したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

( ^ω^)優しい衛兵と冷たい王女のようですζ(゚ー゚*ζ 第三部

415 ◆MgfCBKfMmo :2017/01/09(月) 00:42:10 ID:akbUVHvM0
おまけ 第二十一話設定資料③(あくまで執筆当初のもの)
【ブーン】
●現状
 309年12月21日、メガクリテに到着。メガクリテ市庁が募っていた義勇兵に参加する。
メティス国内でたびたび用心棒として活躍した実力がすでにメガクリテ市庁に伝わっていたため、簡易な面接だけで即採用となる。

●経緯
 サナ雨林の村で三匹のカエルのマークを目撃しており、そのヒントが隣国テーベにあることを知った。
自分の記憶の手掛かりになるかもしれないと悟り、目的地をテーベに定め、メガクリテから出発する船への搭乗を目指していた。

 エウリドメで猪の魔人が街を破壊する様を目撃し、魔人が崇拝されているメティス国内の混乱を予想。
旅の同伴者であるニュッの希望もあってメガクリテに移動し、魔人抑制に協力する。

●内情
 依然として10歳以降の記憶は戻らないまま、自分の強さの理由も笑顔の理由もわからないまま、記憶を知るための旅を続けている。
 エウリドメにて自立の意思を表明したニュッに期待を寄せる。もとより頼まれて一緒に旅していたが、ニュッを本心から応援しようと思ったのはこのときが初めてだった。
 それゆえに、エウリドメの惨状を目の当たりにしたニュッが、今まで旅で通ってきた街を思い、心を痛めているさまを辛く思う。

 しかし、ブーン自身は魔人を悪とは見做せないでいた。
魔人の錯乱の原因はサイレンであることは見て明らかであり、サイレンが予測不可能なうえ、暴れているときの魔人に意識がないことを鑑みても、魔人だけを責めるのは酷であるからだ。
付け加えていれば、彼のかつての経験が、魔人への悪感情を著しく削いでもいる。

【ニュッ】
●現状
 ブーンとともにメガクリテに入り、義勇兵として参加する。
 戦闘の実績はほとんどなく、また十四歳(現時点)という若さも考慮され、今は衛生兵として働いている。

●経歴
 309年10月末、ニュッに社会経験を積んでもらおうという育ての親デミタスの希望もあって、旅人ブーンと一緒に首都を目指していた。

 鴉の街ヘルセ、蛇の街パシテー、パシテー=アーケ間のサナ雨林に潜む虎の村、そして猪と栗鼠の街エウリドメを経験し、魔人と人々との様々な交流に触れる。
 良くも悪くも、人の行動を制限する幾多のしがらみ(あがめられ不自由する蛇、過去の内乱に敗れ森に隠れた虎、壁に閉じ込められた猪等)を知ったニュッは、
自身がデミタスへの恩義によってヘルセの街に自分を縛りつけていたこと、そしてデミタスが自分をしがらみから脱する後押しをしてくれたことを悟る。
その発見をエウリドメでブーンに告白し、ブーンを離れての自立の意思を宣言する。
 直後、サイレンを聞き、猪の襲撃で壊滅するエウリドメを目の当たりにする。
鎮火活動に協力したニュッは、その日の朝のニュースにて、メティス国内各地で同様の現象が起きていたことを知る。
自分が知り合ってきた人々の災禍を意識し、いてもたってもいられなくなり、首都での義勇兵募集の報を受け、ブーンに首都への移動を提案し、移動を開始する。

●内情
 今まで魔人と人々との交流を平和的に受け止めていただけに、内心の混乱は大きい。
魔人が危険を及ぼす生き物であるという考えが、ほかのメティス国内のニュースからも耳に入る。
他のメガクリテ市民と同様に、魔人排除の発想が育ちつつある。

 旅に出たことでニュッが抱いたのは社会への興味である(デミタスが希望したとおり)。
人々が交流する社会の一員になりたいという希望生まれたために、その社会を破壊する魔人への不信感はおのずと高まっていった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ヒューマノイドスリーピングバッグ Andy 人型寝袋 [最低使用温度 5度] DS-01

部屋着としてそのまま眠りにつく事も可能。

キャンプで、フェスで、
有事の際にも着たまま動ける

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa