に他言無用ってことを」

('A`)「コイツが決勝においてのリーサルウェポン……勝敗を握るキーマンとなる」

('A`)「そんな奴の情報を知られるのと知られないのとじゃ全然違うからな」

ノパ⊿゚)「わかりました!」

('A`)「そんじゃあ言うかあ」

('A`)「マトマトの使っているブキは――――――」


………
……


188 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:41:11 ID:hF6qihpY0

〜〜大会前夜


('A`)「どうした、ブーン。もうチームは明日に備えて解散したぞ」

( ^ω^)「まあまあ、いいじゃないかお。なんだか感慨深いものがあるんだお」

('A`)「感慨深いものねえ。……ま、確かにな」

('A`)「碌にルール知らねえでガチマッチに潜ってたお前がまさかここまで来るなんてな」

('A`)「お前を誘ったのはまたシャキンと戦うため……そのための人数合わせだった」

('A`)「知っての通り、俺はあの負けた日から腫れもの扱いでわざわざ俺のチームに入ろうとする奴なんていなかった」

('A`)「それでもなんとか集めようと大会のことを知らないお前を呼んだってわけだ」

( ^ω^)「前にも言ったけど、ドクオが何を考えてこのゲームに誘ったかどうかは関係ないんだお」

( ^ω^)「一つ言えることは……ブーンはスプラトゥーンに出会えて良かったってことだお!」

('A`)「ブーン……」

( ^ω^)「たしかに明日の大会は色々あると思うお!だけどせっかくの大会というお祭り……」

( ^ω^)「ブーンは全力で楽しもうと思うんだお!」

('A`)「お前らしいな」

189 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:41:46 ID:hF6qihpY0

ノパ⊿゚)「……師匠、ブーン。ここにいたのですか」

( ^ω^)「ヒーちゃんだお!」

('A`)「お前もまだ残っていたのか」

ノパ⊿゚)「まだ師匠とブーンが落ちてなかったので、どこかにいるのかなと思って探していました」

('A`)「……思い返せば、この三人でチームは始まったんだよな」

('A`)「ヒートも、何も知らなかったとはいえこんな俺によく付いて来てくれたよ。ありがとう」

( ^ω^)「お!ドクオが素直にお礼を言うなんて珍しいお!」

('A`)「うっせ。この二週間、お前も随分とキュートに鍛えられて更に強くなった」

('A`)「ヒート、お前はこのチームのナンバー2だ。お前がどこまで動けるかで変わってくるだろう」

('A`)「得意な対人で敵を倒してチームを鼓舞してくれよな」

( ^ω^)「ヒーちゃんは強いから大丈夫だお!」

('A`)「さ、明日は早い。俺たちもそろそろ落ちるとするか」

( ^ω^)ノ「わかったお!二人ともばいぶーだお!」

('A`)「おう、また明日な」


ブーントドクオはログアウトシマシタ

190 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:42:06 ID:hF6qihpY0

ノパ⊿゚)「このチームのナンバー2……」

ノパ⊿゚)「ヒーちゃんは強いから大丈夫、か……」

ノパ⊿゚)「……」

ノハ-⊿-)


〜〜〜

( ´_ゝ`)「お前の実力じゃ、この先思いやられるな」

( ´_ゝ`)「守りたいものも守れず、貫きたいものも貫き通せず」

( ´_ゝ`)「どれくらいの強さか測りたかったんだが……こんなものか」

(´<_` )「満足したか?兄者」

( ´_ゝ`)「なんだか虚しくなってきたぞ弟者」

( ´_ゝ`)「なんでこんな雑魚に異名があって、俺にはないんだってな」

〜〜〜


ノハ-⊿-)「私は……私は……」

191 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:42:47 ID:hF6qihpY0








       ――私は、二人が思っているほど強くはないですよ?――







                                          .

192 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:43:22 ID:hF6qihpY0

lw´‐ _‐ノv『さあー始まりました第二回スプラトゥーン大規模大会!!』

lw´‐ _‐ノv『司会はこの私、シュールです!イカ、よろしくーーー!』

lw´‐ _‐ノv『第二回大会は前大会よりもエントリーチームが増えたようだぜえいやっふうーーーーーー!!』

lw´‐ _‐ノv『前大会優勝したシャキンチームを倒す新星が現れるのか!?』

lw´‐ _‐ノv『はたまた前大会で惜しくも敗れたチームが虎視眈々と逆襲を狙っているのか!?』

lw´‐ _‐ノv『それともそんなの関係ねえと言わんばかりに圧倒的な力を見せつけ二連覇するのか!?』

lw´‐ _‐ノv『まだ試合は始まってないのにワクワクが止まらねえぜえーーーーーーーーーーーーーーー!!』

lw´‐ _‐ノv『そこのお前らもそうだろーーーーーー?んーーーーーー?』

ワーワーワー!!!

lw´‐ _‐ノv『いい返事サンキュー!さあ、そろそろ始まるみたいだぜーーーーーーーーーーー!!」

lw´‐ _‐ノv『試合が始まる前にあの掛け声を頼むぜえお前らーーーーーーーーーーー!!」

lw´‐ _‐ノv『せーのっ!!』

プレイボール!!!!!!!!!!!!!

193 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:43:43 ID:hF6qihpY0

ついに始まった第二回スプラトゥーン大規模大会
優勝を目指し戦いが始まる





第二十八話 開幕

194 同志名無しさん :2017/03/26(日) 22:44:25 ID:hF6qihpY0

今回はこれで終わりです
遅くなってすみません……

スプラトゥーン2の試射会どうでしたでしょうか?
自分は初期不良とかスプラトゥーン2発売前にもう少し安くなるかもだとか考えて
スイッチ購入しませんでしたがプレイ動画見ると買っておけば良かったと思いました
近所のゲーム屋にいってもどこも売り切れで後の祭りでした。残念……

いつも感想、乙ありがとうございます
それではまた次回よろしくお願いします

195 同志名無しさん :2017/03/27(月) 00:18:02 ID:qVEa9myg0
……まったく、困った良スレだぜ

196 同志名無しさん :2017/03/27(月) 13:30:06 ID:Ut5y196Y0
乙、改めて見るとドクオチームの射程の短さヤバいな・・・

197 同志名無しさん :2017/03/27(月) 14:37:08 ID:Z71evQ6E0
ツンさんの気怠げな話し方クセになる

198 同志名無しさん :2017/03/27(月) 20:54:42 ID:UrmB9zrQ0
マトマトの武器なんだろう、ラピブラ系統かな

199 同志名無しさん :2017/03/29(水) 15:21:03 ID:ycSDsiMw0
>>194
ちょー楽しかった
スペシャルが今までよりリスク背負ってて楽しい

200 同志名無しさん :2017/05/18(木) 11:18:17 ID:ZTAIhrc20
まだかなー

201 同志名無しさん :2017/05/25(木) 20:45:29 ID:dBCayGjE0
2出るまでに完結できるのだろうか

202 同志名無しさん :2017/07/10(月) 16:35:08 ID:uf1a042w0
もう発売しちゃうよ

203 同志名無しさん :2017/07/18(火) 02:56:39 ID:UhWdqr4M0
どこで続きを書いているのか探していたらここだったかw
しばらく忙しくて離れていたからスプラのスレが1000行っちゃっててビックリしたよ。

次の更新がいつ来るか分からないけど、楽しみに待ってる

204 同志名無しさん :2017/07/20(木) 20:46:07 ID:uSxUAxvg0
この話読んで興味出てた俺もついに明日スプラデビューや!

205 同志名無しさん :2017/07/25(火) 05:10:11 ID:xL8DZT/w0
2やってんだろうなぁ…

206 同志名無しさん :2017/08/18(金) 16:29:11 ID:L3diV7K20
更新来ないかなぁ

207 同志名無しさん :2017/09/30(土) 22:52:10 ID:m50ehRt20
完結して欲しい作品なんだけどねぇ

208 同志名無しさん :2017/10/27(金) 22:42:12 ID:Tygl3ekU0
いつまでも待ってるで……………

209 同志名無しさん :2018/01/03(水) 19:06:44 ID:DQ6lB8Ug0
作者はスプラ2の闇に呑まれた


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ドアノブ少女【通常版】 - 吾嬬竜孝(企画・撮影)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa